青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「幸~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

年代~ 年寄~ 年月~ 年来~ 年生~ 年間~ 年頃~ ~年齢 年齢~ ~幸
幸~
~幸い 幸い~ ~幸福 幸福~ ~幹 幹~ ~幻 幻~ 幼~ ~幼い

「幸~」 5097, 53ppm, 2196位

▼ 幸~ (891, 17.5%)

257 して 6 私は 5 なるか 4 なるなら自分, 此の, 私の 3 なるならどんな, 之を, 彼の, 怪我は, 誰も, 雨は

2 [29件] お怪我, こ, それにて, それは, なし蛭, 一ヶ月に, 之れ, 今度の, 今日は, 今日私の, 代助, 何の, 何事も, 候, 全治した, 宮から, 家族の, 少しつんぼ, 御米, 怪我も, 我は, 景色を, 母と, 油御用を, 火災を, 自分は, 軽い脳貧血, 運転手に, 風が

1 [535件 抜粋] あなたには, あらざること, あらず凡て, いきなり抱き寄せ, いざと, いずれも, いませば, いろんな活き, お伽噺の, お健やか, お墓, お袋が, かつ愚, かの女, からり霽, くらして, けがも, こう云う, こつそり, このこと, このま, この別乾坤, この少女, この扉, この日, この樹, この目録, この被害民, これあり, さうでは, さきが, したか, しちや男, してさ, しても, してやりたいの, すること, ずる, せざるもの, そういうこと, そうで, そこに, その動揺, その後按摩の, その日, その時, その欠伸, その目録, その言葉, その身, その邸内, それに, それには, そを, そんな事, そんな非難, ちがいない, ちょっと似, どん, なにごとも, なり何, なる, なるかも, なるという, なるもの, のこって, ぴたっとまるでしずか, まずこの, また相, また静, まだ私, まだ誰, まちがいが, みち, みちて, みな健康だ, めぐまれて, めぐりあったと, めぐり会った, もう殆, よかった, よりて, わかった方, わが責任, わたくしに, わたくしは, われ好き機會を, ツイ近所に, フリイメンの, ベルナルドオに, ボルゲエゼの, モーターの, 一つの, 一人の, 一分の進境あり, 一家を, 一度も, 一時預つ, 一目逢いたい, 一致点を, 丈夫でした, 三共會社から, 三千年の, 三角標石の, 上下を, 下総の, 不才に, 世界を, 丸の内に, 乗り切ること, 九月言語集成譯編の, 予は, 予等も, 予防工事の, 事件は, 二三人の, 二人を, 五十三篇を, 五郎の, 井戸の, 些の, 人を, 人間の, 今も, 今人が, 今日ある, 今晩また, 今朝二人里へ, 他の, 代へ, 伊沢の, 伯母さんが, 何も, 何事かを, 何等の, 余つてゐる, 余生を, 作者両氏の, 例の, 俗趣味にも, 俯向けに, 健全なれ, 健在なれ, 傍の, 傍らから, 債権者共が, 傷が, 傷は, 僅な, 僕の, 優れたこの, 優待を, 元気は, 先生は, 入りて, 入るの, 入学しました, 全くこれ, 全國, 全快に, 兵火の, 兵燹を, 其の姉分, 其主人が, 其人が, 其処は, 其日は, 内密の, 凋れなかった, 切れて, 切明けが, 切明けの, 刑法にも, 別に, 到らしめ給, 助かって, 助かり横浜, 勿論異存, 北の, 十五夜に, 午後五時頃野営し, 去年から, 及ばなかった, 合格した, 同志と, 向はず, 君達の, 吾妻下駄の, 味が, 命あり, 命は, 命を, 和蘭船は, 咲くらむ, 啄は, 善良な, 四等にて, 土地の, 土間の, 在宅で, 在西安鈴木教習, 坊ちゃんの, 場所が, 場所も, 外台秘要と, 外国人が, 外國の, 多産で, 大いなる失墜, 大きな災, 大した怪我, 大した損害, 大之, 大事に, 大佐の, 大抵の, 大正八年の, 大正四年の, 大金弥一郎という, 天皇様の, 天祐を, 太十, 夫妻は, 失策も, 女房は, 好きな, 好晴, 妙了の, 存じます, 安んぜよ法律, 安心せよ, 官途に, 実君が, 家庭の, 實驗に, 封緘故の, 小説には, 尚一つ, 尾上英造を, 居なさる伊勢屋, 居士は, 崖は, 市民に, 平癒せん, 年少の, 座ること, 座頭であり, 建設社が, 弘前藩の, 張る氣, 彼女の, 彼方にも, 彼等人民の, 後の, 後より, 後妻は, 御予定, 御奥, 御笑殺, 御覧下され, 復常, 心やさしい, 必ず其日, 急に, 急所を, 怪我人が, 恙なき, 恙なく, 恙なし, 悪事を, 愚劣な, 感興の, 感謝する, 慈愍の, 成功し, 我を, 我党の, 我労を, 我妻と, 我等の, 我等は, 我譫語も, 把握する, 折らむ指, 押し附けた女中, 拯ふ, 指教の, 捨てねば, 撃滅される, 攪亂し, 教を, 文字を, 文部省の, 新政府, 日本には, 日本は, 日本人は, 日本彫刻の, 早く氣, 早速その, 明るかった, 明を, 是等は, 晶子さんといふ, 暴れだしたん, 最初の, 月島へ, 有楽町より, 本書を, 机の, 杉浦先生の, 来たん, 来る汽車, 松田は, 枯死せざる, 案内を, 森が, 極く, 次第に分かっ, 正を, 此想像によ, 此社伴の, 母が, 母の, 母五百は, 毒の, 汚されずに, 汚れて, 江戸に, 江湖の, 河原が, 油御用が, 泊り合せた駒草採り, 法律上の, 洩れた僅か, 浮標を, 海は, 涙を, 淳仁天皇の, 清須城は, 湯の, 満月の, 満枝, 溺る, 濃妝, 火も, 火災は, 無事だ, 無事である, 無事でした, 無事に, 無理に, 無病だ, 無聊を, 熱が, 爪と, 父に, 父様にゃ, 牛の, 牢の, 牧野氏は, 犬猫の, 獣とも, 王さまに, 現政府, 生きるだらうと, 生命が, 生命は, 生命を, 生活し, 生還を, 用足たず, 男は, 男子にとって, 當つてゐる, 當院には, 疵を, 疾むには, 病気も, 癒つて九月一ぱいは, 発狂する, 眼に, 眼も, 知らざる人, 知識と, 私と, 私より, 私達も, 移されて, 空は, 空襲の, 突きやられて, 窓は, 第五版, 箸箱の, 節を, 系図に, 紅潮し, 累代上台の, 細君が, 終り且つ, 罪人たる, 美吉屋の, 老たる, 考えながら, 脱稿出来たら, 自分で, 自分の, 舞台の, 艮齋の, 良人の, 芥川氏は, 花の, 若い諸君, 荒日を, 莨盆を, 華族その他有志者の, 血の, 行って, 西河岸へ, 見られねど, 見知人, 親切な, 親父が, 言って, 記憶せよ, 語学の, 誤でなければ, 読んで, 談話の, 諒察せよ, 讀者諸氏が, 谷底まで, 貴方は, 赤児は, 足の, 踏み倒されないで, 身を, 身を以て, 身体を, 車夫の, 転じること, 近い所, 近頃にな, 迷うこと, 迷ふこ, 追いつきましたので, 追手の, 退院出来た, 逃る, 通ると, 通わせて, 逢いました, 逢ったこと, 逢ひし, 連れ立って, 運転手が, 運轉手が, 過を, 道心の, 達者な, 遠からね, 遭ふ, 酒に, 酒井家の, 金沢橋の, 鍵穴に, 長谷川の, 間違つてゐなけれ, 関翁も, 防禦線は, 附近の, 陶隆房は, 難症でも, 雨が, 雨なかりし, 雨に, 雨も, 雨戸を, 雪は, 雷雨は, 青蓋人, 非常なる, 音も, 預けて, 頑健だった, 頑冥な, 額の, 類焼は, 飯を, 養子良安は, 馬車の, 高等遊民不良少年を, 鮒が, 鮓久の, 鰐口は, 鴎外の, 麥蒔時で, 黄梅雨の, 鼎に

▼ 幸~ (787, 15.4%)

39 にし 7 にこの 4 誰も 3 にその, の巡査さま, 傷は, 其處に, 其處には, 此方の, 私の

2 [37件] おやぢ, そこは, その側, その晩, にこれ, にも, にも雨, に一人, に予, に今日, に原形, に君, に無事, に秋, に竹山, にGOGH, の月夜, は, を祈る, 其處へ, 大したこと, 好い奉公, 妻の, 宗吉が, 小宮の, 彼は, 怪我は, 晴天で, 本所の, 杖を, 此村から, 私も, 翌る, 自分の, 親分の, 誰にも, 貴女の

