青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「屏風~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

屆~ 届け~ 屋~ ~屋敷 屋敷~ ~屋根 屋根~ 屍~ ~屍体 屍体~
屏風~
屑~ 展~ ~展開 展開~ ~属する 属する~ 屡々~ 層~ ~山 山~

「屏風~」 1683, 17ppm, 6809位

▼ 屏風~ (598, 35.5%)

32 ように 26 中に 18 ような 17 蔭に 16 前に 12 かげに, 中から, 蔭から 11 中へ 10 上から 9 中を 7 やうな, 中で, 外に 6 かげから, やうに, 陰で, 陰に 5 中には, 中の, 絵の, 蔭へ, 陰から 4 上へ, 事を, 前の, 外で, 外へ, 端から, 絵に, 絵を, 蔭で

3 [12件] うちに, うちを, ごとく, 前を, 向うに, 影から, 方を, 画を, 畫を, 端が, 裏の, 裡に

2 [38件] うしろから, うしろに, うしろへ, うちへ, かげへ, ところに, まへで, 上に, 中が, 中こそ, 中は, 何が, 内で, 内へ, 出来を, 反映する, 唯中に, 外には, 大宮人が, 影へ, 後ろへ, 御かげ, 方へ, 様に, 横から, 片隅へ, 端を, 絵が, 縁へ, 繪を, 裏に, 裡へ, 話は, 金だ, 間を, 陰へ, 面とを, 面を

1 [205件] あちらに, あつた, あるの, ある部屋, うしろには, うちの, うち二帖だけは, うら, おくふかいあたり, かげからは, かこひ, こちらに, ことです, ことは, ことを, ごとき壁立千仭, ごとき山, ごとき山の端, ごとくたちはだかって, ごとく倒れたり, ごとく屹立, ごとく弧形, ごとく立つ崖, ごとく連, ごとし, そばなぞに, そばに, ところから, ところへ, なかった, なかに, なかには, はかっきり, ほうへ, ほかに, わきに, 一つ一つの, 一点一画までも, 一端に, 上とか, 上なんかに, 上を, 下から, 下の, 下張, 下張りに, 下貼, 中まで, 丹青も, 事と, 人物達は, 余白に, 余白へ, 側が, 側に, 傍に, 全面に, 内から, 内側には, 内心配, 円くなっ, 出來上つた次の, 出来上つた次の, 前には, 前へ, 千鳥かな, 合わせ目, 名画や, 向うで, 向うの, 向うを, 向う側では, 図に, 図を, 図題に, 坐る中, 城壁など, 外から, 外の, 外れの, 大字躍る, 奧更に, 如き壁立千仭, 如き山々, 如くである, 如くに, 如く倒れた, 如く取り包ん, 如く披, 如く立ち, 如く立て廻し, 如く緑, 如く聳立する, 如く黒く, 孔雀が, 孔雀の, 孔雀を, 小さな二枚折, 小屋の, 山で, 山へ, 山水または, 山水画などの, 巌に, 左半双の, 広さ, 張り方, 張交を, 張替, 役を, 彼方で, 後で, 後へ, 後ろから, 後ろに, 後方が, 所で, 持主という, 条に, 構図で, 歌や, 此方へ, 煤けたの, 片端から, 牡丹花の, 犬を, 由來も, 由來程恐ろしい, 由来も, 由来を, 由来程, 画が, 画で, 画について, 画も, 畫が, 畫で, 畫も, 畳まれたの, 畳まれる頃, 破れに, 破れを, 立てて, 立てられて, 端, 端の, 竹と, 竹を, 箱の, 絵かに, 絵などを, 絵にでも, 絵にばかりか, 絵は, 絵姿などから, 続きである, 緑青の, 繪か, 繪にばかりか, 繪の, 繪は, 繪模樣は, 置き違えには, 背から, 背後から, 背後で, 背後へ, 背後や, 蔭あたりで, 蔭だった, 蔭では, 蔭を, 蔭炬燵の, 虎が, 蝶つ, 袖の, 装飾には, 裏が, 裏そこから, 裏で, 裏張に, 裏打ち用には, 裏表で, 裏面は, 裡で, 裾からは, 裾の, 見当らぬところ, 視覚から, 角に, 許へ, 許まで, 貼りまぜへ, 貼交ぜその, 金と, 金地に, 金色を, 銀が, 間まで, 陰白き, 隙間から, 面に, 面には, 鶴の, 麓を

