青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「年生~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

平生~ 平等~ 平野~ ~年 年~ 年々~ 年代~ 年寄~ 年月~ 年来~
年生~
年間~ 年頃~ ~年齢 年齢~ ~幸 幸~ ~幸い 幸い~ ~幸福 幸福~

「年生~」 1246, 13ppm, 8528位

▼ 年生~ (454, 36.4%)

8 時に 6 一人が 5 ときは, 人は, 時から, 時であった 4 ときに, 子が, 時の 3 ために, ときであった, ときの, やうに, 少年が, 時だった, 時私は, 頃から

2 [37件] くせに, こまっちゃ, ころです, 一郎が, 一隊が, 中にも, 二人は, 全部が, 八歳の, 冬百二十人の, 嘉助が, 夏に, 女の子が, 女生徒共, 妹の, 室崎を, 彼の, 彼は, 愛情の, 授業が, 教室は, 方が, 方を, 時で, 時でした, 時年下の, 杉作と, 生徒が, 甥が, 甥は, 男の子が, 私は, 秋父は, 行状で, 頃だ, 頃に, 頃寺町の

1 [310件] あのとき, うちで, おかげでしょう, おさよ, かたまりだけは, かよの, かわいい子, ことが, ことだ, こどもらは, ころから, ころの, ころ僕らの, ころ朝倉夫人と, ころ私まだ, じんという, すそに, ときお, ときから, ときだった, とき丁度, とき家出を, とき母に, とき牛頓祭という, とき独逸の, とき私たちの, とき落第した, とき貯蓄奨励の, なかに, なかよしです, ひとは, ひとりが, ふたりの, ほうから, まえで, もう若衆, やつらが, やつらの, ような, ように, を借り, エピファーノフが, クラス会の, コトエの, コトエを, コーリヤが, サナエちゃんという, タカチヤンの, チームを, ミチ子ちゃんは, ミミコまでが, モトムは, ルミちゃんという, 一ばんうしろに, 一人息子が, 一夫は, 一学期まで, 一番は, 一部とが, 丈夫な, 三人は, 三月ばかり, 三田道夫は, 上の, 上山一郎という, 下級生に対する, 不二夫君という, 中で, 中には, 中井明君と, 中田が, 中頃に, 久次郎は, 二人も, 二学期から, 二男が, 五六人だけ, 五十四歳米庵は, 他ならぬ, 仙太も, 休みに, 保の, 修一が, 修学旅行な, 修学旅行の, 健ちゃんは, 健ちやんは, 優善は, 兄が, 全安, 全部とは, 冬の, 冬京都高等学校の, 冬季休暇に, 冬学校が, 冬彼女は, 列の, 初め体格検査は, 前では, 前の, 加平君で, 十二三歳の, 反感も, 受持だした, 可愛い子, 右が, 同級生を, 名前だった, 啄木に, 図画も, 国語漢文読本を, 坊ちゃんが, 壮二君とは, 夏それと, 夏だつた, 夏まで, 夏休みの, 大きなカヤツリグサ一種, 大吉は, 大部分, 天野勇一君という, 女の, 女の子, 女の子ばかりが, 女生徒, 妹が, 妹すみ子に, 姉が, 委員として, 姿が, 娘四つの, 子どもが, 子どもらは, 子の, 子供が, 字は, 学力調査を, 宗ちやんが, 実地教授を, 実験は, 室長が, 室長さんが, 宮本ミドリちゃんと, 宮瀬不二夫君は, 宮田賢吉という, 家の, 寛の, 小助, 小原という, 小西は, 少年とで, 少年は, 山本酒井清水の, 山村始君が, 岡村と, 市蔵が, 常識を, 幸一君が, 庭球部の, 弟が, 弟と, 彼が, 徒歩競走の, 悌が, 悦治が, 悩みを, 感じを, 感動を, 成績品の, 手塚という, 承吉, 指揮で, 撃剣の, 敏江さんが, 教場だ, 教場を, 教室, 教室で, 教課プログラム, 文一郎は, 文化祭に, 文集, 新入が, 方に, 方へ, 早苗さんと, 春彦さんと, 時そんな, 時だ, 時だつた, 時である, 時でしたろう, 時には, 時にも, 時は, 時人の, 時分だった, 時口頭試験に, 時小さな, 時彼が, 時時男さんは, 時書の, 時椿姫の, 時父が, 時独逸語の, 時田辺元, 時私が, 時野上彌生子の, 時野沢温泉から, 書いたよう, 最後の, 本が, 机の, 村田幸一君という, 某々二君と, 某君, 柔道部の, 権威が, 権威を, 次男周策が, 次郎が, 浅野行夫君は, 淡谷スミ子ちゃんでした, 清三は, 無邪気な, 父が, 父兄の, 生徒の, 生活にだって, 甥だけは, 甲野ルミちゃんとが, 男の子に, 男の子全部が, 男女である, 看板を, 睦子に, 瞳は, 知識で, 石村たかしくんが, 研究実験を, 私が, 私の, 私ばかりを, 秋それまで, 秋の, 端に, 第四組, 算数の, 算術の, 純子ちやんが, 級長に, 級長の, 素人である, 終り頃の, 終り頃ローマ字を, 終り頃私は, 組に, 組長であった, 習字も, 習字を, 者が, 耕一とは, 耕一君が, 自分な, 舞踊を, 花崎俊一君は, 花組に, 英語を, 草で, 草花の, 荒木と, 菊枝である, 蒼夫さんが, 蓉子さんが, 行為を, 表情に, 西村勝子の, 西洋草花の, 言葉に, 試験の, 誠一が, 課程を, 諸君に, 貞次郎は, 責任いよいよ, 賢二少年は, 足の, 転校は, 進ちやんは, 進一君と, 遠足でも, 野呂一平君という, 鉄拳制裁に, 長男と, 長男の, 間と, 間に, 隆チヤン一年生の, 霧渓は, 頃からは, 頃だった, 頃であった, 頃女性の, 頃彼は, 頓狂な, 頭にさえ, 額に, 顔が, 香川マスノは, 高橋は

