青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「彼奴~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~役目 役目~ ~役者 役者~ ~彼 彼~ ~彼ら 彼ら~ ~彼女 彼女~
彼奴~
~彼方 彼方~ ~彼等 彼等~ ~往 往~ 往々~ ~往く 往く~ 往復~

「彼奴~」 1738, 19ppm, 6105位

▼ 彼奴~ (378, 21.7%)

6 俺を 5 自分の 3 それを, 何者だろう, 俺の, 僕の

2 [18件] ああし, どこに, ほんとの, われわれの, 何う, 何といふ, 何も, 俺に対して, 剣術が, 厭に, 吾輩が, 手の, 死んだの, 用意する, 発狂の, 私に, 私の, 馬鹿だ

1 [319件] あくまでも阻止, あのメダル, あれで, あんなところ, あんな奴, いかんと, いかん彼奴, いくらある, いけません彼奴, いった, いったい何者, おれが, おれたちの, おれの, お刀, お止しな, お止し遊ばした, お金の, かねての, きつと, このへん, この世の, この事件, こんどの, こんなトリック, さつきから, しかし決して, してやられたの, すこぶるの, すばらしい神童, そうかとは, そう信じ, そう言っ, そこへは, そのまま部屋, そのやくざ, その位, そらつか, たしか, たしかに僕, ただの, たちまち元気, だまって, ちっと安, ちゃんと心得, つい此間, つまり若宮, どうした, どうしても白状, どうして規定, どうしました, どうも汚臭く, なかなかの, なんの, のこるん, はじめから, ひとか, ひどい利己主義者, ひどい奴, ひどい色魔, ひどく喜ん, びっくりした, ふたたび新しい, ほんとうに, またどんな, また親父, まだ取らう, まだ目的, まア何, もう女, もう止め, もう死ん, ものの, やつぱり女です, よい稚児, わしが, イエスだ, イヤな, オキナワで, カンバスの, コンナ無茶な, コンナ策略にかけては, シンの, ソーセージを, チト怪しい, ツイこの, ノーマ号の, マア憎い, マダムの, ムシャクシャし, ヤンキー, リーザを, 一旦眼, 一条の, 一種独特な, 丁度その, 三ピンで, 三百両から, 下手人わたくしは, 下等な, 不届至極, 不死身だ, 不良少年だ, 不良青年です, 丹沢山からは, 乱暴で困る, 二番三番と, 交際知らずで, 人の, 人殺しを, 人生を, 仁助という, 今また, 今丁度食い酔っ, 今夜大宮の, 今日から, 今落ち目, 以前うちの, 何うかしました, 何しろしこたまお金, 何だ, 何だって, 何ともいえない, 何に, 何を, 何処かで, 何処とも, 何處かの, 余程変り者, 依怙贔負, 侠客気が, 保険向きに, 俺に, 俺ん, 俺以上の, 俺達の, 俺達を, 個人主義者で, 假病に, 元々俺, 元来詐欺賭博で, 兇悪な, 先刻この, 全く油断, 全力を, 六ヶ月前に, 出来る限り吾輩, 到, 到るところ, 前々より, 剣術も, 勝つたん, 又支倉, 叫んだ, 可哀そうだ, 吃驚りしますまい, 名うてな, 君が, 吾輩の, 商人だ, 喇叭が, 喰い酔ッ, 土竜の, 地底機関車を, 大僧正の, 大力が, 大喜び, 大方禁制, 大黒屋商店という, 天下に, 女から, 女に, 妙に, 妾にも, 始めツから, 姿こそ, 嫁を, 嫌な, 宇宙の, 安物買が, 実に珍しくえらい, 家の, 密使に, 尋常の, 少し気, 山師だ, 岐度怒る, 帆村の, 帰する, 帰って, 常識が, 常陸の, 彼奴で, 彼奴流に, 御前に, 心掛けが, 思いの, 恐しく神経質, 恩を, 悟りの, 悪党の, 悪魔そのものな, 悪魔だ, 悪魔な, 悪魔の, 愛敬者じゃ, 感ぜぬらしき, 憎々しいほくそ笑み, 戻つて來, 打たなければ, 打ち方, 持ってるん, 撲たれても, 政治家で, 昨日お話の, 時々酒, 晩まで, 最初の, 有り難い筈, 有名な, 本物の, 東洋人だ, 松五郎と, 松尾と, 正直だ, 此処等に, 死なない, 死んで, 気が, 気狂ひ, 水道鼠の, 江戸へでも, 油断の, 油断も, 法螺吹きな, 泥棒という, 流儀の, 消える様, 滅法力が, 火の, 無反省, 無職で, 無論そんな, 父の, 物差こそ, 犠牲者の, 犬ぢや, 狂人だ, 狐に, 独特の, 玄洋社と, 理窟屋だ, 田舎ツペだ, 畜生だ, 療養所の, 発句師俳諧師で, 白の, 百も, 直ぐにでも, 真蒼, 知人の, 神倉山の, 神通広大なる, 私たちを, 私に対して, 私達の, 紀州へ, 約束の, 結局斯う, 絶対に, 考へて, 背後に, 腰元の, 腹でも, 自分に, 自由な, 船客かい, 良い旦那, 色んな事, 苦が, 蜂須賀一党の, 蜜柑畑の, 衾を, 裏の, 要するに大, 見かけだけ, 見たん, 詐欺師かも, 詩人だ, 誠にあゝ, 謀反人でございます, 譏って, 警察で, 蹌踉き行った, 軍人だ, 迂闊し, 逆捩, 途中で, 達者すぎ, 遠からず死ぬ, 選りに, 酒呑だ, 野心家だ, 鉄砲玉の, 銭を, 長屋の, 間もなくおれ, 非戦争論者, 音も, 預言者か, 預言者かも, 飲んだくれで窃盗, 馬鹿者だ, 駄目だ, 驚いて, 魑魅魍魎だろう, 魔法つかいだ, 鳩つかい, 黙って

