青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「屋~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

居りました~ ~居ります 居ります~ ~居る 居る~ 居士~ ~居間 居間~ 屆~ 届け~
屋~
~屋敷 屋敷~ ~屋根 屋根~ 屍~ ~屍体 屍体~ 屏風~ 屑~ 展~

「屋~」 37249, 370ppm, 264位

▼ 屋~ (13305, 35.7%)

100 前に 99 前を 82 二階に 80 主人が 74 主人は 72 店を 67 店に 62 前で 56 方へ 54 主人の 53 店の 46 ような 45 二階で 44 店へ, 店先に, 新助 42 主人に 41 おかみさん, 家の 38 二階の 36 娘で, 暖簾を 35 二階へ, 前へ, 娘の 34 娘お, 方は, 棟に, 身上を 32 店は 31 店頭に 30 方で 29 独楽を 28 前まで, 娘が 27 亭主は, 手に 25 店先で 24 ことを, 女房が, 小僧が 23 ように, 女房は, 店で, 店には, 旦那は, 若旦那が 22 主人も, 娘と, 娘を, 店さきに 21 主人と, 二階を, 亭主が, 旦那が, 若旦那の 20 店が, 棟を, 若い者 19 中に, 前の, 店先へ, 隠居は 18 方に, 裏に, 門を 17 お内儀, 主人を, 息子で, 番頭の, 裏の, 裏へ 16 お糸, 二階から, 奥の, 女房の, 娘, 娘は, 店から, 息子の, 棟の, 若主人 15 お内儀さん, お爺さんは, 亭主の, 旦那の, 看板を, 角を, 身上は, 隠居が 14 お勘子, 中で, 方が, 裏口から 13 お神さん, やうな, 名を, 家に, 家は, 方から, 番頭が, 間に, 隣に 12 女主人, 娘だ, 娘に, 家へ, 小僧に, 店も, 料理は, 軒に 11 やうに, 奥に, 家を, 手代の, 棟も, 跡取りに

10 [24件] お久良, ほうは, オヤジが, 一室で, 一室に, 主人, 先代の, 前には, 前は, 外に, 店先には, 息子が, 戸を, 方も, 方を, 旦那に, 爺さんは, 若旦那と, 跡を, 身上が, 身代を, 軒下に, 飾窓の, 養子に

9 [19件] ことは, 主婦の, 二階は, 大将は, 夫婦は, 女中が, 女中を, 寮へ, 屋根の, 庭に, 御主人, 番頭に, 番頭は, 看板が, 親爺は, 話を, 財宝は, 身代は, 隠居の

8 [31件] ために, ほうへ, 二階には, 亭主, 女の, 女房と, 女房に, 婆さんが, 婆さんは, 小僧の, 店先を, 庭の, 庭へ, 息子は, 手で, 旦那を, 棟が, 独楽が, 番頭で, 真似を, 職人で, 職人に, 若旦那は, 表に, 親父が, 財宝の, 門口を, 隣の, 隱居が, 隱居は, 飾窓に

7 [48件] おじいさんが, おやじが, お孃さん, お店, お柳, ことで, ことです, むすめ, 上の, 中へ, 主人から, 主人で, 亭主に, 亭主も, 倅の, 先代に, 内に, 内儀さんが, 前から, 声が, 女中と, 女中に, 妻は, 婆さんの, 嫁に, 家督を, 店先から, 店先の, 後は, 敷居を, 物干, 玄関へ, 男が, 看板に, 窓の, 縁側に, 者は, 者を, 職人が, 若旦那を, 若者が, 裏口へ, 親爺が, 跡取, 身上に, 軒を, 門口に, 雨戸を

6 [46件] おやじさんは, ことだ, ラッパが, ラッパの, 一家は, 主人だ, 主人や, 主翁, 亭主と, 仕事は, 仕事を, 伜の, 兄弟, 入口で, 内儀が, 内儀は, 前も, 喇叭の, 多いの, 奥で, 女房で, 娘だった, 娘も, 婿に, 寮に, 手代が, 手代は, 料理番が, 旦那, 横に, 横を, 爺さんの, 爺は, 独楽の, 琴責めの, 若旦那に, 親方は, 親類の, 遠助, 重兵衛, 門に, 隣りの, 離れ座敷, 離屋に, 露地, 顔を

5 [85件] あるの, ある町, おじいさんは, おじさんが, おせい様, おやじは, お上さんが, お園, お妙, お絹, お藤, ほうを, ようで, イヤな, オヤジの, 一人娘で, 一件は, 一室を, 三郎と, 上に, 中には, 中は, 主婦は, 二階, 亭主を, 仕事に, 伜が, 伜で, 住んで, 先の, 入口に, 入口の, 内へ, 内輪の, 出前持に, 出前持の, 厄介に, 名は, 土藏の, 大将が, 夫婦が, 奉公人の, 女房も, 女房を, 婆さんに, 嫁の, 子に, 小僧と, 山之, 帳場に, 店頭で, 座敷に, 庭を, 御隱居, 息子である, 息子と, 手へ, 手代で, 手代を, 持って, 新吉, 旦那と, 暖簾に, 株を, 棟から, 棟へ, 次男で, 灯が, 爺さんが, 男は, 番頭を, 看板の, 笛が, 筋向うに, 老人が, 職人は, 裏を, 親爺も, 話は, 軒の, 長屋に, 門口へ, 間の, 隱居の, 飾窓を

4 [146件] あること, おかみが, おかみさんに, おさい, おじさんに, おじさんは, おちゃっぴいに, おやじ, お爺, お爺さんが, お直, くせに, ことも, のれんを, ほうが, ほうで, まえに, ものは, オカミサンは, オヤジは, チャルメラの, ヒマ人の, 一軒で, 上から, 世話で, 中を, 主人であった, 主人である, 主人です, 主人という, 主婦が, 主婦と, 亀さんは, 事件は, 二階が, 亭主で, 以前の, 伯母は, 倅で, 先代から, 六疊に, 内儀お, 内儀に, 出前持を, 前, 前が, 前にも, 千鳴り太鼓が, 半治, 名前を, 周囲を, 商賣, 土間に, 塀の, 外へ, 外を, 外廻りを, 多いこと, 大ヒマ人, 大旦那, 大身代, 夫婦も, 夫婦を, 奥へ, 奥座敷で, 奧に, 女に, 女中だ, 女中であった, 女中の, 女将の, 女將, 女隱居, 妹娘の, 姉さんが, 娘か, 娘であった, 娘である, 娘という, 子は, 子供が, 客と, 寮から, 寮が, 寮を, 屋台に, 屋台を, 屋根へ, 店, 店さきを, 店でも, 店中の, 店前に, 店頭の, 店頭へ, 庭から, 後家お, 徳さんが, 戸口を, 手から, 手を, 提灯を, 料理を, 方には, 方にも, 方へは, 暖簾の, 暖簾は, 有太郎, 松五郎に, 様に, 横の, 灯を, 番頭さんに, 白糸を, 窓から, 老人は, 老夫婦, 者が, 耳に, 職人の, 若い人, 若旦那で, 茶碗と, 荷物を, 血を, 表は, 裏で, 親分の, 親戚の, 親爺に, 親爺を, 角に, 角まで, 路地を, 路次を, 身代が, 車が, 軒へ, 近所に, 近所を, 遠縁の, 隣りは, 雑賀屋の, 飯を, 黒い門

3 [282件] あたりを, あるじが, あるところ, うちに, おかみは, おじさんと, おふくろが, おふくろは, おやじだ, おやじと, おやじの, お京, お勘, お婆さんが, お春, お株を, お熊, お爺さんの, お職, お菊ちゃん, お里を, さっちゃ, せがれが, せがれで, せがれの, ところへ, ほうに, ほうも, まへ, もので, シチュウと, ショウ, ショーウインドーに, ツイ隣に, ハヤシライスと, パン, ホワイトシチュウと, 一人息子今は, 丁稚が, 上さんに, 上さんは, 上下は, 下に, 下女の, 中から, 主は, 主人にも, 主人公は, 主人夫婦が, 亀さんの, 事を, 二つの, 二階だ, 云ふ, 人たちは, 人は, 人形の, 人達は, 人達や, 伊之助の, 伊之助は, 伜と, 伯母が, 使いが, 倅は, 側を, 傍から, 先代が, 先生, 内から, 内の, 内は, 内を, 内儀の, 内外を, 内幕に, 内情を, 出前持ち, 分家の, 前だ, 半五郎, 又次郎に, 叔母の, 口から, 吉が, 吉だ, 吉とて, 吉三だ, 向いに, 向うの, 周太郎が, 商売は, 商売を, 四方を, 土蔵の, 地内に, 声は, 外の, 大将だった, 大将の, 大屋根, 太夫が, 太夫さんが, 奉公人は, 奥から, 奥を, 女が, 女は, 女中さん, 女中で, 女中は, 女房お, 女番頭, 奴らが, 如きもの, 妹の, 妻と, 妻の, 姿は, 娘との, 婆が, 婆さんを, 子が, 子だ, 子で, 家には, 家中の, 家内でございます, 家庭の, 家族は, 家督は, 寮, 寮の, 小僧で, 小僧は, 小母さんが, 小父さん, 屋台の, 帳場で, 帳面を, 幸吉は, 庇に, 店からは, 店さきで, 店さきへ, 店だ, 店である, 店と, 店にも, 店へを, 店や, 店先き, 店先きで, 店先や, 店頭を, 座敷で, 庭で, 後家が, 後家さまが, 後家さんが, 徒弟に, 御亭主, 御新造が, 御神燈, 御親類, 怨みを, 怪, 息子だった, 手代だ, 手代と, 払いを, 拂ひ, 持つて, 提灯が, 新七, 方の, 旦那がね, 旦那でした, 旦那様が, 時計は, 普請に, 暖簾が, 暖簾と, 暖簾も, 棟には, 椅子に, 様子を, 樣子を, 権次は, 横から, 横には, 横丁を, 横町を, 櫛屋の, 權次は, 正太郎とて, 油引きが, 清七, 灯で, 灯の, 燒跡へ, 爺が, 甥の, 番頭, 番頭か, 番頭から, 番頭だ, 番頭と, 番頭吉助は, 直七, 看板で, 祖先の, 私は, 空氣は, 窓に, 窓には, 笛の, 縁側で, 老主人, 老婆が, 老爺に, 者に, 者へは, 職人と, 職人を, 背高が, 船から, 船で, 船に, 若旦那, 藏の, 虎松が, 血統の, 行列が, 表へ, 裏から, 裏二階に, 裏手に, 裏手の, 裏木戸の, 親たちに, 親たちは, 親たちも, 親方の, 親爺, 角から, 角で, 角へ, 話に, 財宝が, 財宝を, 跡は, 跡取りは, 身代に, 軒から, 軒先に, 辰五郎の, 近くで, 近くに, 酒を, 重三郎は, 金六は, 金兵衛は, 金次は, 鈴の, 門の, 門までは, 門口から, 隅で, 障子に, 隠居から, 隠居を, 隣りに, 離室に, 露地から, 音松が, 頓馬が, 頓馬も, 風呂の, 飛脚を, 飾り窓, 飾り窓は

2 [844件 抜粋] あいだの, あとを, ある地方, うちから, うちの, うちは, おかみに, おじいさんであった, おじいさんに, おじいさんの, おじいさん一人であった, おっ母さん, おつゆ, おばさんと, おもて, おやじで, おやぢ, お上さんだ, お傳, お内儀様, お勘っ子, お勘子ぢ, お咲坊, お嬢さんは, お客に, お弟子, お時坊, お曾與, お染, お浜, お爺さんと, お爺さんに, お町, お神, お粂さん, お袖さん, お金ちゃんの, お錦, かざり窓に, かみさんと, きんの, ことさらに, ことに, ごしん, じいさまに, せいだの, そばで, それとは, たぐいが, だしを, ところまで, なかに, のれんの, ひとつも, ほうな, ぼくは, まへに, めしを, ものである, ようでした, アンニャが, オヤジに, オヤヂの, コールビーフと, ショーウィンドーに, タレの, トニイだ, ハヤシライスを, ヒマ人に, ランチと, 一と, 一人娘お, 一件が, 一件とは, 一家が, 一家の, 一家ばかり, 一戸を, 一軒だった, 一軒を, 一隊は, 七平は, 七平も, 三度飛脚を, 上さんの, 上さんを, 下女は, 下男の, 両名, 両親にも, 丹次と, 主人には, 主人夫婦と, 主人彦兵衞を, 主人来り, 主婦や, 九兵衞だ, 乾蝦や, 事で, 事務所から, 二度目の, 二番目だ, 二畳でむかえた, 二階だった, 二階と, 二階などに, 二階にも, 二階座敷で, 二階欄干からは, 五助は, 五銭喫茶で, 井戸で, 亭主から, 亭主では, 亭主五兵衛と, 人々の, 人々を, 人が, 人達に, 人間が, 今井君の, 仕事である, 仕事も, 付けた相場, 代りに, 会へ, 伜は, 伜丹三郎, 伝六が, 伴三郎さ, 佐五兵衛が, 使で, 便所を, 倅が, 倅に, 借家に, 側の, 傍へ, 元も, 入口から, 入口を, 六の, 兼松が, 内儀, 内外は, 内幕を, 内部に, 出前の, 出前持ちを, 前あたり, 前では, 十一屋へ, 半次が, 南側の, 危急を, 友達が, 双生児が, 叔父さんや, 受取証を, 古提灯, 台所口の, 吉三郎が, 吉五郎を, 名前は, 后の, 周囲に, 商売が, 商売へ, 喇叭に, 喜太郎は, 四方へ, 土蔵に, 土間へ, 地内で, 城に, 城を, 場で, 壁を, 声も, 夏別荘の, 多勢の, 大廣間, 大親分, 天水桶の, 太鼓が, 奉公人で, 奉公人を, 奧で, 女たちであった, 女と, 女を, 女中である, 女隠居, 如きは, 如し, 姥口の, 娘さんの, 娘とが, 娘とは, 娘らしく, 娘達は, 婆さんなあ, 婆に, 婆アが, 嫁お, 嫁と, 子である, 子と, 子供だの, 子供を, 子分で, 子分は, 孝行娘まで, 安酒, 客は, 家では, 家にも, 家付の, 家族が, 家族に, 家族の, 家風で, 宿を, 富を, 寮で, 寮は, 寵者の, 寿美屋の, 小三郎が, 小僧から, 小僧さん, 小僧だった, 小僧として, 小女に, 小母さんに, 小町娘を, 小説のみ, 屋敷の, 屋根を, 岩吉が, 市ちやん, 常連の, 幟が, 平吉という, 幸吉が, 幸吉を, 広告から, 広告文, 店さき, 店さきには, 店ざらし, 店へも, 店中も, 店先が, 店前で, 店前を, 店口を, 店頭でも, 座敷の, 庭が, 庭掃き, 廻りを, 引窓から, 弟の, 弥平は, 役を, 後に, 後を, 後家さんの, 後家曾ての, 御新造は, 御次男, 徳さんは, 忘れて, 忰が, 忰の, 息子を, 惣八が, 或る, 所有地で, 手代です, 手代とでも, 手代佐太郎は, 手伝いを, 才助は, 払いに, 披露宴は, 押入に, 掛り人で, 掛り人色白で, 支配人の, 支配人孫六は, 放火ばかり, 故を以てか, 数が, 文吉, 文吉だ, 文吉に, 文吉奴自分の, 料理が, 料理と, 料理の, 新六郎とは, 新吉の, 方にて, 旦那でも, 旦那はんやもん, 旦那様に, 旦那様を, 明りが, 昔から, 時代に, 普請を, 暮し向きの, 朝の, 末娘の, 本家に, 来た時, 松五郎が, 松五郎の, 松五郎殺しが, 案内を, 梳手, 棟にまで, 棟天井の, 楽屋へ, 構えは, 槌の, 標柱の, 権次という, 横町の, 櫓の, 次男に, 母翁の, 毒酒の, 江戸五郎が, 治平は, 涼み櫓が, 清五郎も, 清五郎を, 湯沸しだの, 無謀, 煮豆でも, 爺さんには, 爺や, 片棒を, 牛が, 物置で, 独楽と, 独楽に, 玄関は, 玉を, 珠と, 琴責めという, 生鼠壁, 用心棒, 用心棒の, 男に, 町所を, 番台だ, 番頭さんには, 番頭だけに, 癖に, 目印を, 看板だの, 看板にも, 看板みたいな, 眼にも, 石松の, 祖先は, 禿頭へ, 私が, 秘密を, 空地で, 竈の, 立退き所, 紅勘と, 紋次郎が, 素性を, 細君に, 細君は, 綺麗な, 縁先に, 義兄に, 老人に, 老番頭, 者で, 者でございます, 聲に, 職人であり, 職人などを, 肥えた娘, 腰掛で, 自轉車, 船の, 花魁を, 若いもの, 若い者時助, 若女房, 若旦那新, 若旦那菊次郎は, 若者で, 若者を, 若衆が, 茶碗, 荷に, 荷を, 菊次郎が, 菊次郎は, 菓子を, 蓄音器から, 虎松さんも, 虎松の, 蛇が, 行列である, 表の, 表戸, 裏には, 裏口に, 裏口を, 裏手が, 裏手共同井戸の, 裏木戸ごとに, 裏通りへ, 裕福な, 西日に, 親かたも, 親分, 親分が, 親戚で, 親方も, 親爺です, 親爺などに, 親類や, 言うの, 註文取りに, 評判は, 評判娘が, 話だ, 説に, 豊田様であります, 豹一には, 財政状態を, 財産を, 賃銀を, 足音が, 跡だ, 身上と, 身上の, 身代の, 車の, 車を, 軒も, 軒下を, 軒前へ, 通知を, 連中も, 運転手の, 遺物の, 配偶で, 酒は, 金兵衛が, 金兵衛に, 金次を, 金箱に, 金蔵の, 釜の, 鍋の, 鑑定を, 門口の, 開業日だって, 間取りは, 階下の, 隠居であった, 隠居に, 隠居所へ, 隣り, 隱居と, 隱居藤兵衞の, 雇い人に, 離れに, 露地を, 面影が, 音が, 音松の, 音次郎が, 音羽ざます, 頂を, 顔が, 飯は, 養女に, 養子の, 養子山之, 養子徳之助, 駒次郎などの, 騒動, 騒動の, 高尾が, 高瀬と, 鬼婆と

