青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「実~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~定 定~ ~定め 定め~ 宛~ ~宜 宜~ 宝~ 宝石~ ~実
実~
~実に 実に~ 実は~ ~実在 実在~ 実家~ 実感~ ~実現 実現~ ~実行

「実~」 6765, 63ppm, 1821位

▼ 実~ (2361, 34.9%)

196 いうと 183 云うと 77 いえば 69 言えば 58 いふと 56 言うと 46 云ふと 42 云えば 28 申しますと, 申せば 19 つけて, 結んで 17 取って 16 申すと 12 結んだの, 言ふと 9 結ぶ 8 あげて, もいで, もって, 云へば, 入れて, 拾って, 結ぶこと, 結んだ, 食べて 7 むすんで, 取りに 6 云いますと, 採って, 採りに 5 とって, 噛んで, 挙げて, 煎じて, 結ばない, 落して

4 [11件] あげようと, とりて, 出して, 喰べ, 拾いに, 持って, 持つて, 挙げること, 犇と, 盗んで, 言へば

3 [35件] いへば, かかえて, たべた, つくして, つけたの, つぶして, とると, ひろって, むすんだの, 割って, 忘れ肉, 投げて, 持ちながら, 挙ぐるに, 挙ぐるを, 挙げつつ, 摘んで, 枕に, 染料に, 結ばず, 結びつつ, 結びました, 結ぶため, 結ぶで, 結ぶと, 結ぶという, 結ぶの, 結んだもの, 落した, 見つけて, 見て, 言うとなあ, 頭の, 食うこと, 食って

2 [70件] いうとね, おとしました, おのが, おれが, くれて, たべて, たべると, ついばみに, つけたり, とること, のぞかせて, ばらばらと, みつけたとき, むすんだ, むすんだ一つ, もいでは, もつて, 云うとね, 人に, 付ける, 伝うる, 伝へて, 分けて, 取つて, 取るという, 叩いて, 吐いて, 吐きません, 呼んで, 啄みなさらなん, 喰べて, 失って, 存し, 打ち明けるが, 拾っては, 拾ひ, 拾ふ, 挙げた, 挙げねば, 採つて, 採るの, 明かして, 根本に, 灯籠風に, 無事に, 犯した私たち, 生ずべし, 申さば, 申上げる, 目に, 眺めて, 着けて, 石灰に, 粉に, 結ばないこと, 結びかけて, 結ぶか, 結ぶであろう, 結ぶよう, 結ぶ望み, 結ぼうと, 結んだとは, 衣に, 見せて, 見るべし, 集めたり, 集めて, 食いしは, 食べる, 餌に

1 [1051件 抜粋] あげたいと, あげたがって, あげなければ, あげるため, あげると共に, あさりながら, あてがって, いいますと, いえばな, いただきに, いって, いふとね, いわばその, うけとりかき消すよう, うつろに, おいたよう, おとし枯葉, おれの, お取り, お採らせくださいませ, かじりあるいは, かの女, かわかして, くれた, くわえて, さがして, さきながら, さそうひとつ, さわして, しこたま採っ, しごきとる時, して, しめされまもなく, すすりながら, すっかり食べつくし, その前, その場, たくさんあつめ, たくさん集め, たずねるよう, たたき落して, たべしに, たべたり, たべはじめた, たべるべからずとおつし, たれたの, だしました, ちょっと書い, ついばんで, つくしてる, つけ, つけさせた柿の木, つけたが, つけたひと, つけた枝, つけた楓, つけた烏瓜, つけた草, つけた雑草, つけなければ, つけます, つける, つけるため, つけ初めて, つつんださや, つつんで, つとめざるべからず, つまうと, つまんで, つんで, とったあと, とられた鈴蘭, とりあげて, とりかへ, とりに, とり酒, とるという, とるなかれ, とるの, とる事, どういう具合, ながめたの, ならせた盆栽, ならせると, ぬすみに, ぬすんで, はらみたり, ひとに, ひろいに, ひろひあつめます, ひろふ, ふかして, ふんだんに食つた奴, ぶらさげる, ぼくらは, またざくろ, みせとくれ, みな喰べ, みのらせ胚子, むいて, むさぼりつつ, むしり残した向日葵, むすばない丈, むすぶという, むすべば, むすんだり, もいだ, もいだり, もぎとつ, もぎに, もぎ取られた柿, もち落ちつかう, もった柿, もつの, もてあそんで, もんで, よこした事, ギヤマンの, クリームの, ジネンコと, バナナと, ポツンポツンと, ロシヤ人が, 一つ二つ匙で, 一つ取りました, 一つ啄み落した, 一つ歯の, 一つ踏え, 一ぺん通り見込ん, 一升買ふ, 一本人に, 一粒ずつ, 一緒に, 三つ取っ, 三粒四粒指で, 上げさすまいと, 上り口に, 両手に, 主と, 乾かし燻べたもの, 争って, 二つつけました, 二つ三つ武さんの, 云うまいと, 云わしめたの, 人が, 他の, 付けるだけ, 伝うと, 伝うるに, 何月何日の, 作るため, 俵に, 備えて, 入らせるとて, 入れたの, 入れた皿, 全体誰が, 写す特有, 出され習慣通り僕達, 刃の, 割った時, 包んで, 十個ばかり, 半分に, 去って, 収穫に, 取ったこと, 取らせるため, 取られたの, 取り来よとの, 取るだけの, 取出して, 受けとるには, 口に, 叩き潰して, 叩き落して, 只うらやましく, 合成せる, 吐かせい, 吐かせようという, 吐かせるの, 吐かぬという, 吐かぬの, 吐きその, 吐きませぬ, 吐く, 吐くこと, 吐くやも, 吐こうとは, 告ぐ, 告げざりし罰, 告げられてからは, 周囲へ, 味わい終わった人, 咬みながら, 啄い, 啄むやさしい, 啄んで, 喜ぶ, 喰おうという, 営実という, 噛った, 噛みつぶしながら, 噛むと, 四つとった, 土に, 土産に, 垂れた万両, 埋めて, 塗る, 売りに, 売る地蔵盆, 壺に, 多く収穫, 大きくふくらませる, 大急ぎに, 天日に, 失つてその, 奪いあったり, 女に, 嫉んで, 実らし始めたの, 実らせようという, 尊ぶこと, 小ガタシ, 少しばかり, 尚び, 尽くすの, 屋根へ, 左右す, 干し搗いて, 度々食べた, 引もぎっ, 強要し, 彫ったの, 後に, 得たるが, 得たる格言, 得戸外, 徹して, 忘れたる也, 忘れ活溌, 思い出すの, 思わせた, 想ったッ, 憶出しました, 懐紙に, 手ぎわよく, 手折ろうと, 手繰寄せる, 払って, 投げつけた, 投げつけながら, 投げますよ, 抱かせた笄, 拵え種子, 拾いあつめて, 拾いながら, 拾い取り運び置きたるが, 拾う, 拾った, 拾ったらどんなに, 拾ってる子供たち, 拾ひました, 拾ふために, 持たせて, 持ちぬかつ, 持ったの, 持った苔桃, 持つたま, 持つはず, 持つ秋, 指すまた, 指の, 挙ぐべし, 挙ぐるため武道教練に, 挙げうべしと, 挙げしむと, 挙げたいという, 挙げなくては, 挙げようと, 挙げら, 挙げるため, 挙げるという, 挙げるに, 挙げるの, 挙げる事, 挙げる結果, 挙げ今日, 挙げ得たこと, 挙げ得ないと, 挙げ得る可能性, 挙げ板垣伯, 挙げ給え仮令, 挙げ赤子, 捜してるよう, 捨てて, 掌の, 採り出す, 採るもの, 採る事, 採る真実, 採集した, 掬って, 揉ぎとっては頬張っ, 描いた板, 握りしめくるくる, 搗きながら, 摘って, 摘み寒, 撃つの, 撮み込んだ, 支える枝, 日に, 日本へ, 明さ, 明せ, 書くと, 本部島に, 杖の, 枝から, 根がたに, 欠くべからざるもの, 気に, 求め基督, 沢山貰っ, 波うち際, 洗つて押入から, 混ぜて, 満載し, 漬けないの, 点いたり, 点在させ, 焚いて, 照らすもの, 煮て, 熟らせた, 玉に, 現わし, 生むまでの, 生らせるに, 産し一個, 用意し, 申しませうか, 白状いたします, 皮ごと土瓶に, 盗み食いし, 盗もうとして, 盛に, 直ちに挙げる, 着けたという, 知らず, 知らぬ者, 知りたり, 知り得て, 砕く, 礫に, 示した, 示し夫, 示す, 示すに, 秋と, 移入し, 筵の, 粒立たせて, 結ばして, 結ばずまして, 結ばせよう, 結ばせるだけの, 結ばせるゆくたて, 結ばないといふ, 結ばないので, 結ばない者, 結ばなかった, 結ばなかつたの, 結ばぬ木, 結ばんの, 結びがたい, 結びそれから, 結びながら, 結びはじめ, 結びます, 結びブルジョア文学, 結び始めて, 結び得ない最大, 結び悪しき, 結び淡, 結び花, 結ぶかという, 結ぶとき, 結ぶに, 結ぶべし, 結ぶまでには, 結ぶも, 結ぶ以前, 結ぶ古い, 結ぶ季節, 結ぶ手段, 結ぶ桃, 結ぶ物, 結ぶ間, 結ぼうという, 結んだうれし, 結んだこと, 結んだでしょうが, 結んだには, 結んだまま, 結んだり, 結んだ平地, 結んだ果物, 結んだ秋海堂, 結んだ自然, 綴ったまま, 群着し, 聞いて, 背に, 臼に, 艶の, 落されたと, 落として, 蒔いた茶, 蒸す匂い, 蔓ごとぶら下げた, 行うが, 行ひ, 表するもの, 裏庭に, 見せつけたの, 見せるの, 見たり, 見つけるの, 見つめて, 見ましたらそれ, 見る如く, 見上げて, 見付けました, 視め, 覚えて, 言いますと, 言うの, 言わず, 言わば一般世間, 記したの, 訪れた, 証明しよう, 話さない, 語る, 誤るもの, 謂へば, 豆に, 貪るよう, 貯えるという, 貰いまた, 貰つた, 買ふ, 贏ち得, 足もとに, 身を, 迎へに, 透かして, 連れて, 逸脱せ, 運んでも, 遠のいて, 選ぶ者, 鉈で, 銀杏間近く, 鋏の, 除いての, 集めこれ, 集めながら, 集めるため, 頂戴すべく, 頬張りながら, 顧みないに, 飛ばすよう, 食いしによりて, 食いながら, 食いまた, 食い粟, 食い野山, 食うとき, 食う前, 食するため, 食ったり, 食つてゐる, 食は, 食べさせたの, 食べたその, 食べても, 食べると, 食み落す鴉, 食む小鳥, 食わせその小さな, 飾った小, 饗応はれた, 鳴らす, 麻袋に, 黄金色の

