青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「彼方~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~役者 役者~ ~彼 彼~ ~彼ら 彼ら~ ~彼女 彼女~ 彼奴~ ~彼方
彼方~
~彼等 彼等~ ~往 往~ 往々~ ~往く 往く~ 往復~ ~往来 往来~

「彼方~」 3913, 42ppm, 2745位

▼ 彼方~ (880, 22.5%)

9 立って 7 あった, 消えて, 見えて, 見える 6 ある, あるもの 5 遠く 4 あって, 落ちて 3 あると, 一つの, 姿を, 海が, 渡って, 目を, 行って, 黒

2 [59件] あり, あるの, いて, いや高き, いろいろな, たくさんの, ゆく背姿, 一団此方に, 二寸も, 伊予橋此方に, 佇んで, 去りぬ, 古ぼけた勾配, 向けて, 吸はれ, 太郎稲荷の, 山脈の, 岡田の, 影を, 待って, 快い蔭, 怒鳴つて, 或る, 房州の, 春霞み, 望んで, 朧ろな, 木曾の, 歩いて, 沈んで, 没して, 浮んで, 海津の, 火の手が, 灯が, 煙り初めたとは, 白, 白い壁, 眺められる, 眼を, 私の, 立ちどまって, 立つた, 続いて, 置いて, 聞えて, 聞える, 背く事, 行き此方, 見えた, 見えるの, 視て, 走るを, 距てられ, 隠れて, 離れて, 雪を, 飛び水, 飛んで

1 [676件 抜粋] あいつを, あかあかと, あたかも大名, あったが, あつた, あの陰気, あらわれて, ありあり髣髴, あります, ありルーヴル, あるうす, あるという, あるとはの, あるに, ある圍爐裏, ある巴里, ある森, ある渡船場, ある街道, いかにも近代都市, いかにも風車, いた, いつか出会う, いま沈まう, いる, いるつもり, いるの, いる彼女, いる時分, いる良人, うとうとと, おぼめきながら, お嬢さんの, かくれて, かくれるまで, かけ此方, かたまって, かなたこなた, かなり距, きれいな, けし飛んで, こいで, さえぎられて, さしあげるよう, さしつくれば, さす影, さながら藍霞, しづしづと, しまわれそこで, じっと佇んでる, すぐ近く, すぐ間近く, そのよう, その土地, その姿, その嬢次, その赤い, それて, それにとり, たしかに一点, たつ雲, つっ立って, であった, では, どこまでも, どっと落ち, どよめいて, なりて, ひびいて, ひろい原野, ふりむけたい, ほの, ぽっつりと, まざまざと, またるいるい, また一寺, もしかと, もやもやと, やがて闇, ゆく, ゆっくりと, わたれるが, ゐら, ゐるので, エトナが, エフィゲニウス家の, キラキラと, サントマルグリット村と, セメント造りの, チラチラ燦, ホテルや, ポチと, レヴェズの, 一つ此方に, 一つ離れ, 一ならび, 一人ぽっちで, 一人此方に, 一休み此方に, 一台電車が, 一名此方に, 一堆, 一塊の, 一帶の, 一本生残っ, 一朶の, 一段低く, 一点星の, 一組英国人の, 一群の, 一足し, 一里の, 七八万弗残て, 三つ四つ点々と, 三原山が, 三月此方に, 上からは, 上らむとす, 下された胚種, 丘や, 並ぶ向う岸, 乾草小屋の, 予想する, 二ヵ所の, 二本の, 二階の, 五六十軒固, 人骨が, 仄な, 今大きな, 伏し転んで, 伯母さんが, 低く遠く静か, 何が, 何を, 修繕で, 俺を, 倉皇として, 偏向し, 僕の, 兄や, 光の, 光りなく, 光りはじめて, 八年ばかり, 其の, 出迎えたむすび髪, 切り立った断崖, 列の, 別にエメラルド, 動いて, 匐いこむ, 去ったの, 去って, 去り行くワラタ号, 双眼鏡を, 反跳, 右の, 名代の, 向いて, 向け直した, 向つて韋駄天, 向ひ進み行く, 向ふべき, 吹きその, 吹き靡いて, 吹き飛ばされてでも, 噴煙が, 四方に, 固い兵隊靴, 国境の, 土堤の, 土蜂の巣を, 地上の, 坐して, 坐り直して, 埋没し, 城址の, 報告に, 夕富士の, 夕陽を, 多分猿轡, 多那川の, 夢の, 大きな森, 大人の, 大変狐が, 