1 [5427件 抜粋] あいきょう者が, あった加賀屋横町, あの青白く冷たい, あるよう, ある眼つき, いきさつを, いろはの, うら座敷, おかみさんたち, おきただと, おじという, おちゃっぴいだ, おばさんの, おやじです, おカアさん, お仙である, お友達, お婆さんなどは, お嬢様は, お岸さん, お杉, お爺さんあなた提灯を, お紋さん, お部屋みたい, お高, かつぎ權助庭男, かみさんに, くだりを, ことしか, こと豊島屋で, ごてごてし, ご新造さん, しんしょうを, すぐ前, せがれから, その座敷, たけは, ぢいさん, でなければ軽焼, ところなどの, どっさりある, ならびをずっとくれるといったのだが, はいその, は一つ, ひとり娘でした, ふたりの, ほうです, まえにも, むすこだけ, ものでなく, やきそば, よくいふ, わが寝間, アルバムで, ウインドウの, オヤジだろう, オルドヴル, ガラスが, ガリマアル君が, コップの, シチュウは, ショーウィンドの, スペシャリテの, チエスタアトンは, テリャートニコフ・マクシムも, トヨ公には, ハイヤーが, バルコンで, フランス人だ, ホワイトシチュウチキンカツと, ポタージュに, ミイさんの, ライスカレーを, ランチコーヒーコ, 一つだ, 一人息子の, 一室では, 一年間は, 一派は, 一軒, 一隅や, 七つに, 万吉という, 三人のみ, 三四度しか, 三男坊で, 上などに, 上壇の, 下女でした, 下男一同心張棒を, 下職の, 不良息子の, 丑松と, 並びは, 中三分一即ち, 丹羽氏夫妻等と, 主人というは, 主人なる, 主人万兵衛は, 主人伊兵衛と, 主人写真機を, 主人夫婦や, 主人彦兵衞が, 主人旅亭に, 主人永, 主人總七は, 主婦であった, 久助は, 乳母さんが, 事に, 二人は, 二男常吉は, 二階がりを, 二階へかへ, 二階広間を, 云うには, 五左衞門が, 亭主じゃ, 亭主などが, 亭主気の毒だ, 人では, 人砧, 今松, 仕事へは, 仕出しです, 代理を, 仲間は, 伊之助が, 伊手市という, 伜らしくない, 伜田之助などが, 伝六までが, 但馬さんが, 住居を, 佐平次でございます, 佛, 使の, 信用が, 倅茂吉もう, 借家でした, 健さん光子さんその, 傾頽を, 元締を, 兄貴は, 先生いつの間にか, 光を, 入口へ, 八重桐一つ廓の, 六兵衛, 兼てえ, 内儀さんは, 内幕などを, 冷飯食いで, 出入りが, 出前持ちに, 出店でございます, 分家と, 別宅, 制度の, 前にか, 前迄, 劫火に, 勘定なども, 勝太は, 匂ひ, 千両みな兄に, 半白頭, 原, 又次郎と, 叔母さんの, 口伝とかいふ, 句において, 右に, 吉野屋の, 名刺を, 向い側に, 周太郎です, 呼笛の, 哲学を, 商売に, 善どんは, 喜太郎の, 四つ角まで, 四畳半の, 国民公会へ, 土間口へ, 地面は, 城には, 塀外傅次郎の, 壁へ, 売声高く, 夏別荘などへ, 多い八幡筋, 夜店に, 大きな店構, 大吉その, 大将こと金谷鉄造は, 大旦那久兵衞さん, 大黒柱の, 天窓を, 夫婦とも, 奉公人だろう, 奥さんや, 奥座敷が, 奧まつた, 女などに, 女中とも, 女共が, 女房か, 女房です, 女隠居付, 如き勞働生活, 妙に, 妻女も, 姉さん一つ申上げる, 姐さんここらで, 娘あるじ, 娘たち五人が, 娘な, 娘世界を, 娘近所の, 婆さ何だか, 婢女でござんす, 嫁御寮として, 子を, 子同じ, 子飼いの, 安が, 定太郎と, 客とは, 宣伝に, 家へは, 家内には, 家族たちにさえ, 家風は, 富さんが, 寮だけが, 専売とは, 小さい路地, 小僧である, 小僧チョビ安が壺を, 小増という, 小川の, 小楊枝の, 小細工だ, 居どころを, 屋台焼鳥屋の, 屋根う, 屋臺店が, 岩吉さんが, 川上糸子を, 市之助の, 師匠と, 帳場を, 常連は, 平吉の, 年期小僧に, 幸吉さんの, 広告, 庄五郎は, 床几に, 店であった, 店わずか, 店先などを, 店内へ, 店座敷では, 店頭には, 座敷だ, 庭にも, 建物は, 引取手も, 弟子小僧まで, 形式的な, 後には, 後家さんか, 後家様だ, 徒が, 御厄介, 御新造さんって, 御隱居榮左衞門さん, 徳右衞門さんが, 怖いの, 息で, 息子です, 悠々と, 悴長次郎という, 惣領息子すな, 慈悲だ, 戸は, 房楊枝を, 手にでも, 手代なり, 手代紅製造業紙すきなどから, 手堅さ, 払いとは, 扶持は, 抱遊女白妙と, 招児も, 持主は, 控え林では, 搗き男, 政吉さんに, 文字が, 料理人の, 新店が, 方だけ, 方面で, 日傭取を, 旦那じゃ, 旦那や, 早起きは, 時の, 景色も, 暗くあかるく月, 書斎が, 有太郎さん, 木戸を, 末娘として, 本店へ, 杖が, 松五郎, 松薪が, 板場へ, 某, 株まで, 桑名屋紙屋の, 棟たてならべたら, 棟熟と, 極めて幼稚, 楽隊と, 権三郎でなかった, 横丁に, 横羽目に, 櫂を, 次は, 歌で, 死に様, 母子殺しの, 気象と, 汚きこと譬, 油御用の, 活動の, 淋しいカンテラ, 清次なんぞは, 源蔵も, 潜りから, 火事以來母屋に, 烟草入だ, 無頼漢めが, 煙草の, 燒け, 爺さよ, 爺も, 牛肉みたいに, 物音を, 独楽じゃ, 玄坊は, 玻璃戸を, 琴責めで, 甚吉は, 甥という, 田毎へ, 男の, 畜生めど, 番頭さんで, 番頭はを, 番頭初太郎てえ, 番頭才助, 病気を, 白玉, 盆栽の, 相続人と, 看板写真みたいに, 眼から, 石松さん海老床の, 硝子扉が, 祖先について, 神に, 秘密も, 窃盗事件の, 立ち並んだ静か, 竜吉は, 笛で, 箪笥の, 米つき炭坑で, 紅丸っていう, 納屋の, 細工で, 給仕人として, 総領と, 縁續きで, 縫が, 置物かな, 習慣に, 老人夫婦を, 老爺は, 者の, 職人だ, 職工は, 背後なる, 腹の虫が, 自立し, 舟には, 芝居の, 花畑は, 若い亭主, 若い衆は, 若宮さんの, 若旦那や, 若者こそ, 茂兵衛の, 茶碗だろう, 荷船の, 菟会, 落第生に, 葭簀囲い, 蔵前に, 藤さんに, 虎之助や, 血統を, 行灯を, 表二階に, 表門まで, 裏まで, 裏口あたりへ, 裏庭に, 西村氏と, 見世先に, 見舞なら, 親分へ, 親方と, 親父さまあ, 親爺綱屋の, 角や, 言ふ, 許へ, 話が, 誰の, 豆銀糖で, 貝を, 貧乏世帯で, 買物にも, 贄殿の, 赤提灯の, 足は, 跡取りが, 蹄係に, 身代八分は, 身内の, 軒さきにまで, 軒先は, 軒端近く歩き寄った, 辰という, 近江屋が, 通りを, 道の, 道楽息子を, 部屋から, 配達人を, 里方の, 野良子息や, 金之丞さんとね, 金兵衞は, 金次だ, 金蔵である, 釜吉でございます, 鋸に, 鏡の, 長五郎家は, 長押の, 門が, 門口も, 間で, 附近を, 隅でございます, 障子を, 隠居なぞが, 隠居所だ, 隣を, 隱居所へ, 雇人でし, 離家の, 雨戸其處から, 霧の, 青々と, 靜かな, 音松に, 頭から, 顏を, 顧客で, 風除けに, 食料品の, 飾り窓などを, 養女であった, 香袋が, 駒下駄を, 高い広告燈, 高津黒焼惣本家鳥屋市兵衛本舗の, 鳴り方, 黒羊羹を

▼ 屋~ (2416, 6.5%)

48 なって 38 奉公し 22 頼んで 18 行って 16 入って 12 来て 11 勤めて 10 なつて, 住んで, 売って, 於て 9 して, 命じて 8 なった, なるの, はいった, 化けて, 寄って 7 しては, なったの, 取つて, 泊って, 泊つた, 泊まって, 電話を 6 あつた, やって, 入つた, 入つて, 宿を, 寄った, 行くと

5 [11件] 伴れ, 働いて, 入った, 入りました, 引取られ, 注文し, 火を, 身を, 逗留し, 雇はれ, 預けて

4 [18件] なったり, なること, なるつもり, なるん, よくある, 仇を, 入りて, 入る, 出入りを, 向いました, 売つて, 奉公する, 引返しました, 手を, 残って, 着いたの, 這入った, 連れて

3 [41件] いた, いた時, いた時分, いって, たのんで, つとめて, つれて, なつた, なつたり, なれば, ばけて, よく似, ゴロゴロし, 一人で, 三年も, 二十年も, 今は, 住し, 住み込んで, 何んか, 入ると, 出して, 出入りし, 取っては, 向つて, 向ひました, 売られて, 変装し, 奉公を, 寢て, 成つてお金を, 戻って, 案内しました, 着いて, 至るまで, 草鞋を, 見せて, 足を, 這入って, 雇われて, 預けられて

2 [155件] あって, ありそう, ありたけ, ありますから, あると, あるの, いて, いるうち, いるの, いる子供たち, うろうろし, かくれて, この十日, ごろごろし, ざらに, しちゃあ, しても, じき売られた, なったから, なったが, なりたいと, なりました, なる, なるまでに, ひとりのぼり, やつて, やどる, ゐた時, 一と, 一泊, 丁稚を, 三味線の, 乗り込んだ, 乗込んで, 乘込みました, 人目の, 会うと, 住み込んだ, 借金が, 入る気, 出て, 出入りする, 出向いて, 出掛けた, 化けるのみか, 十日も, 参って, 及んで, 取って, 取って返して, 同じ間借り, 向ひ, 呼ばれて, 和蘭物が, 地下足袋を, 売ったり, 変化する, 嫁いで, 嫁入りさせる, 室を, 宿泊し, 寄つて鱧の, 寄ると, 寝て, 寸法書通りの, 居たな, 居て, 居る, 屏風を, 帰って, 往った, 御輿を, 忍び込んだ時, 怨みも, 怨みを, 手紙を, 払って, 払ひ, 投じた, 押込む日取りを, 招いて, 持って, 持つて, 持込んで, 放火した, 於いても, 於ては, 昔の, 最後通牒を, 来た, 案内し, 案内した, 歸つて下女の, 比して, 泊った, 泊まったの, 泊まる, 泊めて, 泊り込んで, 泊ること, 泊る事, 渡して, 灯が, 男の子が, 町役人, 登りて, 目を, 相談し, 相違ない, 盾を, 眠り翌日, 着いた, 着いた時, 磅, 立ち寄って, 立寄りました, 第二, 籠らしたの, 置いて, 聞くと, 腰かけて, 至る迄, 菱屋の, 蔵す, 虎斑の, 行かなければ, 行きました, 行った時, 行て, 註文させた, 註文し, 誘われて, 賣つた, 走らせて, 踏込んで, 身請され, 通って, 逢って, 過ぎない, 避難すべき, 部屋を, 金が, 金を, 長く奉公, 限って, 隠れて, 集まって, 難癖を, 青磁の, 預け裸, 頭を, 頼まれて, 頼みました, 顔を, 風の

1 [1502件 抜粋] あが, あがるの, あっただまし物, あつまって, あつらえるよりも, あのよう, あらず, あります, あり合せ, あるおもちゃ, ある人形, ある最も, いたが, いたの, いた吉助, いた野郎, いらっしゃれば, いるお, いるん, いる女, いる安, いる花, いろいろ手, うぬも, おした所, おなんなさい, おり年, お使, お嫁入り, お払い下げ, お訪ねした, お酒, お馴染, かかったらぽっと出, かかれた事, かけこんで, かたづいて, かれを, きけば, きまって, きまるまでの, くれて, このお, この話, こんな風, さう言, させると, されて, しちゃ, すがりつきながら, すぎないとも, すぎなかったの, すぎません, するだなんて, するん, そのこと, その料理場, そんな秘密, たしかめるため, たどりついて, たよるほか, だまされて, ちょいちょい立ち寄った, ちよいちよい立ち寄つた, つき出した, つくすべて, つとめたり, とじこめられて, とつて, とどめを, とろ, どうして良質, どんな引つ, なったがな, なったね, なった奥, なった此処, なった自分, なってからは, なつたつ, ならうなどと, ならば, なりきって, なりすまし五人, なりたいなぞ, なりて, なります, なり了, なり印刷屋, なり屏風, なり満州辺, なるとき, なるまでの, なるより, なれ, なろうと, のきを, のんだくれの, はいりそこで, はいり同じ, はこばれる木箱, ひかされたはず, ひっぱって, ひとりで, ふかし芋, ほんの商用向, まいりましてね, また盛, みさのみやこ清ずし金ずし吉野ずしが, むかって, やったので, やつたま, やりて, ゆきてか, ゆくと, よいサイドボールド, わけを, ゐた, ゐたといふ, ゐた筈, ゐるおいら, ゐる人達, ウヰスキーが, カラー, コロガッて, ダイナマイトを, ブラック, ポッと, 一ツさがり, 一先ず足, 一時間も, 一泊し, 一酌老, 万源あり, 三十七八年も, 三度も, 上って, 上つて贅沢な, 下がって, 下宿し, 不義理, 並びて, 丸抱えという, 久しい間, 乗り移って, 乗込んだものの, 乙な, 二人で, 二階がりを, 云わせると, 五人いる, 五厘の, 人さはに, 人声が, 今を, 代用食ふかし, 休むこと, 休日の, 会せしめ以, 似た車, 低頭平身し, 住まはうと, 住み出入り, 住んでる親戚, 何か, 何んにも, 使いに, 來て, 修繕させ, 倒れこんで, 備えて, 優るとも, 光射し, 入たる, 入っても, 入つた曲者, 入つて行, 入り, 入り云々, 入り心寂靜, 入り警官等, 入り込んだこと, 入るの, 入れば, 八俣村長関根亀蔵らが, 其夜は, 再三姿, 出かけたうとう, 出かける, 出すの, 出入りの, 出版させる, 初めて普通, 加へた壓迫の, 務める手筈, 勤めを, 化けたり, 化け波越八弥, 十減れ, 卓上畫架を, 原稿を, 又間違, 友達が, 取つて欝陶, 取納めて, 只今まで, 吊るして, 向いた方角, 向って, 呼んで, 咎められしほど, 噛みついて, 四本刄の, 圍はれた, 在りて, 城く, 売らせたの, 売られ植木屋, 売り込もうと, 売ると, 売払って, 変り鍼灸屋, 夏帽子を, 大正震火の, 夫婦ともに, 奉公したる, 奉公中にも, 女だけの, 女中奉公を, 始つてこの, 婿入, 嫁入りしました, 安売りする, 宛ては, 家を, 宿った時, 宿りしに, 宿申候, 寄つて一杯ひつかける, 寄つて二三杯ひつかける, 寄つて金槌を, 寄り現像, 寄る者, 寝こんで, 寝るよりは, 寢泊りし, 尋ねたの, 小姑の, 小田原と, 就て, 居た人間, 居ったので, 居ますぜ, 居りました, 居るうち, 居るから, 居るとばかり, 居るん, 居る時分, 居候に, 山と, 山陰か, 左内の, 帰った, 帰りぬ, 常眺め, 幾万円の, 店を, 廻して, 引きとられて, 引ずり込み散々, 引つ返しました, 引取つて育て, 引籠つて大事な, 引返して, 当る, 彼らの, 徃く, 従来儲けさし, 忍び込み主人小左衞門, 応援した, 息ほそり, 感銘された, 憤死した, 成ったて, 成り下がり妹, 成るから, 戯談でも, 戻ってから, 戻りましたが, 戻れば, 手入を, 払おうか, 托して, 投じ淺酌, 投宿, 抱えに, 押し寄せたの, 押込んで, 招いたので, 持ちゆいて, 挨拶も, 据えて, 掛て, 接した二階, 改築され, 教えられたその, 敷く畳, 於いては, 於ける幕府方, 於ての, 日を, 早がわりする, 昔から, 暫時宿る, 書記が, 最も近い, 本営を, 来た朝鮮人, 来てを, 松村秋茂登梅園が, 案内する, 次ぐ家格, 止めて, 歸つて, 歸り, 残った美濃派, 殘る, 毎日出, 毛が, 気に入らない事, 求めそれ, 江州の, 泊ったこと, 泊った時, 泊つたのだ, 泊つて, 泊つてゆつくり, 泊つて疎開の, 泊まり込んで, 泊らんかよ, 泊り大, 泊り込み寝食, 泊るやう, 泊る一宿二飯, 泊る名, 泊る温泉, 注意され, 派遣し, 浴びせかけたその, 渡し白研, 溝の, 滞在まかりある, 滞留中も, 潜るより, 焼かせて, 父母姉妹と, 特別に, 玄関を, 現はれました, 瑕が, 生れた, 生れ女房, 用は, 申付け, 病人が, 登楼し, 直して, 眼の, 着いた頃, 着き上仲仕, 着くまでに, 知るべが, 硫黄と, 私の, 移って, 移り駒込, 空車曳かし, 立ち向, 立ち寄ったが, 立入九郎兵衞惣内夫婦三人車座に, 立寄つて乾もの, 立寄り記念, 立山を, 笙や, 築城せしめ, 籠ったきり, 米搗の, 紅葉の, 納まるだろうお, 給仕の, 縫って, 置かれたもの, 老人の, 聞いたん, 聞かねば, 育って, 膳立の, 至りて, 至急壊れた, 色彩の, 芸妓の, 茅屋に, 荒物屋を, 落ちつくこと, 落籍され大観音, 落雷しなかった, 蕎麦の, 蛇は, 行かぬかと, 行きこんど, 行き主人, 行き俺, 行くも, 行く代り, 行った, 行ったよう, 行った帰り松林, 行つたのを, 行つても, 行つて見る, 裏返しを, 覆ひ冠, 見え金銭, 見せると, 見たて, 見ること, 見張りの, 親方と, 言は, 言わせれば, 訪ねた, 許り儲けさせる, 話して, 誘い出されて, 誘はれるまま, 調理の, 諏訪湖公魚と, 變り, 負けぬつもり, 買って, 賛成な, 賣拂つて, 走った, 赴いた, 足尾銅山鉱業停止請願同盟事務所を, 踏み止まる気, 身売りという, 転じたの, 転向, 較べると, 轉居しました, 近い南二條, 近づくなり, 返す由, 退却を, 這入った外, 這入つて酒, 這入る後, 通じて, 通った, 通勤し, 造らせました, 逢いに, 連れ込んで, 運ぶこと, 達す, 遣る分, 金の, 銀の, 鑑定し, 閉居する, 間違ひ, 關係の, 限らず大阪, 限ると, 限れる譯, 集った葬式, 集ると, 雇われその, 雇われなければ, 雨戸や, 預けた, 預けられた, 頑張つて, 頼まなかつたか, 頼むこと, 頼んだけれど, 顔向けが, 飛び込みました, 飛んで, 飛込んで, 飲む, 養子に, 馳け, 駆け付けた時, 駈けつけ煙草, 骨と, 髪の毛の, 鰻屋を