▼ 実~ (1818, 26.9%)

38 ところは 27 ように 22 ような 14 ところ私は 10 子の 9 なって 8 なる木, やうに, 中に, 娘の, 母の, 熟する, 親が, 親の 7 あるもの, ところ彼は, やうな 6 ところこの, ところを, 名は, 姉の, 赤さ

5 [14件] ことを, とこへ, ところその, 妹の, 子が, 子だ, 子では, 弟を, 形を, 所は, 母と, 汁を, 父の, 重さ

4 [16件] ところまだ, ところわたしは, ところ僕は, ところ私の, 一つを, 娘と, 弟の, 母に, 母親と, 母親の, 熟した, 生って, 皮は, 落ちる音, 親と, 親を

3 [28件] あるお方, あること, あるの, ある人, ところわたしの, ところ少し, ところ私も, なるの, むすめ, 一つが, 妹と, 妹を, 娘では, 子に, 子を, 家の, 形が, 所を, 数を, 殻に, 母が, 父母よりも, 父親である, 父親を, 美しさ, 菓子を, 親に, 親子の

2 [112件] あるところ, ある仕事, ある子, ある者, いった長い, お父さんの, お父様, こぼれる, ついた小さな, ついて, ところ, ところこれは, ところそこに, ところわたくしは, ところわれわれは, ところ彼の, ところ自分は, ない生活, なること, 一つだに, 一法に, 三つ四つを, 中から, 中にても, 中の, 事を, 例を, 兄が, 兄で, 兄と, 入って, 処は, 処私は, 名も, 味は, 大きくて, 女なり, 女宜, 如く頼朝, 妹で, 妹である, 妹に, 妹をば, 姉が, 姉で, 姉と, 娘だ, 娘に, 娘より, 子じゃ, 子です, 子でなく, 子と, 家では, 家へ, 家族が, 小さい刺青, 干したの, 弟だ, 形の, 形は, 後の, 御母子, 意味を, 房を, 方が, 朱い, 机の, 枝も, 標本を, 殻を, 母だ, 母では, 母を, 母様の, 母親だ, 母親で, 母親も, 母親を, 母親をね, 水が, 照るも, 熟れて, 父に, 父母の, 父母を, 父親が, 珠数繰り, 留守宅に, 留守宅へ, 皮を, 研究によって, 空へ, 笹藪の, 紅玉を, 罪人が, 色が, 落ちて, 落ちるの, 親だ, 親だった, 親より, 親よりも, 親子で, 赤きを, 赤く, 赤く熟し, 重みを, 鈴生りに, 雨, 頂に, 饗宴に