大斜面, 大村湾が, 天主堂の, 天主教会堂の, 天王寺が, 奉納の, 女中が, 妻は, 孔明の, 安達ヶ原が, 富士が, 富嶽を, 小さくなっ, 小さく見え, 小亭, 少しばかり, 居たからこそ, 居た六ケ月, 居ても, 居ると, 居れば, 屈んで, 屏, 展開される, 展開する, 山々が, 山々を, 山が, 屹立する, 島原半島の, 崖の, 川が, 工場の, 巨大な, 平伏して, 平和を, 幸ひ, 幾組もの, 幾重の, 広大なる, 庄内川の, 床が, 彳む風情, 彼が, 彼とは, 彼女は, 待たせて, 徳兵衛爺の, 忘れがち, 忽然とあんな, 恍忽の, 悪人が, 想像し, 意外な, 感ぜられるもの, 憧れの, 打振る, 投げこまれて, 投げやって, 据えられたまま動き, 控えさせて, 控えて, 描く中尾, 描示す, 提灯の, 支度が, 放つならば, 故郷の, 整列し, 敵の, 断崖の, 於て, 於ては, 日本服の, 旧い記憶, 早い蒙, 明るき世界, 昏く, 昔僧が, 暮れて, 曲り此方, 望み見て, 期待される, 朧ろなる, 木剣を, 松代が, 枝透い, 根津か, 森林に, 楊先生は, 横はる, 横臥て, 橋だの, 次第次第と, 正しく俯臥, 正善寺の, 歩き去って, 死が, 残されて, 水道淨水場あり, 沈みかけて, 沈む紅い, 沈んでしまつて, 沒し去つた, 沙山が, 没し去った, 没し去って, 没し四囲寂, 没落しよう, 注連縄の, 浅黄色の, 浩渺たる, 浮ぶ氷山, 浮上って, 海の, 消えうせて, 消えても, 消えゆく鴎, 消える運命, 消え去らうとして, 消え失せた, 消え失せる彼ら, 消え自分, 清灰色の, 温い血, 激しい官覚, 焼け沈み此方, 煙見ゆる, 燃えるチラ, 燈火ばかりを, 燦然と, 燦爛と, 父や, 物わびしく, 特別製の, 犯人を, 現はれる, 現れる, 琉球屋敷あり, 町で, 登ろうとして, 白いテント, 目標を, 相当な, 眺めながら, 眺めや, 睡る, 矢野さんの, 私は, 秋の, 空に, 空への, 突立つ, 立ち並んだまま, 立ち並んで, 立ち現れて, 立つと, 立つ限り, 立てる小, 第一級, 筑波は, 築きあげると, 納骨堂の, 細まつて, 綺麗な, 縋りぬ, 繁華な, 美しい光り, 群を, 群立ち, 聞いた, 聞えた, 聞え石炭殻, 聳えて, 聳ゆる, 肥えた長身, 自分を, 舞下りる, 舳を, 船の, 色づいた櫟, 荘厳なる, 落ちかけて, 落ちた, 落ち南シナ海, 落ち真黒, 葛西橋の, 蒼ざめた空の, 蒼白く淋しい窓, 蒼面白髪の, 薄茶色に, 薔薇の, 蘇返つ, 蟻の, 行かれた人々, 行きて, 行き着いた頃, 行き過ぎて, 行ってから, 行つて云は, 行つて云ふと, 街路の, 裏手の, 見えずなって, 見えたので, 見えだして, 見えました, 見えると, 見えるのみ, 見えるは, 見えるミヅグルマ, 見える一, 見える三つ, 見える塚, 見える広間, 見える東山, 見える白い, 見える筵掛, 見え丹下, 見え出した頃, 見え出すと, 見すぐ, 見たの, 見つけ, 見ゆる丘, 見ゆる山, 見ゆる烟突, 見られる, 見る辺り, 見る雪, 見上げて, 見出した, 見出だす結果, 見渡す眺望, 見覚えの, 親しみ此方, 親切な, 解除の, 認めて, 誰やら, 調子外れの, 謡うが, 賑かな, 赤い夕陽, 赤錆て, 赤黄色い, 走る電車, 起りぬれ, 越すと, 転んだ, 轉んだ, 農家の, 近づいて, 近付いて, 返し又, 退場する, 連って, 連なつて, 連らなる, 逸し去つた原因, 逸せしきりに, 過ぎて, 過去の, 道路を, 遠く三春, 遠く北信, 遠く小ぢんまり, 遠く手紙, 遠く消え, 遠く離れ, 遠ざかつてゆくやうにおもへることがあつた, 遠ざかるほど, 還るの, 酒の, 野原の, 鉄鎖が, 銀座の, 銀箔の, 鏡の, 長く横, 長らくを, 開いて, 間抜け面で, 関所が, 限りも, 陸地が, 陽の, 隔絶し, 隠, 隠れ, 隠れる, 隠れ此方, 雲らしい, 雷の, 霞む紅, 青白い光り, 静かな, 音する, 響く音楽, 預けて, 飛び去つたが, 飛ぶと, 馳せ眉, 馳せ遠き, 駒を, 驅入れ, 高城の, 高等学校の, 鬱蒼と, 鳴りつづけた, 鳴る逸興, 黄なり, 黒くなっ