▼ 彼奴~ (325, 18.7%)

6 ために, 事だ, 手に 4 持って, 眼の, 首を 3 家を, 顔を

2 [19件] ことだ, ことを, 下に, 事らしい, 事を, 声だ, 女房に, 姿を, 家の, 家へ, 恐ろしい罠, 手品の, 様な, 詩は, 身体の, 迫害の, 頭の, 顔が, 顔は

1 [251件] あの不可解, いたづら, うしろへ, おかげだ, おやじの, お妾, お相手, お蔭だ, ことで, ことな, ことなら, ことは, ことばに, ごとき人非人, すがた, する事, せいだ, せいに, そら涙, ちい, つけ目だ, つもりで, ところへ, と同じ, も随分, やうな, やりそう, ような, ように, アタマは, トンマぶりを, 一身上の, 上衣な, 下役が, 中軍を, 乗ずるところ, 事た, 事で, 事は, 事ア喋られません, 事故気が, 二心は, 云う事, 云ふ, 仆れた, 仕事に, 代理に, 伊吹, 住む月世界, 住家は, 住居が, 体なんか, 何者かと, 使う手, 側へ, 先祖は, 入って, 写真に, 写真を, 分だ, 制服は, 前髪を, 力に, 力は, 印刷所へ, 友達の, 反間に, 口から, 口吻, 口書は, 右手を, 名前を, 向うずねを, 向うを, 呉れっぷり, 周りを, 命が, 命を, 唯一の, 嘘だ, 城を, 報告を, 声が, 声らしい, 変心を, 女房が, 如何にも, 妹だ, 姿が, 嬉しがり, 子供が, 実験が, 家に, 宿所へ, 小説を, 尻を, 尻尾を, 居所が, 巣を, 左の, 帰るまで, 帰国した, 式服です, 弟は, 当然の, 影が, 役目だ, 役者に, 後に, 後を, 後宮へ, 心得方, 心臓を, 怖ろ, 思うよう, 怨みは, 恐ろしい悪, 恐怖を, 恨めし相, 悪剣, 悪戯だ, 悪智, 意見に, 意見の, 憎さ, 憤慨の, 成敗は, 我儘は, 所へ, 所へは, 所為であろう, 手で, 手下に, 投込んだ, 持つて, 指が, 指紋だ, 指紋ばかり, 挑戦に, 数学は, 方が, 方で, 方へ, 旅行服の, 旧悪を, 最も讚美, 望むところ, 来たの, 様子を, 横っつらはりとばしたくなった, 正体は, 正体を, 気持を, 江戸下りも, 法医学者としての, 火沙汰が, 為に, 為を, 物すごい形相, 物でねえ, 特徴を, 狒々老爺振りを, 甘言に, 生い立ちは, 用いた念入り, 用心棒に, 病気は, 病状を, 癖な, 皮を, 目は, 目を, 目的だった, 眉間を, 真っ向へ, 真の, 真意は, 眼つきは, 眼前へ, 眼色が, 知ってる事, 知らない間, 知恵うかうかする, 秘密は, 積良, 立ち去るを, 筆跡は, 策の, 精神を, 素姓を, 素姓生国は, 素性が, 素振りは, 細君さんが, 細君に, 細首を, 罪悪を, 耳に, 肌の, 肩を, 背中で, 胸を, 腕に, 腹へ, 臍繰り金で, 若い時, 荒胆を, 行動については, 行方を, 術に, 見込み通りに, 親父などは, 親父の, 親爺の, 親爺も, 角力取みたいに, 言う通り, 言立を, 計画は, 註文に, 詐術という, 詐術に, 調子が, 貼紙によ, 足を, 身体に, 返事を, 迷夢を, 逃道は, 部屋を, 郷里である, 酔っ払らい, 金を, 防弾チョッキを, 面が, 面を, 鞭で, 頬ツぺたを, 頭でなく, 頭に, 頭を, 顎に, 顔へ, 餌食と, 餌食な, 首に, 首一つ取ったら, 馴染の, 髷を, 魂には, 鼻の

