青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「往~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~彼ら 彼ら~ ~彼女 彼女~ 彼奴~ ~彼方 彼方~ ~彼等 彼等~ ~往
往~
往々~ ~往く 往く~ 往復~ ~往来 往来~ 征服~ 待~ ~待ち 待ち~

「往~」 3761, 41ppm, 2858位

▼ 往って~ (1815, 48.3%)

47 しまった, みると 36 見ると 28 いた 21 みた 12 いて 11 そこの 8 腰を 7 いると, くれ, そこから, それを 6 しまう, みたが, 立って, 見た, 見て, 話を, 頼んで 5 しまいました, そこに, 了う, 了うた, 坐った, 来るから, 来るよ, 見ますと, 見る

4 [15件] いたが, ください, しまって, たの, みようか, みようじゃ, 女の, 寝て, 扉を, 手を, 来て, 来ます, 聞いて, 見ようと, 覗いた

3 [31件] いるうち, いるので, おくれよ, おくんなせえ, お出で, しまったので, その女, その家, みようかと, 其処で, 其処の, 参りました, 参りますよ, 声を, 女に, 寝た, 彼の, 待って, 御覧なさい, 探して, 来る, 様子を, 相談し, 置いて, 自分の, 見たい, 見れば, 覗いて, 調べて, 酒を, 顔を

2 [116件] あの方, いたこと, いた者, いるの, いる父親, いる間, おいで, おくれ, おしまいに, お話を, お辞儀を, お飯, くだされば, くる, くるから, くるが, くれた, くれと, くれないかね, くんねえな, これ, しまうと, しまえば, しまったが, しまったと, しまったよ, しまわれるの, しもうた, すぐ左, そのこと, その帰り, その手, それぞれ金を, ちょっと足, ますから, みても, みよう, みようと, み給え, もらって, やって, らしたの, らっしゃい, 下さい, 下の, 両手で, 事に, 人の, 仏生会を, 仕事を, 何か, 何を, 傘を, 其処から, 右の, 呼んで, 唯有る, 地べたへ, 坐ったが, 坐って, 垂れを, 埋めその, 埋めて, 壮い, 官吏を, 居ると, 帰って, 戸の, 断って, 日に, 早く帰っ, 李克用の, 李将仕, 来たが, 来たよ, 来ました, 来ましょう, 来ようか, 来るが, 来るぞ, 来るの, 止めた, 此の, 湯に, 無理に, 焼香しよう, 煙草を, 留守であった, 相談した, 眼を, 祖先の, 秀王墻の, 突当って, 窺いて, 立った, 紙の, 聞いた, 胸の, 茶を, 見たが, 見なさい, 見よう, 見ること, 見る気, 言った, 許宣が, 話した, 買って, 返して, 連れて, 道士に, 鎖を, 障子の, 障子を, 飯を, 魏法師に

