青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「年月~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~平気 平気~ 平生~ 平等~ 平野~ ~年 年~ 年々~ 年代~ 年寄~
年月~
年来~ 年生~ 年間~ 年頃~ ~年齢 年齢~ ~幸 幸~ ~幸い 幸い~

「年月~」 1361, 14ppm, 7903位

▼ 年月~ (377, 27.7%)

56 間に 16 間には 11 間の 7 うちに 5 ことを 4 流れるの, 経過を, 長さ 3 あいだに, 後に, 間この, 間私は

2 [21件] あいだには, あひだ, たつうち, 中でも, 中には, 分らない短い, 移らふまに, 立つにつれて, 経つにつれて, 経過する, 経験で, 經つ, 苦労を, 苦行を, 距り, 間と, 間われわれの, 間を, 間苦心に, 間話を, 順に

1 [216件] あいだこの, あいだも, あいだ私には, あひだ僕, あること, ある恐怖, いつぞは, いろいろな, うちには, うつりこし拙き, うらみに, お世話に, かかる仕事, かげを, ことで, ことという, ことも, せいだろう, その間に, たえて, たった今あの, たつて, たつに, たつ間には, ために, なかで, ながさ, なせる, なやみが, ふるほど, へだたりが, ほどは, ゆとりを, 一分時をも, 一生に, 三十倍の, 久しきに, 久しき間, 久しさ, 仲立で, 修業が, 修練を, 修行が, 傷害や, 内容は, 前後に従い, 前後は, 割には, 功夫を, 印象が, 古びと, 問題じゃ, 垢に, 垢の, 埃に, 埃り, 塵も, 声の, 夥しくかかる, 天才青年の, 如何に, 始めに, 実践を, 寒暑の, 差異が, 幸運を, 彼女の, 後には, 後の, 後まで, 後までも, 後今日の, 御恩, 心入にて, 心苦しさ, 心血を, 忍び給ひし, 念願相, 思い出を, 怨恨を, 恨みを, 推移につれ, 揃ったという, 揃った若い, 放浪の, 昨日から, 歐米滯在中彼が, 洗礼を, 流れに, 流れには, 流れによ, 流れによって, 流れるうち, 深い意義, 深みに, 無意味だ, 無聊の, 煤に, 生れで, 研究を, 空気が, 空白といふ, 空間を, 粒々辛苦の, 精神生活を, 精舎の, 経つと共に, 経つの, 経つほど, 経る間, 経過とともに, 経過の, 経過も, 經過する, 習慣が, 苦労は, 苦心を, 苦心慘憺も, 苦悶が, 行路難遮, 衣料の, 記が, 記憶が, 試練に, 遅速を, 長いこと, 長い歴史, 長い隔たり, 長かった, 長きほどに, 開きが, 間あえて, 間あなたを, 間あの, 間いっしょう, 間お, 間お前の, 間かういふ, 間こうした, 間これを, 間ずっと, 間その, 間たとい, 間つながっ, 間で, 間どうしても, 間どんな, 間において, 間にか, 間ねかし, 間はじめの, 間ほとほと, 間も, 間わたくしを, 間一度も, 間一日として, 間二人だけが, 間他人の, 間働い, 間入れられ, 間凡変化なく, 間危険を, 間同一の, 間外へは, 間夢にでも, 間夫と, 間女子が, 間始終, 間実に, 間巨大な, 間常にたえず, 間幾多の, 間彼の, 間彼は, 間彼女の, 間彼女は, 間心を, 間忘れる, 間日々の, 間日本の, 間昔の, 間星辰を, 間暮し, 間毎夜の, 間独身で, 間現在と, 間生きつ, 間生死輪廻を, 間生育する, 間田舎の, 間異族の, 間痩せ衰え, 間真実の, 間私の, 間純情をもって, 間聲を, 間花江と, 間表面を, 間諸, 間貰っ, 間足ら, 間身に, 間違が, 間鍛練された, 間雨の, 間青年から, 間非常な, 間頭脳の, 間飛ぶ, 難行苦行を, 雨と, 雨風に, 順を, 順序で, 順序に, 風雪に

▼ 年月~ (329, 24.2%)