1 [1141件 抜粋] あかき木, ありそう, あるひと, ある処, ある堅い, ある妙, ある庭木, ある弟, ある批評, ある楽しみ, ある物, ある生活, ある病気見舞, ある紙包, ある苦労, ある話, いずれの, いった水気, いつたの, いよ, うすいさ, うつくしくちら, うれて, おちるしめやかさ, おもみ, おわんで, お妹, お子さんでは, お母さんです, お母様と, お母様や, お父さ, かかって, かげに, かたちすべてが, かなめなど, がら, くらゐ残しました, ことだ, ことなんか, こと朝鮮の, こよなく熟れ, こッた, ごとき心, ごと明るき, ざくざくはいった, しろくはじけ, せがれできる, ぜんたいを, たわわ, たわわに, ついた, ついたの, ついた南天, ついた朴, ついた茨, つきも, つた柿の, つぶつぶ数えられる, つやつやと, つゆは, できるミバショウ, ところあなたという, ところありません, ところお, ところおれは, ところが, ところぐずぐず, ところこれから, ところこれと, ところさまで, ところぜんぜん, ところそれだけ, ところそんな, ところたった, ところつい, ところどういう, ところなんだか, ところはなはだ, ところほかに, ところまあ, ところまるで, ところもう一度, ところもし, ところわたくしの, ところわたしにとっては, ところわれには, ところリップは, ところ一種の, ところ万更自信が, ところ主人は, ところ今度の, ところ今朝から, ところ伊太夫の, ところ何にも, ところ何も, ところ余が, ところ作者は, ところ信吉は, ところ俺らは, ところ六十歳に, ところ内政財務の, ところ労働者が, ところ厄介な, ところ又, ところ名前を, ところ吾人の, ところ大いに, ところ完器大破の, ところ席を, ところ彼には, ところ彼等も, ところ手も, ところ拙者には, ところ新聞の, ところ明, ところ書くべき, ところ本物の, ところ横で, ところ比沼のうな, ところ没趣味である, ところ清姫であっ, ところ現代人の, ところ生れ, ところ真剣に, ところ私に, ところ絵の, ところ肉屋のみよ, ところ胸が, ところ自分だ, ところ葉之, ところ裕佐は, ところ課長としては, ところ買っ, ところ過半想像的の, ところ鐚には, ところ閑ちゃんに, ともなわざること, ないこの, ないとも, ないへなへな, ない人, ない俳論, ない南瓜, ない奴等, ない時代, ない枇杷, ない科, なかに, なき文学, なったあるいは, なったレモン, なった木, なった柿の木, なった梅もどき, なってるの, なつた, ななか, なるに, なるやう, なる原, なる年, なる樹ども夥多, なる葡萄, はいってる土瓶, はぜる細い, はてしも, は仕事, ひとつ落ちむとするを, ほのかなる, またなく甘, まだ青い, ものも, やりとり一件を, オヤジにまで, スイトンは, ヒューマニチイ, 一つは, 一つ一つには, 一杯ある, 一輪を, 一顆を, 三氏に, 上らぬ仕事, 世界と, 両親は, 両親を, 乳房, 乾したもの, 事は, 二つ三つを, 交った綿, 人物を, 伝説は, 伯父で, 住居だけ, 使ひで珍しい, 倅でございます, 働きに, 兄きだ, 兄さんに, 兄だった, 兄です, 兄な, 兄カリギュラ王の, 兄妹では, 兄弟でも, 兄弟とも, 兄弟より, 兄秋田清吉という, 充実を, 児と, 児よりも, 入ったもの, 入った南瓜, 入った方, 入った精神的, 入つた混成酒, 入らぬ前, 入らぬ首, 入りようだ, 入れかた, 冷たい理智的, 処, 処みあれ, 処マンドルは, 処僕が, 処其の, 処実, 処日本の, 処比沼のうな, 処私の, 処藩では, 出征留守宅へ, 出来た歴史, 出来る雌蕋, 出盛りに, 判断は, 割れ方, 匂いを, 双生児を, 叔母お, 叔母と, 叔父に, 口から, 同胞も, 名である, 名詞を, 吾らの, 味である, 味も, 味噌汁は, 品位は, 噂お, 在所を, 域に, 場の, 墓が, 外貌, 夜道へ, 夥く, 夫の, 奥方で, 如きは, 如く苦の, 如し且つ, 妹が, 妹では, 妹にも, 妹小, 妻と, 姉, 姉さまで, 姉は, 姉も, 姉様が, 姪に, 姿と, 娘おえい, 娘さんを, 娘である, 娘といった, 娘どう, 娘に対して, 娘を, 娘半蔵の, 娘賢子の, 子か, 子だった, 子でない, 子なら, 子は, 子や, 子らしい, 子供と, 子供にても, 子供を, 子息基通公を, 季節を, 孫子であったら, 実弟にあたる, 家から, 家族から, 家族にも, 容易に, 小なる, 少しく色づきし, 居た, 居る方, 工合などが, 幼な, 弟か, 弟で, 弟どもの, 弟に, 弟よりも, 弟文武兼備という, 張り切つた肉つき, 形や, 形状も, 役を, 御父君, 心の, 心を, 忘れられた時代, 性や, 息子が, 情, 意で, 意味である, 愛でなくては, 成る奴, 房ごとに, 房にすら, 所はね, 所一向, 所全部通読し, 所日本美術協会という, 所私は, 技量とが, 挙らざるは, 掬ひ, 改良, 数が, 数ほど, 数珠を, 文学即ち, 新しいの, 日に, 日記, 昆布や, 時節だ, 有りそう, 有様に, 未だ熟さない, 李鴻章が, 枝を, 桃が, 椀に, 極大なる, 機嫌を, 歯触りの, 段を, 殻の, 母, 母かの, 母でなく, 母なら, 母は, 母同様に, 母娘の, 母様は, 母親さんと, 母親である, 水, 汁と, 沢山に, 法門に, 渋皮が, 溢れたよう, 漂流し, 漂着地の, 無い藁, 熟えて, 熟し時, 熟つた丹波王母珠ほど, 熟れるころ, 熟れ連, 父であり, 父と, 父も, 父御, 父母だ, 父母にも, 父親か, 父親で, 父親へ, 物と, 玉, 珠数を, 球を, 生の, 生らない花, 生る今日, 生る者, 生涯における, 産地に関する, 甥と, 用を, 男親の, 白いの, 白い肉, 皮の, 目的は, 相良寛十郎の, 真赤な, 着きが, 研究, 祖母では, 秋, 種や, 種子と, 穴から, 算盤に, 粒が, 紅色だけが, 結った梅もどき, 結ぶの, 綴り初, 罪人は, 義で, 肉の, 肉声に, 肖像画で, 腐れたよう, 色から, 色づいたの, 色の, 花菱が, 花菱と, 若くやわらかい時, 荒尾譲介なる, 莢の, 菅と, 菓子鉢などを, 落ちこぼれるの, 落ちる数, 落つるが, 葛の葉を, 薄い化粧紙, 薄きを, 血を, 行方を, 裂け口, 裏より, 見えるその, 見える柿, 覗いて, 親おれには, 親じゃ, 親として, 親は, 親分でない, 親子であり, 親子である, 親子と, 親子同様に, 親御が, 言に, 記憶には, 詩人は, 話を, 議によって, 買つけから, 賓なりと, 赤, 赤いの, 赤くいちめん, 赤熟した, 軍は, 道に, 酸っぱいの, 重みで, 野菜でも, 鈴生に, 間には, 降って, 集めた道具, 青い昼, 青さ, 音も, 音羽でございます, 頼みは, 風味それも, 食べられて, 飾りの, 餅よ, 鳴りいで, 黄に, 黒染の

▼ 実~ (816, 12.1%)

18 なって 12 入って 9 あって 7 落ちて 6 なつて, なるの, 熟して 5 いくつも, たくさんなっ, ついて, ない 4 ある, はいって, 入つて, 生って

3 [12件] いっぱいその, ないと, 一ツ, 下って, 出来る, 地に, 成って, 枝も, 玉を, 結る, 葉の, 赤い

2 [50件] あつた, ありません, あるでは, あると, あるばかり, いっぱいに, かすかに, そこにも, たかって, ついた, どっさりなっ, ないの, なくなると, なったの, ならずに, なり立派, なる, はじけて, びっしりと, 一定時間の, 一面に, 入らなかった, 写して, 刺の, 十五六も, 小さくて, 幾度か, 成熟する, 房に, 挙がること, 枝に, 栗の, 死んだとき基道, 沢山なっ, 沢山なってる, 熟する, 熟すると, 熟れて, 瓦屋根の, 生つて, 種と, 腐った綿, 自分の, 落ちてちゃ, 葉隠れに, 裂けて, 見えて, 赤くなっ, 鈴生に, 風に