▼ 彼方~ (874, 22.3%)

9 森の 7 空に 6 闇に 5 丘の, 山の, 新羅, 樹の 4 作り物語りや, 岸に, 岸へ 3 丘此方の, 山から, 床几場の, 方は, 方へ, 松の, 空の, 空を, 部屋で, 野末から

2 [57件] お方から, 丘を, 人の, 人は, 人影も, 人影を, 別世界へ, 国々や, 国が, 国の, 地平線に, 堤の, 塀の, 大屋根, 女は, 室からは, 室に, 室へ, 寝台の, 小山の, 屋根に, 山まで, 山並の, 山岳を, 岸から, 嶺を, 常世の国から, 影は, 御用意, 方から, 方で, 方に, 木蔭に, 杉の, 森から, 森に, 沢を, 海に, 淋しい浜辺, 灯に, 病室の, 空から, 端から, 篝火が, 納屋の, 縁に, 者は, 自分の, 芒の, 親切にて, 辻から, 道の, 道を, 部屋の, 鉄筋コンクリートの, 陣幕の, 骸骨の

1 [676件 抜粋] あらゆる批評家, お宅, お家へ, お宿, お小姓部屋, お座敷で, ことであった, ことと, それが, なだらかな, ひくい芝地, ひょろ松, ひろい闇, ほうへ, まどひ, ままだった, まれびと神が, ものだつた, ものである, ものにしか, ものを, やうにしか, わだつみの, イギリスには, エディンバラの, ニライの, ビザンチン式な, ブルジョアの, ロストフ市へも, 一つどころに, 一つ星あの, 一亭だけは, 一劃には, 一学年の, 一學年の, 一室へ, 一槽を, 一焦点へ, 一箇は, 一院の, 一隅には, 万石浦の, 三原山の, 三畳ばかりの, 上作延にも, 世に, 世の, 世界に, 世界へ, 世界への, 丘に, 丘陵へ, 並木から, 中甲板を, 主人が, 事実の, 云うこと, 亭では, 人だかりを, 人数の, 人物は, 人群れの, 会下山も, 伝奏屋敷の, 何処かにも, 作り物語や, 侍どもにも, 信號, 偽陣, 兄とも, 兵へも, 兵力を, 兵営や, 利益の, 加古川, 加納の, 加藤醫院へ, 勝手だ, 勝手で, 北野の, 千鳥棚に, 友松は, 叢や, 古伝が, 台所は, 台所らしい, 右舷の, 同じ焼跡, 同人雑誌の, 味方の, 嘲弄者の, 嚊ア此方の, 囲い内に, 国, 国々イギリスや, 国から, 国といふ, 国土に対する, 圃には, 土つむじの, 土を, 土地で, 土塀とが, 土手へ, 土蔵の, 地を, 地平線から, 地平線の, 地平線まで, 坂に, 垣の, 埃っぽい, 埃の, 城頭には, 堅固なる, 場所で, 境内を, 墓石は, 墻の, 壁に, 壁へ, 声だ, 声も, 夕映えに, 外科室の, 多摩川丘陵の, 夜, 夢に, 大きな築, 大きな藁, 大将は, 大日堂まで, 大木の, 大竹薮, 大通りまで, 天井下で, 天城山の, 太守馬遵は, 奧樣に, 女に, 女の, 奴も, 如意ヶ岳へ, 如意輪堂の, 子ども部屋の, 學問は, 安全地帯に, 室では, 室にて, 室を, 家々の, 家からも, 家へ, 家へも, 家まで, 富みの, 寒い掘, 寝床を, 寺房の, 対岸には, 対岸の, 将軍地蔵の, 小供両人, 小屋, 小川は, 小座敷には, 小高い丘, 尾根は, 屋根は, 屋根屋根を, 山々に, 山々の, 山々や, 山々此方の, 山からは, 山ぎわが, 山こそ, 山に, 山の上で, 山は, 山へ, 山並とが, 山並みまで, 山地へ, 山寺の, 山岸の, 山峡から, 山波も, 山背からぞ, 山腹の, 山芝の, 山蔭から, 山裾を, 山陰の, 山陰を, 岡の, 岩に, 岩へ, 岸, 岸で, 岸の, 岸を, 岸此方の, 岸辺に, 峠の, 峠や, 峯此方の, 峰こなた, 峰に, 島へ, 崖から, 崖にも, 崖は, 崖を, 嶮しい, 巌山の, 川を, 川上にも, 川洲此方の, 川面を, 左慈の, 常世の国の, 幕屋にも, 幕舎から, 平屋建木造の, 平野と, 平野に, 広い場所, 広場の, 広間へと, 床の間の, 座敷で, 座敷らしい, 庭の, 庭まで, 廊を, 廊下で, 建物の, 張遼の, 形勢が, 彼の, 彼方の, 往来その, 御家来, 御座敷, 御用も, 恋き, 意に, 成吉思汗軍の, 戦雲の, 戰き, 扉から, 敵の, 敵を, 文物が, 新粉屋, 方が, 方って, 方にも, 方の, 方を, 旅路で, 明るみへ, 景色が, 暗い空, 暗い辻, 曲輪は, 月の, 木々の, 木の, 木の下と, 木の根に, 木蔭で, 木蔭へ, 木蔭供御の, 本多豊前, 本店を, 村, 村には, 村へ, 松下に, 松花江は, 板塀を, 林の, 林中に, 果てに, 枝に, 柵の, 柵門の, 株の, 株式仲間へ, 根小屋の, 格納庫の, 桑圃へは, 桜の, 棚には, 棟へ, 森で, 森を, 森林では, 森蔭に, 楊柳の, 楽土に対して, 様子も, 様子を, 樹武蔵の, 樹間に, 橋の, 橋上に, 機船隊が, 檜葉の, 櫛田神社の, 歌に, 歌劇的な, 歩道を, 死地へ, 水ぎわへ, 水は, 水先に, 水兵に, 水底へ, 水際に, 汀に, 沖から, 沖合に, 沖合には, 波が, 波上から, 波打際を, 津の, 洲に, 浜に, 海を, 海上を, 海津城の, 清らかな, 渡りから, 渦中に, 渾沌未分の, 湖の, 湯元から, 潮にも, 潮来までは, 濡縁に, 火合図は, 火影が, 炎を, 焼け跡に, 煉瓦の, 熱意が, 燈の, 狂人も, 狐も, 珍らしき, 理想郷からで, 生活が, 生活は, 田甫に, 甲板から, 男は, 町に, 町並を, 畑地, 畦に, 番所の, 異国の, 異郷の, 畷を, 疎林や, 病室で, 病棟の, 白い空, 白い陣羽織, 白い顔, 白色巡洋艦でも, 百貨店の, 百貨店は, 皿へ, 真っ黒な斬り合い, 着物や, 砂丘を, 砂塵は, 砂浜には, 社会に, 社会私の, 神を, 祭の, 祭壇で, 秋草の, 空が, 空は, 空より, 空壕工事の, 空漠と, 窓下や, 立木を, 端で, 竹籔を, 笹むらを, 筑前領まで, 糸杉と, 紋章を, 納屋へ, 紙漉小屋の, 紫色の, 縁の, 群れへ, 群れを, 老人の, 船に, 船には, 良人の, 色彩に, 芝地に, 芝生は, 花の, 花やかな, 茶の間を, 茶屋へ, 草原に, 菊水旗の, 葉櫻の, 蓬莱島の, 蔵王堂の, 蕭条たる, 藪八も, 蘆の, 蘆薈花咲く, 街を, 街路の, 街道から, 衛舎へ, 袍の, 製本に, 視線とが, 警固小屋の, 護謨林の, 貴女紳士が, 赤い靄, 赤煉瓦の, 足跡は, 路に, 車は, 軒へ, 農家から, 辻こなた, 辻の, 辻へ, 造船場からは, 連山の, 運動とを, 道ばたで, 道も, 遠い山裾, 遠くの, 遥け, 部落へ, 野に, 野原から, 野試合を, 野路を, 釣堀から, 銃声と, 錠口の, 門灯の, 闇から, 闇が, 闇で, 防風林を, 阿母, 陣へ, 陣屋の, 陸地には, 隅から, 隅には, 隊からも, 隣村の, 雑木林が, 雜木林の, 難波の, 難波通いの, 雪山の, 霧の, 露都を, 青や, 青年を, 青芒, 音響は, 顋と, 館で, 馬煙は, 高原から, 高原の, 高松の, 高楼の, 高畠, 黄泉から, 黄色い埃, 黒くなった, 黒人等は

▼ 彼方~ (504, 12.9%)

33 行って 10 行け 8 往って, 歩いて 7 お出でよ 6 向って, 逃げて 5 飛んで, 駈けて 4 眼を, 立ち去って, 行きましょう, 行っても, 行つ, 連れて 3 此方へと, 歩き此方, 沈んで, 消えて, 行き此方, 行け彼方, 走って, 逃げた

2 [25件] いって, お出でなさい, お出なさい, よろ, 參りませう, 姿を, 往け, 急いで, 持って, 此方へ, 消えた, 行かうと, 行き, 行きませう, 行くの, 行けと, 行けば, 行け女, 行った, 行つて, 行つてから, 退いて, 飛び此方, 駆けて, 駈け出して

