青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「往来~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

彼方~ ~彼等 彼等~ ~往 往~ 往々~ ~往く 往く~ 往復~ ~往来
往来~
征服~ 待~ ~待ち 待ち~ ~待っ 待っ~ ~待つ 待つ~ 律~ ~後

「往来~」 6010, 65ppm, 1756位

▼ 往来~ (1373, 22.8%)

52 人の 37 人に 33 人を 32 方へ 30 人が 28 人は 27 人も 20 まん中に, 人々は 19 上に 17 まん中で 16 人々が, 者が 15 方を, 真中に 13 上を, 真中で 10 上で 9 まん中へ, 両側に, 真中へ, 者の, 者は 8 者も 7 まんなかで, まんなかに, 上へ, 方から, 片側に 6 中で, 人々の 5 人たちが, 人影も, 人達は, 左右に, 方に, 旅人を, 真ん中に, 者を, 足音が

4 [16件] ほうへ, ほうを, まん中を, 両側には, 人々に, 人々を, 人たちは, 人影は, 向うに, 土の, 方で, 旅人も, 真ん中で, 真ん中へ, 真中を, 邪魔に

3 [27件] うえに, ないの, 上には, 中を, 中央で, 人々も, 人たちの, 人にも, 人や, 人目を, 人通りが, 人通りの, 人通りを, 人達も, 人間を, 人音を, 向うから, 客を, 左右は, 左右を, 砂を, 者に, 者や, 角に, 道が, 雪の, 頻繁な

2 [61件] ぬかるみに, はずれへ, まん中よりも, ように, 一つに, 上の, 上まで, 上下を, 両側を, 中でも, 中に, 中へ, 中央へ, 中央を, 人から, 人さえ, 人たちも, 人びとを, 人影が, 人通りも, 人達が, 出来るの, 前後を, 劇しい, 向うは, 向うへ, 向う側で, 土が, 土に, 地面を, 女が, 客あり, 少ないところ, 左右の, 左右へ, 幅が, 廃物を, 方が, 旅人が, 旅人に, 旅人や, 明るさ, 片側には, 片側を, 片隅に, 男が, 真ん中を, 真ン中で, 眼を, 石の, 窓一面に, 窪みへ, 絶えて, 者で, 者へ, 角まで, 通りが, 遙か, 雑音, 馬糞を, 麦稈帽子

1 [548件 抜粋] あいだに, あった人, あっちから, あっちの, あとさきを, あぶない時, あるに, ある所, いたるところ, いと多く, うえまで, おぼえの, くぼみ今, こちら側から, こと, このあかり, さくの, さびしい街道, さまを, ざわめき, ざわめきだけが, じゃまだ, すきを, すくない田圃なか, すくない雨, すぐ裏, すぐ路端, すみっこ, そういうビタ, その方ども, そばだけ, そばで, そばの, ため二百八間の, ため車輪の, ため長い, ちょっとした飲食店, できること, できる今, とぎれた真夜中, どこの, どこへ, どちらかから, どっちを, ないさびれた, ない暁方, ない細路, なきを, ぬかるみの, ぬかるみを, はうを, はかり難い, はげしいため, はげしいにぎやか, はげしい流川通, はげしい町, はげしい街道, はしの, ひとたちを, ひとを, ほうから, ほとんどまん中, まん中から, まん中であった, まん中でも, まん中にまで, まん中にも, まん中まで, みえる茶の間, ものどもが, ものに, ものの, ものは, ものを, ようすを, よくある, わきの, カンカンした, コンクリートから, バラスや, マン中に, 一人が, 一側から, 一側裏には, 一所に, 一方の, 一方へ, 一部分が, 上だ, 上とも, 上や, 不良児や, 両側で, 両側の, 両側は, 中には, 中ほどまで, 中央に, 中電車の, 乞食の, 乾いた土ほこり, 事なんぞは, 交通を, 人々である, 人々や, 人たちに, 人たちへ, 人たちまでが, 人だかりの, 人で, 人とか, 人とだけ, 人どおりを, 人などの, 人には, 人びとが, 人びとの, 人びとは, 人びとも, 人へ, 人みなシルクハットを, 人みな外套を, 人やら, 人ようやく, 人声も, 人影にも, 人影を, 人波, 人波を, 人混みの, 人物も, 人罵り, 人脚が, 人街上にて, 人足が, 人通りに, 人通りをよけよけ, 人達に, 人間にまで, 人随所に, 人馬, 伸びて, 何もかもを, 余裕な, 便と, 便利な, 俤を, 傍に, 僧侶を, 光景を, 入口と, 全く絶えた, 兵も, 兵士らが, 凄じ, 出来る家主, 出来る所, 到る処, 前後に, 力と, 功を, 勝手も, 反対の, 古つ, 古兵, 古兵が, 古強者だ, 古武士が, 古武夫, 古武者, 古草鞋, 可なり, 右側の, 右左に, 右左には, 右左へ, 右左を, 右手に, 右手の, 各ちがった, 向い側に, 向うで, 向うの, 向う側に, 向う側の, 向う側へ, 向こう側を, 向で, 咽喉を, 商店の, 喧嘩は, 喧騒を, 噂では, 四つかどに, 四つ角の, 四辻に, 困難を, 土は, 土まで, 土を, 地盤は, 場処には, 場所さえも, 塵に, 塵同様ハイカラ風の, 塵埃なんぞに, 壁面上方には, 士か, 士である, 士官に, 声, 多いところ, 多いの, 多い場所がら, 多い街中, 多い許都, 多くない, 夜の, 夜道へ, 夥しい人出, 大神楽, 大衆に, 大通りに, 奥の, 女衆, 奴が, 奴を, 如きは, 妨げなすと, 妨げを, 妨害にも, 妨碍も, 始まる前, 婦人に, 婦人に対して, 婦女を, 子であった, 子供たちは, 子供の, 家は, 容子は, 少い夜明け方小舟, 少い横町, 少し引込みたる, 少ない処, 少ない大川端, 少ない屋敷, 少ない幽暗の, 少ない所, 少ない片側町, 少ない田舎, 少ない薄暗い横町, 少ない通り, 屍骸の, 山道よりは, 左の, 左右まで, 左方だ, 巻物一巻とりいだ, 帆船からも, 常より, 幅を, 幾年を通じて, 広い所, 店は, 影, 役人や, 彼方から, 彼方へ, 彼方此方を, 忙しさ, 慌しげ, 慣わしが, 戦語りである, 所謂大, 捨て石に, 提灯の, 断面が, 方からは, 方について, 方のを, 方へと, 方向に, 方角へ, 旅びとばかり, 旅びとを, 旅人どもどの, 旅人の, 旅人は, 旅人まで, 旅客が, 旅客を, 旅客商估に, 旅行において, 旅費を, 日だまりに, 日においては, 日数から, 日足が, 早い人中, 時是を, 景色が, 暇人を, 暗がりに, 曲がり角まで, 書状文筥など, 最も高き, 最低部は, 有様を, 木蔭で, 末に, 杜絶えて, 松が, 梧桐が, 棄て石, 業師で, 様子を, 標柱で, 樹陰に, 橋を, 機密文書である, 武士顔に, 民に, 気勢, 水たまりだった, 水たまりに, 水たまりを, 氷る夜中, 汽船軍艦が, 泥濘に, 泥濘路に, 活動には, 流れが, 混雑は, 溝にも, 溝川を, 灯ばかりが, 灯を, 烈しい電車, 照り返しで, 片側の, 片端へでも, 物売りは, 物売りや, 物音と, 物音も, 犬の, 犬や, 犬拾い, 狭かった, 男や, 男を, 男女の, 町人でも, 町人百姓の, 留まる程, 疎な, 白いほこり, 白い土, 白い埃, 目から, 目が, 目に, 目は, 目を, 看板や, 真ん中や, 真ン中に, 真ン中を, 真中から, 知人の, 石ころを, 石だ, 石だたみの, 石に, 石塊を, 石甃の, 砂の, 砂埃を, 秘状のみ, 種々雑多, 空には, 突き当りに, 窓硝子にでも, 立ち話は, 端っこに, 端で, 端を, 絶えたるに, 絶えた両国橋, 絶えた寺門前, 絶え間ない, 絶え間は, 続きであった, 繁しい, 繁盛だつた, 繁華さは, 群集就中娘の, 老人に, 老若男女を, 者たちは, 者などが, 者へも, 脚も, 脚を, 舗石に, 舗石果物屋, 舟が, 舟の, 舟人を, 船子たちが, 船頭が, 花観る, 若者な, 若葉を, 荷船物売り船, 蒸汽船が, 衆でも, 衆ッ, 行列は, 街路と, 街道を, 袖の, 裏あたりで, 裏あたりであろう, 見えるほう, 見える仕事場, 見える卓子, 見世物に, 見得, 見得などと, 角で, 記録を, 話が, 話を, 諸人を, 諸雄将, 負傷者を, 走りぐあいが君の, 足音も, 跡あり, 跡だけ, 跫音にも, 車には, 軍馬は, 軒並み全部人声も, 透いて, 途中から, 途中も, 途絶えた峠, 通も, 通行を, 連中が, 連中は, 道すらも, 道は, 道ばかり, 道ばたに, 道も, 道を, 道俗の, 道筋が, 道路まで, 遠いため, 遥か彼方から, 遮を, 邪魔には, 邪魔を, 邪魔物の, 都会人の, 間に, 陰を, 陽差しを, 障なりと, 雑踏の, 雑音に, 雑音を, 雨の, 雪が, 雪げしきを, 雪は, 雪を, 電線に, 電話で, 電車の, 電車路の, 霜柱を, 露店に, 面には, 靴繕い, 頻繁なる, 頻繁を, 風俗, 風俗から, 風聞によって, 馬子に, 馬車挽だの, 騒がしいの, 騒ぎは, 騒音も