1 [1105件 抜粋] あげても, あげましょう, あげる, あっちこっちと, あの好き, あの紐, あんな死, いきなりその, いたいが, いたか, いただきましょう, いたの, いた女, いた宮地翁, いた所, いた温, いた蛇, いないだろう, いないの, いました, いらっしゃいますが, いる, いるところ, いるもの, いる娘, いる小さな, いる方向, いる男, いる舅, うまい肴, おくれお前, おくれよお前, おくれ煩い, おくんなさい, おじさまの, おって, おらいさん, おりました, おりました遅い, お久, お会い, お前が, お加持, お嬢さま, お寝よ, お泊, お父, お玉に, お祝いを, お茶でも, お諏訪様, お酒, お頼み, お駕籠, かさかさと, きたい, きょうは, くださいまし, ください今, くださった, くるからね, くるの, くれあれ, くれたまえ迷ったら帰って, くれないかわり, くれますか, くれるとでも, くんな, こうよ, この間母親と, ごらんなさる, さした, さて斯, しかけて, しまいそう, しまいましたから, しまいましたさ, しまいましたぞ, しまいやしたから, しまい自分一人, しまうの, しまうよう, しまったか, しまったな, しまった後, しまっては, しまわれた, しらべた, すぐ掌, すっこんで, そう云え, そこで夕飯, そこへ, その一枚, その事, その前, その妹子さん, その帳面, その摘み切り, その昔, その窓, その膳, その辺, その顔, それから別, それから階段, たから, たため, たよお祖父さん今日は, た弟, だらりと, ちょっと蹲んで, どっかん, なにくわない, はらはらし, ひろって, ほんとうに, まいりましょう, ますが, またその, また大きな, まだ帰っ, みたいところが, みたさ, みたら何, みちゃ, みないか, みましょうか, みよう腹こなし, みるかげ, むしゃむしゃと, もらいたいが, もらうのに, もらおうと, もらったらいい, やっても, やらなくては, やるからと, やるとも, やれと, やれ青, よく満, らっしゃいしかし, らっしゃれば, われと, カンテラに, トルストイの, ハア三日, レンズの, 一日其処で, 一杯やる, 一眼見た, 一足後に, 一部始終を, 三人で, 下さいな, 下さいましお前さん, 下さい何卒, 下さい私, 下せえなんと, 不平満々たる, 中の, 中を, 主婦のむ, 乙姫様の, 事情を, 二つ三つ撲りとばしたら, 二人で, 二度と顔, 二番目の, 云った, 人びとの, 今にも波, 今の, 今夜の, 今香の物, 介抱した, 仕切を, 仕舞えば, 他へ, 以来仏事供養は, 休みましょう, 伯父と, 伴れ帰ら, 何う, 何んな, 何処の, 何食わぬ, 供養を, 修行を, 倒れた, 借りようとして, 傷痕を, 兄の, 入って, 入らっしゃいまし, 入院を, 八つか, 其の下, 其の事, 其の包, 其の胴, 其日の, 写真屋へ, 刀を, 助けて, 北村さんに, 十娘の, 十年前渡米し, 午近く, 卿公に, 参ります, 又うっかり, 取りついだ, 口から, 可哀, 右に, 呉れ, 呉れろ, 呉んな, 呼う, 商売を, 器を, 四冊本の, 四辻に, 土手の, 土間へ, 埋めたが, 墓に, 墓場へ, 売り飛ばし商品, 変な, 夕方玉川から, 夜おそく, 夜を, 大市橋の, 