▼ 屏風~ (377, 22.4%)

9 立てて 8 立てたよう, 立て廻して 4 めぐらして, 持って, 眺めて, 見て 3 まわして, めぐらしたよう, 刎ね, 立てま, 開けて

2 [34件] あけると, うしろに, たてしはけ, つくって, ながめて, 一方に, 仕上げるには, 出して, 廻した前, 廻し島台, 張り廻し, 後に, 押しあけて, 持ち出して, 描いた時, 描かうと, 描かなくとも, 描きました良秀, 描くの, 描くやう, 描けと, 明けて, 立てた様, 立てまわして, 立て廻し, 立廻し, 背に, 背景に, 見せて, 見せると, 見るもの, 逆樣, 開いて, 風入れする

1 [253件] あけた半, あけて, あけろ, あららかに, いくらかに, いた, おしのけて, おし立てたよう, お届け, かえり見た, かこい土蔵, かこつて, かざした, かたよらせながら, かわして, こしらえて, さかさに, さかしまに, して, じっと眺め, すえ人, すえ早朝, そっとまわし, そっと押し, たて, たてたるが, たてて, たてなら, たてまわした, たてめぐらし, たて机, ためつすがめつ, ちょっと押しやる, ちょっと見せ, つきあはせて, つくる, とらせて, ながめた, ならべ軒下, はねのけた, ひきまわして, ひとつつぎの, ひとめ見, ひらき, ひらきてたて, ふみ倒して, へだてて, まわしたので, まわした中, まわした工合, まわしぼんぼり, まわし灯, まわし緋, まわって, めぐらしそして, めぐらし上下, めぐらし椎茸髱, もち來, もとの, スーと, 一つの, 一寸見せ, 不思議さうに擬と, 二人の, 二枚もちだし, 二枚持っ, 作って, 作つた頃仲橋の, 作りました, 作ろうと, 作ろうとして, 倒すばかり, 倒すよう, 借り得て, 備えたこの, 再びひろげ, 切り立ったよう, 前から, 前に, 剥がすの, 十五円に, 十五圓に, 取のけて, 取り出しに, 取り払った, 取払って, 囲い雪, 囲って, 売っちゃ, 売り払った, 売るより, 売れとも, 小楯に, 展げたように, 巡って, 幾何かに, 座敷に, 建たるが, 建てたよう, 建てたる如く誠に, 建てて, 建てまわしたよう, 建て廻したよう, 建廻し, 廻して, 廻しましょうよ, 廻らした中, 廻らし黒, 廻り込んで, 弁護する, 引, 引きかこ, 引きのけて, 引きまわして, 引きまわし檐, 引きまわし阿蘭陀渡り, 引き寄せて, 引き廻した, 引き廻して, 引き廻すと, 引き廻らして, 引き拡げ蔭, 引っ込ませ気, 引寄せ, 引繞らした, 後ろに, 思い浮かべました, 手に, 抜けて, 抱えて, 押しやるの, 押し倒したよう, 押し立てたよう, 押し立てたる, 押し立てて, 押し退けると, 拡げたよう, 拡げるよう, 拵へ, 持ちだして, 持ち来って, 持つて, 描いたこと, 描かせ朝鮮王, 描くと, 格安に, 横奪, 殘した, 民芸館の, 水際から, 添えて, 渡るが, 漁りそれぞれ, 潜り抜けおびただしい, 玉屋山三郎に, 畳むは, 発見した, 示すの, 祇園祭りの, 穴隠しに, 突き抜けて, 窺いて, 立たるごとし両, 立つるが, 立て, 立てそうして, 立てた, 立てたごとき山腹, 立てたやう, 立てたり, 立てたるが, 立てた岸, 立てた樣, 立てつらねたよう, 立てならべたよう, 立てまわし上, 立てまわし元旦一日, 立てめぐらした広間, 立てめぐらして, 立てめぐらし金銀象眼, 立てよその, 立て上り口, 立て中央, 立て四角, 立て回したよう, 立て夜具, 立て廻した母, 立て廻した演壇, 立て廻らして, 立て燈火, 立て畳, 立回し此方, 立廻した, 立廻し山風で, 立廻し床に, 立廻し馳走を, 背後に, 膳椀を, 薄暗い蔵, 表玄関の, 見せたところ, 見たか, 見ました, 見まもった, 見る, 見ると, 見るなり, 見るに, 見出し何, 覚えて, 観るため, 覺えて, 買ったと, 買って, 買つたと, 買つて貰つて味を, 賣つちや不可, 賣り拂, 賣るより, 賣れとも, 贈ったこと, 贈って, 越した衾, 足で, 距てて, 軒下の, 辯護する, 退けて, 逆さに, 逆に, 逆様に, 透して, 造って, 遠のける, 遠望し, 遶らし, 遶り, 重ねたやう, 開いたよう, 開き南北, 開け, 除る, 隔てて, 障子に, 霧の, 頬張つて, 風よけに, 飛んでも, 飾って, 飾つてゐる, 飾られるの, 飾りその, 黙って