1 [580件 抜粋] あかあかと, あかく熟れ, あからんで, あが, あがる暁, あった, あったが, あったろうか, あつて, あらかた色づいた, ありすぎて, あり伊井蓉峯, あり鶸, あるから, あるぜ, あるだろう, あるとて, あるとは, あるなぞと, あるならあんた, あるなんぞと, あるの, あるもの, あるよ, あるよう, あれば, いいました, いうと, いくつか, いくらも, いちばんきく, いって, いっぱいなっ, いつのまにか内部, いまにも澪, いりすぎて, いッぱいついた, うっすらと, うまいやう, おびただしくなっ, かさなり合って, きれいで, くつつく, くれ, こちらの, ことごとく割られる, こぼれた中, こぼれますから, こぼれ散った宝玉, これほど, ころがり落ちた, ころがるの, ころころと, ざくろの, しきりに落ちる, しなびて, じゅくして, すっかり大きな, すっかり熟し, すでに今, その季節, それぞれの, そろそろ這入, そわないの, たくさんつき, たくさんな, たくさんなる, たくさん生っ, たべたいん, たまたまぽ, たまになる, たわわに, だんだん大きく, だんだん熟し, だんだん発育進化, ついたが, ついた草土手, ついてる, ついてるもの, つきまとって, つくし, つとに熟し, つぶらに, つまって, つややかに, できなくても, できません, どうしてそち, どつさり, ないか, ないから, なくなった, なくなるまでと, なった, なったか, なつかしくなりました, なつて美事, なりましたか, なります, なりませんでした, なり黒熟, なるぞ, なるだけ, なるだろう, なるといふ, なるとか, なるならおむすび, なるなんて, なるや, なるよ, なるん, なる普通, なる程理, なれ柿の木, なろうぞ, のっかって, はいりませんでした, はいるくらい, はじけた姿, はじけ相, ばたばた落ちた, ぱらぱらと, ひとりで, ひとりでに落ちた, ひょうひょうと波, ふくらむ, ふさふさと, ぶよぶよと, ぶらさがって, ほぼ一様, ほんとうに, ほんのりあかく, ぼとぼとと, ぼろぼろと, ぼんやりと, ぽとぽとと, また生えた, まだいっぱい, まだかなり残っ, まだたくさん, まだ残っ, まだ青い, まるでたくさん, まるで松笠, みのって, みのり肌, みのる季節, むらがりついて, もうそこ, もぎ取られて, もし染料, もつ特色, やられた, ゆがんで, よく描い, グミに, コツ, コロトンと, チューブの, トべ, ハネた, バラバラと, ポタポタ落ちた, ポンと, 一きわ赤く, 一しほ, 一つつい, 一つぶら下つてゐる, 一つぽとりと, 一つも, 一つ二つ枯葉の, 一つ二つ残っ, 一つ落ちた, 一つ赤黄色く, 一ぱいあっ, 一ぱいついてる, 一ペエだ, 一夜の, 一度失敗, 一日一日と, 三つ, 三つ四つ長い, 三味線の, 三週間の, 世話すべき, 丹色に, 主人の, 二つなっ, 二つの, 二つばかり, 二つ三つな, 二つ転が, 二ツばかり, 云ひました, 云訳ほど, 五つぐらいしか, 亡くなった, 交つてゐた, 今なお, 今にも落ち, 今後の, 今日の, 住む町, 何かに, 僅かな, 充実し, 先日急に, 入ったと, 入ったの, 入つた, 入らずでも, 入らず仕舞い, 入らで平生, 入らない, 入らないが, 入らない花, 入りまして, 入りません, 入りませんでした, 入りませんや, 入ると, 入る時, 八分目以上も, 円熟し, 再び芽, 出てるので, 出来て, 出来ない, 出来ますが, 出来花粉, 刑余の, 初めは, 刺繍つてあつ, 前垂掛で, 割れたよう, 割れ畑, 匂を, 十七の, 口を, 合戦直前に, 同時にある, 四つ五つころころ, 固くなる, 土の, 在った, 地上に, 地面に, 垂れ小豆, 塀の, 墜ちたという, 多いの, 大いに傑出, 大きいすなわち, 大きくって, 大きくなった, 大きく小さいコウジ, 大切な, 大小さまざまに, 大木に, 天へ, 好きで, 好きな, 婆さんの, 宗蔵を, 実として, 実りその他花, 家長としての, 尊いよう, 小さいけれども, 小さいの, 小さいシバグリ, 小さくなる, 少ないだろう, 尻ぬけ, 屋根の, 崩れるよう, 市場に, 師の, 幾つか, 幾つも, 庭に, 引取て, 強烈な, 復た, 徳利に, 惜しいん, 成ったな, 成つたのである, 成らない, 成ります, 成り始めた年, 成るまでには, 成るやう, 所々残っ, 手に, 折から, 押しつぶされたの, 挙がれば, 挙げられましょう, 挙げられると, 挙げられるもの, 挙げ悪い, 挙るという, 揺れて, 揺れ厚ぼつ, 散り乱して, 散歩に, 新聞, 日に日にふくらん, 日常どこの, 有るなら寧そ水, 有るッ, 朝廟に, 朴の, 来て, 果つてかは, 枝ごと吊され, 枝の, 枝を, 枝端に, 柔らかな, 梅津大臣と, 樫の, 樹に, 次第に色付い, 欲しいなどと, 此の, 残して, 残って, 残らなくなったとき, 殻から, 母の, 毎日毎日愉し, 毎日赤く, 水を, 沢山に, 沢山生っ, 沢山落ちた, 流れ着くという, 浮んで, 淡緑色, 清潔で, 満洲, 滴り落ちた秘玉, 漸く肥え, 漸次現われ, 濃緑の, 無い位, 煌めいて, 照りこぼるる, 熟しこの, 熟したの, 熟し秋風, 熟し落葉品, 熟す, 熟するの, 熟する季節, 熟する時, 熟する頃, 熟れた, 片岡鉄兵と, 玉の, 珠を, 現われた, 現われるもの, 甘くて, 生った簪玉位, 生つたら持つ, 生らず, 生らない, 生らないという, 生らぬ柿の木, 生りだすと, 生りました, 生り子供等, 生るかも, 生るから, 生るけれど, 生ると, 生るの, 生れながらの, 生れるの, 異常の, 白く見える, 百首も, 目を, 真っさき, 真っ紅, 真っ赤に, 真っ黄いろ, 真直です, 眼に, 眼の, 眼球の, 眼立っ, 着くの, 知れて, 神戸に, 私の, 秋から, 秋の, 稔つた, 稔る訳, 突然に, 立派に, 簇成し, 籠つてゐた, 籾という, 紅かった, 紅く色づく, 累々と, 結びつゝあるかどうか, 緑葉の, 罅裂ける, 美くしく, 美しく光っ, 美しく葉, 胡瓜の, 胸に, 自ら地に, 自然に, 色づき渡鳥, 色づくころ, 色づく頃, 芯と, 花が, 苔が, 茎上の, 落ちたの, 落ちました, 落ちましたな, 落ちます, 落ちやんで, 落ちる, 落ちると, 落ちる前, 落ちる頃, 落ちれば, 落ち或, 葉っぱの, 葉苞に, 蔓の, 行った, 衣布の, 袖にも, 袖垣に, 裂けた始め, 見て, 見られう, 触るとから, 言った, 計画し, 詰まって, 語るこの, 貧血症の, 赤い頃, 赤くなる, 赤く実, 赤く根, 赤く照っ, 赤く熟した, 赤らんだり, 赤る, 足もとに, 足りませんね, 路の, 転り出した, 遊びに, 適当し, 重そう, 重なり合うよう, 鈴なりに, 鈴生にな, 鈴生りに, 長くなる, 長く家, 附いて, 附着し, 附着する, 陽に, 陽射しを, 隠棲した, 集り熟し落ちると, 雨に, 露に, 青くて, 青葉が, 頭を, 顔を, 飛び出して, 飛び散り人, 飛んで, 飛出して, 食べたくなって, 食品として, 高い梢, 鮮やかで, 黒い茂り, 黒く腐っ, 黒く色づき初める

▼ 実~ (191, 2.8%)

9 蓋も 4 ある, ちらっと見えた, フタも

2 [11件] たくさん出, だんだん紅らん, ない, ふたも, よくとれた, 二つ見附けた, 出て, 自らは, 花も, 見ゆ, 赤く熟しました

1 [148件] あった, あったの, あって, ありますでございます, あり蓋, あるいい, あるお, あると, あるミコ, ある中, ある名君, ある暮し, ある武士, ある男, ある精神, あーる, いろいろある, おりゃ取り上げられた, きつと, ござらぬ, さみしや, しなびて, すっかり少年, すつかりお, そうであった, そうやっ, そこで拠, そこらに, その日記, たべる, ってかの, ついた折り枝, ついて, つけないもの, つけない糸杉, つけない若木, とったし, とれますし, ないと, ないもの, ない浄瑠璃, なき枯草, なき色香, なし, ならすか, なるしね, なろう, なんら観る, はいって, はじめは, はやなき, はらんで, まさに熟しかけ, またよく, また一つ, また丘, また同じく, また大きい, また実に, また結び損, むすばれよう, わかる, ゐて, 一つの, 乾きしなびて, 今の, 今度は, 働きも, 入れて, 力を, 単にわたし, 取る者, 口に, 同じこと, 同じよう, 喰ふ, 塩漬に, 変てこな, 夏季において, 大きいが, 大きくなっ, 大きく色, 女房たちも, 存し, 小さく水蜜, 後害, 得られなくなるという, 愛しとは, 成るか, 成ろうと, 拾わずその, 挙らなかった, 日ましに, 日本的だ, 普通の, 普通よりは, 曾我村の, 杏や, 条に, 来り中根竜太郎, 枯れたよう, 栗も, 根も, 欲しい物, 歌人だ, 沢山落ち, 火を, 無い愚図, 無しと, 熟まずただ, 珍く, 異なる他, 相似, 着いちゃ, 知らないうち, 移り住んだ時, 立たない, 等しく雨, 紅の, 結ばずに, 結ばず花, 結ばなかったそして, 結ばぬよう, 結び得, 結ぼうという, 聴聞した, 肉が, 芽を, 落ちたま, 落ちて, 落ちる, 葉も, 葢も, 蓋もねえ, 蔓と, 藤原氏に関する, 虚も, 衣を, 言った, 赤からう, 起きて, 身に, 身を, 達雄も, 食ったなどと, 食はずなりぬ, 食べなかったの, 香もか

▼ 実~ (141, 2.1%)