天狗に, 失錯った, 奉公を, 女どもと, 女房に, 好いと, 姉が, 姉に, 婆さんに, 婚礼する, 学校を, 宇平を, 安西一丁目南裏に, 宝叔塔の, 家の, 宿るよう, 寝たらどう, 寝るから, 寝るの, 将棋を, 尋ねる外, 小兼, 小鹿を, 少し商売, 居た白, 居ないと, 居りませんから, 居る, 居るので, 居れ用, 山の, 崩れた崖, 川沿いの, 己が, 帰らぬので, 帰りかけて, 帰りません, 帰る位何, 帰路に, 年を, 庭を, 引きとる, 引き返したこと, 張華に, 役人の, 彼方此方と, 往来し, 待ってるここ, 御覧, 復って, 志を, 恥を, 悦ばれるか, 意趣返しに, 憩いそれから, 懐の, 戴きたいもの, 戻ること, 手前が, 手探りに, 手桶へ, 才覚も, 拾って, 振りかえり, 捨て, 捨てたが, 掌で, 掛合を, 探したが, 探ろうと, 摘んだの, 撲りつけその, 敵を, 料理の, 料理茶屋の, 新妻を, 新着の, 日が, 旦那に, 昼食を, 時どき家, 暮した, 最初の, 最早千歳村, 服部耕石翁を, 朝廷に, 木戸から, 本堂へ, 本科第, 来い, 来いよ, 来たという, 来たに, 来たよなんぞと, 来た者, 来ねえ御馳走, 来まあ, 来ますあの, 来ますなにか, 来ようそういう, 来るか, 来る処, 来る後, 来給え, 東京人を, 林藏一盃飲ませろ, 柳橋の, 格子に, 棺桶の, 楽を, 横穴を, 機関を, 歎し, 止まった, 死人に, 段々孝助, 気休めの, 水を, 汽車の, 治したこと, 泊って, 泊らなくっちゃ, 泊りやんすよ, 泊ると, 泊ろうと, 泣いて, 洋行の, 流行風邪で, 浮かれて, 深林を, 渋川で, 湯の, 漁を, 火事場から, 灯を, 炭俵を, 無駄な, 然う, 熊公じゃ, 片手を, 独居生活を, 猟師を, 獲って, 玄関先きで話し, 王子で, 理由を, 甜らし, 田の, 留めて, 疲労れ, 皆に, 目的の, 相談致す, 県の, 石油の, 礼拝を, 社の, 祝夫婦と, 秀英の, 私と, 私を, 種種の, 穴の, 窓の, 窺いた, 第二, 筵を, 精しく捜せ, 終に甲州街道, 給仕人に, 綺麗そうな, 織田殿に, 老婆の, 聞きゃ判るよ, 聞く方, 職人に, 自然成熟の, 舅と, 舞台裏で, 船で, 船頭らしい, 艱難辛苦を, 艶かしい, 花を, 花雌鶏一隻を, 芸者を, 茶碗を, 草鞋の, 菊を, 葬った, 薬を, 表庭, 袁の, 裁判所で, 襖の, 見かえると, 見たいと, 見たいとは, 見たくなる, 見たまえ, 見つけたなら蓋, 見なかった, 見ましょうか, 見よ, 見ようかと, 見るが, 見るに, 見物し, 見附の, 言柔かに, 試験を, 詫事を, 話いした, 話しましょう, 謝って, 貞固, 貰うこと, 貰えて, 貰おうと, 買わっしゃるがいい, 賽ころが, 起きて, 足りなければ, 足掛三年淹留した, 蹲んで, 迎えた, 追った, 逢いたいの, 逢わせようと, 遊んでると, 道中で, 遣ろうが, 酌を, 酒宴の, 金を, 釵を, 長櫃の, 門口に, 隙を, 隣合って, 隻手の, 雑木山の端から, 雨止みを, 青山麻布方面へ, 非常に, 音楽を, 順天堂の, 頼みなさいそれ, 頼んだら受人, 願いましょう, 食事を, 飲みなおす, 飲んで, 饗応を, 首尾よく, 香以が, 馬を, 駕籠へでも, 高価な, 鬼と, 魚を, 鯰で, 鶏の, 麓の