▼ 屋~ (2212, 5.9%)

159 行って 24 入って 22 持って, 行った, 連れて 21 はいって, 寄って, 行く 20 来て 19 出かけて 18 奉公に, 帰って 15 行くと 13 往って 11 いって, 電話を 10 はいった, 行つた, 遊びに 9 持つて, 買物に 8 入った, 嫁に, 行きました, 行くの, 行っても, 飛んで 7 たずねて, 入つて, 奉公し, 着いたの, 行けば, 行こうと, 行ったの, 行つて見る 6 つれて, 売って, 金を

5 [12件] はいると, 上つた, 使いに, 來り, 尋ねて, 引返して, 往った, 来たの, 私を, 訪ねて, 飛び込んで, 養子に

4 [21件] やって, 上って, 乗込んで, 乘込んで, 來て, 入つた, 戻って, 手伝いに, 案内し, 泊って, 火を, 着くと, 立ち寄って, 行った時, 行つ, 行つたのは, 買いに, 走って, 足を, 通って, 顔を

3 [36件] 一人の, 一緒に, 上がって, 住込みで, 入った時, 入つて行, 入ると, 入ろうと, 入夫に, 出向いて, 出掛けて, 参りましたが, 又はいった, 取つて, 嫁いで, 寄った, 帰ると, 忍んで, 手傳ひ, 歸り, 歸る, 泊ると, 着いた時, 行かずに, 行かなければ, 行くん, 行こう, 行ったって, 行つて見よう, 這入った, 這入って, 這入ると, 連れ込んで, 預けて, 頼んで, 飲みに

2 [148件] あが, あらい處, それから町内, でかけた, とびこめば, とびこんだよう, はいったり, はいる, はいること, まず寄りました, やつて, ゆく, ゆくこと, ゆけと, よめに, パンフレットを, 上り込み, 世話し, 乗りこんで, 乗り込むと, 乘込ん, 乘込んだ, 伴れ, 何んと, 使いを, 使ひ, 來た, 來る, 入ったの, 入らうと, 入りました, 入り込みました, 入り込んだに, 入り込んで, 入る, 入るの, 入るまでの, 出かけた, 出してるの, 出入りし, 出入りの, 出入りも, 参りました, 参りまして, 参り三月, 參りました, 取って返しました, 向って, 向つた, 型の, 売りに, 妹は, 姿を, 嫁ぎて, 嫁入りする, 宿を, 寄りました, 帰った, 帰つた時である, 帰つてゐる, 帰るの, 年期奉公に, 引っ返した, 引っ返して, 引取られた, 往くと, 御案内, 忍び込んで, 急ぎました, 手を, 押しかけて, 押し入って, 押付けたいばかりに, 押込が, 押込んで, 持参し, 捻じ込んで, 掛合いに, 放けたの, 斬り込んで, 斬込むわけ, 昼飯を, 来る様, 板場に, 案内され, 案内する, 泊つた, 泊る, 泊るの, 注文した, 用事が, 登楼し, 直しに, 着いた, 着いて, 着きました, 着く, 知らせが, 知らせに, 立寄って, 第一番, 筋を, 聟にでも, 落籍かれる, 行かうと, 行かないこと, 行きその, 行き兄, 行き石版刷, 行くこと, 行く前, 行く気, 行く路, 行け, 行ったこと, 行ったところ, 行ったに, 行ったり, 行つたのだ, 行つたら, 行つてお, 行つてを, 行つて其話を, 行つて勘定を, 行つて居る, 行つて看板娘の, 行つて話せ, 行て, 見に, 見習いに, 誂えて, 迎えに, 返したが, 送って, 這入つた, 通して, 連れ込んだ, 遣って, 障子張の, 頼むこと, 飛びました, 飛び込んだ, 飛込んだ, 食事に, 飯を, 駆け込んで, 駈けこんで, 駈込みましたの

1 [1057件 抜粋] ああ書い, あがって, あがりそこねた俺, あがると, あなたの, あらはれる按摩, あんな狂人, いくに, いそげ, いった, いつぞや三人, いつたチヤンチユウ, おいでくださる, おしよせて, お出しなさる, お化けが, お女郎, お客樣で, お由, お目見得に, お触, お迎え直し, かけ付けた, かけ戻って, きて, くれて, くれること, この茶釜, こんな因縁, しょびいて, そこには, そのま, それとなく別れ, たびたび呼び込まれ, ついて, つぎこもうと, つめて, ですか, とって返し勘定, とびこみそこ, ともを, なぞ呼びだして, ぬし, はいったこと, はいったの, はいりそこ, はいるという, はいッ, はやらないよ, ひとつ行っ, ほとんど一度, まいって, まいり眠る由利どの, また二十圓, また駕籠, まづい, まゐりました, むかった処, もどった清七, やって来た, やって来ては, やつらが, やらないので, やりテレメンテーナ, ゆきいろいろ, ゆきそこで, ゆき売りだめ, ゆき米, ゆく前, ゆく途中, よく行そう, よって, よる, オーヴァの, ガットを, サ, タバコを, ツーと, ハイカラ振っ, パンを, 一パイのみに, 一度と, 一度行っ, 一旦移し, 一軒づゝ這入, 丁稚奉公した, 三人づれの, 三年前から, 三度しか, 上がり込んで, 上ったり, 上つた事も, 上りけるに, 上り込む, 上り込檢使の, 上る丈, 上陸, 下って, 中串, 丼を, 之便一年に, 乗り込むわが, 乘り込ん, 二三反の, 二人組の, 二回はいり, 二里, 二里の, 五六人連れで, 交渉中の, 仕事に, 他の, 住みこんで, 住込し, 何か, 作った草鞋, 來い, 借りに, 催青を, 入ったと, 入った江藤老人, 入ってから, 入つたら, 入つて一杯, 入つて往, 入りレンズ, 入り矢代, 入り込んだ, 入るたび, 入るにも, 入る仕覚, 入る気, 入夫と, 全資産引渡し, 八百屋や, 内金に, 冷めたい麦酒, 出かけその, 出かける, 出かける死な, 出しても, 出入し, 出入りする, 出入りを, 出入致しける, 出征との, 出掛けたこと, 出這入すること, 別に, 到りて, 到り息, 到着した, 努めて, 勤めて, 化粧品屋へ, 半口割り, 卸して, 参ったが, 参り, 参りましたらちょうど, 参り図らずも, 参る以上, 參つて薄茶を, 反物を, 取って返して, 取られて, 古川方の, 同じよう, 向かうと, 向くに, 向ひました, 吩咐て, 呼びに, 呼び出し金子二百両の, 呼んだって, 呼んで, 呼出し段々, 商いに, 喧か, 喰べに, 因縁を, 堀井と, 報告させ, 売ったの, 売った探幽, 売っちまおう, 売つて喰つて, 売る, 売るし, 売るん, 売渡して, 夏冬の, 夕刊を, 外国の, 夜盗に, 大晦日の, 奉公を, 奉公口を, 女中に, 始めて, 婿に, 婿入りしよう, 嫁入, 嫁入りの, 子守りに, 宛てた案内状, 寄ったり, 寄つた座敷も, 寄つてパンの, 寄つて新聞紙を, 寄て, 寄りましたら能, 寄りクルックス, 寄り光線除眼鏡, 寄り田舎, 寄る京極, 尋ねに, 小僧に, 届け物を, 帯を, 帰ってからも, 帰らずに, 帰りその, 帰り入浴, 帰る外, 帰ろう, 度度行つて食事, 廻ったとき, 廻らずとも, 廻りかえりに, 弐十三銭そして, 引き取られて, 引き摺り込まれた津田, 引っ返すと, 引取った, 引張つて往, 引揚げた, 引返さう, 引返したの, 引返す途中, 弟子入りを, 往きたいって, 往ってのう, 往つてそこで, 往復ばかり, 御一泊, 御注文, 微笑し, 忍び入り思ひ, 忍び込んだお, 怒鳴った, 急ぎながら, 懸けあいに, 戻されました, 戻ってな, 戻つて來, 戻り大原, 戻るに, 戻れ, 投げ込み襯衣, 抱へ, 押しかけた澄太君, 押し入った野武士, 押掛けて, 招かれた, 招ばれ, 招待した, 持参に, 捨てて, 掛合うまで, 支払いの, 料理を, 新富座なら, 旅装束の, 旦那が, 時代錯誤の, 書きましょう, 来たが, 来ても, 来る前, 案内した, 極上の, 機械の, 歩いて, 歸りました, 殺到した, 毎日出入りを, 氷を, 汝参っ, 河鹿を, 泊った方, 泊つたんだ, 泊らずに, 泊りお湯, 泊り合せた五人, 泊り隣座敷を, 泊ろうじゃ, 注文いたしました, 注文します, 流れた, 消えて, 深雪は, 渡らせて, 満洲, 潜んで, 火附盜賊改役, 無理に, 熊胆の, 牛を, 牽いて, 珍客の, 現れたとき, 番頭奉公した, 登ったろうから, 登りましたが, 登りまするが, 登樓お, 皆で, 真っ直ぐに, 着いた兵馬, 着きまず, 知らせて, 祕密に, 祟った曲者, 祟るんで, 移されたので, 移って, 移つたところが, 移轉した, 立ち寄った, 立ち寄ろうと, 立寄て, 立寄小間物, 立帰る, 立歸り, 等々で, 米友が, 紅茶をのみに, 縁付いたが, 縁着かせられる, 繰込んで, 美校学生とともに, 聞えた所, 聟入する, 自ら頼みに, 自分で, 至らぬ隈, 興行主を, 船を, 草鞋を, 落ちる金, 落着く, 行かせた, 行かないで, 行かねば, 行きおれ, 行きし事, 行きたくなくなって, 行きましょう, 行きみんな, 行きクリスマスプレゼント, 行き何, 行き桃割れ, 行き案内知つた木戸, 行き狭い, 行き私, 行き食事, 行くぞめきの, 行くという, 行くところ, 行くにも, 行くン, 行く奴, 行く道すがら, 行けと, 行こうかとも, 行こう堺屋, 行ったから, 行ったそう, 行ったという, 行ったらこいつ, 行ったらしいと, 行った叔父, 行った時鱚, 行った経験, 行ってね, 行っては, 行つたに, 行つたガラツ八二度目には, 行つた時その, 行つて, 行つてその, 行つてもう, 行つてゐる, 行つて主人の, 行つて二人きり心ばかりの, 行つて五足分の, 行つて先づ玩具の, 行つて去年の, 行つて單衣と, 行つて店中の口を, 行つて昨夜金次郎が, 行つて率直な, 行つて若旦那の, 行つて見た, 行つて見ませう, 行つて親方を, 行つて訊きました, 行向, 行途中桐屋へ, 袴を, 見えての, 見せに, 見舞に, 訊いたらなんと, 試みに, 誂へて, 誘い込んだ, 誘って, 譲ったげなが, 買いものに, 買ひ, 貸本を, 賣つて, 賣れ來, 賣込, 赤ん坊を, 走つたこと, 走らしめ, 走らせたり, 走らせる, 走りこんで, 走り出しました, 走るよう, 走れの, 赴き六十二年, 足跡を, 踏み込んだ, 身を, 転げ込みしに, 轉賣された, 辿り着いた, 返したので, 返せば, 返り新, 送られた, 送りたいと, 送り届け自分, 送り込み手下, 逃げるん, 這いこんでは, 這入けるが, 這入つて, 這入りかけた時, 這入りまして, 這入ろうと, 通されると, 連れ出しにやにや, 連れ込まれて, 連れ込むと, 連れ込んだ連中, 遁込んで, 運ぶという, 運んだくらい, 運搬した, 遣つて, 酌婦に, 鉄砲玉の, 長距離電話を, 陣場掲示場跡は, 集合した, 青年は, 青麟を, 預けたの, 預け町内の, 預け裸体, 頼みながら, 頼み午頃, 頼むと, 頼んだか, 頼遣候, 風呂を, 飛びこむ, 飛びこんで, 飛び込まずには, 飛び込んだとき, 飛び込んだ時, 飛込んだ時, 養女に, 馬の, 駆けつけたいの, 駆けつければ, 駆込むと, 駈けつけたお, 駈けつけた日, 駈けつける, 駈け込んだと, 駈込み, 駈込んで, 鬼の

▼ 屋~ (2200, 5.9%)

78 ある 71 あって 69 あった 34 あつた 21 あつて 20 ありました 18 出て 15 来て 14 あったり 13 あります 11 並んで, 軒を 9 云ひました 8 出来て, 荷を 7 目に 6 ありその, あるが, あるので, あるん, 一軒ある, 店を, 持って 5 あると, 住んで, 出来た, 言った 4 きて, できて, 一軒も, 云つて, 多い, 来た, 没落した, 私の, 立つて

3 [34件] あるから, いたが, いたり, やつて, 一軒あった, 來た, 來て, 入って, 割り込んで, 口を, 喜ぶという, 声を, 多かった, 客廻しとやら, 屋台を, 店の, 急に, 来たと, 来る, 柔和ぶりに, 棺を, 沒落した, 法螺吹いた, 潰れて, 焼けて, 白犬を, 立ち並んで, 笑って, 見えた, 言って, 言つた, 車を, 軒の, 首を