1 [642件 抜粋] あたりに, あたりには, あつしは, あなたは, あの河童めら, あれから, お前が, お前の, お天氣, お嬢さんを, お秀, お膝元, お谷, が来る, が爪哇, が私, ここへ, こちらも, この, この仁, この弟, この御, この日, この火, この瓜畑, この紙入れ, この通り無事, ごらんの, ご承知, そちらには, そのとき殿様, その上鬢, その名前, その場, その時, その時十五圓, その自動車, その開墓, その間は, それは, それほどの, ぢや, に, にいつも, にお前, にぐつたりと成つてお袋, にした, にすぐ, にそつ, にそれ, にそんな, になつ, になる, になるなら, にぱつちりと點, にもけふと, にもこの, にもこれ, にもまだ, にもプロペラ, にもホイツスラア, にも一つ, にも不思議, にも二三度通, にも今次, にも其中, にも又, にも四日間, にも多忙, にも彼, にも放牧, にも日本, にも未成品, にも汽車, にも私, にも簡單, にも自然的生, にも艸花, にも見つけ, にも頭痛, にトツプリ黄, にネタ, にリヨン停車場, に一つ自然主義, に一日, に一本, に三人, に事, に人, に人力車, に何, に便, に健康, に僕等夫婦, に先生, に公羊傳, に其, に出, に加集, に十風, に半, に反撥, に取調べ, に可, に四五箇所殘つた, に国民, に壞滅, に多く, に大阪, に天気, に孟浪, に富む, に小生, に少し, に尻, に山, に帰還, に当部, に我, に我が, に我等, に拭き掃き, に持ち, に方々, に日本, に明日, に時價千圓, に朝夕潮, に東, に構外, に次, に此處, に死なう, に残り得た, に殘本, に毎日, に瀬川, に無事交民巷内台基廠, に無心, に熊, に物資, に玩具代はり, に生きる, に病人, に登りつくす, に直感, に眞實, に私, に自分, に航路, に茲, に落, に落書, に親切, に試乗, に誰, に諒, に賄賂, に起き出でた, に長唄, に隣室, に革命, に須磨, に風, に香玉, に髪, に魂, のうち, の中, の國, の土曜日, の大森鬘, の干潮, の年の市, の引汐, の日曜, の月明り, の木枝, の身, は猶, ほかに, まあやめとけ, を, をかち得る, をもたらす, を与, を並べた, を人, を得た, を思はね, を悦びました, を感じた, を求め, を求める, を発見, を眺め, を見出した, ガラツ八が, ガラツ八の, トルストイ夫人が, ブン殴られず, ボックスが, ルュニェ・ボオの, 一団とな, 一軒で, 一髮の, 三月四月と, 三百兩の, 上陸が, 不意の, 中風の, 主人の, 主人を, 主人大場石見は, 久しぶりに, 久保田さんの, 之を, 二臺の, 二間あまりの, 五兩と, 井戸は, 京都に, 人で, 人の, 人混に, 人間には, 人間は, 今九江に, 今宵は, 今度は, 今日の, 今日男爵が, 他の, 仲が, 伊勢屋の, 伴家を, 低い怕, 何んにも, 何時までにといふ, 作つて見た, 作者の, 來合せた, 俺は, 停年制に, 側に, 僕が, 僕と, 僕の, 元の, 兄は, 先づその, 先生から, 先賢の, 入棺した, 八五郎との, 六十三の, 其処へ, 其等に, 其等に対する, 勘次の, 十二時頃まで, 十手は, 十手を, 午後に, 午近くの, 半三の, 去年つけさせた, 友人の, 叔母様に, 取付きの, 吾妻屋永左衞門少し, 吾妻屋永左衞門若い, 命だけは, 品吉が, 土地の, 土曜日だ, 土曜日な, 在宅の, 増屋の, 壁が, 多少の, 夜の, 大した傷, 大した怪我, 大した腕, 大して水, 大金の, 夫人に, 夫秀實の, 好い人, 姉と, 娘の, 娘を, 嫡男として, 子供の, 学校へ, 宗吉は, 宗門奉行に, 客も, 家で, 家は, 家も, 寒さ, 対局中は, 小僧の, 小舟には, 少しづつ, 少しは, 少し持つ, 屋敷の, 左る, 己達は, 布團を, 帰つて来た, 常磐津の, 平三の, 平次にも, 幽靈, 店は, 廊下に, 弟といふ, 弟子に, 彈丸の, 彼女の, 彼等の, 彼處に, 得難き通俗語, 御在宅, 御廣敷添番衆千本金, 御方様, 御裕福, 忠實な, 急所を, 戰爭が, 戸口に, 手に, 手元に, 手拭に, 教会に, 文句を, 新吉も, 新妻と, 新聞で, 方様は, 日本に, 日本には, 日本の, 早く手, 早く消しとめ, 早起きの, 明後日は, 時が, 時頼見定め置きし, 晩の, 曲者の, 曲者は, 最寄りに, 月は, 月見の, 月見船が, 有明の, 本人は, 来訪客も, 東山毛利両, 杵太郎は, 松本で, 板塀が, 柳屋は, 案内し, 森本から, 檢査も, 次男として, 此處の, 歯が, 死骸も, 母が, 毎日高医の, 氣が, 水が, 江戸に, 江戸を, 池の, 沈沒の, 海辺に, 消費生活の, 渠の, 煙草五六服と, 熊吉が, 父親の, 物質的に, 独身者には, 獅子文六の, 獨身者には, 用意し, 用意した, 申分の, 男の子が, 町内の, 町役人達は, 畑中に, 痛まず, 発車する, 發作は, 百円といふ, 相客が, 眼が, 眼に, 着物を, 矢も, 知つてる, 石川樣が, 神奈川在から, 神田の, 私と, 秋の, 窓の, 窓格子に, 第一書房, 純粋な, 細田屋さん, 給ひ, 縁側には, 縮緬は, 總右衞門が, 總右衞門は, 美奈子の, 美少年録も, 美術や, 義雄は, 翻案と, 老人の, 老婆は, 聟の, 背中合せに, 腥を, 自分から, 自分には, 臺所へ, 與力笹野權三郎は, 色目の, 芸術家の, 若旦那が, 苺作には, 荒し廻る, 薪割は, 薬毒からは, 血潮にも, 行き止りの, 裁判所の, 親に, 親分に, 記者は, 誰かが, 謄寫版で, 警官が, 財布を, 貴國, 貴方が, 赤塚家先代の, 身體が, 辻斬野郎が, 近き今川小路, 近所に, 近所の, 途中で, 道づれになつて親分の, 都会地の, 重い發作, 金が, 錢形の, 錢形平次の, 長野には, 間に, 間もなく正, 隠居の, 隣の, 隣同士で, 雨に, 電話には, 震災に, 青年は, 靴脱ぎ, 鞍掛殿の, 頭と, 顏は, 顏を, 類焼は, 類燒は, 風も, 飛鳥山の, 食堂の, 香港で, 馬上の, 馬場要は, 驅け, 魚の, 鳥越の, 鶴松君御, 鹹水は, 鼓膜は

▼ 幸~ (254, 5.0%)

235 不幸か 4 不幸かは 2

1 [13件] げにも, それともまた不幸, 不幸かお顔が, 不幸かさういふ, 不幸かといふ, 不幸かな, 不幸かに, 不幸かを, 世界に, 事変以来の, 恨みか, 抑亦, 空海も

▼ 幸~ (156, 3.1%)

5 ために, 親爺は 4 ためなら, もとに 3 女房は, 母は 2 おほけれ, 一つだにも, 中に, 店で, 言葉に

1 [122件] ある男, お上さんの, お園, お富, お岩, お軽, ことでも, ことには, ことを, しなければ, すすり泣きの, たぐひなさ, ないもの, は上品, ふさ, ほうが, もあれ, やうな, 一行に, 一言に, 三味線と, 三子五女である, 主人と, 争ひである, 事なり, 事ニ候, 二者に, 二階を, 今渡つて行く, 代りに, 伴は, 低い唄, 兄弟が, 円い厚み, 十郎菊五郎の, 反間と, 名を, 唇は, 国です, 国は, 声が, 多い子, 多い民, 大羽子板, 奥座敷に, 女房の, 奴は, 姿などが, 姿に, 娘妙などで, 子の, 家は, 山, 山に, 島, 川止めで, 席を, 幾許幸, 店からの, 店の, 店を, 度に, 庭を, 心あり, 息子幸吉という, 情熱も, 愛にて, 手から, 手伝いみたいな, 振付で, 政巳と, 新表現主義, 方を, 時は, 景色にまで, 来ること, 果また, 栄三郎の, 棟上げに, 棲処も, 様な, 次には, 母には, 為めに, 父は, 父も, 物語, 物語として, 盞と, 目には, 相模が, 眼が, 神市の, 空想は, 累は, 肉体は, 肉体を, 胸は, 艶や, 花だ, 若旦那幸吉からも, 蛇の, 蛇使いお, 袂が, 袖の下も, 襲名披露で, 親爺だけは, 親爺の, 親爺を, 話, 豊志賀菊五郎の, 象を, 身体に, 返事を, 部に, 障子の, 離屋で, 離屋を, 面目が, 領域を, 額に, 香が

