青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「待ち~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

往~ 往々~ ~往く 往く~ 往復~ ~往来 往来~ 征服~ 待~ ~待ち
待ち~
~待っ 待っ~ ~待つ 待つ~ 律~ ~後 後~ 後で~ ~後ろ 後ろ~

「待ち~」 1956, 21ppm, 5443位

▼ 待ち~ (166, 8.5%)

35 待って 10 待つて 5 待った日 3 して, 待ったその, 待ったの, 待った船 2 待ったる日, 待つた陰暦

1 [100件] ある, かかった, し, しこの, し栗, なるが, またれた第, まったさわぎが, 入り九時十時十一時, 寢ちや惡いと, 引きあげた, 待たなければ, 待たれし直道, 待たれた, 待たれた島津, 待たれた私, 待たれた解決, 待たれて, 待たれる一九三五, 待ちし嵐, 待ちし萩, 待ちたり, 待ちたる明日, 待ちたる時, 待ちたる時期到来, 待ちたる松島, 待ちながら, 待ちぬ, 待ちました, 待ち焦れて, 待った, 待ったしかも, 待ったたのしい, 待ったところ, 待ったる新, 待ったる最大, 待ったる決戦, 待ったる貞雄, 待ったわたしら, 待ったアメリカ地学協会, 待ったトウベツ, 待ったレッド老人, 待った三番太鼓, 待った人々, 待った人影, 待った今宵, 待った其日, 待った十一時, 待った名, 待った名人, 待った命令, 待った品物, 待った唯一, 待った報告, 待った外, 待った小屋, 待った小田原病院, 待った幼年組, 待った引取人, 待った戦慄, 待った手塚さん, 待った敵機, 待った明智先生, 待った時, 待った月世界, 待った期待, 待った本艦, 待った桔梗河原, 待った様子, 待った機会, 待った決定, 待った牧山大佐, 待った獄吏, 待った玄関, 待った瞳, 待った第, 待った羆, 待った調べ室, 待った退社時間, 待った進水式, 待った過, 待った遠足, 待った雷雲, 待ってたの, 待つたあの, 待つたけれど, 待つたけれども, 待つたもの, 待つたる期限, 待つた中原さん, 待つた二論文, 待つた嫁, 待つた定め, 待つた日, 待つた甘藷, 待つた私, 待つた藤枝, 待つた逢瀬, 待つ手紙, 貧しいなか

▼ 待ちながら~ (131, 6.7%)

3 自分の 2 こうして自分, 夕日の, 或る, 最初の, 私が, 私は

1 [116件] あえて神秘, あつまって, いつもぼんやり天, いやいや従い, いらいらし, お妙, かの大, この一年, この家, この遊技, これから行く, こんなこと, しかも飢餓, せんたく, そう考える, そこに, その, その小, その手, ちょうどその, つくろいもの, にやにやし, まず見物人, まる一, もう奥, やっと息, やはり平生, やはり非常, わたくしは, サンホセ北口では, ピアノの, ブウブウ風圧を, 一人の, 一人生活し, 一方虎視眈眈, 三人むつまじく, 上流の, 不図自分, 不安と, 中門の, 二人が, 人通りの, 今朝よりも, 仕事に, 伸子は, 傷病者が, 凝然と, 初枝嬢が, 受話器越しに, 同じよう, 周邊が, 固唾を, 城に, 堪えられぬ怖, 夕刊ひろげたら, 夜空の, 大声で, 寺の, 将校室で, 居眠ってるの, 左右の, 希望に, 帳場に, 店を, 廊下に, 彼は, 彼女は, 思わず貰い泣き, 急に, 憩んで, 拵へて, 指の, 文庫の, 旅の, 時には法話, 朗らかな, 木更津の, 横木に, 欠伸を, 歩いた, 歩廊に, 残りの, 母子は, 永久に, 泣いて, 無関心な, 町を, 相変らず, 穏やかに, 突然に, 立った, 立ってるところ, 立つて, 粛然と, 縫物を, 義雄は, 翼を, 背丈の, 背後に, 色青ざめ, 若く精氣, 茶菓を, 表の, 記載を, 話しを, 誰から, 軒に, 過ごした一日, 遠い西, 酒杯を, 銚子も, 雜誌の, 顏を, 食堂の, 黙って, 黙りこんで

▼ 待ち~ (104, 5.3%)