2 [118件] あったが, あったに, あったね, あったので, あってね, ありましたが, ありますが, ありますね, あり高砂屋, あるだろう, あるという, あるの, あるのに, ある店先, いけなくなると, いた, いって, かなめを, これも, じぶん, そうだ, それを, たずねた, できてから, できましたね, でで, どうした, どうの, なくて, はなしに, ふえて, わけを, マグネシウムでも, 一と, 一文なし, 一軒大, 丁寧に, 二三軒水際に, 二軒ある, 二軒も, 休みで, 何か, 何十本と, 何軒も, 來る, 俄然として, 側へ, 儲け過ぎてるの, 入るの, 八方に, 其旅宿に, 十六貫だ, 叫んだ, 呉れた根, 喇叭を, 四軒まで, 売って, 売りに, 多いから, 多いので, 大道で, 太鼓を, 嫌がると, 家の, 寝て, 巧みに, 平次親分を, 年中米を, 建って, 建て捨てた物置小屋, 怒って, 恋ひしい, 戸を, 手傳ひし, 持ち込んで, 方へ, 最後の, 本業であった, 来たん, 来た様子, 来ても, 来るでは, 来ると, 来れば, 桝を, 死んだところ, 死んで, 殺された晩, 毒酒と, 気の, 沢山あった, 片付けば, 玉の, 現れて, 看板を, 石の, 石を, 立って, 立つか, 納まりませんよ, 肩を, 腰を, 自分の, 自慢の, 薦で, 見いだされた, 見えて, 訊ねる, 豆腐を, 買いに, 貸したに, 起きて, 車夫の, 軒も, 輕井澤ホテルで, 近所に, 逃げて, 通る

1 [1357件 抜粋] あすこで, あったから, あったこと, あったっけ, あったと, あったもん, あつたさうだ, あつまって, あの二階つき, あの晩隠居, あまりに繁く, ありおもちゃ, ありそれから, ありましたと, ありまして, ありますから, ありますし, あります若様, あり丁度, あり今の, あり其主人主婦, あり呉服屋, あり店頭, あり標札屋, あり罐詰屋, あり鏡台, あること, あるそう, あるでしょうあれ, あるとて, あるなら少将屋, あるはず, ある其処, あれをは, あんぺらの, い, いいね, いいん, いうじゃァ, いけないならば, いたところ, いった, いつた, いつもとは, いて, います, いる, いるだろう, うしろから, うまくこしらえた, うン, えらくなる, おけを, おは, おやじが, お前の, お捻りを, お菓子屋の, お見舞, かうきれいさ, かく熱心, かけこんで, きいて, きたら五, きのこの, きょろきょろと, くっついて, こ, こしらえたより, こちらの, このとき, この家, この箱, この辺, こぼすくらい, こんなまね, ございました, ございますそこ, ごたく, ごていねい, さう言つた, しきりに絶叫, じゅうたんの, すつかりいけなく, するよう, せっかく教え, せめてもの, そこから, そちこち, そのごちゃごちゃ, その場所, その頃盛であった, それ以來乘氣にな, そろって, そんなに惡, たくさんできれ, たくさん生れ, たった一軒硝子戸, ちゃんと店, ちらしを, つききり, つと起っ, できましたので, ですよ, とったのよ, とびとびに, どうかし, どうして今宵, どうとか, どこだ, どこよりも, どんどん送っ, どんな事, なおもたずねました, なくな, ならびきのうきょう, のこり明治, はこんで, はね起きた, ひとり乱心し, ふえても, ふり出しで日本酒, ぼやんと, また更にその, また邪魔, まだ八百屋, まわりもちで, みつかりました, みんないろはに, みんな暖簾に, めじの, もう間もなく町, もって, やってきたとき, やられたという, ゆくもの, よく集まった, わざわざ見, わるい怪しからん, ゐたもの, アッサリ答えた, エタ仲間と, ガラス皿を, ソロソロと, タレを, トラックに, ヒソヒソ小さい, ファッショに, ホッと, ルミちゃん人形を, 一ばんい, 一人来, 一口二朱を, 一屋建て, 一枚絵に, 一番いい, 一番気がい, 一軒ありました, 一軒で, 一軒売物に, 一軒機織工七分に, 一軒殘つてゐる, 一軒見えた, 一面に, 七八年は, 三人の, 三方から, 三越白木屋松屋等に, 上方米を, 下手人とは, 下枝を, 不自由であり, 両側に, 丸焼けそのうえ, 主を, 乘出す, 二つと, 二三月前の, 二三軒店を, 二人で, 二人出張し, 二日前に, 二軒荒物屋が, 云う, 云つた爲に, 五六人素より, 京橋に, 今下谷, 今朝した, 他所の, 企画し, 会社に, 住まって, 何だか古い, 何万かずつに, 何者とも, 余五将軍をの, 作って, 作るだけ, 使う白魚, 來合せたれ, 依然として存在, 保とう, 俯伏せに, 倒れるか, 借りて, 偽銘, 儲けよった, 先づ, 入ったと, 全然問題, 全部自粛休業とかを, 六七軒に, 其首であった, 写真を, 出して, 出る日陰, 出入する, 出来たという, 出来たら客, 出来るそう, 出来中, 分かったよ, 分相当, 刈込みの, 前面の, 勉強し, 勧めて, 十余軒片島にも, 南波木津屋が, 原田家の, 参りまして, 又仕事, 又絵心, 取りに, 取調べられたこと, 古い, 古靴, 向う鉢巻を, 吸いとって, 吾輩の, 呼びに, 唯ッ, 問題の, 善いの, 営業上に, 四方を, 土手へ, 在り柵, 地内に, 増えた, 売出した, 多いした, 多かつ, 多くなっ, 多く残っ, 大きくなる, 大事件, 大台を, 大型貨物自動車に, 大層流行り, 大阪の, 奇怪な, 好きさ, 好きで, 威丈高に, 娘の, 子供を, 季節ものの, 安倍川橋の, 実は夫, 客を, 家人の, 寸法を, 尋ねた, 小さなタマ, 小言を, 小鰭, 少くも, 尺を, 居る, 居合せた, 届けて, 屋根を, 川へ, 巡廻して, 市会に, 帰ると, 年に, 幾軒か, 店に, 廉い, 建つて, 建直す, 引き受けて, 引取り, 張りさ, 強盗殺人強姦の, 当番だった, 影も, 彼方此方で, 徐々店替, 御督促, 必ず一人, 忍んで, 念入りに, 性に, 怪しい千三屋, 恋風を, 悪例の, 悲運に, 慌てて, 戀しくもなるでせう, 或一本, 扉から, 手前たちに, 手車の, 打捨, 折れ釘の, 拵えたブランコ, 拵えるん, 持込んで, 振向いて, 挾まれその, 掛棄に, 揉み手を, 政党などに, 数軒あった, 料理屋に, 新村入を, 日曜だ, 旧来の, 昔そのまま, 映って, 時勢の, 暫時軒下に, 最も下等, 最善の, 有つ, 有るか, 望みだ, 朝の, 木元など, 木綿靴下や, 本阿弥, 来たの, 来たらきょうこっち, 来たヨ, 来た際, 来なかったので, 来ました, 来るか, 来るの, 来る約束, 松浦屋を, 枝ぶりの, 栄えこんな, 桐本材木屋が, 梅田林右衞門といふ, 椅子に, 楽観し, 標札を, 横暴です, 橋の, 正直に, 死んださうですね, 殊に多かっ, 残りの, 殺ったか, 毎年, 毒酒を, 気に, 気を, 氣に, 汗ばんだ額, 江戸何大通の, 沒落の, 没落しなけれ, 沢山列ん, 洋服の, 活動する, 減っても, 源三郎とは, 潰れたので, 炭を, 無尽の, 焼けたそう, 焼け逃げ, 燒けた晩も, 版木を, 物置に, 犯人だ, 独り占めながら, 玄關から, 現在自分の, 生きた大熊, 申出御, 男子一生の, 番頭の, 疑いを, 発明した, 登って, 皆の, 盗人とは, 目ざとくて, 目的を, 直接に, 相継いで, 真柏, 瞹昧に, 石か, 破壊した, 破談に, 社会意識に, 祭礼の, 私達の, 突然立つ, 立ち上がって, 立ち行きません, 笈の, 筆紙類のみ, 米を, 粗相を, 組んで, 絞め殺されて, 綿を, 續けて, 美濃清に, 考えるべき唯一, 聞いた, 背中へ, 自分が, 自動車三台で, 臼の, 良い木, 草鞋を, 菓子家へ, 葬儀屋に, 藤井の, 蘇格蘭から, 街, 表から, 裏木戸を, 襲われるでございましょう, 見えるから, 見ると, 見出せなかつた, 言いました, 言ふん, 証文どおりに, 話すの, 説明した, 誰よりも, 讃めた, 負けじと, 貶して, 買って, 費用か, 赤いぼうし, 赤や, 起きてるだろう, 路地口に, 身代限りを, 軒なみな, 軒に, 近頃十銭寿司が, 退治され, 逃げたらしく思った, 通ったばかり, 通つてゐました, 通り合は, 通ると, 造ったなんて, 進歩しない, 運ちゃんを, 道頓堀通の, 配達する, 量を, 金澤氏に, 鈴の, 鉄床でも, 鉄槌を, 鋸を, 長太息を, 門並と, 開業した, 間違へ, 随分ある, 雑貨店に, 露地へ, 靴底を, 顔を, 風の, 養家だった, 馬車なんかへ, 馴染を, 駕籠の, 骨董の, 鶫御, 鼓を

▼ 屋~ (1816, 4.9%)

93 して 39 呼んで 29 やって, 出て 20 出た 17 出して 16 営んで 14 開いて 13 怨んで 12 出ると 10 やつて, 見つけて, 覗いて 9 始めて 8 はじめた, はじめたの, 借りて 7 連れて, 開業した 6 兼業し, 始めた, 探して, 皆殺しに, 相手に 5 たずねた, たずねると, つれて, 経営し, 見つけた, 訪ねました, 開業し

4 [17件] やめて, 一と, 兼ねて, 冷かし損ねて, 出たの, 出る時, 呼びに, 商売に, 指して, 燒いた, 立って, 致して, 見て, 訪れたの, 訪れて, 造るに, 開いたの

3 [32件] いたして, しながら, のぞいて, はじめました, やらせて, やること, よんで, 一緒に, 伴れ, 先頭に, 出た時, 出てから, 出で, 出ようと, 始めたの, 尋ねて, 引揚げ, 憎む心, 拔け, 撼せり, 殺したの, 殺して, 渡り歩いたしたたかもの, 片つ, 知って, 見た, 見張らせて, 覗くと, 覚えて, 訪ねた, 訪ねると, 開業する

2 [116件] あさって, あさり歩きました, あとに, うんと怨んでる, かねて, さがした, さして帰っ, したり, しようなぞとは, しらべて, たずねて, どこにも, ぬけ出して, のぞいた, はじめてから, はじめてそれ, みつけて, めざして, やる, やると, やるの, やろうという, よして, 一人で, 一軒, 一軒ずつ, 乘つ取る, 二三度持ち, 二三軒きい, 二人で, 人の, 作りかけて, 入れて, 入れるの, 兼ねたよう, 兼ねた旅館, 再興する, 冷かして, 出させ江戸中, 出たが, 出た彼, 出ました, 初めた, 刺したこと, 叩き起して, 呼ぶ, 呼んだり, 圧して, 始めお, 始めたという, 始めること, 廻って, 引き払って, 引払って, 彫ったり, 後生大事に, 怨み, 怨むは, 怨む者, 抜け出したの, 指示し, 捜して, 探させて, 探した, 探しても, 探しに, 探し出して, 探るん, 揺るがすの, 暇取っ, 業と, 止して, 止めて, 歩き廻って, 潰ゆゑなり, 無断で, 煮えくり返らせました, 片っ端から, 生じ骨董, 突きとめ術, 突き止め夜, 紹介したい, 經營し, 継ぐこと, 縊り殺し, 繼が, 背後に, 葺くに, 虱潰しに, 襲って, 見せて, 見ても, 見ると, 見れば, 覗きました, 覗きましたよ, 覗きまわって, 訪ねた時, 訪ひし, 訪問した, 起して, 起しても, 越して, 辞して, 追ひ出される, 逃げたと, 造り掛, 遣つて, 遣るの, 選ぶに, 選んだ, 重ねるの, 開いた, 開業, 開業させた, 頼んだこと

1 [996件 抜粋] あくまで一族, あさり尽しても, あちこちと, あなたに, い, いったん出立, いとなみ六, うがって, うるおす云々, おおい南国, おこして, おつとめ, おとづれた, おどかして, おも, およびに, お前は, お始, お担ぎなさる, かかえて, からかって, きいたので, きめつけた, きめ込むの, きりもりし, きり廻し, くるしめること, こしらえましてな, これへ, ごく内緒, ご馳走され, さがして, さがすだけにもに, さがそうと, さして出かけ, させる日本, しきりに右顧, した男, してるよりも, してる婆さん, しまってから, しらみつぶし, すみからすみまで, せきたてる声, せり歩くの, そそのかし沢山, そっくり売る, そツくり, たしなめて, たたんで, たづね, たづねる, たのんで, つかまえて, つきとめて, つないで, でて, とび出したの, ともにした, どうしよう, どこまでも, どんなに洒落た, ながめて, なぐった数, なだめすかして, にらみ, ぬく, のぞきこんだら白熱ガス, のぞくこと, はじめから, はじめたいなどと, はじめたのよ, はじめて, はじめて今, はじめようとは, はじめると, はじめ小, はじめ諸, はじめ豆腐屋湯屋材木屋など, ひどく罵し, ひやかして, ひやかすあり玉乗り源氏節, ひやかすの, ひらいた, ひろげたの, ぼくは, まずいの, まはつ, みすみすその, みつめて, めぐる情事, もう一人, もたせて, やったが, やったり, やってる, やってるん, やってる婦人, やっとるよ, やつてた, やめてからも, やめ国民服, やらうと, やらないかなんて, やりたいの, やりたがるわけ, やりますから, やるかも, やるくらいの, やるとい, やる気は, やろうが, よこして, よびつけて, よろこばせて, わしひとりの, アパート風に, シラミ潰しに, ニューイングランドその他の, ホーフツたらしむ, 一ぺんに, 一度だって, 一目見, 一軒のこらず聞い, 一軒一軒飲み歩い, 一軒残らず知っ, 一軒知ってる, 万が一に, 三町と, 世話する, 中心として, 乗り越そう乗り越そうと, 乗取る気, 乘取つたかも, 乘取らう, 二三軒当っ, 二十年ほどや, 亡ぼしたな, 今に根こそぎ貰い, 仕込んで, 伸子は, 使つてゐる, 促します, 俺に, 倒し神社仏閣, 借りた日, 借り切って, 借り受け初午, 先代より, 光子が, 入れた杉垣根, 入れること, 入れ庭内, 公認する, 兼ねたすし, 兼ねた小料理屋, 兼ねた店先, 兼ねた旅館の, 兼ねた田村為輔, 兼ねない家, 内職に, 処分した, 出さす相談, 出さないかな, 出されて, 出したやう, 出した女, 出すと, 出たあと, 出たとき, 出たり, 出た後, 出た頃, 出ても, 出ます, 出る, 出るとき, 出る小, 切りふせ足, 切り廻して, 初めたの, 初めるという, 別戸, 助ける方法, 勝瑞城下に, 包囲し, 去って, 去ること, 去る時, 取って, 取卷いて, 取巻いて, 叩いて, 叩き起しました, 叫んで, 叱咤見本が, 名乗る妓楼, 吹きぬけて, 呼ばせました, 呼びつけたよ, 呼びとめたの, 呼び寄せて, 呼び損, 呼び立てると, 呼ぶとき, 呼ぶ事, 呼ぶ気, 呼れ, 呼んだが, 呼んでも, 呼留める, 商つてゐた, 営みおりますと, 営みおりまする近江屋勘兵衛, 営みつつ, 営み何もかも, 営む者, 営んでるオルガニスト, 団子坂へ, 圧するよう, 埋めても, 壓し, 売る手打ち, 失望せしめる, 奸計に, 姉娘の, 始めおまけ, 始めたと, 始めたらしい, 始めたり, 始めどんな, 始めましたが, 始めようが, 始めるだけの, 始めるに, 始め何商賣, 媒介者に, 嫌ひ, 守る妻, 定宿と, 宿と, 尋ねようと, 尋ね蕎麦屋, 居ぬきで買っちまい金蔵, 帚初むる事云々, 帰して, 帰そうと, 庇つて居る, 廃めて, 建つるとて, 建てた, 建てました, 建てるばかり, 廻りまた, 引き揚げて, 引上げる, 引取つたのは, 引張り込んで, 引揚げました, 張込ん, 当っても, 当らせること, 形造った, 待たせるの, 後に, 従えて, 御存じありません, 御存じでしょう, 御殿の, 復活させ, 忌がらせ, 忘れて, 思い出しますが, 思い浮かべると, 思ひ出した, 急に, 恋ひ焦れ, 意味する, 憎み咎める声, 憐れむだけの, 手伝い男, 抜いて, 抜け出した一人, 抜け出し聞いて, 抱えこんで, 押しつつむと, 拔出した, 招んだ, 拜見いたします, 持たせて, 指さすの, 捕えるため, 捕まえて, 捜した, 捜した結果, 捜し出して, 掃蕩せず, 掠奪するだろう, 探さなければ, 探したが, 探したン, 探し廻ったん, 探し求めなければ, 探そうと, 描いて, 描写する, 揺するこの, 撒いて, 撼か, 撼す, 改造せる, 救った甚内, 教えた, 教えて, 数軒の, 敲いて, 斬りふせ蹴とばされたり, 新吉は, 既に三十軒, 最新カウンタ式に, 架し, 架すの, 架するの, 栄子に, 棲霞軒と, 構へ, 檀家に, 止めました, 歩いた經驗, 歸さう, 残したり, 殺したと, 殺したん, 殺すつもり, 殺す気, 毀ち壊して, 求め出して, 江戸へ, 決め込んで, 没落させよう, 洗って, 流れわたって, 深刻に, 湯島の, 漁って, 漁つて居る, 潤し徳, 潤色した, 灰と, 焼いただけ, 焼き立てて, 照す, 燒かれ, 營ま, 營業し, 片ッぱし, 片端から, 物色に, 狙ほふてえ, 狸が, 生かしたの, 當つても, 疑った論拠, 疑つて, 発見し, 発見する, 目ざして, 目の, 直ぐに, 相続致し, 睨みかへ, 知つてるだらう, 知らないもの, 破滅させ, 示して, 移り歩い, 穿ちて, 突きとめるん, 突き殺し血だらけ, 窮地に, 立ちまする時, 立ち出でて, 立ち去ったの, 立ち去ること, 立つた, 立てて, 立出で, 立去ったのち, 笑えぬ旧式さ, 経営しはじめ, 結びつけて, 継ぐべきはず, 続けて, 繋ぐ廊下, 繞つて翌, 繼ぐことだらう, 繼ぐ可き, 罷めて, 老媼の, 職業に, 背負って, 脅かしたか, 臓物故買犯者著訳者を, 舞台に, 葬れ, 蔽へ, 行って, 表に, 表裏から, 裏長屋の, 襲つて主人徳右衞門を, 覆ふ災厄, 見かけた俺, 見それ, 見たこと, 見つけたので, 見つけ出して, 見つめこういう, 見る事, 見上げるの, 見付けましたので, 見張つて, 見当る毎度, 見据えて, 見立てること, 見込んだ横顔, 覗いたが, 覗いたさ, 覗きましたが, 覗き込んで, 覗く積り, 親族に, 観賞し, 記憶から, 訪ねそれ, 訪ねたの, 訪ねた怪し, 訪ねました時, 訪ねること, 訪れたが, 設く, 設け幔, 詐欺し, 誘い出して, 説明し, 調べた事, 調べました廊下, 調べると, 譲って, 貧窮組が, 貶して, 買い与えて, 買ったとき, 買ひ, 買収した, 走り出て, 足場に, 転々した, 軽蔑します, 追かけ, 追つ, 追放し, 退去させる, 送って, 逃げ出そうと, 造り是, 過り高地, 遣って, 選ぶべきかという, 還した, 銀子に, 鏖殺し, 閉めて, 開きました, 開く, 開くため, 開くよう, 開店する, 開業しよう, 間違えて, 除いた他, 陥れたの, 隠密だ, 雇ったから, 離れること, 鞭打つよう, 預けたの, 頼むぜ, 題材に, 顧みず, 飛び出した米友, 飛び出してから, 飛び出すと, 飛出した古金買, 飛出すと, 食いつめた後, 飲みまわって, 飾りあわせて, 馳せ越えて, 驚倒せしめた