▼ 往った~ (671, 17.8%)

72 ところで 14 ことが, のだ 12 のか 11 のです 10 がその 9 ので 8 がやがて, のは 7 が間もなく, ものだ, んだ, 時に 6 がすぐ, がそれ, ことを, 後で 5 ことの, ことも, と云う, のじゃ, 事が 4 が家, のである, のでしょう, 時の, 者は, 金を 3 がそれから, が女, が翌日, が途中, ということ, ものだろう, ものは, 処が, 帰りに

2 [35件] か, がそのまま, がどう, がどうも, がまもなく, が夕方, が室, が寺, が旅館, が気, が白娘子, が翌年, が許宣, ことは, ついでに, ところが, ところに, のが, のだろう, ので許宣, のを, よ, んだろう, 処から, 処であった, 女の, 女は, 家は, 方へ, 時あなたは, 時である, 時には, 時は, 時一人の, 間に

1 [315件] あとは, ある若い, え, おいお岩, お島, お方で, お春, かいま, かし, かとおもう, かとも察せられる, かと思いよった, かと思う, かもう, からそれでも, からって親疎, からわし, から一二年, から仙台堀, から半年, から叮嚀, から帰ったら, かを知りたいらしい, か判らなかった, か大方家, か姿, か捜し, か知んねえ, か解らない, か遠い, が, がある, がいつも, がお, がおわり, がここ, がすこぶる, がそこ, がその後, がそれっきり, がちょっと, がとうとう, がどうして, がひっ返し, がふと, がみるみる, がやがてぴったり, がよかろ, が一時間近く, が一軒, が三ノ宮駅, が今度, が今晩, が会津城, が佐喜, が何だか, が何時, が何時の間にか, が修善寺名物, が入口, が其の, が其処, が別れる, が十日, が厭, が堅く, が外套, が妻, が小さな, が少し, が山, が山西, が巌, が平常, が廷章, が弟, が彼, が彼ら, が御馳走, が怕, が意外, が慌て, が手掛り, が日帰り, が暗く, が暫く, が曳子, が未だ, が林, が機, が毘廬禅院, が水, が沈着, が海岸, が爺さん, が男, が直ぐ, が直ぐ店, が秀英, が私達, が移っ, が米, が翌日一人, が胸, が舟, が茶, が華陰, が訳, が門口, が障子, が電車, が駐在所, が黝, きり帰らなかった, きり帰らぬ, ことはござりませぬ, こと友人と, さきで, じゃない, じゃア, ぜ親, そうでございます, っけのうお, とあっ, といい, といいます, という, というの, というよっな, という例, という田圃路, という話, といっ, とかで, ときに, ときには, ときの, ときは, とき好く, とき正氏は, とこで, ところがその, ところが冥王, ところが門, ところです, ところ池の, としたら, ともいう, とも分らなくなった, とも気, と云え, と云った, と伝え, と思う, と思われない, と書い, と疑う, と聞い, と聞く, と語った, な, にもかかわらず, の, のかと, のかとも, のだい, のであった, のであろ, のでげす, のでその, のでそれ, ので三好, ので九州, ので仲平, ので僕, ので兵士, ので女房, ので家, ので折合, ので昨夜, ので無益, ので荻原, ので表二階, のに飯田さん, のも, は事実一抔啖, ほどである, ぽっちりの, もので, ものであろう, ものの, ものの土州, も覚束, ようだった, ようであった, ような, よ何処, わけじゃ, んじゃ, ウフイと, ッけが若, ンだ, 不在に, 不思議な, 主人が, 事も, 人が, 人たちだ, 体まるで, 使いの, 儘それきり帰っ, 先の, 先は, 処に, 処の, 刀が, 別所温泉は, 原因を, 去年の, 周禎は, 土産に, 土蔵は, 大使の, 天理教信者の, 女中が, 女房の, 妓楼は, 妻女と, 姿も, 娘とは, 宅悦が, 家の, 寺が, 山本と, 山西は, 布呂敷包を, 帰りだ, 帰りです, 帰りと, 帰りを, 帰り道で, 帰途同伴の, 彼は, 後も, 後女は, 我が党, 所が, 所で, 手品の, 摺絵が, 数日後私は, 方から, 方が, 方には, 方は, 旅であった, 日は, 日来た, 明りが, 時したて, 時と, 時などは, 時にも, 時一羽の, 時分には, 時唯二十五里の, 時宿が, 時潰れた, 時私の, 時篤と, 時老人は, 時雪の, 晩であった, 朋友の, 杖に, 東海道は, 松尾の, 柄杓で, 某妓, 様だった, 様子だ, 次郎さんの, 水兵は, 渋江氏との, 犬の, 着物だ, 章は, 簾であった, 翌日必らず, 翌晩主人から, 老婆が, 自分の, 興津である, 英国使節クローフォードは, 衣服を, 話あり, 谷の, 跡を, 路と, 車の, 道筋を, 鄭宰相の, 金に, 長男周碩と, 門人達は, 陳君が, 隣の, 隣家の, 雨戸が, 音吉の, 頃は, 頃妻の, 養父鹽原角右衞門様の, 馬が, 鳥は

▼ 往~ (269, 7.2%)

220 たり来 6 ちゃア 4 たりし 3 たり戻っ 2 たりき, たりした, たりする

1 [30件] ただア, たって, たってお, たって何, たって判らない, たって知れ, たって見られん, たって駄目, たままで, たりお, たりこっち, たりまた, たりよく, たり南清, たり友達, たり堤, たり寺参り, たり山, たり東京, たり次, たり此方, たり比較的, たり汽車, たり目, たり西, たり返っ, ちゃ, ちゃいけない, ちゃこれ, ちゃだめ

▼ 往つて~ (129, 3.4%)