▼ 屏風~ (149, 8.9%)

6 立てて 5 立って, 立て廻して 3 立て, 立てかけて, 立て廻されて 2 ある, ぐるりと, こひ, 一つ残っ, 吹き倒される, 囲って, 立てま, 立てられて, 立て回して

1 [106件] あった, あったとしても, あつた, ありました, あるか, あること, あると, いつもは, かこって, こいに, この通り, さか, さし出, さっきから, すゑられてあつた, そこへ, そそり立って, その灯, たてて, ないからのう, ないので, はうふつ, はっきりと, ひどく濡れ, へし折れて, やられて, 一つ殘つてゐます, 一つ眼前に, 一つ自分の, 一双あっ, 一双でなく, 一双ほしい, 一双引い, 一双立て廻し, 一双飾っ, 一張立てられ, 一枚立て, 一隅に, 上え, 上野の, 九十五ドル, 二つあつ, 二人を, 二日前にも, 二枚建てまわし, 二面だけ, 仆された, 仕上ったと, 仕切って, 何かの, 侯の, 倒れそう, 倒れて, 六つに, 出來, 出来ました年, 出来上りますと, 勝手に, 勿体なかつた, 取り払われました, 取拂, 古びて, 図案としては, 失くなったよう, 如何にも寂しい, 始まる一曲, 常に置かれ, 幾つも, 幾間を, 建てまわされた, 引廻され, 急に, 抵当物だった, 据えられて, 故人の, 有りますから, 本丸の, 欲しいがと, 欲しいと, 死人の, 段々くずれかかっ, 浦という, 無造作に, 煤けた折々, 狩野派の, 盜まれた, 眼を, 立ちふさがって, 立つ, 立てまわされて, 立てめぐらされたその, 立てめぐらして, 立てられそこ, 立てられ百匁蝋燭, 立て列なって, 笑顔を以て, 箱が, 紙燭の, 見られる, 輸入品である, 追剥に, 逆さに, 邪魔に, 開くと, 青空を, 鶴の

▼ 屏風~ (107, 6.4%)