▼ 幸にも~ (153, 3.0%)

3 彼は, 私の, 私は 2 大和屋にも, 手籠を, 次第に消え, 自分の

1 [136件] あなたは, あの醜い, あまりによい, あらずまた, かなり遠く, この仕事, この手紙, この時角燈, この腹藁, そのやぼ, その使命, その後別に, その日附印, その時聖徳太子, その暗示的作用, その近く, それが, それほど饒舌, それより, ちゃんとありました, つつまれるが, ならんで, ぶなの, まだ朝鮮, もし来給うなら, ゆらぐこと, よくなっ, わしの, ドン, ネープルス市中で, マドレーヌ氏の, ラスキンの, ロシアや, 一夜に, 一度日本を, 一番に, 上人研究の, 事件は, 二室に, 今日では, 他の, 仙臺に, 伝統は, 信念で, 俺が, 僕と, 其弟は, 凡ての, 初代の, 初発心時, 医員の, 十二時近くに, 君等を, 国には, 執着すべき, 執著すべき個性, 売った相手, 大抵画工, 子供は, 客が, 客は, 専門家の, 幾多の, 広く流布, 庭に, 引返しの, 役に立ったの, 彼が, 彼女は, 後でつひ, 思うよう, 恭吉氏は, 悉く適中, 意識の, 成功した, 我々の, 我れ, 我国の, 手仕事の, 抽象的な, 救生の, 数々の, 新らしい, 日本の, 晴天だ, 材料は, 来春の, 東京において, 東京の, 東京都駒場に, 東向きの, 根本の, 此の, 此所には, 此數年來我國民は, 此腹藁を, 氏は, 涙という, 淋しさ, 激しい変り, 為世が, 無事にて, 爆弾は, 皆正気に, 研究所へは, 社寺の, 神の, 私たちの, 私には, 細田氏は, 経過良好で, 絲の, 美に対して, 自分は, 艇中には, 英佛獨に, 落下の, 諸君に, 赤ん坊は, 起きて, 近くに, 近代世界の, 釣人は, 錦繍の, 長谷部は, 閾の, 關係なき, 雑草なる, 雨な, 静枝は, 非望を, 風が, 風を, 風大分烈しく, 馴染の, 駒ヶ岳の

▼ 幸~ (140, 2.7%)

4 占うこと 3 得て 2 おやり, 享くる, 今は, 希ふ, 愛して, 求むるためにうらわかい町の, 祈って, 祈らば, 護りて, 身一つに

1 [113件] あげつらはんため, あれこれと, いさみに, いのったけれ共, うくる人, うるだけの, えば, おぼろに, かくしし葢, かの毒, かんがへ, ささげまつる, しみじみと, すなどる漁民, たまわってから, なにと, ば謝し拝む, ほしいまま, めざすか, めざす間, もたらして, もたらすと, もって, もとめること, よろこび, よろこんで, ブツブツ切っ, 与えたこと, 与えて, 与えるよう, 享け, 享楽した, 今更感じるでしょう, 他の, 占うだった, 占うと, 受くべきなり, 味ひ, 味ふ, 増さん爲, 増すの, 失って, 妬ましい眼, 守る蛭子社, 崇めない, 希へる, 幼きもの, 得せしむるのは分福, 得た, 得たその, 得たり, 得ば, 得ること, 得候事, 思いその, 思いつづけて, 思い戴く人, 思ひ見ば, 思ふたび, 思わせる, 愛するに, 愛するもの, 愛する愛, 愛せんため汝, 感じさせるところ, 感じたりき, 感ずるいよ, 感謝された, 感謝すべく, 打ち上げた次第, 拾つてゐる, 振りきって, 授け給, 改めて思う, 明日の, 望まず一命, 望んで, 朝夕祈っ, 東亜に, 機に, 歓び迎, 氣付けろ, 求むる, 求むることなし, 求むる願, 求め虚浮, 汝に, 知らず知らざるところ, 知るもの, 祈りましょうし, 祝して, 突きつけられて, 與へ, 色々と, 見た, 見返した, 覗は, 覺え, 話すにも, 説くの, 迎うる, 返そう, 迷うよう, 追ふと, 追ふも, 連れて, 過度に, 配け, 頒つ, 願うなれば, 顧みずして, 齎すで, 齎すもの

▼ 幸~ (126, 2.5%)

3 不幸との, 時子は

2 [11件] いうべし, いおうか, すべきだろう, するところ, するには, 二人で, 云は, 云ふ, 山幸, 思って, 無事に

1 [98件] あわてて, いうべきか, いうべきだ, いえば, いえますが, いつて, いはなければ, いわねば, うに風が, お幸, し一語邁返, し隆, すべきか, するらしく, する世の中, する内的要求, せずして, せずんば, せねば, そこに, そこ迄, つかまえられたの, なしこれ, なした, なすところ, なった, なって, なりまた, なると, まん中の, 一人前の, 不幸とが, 不幸とで, 不幸を, 不幸満足と, 云う位, 云えば, 云おうか, 云った前書き, 云ひます, 云ふも, 云へば, 五町斗り, 今川家の, 何事も, 健康とを, 喜びは, 女将が, 存じますが, 存じ奉り, 存ぜられ候, 存付き候へども, 川田は, 巡査を, 希望に, 師匠を, 広い生活地, 御よろこび, 思うならずや, 思ったほど, 思つてゐるらしく, 思われます, 感ず, 我の, 採用された, 改名し, 時子の, 来ては, 桂介を, 模造品を, 橋から, 此分で, 武の, 水嵩の, 清水昌一の, 父が, 申あ, 申さねば, 申しまして, 申すべきです, 直に笈, 県の, 硫黄は, 私の, 糧との, 聞えやしませんよ, 自分は, 致さなければ, 菊龍が, 菊龍と, 藤尾が, 言えば, 記憶の, 認むる物を, 読めるの, 謳歌されるでありましょう, 銀平に, 離れたもの

▼ 幸~ (117, 2.3%)

3 いつもの 2 ふうまし, 弟の, 時子に

1 [108件] あらじと, いま靄に, うすかりき, うまくやりました, お光, お喜多, お綾, お金を, この時, これに, これを, こんなこと, ございません, さう, その中, それも, たしなめるよう, なんにも, ひ給, ふさと, ふっくらと, ふ國, ふ日本語, へて, また最初, みな人たる者の, みな弟直義に, もう稲荷, もって, やや大きい, 一代濃, 不審を, 両手を, 中村家の, 乾分たちを, 亭主運の, 人なき, 今宵も, 今度の, 冬子と, 冬子を, 利用し尽し, 前よりも, 十五の, 千代田の, 口早に, 味は, 圧迫を, 多からん, 大地に, 失はれ不朽, 子を, 小っ, 市女に, 帰って, 座敷に, 建久九年後鳥羽天皇御, 強い性質, 思はず独言, 思はれるもの, 思ひ切つて云, 思ふの, 恰も光線, 戸外へ, 救われたよう, 敷物を, 日に, 早くも, 暫く一人首, 書林組合に, 有望な, 東京の, 桜井の, 植木の, 橋を, 母が, 母屋へ, 洗面所の, 満ち, 激しい出世競争, 灯火の, 無いの, 煙に, 煙管の, 生れて, 男にも, 男を, 百姓を, 目に, 神の, 私の, 立ちどまつて, 細口の, 自身で, 茂子を, 菊五郎に, 菊龍に, 蓮葉らしく, 言った, 起って, 越えて, 足りぬと, 述懐し, 遠ければ, 郵便配達夫に, 離屋の, 髪を, 黍が

▼ 幸ちゃん~ (100, 2.0%)

3 がうそ, が迎え 2 のところ, の話, の顔, はきのう, はそれ

1 [84件] からもじき, が, がい, がいいました, がかぜ, がきのう, がくる, がさっき, がだまっ, がつかまれ, がむき, がヒョッコリ, が付い, が出前, が声, が客, が巨人, が来たら, が泣い, が空, が笑いだした, が酒, ご健康, じゃあるまい, ってこども, というこども, という息子, といっしょ, とこの, との小さな, と並ん, と同断, と清ちゃん, にあげよう, にたのみました, にはつらく, にもわからない, によろしく, に今, に手, に顔, のうわさ, のお母さん, のからだ, のこと, の事件, の声, の嫁, の家, の母親, の用ッ, の相棒, の置いた, の身, の首ったま, はうそつき, はうつむいた, はかぜ, はその, はそんな, はだんだん, はてんぐ, はどんなに, はひどい, はまた, はわざとらしく, はわん, は二時間, は例, は制服姿, は学校, は学生, は実にぱっちり, は死にものぐるい, は気, は目, は笑い, もおい, をつかまえ, をときふせ, をとりかこん, をほめ, を木, 帰りましたの