1 [318件] あらゆる不正, いそぎ出した, いったり, いらしつたぢ, いらっしゃい, いらっしゃいまし, いらつし, うすずきかけて, おいで, おいでよ, おし遣られ, お出, お出で, お出でなすっ, お出でよう, お出で何時までも, お出で行っ, お出で遊ばせ, お出なす, お帰りなさい, お引込みよう, お渡り, お連れ, くらまし里人, ことことと, さして, さして流れ, さっさと降り, しばらく眼, しょッ引い, すたすたと, その進路, たちまち駈け去っ, たとへば向, つくの, とばして, どなった, どなって, どんどん逃げだした, はねのけグウ, びっこをひいてゆくのが見える, ふき飛んで, ふり此方, べったり此方, みかどの旅は, みだれた, もっと彼方, やがて見えなく, やったり, やっと落着き, やりながら, ゆけ, よろけ此方へ, よろよろ此方, ドッカと, ドツカと, パタリ此方, 一列に, 一列を, 万年町さんどうも, 三粒是方へ, 上げた, 下れば, 不破平四郎は, 二晩此方へ, 二行に, 付き此方へ, 伸び上がって, 使者を, 光りを, 入っしゃいませんそうで彼方, 凝らしながら, 出かけて, 出たの, 出て, 出ると, 出向いたので, 出掛けて, 動き此方へ, 博士を, 去った, 去った若い, 去って, 去つて, 去らうと, 去んで, 参ったの, 参つて又, 参りましょうお, 参りませう, 参れ, 参れ彼方, 又ずうっ, 又八が, 叱りいそいで, 向い, 向かって, 向けこう, 向けさせ, 向けて, 向直る, 吹っ飛ばして, 呼ばわって, 地震が, 声を, 夜ごとに, 奔る, 奪ひ去, 嫁つたら, 寄せて, 小さく遠くなつた, 席を, 帰つたわ, 帰るん, 廻ったら濡鼠, 廻っても, 廻り行きて, 廻れと, 引き返った, 引き離されたあの, 引っ返して, 引張られる様, 引摺っ, 引込んで, 彷徨はせ, 彼の, 彼方へと, 往きあがれ, 往くから, 往くに, 往く度, 往けって, 往けも, 往けよ, 往け己, 往っ, 往つたと, 御帰りなさる, 御渡り, 御行で, 急ぎかけると, 打つかり此方, 投げた, 投げたるに, 投げやられる次第, 投げられて, 投げ飛ばされて, 押しつつんで, 押し流して, 撥飛さるる, 支度も, 放逐する, 散って, 旗を, 是を, 曲り此方, 月が, 来い, 来たらお, 来なさい, 板敷を, 歩き出して, 歩き去って, 歩み去った, 歩み去って, 毬の, 没して, 没し去って, 泣いて, 流れて, 流れの, 流れるやう, 消え去ったとき, 消え去って, 消え込みさうな, 渡って, 渡りかけて, 渡りこえあと, 渡り出して, 渡るの, 漂流し, 王子に, 目を, 着くの, 着けとの, 移した, 移したもの, 移せ, 移動する, 突進する, 立ち去った, 立とう, 立去るの, 紛れ込みさうに, 索かれ此方, 縁付いてから, 縁付かれるよう, 繋いで, 置いて, 置いといで, 置く, 脱兎, 舞って, 舞つ, 落ちた, 薄れて, 薄れ消えて, 行きかけた, 行きかけた鬼, 行きたがる, 行きなさい, 行きなさいと, 行きました, 行きましょうね, 行き始終, 行き是方, 行くだけの, 行くに, 行くまで, 行くよう, 行く同じ, 行く武者, 行く義貞, 行け何だ, 行け是, 行け畜生, 行け行かねえと, 行こうじゃ, 行ったもの, 行ったらノボミルスキー, 行ったら女ども, 行ったり, 行った女子, 行った方, 行った若衆, 行ってから, 行ってるし, 行ってろ, 行ってろ夫, 行っといで, 行つた姉を, 行つち, 行つておくれ, 行つてお出で, 行つてお出でよ, 行つてちと, 行つても, 行つてゐた, 行つて休ん, 行つて御飯でも, 行つて泣い, 行つて見てくれといふ, 行てから, 行らっしゃい, 行らつ, 見えなくなって, 見に, 見へも, 見失ひこの, 見渡すよう, 見送りながら, 誘って, 走りその, 走り行きぬ, 越します, 足早に, 距てられ, 距りゆく, 跳る, 転がり此方, 迷いでて, 退がって, 退がれ, 送り込み一人, 逃げおる, 逃げる, 逃げ出して, 逃げ此方, 逃亡した, 連れ行き介抱, 進み和睦, 進行し, 運ばれて, 過ぎて, 遠くその, 遠ざかった, 遠ざかって, 遠ざかる舟, 遠ざけられて, 遠のきつつ, 遠慮し, 遣つて, 適つて末々まで, 還つて, 隔って, 隔てられて, 離れて, 難なく送っ, 電報を, 響いて, 飛ばして, 飛び去って, 飛び是方, 飛び立つこと, 飛び起きたが, 飛び返って, 飛ぶこと, 飛んだ, 馬を, 馳けだし, 駈け出し清十郎, 駈け出そうと, 駈け去った, 駈け去って, 駈け抜けたらしい, 駈け降りて, 駈出して, 高く呼びかけ

▼ 彼方此方~ (455, 11.6%)

7 して, と歩い 5 と歩き 4 歩いて 3 と歩いた, の花, を歩い, を見, 捜して

2 [22件] から声, から幾筋, から見物人, とまごつい, と動かし, と探し, と覗い, にやっ, にムク, に休ませ, に澪, に火, に点在, に置かれ, に見えた, の家, の小屋, の試合, へやっ, へ往, を徘徊, 態と興奮

