青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「年~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

平常~ ~平次 平次~ 平民~ ~平気 平気~ 平生~ 平等~ 平野~ ~年
年~
年々~ 年代~ 年寄~ 年月~ 年来~ 年生~ 年間~ 年頃~ ~年齢 年齢~

「年~」 86906, 900ppm, 94位

▼ 年~ (16702, 19.2%)

527 間に 155 後に 131 頃は 117 うちに 103 後には 102 暮に 83 秋の 74 ことである 71 昔に 69 月日が, 歳月を 68 夏の, 月日を 65 歳月が 61 間は 60 秋に 59 ころは 56 あいだに 54 夏に 53 間の 47 ことで 46 春の 45 歳月は 43 春から, 春に 41 昔から 40 余も 36 二月に 35 冬の, 星霜を 33 月日は 32 ことであった, 三月に, 五月に, 正月に, 歴史を, 生涯を 31 割に, 間には 30 夏には, 末に, 秋から 29 九月に, 長い間 27 うちには 26 七月に, 夏から, 暮の 25 八月に, 夏は 24 一月に, 四月に 23 中に, 十二月に, 後である, 昔の, 秋には, 頃から, 頃に 22 内に, 知己の 21 冬に, 冬は, 割には, 年月を, 後の, 昔である, 春は 20 初めに, 春であった, 春には, 暮には, 秋, 間 19 ことだ, 六月に, 年月が, 正月の, 歴史の 18 はじめに, 二月の, 十月に 17 せいで, 五月の, 十二月の, 時に, 暮から, 条に, 計を, 長きに, 間私は, 頃には 16 うちの, 十一月に, 四月の, 後, 暮, 秋も, 間この 15 ことを, 事である, 前に, 十一月の, 昔と, 春 14 わりに, 九月の, 冬から, 終りに

13 [11件] せいか, 一月から, 初夏の, 後までも, 春が, 生涯に, 生涯の, 秋であった, 間その, 間も, 頃の

12 あひだ, ことでした, 夏, 日本の, 時の, 暮であった, 條に, 頃で, 齢を

11 [12件] ことです, 十月には, 年月は, 役の, 後は, 昔を, 暮で, 歴史が, 歴史は, 間と, 間を, 間彼は

10 [15件] あいだは, 人口は, 人間の, 伝統を, 初夏に, 十月の, 後で, 後を, 春を, 月日の, 正月には, 永い間, 私の, 若いお, 違ふ

9 [26件] こと, 一月の, 七月の, 事で, 二月には, 作である, 修業を, 八月の, 六月の, 冬には, 半分は, 四月には, 夏も, 夏を, 復活祭の, 時だった, 暮は, 暮を, 末から, 生活を, 眠りから, 秋で, 秋である, 若い彼, 間にも, 革命の

8 [30件] ころに, のちに, 七月から, 久しきに, 九月には, 五月から, 五月には, 今日に, 八月には, 刑を, 夏私は, 大洪水, 後まで, 旅の, 昔, 春で, 春も, 春私は, 暮が, 歳月の, 生で, 経験を, 若いの, 若い河童, 長い月日, 間という, 間一度も, 頃である, 頃まで, 順に

7 [36件] うちで, ことであります, ように, 七月には, 上の, 中には, 今に, 今日まで, 作で, 元旦は, 初めには, 十一月には, 友の, 喪を, 夏が, 大部分, 始めに, 後彼は, 春でした, 春と, 時は, 最後の, 正月は, 生である, 生まれで, 生活は, 生涯は, 秋と, 若い女, 若い男, 若さ, 長い年月, 間日本の, 震災に, 頃も, 頃より

6 [56件] あいだの, こうを, ことだった, ときに, わりには, 一月には, 七月であった, 三月から, 作, 元旦に, 冬, 初に, 十二月には, 喪に, 夏だった, 夏で, 夏である, 夏休みに, 大噴火, 大地震, 大晦日の, 始めの, 寿を, 序ある, 当番長, 役に, 後か, 後にも, 恋も, 或る, 日子を, 昔で, 昔より, 春である, 時から, 時を, 暮も, 末には, 條, 正月を, 生れで, 生活が, 秋まで, 秋私は, 計は, 過去に, 間が, 間である, 非を, 頃, 頃だ, 頃だった, 頃であった, 項に, 飢饉の, 餘も

5 [65件] あいだという, ある日, ことであり, せいだ, その日, はじめの, むかしと, むかしに, ものが, クリスマスの, 三月の, 上も, 中の, 事であった, 事を, 五月一日に, 人の, 今日でも, 余に, 六月には, 内には, 初めの, 初夏から, 割りに, 四月, 四月から, 地震は, 基を, 増した方, 夏でした, 夏と, 夏より, 寒さ, 年末に, 後この, 後ち, 後或は, 忌みに, 旅を, 昔は, 春この, 春また, 時間を, 暮と, 正月から, 火事に, 生を, 神の, 秋までに, 秋を, 秋頃から, 第二版, 終りの, 自分の, 若いに, 若い人, 若い彼女, 課程を, 豊凶を, 違は, 間か, 間で, 間わたしは, 頃であろう, 頃と

4 [123件] いつたの, ことでありました, ことなり, ころから, せいも, むかしである, むかしの, ものに, ものは, やうに, わかいお, わかい彼, フランスの, 三月, 三月には, 中で, 九月, 九月が, 九月で, 九月であった, 事なら, 二学期の, 二月から, 二月だった, 二月で, 二月であった, 交に, 人生は, 余にも, 修行を, 元日の, 元旦には, 六月十九日に, 冬であった, 冬まで, 出版で, 出生と, 出生は, 刑に, 初夏である, 前から, 前の, 前まで, 劫を, 十二月, 十月から, 十月で, 古より, 四月であった, 四月十五日に, 夏まで, 夏休みの, 夢を, 大晦日に, 始に, 屈辱の, 師走の, 幕府が, 年月の, 年期で, 後であった, 後も, 愁を, 戦争の, 教室で, 文壇, 日記に, 日記を, 昔この, 昔し, 星霜は, 春にも, 春四月の, 春頃から, 時には, 時代に, 晩秋の, 暮だ, 最初の, 期間に, 期間を, 未来の, 条には, 格好は, 正月, 歳月と, 歴史によって, 死亡率は, 男が, 男二十一歳と, 相違を, 知己と, 短い生涯, 祝典を, 秋が, 秋だ, 秋は, 秋彼岸中日の, 経験から, 総選挙, 若いもの, 若い一人, 若い元気, 若い娘, 若い婦人, 若い私, 若い者, 苦労を, 苦役を, 調査に, 辛抱で, 長きにわたって, 長さ, 長年月, 長日月, 間ずっと, 間ほとんど, 間一日も, 間同じ, 間私の, 間苦行した, 間身を, 関ヶ原の

3 [249件] ある秋, いったの, いった女房, いった者, うちでも, お友達, ことが, ことであっ, ことと, ことに, ころだった, ころには, ころの, その昔, その間, ために, ときで, のちには, もので, ゆかないわたくし, わかい女中, クリスマスには, クリスマスを, メーデーに, モスク, ロシアの, 一月と, 一月九日の, 七月頃には, 三月だった, 三月で, 三月である, 三月は, 三月十日に, 三月頃に, 上に, 中にも, 中頃から, 久しい間, 久しきを, 九月と, 乱は, 事なり, 事件に, 二月, 五月で, 五月は, 五月まで, 五月私は, 京都の, 人口を, 人口実測よりも, 人生の, 人生を, 今でも, 作だ, 作に, 僕の, 元日は, 元旦の, 先生が, 八月, 八月である, 六月, 六月であった, 六月まで, 冬で, 冬でござんした, 凶作の, 出来事で, 出版である, 出生の, 分を, 初めから, 初めで, 初夏であった, 初夏まで, 初秋から, 初秋に, 前根つ, 割合に, 割合には, 十一月で, 十一月であった, 十二月から, 十月二十日, 十月末に, 博覧会に, 命を, 噴火に, 四旬節の, 四月で, 四月まで, 四月五日に, 基礎を, 夏だ, 夏であっ, 夏であった, 夏僕は, 夏或, 多く見え, 夢の, 大半を, 大火に, 大火事, 大震災に, 大革命, 太平は, 太平を, 女は, 如きは, 始めには, 娘が, 子供が, 季節の, 宣告を, 寄つた婆さまたちが, 席順に, 年に, 年季を, 年月と, 年期を, 序が, 彼の, 後その, 後はじめて, 後再び, 後私の, 徒刑に, 恋一朝に, 悔いを, 懲役に, 懲役を, 戦に, 故で, 故には, 教室に, 教室へ, 教師が, 教師は, 文化を, 文壇に, 文学の, 方が, 方針を, 日が, 日月は, 日本に, 早春に, 早春の, 昔だ, 昔です, 昔なら, 昔には, 昔既に, 星霜が, 春からは, 春ごろから, 春だった, 春では, 春まで, 春休みに, 春私が, 春秋を, 時が, 時日が, 時日を, 時間の, 暮です, 暮までには, 暮金助は, 月日で, 月日も, 期間には, 期間の, 末, 末か, 末である, 末まで, 杉の, 横浜の, 正月が, 正月であった, 歳月, 歴史, 歴史ある, 江戸の, 洪水の, 活計を, 猿の, 生れだ, 生徒が, 生徒の, 生活の, 生涯が, 知己に, 社稷を, 祝を, 神, 秋その, 秋だった, 秋私が, 秋重ね, 積る, 立後れを, 級に, 終に, 終りを, 経験によって, 結婚を, 緑を, 翌年の, 習慣の, 者は, 自序ある, 若い割, 若かった, 若け, 行かぬやう, 記念の, 試験に, 話である, 調べに, 辛苦が, 辛苦を, 運を, 過去を, 都の, 長いあいだ, 長きを, 長期に, 間あの, 間いつも, 間いまだに, 間お, 間であった, 間人民の, 間僕は, 間彼の, 間殆ん, 間自分の, 關東大地震に, 震災の, 革命に, 革命を, 頃までは, 順で, 風雨に, 馴染に

2 [746件 抜粋] あいだその, あいだな, あいだにも, あいだも, あいだ一度も, あいだ彼を, ある季節, ある手紙, いかない子供, いかない弟, お支度, くれ, ことであったろう, ことでございます, こととして, ことな, こと某, ころが, ころで, ころなら, ころ五十くらい, ころ十七八で, ころ品川楼で, ころ四十二三の, ころ末の, ご猶予, その年, それが, それよりも, ちぎりを, できごと, とき, ときである, ときの, ところに, とし, はじめから, へだたりは, まに, むかし, もの, ものである, ものほど, やうである, やり直しを, ゆかない妹, をはり, アメリカの, クリスマスから, クリスマスは, サガレンへの, スウェーデン旅行の, ナポレオンの, パリーの, フランスを, ライオンを, 一年は, 一月, 一月でした, 一月も, 一月二十一日に, 一月五日の, 一月十九日に, 一月土佐への, 一月早々, 七月で, 七月を, 三十も, 三年を, 三月三十日の, 三月十八日であった, 上な, 上梓である, 下の, 下半期から, 不作だ, 不足を, 中秋の, 丹精を, 久しきあいだ, 九月から, 九月まで, 九月二十日に, 予定で, 事かと, 事です, 事と, 二人の, 二回に, 二度目の, 二月まで, 二月十九日に, 二月及び, 五月十五日の, 交の, 人口, 人口が, 人口実測に, 人智の, 今ごろも, 今日においても, 伝統の, 但馬地震に, 作と, 作家生活は, 修身と, 俳能会の, 元日には, 先が, 光輝ある, 児万歳, 八月から, 八月が, 八月まで, 八月二十六日に, 八月西郷隆盛が, 六月で, 六月一日に, 六月三日から, 六月十二日の, 冬が, 冬だ, 冬と, 冬も, 冬を, 冬或, 冬父の, 冬酉の市へ, 出来事, 出来事だ, 出来事である, 出来事を, 出生及び, 分は, 刑期だ, 刑期を, 初冬, 初冬から, 初夏には, 初春に, 初秋, 初頭で, 判決を, 前である, 功夫と, 加減で, 勤労者の, 十も, 十一月だった, 十一月である, 十一月も, 十一月七日に, 十一月十二日に, 十一月十五日に, 十一月歌舞伎座で, 十一月頃から, 十二月ごろから, 十二月で, 十二月でした, 十二月三十一日の, 十二月私は, 十月であった, 十月と, 十月を, 十月十一日に, 十月十九日, 十月十八日に, 半分近くは, 半生を通じて, 卒業期まで, 博覧会も, 友とや, 友達の, 叔父は, 受持である, 受持の, 同じ季節, 同盟に, 命の, 喪が, 四月だ, 四月である, 四月を, 四月四日に, 四月頃と, 困難な, 地理と, 地震にも, 地震の, 報告に, 報告書を, 境が, 境に, 変化は, 変遷を, 夏などは, 夏アメリカの, 夏丁度, 夏休みが, 夏友達三人で, 夏富士の, 夏私が, 夏蘭軒は, 多いの, 多い女, 夢, 大コロリ, 大変の, 大恐慌, 大暴風, 大樹よ, 大遠忌, 大音寺虎雄つてんだ, 大飢饉, 太平に, 契りは, 契を, 奮闘は, 女の, 始めを, 娘を, 安泰の, 実測が, 寒の, 寿命を, 少い女, 少い子が, 山寺を, 山本が, 干支と, 干支の, 年は, 年伊豆で, 年賦で, 年長者で, 序の, 建立と, 当時に, 役が, 役は, 役を, 後すなわち, 後にしか, 後三年の, 後二人は, 後兄は, 後公用で, 後大正二年に, 後平岡は, 後紀昌は, 後自分は, 御恩, 御稽古, 復活祭に, 忌の, 忘れも, 恩にも, 悲しみも, 悶へをや, 憂苦を, 戦いに, 戦争に, 支度としては, 收穫, 数が, 數, 文化に, 文学に関する, 文明に, 文献の, 新の, 新学期, 新年号から, 新春を, 方は, 旅が, 旅行の, 日数に, 日本, 日本で, 日清戦争までと, 日記帳を, 旧知の, 旧習に, 旭川から, 明けるの, 昔であっ, 昔では, 昔も, 昔偉大なる, 春さきに, 春さる, 春でございました, 春なり, 春より, 春以後は, 春早く, 春未だ, 春秋が, 春秋は, 春英国で, 春菅沼の, 春頃であった, 時か, 時だったろう, 時であった, 時ケイト先生の, 時京都へ, 時同室だ, 時宗助は, 晩春の, 晩春より, 暑中に, 暮ごろから, 暮だった, 暮である, 暮でした, 暮まで, 暮までに, 暮れに, 暮れるまで, 暮春の, 暮近い, 暮頼まれた, 暴落で, 月日がか, 有名な, 末ごろからの, 本能寺の, 条を, 東京の, 東京市民は, 松の, 板に, 栄華の, 栄華を, 桜の, 森の, 歌は, 正月と, 正月も, 正月父は, 歳の, 歳末に, 歴史しか, 歴史と共に, 永き年月, 法律によって, 法要が, 泰平に, 泰平の, 浅い人, 清節も, 潜伏信仰を, 為に, 物で, 犯人は, 犯人を, 猶予を, 生まれである, 生まれと, 生命に, 生命は, 生命をも, 生徒で, 生徒は, 生活で, 生涯には, 生涯を通じて, 生計は, 男と, 男の子も, 男は, 男子の, 當時では, 百合には, 盛夏の, 相違が, 知己でも, 短い月日, 祭の, 禁令は, 秋ごろから, 秋だつた, 秋な, 秋にかけて, 秋より, 秋チェーホフも, 秋以来あ, 秋友子は, 秋巣鴨の, 秋水の, 秋自分が, 秋風の, 空間を, 竿納め, 節子の, 精は, 細注に, 終り頃から, 経済年度から, 経験で, 結婚は, 結婚数は, 翌年その, 老の, 聖書は, 自然の, 苔を, 若いあなた方, 若いころ, 若いせい, 若いわたし, 若い二人, 若い妻, 若い巡査, 若い背, 若い英国, 若い音楽家, 苦しみを, 苦学を, 苦役で, 苦心は, 苦行の, 草の, 著作, 行かない久松, 行かない娘, 街道生活を, 表に, 裡に, 計の, 記念に, 記録で, 話だ, 誕生日の, 變らない, 谷中天王寺墓畔に, 資財帳に, 辛抱が, 辛抱じゃ, 農事の, 農作の, 連中が, 運勢を, 過去は, 違いは, 選挙で, 重修, 長い歳月, 長い歴史, 長き間, 長の, 長篠の, 開会日は, 間かの, 間こんな, 間では, 間どうして, 間わたくしの, 間世間に, 間人類の, 間何の, 間努力し, 間安穏に, 間彼女は, 間待っ, 間忘れ切, 間恋人の, 間昼夜を, 間江戸で, 間甘い, 間私たちは, 間紀昌は, 間続いた, 間自分を, 間良人と, 間蛸市とか, 間長崎の, 関東震災の, 關東大地震は, 阿波国の, 院展, 雨の, 雪を, 革命前に, 頃この, 頃でした, 頃まだ, 頃二十一二少々, 頃二十七八分別者らしい, 頃二十五六の, 頃二十五六少し, 頃五十七八大, 頃先生が, 頃十八九の, 頃即ち, 頃小石川の, 馴染にも, 鶴の

1 [7908件 抜粋] あいだ, あいだだまっ, あいだ二代目の, あいだ口を, あいだ幾たびと, あいだ死んだ, あいだ苦心に, あったこと, あゆみに, ある期間, いかない生徒等, いった少々, いのち保っ, うち五月から, うち風邪を, お体, お若い, が最終, ことこの, ことなんぞ, こと浮塵子が, この頃, ころも, ころ二十七八でも, ころ仏京に, ころ四十ぐらゐ疣, ころ現, ご恩, せいかと, その夜, ため, ちがった未亡人, ときだらう, とき数学上の, と生きる, のちで, のち戒定慧ある, はじめと, は囲繞溝渠, ほとんどを, むかし噺家の, もの三十六箇が, ゆかない子ども, よくわからない, わかい手ぬかり, わりにから, イーハトーヴォの, カルネワレの, コンタンが, ジヤコビン黨を, チェルシーと, ノーベル賞受賞者で, パリ万国博覧会の, ブルターニュの, メーデーには, レンスキー事件の, ヴェノスアイレスの, 一大回環を, 一月にかけて, 一月下旬と, 一月十五日までに, 一月早々は, 一特徴であっ, 一般気象条件と, 七曜が, 七月下旬, 七月五日付で, 七月十三日の, 七月末に, 三分の一は, 三度, 三月三十一日に, 三月二日あたしは, 三月十五日癸丑の日に, 三月岩谷書店から, 三月神田三崎町に, 上にも, 下らない事件, 不良な, 両度の, 中支行きは, 丹波国牒にも, 久しき思い, 九月その, 九月三日海上で, 九月初旬妾が, 九月巴里に, 九月頃の, 事であっただろう, 事原美濃守が, 二〇年間に, 二十三蒼白く, 二年には, 二月はじめに, 二月二日であった, 二月十九日玉井組創立三十周年紀念の, 二月家宣が, 二月百済の, 二體で, 五月までに, 五月中の, 五月八日の, 五月廿五日の, 五月雨は, 交一朝に, 人ミレトスの, 人口実測の, 人身売買禁止法男子に, 今までは, 今日まだ, 今月今日に, 仲秋信濃の, 伽藍縁起を, 何月か, 余稲葉山の, 使役という, 信玄亡き, 修行は, 偉大な, 元旦を, 光子さんと, 入山村の, 八六九五から, 八月ハイデルベルクの, 八月二十五日に, 八月十五夜に, 八月此の, 六月この, 六月中旬中島伍作氏や, 六月初版の, 六月末か, 兵火である, 冕弁と, 冬サア・ジョン, 冬佐久良書房から, 冬厩橋城下に, 冬時の, 冬盛岡に, 冬頃に, 出代りで, 出生で, 刊行なり, 初めへ, 初冬であった, 初夏八十人あまりの, 初春此文の, 初頭から, 制科は, 前半であったらしい, 割合いには, 力の, 労働者だ, 勤めの, 十一月から, 十一月九日家宣は, 十一月十三日に, 十一月社用で, 十二月ちょうど, 十二月九日で, 十二月十一日の, 十二月日露戦役果て, 十八である, 十月この, 十月わたくしが, 十月二十五日払暁三時半には, 十月十八日, 十月甲武信岳に, 千早金剛一帯の, 半分より, 卒業生へ, 原之町の, 反動時代には, 取り返しに, 古さ, 古木は, 各教室, 同盟が, 呼び好い, 商売高が, 噴火は, 四方拝には, 四月わたしは, 四月二十四日である, 四月十九日で, 四月朔日, 回顧長い, 国民公会の, 在任で, 型を, 報告を, 声であろう, 変遷が, 夏そこで, 夏まだ, 夏パリの, 夏五月荒陵の, 夏八月の, 夏大, 夏小包郵便に, 夏戸棚から, 夏某, 夏福田氏一家は, 夏近く, 夏頃始めて, 多い方, 夢は, 大体半分は, 大懸案, 大正八年の, 大菩薩峠の, 大陸放浪生活であった, 天候いかんによっては, 太政官の, 奉公を, 女と, 奴隷生活に, 始めと, 婆さんであった, 字を, 学齢児童八百万人その, 実測及び, 宿痾は, 寄つた銅色の, 寿に, 将門の, 小楼の, 少い次郎と, 山を, 左の, 帝展初, 平均を, 年始に, 年月も, 年賦ちう, 幻影は, 廃藩置県までは, 弟と, 当時三十万人であった, 役当時の, 後いず, 後です, 後わたくしが, 後ロウマの, 後享保年間に, 後半から, 後可なりの, 後宦者は, 後志保は, 後明治三十五六年頃から, 後皇太子も, 後赦された, 徒役が, 御顔, 心持ちに, 思いが, 怨讐を, 恨みの, 悪疫に, 愛が, 懲役, 成績を, 戦争は, 手紙が, 持久戦争に, 撰である, 政変の, 教授生活に, 敵北畠家が, 文學修業の, 新嘗祭の, 新春型を, 新聞雑誌に, 日光の, 日本インフレーションの, 日清戦役後の, 日露戦争で, 旱魃と, 昔ありし, 昔なりける, 昔三題噺という, 昔大, 昔時の, 昔素朴であり, 春あちきは, 春さきだつた, 春とな, 春もろう, 春一つの, 春京都で, 春僕は, 春到底, 春土佐の, 春家康の, 春徳山に, 春昇氏と, 春毎に, 春竹川町の, 春雪に, 時お, 時代である, 時既に, 時間カミシモは, 晩秋か, 普仏戦争と, 暮あたりには, 暮だろう, 暮までは, 暮ベルリンで, 暮日露両国の, 暮近くな, 書牘だ, 月を, 期月には, 期間中には, 末ごろ私は, 末を, 末期に, 本を, 来し方を, 板行でも, 桜かな, 検地で, 権利請願にも, 欧羅巴は, 正月だった, 正月主人夫妻は, 正月初めて, 正月市村座の, 正月門松の, 武鑑を, 歳月といふ, 歴史手が, 段階で, 気候の, 永い歳月, 江戸条約が, 沿革に, 洋行で, 流刑に, 海賊戦争も, 渇, 漢学の, 火難に際して, 煩悶を, 牢獄生活の, 独立を, 王立学会の, 生れその, 生徒たちまでが, 生涯だって, 生計の, 由比正雪騒動の, 男二十一歳の, 當時ロシヤ製日本地圖が, 発掘物や, 皇恩に, 目録に, 真面目の, 短い期間, 研究では, 社会を, 祝賀として, 禁教令の, 秋お, 秋すなわち, 秋へ, 秋マニラに, 秋中央公論に, 秋以来唯今まで, 秋別項藪柑子物語り, 秋大学創立二十五年記念祭の, 秋尾瀬沼に, 秋支那人, 秋母の, 秋秀次の, 秋虫の, 秋頃で, 移るにつれて, 穀物危機と, 立ったあと, 第一次吉田内閣当時, 第十八回大会日本招致, 米留から, 紀事を, 細注が, 終わりまで, 経験とか, 結婚生活は, 絵を, 緒ながく, 美しいお祝い, 翌年父に, 老幹偃蹇, 育ての, 自身の, 良人を, 若いあれ, 若いべっぴん, 若い倉持, 若い可, 若い市之助, 若い木, 若い痩せぎす, 若い自由労働者, 若い長三郎, 若殿忍び上洛中の, 苦心経営の, 茶の, 著作あり, 虫の, 行かない小娘, 行かねえ時分, 行程で, 襟章を, 親友の, 計測の, 記念式が, 詔に, 話に, 課程も, 謀は, 谷川士清の, 負担と, 貿易は, 跛行的な, 輸入の, 農作物の, 造営に, 過去にも, 違いも, 違う社長, 違ひも忘れ, 遠きにわたる, 酉の, 野望を, 鍛錬のか, 長い奉公, 長い間哲学, 長夜の, 開きが, 間あれや, 間かれ, 間ずつと, 間つづいた, 間なれ親しんだ, 間ひどい, 間われわれが, 間ポーランドの, 間万葉は, 間両性間の, 間人民は, 間俺が, 間剰余収穫と, 間同一の, 間夏に, 間失踪し, 間寝, 間島ながし, 間役人は, 間恋と, 間数の, 間暮し, 間東部アフリカの, 間此の, 間毎日仰ぎ, 間海外留學の, 間牡鹿山の, 間病室を, 間眠りし, 間終始一貫, 間聖ヴィンセンシオ・ア・パウロ会の, 間英国は, 間豊に, 間道を, 間雪が, 間黙っ, 闇の, 限りに, 隠遁フランシスの, 雪, 震災までは, 青史は, 音楽の, 頃であっただろう, 頃わたしは, 頃三十二ぐらいの, 頃主人の, 頃二十八九眉目秀麗瀟洒な, 頃五十八九にも, 頃六十二三にも, 頃十八九と, 頃四十二三の, 頃廿六七眉の, 頃江戸深川六軒掘, 頃老眼鏡を, 順身分の, 風雨は, 飢饉襲来に, 騒ぎは, 鰐口の

▼ 年~ (7174, 8.3%)

228 して 164 なって 154 なる 107 一度の 78 なるが 66 なると 59 なります 47 なるまで 41 一度か 38 至って 32 なっても, なりますが 27 至るまで 26 歿した 25 なるの 23 なるん 19 しては, なった, 一度ずつ 18 なつた 17 出版された 16 なつて, 一度は, 私は 15 一度しか, 一度も, 始めて 14 一度ある, 書いた, 生れた 13 なってから, 亘って, 於て, 至るまでの 12 なるか, 彼は, 死す, 當る, 至る間 11 歿し 10 たった一度, なれば, 一度ぐらい, 一度ぐらいは, 生れて, 私が 9 なるかな, 一度とか, 二度か, 亙って, 亙つて, 入って, 死んだ, 終る五箇年間 8 なりますよ, 二度ずつ, 似合は, 出た, 出來, 有名な, 死んで, 病死した

7 [13件] なりました, なること, なろうと, 一度でも, 世を, 二三度は, 公に, 出て, 出版した, 書かれた, 比べると, 生れ同, 発表した

6 [13件] いたりて, フランスの, 二度の, 二度や, 出版せられた, 幕府の, 彼女は, 於いて, 日本に, 東京に, 東京へ, 至りて, 致仕した

5 [23件] いたるまで, なった時, なりますと, なるから, なるので, イギリスの, 一度という, 不足は, 似げ, 入ってから, 入ると, 制定された, 合わして, 在り, 彼が, 彼の, 早くも, 此の, 歿す, 江戸に, 発行された, 相当する, 進級した

4 [49件] あたる, いちどの, なってからの, なっては, ならうと, なるかしら, なるかと, なるそう, なるだらう, なるでしょう, なるよ, まれなる, ロシアの, 一二度は, 一人か, 一人の, 一度くらいしか, 一度ずつは, 一度だ, 一度位は, 二回の, 亘りて, 今の, 何度か, 入学した, 再大いに, 刊行せられた, 到って, 及んで, 四兩の, 垂んとして, 大学を, 幾度か, 成って, 日本へ, 東京で, 死すその, 死せり, 父は, 生まれたるもの, 當つて居る, 発行した, 発行に, 発表された, 私の, 終る二十年間, 近い昔, 近い月日, 進級する

3 [86件] いたって, いたり, かかれた, すれば, そこを, なった年, なりましょうか, なりますまで, なるだろう, なるといふ, なるのに, なるわ, なる時, 一二度の, 一人しか, 一人も, 一回の, 一度くらい, 一度くらいは, 一度くらゐ, 一度この, 一度だけ, 一度位しか, 三度ずつ, 中学を, 五人扶持を, 五六回か, 亙りて, 仲平は, 似合わぬ同情, 何度かの, 入っては, 公表された, 出版され, 十五歳で, 及ぶ, 及んだ, 品川沖で, 四両の, 大坂, 完成した, 小学校を, 帰って, 幾度と, 当る, 当るから, 当時の, 成った, 成ります, 成る, 抽斎が, 掛けて, 日本の, 書いたもの, 書いて, 来て, 来朝し, 東京の, 死せる, 歿しました, 母を, 江戸より, 渡来した, 生まれた, 生れたの, 當り, 病死し, 稀なる, 稀に, 第二版, 終る六年間, 結婚した, 至る, 至るまでに, 英国で, 英國の, 茶山が, 著した, 薨じた, 處する, 處せらる, 表医師, 該当する, 近い間, 進んだ, 進級し

2 [366件] あたりて, あつた, あつて, あわせては, いった, いっぺんしか, おけるよりも, おなりに, およんで, お出, かかれたもの, この島, この本, これと, これを, した, そこの, その位, その説, その頃, たったいっぺん, たった二度, つづいて, できた, どの位, なったとき, なったとて, なったので, なったん, なっちゃ, なっての, なつたら, ならないうち, なりたま, なりまして, なりますか, なりますかね, なりますな, なりますね, なりますもの, なるお婆さん, なるかなあ, なるかも, なるけれども, なるだが, なるという, なるな, なるね, なるまでには, なるわね, なる迄, なる頃, なれてから, なろうが, ふとした事, まれなり, みまかり給, もう幼稚園, もとの, やはりインフルエンザ, よると, わかれて, わたしは, アメリカの, アメリカへ, エンジナーの, オランダで, ケーテの, コーヘンは, セーラムで, トルレスは, ドイツの, ドイツへ, ハーンと, パリで, ペルリが, マルコ, モスク, モスクワの, ヨーロッパへ, ロンドンで, 一つずつ, 一つの, 一つや, 一ヵ月ずつ, 一万円ずつ, 一二回の, 一人出る, 一兩の, 一回として, 一回とも, 一回は, 一回位の, 一度, 一度くらいの, 一度ぐらいの, 一度しかも, 一度って, 一度で, 一度と, 一度といった, 一度また, 一度や, 一度一生, 一度五年に, 一度会う, 一度使つ, 一度公儀の, 一度出る, 一度出現, 一度十年に, 一度天保の, 一度実を, 一度新, 一度昔羅馬皇帝が, 一度来襲, 一度演る, 一度用に, 一度花を, 一度足を, 一度金銀や, 一度開く, 一日だけ, 一遍くらい, 丁抹の, 七百五十ドル, 三両の, 三十四歳で, 三四箇月は, 三回か, 三好長慶との, 三度も, 上梓された, 上梓せられた, 上海で, 世に, 世界の, 両院の, 二つ三つは, 二三度と, 二十九歳で, 二十五歳で, 二十四歳で, 二回くらい, 二度しか, 二度も, 二足は, 五十五歳で, 五百の, 五百円の, 亘り斯学, 亘るの, 亘る研究, 亙るレーニン, 亡くなりました, 京に, 京の, 京都に, 京都の, 京都へ, 京都北山甚兵衛開の, 人質に, 他の, 伊豆へ, 似ず赤い, 似合ず, 似合ぬ, 似合はず血色の, 何かの, 何回も, 何度と, 保さんは, 信秀が, 信長が, 信長は, 入ってからは, 入る, 入れられた, 八十一歳で, 八十二歳の, 公けに, 六十一歳で, 六十六歳で, 出ますの, 出来たもの, 出来て, 出版と, 出版に, 刊行された, 刊行した, 初めて公, 初めて国外, 到りては, 制定され, 制定した, 制限され, 前に, 創設され, 十一谷君は, 十七歳に, 十二兩といふ, 十四歳で, 卒業し, 単行本として, 印度の, 即位した, 又来朝, 及ぶが, 及ぶも, 及ぶ長い, 及んだが, 収むべ, 合わしては, 君が, 噴火し, 四五回は, 四五回も, 在学し, 地震に, 堤防の, 壽阿, 変るもの, 多くの, 大番頭, 大病に, 大阪で, 妻は, 始て, 始まる三箇年, 姫路の, 家が, 家を, 家康の, 家督相続を, 富士の, 将軍に, 小島氏で, 小島烏水君が, 小説, 常陸國沖合に, 幾たびと, 建てたと, 弘前の, 当って, 当れり, 彼らは, 得るところ, 御米, 成つた, 成るだろう, 或る, 支那に, 政府が, 数え, 文学誌, 日本で, 日本橋で, 早世し, 昇る時, 明の, 時の, 智恵子との, 書かれたの, 書かれたもの, 最後の, 本国に, 村を, 来朝した, 東山天皇の, 松平石見守が, 森枳園が, 次の, 死す著作, 死にました, 死んじまって, 死んだ後, 母が, 母は, 比べて, 水戸家では, 永代橋が, 永眠しました, 江が, 池田氏で, 没したと, 波多野精一先生が, 浜松を, 淡淵, 渉って, 渉り, 父に, 父の, 父親は, 狩谷氏で, 現在の, 生れた僕, 生れ土地, 由松といふ, 病気で, 相なりまする, 相当した, 砂子屋書房から, 禁止せられ, 禁酒し, 私と, 私を, 竜池の, 竣工した, 笑はれぬ, 第一次世界大戦, 第一版, 第三版, 筆を, 米が, 米國の, 終り第, 終る六箇年, 終る十年間, 組織された, 編纂された, 義政公の, 聾に, 自分が, 自分の, 自分は, 至つた, 至て, 至り鈴木春信, 至るとも, 至るまでは, 至る五箇年間, 至る十年間, 至る四年間, 菅原道真が, 藩主が, 蘭軒は, 處せられ, 蜆を, 西美濃の, 角倉了以が, 解放せられ, 訪れて, 較べれば, 農商務省が, 近い, 近い年月, 近い歳月, 近き月日, 這入って, 這入ってから, 進んだ校長, 過ぎない, 過ぎぬ, 達して, 郷里を, 長安の, 長崎に, 長崎の, 長崎へ, 阿部正精に, 露国の, 頭蓋鱗様部及び, 飄然と, 食道癌を, 高等師範に, 高野山

1 [4011件 抜粋] あがった夏休み, あたれり, あの土地, あらずして, ある朝, いく度, いたる長髪賊, いよ, おやじが, お前たちが, かかれゴーリキイ, かさなって, くにを, この人, この御, この祠, これだけの, さかのぼるの, したで, すぎない自己, せがれの, その人口, その機関, その頃まだ, そんなナンセンス科学, ただ一日だけ, たつた一度, つき四, できた第, とうとう自信, どうもこんな, なお気運, なったかと, なったらあかん, なったら独り, なってからは, ならない, なりするうち, なりましてから, なりますけれど, なりますので, なります処, なり万世一系, なり遂に, なるけれど, なるだろうという, なるとかいふ, なるまでは, なる僕たち, なる清水, なろうとして, のこすであろう, はじめて従五位下, はやった色, ふさわしい新た, ほんの三度, またその, また捨てられた, まれな, めでたく学校, もう未亡人, やっと出来上っ, ようよう還った, わたった建築, アムンゼンや, アレキサンダア二世が, イグナチウス・ロヨラによって, ウィーンの, エリザベス, オランダ東インド会社の, カムチャッカを, キリスト教の, ケルン大学で, コルドヴァは, ササン朝が, シェール氏が, シャール・フランソア・ビヤンヴニュ・ミリエル氏は, ゼノア軍に, ターリングを, チョロリ三百万円, デンマルクの, ドイツ帰りの, ヌウトカ・サウンドでは, ハンガリアの, バーソンズは, パレートが, ピサに, フィッシュと, フランス革命は, ブルジョアの, プロレタリア文学が, ベルリン學士院會員並びに, ペドロ・サルミエントは, ボルドーの, マイって, マネは, マルセエユの, ムースが, モンフェルメイュの, リスボン, レーゲンスブルグで, ロドリゴ・デ・バスティダスの, ローマ教皇の, ヴィーンで, 一つ一つ何か, 一ぺんも, 一万二三千元売れる, 一二六六年を, 一二度お参りに, 一人ずつ, 一人通る, 一千百六十九戸五千三百六十六人を, 一回ずつ, 一回国王に, 一回最上の, 一夜の, 一対八七一七五二年ないし, 一度あらわるる, 一度ぐらいしか, 一度じゃ, 一度づつ集つては, 一度といふ, 一度オレ, 一度仔を, 一度位遊びに, 一度加太, 一度国際的の, 一度宛分銅改めの, 一度思わぬ, 一度月の, 一度現, 一度細君を, 一度行幸, 一度降誕祭の, 一日平均百三十万人の, 一歳しか, 一般の, 一遍ぐらいしか, 一遍牛肉を, 丁稚に, 七十一歳を以て, 七十五歳で, 七千四百万貫の, 三たび三月に, 三井八郎右衛門氏の, 三六回位一回ごとに, 三十両は, 三十歳で, 三四囘しか, 三四度はきまつ, 三度ある, 三度もしくは, 三枚橋の, 三百六十五本算盤は, 三馬が, 上演された, 上院一名下院六名の, 不思議な, 世祖の, 中国の, 中村敬宇先生は, 九千万円だ, 二〇磅を, 二万法, 二三度くらいは, 二三度登山するだ, 二兩で, 二十一歳の, 二十余歳で, 二十歳に, 二回ずつ, 二回掛戻さなけれ, 二度ぐらいずつは, 二度まで, 二度切り替へる, 二度花の, 二条から, 二百俵貰う, 二葉亭四迷の, 五両の, 五十三歳で, 五千七十七万千九百九十七人, 亘ったが, 亘つて積み重ね, 亘るその, 亘る新興演劇, 亘る苦心, 亙つて厳守, 亙る五ヵ年計画, 亙る様々, 亙れるトロイア戰役, 亡くなつた孝高夫人櫛橋氏, 京を, 人口の, 今京都大學, 仕遂げて, 伊太利を, 似ず当世風, 似合はずはにかみ屋で, 似合わしい浴衣, 似合わず白髪, 似合わず頭, 似合わない頑丈, 似合わぬ布袋腹, 佐賀の, 何処の, 何回という, 何日と, 余る行衛不明, 作つた一幕劇で, 作者は, 信政に, 倍加せしめる, 偶然水害が, 僅か数度, 僧良弁の, 兄が, 先づ金, 免許皆伝を, 入つて, 入るの, 入蔵, 八万円払ってる, 八十四歳で, 六トンつくっ, 六十五を以て, 六回と, 兵馬を, 再び, 再び広岡文台, 再度上京, 処す, 出した北海道旅, 出たコンスタンチン, 出た短篇集, 出來上つた碑亭, 出来た十三人倶楽部, 出版されました, 出発した, 刑事民事訴訟法其翌年には, 初めて印刷, 初めて男, 別れたの, 到るフランス, 創刊され, 加藤弘之先生の, 勘当された, 北京で, 北海道における, 匿名で, 十七尺三十三年に, 十九歳であった, 十二回とか, 十五磅しか, 十円の, 十足二十足の, 千二百人から, 半日真面目な, 協会に, 単独で, 原著者が, 又明霞, 及び火これ, 及べども, 反戦論者の, 台北へ, 合わない肝高, 同校教授西周助, 吐火羅の, 品は, 四五十人との, 四俵か, 四千フランの, 四巻で, 四百円近くに, 国会を, 國内に, 在官の, 坊主に, 堤防が, 売った時, 大仏を, 大宗が, 大水が, 大財産の, 太宰帥と, 奉公, 奥詰に, 妻が, 始まり一八一三年, 委奴國の, 嬰児の, 学友の, 安芸が, 宝川温泉へ, 実隆より, 家産全部の, 寺内陸軍大臣が, 對比する, 小林多喜二の, 少し不足, 尾州公が, 山県大弐が, 島田行った, 工作機械や, 巾着を, 帰り次, 帰米し, 平均八十個の, 年僅か四十五歳で, 幾つか, 幾回か, 広岡入道道円という, 廃止せられ, 建てた支那, 張られたもの, 当たる, 当り三日, 当るの, 役を, 彼女も, 従軍し, 徳島を, 忠実が, 悲しむべき不幸, 慢性病に, 成ったフライヤー, 成つた太平御覧に, 成りますネ, 成就し, 戦災死, 手廻を, 持続すべき, 描かれた一枚, 擧行された, 改元が, 政府を, 敗れたる者ら, 数冊, 数度花が, 文部省が, 新しく出来た, 新羅, 於ける大正博覽會, 於ては, 日本では, 日本絵画協会へ, 明は, 春秋と, 普請工事に, 暴風雨に, 書いた私, 書かれた脚本, 最高会議は, 朝鮮から, 本書を, 村重が, 東京オリムピックが, 東京都新聞に, 東西大, 柏軒が, 栽ゑたのである, 森枳園の, 極点に, 横綱を, 次男小太郎が, 正味の, 此研究所は, 武蔵国埼玉郡の, 死し広重, 死す豫言, 死んだと, 死んだドイツ, 歿く, 毒殺された, 民間有識人を, 江戸を, 池田亀鑑氏は, 没して, 法王アレキサンドル七世は, 津和野に, 流行病で, 海上ビルデングが, 渉つて書いた, 渡る辛労, 満たぬのに, 漸くロパーヒン, 焼けて, 父母が, 特派使節を, 獨逸の, 王滝口を, 現われた彗星, 生まれたわたくし, 生まれドイツ, 生れこの, 生れたもの, 生れた男女, 生れ享和元年, 生れ寛保元年, 生れ文久二年閏八月十八日, 生児, 田舎から, 男親に, 疫病起っ, 発布された, 發布せられた, 百万乃至, 百人の, 百枚だけ, 盲聾義務教育制の, 相成りますから, 県会が, 短篇, 碧山が, 神戸の, 福岡の, 私共三人とは, 程樹徳といふ, 穆姜が, 竹内式部が, 第一高等学校に, 第五詩集, 籍を, 約七万噸, 紙問屋山一の, 終る九年間, 終る十箇年間, 結婚者二九三〇八の, 綱宗が, 縁あっ, 義元が, 老侯が, 肥前島原地方に, 自刄, 至ってなお氏, 至って現われ, 至つて成墾いた, 至つて鏑木さんが, 至り一村一社, 至り市内整理, 至り池田京水, 至るこの, 至る二百四十五年間, 至る詩的, 船長として, 芭蕉が, 英人の, 英譯せられ, 菊園の, 著した英蘭, 薨去された, 藩主忠利侯が, 處せられる, 行はれ, 袋中和尚の, 複写器や, 西安で, 西郷隆盛の, 覚明行者が, 触火, 詔が, 読まれ一八七四年, 諸国に, 豊後に, 資文堂という, 起きて, 起りこれ, 足らずして, 跋した, 転入した, 農村むけ, 近い南画人生活, 近い牢獄生活, 近き昔, 近く会ふことがなかつた, 近づこうと, 通過した, 進み三年, 過ぎざれども, 過ぎぬが, 達する筈, 遺そうと, 配するとき, 金座を, 銀座の, 長崎が, 開いた白峰北岳, 間違いは, 阿部家に, 陸軍に, 隣藩佐竹氏と, 電気感応の, 青島へ, 音楽学校長は, 食う食糧, 養子祐二の, 高圓寺, 高野長英渡邊崋山が, 鹿児島県の

▼ 年~ (5693, 6.6%)

225 のこと 64 に死んだ 63 の事 34 の夏 33 に, の話 27 の, の秋 26 にこの, に私 25 である, に死ん, のもの 22 のあの, の出来事 21 と同じ 20 だ, になる, の自分 19 に見た 18 にお, に自分, の春, の記憶 17 に別れた, に書いた 16 の日本 15 に一度, に亡くなった, の昔 14 の人間, の冬, の大 13 の人 12 のよう 11 にある, にその 10 と少し, にあなた, に亡くなりました, に書かれた, まではこの 9 にここ, に世, に女房, の夢, の私 8 にあの, に亡くなり, に日本, に来た, に東京, のその, も今日

7 [17件] からここ, からこの, であった, です, にくらべる, にそれ, に亡くなつた, に僕, に出た, に出来た, に別れ, に於, に歿, に母, のある, の古い, の或

6 [13件] から, からのこと, だった, と同じく, にあった, にも一度, に亡くな, に亭主, に彼, のこの, の彼, の彼女, の若い

5 [25件] からお, からその, から彼, であつ, と今日, にいた, にはこの, に亡, に人, に何, に出版, に大学, に妻, に当る, に支那, に既に, に浪人, に病死, に結婚, に行方不明, に踏んだ, の僕, の八月, の物, までは

4 [56件] からある, から今日, から行方, だったが, だと, でございます, ですが, といえ, と今, にすでに, にたった, になくなった, になっ, になります, には, にもう, にもなる, に初めて, に夫, に始め, に家出, に建てた, に或, に故人, に有名, に殺された, に比し, に比する, に比べる, に父, に突然, に経験, に聞いた, に逢った, のお, のちょうど, のアメリカ, の世界, の五月, の今日, の光景, の古, の古傷, の御, の旧, の本所, の東京, の火事, の生活, の記録, の遺跡, の露西亜, は, も今, 或る, 第三紀

3 [92件] からすでに, から御, から時々, から気, から輕, から養子, この土地, この村, だから, で, であるが, でございました, でしたか, という, と比べ, にありし, にできた, になりましょう, にはやった, には文学, には知られなかった, には自分, には見られなかった, にパリ, に一つ, に上海, に主人, に久離, に亡くなっ, に亡くなつ, に亡くなられ, に亡くなられた, に京都, に信州, に出, に前, に卒業, に同じ, に君, に夫人, に実行, に實行, に感じた, に手, に来, に此處, に死, に死にまし, に死にました, に江戸, に流行, に流行った, に父親, に生れ, に生れた, に配偶, のお正月, のなつかしい, の七月七日, の三月三日, の五月頃, の京都, の今月今日, の作, の八月二十日, の写真, の初夏, の十一月, の十月一日, の呉青秀, の四月, の大晦日, の大水, の女, の娘, の建築, の怨み, の文政四年, の新聞, の方, の日本人, の時代, の歌, の正月, の流行, の紀行, の約束, の統計, の自己, は今, までさる, まではよく

2 [332件] ある冬, ある青年, お皆, からこちら, からこんな, からで, からでございます, からでした, からです, からの御, から世帯, から中風, から二, から出し, から始め, から密か, から居る, から店, から引き続い, から当, から既に, から江戸, から特に, から田, から發心, から自分, から行われ, から行方不知, この地, この村越家, だが, だけれど, だったら彼, だったら私, だね, であったが, であります, とかがどう, とは全く, とぼとぼと, と際限, ならば, なり, なる我が, なん, におろした, にお産, にかいた, にかかれた, にきれ, にこういう, にこの世, にご, にさかのぼる, にそんな, にどう, になく, になくなりました, にはそんな, にはまだ, にはよく, には動く, には大, には未だ, には確か, には私, には誰, にぼく, にもこれ, にもっと, にも四五冊, にも来, にやっぱり, にわかれた, にわたし, にアルゼンチン, にダーウィン, にチベット, にチャン, にバー, にフランス, に一, に一人, に一寸, に一緒, に三人, に上野, に中風, に丹波康頼, に人手, に人間, に今, に他, に他家, に住ん, に作った, に作つた, に兄, に先代, に先生, に其の, に内儀, に冷凍, に別, に別れる, に勘当, に北京, に北海道, に半年, に印度, に友, に国, に在, に埋葬, に女学校, に妙, に妹, に妾, に嫁, に小石川西江戸川端, に尽きた, に山口県, に巴里, に建てられた, に建築, に御府内, に悉く, に悲劇的, に成った, に戸口調査, に房州, に拵えた, に捨てられた, に描かれた, に撰ばれた, に於ける, に旧, に暖簾, に書い, に書かれ, に最後, に朝鮮, に本郷, に本郷素行氏, に横浜, に此, に此処, に此盛岡, に死せし, に死なれ, に死なれた, に死亡, に死去, に比べ, に比叡山, に氏, に沒落, に清水, に済ん, に溯つた, に溯る, に漸く, に獄門, に當, に瘟疫, に発表, に白鷺, に相当, に禁制, に私達, に第, に約束, に老, に肺病, に脱獄, に自ら, に自殺, に船, に英国, に行った, に行われた, に行方, に表, に誰, に貴方, に買った, に起こりたる, に起った, に足, に較べれ, に逢いたかった, に遠縁, に遡ります, に還暦, に銀座, に長崎, ね, のあどけな, のこういう, のしかも, のそれ, のとおり, のはなし, のひと, のやはり, のイタリー, のエジプト, のルクレチウス, の丁度, の三千代, の上海, の世間, の中国, の九月, の事件, の事業熱, の享保十三年, の人類, の人骨, の今頃, の保元, の保吉, の借り, の先祖, の冬休み, の初心, の割前勘定, の十二月, の十二月八日, の同窓, の名人戦, の君, の吹込み, の夜這星, の大昔, の大阪松竹座, の天保六年, の夫婦, の婦人, の子ども, の宮, の小山田筑前, の少年, の嵐, の帳面, の弘安, の思い出, の思ひ, の恋, の恋人同士, の戀, の戦争, の承, の支那, の支那人, の文化, の旅, の旅行, の日, の日清戦争, の日記, の旧い, の旭川, の明治四十年, の昭和, の晩, の此月, の歴史, の永禄元年, の江戸, の泥棒, の洪水, の渠, の物理学, の猿, の現実, の真夏, の祖先, の神保町通り, の立派, の竹山, の第, の簡閲点呼, の老人, の自由, の貴女, の賀状, の趣味, の追放綸旨, の連判帳, の過去, の都新聞, の闇, の雑誌, の青年, の面影, はどう, は君, は秀吉, まであった, までこの, までそれ, までつまり, までの彼, まではあの, まではさる, まではそう, まではその, まではアラスカ, まではチベット国, までは全く, までは奉公人, までは実に, までは巫女従軍, までは彼女, までは決して, までは確か, までは私, まで同じ, まで塵捨場, まで彼, まで知らなかつた, まで私, まで自分, まで行われ, よりさらに, よりすでに, よりも父, を再現, 別れて, 大地震, 早く滅亡

1 [3023件 抜粋] あのよう, あるフランス人, いつぞや東京, お互, お芳, かにお, かの忠臣蔵, からあの, からか確, からそう, からだ, からと云ったで, からの作者, からの戸籍, からの知合, からの言い伝え, からは子ら, からぶっ, からよいよい, からカフェー, からパリー, から一流, から世帶, から予言, から仏教史観, から住みつい, から僕, から入込ん, から分岐溝, から勤め, から取り, から国, から壊れ, から女道樂, から子供, から専ら, から巡礼, から張, から情報部, から擧國一致, から旅行, から最早, から林檎園, から死んだ, から比べたら, から海保竹逕, から牛込, から目, から私一人, から老人, から脊髄炎, から萌芽, から評論家, から警察, から農林省, から阿波, から非常, から馬車, か十五年前, が映画, ぐらい, この人々, この国, この家内, この機能化, この芝田要, し, すでに僕, すでに発行, すなわち一八三二年六月五日六日, すなわち清, その儘, その妹さん, それから二度冬, たしか昭和十三年, だったかしら, だって同じ, だな, ちょうど今夜, であったか, であったら鳶, であるから, でございますが, ですけれども, ではこの, でも今, で三十年前, で後醍醐天皇, で蛤御門, といふ説, とかに亡くなり, とすこし, とちっとも, とはちがう, とは大変, とは違う, ともなれ, と同じく少し, と対照, と比較, と限定, ならイキナリ反撥, なら遭難, にあずかった, にあんな, において初めて, におばあさん, にかの興奮, にこの方, にしきりに, にそっくり, にただ一度実見, にてめえ, にとら, になぜ, にね大崎, にはこれら, にはそれ, にはなほ餘裕, にはコルネリウス・アグリッパ, には三十何町, には伊, には僅, には可, には夜中短剣, には専門化, には川, には御, には斯, には日清, には東北線, には法隆寺四天王, には短篇, には良い, には醸造元, にひらけ, にほんとう, にもあつ, にもすでに, にもプロトポポフ, にも小西屋, にも椎の木, にやはり, にようやく, にわれわれ, にイギリス労働階級, にオランダ, にクラバック, にゴルドマン, にスピーク, にドイツ, にフィンランド, にヘシオド, にユトピヤ社会主義者, にロス, に一度乘, に一本, に七尾, に三田, に不遇, に中津川, に之, に乳癌, に二円, に亡くなつたさうで, に亡び去つた, に人類, に仔細, に伊吹, に伐られ, に佐渡屋源左衞門, に作られた, に借りた, に先妻, に八五郎, に其地, に出した, に分れたぎり, に別れました, に加久藤, に勝つた, に匙, に午, に叔母さん, に右, に吾輩, に国元ア夜逃げ, に地球, に変わらない, に夜逃げ, に大半, に天国, に妻室, に子ども, に完成, に家格, に寺, に小泉八雲, に山形県関山村, に已に, に帰省, に店, に引きつづい, に彼ら, に志村のぶ子, に急病, に惡事, に戻され, に批判, に持っ, に探険, に支那大陸, に文学士, に新しく, に日本商船, に明語, に朝廷, に村民, に果し, に格, に槭樹, に此店, に死んじゃった, に母親, に江戸川公園, に没し, に洋行, に海賊, に温, に滋賀縣, に炉辺叢書, に熱帯, に物理化学, に現れ, に生き別れ, に用いた, に留学, に病気, に発足, に盗んだ, に知り, に確, に禁獄三年, に秋山図, に窩人達, に笑っ, に素性, に絶縁, に置去り, に聟養子, に自国, に良人, に苦しみ, に著した, に虐君出羽, に装填, に見聞, に訪ねた, に誕生, に貰つた三百兩, に質, に起ったなら, に跡, に車輪, に轉げ, に通, に造った, に遡らなけれ, に都会, に金右衛門, に長谷川如是閑氏, に闇夜, に隱居, に電磁気廻転, に顔, に養蚕, に高林家, に鼠小僧, のいじらしい, のお話, のここ, のごく, のふるさと, のやう, のイソップ, のギリシャ, のストア哲学者, のデルタ, のバッハ, のフロール・エスビイナ, のマンモス象, のユトピヤ社会主義者, の一九一二年ドゥイノ, の一切, の一月末, の万治元年, の三月十八日, の不平, の中国人, の九月五日, の事実, の二月初旬, の五三十事変, の井戸, の今月今夜, の伝五郎, の作家, の元治元年五月十三日, の八月十日頃, の六月十四日, の冷, の別, の創建, の北満, の十月十二日, の印象, の古典, の同, の名論, の哄笑, の嘉永六年六月三日, の回, の地獄, の壮気, の多く, の大学生活, の大正三年, の大陸, の天文学, の太平洋, の如く, の婚礼, の子規庵, の安吉, の宝永ごろ, の家主, の寛文頃, の小野篁, の山水, の巴里, の平和, の幽か, の建立, の彦兵衞, の心持, の思い出ばなし, の恐慌, の悪筆, の意趣, の憂い, の我国, の手製, の放埒, の教, の文学, の新劇, の旅行中, の日比谷焼打事件, の旧暦盆, の明治三十六年, の明神樣, の昭和八年, の時節柄, の書物, の月, の木部, の東京お目見え, の桔梗河原, の横文字, の歎, の武帝, の毎, の沖縄旅行, の流感, の游心帖, の漱石氏, の焼跡, の父, の物ニモ, の猶, の生活者, の田舎源氏, の疫病, の發作, の盲人, の着物, の石碑, の神, の祭典, の筆, の紙, の綸旨, の考えかた, の脊椎動物, の船場, の若々しい, の著, の藝州, の袈裟, の親, の詩人, の謂わ, の越中, の追放, の道徳箇條, の重, の針木峠, の録音, の開業当時, の陽春, の雪, の非, の風流才子, の馭者台上, の鬱憤, の黒手組, はこの, はまるで, は主として, は兩刀, は天明七年, は度々, は未だ, は若い, ほどの地図, まだこの, まだ父親, までおじいさん, までどう, までのその, までの教育及社会対不良少年少女, までの論拠, まではかなり, まではそんな, まではまだ, までは一, までは二百戸以上, までは十五六軒, までは唯一実在, までは小倉城下, までは川, までは数十頭雑居, までは未だ, までは正月元旦, までは浅草橋場, までは百パーセント, までは笹, までは至極, までは赤, までも一般, まで上っ, まで二人, まで其処, まで土地, まで存命, まで彼女, まで松, まで浅虫家, まで百姓, まで繁昌, まで西國, まで遡る, もこんな, も千年前, やっと懸案, よりその, よりは別居, よりも更に, より余, より如何, より日本, より読書, を回顧, を憶, フィリッピン総督ドン・ロドリゴ・デ・ビベロ・イ・ベラスコは, 乃至千年後, 亡くなられた時, 全ソヴィエート作家, 分れた時そつくり, 初めて高氏, 即ち元治元年, 即ち西暦一八三二年, 同じ造船所, 夥しい藩金, 大集団, 尚貞王, 後堀川天皇, 恐しい洪水, 我が開国, 授けられて, 既に數學, 某雜誌, 流行ったひどく, 突然喀血, 若い男, 見て, 載って, 迄は温厚篤実, 迄吾, 遠き異国

▼ 年~ (4451, 5.1%)

244 前の 231 前に 178 前から 81 昔の 38 経って 33 二年も 32 かかって, 二十年も 31 三年も, 何年も 27 若いし 26 たって, 以前の 24 昔に, 生きて 22 奉公し 20 十年も, 後の, 暮れて 19 たてば 18 すれば 17 住んで, 八年も 16 まえに, 以前に, 四年も, 経てば 15 経つと 14 とって, 六年も, 続いて 13 一緒に, 三十年も, 四十年も 12 まえの, 五年も 11 つづいて, 千年も, 年を, 続けて 10 たってから, たつて, たつと, 過ぎて 9 まえから, 七年も, 万年も, 前だ, 前には, 昔から, 来る年 8 むかしの, やって, 勤めて, 若い 7 た, たたないうち, つづけて, 前からの, 前で, 十五年も, 後に, 暮れた, 経つて 6 ここに, 暮して, 経ってから

5 [19件] いて, おくれて, して, たった後, 二百年も, 以前から, 働いて, 前, 前である, 取って, 居たん, 待って, 忘れて, 立って, 経たないうち, 経過し, 經た, 若かった, 若くて

4 [23件] うら若く, してから, しないうち, すると, そこに, たたぬうち, たった今日, 三百年も, 二千年も, 使って, 先の, 別れて, 奉公した, 奉公を, 山を, 我慢する, 明けて, 着古した, 経った今日, 経った頃, 經つた, 經てば, 連添うて

3 [62件] あった, あるの, いかないし, いたの, かかるの, くらして, こ, この山, ずっと上, たつた今日, まだ若く, もつと, ゆかないのに, 三千年も, 五十年も, 人の, 今すこしも, 以前へ, 何百年も, 便りが, 側に, 前です, 前までは, 半年も, 姿を, 家に, 居て, 年だ, 待つて, 後家を, 我ま, 押詰った, 持って, 放って, 放つて, 故郷へ, 旅を, 日本に, 暮に, 暮れようと, 桂次, 歩いて, 活かして, 独りで, 百年も, 秋に, 秋の, 立ってから, 笑ふて, 経たかと, 経った後, 経つうち, 続いた, 續けて, 若いのに, 若くした, 行って, 親しんで, 連れ添って, 遅れて, 長生きを, 顔を

2 [208件] あとの, あの男, ある, あるが, いかないで, いかねえくせ, いっしょに, いな一生, いる, お若い, お預けを, かかったという, かかったの, かかる, かかるだろう, かかると, かけた甲斐, かけて, かよいつめて, がんばったの, この地, この学校, こんなところ, こんな仕事, さきに, そこを, その生命, それを, たった, たったある, たったという, たったの, たって見れ, たつうち, たつた後, たつてからの, たつん, ひきつづいて, ぼくは, まえからの, また死し, まだ十七, まだ若い, まへに, まへの, もっと以前, やつて, やれば, ゆい子, ゐる間, 一定の, 一時に, 一生懸命で, 三十と, 三十は, 上だ, 下だ, 世に, 世話を, 世間を, 九年も, 二十年もの, 五年もの, 京都に, 休んで, 会わないん, 何の, 修業し, 先には, 先輩で, 六十年も, 兵隊に, 内地を, 出して, 前だったら, 前だらう, 前だろう, 前と, 前は, 前泉屋の, 努力すれ, 勉強し, 動かしたこと, 十六の, 又旅人, 取つて, 口説いて, 古いもの, 古びた夜, 只で, 同じなら, 同じよう, 同じ所, 同一ものを, 土の, 坑夫を, 変りが, 外地に, 大学に, 夫婦が, 安全なら, 居りますよ, 居ると, 居るので, 居れば, 巴里に, 年期を, 年老いた, 幾百年も, 彼女の, 往かぬから, 待たなければ, 後れて, 後家立デデ, 御厄介, 我慢し, 我慢した, 手を, 手塩にかけて, 斧を, 早い, 早く書かれた, 昔と, 春が, 晩く, 暮れたの, 暮れに, 暮れやがて, 暮れ翌年に, 月も, 机を, 来て, 東京に, 果て翌年, 此の, 此處に, 泣盡し, 消えること, 潜伏し, 牢へ, 生きまさあ, 生きると, 生きる気, 生活し, 監獄の, 眠って, 眠つてゐた, 私たちは, 稼いで, 穀物が, 空いて, 立ったこの, 立つと, 経ず帰り来なむと, 経たなければ, 経った, 経ったよう, 経っても, 経つ, 経つてから, 経つの, 経つよう, 経つ中, 経ると, 経れば, 經つ, 經つてから, 經つてゐる, 經て, 続いたという, 続くこと, 続くと, 続けば, 老齢では, 腰を, 舵輪を, 船に, 若いに, 若いので, 若いらしく, 若く人品, 若く前, 若ければ, 若返ったよう, 苦しんだこと, 苦労を, 行方知れず, 見たこと, 見て, 貧乏の, 辛抱し, 辛抱する, 辛棒出來さうな, 追って, 通って, 逢はずに, 逢わずに, 連れそった女房, 過ぎると, 違う, 違って, 遠い昔, 遠のいて, 遠慮なしに, 間を, 雲水を, 食って, 飼って

1 [2007件 抜粋] ああいう, あったが, あつた, あと十日で, あの上, あの方, あまり取っ, あり出来ない旅行, あるもの, あんな事, いかないのに, いかねえから, いたが, いたならば, いた小林先生, いつか鶯の, いにしえの, いやあるいは死ぬ, いると, いる料理人, おいでなさる, おくれた女王卑弥呼, おそくそのうえ, おなじくらい, おやり, お世話にな, お別れ, お帰り, お留守, お逢いする, かかった大仏, かからなけれやあ, かかるかと, かかるほどの, かかろう, かなりまさっ, きのふの, くれ冬期休業, ぐっと押し詰っ, こうして流れ, こき使われちゃ, こころ変らず, このまま行, この學校, この心, この煙草工場, こらえて, ころあい, ございますが, さがして, さすがに, したらお前, したらそれ, したら大分様子, しないで, すぎたこの, すごせば, すみついて, すりや, ずらかって, そうやっ, そこらを, そのま, そのよう, その事, その家, その餘, それよりも, そんなふう, たけ私, たたぬ内, ただ爪, たち今年, たったきょう, たったよう, たったら今日, たった今ようやく分っ, たった柏, たっても, たつたころ, たつたらもう一度, たつた今, だらだらと, ちょうど二十三, つい訪う, つか知れないが, つづいたとき, つづいた幸福, つづくで, つづくはず, つとめあげて, つむべき, ときに, とつた, ともに暮した, とりっぱなし, とり男, ない, ない時刻, なかった, なく, なじんだ人, のちである, はなはだ老いたる, ひとつ家の, ぶっ続け勉強, ほこりが, ぽつぽつと, まえ前, またつぎ, また抽斎, また羅馬, まだ三十四, まちがいなく, まへ, まるで半, むずかしゅう御座います, めづらしい, もう十一月, もちつづけて, もつまいが, やっては, やや多い, ゆかないチビ助, ゆかぬので, ゆかぬ小童, ようやく暮れ, よく化, わからず名, わたしと, ゐた宝珠院, ゐるので, ゴルフ一つに, パリで, マイナスばかり, ロッキー山脈の, 一つの, 一つ違ひでした, 一年も, 一月十二日ごろ大雪に, 一緒だ, 七十の, 三つちがいで, 三ツ三年越, 三十一に, 三十年もの, 上海に, 不断の, 世話に, 九日に, 二つ三つ上だった, 二世紀も, 二十七, 二十六やさがた, 二年もの, 二百年もの, 五十二か, 五千年も, 交つた親友の, 交際した, 京二の, 人間を, 仏教に, 仕事出来なかった, 他人の, 代えない古ぼけた門, 以前は, 休止状態に, 会わずに, 会わなかったでしょう, 会わなん, 住みわびて, 住み慣れると, 住んだ土地, 余すところ, 使い古したと, 使った塔, 使用せず, 信心し, 假病を, 働かなければ, 僕が, 元の, 先立ったの, 入って, 全く命がけ, 八十年も, 六助は, 六百年もの間いつも, 其途に, 凍らせて, 出ん, 判つ, 前お, 前ここへ, 前だったろう, 前にとな, 前へ, 前佐賀市の, 前夫が, 前座を, 前既に, 前漢の, 前特に, 前秋の, 前頃へ, 功夫参学すべし, 勉強してせえ, 勤まらないといふ, 勤めること, 勤め上げた商売一点張り, 勤続し, 医者の, 十一月の, 十二三歳の, 十五六年も, 十月が, 千軍万馬の, 去年の, 収穫の, 取らなければ, 古画は, 合ってるし, 同じだ, 同じ十一二歳, 同じ鎖, 同年の, 吾子に, 咲き盛った花, 四つ五つ若く, 四十一に, 国境の, 在学し, 埋れて, 塗更えて, 壮な, 外国で, 夢の, 大原君と, 大阪に, 天正六年は, 奉公しました, 女より, 妻子の, 婚約し, 子供を, 季節が, 学術鎖国で, 安政元年と, 実刑を, 家を, 寝起きを, 寺に, 将軍家の, 少しく若く, 少ないの, 尽きようと, 居ない中, 居ります, 居付いて, 山の上で, 川へ, 己は, 帰らぬよう, 年が, 年なにとぞ, 年上の, 年賀状一本書いた, 幾年も, 座つてゐた, 引きつづいて, 弱冠の, 役所勤めを, 往かぬ若い, 往きませんから, 待たせて, 待つなんて, 待てるん, 後です, 後今から, 御存知かな, 御長命, 忘れ十歳, 怒らずに, 思つ, 恋人と, 恥じず赤黄青, 惚れあって, 愛育し, 懸って, 懸人, 或る, 戦地に, 手に, 技巧ばかり, 押しつまった十二月, 押し詰まった十二月十日, 担ぎ廻る先生, 持ちつ, 持つた, 掛かって, 掛かる程, 掛つて現在にまでな, 支那に, 故郷を, 文久二年と, 新劇の, 施行され, 日の, 早いの, 早く世, 早く決心, 昆虫を, 明日一日時間に, 昔しの人だ, 昔世界の, 昔伸子の, 昔明治で, 昔聞いた, 春の, 時代が, 智慧を, 暮した頃, 暮れちかく, 暮れようとして, 暮れ五年目の, 暮れ私も, 暮れ行かん, 書架に, 有名だった, 末の, 来たこと, 来られないと, 東京暮しを, 果て翌, 棒に, 槇の, 欧羅巴へ, 此学校に, 此方に, 歴史を, 死ななかった, 死んだ亭主, 殿様の, 毎年葵原と, 水が, 永い間不如意, 江戸に, 治療を, 活きて, 浅く半蔵, 海底に, 湯に, 溯って, 漸く積もりぬ, 無人島生活を, 燻ぶっ, 牢内に, 犠牲に, 生きたいなんて, 生きてるじゃ, 生きながらえた鍾乳洞, 生きやしまいし, 生きるか, 生きるとさ, 生きる筈, 生き度, 生て, 生延びるよう, 男っきれ, 留守に, 病もえ奪, 白髪を, 皈らぬ, 目の, 看護した, 着慣れたふだん着, 知って, 研究した, 碁に, 祈りつづけて, 禁錮の, 私の, 秋ふけ, 稼いでから, 空閨の, 立つか, 節子が, 精根を, 終えて, 終り三年, 終る暮, 経たないのに, 経たねえうち, 経た樹木, 経ちますと, 経ったから, 経ったらこの, 経ったろうという, 経った此, 経つかと, 経つたころ, 経つた今日, 経て, 経ぬらしと, 経験を, 絵筆なんぞ, 經つても, 經ツて, 続いたこと, 続いたの, 続いた結果, 続き京都, 続く気づかいは, 続けられたわけ, 續い, 美しさ, 老い病気, 考えたん, 考へるの, 職長を, 育てられた私, 背丈も, 臥せったなり, 自分に, 若いです, 若いわ, 若い人物, 若い眉目形, 若かりせば, 若くその, 若く中, 若く名, 若く気, 若く繊弱, 若く見える, 若けりゃ剣, 若し子供, 若し男振り, 若し面付き, 若返った姿, 苦しむ訳, 荒れて, 薬局の, 行かないうち, 行かぬに, 行かんで, 行方が, 衣を, 見てるのよ, 見ない氣, 見なかった人, 見張って, 覚えて, 言い古した哲理, 訴訟を, 誰が, 警視庁の, 費された, 費ひ込んだ, 走りたくても, 越え梅, 踏まれて, 身分も, 辛抱すれ, 農学を, 逆戻りした, 通らぬ広間, 逢わなかったの, 連れ添つて, 遅れた船団, 遊蕩費に, 過ぎたらあの, 過ぎてからの, 過ごした人, 道庵よりは, 違い考, 違つて居ました, 遠洋漁業に, 遼河は, 鉄砲打を, 長いあ, 長く食っ, 長らえるは, 長生きする, 開成山に, 間違つて居た, 隅田川で, 隔てて, 雇つて置いた, 雨露を, 音の, 音沙汰の, 顏を, 風雪に, 食事を, 飯綱修法を, 飼養する, 馴染の, 麻酔した

▼ 年~ (3619, 4.2%)

209 とって 138 取って 132 経て 103 して 54 とつた, とると 52 取つて 29 經て 28 取ると 25 とつて 24 経過した 21 経過し, 老った, 隔てて 20 取っても 18 越して, 重ねて 15 とるにつれて, 取ってから, 取るに, 老って 14 とってから, とれば, 経るに 13 とった女, とっても, 過ぎて 12 出でずして, 取れば, 經た, 老る, 越えて 11 しながら, とったよう, 追うて 10 とるの, 経た, 経た今日, 過して 9 とった, 取つた, 取るにつれて, 経ても 8 へだてて, 期して, 経るに従って

7 [12件] とった河童, とりすぎて, とりました, とりますと, とると共に, とるに, とるほど, 取ったの, 経れば, 老つて, 送って, 逐うて

6 [12件] とったと, とり過ぎて, 取ってからは, 取っては, 取つた方, 取りますと, 取るの, 取ッ, 積んで, 費して, 迎えて, 送った

5 [18件] とった者, とること, 享くる, 取ったから, 取ったせい, 取ったもの, 取ったよう, 取った方, 数えて, 経ずして, 経たり, 経た松, 記念する, 費やして, 越した, 距てて, 距る, 重ぬる

4 [31件] とったから, とったこと, とったな, とった人たち, とった男, とっては, 一期と, 一期として, 二つに, 卒業する, 取った, 取った人, 取つたの, 取り過ぎて, 取るに従って, 取るほど, 境として, 生きて, 経たかと, 経たもの, 経た後, 経た神代杉, 經る, 聞くと, 語る, 費やした, 迎へ, 過した, 過て, 重ねるにつれて, 隔て

3 [61件] お取り, かくして, きいたり, きいて, くって, した爺さん, しや, しやが, とったかと, とったが, とったせい, とったもの, とったり, とったん, とった人々, とってからの, とってからは, とらないで, とらないよう, とる, とるに従って, とるまで, とるん, へて, 仕って, 取ったかと, 取ったって, 取ったね, 取ったので, 取ったもん, 取った女, 取った母, 取つたやう, 取つた女, 取つた尼さん, 取つた者, 同じくし, 問はれ, 囘暦の, 待たずして, 知って, 福山に, 経たいま, 経たが, 経たの, 経るまま, 経過する, 經過した, 老ってから, 老っても, 老つた, 考えて, 要する, 越えること, 越すこと, 迎へて, 送り年, 送るあいだ, 過ぎた今日, 閲した今日, 閲して

2 [156件] おとりに, かぞえて, きさま, くつた, この老人, した主人公, した奴, してさ, してと, すぎて, ちかつ, とったお, とったお爺さん, とったけど, とったので, とったほう, とった人, とった女中, とった女教師, とった方, とった木, とった様, とった母親, とった父親, とった牛, とった白髪, とった私, とった身, とってからも, とりまして, とりましては, とり気力, とる事, へし糸, へた今日, 一傾と, 一年に, 一時代と, 三期に, 中心に, 入れると, 再現しよう, 出ずして, 制すれば, 加え五十, 加へ, 勘定すれ, 包括しないだろう, 卒業したら, 取ったか, 取ったし, 取ったと, 取ったり, 取った人たち, 取った去年, 取った者, 取った鶸, 取っちゃ, 取ってからも, 取つたし, 取つたもの, 取つた男, 取て, 取ても, 取らない, 取りそう, 取りつ, 取りました, 取りましたね, 取り過ぎた, 取るから, 取ること, 取るという, 取過ぎて, 同じゅうして, 含む, 喰って, 回顧し, 増したばかり, 大学で, 始め大抵は, 彼は, 待ちわびて, 流る, 無事に, 生きた, 目標として, 目標に, 眼の, 知らない, 知らないの, 祝福し, 祝賀した, 祭り替えること, 累ね, 累ねた師父たちよ, 終っただけの, 終へ, 経し, 経たとも, 経たばかりの, 経たる今日, 経つ, 経てから, 経に, 経ると, 経ると共に, 経るに従い, 経追, 織り命, 老つ, 老つた猿共, 老り, 考へて, 聞いたり, 聞いて, 聞けば, 薄墨華魁に, 見よ, 言うただけ, 訊ねました, 記念し, 越えるまで, 越さないうち, 越さなければ, 越しても, 越すつもり, 越すと, 迎えた, 迎えなければ, 迎えようと, 迎へる, 追ひ, 追ふ, 送り迎, 送る, 送るうち, 送ること三とせ, 送るの, 送る間, 過ぎた, 過ぎたり, 過ぎては, 過ぎなば, 過ぎました, 過ごして, 過ごしました, 過したん, 過しました, 重ねるに, 長いと, 閲した後, 除いて, 隔てた今日, 隠して, 饗くる

1 [1453件 抜粋] あなたが, ありしながらの, いたずらに, おいて, おくりその, おたずね給わっ, お取り下さいやし, お迎えの, かさねた青年, かねて, きいては, くらべるより, けみして, こえか, こえた天正四年, こぞと, この人, この明る, この病院, さげて, した, したわたくし, した一組, した亭主持ち, した叔母, した婦人, した男, した老人, した貧農出, してたづねてみるのもきまりが惡, しまって, すぎても, すごして, その中, その移る, たちましたでしょう, たのんで, つかまつって, つづけて, とおして, とったおじいさんみたい, とったお母さん, とったそして, とったという, とったなと, とったのに, とったらなおさら, とったら歯, とったクリスチャン, とったセキストン伯爵, とった一羽, とった人達, とった僧, とった四人, とった女先生, とった奴, とった婆さんたち, とった屠手, とった彼, とった支那人, とった時, とった母, とった熟練, とった猫背, とった痩せこけた男, とった筈, とった警官, とった除糞人, とった鰥, とってて, とってもああ, とっても一日, とっても損, とっても髪, とってるの, とつたら, とらせた友達, とらないく, とらないで萎れて, とらないの, とらないもん, とらない人間, とらなければ, とられたと, とられて, とらんの, とりしわ, とりすぎては, とりたい人, とりながら, とりましたから, とりましたね, とりましても, とりませんの, とり何時, とり新鮮味, とり死, とり淋しく, とり皮膚, とり過ぎたそんな, とり過ぎます, とるし, とるだし, とるとともに, とるもの, とる技術, とる者, どうやら経, どんな心, のむ成, ひそみゐたり, ひろったひと, ふり返っ, ふれば, へたしぶとい, へた古狸, へた大正十二年, へた老木, へだて今日著者, またぐかの, むかえた, むかへて, めぐる世界的, もう一人, もつてかぞ, やや上廻る, ゆり返した様, よろこべ, クレミュウは, パリで, 一つとる, 一二の, 一昔と, 七日と, 三十も, 不定數多年の, 中に, 了へた後母の, 二十二に, 二年だけで, 二期に, 人に, 今日いっときの, 仕つた和尚, 仕ても, 伊庭の, 伝えたという, 作つた何寺かの, 保つもの, 修業し, 假さむ, 傳へて, 僞つた, 光輝ある, 其前年即, 出して, 出でざるべしと, 出でないうち, 分けて, 初めて獨, 前に, 劃して, 加えて, 労作に, 北伊太利にて, 十で, 十五歳だ, 千度び重ね, 半分に, 卒える, 卒業した, 取ったお婆さん達, 取ったこと, 取ったさびし, 取っただけの, 取ったところ, 取ったな, 取ったばあさん, 取ったら, 取った一人, 取った事, 取った今日, 取った余, 取った四十五六, 取った女房, 取った尼君主従, 取った従姉, 取った村, 取った流浪人, 取った爺, 取った白猫, 取った自分自身, 取った親, 取った証拠, 取った近所, 取ってな, 取ってるわけ, 取つたおばあさん, 取つたかも, 取つたとか, 取つたら案外, 取つた主人, 取つた兵隊, 取つた時計, 取つた河童, 取つた近所, 取つちやつたン, 取つて一人前, 取つて姑, 取らずに, 取らせるく, 取らせる作法, 取らないから, 取らないの, 取らぬ, 取られたおとうさん, 取りすぎた嘆き, 取りたい, 取りながら, 取りましたな, 取りました時, 取りません, 取り万事甚, 取り損ねたが, 取り白髪, 取り衰えきったよう, 取り過ぎたもの, 取り重ねる習俗, 取るが, 取るし, 取るちうと, 取るとから, 取るにつれ, 取るばかり, 取るん, 取る毎, 取ろうとも, 受け持って, 召されたこと, 召して, 合せて, 同じうし, 吾邦で, 問うより, 問へ, 喰ったと, 喰つてゐる, 喰や, 囘暦紀元に, 四十歳位に, 固く信じ, 境に, 夏冬二期の, 夢に, 如ふれ, 定めた, 家の, 寄つたもので, 寛政辛亥だ, 尋ねると, 巧みに, 平均し, 延康元年と, 待たせたこと, 待ちて, 待つまでも, 得, 徳川十三代の, 忘れしむ, 忘れない限り, 思い出したから, 思うと, 思ひそこ, 恋に, 意味する, 所在なく, 拾うの, 挙げて, 措いて, 改めて始め, 教えて, 数えた, 数えるかも, 数え二十年前, 数へる, 旅暮しで, 日本の, 暮さねば, 暮しましょうね, 暮らすに, 最後として, 有りがたい, 期する, 某へ, 構築陣地の, 次の, 歴て, 残されて, 永劫に, 求刑し, 浪費し, 減ずる時, 溯つた頃, 為た, 父親の, 独逸に, 生きたん, 生伸びよう, 画して, 當てる, 発さしむることなきよう心, 盛衰の, 目途と, 省いた, 眺めると, 知らない曹操, 祝う意, 神戸で, 祭り替えるよう, 私達に, 積っても, 空だに, 第一回, 算え, 籠城し, 紀した, 終えて, 終つて仕舞ふ, 終る子供, 終了した, 経し君, 経たせい, 経たと, 経たはず, 経たらん, 経たる, 経たるまま面目分明, 経たる大殿, 経たる明治二十二年, 経たる牡丹, 経たる黒魚, 経た一八六八年, 経た古狐, 経た墓穴, 経た妖獣, 経た山羊, 経た建設期, 経た文安, 経た春鰊, 経た松柏, 経た樫, 経た海蛇, 経た藤ヅル, 経た貞治, 経た頃, 経と, 経ぬる, 経ましたけれども, 経ること九年, 経るにつれて, 経るまで, 経るもの, 経る間, 経宮府, 経法然, 経過したであろう, 経過しました, 経過せず, 絶頂として, 經たであろう, 經たれ, 經に, 經過し, 繰りて, 置いて, 老っちまっ, 老つたやう, 老つた婦人, 老つた炭焼, 老らせ, 老りすぎてゐたのだ, 老れ, 考えれば, 考慮に, 聞き合って, 腐らしてを, 致して, 苦しいなか, 蝗と, 表すこと, 要した, 要したれども, 要し他, 要すといふ, 要するかも, 要するさ, 要すると, 要する火星水星, 見送った偉大, 解決した, 言って, 言わずそれでいて, 計る他, 訊くと, 記する, 誇る者, 調べて, 謂ふ, 費した, 費し一五六四年十一月四隻, 費し元禄, 費やしても, 起點として, 超えて, 越えた, 越えた五月二十六日コマンドルスキイ沖, 越えても, 越えるかも, 越え彼, 越させたもの, 越したが, 越したため, 越したら, 越した方角, 越しては, 越し翌年, 越すでも, 越す予定, 越す用意, 越す頃, 越そうと, 足し申すと, 距てての, 転機として, 迎えさせて, 迎えたよろこびの, 迎えた気, 迎えましょう寿江子, 迎えようとは, 迎えると共に, 迎えるソヴェト同盟, 迎え年, 迎え顔, 追うに従って, 追って深刻, 追つて益, 送ったが, 送ったマルコ, 送つたなつかしい, 送りましたが, 送り今, 送るつもり, 逆さに, 逐って, 通じて, 通ずれば, 通観し, 週期として, 過ぎずしてほぼ, 過ぎた今, 過ぎた間もなく, 過ぎないうち, 過ぎると, 過ぎ明治二十一年, 過ぎ私, 過ぐし, 過ぐる, 過ごした, 過ごしてはと, 過させました, 過したの, 過しぬ, 遡ること九百三十年, 都會の, 重ねしめし猛, 重ねたが, 重ねたばかりの, 重ねた素子, 重ねるさし潮, 重ね月, 重ね生活, 金沢四年に, 閲した友人関係, 閲し信徒, 閲する二十八, 閲せん, 院の, 除去すれ, 隔つるに, 隔てたるに, 隔てた昔, 隔てない筈, 隠したマダム, 隠そうと, 靈帝光和中に, 革命後経た, 顧みて, 食っただけ, 食ってるからな, 飲む

▼ 年~ (2678, 3.1%)

32 蘭軒歿後第 27 若いが 16 夢の 12 とりたくないもの, 暮れて 11 とって, 取つて, 若いし 10 取っても 9 いくつだ 8 まだ若い, 取って 7 五十を, 私と 6 もう五十, 十九だ, 過ぎた 5 いくつ, かかる, たって, 暮れた, 生きて, 私の, 経って, 経過した

4 [18件] もう六十, 二十から, 二十七八で, 二十三で, 五十に, 亦とりわけ, 六十に, 十八, 四十に, 幾つだ, 彼より, 持ちません, 日本の, 明けて, 老っても, 老らない, 若かった, 若くても

3 [45件] いくつな, いって, ここに, そちこち, たしかに世話, まだ三十, まだ十七, もう四十, ゆかねど, 三十に, 三十を, 三十五で, 二十を, 二十一だ, 二十七だ, 二十二三, 二十二三でも, 二十八だ, 二十歳ぐらい, 人間の, 六十ばかり, 六十四白粉を, 六月の, 冬に, 十だ, 十七で, 十九か, 十九の, 十九歳でございます, 十八か, 十八で, 十六なれ, 幾つぐらい, 幾つで, 幾つに, 明けた, 私が, 経つて, 経過せり, 自分の, 蘭軒が, 豊年だ, 過ぎて, 非常に, 鮎の

2 [146件] いかねえが, いずれも, いちばん若かっ, およそ十七, おれより, かかるだらう, かかるだろう, かかるであろうと, かくて, こえて, すぎて, それから, それほどでも, たっぷり使えるだ, とっても, どうした, どんな年, ないが, なかった, なれて, まだやつ, まだ二十一, まだ二十四五, まだ十二歳, もう七十, もう二十五六, もう二十四, もう六十恰好, やう, わからない痩せたひょろ長い, わたくしが, ロザンゼルスで, 一年に, 一年より, 三十ぐらい, 三十一か, 三十四五で, 上だ, 下でも, 両親は, 二人とも, 二十ばかり, 二十一か, 二十一で, 二十一歳, 二十七, 二十七八でも, 二十三四, 二十三歳で, 二十二だ, 二十二三の, 二十五六, 二十五六口が, 二十六で, 二十六七だったろう, 二十六歳でございました, 二十四町の, 二十歳位で, 五十くらい, 五十ばかり, 五十五六と, 五年と, 他の, 何か, 何時まで, 僅に, 六十三であった, 十七八だ, 十七歳だった, 十七歳みんなは, 十九で, 十九でも, 十九姿は, 十九歳, 十二か, 十八と, 十八歳であった, 十六七とも, 十六七なるべし, 十年で, 取りたくないと, 取りたくないもの, 取りたくねえな, 取りますし, 名ばかりの, 囘暦の, 四十がらみだった, 四十ばかり, 四十を, 四十五六で, 四十五六でも, 夢と, 天正十二年の, 如何なる年, 姉上より, 宗助, 宗助も, 定まる家, 定めの, 実父の, 寄っても, 少いが, 少しも, 少し渋り, 平次より, 幾つ, 幾つじゃ, 幾歳, 当時の, 彼が, 待たなければ, 慥十八とか, 旅だ, 日本が, 早く送っ, 早く過ぎ, 明治の, 暮れ明け, 未聞の, 来た, 正月から, 正月早々から, 生きた, 留さんより, 瞬く間, 私は, 私より, 秋の, 空梅雨であった, 経ちます, 経った, 経過し, 絶対に, 老つて, 老らぬ, 老り, 老る, 若い, 若いの, 蘭軒の, 観世の, 誠に憑かれた, 遊んで, 過ぎ去って, 違わないの, 隨一若けれ

1 [1940件 抜粋] あたしたちに, あった, あらそえん食物, あれから, いかないが, いくつかの, いくつです, いざと, いったい今, いつにも, うちの, おくれたかも, おない, およそ二十三, おろかより, おろか二年も, おろか半年も, お主, お嫌い, お手許, お稲, かかりますまい, かかるだろうが, かかるでしょうな, かかるん, かつて労農党華やか, かように, くらせよう, ここ五十年間の, ことし十四ぐらい, このまま, この世界, この外, この絵葉書, これだけで, さておき十年, すぎました, すぐ過ぎ, すなわち文化元年, ずっと若く, そうは, そのころ十一ぐらゐであつた, その制止, その後も, その春, その発令, その苦闘史, それだけは, それでもどうやら, そんな悪性, たしか九十, たしか水上瀧太郎君, たちました, たちまち経過, たっぷり越えました, たつという, だまって, ちがわない妹たち, ちょうど川中島, ちょっといってる, ついに暮れ, つぶさに浪人, とっくに過ぎ, とってもさすがに, とっても女, ともかくも, とりましたとは, とんとこの, どうかな, どうにも, どうもわし, どのよう, どんな雨, ないよ, なほ五度も, はっきり覚えません, はや暮れよう, ふけて, ぼくは, まず百姓, またたく間に, また無事, まだ三十そこそこ, まだ九つ, まだ二十三四, まだ二十四, まだ十三, まだ四十そこ, まだ四十歳そこそこ, まだ年歯, まだ渋つて, まったく家政, まるでまちまち, まアしかた, めったには, もう三十五, もう二十二, もう六十すぎ, もう十六, もう廿七八, もう過ぎた, もっぱら味方, もと, やうやう数, やっぱり咲枝たち開成山, やはり年, やはり黙っ, ようやく十四, よう試験に, よく吹雪, りんごに, わからないくら, わずか二十二歳, われわれ沖縄人が, サンタンたる, タメルラン西部波斯を, ナポレオンとしては, ヒューマニズムの, プロレタリア芸術家の, ミルクホール問題の, ラッサに, 一つ上だ, 一と, 一冬に, 一対三二一七五八年は, 一年ぐらいの, 一度は, 一方に, 一生かの, 一種の, 一葉まがいの, 丁度今, 七八つ女の, 七十であった, 七十一である, 七十二歳であった, 七十歳であった, 三つ四つ下らしい, 三六年の, 三十そこそこの, 三十ばかり, 三十一二で, 三十七八そういう, 三十三四伊達に, 三十二三, 三十二三頑丈な, 三十二歳生れつき多病の, 三十五六であった, 三十五六質朴らしい, 三十位で, 三十八ゆゑ如何に, 三十前後で, 三十前後容貌十人並住所姓名は, 三十四五社長の, 三十過ぎ, 三回忌に, 三月九日から, 三百六十五日の, 三谷青年と, 上海に, 不幸にも, 不釣合いな, 世上に, 世界恐慌が, 両刀使いで, 中村屋の, 主として今, 久留米で, 九カ月で, 乱雑の, 争われぬ雨, 二つか, 二つ三つ咲く, 二人に, 二十ぐらいに, 二十ほど, 二十一愛嬌盛り, 二十七さんざん, 二十七八, 二十七散々他の, 二十七歳に, 二十三と, 二十三四容貌も, 二十九まだ, 二十二とか, 二十二三なるべし, 二十二歳これまで, 二十五であった, 二十五六か, 二十五六でも, 二十五歳他の, 二十八であった, 二十八九だろう, 二十八九と, 二十八歳だ, 二十六でございます, 二十六七であろう, 二十六歳, 二十四である, 二十四五で, 二十四五には, 二十歳であった, 二十歳陰気な, 二月二十八日に, 五つち, 五十ぐらい, 五十七歳であった, 五十二歳壬戌の, 五十余りとも, 五十四五でも, 五月に, 享和三年癸亥では, 人の, 人類が, 今川家の, 他国へ, 伸子でさえ, 何の, 何年か, 何歳なる, 余生だ, 例の, 信長を, 個人に, 僅かに, 像法一千年に, 元弘の, 先例の, 全く体, 全国的な, 八十四で, 八月の, 公判廷に, 六十あまりであった, 六十を, 六十三ぢや, 六十二歳だ, 六十六で, 六十年目毎に, 其序によって, 内政の, 冷害などで, 出ない, 初めて悪性, 判らないね, 刻々と, 前年凶作の, 勿論三百年, 十か, 十七お正月だ, 十七である, 十七八ばかりと, 十七初, 十七虻に, 十九から, 十九である, 十九兵士と, 十九恥かし盛り, 十九行く行く, 十二に, 十二月六日改元建保元年と, 十五とか, 十八でございます, 十八九, 十六かほど, 十六である, 十六七であったろう, 十六娘形専門の, 十四な, 十月に, 十許り, 千百九十人で, 半ばで, 南岳の, 却って勉強, 友江さんより, 取らないの, 取る, 受合や, 合宿生活が, 同じに, 同年の, 呑んでと, 咲かず, 四十から, 四十だ, 四十一二で, 四十三四であった, 四十二三実直な, 四十五六であろう, 四十五歳と, 四十八であった, 四十前後で, 四十近い, 国家社会及び, 城の, 変っても, 夏無し秋無しに, 多くなかった, 夢か, 大した相, 大丈夫ダと, 大勢松明行列し, 大村が, 大風が, 天保四年である, 太祇の, 女学生らしくなかった, 妹たちと, 婦人作家の, 守るに, 実にこの, 実の, 宮崎県の, 家光の, 容捨なく, 寄ってるし, 寡兵を, 小作料を, 小形の, 小説流行の, 少し取っ, 少年が, 山へ, 岩太郎より, 帰らぬ身, 平家史としては, 年おれは, 年は, 幼かった, 幾つだった, 幾つよ, 幾個だ, 幾歳である, 広島で, 建武三年, 廿一に, 廿六七歳だった, 弘く, 彼にたいする, 彼女より, 往かぬが, 待とうと, 復古政府が, 必ず大, 忘れましたけれども, 思想界に, 恰も大江定基, 愚か一二カ月で, 懸るさかい, 我国の, 我生涯に, 戦争の, 戦陣に, 押し止めた, 抽斎歿後の, 持ちこらえ, 播重と, 改元し, 放置し, 文久元年である, 文学よりも, 文政四年で, 新潟にて, 既に三十六歳, 既に過ぎ去っ, 日本で, 日本山岳会が, 早いわけ, 旱災に, 明治三年である, 明治二十三年である, 明治五年である, 明治六年である, 明治十三年である, 明治十八年である, 明治十年である, 昔から, 春の, 春木座, 時間的には, 暮らせるだろうが, 暮れたが, 暮れまた, 暮れ翌, 書かなければ, 最近の, 朝から, 木馬に, 本所の, 来年卒業する, 果して壬子, 梅雨が, 概して天候, 欧洲平野における, 正月に, 此刹那に, 殊更に, 母が, 気候も, 水商売には, 江戸に, 決して無駄, 河原を, 洪水が, 浅草から, 混乱の, 満洲, 漸く二十, 火事が, 無かつ, 無論六十, 熱海で, 父の, 牛と, 特別の, 犬の, 獲もの, 現實, 瑞仙入府の, 生きられる計算, 生き堪へられるぞと, 生れてから, 生徒として, 甲比丹ヅーフが, 疫病神も, 白粥まで, 皆十一二位に, 目に, 直ぐ過ぎ, 真澄が, 知つてゐ, 短い月日, 禅定の, 秀忠が, 私共, 秋田餅の, 空けて, 空前な, 立ちますもの, 立てども, 米よく, 約束の, 終りかけた, 経ちました, 経て, 経れども, 結婚とも, 続いた, 続けたいが, 繰り上げられるかも, 翁の, 老りたくない, 脆くも, 自分より, 自然観察という, 芳を, 若いといったな, 若いらしい, 若かつ, 若けえ, 若し勢い, 若返った思い, 茂七が, 蓄財を, 薨去後一千二百五十年, 蘭軒にやすら, 行かぬが, 裏の, 西洋と, 見えなかったが, 読誦多聞の, 請合だ, 警戒する, 豊作なりとして, 豊年と, 貯蔵で, 越させても, 辛抱し, 迅くに過ぎた, 近年希な, 通信教授だけでも, 連載小説を, 遂に終った, 過ぎたが, 過ぎ去った, 違うが, 野原でも, 長けたが, 長過ぎた, 閏年であった, 闘諍堅固に, 隨分違つてゐる, 電気学上特筆すべき, 静かに, 面白いと, 食ふ, 馬車馬の, 高野山, 鳥取市に

▼ 年~ (1206, 1.4%)

24 明けて 19 年だ 16 若くて 13 いもない, 若い, 若いから 12 いもなく, 若いの 9 寄って, 明けると 8 若かった 7 あけて, いって, 暮れて, 若いだけに, 若いと, 違って 6 来た, 経った, 経って, 経過した, 若いので 5 寄ると, 年な, 明けた, 若くって, 過ぎた, 違うので

4 [15件] ある, さの, まだ若い, 上で, 年です, 年中同じ, 改まると, 明けても, 経過し, 若いのに, 行って, 近過ぎる, 過ぎて, 違ふ, 間に

3 [23件] あらたまって, たった, たてば, ちがって, ない, ゆかぬとて, 上な, 十年でも, 改まって, 明けてから, 暮れても, 老けて, 若かつ, 若すぎる, 若過ぎる, 過ぎたの, 違うの, 違うん, 違っても, 違ひ過ぎる, 違をが, 間, 間は

2 [75件] あつた, あらたまったらば, いかないから, いった, いっても, かわった, かわって, さうぢやつ, たって, たつた, ちっとも判らない, とって, どんな年, まだ明けない, よると, わらった, 一つ明け, 三十四歳で, 上だ, 上の, 下で, 中途半端な, 二つも, 二十以上も, 代わって, 何である, 來る, 十ばかり, 変ると, 変わっても, 大分違う, 如何に, 寄っても, 寄つた, 寄つたと, 寄つたので, 寄つても, 年だけに, 年中其処に, 年中長屋の, 幾つだ, 彼の, 往って, 改った, 改って, 改まった, 改まってから, 改まるとともに, 新しくおとずれた, 新らしく, 明けました, 明ければ, 春秋を, 暮れた, 暮れての, 暮れるの, 来ました, 経過する, 經つ, 若いが, 若いし, 若いにも, 若いもの, 若いん, 若え, 若くても, 若くなり, 行き過ぎて, 行けば, 訪れた時, 過ぎました, 過ぎ去った, 違ふと, 長けて, 間そばにを

1 [677件 抜粋] あいだいたずらに, あいだ胡蝶と, あけたら少し, あけても, あけと, あけるにあたって, あすこまで, あった, あったにも, あったよ, あっても, あひだ, あまり違いすぎる, あらたまってからも, あらたまりますと, あらたまるとともに, あるという, あるよう, あろうとは, いかないからい, いかないからと, いかないし, いかないので, いかなくて, いかねえによって, いきませぬゆえ, いきませんから, いくと, いつて, いつてこそ, いなく騒ぎたて, いもないあさはかな, うちには, おとずれると, お若い, お若く, お違い, かさなるに, かなりに, かりじゃ, かわると, くずれるさすが, くっついたから, くること, こういった, こない, この非常時, さな, さまざまで, しらな, すぎると, すぎ去って, すぐ分つ, せいぜいの, そんなに違っ, たえず彼女, たちアバタ, たち三十五歳, たった一つ上, たつて, たつと, たつほど, だんだん片寄っ, ちがいすぎるからと, ちがう, ちがった, ちがわないよう, ちょうど自分, つづいた日本, つもるに, とこのうのう, ところも, ところ留守に, とっくに来た, ともすると物, どれほど違ッ, どんな重大, ないに, ねえが, はじまった, はじまりますおめでとう, はなれて, ふえたからって, ほんとうに, また同じ, また来る, まだほんの, まだ来ない, まだ若く, もう四十位, もう年, もって, やって来られたのよ, ゆかずこの, ゆかないから, ゆかないのに, ゆかなかったら或は, よいから, よく分らない, よけいだ, よって, よりました, よるに従って, よる程, わかいし, わかいの, わかすぎますので, わからねえの, わか過ぎてよ, わけえし, わたしたちの, 一つの, 一つ多い, 一区切りに, 一千三百年の, 一年へります, 一昔ざっと, 一生だ, 一番多種多様の, 一番大切な, 一番緊張する, 丁年に, 丁度, 七回十五度から, 七日に, 三つか, 三六〇日に, 三十に, 三十も, 三十五で, 三千年で, 三年と, 三日ほどにも, 上だった, 上であり, 上では, 上らしく, 下がって, 不思議な, 丙午で, 予科で, 二つに, 二つばかり, 二つ三つ下な, 二つ上と, 二つ下な, 二十あまりの, 二十一二で, 二十二三位に, 二十年で, 二十年でも, 二十近くも, 二年と, 二年二年が, 二度と私, 二派に, 五十そう, 五年でも, 五年に, 今五十八もう, 何だ, 何回あった, 來て, 偶然的なりとして, 僅か九つ, 僅に, 其の間奉公, 出すプログラム, 出生について, 初めてで, 初めで, 判然しない, 加わったせい, 劣って, 十七で, 十七違ふ, 十三である, 十九だ, 十九だった, 十九故, 十五も, 十八九で, 十六で, 十年だ, 十年に, 半年ぐらゐにしか思へなかつ, 取れん位, 右に, 同大師, 同時にまた, 含まれて, 四十二三でも, 四十六七であった, 四十歳であった, 四年に, 国内的に, 地上にとって, 変わりまして, 変わりますよ, 多い, 多いせい, 多いん, 多かった, 夢の, 始まつて三日目, 始まると, 学校の, 実に内容的, 容赦なく来, 寄ったかな, 寄ったよう, 寄つたし, 寄つたで, 寄つたものです, 寄つて皺くち, 寄らうが, 寄らないなあ, 寄りましたが, 寄りますと, 寄り過ぎて, 寄るの, 寿命だ, 少い, 少いと, 少し取り過ぎ, 少し違う, 少ない人, 少なかった, 左に, 常に交替, 年じゃ, 年じゅう川で, 年じゅう普通の, 年じゅう朝から, 年じゅう死ぬ, 年じゅう湯が, 年じゅう見, 年だけにあたりは, 年だしねえ, 年である, 年でっ, 年でも, 年なり, 年に, 年ゆゑひどく身体が, 年中かけ, 年中こつこつ, 年中し, 年中ぜ, 年中で, 年中べらぼうに, 年中ピイピイガラガラ家ん, 年中三十五銭で, 年中二十日鼠の, 年中五寸と, 年中休みなし, 年中南山を, 年中女の, 年中寄合, 年中恐しく, 年中摺鉢の, 年中敷き, 年中朝日と, 年中水道と, 年中肝, 年中貧亡に, 年中赤シャツを, 年中離座敷ばかりに, 年中飛ん, 年中馬に, 年号の, 幼かった, 幾つか, 彼等にとっての, 往かないと, 往かないよう, 往かんのに, 往きませんから, 往きませんし, 御若い, 必要である, 思いきった貧書生, 恰で, 悪いから, 想い出され, 慌しく暮れ, 慶長十九年, 押し詰まつて, 持ち越した和歌, 改たまっ, 改まったと, 改まったら大いに, 改まってからも, 改まりました, 改まり村, 改まると共に, 改り, 改る, 教えるん, 明いたので, 明くから, 明けたと, 明けたばかりの, 明けたらあんた, 明けたら入れ札, 明けたら祝言, 明けた廿八年, 明けてからでも, 明けましたらなるべく早々, 明けましてな, 明けるとともに, 明ける時, 明け松の内, 時々発生, 暮れかかっ, 暮れそれから, 暮れに, 暮れようと, 暮れる前, 暮れ新, 暮れ正月が, 更つて一ヶ月も, 更に尚私, 更る, 最も大切, 最初で, 最初であります, 最後で, 最後であった, 最後である, 未だ御, 本当の, 来ますが, 来また, 来る, 来ると, 来るの, 来るまで, 欲しい, 正しいと, 正法です, 此の間に, 死んだ, 歿し, 段々片寄つて, 江戸の, 流れて, 減つて三つに, 現代人に, 當山開祖傳教大師の, 相手よりも, 瞬くうち, 知れるん, 知れるナ, 短い時間, 程は, 稚気乃至, 積もつて, 立ったが, 立って, 立ってから, 立つてから, 立つと, 終える一月早々別, 終ったよう, 終つた, 組合を, 経ちある, 経ちました, 経ちましても, 経ちます, 経ちまもなく, 経ち間もなく, 経ってから, 経つ, 経つごと, 経つだらう, 経つちまつた, 経つと, 経つに, 経て, 結婚すべき, 絶頂の, 經過した, 老いて, 老け過ぎて, 若いおまけ, 若いからかと, 若いからとて, 若いしかも, 若いその, 若いたって, 若いだけ, 若いで, 若いという, 若いとは, 若いに, 若い口, 若い相手, 若い芳子さん, 若かったら, 若かでな, 若かで世間, 若くっても, 若くなくなる, 若くなった, 若く一切, 若く世間知らず, 若く健か, 若く十六, 若く口数, 若く嗣子, 若く学生時代, 若く無けれ, 若く誰, 若く顔色, 若けえ, 若し根, 若すぎ, 若すぎた, 苦しいか, 行かないからと, 行かないため, 行かないでも, 行かない一人子, 行かない爲, 行かぬと, 行かぬとは, 行きすぎて, 行きどまりだ, 行きませんから, 行くと, 行くと共に, 行ったあと, 行つ, 衰亡期であった, 複雑な, 見えたり, 解脱の, 訣つてゐる, 負けた巌, 費された, 質問を, 越されない苦しまぎれ, 越せないからね, 越せる, 越せるか, 越せると, 足りなくても, 近いという, 近くなった, 迫るにつき, 逝き新しい, 過ぎたが, 過ぎたと, 過ぎたら何, 過ぎちょうど, 過ぎる, 過ぎると, 過ぎ二十年, 過ぎ大正九年, 過された, 違いすぎる, 違いすぎるが, 違いすぎるせい, 違いました, 違い久しい, 違い過ぎるので, 違うじゃ, 違うたが, 違うたって, 違うわけ, 違う上, 違う兄妹, 違つてゐないだらう, 違つて來る, 違つて居る, 違ひ過ぎます, 違ふつて, 違わア, 釣合わないが, 長けてから, 間あの, 間つてもの, 間と, 間一時片時も, 間世の中飢渇し, 間今日の, 間参りますまい, 間営倉へ, 間寄手を, 間思ひ, 間浮世の, 間畠へは, 間稼がなけれ, 間蝶吉は, 間願いし, 閲された, 集って, 騒ぎだし二年

▼ 年には~ (1144, 1.3%)

7 それは 6 それが, 保の 5 わずかに, 保が, 脩が 4 いってから, 出生は, 彼は, 時々鹿島 3 いって, なる, 彼の, 日本の, 早くも, 有名な, 王立協会の, 瑞仙が, 蘭軒が

2 [36件] この一七九三年, さらに数夜, なるだろう, ドイツの, ドイツフランスを, フィレンツェの, ペテルスブルグの, ロシアの, ローマか, 三十八歳で, 世界の, 久しぶりで, 二千円の, 人口は, 今の, 他に, 僅かに, 八男剛十郎が, 同じ香木, 四ファネガの, 壽阿, 大甞会, 完全に, 御夫婦, 抽斎が, 最後の, 横浜に, 歌作乏し, 江戸で, 江戸に, 瑞英の, 私の, 私は, 第四版, 英国の, 論文集

1 [995件 抜粋] あのよう, あまり関係, いままでの, いると, お峰, かえってまず苦しまなけれ, ぐるりの, ここ忍沼の, この原因, この村, この比率, これが, さらに多額, さらに相馬家, しづちゃんも, すでにポルトガル, すでに復刻, その七十歳, その四倍, その後の, その新田義貞, その暴君, その殆ど四倍, その秀作, その素材, その調査, その頃, それだけ不足, それまで, それを, たいていの, だれから, ついにパリ, とうとうここ, どういうわけ, どっさりの, なおその, なお多少, なかった, なって, ならぬが, なりませんよ, なるの, なる高座暮らし, はじめて大西洋, ひどい目, ふたたび川中島, またどんな, またアフリカ, またベルリン, また上杉氏, また新, また百年以前, まだ二十七歳, まだ今日, まだ喫茶店, まだ惜しい, まだ花嫁さん, みえないだらう, みんなで, もう一つ世間, もう女, もう故人, もう春雨, もう法制局, もう煙草, もう親類, ようやくしつ, わがもろもろ, わずか五年, アムボイナ島に, アメリカ大陸に, アルバート親王の, アレキサンダア二世が, イギリスロシアオランダフランスとの, インドだけでも, ウェストミンスター寺院の, ウラニウム二三五の, エトアール街サン, オランダの, カラハリの, カールにとって, ガムビア河から, ガリレイの, クリストッツァの, グラドストーンから, ケーテの, コタン旧, コンムーナの, ゴンチヤロフの, サンスの, サン・ドゥニ街の, シャム四等官一六二八年には, シャール十世と, ジャン, スタンフォドの, スペインにおいて, ソヴェトの, ゾロアマントー街の, タタムの, チチメーク族の, チュカロフが, テナルディエは, デュアメルが, トリニティ・ハウス, トロンゲート街に, ナイルの, ニカラグヮに, ヌーヴ・デ・プティー・ペール街の, ハイランド地方の, パリの, パリ音楽院の, パークスの, ピイドモント及び, フイラデルフイアの, フェルナン・ゴメスが, フランスで, フランスの, プラーグの, ベルリン大学の, ペテルスブルグ大学の, ペー街の, ボストンの, ポンソーの, マドリッドに, マラッカで, モウ貴, モンドが, ヤコビの, ラフィット銀行へ, リア王これは, リヴォルノの, レティクスの, ロシア共産党に, ロンドンに, ロンドン市は, ワルゲンティン氏の, 一〇九四二六四六であり, 一ぱし経済界の, 一二二一八五〇〇と, 一五・六%, 一億二三千万円に, 一冊の, 一四〇〇〇に, 一女子が, 一対一〇〇であった, 一対一一二であった, 一対一三一・一である, 一対一二五であった, 一対三四・八にも, 一文も, 一旦京都, 一言で, 七二五三七二八であっ, 七十五歳の, 七十歳に, 七月から, 七歳に, 七百八十七人に, 三〇四五一一八七で, 三ばんめの, 三九分の一が, 三億三千万トンの, 三十九歳である, 三女を, 三度目に, 三月が, 三段膨脹機関一八九四年には, 三男萬吉が, 三百六十五回に, 上にも, 上海事変が, 上野介藤原厚載, 不足が, 中奥小姓に, 主務なる, 九一六八〇〇〇と, 九十二ポンドに, 九月一日に, 九歳ばかり, 二つの, 二三五二二九八一八二三年には, 二代将軍秀忠が, 二十三万四千戸に, 二十八ヶ村に, 二十歳であった, 二度目正徳二年には, 二月二十八日に, 二男犬萬十七年には, 互いに兵火, 五万家族に, 五十一歳その, 五十三歳に, 五十兩に, 五四九二三五四であり, 五月二日に, 五篇一九一九年には, 京都店を, 人口三万を, 人頭税による, 今度こそ, 今次の, 他の, 代議士六一五名中婦人は, 仲間によって, 伊勢長島の, 休場する, 似ず青年, 佐野城を, 何千両という, 作って, 信玄が, 信長が, 偶然による, 僅に, 僧最澄茶の, 允成が, 先生は, 克てず老いられたと, 全く無事, 全然放棄, 八〇%という, 八十歳の, 八歳だ, 八百余万斤二十三年には, 公条邸の, 六三郎が, 六二六二七一六であり, 六十七歳で, 六月二十二日に, 六百八十万斤を, 其信仰伝承が, 内閣に, 内閣修史局の, 再びノーベル物化学賞, 凡そ津軽, 出来て, 出来上つて, 出羽の, 初めて万国議員会議, 初めに, 前に, 前安芸守伴忠行, 前記スペクトルと, 割合老, 労働農民党, 動物虐待防止法案の, 勘次郎も, 勝てぬ, 北から, 北イタリヤまで, 北海道の, 医学校も, 十一月二十八日に, 十一篇の, 十三パーセントに, 十二階に, 十八年来信階の, 十六七人からの, 十六歳であった, 十石の, 千三百種に, 南洋進出の, 原田孫七郎が, 参謀本部が, 又代替, 双方各々五百人ばかりの, 収入が, 叙爵せられ, 各教区, 吉岡憲法は, 同じく三時間, 同校の, 名村八右衞門と共に, 向う七ヵ年据置の, 和蘭艦隊を, 四十三歳に, 四月二十九日に, 四条河原の, 四百五十万人という, 国会開設を, 国民歓呼の, 國學者縣居の, 國木田君が, 土地台帳局の, 城の, 塔寺を, 増補改訂第, 外人の, 多くの, 多数の, 大佐に, 大内正弘に, 大衆の, 大運河, 大黒の, 夫が, 奨励金は, 妖気が, 始めて, 孝高は, 学問も, 孫が, 完全で, 宗祇の, 官制の, 実隆たびたび, 家康が, 寄合の, 小松清によって, 少し減少, 尚高田幸橋町, 山口藩士卒の, 山陽道に, 左翼の, 帝国学士院会員と, 師の, 幕府が, 平年よりも, 幾勢は, 廿五年記念祝典が, 弟孝兵衛に, 弾正政高が, 当時東京博物館の, 彦根藩, 征韓論の, 従五位上六年には, 従姉エンマ・ウェジウッドと, 復鬼神の, 恐らく不具物, 情報局が, 憲法を, 我が邦人, 我等夫婦に, 房事の, 所謂時事益, 抽斎の, 持統天皇は, 支那の, 教皇シキストゥス四世の, 文展が, 文藝部長兼社會部長と, 新暦十一月の, 新聞社へ, 既に, 既に内務省地理局, 既に大きく, 既に日本, 日本に, 日本中で, 日比谷の, 日露戦争が, 旧高松藩松平家, 明治の, 春の, 春日祭上卿をも, 昭和三年らしい, 暑中休暇を, 曙覧未亡人直, 更にギルバアト・ウェイクフィールド, 更に十年, 更に市税, 書簡にも, 最早家, 有史以前に, 朝野の, 木星を, 末尼教の, 本宅を, 朱, 東京地学協会で, 東京府判事に, 東北の, 東方会の, 東西の, 森田座が出來見世物が, 椿の, 極洋へ, 榛軒に, 権力は, 横山又次郎教授の, 橋の, 機動演習の, 次女俶が, 歌劇の, 正真正銘の, 武揚は, 歴史的な, 殆ど自分一人の, 母親が, 毎年約, 氏親から, 江刺郡に, 江戸大坂兵庫新潟の, 汪大淵の, 沢山に, 洗張屋に, 活動写真を, 海峽植民地シンガポールが, 満たぬ御, 火事や, 為相が, 無論の, 父の, 父竜池の, 特にいちじるしく, 特に選ばれ, 独ソ不可侵条約が, 猶存命, 王立研究所の, 現在国宝の, 瑞長の, 生みの親の, 甫めて, 田山花袋の, 男より, 町の, 畢生の, 異教徒の, 疫病が, 疫病さへも, 白法隠滞し, 百三十六万五千余人が, 百五十万を, 百十万人も, 皇子言仁, 相当な, 県会議員久保田某なる, 礦山で, 神余与三郎, 神社と, 福原さくが, 福島県人志賀直道に, 秀吉は, 秋が, 秋山氏といふ, 空を, 第一次世界大戦, 第五版, 第六版, 箱形の, 米国領事ハリスが, 約二百メートル, 紐育の, 細川勝元が, 結婚の, 結婚数は, 総トン数二千六百二十万五千トンの, 編輯局長兼文藝部長兼婦人部長に, 美作権介を, 義政が, 聖クロティルド教会の, 自らジークブルクに, 自覚の, 若松村は, 英文二十二篇邦文四篇の, 落語協会が, 薄田泣菫の, 薩日隅の, 蘭軒の, 蚫に, 蝦夷が, 西部国境近くの, 見えない, 親子ロケットによって, 諸要塞, 賭博師の, 足らぬかは, 足利高氏の, 近衛騎兵の, 遂に五億二千万円, 遠州相良五万七千石, 遠藤さとが, 都で, 重兵衛, 針金を, 錘数に, 長久手の, 長尾景春に, 長崎の, 長崎奉行に対して, 長政の, 閏が, 関白と, 院長は, 陸奥の, 隠居所を, 隼人のみ, 雪渓が, 電気分解の, 電磁気感応の, 革命は, 韃靼の, 飢饉も, 餘り, 香港まで, 驚くほど, 高田を, 麻苧を, 鼻のみ