▼ 幸~ (100, 2.0%)

2 でした, とその, の言う, の顔, は言

1 [90件] かな, が以ての外, が口, が呼び込んだ, が大きな, が寢泊り, が居た, が急病, が知っ, が答えた, が縛られた, が聲, が説明, が費, が頬冠, が高座, その女房, でしたが, ですね, との仲, とは餓鬼, と孫作, と聽, と葬式彦兵衛, に引き止められ, に捨てられた, に案内, に違, のこと, のケロリ, の両人, の右隣, の女房, の妹, の後ろ, の情人, の手掛, の浮気筋, の溜めつ振り, の無遠慮, の縮み上がった, の萎れた, の記憶, は, はいかにも, は上根岸, は下手人ぢ, は二階, は五六間, は四十五六, は夜中, は奥, は如才, は小柄, は小腰, は左右, は平次, は年甲斐, は思ふ, は惡, は惡人, は最初, は死體, は溜め込ん, は覺束, は解る, は足止め, は頸, は額, は齒, へあわただしく, へだった, へ向け, までが妙, もぷっとふきだしたが, も殺す, をお, をお通夜, をふりかえった, を先, を呼ん, を引き出し, を忍ばせ, を擧げ, を殺す, を毒殺, を縛っ, を縛りた, を縛る, 出来て

▼ 幸~ (95, 1.9%)

23 ことに 22 ことには 7 事には 3 んだ 2 ことだった, ことは, んだろう

1 [34件] ことか, ことで, ことでありました, ことであろう, ことでしょう, さよ, さを, さをば, さ黯, のだ, のです, のともよ, の友, ものは, ものを, んだらう, 事が, 事であろう, 事に, 事は, 人である, 人間である, 僕である, 子供の, 安心である, 御目, 所に, 日の, 気分だつた, 環境を, 生活を, 社会を, 若様にな, 處では

▼ 幸~ (88, 1.7%)

2 がかわいそう, がこの, が好き, でありました, であります, はまた, は水, を召しつれ

1 [72件] が, がお嬢様, がちょうど, が今ここ, が伯耆, が十二, が大事, が姿, が嬉しく, が帰りませんでした, が息の根, が拙者, が持ち出し, が持っ, が推参, が身代り, が迷っ, が逃げた, であるという, とそれから, とやらにたんと, とやらは逃げた, などはいづれ, なるもの, に引合わされ, に逃げられた, のうなる, の亡くなった, の姿, の帰っ, の幻, の抑える, の行く, はあれ, はいまだに, はこの, はこんな, はそれ, はそろそろ, はついに, はふるえつく, は一尺, は三日目, は主膳, は夢, は宵, は拙者, は男, は米友, は能登守, は行衛, は返事, は遥か, は長い, は長持, ばかりが無腰, も默つて顏, をそこ, をと暗に, を入れ, を召しつれた, を大切, を嫉ん, を引き下ろしました, を引摺, を抱き直し, を殺し, を殺した, を自分, を虐殺, を負っ, を身

▼ 幸~ (86, 1.7%)

3 の兵 2 の手, の最期, の首級, へは平時

1 [75件] が父, が秀吉, が訊く, こそは当代, だけだった, という人物, とその, とは土塀, と同じ, などの一族, に啓発, のあ, の一子大助, の二人, の人間, の兄弟, の出陣, の叔父隠岐守信尹, の命, の奮戦, の子, の子大助, の心, の所, の物見, の疾風, の矢, の碑, の行動, の言, の訊ね, の説く, の謝罪, の軍, の配下, の鍛, の陣取った, の顔, はあの, はここ, はすすん, はその, はそれから, はなぜ, はもう, はニコ, は三つ, は信州, は偶, は全く, は出丸, は城, は夙に, は大助, は大名, は客, は屡々, は漸く, は真田昌幸, は総, は言葉, は訊ねよう, は越前兵, は遂に, は首, へあいさつ, へいった, へは, ほど智才秀, より猿飛, をば西尾仁左衛門, を人質, を勧誘, を回顧, を斬らん

▼ 幸ちやん~ (84, 1.6%)

6 の顔 5 はその 3 の眼 2 と云, の声, はそれ, は客, は急い, は笑

1 [58件] がお, がゐ, が中, が出前, が手, が折角, が眼, が笑ひだ, だ, とお, と並ん, に手, に顔, の前, の口真似, の意識, の方, の首, はあんなに, はかう, はさう聞き直し, はそれから, はそれでも, はどうして, はなんだか, はびつくり, はふと, はもぢ, はやつ, はナマ, は一緒, は不作法, は会社員, は何, は例, は半分, は口元, は夢中, は娘, は学生, は思, は振り返つた, は敷居, は料理, は暖簾, は椅子, は矢鱈, は立ちあが, は肩, は行儀, は見付, は誰, は返事, は順番, は首, もきまり, もその後, を中心

▼ 幸不幸~ (84, 1.6%)

3 がある 2 にし, の差

1 [77件] あるには, があった, がない, が岐, が此那葉書一枚, が生ずる, であるの, でだけ, では, というもの, という事, といふ言葉, とは何, とも申されぬ, と直接関係, などと云う, など初め, なんぞはみ, なんて当て, な出来事, にか, にかかわる, についてこの, についても深く, について噂, になる, に影響, に拘わらず, に関する限り, のもっと, の万般, の分れ, の分れ目, の区別, の原因, の問題, の大, の懸隔, の甚, の種, の範囲, はあたし一人責任, はいつも, はただ, はふせげない, はもののうら, は主観, は他, は何処, は全く, は共存, は別, は天命, は実に, は性格, は敢えて, は神様, は私, もその, もわからない, や天気模様, をあたかも, をたった, をわかつ, を一切度外視, を勘定, を問はず確か, を天, を定める, を強く, を決する, を決定, を無視, を経験, を考定, を背負っ, を雙忘

▼ 幸山船長~ (70, 1.4%)

4

2 [33件] からじかに, がカンテラ, が後者, が船, ですよ, とし, と語りあかした, にとってはぞうさ, には息子, にめぐり会った, の一日, の乗った, の交換条件, の妻, の話, はしゃがれ, はふと, はむかし, は云った, は凭れ, は十七号船, は口, は喉, は徽章, は東湾汽船, は欠伸, は笑った, は考えぶ, は舵輪, は船長, は黙った, も頑強, を訪ね

▼ 幸兵衛~ (60, 1.2%)

2 だ, なるもの, に挨拶, は言った, や平助

1 [50件] から息子幸吉, が交際, が多, そっくりだ, で甚, という筆紙商, と八百蔵, と半蔵, と来, などのよう, なる律儀者, に, に仲裁, に御, に頼まれ, のこと, の一家, の出語, の変心, の女房, の家, の弟子庄太郎, の見, の言葉, は, はあわただしく, はその, はどうも, はまた, は人質, は呟いた, は壁, は壁塗り, は実は, は帳付, は明日, は股五郎, へ用命, へ移し下げ, までやけ半分, もしびれ, もそれから, も平助, も庄屋, も手さげ, も長い, をし, を口説き落し, を観た, 思わず大声

▼ 幸~ (55, 1.1%)

5 の舞 2 の様, の流, の舞太夫, 舞の

1 [42件] が分化, が割り込ん, だが, で戦記物, とも言うた, などではし, などと同, などを招い, には昔, にも伝つて, に似た, に関した, の, のうち, のふたり, の一派, の女舞, の女舞太夫, の形, の影響, の種々, は今, は社寺, ぶしなどで, も亦, や梅若, を経, を舞った, 丸が, 丸を, 先生でございました, 八郎九郎太夫が, 八郎様と, 同様に, 大夫でも, 太夫の, 舞, 舞え, 舞で, 詞曲に, 足ずりに, 足ぶみに

▼ 幸右衞門~ (52, 1.0%)

13 の家 2 と義弟, の娘

1 [35件] がしよんぼり, が注意, が百姓風, が言, が貧乏浪人, でございます, に押入つた, の二階窓, の伜圓次郎, の弟, の憤激, の豪勢, はさ, はまた, はまだ, はもと鳥越, は五十八, は今, は仕, は佐野喜, は來, は内儀, は口, は幾度, は恥, は板敷, は燃え上がる, は相手, は窓, は自分, は長い, へは三年前, や内儀, を遠く, を顧みました

▼ 幸~ (40, 0.8%)