1 [373件] いけなかつたやう, おまいり, お百度, からお, からも先, から云われる, から人, から人間, から出, から名医, から大きく小さく, から小判, から巨大, から怪談, から戻っ, から招き, から持つ, から松蔵, から櫻, から矢, から見, から部分, から金, から集め, から駆け, から騒々しく, から驅, ががたがた, が破れ, くりひろげて, さ, さがして, さがし求めた, さまよった, した, しながら, し鉋, する, すること, ずれて, で, では当局者, でまだ, でも先ず, でガヤ, で世話, で交叉, で何, で別れた, で器量, で城兵たち, で大きい, で小突かれ, で工面, で意外, で払増し, で敵, で消防, で百足隊, で種々, で聞いた, で聞きます, で自慢半分, で訊い, で起き出した, で遮られ, で門, で鳴い, とうろ, とお, とし, とそこら, とた, とび廻って, とウロウロ, とブロードウヱー, と三日, と位置, と喋り歩い, と奔走, と室内, と尋ね, と尋ねました, と小川, と小鳥, と屠場, と巡, と師匠, と幸福そう, と庭木, と廻っ, と彷徨, と御, と心当り, と戯れ, と抜足, と捜しました, と掘らせた, と探した, と探し歩いた, と揺曳, と搜す中, と撫でた, と撮影, と散歩, と案内, と歩, と歩き始めた, と注意, と活版所, と渡り歩い, と潜っ, と無意味, と無闇, と牛, と物色, と疲れた, と移植, と網, と血眼, と行く, と西, と見, と見せた, と見物, と身, と迎, と追, と逃げ廻り, と飛び, と飛びまはつて, と飛び移っ, と馳, と駆け, と駆け回, と駆け廻る, にあった, にあり, にいぶっ, にかくし, にかっせ, にちょい, にて一本, にぬれ, には三四ヶ所, には灯, には萱, には鬱蒼, には魚釣り, にひと, にむらむら, に一, に一団一団, に一種, に七八人, に交されます, に交叉, に佇ん, に佇立低徊, に何, に借金, に凍れる, に凝, に分れ, に削り立っ, に動い, に動くです, に吾, に土蔵造り, に奔走, に家, に宿, に寝, に差, に彷徨, に憂き, に振りまき, に揉む, に支柱, に散つた, に散らし, に散在, に旗, に月見草, に横たわっ, に歩き出した, に活け直し, に浮き出してる, に浮遊, に淋しく, に漂っ, に灯さ, に灯り, に狂奔, に白く, に目, に眼, に瞬き始めた, に矮, に積ん, に空, に立評議, に綴り出された, に脱捨てたる, に葭, に蜃気楼, に蝴蝶, に見えました, に視線, に設けたる, に設けられ, に論議, に起る, に転, に通ずる, に離反, に雲, に電光, に額, に顏, に飾り, に駈けまわっ, に黒い小さく, に黒ずん, のお, のきらひなく, のため, のテント, の一座, の二个処, の二階, の使, の土地開放, の垣根, の大学, の家々, の小, の屋根, の山, の山々, の山腹, の岸, の店, の店先, の建築敷地, の拝所, の教室, の散, の景色, の暗がり, の棚, の棟, の椅子, の楢, の横町, の檀家, の灯, の炭焼小屋, の焼跡, の田圃, の町, の畑, の畠側, の秣, の窓, の船, の芝居, の虱, の要路, の親類, の角, の谷底, の軒, の郷族, の野, の野畑, の陣屋, の陰鬱, の隅, の隙間, の雨漏り, の音, の顔, ひら, へお金, へと移っ, へと走る, へと駈走, へチョコチョコ, へ付きまし, へ余計, へ取り交された, へ固まつ, へ寝そべりました, へ打つ, へ挿し散らし, へ散らば, へ身, へ駈け廻る, より等しく, をうろつき廻り, をお, をおびえた, をよろめきました, をウロウロ, を中心, を叩き廻っ, を向い, を吹き飛ばす, を姑, を引つ, を指します, を捜し廻る, を探し, を探しはじめました, を探し廻っ, を星, を枝移り, を殆ど, を泊り, を涼しい, を無我夢中, を無遠慮, を片付け, を眺, を眺め, を眺めおられる, を眺めはじめた, を経歴る, を練り, を自然, を行, を見まわし, を見まわす, を見まわった, を見廻, を見廻す, を見廻せ, を見廻っ, を見渡し, を見渡廻した, を訪問, を調べ, を警戒, を蹈, を酒杯, を雀, を頼み散, を飛び廻れるだろう, を駆け廻った, を驅, 同じこと, 同じ処, 実入, 尋ね, 恐い目, 招かれて, 摩りむいて, 歩きま, 歩きましたから, 歩き廻わっ, 歩き眺め自分, 片付けるうち, 眺めて, 眺めながら, 見まわした, 見まわしながら, 見めぐるうち, 見廻して, 踏みやぶる戸障子, 逃げまわった, 飛んで, 飛廻らうと

▼ 彼方から~ (245, 6.3%)

4 駈けて 3 ひとりの, 近づいて

2 [13件] 安, 急ぎ足に, 手を, 来て, 来ると, 来る一群, 極めて異色, 此方へ, 歩いて, 水の, 白手拭が, 聞える主人夫婦, 誰か

1 [209件] あのカラタール氏, いざり寄ろうと, いらっしゃる方, うたを, おどろと, おん輿の, おーいと, お電話, かえってこい, きて, こっちへ, これも, これらパリーの, さかんに, さし昇っ, さす平和, して, ずかずかと, そのお, その一群, とどろ, ながれ来るので, なん, にやにや笑い, にわかに迸り出, ひた, ひたひたと, ひびいて, ぶらぶら運ん, ぷすッと, また一群, また牛追い, まだうら若い, エヘンと, カチンカチンと, チラチラと, チリ, トボトボと, ドドンと, ヌット顔を, パラソルを, ヒラヒラ見えた, 一ぱい巡査や, 一トかたまり, 一人が, 一人の, 一列の, 一彪の, 一点の, 一矢羽うなり, 一群の, 一群れの, 一輌の, 一隊の, 一面の, 一頭の, 三騎無法者らしい, 上って, 不思議な, 二つの, 二人の, 二人曳き, 人が, 今おらを, 低空飛行で, 何か, 來る, 借りては, 僅かに, 兄が, 全速, 兵に, 出立した, 十人たらず, 十人ほどの, 十騎ほど, 参る物, 參りました, 又七, 同じ道, 吶声鉄砲の, 吹き来たる風, 呼ばれるか, 唯二三騎, 善鬼が, 土煙を, 坊主之, 埃立て, 場内いっぱい漂っ, 声が, 声を, 夕闇が, 大声で, 大輕氣球, 天降つ, 女が, 女の, 女学校一二年らしい, 如何にも蠱惑的, 寄せて, 将来され, 小石の, 廻る電車, 弥次馬が, 彼の, 思へば, 急いで, 態度を, 憤りの, 我等の, 手招きした, 打てば, 持上っ, 文聘と, 斯う, 新たに, 旅人が, 早馬一騎鞭を, 曳かせ武者十名, 朱に, 村を, 杖を, 来たよ, 来たん, 来た馬上, 来やがった, 来る, 来るでは, 来るの, 来るもの, 来る又四郎, 来る大勢, 来れば, 横幅の, 機に, 次第に近く, 正服, 此方からも, 此方に, 此方の, 此方へと, 此方を, 武蔵野へ, 歩を, 汽笛の, 波を, 深川へと, 深張, 深張り, 満月が, 演技者の, 潮風が, 澄ました顔, 炎天下を, 猛風, 甲谷の, 男女へ, 白衣白帽の, 百騎五十騎とちり, 真黒に, 眼に, 砂を, 祈祷の, 私達を, 笛の, 答えた, 約百人, 紅蓮大, 綱を, 美しい歌心, 羽柴家の, 聞えて, 聞える台広, 聞こえて, 興聖寺の, 色を, 菊の, 蟻の, 裳を, 見えた, 見えて, 見つけて, 見透くの, 覗き出しそれ, 訪れたまう年々, 誰かが, 誰やらん, 誰方かお来なさりゃしません, 走って, 足音を, 輝かしい不思議, 辺りを, 近づきつつ, 退出し, 錦幡五色旗を, 陽が, 雲の, 響く様子, 馬けむり, 馬に, 馬を, 馬煙, 馳けて, 駅馬の, 駈けまろん, 驢に, 驢を, 鬨の声が, 龍夫の