27 経て 8 かけて 7 詳に 6 送って 5 要すること 4 經て, 經る, 費して 3 必要と, 経た, 経た後, 経ても, 経るに, 経過し, 要した, 要する, 過して, 重ねて

2 [14件] ここに, 全く忘れ, 経たの, 経たもの, 経たり, 経た今日, 経るうち, 経るに従って, 繰って, 要するだろう, 費やして, 送つて, 陰に, 隔てて

1 [206件] あひ見ぬ, あまり頭, いって, いつとも, うち忘れた, おくりしが, お数え, お過ごしに, かかって, かけた, かけたが, かけた恋, ここで, この中, この山里, こんな處, しのいで, すぎては, そんな時, ただ工場, たって, ちゃんと数え上げ, とびこして, のべるだろうと, ふりかえって, ふりかへ, ふると, へたあと, へだてて, へて, まつに, まつ黒, もう忘れ, よく忍耐, 中に, 今度こそ, 他所ながら, 何と顧, 使った夫人, 傍に, 兄は, 刻するなり, 加へて, 勘定し, 勤務年月に, 向では, 呼んで, 品と, 回顧した, 基礎調査に, 堪えて, 変らぬとのみは, 大正四年の, 天下諸国を, 天保七年と, 太陽は, 女一人の, 実際に, 寛仮し, 平和に, 延ぶる, 彼女は, 待たねば, 待ち居りしこと, 待つの, 徒費せし, 心に, 忘れたから, 忘れて, 忠実に, 思うと, 恋ひ来し, 手帳に, 技巧の, 拙者は, 数えて, 数えない, 旅から, 明に, 明らかに, 暗く送った, 暮したもの, 書いて, 書いてないので, 書きそれ, 有した譯, 未決監に, 村, 此世で, 此墓守の, 歴るとともに, 民族の, 沙漠の, 海で, 渡るべき理, 潮風にのみ, 無事に, 獄に, 生きて, 生き残って, 生活と, 知らせる時計, 知らない, 知るに, 知るべきもの, 私の, 空蝉は, 空費し, 空費した, 系図にまで, 経たいま, 経たこと, 経たのち, 経た今, 経た六七百年, 経た地球, 経た大木, 経た後世, 経た或, 経た男女, 経ては, 経ながら, 経るとも, 経るにつれて, 経るの, 経れば, 経今, 経済生活社会生活の, 経過した, 経過せね, 經横に, 經過せね, 繋け, 繰りて, 考えて, 艱難の, 苦しみました, 苦心致しました, 荒い浮世, 要したから, 要したので, 要して, 要しよう, 要し四二七年, 要するから, 要するだろうと, 要するでありましょう, 要するに違, 要するもの, 要する点, 要せずという, 要せぬの, 要せられたと, 詳かに, 貧苦と, 費した, 費したこと, 費し嘉平, 費やしたの, 費やしましょう, 費やし幾多, 費やすとも, 費やす必要, 載せぬが, 送った, 送ったの, 送ったもの, 送つた, 送つたので, 送り今, 送り侍りぬ, 送り迎, 送るうち, 送ること, 送ると, 送る心持, 送る身, 逆行し始めた, 逐うた記事, 逐うて, 過ぎて, 過ぎてしまつた, 過ごして, 過さざるを, 過されたから, 過したの, 過しました, 過しましたが, 過します, 過し秩父, 過し遂に, 過すうち, 過すに, 重ねなあかん, 重ねるうち, 重候得共全快, 長く経, 長崎から, 閲したばかり, 閲しつつ, 閲して, 閲するうち, 閲せしが, 隔てた後, 鬨の声を, 鬩ぎ合った

▼ 年月~ (160, 11.8%)

8 経って 7 たって 5 たつうち 4 たちました, 流れて 3 流れたかと 2 あつた, すぎた, すぎれば, たっても, 経っても, 経つた, 経過し, 経過した, 經てば, 過ぎて