3 はしきりに 2 が声, はじ

1 [33件] がぢ, がわざと, が向き, が学校, が後, が笑, が追, が餌, だつたらす, だよ, とねえ財産, と呼んだ, と私, のうち, の着物, の黒猫, はかはいさ, はさ, はふしぎ, はぶつ, はほんとに, はぼんやり, はま, はをん, は一, は二三日, は又, は大きな, は大急ぎ, は立どまつ, は竹, は胸, は黒猫

▼ 幸なき~ (38, 0.7%)

2 人の, 者の

1 [34件] ことよ, さまにて, さまを, にもあらず, により, ものよ, もの二ツあり, イカーロが, サベルロと, ピーケを, 事ども, 人をば, 人間の, 僞善者の, 報の, 大溪, 女主よ, 女等を, 後求め, 從者等よ, 斬りくだかれし魂, 柴木の, 状に, 神なき, 神を, 群に, 者のは, 者は, 者を, 者等を, 者苦しむ, 雙手の, 頭顱を, 魂を

▼ 幸~ (37, 0.7%)

2 のゆめ

1 [35件] がこと, という三番目, という男, とそして, と上, と下女, と申す, どんから, どんの, ならば, には庭男幸助, のこと, の墓みな, の外, の帰りこぬ, の離屋, は芥溜, もど, もまち, らしい觀察, をいかに, をこつち, を中, を引, を縛つて, ッ, ッむろん, 一人ぢや, 一人を, 七歳の, 五六歳の, 十二歳の, 殿御から, 海に, 鍬を

▼ 幸~ (36, 0.7%)

13 あつた 3 あらう, ましし時

1 [17件] あつたの, こんなに沢山, すら若く, せう, まさね, まさむとす, ましし間, ますに, ませる故, 世帯整理も, 命を, 大事の, 御座ります, 拙者は, 演じた, 野生の, 飲んで

▼ 幸~ (35, 0.7%)

4 不幸も 3 時子も 2 希望も

1 [26件] あらんかとて, あるらむ, いよよ重ねむ, おのが, かぎり知らえず, し益, ずるそう, ただならぬ愛妃, はじめて安心, また一日, わざは, 仕方が, 傍から, 十七の, 彼の, 得意な, 最初は, 気だての, 福助も, 美しい女形, 自分の, 薄々知っ, 衰えぎみ, 賑やかに, 跡なくなりぬ, 重荷と

▼ 幸~ (33, 0.6%)

2

1 [31件] あつて, あの古典的, あまりに極端, ある, あるという, おりますから, ちょっと眼, どなった, ふだんの, よほど莫大, 上席に, 世話物で, 中村家の, 今吾, 出入りし, 十字形に, 厚うなれ, 号令を, 合邦が, 夕方から, 戒しめる, 手燭を, 注進した, 生れた, 私の, 米子に, 約束せられ, 自分の, 茶店を, 贖罪を, 通ひで夜遅く

▼ 幸ひで~ (30, 0.6%)

10 あつた 8 ある 2 あらう, あると 1 あります, あること, あるといふ, あるとも, あるばかり, ございます, した, ない

▼ 幸~ (28, 0.5%)

2 は繰り返し

1 [26件] から委細, から相当, がその, が付い, が船, が重い, が駈け込んだ, と小僧, と申します, による日本人, に命じ, のこと, の名, の發行, の眼, の苦心, はお, はすぐ, はやや, は店, は駕籠, も今度, を別間, を奥, を表, を連れ

▼ 幸~ (27, 0.5%)

3 と思っ 2 と思います, と思った, と思つて

1 [18件] かお, からという, から此堤防, か不幸, ここ二三日遅れたら, つた道に, つてなよ, で君, という事, とお, との願, とまじめ, と思う, と思はれました, と思ふ, と行く, と言つて, と言わっし

▼ 幸さん~ (25, 0.5%)

1 [25件] お早う, が紐, が表, ご馳走様, じゃア, だ我, では, という男, といひた, とこの, とは壺, とは食堂, どう, などを連れなく, にはやはり, に連れられ, のところ, はお, はショウル, は人, は女, も亡くなりました, も寝, も来れ, や安

▼ 幸若舞~ (25, 0.5%)

3 ひの 2 であつ

1 [20件] が与つ, でもあつ, なと田楽舞, などによつ, などの影響, などは武家, には武張つたもの, に系統, の事, の女舞, の家元, の最, の詞, は千秋万歳, も曲舞, も有名, よりも低く, をはじめる, を織りまぜ, を舞う

▼ 幸ある~ (24, 0.5%)

2 この世と, もの, 友よ

1 [18件] さ蠅, とを言, ものふたつあり, ようにと, を喜び, ベルナルドオなり, 人々よ, 人と, 人となり給へ, 園の, 園喜びとわに, 夜を, 日ぞ, 時も, 渓谷を, 表現力を, 霊の, 靈よ

▼ 幸あれ~ (24, 0.5%)

3 かしと 2 かし, と, よ

1 [15件] か, といひゐたる, と仰有った, と彼, と望む, と祈っ, と祈つた, と祈る, と餅屋, マリア恩惠滿つ, ルカ一・二八に, 冀くは三世, 坊っちゃん, 幸あれ, 彼女の

▼ 幸なる~ (24, 0.5%)

2 事には, 哉である

1 [20件] かな, かな大, かな妾, かな書生君, かな竜, か知らず, ことを, べかりし, 人となり得る, 哉, 哉まだ, 哉わが, 哉今度米国に, 哉君の, 哉法華経の, 哉石, 小野さんは, 所以なり, 日曜だつた, 民に

▼ 幸ひと~ (24, 0.5%)

4 して 2 同時に及第

1 [18件] いつた有, いふの, いふべきか, この生活, しなければ, すべきか, その死に場所, はした, も申, 其の時, 大きな声, 猶女郎, 申しては, 申しませうか, 立寄り先づ酒, 致しませんでした, 花園町に, 駈るゼーロン

▼ 幸ひなこと~ (21, 0.4%)

2 にこの

1 [19件] にその, には, にははるか, には多田院別當英堂和尚, には本社, には私, にまだ, にわたし, に其愚, に子供, に家, に彼, に母, に砂みち, に私, に西洋, に遊び, に震災, は他

▼ 幸~ (21, 0.4%)

32

1 [16件] がある, が口述, が活字字母製法, が然, が講述, が電胎法, であり幸民, と嘉平, の著述例, の記述, は特に, は直ちに, は裕軒, は醫者, は鉛, や木村嘉平

▼ 幸ひだ~ (20, 0.4%)

2 が, つた, つたが

1 [14件] からです, から何ん, から斯く, この桶, つたん, といふこと, として, ともかく走, と思つてちよ, と思ひます, と更にもう, と老, よ, 止めよう

▼ 幸~ (20, 0.4%)

1 [20件] ありとは, が詠じた, であった, であろうはず, です, とも熟談, と会っ, と安土, と志, と黒田官兵衛, の不撓不屈, の生涯, の百ヵ日, の進退, の部下, は三十九歳, は兵, は降, を向けた, を遣る

▼ 幸之進~ (18, 0.4%)

1 [18件] から聽, といふ人, とか言, に取, に疑ひ, の外, の家, の熱意, の父親麻井, の顏色, はあわて, は兩刀, は前後, は改めて, は死骸, は深々, は矢, は自分

▼ 幸伯父~ (16, 0.3%)

2 はかなり金

1 [14件] から手紙, が死ぬ, だ, の家, の過去, はおれたち, はそちら, はねまさかの, は兄貴, は玄関, は葬儀屋, は養老院行き, らしいな, を憎んでる

▼ 幸~ (14, 0.3%)

1 [14件] あるいは多く, てゐる, て中途, て主観, て彼等, て後, て親祭, 一夜で, 七聖殿に, 囚繋を, 大蛇道に, 猪狩りを, 稲葉河上に, 給ふ

▼ 幸あり~ (13, 0.3%)

2 といはん

1 [11件] げなる, こは, て, ていさ, て大木, て御, て成し遂げ, て鶯, と, とはいふべからざる, や

▼ 幸三郎~ (13, 0.3%)

1 [13件] がお, が乗り, が便所, が見えない, と由兵衞, の仕業, の言, はひどく, はリゴレツト, は一概に, は疊, も由兵衞, やア

▼ 幸~ (13, 0.3%)

1 [13件] が無事, という売卜者, という奴, の奴, の死, はきのう, はその, はそれ, はひとり者, は一旦, は五十二三, は台所, は独り者

▼ 幸衛門~ (13, 0.3%)

1 [13件] から女房, が突然, にお, にもお, に渡し, の叔父さん歳, の手, の発句, の顔, は多分, は酒一口, も怪しみたれ, を初め

▼ 幸である~ (12, 0.2%)

2 かも知れない 1 かいや, かどう, かはた, かも知れぬ, と, と各, と存じます, と思, と思った, 者よ

▼ 幸~ (12, 0.2%)