▼ 彼方~ (156, 4.0%)

12 向いて 5 見て 4 見ると 3 指さして, 歩いて, 眺むれ, 見渡すと 2 ゆび指した, 向きて, 指した, 指して, 眺めて, 眺めると, 見たり, 見つめて, 見れば, 通って

1 [103件] うつつない, お断りそれに, さしまねいた, じっと見つめ, じろりと見やった, すかして, すかし見た, とんで, にらんで, みつめて, めがけ, シアトル行きの, バンカを, 一睨みし, 一群れの, 一返, 万物を, 主と, 佶ト見やれ, 信ぜしめよ, 偲ぶの, 出たから, 出て, 割って, 区切って, 向いた, 向いては, 向いてる時, 向かせ卒然変, 向て, 夕暮の, 引払ふ, 影の, 待望まねど, 御覧ぜよ, 御覧なさい, 意味する, 打ち眺める, 指さしました, 指さしもつるる舌, 指さし所謂, 指ざし, 指すの, 指差し, 指差し熱し切つた, 揉みに, 斜めに, 望みて, 木立を, 此方は, 水が, 汽船の, 注視した, 流るるムルデ河, 流れて, 点の, 無念そうに, 目指して, 眩しさうに, 眺めた, 眺めますと, 眺めやって, 眺めれば, 睨みつ, 睨めつけて, 睨めながら, 睨んで, 知らないこと, 知らないと, 祖父は, 空と, 窺ったり, 笑いながら, 籠絡し, 羨んで, 脚の, 見い, 見え隠れに, 見え隱れ, 見た, 見ないか, 見ますと, 見やったとき, 見よ人, 見る, 見上げて, 見此方, 見渡して, 見返ると, 見降したが, 視詰めた, 親み, 誰かが, 跛足を, 蹈むと此方が, 透し見れば, 透視仕なけれ, 通りかけて, 通る一筋, 通る夜廻り, 遠くに, 遠望し, 頸に

▼ 彼方~ (117, 3.0%)

4 何か 2 お宿り, お訪ねし, 入用な, 待って, 眠さ, 自分の

1 [101件] あつた, あなたと, お茶でも, お迎えに, きくと, この時, しめやかに, のろのろと, はこんがらにせいたかと, ほえるよう, よい新年, サラ, サラサラと, 一そう啼き, 一流商店が, 世帯を, 五十両出, 些と, 働いて, 入学試験の, 入用とは, 兵が, 原士の, 又がやがや, 受けた無根水, 呼ぶ声, 呼んでや, 喘息の, 嗅いたあの, 四つの, 報せて, 声が, 声を, 夕陽に, 大分御, 太陽が, 好遇, 小さい声, 小さくまざまざ, 小袖幕を, 尺八を, 帰りたくなつ, 幼年から, 張飛の, 待惚けてる, 後向, 徒らに, 心細げ, 息子が, 手招い, 手桶を, 押し黙った外人, 捲き上って, 教員してる, 旗差物を, 早くも, 映した新作, 暈と, 杉の, 欲しいと, 此手ばなしの, 武者吠え, 死んだ, 母親ばっかりが, 活溌な, 浅瀬は, 瀬越さん達に, 煙つてゐる, 牧夫が, 犯人が, 独りゆっくり, 男の, 皆さんに, 皆な, 直に御飯, 真の, 真赤な, 私の, 答え, 箒の, 聞えて, 聞きましたら累, 腹を, 自分を, 苦笑する, 莨を, 見て, 見られて, 言います, 訊く, 貝や, 賄も, 跳び上がったと, 長蛇を, 闇黒界の, 青竜二郎を, 音が, 頻りに待つ, 食つたつ, 高らかに, 鳴った

▼ 彼方には~ (105, 2.7%)

2 男生徒が, 翠色悦ぶべき, 遙かに, 鉄道線路の

1 [97件] いつもより, お浜, がちやり, それ以上の, なお雪山, まるで忘, アントワープの, エレウシスの, タンクや, チラチラ燈火, モンゴリア共和国, ラサ府が, ルーヴル美術館の, 一筋の, 丹生川平が存在する, 人の, 人家が, 伊豆半島あたりな, 低い小松山, 例の, 冠を, 又常, 同じ形, 同類が, 地獄の, 夜目に, 大磐石, 太陽の, 安積山の, 宵闇に, 小銃の, 幸住む, 幻の, 建築用材多く, 彼の, 彼を, 心ときめく, 房總の, 政権の, 救われるという, 斑らな, 日光の, 明るい家々, 星一つ光つては, 時雄の, 暗緑, 暗黒此方には, 有明海が, 枯れた並木, 森が, 椰子の, 津軽の, 津輕の, 活動し, 海上としては, 海岸の, 淡い夢, 爪立つて, 玄界灘が, 疑いも, 白帆が, 皆の, 皆頭巾を, 睡魔が, 石尊山白雲を, 神でも, 神も, 秩父連山, 種々雑多, 窓が, 立派な, 箱根山が, 総の, 緑色に, 肥前の, 行かない, 見られないこと, 距離を, 道灌山やら, 遠く高い, 部屋の, 銀色の, 長い破, 陸地が, 陽に, 階高く, 雲ばかり, 青い星, 青田越しに, 青白い遠景, 音楽が, 駆逐艦の, 駿河湾の, 高い国境, 高塔, 黒, 黒海が

▼ 彼方~ (57, 1.5%)