1 [109件] あったでは, あったの, あったわけ, あまりに長く, あらゆる周囲, あり文学的, いかに短い, いつたの, いるであろうと, お父さんを, かかった, かかったかは, かかったこと, かかったの, かかって, かかります, かかるかも, かれこれ明治, こもって, すぎたの, すぎて, その男, たたぬ前, たちそれぞれ成長, たった, たったか, たったに, たったのに, たったよう, たつた, たつて, たつに, たつにつれ, たつにつれて, たつまま, たつ内, たてば, どうしてわかる, どんどんたっ, なんとは, はげしい社会的起伏, はじまりかけて, はっきりしなく, 一九四五年の, 不明である, 不明の, 不詳であるらしい, 二年も, 余り隔, 余計に, 入用であろう, 全くこの, 古り居りまする, 合は, 同じ安政三年六月, 君の, 定まらず幾ら, 幸福であった, 必しも, 必要で, 必要であった, 必要と, 急に, 書いて, 永くなる, 流れさったこと, 流れた, 流れたか, 流れ去ったので, 流れ金谷秀太, 漠として, 短いばかり, 私を, 移つてゐます, 立った後, 立って, 立つた, 立つて, 経ちました, 経ち今回, 経った, 経ったであろう, 経ってしも, 経つうち, 経つて, 経つと, 経つ間, 経て, 経ると, 経るに従って, 経れば, 經つて居る, 經つて後に, 考えられないこと, 背景に, 自然に, 費された, 費されたかは, 返らぬよう, 過ぎたのち, 過ぎた今, 過ぎ去った, 過ぎ去つて, 過ぎ盥, 過て来た, 長い上, 長かった, 長かつ, 隔たり過ぎどんな

▼ 年月~ (92, 6.8%)

5 久しかつ 3 過ぎて 2 不明である, 人間の, 少なくとも其倍, 流れて, 過ぎた

1 [74件] あまりに長, ありませんが, いつの間にかあの, いとど流れ, うつりかわって, かかると, この厭世主義者, この文章, この盤根錯節, さすがに, さほど注意, ずんずんたっ, その結果, その蔭, その頃, それらの, たちますが, たっても, ついおととし, とうに四十年, どうも偶然, どんなにたっ, ますます淡く, わたくしに, わたくしの, 一七八〇年三月から, 一年未満なり, 三十年に, 不詳である, 久しかった, 二人の, 凡そ一箇年即ち, 十年も, 壽阿, 変ろうとも, 実に昨今, 幾らも, 彫られて, 彼よりも, 心にも, 必ずや記載, 忘れたが, 明でない, 明治四十二年五月と, 歌垣の, 決して永く, 流るるやう, 流れましたが, 浅いし, 浅かった, 消えて, 混乱と, 生気を, 瞬くひま, 知らないが, 短か, 短け, 短しと, 私の, 第一次大戦, 経過した, 経過する, 老いたる樹木, 詳に, 誰の, 誰れ, 貧乏人の, 過ぎかはり, 長いからな, 長いが, 長かった, 際涯無い, 雨や, 鳥に

▼ 年月~ (65, 4.8%)

4 なる, 亙って 3 添えて, 添って 2 二人の, 亘る自然淘汰, 整理すべき, 於て

1 [43件] おばあさんは, ただの, つきて, どこからか, なるが, なること, まあ内容, よくもやり通し, よごれた桐, よりて, わが子を, ジャーナリストたちの, トヨが, 亘って, 亘る努力, 亘る準備, 亘る間, 亙っての, 亙り大, 亙る芸術家たち, 作られたわが, 割当て勘定, 加算し, 古びては, 向って, 四たび主を, 在らずして, 堅固な, 堆積した, 尚忘れない, 就ては, 後漢, 従つてこれを, 段々つぶれ, 涙が, 繋くる, 良人も, 草稿が, 蝕まれ見る影, 起ったの, 配合し, 配当する, 間違いの

▼ 年月~ (25, 1.8%)

3 多くの 2 忘却である

1 [20件] すれば, そうして他, そしてそれ, その継承, 伴わざるのみ, 共に加わり, 努力を, 困難を, 太子の, 思われる間, 手順とを, 政治的大嵐の, 激戦が, 犠牲とを, 猫の, 私財の, 腐蝕との, 運命との, 難航の, 風雨とが

▼ 年月~ (24, 1.8%)

1 [24件] あった, いること, ぐらつくみたい, さうし, ところも, はつきり分らず, わからぬほど, 分らず日, 少くは, 御終焉, 必しも, 施主の, 決して彼, 流石女子, 浅い新参, 浅い藤吉郎, 種々な, 経ないのに, 經て, 記載を, 費やしたので, 遅く位階, 重なって, 長いの