▼ 往来~ (864, 14.4%)

88 歩いて 26 眺めて 17 して 14 見て 12 ながめて 10 あるいて, 歩きながら 9 見ながら 8 通って 7 走って, 通る人, 隔てて 5 ぶらぶら一人, 歩いた, 照らして 4 へだてて, 眺めながら, 眺めると, 見た, 見つめて 3 歩くと, 歩くの, 歩くよう, 行く人, 見おろして, 見張って, 通るもの

2 [53件] あるきながら, あるくと, あるく時, うずめて, しないで, すぎるとき, する, する様子, ぞろぞろと, たった一人, ながめた, ながめると, にらんで, のぞくと, はるばる本郷, ぶらぶらひとり, めがけて, ウロウロし, 一人で, 一人の, 一散に, 南に, 徘徊し, 掃除し, 楽隊が, 横ぎって自分の, 横に, 横切ろうと, 止めて, 歩かなければ, 気に, 流して, 渡る午後, 濶歩する, 爪先上りに, 眺めた, 眺めたけれど, 眺めたり, 眺める, 練って, 西北の, 見ますと, 見まわして, 見下ろして, 覗きながら, 走った, 走つて, 通る者, 進んで, 過ぎるとき, 選び盗人, 飛ぶよう, 駆けて

1 [487件] あちこちしてる, あちらから, あちらに, あちらの, あちらへ, あても, あるきながらも, あるき廻ったって, あるくこと, あるくの, あるく人, あるく度毎, あるく影, あるく足音, あるこう, うまく舵, うろうろし, うろうろ徘徊, うろつく奴ら, おっとりと, おどりおどりくると, お馬, かためて, きょろきょろと, くぎる垣根, こそこそと, こね返して, これほどの, ころがって, こんな大きなしかも, さまよい始めた, さまよい歩いて, したいという, したという, したん, したステーション, した外, した覚え, してを, しないという, しないところ, しないよう, しなかった, しなかったばかりか, しなかった上, しなければ, します, しますから, し交際, すこしゆく, すたすたと, するうち, するといった, するの, するよう, する下女, すれちがう, すれば, ずんずん歩い, そういっ, そっちに, それて, ぞろぞろ追われ, たくさんな, たち日ごと, たつた一人, たどって, つっきっては, とぐ況ん, とぼとぼあるきあるき, ながめたまう, ながめたり, ながめながら, ながめること, なされて, にらめて, ねって, のぞいて, のぞきに, はいて, はさんで, はじめた, はじめる, はるか下った, ひた走りに, ふさいで, ふさぐ, ふさぐため, ふところ手に, ふみわけて, ぶら, ぶらつけば, ぶらぶら, ぶらぶらしろ, ぶらぶらする, ぶらぶら当て, ぶらぶら歩い, ぶらぶら歩いた, へだてた向い側, へだてた場所, へだてた斜向い, ぼんやりと, ぼんやり眺めた, ぼんやり見, また一つ向う, まだ若い, みおろした, みおろして, みた, みて, めざして, ものの, やって来た, ゆっくり来る, よぎらないこと, よたよた蠢, より沢山, よろめきつつ, わずかに, カチカチと, カラコロカラコロと, ガラガラと, ジロジロ見送っ, チンチンガンガン, トラックが, ノソノソあるい, ノッソリノッソリやって来た, ブラブラさまよっ, ブラブラ歩い, ホテルまで, 一しょに, 一つ隔て, 一めぐりめぐり歩い, 一マイルの, 一個の, 一日眺め, 一杯に, 一目散に, 一隊の, 七八町も, 三四人の, 三沢と, 不断に, 並んで, 交換した, 人々が, 人が, 人力車に, 人波は, 今度は, 仕事場の, 仕切った無骨, 低く飛ん, 何かが, 停止し, 側目も, 先へ, 先刻から, 克明に, 八重七合に, 前に, 前へ, 北の方から, 区切ったよう, 区切つてさして, 厳しく監視, 厳禁し, 厳重に, 去って, 口笛を, 叱, 右へ, 同じ下宿屋, 同じ方角, 向いた窓, 向うから, 向うの, 向きながら, 吹き抜けて, 圧して, 圧するやう, 圧するよう, 圭介でも, 埋めて, 塞がれて, 塞ぐまい, 外れ田, 大きなカボチャ, 大声で, 大手振っ, 大津牛が, 妨げざるよう, 妨げる人垣, 妨げる魔物, 始めた, 始めること, 学校の, 封じさせれば, 小急ぎ, 小谷は, 小走りに, 少しばかり, 少し引込んだ, 嵐と, 引き回したん, 急ぐでも, 手前の, 払って, 折助で, 抜け溝橋, 押し流して, 持って, 掃いて, 掠ッ, 探すよう, 改める, 改禁す, 散歩し, 散歩する, 文字通り脛を, 斜めに, 断り塞ぐべく出発, 映画の, 晴着を, 月の, 望み見る, 本所の, 本興善町, 本郷の, 来るの, 枕に, 森さんの, 植木師の, 検める関所, 検問し, 横ぎって向うの, 横ぎって家から, 横ぎって消えた, 横切った, 横切って, 横切りエカテリナ宮殿, 横切り私, 横切ると, 横切るにも, 檻の, 歩いただけでも, 歩いたまんま, 歩いたら頭, 歩いたり, 歩いた時, 歩いた靴, 歩いちゃ, 歩いても, 歩いてるじゃ, 歩いてるの, 歩かねば, 歩きたいと, 歩きだした, 歩きながらも, 歩きまわって, 歩き乍ら, 歩き出した, 歩き出して, 歩き回ってる時, 歩き始めた, 歩き歩き憤怒, 歩く, 歩くこと, 歩くすべて, 歩くだけの, 歩くには, 歩く人, 歩く人影, 歩く人間, 歩く姿勢, 歩く学生, 歩く時, 歩く気, 歩く若い, 歩けないよう, 殺風景なり, 沢山な, 波の, 流れる闇, 浮かび出させて, 浮かべた川, 海の, 涙を, 淡く照らし, 漫然と眺め, 濡らして, 照らしながら, 照り白ませ, 煩わした, 煽いで, 犬の, 独りぶらぶら, 猿が, 由井が, 町の, 疎く気恥, 登って, 真っ黒に, 真直に, 真驀地, 真黒に, 眺むる子かな, 眺めくらして, 眺めたくない私, 眺めたまま, 眺めまわした, 眺めやった, 眺め見渡しながら, 睨みながら, 睨めながら, 睨んで, 禁じ町屋, 禁じ遂に, 福助が, 私どもが, 積み人間, 突きぬけて, 突き当って, 突っ切って, 突つ, 突切り足袋屋の, 窺いながら, 絶たなかった, 絶ったまま, 絶って, 絶ッて, 続けだした, 続けて, 綺麗に, 縦横に, 縦隊で, 縫って, 縫っては, 繁くする, 罩めた, 考えて, 耻ぢぬ, 背に, 脅かした, 腕から, 芝口の, 荒すので, 荷車を, 行きすぎかけた四人, 行きつくして, 行きつ戻りつして, 行き交う人, 行く乗物, 行く彼ら, 行く汗だく, 行ける所, 行った, 行列で, 行進し, 複雑な, 見え透き人々皆, 見おろした, 見おろせる窓, 見すかして, 見ずに, 見せ見晴らす水面, 見た時, 見つけられて, 見で, 見ないで, 見ないの, 見ま, 見まわしたが, 見まわしたり, 見まわしてから, 見まわしながら, 見ようとして, 見る, 見ると, 見れば, 見わたして, 見下した高, 見下ろした時, 見下ろすと, 見卸した, 見廻したけれど, 見廻したけれども, 見廻すと, 見物し, 見詰めて, 見送って, 見降して, 見降ろして, 視て, 視ない, 視め, 覗いて, 観るいと, 訊いて, 誰か人が, 誰が, 警戒する, 豹吉は, 走りました, 走り回った, 走る, 走る人, 走る女, 走る自動車, 越えて, 越して, 越すと, 足駄で, 距てた, 距てて, 踊り歩く村, 転がりまわるの, 軽やかな, 辷りまわる自動車, 辿るさま, 逃げ隠れを, 逃れ出て, 透かすよう, 逐いつ転げつして, 這い廻る霧, 通ったら妙, 通つて行く, 通らず短い, 通りかかった一人, 通りかかった巡査, 通りかかって, 通りかかりますて, 通りながらも, 通り過ぎた, 通ると, 通るにも, 通るの, 通る人々, 通る他人, 通る姿, 通る婦人, 通る学生, 通る支那人, 通る時, 通る馬子, 通行し, 通行人が, 連れて, 運搬し, 過ぎたり, 過ぎ行く影, 遮り世界, 遮断した, 避けて, 長いあ, 長い間, 開きかけたアクチーフ, 闊歩された, 闊歩する如き, 阻めた, 隔てた, 隔てた向う, 隔てた杉山, 隔てた真, 離れるが, 電車と, 霜の, 青いお, 青い顔, 須田町の, 顎で, 風に, 飛びかう赤とんぼ, 飛びまわる子供たち, 馬車が, 馬車に, 馳け, 馳せ過ぎる駕籠, 駅の, 駅まで, 駆けまわるの, 駆け出したの, 駆け出しました, 駈けずり, 駈ける騎馬武者, 駈け下りました, 驚ろかすほどな