▼ 彼奴~ (225, 12.9%)

4 来て

2 [11件] あまり心配, いなけりゃ何, 今夜中に, 出さんと, 娑婆へ, 嫁に, 怪しからん, 持って, 持つて, 盗んで, 邪魔じゃと

1 [199件] あの, あらわれれば, あれだけの, あんなこと, いうには, いくら決め込んだ, いては, いなかったら俺, いなくなってから, おっ始めたん, おれの, お悦, お藤さま, かうと, ぎゃア, こっちの, このへん, この間の, こんなに恐し, しょっちゅう靴, じっと私, そこまで, その一人, その中, その前半, その後に, そんなしおらしい, そんな事, そんな悪人, そんな病理的, どうしても壺, どこかに, どんな打, ひっかえして, ひとりで, ひどい目, また何, やったて, やったん, わしを, エミの, ソレ位の, ルリの, ロメオと, 一件を, 一日早く, 不人情で, 不愉快だ, 不意の, 不親切な, 世帶を, 両親の, 九州の, 乱暴な, 人を, 人様に, 今市じゅうを, 今度描いたら, 今度画いたら, 仲間と, 何うも, 何かを, 何者である, 來て, 倒れた時, 借主だ, 僕と, 僕達を, 共に齡すべ, 出かける時, 判官三郎だ, 助太刀に, 勾引か, 化けの皮を, 北隣に, 博奕場と, 参りますと, 取りに, 口を, 同情される, 吸血鬼である, 吾輩の, 夜の, 大好きな, 夫人の, 女な, 女を, 始めたん, 嫌ひだ耶蘇ばかり, 嫌ひでは, 実行する, 尻尾を, 尾行し, 居な, 居ると, 居る間, 屯を, 山木の, 屹度己の, 己に, 己の, 己れ, 己を, 帰朝つて彼の, 引返して, 彼奴が, 彼奴といふ, 彼方から, 待合から, 後足で, 怪しいと, 悪いの, 悪いので, 悪い失敬, 悪い奴, 惡い, 我々の, 手引を, 教えるん, 教父に, 日本に, 時どき己, 暇に, 書くと, 書斎から, 本物と, 来たと, 来てから, 来や, 来ると, 来るよう, 松尾から, 横浜に, 正気の, 此の, 死ぬか, 死んじまったと, 死んだらこの, 死んで, 死んでも, 死霊でも, 殺したか, 水野家の, 水門の, 永年密貿易によって, 泥坊だ, 源女と, 溺れかかって, 無事に, 片思いに, 物干, 特別室と, 狐に, 玄関まで, 現れたの, 生きて, 町田ん, 畑柳家の, 癪に, 盗賊なら, 盜んだ, 相当に, 真人間なら, 私の, 私を, 窓を, 立ち塞, 立って, 紋服を, 終夜廻る, 経験経験と, 美土代町へ, 自発的に, 若江という, 蔵を, 薬師堂に, 蠅男であっ, 要求する, 見逃して, 親の, 親方の, 謀ったこと, 貴方に対して, 貴族で, 逃げて, 逃げ出すかも, 這い出して, 金なんか, 鞄が, 須崎の, 預言者な, 預言者なら, 食余した, 馬鹿だ, 高利貸を, 高慢な, 鳴いたの, 黄巾賊の, 黄金を