5 して 2 上手に, 名誉の, 向って, 眼を

1 [94件] いと, うつって, かかれたおもしろい, かかれる襖, かくれて, きらきらと, さえぎられ転ずれば, されて, したもの, してやった, しろ仕上り, しろ魅力, し終り, すくんで, すべて秋草を, すゥごろ, その燈火, なって, なりますから, なるそこ, なると, ひしと身, ふて寝してる, へだてられて, まだ姿, わたくしの, 人の, 今は, 今見れ, 仕立てられて, 似たり, 似た岩石, 作って, 作らせたが, 倒れて, 倚添う, 光琳の, 切燈台の, 包まれた大和, 半ば囲まれ, 南天の, 又画帖, 反射し, 取巻かれて, 向けて, 向つた, 吹かる, 囲まれた御簾, 囲まれた日本最大, 土佐派の, 山の芋を, 山里涼し, 屹と, 度強く, 引きかけて, 張って, 張り交ぜた色紙, 影が, 御威光, 手を, 打かけた, 描きな, 描く気魄, 書いた, 書かれて, 桜の, 梅の, 武蔵野之, 淡い雲, 無性に, 片足かけた, 用い座敷, 画いたの, 畫か, 盛った雪, 着けた酔眼, 縫いつけられたよう, 繞らした, 花の, 落し点じた, 蕭条たる, 見える細長い, 触れて, 貼らしめて, 貼らせて, 貼り付けて, 貼り込んだの, 透きて, 造らせたの, 遮られながら, 銀で, 隠されて, 顔を, 鶴を

▼ 屏風~ (49, 2.9%)

2 宗助の

1 [47件] あまりに美しく, あれが, いつあの, いつたい誰, これです, せんだって佐伯から, そっくり秀吉, そのほんとう, それほどの, たったり, ちょうだいし, どうでも, ひどく古い, もう季節, もとの, りっぱに, わるくなかった, 人物を, 以前から, 何う, 先達て佐伯から, 内裏の, 初めての, 取り除かれ最後, 可也値うち, 女郎の, 婆さんの, 実用品, 少し大形, 屈曲が, 岩にな, 式部卿の, 必ず一双, 手を, 最初から, 有名な, 松平阿波守の, 横へ, 狩野法眼永徳あたりが, 當然あの大きな, 諸に押し倒され, 身を, 逆さになぞ, 遺墨展などで, 醍醐の, 銀の, 阿波守には

▼ 屏風~ (37, 2.2%)

2 かこつて, 囲って, 囲まれて

1 [31件] あらうと, かくせ, その上, もつて, 三方を, 両方とも, 仕切ったもの, 仕切つた奥の, 倒れやがる片, 劃った, 劃つてある, 囲いかけると, 囲いその, 囲うこと, 囲った, 囲われ頭, 囲んで, 圍つた, 圍ふこ, 姿を, 式場相応の, 枕の, 極彩色の, 死の, 牡丹と, 病人を, 草の, 隔てて, 隔てられた次, 隱され, 飾立て

▼ 屏風~ (30, 1.8%)

3 躍らば 2 ある, 一つも, 最初から, 立てて, 端の

1 [17件] あり蒔絵, ここへ, これに, とりはらって, ない, なにも, 乗せた, 伝えるところ, 切箔の, 壁代の, 多分御存じ, 引いて, 立てず松竹梅, 花も, 躍らばなどか, 青味を, 飛ばばなどか

▼ 屏風~ (26, 1.5%)

2 床に, 思ひ合せて, 申しますと

1 [20件] きては, した村, そして眼, なるまでに, むきあった客, 一しょに, 三幅対を, 両わきの, 化して, 同じもの, 同じやう, 向い合って, 囲う春, 壁の, 孔雀と, 幕だけが, 植木鉢を, 水差とを, 色彩の, 青楓さんの

▼ 屏風~ (20, 1.2%)

2 襖の

1 [18件] その中, 何しろ今, 作り花の, 元信の, 几帳を, 博物館の, 唐絵で, 大名道具には, 川岸の, 扇面洛中洛外名所図などに, 掛物は, 掛物を, 柔らかい蒲団類, 襖を, 重厚な, 錦襴表装の, 長押の, 雪舟の

▼ 屏風~ (17, 1.0%)

1 [17件] があつ, ぐらいに止まっ, だった, ではすみ, には籠, に描き替, に現われ, のごとく, のよう, の世界地図, の前, の方, の煤竹売, の蘆, の鞴祭, を縮図, を自分

▼ 屏風などを~ (8, 0.5%)