▼ 年~ (1110, 1.3%)

47 いえば 28 云ふ 22 云えば 14 いうと, いへば 12 なって 8 すれば 7 いって 6 つた, 五年の 5 たつうち, つたお母さんは, なった, なる, 続けて 4 したの, すると, なると, なるの, 云うもの, 月日が, 高まつ

3 [21件] いいあるいは, いうから, いうが, た, たたないうち, たたぬうち, つた一人の, つた母と, なくこの, 一緒に, 云うの, 云う長い, 云ひ, 云ふと, 刻し, 定めて, 思って, 申すと, 経たぬうち, 経つうち, 言へば

2 [64件] ある, あるが, あるの, いうので, いえども, いつて, いふが, いふと, いふの, このにく, しを, し乙某, たちます, たって, ちょっとだ, つたおかみさん, つたお坊さん, つたやうな, つた女が, つた方の, つた男の, つてから, なく地下, なく毎年今頃, なく私, なつて, なりぬ, なりました, なり十年, なるであろう, なれば, みえて, 一日の, 七カ月の, 三ヶ月にしか, 云うこと, 云って, 云ふも, 云や, 五月の, 共に募る, 勤めた者, 同じよう, 同一の, 四年の, 工夫に, 年期を, 彫って, 明記し, 申して, 申せば, 経たないうち, 経たない内, 経ちそれ, 経つ内, 經たぬ, 見て, 言うか, 言ひ, 記されて, 遅れて, 過して, 雨の, 高くなっ

1 [702件 抜粋] あって, あまりに多く, ありますから, あり北方諸国, いいますと, いい伝えられて, いい又は, いい或は, いう, いうほど, いうものの, いちじるしく彼, いっても, いつたといふ, いつたやう, いはれて, いふから, いへども, いへるは, いわれその, いわれて, おなじよう, おなり遊ばし, おぼえて, かいたと, かいたという, かかって, かぞえられるところ, かや, きめて, くらしが, こたえたもの, このまま, この二夏, この石段, こんなところ, しその間, した, したい, して, し一アルパン当り三セチエ, し平年作, す, すぎぬ間, すこし前, すこし経った, するうち, すること, するとき, する太陽暦, せずに, そういう状態, そのすぐ, その子, その盃, それぞれ程度の, そんな例, たたない内, ただの, たったよう, たつちまったん, たつと, たつにつれて, たつ中, たつ間には, だんだんにさかのぼっ, だんだん恩給, だんだん荒廃, ちょっと, ちょっとに, つたおつさん, つたお婆さん連中が, つたお婆さん連中な, つたお母さんの, つたその, つたのが, つたほかの, つたみすぼらしい, つた一頭の, つた世話女房の, つた予言者にな, つた人の, つた仲居頭が, つた叔父を, つた和尚さんが, つた和尚さんの, つた坊さんが, つた外人夫婦が, つた女の, つた婦人が, つた小役人の, つた巡査も, つた彼の, つた旦那團右衞門の, つた曾祖母さんが, つた植木屋は, つた母親と, つた父を, つた獨り, つた男が, つた男で, つた異人の, つた癈人と, つた羊は, つた者は, つた肥えた, つた蛇が, つた蛇は, つた鏡の, つづいたが, つづいた事, つづくうち, つてか, つてゐた, つてゐる, つて居る, つまり一生, でたらめを, なき古い木, なくかがんだ, なくこういう, なくその, なくそんな, なく上方, なく事業, なく何, なく保存, なく出入り, なく嘘, なく多く, なく孤独, なく宗教的, なく尋ね, なく御, なく思いだし, なく思出, なく息子, なく捨てつ, なく暮らし, なく月日, なく毎日, なく毎日国王, なく深山, なく無辜, なく牧場, なく空家同様, なく続い, なく続き, なく腕白ども, なく自暴, なく落ちかさなった, なく落葉, なく虐め抜かれた, なく負けつづけ, なく辛抱, なく雨風, なく飽きなかった, なく鼻, なして, なし地球, なったが, なった四日目, なった正月, なっては, なつちや事だ, なりさ, なりそう, なりその, なりの, なりましたが, なりゃあ, なり六年, なり四年, なるにつれて, なるまで, はいへよつ, はか, ひますな, ほとんど同一数, まっくら, もったこと, やうやうに, わずかずつに, わずか三月, 一か月だった, 一七五六年とを, 一七八三年にも, 一七六八年に, 一九一六年から, 一九一四年に, 一八〇〇年の, 一八七七年とに, 一八三〇年と, 一八三二年とは, 一八九二年に, 一八五五年との, 一八四八年と, 一八四六年, 一口に, 一四年の, 一年の, 一日たつたら話し, 一瞬とに, 七ヵ月の, 七年と, 三カ月, 三カ月世界の, 三ヵ月を, 三ヵ月ロシアに, 三ヵ月生き, 三ヶ月ほど, 三三年との, 三五年とを, 三十七年後の, 三味線を, 三年めと, 三年を, 三年末兒は, 三年稼いだ, 三月が, 三月十五日まえ, 三月目の, 上に, 上向線を, 両度行った, 中を, 主張する, 九ヵ月だけ, 九ヵ月という, 九七年とに, 予定し, 予約し, 二三か月の, 二十歳臺から, 二年, 二年とは, 二年を, 二月は, 二月前に, 二説ある, 云いまた, 云う, 云うまで, 云うもの只金, 云う時間, 云う時間的, 云う約束, 云う間, 云う頃, 云つたので, 云つても, 云つて外へは, 云ひます, 云ふこ, 云へば, 云われて, 五カ月, 五ヶ月, 五日の, 今とる, 住むに従って, 体力に, 何カ月か, 何カ月で, 何ヶ月かに, 何ヶ月であり, 余五郎も, 修業した, 傳はる豪族です, 元日後十五日立春の, 全部の, 八ヵ月の, 六ヵ月暮してた, 六年と, 六年との, 共にだ, 共にほとばしり出る, 共に太り, 勤めあげた素性, 十七年の, 十二支の, 十六年との, 十四年で, 十年と, 十年に, 十年また, 半と, 半ばを, 半ぶりで, 半年ばかり, 半歳ぶりだ, 原価の, 同じである, 同じ時期, 四カ月ばかりは, 四ヵ月, 四十三年との, 四季, 四年で, 四月に, 場合と, 増加し, 大呼し, 大正二年の, 女だって, 存じます, 安居を, 定まつ, 定めたるもの, 定めた月日, 定められたこと, 寛政十一年とに, 寛文五年と, 寝て, 少しか, 少ししか, 少しの, 少し前, 少し経ち, 居るわけ, 居付かないで, 居著か, 市役所に, 年で, 年寄りが, 年月が, 幾月かを, 延しました其の, 延び五年, 延徳二年の, 廿九年の, 引き続いて, 彼は, 後の, 後れざるを, 後れた平面的, 思う, 思うほど, 思ったら二年, 思つてれ, 思ひぬるかな, 思わぬうち, 思われる松, 恰好した, 悪い性根, 愈々はっきりし, 払底し, 持たず四月五月, 指紋小説出版の, 捕われて, 探すは, 推定し, 推定した, 推歩し誤る, 推移し, 改まるころ, 敬との, 数え来ると, 数ヵ月しか, 数ヵ月です, 数ヵ月書く, 新日本文学会, 旅を, 日を, 日本プロレタリア文化連盟, 昭和八年とでは, 時が, 時の, 時代が, 普通に, 暮せない女, 書いて, 書かずに, 月, 月日の, 月日を, 期限を, 材を, 概括する, 概括を, 此の, 歴史の, 歴史を, 段々店が, 母の, 比べると, 比較する, 決まった通知, 洗ったこと, 浅草に, 溯ると, 火事なんぞは, 為り十四年, 犬の, 生きてる奴, 生きられるから, 生き延びる者, 申しとうご, 申しまして, 申しますと, 町所と, 異なりなお, 百六十九日目に, 相場が, 相成るか, 看板が, 矢繼早に, 研究練磨し, 禅那の, 称えられその, 称し洛北, 称し道衍, 称す, 称せられるところ, 稱へ, 立たないうち, 立ち二年, 立つうち, 算し, 経たず六人, 経たない中, 経たない云わば, 経たない今日, 経たない間, 経たなかつた, 経ちましたながい, 経ちますうち, 経ち十年, 経った今日, 経った大木, 経つた大木, 経つて, 経つと, 経つに, 経て, 経るうち, 経るにつれて, 經ちません, 經つてゐた, 經ない, 經過する, 継続し, 続いたこと, 続いたの, 続くもの, 続ける時, 續いた, 翌年の, 考えて, 育った, 自分の, 致しました所, 花火に, 苦しんでも, 苦労が, 英男の, 落着いた, 行き先き, 見えて, 見きわめも, 見た傳習, 見ても, 見ました, 見ましょうシナ, 見る, 見積れば, 規定し, 解しても, 言うの, 言ったって, 言はれ, 言ふ, 計算され, 記した中山道深谷宿, 註して, 誤魔化すこと, 読み慣れて, 踏みとりあえず, 躍進し, 辛棒が, 送るうち, 逆に, 通算すれ, 速くも, 逸見上申書の, 過ぎた今日, 過ぎもう, 重ったあかつき, 重労働刑を, 金利などをも, 長い長い睡眠, 長くこの, 長足の, 間は, 闘争の, 限られた肉体的生命, 随分内容, 革命の, 養っては, 高まって

▼ 年~ (1054, 1.2%)

128 の今日 39 のこと 32 の今 30 の世界 14 になっ 8 のいま 7 にその, に理解 6 の東京 5 である, の事, の元 4 か, であった, でなければ, にこの, には, に起った, のその, の日本

3 [17件] であつ, であるかも, となっ, に, にはもう, の, のこの, のこん, のソヴェト社会, の今夜, の保吉, の夏, の彼, の死亡, の現在, の自分, 三年の

2 [47件] かね, が十年後, であって, であろうと, でも介意, でも十年後, と書き改められ, にあの, にある, にはどう, には何, には娘, にひかえた, に入唐, に再び, に大, に帰っ, に彼, に日本, に書き物, に氷河, に生き, に生れ, に発表, に私, のある, のきょう, のもの, のわれわれ, のオリンピック, の今日それ, の今月今夜, の出生, の嘉永六年, の地下農場, の地球, の安政三年, の強盗団, の或, の手紙, の文禄, の明治二十年, の明治四十年, の最終戦争, の社会, の社会主義社会, の話

1 [591件 抜粋] あるいは十年後, いくたの, いよいよ本田, お千代ちゃん, かあるいは, かそれ, かとにかく, かに大, かね千年後, からだ, から小作料, かれは, か二十年後, か二年後, か四年後, が実は, が生まれる, くらいに当る, すなわち一七九二年, そのよう, たしか昭和十三四年, だ, だから, だが, だった, だつたか, だと, ちょうど私, てゐる, で, であったという, であったバルザック, でありました, でありませうか, であり祖父, であるが, でしょうね, でた友人ベルグソン, でなくたつて, でなくては, では, でもこの, でも何日, でも千年後, でも宜, で次男ケント, で無いと, とでその, とり出して, ならいい, にあたる, にあと, にあれ, にかえる, にかつて, にかの大, にか五年後, にか開かれた, にこの世, にすっかり, にそう, にたいへん, にたった, にちかい, にと云い, にどうして, になされた, になつ, になつて異状, になる, になるでしょう, にはあ, にはおそらくは, にはことごとく, にはこの, にはその, にはどれ, にはどんな, にはなお, にはもはや, にはアラビア, にはオランダ, にはコロリ, にはコンセルヴァトゥール紙, にはサグレス附近, にはジョン, にはドイツ, にはビルバオ市, にはブチ, にはマルノー, にはヨーロッパ大戦, にはレーニン, にはヴィーン, には一, には一緒, には三千二百円位, には不思議, には主要食糧生産, には二人, には二千万, には五十人, には京都, には信濃, には再, には前期, には南京豆, には反, には右, には四十五歳, には四十歳, には四千万, には地球, には天下, には字書, には完全, には容易, には希臘古代, には帝展審査員任命, には帰参, には御多分, には忽ち, には放牧一切, には教える, には教師, には日本橋, には日米海軍, には早く, には本当に, には本格, には来ない, には果す, には横山町, には死ぬ, には母, には焼けない, には男, には矢張今, には私, には稚内, には米国, には自分, には表, には親鸞, には誰, には銚子口, には長径十七哩, には饗応, には馬鹿馬鹿, にふり, にぼく, にまた, にまたもや, にもう, にもう一度, にもなつて, にもまだ, にも一人, にも美濃, にわかれた, にわし, にわたし, にアムンゼン, にアメリカ, にウイリアムソン等, にウェリントン, にウッド, にオホツク, にオルガンチノ, にカレンダー, にキャロリーヌ, にキーゼヴェッター, にジワジワ, にスクリイブ, にソレー, にトーマス・マツケラー, にバルトリ, にフッサール, にフランス, にムーア彗星, にレオン・ツオルゴオズ, にレスター, に一家, に七ヶ国, に三倍, に三女, に上京, に上映, に亡国, に京都一乗寺村, に今, に今日, に他国, に会った, に何, に作られた, に例, に入, に六十六歳, に凍死, に出た, に出ました, に出現, に切迫, に刑死, に初, に千万人, に双生児, に地球, に夜中彼女, に大きな, に大内義隆, に大学, に太平洋, に妙テコリン, に実父, に室, に家康, に家族, に屬, に帰国, に常盤座, に平安朝文化, に平戸, に当る, に彗星, に彼ら, に彼女, に徙つた後, に御, に懐妊, に我々, に手紙, に持っ, に支払, に斯, に新しき, に新しく, に於, に於ける, に日本紀, に書かれた, に本当に, に来る, に東京, に歓喜, に死んだ, に母, に毛織布一片, に江戸, に深川, に漱石夫人, に潰瘍, に濠洲, に牢獄, に独立経済, に獨立經濟, に現われた, に生, に生まれたなら, に生誕, に発病, に禍い, に突如, に箏, に算, に純粋, に経た, に考えなく, に脳溢血, に自分, に自然的, に至っ, に至つて, に至り, に興行, に英予科二級, に行, に親, に読む, に警察, に貝ガラ, に起こった, に辞任, に近, に還っ, に長兄, に離婚, に頼朝, に養子, の○○村, のいま白人種, のきょう偶然発見, のこと也, のそれ, のため, のつい, のオリンピック東京招致, のクラス, のトルコ, のトルレス, のベルリン, のヴェルダン, の一七一四年, の一七二〇年, の一九〇七年, の一九三〇年, の一九三六年, の一九二一年, の一九四, の一九四七年, の一九四九年, の一五五七年, の一五五五年, の一五五六年, の一五五四年十月, の一五六一年六月, の一五四三年, の一八三五年, の一八九九年, の一八二二年, の一八五三年, の一八四四年, の一四八八年, の七二年, の七月, の七月廿一日, の万人, の世, の世界最後, の世間, の丹後地震, の九月, の予想, の五月, の人, の人々, の人たち, の人間, の今日の, の今日カフエー, の今日偶然, の今日只今, の今日吾等, の今日岩波書店主, の今日思い, の今日發見, の今日郷土人, の今朝, の仕合, の先輩, の光景, の八月十五夜, の六十一歳, の其の, の再会, の冬, の勤, の北宋, の十二世紀, の十五夜, の千九百〇六年, の南宋時代, の同窓会, の呉青秀, の哲学科, の唯今, の嘉永四年, の国会開設, の地方, の大助, の大正, の大正五年, の奈良朝, の女性, の妻君, の姿, の子孫, の安永七年, の宝亀十年三月十七日, の家庭, の寛延元年, の寛永九年, の山上, の帝劇, の平治, の年, の年始状, の延暦十八年十二月五日, の弘化元年, の弥勒菩薩出現, の当時, の後, の後醍醐天皇, の心配, の慶長九年, の我が, の我ら, の承, の政治地図, の文禄二年, の文禄征韓, の斉明天皇六年, の新, の日, の日附, の日露戦争, の明治三十一年頃, の明治三十五年, の明治二十九年, の明治二十九年十一月, の明治四十一年, の明治四十四年, の春, の春さき, の昨年度, の昭和, の昭和十五年三月二十一日午後五時五十三分, の昭和現代, の昭和7年, の晩春, の晩秋, の暮春, の有様, の未來, の東京市, の東洋, の機会, の正徳二年, の死骸臭, の民俗学者, の民衆, の永徳元年, の池上様, の決勝戦, の海底都市, の物故, の物理学界, の生理学, の生産能力, の盛大, の社会主義, の社会主義的青年男女学生, の米国, の結果, の統計, の花園, の英訳, の衝撃的, の覚醒, の観客, の記憶, の記述, の詩引中, の詩集, の貞享二年, の貞観, の貧乏平氏, の辻ヶ谷君, の近ごろ, の長い, の陽成天皇, は, はおろか, はトラクター技師, は三百年四百年後, は如何なる, またたまたま, またも, までだれ, まで子供, まで披, めきめきと, もありゃしない, もう一度シューベルト, もおそらく, もそのまま, もまた, より流行, る, わかった, を見よう, ノ今日ニ思ヒ至レバ, ノ將來ニ存ス, 三年を, 亡き情人, 再び我々, 再び故国, 初めて世, 即ち今, 即ち昭和初頭, 在洛陽, 始めて遣る, 少クモ二億四五千萬人, 或いは千年後, 或夜京都寺町若林書店, 猶看, 第十回オリンピック選手, 赦されて, 遂に特殊相對性原理, 間もなく廃せられ

▼ 年~ (1039, 1.2%)

27 の春 25 になる 19 である 16 の秋 15 だ, の夏 14 のこと 12 であった, に一度, の今日, の終り 10 になっ 8 の冬 76 です 5 にはもう, に初めて, の末 4 だから, にし, になり, に亡, の年

3 [20件] であつ, になつ, になります, には私, にまた, にやっと, に僕, に当る, に故郷, に死んだ, に見る, の, のある, の一九三〇年, の学生, の対面, の或, の盆, の結婚記念日, 思ひも

2 [65件] かの大, が, だからね, だこんな, だったの, だと, だとか, だな, でこの, で出, で日本, で漸く, で耳, で逢った, という年, と云う, なりし, にそれでは, になった, になるだろう, になるでしょう, には先生, には又, には家, には必ず, にもう, にようやく, に一回, に今, に今度, に入った, に再び, に天下, に妻, に彼, に産, に相当, に祟り, に私, に自分, に閏月, のお正月, のきょう, のもの, のソヴェト, のバラック都市, の三十一, の事, の今, の今年, の会合, の再会, の同月同日, の命日, の夏休み, の大祭, の当日, の方, の晩秋, の正月, の祥月命日, の記念, の記念会, もやっぱり, も八年目

1 [604件 抜粋] あんな青二才, いきなりバッサリやられる, かで再び, かで行く, かで開かれた, かになっ, かには名題下, かには引下げ, かに私, かの同じ, かの最後, かの肩車, かの順番, からいけない, からはそれ, からはぷつつりと音沙汰, からはほんとう, からブリュヌゾー, から二年半, から始め, から山, から校費生, から生, から華々しく, から視力, から非常, か三年目, か四年目, か大正, があたかも, がエエリヒ・シュミット総長, が何, が慶応四年, が明日, が明治十九年, が近づく, くらいに送りかえし, ぐらいずつにどえらい, ぐらいに, ぐらいにはぼーっと, ぐらいには心, ぐらいに祖父, ぐらいのこと, ぐらいの時代, ぐらい迄で, さ, じゃ, じゃ望み, すなわち今年, その屍体, その次, だからな, だが, ださうだそして, だし, だそう, だった, だったかに, だったが, だったと, だでね, だねえ, だもの, だよ, だろう, だッ, だ般若丸, つまり昨年, で, であったの, であり検閲, であるから, である事, である或, でございます, ですぜ, でせう, でなあ, でないと, ではじめて, でまた, でもう, でもこうして, でも十年目, でやつ, でわが子, で一九二八年, で一尺三寸余三百匁前後, で一尺九寸余八百五十匁, で三尺二貫七百余匁, で三度目, で二尺三寸余一貫四百匁, で二尺五寸余一貫八百匁, で亡んだ, で再び, で又, で始め, で姿, で子供, で山浦様, で帰る, で当時助手, で打ち明け, で捜し当てた, で故郷, で敵, で日本人, で最初, で校長, で歌舞伎座, で毎日処々, で永, で漸, で父娘, で父近江, で真珠湾, で親子名乗, で長崎, というやつ, といっ, とかちやん, とかで日の目, とかで邂逅, とかにバクハツ瞬間, とかに一度, とかに押しかける, とかねて, とかの紀念出版, とか二年目, とか六年目, とか十三年目, とか物資, ととっ捕まえ, となる, とにかく忠平, とはこちら, とばかりにそろそろ, と云っ, と思ふ, と観念, と言った, どうでも, なので, なん, にあ, にあたりますの, にあたる, にあたる初春, にあつ, にあの, にありつ, にある, にいよいよ, にうち, におなじ, におまえ, にお前, にご, にさあ, にさらに, にすぎない, にすなわち, にちょうど, にとうとう, になくなられた, になってる, になりましょう, にはおれ, にはかなり, にはきっと, にはじめてさ, にはどうしても, にはベルリン, には一日, には世の中, には二十五両一歩, には千本以上, には四六二十四時, には土地, には垂簾, には奇瑞, には寺, には工業, には広い, には彼, には愛生園丈, には江戸, には津田英學塾同窓會, には田地, には百万本以上, には百種, には算哲, には自分, には蔵, には製造業者, には適当, には酒, には鐵砲蟲, には静か, には高, には麻疹, にぶらりと, にみた, にも, にもなる, にも死なん, にやつ, にやはり, にわずか, にアラスカ, にカビ, にスタイン, にバレ, にペリクレス, にラッサ, にラップ内, に一万円, に一味, に一度位, に一昨年, に一枚, に一番, に七八十銭, に上京, に中部フランス, に二十九日, に五円位, に亡くなった, に亡くなりました, に他国, に仙人, に会, に会う, に僅, に先代燕枝, に入っ, に入り, に再会, に出, に出した, に出来た, に初, に初段格, に升屋, に又, に唐, に夜明け, に奉納仕合, に始め, に姫君誕生, に娘, に孫孝哲, に安場保和, に宗秩寮審議会, に定, に実施, に宮内, に家, に小説, に山, に屹度來, に巡っ, に帝国座, に帰省, に帰藩, に弟, に当, に当り, に当ります, に復活, に急病, に怪しい, に成つた藥師寺, に成る, に或, に或は, に戦争, に手向, に掘り出された, に掘り出し, に改修, に故国, に教師五人従者五人合計十名, に新, に日の目, に日光東照宮, に日本, に早, に更に, に本懐, に本音, に来る, に松江, に桜町天皇, に櫻町天皇, に次男, に此, に此那, に歸つて來, に死んでしまつた, に母, に河内, に洋行, に洪水, に活動, に海, に漲, に瀬戸内海, に父, に特別, に生れた, に由藏夫婦, に男, に當, に病歿, に病氣, に発展的解消, に直, に矢並樣先代伊織樣, に穴, に立て替える, に管學大臣張百熙, に終るべき, に纔, に老人, に聞, に聞かれた, に聯合軍中, に肺病, に脱稿, に至つて, に花, に若, に蕾, に行止り, に起った, に起る, に近づいた, に返せるならかし, に送金, に違い, に還っ, に重吉, に長篇, に陽, に雇う, に離婚, に面会, に音信, に馬券, に馬子, に骨, に麦, ね, のおなじ, のことし, のしろき, のはじめ, のはじめ頃, のカテリイヌ, のソヴェト同盟, の一七九八年, の一九二六年, の一八九七年, の一八二八年, の一月, の一月末, の丁度嫁さん, の万治二年三月八日, の三・一五, の三月, の三月三日, の上京, の九月十三日, の亀山天皇, の二十三日, の二月, の五月, の今年度, の今年江戸, の今日五百軒, の今日今さら, の今月今日, の何月何日, の俺, の先生, の免許皆伝, の八月, の六月, の再会後, の出獄, の初冬, の初秋, の利子, の十一月, の十一月二十日, の十九, の十勝行, の千載一遇, の半ば, の四月, の圓朝三十歳, の大げさ, の大正九年, の大正二年三月, の大正六年二月神楽坂署, の大正十年三月, の天和二年, の天平二十年四月二十七日, の天平十八年, の天正十九年正月二十二日, の天長節, の奇遇, の好, の姿, の学生たち, の寛永三年六月, の将軍家, の巳, の帰り途, の帰郷, の弘安二年, の彼, の後, の復興最中, の思い出, の成果, の成績, の改葬, の文化十年, の新, の日光, の日光東照宮, の日本, の日附, の明治三十五年, の明治二十四年, の明治四十年, の春の祭, の春五月, の昭和二年十月, の時, の晦日, の晩冬初春, の暁, の暮れ, の木下, の末ごろ, の末ごろ彼, の東京, の正月元旦, の歸, の毛織物業者, の気象, の江戸, の洗濯もの, の父, の生活, の祭, の私たち, の終りごろ, の終り頃, の終わり, の終業式, の蒔つけ地積拡大予定計画, の行事, の覚悟, の誕生日, の遂行, の開帳, の頃, の顔, の鯉, はああ, は丁度, は却つて, は天候, は女達, は明日, は野獣, ひょいと立っ, ふと見せられた, もう, もしくは七十年前, よ, ようやく少し経営, よくある, より五カ年間, を終った, を終ろう, を組立て, を送る, ノ誕生日, 初めての, 又は三年目ごと, 太十, 平常は, 故この, 若し此一件, 誘われるまま

▼ 年~ (873, 1.0%)

69 前に 50 前の 13 後に 10 経って 9 三年の 8 後には, 後の, 昔の 7 二年の 6 二十年の, 前から, 前には 5 かつても, 十年か, 四年の 4 二年か, 五年か, 以前の, 六年の, 振りで, 昔に, 立って, 経った, 経つて

3 [14件] そこらで, それは, たちました, のちに, 三年で, 三年に, 二年で, 二年は, 以前に, 先の, 十五年の, 生きて, 経つうち, 經て

2 [54件] あとに, あるいはもっと, あるひ, かかって, かつた, して, すぎて, そこに, そこらの, たつうち, たつた後, たつて, たてば, ないしは何十年, はるまで, ぶりで, ぶりに, 三年か, 三年ぐらいの, 下の, 二十年か, 二十年で, 二年おきくらいに, 二年この, 二年と, 二年に, 五年に, 五年の, 何百年か, 先き, 前あの, 前この, 前にも, 前までは, 前やはり, 前初めて, 前彼が, 前蘿月, 十一年前と, 十一年前に, 十五年も, 半年の, 半年ほど, 四五年も, 四年と, 後この, 後私が, 暮して, 百五十年の, 経ちました, 経過した, 続いて, 過ぎた, 過ぎた後

1 [472件] ああああ, あの辺, あるいはまた一千年, あるいは十五か月位, あるいは四年, いるもの, かいた手紙, かかり次第に, かつたつ, かつてこの, かつて塔, かつて貯めた, かならずやあいたすけるべく, くりかえされた結果, ここに, このへん, さきに, したら小説, すぎさりました, すぎた, すぎました, すぎるの, すれば, すればという, せいぜいの, せいぜい二年, せいぜい十年, そうし, そこらであった, そこらである, そこらにしか, その下, その前, その前年ごろ新潟, その前後, その山, その気配, それらの, それ以内しか, たずねて, たちましたけれど, たった, たったある, たったいま, たったとき, たったなら, たったのち, たって, たっていい, たってお湯, たってから, たってその, たって一人, たって今, たって東京, たって死んだ, たって見る, たつた, たつたあと, たつてから, たつに, だ, つづいたの, つづいたのち, でなくては, とにかくその, どうかも, なん百年か, のさういふ生活, のちの, のち私が, のへ, はしらぬが, はっきりとは, ふた年, ふむ, ふむ植木, または七百二十年, または数百年, また経ちました, むかし栃木山と, もう二年, もしくは何千万年がかり, やるやう, ような, よく読めない, よって小学校, ら, ハハ, 一人で, 一八八〇年ごろに, 一年半くらい, 一年半ぐらいの, 一年半だ, 一年半で, 一年半である, 一年半は, 一年半前こんな, 一生か, 七万年か, 七十年の, 七年か, 七年しか, 七年に, 七年の, 七年帰れまい, 三〇年ごろ涜職事件で, 三十五年位まで, 三十年ごろからの, 三十年の, 三十年も, 三十年待つ, 三千年の, 三四年かにしか, 三年かの, 三年しか, 三年たっ, 三年つづいた, 三年であった, 三年は, 三年まで, 三年も, 三年半ばかり, 三年後か, 三年毎に, 三年續けて, 三年辛抱し, 三年過ぎた, 三年頃の, 三百年の, 九十年だ, 九年以前に, 二一年ごろアントレピードという, 二万年たて, 二十とせか, 二十五年に, 二十五年位しか, 二十八年の, 二十年あるいは, 二十年に, 二十年は, 二十年先に, 二十年前の, 二千年か, 二千年に, 二年, 二年かで, 二年かの, 二年ぐらいと, 二年ごとに, 二年つづけれ, 二年であった, 二年であります, 二年という, 二年といふ, 二年ひとり暮しを, 二年も, 二年今まで, 二年位と, 二年何か, 二年前に, 二年前倫敦では, 二年後の, 二年忘れ, 二年明道年間に, 二年留守を, 二年経て, 二年自動車を, 二年頃に, 二百年か, 二百年の, 二百年は, 二百年も, 二百年を, 五十年とか, 五十年早く, 五千年たつ, 五年で, 五年どの, 五年出演し, 五年後に, 五年目には, 五年頃の, 以前人間が, 以前大殿油の, 以前所謂文壇は, 以来永久に, 仲よく暮し, 休学した, 住まわせて, 何カ月か, 何万年か, 何万年かの, 何十年か, 何十年かの, 何千万年か, 何千万年かの, 何千年かか, 何千年かの, 何千年の, 何日かという, 何百年かの, 余計に, 保安条例の, 僕は, 元年生れだ, 元治元年なんでも, 先輩であります, 八年か, 八年くらい, 八年だった, 八年で, 八百年か, 六十年である, 六年かいた, 六年と, 六年まあ, 六年大阪の, 共に暮らした, 冬ごもりを, 出て, 出ますまい, 初めて人, 前, 前ある, 前その, 前です, 前はじめて, 前まで, 前よそ, 前を, 前ジェノアの, 前セエラ, 前一つ建物の, 前一度穴釣りを, 前上級生に, 前作楽井氏が, 前友達が, 前吉野作造が, 前名も, 前呉線まわりで, 前夏の, 前婿の, 前宏子が, 前少女の, 前師匠, 前彼に, 前彼は, 前昭和の, 前書いた, 前本郷座, 前武島裕吉, 前母が, 前気まぐれに, 前特に, 前知人の, 前福沢諭吉が, 前私が, 前穂積重遠博士, 前第, 前詳しく, 勤めその後で, 勤めたそう, 勤めたとき, 十三年, 十二年前鹿児島は, 十二年間結婚が, 十五年か, 十五年に, 十五年劇場を, 十五年間先生は, 十四年頃であった, 十年, 十年かの, 十年ぐらゐの間の, 十年しか, 十年すれ, 十年だ, 十年に, 十年には, 十年ほどが, 十年も, 十年位前までは, 十年刑期さえ, 十年後には, 十年経っ, 千六百年の, 千年か, 半年ぐらい, 半年もっ, 半年眠つてて, 口を, 四十一年ごろ私の, 四十年かの, 四十年の, 四十年まえ, 四十年世の中に, 四年か, 四年かと, 四年すれ, 四年で, 四年に, 四年も, 四年目には, 四年経った, 四年頃に, 四百年でなく, 四谷の, 坐り続けたら何処, 場合に, 夏の, 大きな池, 大正元年かの, 大水が, 奉公人を, 妻子たちに, 実際職場, 家に, 専門で, 小説を, 居るその, 市役所に, 帰らなくなってから, 年が, 年を, 幼稚園の, 幾年か, 引き続いて, 往時男の, 待って, 待てば, 後にな, 後刑を, 御隠, 心がけて, 忘れたが, 忠実な, 恐らくは七八年, 感興が, 懸ったそう, 手を, 手伝った御蔭, 持続する, 振りである, 振りに, 掛かって, 掛けたまま, 散々要領で, 数百万年かの, 數萬年の, 日記を, 明石夫人は, 昔ここへ, 昔中学に, 昔己れ, 昔日本に, 時が, 時代の, 暮したのち宿願, 暮らして, 暮らしました, 書き続け, 月日を, 東京を, 植えた人, 楽屋の, 樹齢が, 欧洲に, 江戸に, 江戸へ, 泰造は, 満洲, 滞京する, 焚火した, 無事でい, 無人島生活を, 牢屋に, 狂つた, 琴など, 生きのびて, 生を, 生存すべき, 留学した, 疫病流行の, 百五十年かは, 百年か, 百年かに, 百年たったら, 百年経つたら, 監禁すべき, 相立ち, 着ふるし, 知らざれども, 知らないが, 知らぬが, 知らんが, 知りませぬ, 知れない青, 硝子が, 立ちました, 立った, 立つた, 立つ内, 箒目も, 絆を, 経し, 経た今夜, 経ちでも, 経ちやがて, 経ち恰も, 経ったあと, 経ったら性的生活, 経った今, 経った今日, 経った後, 経っても, 経つた今日, 経つた或, 経つ間, 経て, 経てば, 経るうち, 経ると, 經ち, 經つたら, 經つても, 經つてゐる, 經つて了つた, 継続する, 続く, 続けた後, 続けば, 繰返されたる結果, 繰返した後, 美しい女, 翌年か, 翌年であった, 聖人と, 職を, 能く, 自分にも, 自分の, 自分も, 色の, 表が, 衰弱の, 見きわめも, 見ざりし草, 見ずに, 解らない古, 計算する, 記録の, 試掘料と, 越した筈, 越して, 辛抱させ, 逢は, 連れ添って, 連添うた女房, 過ぎこの, 過ぎたある, 過ぎた去年, 過ぎて, 過ぎ去つた後, 過ごした, 過したが, 過た, 間の, 隔て, 隔てて, 音信不通の, 高座を

▼ 年から~ (858, 1.0%)

7 いっても 6 いえば, 二年に, 翌年へ 5 である, 四年へ 4 のちの, 今日まで, 六年まで, 四年まで 3 です, 三年に, 以後の, 前の, 四年に, 始めて, 思ふ事, 数えて, 日露戦争の, 死の

2 [51件] あとの, いままで, だ, 一八一三年に, 一高か, 三四年にかけて, 三四年にかけての, 三年生ぐらいの, 九年にかけて, 二〇年までの, 二五年くらいまでの, 二十一年に, 二十二年の, 二十五年にかけて, 二十年に, 云うと, 五年に, 働かなければ, 元和元年の, 八年の, 凡そ五十二年程, 十二年の, 十二年まで, 十五六年頃までの, 十年間に, 千五百年を, 受けて, 四〇年ごろを, 四七年の, 四年にかけて, 四年目に, 大正の, 大正十五年の, 天保八年に, 年へ, 後の, 慶長五年の, 改築に, 数へて, 数年の, 數へて, 断然夕顔, 東京に, 母の, 現世紀, 現在まで, 着手された, 経って, 見れば, 足かけ十二年奉公した, 通船に

1 [675件 抜粋] あがった長唄, あとを, ある新聞, いうと, いくつの, いったってねえ, いやと, およそ百五, お家で, お玉ヶ池の, ここで, ここに, ここの, ことし十三年秋までの, この会堂, この大, この山, この年, この農場, すでにそれ, すでに十年, ずうっと, ずっと私, そのころ世界一さかん, その学校, そろ, だったが, だったという, ちょうど三十年目, ちょうど十年, つくられて, であると, でこれ, なるのに, なる三期間中, なんとか日本, のち一時プロレタリア文学に対する, のを, はいった秀才, はいれるだろうが, はじめて, ばつたり, ふたたび長老, ほんとうに, ぽつぽつ作り出し, またシガア, もう一遍, もう七年, もつと, やくそく, やっと二十三年目, やつて, よく小禽類, わたくしが, わたくしの, ゐるといふ, ケーニヒスベルクの, サンタ・マリア・デル・アンティガは, シベリアへ, ジュリアンの, ズーット一番を通して, ソヴェト同盟では, ソヴェト政府が, ダルメイダを, ダンスを, ニューヨーク, プロレタリア文学運動に, 一七八七年に, 一九〇〇年までの, 一九〇一年までの, 一九〇七年まで, 一九〇二年に, 一九〇六年まで, 一九一四年へ, 一九三三年にわたる, 一九三三年の, 一九四五年までの, 一九四五年八月まで, 一九四五年八月十五日までに, 一二年にわたって, 一二年まで, 一二年までの, 一五七〇年の, 一五三七年にかけては, 一人の, 一八〇〇年に, 一八〇〇年の, 一八〇九年までが, 一八〇八年までの, 一八七七年に, 一八七九年までは, 一八七六年の, 一八七四年まで, 一八三〇年までの, 一八三三年に, 一八三五年まで, 一八九二年まで, 一八九八年にかけての, 一八二七年まで, 一八二三年まで, 一八五〇年の, 一八八二年の, 一八六九年まで, 一八四五年の, 一八四八年ついに, 一六一六年までの, 一六五〇年の, 一六六〇年までの, 一千〇三十年鶴悉那の, 一四八二年の, 七〇年まで, 七〇年酒の, 七一年にわたる, 七八年代の, 七六年にわたる, 七四八年にわたる, 七年にかけて, 七年へ, 七年まで, 七年半ぐらゐ蛙は, 七百九十一二年にかけて, 七百八十一年に, 七百十七年まで, 七百十五年に, 万治三年へ, 三〇年まで, 三〇年までの, 三〇年までは, 三一年まで, 三一年頃までの, 三三年に, 三三年にかけての, 三九年にかけて, 三二年まで, 三五年に, 三六年, 三十一年にわたる, 三十七年迄の, 三十三年までの, 三十二三年にかけて, 三十二年にわたる, 三十二年まで, 三十余年後の, 三十八年間横浜に, 三十八年間横濱に, 三十四年に, 三十四年までの, 三十年ぐらいまでの, 三十年頃私の, 三十餘年を, 三四年の, 三年にかけて, 三年にかけては, 三年ほど, 三年までの, 三年前寛永十五年の, 三年経った, 三年迄, 三年間病臥し, 三百九年間にわたって, 上の, 上野の, 世話に, 中学一二年の, 九二年まで, 九十五年まで, 九年にかけての, 九年の, 二〇年にかけて, 二〇年にかけての, 二一年ごろに, 二一年ごろまで, 二一年まで, 二一年までは, 二一年頃までの, 二三四年にかけての, 二三年間の, 二二年にかけて, 二二年にかけての, 二五年まで, 二八九年までの, 二六年ごろに, 二十七年にかけては, 二十七年時代の, 二十三まで, 二十三年にかけての, 二十三年までという, 二十九年にわたって, 二十二三年に, 二十二年頃にかけて, 二十五六年代であった, 二十五年前に, 二十八年に, 二十八年まで, 二十六年までは, 二十四に, 二十年の, 二十年まで, 二十年までの, 二十年前半までの, 二十年前後の, 二十数年経過し, 二千年近くの, 二年後である, 二度目の, 二百廿三年前に, 二箇年ほどの, 云えば, 云へ, 云へば, 五人組制度を, 五八七年まで, 五六年図らず, 五十三年前である, 五十余年を, 五十八の, 五年にかけ, 五年にかけて, 五年の, 五年後に, 五月一日の, 京における, 人手に, 人民を, 仁平二年, 今以, 今大正十二年, 今年に, 今日までの, 今日迄, 今月まで, 他の, 以前に, 以後明治四十五年までを, 以後頻繁に, 会わン, 何年まで, 何年位の, 使はれ, 俳句を, 僅か五年後, 僅に, 元亀元年, 元和元年に, 元禄三年の, 入水した, 全同盟, 八二年まで, 八五年へ, 八十年前, 八年も, 八年程後斯少し, 八年第, 六七十年の, 六八年までに, 六六年と, 六四五年までも, 六四年に, 六四年までの, 六年にかけては, 六年へ, 六年までの, 六年間予は, 六百六十三年前の, 六百六十八年まで, 再許可, 凡そ四百七八十年の, 出来て, 初まった, 前後三回に, 勘定する, 勤料五人扶持を, 十, 十七年の, 十三年の, 十三年目で, 十九年迄, 十二年に, 十二年にかけて, 十五年の, 十五年までに, 十五年を, 十五箇年の, 十何年か, 十八までの, 十六年にかけての, 十六年にわたって, 十六年にわたる, 十四五歳に, 十四年への, 十年あたりへ, 十年ぐらゐまでであると, 十年ぐらゐまでの七八年の, 十年までの, 十年までは, 十年を, 十年間と, 十年間の, 十年頃まで, 十歳に, 千二百九十二年まで, 卅五年の, 単一化せられ, 博奕場に, 叔父の, 受けるならば, 受ける人, 受持って, 同二十五年, 同五年末, 同十四年度, 和歌を, 唐の, 四〇年いっぱいと, 四一年までの, 四七年にかけて, 四五年の, 四五年前にかけての, 四八年までは, 四十七年余の, 四十九歳の, 四十八年くらい, 四十年までの, 四十年丁度, 四十年間に, 四十幾つと, 四四年まで, 四四年までの, 四年間たびたび, 国内戦にかけての, 地上の, 地理の, 執筆された, 士族屯田兵制度を, 大学へ, 大学法学部に, 大正七年まで, 大正三年正月に, 大正中世までを, 大正九年までの, 大正五六年までにかけて, 大正八年までの, 大正初期にかけて, 大正十年前後にわたる, 大阪府下中学の, 天文十七年にかけて, 太らせた米屋, 奉公し, 奉公を, 女学校の, 始まって, 始められて, 始められやっと, 学校へ, 安政二年の, 安政五年に, 安政元年にかけての, 安政四年まで, 実に三十年, 寛永九年にかけての, 寢こんでしまつた, 實行した, 小学校へ, 少々めざめ, 屋台の, 平均結婚年齢と, 年へと, 年中あれも, 年中寸暇さえ, 年中日が, 年中異常な, 廃娼を, 建久七年まで, 引取り, 彼に, 後家に, 後間もなく, 後鳥羽院御, 御所へ, 忘れて, 急激な, 急激に, 息を, 慶応二年に, 慶応二年まで, 或る, 推して, 支那語の, 数えれば, 文久元年に, 文政十二年に, 文藝春秋新, 文藝春秋社出版部の, 新富座と, 日本に, 日記を, 明治へ, 明治三十九年まで, 明治三年まで, 明治四十年まで, 明治四十年までは, 昭和二十年までの, 昭和八年までの, 昭和十二年まで, 昭和十二年頃まで, 是非出, 昼夜二十四時に, 書きはじめられその, 書き始められたの, 最も屡々世, 本郷の, 村を, 東海道を, 櫓柄に, 次の, 歿年の, 毎年一度ずつ, 毎年出稼ぎに, 毎年厳寒の, 気候が, 永禄元年二年, 治水工事に, 津の, 浜子の, 浮き世の, 溯つて, 無心で, 物理学の, 理科大学で, 琵琶湖産の, 男を, 畑の, 當年迄, 發火演習が, 百四年前の, 盛に, 神奈川豊橋岐阜と, 神経を, 禁酒運動の, 私は, 私も, 種痘所という, 突如と, 第五十六年, 築きあげて, 終戦まで, 終焉の, 維新後明治六七年の, 翌一九年, 翌二〇年, 翌天正元年, 翌年にかけて, 翌年の, 育てて, 肺病で, 自分は, 自由に, 芝三田辺より, 芝口の, 英濠支の, 茶屋酒の, 萬治三年へ, 見ると, 観察し, 言われて, 誓い祭り, 諸国を, 謂つても, 豐臣徳川の, 貞享四年に, 貰われて, 起きて, 起算し, 足かけ三年間を, 足かけ十三年の, 足かけ十二年二十四の, 足かけ四年前の, 足尾の, 足掛け三年位住んだ, 辛い逃場所, 辞職する, 農村集団農場化の, 逆に, 通って, 連れ添う夫人, 都に, 里子に, 開けて, 附けられたかは, 隣の, 雅楽を, 面倒を, 面目を, 飲み始めて, 養和へ, 養子に, 高等学校に, 高等学校の, 高等学校へ, 高等學校へは

▼ 年~ (787, 0.9%)

75 あつた 6 あつて 5 ござります, はなく 4 あらう, はあった, 卒業する 3 ね, わせだ, 卒業という, 抽斎が, 洗はれた

2 [35件] あつたらしい, あらうか, いうと, この位, これは, すむの, それを, たくさんな, はある, はまだ, は人口, もよい, やって, 一葉柳浪二家の, 七十の, 三つの, 今から, 伊織の, 僅か六歳, 出て, 卒業でき, 四倍半に, 四十一か, 子供を, 完成される, 帰るか, 得たもの, 江戸へ, 消えて, 溜まるわけ, 私が, 私は, 終って, 終る四箇年間, 葬られるか

1 [599件 抜粋] ああいう, ああし, あたしは, あつたらう, あつて始め, あの無, あの知慧, あらねば, あんな口, あんな風, あんまり無茶, いい, いいと, いちどに両親, いらっしゃいますな, えすか, おいでに, おえい, おさまるもの, おそらく李朝陶磁, おつい, おひとり身, お帰り, お暇, お父様, かくの, か生意気, きまる, ぐらつく事, こう云った, ことに大平村, このよう, この二つ, この子供, この容貌, この年長女竹子, この有, この縹緻, これだけに, これほど, ござりまする, ござりやす, さえもよき, さがって, さらに京都大学, しかしジリ, しかなかつた, すこし妬い, すらもこれ程, するも, せう, せうが, その上, その主人, その以前, その内, その危急, その売上げ, その年, その折, その教唆者, その本立, その病氣, その秋, その翌年, その記者, その道の, その間は, その面長, それから, それから引, それから引續, それから足かけ五年, それが, それだけに, それは, それまでの, それまでは, それより, そんな女ども, たいした気根, たしか先生, ちょうどその, ちょうど七年前, つづかなくなったって, つまりこの, できたもの, とそういう, とてもそうなる, どうして嘘, なにそんなに, なア, ね驛, は, はいか, はいくら, はいけない, はききますまい, はこんな, はどう, はない, はないでしょう, はなから, はなくし, は一対一二〇, は何, は修身, は切れ, は取り返し, は帰らない, は戻られまい, は新しかっ, は書き尽されぬ, は済むまい, は石炭, は絶対, は芽, は詰まらない, は足り, は難しく, ほかの, またあて名, また居士, まだあと二年, まだ配偶, もうダメ, もうロロ, もう棄て, もう毎年, もう高い, もっともその, もつ, もなく, も大原君, やっと正宗, やめて, やめるから, やめると, やめるの, やるところ, やるなんて, やれる, よい千年, よかった, よしちやつて, よつ, よみとおせる, よ故郷, わが朝, わせだった, わせだつた, ゐるから, アイルランドに, アツサリと, ゲスから, ゴマ化し, ネどっち, ハア惚れる, バタ, バタビヤへ, フラマリオン社から, プログラムの, マイって, マズルカを, マホメッドの, 一八五三年平賀源内や, 一八六〇年に, 一循環する, 一月の, 一生の, 一章づゝ次ぎ次ぎに, 一通りの, 一週期と, 一高の, 丁度余輩が, 丁度百六十年に, 三〇%, 三つに, 三十八兩溜める, 三年に, 三度も, 三拾両, 上品な澄みきった, 上滑りも, 上田, 世の中の, 世を, 両方共銀賞だった, 中学校の, 久し振りの, 九年後には, 二人くらいの, 二倍にも, 二割ぐらいずつ, 二十九歳陸は, 二十五歳だ, 二十兩の, 二百三四十産みます, 云わば, 五十七の, 京水瑞英が, 人に, 人の, 今まで, 今年七十九歳に, 他の, 以て, 仲よしに, 伊沢氏に, 会得出来る, 何でも, 何もかも気楽, 何時ぽ, 何足に, 余り年より, 例の, 倍加され得る, 倍加した, 倍加し得る, 倍加し続ける, 候, 借金は, 働けるの, 僕は, 元利の, 元服を, 元気も, 先の, 先生の, 全部こう, 六つに, 六十位であった, 其の勢威, 其の年, 其中に, 其時の, 其時までも, 其間鑛毒が, 内地へ, 円熟し, 冬嶺が, 出世も, 出來, 出来るの, 出来るべき性質, 切れる筈, 初めは, 初子が, 到達しなけれ, 加藤家を, 労農革命より, 勝負の, 北条時宗執権の, 区切られて, 十七年に, 十三年の, 十年も, 十月に, 千二百五十五年に, 半減する, 半蔵が, 卒業した, 卒業だ, 卒業です, 卒業と, 卒業出来る, 又その, 可能とは, 史上最も, 吉原の, 同じく永始二年, 同年六月七日から, 味も, 唐朝の, 喪を, 四十五の, 四月中旬で, 国内の, 土産として, 地球を, 城ヶ沼の, 変つて行つた, 変形する, 多分に, 夜は, 大きくなった, 大学を, 天子は, 天正と, 天然色時代が, 夭折され, 奉公を, 女の, 女を, 女学校へ, 女房も, 妙了が, 妹が, 始めたん, 姿を, 婆さんみたいじゃ, 子規も, 孤児に, 学位を, 学校が, 学校へ, 学校騒動で, 學校を, 安永八年生れの, 完了する, 完成し, 尋常が, 小林多喜二の, 小説を, 少し梢, 居ながら, 山王様の, 山籠を, 師が, 師の, 師は, 帰った時, 帰つて来ます, 帰るからと, 平民新聞へ, 年女だ, 年譜を, 幸子の, 幼児虐殺の, 店を, 廂まで, 廢止に, 彼の, 後二, 御即位, 徳川吉宗の, 必ず死ぬ, 忽然と姿, 恐らく土台, 惨酷, 慊堂は, 成長する, 戻ったの, 戻るか, 扇沢を, 手に, 拙堂, 拾両と, 捜索打切を, 捨てられたり, 捨てられて, 数えなければ, 文台は, 斎藤総督の, 新聞には, 日光や, 日本へ, 日本名著全集本は, 日露戦争の, 旧態依然, 旧暦の, 早くも, 昌造らが, 昔から, 昔の, 昔音楽学校にも, 春三月花の, 時の, 普通チェーホフ, 更わった, 最初の, 月々生計に, 有名な, 未亡人に, 村田蔵六が, 来年は, 東北征伐の, 根太が, 歐洲へ, 止して, 止み常磐会, 正常に, 此人は, 武烈天皇の, 歸る, 死ぬと, 死ぬゆえ, 死亡が, 死期が, 歿した, 殆ど連続し, 母親代りに, 気が, 水気たっぷり, 江戸時代以前の, 沢山な, 浮気沙汰でも, 消化する, 済むこと, 済むと, 濟むこ, 父の, 版權が, 物に, 物質の, 狩に, 獨り, 玄機は, 現れて, 現われて, 現在の, 生えるもの, 由井正雪丸橋忠弥らが, 男心の, 町会の, 當時の, 病み煩い, 登山電車が, 百円には, 百十二ポンドの, 皆済に, 皺の, 真言宗である, 知り合って, 神霊さまなぞに, 禅林寺の, 稼いで, 立派に, 約八十回, 約百回, 紅さ, 級中で, 終るべき者, 終るもの, 終るわけ, 終る一二年間, 終る一五箇年間, 終る六箇年間, 終る次, 終わって, 結局自分等は, 絶滅する, 綺麗に, 繰り返して, 罷めさせられる, 翌年中島謙造氏は, 般若三藏が, 船長の, 芸術である, 若い牢人, 若い男, 英語の, 茶好きに, 薫も, 藝者さんと, 蘭軒歿後第, 蟹は, 行われたが, 西郷隆盛が, 見切りを, 見切れぬもの, 見飽きるよう, 親分私は, 親父も, 言わば極々最近, 詩は, 話すん, 誘惑され, 貞操問題が, 資格を, 赦免に, 起返ります, 足りなくば, 軍艦が, 辞め鈴木委員長実現, 辞職し, 辭し去る, 近世國家と, 近藤周斎の, 近頃は, 退いた時, 退学, 退学し, 達者に, 遺族の, 部落の, 酷い盛夏, 醸造が, 金剛智三藏の, 開墾が, 間もなく大政奉還, 間もなく巴里警視庁鑑識課長, 隠居も, 離婚し, 韓山童という, 頭角を, 饑飢免るべからず, 髪も, 鼓が, 3

▼ 年ほど~ (783, 0.9%)

172 前に 67 前の 62 前から 19 して 1312 前まで, 経って 11 前までは 10 たって, まえに 9 以前に 7 経ってから 6 まえから, 前には, 昔の 5 前にも, 昔に 4 まえの, 前私が, 過ぎて 3 まへ, 一緒に, 以前の, 前で, 前である, 後に, 後の, 経ったとき, 過ぎた後

2 [18件] いて, かかって, してから, である, のちに, 前お爺さんが, 前この, 前です, 前名古屋から, 勤めて, 昔, 滞在し, 続いた, 続いて, 続けて, 逢わないうち, 遅れて, 過ぎた

1 [276件] あとの, いぜんには, いた, いたが, いたよう, おねんね, おめ, かかった, かかる, かなり熱心, かよったきり, かれの, この家, この母, ごろついて, さきに, したら新着, すぎると, すると, するとね, そこに, それだけ一層の, それどころかもっと, たちまして, たった三五年八月二十二日, たった時, たった秋, たってから, たつた時, たつて, たつと, つづいたが, つづいて, つとめて, で真っ白, とんと見なくなっ, どこへ, なにごとも, なり, はたらいて, ばつさいを, ぶら, ほとんど全く世間, まえからの, まえその, まえである, まえには, まえふとした, まえまでは, まえよ, まえケエベル先生, まえフランス人, まえ伯林, まえ八つ, まえ北極探検用, まえ明治, まえ瓦解, まえ質屋, また臭い, まだ続, まへには, むかしに, もたせるつもり, やって, われは, ゐた, アメリカで, イワシが, ピアノを, 一しよ, 一ぺんに, 上級なりし, 人の, 代の, 代用教員を, 以前から, 以前であります, 以前三十歳の, 以前郷里の, 休養の, 住んで, 何か, 何かの, 修行する, 側において, 前あの, 前いっぺんここを, 前そうして, 前たいへん, 前だ, 前だって, 前なくなった, 前ぼくの, 前を, 前アンドリウス, 前エピキュロスに, 前カストリを, 前サラット・チャンドラという, 前ストランド誌の, 前ドイツ, 前ドイツに, 前ニュウジーランドの, 前ハンブルグ, 前フレザー, 前一, 前一尼僧この, 前三十八銭, 前上落合, 前不意に, 前不都合, 前乾隆年間に, 前予, 前予帰朝の, 前予毎度和歌浦, 前予米国, 前京都に, 前人口も, 前似た, 前例の, 前初めて, 前北支那へ, 前北方, 前博文館の, 前双葉屋へ, 前和歌山なる, 前城介たちが, 前多くの, 前大胆不敵な, 前奥さん, 前山曲の, 前岩崎家が, 前市参事会員だけ, 前当時ジョホールで, 前彦島で, 前愚堂和尚の, 前支那, 前既に, 前日劇小劇場に, 前村へ, 前東京の, 前欧州, 前流行病, 前浪々, 前清洲の, 前清盛の, 前港の, 前滋幹が, 前滿洲, 前病気, 前百済の, 前益田鈍翁, 前私は, 前米国, 前米国で, 前老人が, 前肺病で, 前背任罪で, 前自分, 前自分たちの, 前自分は, 前英国, 前英国で, 前華々しい, 前読んだ, 前高等学校の, 勉強の, 北海道に, 南京東北の, 四五日目には, 大阪に, 夫婦と, 奉公し, 小幡氏から, 居て, 已前紀州湯浅町の, 布教を, 年を, 延びた権十郎, 延びやした, 引きこもって, 引續い, 彼らは, 待って, 待つこと, 待て, 後少年は, 後私は, 徳川家の, 戻して, 手許において, 持つかという, 掃除を, 掛違うて, 新町に, 日毎日毎に, 早かった, 早く生まれた, 早く行われいた, 昔まだ, 昔君の, 昔大石金五郎それに, 昔武蔵の, 時代も, 東京に, 栄次郎の, 気鬱症の, 流されて, 浪人し, 清掃係りを, 無事に, 無音の, 父の, 牢の, 生きたが, 生きて, 田野病院に, 由良の, 留まり蒙古人, 福田の, 私も, 私立大学に, 移り住んで, 立ちましたとき, 立って, 経ちました一五四九年, 経ちまして, 経った, 経った彼, 経った後, 経った或, 経った頃, 経つか, 経つた疎ら, 経つて, 経つてから, 経つ中, 経過する, 絶えてなかったの, 經つた去年の, 經つてからの, 經つてなんでも, 經つて四方屋の, 經つて父親の, 經つて田屋三郎兵衞が, 經つて神戸で, 經過した, 続いたが, 続いた後, 續けたが, 習った日本語, 老いたそれ, 老人に, 脳の, 自分の, 船橋に, 芝居を, 苦労した, 藩の, 行つてゐた, 見て, 言論の, 諸国を, 辛抱し, 辛抱した, 逆航, 通いました, 逢わないが, 連れ添ったあげく, 連れ添って, 遅れた, 過ぎました或, 過ぎると, 長い気, 預けられたこと, 飼って, 黙々と精励

▼ 年ばかり~ (653, 0.8%)

82 前に 44 前の 26 前から 13 以前に 12 して 9 前までは 8 以前の, 経つと 7 たつた後, 経って 6 住んで 5 たって, 前まで, 昔の 4 まえに, 前, 前には, 後の 3 一緒に, 前お, 前だった, 経ってから

2 [40件] いたけど, お稽古, この方, してから, しての, すると, そこの, たちました, たったある, たつうち, たつて, たつと, では, でまた, でやめて, で東京, 働いて, 出奔し, 前で, 前であった, 前である, 前と, 前は, 前女出入りで, 前彼の, 前或, 取って, 命が, 東京に, 立つた, 経った後, 経った時, 経つ内, 結婚生活を, 続いた, 続いて, 続けて, 遅れて, 過ぎて, 長崎へ

1 [308件] ありき, ある児, あわた, いたきり, いっしょに, おって, お前と, お孝, ここから, こっち五郎吉は, このかた, この風流, これからは, しょっちゅういろんな, すぎた後, すぎて, するうち, ぜいたく三昧を, そこに, その家, その手先, たちますと, たった, たったとき, たった夏, たった後, たってから, たつたある, だ, つづいたあと, であ, であります, でいなくなって, でしか, でその, でとうとう, でなく前年, でも, で一時的, で何時の間にか漸く, で出征, で大事, で店, で私, で良人, で身脱, とんで, どうしてあんなにどうどうめぐりをしていなければならなかったでしょう, どうにか暮し, のちに, はいった仲間, ぶら, ほうこうし, まえ, まえから, まえの, また田舎, まだ附近, やったの, やった頃, やりましたと, ゆっくりと, わたしは, ケーテは, ハリソン嬢の, ピカソの, フランスに, 一人で, 一時は, 三吉も, 上方へ, 上越線が, 下宿し, 中学校を, 主人の, 乗つて, 二人とも, 京大阪で, 仏印に, 仕えて, 他人の, 他国へ, 他所へ, 以前同じ, 以前正月元旦を, 以前私は, 以前自分が, 会って, 会は, 会わなかった池谷進吾氏, 会わんからな, 伯爵の, 住まって, 住むでゐて, 佐々の, 借りて, 借金返しに, 先研究の, 入れられて, 全然行方, 八丈島へでも, 六年前の, 兵隊に, 出入りし, 切符売りを, 前ある, 前からの, 前くれた, 前この, 前さる, 前すなわち, 前その, 前だったろう, 前ちょうど, 前つまらない, 前でございましょう, 前でした, 前でしょう, 前ですたい, 前みほ子は, 前インギリスの, 前ジョナサン, 前ナウカで, 前パリーの, 前モスクワで, 前一九二四五年代に, 前一八三二年六月六日あの, 前一度, 前丁度, 前七十一で, 前上落合の, 前予が, 前予留学, 前仏蘭西へ, 前善馬鹿という, 前大戦後の, 前思想的な, 前新潮社が, 前日本には, 前春から, 前昭和五年秋, 前有島武郎, 前珊瑚珠などを, 前癌だ, 前私大変佃さんに, 前続け様に, 前聞いた, 前自分が, 前芳町, 前芸妓上がりの, 前藝妓上りの, 前貞観十一年に, 前銀杏が, 前陸中上閉伊郡附馬牛村の, 前養子, 勤めて, 叔父の, 周囲では, 国へ, 塚山は, 外国で, 外国へ, 多くこの, 大きゅうてからややさまやさかえ, 大に, 大ガタガタ, 大永四年, 奉公し, 妻に, 子まで, 孤獨に, 学校を, 宅に, 寸時の, 寿命を, 専門学校に, 居たが, 居った間, 居って, 居る間, 山の, 山の上で, 山の上に, 山科家の, 岸本も, 巴里に, 廃めて, 引きつづい, 強い神経衰弱, 彼が, 彼は, 彼奴の, 往って, 待って, 後, 後だ, 後に, 後れたけれども, 後れての, 後家を, 後支那, 後文政天保の, 後私たちは, 御厄介, 御奉公, 徳川中期の, 手紙だけは, 手間が, 拾って, 措いて, 支那に, 教師を, 日本風の, 早く生れすぎた, 早過ぎ, 昔に, 昔イギリスの, 昔フランスの, 昔夜道で, 昔淋しい, 昔父と, 昔筑紫, 暮した周志淵, 暮しつづけて, 暮すこと, 木曽の, 本人手記に, 本家の, 東京で, 東北の, 東洋大学で, 機会を, 歐洲を, 止まりゐたること, 此方また, 毎日の, 江戸在勤を, 浮世を, 漂泊し, 潜って, 無くな, 無事に, 熊本に, 生きられれば, 田舎で, 田舎に, 留守居を, 監獄の, 相州逗子に, 石屋へ, 石山本願寺に対する, 私と, 私の, 私は, 私淑し, 穀物は, 立ってから, 立つうち, 立つて, 立てこもって, 経ちましてから, 経った, 経ったある, 経ったらいよいよ, 経ったら叔父, 経つうち, 経つて, 経つ間, 経て, 経てから, 經つ, 經つたら, 經つた後惡者を, 經つて成吉思汗の, 經ツた, 続いたのに, 続いた頃, 続く中, 続けたのち, 綾さんを, 藤田さんに, 西洋に, 誰にも, 貧しい日, 辛抱した, 送ったが, 通う身, 通学し, 逢った事, 逢わずに, 遅かった, 遇は, 過ぎたとき, 過ぎた後, 過ぎた頃, 過したこと, 遣て, 遲れ, 郷里に, 郷里の, 金沢に, 釣られてを, 間を, 関係し, 闘病し, 附き合ってから, 離座敷で, 飛んで

▼ 年ごろ~ (617, 0.7%)

29 の娘 16 になっ 9 になる 8 では, の女, の少年 7 の者 6 なの, のこと, の少女 5 だ, だった, に達し, の子, の若い 4 で, である, になった, の娘たち, の子ども, の男の子

3 [14件] からのこと, だから, であった, でした, になれ, にも達し, に達した, の, のお, の人, の女の子, の女性, の時, は三十四

2 [27件] からはその, から今日, だったが, だったの, だと, であって, であるが, といい, と思う, なのに, の事, の友だち, の娘さん, の子供, の子供たち, の東京, の私, の美しい, は, は三十, は似, まであった, も丁度, も人相, も似, らしかった, を中心

1 [369件] いい捨ておきし, か, かもつ, から, からこの, からこれ, からし, からすでに, からすべて, からの夢, からの家系, からはじまった, からはロシア語, からぼつぼつ, からソヴェト, からボツボツ, からロシヤ文学, から三十年頃, から係争中, から出来た, から初, から十三年ごろ, から友人松根東洋城, から多く, から文芸, から日本, から最近, から百五十年, から私, から秘か, から積極的, から脊, から芥川賞, から言っ, から足掛け十二年, から追いつく, から隣家, から雪国, が似, が同じ, が私, こそわからぬ, じゃ, じゃねえ, その一部, その悪風, だったかな, だったかなあ, だったから, だったと, だったらこの, だった伸子, だった多, だった頃, だろうと, ちょっと日本, つきあいしすえ, であったから, であったこと, であったと, であつ, でありこれ, でありどこ, でありながら, であり五つ, であり彼, であり長次, である初めて, であろう, でござんしたので, でしたでしょうから, でしょう, です, ですから, ですからねえ, ですしね, ですな, ですね, でせう, でますます, でもと, でもな, でも帽子, でよく, で一人ぼっちいなか, で下町育ち, で以前, で容易, で寒, で小熊秀雄さん, で木綿帯, で男, で町道場, で経た, で表向き, で親, で金貸し, で額, で顔つき格向, という一つ, という考え方, という言葉, といえ, といひ, とされ, となった, となり, となる, とはいえ, とは非常, なるより, なん, にあの, にある, にかかれた, にか純次, にこと, にすでに, にその, にたおれ, にでも覚え, にどうして, になったら与えよう, にならない, になり, になろう, には, にはかの, にはすぐ, にはそれら, にはだれ, にはなっ, にはモントルイュ・スュール・メール, には先生, には妓王, には山川, には戸部, には日本人, には東京, には気に入り, には赤間ヶ関消毒所, には遂に, には馬, にもし, にもなっ, にもなれ, にアメンホテプ四世, に世, に中国, に余り, に出版, に受け, に受けた, に受け入れた, に大学助手, に女, に姉, に小さな, に岡田文部大臣, に彼, に日本, に普通, に書かれた, に東京, に死んだ, に没し, に洗礼, に生まれなかった, に病気, に相応, に私ども, に紐育, に終わった, に経, に菊五郎, に講ぜられた, に起こった, に達する, に音楽, のおなご衆, のお姫さま, のかわいらしい, のきれい, のこども, のこの, のその, のはっきり, のひとたち, のほか, のむす, のもの, のよう, のわし, のわたくし, のエジプト王ランプシニトス, のオリガ, のカイゼル・ウィルヘルム, のソヴェト同盟, のヒヨッコ, のファシズム, のフォックス, の一人娘, の一組, の乙女, の五人, の人類, の伜, の作品評, の僧侶, の児童用, の公子, の写真, の処女, の出来事, の分裂病, の初秋, の創立, の力蔵, の十二, の博文館, の友達仲間, の和助, の唄う, の塩沢丹三郎, の夏, の女中達, の妹, の妻たち, の娘ふたり, の娘心, の婦人, の子どもたち, の子供ら, の孤獨, の学べる, の学友たち, の学生, の孫, の家内, の小, の小娘, の小娘たち, の少年たち, の少年少女, の巴里, の平均賃金, の彼ら, の従兄弟, の念願, の感覚, の手記, の新, の方, の旧, の時分, の智恵, の朋輩, の望み, の木曜会, の楽聖セント, の燕嬢, の爺さん, の獨身娘, の王子, の生々しい, の田舎, の男, の男女, の痩形, の相識, の睫毛, の積もる, の箱入り娘, の築地風俗, の細君, の綺麗, の美人, の者たち, の聞きず, の諸, の軍隊経験, の軍需インフレーション時代, の遠, の酒屋, の鑑定, の集録, の青年, の面影, の風俗, の餓鬼大将, の馴染みじゃ, の鹿, はおのおの十五, はお手前, はたしかに, はちょうど, はといえ, はまだ, は一, は三十がらみ, は三十三, は三十二三, は三十前後, は世界館, は二ヵ月, は二十二三, は二十五, は京都大学, は六十あまり, は十七八, は十七八眼附, は十八, は同じ, は四十六七, は市場, は幾つ, は後, は推して知るべし, は松山館, は豊隆, は遠路, またああ, まだ二十六, までちよ, までつい, までに一応, までの世の中, までの作品, まではその, まではまず, までは一番楽, までは其筆, までは強盗, までは江戸, まで国内戦, もあの, もう最後, もよく, も十七, も十五, も合う, も女, も対くら, や人相, や顔, や風俗, よく具しつる, よりももっともっと, より数人, らしい, を, をいたずらに, をすみし, を危機, を境, を思い出す, を明確, を転機, んなっ, 世に流行, 切って, 尋ねる仇, 思い立って, 持ち古したらしい, 書いたソヴェト報告, 書かれたもの, 死んだラリーサ・レイスネル, 睦ましき中, 駐日公使

▼ 年ぶり~ (602, 0.7%)

7 でしょう 6 だ, の再会 5 に見る, のこと, の対面 4 かで, だろう, である, でその, で帰っ, で故郷, にこの, に来

3 [11件] かでその, だもの, であった, でこの, でゴーリキイ, で会った, で帰る, で郷里, に東京, に逢う, の邂逅

2 [51件] か, かでお, かで会った, かで図書館, かで彼, かで會, かで見た, かで見る, かで見上げる, かに女, だか, だらう, だろうか, でお, でここ, です, ですもの, ではじめて, でほか, でまた, でやっと, でソヴェト同盟, で三島駅, で再び, で大阪, で始め, で彼, で我家, で日本, で東京, で自分, で見る, で逢, で逢う, で逢っ, で逢った, とかで, とかの暑, とかの酷暑, になる, になるであろう, にイタリー, に京都, に帰っ, に帰朝, に彼, に日本, に殷ん, のロンドン, の出版, の対談

1 [401件] かだ, かだった, かだつた, かであきらか, かであった, かでお正月, かでお母さん, かでここ, かでそんな, かではいこんにちわ, かではぢめ, かでふと, かでまあまあ心から, かでめずらしい, かでやっと, かでやつ, かでわが家, かでイエーツ, かでピアノ, かでペット, かで一緒, かで三平, かで不思議, かで久し振り, かで今年, かで借金, かで内部, かで出会った, かで出版, かで十三, かで土曜日, かで夜, かで存分, かで家, かで實, かで岡崎, かで市民たち, かで帰国, かで弘養館, かで心, かで手紙, かで故郷, かで旧, かで早朝, かで母, かで満足, かで灯, かで父, かで牛乳, かで珍しく, かで現世, かで省線, かで私, かで聞いた, かで落, かで行った, かで西洋映画, かで近頃, かで逢う, かで逢うた, かで逢った, かで鎌倉, かで零下何度, かで青山, かで食った, かで食つた汽車辨當, かで鹽原, かと思われた, かなあ, かなの, かにそれ, かにて田村とし子さん, かにわが家, かに佐藤, かに父親, かに生甲斐, かに笑, かに行きあう, かに雨, かのその, かのただ, かの京都, かの健康, かの姉, かの所蔵品, かの谺, かの銀座, かの電車, か久しぶり, か四年ぶり, か幾月越, か見る, くらいで, ぐらいで, じゃろ, だからね, だが, だった, だったもの, だっぺなア, だつて, だと, だといふ, だとかいう, だらうそこ, だらうと, だらう山柿, だろ, だ持参, で, であいつら, であけよう, であったという, であったので, であつ, でうち, でうれい, でおめにかかった, でお前, でお目にかかる, でこういう, でこちら, でこんな, でございましょうな, ですか, ですから, です十六年, です靴, でせう, でたべる, での帰省, での船旅, でふるさと, でふんだ, でぶらりと, でゆたか, でザントヴィーケ, でソレント, でテク, でニージニ, でパリ, でヨーロッパ, でロシア, で一寸ベルリン, で一緒, で上つて, で上京, で二等車, で云わ, で互いに, で京城, で京都, で今日, で以前, で会, で伯林, で偶然袈裟, で再会, で冬, で出, で出あった, で出来あがった, で初めて, で十月十日, で去年, で叔母, で呉服, で国, で圓朝, で地球, で城, で変った, で外国, で天草, で奇妙, で始めて, で婚約者, で学生服, で學, で宇之助さん, で実, で小澤碧童, で帰った, で帰郷, で弟, で彼女, で思い出, で思ひ, で恋人, で愛吉, で懐かし, で戸塚, で手錠, で故国, で新, で旧知, で會, で會つたの, で月, で本, で来, で林町, で柳生, で歩く, で気持ちよく, で火星, で無沙汰見舞, で父, で生れ故郷, で生家, で田舎, で相, で祖国, で私, で私たち, で稻扱機, で練ります, で聞いた, で自分はちよ, で花, で英語, で見つけ出された, で親子, で解かれ, で訪ね, で語り過ごした, で貴方, で邂逅, で郷里下総, で金瓶, で阿波, で除かれた, で陽, で食うた, で高, で高源寺, という大, という暑, という暑熱, という珍しい, とかいうこと, とかの寒, とはいえ, と云ふか千年振り, と謂, などで母子, なの, なので, なん, に, にあたった, にお, にお前さま, にお目にかかる, にた, につこりした, にてこ, にて井伏さん, にて再び, にて大阪, にて実母, にて彼女, にて忰, にて懷中時計, にて立, にでも吾家, になります, になるだろう, にねえまァ, にひょっくり, にもなる, にも顔, にやって来る, にやっと, にようやく, にわし, にアイタ, にアメリカ, にメーデー, にヤスナヤ・ポリヤナ, に上方見物, に主権, に仰いだ, に会, に会った, に会つた子供, に会つた弟, に再び, に再会, に刀, に初めて, に別れ, に動物園, に北九州, に区名, に又, に友達, に句稿, に坐りまし, に大奥, に左近中将, に帰り, に帰還, に帰郷, に平和, に復活, に懐かしい, に成功, に戻, に手入れ, に放免, に故国, に故郷, に星野温泉, に昨年, に東海道線, に歩い, に母, に母親, に毎日, に江戸, に浦上, に海魚, に父母, に相, に瞼, に突然, に編針, に老父, に親, に訪ね, に訪ねた, に読み, に読ん, に豊吉, に起き, に踏んだ, に郷里, に金沢, に頭, に馬酔木居, ね, のあいさつ, のいや, のこの, のこんな, のひさごや, のひとり暮し, のもの, のやう, のわけ, のシネマ見物, のドブロク, のハムレット, の不愉快, の今日, の仕事, の休息, の会見, の何, の余裕, の冷害, の創作, の味, の垢, の大, の大雪, の天才, の子, の子守唄, の師弟, の帰参, の帰朝, の帰郷, の想い, の挨拶, の故郷, の教職, の日本, の旱魃, の服薬, の東京, の松葉杖, の植疱瘡, の涙, の溝口健二, の猛暑, の現象, の甘, の由, の行乞, の行事, の訪問, の雪, の馴染, やらわからない, よ, らしく庭, をぼく自身, 初めての, 打絶えた

▼ 年~ (576, 0.7%)

20 のこと 19 の事 97 からである 6 になる, の作, までの間 5 からのこと, だったと 3 からだ, だった, でしたろうか, に出版, に至る, の話

2 [32件] からすでに, から三十歳前後, から三年, から二十何年頃, から今日, から昭和十年, だと, であった, であったか, であったと, でしたが, でしょう, には, にはまだ, には女, には庭, には既に, に当時, に私, のもの, の一二年間, の或, の東京, の歌, の死亡率, の秋, までが最も, までであった, までの温泉宿, までは随分, まで営業, 死す

1 [411件] ある独逸人, あれね, えらい何, おもだった売場, か, かえって来, かかれたもの, かと思う, かに, からい, からかぼつぼつ, からその, からそれ, からそれぞれ, からづツ, からと思ふ, からの事, からの傾向, からの山林濫伐, からの漱石氏, からは年々三月, からは文学的, からは日本, からは老年, からひとたび, からようやく, からわが, からアメリカ, からテレヴィジョン, からディーゼル, からド・ブロイ, からヤソ会以外, から一七五〇年頃, から一九三二年三月頃, から一九三五, から一切, から三, から三十七八年, から三十二, から久しい, から久松家, から二年, から何年頃, から何時, から佛國生れ, から全国, から再び, から劇文学, から十年位, から南方, から同, から同じ, から四十年前後, から大, から大して, から始ま, から学生, から将来文科大学, から將來留學, から小作人, から屋根, から当時, から心掛け, から数年間父, から新しい, から新体詩, から昨年, から昭和八年初夏, から時々, から有, から有ったらしい, から東京, から東北, から松山時代, から機業上, から流行り出した, から渡良瀬川, から温泉, から湯島天神下, から猫, から登路変更, から百万, から目, から目附, から禁止, から科学的精神, から竜池会, から筋書, から翁, から肝臓癌, から自分, から茶, から西暦紀元後二百二十六年, から課目, から陪審員, から青年男女, から音, から駒場, か覺, か鎌倉能楽堂, がその, このバクー, この作者, すでにあった, せっかく下等, その女婿ブランカ・ドーリアこれ, だ, だったとか, ちょうど西南, つまり, つまり私, で, であったの, であったよう, であったら道庵先生, であったろう郷里, であった久しく, であった二葉亭, であって, であつ, であらう, であり, でありましょうか, でありますから, であり古い, である, であるから, であるが, でございましたでしょうか, です, ですか, ですから, ですが, でもありましたろう, でもあろう, で丁度, で僕, で大, で家, で彼処, で後, で松羅玉液, で甫周, とか聞い, とすれ, と今日昭和, と判斷, と思ふ, と聞い, なの, なのよ, ならん, なりしなるべく, なるらん, にあたるでしょう, にいたり, における雀右衛門, にかけて北アルプス, にかけて十分, にし, にその, にたとえ, になっ, になりました, になります, にはこの, にはその, にはもう, にはわれわれ, にはオーストリア, にはパリ, にはポルトガル船, には三千人, には人, には便利, には健康, には印度, には宗麟, には小型, には柴明館, には歴史画, には相当, には立派, には紫明館, には銭座屋敷, にも盛ん, によほど, にわたる昔, にスコットランド, にベートーヴェン, にミゾハコベ科, に一切経, に一夫一婦論, に一度, に公命, に出来た, に出来上った, に到る, に印度, に取り毀され, に取毀され, に古河屋政兵衛, に土佐高知, に大, に大久保豊後守忠恕, に宮本武蔵, に家出, に小, に小説ら, に広汎, に御, に掛図, に改築, に新しく, に新潮社刊行, に於ける, に日本語, に未熟, に機械師メルツェル, に死に別れた, に死んだ, に比べ, に比べる, に民間, に燈火管制, に王位, に生まれ, に発行, に発表, に發表, に相当, に繰り上がる, に至, に至り, に行われた, に行信僧都, に西洋, に西洋菓子, に鉛活字, のいわゆる, のお話, のよう, のエジプト王, のガルリア, のコレラ, のブルターニュ, のベルリン, のペスト, のヱジプト王セテイ一世, のヴェラ・インベル, の人類学雑誌, の何ん, の作品, の出來事, の出来事, の出版, の出生, の初対面以後今日, の初春, の劇場, の十月, の千日前, の哲学者, の堅實, の大学生, の大阪朝日, の如く, の小説, の建物, の当時, の情景, の新, の新聞, の日本語, の旧記, の春, の書上, の書翰, の最近, の東北, の栃木, の比, の水道町, の江戸在住蘭學者たち, の流行唄, の満州事変, の漫画, の片田舎, の生まれ, の田舎, の画家番附, の病勢, の発信, の発行, の百両, の相場, の秋水戸, の翻訳, の虎列剌, の記録, の銀座, の錦絵帖, の隨筆, の雅典人, の鹿, は, はじめて職業婦人, はまだ, はケーテ, はスタンダアル, はソ連, は仏国, は吉田町, は夏, は大学, は寂しい, は御, は所謂池田, は日本, は正しく, は私, は笄山, は頗る, またはその, までありし, までこの, までだったろう, までであったらしい, までに出来た, までに少く, までに更に, までのこと, までの七, までの彼女, までの時代, までの時分, までの期間, までの東京地図, までの樣, までの活版, までの研究, まではかなり, まではこの, まではどういう, までは中, までは僅か, までは容易, までは文化, までは日暮里, までは江戸時代, までは深良家, までは熊本, までは立派, までは西成郡勝間村, までは運送馬車, までは邦語, までも用いられた, までわが, までを中心, まで丁髷, まで大, まで如雲社, まで姫路, まで小石川安藤坂上, まで文学, まで東京, まで毎, まで父, まで行, まで親, まで講中, もし今日, より, よりその, より三十年代, より三四歳, より三角点測量, より俄然, より司馬江漢, より心, より日本, より糠, らしく此作, を境, を最後, を絶頂, を青年時代, ノ割下水ダト思ッテイル, ノ或, 住んで, 元龜, 出た, 出たベロアル・ド・ヴェルヴィル, 小国民, 新吉原, 暫く鎌倉姥ヶ谷, 書かれたところ, 生きて, 生まれ七十四歳, 生まれ十六歳, 生れ一三一五年フランス王ルイ十世, 詠まれた, 買って, 迄が源之助, 迄には寒蘭, 迄の日本, 迄の有, 迄は三条瀑, 迄は萬事, 迄三十五枚, 迄行

▼ 年にも~ (487, 0.6%)

22 なる 20 なるが 13 なるのに 11 なって 8 なるの 5 なります, なりますが, なるかい, 柄にも 4 なりましょうか, なるから, 似ず一段, 見たこと, 身分にも 3 ないこと, なりますか, なりますかな, なりませうか, なるかな, なるけれど, なると, わたって, 四年にも, 当るよう

2 [30件] ない事, なかった, ならないうち, ならないそれ, ならない日本, ならぬのに, なりお, なりますね, なりますもの, なりますよ, なり良人, なるがね, なるという, なるので, なろうと, ファラデーは, 一七九三年の, 三回という, 三年にも, 二年にも, 人の, 八年にも, 十年にも, 奨励金は, 当る訳, 手入れを, 物を, 脚気に, 足らぬ間, 近くなりぬ

1 [283件] あたしァ, あった, あなたの, あまる永い, あらで老い給, あらぬか, あるかな, いつも暗い, おなりに, およんだの, お眼, かいたこと, このしゅんかん, このとおり, この界隈, こんな親切, さっぱりおいで, したこと, それが, そんなこと, ちょっと来, つけたこと, つづける, どこの, ないとの, ない大, ない大変, ない痛快, ない目ざましさ, なおボタン, なお壁, なった子供達, なつた, ならうか, ならないこと, ならないこの, ならないその, ならないの, ならないので, ならない年月, ならない旦那, ならない時分, ならない若い, ならない間, ならなかつたの, ならぬうち, ならぬが, ならぬに, ならぬ前, ならんで, なりますかなあ, なりますかね, なりますから, なりますけれども, なりますすると, なりますその, なりますだが, なりますでしょうか, なりますでしょう家, なりますのに, なりますのね, なりますんでね, なります今, なりませんし, なりませんの, なりも, なり何百人, なり入院当時, なり自分, なり鼻下, なるか, なるかしら, なるかと, なること, なるこの, なるさ, なるし, なるじゃ, なるだらう, なるだらうかね, なるだろう, なるだろうか, なるだろうが, なるだろうもう少し, なるでしょうか, なるといふ, なるのにと, なるはず, なるべ, なるよ, なるよう, なる今日, なる古い, なる君丸, なる女, なる子, なる本当, なる樫, なる知合い, なる飼主, なれば, なろう, なろういや, なろうか, なろうかと, なろうってのに, なろうという, なんでが, なんなんとするけれど, にあわず, はじないで, ほとんど来た, まして巧者, また千疋, まだ此, みたね, めげず宿念, めげず身体, やっぱりイースト, わたる人民, わたる大罪科, わたる慣習, わたる長距離競走, エミシ退治の, キユーを, パエスの, 一度録音, 一朝時間, 三十年にも, 上洛した, 不作の, 世話にな, 二十年にも, 亘る祖国, 亙る刻苦精神, 亙る長い, 亙れる宗論, 亦姙娠, 亦怪, 亦江戸, 亦父, 人に, 今日と, 代え難い, 似あわぬ名刀, 似ず若々しい, 似ず顏赭らめ, 似た大, 似ないで, 似ない逞, 似合は, 似合はず色氣の, 似合わず人, 似合わず眼, 似合わず老けて, 似合わず臆病, 似合わず落ちついて, 似合わないよい, 似合わない大小, 似合わない華やか, 似合わぬ大, 似合わぬ派手, 似合わぬ色ッ, 何十年にも, 何本かの, 余ると, 余る間, 値しない, 値する, 値するよう, 優して, 優るよう, 充たぬ延喜十一年藤原公利, 出した事, 出合った事, 劣らぬほどの, 劣らぬ惨状, 勝つた感激, 勝る発展ぶり, 及ぶであろう, 及ぶもの, 口に, 各, 同じ古び, 同じ用事, 同じ発作, 同じ題材, 同一の, 同様な, 同様の, 向って, 命日にも, 噴火し, 噴火した, 地震と共に, 変りの, 大きな災厄, 大変な, 奥からは, 帰郷の, 幾日にも, 当たった, 当る, 当るであろう, 往き来を, 思ひ出したこと, 思へるの, 思われたので, 恐ろしい火事, 恥じずお前さん, 恥じず下枝, 恥じず去年あたり, 恥じず若い, 恥じぬ余, 恥ぢず受け込みて, 恥ぢず若い, 恰好にも, 感じた事, 憶えない挑發的, 成つて未だ, 成る, 成るかねえ, 成るが, 成るで, 故郷に, 教会へ, 旱魃にも, 普通の, 望まれた事, 来て, 植木屋さんの, 水なぞは, 永長元年にも, 江州甲賀郡森尻村の, 泳いだこと, 活けるが, 満たないま, 満たない山, 満たなかったが, 炎上し, 無いこと, 無い珍, 目に, 相州の, 相当しよう, 相成りまするきょう, 着たこと, 私は, 細川船の, 絶無の, 続いて, 繋け, 耻ぢず, 耻ぢぬ, 聞き覚えの, 茶屋女という, 見ないで, 親しく会つた, 覺えて, 警察は, 變らぬ, 豊作の, 豚を, 足らないぐらい, 足らぬこの, 足らぬほどの, 足りない, 足一つ向けた, 近いいわば, 近い前, 近い古い巻物, 近い長い間, 近い間, 近かろう, 近く今, 近江田楽の, 通った事, 達して, 酒盛りの, 開かれたこと, 面にも, 顔を, 風采にも

▼ 年以上~ (376, 0.4%)

25 も前 19 も昔 17 になる 8 にもなる, の昔 5 の生徒 4 の歳月, の者, の間, もこの, も続いた 3 たって, の年月, も住ん, も勤務, も古い, も経過, も続い, を経, 経って

2 [21件] ですから, にもなります, に及ん, のもの, の作, の時日, の歴史, の老木, の苦, もここ, もたった, もつづいた, も会わない, も相, も経, も経た, も経っ, も経った, も経つ, 埋められたの, 続いて

1 [205件] あったらたまらない, いや五年, いられて, いる, お情金, かかる, かかるもの, くらした, この目的, たちますと, たった今日, たってから, たっても, つづいて, つづき中期王朝時代, であ, であると, であるといふ, でさえあれ, です, ですそ, です真白, でない場合, ということ, というの, という人類史上, という条件, という証文, といふ, との話, にさかのぼる, につくられ, になっ, になった, になられ, になりましょう, になるだろう, にはなる, には遡れない, にもなつ, にわたる長い, に亘る, に亙り, に及べ, に當, に達し, のつき合い, のとしよりだ, の交際, の伝統, の先生, の児童たち, の分, の前, の古, の古い, の古物, の太古, の女, の存在, の山, の年数, の建物, の御, の懲役, の手柄, の操觚, の時代, の月日, の服役義務, の木, の樹齢, の歳, の沈黙, の無為, の牢獄, の生涯, の百日紅, の経過, の習慣, の茶園, の親, の計り, の長寿, の間ヨオロッパ, の雨風, の齢, はかかる, はさげる, はその, はつづけられまい, はもち, は経っ, は続かなかった, は長年, ほとんど二年近く, もあんなに, もいっしょ, もいる, もかかり, もかかる, もかかるだろう, もこうして, もこんな, もし, もしますなれ, もすぎ, もそれ, もたっ, もたって, もたつ, もたつた, もつきあっ, もつづい, もの古木, もの年月, もの間, ももつ, もパリ, も下宿, も中風, も主義, も云々, も井戸, も交際, も京太, も俗務, も僕, も利用, も勤め, も取られ, も古び, も同じ, も国, も外国, も大明, も夫婦, も奉公, も女子, も寄席, も巴里, も年齢, も彼, も後, も忍耐, も探題, も故郷, も敷き, も旧い, も暗闇, も殆ど芝居, も毎年, も無視, も独身ぐらし, も生き, も生きる, も生き延びる, も絶えず, も絶縁, も經つて, も考へあ, も自分, も舌, も落雷, も行った, も訓練, も進歩, も遺憾, を経た, を経過, を要した, を費やした, を隔てた, 住みついて, 住んで, 働いた資格, 全くコーヒー, 多分一億年, 奉崇, 始終諸国, 居ない方, 我が國, 時々は, 暮して, 最も不可思議, 毎夏, 生きて, 生きる大, 生き延びる人, 経た後, 経った, 経ったあと, 経った今, 経った昔, 経つた材木, 経て, 続けて, 聞いて, 行きません, 費やせしは, 逢わなかった様子, 過ぎた頃, 開かれなかったこと, 開き続けて, 頑張って

▼ 年とった~ (372, 0.4%)

12 女の 9 男は 7 男が 6 女が 4 がんは, 支那人は 3 おかあさんは, ねこは, 女中は, 婦人が, 漁師が, 者は

2 [26件] おおかみ, お母さんが, お祖父さんだった, かしの, がんが, ことも, ねこが, ような, 人の, 女を, 婢に, 彼女が, 御亭主, 方が, 方の, 方は, 母が, 母親が, 漁師に, 父親が, 牛を, 猿で, 男と, 盲目の, 看護婦は, 親を

1 [260件] あなたと, いやに, うぐいすが, えらい先生, おかあさんを, おかっぱ, おかみさんでしょう, おっ母さん, おばあさんが, おばあさん半蔵の, おふくろが, おふくろも, お婆さんが, お婆さんの, お婆さんのみ, お客さんが, お母さんと, お母さんに, お母さんは, お母さんも, お祖父さんの, かあさんの, かっぷくの, かみさんが, からさ, からす, からでしょう, がんじ, がんにとって, がんを, が初, けらい, ことは, この百姓, この考古学者, この頃, しわだらけの, せいか, そこもとを, そしてから, そして大, その容貌, その男, たかでありました, たかとは, たかは, と自分, ねこに, ねこも, ので息子, ので隠居, はさみは, ばあさんが, ばあや, ひとの, ほうが, もう一人, ものか, ものの, ものも, ものを, やばん人, わたしの, アザラシの, ガンパウダーの, ゲエルの, ダーメに, ヒスイの, ラップランドの, ロシア人で, 一ぴきの, 一人の, 上さんと, 下男の, 下男を, 主婦で, 乞食音楽師は, 乳母が, 乳母の, 二親は, 亭主という, 亭主は, 人々は, 人が, 人ずら, 人たちは, 人でも, 人なんかは, 人には, 人も, 人物に, 仏蘭西の, 仙骨を, 会社員が, 会社員は, 体操の, 侍女達から, 僕が, 僧が, 僧侶が, 先生で, 先生の, 兵隊さんが, 功労の, 助産婦さえも, 医者の, 博労の, 叔父を, 古書生だった, 召使いが, 召使に, 司祭を, 哀れな, 商人であった, 善良な, 四角の, 土人に, 地主である, 壮健そうな, 売笑婦らしい, 大きい犬, 大きなかし, 大たか, 夫婦が, 夫婦である, 奥さんが, 奥さんと, 奥さんは, 女, 女から, 女たちが, 女たちで, 女でも, 女どもに, 女には, 女らしく親切, 女中さんあの, 女中に, 女中頭が, 女友だちの, 女工が, 女房が, 女房の, 女達が, 奴隷の, 娘が, 婢が, 婢は, 婦人, 婦人であった, 婦人と, 婦人に, 婦人の, 婦人は, 婦人や, 嫂だけは, 子供な, 客から, 家の, 家庭法律顧問の, 家来でした, 家鴨が, 家鴨さんに, 寺男が, 寺男閼伽桶と, 小さな女, 小使が, 小使だ, 小使夫婦を, 小父さん, 小間使お, 尼さんです, 巡礼が, 廷臣たちは, 彼の, 御主人, 悲しみに, 憂鬱な, 按摩が, 按摩は, 支那人に, 支那人へ, 支配人も, 方から, 方すなわち, 書記も, 木ぐつ屋が, 木と, 本夫, 桑島先生を, 梟な, 模様は, 次位の, 次席訓導だった, 正直な, 母と, 母に, 母は, 母より, 母夫人の, 母親に, 母親の, 水夫なんぞに, 法制の, 父が, 父と, 父の, 父も, 父母は, 牛で, 牛であったら, 牛に, 牛は, 牛や, 牝猫と, 牧師さまは, 牧羊者の, 生き物だった, 産婆さんは, 男たちが, 男だけは, 男だろう, 男で, 男の, 画工たちと, 白髪の, 百姓がわらすべを, 百姓でありました, 百姓は, 目っ, 看護婦が, 看護婦の, 祖母さんだけを, 祖母さんなぞを, 祖母さんに, 私一人のこっ, 糸杉の, 純下町型, 紳士が, 給仕は, 者ばかりの, 腰の, 船長は, 船長を, 船頭の, 親たちは, 親爺が, 農夫から, 農夫たちは, 農民が, 連中にとってこそ, 金持で, 集団農場員が, 雇女と, 雑仕婦の, 青い着物, 音楽家が, 顔には, 魔の, 鴛鴦さん二人を

▼ 年以前~ (367, 0.4%)

15 のこと 13 の事 8 のもの 5 なるべし, の物 3 にこの, に出, の出来事, の秋, の記憶

2 [22件] から, からあった, から人類生活, すでに増さん, と今日, と異, にお, に別れた, に我国, に私, に終結せり, の, のあの, のフランス, の分, の大, の我々, の日本, の東京, よりも多く, より禿げ, 全く細微

1 [262件] あの賊, いまだ猿, おそらくは共和国, おそらく日本紀編纂, お賤, か, かの三蔵法師, かも知れぬ, からある, からいかなる, からいつも, からこの, からさる, からそう, からだれいう, からで, からときどき, からのこれら, からのエタ, からの流転, からの潜んだ, からの西洋, からものの見事, からやつ, からよく, から予期, から二三, から今, から信濃桜, から内々山人, から埃及, から変っ, から少し, から既にかなり, から書き来った, から東京, から眼病, から知っ, から藤田家, から行われ, から記事, ことに大, この事件, この仙台藩, この町, じゃア, だったら彼, だったら馬, であった, であるが, であろう, です爾, とさしたる, となり, とは余程, とは安並, とは餘程, と云え, と変っ, と少し, なら別に, に, にあった, にあなた, において既に, において漸次, におけるラプラス, における人間, にくらべ, にさかのぼらなけれ, にその, になくなった, になつた, になる, にはいくら, にはそれ, にはまだ, にはよくよく, には一人, には何萬人, には円, には半紙, には大衆文学, には当時, には村, には溯らない, には疑い, には穀物, には穉氣, には馬車, にもどっ, にも檀那, にわが国, にギユテンベルグ, にゴリラ, にドイツ, にネープルス, にバビロン, にマゼツパ, にロンドンタイムス, に与八, に世, に云, に五, に仔細, に伯父さん, に作られた, に入定, に写された, に出来, に初めて, に別れ, に別れましたる, に卒業, に大学, に天山山脈, に始められたる, に存在, に家出, に川口町, に広津和郎氏, に廃れ, に廢, に当る, に彼, に彼女, に御, に御存知ゆゑ, に急, に我が国, に戯曲論, に改印, に既に, に日本, に早く, に書き始められた, に未亡人朝子, に柬埔寨国, に櫻木大佐, に此, に死んだ, に歿, に比せ, に比べる, に水戸家, に永忠僧都, に浅草あたり, に現在, に生き, に異国, に癇癪坊主, に皇太子, に確か, に英国, に蘭山, に見たる, に見世物用, に観光団, に逢った, に逢つた時, に遡, に配流, に開けた, に限られ, のある, のその, のそれで, のでき, のむなしい, のもっぱら, のわたし, のエジプト, のニユウ・イングランド, のモスクワ時代, のヨーロッパ大陸, の三年間, の世紀, の事實, の二十年間, の人口, の人類, の作, の作品, の優秀車, の出生率, の北アメリカ合衆国, の北川すみ子, の十年間, の吹込み, の四十年間, の天宝八年, の如く, の如くなる, の巨船, の彼, の恐ろしき, の恩人, の恩返し, の日本語, の旧, の明治四十四年, の昔, の昔話, の本, の林田文次, の民主的文学評論, の流行唄, の画人, の真理, の私, の秘密, の第, の経験, の芸術, の計画, の記録簿, の諸, の追憶, の遺物, の鎌倉時代, の長い, の雨, の雪, の香, の高山舟津川, の魚, はじめて東京, はその, は斯, は瀧壺, は西国, は貴族, へは辿っ, まだかの, まだ両親, までに仕事, まではなかなか, までは九州, までは我, まで存在, まで当, まで御, も案内, よりの予謀, よりも現在, よりも親しめます, より五十年前, より伝わり, より志し, より新道, より直心陰, より西洋, を思い出せ, を春の, 同じ山, 失って, 屡々見学, 御側衆, 我が君, 或僧, 見せの, 返り打

▼ 年まで~ (364, 0.4%)

8 法王たり, 生きて 4 王たり 3 ここで, である, わたしは, 皇帝たり, 続いて

2 [15件] いて, でした, 七年間を, 今日ほど, 六年の, 十四年間勤めた, 四年間の, 女房も, 年一囘づゝ倫敦に, 彼は, 此札幌の, 続いた, 続けて, 育てて, 自分の

1 [299件] СССРの, あつた, あるいて, ある厳有院様, いかに原始的, いたの, いったと, いまだ浮気, いるの, いろいろな, いわば何, およそ六年間, およそ四十餘年間, おれは, かかったが, かれは, こ, ここでばかり, この国, この男, こんなに色気, こんな怖い, こんな悲鳴, ご一しょ, ざっと数え, じっとじっと押えつけ, すなわち十五年間, ずっとおれ, せいぜいクルーズ, その十二箇年間, その娘, その山, その教師, その治下, その職, それぞれの, たくさんな, だ, だね, つ, つい一度, つづいたの, つづいたので, つづきます, であると, でしたが, でその, で図書館, ともあれ飢死, どこに, どこの, なおピクプュス小路, ながらえて, のびた, ほんとに愛した, まこと, まだ覚えぬ, まめ, まもられて, まる四年間, みんなありました, やった家, やはり十年, ゐたの, アントワアヌの, アヽ齢だ, イギリスに, イギリス学士院長に, イギリス王たり, ウェスト・ポイントの, カタローニア, キャリフォルニア州オウクランド市で, グッビオの, サン, スコットランド王たり, ソ連に, ドウ・セブルの, ナポリ及び, パリの, パリーの, フェルトレの, フグ料理が, フランス王たり, ボローニアなる, ボローニアの, ラブ・アフェヤーの, ラヴェンナの, ロンドンに, ローマで, ヴィタミン不, ヴィーンに, 一人で, 一隻の, 七十才を, 三ケ年の, 三回つづいた, 三年間の, 上つたことが, 上下を, 不思議と, 世に望み, 世界大戦の, 中学校の, 久しくお, 二年と, 二年間この, 二百十三年の, 二百年間尽く, 五十二歳として, 五十二歳を, 五年間の, 亜米利加に, 代る, 位に, 住んだ家, 体が, 何らの, 何度と, 保つの, 修めたと, 修業を, 側に, 僕は, 元地, 兔も, 兩家の, 六かしい, 其屍躰朽ちず, 内地に, 再びこの, 再び長崎, 凡二十一年間遊女屋の, 出島の, 前後十一年間続い, 加賀屋に, 勤めて, 北海道開拓事業の, 十一年間この, 十三四年の, 十二年かかっ, 十二年ほどの, 十二年間は, 十五年間を, 十八年ばかり, 十年ほど, 十日以上にわたる, 南極海の, 即昭和十一年十一月二十日, 参謀総長であった, 合せて, 同じく川路左衞門尉, 同じばか, 同級だった, 吾妻鏡に, 営業した, 四五六七八と, 四十二代千三百五十三年間繼續した, 土御門, 在任した, 在位, 在位せ, 在存, 在日した, 在職しました, 坐りつ, 夢にも, 存命, 存命し, 学校で, 宗祇から, 実に五十六年間, 実に十二年, 実の, 寝小便を, 居たの, 巨万の, 年々殖え, 広い世の中, 庄左衞門健在の, 度々憂鬱, 延ばされるに, 彼が, 彼の, 恋を, 恥を, 戦争で, 扶助致し置き, 掛って, 摂政関白であり, 支那に, 改正せられなかった, 数々の, 断髪洋装などに, 新聞記者生活を, 新銭座, 斷片的に, 旅と, 日本の, 日本麦酒会社の, 時機を, 書く, 木賃宿が, 歌舞伎座の, 止まって, 此が, 残るよう, 母と共に, 母親の, 毎シーズン, 毎年平均七百五十メートル作られた, 気がつきませんでした, 河岸の, 治安維持法に, 活き延びたって, 浮いた事, 淋しい山里, 満三年間, 溯ること, 滞米三年に, 潔く支, 無事に, 燻ぶらせ, 独身で, 独逸公使であった, 獄中に, 王位に, 生きその, 生きたで, 生きたら三倍, 生きられます, 生を, 生存し, 生活し, 登山を, 百三十六年の, 百十四年間にわたって, 皇帝, 目明しの, 知って, 知らずに, 知らない涙, 石巻までも, 私は, 空虚な, 箱根山中で, 約三百年, 約六年間, 純潔で, 経験した, 結婚は, 継続しました, 続いたが, 続いたと, 続いた十一年間, 続いてから, 続きました, 続けること, 続行, 総司令官, 繼續された, 置いて, 育てられたご, 花月と, 茶を, 薬という, 藥といふ, 行きサンフランシスコ, 行ったが, 行ったと, 行ったので, 行った男, 行って, 行つて職工に, 見ねえけりゃ一生, 覚えない恥, 観ること, 読書さえ, 調査せしめた, 諸先輩, 足かけ十年その, 足かけ十年の, 足掛九年も, 足掛六年の, 足掛四年寒川に, 逃げまわるなんて, 通い続けた, 連続的に, 連綿として, 遡り更に, 鍛えた身体, 長生きを, 開港場以外の, 雜誌, 電燈を, 順に並べ, 頑強に, 飼い生かして, 養育し奉り, 饑饉の

▼ 年~ (323, 0.4%)

16 の間 9 になる 8 ばかり前 7 の歳月 5 に處, ばかりの間, も前 4 になります, ばかりで 3 にし, の後, の生活, ほど前, 程前

2 [20件] か二年, くらいになる, それから東京, というもの, として推定, にもなる, に一回, に亘る, に近い, のあいだ, のうち, の持久戦争, ばかりのうち, ほどし, ほどの間, もたっ, も經つて, わかれて, 程になる, 程の間

1 [205件] いました, おりました, か, からになる, から一等, から待たなく, が正しい, くらい前, ぐらいで恢復, ぐらいの予定, ぐらい帰っ, こそは彼, こらえに, その長い, たってからの, たりとも減刑, だけで, だったか, だわ, ちかくいた, ちかくの, つ, つづいたと, つづくと, で, であるけれども, であること, でこと, でこれら, でこんな, でも三年, で工事, で帰っ, で月日, で死ぬ, で死亡, で済む, で餘程, という重く苦しかっ, といえ, といっ, といふ, とかしか経たない, と見, など, なり二年, においてかれ, にしかなっ, になん, にわたって用材, に処す, に及ぶ, に満たず, に過ぎず, に過ぎない, に過ぎぬ, のかれ, のなか, のベルリン大学通い, のモスク, の久坂葉子, の仕事, の佐渡, の余, の兵隊生活, の出生, の刑, の刑期, の前, の周期, の増加, の実刑, の年月, の徒刑, の悪夢, の戦場, の教育, の昔, の時日, の時間, の朝夕, の滞在中, の終り, の経験, の英国留学中, の記録, の越し方, の重, の鉄窓生活, の長い長い, の間ゲッチンゲン, の間厄, の間毎日, の鬱心, はかかる, はその, はつら, は三十年戦争, は忘れられない, は支え, は気, ばかしのこと, ばかり, ばかりい, ばかりしか居なかった, ばかりずつと顏, ばかりたっ, ばかりで別れなけれ, ばかりになった, ばかりのあ, ばかりの外国生活, ばかりの後, ばかりの楽し, ばかりはちょうど, ばかりゴロゴロ, ばかり中, ばかり交際, ばかり伴直人, ばかり同じ, ばかり四国西国廻り, ばかり小笠原さん, ばかり居ります, ばかり御, ばかり忘れ, ばかり戦争, ばかり暮らした, ばかり来なかった, ばかり神主, ばかり経ちまし, ばかり経った, ばかり進行, ほどたちます, ほどたっ, ほどつづいた, ほどのあ, ほどの仕事ぶり, ほどの後, ほどはおかゆ, ほども前, ほどゐた, ほど京都, ほど諸国, まえの, まへの, もある, もう秋, もかかりました, もそこ, もその, ももう, も一緒, も以前, も会わなかった, も住ん, も十二三, も半身不随, も尋ねあぐんだ, も山村, も岬, も巡っ, も彼女, も後, も持ち越した, も昔, も来なかった, も欧米, も毎日, も毎日毎日学校, も留守, も私, も続きました, も続けた, も続けました, も過ごす, ゆっくりした, をかえりみ, をつひやせり, を夢, を待たずし, を経, を経た, を経過, を經, を總, を要する, を過ごした, を過した, ノ軍隊的軍艦的訓練ハ如何ナル專門的使命アル者モ身心, 何とかやれましょう, 少くとも, 少し長引け, 居内部, 時に取手, 暮したのよ, 暮して, 死にもの狂い, 程し, 程まえ, 程経つた, 立って, 経って, 育てた馬, 貯めたというの, 貯めたといふの, 近く御

▼ 年より~ (308, 0.4%)

9 夫婦は 5 なの 4 夫婦に 3 たちが, だつた, はるかに, 十七まで

2 [15件] たちは, ふけて, らしい咳払い, らしくも, 一九三〇年の, 一二一六年まで, 二十七年前に, 前でなく, 前の, 古くは, 同九五年, 夫婦の, 後の, 早く前頭, 算すれば

1 [248件] かぶの, きりで, くさいやう, じみた言葉づかい, じみた風, じみて, ずっとはで, ずっと前, ずっと干からびた, ずっと老け, ずっと老けてた, たたないの, たちがねえ, たちの, たち牛, たって, だが, だけれど, だったこと, だったし, だつたこと, だつたし, だと, だよ, づら, でしてね, ですから, でズボン, で世の中, で顔, どもが, どもは, どもへは, なので羽, ならきッ, なんだ, のこじき, はずツと, ばばは, へたる知人, ほんのすこし, まして見ゆる, またまさに, みたいだ, もっと前, ゃあ此れで, らしいの, らしい二つ, らしい咳, らしい怯みは, らしい有頂天, らしい様子, らしい気ぜわし, らしい甲高声, らしい蛙, らしくくどくど, らしく一つ, らしく呟きながら, らしく見せました, キリストの, ポー河の, 一〇三一年まで, 一一九〇年まで, 一一六〇年まで, 一三〇〇年まで, 一三〇三年まで, 一三一九年まで, 一三一二年まで, 一三三四年まで, 一三二〇年まで, 一三二七年まで, 一三二五年まで, 一九〇一年にわたって, 一九〇八年にわたるの, 一九一〇年死の, 一九一四年の, 一九一四年へ, 一九二五年まで, 一九二八年まで, 一九二六年の, 一九四二年まで, 一二二七年まで, 一二八〇年まで, 一五三八年までの, 一八一一年の, 一八七八年までの, 一八八五年に, 一年の, 一年半間に, 七八十年に, 七十一歳丈上に, 七年に, 七年にかけての, 七年半の, 七百五十年前に, 七百八十五年に, 三〇年に, 三七年まで, 三三六年まで, 三九年に, 三二年に, 三十七年前に, 三十三年へ, 三十九年まで, 三十五年間寡婦生活を, 三十年の, 三十年前は, 三年にかけて, 三百九年前に, 九六年まで, 九年も, 二〇八八年まで, 二十七年に, 二十九年前ローマ出版ソンドツァ師の, 二十年に, 五, 五二七年, 享和の, 人類の, 以前に, 以前には, 以前七百有餘年前即ち, 以後死ぬ, 以後豊洲は, 余ほど, 余り遠く, 使番を, 僅かに, 僅に, 八ツも, 八一六年まで, 八一年まで, 六〇年を, 六二年の, 六二年まで, 再度差渡候處, 利発者な, 前で, 前に, 加わるを, 勉強した, 十一年前に, 十三年前, 十二年に, 十年と, 千二百四十三年以前, 古いこと, 古いもの, 同一一年にわたる, 同九七年, 同九年, 同二九年, 同八年, 同六六年, 同十八九年, 同十四年七月, 同四八年, 向こう二十か年賦済み, 嘉永五年に, 四十九年前は, 四十四年に, 四年に, 基を, 外に, 多きは, 多くの, 多くは, 大変老け, 天保九年に, 天明七年に, 宇多天皇様寛平六年迄, 安永に, 定むべ, 宝暦末年に, 小姓組番頭宝永四年より, 小屋を, 已暮迄, 年俸二百デュカットの, 建仁三年まで, 弘化二年まで, 役に立って, 後であつ, 後であろう, 後に, 後るる, 後亀山後小松, 後征戦三十余年威名亜非, 御扶持方七人分被下置, 急速に, 我慢むつかしい, 手鹽に, 扱いが, 承元, 推せば, 数年前に, 數年にも, 文久元年に, 文官任用試驗を, 文政三四年に, 早い横, 早く禿, 早く頭, 明治二十一年まで, 明治十四年までの, 昭和八年十月迄, 暫の, 更けて, 更に烈しく, 書院番組頭十四年新, 書院番頭を, 有卦に, 条約改正論の, 永始二年までとしても, 沢山会わない, 溯つて十年前, 漸く世, 火事場見廻り, 無卦, 燃ゆる, 現今迄の, 白髪の, 百三十五年前なり, 百十五年前に, 相手に, 着々これ, 繁栄に, 翌七年, 翌六年, 老けさせて, 老けて, 若くお, 若く見える, 萬暦四十四年に, 諸方の, 起つて, 越後に, 通例概算に, 連中は, 達が, 達との, 達者に, 遥か以下であった, 長く思われた, 長けた女, 開発に, 阿部正弘の, 馬が, 馬は

▼ 年という~ (301, 0.3%)

16 年は 9 ものは 8 のは, ものを 7 歳月は 6 ような, 時代の, 月日は 5 年を, 長い間 4 年に, 長いあいだ, 長い年月 3 ものが, ものこの, もの彼は, ように, 年月の, 年月は, 月日が, 月日を, 長い月日