▼ 往来~ (577, 9.6%)

24 立って 20 出て 15 出ると 12 面して 11 向って, 落ちて 10 出た 7 なって 6 立ったまま, 面した窓 5 倒れて, 出る, 姿を, 突っ立っ, 立ち止まって 4 むかって, 遊んで 3 あつまって, 向けて, 待って, 投げ出されて, 沿うて, 立ちどまって, 面した方, 面した部屋

2 [21件] さまよって, すわって, むかった格子作り, 並んで, 五六株の, 人通りも, 佇んだなりタクシイ, 残って, 沿って, 立ちつくして, 立ち止って, 立った, 立止っ, 腰を, 落ちた紙屑, 面したところ, 面した二階, 面した客間, 面した掲示板, 飛び出しました, 駄菓子を

1 [356件] あった柳, あつた, あふれ出して, あるいは佇み, あるの, ある屍体, いた, いた人影, いふ万年草, いるの, いる時, うろついて, おりついた, かかげて, かくれたまま, きびしい制度, こう出, ころがって, さがした, ささず日暮れ, さして, さしてゐる, さまよい出たに, さらして, さ迷って, して, しばしば見る, しゃがんで, しゃら, すわりこんだまま, そそいで, そって, その自転車, ただようむっと, たって, ついて, つかえて, つき出して, つづいて, とびだしたの, なる, ねて, のっそりと, はい上がっ, はね返って, ひとしいもの, ふと絶えた, ふと野菜サラダの, ふんぞり返って, ぶちまけて, ぶっ倒しちまった, ほっぽり出されること, ほとんど灯, ぼつぼつ人, ぼんやり突っ, ぽんやり立っ, まいて, まぎれて, まじって, むかった二階, むかった窓, むかった肱掛け窓, むらがって, ゆつくり, わらわらと, ゐた人影, チョコチョコし, ホッポリ, メルキオルは, 一ぱいつづきはだかっているので歩こう, 一ぴきりょう犬が, 一人とり残された, 一人の, 一匹犬が, 一杯御, 並べて, 人が, 人を, 人影も, 人影を, 人通りが, 人通りは, 今度は, 任ずる, 似た人生, 佇んで, 住んで, 倒れかかりました, 冴, 冴えて, 出ずに, 出たとき, 出た千代, 出た時, 出てから, 出ても, 出てるがね, 出ようもの, 出られる口, 出るにも, 出逢うて, 出間もなく, 取残されて, 名前の, 向いた二階, 向いた低い明るい, 向いた出窓, 向いた大きな, 向いた庭木戸, 向いた方, 向いた木戸, 向いた格子附, 向いた竹格子, 向いた薄暗い, 向いた部屋, 向いて, 向かったドア, 向かって, 向かってる台所, 向った二階, 向った方, 向った窓, 向った窓際, 向つて, 呆ん, 唾を, 城壁が, 塵の, 女の, 妙な, 始まって, 存在し, 実に尨大, 寝ころんで, 寝て, 寝込んで, 寧日なく, 小さい籠, 小便する, 尻を, 山や, 差し出て, 差す人, 幽霊が, 床几と, 床几を, 店を, 建てること, 引き出して, 引っくり, 当って, 当る所, 彼女の, 待たして, 待ち受けて, 後朝の, 必ずしも護衛, 必ず通らなけれ, 怪訝しい, 悩むもの, 悲鳴を, 戻って, 手に, 手を, 投げて, 投げました, 投げ出すやら, 投げ捨てられ泥, 投げ落される, 投り出される, 持出されて, 捨てて, 掛け廻して, 接した窓, 接して, 描かれ出した時世粧, 撒布する, 放り出されるん, 散らかって, 散らばった土嚢, 敷いて, 敷く敷石, 既に鉾, 日本人の, 映して, 暗い影, 机まで, 来たと, 来た時, 来て, 果つるおん旅や, 枝を, 栄辱を, 棄てて, 止まって, 武蔵の, 死刑の, 残した仲間, 水を, 水漬り泥ま, 氷が, 沢山な, 泥塗れの, 注意し, 活動し, 流れて, 浜田屋の, 涼み台を, 深く積もっ, 深更まで, 添って, 添ふ, 溢らせ, 溢れて, 溢れるという, 溢れ出るらしく何, 漂って, 漏れて, 漲る光りの, 濃いの, 濡れて, 点々と, 無残に, 焼け倒れて, 煙草入れや, 独逸風の, 瓦斯灯も, 瓦斯燈も, 用ゐられた, 盛んに, 盥を, 真向きに, 真鍮張りの, 私の, 積み重ねて, 穴が, 突きだして, 突き出て, 立ちどまった, 立ちどまつた, 立ちながら, 立ちましたとき, 立ち停ったの, 立ち停ります, 立ち塞がって, 立ち止まった, 立ち止まつた, 立ち止まり下手, 立ち留まった, 立ち竦んだ, 立ち車夫, 立ち頭, 立ったなり, 立ったの, 立った少年, 立っても, 立つたなり夜明け, 立つた儘, 立つて, 立つと, 立つ栄三郎, 米国と, 絶えたこと, 続いて, 繋いで, 織るよう, 置くな, 美しく立派, 群れて, 聞えたの, 聞えるの, 聞き慣れた謡曲, 背広の, 自動車が, 茣蓙を, 茫然立っ, 落ちたばら銭, 落ちた馬糞, 落ちてる種々, 落としたと, 落葉などを, 蓆を, 行逢う, 衝立って, 要して, 見かけて, 見て, 誘い出したの, 誰か, 談話も, 貼り出して, 賑わい公卿諸侯, 越す処, 足を, 足音が, 足駄の, 跪いて, 軒ごとの, 転がって, 転げ出ると, 辻駕籠を, 近いところ, 近い側, 近い手狭, 近い石, 近い鮎沢, 近うございます, 近く南向の, 近く建てられた, 近付いて, 追い出されて, 追い出すばかり, 通じてる, 通る人, 連れの, 過ぎない, 過ぎないの, 遺失され, 集つてゐた, 集まった人々, 雑沓が, 雑草木を, 難儀である, 雪解けの, 面したひじ掛け窓, 面したテーブル, 面した一方, 面した一部分, 面した五階, 面した処, 面した出窓, 面した壁際, 面した大理石, 面した広い, 面した店, 面した磨硝子, 面した窓際, 面した部分, 面した陰気, 面した階下, 面してる場合, 面してる窓際, 面し左手, 面し裏口, 面するところ, 響く下, 飄然と, 飛び出したうえ, 飛び降りて, 飛出すと, 馴れて, 駆け出しても, 駆け出そうと, 高く築き上げ, 高札を, 鳴る車

▼ 往来~ (495, 8.2%)

68 出て 38 出た 29 出ると 10 飛び出して 8 飛び出した 7 出る 6 出ること 5 向って 4 出た時, 出ました 3 とび出した, 出たが, 出てから, 出ても, 出れば, 向けて, 差し出て, 立って, 落ちて, 駈け出して

2 [27件] さして, でて, とびだした, とびだして, とびだし天下, はみ出すよう, よつん這いに, 出して, 出たの, 出るの, 出或, 出掛けて, 垣を, 姿を, 射して, 投げて, 眼を, 置いて, 躍り出て, 逃げ出した, 逃げ出して, 顔を, 飛び出したが, 飛び出す, 飛んで, 飛出すの, 高く突き出し