1 かきながら, その場所場所, 描きに, 書きなぐるなど, 立てさせて, 立て人形, 立て廻して, 置いた部屋

▼ 屏風~ (8, 0.5%)

3 が来る 1 が又, とも称, の名物扱い, は他, らしい気分

▼ 屏風なども~ (7, 0.4%)

1 ちょうど季節, 多かり, 所々に, 皆畳ん, 酔余一気に, 陳列され, 風の

▼ 屏風には~ (7, 0.4%)

1 またこういう, 一面に, 単にこれ, 墨絵の, 妙に, 帝の, 描けませんからね

▼ 屏風~ (7, 0.4%)

2 かけるが 1 帰って, 影絵を, 手を, 投げる二つ, 来て

▼ 屏風一双~ (7, 0.4%)

1 が博物館, と骨董類五, に描いた, に枯枝, の, は椿岳晩年, を描い

▼ 屏風越し~ (7, 0.4%)

1 に, にソフト帽, に吉良, に寝乱れ, に肱, に覗い, に魂消た

▼ 屏風~ (6, 0.4%)

1 おれと, おれに, とか抱一上人, のを, よ, ネ金地

▼ 屏風から~ (5, 0.3%)

2 顔を 1 出て, 手を, 高い調子

▼ 屏風でも~ (5, 0.3%)

1 一つとして, 作って, 作ろうかと, 床の間の, 見る時

▼ 屏風~ (5, 0.3%)

1 から鶯谷, の下り, の辺, を上っ, を登つて右

▼ 屏風~ (5, 0.3%)

2 の断崖 1 にある, の別荘, を引上げ

▼ 屏風という~ (4, 0.2%)

1 ものが, ものの, ような, 言葉に

▼ 屏風などは~ (4, 0.2%)

1 一作も, 取り払って, 無論問題, 第一印象

▼ 屏風~ (4, 0.2%)

1 だの, だの唐櫃, のかげ, の置い

▼ 屏風とも~ (3, 0.2%)

2 衝立とも 1 棟梁とも

▼ 屏風など~ (3, 0.2%)

2 見ても 1 お引受け

▼ 屏風にも~ (3, 0.2%)

1 似たるらめ, 席を, 懸物

▼ 屏風やら~ (3, 0.2%)

1 あわてて, 何やらで, 建具やら

▼ 屏風一重~ (3, 0.2%)

1 を引きめくり, を見抜く, を隔てた

▼ 屏風囲い~ (3, 0.2%)

1 にし, になり, のむッ

▼ 屏風~ (3, 0.2%)

1 に附着, をめぐり, を舟後光

▼ 屏風その~ (2, 0.1%)

1 枕小さく, 物から

▼ 屏風だち~ (2, 0.1%)

1 に立ちはだからせ, に立ちはだからせる

▼ 屏風だの~ (2, 0.1%)

1 蒔絵だの, 襖だの

▼ 屏風でございます~ (2, 0.1%)

2 が私

▼ 屏風なし~ (2, 0.1%)

1 て立つ, て聳え立ちたる

▼ 屏風なぞが~ (2, 0.1%)

1 できて, 立て回して

▼ 屏風などが~ (2, 0.1%)

2 出て

▼ 屏風などという~ (2, 0.1%)

1 ものも, 宮は

▼ 屏風などの~ (2, 0.1%)

1 絵を, 飾られた二階

▼ 屏風なんて~ (2, 0.1%)

1 ことを, 備えて

▼ 屏風よりも~ (2, 0.1%)

2 もつと

▼ 屏風をも~ (2, 0.1%)

1 いちど見せろ, 持つて

▼ 屏風一枚~ (2, 0.1%)

1 で大, で大学

▼ 屏風~ (2, 0.1%)

1 に取巻く, のコップ

▼ 屏風~ (2, 0.1%)

2 の置物

▼ 屏風立てし~ (2, 0.1%)

1 やうなり, 板間の

▼ 屏風~ (2, 0.1%)

1 の絵, の装飾

▼1* [129件]