2 [12件] ことに, ときの, 年には, 日本の, 時代に, 時間の, 時間は, 歳月を, 永い年月, 永い歳月, 言葉に, 頃に

1 [162件] あいだだれにも, あいだ雨風に, うちには, ことが, ことしの, ことだ, ことで, ことなく, ことを, この時代, しるしが, その年, その時分, ただならぬ世代, つい近頃, ときに, ときは, とき私たちの, ところで, ところでしょう, のが, のです, のなどを, のも, はなはだにぎやか, ふうに, みじかい期間, むかし甲斐と, もちろん甚だ荒唐, もの, ものあなたさまを, ものいつも, ものここの, ものずっと, ものそこに, ものついに, ものわるく, ものグリゴリイの, もの三畳の, もの僕は, もの娘分同様に, もの思いつづけ, もの感じた, もの手が, もの柩の, もの毎日の, もの私と, もの私は, もの絶え, もの肌身離さず, やつは, わけで, んだ, グアイに, 一年は, 三年間位は, 事これ類似の, 事を, 人生は, 人間の, 今は, 今日の, 先入観が, 全期間, 刑の, 刑は, 刑期は, 制限の, 勘定に, 古言, 声に, 大昔この, 天下大乱の, 女だった, 実に面白い, 巨き, 平均を, 年が, 年その, 年つきを, 年で, 年への, 年代が, 年代は, 年代を, 年月とは, 年月に, 年紀を, 建国の, 建設期の, 当時勤労階級解放運動が, 御約束, 悠久な, 感じは, 戦の, 数は, 数を, 数字が, 新しくふえた, 日づけ, 旧い統計, 星霜を, 時に, 時代との, 時代三宅花圃田沢稲舟などという, 服務期が, 期間は, 松の木で, 歳も, 歳月の, 歴史の, 永いあいだ, 永い歴史, 永い間, 永年月に, 汚れたる, 無論天文学的数字, 牢獄が, 特別に, 特別の, 特定の, 甘いお, 短いもの, 短い間, 破局的な, 私年号が, 端数が, 竹一は, 約束だ, 絵かきが, 美しい矮生, 老夫婦, 自然の, 観念が, 諺が, 輝かしいわが, 長いあいだ蘇我氏, 長い刑, 長い年期間, 長い滞在, 長い過去, 長い間京都, 長い間固陋, 長い間在位, 長さ, 長の, 長年月, 長篇に, 開化の, 間その, 間を, 間古い, 間我子の, 間日曜も, 間昼間も, 間隔を, 間風の, 限られた時の間, 頃先生の, 順序でした, 風に, 齢を

▼ 年近く~ (295, 0.3%)

19 も前 13 になる 8 の間 7 にもなる 6 の昔 5 も彼, 経って 4 にもなっ 3 か, になります, も昔, も経過, も見なかった, 住んで

2 [20件] いて, たってから, なるでは, になっ, になった, の月日, の歳月, の間自分, もお, もか, も以前, も全く, も後, も欧羅巴, も経った, も続いた, も過ぎた, 住みついて, 古い書, 呼ばれて

1 [170件] あの離れ, いつもこの, おくれて, お互に, かかって, かなり熱心, がすぎた, この家, この山, こんだけ, して, そういう気質, その土地, たった一八, つづいて, ではじめて, というもの, と云う, と言, なつて今, なりたる, なる, なるかね, なるが, なるけれど, なるの, なるまでの, なろうが, になるであろう, にもなった, にもなろう, のた, のながい, のもの, のハルピン, の交友, の前, の居食, の年月, の日, の日々, の生活, の色々, の苦艱, の親しい, の間秋田, の間隙, まったく愚作, まつたく愚作, まで続い, もい, もいた, もいっ, もいっしょ, もいる, もかかっ, もここ, もこの, もこんな, もさ, もしくしく, もその, もそんな, もた, もたっ, もたった, もつきあっ, もつづいた, もつづけられ, もつれ添つた亭主, もとりつかれ, もなり, もなります, もなる, もの大昔, もの永い, もゐる, も一人, も一緒, も丹精, も会, も会っ, も会つて, も会田, も住み馴れた, も住ん, も余計, も便り, も共に, も北海道, も同宿, も同棲, も地虫, も多数, も大事, も大学, も奉公, も子供, も家人同様, も常に, も年, も彼ら, も憲兵隊, も戦地, も故郷, も新しい, も日本, も本, も東海道, も機関士, も毎日, も滯在, も物凄い, も町, も留まっ, も病気, も相, も私, も第, も経つ, も聚楽, も落着, も見ない, も覚え, も詩, も読んだ, も辛抱, も逢わなかった, も連載, も過ぎ去った, も長く, も食っ, も食物商売, も馴染, も黙し, ゐたが, をそれ, をなに, を思ひ浮べた, を苦しみ抜い, を過した, 会うこと, 会ってなかった, 働いて, 働き一人前, 勤めた老婢, 同じ町内, 居るおれ, 早いが, 暮らしました, 生きて, 生き延びた, 立って, 経った, 経った今日, 経った今日顧, 経っちゃってから, 経つ今日, 経て, 続いた後, 続いて, 続けて, 被り慣れた大黒帽, 見えないが, 親しい友達, 通って, 遊んどりましたから, 過して, 遠く南, 附きに

▼ 年でも~ (294, 0.3%)

18 二年でも 11 十年でも 9 三年でも 8 ないのに, 二十年でも 6 五年でも 5 なかった 3 ある, あるまい, ないから, ないん, 半年でも

2 [19件] あった, あるめ, お帰り, ない, ないが, ないし, ないの, なく寝床, 七年でも, 二百年でも, 五年で, 半歳でも, 同じこと, 否生涯, 四年でも, 家へは, 待ちます, 待つて, 柄でも

1 [176件] あったが, あなたの, あの世界, ありましたから, ありますまい止めます, あること, あるし, あると, あるまいが, あるまいその, いいもっともっと, いくら歩い, いずれに, いつまでも, いて, いまちいっと, いられるし, いるが, おれと, お好き, お心, かかるん, かけて, かまいません, がんばるぞ, きたら, ここに, このまま, この伝献, ございませぬから, ございません, ござんすまいがね, しますから, そうしてこの世, そのまま心, それや, そんな淋し, ちゃんと暇, ちょっと比較, どこか, ないこと, ないだろう, ないだろう待って, ないでしょう, ないよ, ないよう, ない癖, なお六, なく二番目娘, なく妙, なく殊に, なしこの, なし実, なほざり, ふるえて, また運, むす子, やっぱり評判, ゆっくり待つ, ゆっくり御, ようございます, ろくに読めぬ, わたしと, わたしは, ウフフフ, 一生かかっ, 一生でも, 一生の, 一箇月でも, 万年でも, 三十年でも, 主人が, 事々しい答辞, 二年でもと, 云ふ, 互ひ, 休養しなけれ, 会わず養生, 何でもお, 何億年でも, 何百年でも, 保つよう, 俺は, 僕の, 公債の, 六十年でも, 六年でも, 出版の, 動かずに, 動きつづけるの, 千年でも, 半歳で, 卒業に, 取ってると, 向へ, 四十万年でも, 四十年でも, 四月半ばまでには, 回って, 変りましたら, 多く長寿, 天候が, 宝石を, 居て, 屹度口を, 島で, 巴里の, 引っ張れる, 彼の, 往って, 待って, 待つと, 待とうと, 御奉公, 息子が, 悪い品物, 我慢します, 我慢する, 持ちます, 提唱しつづける, 敵と, 旅で, 明けたら幸三郎, 未だ未だ世並, 東を, 根気に, 根気よく, 梅雨に, 極りが, 構は, 止って, 死んだ気, 毎日同じ, 汝一人を, 決して草の根, 清潔な, 滅茶滅茶に, 演技を, 無くなるもの, 無言の, 生かして, 生きなされますよ, 生き延びて, 由来おれ, 白髪に, 皮膚の, 真夏の, 眼を, 石を, 神輿を, 秋を, 程よいの, 種は, 稼がなけりゃア, 立って, 立てるという, 箱根に, 結構長, 続くがなあと, 考えるが, 若いの, 若ければ, 落付い, 西を, 話せるぞと, 身体の, 軍学の, 通った経験, 遊んで, 鐘巻自, 長くいられる, 長く住ん, 長生きが, 長生きしよう, 間に合ったかも, 黙って

▼ 年この~ (270, 0.3%)

9 かたの 5 方の 3 かた, 土地に, 方は

2 [17件] かたは, かた初めて, かた同じ, かた有頂天な, かた風邪を, ま, 方ありません, 方その, 方に, 方ふしぎな, 方女房まで, 方彼は, 方江戸中を, 方神田あたりを, 東京の, 東洋第, 裁判で

1 [213件] かたああ, かたあの, かたいつでも, かたこんな, かたこんなに, かたそこを, かただれも, かたで, かたであろう, かたひじょうに, かたふんぱつ勉強, かたわしも, かたソヴェト社会の, かたフランスは, かたロシアは, かた三カ所に, かた三百八十年の, かた伝わっ, かた住み荒した, かた何回彼は, かた使つて來た, かた出版にも, かた勤め, かた同居し, かた君と, かた味わった, かた国家鎮護の, かた地方自治体は, かた地球人類に, かた埼玉の, かた変る, かた夢寐にも, かた家の, かた小使銭といふ, かた小石川の, かた彼が, かた御前様の, かた思いこがれた, かた打ち絶え, かた抑圧され, かた教会に, かた新聞などにも, かた日本人民を, かた暮し, かた来る, かた毎日腰を, かた比べる, かた流行り始めた, かた浪人し, かた満, かた牢獄に, かた物詣など, かた理由も, かた男雛を, かた痛みの, かた着用し, かた秀吉の, かた私が, かた私についての, かた私の, かた節子の, かた素子と, かた経費多端で, かた継続し, かた美醜の, かた耳が, かた自分の, かた自動車以外の, かた芝露月町土偶師泥斎方に, かた行き先が, かた行く, かた西洋の, かた見, かた親の, かた記録にも, かた身に, かた近所近辺の, かた連れ, かた遷宮の, かた選擧の, かた金融の, かた開けた, かた附添看護婦の, かた音信不通の, かた預かっ, かた頓と, とし, ままに, みみずくに, インスティテューションの, シキに, ヴォルガ河に, 一室に, 一年一年の, 一廓に, 一手で, 三つの, 三人の, 上水べりに, 中で, 二人の, 二年間私は, 二絃琴で, 五月五日まで, 五部の, 付近の, 全的努力は, 動向は, 原書が, 四十歳から, 地に, 地の, 墨を, 家が, 家を, 寺創建直後の, 屋敷に, 山に, 山籠り, 工事が, 年の, 年は, 廓に, 弟は, 手が, 文字を, 方いつ, 方いまだ, 方いまだに, 方いままでに, 方この, 方すなわち, 方そういう, 方たった, 方つまり, 方てんで, 方のさばり返った, 方はじめて, 方カフェーの, 方ドイツには, 方一度も, 方万事が, 方世界の, 方何を, 方僅かに, 方僕に, 方吉例を, 方向うへは, 方変らない, 方大変進歩し, 方大学の, 方始め, 方姿を, 方家庭に, 方幾百億の, 方弟という, 方彼の, 方彼を, 方忘れ, 方忘れた, 方急に, 方手鹽にかけて, 方探し, 方断然, 方新たに, 方此の, 方毎月ふらっと, 方水夫を, 方涙を, 方潜っ, 方熊本博士に対し, 方特に, 方猫の, 方王朝が, 方町並が, 方眼ざし, 方着物を, 方睡, 方私の, 方空閨を, 方絶え, 方自分の, 方見慣れ, 方親の, 方跡枯れ, 方随分, 方電気ブラン一杯も, 星の, 時に, 時の, 時は, 時二十八歳色白く, 曲の, 月この, 服装の, 本國人, 村に, 村疫病で, 東北学院に, 棲霞軒で, 欲望を, 殿さまと, 浜田家の, 特異な, 狩太村の, 社会で, 禅定寺峠で, 窟に, 藤江老人は, 街道の, 西班牙で, 邑の, 鎌倉の

▼ 年まえ~ (264, 0.3%)

16 のこと 4 に死にました 3 の冬, の十月, の話, 或る

2 [12件] でご, に会った, に私, のこの, の事, の古い, の尾, の師走, の正月, の病気, 二十年まえ, 私は

1 [208件] あなたに, あるフランス人, あれなる, あんたに, あんたは, おたがいに帝大, おまえが, おめどおり, お父つぁんが, から, からああ, からおかしい, からこうして, からしきりに, からのこと, からひどく, からもう, から内弟子, から可, から同じ, から大抵, から大政, から夫婦, から奉公, から尾張屋, から店子, から気, から無, から甲斐, から疲れ, から病ん, から移っ, から行方, すでにある, そこで, そも, でかつ子, とはうっ, とは見違える, とは違っ, とみ, と言え, なにが, にあっ, にいちど, にいっぺんあそこ, にいなくなっ, にお祖母さん, にかった, にきいた, にくい改めなけれ, にここ, にすました, にそんな, につくられた, にでき, にはあんな, にはやった, には人間, には田舎上り, には聞いた, には若き, にぷっつり, にぼく, にやった, にわが, にイタリアにおい, にフランス, にヨーロッパ, に七十幾歳, に世, に五十両, に亡くなっ, に亡くなった, に人手, に他, に会社, に佐八, に作られた, に別れた, に加増, に勘当, に勘蔵, に半, に君, に呼びつけ, に妻, に姉, に尾崎村, に彼, に我邦, に或, に村, に此, に死ん, に死んだ, に死去, に歿, に殺された, に汐田, に流行, に潮, に父, に病死, に病気, に癆, に盲腸, に紐育, に結んだ, に肺, に行った, に見た, に豊島屋, に買っ, に遠藤, に釈迢空さん, に金, に離別, に馬, に高等女学校, に麻布十番, の, のあの, のおのれ, のおれ, のたしか, のだ, のはなし, のふるいふるい, のもの, のよう, のろくさかった, のわし, の七月十九日, の世界, の二十二, の五月, の人骨, の今時分, の八月, の初秋, の去年, の古風, の夏, の夢みる, の寛永十年, の山田, の役者, の彼, の恨み, の明和八, の春, の桜井家, の止宿人名簿, の江戸, の筑後川上流探検, の経歴, の翁, の芸妓, の若, の遠藤平吉, の防空壕, の雨天体操場, の面影, はじめて或, まだ幼稚, まだ東京, までおかしい, までにはひと, までの笠井さん, まではずっと, までは好き, までは季節季節, までは新しい, までは生き馬, までは野蛮国, まで一つ家, みじめな, もねがい, よりもいくらか, パリで, 三十年まえ, 主任検事級で, 二十八歳で, 五年まえ, 五月の, 京の, 伊達家の, 信濃の, 古内主膳の, 太陽の, 小石川の, 岬の, 崖崩れで, 杉野君の, 東京で, 板か, 母は, 流行した, 湯島の, 父が, 父は, 神田明神の, 私が, 私たち学生の, 罪なき, 逼塞に, 顔あわす

▼ 年~ (251, 0.3%)

5 が違, に達した 4 の相違 3 の差, を正確, を超越

2 [25件] にし, になつ, になつて, になる, に應, に達し, のこと, のせゐか, の上, の差異, の若, の話, の距, の違, の醜い, の隔り, は, はもう, も違, をいふ, を數, を聞い, を訊かれた, を調べ, 漸く八歳

1 [178件] からいえ, からいつ, からいつて, からくる, から十六, から十六歳, から受ける, から逃れ得ない, があります, がかい, がこんな, がゆく, が六十, が既に, が更け, が絶對, が芥川, が違ふから時, が關係, が餘, だつぺ, であつ, であります, であるせゐか, でいふ, ですが, ですよ, でそれつ, でないこと, ではない, ではなかつた, ではなく, でまだ, でも體質職業等, で長時間, で風呂水, とは一年, とは氣, とを認める, と云, と優雅, と共に感傷癖, と共に漸, と性, と時代, と殆ど, と脊, などが, なので, なんか何, にあと, にあまり, にある, にすれ, にとつ, になつて懲役, になり, になれ, には不向き, には依らない, にもある, にもならない, にもならぬ, にも柄, にも身分, によつて適否, による心的變化, に成り, に於, に無, に特有, に相, に私, に老い果て, に達し得べき, に達する, に達せられた, のお, のせゐで, のない, のまん中, のもの, のゆゑ, のよく, の五十幾人, の來, の判明, の割合, の半分, の問題, の娘ほか, の影響, の數, の數程, の果實, の燭火, の男, の男たち, の等しき, の者, の臆病さ, の若い, の若き, の若く, の達する, の量, の關係, の階梯, はおり, はさ, はその, はとんねえ, はもはや, はよく, は二十, は二十もち, は二十二歳, は二十六七, は今, は八十, は八歳, は十七八, は十八九歳, は十八歳, は取, は市河三陽さん, は斷, は汝, は百歳, は自分, は違つて, ばかしとらせつ, また彼, までのとぎれとぎれ, まで生き, も, もまだ, も住所, も學級, も御, も思ひ合せ, も知られる, も等し, やをお, や巧利, よりはずつとふけ, よりはふけ, よりは一つ二つ, よりは老け, よりもふけ, よりも老け, より推す, をいくつ位, をし, をた, をとつ, をはつきり, を七つ, を他, を他人, を刻む, を取, を忘れ, を忘れさす, を忘れさせる, を批評, を指先, を知つて, を積む, を聽, を見た, を通過, を隱, を飛躍, 及び生長, 若きもの, 若き身, 高き人

▼ 年~ (237, 0.3%)

11 った婢 10 った女 7 りの 4 った人, った方, った母親, った百姓 3 ったお, った者, っている

2 [20件] ったお父さん, ったさる, った両親, った侍, った家来, った職工, った親, った農夫, つた人は, つた口は, つた女の, つた小使も, つた母が, の看護婦, ゆと, りたち, りだな, りです, りらしいの, る病気

1 [144件] えるスタンバーグ, が二, が連れ, さえ眼, たもの, たる伊太利, たる女, たれば, た医者, た客, た淋しい, ったお方達, ったからなあ, ったさむ, ったしっかり, ったしらさぎ, ったせい, ったでばな, ったの, ったもの, ったよう, った主, った主人夫婦, った乳母, った仲間, った侍ども, った先生, った兵隊さん, った和尚さん, った声, った夫, った夫婦もの, った女中頭, った娘ら, った婦人, った寡婦, った尼さん, った巡礼, った廷臣, った役人, った教誨師, った方丈様, った旅僧, った木, った母, った漁夫, った父, った父親, った猫, った用人, った白猿, った紳士, った美男, った興行師, った船頭, った荒い, った道化師, った郷民, った門番, っており, っておる, ってからぽつぽつ, ってから私, ってなにか, っては行けない, って美しく, って腰, って見ちがえ, つたお母さんを, つたため, つたつれあ, つたセムボビチスが, つた一羽の, つた上に, つた両親と, つた両親は, つた両親や, つた主人夫婦も, つた主婦の, つた乞食が, つた二人から, つた人としては, つた伯母さんを, つた兩親と, つた婦人の, つた役人は, つた母と, つた母や, つた母を, つた母親が, つた母親に, つた海鰻で, つた海龜でした, つた白い, つた白毛の, つた私が, つた者でも, つた者との, つた者に, つた者は, つた蟹が, つた蟹でした, つた親も, つた首席教員と, つた首座教員と, つた鼠は, つてきたなく, つてみえた, つて世に, つて働い, つて毛の, つて知らぬ, つて飲酒家に, でな, でも言, などのこと, に思はせた, に随, のこと, の人達, の冷水, の愚痴話, の母親, の罪, の頑固, ひて, ひ又, ゆるごと, ゆると, ゆると共に, られましたね, りがね, りくさ, りだか, りだから, りましたもの, りや庄屋などから, ると, る丈, れるは, ツた, 措大, 猾は, 連中でなけれ

▼ 年~ (227, 0.3%)

85 ということ, といふ, ね 43 から今, し, とする, と覚え

2 [23件] いくらか世の中, かに国外退去, から, からいや, からこれ, からね, からナ, から隠居, がこれ, がその, ぜ, そうだ, つたと, つたといふ, つたのです, とある, といっ, と云, と思います, と思っ, と思ふ, と知る, のに

1 [142件] あい, おまえも, お前も, か, かからワセダ大学, かそれ, かどう, かにはじめられた, かに会社, かの刑, からいよいよ, からこの, からこれから, からこんな, からそう, からだ, からちょうど, からって傍, からである, からできるなら, からです, からといそい, からねえ何, からねぼく, からむろん, からもう, からもうかれこれ, からもしも, からわずか, から一人, から今度, から仕方, から仲間, から何だか, から何卒, から兎, から千列万郎, から和銅元年, から大した, から帰らね, から年, から弟, から數學者, から死ん, から死水, から發明後六十年, から私, から習っ, から色, から蛇, から逆算, から隠しだて, から鼠, か七年, か五年, か判らない, か知, か知らぬ, か経った, があれ, がお, がそれ, がそれにしても, がソヴェト, がロシア, が人間, が今, が原子爆弾, が日本, が武田, が生き, が田舎, けどもう, けれど一年, けれど仕送り, さう, しいざ, し伜源助, し倅源助, し思い立った, し次郎, し死んだ, し私, し菊, し随分, そうです, そう頑固, っけ, つたかに新しく, つたから, つたたしかに, つたな, つたなら, つておんなじ, つて四年だ, で皆, で順当, という, というの, という考え, とかの年月, とか云ってられた, とか女, とか女生徒, ときめ, とせ, とはどうしても, ともう, と一つ年, と三日目, と云い合っ, と云う, と云つて, と云ふから, と信じ, と彼, と思う, と思った, と答えたら, と見えます, と言, なあんまり, なと思ふ, なんて, なんでも, なア, のにまだ, のにまるで, ものおっ, よ来る, わ, わしらみたいな, ッた, ツた, 両三日夏, 十津川騒動さえ, 哩, 四十かな, 故郷へ, 父上には, 見習いとして, 身上と

▼ 年あまり~ (226, 0.3%)

10 して 9 の間 8 の後 6 も前 4 の年月 3 すると, になります, の月日, の歳月, も昔, を経

2 [14件] しても, たつて, というもの, といふもの, にて同じ, の時, の生活, もお, も一緒, も続け, を送っ, 続いた, 続いて, 若くなった

1 [143件] いつもいつも, お目にかからないうち, かかって, かかる, このかた, しかをりませんでした, しか居りませんでした, してから, その近く, たったとき, だんだん様子, つづいて, でお, でかれ, で帰村, で権中納言, で茅, で血, とにかく曲りなり, と言う, なめるほども, にしかなりません, になった, にもか, にもなったろう, にもなりました, にもなる, に過ぎなかつた, のあいだ, のあいだじゃま, のあの, のうち, のもの, の一の宮, の中, の今日, の地獄, の年, の年つき, の年齢, の彼女, の旅, の日, の日月, の昔, の杉, の次郎, の欧洲滞在, の滿洲, の病間ぐらし, の経験, の詩, の郷里滯在中, の長煩い, の飛騨生活, の齢, はほとんど, は世, は具足師, は半蔵, は手当, は殆ど, は私, は過ぎました, まえ, むこうで, もあるいは, もい, もいる, もお母さん, もかかっ, もこの, もこれ, もその, もたつた, もたつたであらう, もだんだん, もつづいたでございましょう, もなぜ, もの歴史, もモザンビイク, も以前, も住ん, も兄さん, も召使, も同棲, も吾, も商売, も喪, も墓地, も島, も帰らない, も帰らなかった, も後, も心, も打, も暮らし, も机, も此處, も江戸市中, も煙草, も生き, も生死, も續, も苔虫類, も蜂, も親, も購読, も過ぎた, も音信不通, やがて三十年, ゐて, をそこ, をむつまじく, を経ました, を經, を費した, を送, を過ごした, 伝わりました希代ふしぎ, 住みなれたこの, 住んで, 働いた, 全く考えた, 出逢うたこと, 勤めて, 同じ屋根, 待つうち, 御奉公, 憧れ思ひあまつて仕合, 暮した, 暮したソヴェト同盟, 経ちまして, 経っただけ, 経った後, 経った時分, 経つて, 経て, 若い独身者, 苦しんだが, 送ること, 逢わないうち, 阿繊

▼ 年若い~ (214, 0.2%)

7 娘の 5 友は 4 ひとりの, 女に, 者の 3 一人の, 女が, 女の, 私の

2 [15件] お坊さん, ころには, と仮定, に, 人の, 医者は, 女である, 女を, 婦人が, 少女が, 少年が, 巡査と, 彼を, 時分には, 頃の

1 [148件] あはれな, お互, お侍, お医者さん, お茶坊主, がしかも, ことに, ころの, せいだった, その町人, とすれ, とねおよばねえ, な, の, のだ, のに愕, むすめ, ものの, わたくしには, インテリゲントが, グラチアの, ジャンナンは, ボーイは, ヴィアルドオ夫人が, 一助手の, 世代として, 中流人らの, 主君を, 事務員と, 二人の, 人々の, 人が, 人達の, 仕合わせに, 作曲家についても, 侍を, 俊才を, 修業中経を, 側室を, 僧侶, 僧侶が, 先生を, 助任司祭, 助手の, 労働者だった, 医学士に, 半玄人, 参謀が, 参謀は, 友ジャンナンが, 友人は, 友達の, 多吉は, 大事な, 夫と, 夫婦が, 夫婦たちが, 女がも, 女どもが, 女史に, 女子の, 女将の, 女弟子に, 女性だった, 女王でありましたでしょう, 妖艶な, 妻は, 姿が, 娘が, 娘で, 娘では, 娘は, 婦人の, 婦人らの, 子らに, 学生が, 官吏などは, 小僧が, 小学教師が, 少女であった, 少年兵には, 尼の, 尼僧は, 局長である, 希臘の, 帳場, 幹部であった, 建築美術家と, 弟たちだけにでも, 弟妹たちに, 彼の, 彼女の, 彼女は, 所化法衣の, 按摩に, 方の, 春雄の, 時なら, 時フトした, 時代の, 武士たちであった, 母親が, 比較的素朴, 洋琴家が, 海軍士官の, 激烈な, 無教養, 牛を, 牧師が, 猟師である, 甥一人の, 男女に, 男女は, 男爵夫人を, 町人の, 県技手の, 知識階級の, 糖尿病患者の, 紳士が, 紳士を, 美僧が, 者いわゆる, 者が, 者と, 者は, 者まで, 芸妓の, 芸妓を, 芸者を, 詩人で, 詩人の, 詩人は, 赤毛の, 踊り子たちが, 農夫としての, 農夫の, 近侍が, 邏卒は, 酋長夫婦が, 銀行員等とも, 雛妓の, 雜使婦が, 青年の, 青春は, 頃いろいろ, 駅員が, 高倉祐吉などの, 麗人が

▼ 年かの~ (210, 0.2%)

18 間に 15 後に 8 後には 4 間の 3 あいだに, 昔に, 星霜を, 歴史の 2 前に, 小康的平和に, 後この, 月日が, 歳月が, 歳月を, 間この, 間は, 間待暮し, 雨風に

1 [133件] あいだためた, あいだは, あいだ一人の, あいだ一緒に, あいだ彼女と, あいだ最も, あげく司馬徽の, あひだ, あひだ順順, うちに, うちには, お正月の, お祝いを, ことが, ことであったろう, ために, のちには, より長い, 三月十五日の, 交際に, 京都の, 人格的趨勢を, 今日いまだに, 修業が, 修業を, 処刑を, 前の, 動勢を, 勤続も, 十二月六日だった, 大地震, 女に, 婚約を, 学校生活で, 岩波出版物は, 年を, 年月を, 座頭が, 後は, 後ようやく, 後ヒヨツクリ現は, 後出獄し, 後子路が, 後師匠の, 後延引が, 後彼は, 後私が, 後花子の, 後複雑な, 徒刑で, 思想が, 悪運つづき, 懲役を, 放浪生活の, 日本の, 昔から, 昔一粒の, 昔日本文学の, 昔海を, 昔自分の, 春であった, 春の, 時日によって, 暗い影, 月日を, 有名な, 果に, 榾の, 歳月の, 歴史的生命の, 江戸生活の, 洪水の, 活動を, 淋しい独居同様, 煤が, 物で, 物思いとは, 生活が, 生活と, 生活の, 生活を, 生物進化の, 留守の, 百年ごとの, 神戸市主催の, 禁獄で, 窯の, 細胞の, 経験によって, 英国において, 落葉, 落語家生活までを, 街道生活を, 記憶は, 話である, 跡を, 辛苦が, 過程を, 長い年代, 長い時間, 長い間, 間, 間ここの, 間その, 間つづかせる, 間まつたく, 間ウィーンで, 間ドストエフスキーについて, 間ローウッドに, 間僕は, 間埋まっ, 間学校生活を, 間少く, 間幽かに, 間幾千の, 間彼処に, 間我々の, 間戦争を, 間敵の, 間日本の, 間本質的には, 間氏を, 間登山者の, 間盆が, 間絶え, 間絶えず, 間繰り返された, 間自分が, 間自分は, 間茂っ, 間酷烈な, 革命党員の, 願ひ

▼ 年~ (209, 0.2%)

10 二年で 6 三年で 5 二年の, 二年は, 十年で, 十年は 4 三年の, 三年は, 二十年は, 二年に, 十年の 3 そこい, 二十年の, 五年で, 五年の, 五年は, 十五年は

2 [11件] そこらは, ときいたなどと, 七十年の, 二十年に, 二年シベリアに, 何か, 六年で, 半年は, 四年で, 四年は, 筑紫の

1 [113件] あすこに, お住居, がち, けど呑氣, けど私, さかいな今, そこらで, そこらの, つた, つても, つて終戰後ダンスホールに, わけえんだ, 一万年の, 一年半は, 一年半何とか, 一年半寮に, 七年は, 七年会はんで, 三千年は, 三年お前と, 三年が, 三年きのうや, 三年じゃあ, 三年ぢき立つ, 三年はか, 三年はね, 三年乃至, 三年早く, 三年食いは, 三年飢饉が, 三百年の, 九年位提げ, 二三月頃には, 二十年, 二十年で, 二十年よりも, 二十年昔の, 二十年薬研を, 二千年ぐらい, 二千年は, 二年くらい, 二年ぐらいの, 二年こう, 二年さみせん, 二年じゃあ, 二年ちょっと, 二年ぢや, 二年でなかった, 二年中学の, 二年中學の, 二年先生の, 二年半で, 二年寝, 二年尊い, 二年田舍さ來て, 二年考えた, 二年誤魔化し, 二年遊ん, 二年面会できなくなっ, 二年顔を, 二年首を, 五十年間における, 五年この, 五年でなく, 五年どころで, 五年に, 五年掛る, 五年着る, 五百年中に, 体の, 八十年は, 六十年の, 六十年は, 六年の, 六年位は, 其邊は, 内容の, 十五年で, 十年使つたくらゐ, 十年敗け続ける, 十年留守に, 十年遊ばし, 千年で, 半年なれ, 半年の, 半年入, 半年夜の目も, 半年法律の, 名前や, 四十年は, 四年の, 四年木剣を, 四年間絵を, 国の, 地位に, 境遇に, 学校については, 態度を, 既に六十四五, 月という, 業績の, 王者に, 生活環境という, 百年で, 百年の, 百年は, 百年以来の, 秋の, 経ぬべき, 芳幾に, 若いな, 虫糞払ふ, 過ぎにけむ

▼ 年~ (199, 0.2%)

46 前に 14 前から 10 前の 6 以前の 5 以前に 4 前, 前まで 3 前自分が, 経つて

2 [12件] して, たってから, たつて, 前からは, 前だ, 前神田, 前迄は, 居りまして, 立って, 経て, 過ぎた, 過ぎて

1 [80件] こうして阿, この家, しまして, その印刷術, その印刷術稽古, たった時分, たって, たつた今, だが, まえに, まえ感情上, カカッタガ気, ピアノを, 以前, 以前から, 以前には, 以来全, 前お目にかかった, 前かと, 前からの, 前この, 前それで, 前だった, 前である, 前と, 前までは, 前より, 前ん, 前キリスト教の, 前ライプチッヒ劇場, 前一度, 前三河者の, 前京都の, 前仏国の, 前出ました, 前夥しい, 前夫人, 前巴里, 前巴里警察本部, 前彼に, 前彼女と, 前支那, 前旅先で, 前私が, 前竹田人形の, 外國にも, 大位作, 子の, 学校を, 家に, 居って, 廊下の, 御座に, 掛かつて, 昔し, 此方時々, 殆ど全く世間, 汽船に, 流行遅れの, 牢屋に, 立ちました時, 立つて, 立つてから, 経ちますと, 経った後, 経って, 経つた, 経つてから, 経てから, 經つてから, 継続した, 習つた日本語を, 芝三田に, 若返って, 逆戻りだ, 這入って, 遲れ, 降るが, 香ばしかった, 齡を

▼ 年~ (196, 0.2%)

9 な女 6 な時分 4 な人達, な娘 3 な将軍, な頃, の者

2 [16件] かつたら, さを, ではある, なお坊さん, なの, な傷病兵, な半蔵, な夫, な婦人, な書生, な準, な留学生, な自分, な若, な面長, な顔

1 [132件] かき愁ひ, かりき, かりし母君, かりせば, けりや, さで, さと, さに, じゃが城代, じゃによって, だからな, だけに精悍, だし, だつたら申分, で, であった, であったが, であったろうし, でありますから, であるところ, でい, でおまけ, ではあり, でもあり, で京都御名代, で今年二十四五, で支度ざかり, で最も, とはいえ, とは違い, と無位無官, なあなた様, なお千代, ながらに半蔵, ながら何事, なくせ, なその, なつみの, なので, なむす, なもの, なるが, なるには, なカション, なフランス人, な一人, な一少年, な三郎, な下婢, な主将ラファエロ, な二人, な五位, な人, な人たち, な代議士, な伜, な侍, な侍たち, な労働者, な半蔵なぞ, な博士, な同僚, な女子, な女学生, な妻, な姪, な娘ら, な官員様, な客, な宮様, な寿平次, な尼僧, な岩倉, な幸作, な弟子, な文學志望, な日本, な此頃, な武士, な殿上人, な母親, な気軽, な求馬, な清さん, な牧師夫人, な独逸人, な省作, な童子, な精神, な紅, な美くし, な考古学者, な者, な聖ヨハネ, な肴屋, な色, な芭蕉, な親たち, な訓導, な記者, な貴公子, な農夫, な逗留客, な青白い, な高官たち, な髪, な黄金虫, にて官等, には似ない, に似ず, の主人, の事, の二十四, の何とか, の兵士, の十八歳, の半之丞, の圓朝, の大, の女, の婦人客, の子供, の御身, の武士, の甚五郎, の男女二人, の美しい, の連れ, やさかい, ゆえ御, 故再縁, 稀れなる

▼ 年越し~ (188, 0.2%)

4 の岡惚れ 3 の謎, 世話に, 世話を

2 [15件] この町内, になる, のお, の宿望, の弟子, の恋, の深い, の火事, の関係, 世の中を, 仕送りも, 尻尾を, 江戸中に, 江戸中を, 私を

1 [145件] いまだにお前さん, お側に, お前を, お妙, お床, お狩場, お目, かねえ, ここに, この部屋, じゃありません, そこに, ついぞホッと, で開拓, というもの, どちらへも, にて参りましたる, にて最初内金五両お下げ, になっ, にやっと, にらみ合って, にわたっ, に交際, に借り切つ, に出来た, に娘, に小諸, に持たせ, に江戸, の, のくるし, のこの, のこのごろ英国, の中風, の事件, の交際, の仕事, の刀, の埃, の女, の山, の岡惚れ女, の恋人, の悪戯, の惡戯, の戦場, の打続く, の敷布, の気, の流浪, の深間, の溜飲, の火事騒ぎ, の火事騷ぎ, の疑惑, の病, の病人, の私, の紆余曲折, の胃潰瘍, の苦, の草原, の裁判, の親友, の誤解, の起居不自由, の身投げ狂言, の遊蕩, の重荷, の長, の間柄, の顔, ほとんど身, もきびしい, もつづい, も睦, よなし, 一生懸命に, 世帶持同, 世間に, 乾いて, 乾物屋の, 佐七が, 例し, 俺達の, 同じ家, 同棲に, 唯で, 喘息で, 喘息に, 喰ひ, 夢に, 実は手前, 寢たつ, 寵愛した, 小説に, 居馴染んだ, 岡惚れし, 巡礼に, 床に, 引き続いた事柄, 影の, 影も, 患った六十, 患って, 患つた六十近い, 患つて居る, 戀ひ焦れ, 拂は, 晴々と, 更科の, 木更津の, 本意ない, 此屋敷の, 此所へ, 浴衣一枚買った, 浴衣一枚買つた, 潮來に, 狭い浪宅, 白山の, 祕めた, 私の, 私共に, 私達は, 細工を, 縁の, 自分の, 自分を, 若主人鉄三郎, 若主人鐵三郎, 若樣, 融通し, 躄の, 身を, 辛棒に, 退屈しきっ, 連れ添って, 道楽ばかり, 部屋借り, 陽の, 隣に, 離室を, 鞍馬は, 音信不通で, 馴染を

▼ 年振り~ (184, 0.2%)

3 に私, に見る, のこと

2 [16件] かで今年, だ, で, であらう, でまた, で対山館, で故郷, で逢った, で邂逅, にお, にまた, に尾道, に故郷, のお, の兄, の地

1 [143件] か, かしら, かでひとまず, かで井の頭公園, かで会, かで再び, かで出, かで出合った, かで帰った, かで帰朝, かで故国, かで會, かで朝起き, かで父母, かで眼, かで見る, かと思, かと思った, かの厳寒, かの大雪, かも知れません, くらいの訪問, じゃねえ, だからな, だった, だったが, だったもの, だつた, だという, だとかいうくらい, だべ, だよ, だらう, だらうとか, だろう, である, でおまえ, でござる, でしたねえ, ですかな, でそこ, ではいった, でめぐり合った, でめぐり逢った, でアメリカ, でヨーロツパ, で下総屋, で二度, で云々, で会, で会う, で会った, で内地, で又, で向き合った, で国, で始め, で尋ね, で尾瀬沼, で川柳, で帰っ, で帰る, で帰国, で帰郷, で延若, で彼, で御影, で復, で復一, で忘, で我が, で旅, で日本, で東京, で東沢, で横浜, で母, で江戸, で深川通り, で父, で私, で第, で自分, で英国, で草鞋, で行っ, で見た, で見る, で越後, で逢う, で逢っ, で鮎, とかいう大水, とかで, と云, と云ふか, なの, に, にきみ, にしかも, にその, にてひそか, にて再び, にて娑婆, にわたくし, にスケート, に上京, に会う, に初めて, に大, に大阪, に対局, に帰っ, に帰れる, に帰郷, に広島, に庸介, に復活, に手紙, に指す, に時, に月下, に浦崎さん, に立つた, に見出した, に貴重, に道子, に長い, の, の会飲, の価, の厳寒, の変り果てた, の大雪, の対局, の帰京, の帰郷, の弘光慶子さん, の故郷, の死顏, の私, の誉, やな

▼ 年たっ~ (178, 0.2%)

9 ている 5 ていた 4 ても黒助, て私 3

2 [12件] てからだった, てこんなに, てしまった, てその, てはじめて, てまた, てみる, ても, ても何十年, ても変らない, てやっと, て人

1 [129件] たってあなた, てあたしたち, ていくら, ていない, ています, ているらしい, てお, ておまえ, てから, てからきかされ, てからだ, てからであった, てからである, てからの次, てからもはや, てから彼, てから必ず, てから盆暮れ, てから若い, てから見た, てから話, てから顔, てこの, てこれら, てしまいます, てそう, てそれ, てつぶれた, てのち, てみんな, てもあなた, てもいい, てもご, てもその, てもそのまま, てもつぶ, てもとうとう, てもほか, てもまだ, てもやはり, てもわたし, てもヨメ, ても一向, ても三百年, ても二十年, ても五年, ても伊代, ても八年, ても勝敗, ても十年, ても半可通, ても大神, ても大空, ても少し, ても帰っ, ても帰らない, ても忘れず, ても忘れやしない, ても忘れられない, ても昔, ても武芸者, ても水, ても江戸, ても決して, ても浮かぶ, ても狂う, ても生き, ても終わる, ても結婚出来, ても自分, ても花江, ても見, ても解けない, ても遺失主, ても齢, てら, てわたし, てわれわれ, てゐた, てイギリス, てインターン, てサン, てドイツ, てフトそれ, てベルリン, てラサル市, て一人, て二度め, て今夜ここ, て今日, て他, て佃, て八重子, て再び, て出来た, て十七, て卒業, て南ロシア, て同じ, て地代, て女, て小石, て尾鰭, て届く, て山, て島村陽一, て崑, て帰った, て後, て探険旅行, て昭和七年, て昭和二十四年, て木曽, て正和二年, て死ぬ, て死ん, て玄王, て王様, て甚八, て省作, て私ども, て考える, て表通り, て諸岡一羽, て起った, て野草, て門, て陽虎, て面上

▼ 年~ (170, 0.2%)

9 の間 4 のもの, ひの 3 の時 2 して, たつと, にしかならない, にしかならぬ, になる, のこと, の時間, は生きのびる, まで生きる, ゐ前

1 [130件] あるよう, いただけですが, い経た紺サアジ, か, かあるいは, かかるもの, から, から四, から摘葉, から漸, が絶頂, きゃ経たないん, これから暮す, しか保つまい, しか持たない, しか立たない, しか經つて, したらきっと, しての, じゃ泣い, たつてから, だったと, であります, であるが, でした, でやっ, で判るだろう, で止め, で終り, で罷める, で誰, と見える, と見積られ, な弟さん, な男, におの, にて活動, になります, になるだろう, になるでしょう, になろう, にはなるであろう, には当るであろう, には溯り得る, にもなるでございましょう, にも當ら, に引き下げる, に当る, に私, に距離, のお, のとき, のもん, の事, の処, の堕落, の墮落, の娘, の島送り, の年月, の店, の徒刑, の朝鮮, の歳月, の生徒, の短時日, の私, の罪, の義務教育, の間兄弟, はかかっ, はかかった, はかかる, はその, はやっ, はわけなく生きる, は一週間, は住ん, は勉強, は学校, は安全, は心, は洋行, は生きのび, は生死, は直に, は細々, は経つだろう, は経過, は苦労, は見, は遊ぶ, は重い, までが中世, までが古代, までが近代, までの間, まではこの, までは特に, まで警戒警報, もいた, もひそん, も前, も後で, も続く, ゐか, ゐ何だ, を経ぬ, を要する, 住んだといふ, 何とかなり, 堂々たる大木, 居る, 居るの, 居るん, 提げて, 書いて, 生きて, 生きられるの, 稼いで, 経ったあと, 経つうち, 経つか, 続いたかとの, 続いたが, 縮まったに, 若くなる, 見たこと, 途絶えて, 過った処

▼ 年ちゃん~ (154, 0.2%)

12 がいいました 4 の顔 3 のお家 2 が, が帰っ, は, はいいました, はお母さん, はその, は不思議, は考え, もその, や義ちゃん

1 [115件] がある, がいった, がおそく, がききました, がねこ, がやさしい, が伸ちゃん, が大きな, が学校, が少年, が念, が教えた, が水, が片手, が聞きました, が誠くん, が頼みました, だけはべつに, だけは真剣, というあたし, とは御, と仲よく, にだけ薬, にだけ赤犬, には, にはわからない, に向かっ, の友だち, の大事, の学校, の家, の帰る, の持っ, の旦那, の赤ん坊, の頭, はあちら, はいっ, はいった, はお, はききました, はきっと, はこの, はこわく, はご, はしばらく, はしまいに, はその間, はそんな, はただ, はつくづく, はどんなに, ははじめ, はびっくり, はほんとう, はまったく, はまるまる, はもし, はもはや, はエプロン, は一昨年, は上衣, は先刻, は勉強, は原っぱ, は喜びました, は図画紙, は大きな, は小さな, は帰り, は強く, は思い当たる, は思っ, は思わず, は急, は感歎, は早く, は昨日, は晩, は朗らか, は毎日, は水たまり, は泣きやん, は片手, は目, は眠た, は眠っ, は知らんでした, は石けり, は紅茶, は胸, は自信, は自分, は見た, は走っ, は車, は遊ん, は風船虫, は魔法, ひどい風, もいん, もつづい, も口, も学校, も心配, も生まれ, やかね子さん, やよし子さん, やよし子さんたち, や吉雄さんたち, や正ちゃん, や正ちゃんたち, を見つける, を訪ね, 殺すん

▼ 年ごと~ (152, 0.2%)

5 にその, に倍加 3 に人口, に咲く, に栄え, に進歩 2 にする, にわれ, に御, に現在, に繁っ, に花, に行われます, の人口増加, の人口実測

1 [112件] おつよく, に, にあらた, にお, にぐいぐい, にこの, にさ, にだんだん, になつかしい, には受取り得よう, にますます, にもっと, によく, によみなおさなけれ, により進んだ, にわずか, にわれら, にジエンツアノ, にタコツボ, にプロレタリアート, に一年, に一枚, に上, に二百両, に二百貫, に人馬徴発, に伐る, に何程, に來, に全国, に八岐, に再築, に刻まれる, に半分, に取り替えね, に四辺, に圭角, に報告, に増加, に売出, に多く, に大, に大坂城, に大統領, に家, に彼, に彼地, に微, に恋しく, に成長, に散っ, に新しく, に新しゅう, に暗夜, に書, に書換え, に来, に来る, に枯れ果て, に武田勢, に殷賑, に江戸, に津浪, に流行, に深く, に減っ, に漸減, に現, に甚だしく, に生長, に発展, に直輸入, に粒, に絶えず, に老い, に肺病やみ, に自分, に自分たち種族, に芯, に芸術, に荒々し, に著, に行う, に行われ, に褪せ, に見せ, に諸, に起こる, に起った, に近江, に迫り行く, に迫害, に面白く, に領境, に頻繁, に飛躍, に高く, に鬢, に黒く, の, の人口調査, の例, の収穫, の変革, の数, の春, の正月, の洪水, の色, の西之丸, の豊産, の選挙

▼ 年以来~ (145, 0.2%)

11 のこと 2 いつも親和力, であるから, の事, の人口, の彼女, の春, の法度, の私, の習慣, の飢饉

1 [114件] あの一角, あの堅固, あの奥方, あらゆる流派, いくたりか, おなじ病人, かの新富座, こうな, この国, この学校, この室, この復讐, この村, この窟, しきりに白, その創作方法, その積り, たえずせんぐんばんばのあいだを往来, たえまないめいめい, たった一つ, だからな, つ, という減水度, といつ, とどこ, なん, にもついぞ, のよう, の交際, の人出, の仲, の作, の其の, の割合, の動向, の厳禁, の古, の古馴染, の各種, の如く, の実際, の寒, の強震, の忙しい, の思ひ, の惨澹, の政治的信号, の新, の日本軍部, の旧慣, の昨夕, の暑気, の最低記録, の模倣, の歴史, の民自党政府, の知人, の知己, の神, の第, の米以下, の花, の親友, の記録, は, はじめて小説, はまとも, は慾一方, は素人, ぱったり止め, 久しく北, 互いに父祖, 住んで, 全民衆, 初めて彼, 別段の, 動かぬとのみ, 動かぬ五十年, 各大学, 同じこと, 変らぬ親愛, 大いに減少, 失って, 寝て, 度々救助, 当仙台, 徐々に醸され, 我が日本人, 打ち付けて, 探して, 数えがたく, 新しい革命的昂揚, 既に一つ, 極めて急速, 次第に運動, 歩いた事, 殆ど全く中絶, 添って, 生じたと, 用いられて, 睨み合いを, 第二インタナショナル, 結ばれて, 続いて, 聞かないよう, 行ったそれぞれ, 見る機会, 触れたこと, 諸外国政府, 連添って, 重い物, 順次に, 頓に健康, 高められた国際的

▼ 年五月~ (141, 0.2%)

126 のこと 3 となっ, の条, まで 2 になっ, にわたくし, に至つて, の作, の末

1 [104件] かの郷土飛翔, からのこと, から一九三六年春, から六月, から十一年二月, から十一月, から十二月末, から十月, から私, から造営, か五年四月, この英雄, その甥ヨハン, だった, であったが, でありケーテ, である, であるから, であるが, で一葉, で期限, という月, と八年九月, と翌, に, における愚論中, にかの有名, にこの, にはとうとう, にはまた, にはやはり, にはソヴェト, には一〇〇レアルス・ヴェロン, には下賀茂神社, には京都, には六〇〇レアルス・ヴェロン, には加賀, には在原行平, には引き続い, には東京, には江戸, には羽後, には農産品六九・二, には陸奥, にようよう, にイエニー, にオー・ドュ・シェーン, にニューヨーク, に今, に今度, に入, に出発, に刊行, に北条氏, に実行, に忠利, に森田座, に横間歩, に歌舞伎座, に源頼朝, に終れり, に菅茶山, に調べられた, に起こり, に起り, に金沢医大, に開發社, に頒布, のある, のプラウダ, の三日初版, の事, の二十日過ぎ, の交, の京都, の出来事, の出発, の初め, の千歳座, の地震, の平均, の或, の春成公用, の歌舞伎座, の毎夜, の犠牲者等, の犧牲者等, の真砂座, の神谷大和守報告文, の詩会, の雑誌, の雲取山, はじめて輯録, はそれ, は廩米中, は日本, より三年二月, より同, を以て所謂法隆寺再建論, 即ち我明治三十六年, 新京, 正六位上佐伯部三国, 登って, 遣唐持節使粟田真人唐

▼ 年以後~ (141, 0.2%)

13 のこと 6 の日本 3 の事 2 であること, のもの, のゴーリキイ, の四年間, の大隈伯, 著しい短歌改革運動

1 [107件] あらゆるナポレオン反対, から十年, だと, であつ, でありますが, でそれから, と推察, にあっ, においてさえドイツ, における近世産業, におこった, にこれら, にぞくし, にはいくつ, にはじめて, にはよくよく, には一般民衆, には人類, には低級, には大, にも続い, にわかに勢い, にギネア海岸, に出来ました, に在, に始め, に完成, に成つた事, に成長, に新しく, に日本, に板行, に植え替えられた, に生まれた, に當, に盛ん, に至り, の, のかしましく苦しい, のアメリカ, のソヴェト社会, のファシスト事務総長, のプロレタリア, の主, の二十年, の二十年間, の五箇年間, の人口, の人民戦線運動, の作品, の十カ年, の反動期, の実際, の御製, の手紙, の提擧市舶, の数十年間, の文学批評, の新鋭船, の方言区域, の日本文学史, の時代, の景樹, の武鑑, の民主的文学運動, の漱石氏, の理論機構, の社会, の社会主義的リアリズム, の福沢諭吉, の私達, の米国西海岸, の美, の英文学, の記述, の雲浜, はいつ, はこんな, はさらに, は国家問題, は大和丹波市外六人, は子供, は日露戦争, は明治座, は普軍, は母子, は石山, は研究会事務所, は穀物, は空白, は総体, は萬延元年末飽, は陽, までは吾, もさしたる, も消耗戦略, も父母舅姑, をずつと調べ候, 久しく行われなかった, 何ら記, 各労働組合, 思わず呻, 折角引, 新しい情熱, 甚だしきは, 約四百年, 間もなく創業

▼ 年三月~ (135, 0.2%)

10 のこと 5 の末 43 である, の日記 2 から大正九年九月, なり, にいたり, には信濃, には釧路, にも同, に出した, に発表, に至る, の出版

1 [90件] お藤, から一七九二年八月, から七月, から九月, から八月, から十七年五月, から十五年一月, から十月, から四月, から明治四年四月, から来たる, その当時, そろそろまた, という今日, となつ, と残つて, にい, にいたる, にいよいよ, における武田, になりまし, にはその, にはケレンスキー, には京都, には其近く, には刈屋, には女子部, には日光, には義尚将軍, には陸中, にも噴火, にも天保九年四月, にバルボア, に一閑斎, に上杉謙信, に二百俵三十人扶持, に二羽, に今度, に先生, に出た, に到る, に台湾, に右翼反動団体, に夜, に完了, に完成, に当時阿部家, に故, に敦忠, に更に, に書き残した, に浦賀奉行, に生れ, に県道, に秋田, に第, に至り, に起った, に部屋, に開場, に閏, のくだり, のプロレタリア文化団体, の下旬, の五千四百三十四名, の停戦, の出生, の初, の初め, の初め頃, の奈良坂, の文書, の新富座初演, の条, の歌舞伎座, の花頂山, の開場式, の革命, の頃, まで, まででした, までオート・ロアル, まで全国視学官, も浸っ, より四月, をもってウラジオストック, 下總中山, 故右大将家, 潰して, 生る

▼ 年六月~ (133, 0.2%)

53 に発表, のこと, の暴動 2 に, には三崎座, のはじめ, の末, や七一年五月

1 [109件] からは出羽国亀田, から三十五年三月, から二十三年, から二十六年三月号, であること, で彼, で直江津富山間, という年号, といえ, と十二月, にある, にいたっ, になっ, には, にはその, にはコペンハーゲン, にはフランス, には七〇, には六歳, には和蘭文法書, には外史, には大隅国神造新島, には山城, には江戸, には相模, には石見, には紀伊, には高橋氏, にも大, にも甲斐, にアメリカ, にパナマ, にパリ, にルイス・ダルメイダ, に三陸, に亡くなった, に京都, に佐野学, に入手, に創刊, に南裔和尚, に因幡守, に失せられぬ, に姓佐伯沼田連, に帰国, に帰朝, に広島文理科大学, に指名, に日本橋通一丁目, に書かれた, に木曾長政, に東京, に東京博物局, に死別, に歿, に海保竹逕, に滿谷國四郎氏, に漸く, に痢病, に禁裏, に秀忠, に茅ヶ崎, のある, のなかば, のパリ一揆, のフィロソフィカル・マガジン, の一揆, の事, の人類學雜誌佐々木喜善氏, の何日, の作, の作詩, の初め, の十七日, の十八日, の反抗, の史学雑誌, の地震, の夜, の大火, の大祭, の宿命的, の悲惨, の戦い, の朔日, の本誌, の梅雨季, の父, の終り, の血腥い, の騒動, は一八三二年六月, は三年, は何, まで, までは烽烟剣光, まで浅草, まるで乞食, よりもはるか, より二十二年六月, を以て死せり, を期し, 入鹿, 出發, 実朝二十五歳, 御父, 新しく着いた, 某参謀本部部員, 死すと

▼ 年七月~ (130, 0.1%)

4 の, の地震 3 である, には仙台, の末, の条 2 から十一月, であった, には相模, にフランス, のある, の初め, の第, まで, まで三十一年間黒田家, より昭和九年二月

1 [90件] いったん第, からし, から九月中旬, から十一年五月, から建てかけ, から新道, から長崎縣北松浦郡佐々村, この, でちょうど, で先生, となった, に, にお, においてはさらに, におこった, にてその, にはリスボン, には三番目, には五, には伊豆大島, には信濃, には富士山, には徳川家慶, には日向, には東京商大, には浅間山, には渡島, には胆振, には能登, にもその, にも京都, にも安永元年十二月, にドレスデン, にワリニャーニ, に事変, に代わっ, に備後地方, に到つ, に卒業, に友人中村清太郎君, に名古屋東山動物園, に大学, に崩, に建設, に播隆上人, に日光湯本, に本科, に東京, に歩兵, に死に, に熊本, に物集高見君, に自分, に至っ, に至り, に芥川龍之介氏追慕展覽會, に草, に赦され, に起った, に近藤茂吉君, のころ, のフランス革命, の上諭, の九日, の二十日, の元元靈應頌, の同誌, の夏芝居, の大旱, の官制改革, の実質賃金指数, の平家西, の日付, の歌舞伎座, の歴史地理, の烈風, の版, の臨時閣議, の革命, ぶるうす, まであった, までの, までは幕府, より十三年, わが小説, 死す, 第一次大戦, 遂に俳優, 遂に教授職, 選ばれて

▼ 年経っ~ (130, 0.1%)

9 ている 4 ていた 3 てまた, てもこの, て私 2 てしまった, て一日, て五郎さん, て僕, て初めて, て子供, て或, て身請

1 [92件] て, てあらわれました, てい, ていました, ているであろう, ておれ, てお互い善蔵氏, てから, てからある, てからであろう, てからでもその, てから亡くなりました, てから参ら, てから妻, てから屋敷内, てから復, てから明治三十八年四月, てから聞きました, てから見ろ, てくやし, てこの, てこれ, てさて, てどこ, ても, てもいや, てもお, てもきっと, てもすこし, てもその, ても一向, ても一緒, ても三十, ても三年, ても不滅, ても二十年, ても二年, ても五年, ても借家住居, ても元, ても再び, ても再発, ても変っ, ても変り, ても妻子, ても実感, ても平兵衛, ても年齢, ても廃刊, ても昨日, ても死なない, ても私, ても若, ても落ちる, ても誰, ても逢う, ても進歩, ても音沙汰, てやっぱり, てわずか, てエネルギー恒存, て一夜, て世の中, て二十八, て今日, て八十助, て再び, て出, て天竺, て太平洋戦争, て契約, て居る, て帰っ, て彼, て復, て明治二十八年, て昭和七八年頃, て昭和十八年, て普仏戦争, て木村富子さん, て正, て漸く, て甲府, て石, て神, て神戸, て行っ, て行った, て見た, て鈴子, て顔色, て顧

▼ 年二月~ (129, 0.1%)

74 に至る 3 に至っ 2 である, にこの, に至り, の日記, の頃

1 [105件] いよいよ出家得度, からきょう, からで, から五月, から同年九月, から実行, としてある, となっ, とに発表, との二度, なりとす, に, にし, にその, になる, にはじまり, には同座, には婦人参政建議案, には岩代, には戦争挑発, には滝川一益, には王立協会, には相模, には私, には突然, には詩会, にもまた, にも寛政四年七月, にも弘前, にも駿河, にコロンブス, にハワイ, に三十隻二千五百人, に事, に京極殿, に伊予, に使, に入り, に出征, に初めて, に南イタリイ, に南仏, に太政官布告, に定められた, に康國, に後, に日本, に東京, に林崎, に歿, に民友社, に江戸, に浜田, に淡白, に潤吉, に発布, に福山, に筆, に群盗, に自, に艦隊二十隻, に蕃書調所, に虐殺, に貰った, に越中, に逸, に高橋五郎君, のある, のこと, の丁日, の中ごろ, の事件, の二十八日, の処女航海, の処女航路以来非常, の出版, の初午, の半ば, の地震, の夜風, の憲法発布, の文章世界, の新, の日附, の末, の条, の歌舞伎座, の氷ノ山, の演奏会, の革命以後しだい, はまさに, までそこ, までに前後五囘, までの約, まで三か年間五割増し, まで横浜山下町一五二番地, まで正味二年足らず, まで浜屋敷, まで海, より文政九年三月, より明治十年十月, 其の第, 到四十四年十月, 新憲法, 更に尊號

▼ 年四月~ (128, 0.1%)

74 の条 3 のこと 2 に京都, に比べる, の八日, の六日, の末, の第

1 [102件] からは江戸, からやった, から三十二年十二月, から八年四月, から八月, から十五年四月, から十月, から始まる, から実行, から昭和十年六月, から発足, から隣村, その家族, だから, であっただろう, であつ, でありこの, である, であるが, です, でそれ, に, にいたる, には, にはいった, にはその, には一日, には円頂丘, には刈屋, には小団次, には東北, には畿内七道, には美濃, には陸前, にもまた, にも弘化元年正月, に上京, に中央公論, に五人, に保, に入っ, に出た, に出版, に出生, に創立, に勝道上人, に又, に山陽, に岡本況斎, に書かれた, に朝鮮, に架け換えた, に楠公像, に死す, に死んだ, に発表, に着手, に神田孝平氏, に私, に網野菊, に至っ, に至る, に行われた, に退隠し, に頓死, のレナ, の一月, の事, の二円五〇銭, の四日, の地方長官選挙, の大和国, の始め, の文書, の暴動, の江戸浅草本願寺輪番東坊, の版, の生まれ, の申渡し, の祁山夏, の角力番附, の賃銀, の選挙, の頃, の頃土星, は私, またここ, まで, までながらえ, までに彼女, までのあいだ, までの一年間, までの分, より十年四月, より四十五年一月, 元盛, 即ち皇帝, 及び五月, 同博士, 生れ次ぎは, 第二日曜日, 解くすべ

▼ 年と共に~ (121, 0.1%)

3 消えて 2 反動的な, 増加し, 次第に程度, 発達する, 隆盛である

1 [108件] あまねく世人, いつかこの, いよいよこれ, いよいよ分からなくなっ, いよいよ深から, いよいよ激しく, いよいよ益々老熟, お久美さん, かえって若く, すっかりと, その初恋, その思ひ, その騎乗奮戦, それは, だんだんお, だんだん変わっ, だんだん消え去っ, ひどくなつ, ひどくなる, ますます盛ん, ますます矍鑠, ますます耳, むしろ退歩せん, 一層妖しき, 亡びつつ, 人口が, 付加され, 俗了し, 保守的な, 其のなか, 前額部の, 勝川派を, 厚きを, 口ざみしかったので熊吉から, 培われて, 増長し, 変化が, 姿を, 少しずつ, 巻の, 希望を, 幼な, 度胸の, 強くなっ, 強めるばかり, 彼の, 得意の, 忘れ果てた懐しい, 拡大し, 接触する, 改る, 放埒は, 新橋辺に, 時代の, 栄えて, 榮える, 次第に失せ行く, 次第に美しく, 正義感は, 死んだ親, 死滅する, 殖えて, 段々と, 段々に, 段々激しい, 段々病的, 決して薄れ, 浪曼的に, 消えゆくかと, 深められようと, 温和な, 激増し, 濃くな, 濃厚に, 烈しくなった, 猛烈に, 玉の, 環境の, 畏れを, 疲弊し, 発見も, 益, 磨かれて, 私の, 竜子自身も, 級数的に, 終りを, 肉体的の, 育って, 若返って, 著しくなっ, 薄らいで, 薄れ行くと, 虚偽に, 衰えゆくの, 衰える傾き, 衰へ, 認識が, 進んで, 都会の, 量を, 銷磨し尽す, 離して, 頽れ, 高く切なく胸, 鮮かさを, 鳥渡した, 黒ずんでは

▼ 年ばかりの~ (121, 0.1%)

26 間に 7 うちに 5 間は 2 月日が, 間お, 間この, 間でした, 間の

1 [73件] あいだに, あいだ教会へさえ, あいだ海鳥の, あとには, うちには, しかも飛び飛び, ところ, 不在中, 中に, 予定だつた, 予定で, 交り, 交際は, 以前へ, 借り主であった, 兵隊生活で, 兵隊生活を, 内に, 台所奉行としての, 同棲生活が, 夢に, 宿屋ずまい, 年月は, 後, 後に, 後千八百三十七年の, 後煙客翁は, 後若い, 後途中の, 放蕩生活, 新らしい, 日が, 日を, 昔だ, 昔で, 時が, 時であった, 月日は, 月日を, 歳月が, 特例では, 生活が, 生活で, 生活に, 生活を, 経つの, 軍人生活の, 辛棒だ, 辛苦で, 間あちこちの, 間いや, 間こそ, 間という, 間といふ, 間メソポタミヤに, 間世間の, 間内端に, 間可也, 間吾輩は, 間団長と, 間寝食を, 間小石川の, 間岡村君は, 間折々, 間散々面白い, 間死ぬ, 間病弱の, 間福岡市外水茶屋の, 間空家にな, 間米も, 間遊学金を, 間養生費とも, 階級的支配の

▼ 年~ (121, 0.1%)

5 にその 3 に増し, に約 2 に, に一人, に力, に宛然藁火, に彼, に成年式, に色彩, の競技

1 [94件] にいち, にいよ, におもしろく, にお前たち, にこ, にこういう, にこの, にずんずん, にやられる, にジリジリ, に一たび, に一回ぐらゐ爆發, に一回彼島, に一層, に七八月, に乏しい, に亡き, に交代, に人壽一年, に会盟, に佳作, に其仔苗, に其厚さ, に加わっ, に取りやりする, に口, に周期, に周期的, に咲く, に姿, に小さく, に幾丈, に幾何, に往, に往復, に後園, に必ず, に思ひ, に新しく, に春夏秋冬, に智慧, に月毎, に柑橘, に栄え, に次第に, に欲しがつた, に残念, に気むずかしく, に洗骨, に洪水, に深, に激増, に濃く, に煤け, に田, に画壇, に発展, に確實, に示し, に社会的地位, に第, に総て, に總, に繰り返す, に繰返され, に美, に若々し, に若返っ, に落ち, に行う, に衰え, に裕福, に襲つた, に角度一度, に調べ直し, に貢進, に買上げ, に造つて來, に週日, に重く, に金袋, に閏月, に霧, に鰻上り, に黒線, に黒部奥山, に1回, のメーデー, の儀式, の八月八日, の損, の灌仏会, の運行, の間隔

▼ 年一月~ (119, 0.1%)

11 のこと 84 に発表 2 から翌年, になっ, に発行, に長女, の引分勝負, の新富座, の神田, まで

1 [80件] おなじ粕淵村, からいよいよ, からの作品発表禁止, からはじまった, からストップ, から一九四五年八月十五日, から三十五年秋ごろ, から二十六年七月, から再び, から半年, から博文館, から始まっ, から思想界, から文学雑誌, から日本, から明治四十年頃, から治安維持法撤廃, から發行, から読売新聞, かれは, この製法, そうちょうど日清戦争, その草稿, だったと, であった, であったが, で三月, とうとう辛抱, と推定, にいち早く, にはついに, には伊勢, には出羽, には唐松日電小屋, には室堂, には左団次, には御殿場, には江戸, には石狩, には肥前温泉岳, には陸奥, にひらかれた, にアフリカ東海岸, にジャーナリズム, にピサロ, に世, に五箇, に兄, に出し, に初めて, に創刊, に執筆, に大蔵省, に完了, に廃刊, に拡大, に次, に歿, に第, に至っ, に至り, に至る, に蔵原惟人, に遷化, の三度, の作, の大会, の天皇, の家持, の日記, の歌舞伎座, の終, の記事, の追放令発表以来, は久しぶり, は帝政ロシア, 亡くなった, 再び鷲津, 第九日目, 総選挙

▼ 年八月~ (119, 0.1%)

3 の出版, の水害 2 からのち, になっ, に御, の, の二十日

1 [103件] からあと, から今日, から各, から翌年二月, かれは, が来, その再発, であった, であったが, で船, ということ, とうとう中巨摩郡芦安村, と入っ, におこった, にし, にはじめられた, には伊勢, には堺利彦, には夏目漱石, には多く, には神祇官, には米国, には蘭軒, には遠江, には鎌倉, にも宇治猿楽, にわが, にアルス, にオランダ, に七十八歳, に世祖, に二歳, に二隻, に五十七歳, に代替, に僧良勝, に円朝, に出版, に吉沢庄作君, に在り, に大伴家持, に家康, に対岸, に巣鴨村池袋丸山千六百五番地, に帰化, に摂津, に普請奉行, に最初, に木板, に歿, に比叡山, に瑞英, に秩父宮様, に筑前朝倉山, に至っ, に至って, に至つて, に至る, に菊池博士, に薨, に虎列拉, に起った, に頼朝石橋山, に飛騨, のあと, のこと, のなかば, のオスロ会議, の偕行社記事, の出来事, の函館大火, の初め, の天誅組挙兵, の宇都宮, の或, の断髪令, の旧, の歴史地理, の生れ, の禁令, の米騒動, の終りカール, の運命, の頃, までつづいた, までに一三, まで日本, まで満, まで進歩的, より僅か, より昭和十年三月, を一〇〇, を中心, を以て戰爭, を以て生る, を界, 再び沓掛, 再度赤倉, 出板三木愛花著, 新詩社, 死すダンテ, 第十一回民藝協会全国大会, 遂に英国侵入

▼ 年よりの~ (115, 0.1%)

5 くせに 3 男が, 男の 2 ように, 云うこと, 夫婦が, 女が, 方が, 河童に, 番頭が

1 [90件] いうこと, いったんかけた, いない松江, おじさんは, おでんやが, おどろき怨み歎, お婆さんにな, お守りを, お百姓, くせで, くつ屋の, けらいが室の, ことだ, ことである, ぜんそくもちの, ためにも, ひとでなけれ, ほうも, ものです, やうに, ような, グチを, サンタおばさんです, フョードル・チモフェーイチの, ボオイから, 一人者が, 三白の, 乞食が, 事でございます, 云ひ, 人の, 余生までを, 作さんが, 僕は, 先生助手, 兵隊が, 冷や水, 声だった, 声で, 声であった, 声も, 大きい眼, 女たちが, 女に, 女の, 姿が, 家出の, 寺男を, 小使が, 小間物屋の, 小間物屋は, 心する, 快活で, 愚痴じゃ, 感情せめて, 我と腹立て, 手で, 手前などが, 方の, 早口の, 是信さん, 柔かくなった, 様なかたまった, 歓ばしさ, 母が, 母親と, 漁師を, 物知りに, 獨身者としての, 男で, 男先生が, 男先生と, 男先生は, 男数人と, 異人が, 異人は, 百姓にも, 皺な, 石黒先生が, 縄を, 荷物を, 角顔に, 足に, 足の, 身で, 鈍を, 顎を, 顏な, 顔な, 髪の

▼ 年ないし~ (112, 0.1%)

6 一七八五年の 5 一八〇〇年の, 一八一一年の, 一八二一年の 4 一八一〇年の 3 百年の 2 一七五〇年の, 一七五五年には, 一七五六年, 一七八五年, 一七八四年の, 一八一一年に, 一八二〇年の, 一八二一年には, 三十万年前の, 十二年の

1 [64件] アミアンの, 一〇億年かかった, 一七〇〇年において, 一七一二年に, 一七七〇年に, 一七七七年には, 一七七二年の, 一七三一年の, 一七九〇年における, 一七九〇年の, 一七九一年には, 一七九二年の, 一七九五年の, 一七九四年の, 一七二一年の, 一七五七年の, 一七五五年の, 一七五六年その, 一七五六年で, 一七五六年に, 一七五四年の, 一七八〇年の, 一七八一年の, 一七八四年に, 一七八四年には, 一七八四年までの, 一七六〇年の, 一七六八年の, 一七六四年における, 一七四一年の, 一七四八年の, 一八〇〇年よりも, 一八〇一年について, 一八〇一年の, 一八一〇年において, 一八一一年と, 一八一三年における, 一八一九年の, 一六五四年に, 七十年間に, 二〇〇年の, 二十年以内に, 二十年後れ, 二年延期を, 五〇〇〇年前に, 五十年も, 五年の, 五年十年とも, 六〇年の, 六十年に, 六十年を, 六年を, 十万年前の, 十二年間に, 十二年間英蘭の, 十五年間増加し始め, 十年の, 十年二十年の, 十年後の, 四〇年以前スイスでは, 四十年である, 昭和二年の, 百五十年二百年を, 百年と

▼ 年十月~ (112, 0.1%)

5 のこと 3 である, の, の末, の条 2 に彼, に改造, のある, の地震, の大, の生まれ, の番附, 遂に上

1 [79件] から四七年三月, から四七年十月, から宝くじ, から生産拡張, から私製絵ハガキ, さる事, だ, ちょうど新宿, であった, であり私, であるから, であるが, でした, という日本, といふ日附, として宿役人, と十九年十月, と言え, に, にあり, にいたり, には三河, には中華人民共和国, には伊勢国, には佐渡, には勅, には山城, には東京植物同好会, には桜島, には相模, には肥前, には肥後, には諸国, にやっと, にディーニュ, に中村座, に前の, に創立, に参覲, に同, に大目附宗門改, に太政官, に小倉, に帰朝, に徳川慶喜, に新富町, に日本, に書かれ, に東京, に濃, に発し, に発せられた, に発熱性, に竣工, に脱稿, に至って, に解放, に越中國高祖皇, に開館, の中旬, の候, の初め, の夜, の或, の明治座, の晦日, の末実隆, の東京日, の河原崎座, はしなくも仲見世, まで, までに四五本, までの十三年間, まで学問, より先手鉄砲頭, 初めて公判, 初めて箱根仙石原, 某夜, 迄毎日

▼ 年余り~ (109, 0.1%)

8 の間 7 も前 4 になる 2 して, にもなります, のあいだ, の月日, の歳月, も昔, 住んで

1 [76件] お民, か, かかって, かかつ, からになる, しか経っ, たった後, たてば, だったとの, でさして, でナショナルリーダー, で彼, で彼女, で従三位, というもの, といふ年月, にてよく, になりますでしょう, にもなる, に過ぎなかった, の上洛中, の下宿生活, の中, の佗暮し, の保釈中, の前, の昔, の時, の此, の私, の鉄漿, の閑日月, の間冬彦先生, の間露営, の静養, の馴染, は事蹟, は過ぎた, まだかうし, もこの, もそこ, もその, も今日, も働い, も先, も勤め, も固有, も寂しい, も忘れ, も戦地, も煩つて歿, も経っ, も経った, も続いた, も覚え, をすぎ, をへ, をみちのく平泉, を彼, を登り続ける, を経たれ, を越し, 仕えて, 何一つ世間, 前お主, 勤めて, 居りましたが, 暮して, 暮らした, 知る人, 突っ走っちゃったもん, 経った昨日, 経つ, 経つて, 遅れて, 養われた菩提山下

▼ 年一日~ (105, 0.1%)

43 の如く 11 のよう 10 のごとく, の如き 3 のごとき, の如し 2 のごとし

1 [23件] がどれ, と言う, どころか千年一日, のご, のごとくある, のごとくで, のごとく動かし, のごとく動かない, のごとく頂き, のごとしで, のやう, の古, の古い, の型, の如く作陶, の如く出版物, の如く貧乏, の如く連続, の如し云々, の規準, も肌, 云いつづけて, 旧東京招き行燈

▼ 年十二月~ (104, 0.1%)

5 のこと 3 の, の条 2 であるから, と同, になっ, の末

1 [85件] かの女優モッヂェスカ, からあし, から一九四五年八月十五日, から十三年十月, から四七年春, から大正九年九月, から菜食, この委員会, であった, でした, で勝久, で曇った, と十六年十月, なり, にかかれた, にて六週間計り, には予定, には全国父兄大会, には十三歳, には南部家, には国家権力, には東寄り, には銅線, にもたれた, にも慶応二年, にアジヤ協会, にベートーヴェン, に一段落, に京都府庁内, に全国, に全日本無産者芸術団体協議会, に出発, に北京, に十一歳, に卒中, に単行本, に和歌山藩, に国家権力, に国際連盟, に完成, に封事三条, に工部技手, に政義, に書かれ, に東條, に松平秀雲, に江戸町奉行, に泡鳴, に発表, に第, に筑紫, に経費, に締結, に編輯, に至つて刻, に至つて略落着, に逝去, のある, のすえ, のつぎ, のはじめ, の下関市, の事, の二十三日, の出来事, の初, の初め, の十七日, の十五日, の午後, の押詰め, の某日, の歌舞伎座, の誤り, の議会, は一ヵ月, は我ら夫婦, までは太政大臣, まで何時しか, まで毎週土日, 出板三木愛花著, 即明治二十八年, 某夜, 第十一回, 迄約

▼ 年もの~ (99, 0.1%)

10 長い間 3 昔から, 昔の 2 あひだ, ながいあいだ, 前から, 年月が, 昔まだ, 歳月を, 永い間, 長いあいだ, 長い年月, 長い病気

1 [63件] あいだお父つぁんは, あいだともかく, あいだわたしたちの, あいだ劇場の, あいだ忘れず, あいだ毎日来訪者が, あいだ犬の, あいだ甲斐が, あいだ駆り立てられ, いはぬ靜, だわね, むかしに, むかしの, ように, をかい, 久しい間, 人類の, 先輩で, 共生若し, 前に, 前の, 古い空気, 嘘, 夏でした, 大患ひでせう, 大昔に, 宇宙に, 年を, 年月を, 後にな, 戦時中あまり, 昔いや, 昔でございます, 昔でも, 昔は, 昔ドイツの, 昔其時に, 昔十一月の, 昔巴里で, 昔阪神鉄の, 時と, 時間を, 月日が, 月日を, 歳月が, 滞在外国人が, 病人で, 祇園祭を, 親い, 長い間立て続け, 間か, 間一緒に, 間戦争を, 間生活を, 間研究し, 間約束し, 間育てた, 間苦しみ, 間苦労した, 間護り育てた, 風雨で, 風雨に, 馴れッこ

▼ 年たつ~ (98, 0.1%)

7 うちに 5 ても 3 かたたぬ, ても三百年, ても御返事 2 うちには, かたたない, か知らん, ても其糟粕, て開い, ともう

1 [65件] かたたずである, かは知りません, か二年, か経たない, がいつも, けれど君達, てあたしたち, てかのお, てからのこと, てからの王様, てからほん, てから少年, てから知人, てのこと, てはじめて, てまた, てもし, てもその, てもなし, てもゲエテ, ても一向, ても一変化, ても六年, ても十年, ても忘, ても生らない, ても金, ても鎌倉, ても音沙汰無し, て又, て少尉, て山, て彼, て歸つて來, て油屋, て漸く, て編纂, と三つ, と三等室, と体, と例, と六百五十, と女, と支那, と果たして, と権助, と武田さん, と清三, と編輯長, と織田, と美しい, と自分, と誰, と配達, につれて忠興, に従って大, ぷり殆ん, ほど研かれ, までかえって, もその, も何十年, やたたずで, わけである, わけに, 間伸子たちの

▼ 年である~ (97, 0.1%)

6 がその 3 がそれ, にしろ 2 からである, から大師, ことが, ことは, と云っ, と言う, ように

1 [71件] か, かこの, かは今更, からすでに, からそれ, からと解釈, からなどとむしろ, からまだ, からハムムラビ法典, から二度目, から五人, から何年, から勤続年数二十年以上, から十余年, から大分, から此歌, から此間九十年, から歳, から気, から無論, から話, かを考え, がかう, がこの, がこれ, がさらに, がちよ, がまた, がもう, がもし, がやはり, がコロンブス, が事がら, が二十八年, が其前年, が吾人, が大秀, が年譜, が教団, が林鶴一博士, が當時, が私, が金地院崇伝, けれどもそれ, ことの, ことも, ことを, この二, せいか, そうだ, ために, だけに私たち, といふ, としても宇宙, とする, とともにこの, との説, と信じられる, と彼, と思う, と考えられます, と言, と述べ, のだ, のは, は小学校, やうにと, 事實や, 吾派同人は, 故郷を, 星亨の

▼ 年十一月~ (97, 0.1%)

42 に発表, に第, のこと

1 [87件] あらためて申す, からは日本プロレタリア文化連盟, から三〇年, から三十八年秋, から三年四月, から同, から郡吏, それから第, だぜ, だった, であったが, であつ, という日, とおぼえ, に, にこの世, になっ, には京都, には佐渡, には天部領小稲荷, には山城, には岩代, には武蔵, には禁裏, には菊五郎, にも電流, にウクライナ共和国首府ハリコフ, にパナマ港, にベートーヴェン, に刊行, に始め, に帰県, に日出, に智行僧九人, に書き上げた, に段祺瑞内閣, に浅間山, に満, に生れた, に生れたる, に福岡城, に終った, に至っ, に行われた, に越前, に越後, のごとき, のなかば, のはじめ, のパリ会議以後, のペリー, の中央公論, の二十三日, の二十二日, の休戦, の冬, の出来事, の初旬, の大震災, の日付, の日記, の末, の条, の条約, の紀, の講談クラブ, の雨, ばかりに八十六歳, までが絢爛, までこの, までといふ長期, までのこと, まで書いた, より三十六年七月, より五ヵ月, より十二年, より本年二月, を以て機関誌, を以て社會主義協會, を起点, 入鹿, 出板三木愛花著, 向両国, 在日本, 第一次大戦, 第二議会, 選ばれて

▼ 年~ (96, 0.1%)

4 から初春, に迫っ, のうち 2 から春, のこと, の三十日, の日

1 [76件] いらい考えぬいて, から, からのこと, からふっと, から下向, から出仕, から十五回, から改めて, から桐畑, から正月, が迫っ, だつたか, でちょうど, ではある, という, とかいえ, なので, になる, には伺っ, には幾晩, には東大, には町人, に入用, に参っ, に塗更, に差し出した, に帰還, に押, に押しつまっ, に近づい, に迫る, のうち長浜, のお浚い, のわずか, の下され, の乱, の二十七日, の二十九日, の二十五日, の二十六日, の二十四日, の京都, の十二月, の十二月二十九日, の十四日, の半ば, の寒, の市中, の幾日, の廿五日, の忙し, の戦, の払い, の景色, の松, の混雑, の火災, の町, の稼ぎ, の辞儀, の雪, の頃, はさびしい, は忙しく, は見る, は迫っ, は騒然たる, へき, へ来, までの一年数箇月間, もない, も十四日, を平和, を迎える, を過ぎれ, を限り

▼ 年ぐらい~ (95, 0.1%)

9 前の 7 前に 6 前から 2 あとで, たっても, で人民, まえから, 前からの, 前には, 前までは

1 [59件] あの人, いただけで, おいでに, きいたって, じきです, たって, たってから, たつな, だったかしら, だねえ, ちょいちょいすこし長く, つとめて, であったが, でしょうその, ですが, で世界人類, で又, で私, どうにでも, なもの, なら, のびるからね, のも, ほって, まえちょうど, まとめずーっとああ, 以前天明の, 使った後, 偶, 働いて, 先です, 前か, 前だろう, 前まで, 勉強やれる, 吉見さんに, 多少ぼんやり, 実科高等女学校か, 居るでしょう, 彷徨し, 支えて, 日本に, 昔からの, 昔です, 暇を, 海岸にでも, 私の, 私は, 経ったら効力, 経った代物, 経って, 経ってから, 経過し, 続けたから, 続けて, 自然生活した, 行ってたのよ, 裏の, 辛抱しなく

▼ 年~ (93, 0.1%)

2 に芝, に都下, のこと, の仕事, の多く, の田

1 [81件] が夏, が夫, が氷雪, きまって北東, その状態, そんなこと, だいたい仕事, つ, でいちばん, でて, で夏, にこれ, にすでに, にはきっと, にはこれら, にはほぼ, には一度, には五十年以前, には六百四十八名, には思想, には沢山, に二, に成りたる, に書かれた, に樵山, に氏, に用いない, に百二十七人, に雑誌編輯, のある, のこの, のどの, のどんな, のもっとも, のラジオ講演, のリスト, の事, の京都地方, の代表作, の傑作, の出来ごと, の夜明け, の大半, の天候, の季節, の寒, の小言, の強い, の御用仕舞, の心, の悪口雑言, の暮し, の最も, の死刑, の生活, の生計, の用, の福徳, の経済, の臟腑, の蓄電期, の行事, の表, の話, の金, の食いだめ, の食用, はまだ, は戦争, めまぐるしく遊びまわっ, も続く, を一日, を通じて彼ら, 休むひま, 低気圧, 全部落, 文館, 泣いたり, 渡し置き候処, 生れて, 開いて

▼ 年経つ~ (93, 0.1%)

8 うちに 5 か経たない 4 てゐる, とまた 3 うちには, 間に 2 とアメリカ, と家

1 [62件] うちにも, か経たぬ, が未だに, その時, てお寺, てから, てから彼, てから死んでしまつた, てしまつたの, てしまひました, てまた, ても三年, ても依然として, ても同, ても子供, ても私, ても髪の毛一本, てゐた, てゐない, て亡くなる, て今度, て再び, て出, て同じ, て始めて, て棗はず, て殿様, て病気, て輝子, と, とあわれ, とこの, としかし, とやっと, とソヴェト, と三歳, と互に, と五十七歳, と体, と役に立つ, と彼, と思っ, と明治二十二年二月十一日, と木, と東京, と板, と沖縄, と流石, と病気, と竹, と貯金, のでこんど, のに最初, のね, ほどその, ほどに将軍家, ほど親しみ, までは夫, 中には, 二十三年の, 裡に, 迄山田

▼ 年久しく~ (91, 0.1%)

5 住んで 2 も友, 住み袋物, 別れたり, 船の, 見馴れて

1 [76件] いて, くすぶって, そう云う, その一代, その名, なりしに, またそういう, も閉ざされ, わが家の, ゐて, ビールは, 主家を, 乗り馴れて, 事へ, 井上家の後園に, 交際した, 仕ふる, 仕ふるといふ, 伊勢山田の, 会いも, 伽藍に, 住みたれど, 住む, 住り, 住民心を, 使いも, 信じきれなかったが, 働く人々, 十四五年を, 又悔いる, 土民として, 埋もれて, 孤忠苦節を, 寄稿する, 山僧の, 山積みの, 島には, 島人の, 御仕え申し, 怠って, 想い合って, 我を, 抱えこんで, 是と, 松平家は, 栄え衰えて, 此の, 武家は, 武鑑の, 海外より, 海浪人の, 消息が, 清川の, 渋江の, 独り抱き秘め, 猫を, 琵琶など, 用いなかった髀肉, 田安家内外に, 甲州に, 盗人といふ, 相見ざりし, 磐石の, 禍いと, 私の, 耳馴れし西湖, 腐った諸, 荒れて, 行われたか, 谷川の, 運命末に, 隠して, 隠れて, 鞍馬に, 風霜と, 飼ひた

▼ 年~ (90, 0.1%)

2 が三陸地方, の父, はこの, は二十九, は村, もすでに

1 [78件] がこんなに, がイタリー, が上野, が中学校三年, が二十一, が二十五歳, が二十歳頃, が出獄, が初めて, が十七才, が十六, が四十七, が揚子江, が最後, が朝日新聞社, が検挙, が皇軍慰問, が豊前中津, が遲, が関西, が香港, には思い, に他, の, の不孝, の二十二, の二十歳, の五十三才, の信ずる, の六十一, の卒業, の境涯, の墓, の外遊中, の所, の数, の祖父, の訪問, の許, の長い, は, はいた, はうらぶれた, はそういう, はただ, はたまたま, はどん底, はもはや, はカミ, は丁度, は七夕, は九江郡, は二十四, は京都大学, は仙台, は党, は六歳, は大変貧乏, は妻, は学生時代, は寄席, は山, は岐阜県, は思惟, は日本, は流離, は浪, は生まれた, は米国, は結婚, は自分, は西町三番地, は長唄, は閉門生活, は鬼, もい, もいささか, も稽古

▼ 年九月~ (89, 0.1%)

62 に旅行, のこと, の事, の或, の末, の関東大震災, までの間

1 [69件] から志士, から東京帝國, であった, であったが, である, としてある, との早い, と十月, におこった, にて局中, には, にはじまった, にはなお, には中洲, には五円, には佐渡, には十七円五〇銭, には周防, には大通洞, には詔, にオルガンチノ, にシャビエルたち, にヨーロッパ, に入っ, に到る, に勃発, に大目附服忌令分限帳改, に奥州, に始まつ, に實際, に師匠, に新しい, に日本, に留守居, に疱瘡, に発表, に相模, に石, に終つて, に結成, に群馬県師範学校教諭渡辺千吉郎氏, に起った, に香以, に駿河国, のある, のホトトギス, のリーダーズ・ダイジェスト, の中頃, の予定的, の初旬母, の収入, の大震災, の帝国大学法科大学, の新, の条, の東小川村, の條, の歌舞伎新報, の法師温泉吟行, はじめて演ぜられた, までつづく, まで獄中, より岩波書店内, 到四十四年一月, 古中秋無月, 新吉原品川楼, 某夜, 濃州, 還る

▼ 年即ち~ (87, 0.1%)

2 推古天皇の, 昨年の

1 [83件] お菊, この古, カペー即位の, カントの, コロンブスの, ダンテが, ベアトリスの, ベアトリーチェの, ロシアの, 一九一九年に, 一九一四年前, 一九三四年, 一五四三年であった, 一昨年の, 二十七ヶ月の, 二十七年田舎で, 今より, 伝記家の, 先生の, 八百〇一年に, 前の, 北清事變の, 千九百十年を, 千八百五十九年に, 半世紀間, 唐の, 囘暦の, 大師の, 大正九年に, 大正元年幸にも, 大正十二年には, 大正十二年の, 大正十五年八月二十三日に, 天保三年仏国より, 天正三年アルカラ, 天草島原の, 府県会開設以来の, 延暦元年は, 彦九が, 応仁元年正月十八日に, 慶長五年七月十日わたくし父魚屋清左衛門大阪玉造の, 我が元治元年, 政宗の, 數へ, 文政元年正月二日に, 文禄元年彼の, 文禄元年朝鮮陣の, 日清戦争の, 明の, 明治五年京浜間の, 明治元年の, 明治元年春からの, 明治元年正月は, 明治十八年に, 明治四十三年余が, 昭和十九年の, 末法最初の, 永楽三年なり, 牡牛と, 王政維新の, 百三十一年前二十六歳の, 私が, 私の, 紀元前二八〇年より, 終戦二年目の, 至元, 蔡倫が, 西暦一八五七年の, 西暦七百十九年印度から, 西暦七百十六年金剛智三藏は, 西暦三百五十五年に, 西暦九一六年頃の, 西暦二百三十八年なり, 西暦二百五十八年に, 西暦二百四十七年には, 西暦八五一年に, 西暦六百二十二年に, 西暦六百六十五年から, 西暦千六百七十九年に, 解脱の, 金剛智三藏が, 開元, 関ヶ原の

▼ 年若き~ (85, 0.1%)

3 女の 2 女性の, 娘の, 宮女一人殿めき, 男の, 者の, 貴婦人いく

1 [70件] が故に, が顏, にも似ず, われらの, アーサー王は, ゼミール王は, 一仏蘭西婦人に, 人々の, 人と, 人に, 人物への, 人言葉に, 侍体の, 先の, 准訓導を, 同胞の, 君は, 四人は, 夢想を, 夫人が, 夫婦が, 夫婦の, 夫婦連れの, 女を, 女也, 女子に, 女手巾もて, 女飛び込み跳飛ばされ, 妖婦葉子の, 妻君は, 娘をのみ, 婦人が, 婦人も, 子ら穗を, 学生が, 孫女を, 客人は, 小説家の, 幽霊立ち現れ, 息子の, 教師の, 教師は, 教師下りきたり, 日本紳士あり, 最愛の, 田宮の, 男なり, 男女と共に, 男女に, 男女の, 男子に, 男子一度この, 男貧しく, 男達の, 病人らしい, 眼に, 紳士あり, 者に, 親鸞が, 警官である, 貴公子, 貴公子パリス, 貴夫人, 車夫の, 面々遊所に, 騎士の, 骨たくましき, 鷹の, 麗魔が, 麗魔葉子は

▼ 年~ (84, 0.1%)

3 のこと, の句, を持っ 2 というもの, に逢着, や雪, をやる, を貰

1 [65件] かな, が, ということ, としては余りに, とて鼠骨, との結びつけ, との配合, との間, とはなかなか, とをどう, とを結びつけ, と泣声, と雪, などが置かれ, などに使う, などを贈った, なりとて鼠骨, についてのさまざま, についてのただ, についての過去, にもらひ, にゆるく, に執着, に拘泥, に来る, に見せ, に買っ, に配っ, に配合, のいい, のほのか, のやりとり, の品々, の床の間, の意味, の手拭, の義理, の贈答, の贈答品, の題, は嬉し, は山, は無き, は箱, ばかりを考え, や, や高き, や高家邸, よりも餅, をうかと, をおく, をくれ, をくれた, をくれたる, をもらった, を上げる, を並べ, を入れた, を兼ね, を御, を持ち, を突き, を貰った, を雪, 嬉し雪

▼ 年~ (84, 0.1%)

5 になっ 4 であつ 3 の時 2 だつたが, だと, です, で朝, の前半, の生徒, の終り

1 [58件] かで山田先生, から云, から代表, が最後, ぐらい団結, だったの, であった, であった時, である, でしたか, では最初, でも構, で新, といつ, とをこちら, と三年級, などといふこと, にあります, にいた, にいる, にお世話, について来なかった, になつて, になりました, にはいる, にゃ佳い, にゐる, に上つた春彼, に入れる, に入学, に分れた, に編入, に進んだ, のお, のとき, のクラス会, の人, の夏休み, の女, の始めあたり, の折, の教室, の教科書, の生徒たち, の者, は, は先生, は放課後, は誤解, も上, も終り, より代数, をやりなおせ, を志願, を示す, を終る, を飛び越え, 迄忠實

▼ 年であった~ (83, 0.1%)

4 と思う 3 がそれ 2 がその, が今夜, が私, という, と記憶, のだ, ので日本, ように

1 [60件] かと思う, かも思います, から, からたしか, からもう, からもうちょうど, からソヴェト同盟, から一艘, から今, から今日, から千代田, か京都, か八年, か八海山, か戦災, か明, か晴れた, か正月, か歳, か父, か白根火山, か知らない, か芥川, がこの, がしかも, がそれから, がふたたび, が伏魔殿, が保胤, が商売, が寛永十四年, が彼自身, が抽斎, が此, が気負い, が江戸, が若い衆, ことが, ことは, し明治三十九年, し男女交際, し私, ため痩せる, といえる, といっ, とする, とはいえなかった, とみえ, と思います, に違い, のかも, のだろう, ので即, のは, 北村透谷が, 常盤会寄宿舎は, 由, 私あてに, 秋山氏は, 結果学問も

▼ 年までの~ (83, 0.1%)

8 間に 2 十年間に, 私の, 間

1 [69件] あいだに, あいだは, うちに, ところで, ふるい日記, ソヴェト文化の, フランス軍隊の, ベートーヴェンの, ロシアの, 一年に, 七十二年間に, 世界の, 世界第, 中から, 事で, 二十ヶ年の, 二期その, 五ヶ年間の, 五年ほどの, 五年間に, 五年間は, 仕事ぶりを, 伝記, 八年間は, 公の, 六年間が, 六期間を, 処女とは, 動靜を, 十三年間に, 十二歳十二春なんの, 十年間を, 単一経済組織における, 句の, 各年, 国内戦の, 在学期間中クラスでも, 女が, 宥恕が, 小さい貧弱, 屯田実績は, 強ひられた, 彼の, 我が思想的激変, 教室を, 文化は, 文学史と, 文芸評論を, 新しい希望, 日本文学が, 映画美学は, 時代が, 期間は, 標品を, 正しい生徒, 歳月は, 汽船は, 滞欧中には, 約百年, 良妻賢母である, 處女とは, 被害三千五百万円免租の, 見聞を, 間です, 間において, 間は, 間を, 間ファラデーは, 間抽斎が

▼ 年ほどの~ (82, 0.1%)

21 間に 4 あいだに, 歴史を 3 間は 2 後に, 長い年月, 間地方の

1 [44件] あいだは, あひだ, あひだ顔, うちに, ことで, 内に, 前大きな, 差が, 年月が, 後である, 後には, 後彼は, 後明応七年の, 昔, 昔で, 昔でありましょう, 昔である, 昔であろう, 昔に, 昔唐の, 昔既に, 時の, 時間を, 月日が, 月日の, 東京の, 樫が, 歳月が, 歴史である, 無為の, 長い月日, 間お, 間すっかり, 間よく, 間を, 間偽, 間全然, 間多くの, 間女房は, 間御所柿を, 間熊本鎮台に, 間独逸の, 間生活の, 間目白や

▼ 年~ (81, 0.1%)

5 の春 3 えだ 2 えに, です, にあたっ, にある, の今日, の正月

1 [61件] えうんちょうど, えからの, えなん, かに一度, かに相当, かに私, がはじまっ, だ, だっていう, だのに, で, であつ, でそこ, でようやく, とかで, とごたつき, にあたり近年, にあたる, にあたる享保十六年辛亥, にと囁いた, になっ, になった, になりました, になる, にのっぴき, にはすっかり, にはそれ, にはたいへん, にナチス, に一應出來, に初めて, に四十歳, に夫, に夫婦, に小母さま, に当たる, に御, に接見禁止, に故郷, に新作バレー, に日本, に漢, に産後, に蘇武, のやはり, の七月七日, の冬, の夏, の大雪, の安政二年, の弘化二年, の日光, の明治三十五年, の明治十七年, の明治十二年, の末, の秋, の結論, は駄目, ほどの違った, よ私たち

▼ 年足らず~ (81, 0.1%)

15 の間 9 のうち 3 の年月, の月日 2 に過ぎない, 過ごした

1 [47件] いて, かの地, しかいなかった, しかこの世, して, だ, だが, つづいて, で, です, でそっくり, ではある, でもう, でもこの, でパリ, で不縁, で倍以上, で十八歳, で叔父, で嫌, で建つ, で戦前, で淪落, で若々しい, で英国, で覚え, で首, といふとき, によくもこう, の内, の前川, の十三, の大学選科, の清洲, の生れ年, の短い, の程, の程度, の翌年, の長女, の間気, の間翁, も會, ゐて, を除く, 伸びゆく此槻, 駈けだしである

▼ 年です~ (80, 0.1%)

6 から, よ 5 からね 42 からねえ, つて, ね, わね

1 [51件] かこんだ, かなその, かねえ, かね二十八つて, からこの, からこの世, からそれ, からそんな, からたいへん, からな, から一昨年, から丁度, から仁木, から今日, から前, から卒業, から家康, から尋常三年, から当年七十六, から後, から急い, から慶応三年, から明治四十五年, から死病, から當時, から隨分, から餘程輕, か忘れました, がおとうさん, がそれ, がひどく, がまだ, が一方, が去年, が此際, が芸術, けれどもお, けれども實際, し支倉さん, その人, ぞ, って, な, な一つ, よ閣下, わ, ネ今年, ワそい, 借金と, 六月には, 年度を

▼ 年とともに~ (77, 0.1%)

2 次第に発達

1 [75件] いきいきと, いくじが, いつしか変った, おとなの, かれら, この意識, こんなに長い, そういう母, その数, その無慈悲, その癖, だんだんと, つのって, ますますはなはだしく, やや思想, わが, 一つの, 人は, 人懐かし, 傍観的と, 傲慢不屈に, 円熟する, 到る処, 加わるという, 募るばかり, 古びて, 困難に, 堅く根, 堕落, 増して, 増すと, 外観内容ようやく, 大きくなり, 始まるという, 安穏に, 完璧に, 幼時の, 態度の, 改まらず, 旺んに, 明かに, 易って, 栄達した, 次第, 次第に厳重, 殖えて, 段々増加, 母の, 浸蝕され, 消えて, 消滅し, 深まれば, 湧き起る澎湃, 激増し, 濃くなっ, 環境の, 甚だしく違っ, 発展を, 発達した, 益, 私たちは, 私には, 経験とともに, 群臣への, 老の, 自然に, 色が, 若い思想, 苦手に, 蔓延する, 親しく思い出される, 訪れて, 變つ, 進んだに, 面積も

▼ 年よりは~ (77, 0.1%)

7 老けて 3 ずっと老け 2 ふけて, ませた悧巧, 十七八老け

1 [61件] うんとふけ, かなりふけ, がんこに, きっとわざとその, ぐっと老けた, すこし老け, ずっとふけ, ぜんぜん団体精神, だめだ, ふけたひからびた身体, ふけては, まず親, また奥歯, まだ仇気, むしろ隆古, よほど若く, ズット若く, ズツと, ズツト若く, 一か年十艘以上の, 一つ二つ大人に, 二つ三つふけ, 五つも, 五つ六つも, 他家の, 何か, 別に説明, 十も, 十年も, 反革命的, 困って, 地味な, 地味造りで, 大事に, 宗門の, 小柄な, 少くとも, 少く見える, 少しく前, 少なくない, 年より, 幼くぞ, 早く眼, 早熟て, 漸く慣れ, 目や, 目立って, 知らずに, 稿料全く, 老けた沈んだ色, 老けた青黒い, 老込んで, 若々しい邪念, 若いもの, 若く見えた, 若く見える, 茶店の, 被布に, 言ふ, 賢しゅうなる, 餘程若く

▼ 年恰好~ (75, 0.1%)

2 だ, で正しい, のお, の判断, の女, の娘, の者, もよく

1 [59件] から云っ, から同一, から自然上品向き, から見, から顔つき物腰, があんまり, が似, だが, だろうと, であるが, でこんなに, では, でも馬琴, で似たやう, で櫛巻, で痩せて, で豚, で貴方, で顔, なせがれ, なら三日目, なん, になる, の上品, の下駄, の世話人, の声, の婦人, の子, の容色, の息子, の櫛橋氏, の獨逸人, の美しい, の老女, の老婆, の背, の若い衆, はいろいろ, はジョン, は二十七, は二十五六, は十六七位, は四十あまり, は四十八, は女, まで変え, まで變, も三十七歳, も似, も体つき, も四十そこ, も濱路, も綺麗, や人相, や背丈, をし, をした, 同じよう

▼ 年よりも~ (74, 0.1%)

3 老けて, 若くみえる 2 十も, 地味な, 若いと, 若い第, 若く見える, 遙かに

1 [56件] あなたと, い子供たち, ぐっとふけ, すこし眠りすぎ, ずっと老けてるでしょう, ずっと進んだ, たくさんさせ, たのしみなわけ, なお二年, なくは, なほ深き, ひどくふけ, ふけた彼, ませたかしこい, ませた口ぶり, ませて, また若者たち, むしろ労苦, もっともっと夥しい, もつと, ズッと, 一しお厳しい, 一層夥しい, 七八つも, 三年目の, 不利な, 世故に, 二年着, 余ほど, 同じ事, 多いわけ, 大であった, 子供も, 小僧も, 幼く見える, 御供に, 急激に, 急速であった, 数多く且山, 早いやう, 早く老け込ん, 更にいっそう減少, 更に若く, 柄の, 永かった, 皆が, 老けた方, 老けた相手, 若いもの, 若い単純, 若い單純, 若くみえた, 軽いの, 長いやう, 長き月日, 非常に

▼ 年~ (73, 0.1%)

2 てから誠之進, てのこと

1 [69件] ちや獨の, て, てあたし, てあなた, てある, ていうこと, てからこの, てからだったでした, てからもう, てからやつ, てからニューヨーク, てからリボー, てから僅か, てから成, てこうした, てここ, てこの, てごらん, てその, てちょうど, てで, てできあがりました, てともかく, てなにぼやぼや, ての大供樣, ての文化十年, てひとり旅, てまた, てようやく, てわたし, てゐたつ, てトシエ, てパンスケ, て上方, て乱世中人, て乾, て仕事, て僕, て先生, て其女兒十四五歳, て初めて, て地球, て堀, て変っ, て大, て大成, て奚家, て学校休み, て完全, て家, て崩御, て彼, て改めて, て日露戦争, て死ん, て死んだ, て母, て江戸, て泣き出す, て漢産, て玉, て私, て稼ぎ盛り, て細君, て詔使, て逢う, て門, て骨, て魚

▼ 年ちかく~ (72, 0.1%)

3 昔の 2 なるのに, も住ん, 経っても

1 [63件] たけは, たった時, つづけて, とにかくなに, なつて, なります, なるの, になりましょう, になります, になる, にはなる, にもなる, に私たち, のあいだ, の月日, まえ私, まで不, もお, もこうして, もならう, もはやウエトレス, もまえ, もニューヨーク, も前, も去, も只, も史書, も国元, も大鰐温泉, も帝位, も年, も経つ, も練りあげ練り直し, も送り, も逢, も逢いません, も逢っ, をりましたです, 一室に, 二三度会った, 互ひ, 働き二, 入って, 前に, 前の, 勤めて, 寝たきり, 放浪し, 故郷を, 斯んな, 日本に, 破られなかった, 私は, 稽古に, 紙で, 紛争し, 経ちますが, 経って, 経ってから, 続け自分, 考へ, 高座の, 高級料理が

▼ 年前後~ (72, 0.1%)

4 のこと 3 の事, の日本 2 の元, の周期, の時代, 迄本島

1 [54件] からは毛皮船, から作家活動, から俄, から四十年頃, から景教碑, から次第に, から清国留学生, がそう, このあたり, つまり, であった, であるという, ではなかっ, で一葉女史, と云う, にかけて揚巻, には一世, には不用意, には民権党, には演劇改良, には邦語, にわたる約, に亘つて, に僞作, に盛岡中学, に至る, に跨る, に邦訳, に飛騨山脈, のあ, のあたり, のこの, のもの, のソヴェト大衆, のハナショウブ花品, のパリ, の一つ, の作家群, の小石川富坂辺, の小説界, の彼, の末法, の此, の激しい, の織物, の頃, の魯文珍報, は市川荒五郎, は新劇団, は能楽師, まで関西, らしいと, を一期, 迄もま

▼ 年~ (72, 0.1%)

4 になる 3 のこと, の話 2 に, になるだろう, のもの, の事, の海, の社会

1 [50件] から思いつめ, でお, で前, と同じ, にかへる, には, にエセーニン, に後退, に描かれた, に私たち, のあの, のお, のきち, のにがい, のシナ人, の下等, の二銭銅貨, の光景, の出来事, の十一月, の原稿, の大事大事, の寺院, の少年, の強迫観念, の春, の書生, の朧, の木, の私, の程朱, の笑い, の約束, の縁故, の苦しい, の記憶, の語り草, の謎, の講義, の逆賊, の酒飲み, の開墾村, の高等学校, は大分賑やか, へとん, へ行く, までの流星, まで親, よりは高められ, をかえりみ

▼ 年結婚~ (72, 0.1%)

23 に対する比率 9 の総 5 の年出生 2 がある, と年出生, の数, の比率

1 [27件] が四人以上, したが, したと, して, してから, との間, に対してとる, に対して三対一, に対して四対一, に比例, の, の人口, の全, の合計以上, の四倍, の平均比率, の方, の表, の通常率, はネッケル, は一九二分の一, は人口, は総, をした, を伸ばしたい, を成立, 及び年出生

▼ 年その~ (71, 0.1%)

2 前が, 居城下総の, 年の, 村に

1 [63件] あいだに, あいだ一行が, あいだ十六人もの, あげくは, あとを, ときから, ときまでには, ま, 一人の, 一月の, 両年を, 中風で, 九月は, 二十四歳の, 二年は, 五十年の, 五年を, 亡父の, 代地として, 位に, 作の, 価値を, 全集の, 八月も, 内に, 処女作, 前に, 十月という, 女ベアトリスを, 妾腹の, 寂れ方, 帰途父は, 庶子ジュセッペを, 弟さんが, 徒黨と共に, 從弟即ち, 思いを, 新年のけふ, 日は, 月に, 月の, 死するや, 母堂の, 生活が, 生涯を, 発展は, 盛時を, 秋の, 稀書, 竹田と, 第一回, 第一回公演, 翌年は, 職を, 苦痛その, 論は, 部屋は, 郷里の, 重臣の, 関ヶ原の, 限界線を, 頃おい飯貝村に, 魅力を

▼ 年にわたる~ (71, 0.1%)

3 私たちの 2 古事記の, 武家と

1 [64件] あんな長い, のであっ, わが国の, イギリスとの, インド西域の, コマ郡での, ソヴェト産業拡張五ヵ年計画は, ファンでも, 一会計年度において, 中国攻略の, 中国陣では, 中国陣は, 予審や, 京方と, 会員たちの, 信玄との, 六回の, 冬の, 割に, 劇壇生活の, 努力が, 医師生活の, 十年間の, 厄年を, 古い附合, 合戦の, 呉の, 国内の, 多彩な, 大工事, 大論争, 家系が, 年度には, 彼らの, 彼女への, 思慕に対して, 悪天候と, 感情いきさつ一切の, 持久戦争と, 持久戦争を, 教権の, 普仏戦争の, 東京の, 権勢あらそい, 烈しい旱害, 療養生活を, 研究室生活から, 破壊と, 私の, 空白期間の, 籠城に, 結婚生活の, 羽柴秀吉以下の, 苦艱を, 製作期間中に, 迂作, 過去を, 長い年月, 長い戦陣生活, 長い苦しい戦い, 雪華の, 革命を, 頃で, 飢饉を

▼ 年一年~ (71, 0.1%)

4 と高 3 をこの 2 といふ順, と工夫, と高く, 増えて

1 [56件] あるいは数日数時間, が実に, が経つ, その価値, その寂れ, とあまりに, といちじるしく, とくらし, とこう, とただ, とやうやう, とより, とわずか, と上向線, と何, と原価, と増加, と年, と延ばし, と忘却, と愈々はっきり, と払底, と推移, と旅, と日, と歴史, と没落, と看板, と経営困難, と育った, と色濃く, と花火, と苦労, と苦勞, と薄らい, と進歩, と遅れ, と長く, と長足, と闘争, と高まっ, に及第, に恋いしく, に落着, のばしとるうち, のもの, の階段, は特異, は自分, より加わる, より多き, より繁栄, 経つうち, 若さ, 荒れた舌, 面白いもの

▼ 年~ (70, 0.1%)

2 です, のとき, の事, を記念

1 [62件] かえりに, かに当るらしい, かの先祖祭, か五百年祭, がどういう, が全市, が明年, が祝われ, が行われ, が行われた, であの, である, ですから, でもやろう, で河原, で町, で神官, といふこと, とかいうの, とかをした, とて心, なりとて商舗紅燈, にあたり先ごろ下関, にあたる, にて市中雑, には私, にパリ, に出来た, に弘法, に間に合う, に際し東洋史上, に際会, のため, の京都, の伊達政宗, の前, の固き, の当日, の忌あけ, の招待, の日, の時分, の根本精神, の準備, の祝賀, の賓客, はレーリー総長, は昭和十九年, までにとりまとめ, も来, やら驚目, をする, を催さぬ, を催し, を擧行, を機會, を祝う, を祝っ, を祝わせる, を行, を行われた, を見る

▼ 年といふ~ (69, 0.1%)

4 のは, ものは 3 長い年月, 長い間 2 ことなく, 年を, 長い月日, 順で

1 [47件] ことが, ことばの, その○年, ところで, のだ, ひどく永い, ものこの, ものだつた, ものやはり, もの今にも, もの僕も, もの女友達が, もの金なぞ, やうな, ボーイ頭から, 人物に, 刑は, 古家の, 国家的祭典な, 年に, 年代の, 年数を, 年月を, 新劇俳優が, 月が, 月日の, 月日は, 期間には, 期限つきで, 條その, 歳月の, 永い間, 漢文の, 生理の, 百姓仕事で, 短時日であります, 約束だ, 約束ぢや, 者が, 處で, 言葉に, 説も, 長い歳月, 長きに, 間四季夫, 間満足に, 黄いろな

▼ 年~ (69, 0.1%)

2 のお, のこと, の浮世, の溜飮, の親友

1 [59件] あったこと, あの方, かかる懷疑的學者, この信仰, たとへ, に天鵞絨, に於ける, ねがひたる, の, のまま, の下痢症, の佛蘭西新詩, の友, の友人, の友達, の垢肌, の天荒, の工業, の市五郎, の希望, の弟子坊主, の志, の思想, の怨敵, の慣れ, の所在地, の持論, の景教碑, の疑問, の知己, の私生活さ, の素志, の素懷, の習慣, の老樹, の蔦衣, の詩學, の部下, の長夜, の頗る, の風俗, の風俗習慣, はさ, は照, やつて, やつて來, り人, わが生まれた, 住み慣れた家, 同じ鯨音, 嘗めつくしたり, 成り來つた村, 求めて, 溜めて, 物堅いので, 誠に融通, 馴れたもの, 馴れたる中, 馴れたる足場

▼ 年~ (69, 0.1%)

3 の金 2 の勘定, の店賃, の月謝, の餌, 集めて

1 [56件] が終り, くらいは空想, しかない, じゃ三万両, すなわち千両, ずつ納める, だけ若返っ, だけ若返った, だけ若返りました, だけ褒美, である, で中間, とって, とれる, には大え, に少し, のこの, の借り, の半分近く, の各, の寄宿料, の推移, の支払い金額, の敷金, の生活, の留学生十余人, の研究, の税金, の給料, の給料以上, の蔵敷料, の薬代, の見越し, の貯え, の貯金, の金額, の頻度曲線, は余るだろう, ほど寝溜めしよう, までが揃っ, まとめても, もある, もどっさり雑然と, も要求, よりは少ない, れたもの, をすませる, を一万円, を三つ, を働き出さなけれ, を元朝, ノ糧食, 同二圓十錢, 後れた考察, 暑いに, 書きためて

▼ 年こそ~ (66, 0.1%)

9 若いが 3 取って 2 お嬢様に, かなり取っ, まだ二十三, まだ十七, 三十前後です, 若かった

1 [42件] あまり違いません, おきよより, おさないが, それほど取っ, ちがえ商売, とったれ道庵, とつた, とられましたが, まちまちだ, ゆっくりと, よれ出陣, ソヴェト同盟に, ニナール姫よりも, 中年です, 二つ三つ上で, 全く書斎, 八つか, 六十にも, 分らんな, 十も, 十六に, 取つたれ大根, 取つて, 寄れきかない気性, 寄れ頼み, 少し取り過ぎました, 少し若い, 幼いが, 幾つも, 未だ二十三, 老いたれこ, 自分よりは, 自重すべく, 若いけれど, 若いけれども, 若うございます, 若けれゆくゆく, 違いますけれども, 違え瓜二つ, 違って, 違へ, 電燈の

▼ 年たった~ (66, 0.1%)

3 今日, 後の 2 今日も

1 [58件] あとでは, あとでも, あと浴衣で, いまわたしたちの, いま本当に, か, かとお, からってお互い, からもう, かわからない, か分らない, か分らぬ, か知っ, か知れない, きょう顧みれ, けれども私, ってありやしない, って元, であろうか, という秘蔵, という風, とき彼女の, とき念入りな, とは思われぬ, とも知れない, と云う, どき新しく, に過ぎなかった, のか, のであります, のである, のです, ので元来, 一八九七年である, 一度二日間の, 今に, 今日でも, 今頃九太の, 十, 十年, 四一年には, 壁, 夏の, 年の, 後でなく, 後にも, 後までも, 後再び, 文化三年に, 明治二十八年の, 昭和二十年の, 昭和十三年に, 時タンプル大通りや, 時分葉子が, 来年の, 近ごろに, 近ごろまた, 頃でございます

▼ 年とは~ (66, 0.1%)

2 たたないうち, たって, 壽命が, 経って, 続かず一年

1 [56件] いられずやめて, いわないに, かからなかったの, かかるまいむしろ, たたないと, たたない本館, たたない若, たたない間, つづかなかった, どうやら無事, なきもの, ならず母親, ならないのに, なれるなり, もたない, 七月革命に, 下らない, 二つの, 互に無関係, 保つまいと, 古くない, 命は, 国を, 好くも, 如何に, 弥勒仏出現の, 後れて, 思えませんでした, 所謂足掛の, 永徽六年來朝の, 王世貞既に, 甚だ似, 生きても, 生きない, 生きやしないん, 生き延びられないこと, 看做されない, 立たぬ前, 立って, 経たず一生, 経たぬ中, 結婚及び, 經たず, 經たぬ, 続いたこと, 続いたため, 続かずとうとう, 続かないで, 続かなかった, 續けられまい, 言ふでふ, 言へ, 辛抱なさるまい, 遊ばれぬ人間世, 違わなかった, 長い戦い