2 一面の, 林であった, 正太さんかとて

1 [51件] あかあかと, これまた, なにげなく大きな, ひたすらに, よい人, ハタと, 三本木の, 伊勢の, 何に, 全然見通し, 初めて人, 千古の, 固より, 士官学校門前の, 大小の, 屈指の, 広い立派, 底の, 彼の, 御寝に, 心もち笑つてみせた, 早く出来ます, 明し, 明るい所, 昼を, 晝を, 有りとも, 松に, 模糊と, 此方へ, 深い林, 珠数を, 瑞西の, 田楽狭間の, 男たちであった, 真の, 私にとって, 空虚な, 自分の, 茫と, 蜒々雲に, 誤りなく, 譜代重恩の, 返すつもり, 長い縁側, 降ってるナと, 霜にも, 顔を, 館の, 馬場で, 黒塀が

▼ 彼方では~ (36, 0.9%)

2 勇しく

1 [34件] この氣, この緊張, ずっと後々, そういう風船玉みたい, その平行線, その蜂の巣, たいへんな, まるで独り言, より以上, ホールと, 一向此方, 一團の, 一般が, 一通りでなく, 何を, 侍女の, 商売人という, 大商店, 害に, 家中の, 将文たちに, 弁当なども, 徹夜し, 招き上げようと, 昨日苅った, 松明の, 無数の, 美しい市民達, 老人が, 西隣の, 道誉が, 金具を, 電話の, 非常に

▼ 彼方~ (27, 0.7%)

4 此方も

1 [23件] さぞ, さる者詭弁を, その幺微, それに, なかなかこれ, 一色の, 亦た, 亦只, 亦日本人, 亦直ちに, 去る者身, 又私, 在るに, 寒くなり, 御暑い, 思う男, 火に, 玩具其の, 盗賊此方も, 私も, 雲か, 面目なくっ, 黙って

▼ 彼方~ (22, 0.6%)

3 立派に 2 芝生の

1 [17件] お前にゃ, お台所, たでも, はっきり心像, わの, ジロリと, ハドソン河で, 上り彼方, 何かの, 勝ち彼方, 広々と, 源平両, 腮なら, 見せなかつたからとて, 調子が, 負けなければ, 霧の

▼ 彼方にも~ (22, 0.6%)

14 此方にも 1 一室あり, 人と, 人影が, 便利に, 峰にも, 散所部落, 牽かれ此方, 遺す思い

▼ 彼方より~ (21, 0.5%)

2 來る, 先んじて

1 [17件] くる風, わが朝, 好くこそ, 尋ね來, 帰次第御, 延期を, 来るに, 申参候様御, 破れて, 種を, 與へ, 茶色毛の, 襖を, 轟く鐸, 遥に, 顧みれば, 駈けて

▼ 彼方でも~ (20, 0.5%)

9 此方でも

1 [11件] お驚き, つひぞ見たこと, やはり日本, 僕等の, 処によ, 出しますな, 妙な, 差向ひで食べ, 混雑の, 見た此方, 親切に

▼ 彼方なる~ (20, 0.5%)

1 [20件] 不動の, 低き田疇, 坂本の, 境内の, 大やまと, 大船団の, 寝台の, 屏風岩の, 常世の国に, 平安の, 木蔭に, 柴折戸より, 森蔭の, 櫻木大佐の, 理想の, 神の, 陳生の, 雲か, 高い柳, 高き帆柱

▼ 彼方~ (19, 0.5%)

2 を向い

1 [17件] からも一人駒込, から其処, だと, ですっかり, で大きな, につく, には一面, に又, に越す, の板の間, の街頭, の襖, へ入る, へ躍り越え, まで突, を下りる, を歩い

▼ 彼方まで~ (16, 0.4%)

1 [16件] それが, わざわざ呂布, 今までは, 届いて, 恐らくは何百, 打続いて, 拡がった, 拡がって, 掘りのばして, 果てしなく展, 行く気, 行つ, 見えて, 見とおすこと, 貫いて, 走せ参じようと

▼ 彼方へと~ (12, 0.3%)

1 [12件] ひろがるの, 上りゆきたりけるよ, 二つの, 導いて, 流れ去る, 用意の, 移つて行く, 苔蒸し, 行くと, 行って, 走って, 連絡船を

▼ 彼方向い~ (12, 0.3%)

2 て了 1 て, ている, てそして, て事, て去っ, て居る, て烟草, て男, て竈, て遙

▼ 彼方からも~ (10, 0.3%)

7 此方からも 1 いなだ一枚此方からも, やって来る, 同じ声

▼ 彼方~ (10, 0.3%)

2 此方とを 1 なって, 一処に, 別にお, 同じよう, 思うあたり, 此方を, 言ふ, 頭突き合わせである

▼ 彼方是方~ (9, 0.2%)

1 とお, と歩い, と歩いた, と紅い, と蕾, と見, と馳ずり, に落葉松, へ散じた

▼ 彼方よりも~ (6, 0.2%)

1 咎められざるなり, 数々思ひ, 數, 此方よりも, 見付けて, 見返る顏オ

▼ 彼方からは~ (5, 0.1%)

1 また憎々しい, 一群の, 神父と, 赤旗の, 金は

▼ 彼方へまで~ (4, 0.1%)

1 さ迷い出る魂, 展望が, 描き乍ら, 通じる風窓

▼ 彼方向き~ (4, 0.1%)

3 になっ 1 に蓋

▼ 彼方からの~ (3, 0.1%)

1 ものが, 友達と, 鈴の

▼ 彼方~ (3, 0.1%)

1 が, と云う, ね

▼ 彼方とは~ (3, 0.1%)

3 質が

▼ 彼方はるか~ (3, 0.1%)

1 な眼, に一点, に白浪

▼ 彼方~ (3, 0.1%)

2 に表通 1 に雪

▼ 彼方遥か~ (3, 0.1%)

1 に広々, に廓, に隠見

▼ 彼方~ (3, 0.1%)

2 あれて 1 荒れて

▼ 彼方がた~ (2, 0.1%)

2 に成たる

▼ 彼方という~ (2, 0.1%)

1 のは, 杳けさが

▼ 彼方などを~ (2, 0.1%)

1 あわただしく家臣たち, 眺めた験し

▼ 彼方において~ (2, 0.1%)

2 商品の

▼ 彼方にまで~ (2, 0.1%)

1 差しか, 打続く沼

▼ 彼方へとぞ~ (2, 0.1%)

2 ゆく

▼ 彼方へは~ (2, 0.1%)