5 なって, なつて 3 赤土とを

2 [12件] して, なつた, なります, なり君, なるの, 一緒に, 了智の, 会ひ, 為し, 稲垣とは, 見せて, 銀の

1 [104件] ある, あんまりよくは, いうが, いうと, いっても, いふ者天神七代を, きまり古来仙薬, したところ, した処, するの, する者, そうしてその, そして椋, その上, その姫君, その嫩, どちらを, なったわれ, なり, なりて, なりまた, なり今朝, なり初め, なり実, なり朝顔, なり枝, なり薬, なるあはれさ, なるか, なる晩春, のむ, みて, やがて栗, サロンから, バッタリ, ベゴの, ルパンで, レインボーグリルで, 一つ置き, 並べていわね, 了智と, 二つの, 云う人, 云ひ, 云ふ, 人心の, 今朝の, 会ふ, 伴は, 何方が, 偽の, 偽わる料簡, 号し, 同じよう, 同じ心理, 名づけたり, 呼ぶべきである, 存じ此方へ, 実, 小さな銀, 山野一郎で, 岡田啓介に, 思う者, 思ひながらも, 成り秋, 林弘高が, 林檎と, 柿本人麿の, 核とを, 橋本の, 殊なる, 汲だ, 火が, 熱心とを以て, 用とともに, 申す現職, 砂糖とが, 称して, 種子と, 種子とを, 空瓢箪と, 空瓢箪とが, 約束で, 耐久とを, 落ちた貝, 葉な, 葉を, 蓋とが, 虚と, 虚との, 虚の, 見れば, 言い二つながら, 言ふ, 誣ひ, 謂ふ, 豚の, 通用させなけれ, 逢ひ, 逢ふ, 釈了智の, 針と, 間違えて, 黒い実

▼ 実~ (64, 0.9%)

29 助は 14 助の 6 助を 4 助が

1 [11件] 助と, 助どの, 助に, 助にとって, 助にとっては, 助のみ, 助も, 助様いざ, 助様か, 助殿, 助氏は

▼ 実~ (57, 0.8%)

2 やつと, 草の

1 [53件] おしみなくふる, きもの師の, けしの, じゃぼん, それから裏, それも, どんぐりの, な枯芙蓉, はり心の, ほらよ, わらびや, キャラメルを, クルミの, ココアなどと, トリップという, ハスの, 侍たちに, 土耳古製らしい, 塵を, 小さいとき, 小枝, 左大臣経宗や, 慈円やは, 握飯の, 文化より, 春めいた雲, 栗の, 栗を, 根などからまでも, 樹の, 櫛, 清らかな, 漬物は, 父を, 直樹の, 砂饅頭に, 秋は, 穂に, 義輔の, 義輔よりも, 花の, 苅萱堂に, 葛や, 蓼などと, 藪の, 藻玉を, 蜜柑を, 赤く色づいた, 露で, 露に, 馬車の, 鹿の, 黒慈姑を

▼ 実さん~ (56, 0.8%)

5 の能 4 の舞台上, やはじめさん 2 のお, の芸

1 [39件] が, がい, が私, が自分, が舞台, が舞台上, しょうの, という聟, と交際, と連れ立っ, にせよ, には苦情, に会っ, に逢った, に頼ん, のは表面的, のハコビ, のヤハリ十七, の中, の妖気, の家, の恃むところは唯一つ, の精神, の精神分析, の舞台表現, の芸的ルンペンぶり, の覚悟, の風采, は, はあの大, はそんな, は嘗て, は日常, は毎日毎日, は私, は自分, は自己, は非常, もその他

▼ 実~ (45, 0.7%)

2 酒を

1 [43件] あつた, いっぱいです, おじゃるか, かあ, かもしたん, すべて陶工の, そのままで, その連, ちょっとしたおもしろい, っぽうの, っぽうや, ふとったん, ものに, よごれた甲板, ゴルフを, 作った酒器, 十九年も, 取り立てて, 命を, 国により, 外部木質内に, 尻肥り, 拵えた椀, 数珠を, 普通に, 梢に, 歯の, 油を, 溢れたもの, 直に金, 着て, 籾という, 肥やしたん, 脳天を, 自分の, 藤原だの, 買収し, 赤う染めた, 醸した酒, 閉塞した, 頭を, 風に, 飲むと

▼ 実~ (36, 0.5%)

2 ものに

1 [34件] ところが, の, のよ, ものが, んだ, 一切の, 人である, 人生の, 人間たちと, 代物では, 創造へと, 力は, 勤め口だ, 同時に呑気, 品この, 商店の, 塊である, 夫婦生活を, 女房を, 性質の, 所が, 新鮮な, 民藝の, 生長を, 町女房が, 発達の, 目が, 研究と, 確かな, 結婚の, 者だ, 詩の, 進み方, 顔を

▼ 実この~ (22, 0.3%)

2 栗に

1 [20件] お話の, まま人間を, ような, カフェの, 中で, 二人の, 力関係乃至, 国の, 境地が, 妻を, 寄附金は, 寺は, 怪紳士は, 情景の, 掃除は, 男は, 老婆は, 見地こそ, 話は, 部落にも

▼ 実~ (22, 0.3%)

3 して, しても 2 しようと, すると

1 [12件] かくの, されて, した, したいよう, するさあ, するとても, する菜葉, する青い, 会ひ, 傾倒する, 訊いた事, 譲り渡した

▼ 実もっ~ (22, 0.3%)

2 て申し上げ

1 [20件] ておかしな, てどうも, て一言, て不幸, て今度, て前代未聞, て千蛾, て嘆かわしき, て奇怪, て家内一同, て尤も, て常, て心外, て意外, て慶賀至極, て申し, て申しわけ, て異形, て祝着至極, て言語道断

▼ 実~ (22, 0.3%)

1 [22件] だけは念, というの, という若い, という若者, とか呼ばれ, とはあの, と申します, と申す, ならば, なる下司, に命じ, の両, の傷, の傷口, はそれ, はまだすやすや, はむしろ, は忠実, は悲鳴, は気, を匿っ, を見究めざる

▼ 実なる~ (19, 0.3%)

1 [19件] が如く, が故に, とこそきけ, とを覚知, と天地万有, ものである, ものの, ものは, ものひとり, を得べし, 下部と, 人生を, 信仰に, 国と, 小親, 生活, 者が, 趣味の, 身と

▼ 実~ (19, 0.3%)

1 [19件] か松野奏風君, が, が休ん, が持っ, が来, が黙っ, と一緒, と坂元雪鳥君, にまで声, の来訪, の発案, はずっと, は盛, は長次郎, は頻りに, もいつか, もなかなか, も同じ, も既に

▼ 実~ (18, 0.3%)

5

1 [13件] からッ, から食べる, がその, し申分, そうでございます, つたといふ, といっ, とも言, と思っ, と訊いたら, のの, よ当世, 今の

▼ 実~ (16, 0.2%)

3 否かを

1 [13件] 今日は, 何かの, 分らんが, 容易に, 小当りに, 幻か, 或いは余, 毛虫か, 知って, 知らぬが, 虚かすらも, 見て, 訛伝か

▼ 実~ (15, 0.2%)

2 は一生涯

1 [13件] がかく, がすれちがった, がコッソリ, の全身, の妻, の心, の眼, はいま, はまるで, は橇, は殿村夫人, も三晩, も人間

▼ 実という~ (14, 0.2%)

3 のは 2 名を 1 ことに, のが, ものの, ものを, 九条家始祖の, 人で, 姿で, 少年店員が, 豪の

▼ 実などを~ (13, 0.2%)

1 [13件] くれました, レーネットへ, 出した, 出水の, 取って, 喰べ, 売って, 売つて, 少々賞与, 折って, 描く人, 摘んで, 結ばせぬよう

▼ 実~ (13, 0.2%)

2 の首洗い池

1 [11件] がやはり, が両者, が東国, が長ばかま, にならっ, に仮, に託し, のことば, の涙ぐましい, の言, の討死

▼ 実~ (12, 0.2%)

1 [12件] あっしも, あの男, おれも, こんな体, さっきおれあおめ, さっきから, そのもうすこしはっきり, ひょっと思い出した, まだ二百両, 今ちょっと, 女郎と, 感心した

▼ 実から~ (12, 0.2%)