27 へた 24 へてゐた 13 へて居た 11 へてゐる 2 へて, へてゐました, へました

1 [23件] ふる張りきらむずる立ち, へてお茶, へての話しです, へてゐたらしい, へてゐたらしく, へてゐなけれ, へてゐぬ, へてソッ, へてヌツ, へて一, へて何, へて口, へて回転, へて居, へて居りました, へて席, へて帰る, へて眼, へて見る, へぬる, へるので, へ遣り過し, へ馴

▼ 待ち~ (97, 5.0%)

17 よ八 114 待ちな 3 どこへ, よお前, 八 2 よまだ, よ俺, よ兄哥

1 [50件] ああそう, あの木戸, あれアハ, いまはじめる, え, お前たちを, さえヨ, せい, てえ, はれ, はれ地, もう少し見た, もう直ぐ, よお, よおい, よその, よそんな, よつまらねえ, よまア, よ何ん, よ待ち, よ教父, よ柏餅, よ此処, よ淺草, よ爺さん, よ縛る, よ脅かす, よ若, よ飯, 一と, 主人に, 今あける, 今は, 今明ける, 今水を, 伊賀倉さんそんなら, 俺が, 俺は, 元三大師, 八今晩は, 八洒落が, 冷い, 口に, 弁信さんお前さっきから, 待って, 此処に, 耳朶の, 閂が, 面白い話

▼ 待ちうけ~ (96, 4.9%)

30 ている 29 ていた 6 てい 5 てゐた 4 てゐる 3 ておる

1 [19件] たり, たりぴょんと, たり袁紹, ていたらしい, ていました, ておった, ておられる, ており, てご, てその, てたずねた, てでもいた, てゐ, て捕えろ, て近づいた, ながらただちに, ながら同じ, ながら閉められ, になる

▼ 待ち~ (96, 4.9%)

2 あらば, 家に, 居ろよ, 後に, 既に八十歳, 相見

1 [84件] あこ, あり, あれ佐渡, うづく, この海岸, これを, その体, その家, その所謂數學點, その質, とびつく草虱, のち彼の, はじめて事物, はじめて人民, 一応顔, 主翁, 之に, 之を, 云々, 互に刀, 今日に, 会合し, 信と, 八十歳を, 初て, 又かく, 向ひ座す, 吾が, 吾は, 国民教化の, 大膽, 天下の, 始て, 宮が, 居し晩餐, 居り, 帰りませ山路, 往かせ吾背子その間, 後いふ, 徒に盛, 徒らに, 御入国, 復び門を, 忽ち出, 成立し, 我が, 文を, 新宿に, 明日返らん, 更に卑見, 月を, 未立たざる, 杖を, 歌川豊国出でぬ, 此等の, 浴衣を, 消えんと, 漸次に, 無言の, 玉の, 王は, 留ること勿, 発達するなり, 登山せん, 盲目の, 相催す, 穗に, 立つ, 筆を, 紳士は, 給はれ, 纔に, 美しく愛らしきもの, 翼を, 船客一同, 薬を, 行かせ吾背子その間, 行政区劃の, 言出せり, 記すべし, 遺憾無く興趣, 長らしき, 隅の, 雅悲四千餘名解散し

▼ 待ち~ (59, 3.0%)

8 おしかった 6 おしそう 3 おしくて, ほしいぞ, ほしが 2 おしい, おしいで, おしくなっ, おしさ, おだった, ほしい

1 [24件] おかっ, おしいこと, おしいぞ, おしいです, おしいの, おしいのね, おしいやさしい指, おしいやら, おしいん, おしい時間, おしい有様, おしい様子, おしい長い長い時間, おしくくらし, おしくなり, おしくッ, おしく思いました, おしく思われます, おしげに, しいて, しそう, ほしい気, ほしうて, ほしくなりました

▼ 待ちかま~ (49, 2.5%)

13 へてゐた 11 へてゐる 3 へてゐ 2 へた, へてゐます, へて居た

1 [16件] ふれば, へて, へてからかふ, へてた, へてとう, へてる, へてゐました, へてゐるで, へて居る, へて読んだ, へて飛びつい, へぬる, へました, へると, へるの, へる中

▼ 待ちぼけ~ (40, 2.0%)

5 を食 3 だつた 2 か, を喰わされ

1 [28件] くったか, くったとは, くったの, くって, くわされたん, だった, だつたの, だウイ, であった, でいらっしった, で寝た, なん, になった, に腹, の寝る, は詰らない, をく, をくった, をし, を喰わされた, を食う, を食っ, を食った, を食わされた, を食わせる, 喰うたもん, 喰わされて, 食わされたあの