▼ 彼奴~ (139, 8.0%)

4 殺して 2 何んと, 捕えて, 生擒

1 [129件] いつまでも, おいつめた方, お前さんが, これから一日, こわがらせたん, して, そのままに, つけて, とっちめて, なんとかしなけれ, ひったて得たでは, ひっぱって, ひっ叩いて, ひッ, ぽか, もっとよく見なけれ, やっつけたの, やっつける意, グルグル巻き, バラし, ブン殴, ペチャンコに, 一番大に, 両断し, 予備砲車の, 亡きもの, 人間と, 何か, 写して, 利用し, 制すること, 力に, 勝手に, 取って, 取られたら困るん, 取り挫ぐ事, 取返さねえぢ, 召捕て, 君に, 呼んで, 呼出して, 喫烟者に, 囲んで, 国境脱出者と, 坊主に, 売ったの, 変に, 大事に, 家に, 寫して, 射止めて, 尋常に, 帰国さした, 引つつか, 引張つて來, 引懸け, 強請るに, 御贔屓, 微塵に, 心の, 怯かさなけれ, 恐れる必要, 感化なさりませ, 手捕り, 抱いて, 招きよせ闇, 捕まえなければ, 捕虜と, 捜すなあ, 捨てては, 探しましたが, 撃てと, 斬って, 斬らずにゃ, 斬り捨てて, 斬るより, 斬払って, 欺かす事ア訳, 此の世に, 此処へ, 殺さなかったんだい, 殺したかったよ, 殺した時, 殺せば, 殺って, 活し, 焚き付けたの, 狙って, 狙はば, 生捕っ, 留守居に, 相手に, 眺めて, 睨んだ, 瞞す事は, 突止めるの, 縄付きに, 縛って, 縛めて, 置いては, 罵倒しろ, 苛めて, 英雄に, 虐待しとる, 血祭に, 表に, 袋づつみにして戦闘中か, 見たん, 見つけ次第, 見て, 親と, 討ち殺すの, 討って, 討取ったって, 討取らば, 説破致しましょう, 調べて, 赦したわし, 身分ちがいの, 軍師として, 載せ忰, 追い出すより, 追うから, 追う所, 追つか, 追払うという, 逃すな, 部落に, 隠すに

▼ 彼奴~ (125, 7.2%)