1 [12件] あのね, さうなの, しばし, そなた, そのもろ, 不幸や, 孕むと, 宗十郎などが, 富江や, 小娘が, 時子や, 秋

▼ 幸多き~ (12, 0.2%)

1 [12件] かのおん側, さまを, といへ, カラロガあり, 中にも, 友の, 女等よ, 年の, 旅を, 日々を, 群の, 魂等は

▼ 幸~ (12, 0.2%)

1 [12件] からもらつた, がうる, がずけずけ, が女中, に事情, に前借り, に宛て, の別宅, の勉強ぶり, の印象, の隠し妻, は胸

▼ 幸でまし~ (11, 0.2%)

1 [11件] て一夜, て三重, て吉備, て奴理能美, て山河, て悉, て熊野, て石, て紀, て走水, て阿

▼ 幸という~ (11, 0.2%)

1 [11件] お座敷天ぷら屋を, ことなどを, その息子, のが, ものだ, もので, わけであった, 人の, 名の, 洋服屋が, 青年俳優は

▼ 幸なく~ (11, 0.2%)

3 世に 1 て幸, も, も事行, も逃, 別れし者, 我等を, 生れし民, 織りたる織物

▼ 幸なり~ (11, 0.2%)

1 [11件] うらがなしき, けれ, けん, しならん, しよし我ら, しよと, つてね, めでたしめでたし又, 宜願, 幸なり, 恩幸なり

▼ 幸ひま~ (10, 0.2%)

2 だ檢屍前, だ誰 1 だポケツト, だ命, だ息, だ時候, だ檢死, だ永代橋

▼ 幸左衛門~ (10, 0.2%)

1 が異国, が通訳, とがはいっ, は微笑, は笑っ, は答えた, は軽く, へ何やら, へ向かっ, も立った

▼ 幸から~ (9, 0.2%)

2 生ずる永久 1 不幸への, 密と, 山城守へ, 献上物とナ, 知らせて, 聞かされて, 途法も

▼ 幸その~ (9, 0.2%)

1 侍の, 名刺を, 夜うちには, 時開会を, 歴史が, 泰さんと, 眼の, 視線に, 講義を

▼ 幸ちや~ (9, 0.2%)

3 んお 1 ん, んお客さん, んぢ, んどう, ん幸ちや, ん酒

▼ 幸であった~ (9, 0.2%)

2 のだ 1 かもしれない, かも知れない, が実, ことには, のである, のでしょう, のです

▼ 幸山幸~ (9, 0.2%)

3 の段 1 と浦島, にはめぐまれ, の一段, の物語, の神話, の話

▼ 幸として~ (8, 0.2%)

2 堤防を 1 お由羅, 兄は, 平和を, 昌景一気に, 私を, 見せん

▼ 幸とも~ (8, 0.2%)

3 不幸とも 2 いうべきは 1 言うべき日本, 言える, 言ふべき

▼ 幸~ (8, 0.2%)

1 や潟, 善こそ, 国, 国だ, 国に, 國我言靈の, 言霊の, 言靈の

▼ 幸~ (8, 0.2%)

1 られて, 下命させね, 出かけて, 向って, 帰って, 廻れば, 立ち寄つた, 行つた日散歩の

▼ 幸した~ (7, 0.1%)

2 のである 1 か知れない, のだった, まふ, わけである, 許りでなく

▼ 幸する~ (7, 0.1%)

1 が第, ところが, と思う, に若かず, もので, や否や, を以てするあり

▼ 幸でます~ (7, 0.1%)

6 時に 1 と聞きつ

▼ 幸なら~ (7, 0.1%)

2 んかを 1 しむることの, め, めと, ん, んと

▼ 幸ふと~ (7, 0.1%)

6 言ふ 1 言つたのと

▼ 幸をば~ (7, 0.1%)

3 喜び舞い 1 何故に, 喜び躍り, 喜んで, 歓び躍り

▼ 幸~ (7, 0.1%)

1 に於, に陣取っ, へ, へ行き, へ行く, も午前十時ごろ, や山王ホテル

▼ 幸~ (7, 0.1%)

2 はそれ 1 の変人, の娘, の理性, の裡, も往く

▼ 幸~ (6, 0.1%)

2 ほかり 1 はせ羽, 君さんは, 帰りだ, 敏さんに

▼ 幸くあれ~ (6, 0.1%)

42 ど大宮人

▼ 幸内さん~ (6, 0.1%)

1 では, とお嬢様, のほか, の言う, はそんなに, よくおいで

▼ 幸多かれ~ (6, 0.1%)

2 と祷れるなりき 1 と祈, と祈った, オヽ神よ, 願はく

▼ 幸だった~ (5, 0.1%)

1 といわなけれ, と思う様, のは, もしそれ, 訳で

▼ 幸~ (5, 0.1%)

1 の停留場, の巽位, の持地面, の条, を流し

▼ 幸~ (5, 0.1%)

1 がより, なる語, の, の事, は大物主神

▼ 幸麿~ (5, 0.1%)

1 の口吻, の言葉, は不思議, は少し, も見えません

▼ 幸ありし~ (4, 0.1%)

1 にもあらず, よわれ, 山あり, 日を

▼ 幸~ (4, 0.1%)

1 あらむ, ありとに, 在れて, 坐せと

▼ 幸この~ (4, 0.1%)

1 あたりは, 教訓は, 芋, 頃は

▼ 幸それ~ (4, 0.1%)

1 で煮, と共に彼, には好適, は狙い

▼ 幸であったろう~ (4, 0.1%)

1 か死んだ, か生き, というの, と今

▼ 幸です~ (4, 0.1%)

1 か如何, が, ね, 一つの

▼ 幸なれ~ (4, 0.1%)

1 さらば直ちに, と急調, 大王もさこそ, 断然暇

▼ 幸には~ (4, 0.1%)

1 きわめて乏しい, たとへ, なれないの, 幕府は

▼ 幸ひだつた~ (4, 0.1%)

1 かも知れない, から明日, とお母さま, と思ふ

▼ 幸ひなる~ (4, 0.1%)

21 かな, 哉この

▼ 幸~ (4, 0.1%)

1 は, は行動中風邪一つ病, は黙っ, も体

▼ 幸医学士~ (4, 0.1%)

2 がこの, のやう

▼ 幸十郎~ (4, 0.1%)

1 といふ一番年長, は後, は最, は訴え出まし

▼ 幸彼女~ (4, 0.1%)

2 が現れた, は飢ゑたやうにがつがつと歯

▼ 幸あらん~ (3, 0.1%)

2 夜をこそ 1 ことを

▼ 幸ここ~ (3, 0.1%)

2 に竹杖 1 に功名手がら

▼ 幸さき~ (3, 0.1%)

1 がよい, を祝福, 良しと

▼ 幸そこ~ (3, 0.1%)

1 の空地, の窓, はめまい

▼ 幸~ (3, 0.1%)

1 や, やから, や我輩一つ媒酌人

▼ 幸であり~ (3, 0.1%)

1 又一面不幸, 天爵であり, 教を

▼ 幸とを~ (3, 0.1%)

1 併せ享, 探るため, 祈って

▼ 幸なりと~ (3, 0.1%)

1 いふべし, 想ひ, 書いて

▼ 幸ひし~ (3, 0.1%)

1 てゐた, てゐる, て一日

▼ 幸ひす~ (3, 0.1%)

1 とは何, と云, 一村の

▼ 幸ひな事~ (3, 0.1%)

1 にちび, には其時他, はない

▼ 幸をも~ (3, 0.1%)

1 不為合をも, 人誤り見, 支配する

▼ 幸七さん~ (3, 0.1%)

1 が昨夜, もす, もよく

▼ 幸七夫婦~ (3, 0.1%)

1 に別れ, の太平無事, は處刑

▼ 幸不幸運不運~ (3, 0.1%)

1 のわかれ目, の大きな, を考えた

▼ 幸~ (3, 0.1%)

1 介の, 介一条心に, 介様で

▼ 幸之進樣~ (3, 0.1%)

1 か知ら, でせう, にお

▼ 幸~ (3, 0.1%)

1 は酒井家, 思い出したが, 思ひ出したが

▼ 幸多い~ (3, 0.1%)

1 ことに, 人の, 詩人の

▼ 幸多から~ (3, 0.1%)

1 しめよ涙, しめよ神, んこと

▼ 幸多し~ (3, 0.1%)

1 とはいい, と云, 神寵厚し

▼ 幸徳井家~ (3, 0.1%)

1 が京都, でそれ, は奈良

▼ 幸徳井氏~ (3, 0.1%)

1 が吉備大臣, が奈良, は後

▼ 幸~ (3, 0.1%)

1 の方, の見附, を経

▼ 幸橋外~ (3, 0.1%)

2 の有馬邸 1 に一カ所

▼ 幸~ (3, 0.1%)

2 がある 1 が後裔真田一徳斎

▼ 幸薄く~ (3, 0.1%)