▼ 年若く~ (66, 0.1%)

16 して 2 我は, 面清き

1 [46件] おわせしため跡部長坂, そのためふたり, てきれい, てなまじ, てなめた, て再会, て実, て彼女自身, て快い, て或, て最も, て死ぬ, て汝等, て父, て美男, て芸術運動, は三年, は二十年, は八年, は千五百年, は數百年, は數百年前, ば二年, ば五十年, ば唯, ば永年, われは, 十四五なれ, 名を, 壮ん, 姿貌端正に, 子供であります, 師範学校を, 恋に, 死んで, 熱情に, 生き生きと, 私より, 粗豪, 見える一人, 見られるの, 諸天, 身は, 軽装し, 金髪の, 頭は

▼ 年かかっ~ (65, 0.1%)

3 てこの 2 てもその, てようやく, て書いた, て研究

1 [54件] たってあの, たってムダ, たって到底, てあの, ている, てする, てそこ, てたった, てちびりちびり, てついに, ててんで, てできた, てできる, てほぼ, てぼく, てもいい, てもここ, てももとより, てもよう, ても使いきれない, ても地蔵一つ, ても大丈夫, ても実地, ても消え, ても難しい, てやった, てやっと, てやりとげる, てやれる, てようよう, てスター, て三十本, て今, て仕上げた, て作り上げた, て其後, て出来あがる, て出来なかった, て判決, て刻みました, て卒業, て四千種以上, て大成, て太陽, て実際, て山, て得た, て拵え, て教える, て溜めた, て漸く, て特製, て編みだした, て飯倉

▼ 年なり~ (65, 0.1%)

4 二年なり, 五年なり 2 とも十年, とも返報, 三年なり, 三年なりの, 何時かは, 十五年なり, 十年なり, 奔走し, 而し

1 [39件] いずれ勘当, か, しと, すれば, という, とすれ, とも北海道, とも高野, と伝う, と断言せり, と期限つき, と聞けり, 三十年なりの, 三百年の, 中断すれ, 之を, 二十年なり, 二年なりの, 五十年なりの, 五年なりには, 余燼の, 十年なりの, 十年の, 坐って, 堅気で, 奉公を, 婆アさんも, 憂危心に, 故に, 数ヶ所の, 時刻爽わ, 楽に, 歸りたくない, 生命を, 緩り, 貴賤往来, 貴重なる, 身を, 辛棒した

▼ 年正月~ (65, 0.1%)

3 の下 2 のこと, のマルクス, の五日, の条, の門松

1 [52件] いらいパークス, からし, から二年間真砂座, から出発, すでに長州はじめ討幕派陣営, であった, で備後, で同月二十七日霊廟, とともに日本, となっ, とはなつ, にその, には岡崎, には従四位下右京大夫, には閑院内裏造営, にも大火, に再び, に同時に, に国学, に始まる, に小普請奉行, に戦場, に父正邦, に生れ, に発表, に綱村, に至っ, に至る, に豊臣秀吉, の, のこと偶, の事, の二十四日, の公園劇場出演, の六日年越し, の出来事, の国民科学研究所, の坂下門事件, の夜, の大, の文書, の日, の昼, の梅花歌中, の歌舞伎座, も過ぎ, より四月, より承, 初めてニューヨーク, 大白星昼, 生る, 蒙古

▼ 年~ (65, 0.1%)

4 一回の 3 一次大戦の, 三号に 2 一号に, 三号の, 四作

1 [49件] 一号, 一号の, 一号所載の, 一号雑録欄所載の, 一回帝国美術院の, 一巻を, 一期の, 一期同, 一次ヨーロッパ大戦の, 一次世界大戦が, 一次世界大戦勃発, 一次世界大戦勃発愛国心に, 一次世界大戦終了の, 一等の, 一號, 七一号, 七月四日亜米利加十三州, 三号所載, 三号雑録欄百七十二頁に, 三回新日本文学会大会に, 三期に, 三次美術座を, 九十六號, 九年第, 二シュレージエン戦争に, 二号所収, 二囘, 二回の, 二回を, 二回勧業博覧会に, 二回総会は, 二巻一, 二次欧州大戦に, 二版が, 二號, 二號及び, 五号に, 六十四回帝國議會の, 六号, 六回卒業, 六回大会が, 十一号に, 十二巻の, 十四版六〇ページ, 十年分の, 四回内国博出品の, 四巻五九, 四番目の, 百書房

▼ 年~ (65, 0.1%)

5 の晩 2 のベルト, の怨, の鐘

1 [54件] お便, かでふっと, からは正月, が改めて, この田舎, だつた, だよ, ではある, でもなさい, とか小松正月, とやら某省傭, と云, と称し, と認め, になります, にはそれ, に思い詰め, に貯, に魚, の一つ, の中氣, の今日, の仕度, の借金, の古, の夜, の夜食, の宵暁, の御, の思出, の恩人, の日, の月賦, の浪人生活, の溜飮, の給金, の豆, の関東滞陣, の馴染, の駄々羅遊び, もしくは三年越, も世話, や節供, らしい情調, をした, をしよう, を大年, 互に思い合っ, 居た事, 御厄介, 教えて, 煩った後, 立たぬ腰, 見なかった人

▼ 年~ (64, 0.1%)

5 の事 3 のこと 2 きに, だか, になる, に卒業

1 [48件] から祖先, かわかりません, か二十年先, か分りません, か或は, が分る, きか, きで死んで, だ, でありそれに, ではおそらく, でもかまわぬ, で当る, というよう, にいい, にこの, につて, にはいない, にはどう, にはどんな, に一人前, に両手, に出来る, に出来上る, に原子学, に早稲田, に生れ, に行く, に進ん, の世の中, の八月二十日, の切米, の扶持米, の文化, の文化人, の書きたい, の未来, の烏, の阿房鳥, は知らぬ, へとぶ, へも生かす, へ先, までは寿命, まで生きる, よりも二千年先, よりも千年先, を予想

▼ 年出生~ (64, 0.1%)

23 の年結婚 6 に対する比率 4 の結婚, の総 2 と年結婚, と結婚, の人口

1 [21件] からヘルマン氏, が年結婚, が著しく, とが総, と比較, と等しく, に対する一般的比率, に対する平均比率, に対する比, に関する実測, の合計, の平均数, の超過, は一七八〇年, は常に, は年結婚, は百万, は革命中七分の一, も埋葬, をもっ, を百万

▼ 年にな~ (62, 0.1%)

22 つても 4 つてゐた 2 つてから, つてゐ

1 [32件] つたのである, つたの今度, つて, つてある, つてからも, つてさいくらか, つてそんな, つての, つてまた, つてよし, つてスピークが, つて二人が, つて先生は, つて前, つて女子知らん, つて娘の, つて嫁にまで, つて居つた, つて彼は, つて新しい, つて昌造らの, つて春愁でも, つて犬掻きを, つて独身で, つて第, つて耳は, つて若い, つて見, つて飼犬に, つて黒田筑前守繼高の, もし台湾, もりますね

▼ 年三年~ (62, 0.1%)

5 の後 2 とたつ, と月日, と過し, は夢

1 [49件] あるいは五年, かなわぬもの, が非常, たつうち, たりとも, でも汝一人, という, という破局的, といふもの, とそれ, とたっ, とだんだん, となりゃ, と並ん, と余五郎, と息子たち, と段々店, と経, と経ち, と経る, と続く, と続け, と金利, のうち, のその後, ののち, の兵営生活, の前, の片手間, の難航, の頃, の食料, はおろか, はかく, はそのまま, はどうにか, はもてる, は五年, は持たせ, は経過, は給金, まで饑饉, もつづい, 働く, 或は山陽道, 経つうち, 経つても, 習ったところ, 若くば

▼ 年二十年~ (60, 0.1%)

3 の後 2 および現在, とこの, のうち, の歳月

1 [49件] あがいて, あるいは人間一代, たったあと, たってから, たつたあと, で其の, で可能, といふ年代, とたちます, とたつ, とたつ間, とつまり, となる, と月日, と生きのび, と立つ, と経つたら, と続け, と続ける, と苦しん, にも勝る, に収, に読み, に讀み, のイノチそのもの, の交, の仕事, の修行, の内容, の命, の後牢屋, の思弁, の月日, の状態, の短日月, の稽古, の親友, の計, の間, の間人間, の難行苦行, はおろか, は十年二十年, は直ぐ, ほど前, も一時, をその, を挙げ, を虫

▼ 年~ (60, 0.1%)

4 てその 2 ても一寸

1 [54件] たり, たるもの, たるもの也, たる山吹, たる相貌, たる石塔, たる蛇, つつ, てからその, てからは事情, てから偶然, てここ, てこの, てつ, てど, てなつかしい, てはからずも, てまわり, てめぐり逢う, てもその, てもつねに, ても五年, ても床の間, ても忘れ, ても消えない, てアイルランド, てウンテンベルグ, て九年, て住める, て古く, て回想, て建長五年, て後, て思い思い, て故郷, て文字, て朧気, て此訓, て私, て能, て袖, て赤銅, て開け, て雲坪先生, とも変, なば, にける, にけれ, にし, ぬれば, りし, りたる榎, りましき, りましたなあ

▼ 年しか~ (58, 0.1%)

4 たって, 生きられない人間 3 ない, なかった, 経って 2 生きて, 経たないのに

1 [37件] ありませぬ其の, いなかったに, いませんけど, たたない, たたないのに, たつて, ちがいは, ちがって, つづかず廃刊, ないといふ, ないので, ならないのに, へて, もたなくすること, もたぬそう, 住まず間もなく, 使って, 先んじなかったこと, 持たない, 持つまいと, 此世の, 洋行した, 生きられないと, 生きられないもの, 生きられない非, 生存出來ない, 経たないん, 経たないロシア農民, 経たない展望台, 経たない館, 経ちませんのに, 経て, 経ない人間社会, 続かないかも, 老いなかつたこと, 覚えること, 隔つて居りませぬ

▼ 年では~ (56, 0.1%)

5 ない 3 ありませんが 2 あったが, ありませんでした, あるまい, ないと, なし奧さま, 可哀相だ

1 [36件] ありません, ありません百年以上, お前の, この方, それも, とてもやり切れなく, ないか, ないが, ないし, ないぞ, ないの, ない四十歳, なかった, なかつた, なくさればと, なくて, なくなって, なしお前, なし奥さま, なし話題, まだ分らない, まだ可哀そう, もう寝床, もっと腹, 五寸も, 余計地主, 強盗も, 得られないなどと, 得心が, 柄に, 決してない, 滅多に, 無い, 無いが, 無ささうである, 翼は

▼ 年くらい~ (55, 0.1%)

6 前から 3 前の 2 だっけ, 前まで, 経って

1 [40件] いて, かかりそう, かかります, かかるだろうから, したら手紙, して, ずらじゃ, それに, たって, だったろう家, であったかと, では, でもう, で世界, で引越し今, ぶっつづけに, まえに, まえ村, もの間ずっと, 今の, 便りが, 前だ, 前だろう, 前であった, 前でも, 前に, 前には, 大阪に, 奉公し, 実地の, 旅行の, 早過ぎ, 昔の, 生きて, 生きられるもの, 細々ながら, 経ったなん, 経ったら何, 経てば, 遅れて

▼ 年じゅう~ (55, 0.1%)

2 でいちばん, で最も, のいちばん, ぶすくさ, 同じよう

1 [45件] いたいよし, いると, かの北海, がそう, がほとんど, こうやっ, こづきまわされて, このとおり, こぼしてばかり, ごたごたした, たっても, でこの, でもっとも, で一ばん, で春, で火, にある, のもっとも, の時候, の気候, の洗濯, の祝い日, の給料, ひょろひょろし, やぶいり男, 住んで, 古びた物, 叫ぶ声, 同じもの, 同じ天気, 寝そべってばかり, 寝て, 少しずつ, 忙しい人, 忙しくて, 暮らして, 死ぬまで, 絶やすこと, 縛られて, 置かれれば, 血走った目, 見て, 見なれて, 降って, 馴れ切って

▼ 年前私~ (55, 0.1%)

3 は或 2 がまだ, が引, は, はある

1 [44件] が, があらゆる, がソヴェト, がツーロン, がプティー・ジェルヴェー, が三十一, が二人, が初めて, が十八, が大学院, が大阪, が太沽, が女学校, が文学, が旅立, が日出雄少年, が早, が最初, が東京, が東京高等商船学校, が盗み, が長崎, が黄河, と一緒, の十三, の天, の師匠, の来た, の母, の父, の蟻, の見た, の辞典, はあなた, はまだ, はカリフォルニア, はラジオ, は二, は五所川原, は初めて, は半ば狂氣, は夜中, は小, は気づいた

▼ 年十年~ (55, 0.1%)

3 の後 2 かかっても, この土地, とたつ, とだんだんに, と勤めた, のうち, の屈辱, の間, 生きて

1 [34件] あるいはもう, あるいは一生ここ, あるいは十数年間, おやり, が一昔, たっても, では, でもします, で起, というみじかい, となつちや事, とも寄食, と勤めあげた, と年期, と満, と生き延びる, と経つ, と重労働刑, と養っ, なら待ちます, に一つ, の暮し, の未来, の無人島生活, の鍬下年限, の風, の風水害史, はおろか, は夢, は過ぎ去っ, を以て起, を經, 語りつづけても, 遣らなければ

▼ 年ばかりも~ (54, 0.1%)

6 前の 5 前に 2 前から, 名望を

1 [39件] おくれて, この家, こんな大金, ごろ, すると, そばに, たったころ, たつと, ホテルの, 一緒に, 以前に, 以前の, 住んだ家族, 住んで, 其処に, 前でも, 前アルジェー反乱勃発の, 勤めなくちゃ, 堪えて, 墓場へ, 寝たきり, 小夜子と, 居たら帰るかも, 居て, 延長し, 弟和助の, 慢性にな, 斯の, 昔の, 流浪を, 病気で, 着て, 経つ中, 続いた仕事, 蓮の, 逢えなかった旧, 過ぎると, 郷里に, 頭を

▼ 年経った~ (53, 0.1%)

2 ある日, のだ, 今日では, 後には, 後の, 或る

1 [41件] あと父に, いまは, か, かも知れない, か判らなかった, か或いは, か解らない, がその, が強, ことでしょう, こんに, ってわかりっこない, って待ちぼうけ, って猫, というよう, というよそ, ときこれまでの, とこそいえ, ところで, とする, とも分からない, ばかりである, ような, んだ, 一八八〇年の, 二十四年の, 今でさえ, 今まで, 今も, 今日この, 今日の, 今日まで, 今日わたしたちの, 今日イタリアなどでは, 先達っての, 冬の, 夏の, 後この, 明治四十二年の, 現在の, 頃人相と

▼ 年~ (53, 0.1%)

4 の幽霊 2 とは壁ひと, は焼き場

1 [45件] がゆうべ, が殺した, が疲れ, が裏口, それから煙草屋, だね, という人, という大工, という奴, という若い, と云った, と共謀, と大吉, と最も, と相談, にかかっ, に取られる, に対して人々, に注意, のお話, のとなり, の姿, の家, の寺, の平素, の棺桶, の死骸, の灰, の菩提所, の隣り, の魂, はそこ, はどうして, はコロリ, は何, は小刀, は幽霊, は息, は正直, は死んだ, は湯島, は生き返った, もその, も下谷, も大吉

▼ 年とか~ (52, 0.1%)

2 奉公し, 言はれ, 費る

1 [46件] あるいは終身, いって, いて, お職, さきの, なんとかかん, ひと月とかいう, 三年とかの, 亀は, 二十年とか, 二十幾年とか, 二年とか, 二年とかの, 二百年とか, 云ふ, 云われるよう, 五十回目とかに, 五十年とかの, 五年とかいう, 何万年とかいう, 何千年とかいう, 何萬年とかいふ, 先の, 八年とか, 六年だ, 勤めて, 十三年とか, 十年と, 十年とか, 千億年とか, 千年とかいふ, 大洪水, 幾人もの, 撒水車を, 昭和何年とか, 申しますが, 百年とか, 監獄に, 相当の, 稀には, 経って, 経つ大, 言いましたけれども, 言いました早い, 言うこと, 酉の

▼ 年までは~ (52, 0.1%)

2 盛に, 緑いろ

1 [48件] その位, そんなこと, とんと先生, なかった, ほかの, ほんとに丈夫, ドイツの, 七面鳥の, 中村屋は, 予防拘禁に, 修了した, 全く助手, 八七分の一と, 六年以上の, 労務動員計画と, 千二百六十六年, 壁の, 夏氷など, 大学では, 太平洋岸を, 学校の, 小田原に, 平穏に, 年とともに, 幸福に, 引きつづき講義, 戊辰内乱に, 政府の, 教授として, 教育に, 昔の, 時々刻々が, 横断太平洋汽船航路が, 殆ど連続的に, 殆ん, 生きるかも, 病気が, 石垣なども, 確実に, 秀才中の, 紀州の, 続けられたの, 自分が, 自分の, 著しく加速度的, 被害の, 誰が, 追記の

▼ 年~ (51, 0.1%)

13 かけて 5 かけての 3 し, その数字 2 し敵

1 [25件] かけては, かけ前後五年, しといふ, しティトネ, し妖女, し林, し水沫, し焔, し牝, し肉, し舳, し靈, し髮, たる, た古家, た猿, た蝙蝠, ぬ, はいった, 上る時, 改めてはいり直した, 日々が, 進むその, 進歩する, 飛んで

▼ 年とっ~ (50, 0.1%)

6 ている 2 てい, ていった, ています, て力, て来る

1 [34件] たりこう, てからであろう, てからの写真, てからの眼, てからはあんまり, てからはいろいろ, てからも忘, てからも涙ぐまず, てからようやく, てから乏しい, てから娘たち, てから眼, てしまっ, てすすびた柱時計, てもろもろ, て世, て今, て仕事, て保, て再び, て参った, て天国, て子供, て小, て居ります, て感情, て改心, て新しい, て独立, て目, て肥った, て見えた, て見える, て醜くく

▼ 年~ (48, 0.1%)

1 [48件] が, がその, がイタリー全土, が三十一歳, が三十九歳, が三十四歳, が二十一歳, が二十二歳, が六十八歳, が六十歳, が四十八歳, が執政官, が官吏, が木曾十一宿総代, が死, が選挙, としてはよく, とはじめて, とはぢめ, と威, の一生, の名著, の捕はれた, の歌劇, の死, の死ぬる, の独慎, の親, の野郎, の顔, は, はまた, はイェナ大学, はペルージヤ, は三十六歳, は公刊, は六十歳, は再び, は妻, は年八歳, は恒雪線, は故郷ニージュニ, は更に, は群馬栃木, は近く, は風景画, れ家, れ年十二

▼ 年~ (48, 0.1%)

7 たない 4 つた 3 つか 2 つたか, つと甲子

1 [30件] ざるま, ち二年經, ち五年, ち五年經, ち心, ち或, つうち二人共, つたが, つたこと, つたらば, つとあんなになる, つとも, つと大分伸び, つと彼, つ中, ての後, てば四十, てば河, てば罪, て光, て後貴君, て我夢, て自然, ました, りぬ, りましき, るも, るを, る大樹鬱蒼, る庄屋

▼ 年一度~ (47, 0.1%)

4 の賑 2 の好い

1 [41件] しか金箱, でも用, と言い, に緩める, のおせつ, のお正月, のむつごと, のクラス会, の健康診断, の内, の制作, の同, の夜会主客陶然, の大, の大切, の大祭, の天下祭, の太夫道中, の子供, の年始状, の最高潮, の歳, の歸國, の江戸下り, の父子情調, の特大闘牛, の獅子, の神, の祭, の祭礼, の義理, の行事, の逢引, の運動会, は来, び他, も西洋音楽, も領主, や二度, 来る筈, 行われる関東名物

▼ 年及び~ (47, 0.1%)

2 一七〇〇年に, 一八〇一年の, 一八一七年

1 [41件] その後の, その後数年海陸両, 一七〇〇年の, 一七〇六年に, 一七一〇年には, 一七三七年には, 一七三七年の, 一七三八年の, 一七二〇年という, 一七五一年には, 一七五八年は, 一七八七年の, 一七八三年は, 一七八五年には, 一七八四年に, 一七六〇年の, 一二六六年, 一五年である, 一八〇〇年の, 一八〇一年における, 一八〇一年よりも, 一八一一年に, 一八一一年の, 一八一七年の, 一八一五年に, 一八一八年の, 一八一六, 一八一六年, 一八二〇年の, 一六七〇年に, 七年に, 九年の, 今回の, 元亨四年, 八二年に, 十五年三省堂, 十四年の, 大正三年兩度の, 寛文十年の, 第十年, 陳渉世家等で

▼ 年~ (47, 0.1%)

4 の初め 2 には忘れ, に至っ, の頃

1 [37件] いわゆる, からだった, から桜田, から次第に, から翌, が来た, が深く, ちかきころ, ちょうどこの, であつ, と明記, には何時, に支那人, に着手, に至り, に解散, に講和, の, のこの, のはじめ, の中ごろ来, の出水, の十月二十七日, の半, の半ば, の報告, の大, の宵, の彼岸, の洪水, の紀念, の蘭軒, の関東大震災, は九月, までの, まで放送, より昭和八年八月

▼ 年近い~ (47, 0.1%)

4 月日が, 歳月が 2 年月を, 昔の, 月日を, 歳月は

1 [31件] シナ滞在が, 交遊を, 交際だ, 交際で, 今日迄, 俺の, 前に, 太古において, 岸本の, 年月が, 年月に, 旅から, 旅寝の, 昔, 昔である, 昔に, 星霜を, 時間が, 月日は, 歳月の, 歳月を, 沈黙の, 生活と, 空白を, 舞台上の, 苦行, 訴訟の, 過去と, 錆が, 間の手紙を, 間隔は

▼ 年五年~ (46, 0.1%)

3 と経つ, の月日

1 [40件] が左, ざっと七年目, その内, では, で卒業, といううち, という歳月, という牢獄, とそういう, と中, と二年, と住む, と生きてる, と重病室, ないしは十年, ないし十年二十年, などという筈, になる, のあいだ, のうち, の後, の根気, の漂泊, の程, の苦業, の落ち残り, の間, はて, はともかく, は分別, は粛然, もしくは七年, もっと以前, 恋した, 活きて, 生き延びんが, 経って, 過ぎても, 食いつなぐ金, 養い育て磨いたも

▼ 年生れ~ (46, 0.1%)

3 の女 2 だから, のこの, の彼

1 [37件] か, だが, だと, て始め, であるから, であること, でこの, でこれ, でね, でカフカ, で圭齋, で文久, で日本流, で綱宗, で綱宗と同年, で高い, といふ, のオリガ・フォルシュ, のシャギニャーン, のマル児, の人, の今年八十四歳, の兄, の刻印, の大人物, の小, の従って, の派手, の米庵, の美丈夫, の若い, の藤陰, は山, 一昔まえ, 圭齋は, 寅どし, 文化十年三十六歳で

▼ 年~ (44, 0.1%)

2 へにその, へのこと

1 [40件] がうけとっ, づは順當の, は一番, へ, へから手紙, へから軍職, へすでに, へです, へに両親, へに作りし, へに出来, へに商売, へに死にました, へに汐田, への, へのわたし, への冬, への春, への浅草, への狂院, への真, への真夏, へはさうだつ, へまであつ, へまでにはひとつ, へまで小, へまで蕎麦屋, へより, へより聞きゐたる浸, へわたし, へ一度, へ二十年, へ十五年, へ同一, へ同志社, へ商売, へ山裾, へ材木座, へ蘇我, へ郡役所

▼ 年乃至~ (44, 0.1%)

3 一〇年の

1 [41件] 一〇年が, 一〇年を, 一億年以前の, 一億年前の, 一六二〇年, 一六四四年, 一萬年に, 七億年を, 七十年位は, 七四一年, 七百年ほど, 三千年に, 二十一年の, 二十年も, 二十年後ニ於テ日本人ト同一ナル生活權利ノ, 二年を, 五六百年たつ, 五千年前の, 五年, 五年に, 五年毎に, 五年經過し, 六十年の, 六百年に, 十年の, 十年前の, 十年近くその, 十數年數十年も, 千九百十一年の, 千年万年の, 千年以上も, 嘉靖五年の, 四十年を, 四年の, 四百年, 幾万年の, 数十億年の, 数年遅れ, 数百万年の, 数百億年に, 第四十年

▼ 年二年~ (44, 0.1%)

2 と経つ, と經過, など到底

1 [38件] が三年, そう足かけ三年, ただその, たつと, というよう, とそれぞれ程度, とたつ, とは国, と一緒, と市役所, と時, と経ちます, と経る, と經つて, と送る, と通算, ないし五年十年, など数えあげ, になる, のあいだ, の後, はかかる, はまたたく間, はまだ, は命, は戸惑い, は時間, は経った, ひどい場合, をどうやら, を山口, を送っ, 乃至十數年, 経って, 経っても, 経つうち, 長くて, 食いつづけようが

▼ 年~ (44, 0.1%)

5 の前, の女房

1 [34件] から使, が, がとこ, だ, でござる, でひと休み, で昼食, で落ち, で飯, と顔, に着いた, のいない, の二階, の出かけた, の利腕, の大, の屋根, の方, の荷物, の隣り, の顔色, の鶴, はいかにも, はもの, はブラリ, は一図, は出, は師匠, は永く, は目, は訝し, も新田屋, を袋叩き, 指して

▼ 年だった~ (43, 0.0%)

5 と思う 2 が, としてその, と思います, べえ, んです

1 [28件] かしら, かそれとも, かと存じます, かと思います, かと思う, かね, かの時, かもう, からええ, から昭和, から私, から顧みる, かコーン, か二十二貫, か兎, か宮中, がこの, がその, がどこ, が城下街, けれどお, っけな, とき一年した, と思うでしょう, と旭川学芸大, と言い暮らし, ね, 僕が

▼ 年あと~ (42, 0.0%)

3 のこと, までは唯関 2 にお, に気がついた, までは唯

1 [30件] お邸, から奉公, から生長, ではそれ, にお前, になくなられまし, になくなり, になっ, になります, になる, には, にはしち, には自分, には苔, にもさき, にやりはじめた, に手前, に行方, に親父, のいま, の事, の八月, の八月二十日, の卒業, の山水, の意趣, の祭, の菊池, も同じ, 其の時

▼ 年かに~ (41, 0.0%)

2 なりますが, なるけれども

1 [37件] その由緒, できて, なります, なる, また活動, スイスの, 一回の, 一度大きな, 一遍ぐるっと, 世阿弥は, 之を, 亘る彼, 亙って, 亙る食物武者修行, 入ったばかり, 出た同, 創業の, 北原白秋氏などが, 千万人に, 大いにそれ, 岩国の, 成る, 教授に, 日置弾正という, 書いたものの, 東京に, 死んだの, 歿した, 没した曾祖父母, 渉つて聞かれた, 渉つて蓄積された, 葡萄牙人が, 買ったまま, 跨る賊徒征伐, 遷された地域, 邪宗門の, 鳥取地方へ

▼ 年すなわち~ (41, 0.0%)

2 今から, 実隆が, 明治元年で

1 [35件] ことしから, その二十歳, その八十一歳, シュリーフェン引退の, スウェデンボルクの, 一たび出づ法顕また, 一八一一年の, 一八一四年に, 一八五六年生まれ, 一八八五年の, 三十九歳の, 今より, 今日の, 十六世紀最後の, 十歳の, 去年は, 嘉永二年の, 大コレラ, 大正十三年に, 安全なる, 小野氏が, 山中において, 慶応三年以来天皇権力主義は, 日本家屋の, 日清戦争の, 明治十四年より, 春琴女が, 昨年の, 昭和十三年の, 普仏戦争が, 疫病または, 自分の, 西暦一八一二年, 西暦八九二年に, 長州征伐の

▼ 年~ (41, 0.0%)

8 んだ 5 んです 3 のです 2 の, のだ, のに

1 [19件] がるる, のかも, のであった, のであの, のである, のでこの, のでしょう, のでめっきり, ので少く, ので心, ので心得違, ので晩實, ので生活, ので耳, ので郷里, んでしょう, んでせう, んで今年, 筈だ

▼ 年~ (41, 0.0%)

7 りの, り前 4 りに, りも 2 りと

1 [17件] でしたの, のこと, の間, りして, りするうち, りで, りであるから, りで徳宗, りを, り一生懸命, り同じ, り後, り経って, り経つて, り育った丈, を經, 過ぎての

▼ 年~ (40, 0.0%)

4 の間 3 の歳月 2 りの

1 [31件] この病院, である, となり, なりきといふ, にもなる, に及び, に及べる, に過ぎぬ, の先, の刑, の前, の時, の生涯, の留學, の間アルバ, も世, も保たなかつた, りで, りですよ, りも, り前, り後, り故郷, り新聞社, り滯在, り留學, り經つて, り過ぎた十二年, を經, を費し, を費やし

▼ 年とも~ (39, 0.0%)

4 知れぬ昔 2 たたないうち, 経たないうち

1 [31件] いうべきその, いふこと, いわぬうち, なき不文憲法, なく両国, なく保存, なく押入, なく長く其處, ならないのに, 云う, 云って, 云われて, 分らない長い, 名づけて, 寄食させよ, 思ったであろうと, 申すべきか, 相成候折柄, 知れずこの, 知れぬ堆高い, 知れぬ悠久, 知れぬ梅, 経たない中, 経たぬに, 経たぬ間, 經た, 經つてゐない, 見られる, 見られ二年, 謂ふ, 雑誌は

▼ 年~ (39, 0.0%)

2 の妹アン

1 [37件] からこの, からだ, からはじまった, から一九四九年, から一九四六年中ごろ, から二十年, から四八年初頭, から大正初頭, から現在, か三十八年, になっ, には三, には割当権そのもの, には約, には運動, にまとめ, に物故, に特に, に病歿, に県会, に約, に至る, に起った, のロシア, のロマンティシズム, の大改革, の子, の時局下, の栃木県会, の疎開, の脱稿, までの十七年間, をもっ, を以て解散, 新しい光りで照らされ, 迄凡そ三〇〇位読了, 迄注文凡そ三三〇冊位

▼ 年ぐらいの~ (38, 0.0%)

4 間に

1 [34件] あたしの, うちに, かわいい女の子, ときこわれた, とき或, とき雑誌を, ところで, ところに, ひとたちは, ひとりの, ものでございましょう, ものです, 予定, 停船命令は, 刑で, 周期で, 地鶏である, 女の, 女の子を, 子供を, 寿命を, 少しは, 少年が, 少年たちが, 少年です, 後の, 早さ, 時だ, 暮し方, 期間でも, 期限でなけれ, 経過に, 講座では, 銀座だった

▼ 年ほども~ (38, 0.0%)

3 前の, 昔の 2 前から

1 [30件] たった, つき合って, まえの, 上海の, 交はりが, 仲よく暮らし, 何一つ便り, 修行し, 先だって, 前だ, 前であった, 前です, 前に, 居た身躰, 島に, 引きつづき行われたの, 打ちつづけて, 持って, 早く生まれた, 昔に, 時間がか, 続いた, 続いたあと, 続いて, 続きました, 通いまして, 遂に誰, 過ぎて, 間を, 養生いたし

▼ 年~ (38, 0.0%)

6 の上 4 の下 3 を渡る 2 のほとり, の欄干, を渡り

1 [19件] から入水, から身, が小名木川, で首, という橋, に似, のたもと, の水車, の袂, の詰, の鯨汁, はこの, へ目標, より下流, をわたる, を渡った, を渡ります, を越え, 即ち小名木川

▼ 年~ (37, 0.0%)

5 や, やない 2 ゆう

1 [25件] う, うおこられ, うの, うを, う何ん, かい前, かい若, かくなる, かく京都守護, かく怠, き立つて, やありません, やあるまい, やが, やし, やな, やもう, や女房, や無い, ゆう妻, ゆう新しい, ゆう焚き火, ゆう背中, ゆう降つて, ゆう雨

▼ 年における~ (35, 0.0%)

2 日本の

1 [33件] この巨額, これら教区の, その相互, ほとんど二百万, ウェブスタ博士の, ゲーテの, スウェーデン人口は, セヴィレの, ダルメイダの, ツァラアの, パリーの, ルイ, 三〇県からの, 仏国大革命は, 出生の, 北方大名伯爵の, 同市の, 商法延期戦は, 団菊両, 国会図書館は, 大事件, 家屋の, 日本文化の, 死亡以上に, 決意いかんによって, 消費は, 清仏の, 生活ぶりを, 英國勞働階級の, 西郷の, 議会でも, 鎮西の, 阿波国板野郡田上郷の

▼ 年よった~ (35, 0.0%)

28 悪魔は 1 ように, ロムバルディの, 婆やの, 年とった, 悪魔が, 悪魔を, 母が

▼ 年を通じて~ (35, 0.0%)

1 [35件] この地, こんな日, その日, なかなかの, 一回たり, 一番故障の, 一貫せる, 中, 二十日も, 五刑と, 何時も, 供養し, 十一月の, 十日ぐらいは, 又見られない, 失楽園に, 彼女は, 必要な, 我が国の, 数えたら何百何千, 文化, 日の出から, 日本国民性の, 殆絶える, 毎週多くの, 測らねば, 熱量, 生徒の, 用ゐられる, 百姓一揆は, 絶えずわれわれ, 職業と, 見える日, 連続し, 間断なき

▼ 年~ (35, 0.0%)

72 に當, の日

1 [24件] かなしいさびしい供養, がいとなまれ, が三世, が來, が廻つて, としてお, など村方, にいろ, にはどうか, には蓮華形皿十三枚男女名取中, には袈裟一領家元, に今年, に当る, に相当, に箱根, のため上洛, の作, もほど近い, も一緒, をかねた, を修した, を指示, を機, を機会

▼ 年~ (35, 0.0%)

5 のこと

1 [30件] いい機会, から夏, から現在, から秋, から運動, であったか, となっ, と昭和三十一年, にかけて百合子, には, に上越線岩本駅地先, に西南戦争, のはなし, の体格検査, の体格検査表, の初めゼノア, の午前, の大寒中, の末つ方, の花, の評判記, は江戸, へかけ, まで, まで二年足らず, まで彼, まで職業劇団, まで足かけ五年, 浅くとでも, 迄のもの

▼ 年以内~ (34, 0.0%)

32 に倍加, に死亡, に男の子, のもの

1 [23件] で倍加, ならば, ならん, にあるき始める, には価値, には必ず, には来襲, にまでその, に世界, に多分, に巡回書庫, に成功, に我が, に死ぬ, に消費, に発見, に米州, に終る, に結婚, に起こるであろう, のこと, の図柄, までは貯蔵

▼ 年あるいは~ (33, 0.0%)

1 [33件] それ以上に, それ以上の, それ以内に, それ以前の, なん千年まえ, もう一生, 一億年あるいは, 一生ここに, 一生を, 七八年の, 世界史にとって, 二・三百年経った, 二十年百年旧い, 五十年の, 五年に, 五年の, 人間一代の, 十年に, 十年の, 十年は, 十年を, 十数年間は, 千二百年である, 千年を, 半年の, 四五年そこは, 四十年たっ, 恐らく一〇〇〇〇億年, 数十万年の, 数十年ごとに, 数日数時間の, 数百年習慣的な, 百年土気と

▼ 年かを~ (33, 0.0%)

1 [33件] お過ごしに, じっと辛抱, すごしたの, すわり続けた, つうじて, へて, 中に, 冬は, 寸前にも, 暮したこと, 来たの, 無事に, 無意味に, 牢中で, 生き古し, 知って, 空虚な, 経た, 経た年, 経過し, 続けねば, 蛹に, 要しますから, 費して, 送った経歴, 送って, 過ぎて, 過させられたの, 過すの, 閲した今日, 隔てた後, 雪山の, 飼い馴らしたもの

▼ 年のち~ (33, 0.0%)

4 のこと 2 の今日

1 [27件] がはない, がひ, すなわち七十, であ, にし, にたった, にはこの, にはもう, にはわが家, には社会通信社, にもらう, にムーア彗星, に牢, に生れた, に発表, に神奈川, に見事, のこん, の一八二四年五月七日, の二十八歳, の明治二十三年三百六十五万町歩, ひさ, まで, まで嘘つき, まで後生大事, まで町内, やっぱり別れた

▼ 年~ (33, 0.0%)

3 の初め 2 のこと

1 [28件] から昭和三年二月, ちかく川筋一帯, というの, には九鬼嘉隆, には二三, には日, に入る, に浅井, に火星探険, の, のある, のころ, のさかり, のなかば, のはじめ, のはじめころ, の休暇, の佐々征伐, の半, の夜, の始め, の帰省, の米騒動, の詩凡て十四首, の頃, までの六年, より一九一五年, 新司教セルケイラ

▼ 年生き~ (33, 0.0%)

4 てい, ていた 3 ている 2 ていたい, ていよう, ておいで

1 [16件] ていらっしゃっ, ていられます, ていられよう, てから死ん, てきた, てさえおれ, ても実際, ても彼ら, ても自然, ても遭い, ても雄略天皇即位五年, てゐ, て居られたなら, て行く, ながらへる, のびたれどさして

▼ 年計画~ (33, 0.0%)

2 のこと

1 [31件] が一年, だという, でこの, でなんと, ではじめ, でまとめ, でやった, でやり直す, で一作, で力, で差支, で敵, で月三十円, で片道, で考え, で電力, というもの, と関係, なら大丈夫誰, にあらためました, についてのボリシォーイ・テアトル, に対するアジ, のため, の予算, の完全, の真最中, の重工業地帯, は何で, を中心, を四年, を立て

▼ 年にわたって~ (32, 0.0%)

1 [32件] これらの, つくらせたも, わたしたち日本の, カナダの, 三度日本を, 世間に, 五六回も, 公私共に, 分布し, 前後三回支那西域タクラマカンの, 北と, 北陸の, 厭と, 国を, 奴隷の, 嫌と, 少しずつ, 建てられ高く, 我が国の, 撤兵する, 明暮に, 板敷の, 極東から, 歌舞伎十八番の, 激発させ, 発表されたらしい, 米英両国政府の, 継続され, 継続し, 継続する, 編輯し, 請願を

▼ 年ばかりは~ (32, 0.0%)

3 夢の

1 [29件] せっせと書き続ける, ほんとうに, もう来られない, 事無かれ, 亜米利加へ, 何うし, 借金返しに, 先生は, 全く絶交状態, 友達の, 取りたくないもの, 和助も, 外へも, 大丈夫だろう, 忙しくて, 持病の, 死ぬこと, 泥沼時代だった, 海水浴の, 無頼の, 生きて, 相川良之介の, 知らずに, 胡摩化し, 自分の, 船岡領へ, 過ぎて, 重行と, 飽きちゃって

▼ 年もの間~ (32, 0.0%)

1 [32件] あの座敷牢, いつも同じ, お犬様, かなり長い, この家, この山牢, この支那, ずっと分らなかった, その村, そんな肉, どうして暮らし, どんなに数々, にはあの, には落雷, には随分, にぼんやり, にわたった, に世界中, の, ぱったりと, ひとりぼっち, ぼやぼやと, もう妾, もがいた末, をさまよい, 乾き萎れ病み伏しました, 呼ばれて, 押しこんで, 放つて, 籠って, 虐げられ続けて, 読みたい新聞

▼ 年~ (32, 0.0%)

3 で来た 2 で突然, に再, に此盛岡

1 [23件] かでこう, かで恁云, かにお, こんなお正月, であちら, でお前, での人, で初めて, とかだ, にあの, に会った, に其日記, に再会, に初めて, に艪, に身体, に顔, の今日思掛, の俳句, の再会, の昔話, の邂逅, ほどで彼

▼ 年~ (31, 0.0%)

10 えも 6 えの, えは 2 え二十四 1 えから, えが, えであったであった, えと思っ, えに, えみな蕾, え過ぎた

▼ 年~ (31, 0.0%)

4 になった 3 になる 2 と三年兵

1 [22件] が云った, で初年兵, として近衛歩兵, との大, と一緒, にかう, になっ, にまかせきっ, にもなっ, のうち, の一部, の上靴, の二等卒, の区別, の食器洗い, は不, は不精不精, は軍服, を指導, を注目, を用い, を関東平野

▼ 年経ち~ (31, 0.0%)

4 二年経ち 3 お君 2 五年経ち, 十年経つた

1 [20件] あの上野公園, ちょうど九年目, ラプンツェルも, 三十年経った, 中学一年の, 二十年経ち, 二年経ちし, 二年経った, 今年は, 何だか気持, 別府へ, 十年経ち, 十年経った, 四年経ち, 大戦の, 大正七年の, 梅の, 母が, 紀元節の, 薄暗い部屋

▼ 年じゃ~ (30, 0.0%)

4 ないか 2 なくあなた

1 [24件] あるが, あるまいし, いつなん時卒中で, し, でいつ, で竜王, な, ない, ないが, ないけれど, ないとてもそう, ないの, ないもの, ないわ, なしなあ, まだはやい, まだ無理, もんじゃけ, アある, アが, アない, 何時死ぬる, 少し早, 早い方

▼ 年にかけて~ (30, 0.0%)

2 家政整理の

1 [28件] この本, この言葉, これらの, ほとんど連日, インフレが, ウクライナで, ソヴェトの, ラップの, レイスネルは, 仏蘭西の, 全国の, 労働者階級によって, 四五ヶ月酒か, 基本的人権の, 日本では, 日本の, 日本全国に, 早稲田へ, 昌造は, 書かれた, 満州と, 現在の, 約四十年間, 経験した, 肝臓炎を, 肺を, 間歇的に, 馬鹿馬鹿しいほど

▼ 年~ (30, 0.0%)

3 の国民学校 2 になり

1 [25件] だつたので, であったが, であってさえ, とある, といわない, となった, とわかれ, にし, になっ, になる, によってその, に改まる, に改められた, のグレード, の中, の児童六九・五パーセント, の全, の坊っちゃん風, の小学, の教育大学設置案, の最後, の無料義務教育, の統一労働学校, の高等小学, はつまり

▼ 年~ (30, 0.0%)

3 の下, の旅籠 2 のほう

1 [22件] から清水, でころんだ, でつまずいた, での騒ぎ, ではまんまと, で殺された, で苔, というの, と呼ばれ, の不安, の坂下, の辺り, の間, は辛抱坂, へ傍, や茶わん坂, を上る, を下り, を傘, を先, を武蔵, 程の勾配

▼ 年にしか~ (29, 0.0%)

6 なりません 2 ならない, ならないの, ならぬ, なりませんから, なんねえ

1 [13件] ならないが, ならないし, ならないのに, ならないん, ならない私, ならない航海術, ならなかったため, ならぬと, ならぬ新, ならんけれども, なりませんが, なりませんわ, 多量に

▼ 年久しい~ (29, 0.0%)

1 [29件] がもと, が今, が先づメッショナリウス, ことだ, ことだった, ということ, にもかかわらず, のである, ものであります, 一般の, 事であろう, 伝統までに, 体験であった, 分配供与の, 半助, 影響が, 慣習の, 慣行よりも, 昔を, 棲家で, 湯治場だろう, 現実と, 習わしは, 習慣にも, 自然観察と, 蓄積によって, 観察に, 言い伝えの, 隣住居で

▼ 年八月十五日~ (29, 0.0%)

1 [29件] からこん, からのち, から今日, から後, から植民地在住, から次, がくる, が来, が来た, という日, にわれわれ, に亡くなった, に抽斎, に桂川, に終戦, に蘭軒, に進歩党, の夜, の日暮れ, の朝, は二千五百, は出版界, は浅間山火山観測所, までお, までにわたし, まで一切, まで日本, 同八年九月十二日, 突如と

▼ 年~ (29, 0.0%)

3 を經 2 を置き

1 [24件] がか, がたつ, が永い, が短く, が經, が違, が違つて來, が長い, で五六年, などで以, に亙る, に換算, に於, のたつ, の爲, の經, の間生活, も十年, を一蔀, を換算, を數, を明, を淨火, を直に

▼ 年~ (28, 0.0%)

3 齢が 2 やりに, ゆるし下さいと, 繁は

1 [19件] たみは, つねが, ほくかさなりて, 京さんが, 会いしないのに, 会いせぬ, 住みに, 信は, 傭つけの, 冬が, 勤を, 台場に, 師匠さまを, 扶持を, 美代の, 逢いせずに, 関は, 預りし, 饑饉と

▼ 年ならずし~ (28, 0.0%)

2 てまた

1 [26件] ていよいよ, てこの, てこれら, てすっかり, てのろま, てイングランド, て並びに, て人気, て余, て再, て労働者, て天下, て学校, て宝暦元年頃, て彼, て意外, て枯れ, て洋行, て自分, て英蘭, て親父, て解けた, て談林, て谷文晁, て退学, て離別

▼ 年または~ (28, 0.0%)

2 十年間の

1 [26件] おそらく数百万年, それ以上に, それ以上必要である, それ以上続いた, 一ヵ月の, 一七二〇年より, 七年の, 三十年で, 三年の, 三年在, 二十年の, 二十年後には, 五〇年を, 五年なり, 五年平均の, 八年以上でない, 八年金剛智三藏の, 八年長安に, 十二年間引続き, 十四年の, 十年間英蘭における, 千餘年の, 四千年以前よりも, 四千年前と, 安政元年の, 数年の

▼ 年までに~ (28, 0.0%)

2 いくらか文学書

1 [26件] ほぼ解した, ぼくは, アメリカで, フランス王と, 三十五乃至, 中村屋は, 二十九年しか, 人口が, 位は, 八度奉公先を, 出した主, 十余例が, 四巻を, 多くの, 完成したる, 完成する, 於いて, 既に五百余り, 横浜に, 発表された, 私を, 至るこの, 行われる第, 該地で, 金貨五千三十三万八千余円一円銀貨四百八十六万三千余円五十銭, 難行道禅を

▼ 年立つ~ (28, 0.0%)

3 て元興寺 2 てゐよう, てゐる

1 [21件] うちには, うちにゃ, か立たない, か立たぬ, てお, てからマスコフキナ夫人, てゐない, て日露戰爭, て明和八年, て此祭, て見たら, といふ, とまた, と冷え切ります, と別嬪, と死ん, 中に, 今まで, 内に, 日には, 朝の

▼ 年がかり~ (27, 0.0%)

1 [27件] でこしらえた, でこれ, でそこ, でやっと, で作りあげた, で八十度以南, で印度, で天水, で待ちかまえ, で探し廻った, で数万ドル, で検定試験, で生んだ, で築いた, で粛正, で聞い, で貯めこんだ, で長, で集めた, で鰭, で麦, とかで出かける, にて俳諧辞書編輯, になろう, の勞症, の死, の粒々辛苦

▼ 年だけ~ (27, 0.0%)

2 待って

1 [25件] がまんし, であった, では, とったらどんな, 入ったの, 全部現地で, 出た若い, 利益を, 加へて, 寿命を, 差し引いて, 年齢が, 曳出す, 書記長を, 生きて, 生きる, 短縮する, 祝言を, 続けて, 縮まったと, 縮まったわけ, 蜷川を, 行ったナースチャ, 起り得るもの, 進級した

▼ 年において~ (27, 0.0%)

1 [27件] あれほど, そこは, では有名, 一屋無余と, 不幸に, 人口は, 俄かに, 出羽の, 初めて世界, 壱岐の, 彼らは, 恥ずべき敗北, 批評家自身社会的問題と, 新たな, 昭和四年から, 最も白峰, 最後の, 比丘縦逸に, 民主主義文学者の, 破天荒な, 社会党の, 社会情勢の, 穀物の, 裏切れるあの, 諸経, 長男の, 黙々たり

▼ 年戦争~ (27, 0.0%)

1 [27件] たる事, でも使用, でも冬, ということ, といふこと, などと申しまし, などはその, など長い, につき有名, には徴発, に当, に当っ, に於, に比べ, の如き, の成果, の終へた年, の野戦病院, は正しく, または三十年戦争, までの十年間大王, までの間, ももう, も屁, やこの, やなに, や七年戦争

▼ 年たて~ (26, 0.0%)

1 [26件] ば, ばあたしたち, ばうまい, ばお, ばきっと, ばこの, ばその, ばそんな, ばほ, ばみんな最初, ばもう, ばゆける, ばわれわれ人類, ば一エーカー, ば三十, ば三田, ば二十億円, ば任終ぢ, ば俺, ば地球, ば嬰児, ば恋しい, ば旅行, ば殻物, ば私ら, ば金髪

▼ 年をと~ (26, 0.0%)

5 つても 3 つてから, つてゐ, つてゐた 2 ツて 1 つた, つたおばあさんの, つたお婆, つた死は, つて, つてからの, つて三十近く見えた, つて居た, つて老いぼれた, つて酸い

▼ 年日本~ (26, 0.0%)

1 [26件] がロシア, が外國, でいう, でいえ, で云え, で長英, にいた, に屈服, に産, に留る, に駐留, のプロレタリア文化運動, の全, の国, の明治元年, の権力, の民主化, はまあ, へ帰った, へ来た, へ歸着, をおどろかした, をはなれ, を去っ, を征せ, を留守

▼ 年~ (26, 0.0%)

7 の梢 2 のうえ, の上, の下

1 [13件] がない, に抱きつい, に縛りあげ, のこずえ, のほう, の大樹, の幹, の真っ暗, へよじ登っ, へ沢庵坊主, また苔杉, を幾日, を思い出す

▼ 年~ (26, 0.0%)

2 のある, を缺

1 [22件] が延喜, が明らか, と云, などを暗誦, にすれ, について一個, によつて, に文和, の備, の文字纔, の解釋, もまた, も定め置き, や作つた人達, をかへた, を使用, を宙, を延ばし, を改めて, を改める, を見る, を記憶

▼ 年記念~ (26, 0.0%)

1 [26件] が世界, として上梓, として初めて, として明治神宮, として最近, として藩祖, にあまれた, に出版, に国民, に当る, に結婚, に際して出版, に際し昭和十年三月十四日附, のため, の会, の写真, の博覧会, の大博覽會, の大赦, の宴会, の文學講演會, の祝, の祝賀, の祭, を祝つた, 大會

▼ 年かかる~ (25, 0.0%)

2 かわからない

1 [23件] かもしれない, かもしれません, か三年, か二年, か分りゃしない, か十年, か巡礼, か知らぬ, か見込, ことに, そうである, ぞよ, というの, というわけ, という結果, ところを, と云われ, のである, のです, ものです, 仕事が, 勘定ぢや, 所業を

▼ 年経て~ (25, 0.0%)

2 ば死ぬ

1 [23件] ばお, ばこの, ばすっかり, ばたいがい, ばで, ばぼく, ばより, ばキレイ, ばヒドイ, ば一つ, ば一先づ決算期, ば三つ, ば仕度, ば四十, ば地主様, ば堂々, ば妹, ば妾, ば慣れ, ば本来, ば私, ば立派, ば蟲

▼ 年郎くん~ (25, 0.0%)

3 は, は自分

1 [19件] がお母さん, がながめ, ときよ子さん, と吉雄くん, のいち, のそば, の大事, の家, の新しい, の顔, はいいました, はうらめし, はこうして, はその, はついに, はどうも, は答えた, は考え, は誇らしげ

▼ 年ころ~ (24, 0.0%)

2 にはたいてい, のこと

1 [20件] から後, でありその, できた緑, でした, ではなかつたらう, とおも, になっ, にもまだ, に出版, に既に, に没した, に至っ, のこれら, の京大, の公用, の前田雀郎, の日本, の著, までそれ, まではそうした

▼ 年する~ (24, 0.0%)

2 うちに, かしない, と声

1 [18件] ときっと, とそこ, とたった, とね, ともう, と一種, と丸髷, と僕, と同好, と女, と妹, と枯れ, と生徒, と白髪, と西国方面, と転任, 中に, 必らず

▼ 年を以て~ (24, 0.0%)

1 [24件] あらためられ景燿元年, しては, 初めと, 前批判期, 国会開設の, 國會開設の, 学術及び, 巨人と, 応仁の, 政党を, 政権朝廷に, 政黨を, 最後と, 歿し, 歿す, 濂に, 生る, 筆を, 終つて居る, 自分が, 起返へるべき, 追記と, 逝く, 限りと

▼ 年九月一日~ (24, 0.0%)

3 の大 2 の朝, を迎えた

1 [17件] からである, から三日, が関東, である, にあった, のあの, の二科招待日, の夜, の大審院判決, の大震, の大震火災後一二ヶ月, の関東, の関東大震火災, の関東大震災, の関東大震災後, の關東大地震, をなごり

▼ 年~ (24, 0.0%)

2 初めてである

1 [22件] から三千年許, から三四年前, から五年前, では万両分限, では主人彦太郎, では乾葡萄, では二人, では僕, では萬兩分限, なおここ, の制度, の東宝株式会社, の私, はこひしき, は居ませんけれ, は電車通り, また同行二人, まで通り, ヱネチアに, 始めて帰る, 尚ひそか, 帰り来る

▼ 年以下~ (24, 0.0%)

4 の懲役

1 [20件] であったこと, であろう, ではなん, では人口, で倍加, にし, にても父母, にもひろげる, の事, の会員, の体刑, の勤, の厳罰, の年, の禁錮, の者, の要塞禁錮, は末法, ノ懲役二処ス, ノ體刑

▼ 年からの~ (23, 0.0%)

1 [23件] ことで, ことである, ことと, ものである, 事であった, 催促には, 党員だ, 党員で, 八九年間に, 功を, 各地における, 彼の, 御余裕, 日記が, 極めを, 欧州戦争の, 歴史の, 為来りである, 物である, 相違である, 苗代には, 著しい文学活動, 道行は

▼ 年ぐらいは~ (23, 0.0%)

2 塞がらずに, 夢の

1 [19件] かかる見込, この空壕, ごく注意, ずっといる, たちまちその, どこへも, ぶらぶらし, またたくま, もつと, 仲善し, 僕から, 小説などの, 山に, 平和であった, 慥に, 持ちそう, 空家に, 経って, 陸に

▼ 年さき~ (23, 0.0%)

2 になる, に勘平, のこと

1 [17件] からの名物男, だから, ですよ, でも十五年さき, でも結構, にあ, には映画小舎, には死ね, にピストイア, にヤアパンニア, に古里, に失, に死んだ, に訪れる, の当然, までみとおし, を予言

▼ 年でした~ (23, 0.0%)

1 [23件] あれは, か, かな, かなあれ, かな鈴木商店, かね, からなあ, からね, からもう, から卒業, か六畳一間, か文久三年, か東京, か私, が其前年, が初めて, が昔将軍家治, が本気, けれどわたし, な, なあ貴方等, の, よ

▼ 年前彼~ (23, 0.0%)

4 が広島 2 がこの, の父, はその

1 [13件] がはじめて, がまだ, がレーニン, がヴィクトリア・アルバアト美術館, が二十, が兄, が技手, が横須賀, が此波止場, が母, と彼, を捨て, を訪ね

▼ 年奉公~ (23, 0.0%)

15 して 2 したお 1 した私, してを, する氣, でもすれ, に出, をし

▼ 年時代~ (23, 0.0%)

2 の建物

1 [21件] からで, からの詩, すなわち落城当時, などにあ, になり, には将来物理, に先んじた, に正しい, のハイカラー, の世論調査, の事, の交渉以上, の孫文, の探偵記録, の東京, の羅馬法王ウルバン二世, の英人, の遺物, を, を追想, を過し

▼ 年~ (22, 0.0%)

3 老ってる 2 老った, 老って

1 [15件] てかえって, てその, てもいい, ても一向, ても何うに, ても前垂一つ私, ても屍姦, て今年, て何, て修行, て呉れた, て病気, て老女, らしった, 十八じゃ

▼ 年おくれ~ (22, 0.0%)

2 て検査

1 [20件] ていた, ている, てゐる, て三十二年, て中学校, て入校, て入社, て卒業, て小さな, て居る, て明治三十五年, て来た, て来る, て東京, て松本烝治, て母親, て民主社会, て行く, で丁度, の紹介

▼ 年なら~ (22, 0.0%)

2 ば人間

1 [20件] かなりの, こんな文, ね, ばここ, ば人々, ば仔細, ば口, ば多少, ば法王帝説, まだ春, わたくしも, んと, 一年に, 二年という, 五十年として, 四年で, 彼女は, 心細いけれど, 我慢も, 私は

▼ 年ほどは~ (22, 0.0%)

2 一生懸命に

1 [20件] あそこの, なお津軽, なにごとも, よくお, 京城に, 何も, 別れて, 助手なし, 子も, 子供を, 学問せい, 御謀叛, 旅ばかり, 無事に, 疊を, 続きましたか, 芝居からは, 茶は, 辛抱し, 非常に

▼ 年~ (22, 0.0%)

1 [22件] がつて男, だったが, だった穂積さん, だつた人, であったが, であつ, であるが, でやっぱり, で別に, のもの, のバルザック, の井上君, の勇吉, の友達, の同じ, の姉, の生徒, の男生徒, の私, の級, の組, の英文学

▼ 年以來~ (22, 0.0%)

2 の法度, の研究者

1 [18件] この復讐, この方面, のこと, のもの也, の事, の交誼, の問題, の固有, の支那, の政治的信號, の昇平, の暑, の木曾街道, の馴染, は非常, 殆どその, 頻りに上京, 馴れ親しんで

▼ 年以降~ (22, 0.0%)

1 [22件] かれは, その当時, であったろう, でなお, なの, におけるパードヴァ, に書いた, のお, のもの, のスウェーデン, のフランス, のロシア, の出来事, の劇界, の大, の幕末史, の彼, の混乱, は世間, は大正三年, 引続き増進, 某官衙

▼ 年初めて~ (22, 0.0%)

2 江戸に

1 [20件] お目見得に, のつくつく法師, の寒, 三田の, 上洛し, 京都から, 四条の, 布を, 彼女を, 彼等は, 東京へ, 横浜と, 渡鮮し, 箱根に, 英語の, 詩を, 諸王の, 輸入され, 降誕会を, 鶯の

▼ 年~ (22, 0.0%)

2 のシボレー, のフォード, の自動車

1 [16件] かの流線型哲学, がふたたび, だけれど, だったと, である, のクラウン, のパリ女, の制服, の女優, の実話, の新車, の映画女優, の純, の素晴らしい, を見出すだらう, 何とかいう

▼ 年~ (22, 0.0%)

2 国替の, 清の

1 [18件] 一緒に, 位を, 勤役に, 十七歳ばかり, 即位の, 厄介に, 城内の, 届として, 帰府なき, 年十九で, 当家に, 承知の, 治世が, 滞在にな, 神祭に, 贈位の, 里方へ, 降誕の

▼ 年早く~ (22, 0.0%)

1 [22件] お生れ, かおそく, とも又, 一人の, 世に, 出したから, 出したからって, 去って, 大名華族の, 文政六年の, 明治三十年代に, 書かれて, 死んだ芥川龍之介, 死んでも, 気が, 決心し, 没した迄, 生まれた姉馬, 生まれて, 生れしめたならば, 生れ過ぎたよと, 長禄元年に

▼ 年經つて~ (22, 0.0%)

2 ゐる

1 [20件] かの女, から相手, から神佛混淆, しまつ, その荒蕪地, もお, もわかりつこ, も一定, も同, も容易, も實踐, も尚, も私, も誰, や, ゐた, をります, 出て, 初めて暴露, 居ると

▼ 年過ぎ~ (22, 0.0%)

2 てもまだ

1 [20件] てお, てからのこと, てからの話, てから人, てから家, てしまいました, てしまった, てのこと, ても三年, ても何人, ても味, ても女, ても御前, ても腐らん, てゐるであらう, て余す, て再び, て歸つて來, のこと, の頃

▼ 年あたり~ (21, 0.0%)

1 [21件] からあの, からである, からの日本, からぼく, から大工, だな, ではなかろう, には大塚さん, には太郎, のこと, の女, の新年号, の時代, はまだ, は湯治場, へかけ, までの勢い, まではよかっ, までは裕福, までを一つ, 迄は吾

▼ 年くら~ (21, 0.0%)

2 ゐづつ, ゐに, ゐは, ゐも, ゐ前, ゐ奉公 1 ひこむの, ゐか, ゐしか, ゐで, ゐはか, ゐ一緒, ゐ経つて, ゐ身體ごと, ゐ都

▼ 年ある~ (20, 0.0%)

7 ひは 2 か知れない

1 [11件] から, という, と思う, のにもったいない, のにもつたいない, のに彼, のに胡麻塩頭, わけの, んです, 僧侶が, 日雨蛙が

▼ 年いた~ (20, 0.0%)

2

1 [18件] うちに, がいま, がその, が任, が容貌, が寝室, ことが, ことの, だけにし, づらぶし, という, という米人記者アーベント, のである, のを, ように, んです, 父親が, 雀は

▼ 年さん~ (20, 0.0%)

3 の塾 2 が謡曲, という人, の幽霊, の絵 1 が只, が通った, でなかなか, など皆, に会っ, のお寺, の姿, の御, は偉い

▼ 年として~ (20, 0.0%)

2 絶ゆる

1 [18件] あつて, かえりみられて, そのうち, だんだん先, ドイツの, 予定され, 即ち三十歳位, 日本の, 書中当時の, 死ぬもの, 特徴づけられた, 特記され, 私たちに, 私は, 積極的に, 記念すべき, 記憶される, 閏月を

▼ 年一回~ (20, 0.0%)

2 の公開演奏会

1 [18件] が普通, する事, ずつ参詣, で, ときまってる, のカタリーナ達, の催能, の学芸会, の平均, の懇親的会合, の検査, の演奏会, の赤十字慈善興行, の逢瀬, もしくは二回会合, 出て, 大演習, 来り見るところ

▼ 年三十~ (20, 0.0%)

3 にし

1 [17件] すぎて, であります, で名, と聞いた, にならねえ, になります, に到る, に及びし, に近い, に近く, の健康, の年, ばかりの奥方, をこえる, を越え, を過, を過ぎ

▼ 年何月何日~ (20, 0.0%)

4 に死する 2 の何時何分

1 [14件] だったかも, とかその, にあたし, にどう, になる, に剣難, に幾日, に日蝕, に火難, の続き, をやっ, を誦し出した, 大日本帝國海軍大佐櫻木重雄本島, 死ぬの

▼ 年志願兵~ (20, 0.0%)

3 の少尉

1 [17件] で, でしょう, でもあった, で入営, で旭川, で第, とし, として一ヶ年間騎兵, として入隊, として近衛, となり, になっ, に出, の, の将校, の河野, の試験

▼ 年~ (20, 0.0%)

2 の呼名今, の邸町

1 [16件] といふ, とか鮫ヶ橋, のお, のお嬢さん, のベルギー公使館, の下宿, の人, の伊大利大使館, の伊太利大使館, の岡本政七, の特許局出願課窓口, の私, の竹屋, の自宅自室, の通り, ほどで

▼ 年~ (20, 0.0%)

5 に当った

1 [15件] でありました, である, ではなかっ, で一丁目, で出張っ, で勤めた, に, にあたった, にあたって出張る, の会所, の司祭者, の廻持ち, は恐れ入っ, らしい肥後細川侯, 御役一統

▼ 年いや~ (19, 0.0%)

1 [19件] この眼, でいや, どうかする, ひと月待つ, もうすこし後, もう私たち, もっと前, もつと, 七八年でも, 三年たて, 二十年ぐらい, 二十年で, 今年で, 何十年かの, 十年かな, 十種類の, 千年生きた, 四十年近くも, 四年いや

▼ 年東京~ (19, 0.0%)

2 に住ん

1 [17件] および大阪, から離れ, で働い, で開かれた, と大阪, と小田原, にゐる, に住みつい, に働いた, に出, に暮す, の根岸, の湯屋, の鳩居堂, は第, へ帰っ, へ行く

▼ 年~ (19, 0.0%)

2 が牧師補時代, につれられ, の後

1 [13件] が初めて, が南, が始め, と共にウッケラート, につぎ, にわかれ, の仕来り, の志, の飜刻, は死去, は漸く, を失っ, を失ふ

▼ 年経た~ (19, 0.0%)

2 今日時代は

1 [17件] ばまた, ものは, 亀一般に, 今でも, 今な, 今日に, 古蝦蟇, 大きな守宮, 大木が, 幹の, 後の, 柳が, 栗の, 欅樫杉の, 百合の, 紫陽花が, 葡萄酒で

▼ 年経る~ (19, 0.0%)

1 [19件] あまも, こと十数年今では, ごとに, にしたがっ, に従って老い, ままに, 奴に, 時は, 樹らしい, 欅の, 毎に, 狐が, 狐だ, 狐に, 狐狸の, 白狐だ, 血の, 身ぞ, 間には

▼ 年おき~ (18, 0.0%)

2 くらいに家

1 [16件] か二年おき, ぐらいに日本, だと, にしかも, には京都, には外国, にやってくる, にユーゴ, に三回, に今帰仁, に匪賊, に替り番, の三期, の出生, の行事, もしくは七年おき

▼ 年によって~ (18, 0.0%)

1 [18件] いろいろの, すきな, その人, それが, ちがう日, 七月半ばの, 多少の, 少しずつ, 恥しさ, 最もよく繁殖, 甚だしく変動, 盛衰の, 著しくちがう, 遅速が, 違うであろうが, 部分的に, 雌, 鼠が

▼ 年まだ~ (18, 0.0%)

1 [18件] カルルスバート温泉が, 七年です, 三十という, 三十五の, 三十八歳であった, 三十六歳の, 中学生だった, 二十七歳の, 二十八九としか, 二十八歳の, 二十有余, 十七の, 十五六の, 十八に, 十八の, 十八歳の, 宿根は, 若き彼

▼ 年出版~ (18, 0.0%)

72 の本 1 した碩学菅茶山, せられたフェッシュ, とされ, の人類學講話, の新訳和蘭国, の津田真道先生, の画集, の細川潤次郎著考古日本等, の縮刷

▼ 年十五年~ (18, 0.0%)

1 [18件] とする, とたっ, とだんだん, とつづいた, と修業, と年期, と探す, と期限, と此, と読み慣れ, と過ぎた, などとこまかく, に該当, の今, の医療費, の後, の間, もあんな

▼ 年或は~ (18, 0.0%)

2 百万年を

1 [16件] もつと, 三十年に, 三十年の, 二三百年の, 二千年も, 二年が, 何百年か, 八年或は, 十三年の, 十数年の, 四年である, 山陽道或は, 幾十百年の, 数年の, 數千年の, 數百年前といふ

▼ 年振で~ (18, 0.0%)

3 來た 2 此市に, 突然遣

1 [11件] 今日逢う, 会堂へ, 伯母さんは, 何時でも, 帰つて僅か二夜を, 故郷の, 歸つて僅か二夜を, 現在の, 節子の, 義雄兄の, 軍人の

▼ 年程の~ (18, 0.0%)

2 前の, 間に, 間は

1 [12件] 事であった, 交わりでありました, 家庭生活の, 年月が, 後に, 昔である, 月日が, 父との, 長い月日, 間だ, 間を, 間女房は

▼ 年続け~ (18, 0.0%)

2 ている

1 [16件] ていた, てゆく, てゐ, て四月五日, て夏, て失敗, て官展, て引っ張りだし, て彼地, て来, て来た, て疫病, て習つて, て落選, て試み, て遊び

▼ 年~ (18, 0.0%)

1 [18件] かえって来る, で此禁令, 一人此氣分を, 九年の, 二百八十八年に, 仕事を, 四年続け, 四年間食べる, 國主なく, 御帰依候, 数世紀間つづいた, 牢屋に, 用ゐられ, 百五十余年を, 私は, 紀州の, 續い, 自分は

▼ 年すぎ~ (17, 0.0%)

2 ていた, てゐる, て同じ, て私 1 てもまだ, ても珍し, ても頑として, てゐた, て光子, て彼, て昔, て香, 忘れて

▼ 年であり~ (17, 0.0%)

1 [17件] そこを, ちやうど, ながら妻君, ながら残り少ない, またある, または三月, ドサクサまぎれ, 一葉も, 多くの, 応仁の, 或は四五年, 日本の, 産業革命によって, 私が, 筆記者豊田又四郎は, 自分の, 造薬師寺司を

▼ 年ばかし~ (17, 0.0%)

3 前に 2 遅れて

1 [12件] いい年, ないもん, 以来の, 修行し, 前の, 勘当され, 寝たきり, 煙が, 田舎に, 經つて私は, 行ってるしね, 面倒見とい

▼ 年ほどに~ (17, 0.0%)

4 なります, なるが 2 なる 1 して, なやみくらしこれ, なりますか, なりますが, なるの, なろう, 過ぎなかったが

▼ 年よりが~ (17, 0.0%)

1 [17件] あつまって, ある位, いったよう, いると, うろついて, とまった, ゐました, 一枚一枚手足の, 云いました, 今も, 孫たちの, 歩いて, 渡して, 独りで, 皆より, 窓口に, 言つて聞かせた

▼ 年~ (17, 0.0%)

3 天の 2 なの

1 [12件] だ, だが, だったという, だったので, だつたから, であの, で和辻君, で里芋, とかいう話, の三浦, の二十七, 小学五年

▼ 年位前~ (17, 0.0%)

2 のこと

1 [15件] からでしょう, からのお, からも, から一部, から非常, だったかに, にちょっと, に一台, に流行った, に起つた, の創設, の話, は海, までは牛込, 迄来年

▼ 年六月十八日~ (17, 0.0%)

2 の夜

1 [15件] その遺恨, である, という日付, とは今日, には何, には雨, にマクシム・ゴーリキイ, に僅か, に彼, に戦った, に歿, に生れ, の払暁, の条, の騒乱

▼ 年初夏~ (17, 0.0%)

4 のこと 2 より同, より同じく 1 から三二年一月下旬, から呉, から秋, とおぼえ, の出來事一つ, の頃, ふたたびの, までに作られた, 故筒井中将

▼ 年勤め~ (17, 0.0%)

4 ている

1 [13件] それから助役, それから軍隊, ていた, ています, ても楽, てゐる, て居ります, て新, て月給七十五円, て来た, て立派, みんなから, 上げ相生町

▼ 年千年~ (17, 0.0%)

4 の後

1 [13件] と功労, と次第, と経つ, のため, のやう, のよう, の昔, の計, の遠い, の間, も二千年, 待たうとも, 棲んで

▼ 年四年~ (17, 0.0%)

2 となる

1 [15件] がせいぜい, ぐらいまではまだ, たって, という時代, とたつ, と経ち, と見る, の初め, の女の子たち, の年月, の連中, の鼻, はすぐ, は世, は空しく

▼ 年江戸~ (17, 0.0%)

2 に未曾有

1 [15件] から歸國後, から足, が東京, でキリシタン, で原, においてす, に出, に別れ, に帰り, に移る, の将軍徳川家治, の将軍謁見, の捕物, を外, を逐

▼ 年目毎~ (17, 0.0%)

2 に, に一日

1 [13件] くらいにちゃんと, にその, にそれ, にはげしい, に三六六日, に例, に各国順番, に太神楽, に私たち, に行, に行わるる, に變, に這入

▼ 年立っ~ (17, 0.0%)

1 [17件] ている, てお, てから不思議, てもああ, ても月給, ても枯れず, ても枯れない, て優善, て優善さん, て元興寺, て出逢う, て実現, て居る, て明和八年, て明治二十七年, て正保元年, て私

▼ 年~ (17, 0.0%)

3 の變種, の鉢 2 の葉 1 が生ずる, で千兩二千兩, なるもの, にも得, に手, も煙管, や檜, を置い, を育てた

▼ 年からは~ (16, 0.0%)

1 [16件] そんな感傷, カルルスバードの, ジャバへも, 二十年あまりも, 六月一日から, 労働者勤め人農民という, 国民動員計画と, 学徒動員が, 帳面までも, 書物を, 毎年五十人ずつ, 灯台と, 英語志望する, 豊隆と, 都に, 鉱業停止の

▼ 年ちかい~ (16, 0.0%)

1 [16件] あいだに, あいだ二人は, あいだ二十幾家族かが, あいだ女と, あいだ抑えに, あいだ母は, あいだ身に, あいだ追いつめ, あいだ酒の, あいだ館主として, 奉公を, 年月を, 後の, 時が, 歳月が, 生涯に

▼ 年住ん~ (16, 0.0%)

3 でいた, でいる 2 でゐた 1 でいたら, でおった, でそれから, でみ, でみれ, で今夜, で来た, で顔

▼ 年有半~ (16, 0.0%)

2 の間

1 [14件] で讀んだ, に亘り, に過ぎなかった, のうち, の大, の大阪生活, の期間, の歳月, は皆さん, は私, を経過, を要し, 我がこの境涯, 続刊

▼ 年生きる~ (16, 0.0%)

1 [16件] かあるいは, かと云, かどうして, か千年, ことだ, ことは, だけのナマ身, とも云, と云, ものじゃ, ものと, も百年生, よりも獅子, 命か, 心積りだ, 積りだ

▼ 年~ (16, 0.0%)

1 [16件] とも言, なの, には老, にも福神, に供え, の中, の前身, の本, の棚, の祭壇, または正月様, も迎, を, を別に, を此, を送る

▼ 年~ (15, 0.0%)

3 へだ 2 へな 1 へだけに渠, へであり, へなばかりに増長, へな二人, へのお前, への人々, への何だか, への同伴者, への子, へらしい

▼ 年かかった~ (15, 0.0%)

1 [15件] が父, ことだろう, そうである, って主人, ということ, とはずいぶん, のである, のです, のに少し, はずであり, ものを, わけである, 後老に, 揚句, 次第である

▼ 年かは~ (15, 0.0%)

1 [15件] いるよう, おまえの, たなお, わたくし自身の, 不遇で, 他意なく, 公表せず, 名人位を, 女という, 持ちそう, 晩年に, 比較的に, 続けられる, 続こうが, 辛い声

▼ 年それ~ (15, 0.0%)

1 [15件] から内海吉堂, から田辺さん, がし, が可決, が爲め, に同意, は華々しく, は長い, まで誰, も世田谷, をやった, を受けた, を増補, を言っ, 迄は知らなかった

▼ 年はじめて~ (15, 0.0%)

2 万年筆を

1 [13件] どこへも, のこと, 三歳國君其の, 出來, 十六, 十四, 妻縫との, 婦人の, 安心した, 小学校が, 父と, 萬年筆を, 雨乞を

▼ 年~ (15, 0.0%)

2 つたひとりの, もし自分

1 [11件] うれぬ, たいへんお世話, つた, つたおつ母さん, つた一人の, つてるさかいに, つて居る, つて段々, 一九三〇年よ, 今から, 去れ

▼ 年四十~ (15, 0.0%)

3 にし 2 を踰 1 という若, になっ, になる, にもなり, に及び, に垂, ばかり外務省, ばかり色, を越し, 又三

▼ 年~ (15, 0.0%)

3 を経る 2 を費やしました, を閲 1 と共に発展, は佛蘭西, も經, をかけ, をへ, を経, を経れ, を經

▼ 年~ (15, 0.0%)

4 のこと

1 [11件] になっ, になった, の事, の刊行, の女, の心労, の方, の晩春, の秋, は五十前後, まで続いた

▼ 年置い~ (15, 0.0%)

2

1 [13件] ても百年, ても電流, て万治二年, て今, て十八年, て四年, て四年四月朔, て天明八年, て好, て家康, て慶長十二年四月, て文化十一年, て明治四十二年

▼ 年遅れ~ (15, 0.0%)

1 [15件] その頃, ていた, てそうして, ても月賦, てゐる, て一五〇二年五月, て侵入, て同地, て安政六年三月二十三日, て居た, て帰, て日本, て生れた, になり, また一年

▼ 年あまり前~ (14, 0.0%)

2 のこと

1 [12件] すなわち一九〇九年, であった, なりけむその, に, に二人, に或, に故人, に私, に近代, の人, まで首飾り, 確か久米正雄氏

▼ 年くらいの~ (14, 0.0%)

1 [14件] あいだ, うちに, ものであった, ものです, やつでしょう, 太古の, 年月が, 懲役は, 留守は, 知識が, 間だ, 間に, 間には, 間散歩が

▼ 年たらず~ (14, 0.0%)

2 のうち

1 [12件] この年, でやめ, の刑期, の期間, の歳月, の短い, の罪人, の間, もの歳月, 二十四五の, 今日まで, 生活し

▼ 年にかけての~ (14, 0.0%)

2 イタリア旅行の

1 [12件] ことでありました, このロシア, シーズンは, プロレタリア文学運動の, ヴォルガ・カスピ海地方における, 事なりき, 冬期に, 四十年間幾万人の, 女学校生活には, 巴里は, 日本の, 約一年半

▼ 年また~ (14, 0.0%)

1 [14件] うらうらと, テイヨから, 三〇年間に, 二三の, 五十年と, 子を, 年と, 数百年年を, 来る年, 欲しくなる, 母を, 至正, 藤村義苗さんが, 詩稿を

▼ 年わかい~ (14, 0.0%)

1 [14件] ときの, ひとたちの, 一係長が, 世の, 女の, 女は, 怪僧が, 王に, 王子が, 目に, 看護婦五十名の, 美女が, 蔵太の, 魔術者ダフウト自身の

▼ 年スープ~ (14, 0.0%)

1 [14件] がお, が何時, だの鯛, でもかける, とはどういう, と僕, ならなお, のない, の材料, をお, をかけ, を一合, を作る, を案出

▼ 年一月一日~ (14, 0.0%)

3 より施行

1 [11件] と定めたる, には四万三百メートル, に天皇, に逢えり, のパリー, の事, の勅語, の詞, より宝塚歌劇, 即ち民法, 即ち民法施行

▼ 年二百年~ (14, 0.0%)

1 [14件] とたちます, と生きられる, にはならない, の月日, もたっ, もつづくであろう, を経た, を要した, を要する, 乃至千年万年, 或いは三百年前, 経って, 経つたつて, 続いてると

▼ 年先生~ (14, 0.0%)

1 [14件] から煙草盆, が一時世上, との交際, と全然, なども月, のお, の古画, の名声, の塾, の実子, の社会的政治的, は名古屋, は私, もその

▼ 年内外~ (14, 0.0%)

2 に最終戦争, に起るであろう 1 しかも飛躍的進歩, だろうという, で人類, で次, と空想, に来るであろう, に決勝戦, に起る, の活動, は余りに

▼ 年~ (14, 0.0%)

2 の頃

1 [12件] ということ, として話した, に出かけ, に若い, の人々, の安倍氏, の清原氏, の終り, の老人, は同じく, は続けざま, 聞し召し

▼ 年~ (14, 0.0%)

2 の伊藤内閣, を記載 1 などは持たなかった, の名, の朝賊足利尊氏, の碩学ロウジャ・アスカム, はあたかも, は西暦紀元六百九十年, も今頃, も明らか, や事件, を経る

▼ 年有余~ (14, 0.0%)

1 [14件] にし, の, のあいだ, の体刑, の修行, の年月, の後, の歳月, の永き, の軽, の長い, の陶酔, 戦って, 未だ曾

▼ 年死亡~ (14, 0.0%)

1 [14件] がその, が現在年出生, す, と比較, に対する比率, の人口, の大きな, の実際, の平均, の比率, はその, は一八六, は人口, を超過

▼ 年ぐらいに~ (13, 0.0%)

2 なるか

1 [11件] なって, なりましょう, なります, なりますか, なりますかな, なるかな, なるそう, なるだろうね, なるでしょうか, なるわ, 追いついたという

▼ 年たったら~ (13, 0.0%)

2 ふたたび世の中, 世の中が 1 あんな紳士, われわれは, ペリーが, 何と何, 僕は, 完成する, 改名主の, 本校へ, 私たちは

▼ 年だって~ (13, 0.0%)

1 [13件] いられますよ, がまんする, このまま, その位, そんなに違っ, 五つ六つ違なら, 先は, 六十五と, 六年だって, 初めと, 勤め了, 私と, 行かないこと

▼ 年であっ~ (13, 0.0%)

2 てその

1 [11件] て, てくれ, てこの, てこれ, ても同じ, てソヴェト同盟, て五月, て僅か, て新た, て民族, て民族移動開始後

▼ 年なれ~ (13, 0.0%)

2 ば事

1 [11件] どまだ, ども老来, ど一三〇〇年, ど一三〇〇年頃リッカルド, ばかくい, ばその, ば御免, ば思ふ, ば早, ば羊, 二年なれ

▼ 年はと~ (13, 0.0%)

6 つても 2 問へ 1 きけば, しを, また敬太郎, 問へば, 訊けば

▼ 年ばかりに~ (13, 0.0%)

2 なるか

1 [11件] して, なって, なりました, なります, なりますが, なり何, なる, なるが, なるの, なるわけ, 過ぎなかったが

▼ 年むかし~ (13, 0.0%)

3 の話 2 のこと 1 である, に山, に日本, に消え去った, に逆戻り, の人, の夢, の妖女

▼ 年もしくは~ (13, 0.0%)

2 數千年以前に

1 [11件] より長く, 七八年の, 七八年を, 七年なり, 十年を, 幾百年幾千年の, 数万年の, 数十年の, 数十年間の, 數萬年もの, 終生の

▼ 年をもって~ (13, 0.0%)

3 終る十年間 1 ちょうど六十歳, 思想界に, 成年に, 終る一〇箇年間, 終る二〇年間, 終る五箇年間, 終る六年間, 終る十箇年間, 落成せり, 近世用兵術の

▼ 年相応~ (13, 0.0%)

1 [13件] だと, というところ, な上調子, にお, には出来, によく, に大人び, に着こなし, に金, のウヌボレ, の分別, の大き, の気持

▼ 年かっこう~ (12, 0.0%)

1 [12件] ぐらい見えたろう, じゃない, でしたから, でもわかっ, で頭, のそして, のほか, の者, もお雪ちゃん, もたいして, も何, も同じ

▼ 年くらいは~ (12, 0.0%)

2 経って 1 すぐに, その寒暖計, どうしても入るだろう, ほとんど噂, 使えそう, 現状を, 生き存えられそう, 男の, 監獄の, 研究せね

▼ 年したら~ (12, 0.0%)

2 あんな風 1 またこの世, もう一度やつ, わしも, 一度逢う, 太平の, 本堂の, 無暗に, 私は, 結婚する, 赤ん坊を

▼ 年ずつ~ (12, 0.0%)

1 [12件] そのとき, やれば, ズレて, 何遍でも, 先へ, 句切って, 命が, 己の, 年が, 早くこの世, 早く死ん, 遅れて

▼ 年でございます~ (12, 0.0%)

1 [12件] かその, かまだ, からお父さんお母さん, からこの, から近頃, が総て江戸, しそれに, し誰一人相談相手, し霊魂, ねそう, ねと付け加, よ

▼ 年とる~ (12, 0.0%)

1 [12件] とことに, とだんだん, とまったく, と物忘れ, についても若き, につれて人々, のかしら, のも, ほど天質, ほど政治, まで工場, 程自分の

▼ 年なる~ (12, 0.0%)

2 ことを 1 かはた, が故に, とを知る, に疑ひなき, もかかる, も若し, も近年牧場, 一三〇〇年を, 哉, 天智天皇九年の

▼ 年~ (12, 0.0%)

2 八月ノ 1 セイデ, 加減デ, 好景君記, 後ニハ國民全部ガ, 後右ニ, 後見出サン者, 我ヨリ幼ナルヲ, 昔ナリ, 昔ヨリナルベシ又, 暮ユクタビゴトニ我身ヒトツト思ホユル哉

▼ 年七年~ (12, 0.0%)

2 でも待ちます 1 では, と思わぬ, と経った, の奉公, の後, の遊歴, の間, は行く, 再度の, 経ってからでも

▼ 年六十~ (12, 0.0%)

1 [12件] から七十, でお, で死んだ, にし, になん, にもなる, に近く, の老, ばかりに見える, を越え, を過ぎた, ヲ踰エ

▼ 年十六歳~ (12, 0.0%)

1 [12件] から小寺家, さすが歴々, であ, であった, であったと, でその, で将軍足利義晴, にし, のおり, のときその後家, のとき光明子, の春

▼ 年~ (12, 0.0%)

2 藩の 1 一月日に, 七年の, 七申年再度, 二九年相継い, 二十四年の, 先生が, 四十三年と, 四年奉行曾我日向守お, 國ハルレに, 州の

▼ 年既に~ (12, 0.0%)

1 [12件] この点, イタリアの, ブラッセルで, 予に, 二十江戸に, 五十にも, 作者として, 六十六歳その, 四十歳を, 土芥に, 日本の, 鉱業停止の

▼ 年時分~ (12, 0.0%)

4 にほんの 1 から伸子, から先生, から學校, であつ, です, に流行, の事, の話

▼ 年~ (12, 0.0%)

3 月の 2 の月日, 月までに 1 帝, 月某日, 月某日ある, 月某日の, 月某日某所で

▼ 年~ (12, 0.0%)

1 [12件] から火種, であった, でおなか, とした, にたまった, のつるし, の光, の油, はひっくりかえし, をつくれ, をつりさげ, をつるした

▼ 年発行~ (12, 0.0%)

51 の三峰図幅, の同氏訳, の岩波版, の東京市編纂, の松原新之助氏纂述, の松原新之助氏著, の森鴎外

▼ 年目ごと~ (12, 0.0%)

1 [12件] にこの, にその, には有った, に一度, に仲間, に富, に持明院派, の今月今日, の例, の修, の日光, の日光御廟

▼ 年~ (12, 0.0%)

2 の方, や異説 1 であ, とは一長一短, と私, なの, に依る, に御, は疑問, も一概に

▼ 年辛抱~ (12, 0.0%)

4 して 2 しなさい, すれば 1 したあげく, したが, した結果, すると

▼ 年遂に~ (12, 0.0%)

2 立憲の 1 この砂漠, その大, 三山統一と, 世界的な, 亡くなった, 儒道佛の, 其志を, 大王は, 意を, 第二審

▼ 年~ (12, 0.0%)

2 を釣り 1 が特に, である公魚, でさ, と言われ, のウロコ, の季節, の類, を産, 迄の小型, 釣ること今

▼ 年すでに~ (11, 0.0%)

2 三十一すこし 1 七十に, 七旬の, 五十ご覧の, 支倉六右衛門常長を, 日本で, 老いて, 老いとても, 長じ, 齢も

▼ 年たつた~ (11, 0.0%)

1 [11件] あとでは, ぞな, のか, のだ, 一枚の, 今から, 今日, 今日漸く, 後彼は, 棗が, 緑平老を

▼ 年でない~ (11, 0.0%)

5 と思う 2 ことが 1 から駄目, といふこと, といふの, ので

▼ 年との~ (11, 0.0%)

2 兩度に 1 三度の, 中間に, 二年間に, 人口の, 日記が, 経済事情を, 間に, 間の, 間は

▼ 年よりに~ (11, 0.0%)

1 [11件] ありがち, ならなければ, なりました, なること, 世話を, 会釈も, 似た人, 寺まいり, 花を, 見えた, 顔を

▼ 年わかき~ (11, 0.0%)

1 [11件] アカマース, 内科医君は, 君の, 婦人あり, 悲哀と, 母, 法師の, 獨逸の, 男星女星あり, 血温かく, 詩人住みけり

▼ 年~ (11, 0.0%)

2 取った, 拾うて 1 いかねえって, して, 取った様, 取って, 取ると, 未だ十五, 行かなえ

▼ 年三十年~ (11, 0.0%)

1 [11件] と材, と研究練磨, と経つ, と続いた, のもの, の短い, の道程, の長い, もたつ, 生きられたところ, 這い廻り続けたらどんなに

▼ 年三月十七日~ (11, 0.0%)

3 に歿 1 であったと, になった, には高麗朝臣福信, に亡くなりました, に入, に四季部, に妙解院殿卒去, に東京

▼ 年不敗~ (11, 0.0%)

3 の名人, の木村 1 のころ, の名人位, の昔, の木村名人, の権威

▼ 年二回~ (11, 0.0%)

1 [11件] くらい出る, たとえ僅か, で五月, で春, なされるの, の大, の徴収, の昇給, の花盛り, の表彰日, は必ず

▼ 年余り前~ (11, 0.0%)

2 のこと 1 からだ, から彼女, から病兆, から絶え, にこの, に神主, に裸体, に靜, の大学教授

▼ 年働い~ (11, 0.0%)

1 [11件] てあと十年, ていた, ていたら, ている, てこの, てはゐた, ても四年勤続, て半分, て居る, て溜めた, て稼いだ

▼ 年~ (11, 0.0%)

1 [11件] がある, がまだ, が中村太八郎君, が九つ, が始め, の廿歳, の講義, はこの, は人, は正直, は段梯子

▼ 年先輩~ (11, 0.0%)

2 の人 1 である, であるが, で一二回, で料理, になる, に対して礼, に違, のひと, 即ち私

▼ 年再び~ (11, 0.0%)

1 [11件] 上京し, 不健康, 仏国協和論を, 同様の, 大阪へ, 手紙で, 故郷に, 渡米し, 生気を, 第十二帝国議会, 開戦遂に

▼ 年~ (11, 0.0%)

2 のはじめ 1 になる, に一応, に百済, の一日, の半, の寒から, の末, まで待っ, より三年

▼ 年前僕~ (11, 0.0%)

1 [11件] がはじめて, が住ん, が滋賀商業, が玄関, の従姉, はミシェル神父様, はリヨン, は九州大学, は台湾旅行, は田舎, は里昂

▼ 年勤続~ (11, 0.0%)

1 [11件] したあげく, して, しても, し筋, のオフイスマン, の佐藤千夜子, の小作人, の指紋主任, の祝い, の私, は必ずしも

▼ 年半ぶり~ (11, 0.0%)

1 [11件] でこの間無事, ですわ, でなんと, でやや, で故郷, で東京, で江戸, で見る, に女, に父, の邂逅

▼ 年~ (11, 0.0%)

1 [11件] があった, があるいは, が引く, だけの考, であったろうが, でも蛭, などを兼ねた, のにう, の一種, の用, 或は作物競争

▼ 年~ (11, 0.0%)

1 [11件] ハ一年半ノ, モ, ローマに, 一年と, 其前に, 其前後に, 十郎も, 安南, 小田原へ, 年今日は, 賦七絶

▼ 年~ (11, 0.0%)

2 英博物館で 1 なる病院, 噴火を, 寶元年文武天皇が, 廟の, 東亜戦争が, 相国寺の, 英学術協会の, 追放の, 雑誌中央公論に

▼ 年平均~ (11, 0.0%)

3 の出生 1 と同一, の人口対比率, の年, の結婚, は, は一九三, は三三五, を全

▼ 年待っ~ (11, 0.0%)

3 てい 2 てくれ 1 ていた, てもいい, てもこうした, てももう, ても動き, ても覚

▼ 年後私~ (11, 0.0%)

1 [11件] が卒業, が女学校, が死ん, に先達, の命, はこの, はすぐ, はまったく, はサンフランシスコ, は上京, は我国

▼ 年生まれ~ (11, 0.0%)

1 [11件] かな, だから, だったと, で師, のフリードリヒ・メルゲル, の今年六十六, の妻, の母上, の者, 一七三八年歿した, 兎じゃよ

▼ 年~ (11, 0.0%)

1 [11件] でお, にくる, にはぜひ, にも励み, に出掛けた, に参りまし, に少し, に行く, のしるし, や眉ゑがきたる八代目, を葉書一枚

▼ 年~ (11, 0.0%)

1 [11件] さしあげます, する所, で書いた, とかを金, のインク, の鞘, をほし, を使はず毛筆, を使用, を持つ, 賣りでも

▼ 年経たない~ (11, 0.0%)

9 うちに 1 うち一八六三年ロシアは, 中に

▼ 年経過~ (11, 0.0%)

3 して 2 するうち, すると 1 か算, した, する間, すれば

▼ 年~ (11, 0.0%)

1 [11件] が出, である, として当山万年草, などおし, に霊異, のひさがる, の植木鉢, の生えた, は当山, や孔雀歯朶, を霊草

▼ 年過ぎた~ (11, 0.0%)

2 のかなと 1 がその, んだ, 今なお, 今も, 今日では, 今日でも, 古疵が, 年の, 頃かと

▼ 年ぐらゐ前~ (10, 0.0%)

2 にできた, のくるみ 1 から度々, から讀賣新聞社, には, に住ん, に書かれた, の嫁

▼ 年ごし~ (10, 0.0%)

1 ご奉公, どなたにも, の蟄居, の計画, の関係, ひとりで, 中風で, 犯人は, 胸の, 身に

▼ 年した~ (10, 0.0%)

3 に叱かられ 1 ところで, な男, のうわ, の級, んだ, 経験で, 頃だ

▼ 年たたぬ~ (10, 0.0%)

7 うちに 2 間に 1 内に

▼ 年たち~ (10, 0.0%)

1 ある寝苦しい, かえる初, かえる初春, かへり, する間, たり, て, ての義経, ても斯く, て鐵道仙臺

▼ 年だけの~ (10, 0.0%)

1 ことで, ことである, ことは, わからず屋だ, ナリを, 出生超過は, 勢威を, 恩を, 老いを, 退職手当の

▼ 年つづけ~ (10, 0.0%)

2 て立っ 1 ている, てもどう, て主戦投手, て優勝旗, て勝て, て参ります, て囁き合っ, て立つ

▼ 年でなく~ (10, 0.0%)

2 てはならない 1 ちやならない, てもう, ても飛躍的, て九年, て千八百四十五年, 二年以上勤続した, 既に死病, 明和五年と

▼ 年につき~ (10, 0.0%)

2 一〇%の 1 一〇〇〇磅であり, 一〇〇磅を, 一千万の, 七二〇磅に, 二〇〇〇〇〇だけより, 二〇〇磅が, 二四磅であるなら, 報告された

▼ 年ふる~ (10, 0.0%)

1 あまも, ままに, み像のみ, 四五本の, 大猿, 柳の, 浦を, 狐である, 程また, 雨露に

▼ 年アメリカ~ (10, 0.0%)

1 で出版, で苦労, に亡命, のキャピタリスト, のデヴイツド・ブルース, の移民, の黒船, へゆき, へ講演旅行, を流れ

▼ 年ドイツ~ (10, 0.0%)

1 がさらに, が世界, ではヘルマンバール, で發明, に留学, に革命, のバヴァリア, のベルダン攻撃, のミュンヘン, の統一

▼ 年三百六十五日~ (10, 0.0%)

1 が御, この工合, こんな好い, つづけたと, のべつそんな, の日, の長い, の間, を一番生産, 働いて

▼ 年二十一歳~ (10, 0.0%)

1 さらに翌年, だった, で学士, で手, で長崎, にし, にもなっ, のシューベルト, のヘンデル, の若

▼ 年京都~ (10, 0.0%)

2 には地震 1 で将軍暗殺, にゐた, に於, に於い, の哲学科, の新古美術展覧会, の都踊り, まで歸住

▼ 年~ (10, 0.0%)

2 のはいった 1 に連添っ, の棲まない, の足跡, はここ, は逝く, をつかわし, を派し, 知れぬ密林

▼ 年何月~ (10, 0.0%)

2 の幾日 1 であつ, といふ脱稿, にはかういふ, に吉事, に天皇, に生れた, の件, の間

▼ 年六月十五日~ (10, 0.0%)

2 の三陸 1 にたけ八丈, に初めて, に抽斎, に於ける, に筑前國福岡, の同, の機関紙, 折りから

▼ 年前父~ (10, 0.0%)

1 がおぼれた, が六十五, が夕涼み, が英国, の前, の山左衛門, の山左衞門, の死, の飛行具製作, は八十五

▼ 年化転~ (10, 0.0%)

5 の内 4 のうち 1 の夢

▼ 年同じ~ (10, 0.0%)

1 ことを, ように, 動くに, 大学の, 失敗を, 日本橋の, 月の, 村の, 病で, 麦稈帽を

▼ 年始め~ (10, 0.0%)

2 て其の 1 て, て一人, て仏書, て多数, て実, て詩, て誰, て鉱毒問題

▼ 年~ (10, 0.0%)

2 て十三, て十二 1 て二十, て二歳, て十六、発, て十四, て十齢, 御祝辞申上度如此

▼ 年結婚数~ (10, 0.0%)

1 が一〇, が非常, の増加, は主として, は多く, は季節, は最少, は減少, は総, を成立

▼ 年および~ (9, 0.0%)

2 現在の 1 フランスの, 一七七四年の, 一七九二年の, 一八一六年の, 明治二十五年の, 現行の, 翌一四年

▼ 年かが~ (9, 0.0%)

1 かくして, すぎしかし, 彼女の, 持続した, 津浪の, 深い谷, 空しく過ぎ, 経って, 過ぎた

▼ 年かまえ~ (9, 0.0%)

2 堀東の 1 にはそこ, に妹, の, の話, は港橋, パリで, 松竹座を

▼ 年きり~ (9, 0.0%)

2 しかいかなかった 1 でそこ, でやめた, でやめる, で影, で御免, で枯れ, の六月

▼ 年その間~ (9, 0.0%)

1 ずいぶん人間, た, にご, にどの, に絶えず, の治乱, の苦節苦衷, 出づるところの俳人, 出づる所

▼ 年であります~ (9, 0.0%)

1 から即ち, から甲辰, がこれ, が妻, が明律, が桓武帝, が當時支那, これは, 大功と

▼ 年など~ (9, 0.0%)

2 到底辛棒 1 ありカレーうどん, はしらん, はずかしくって, 万歳が, 入つて, 数えあげて, 数えはじめた

▼ 年のせゐ~ (9, 0.0%)

1 かは知らねえ, かひどく, か寢つき, であらう, でこの, で三吉, で段々, で話, で近頃

▼ 年ばかりを~ (9, 0.0%)

2 送つた 1 あの病院, 働くこと, 暮せしが, 送った, 過ぎて, 過したの, 隔てて

▼ 年への~ (9, 0.0%)

1 よい祝詞, 冬休みは, 大掃除, 年末年始は, 晩を, 期待で, 期待と, 生命の, 祝福の

▼ 年までには~ (9, 0.0%)

2 単行本が 1 その社会的ファクター, 三十五年の, 僕の, 商業も, 百年位の, 約一三万人, 随分いろんな

▼ 年もう~ (9, 0.0%)

1 いい年, この江戸文化, 一つは, 二年練磨に, 働いて, 十二月だ, 四年目に, 打ち明けて, 男の

▼ 年わが~ (9, 0.0%)

1 二十二歳の, 二十歳の, 大久保の, 天保十三年には, 文化八年には, 文政二年には, 日本は, 明和年間には, 県に

▼ 年わたし~ (9, 0.0%)

1 が二十六, が十七, が東北, のよう, は再び, は海外, は自分, も全くよく, より遅れ

▼ 年パリ~ (9, 0.0%)

1 で行われた, にいる, に於, に生れた, の, の商家, の旅舎, より購入, 大學

▼ 年フランス~ (9, 0.0%)

1 に帰化, に戻らん, に生まれ, の, のグルノーブル近郊, のトノン氏, の大, の生んだ, へモスク

▼ 年ペン~ (9, 0.0%)

2 から足 1 が, が出, だけはしょっちゅう, のクリップ, はどう, を問題, を感嘆

▼ 年~ (9, 0.0%)

1 以テ此, 出デズシテ日本領土内, 加エ五十以テ易, 取ッタラユックリ風呂ニデモ漬カルクライガ楽シミダカラネ, 年号ノ, 楽シマン, 經過シタル後最, 送ルヲ得タル也, 飼ヘ

▼ 年三月一日~ (9, 0.0%)

1 というの, に六十二歳, に総, に農奴解放, の暮, より其期間, より助手, を忘れよう, 全く予告

▼ 年三月二十一日~ (9, 0.0%)

1 がその, に, に寂, に抽斎, に母五百, の函館, の夕, の夜, の早朝

▼ 年二十歳~ (9, 0.0%)

3 の時 1 で従四位上左権中将, で藩, にし, ばかりにし, をこえれ, を越し

▼ 年五十~ (9, 0.0%)

2 に至り 1 になろう, に及ん, に垂んとした, をすこし, を超え, を越え, 過ぎてから

▼ 年五月一日~ (9, 0.0%)

1 が気, にお, にロンドン, に会, に完成, のこと, の夜明け, の夜更け, 附けを以て

▼ 年交代~ (9, 0.0%)

1 しつ, であるが, でなく或, で二人, で勤め, と云う, に彼等, の任期, の大

▼ 年~ (9, 0.0%)

1 かの用事, か習得, といふおだやかさ, のかの, の時, の時代, の月, も発表, をし

▼ 年~ (9, 0.0%)

1 にかの島, には此方, に一個聯隊, に大, に廃滅, に日本南海岸, に楚王后, に死す, の生産作業

▼ 年刊行~ (9, 0.0%)

21 された, したと, のヘルマン, の丹波敬三, の土井利位, の新増書籍目録卷二, の本書

▼ 年前今~ (9, 0.0%)

2 のお, の主人 1 では越前屋, の妻, の菊五郎, は別れた, 程良い

▼ 年十九~ (9, 0.0%)

2 にし 1 で位, に成ります, の夏子, の孫一, の秋, より軍, 計支度

▼ 年十八歳~ (9, 0.0%)

1 で三条西家, で二高, で践祚, という老, といへ, のとき, のとき最愛, の時, の秋

▼ 年古る~ (9, 0.0%)

2 蝙蝠が 1 ことは, 樟の, 池に, 狐が, 狐であろう, 猫や, 緋鯉が

▼ 年~ (9, 0.0%)

2 のお 1 が一人, が化けた, でふだん, に具合, に強く, に盛ん, の手練手管

▼ 年増し~ (9, 0.0%)

1 に何, に変っ, に多く, に奉公人, に強く, に悪い, に根, に歌, の妻

▼ 年天下~ (9, 0.0%)

6 をお 1 に令, の珍物, 大いに飢え

▼ 年少き~ (9, 0.0%)

1 とき男子と, 一少女淡, 女の, 好男子の, 姉妹の, 時には, 漕手いと, 男の, 畫工なりき

▼ 年当時~ (9, 0.0%)

1 の世界的水準, の囚人, の文学団体, の東京, の由之, の花形棋師木村, の英支貿易, の閃光伝達機, まだ息子

▼ 年~ (9, 0.0%)

4 ひは 1 る人, ル疫病ノ, 人の, 八九十年, 月或

▼ 年抽斎~ (9, 0.0%)

1 が二十七歳, の次男矢島優善, は三十一歳, は三十三歳, は三十二歳, は三十六歳, は五十一歳, は五十二歳, は四十六歳

▼ 年~ (9, 0.0%)

1 イスパニヤの, 介宗厳は, 小説文芸倶楽部などに, 彫江戸開成所教授神田孝平訳, 律編修局を, 番頭十五年より, 経済政策以来凡そ百万の, 羅に, 銭座から

▼ 年暮し~ (9, 0.0%)

2 て居る 1 たりした, ていた, てしまった, て了つた, て来た, になり, を立て

▼ 年生産物~ (9, 0.0%)

4 の交換価値 1 が極めて, のヨオロッパ市場, はほどなく, を減少, を著しく

▼ 年百年~ (9, 0.0%)

3 の後 2 旧いもの 1 この一室, たっても, というよう, の命

▼ 年立ち~ (9, 0.0%)

4 かへる 1 二年立つ, 五年過ぎ村人の, 帰れども, 或る, 番入を

▼ 年経し~ (9, 0.0%)

2 カテドラルの, 大虎 1 槐の, 白狐恨めしき, 竜の, 老猿, 黒色の

▼ 年経たぬ~ (9, 0.0%)

3 うちに 2 中に, 内に 1 位の, 間に

▼ 年続い~ (9, 0.0%)

1 て, ても二年, ても彼等, て作物, て地主, て寝台車, て居る, て毎晩三ヶ所五ヶ所, て見た

▼ 年続いた~ (9, 0.0%)

1 あとで, からその, ことさえ, と思う, にし, には驚ろ, に過ぎなかった, よ, 後彼は

▼ 年長けたる~ (9, 0.0%)

3 貴夫人 1 僧にも, 士なりし, 姉の, 娘のみは, 者に, 若くは

▼ 年長崎~ (9, 0.0%)

2 で穴 1 で日本, で火あぶり, に二年, に移住, の戸町番所, の新大工町, の生れ

▼ 年~ (9, 0.0%)

2 なれば 1 でいう, でいえ, にずらりと, にまだ, に並べ, らしかった, をふむ

▼ 年~ (9, 0.0%)

1 が出, であ, で編, で通史, の歴史, の記事, の通鑑, を古史, を用

▼ 年いる~ (8, 0.0%)

2 うちに 1 からラガー, よ, んじゃ, 伸子たちに, 由です, 間に

▼ 年からに~ (8, 0.0%)

2 なる 1 なります, なりますからね, なりますがね, なるが, なるん, なる古家

▼ 年ここ~ (8, 0.0%)

1 にいる, に三年, に住ん, に初めて, に落着, の家, へ坐っ居った, を見

▼ 年これ~ (8, 0.0%)

1 あり, がため, が最初, には絶えず, はおれ, は一人っきり, は丑年, を喜び迎え

▼ 年そこそこ~ (8, 0.0%)

2 の間 1 でその, で廃木, にしかならない, にしかならなかった, のうち, より古い

▼ 年たたない~ (8, 0.0%)

7 うちに 1 間に

▼ 年だつた~ (8, 0.0%)

1 かなん, かな學校, かな江戸, かに加藤忠広, か私, がそれ, ね, んです

▼ 年とかの~ (8, 0.0%)

1 コレラのは, 九月上州の, 保証年限を, 年月を, 期間は, 期限づきなら, 間縛られ, 體裁で

▼ 年などと~ (8, 0.0%)

1 いうと, いっしょに, こまかく区別, そんなには, そんな突飛, 云うこと, 申します, 私は

▼ 年にわ~ (8, 0.0%)

7 たつて 1 たつての

▼ 年わずか~ (8, 0.0%)

1 に二十三, に二十三歳, に二十二歳, に二十四五自分, に十八歳, 三四回で, 二歳で, 八人ほど

▼ 年一月号~ (8, 0.0%)

31 で発表, に, にのった, に発表, の巻頭

▼ 年三月頃~ (8, 0.0%)

4 まで 1 のこと, の事, までの全, まで略三年間

▼ 年九月十三日~ (8, 0.0%)

1 でした, にシュッツ, に開設, の出来事, の朝, の条, の鈔写, の項

▼ 年二月二十三日~ (8, 0.0%)

1 で道中, などそして, に中学校, に此, に歿, に関宿, の平民新聞, 御七条院此間予可儲肴等持参令

▼ 年五十年~ (8, 0.0%)

1 すなわち日本家屋, で二倍, の先, の後, の長い長い, は永遠, も昔, 経った後

▼ 年八月二十五日~ (8, 0.0%)

2 の晩 1 に安楽椅子, に忠之, に生れた, に門人数人, に阿部正精, 後花園天皇

▼ 年八月二十八日~ (8, 0.0%)

1 であった, であつ, にエタ非人, に父信政, に至っ, に蘭軒, の, の宣命案

▼ 年六年~ (8, 0.0%)

1 といえ, とか, とつづく, に一度, のうち, のころ, の死亡率, を割い

▼ 年六月三日~ (8, 0.0%)

2 である 1 に一千四百九十八首, に三十九歳, に故国, に父, の朝, 即ち太陽暦

▼ 年前位~ (8, 0.0%)

1 からの事, から始めなさった, にマックス, に和蘭人, に流行った, に言ったら, の肖像, までそこ

▼ 年前江戸~ (8, 0.0%)

1 おかまい, で流行った, で流行つた, で鳴らした, に呼寄せ, へ來, へ出, へ行く

▼ 年十一月二十三日~ (8, 0.0%)

2 の事, の直前 1 ださうで諸書, には武蔵, に撰集, に菅茶山

▼ 年十三~ (8, 0.0%)

2 にし 1 が確か, で左少将, にてみまかりし, になる, の時, より二十八九

▼ 年博士~ (8, 0.0%)

1 が, が専門局長, が標準語, であったか, の姿, は一躍, を初め, を罵っ

▼ 年四十年~ (8, 0.0%)

2 の功夫 1 となる, と後れた, と時, と禅那, の長, も隔て

▼ 年四回~ (8, 0.0%)

1 ぐらいずつのせる, であるに, と定め, なの, にわけ, の割合, の回転率, の支払

▼ 年四月十五日~ (8, 0.0%)

1 であった, である, という土曜日, に自決, のこと, の夜, の日曜日, の早暁

▼ 年大阪~ (8, 0.0%)

1 から江戸, で出版, で妻前田氏, に於, の大, の老いた, へ行った, を去

▼ 年~ (8, 0.0%)

2 も邸 1 が焼け, にいました, の新, を借りる, を隔, 附きの

▼ 年~ (8, 0.0%)

2 がまだ 1 から城下, と言わず, に千年, に登っ, へ来, 遠く谷

▼ 年彼女~ (8, 0.0%)

1 が十七, が十六歳, が四歳, の死ぬ, は三十三, は子供, は近代, を苦しめつづけ

▼ 年~ (8, 0.0%)

1 からこびりつき, に終りぬ, のかた, の地, の如き, の底, の弾圧, の永久

▼ 年~ (8, 0.0%)

1 から計算, さへ, の間我日本, も一ばい, も淺, を見, ノ意味, 久して

▼ 年死亡率~ (8, 0.0%)

1 と年出生率, に遥か, は一対三九・八一, は予防的妨げ, は六〇分の一, は正確, は男子, を四〇分の一

▼ 年~ (8, 0.0%)

1 であったところ, と呼び子, と杏坪翁, と結婚, に呼び寄せられ, の五十年, の場合, は齊衰三年

▼ 年~ (8, 0.0%)

1 の, の歿後, の許, は, はこの, はオランダ政府, は観音様, は長崎

▼ 年生きた~ (8, 0.0%)

1 からつて, けれどこんな, って同じ, ところで, と同じ, と言わるる, にもまさる, 亀の甲月光の

▼ 年程も~ (8, 0.0%)

3 前の 1 かかったが, 以前の, 前に, 確かに, 通ったが

▼ 年自分~ (8, 0.0%)

1 が七十三, が四歳, が心底, の作的境地, の寿命, はブルジョア文学, は教導団, は森下

▼ 年~ (8, 0.0%)

1 ではもどき, には風流, に既に, の中, の事, の似, の風流, は実は

▼ 年見ない~ (8, 0.0%)

6 うちに 2 間に

▼ 年あり~ (7, 0.0%)

2 て再び, といえ 1 いやしくも機会, その徳世, て是

▼ 年いっぱい~ (7, 0.0%)

1 その五合, でいくらか, といえ, に叩き売る, に売り飛ばされ, に書かれた, ぶらぶらし

▼ 年おい~ (7, 0.0%)

1 ても同じ, て二十三, て仲平夫婦, て同, て四十, て如月, でなさいました

▼ 年くらいも~ (7, 0.0%)

2 帰っても 1 たった時分, たってからの, 前の, 後に, 昔の

▼ 年じゃあ~ (7, 0.0%)

1 ありませんか, どう思っ, ないじゃ, ない辰年, もう忘れ, 埒が, 死なないね

▼ 年すれ~ (7, 0.0%)

1 ばこの, ばミーチャ, ば元金, ば其の, ば私, ば缶詰, ば衰え

▼ 年たつたら~ (7, 0.0%)

1 あんな紳士, きつと, この長上衣, またここ, また逆もどり, 帰つ, 駄目効き目ない

▼ 年~ (7, 0.0%)

4 ャんという 1 がひ, ャん, ャんだ

▼ 年ちゃんと~ (7, 0.0%)

2 正ちゃんが 1 お姉さん, 年ちゃんの, 正ちゃんの, 相談する, 誠くんは

▼ 年つづく~ (7, 0.0%)

1 か二年, か当の, か知らん, か知れません, 不作と, 事か, 事に

▼ 年であろう~ (7, 0.0%)

1 か, か一片, がその, がそんな, と, と二十年, と期待

▼ 年とが~ (7, 0.0%)

2 そこを 1 同時に来る, 或る, 教室で, 消えて, 結びつくの

▼ 年なりの~ (7, 0.0%)

1 一生を, 後安全な, 月賦によって, 歳月が, 結婚生活を, 長い刑期, 間娘が

▼ 年なんか~ (7, 0.0%)

1 とるもの, ほんの短い, アテに, 知って, 言うもの, 訊かないで, 長年の

▼ 年においては~ (7, 0.0%)

1 ユトランドの, 一人につき, 南部の, 松平定信は, 社會主義は, 米船浦賀に, 露船高田屋嘉兵衛を

▼ 年まわり~ (7, 0.0%)

1 から云, がわるい, が一まわり, が悪い, といい, と言う, にあたる

▼ 年やっ~ (7, 0.0%)

1 ていました, ている, てもその, ても同じ, て廿幾つ, て行け, て見

▼ 年よりや~ (7, 0.0%)

1 兄弟の, 女子ども, 女子供, 娘たちが, 子供に, 智慧者を, 村の

▼ 年ゐた~ (7, 0.0%)

2 のである 1 おかげで, すると今, としても三十年, としても内地, のを

▼ 年をも~ (7, 0.0%)

1 亦二つ, 参考として, 空費せなけれ, 経たかと, 経ない中, 記念する, 過ぎたらん桜

▼ 年を通じての~ (7, 0.0%)

2 労働階級の 1 ものである, 人情なりけり, 健康法な, 平均気温が, 平均生産物によって

▼ 年ゴーリキイ~ (7, 0.0%)