3 はその 2 の船, は, は戦争, は私, は雨龍

1 [112件] おい皆乞食, からはモット, だってち, だって用心, だって相当, だナ, です, と縁, におとなしく, にどれ, には海泥, に一本手紙, に仕返し, に勝つ, に対してこの, に対する, に引, に打殺され, に捕, に潜らされ, に頭, の, のからくり, のなか, のよう, のスパイ政策, のトリック, の仕事, の仕業, の前, の勝手, の取締, の唯一, の城壁, の巣窟, の常套的, の度胆, の廻しもの, の弾圧, の弾圧位びんびん, の心根, の息子, の態度, の手だて, の打倒, の捕り, の最大, の根拠地, の案外, の永年, の無学文盲, の無茶, の癖, の眼前, の知識, の肉, の裏, の言, の迫害, の退場, の頭, の顔, の魔, はいつも, はえて, はきっと, はこの, はどう, はな上手, ははじめ, はまだ, はチャン, はブン, は一時南鮮, は乃公, は今, は何, は何処, は俺, は俺達, は其處, は凱歌, は君, は地べた, は天罰, は寄っ, は対州鰤時代, は尊敬, は復讐心, は教育家, は東京, は死物狂い, は白旗, は皆, は知っ, は石, は私達一人, は自分たち, は英語, は虚言, よりなお, をあんなに, をなぶり殺し, をタタキ, を人並, を根絶やし, を殺し, を相手, を羽根田, を責める, を追っ, を連れ

▼ 彼奴~ (93, 5.4%)

2 書かしたら又, 見られて, 違いない

1 [87件] あった手法, あてはまるからな, うまく嵌められた, かかって, かかられて, きまっとる, こちらを, こんな事, そんな手荒, できる仕事, どんな振舞い, どんな用談, はかられた, ぶつかって, まるで子供, わしを, キツスされ, ピストルを, 一円も, 一杯酒を, 三十銭やる, 不在証明が, 二年の, 二度の, 云われると, 仇を, 仕えること, 付きまとわれて, 会ったら鉄鎚, 会つて説明し, 何なり, 使われるよう, 出つくはすやう, 出会ったの, 出来る仕事, 前から, 前後三回身体に, 十両貸した, 取りかかって, 可哀そうだ, 向って, 喰べ, 堅く言, 大手を, 奪われたもの, 就いちや考, 彼奴に, 念は, 悟られては, 惚れて, 打勝ったの, 操られて, 教えたろうと, 教へ, 敵の, 欺かれしか, 江戸の, 狙われた倭文子, 獣人酋長に, 用なんか, 相違ねえ, 着せたまま一緒, 私が, 窘められるよう, 紹介の, 絞め殺されては, 自由自在に, 詫びて, 調戯った, 貸しても, 貸すの, 賞められた, 足が, 返して, 追いつかれては, 逃げられないやう, 逢いてえば, 逢って, 遇った時, 鎖させたの, 限って, 電話なんか, 面会を, 面当だ, 頼もう, 騙されて, 魔が

▼ 彼奴~ (50, 2.9%)

2 此頃では, 泣いて

1 [46件] あれで, いくらか百合子, いたん, この左門, したたか者だ, ちょっぴり味, つまんねえだろうと, とうとうくたばりました, どうも何, よっぽど唐変木, よっぽど困っ, 一つ俺が, 一つ俺れ, 他諸鳥同様鷹, 何か, 何だか變, 俺が, 助けて, 可哀そうだ, 善い男, 変だ, 大分変った, 大分変つた, 好い女, 字は, 家を, 己の, 序に, 懲りるだろうという, 未だ老朽, 榊原の, 死ぬ, 気が付かねえが, 無駄挽を, 目星を, 相談に, 私にゃ, 窃盗を, 縛るの, 船頭な, 行去た, 話せる男, 誰が, 近ごろ一円貰った, 酷い奴, 食わずには

▼ 彼奴~ (27, 1.6%)

1 [27件] きたらどんな, ぐるに, しよりの, すると, すれば, みえたが, 一緒に, 世間とへ, 云うの, 仰しゃりますと, 仰しやりますと, 会うこと, 同じぢ, 大曲で, 彼奴は, 文通を, 来たら, 来たら煩い, 来ちゃ, 極つて, 決闘してやろう, 相識に, 肩を, 見たの, 見極めるほどの, 踊つてゐる, 逢えば