1 [232件] あがって, あけるん, あふれ石段, あらわれて, いそがしく動い, おちて, おっぽりだした, お捨てなされた, かけだす者, かけて, きて, こう大声, このよう, ころがる蜜柑, ころげたら河童一匹背中, ごろごろ転がり出し, さした幅, さし出した, さそうの, すべり落ちるとともに, ちらばる, つまみ出しちまえ, でた, でれば, にげだした, ぬけ出した, のっと, はみださした台, はみ出すから, ばたばたと, ぱっと躍り出した, ひょいと一足, ぶち撒い, ほおる, まだ煙, むいた家, むいた高, むらむらと, もれひびいて, もれるの, ゾロゾロと, トンボ返り, パアと, 一足出, 下りて, 下りようと, 並べて, 例の, 倒れては, 入りかかって, 出しゃばり通行, 出し初め, 出たかと, 出たくて, 出たので, 出たら右, 出たら日蔭, 出たり, 出た時分, 出た正成, 出た津田, 出た私, 出なければ, 出はじめて, 出ようと, 出られます, 出るつもり, 出るや, 出る裏口, 出る道, 切れた彼, 列べて, 半ばかかっ, 叩いて, 叫んだが, 向いた, 向いたか, 向いた窓, 向いた簾, 向いた縁, 向いて, 向かって, 向けた時, 向け放尿, 坐って, 塀越に, 外れたぞ, 大の字に, 大声で, 大抵正面に, 威勢よく, 射す光, 射す門口, 射込んで, 小柴の, 崩れ出す, 左右から, 差しかかると, 引きずり出して, 引き据えられて, 引き摺って, 引き返した後, 引こうとは, 引っぱりだして, 引っ張り出して, 張り出して, 影を, 往来へ, 待たせて, 忍び出た, 投げ出して, 投げ捨てて, 抛り出されたん, 抛り出し恨みある人, 抛り出す真似, 抜けられるよう, 抜け夕方, 捨てて, 捨てても, 捨てるから, 掩いかかっ, 撒いて, 撮み出して, 放り出そうと, 散ったの, 散らばった, 散らばると, 映った, 映って, 映つた, 木は, 来て, 来ると, 枝が, 枝を, 棄てたんで, 棄てて, 横っ倒し, 歩きだしましたので, 歩き出した, 歩み出た, 泥溝の, 流した匂, 流れる松本, 流れ出して, 消えて, 消える, 涼台を, 湧いて, 溢れる西洋料理屋, 溢れ出て, 現れたの, 現れて, 目を, 突き出された, 突き出して, 突き出て, 突き放すと, 突っ立った, 突つ立つ, 突進した, 立ちすくんで, 立ち上がった, 立ち止まって, 立てた, 笛を, 箱の, 紛れこんで, 縁台を, 置き出されて, 肩を, 背を, 色の, 若葉が, 落ちた, 落ちたの, 落ちた馬糞, 落ちる物, 落としたが, 財布を, 走りでた, 走り出した生魚, 走り出て, 走り出る, 走り出ると, 走り抜けようと, 走り消えた, 足を, 足跡が, 跨がった井戸傍, 跪いたまま, 跳び出して, 踏み出して, 躍り出して, 転がって, 転がり落ちた, 転がり落ちました, 転げ出たところ, 転び出した, 近づくに従って, 迷って, 退屈そうな, 逃げ出したの, 通りかかった, 運び出して, 金襴の, 釘づけ, 鉄砲玉の, 長い影, 閃き出て, 雪崩れ出した, 電気時計を, 靡く, 飛びだしたの, 飛び出したの, 飛び出し彼, 飛び出し用心深い, 飛び出た, 飛び降りること, 飛出したが, 飛出して, 飛出しました, 食み出した上, 首を, 馳け, 駆けだしたん, 駆け出して, 駆け出すと, 駆け出そうとして, 駈けぬけて, 駈け出したが, 駈け出る者

▼ 往来~ (427, 7.1%)

83 ていた 81 ている 20 てゐる 12 てゐた 6 ています 5 てい, て居る 4 ていました 3 ていない, ております, てその, て居た

2 [12件] その晩年, て, ていなかった, ていられた, てかなり, てまた, てゐ, て今, て共に, て居, て幾度, て彼

1 [175件] あらゆる虚構, がたい処, がたきを以て, ここかしこなる, ここに, この他, そこに, そこにも, たりけれ, たりけれども未だ, たりした, たりしなり, たりする, たり衣嚢, たり遠, つつあり, つつある, つつそこ, つつも会え, つつ朝, ていたらしい, ていつ, ていまだに, ていよいよ, てお, ておきた, ておった, ておよそ, ており, ておりました, ておる, てお目にかかり, てかまびすしい, てからやっと, てさ, てざっとう, てしずか, てそれ, てたであらう, ては一夕, ては時には, ては烈しい, てまるで, ても化他, ても居る, ても目, ても誰, ても諸, てやっ, てよく, てゐます, てゐるらしい, てをり, て一挙, て三四日, て下さい, て中村, て互に, て交, て交際, て他, て休む, て何者, て俳句, て公, て十万, て古今, て同志, て呂宋助左衛門, て四次元, て国事, て姉妹, て姿, て家, て少から, て居つ, て居つた, て島陰, て帰っ, て彼ら, て得意, て怖, て息, て懐之, て戦う, て扉, て手招, て抽斎, て撮影, て放縦, て数寄, て文学上, て文章, て旅びとをおびやかしたこともあります, て日本, て暮し, て暮らされた, て暴行, て未だ, て村, て来た, て楽音, て残忍, て海野君, て用事, て田, て白痴, て知識, て稲種, て緩, て自分, て菊池なんど, て藩, て見張っ, て親しく, て記憶, て調停, て談笑, て遂に, て鍛錬, て静子, なお放課後, ながらそれ, ながら待つ, ながら熱心, ながら狭, ながら考えた, またとき, もう既にまったく師走, 一旦下宿, 一般人心が, 上下し, 予と, 二葉亭は, 二階は, 互いの, 互に親しみ, 他の, 何となく物々しい, 冬の, 初めけるなり, 初めた, 十円の, 南海の, 合つた一人の, 売り声などが, 天文六年二月十九日七十余歳に, 山に, 川にも, 工藝問題の, 幾百ものは, 店, 後には, 後の, 或はトルコ風, 或は時, 旗鼓天を, 春の, 暫くは, 更にすすめ, 案山子だ, 汽笛の, 病院服を, 目に, 稀には, 紅毛人などと, 老僧, 而も, 能く, 虚日ある, 諸家へ, 道楽で, 電燈が, 馭者台を, 髪の

▼ 往来~ (381, 6.3%)

9 遊んで 4 出遇 3 煙術を

2 [17件] あつた, いつまでも, カンカンノウを, 二人の, 人と, 何を, 出会うと, 喧嘩を, 女に, 小声で, 彼に, 接吻する, 百姓が, 私を, 自分の, 裸に, 騒いで