2 は初めて 1 が世界的, が五年ぶり, が再び, が十三, は憲兵

▼ 年一号~ (7, 0.0%)

2 の雑録 1 に南日君, に挿入, に臆面, に高野君, 及び十年一号

▼ 年一月十日~ (7, 0.0%)

1 その晴れた, でムネ・シユリイ, で行年八十二歳, という日附, とな, にはモンテビデオ, の

▼ 年一杯~ (7, 0.0%)

1 つづいて, で大体正体, で手取り三十五両, にはとても, も保ち, をわれら, 叩き上げたおよつは

▼ 年七月十四日~ (7, 0.0%)

1 であり, に不可抗力, に四十七歳, に練兵場, に老齢, は私, を持っ

▼ 年万年~ (7, 0.0%)

1 あやしきは, たっても, とその, なが, の後, の間, 否人間最後

▼ 年三月二十八日~ (7, 0.0%)

2 の事 1 である, には十一歳, に十六歳, に歿, の日附

▼ 年三月十二日~ (7, 0.0%)

1 が実に, で光, で月俸三十五円, にその, に江戸, の夜, の条

▼ 年三月十五日~ (7, 0.0%)

1 に, に亡くなられました, の事, の其の, の夜, の後, の暁方

▼ 年三月十日~ (7, 0.0%)

2 のこと 1 の日記, の東京日日新聞, の空, の空襲, まで伊那

▼ 年三百年~ (7, 0.0%)

3 たった後 1 にいっぺん, の仕来り, 引き続いて, 或は數百年前

▼ 年九月十八日~ (7, 0.0%)

1 に例, に六十九歳, に歿, の事件, の夕, を以つて, 全體

▼ 年九月十日~ (7, 0.0%)

1 に歿, に薨, の午, の夜, の川中島合戦, の日記, までの新山

▼ 年二十~ (7, 0.0%)

2 で初めて 1 とは專ら司馬遷, の上, の時, ばかりなる, を踰

▼ 年二月二十二日~ (7, 0.0%)

2 に聖徳太子 1 には私, に六十八歳, の, の条, を以て去る

▼ 年二月五日~ (7, 0.0%)

2 に歿 1 この長崎, に多町二丁目, の條, の神田, ふと老

▼ 年五年十年~ (7, 0.0%)

2 とだんだんに 1 あるいは一生ここ, あるいは十数年間, かかっても, とたつ, 語りつづけても

▼ 年五月五日~ (7, 0.0%)

2 の夜 1 であつ, に三男, の日記, の朝, の条

▼ 年休学~ (7, 0.0%)

3 して 1 したため, し郷里, すること, する事

▼ 年~ (7, 0.0%)

2 馴れて 1 でいる, 慣れた住居, 慣れた小楼, 慣れた屋根, 慣れた町

▼ 年何百年~ (7, 0.0%)

1 かかるかも, という, というよう, といふ年月, とまっ, の間, も戦争

▼ 年信長~ (7, 0.0%)

2 の死 1 が殺された, が越前, に従っ, の朱印, は四十八歳

▼ 年~ (7, 0.0%)

1 に七歳, に三十一歳, に二十二歳, に二歳, に四歳, に差引勘定, に廿五歳

▼ 年八十~ (7, 0.0%)

1 にし, にちかい, に余り, に及ん, に近い, の老母, を越えた

▼ 年八月四日~ (7, 0.0%)

2 に永眠, の朝奈良 1 のその, の夜, の朝

▼ 年六月七日~ (7, 0.0%)

1 である, と八日, に成善, に歿, 再造新富座開業, 第十二回, 第十二回公判

▼ 年六月十九日~ (7, 0.0%)

2 の生れ 1 で即ち, に沈められる, のこと, の北海道, 第二審

▼ 年六月十日~ (7, 0.0%)

1 である, のこと, の午後, の文書, の晩, 突如陸奥, 遠州組三人

▼ 年前三十年前~ (7, 0.0%)

2 と際限, にありし 1 に富裕, に比べ, の社会状態

▼ 年前京都~ (7, 0.0%)

1 で買った, で起こった, に一ヶ月滞在, の医家永井朋吉氏方, の嵐山, の戦禍, の烏丸光広

▼ 年前日本~ (7, 0.0%)

1 が行い, でブルジョア女性解放運動, で民主的, には既に, にも来た, の土, の社会経済

▼ 年前英国~ (7, 0.0%)

1 にて下院, に帰化, に生まれた, のアリソン博士, のノルマン・エンゼル, の思想家, は中国

▼ 年十一月三日~ (7, 0.0%)

1 に安, に至り, に郷里, の夕方, の夜, の日記, 迄印

▼ 年十一月八日~ (7, 0.0%)

1 に横浜, に生れた, に神田弁慶橋, のこと, の条, の條, の紙上

▼ 年十一月十一日~ (7, 0.0%)

2 の夜 1 だったと, に一子辞安, に六十四歳, に生れた, は彼女

▼ 年十一月十五日~ (7, 0.0%)

1 であったが, である, に五十二歳, に陸軍, の夕刻, の条, の火災

▼ 年十二月二日~ (7, 0.0%)

1 と書し, にシャビエル, に七十六歳, に五十六歳, に優, に歿, 同二年十二月二十日等

▼ 年十二月十二日~ (7, 0.0%)

1 でしょう, とし, にこの, に二十, に歿, に隠居令図, の夜

▼ 年十二月十日~ (7, 0.0%)

1 で当時六十七歳, で齢, に八十五, に家, のこと, の午後零時, 第十六議会

▼ 年十二月号~ (7, 0.0%)

2 に発表, の 1 が一冊, に連載, を最後

▼ 年十六~ (7, 0.0%)

1 が粮米, であった, である, なりき, になった, の春, の頃

▼ 年十月十四日~ (7, 0.0%)

1 に信順, に解放, の, の日附, の朝, ノ午後一時カラ二時, 即世

▼ 年卒業~ (7, 0.0%)

1 した, した小学生, して, すれば, の後, の日, 後東京

▼ 年古く~ (7, 0.0%)

1 この城, なったせい, なると, 仕えた下男, 召仕っ, 後漢, 棲んで

▼ 年同じく~ (7, 0.0%)

1 ジェネバで, 七年の, 十年十一年の, 常陸國沖合に, 延命院の, 怪物小栗虫太郎が, 男の子を

▼ 年~ (7, 0.0%)

2 に当る 1 にあたりまする, にも当る, に当りまする, をせん, を致したき

▼ 年大学~ (7, 0.0%)

1 で研究生活, におった, の修学旅行, の哲学科, は四年, へいく, を出る

▼ 年後れ~ (7, 0.0%)

1 ている, て仕舞つた, て東京, て気, て渡天, て現われた, て起こっ

▼ 年故郷~ (7, 0.0%)

2 に近い 1 へ歸つたの, へ還, を省みなかつた, を見なかった, を離れ

▼ 年~ (7, 0.0%)

1 かつた, かりせば, すぎたの, すぎる, すぎると, すぎるの, や已に

▼ 年未だ~ (7, 0.0%)

1 いちどの, うらわかく日, 千点に, 壮なり, 天下に, 曾て, 老いず

▼ 年~ (7, 0.0%)

1 といふ物理小識, の霜, の類, は別, は紫花, を万年草, 之説

▼ 年~ (7, 0.0%)

1 せるゲスネル, ぬるまで, の予想, の前, の直前, の近づいた, 別れた父親

▼ 年漸く~ (7, 0.0%)

1 五旬に, 十六であった, 吉野に, 盛大に, 老い両, 老い社務も, 長じ

▼ 年目位~ (7, 0.0%)

1 から店, だそう, には一切, にひどい, にふと, にやつ, に新しい

▼ 年~ (7, 0.0%)

1 いた, いた町名主, いて, くと, けてやつ, けて十段目, けて火

▼ 年置き~ (7, 0.0%)

1 かに出産し, か二年, に咲く, に生んだ, に角, 位に, 位ゐ

▼ 年迄の~ (7, 0.0%)

2 間に 1 四年の, 年譜が, 文学精神は, 最大風速を, 物だ

▼ 年限り~ (7, 0.0%)

1 であつ, で廃, のもの, の出生, の暦, もない, 生きたれば

▼ 年~ (7, 0.0%)

1 に剛勇, の若き, は十六七, は想像, もゆかず, も餘, 顧みて

▼ 年あけ~ (6, 0.0%)

4 て伊豆大仁 1 たるのち, の空

▼ 年あの~ (6, 0.0%)

1 主任さんは, 人は, 家族主義と, 燕が, 簾を, 頃の

▼ 年うえ~ (6, 0.0%)

2 のチンピラ 1 だった, である, のよう, の女中さん

▼ 年おれ~ (6, 0.0%)

2 ばこれ 1 が思う, の気持, はおれ, ば大学

▼ 年ぐらゐ~ (6, 0.0%)

1 かうして, 全くキユウ, 居たの, 生きて, 経つて, 遅れると

▼ 年さえ~ (6, 0.0%)

1 ある, 二七の, 取れば, 忘れるくらい, 若ければ, 越せば

▼ 年たけ~ (6, 0.0%)

2 てまた 1 ていっそう, て福井, て親, て関寺辺

▼ 年だけに~ (6, 0.0%)

1 しても, とどめるの, 小盤台, 応待も, 秋とは, 考えも

▼ 年ちょうど~ (6, 0.0%)

1 三十歳である, 五百九十五年前の, 徴兵検査の, 高等三年生の, 鹿鳴, 麹町の

▼ 年つき~ (6, 0.0%)

1 が流れた, が経つ, が過ぎ, は実質的, を送った, 経つほど

▼ 年とに~ (6, 0.0%)

1 ベランジェー・フェローが, 彼は, 於ける普通出版物中, 純粋経済学理論の, 翻刻した, 飜刻せられた

▼ 年とを~ (6, 0.0%)

1 含めて, 対象する, 書き出して, 比較すれ, 繰って, 較べて

▼ 年などは~ (6, 0.0%)

1 そこに, どうにもごまかせる, 命の, 問題に, 時の, 正月二日から

▼ 年なんて~ (6, 0.0%)

1 ものは, 云う長い, 書いて, 欲張らない, 滑稽極, 長いこんだ

▼ 年にかけては~ (6, 0.0%)

1 全国的な, 大疫病流行, 東京の, 自ら乗り出し, 諸国が, 錆びない鋼鉄

▼ 年によ~ (6, 0.0%)

1 つては, つて二十八日と, つて二十八日の, つて彼岸の, つて記事を, つて違ふ

▼ 年はも~ (6, 0.0%)

1 いかない小学生, いかぬ女, いかぬ娘っ子, いかぬ少年, ゆかぬ頃, 行かぬ頭

▼ 年ひさしく~ (6, 0.0%)

1 なりたるにも, なりぬれば, 住む一種, 府城の, 棲みなして, 棲む大蛇

▼ 年やつ~ (6, 0.0%)

2 と一つ処, と一つ處 1 た, たつて

▼ 年イギリス~ (6, 0.0%)

1 のウェールズ, のウエールス, のオックスフォード, のロード, の捕鯨業者ウィリアム・スコレスビー, の由緒

▼ 年フィレンツェ~ (6, 0.0%)

2 のポデスタ 1 にて馘ら, に死す, の白黨, の附近

▼ 年ローマ~ (6, 0.0%)

2 のコンスル 1 で死んだ, に死す, のスキピオ, のペトロ

▼ 年一月五日~ (6, 0.0%)

1 であり, に, には玉井進, に矩之, のカアランド山道, の黄昏時

▼ 年一月十五日~ (6, 0.0%)

1 には全国, にわたし, にイェス島, の中震, を図書館デー, 即ち同

▼ 年七十~ (6, 0.0%)

1 にあまれ, になる, になんなんとし, にも相成る, に及ん, 無子

▼ 年七十年~ (6, 0.0%)

1 と時代, と限られた, の事, の間, を通じて間断, 時として百年

▼ 年~ (6, 0.0%)

2 は似合っ, は似合つて 1 すると, で濟ん

▼ 年三十一歳~ (6, 0.0%)

1 で池, にし, にて慶安二年俄, のバッハ, の時, の若

▼ 年三月二十七日~ (6, 0.0%)

1 および同年十月六日, に公布, に御, に歿, に酒井忠清, 迄の間

▼ 年三月八日~ (6, 0.0%)

1 にルイス, に亀千代, に瞑目, の午後, の大和地方, の婦人デー

▼ 年三月私~ (6, 0.0%)

1 が満, の作る, は処女作, は小倉聯隊附中佐, は欧州視察, は陸軍省

▼ 年~ (6, 0.0%)

1 がのこした, この文, の始め, の遠江, 大英博物館, 故サー・ウォラストン・フランクス

▼ 年二十三歳~ (6, 0.0%)

2 の時 1 であった, であったから, でお, で健康

▼ 年二十二歳~ (6, 0.0%)

1 でマニラ, にし, の二月, の時, の頃, 御自身

▼ 年二月二十六日~ (6, 0.0%)

1 に召し捕られ, に堀川舟庵, に歿, に花園天皇, の事, の事件

▼ 年二月十四日~ (6, 0.0%)

1 には寺門, に中佐相当陸軍一等軍医正, に六十三歳, に戦死, に生まれた, に矢

▼ 年五月三日~ (6, 0.0%)

1 から私たち日本國民, に施行, の天候, の暮方, の窪尼あて, 新憲法施行

▼ 年五月二十五日~ (6, 0.0%)

1 から昭和二十年九月十日, である, においていよいよ, に丸やけ, に支払ズミ, の夜

▼ 年五月十八日~ (6, 0.0%)

1 から和蘭, に歿, の午, の夜, の日曜, の条

▼ 年交替~ (6, 0.0%)

1 がついに, ではその, となっ, となりました, にし, の制

▼ 年今日~ (6, 0.0%)

1 では大分女, の若き, は心, まで習性みたい, も猶, 初めて苔寺

▼ 年以来日本~ (6, 0.0%)

1 では内外, では忘, にはプロレタリア文学, の人民, の社会, の社会的事情

▼ 年働いた~ (6, 0.0%)

1 って二年, って蓄まりゃせんのに, って買える, ものが, 人間は, 後に

▼ 年全く~ (6, 0.0%)

1 このベット, 流離困, 消息を, 裏切ること, 詩を, 骨身も

▼ 年八月二十三日~ (6, 0.0%)

3 の夜 1 ついに天下, に三十一歳, またし

▼ 年八月五日~ (6, 0.0%)

2 の条 1 に出帆, に生れた, の夕暮, の夜

▼ 年八月以後~ (6, 0.0%)

1 この武士道ドラマ, この禁止, の女学生, の混乱期, の討幕派, 第一回

▼ 年八月八日~ (6, 0.0%)

1 といふ日附, となった, に七十四歳, に於ける, に王政自身, の夕暮

▼ 年八月末~ (6, 0.0%)

3 のこと 2 の晴れた 1 はじめて巴里

▼ 年六月二日~ (6, 0.0%)

1 であった, で山崎合戦, にイタリア, に右大臣織田信長, に完結, より事始め

▼ 年初頭~ (6, 0.0%)

1 にかけてすべて, のマルクス, の第, はじめて日ソ通商復活, までに, 即ち天正

▼ 年前アメリカ~ (6, 0.0%)

1 から輸入, で亡くなられました, とヨーロッパ, にはドリユウ, の, へ行っ

▼ 年前東京~ (6, 0.0%)

1 で見た, で起り, の料理屋, へ出張, へ奉公, を立っ

▼ 年前自分~ (6, 0.0%)

1 が不覚, が此邸, が身, の居所, の屡, もその

▼ 年前頃~ (6, 0.0%)

1 から言, ではない, までに発行, までのあすこ, までは先輩, までは微々

▼ 年~ (6, 0.0%)

1 ではあります, のせい, もない, もなく, もねえ新造子, も無く

▼ 年勉強~ (6, 0.0%)

2 の結果 1 したら好い, した上, して, にいく

▼ 年十二月二十日~ (6, 0.0%)

21 であった, に斬罪, に旅, の事

▼ 年十二月五日~ (6, 0.0%)

1 に, には甲斐, に徳川家茂, に歿, のグラント大統領, の暁

▼ 年十二月十三日~ (6, 0.0%)

1 から床, に書かれた, のこと, の品川宿遊女屋土蔵相模, の夕方帰宅, の法律

▼ 年十四~ (6, 0.0%)

2 であつ 1 だが, で歿, に成る, の時

▼ 年十四歳~ (6, 0.0%)

2 で市ヶ谷門外 1 にし, のとき, の折, の時

▼ 年十月二十八日~ (6, 0.0%)

1 から浄勝房以下, に五十一歳, に歿, の条, の濃, 記す

▼ 年古りた~ (6, 0.0%)

1 木魚と, 杉の, 柳の, 猿の, 石燈籠が, 石燈籠に

▼ 年~ (6, 0.0%)

1 が旅順, が為め, とは少々, に任せ, のこと, は上海

▼ 年四分の三~ (6, 0.0%)

2 の出生 1 ではなく, ということ, と見積り得よう, の全

▼ 年四十二歳~ (6, 0.0%)

1 で福山, に到る, に當, の意味, の時, を享年四十二歳

▼ 年四月十日~ (6, 0.0%)

1 に主人宛, に総, の日本, は二十年前, まで三箇月餘, 病んで

▼ 年~ (6, 0.0%)

1 でしたから, でも, などの時, には相当, にも贈り物, 小生々涯

▼ 年坊主~ (6, 0.0%)

1 かなんかであったら, だなと, と交換, は, は世話, を近日紹介

▼ 年変化曲線~ (6, 0.0%)

3 を作る 1 で二本, と確率誤差曲線, はこれ

▼ 年多く~ (6, 0.0%)

1 とりたり, の女王, は四年, も四年, 子供ある, 生き延びた彼自身

▼ 年~ (6, 0.0%)

1 の服装, の肉体, は四年, をつけ, を斬りつけた, 満二十五年

▼ 年~ (6, 0.0%)

1 が駆落した, が駈落した, で暮らし, といふかも知れぬ, は猶, を生みました

▼ 年~ (6, 0.0%)

1 が古, のぴちぴち, のライフル, のライフル銃, の型, の社会主義者

▼ 年待つ~ (6, 0.0%)

1 がよから, てくれねえ, ても誰, ても音沙汰, て見る, には及ばない

▼ 年後半~ (6, 0.0%)

1 から一九三四年三月頃, から同, という時代, になされ, まで, より今日

▼ 年~ (6, 0.0%)

1 が東京, が母柏, が羽野氏かね, の第, の長女たかよ, の長子精

▼ 年或いは~ (6, 0.0%)

1 三年であり, 三百年前の, 二百年以上の, 何十年の, 八十年人寿の, 四年前に

▼ 年文展~ (6, 0.0%)

2 の締切, 第三回 1 に出品, の

▼ 年最も~ (6, 0.0%)

1 大切なる, 好き時, 少きが, 幼き子, 長ぜるもの, 露西亜へ

▼ 年~ (6, 0.0%)

1 三月, 二十八歳信条より, 六月三日森春雄約, 十二月, 年の, 顕真実

▼ 年未満~ (6, 0.0%)

1 では全然, で人口, なり, の死亡, の間, ノ懲役

▼ 年~ (6, 0.0%)

1 には變, に住ん, の少年少女, の祭礼, の青年団, へ金箔磨き

▼ 年~ (6, 0.0%)

2 の下 1 にはミタマ, の客, の飾りもの, を造らずし

▼ 年~ (6, 0.0%)

5 の下 1 の写真

▼ 年~ (6, 0.0%)

1 になる, はもう, は年齢, を積ん, を経, 在乙卯

▼ 年~ (6, 0.0%)

1 七年余の, 三年三月なり, 洲の, 洲事変以後軍事的傾向と, 誓に, 鉄ビルの

▼ 年男子組~ (6, 0.0%)

2 の子供たち, の教室 1 の当番, の方

▼ 年立った~ (6, 0.0%)

1 か判らぬ, この五月祭, ので大分趣, 今では, 時であった, 秋父は

▼ 年~ (6, 0.0%)

1 を守り, 七一二と, 七十万ないし, 三五千枚を, 二千円の, 六二六と

▼ 年落第~ (6, 0.0%)

2 した方 1 したこと, したそう, したため, したわけ

▼ 年西洋~ (6, 0.0%)

1 から後れた, の八世紀, の国, へ行っ, へ行つて來, 諸國

▼ 年~ (6, 0.0%)

2 にお 1 から互に, に川崎, のお祭, の七月小金原

▼ 年遅れた~ (6, 0.0%)

1 こと位どう, とてこう, と云, 上に, 状況描写だ, 程です

▼ 年あまり以前~ (5, 0.0%)

1 になる, の所謂, の筆写, の製作品, の話

▼ 年いま~ (5, 0.0%)

2 になる 1 はただ, は政廟, も横浜

▼ 年かと~ (5, 0.0%)

1 じっと我慢, 思う, 思うが, 指を, 記憶する

▼ 年かれ~ (5, 0.0%)

2 の仕事 1 が九歳, が死ぬ, は岐阜県多治見町

▼ 年ぐらいしか~ (5, 0.0%)

2 経って 1 さかのぼれないの, たって, もたぬから

▼ 年ごろ私~ (5, 0.0%)

1 が勝手, が毎日議会, の家, は教科書, も小西

▼ 年~ (5, 0.0%)

2 かる 1 すらひ, のみ近しい, へ若けれ

▼ 年つづい~ (5, 0.0%)

1 て, ている, て一九〇五年一月, て十七日, て大戦後二

▼ 年とつ~ (5, 0.0%)

2 たもの 1 たきこりが, たな, たらかなはん

▼ 年とり~ (5, 0.0%)

1 てああ, て種々, の豆まき, の酒, 腰が

▼ 年どころか~ (5, 0.0%)

2 もう三十年 1 あしたが, この毛蘭, 遅くて

▼ 年にて~ (5, 0.0%)

1 その頃法王, ニコラウスは, ブオンデルモンテの, 再び相, 時の

▼ 年のみ~ (5, 0.0%)

1 たままつりつかうまつる, ならず更に, なれば, のりを, 軍に

▼ 年ばかりで~ (5, 0.0%)

1 亡くなったの, 内職に, 廃藩と, 死んで, 離縁に

▼ 年ほとんど~ (5, 0.0%)

1 世界を, 千五百万人の, 社交の, 祝い事で, 絶え間なし

▼ 年まし~ (5, 0.0%)

1 にその, に上手, に伯母さん, に城主, 御よわい

▼ 年までが~ (5, 0.0%)

1 五十七年それから, 全盛期で, 有名な, 村の, 終るわけ

▼ 年ようやく~ (5, 0.0%)

1 たけて, 不惑を, 二十を, 蜀を, 長じ

▼ 年よりにも~ (5, 0.0%)

4 あつた 1 あったし

▼ 年よりを~ (5, 0.0%)

1 中心に, 抱えて, 擲らない, 見ると, 連れては

▼ 年らしい~ (5, 0.0%)

1 がいふ, しめやかな, 少女と, 東京ジャズを, 色彩が

▼ 年テーゼ~ (5, 0.0%)

1 の正しい, を, を充分, を相互対比, 及び

▼ 年ナポレオン~ (5, 0.0%)

1 がモスク, がライプチヒ, のロシヤ遠征, の犯した, の退散前後

▼ 年一ヶ月~ (5, 0.0%)

2 を經 1 から四年五ヶ月, になる, に達した

▼ 年一月二日~ (5, 0.0%)

1 であるから, に弥右衛門, の午前三時半ごろ, の午前十時, の午後

▼ 年一月四日~ (5, 0.0%)

1 と五日, に五十三歳, に帰航, に発せられた, の夜

▼ 年丁度~ (5, 0.0%)

1 前田君が, 日露戦争の, 私が, 節分の, 花火の

▼ 年七十歳~ (5, 0.0%)

2 のとき 1 でなくなられた, で死ん, にて亡くなりました

▼ 年七月一日~ (5, 0.0%)

1 から所謂メートル法, とされ, には近代的, のこと, 僅か六畳一間

▼ 年七月二十九日~ (5, 0.0%)

1 には祖父伊兵衛, にアンブロン, に生れた, の, の記念

▼ 年七月二十日~ (5, 0.0%)

1 という日附, に山崎美成, に歿, のこと, の朝

▼ 年三十二歳~ (5, 0.0%)

1 であった, で生涯, に當, の時, の生涯

▼ 年三十五歳~ (5, 0.0%)

1 から七十余歳, で廉塾, のとき, の働き盛り, の時

▼ 年三月七日~ (5, 0.0%)

1 に三十八歳, に抽斎, の天気, の条, を忘れる

▼ 年三月下旬~ (5, 0.0%)

1 から同年七月上旬, であった, のロンドンタイムス, の午後, まで未決生活

▼ 年三月二十日~ (5, 0.0%)

1 いよいよジャン, のこと, のその, の日記, を通じて攻撃

▼ 年三月六日~ (5, 0.0%)

1 に伊賀, に神父四人イルマン三人, に静岡県小笠郡六郷村字小澤, の事, の夜

▼ 年三月十八日~ (5, 0.0%)

2 を想像 1 に広田内閣, に書いた, の朝

▼ 年三月号~ (5, 0.0%)

1 には一七四八年以降, のストランド誌, の中央公論誌上, の主婦, までが一冊

▼ 年~ (5, 0.0%)

1 復得然, 昧公は, 沙汰した, 相当に, 見故郷花

▼ 年丙子~ (5, 0.0%)

1 に七十, に至つて, の作, の年號, の秋

▼ 年中学~ (5, 0.0%)

1 から高等学校, にゐ, の教師, は四年, を出る

▼ 年久しき~ (5, 0.0%)

1 シトギ文化の, 刎頸の, 帝の, 経験でも, 願ひなり

▼ 年九ヵ月~ (5, 0.0%)

2 で月並 1 しか執筆発表期間, ばかりしか作品発表, ほどであった

▼ 年九月七日~ (5, 0.0%)

2 の朝 1 に寂し, に私, やはり柳橋万八樓

▼ 年九月二十三日~ (5, 0.0%)

1 のこと, のまだ, の午後十時, の夜半, を以て其の

▼ 年九月二十二日~ (5, 0.0%)

2 のこと 1 から三日間, から二十三日, に歿

▼ 年九月二十六日~ (5, 0.0%)

1 で電車, に六十三歳, の事, の夜, の天候

▼ 年九月八日~ (5, 0.0%)

2 のこと 1 にドイツ船プロイセン號, に淡路島, の午前

▼ 年九月十五日~ (5, 0.0%)

1 である, に保, に大御, に徳川家康, の式

▼ 年二十七歳~ (5, 0.0%)

1 で述懐百首, になる, の年, の時, の頃

▼ 年二十五歳~ (5, 0.0%)

2 の時 1 であった, で郷里, のとき江戸

▼ 年二年三年~ (5, 0.0%)

1 と月日, と段々店, と経ち, と金利, 働く

▼ 年二月二十九日~ (5, 0.0%)

1 で信明, というハンパ, に至つて始, の午ごろ目黒行人坂大円寺, の晩

▼ 年二月二十八日~ (5, 0.0%)

2 の正午頃 1 にヴィーン, に御, に津軽家

▼ 年二月二日~ (5, 0.0%)

1 だと, には数年来, にヂウ, に六十七歳, までにマントア

▼ 年二月十九日~ (5, 0.0%)

1 である, なる農奴解放, に書いた, に父春水, に離別

▼ 年二月号~ (5, 0.0%)

31 で能楽, を見

▼ 年五十九~ (5, 0.0%)

2 である 1 でございますが, で江戸, 子賛二十六

▼ 年五月十二日~ (5, 0.0%)

1 という奥書, に大阪, のこと, の反乱, より二十八年

▼ 年五月十日~ (5, 0.0%)

1 だと, の朝, の東京朝日新聞, までに審議終了, より一九三六年三月二十七日

▼ 年~ (5, 0.0%)

1 が叔父沢蟹, に預け, の女, の教区, へ行っ

▼ 年以上前~ (5, 0.0%)

2 のローマ時代 1 にヨオロッパ系, に大, のこと

▼ 年~ (5, 0.0%)

1 に双児, に女, の奥さん, ばかり生ん, を生みました

▼ 年八月七日~ (5, 0.0%)

2 のこと 1 に友人某, に菅茶山, の書

▼ 年八月二十九日~ (5, 0.0%)

2 の事 1 である, に真, の夕方

▼ 年八月十四日~ (5, 0.0%)

1 に利章, の, のこと, の夕方, は抽斎

▼ 年六十六~ (5, 0.0%)

2 であつ 1 である, で薨, に達すれ

▼ 年六十年~ (5, 0.0%)

1 のよ, の後, の生涯, を送る, を隔てた

▼ 年六月三十日~ (5, 0.0%)

1 から七月一日, に歿, までを粉鉱, を限り, 第十一回目

▼ 年六月二十七日~ (5, 0.0%)

1 である, に死, の条, 同二十九日, 生国上州新田郡細谷村

▼ 年六月二十五日~ (5, 0.0%)

2 のこと 1 お亡くなり, である, 漸く露国

▼ 年六月二十日~ (5, 0.0%)

2 の強震, の東京地震 1 から二十八年五月十一日

▼ 年六月十二日~ (5, 0.0%)

2 に結婚 1 である, とあります, には第

▼ 年六月十四日~ (5, 0.0%)

1 に一人, に五十五歳, に六十九歳, に昭和九年十二月末現在, の条

▼ 年六月四日~ (5, 0.0%)

2 に私 1 だった, に一人, に寄合戸田政五郎家来納戸役金七両十二人扶持川崎丈助

▼ 年~ (5, 0.0%)

4 短いと 1 短い時間

▼ 年内田~ (5, 0.0%)

5 老鶴圃

▼ 年~ (5, 0.0%)

2 を経た 1 は日本, を経, を要した

▼ 年出生率~ (5, 0.0%)

1 から判断, が増大, の中項, はそれほど, は総

▼ 年前余~ (5, 0.0%)

1 に死ん, の十歳前後, は印度洋, は独歩嵐山, 在都下

▼ 年前母~ (5, 0.0%)

1 が病, が麻布, に会いた, は万兵衛, は萬兵衞

▼ 年創立~ (5, 0.0%)

1 した陸軍大学, せられ, で当時, の, の商店

▼ 年十一月一日~ (5, 0.0%)

2 のリスボン 1 から実施, に叔母, の朝

▼ 年十一月十二日~ (5, 0.0%)

2 で今, に歿 1 である

▼ 年十七~ (5, 0.0%)

1 なる者, にし, になる, の初陣, の若武者

▼ 年十七歳~ (5, 0.0%)

1 であったと, のとき, の信二, の御, の時

▼ 年十二月二十八日~ (5, 0.0%)

1 に六歳, のこと, の日記, の火事, をもって一切

▼ 年十二月十五日~ (5, 0.0%)

1 からスイス, に六十三歳, に歿, に生まれ, の条

▼ 年十二歳~ (5, 0.0%)

2 にし 1 で, で侍従, の時

▼ 年十五歳~ (5, 0.0%)

2 の時 1 で江戸, にし, の暮れ

▼ 年十月十三日~ (5, 0.0%)

1 から同年十一月十二日, に六十二歳, に津下君, に蘭軒, よりひとつき間

▼ 年十月十二日~ (5, 0.0%)

1 にこの, に七十五歳, のこと, の午後, の詔

▼ 年十月十五日~ (5, 0.0%)

1 であつ, のこと, の記事, はそれ, 曇り

▼ 年十月十日~ (5, 0.0%)

1 に斬られた, のエミール・フライ, の事, の刊行, の東京新聞

▼ 年南家~ (5, 0.0%)

5 の娘

▼ 年~ (5, 0.0%)

1 三十歳の, 多紀氏の, 安政元年に, 東徙の, 柏の

▼ 年即位~ (5, 0.0%)

2 が一九一〇年 1 が一九〇〇年, が一九〇三年, が一九〇九年

▼ 年~ (5, 0.0%)

1 が弘, と関係, なども或いは, の一つ, の称え始め

▼ 年四月一日~ (5, 0.0%)

2 のこと 1 と決定, の午前十時頃, 突然呼出

▼ 年四月九日~ (5, 0.0%)

1 と記憶, には私, に刑法官判事, の夕暮, 第十五回公判

▼ 年四月二十七日~ (5, 0.0%)

21 にワラタ号, に国王, に妻

▼ 年四月二十四日~ (5, 0.0%)

2 を思い出せ 1 であった, に四十六歳, の朝刊

▼ 年四月二日~ (5, 0.0%)

2 に豊か 1 しるす, の昼過ぎ, は公判準備調べ

▼ 年四月六日~ (5, 0.0%)

1 に出発, に抽斎, に有名, の大火, の記

▼ 年四月十三日~ (5, 0.0%)

1 と刻, にあの, の記, 同じく野山, 我が東郷

▼ 年四月号~ (5, 0.0%)

1 から銭形平次, とに私, にのった, の雑誌, より連載

▼ 年~ (5, 0.0%)

1 営する, 學の, 牢し, 牢の, 獨し

▼ 年壬申~ (5, 0.0%)

1 にあたり, にあたれり, の夏, の歳, の除夜

▼ 年変化~ (5, 0.0%)

1 が到底, して, の曲線, を図示, を調べ

▼ 年寂しい~ (5, 0.0%)

5 道場に

▼ 年寿命~ (5, 0.0%)

1 が延び, が縮みました, が縮む, をちぢめた, を保つ

▼ 年居た~ (5, 0.0%)

1 うちが, ときそれぞれ切り込む, とき二年居た, のださう, ので

▼ 年居る~ (5, 0.0%)

1 うちに, うちには, から登級, んだ, 間でも

▼ 年山毛欅~ (5, 0.0%)

1 とよぶ, の枝, の根もと, の根ッこ, の洞穴

▼ 年島原~ (5, 0.0%)

3 の乱 1 で捕はれ, の切支丹宗徒

▼ 年年齢~ (5, 0.0%)

1 が七三歳, が七六歳, が五七歳, が五九歳, が五二歳

▼ 年~ (5, 0.0%)

1 が筵, に潜り込みました, の枕許, はハネ, をあわて

▼ 年庚午~ (5, 0.0%)

1 に八十四歳, の下, の戸籍, の歳, の歳四月三十日

▼ 年我が~ (5, 0.0%)

1 帝国憲法は, 彼に, 明治二十年に, 書き溜めし草稿, 為には

▼ 年持つ~ (5, 0.0%)

1 か五年, ところを, のだ, ものなら, 位の

▼ 年政府~ (5, 0.0%)

1 が知らぬ, が臨時法制審議会, の之, の方針, は治安警察法

▼ 年日露戦争~ (5, 0.0%)

2 の当時 1 が日本, の頃, も終り

▼ 年暮れ~ (5, 0.0%)

1 て冬, て岩井, に, に未知, に迫つて

▼ 年最初~ (5, 0.0%)

1 に咲いた, の最深, の歌集, の聖譚曲, の郵便船

▼ 年~ (5, 0.0%)

1 だす, ちうもん, つたこと, はなかつた, やおま

▼ 年正月五日~ (5, 0.0%)

1 から法皇, であつ, には正親町上皇, の午後, の夜

▼ 年治世~ (5, 0.0%)

1 が一七年, が一四年, が七年, が三年, が八年

▼ 年無事~ (5, 0.0%)

1 で今, ならば, にい, に世, に勤め

▼ 年特に~ (5, 0.0%)

1 一九一五年ルーデンドルフ等の, 唐に対して, 後半は, 激しい変化, 量と

▼ 年~ (5, 0.0%)

1 在目, 太人豪商オルテヴ・イ・グンドルフ氏から, 少く色, 若かりし, 若き時

▼ 年病気~ (5, 0.0%)

2 と闘 1 のため, をした, をする

▼ 年癸巳~ (5, 0.0%)

1 である, には閏月, の春聿庵, の歳十二月二十六日, より見れ

▼ 年目私~ (5, 0.0%)

1 が二十八, が十二, が小説, には思い出, は四五日前

▼ 年~ (5, 0.0%)

2 経ち申し候 1 容れぬ間, 見ぬ間, 見る時

▼ 年祝典~ (5, 0.0%)

1 に際しかの, の今日, の日, の際, を機

▼ 年経ったら~ (5, 0.0%)

1 お通, エログロ出版者たちは, ラジオ界は, 以前の, 美しい花

▼ 年経つた~ (5, 0.0%)

1 ことか, 今でも, 後に, 時分で, 現在でも

▼ 年荒野~ (5, 0.0%)

5 の道場

▼ 年行つて~ (5, 0.0%)

2 見ないかと 1 ゐたといふ, 来るが, 見たいからといふ

▼ 年~ (5, 0.0%)

2 のため 1 のところ, を喪った, を喪つた徳之助

▼ 年記念祭~ (5, 0.0%)

1 が一九二八年, にあたってソヴェト同盟, にモスクワ, の折, を機会

▼ 年~ (5, 0.0%)

1 未, 未二月二十一日, 未五月十八日, 未十月下拙, 未閏二月十四日

▼ 年迄は~ (5, 0.0%)

1 マジメに, 同じこと, 夏時のみ, 聯合したる, 行はれました

▼ 年近い間~ (5, 0.0%)

2 の閣下 1 このやう, というもの, に運動

▼ 年近き~ (5, 0.0%)

2 歳月を 1 も数百年前, 以前の, 月日を

▼ 年近く前~ (5, 0.0%)

2 でありその 1 からさういふ, から東京, の話

▼ 年~ (5, 0.0%)

2 はない 1 はなかつた, はなく, はぬ

▼ 年遊ん~ (5, 0.0%)

1 でい, で居た, で暮らせる, で来年, で生き

▼ 年長け~ (5, 0.0%)

4 て後 1 て瞳

▼ 年非常~ (5, 0.0%)

2 な饑饉, に悪い 1 に情愛

▼ 年~ (5, 0.0%)

1 で下車, という, とはよくも, なるもの, に向った

▼ 年魚市~ (5, 0.0%)

4 の巻 1 は今

▼ 年あまりに~ (4, 0.0%)

4 なる

▼ 年おいで~ (4, 0.0%)

2 になりました 1 になり, になる

▼ 年お前~ (4, 0.0%)

1 と一緒, にも肩身, の妹, は巳

▼ 年お待ち~ (4, 0.0%)

2 下さい 1 になっ, 遊ばして

▼ 年かかれ~ (4, 0.0%)

1 ば三百六十五本, ば日本語, ば無論, ば研究

▼ 年かかろう~ (4, 0.0%)

1 ともその, と九年, と働い, と思うた

▼ 年かれこれ~ (4, 0.0%)

1 の昔, の横山町, の製作, 前後四十年にも

▼ 年がほど~ (4, 0.0%)

2 これに 1 抗争し, 欧米を

▼ 年がら年じゅう~ (4, 0.0%)

1 こづきまわされて, 古びた物, 同じもの, 寝そべってばかり

▼ 年くらいに~ (4, 0.0%)

1 なりますが, なるだろう, なるでしょうか, 一度この

▼ 年ぐらいで~ (4, 0.0%)

1 川底が, 腐るもの, 解決し, 読めるよう

▼ 年ぐらいと~ (4, 0.0%)

1 まとめて, 予定され, 今度の, 見える子供

▼ 年ぐらいも~ (4, 0.0%)

1 其のゆくえ, 前に, 東京で, 絶版と

▼ 年~ (4, 0.0%)

1 の, 消息が, 父子は, 自身で

▼ 年しかも~ (4, 0.0%)

1 いは, この大, その最初, その物

▼ 年そこ~ (4, 0.0%)

1 から生活, にゐた, に草, ははっきり

▼ 年そして~ (4, 0.0%)

1 いま将棋指しとしての, この四円七拾銭, つく, 一九年

▼ 年それから~ (4, 0.0%)

1 大阪, 日露戦争の, 次が, 長禄元年までが

▼ 年たる~ (4, 0.0%)

1 を以て児輩, 一七九七年以前の, 一七九八年の, 一七五九年に

▼ 年だけでも~ (4, 0.0%)

1 そういう規則, 取って, 江戸市中や, 豊田郷の

▼ 年だけは~ (4, 0.0%)

1 忘れないか, 猪子君の, 確かに, 若くても

▼ 年ついに~ (4, 0.0%)

1 七〇年の, 僧正と, 元和五年正則が, 権力者と

▼ 年つまり~ (4, 0.0%)

1 お杉, 日本に, 明治三十三年の, 野枝さんと

▼ 年つれ~ (4, 0.0%)

3 そふて 1 添った女房

▼ 年でありました~ (4, 0.0%)

2 から目 1 がパパンの, けれども彼

▼ 年であれ~ (4, 0.0%)

1 ば昌造, ば米, ば鶴見, を負かす

▼ 年といふもの~ (4, 0.0%)

1 ぱつたり行詰り, 夜昼転倒の, 私は, 逗子の

▼ 年とかいう~ (4, 0.0%)

1 あの呼び, ことに, 永い歳月, 間何にも

▼ 年どこ~ (4, 0.0%)

1 でなに, にも区切り, の女風俗, へ行く

▼ 年なお~ (4, 0.0%)

1 三十に, 壮風貌甚だ, 私の, 若い君

▼ 年などという~ (4, 0.0%)

1 ものは, 年数について, 筈も, 言葉を

▼ 年にかけ~ (4, 0.0%)

1 ピアノ今弾く, 一つの, 二十八年間の, 全島三郡の

▼ 年はやく~ (4, 0.0%)

1 あなたが, 呉先生の, 會つてゐたなら, 會つてゐれ

▼ 年ばかりしか~ (4, 0.0%)

1 たって, ない, 経たない頃, 経って

▼ 年ばかりという~ (4, 0.0%)

1 ものこの, ものは, もの一度も, もの忌々しい

▼ 年ふり~ (4, 0.0%)

1 たる松, てある, にける, まさる朽木桜

▼ 年ほどが~ (4, 0.0%)

1 一かたまり, 小劍, 経ちました, 過ぎたと

▼ 年ほどで~ (4, 0.0%)

1 ざっと十二, 先立たれやがて, 暇を, 死なれその

▼ 年ほどにも~ (4, 0.0%)

2 なりましょうか 1 なりましょうかな, なる今日

▼ 年みっちり~ (4, 0.0%)

1 やると, 下積みを, 働けば, 稽古すれ

▼ 年もか~ (4, 0.0%)

1 かつてゐた, かつて絞りあげた, かつて苦み, ぢりつい

▼ 年もっと~ (4, 0.0%)

2 になる 1 にもなる, 以前から

▼ 年よりで~ (4, 0.0%)

2 病気だ 1 目が, 貧乏で

▼ 年よりでも~ (4, 0.0%)

1 外方を, 子供でも, 釣れる, 関口流を

▼ 年よる~ (4, 0.0%)

3 雲に 1 膝の

▼ 年~ (4, 0.0%)

2 づかに 1 づか二十二歳, づか十三歳

▼ 年をば~ (4, 0.0%)

2 取る最う 1 半自炊, 取るもう

▼ 年を通して~ (4, 0.0%)

1 たった一枚, 不變, 村中の, 樹木の

▼ 年オランダ~ (4, 0.0%)

1 であったと, で出版, に自由貿易, の公使

▼ 年スペイン~ (4, 0.0%)

1 に侵入, に帰った, のマドリッド, より刺客

▼ 年ソヴェト~ (4, 0.0%)

2 にいた 1 で発表, に居た

▼ 年ベルリン~ (4, 0.0%)

1 で, でノイハウス博士, で大, の帝室歌劇場

▼ 年ロシア~ (4, 0.0%)

1 では有名, のウクライナ, はあの, へ招かれ

▼ 年一人~ (4, 0.0%)

1 の人, は高等学校, も子供, 殺すも

▼ 年一月十九日~ (4, 0.0%)

1 すなわち大王悲境, にバルボア, に第, の血

▼ 年一月発行~ (4, 0.0%)

21 の夢殿, の部分

▼ 年一緒~ (4, 0.0%)

2 にいた 1 に暮し, に暮らし

▼ 年丁酉~ (4, 0.0%)

1 で茶山, に四十, に錦橋, の歳二月十九日

▼ 年七十七歳~ (4, 0.0%)

1 でこの世, のハイドン, を以て五百, デ喜寿

▼ 年七月一日発行~ (4, 0.0%)

3 の第 1

▼ 年七月下旬~ (4, 0.0%)

2 なり 1 に偶江戸, を期し

▼ 年七月二十八日~ (4, 0.0%)

1 というしるし, に三十七歳, に歿, に禄

▼ 年七月二十四日~ (4, 0.0%)

1 から二十七日, つまり殺される, の, の朝

▼ 年七月二日~ (4, 0.0%)

1 である, に及ん, に徳, に歿

▼ 年七月五日~ (4, 0.0%)

1 から六日, である, に右斎藤君, に豊後

▼ 年七月十七日~ (4, 0.0%)

1 から愈々, なること, に書い, に歿

▼ 年七月末~ (4, 0.0%)

1 で壽, にテワンテペク, に太平洋上, に福岡

▼ 年七歳~ (4, 0.0%)

1 であったが, で小学校, になりし, の時

▼ 年三ヵ月~ (4, 0.0%)

1 と聴い, になる, のあいだ, の判決

▼ 年三十七歳~ (4, 0.0%)

1 であった, でインド, で京都, で妻

▼ 年三十歳~ (4, 0.0%)

1 でございまして, で以, のツルゲーネフ, の時

▼ 年三月三日~ (4, 0.0%)

1 にあれ, に岡部美濃守, の日記, の早朝

▼ 年三月二十三日~ (4, 0.0%)

1 なりき, に六十九歳, に帰る, に贔屓役者七代目団十郎

▼ 年三月二十九日~ (4, 0.0%)

1 に十六歳, に死んだ, に歿, まで職

▼ 年三月二十六日~ (4, 0.0%)

1 お富, で父, に茅場町, の条

▼ 年上級~ (4, 0.0%)

1 でその, のとき子, の友人, の安倍能成氏

▼ 年九年~ (4, 0.0%)

1 とこの, と続け, の, の歌

▼ 年九月二十一日~ (4, 0.0%)

1 から十日間, であった, に最初, の夜

▼ 年九月二十日~ (4, 0.0%)

1 に撰進, の晩, の朝六時, の鏡

▼ 年九月五日~ (4, 0.0%)

1 から十日間, であった, の国民大会, の條

▼ 年九月十九日~ (4, 0.0%)

1 に家, に致仕, の午後三時頃, の条

▼ 年九月十六日~ (4, 0.0%)

1 にクスコ, に東堂, の夜, より翌

▼ 年九月発行~ (4, 0.0%)

31 のもの

▼ 年二十一~ (4, 0.0%)

1 であつ, でございますが, のとき, 次第に荘厳

▼ 年二十九歳~ (4, 0.0%)

2 の時 1 で美女, のとき

▼ 年二十五~ (4, 0.0%)

1 で, であつ, の年, の時位

▼ 年二十六歳~ (4, 0.0%)

1 なり, にし, になっ, の時

▼ 年二十四~ (4, 0.0%)

1 であつ, で上京, になる, の今年

▼ 年二千年~ (4, 0.0%)

1 たとうが, にも及ぶであろう, の昔, の間

▼ 年二月一日~ (4, 0.0%)

1 に死にました, の夜, の日記, を期し

▼ 年二月七日~ (4, 0.0%)

1 で齢, に六十九歳, に第, の日日新聞

▼ 年二月二十七日~ (4, 0.0%)

2 の夜 1 に至り, の条

▼ 年二月十一日~ (4, 0.0%)

1 に公布, の紀元節, は夜来, を期し

▼ 年五ヵ年計画~ (4, 0.0%)

1 がやっと, が始まった, が着手, 第一年頃非常

▼ 年五十三~ (4, 0.0%)

1 であつ, でお, の老, を以て御

▼ 年五月七日~ (4, 0.0%)

1 に, にヴィーン, に五十二歳, に到着

▼ 年五月九日~ (4, 0.0%)

1 に五十八歳, に共和制, に学校長, に至つて

▼ 年五月二十一日~ (4, 0.0%)

1 にこの, の午前十一時五十分日米, の暁時, の町

▼ 年五月二十三日~ (4, 0.0%)

2 の但馬地震 1 である, の泊り客

▼ 年五月二十八日~ (4, 0.0%)

1 である, に下院, に夭, の夜

▼ 年五月二十六日~ (4, 0.0%)

1 に書, に藩庁, の書牘, の菅茶山

▼ 年五月十一日~ (4, 0.0%)

1 にこの, の午後, の日記, まで三百二十四回

▼ 年五月十五日~ (4, 0.0%)

1 であった, に永田町, に津軽家, の夜

▼ 年五月四日~ (4, 0.0%)

1 の午下り, の午前十一時, の午後, の条

▼ 年以来一度~ (4, 0.0%)

1 も継ぎ, も行, も行った, も首席

▼ 年伝統~ (4, 0.0%)

2 のなか 1 との苦闘, の風流

▼ 年~ (4, 0.0%)

1 が二十六歳, が手, の横臥生活, の歳月

▼ 年~ (4, 0.0%)

1 か, というその, の, の北海道樺太

▼ 年作者~ (4, 0.0%)

2 が三十八 1 が三十四歳, はひたすら

▼ 年修業~ (4, 0.0%)

1 して, しなければ, の時私, を積み

▼ 年僅か~ (4, 0.0%)

2 に二十七 1 に十一歳, に四十八

▼ 年像法千年~ (4, 0.0%)

1 といい, といっ, をすぎ, を経

▼ 年元旦~ (4, 0.0%)

1 のこと, の夢, の真, をもっ

▼ 年~ (4, 0.0%)

1 きと, の浪費, の終る, は某

▼ 年八十三歳~ (4, 0.0%)

1 で歿, の天寿, は生年, をもって薨

▼ 年八月三日~ (4, 0.0%)

1 この日, であるが, の朝, を以て溘焉

▼ 年八月二十一日~ (4, 0.0%)

1 にパリ, に生れました, の夜, の裁決

▼ 年八月二日~ (4, 0.0%)

1 この前, に六十歳, に故郷, の未明

▼ 年八月六日~ (4, 0.0%)

2 のバクダン以前 1 のバクダン以後, の朝

▼ 年八月十七日~ (4, 0.0%)

1 から七日目, から半月, の後, より稿

▼ 年八月十三日~ (4, 0.0%)

1 に, に裁, に阿部伊勢守正倫, の宣旨

▼ 年八月十日~ (4, 0.0%)

1 と書い, の事, の夜, の天満社神事宇治猿楽

▼ 年六分の配当~ (4, 0.0%)

1 が出来なかったら, が必要, を保証, を受ける

▼ 年六十三歳~ (4, 0.0%)

1 であつ, であるべきに, で出家, のハイドン

▼ 年六月九日~ (4, 0.0%)

1 とし, に当時復活, に赴任, 長い旅

▼ 年六月二十三日~ (4, 0.0%)

1 だ, である, に姉, に起った

▼ 年六月六日~ (4, 0.0%)

1 あの暴動, にアラスカ, の午前十一時ごろ, の空気

▼ 年六月十七日~ (4, 0.0%)

1 で蘭軒, に老中, の晩, 第九番目

▼ 年六月十六日~ (4, 0.0%)

1 から新, に五十四歳, のこと, の事

▼ 年六月頃~ (4, 0.0%)

1 には内裏, のこと, までに据付けられる, までの世界

▼ 年出生数~ (4, 0.0%)

1 が著しく, に各, に対する比率, は全

▼ 年出羽~ (4, 0.0%)

1 の上の山, の代官, の夷俘, の夷反乱

▼ 年初め~ (4, 0.0%)

1 から一九三二年三月頃, この学校, に約, までつづき

▼ 年前これ~ (4, 0.0%)

1 が廃つて, も英国, を止めた, を発表

▼ 年前そこ~ (4, 0.0%)

1 にいた, にはブラジル, に硫黄取り, の汽船会社

▼ 年前それ~ (4, 0.0%)

1 は娘, は東京, も落第, を最初

▼ 年前久しぶり~ (4, 0.0%)

1 でロンドン, で十二円, にかれと, に彼

▼ 年前人~ (4, 0.0%)

2 に頼まれ 1 に殺された, の噂

▼ 年前大学~ (4, 0.0%)

1 の寄宿舎, の招聘, を出, を卒業

▼ 年前彼女~ (4, 0.0%)

1 と二人, と巴里, の守護霊, を妻

▼ 年前結婚~ (4, 0.0%)

2 の御 1 した年, をした

▼ 年前銀座~ (4, 0.0%)

1 の, の某, の表通, の裏町

▼ 年前長崎~ (4, 0.0%)

1 で, で療治, に居る, の徳

▼ 年前非常~ (4, 0.0%)

1 にひろく, に雨, に面白い, の進歩

▼ 年助教授~ (4, 0.0%)

1 ですよ, で一生, として六年, となり

▼ 年勤続者~ (4, 0.0%)

2 には二千円 1 などには非常, には千円

▼ 年北海道~ (4, 0.0%)

1 で過した, に移住, の日蝕, を巡回調査

▼ 年十ヶ月~ (4, 0.0%)

1 という時, なれど, になる, の後

▼ 年十一月二十一日~ (4, 0.0%)

1 にお, に常陸, に福岡, のこと

▼ 年十一月二十七日~ (4, 0.0%)

1 だそう, であつ, に遂に, の出来事

▼ 年十一月二十九日~ (4, 0.0%)

1 である, には王侯たち, の夜, の議会

▼ 年十一月六日~ (4, 0.0%)

2 のこと 1 とした, と書し

▼ 年十一月十四日~ (4, 0.0%)

1 に五十一歳, に京水瑞英, に池田京水, より後

▼ 年十二月七日~ (4, 0.0%)

1 なり, のこと, までの言論界, 某大国大使館裏

▼ 年十二月三日~ (4, 0.0%)

1 で四年一月十四日大統領グラント, に保, に影抄元板千金翼方, を明治六年一月一日

▼ 年十二月九日~ (4, 0.0%)

1 から翌年七月末, であつ, とある, に身延

▼ 年十二月二十一日~ (4, 0.0%)

1 にそれ, のこと, の夜, は来りぬ

▼ 年十二月二十三日~ (4, 0.0%)

1 といえ, に抽斎, の夕暮, 御誕生

▼ 年十二月十四日~ (4, 0.0%)

1 に七十八歳, に幻花翁, の夜, の朝

▼ 年十五~ (4, 0.0%)

1 なり未, になった, の姫, の時

▼ 年十八~ (4, 0.0%)

1 であった, であつ, で父, になります

▼ 年十月七日~ (4, 0.0%)

1 にはこれ, に蘭軒, に製本徒弟, のこと

▼ 年十月三十日~ (4, 0.0%)

1 には, にヴェルサイユ, の夜半, をもって教育勅語

▼ 年十月二十四日~ (4, 0.0%)

1 といふ今日, に結婚, に蘭軒, のこと

▼ 年十月二日~ (4, 0.0%)

1 に四十四歳, の午後十時, の夜, の江戸

▼ 年十月十九日~ (4, 0.0%)

1 にエルデーディー伯爵夫人, に於, に歿, の正午

▼ 年十月十八日~ (4, 0.0%)

1 に六十七歳, に工部, に成善, に有信

▼ 年半前~ (4, 0.0%)

1 こんな事實, に別れた, に於ける, の記憶

▼ 年半年~ (4, 0.0%)

1 で葬られる, と長陣, はなはだしいの, 若くは

▼ 年南方~ (4, 0.0%)

2 に一年 1 に出征, の禅

▼ 年古り~ (4, 0.0%)

1 て, て其, て床しく, にけり

▼ 年同棲~ (4, 0.0%)

1 した夫, した自分, して, する間

▼ 年~ (4, 0.0%)

1 ほとんど数千年, もう半年, 人間最後の, 千年前の

▼ 年周期~ (4, 0.0%)

2 で世 1 だから, というもの

▼ 年四ヶ月~ (4, 0.0%)

1 ですから, の少年, の歴史, の永い

▼ 年四十五歳御陵~ (4, 0.0%)

2 は衝田 1 は畝傍山, は畝火山

▼ 年四月二十三日~ (4, 0.0%)

1 が私, ですが, にベラ, の午前十時ごろ

▼ 年四月二十六日~ (4, 0.0%)

1 に允成, の午後十時前後, の晩, の浦賀海峽地震

▼ 年四月八日~ (4, 0.0%)

1 の夕暮, の夜, の条, 濃州伊自良

▼ 年四月十一日~ (4, 0.0%)

2 の朝 1 にその, に至る

▼ 年在学~ (4, 0.0%)

1 した, して, する生徒, を延期

▼ 年壬午~ (4, 0.0%)

1 の, の事, は享保生, より算すれ

▼ 年壬子~ (4, 0.0%)

1 で約, にあたり, に五十五, の後三年

▼ 年壬戌~ (4, 0.0%)

1 であつ, と読み分ける, に怙, は晉

▼ 年外国~ (4, 0.0%)

1 で出版, にでも行っ, に暮し, へ行っ

▼ 年太平~ (4, 0.0%)

1 のもと, の夢, の後, の結果

▼ 年~ (4, 0.0%)

1 のお, の登子, は中学, は同じ

▼ 年学生~ (4, 0.0%)

1 と正直, に対する講義, に欧州, の伎倆

▼ 年~ (4, 0.0%)

2 の伯父 1 の祐堂, を逃げ出した

▼ 年少く~ (4, 0.0%)

1 して, て屈竟, とも五百万頓, 勇乏しき

▼ 年~ (4, 0.0%)

1 て, てラマ僧, て何, を浅草誓願寺門前町

▼ 年~ (4, 0.0%)

1 の卯, はお前, 未, 未和蘭

▼ 年師走~ (4, 0.0%)

1 のある, のこと, の三日, の雪

▼ 年幕府~ (4, 0.0%)

1 からは向山隼人正, に訴, の直営, は

▼ 年平番士~ (4, 0.0%)

1 だが, の大迫玄蕃, の玄蕃殿, も才

▼ 年~ (4, 0.0%)

1 なしなどと, は三十, を重ねた, 漸く十六

▼ 年幾度~ (4, 0.0%)

2 の出 1 か父親, となく

▼ 年延期~ (4, 0.0%)

1 させた, したい父, をいたしまし, を餘儀

▼ 年待たなけれ~ (4, 0.0%)

3 ばならなかつた 1 ばならない

▼ 年待て~ (4, 0.0%)

1 と云った, ば会える, ば宇乃, 云々の

▼ 年~ (4, 0.0%)

1 が八歳, が躋寿館, は十二歳, 出されて

▼ 年戦役~ (4, 0.0%)

1 という歴史的, になっ, のとき, の勇士

▼ 年掛る~ (4, 0.0%)

1 かも知れない, か知れねえ, ということ, のは

▼ 年~ (4, 0.0%)

1 二月十日, 十一月八日書出しました, 正月二十三日から, 門下追慕措カズ大方ノ

▼ 年早かっ~ (4, 0.0%)

1 たからと, たが, たけれども, たらあるいは

▼ 年明き~ (4, 0.0%)

2 の後 1 の娘, を待つ

▼ 年暮春~ (4, 0.0%)

2 から翌, より昭和八年

▼ 年更に~ (4, 0.0%)

1 下ると, 土出村を, 新進の, 現在の

▼ 年書力~ (4, 0.0%)

2 は五百年, は八百年

▼ 年最後~ (4, 0.0%)

1 のお, の作品, の訪英, の賑合

▼ 年~ (4, 0.0%)

1 の一枝, の類, または尋常, 伐る右手

▼ 年~ (4, 0.0%)

2 姉エリザベス生る 1 のよう, の如く言っ

▼ 年正月十八日~ (4, 0.0%)

1 の未, の条, の真昼, 同十九年閏五月七日

▼ 年正造~ (4, 0.0%)

1 が岩手県, は一月以来, は五十八歳, は還暦

▼ 年河清~ (4, 0.0%)

3 を待つ 1 をまつ

▼ 年洪水~ (4, 0.0%)

1 があつ, が続き, で失った, に押倒

▼ 年深み池~ (4, 0.0%)

4 の渚

▼ 年~ (4, 0.0%)

2 を食った 1 の梅干, の梅干みたい

▼ 年父母~ (4, 0.0%)

2 の懐 1 の喪, も其跡

▼ 年現在~ (4, 0.0%)

1 のもの, の三越支店, の反, の職業安定所

▼ 年田舎~ (4, 0.0%)

1 で懶惰, で窮, にゐ, の生活

▼ 年留守~ (4, 0.0%)

1 にし, をし, をする, 第十六師団長中岡中将

▼ 年~ (4, 0.0%)

1 未, 未三月歿, 未八月十七日春秋八十二歳, 未十月二十七日

▼ 年癸亥~ (4, 0.0%)

1 ではなく, に至り, の歳, の震災前後

▼ 年発布~ (4, 0.0%)

2 の刑法 1 の, の刑法以来

▼ 年盛り~ (4, 0.0%)

1 でお, の女, の女一人, の男

▼ 年相当~ (4, 0.0%)

1 な会話, に老け, の成長, の金

▼ 年神棚~ (4, 0.0%)

1 がある, との飾り, のミタマ, を吊らず

▼ 年秀吉~ (4, 0.0%)

1 が中国, が山崎, が聚楽, はポルトガル

▼ 年程度~ (4, 0.0%)

1 であった, であろうという, の週期, まで教える

▼ 年稼い~ (4, 0.0%)

1 だってこんな, でどれ, でもそれだけ, で行けない

▼ 年~ (4, 0.0%)

1 が今宵, となり, と記し, を持つ

▼ 年~ (4, 0.0%)

1 には媛, に穀六升, に見え, の評判娘

▼ 年~ (4, 0.0%)

1 が書い, が食事, より多き, を擯

▼ 年~ (4, 0.0%)

1 で東京, はただ, や年飾り, を枕

▼ 年~ (4, 0.0%)

2 の一瞥 1 に生れた, の片山前

▼ 年若けれ~ (4, 0.0%)

2 ばねえ 1 ど稀世, ば

▼ 年~ (4, 0.0%)

2 を經 1 とは道學先生, に達し

▼ 年見当~ (4, 0.0%)

1 であらう, であろう, という見解, の両国界隈

▼ 年~ (4, 0.0%)

1 が一等先, もその, も来ないらしく, も見かえる

▼ 年越そば~ (4, 0.0%)

1 は蚯蚓, をもしや, を祝つて, を買う

▼ 年辛巳~ (4, 0.0%)

2 にいたる 1 には五, の春

▼ 年~ (4, 0.0%)

1 では, で小児, に出, を大和

▼ 年鍛錬~ (4, 0.0%)

2 のこと 1 の大和, の道業

▼ 年長けた~ (4, 0.0%)

1 のは, 人の, 侍が, 部将たちが

▼ 年長姉マリヤ~ (4, 0.0%)

2 次姉エリザベス, 生る

▼ 年難波~ (4, 0.0%)

3 にゐ 1 にい

▼ 年震災~ (4, 0.0%)

1 あって, に逢っ, のあった, まで焼失

▼ 年~ (4, 0.0%)

3 に打たれた 1 に打

▼ 年頃私~ (4, 0.0%)

1 の手許, はまだ, は帝展, は神田

▼ 年~ (4, 0.0%)

1 には屠蘇, に上つたん, の門松, をつつこんだ

▼ 年魚市潟潮干~ (4, 0.0%)

2 にけら, にけらし

▼ 年3月~ (4, 0.0%)

2 に旧 1 に東京慈恵医学専門学校, の高橋氏

▼ 年ああ~ (3, 0.0%)

1 でもない, やって, 遂にこの

▼ 年あたかも~ (3, 0.0%)

1 日清戦争の, 楽翁公の, 白河楽翁公の

▼ 年あなた~ (3, 0.0%)

1 が二年, と暮し, はいま

▼ 年あまり私~ (3, 0.0%)

1 と国分君, は家, は父

▼ 年あまり過ぎ~ (3, 0.0%)

1 たりし, ていた, ている

▼ 年いっしょ~ (3, 0.0%)

1 にい, にくらし, に暮しました

▼ 年いらい~ (3, 0.0%)

1 よりつかなくなって, 二十二年の, 各民衆

▼ 年いわゆる~ (3, 0.0%)

1 冷害の, 彼の, 鹿鳴

▼ 年うち通し~ (3, 0.0%)

2 の夫 1 のそれ

▼ 年おくれた~ (3, 0.0%)

1 がそれでも, のは, ばかりに雨風

▼ 年かにわたって~ (3, 0.0%)

1 これらの, 作られて, 裸体を

▼ 年がか~ (3, 0.0%)

1 はりましたね, はりますね, はるのね

▼ 年がら年ぢ~ (3, 0.0%)

1 うを, う何ん, ゆう妻

▼ 年くらいまでの~ (3, 0.0%)

2 間と 1 ことであった

▼ 年ぐらいな~ (3, 0.0%)

1 可愛い顔, 安泰を, 実力に

▼ 年こそは~ (3, 0.0%)

1 わが戯曲界, 国民を, 重みゆきけれ

▼ 年ごろ日本~ (3, 0.0%)

1 で云え, におけるアイヌ民族, の人民的

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 やない, ゅうやぶいりをしているようだがきょうは, アありません

▼ 年じゃった~ (3, 0.0%)

2 なあ 1 大西郷と

▼ 年そう~ (3, 0.0%)

1 でしょう小母さん, やって, 足かけ三年に

▼ 年それだけ~ (3, 0.0%)

1 なら今, ふいに, 厄介に

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 経ぬべき, 繁葉の, 花は

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 あ重, ちゃあまた, ッた

▼ 年ただ~ (3, 0.0%)

1 そのよう, 亡くなった姉, 阿波の

▼ 年たらずで~ (3, 0.0%)

1 すくなかった, はあった, 都の

▼ 年だけで~ (3, 0.0%)

1 一七九五年に, 五千人を, 通りすぎること

▼ 年ちょっと~ (3, 0.0%)

2 で良人 1 の友達

▼ 年って~ (3, 0.0%)

1 ものは, わしより, 失礼だ

▼ 年~ (3, 0.0%)

2 喰ひ 1 ちのと

▼ 年つい~ (3, 0.0%)

1 この間の, 七八年前の, 最近の

▼ 年つづいた~ (3, 0.0%)

1 のである, ので渡辺綱, 後春琴二十歳の

▼ 年つとめ~ (3, 0.0%)

1 てい, ている, てそれ

▼ 年つもり~ (3, 0.0%)

2 て嫩 1 て六十

▼ 年でございました~ (3, 0.0%)

1 かね其の, がふとした, けれどわたくし

▼ 年でし~ (3, 0.0%)

2 て獅子 1 て閏

▼ 年でしょう~ (3, 0.0%)

1 か, が達者, が髪

▼ 年とうとう~ (3, 0.0%)

1 そのシベリヤ, ものに, 世界に

▼ 年とかに~ (3, 0.0%)

1 九十二で, 入れた証文, 竹内大夫左衞門といふ

▼ 年とったら~ (3, 0.0%)

1 やっぱりあんなになる, アイノコの, 御いっしよ

▼ 年とったり~ (3, 0.0%)

1 しかつめらしくなっ, ずるくなり, 口やかましくなっ

▼ 年とっても~ (3, 0.0%)

1 それ以上は, 一人で, 安心な

▼ 年とってる~ (3, 0.0%)

1 なんて, んだろう, 両親に

▼ 年とな~ (3, 0.0%)

1 せるなり, つて我らの, つて歐洲大

▼ 年とれ~ (3, 0.0%)

2 ば故郷こ 1 ば年

▼ 年どし~ (3, 0.0%)

1 の季候, の季節, 青春を

▼ 年なし~ (3, 0.0%)

1 となる, などと称, ハンチングを

▼ 年なども~ (3, 0.0%)

1 四十くらゐ, 瞬間隠れた, 若いらしい

▼ 年においてさえ~ (3, 0.0%)

1 古風な, 男工一〇〇に対して, 諸君の

▼ 年にや~ (3, 0.0%)

1 おは, 勝てない, 馬鹿に

▼ 年にわたり~ (3, 0.0%)

1 ソ満, 昨一九四八年八月, 私の

▼ 年に対して~ (3, 0.0%)

1 つよい愛惜, どの点, 予想する

▼ 年ばかりと~ (3, 0.0%)

1 云うもの, 云ふも, 言うもの

▼ 年ひとり~ (3, 0.0%)

1 でゐた, でゐたつ, の遺子

▼ 年ふりし~ (3, 0.0%)

1 樹を, 神楽の, 道後の

▼ 年ほか~ (3, 0.0%)

1 ないその間, ないもの, 生きなかった子

▼ 年まあ~ (3, 0.0%)

1 三十年も, 三十年内外で, 長くて

▼ 年まえだった~ (3, 0.0%)

1 かと惣さん, かねぼく, か九年

▼ 年まえと~ (3, 0.0%)

2 少しも 1 同じ頭

▼ 年まさに~ (3, 0.0%)

1 キュリー夫妻が, 強仕, 漢の

▼ 年までしか~ (3, 0.0%)

1 ありませんでしたから, いかなかった松山くに, やつとらん

▼ 年までも~ (3, 0.0%)

1 つづいて, まだ獨, 相変らず

▼ 年めくら~ (3, 0.0%)

3 に成り

▼ 年やはり~ (3, 0.0%)

2 匿名で 1 歌舞伎座の

▼ 年よりには~ (3, 0.0%)

1 この方, なりたくない, 一種の

▼ 年よれ~ (3, 0.0%)

2 かしと 1 ばかく

▼ 年らい~ (3, 0.0%)

1 この目, のなやみであり, の六波羅政庁

▼ 年わかく~ (3, 0.0%)

2 して 1 われは

▼ 年わかなる~ (3, 0.0%)

3 身の

▼ 年わたくし~ (3, 0.0%)

2 が初めて 1 のそば

▼ 年ギベルリニ黨~ (3, 0.0%)

1 がブレッティノロ, の首領, の首領王マンフレディ

▼ 年サラゴサ~ (3, 0.0%)

1 の戦, の戰, の攻囲

▼ 年ナチス~ (3, 0.0%)

2 が政権 1 への入党

▼ 年~ (3, 0.0%)

2 取ッテイルケレドモ母 1 大キニ心ガユルンダカラ

▼ 年ピサ~ (3, 0.0%)

1 の大僧正, の艦隊, を去り

▼ 年フィレンツェ人~ (3, 0.0%)

1 この域, に毀たる, を助け

▼ 年ペテルブルグ~ (3, 0.0%)

1 で生まれた, で発刊, の師範学校

▼ 年ボローニア~ (3, 0.0%)

1 なるジエレメーイ家, なるラムベルタッチ家, よりグエルフィ黨

▼ 年モンタペルティ~ (3, 0.0%)

3 の戰

▼ 年リオン~ (3, 0.0%)

2 の宗教會議 1 に死す

▼ 年レーニン~ (3, 0.0%)

2 のすすめ 1 は自身

▼ 年ロンドン~ (3, 0.0%)

1 に之きし時, に生る, のアルバート

▼ 年一つ~ (3, 0.0%)

1 の墓, の興味, 若くなる

▼ 年一ヵ月~ (3, 0.0%)

1 ずつ給料つき, の有給休暇, 更に次

▼ 年一月二十七日~ (3, 0.0%)

1 にエジンバラ, まで手帳, をもって接収

▼ 年一月元旦~ (3, 0.0%)

2 である 1 には支倉

▼ 年一月十二日~ (3, 0.0%)

1 いらいの, に先だって, に歿

▼ 年一月十六日~ (3, 0.0%)

1 の出版, の夕方, より歯痛

▼ 年丁丑~ (3, 0.0%)

1 で神辺, に始まり, より四十年前

▼ 年丁卯~ (3, 0.0%)

1 という年, と並べ, と十年癸酉

▼ 年七十三歳~ (3, 0.0%)

1 で, を以て歿, を以て没す

▼ 年七十九歳~ (3, 0.0%)

1 で永眠, で薨, をもって世

▼ 年七十六歳~ (3, 0.0%)

1 だったの, であった, で歿

▼ 年七十四歳~ (3, 0.0%)

1 であつ, で歿, の秋成

▼ 年七月九日~ (3, 0.0%)

1 に妻子共四人, に松田町, の夜

▼ 年七月二十七日~ (3, 0.0%)

1 に, のこと, よき往生

▼ 年七月二十五日~ (3, 0.0%)

1 にマイリ, のもの, のドラポー・ブラン紙

▼ 年七月六日~ (3, 0.0%)

1 である, に歿, の宵

▼ 年七月十六日~ (3, 0.0%)

1 に六十一歳, の年号, 生於甲州石和小林総右衛門家

▼ 年七月朔~ (3, 0.0%)

2 に剃髪 1 である

▼ 年三ヶ月~ (3, 0.0%)

1 と聴い, のうち, の判決

▼ 年三両~ (3, 0.0%)

1 か四両, の給金, の給金取り

▼ 年三十一~ (3, 0.0%)

1 であつ, で万乗, で討死

▼ 年三十八~ (3, 0.0%)

1 であえなく, と云う, と改竄

▼ 年三十六歳~ (3, 0.0%)

1 で死ん, の時, 若しくは十三年三十七歳

▼ 年三十年四十年~ (3, 0.0%)

2 の功夫 1 も隔て

▼ 年三十磅~ (3, 0.0%)

1 です, に御座候, もらつて

▼ 年三号~ (3, 0.0%)

1 に書いた, の附録中村清太郎君筆, の雑録欄

▼ 年三年生~ (3, 0.0%)

2 の私 1 に無茶

▼ 年三斎公~ (3, 0.0%)

1 に召しいだされ, も御, 御致仕

▼ 年三月九日~ (3, 0.0%)

1 だと, の戦災, 始めて

▼ 年三月二日~ (3, 0.0%)

21 の夜

▼ 年三月五日~ (3, 0.0%)

1 に兵乱, に幕府, の午前

▼ 年三月十三日~ (3, 0.0%)

1 に蘭軒, のこと, の買い入れ

▼ 年三月十九日~ (3, 0.0%)

2 に神楽坂署長室 1 でした

▼ 年三月十六日~ (3, 0.0%)

1 に学校庭内, の月, 大拷問

▼ 年三月十四日~ (3, 0.0%)

1 から一週間, に病い, の刃傷事件

▼ 年三月彼~ (3, 0.0%)

1 が月性, はジェリヤ・ブルマール, は再挙

▼ 年三月末~ (3, 0.0%)

1 に出発, に賜暇, のこと

▼ 年三百六十五日物いふ事~ (3, 0.0%)

3 も無く

▼ 年三百年後~ (3, 0.0%)

1 はおろか, は三百年四百年後, は四百年五百年後

▼ 年上演~ (3, 0.0%)

1 された理由, の, を差

▼ 年不相応~ (3, 0.0%)

1 な比較力, な金, の若い

▼ 年丙辰~ (3, 0.0%)

1 に富岡, の正月, の歳

▼ 年中国~ (3, 0.0%)

1 でも諸説紛々, の北平, ノ一寺ニ

▼ 年中学校~ (3, 0.0%)

1 の五年, の入学試験, の女

▼ 年中日~ (3, 0.0%)

1 がな, が長い, に何度

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 叔宗橘, 寄客, 御吉慶

▼ 年乙亥~ (3, 0.0%)

1 に始まる, に王位, 在東邸

▼ 年乙組~ (3, 0.0%)

2 の主任 1 に連結

▼ 年九十四歳~ (3, 0.0%)

1 を以て世, を以て韮山, ヲ以テ歿ス

▼ 年九月九日~ (3, 0.0%)

1 に十代目眞志屋五郎兵衞, に崩, のこと

▼ 年九月二十九日~ (3, 0.0%)

1 の事, の早朝新宿駅中央線プラットフォーム, より三十日

▼ 年九月二十八日~ (3, 0.0%)

1 にし, に京都, の夜

▼ 年九月二日~ (3, 0.0%)

1 に夭折, に死んだ, に母五百

▼ 年九月十一日~ (3, 0.0%)

1 に来訪, の, より同年十二月二十六日

▼ 年九月十二日~ (3, 0.0%)

1 に歿, に沒, に金

▼ 年九月號~ (3, 0.0%)

2 の文藝春秋 1 の改造掲載

▼ 年二ヵ月~ (3, 0.0%)

1 で中学一年, の休暇, を要する

▼ 年二人~ (3, 0.0%)

1 で楽しい, とも上野, は婚約

▼ 年二十三~ (3, 0.0%)

1 で皆伝, にし, の時

▼ 年二十八歳~ (3, 0.0%)

1 でなくなりジョージ親王, となる, の妙齢

▼ 年二十六~ (3, 0.0%)

1 のとき, の十月, の時

▼ 年二十四歳~ (3, 0.0%)

2 の時 1 で早まった

▼ 年二号~ (3, 0.0%)

1 に載っ, の雑録欄, 及び八年三号等

▼ 年二年一年~ (3, 0.0%)

2 といふ順 1 あるいは数日数時間

▼ 年二度~ (3, 0.0%)

1 ずつエンヤラヤ, の, の物日

▼ 年二月中旬~ (3, 0.0%)

2 なりき 1 の事情

▼ 年二月二十五日~ (3, 0.0%)

1 であるが, に作った, の朝

▼ 年二月十七日~ (3, 0.0%)

1 と同年十月三十一日, に彼, の未明

▼ 年二月十三日~ (3, 0.0%)

1 には蘭軒, に江戸両国, に父

▼ 年二月十二日~ (3, 0.0%)

1 に長崎奉行, の午後, は来た

▼ 年二月十八日~ (3, 0.0%)

1 が誕生日, であった, のこと

▼ 年二月十六日~ (3, 0.0%)

1 から十七日, に安房, の御

▼ 年二月十日~ (3, 0.0%)

1 であるから, の, 総辞職

▼ 年二月四日~ (3, 0.0%)

1 に五十五歳, の夜, の条

▼ 年二百ポンド~ (3, 0.0%)

1 ぐらいだせる, の俸給, はどう

▼ 年二百円~ (3, 0.0%)

1 でしか, の損失, の補助費

▼ 年二百四十両~ (3, 0.0%)

3 の一万人

▼ 年五ヶ月~ (3, 0.0%)

1 です, になった, になる

▼ 年五十九歳~ (3, 0.0%)

1 で歿, に達した, のときの

▼ 年五十五歳~ (3, 0.0%)

1 の時, は少き, を以て東京

▼ 年五千円~ (3, 0.0%)

1 の売上, を学術研究費, 上がると

▼ 年五月三十日~ (3, 0.0%)

1 に上海, に出された, より八月十三日

▼ 年五月二十七日~ (3, 0.0%)

1 である, に一子鶴松, に京都町奉行伊奈遠江守忠告

▼ 年五月二十四日~ (3, 0.0%)

1 であること, の夜, をもって生る

▼ 年五月八日~ (3, 0.0%)

1 に生れた, のたそがれ頃, の噴火

▼ 年五月十九日~ (3, 0.0%)

1 にてある, にベルリン, に江戸

▼ 年五月十六日~ (3, 0.0%)

1 の午後四時頃, の条, より銀四貫目

▼ 年五百年~ (3, 0.0%)

1 とかかっ, にも当るであろう, の間一定

▼ 年交際~ (3, 0.0%)

1 ってい, っても親友, を重ね

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 にのぼり, にゐ, の神善四郎

▼ 年今や~ (3, 0.0%)

1 めぐり来て, 原敬は, 結縁の

▼ 年今年~ (3, 0.0%)

1 の忌日, の某, は三十五

▼ 年仏国~ (3, 0.0%)

1 にて証明, の操典, より追放

▼ 年仕事~ (3, 0.0%)

1 だよ, であるけれ, らしい仕事

▼ 年他郷~ (3, 0.0%)

2 に遊学 1 に住んだ

▼ 年以前私~ (3, 0.0%)

1 が十八歳, が独逸, が美術学校時代

▼ 年伊豆~ (3, 0.0%)

1 で産声, で産聲, の方

▼ 年会わなかった~ (3, 0.0%)

1 うちに, 弟の, 知人に

▼ 年住み~ (3, 0.0%)

1 たまへども, 古した, 玉ひぬ

▼ 年住み慣れた~ (3, 0.0%)

1 ものの, 土地を, 札幌

▼ 年住んだ~ (3, 0.0%)

1 のちまた, のと, 家の

▼ 年何万年~ (3, 0.0%)

1 という悠久, にわたって嫌, 呼び続けるか

▼ 年何十年~ (3, 0.0%)

1 と捕われ, の経験, の長い

▼ 年何千年~ (3, 0.0%)

1 の後, は決して, 経っても

▼ 年信州~ (3, 0.0%)

2 と上州 1

▼ 年修了~ (3, 0.0%)

1 と同じ, のまま, の児童たち

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 と種俵, またスヂ俵, を祭

▼ 年元日~ (3, 0.0%)

2 の詩 1 の祝言

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 というもの, といふもの, に侵蝕

▼ 年全体~ (3, 0.0%)

1 の名, の見当, の間

▼ 年八十一歳~ (3, 0.0%)

1 で歿, で永眠, にて歿

▼ 年八年~ (3, 0.0%)

1 と遅れ, の日清戦争, の行法

▼ 年八月一日~ (3, 0.0%)

1 から評定所, に三男英男, に始まった

▼ 年八月二十六日~ (3, 0.0%)

1 に市川権十郎, より遠く, 又朱印

▼ 年八月十一日~ (3, 0.0%)

1 に卒し, の黄昏, 及び卅一日条

▼ 年八月十九日~ (3, 0.0%)

1 に来訪, に豊島町通横町鎌倉横町家主伊右衛門店, の自序

▼ 年八月十二日~ (3, 0.0%)

1 に虎列拉, に配流, のタイムス新聞

▼ 年八月十五日以後~ (3, 0.0%)

1 に全, に東久邇, の新しく

▼ 年八月十五日日本~ (3, 0.0%)

1 のファシズム権力, の侵略的, の無条件降伏後

▼ 年八月朔~ (3, 0.0%)

1 に五十九歳, に生れた, を以て沙汰

▼ 年~ (3, 0.0%)

2 を海外 1 もちっと

▼ 年六カ月~ (3, 0.0%)

1 で帰休, に及ん, を経た

▼ 年六十七歳~ (3, 0.0%)

1 で薨, にし, の八

▼ 年六十歳~ (3, 0.0%)

1 であと, でその, を越えた

▼ 年六月中旬~ (3, 0.0%)

1 から八月下旬, の事, の後夜

▼ 年六月二十二日~ (3, 0.0%)

1 に信明, に江戸, の微

▼ 年六月五日~ (3, 0.0%)

1 および六日, である, の戦い

▼ 年六月八日~ (3, 0.0%)

1 にサンフランシスコ, の午前八時頃, の條

▼ 年六月十一日~ (3, 0.0%)

1 であつ, の項, 即ち河北省問題

▼ 年六月十三日~ (3, 0.0%)

1 に持病糖尿病, の夕, の夜

▼ 年六月彼~ (3, 0.0%)

1 が二十三歳, は弟子, より一つ年上

▼ 年六月末~ (3, 0.0%)

1 から七月, のこと, の某

▼ 年冬十月~ (3, 0.0%)

1 いよいよ南下, に光明皇后, 最勝会

▼ 年初秋~ (3, 0.0%)

2 のこと 1 でありました

▼ 年前ここ~ (3, 0.0%)

1 でお, の具足師長屋, へ二人

▼ 年前ひろ子~ (3, 0.0%)

1 が懐しく, とはじめて, はプロレタリア文学運動

▼ 年前ドイツ~ (3, 0.0%)

2 がライン進駐 1 の化学者

▼ 年前プロレタリア文学~ (3, 0.0%)

1 のもつ, の蒙った, の退潮

▼ 年前一度~ (3, 0.0%)

2 縁付いて 1 知って

▼ 年前三河~ (3, 0.0%)

2 から一緒 1 の山奥

▼ 年前九州~ (3, 0.0%)

1 から江戸, に在る, の片田舍

▼ 年前倫敦~ (3, 0.0%)

1 では美しい, で過した, の王立地学協会

▼ 年前先代~ (3, 0.0%)

1 から身上, の小, の旦那

▼ 年前大阪~ (3, 0.0%)

1 で演説, に居た, の天王寺行き

▼ 年前女房~ (3, 0.0%)

1 と娘, に死なれ, に死なれた

▼ 年前妻~ (3, 0.0%)

1 と二人, に死なれ, を喪っ

▼ 年前家~ (3, 0.0%)

1 へ大勢, を出, を飛出し

▼ 年前島~ (3, 0.0%)

2 へ送らせた 1 へ流され

▼ 年前店~ (3, 0.0%)

1 に入, の株, へ轉げ

▼ 年前支那~ (3, 0.0%)

1 に遊び, の西域羅布, より唐手

▼ 年前最初~ (3, 0.0%)

2 に白馬 1 の船

▼ 年前母親~ (3, 0.0%)

2 の臨終 1 が死ん

▼ 年前父親~ (3, 0.0%)

1 が亡くなった, のお, の受けた

▼ 年前親父~ (3, 0.0%)

1 が死んだ, の仕事, の琢堂

▼ 年北国~ (3, 0.0%)

1 の地, の朔風, を旅

▼ 年十一年~ (3, 0.0%)

1 の三ヶ年間, の交, の晩秋

▼ 年十一月二十二日~ (3, 0.0%)

1 に七十一歳, に至っ, の夜

▼ 年十一月二十八日~ (3, 0.0%)

1 にこれ, に歿, の夜

▼ 年十一月二十四日~ (3, 0.0%)

1 にその, には痛烈, に神辺

▼ 年十一月二十日~ (3, 0.0%)

1 に出版, の晩, わが手

▼ 年十一月十七日~ (3, 0.0%)

1 に四十九歳, に榛軒, のこと

▼ 年十一月号~ (3, 0.0%)

1 ではエマソン, にのった, の巻頭言

▼ 年十一月四日~ (3, 0.0%)

1 の, の諸, より明治四年四月十一日

▼ 年十三歳~ (3, 0.0%)

1 で私, の時, の頃京都

▼ 年十九歳~ (3, 0.0%)

2 の時 1 にて三斎公

▼ 年十二月一日~ (3, 0.0%)

1 から二十七年三月二十九日, に大蔵省印刷局, に鷹匠町二丁目

▼ 年十二月三十一日~ (3, 0.0%)

1 のこと, までその, を以て情報局官制

▼ 年十二月下旬~ (3, 0.0%)

1 から七〇年五月上旬, に市ヶ谷刑務所あて, に継母

▼ 年十二月二十七日~ (3, 0.0%)

1 に広島, は尼, より

▼ 年十二月二十二日~ (3, 0.0%)

1 に新, に本所二つ目, のこと

▼ 年十二月二十六日~ (3, 0.0%)

1 に奏覧, の昼間, の第

▼ 年十二月八日~ (3, 0.0%)

1 が来た, といふ日, の朝

▼ 年十二月六日~ (3, 0.0%)

2 のこと 1 まで屏禁

▼ 年十二月十一日~ (3, 0.0%)

1 に菅茶山, に裁, より三日間

▼ 年十月二十一日~ (3, 0.0%)

1 に内大臣通親, の万朝報, より十一月十九日

▼ 年十月五日~ (3, 0.0%)

2 の夜 1 に八十四歳

▼ 年十月八日~ (3, 0.0%)

1 である, に卒した, の午前十時頃

▼ 年十月六日~ (3, 0.0%)

1 に伊勢丸, のこと, の夜

▼ 年十月十六日~ (3, 0.0%)

1 であった, に内蔵助, の事

▼ 年半あまり~ (3, 0.0%)

1 で電車通り, の間, を経

▼ 年半目~ (3, 0.0%)

1 で病院入り, に人間, のある

▼ 年半餘~ (3, 0.0%)

1 にし, の生活, りも

▼ 年印度~ (3, 0.0%)

1 から途, のある, の空

▼ 年厄介~ (3, 0.0%)

2 になっ 1 になつ

▼ 年又は~ (3, 0.0%)

1 もう少し前, 一年に, 三十四年か

▼ 年友人~ (3, 0.0%)

1 と, と南ドイツ, の見合い

▼ 年収入~ (3, 0.0%)

2 を五 1 で生活

▼ 年受持~ (3, 0.0%)

2 の代用教員 1 の老人

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 と名, なんか二銭五厘, は近時

▼ 年名古屋~ (3, 0.0%)

1 では定宿, で刊行, に赴く

▼ 年四ヵ月~ (3, 0.0%)

1 というそこ, のあいだ, の間監禁生活

▼ 年四十九~ (3, 0.0%)

1 であった, であつ, に当る

▼ 年四十歳~ (3, 0.0%)

1 になった, になる, の時

▼ 年四季~ (3, 0.0%)

1 のうち春夏, の中春夏, の人

▼ 年四月二十九日~ (3, 0.0%)

1 の事, の戦火, の時事日報

▼ 年四月二十八日~ (3, 0.0%)

1 かとよ風, にエミール・ザウエル, 遂に堀

▼ 年四月十二日~ (3, 0.0%)

1 および二十四日, に権, に道徳的抑制

▼ 年四月十六日~ (3, 0.0%)

1 から同月十九日, の早朝, の條

▼ 年四月十四日~ (3, 0.0%)

1 に其子懐, に江戸城本丸, の條

▼ 年四月発行~ (3, 0.0%)

3

▼ 年国内~ (3, 0.0%)

1 に信仰, に盗賊, の平穏

▼ 年増加~ (3, 0.0%)

1 は人口, を七年間, を計るべき

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 は今, を動かすべからざる, 阿彌

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 でなくては, と思え, は異

▼ 年大病~ (3, 0.0%)

1 して, に罹り, を煩う

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 の保昌, の姿, をだまし

▼ 年契約~ (3, 0.0%)

1 で一日最低九圓, といふやう, の者

▼ 年奥書き本~ (3, 0.0%)

1 などが生まれ, によってこの, の系統

▼ 年奥書本~ (3, 0.0%)

1 と春曙抄, をも見, を読んだ

▼ 年妻子~ (3, 0.0%)

1 と一, と一しょ, のもと

▼ 年始皇帝~ (3, 0.0%)

1 が洞庭湖, の反, の秦

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 が親, の方位, までなさせ

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 は世詁, は公寿, は大年

▼ 年実に~ (3, 0.0%)

1 何の, 十九世紀の, 百二十二年もの

▼ 年実用新案広告~ (3, 0.0%)

1 第一一六七七号, 第八八三四号, 第四二九四号

▼ 年寝床~ (3, 0.0%)

1 にあぐら, の中, も敷き

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 學校課程の, 通詞にも, 風流の

▼ 年小田原攻め~ (3, 0.0%)

2 の前年 1 の時

▼ 年己未~ (3, 0.0%)

1 とに列次, の五月, の正月

▼ 年已前~ (3, 0.0%)

1 にても通行, に死, までは素質

▼ 年已来~ (3, 0.0%)

1 の所信, 再び新, 御疱瘡

▼ 年巴里~ (3, 0.0%)

1 において林忠正, のアンドレエ・アレエ, の林商店

▼ 年年賦~ (3, 0.0%)

1 で一万数千円, で分譲, ということ

▼ 年幸福~ (3, 0.0%)

2 な老人 1 な愛

▼ 年幾ら~ (3, 0.0%)

1 かの給金, と前, の小作料

▼ 年幾万~ (3, 0.0%)

3 の貴い

▼ 年幾千年~ (3, 0.0%)

1 の因襲的法則, の後, の逆戻り

▼ 年幾月~ (3, 0.0%)

2 かの生涯 1 の其の

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 を定め, を追, 久しく積ん

▼ 年庚申~ (3, 0.0%)

1 の五月末, の正月, までを一蔀完終

▼ 年廃学~ (3, 0.0%)

1 したる為, して, せしめんか

▼ 年延ばし~ (3, 0.0%)

1 てみ, てやった, てやる

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 に当る, の鶴さん, もい

▼ 年後れた~ (3, 0.0%)

1 と云, と云った, のであ

▼ 年後三年~ (3, 0.0%)

1 の先蹤, の役, の役だつ

▼ 年後家~ (3, 0.0%)

2 を通した 1 を通して烏婆ア

▼ 年後彼~ (3, 0.0%)

1 の一生, の命, は

▼ 年後東京~ (3, 0.0%)

1 に開かう, に開催, へまい戻っ

▼ 年後醍醐天皇~ (3, 0.0%)

1 から歌集撰進, の隠岐遷幸, は吉野

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 の詩, をうちこむ, を去

▼ 年~ (3, 0.0%)

2 を轉 1 を立て

▼ 年持ち~ (3, 0.0%)

1 二年持ち, 五年持ち, 十年持った

▼ 年振りくら~ (3, 0.0%)

2 ゐで 1 ゐです

▼ 年支那~ (3, 0.0%)

1 から帰朝, では光緒三十三年, へ遊んだ

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 りて, る, れば

▼ 年改進党~ (3, 0.0%)

2 を組織 1 の成立

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 に来る, に照らされ, を距つる

▼ 年早々~ (3, 0.0%)

1 から明治四十年, に法勝寺, 米国の

▼ 年明治六年~ (3, 0.0%)

1 には師, の十一月, の春

▼ 年春二月~ (3, 0.0%)

1 が始め, だった, 大日本根子彦太瓊天皇崩

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 が今, に至り, れも

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 の改まる, の新, 御検地

▼ 年月日~ (3, 0.0%)

1 と大, は今日, は忘れ

▼ 年~ (3, 0.0%)

2 に際し皇上 1

▼ 年本科二年~ (3, 0.0%)

1 という順序, の科, を卒

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 に, の法師君, の火災

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 の其角十七条, の春信, を出した

▼ 年歌舞伎座~ (3, 0.0%)

1 でこの, で吉右衛門, で団十郎

▼ 年正月二十二日~ (3, 0.0%)

1 で此大吉, に太子, に従来

▼ 年正月二日~ (3, 0.0%)

1 から法然, に本所, の条

▼ 年正月十三日~ (3, 0.0%)

1 には任権大納言, に江戸, に沙門三修

▼ 年正月十六日~ (3, 0.0%)

1 に柳湾, の事, の朝ぼらけ

▼ 年正月号~ (3, 0.0%)

1 であるが, に掲載, を出した

▼ 年此方~ (3, 0.0%)

1 のさばり返つた十二支組, の重病, は全く

▼ 年死亡数~ (3, 0.0%)

1 と比較, によって左右, に対して一〇対一八

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 に跡目, のたち騒ぎつる, は立

▼ 年激しい~ (3, 0.0%)

3 旱魃の

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 で十六世紀, と一七一七年版, と一六三一年版

▼ 年独立~ (3, 0.0%)

1 し京呉服, の名, 不覊

▼ 年独逸~ (3, 0.0%)

1 にゆきたい, の全面的降伏, は仏国

▼ 年生きのび~ (3, 0.0%)

1 ている, てゐる, て八十歳

▼ 年生存~ (3, 0.0%)

2 るか 1 し大師

▼ 年甲寅~ (3, 0.0%)

1 の中秋, の初, の歳

▼ 年甲組~ (3, 0.0%)

1 の主任, の仮装行列, の学級

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 とて櫻, に至れ, の外

▼ 年癸酉~ (3, 0.0%)

1 から算, とに春水, の春

▼ 年益々~ (3, 0.0%)

1 世界の, 幅の, 複雑多岐錯綜紛乱を

▼ 年目年始~ (3, 0.0%)

3 の状

▼ 年相應~ (3, 0.0%)

1 にあどけなく, の愛嬌, の皺

▼ 年研究~ (3, 0.0%)

2 して 1 したとかを

▼ 年私ども~ (3, 0.0%)

2 は町 1 はモスクワ

▼ 年秋七月~ (3, 0.0%)

1 だった, の少子部連螺羸, の条

▼ 年程に~ (3, 0.0%)

1 なります, なりますか, なるな

▼ 年程は~ (3, 0.0%)

1 何の, 独学したれ, 要る

▼ 年程後~ (3, 0.0%)

1 くれて, に出版, のこと

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 が久しい, と云います, に這入っ

▼ 年~ (3, 0.0%)

2 の秀才 1 または昭和何年組

▼ 年経ちまし~ (3, 0.0%)

2 てのお話 1 てある

▼ 年経れ~ (3, 0.0%)

1 どこの, ど紅し, ば葉

▼ 年結婚率~ (3, 0.0%)

1 の小さい, は一対一三九, は予防的妨げ

▼ 年継続~ (3, 0.0%)

1 して, すること, に比較

▼ 年続く~ (3, 0.0%)

1 かわからない, といっ, 中に

▼ 年織田信長~ (3, 0.0%)

1 が今川義元, の重臣瀧川一益, はすでに

▼ 年美濃~ (3, 0.0%)

1 に生れた, の喜田城陥落, の斎藤氏

▼ 年考え~ (3, 0.0%)

1 ていた, ても実践, て見れ

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 が貴下, という形, と申す

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 に始め, 刊本, 是賤貧身

▼ 年若く美しき~ (3, 0.0%)

1 事のみ, 女の, 音楽の

▼ 年若し~ (3, 0.0%)

1 我初, 毆傷の, 齡を

▼ 年英国~ (3, 0.0%)

1 と米国, に滞在, へ帰っ

▼ 年萬年~ (3, 0.0%)

1 にいたる, の後, を暮らす

▼ 年著者~ (3, 0.0%)

2 は私塾經營 1 が検挙

▼ 年行っ~ (3, 0.0%)

1 ていた, て働い, て来りゃ

▼ 年西南戦争~ (3, 0.0%)

2 の頃 1 の平定

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 て来た, 無え間, 續けて

▼ 年記念博覧会~ (3, 0.0%)

1 に出したら, の時みたい, を思い浮べた

▼ 年記念式~ (3, 0.0%)

1 にはトーマス, のおこなわれる, の際

▼ 年記念演奏会~ (3, 0.0%)

1 に際し皆様, は注目, を行った

▼ 年試驗~ (3, 0.0%)

1 にも殆ど, の成績, も畢つて三十幾人

▼ 年諭吉~ (3, 0.0%)

1 はいのち, は五十さい, は六十八さい

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 といい, と名, また色

▼ 年超過~ (3, 0.0%)

1 の人口, の人口対比, は二三

▼ 年越し店~ (3, 0.0%)

2 に勤めた 1 を手伝っ

▼ 年足らぬ~ (3, 0.0%)

1 とはつくも, 夢の, 間に

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 はまだ, を潜ませ, を粉

▼ 年軽部~ (3, 0.0%)

3 は五円昇給

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 の年, の新, の歳

▼ 年辰年~ (3, 0.0%)

1 だろう, の五月十五日, らしく思われた

▼ 年近く日本~ (3, 0.0%)

2 で宣教師 1 の全

▼ 年連続~ (3, 0.0%)

2 の豊作 1 の落選

▼ 年遅れよう~ (3, 0.0%)

1 ともそんな, ともよし, とも二年

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 ぎぬまに, ぐして, タルモ水中ニヒタセバ新

▼ 年遠忌~ (3, 0.0%)

1 だかを, によせ, の記念

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 く入, く散つた, すぎたの

▼ 年選ばれ~ (3, 0.0%)

2 て法王 1 てローマ皇帝

▼ 年郎さん~ (3, 0.0%)

1 きいて, こんなに尾, のたこ

▼ 年配達~ (3, 0.0%)

2 しても 1 を遣つてる

▼ 年鎌倉~ (3, 0.0%)

1 の府, の牢獄, の避暑地

▼ 年長く~ (3, 0.0%)

1 て三四年充分, 横つてゐた, 病みし渡れば

▼ 年陽春~ (3, 0.0%)

1 の, の一日, の小

▼ 年雨風~ (3, 0.0%)

1 にさらされ, の中, をいとわず

▼ 年~ (3, 0.0%)

1 が降り出した, の中, 之丞

▼ 年面壁~ (3, 0.0%)

1 した鼻, の時, 非遇

▼ 年6月~ (3, 0.0%)

1 には北海道医師会, には旧, に渡道

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 さつて, また經

▼ 年あき~ (2, 0.0%)

1 もせず, 屋の

▼ 年あちら~ (2, 0.0%)

1 でご, へ参りませぬ

▼ 年あまりい~ (2, 0.0%)

1 てそれから, て病気

▼ 年あまりいた~ (2, 0.0%)

1 が確か, が隣

▼ 年あまり毎夜市中諸処~ (2, 0.0%)

2 の寄席

▼ 年あまり洋裁修業~ (2, 0.0%)

2 の旅

▼ 年あまり独り~ (2, 0.0%)

2 で住ん

▼ 年あらたまる~ (2, 0.0%)

2 毎に

▼ 年あります~ (2, 0.0%)

1 からその間, が待ちきれずゆく

▼ 年あれ~ (2, 0.0%)

1 からもう, ばたっぷり

▼ 年いつか処女~ (2, 0.0%)

1 に会, に会われよう

▼ 年いつか處女~ (2, 0.0%)

2 に會

▼ 年いまだ~ (2, 0.0%)

1 日浅き, 若いがねえ

▼ 年いまだに~ (2, 0.0%)

1 これという, 広島の

▼ 年おいた~ (2, 0.0%)

1 一昨年の, 年の

▼ 年かか~ (2, 0.0%)

1 うして, つても

▼ 年かかり~ (2, 0.0%)

1 二年かかっ, 約一ヶ年

▼ 年かけ~ (2, 0.0%)

1 てつく, て為しとげた

▼ 年かで~ (2, 0.0%)

1 御輿を, 日本へ

▼ 年かな~ (2, 0.0%)

1 いやもっと, 十年くらい

▼ 年かめえ~ (2, 0.0%)

2 に百万坪

▼ 年がけ~ (2, 0.0%)

1 の手紙, みされた

▼ 年がほどに~ (2, 0.0%)

1 多くも, 高数尺

▼ 年がほどは~ (2, 0.0%)

1 国元へも, 繁りぬ実り

▼ 年くらいしか~ (2, 0.0%)

1 武家奉公を, 経たない

▼ 年くらいまでは~ (2, 0.0%)

1 京橋日本橋あたりの, 必ず生きる

▼ 年ぐらいから~ (2, 0.0%)

1 夏休みに, 玄関わきの

▼ 年ぐらいにしか~ (2, 0.0%)

1 ならないけれども, ならぬ

▼ 年ぐらいを~ (2, 0.0%)

1 境に, 費すと

▼ 年ぐらゐ昔~ (2, 0.0%)

1 からのこと, のもの

▼ 年ぐれえ~ (2, 0.0%)

1 の間, は持っ

▼ 年こちら~ (2, 0.0%)

1 にいる, の宮家

▼ 年この世~ (2, 0.0%)

1 に呼吸, を去り

▼ 年この方流浪~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 年この方目~ (2, 0.0%)

2 をかけ

▼ 年これら~ (2, 0.0%)

1 の事件, の大作用

▼ 年ころ日本~ (2, 0.0%)

1 に来, の進歩的社会科学者

▼ 年ごろロンドン~ (2, 0.0%)

1 で創刊, で趣味

▼ 年ごろ三十二三~ (2, 0.0%)

1 の盛装, やはり普通

▼ 年ごろ二十二三~ (2, 0.0%)

1 で顔, の色

▼ 年ごろ二十四五~ (2, 0.0%)

1 なるべく, の色

▼ 年さきんじ~ (2, 0.0%)

1 てドイツ, フランスが

▼ 年さて~ (2, 0.0%)

1 この頃, も殺生はて

▼ 年さらに~ (2, 0.0%)

1 次の, 長きは

▼ 年ざっと~ (2, 0.0%)

1 まる九, 七年目に

▼ 年じゅう休み~ (2, 0.0%)

2 なしに

▼ 年じゅう朝~ (2, 0.0%)

1 から晩, 早くからがみがみと

▼ 年すら~ (2, 0.0%)

1 数えて, 誤算し

▼ 年ずつに~ (2, 0.0%)

1 分けて, 区分する

▼ 年ずつの~ (2, 0.0%)

1 境を, 定期昇給の

▼ 年そういう~ (2, 0.0%)

1 人といた, 特別の

▼ 年そこら~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 年そのまま~ (2, 0.0%)

1 にし, に伝わっ

▼ 年そろそろ~ (2, 0.0%)

1 交替し, 重い荷物

▼ 年そんな~ (2, 0.0%)

1 事に, 長いの

▼ 年たけた~ (2, 0.0%)

1 ものが, 娘たちも

▼ 年たたなくっ~ (2, 0.0%)

1 ちゃその, ちゃ芸者

▼ 年たちました~ (2, 0.0%)

1 がこんど, 今は

▼ 年たちます~ (2, 0.0%)

1 と成年期, のねエよ

▼ 年たちゃ~ (2, 0.0%)

1 そろそろ年, 三つに

▼ 年たち二年~ (2, 0.0%)

1 たった, たっても

▼ 年たち今年~ (2, 0.0%)

1 が二十日, こそ本当に

▼ 年たってる~ (2, 0.0%)

2

▼ 年だったろう~ (2, 0.0%)

1 か, と思う

▼ 年だの~ (2, 0.0%)

1 三年だの, 厭だ

▼ 年だろう~ (2, 0.0%)

1 から, と思う

▼ 年ちがい~ (2, 0.0%)

1 で出征, なら世間

▼ 年つづき~ (2, 0.0%)

1 の法勝寺行幸, 物資も

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 そうも, んだ

▼ 年でと~ (2, 0.0%)

1 予想された, 審しく思うだろう

▼ 年といった~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ 年とかいふ~ (2, 0.0%)

1 歳月はずゐ, 間何にも

▼ 年としての~ (2, 0.0%)

1 特色を, 記事は

▼ 年としても~ (2, 0.0%)

1 これを, 四百年ばかり

▼ 年とのみ~ (2, 0.0%)

1 云はずし, 言は

▼ 年とらない~ (2, 0.0%)

2 うちに

▼ 年とんと~ (2, 0.0%)

1 日光ご, 武技の

▼ 年どう~ (2, 0.0%)

1 したこと, ですね

▼ 年どころ~ (2, 0.0%)

2 では

▼ 年どの~ (2, 0.0%)

1 橙も, 百姓も

▼ 年どれ~ (2, 0.0%)

1 ほど捜す, 程にそち

▼ 年どんなに~ (2, 0.0%)

1 心細い思い, 無辜の

▼ 年などの~ (2, 0.0%)

1 いとわかき, 錦絵新版ものが

▼ 年ならざる~ (2, 0.0%)

1 に厚顏, に徳川幕府創業者

▼ 年なりき~ (2, 0.0%)

1 ということ, ダンテは

▼ 年なんかに~ (2, 0.0%)

1 いくら冷淡, 残るもの

▼ 年なんぼ~ (2, 0.0%)

2 やね

▼ 年にあたり~ (2, 0.0%)

1 二十九歳と, 黄猪虎に

▼ 年にあたる~ (2, 0.0%)

1 九月一日が, 娘が

▼ 年にさえ~ (2, 0.0%)

1 冷淡な, 既に三千七百以上

▼ 年について~ (2, 0.0%)

1 なされ一七八九年, 仮定した

▼ 年によっては~ (2, 0.0%)

1 何百人の, 御輿が

▼ 年に際し~ (2, 0.0%)

1 否墓, 哀傷の

▼ 年のせゐだ~ (2, 0.0%)

1 と思ひこまず, ねどうも

▼ 年のむた~ (2, 0.0%)

2 養ひましぬ

▼ 年はか~ (2, 0.0%)

1 かつた, かつてゐる

▼ 年はじめ~ (2, 0.0%)

1 には緑, は春

▼ 年はたらいた~ (2, 0.0%)

2 あととは

▼ 年ぱい~ (2, 0.0%)

1 の紳士, は色々

▼ 年ふと~ (2, 0.0%)

1 ご病死, 大弓を

▼ 年ふれ~ (2, 0.0%)

1 ど此娘子他, ど色

▼ 年ぶん~ (2, 0.0%)

1 ぐらい変る, の生活費

▼ 年ほどしか~ (2, 0.0%)

1 経って, 続かなかった

▼ 年ほどを~ (2, 0.0%)

1 過ごしいつ, 隔てて

▼ 年まかり~ (2, 0.0%)

1 寄り, 寄りその

▼ 年またまた~ (2, 0.0%)

1 兄と, 居を

▼ 年までと~ (2, 0.0%)

1 し第, すること

▼ 年まるで~ (2, 0.0%)

1 便りが, 彼とは

▼ 年みっしり~ (2, 0.0%)

1 努力すれ, 稽古したら

▼ 年めっきり~ (2, 0.0%)

1 留置場の, 老い込んで

▼ 年もと~ (2, 0.0%)

1 しを, オランダの

▼ 年もの間一つ~ (2, 0.0%)

1 の作品, の美

▼ 年もの間子供~ (2, 0.0%)

1 をこらしめる, を抱

▼ 年もの間彼女~ (2, 0.0%)

1 のこと, を偲ん

▼ 年もはや~ (2, 0.0%)

1 七十頃であろう, 十八という

▼ 年やう~ (2, 0.0%)

1 やく切支丹, やく老いるとも

▼ 年やった~ (2, 0.0%)

1 って検定試験, って遣り

▼ 年やっと~ (2, 0.0%)

1 一つ処に, 読み解くこと

▼ 年やっぱり~ (2, 0.0%)

1 その五月雨, 苗が

▼ 年やり~ (2, 0.0%)

1 ても少し, 三年後から

▼ 年やる~ (2, 0.0%)

1 わけです, 間に

▼ 年よと~ (2, 0.0%)

1 いふの, 感嘆した

▼ 年よりか~ (2, 0.0%)

2 片雲の

▼ 年よりから~ (2, 0.0%)

1 きいた理論, 父親を

▼ 年よりと~ (2, 0.0%)

1 子供が, 知り合いに

▼ 年らいてう~ (2, 0.0%)

1 が, は初めて

▼ 年われ~ (2, 0.0%)

1 既に病み, 生きて

▼ 年われわれ~ (2, 0.0%)

1 に至る, も余りに

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 てもその, ても十年

▼ 年ゐない~ (2, 0.0%)

2 とて

▼ 年ゐる~ (2, 0.0%)

1 よ, んだ

▼ 年をか~ (2, 0.0%)

1 経ぬる, 經ぬる

▼ 年をへ~ (2, 0.0%)

1 たるにや, 時を

▼ 年アダリン自殺~ (2, 0.0%)

2 を計り

▼ 年アムステルダム~ (2, 0.0%)

1 においてデカルト, のエルゼヴィエル版

▼ 年アン~ (2, 0.0%)

2 を連れ

▼ 年インド~ (2, 0.0%)

1 のマニプル州, の北西部飢饉

▼ 年エタ非人~ (2, 0.0%)

1 の名称, の称

▼ 年ガラ年中筍~ (2, 0.0%)

2 の皮

▼ 年コンムーナ~ (2, 0.0%)

1 で暮し, で暮してる

▼ 年シエーナ~ (2, 0.0%)

1 に死す, 及びその他

▼ 年シカゴ~ (2, 0.0%)

1 で, に移る

▼ 年シベリア~ (2, 0.0%)

1 にいたっ, に長く

▼ 年シューマン~ (2, 0.0%)

1 が三十歳, は二十五歳

▼ 年ゼノア~ (2, 0.0%)

1 に生る, を出帆

▼ 年ソヴェト同盟~ (2, 0.0%)

1 では一日平均百三十万人分, には十六歳

▼ 年ニ三次花~ (2, 0.0%)

1 ヲ作シ, ヲ作ス

▼ 年バーゼル~ (2, 0.0%)

1 における制作, の教授

▼ 年フイラデルフイア~ (2, 0.0%)

1 に移つて以來週刊新聞, のアダム・ラメーヂ

▼ 年フランチェスコ派~ (2, 0.0%)

2 の長

▼ 年プロレタリア文学運動~ (2, 0.0%)

1 がまったく, が圧殺

▼ 年ヘガー氏~ (2, 0.0%)

2 の學校

▼ 年ベネヴェント~ (2, 0.0%)

2 の戰

▼ 年ベンサム~ (2, 0.0%)

1 は書, は齢

▼ 年ボストン~ (2, 0.0%)

1 にて再刊, に生れた

▼ 年マルセーユ~ (2, 0.0%)

1 にカムボジヤ, の黒死病

▼ 年ミラー~ (2, 0.0%)

1 ノのポデスタ, ノの君

▼ 年メイン州~ (2, 0.0%)

2 のポートランド

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 亦古, 古ニシテ百年モ

▼ 年モスクワ~ (2, 0.0%)

1 に送られ, の群集中

▼ 年モスコー~ (2, 0.0%)

1 の一敗, の音楽学校

▼ 年ヨーロッパ~ (2, 0.0%)

1 へ行った, へ麦

▼ 年ラネツサン氏~ (2, 0.0%)

1 は議会, は議會

▼ 年リーヂア~ (2, 0.0%)

2 は声楽

▼ 年ロシヤ~ (2, 0.0%)

1 そして北米合衆國, を見ない

▼ 年ヴィテルポ~ (2, 0.0%)

1 なる法王宮, に死す

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 と昔, どの大祭

▼ 年一たび~ (2, 0.0%)

1 も曾遊, 改まれば

▼ 年一兩~ (2, 0.0%)

1 のお, の給金

▼ 年一冊~ (2, 0.0%)

1 およそ百余張, の創作集

▼ 年一剣~ (2, 0.0%)

1 を磨, ヲミガク

▼ 年一割~ (2, 0.0%)

1 から一割五分の利, か一割五分

▼ 年一囘づゝ倫敦~ (2, 0.0%)

2 に出

▼ 年一季~ (2, 0.0%)

1 あるいは二年一季, の収穫

▼ 年一家ヨオクシヤー北方~ (2, 0.0%)

2 の寒村ハワース

▼ 年一年間~ (2, 0.0%)

1 の書籍出版用紙割当, の社会

▼ 年一昔~ (2, 0.0%)

1 だと, の今

▼ 年一時~ (2, 0.0%)

1 御留山, 微に

▼ 年一月三十一日~ (2, 0.0%)

1 の絵葉書, の葉書

▼ 年一月下旬~ (2, 0.0%)

1 に父, まで百合子

▼ 年一月九日~ (2, 0.0%)