▼ 彼奴には~ (20, 1.2%)

1 [20件] あの金, あんな事, どうも敵, もう何人, 一寸した, 俺の, 初めてだ, 判らん, 喰ったね, 困るです, 大勢の, 思うつぼに, 恐れて, 愛想が, 敵わ, 気働きという, 澤山だらう, 立派に, 酷い目, 黙って

▼ 彼奴~ (14, 0.8%)

2 と一ト言, よ, ッ 1 とする, と言う, ね, よ平常, よ永い, 彼奴が, 彼奴だ, 彼奴に

▼ 彼奴~ (13, 0.7%)

1 [13件] あんなに笑い, が, が俺, こんなこと, ですよ, とは彼奴め, とは誰, をこれ, 来るに, 殺されるとでも, 肥って, 過ぐる年, 驚いたと

▼ 彼奴とは~ (9, 0.5%)

2 一生口を 1 なんだ, 一たい何者だ, 口を, 彼奴, 愈, 早晩腕づく, 高輪田長三の

▼ 彼奴~ (7, 0.4%)

1 五年前お前を, 塩子の, 死に, 狂人の, 若い新, 貴様に, 随分点

▼ 彼奴こそ~ (7, 0.4%)

1 いけ図々しいのよ, おれの, お尋者, 先夜飯塚殿の, 大円鏡智流の, 大逆の, 心がらで

▼ 彼奴だって~ (6, 0.3%)

1 イフヒムに, ジッとしては, 堀の, 林檎の, 私の, 考えないだろう

▼ 彼奴一人~ (6, 0.3%)

1 じゃ, だが, でしたらうか, で盜ん, ならいい, の仕業

▼ 彼奴さえ~ (5, 0.3%)

1 あんな物, いなければ, よけいな, 世帯持ちが, 殺して

▼ 彼奴じゃ~ (5, 0.3%)

1 あるまいね, ないかとも, ないよ, 敵じゃ, 駄目だ

▼ 彼奴ばかりは~ (4, 0.2%)

2 何うし 1 どうしても主人, メッポウ強かっ

▼ 彼奴~ (4, 0.2%)

1 から嚇し, だから, でございますか, ですよ

▼ 彼奴~ (4, 0.2%)

1 うした, か思い附, ほどのこと, を立腹

▼ 彼奴~ (4, 0.2%)

2 をからかった 1 の手, を見

▼ 彼奴迄が~ (4, 0.2%)

2 荘田の, 金の

▼ 彼奴から~ (3, 0.2%)

1 巻き落, 私の, 脅迫状が

▼ 彼奴だけは~ (3, 0.2%)

1 タキノ風には, 俺の, 行かせなかったよ

▼ 彼奴まだ~ (3, 0.2%)

1 此処に, 相変らず, 酔つてゐる

▼ 彼奴までが~ (3, 0.2%)

2 十何年と 1 俺を

▼ 彼奴ら二人~ (3, 0.2%)

1 が永禪和尚, に復讐, に白状

▼ 彼奴等二人~ (3, 0.2%)

1 は何処, を仮令, を殺さんで

▼ 彼奴若林~ (3, 0.2%)

1 の予想通り, の遣り口, は嫌

▼ 彼奴あの~ (2, 0.1%)

1 悪事にかけては, 時分で

▼ 彼奴~ (2, 0.1%)

1 得意の, 由羅派として

▼ 彼奴~ (2, 0.1%)

1 あの男, 俺か

▼ 彼奴かて~ (2, 0.1%)

1 そら苦労, カラクリの

▼ 彼奴がと~ (2, 0.1%)

1 いふの, 多寡を

▼ 彼奴がね~ (2, 0.1%)

1 編輯局へ, 編集局へ

▼ 彼奴といふ~ (2, 0.1%)