▼ 屋~ (1729, 4.6%)

16 それを 6 自分の 5 店を 4 さすがに, すぐに, もう何処, 村の, 私の, 顔を, 首を

3 [18件] いいました, こちらでございます, これを, その頃, どうした, どうだ, まして薄暗く, もう表, もとは, 一軒も, 主人の, 古くから, 土地の, 平気で, 我が命, 昔の, 素寒貧月と, 飯を

2 [97件] あまさず焼亡, いやな, いろいろと, お秋, ここから, ここらでも, このお, すつかり, その一つ, その中, それから, それで, そんなに近所, とうの, どうかした, どこへ, ないかと, ないぜ, なかった, びっくりし, 一文なし, 一遍に, 両手を, 二階建ての, 人の, 今から, 今の, 仕事の, 何か, 何ぞ, 何の, 何代も, 俺を, 兄妹の, 六疊と, 出て, 出掛, 前に, 口を, 唇を, 唯の, 地主で, 堀一橋の, 大井久我之, 大分限だ, 大抵この, 大阪に, 大阪の, 奥で, 子分の, 宿帳が, 店の, 彼には, 急に, 拔け, 昔は, 昨夜の, 朝から, 次の, 死の, 母屋の, 江戸時代から, 江戸時代からの, 浅草の, 清吉兄哥に, 潰れるに, 火の, 甲州屋の, 町内の, 相変らず, 眼を, 石巻から, 確かに, 神田で, 答えました, 續けて, 聞えた乾物問屋, 肉の, 肩を, 腕を, 色々の, 若主人, 表の, 見て, 負けた後, 貿易商と, 近頃お, 通船の, 門櫓い, 関三の, 離屋の, 雲南麝香の, 靜かに, 面白い, 顔色を, 高しゆり, 鬼に

1 [1426件 抜粋] あからめも, あす學校が, あった, あのルーヴァン, あの日夏羽織, あまりに労働, ありましょうか, ある, ある私鉄, あんまり興味, いうまでも, いかがです, いかにも古び, いかんと, いささか得意, いったいどっち, いって, いつごろからの, いつも嚴重, いつも障子, いないの, いま牢の, いらなかったわけ, いろいろの, うけ合い百両, うなずいて, うるさいほど, おずおずと, おのずから腹, おろか此の, お先にと, お嬢さんの, お蝶, かたき同士, かつて破産, かの女, かれを, きみに, ぐるな, こう証言, ここへ, このこと, このザポロージェ人, この姪, この寺, この神様, この話, この通り左前, この頃, これに, これも, こんな大きな屋臺, さあらぬ, さっそく見世物, さらにひどかっ, しきりに愚痴, しまいに撚糸, じっと手, すくなし, すっかり乗り気, すっかり狼狽, すつかり片付い, すべて槻その他の, そういういわれ, そこで, そこに, そちならで, そのあと, そのこと, そのとてつもなく, そのまま行っ, その伯父さん, その区画, その小鳥, その旧, その祕密, その通り, その陽, それだけの, それをさえ, そろって, そんなに恐ろしい, たいへんな, ただに, たった二千円, たのしみに, だしぬけに, ちょうど森元, ぢだ, つぶやいた, づか, とうとう生きかえらない, とつぜん躍りだす, とりすがる女房, どうし, どうしても二十四斤半, どうなった, どぎまぎし, どこだ, どこまでも, どんな奴, ないかね, ない様子, なか, なかなかつらかっ, なかなか質, なにか思いついた, なんだか変, にこにこ笑っ, のめり伏した, はじめは, はやらなかった, ひきあげて, ひっそりし, ぴったり平, ふりの, ぶるぶる脚, ほとほと困じ果て, ほんとうの, ますます目, また増刷, また石, まだよい, まだ喇叭, まだ来ない, まだ起き, まつたく被害, みなそう, むつくり起き, もう一度今, もう千里, もう私, もう金, もと穢多, やっきに, やっぱり後, わらひもしない, オデン屋坊主と, ガクガクと, キログラムを, ケロリと, ザッと, スタンドの, チロリンチロリンと, ニタ, ブルッと, ボッコひっそり, モッツストラッセに, リヤカーに, 一丁目から, 一品料理屋から, 一文でも, 一時寄木細工などを, 一番粗末な, 一身田に, 一面には, 丁度事件, 万々歳だ, 三下りの, 三人目だ, 三軒とも, 上から, 上品な, 下宿の, 不平たら, 世間普通の, 両親と, 中世では, 丸つぶれ, 事件の, 二三日前から, 二十年以来ぱったり, 二束三文だろう, 二階中を, 云って, 五円の, 五年ほど, 人に, 今で, 今十五里も, 今夜お, 今日は, 今日混ん, 今朝戦線へ, 仕舞に, 他人へ, 仮令彼, 伏見の, 体裁では, 何ごとや, 何を, 何処で, 何日か, 何處へ, 余りに平凡, 來ません, 促して, 倉持が, 傘屋靴屋は, 元気の, 充分無, 児子家へ, 全く獨立, 兩親と, 六助と, 其一つ兎角, 其頃での, 内に, 再び店, 冷然と, 凹んだ眼窩, 切った炭, 別に気, 別棟に, 前の, 前段の, 勇を, 勿論一緒, 十九年の, 十分注意し, 十月一日より, 半年前に, 却, 又, 取潰し, 古い, 古服, 可とも, 吃驚の, 同じ人, 同功館, 吐き出すやう, 君の, 呉服屋木屋は, 呉竹の, 周三を, 哄然と, 商売だ, 喧嘩を, 四十ぐらい, 四谷坂町に, 国賊だ, 土藏と, 坂の, 堅気の, 夏も, 外国へ, 多少インチキ, 夜逃げ致し兼ねますまい, 大きい構, 大きな室, 大きに悦ん, 大久保の, 大分古い, 大層戸締り, 大抵戸, 大正の, 天国においても, 夫婦の, 奥歯を, 女帝に対して, 好きよ, 妻君の, 嫁の, 存じても, 安心し, 実に非道, 客が, 家ごとに, 家へ, 家業柄だ, 寝たきりな, 対手に, 尋ねると, 小さい孫二人, 小学生一人について, 小藤次, 少し時刻, 屋號三文字屋で, 山なす, 左前続きで, 巷の, 帳面を, 平伏したが, 平然と黙りこく, 広い店, 床屋の, 廃しになさい, 廃業され, 当時に, 当然その, 役者を, 彼らの, 彼独特の, 後家の, 従前通りの, 御殿風の, 御馳走の, 心得て, 志した町通り, 忙しく銅, 思い入った, 思はぬ時, 思わず微笑, 性に, 恐らくありますまい, 恐怖の, 息を, 悉くナンバー, 悲しげ, 愚劣な, 慰安所と, 懐中から, 戦禍を, 戸が, 戸締りが, 手ぜまな, 手數料が, 抱えただけを, 持米の, 指折りの, 探せば, 放心した, 敗戦後の, 数ヶ月の, 數代菓子商で, 斜に, 新聞に, 旅館で, 既に鞭, 日本橋本石町三丁目の, 早くその, 早苗に, 旭の, 昔し, 昔江戸へ, 時計師らしく, 暖簾に, 暫く小康, 書林組合に, 最初は, 最早長い, 有名だった, 木を, 本当に怒, 札差九十六軒の, 松の, 果実を, 根本的に, 棟の, 横浜の, 橋の, 欠所, 止して, 此處から, 此間の, 歯噛みを, 死罪菩提寺の, 殖えた, 母家からは, 毒を, 気の毒でした, 気まずい顔, 水中へ, 永代河岸を, 決して客, 沈黙し, 河原町では, 泉水の, 泥棒に, 津の, 海産物の, 深切であった, 渋い顔, 湯から, 潰れて, 炊事に, 無意味に, 無氣味, 無論小林秀雄, 煙管に, 熱心であった, 燒けて, 牛込肴町で, 特にそうだ, 犯人が, 狭い地所, 甚ださびしい, 生国では, 田村町にも, 甲羅をへ, 男の, 町内浮世の, 町境いの, 画かきの, 番頭などが, 番頭小僧の, 痛ましげ, 百姓を, 皆安直で, 盆燈籠の, 目白の, 直ぐ其處, 相当に, 相手に, 眉を, 真っ蒼, 着物を, 硝子の, 礎が, 神田の, 禿げ上った額, 秋収の, 空想的な, 立ちあがつたが, 立ち退いた, 立木の, 競争が, 笠の, 筋向うで, 答える, 節子も, 米屋の, 純粋種に, 素早く背後, 絨氈屋同士で, 緊張し, 繁昌した, 老木と, 考へた, 聖人の, 胸の, 膝を, 自分で, 舊く, 船を, 芝の, 花菱という, 草津へ, 荷馬車を, 著者に, 葺藁を, 薄汚い店, 蜂の巣を, 蝙蝠冠兵衞に, 街の, 表通りで, 被害民たちの, 西山氏に, 親父と, 言つた, 許田の, 話が, 語って, 誰であった, 誰も, 諸国雑貨販売と, 警視庁からも, 貧乏搖ぎもしないだらうよ, 買い戻すから, 質兩替の, 質屋渡世で, 路地を, 身を, 身代半減という, 輕蔑する, 近頃出来た, 逃げ支度だ, 遊楽街を, 道具屋の, 遠いから, 都鳥浴衣を, 重なる, 金の, 銘酒屋と, 鐵の, 長太息し, 長崎屋と, 門前まで, 間口五間の, 間違ひもなく, 防火扉を, 陸へ, 雑司ヶ谷から, 震災前海軍大学その他高等海員向きの, 非常な, 面倒臭そう, 靴の, 鞭を, 頷くよう, 類焼を, 風呂場の, 食える男, 養子伊之助に, 馬道山谷辺の, 駕が, 骨折りかせいで, 高い荷, 鴨が, 黙って

▼ 屋~ (1370, 3.7%)

31 あつた 17 酒を 10 売って 9 働いて, 飲んで 6 買って 5 飯を 4 これは, ござります, 待って, 御馳走に, 煙草を, 食事し

3 [16件] でも, 一杯ひつかける, 一緒に, 休んで, 何を, 原稿用紙を, 彼は, 桃を, 私は, 自分の, 訊くと, 買ったん, 買物を, 通って, 金を, 飲む

2 [90件] あつて, あとは, あのまばゆい白い, うどんを, およそ感情, お職, お金を, この医者, その主人, それが, それは, それを, なあととり, のむ後輩, はらみ猫, やけに酒, わきざしを, トンカントンカンと, ドンチャン騒ぎを, ヒマ人で, 一パイの, 一人で, 一円二十銭出し, 一年程, 一日に, 一本コップ酒四本の, 中, 主人と, 主人の, 二三の, 今の, 仲居を, 会ったこと, 使って, 借りた雨戸, 働きながら, 僕は, 出て, 切らせ組み合させるの, 別れて, 午飯を, 土間が, 大店の, 女房と, 子供の, 小刀を, 平次は, 後家の, 御飯を, 手に, 料理を, 晩飯を, 書生が, 有名な, 朝から, 朝飯を, 本を, 果物を, 梅と, 棒ねじ犬の, 浅草の, 湯沸し器を, 番町一円の, 知り合, 知り合った, 石版刷の, 私の, 箱火鉢と, 聞いて, 聞くと, 菊人形を, 菊細工を, 菓子を, 蜜柑を, 見たやう, 見つけて, 親分の, 訊くの, 記念の, 買った, 赤飯を, 足を, 酌婦を, 金の, 頭でも, 飲むの, 餅を, 饂飩を, 骨董には, 鰻の