2 五郎兵衛に 1 暮さるるか

▼ 幸豐公~ (3, 0.1%)

1 に參ら, の活眼, 御顏

▼ 幸うすき~ (2, 0.0%)

1 やもめ人, 身は

▼ 幸うすく~ (2, 0.0%)

1 と考える, わが追われたる

▼ 幸かも~ (2, 0.0%)

1 しれなかった, しれなかつた

▼ 幸くいませ~ (2, 0.0%)

2 と祷みまつる

▼ 幸され~ (2, 0.0%)

1 ていた, て時間

▼ 幸だけ~ (2, 0.0%)

1 では, で他

▼ 幸では~ (2, 0.0%)

1 あるまいか, 芥川は

▼ 幸でまししか~ (2, 0.0%)

1 ば吉野河, ば尾

▼ 幸とは~ (2, 0.0%)

1 いたくわが, せむ

▼ 幸なき弱~ (2, 0.0%)

1 れる人々, れる兄弟等

▼ 幸ならず~ (2, 0.0%)

1 と云はん, と云はん乎

▼ 幸にけ~ (2, 0.0%)

1 ふの, ふは

▼ 幸にて~ (2, 0.0%)

1 今も, 戦争の

▼ 幸にのみ~ (2, 0.0%)

1 心をと, 活きて

▼ 幸ひと二人~ (2, 0.0%)

2 の問題

▼ 幸ひと口もと~ (2, 0.0%)

2 にはかなき

▼ 幸ひなん~ (2, 0.0%)

1 だね, だらう

▼ 幸ぼう~ (2, 0.0%)

1 じゃね, は犯人

▼ 幸わたし~ (2, 0.0%)

1 は台所, は唖

▼ 幸ニ諸君~ (2, 0.0%)

1 の御船ハ, の無異

▼ 幸~ (2, 0.0%)

1 ではなく, と申す

▼ 幸不幸それ~ (2, 0.0%)

1 ははかりしれない, は一様

▼ 幸~ (2, 0.0%)

1 からの書面, から近く

▼ 幸~ (2, 0.0%)

1 の腹痛, の通り手紙

▼ 幸兵衛平助~ (2, 0.0%)

1 の二人, 共に半蔵

▼ 幸右衞門どん~ (2, 0.0%)

1 の伜, の母様

▼ 幸坊さん~ (2, 0.0%)

1 ですか, ね

▼ 幸~ (2, 0.0%)

1 かりしこと, 計代の

▼ 幸太夫~ (2, 0.0%)

1 が露西亜, に継い

▼ 幸~ (2, 0.0%)

1 がその, の顔

▼ 幸山さん~ (2, 0.0%)

2 は船

▼ 幸左衞門~ (2, 0.0%)

1 という名主様, の家

▼ 幸~ (2, 0.0%)

1 一家の, 様子も

▼ 幸~ (2, 0.0%)

1 が, 強く

▼ 幸~ (2, 0.0%)

1 へ, へて用

▼ 幸~ (2, 0.0%)

2 福なる

▼ 幸~ (2, 0.0%)

1 旧日, 旨令與不空驗優劣他日會干便殿思遠持如意向之

▼ 幸橋御門~ (2, 0.0%)

1 まで焼けた, を出る

▼ 幸殿~ (2, 0.0%)

1 は我が, も年頃

▼ 幸民ら~ (2, 0.0%)

1 のそれ, の時代

▼ 幸民先生~ (2, 0.0%)

1 の, は松木

▼ 幸無く~ (2, 0.0%)

1 て必ず, も又

▼ 幸~ (2, 0.0%)

1 からうけついだ, の一言二言

▼ 幸至福~ (2, 0.0%)

1 の境, の境涯

▼ 幸若舞系統~ (2, 0.0%)

1 から出た, なること

▼ 幸~ (2, 0.0%)

1 と申します, の浮織

▼ 幸蔵主殿~ (2, 0.0%)

1 が太閤殿下, は太閤殿下

▼ 幸~ (2, 0.0%)

1 す時, を見

▼ 幸豐君~ (2, 0.0%)

1 は杢, 御手

▼ 幸~ (2, 0.0%)

1 の伯父, の子

▼ 幸阿弥陀仏~ (2, 0.0%)

1 に預け, の処

▼ 幸魂奇魂~ (2, 0.0%)

1 なり, の神さま

▼ 幸魂奇魂術魂~ (2, 0.0%)

1 の神, 之神也

▼1* [432件]