2 のは

▼ 彼奴としては~ (2, 0.1%)

1 ありそう, 未決監に

▼ 彼奴どんな~ (2, 0.1%)

1 事を, 顔を

▼ 彼奴なかなか~ (2, 0.1%)

1 気の, 芝居気が

▼ 彼奴なんか~ (2, 0.1%)

1 どうせ嫁入り, 幾ら憤つた

▼ 彼奴のど~ (2, 0.1%)

2 てっ腹

▼ 彼奴め復讐~ (2, 0.1%)

1 の機, をさせ

▼ 彼奴~ (2, 0.1%)

1 太え, 好い気

▼ 彼奴ア駄目~ (2, 0.1%)

2 だよ

▼ 彼奴一流~ (2, 0.1%)

1 の専売特許, の御

▼ 彼奴何処~ (2, 0.1%)

1 か旅行, へ行った

▼ 彼奴何時の間に~ (2, 0.1%)

1 チョーク画を, チヨーク畫を

▼ 彼奴~ (2, 0.1%)

1 に偉, らしいこと

▼ 彼奴小野山~ (2, 0.1%)

2 の奴

▼ 彼奴彼奴小野山~ (2, 0.1%)

2 の奴

▼ 彼奴必ず~ (2, 0.1%)

1 又図, 帰って

▼ 彼奴~ (2, 0.1%)

2 にする

▼ 彼奴~ (2, 0.1%)

1 逆に, 逆裏切りは

▼ 彼奴若林鏡太郎~ (2, 0.1%)

1 だ, はどうして

▼1* [193件]