1 往きません面倒, 行かないん

▼ 彼方までも~ (2, 0.1%)

1 伝わらなかった, 打続いて

▼ 彼方ニ飛ビ~ (2, 0.1%)

2 去リ

▼ 彼方向く~ (2, 0.1%)

1 ばかり, 時

▼ 彼方~ (2, 0.1%)

1 に一人, へ出

▼ 彼方指し~ (2, 0.1%)

2 をる

▼ 彼方此方梢~ (2, 0.1%)

2 を渡つて

▼ 彼方水平線上~ (2, 0.1%)

2 に一本

▼ 彼方舞台~ (2, 0.1%)

2 深く天幕

▼ 彼方~ (2, 0.1%)

1 か京都, か西南

▼ 彼方遠く~ (2, 0.1%)

1 に両国橋, 撃退する

▼1* [190件]

彼方行て, 彼方山の, 彼方かえし此方返しし, 彼方かしこには, 彼方かと思つてゐた, 彼方かどを此方へ, 彼方こっちにある, 彼方これは問題, 彼方ごとき偉大耐久の, 彼方さんのお, 彼方するが夜目, 彼方だった八荒坊の, 彼方へ彼方, 彼方やありません, 彼方何処です, 彼方であったまでにすぎない, 彼方でがあが, 彼方ですよ, 彼方でといって, 彼方でといったような, 彼方とに区別を, 彼方との心の, 彼方んで, 彼方ながら透き徹らん, 彼方なつかしの海, 彼方などというものを, 彼方にあたっておうい, 彼方においてはそれは, 彼方にけむれる森, 彼方にこそやがて彼, 彼方につき此方に, 彼方にても獲たりと, 彼方にという甘い友情, 彼方にのっしりと, 彼方にのみ向くを, 彼方にばかり親切を, 彼方によけ此方によけ, 彼方のやぐらの, 彼方はずうと, 彼方ばかりを追ひ求め, 彼方へといった体で, 彼方への旅, 彼方へばかり注がれだしたから, 彼方へも此方へも, 彼方ほうはいたる, 彼方ぼうっとして, 彼方まったく人の, 彼方までは何の, 彼方物の, 彼方よりは混, 彼方ら此方らと巡回, 彼方エスペリイドの太陽, 彼方オレンジの花, 彼方ゲッセマネの園, 彼方コペンハアゲンの或, 彼方シルレルベートーベンから呼びかけられた, 彼方スイスでは昔, 彼方ツンドラ地帯は敷香, 彼方ドニェープルの流れ, 彼方逃ゲテクカラ一人デ, 彼方一人なら益満さん, 彼方一帯の丘岡, 彼方三キロも隔たった, 彼方云々は一寸, 彼方今朝から固唾, 彼方伊太利の, 彼方側裁縫店の大, 彼方八ヶ岳の山頂, 彼方其様な刀, 彼方北方において彼, 彼方北海の, 彼方千早からは西方二里余, 彼方千曲川の下流, 彼方空へ, 彼方南面して, 彼方即ち諸, 彼方又は海の, 彼方向いたままで, 彼方向うには柵, 彼方向けの不, 彼方住む墓, 彼方四ツ目扇の幕屋, 彼方地平の果て, 彼方堅固に建てられし, 彼方夜空いちめん真赤だった, 彼方崩壊の, 彼方天魔鬼神を欺く, 彼方太陽と大海, 彼方家々の窓, 彼方小さな通りを, 彼方小幡屋敷の辻, 彼方少し引っ込んだところ, 彼方山上の旗, 彼方巴屋の方, 彼方常世国から遠く, 彼方平野の涯, 彼方い空, 彼方彼方に坐り直し, 彼方を合せ, 彼方の船, 彼方恐らく堤防の, 彼方打ち開けた田畑の, 彼方数理的な朝, 彼方日和によっては日本海, 彼方暗色に茫, 彼方松平家の幕屋, 彼方へ参ります, 彼方様其儘でご, 彼方に高く, 彼方此処に転がり始めた, 彼方此方さまよい歩いた, 彼方此方しぶきを蹴っ, 彼方此方マゴマゴして, 彼方此方二晩三晩と何処, 彼方此方五六軒立場茶屋もござりますが, 彼方此方人のゆききが, 彼方此方仕事口を探し, 彼方此方四輪車の行方, 彼方此方夜明けまではと探っ, 彼方此方大空の中, 彼方此方奉公にやります, 彼方此方奔りめぐって, 彼方此方平地を飛ぶ, 彼方此方彷徨った有様, 彼方此方手入れをする, 彼方此方新劇詩家の手綱, 彼方此方歩き廻りながら, 彼方此方歩き廻はつて算段, 彼方此方無駄足をし, 彼方此方片附け出すと, 彼方此方眺めやりつ, 彼方此方石が澤山, 彼方此方砧の布, 彼方此方視察して, 彼方此方記録をめく, 彼方此方転がつて, 彼方此方迷い歩いた, 彼方此方逍遥されし朗圓上人, 彼方此方露ながら明く, 彼方此方音色の違った, 彼方此方馳けまわる, 彼方此方駒にまかせ, 彼方此方鮮血にさえ彩られた, 彼方此處には猛, 彼方比良比叡の方, 彼方水面の波紋, 彼方氷つた湖の向う, 彼方の堤防, 彼方河岸の窓, 彼方洛内の屋根, 彼方の此方, 彼方海岸の方, 彼方海蛇丸も左舷, 彼方漠々と連なる, 彼方灰色の靄, 彼方煙霧めいた層雲, 彼方牛ヶ淵の濠端, 彼方田端一帯の高台, 彼方盛り場の夜, 彼方真っ黒な夜, 彼方石井山の蛙ヶ鼻, 彼方と反対, 彼方突兀と聳える, 彼方粟田蹴上, 彼方紅葉麗はしき所, 彼方紫色の森, 彼方罌粟畑の中, 彼方美濃近江の山々, 彼方の向う, 彼方つたり, 彼方袖垣の向う, 彼方襄陽の街, 彼方てもの言, 彼方見よ月に, 彼方には寝, 彼方轅門のそば, 彼方遡る深い, 彼方なき通, 彼方重畳たる山々, 彼方鉄柵の向こう, 彼方鉛色の海, 彼方長門の山々, 彼方に鎖, 彼方隱居がやかましく, 彼方難破船のため, 彼方に蔽われた, 彼方霧しぶきに包まれた, 彼方青色の崖, 彼方に名高き, 彼方の群