屏風あるに甲斐, 屏風いくらと貼り出し, 屏風いっぱいにこの, 屏風からさえ響いて, 屏風からは何物をも, 屏風がわりに垂れ, 屏風ぐるみ崩れ込むと, 屏風しに机, 屏風させて一, 屏風て間, 屏風しか聞いて, 屏風した裸手燭が, 屏風するごとく怪いと, 屏風ずんどの銅, 屏風それには荻生徂徠, 屏風だけが光って, 屏風だったと思います, 屏風であったのだ, 屏風でなくてはあの, 屏風といふものを, 屏風とか双六盤とかは, 屏風とかいうような, 屏風とが彼の, 屏風としか見えない, 屏風として金網に, 屏風とに囲まれて, 屏風との金が, 屏風とは驚いたろう, 屏風どうと据ゑたる炉辺, 屏風なかに墨繪の, 屏風などで囲いを, 屏風なら覚えてます, 屏風なんか別に注意, 屏風にて隠しあり, 屏風にでも写しそう, 屏風にまでよい気, 屏風に関するいっさいの, 屏風のみが残されて, 屏風はずれに前髪, 屏風ひつじの五目飯, 屏風まで立てまわして, 屏風までも質屋へ, 屏風をとまえっから, 屏風をめぐって見ると, 屏風を以て仕切られて, 屏風一つを境, 屏風一ツない家, 屏風一万枚電光を開い, 屏風一杯に柿, 屏風一重中で云った, 屏風一面に飛沫, 屏風七宝の古, 屏風三幅対の探, 屏風しに, 屏風以上に置場, 屏風何双手燭何挺燭台何挺火鉢何個煙草盆何個草履何足幕何張それに供, 屏風に頽れんずる, 屏風倒れてキヤッ, 屏風から這い出そう, 屏風内側の繪, 屏風几帳などのこと, 屏風几帳帳台昼の座席, 屏風に花梨, 屏風半双を送付, 屏風はお, 屏風四顧た, 屏風ひの, 屏風坂外の場, 屏風太鼓張の襖, 屏風小屋の主人, 屏風の上り框, 屏風屋敷襖なども覚えたい, 屏風山下の路, 屏風山口雪渓の筆, 屏風は近く眼前, 屏風島台世の常の目出たいずくめ, 屏風島臺世の常の目出度い, 屏風嶽槍ヶ嶽常念ヶ嶽, 屏風巌地を抜く, 屏風のふもと, 屏風巖東をふさき, 屏風巻上始末を書い, 屏風幅物などもあったろう, 屏風引廻したる夜具, 屏風の稽古, 屏風もこそもて, 屏風戸障子などもて, 屏風押し明けて枕もと, 屏風拝見させて, 屏風掛物巻画帖など種々, 屏風揮毫の御, 屏風書棚の如き, 屏風には蒼き, 屏風というよう, 屏風机電燈の燭光, 屏風松竹梅赤い毛氈, 屏風に両, 屏風構図のとり方, 屏風樹林の成木, 屏風浦付近の小さな, 屏風浦訪問以来大月の言う, 屏風海北友松の牡丹絵, 屏風漆塗の箱, 屏風火鉢なぞを運ん, 屏風火鉢小道具顏から棚, 屏風煎薬の臭, 屏風百花の縫ひつ, 屏風祭りなどには血眼, 屏風に截ち切っ, 屏風立てて在る, 屏風箱行器など見物, 屏風絵岩佐又平, 屏風絵巻や掛軸, 屏風經机に名香, 屏風蒔絵の道具, 屏風衝立御厨子, 屏風衝立類四百種肉筆画四千種板画類一万種に達す, 屏風に描いた, 屏風襖葛籠等の下, 屏風襞冷えにけり, 屏風點惑孫郎, 屏風ゆとして, 屏風に薄, 屏風に招かれ, 屏風開きになった, 屏風類書画類器類織物類太刀類印籠類等々の音物, 屏風香華それに思いの外貧弱, 屏風さ幾尺ぞ, 屏風高麗焼きの大