8 見ると 5 ゐた 3 しまつ, も好い, ゐて, 見た 2 からどんな, やる人, 来ます, 置いて, 見ても, 見ますまでは, 見ようと, 踏み止まること

1 [88件] あの巡査, おしまひ, お出, からの第, くれ給, この中, この暴れる, さうです中, ささやいた, せめて遠方, そこで梶井基次郎, その金ぴか, たの, とまつ, の帰り, の帰途, はいかん, はならない, は立ち止まり立ち止まりし, ひどく自分, また梅, もうカフエー, もし, もそれ, もたつ, ももう, も刑事, も名残, も巴里, も第, も自分, も自動車, も馬鹿, やつて, やらう, らしたん, ゐたかと, ゐたこと, ゐたさ, ゐたので, ゐた者共, ゐた間, ゐない筈, ゐる, ゐるのに, をられます, をり, 何一つ覚えなかつた, 再び支那, 参ります, 又同一, 取つて, 唯有る, 大びら, 大禮服, 尋ねること, 尋ねる外, 居た時代, 居ましたらどうして, 御母堂, 戴きたいもの, 戴きたうございますと, 打明けて, 新しい解釈, 来るがい, 来るにや, 死んだ其時, 泊られる丈, 泊り込んで, 落つき済まして, 見たいと, 見たり, 見て, 見なくとも, 見られますから, 見る, 見るだけの, 見れば, 観た, 返すと, 造るとも, 遣らう, 遣ると, 遣るの, 頼まねば, 頼んで, 飲んだの, 驚いて

▼ 往つた~ (91, 2.4%)

8 ことが 7 ものだ 4 と思ふ 3 であらう 2 か, が暫く, といふ事, ところで, もので, らしい

1 [57件] あのつくつく法師, ある若い, かは今, かも知れなかつた, からといつ, か知ら, がこの, がその後, が何, が余り, が其時利章, が几帳面, が出, が噂, が奥山, が所得, が手籠, が擦れ, が教会, が更に, が格別, が用事, が町, が肝腎, が草鞋, ことの, ことは, ことも, ことを, でせう, とある, といふ, といふ傳説, ときと, とき一疋の, とき僕を, とする, と云, と云つて, と見咎められる, などが最も, に三論, のち夫たる, ので有島氏, ので祖筵, ので表二階, ばかりの時分, もの, ものか, ものです, ものと, ものに, ものよりも, やうな, んです, んでせう, 短册

▼ 往~ (87, 2.3%)

42 たり来 16 たり來 4 てしまふ 3 てくれ 2 たりき, たり返つ, てくれる, てみよう, てみる

1 [12件] たらしく見える, たり, たり引返し, たり雨, たり餓死, てくれない, てくれます, てくれれ, てしまひました, てしまへ, てみた, て下さい

▼ 往っても~ (69, 1.8%)

4 好いと 3 好いの 2 いいだろう, 好いという, 宜いが, 無駄だ

1 [54件] い, いいが, いいし, いいの, いいよ, え, おたがいに全然無関係, お土産, お若い, どうする, どんなに威張れる, 一方道, 事務だ, 人を, 以前とは, 僕の, 再びこんな, 可愛がられる男, 同じ処, 喫わ, 外国人である, 好いかい, 好いかと, 好いかね, 好いかまわない, 好いが, 好いよ, 好い室, 好い私, 妥協の, 寝られませんよ, 彼女の, 御祝儀, 暖かいから, 欧羅巴へ, 泊めて, 男振, 留守がちであっ, 直ぐ田舎, 直ぐ銭, 終りは, 良いが, 良いなあ, 良いの, 若旦那が, 蟹の, 行っても, 見られんそう, 読書ばかり, 誰の, 警察は, 釣に, 銭なし, 鼻ア突つく

▼ 往~ (52, 1.4%)

65 て見ましょう 32 たが, て見, て見よう, て頼ん

1 [30件] たすると, たよう, たらば, たらツイ近所, たりお, たろう, たろうか, ちまって, てい, てお, ておいで, ておしまい, てお茶, てしまッ, てそして, てどう, てはいろう, てはならない, てみる, てもし, ても善く, て一人乗一挺誂ら, て一軒, て土性骨, て寐, て尋ね, て小, て御覧, て観音堂, て金

▼ 往~ (47, 1.2%)

2 お頼みなさる, 参りました, 身の

1 [41件] おもろい奇術, かねて碧梧桐, きまして, ここに, そう言う, そっとその, その妹, つかわされませみょう, どこで, ふ名, みよう, みると, やるという, やるといふ, パリスどのに, ラゴプス鳥を, 之れ, 他を, 促え, 僧寺の, 取つて帰, 善いやら, 山に, 左千夫の, 慰めて, 文士の, 来ましたの, 汝の, 湯に, 眠い眼, 細君と, 芸者を, 葵の, 見たがネ, 見ない内, 見ると, 見るに, 見るほどの, 観んと, 話しと, 遠くに

▼ 往ったら~ (32, 0.9%)