▼ 年生~ (162, 13.0%)

20 なって 19 なった 11 なると 7 なつた 4 なったとき, なった時 3 なったの, なったばかりの, なってからの, なっても, 進級した 2 しては, なった年, なった頃, なる, 教へる, 進む大

1 [70件] いるその, おされて, した二十年, しちゃあ, しちや, して, しても, できること, とどめること, とまって, なったころ, なったつもり, なったとき先生, なったらこんな, なった途端, なってから, なら誰, なりました, なりますから, なるという, なるの, なるは, なるはず, なるまで, なる坊主, なる太七, なる学年末, なる時学校, なる筈, なる頃, なれば, なれるか, なろうと, エービースィーを, バックし, 世界の, 二十日大根の, 侮辱された, 入つて, 入つて來, 入る, 入れて, 入学する, 出来る問題, 初段なんて, 劣らざるつもり, 匹敵し, 友達が, 取囲, 口実を, 地理を, 対抗した, 対抗する, 弁当の, 強圧を, 得能という, 教えるよう, 昇った頃, 法律を, 無法な, 無茶な, 編入し, 計算させました, 詰問された, 誘ひ込まれ私, 読方を, 進んだ, 進学した, 進級する, 顔を

▼ 年生~ (92, 7.4%)

7 あつた 4 榛軒より 2 乙丑には, 勉強し, 本郷素行といふ

1 [75件] あつた私, あとは, あらう, おうち, お父さんは, すべて西洋諸国に, その会, つい玄関, でもあつ, は, はない, はなかっ, ひとつ試験問題の, ふたりとも, まだ少年探偵団, もうじき二年, やめること, キツネさんと, バックしてやろう, 一番できる, 三十五歳に, 三年生と, 三段の, 不良少年で, 二十三歳である, 二十九歳に, 二十歳にな, 二十歳の, 二週間の, 五百の, 元来内気な, 六時間授業だった, 其十八歳は, 初五百, 初段ぐらいじゃ, 勉強致し, 十二歳に, 十八歳に, 十六歳で, 嘉永二年に, 四十五歳に, 団員の, 夏休みだ, 夏休を, 大正五年には, 天保八年に, 嫁した, 学生委員会の, 安政三年に, 宮田アキという, 家を, 寛保元年に, 当時四十歳である, 恋人も, 恋愛の, 戊子には, 成績優等の, 手紙の, 文化九年に, 既に初, 明治四十一年に, 昔の, 榛軒の, 此年五歳で, 此時は, 法律上は, 球団に, 當時三十八歳の, 目の, 真奈ちやんは, 石川君と, 私の, 自殺を, 西片町に, 貞固