▼ 待ち~ (33, 1.7%)

152 へと言

1 [16件] えっ先生, えよう, え李君, え袁術, え誠ちゃん, はでは, ふべけれ, へかし, へせん用, へそれ, へと二階, へ一緒, へ今一処, へ僕, へ君, へ黙

▼ 待ち焦れ~ (31, 1.6%)

9 ていた 5 ている 3 てゐた

1 [14件] て, てお, ておい, ております, てじりじり, てでもいた, てもそう, てゐる, て居た, て欠伸, て苛ら苛, どんな類, 恋ひ, 方と

▼ 待ちもうけ~ (27, 1.4%)

15 ていた 7 ている 1 ていたらしく, て居た, とをもつ, の裡, やはり一献進上

▼ 待ちつつ~ (26, 1.3%)

4 あらむ 2 あるの, 敵意に, 読書

1 [16件] あったの, あると, いつまでも, ひろ子は, また一面, 仕事に, 佇んで, 土用の, 夜は, 支度を, 暮らす, 横る, 母や, 眠るところ, 赤く染まっ, 近国近郡

▼ 待ち~ (26, 1.3%)

1 [26件] この夜落, さしず, よろしくやらう, タクシーが, リクショウメンが, 三味線の, 人力車夫が, 人混みに, 停車を, 前から, 姿勢である, 庭は, 式の, 徒然に, 御馳走の, 盗孕泉北郡百舌鳥村の, 禁止も, 群れの, 船頭から, 説明, 車夫なんかは, 車夫に, 長かった, 間, 間に, 間風よく

▼ 待ち~ (25, 1.3%)

4 かつた

1 [21件] がったり, がつた, がるほど三度三度, がる子供, ごぜえます, さま, だったでしょう, だつたの, だろうから, であったな, であったろうな, であつ, であろうと, でならない, で堪りきれぬ, で待ち, で朝, になりました, に思うであろう, に思った, やわ

▼ 待ち~ (24, 1.2%)

7 ている 6 ていた 3 てゐた 2 て居る 1 たりける, ておっ, てゐる, て居りました, に, に上り來

▼ 待ち呆け~ (24, 1.2%)

4 を喰 2 させた, を食わされた

1 [16件] くわされて, くわせやがったと, させたまま, たならば, てゐた, です, のよう, の悔しまぎれ, るうち, をくっ, をくわされた, をくわされたであろう, を喰わされ, を喰わされた, を喰わされました, を喰わし

▼ 待ち~ (21, 1.1%)

4 はし, はす

1 [13件] に御両, の娘, の料理, はさ, はさう, はせて, はせで, はせようと, はせる, はせる約束, ふ事, へ行, や藝者屋

▼ 待ちたま~ (20, 1.0%)

9

1 [11件] えちょっと, えまだ, はむには, はりし母樣, ふだ, ふに, へあやまる, へそれ, へと私, へ味噌漬, へ思ふ

▼ 待ち遠い~ (19, 1.0%)

3 思いを 2 のは, ような

1 [12件] ことでした, ことでしょう, ぞ, というたま, なア, のう, ので手紙, 子供ぢみた, 様な, 程であった, 胸の, 鳥の

▼ 待ちあぐね~ (18, 0.9%)

5 ている

1 [13件] ていた, てしまいました, てしまひました, てゐる, て兎, て居つた, て帰らう, て放心, て日暮れ方, て沖, て登庁, て直ぐ, て部下十名

▼ 待ち~ (17, 0.9%)

2 した

1 [15件] うけたが, うける, うけるよう, うけるヘタ, うける気分, しない夜明, しようが, せずそのまま, せず耳, せぬ時鳥, せ待たれもせえと, やせじと, 得ず, 暮しも, 準備も

▼ 待ち~ (17, 0.9%)

5 がれッ 4 がれ 2 あがれ, がれツ 1 がれや, すっ, アがれ, 米食時間でない

▼ 待ちたまえ~ (15, 0.8%)

1 [15件] いやそれともまた, ご簾中, さらに手塚君, すぐ行く, すでにご, という, と杉山氏, なにかあるだろう, はやまっては, まあ待ち, や赤い, よ荒木, よ露, 今暫らく, 待って

▼ 待ちねえ~ (15, 0.8%)