1 [331件] ある時, いきなり前, いっしょに, いっぱいで, いろいろの, いろんなもの売り, うっかり出逢った, おじいさんが, お島婆さん, お眼, お話が, お金を, くばるビラみたい, けたたましい自動車, ここに, この人出, こまを, こんなこと, ござりました, しかもこんな, すれちがう将校ら, すれ違っても, そいつを, そのころ, そんなこと, そんな大きな声, たがいに, たちまち猫, だ真ん中, ちょいちょいお, つづけられた, どっかの, どなりました, なされたの, なにかひそひそと, なにを, ね, ひとりの, ひょいと気, ひろった車, ひッくり, ふいに, また一緒, むやみに, もみ合う砂利, ゆき迎え, よく木, よく見受ける, われわれの, アイサツした, アイヌを, イヴァン・ペトローヴィチに, オリヴィエに, オート三輪の, キャッチボールを, ギターを, クリストフに, ザワザワと, タバコを, ニューヨーク市民は, バケツから, バツタリ彦七に, バラック街は, パラフィン紙を, ピタリと, ブツカリ合う, ブラブラ歩い, ヴァイオリンを, 一二度ばかり, 一人の, 一人笑っ, 一小姓に, 一度とは, 三十前後の, 三越電車の, 不幸にも, 世界の, 両側に, 乱暴な, 乱暴を, 乳母車を, 二三度左右に, 二三度見かけた, 二度ばかり, 亭主に, 人ごえ, 人に, 人の, 人を, 他所目に, 以前ガッソーの, 会うかも, 会うと, 会う女, 会った坊ちゃん, 会った時挨拶, 会って, 何かに, 何の, 何者か, 例の, 俄かに, 俺は, 倒れて, 倒れるよう, 借金取りに, 偶然に, 偶然出合え, 傍を, 兄の, 写生を, 出会う労働者, 出会った, 出会った一つ, 出会った作家, 出会って, 出会っても, 出合う知りも, 出逢った, 出逢って, 出逢っても, 出逢つた時, 出遇つた呑気, 切られるので, 別の, 北条美作の, 医者の, 友達が, 友達と, 取っ組み合いを, 叫び声が, 同じ家, 同級生に, 向こうに, 呼んで, 呼込みを, 唄って, 喚いて, 喧嘩が, 土地の, 声を, 売るの, 多代子さんに, 夜よ, 大きな声, 大ぜ, 大工の, 夫人に, 女の, 女達が, 姉の, 子供に, 孤立してる, 学生の, 実に賑やか, 寝て, 小さい花子さん, 小便を, 小夜曲を, 屡々見る, 常陸国中志築村の, 幸福を, 幾条も, 彼を, 彼女と, 彼女を, 往来には, 待ち伏せして, 待ち受けたの, 待って, 徳ちゃんたちが, 心易, 恥か, 手水も, 打ち殺されかかったの, 折々逢う, 拙者を, 拾ったばかりの, 拾った様, 拾って, 拾われた子ども, 提議した, 揚げたわずか, 摩れ違った事, 摺れちが, 摺れちがった見知らぬ, 摺違う, 摺違った, 撲り合いを, 擦れ違う彼等, 擦れ違った時, 擦れ違っても, 放歌を, 文次郎に, 斬られたん, 旅の, 日に, 普通行き会う, 暗くなった, 月が, 本能寺の, 柩車の, 森田屋の, 橙色の, 櫛を, 歩きながら, 殺って, 泣いたり, 泣いては, 泣き出しますし, 泣くの, 洋傘を, 源次に, 火酒の, 無茶な, 父の, 片側は, 物を, 物乞いを, 犬に, 犬の, 独楽廻しや, 猫柳を, 現に更紗, 発したならば, 発見された, 白昼掻っ, 目かくし, 相手かまわず斬っ, 真昼間行われた, 眺める珍しい, 知らぬ少女, 知人に, 石を, 穴の, 空を, 突然出逢ったなら, 立ち止った, 立ち止り祈祷, 立ち話を, 立往生を, 立話し, 立話を, 紋也を, 紙鳶を, 縁日商人の, 縄を, 美作は, 義ちゃんや, 義妹の, 羽根を, 耳を, 自分が, 自分に, 自転車に, 臭評定を, 芸を, 芸当を, 若者たちに, 葉巻を, 行き会う人々, 行き会う時, 行き逢う人々, 行合つ, 行逢ふた位では, 街上は, 袋を, 見かけた, 見かけましたよう, 見かけるの, 見たが, 見たよう, 見た人, 見た女給風, 見た彼女, 見つかる代物, 見て, 見ッ, 見世物に, 見付けると, 見受けられた, 見得なんか, 見物し, 見知って, 見聞し, 親分と, 詮議も, 話も, 話を, 誰が, 誰にとも, 買った新聞, 起こってること, 起るの, 越前守から, 足を, 踊りながら, 身体を, 軒下で, 転んだ時, 転んで, 迂濶, 迂闊に, 近所の, 追いかけ時に, 逢えば, 逢ったあの, 逢ったとき, 逢ったら刀, 逢った人間, 逢って, 逢っては, 逢つても, 逢は, 遇う, 遇ったもの, 遇ったり, 遇つても, 遊ばせるの, 遊んでる子供, 遊んでる自分, 道の, 邂逅する, 酒屋の, 酔っぱらひを藤山, 野獣の, 釦を, 難を, 難所の, 面会謝絶や, 馬の

▼ 往来する~ (315, 5.2%)

15 ように 6 のを, 人の 5 ことが, のも 4 ことに, のは 3 のである, ものは, 者が, 車の, 頻繁な

2 [21件] うちに, ことの, ことは, ごとに, ために, ばかり功徳池, ものが, ものの, 人々の, 人は, 人も, 参詣人の, 外東京なる, 外濠線の, 女の, 姿を, 旅人の, 者も, 船の, 鉄橋の, 電車は

1 [213件] あちらでは, うち, お姫様や, か, かなり賑やか, から得意, かわからない, がごとし, が為, ぐらいの注意力, こうした小さな慾望, ことある, ことすら, ことせわしなく, ことにも, ことによって, ことより, ことを, こと前に, こと四回に, この黒い, さえある, そのまた, その有様, だけで, だけ位, だけ男, というあいだ, という特技, といふ, ところだけ, ところは, ところへ, とのこと, と猛獣, と見え, などとは怪しから, にかかはらず, にし, につれて山, にはどうしても, には専ら, には山ひと, にもつい, に引きかえ, に至つた事, のが, のだ, ので, のであった, のであろう, のです, のでそれ, ので或, のと, のに, のに従って, のに星, のみならず, はなお, ひびきが絶えずごうごうと, ほかには, ほどに接近, ものその, もので, ものです, ものに, ものも, ものを, もの毎日, やうで, や駒, よほどの不安, より奕, わけには, をえざる, を少し, を母, を示しぬ, を許された, アラビヤ人なども, セロ去来には, ハイカラな, バスが, 両極の, 中には, 中われも, 事が, 事を, 人々に, 人々は, 人々も, 人々指先から, 人が, 人たちが, 人びとを, 人人から, 人脚に, 人達と, 人達の, 人達も, 人間は, 人馬の, 他界の, 仲にな, 光景などを, 兵隊も, 友も, 反省は, 同志達, 同時代, 商権の, 喜怒哀楽は, 土地から, 城鼠奸人の, 場所であった, 大名の, 夫人や, 失望や, 女中たちが, 女中達の, 女達の, 姿が, 守衛の, 客の, 家の, 小舟を, 尼僧の, 山なりと, 山本五郎左衛門と, 影が, 影を, 径が, 心持, 怪しい気分, 恐れと, 態度を, 所たり, 所で, 拠点でも, 放心とでも, 斎藤彦三郎なる, 旅には, 旅の, 旅人からも, 旅人たちは, 旅人など, 旅人を, 旅客は, 旅泊の, 日は, 日本の, 日本人を, 時は, 時も, 暇に, 朱雀大路を, 村の, 様です, 様に, 民衆の, 汽車の, 汽車も, 浜田山の, 炭焼きな, 燈火の, 父に, 王様の, 用が, 疑問は, 白の, 看護手たちの, 程度の, 精霊こそ, 精霊の, 緑林の, 習性が, 者にと, 者は, 者を, 者少なし, 腰弁や, 自働車, 舟を, 船も, 蔵前の, 街路を, 要処, 親友に, 言葉の, 諸人を, 貴婦人達の, 足音が, 足音も, 足駄の, 路へ, 道で, 道に, 道具方の, 遠くの, 避暑客金色な, 金比羅参詣の, 長い板敷, 間は, 雲を, 電車の, 音が, 音の, 風の, 馬方であります, 馬車や, 高橋伊勢め幸い, 魔物の

▼ 往来~ (248, 4.1%)

3 人で, 人の

2 [12件] して, どちらへ, ない, やはり僕, 僅かに, 多少胃, 家々も, 強い日, 朝の, 絡繹と, 迂曲り, 頻繁であった

1 [218件] あかるい, あくまでも長くっ, あたしの, あたたかな, あったが, あまりない, あまり広く, あるはず, いくら寒い, いたしおりましても, いたして, いっそう暗かっ, いつに, いとも静か, いよいよ厳, おろか敵視状態だった, きびしゅうございまする, ことごとく霜, この奇異, ございません, ごった返して, さかんで, さっきから, しげくは, しじゅうた, しないの, しなかつたらしい, すがすがしかった, すこし気味が悪い, ぜんぶとめられ, そういう村, そのまま人心, それからも, それは, そんな時代, たいしてしげく, ただ月, ただ車の, たちまち元, だいぶ広い, だんだん混みはじめ, ところどころ乾きかけ, どうだ, どこまで, どろどろでした, なお風大, なしと, なりますまい, なり難い, はじめお, はばかって, ぱったり有りません, ぱったり止っ, ひろがりタクシー, びしよ, ぴかぴか光って, ほとんど絶え, ほのかながら, ますます頻繁, また往来, まだぬかるみ, まだ薄, まっ暗に, まるでない, まるで海, みな裏通みたいだ, もうそんな, もう全く絶え, もう横町, もう無かっ, もう薄, もう賑やか, もつと, やや疎, ゆるされませんので, ようやく安心, よけい足, コンクリートの, シンとして, ニコニコし, バッタリない, パッタリ止っ, パンテオンの, 一つ残らず歩い, 一の, 一緒に, 丁度今, 三宅坂にて, 下駄の, 不可ない, 不潔で, 不相変毛生欅, 二重木戸, 井戸の, 人が, 人立だ, 人通りが, 人通りも, 仄かに, 今が, 今朝から, 以前から, 何度歩い, 余りなかっ, 余り人通り, 侍で, 全く絶え, 前にも, 勿論書状, 包みで, 十分歩い, 博覧会の, 右へ, 困難に, 土が, 埃が, 埃で, 場所柄だけに, 売り買いを, 売出しの, 夕暮の, 夜に, 少くただ, 少ない, 少のうなります, 屋根を, 年ごとに, 強ひ, 彼の, 御城下, 急に, 急転直下その, 意外に, 所司代の, 日が, 日暮が, 明るい, 時刻がらだけに, 暑いの, 暑さ, 暗かった, 暗くなる, 更けるほど, 有りません, 未練する, 杜絶え, 杜絶えて, 杜絶され, 東海道筋にも, 止って, 止まって, 止めて, 此処も, 歩くに, 殆どない, 河と, 泥だらけで, 泥濘が, 泥濘だ, 混んで, 混雑し, 清潔であり, 漸く稠, 激しく伊那あたり, 火元と, 無いが, 無し, 異論の, 病気の, 目に, 目を, 目立って, 目立つよう, 相不変, 相変らず, 相変わらず毛, 省く, 真ッ黒, 眩しい程, 私の, 稀だった, 稀な, 空っぽであった, 竹矢来で, 素よりなし, 絶えた真, 絶えて, 絶えなかったが, 絶えなかつたが, 絶える間, 絶ゆる, 織るよう, 織るよりも, 自由な, 至って閑散, 若い男, 草鞋がけ旅装束の, 街路を, 複雑で, 見降すわけ, 賑か, 賑って, 賑わって, 辰の, 近い将来, 途絶えて, 通り魔の, 道が, 遮断され, 降るとき, 雑踏し, 雑踏では, 雑鬧し, 露地の, 靄と, 静だ, 静であった, 靴の