1 [1031件 抜粋] ああいう, あの腕並み, あらう和製ジヤズ, いいかげんうだり, いかに私, いざ事, いっとき眺める, いつもその, いろいろの, うまい酒, ええ天気, おいしいビフテキ, おきぬは, おでん三皿鮭の, おやじが, おれは, お人好, お冬, お園, お客に, お待ち致し, お母さんが, お浦, お買い, お買いなすった, かた, かたづけるという, かりそめ, きざんだもの, くちはてるか, ここは, この天文台, この家, この店, この羽織, これが, これを, こんな事件, ごぜえます, さい前の, さっき聞いた, しかしそこ, して, じいさんは, すぐ判ります, せう, せしめて, そこの, そのころハイカラ, その下段, その二階, その名, その店, その手間手数料, その方面, その田臭, その隣り, それも, たいやき, たった独り, だ, ちいさい小皿, つかって, てんぷらうどん一丁ッと, とおったムッツリ, とりかこまれて, どこかの, どんなこと, なあみんな, なまず鍋を, ねばつた方, ねらうところ, のこぎりを, のりを, はかれの, ひと休み致し, ぶつかった地蔵行者, ほかの, まだ雨戸, むろん文学, めしを, もう少し遠慮, もっとも安い, もっと給料, もとは, やって, ゆき, よい口, よくそこ, よごれたレーンコート, わかれたるその, わたしを, アイビキし, イワン・フョードロヴィッチと, ウドンを, オルガンの, カゲ富の, カニを, カレーライスや, カン酒を, ギャングなどという, コツプ酒二杯二十銭見, サンドイッチを, サンドウィッチばかり, シャベットや, スープを, タンコの, テューダー王朝時代の, ネーブルと, バタ, パンパン, ビフテキを, ビールと, ホテルに, ポンポンポンポンと, メロンを, ラジオを, 一つの, 一スーの, 一中節の, 一人さびしく, 一冊を, 一応逢っ, 一服ひもじく, 一杯, 一杯ひつかけ, 一杯やっ, 一杯やる, 一杯引つかけ, 一泊し, 一番安い, 一番鶏の, 一軒は, 七つ半か, 万暦物の, 三人は, 三年や, 三枚つづき, 上州屋周太郎, 上着を, 不思議な, 世話を, 両親も, 両隣は, 丸万から, 主人は, 乗物を, 九銭の, 二三食ふ, 二人一緒に, 二十世紀を, 二千五百兩の, 二時すぎまで, 二杯ひつかけた, 二階が, 五六品の, 五十錢に, 京極丹後守の, 人一倍嫉妬心, 人並に, 人死が, 仁助の, 今更俄, 仕事に, 他の, 他人との, 仲間の, 伊福部隆輝と, 休んだの, 会おうと, 伸子が, 何か, 何となし, 作りましたが, 使う道具, 例の, 修行し, 個展を, 借着し, 偶然会った, 充たされて, 先生の, 入口に, 兵隊上りの, 内々に, 内輪は, 凡そ十人ぐらいは, 出して, 出す小型マッチ箱, 出会った, 出逢うと, 初めてガラス絵, 判らなければ, 副業に, 加之に, 北田屋の, 十三屋じゃ, 十九円半の, 十円の, 十銭で, 千之助, 半七, 博識で, 卵を, 厶います, 友人と, 受取りました, 古くから, 古風な, 各種の, 同級会が, 名高い高津神社, 呑み更けてから, 周吉と, 呼んでは, 品川一平の, 商売も, 商売柄の, 営業を, 四斗の, 国男と, 土地も, 増を, 売ります, 売るよう, 売る絵図面, 夏帽子は, 夏頃その, 夕食を, 多忙である, 夜半に, 大きいパン, 大きな音, 大名屋敷や, 大学生と, 大物の, 大臣さんに, 大通りからは, 大陸育ちで, 大食で, 天井の, 奇麗好きの, 奪られた, 女中と, 女子が, 女性的に, 如何にも宿場, 婚礼する, 安く買っ, 実弾を, 客座敷が, 宴会, 家々の, 家主なる, 家業柄出入る, 密売し, 寝込んだの, 専売し, 小休み, 小澤と, 小野田が, 小鳥を, 少年期から, 山の手切っ, 山本屋の, 左様云わねえ, 幅を, 庁内では, 店は, 店先の, 座敷も, 引き取りました, 彼が, 彼様に, 従って, 御前を, 御櫃, 御馳走にな, 念入に, 急拵えに, 恵比須講か, 悪戯し, 戦意とみに, 手打ち蕎麦を, 打捨, 抱えて, 拵えたその, 持ってるん, 挽けませんと, 搦め捕った曲者, 改めて別盃, 教は, 数日前に, 新しく養子, 日本犬の, 日頃世話に, 明治二十四五年頃は, 昨夜の, 昼遊びし, 昼飯でも, 時々一しょ, 時刻を, 時計が, 晩食を, 晩餐を, 暮すん, 暮らそうとは, 書かれまた, 月の, 朝ごはんを, 朝日を, 朝餐を, 本や, 本郷通りに, 杯を, 林檎でも, 染めさ, 栗ぜんざいを, 桝屋とか, 極めて不規則, 樽天神を, 正式に, 死んだ志士, 殊にその道, 殺したとでも, 母の, 母上の, 毎日十一時すぎまで, 気に入った形, 水を, 氷水一杯一銭, 江戸の, 油を, 泊つて柄にも, 泊る, 泡盛や, 洋食を, 流連する, 海老の, 消し止めた, 清の, 温かい茶, 源右衛門も, 滅多に, 火を, 烏は, 焼いて, 熱海から, 牛が, 牛肉会ダンスチーム十何人, 物思いをばかり, 独りぼ, 猪之, 現物を, 琵琶歌が, 生臭入りの, 田山以後の, 田舎娘と, 甲州屋とは, 町内では, 留吉に, 異様な, 病死した, 癇癪持ちで, 百枚の, 皆と, 盃を, 盜んだ, 直し店子, 真赤に, 知り合いに, 石鹸を, 破産ひとりは, 秀吉に, 私も, 種物を, 立つて, 箸にも, 米澤と, 紋服を, 紙鳶の, 終りかと, 結納を, 綿文ていう, 緑の, 縁起直しに, 而も, 聞いたの, 聞いた話, 聞けば, 聽く, 育つたお, 育てられ中学, 腐った鳥, 自動車の, 船頭の, 芋焼酎を, 花柳界に, 芸者と, 芸者も, 苦虫を, 茜染めも, 茶屋は, 荒木左衛門と, 落ちあう約束, 落ち合, 葡萄を, 蓄音器が, 蕎麦の, 藝者も, 藩主改良派の, 蘇州の, 蜂蜜を, 行つてゐた, 表よりに, 西洋人の, 見かけたお, 見ただけでも, 見た幻灯機械, 見つけたもの, 見つけた帳面, 見て, 見よう, 見付けた, 見積り書を, 親父に, 訊いたらお, 誓文払を, 諸麻, 豆と, 豆腐が, 豆腐二十六銭, 財産は, 貰った中仙道, 貰つ, 買い数寄屋, 買うと, 買ったその, 買ったとき, 買ったばかりの, 買った一輪挿し, 買った品, 買った江戸, 買った青磁色, 買っては, 買つた古い, 買取ろうと, 資金を, 贔負に, 路を, 身を, 身銭を, 軽く食事, 辛うじて食慾, 近ごろ変った, 追放政治家と, 通る老舗, 逢った, 逢つたとか, 過ごして, 郷田三郎が, 酒二杯, 酔いを, 金属製の, 金造が, 鉄砲鍋とか, 銘木の, 鎌を, 門口二間ばかりの, 開くなんて, 隠居し, 隣座敷に, 雑誌を, 雨の, 雪隠を, 電気器械を, 霜消し一杯その, 青い紐, 青草ばかり, 風流女を, 食い逃げを, 食つた, 食べられませんね, 食わされるキャベツ巻き, 食わせるアイスクリーム, 食事を, 飯が, 飲ませて, 飲みすぎて, 飲み合った関東, 飲むまた, 飲む感じたやう, 飲食いを, 首を, 馬方の, 駕籠舁が, 魘されるお方, 鰹節の, 鳴って, 鹿の子と

▼ 屋さん~ (1149, 3.1%)

16 のお 9 のこと, の家 86 でも, の前, はお, はその 5 かえ, ですよ, にし, のよう, の方, は, はいいました

4 [18件] おぬ, があった, がお, が来, で, でした, です, ですか, では, とお, のところ, の妹, の店, の店先, はこう, へ, へ行つて, 御夫婦

3 [15件] から金, が, があります, がある, だと, だね, である, というの, になる, の, のやう, の仕事場, の手, はこたえました, はそれ

2 [80件] かい, から, からお, か何, がいいました, がこういう, がとどけ, が來, が好き, が店, が御, が通る, が預る, この祝言, じゃない, すみませんが, だそう, だったの, であった, といふの, とも相談, と呼ん, と当の, と関係, どうも御苦労さま, なの, なのに, なん, なんかはい, にいる, にお, にさう, にたのん, になった, にはもう, によく, にわたし, に何, に差上げ, に掛け, に知れ, に聞い, に身請, のお上さん, のお嬢さん, の二人, の二階, の俥, の口, の外, の大, の妾, の娘さん, の後ろ, の御, の皆さん, の部屋, の電気, の顔, はあの, はお前さん, はこちら, はどう, はもう, はポケット, は別, は妾, は森, へお, へよこし, へ奉公, へ行った, めがけて, ももう, も骨折甲斐, よ, を困らせ, を斬, 御骨折, 急いで

1 [771件 抜粋] あつしは, あの別荘, あの板屋, ありや, あんまり笑わせない, いそがしい, いそがしいもの, ええもし, おいちょい, お前方, お宗旨, か, かしらん, かすこし, かなに, からお金, からの御, からひとり, から二年, から今日, から届きやした, から後妻, から新しい, から火, から誰, から迎え, から電話, かネ, か先刻, があっ, があなた, がありまし, がありました, がいくた, がいなくなった, がうち, がうんと, がおっしゃった, がおどけた, がお松, がかち, がき, がきました, がきれ, がぐっすり, がこの, がございます, がさ, がじゃ, がすっぽり, がそれ, がたずねました, がたてた, がどう, がない, がはじめて, がはばかりをどう, がばかされた, がまいりました, がまるい, がもうぐっすり, がやってきました, がやって来る, がやつ, がわたし, がゐた, がラシャ帽子, が一人, が井戸, が今夜, が仕事, が休ん, が作らえた, が出, が分散, が号外, が向, が四五日前, が四十年, が家々, が寄っ, が寸法, が寺, が年増女, が慣れ, が戦争, が手, が手紙, が持っ, が振り向き振り向き通り過ぎ, が新聞, が春名先生, が有る, が来た, が来ません, が殖, が湖, が特別, が申しわけ, が目, が眞物, が立っ, が締め殺される, が羨ましく, が腐, が自分, が葉書, が表, が言, が車上, が郵便, が配達, が雪割草, が頑張っ, この犬, この競馬, さう, さては井筒屋さん, じゃござんせん, すぐには, ずっと此方, そりゃア, それから眼白頬白みそさ, そんなに金, たのむぞ, たれが, だから, だけにシャーベット, だけに有終の美, ださうで五日, だったらくるくる, だって商売, だとて, だな, だわね, だ其処, てどちら, て金魚, であった差配, であるだろうこと, でいらっしゃいます, でいらつ, でかなり, でございます, でございますね, でしまひ, ですが, ですね, でそれに, でね, でわが家, で借りれ, で僕, で可愛, で名前, で油, で父, で聞い, で起こった, で食パン, という影口, といえ, といっしょ, といつた, とお話, とか云う, とか有難く, とが特徴, とこの, としては小沢, とだけでした, とでもいった, とはいえ, とは恐, とは毎日, とふと, とまた, とわたし, とんだ事, と不思議, と二度, と云った, と云われ, と交情, と伊場さん, と何, と優しく, と六部, と同業, と呼び込む, と夫婦, と樽屋さん, と渾名, と窓, と競争, と話す, と違っ, な, などではそういう, などは女房, など揃い, なら独り, なるもの, なんかをみてる, なんぞと一緒, なんて, なン, な所, にいいました, にいた, にお金, にじ, にたのむ, にでもあり, にでも頼ん, になつて, にならう, になりたい, になります, にはいっ, にはすぐ, にはならずし, には一杯, には數, には日本, には紙, には随分, には驚いた, にまでファン, にまで愛嬌, にもいい, にもすまなかつた, にもその, にも判らない, にも申し訳, にも金物屋さん, にやる, にや毎日通, に万事おまかせ, に加勢, に助けられた, に奉公, に女房, に寄っ, に寝床, に怨, に悪い, に手, に押し, に損, に早, に来, に渡した, に渡しました, に男, に知らしとい, に私, に聞け, に行きました, に見せ, に話, に誘はれ, に追い縋った, に連れられ, に違い, に預けられ, に頼みました, に頼ん, に飛んだ, ね, ね女の子, のある, のいう, のいふ通り, のえ, のおも, のお父さんさ, のかんしゃくだま, のす, のそう, のつかう, のにつづい, のばー, のほう, のセリフ, のホヤホヤ, の一軒, の上手, の世話, の二軒, の亭主, の人たち, の仕事ぶり, の仲間入り, の使い, の健さん, の先代, の入った, の処, の動き出す, の印象, の厄介, の叩く, の吹く, の品物, の商売, の塀際, の墓所, の大泉つていふ方, の好意, の娘, の家族, の家督娘, の山川屋, の帳場, の広告, の庖丁, の店さき, の庭, の形, の役, の心臓, の性質, の息子さん, の手間取りなん, の持船ぢ, の提灯, の時代, の朝出, の樣, の物, の甥, の町内, の眼, の箍捌き, の線香, の繁昌, の義侠心, の耳, の芸名, の若旦那, の裏口, の見世, の言い分, の詩人, の變死, の身内, の車, の隙, の離れ, の頭, の馬, の黒, はあたり, はいさましく, はいそ, はいっ, はいつも, はいる, はおおいそぎ, はおろおろ, はこれ, はこれから, はごくわずか, はさすが, はすばやく, はすました, はそこ, はそんな, はだいぶ, はとうとう, はどこ, はなにか, はなわ, はのこのこ, ははたらき者, はひょっと, はひらり, はへんじ, はまことに, はやく逃げた, はよほど, はわざと, はパン, はフシギ, は一冬, は一生, は七カ所, は丈夫, は二枚目型, は五日, は今朝, は仕事, は何, は何處, は儲かる, は刀, は勇気, は問, は地べた, は大きな, は天平棒, は如何にも, は婚礼, は存じ, は小さな, は平和, は待っ, は心, は怒り, は悠然と, は提燈, は日高さん, は昔, は最後, は棒, は毎日刻限, は洪水, は狩人たち, は猶々, は盃, は相, は矢張り久兵衞, は美濃, は見た, は見送り, は語った, は近, は頑固, ばかりになっ, ばかりは何, へいっ, へでかけました, へは, へはよく, へ出かける, へ出前, へ參, へ廻っ, へ招, へ早く, へ来ました, へ行っ, へ行つた, へ遊び, ほどいろいろ, また心中, また来年, までもいっしょ, もあきれた, もあまり, もういい, もこんな, もとんだ, もどう, も人, も何時, も大, も大変, も暮し, も更けたなら, も祝月, も空, も苦しゅう, も親切, も随分, や, や下駄屋さん, や文献屋さん, や時計屋さん, よりは鳥, よりわし, らしい店構え, らしい用件, をあっさり, をいい加減, をじ, をつれ, をながめまわしました, をはじめる, をまた, を出ました, を呼ん, を大きな, を始める, を御存じ, を怨ん, を殺した, を相手, を習ふん, を見つけ, 何だか凄い, 共に古くから, 大きく両手, 少しの, 少し待つ, 折角そ, 掴まえやしなかったもの, 済みませんけれど, 直槙

▼ 屋~ (873, 2.3%)

25 云ふ 19 いっても 13 なって 10 いって 9 いえば 8 一緒に 7 いふに 6 書いて, 言って 5 いうに, 同じよう, 言ふ 4 いうのに, いっしょに, 云うの, 呼んで, 離れて 3 いへば, 二人で, 云う家, 云う男, 云う質屋, 云っても, 同じ運命, 向ひ, 申しても, 言つても

2 [61件] いうと, いうよりも, いつて, いふ, いふが, いふと, いふの, お土産屋, お燗番, なのって, なる余, ほむるものひとりもなし, 三村屋と, 並んだ町内, 並んで, 云うが, 云うもの, 云う宿屋, 云った, 云って, 云は, 云へば, 仕立屋の, 同じ人間, 名乗って, 和泉屋の, 喜多利屋と, 大差なき, 夫婦に, 宗次の, 宿屋の, 彼は, 懇意の, 旅籠町の, 書いた提灯, 木屋と, 棟梁の, 煙草屋の, 申します, 申せば, 白旗直八は, 稱する, 組んで, 編笠茶屋の, 自分の, 花屋の, 荒物屋の, 號した, 見えて, 言うの, 言はれた, 記して, 誉ける, 這個二人の, 違いは, 鍵屋と, 雲霧は, 食物屋の, 飯田町の, 駄菓子屋が, 麺麭屋の