2 待ちねえ

1 [13件] あの杉, おいお前感心, お前の, お前は, これからお前, そうお前, その先生, 今おれの, 伝さん, 待ちや, 知らねえの, 見せるてこッ, 隣の

▼ 待ち~ (14, 0.7%)

4 して 1 かけて, しながら, しなくても, する, ほのめかして, り卒業, る, 予想し, 何處で, 願たい

▼ 待ち~ (14, 0.7%)

1 [14件] であった, である, なの, な易者, にしかれ, に並ん, に壁, に大, に往来, に置かれ, に迎え, の佳人, の大, の角芽立ち

▼ 待ち申し~ (10, 0.5%)

2 ています, ておりました 1 ていた, ていました, ておりまする, ておる, てござる, て居ります

▼ 待ち給え~ (10, 0.5%)

3 待ち給え 1 いちいち実物, これは, それそこに, 大体見当は, 待ち給えよう, 詳しく聞終ッ, 諸君

▼ 待ち~ (9, 0.5%)

2 てら 1 おに, その大半, たし山辺, てぬ, てぬ我いのち, てら端近, てり

▼ 待ちその~ (9, 0.5%)

2 とき迄は, 訪れに 1 日は, 渡しをも, 約束の, 顔を, 願いが

▼ 待ち~ (8, 0.4%)

2 はせて 1 ぐねていたのはなんのためだろう, ぐんでいるさいちゅうでした, はさむとて, はす時, はせるの, はせるやう

▼ 待ちながらも~ (8, 0.4%)

2 二三度人工呼吸を 1 いつの間にか眠っ, どうせ覚悟, 何うせ, 手からは, 時節を, 行きかねた気持

▼ 待ち疲れ~ (8, 0.4%)

2 て女 1 ていた, ています, て大いに, て蹲踞ん, のやう, の態

▼ 待ちしびれ~ (7, 0.4%)

2 ている 1 ていた, てござらっし, の惰気, を切らし, を思い

▼ 待ち~ (7, 0.4%)

1 ふ吾子, へ, へてゐ, へるの, へる常世, へる村, へる為

▼ 待ちたり~ (6, 0.3%)

3 しに 1 ける夜半, しが, 日は

▼ 待ちねえって~ (6, 0.3%)

6 ことよ

▼ 待ち~ (6, 0.3%)

1 うけたこなたは, うけて, うけないこと, うける如く見えた私, うける希, へう

▼ 待ちまた~ (6, 0.3%)

2 月の 1 その時, 夜行の, 恐れて, 早く来る

▼ 待ち合し~ (6, 0.3%)

1 てい, ている, てでもいる, てゐた, て床, て社

▼ 待ち遠く~ (6, 0.3%)

1 そして待ちくたびれ, て教会, またあまりに, 城の, 存じ上げ参らせ候, 思うあまりに

▼ 待ちさえ~ (5, 0.3%)

4 すれば 1 しなければ

▼ 待ち~ (5, 0.3%)

1 おまけに, ボケる, 夜は, 大てい気, 御座ります

▼ 待ち~ (5, 0.3%)

1 えこう, えと, えッてこ, え己, え泡ア

▼ 待ち久し~ (5, 0.3%)

3 げに 1 げでありました, さに

▼ 待ち~ (5, 0.3%)

1 がはいっ, のす, の首, もまた, を愛しみ

▼ 待ち暮した~ (5, 0.3%)

1 のだ, ように, んだ, 俺だ, 所で

▼ 待ち焦れた~ (5, 0.3%)

1 ことか, 可愛い私, 状袋が, 酒の, 雪の

▼ 待ち草臥れた~ (5, 0.3%)

1 せいか, といった方, 子供とが, 眼を, 頃に

▼ 待ちあわし~ (4, 0.2%)

1 てい, ている, て何, て蒲田線

▼ 待ち~ (4, 0.2%)

2 くるに 1 けしは, ぬるぞ

▼ 待ちこの~ (4, 0.2%)

2 二十年若旦那の 1 よひ, 学者を

▼ 待ちそれ~ (4, 0.2%)

1 が応験, が遅れる, にすがりついた, まではもっぱら

▼ 待ちでも~ (4, 0.2%)

2 するかの 1 して, するよう

▼ 待ちなせ~ (4, 0.2%)

2 えよ 1 えと名主どん, え私

▼ 待ちなれし~ (4, 0.2%)