1 の日曜日, の日記

▼ 年一月二十一日~ (2, 0.0%)

1 に吉原, のこと

▼ 年一月二十九日~ (2, 0.0%)

1 であった, に生れた

▼ 年一月二十二日~ (2, 0.0%)

1 の歌舞伎新報, 遂にケーニヒグレッツ

▼ 年一月二十五日~ (2, 0.0%)

1 には叔母, に生まれました

▼ 年一月二十八日~ (2, 0.0%)

1 に至り, 御届

▼ 年一月元旦父~ (2, 0.0%)

2 の子

▼ 年一月八日~ (2, 0.0%)

1 にかかれ, にマリンディ

▼ 年一月六日~ (2, 0.0%)

1 にマードレ・デ・デウス号, の日附

▼ 年一月十四日~ (2, 0.0%)

1 に陸軍一等軍医, の夜半病死

▼ 年一月十日頃~ (2, 0.0%)

1 より頻繁, より鹿兒島市附近

▼ 年一月末~ (2, 0.0%)

1 に, にはパラオ諸島

▼ 年一月私~ (2, 0.0%)

1 が大阪南本町, 共夫妻

▼ 年一月興行~ (2, 0.0%)

1 の入場料, の千歳座

▼ 年一月號~ (2, 0.0%)

1 の中央公論, の改造

▼ 年一生懸命~ (2, 0.0%)

1 にいろいろ, になつて

▼ 年一百三十七歳御陵~ (2, 0.0%)

1 は山, は畝火山

▼ 年一等兵~ (2, 0.0%)

1 が岡田, であった

▼ 年一貫~ (2, 0.0%)

1 したテーマ, して

▼ 年一遇~ (2, 0.0%)

1 でござろう, の好機

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 未八月十一日, 未王妃

▼ 年丁巳~ (2, 0.0%)

1 に偶篤疾, に六十四

▼ 年七ヵ月~ (2, 0.0%)

1 かぞえ年, ほど作者

▼ 年七十一~ (2, 0.0%)

1 であつ, である

▼ 年七十二歳~ (2, 0.0%)

1 の春, の高齢

▼ 年七峯~ (2, 0.0%)

2 が蘭亭

▼ 年七月七日~ (2, 0.0%)

1 である, に執筆

▼ 年七月三日~ (2, 0.0%)

1 に歿, の事

▼ 年七月中旬~ (2, 0.0%)

1 に水彩風景画家, の或

▼ 年七月二十三日~ (2, 0.0%)

1 に東京世田谷区, より二十七日

▼ 年七月二十二日~ (2, 0.0%)

1 に御台所, の丑刻

▼ 年七月二十六日~ (2, 0.0%)

1 に品川, に歿

▼ 年七月十三日~ (2, 0.0%)

1 に牢死, の申

▼ 年七月十五日~ (2, 0.0%)

1 から九月一日, にはかの

▼ 年七月号中央公論掲載~ (2, 0.0%)

2

▼ 年七月四日~ (2, 0.0%)

1 にこの, に保

▼ 年七月日本~ (2, 0.0%)

1 に来朝, をし

▼ 年七月蘆溝橋~ (2, 0.0%)

1 ではじめられた日本, に轟いた

▼ 年七月越中~ (2, 0.0%)

2 の国守

▼ 年万年動ぐなと~ (2, 0.0%)

2 祈り定

▼ 年三十七~ (2, 0.0%)

1 でございます, の年

▼ 年三十九~ (2, 0.0%)

1 だったと, にし

▼ 年三十六~ (2, 0.0%)

1 だ, であった

▼ 年三十四~ (2, 0.0%)

1 であった, であつ

▼ 年三十四歳~ (2, 0.0%)

1 で備後, の晩春

▼ 年三十年代~ (2, 0.0%)

1 の彼, は日清戦争

▼ 年三十年前~ (2, 0.0%)

1 に在, の京都

▼ 年三千年~ (2, 0.0%)

1 の昔, または四千年以前

▼ 年三千年私~ (2, 0.0%)

1 もい, もいささか

▼ 年三年五年~ (2, 0.0%)

1 ざっと七年目, と経つ

▼ 年三月アントワアヌ座~ (2, 0.0%)

1 でこれ, で上演

▼ 年三月エコリエ社~ (2, 0.0%)

2 で上演

▼ 年三月一日東京市京橋區入船町~ (2, 0.0%)

2 に生まる

▼ 年三月三十一日~ (2, 0.0%)

1 から四月一日, 迄桑港領事

▼ 年三月上旬一男子~ (2, 0.0%)

2 を挙ぐ

▼ 年三月下旬七日間~ (2, 0.0%)

2 の公演

▼ 年三月二十二日~ (2, 0.0%)

1 の頃, の項

▼ 年三月二十五日~ (2, 0.0%)

1 に夭, の条

▼ 年三月以後~ (2, 0.0%)

1 に建てられた, はこれ

▼ 年三月巴里フィガロ~ (2, 0.0%)

2 の小

▼ 年三月廿九日~ (2, 0.0%)

1 に父, に生れ

▼ 年三月晦~ (2, 0.0%)

1 には当時抽斎, に抽斎

▼ 年三月朔~ (2, 0.0%)

1 に五十六歳, に十五歳

▼ 年三月発行~ (2, 0.0%)

1 の, の第

▼ 年上京~ (2, 0.0%)

1 したから, した序

▼ 年上半期~ (2, 0.0%)

1 の成果, の新刊書数

▼ 年上野~ (2, 0.0%)

1 の美術協会陳列館, を卒業

▼ 年下半期~ (2, 0.0%)

1 からであった, において割当用紙

▼ 年不惑~ (2, 0.0%)

1 の年, を過ぎ

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 にあれ, の塩

▼ 年丙子九月六日~ (2, 0.0%)

1 と有, に歿

▼ 年両度緑~ (2, 0.0%)

2 になり

▼ 年並み~ (2, 0.0%)

1 に少し, に育ちきれませぬ

▼ 年中休み~ (2, 0.0%)

1 なくその, なしだ

▼ 年中年~ (2, 0.0%)

2 に至る

▼ 年中村座~ (2, 0.0%)

1 の六月興行, よりの帰途

▼ 年中祭り~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 年丹波~ (2, 0.0%)

1 に美しく, の国

▼ 年丹精~ (2, 0.0%)

1 した光学, の結果

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 く飼, に言

▼ 年乗った~ (2, 0.0%)

2 だけでしょう

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 未四月廿七日, 未閏七月十七日歿

▼ 年九ヶ月~ (2, 0.0%)

1 になった, の間

▼ 年九十~ (2, 0.0%)

1 に余, の余

▼ 年九十三歳御陵~ (2, 0.0%)

2 は掖上

▼ 年九月三日~ (2, 0.0%)

1 に市河米庵, の夕方

▼ 年九月二十四日~ (2, 0.0%)

1 に八十八, に城山

▼ 年九月二十日私~ (2, 0.0%)

1 は其中庵, は故郷

▼ 年九月六日~ (2, 0.0%)

1 に八十三歳, 第二文書

▼ 年九月六日主上二条~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ 年九月十七日~ (2, 0.0%)

1 にフリードマン, のこと

▼ 年九月号~ (2, 0.0%)

1 に出した, 第三〇頁

▼ 年九月四日~ (2, 0.0%)

1 だと, に作られた

▼ 年九月帰着~ (2, 0.0%)

1 した, するや

▼ 年九月廿日~ (2, 0.0%)

1 の刊行, の條實朝大江廣元

▼ 年九月晦日~ (2, 0.0%)

1 に起りたる, より十月朔日

▼ 年~ (2, 0.0%)

2 は万年

▼ 年二〇年~ (2, 0.0%)

1 また三〇年間, を経験

▼ 年二つ~ (2, 0.0%)

1 の小説, 劣れりとは

▼ 年二ヶ月~ (2, 0.0%)

1 に滿, も生きた

▼ 年二十二~ (2, 0.0%)

1 であつ, で脚疽

▼ 年二十八~ (2, 0.0%)

1 と解し, を年三十八

▼ 年二十年のち~ (2, 0.0%)

1 にはわが家, のこと

▼ 年二十年三十年~ (2, 0.0%)

1 と続いた, もたつ

▼ 年二十年先~ (2, 0.0%)

1 までは寿命, を予想

▼ 年二季~ (2, 0.0%)

1 に来た, の大

▼ 年二年生~ (2, 0.0%)

2 で勉強

▼ 年二度目~ (2, 0.0%)

1 の収穫, の帰朝

▼ 年二月二十日~ (2, 0.0%)

1 の条, 第五回公判

▼ 年二月二十日築地署~ (2, 0.0%)

2 で拷問

▼ 年二月五日長崎立山~ (2, 0.0%)

1 にて十字架上, の海

▼ 年二月八日~ (2, 0.0%)

1 でありました, の條

▼ 年二月六日~ (2, 0.0%)

1 には奥詰医師, の晩

▼ 年二月富士見町~ (2, 0.0%)

2 の玉子屋

▼ 年二月發行~ (2, 0.0%)

2

▼ 年二月知人~ (2, 0.0%)

2 の紹介

▼ 年二月興行~ (2, 0.0%)

1 には, の

▼ 年互いに~ (2, 0.0%)

1 不和に, 知りて

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 載すとも, 載無

▼ 年五つ~ (2, 0.0%)

1 になる, の称号

▼ 年五分の一~ (2, 0.0%)

1 となった, に増加

▼ 年五十がらみ~ (2, 0.0%)

1 の芸能者, の面長

▼ 年五十一~ (2, 0.0%)

1 であった, で東氏

▼ 年五十七歳御陵~ (2, 0.0%)

2 は劒

▼ 年五十両~ (2, 0.0%)

1 ずつの年賦, の割合

▼ 年五十八歳~ (2, 0.0%)

1 であるべきに, の時横井

▼ 年五十六~ (2, 0.0%)

1 で死んだ, で歿

▼ 年五十六歳~ (2, 0.0%)

1 にし, の就任

▼ 年五十年後~ (2, 0.0%)

1 でなければ, の機会

▼ 年五千~ (2, 0.0%)

1 の宗徒, も取る

▼ 年五年いつか処女~ (2, 0.0%)

1 に会, に会われよう

▼ 年五年いつか處女~ (2, 0.0%)

2 に會

▼ 年五月ごろ~ (2, 0.0%)

1 まで熊本鎮台, 書き終えられた

▼ 年五月三十一日~ (2, 0.0%)

1 に死んだ, のこと

▼ 年五月上旬~ (2, 0.0%)

1 から下旬, にいたる

▼ 年五月二十九日~ (2, 0.0%)

1 に単身入京, の京都義方会

▼ 年五月二十日~ (2, 0.0%)

1 である, でこの

▼ 年五月十七日~ (2, 0.0%)

1 いわゆる出版, に前記

▼ 年五月十四日~ (2, 0.0%)

1 その兄, の真昼

▼ 年五月大阪~ (2, 0.0%)

1 にて発行, に行かれた

▼ 年五月春陽堂~ (2, 0.0%)

1 から出版, が

▼ 年五月発行~ (2, 0.0%)

1 と書い, の

▼ 年五月頃~ (2, 0.0%)

1 には十五円, に至り

▼ 年五朱~ (2, 0.0%)

2 として何程

▼ 年五百~ (2, 0.0%)

1 はもう, は二月四日

▼ 年五百磅~ (2, 0.0%)

1 のお金, の収入

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 死仁聖亦, 死百年亦

▼ 年今夜~ (2, 0.0%)

1 という今夜, のよう

▼ 年仙臺~ (2, 0.0%)

1 から始めて, に定住

▼ 年以上勤続~ (2, 0.0%)

1 した者, の店員

▼ 年以上彼~ (2, 0.0%)

1 に逢つて, を除い

▼ 年以上昔~ (2, 0.0%)

2 であるが

▼ 年以仁王~ (2, 0.0%)

1 よりの平家討伐, を盟主

▼ 年以前十七歳~ (2, 0.0%)

2 の花盛

▼ 年以前彼~ (2, 0.0%)

1 の前途, の心

▼ 年以前野村~ (2, 0.0%)

2 が初めて

▼ 年以後日本~ (2, 0.0%)

1 のファシズム, の若い

▼ 年以後言論~ (2, 0.0%)

1 と出版, の自由

▼ 年以来世界~ (2, 0.0%)

1 の事情, の人々

▼ 年以来彼~ (2, 0.0%)

1 は今二十五, を超え

▼ 年以来日本国~ (2, 0.0%)

2 の一切

▼ 年以来東京~ (2, 0.0%)

1 においては, の或

▼ 年以来私~ (2, 0.0%)

1 の状況, は世界

▼ 年以来自分~ (2, 0.0%)

1 に振り, に降り

▼ 年以来非常~ (2, 0.0%)

1 な不作, に立体的

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 はない, はなかつた

▼ 年会わない~ (2, 0.0%)

1 あいだに, 東京ぐらしの

▼ 年位後~ (2, 0.0%)

1 で死ん, にはペテルブルグ

▼ 年住みなれた~ (2, 0.0%)

1 亡夫の, 大森を

▼ 年住む~ (2, 0.0%)

1 かわからない, と日本

▼ 年何か月~ (2, 0.0%)

1 とかで, とか十八年何か月

▼ 年何ヶ月~ (2, 0.0%)

1 と云, 思いつめた人間

▼ 年何億年~ (2, 0.0%)

1 の後, 待っても

▼ 年何月ごろ~ (2, 0.0%)

1 に災難, のどこそこ

▼ 年余り以前~ (2, 0.0%)

1 に仕事, に金森家

▼ 年余り後~ (2, 0.0%)

1 にハンブルヒ, に流行

▼ 年余り過ぎ~ (2, 0.0%)

1 てある, てからの事

▼ 年余日~ (2, 0.0%)

1 に, 経って

▼ 年作家~ (2, 0.0%)

1 としての習熟, として猛烈

▼ 年來支那~ (2, 0.0%)

1 が中華民國, を支配

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 の仕込み, の等持院

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 に二十七日, に御

▼ 年信長公~ (2, 0.0%)

1 も本能寺, より勢州

▼ 年修行~ (2, 0.0%)

1 して, すれば

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 なる兀頭, な船頭

▼ 年借り~ (2, 0.0%)

2 たり何しろ

▼ 年倭奴國~ (2, 0.0%)

2 奉貢朝賀

▼ 年倭王復~ (2, 0.0%)

1 遣使大夫伊聲者掖耶, 遣使大夫伊聲耆

▼ 年健康~ (2, 0.0%)

1 がすぐれない, で待たなくては

▼ 年働き~ (2, 0.0%)

1 三年と, 二年働き

▼ 年働く~ (2, 0.0%)

1 かーめ, と借りた

▼ 年像法一千年末法一万年~ (2, 0.0%)

1 には衆生, の説

▼ 年像法五百年~ (2, 0.0%)

2 といい

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 の裔猶, ニューヨーク州外事局長

▼ 年先んじ~ (2, 0.0%)

1 ている, て出

▼ 年光り~ (2, 0.0%)

2 は永久

▼ 年入寂~ (2, 0.0%)

1 せられた行賀, せられるまでは

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 世界は, 財産を

▼ 年全国~ (2, 0.0%)

1 に三百余侯, に襲った

▼ 年全部~ (2, 0.0%)

1 の学籍簿, の父兄

▼ 年全部説~ (2, 0.0%)

1 には相当, 各学級代表説

▼ 年八十二歳~ (2, 0.0%)

1 であるべきに, にて歿

▼ 年八十四歳~ (2, 0.0%)

1 で大, のとき

▼ 年八年三十年四十年~ (2, 0.0%)

2 の功夫

▼ 年八月わたし~ (2, 0.0%)

2 が欧洲

▼ 年八月三十一日~ (2, 0.0%)

1 と日付, と繰返し

▼ 年八月三十日~ (2, 0.0%)

1 に各々家, に遡ります

▼ 年八月九日~ (2, 0.0%)

1 の太陽, の条

▼ 年八月九月~ (2, 0.0%)

2 の二箇月間私

▼ 年八月二十九日付~ (2, 0.0%)

2 となっ

▼ 年八月二十四日~ (2, 0.0%)

1 であった, に京師

▼ 年八月五日条~ (2, 0.0%)

2

▼ 年八月以後日本~ (2, 0.0%)

1 におけるラジオ, の科学

▼ 年八月六日広島~ (2, 0.0%)

1 に九日, の原爆当日

▼ 年八月十八日~ (2, 0.0%)

1 にガリバルディ, の

▼ 年八月私~ (2, 0.0%)

1 は参謀本部課長, は鉄道省

▼ 年八月頃~ (2, 0.0%)

1 いよいよ詩, になつて

▼ 年公布~ (2, 0.0%)

1 の中等学校令施行規則, の法例

▼ 年六とせ~ (2, 0.0%)

2 いとなまみ

▼ 年六ヵ月~ (2, 0.0%)

1 になった, の言渡し

▼ 年六十三歳御陵~ (2, 0.0%)

1 はイザ, は伊耶河

▼ 年六十八~ (2, 0.0%)

1 であつ, である

▼ 年六十四~ (2, 0.0%)

1 であつ, でお

▼ 年六月上旬~ (2, 0.0%)

1 に至る, より病気

▼ 年六月二十一日~ (2, 0.0%)

1 である, に法律

▼ 年六月二十二日日曜日~ (2, 0.0%)

1 の朝, の朝九時ごろ

▼ 年六月二十八日~ (2, 0.0%)

1 に歿, の暑い

▼ 年六月二十四日~ (2, 0.0%)

1 であった, の

▼ 年六月倭女王~ (2, 0.0%)

1 遣大夫難升米等, 遣大夫難斗米等

▼ 年六月十一日付~ (2, 0.0%)

1 で東京音楽学校助教授, として江戸屋敷

▼ 年六月十九日生れ~ (2, 0.0%)

2 の宿命

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 にあった, 計四千萬圓

▼ 年兵たち~ (2, 0.0%)

1 が新兵, を叱つた

▼ 年其の~ (2, 0.0%)

1 人に, 間屡

▼ 年其処~ (2, 0.0%)

2 に住み慣れ

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 医学館に, 収という

▼ 年再度~ (2, 0.0%)

1 の凶年, の大

▼ 年再建~ (2, 0.0%)

1 とあります, と彫っ

▼ 年出京~ (2, 0.0%)

1 して, と共に舊友

▼ 年出品~ (2, 0.0%)

1 の作物, の間に合い

▼ 年分二百四十万両~ (2, 0.0%)

2 というもの

▼ 年分位~ (2, 0.0%)

1 は保存, 買いため

▼ 年切り~ (2, 0.0%)

1 で出, という行事

▼ 年別れ住んだ~ (2, 0.0%)

2 女房の

▼ 年制九年制~ (2, 0.0%)

1 とある, とわかれ

▼ 年前あなた~ (2, 0.0%)

1 が訪ね, に無理矢理

▼ 年前おれ~ (2, 0.0%)

1 が盆茣蓙, の乗ってた

▼ 年前お前さん~ (2, 0.0%)

1 のお祖父さん, は花屋

▼ 年前ごろ~ (2, 0.0%)

1 から発展, までは村

▼ 年前す~ (2, 0.0%)

2 なは

▼ 年前わたくし~ (2, 0.0%)

1 が十四, も見た

▼ 年前わたし~ (2, 0.0%)

1 が二十二, の唖

▼ 年前オレ~ (2, 0.0%)

1 がこの, にボクシング

▼ 年前スコットランド~ (2, 0.0%)

1 から日本, のネス湖

▼ 年前一人娘~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 年前丁子屋~ (2, 0.0%)

2 にそんな

▼ 年前三千代~ (2, 0.0%)

2 と平岡

▼ 年前上州花咲峠~ (2, 0.0%)

2 の奥

▼ 年前上総~ (2, 0.0%)

1 の夷隅, の或

▼ 年前両親~ (2, 0.0%)

1 が相続い, に逝

▼ 年前主人~ (2, 0.0%)

1 に別れ, の甚五兵衞

▼ 年前二人~ (2, 0.0%)

1 とも急, の娘

▼ 年前二十年前三十年前~ (2, 0.0%)

2 と際限

▼ 年前二十歳~ (2, 0.0%)

1 から三十代, で死んだ

▼ 年前今年~ (2, 0.0%)

1 の二月, よりは千六百十余年前

▼ 年前伊勢屋~ (2, 0.0%)

1 へ入, へ熊五郎

▼ 年前伸子~ (2, 0.0%)

1 と素子, は父

▼ 年前何者~ (2, 0.0%)

2 かから逃れる

▼ 年前信濃~ (2, 0.0%)

1 の山, の猟師

▼ 年前信長~ (2, 0.0%)

1 か秀吉時代, がまだ

▼ 年前信長青年頃~ (2, 0.0%)

2 の世相

▼ 年前僕等~ (2, 0.0%)

2 がもつ

▼ 年前六月六日~ (2, 0.0%)

2 の夜

▼ 年前其方~ (2, 0.0%)

1 が描いた, に不

▼ 年前刊行~ (2, 0.0%)

1 した私, 半成

▼ 年前北方~ (2, 0.0%)

2 の冷たい

▼ 年前十七~ (2, 0.0%)

2 の時

▼ 年前十三~ (2, 0.0%)

1 の年, の時

▼ 年前十八歳~ (2, 0.0%)

1 で行方, で行方不知

▼ 年前半期~ (2, 0.0%)

1 の福島警察枢要書類等, は大体一ヵ月

▼ 年前和蘭~ (2, 0.0%)

1 から買入れ, でつくられた

▼ 年前唐~ (2, 0.0%)

1 の李肇, の玄宗皇帝

▼ 年前地球~ (2, 0.0%)

1 から十万光年, に住ん

▼ 年前大川~ (2, 0.0%)

2 へ身

▼ 年前夫~ (2, 0.0%)

1 に死に別れ, に死別

▼ 年前宇津谷峠~ (2, 0.0%)

1 で三人, で斬られた

▼ 年前小田原~ (2, 0.0%)

1 に住ん, を追われ

▼ 年前平生~ (2, 0.0%)

2 の自分

▼ 年前座~ (2, 0.0%)

1 の円盛, をしなけれ

▼ 年前御府内~ (2, 0.0%)

1 荒しの, 荒らしの

▼ 年前戦地~ (2, 0.0%)

1 にあれ, へやられる

▼ 年前故人~ (2, 0.0%)

1 となっ, になった

▼ 年前新橋~ (2, 0.0%)

2 で分れた

▼ 年前新築~ (2, 0.0%)

1 する時, せられ立派

▼ 年前時~ (2, 0.0%)

2 の宮内大臣田中伯

▼ 年前最後~ (2, 0.0%)

1 にこれ, の作

▼ 年前有名~ (2, 0.0%)

1 な, な生理学者

▼ 年前木~ (2, 0.0%)

1 を切り出した, 之助

▼ 年前村~ (2, 0.0%)

1 の大火, 入当時私

▼ 年前東海道~ (2, 0.0%)

1 を荒し, を荒らし抜い

▼ 年前格別~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ 年前桔梗河原~ (2, 0.0%)

1 で福知山方, の大

▼ 年前横浜~ (2, 0.0%)

1 に行った, の外字新聞

▼ 年前欧羅巴~ (2, 0.0%)

1 の大乱治平, へ発つ

▼ 年前武蔵~ (2, 0.0%)

1 が日名倉, を書い

▼ 年前死~ (2, 0.0%)

1 ということ, 別れた妻

▼ 年前死亡~ (2, 0.0%)

1 しそれ, し百合枝夫人

▼ 年前池上~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 年前沼田~ (2, 0.0%)

2 の下新田

▼ 年前浅間山~ (2, 0.0%)

1 の北麓六里ヶ原, の噴火口

▼ 年前清盛~ (2, 0.0%)

1 が二十歳, の雪

▼ 年前熊野~ (2, 0.0%)

1 に旅, の勝浦

▼ 年前物故~ (2, 0.0%)

1 した婆さん, した細川風谷

▼ 年前生~ (2, 0.0%)

2 捕られて

▼ 年前発行~ (2, 0.0%)

2

▼ 年前白旗~ (2, 0.0%)

2 に騙され

▼ 年前神経質~ (2, 0.0%)

2 な父

▼ 年前私共~ (2, 0.0%)

1 が千歳村, の留める

▼ 年前箱根~ (2, 0.0%)

2 へ旦那

▼ 年前築地小劇場~ (2, 0.0%)

2 の旗揚興行

▼ 年前米国~ (2, 0.0%)

1 に留学, に遊ん

▼ 年前紀州~ (2, 0.0%)

1 の大名, の漁師

▼ 年前紐育~ (2, 0.0%)

1 から程遠から, の大通

▼ 年前菱屋~ (2, 0.0%)

1 が沒落, が缺所

▼ 年前越中国~ (2, 0.0%)

1 から帰った, から帰つた当座

▼ 年前跡~ (2, 0.0%)

1 を襲った, を襲つた丹

▼ 年前金座~ (2, 0.0%)

2 の後藤

▼ 年~ (2, 0.0%)

2 元社

▼ 年努力~ (2, 0.0%)

2 してから

▼ 年~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 年動ぐなと~ (2, 0.0%)

2 祈り定

▼ 年勝久~ (2, 0.0%)

2 が五十七歳

▼ 年勤める~ (2, 0.0%)

1 と恩給, 積で

▼ 年化け~ (2, 0.0%)

1 て竜, て蛟

▼ 年北朝~ (2, 0.0%)

1 の明徳三年, の貞和元年

▼ 年十一月七日~ (2, 0.0%)

1 は人類, 働く者

▼ 年十一月九日~ (2, 0.0%)

1 から七日間, に歿

▼ 年十一月二十三日条~ (2, 0.0%)

1 に, にみえ

▼ 年十一月二十二日条~ (2, 0.0%)

1 には, に相国寺領北畠

▼ 年十一月二十六日~ (2, 0.0%)

1 から四年半近く, の未明

▼ 年十一月二十六日生~ (2, 0.0%)

1 で致仕, の三女棠

▼ 年十一月二日~ (2, 0.0%)

1 の二回, の正午

▼ 年十一月五日父~ (2, 0.0%)

1 の喜壽, の喜寿

▼ 年十一月十九日~ (2, 0.0%)

1 のこと, 同十二月二十一日

▼ 年十一月十六日~ (2, 0.0%)

1 である, の夜明

▼ 年十一月十日~ (2, 0.0%)

1 に評定衆, の事

▼ 年十一月廿七日~ (2, 0.0%)

1 の所, の生活記録

▼ 年十一月廿六日~ (2, 0.0%)

1 の事, 第二議会

▼ 年十一月日本~ (2, 0.0%)

1 の党, の黨

▼ 年十一月明治座~ (2, 0.0%)

1 で再演, に久し振り

▼ 年十一月號~ (2, 0.0%)

2

▼ 年十一歳~ (2, 0.0%)

1 のとき本木昌左衞門, のドビュッシー

▼ 年十七八~ (2, 0.0%)

1 の時, ほどの女房

▼ 年十三四~ (2, 0.0%)

1 なるべし種々, の時

▼ 年十二ヶ月~ (2, 0.0%)

1 の中, は三百六十五

▼ 年十二年~ (2, 0.0%)

1 で東北征伐, となる

▼ 年十二月九日原~ (2, 0.0%)

2 主水等四十七名

▼ 年十二月二十一日条~ (2, 0.0%)

1 に, に当時

▼ 年十二月二十九日~ (2, 0.0%)

1 に心臓病, の午前

▼ 年十二月四日~ (2, 0.0%)

1 だ, の条

▼ 年十二月夏目漱石~ (2, 0.0%)

1 の訃, の門

▼ 年十二月廿四日~ (2, 0.0%)

1 に進駐軍, ふと出

▼ 年十二月廿日~ (2, 0.0%)

2 にセーラム

▼ 年十二月廿日夜上弦~ (2, 0.0%)

2 の月

▼ 年十二月末~ (2, 0.0%)

1 で上人, にサン・ミゲル

▼ 年十二月発行~ (2, 0.0%)

2

▼ 年十二月發行~ (2, 0.0%)

2

▼ 年十二月竣工右~ (2, 0.0%)

1 の地蔵尊, の地藏尊

▼ 年十五六~ (2, 0.0%)

1 のとき, ばかりなる

▼ 年十五円~ (2, 0.0%)

1 で貸し, の方

▼ 年十五銭~ (2, 0.0%)

1 の塩代, 乃至二十五銭

▼ 年十八年~ (2, 0.0%)

1 この二年間, や秋

▼ 年十六年~ (2, 0.0%)

1 と三段階, の二年間

▼ 年十四年十五年~ (2, 0.0%)

1 とつづいた, と此

▼ 年十年あと~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 年十日~ (2, 0.0%)

1 の労働, はれる

▼ 年十月スヴォーリン宛~ (2, 0.0%)

2 の手紙

▼ 年十月ホートン・ミフリン~ (2, 0.0%)

2 によって出版

▼ 年十月中旬~ (2, 0.0%)

1 といえ, に歿

▼ 年十月九日~ (2, 0.0%)

1 より十六年三月三十一日, 即ち事件

▼ 年十月二十七日~ (2, 0.0%)

1 に奏覧, に新

▼ 年十月二十五日~ (2, 0.0%)

1 にひとまず, に歿

▼ 年十月二十日~ (2, 0.0%)

1 再び好餌, 第五十九回

▼ 年十月其処~ (2, 0.0%)

1 でしずか, でしづか

▼ 年十月出版~ (2, 0.0%)

2

▼ 年十月四日~ (2, 0.0%)

1 となつ, の日附

▼ 年十月廿二日~ (2, 0.0%)

1 だつたこと, の

▼ 年十月朔~ (2, 0.0%)

1 に抽斎, に海保漁村

▼ 年十月発行~ (2, 0.0%)

1 の史林, の第

▼ 年十月興行~ (2, 0.0%)

1 に, の中幕

▼ 年十月革命~ (2, 0.0%)

1 の勝利, の第

▼ 年十餘年來ハワース~ (2, 0.0%)

2 の牧師補

▼ 年千五百~ (2, 0.0%)

2 の万年

▼ 年千年ひとり~ (2, 0.0%)

1 でゐた, でゐたつ

▼ 年千年万年~ (2, 0.0%)

1 あやしきは, の後

▼ 年千年末世~ (2, 0.0%)

1 に残っ, に残つて云

▼ 年千疋~ (2, 0.0%)

1 であっ, の給金

▼ 年半以上~ (2, 0.0%)

1 にもなった, も外国

▼ 年半以前~ (2, 0.0%)

1 にジョン, に或

▼ 年半位~ (2, 0.0%)

1 ずついられたら, で帰っ

▼ 年半後~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 年半私~ (2, 0.0%)

1 とわかれ, は全く

▼ 年半許~ (2, 0.0%)

1 にし, りして

▼ 年半近く~ (2, 0.0%)

1 の年月, も蒙

▼ 年卯歳~ (2, 0.0%)

1 の三月, の生れ

▼ 年厳命~ (2, 0.0%)

1 が降っ, が降つ

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 のいく, は出

▼ 年反逆~ (2, 0.0%)

2 の罪

▼ 年叡山~ (2, 0.0%)

1 におられた, へでも籠る

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 て崩れ落ち, れる長崎

▼ 年古き~ (2, 0.0%)

2 楠槐の

▼ 年司馬江漢~ (2, 0.0%)

1 が熱海, でも研究

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 処を, 府県の

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 だが, も好かん

▼ 年合い~ (2, 0.0%)

2 が違いましょう

▼ 年向島~ (2, 0.0%)

1 に水, の花見

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 が陳, にある

▼ 年周防~ (2, 0.0%)

1 で捕はれ, の大内家

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 から帰った, の長安

▼ 年商売~ (2, 0.0%)

1 の方, の楊弓

▼ 年嘉永元年~ (2, 0.0%)

1 から慶応四年八月死, に至っ

▼ 年嚴命~ (2, 0.0%)

2 が降つ

▼ 年四割~ (2, 0.0%)

1 の配当, も利益

▼ 年四十となり給~ (2, 0.0%)

2 へども

▼ 年四十三~ (2, 0.0%)

1 にて薨去, に作つて可

▼ 年四十三歳~ (2, 0.0%)

1 であるべきに, になっ

▼ 年四十二~ (2, 0.0%)

1 とある, をもっ

▼ 年四十五歳~ (2, 0.0%)

1 なれども, の時

▼ 年四囘~ (2, 0.0%)

1 と見, の囘收日

▼ 年四月七日~ (2, 0.0%)

1 に検挙, の午

▼ 年四月三日~ (2, 0.0%)

1 にまた, に両国中村楼

▼ 年四月二十一日~ (2, 0.0%)

1 に私たち, は麦秋

▼ 年四月二十二日~ (2, 0.0%)

1 このよう, に歿

▼ 年四月二十五日~ (2, 0.0%)

1 であるが, に大老職

▼ 年四月二十何日~ (2, 0.0%)

1 という, という日附

▼ 年四月二日求~ (2, 0.0%)

2

▼ 年四月以後~ (2, 0.0%)

1 に成れる, の世界

▼ 年四月初め~ (2, 0.0%)

1 でありました, 突如墺軍

▼ 年四月十七日~ (2, 0.0%)

1 に契約, の湊川神社

▼ 年四月十八日~ (2, 0.0%)

1 に病死, に逝去

▼ 年四月四日~ (2, 0.0%)

1 に千住, に時平が三十九歳

▼ 年四箇月~ (2, 0.0%)

1 なりと, の女児

▼ 年図らず~ (2, 0.0%)

1 も, も羇旅

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 の内, を定める

▼ 年増え~ (2, 0.0%)

1 て行った, て行つた

▼ 年壊れぬ~ (2, 0.0%)

2 名物を

▼ 年壬寅~ (2, 0.0%)

1 に当る, に生れた

▼ 年壬辰~ (2, 0.0%)

1 の十一月, より算せざる

▼ 年声変り~ (2, 0.0%)

2 がし

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 といっ, を土

▼ 年夏五月芳野離宮~ (2, 0.0%)

2 に行幸

▼ 年夏休み中~ (2, 0.0%)

1 の出來事, の出来事

▼ 年夏私~ (2, 0.0%)

1 は二十六, は満州国

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 が浜, 立たない年

▼ 年多い~ (2, 0.0%)

1 兵隊ばかり, 筈だ

▼ 年大伴坂上郎女~ (2, 0.0%)

1 が尼理願, の歌

▼ 年大佐~ (2, 0.0%)

1 になつ, に仕え

▼ 年大学生~ (2, 0.0%)

2

▼ 年大戦~ (2, 0.0%)

1 がヨーロッパ, に於

▼ 年大槻磐渓先生~ (2, 0.0%)

2 の重刻

▼ 年大阪毎日新聞~ (2, 0.0%)

1 に, の懸賞

▼ 年大隈伯~ (2, 0.0%)

2 と相

▼ 年大風~ (2, 0.0%)

1 のため, のため堂宇

▼ 年天保~ (2, 0.0%)

1 のそれから, 初年頃

▼ 年太政官~ (2, 0.0%)

1 に制度取調局, に制度局

▼ 年太陽暦~ (2, 0.0%)

1 が採用, の十二月六日

▼ 年女子~ (2, 0.0%)

1 のため, の為め

▼ 年女王エリサベス~ (2, 0.0%)

2 の時代

▼ 年妙解院殿存じ~ (2, 0.0%)

2 寄らざる御

▼ 年妹エミリー~ (2, 0.0%)

2 生る

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 が某, 諸眷属

▼ 年姿~ (2, 0.0%)

1 を見せ, を見せず

▼ 年孔明~ (2, 0.0%)

1 は二十七歳, は征地

▼ 年孤独~ (2, 0.0%)

1 の境涯, の生活

▼ 年学校~ (2, 0.0%)

1 へやれ, を出る

▼ 年安土~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 年安政二年~ (2, 0.0%)

1 の十月七日, より一年

▼ 年宗祇~ (2, 0.0%)

1 に, の北国行

▼ 年官位~ (2, 0.0%)

1 を極めしめ, を極めしめ給う

▼ 年官制~ (2, 0.0%)

2 を改革

▼ 年実隆~ (2, 0.0%)

1 が八十三, が座敷

▼ 年宮脇いく~ (2, 0.0%)

1 を養, 生る

▼ 年家康~ (2, 0.0%)

1 が駿府, の禁教令

▼ 年家賃~ (2, 0.0%)

1 の家屋, を溜めた

▼ 年富裕~ (2, 0.0%)

1 なる商人, な株式仲買人エイブラハム・リカアドウ

▼ 年寛政十年~ (2, 0.0%)

1 には猶, に霞亭

▼ 年寝よう~ (2, 0.0%)

1 とつきっきり, と胸

▼ 年實際~ (2, 0.0%)

1 に臨ん, 初めて

▼ 年寿~ (2, 0.0%)

1 が若く, の幾何

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 に四旬, に尽き

▼ 年小学校~ (2, 0.0%)

1 が出来る, に通う

▼ 年就任~ (2, 0.0%)

2 が一九一三年

▼ 年就職以来今日~ (2, 0.0%)

2 まで実に

▼ 年尾州家~ (2, 0.0%)

2 では代替

▼ 年居たら~ (2, 0.0%)

1 どうなる, どんなに悪

▼ 年屋夫婦~ (2, 0.0%)

1 のほか, は白

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 で優しく, らしい色

▼ 年山林~ (2, 0.0%)

2 ヲ濫伐シ

▼ 年已に~ (2, 0.0%)

1 遅し, 過ぎ閻魔

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 の月, の月巳

▼ 年巳年~ (2, 0.0%)

2 の生まれ

▼ 年帰国~ (2, 0.0%)

1 の途中, 相成るべき事

▼ 年常に~ (2, 0.0%)

1 冷めたい自殺, 夫人の

▼ 年平和~ (2, 0.0%)

1 の時代, をつづけ

▼ 年平均出生~ (2, 0.0%)

1 は七, は男子

▼ 年平均数~ (2, 0.0%)

2

▼ 年年金~ (2, 0.0%)

1 に値, を受けた

▼ 年幾万年~ (2, 0.0%)

2 の習慣

▼ 年幾萬~ (2, 0.0%)

2 の貴い

▼ 年広島~ (2, 0.0%)

1 に投下, の邸

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 の入口, の成長

▼ 年庚寅~ (2, 0.0%)

1 の年, 自下毛移此

▼ 年延し~ (2, 0.0%)

1 て貰, にし

▼ 年延ばす~ (2, 0.0%)

1 ことに, 事を

▼ 年延義~ (2, 0.0%)

1 という人, は家来

▼ 年建造~ (2, 0.0%)

1 のもの, のグレート

▼ 年張り合い~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ 年彼ら~ (2, 0.0%)

1 の希望, 及び無数

▼ 年待たう~ (2, 0.0%)

1 ともせめて, とも落ち着く

▼ 年待ち~ (2, 0.0%)

1 三年待つ, 二年待ち

▼ 年後元和元年~ (2, 0.0%)

2 の大坂陣

▼ 年後半期~ (2, 0.0%)

1 の作, の年頭

▼ 年後嵯峨院~ (2, 0.0%)

1 が為家, の御

▼ 年後戻り~ (2, 0.0%)

1 した, をした

▼ 年後日本~ (2, 0.0%)

1 の政府, は無

▼ 年後矢田津世子~ (2, 0.0%)

2 が私

▼ 年後英国~ (2, 0.0%)

1 のある, へ留学

▼ 年従三位~ (2, 0.0%)

1 に進み, に進ん

▼ 年徳島~ (2, 0.0%)

1 での春秋, を退く

▼ 年徳川家康~ (2, 0.0%)

1 の入国, の擁護

▼ 年徳神~ (2, 0.0%)

1 でも恵比須大黒, など称

▼ 年志村~ (2, 0.0%)

2 は故

▼ 年志願~ (2, 0.0%)

1 で入営, もらち

▼ 年志願兵制度~ (2, 0.0%)

1 が日本社会, が発達

▼ 年忘れない~ (2, 0.0%)

1 とか, 犬と

▼ 年思っ~ (2, 0.0%)

2 てもみなかった

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 にその, に文学

▼ 年恰好人相着物~ (2, 0.0%)

1 などを見なかった, などを見なかつた

▼ 年愈々~ (2, 0.0%)

1 この出版事業, 出発渡宋する

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 を決して, ヲ本邦

▼ 年慶応四年~ (2, 0.0%)

1 の春, は閏四月あたり

▼ 年慶長五年~ (2, 0.0%)

1 に関が原, の諸

▼ 年懸る~ (2, 0.0%)

1 か二年, か分らない

▼ 年戊子元旦~ (2, 0.0%)

1 の蘭軒, の詩註

▼ 年戊辰~ (2, 0.0%)

1 に, の年

▼ 年我輩~ (2, 0.0%)

1 がアメリカ, が再び

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 元三年, 応三年寛文四年九月延宝七年

▼ 年押第二八八号十五~ (2, 0.0%)

2 の布地

▼ 年持て~ (2, 0.0%)

1 ばいい, ば豚の

▼ 年捕へられ~ (2, 0.0%)

1 ていづれ, て殺され

▼ 年捲き込まれ~ (2, 0.0%)

1 てもそして, ても何十年

▼ 年掛かった~ (2, 0.0%)

1 と本人, やらわたし

▼ 年措い~ (2, 0.0%)

1 て元, て文保二年二月二十六日

▼ 年改進黨~ (2, 0.0%)

2 を組織

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 翁六十三歳の, 翁四十二歳の

▼ 年政治家~ (2, 0.0%)

1 として議院, なりと

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 上田敏先生が, 今六十六でしょう

▼ 年数ヵ月~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 年文化~ (2, 0.0%)

1 からかけ, の進行

▼ 年文化二年~ (2, 0.0%)

1 に六十一歳, に水戸家

▼ 年文章~ (2, 0.0%)

2 の力

▼ 年新しい~ (2, 0.0%)

1 ので, 文学の

▼ 年新しく~ (2, 0.0%)

1 トリュック指揮の, 赴任する

▼ 年新富座~ (2, 0.0%)

1 の正月興行, の舞台びらき

▼ 年方面~ (2, 0.0%)

1 の鯰峠, を監視

▼ 年日域~ (2, 0.0%)

1 に善童, に神童

▼ 年日本大衆党~ (2, 0.0%)

1 から公認, の公認

▼ 年日本詩壇~ (2, 0.0%)

2 では其昔詩

▼ 年日清戦争~ (2, 0.0%)

1 のまだ, の最中

▼ 年旧い~ (2, 0.0%)

2 ものの

▼ 年早稲田大学~ (2, 0.0%)

1 と改称, の乗馬学生団

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 すと, すれば

▼ 年旺秋後~ (2, 0.0%)

1 の書牘, の書牘中

▼ 年昌造~ (2, 0.0%)

1 は文字通り東奔西走, へ御

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 の三百年足らず, の使節

▼ 年明け~ (2, 0.0%)

1 たりといふもおろか, て建安三年

▼ 年明治政府~ (2, 0.0%)

1 はみずから, はイギリス公使

▼ 年昔オレ~ (2, 0.0%)

1 がヒメ, が見納め

▼ 年春三月~ (2, 0.0%)

1 かれら, の末

▼ 年春子さん~ (2, 0.0%)

1 のこと, はフッツリこちら

▼ 年春麻布~ (2, 0.0%)

2 第三聯隊

▼ 年昭和七年~ (2, 0.0%)

1 の冬, の夏

▼ 年時には~ (2, 0.0%)

1 二年をも, 二年三年と

▼ 年晩秋~ (2, 0.0%)

1 に高知, の一夕私

▼ 年普仏戦争~ (2, 0.0%)

1 による帝政崩壊後, を機

▼ 年暮した~ (2, 0.0%)

1 あと本能寺の, とかあなた

▼ 年暮す~ (2, 0.0%)

1 というの, 後の

▼ 年暮景色~ (2, 0.0%)

1 でどこ, など見たく

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 をペンシルバニヤ州, を読み

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 て一別, て此處

▼ 年有餘~ (2, 0.0%)

1 にし, の歳月

▼ 年朝鮮~ (2, 0.0%)

1 の商人, へ古

▼ 年木星~ (2, 0.0%)

1 に接近, は二〇万年

▼ 年末世~ (2, 0.0%)

1 に残っ, に残つて云

▼ 年末法一万年~ (2, 0.0%)

1 には衆生, の説

▼ 年来はじめ~ (2, 0.0%)

1 てね, て用事

▼ 年来着~ (2, 0.0%)

1 古した, 古るした結城紬

▼ 年東京市会議員~ (2, 0.0%)

2 の改選

▼ 年東京市内~ (2, 0.0%)

1 にありし, にもこんな

▼ 年東大~ (2, 0.0%)

1 の植物学教室, の美術史

▼ 年松平不昧~ (2, 0.0%)

2 は稀代

▼ 年松隈内閣~ (2, 0.0%)

2 成るや

▼ 年板デンネット~ (2, 0.0%)

2

▼ 年柏軒~ (2, 0.0%)

1 に随つて京都, は六年

▼ 年棲ん~ (2, 0.0%)

1 でい, で居る

▼ 年極月~ (2, 0.0%)

1 の十四日, の夜

▼ 年榛軒~ (2, 0.0%)

1 が歿, は藩主

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 として私, の杉

▼ 年次兄~ (2, 0.0%)

1 が膳所中学校, は四年

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 がうたいたい, がうたえる

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 孫の, 応六年

▼ 年正に~ (2, 0.0%)

1 六十, 十九で

▼ 年正月七日~ (2, 0.0%)

1 に五十八, に御門小安殿

▼ 年正月二十七日~ (2, 0.0%)

1 に生れた, の条

▼ 年正月二十三日~ (2, 0.0%)

1 に寿美, に横浜

▼ 年正月二十五日~ (2, 0.0%)

1 に森枳園, の暁

▼ 年正月二十八日~ (2, 0.0%)

1 には新居落成, に知行二百石

▼ 年正月八日~ (2, 0.0%)

1 の事也, 最勝会

▼ 年正月十一日~ (2, 0.0%)

1 に歿, のこと

▼ 年正月十七日~ (2, 0.0%)

1 が始, である

▼ 年正月十九日~ (2, 0.0%)

1 に抽斎, の条

▼ 年正月十五日~ (2, 0.0%)

1 に抽斎, より不断念仏

▼ 年正月十四日~ (2, 0.0%)

1 に五十七歳, の條

▼ 年正月条~ (2, 0.0%)

1 には正, に同

▼ 年正月長姉マリヤ~ (2, 0.0%)

2 と次姉エリザベス

▼ 年武蔵~ (2, 0.0%)

1 は出羽, は忠利

▼ 年歳首~ (2, 0.0%)

1 に刊行, の詩

▼ 年歿~ (2, 0.0%)

1 した役者, して

▼ 年歿九歳~ (2, 0.0%)

1 とあった, とあつ

▼ 年母癌~ (2, 0.0%)

2 を病ん

▼ 年永眠~ (2, 0.0%)

1 するまで, の哲学者

▼ 年汽車~ (2, 0.0%)

1 でここ, も開通

▼ 年河原崎座~ (2, 0.0%)

1 において, の七月興行

▼ 年治政~ (2, 0.0%)

2 が四年

▼ 年法王~ (2, 0.0%)

2 となりし

▼ 年法王ボニファキウス八世~ (2, 0.0%)

1 が精神派, の命

▼ 年法隆寺~ (2, 0.0%)

1 が焼け, の印刷物

▼ 年泰平~ (2, 0.0%)

1 のく, を誇った

▼ 年活きよう~ (2, 0.0%)

1 が五千年, が生命

▼ 年浅草~ (2, 0.0%)

1 の源空寺, 新猿屋町

▼ 年深く~ (2, 0.0%)

1 その狂人たる, 馴染んで

▼ 年深川~ (2, 0.0%)

1 の芸妓屋, を出

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 ひたる人, ふて見た上

▼ 年満州事変~ (2, 0.0%)

1 が始, の発生以来

▼ 年源頼朝~ (2, 0.0%)

1 に依, は父義朝

▼ 年滞在~ (2, 0.0%)

1 した若き, の費用

▼ 年濠洲~ (2, 0.0%)

1 に金鉱, のヴィクトリア

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 年無言~ (2, 0.0%)

1 の行, を通して来た

▼ 年無駄~ (2, 0.0%)

1 にした, にしない

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 うだねえ, かも先生

▼ 年父庄造死去~ (2, 0.0%)

2 の節

▼ 年父親~ (2, 0.0%)

1 から抱い, がなくなっ

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 の恠, を書く

▼ 年猿若町~ (2, 0.0%)

1 のおきぬ, の中村座

▼ 年玉そのもの~ (2, 0.0%)

1 にある, の強い

▼ 年玉金~ (2, 0.0%)

1 なり, を失い

▼ 年王位~ (2, 0.0%)

2 に即

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 きは, しくなる

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 なので, を天上界

▼ 年生きられる~ (2, 0.0%)

1 か知れない, のかも

▼ 年生き延び~ (2, 0.0%)

1 ても結果, 世間の

▼ 年生き延びた~ (2, 0.0%)

1 からとて今, 鬼王丸が

▼ 年生き延びる~ (2, 0.0%)

1 につれて自分, のです

▼ 年生まれた~ (2, 0.0%)

1 と明言, 二女の

▼ 年産後~ (2, 0.0%)

2 を病ん

▼ 年甫め~ (2, 0.0%)

1 て六歳, て十八

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 が同志社, も同然

▼ 年町山伏町新谷町あたり~ (2, 0.0%)

2 を塒

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 のため静養, を得

▼ 年癸丑~ (2, 0.0%)

1 の八月, の年

▼ 年発刊~ (2, 0.0%)

1 されて, の彼

▼ 年登場~ (2, 0.0%)

2 する人たち

▼ 年百三十七~ (2, 0.0%)

2 でお

▼ 年百二十五年~ (2, 0.0%)

1 から推し, の割合

▼ 年百年じゅう~ (2, 0.0%)

1 縛られて, 見なれて

▼ 年益寿~ (2, 0.0%)

1 の真, の術

▼ 年目ぶり~ (2, 0.0%)

1 で思いがけない, に

▼ 年目寛永三年九月六日主上二条~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ 年目彼~ (2, 0.0%)

1 が三十三歳, は三十

▼ 年目約束~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ 年目頃~ (2, 0.0%)

1 はこんな, までは年々

▼ 年真夏~ (2, 0.0%)

2 のひ

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 のあたり, をつぶっ

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 て居れ, ふるしたる

▼ 年着る~ (2, 0.0%)

1 ことか, ものに

▼ 年着古し~ (2, 0.0%)

2 たホームスパン

▼ 年短い~ (2, 0.0%)

1 ので, のは

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 に耽つ, を弄び

▼ 年社会部長~ (2, 0.0%)

1 をやめ, をよし

▼ 年祝い~ (2, 0.0%)

1 といっ, は明治十六年

▼ 年祝賀~ (2, 0.0%)

1 の会, 大博覧会

▼ 年祝賀記念~ (2, 0.0%)

1 の一事業, 大図書館建設運動

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 は右, を離れ

▼ 年私達~ (2, 0.0%)

1 が公, の作った

▼ 年秋ごろ~ (2, 0.0%)

1 から五十, まで毎

▼ 年称号廃止~ (2, 0.0%)

2 の際

▼ 年~ (2, 0.0%)

2 に見る

▼ 年積年~ (2, 0.0%)

2 の怨み

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 多非人, 多非人解放

▼ 年空い~ (2, 0.0%)

1 てて, てゐる

▼ 年空襲~ (2, 0.0%)

1 がようやく, 猶甚

▼ 年突然~ (2, 0.0%)

1 の噴火, 噴火を

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 に随, をした

▼ 年立つた~ (2, 0.0%)

1 時の, 時当

▼ 年立て~ (2, 0.0%)

1 ば別れる, ば阿呆

▼ 年籠り~ (2, 0.0%)

1 といふの, 一人の

▼ 年紀念会~ (2, 0.0%)

1 があった, を開く

▼ 年級乙組~ (2, 0.0%)

1 の一番, の三十七人

▼ 年級位~ (2, 0.0%)

1 の学力, の學力

▼ 年級用~ (2, 0.0%)

1 第六課, 第十五課

▼ 年終に~ (2, 0.0%)

1 一度餓じい目どころか, 熱官を

▼ 年組織~ (2, 0.0%)

1 された, を変

▼ 年経たず~ (2, 0.0%)

1 の内, 再び落城

▼ 年経たなけれ~ (2, 0.0%)

1 ば公表, ば実現

▼ 年経ちました~ (2, 0.0%)

1 か或, っけ

▼ 年経ったなら~ (2, 0.0%)

1 ば悉く, ば鈴子

▼ 年経つたら~ (2, 0.0%)

1 改名主の, 真打に

▼ 年経ッ~ (2, 0.0%)

1 てもなお, ても七年経ッ

▼ 年經つた~ (2, 0.0%)

1 が兇賊, ばかりで

▼ 年維新~ (2, 0.0%)

1 の大業半ば荒廃, の立者多く

▼ 年編纂~ (2, 0.0%)

1 の, の目録

▼ 年縮め~ (2, 0.0%)

1 てもそれ, ても父

▼ 年縮めた~ (2, 0.0%)

1 ぜ, のでお前

▼ 年縮める~ (2, 0.0%)

1 がもし, という

▼ 年~ (2, 0.0%)

2 つても

▼ 年繼續~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 年罷められ~ (2, 0.0%)

1 て国, て國

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 疾, 疾不起実

▼ 年考える~ (2, 0.0%)

1 ということ, 事あ

▼ 年考へ~ (2, 0.0%)

1 ても千年, ても考

▼ 年~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 年耳順~ (2, 0.0%)

1 の年等, を越え

▼ 年聖武天皇~ (2, 0.0%)

1 が良弁僧正, 親しく鋳造

▼ 年聖金曜日~ (2, 0.0%)

1 の前夜, の朝まだき

▼ 年育った~ (2, 0.0%)

1 から十七, ために

▼ 年自家~ (2, 0.0%)

1 の作物, を追

▼ 年舞台~ (2, 0.0%)

1 で成功, を踏んだ

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 の中, を造り

▼ 年良人~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 に收録, は一名万年杉

▼ 年芥川~ (2, 0.0%)

1 が死んだ, の紹介

▼ 年芭蕉~ (2, 0.0%)

1 の来た, は未曾有

▼ 年芳年~ (2, 0.0%)

2 は多数

▼ 年芸術座~ (2, 0.0%)

2 の女優オリガ・クニッペル

▼ 年若う~ (2, 0.0%)

1 して, て死ぬ

▼ 年若かっ~ (2, 0.0%)

1 たらこれ程, たわけ

▼ 年若くして~ (2, 0.0%)

2 名を

▼ 年若旦那~ (2, 0.0%)

2 の帰り

▼ 年若衆~ (2, 0.0%)

1 と江戸, は役者

▼ 年苦学~ (2, 0.0%)

1 して, の要

▼ 年苦心~ (2, 0.0%)

1 して, の後日本

▼ 年荻窪~ (2, 0.0%)

1 の家, の新居

▼ 年著者シヤーロット誕生當時一家~ (2, 0.0%)

2 はソオントン

▼ 年著者ロウ・ヘッド女學校~ (2, 0.0%)

2 に學び

▼ 年著者二十八歳~ (2, 0.0%)

1 のとき, の時

▼ 年葡萄牙~ (2, 0.0%)

1 の有名, の船

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 古来寇, 古襲来

▼ 年薬局生~ (2, 0.0%)

2 の金井

▼ 年薬研~ (2, 0.0%)

1 をころがした, をすっ

▼ 年藩主~ (2, 0.0%)

1 がいわゆる, の駕

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 に入りた, は延

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 に検束, ひて

▼ 年行かなく~ (2, 0.0%)

2 ても死ぬ

▼ 年行事~ (2, 0.0%)

1 の署名, は元朝

▼ 年行暮れた~ (2, 0.0%)

2 旅人が

▼ 年見た~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことも

▼ 年見ぬ~ (2, 0.0%)

1 まに, 間に

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 の記事, 第二部

▼ 年諸味~ (2, 0.0%)

1 の味噌, は清江

▼ 年議会~ (2, 0.0%)

1 に始め, に於ける

▼ 年豊作~ (2, 0.0%)

1 が続け, の兆

▼ 年豊臣秀吉~ (2, 0.0%)

1 が薩摩, に謁せん

▼ 年越し口説き廻され~ (2, 0.0%)

1 ながらお, 乍らお

▼ 年越し暮した~ (2, 0.0%)

2 事情も

▼ 年越し目~ (2, 0.0%)

2 をかけ

▼ 年越し言い交した~ (2, 0.0%)

1 お駒, 版木屋の

▼ 年越前屋~ (2, 0.0%)

2 の店

▼ 年越後~ (2, 0.0%)

1 の上杉景勝, へ稼ぎ

▼ 年越言~ (2, 0.0%)

1 ひ交したお, ひ交した版木屋

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 をむけた, 立たぬ尊

▼ 年足利義持~ (2, 0.0%)

2 の時

▼ 年踊屋台~ (2, 0.0%)

2 へ出

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 に従, をボヘミア

▼ 年転じ~ (2, 0.0%)

1 て叡山, て塘氏家茂

▼ 年辛卯~ (2, 0.0%)

1 には死ぬる, の生

▼ 年辛棒~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ 年迄に~ (2, 0.0%)

1 全国民, 田畑山林屋敷まで

▼ 年近う~ (2, 0.0%)

1 なっとるが, 過ぎました老人

▼ 年近く以前~ (2, 0.0%)

1 であるから, の話

▼ 年近藤守重~ (2, 0.0%)

1 の獄, 著す

▼ 年送った~ (2, 0.0%)

1 ことが, 例が

▼ 年連れ添い~ (2, 0.0%)

2 文吉順平と

▼ 年連綿~ (2, 0.0%)

1 と続い, の旧家

▼ 年遅う~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 年遅く~ (2, 0.0%)

1 入つた鈴木, 生れて

▼ 年遅れる~ (2, 0.0%)

1 ことに, という

▼ 年過ぎ私~ (2, 0.0%)

1 は惡, は残骸

▼ 年過る~ (2, 0.0%)

1 とその, と間もなく

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 ざかつてゐながら時々, 諱記念の

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 丹可入口, 主制に

▼ 年郷里~ (2, 0.0%)

1 でのんき, の柳生

▼ 年都会~ (2, 0.0%)

1 の塵, を離れたら

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 な婆アさん, にお

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 の必要, 売り吉次

▼ 年金剛智三藏~ (2, 0.0%)

1 の入唐, は開

▼ 年鑑真~ (2, 0.0%)

1 が聖武天皇, 第二回

▼ 年長崎附近~ (2, 0.0%)

1 で捕へられ, で行き倒れ

▼ 年長生樹~ (2, 0.0%)

2 といふの

▼ 年長男パトリック・ブランヱル~ (2, 0.0%)

2 生る

▼ 年門外~ (2, 0.0%)

2 へは一歩

▼ 年門弟~ (2, 0.0%)

1 という悪, を集め

▼ 年門弟たち~ (2, 0.0%)

1 が, が逃げ去った

▼ 年開店~ (2, 0.0%)

1 のキャフェ・グレコ, の時

▼ 年開戦~ (2, 0.0%)

1 に決して, の当初

▼ 年閏五月~ (2, 0.0%)

1 なり, に駿河

▼ 年閏十月~ (2, 0.0%)

1 の大学南校規則, の饑饉

▼ 年閏四月~ (2, 0.0%)

1 には能登, に薨ぜられた

▼ 年閏四月八日~ (2, 0.0%)

1 で宣告, とそれ

▼ 年関ヶ原~ (2, 0.0%)

1 の一戦, の役

▼ 年関西~ (2, 0.0%)

1 には颱風, を風靡

▼ 年陸軍~ (2, 0.0%)

2 の編制

▼ 年離室~ (2, 0.0%)

2 に置い

▼ 年雨つゆ~ (2, 0.0%)

2 に打たれ

▼ 年露国~ (2, 0.0%)

1 との戦争, に留学

▼ 年露顕~ (2, 0.0%)

1 した, の気配

▼ 年青年~ (2, 0.0%)

1 であり得るでしょう, のおも

▼ 年頃わたくし~ (2, 0.0%)

2

▼ 年頃今~ (2, 0.0%)

1 の井上, は故人

▼ 年頃江見水蔭子~ (2, 0.0%)

2 がこの

▼ 年預け~ (2, 0.0%)

1 ておくれやす, てどうやら

▼ 年領土交換~ (2, 0.0%)

1 の後, の後本邦

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 に完, の強い

▼ 年食い~ (2, 0.0%)

1 なん, はぐれ

▼ 年食っ~ (2, 0.0%)

1 ている, てゆける

▼ 年飢饉~ (2, 0.0%)

1 がつ, の年

▼ 年飼われ~ (2, 0.0%)

2 てその

▼ 年養っ~ (2, 0.0%)

1 て来, て置いた

▼ 年養成~ (2, 0.0%)

1 し來つた善良, し来たれる宗教

▼ 年香以~ (2, 0.0%)

1 は三十六歳, は四十歳

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 とんせん, 英ローマ兵士が

▼ 年~ (2, 0.0%)

1 けて, 照る日

▼ 年高く~ (2, 0.0%)

1 天の, 生きて

▼ 年高嶋~ (2, 0.0%)

2 の宮

▼ 年魚目目~ (2, 0.0%)

2 微比

▼1* [8839件]