1 [583件 抜粋] あつた, あの椿三千麿, あまり往き来, あるのによ, ある宿屋, ある香袋, あれが, いいきれること, いいました, いい商標, いうから, いうが, いうだけ, いうてな, いうては, いうなあ, いうので, いうへ, いうべき米, いうよりは, いうんで, いったら大, いつもの, いはれる半面, いひて, いひません, いひ入口, いふから, いふべき店, いふよりも, いへども, うわば, おしゃべり屋とが, おなじ理窟, おもしろいお茶屋, おやじは, お仕立処, お約束, お茶屋とが, かう云, かわりは, ききだしそれ, きて, きめては, くらべると, この三人, さかんに, さもしき議論, しきりに何, したところ, した看板, して, じぶん, すしや, すれば, そうしてふたたび, そして馬車, その付近, その先きの, その向う, その敷地, その歩調, それから下痢, それぞれ尋ね, ちゃんと分れ, であった, ですか, どこまでも, どっちに, どんな引っ掛り, なったの, なったり, なった家, なっても, なつた, なりそこ, なりて, なりました, なり人夫, なり夫, なり女, なり旧, なるの, なろうという, なんいへるに, はいっても, はぐるだろうと, ふざけ散らして, ほつつき歩いて, まちがえそう, みる以外, もう一つ気, もう一人庄どん, もう一軒坂下, やって来た取引談, よばれた商家, よばれ米屋, よばれ網屋, よぶ不都合, よぶ声, よんで, わかれて, わけが, アッサリ片附けた, オカミの, オザワとは, グルに, コツクを, コーモリ傘屋の, シャツ屋を, ソバ屋の, タバコ屋とを, パチンコ屋に, パチンコ屋の, ヒットラーには, ホールの, メンコ屋の, ラジオ屋を, 一しょに, 一しよ, 一つの, 一つ汽車に, 一対に, 一對にな, 三月兎とは, 三軒に, 三軒鼎立の, 下駄屋と, 両方へ, 両替人, 並び左, 中屋の, 中華料理店との, 丸判が, 丸屋石橋屋の, 乃至は, 二軒で, 云ううち, 云うちょっと, 云うと, 云うに, 云うぶら提灯, 云う下駄屋, 云う人, 云う名前, 云う大, 云う宏壮, 云う宿, 云う料理屋, 云う料理茶屋, 云う旅籠屋, 云う木賃宿, 云う本町, 云う櫛屋, 云う熱海, 云う自動車屋, 云う苺, 云う覚悟, 云う酒屋, 云えば, 云つた, 云つてとても, 云つても, 云はれ, 云ふうな, 云ふも, 云る, 云われた男, 云家に, 云旅籠屋に, 云質屋にて, 五間ほど, 人に, 人形を, 仕立屋が, 仕立屋と, 他の, 仰し, 伊達小袖で, 伏見屋との, 休み茶屋であった, 佐倉屋と, 俗に, 倉賀屋の, 僕とは, 元の, 八卦屋とが, 八百屋, 公開の, 共同ポンプの, 内神田表神保町の, 凝議を, 出入りの, 分けて, 刑事の, 別に建物, 別れて, 別れルツクサツク, 別懇に, 別館とを, 剃刀屋の, 化けず律儀, 医者とが, 升屋といふ, 半年前ぐらい, 南端れ, 南端近い, 反對, 口論し, 古本屋とに, 古道具屋と, 古道具屋を, 合併しよう, 同じいれこみ, 同じぐらゐ無造作, 同じじゃ, 同じやう, 同じ待遇, 同様位の, 同様借切りで, 名づくる, 名づけて, 名を, 名乗る店, 向い合い左手, 向かいあった反対側, 呉服屋ほんとうに, 呼ばれたもの, 呼ばれた人情噺, 呼ばれて, 呼ばれる小舎, 呼ぶ, 呼ぶと, 呼ぶの, 呼ぶより, 呼ぶ家, 呼んだのみ, 呼んだは, 呼米商賣, 和泉屋に, 喋って, 囁いた, 四ツ目屋の, 因業久兵衛の, 堀の, 声を, 変わらなかったが, 外に, 外神田の, 夜蕎麦売の, 大寺源十郎くらゐ, 大工とを, 大桝屋は, 大里とかいう, 女将同士が, 女房とは, 女郎屋を, 女隱居と, 妓楼とを, 子どもたちは, 子分の, 安全な, 客とは, 宿屋を, 富家とを, 対合つて大きい, 小料理屋が, 小間物屋との, 小間物店との, 居酒屋が, 屠者, 山城屋との, 山田屋の, 山陽道筋の, 左官の, 差配などの, 師匠の, 廊下で, 建具屋の, 張り合って, 張り合つて沒落した, 往来を, 御取, 御家人と, 徳川夢声等が, 心を, 思う軒, 思ってるから, 思つた, 思ひけむ, 思われること, 懇意に, 我ままと, 扇子屋を, 手前が, 打ち込んであります, 探して, 描いて, 教師とは, 料亭へ, 斜めに, 新しいもの, 新屋という, 新聞縦覧所と, 方々から, 時計屋が, 時計屋と, 暖簾を, 曖昧旅館が, 書いたこと, 書いた看板, 書かれた絵双紙屋, 書くの, 書し暖簾, 書たる, 最う今日, 最中屋との, 来た, 来た日, 東京のと, 東京堂の, 東京堂へ, 果物屋との, 染めぬいた隣りの, 染め出した旗, 染め抜いた書, 桝田屋と, 棟も, 次右衛門との, 殆ん, 毆り, 母が, 比較する, 毛馬屋という, 水菓子屋が, 氷屋と, 永別し, 油屋の, 泥棒を, 洋傘屋の, 洋品屋の, 浪人の, 深い縁故, 漆で, 灯行燈の, 炭屋との, 炭屋の, 煎餅屋との, 牛屋とを, 特約し, 特約を, 狐まんじゅうど, 独立した, 玉突場とが, 理解し, 理解し合うの, 瓢箪屋としか, 用人の, 申して, 申します宿屋, 申し候, 申すが, 申すは, 申す中食場所, 申す宿屋, 申す紙店, 申す舟宿, 申す船宿, 申に, 申旅籠屋へ, 町の, 画室とを, 畳表問屋の, 百姓家多し, 直ぐに, 直角に, 相談し, 看板の, 看板出し, 知って, 知られたので, 磯屋は, 禍福を, 私とだけ, 私の, 私共の, 称えて, 称されお目見得以下, 称し, 称するあの, 称するん, 称する徒, 称する食料品専門, 笑は, 筆太に, 筑前船との, 米踏人が, 紙製造所を, 組合うて, 経師屋を, 絵具屋に, 縁を, 繋がれては, 罵られた俺, 罵詈讒謗せられる, 美容師とは, 老人との, 聞きては, 聞たる, 聯絡でも, 聴いて, 聴けば, 肩を, 腹を, 自筆の, 自転車屋の, 舟和との, 舟和を, 花やしきと, 芸者屋が, 英人の, 茶筅, 草履屋の, 荒木と, 荒物屋との, 號し, 血の, 街の, 衝突した, 裁縫師その間に, 覇を, 見えるうち, 見ずに, 親元は, 言いたい店, 言うから, 言うより, 言う西洋料理屋, 言えば, 言った, 言ったって, 言ったつまり, 言ったなあ, 言った店, 言つたつ, 言つたのは, 言つた卑し, 言つた小さい, 言ひ, 記せる行燈, 評しさえ, 詩人, 話しこんで, 話の, 謂って, 議論を, 貸席とを, 質屋が, 越前屋は, 趣きが, 車宿の, 近づきに, 逢って, 連立って, 遊女屋が, 遍昭が, 道づれに, 違はん, 選ぶ所, 酒場と, 酒屋が, 酒屋と, 酒屋の, 金澤氏との, 金物屋とを, 金銀細工の, 鉄葉屋の, 鉢合せを, 銀行の, 長崎屋を, 間違いッこは, 間違えちまったの, 間違えて, 間違へ, 間違へて, 隔てて, 離なれ, 離れた, 離れ崖, 靴屋としては, 靴屋の, 顔を, 香櫨園は, 馬方との, 馬肉屋を, 駄菓子屋と, 駄菓子屋を, 駐在所との, 魚屋と, 鰻屋との

▼ 屋から~ (626, 1.7%)

15 出て 14 買って 4 来て, 買ったもの 3 帰って, 拔け, 脱け, 買ったん, 送られて, 金を

2 [44件] お金を, ここへ, それを, ただで, パンを, 一町も, 傘が, 先へ, 出た, 出た者, 出るの, 出世し, 取って, 姿を, 小幡の, 届いたばかりの, 幾ら貰った, 引揚げ, 手の, 抜け出して, 抱一の, 持って, 暇を, 本を, 林檎箱を, 棺桶が, 求めて, 流れ出しました, 番頭の, 百や, 私の, 米を, 聞いた通り, 茶碗を, 詮索に, 誰の, 買つて来た, 追出されても, 送つて來, 酒を, 酒肴を, 鈴を, 馬を, 高い金

1 [483件] あまり遠く, いか銀, うけ取った金, うどんを, おいしそう, おかずを, おなじよう, お中元, お仙の, お使, お先に御免, お取んなすった, お寺樣まで, お暇, お油御用, お買いなさい, お銀, かえってきた, かかりしを, かき出されたもの, かすかな, こつちへ, ことを, この布令, これを, して, すぐに, そっと吉助, その方, その月, その本, そんな女, たんまりお礼, たんまりした, だつて, で, である, であろう蚊帳, でた三種, で粥河様, とって, とどけられた, とる飯櫃, とれば, なん, ぬすみだして, はかの, ひょうしょうしてもらいたいものだね, ぼく宛てに, まいりました, まいりましたが, まことし, また明き家買, まだ大学, まな, みつ豆を, みやげに, もらい受けたという, もらったという, わが國有數, わざわざ取り寄せる, わざわざ見, オランダ製の, キャラメルを, クサヤの, コップを, コロッケを, サト子さんを, サフランを, スコッチウイスキーの, ツイ今しがた真物の, ツエを, テーブルの, ボートで, ポテットミートと, マネキン人形を, レッスン場へ, 一つの, 一カ月一円五十銭払いの, 一丁ばかり, 一万両の, 一壜二十銭で, 一枚買っ, 一足遅れ, 一軒, 一軒置い, 一高の, 一高へ, 万吉を, 万和へ, 万年筆を, 三両という, 三人の, 三升と, 三味線が, 三度の, 三度三度とっ, 三町あまり距れ, 三絃が, 三軒めの, 下宿屋へと, 下宿屋を, 下駄屋まで, 中老出雲の, 乗り出した駕籠, 二丁町の, 二人づれの, 二人前の, 二品三品ずつ, 二町ほど, 五六軒行き過ぎた, 今の, 仕上げたうち, 仕入, 仕入れたもの, 仕出を, 仕立てさして, 他の, 佃の, 何の, 使いが, 使いの, 使いを, 使の, 使ひ, 使者が, 俥で, 俥夫が, 借りた五両, 借りた古けた講談本, 借りた小説, 借りた本, 借りて, 借りては, 借りるかな, 借りること, 借り入れたこと, 借舟, 元値で, 入婿に, 六百両を, 内弟子として, 出かけると, 出たの, 出たので, 出た千代子, 出た旅, 出るわけ, 出る時, 出入する, 出前を, 刀剣講それから, 分けて, 別戸, 刻み煙草を, 前垂で, 十五錢ばかり, 十本余りの, 千と, 千金に, 半町と, 半里, 占ひ, 原稿を, 参りましたが, 参りました大変, 參りました, 収集し, 取ったらしい肴, 取ったらしい赤い, 取ったビフテキ, 取った肉饅頭, 取りさえ, 取りつけて, 取りよせて, 取り寄せた, 取り寄せたの, 取り寄せたもの, 取り寄せた枝豆, 取り寄せて, 取り寄せること, 取ること, 取寄せる, 受けとった金, 受け取ったの, 受け取った百両, 受け取った赤い, 受け取る代金, 口取一品を, 口説かれると, 古い籐椅子, 古人尾崎紅葉の, 古釘, 各二百文宛, 味噌を, 呼び出しを, 嚴談に, 四つに, 四五年前に, 四五軒さきに, 四合十銭の, 四軒目の, 土間を, 売り出されたり, 売付けられたお方, 夜具を, 大きい見事, 大井町の, 大坂, 大變, 天井板は, 女を, 子刻, 学んだまま, 安物を, 家中へ, 家来どもが, 容貌望みで, 対州の, 専次を, 專次を, 小さくなった, 小僧さんに, 小刀を, 小田巻二つとり食ふ, 少しばかり, 少しばかりの, 居酒屋へ, 届いたと, 届いたの, 届いた海老, 届いた疝気, 届けて, 届けられたまま, 川えびを, 工場へ, 巧く, 市場へ, 布団を, 布團を, 帰ったところ, 帰った水木, 干鰯を, 幾日かの, 庭の, 廻廊の, 弁当を, 弔い金を, 引越しソバを, 得て, 御曹子の, 御迷惑, 急の, 急を, 急用で, 慥に, 成って, 成金の, 或は遊廓, 戸を, 手に, 手紙で, 手紙を, 抜出して, 担い出いた大, 招きよせて, 拾い出して, 持て来た下等, 持出したこと, 持出した二千五百兩, 持出して, 持出せる, 持運ばれたり, 指定された, 捜して, 掛炉焼鴨を, 探し出して, 探知した, 提げて, 搾る臨時, 放逐され, 教室で, 数町離れた, 料理を, 新しく買っ, 新しく買つて來, 日々入れさせる, 日曜学校の, 日立造船の, 早稻田, 時々裾, 暇が, 有り合せの, 朝顔鉢を, 本郷丸山の, 材木置場へは, 来たと, 来たの, 来たばかりの, 来たらすぐ, 来た三右衛門, 来た端書, 来た薬, 来るなら山口屋, 根岸の, 植新へ, 様々の, 次々と, 歩いて, 歸つて來ました, 残らず受け取ったばかり, 殺して, 母屋へ, 毎日新聞社へ, 毎日毎日その, 毎朝一個ずつ, 気軽くそこ, 氷や, 氷水屋まで, 汁と, 求められた品, 江戸方面に, 汽車の, 沈みすぎる程, 沈んだ三味線, 泉殿の, 洗い晒しの, 淀の, 淀川を, 清洲城へ, 渡された金, 溝掃除の, 火急の, 灯りが, 為替として, 無事脱け, 無理に, 燕麦を, 牛の, 特に今晩, 現れたボアイエー, 現われ出た花嫁君, 瑕金軽, 生地を, 甲府の, 発行した, 發見した, 白蓮と, 百両の, 百兩の, 皮を, 盗った金, 盜つた金を, 盜難屆まで, 直ちに参議, 相当の, 真っ直ぐに, 眼を, 矢田の, 祝って, 神田の, 私が, 移動せしめられた, 程遠からぬ, 種々貿易向きの, 空屋と, 突然に, 突然飛び出した, 答える, 粕谷の, 糠づけ, 紙が, 紫錦に, 紳商に, 縮緬の, 罎を, 老牛, 聞いたが, 聞いたよう, 聞えて, 聞きあわせに, 聞き知った肥料, 聽い, 聽いた, 脂の, 自火を, 自辨, 色々な, 色揚げが, 芸者連れの, 若い妓, 苦労し, 英国製の, 茶の, 荷は, 菓物を, 菰づつみのあら鐘を, 萬吉を, 蒸汽船に, 薬を, 虎の, 虎列剌が, 虎徹だ, 蛍狩の, 蛎浜橋まで, 行くと, 街に, 表へ, 要求される, 見れば, 訪問客用の, 話が, 誂えの, 誂へ, 誉めて, 請け出して, 貧に, 貰いました, 貰うて, 貰って, 貴さまが, 買います, 買い入れたの, 買うの, 買った時, 買つて來て, 買つて戻, 質屋目ぼしい, 贈られた大きな, 赤堀老人の, 赤紙付の, 足を, 路地の, 車に, 近くも, 追出されたこと, 退転した, 退轉, 逃げ出したの, 逃げ出した女, 逃走奨励の, 通って, 速達が, 運ばせて, 運ばせると, 運ばせる事, 運ばれた簡単, 運ばれる途中, 運ぶらしい朝食がち, 運んで, 遠くない, 遠のいて, 郵便局へと, 配って, 配達し, 酔って, 酢章魚の, 銅塀の, 鍋を, 鍬を, 長い渡り廊下, 長崎に, 降りて, 離れて, 雲山といふ, 靴を, 頼まれた訳, 頼まれて, 頼みに, 顔を, 飛びだして, 飛び出したあわただしい, 飛び出して, 飛石づたいに卜翁の, 食事を, 飯を, 餅菓子を, 馬でも, 駕籠で, 鯊釣りの, 鯡鯉の, 鰹は, 黙って

▼ 屋~ (501, 1.3%)

9 ある 8 あれば 5 あった 4 甘酒屋も 3 しました, 今は, 出て

2 [33件] あると, あるらしい, いる, ここで, この柳, これで, それで, つまらないし, とうとう見切り, どれだけ, やって, やはり失敗, 一緒に, 三四軒あり, 両国橋の, 二三軒は, 八百屋も, 冥利が, 古い, 同じ店造り, 多い, 家は, 山口屋も, 影を, 待合も, 来た, 火を, 相当の, 荷を, 近所の, 通る, 門を, 飽いたとて