2 木の, 眞籬根に

▼ 待ち~ (4, 0.2%)

1 ぴました, ぶ, ぶる身, ぶる軍馬並

▼ 待ち居り~ (4, 0.2%)

1 七時十分の, 候, 候ものの, 我は

▼ 待ち~ (4, 0.2%)

1 で時男さん, になる, のよう, を抱く

▼ 待ち~ (4, 0.2%)

4 ひぬらむ

▼ 待ち明し~ (4, 0.2%)

1 た, た寝みだれ髪, た寢, た熱苦しい

▼ 待ち~ (4, 0.2%)

21 う, えとて

▼ 待ち甲斐~ (4, 0.2%)

3 のある 1 が無い

▼ 待ち疲れた~ (4, 0.2%)

1 と云, のと, やうに, 様子で

▼ 待ち自分~ (4, 0.2%)

2 の生命 1 の力, をひきつけるであろう

▼ 待ちおれ~ (3, 0.2%)

3

▼ 待ちくらし~ (3, 0.2%)

1 ていた, ている, てゐた

▼ 待ちすまし~ (3, 0.2%)

2 ている 1 ていた

▼ 待ちする~ (3, 0.2%)

1 ことある, ことなし, にも呪文

▼ 待ちたまえ僕~ (3, 0.2%)

1 にも心当り, はそれ, も度々

▼ 待ちつら~ (3, 0.2%)

21 んと

▼ 待ちなさい~ (3, 0.2%)

1 ツてば, ロダンの, 先生

▼ 待ちなと~ (3, 0.2%)

1 いって, 団扇で, 言われて

▼ 待ちなまし~ (3, 0.2%)

1 よ, 何処へ, 危のう

▼ 待ちなんか~ (3, 0.2%)

1 しない事, やりますが, 隨分つまらない

▼ 待ちには~ (3, 0.2%)

1 待って, 街灯が, 高台や

▼ 待ち~ (3, 0.2%)

1 しなかったろうそして, するが, 鬼ひしぐ

▼ 待ち~ (3, 0.2%)

1 ていた, ぶるアカイア族, るの

▼ 待ち~ (3, 0.2%)

1 た風, て心配, ぬるのみ

▼ 待ち合す~ (3, 0.2%)

1 人が, 気遣ありません, 約束で

▼ 待ち~ (3, 0.2%)

1 つて戰いました, ふる時, へて

▼ 待ち待ち~ (3, 0.2%)

1 した, て, です

▼ 待ち~ (3, 0.2%)

3 へ塞

▼ 待ち暮し~ (3, 0.2%)

1 ている, ているごとく立っ, て来た

▼ 待ち暮らし~ (3, 0.2%)

2 ていた 1 ている

▼ 待ち暮らした~ (3, 0.2%)

1 が折りおり, 弟を, 甲斐も

▼ 待ち最後~ (3, 0.2%)

1 に同じ, に止め, の一押し

▼ 待ち申します~ (3, 0.2%)

1 から直, と云い, よ

▼ 待ち~ (3, 0.2%)

2 けて居る 1 けると

▼ 待ちあかし~ (2, 0.1%)

1 て更, て朝

▼ 待ちあぐねた~ (2, 0.1%)

1 といふ, 人達らしい

▼ 待ちおおせ~ (2, 0.1%)

1 て乗った, て手術

▼ 待ち~ (2, 0.1%)

1 に見ゆる, のさま

▼ 待ちそれから~ (2, 0.1%)

1 帰休の, 鴨川湯の

▼ 待ちたまえ君~ (2, 0.1%)

1 は一体, は一體何者

▼ 待ち~ (2, 0.1%)

1 からと言つて, て

▼ 待ちつる間~ (2, 0.1%)

1 にすでに, に已に

▼ 待ちてや~ (2, 0.1%)

1 あるらむ, あるらん

▼ 待ち~ (2, 0.1%)

1 洒落るほどは, 称して

▼ 待ちなす~ (2, 0.1%)

1 つて, つてくだせえ

▼ 待ちなよ~ (2, 0.1%)

1 八, 胡坐を

▼ 待ちにか~ (2, 0.1%)

2 待たむ

▼ 待ちねえと~ (2, 0.1%)

2 いうに

▼ 待ちねえよ~ (2, 0.1%)

1 こう旨, 赤い襦袢

▼ 待ちのぞむ~ (2, 0.1%)

1 かのよう, 気持で

▼ 待ちのぞん~ (2, 0.1%)