▼ 往来~ (179, 3.0%)

4 できるよう 3 ある, 絶えて 2 あった, あるので, いつも妙, とだえて, 多少歪ん, 少い, 早い, 最も頻繁, 近くなった

1 [151件] あったか, あったその, あったり, あった後, あつた, あの通り, ありました, ありませんので, あるの, あるばかり, いかに美しかっ, いかに頻繁, うるさい, この支那, しげくどうも, じめじめし, すでに水の上, そこに, そのため以前, それほどにも, それほど近く, つづいて, できないやう, できやせんそこで, できるわけ, できる所, とだえ電車, なかった, にわかにざわめき立っ, はげしい, はげしいの, はげしかつ, はげしくなつた, はじまったの, はじまつたの, ばったり絶え, ひっきりなしに行われた, ひどく気, ふさがれて, まるで日暮れ, みえ出した, めずらしかった, よく見える, よく解った, ヒッソリし, 一層烈しく, 一日十二マイル, 一杯行き, 一筋延び, 一面に, 三叉に, 不便だ, 不得手なら, 不自由で, 中, 二人を, 二者の, 互に判る, 五十三次を, 人一ぱいで, 人家の, 会場だ, 何とも云えず, 全く絶え, 出来て, 出来ないよう, 出来ませんから, 出来るが, 出来るほど, 出来るよう, 劇し, 劇しい, 劇しくなった, 危なっかしくて, 右側に, 右往左往に, 多い, 多いので, 多いよう, 多かった, 多くまた, 始まった, 始まったの, 始まって, 始終あった, 少いだけに, 少くて, 少ない, 少ないので, 川の, 左へ, 左右の, 幕府の, 御座り, 心に, 急に, 恢復しはじめる, 手に, 描かれて, 日の, 暗くなった, 暫く遮断, 曲って, 未だ絶え, 楽に, 止められて, 止りまするくらい, 止りまする事, 水で, 流れて, 流れ初めて, 減じて, 激しくなりました, 濁ったよう, 為され得ると, 煙って, 狭いので, 疎らに, 皆一時, 盛んに, 目まぐるしく動く, 真っ直ぐに, 真昼の, 真暗だ, 稀で, 突きあたると, 絶えない, 絶えなかった, 繁く相手, 繁く降っ, 繁しかった, 織るよう, 羽根つき場所だった, 行われ諸侯, 街道筋に, 見えて, 見えても, 見える, 見えるなどという, 見えるの, 見え初めました, 見られた, 讃めて, 身動きも, 途絶えて, 途絶えるという, 開かれ廂, 頻繁だ, 頻繁に, 頻繁を, 騒いで

▼ 往来~ (146, 2.4%)

3 して, 途絶えて 2 なかった, 今では, 同様です, 多い, 妙に, 稀だ, 稀に, 頻繁に

1 [124件] あって, ありません, あり伝道, あるよう, あろうし, あわただしく落着き, いたしません私, いつまたたく間, かまびすしい, こうだった, さすがに, しきりである, しげくなる, しげく鉄道馬車, したろうもの, しなかったが, しなくなって, し文通, し給, すくない, すくなく, すべて白く, だんだんに, どこか, ないらしく, ない処, ない深く入り込んだ, ない深夜, なかったです, なかつたし, ねえ位, はげしいし, はげしからず橋, ばったり, ばったりと, ひると, ふだんよりは, また人通り, まったく遮断, まれである, もう秋, ハタと, 不相変人通り, 世を, 中島の, 人で, 人目立たず, 何となく騒がしく, 元に, 全く絶え, 公然と, 兵隊の, 出来ないほど, 出来なかったの, 分らぬ真, 同じこと, 同様之, 向う側の, 多く木曾福島, 大分静かに, 容易でない, 少い, 少からず, 少く両側, 少ない, 少なくなるであろう, 少なく昼, 屋根も, 常の, 平気で, 忙しく見えた, 怠らずに, 打水が, 折々は, 日に日に多く, 月光を, 木戸が, 木蔭も, 止った様子, 止りますと, 歩いて, 歩けやしねえや, 殆ん, 気が, 温度は, 漏らさぬこと, 漸く踈, 燈に, 疎らな, 目に, 目立つよう, 相当に, 私には, 稀であった, 稀な, 空しい旅, 絶えがち, 絶えたる戌, 絶えて, 絶えました様子ゆえ, 絶えようという, 絶えるほど, 絶つです用心, 緩慢だ, 繁かった, 繁くし, 繁くない, 繁くなった, 繁く人家, 繁しい, 考えられるが, 聞かれず堺, 臭い自動車, 見るからに, 賑かで, 追, 途切れたから, 途切れたな, 途切れて, 通って, 霜が, 頻繁だ, 頻繁だった, 頻繁であった

▼ 往来には~ (121, 2.0%)

3 人々が, 人の 2 ちょうどだれ, どこにも, まだ年, もう弥次馬, 人が, 人影も, 無数の, 犬の, 簾越しに

1 [97件] あちこちに, あの近く, いたるところ, お房, こんな靴, さすがに, すぐに, ずっと両側, だれも, ちょうど今一台, つめたい風, どの家, なくなった, のそのそ蟹, まだあまり人通り, まだし, まだしつ, まだどことなく新年, もういつの間にかつばめ, もくもくと黄色い, ゾロゾロ人, 一人も, 三階か, 並木の, 二頭の, 人だかりが, 人と, 人ひとりいなかった, 人や, 人ッ子ひとり通りません, 人影が, 今や人, 何事も, 例によって, 便利だった, 入っ子一人居ず, 円タクが, 厨の, 土地の, 売られる馬, 夕暗, 夜目にも, 大きな犬, 大師詣り, 太くまたは, 娘子供が, 寺中あらましの, 小禽が, 幕兵が, 掃除夫や, 掛茶屋やら, 数人の, 文字の, 明るい日, 昔ながらの, 春寒い, 暗い蔭, 朝通いらしい, 木戸の, 武芸者の, 比較的よそ, 浅い緑, 海老色に, 深いわ, 深い泥濘, 混血児的人種が, 漁夫たちや, 激しい鈴, 物売女の, 犬さえ, 町の, 目も, 相変らず, 真っ白な, 真珠色の, 砂ほこりが, 突懸らず, 篝火が, 細い銀杏, 続いて, 群集が, 荷車が, 荷車の, 蠢めく, 衣類や, 見あたらなかった, 誰も, 軒先に, 遅い回礼者, 遠田の, 部落の, 郵便馬車の, 雪と, 馬や, 髪の, 黒, 黒い鍔広

▼ 往来から~ (114, 1.9%)

2 玄関へ, 見えないよう, 見えるの, 見通しの

1 [106件] こっちへ, この劇場, しばらく眺め, すぐ硝子戸, すぐ見える, ずっと奥, ずっと離れ, そこの, その部屋, そんな乞食, だとか, だらだらと, はいって, ふらふらと, まる見え, みえる所, みせるもの, よく見えた, よく見えます, わめく声, 七つばかりの, 中の, 中庭へ, 二三間引っ込ん, 何か, 修蔵の, 僕の, 入って, 分れて, 十分のぞ, 十間ほど, 十間奥へ, 夜の, 奥の, 女の, 好く見える, 子供たちの, 子供を, 家の, 尋ねて, 小さく鉄, 小次郎を, 小鳥の, 少しく引っ込んだ, 少し引っ込め, 少し引込んだ, 山手の, 岡の, 左の, 往来へと, 怒鳴るやう, 手の, 拾った吸いのこりの, 拾って, 教えられたはじめて, 数え立てて, 来るもの, 板塀で, 根まで, 橋の, 消えて, 盛んに, 直ちに戸, 直接でも, 真に二階, 石でも, 突き上げたと, 筋違に, 細い小路, 苅葺の, 茨垣に, 蚊帳の, 裏庭の, 見えた, 見えたり, 見えて, 見えてる, 見えぬ様, 見える, 見えるから, 見えると, 見えるところ, 見える二階, 見える処, 見える凹みの, 見える板硝子, 見える高い, 見たと, 見た町, 見て, 見ても, 見ゆると, 見ると, 見上げた時, 見込まれぬよう, 見通しだ, 見通しぢや, 路地を, 這入って, 道中合羽を, 遠ざかって, 階下の, 隔たっては, 須永須永と, 馬の, 騒々しい足音