あい勤めそうろう女, 年あがいて古老, 年あきの後に徳蔵, 年あけ後に廓内, 年あそんで日本, 年あちこちの画塾, 年あってもやりきれません, 年あっちでくらし, 年あとあとの責任, 年あとお前さんを女房, 年あと亡なりましたゆえ, 年あと保泉の原, 年あと保泉村の原中, 年あと八月二日千鳥まで田地, 年あと勾引された娘, 年あと沼田で別れた, 年あと私が意見, 年あと鴻の巣の田本, 年あなた方はまだなかなか, 年あまた過ぎての, 年あまりかくてその後, 年あまりきんは田部, 年あまりここへかよっ, 年あまりこの方例がない, 年あまりそこに寝, 年あまりその間に何度, 年あまりぼくらはいろんな, 年あまりアメリカの研究所, 年あまり一度もよし, 年あまり三年近くいて, 年あまり下宿して, 年あまり下役につきし, 年あまり今年の秋, 年あまり以前肥後の東南隅, 年あまり以来マルクス主義の陣営, 年あまり余念なく行商, 年あまり俊雄はこの, 年あまり公用にかこつけ, 年あまり六十年近くも前, 年あまり前世間のひどく, 年あまり前菅原は京都, 年あまり剣技を学んだ, 年あまり半分夢中で都會, 年あまり博士とはほとんど, 年あまり夢を見なくなった, 年あまり奉公して, 年あまり奉公人同樣, 年あまり奉公人同様の境遇, 年あまり学校へも行かず, 年あまり座敷牢の生活, 年あまり廢さなかつた, 年あまり彼が飛騨, 年あまり後の今日, 年あまり心を盡, 年あまり戯曲を書い, 年あまり教を受けた, 年あまり昔のこと, 年あまり欧羅巴地図の上, 年あまり毎日通馴れたカッフェー, 年あまり比島煙草ばかり吸っ, 年あまり法廷に出入, 年あまり津多女, 年あまり海といえ, 年あまり清吉が病ん, 年あまり牢屋ぐらしをし, 年あまり私達は平和, 年あまり稼ぎとおして, 年あまり経にしかど昔ながら, 年あまり自分と同棲, 年あまり苦悶に苦悶, 年あまり谷中で鉄心, 年あまり長崎へ行っ, 年あまり風雨にさらされ, 年あまり鰥夫暮しのどんな, 年あらゆる人中の, 年ありこしことも, 年ありて後永楽十年十一月自序を, 年あわせて丸四年, 年あんたんたる, 年あゝ飛んだ事, 年いえ二十年たつ, 年いかでか守り卒, 年いかに教えられて, 年いきのばされたお蔭で, 年いきましよか, 年いくだけで, 年いくつだつた, 年いくらの給金, 年いくら東京弁になろう, 年いけの大松, 年いして道楽, 年いじょう経っ, 年いずれも出来, 年いたずらに青春は, 年いたってまだ, 年いたりて特に, 年いってからの三番目, 年いっさいの歴史, 年いっぱい平和を支持, 年いっぱい精力的に執筆, 年いっぱい観心と玄義, 年いつ来て, 年いづれも火あぶり, 年いなごの災厄, 年いましたのでキリスト教, 年います私は, 年いやいや五年十年あとの, 年いや二十年もっとに, 年いよいよ書籍館が, 年いるべき学校を, 年いろいろさまざまの, 年いろんな倫理学の, 年いわれつづけて来, 年い取ってしまっ, 年い取った者ア来ない, 年い取ってるからた, 年い取ってるだから愚痴イ, 年い行かないから間, 年うえ女に執念, 年うたうとテナー, 年うっかりと過ごし, 年うつちやつと, 年うつり時代の, 年うろうろして, 年おかしくなったと, 年おかしなことも, 年おくれてるね, 年おそいと仮定, 年おそくて二十年, 年おそれ過ぎ来しが吾, 年おぞや大事, 年おってしまった, 年おっぽりだしておい, 年おなじ芝翫が, 年おなじみのトンガリ長屋, 年おのづから是, 年おのれ仙臺にありき, 年おふくろとつき合っ, 年おぼろ夜緑波君と脚色者, 年おまけにユダヤ人, 年およそこれほど, 年おりまして次に, 年おりましたけれども何しろ, 年お上の御用, 年お世話になっ, 年お前たち空も森, 年お客が一人, 年お尋ねのよう, 年お正月某家に於ける, 年お産間近にお母さん, 年お目にかからないうちに, 年お菓子の籠, 年お預けの身, 年かういふ心の, 年かかったらこの御一新, 年かかってるんだ, 年かからないといきつかない, 年かかりましょうと必ず, 年かかりますから熊, 年かくの如く, 年かけなければならぬ, 年かじを握っ, 年かたここに建てられた, 年かたち今ふた, 年かたち十四歳に母, 年かたっている, 年かたッてねどこ, 年かっこうべっぴんぶりもそっくり, 年かつてあらゆる戦乱, 年かでも生き残って, 年かなと独言を, 年かなり教育して, 年かなわぬものと, 年かにしかならず研究, 年かには越後の, 年かねそうだ, 年かぶったの, 年かへつたこと, 年かまへに越した, 年からでも作れると, 年かりの庵, 年かわって自殺者, 年かわり山の, 年かわることなき, 年かんと一緒, 年かん類勉強したら日本, 年がほどというものは, 年がほども継母の, 年がまんして, 年がよってなお山伐り, 年がら年じゅうあっちにもこっち, 年がら年じゅうブガーノフの耕地, 年がら年じゅう夜昼なしに, 年がら年じゅう家の中, 年がら年じゅう米つくるが, 年がら年じゅう花が赤く黄色く, 年がら年じゅう誰かしらの面倒, 年がら年じゅう警察のいす, 年がら年じゅう貧乏なん, 年がんばり通せば死のう, 年きさらぎの初, 年きたえた腕で, 年きっと幸運を, 年きのうや今日, 年きみたち千人私はひとり, 年ぎめでもどつちで, 年ぎめの人でも先口, 年ぎりである, 年くされものを, 年くった時に, 年くつた時, 年くらいなどというのは, 年くらいまでである, 年くらした二人の, 年くり返す積り, 年くる年も, 年くわえようじで, 年ぐらいがある, 年ぐらいじゃないの, 年ぐらいではないか, 年ぐらいにはなりそう, 年ぐらいまで忘れられる, 年ぐらいまでの世の中文学作品とくに, 年ぐらいまではまだ平和, 年ぐらひたつたら退院ができる, 年ぐらゐお茶を教, 年ぐらゐかういふ世離れたところ, 年ぐらゐしか勤めて, 年ぐらゐしかならないこの復興最中の城崎, 年ぐらゐに見えました, 年ぐらゐにしかならないのにもう長篇, 年ぐらゐの京橋區佃島の住吉, 年ぐらゐの地の女, 年ぐらゐの女の児, 年ぐらゐの気持であつ, 年ぐらゐの間の作品, 年ぐらゐの間平均十一年目に活動, 年ぐらゐの間新聞記者を本職, 年ぐらゐはごく注意して, 年ぐらゐは夢のうち, 年ぐらゐは小説などの書けない, 年ぐらゐは續くか, 年ぐらゐは脈の絶える, 年ぐらゐまでであると思ふ, 年ぐらゐまでの七八年の間, 年ぐらゐもつゞいたことは確らしいの, 年ぐらゐもソーンフィールドに顏, 年ぐらゐゐては次第に上, 年ぐらゐ世界も世間, 年ぐらゐ基礎的な訓練, 年ぐらゐ平気よ, 年ぐらゐ彷徨して, 年ぐらゐ演劇の本質問題, 年ぐらゐ登つたことがありません, 年ぐらゐ經つて之を作られた, 年ぐらゐ經つて近代活字が全, 年ぐらゐ蝙蝠は三十年ぐらゐ, 年ぐらゐ鹿は六十年ぐらゐ, 年ぐ米を取り, 年けさの初日, 年けなげな信徒, 年こうやって, 年こっきりでしょう, 年こっちもう少い, 年こっち夫は私, 年こっち病みつきの麻雀, 年ことし京都阿弥陀峯なる奥津城どころ, 年ことし八十八歳になられます, 年ことに二二年に, 年この方フィレンツェはグエルフィ, 年この方争奪の絶え間, 年この方宇都宮においとるが, 年この方数十回にわたり松原三夫氏, 年こもって暮す, 年こよみなどという名, 年これから生き延びたところ, 年これこれのもの, 年これ一本で通し, 年ころどれだけの数字, 年ころソヴェト市民はドイツ, 年ころメイエルホリドが表現派風, 年ころ仮宮の御, 年こんきよくおもたい袋, 年こんど久し振りで三途の川, 年こんな信州の, 年こんなに屈托した, 年ごし寝ている, 年ごと桜の盛り, 年ごろゆくゆくは二人, 年ごろアメリカの帆走船, 年ごろアントレピードという小さな, 年ごろイタリー映画に, 年ごろグラッドロンはひと目, 年ごろフランスでナチス, 年ごろプロレタリア文化運動が弾圧, 年ごろラモト伯爵夫人によって惹起, 年ごろ三十にはまだ, 年ごろ三十五六歳美人という, 年ごろ三十四五の眉, 年ごろ世話好きにそう, 年ごろ二十ぐらいで, 年ごろ二十あまりともおぼしき, 年ごろ二十七八にし, 年ごろ二十八九の小, 年ごろ五十歳あまりもと陸軍, 年ごろ京都市中京区間町竹屋町上ルの私, 年ごろ亭主のユシュルー, 年ごろ何ごとを学び, 年ごろ佗住居な仕る桑原甚内, 年ごろ兄の司祭, 年ごろ八九歳の可憐, 年ごろ八十からになつて, 年ごろ六十かもう少し, 年ごろ其処の人口, 年ごろ内田魯庵が翻訳, 年ごろ十七八の色白, 年ごろ十八九の小, 年ごろ十四五に渡らせられる, 年ごろ古典はその, 年ごろ四十一二歳にて背, 年ごろ四十三四の浪人ふう, 年ごろ四十二三の色, 年ごろ四十五六の堅, 年ごろ四十五六洋服の風采堂, 年ごろ四十前後の男, 年ごろ国粋主義のさかん, 年ごろ土佐のある, 年ごろ外遊から帰っ, 年ごろ好きなお客さん, 年ごろ姫に近づかん, 年ごろ子供を描いた, 年ごろ富山市に移り, 年ごろ山崎覚次郎桑田熊蔵などという人, 年ごろ彼はきまって, 年ごろ恰好の子女, 年ごろ懇意にし, 年ごろ支那学者内藤湖南氏の息子, 年ごろ斎藤弥九郎の長男新太郎, 年ごろ日本思想史の講案, 年ごろ最澄空海と共に入唐, 年ごろ有名だったその, 年ごろ本堂が落成, 年ごろ東京の芝居, 年ごろ横浜の山手, 年ごろ民間に行われ, 年ごろ水野にもおとらない, 年ごろ涜職事件で検挙投獄, 年ごろ片岡鉄兵の, 年ごろ玉泉という者, 年ごろ甲府でキリスト教, 年ごろ病気になった, 年ごろ百合子の住む, 年ごろ石見に疫病, 年ごろ緑雨が初めて, 年ごろ美術学校や早大慶大, 年ごろ色青ざめて, 年ごろ菫色のカシミヤ, 年ごろ言論抑圧の困難, 年ごろ辛労をし, 年ごろ門人の門人たち, 年ごろ関東地方に大, 年ごろ静岡あたりを中心, 年ごろ顔かたちみすぼらしい服装, 年さえも我藩の, 年さみせんと離れ, 年さ迷って見覚える, 年しきりに死を, 年しくじったけれどもことし, 年したならまた一緒, 年しないうちに, 年しなかったうちに, 年しまい込んであった, 年しましてから御, 年じっとして, 年じゃによって今より, 年じゅうあっちにもこっち, 年じゅういつでも眼, 年じゅうきょろきょろして, 年じゅうこれと言っ, 年じゅうそいつをいっぱい, 年じゅうぬかるみの絶えない, 年じゅうむだに土地, 年じゅうブガーノフの耕地, 年じゅうブツクサ愚痴ってる家持ち, 年じゅう人の行かない, 年じゅう人畜の被害, 年じゅう付きまつわって, 年じゅう何の変化, 年じゅう侮辱を受け, 年じゅう北部イタリーの田舎, 年じゅう十二三人から三十人, 年じゅう喜太郎にいじめられ, 年じゅう夏の島, 年じゅう夜昼なしに, 年じゅう女おんなって女, 年じゅう家の中, 年じゅう小鳥のあと, 年じゅう川で洗濯, 年じゅう店の外, 年じゅう恨み暮らしに暮らす, 年じゅう普通の人, 年じゅう毎日晴天と予報, 年じゅう毎週仕事がいっぱい, 年じゅう汐風に吹かれ, 年じゅう湯が沸, 年じゅう田舎に住ん, 年じゅう町へ行っ, 年じゅう直しにやらなけれ, 年じゅう研究室の奥, 年じゅう米つくるが, 年じゅう素股の魚屋, 年じゅう絶間なかった, 年じゅう胃が悪く, 年じゅう胆汁を流す, 年じゅう花が赤く黄色く, 年じゅう行事であるから, 年じゅう誰かしらの面倒, 年じゅう警察のいす, 年じゅう貧乏なん, 年じゅう陽があたらない, 年じゅう電燈をともし, 年じゅう飢饉も同じ, 年じゅう黴が生える, 年すぎたというの, 年すぎ三年すぎた, 年すぎ十年目に他国, 年すくない人人, 年すごい台風が, 年すっかり堅くしてる, 年すなはち, 年すまして来年, 年すらも子供を, 年すんだあとで, 年ッと, 年ずいぶんいろいろな, 年ずっと目付役を, 年ずつと味わったこと, 年ずつとしてもこれだけは, 年せぬあはれ飢人, 年せまじき恋を, 年せんど行く, 年そうして甘い汁, 年その後モスコーを経, 年その間すべて事志とちがっ, 年その間一つ寝も, 年その間一八八八年から一九〇七年, 年その間別に変わった, 年その間種々外部的な影響, 年そばにいる, 年それぞれの理由, 年それらはこの, 年それ以上もその, 年それ晩年の二, 年たあいはれませんわし, 年たくさんな子供, 年たけたる子をば, 年たたかひぬきし同志らの, 年たたきに叩い, 年たたなけれやいや, 年たたねば歴史, 年ただ一度も便り, 年たちましてねそれ, 年たち七十年とたちました, 年たち三十年たちました, 年たち三年たつうち, 年たち二年たちする間, 年たち二年たち三年たつうち, 年たち五十年たち七十年とたちました, 年たち五年たった, 年たち十五年たって, 年たち十五年二十年とたつ間, 年たち十年たち十五年二十年とたつ間, 年たち四年目になり, 年たち紀元節の大赦, 年たってのことだ, 年たっぷりかかりまして, 年たつ間に多, 年たとうが精, 年たぬきなどにからかわれる, 年たまたま世界未曾有の, 年ためている, 年たらしめんことを, 年たらずして後光厳院, 年たりともいとわない, 年たんれん致し候間, 年だおりうならちょうどいい, 年だきゃ余分です, 年だけにあたりは寂しい, 年だけを記したもの, 年だしねえあのとおり底抜け, 年だすそれまで, 年だっても四十の, 年だつてまだ, 年だろさ, 年だんだん老境に, 年ちぢめたのである, 年ちゃんおいでよ, 年ちゃんきょうはラジオ, 年ちゃんじきに晴れる, 年ちゃんたちが集まっ, 年ちゃんだれか犬, 年ちゃんゆずをもい, 年ちゃんッて人, 年ちゃん君審判になっ, 年ちゃん問題にならないだろう, 年ちゃん夫婦の仲がい, 年ちゃん汽車がてんぷく, 年ちやうど日清戦争, 年ちよつと現れ, 年っていうのは, 年ってほどの年かい, 年つきグラッドロンのただ, 年つき合って居る, 年つき日ごろかわいかわいと, 年つき旦那がたのとこ, 年つづきで七三郎の, 年つづきで遣付けてやった, 年つづけたんです, 年つづけると, 年つづければきつ, 年つていうと, 年つとめたね, 年つとめましたかね, 年つとめれば十年, 年つとめ続いて職員, 年つぶさに思索と, 年つまり一八二二年どんな順, 年つみこし白雪, 年つるは私, 年つれそうのも, 年つれそった祖母との, 年づつ生きる人, 年ていよく栄華, 年てえげえ, 年てさうも, 年でありましてハリダース, 年でありませんといきなり, 年でありよじのぼるに困難, 年でござるが生涯, 年でさえ日本の, 年でしたら何の, 年でっさかいな, 年でですよ, 年でなかったという現実, 年でなければこの, 年でもつと近しい, 年でもと云われて, 年でものんべりと, 年で仕了わせよ, 年で先だつこと二年である, 年で戻つたのである, 年で採収期に, 年といへど, 年といふのさへ, 年とおつしやつ, 年とかで描いたさ, 年とかは大丈夫といった, 年とかれはか, 年ときには建武の, 年とぎれて終戦, 年とけなかった魔法の, 年とざされていた, 年としては不足の, 年とだけでは, 年とちゅうでわが最愛の, 年とったおかあさま, 年とったで息子にまで, 年とったやせたコスモの, 年とってたもんで, 年とってもいつも若い気, 年とっても決して肥大せず, 年とつぜん地球に, 年とでは管内人口の, 年とでも云ふ, 年とどまつて, 年とどまって猟, 年とによって方位の, 年とびこえたような, 年とまで永くない, 年とめておい, 年とめ置いて払い下げる, 年ともいはず降る, 年とや伊丹なる, 年とやら悟ったもの, 年とやらに造られ大, 年とらへられ, 年とりこめられて暮した, 年とりし佐太郎そのまま, 年とりゃ年とったで, 年とりわけ目立つて, 年とり過ぎたのであらう, 年とれる童子とは, 年とんで一九四六年以降, 年と共にさういふ, 年ふしても, 年どうにも妊娠を, 年どうやらすでにその懸念, 年どしどし押しかける, 年どちらかといへ, 年どっさり社会的な, 年どまりと断定, 年ども頗る張合拔けた體, 年どんな順を, 年なあ水は, 年ないほほえみを, 年ないしは十年さらに, 年なかなかたくさんな, 年ながらも全校の, 年なぞが書いて, 年なぞは夜も, 年なぞを訊いて, 年などが始めであったろう, 年などに勘合貿易を, 年などには痩せ馬なみ, 年などを書くの, 年なにごともなく, 年なにとぞ憐み, 年ならず犬六載ならず, 年なりいづれ勘當を, 年なりけむわれ小, 年なりにはあがるもの, 年なれしかる後に, 年なんぞはからんこの, 年なんとかして, 年においても出生による, 年におきましては殆ど民間, 年にかの有名な, 年についてしか与えられて, 年についての知事の, 年については今日においても, 年にても宮津七万石の, 年にでも当りますか, 年にとのさまが, 年にははアどんな, 年にまで及んだもの, 年にゃ見えないが, 年により馬追鳥里に, 年にわたるの間総, 年に対し百六十九日の, 年に当たる二十一歳の, 年に関する説明が, 年ではこの, 年ねかして置く, 年のうぢには, 年のさかい東条の, 年のせゐとのみはい, 年のち一九三四年にかかれた, 年のち二人は夫婦, 年のち大王ペンドラゴンが死ん, 年のち東京を去った, 年のでそれから積り積, 年のばしに延ばし, 年のばしとるうちに, 年のばす由です, 年のびたとかさ, 年のほどに垣も, 年のまで子供の, 年のみならずこの図, 年のみにはどうしてよい, 年のみは老っても, 年のみを自ら許した, 年のろくがつ, 年のわかいかれは, 年のんべんだらりとどこ, 年はかれにとって空, 年はしか流行この, 年はじめ頃から合同, 年はたらいても三百円, 年はつひに, 年はて何と, 年はとにもかくにも, 年はるかに少かっ, 年ばかしは急しく, 年ばかりが過ぎる, 年ばかりさう云, 年ばかりじゃなくいま, 年ばかりにもならぬの, 年ばかりにやなりぬらん, 年ぱいのどことなく威げん, 年ぱいはいろいろに考えられて, 年ぱつたり姿, 年のとの, 年ひかなかったりする, 年ひとり暮しをするなら, 年ひと昔でその, 年ひどい場合には, 年ひどく流行した, 年ふけて見えた, 年ふけしため柑子に, 年ふさがりと申し, 年ふっつりと風聞, 年ふるしたせい, 年ぶらぶらして, 年ぶりあたしが今年, 年ぶりくらゐな事, 年ぶりぞいの叔父, 年ぶり三年ぶりで帰っ, 年ぶり二十年ぶりなどで母子, 年ぶり卒業以来である, 年ぶり恋人訪ひぬ, 年ぶり浅草でのこと, 年ぶり父の顔, 年ぶり関門連絡船で門司, 年へたりと知らず, 年へでも入って, 年へとうつりかわる自分たち, 年へにける, 年へはひつて, 年へへへもうそなたに, 年べつな調査目的, 年ぎ縄を, 年ほとぼりのさめた, 年ほどというものは, 年ほどにしかならないが, 年ほどにはなるのう, 年ほどやつてゐた, 年ほろびずにきた, 年ぼんやり暮したわけ, 年まえかれらの, 年まえだがイダルゴ, 年まえだったらわたしは, 年まえであったが日記, 年まえですこんどは, 年まえ書いたことが, 年まえ見た時と, 年まけてくれる, 年まして三原山や, 年まず何と, 年まずしい漁師であった, 年まだ初めて作品を, 年まちつづけている, 年まてば立派, 年までというものは, 年までといふ事に, 年までとしても差支ない, 年までにかけて日本の, 年までばあやの, 年までを第三期, 年まとめての埋葬, 年まもなく旅へ, 年まる一年と, 年まれなこと, 年まわってくる, 年みかどが六波羅, 年みずのえ, 年みんなぞろぞろ私, 年むかし建久六年三月故右大将家, 年むかし私が十二歳, 年むしろ短祚, 年むつまじく連れ添って, 年むやみにふえた, 年めきめき肥って, 年めぐみ深き母, 年めんこの事, 年めロシヤは漸く, 年め今こそ引く, 年め師弟は九州, 年め文政元年に江戸灣, 年もうかるわけじゃ, 年もう一度この港, 年もしかとは判じかねる, 年もしやばに, 年もずつと郷里で, 年もっとも画期的な, 年もっぱら電波に, 年もつかどう, 年もつれ添つた主人に, 年もといふやうに, 年もとうというの, 年もとまっている, 年もと言つたら中, 年ものみ遊山にも, 年もの凄いやうに, 年もの間お前を探し求め, 年もの間ここへ来た, 年もの間それに親ん, 年もの間チャント世話を焼い, 年もの間モウのめないの, 年もの間一人の人殺し, 年もの間一本の木, 年もの間不断に悩まされ, 年もの間人目から遮断, 年もの間勇気と巧妙, 年もの間太陽の寸光, 年もの間小林多喜二全集が刊行, 年もの間山をやつ, 年もの間岩窟に起き伏し, 年もの間幕府の鼻息, 年もの間彼の安息, 年もの間彼らはかかる, 年もの間惜しげもなく, 年もの間朝しかうけとった, 年もの間根気よくこの, 年もの間極っている, 年もの間殆んど, 年もの間毎日毎日蝙蝠傘を持ち, 年もの間民主主義的な文学, 年もの間気丈に一人, 年もの間汝が蒼白, 年もの間渝なくベルナアルさん, 年もの間私をモデル, 年もの間自分に向けられ, 年もの間藤夜叉は待っ, 年もの間調べに調べた, 年もの間雨戸を閉め切り開けた, 年もみの木, 年もみぢ葉の年, 年ゃ景気がぴんぴん, 年やかましくいえば, 年やがて二昔久しい, 年やって来てからでなく, 年やっとこのウラニウム, 年やや長じ, 年やらねばならなかった, 年やられたんだ, 年やろがいに, 年つくりとしかも, 年ゆたかなる兆, 年ゆめまぼろし, 年ゆるりと滞在, 年ゆゑひどく身体が弱, 年よい行いのちから, 年よくこの道, 年よけいに在学, 年よせたはずかいな, 年よって頭が, 年よりずつと後の, 年よりだのそれが, 年よりて死去せし, 年よりては見えぬ物, 年よりとの間の, 年よりなどがおどけた通弁, 年よりにと茶化しか, 年よりになつてし, 年よりばかり一方は, 年よりまでを加えたら何人家内, 年よりもずつと電気が, 年らい日本のあらゆる, 年らい稼業をつづけ, 年らくに暮せる, 年らしいですがその, 年らしく推定される, 年りゅう宮にいた, 年れいのこと, 年ろ州の某, 年わかけれア, 年わが子大圓, 年わが家へ帰る, 年わざと落第し, 年わしは吉利支丹信者, 年わすれの酒盃, 年ゐますが少し, 年をがしんと言, 年をこそ秋の, 年をぞ来経る言, 年をぞへにきけるあはれ, 年んおいおい, 年アイルランドのダブリン, 年アウグスチノ会の僧団, 年アショカ出世の伝説, 年アテネのクレイステネス, 年アピウス・クラウヂウスの築く, 年アフォンソ五世の子, 年アフリカゆ來し鰐怒り餌, 年アムステルダム板リンショテンの, 年アメリカ労働代表者との会談, 年アラゴンの王位, 年アラゴーナ王ペドロ三世の將ルージアロ・ディ・ラウリア, 年アラスカをロシア, 年アラビアのメッカ, 年アリョール県の所有地, 年アルゼリアのコンスタンチナ市裁判所, 年アルフォンソ死して, 年アルプスのモンブラン, 年アルレンスタインに向う, 年アヰニヨンにてラウラ, 年アヴィニョンにて暗殺, 年アーカンソー州のスツットガート市, 年アーチボルド・マックリーシュ氏がアメリカ国会図書館長, 年イェナ大学に入り, 年イエーナでナポレオン, 年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 年イギリス王の知遇, 年イシカリ郡トウベツ村に入った, 年イスパニヤ人フランシスコ・ザヴィエルが鹿児島, 年イスランドのスカルホルト, 年イタリヤの無, 年イタリーに遊ん, 年イタリー一四六六年ギリシヤ一四六八年スイス一四七〇年フランス一四七三年オランダ一四七三年ベルギー一四七三年オーストリヤハンガリー一四七四年スペイン一四七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 年イタリー國カラブリヤに起つた, 年イタリー訪問中のワグナー, 年イプスウイッチの会, 年イヤ百年の, 年イワナイ郡前田村を拓いた, 年イ老って煩ら, 年ウィーン附近に戰, 年ウイドマンの, 年ウインで出版, 年ウェルゲランが死ぬ, 年ウォルシンガムが死ぬ, 年ウティカのカトー, 年ウムブリア州のノルチア, 年ウラバ湾に植民地サン・セバスチアン, 年ウヰールの, 年エジプトに生まれ, 年エジプト遠征を行なった, 年エステルハツィ城で老, 年エタ非人称号廃止, 年エタ非人解放当時までも地方, 年エトロフにおいてなすべき, 年エルボヨフ公の掘らせし, 年エルランゲン大学の教授, 年エンチオ死して, 年オスティアの僧正兼カルディナレ, 年オックスフォード板コドリングトンの, 年オデオン座で上演, 年オランダ一四七三年ベルギー一四七三年オーストリヤハンガリー一四七四年スペイン一四七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 年オランダ人のゼーマン, 年オランダ船エラスムス号が難破状態, 年オルガンチノは本国, 年オルランドの研究所, 年オークランド市の所有, 年オーストリアの美術省, 年オーストリヤハンガリー一四七四年スペイン一四七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 年オーストリーのヰイン, 年カッコウソノ時ノ死ニヨウマデ, 年カナダのモントリオル, 年カフカが出会い, 年カメラ珍らしくカメラ, 年カラ数エテ三十三年後ニ忰ガコノヨウナ狂人ニナリコノヨウナ嫁ガ我ガ家ニ入リ込ムニ至ッタコトヲ, 年カルタゴの耶蘇徒, 年カルディナレとなり, 年カレズ故ニ名ヅク, 年カンナン辛苦の修業, 年カンニングハム大尉の, 年カン・グランデが皇帝, 年カン年表類古いの, 年カールが二十歳, 年カ植エテ向フ仙壇, 年ガイもなく, 年ガラ年中のカッコウ, 年ガラ年中肝焦ガヘデ, 年ガリマール初版である, 年キエフ生れで才能, 年キニー氏の準備委員会, 年キリシタン禁制の高札, 年ギリシヤ一四六八年スイス一四七〇年フランス一四七三年オランダ一四七三年ベルギー一四七三年オーストリヤハンガリー一四七四年スペイン一四七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 年クエレタロ市で開業, 年クラカウ一揆を起させた, 年クリスマスにちかき, 年クルトレイの戰, 年クレルモン・トンネール氏が, 年クロポトキン事件に坐し, 年クロムウェルは死んだ, 年グェルフィこれを變, 年グサと呼ん, 年グサ物理小識ノ千年松ナリ諸山幽谷ニ生ズ高野, 年グチエレスが刑死, 年グチエレス刑死の後, 年ケエテンを去っ, 年ケレンスキー内閣の崩壊, 年ケンブリッジで名誉総長デヴォンシャヤー公, 年ケンブリッジ板カウエルの, 年コッキリで終り, 年コペンハーゲン發行の, 年コルテス部下の遠征隊, 年コルレの戰, 年コレラが流行, 年コンゴに行った, 年コンスタンチノポリスを征, 年コンスタンティノポリスの大僧正, 年コーヘンは, 年ゴルチーン法は紀元前五〇〇年代, 年ゴート人の王トチラ, 年サイゴンで出た, 年サガレンに出かける, 年サガレン島へ赴き, 年サザンプトンにおける大, 年サラセン人の手, 年サールディニアに死す, 年サールディニア島の一州ガルルーラ, 年ザルツブルグで書かれ, 年シェークスピアのドイツ訳, 年シエーナ人刺客を遣, 年シエーナ市にて火刑, 年シベリヤ流刑を宣告, 年シャスタ山から三十五哩, 年シャムに往, 年シヤルル・ダンジューがプロヴァンス, 年シュザンヌ・クラのフランス譯, 年シューマン十八歳クララはわずか, 年シリアに生れ, 年ジェネヴァでのこと, 年ジェラアル・ド・ネルヴァルの名訳, 年ジェルテルスキーは彼, 年ジャムスで教員, 年ジュフールの説, 年ジョルジュ・サンドによつて, 年ジョレス提督の軍艦到着, 年スイス一四七〇年フランス一四七三年オランダ一四七三年ベルギー一四七三年オーストリヤハンガリー一四七四年スペイン一四七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 年スイス滞在五年の後, 年スウィスの首都ベルン, 年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 年スコット遭難十周年の記念講演, 年スタアル夫人の管理, 年スタニスラフスキイ及びダンチェンコ, 年スタンコイッチ一世が登位, 年ストックトンよりダーリントン, 年ストラトフォードを飛び出し, 年スパセニアが十歳, 年スペイン一四七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 年スペイン人がこの, 年スミツザース再板, 年スラアル而シテ朝鮮ニハ本植物, 年スリーマン大佐曰く数年前ウーズ王の臣騎馬, 年スヰスの國, 年スープ火鉢の図, 年ズルラ政柄を得つる, 年ズレるとこの, 年ゼスス会の巡察使ビエイラはじめ十一名潜入, 年ソロンの法律, 年ソヴェト生産拡張五ヵ年計画が着手, 年ソヴェートにいた, 年ゾラを会長, 年タカが知れ, 年タガンローグに生まれた, 年タシカ明治二十三年の桜, 年タンプルが取壊された, 年ターリアコッツォのあたり, 年ダヌンツィオの, 年ダブリンの病院, 年ダマスクスに於, 年ダンテ始めて, 年ダンテ逐はれて, 年ダーヰンの, 年チェイン・ロウが出来, 年チェゼナ自治制を布き, 年チチアンは九十九歳, 年チャールス・ピアスによつて, 年チヤアチル自身が公, 年チューリン市で初めて, 年ツァーリの検閲, 年ツーロンの牢, 年テオドシウス若帝, 年テーゼ二七年テーゼ及び, 年テーゼ草案三二年テーゼを相互対比, 年取レチマウネ, 年ディーニュにおいて司教閣下, 年デビーの推選, 年デュウゼは初めて, 年デュラの後援, 年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 年デンマーク戦争には未だなかなか, 年トリエステにおける著者, 年トルレスのあと, 年ト云ヒ約二十年ト云フ年限, 年ト云フ年限ヲ豫定シタルハ, 年ドゥイノにて着手, 年ドメニコ派の僧, 年ドレスデンに生れた, 年ド・カストリは永代追放, 年ドーバーとカレイ, 年ドームよりもラ・ロトンド, 年ナイマン部等の大, 年ナオミが取っ, 年ナチス独裁が樹立, 年ナポリ王となる, 年ナポリ王國を征服, 年ナポレオン一世がここ, 年ナヴァールの王位, 年重ナル刹那, 年ニオナリニナサルカラ御代官ハ, 年ニコライ一世と協約, 年ニコラウス侯が死ん, 年ニシテ全ク一変セリ, 年ニシテ完成スベキコトハ英語ガ五年間沒頭シテ尚何, 年ニシテ本社改称節ノ賀儀, 年ニナリヌ又天皇, 年ニモ似ズ, 年ニモナリ嫁入リ前, 年ニューヨーク・コーネル大学教授パペーズ博士の依頼, 年ニューヨーク板サウスゲイトの, 年ニユウヨオクのハアバア書肆, 年ニユーヨーク州において始めて, 年ニヨリテ隆替シ殆ンド其形ヲ認メザル年スラアル, 年ニーノピサを去りて, 年ニ三タビ花サク之レヲ食ヘバ人, 年ニ三度栗ヲ収ム, 年ニ参百俵宛貢納シ人夫労役ノ要, 年ニ生ンダ我ガ子ノ督, 年ニ稔リ今ニ至ルマテ眷族, 年ニ至ッテ孑遺無ケン, 年ニ達シタル後ハ此限ニ在ラス, 年ノルウェイのベルゲン, 年ノートに秘め, 年ハイドンは五十九歳, 年ハドリアヌス五世の後, 年ハリス江戸に入る, 年ハルセミはもはや, 年ハワイで死んだ, 年ハンガリアの王冠, 年ハンガリイにおいてトルコ軍, 年ハ一人ノ百日ニ等シ, 年ハ借金ヲ抜クニカカル, 年ハ持ツマイカラドウデ御心願ガ成就ナスッタラ, 年ハ現存者ヲ列記ス如左, 年バアゼルの出版, 年バアルがロシア, 年バイエルンで刑, 年バウツェン会戦に於ける, 年バカリタッテ江雪ガ大病故ニ, 年バカリ絶交シテ居タガ何トカ思ッタト見エテ, 年バルザックを語るべし, 年バルザック四十七歳の成熟期, 年バルセロナの本屋ドン, 年バルソロミウの虐殺, 年バンクスを載せ, 年パリーの春, 年パリ市中に築いた, 年パリ板コラン・ド・ブランシーの, 年パリ板サントスの, 年パリ板シニストラリの, 年パリ板タヴェルニエーの, 年パリ板ターパンの, 年パリ板ワイツとゲルランド, 年パリ版ゴダールの, 年パリ版フランシスコ・コルムナのポリフィルス, 年ヒットラーが欧洲, 年ビスマークの力, 年ビルバウアー教授の発表, 年ビルバオ刑事裁判所で三年間, 年ビルマに滅ぼされた, 年ピエールが四十五歳, 年ピサロが本国, 年ピサ人サールディニアをサラセン人, 年ピストイアの白黨, 年ファルケンハインのいわゆる, 年ファンケルハインがいわゆる, 年ファーエンツァに死す, 年フィラデルフィアに於, 年フィリップの長子ルイ死, 年フィリップ四世に嫁, 年フィンランド飢饉救済の慈善音楽会, 年フィールリング氏がドイツ, 年フイレンチエに生れぬ, 年フェイヤアル書店から近代文庫, 年フラマリオン社から現在流布, 年フランクの大, 年フランス一四七三年オランダ一四七三年ベルギー一四七三年オーストリヤハンガリー一四七四年スペイン一四七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 年フランス人の虐殺, 年フランス王ルイ七世とともに第, 年フランス王ルイ十世に嫁, 年フランス語で書かれ, 年フランス資本主義に後援, 年フランス軍がオーストリア軍, 年フランス革命が勃発, 年フランチェスコは十二, 年フランチェスコアヴェルノの岩山, 年フロモンヴィルの作, 年フロリダ州のオルランド, 年ブサンソンの第, 年ブライト氏はバーミンガム, 年ブラク大佐がモレー市, 年ブラッセル府の会議以来一回, 年ブラフトン大尉は再び, 年ブラブラして, 年ブリストルでこの, 年ブリト申スヨウナ訳デス昔ハ御機嫌伺イトイウ事モアリマシタガ今デハ, 年ブルボン朝の最後, 年ブルユウの, 年ブロードウエーはトーマス街近く, 年プランクによって量子説, 年プラーグでボルシェビキ, 年プラートのカルディナレ, 年プルジェワルスキーが探険, 年プルトワの戦役, 年プロシア王フリードリッヒ・ウィルヘルム四世はベルリン, 年プロレタリア全文化運動, 年プロレタリアートを農村, 年プロレタリア芸術運動が高まっ, 年プロヴァンスに死す, 年ヘンメル家から頂戴, 年ヘーゲの出版, 年ヘーゲルとノビリンク, 年ベアトリーチェの死せ, 年ベッドの上, 年ベルギーにおいてもデュクペシオー氏, 年ベルギー一四七三年オーストリヤハンガリー一四七四年スペイン一四七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 年ベルリン大学が建設, 年ベルリン版バスチアンの, 年ベーリング大佐がベーリング海峽, 年ペルリプーチヤチンの來航, 年ペルリ来朝の時, 年ペン時計その他珍しがっ, 年ボオドレエルの狂疾, 年ボニファキウスに次ぎ, 年ボノニア板アルドロヴァンズスの, 年ボヘミアの王, 年ボルセーナ湖附近のバーニオレジオ, 年ボンベイで死んだ, 年ボンベイ板エントホヴェンの, 年ボンベイ板ジャクソンの, 年ボンベイ版エントホヴェンの, 年ボーア戦争後軍隊組織に関する新しい, 年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 年ポルトガル人の側, 年ポルトヴァの貴族, 年ポレンタ家の手, 年ポートサイドの雑貨店, 年ポーランドの国情, 年マクシム・ゴリキイが六十年記念, 年マクマオンが大統領, 年マデノ支那が前者タル理由ニヨリテ後者タル, 年マドリット板ナワレッテ師の, 年マドリッドで出版, 年マドリッド板ナヴァレッテの, 年マドリッド版ナヴァワッテの, 年マミミをさらった, 年マラスピーナ家に客, 年マラテスタ父子のため, 年マリヤは長女, 年マンチェスターでの講演, 年ミネプリ辺で猟師, 年ミユンヘンに居る, 年メキシコにひらかれた, 年メヂナに死す, 年メデイソン・スクエア・ガアヅンで挙行, 年メンドツァ今日アルゼンチナ国の首都ブエノサイレス, 年メーテルリンクの原作, 年モオリス・ベッツの新, 年モグリ弁護士を三年, 年モスクワ大学の医学部, 年モスクワ芸術座で上演, 年モスクワ風俗までを見せ, 年モダーンという言葉, 年モルトケ大将の細君, 年モンタプルチアーノにポデスタ, 年ヤイ正岡ヤイ夢声と酔余, 年ヤツトウの稽古, 年ユゴオの, 年ユスティニアヌスの即位, 年ユーゴウはこの, 年ユーゴーの逝ける, 年ヨイチ郡大江村を拓いた, 年ヨハンガストの, 年ヨリモ派手好ミナノダガ, 年ヨリ文永三年ニ至ルマテ凡八十七年間鎌倉幕府, 年ヨーロッパ大戦ごろまで, 年ヨ医者になる, 年ライプチヒ版ワイツおよびゲルラント, 年ラジウムを発見, 年ラストラの役, 年ラス・カサスの土人, 年ラヂオが正, 年ラヂスラーオ死して, 年ラップが, 年ラテン語訳で次, 年ラヱンナにて歿, 年リバープールにこの, 年リマの開祖, 年リーズ市におけるルドモア・ブラウン博士, 年ルイ五世の後, 年ルイ十七世の遺族, 年ルッカの西北, 年ルムフォード賞牌を受けた, 年ルーズヴェルトとランドン, 年ルーデンドルフ等の東方, 年レオンは小さな, 年レザノフの舅シエリコフ, 年レーゲンスブルグ附近に於ける, 年レーニングラード地方ソヴェト文化部管理の下, 年レーモン死せる時, 年レーリーの死んだ, 年ロウド・アイランドではそれ, 年ロシア語で出版, 年ロシア革命第十五周年記念, 年ロシヤ暦七月二日ブーニンの言葉, 年ロシヤ遠征の際, 年ロスタンの, 年ロダンの彫刻, 年ロッツェの後, 年ロッテイ・ファウラアの実験, 年ロッテスレー男爵が会長, 年ロビンソン・クルウソウ君が, 年ロマノフ王家三百年記念の大赦, 年ロマノフ王家三百年記念大赦令が出る, 年ロムバルディアのギベルリニ黨, 年ロムベルティ家は他, 年ロヨラの歿後百二十六年目, 年ロングマンズグリーン社発行の初, 年ロンドンタイムスの週刊, 年ロンドン出板ハズリットの, 年ロンドン刊行でよほど, 年ロンドン大学が創立, 年ロンドン板デンネットの, 年ロンドン板ホイストンの, 年ロンドン版ジェラード・レーの, 年ロンドン船渠の労働者, 年ロンバルトの暴徒蜂起, 年ローマ帝デキウス盛んにキリスト教徒, 年ローマ板ボルリの, 年ローヤル・ソサイテーの会員, 年ワーテルローでナポレオン, 年ヲココニ送リタリキ, 年ヲ歴タル物ハ多ク朽腐シ, 年ヴァンニは二人, 年ヴィクトオル・ユゴオの誕生日, 年ヴィクトリア女王の崩御後, 年ヴェスヴィウス山大噴火のみぎり, 年ヴェネチア共和国とレヴァント, 年ヴェネチア版ヴィンセンツオ・マリヤの, 年ヴェネチア版ヴィンツェンツォ・マリア師の, 年ヴェネチア生れの旅廻り, 年ヴェネティアに會合, 年ヴェルギリウスブルンディジウムに死す, 年ヴォオトヴィル座に於ける, 年・後三年の時代, 年一〇〇に対し女一一五・七, 年一〇〇〇磅の所得, 年一〇年の死亡率, 年一〇月二日の最後, 年一つことにかかれ, 年一つ路地に居着い, 年一ぺんだって病気, 年一むかしという, 年一ト夢という気, 年一パイぐらいの間, 年一ヶ月後の御, 年一ヶ月程度の隔り, 年一七七八年一七八二年及び一七八三年, 年一七三〇年には報告, 年一七九九年のブルターニュ, 年一七九五年六月八日の午前八時頃, 年一七二〇年一七三〇年には報告, 年一七五〇年及び一七五一年, 年一七五六年一七六六年一七七八年一七八二年及び一七八三年, 年一七八九年フランス革命が勃発, 年一七八二年及び一七八三年, 年一七六六年一七七八年一七八二年及び一七八三年, 年一七名立候補して, 年一七四〇年一七五〇年及び一七五一年, 年一七四〇年一七五六年一七六六年一七七八年一七八二年及び一七八三年, 年一万すなわち九〇, 年一万五千円の頼母子, 年一万円の補助, 年一万四千六百日の間, 年一世を震撼, 年一両の給金, 年一両二分と決め, 年一九〇五年をとっ, 年一九一九年に心霊現象研究会, 年一九三一年の夏, 年一九三七年の一年, 年一九三四年私の五十三才, 年一九四〇年三月に完成, 年一九年に出た, 年一二包ずつ戸数割, 年一二月の統計表, 年一五パーセントだった, 年一五七〇年の夏, 年一五三三年と引き続い, 年一五九四年にまた, 年一五五三年のクリスマス前夜, 年一五四七年などに勘合貿易, 年一人白馬に騎, 年一介の押領使, 年一作で十分生活, 年一億六千万ドルの所得税免税, 年一八一六年及び一八一七年, 年一八七三年のこと, 年一八九〇年世界全体としてはまだ, 年一八二八年にはアメリカ大陸, 年一八五八年に英国, 年一八四二年のこと, 年一八年そして一九年, 年一六三八年が最後, 年一六六萬年七六六萬年八六六萬年等となり, 年一切の歴史, 年一割二分の利子をとる, 年一割位で金, 年一千トンの推進汽船, 年一千九百二十年三月の出版, 年一千町歩明治十八年三万二千町歩五年のちの明治二十三年三百六十五万町歩, 年一反五畝の土, 年一号八年二号及び八年三号等, 年一号所載の, 年一向宗徒に, 年一向にはやらない小説, 年一四七三年で歿, 年一四五と災害, 年一回一月下旬の決算期, 年一回七月二十四日にそれぞれ, 年一回村へ呼べる, 年一回県庁で催される, 年一回移動演劇及び映画, 年一回船三隻乗員三百人に改め, 年一国における汽船トン数, 年一報予の, 年一報柴田常恵君の説, 年一声もきかず, 年一夜のうち, 年一夢の歎, 年一女を産す, 年一定不変と名, 年一家三千口と云, 年一家東京に移る, 年一屋無余の火災, 年一年あとから生長, 年一年みんなぞろぞろ私, 年一年予算を立て, 年一年半二年の三種, 年一年半二年二年半三年と期間, 年一年変化して, 年一年大中心と目指さるる, 年一年如何に低, 年一年成長して, 年一年死の予想, 年一年減少しつつ, 年一年甚しくなる, 年一年皆んなクラスクラスで同人雑誌, 年一度七夕様だわね, 年一度五月頃氾濫して, 年一度位上京されその, 年一度國に歸, 年一度遠くペルシャやアルメニヤ, 年一座の座頭, 年一心不乱に父, 年一所に暮し, 年一換主易居の類, 年一文もムダ, 年一日いろいろな事情, 年一日しゃっくりのまじる, 年一日一日と引き摺られ, 年一日今宵の中, 年一日判で捺した, 年一日議員として真面目, 年一日軽妙である, 年一日除幕式のよう, 年一旦汝らの, 年一昨年ですな, 年一時千束に仮寓, 年一月おれも召集, 年一月シヤルルナポリ王國を攻む, 年一月ジャーナリズムが戦時色, 年一月スターリングラードにおいて死守, 年一月ピサロは三隻, 年一月一九日マサチューセッツ州ボストン市に生まれた, 年一月一日ミュンヘンに, 年一月一日ロオペ博士女王の侍医頭, 年一月一日午前一時である, 年一月一日政府の命, 年一月一日朝から元気, 年一月一日林温泉より鹿児島, 年一月一日死刑は執行, 年一月一日發行といふこと, 年一月一日社中会同の時, 年一月一日私はゆうぜんと, 年一月一日間島氏の宅, 年一月一艘のポルトガル商船, 年一月七日に唐津藩士大沢正, 年一月三十一日リュー・サンモール七六番地に住ん, 年一月三十一日午前十一時である, 年一月三十一日長妹とし子一女を擧ぐ, 年一月三十一日附であったが, 年一月三十日に父, 年一月三十日父中條精一郎が死去, 年一月三日には日向, 年一月三日ボンベイ港を発し, 年一月三日十一歳のとき, 年一月三隻の小, 年一月上京した, 年一月上表の民選議院設立, 年一月中旬のこと, 年一月九日西賀茂神光院なる覺樹, 年一月事件の調書, 年一月二十一日衆議院が解散, 年一月二十七日オーストリアのザルツブルク, 年一月二十三日に赤十字, 年一月二十三日長崎市酒屋町松楽にて斎藤先生送別小宴, 年一月二十二日横浜に帰航, 年一月二十五日ライネル・マリア・リルケはロダン夫妻, 年一月二十五日太陰暦正月の二日前, 年一月二十五日巴里で一人, 年一月二十五日朝日新聞社から昭和十一年度, 年一月二十五日生として記帳, 年一月二十八日ロダンさんは自分, 年一月二十八日切支丹国禁外国教師追放を発令, 年一月二十六日ニューヨークのメトロポリタン, 年一月二十四日の朝, 年一月二十日に山城, 年一月二十日じゅうの顛末, 年一月二十日淡路国洲本に生る, 年一月二日哀傷のあまり, 年一月二月三月と調子, 年一月二月何事もなく, 年一月五日寺田寅彦と毛筆, 年一月京都に於, 年一月余は同書, 年一月作者六十四歳のとき, 年一月党中央委員会の決議, 年一月八日戲曲座で開演, 年一月六日これにたいして本国政府, 年一月冬にし, 年一月出版著者永井徹の警視庁警視属, 年一月初旬の日記, 年一月北陸吟行の途上, 年一月十一日に神保利左衞門貞恒, 年一月十一日王制を廃, 年一月十三日に五十七歳, 年一月十三日国王は免許状, 年一月十三日維也納に向つた時, 年一月十九日使節たちをのせた, 年一月十二日木曜日の朝, 年一月十二日桜島が大, 年一月十八日の曉大雪, 年一月十六日出帆帰路一隻を失い, 年一月十六日臨時県会を召集, 年一月十六日議会みずから五日間の休会, 年一月十四日ロテイはロシユフオオル, 年一月十四日大統領グラントに謁見, 年一月十四日閣議決定の発表, 年一月十日ヴェストファーレン州ミュンステルのヒュルスホフ城, 年一月十日私はガール, 年一月半ばのこと, 年一月印刷するに, 年一月又一は釧路, 年一月吉田内閣が補強政策, 年一月同所發行大橋乙羽編纂の, 年一月同誌の廃刊, 年一月夏沢温泉から八ヶ岳, 年一月大多和から有, 年一月大雪の害, 年一月天城を越え, 年一月太刀山対駒ヶ岳の立合, 年一月奥山大学が仙台, 年一月妻子を伴, 年一月宝塚中劇場, 年一月工部技手に任, 年一月幹部会を開いた, 年一月廿七日より同, 年一月廿五日予先生を三田, 年一月廿四日に至り, 年一月当時の有力者板垣退助, 年一月彼の著, 年一月成と刻しぬ, 年一月新潮に發表, 年一月末公一父子が惨死, 年一月末午後二時の太陽, 年一月末日本の正月, 年一月末日神田と本郷, 年一月末頃より二月, 年一月森鴎外は有名, 年一月楽友協会の演奏会, 年一月横浜の米国領事館, 年一月發行の, 年一月發賣頒布ヲ禁ゼラル, 年一月県官を広島, 年一月竣工としてある, 年一月節いまだ大寒, 年一月虫状突起周囲炎を手術, 年一月警察署の表, 年一月長島愛生園の醫官小川正子女史外一名, 年一月GHQはラジオ民主化, 年一杯六十両金は幸い手, 年一杯四十両ということ, 年一杯推詰てから日本, 年一枚と上, 年一比丘に遇う, 年一毛作である, 年一狐裘じゃ馬鹿気, 年一生に一度, 年一百二十三歳御陵は玉手, 年一百五十三歳御陵は菅原, 年一百六歳御陵は片岡, 年一百歳にし, 年一瞬ここへ伺っ, 年一組と書い, 年一膳飯屋でぐでんになり, 年一艘ということ, 年一茶だの塙保己一, 年一葉女史を福山町, 年一行の文字, 年一貢に制限, 年一足飛びに二度目, 年一農夫の偶然, 年丁丑十二月九日高木轍跡屋敷御用にも無, 年丁丑四月十七日出生梅津源蔵利春という, 年丁卯以後と朱書, 年丁卯十二月二十三日一八六七年十月十七日となっ, 年丁巳霜月初旬に及ん, 年丁抹の暴王クリスチャン二世, 年丁未である, 年丁酉正月の大火, 年七〇年と躍進, 年七つの時, 年七ケ月十六日の間, 年七・八千通の投書, 年七八十万人ずつの赤坊, 年七六六萬年八六六萬年等となり, 年七分の利に廻る, 年七十一歳でこれ, 年七十一歳四月二十日出精に付金五百疋, 年七十七以疾卒葬吉津村観音寺, 年七十二の時, 年七十二神明不衰, 年七十五歳を以て終結, 年七十余りになる, 年七十八までお, 年七十八歳で永眠, 年七十八歳甲午の年, 年七十六に達すれ, 年七十四と書い, 年七十四才で歿, 年七十年百年後に延びる, 年七十海内仰イデ儒宗トナス, 年七十餘と記し, 年七年十三年というよう, 年七年十三年十七年二十五年三十三年百年というよう, 年七年十年と重労働刑, 年七年十年等と記し, 年七年暇無み一字, 年七年裕福で安, 年七年頃から茶, 年七月すゑで日本, 年七月のをこちら, 年七月はじめから法医学教室, 年七月ウゴリーノ及びその, 年七月シューマンが死んだ, 年七月トレヴィーゾに死す, 年七月バスティーユ牢獄の破壊, 年七月ピサロアルマグロルケの三人, 年七月フェルラーラの君, 年七月ワリニャーニが渡来, 年七月一日夜アフリカコンゴオの林中空地, 年七月一日夜表アフリカコンゴオの林中, 年七月一日日本の歴史, 年七月一葉は十八, 年七月七日大雨の降続いた, 年七月七日日華事変をもっ, 年七月七日蘆溝橋に於い, 年七月三十一日七十五歳で没する, 年七月三日生年八十四で往生, 年七月与謝野先生北原白秋木下杢太郎平野万里等と九州, 年七月中国に対する侵略戦, 年七月中央公論のため, 年七月中旬上野廣小路の卜者四明堂, 年七月中頃には岩間温泉, 年七月久振りで尾瀬ヶ原, 年七月九州遠征から帰っ, 年七月九日ロンドンの街上, 年七月九日五十七歳で卒, 年七月九日先生の訃, 年七月九日尾瀬殿邸ヲ発セラレ, 年七月九日東京地方裁判所第一審判決, 年七月予腸窒扶斯に罹りたる, 年七月二十一日のこと, 年七月二十一日南緯八十度〇八分における記録, 年七月二十七日大蔵省の中, 年七月二十七日波岡城主北畠顕村を伐ち, 年七月二十三日付で長崎商館長, 年七月二十三日巴里で死んだ, 年七月二十九日五十一歳病気で歿, 年七月二十二日マグダレナの祭日, 年七月二十二日午後一時十分愈, 年七月二十二日生涯の終る, 年七月二十五日射殺の判決, 年七月二十八日信長は長政, 年七月二十八日十三人の子供達, 年七月二十八日弘前に於, 年七月二十六日ワラタ号は倫敦, 年七月二十六日島木赤彦土橋青村二君と共に温泉嶽, 年七月二十六日我木曾冠者義仲は白馬金鞍, 年七月二十四日午後七時三十分汽車にて上野発, 年七月二十日アレツツオに生れき, 年七月二日支倉喜平は有罪, 年七月二日法皇の御, 年七月二艘のオランダ船, 年七月五日区内築地三丁目十五番地先川中へ漂着, 年七月五日年二十二歳熱病で死んだ, 年七月五日都を進発, 年七月以來足かけ三年昌造は文字通り東奔西走, 年七月以後の事, 年七月作者二十四歳の時, 年七月八日以後帝国の高貴さ, 年七月八日発行の明治新聞, 年七月列藩を廃, 年七月初の事, 年七月初旬内務次官フォン・デルブリュックは当時ロッテルダム, 年七月勅として末摩尼法, 年七月十一日の葉書, 年七月十一日午後五時二十五分頃本州中部地方関東地方から近畿地方東半部, 年七月十一日夕龍動市クラパム區トレマドク街二十八館主美津田瀧次郎氏を訪, 年七月十七日付大蔵省令第三条, 年七月十七日付法令第三条, 年七月十七日東京の西郊中野, 年七月十七日為藤は五十歳, 年七月十七日草木もねむる, 年七月十三日信治の叔母, 年七月十三日白昼江戸川の水, 年七月十九日のこと, 年七月十九日午前八時モルレーに於, 年七月十九日夜伊達家の本邸, 年七月十二日の夜, 年七月十二日人人と一日百首, 年七月十二日夜処は上根岸, 年七月十二日宿老の職, 年七月十五日外務省告示第六〇号, 年七月十五日帝國圖書館發行の册子, 年七月十八日この物語, 年七月十八日大本営発表としてサイパン島守備, 年七月十六日屋戸野入道に付し, 年七月十四日一七九二年八月十日ヴァルミーの戦い, 年七月十四日午後三時にた, 年七月十日の事, 年七月十日わたくし父魚屋清左衛門大阪玉造のお, 年七月十日千葉県下下総国野田宿なる太田屋, 年七月十日印刷云々とある, 年七月十日野田に祇園会, 年七月半ばには幅九間余, 年七月号に登載, 年七月号碧子の俳句評釈, 年七月吉田松陰があたかも, 年七月同誌の第, 年七月国会に提出, 年七月坂合部石布津守吉祥等に從, 年七月夫妻は富士五湖, 年七月奈良において日本歴史地理学会, 年七月宗祇の草庵, 年七月宝塚唱歌隊第一期生, 年七月将軍吉宗公中川狩猟の時徒兵, 年七月川開きの夜, 年七月巣鴨拘置所で百合子, 年七月廿一日の事, 年七月廿七日第三回登山者, 年七月廿七日炎天下を私, 年七月廿八日ベルリンに著い, 年七月廿四日に秀吉, 年七月後妻として野中勝良氏, 年七月従四位下侍従に任, 年七月我西遊を企つる, 年七月文芸懇話会賞が与えられた, 年七月日支一觸即發を傳, 年七月春陽堂の編輯, 年七月晦より閏七月一日, 年七月末ピサロが既に, 年七月末日本に着い, 年七月東京第一大区十一小区東松下町三十七番地工部省七等出仕塩田真方寄留, 年七月東宝へ一座, 年七月板垣大佐を総裁官, 年七月沢庵は五十七歳, 年七月河内国の地震, 年七月洪水のため, 年七月熊襲御親征, 年七月父は二十七歳, 年七月畿内の官軍, 年七月發行の, 年七月相州箱根駅において開設, 年七月私が法學院, 年七月紐育を騒がせた, 年七月統計局調査によれ, 年七月維新政府ははじめて一応, 年七月自ら生命を斷, 年七月英京ロンドン客中にわかに思い立ち, 年七月英文科を卒業, 年七月著作権審査会官制の実施, 年七月藤島の戦ひ, 年七月蘆溝橋事件を挑発, 年七月號に, 年七月號中央公論掲載の, 年七月赤城山上大沼でひどい, 年七月赤幟洛陽を指し, 年七月赤松殿石田三成に荷担, 年七月長春に於ける, 年七月革命後常に蝙蝠傘, 年七月頃の同誌, 年七月頃須磨寺に歌碑, 年七月麻川氏は自殺, 年七石の御, 年七石五斗である, 年七郷紀に当郷, 年七郷記并天正地子帳等当町を不, 年万国博覧会の巴里, 年万年喰べはぐれ, 年万年大丈夫だ, 年万延元年の夏, 年万民のため, 年万治三年に入っ, 年万治元年九月に家督, 年万葉では十年, 年万里の風波, 年万里小路惟房卿をお, 年三〇〇〇〇〇タンの穀物, 年三の酉まで有り, 年三カ月であった, 年三カ月前に三人, 年三ヶ月前だった, 年三万二千町歩五年のちの明治二十三年三百六十五万町歩, 年三万六千日乾坤を提げ, 年三両二分の給金を取る, 年三九年四〇年の間, 年三井寺炎上の時, 年三代目孝兵衛の長女, 年三億という説明, 年三兩の給金, 年三冊の可能, 年三分の一とされ, 年三分の二の回収, 年三割六分全く無償, 年三十フランでゴルボー屋敷, 年三十一年の間, 年三十一年三十二年という三年間位, 年三十一歳小川宿の逸見多四郎, 年三十七八年戦役という歴史的, 年三十七歳大病の時, 年三十三にし, 年三十三妻益は二十七, 年三十三年にはここ忍沼, 年三十三年百年というよう, 年三十三歳の春初, 年三十九妻益は三十三, 年三十九年既う電車, 年三十九歳になる, 年三十二三の優さ男, 年三十二布津の太右衛門年六十五, 年三十二年という三年間位, 年三十五である, 年三十五六の色, 年三十五六戸の移住民, 年三十五六色の浅黒い, 年三十五大人である, 年三十五歳国へも家, 年三十五雄毅開豁孝友敦厚の人, 年三十代の全体, 年三十余歳の時, 年三十備後に行き, 年三十八歳でお, 年三十八歳位の時, 年三十八歳八年間天下をお, 年三十八歳八歳天の下, 年三十六七歳に達した, 年三十六妻益は三十, 年三十六職務に忠実, 年三十四妻益は二十八, 年三十四母曾能は二十八, 年三十年四十年馬車馬のよう, 年三十年後夏の青葉, 年三十年来の現象, 年三十有余にもなっ, 年三十首の歌, 年三千フランを与える, 年三号沼井君の記文参照, 年三号等の雑録欄, 年三名の委員, 年三味線を弾い, 年三善清行の上った, 年三四ヶ月の長い, 年三四千ポンドを負担, 年三四年と日本プロレタリア文化連盟, 年三回刊行される校友会, 年三国湊の酒井, 年三好長慶が京都, 年三川の依, 年三年あたりの時代, 年三年もみぢ葉の年, 年三年三年と並ん, 年三年五年七年と思わぬ, 年三年五年六年ぐらゐは續くか, 年三年五年十年とたつ, 年三年位じゃ泣い, 年三年唐鍬持つたんぢ, 年三年四年と見る, 年三年四年私は流離, 年三年江戸に別れ, 年三年物四年五六年年なしなどと, 年三年田舎の生活, 年三年男が同志社, 年三年目の冬, 年三年私は浪, 年三年経過すると, 年三年身を粉, 年三年雨風をいとわず, 年三年高照る日, 年三度という中, 年三度渡米ニューヨークに於, 年三斎公致仕遊ばされ候時, 年三時間課すること, 年三月ごろであつ, 年三月アルスより刊行, 年三月カナノル港外に於, 年三月キトー征服に来た, 年三月ロンドンの一素人劇クラブ, 年三月一日エルバ島より再び, 年三月一日付で北海道開拓長官, 年三月一日午後十時同所で死ん, 年三月一日大伴家持が, 年三月丁亥故原教授, 年三月七日夜まで七十六日間, 年三月七日安永八年九月晦日に起りたる, 年三月七日徳の幼弟季男, 年三月三十五歳にし, 年三月三十日の夜, 年三月三十日大地震うて, 年三月三十日大臣官房において中村氏, 年三月三十日室戸丸は, 年三月三十日正宗白鳥君ノ論文, 年三月三十日私は住み馴れた, 年三月三十日翁六十四歳の時, 年三月三日ロンドンの王子座, 年三月三日二三の御殿, 年三月三日南畝はここ, 年三月三日義経鞍馬山ヲ出, 年三月上旬のこと, 年三月下旬宮本顕治はプロレタリア文化団体, 年三月中旬にはインド洋, 年三月中旬品川伊佐羅子の上屋敷, 年三月中諸の神祇, 年三月九日協和会の声明, 年三月九日夜の戦火, 年三月九日朝の都下, 年三月九日発途中ブラジルの海岸, 年三月九日非常之節, 年三月也夫知己相待之殷, 年三月二〇〇〇年代に改訂, 年三月二十一日チューリンゲンのアイゼナッハ, 年三月二十一日午後五時五十三分彼岸の中日, 年三月二十一日土曜日にイタリー, 年三月二十一日堀主水一類, 年三月二十一日早朝より乾, 年三月二十七日三億五千万オンスの銀持高, 年三月二十三日同志代議士中村啓次郎氏衆議院において一場, 年三月二十二十一日の連休, 年三月二十二日付長藩家老浦靭負家来赤根忠右衛門宛, 年三月二十五日東京玉川上野毛の大東病院, 年三月二十五日発行の第, 年三月二十五日空襲下のパリ, 年三月二十八日ロシアでは最も古く, 年三月二十八日中部ロシアのニージュニ・ノヴゴロド市, 年三月二十六日上京中深川に於, 年三月二十六日午後予審判事裁判所書記の一行, 年三月二十六日日本出版文化協会は発展的, 年三月二十六日春雷の猛り荒ぶ, 年三月二十六日甚兵衛は藩老細川志摩, 年三月二十四日の長門壇ノ浦, 年三月二十四日七十五万人の勤労者, 年三月二十四日午後五時のあの, 年三月二十四日聖徳太子御直作, 年三月二十日ノールウェーのスキーン, 年三月二十日検事廷と予審廷, 年三月二十日造営の功, 年三月二日ナポリにてとある, 年三月二日下院の議場, 年三月二日弱冠二十六歳にし, 年三月二日神尾は翌, 年三月二隻の船, 年三月五日六十九歳にし, 年三月五日調印の期日, 年三月五月八月考古學雜誌第十二卷第七號第九號, 年三月付の文書, 年三月以降に連載, 年三月佐保の宅, 年三月佐渡に流され, 年三月余足掛五年になり, 年三月作者四十三歳のとき, 年三月個々の紙商, 年三月先生の巴里, 年三月八日ニューヨーク市の東区, 年三月八日巴里市外サント・ドミニック修道院に於, 年三月八日浜谷由太郎氏の好誼, 年三月六日五十五歳で父, 年三月初め頃におけるこの, 年三月初旬のこと, 年三月前後六カ年にわたり改修, 年三月前進を起し, 年三月労働農民党を作った, 年三月十一日に阿部侯正精, 年三月十一日桃のお, 年三月十七日五十六歳を以, 年三月十七日片山八重藏夫婦樽川を発し, 年三月十三日崩りたま, 年三月十三日野間眞綱宛の先生, 年三月十五日三・一五として歴史的, 年三月十五日出生隼男と明記, 年三月十五日崩りたま, 年三月十五日梅若の供養, 年三月十五日津輕平賀郷に關, 年三月十五日癸丑の日崩りたま, 年三月十八日和歌の浦, 年三月十八歳の時, 年三月十四日附軍刀の贈, 年三月十日病気治療のため上京, 年三月十日頃に遊行上人, 年三月博物局発行の, 年三月同志とともに脱藩, 年三月四日の午過ぎ, 年三月四日ちやうど金曜, 年三月塀和三藏は伊豫尋常中學校, 年三月大坂の角, 年三月女学校卒業式直後小西小原銅直金子諸先生同乗, 年三月学校当局の諒解, 年三月孫の家, 年三月家を持っ, 年三月巣鴨の未決, 年三月己未道昭和尚物化, 年三月帝都郊外の若き, 年三月帰京しぬ, 年三月庚辰興福寺の大, 年三月廿一日に山陽, 年三月廿七日午前九時四十五分である, 年三月廿二日に江戸, 年三月廿五日発行の第, 年三月廿八日十四歳を以て元服, 年三月廿四日以前と殆, 年三月弟子檀那御中に宛てた, 年三月恋緒を述, 年三月支那に遊ん, 年三月改造に掲載, 年三月攻勢にルーデンドルフ, 年三月日奏すと, 年三月日本全国のラジオ聴取者, 年三月日本橋の袂, 年三月日蓮は許され, 年三月旧師道善房の訃音, 年三月春陽堂が拙作小説, 年三月時事に感じ, 年三月月性に与えたる, 年三月末ローランとゴオマン, 年三月末惟政の命, 年三月末日にティドール, 年三月条約励行六派は解体合体合同, 年三月某日前日午後からシト, 年三月梟首された尊氏父子, 年三月検事拘留で巣鴨拘置所, 年三月橋梁に虫, 年三月歌舞伎座では福地桜痴, 年三月武州川越城へ移り, 年三月法律第二十八号民法財産編財産取得編債権担保編証拠編同年三月法律第三十二号商法, 年三月父正武氏の退隠, 年三月独美は躋寿館, 年三月現在のその, 年三月生年三十六歳をもって鎌倉, 年三月療治為修行別宅為致度段奉願候処願之通, 年三月相州湯河原の山懷, 年三月神奈川條約が, 年三月神戸を出帆, 年三月秀衡すでに死し, 年三月私共は夫妻共著, 年三月筆者への書翰, 年三月籾山書店は, 年三月織田徳川の連合軍, 年三月義仲ソノ子志水冠者義高ヲ源頼朝ニ, 年三月老中田沼主殿頭意次の倅若年寄山城守意知, 年三月臨時増刊号に発表, 年三月自ら大軍を率, 年三月菩提寺の浅草玉姫町, 年三月西上の軍, 年三月西羅馬の摂政オドワカル, 年三月読売新聞社主催で日本, 年三月謫所で生涯, 年三月長崎を去る, 年三月附で地方, 年三月隠岐国へ謫, 年三月高木敏雄君とともに, 年三月GHQの覚書, 年三歳だよ, 年三浦の海岸, 年三男英男を失っ, 年三百フランの定期納金, 年三百ルウブルの増俸, 年三百五十四日の内, 年三百六十五万町歩とふくれ上っ, 年三百六十五日みな吉と思っ, 年三百六十五日一日も欠かさず, 年三百六十五日出演して, 年三百六十五日己が住居, 年三百六十五日平均して, 年三百六十五日広小路へ売卜, 年三百六十五日手垢で光った, 年三百六十五日打通しての, 年三百六十五日投網打の帰途, 年三百六十五日毎日毎日が大売出し, 年三百六十五日汽車に乗っ, 年三百六十五日無病ですごす, 年三百六十五日貰ひが, 年三百六十五日間における日々, 年三百六十五日雨の日, 年三百六十日一日として我が, 年三百六十日脩学半日の閑, 年三百六十日饒舌り続けに, 年三百六十朝しののめ時のつめたいすがすがしい, 年三県を廃, 年三箇月ほど本州, 年三箇月間所謂疎開生活をし, 年三箇月間津軽の生家, 年三粒飲むと, 年三菱研究所の創立, 年三%以下に下落, 年上下同じ素絹, 年上京小学二三年上の友達, 年上位の美人, 年上吉田の本町, 年上宮太子降誕一千三百余年は彼自身, 年上州館林に転じ, 年上杉謙信は上州厩橋城, 年上洛して, 年上田博士が帰朝, 年上級生だったので, 年下妻の間者, 年下小学校の五六年, 年下河原清左衞門という浪人者, 年下級のクラス, 年不作をまぬがれないでしょう, 年不便と不自由, 年不具になつ, 年不再晤, 年不可開の棺桶, 年不孝のみ重ね, 年不安の種, 年不平におかれ, 年不意にまた, 年不敗なかば絶対と云, 年不断不沙汰, 年不滅の醜名, 年不純の物, 年不詳霜月のしかも, 年の月丑の日, 年世にも恐ろしい疑い, 年世の中に揉まれ, 年世上の艱苦, 年世態愈々変じ, 年世栄の外, 年世津子は女学校, 年世界を一周, 年世界一周の途次, 年世界全体としてはまだ, 年世界大戦の余波, 年世界漫遊をなさる, 年世界生理学大会が, 年世界的な規模, 年丙午とすべき, 年丙戌に七十二歳, 年丙戌二月三日の條, 年丙申に又, 年丙辰七月廿四日地震宮殿舍屋を破る, 年丙辰六月七日死生年不詳家説を以て考, 年淮地方の, 年両度の地子百三十疋, 年両統合体の前年, 年並びに事蹟不詳岩波文庫版, 年中ごろまでにも生じた, 年中ゴルドン将軍伝を書く, 年中ニ百二十両もなけれ, 年中一番好い勢, 年中一番気持のよい, 年中他人に監視, 年中央政府は純, 年中学六年大学四年または五年, 年中學の教師, 年中學生の禁欲生活, 年中平で穏, 年中旬までをまとめよう, 年中村屋の売上高, 年中村武羅夫の, 年中東海道に鳴りひびいた, 年中次のごとき, 年中止して, 年中泉から中尊寺, 年中津に母, 年中津藩の郡奉行, 年中火がいります, 年中発売禁止となった, 年中秋の午後, 年中空つ尻, 年中等以上の子弟, 年中米国の思想界, 年中絶さないやう, 年中行事の唄, 年中裁判所に提出, 年中身につける, 年中部フランスの貧しい, 年中釣に好条件, 年中陸より詣する, 年中陽のあたった, 年中雪に埋もれ, 年中頃は所謂三三年型時代, 年中風強く雨, 年中食に飢える, 年丸の内ビルデング即ち丸ビル, 年丸二年もあの, 年丸二年半の佐渡, 年主人の家, 年主人五十歳五百三十九歳陸八歳水木二歳専六生れて, 年主家に御家騷動, 年主役キリストを演じる, 年乃ち元治元年なり, 年乃ち紀元前一九年よりキリスト, 年乃木中将が台湾総督, 年久しく堅く仕付けられた習慣, 年久しぶりで故郷, 年久シキ者ハ五六萼ニ至ル皆開テ傍ニ, 年久シク賤シキ業シテ歩クウチ一年中国ノ一寺ニ, 年久シト雖記録ニ據リテ之ヲ詳ニスルコト難シ獨リ産土, 年久保田万太郎は小説戯曲, 年久子はもう, 年久振りで勤め, 年久秀が室町, 年久米正雄が製作, 年之史輯申度志御坐, 年之間適也君可之且言, 年乗りだす時が, 年乙亥五月七日私儀是迄外宅, 年乙亥正月十七日と書し, 年乙卯の春, 年乙卯五月二十二日に生れ, 年乙卯仲春為岡本楼主人之嘱, 年乙卯六月と読まれた, 年乙卯十月江戸には地震, 年乙卯四月六日に家, 年乙卯夏仙台鳳谷小野寺謙刊行の蝦夷地図, 年乙卯生に符合, 年乙巳とすべき, 年乙未の歳正月二十日, 年乙酉中秋前後に蘭軒, 年九つばかりなる, 年九カ月にわたって何とか, 年九ヵ月あまりしかなかっ, 年九ヶ月目即ち之, 年九分であったこと, 年九分の利子でしかない, 年九十七歳の長寿, 年九十九歳に成りし, 年九十五で大, 年九十五歳乙卯の年, 年九十余今た, 年九十六で世, 年九十年たつて, 年九十度は今日, 年九十歳に達し, 年九号四二頁に宮本君, 年九州へ行った, 年九州征伐のため筑前博多, 年九州水城の城, 年九年文政二年の三度, 年九年經つてをります, 年九戸政実を攻めた, 年九月ついたち国ことごと震亨れりと, 年九月わたくしは刑期, 年九月わたしが出獄, 年九月グエルフィ黨とモンタペルティ, 年九月スコットランドのストロンサ島, 年九月チェッコスロバキア國の首府プラーグ, 年九月ラ・シェネエ解散のあと, 年九月リスボンに帰着, 年九月一丁目二丁目に分ち, 年九月一七日アンナ女王が狩猟中落馬, 年九月一六日のロシヤ法律, 年九月一日午前十一時五十八分に起つた, 年九月一日大震災につぎ, 年九月一日天柱拆け地維, 年九月一日教権に反抗せり, 年九月一日東京の大震大火, 年九月一日武州井之頭, 年九月一日歿と刻せられ, 年九月一日百九十のスペイン人, 年九月一日私は名古屋刑務所, 年九月一日芝公園協調会館に開催, 年九月一日高橋秀臣君は埼玉県下, 年九月七日叙従五位下任征夷大将軍同十月二十四日任右兵衛佐, 年九月七日条には由利八郎, 年九月七日菅笠をかぶり, 年九月七月の全, 年九月三十日に御歌所寄人, 年九月三十日磐の長子信一, 年九月九州旅行の最後, 年九月九日九条の袈裟, 年九月九日十九標準時発信者は金星, 年九月九日父は七十歳, 年九月九日脳溢血でたおれ, 年九月予は従来筆記, 年九月二十一日心臓を病み, 年九月二十一日東京京橋新富町に生れた, 年九月二十七日に八十四歳, 年九月二十七日誕辰の佳日, 年九月二十三日加波山に旗上げ, 年九月二十三日父はた, 年九月二十九日市参事会は街鉄私設, 年九月二十二日条に, 年九月二十二日神戸氏に一百円, 年九月二十五日ヨワン・シローテは牢輿, 年九月二十五日東京地方裁判所刑事部で支倉喜平, 年九月二十五日示談事ずみとなり, 年九月二十八日私ともう, 年九月二十六日終戦後四十日のこと, 年九月二十四日サン・ミゲルの門, 年九月二十日豊後発シルヴァの書簡, 年九月二日ポルトガル人追放ポルトガル船来航禁止を云い渡した, 年九月二日妻初枝, 年九月五円程度のもの, 年九月五日以後王国の高貴さ, 年九月五日善光寺平の原野, 年九月五日応永十八年十一月十九日同十二月二十一日, 年九月五日戦後初の国会, 年九月井伊直弼が大獄, 年九月以後は殆ど, 年九月以後プロレタリアートを先頭, 年九月以降東京の市中, 年九月八日故国ポーランドの首都ワルシャワ, 年九月八日昔のボヘミア, 年九月八日詩人メーリケはス市, 年九月六十六歳で死んだ, 年九月六日北部ルソンカピサヤンにて新聞報道関係者二十三名, 年九月刊行の原本, 年九月初め首府クスコに向け, 年九月初旬のこと, 年九月十一日上州松井田の宿, 年九月十一日沖縄の那覇, 年九月十一月同四十五年二月, 年九月十七日条に, 年九月十七日高らかな産聲, 年九月十三日御簾番下馬纏兼被仰, 年九月十三日明治大帝の御, 年九月十三日翁は鎌倉建長寺内, 年九月十三日西九州に於ける, 年九月十三日頃南洋パラオの南東海上, 年九月十九日日向大隅地大震とあり, 年九月十九日薩摩の一角, 年九月十九日附の書附, 年九月十二日ところはクロワッセ, 年九月十二日以來實行せられたる金, 年九月十二日寛永十九年三月七日安永八年九月晦日に起りたる, 年九月十二日文明七年八月十五日同八年九月十二日, 年九月十二日法然十八歳の時, 年九月十二日織田信長が比叡山, 年九月十二日腸チフスで亡くなった, 年九月十五日東西二十万の大軍, 年九月十五日独逸青少年使節団一行を迎, 年九月十五日立憲政友会を組織, 年九月十五日難を避, 年九月十八日城の運命, 年九月十八日開通と云う, 年九月十六日午後五時わが連合艦隊, 年九月十四日より六十九回, 年九月十四日南米ブラジル国首府リオデジャネイロ港に入船, 年九月十四日条に見える, 年九月十日公布の法律, 年九月号所載の三枝博音氏, 年九月同社より上梓, 年九月四日余は岩礁, 年九月四日午前一時頃我等別荘浅草区橋場町一丁目十三番地留守居の者共夫, 年九月四日追放されしフィレンツェ, 年九月四日雨降り本陣にて吉左衛門どの一周忌, 年九月国際聯盟がいまだ公然, 年九月大阪浪花座へ一枚看板, 年九月山形県金瓶在住中熱海磯八荘なる永見徳太郎, 年九月布川に移り住んだ, 年九月廿九日の早朝新宿駅中央線プラットフォーム, 年九月廿八日とある, 年九月廿六日大日本聯合青年団, 年九月廿日五隻の艦隊, 年九月廿日芝の神明様, 年九月当時執筆の短篇小説数篇及雑録, 年九月徳川の天下, 年九月惟政の戦死後, 年九月懿文太子の後, 年九月改造社が, 年九月政友会を組織, 年九月方庵は六十一歳, 年九月書肆改造社の, 年九月末出発カナリー群島を出た, 年九月末日限り国民新聞と合併, 年九月条に糟部郡, 年九月東上して, 年九月東京の大震災, 年九月東京冨山房から開板, 年九月東京控訴院に於, 年九月東北帝國大學, 年九月某の日, 年九月某日相州三崎は諸, 年九月死去した生存中, 年九月津軽板柳の大農松山銕次郎氏, 年九月清國留學生のひとり, 年九月現在で一二, 年九月百済王が任那, 年九月私は左, 年九月秋風立ち初, 年九月税制改革案が公表, 年九月足利将軍義持の医師, 年九月近藤眞琴君の, 年九月関東大震災の後, 年九月陸前青根に遊んだ, 年九月震災の火, 年九百九年の文書, 年九百年九百九年の文書, 年九等官というやつ, 年九箇月余の唐土留学, 年乞いはかえって, 年乞食の焚火, 年乞食修験者から極めつけ, 年という名前, 年を知らず, 年乾かしたと云, 年亀太郎は大久保辺, 年亀沢町に徙, 年予備門五年と云う, 年予神田錦町で鈴木万次郎氏, 年予科二年であった, 年予算を立て, 年予約しました, 年予輩の巡回調査, 年予高野登山の途次, 年に依つたら, 年事一時和雨到心頭, 年事件が起る, 年事務員に昇格, 年事務官でしびれ, 年事物が少し, 年二つ目の麦松, 年二ばんめのお, 年二ヵ月ぶりに面会, 年二ヵ月出生地はサイパン島, 年二両しか貰わねえ, 年二代目を継い, 年二億円の損失, 年二函これも二十銭, 年二分五厘にほか當つて, 年二割なんて気, 年二割五分の利子を付する, 年二割位の利息, 年二十一安八郡池尻の城主, 年二十一歳大目付触流, 年二十一石の年貢, 年二十七八肩幅のわり, 年二十七歳赤地の錦, 年二十七而して, 年二十三年には憲法, 年二十三性濶達にし, 年二十三月であった, 年二十九でその, 年二十二年の編撰, 年二十二歳熱病で死んだ, 年二十五年と月日, 年二十五年三十三年百年というよう, 年二十五年以上に達し, 年二十五年以下にても父母, 年二十五銭ばかりの胡桃, 年二十以後乃ち匹夫一國に繋る, 年二十何年若い世代, 年二十八九のころ, 年二十八年の三月, 年二十八才の時, 年二十八歳市兵衛は六十六歳, 年二十八歳篠部淡路守が浪游, 年二十六人生の悲哀, 年二十六歳之時初號千山萬水樓主人, 年二十円内外を払う, 年二十四五の白面, 年二十四五歳でダルメイダ, 年二十四当時無宿江戸浅草孔雀長屋人別紋日の虎五郎娘, 年二十四歳孫の新次郎利厳, 年二十四歳群右衛門と改称, 年二十年さきを予言, 年二十年つれ添った女房, 年二十年一座の座頭, 年二十年世の塩, 年二十年中には五十年以前, 年二十年交際ってい, 年二十年以前から予期, 年二十年刻苦研鑽を重ね, 年二十年前に行われ, 年二十年前株を分け, 年二十年口をぬぐっ, 年二十年将来の日本, 年二十年後のトルコ, 年二十年日本はまあ, 年二十年深山に寒, 年二十年粒々苦心の結晶, 年二十歳以後のこと, 年二十歳時代のこと, 年二十歳頃はすでに, 年二千フラン余りの不足, 年二千年以前には何萬人, 年二千年前に帰, 年二千年前吾人の先輩, 年二千年後の今日, 年二号九年一号及び十年一号, 年二四磅または小麦六クヲタア, 年二回以上の観劇, 年二回位なので, 年二回位家中の家族, 年二回発行される校友会誌, 年二年三年あたりの時代, 年二年三年四年私は流離, 年二年三年雨風をいとわず, 年二年五年十年語りつづけても, 年二年兵隊にとられる, 年二年半など, 年二年半三年と期間, 年二年攻むるとも更に恐るる, 年二年經つても誰, 年二月あたりから奥方, 年二月はじめの月, 年二月エルサレムへ旅行, 年二月オルロフ宛の手紙, 年二月パナマに帰着, 年二月フランスで二月革命, 年二月ワリニャーニが少年使節たち, 年二月一日共和制をとる, 年二月一日午後何処といふあて, 年二月一日東亜連盟中国総会の発会式, 年二月七日付の神戸米領事ロビネット, 年二月七日伊藤万太方, 年二月七日先鋒として蒲生氏郷, 年二月七日英一が十歳, 年二月七日表日本岩手県上閉伊郡青笹村字瀬戸二十一番戸伊藤万太の宅, 年二月三日にフィリッピン, 年二月三日ハンブルクの富裕, 年二月三日宣旨法橋磐安宜叙法眼, 年二月三日宣旨磐安宜叙法橋, 年二月三日粕谷草堂の一家, 年二月三日附で新た, 年二月上旬になつて, 年二月下旬の午後, 年二月中村の老媼, 年二月中村陸相が病気, 年二月中頃カハマルカに入った, 年二月久しぶりで三千疋, 年二月九日夜夢告に成る, 年二月九日御供番不足之場に被, 年二月九日発行の東京新誌, 年二月二十一日午後四時とし, 年二月二十一日夜の条, 年二月二十一日晩方高田殿は逝去, 年二月二十一日溘焉として長逝, 年二月二十七日九州の上空, 年二月二十七日伊藤総裁は審査局, 年二月二十七日兼田弥一右衛門とともに御, 年二月二十七日政権をとっ, 年二月二十七日条に, 年二月二十七隻の艦隊, 年二月二十三日五十五歳で妻寿衛子, 年二月二十三日六十六歳を一期, 年二月二十三日午後十一時頃高円寺一丁目に居住, 年二月二十三日在原業平ここに来る, 年二月二十三日大伴家持が興, 年二月二十三日富裕な理髪兼外科医, 年二月二十三日野村傳四宛のハガキ, 年二月二十九日三月十四日四月八日および十日, 年二月二十九日月蝕の予言, 年二月二十九日朝からの雨空, 年二月二十九日様々の奇瑞, 年二月二十二日ポーランドの首府ワルシャワ郊外, 年二月二十二日ロンドンのウェストミンスター, 年二月二十二日夜半であった, 年二月二十二日夜半薨去された, 年二月二十二日徳の第, 年二月二十二日横濱並にその, 年二月二十二日隠岐島に崩御, 年二月二十五日徳の第, 年二月二十五日立候補演説の速記, 年二月二十五日細川の手, 年二月二十八日中央公職適否審査委員会は文筆家, 年二月二十六日仏門に帰せられ, 年二月二十六日西比利亜出征の田中中佐, 年二月二十四日付伊豆戸田村寶泉寺においての川路對プーチヤチン, 年二月二十日公務を担い, 年二月二十日築地警察で拷問, 年二月二日乗船マリベレス島で難船, 年二月二日町奉行島田弾正忠の邸宅, 年二月二日齋藤茂吉氏に與へた書翰, 年二月五十四歳を以て世, 年二月五日長崎の海岸, 年二月以後の分, 年二月以後大正二年三月にいたる, 年二月以降の, 年二月作家同盟は大衆組織, 年二月八日旅順に於, 年二月六日即今東京府知事職ニ在ル大久保一翁, 年二月出板大文字楼静江序角海老楼金龍句稲本楼八雲詩松の家露八句其他, 年二月十一日六十八歳を以て世, 年二月十一日大阪市浪速區鴎町一丁目に生れた, 年二月十一日正造が栃木県会議長, 年二月十一日紀元の佳節, 年二月十七日ミュンヘンにて, 年二月十七日是日大淵之源潰, 年二月十七日東京神田錦輝館に於ける, 年二月十三日マガリャンスは赤道, 年二月十三日議会へ請願, 年二月十九日七十余歳にし, 年二月十九日午前十時と十一時の間, 年二月十二日唯物論研究会はいよいよ, 年二月十五日の衆議院, 年二月十五日フーベルスブルグの講和成立, 年二月十五日朝の九時, 年二月十八日ミュンヘンにて, 年二月十八日歿す俗名宗清民, 年二月十八日生だから, 年二月十六日化学の助教授, 年二月十六日弘川寺で世, 年二月十四日マックアーサー元帥麾下のアメリカ軍, 年二月十日巴黎なる里昂停車場, 年二月十日本校改築落成並に創立五十年, 年二月台南にて, 年二月四日磐の第, 年二月国老として自分, 年二月土佐へ流された, 年二月大和国月ヶ瀬の梅, 年二月大坂において, 年二月太子はリヴァプール, 年二月孫の家, 年二月家康は新附, 年二月寛先生六十の賀, 年二月岩波書店から出版, 年二月廿三日夜より廿四日, 年二月廿六日田中は久振り, 年二月廿四日出版八幡楼高尾序川上鼠文序烏有山人筆記娼妓てこ鶴の演説, 年二月式部大輔中臣清麻呂, 年二月当時の啓蒙的, 年二月後者は同, 年二月文部省は高等学校令, 年二月新海覚雄氏によって, 年二月日本海軍が威海衛, 年二月晦日であった, 年二月朔に小石川, 年二月朔日付京都の鉄石, 年二月木村富子女史が拙著, 年二月末ネープルに赴い, 年二月末郡長その村, 年二月東京地学協会発行の, 年二月東京帝国大学英文科一年の学生服, 年二月東大寺供養の為, 年二月某日昧爽に小川町, 年二月樺太開拓使を置いた, 年二月歸朝すること, 年二月深川区古石場荒巻方二階に置い, 年二月燕王自ら文を撰, 年二月生れである, 年二月用紙入手のため, 年二月畑毛から昔, 年二月発布の, 年二月神楽坂署の手, 年二月私は独逸軍占領, 年二月筑波山へ登り, 年二月築地座結成以来である, 年二月義賢の悪, 年二月臨時総選挙施行, 年二月著者三十二のとき, 年二月號である, 年二月解散するに, 年二月遣唐使の判官, 年二月野山獄中より久保清太郎, 年二月長崎において稿, 年二月陸奥始めて, 年二月香取より潮来, 年二期を合わせ, 年二毛作作物によっては三毛作, 年二百ドルとす, 年二百七十七万余という勢, 年二百二十日の夕, 年二百五十日は降る, 年二百匁位になる, 年二百十一戸の市街地, 年二百四十万両というもの, 年二百四十万法その三分の二, 年二百年以前に既に, 年二百年後の精神物理学者, 年二百年毛嫌ひを, 年二百磅やる, 年二粒飲むと, 年二荒山の山腹, 年二萬圓掛けましたら宜しい, 年二葉亭の, 年云々と書き認め, 年云い開きの, 年互に久濶を, 年五〇〇フランで土地, 年五ツであった, 年五ヵ国条約といっ, 年五ヶ月以上になっ, 年五ヶ月前即ち昭和二年五月, 年五万キロの優良ボーキサイト, 年五万円ずつの費用, 年五万瓩の優良ボーキサイト, 年五二会の競進会, 年五代目尾上菊五郎が死んだ, 年五個月の覚束, 年五六年年なしなどと, 年五六月夫妻は満, 年五分の利息と共に支払う, 年五分五厘から六分の利子, 年五分利でありますから, 年五十一歳のドヴォルシャーク, 年五十七であつ, 年五十七歳で牢死, 年五十万を突破, 年五十三歳で, 年五十二一個の少年, 年五十二歳にし, 年五十五であったと, 年五十五歳道心堅固の智識, 年五十人の領血, 年五十余歳私立中学校の英語, 年五十余計の男, 年五十億万円の費用, 年五十六歳御陵は菅原, 年五十六歳松島半之丞年四十松倉家中医師有家久意年六十二相津玄察年三十二布津の太右衛門年六十五, 年五十四である, 年五十四実隆が引退, 年五十四歳で歿, 年五十四歳母上より一つ, 年五十年前のこと, 年五十年平穏無事に暮, 年五十年日月の築いた, 年五十歳であった, 年五十歳李白の年四十四歳, 年五十歳頃からのこと, 年五十長生とはいへぬ, 年五千万円の売上げ, 年五千年の前, 年五国条約と云う, 年五年ごろは世界館, 年五年ぶりでソヴェト同盟, 年五年七年と思わぬ, 年五年六年ぐらゐは續くか, 年五年君のこと, 年五年往診をつづけ, 年五年心配打った甲斐, 年五年旅から旅, 年五年經つて出て, 年五年間待って, 年五年食ひつなぐ金, 年五月ごろ福島県石川郡石川町字下泉鎮守の古び, 年五月のかと思ふ, 年五月わたしが戦地, 年五月バリャドリードに於, 年五月フランスが共和政体, 年五月フランス軍がウィーン, 年五月ベンサムは当時ロシア, 年五月マラスピーナがセルラヴァルレ, 年五月ヨリ十月マデ当方ニ勤務シ住込番人トシテ大過ナキノミナラズ誠実寡慾一徹ナレドモ矯激ノ風ナク, 年五月リスボン発南アメリカの東岸, 年五月一家を引連れ, 年五月一日わたしが二十六歳, 年五月一日八日十五日二十二日二十九日署名一~三は一記者, 年五月一日六十三歳をもっ, 年五月一日日米の国交, 年五月一日私が二十六歳, 年五月一日関東軍司令部で各地, 年五月七日ドイツのハンブルク, 年五月七日七十二歳で亡くなられた, 年五月七日佐竹右京大夫様御家来小倉亘妹縁談願, 年五月七日鉱山技師の子, 年五月三十一日父王の死, 年五月三日加藤式部少輔明成, 年五月三日午前九時福岡地方裁判所応接室に於ける, 年五月三日親王は二十八, 年五月三藏が漸く, 年五月上洛中の主君信長, 年五月上野公園高射砲陣地に於, 年五月下旬のこと, 年五月下旬ダルメイダが口, 年五月下旬何でも二十八, 年五月下旬私は東京市内, 年五月下旬長野縣下に於, 年五月下田奉行はハリス, 年五月中の, 年五月中旬のさわやか, 年五月中浣妻とともに葛飾, 年五月九日一人の男, 年五月九日山本鹿州氏から聞いた, 年五月九日帰国して, 年五月九日病死す, 年五月二十一日千葉県千葉町の郊外, 年五月二十一日条に五ヶ所, 年五月二十七日タンガニイカ湖畔のウヂヂ, 年五月二十七日彼は鎮守府将軍, 年五月二十三日七十九歳で同, 年五月二十三日十一時十分城崎豐岡大地震大火, 年五月二十三日済庵の子, 年五月二十九日京都義方会に於ける, 年五月二十二日に三原, 年五月二十二日広東韶州府の西城, 年五月二十二日警察書記フリードリッヒ・ワグナーとその, 年五月二十二月の書信, 年五月二十五日公判開廷の際, 年五月二十六日クリスチアニアのノールウェー女權同盟, 年五月二十四日メールスブルク附近に買いもとめた, 年五月二十日今川殿陣亡遊ばされ候時, 年五月二日だと, 年五月二日東山仙洞で鶏合せ, 年五月五日一人の骨組, 年五月以後のこと, 年五月何日かの日暮れ方, 年五月偶然のこと, 年五月八日マルチニック島プレー山の噴火, 年五月六日に突發, 年五月六日捜査のため山, 年五月六日王立協会にてヴィクトリア女皇, 年五月六日私は陛下, 年五月六月と引き続い, 年五月内務省主催第二回神職講習会, 年五月出版のもの, 年五月初旬にロンドン, 年五月勝頼一万五千の大軍, 年五月十一日ハルゼミは最早ほとんど, 年五月十一日午前八時五十分ノルゲ号は静か, 年五月十一日源平小手指原にて戦う, 年五月十一日滋賀県の巡査津田三蔵, 年五月十七日ナチスのラーヴェンスブリュック強制収容所, 年五月十七日政治的にデンマルク, 年五月十三日に歿, 年五月十三日妙義山麓の陣場ヶ原, 年五月十三日山下奉文氏と汽車, 年五月十三日条にも, 年五月十九日わたしは刑期, 年五月十九日熊本で死んだ, 年五月十九日義元討捕刻彼所持刀裏には織田尾張守信長, 年五月十二日入唐爲初學習と云, 年五月十五日岡山県美作国真島郡下方村妹尾与一郎氏方にて一, 年五月十五日陸海軍将校ら首相官邸などを襲撃, 年五月十日付都下各新聞, 年五月十日条に, 年五月十日独軍が西方, 年五月南部高信と戦ひ, 年五月参戦と同時に, 年五月友人山川均と共に雜誌, 年五月号と三十一年四月号, 年五月大連湾より帰り, 年五月天皇親しく鳥, 年五月妖民伊金を誅す, 年五月妻は長女, 年五月宗門弘通許可状を下し, 年五月山陰に遊ばれた, 年五月帰途の船, 年五月延安で行った, 年五月廿九日大石田にて斎藤茂吉記, 年五月廿四日までは記者, 年五月応召兵我家に宿る, 年五月戊午ノ朔乙丑, 年五月成監督東京府技手恩田岳造と固く, 年五月戦争目的以外の研究, 年五月摂津の石津, 年五月文藝春秋新社刊, 年五月新富座でかの, 年五月日光に遊ばれた, 年五月朔日にやはり, 年五月朔日今川義元いよいよ全, 年五月末にコロンブス, 年五月末日コロンブスは六隻, 年五月東京の郊外荻窪, 年五月東京座へ呼び, 年五月東京麹町区飯田町の皇典講究所, 年五月水野信元のとりなし, 年五月滿谷國四郎鹿子木孟郎二氏の, 年五月熊野參籠の此方, 年五月特別號に發表, 年五月現在の神山, 年五月甲府の愛犬家小林氏ら, 年五月着手矢吹慶輝博士の御, 年五月秀吉は諸国, 年五月私が御岳黒沢口, 年五月稿のもの, 年五月米國のペルリ提督, 年五月美濃の国, 年五月芭蕉が最後, 年五月西国での文芸, 年五月醉茗君が, 年五月長門国壇の浦, 年五月雑誌文芸春秋からはじめて, 年五月雨頃奥山方広寺に暫く, 年五月革命の旗, 年五月音一が伊勢, 年五月頃宗麟の軍隊, 年五歳の時平河小学, 年五百デュカットで五年間, 年五百年前の異なる, 年五百年後であるかも, 年五穀のみのり, 年五粒飲むと, 年亜墨利加に留学, 年亜米利加独立記念賞金を受けた, 年亞米利加のペルリ, 年亡き父祖恩人たちの, 年亡くなり私は, 年交代制は代, 年亥年の三月十日, 年亥歳から明治元年, 年亥歳九月十三夜に谷中瑞林寺, 年京伝が描ける, 年京坂贔屓の熱涙, 年京城に於, 年京師書肆竹苞楼にて観, 年京橋采女町に一二年, 年京浜間の鉄道, 年京都大学で九年, 年京都所司代板倉周防守重宗をし, 年京都監獄を放火脱走, 年亭主にした, 年人寿の光陰, 年人心尚安から, 年人手にか, 年人民は借金, 年人生のこと, 年人生れ繼ぎて築きて, 年人生七十古来稀何か腹, 年人生既往を想え, 年人見元徳, 年人間が其天真, 年仁宗の景祐元年, 年今に今にと, 年今上陛下のまだ, 年今川了俊卒する年, 年今川家の勢力, 年今川氏真署名の文書, 年今年二十二になる, 年今度は祇園祭, 年今日解禁の日, 年仏像を難波, 年仏僧入朝の時, 年仏国マルセーユにおいて, 年仏国ラ・ロシェルに立て籠った, 年仏国大総兵交着, 年仏国政府より公然, 年仏蘭西へ旅立っ, 年仏軍は敵, 年仕方がない, 年仕込んでもダメ, 年の註, 年付け狙った親の, 年仙人暮しで大, 年仙北郡神宮寺山の麓, 年仙台で捕へられ, 年仙台領の下, 年代りに江戸番, 年代わるにカジノフォーリー, 年代位までで, 年代用教員として父, 年代表のよう, 年代議士の總選擧, 年以上○○の胸, 年以上あなたがたに何一つ, 年以上ここで養った, 年以上不眠症に悩ん, 年以上中には百年二百年, 年以上予より年, 年以上二年近くも相, 年以上使用したもの, 年以上全部説五年全部説各学級代表説, 年以上内蒙に, 年以上勤務したこと, 年以上勤続者には千円, 年以上同一場所に居住, 年以上同一所有者が所有, 年以上外国居住の日本人, 年以上存在すと, 年以上封建的な絶対主義, 年以上工場区域で教え, 年以上年功一円以上つく, 年以上床についてい, 年以上彼女の最も, 年以上教務に服した, 年以上文章の作製法, 年以上日本に滞在, 年以上日蔭干しに, 年以上滞在する客, 年以上生活した現在, 年以上私は狭い, 年以上経過して, 年以上經つてから出た, 年以上義務教育のある, 年以上職場にいた, 年以上自分を捕え, 年以上西洋人に就い, 年以上話相手に乏しい, 年以上辛抱したが, 年以上長年するという, 年以上間を置く, 年以下漢軍の幕僚たち, 年以來五年課程の尋常中學校, 年以來十五年目に初, 年以來原形に復する, 年以來姿を見せなく, 年以來專忠直間右大將軍, 年以來川床が非常, 年以來急速に忙しく, 年以來毎年の豫算, 年以來異常に安い, 年以來研究報告書を出版, 年以來頓に健康, 年以前いろはになる, 年以前それがすっかり, 年以前のと殆ど, 年以前ゴオゴルは其の, 年以前スイスではこの, 年以前チャタムの町, 年以前ニ当村出行仕候, 年以前フランスとプロイセン, 年以前一月の手間七円五十銭, 年以前三月上旬の頃兵庫浦, 年以前上海へ上陸, 年以前与作方へ縁付き, 年以前中国地方のある, 年以前五十年間に小麦, 年以前五年間にはそれ, 年以前佛國の教授, 年以前六十三年間に小麦, 年以前別後の挨拶, 年以前動物園を見物中, 年以前千枝子が二度, 年以前叔母マルトの死, 年以前國後の夷人此擇捉島, 年以前在庫の鉛六千貫, 年以前大夫が御, 年以前奈良の浅茅ヶ原, 年以前女の夫, 年以前小城のよう, 年以前島原始まって, 年以前当時十六歳の少年, 年以前彗星の如き, 年以前御岳山上で試合, 年以前我が国に到着, 年以前戸山の原, 年以前手前四歳の折, 年以前掃墓したとき, 年以前故郷のある, 年以前新橋の芸妓某, 年以前日本が初めて, 年以前日本古代史の研究, 年以前星田と同棲, 年以前木橋であつ, 年以前本郷に住みし, 年以前本郷三丁目の藤村屋新兵衞, 年以前松前の津波, 年以前此の町, 年以前母が大阪, 年以前浪人組栄えました頃, 年以前独逸皇帝が土耳其領内遊歴, 年以前聊の間違い, 年以前西洋暦にし, 年以前譲位せし我父, 年以前阿媽港日記と云う, 年以前陸軍軍楽隊が奏楽, 年以前雪の降った, 年以前非常に流行, 年以前飯田町に邸, 年以外は年中製作, 年以往文壇と遠ざかっ, 年以後とめどもなく, 年以後アメリカの繁栄, 年以後オーストリアとフランス, 年以後スヰスイギリスおよびアメリカ, 年以後ヨーロッパ特にフランス, 年以後ロシヤ人ヤコビ教授以下の人々, 年以後一二年間政論の全局, 年以後一八九九年に至る, 年以後五箇年間の出生, 年以後今日まではただ, 年以後刪られて, 年以後創立せる寺院, 年以後十二年間全く暗黒, 年以後十五人扶持出ること, 年以後十年間のロシア, 年以後哲学は新, 年以後唯二囘遭遇しただけ, 年以後大正十年位までの間, 年以後妖婦の跡, 年以後小学校の教師, 年以後広東における主要, 年以後抽斎の時, 年以後数々漠北を親征, 年以後日蓮聖人五十七歳ごろから六十歳ごろ, 年以後明確な意識, 年以後木曾駒白馬立山御岳乗鞍槍常念, 年以後東京市の墓地, 年以後欧州のあらゆる, 年以後死去と見え, 年以後毎六年目に実施, 年以後毎度行って, 年以後浮世絵の競売目録, 年以後男女の失業, 年以後種々の災害フィレンツェ, 年以後穀物価格がまた, 年以後芸術性をより, 年以後英國人で支那學, 年以後謀逆を企て, 年以後頓に寂れ, 年以後飢饉にし, 年以後養老四年以前おそらく日本紀編纂, 年以後魂の平衡, 年以来あれだけの病人, 年以来いつでも母, 年以来いつか三十余年を経た, 年以来お前のため, 年以来くらゐなもの, 年以来ここかしこに小さな, 年以来すつかり役者, 年以来それを顧みなかった, 年以来ちやんとワイマアル, 年以来インド地方に在っ, 年以来カチヤと訳, 年以来カブラルの指導, 年以来クラウゼウィッツの主義, 年以来グラチアは一八九七年, 年以来シナ市場は絶間, 年以来ジャーナリズムの上, 年以来スイスで流行, 年以来ソヴェトがたえず, 年以来ソヴェト同盟の農村, 年以来ディーニュの司教職, 年以来パリには象徴派, 年以来パリイに住せり, 年以来フランスの出生率, 年以来プロレタリアートの生産技術, 年以来モンフェルメイュの宿屋, 年以来リヒノフスキーは, 年以来ロシアは新しい, 年以来ローマの人々, 年以来ワリニャーニが着手, 年以来一通りならない, 年以来七十年にわたってこれら, 年以来三年間長藩一藩を支配, 年以来下士の内職, 年以来与力三十騎同心百名を付せられ, 年以来世界平和のため, 年以来主張して, 年以来五世紀にわたってスタンコウィッチ家, 年以来五十七年の長き, 年以来亡国の民, 年以来人々の中, 年以来今夜が彼, 年以来今日に至, 年以来仏蘭西と独逸, 年以来他の草花, 年以来何処へでも同伴, 年以来作者にとってもっとも, 年以来僕の聴覚, 年以来全国の人口, 年以来兵庫県内の国道, 年以来内地を歩い, 年以来冬になっ, 年以来利害苦楽を共に, 年以来利根川の鮎, 年以来北大西洋の旅客, 年以来十年以上もここ, 年以来十年間に版, 年以来叡山に入っ, 年以来四倍と二割弱, 年以来四度の質問, 年以来因幡の鹿野城, 年以来国の人口, 年以来国内問題として採用, 年以来国有となり, 年以来坂東流の家元, 年以来増加よりはむしろ, 年以来夢にまでほんとう, 年以来大坂本願寺への押え, 年以来大臣の官邸, 年以来大阪に赴き, 年以来天守に棲む, 年以来天皇権力主義は持続, 年以来夫だと, 年以来奇妙な自己撞着, 年以来奉天と称せられる, 年以来女の紋, 年以来学校補助費三万ドルに対し公立図書館, 年以来小学校教員検定試験にも学校附設図書館, 年以来年々の出生, 年以来廃して, 年以来廃止同様の姿, 年以来廊などは倒れた, 年以来当地に移住, 年以来当時までの間, 年以来当時未熟なら未熟, 年以来彼らの身長, 年以来応用され恒星, 年以来急速に進展, 年以来憲法なる語, 年以来我々同志が会合, 年以来採訪せられた材料, 年以来教育に心, 年以来数へる程, 年以来数度会って, 年以来文化の各, 年以来文学に関する理論, 年以来文盲撲滅を努力的, 年以来文部省の計画, 年以来方向転換して, 年以来日本人民はこの, 年以来日本料理に適当, 年以来日本民主化の全面, 年以来日本語の巧み, 年以来日蓮聖人の信者, 年以来昂まって, 年以来昌平黌の教授, 年以来明治政府の要人ら, 年以来最初の日本人, 年以来東西二京を歴見する, 年以来松倉屋の様子, 年以来植物の日本名, 年以来極東における英国, 年以来欧州くんだりを遊歴, 年以来欧洲の南北, 年以来此の家, 年以来毎年国家計画部と最高経済会議, 年以来氏はすっかり, 年以来津軽家の漸く, 年以来演劇に関する意見, 年以来用が済み, 年以来病気の故, 年以来発狂して, 年以来発見された七〇〇, 年以来百余年の長き, 年以来矛盾に及ん, 年以来確定したもの, 年以来神社教信仰の下火, 年以来種々姦吏の徒, 年以来紹介も無し, 年以来繁盛して, 年以来芝居についての意見, 年以来芸者人妻などの殺人事件, 年以来若干の軍備拡張, 年以来英蘭に起った, 年以来蘇格蘭の死亡率, 年以来衛生について政府, 年以来被害をうける, 年以来詩人小説家戯曲家等を作れる, 年以来豊家の恩顧, 年以来貧乏世帯を張り, 年以来貴殿の煩悩, 年以来赤をやっつける, 年以来足かけすでに十八年, 年以来辛抱して, 年以来酒を飲み, 年以来鉛筆で辛抱, 年以来雑誌の企画申請, 年以来離婚の数, 年以来離婚条件として姦通, 年以来馬には防護衣, 年以来高層気象観測所を公設, 年以還跡見女学校の生徒, 年以降ケルンパリ及びナポリ, 年以降一千二三百年までの間, 年以降三十一年までの各, 年以降全国的に長足, 年以降十二年震災まで焼失, 年以降私が新聞, 年以降鏑木清方に就い, 年仮面の下, 年仲島渡地の娼家, 年仲平は小川町, 年仲春に至る, 年仲秋の月, 年仲秋揮毫す, 年仲秋行年二十一歳と刻ん, 年伊佐奈が携, 年伊勢屋に引, 年伊太利のミラノ, 年伊納沢吉がいひし, 年伊藤俊輔井上聞多井上勝山尾庸三らの洋行, 年伊豆七島全圖, 年休ませて何, 年休みたいと, 年休日のダラダラ, 年会はんでも, 年会わなんだ, 年会館でこの, 年伝わった旧家も, 年伝承して, 年伝法に育っ, 年伝道婦をやつ, 年伝馬町の牢屋敷, 年伯林工芸美術館においてその, 年伯父錦橋の歿, 年伯耆守神亀三年頃筑前守天平五年の沈痾, 年伸子の二十歳以後, 年伽藍を営興, 年位ほか一緒に居なかった, 年位わけもない, 年位一度もとりかえられた, 年位伊香保にゐる, 年位休養しなければ, 年位会はないだらう, 年位何でもない, 年位先にあの, 年位幹について生き繁っ, 年位従者が其墓, 年位手が震え, 年位昔の青年, 年位欠席して, 年位滞在して, 年位義務教育が行われ, 年位齡をとつ, 年位齢をとるであろう, 年住まいたり, 年住まっていた, 年住み着いた民族の, 年住み給えども恒, 年住めば氏子, 年住ミ古シタル支那, 年住宅としてつつしん, 年佐伯部売輪の忠死, 年佐和山の城, 年佐竹義宣社殿改修の時, 年何かと自分の, 年何と息苦しい一生, 年何とかかんとか, 年何となく咆哮し, 年何ものぞ, 年何事もなく, 年何人も恐れ, 年何十年来のお尋ね者, 年何十年識っておっ, 年何千年今夜のよう, 年何千年来の圧迫, 年何回と言, 年何國の某, 年何年と, 年何日に雨, 年何月どこの小屋, 年何月何日何分に産, 年何月何日戸締りをし, 年何月何日櫻木海軍大佐之を發見, 年何月何日生としるし, 年何月何日誰某宅, 年何月地に埋, 年何月幾日の, 年何月某国に対する戦勝, 年何月生れだ, 年何歳その学塾, 年何流の誰, 年何百万年の生い立ち, 年何百人の手, 年何百円も借金, 年何百年間をはたして, 年何箇月かの間, 年余りつづけたとき窪川稲子は, 年余りのち尼になっ, 年余り三年になっ, 年余り以前私も是, 年余り前大阪へ行った, 年余り前砲兵工廠へはいる, 年余り前私が女, 年余り勉強をし, 年余り同僚であったばかり, 年余り実行して, 年余り寄宿舎に入っ, 年余り寛永十九年の春, 年余り小倉の町, 年余り後夜伽の妻, 年余り昔の事, 年余り海といへ, 年余り熟練し切った口調, 年余り私が三十四歳, 年余り自分では何, 年余り遊び暮すうち, 年余り過ぎ今度は栄介, 年余命を授, 年余計に生延びた, 年作ってさらに, 年作ったという葱, 年作らせちや畑は, 年作二十四巻巻纓の老, 年作家生活の火華, 年作者三十一歳の時, 年作者四十六歳の砌, 年作者夫妻は鎌倉, 年使はなかつた, 年使つたくらゐでは, 年來いづみ屋のお客, 年來これを愛好, 年來むねに描きし, 年來めつきり憂欝, 年來アラビアと支那, 年來ロシヤへも輸出, 年來一歩の進歩, 年來一貫して, 年來交を斷, 年來今代に通じ, 年來何處からとなく, 年來別莊地として有名, 年來同一の意味, 年來夏期には目立つ, 年來妻の實家, 年來學校宴會旅行などにも洋服, 年來定まつた其生活, 年來幻のやう, 年來弘法大師が支那, 年來御奉公申して, 年來我が儘, 年來我國民は此, 年來政海の激浪, 年來文學の事, 年來斯ういふ, 年來晩酌せざる日, 年來朝の使者, 年來朝晩使ひ慣れた木, 年來東京の空氣, 年來東西に興つて今日, 年來歌の常道, 年來此事に注意, 年來毎朝錢を貰つて, 年來渇仰されて, 年來渠は人生, 年來研究させそれ, 年來礑と聞こえず, 年來祕藏して, 年來私は此, 年來積り積つて恰も小山, 年來續けてる, 年來耐へに耐, 年來腐敗したあらゆる, 年來苦心をつづけ, 年來英書を讀み, 年來藩閥控制の術數, 年來行へる灌水, 年來鍛錬し得たる手腕, 年來養はれた支那夫人, 年來首つ玉, 年の化物, 年を盗んだ, 年供養塔と刻ん, 年嘱され, 年依田学海翁が男女混合, 年が死ん, 年侯駕に扈, 年俊成と改名, 年俊成六十五歳のとき, 年に白鳳, 年保っていた, 年保伎保吉とよも, 年保存と記された, 年信仰自由のゆえ, 年信治の叔母安が六十五歳, 年信長さまが本能寺, 年信長天下を統一, 年修了後の受驗, 年修了者とその, 年修善寺大患後胃腸病院入院中の日記, 年修撰に関して兼載, 年修業年限が多い, 年修業程度しかない, 年修業者だという, 年修正同七年発行, 年修法の機, 年修鑿して, 年俳句はほん, 年俳諧を嗜ん, 年に無駄, 年倉庫に置く, 年個人と社会, 年候補生で, 年借り手が無い, 年倦むことなく, 年倭國亂相攻, 年倭國王濟遣使, 年倭王姓阿毎, 年倶舎七年と云っ, 年傅安等を帖木児, 年に代, 年備後国深安郡八尋村に生まれた, 年傳來説も普通, 年傾いて鬢髪, 年傾いたのであろう, 年傾きつつある, 年僅か十九歳にし, 年僅か四十五歳で死んだ, 年僅七篇の詩作, 年働いたら一升位な, 年働かなければならなかったでしょう, 年像法一千年の後, 年像法千年末法万年合計一万二千年であります, 年僕らの結婚生活, 年僕等は社会民主党, 年億兆の氣, 年億兆年だ, 年元旦慨然として歌, 年元旦旅順は落ちた, 年元明天皇が平城京, 年元服を延ばせ, 年元朝よりは急, 年元治元年に至つて始, 年元治甲子の六十一, 年元治紀元甲子四月五日に異母兄徴, 年兄アルポイノとともにヴェロナ, 年兄幸太郎が十七歳, 年兄弟とも子, 年兄弟同様にし, 年兄貴が世話, 年充分に頭, 年兆年億兆年だ, 年先ニ江戸ニ来タトイッテモマダ江戸ナレハシマイカラ一ツタマシイヲ抜カシテヤロウト心附イタカラ緋縮緬ノジュバンニ洒落タ衣類ヲ着, 年先二十年先に一人前, 年先代貞氏の喪, 年先生四十六歳の昭和元年, 年先生四十歳の時, 年先生岸竹堂先生幸野楳嶺先生森寛斎先生などの方々, 年先百年先は知らぬ, 年光宗が十九歳, 年光明太后の一周忌, 年免職になった, 年か一年, 年は, 年入ると直ぐ, 年入国より数, 年入獄の苦労話, 年入用の穀物, 年入道相国の五十六歳, 年全島鬱々たる樹木, 年兩度の火災, 年八〇パーセントとある, 年八・一五のクーデター, 年八万キロメートルであったの, 年八六六萬年等となり, 年八分の一で一国, 年八十七だったと, 年八十七件の故殺, 年八十万磅から一百万磅, 年八十三でお, 年八十三歳丁卯の年, 年八十九尚往事, 年八十九歳を以て世, 年八十五指して, 年八十八だつた, 年八十六歳で亡くなりました, 年八十歳若くは, 年八号が出た, 年八島の軍敗走, 年八幡宮がこの, 年八年ごろの小, 年八年九年の歌, 年八年碁に耽つ, 年八年辛未二月二十一日, 年八月アララギの安居會, 年八月ソヴェト同盟の新聞, 年八月チェホフが楽々, 年八月ナガサキとヒロシマ, 年八月ブリストルの大, 年八月モスクワで第, 年八月モルシャッハにて, 年八月ルッカとフィレンツェ, 年八月一人の蕃夷, 年八月一子隆太郎を連れ, 年八月一日二代清三郎建之と刻, 年八月一日東京都文京区音羽町三丁目十九番地光文社発行の雑誌, 年八月一部をもってシュレージエン, 年八月七日午前九時頃プランシェという人妻, 年八月七日条に, 年八月七日赤石絶頂を極, 年八月七日長崎で書いた, 年八月万国講和協会の調査, 年八月三十一日私の住宅, 年八月三十一日觀潮樓に於い, 年八月三十日徳の妻かね, 年八月三日下野国足利郡吾妻村字下羽田なる庭田清四郎, 年八月三日両国橋畔の大, 年八月下旬に七隻四百人, 年八月下旬以来昭和二年春まで足かけ五年, 年八月中旬台湾巡歴の帰途, 年八月九日僕が壕, 年八月九日北政所へ送った, 年八月九日午前十時三十分ころ大本営に於, 年八月九日午後十時鶴見工場ニ於テ土井健作ヲ熔鉱炉ニ突落シテ殺害シタルヲ土井ガ自殺セシモノト欺瞞シ且ツ金六十五万円, 年八月九日崩りたま, 年八月九日広島から四里あまり, 年八月九日生であるから, 年八月予再び家, 年八月二十七日に少, 年八月二十七日午後五時オルコマ号に駕, 年八月二十三日付のゲーテ, 年八月二十三日四季部奏覧を終え, 年八月二十三日徳の第, 年八月二十三日日本長崎港内にてエス・エス・ジョージ・エルホエリー号, 年八月二十三日条に, 年八月二十三日聖三位号に乗込み, 年八月二十二日の日付, 年八月二十二日パリの郊外, 年八月二十二日調査会は東北振興, 年八月二十五日午前九時なり, 年八月二十五日江戸には凄まじい, 年八月二十八日マウント・モウリス町共同墓地に於ける, 年八月二十八日夜このブレント入江, 年八月二十八日高知市を襲った, 年八月二十日に世界, 年八月二十日後であつ, 年八月二日北極海観光船を辞し, 年八月二日楢戸村御出発, 年八月二日生で当時十一歳, 年八月五十二歳でこの世, 年八月五日宵闇の薄暗く, 年八月以後すべての学校, 年八月以後キリスト教は他, 年八月以後仏教の魅力, 年八月以後同盟通信社の再, 年八月以後戦時中緘口令をしかれ, 年八月以後民主主義化が日本, 年八月以後軍国主義的宣伝を根絶, 年八月以来の民主主義文化運動, 年八月以来公職から追放, 年八月企画院に, 年八月伊勢八幡住吉三社の神馬, 年八月僕は一游亭, 年八月八十歳を以て薨去, 年八月八日付法令第三十一条, 年八月八日私は日記, 年八月六十二歳を以て世, 年八月六日午前八時十五分広島市中央部の上空, 年八月六日渡部長七唱の手記, 年八月六日言語に絶する, 年八月六甲山上の天海菴, 年八月内務省地理局の測量方, 年八月出版の, 年八月初旬の水害以後, 年八月前後の北陸辺, 年八月北方千島の航路, 年八月十一日前述した巨匠円朝, 年八月十一日宇治猿楽成敗の際, 年八月十七日上野より一番汽車, 年八月十三日窟寺に安着, 年八月十九日七十九歳の長命, 年八月十九日安行僧都に勅定, 年八月十二日十八歳にし, 年八月十二日正午上高地の仙境, 年八月十二日痘科辨要十巻著述出板に付献上, 年八月十五日以後日本にはそれぞれ, 年八月十五日崩りたま, 年八月十五日東京都麹町区六番町二十五番地旗田鶴彌印, 年八月十五日正午に私たち, 年八月十五日無条件降伏を以てこの, 年八月十五日祖国の敗北, 年八月十五日聖母まりや昇天祭, 年八月十五日褥中筆を執り, 年八月十五日野尻村の上, 年八月十五日降伏の宣言, 年八月十八日友人石井勇義君来訪一の珍瓜, 年八月十八日頃のモルトケ, 年八月十六日にファルマウス, 年八月十六日午の尅, 年八月十六日崩御あらせられて, 年八月十六日帰住被差許, 年八月十六日条に西行, 年八月十六日那古野に出, 年八月十四日姉川大地震, 年八月十四日開設の万国講和協会, 年八月十日ヴァルミーの戦い, 年八月十日以後の同じ, 年八月十日六十歳でデルフト, 年八月十日天満社の参礼, 年八月十日巴里市民はルイ十六世, 年八月十日日暮れて松本裁判所, 年八月十日熊野に入り, 年八月十日牢死した, 年八月十歳で病死, 年八月半ばにポルトガル船サンタ, 年八月半節は立秋, 年八月又一は札幌農学校在学中シホホロ, 年八月号に出, 年八月商工省が新聞雑誌用紙, 年八月四日東京刑事地方裁判所検事局ヨリ被告人妻ユリニ対シ右罰金ノ納付方請求有, 年八月四日病歿大伯母富貴の形見タンス中, 年八月国民の一つ, 年八月天皇は御子日本武尊, 年八月奏覧を経た, 年八月孫博済病院の医員, 年八月孫栗園と倶, 年八月岡麓氏予が請, 年八月岩波書店から前, 年八月帰朝の際, 年八月廿九日の日没後二時間, 年八月当時私が高山町西校校長野村宗男君, 年八月恵陵の大葬, 年八月戦争が終っ, 年八月新潟での作, 年八月既望の小酌, 年八月晦日には宝寿院権僧正, 年八月暴風雨のある, 年八月朔日信重祝髪之時所詠, 年八月朔日朝賀の酒宴, 年八月朝香宮様の御成, 年八月末サント・ドミンゴに着く, 年八月条にも陸奥, 年八月東京で, 年八月東京高等学校三年生であった弟, 年八月東支鉄道の問題, 年八月某日土佐を漫遊, 年八月死ぬる時, 年八月比叡山に籠っ, 年八月民間貿易の再開, 年八月江州に大, 年八月法然が瘧病, 年八月満州国を去り, 年八月甲斐国の某, 年八月磐が佐倉, 年八月福来博士の発表, 年八月節度使の制, 年八月築地のメトロポールホテル, 年八月自分がレーニングラード, 年八月興行であったと, 年八月芦峅寺から立山, 年八月誕生の彼女, 年八月遁世之時秀郷朝臣以来九代嫡家相承の兵法焼失, 年八月那須での作, 年八月都を辞し, 年八月酉の刻, 年八月首相官邸で開かれた, 年八月高野山の夏期大学, 年八月魏の王経, 年八歳の事, 年八百九十六円七十銭一ヶ月七十四円七十二銭ということ, 年八雲を拓いた, 年公一父子殺害の犯人, 年公使の綽名, 年公命を帯び, 年公園の舞台, 年公家藤原某作てふ, 年公正廉潔を以て聞ゆ, 年六ヶ月だから, 年六ヶ月罰金百二十圓の處分, 年六・六ツェントネル平均として協定標準, 年六七歳の時病, 年六丸殿は未だ, 年六分は間違い, 年六分ぐらゐの利子で無理, 年六十ニも及候, 年六十一であつ, 年六十七八墨染の十得, 年六十九であった, 年六十二相津玄察年三十二布津の太右衛門年六十五, 年六十五である, 年六十五参謀本部を構成, 年六十五歳の時脊髄癌, 年六十八孝孺を得, 年六十八孫元協を携, 年六十六以上になれ, 年六十六歳になる, 年六十四歳壬申の年, 年六十年前までは少しく, 年六十年死ぬるまで, 年六十戸あったの, 年六十歳丁丑の年, 年六千法に満たない, 年六年ぐらゐは續くか, 年六年三年三年と並ん, 年六年年つき日ごろかわいかわいと, 年六年目となった, 年六年私はもはや, 年六年逢はない, 年六年間宮林藏の調査, 年六旬をこえた, 年六月おのが父, 年六月ごろ基本財産完備せずとも, 年六月なかばの夕方, 年六月アラスカから北極, 年六月アレッツオのギベルリニ黨フィレンツェ, 年六月カムパルディーノの戰, 年六月ジイド全集に, 年六月ストックホルムで開かれた, 年六月ドイツのサクソニー, 年六月ハルピンまで出かけ, 年六月ピサロを奇襲, 年六月レオンはルイ・リュショネー, 年六月一日彼は場河原, 年六月七十一歳にし, 年六月七日芝宇田川町に生れ, 年六月七日西インド諸島の中, 年六月七月東亞之光第五卷第六號第七號, 年六月三人の男, 年六月三十日付のシラー, 年六月三十日付大蔵少輔伊藤博文, 年六月三日パリで, 年六月三日宇治橋の戦, 年六月三日米国軍艦は舳艫相銜, 年六月三浦氏滅亡の條, 年六月上の博物局員一行, 年六月上京して, 年六月下旬の火災, 年六月下旬号に, 年六月久昭の東京, 年六月乙卯とあ, 年六月九日米ノ水師提督ペルリ氏ガ吾ガ幕府ナル井戸石見守浦賀奉行戸田伊豆守等ガ衝ニ, 年六月九日願は満たされ, 年六月二二日わたしは紺がすり, 年六月二十一日午後伊庭想太郎と云, 年六月二十七日全部の功, 年六月二十三日癸卯天下飛語あり諸州, 年六月二十九日に歿, 年六月二十二日ムウニッヒの市, 年六月二十二日山門から人, 年六月二十二日東京神田に於, 年六月二十五日仏国中部の古都ツウル, 年六月二十五日小石川三石坂に蛇, 年六月二十五日強制疎開によって私たち, 年六月二十五日法隆寺西園院にて観, 年六月二十八日墺国皇嗣フランツ・フェルディナンドが妃, 年六月二十六日に出立, 年六月二十六日十二分に準備, 年六月二十六日広田外相を外務省, 年六月二十日本籍はいらんです, 年六月二十日發行の金五圓, 年六月二四日ベルリンで, 年六月二日条にその, 年六月五日六日の反乱, 年六月五日六日ラマルク将軍の葬式, 年六月五日後醍醐天皇は王政復古, 年六月五日条に, 年六月五日私は三度横浜, 年六月以後の三ヵ月, 年六月以降京都に寓居, 年六月何日日の暮れがた, 年六月八日山崎をすぎ, 年六月八日新堀仲之助氏の口きき, 年六月六日東大寺に於, 年六月六日発行の, 年六月六日郊外からきた, 年六月処女航海を行った, 年六月初めに出発, 年六月初旬の暁, 年六月十一日崩りたま, 年六月十一日顕治は市ヶ谷刑務所未決, 年六月十七十八の両日, 年六月十七日山階宮晃親王殿下の若宮菊麿王殿下, 年六月十七日払暁五時波斯女帝号の甲板, 年六月十三日梅雨空の陰鬱, 年六月十九日沙門源空と署名, 年六月十九日附で全, 年六月十九日青森県北津軽郡金木町に生れた, 年六月十二日条に, 年六月十二日独逸皇孫殿下が新富座, 年六月十五日オランダ国境を突破, 年六月十五日本校に於, 年六月十五日蒼美をおとし, 年六月十八日尾州清洲の植原次郎右衛門, 年六月十八日彼は砲数, 年六月十八日馬上のロベスピエール, 年六月十六日八十三歳の高齢, 年六月十六日六十二歳東京の監獄, 年六月十六日午後三時南アフリカ喜望峰を解纜, 年六月十四日条に祇園, 年六月十日付の海軍中佐ジェームス・グリン, 年六月十日霧の旅会創立, 年六月博文館發行の, 年六月号に松谷久男氏, 年六月同所發行の縮刷本, 年六月同郷の志賀潔さん, 年六月喫茶部開設となり, 年六月四日発行の, 年六月大日本印刷株式会社市ヶ谷工場にトラック, 年六月大食國吐火羅國南天竺國南天竺國遣使朝貢, 年六月宮本の父, 年六月岩氏人柱に立つた, 年六月島津三郎の兵力, 年六月崩御せられた, 年六月廿一日の條, 年六月廿二日から五日間, 年六月廿二日条に, 年六月廿八日フランスはベルサイユ宮殿, 年六月廿八日大手勤番被仰, 年六月我未だ絶海, 年六月新国劇の明治座興行, 年六月新潟今町国上出雲崎各地に遊ぶ, 年六月日本に亡命, 年六月明治記念博覧会が名古屋, 年六月昭憲皇太后の入内治定, 年六月末敵の空襲, 年六月東京文理科大学内に開催, 年六月檜物町の芸妓叶家歌吉とい, 年六月歌舞伎座で, 年六月江州彭沢の丞, 年六月浅草座開場に当, 年六月父が不幸, 年六月疎開のつもり, 年六月発行の白井光太郎博士著, 年六月發行の, 年六月皇后崩ぜられし時, 年六月相撲部領使某の従者, 年六月社会党を首班, 年六月維新政府はついに, 年六月緒方先生不幸のとき, 年六月自由劇場でその, 年六月興行で, 年六月英国のバークンヘッド, 年六月進歩党自由党合同して, 年六月頃天部村の小, 年六月黒海艦隊に叛乱, 年六条から今, 年六歳の時, 年六留の給金, 年六百二十軒の工場, 年六百六十ルーブリ稼いだこと, 年六百円をかけ, 年共和といふ, 年共和国大統領となり, 年兵法などをし, 年兵燹にかかり, 年兵部宗勝の嫡子東市正宗興, 年兵部省からこの, 年兵隊にとられる, 年其上に二年, 年其使命を果たし, 年其前た, 年其医学の師広岡文台, 年其壽は七十一, 年其実子なる秀輔, 年其流れを汲む, 年其王多利思比孤遣使朝貢, 年其藩の侍醫, 年其處に住み慣れ, 年其角堂永機の寄附, 年其角杉風が作りし, 年其間に死刑, 年其間何をした, 年其間宿を変, 年内務省特別保護建造物の指定, 年内地は見なかった, 年内外齋藤秀三郎先生が當時創設, 年内裡歌合の八番右, 年内裡歌合せは女房歌合せ, 年内閣のかわる, 年内閣属に転じ, 年円如法師が広, 年冊封がある, 年再建補修されたもの, 年再版エノックの, 年再版ド・ロシュフォーの, 年再築の時植付, 年冤枉を叫び通した, 年冤枉者支倉喜平宛名は金沢市役所市長殿, 年冤罪を叫び通し, 年冬一女を産す, 年冬以後は共産党, 年冬作の毛帽, 年冬全国労農党秋田県大会が行われた, 年冬十一月九日朝より夜, 年冬十二月大納言になった, 年冬十月天皇の母弟倭彦命薨, 年冬場になる, 年冬大阪から海路長州, 年冬孔明スデニ天水南安安定ノ三郡, 年冬小田原伝肇寺にて, 年冬島原攻の御供, 年冬建文帝永慶寺に宿し, 年冬建文帝難に死, 年冬徳川政府から亜米利加, 年冬橘宿禰奈良麿の邸, 年冬起草して, 年冷泉為相の勝訴, 年冷静に考え抜いた, 年凝視の瞳, 年凡太は次々, 年出し物はシェイクスピヤ, 年出來の白樺, 年出家し八十, 年出家法名釈阿, 年出張すること, 年出征して, 年出征以来三児をかかえ, 年出来るかそれ, 年出板永尾竜造君の, 年出演して, 年出版アンダアソンの著, 年出版正価一円二十銭の著書, 年出版運命よりとして國木田獨歩, 年出生五〇対年結婚一〇という比率, 年出生当りの人口数, 年出生文久三年玉造町の役, 年出羽國田川郡海岸に現, 年函館の幕軍, 年分ぐらゐは持たせたさうであるが, 年分ごといち時に献納, 年分三両余の不足, 年分三十両を私, 年分全部の敷金, 年分宛切り取って, 年分宛生命を縮め, 年分平均した標準値, 年分引モタヘズ詣テ, 年分生産できるやう, 年分申しこんで, 年分継続するよう, 年分限者の御, 年切支丹の最後, 年切支丹屋敷に生き延び, 年刊行人口摘要緒論にある, 年刑せられた巨盗真刀徳次郎は, 年刑務所にい, 年刑期さえ終えたら, 年税畝の, 年初代豊国歿するや, 年初冬国醇会の一行, 年初刊の, 年初夏以降即ち, 年初夏出発に際して司令官, 年初夏南昌空中に於, 年初夏小泉八雲先生の記念碑, 年初夏芥川龍之介君之像, 年初手の中国入り, 年初期の環境, 年初湯を立てよう, 年初演オランダのアムステルダム, 年初版ボエチウスの, 年初秋五十六歳の時ヨルダン河, 年初秋北信沓掛の星野温泉, 年の一座, 年別れておりまし, 年利口過ぎて, 年利子は払わぬ, 年利根郡川田村岩本地先に関東水力電気会社, 年到らず楓橋の, 年制あと七年制九年制とある, 年制七年制九年制とわかれ, 年制小学校における女児就学率, 年制高校が四年制, 年自悦撰, 年刻みに精確, 年刻苦研鑽を重ね, 年剃髪した妻瑚, 年前あいつが十七歳, 年前あこがれの希臘, 年前あたりから急, 年前あれは大震災の, 年前いなかの町, 年前いまの下六番町, 年前いろいろなところ, 年前おん年三十一で万乗, 年前お互いに震災後, 年前お前をあんな, 年前お父さんが病気, 年前かなりの貸し, 年前こっちの村, 年前こまどりとあった, 年前これこれの女, 年前さ同じ仲間, 年前たるにすぎない, 年前どこか市内, 年前のは親分, 年前ぼくにくれた, 年前やつぱり秋今頃かなうそ, 年前わが国の法学界, 年前わしは阿波, 年前われも既に, 年前アラビヤの曠野, 年前アルキメデスは入浴, 年前アンドリュ・ラングの書いた, 年前インフレーションがはじまっ, 年前ウィーンで自殺, 年前ウーズ王の臣騎馬, 年前エルフルトでカタル性, 年前エールス人ダヴッド・ロイドがヒャーフォード, 年前オポルトウの北方数哩, 年前オランダから買入れ, 年前オーグストス・シーザーがローマ帝王, 年前ガゴが府内, 年前キリシタン宗に混じ, 年前ギリシャという国, 年前クイーン雑誌のコンテスト, 年前クリーヴランド公共図書館が始め, 年前ゲラヤへのベルジーカ号, 年前コゼットがモンフェルメイュ, 年前コプレンツにおいて白旗, 年前コレラにて没せし, 年前コロンブスの脳中, 年前ゴムローラーで白米, 年前ゴーチェが或, 年前ゴート人やヴァンダル人, 年前サンフランシスコの震火, 年前サン・ダミヤノで聽, 年前シナの詩人, 年前シネマで見た, 年前シャガールの插画, 年前ショオを読破, 年前シンガポールに寓, 年前スコツトランドから日本, 年前スティヴンスンをディレッタンティズム, 年前スヱーデンの皇太子殿下, 年前ソヴェト同盟が新しい, 年前チグリスユーフラテスの河畔, 年前ツーロンの徒刑場, 年前デパートの女, 年前トレール博士は次, 年前ドイツ辺に馬角, 年前ナヂェージダを恋, 年前ニは二年前, 年前ニハ人もしらぬ, 年前ニューヨークのマジソン広場, 年前ニースのホテル, 年前ニ戒名ヲ附ケテ貰ッタ, 年前ハは三年前, 年前バグラシオン大公夫人のお, 年前バビロニア國のバビロニア人, 年前パリから来た, 年前パリ籠城の輩, 年前フイジー島で王宮改築, 年前フォンテンブロオの森, 年前フツと行方, 年前フランスのルビュウ・エブドマデエル, 年前フランス軍の一兵士, 年前フロイスが初めて, 年前プロレタリアートの擡頭, 年前プロレタリア文学運動に蹉跌, 年前ベッカリアが与えた, 年前ベニスに現れた, 年前ペテルブルグ大学で開かれた, 年前ペレズは万死, 年前ホは一年前, 年前ホメロスの詩, 年前ボリビアペルー両国と交戦, 年前ポリニャークが日本, 年前ポロンソー街でなした, 年前マデハオ爺チャンモマダ足腰ガイクラカ達者グッタカラ, 年前マデハソノ爽快味ヲ満喫シテイタノニト思ウト, 年前マデ婆サンガ処理シテイタガイツカラカ颯子ガ当ッテイル, 年前マルクス主義が自由, 年前メエテルリンク夫人の豹, 年前モスクワへ著い, 年前モスコーにこれ, 年前モリエールの発した, 年前ヤスナヤポリヤナに居た, 年前ライオン開店の当時, 