1 [12件] くちびるを, 始めて, 引力を, 彼女へ, 手紙を, 打って, 水晶の, 粗悪に, 粘質物, 聞いたはなし, 自分で, 象の

▼ 実でも~ (12, 0.2%)

1 [12件] こぼしそう, こぼれるよう, すべてに, ない柿の木, なんでも, はいって, めずらしいもの, ハギの, 噛りましょう, 無い, 西洋のよりは, 鳥の

▼ 実とが~ (11, 0.2%)

1 [11件] あるの, あるもののふ, ない, もっと切実, われわれの, 並んで, 二つに, 染料に, 満洲, 生じて, 相伴わねば

▼ 実なら~ (10, 0.1%)

1 あつち, しむる, しむるため寄与, しむるなきを, しむるなり, とねらっ, ば, ばおまえ, ばこそあらめ, ば背戸

▼ 実には~ (10, 0.1%)

1 そこらに, なるいや有難う, なるから, もう求められなく, パンを, 涙が, 甘味が, 白も, 蟻が, 鵯は

▼ 実とは~ (9, 0.1%)

1 どんなもの, 兄弟でも, 思はれませんでした, 思われません, 思われませんでした, 換えがたい貴い, 果樹園の, 裏と, 違い日頃

▼ 実とを~ (9, 0.1%)

1 この世の, さながらに, たくさんに, つなぐ臍, ともに具備, ふところに, 一つに, 今まとめ, 完う

▼ 実なき~ (9, 0.1%)

1 にあらず, ものと, ものなり, 学問は, 実は是, 無花果を, 者を, 虚威という, 観念の

▼ 実ばかり~ (9, 0.1%)

2 でなく大きい 1 この通り炮烙, たべて, でなく築地, でもう, のを, 落, 食べて

▼ 実ほどの~ (9, 0.1%)

3 大きさ 1 大きな歯, 焼け土の, 珠が, 眇少し, 褐色では, 黄金が

▼ 実~ (9, 0.1%)

1 がテニス, が内大臣, が貧しい, とは立てなけれ, の, のとこ, の弟, の私邸, の芸風

▼ 実その~ (8, 0.1%)

1 たくさんの, 中に, 人は, 夜も, 子の, 政治は, 旦那先生が, 紀行の

▼ 実との~ (8, 0.1%)

1 あの素朴, 概説を, 相伴は, 相伴わざる事, 真盛である, 箱根での, 間に, 霜に

▼ 実よりも~ (8, 0.1%)

2 大きなる 1 ちょっと大きめ, やや大きい, 少し大きい, 樹を, 甘味い, 皮の

▼ 実といふ~ (7, 0.1%)

2 ものを 1 のは, ものの, 名を, 語は, 顔ぶれ高瀬の

▼ 実をも~ (7, 0.1%)

1 ぎとつて噛ん, 出して, 古名ヤマスゲの, 摘みは, 結ばない, 結んだ生涯, 食わぬ

▼ 実~ (7, 0.1%)

1 云ウト予モ彼女ノ, 云ウト佐々木以上ニ予, 巧ニ喰イツクスガ如シ, 思量シテ中道ヲ, 結ブ其皮赤クシテ火ノ, 結ブ大, 結ブ形卵

▼ 実~ (7, 0.1%)

2 ならずとて, なるは, の作 1 にいえ

▼ 実~ (6, 0.1%)

2 ういふ, う云 1 ばかりの残刻, まで勿体ない

▼ 実である~ (6, 0.1%)

1 から誰, か虚, が平和, それを, のか, 処の

▼ 実です~ (6, 0.1%)

1 かさがし, から三つ, から征夷大将軍一つ, が生, こうして幾度, つて

▼ 実として~ (6, 0.1%)

1 ある, 伝えられるの, 存在する, 朝廟の, 食べる, 飽まで

▼ 実なし~ (6, 0.1%)

1 いかでわが, のみそ汁, のドロドロ汁, の汁, 小貝, 必ずも

▼ 実など~ (6, 0.1%)

1 すすめられる, であります, です, まだ探せ, 三ツ五ツずつ, 並べて

▼ 実にも~ (6, 0.1%)

1 するが, なります, ほんの少し, シリアスな, 仰山に, 長閑な

▼ 実ある~ (5, 0.1%)

1 か得庵先生, がごとく, 乳なり, 学生さん, 要求に従って

▼ 実それ~ (5, 0.1%)

1 が思い浮べられない, とは正反対, は逆, を竿, を食べる

▼ 実だの~ (5, 0.1%)

1 パイナプルだの, 喜多村緑郎だの, 栗だ, 難破船の, 風に

▼ 実では~ (5, 0.1%)

1 ないか, ないが, なかったろうか, なくみい, 無いか

▼ 実とか~ (5, 0.1%)

1 また自然さ, 仁和寺の, 唐檜の, 敗荷とかいう, 野生の

▼ 実などが~ (5, 0.1%)

2 それである 1 殖えたくらい, 盛んに, 落ちて

▼ 実はなはだ~ (5, 0.1%)

1 困難の, 無理である, 狭い, 疑わしく思わる, 覚束なかっ

▼ 実~ (5, 0.1%)

2 俺の 1 いった, よく来る, 移ろうと

▼ 実~ (5, 0.1%)

1 が又, という人, に似, の, 迄乗っ

▼ 実全く~ (5, 0.1%)

1 これとは, のひょんな, 一種の, 解釈すべから, 鼠と

▼ 実甚だ~ (5, 0.1%)

1 交渉が, 危し, 薄弱である, 開けた国, 難義

▼ 実~ (5, 0.1%)

1 でない, と浮薄, なもの, の良書, ばかりで

▼ 実言う~ (5, 0.1%)

1 とこの, とその, とそれ, と桜, と芹一字

▼ 実すなわち~ (4, 0.1%)

1 スガノミは, ズミの, 換言すれ, 痩果は

▼ 実だけが~ (4, 0.1%)

1 久しきを, 相馬大作と, 真黒くなっ, 赤

▼ 実~ (4, 0.1%)

1 それでは済まされなかった, 中村屋が, 忠実で, 道頓堀の

▼ 実~ (4, 0.1%)

1 かの欠点, がなんだか少し, でもよく, を焼こう

▼ 実~ (4, 0.1%)

1 の弱虫, 得意で, 海人が, 部分は

▼ 実来り~ (4, 0.1%)

1 お祝ひ, 一緒に, 岡が, 新宿の

▼ 実あの~ (3, 0.0%)

1 お方こそ, 光景の, 時の

▼ 実~ (3, 0.0%)

1 ておって, ており, て而

▼ 実すわれ~ (3, 0.0%)

3 ば草

▼ 実たる~ (3, 0.0%)

2 自己が 1 剣法であった

▼ 実だけ~ (3, 0.0%)

1 では, 喰べ, 残つて柿の木の

▼ 実だけは~ (3, 0.0%)

1 たしかに人望, とうに谷川, へいの

▼ 実であり~ (3, 0.0%)

1 そしてまだ, また栗, 正即

▼ 実でない~ (3, 0.0%)

1 ことは, ことを, とおもう

▼ 実とも~ (3, 0.0%)

1 いふ, つかない小さな, 見えるガーネット

▼ 実なども~ (3, 0.0%)

1 うる, 義経を, 落ちるの

▼ 実なり~ (3, 0.0%)

1 市兵衛の, 法のみ, 然れ

▼ 実より~ (3, 0.0%)

1 受ける感じ, 実を, 尊者が

▼ 実らしい~ (3, 0.0%)

1 ものを, 実を, 根拠を以て

▼ 実~ (3, 0.0%)

1 アイヌの, 熊や, 異なる立場

▼ 実~ (3, 0.0%)

1 こうな, そのおせん, もうちっといい

▼ 実了智~ (3, 0.0%)

1 などの人たち, の五人づれで, の四名

▼ 実~ (3, 0.0%)

1 とは歯車, の経験, の障碍

▼ 実~ (3, 0.0%)

1 のところ, の心, の言う

▼ 実~ (3, 0.0%)

1 で頬骨, になった, の淋しい

▼ 実少し~ (3, 0.0%)

1 もすき, 妬いて, 薄気味悪く思わない

▼ 実採り~ (3, 0.0%)

2 に行きし 1 の男

▼ 実案外~ (3, 0.0%)

1 しつかりした口調, に少い, 意久地の

▼ 実決してそう~ (3, 0.0%)