▼ 年生~ (61, 4.9%)

2 むやみに, 云った, 北の, 見る気

1 [53件] あるき出しまもなく, いうこと, いつも仲, いつも居残り, お伽詩の, きまじめな, これに, そばへ, それ見ろ, たがいに, ちっとも校長先生, てんでにたい焼き, はじめてときの声, ひとりも, まだはいらない, まだ蛍, みんなが, 一せいに, 一人五年生は, 一体に, 一家八人と共に, 一年生の, 七人四年生は, 三十一名で, 二学期から, 五年生なる, 佐太郎を, 修学院の, 僕学校の, 全部行く, 六人一二年生は, 制服の, 十二人組ごとに, 卒業前だ, 嘲笑した, 四人前へ, 地質と, 声を, 居ない, 帰ったのに, 来年だ, 歓喜の, 毎年関東地方の, 無茶ばかり, 犬まで, 男女代る, 祖母妹と共に, 私ひとりであった, 算術を, 綴方を, 習字三年生は, 読方の, 調神社に

▼ 年生~ (48, 3.9%)

1 [48件] あった, あるき出すと, いた, いちゃあ, いて, いてね, きくこと, このせつ, しゃくりあげた, ずらかって, つづいて, どっと笑いだした, ないだけ, ひとりあとの, まっさきに二年生, ナシヨナル読本第, 一年の, 三人小学校の, 三年生の, 三造を, 主に, 主謀者と, 二人こちらを, 五人と, 五六人も, 僕たちの, 先頭を, 入口の, 刑事の, 加わって, 去った二年生, 号令では, 四五名ぞろぞろ, 国語で, 帰って, 幼稚園から, 挨拶の, 数学でした, 次々通る, 殆ど独占する, 現れた, 男女六人医師に, 皆んな地獄おとし, 見つけ出すなんて, 見ても, 走って, 顔を, 飛び出して

▼ 年生~ (28, 2.2%)

2 からね八つ, から自分, ね, べ

1 [20件] からね, から大丈夫, から昭和十一年, から書庫, から此年三十五歳, から此年四十六歳, がいくらか, がその, が白い, が音楽, つた, つた息子英雄君の, つた私は, つてあの, ということ, といふ, と女, と小さな, な, よ

▼ 年生たち~ (20, 1.6%)

2 はいつも

1 [18件] がこの, がその, がにやにや, がラジオ, が代る代る, が朝そこ, が校風, が汚, が笑, によびかけられる, のかえり, の姿, はそれから, はひよめ, はまた, は新入生, は目, もす

▼ 年生~ (18, 1.4%)

3 四年生の 2 六年生の

1 [13件] いうと, 一緒に, 三年生の, 二年生とが, 二年生は, 五年生との, 六年生が, 六年生とで, 六年生に, 同じよう, 四年生が, 思いこんで, 思ひこんで

▼ 年生~ (16, 1.3%)

2 相手に

1 [14件] いいとは, 一週間観察し, 代表し, 卒業すれ, 反省させる, 受持ったが, 思うと, 愛し五年生, 憎むため, 生捕っ, 繰り返したの, 繰り返してから, 行かせて, 見るにつけ

▼ 年生ぐらいの~ (15, 1.2%)

2 ときな

1 [13件] かわいい女の子, ことであった, 作業能力しか, 大きさ, 女の子が, 子供それから, 小さな三人, 少年です, 年でしょう, 年です, 時から, 時の, 男の子が

▼ 年生である~ (15, 1.2%)