年前ランゲによって芸術, 年前レーニングラードの日本語教授コンラード夫妻, 年前ロンドンの観場, 年前ローマ出版ソンドツァ師の, 年前ローマ帝国を鉄蹄, 年前ンで始まる, 年前ヴァンニの處刊, 年前一七〇五年もとオランダ, 年前一七九八年に匿名, 年前一九〇〇年には総トン数二千六百二十万五千トン, 年前一九〇二年の八月, 年前一九一一年に英人ドウソン氏, 年前一九一三年十二月号の, 年前一九二九年の王立学会, 年前一八〇五年一月二十九日に生れた, 年前一八七三年の三月三十日, 年前一八九一年にオランダ, 年前一八二七年囚人大護送, 年前一八二三年のクリスマス, 年前一八五〇年の数字, 年前一冬多雪, 年前一切を捨てる, 年前一夜のご, 年前一家を挙げ, 年前一年京にゐ, 年前一度居士の宅, 年前一日黄昏の暗, 年前一昨年の晩春, 年前一月の寒い, 年前一歳の時, 年前一番終りに重吉, 年前一緒になる, 年前一見した時, 年前一輪車の怪, 年前丁巳に至る, 年前丁度二十五の歳, 年前丁度十五位の娘, 年前七月の同誌, 年前三七郎殿に生れた, 年前三人目の子が細君, 年前三十八年連れ添つた妻の瑚, 年前三千両の御, 年前三好太郎氏話に夏, 年前三河国渥美郡田原町の青年, 年前三浦三崎から來, 年前三百両だけ分け, 年前三百兩だけ分け, 年前三笠からツワイク, 年前三越かどこ, 年前三郎さん親子のもの, 年前三階建の洋館, 年前上方から連れ, 年前上津浦に布教, 年前上海で出逢った, 年前上野山下の呉服屋伊勢屋幸右衞門, 年前下院の廊下, 年前不連続殺人事件という天下未曾有, 年前不都合のこと, 年前丑年の六月, 年前世界一周いたしましたる時, 年前世界政策に乗り出し, 年前世良田摩喜太郎が洋行, 年前世話する人, 年前丗枚ばかり書いた, 年前中央アラビアの砂漠, 年前中央集権を行った, 年前中学を卒業, 年前中学校でよんだ, 年前中山道から江戸, 年前中村座にてなしし, 年前久し振りで江戸, 年前久野女史が始め, 年前之を行ないたる, 年前九時過なり, 年前九月の月末, 年前九月三十日午後八時から九時, 年前乱に遭っ, 年前予が今, 年前予米国にあった, 年前予米国ミシガン州アンナボアに佐藤寅次郎氏, 年前予英国より帰著, 年前予那智の一の滝下, 年前二十の年, 年前二十三年秋の洪水, 年前二十六歳の年, 年前二十年前のなつかしい, 年前二千両という大金, 年前二千兩といふ大金, 年前二年前そして今日, 年前二度目に倫敦, 年前二本マストの外輪蒸汽船, 年前二葉亭の先人, 年前二隻の船, 年前二高の北, 年前五十五歳のとき, 年前五十年前はどう, 年前五百年前は五百年前, 年前五色の野獣派, 年前五郎は信州, 年前五郎次郎に欺かれ, 年前井上唖々子を失い, 年前井上馨侯耳聾して, 年前井伏君と詩, 年前井師が島, 年前些しく緒, 年前亜米利加のペルリ, 年前亡父と縁故, 年前享和二年四月の江戸浅草本願寺輪番東坊, 年前享和元年に友だち, 年前京の九条, 年前京子と二人, 年前京橋際のビルディング, 年前京都大学の地球物理学者たち, 年前人手にか, 年前今日からみれ, 年前仏蘭西へ往つた時, 年前他界世帯はそのまま, 年前他界世帶はその, 年前仙台の第, 年前仙臺へ御, 年前以往には溯れないだらう, 年前仲居をし, 年前伊太利のカプリ島, 年前伊豆下田港の沖合, 年前伊豆熱海客中試みしこと, 年前伊達家と秋川家, 年前伊達秋川両家の事件, 年前伏見屋伝七が死んだ, 年前会社で木, 年前伜にすゝめ, 年前伯父殺しの無, 年前佐藤にせがん, 年前佐賀縣のある, 年前体がひどく, 年前何處からともなく, 年前余紀州日高郡上山路村で聞いた, 年前佛國の大, 年前例の墓参, 年前信仰生活の自由, 年前信州の小島村, 年前信州富士見で私, 年前修繕の際, 年前俳優がマダ小屋者, 年前俳句をつくりはじめた, 年前健全な結合, 年前偶然な機会, 年前偽書説が出, 年前備前之人を頼置候, 年前債務整理のため, 年前僕らが初めて, 年前元禄年間に大, 年前兄の死, 年前先の主人, 年前先代樣が亡くなられ, 年前先妻のお, 年前先生一代の情人, 年前入江子爵に売渡せし, 年前全戸殆ど火の禍, 年前八月十五日の暁方, 年前六円五十銭で買った, 年前六十丁目のみじめ, 年前六年前の世の中, 年前六本木の庄司, 年前六波羅へお, 年前六角家事件にて貧困, 年前其大學に於, 年前其方堺御奉行與力, 年前写生旅行の途中, 年前冬期に当たり, 年前処女作が文芸推薦, 年前出水があっ, 年前出羽の秋田, 年前切支丹のこと, 年前列車がその, 年前初夏の一日, 年前別れ参らせし父上, 年前前の座頭, 年前前夫通武の病没, 年前北の浜辺, 年前北国の方, 年前北条右門の紹介, 年前北海の風波, 年前北海道の炭坑, 年前北海道札幌発行の, 年前十五年前の演劇雑誌, 年前十六歳の少年, 年前十銭買つた鋏ほどの切味, 年前十騎に足らぬ, 年前千代子とおれ, 年前千歳が七八つ, 年前千葉県船橋の映画館, 年前半までの文芸批評, 年前半期中の状態, 年前南伊豆の家, 年前南宋の費袞, 年前南洋の各地, 年前南部フランスに老, 年前博多で殉教, 年前印度に主人, 年前危難の節実父, 年前原一誠の乱, 年前友人に誘はれ, 年前友人中村善吉氏が英国, 年前友人等と葛城山, 年前友衞の父一色清五郎, 年前双葉十三郎に聞いた, 年前反対派の大騒ぎ, 年前召集を受けたら, 年前可恐しい, 年前台所で彼女, 年前史蹟保存の意味, 年前同乗中の飛行機, 年前同種元素の原子, 年前名人位を失つた時, 年前名曲鑑賞会からアマール・ヒンデミット四重奏団, 年前君はおれ, 年前吹雪の夕べ, 年前吾人の先輩, 年前命が惜しけれ, 年前咯血をし, 年前咸享二年三十七歳でインド, 年前品川の問屋場, 年前善光寺辺で末娘, 年前四つのキリスト教国, 年前四カ月程い, 年前四千年前の壁画, 年前四時の頃, 年前四月二十日の, 年前四歳の頃, 年前国の家, 年前國に居る, 年前國府津で避暑, 年前園主凉庵, 年前地方の水産試験所, 年前地震で潰れ, 年前坪二円であったもの, 年前坪田譲治などの子供, 年前埋葬した屍体, 年前堤方村の葭簀張り, 年前報知新聞社から北海道, 年前堺枯川と, 年前塾の書生, 年前増田屋の亡くなつた, 年前売行のよかっ, 年前夏ごろの出来事, 年前外国へ御, 年前夜雨の声, 年前大久保の旧宅改築, 年前大坂表で赤格子九郎右衛門一味, 年前大変熱心に勉強, 年前大変被害を被, 年前大学予備門の教師, 年前大枚四百四十ポンドを投げ出し, 年前大正三年の六月, 年前大正二三年の頃, 年前大正十年の春鶴原未亡人, 年前大池忠平の前, 年前大赦でカプリ, 年前大道にて子供, 年前大野徳太郎氏の歿後, 年前天保十三年には父五郎右衛門, 年前天城を越す, 年前天明年間に日向国, 年前天正十七年五月二十七日に一子鶴松, 年前太陽の光線, 年前失脚したまま, 年前奥州仙台に武芸, 年前女のこと, 年前女学校を出た, 年前妓八重次わが書斎, 年前妖怪研究の結果, 年前妹をつれ, 年前妻室を迎える, 年前妻木右太之進, 年前始て博文館, 年前姫路を退転, 年前媒妁人なしで, 年前嫁入道具の一つ, 年前孀の婆さん, 年前子規と共に俳句, 年前孟買の赤丸平家, 年前季節は櫻, 年前学校にいた, 年前学生時代だ, 年前學校の業, 年前守田勘弥と林千歳, 年前安政二年に丁抹, 年前安藤昌益なる人, 年前宗吉の父親, 年前官兵衛がその, 年前宝生の舞台, 年前宮本が検事局, 年前宮本キクに被告, 年前家中の侍, 年前家督を爭つた相手, 年前富士登山の時, 年前富田の正徳寺, 年前富貴亭はわづか, 年前寛政四年の暮春, 年前寛永十五年の春平定, 年前實見した記憶, 年前寮へ半, 年前封建の残余, 年前将軍家斉は死せり, 年前小学六年の時, 年前小生は智利アリカ北方, 年前少壮の時, 年前尼が盲人, 年前尾道に行く, 年前山下の伊勢屋, 年前山火事に関する若干, 年前山田の先輩, 年前山蔭で同宿, 年前山陰で一夜同宿会談, 年前岩で滑り背骨, 年前岸本は一度, 年前島村氏が神経衰弱, 年前島田へ来た, 年前崎陽の昔, 年前川崎へ行った, 年前巣鴨庚申塚の赤塚三右衞門樣, 年前巴里ヴィユウ・コロンビエ座の学校, 年前市九郎の勧進, 年前市区改正になっ, 年前市河三喜君夫妻が来た, 年前帚葉翁と西銀座万茶亭, 年前帝政ロシアの資本家, 年前帝都の中央, 年前帰朝の節, 年前帰朝者の語る, 年前帰省した頃, 年前平の馬場, 年前平次が仲間, 年前年ごとに江戸, 年前年齢は二十三, 年前幸雄が力ずく, 年前幽霊に関する滑稽談, 年前庄内川のほとり, 年前康治二年に出家, 年前弘化元年に, 年前弟が出征, 年前弥之助は植民地, 年前当地に呼び寄せ, 年前当家へ奉公, 年前当時の皇帝, 年前当時廿歳であった末, 年前彗星のよう, 年前彦島で別れた, 年前彼らの恋愛, 年前彼地で豪商クレエテルヤアン, 年前彼等夫妻が十一月, 年前後世界各国が金, 年前後五六年の軍隊生活, 年前後僕が学校ざかり, 年前後八箇年の努力, 年前後十三四ノ頃ダッタト思ウ, 年前後和歌山に奧縞, 年前後妻になおった, 年前後私が内閣, 年前後鳥羽院は十二歳, 年前御一新頃の華族様, 年前御国においてホルトガル人, 年前志村のぶ子が持っ, 年前忽然姿が見えなくなり, 年前思い出のアルバート, 年前思案にあまる, 年前恭介と一緒, 年前悲壮な決意, 年前意気地がなく, 年前意氣地がなく, 年前慶長十八年八月十五日に亡くなった, 年前成滝近江が永, 年前成田町でとった, 年前我々がその, 年前戦争がきびしく, 年前手段を用, 年前手術の甲斐, 年前拙者がまだ, 年前捕物作家クラブが浅草, 年前捨兒に付い, 年前提唱された能動精神, 年前摂津の某所, 年前支那上海の方面, 年前改造社から一冊, 年前政治記者として明治大正, 年前教へをうけし, 年前數人の學生, 年前文久元年に江戸, 年前文化五年の辰年, 年前文学における古典, 年前文学上の先輩, 年前文政七年に六十八歳, 年前文部省の留學生, 年前斉へ逃れる, 年前新たに石山駅, 年前新妻の愚鈍, 年前新聞社で最初, 年前新設の第, 年前日向の筵, 年前日夜目にせし, 年前日暮里の南泉寺, 年前日本ポリドールの名曲鑑賞会, 年前日本国を荒れ, 年前日本探検隊が発見, 年前日本橋区内に開店, 年前日本菓子の製造, 年前日清製粉工場が館林, 年前日露戦争と云う, 年前旧遊地再来重見亦因縁, 年前早稲田の学校, 年前早稲田在学中侯の庭園, 年前明がまだ, 年前明和七年の開版, 年前明治九年の真夏, 年前明治元年越後柏崎の戦い, 年前明治十三年の夏, 年前明治卅五六年のこと, 年前明治四十一年の七月, 年前明治四十三年に三十六歳, 年前明治四十二年十一月を起点, 年前昭和のごく, 年前昭和二年の正月以降數ヶ月, 年前晩春の頃, 年前曙井戸の茶碗, 年前曹操が北征, 年前曾て吉井明子嬢, 年前有力なる某, 年前朝日新聞へ続載不可能, 年前朝鮮において数多く, 年前木曾から諏訪, 年前木津から半, 年前本書が世, 年前本誌で紹介, 年前本邦へ渡った, 年前本郷の洋服屋, 年前本郷三丁目の角, 年前本郷三丁目藤村屋新兵衞という刀屋, 年前札幌植物園の巖, 年前杉野君の指図, 年前来どうか此世, 年前来学問の独立, 年前来栖勘兵衛有賀又兵衛という浪人, 年前杪冬の七律, 年前東亜同文会の発会式, 年前東京市に初めて, 年前東京本所に怪火, 年前東国の田舎武士, 年前東牟婁郡勝浦港に在った, 年前松前屋三郎兵衞の急死, 年前枕流王の元年, 年前栃木県に狸, 年前栄さんと信州, 年前株を分け, 年前株式の大, 年前桑畑の間, 年前桜が咲きかける, 年前桟橋で別れた, 年前楠多門正勝が聖典探索, 年前楠木正成の筆, 年前横浜伊勢崎町の劇場, 年前欧洲大戦の幕, 年前歌舞伎座で舞踊大会, 年前正元元年, 年前正保三年九月十三日の出来事, 年前正岡忠三郎君が来た, 年前此処へ最初, 年前此原野を開墾, 年前此家の主人, 年前武士がすべて両刀, 年前武州多摩川の上流, 年前歸朝僧の船, 年前死別したの, 年前死去するまで, 年前歿せられたが, 年前母さんが死んだ, 年前比叡山でをれ, 年前氏が某, 年前氏独り菊五郎に反対, 年前気力も体力, 年前気息奄々として前途, 年前水を乾し, 年前水戸浪士通行の際, 年前氷と海霧, 年前汝に親, 年前沖縄島の中部, 年前沙港の第, 年前流浪中の事, 年前浅草で, 年前浜松の城下, 年前浪人木村六彌が, 年前浪人木村六弥が主家帰参, 年前海賊が突然, 年前海軍でここ, 年前涙と共に別れた, 年前深川へ來, 年前渡天した法顕, 年前渡米し今, 年前渡辺天蔵という者, 年前湖畔の造船場, 年前滅亡した浅草, 年前漂流して, 年前熊沢の国防論, 年前熱川にいた, 年前熱海に居た, 年前爆発した時, 年前父さんが調べ, 年前物理学者はこの, 年前狂人のよう, 年前王子を救っ, 年前現在の家, 年前産土神の奉納仕合, 年前田万里が亡んだ, 年前田中さんから頼まれた, 年前田島屋は御上, 年前田舎の高等小学校, 年前甲州の鴨屋方, 年前甲府の山田岫雲氏, 年前町の仕事師, 年前画学生の逸作, 年前疱瘡に罹り, 年前癸丑の歳, 年前発見せられたの, 年前登別小学校教師某君が何, 年前發表された古, 年前白人文明はすでに, 年前白髪長髯の一老翁来, 年前目白へ引越した, 年前相州鎌倉の御, 年前眞珠太夫のお玉, 年前矢張り十三の年, 年前砲兵にとられた, 年前神武天皇大和国御討伐, 年前神田の小川亭, 年前神隠しに逢っ, 年前神隱しに, 年前福岡藩の米, 年前福本の山, 年前福沢の小, 年前私ども使節団が中国, 年前私二十四歳の夏, 年前秋山に示した, 年前秋雨の寂しい, 年前稲妻組と言った, 年前稻妻組と言つた三人組, 年前立山から還った, 年前竜巻村で狼, 年前竹の屋主人, 年前竹杖会の研究会, 年前笈を負う, 年前筑紫の配所, 年前箱になった, 年前節子が品川, 年前節氏の佐渡記行, 年前米国シカゴのストックヤード, 年前米屋が桝, 年前粉河で見た, 年前素人の間, 年前細君の母親, 年前組合の演説會, 年前維新の革命, 年前羅馬の貴族ピオ, 年前美術研究のため仏国巴里, 年前義理の弟, 年前翰墨の間, 年前考古學雜誌に於, 年前肝心の恋女房, 年前肥前長崎から逐, 年前肺炎をやっ, 年前腎臟を病み, 年前膵臓の膿腫, 年前臨終の床, 年前自己利益是認の教義, 年前自然主義文学の絶頂, 年前自由劇場の運動, 年前與三松の手, 年前舊惡が露見, 年前舞台の下, 年前船橋に住ん, 年前芝居町なぞで能, 年前花は見, 年前芳子が始め, 年前若殿時之助, 年前英人技師クロード・ディグスビイを派遣, 年前英国サセックス州のビルトダウン, 年前英国バーミンガム市においてその, 年前菱山と机, 年前菱山修三が外国, 年前菱形であった麦田, 年前菱苅が拳, 年前著者自ら市場より引上げ, 年前薩摩の甑島, 年前藤原は鐘紡, 年前藩侯執政たりし, 年前蘇武に従って胡地, 年前蛭川家がまだ, 年前蜂須賀三代の国主, 年前蝦夷の室蘭, 年前蟹田の町会議員, 年前血気盛りの海軍少尉, 年前行衛不明になっ, 年前表だけを造作, 年前裏飛騨の吉城郡坂上村巣, 年前裕八郎が四万温泉, 年前西伯利亜の監獄, 年前西洋に親鸞上人, 年前西班牙人の探検隊, 年前親く見し, 年前親方の南左衞門, 年前親方夫婦は二人, 年前親鸞聖人の娘, 年前観桜会とかで足, 年前観音様へ朝, 年前觀音樣へ朝, 年前言明したこと, 年前記者があらゆる, 年前設立されたベルン経済学会, 年前許婚という空しい, 年前誰やらが, 年前諸国の国状, 年前讃岐の金毘羅樣, 年前豊公攻め入りの節, 年前貞享四年に出版, 年前貴子が銀座, 年前貴様も知っ, 年前赤塚の娘, 年前越年期のマオカ, 年前越後に帰つて, 年前軽井沢で九鬼, 年前辛亥に矢島玄碩, 年前近くはツイ一二ヶ月前, 年前途の野心, 年前道後で一度, 年前遷居の際, 年前遺産分配についてご, 年前邪視は今, 年前部落青年の労力奉仕, 年前郵便貯金の通帳, 年前郷里の知人, 年前都落ちした私共, 年前配偶に死なれ, 年前酒の上, 年前醍醐天皇の延喜十一年六月十五日, 年前里にやつ, 年前重豪公から斉興公, 年前野上豊一郎氏によって発表, 年前野外の一軒家, 年前金次郎を養子, 年前鈴ヶ森の処刑, 年前鈴ヶ森中お處刑, 年前銀座裏で食事, 年前銘を書いた, 年前鍛冶の老母, 年前鎌倉時代の実, 年前長女を片づける, 年前長安に残し, 年前門司の浜尾組時代, 年前門番の勘藏, 年前關宿藩から追, 年前阮東が失踪, 年前除籍された, 年前隣村の破産, 年前雇入れたロシヤ人, 年前雑貨商の妻, 年前離婚した佃, 年前雪子との間, 年前零下二十六度の寒中, 年前電車も自動車, 年前震災の前, 年前青年の人生, 年前青春の希望, 年前音次郎に誘拐, 年前風守が生れる, 年前飄然と病み, 年前養子に迎へた兵三郎, 年前首を釣つて, 年前馬道で捨て, 年前駿州江尻在大平村, 年前駿河なる清水港, 年前高圧放電の火花, 年前高木君の手, 年前鬼子母神樣境内の茶店, 年前鬼雄となっ, 年前鳥右さんが托鉢, 年前鴎外の令妹小金井きみ子女史, 年前鴻山が宝暦, 年前鹿児島は英国人, 年前麻布で人, 年前麻布谷町に間借り, 年前黒船がきた, 年前黙阿弥劇に見る, 年を磨, 年剣術を稽古, 年とし, 年創業の際, 年創立当時の計画, 年創設された大正初年, 年劇場を閉鎖, 年劇場内外の形勢, 年劇文壇を希望, 年子昂, 年加えて人, 年加賀の禅僧巴, 年助手だ, 年労働婦人として働い, 年労働者の家, 年効いもなく, 年勅令で盲聾学校令, 年動かすべからず犯すべからざる巌を, 年動坂で書いた, 年へたりし, 年勘当いたしましたが, 年勝ちッ放し, 年勝ち越されている, 年勝俊は天正末つ方也, 年勝負一本に身体, 年勤めなくては恩給, 年勤めようと云っ, 年勤めれば役, 年勤メノ外ニハ諸道具ノ売買ヲシテ内職ニシタガ, 年勤労に酬いる, 年勤務の間, 年勤続二十年勤続は必ずしも, 年勤続祝賀会が博士, 年勤續の人, 年化学教授のブランド, 年の空, 年北上川畔の生家, 年北尾政演が描ける, 年北尾政美が絵本, 年北斎は菱川宗理, 年北斎伝出でしが, 年北条氏政のため, 年北條時宗が三十四歳, 年北清事件のあ, 年北畠満雅阿射賀城, 年北翼が完成, 年北邊事情が子平, 年十か月なれど, 年十カ月りっぱに北海道開発, 年十ヵ月を要した, 年十一ヶ月といふ子供, 年十一人の子, 年十一年頃に於ける, 年十一月○日午前二時大統領私室に於, 年十一月ごろの作, 年十一月すえに伊香保温泉, 年十一月カールほか二人の同志, 年十一月スヴォーリン宛の手紙, 年十一月ニクエサのため, 年十一月ハリコフにおける国際革命作家同盟国際会議, 年十一月ペテルスブルグでまた, 年十一月マドリッドに於, 年十一月メキシコ副王アントニオ, 年十一月ロンドンに開かれた, 年十一月一日東京の中村舜二氏, 年十一月七十五名の頭立った, 年十一月七日のには, 年十一月七日ドイツの無条件降伏, 年十一月七日付福沢英之助への書翰, 年十一月七日大目附井上筑後守から商館破壊, 年十一月七日進歩党代議士会で政府, 年十一月七百戸全戸に病人, 年十一月三十日ジェー・ジェー・タムソンの司会, 年十一月三日オスチアの港, 年十一月三日付そのとき, 年十一月三日帝国ホテルに開かれし, 年十一月三日年九十五で大, 年十一月三日森立之妻, 年十一月下旬の午後, 年十一月九日年に一度, 年十一月九日附の私宛, 年十一月二十七日発のニュース, 年十一月二十三日午前にこの, 年十一月二十九日丸橋忠弥らの処刑, 年十一月二十九日出生場所は米国ペンシルバニア州, 年十一月二十二日晩餐としるされ, 年十一月二十五日学習院輔仁会において述, 年十一月二十五日西賀茂の神光院, 年十一月二十八日宿房の大黒, 年十一月二十八日敵の摘発, 年十一月二十六日管区長フライ・アロンゾ・デ・メンチェダ神父によって修道服, 年十一月二十六日管区長フライ・アロンゾ・メンチエダ神父によつて修道服, 年十一月二十四日イタリー人エロニモ師や嘗て, 年十一月二十四日リンダのランゲナウ, 年十一月二十四日七十二歳で歿, 年十一月二十四日磐が五十七歳, 年十一月五日という日付, 年十一月五日吏民仍旧致祭日加午天甚美晴仰観山峰, 年十一月五日岩倉右大臣邸で持たれた, 年十一月五日船はリスボン, 年十一月八日午後三時ごろだつた, 年十一月八日多くの弟子達, 年十一月六日作とあった, 年十一月六日条に, 年十一月出版の小, 年十一月刊行谷至道さんの著, 年十一月加納に第, 年十一月十一日こうさんした, 年十一月十一日やつとドイツ, 年十一月十一日以来昼夜とろとろと, 年十一月十一日藩邸から本丸, 年十一月十七日妾はロダンさん, 年十一月十三日のもの, 年十一月十三日寒波しきりに到つ, 年十一月十三日崩りたま, 年十一月十三日彼はザンジバル港, 年十一月十二日こんどは日本政府そのもの, 年十一月十二日ボルトメン利権を強引, 年十一月十二日付で, 年十一月十二月の二回, 年十一月十五日余再び航西, 年十一月十五日千島艦事件が横浜英国領事裁判所, 年十一月十五日巴里に生れた, 年十一月十五日法住寺の変, 年十一月十五日霧の旅会, 年十一月十五日首府クスコに入城, 年十一月十八日の夜, 年十一月十八日条には, 年十一月十八日筑波山に登り, 年十一月十六日三十一歳で死ん, 年十一月十四日病歿す, 年十一月十日条などにも見え, 年十一月同所發行の眞筆版, 年十一月四代目沢村源之助を襲名, 年十一月四十三号まで出し, 年十一月四日卒戒名は円立院花橘日松信士, 年十一月四日歿といふ事, 年十一月四隻の艦隊, 年十一月国際民主婦人連盟が各国, 年十一月大内政弘や畠山義就, 年十一月大村由巳の著した, 年十一月天皇様が史記, 年十一月夫婦になりました, 年十一月定家は家重代, 年十一月帝都の新興街, 年十一月廃止された, 年十一月廿一日常陸の国, 年十一月廿三日御能有, 年十一月廿九日霜白き曉, 年十一月弥次郎は馬拉加, 年十一月彼の愛弟, 年十一月文芸戦線同人となった, 年十一月日本學術協會で大嶽君, 年十一月日本新劇史上画期的と称せられる, 年十一月晦に長崎, 年十一月晦日の暁, 年十一月末に富士山, 年十一月末カルル・アウグスト公が昵近, 年十一月末日以後ニ非レバ開封スベカラズ, 年十一月歌舞伎座が新た, 年十一月武田信虎八千を率い, 年十一月法律第八号, 年十一月海軍のSS航空船, 年十一月焼土の上, 年十一月牧野植物学全集を完成, 年十一月生の枳園, 年十一月発行の, 年十一月発表するに, 年十一月眼疾いよいよ昂じ, 年十一月石巻の船頭, 年十一月福島市の公会堂創立, 年十一月米國桑港に至り, 年十一月自序を附し, 年十一月蘇我赤兄に欺かれ, 年十一月諸井三郎を訪, 年十一月進歩党提携を断ち, 年十一月頃から, 年十一月高師冬大挙して, 年十七万九千ポンドに増加, 年十七上人三たびその御, 年十七代桀王に及ん, 年十七年二十五年三十三年百年というよう, 年十七歳あづまの水, 年十七歳永井家々督相續の屆, 年十万の洪水的読者層, 年十三年というよう, 年十三年十七年二十五年三十三年百年というよう, 年十三月一九四一年十四月エトセトラという, 年十九名は中島鎭夫, 年十九歳頃のこと, 年十二カ月を通じ, 年十二ヶ月頭から約束, 年十二三天下第一等, 年十二回の興行, 年十二回分の印刷費, 年十二季の絵, 年十二月なかばのこと, 年十二月のをはり, 年十二月はじめの寒い, 年十二月スパイの手引, 年十二月ドイツのボン, 年十二月ナポレオン三世によってなされた, 年十二月一日東京神田のキリスト教青年会館, 年十二月三十一日にぎやかな会, 年十二月三十一日マテ之ヲ延期ス, 年十二月三十一日マテ其施行ヲ延期ス, 年十二月三十一日大晦日の夜, 年十二月三十一日登美縞に向かっ, 年十二月三十日世間では年末, 年十二月三十日私は歳末, 年十二月三十日長崎発熊本泊翌三十一日熊本見物, 年十二月三日享年六十三で歿, 年十二月三日福島縣岩瀬郡須賀川町に生れた, 年十二月中央公論に書いた, 年十二月中央気象台刊行の, 年十二月中旬コルテスは歩兵五百五十, 年十二月九日明治天皇小御所, 年十二月九日正四下同三年四月十日叙従三位, 年十二月亀千代ぎみ元服九日辰の刻登城, 年十二月二十一日彼の最も, 年十二月二十一日日本関白臣平秀吉誠惶誠恐稽首頓首, 年十二月二十一日浦賀港の入口, 年十二月二十七日警保局図書課がジャーナリスト, 年十二月二十三日付で徳川幕府, 年十二月二十三日分に竜神, 年十二月二十三日夜より二十一年三月七日夜, 年十二月二十九日フランスの議会, 年十二月二十九日伊豆伊東に於, 年十二月二十九日符同六年九月七日到来, 年十二月二十二日三方ヶ原の戦, 年十二月二十二日仏国上院に於ける, 年十二月二十五日京都に歿, 年十二月二十五日延徳四年正月二十五日明応元年十二月二日同二年十二月二十日等, 年十二月二十五日東京青山茂吉宅に於, 年十二月二十五日聖者白隠は, 年十二月二十八日抽斎は始, 年十二月二十八日東京の大, 年十二月二十六日宮本顕治は東京地方委員会, 年十二月二十六日江戸町奉行遠山左衛門尉役宅へ商人, 年十二月二十四日のクリスマス前夜, 年十二月二十四日夜歿し亡骸, 年十二月二十日ニイスから彼, 年十二月二十日現在の群馬県青果出荷統制組合発表, 年十二月二十日磐の長女曾能, 年十二月二日興津弥五右衛門景吉は高, 年十二月五日京都にて卒す, 年十二月五日附で熊本, 年十二月伊豫の温湯, 年十二月作翌十一年一月新潮, 年十二月來任壯者を凌ぐ, 年十二月八日之を記せり, 年十二月八日真珠湾の翌日, 年十二月六十三歳にし, 年十二月六日庵中独坐に堪へかね, 年十二月六日藤原宮に遷居, 年十二月六日長崎の森路, 年十二月六歳の暮, 年十二月冨山房から出版, 年十二月十七日にここ, 年十二月十七日十二石御直し, 年十二月十七日御簾番下馬纏被仰, 年十二月十七日衆議院議長サロンでアメリカ図書館使節クラップ, 年十二月十三日夕刻敵の首都南京城, 年十二月十三日歩兵隊が吉原, 年十二月十三日誕生文政八年三月廿八日十四歳を以て元服, 年十二月十九日の頃, 年十二月十九日大阪未決監獄において時に, 年十二月十九日新田義宗南軍を率い, 年十二月十九日日本出版文化協会が設立, 年十二月十二日没すなわち去年, 年十二月十二日父四十三歳母三十一歳の時, 年十二月十二日香川県小豆郡苗羽村に生れた, 年十二月十八日同七年十二月二十五日, 年十二月十八日代議士田中正造は第, 年十二月十八日幸徳がその, 年十二月十六日にケルン市, 年十二月十六日パリを西北, 年十二月十六日倫敦のカックストン会館, 年十二月十六日正保と年号, 年十二月十六日薩摩大隅地大震とあり, 年十二月十六日金曜日の夜, 年十二月十四日大分県別府の温泉客舎, 年十二月十日ベルギーのリエージュ, 年十二月十日従二位建保元年二月二十七日正二位このころ, 年十二月十日頃に青森, 年十二月卅一日夜予日高郡妹尾に在, 年十二月原内相が出せし, 年十二月右大将家には相模川, 年十二月四日コーペンヘーゲンでである, 年十二月天津教關係者が警視廳, 年十二月天野民部少輔遠幹その領内秋葉山, 年十二月太平洋戦争にひき入れられた, 年十二月小説寄生木が世, 年十二月平城京址調査の目的, 年十二月廿三日御宛介十二石, 年十二月廿九日の條, 年十二月廿二日の條, 年十二月廿二日従四位上に叙せられた, 年十二月廿五日去年の暮, 年十二月廿四日夜歿し亡骸, 年十二月廿日栃木県会ハ夜半密かに秘密会議, 年十二月弾正台というおそるべき, 年十二月彼によつて, 年十二月教授職並に進み, 年十二月晦日の作, 年十二月朔に七十二歳, 年十二月未決におくられ, 年十二月末ごろの題材, 年十二月末現在の国債所有別調, 年十二月本員等の質問, 年十二月東京に生れた, 年十二月東京市により建設, 年十二月板酔多道士著, 年十二月某日のこと, 年十二月案にはアルザス・ロートリンゲン地方, 年十二月歓迎されない誕生, 年十二月民主主義出版同志会が結成, 年十二月清河建白書の趣旨通り, 年十二月白洲に於, 年十二月真珠湾の不意打攻撃, 年十二月私は父, 年十二月自分が長崎医学専門学校教授, 年十二月舞鶴要塞司令官に転任, 年十二月蘇古蘭インヴァネス, 年十二月號八年一月號の中央公論, 年十二月軍隊内務書改正の折, 年十二月野山の獄, 年十二月長崎に赴任, 年十二月長男幸太郎が七歳, 年十二月雪の降った, 年十二月頃には嫌疑者それ, 年十二立志編を作り, 年十二箇月に限らず, 年十五クヲタアないし二十クヲタア, 年十五年間の社会事情, 年十五磅だけ私たち, 年十八九少し瘠, 年十八九歳以上ハスベテ眉ヲ剃, 年十八何必守弓箕負笈, 年十八叔父頼杏坪に従つて東遊, 年十六七から二十四五, 年十六世紀ニッポンで申します, 年十勝岳へ通っ, 年十四五でクラブ, 年十四五歳にし, 年十四月エトセトラという, 年十字架の何たる, 年十年あとあとの責任, 年十年余計に生延びた, 年十年前の未定稿, 年十年十一年の晩秋, 年十年帰国相成るべき事, 年十年彼らの希望, 年十年後に突如, 年十年日本人は鬼, 年十年百年千年と次第, 年十年等と記し, 年十年餘計に生延びた, 年十幾億に上る, 年十月ごろなるが, 年十月なかばの或, 年十月アメリカのニューヨーク・ヘラルド新聞, 年十月プレシチェーフ宛の手紙, 年十月メッツ予備病院に於い, 年十月一日の条, 年十月丁酉の条, 年十月七日彼女は藤村家, 年十月三十一日と英語, 年十月三十日横浜市横浜尋常高等石川小学校では例年, 年十月三十日無事にアカプルコ, 年十月三十日自動車は州境, 年十月三日平群眞鳥は詔, 年十月三日生まれとなっ, 年十月三日私は第, 年十月上大崎の古, 年十月上旬の頃, 年十月上旬九州肥後の地, 年十月下旬山徒これを叡山, 年十月中の渇水停電, 年十月九日甥の石丸英一, 年十月予また幕末, 年十月二十一日午後四時過處, 年十月二十一日注出の近衛家所領目録, 年十月二十七二十八の二日間, 年十月二十七日撰定を終えない, 年十月二十七日發行の保險銀行時報, 年十月二十三日以降西へ西, 年十月二十三日大隅國大地震, 年十月二十九日に阿部侯正精, 年十月二十九日郵送せる事実, 年十月二十二日連合軍総司令部, 年十月二十八日朝チリ国バルパライソ港に入, 年十月二十六日午前八時元勲伊藤公の坐乗, 年十月二十六日司令部から, 年十月二十六日東京駅発二十七日熱田丸横浜出帆諸先輩, 年十月二十四日東京で生れ, 年十月二十日以降年五分の利息と共に支払う, 年十月二十日朝東京にて, 年十月二十日黒羽町万盛楼の娼妓小万, 年十月二日元屋村石高小物成牛馬舟家人数指出帳を見る, 年十月二日午後二時頃浅草公園雷門前での出来事, 年十月二日同村伊藤イナという人, 年十月二日太政官布告第二百九十五号, 年十月二日真夜中の大, 年十月五日御供番無足之場, 年十月人の記憶, 年十月以降一年足ずの, 年十月佐渡流罪の折, 年十月全集の第, 年十月八日ファルマウスを出帆, 年十月八日九日両日門弟中からの発起, 年十月八日午前四時十五分母は八十六年, 年十月八日生れの四女陸, 年十月八日露国の満, 年十月八歳で坂東八十助, 年十月内乱のスペイン, 年十月十一日をもつ, 年十月十一月十二月とかかれた, 年十月十一月十二月史學雜誌第貳拾壹編第拾號第拾壹號, 年十月十七日となっ, 年十月十七日京都で五十二名, 年十月十三日百済の国, 年十月十九日ローマにてとしてま, 年十月十九日九州帝国大学精神病科教室附属狂人解放治療場に於, 年十月十九日宝の市, 年十月十九日本木武平次之を建つ, 年十月十九日生れの四男幻香, 年十月十九日親友シュレーデル氏の家族, 年十月十二日付のその, 年十月十二日午前十時記す, 年十月十二日有名なる詩人テニソン, 年十月十五日官ノ裁許, 年十月十八日夜私は今日一日, 年十月十八日東京を立っ, 年十月十六日木村旧軍艦奉行, 年十月十四日五日印之, 年十月十四日午後一時頃釜山公会堂に於, 年十月十四日墓は市内下寺町, 年十月十四日歿行年五拾八歳とあっ, 年十月十四日歿行年八拾三歳とある, 年十月十四日長崎で調印, 年十月十四日風邪をひい, 年十月十日午前四時所は, 年十月十日始皇の驪山, 年十月十日相模の依, 年十月号の消息欄, 年十月号~四年十二月号に連載, 年十月四日五日六日の三日三晩, 年十月四日付雲浜から大和五条下辻又七, 年十月四日午前四時頃其空家に火, 年十月国事犯罪人として江戸, 年十月婦人公論に発表, 年十月富士の精進湖畔, 年十月少年の頃世話, 年十月帝甚だ悩む, 年十月帝御悩ありて, 年十月廿一日で以後二十年間, 年十月廿四日の条, 年十月彼轟武兵衛に書, 年十月成願寺の激戦, 年十月改造社より刊行, 年十月日本の支配者たち, 年十月日本橋区久松町の明治座, 年十月明治大学演劇研究会主催の講演会, 年十月朔日三玄院に於い, 年十月朔日条に, 年十月末チチカカ湖畔に於, 年十月末リマに入り, 年十月本所猿江ニ摩利支天ノ神主ニ吉田兵庫トイウ者ガアッタガ, 年十月極東白衛軍の総帥アタマン・アブラモーフ将軍, 年十月樺太大泊に兵三十名, 年十月武田信玄は大挙, 年十月武田信玄三増山の備え, 年十月浚渫の際, 年十月牡鹿山の城攻め, 年十月田島金次郎翁がその, 年十月男二人とも出立, 年十月男児を得, 年十月発作が起こり, 年十月碩田国に幸, 年十月罪を獲, 年十月茂庭大蔵が逼塞, 年十月遠州浜名湖畔鷲津に遊ぶ, 年十月金子孫次郎から貰い, 年十月関東軍参謀に転補, 年十月頃の, 年十月頃戸坂潤岡邦雄等は現代, 年十月頃日本プロレタリア文化連盟の参加団体, 年十月麻布の廬, 年十歳にし, 年十箇天保三年のもの三十六箇, 年千万円だ, 年千九十一年を得, 年千二百キロの暖かい, 年千二百圓を給, 年千五百六十円ということ, 年千代田書房発兌の山田美妙氏, 年千余石の賄料, 年千円の歳入, 年千幡さまはその, 年千年むかしの人, 年千年先の文化, 年千日の苦行, 年千歳失せず枯れず次第に, 年千歳村に鶴, 年千石を給わり, 年千葉新介, 年千軍万馬を往来, 年卅七歳の四月八日, 年卅九歳で誠に, 年升山某役に当り, 年午年の生まれ, 年半ぐらゐしか続かなかつた, 年半ぐらゐな期間である, 年半ぐらゐ彼は静か, 年半ぐらゐ蛙はま, 年半ばの頃, 年半ばごろ厳重なる法律, 年半ば以前よりこの, 年半カカッタラ五六百人ニナッタ全クオレガ御陰ダカラ当年ハ十月亥, 年半コーヒーも飲めない, 年半レッスンをうけた, 年半三年と期間, 年半上田と大川, 年半二十七歳と云う, 年半二年の三種, 年半二年二年半三年と期間, 年半京都に住ん, 年半仙台にいた, 年半以上平均寿命は二三・三五八, 年半以上経過してから, 年半余りになる, 年半内外の評判, 年半前一九四九年の夏前, 年半十六年一月から治安維持法撤廃, 年半大阪に居た, 年半寮に居た, 年半年余り滞在して, 年半年立続けに, 年半彼女が実家, 年半性こりも, 年半拘束のない, 年半振りのこと, 年半故国の趣味, 年半日本にゐ, 年半暮せるよ, 年半派出して, 年半滞在して, 年半父や叔父, 年半父祖が流罪, 年半白は主人夫妻, 年半翌年十二月東京控訴院の判決, 年半行衛も知れなかった, 年半越しなり, 年半足らず暮して, 年半通って同, 年半間に仕遂げた, 年半間隔であること, 年卒業三十二年母校に奉職, 年卒業以来逢う機会, 年卒業期だつた, 年南ケンシントン博物館の嘱託, 年南千島なる色丹島, 年南海の故郷, 年南画を勉強, 年南蛮との交通, 年南部藩沿岸に三隻, 年単に研究組織を, 年単位の臨時やとい, 年単行書として出版, 年単行本として出版, 年博士元良勇次郎博士井上哲次郎博士湯本武比古先生高山林次郎氏木村鷹太郎氏藏原惟廓氏, 年博多において少, 年博文館から創刊, 年博物館の一隅, 年占いの一つ, 年の年, 年卯六といふ宇野浩二, 年卯月の月日, 年卯月廿九日のころ, 年印度方面をぶらつい, 年印本に, 年印行の時, 年即位勸請水門等の語, 年即八十一歳に至る, 年却って独身生活の, 年却つて江戸をさす, 年原内閣成立の時, 年原因の分らぬ, 年原稿の製作, 年厭きしともなく, 年去り年來り, 年参議となった, 年及寛元二年, 年友達に恋人, 年反動時代にインテリゲンチア, 年叔母は小さい, 年受ケタコトガアルノデチョットグライ立ツコトハ立テタンデスガサア今デモ立テルカ知ラ, 年正五位, 年叡空上人に暇, 年をぬぐっ, 年古びた媼を, 年古りたる水松が, 年古るく住みなせる, 年古人の造る, 年古本をあきなっ, 年古河の家老, 年句章の農夫楊度, 年つかわれた侍, 年召されて出, 年召仕う正直, 年も不可, 年可愛がって, 年可立も名, 年台風の襲った, 年史學科の組織, 年史彬死し程済, 年のソリス, 年右翼的固執を示した, 年司法省出版の, 年司馬達等の子, 年合せて五年, 年合衆国ペキン駐在の公使官書記, 年合計一万二千年であります, 年吉崎に坊舍, 年吉田内閣当時に学術組織改組準備委員会, 年吉良荘に帰る, 年吉野の奥, 年同一の状態, 年同君が師範, 年同国に夏期旅行, 年同国石和に於, 年同地で客死, 年同島北部に來着, 年同誌に, 年同門の黒田湖山, 年を現さずん, 年名案を思ひついた, 年向きである, 年向島三囲稲荷の境内, 年否三千年を滝壺, 年否二千年を経, 年吸ったとする, 年吹上に於, 年吾が心情を, 年呼び続けるかわからない, 年が増す, 年和上の滅後六年, 年和尚四十六歳のころ, 年和歌山県久保某氏より報知, 年和泉前司道経, 年和泉国熊取村五門に徙つて, 年和蘭で出版, 年和銅元年始, 年の並物, 年唐人屋敷に居住ん, 年唐鍬持つたんぢ, 年東へ, 年唯一卓敬を得, 年唯一囘の消息, 年唯一度と言, 年賣の, 年商人に扮, 年は日曜, 年善郷居を京, 年善郷年十五なり未, 年善郷江戸に至る, 年の項參看, 年べはぐれ, 年喰いのチビ, 年喰っている, 年喰わずにい, 年営々と零細, 年営んでおられる, 年嗣子月潭に遺訓, 年嘉永三年正月に国学, 年嘉永六年の十一月, 年嘉興の知府, 年噴出の熔岩流, 年囚人大護送, 年四〇年の間, 年四たびに開かれる, 年四ヶ月目の明治三十八年一月二十九日, 年四一年と二囘, 年四五十円の入費, 年四五回か三, 年四五月の交, 年四兩の給金, 年四冊の資料調査報告書, 年四分の三後の一年, 年四十ニ相成候, 年四十一萬圓と云, 年四十七であった, 年四十三歳丁未の年, 年四十九歳当時の人々, 年四十九歳御陵は畝傍山, 年四十二三の色, 年四十二歳世子正精侍読, 年四十五でお隠れ, 年四十五か月分ある, 年四十八本製作という数字, 年四十八歳の若, 年四十六歳で歿, 年四十六詞に曰く, 年四十四であつ, 年四十四歳にし, 年四十四歳杜甫の年三十二歳, 年四十年度に於ける, 年四十年馬車馬のよう, 年四十松倉家中医師有家久意年六十二相津玄察年三十二布津の太右衛門年六十五, 年四十歳院の仰せ, 年四十磅の増税, 年四十露に気, 年四十頃デップリと太り, 年四十餘とある, 年四囘づゝ自作の續稿, 年四囘發表といふやう, 年四回分載の, 年四年以上の計り, 年四年私は流離, 年四拾九歳御陵は畝火山, 年四方を巡, 年四旬斎前第二日曜の早朝, 年四月そこの農夫, 年四月アメリカのピヤリー大佐, 年四月アンボイナで歿, 年四月イブセンはデンマルク, 年四月ハロー市の大火, 年四月ピストイアの陷落, 年四月フランス王の破門, 年四月ベーメンに退却, 年四月一〇一年の伝統, 年四月一日二日の両日, 年四月一日横浜を出航, 年四月一日發行アカネ第壹卷, 年四月一日若松に市制, 年四月七十三歳で歿, 年四月七日一件落着して, 年四月三十日の子, 年四月三十日上海を発し, 年四月三十日如己堂においてこの, 年四月三十日巴里に死んだ, 年四月三造京都大学を卒, 年四月上旬の事, 年四月上旬更めて攀陟, 年四月上洛して, 年四月下旬になっ, 年四月下旬宗祇の地方遊歴, 年四月下浣家をあげ, 年四月中に杏坪, 年四月中旬のある, 年四月中旬以後に月日, 年四月乙卯誌す, 年四月九州福岡の三郎君, 年四月九日付を以て新しい, 年四月九日崩りたま, 年四月九日工学博士末広恭二君の死, 年四月九日聖土曜日の初め, 年四月九日都ホテルにて誌, 年四月二十一日条に, 年四月二十七日夜の九大法医学部, 年四月二十七日附堺発のビレラ, 年四月二十三日四条通り御幸町西へ行った, 年四月二十三日宣戦の大詔下り, 年四月二十三日私の父, 年四月二十九日當時羅馬に滯在, 年四月二十九日賀名生で崩御, 年四月二十二日執政官政府が五百人議会, 年四月二十二日巳刻ごろ俊成が撰集奏覧, 年四月二十五日外山の辺, 年四月二十五日日曜日の午後, 年四月二十五日書を象山, 年四月二十八日平氏在西國, 年四月二十八日清澄山頂の旭, 年四月二十四日出帆南西モンスーンにのっ, 年四月二十四日午後一時四十分ごろ京浜線桜木町ゆき電車が桜木町駅ホーム, 年四月二十四日呱々の声, 年四月二十四日東京に達せ, 年四月二十日ジムナーズで女優レジャーン, 年四月二十日水曜日の朝端, 年四月二日公判準備手続に於, 年四月二日更新第一回, 年四月二日英艦の攻撃事件, 年四月二編は同年六月発兌, 年四月二高の独語主任青木, 年四月五日賻物を賜った, 年四月五日間大阪でひらかれた, 年四月五日鯛供養に網代, 年四月井上外務大臣私邸における天覧演劇以来, 年四月亞歴山二世がサムマア・ガアデン, 年四月京城日報社の招き, 年四月京師の商家, 年四月伊勢に行幸, 年四月信州小県郡の大屋村, 年四月信長が足利将軍, 年四月八つで小学校六級, 年四月八十助は坂東三津五郎, 年四月八日釈迦仏誕日の夜記, 年四月八日釋迦佛誕日の夜記, 年四月六日太平洋に出た, 年四月六日崩りたま, 年四月内地へ帰り, 年四月出版の, 年四月初旬に於, 年四月創始と聞く, 年四月十七日一隻の黒船, 年四月十七日伊豆国賀茂郡松崎村の鰹船, 年四月十七日年五十六で歿, 年四月十七日日没間近の頃, 年四月十七日相模灘に起った, 年四月十七日賀名生で薨去, 年四月十三日河野広中片岡健吉らの草, 年四月十九日の夜, 年四月十九日八十八歳で仏様, 年四月十九日午後九時である, 年四月十二日竹亭は七十九歳, 年四月十二日附の武蔵書簡, 年四月十五日ことを七年前, 年四月十五日夕空には朝來, 年四月十五日崩りたま, 年四月十五日日曜日八日は晴れ, 年四月十五日附御照会, 年四月十八日午前七時半の汽車, 年四月十八日大手拓次君病歿妻と行き, 年四月十八日父の第, 年四月十八日盛大な国葬, 年四月十六日未明同志吉田君はやられた, 年四月十六日船はダウンズ, 年四月十四日三丁目の森田座, 年四月十四日午後十一時四十分タイタニック号は大西洋, 年四月十日五十七歳にし, 年四月十日印刷の同, 年四月十日叙従三位五月二十六日更任右中将建暦元年正月五日正三位同二年十二月十日従二位, 年四月十日水曜日の正午, 年四月十日発行の, 年四月十日私たちはダウンス, 年四月十日風強し, 年四月南北戦争が勃発, 年四月及五月である, 年四月四日サント・マルグリット街の角, 年四月四日徳の姉良, 年四月四日農山漁村の名, 年四月四日長知公は新都東京, 年四月大老職に就く, 年四月妻子を伴, 年四月小倉へ来た, 年四月小林に紹介, 年四月尾張の瀬戸, 年四月岩倉具視宛の書簡, 年四月岩波茂雄氏の突如, 年四月廿一日茨城県結城郡蚕飼村の観音堂, 年四月廿三日に歿, 年四月廿八日かとよ風, 年四月廿六日の日記, 年四月廿四日を以て六十八歳, 年四月急に株式会社組織, 年四月憲法草案は明治天皇, 年四月文学博士重野安繹撰と書けり, 年四月新潮社發行現代小説全集の芥川龍之介年譜, 年四月日本シェイクスピア協会の主催, 年四月朔に隠居料二人扶持, 年四月末コロンブスは弟, 年四月末マガリャンス四十一歳の時, 年四月末日我々家族は麹町平河町, 年四月村の高等科, 年四月東京下谷区上野西黒門町二番地元御成道警察署南隣, 年四月東都成城学園大いに紛擾, 年四月東雲堂から三太郎, 年四月某日以来江刺県大属木村新八郎暗殺, 年四月柳橋の傍, 年四月梓書房によつて, 年四月業を了, 年四月海誉法印の霊夢, 年四月猿若町の森田座, 年四月玉井組の営業開始紀念, 年四月病死した, 年四月砧の成城よりこ, 年四月籾山書店は旧版, 年四月署名の岸田, 年四月肖柏堺に歿, 年四月臨終の一, 年四月興行の大塩騒動, 年四月蕃書調所の教授手傳出役, 年四月西田幾多郎博士は東京, 年四月議会に教員組合, 年四月豊後に漂着, 年四月赤松殿阿波国を併せ領せられ, 年四月足利尊氏が赤松, 年四月足尾鉱山主古河市兵衛が七十二歳, 年四月頃から蜀帝玄徳, 年四月黄岡の旅館, 年四月黄生来りて, 年四期十月に切っ, 年四民鼓腹して, 年四海八音を遏密せり, 年四版グリフィスとヘンフレイ, 年四百年と溯る, 年四百年後であるかも, 年四粒飲むと, 年四谷に養子, 年四足と勘定, 年回異書多半出三蔵, 年回社会の事情, 年回顧いたしますれば, 年て谷口氏, 年因って谷口氏, 年固め番とて非役, 年の形, 年国じゅうが大きき, 年国会が開かれる, 年国会開設と国民, 年国内戦時代の廃墟, 年国威は日に日に, 年国家はこれ, 年国家保安部によって摘発, 年国文学の研究, 年国民が三十三カ条, 年国王ルイ十六世死刑執行の日, 年国男が来る, 年国立劇場コメディイ・フランセエズが特に, 年國學院大學部豫科に入, 年國際物理學會に招かれ, 年園中には尚, 年圓朝二十一歳の作品, 年土佐の浦戸, 年土佐高知に生れ, 年土星は一三一〇〇〇年, 年土気と金気, 年圧倒的に人気, 年圧力をかけ, 年地下の南谿, 年地子帳公納堂町と載す, 年地方から出, 年地球の不思議, 年坂のが中, 年坂上にある, 年は音楽家, 年則見, 年坐して河清, 年坐しませども恆, 年坑夫をやって来た, 年型時代で從來, 年型花形には青酸, 年型金曜日の翌日, 年埃及はナイル河, 年埋もれた英魂の, 年埋れたりといえ, 年城下に一宇, 年城下火事で焼けた, 年執政が一九一四年, 年執筆にかかる, 年堅気で暮した, 年堅氣で暮した, 年堅田においてこれ, 年堤防が切れた, 年堺市外舳松村の百姓, 年ですが, 年が問題, 年境木越の大, 年増加率は一対, 年墨水の風月, 年墺国が再び, 年に面し, 年壇ノ浦の戦, 年を養う, 年士官候補生を三年, 年壬午夏四月山県昌謹撰とある, 年壬子十一月四日養家に引移, 年壬子十月神祖より和蘭国王, 年壬子正月十一日彼が十六歳, 年壬寅四十五歳にし, 年壬申初冬福澤論吉賣弘, 年壬申四月二十二日の真昼, 年にし, 年壮健ならば, 年壮心一片老逾堅, 年壮気鋭の方, 年き武士, 年をあげ, 年壽丈を取, 年壽百歳に近く, 年変らざる伝統の, 年変り種漁りに憂身, 年変るもんです, 年夏わたしは呼吸器, 年夏ストックホルムに行った, 年夏ブリストル開会の英国科学奨励会人類学部発表, 年夏一たび来りき, 年夏七月大阪朝日新聞社の求むるところにより, 年夏以後の作一千余首中, 年夏以来六年目のこと, 年夏以来神戸開港を機, 年夏休みもすん, 年夏六月滅法鰹, 年夏六月大伴家持は亡妾, 年夏六月武庫浦を出帆, 年夏六月皇后磐之媛命, 年夏刊行の新, 年夏千八百円ベース決定以後購買力は著しく, 年夏四月乙未朔, 年夏夜逃げの旅, 年夏富永太郎京都に来, 年夏戦争非協力文学, 年夏横浜の佐伯藤之助氏, 年夏歸國するや, 年夏病気のため辞表, 年夏眩暈と頭痛, 年夏薩摩より京, 年外国暮しをした, 年外国輸出の総計, 年外遊の前, 年多遅摩毛理という, 年夜じゅう起きて, 年夜半にその, 年夥伴を率, 年大いなる機械時代の, 年大丈夫だ, 年大中心と目指さるる, 年大久保内務卿の暗殺以来, 年大久保藤五郎に命じ, 年大井幸子が自由党, 年大井正一郎入門す, 年大仏の鋳造, 年大伴旅人の家, 年大兄王を襲, 年大内義興が義植将軍, 年大分大仕掛け, 年大分たくさん論文を書いた, 年大勢して, 年大原真人の姓, 年大友の恋, 年大司教メンドーサの紹介, 年大同学院から国防, 年大嘗會を行, 年大噴火の際, 年大坂攻めを遊ばした, 年大坂若江の合戦, 年大学それ自身の発展, 年大学予備門に入る, 年大学令の改正委員, 年大学四年または五年, 年大学生族がこの, 年大学部が四年, 年大安寺の普, 年大小数十戦戦って, 年大岡越前守等の立案, 年大川平三郎は金儲け, 年大戦後の波, 年大日本帝国の白瀬中尉, 年大晦日の夜, 年大晦日午後七時葉書で打合せ, 年大槻磐渓の重刻本, 年大正七年になっ, 年大正七年京都まで歸住, 年大正五年大正六年私は閉門生活, 年大正元年昭和五年の三度捕獲, 年大正元年桂内閣の時, 年大正六年ごろには遂に, 年大正六年私は閉門生活, 年大殉教の年, 年大水のため流失, 年大石田の初冬, 年大破裂の際新造, 年大秀に入門, 年大窪多与里, 年大納言になっ, 年大老になっ, 年大衆のため, 年大軍を率, 年大部屋で幹部, 年大阪冬の陣, 年大阪朝日新聞の懸賞, 年大阪船と月, 年大陰謀が発覚, 年大陸の南北, 年大雨大雪の後, 年大雷雨によって伽藍, 年大震後のこと, 年大震災の時危く焼死, 年大體の準備, 年高し, 年天下分け目の関ヶ原, 年天下疫癘盛にし, 年天下騷擾の際, 年天保十三年に小島宝素, 年天台山菩提樹を分ち, 年天和三年に, 年天帝天をし, 年天応元年が初め, 年天慶七年にもまだ, 年天文二十一年の夏, 年天正二年の三月初め, 年天正十三年夏の佐々征伐, 年天正十二年の十一月二十三日, 年天武天皇の時代, 年天津で生れ, 年天皇の元年, 年天皇後醍醐が即位, 年天草の乱, 年天長の佳辰, 年原方面, 年太吉という子供, 年太子によって建立, 年太子劉禅を皇帝, 年太守劉表は前, 年太宰府に居る, 年太宰府観世音寺の造営就, 年太平洋戦争の終了, 年太平洋戦争勃発後国家総動員法による企業整備, 年太政官中に商法編纂委員, 年太祖の命, 年太祖崩じて, 年太祖日本懐良王の書, 年太祖高皇帝の御, 年太陽の周り, 年夫ニーノ死して, 年夫人が幽, 年くから早くも, 年失業におとされた, 年奈良地方裁判所で相, 年讃の, 年奉祀し来った官知社, 年奉祝日で賑, 年奉祝演劇といふ与へられた, 年奉行曾我日向守お畳奉行別所播磨守, 年奏上の日本紀, 年奏聞を経唐, 年奥医師に進み, 年奥山恩とその, 年奥州の方, 年奥州行脚に出掛し, 年奥田元宋氏, 年奮闘して, 年奮鬪して, 年女ハ満二十五年ニ達シタル後ハ此限ニ, 年女児は体操, 年女史の三十歳, 年女婿秀次の事, 年女子組の教室, 年女学校を終えた, 年女学校令というもの, 年女學校の卒業式以來一度, 年女生の裁縫, 年が廿二歳, 年好ましいと思われる, 年如一日矣終大有所発揮, 年如何に低, 年が長男, 年妻ともに身, 年が眼病, 年姉川の合戦, 年始メテ大凶変ジテ一元ニ帰セム, 年姫樣には指, 年を争う, 年威名亜非利加, 年娑婆の風, 年は夫, 年婦人が新聞界, 年婦人参政権を与えた, 年嫡男徴十九歳にし, 年嬌名今に高し, 年子供達がめき, 年子規はベースボール, 年季春先考の志, 年季節は同じく, 年孤立して, 年孤閨を守った, 年で太平海, 年学問を修めた, 年学士という奴, 年学校建築中に初めて, 年学生時代を延し, 年学界では記念, 年は日本橋南新右衛門町, 年孫左脛に疔, 年學篇所載清の劉光漢, 年宇治の蛍狩り, 年宇治黄檗の鉄眼禅師, 年宇津木矩之允入塾す, 年守つてゐたばかりの, 年守らせるとは何事, 年安心というもの, 年安政五年という年, 年安政六年に送った, 年安政四年六月十七日に老中, 年安楽庵策伝筆でわが, 年安泰の大計, 年完成して, 年宗右衛門の頑強, 年宗左衛門家から分家, 年宗教的地位を得る, 年宗谷に移り, 年官年爵の特権数, 年官許代言人今から見れ, 年定家六十歳であった, 年朝が, 年実業之日本社より出版, 年実母に別れぬ, 年宣宗位に即, 年宣戦の詔勅, 年室生犀星が郷里, 年宮廷裁判所の判事, 年家人に命じ, 年家光が将軍, 年家内が大阪見物, 年家橘は相当, 年家禄の奉還, 年家臣一統から藩, 年宿屋と申し, 年宿屋飯盛が撰したる, 年寄ってたかっ, 年寄与治兵衛がその, 年み畏れ, 年寅二月二十八日の日, 年寅季秋の奉, 年寅年の初冬於鶯谷庵かき, 年密偵部にいる, 年富み才雄激昂し, 年富士川の流れ, 年富士焚とあり, 年富穀が六十四歳, 年富美子というひと, 年寒川に住ん, 年寛政九年北邊事情が子平, 年寛政元年同じく三年吹上, 年寛政十年押詰つて師走の幾日, 年てい, 年寡兵を以てマケドニヤ, 年に何, 年實母を失ふ, 年審知は兄, 年寸土尺地といへ, 年寺社奉行となり, 年寺通に仏壇屋, 年対五年の対立, 年対日平和条約が締結, 年対甲同盟をむすび, 年対馬国より金, 年寿春地方は水害, 年寿江子はその, 年を大和国郡山, 年封じこめられていた, 年封事を上らしめ, 年封建の諸, 年封建制度の膝下, 年専六は十七歳, 年専制の政治, 年専攻した私, 年将来の日本, 年将軍の近臣斎藤妙椿, 年将軍家御年十四歳, 年将軍家茂上洛の時, 年将軍義満の代, 年尊い解放運動の, 年尋ね廻りし恩師富田五郎左衛門先生にも, 年尋常にし, 年小僧という, 年小団次君らのため, 年小大名より僅か, 年小太郎を産ん, 年小屋にい, 年小山内薫が初めて, 年小山内薫土方与志を中心, 年小林は三十年, 年小林氏の主催, 年小田原で私, 年小田原城陥る, 年小田原養痾中の写真, 年小田眞壁兩家の合戰, 年小田郡は永免, 年小石川水道町で踊, 年小耳にはさん, 年小説といふもの, 年小通詞となり, 年小野妹子を隋, 年少い詩人も, 年少し長つづきし, 年少なくも三四年の, 年少尉殿が危く落馬, 年敬王の, 年尤も私なぞは, 年尭舜の時, 年尼公が執行作善, 年尼子経久と毛利元就, 年尽きんとすれ, 年尾崎士郎や芙美子女史, 年尾崎氏にさそわれ, 年尾州丹羽郡青木村字天摩なる神社, 年尾州守山の陣, 年尾州葉栗郡宮田村織物業栗本福太郎方にて起こった, 年居いつ卒業する, 年居ってもあきない, 年居つた頭が, 年居ますがつい, 年居らんければ解らない, 年居りて聞かざりし, 年居残ってやり直す, 年屈伏に便利, 年屋さん儲かりますかい, 年屋さんお前がそんな, 年屋さんお前さんはもう, 年屋め薄い頭, 年屋山代屋など五, 年屋布哇行を口, 年展覧会で出演, 年屡々広島に, 年山ごもりしてから, 年山内氏を冒し, 年山南の節度使, 年山村良勝妻籠に城守り, 年山海万里のうち, 年山田以文の家, 年山野を跋渉, 年岡崎に移る, 年岡本先生八歳父君にともなはれ, 年岩倉具視の一行, 年岩倉右大臣はすべて, 年島原山中で行き倒れ, 年島原征伐の事有, 年島原耶蘇教の乱, 年島津氏が百艘, 年崇拝する都, 年の上, 年嵯峨の清涼寺, 年嵯峨天皇の弘仁, 年原征伐, 年や沼, 年川中島合戦には謙信, 年川尻で, 年川柳はいよ, 年川路プーチヤチンによる日露修好條, 年の事業, 年巣鴨拘置所で倒れ, 年工事は順調, 年工場労働者総数平均賃銀が男二円十五銭, 年左右までは一帯, 年く行ければ, 年己丑七月遠州舞坂人, 年己丑誕生義淵僧正の弟子, 年己亥十月朔日桜島火を発し, 年己卯に京都, 年己卯五月二十七日に歿, 年己卯六月二十日に書かれた, 年己巳に二十八, 年己酉の四月, 年己酉七月二十五日同十九年壬子十月神祖, 年己酉七月五日神祖より御朱印, 年已長大無夫壻, 年已長大無夫壻, 年巴里版タヴエルニエーの波斯紀行一卷六一六頁, 年市ヶ谷刑務所で服役, 年市ヶ谷監獄署後の閑地, 年市中は云う, 年市村座の盆興行, 年市村羽左衛門と改名, 年市民たちのあいだ, 年布教の後, 年を出し, 年程済, 年帝劇へもどの, 年帝国美術院第十五回展, 年帝國の首都, 年帝展出品の, 年帝崩御のとき出家, 年帝病あり皇弟皇子等豊国法師, 年帝都を離, 年を出さず, 年師ギローの勧め, 年師五十二歳堀尾吉晴の女婿, 年師匠を驚かす, 年師範学校が首里, 年師走以来の暦, 年師走半ばの十四日, 年席次問題で存分, 年席順を換, 年帰つて来ない, 年帰らないと云ったら, 年帰らなかった東京の, 年帰らなくっても文句, 年帰らぬ甲賀世阿弥は, 年帰れまいと本人, 年帰化画師保護のため, 年帰府後の作, 年帰朝後工科大学教授に任, 年帰朝目下ステージを去っ, 年帰郷し以後五十余年間, 年幇間を三年, 年幕府昌平校儒官ニ擢任ス時ニ年七十海内仰イデ儒宗トナス, 年幕府瓦解して, 年南将軍藺欽を, 年平八郎後素の祖父成余四十二歳, 年平助の小屋, 年平均一万疋といえ, 年平均二回ばかり全く, 年平均何万円桜の葉, 年平均増加は一九三, 年平均死亡は男子, 年平均死亡率は総, 年平均氣温が十六度, 年平塚雷鳥が, 年平安にその, 年平将門は下総猿島, 年平山先生について学ん, 年平清盛は太政大臣, 年平番士いつまで経っ, 年平穏無事に暮, 年平群朝臣の歌, 年平賀源内や橋本曇齋, 年年々鶏頭は赤し, 年年つき日ごろかわいかわいと, 年年三十九にし, 年年二十三歳の時, 年年数が殖えた, 年年期を入れた, 年年齡二十の頃, 年幸いに蘆, 年幸子三十三歳の頃, 年幸子二十一歳の時, 年幸徳秋水堺枯川らが創立, 年幸運はバイエルン国王ルードウィッヒ二世, 年幽霊の夢, 年幾ら二年幾らと前, 年幾万年お前たち空も森, 年幾多の曲折, 年幾日かを御, 年幾歳幾歳年齢とが彫りつけ, 年幾百年と待ちました, 年幾許ぞ, 年南国より, 年広重の描ける, 年広陵に遊び, 年庚午三月六日に伊賀, 年庚午六月十八日の朝歿, 年庚午初春荒木氏編輯御用書師和泉屋市兵衛須原屋茂兵衛共同出版の袖珍十九丁もの, 年庚午四月三十日夜半の大火, 年庚子今王に位, 年庚子四月八日二島相並び又湧出, 年庚寅十二月十二日松壽院妙眞日實信女文化十二年乙亥正月十七日と書し, 年庚戌より五年目, 年庚申四月に幕府, 年庚辰の詩引, 年府県会の開設, 年府立三中を出た, 年座敷の数, 年の裡, 年康永元年十二月二十三日に亡くなった, 年廃藩のころ, 年廃藩置県の業, 年廢止せられるに, 年延ばされた年ごろで, 年延ばした方が, 年延びたんだ, 年延びるだけだ, 年延べ願い上げ奉り候, 年延享元年に至っ, 年延命なら誰, 年延宝七年に亡くな, 年延暦三年二荒山の山腹, 年廷尉正成のおこす, 年之, 年建てられた当時墨の, 年建文帝善慶里に至り, 年建築家の妻, 年建設当初に河鍋暁斎, 年建設當時のドイツ陸軍全員, 年廿五六小作りにし, 年廿八の出産の, 年廿年が更に尚, 年廿年前であります, 年廿歳の時, 年式典に参列, 年式大津絵だろう, 年引き続いてこの, 年引續いて, 年弘前に著した, 年弘前藩では江戸定府, 年弘化元年六月には和蘭, 年弘法滅後の仁明帝前後, 年も小学校, 年弥五郎一刀斎が舟, 年弱き内は誰, 年弱く月の, 年張り合ひの, 年張栄が高平, 年張道陵が蜀, 年とし, 年当家へお, 年当時世界の市場, 年当時円タクは市内五十銭, 年当時函陵酒量超倫, 年当時弁護士であったジョン, 年当時彼の著書, 年当時東京で一番ハイカラ, 年当時陸軍少尉で首里, 年当番長がさう, 年彗星の出ずる, 年はすなわち, 年役一應御覽の上, 年役人暮しの間, 年役義を精励, 年彼カナダにおもむく, 年彼二十五を過ぎ, 年彼女二十九歳のとき父男爵, 年彼方い行, 年彼等は花, 年往生の時矢張り奇瑞, 年往診をつづけ, 年征西大将軍に任じ, 年待たせて大正二年, 年待たねばならない, 年待った甲斐が, 年待てない訳は, 年待てれば実に, 年待とう君の, 年後あたりを期待, 年後あなた様たちに遊び, 年後いまは姉, 年後きよ子嬢を産みました, 年後ことし新潟警察署で挙げられた, 年後それが再び, 年後ぼくはレギュラー, 年後ゴーリキイは社会民主党, 年後ソヴェト同盟へ行っ, 年後ニソノボルゾイハテンパーデ脳症ニ罹ッテ死ンダガ, 年後ニ取得シ得ベキ理由ハ既ニ移住シ居住スルホドノ者ハ大體ニ於テ優秀ナルヲ以テナリ, 年後ニ忰ガコノヨウナ狂人ニナリコノヨウナ嫁ガ我ガ家ニ入リ込ムニ至ッタコトヲ, 年後ニ於テ日本人ト同一ナル生活權利ノ各, 年後ハイデッガーの, 年後ハンスカ夫人に宛てた, 年後ファデェーエフやフールマノフ, 年後ブラームス自身がブレーメン, 年後マナガ市の精神病院, 年後マホメット世に出, 年後ヨリ地方自治制ヲ實施シテ參政權, 年後ロマーシが, 年後ヲ期シ朝鮮人ニ日本人ト同一ナル參政權ヲ得, 年後一万一千フランで売られた, 年後一九四二年八月ソヴェト同盟の新聞, 年後一五九〇年七月にワリニャーニ, 年後一時と二時, 年後一時蘇武が生死不明, 年後七月七日まで, 年後三十年後には莫大, 年後三年十二年で東北征伐, 年後三年役の頃, 年後両親や弟たち, 年後九州へ嫁ぎ, 年後二人の生活, 年後二十五歳の父, 年後二十年後の長い, 年後二十年後僕が立派, 年後二十歳のとき, 年後二条天皇が崩御, 年後今の蘆屋, 年後今一度李陵は北海, 年後但馬の國, 年後何者かに浅草, 年後作者が題, 年後信玄が川中島, 年後僕が立派, 年後先になっ, 年後光秀のクーデター, 年後八十四歳で永眠, 年後内匠頭の兇変, 年後再読したとき, 年後勢州蟹江村に於, 年後半上述のよう, 年後合衆国だけこの, 年後和製椿姫の名, 年後四十五歳の時, 年後土彦に長子, 年後夏の青葉, 年後大阪で博覧会, 年後天明六年の六月十二日, 年後天魔獄を破り出, 年後奥州で最期, 年後妻照が柳, 年後孔子がたまたま, 年後宗全と勝元, 年後寛永十七年のこと, 年後小城はある, 年後岩崎栄氏が雑誌, 年後師の天勝, 年後帰省されたとき, 年後幕府の命, 年後延喜の頃, 年後忽此歓安知他年, 年後愛妻を有, 年後捕物小説を書く, 年後教会支部長ワリニャーニが巡察使, 年後斃れて, 年後文学の領域, 年後文政元年になつ, 年後文明の分子, 年後日露戦争当時明治天皇が奉天, 年後朝鮮から来た, 年後木曽駒ヶ岳恵那山などの山, 年後東京銀座の大阪系酒場, 年後柏原天皇が宝算六十三, 年後機関銃の音, 年後欧洲大戦乱, 年後演伎座の子供芝居, 年後現在も天然記念物, 年後琴曲界の一方, 年後田村スマ子女史は山ノ手, 年後白河法皇崩御の後, 年後直次に二度目, 年後老いたる女乞食二人, 年後老子を読みなおす, 年後者は一八九一年, 年後自分と同じ, 年後輩だろうから, 年後邦夢に稗, 年後醍醐の輦輿, 年後長子と散歩, 年後陸軍大臣官邸で同, 年後隣村の火事, 年後雁江は絹江, 年後鳥羽天皇御譲位, 年従二位に昇っ, 年従五位下の兵部, 年従軍セシ時遺言ヲ作リシニ其後家族ニ生歿アリテ事情一変セリ故ニ更ニ遺言スルコト下, 年御殿カラ下ゲタガ本ノケイコニ三ツ目所, 年御無沙汰をし, 年御用に立つ, 年御部屋様付にて見習, 年た姙娠, 年徳川内府大政を返上, 年徳川家康将軍宣下と共に徳川幕下, 年徳川家慶の築かしめた, 年徳川政府の末年, 年徳棚といい, 年徴兵制度を採用, 年徴兵検査で本籍, 年心得一八五八年総長, 年心配打った甲斐, 年必ず勝って, 年忌供養の五輪石塔, 年忌日である, 年忌法会執行についての相談, 年忌辰に丁, 年忌追善のもの, 年忌追善会を上野清水寺客殿, 年忍苦の涙, 年志願兵出身の小隊長, 年志願兵制廃止の意向, 年志願兵等ハ現時ノ教育的差等ヨリ結果セル者ナルヲ以テ, 年志願等ハ之ヲ廢止ス, 年とて連歌, 年忘れてい, 年忘れられないという, 年忘れ得ぬ懷かしい, 年忘レニモ頼ミデ諸, 年忘年会の幹事, 年応仁の乱, 年応文は西平侯, 年応用力学研究のため, 年忠次の信任, 年忠琢三十歳の時, 年忠琢十六歳の時, 年念仏すべしと, 年思いたつよしし, 年思いつめていた, 年思ひに思ひ続け, 年思へば, 年思軒の友高橋太華, 年急激にかよう, 年急逝するまで, 年怨みを受け, 年は空しい, 年恋したという, 年恋愛一つせずに, 年恐慌状態にあった, 年を忘れない, 年恩怨無別星花転転と来, 年恩讐両つながら, 年息まつて居, 年ど二月三日, 年恰好おいさんを合せ, 年恰好さね, 年恰好背恰好はどうやら, 年恰好顔形歩き振り衣服, 年悔いをあと, 年悩んだがこの, 年悪いと言う, 年悪性の疱瘡, 年悪疫が流行, 年悪魔はフランシス・ザヴイエル, 年悲劇的な運命, 年悶着なしに, 年惨殺された大杉栄, 年想わざりき将軍の, 年意外の高水, 年感応寺において抽斎, 年感服して, 年慊堂は六十六歳, 年慧鶴は二十三歳, 年慶応元年の後半期あたり, 年憂き世を, 年憂危心に積み, 年憂慮して, 年憎み続けてきた, 年憤死し相沢宗三郎, 年憲政党内閣の除害工事命令, 年憲法発布とともに却って, 年懲役に往つて, 年懸けない積です, 年戀人みまかりぬ, 年戊午の正月, 年戊午三月に至つて, 年戊午二月二十一日の吉辰, 年戊午十二月五日初謁見将軍徳川家定公, 年戊子元日の詩, 年戊寅は魏帝曹髦, 年戊戌に歿, 年戊申と寛政十一年己未, 年戊辰十一月に記し, 年戌四月十六日と十八日, 年戌歳の生れ, 年成りの若, 年成功雜誌に進潮退潮, 年成金熱に浮かされ, 年成長して, 年に負かざる, 年我々のところ, 年我が国の人口五千万, 年我制統に光, 年戦争これなきは, 年戦争七年戦争など長い, 年戦争中に渡っ, 年戦争当時は実に, 年戦争後のフリードリヒ大王, 年戦争頃に比し, 年戦勝つと雖, 年戦線が太平洋, 年戦野の屍, 年戰爭起るや, 年をあけないあけず, 年戸倉村を分ち, 年所得が貨幣価値, 年所読唯一部傷寒論, 年所載宮川君の, 年を空し, 年手入をしない, 年手掛けた生徒だ, 年手掛け罷在候通詞堀達之, 年過ぎて, 年打捨つて, 年托児所の寝台, 年托鉢をし, 年扶持を捨て, 年技進マズ其ノ故, 年投獄された者, 年押し籠められ, 年押二八八号ノ四, 年押第二八八号二十八の頭蓋骨, 年押詰つて師走の幾日, 年担任の武村先生, 年拾月四日鳥取縣八上郡曳田村に生る, 年拿破里に斬首, 年持たないだらうと云, 年持ちこたえた末に, 年持った以上は, 年持つならば馬, 年持つまいそう考える, 年持久の計, 年振で会った父から, 年振で別れた妻に, 年振で図らずも永禪和尚, 年振で逢って, 年挿画壇の人々, 年捕はれて火あぶり, 年捜すと近頃やっと, 年据ゑおいても零でせう, 年かつて居る, 年掛かって登っ, 年掛ったのだ, 年掛つて居りますが, 年掛つて一年の人口増加, 年探して根, 年揚げたことが, 年換言すれば, 年をした, 年したつて, 年摂津の日女島, 年撃剣をし, 年播州の序戦, 年播州姫路の三友寺, 年攘夷派の志士, 年收五萬乃至七萬, 年改まった正月の, 年改まる春の, 年改正前の我が, 年改造社から新鋭叢書, 年改進党組織の初, 年攻むるとも更に恐るる, 年攻勢の指導, 年放して置く, 年放浪の果て, 年政府変動の後, 年故あつて林氏の, 年故にこの年, 年故国スウェーデンに帰り, 年故山を出で, 年故郷ボヘミアに帰った, 年もなく, 年敏江が六年, 年敗け続けることは, 年教えていた, 年教師として二年間, 年教権の広大, 年へて四十二歳, 年数えてみる, 年数え年で二十歳, 年数ヶ月になる, 年数万年の間, 年数万年間のピルグリメエジ, 年数十万年乃至数百万年, 年数十年あるいは一生, 年数千年を通じて絶えず, 年数千年位の短時日, 年数名の学者, 年数回の公演, 年数物その証拠, 年数百年以来徐々に醸され, 年数百年来残存せるもの, 年数箇月間革命の真最中, 年整然たる秩序を, 年數これらと異なる, 年文一郎が二十一歳, 年文三が十五, 年文久三年である, 年文久三年七十二歳の高齢, 年文久二年の夏, 年文亀二年に門弟宗長, 年文化丙子に京水, 年文化八年に官蔵, 年文化八年十二月十日で当時六十七歳, 年文化十三年丙子に至つて, 年文化十三年四月及五月である, 年文化十年まで庄左衞門健在, 年文化四年に七十一歳, 年文化宣伝列車にのりこん, 年文字通り一家の雑用, 年文学博士となる, 年文学少女なの, 年文学座が誕生した, 年文学者や評論家七, 年文展会場で藤原時代, 年文政二年の三度, 年文政八年十二月十一日に裁, 年文政十二年に水戸家, 年文明五年慶長五年の諸, 年文書に上州平野村長吏九郎左衛門, 年文武天皇が右大臣阿部, 年の陳恒, 年斑鳩宮焼打ちの際, 年斗満の山中, 年の雑薬, 年料雑薬の条, 年の入れた, 年断絶したこと, 年新し狂院鉄の, 年新たに戸, 年新兵を駆り集め, 年新富座一月興行に於い, 年新富座附の茶屋三河屋, 年新富町の劇場舞台開き, 年新島君のなお, 年新年号に志賀直哉氏, 年新春早々から取り掛かりました, 年新暦七月十五日南ドイツの鉱泉地バーデンヴァイラー, 年新版の, 年新田勢が朝命, 年新田義貞を輔, 年新田義貞卿が北條高時, 年新聞を経営, 年新聞社に入る, 年新進作家だった, 年方前からは打つ, 年於此故詩中及之, 年於茲而以病脚在家未嘗面謁, 年於茲茲譜尚書細繹所聞而識之曰尚書者述五帝三王五伯之事蠻夷猾夏王降爲覇, 年から旅, 年旅先で不慮, 年旅烏の身, 年旌表せらる, 年に漢室, 年旗下人の家, 年う電車, 年日曜のほか外出, 年日月の築いた, 年日朝述で寛文六年, 年日本人は鬼, 年日本全体で七艘, 年日本全土にしかれ, 年日本政府に電報, 年日本文学史を書く, 年日本書紀に依れ, 年日本水泳は長距離王国, 年日本美術協会が生まれ, 年日本軍閥の中国, 年日清の戦役, 年日米間にあった, 年日蔭町で七円, 年日誌を寫す, 年日野俊基が山伏姿, 年旧恩の親, 年旧暦六月二十六日の午すぎ, 年旧暦四月に彼, 年旧知三百石で召還, 年旧知古川緑波君がたしか, 年早々將軍家から土井大炊頭利勝, 年早いのである, 年早めてしまった, 年早夏号の私, 年昌造十七歳のとき自殺, 年昌造贈位の御沙汰, 年明ければ彼女, 年明け暮れただ忙しく復興, 年明応七年に三十四歳, 年明教館にお, 年明日をも知れぬ, 年明治三十六年九月東京冨山房から開板, 年明治三十年頃には立派, 年明治二十七年仙臺から始めて, 年明治二十三年から五月一日, 年明治二十五年に単行本, 年明治二十八年私が二十一, 年明治二十年に栃木町, 年明治四十四年十一月にこの世, 年明治四年迄に全, 年明治大帝最初の特別, 年明治戊辰の年, 年明治改元の前, 年明道年間に死んだ, 年易数を学びた, 年昔仙台の高等学校, 年昔時にお, 年昔築地の方, 年昔話が流行, 年から星, 年映画界にあまり, 年春の作から昭和五年春, 年春クスコに攻め上り, 年春クスコ高原に帰着, 年春プロレタリア文学運動が自由, 年春マラッカに着く, 年春メキシコに帰り, 年春三月三十日二上山の賦一首, 年春三月伊豆守江戸に參覲, 年春三月工部尚書厳震安南, 年春三月難波宮に行幸, 年春主人が欧州, 年春二月十有一日例年の如く米子, 年春二月参宮の時, 年春二月藤原宮から寧楽宮, 年春二月詔すと, 年春二月陸奥で始め, 年春五十二歳のヘンデル, 年春以来の朝幕一和, 年春以来兄弟盃の間柄, 年春以降大いに甲府, 年春信歿するや, 年春光麗な一日, 年春出処不明の大, 年春厳重な沙汰, 年春四月の末, 年春四月徳島を去り, 年春夏の交, 年春大船在山崎, 年春大阪北の新地, 年春小田原攻囲中信玄動くと, 年春帰京高円寺にいた, 年春建文帝東行したまい冬十月史彬, 年春文学に耽り, 年春文學博士の學位, 年春暖漸く催, 年春朝日新聞の安藤正純氏, 年春期の総会, 年春期展に, 年春正月一日因幡国庁に於, 年春正月三日侍従竪子王臣等を召し, 年春正月三日孝謙天皇王臣等を召し, 年春正月美濃と武蔵二ヶ国, 年春水年六十八孫元協を携, 年春河上に紹介, 年春浪華に, 年春満蒙旅行の帰途妻子, 年春独逸から帰来, 年春王正月大日本憂世子, 年春白龍庵有司の毀つ, 年春社会党は第, 年春秋田県大館の畜犬商, 年春頃より大乗院, 年昭和七年六月二十三日に姉, 年昭和二十年いやもう, 年昭和五六年の間, 年昭和六年に日本, 年昭和十九年昭和二十年いやもう, 年昭和十八年昭和十九年昭和二十年いやもう, 年昭和四年の刻印, 年昭帝の始, 年昭文堂刊行の, 年是真は二十四年, 年昼寝をし, 年時として百年にも, 年時代順に列べ, 年時勢の変, 年時雨の死去, 年の趙盾, 年晏川と清満, 年れて, 年晩夏八月十一日葛飾の新屋, 年晩春利根の下流, 年晩秋義昭に対して十七カ条, 年普仏の戦争後, 年普国と戦端, 年普墺戦争勃発するや, 年普選が成立, 年普選案が両院, 年景一が二男, 年景気の国, 年晶子が, 年無み一字, 年暑中歸郷の途中, 年暮いっぱいに目的地, 年暮うちに山, 年暮げしきが色めい, 年暮ごろから酸い, 年暮してるよりかもっと, 年暮らしたのかと, 年暮らすうち鮟鱇の, 年暮れぬ笠き, 年暮れんとす, 年暮内もなるべく, 年暮春小田原より東京谷中天王寺墓畔, 年暮立ちに各, 年曲輪の水, 年更けてから用, 年書いている, 年書写古謡集, 年書家の影響, 年書生上がりの我ら夫婦, 年書記長の異名, 年曹操は大軍, 年最も少しと雖, 年最上氏改易後はほとんど, 年最初朝鮮へ行つた時, 年最好時, 年最高四〇三だったのに, 年も日, 年月日時刻の四つ, 年月日西岡時彦写之お, 年月詣りを, 年月賦土地附家屋で東京, 年有らうとも思はれぬ, 年有りて今, 年有余二高の教授, 年有余教育も先方, 年有余転地療養せしこと, 年有余馬鈴薯の御馳走, 年有効であったし, 年有半朝夕先生の謦咳, 年有半私を孤獨, 年有半蒐集及整理漸く終, 年有名なアルプス, 年有明海のトッポ貝相手, 年有爲の士, 年有餘先生に師事, 年にながめ, 年朝日新聞に, 年朝日新聞記者栗島狭衣君牛込下宮比町, 年朝賀の樣, 年期間にわたってついに, 年期限で賃貸, 年木剣を持った, 年木村と連れ添う, 年木樵木の香, 年未だに道を, 年未だ嘗て一言の, 年末これが私, 年末ごろから年々, 年末以来ソヴェートに於ける, 年末児はまだ, 年末兒はまだ, 年末古河が仏蘭西, 年末少尉任官とともに山形, 年末徳川幕府は全国, 年末日本共産党が公然, 年末日露戰役の最中, 年末期の, 年末条にはその, 年末松崎天民氏歿後の雑誌, 年末法万年合計一万二千年であります, 年末独軍の屈服, 年末空襲の気配, 年末竣成して, 年末義元の義弟, 年本丸老中となる, 年本因坊を持続, 年本国へ送還, 年本当の飛行機, 年本所緑町の家, 年本科が二年, 年本郷からわざわざ, 年本院再築の時植付, 年朱楽菅江唐衣橘洲四方赤良ら青年狂歌師の輩出, 年朽ちざる書と, 年杉田庄三郎などはもう, 年李遇の一族, 年村上天皇御宇の記述くら, 年村人は残らず, 年村人たちは教会, 年条約改正騒擾の際, 年来た事が, 年杪冬の十二月十五日, 年東京ニ歿シ雜司ヶ谷ニ葬ル先生ヲ景仰セル土井英一, 年東京大学で十五年, 年東京女子医専を卒業, 年東京専門学校の名, 年東京市会議員選挙に立候補, 年東京帝国大学前のパン店, 年東京府が孫, 年東京神田橋外での献扇事件, 年東京赤坂で生れた, 年東京醫學校を出られる, 年東北旅行に出た, 年東常縁から, 年東支鉄道問題が起っ, 年東海岸のキリマネ, 年東都の仮, 年松ナリ諸山幽谷ニ生ズ高野ヘ至モノ必ラズ釆帰ル山下ニテモ此草, 年松下見林は, 年松千代はもう, 年松向寺殿も御, 年松山に帰省, 年松年幸野楳嶺岸竹堂今尾景年森寛斎森川曾文等諸先生, 年松戸の五郎蔵, 年松本隣太夫茨田軍次白井儀次郎入門す, 年松長二寸許葉似側栢蔵篋笥中, 年松陰左内ら刑死せる年, 年板アストレイの, 年板アボットの, 年板アンリ・エチアンヌの, 年板ウィルキンスの, 年板エヴァンスの, 年板ガーネットの, 年板ギルの, 年板クルックの, 年板コックスの, 年板コラン・ド・ブランシーの, 年板コラン・ド・プランシーの, 年板コンウェイの, 年板シーフィールドの, 年板スコッファーンの, 年板スペンスの, 年板デ・ウィントの, 年板トザーの, 年板ドシャンプルの, 年板ドルーリーの, 年板ハズリットの, 年板ハミルトンの, 年板ブリンケンベルグの, 年板ブリンケンベルヒの, 年板ボムパスの, 年板マーチンの, 年板ムーラの, 年板モニエル・ウィリアムスの, 年板ライトの, 年板ラルストンの, 年板ランスデルの, 年板ルガーの, 年板ロイドの, 年板ロスコーの, 年板ワイツおよびゲルラント, 年板ワーナーの, 年板其碩の, 年板増舎大梁, 年板永井堂亀友の, 年板英訳ラツェルの, 年板貞室の, 年林中に, 年林氏の門人籍, 年枚数にし, 年果して太き芽, 年枯れの堅薪, 年でございますから, 年といひ, 年柏岡伝七塩屋喜代蔵入門す, 年柏軒三十七回忌に営まれた, 年某国某所のナイト, 年某月である, 年某月二十六日に寂, 年は九年, 年柳湾は七十五歳, 年柳生家との間, 年柿八年柚は九年, 年栃木県下都賀郡で生れ, 年栃木縣の統計, 年栄華の極み, 年根気よく勉強, 年根津左衛門が霊, 年格恰だが, 年の花, 年案ロートリンゲン以東は守勢, 年案内者をし, 年桐座の, 年は郷試, 年桔梗河原に於い, 年桶・年の鉢, 年梅渓書院の刊本, 年がタッタ百円, 年森下雨村が, 年森寛斎森川曾文等諸先生, 年棲めり初めは, 年たが, 年植向仙壇上早晩移植到梵家, 年検見役人に尾, 年楊応能卒し葉希, 年楠木正季らの手, 年業大に進ん, 年楳嶺先生の塾, 年く気散じ, 年極月主膳獨り座敷, 年極月二十八日であった, 年極購読予約券を売りつけ, 年極購読者に限っ, 年楽天氏のアトリエ, 年楽譜屋につれ, 年榊原氏の臣, 年榊原遠江守政令に聘せられ, 年榛軒二十八柏軒二十二長十八, 年榛軒長安の歿後五年, 年の鬼, 年様子を見る, 年模範的な休養, 年樣子を見る, 年権力者の平家, 年権右衛門は一万円, 年横山城にあっ, 年横浜の教育界, 年横網町の安田家, 年樺太を巡回調査, 年樺太巡回の後, 年の梅干みたい, 年次ぎは十二, 年次男孫六歳にし, 年欧州の空気, 年欧州戦争の前, 年欧州諸国の仏国, 年欧洲一般の風潮, 年欧行の船中, 年欲しいと思っ, 年欲しい欲しいと思っ, 年歌麿につき, 年歐羅巴ハンガリーの都ブタペスト, 年歓喜の寃家, 年正中元年もほどなく, 年正則が広島, 年正味十七ヶ月ばかりでした, 年正和元年に為兼, 年正四位下で卒, 年正嫡わづか, 年正徹三十七同二十七年今川了俊, 年正成がみかどの召, 年正月これも朝鮮, 年正月ショパンはとうとう, 年正月ヂウに赴き, 年正月一日から霊山寺, 年正月七日別時念仏の間, 年正月七日越後の国塩沢, 年正月三日に歿, 年正月三日崩りたま, 年正月三日徳川殿謡初にかの兎, 年正月上旬芝邊の寺町, 年正月下諏訪温泉の亀屋, 年正月中に婦, 年正月中リマを出立, 年正月九日北陸道鎮撫総督として高倉永, 年正月九日長逝す享年四十六歳, 年正月二十一日世間並の尼女房達, 年正月二十九日建武と改元, 年正月二十九日調べの内地人口三千三百十一万〇七百九十六人, 年正月二十五日午の正中, 年正月二十五日明応元年十二月二日同二年十二月二十日等, 年正月二十日に氏政, 年正月二十日粟津原頭黄茅蕭条として日色, 年正月五日従四上同二年十二月九日正四下, 年正月五日智学田中先生の懇招, 年正月五日正五下同二十九日任右中将, 年正月京都においてできた, 年正月俄かに浅沼郡檜垣御坊, 年正月元日の日附, 年正月元日伊勢怪異の由, 年正月元日氏郷は木村父子, 年正月入隊の衛生兵全部, 年正月六十九歳で死んだ, 年正月六日正五位下翌仁平元年正月六日従四位下, 年正月写之と達筆, 年正月出板土冏然の漢文, 年正月十一日柳營之御會と題した, 年正月十三日藤原基経歿す, 年正月十五日崩りたま, 年正月十八十九の両日, 年正月十八日本郷丸山本妙寺から起った, 年正月十六日生であるから, 年正月十日のこと, 年正月十日天皇濱主を清涼殿前, 年正月十日頃にあたる, 年正月四日となっ, 年正月四日条に, 年正月四日石上朝臣宅嗣の家, 年正月大白昼見えしこと, 年正月大福帳を演じたる, 年正月天下諸国に詔, 年正月奈良の都, 年正月島原の乱, 年正月廿一日の條, 年正月廿八日の出來事で祕閣, 年正月彼が股肱, 年正月故郷仙臺にある, 年正月末源義経主従十七人が山伏, 年正月本郷丸山からの大, 年正月江戸で調印, 年正月燕の先鋒李, 年正月秀吉かの滝川一益, 年正月稽古始に男谷道場, 年正月美濃に入っ, 年正月自ら島原に出陣, 年正月自分の借りた, 年正月萩を発し, 年正月遽かに果, 年正月酒井忠恭は播州, 年正月長州の使者, 年正月長州貿易交渉を終えた, 年正月難波宮に行幸, 年正月雪の那須, 年正月高杉晋作の挙兵, 年正月鷹狩に名, 年正木の家, 年正統のミカド, 年正造隣村酒屋の番頭, 年此の方懐かしくて, 年此の方世話をした, 年此の方独身でありそのうえ, 年此の方自分と彼, 年此の方電気用の可, 年此三年の月日, 年此地ノ有志相謀リ其忘ルベカラザルモノヲ明カニシ併テ, 年此地菊屋ニ於テ舊痾ヲ養フ一時危篤ニ瀕スルヤ疾, 年此方地方自治體はやう, 年此方左前になり, 年此方誰もその, 年此日初把杯故末句及之, 年此来便りのない, 年此程漸く許され, 年此種ヲ大隅佐, 年此處に死す, 年此郷の士人碑, 年振熊, 年武光奏し奉りて, 年武周の延, 年武州児玉郡大幡から嫁, 年武揚はゆるされ, 年武者修行に出, 年武者小路実篤は, 年武門の尽くす, 年歳月人を待たず生き, 年歳次丁亥臘月の某日, 年歳次癸未十月十五日, 年歴た物で, 年歴ると虎, 年歸つて來なかつた老婦, 年歸朝する時, 年死に身に, 年死んだ北インド王ランジットシンは, 年死亡者はわずか, 年死去其月は不覚, 年歿年五十九とあり, 年殆ど日本の, 年殉教の血, 年段々借財が出来た, 年殺人癖から遠, 年母岩田氏縫を喪っ, 年母政子も従二位, 年母校に奉職, 年母親が重い, 年毎年正月元日に此處, 年毎日の山, 年毎日ユアンに接し, 年毎日新聞社主催で出版向上, 年毎日根気よく渡し場, 年毎日毎日お弁当, 年毎日顔をあわせる, 年毎月いっぺんずつ繰り返し, 年毎朝焼麺麭と, 年比うり尽しかり尽しぬる, 年比のをとこ, 年比ハワイに住, 年比叡の麓一乗寺, 年比売尽しかり尽しぬる, 年比日本郵船会社の品川丸, 年比独り判断の出来る, 年比田島金次郎翁が叡山, 年比私は一度, 年比米国船が伊豆, 年比良宮に行幸, 年比野大納言まだお, 年毛嫌ひを, 年氏親が黄金三両, 年民国今日の健児たち, 年民法その他の法典, 年民法編纂委員を命じ, 年民衆の大, 年気心一生ましてやお, 年気楽に住めるだろう, 年氣違ひに, 年水争いがあっ, 年水天宮様の縁日, 年水害をまぬがれた, 年水戸徳川家の増植, 年水汲みか何かでいた, 年水津家系図を所持, 年水無月の炎暑, 年水野家五万石で浜松, 年永いわずらいの, 年永き月日の, 年永く豐なら, 年永保三年まで約, 年永劫猶すすみ, 年永楽帝阿魯台, 年永機は三十七年, 年汁粉を口, 年求めて与えられなかった, 年求められていた, 年汎米連邦はばかばかしい, 年汝寧より獲る, 年江の島鎌倉金沢を巡覧, 年江府より因州家, 年江戸与力の先輩, 年江戸城へ使いした, 年江戸大火の惨状, 年江戸市中引廻しのうへ, 年江戸市中流行感冒猖獗を極め, 年江戸店が新, 年江戸灣に一隻, 年江戸町年寄三人の中, 年江戸芝で火あぶり, 年江戸金地院の開山崇傳, 年江戸附近で衰弱, 年江湖を開きたる, 年江西の節度使, 年池田京水の死, 年決して陛下の, 年沒勤王の志士, 年沒落した一家, 年沙翁の, 年没勤王の志士, 年沢山実のなった, 年沢庵が三十歳, 年河出書房発行の, 年河南北直隷, 年油断せば, 年治安警察法第五条, 年治部と知り合っ, 年泉さんが亡くなった, 年泉堺の富家, 年泊っていりゃ, 年泊つたおぼえの, 年泊つて居りア, 年に付帯, 年法典調査会において法例, 年法刑及び懲役, 年法師丸が十三歳, 年法律学校を卒業, 年法然六十五弁阿三十六の時吉水, 年法王ウルバヌス四世の批准, 年法王グレゴリウス十三世により, 年法王ボニファキウス八世軍を起し, 年法王マルチーノ四世多くのフランス人, 年法華経諳誦というごとき, 年波あれの時, 年波風にさらされ, 年泣拝という手紙, 年泥舟が明け, 年の東西, 年洋行して, 年洗馬に於い, 年津軽信政年十五歳で江戸, 年津軽家には代替, 年洪武元年十一月の事, 年は世人, 年活きていられるなら, 年活き延びたが天寿, 年活き延び生い育ったこの白山, 年であって, 年派手で鳴らしたカストリィ公爵夫人, 年流れて盡, 年流寓落魄の果て, 年流浪の果て, 年流行のイギリス調, 年流行物どころかしろうと, 年浅春長崎に少女期, 年浅草公園裏の吾妻座, 年浅草山の宿, 年浅野内匠頭が腹, 年浅野家があの, 年浅間山へのぼる, 年浙西の軍士周交, 年浜田より人, 年浦和県の官吏, 年浦安の釣, 年浪人が殖える, 年浪人暮らしの苦労, 年浮かんでいよう, 年浮き上ろうにもすでに, 年浮世絵は西村重長, 年浮沈興亡極まりのない, 年の日本, 年海外の日本, 年海外漫遊に出かけ, 年海岸で暮らす, 年海岸防禦事務取扱後の所謂海防掛, 年海犬養岡麿が詔, 年海舟が官, 年海軍少佐ガロウニンは本, 年海陸両路, 年消息を晦まし, 年液体だか, 年淨海が暴虐, 年淨火にと, 年深山に寒, 年深川佐賀町の洋品商兵庫屋藤次郎, 年のそこ, 年混乱して, 年淹留した, 年淺草に遊び, 年淺草公園の或, 年添寝をし, 年の乾隆五十九年, 年清子もいつのまにか, 年清川玄道の家, 年清盛にしろ, 年清盛太政大臣となった, 年渋江氏は本所台所町, 年減少しつつ, 年を養子, 年渡欧の船中, 年渡海するに, 年渡良瀬の大, 年測り知るべから, 年湖州の漁師, 年ではかったら, 年満州に対する日本, 年満州事変以来ポツポツ亜黄疸, 年満州事変当初の東亜, 年満期となる, 年源之助は団十郎, 年源十郎五十歳の頃, 年源吾を召し還し, 年溜めて呉れた, 年溯つて見る, 年溯れば文化十一年, 年滅賊計を失す, 年滑稽なこと, 年滯在して, 年滯留し獨逸, 年漁期に入る, 年漂おうと何十年, 年演劇の革新, 年は弐師将軍李, 年漢口に赴任, 年漢文の講座, 年漱石の, 年潜伏布教捜査に追, 年潜入して, 年澤柳政太郎などであ, 年激流に洗われ, 年尾大地震にも, 年火事があった, 年灯病院にかかっ, 年灯雑業こんな仕事, 年灰色の斑, 年多し先づ一, 年炎暑きびしく相撲取り的, 年に数十回鳴門, 年為兼はゆるされ, 年為家は二十四歳, 年為尹薨去の年, 年為氏六十五で薨ずる, 年烈しい暴風雨が, 年烈公が阿部伊勢守, 年のせー, 年肥料で, 年無利子で融通, 年無形文化財保持者に指定, 年無意識にも有, 年無数の鮮血, 年無沙汰して, 年無遮の大会, 年無駄飯を食う, 年ひ去年, 年熊本に落ちつくべく努めた, 年熊本郊外の岩殿山, 年熊谷直実と久下直光, 年熊野の藤, 年熱帯に住め, 年熱心な伝道者, 年熱烈な支持者, 年が眼前, 年燒嶽の大, 年の特権数, 年父信虎を姉婿, 年父信虎信州佐久の海ノ口城, 年父祖が徒刑, 年片山淳吉中村寛栗同訳, 年片山社会党内閣が成立, 年片時も忘れる, 年版行の青い, 年牛津大学に移る, 年牛蒡蓮根コンニャクの天婦羅, 年に入れられた, 年牧野康満によって改築, 年物四年五六年年なしなどと, 年物故蘭學者の欄, 年物質方面の多少, 年を六, 年状態の, 年狙っていた, 年独仏戦争に於ける, 年独美は母, 年独軍に蹂躙, 年独逸留学三四年帰朝目下ステージを去っ, 年独逸聯邦が騒いだ, 年独逸軍はマルヌ, 年が又, 年勉強を, 年続け所猟, 年めいた面貌, 年獄中に自殺, 年りで氣, 年獨身で來, 年獨逸ノガット, 年玄奘法師の一行, 年玄宗皇帝は長安, 年玄漁は十三年, 年玉さへも恐ろしき, 年玉井組の初, 年玉川の磧, 年玉貰つたあとからは天国, 年玉造町の役, 年王党の亡命者, 年王妃に次ぐ, 年王政復古政権統一総て革命的の気焔, 年王政維新の事, 年王莽が漢室, 年珍風景である, 年現住志摩鳥羽に移り, 年現在同国学校に附設, 年現在私は銀閣寺, 年現級に止まっ, 年琉球渡島後屡話し, 年琉球諸島の中, 年瑞典に遠征, 年瑞典王グスタフス・アドルフスは独逸, 年甚八は六十七歳, 年生い立つ楠の, 年生かしたそうだ, 年生かし置いて其の, 年生きつづけてきた, 年生きつづけないところに, 年生きてるのか, 年生きながらえてその, 年生きながらえるとしても私, 年生きなさるか分るまい, 年生きぬと聞い, 年生きのびた新年を, 年生きのびたであろうと言っ, 年生きようとは思いません, 年生きられたところで, 年生きられますもの, 年生きられようか, 年生き伸びてゐる, 年生き延びた聞こえ聾の, 年生き延びんがため, 年生き永らえて五十, 年生き続けて行く, 年生って誰だい, 年生まれ取って六十九, 年生れたばかりで, 年生れ寛政六年六十で死んだ, 年生れ当年五十八歳とは思へない, 年生家を離れ, 年生息不可能説が爆撃直後, 年生息不能説の本態, 年生死の海, 年生活した, 年生産量を更に, 年生誕一八五四年永眠の哲学者, 年を見廻り, 年田中が書きなぐっ, 年田中家ノ次女徳子, 年田原町で生れ, 年田平で火あぶり, 年田村麻呂を征夷大将軍, 年田植の人手足らず, 年田沼意次父子君寵を恃, 年田舍さ來てゐた, 年田舎碁打ちに誘惑, 年甲乙二組二年も甲乙, 年甲午の歳, 年甲子の正月七日八日, 年甲寅八月筑摩織部正則重は領内, 年甲戌の元旦, 年甲戌十一月二十三日と書し, 年甲戌四月九日鋳, 年甲組金曜時間割左の通り順序變更, 年甲羅を干し, 年甲辰四月廿一日なり, 年甲辰正月五日同渋江六柳, 年申五月朔日社友早矢仕氏, 年申四月学校出版の表, 年に至り, 年町奉行から天部, 年留り居予も, 年留学するという, 年留守居して, 年畢竟一春秋, 年番幹事の猪, 年番御用御年金, 年番方も庄兵衛, 年番肝入り名主の手當, 年番諸侯の屋形所在地, 年番附祭の例, 年異国交易御免以来の諸, 年異国船へ乗込む, 年異性からすっかり, 年異郷で腰掛ける, 年り續, 年當時くらゐに, 年當時二十二歳の周樹人, 年疚しくない生活, 年疫病諸村に充ち, 年疱瘡が流行, 年を得, 年病みて巴里, 年病床にある, 年病気全快之届, 年病院から一歩, 年痘科辨要板木を家元, 年の事, 年癩病小屋に潜伏中逮捕, 年癸丑米国軍艦が江戸近海, 年癸亥七月七日の病中乍臥, 年癸卯に卒す, 年癸卯十二月二十七日に当る, 年癸戌建之長谷川卯兵衛安備, 年癸酉霞亭三十四歳の時, 年発刊当時の, 年発行カモン将軍の, 年発行内務省地理局の印, 年発行大浦天主堂とあり, 年発表と同時に, 年は頑固, 年發行の, 年白歯を餌, 年百万円から二百万円, 年百三十でお, 年百三十七歳御陵は山, 年百三十歳甲午の九月九日, 年百二十三歳御陵は玉手, 年百二十円の掛金, 年百二十円以上無格社, 年百二十四歳でお, 年百二十四歳己巳の年, 年百五十三歳御陵は菅原, 年百五十年の耐久力, 年百五十年前の建築, 年百六十八という, 年百六十八歳戊寅の年, 年百六歳御陵は片岡, 年百円を費やさざれ, 年百十五円の頼母子, 年百合子十九歳のとき, 年百姓を役はず, 年百年ものいはぬ靜, 年百年以後のこと, 年百年以来の模倣, 年百年前の女性, 年百年千年と次第, 年百年幾百年と待ちました, 年百年後に延びる, 年百年目には世の中, 年百歳でお, 年百磅以上の収入, 年的名優尾上松助も嘗て, 年皆んなクラスクラスで同人雑誌, 年皆七八歳より十三, 年皆競ツテ美人ヲ蓄フト, 年皆虧の蝕, 年皇后御病い, 年皇居をおく, 年皇帝の位, 年皇帝ハインリヒ六世の妃, 年皇祖皇太神宮, 年の頃, 年盛夏アロハは流行, 年盛夏多磨第一回全国大会, 年盛夏常陸大津の海岸, 年盛夏自分達の季刊誌, 年監獄におかれた, 年監禁生活をさせられ, 年目こんど東京へ引つ越す, 年目すなは, 年目それまでの運命, 年目だつて人はいふ, 年目わたしは執筆, 年目マニラやバターン, 年目モスクワにウダールニク, 年目一七九三年の夏, 年目一四三二年に明, 年目一尺七寸余六百三十匁十年目で一尺九寸余八百五十匁, 年目七年めの七月七日, 年目三十五年夏六月皇后磐之媛命, 年目三港貿易の開始, 年目中に彼ら, 年目二十年目に日光東照宮, 年目二年目から二年半, 年目五年目に洪水, 年目人文すべて革まったが, 年目今はたしかに, 年目仕事の都合, 年目付役に累進, 年目元日に半, 年目兄の幸太郎, 年目兄弟が敵討, 年目六十年目に屹度來, 年目六年目でもう, 年目六月の或, 年目兵馬は十六歳, 年目前借もあらかた, 年目四ねんめあたり, 年目四年目に閏月, 年目天平もすでに, 年目実之助, 年目山上の会合, 年目巡環説などはその, 年目当初において従来, 年目思いもかけず, 年目文化十四年に記念, 年目明し小頭の下役, 年目明治十年四月三日に両国中村楼, 年目東インド会社が出来る, 年目此の粗末, 年目毎ニ借地料ノ評價, 年目父の死, 年目現在の場所, 年目生麦で西洋人, 年目申分なく仇, 年目百年目に此那, 年目立つやうに, 年目自分が六十六歳, 年目航海術の伝習, 年目覚悟はよい, 年目謙信もまた, 年目赤坂から吉野村, 年目頼朝が伊豆, 年目黒にい, 年直義さまが大塔, 年相国摂政の世, 年相州三浦三崎で船大工間宮平次, 年相州浦賀に異国, 年相州逗子に過ごした, 年相当一人の紳士, 年相模野の林間, 年相當な會話, 年相累りて, 年相継いで他界, 年眞志屋の火災, 年眞黒になつて日, 年真中の一つ, 年真船豊の, 年は三十七, 年矢島優は札幌, 年矢川文一郎と分離, 年矢張窃盗で京都地方裁判所, 年矢田部教授が大学, 年昨雨窓無聊偶念及之, 年矣憺夫有詩, 年矣頃日賃得一屋復還, 年知らぬまに, 年知命の年, 年かくて, 年短篇小説でオーヘンリー賞, 年に架, 年石狩國に移住, 年石田三成兵を挙げ, 年破天荒のこと, 年なり, 年碧血の恨, 年が下総国佐倉, 年示寂して, 年社会民主党の創立, 年社会民主労働党が結成, 年祇園の蒼求, 年祇園御霊会の神輿, 年祖母の棲ん, 年祖母祖父上の年忌, 年とか餅, 年祝宴に行く, 年祝祭を記念, 年神・年徳神など称, 年神主であり春日, 年神仏混淆の時, 年神代時代よりございます, 年神前に拝み, 年神戸の病院, 年神様の来訪, 年神田錦町の錦輝館, 年神農の像, 年神迎への文言, 年祟ったからねえ執念深, 年祭そのものは公使館, 年祭二月はアレクシス・トルストイ, 年祭当日アメリカの共産党, 年祭方々に赤い, 年祭紀念会の補助, 年禁闕を守護, 年禄二百石が来, 年福井市内屈指の紙商, 年福亮と同人, 年福沢諭吉が, 年に少し, 年私大病をした, 年私案は仏国側, 年私講師としてのフィヒテ, 年秋シベリヤ経由でドイツ, 年秋リルケは一人飄然, 年秋上州富岡某氏別荘にて, 年秋中旬信州から飛騨, 年秋中村鴈次郎と相, 年秋予和歌山近傍岩瀬村の街道傍, 年秋二十二歳の時一高, 年秋以來友人なる細野次郎氏, 年秋以後民主的評論家の陣営内, 年秋以来アメリカには農村恐慌, 年秋僕西洋より帰, 年秋八月に皇后日葉酢媛命, 年秋八月他の艦艇三千余艘, 年秋八月近松門左衛門机竜之助, 年秋冬以後の作, 年秋十一月九州に遊んだ, 年秋十月十六日常毛二州, 年秋博文館から在, 年秋名古屋月見坂にて, 年秋執筆のもの, 年秋帝王の都, 年秋政府は富農, 年秋文部省が各, 年秋日露戰役の最中歸朝, 年秋東亜連盟協会なるもの成立, 年秋東宝名人会第一回公演, 年秋松江の招魂祭, 年秋桜の文身, 年秋水が翻訳, 年秋河北新報に連載, 年秋湯河原ニテに連絡, 年秋私の途, 年秋詩の宣言, 年秋都下洪水の時, 年秋都新聞へ書かれた, 年秋関東軍参謀副長として着任, 年秋隅田川暴漲の事, 年秋鳥島海戦が終っ, 年秘められていた, 年称号廃止当時の数, 年移つて漸く長, 年移り所変わり人, 年移る間に, 年稀代の拗ね者, 年程しか一緒に, 年程というものフランス語学者や, 年程にも思える, 年程を經て, 年程度以下だ, 年程後斯少し下流愛宕, 年稍組織らしいもの, 年の過少, 年種子は四十五, 年稱徳帝の始, 年稼いだからってこれ, 年の豊凶, 年穀粒と名, 年穀豊かならず疫癘, 年なりといえ, 年積みて処世, 年積んで六石, 年積学もふ, 年穏やかでたのしい, 年穩和なる所, 年つるしといふ, 年の美し, 年突如推算的に, 年窃盗のため, 年窪川さんが獄中生活, 年立たなくてはなりません, 年立ちん坊をつづけるだろう, 年立ったらとうとう卒業, 年立ナリ蛮産ナレドモ今ハ, 年竜子はもう, 年竣工北白川宮の台臨を仰い, 年という者, 年童貞院の基, 年端午の節句, 年の節, 年竹内式部が山崎流, 年竹村書房から小説集, 年竹琴を発明, 年の音, 年第一高等学校に入った, 年筆ハイトンの, 年等栽は二十三年, 年筋違見附を取壊し, 年筒井伊賀守役宅で宣告, 年箱館に拠っ, 年範囲の間, 年築地小劇場に於, 年籠って研究, 年籠城して, 年を舂く, 年米人ハリマンに招かれ, 年米人技師ガンブルが上海, 年米国ニ留学セシ男ガアイリッシュノ若キ女, 年米国図書館協会総会においてこの, 年米国政府が普通郵便物, 年米国海軍南極探検隊による爆発試験, 年米国艦隊の江華島事件, 年米国軍艦浦賀に入り, 年米國ミンガン州アナバー市で松平康國氏, 年米寿を祝ひ, 年粒々苦心の結晶, 年に入り, 年精勤の報酬, 年精進苦行した, 年などの整然, 年糖尿病を病, 年紀伊の十三万人, 年紀元節の憲法発布式, 年紀州におり, 年紀念會を開く, 年約束で前金, 年紅葉山人は明治三十六七年, 年納めればすむ, 年紐育より仏蘭西, 年に包ん, 年級ぢやつた, 年級九歳から十歳, 年級全体が一つ, 年級受持の河野老人, 年級甲組の一番, 年級程度の学習, 年素子と二人, 年終了で一中, 年終戦後の御作, 年組合に入っ, 年経たいたこの耳, 年経たねえうちに, 年経たる紙の花輪, 年経ちしてゐる, 年経ちますわ, 年経ちますると枝, 年経っただね, 年経つたつてやはり, 年経つてから聞きました, 年経つて後にはヴォルテール, 年経つる苫屋も, 年経とうがそれだけ, 年経ぬ樹木とても, 年経ルママ思エドモ山河ヲ隔テ, 年経済年度から一九三三年, 年経済恐慌のとき破産, 年経済界が一先ず, 年結婚一〇という比率, 年結婚当りの年出生数, 年結婚生活をした, 年結婚者数は結婚, 年給一人は一万五千ポンド, 年給三十両内外であるのに, 年給二十両であつ, 年給四十両であつ, 年給百両の通番頭二人, 年給百五十両であつ, 年絲満などと悪く, 年絶えて帰省, 年絶えず考へつ, 年絶対安静を云いわたされた, 年絶無であつ, 年經たるや, 年經つたつて判るもの, 年經つたつて一本の職人, 年經つたつて熊吉が擧, 年經つた後で二人, 年經つた此年の夏あたり, 年經つて了ひ私, 年經つて今の女房, 年經つて作物が出, 年經つて元の子, 年經つて其墓を開く, 年經つて夫が腦溢血, 年經つて女房は亡くなりました, 年經つて後取るの, 年經つて志願兵で赤坂, 年經つて此根が腐つ, 年經つて歸つて來た僞首, 年經ツた, 年經過して, 年継いで呉, 年日本後紀巻十九, 年続いてると云つて, 年続きで苦しんだ, 年続けるなら恐ろしい原子病, 年綛糸製造高は一ヵ年, 年同盟の, 年緒方塾でへんな, 年練磨に練磨, 年の下, 年縉雲の陳由義, 年繁栄して, 年織田家が信秀, 年織田豊臣氏が五十年, 年繰りを誤る, 年繰り上っていたら, 年繰り延べることと, 年に七千六百フラン, 年纔二十五府下識与不識, 年を赦され, 年罪過の苦痛, 年置いた明和五年の, 年置けばと申す, 年罰金九百円に処せられ, 年寄人中へ, 年羅馬がまだ, 年羅馬伝教師シロテの来り, 年美し町の, 年美人とき, 年美作津山におこった, 年美濃巨勢村の山雨, 年美的百姓が露西亜, 年群集大いなるによりて, 年義和団の蜂起, 年義和團の蜂起, 年義母に死なれ, 年義隆を殺した, 年羹堯の女, 年羽柴秀吉の四国攻め, 年は青年五人, 年習ったところで, 年習つたつて駄目だらうよ, 年習志野の演習, 年習慣的な不動, 年老いたことを, 年老けている, 年老けるのを, 年老子の思想, 年老樹しげりて, 年老死した後, 年考えたって長, 年者らが茶屋遊び, 年而立の年, 年耕地面積は戦前, 年聖人の書, 年聖武天皇奈良の御殿, 年に約, 年肇国以来の皇謨, 年の落ちた, 年肉身から肉身, 年肺病全快広告としてあらわれた, 年背負っている, 年く道徳, 年脚気になった, 年脱稿された, 年を病ん, 年刑の, 年ぬけ同様, 年膝元を離れ, 年臘月朔日の雪, 年臥床ヲ余儀ナクサレテイル病人, 年臥薪嘗胆をし, 年臥薪甞胆の事件, 年臨時工の金ちやん, 年自ら来って, 年自ら総理大臣と為り, 年自ら總理大臣と爲, 年自分自身で恥じない, 年自動車を買う, 年自由と民権, 年自由党内閣成立するや, 年至裸國黒齒國使驛所傳極於此矣, 年致せば多門, 年舊知の花井博士, 年舎東の, 年舞以後ある大, 年航海を学び始めた, 年をとっ, 年の咲く, 年花季の戦火, 年花月二日の通牒, 年芳幾が一枚絵, 年の下, 年苗字帯刀を許され, 年若い美しい方たちが, 年若かなのと, 年若くあつたから, 年若けりゃア物に, 年若な方を, 年若干の福利, 年若者だけ淡い, 年苦しんでいる, 年苦心経営の末, 年苦戦健闘のアメリカ, 年苦節の大, 年苦行三十五歳にし, 年苦難の生涯, 年英国倫敦発刊の某, 年英国北部ノ一寒村タル, 年英国最後のサクソン王ハロルド, 年英文科を卒業, 年英船浦賀湾に入る, 年茶及船舶製造に従事, 年茶山は寛政四年, 年草いちはつ狐の行灯, 年草花なし爾者雑組衡嶽志, 年草金徽草吉祥草といへり爾者此草当山, 年草高野山大師の御, 年荒れた舌に, 年荒木村重のため, 年荒海を航海, 年菟道弓にて怪しき, 年華嚴宗を始め, 年華族会館で講演, 年菲才を以て君, 年萬治三年に入, 年著す所西遊勝覧詩あり, 年著者二十一歳の時, 年葛飾へ移る, 年葛飾小岩の紫煙草舎, 年蓄積のうち, 年蓋し七十に, 年蔡元定と寒泉精舎, 年蔵人が江戸, 年蕪村臨終の直前, 年薨去七十三四歳位であらせられた, 年薩摩領寶島でも上陸, 年薫育をうけた, 年薬草の匂い, 年藤原公利が介, 年藤原氏滅んで, 年藤原純友が伊予, 年藩政が気に入らぬ, 年藩校進脩館の興る, 年藻草をせせっ, 年蘇我氏は中大兄皇子, 年蘇格蘭のエディンバラ, 年蘭軒五十二妻益四十六榛軒二十五常三郎二十四柏軒十九長十五, 年蘭軒歿後第十二年, 年蘭陵の令, 年蘭館長ヘンドリツク・ヅーフが本, 年虎之助ももう, 年號年數は殘ら, 年を殺し, 年と犬, 年蛾眉に登り, 年蜀山人七十五歳を以て逝く, 年蜀山人四十に達し, 年が大きな, 年蜚ばない鳴かない, 年といつ, 年蝦夷繪鞆沖に一隻, 年漏をわ, 年衆議院議員を勇退, 年行きて, 年行くや耳掻, 年行ったぎりで仮名も, 年行つた男が, 年行つて來るの, 年行信法師の奏聞, 年行年二十二の時, 年行幸のあった, 年行脚の旅, 年行衛が解らなく, 年衛青が歿, 年袈裟という人妻, 年被りました僕のを, 年裕福で安, 年の葡萄酒, 年襄年十八叔父頼杏坪に従つて東遊, 年襄父の病, 年西ヨーロッパに亡命, 年西南の戦争, 年西南役の歌, 年西南戦乱に伴, 年西印度および墨西哥, 年西方に大, 年西暦で云, 年西暦一五〇七年に該当, 年西暦一四四〇年頃に鉛活字, 年西暦七百十九年に吐火羅, 年西暦七百十八年に瞿摩悉達, 年西暦七百四十一年に唐, 年西暦六百三十八年に大宗, 年西暦千九百四十年全世界, 年西班牙旅行以後のもの, 年西町から仲御徒町三丁目, 年西紀前一世紀頃, 年西蔵人の遊牧者, 年西遊の次年壬午, 年西銀座の, 年見ざるまに, 年見ず故郷の, 年見なかったろう私は, 年見なかろうが逢わなかろう, 年見なれた懐しい山, 年見るものきく, 年見果てぬ夢見あきぬ夢, 年視学をし, 年親ら罪人を訊問, 年親友の故, 年親子の者, 年親戚といふの, 年親房は宗良親王, 年親父ヤ兄ニ云イ立テテ外宅ヲシテ割下水天野右京トイッタ人ノ地面, 年観光紀游征塵録満洲, 年観察のもの二箇, 年る機會, 年角倉了以が高瀬川, 年解散させられた, 年言論文章で奮闘, 年計り以前のこと, 年計り前自分が所有, 年記どれもみな同日, 年記事本末傳記年表等の形, 年記念ドイツ劇壇ではシュテルンハイム, 年記念一万円の懸賞, 年記念切符ではじめて, 年記念号に私, 年記念大赦令が出る, 年記念式典に上京, 年記念日のため, 年記念日小学校中学校は休, 年記念日方々で色々, 年記念法要にもむろん, 年記念祝典が行, 年記念祝賀会が大, 年許して又, 年許以前のこと, 年詔曰倭王世子興奕世載忠, 年詔曰倭讚萬里修貢遠誠, 年の好き, 年の後, 年語りて尽くすべからざる, 年語りつづけても容易, 年語り合っても理解, 年誤魔化してみ, 年読んだことが, 年読売新聞に連載, 年課程の尋常中學校, 年調べたところで, 年調印現行条約の濫觴, 年調査の, 年調練させて, 年調馬師として七年大佐, 年諸侯の妻子, 年諸国に勅, 年諸国相謀りて, 年諸方ヘ頼, 年諾威の政府, 年ふ所, 年謙信はその, 年お稲荷さん, 年講師から一躍, 年講義生活を送った, 年せられて, 年っておっ, 年警視庁にいた, 年議員以外の一切, 年議論しても, 年讃嘆し続けた藤十郎, 年讚又遣司馬曹達, 年谷村は三十八, 年にし, 年豊原市に二十人位, 年豊臣氏の臣, 年豊麗な腰, 年豕一疋神の肉, 年豫科三年本科二年の科, 年貞盛秀郷等に討たれ, 年財布を忘れ, 年貧しい小学校長の, 年貧困と戦い続けた, 年の納め, 年貯蔵が眼, 年貰って来た, 年貴方がた, 年買ってやった, 年買つた場所はストランド, 年が殖え, 年むべき, 年贅沢をし, 年贋造紙幣行使の嫌疑, 年贏得亦何為, 年赤坊までつれ, 年赤軍の文学サークル, 年起稿して, 年越え詣でで, 年越えしかば後, 年越しいたぶっている, 年越しいる客では, 年越しいろいろ怪しいこと, 年越しかかってやっ, 年越しくふう苦心し, 年越しだつた, 年越しだまされつづけて無用, 年越し会わなかった友達の, 年越し住んでいる, 年越し口もきいた, 年越し寝た切りの, 年越し思いあったというえらい, 年越し思ひに思ひ, 年越し惚れて惚れ, 年越し払わないそうで, 年越し掛かったのです, 年越し探し拔いた, 年越し溜めて主人, 年越し溜められた上白雲頭から, 年越し荒した跡を, 年越し読んでいる, 年越し附け廻したこの娘, 年越し馬鹿にされ, 年越ソバがない, 年越上野の花, 年越世間に出した, 年越中の国射水郡高岡, 年越中気でなくなった事, 年越佐七が泊つたこと, 年越十年も恋しく, 年越口説き廻した相, 年越外出も出来ず, 年越夢に見た, 年越奉公をした, 年越寵愛した自分, 年越州山陰家に豕, 年越日本中を遊歴, 年越来年あたりは高等学校, 年越此家に下宿, 年越江戸中を探し廻り, 年越男猫も抱かない, 年越私は忘れ兼ねました, 年越空家のまま, 年越蕎麦の長かれ, 年越行儀作法を仕込ん, 年越鉄道の方, 年越間がな隙, 年越馬鹿にされ, 年足かけ三十年ばかりの昔, 年足かけ四年に過ぎなかつた, 年足ずの間, 年足らずその間に取調べ, 年足らずつれそった勝家と, 年足らず一つの小屋, 年足らず前までは下水道, 年足らず私共の為, 年足らず経過した翌年, 年足利勢の細川兵部大輔, 年足利氏が百有余年, 年足羽山黄金舎に移る, 年足軽の万年貧乏, 年跡其許を妻女, 年踏み止まつて危機, 年踏切につとめ, 年に載せられ, 年軍務局で爆発物調査委員会, 年転々と居候, 年軽佻浅膚, 年辛い年貢を, 年辛く二十二青絲の, 年辛丑六月二日今日武佐より言上, 年辛丑正月五日の作, 年辛亥元旦の作, 年辛苦栽培の果樹, 年辞し千幡は, 年辰巳へ商い, 年辰月辰日辰刻の出生, 年辰正月と彫っ, 年農作の飢饉, 年農奴解放が行われた, 年農科大學, 年辺りを中心, 年迄には約八十年, 年迎えのしるし, 年クナルノニ歳月ヲ, 年近いつきあひで, 年近い間曽て不, 年近い間耕吉の放埒, 年近くあなたのため, 年近くやつたけれど, 年近くイギリスに暮し, 年近くモスクワではそう, 年近くラッサに潜伏, 年近く一生懸命に貯金, 年近く世の中から遮, 年近く世話になった, 年近く二階にばかり住ん, 年近く今でも村, 年近く兄弟以上の親し, 年近く冠つたでせう, 年近く別々に生活, 年近く労症を煩つた末, 年近く勤続して, 年近く勤續して, 年近く単身横須賀の山, 年近く太平の世, 年近く孟子の師, 年近く島原で勤め, 年近く平和な生活, 年近く広島といふお, 年近く後である, 年近く御無沙汰した揚句, 年近く政治に関係, 年近く様々の苦労, 年近く満州にいた, 年近く源吉の父親達, 年近く父の心, 年近く生命力のない, 年近く經つて因果が, 年近く翻訳にかかっ, 年近く舟木に連れ添っ, 年近く芝居を書い, 年近く長生きして, 年近く雙方不沙汰, 年近く馬に乗らない, 年近傍に古, 年近所へ避暑, 年近時に至り, 年近松秋江が徳田秋声, 年近江が乱れた, 年近衛河原のこの, 年近辺に製紙工場, 年近郷から湯, 年返りぬと聞く, 年迦葉佛弟子と爲, 年歓索笑虚日ある, 年追われずくめで, 年送ってあっ, 年送金をたのみます, 年逃げ廻りあの娘, 年逆賊とよばれ, 年逆転しても, 年逗留して, 年這い廻り続けたらどんなに素早, 年つた, 年通いつづけたお蔭で, 年通じて約, 年通ったことは, 年通詞西善三郎吉雄幸右衞門と共に和蘭文書, 年逝きし頃, 年かに降れ, 年造さんはコロリ, 年造立するところ, 年造船海運についての, 年逢って居る, 年逢わずにいた, 年逢わないでい, 年逢わなかったね, 年連れ添う御亭主, 年連れ添うた老爺さまと, 年連れ添っても子ども, 年連れ添つた妻の瑚, 年連れ添つても子, 年連添ふた妻, 年連添った祖母との, 年連載のもの, 年週期である, 年週期的循環がそれ, 年進士の試験, 年進士及第して, 年進歩党の成立, 年進歩黨の成立, 年遁世して, 年はれん, 年遊ばしてお, 年遊ばねばならなかつた, 年遊び翌大正八年五月, 年遊ぶのだ, 年運動としての形, 年運転士をつとめ, 年過ぎると, 年過ぎればこれ, 年過ぎ二年を過ぎ, 年過ぎ去ったそしてまた一年, 年過ぎ去らば我, 年過ぎ去りて, 年過ぎ最初の学年試験, 年過ぎ村人の代, 年過つか過たない, 年過去にさかのぼった, 年過去積年の圧迫, 年道照遷化火葬あり, 年道草をくったら, 年達者になっ, 年も寧そ, 年遠くベルリンでサモア, 年遠ざかっていただろう, 年遠山様設立のデデイル会, 年遠忌大祭の神事能, 年遡ることが, 年使上表曰封國偏遠, 年遣らなければ出来ないでしょう, 年遭わない内に, 年遺言書に, 年還暦の後, 年那賀郡黒地村の棟附帳, 年邦国の体裁, 年郊外を歩まず, 年郡上城で常, 年郡名整理のさい, 年都々逸坊仙歌が都々逸, 年酉歳の五月, 年の味, 年酒井重忠が武州川越, 年多道士, 年酷い腸窒扶斯を, 年醒雪臨風嶺雲洒竹一葉孤蝶秋骨と絶えず, 年釈尊は生まれ, 年里昂の初版, 年重っ苦しい過去, 年重なると君臣, 年重ねてこの, 年重慶の大竹善慶里, 年重成法師之を新造, 年重陽の佳日, 年野蛮草昧の世の中, 年の多分, 年金銅塔婆建立の供養, 年釣つてゐるといふ, 年釣られたと思召す, 年鈔僧慧萼将来により, 年を敲くだろう, 年鉱毒という原因, 年鉱毒調査会の設けられた, 年銀六枚を下さる, 年銀座の表通, 年の鉄鉢, 年銭形平次の捕物, 年氣に, 年錦橋生れて, 年錦橋八歳は享保二十年乙卯生, 年錦絵発明の後, 年亦之, 年鎮西の山川, 年鑛毒を知らず, 年長い扶養を, 年長う真暗の, 年長きは十年, 年長ければ五年, 年長六閣下のところ, 年長子元協年既に二十, 年長安に入り, 年長島の国立癩療養所, 年長崎郊外の戸町番所, 年長月二十九日母の身まかりし, 年長瀞に赴任, 年長田入道が惶懼, 年長男雄太郎を生, 年長篠の合戦, 年長谷で再び, 年長谷川卯兵衛建之, 年長谷川泰訳の, 年長野県の馬籠, 年とはいえ好む, 年閉門以後の慎み, 年開かぬ門を, 年開国以来のこの, 年開山道元に従い唐土, 年開戦瞬前に起っ, 年開眼供養の盛儀, 年閏一月には胆振, 年閏七月の朔日, 年閏七月十七日に歿, 年閏七月十三日に歿, 年閏七月四日に抽斎, 年閏三月八日を以て寂し, 年閏三月多治比真人鷹主が遣, 年閏九月十三日のこの, 年閏九月十日に歿, 年閏二月中旬花の早き, 年閏二月八日に神辺, 年閏二月六日生年四十八歳で法然, 年閏二月十四日に女, 年閏二月四日清盛は死ぬ, 年閏五月五日咸臨丸は無事, 年閏五月十八日から十月二十七日, 年閏八月十九日羽州秋田常栄院尊竜, 年閏八月十五日に正, 年閏八月十八日に八十一歳, 年閏六月二十日に七十二, 年閏十一月のこと, 年閏十一月二十五日に新, 年閏四月三十日不意に義経, 年閏四月廿八日大手勤番加番面番被仰, 年閏正月之例, 年閏正月十三日六十幾歳かの雛腹, 年閏正月廿六日の條, 年閑古鳥がない, 年閑居日清戦役後台湾の巡査, 年が飛ん, 年間作つた詩を自ら祭つた, 年間口をきかなかった, 年間山へ籠り, 年間近く私は, 年間野獸の洞穴, 年関家に尽した, 年関東へお, 年関東地方は雨天続き, 年関東大震災以前から既に, 年関西各地に於, 年闌けて武蔵野, 年闌けゆけば身, 年關ヶ原の功, 年阿波国板野郡神宅村の夫役帳, 年阿波藩の令, 年阿蘇山を越し, 年阿部主計頭殿後備中守嫡子運之助, 年阿部家の館, 年附いている, 年陋巷にうずもれ, 年限り停止触出し置きたれば, 年陛下栗原をお, 年陰暦九月十三夜が陽暦, 年陰暦六月一日午前八時頃一栄宅から大石田, 年陰暦十月の末, 年が僅, 年陸奥出羽の鎮護, 年陸奥国司の, 年陸奥守綱宗の逼塞, 年の目, 年隆中の岡, 年隊員十六名を失った, 年随分根気よく, 年隔てて元, 年隠し通して更に, 年隠岐島各村, 年隣春は十五年, 年雁屋信助に販売, 年雅塾の同門, 年雅衛は二十二歳, 年集会結社法で婦人, 年雇ったことの, 年雌雄両狐, 年離れてゐ, 年につけ風, 年雪声燈影両依然, 年雲南を出, 年雲飛用事ありて, 年雷火のため焼失, 年雷蔵の長寿, 年電信学校に入っ, 年需要は一千万タン, 年の上, 年霜月の十九日, 年霜月二十一日に行なわれた, 年霜月二日江戸丸焼けという大火, 年霜月十日は予て, 年霜月廿九日子の刻, 年霜月末に焼け, 年霧月十八日のこと, 年が降らなかった, 年露細亜詩人ベールィの作, 年露船松前に来り, 年露船蝦夷に到り, 年露西亜の帰途, 年露西亜使節の長崎, 年露領アストラカンの黒死病猖獗期, 年青しげれる磯, 年青柳の生活, 年青森県立青森中学校に入学, 年が鎌倉, 年静養したら本当に, 年面会できなくなっても, 年面倒を見, 年面白いものが, 年革命の起っ, 年革命劇場上演の, 年鞨鼓や簓, 年音信不通に相, 年音楽の都ウィーン, 年頃あそこで働いてた, 年頃あなたが屡, 年頃これをオックスフォード, 年頃そこには病院, 年頃どこかの刑務所, 年頃やつと技術的基礎, 年頃われわれが隅田堤, 年頃イギリスにいた, 年頃コルボーにルナール, 年頃ジェネバなるヘルチェン, 年頃スアヴェニウスはスコットランド, 年頃スウィスでプレハーノフ, 年頃タヴォイ市が創立, 年頃チリ辺の洋中, 年頃デビーが再び, 年頃バグダードで死んだ, 年頃ピヤノやヴァイオリン, 年頃フィレンツェに生る, 年頃フナロードの始, 年頃フランス全土を慄, 年頃ベルリン近郊の有名, 年頃ユニテリアン教會に出入, 年頃ラヴェンナの貧家, 年頃リッカルド既に實際, 年頃リースに宛て, 年頃レーリーは自分, 年頃ロシヤのパンパン, 年頃ロンドンで法律, 年頃ローマに生れ, 年頃ヴィタミン研究が歐米, 年頃一切の書物, 年頃上海で出版, 年頃世界の終焉, 年頃中村屋に務め, 年頃中野重治や百合子等, 年頃予がロンドン, 年頃二十六七歳の若, 年頃京都の林新助氏, 年頃人類の生活, 年頃仏国の旅行僧ジョルダヌス筆, 年頃以前は英国哲学, 年頃以後はドイツ哲学, 年頃佐川に西村尚貞, 年頃先帝の思召, 年頃先生の戯曲玉篋兩浦島, 年頃光井の土地六百坪, 年頃八十歳位の人, 年頃公表し故, 年頃刊行されたので, 年頃千葉先生は水色メリンス, 年頃単独で大西洋横断飛行, 年頃印刷されたもの, 年頃和歌山市にただ一ヶ所豚, 年頃団七から名題役者, 年頃団子坂の菊人形, 年頃團子坂の菊人形, 年頃境川の両, 年頃妻を娶り, 年頃安田一家がこ, 年頃官員小僧のにせもの, 年頃寺内にいい, 年頃寺子屋に行き, 年頃対州の親戚某氏, 年頃小岩村江戸川寄りの水沢地, 年頃小林清親翁が新しい, 年頃左翼への暴圧, 年頃帝政の世, 年頃年三十余歳の時, 年頃当時私は, 年頃意外にも服部平四郎, 年頃愛人を追って, 年頃憲法発布祭日の追憶, 年頃支倉がその, 年頃新たに英語學部, 年頃日本美術協会というもの, 年頃昌造三十七八歳の頃, 年頃東ローマのレオ・イソーリアン, 年頃東京奠都祭当日の賑, 年頃東京市中にダンス場, 年頃東京築地で生れ, 年頃東京麹町区三番町沿いの御, 年頃歌舞伎座へ, 年頃歐米の學界, 年頃死亡出生地は南津輕郡黒石町, 年頃歿した, 年頃江漢系統の洋画家, 年頃浅草の寺内, 年頃渋谷の御, 年頃渡来したまま, 年頃牧師コインビャーがふと, 年頃理由もなく, 年頃病気をし, 年頃白根が盛ん, 年頃百合子が弟夫婦, 年頃石井山本倉田などの, 年頃福沢諭吉が婦人, 年頃筑前守天平五年の沈痾, 年頃米国から日本, 年頃紀州日高郡の一村, 年頃紹介状をもらった, 年頃自ら手録した生いたち, 年頃自分の中学時代, 年頃舊江戸の東京, 年頃西久保副會長, 年頃言問の水上, 年頃遊牧の民, 年頃開墾されて, 年頃青鞜社の時代, 年頃非常に批判, 年頃韓国守備中に箕作博士, 年順良の生徒, 年として日本文化中央聯盟, 年所下文に, 年預かってもしまいに, 年預けることに, 年頑張ればどうにかこう, 年頻りに不登, 年頼嗣の繼立, 年頼嗣廢せらるの, 年頼塾を去り, 年頼政の旗上げ, 年頼朝追罰, 年頼朝富士裾野牧狩の時, 年に佛顏, 年を見, 年願念寺の隆法, 年顧みずにおいても忘れる, 年風邪を引かぬ, 年風靡したので, 年颱風におそわれた, 年飛び越しいちずに, 年飛鳥元興寺の僧道照和尚遷化, 年食いつづけようが食い切れない, 年食いつなぐ金が, 年食い込むか知らぬ, 年食ひつなぐ金, 年食物がなく, 年飯田河原で遠, 年ても三日, 年飼いならしてみせた, 年飾りをせぬ, 年ひ來つた, 年養い得たる我日本武士の, 年養い育て磨いたもこの, 年養われても三日, 年養和元年八月十五日に至っ, 年餘ロダンと交, 年餘經て興つた國, 年餘計に生延びた, 年餘身體肥るにつれて, 年ゆるに, 年首用の植物, 年首相西園寺公望が文士, 年香港の礼賢会, 年の疾走, 年馬役村田小吉の子, 年馬牧を青海渚中, 年馬琴に先んじ, 年馬琴四十八歳の春肇輯五冊, 年馬耳塞の黒死病, 年馬車馬のよう, 年馴染を重ねた, 年駅午後五時の上り汽車, 年駿河台に鵜殿甚左衛門, 年駿河国興津に生れ, 年騙りに引掛つて身上, 年騷擾市民の間, 年高人を讃, 年高力家は所領没収, 年高安月郊氏がはじめて, 年高宗皇帝の時, 年高崎城に幽閉, 年高座に乗合馬車, 年高橋清吾北沢新次郎の両, 年高皇后の崩ずる, 年高麗国の滅亡, 年にはもう, 年の嘉平三年, 年魚市潟といっ, 年魚市潟一帯が潮干, 年鯛焼を焼い, 年鳥居清満歿, 年鳥居龍藏氏同三十三年予輩, 年鳩山春子選挙演説を行う, 年鴈治郎に入門, 年鴨水霞関並各天, 年鵠沼にはまだ, 年鶴岡の城主最上源五郎義俊, 年鶴悉那の, 年鷹馬等を秀吉, 年鸞駕一たびも到らず, 年鹽田幸八の發行, 年鹿児島にわたって十七年間, 年を作る, 年麻布へ越した, 年麻疹を病ん, 年黄河の澄む, 年黄花未だ発せざる, 年黄龍旗が五彩旗, 年黒死病で亡くなつた, 年黒白兩黨の爭, 年に至りた, 年して, 年黙黙と下足番, 年黨與を率, 年齊衰は期, 年齋藤巡査と稱, 年齒彼より優る, 年齒最も若けれ, 年齒猶少その, 年齡ごろの女の子, 年齡さへ知らない, 年齡それは必ずしも, 年齡とつたら仕方, 年齡とつちやこつちの, 年齡ニ非ルト共ニ, 年齡七十四で薨去, 年齡三十七八恐らく相, 年齡二十の頃, 年齡制限はなかつた, 年齡層に對, 年齡性等々を理解, 年齡格好の小娘, 年齡環境に達しなけれ, 年齡生活環境文化水準等々を, 年齡的にも希望, 年齡程には見えない, 年齡順にき, 年はと云え, 年齢五十七歳のとき, 年は萬年, 年1組の副, 年2個月を經, 年3月高橋氏は新冠村, 年5月までそこ, 年7月までの間, 年8月には青森県町立田部病院, 年9月には白老町名誉町民