2 宜いでしょう

1 [30件] あの塔, いいだろう, いいでしょう, いいの, どうです, よいかと, よろしゅうございましょう, 一捫着し, 三両か, 主が, 二三百両も, 供を, 其処の, 又お, 土蔵の, 夜が, 如何だ, 娘も, 宜いが, 宜いのでしょう, 小学校中の, 彼等が, 是非その, 此節は, 玉川電車で, 皆おれが, 直ぐに, 腰が, 親方が, 鬼魅を

▼ 往つた事~ (24, 0.6%)

21 があつ 1 で此, のない, を思ひ出しました

▼ 往つたの~ (22, 0.6%)

4 である 2 だ, だらう

1 [14件] であらう, であるから, である尤も, と來, に先生, に感心, は大阪落城, は安永三年, は小西氏, は敢, は此時, は此遷徙, を知らせなかつたら, を見

▼ 往~ (21, 0.6%)

3 のは 2 のだろう

1 [16件] あの余裕, か, かしらん, か知らぬ, が蓮, が鶯横町, ことは, ぢや, といふ十一号, のう, のだらう, のであった, のです, ものか, ようだろう, 後間も

▼ 往ってる~ (21, 0.6%)

3 と後 2 のだ

1 [16件] うちには, か, かも判りません, から, か判りません, とえ, と俳優, と向う, と湖, と聞い, ので, ものです, ような, んだ, 時に, 間に

▼ 往っては~ (17, 0.5%)

3 いけないと 2 いけないですよ, いけないの 1 いけませんよ, どうだろう, ならんよ, また一人, 僕に, 悪い, 早過ぎる, 江戸みちと, 腰を, 見ませんが

▼ 往つたら~ (11, 0.3%)

1 [11件] この償, この問題, どんなもの, 乃公は, 其処の, 千五百萬兩掛けたら, 君は, 大抵円く, 幾らかに, 早速訪ね, 是非見せ

▼ 往ってから~ (10, 0.3%)

2 気が 1 休もうと, 便りも, 壁に, 暫くし, 羽織でも, 耳を, 間もなく病気, 防寒の

▼ 往~ (10, 0.3%)

1 きこえて, どなたも, ふこころ, 室町時代に, 尋ねて, 忘れて, 疑いが, 知らせて, 言へる, 誰も

▼ 往ったろう~ (8, 0.2%)

3 と思っ 1 か, かね, がそれにしても, と思う, ね

▼ 往つた時~ (8, 0.2%)

1 が記し, である, に覚え, はもう, は十二月, は十二歳, ふとした出来心, 毫も得る

▼ 往~ (7, 0.2%)

1 て居た, て詩, は明治八年十二月, を天若日子射殺, 左往し, 時相識と, 走り廻り

▼ 往~ (7, 0.2%)

4 しって 2 つし 1 しったり

▼ 往~ (6, 0.2%)

2 くれやす 1 いでやす, 復との, 言ふ, 還とに

▼ 往らし~ (6, 0.2%)

2 って 1 ってあなた, ってもう, って顔, て下さいまし

▼ 往っちゃった~ (5, 0.1%)

1 が何処, せっかく大事, のか, わへん, 何て

▼ 往ってて~ (5, 0.1%)

2 雨を 1 そこの, 帰りに, 破戸漢

▼ 往っての~ (5, 0.1%)

3 帰りに 1 帰りだ, 帰途であった

▼ 往~ (5, 0.1%)

1 二往も, 出来ない窮極, 左往も, 復も, 理を

▼ 往帰り~ (5, 0.1%)

2 には是非母様 1 にも小歌, の途中, を楽

▼ 往ても~ (4, 0.1%)

1 往ても, 月は, 独逸人の, 面白うない

▼ 往たり~ (3, 0.1%)

3 来たり

▼ 往っちまった~ (3, 0.1%)

1 かと思っ, じゃない, ハイカラを

▼ 往ってと~ (3, 0.1%)

1 思って, 熱心に, 馬鹿叮嚀に

▼ 往~ (3, 0.1%)

1 感じ来を, 談じ, 顧み來

▼ 往~ (2, 0.1%)

1 来さ, 来るさ

▼ 往する~ (2, 0.1%)

1 ところその, はこれ

▼ 往その~ (2, 0.1%)