1 [15件] から五十五歳, から六十五歳, から嘉永, から四十九歳, から四十六歳, がつくろい, が彼, ことをも, 一年二年は, 四年五年は, 少女でも, 彼は, 悦子までが, 数学の, 田辺孝次と

▼ 年生から~ (14, 1.1%)

3 六年生まで 2 三年生に 1 です, 中学の, 中学一, 中学二三年生までくらいの, 十四五歳の, 始めねば, 行つてくれ, 順々に, 高等学校を

▼ 年生です~ (14, 1.1%)

3

1 [11件] か, から, から西洋歴史, がからだ, がこれ, がその, がねえさん, が一年, が井上君, が今日, が学校

▼ 年生でも~ (13, 1.0%)

2 解ける

1 [11件] からだは, できるであらう, できるであろう, ないだろうけれど, ひつぱたくぞ, 五年生でも, 今日先生の, 体は, 入れようたいよう, 容赦ない, 若者なら

▼ 年生~ (12, 1.0%)

2 の悪筆 1 が遅刻, だった, だったと, である, ならば, な声, な聲, に入門, のこれ, のころ

▼ 年生まで~ (11, 0.9%)

2 漕ぎ付けた 1 いたいふけど, うけもって, かけまわったり, でしたから, でも, みんないつしよ, みんな唱歌でした, やったので, 城北中学に

▼ 年生~ (10, 0.8%)

3 四年生の 1 あそう, そこらの, 三年生かの, 二年生くらいな, 六年生ぐらいの, 四年生ぐらゐでしたもの, 女学校の

▼ 年生だった~ (10, 0.8%)

1 かの教師用, が僕, ときよく, とき一人の, ね, のである, 彼の, 時の, 時分同じく, 私は

▼ 年生であった~ (10, 0.8%)

1 から十六, がその, が学校, が虎造, 弟が, 時に, 私が, 私は, 頃です, 頃多分

▼ 年生~ (10, 0.8%)

4 のです 1 のだ, のであった, のにお母さん, のにまだ, のに彼女, んです

▼ 年生~ (10, 0.8%)

1 ありという, ありまた, あるき出して, あれば, こうなっ, それで, みんな言われた, 五年の, 実際へま, 知っとる歌

▼ 年生でした~ (6, 0.5%)

2 からすらすら 1 から, がその, が六年生, が同級生

▼ 年生として~ (6, 0.5%)

1 一年間在学した, 下関へ, 先生は, 四十三正説元, 推算した, 登校する

▼ 年生にな~ (6, 0.5%)

2 つてからは, つて春の 1 つてから, つても

▼ 年生にも~ (6, 0.5%)

2 なって 1 いとカンタン, 劣って, 話せば, 負けぬ位学校

▼ 年生全体~ (6, 0.5%)

2 の名 1 がざわめき立っ, がバック, にいじめられる, の特権

▼ 年生くらいの~ (5, 0.4%)

1 ときでは, 子供の, 子供二人に, 小さい木, 弟と

▼ 年生であり~ (5, 0.4%)

1 あるもの, ながら既に, またある, ミチ子は, 明治廿九年上京した

▼ 年生には~ (5, 0.4%)

1 あっさりしない, いるもの, その時, それだけの, とくべつ無茶

▼ 年生時分~ (5, 0.4%)

1 から卒業程度, から巡航船, には普通, には自分, は放り出し

▼ 年生ぐらい~ (4, 0.3%)

2 だったが 1 だと, です

▼ 年生なんか~ (4, 0.3%)

4 授業の

▼ 年生以上~ (4, 0.3%)

1 に来る, に限られ, の生徒たち, の組

▼ 年生からは~ (3, 0.2%)

1 三人の, 片山久寿頼氏二年生からは, 関口蕃樹氏などが

▼ 年生ごろ~ (3, 0.2%)

1 からこんにゃく売り, には本式, のこと

▼ 年生だって~ (3, 0.2%)

1 あのくらいには, 出来ること, 負けては

▼ 年生だつた~ (3, 0.2%)

2 がもう 1 が専ら

▼ 年生全部~ (3, 0.2%)