2 でゐた

▼ 待ちひとつ彼~ (2, 0.1%)

2 に殺させ

▼ 待ちぶせ~ (2, 0.1%)

1 ている, て乗りこんだ

▼ 待ちまたは~ (2, 0.1%)

1 好い同行, 迎待と

▼ 待ちまだ~ (2, 0.1%)

1 乾き切らぬ着物, 雌雄接しない

▼ 待ちむか~ (2, 0.1%)

2 へよろこべり

▼ 待ちやがて~ (2, 0.1%)

1 彼女が, 荷物を

▼ 待ち上げ~ (2, 0.1%)

1 ております, まする

▼ 待ち~ (2, 0.1%)

1 からの合図, さりませ

▼ 待ち乍ら~ (2, 0.1%)

1 ではストーヴ, 立ちて

▼ 待ち二日~ (2, 0.1%)

1 を待ち, 待ち呆け

▼ 待ち~ (2, 0.1%)

1 ったが, ぶ河神たち

▼ 待ち倦ん~ (2, 0.1%)

1 で引返し, で戸外

▼ 待ち~ (2, 0.1%)

1 先年自由進歩両, 先年自由進歩兩黨の

▼ 待ち~ (2, 0.1%)

1 が明け, の明ける

▼ 待ち~ (2, 0.1%)

1 し三輛, て支度

▼ 待ち巴里~ (2, 0.1%)

2 へ行っ

▼ 待ち待ち蚊帳~ (2, 0.1%)

2 の外

▼ 待ち心地~ (2, 0.1%)

1 できい, でマンスフィールド

▼ 待ち憧れ~ (2, 0.1%)

2 ていた

▼ 待ち押え~ (2, 0.1%)

1 塞え, 塞へ

▼ 待ち~ (2, 0.1%)

1 であつ, をし

▼ 待ち明かし~ (2, 0.1%)

1 てしまう, 幾代の

▼ 待ち~ (2, 0.1%)

1 にあこ, を越え

▼ 待ち~ (2, 0.1%)

1 にかかっ, を張っ

▼ 待ち船宿~ (2, 0.1%)

2 の桟橋

▼ 待ち草臥れ~ (2, 0.1%)

1 ている, の連中

▼ 待ち蚊帳~ (2, 0.1%)

2 の外

▼ 待ち~ (2, 0.1%)

1 くること勿, くる体

▼ 待ち~ (2, 0.1%)

1 しかった夜, せまいこと

▼ 待ち~ (2, 0.1%)

1 の恒例化, を醸し

▼ 待ち電車~ (2, 0.1%)

1 はやっと, をそのまま

▼ 待ち~ (2, 0.1%)

1 に靜, のさみし

▼1* [346件]