▼ 年月~ (6, 0.4%)

1 あつた, 一天四海皆, 中間の, 引き受けさせられるの, 運命が, 過ぎるに

▼ 年月とともに~ (6, 0.4%)

1 冴えて, 増して, 増強され, 悪風と, 愛児を, 顕著に

▼ 年月と共に~ (5, 0.4%)

1 いろいろな, 次第に昇進, 益々不, 老い込ませて, 老蒼

▼ 年月にわたって~ (5, 0.4%)

2 徹底的に 1 つづいて, 支える用意, 私は

▼ 年月かかっ~ (4, 0.3%)

1 て多く, て捷, て漸次, て翻訳

▼ 年月それ~ (4, 0.3%)

1 が肉, だけが楽しみ, でずっと, を忘れ

▼ 年月には~ (4, 0.3%)

2 母屋を 1 何処へでも, 疑が

▼ 年月にわたる~ (4, 0.3%)

1 事実を, 多数の, 失敗と, 持久戦争は

▼ 年月自分~ (4, 0.3%)

1 に課された, のよう, を押し, を押籠め

▼ 年月かは~ (3, 0.2%)

2 不明である 1 至極楽し

▼ 年月から~ (3, 0.2%)

1 いうと, 云えば, 征途の

▼ 年月ここ~ (3, 0.2%)

1 に, にこうして, に人

▼ 年月しか~ (3, 0.2%)

1 経ちません, 経つて, 経て

▼ 年月その~ (3, 0.2%)

1 なかに, 包蔵し, 独楽を

▼ 年月であった~ (3, 0.2%)

1 が日毎, ことは, わい

▼ 年月では~ (3, 0.2%)

1 あるけれども, ないか, ない何月何日

▼ 年月において~ (3, 0.2%)

1 日本では, 決して新進, 独立した

▼ 年月によって~ (3, 0.2%)

1 一冊ずつを, 加えられ同時に, 繰返されて

▼ 年月~ (3, 0.2%)

1 おのづか, 失走, 書名などには

▼ 年月苦心~ (3, 0.2%)

1 した日本統治対切支丹, に苦心, を重ね

▼ 年月この~ (2, 0.1%)

1 私が, 荏原屋敷を

▼ 年月~ (2, 0.1%)

1 がその間, と思ふ

▼ 年月つれ~ (2, 0.1%)

1 添う妻, 添って

▼ 年月づけ~ (2, 0.1%)

1 のある, も元

▼ 年月でも~ (2, 0.1%)

1 かつて朝倉家, よいかも

▼ 年月とを~ (2, 0.1%)

1 女子に, 記した丈

▼ 年月によ~ (2, 0.1%)

1 つて事實を, つて自然に

▼ 年月わし~ (2, 0.1%)

1 はお前, をのせ

▼ 年月を通じて~ (2, 0.1%)

1 いったい何, まじめに

▼ 年月~ (2, 0.1%)

1 経過セシニ残党次第ニ嘯集シテ近, 送ッタケレドモ

▼ 年月~ (2, 0.1%)

1 を憚, を渡る

▼ 年月心掛け~ (2, 0.1%)

1 ていました, ては居りやす

▼ 年月狙う~ (2, 0.1%)

2 父の

▼ 年月長く~ (2, 0.1%)

1 狎れ過ぎた夫婦, 闘って

▼ 年月~ (2, 0.1%)

1 からすれ, に並べる

▼1* [184件]