1 意地を, 望みを

▼ 往ったっ~ (2, 0.1%)

2 ていけ

▼ 往ったら逢われよう~ (2, 0.1%)

1 かというの, かと問うた

▼ 往っちまう~ (2, 0.1%)

1 ぜ, よ

▼ 往つた年~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 往つた折~ (2, 0.1%)

1 うまい松魚, こんな失策

▼ 往つた方~ (2, 0.1%)

1 が宜しい, が屹度女

▼ 往つた男~ (2, 0.1%)

1 がある, が何気なく

▼ 往つてそこ~ (2, 0.1%)

1 で玉蜀黍, に終日

▼ 往つてみたい~ (2, 0.1%)

1 な, な無

▼ 往つて來~ (2, 0.1%)

1 ました, る所

▼ 往つて夜~ (2, 0.1%)

1 の間, を明かし

▼ 往つて帰途~ (2, 0.1%)

1 に廉塾, に蘭軒

▼ 往つて手~ (2, 0.1%)

2 を洗つて

▼ 往つて葉~ (2, 0.1%)

2 つ葉

▼ 往とっ~ (2, 0.1%)

2 ておくれやす

▼ 往らした~ (2, 0.1%)

1 のぢ, のに比べる

▼ 往~ (2, 0.1%)

1 て見, て見ません

▼ 往反する~ (2, 0.1%)

1 歳暮拜賀の, 歳暮拝賀の

▼ 往渡り~ (2, 0.1%)

1 をつけ, 宜く

▼ 往返せる~ (2, 0.1%)

1 に各戸庭前, 程なれ

▼ 往返り~ (2, 0.1%)

1 には青柳, の男女

▼ 往返りし~ (2, 0.1%)

2 てゐた

▼ 往通い~ (2, 0.1%)

1 に生き, の出来る

▼1* [228件]