1 でない, では, むやみに

▼ 実~ (3, 0.0%)

1 と物質界, にのみ馳求, に擒

▼ 実~ (3, 0.0%)

1 が集っ, をし, を喰い

▼ 実自分~ (3, 0.0%)

1 が責任者, は虎, をビュルストナー嬢

▼ 実あっ~ (2, 0.0%)

1 てこそ店, てこれ

▼ 実あんまり~ (2, 0.0%)

1 こは, 歩いては

▼ 実ぐらい~ (2, 0.0%)

1 あるまんま, であった

▼ 実ぐらいに~ (2, 0.0%)

1 なって, 膨れあがって

▼ 実こそは~ (2, 0.0%)

1 残れ, 真実の

▼ 実さえ~ (2, 0.0%)

1 その日, 出来れば

▼ 実さんしょう~ (2, 0.0%)

2

▼ 実そう~ (2, 0.0%)

1 でないの, では

▼ 実だって~ (2, 0.0%)

1 やはりそこ, 鎌足や

▼ 実~ (2, 0.0%)

2 たり

▼ 実であった~ (2, 0.0%)

1 云々という, 何かの

▼ 実でした~ (2, 0.0%)

1 が商品, よ

▼ 実とかを~ (2, 0.0%)

1 ちぎる時, 落す時

▼ 実とともに~ (2, 0.0%)

1 だんだんと, 光って

▼ 実なかなか~ (2, 0.0%)

1 心では, 用心堅固です

▼ 実などの~ (2, 0.0%)

1 数を, 流れついた

▼ 実などは~ (2, 0.0%)

1 やや違う, 子供の

▼ 実なに~ (2, 0.0%)

1 も分っ, も考へ

▼ 実なんか~ (2, 0.0%)

1 入っちゃ, 食いたいと

▼ 実なんぞを~ (2, 0.0%)

1 入れますから, 添えて

▼ 実について~ (2, 0.0%)

1 どこまでも, 評判し

▼ 実については~ (2, 0.0%)

1 日本人が, 時珍は

▼ 実のっ~ (2, 0.0%)

1 ている, てゆくらしい

▼ 実のって~ (2, 0.0%)

1 やがてもがれる, 居る

▼ 実のみ~ (2, 0.0%)

1 いどんは, ならむ

▼ 実のらぬ~ (2, 0.0%)

1 それで近傍, 悲しさ

▼ 実のる~ (2, 0.0%)

1 と思つた, なり七月

▼ 実ばかりが~ (2, 0.0%)

1 わたしの, 天使の

▼ 実ほか~ (2, 0.0%)

1 の場所, の線路

▼ 実まじり~ (2, 0.0%)

1 に淋しく, に股倉

▼ 実まつたく~ (2, 0.0%)

1 抵抗力を, 逆の

▼ 実まで~ (2, 0.0%)

1 相談する, 自然の

▼ 実やはり~ (2, 0.0%)

1 正兵法, 精神作用より

▼ 実われわれ~ (2, 0.0%)

1 が草ブドウ, の精神作用

▼ 実をか~ (2, 0.0%)

2 結び得ようや

▼ 実一向~ (2, 0.0%)

1 こまりませんので, 避雷針に

▼ 実~ (2, 0.0%)

1 に自ら穴, の虚

▼ 実~ (2, 0.0%)

1 に助けられ, の死命

▼ 実内心~ (2, 0.0%)

1 ではゾーッ, では彼女

▼ 実出来る~ (2, 0.0%)

1 だけ力, だけ広く

▼ 実大いに~ (2, 0.0%)

1 不自由し, 異なり

▼ 実大き~ (2, 0.0%)

1 ごむ, なる杉

▼ 実~ (2, 0.0%)

1 が筑前, は福岡藩

▼ 実~ (2, 0.0%)

1 にたつ, を果す

▼ 実彼女~ (2, 0.0%)

1 の不屈, の返辞

▼ 実彼等~ (2, 0.0%)

1 の詩体, は携え

▼ 実~ (2, 0.0%)

1 に生きかえる, に襟巻

▼ 実料理~ (2, 0.0%)

1 というもの, など心から

▼ 実極めて~ (2, 0.0%)

1 簡単な, 都合の

▼ 実氏宅~ (2, 0.0%)

1 へ, を訪問

▼ 実~ (2, 0.0%)

2 の利いた

▼ 実決して~ (2, 0.0%)

1 さだ子の, 不思議なる

▼ 実照師~ (2, 0.0%)

2 に示され

▼ 実~ (2, 0.0%)

1 が一枚, も困り切

▼ 実~ (2, 0.0%)

1 を見失っ, を講じなけれ

▼ 実翻れ~ (2, 0.0%)

1 の容易, 性

▼ 実語教~ (2, 0.0%)

1 にもある, 稚講釈

▼ 実~ (2, 0.0%)

1 もが恐がっ, も言葉

▼ 実~ (2, 0.0%)

1 が多けれ, に於

▼ 実~ (2, 0.0%)

1 が身, の勧請

▼1* [463件]