▼ 往来した~ (82, 1.4%)

3 ことは 2 ことが, ことも, という, のも, ものは, 将軍の, 形迹が, 未知の, 釵の

1 [61件] がもう, が医, が彼, が或, が無駄, が通りがかり, くらいであった, ことであろう, ことの, ころに, ころの, ころ木曾寄せの, そうでございます, そして自ら, ということ, というこの, というさむ, という海底, という色々, という話, とかいうよう, ところだ, と思う, と見え, のでありましょう, のであります, のである, のであろう, ほどどこ, ものだ, ものである, ものらしかった, ように, 事が, 事だろう, 事は, 人は, 人も, 位であった, 友の, 古強者という, 姿や, 小山田与清の, 思念は, 愛乗の, 挙句に, 旅人こそ, 昔から, 末が, 棠軒は, 機密文書などが, 特使の, 種々の, 紅衣の, 者である, 街道で, 親しい間柄, 重苦しい雲, 間がらである, 間に, 驍将の

▼ 往来まで~ (35, 0.6%)

3 出て 2 して, 流れて, 追って

1 [26件] いっしょに, こぼれて, 一パイの, 一杯に, 出すには, 女の子を, 引きずり出して, 恐々と, 持ち出すの, 旅客で, 歩いて, 洩れて, 溢れかかって, 漂った, 真っ直ぐに, 緊張し, 聞こえる酒屋, 行列が, 見物に, 走ったが, 追い駈けて, 送って, 這登りまし, 顔を, 飛び出して, 食み出すよう

▼ 往来にも~ (30, 0.5%)

2 だれも

1 [28件] さらに人間らしい, ない妙, ない稼業, みなぎって, 一致を, 並木道の, 人影らしい, 人通りが, 何となくもう春, 何も, 使うもの, 多く之を, 家の, 屋根の, 店先にも, 恋愛気分の, 春の, 漂って, 猫の, 畑にも, 目立たねえ古物, 美しい空, 薄暗い門燈, 藪木の, 見られなくなって, 近い建物, 遠慮なく滅法, 部落じゅうの

▼ 往来~ (28, 0.5%)

2 では

1 [26件] から飛ん, で, でこの, でな, での大声, で何, で催促, で失礼, で失礼さん, で宙返り, で拾った, で泣かれ, で舞, で見, で辱めたの, に佇ん, に突, に突っ, に立っ, のこと, の松, へおいてけぼり, へころがし, をもつれあっ, を八十馬, 駆廻ったげでご

▼ 往来では~ (26, 0.4%)

2 ない

1 [24件] つむじ風が, どうにも, なかった, なんです, よく巡り歩く, 三々五々と, 二人が, 介添人が, 俄かに, 催促は, 出来ぬ事, 勇坊と, 十一月の, 商家の, 子どもたちの, 寺院の, 彼は, 月に, 物売りが, 粉雪が, 紙屑拾い, 紳士淑女たちが, 落着い, 貧乏人としか

▼ 往来なか~ (22, 0.4%)

2 に突っ

1 [20件] じゃあどうにも, でちょうど, でひどい, で人, で人殺し, で卒中でぶッくら, で喧嘩, で娘, で宙返り, で掴み合い, で摂政, で栃, で行き違った, で見, で訳, で闘う, に坐っ, はやりきれ, へお, へ淡雪

▼ 往来~ (22, 0.4%)

2 のため

1 [20件] がつかえ, とみれ, にはよい, に何, に若い, のよう, の姿, の検め, の靴, の風采, の鼻, はいちいち, はおり, は笠, もある, もめッ, をじろじろ, を悩ます, を検め, を辻斬

▼ 往来~ (21, 0.3%)

1 [21件] この町いっぱい, その他で, アアク燈や, キャフェを, 商店や, 城中の, 外出先で, 小道を, 屋根に, 山に, 市場なんか, 広つ, 店さきや, 田畑や, 町の, 畑に, 畑の, 隣家の, 隣近所の, 雨の, 電車の

▼ 往来でも~ (18, 0.3%)

1 [18件] あったから, お静か, その声, どちらかの, ないところ, またよく, みかけたよう, やれるそう, 出会い家, 尋問した, 役所の, 掃いて, 時折ある, 片が, 眺めて, 見て, 道端でも, 鐺を

▼ 往来~ (18, 0.3%)

1 [18件] はいっても, ひろ子は, 云ふ, 人を, 前後とに, 同じもの, 同じ水準, 同じ高, 国境とを, 坂の, 境の, 御自慢, 木立と, 橋の, 空色の, 自分の, 見れば, 門内の

▼ 往来からは~ (14, 0.2%)

1 [14件] かなり奥, そんなところ, わずかに, 人声や, 何の, 分らなかった, 口上言い, 塵埃が, 引込んで, 彼の, 昼間でなけれ, 母屋の, 見えないよう, 見えなかったが

▼ 往来止め~ (14, 0.2%)

2 の制札

1 [12件] だ, だぞ, ではない, と立札, になっ, になった, になるだらう, の有様, の立札, の群衆, は, を喰った

▼ 往来~ (10, 0.2%)

2 からマア一緒 1 からこう, からなおさら, からよく, からわざわざ, から誰, から近寄る, ぞ公道, ので美男子

▼ 往来などで~ (9, 0.1%)

1 かなりに, 出遇, 出遇つて, 旧同級文科生, 物を, 行き倒れにでも, 行き合う時, 見掛けても, 遊んで

▼ 往来~ (9, 0.1%)

3 たに 2 たの 1 たで, たで小便, たへ, 突抜けて

▼ 往来じゃ~ (7, 0.1%)

1 ありません, ありませんか, いけない, お話も, ないか, ないし, 話が

▼ 往来という~ (7, 0.1%)

1 その消極的無政府, その理想, のが, 往来すべて敵の, 往来は, 往来間道という, 類の

▼ 往来いっぱい~ (6, 0.1%)

1 にころがっ, になっ, に漂っ, に貧, に高く, に黒山

▼ 往来からも~ (6, 0.1%)

1 よく見えた, ダリヤや, 一目に, 墓場は, 家々からも, 拝まれて

▼ 往来などは~ (6, 0.1%)

1 いまもっ, さして危険, ついぞなかっ, なかった, なかつた, 白い筋

▼ 往来さえ~ (5, 0.1%)

1 とぎれる頃, なければ, 絶えて, 舟や, 見えない程

▼ 往来しない~ (5, 0.1%)

1 でいる, で済む, のが, 仲でも, 所である

▼ 往来です~ (5, 0.1%)

1 から詳しい, から黙っ, ぞ, ね, よとすげなく

▼ 往来ばかり~ (5, 0.1%)

2 じっと見 1 でなかった, でなく湖畔, 見て

▼ 往来へと~ (5, 0.1%)

1 にげました, よろけでた, 先き, 出て, 飛び出して

▼ 往来~ (5, 0.1%)

1 にあたっ, に住居, の掃除, は諸人通行留め, へかけ

▼ 往来~ (4, 0.1%)

1 が皆, 人も, 人影に, 姿は

▼ 往来しました~ (4, 0.1%)

1 が一番変, が先日母, が思いきっ, ッけ

▼ 往来せる~ (4, 0.1%)

1 さまを, も修行, 問題なりき, 旧同窓生

▼ 往来~ (4, 0.1%)

1 ので, のである, ので人々, ので道

▼ 往来にまで~ (4, 0.1%)

1 こぼれ出して, 履物を, 流れて, 筒抜けに

▼ 往来よりも~ (4, 0.1%)

2 少しく高い 1 下に, 高く持

▼ 往来~ (4, 0.1%)

1 から樋, に一緒, の口, へ下り立った

▼ 往来~ (4, 0.1%)

1 で人立ち, に櫛, の柔かい, へ上がった

▼ 往来調べ~ (4, 0.1%)

1 である, なんかおら, の木戸, をやってるらしい

▼ 往来越し~ (4, 0.1%)

1 にこちら, にざぶざぶ水, に向い側, に見

▼ 往来してる~ (3, 0.0%)

1 ことが, じゃない, 絶え間の

▼ 往来しなけれ~ (3, 0.0%)

2 ばならなかった 1 ばならない

▼ 往来~ (3, 0.0%)

2 と想像 1 奴米を

▼ 往来~ (3, 0.0%)

1 やない, ゆうにピシピシ音, ゆうを

▼ 往来での~ (3, 0.0%)

1 喧嘩を, 遊戯と, 遊戯は

▼ 往来との~ (3, 0.0%)

2 間に 1 あいだには

▼ 往来とは~ (3, 0.0%)