あんたの立場, 往うさ来るさ, 往調べに, 往たいというもん, 往たって誰, 往たわいの, 往まッ, 往ちょるじゃ, 往っしゃいましたから私は, 往ったえ二十円持っ, 往ったきゃんの, 往っただな, 往ったらありますよちょ, 往ったらしかった, 往ったらだしぬけに居なく成った, 往ったら尋ねやってくれた, 往ったら泊る処が, 往った帰り庚申塚まで, 往っちまッ, 往っちまわアな, 往っちゃったいおばさまの, 往ってからのことに, 往ってからは深く自ら戒懼, 往ってからも二三度手紙を, 往ってさ二晩や, 往ってしもうたと, 往ってのう本堂の, 往ってよオく, 往ってるでしょう隠さなくてもいい, 往つたつてそんな, 往つたなに鍵がなけれ, 往つたらうと思つて, 往つたら往かれようといち, 往つたら這入られまいかと云, 往つたツて切符, 往つた下婢より悪い, 往つた京都大学の内田銀蔵博士, 往つた人はいつも, 往つた其報告を得, 往つた前年である, 往つた堀が東町奉行所, 往つた外に無い, 往つた女中が井, 往つた妻は比良野氏威能, 往つた始末が詳しく, 往つた実業家で一杯, 往つた家に鉄道院, 往つた履の踵, 往つた帰に提灯, 往つた帰りに十吉, 往つた帰途にも態, 往つた当座だから, 往つた形迹が絶無, 往つた折知合の結婚式, 往つた政治家達が数多い, 往つた文化十年癸酉から算, 往つた時あちらは軍人全盛, 往つた時午後屡轎中, 往つた時唯二十五里の海上, 往つた時四十四歳でまだ, 往つた時牧草としてはこんな, 往つた時茶山を訪, 往つた木犀のかぐ, 往つた由神託があつ, 往つた留守中に深川八幡宮, 往つた蒲生が大筒, 往つた頃知名の牧師, 往つちまやあ, 往つていちが, 往つてお釈迦様か阿弥陀様, 往つてごぜえ, 往つてしまやがつた, 往つてそつとお, 往つてそれを受け取つ, 往つてふつと灯, 往つてらつし, 往つてわたしが頭, 往つてイルラリオンの跡, 往つてキスをしました, 往つてグルデンフイツシユの桟橋, 往つてモーゼル銃の空, 往つてラゴプス鳥を食べよう, 往つてリイケの頬, 往つて一しよに, 往つて一日書を校, 往つて二十九日に江戸, 往つて五コペエケンを一つ, 往つて享保元年に七十八歳, 往つて仙石家に仕, 往つて何米突かの, 往つて佛教を唱, 往つて作つた詩佐藤一斎の筆蹟, 往つて使ひの, 往つて傍に掛けさせ, 往つて其機械を向ける, 往つて其處で死んだ, 往つて凹巷を待ち合せた, 往つて勿来の関址, 往つて千里還る, 往つて双児を産みます, 往つて古物といふ古物, 往つて同心支配広瀬治左衛門馬場佐十郎に遠藤, 往つて土産話にアイヌ, 往つて大林権之進と云, 往つて夫人と娘さん, 往つて妻孥を迎, 往つて官辺での取沙汰, 往つて宮川氏のやう, 往つて巡査を呼ん, 往つて帰つてからは奉行堀伊賀守利堅, 往つて平八郎にかう, 往つて幼昵懇のやう, 往つて弟子入りをした, 往つて御覧なさいまし, 往つて懐を探つた, 往つて懸崖の下, 往つて手文庫のなか, 往つて政治演説をし, 往つて敗辱を取, 往つて明日金を持つ, 往つて昨年の八月以來谷中村, 往つて暇乞を言, 往つて最後の一句, 往つて月を看た, 往つて村重に生け捕られた, 往つて松さんと喧嘩ア, 往つて桜実を饗, 往つて樵夫に荒い, 往つて此度此麥を苅らず, 往つて此行第一, 往つて歳の暮, 往つて歸らぬ, 往つて水で身體, 往つて汽車の窓, 往つて湯槽のなか, 往つて湯治をさせ, 往つて漁場を稼い, 往つて煙突の上, 往つて爲めになる, 往つて爾の相手, 往つて狸だと, 往つて町与力同心の総代, 往つて直ぐに帰つて, 往つて窓に手, 往つて綱宗に請う, 往つて聖母様にあなた, 往つて脇差を抜き取つた, 往つて腰を卸させた, 往つて茲に地盤, 往つて茶人の一行, 往つて茶路に住む, 往つて菩提樹の下, 往つて萬一宿がない, 往つて葡萄酒を沢山, 往つて蘭軒に識, 往つて蝋燭に灯, 往つて表装を加, 往つて詩を賦, 往つて話をし, 往つて講演をした, 往つて跡部に出馬, 往つて身の上話をし, 往つて逢つた人々を列記, 往つて遺産相続をした, 往つて金を沢山, 往つて金六十五両を借りた, 往つて金春家を訪ねた, 往つて釘を抜い, 往つて鍛ふが, 往つて鑛毒を除く, 往つて鑰を卸し, 往つて関帝の前, 往つて雲林を返し, 往つて頭のなか, 往つて顎を突き出した, 往つて馳走をした, 往つて高橋氏の諸, 往つて魚や貝, 往つねに大慈大悲の, 往つ返りつ待てどもまて, 往てこうよ, 往てとくれやす, 往よ, 往でまししかば老, 往でます時に, 往狐は, 往むことが出来るだろう, 往む先生は野中, 往らしった時分お馴染, 往らっしったお方は, 往らっしゃいまして御膳, 往らっしゃるから通り路, 往らッして, 往れた金の, 往イテ之ヲ訪ヘバ, 往ケバ必ズ帰リ来ルモノト予定スルコトヲセザルナリ到リ着クトコロヲ以テ, 往不服らしい顔つき, 往伺ってだけおきます, 往全体に変化, 往反省して, 往取り調べてやろ, 往叶えたのである, 往坐臥に侶, 往城南望城北と作, 往尋ねて見, 往往に漕いで, 往左往炉縁に寄れ, 往思うて見, 往戻りからフト, 往掛けの駄賃, 往明治後半期の政界, 往炉縁に寄れ, 往無理のない, 往理由のある, 往理窟ないこと, 往着き玉ひ, 往編輯し直したところ, 往聞いて下さいません, 往聞えている, 往辞退したの, 往返したまひける, 往通う行商を, 往逢う寒さ, 往遇う度に, 往遊廓へ現われた, 往過るのであった, 往違いにでもなり, 往避けたがたとへば