待ちあぐねかけたときノヴァミルスキーが, 待ちあごと遊ん, 待ちあそばす御様子, 待ちあらためて論ずること, 待ちあらゆる迫害と, 待ちある方法で, 待ちあんな風に, 待ちいかに観たかの, 待ちいよいよ裁判の, 待ちうけたがた, 待ちうけましたが誰一人, 待ちうけるように, 待ちえむと絶えぬ, 待ちはす由, 待ちおると申し伝えい, 待ちかけたり, 待ちがいのある, 待ちがてに絶えて, 待ちがてのわがいのち, 待ちきっと帝を, 待ちきょうも待ち, 待ちくさらんか, 待ちくだせえましよ, 待ちくらしたのちついに, 待ちくらす心地し, 待ちければこ, 待ちがるる, 待ちこれを為す, 待ちさびしげに, 待ちしかし口では, 待ちしかば明日入りましき, 待ちしこよひ, 待ちしびれたにはちがい, 待ちしまにここら, 待ちしも今日より, 待ちじれた声を, 待ちすでに死罪打首の, 待ちすましうるほどな将, 待ちせざる呪術, 待ちそこら取片づけ塵, 待ちそして希望を, 待ちその後を附け, 待ちその後心のま, 待ち見ん花, 待ちたまえぼくをどう, 待ちたまえ今沸かして, 待ちたまえ今君にもっと, 待ちたまえ今日は何, 待ちたまえ何を云う, 待ちたまえ先回りしちゃ, 待ちたまえ其処に秘密, 待ちたまえ考えがある, 待ちたまえ逆になった, 待ちたまえ馬鹿に早い, 待ちたりしも疑ひし卜者, 待ちちょいと私, 待ちついにその姿, 待ちつつももしも時田さん, 待ちてか知らむ, 待ちてこそといふ, 待ちても果て見えませねば, 待ちてよまむ, 待ちてよとの事に, 待ちでは面白うも, 待ちとてもきれいな, 待ちながらというので, 待ちなして, 待ちなど一つも, 待ちなどは恐らくこ, 待ちぬるに山風, 待ちのぞんだ機会は, 待ちひかえている, 待ちびさしげに地にすわりこん, 待ちぶせた人々に, 待ちほか柳生の四高足, 待ちほけにあった, 待ちぼけくはされ, 待ちぽつんとその人気, 待ちもっと大きいの, 待ちもどかしかった, 待ちやれ待ちやれその手, 待ちよりゃしまへん, 待ちらしいうすぎたなさ, 待ちやい, 待ちろ芸もねえ村方, 待ちわが軍の, 待ちわたっている, 待ちわびしいような, 待ちわびしきは春, 待ちわびしく思って, 待ちわれは今夕, 待ちたり, 待ちゐたるものなれ, 待ちな, 待ちガンサーよみ終りました, 待ちグランジュは足音, 待ちセットへ入れ, 待ちセリフを渡され, 待ちタクシーのかげ, 待ちツト戸の内, 待ちハンスの合図, 待ちパトロクロスが身ひとり, 待ち一まとめにした, 待ち一同で手早く, 待ち一小舟を掠め, 待ち一挙に宿敵, 待ち一杓の水, 待ち丁度正午の, 待ち三年待つても, 待ち三日に成り, 待ち三時に失望, 待ち上げ參らせ候, 待ち上臈それぞれの介添え, 待ち下さい今お呼び, 待ち下さいましただいま主人, 待ち下さいます樣由良之助は, 待ち下さって, 待ち久しいことで, 待ち乍ら店を早仕舞, 待ち乍ら粉煙草と朝顏, 待ち乍ら遙かなところ, 待ち九時すぎに金光堂蓄音器店, 待ち若し急, 待ち二人で左膳, 待ち二年待ち三年, 待ち二里進むにも, 待ち京都市中に移り住む, 待ち仲仕が徒手傍観, 待ち任地へいく, 待ち伝蔵は山, 待ち佇立めり, 待ち佇立んでいた, 待ちかお, 待ち何気なく立ち去ったの, 待ち佗びしげに又言った, 待ち佗びたその当時を回顧, 待ち佗びた人の影法師, 待ち佗びた眼をやる, 待ち佗びていた女房どもがそのまま, 待ち佗びていた邦夷の心, 待ち佗びているとふと彼, 待ち佗びてゐることだらうと思ふと, 待ち佗びてゐる姿が蹲つて, 待ち佗びて家に戻っ, 待ち佗びながら暮らして, 待ち佗びながらしばらくその, 待ち佗びながら吐息ばかりをつい, 待ち佗びるように日曜が来る, 待ち佗び顔なるを, 待ち供びとはみな離して, 待ち信二は衛門, 待ちへと挨拶, 待ち倦みたる会員は, 待ちに天現寺畔, 待ち傍らに寄り添う, 待ちさしい手触り, 待ち先頃の過言, 待ち其の勝れた才徳, 待ち再び迎えに, 待ち冴えている, 待ちでたる, 待ち切つてゐた私, 待ち切れないで船, 待ちをたて罪, 待ち十時すぎセットへ入る, 