1 いいながら, 云つても, 云われないくらい

▼ 往来~ (3, 0.0%)

3 めの

▼ 往来へまで~ (3, 0.0%)

1 ついて, 担ぎ出して, 甜菜スープだの

▼ 往来へも~ (3, 0.0%)

1 出なかった, 出られやしないわ, 散り落ちて

▼ 往来より~ (3, 0.0%)

1 少し高く, 悪いぐらいの, 突抜けて

▼ 往来一パイ~ (3, 0.0%)

3 になっ

▼ 往来~ (3, 0.0%)

1 で不意, にのけぞっ, へこんな

▼ 往来出来る~ (3, 0.0%)

2 ように 1 里程の

▼ 往来手形~ (3, 0.0%)

1 だった, である, を木戸

▼ 往来繁き~ (3, 0.0%)

1 町を, 表通の, 都の

▼ 往来~ (3, 0.0%)

1 には一本, には直様, には荷車

▼ 往来ある~ (2, 0.0%)

1 は当りまえじゃ, 呉人の

▼ 往来からの~ (2, 0.0%)

1 一瞥で, 余光で

▼ 往来こそ~ (2, 0.0%)

1 かえって危険, 最も優れ

▼ 往来したる~ (2, 0.0%)

1 多くの, 西南群島もしくは

▼ 往来しなく~ (2, 0.0%)

1 なつた, なつたり

▼ 往来します~ (2, 0.0%)

1 から, 白帆の

▼ 往来し始めた~ (2, 0.0%)

1 と聞く, のは

▼ 往来すれ~ (2, 0.0%)

1 ば考, ば途中

▼ 往来せし~ (2, 0.0%)

1 ことを, 二三の

▼ 往来その~ (2, 0.0%)

1 また先, 頃馬方が

▼ 往来だった~ (2, 0.0%)

1 が右, のでそれ

▼ 往来とても~ (2, 0.0%)

1 ないこの, ない山地

▼ 往来とを~ (2, 0.0%)

1 眺めた, 見て

▼ 往来なく~ (2, 0.0%)

1 して, 倉成善司

▼ 往来など~ (2, 0.0%)

1 歩いて, 見まわして

▼ 往来などが~ (2, 0.0%)

1 夜を, 頻繁な

▼ 往来などでは~ (2, 0.0%)

1 殆ど並ぶ, 演ずること

▼ 往来などでも~ (2, 0.0%)

1 ちらりちらりと見ない, 平気で

▼ 往来などには~ (2, 0.0%)

1 丸腰, 出て

▼ 往来などの~ (2, 0.0%)

1 時災難をの, 現場が

▼ 往来などを~ (2, 0.0%)

1 あるいて, 知るに

▼ 往来なら~ (2, 0.0%)

1 そんなもの, 逃廻る

▼ 往来にあたって~ (2, 0.0%)

1 聞いたこと, 黒

▼ 往来において~ (2, 0.0%)

1 ある, 一人の

▼ 往来にだけ~ (2, 0.0%)

1 残って, 白い布

▼ 往来のむ~ (2, 0.0%)

1 こうに, こうを

▼ 往来ばかりは~ (2, 0.0%)

1 ただに寂しく, 静かな

▼ 往来への~ (2, 0.0%)

1 とっつきの, 登り口にあたる

▼ 往来一つ~ (2, 0.0%)

2 隔てて

▼ 往来一面~ (2, 0.0%)

1 にホコリ, の真白い

▼ 往来交通~ (2, 0.0%)

1 があり, すら殆

▼ 往来~ (2, 0.0%)

1 にあっ, には又

▼ 往来向き~ (2, 0.0%)

1 の窓, の部屋

▼ 往来~ (2, 0.0%)

1 のその, の提灯

▼ 往来~ (2, 0.0%)

1 ゆること, ゆる暇

▼ 往来絶え~ (2, 0.0%)

1 て大路, 石多き

▼ 往来絶える~ (2, 0.0%)

2 ことなく

▼ 往来繁く~ (2, 0.0%)

1 ときどき赤門, 地面には

▼ 往来織る~ (2, 0.0%)

1 がごとく, が如く

▼1* [181件]

往来あそばしあしたに, 往来いたし君の, 往来いたしたもよう, 往来うさえほとんど, 往来銭湯か, 往来かまびすしく笑ふ, 往来からくらい内部へ, 往来からでも見えそう, 往来から迄子供たちの, 往来きして居ました, 往来しに, 往来さきにまるい, 往来させながら, 往来させたのであった, 往来させないという事, 往来させると寿, 往来しかねるように, 往来しける迷想なりき, 往来しげく山の上とは, 往来したら何と思ふ, 往来したらしい人たちで, 往来したれば山川, 往来しだしてゐる, 往来しだすやうに, 往来しつ肌を, 往来しなかつた位だつた, 往来しなくなったゆえその, 往来しようと考へた, 往来し出したのは, 往来し合っていた, 往来し始めたら四方が, 往来し始めるんだろう, 往来し居たりと云, 往来し得る区域甚だ, 往来し見受けるところ別に, 往来すこぶる自在で, 往来すべって歩き, 往来すべてがつい, 往来すべて敵の要塞, 往来すらままならぬ, 往来する取留も, 往来する如く又木の, 往来せしめがたきの, 往来せぬ遠縁の, 往来せられまして以来, 往来せられる際別に, 往来せんでもよい, 往来そこでおせい, 往来そのものに向っ, 往来それらの中, 往来だい俺らが通っ, 往来だけでもあっさり書い, 往来であって歩い, 往来であったが時々, 往来であるがため, 往来であろうとてめえ, 往来でございますから, 往来ででも奇怪な, 往来でない筈だ, 往来といったような, 往来といふ往来には, 往来とよりも離れて, 往来なさるなら不便な, 往来なし刀傷か, 往来なすぞ, 往来なせば諸, 往来などにも関心を, 往来なり受けた疵も, 往来なるに, 往来なるほどこれが, 往来なんかでは, 往来にかけて粗製毛布防寒服ようの, 往来にさえかなり巨, 往来にだっているよ, 往来にはよかよか飴の, 往来によって昼夜季節の, 往来のみあつて家, 往来はげしい自動車や, 往来ふさへ殆ど, 往来へは出て, 往来また旅人を, 往来または噴煙を, 往来までの距離は, 往来までは聞えません, 往来までも聞こえて, 往来まるで大混雑, 往来みんな水中に映っ, 往来やがて山といふ, 往来やら文覚との, 往来をのさの, 往来をよけて農人橋の, 往来スル倭船モ必ズココニテ酒壺ニ吉備酒ヲ満, 往来見カケタコトガアルノカモ知レナイ, 往来一ぱいにつかえる, 往来一円に溢れ, 往来一方はその, 往来一杯になる, 往来上下人足の沙汰計, 往来不可能の谷底, 往来外七日之, 往来交互したの, 往来交歓もした, 往来交渉を考え, 往来人多く留まり見る, 往来人車の東西, 往来全く絶へ, 往来八千返の, 往来出入り繁昌を極め, 往来出来なくなるのを, 往来の電気屋, 往来危険罪で処断, 往来即ち今の, 往来へ早馬, 往来古状揃の読, 往来同一である, 往来向こうの門前, 往来喧嘩を記述, 往来坐臥皆狩野の規矩, 往来声不断夢余猶聴電車轟, 往来存問か, 往来学問文章の談論, 往来安全の街燈, 往来定めなく後山晴る, 往来容易なりと, 往来小車のつづく, 往来なかりき, 往来少なく朝餉の, 往来差留之儀品川宿, 往来幾度か知れませぬ, 往来広く空ッ風の, 往来庭訓までは習った, 往来引きも切らず, 往来往来と人, 往来忙しく売出しの, 往来忙士女如花満会堂, 往来や法帖, 往来文書鎌倉にいる, 往来明滅するの, 往来東西に五丁, 往来検めが厳しく, 往来検察をさせた, 往来極めて雑踏なる, 往来櫛歯を挽く, 往来殆虚日なきが, 往来添いの広場, 往来漂泊したる, 往来漸く疎く臂, 往来無尽の相談, 往来を書い, 往来物一つすら読めな, 往来もそれ, 往来しく総監室, 往来な之, 往来皆此路君と再び, 往来眼ざましきばかりなり, 往来社版映画脚本集第二巻, 往来秘密の巻一巻, 往来ならぬ官道, 往来絶えざりしところにて, 往来絶えずしたがって蟻, 往来群衆の目, 往来老若之を見る, 往来居る彼, 往来致す者, 往来被告人たちへの差入れ, 往来評議もこけ, 往来軍馬の胸, 往来近いところは, 往来途上なぞで, 往来通りが, 往来通話ができる, 往来に違, 往来か遠方, 往来長谷寺の牡丹とき, 往来間道という間道, 往来雑沓の町中, 往来難渋の里, 往来音問自在なる可, 往来頻繁の場所, 往来飛び越えて向い側, 往来餽遺音問を絶たなかった