あお耳に, 実あきらめられずあきらめられぬようで, 実あまり困つて, 実あんな病気が, 実いいえ人は, 実いうと折角, 実いかにむずかしいかを, 実いざとなっ, 実いたるところに, 実いちばん縁のない, 実いづこに, 実いらないか, 実うまうまと廣介の, 実腰元の, 実おっちょこちょいの空っぽ, 実おもひでが, 実おもしろき人也, 実お前さんと, 実お金に使われ, 実かえって退いて, 実かがやくとわれ, 実かと竜華寺を, 実かに対しての誓ひである, 実からの阿片採集や, 実からも幹からも, 実かを判断し, 実きのう以来彼の出した, 実きはめてリアル, 実きょうまでの間, 実くらいの格好である, 実ぐらいな鞠を, 実こういうものの, 実こそ落ちに, 実これが面白い, 実これらを束ね, 実こんなに静かに, 実もっともです, 実さえも自分勝手に, 実さん自身は, 実しからざるをえざる, 実しろひげひかつた, 実じゃアない, 実じゃで断念さっし, 実すら結ばずに, 実するも鬼, 実すれば則, 実そこはユフカ, 実そんなことは, 実たいていはちゃち, 実たいへん事務的な, 実ただフョードル・パーヴロヴィッチの, 実たんまりと焚火, 実だけで十分です, 実だけに気を, 実だけの経験では, 実だけもいだらよかろ, 実だったらすんなりと, 実だらけだこれ, 実だろうかと思いました, 実ちっとも諦めては, 実ちつともハイカラ, 実ちゃんが健ちゃん, 実やありません, 実ついてくる, 実つきと残り, 実つまらない事ばかり, 実であってこれ, 実であるべく祈って居た打消し, 実でございますか, 実でしょうか, 実でもと重い尻, 実とでアラスカ迄, 実とでも謂うよう, 実とんだ贋物で, 実と共にこの花, 実どうかと思われる, 実どっちもきらい, 実ながら十四五喰い, 実なく一種の, 実などと云ふ, 実などにして, 実ならざるものを, 実ならしむる物です, 実ならしめ細大洩らさず, 実なれば確か, 実なんかを探し, 実なんぞは見る気, 実にあたって月盈たぬ, 実において既に厭うべき, 実においては将軍の, 実にて製したる餅様, 実にとってはこの世に, 実に対し偏頗の, 実のくらい残しました, 実のったのに破れ傘, 実のなづな国の, 実のねえ両親の, 実のみを絞り出す事, 実のらず鉱毒の, 実のらせてゐた, 実のりの乏し, 実のれるこの言語園, 実ばかりとなった藤棚, 実ばかりとを入れて, 実ばかりの柿の木の, 実ばかりは五十年間ただ, 実ばっかりもうすっかり赤黒く, 実ばらの実は, 実よいと, 実ひそかにあの手この手, 実ひどい神経衰弱であった, 実ひどく卑怯な, 実への移行は, 実へも毒が, 実ほどはある, 実ほんとうには尊敬, 実まじるコスモスの, 実また茯苓と, 実まだほんの我まま, 実までがいきいきし, 実むらさきの雲, 実もう一重奥の, 実ものです, 実世良田三郎の, 実ようやく四十に, 実よほど性が, 実よりはズット小く, 実れる田蕎麦の, 実わしが手, 実わずかにワイトマン, 実わたしの胸, 実をから竿で, 実を以て告げついに, 実アンジェリカは依然として, 実クロイチゴを食ま, 実グラグラなんだ, 実コーヒーそのものに対する感覚, 実シェクスピーアの愛読者, 実タイプライターにもそれぞれ個性, 実タネ違いの兄妹, 実チホンは法官, 実チロルの草原, 実一分子一元素たりとも, 実一箇月ばかりしたら, 実七兵衛の本心, 実三沢宍戸小野安成岡崎読売の女, 実三隻それも一隻, 実上りますれば間さん, 実上層にあらずし, 実の川水, 実不思議に会っ, 実不滅説なり, 実両氏編纂の, 実乗って人, 実乗院での送別会, 実予て知って, 実互いの胸中, 実些少の苦痛, 実人さんから干, 実人倫なんぞは蹂躙, 実人類の前, 実は戸張志智之助等, 実仏教は思想, 実の野茨一枝, 実以上に美化, 実や太田道灌, 実て非, 実で鬼貫, 実何やらそわそわして, 実の鏡, 実俊恵寂蓮隆信の絶讃, 実信ずるに足らぬ, 実信者であり, 実修道院長の台所, 実個人の欲望, 実個人主義的態度を持続, 実偉い術士の, 実偶然の成行, 実僥倖心と羨望心, 実儒教は支那, 実先生もどう, 実先達は帰り道, 実終にしれずし, 実共同社会の全体, 実の女, 実内儀さんが亡くなっ, 実円し早や色づきぬ, 実冗談半分にいってる, 実御史之権, 実切り離すことの, 実別に故障も, 実をいったん, 実はない, 実割れるばかり豊か, 実劇作家一同の利益, 実動かざるも動く, 実動かないように, 実勘兵衛がお, 実勘当同様なの, 実勝千代丸があらかじめ, 実勝栗小殿原, 実十五より上, 実占領地域がふえ, 実神主の, 実参木は甲谷, 実取りや独木舟造り, 実取り換えずに婆さん, 実錨オーストラリヤの, 実吉利支丹布教のため, 実君ニ未練ガアルノサ親父ヲ出, 実君一人は別山, 実呉れるアフリカ魔女の, 実というお, 実唾棄すべき醜行, 実問題は益々, 実嘘説なの, 実占めて, 実や按察大納言父子, 実国法上からは賤民, 実国綴方生活工程国研をはじめ, 実土地馴れぬこと, 実も行実坊, 実堂和尚も臨場, 実に目的, 実外発の勢力, 実多妻主義か多, 実大いなる李の, 実大きく皮いたって, 実大阪の隊, 実太守の息, 実太郎など十余人, 実を恐れ, 実奴自身が罠, 実の子孫, 実妖怪にあらざる, 実孜々と目的, 実学問でも文芸, 実学理に暗い, 実へ寄る, 実安心税を払う, 実宗教の事, 実宗貞の刀, 実実にして, 実実際の景色, 実家中は党, 実宿因の満潮, 実だけが南朝, 実封建はすでに, 実将軍に対して同情, 実小さいのが, 実小さし小糠雨の, 実小さな宿場としか, 実小乗という名, 実尖り実の, 実屋井と来り, 実で焼いた, 実山桃の実, 実山葡萄食える物, 実山雀が胡桃, 実山霊が奏でる, 実崇拝はその, 実巻紙をといえ, 実常識を失っ, 実平地と高山, 実平常此町に, 実年齢は二人, 実幾多の勢力, 実にあらず, 実当事者間には激しい, 実当人平素は立派, 実で豊か, 実彼らは段丘, 実律義で存魂嬢様, 実自身では, 実御嶽大権現, 実御都合主義の精神, 実微塵も子, 実では考え, 実忘れていないらしく, 実思ったほどの事, 実思ひがけない, 実怪しいのは, 実恐しい悪党, 実の人, 実成らぬ如きのサワギ, 実或いは平地の, 実戦いをいどまれ, 実戦争を予期, 実手前峠において異変, 実打ち取ったのは, 実投じてから間もなく, 実伐の, 実数年来胸中にしらず, 実新しいものを, 実新築の際, 実の男, 実にけにそだち, 実日に日に空虚に, 実日常の会話, 実のかれ, 実のごとく, 実最も正しいフランス語, 実有りもしない, 実のほか, 実の歌, 実の皮, 実未だ必らずしも, 実本人は, 実本当にある話, 実楽中, 実東洋史の成立, 実のかたい, 実柴田善太郎中野信近などが加わっ, 実査涜へ向っ, 実などを補食, 実案外それほどでは, 実の実, 実桜間伴馬梨園には団十郎, 実梨子桃苺等を培養, 実極端な, 実のところ, 実の, 実武家の大将一人, 実歴史を解せざる, 実は自分, 実氏サンチアゴより来, 実氏甘利造次氏三隅棄蔵氏停車場内にあり, 実気違いの京子, 実永い間絶えず, 実河水を利用, 実まで行く, 実況倉卒吐言安能, 実浪士らを救おう, 実深いところに, 実漸く四十に, 実に, 実無しのカラ, 実無知と病毒, 実無限と連絡, 実熟れた柿は, 実のこの, 実片倉小十郎景綱, 実物凄さは, 実狡いことこの, 実猟奇者青木愛之助はもう, 実太人では, 実だったもの, 実琵琶湖で生まれた, 実甚だしく風変りである, 実に対する執着, 実生涯を通じて真, 実生涯俺に頭, 実田所輝明稲村隆一等々で学生, 実申すとこの方ども, 実男氏の, 実画伯こと西山千君の卓越, 実瘠せ衰えて病気, 実白瓜の香の物, 実白蝋虎の肉, 実百両盗って, 実盛以来稀だろうね, 実相反するところ, 実相場が本業, 実相手は性根, 実の学術的方法, 実眠っていなかった, 実眠るどころで, 実にいつ, 実着細心を要する, 実矢叫の如き, 実知っていない, 実知つてゐないの, 実石燈籠のかげ, 実示された被征服民族, 実示せるによると悪評, 実祇園にいた, 実祖先教である, 実秀吉の思う, 実私たちは一日じゅう, 実種々な目的, 実笑つてゐるの, 実笹餅土瓶へ入れた, 実の山水, 実等いずれも聞, 実等マラツカ国よりの帰途福州, 実等現はれる, 実粗末な食物, 実糞尿に汚れ返った, 実紅葉は初対面, 実純潔でもなん, 実素人劇の脚本, 実絶えず嫉妬に, 実絶間なく小さな, 実繁博士の一閲, 実をも構成, 実の笠, 実狐の, 実背後の夥しい, 実胡桃団栗などいう, 実の中, 実能率を上げない, 実若い美しい紫の, 実苦しい工面を, 実草いちごの実, 実の実, 実落ちる屋根くさる, 実落つること繁し, 実落語も客, 実という順序, 実さを, 実著愛間好学不敢入城都, 実蒸暑くてならない, 実薄く赤らみたり, 実藍萌黄とも五つ, 実蘚苔地衣の類い, 実裏口は外, 実複雑で多様, 実解散は政友会, 実を換, 実言葉から受ける, 実訊きたいのでしょう, 実許されたる権利は, 実詰らぬ事で, 実がある, 実語経の一節, 実に截然, 実責任を感じ, 実貰ってあまり, 実赤き冬青の, 実赤坂の叔父さん, 実の実話, 実道氏に永山氏, 実釈了智の兄弟, 実をやる, 実鉄漿かぶれ, 実の葉, 実はちゃんと, 実長髄彦の兄, 実も戸, 実陳腐卑俗な型, 実雑誌そのものにはそんな, 実雷火を避, 実露国は西洋, 実青昆布などの扱らい, 実面白い幾つかの, 実頗る老獪なる, 実も尻尾, 実食うべに, 実養女である, 実の毛, 実駄法螺だ荒唐無稽, 実の違う, 実高三十三万石余といわれる, 実高橋是清といったよう, 実高潔な人間, 実魂魄ばかりに成り申したら, 実にはあまり, 実は俎上, 実麗卿記是年八月九日の条, 実黄色いたんぽぽを, 実黒く忍冬の, 実龍眼肉などというぜいたく, 実龍眼肉栗人参などを買っ