あさかの方, 幸あそばされて今日, 幸あなたの云い, 幸あらずや, 幸ありける貫一が, 幸あれかしと祈る, 幸あんな奴死んだ, 幸いわしもにしん, 幸うじて存立, 幸うちの極, 幸うの心なしこれ, 幸だア, 幸おのが心事, 幸お婆さんは就寝, 幸かねて御, 幸かれと夜天, 幸きのうはいく分, 幸くあらば, 幸こりゃあ夫婦の, 幸これに過ぎず, 幸こんどの協力會議, 幸いろいろ世話, 幸さん心配すること, 幸さん絃をお願い, 幸さん道楽の方, 幸しき月日は夢, 幸じゃないか, 幸じんです, 幸その中, 幸すっかり掻浚って, 幸身を, 幸ただならぬものが, 幸だつたが, 幸だらうよ, 幸だ押掛けて行つて, 幸だ見て行こう, 幸多過ぎる, 幸ちゃんお前さん上がらないの, 幸ちゃんぼくがいま, 幸ちゃん今日はどうか, 幸ちゃん冬子さんはもう, 幸ついと丑松は, 幸であって児供, 幸であろうとなした, 幸でしたね, 幸でない運命を, 幸でましぬと聞こしめし, 幸でも不幸でも, 幸といふのは, 幸とか浅倉屋とか, 幸としては痛い釘, 幸との対立の, 幸とや云わん不幸, 幸とりどりである, 幸どんまだお茶, 幸なかりけり高知ほとり, 幸などというものは, 幸なども時代が, 幸ならしむる望みなき, 幸ならぬは無, 幸ならんため生れ, 幸なりきといひぬ, 幸なりとか色即是空とか, 幸なりなどというて, 幸にからッきし素人だ, 幸にとって肉欲の, 幸になづさひて, 幸にもかの大火災, 幸にもとはいえないが, 幸のみはやく啄み去る, 幸のみにあらざるなり, 幸はじつと台所, 幸ひあったので出かける, 幸ひあれよ, 幸ひかういふやうな, 幸ひかうして留守番, 幸ひご臨席各位のご, 幸ひした事柄でも, 幸ひじやない, 幸ひするものと, 幸ひせられた恵まれた人達だけが, 幸ひそれつきりで, 幸ひたつてといふお話, 幸ひだつた彼はう, 幸ひだ八の修業, 幸ひっそりとした, 幸ひでしたが困つた, 幸ひですが手元不如意, 幸ひで眇目にならず, 幸ひとそれを私, 幸ひと一人先に金清楼, 幸ひと今迄この, 幸ひと十五分の出勤も省略, 幸ひと心めでたく今日, 幸ひと懐中に手, 幸ひと沢の日蔭, 幸ひと言つては變, 幸ひと雨は晴れ, 幸ひな一例をこ, 幸ひひた流しに涙, 幸ひも斯くの, 幸ひよりも寧ろ, 幸ひゐざりの申松, 幸ひ亡くなつた主人の, 幸ひ出した雜誌並に, 幸ひ助かりましたよ傷, 幸ひ助けられた今とな, 幸ひ取次ぎが出, 幸ひ孫右衞門の發作, 幸ひ抱き留めて下されました, 幸ひ持ちし割子を, 幸ひ案じた程で, 幸ひ殺されたのが, 幸ひ湧きむらが, 幸ひ溺れ死ぬのは, 幸ひ濡れても居りません, 幸ひ焼け残つた東京の, 幸ひ見ない振りで, 幸ひ賣りに出, 幸ひ逃げてしまはう, 幸ひ開けたま, 幸またいよ, 幸まだ旧藩以来の, 幸もって居ります, 幸ものになる, 幸やすみうちで, 幸ゆくすゑ, 幸よい所で, 幸よくお歸, 幸よほど張りこんで, 幸より三つ歳下の, 幸よりと記しそ, 幸よりも尊んで, 幸うわが国, 幸わいのこころもち, 幸わくはこれ, 幸をのみ求め帝王, 幸アントーシャにはまだ, 幸大シタ妨害モナク到着, 幸イニシテソノ麻痺状態ニ置カレテイタ期間ハモノノ二三十分ニ過ギズ, 幸イニシテレスリーニハ何ノ被害モ受ケナカッタラシイ, 幸イニシテ癌デハナカッタガ頸骨ノ六番目ト七番目ガ変形シテイルト云ウ, 幸イニモ常態ニ戻ッテイタ, 幸イニ一時快方ニ向ッテイタノダガ, 幸イニ呉イマダ兵ヲ起サズ, 幸イニ息子ガヨクッテ孝道シテクレ又娘ガヨクツカエテ, 幸イニ照覧ヲ垂レ, 幸イニ病魔ノ退散, 幸カ不幸カ彼女ヲ熱愛シテイル, 幸スケのよう, 幸スル所以ノモノハ即チ吾徒ニ禍スル者ト謂フモ, 幸トランクの男, 幸ナイフが小さい, 幸やつがれ, 幸ニ吾常勝軍ニ従フニ依ツテ徒ニ行李, 幸ニ太郎兄が帰長, 幸ニ如何アルベシナド思イイツシカ歳月ノ流, 幸ニ黒田了介殿御出ニ候得共今少し御, 幸ハ中學教育ニ英語ヲ課シ來レル慣習, 幸バイエルのアスピリン, 幸ロオレンス先生は我々, 幸施シ給ヒ愛宕, 幸一度挨拶に来, 幸一月や二月位, 幸一番安全そうな時間, 幸一身に集まり, 幸七ぢやねえか, 幸七はさう言つて, 幸七出方の藤吉, 幸七小僧とそれ, 幸七瀬が入り込んだ, 幸七自身が説明, 幸七郎の両人, 幸三十四度の温湯, 幸三造はいない, 幸三郎さんといふの, 幸三郎幾松親子の口, 幸三郎由兵衞も上る, 幸不幸なにがその, 幸不幸如何なりやなど, 幸不幸肉親の愛憎, 幸不幸苦痛などを判断, 幸不幸誰の運命, 幸不運に関係, 幸不過之候, 幸丑之助は六代目菊五郎, 幸とか云, 幸之進命を投げ出し, 幸乱作ではない, 幸です, 幸二人とも恰度先夜, 幸二条蔵人には子, 幸二階は日光, 幸五郎殿御苦労さまで, 幸今に涼しくなる, 幸今夜はこの, 幸今度は塾主, 幸今日の日本, 幸今日角造さんに聞く, 幸介眞家の眞家源左衛門, 幸仕事が出来, 幸に求むべく, 幸以前暗号については一寸, 幸は何, 幸住むと人, 幸も丈夫, 幸か書い, 幸何ごともなし, 幸何ぞよくこれに, 幸何となく一徹らしい, 幸便宜的な社交性, 幸停車して, 幸健康も確, 幸第には, 幸にハイシャ, 幸八らとも顔馴染, 幸八ト云者蒸汽船雛型持出シ御馬場ニ於テ, 幸八ト申者此節致出府居候ニ付屋舖エ呼寄爲見繕申度出來之上於内海致爲乘樣, 幸八小野政吉岡田孝吾谷元八栗原宰次郎その下流, 幸兵衛あとで大, 幸兵衛方の棟上げ, 幸兵衛父子は軽く, 幸兵衛筆幸というその, 幸兵衛贄川の平助, 幸兵衛閑居のくだり, 幸兵衞のもでる, 幸其後に跟, 幸内岸松太郎林彦三郎の三人, 幸出世前の役, 幸助いずれにか逃げ亡, 幸助さまにご, 幸助布川孫平大村和吉郎蔵原惟郭三宅雄二郎丹羽清次郎江原素六富田鉄之助西原清東飯田宏作山田吉郎兵衛松村介石の二十名, 幸助方ニて御, 幸助殿はかしこ, 幸助殿今無事ならば, 幸助網を手, 幸助馬上にて士六拾人計り, 幸十一時頃から出かける, 幸十時頃より黄檗, 幸十月の始, 幸千鶴子にも伝わった, 幸博士が未だ, 幸即ち神, 幸去年の暗闇祭, 幸右衞門さんのところ, 幸右衞門ぢや無し, 幸右衞門夫婦に詫, 幸右衞門左は川岸, 幸右衞門樣のお, 幸右衞門親方だけはひどく, 幸吉右衛門松助菊五郎などという顔ぶれ, 幸同じ下宿に, 幸同行清川安策の父玄道, 幸向側の景色, 幸にあらん, 幸咲枝はああ, 幸坊ちやんのまね, 幸坊のをん, 幸坊やたのみですよ, 幸坊やお前さんどうぞ早く, 幸坊幸坊と呼んだ, 幸堯等は幸村, 幸じめ, 幸へ出, 幸多かるもこの, 幸ということ, 幸大事なこと, 幸大分わかって, 幸大木へ上り隠し, 幸大西屋さんはそれ, 幸女子が何, 幸宗十郎宗之助松助等の帝劇専属俳優, 幸富豪には子供, 幸寿司で何, 幸将丹竈君家術理取嫦娥病裏顔, 幸将齢七十枌楡猶且路三千, 幸小さな魔法壜は, 幸小家の主人, 幸少量であつ, 幸と言う, 幸尾さんの所, 幸山の幸にも恵まれ, 幸山君山千秋庵白雲房あたりの名, 幸山城とも後に, 幸山幸物語との類似點, 幸崖下の井戸, 幸とかいう家, 幸左衞門さんとが来る, 幸左衞門原丹治もお, 幸之丞, 幸師匠はマア寄席, 幸師景などみな武装, 幸常久に盡, 幸を与えず, 幸未だ壮, 幸に蕪村句集, 幸には庵, 幸庵さんを頼ん, 幸の浅黒い, 幸待たなむなど, 幸従来の地, 幸從つて多く彼等, 幸徳井の同流, 幸性格的に自分, 幸怪我もなかっ, 幸ふ, 幸に値い, 幸招いて会食, 幸斎さんはそれ, 幸斎先生は大層, 幸新福亭に立寄り, 幸早くもあの, 幸時子茂子米子と市子, 幸なども皆, 幸木系統の飾り物, 幸材料は集め得る, 幸村大阪に入城, 幸村是非にと云うた, 幸村自ら殿軍となり, 幸村茶臼山に陣, 幸東京に生れた, 幸柏軒の病家, 幸楽等が彼等, 幸楽軒の請負経営, 幸楽館という円宿ホテル, 幸を得なかつた, 幸の幹, 幸橋御門内の邸, 幸橋町に居つた, 幸を得よ, 幸欄干に手, 幸次に一杯, 幸此近くに有名, 幸死なずに治れた, 幸氏以下其射手たりと云々, 幸民始て寫眞鏡用法, 幸民富二らの日本活字創成, 幸民氏が創め, 幸の幸, 幸江戸俗曲の音楽, 幸河野が村, 幸油御用の一件, 幸油御用下命の吉報, 幸洗濯ものをいたし, 幸の小鼓打, 幸の幸, 幸海外にいた, 幸かりき, 幸満谷が今度, 幸為同門友一朝接清規, 幸無事に降りる, 幸焼け折れたものだ, 幸も始め, 幸と呪詞, 幸特に上帝, 幸生きることの, 幸田の面を見上げ, 幸町一丁目の桜川, 幸町通りの写真, 幸病気は良い, 幸白揚社があの, 幸相手はあなた, 幸は光っ, 幸短刀といい, 幸空中村の住民, 幸立ち帰らんと致し, 幸竜寺万祷寺知光院などとやたら, 幸筆屋幸兵衛へ移し下げ, 幸策警部は新聞社, 幸組合わせうまく造られ, 幸満村黄葉来, 幸羽左衛門の, 幸に頼み王使, 幸工法が, 幸自分は思いきれる, 幸自身にもない, 幸至るは自然, 幸至栄なるを, 幸の中, 幸若から逆推し, 幸若その他種々の遊芸人, 幸若八郎と云う, 幸若太夫が, 幸若流の詞曲, 幸若秀平に舞, 幸若舞曲風の要素, 幸若観世太夫と順々, 幸若風にし, 幸も洋食, 幸をふる, 幸蔵主ではござりませぬ, 幸薄しとて呟く, 幸藁屋の小さな, 幸藏一同と右宿寺戸田村寶泉寺, 幸藤井氏は物言, 幸が居りません, 幸衛門さんに今, 幸衛門腕こまぬき茫然, 幸裁縫が上手, 幸親分にちょっと, 幸言伝けはない, 幸言訳かたがた親兄の心, 幸言訳旁親兄の心, 幸もいない, 幸をいふ, 幸豐公齡わづか, 幸貴様のを聞きましょう, 幸買取って手入れ, 幸之至り, 幸よりこと伝, 幸近くには偃松, 幸さむ, 幸疎放身, 幸道場の坊主, 幸部落の往来, 幸の上, 幸にまぎれ, 幸闇夜にて人通, 幸阿弥風に, 幸限りあらざりしを, 幸隙人に御, 幸はそこ, 幸があった, 幸震岳がかしら, 幸に新宿, 幸はとおり, 幸風呂にはちょいちょい, 幸風邪もひきません, 幸高楠先生関係の本, 幸高麗蔵宗十郎宗之助松助鴈治郎にて見物席, 幸魂術魂の五, 幸麿さんを介し