待ち午後から会社, 待ち午後十時十分発の奥羽線まわり青森行き, 待ち博士東助及び主人, 待ち反対論を容, 待ち取れ若し待ち取らず, 待ち取ろうとし, 待ち叡山に来会, 待ち合したと云う, 待ち吹雪のやむ, 待ち呆け落第失職等々と凡てアテ, 待ち命令が達したら, 待ちひたまひ, 待ち問われるのには, 待ちを開い, 待ちへしょんぼり, 待ち場所はちゃんと, 待ちなく後ろ, 待ち多しメイコちゃんが, 待ち夜中は恨み, 待ち天子密かに諸王, 待ち女ども束髪に黒縮緬, 待ち女郎とかまたは, 待ち娯む気になつて, 待ち子供の名, 待ち孤舟に棹, 待ち客舎のまわり, 待ち家族その他を待たね, 待ち宿からの弁当, 待ち小屋がある, 待ち少し相談が, 待ち尽しましたがこれ, 待ち屆けたのでありました, 待ちの手首, 待ちもすでに, 待ち引続きを為す, 待ち弥生はさっそく, 待ち彩牋堂の稽古, 待ち彼らの機嫌次第, 待ち待ちガンサーよみ終りました, 待ち待ち昨夜の飲み残し, 待ち散歩かたがた御, 待ち思し召候, 待ち恐れていた, 待ちよ当日, 待ちれて, 待ちる, 待ちひて, 待ち懸けすなわち, 待ちひて, 待ち戰つて射出した矢, 待ち手廻りの家財, 待ち打ちたまへば, 待ち承けて母, 待ち控えてい, 待ち援軍の旗, 待ちとなります, 待ち給いしかば, 待ち撃たむ, 待ち撃ち給いしかば悉く, 待ち攻めむとして軍を聚, 待ち攻めようとして兵士, 待ち羈の, 待ち新しい衣服に, 待ち新太郎は所番地, 待ち新田義貞と勾当内侍, 待ち日々に希望, 待ち明後日も待つ, 待ち明日も待ち, 待ち昨夜の飲み残し, 待ち暮し親はその, 待ち暮す事で, 待ち暮らし待ち明かし幾代, 待ち暮らすことも, 待ち更に二時が, 待ち服装などもすぐ, 待ちけまする, 待ち望生一人を遣, 待ち本尊の油, 待ち東仲通を歩み, 待ちについた, 待ち案じていた, 待ち極地に突進, 待ち楽しんだろう, 待ち構へた二人の戦争狂, 待ち武蔵野の月, 待ち歩兵の隊, 待ちのみやげ, 待ちに入っ, 待ち流漉は動く, 待ち浅草七軒町の女学校, 待ち清洲以来の自分, 待ち潮時に隣, 待ちのたつ, 待ち焦れし八合目の, 待ち燈下の机, 待ちがふたたび, 待ちして, 待ち猿鹿鶴などを飼養, 待ち琵琶を練習, 待ち上げて, 待ち申しおり候, 待ち申したゆえこの, 待ち申し上げ候, 待ち申す可く, 待ち申上げ候なお多年皆様方, 待ち男子は美人, 待ち監督川島不在の時, 待ち直ちに第三回平和会議, 待ち直義とほか, 待ち助けて, 待ち祈祷会を開催, 待ちは便所, 待ちいやな, 待ち突如に, 待ちを貰っ, 待ちせたの, 待ち結局これでおし, 待ち給うその内, 待ち給えあげるものが, 待ち給え追い追い其処へ, 待ち給え逃げろと言っ, 待ち給はんは望, 待ち網走へ網走, 待ち緑盤の揺, 待ち老いた人の, 待ち老年になっ, 待ちの顔, 待ちもその, 待ち腹話術で被害者, 待ち自動車の中, 待ちから舟, 待ち良心の水底, 待ちを惜しむ, 待ち茂兵衞が小用, 待ちにすわっ, 待ち疲れて, 待ち草臥の骨折損, 待ち草臥れさせたもの, 待ち菅沼藤蔵はそっち, 待ち蓄音機の前, 待ち遊るべく, 待ち要撃せんと, 待ちなどこそせめと, 待ち訊問する積り, 待ち討ちにしよう, 待ちけるは, 待ち詫びたまはむにと, 待ち詫びつやがて一時間, 待ち詫び官憲の目, 待ち諸国の信者, 待ち足労れて, 待ち輝かしい工藝の, 待ち迎えながら顔, 待ち追手濠の櫓下, 待ち這奴のこころ, 待ち通しに待つ, 待ち遂にこれによりて, 待ち遊ばして, 待ち遊ばせよ, 待ち道三様の敵義龍, 待ち遠いはがゆさも, 待ち遠かったぞ, 待ち遮りおのも, 待ち都合四十時間もかかっ, 待ち酒場のマスタア, 待ち重々しく振り上げられ黒雲, 待ち長江の水, 待ち陸路へ上がっ, 待ちが出た, 待ち階下の臺所, 待ち雨マントをかぶっ, 待ち電話の鈴, 待ち震え嘆き祈るのみ, 待ち項羽の烏江, 待ち顏ぢやない, 待ち風呂敷に包ん, 待ち飽ぐんだ, 待ち飽ぐんだものと見えまして, 待ち馬家溝の東南, 待ちを置く, 待ち駕籠屋へやっ