年月いかに二人の, 年月いかばかり心なぐさみし, 年月いっしょに仕事, 年月いつも裸に, 年月いまだ詳ならず, 年月いろいろな男, 年月いろんな人から, 年月師匠さまを, 年月からはただ自分, 年月かれが君臨, 年月かをそこに, 年月ぎんにはきまっ, 年月こそまだ短い, 年月ことしは芳之助, 年月さだめしこの与右衛門, 年月そっと秘めて, 年月たずぬる間, 年月ただそれのみを, 年月たちて明治四十一年, 年月だけパリに, 年月だったろうそれは, 年月つづき中には, 年月であるからもう, 年月ですね, 年月といふものの, 年月とうとうその口実, 年月とても忘れて, 年月とに晒されて, 年月とはいえこんな, 年月どう暮して, 年月んです, 年月ながくこひわたる, 年月なじんで来た, 年月など幾分前後, 年月などというものを, 年月などは別して記憶, 年月にては及ぶまい, 年月にも少しも, 年月はぐくみ育ててきた, 年月ばかり細かい楷書, 年月ひそかに心, 年月ひた隠しに隠し, 年月ほんとうに温く, 年月まで切れも, 年月むがむちゅうで研究をつづけた, 年月もしやその後もと, 年月やっていれ, 年月ゆかしがって, 年月よく辛抱を, 年月よりも有楽町の, 年月わが身をし, 年月わたしたちの全, 年月をぞ過したる, 年月をば探し当てかねたが, 年月をも衝き貫いて, 年月を通してゐるので, 年月イプセンの日本語譯, 年月不明小瀬復菴に宛てた, 年月不自然な蟄居生活, 年月中村屋の名義人, 年月二人で打っ, 年月互いに怨んだその, 年月互に連れ添って, 年月の酒興, 年月人間らしい自主的な, 年月以前の物, 年月仰せつけを守っ, 年月仲間の女, 年月住めるような, 年月住んでみれ, 年月働く自然の, 年月兄弟のよう, 年月共に共に武家の, 年月兵馬がこうして, 年月に為造, 年月切ない恋を, 年月則重との間, 年月包んでけ, 年月十年もの間もう妾, 年月十月ついに日本橋, 年月及び其他の, 年月古い恋を, 年月叫びくりかえされて, 年月名利の坑, 年月圧縮されて, 年月外国を渡り歩いた, 年月夜ごとにきっと, 年月大事に育てた, 年月奈美女の情, 年月姓氏を書きいれた, 年月にし, 年月嫌味を排斥, 年月孤独と戦ひ勝つ, 年月を外, 年月家庭の状況, 年月ても覚, 年月尋ねる母の, 年月巌流のそば, 年月工夫したか, 年月左門を訪, 年月をかかげ, 年月幾度と知れず見馴れた, 年月庭園人々を思ひ出す, 年月はその, 年月彼女らの胸, 年月当然所有, 年月後半世も生き長らえる, 年月御殿を治めた, 年月忘れた事は, 年月をなし, 年月悪党仲間に交じっ, 年月悲劇や喜劇, 年月我が釣意を, 年月或は契合すべく, 年月戦場で艱苦, 年月手がけて磨きあげ, 年月手塩にかけた, 年月打捨てて顧, 年月捜してきた, 年月探し求めていた, 年月揃いたる生なり, 年月放射線室に勤める, 年月数多の獣, 年月は幾つ, 年月日時を同じく, 年月暑熱に耐え, 年月暮して来, 年月書いて来, 年月望んでいた, 年月東京住まいをした, 年月東西の国々, 年月東都一流の戯作者, 年月栖方は今, 年月にかからぬ, 年月が, 年月を見る, 年月熊本に勤め, 年月熟柿の香, 年月甲州には塩, 年月病身の舅, 年月をもつ, 年月の疑い深い, 年月種々な経験, 年月立つて後, 年月精魂を籠め, 年月紅色の花, 年月納屋の奥, 年月て一旦, 年月経た無明の, 年月経ち日が, 年月経って誰, 年月経てばいつか往年, 年月繰り返された行者としての, 年月繰返している, 年月舞台を踏ん, 年月なまれて, 年月苦労を致し, 年月草木谷という山中, 年月荒野を迷い歩き, 年月記録者の名称等, 年月かならず, 年月語るに友, 年月諸国へ釣り, 年月諸所方々をお, 年月貴様に子, 年月路傍へ転げた, 年月軽演劇というもの, 年月ひぬき苦み, 年月通い慣れたその, 年月過ぎたことで, 年月過して来, 年月過したので, 年月遠く離れて, 年月都会に住み馴れたる, 年月都会生活に慣れた, 年月重ねられたご研究, 年月隅田の川, 年月随分みだらな, 年月隠れ扶持をいただい, 年月風雨霜雪に曝された, 年月馴らした鸚鵡, 年月餓鬼と絶望, 年月馴れた河風の, 年月を折っ