1 が博物教室, を向こう, を集めた

▼ 年生草本~ (3, 0.2%)

1 だ, でその, で蓼科

▼ 年生ぐらいで~ (2, 0.2%)

1 力も, 日大三中の

▼ 年生ぐらいに~ (2, 0.2%)

1 なると, 読ませれば

▼ 年生ぐらいまでは~ (2, 0.2%)

1 この池, 口数の

▼ 年生~ (2, 0.2%)

1 はいる, 入るの

▼ 年生じゃ~ (2, 0.2%)

1 ないか, ねえん

▼ 年生たり~ (2, 0.2%)

1 しが, しより

▼ 年生だら~ (2, 0.2%)

2 可笑

▼ 年生であろう~ (2, 0.2%)

1 と思われる, 子供の

▼ 年生でございます~ (2, 0.2%)

1 のよ, ものね

▼ 年生という~ (2, 0.2%)

1 のは, ものが

▼ 年生といふ~ (2, 0.2%)

2 風に

▼ 年生とが~ (2, 0.2%)

1 二百人ばかり, 僕たちの

▼ 年生との~ (2, 0.2%)

1 そりが, 間は

▼ 年生なる~ (2, 0.2%)

2 が故に

▼ 年生までの~ (2, 0.2%)

1 ものは, 少年二十人ほどで

▼ 年生らしい~ (2, 0.2%)

2 生徒が

▼ 年生~ (2, 0.2%)

1 のミヨ子ちゃん, はミヨ子

▼ 年生~ (2, 0.2%)

1 のほう, は銀一

▼ 年生~ (2, 0.2%)

2 をおい

▼ 年生然し~ (2, 0.2%)

2 大柄で

▼1* [83件]

年生あとのふたり, 年生父さまが, 年生かの時矢代幸雄久米正雄の, 年生かもしれない, 年生きばとて, 年生くらいだったうち, 年生くらいか知らねえ, 年生くらいな小供, 年生くるも人, 年生ぐらいが作ったらしい木雕, 年生ぐらいは全部加わっ, 年生ぐらゐででもあらうか三人の男の子達, 年生ぐらゐといふものは一般にどんな, 年生ぐらゐになると半分ぐらゐ二十を越し, 年生ぐらゐ下は二年生ぐらゐででもあらうか, 年生こわくない, 年生しか修めて, 年生その次が, 年生あ, 年生たちみんなが口々, 年生だつて返す, 年生っていうのは, 年生つていふの, 年生であってあなた, 年生であったろうし私, 年生でないことが, 年生でゆくすえは, 年生で殺された時が, 年生とか五年生とかいう, 年生とかいうことは, 年生としての一年間の, 年生とだけで名を, 年生とで近くの, 年生ともなれば, 年生六年生だ, 年生なかなかしっかりして, 年生などと一緒に, 年生ならだれじゃって押せる, 年生なりしと, 年生にだけ話して, 年生にだってつまらん奴, 年生にて美文を, 年生にでもわかるよう, 年生に対して自然四年生の, 年生ばかりで学校, 年生までくらいの少年諸君の, 年生までは死体を, 年生みんなでお, 年生もうひとりは, 年生やすえちゃんは小学校三年生, 年生来年は, 年生らしく座蒲団を, 年生早過, 年生一同の総代, 年生一組の受持訓導, 年生であった, 年生並みだからと, 年生乙組としてありました, 年生二年生といふ風, 年生五人の裁縫, 年生以下だからという, 年生以外は毎日朝, 年生児童の家族二万, 年生六年生の図画, 年生受持の先生, 年生古井武右衛門とでもかいた, 年生同様にさびしく, 年生は弘化元年生, 年生在学中の体格検査表, 年生岡山大助君という少年, 年生るとも, 年生時代から思想的, 年生植物である, 年生浩ちゃんと善ちゃん, 年生甲組大津太郎さあん大津太郎さ, 年生男子組の教室, 年生相当な円, 年生禾本で各, 年生程度にも匹敵, 年生総代としてある, 年生つれて, 年生迄の男の子も, 年生の十六七