彼奴あれでゐ, 彼奴いよいよ不審と, 彼奴おかしな奴だ, 彼奴おしやべり, 彼奴かいあはははは, 彼奴かなア, 彼奴がか余っぽ, 彼奴がのいつに, 彼奴この頃変だ, 彼奴これを喰わ, 彼奴彼奴がさ, 彼奴さぞかしくやしがっ, 彼奴さよう不良青年です, 彼奴そっくりだぞ, 彼奴そんな真似を, 彼奴たちはどうせ, 彼奴だけ甦え, 彼奴だけには俺の, 彼奴だったのです, 彼奴だったらあるいは首, 彼奴だろうは酷かろ, 彼奴って何だ何, 彼奴つけ上ってるな, 彼奴つたらうつかり, 彼奴性根の, 彼奴であったということ, 彼奴ではあるまいか, 彼奴でも女が, 彼奴というような, 彼奴とかってな真似を, 彼奴とが私の, 彼奴とっても堅い奴, 彼奴とても命拾いこりゃ, 彼奴との間に, 彼奴ともとう, 彼奴どうしてものに, 彼奴どこへ, 彼奴どものする, 彼奴ども赤夷らには情誼, 彼奴どれだけの功臣, 彼奴のに今, 彼奴などが中心に, 彼奴なにか便りを, 彼奴ならこの不可思議, 彼奴なら聴いても差支えない, 彼奴なら遣りそうな, 彼奴にさえ見つからなけ, 彼奴にだけこの王冠, 彼奴にだって下宿は, 彼奴について聞き知ってること, 彼奴にでも見つかると, 彼奴にとってこの上, 彼奴にへえつくもうつくする, 彼奴にも家人郎党は, 彼奴はけしからぬ男, 彼奴はね僕が, 彼奴一番先き, 彼奴ばかな奴, 彼奴ばかりだからのう, 彼奴ばかりに頼って, 彼奴ひとりの智慧ぢ, 彼奴ひどく夜更かし, 彼奴果し合いを, 彼奴まで我の, 彼奴めさっきから影, 彼奴めたいがい知れとる事, 彼奴めわしの言葉, 彼奴め一円取って, 彼奴め下物だって鮭, 彼奴め兵を乗せる, 彼奴め吾輩が昨夜, 彼奴め嚊に惚, 彼奴め庭の下, 彼奴め心身疲れ人心地, 彼奴め昨夜の宿泊料, 彼奴め自分だけの手柄, 彼奴め親に孝行, 彼奴め贋方術師さ, 彼奴め近年手元不如意とか諸事倹約, 彼奴め酒を打掛け, 彼奴め長久保のあやしき, 彼奴め頭の傷, 彼奴もう天下人に, 彼奴よく辛抱し, 彼奴よりどんなに撃ちかけ, 彼奴よりも強い神経, 彼奴らどもは皇帝, 彼奴らめをつけあがらした, 彼奴らア人間はお, 彼奴ら一派の動静, 彼奴ら何者であろうの, 彼奴ら兵を起こす, 彼奴ら口だけだ, 彼奴ら撮み塩か何, 彼奴ら盗賊の集会所, 彼奴ら義理が堅く, 彼奴をこそ目ざして, 彼奴とこへ, 彼奴俺の, 彼奴ア己より強い, 彼奴ア幾人人を殺した, 彼奴ア途方もなく, 彼奴ア隨分點が辛い, 彼奴たら田代クン, 彼奴トテモ手ヲ出, 彼奴ハ内地ニ於テ労働者農民ヲ搾取シ, 彼奴一人ぢや無い, 彼奴一体そういう質, 彼奴一円の勢力, 彼奴一週間後でなければ, 彼奴の聞く, 彼奴吐いた広言, 彼奴以外にある, 彼奴但馬のお気に入り, 彼奴何とかしようぢ, 彼奴余程婦人好で, 彼奴倒れながら抜打ち, 彼奴兇状持だ, 彼奴が当, 彼奴其一本を取れ, 彼奴なりといえ, 彼奴勘弁しや, 彼奴短刀まで, 彼奴呼わりをする, 彼奴商取引の仲間, 彼奴は全たく美, 彼奴変ってま, 彼奴天国へ往ける, 彼奴と知らず, 彼奴妻恋坂の峰丹波, 彼奴威かしても知らん顔, 彼奴の血, 彼奴な奴サ, 彼奴嫌いさ, 彼奴子供を育てた, 彼奴宿にいやア, 彼奴屹度来て, 彼奴屹度途中で自, 彼奴巧みに様子, 彼奴帰れば武田, 彼奴に真面目, 彼奴手強いらしい, 彼奴教会を放逐, 彼奴既にアノ時から, 彼奴昨日町田んとこ, 彼奴未だ四角張つて, 彼奴来なかったがあいつ, 彼奴の幹, 彼奴案外真剣だったらしい, 彼奴椅子にゆわえつけられ, 彼奴死んじゃったろうか, 彼奴殿下にもなれる, 彼奴江戸へ出られる, 彼奴決して方術師では, 彼奴にドシドシ, 彼奴清二の二の舞い, 彼奴烏啼はこの, 彼奴猛威を逞, 彼奴猛獣だからね, 彼奴生意気だと, 彼奴用心深いからな, 彼奴で盗賊, 彼奴社会党ぢやない, 彼奴稀代の韋駄天, 彼奴等こと寄せてんべ, 彼奴等ぢやない, 彼奴等味方ではない, 彼奴等土百姓はわけ, 彼奴等平生露西亜の虚無党, 彼奴等惡つくき海賊共, 彼奴等支配階級に対して同情, 彼奴等用心をし, 彼奴等白東会を雇, 彼奴等自身もあまり, 彼奴紳士泥坊の復讐, 彼奴線香代をつけ, 彼奴自分で持っ, 彼奴自殺したの, 彼奴自身そのものであろう, 彼奴を吐い, 彼奴見せびらかしに来, 彼奴見抜いていた, 彼奴詐僞師に違, 彼奴誠に人情を, 彼奴な奴, 彼奴越前へのツラ, 彼奴逃げ失せたな, 彼奴はあり余る, 彼奴雪解けも待つまい, 彼奴騒々しい石塊だ, 彼奴高慢な顔, 彼奴鳥渡詩人なん, 彼奴麻布の狸穴