1 [400件] あったし, あったの, あっちこっち出来すぎ, あって, あつた, あの娘, ありは, ありますよ, ありやかましい, あり夜, あり大道芸人, あり婦人用, あり文字焼, あり洋食屋, あり物, あるからと, あるが, あるし, あるだろうって, あるの, あるまい恐らく, い, いいが, いいな, いず垂れ, いた, いたし, いたして, いつもの, いつも水兵, いないし, いなければ, いやに, いること, うなずいて, おそらく知らない, おどろいた, おもしろい, おりました, お湯屋, かまきりも, がっかりし, きた, きっとある, きょうこの, この時, この答え, この辺, これぎりではないかと思う, これ丈は, これ迄の, ございますまいよ, ささ, そのそば, その一つ, その一人, その三回目, その仲間入り, その前, その向う, その夜半, その時, その甘い, その目的, その競争上自家, その證人, その通り魔, それが, それぞれ段階が, それに, そろそろ上がり, そんなこと, ぞんざいな, た, たいへんだ, たしかに面白い, つい近所, つぶれた, つぶれないで, できあがるころ, とりつぶし, どうしたろう, どうやら盛り返したらしい, どこかよほど, どこへ, ない, ないで, ないので, ないらし, なお迅い, なかった, なくな, なしよ, なにも, にっこりした, のぞいて, はじめかたわら酒しょう油も, まじめに, またこういう, またごみ溜, また一緒, また喪主, また瓦, また蜂須賀家, また隨, みな汚い, めずらしくは, もうあきらめました, もとの, やがて二三刻, やたらに, やって来る, やはりこの, やりました, やりますけど, やる, やるやう, ようやくその, よう立ちかね, よめたり, わずか数ヵ月, わるいこと, ソロソロと, ネを, パン屋も, ラッパを, 一向に知ざる, 一時カフェーや, 一流のを, 一路廻廊に, 三人ばかり, 上海や, 下駄の, 不審がっ, 不思議がった, 二人の, 二十年前までは, 五兵衛の, 交番側の, 人の, 人も, 今なお, 今までの, 今文一軒, 今日の, 仕立屋も, 他の, 代替りを, 何とかもうけ, 何とも云う, 便宜が, 入らぬ芸妓, 其処此処に, 其處此處に, 兼ねて, 兼ね今, 内心おどろい, 出來, 初めるん, 功徳に, 助かるか, 助たしか, 動かなかった, 動きが, 勘定を, 医者も, 単なる思ひ, 反対な, 受取ったルーブリ銀貨, 古いが, 古い佐野屋, 古道具屋も, 可憐そうな, 同じよう, 同じ手職稼業, 同じ消防, 呼せたれ, 呼んで, 和泉屋じゃ, 商売である, 商売と, 商売の, 商売は, 喜んで, 喫茶店も, 声を, 多く知らなかった, 多く鉄製, 夢中でかつぎ出しました, 大会社の, 大分離れ, 大寺源十郎の, 大正エビも, 大部分, 好い商売, 好い顔, 如何様に, 姉の, 始めるらしいという, 客を, 客留めの, 容易な, 宿所に, 小夜更け, 小金を, 少なくなり, 居れば, 山も, 己の, 市内に, 師匠の, 帰つて来ない, 常にあった, 常にあつ, 平気で, 年こそ, 床屋も, 庭も, 当分は, 当座息が, 御座りましょう, 心がけて, 心して駕籠, 忘れて, 思うよう, 怪しげな, 恐れ入って, 息を, 息子が, 想像が, 愛知郡の, 慌てて, 慌てもの, 懲りずに, 戦前の, 戸を, 手を, 手伝ったろう, 承知しまい, 押し潰し, 持て余して, 持て餘, 探して, 損得を, 放け火, 放火だって, 教会も, 斉しく, 斎藤も, 料理人やら, 新建ちの一軒家で, 新田屋も, 日の, 日曜日は, 旦那方も, 早苗が, 昨夜の, 昨年の, 時によって, 晩まで, 有りますから, 本式の, 本職の, 来て, 来ない様, 来る, 来る悉皆屋, 松岡が, 松林の, 果物屋も, 根気が, 案じて, 桶屋も, 棺を, 楽に, 横に, 死んでしまつたよ, 殆どあきらめかかった, 残本, 段々つぶれ, 殺生な, 気が付かなかったでしょうよ, 気の毒だ, 気の毒でした, 氣が, 水ぎはであきなひが出來る, 浮気で, 淫売屋も, 混って, 混雑な, 温泉宿も, 湯屋も, 漸くその, 災難自分の, 無いといふ, 無事で, 無論そんな, 片手間ながら, 片手間乍ら場所柄だけの, 珍しくない, 現れて, 生え抜きの, 男子一生の, 男気なし, 異な顔, 畳屋も, 疫病神と, 疲れ切って, 百五十両からと, 皆別な, 皆黒船騒ぎで, 目につき, 目前の, 相槌打つ, 眉山が, 真面目な, 知ってる人, 知つてゐるだらう, 石材問屋も, 碌に, 突拍子も, 立って, 筆紙類ばかり, 答えない, 籠屋も, 結局往生し, 結局泣寝入りに, 絵師も, 縁先へ, 繁昌し, 考へると, 考慮すべき, 耳を, 聞かず乗り手, 聴きつけて, 肉屋も, 肚の, 腸詰の, 腸詰屋も, 至つて粗末です, 良い暮し, 色々に, 芸妓も, 茫然と, 草藍を, 荒物屋も, 葛籠笠を, 蔦竜館と, 蔦龍館と, 薪屋も, 薬の, 薬種商も, 表掛り, 裏通りへ, 裸足と, 見えます, 見たし, 見たの, 見兼ねて, 見當ら, 覗いたが, 話を, 誉めろ夫, 語り物としては, 諢う, 諸侯方を, 身の, 軒先の, 近い, 近年は, 近江屋と, 近頃は, 逃げて, 通って, 通帳を, 進歩し, 遂にレストラン, 遊びに, 酒屋も, 酢屋も, 醤油屋も, 金持ちの, 銀子を, 閉まって, 限度という, 陰陽師も, 雜貨屋も, 震災後左前にな, 面食らって, 顔色の, 顔見知りだった, 風流閑雅なる, 飛んだ罪, 食えなくなったし, 馬鹿な, 駄目だ, 驚いたが, 驚いたよう, 黙っては, 齊しく

▼ 屋という~ (431, 1.2%)

44 のは 15 ものは 14 のが 10 質屋の 8 のへ 6 ものが, ような 5 家に, 宿屋に, 酒屋の 4 宿に, 宿屋へ, 店で, 旅籠が 3 商売が, 家の, 宿屋で, 宿屋の, 旅館へ

2 [28件] のだ, のに, のを, ふうに, ものの, ものも, 古い店, 古物屋は, 呉服屋の, 家を, 宿で, 宿へ, 宿屋が, 店が, 店へ, 文房具店の, 旅籠屋の, 染め物店が, 点で, 煙草屋の, 看板を, 米屋が, 米屋の, 米屋は, 糸屋の, 貸本屋の, 酒屋で, 酒屋へ

1 [226件] いやとんでも, うちに, うなぎやへ, おでん屋を, お店, かたい約束, ことだった, ことです, ことは, じめじめした連込み, そばやに, それ高田馬場の, たかどう, ちっぽけな, ところが, ところだ, ところで, なかにも, のから, のじゃあねえか, のだったら, のである, のも, ま看板, ものを, よい旅籠, ように, んだ, アンマ屋サン, パン屋に, パン屋は, ブローカーの, 下宿に, 両替屋へ, 人の, 人足宿の, 仕事の, 休み茶屋が, 八五郎の, 北組第, 医療器械屋へ, 古本屋の, 古着商から, 同商売, 名代の, 名前は, 名高い凧屋, 呉服問屋が, 呉服屋さんが, 呉服屋で, 呉服屋へ, 味噌屋で, 品川の, 商人宿の, 商売だ, 商売は, 商家の, 土地の, 壁紙屋へ, 夏の, 外療道具商でも, 夜鷹の, 夜鷹宿へ, 大きい料理屋, 大きな中継問屋, 大きな呉服屋, 大きな洋風, 大きな袋物屋, 大きな質屋, 大金持, 女性行商人が, 女郎屋に, 女郎屋の, 妙な, 宏壮な, 定宿, 家か, 家で, 家でございます, 家です, 家へ, 家号で, 宿が, 宿屋でございます, 宿屋も, 寄席へ, 専門の, 小さい宿屋, 小さい質屋, 小料理屋に, 小料理屋の, 小料理屋を, 差入れ弁当屋だった, 店だった, 店でした, 店の, 廻船問屋の, 引手茶屋から, 引手茶屋で, 引手茶屋の, 役所が, 意で, 掛物の, 揚げ屋へ, 文房具屋が, 料理屋は, 料理屋へ, 新商売, 方の, 旅人宿兼下宿の, 旅宿が, 旅店が, 旅籠, 旅籠の, 旅籠は, 旅籠へ, 旅籠屋から, 旅籠屋であった, 旅籠屋は, 旅籠屋を, 旅舎です, 旅館でございました, 旅館の, 日本人の, 普通の, 暖簾が, 暖簾を, 書店に, 書肆でございまする, 書肆の, 木地商, 木綿問屋の, 木綿問屋へ, 木賃に, 本屋が, 枕を, 格で, 櫛屋が, 武具刀剣商の, 水引屋の, 油屋の, 洒落た家, 浪人者と, 海産商人な, 海産物商の, 温泉宿で, 温泉宿を, 漆屋に, 瀬戸物屋で, 狩野家の, 玩具屋が, 生薬屋が, 男が, 男は, 畳屋に, 畳屋の, 白米商の, 穀屋へ, 立場から, 策士が, 米屋で, 糸屋が, 紺のれんは, 絵双紙屋が, 絵草紙屋の, 絵馬屋の, 綽名を, 老舗の, 老賊, 者が, 者は, 職人まで, 職域が, 肉屋の, 自分の, 船の, 船宿に, 船宿へ, 船宿を, 船宿此所を, 芝居茶屋の, 花暖簾を, 芸妓屋であった, 芸妓屋を, 芸者屋と, 茶屋だった, 茶屋で, 茶屋の, 茶屋へ, 菓子舗へ, 落語にも, 著作権所有者の, 薪炭商に, 薬問屋を, 薬種問屋の, 薬種屋の, 行商が, 袋物屋でございます, 言葉は, 語が, 貸席が, 貸席で, 貸本屋が, 質屋は, 質屋へ, 質屋へも, 足袋股引問屋の, 軒行灯が, 軒行燈を, 遊女屋から, 遊女屋へ, 運転手です, 道具屋さんで, 酒問屋で, 酒屋さんの, 酒屋は, 酒屋も, 金持の, 飛んでも, 食料品店, 飲食店が, 飴屋か, 飴屋に, 鳥や, 鳥やが, 鳥やの

▼ 屋では~ (272, 0.7%)

6 ない 5 それを 4 ないか 3 娘の 2 あまり価値, なかった, なく堀東, 三味線の, 平野町の, 構わずに, 盜まれて, 自分の, 通夜なども, 金魚を

1 [234件] ありましたが, ありません, ありませんから, ありやせぬわし, あるまい, いかんと, いくら釘抜き, いずれもが, いつもの, いやだ, いよいよ鄭重, うずらを, うまい酒, うまくは, お客が, お浜, お由, かみさんが, このほか, この事情, この人たち, この家, この母, ございますが, ございません, すべてこの, そうは, そこの, その後にも, その玉子, それし, それぞれに, それ程驚き, そんな事, たしかに今朝, ちゃんと三人, ぢめて, ついのぼせ, どうもなあ, どこの, ないかと, ないかなどと, ないから, ないが, ないしかし, ないの, ないので, ない小説家, ない旅籠屋, ない玉木商会, ひどく怒っ, まぐろあかがいを, まだこの, まだ行燈, みな饂飩を, もう先, もとより問題, もはやミツバ, やはり庚申講, よくも拙者, ろうそくが, わしを, オーバーの, クリームを, ケンネや, ダメだ, マッチを, ランも, リンゴに, 一人の, 一應の, 一昨日の, 一流だろう, 一通りの, 三人の, 三四十分も, 三度目の, 上さんは, 上等の, 下の, 下へ, 与七, 世間の, 主人の, 主人は, 二分小判と, 云いませんが, 云って, 五月の, 五百に, 亭主の, 人々が, 人後に, 今の, 今まで, 今年の, 今度ある, 今度は, 今度京橋の, 伊之助問屋では, 佐野の, 何うし, 何か, 何んという, 余り物が, 依然連雀町, 僕が, 僕は, 内儀の, 初めの, 初対面の, 別にお, 十手でも, 千金も, 名残の, 喜ぶかも, 困難な, 囲炉裏ばた, 売り出して, 売れ残りの, 変な, 夜光の, 大変心配し, 大戸を, 大概その, 大變心配, 大鍋いっぱい油, 大騒ぎを, 女房ばかり, 女房らしい, 好き自由な, 娘分として, 実際に, 客が, 宮戸川を, 小仏, 小僧さんが, 小僧に, 岡野榮泉だの, 工合が, 差入れの, 帽子や, 平公夫婦は, 幹部は, 店の, 庭を, 引取る, 引合は, 待って, 徒や, 心外に, 心配した, 息子が, 悪いメリケン粉, 抱えの, 文士で, 新聞代の, 昔から, 是が, 時計を, 暖かそう, 書物類もわ, 有りませんか, 木之, 校正は, 歌がるた, 気が付かずお, 決してそんな, 油屋という, 泊めて, 泡盛だけが, 済まして, 満員で, 無しと, 無数の, 照子という, 牛の, 特に彼ら, 玉葱に, 現物を, 琉球料理を, 男が, 男の, 番頭さんが, 異議なく, 畳に, 病人が, 盜難の, 知らないと, 石見銀山を, 神田でも, 私に, 私は, 筆墨硯紙など, 米幾俵薪炭屋では, 糯米が, 絵を, 肥桶に, 腐りかかった玉子, 膳が, 英国式だ, 茶代を, 茶柱が, 蜜を, 表格子, 襦袢から, 見本を, 親戚知人は, 親類から, 誰でも, 諏訪を, 豆腐を, 貴殿の, 酒も, 酒一本が, 酔ふ, 重なる, 金を, 銀子より, 長州の, 門附の, 電燈を, 霞, 青々と, 頭抜けたもの, 顔が, 首の, 馬臭い, 駄目だ, 驚きました, 高価な, 鯛の, 鰹の, 鶏卵も

▼ 屋~ (266, 0.7%)

4 酒屋や

2 [11件] 仕事師や, 何か, 八百屋の, 古着屋の, 堂宮を, 小料理屋の, 小間物屋の, 甘酒屋の, 経師屋の, 銀行屋などに, 銭湯にまで

1 [240件] ある種, おさんどんの, おでん寿司の, おでん屋が, おでん屋などに, おでん屋に, おもち, おもちゃ店が, お妾さん, かもじ屋, がカツ, きたない酒場, くだもの屋や, この小屋裏, さまざまな, しるこ屋おでん屋まで, そのほか, そのわき, その他富有な, それから, つてゐる, つて見ない, とんかつ, なんかじゃ, のぞき眼鏡, またおもちゃ, オザワなどの, オデン屋や, オモチャ屋との, オモチャ屋などが, オモチャ屋や, カフェの, カフエ映画館なども, カフヱーや, クラブが, デパートメント・ストーアへ, パンパンより, パンパン程度の, フーセン屋や, ホテルの, ボスや, モグリの, 三会堂の, 三味線屋などの, 三谷橋の, 下町の, 下駄屋や, 下駄屋カバン屋などが, 中庭へ, 五代目が, 人手間が, 人文の, 仕立屋などが, 休み茶屋が, 何かで, 倉庫や, 八百屋に, 八百屋を, 其の他, 出合茶屋に, 劇場の, 労働者の, 十錢スタンドが, 千束の, 又は預けられ, 古い扇屋, 古本屋の, 古著商と, 古道具屋へ, 右団次の, 同宿の, 名所も, 呉服屋などの, 呉服屋の, 呉服屋や, 呉服屋足袋屋などが, 喰い物, 営業を, 団子屋へ, 団子屋へさえ, 地下鉄で, 地主は, 夜店などを, 大寺源十郎に, 天婦羅屋や, 天麩羅屋なども, 女郎屋は, 娘の, 学校の, 学生や, 安てんぷら屋, 宝石屋の, 家の, 宿屋や, 寿司屋など, 小料理屋へ, 小間物屋などの, 小間物屋などを, 小間物屋を, 小間物店の, 少し離れた, 屠者, 岡崎あたりの, 左隣の, 差入れ屋が, 差配人を, 帽子屋の, 床屋なぞが, 建具屋などの, 引手茶屋や, 役人や, 待合から, 待合へ, 待合や, 徒僕を, 御用商人の, 掛茶屋が, 提灯屋が, 支那料理などの, 数珠屋の, 料理人に, 新聞屋の, 新聞社の, 新聞縦覧所に, 新聞記者や, 新聞配達が, 旅館じゃ, 旅館などの, 旅館や, 日用品店なぞと, 旨い物店, 本屋の, 本阿弥すじ, 桝形の, 桶屋が, 桶屋は, 樵夫が, 水車小屋や, 氷屋にかは, 氷屋の, 汁粉屋を, 河豚料理屋の, 油会所時代は, 泡盛焼酎なぞを, 洋酒店の, 清洲の, 清洲のと, 清洲城から, 温泉宿で, 炭屋は, 炭焼などにも, 煮売屋, 牛小舎に, 牛肉屋には, 犬の, 狂人たちに, 理髪やに, 男性美や, 畳屋が, 盆栽屋が, 矢場の, 石屋や, 窃盗常習者だ, 粋な, 納豆屋が, 紐屋古着売り, 細工屋の, 縁者の, 縫箔屋が, 織物屋の, 罐詰屋銀子たちが, 老舗の, 肉屋などに, 肺病患者さ, 舟の, 舶来煙草を, 芝居の, 芸者屋が, 芸者屋の, 茅葺き屋根の, 茶店も, 茶筅や, 荒物屋などの, 荒物屋へ, 荒物屋や, 莫大小屋の, 菓子屋で, 菓子屋に, 菓子屋の, 菓子屋や, 葉茶屋や, 蕎麦屋で, 藝者屋へは, 衣裳屋指物屋なぞの, 表具屋や, 袋物屋の, 袋物屋や, 製本屋で, 見栄坊なら, 豆屋も, 豆腐屋にまで, 豚肉屋は, 貴金属屋や, 質屋の, 質屋へ, 近所の, 遊廓なんぞは, 道具屋に, 道路より, 酒場を, 野天に, 野菜店や, 金物屋などが, 金物屋は, 金魚売苗売の, 鉱山稼の, 鋳物師の, 鋳物師をも, 鍛冶屋位が, 鐘つくりを, 陵墓の, 雑誌屋の, 雑貨化粧品店や, 雑貨店などの, 雑貨店なども, 雲霧の, 雲霧は, 靴屋の, 飲み物屋の, 餅屋を, 香具師や, 馭者は, 駄菓子屋の, 骨董屋の, 魚屋と, 魚屋に, 魚市場の, 鮓屋や, 鹽原屋にも, 鼈甲飴屋の

▼ 屋~ (239, 0.6%)

167 な, の 54 のの 3 から, が, つて, と云, のを, わ

2 [19件] かでテーブル, から市子, から自炊, か分らない, がこの, がね, つたのが, ということ, といふ, とか待合, と云う, と聞い, と言った, のう, のが, のと, のばかり, もの, もの主人が

1 [144件] あよ, あるめ, いやこの, お前は, かがあっ, かその, かそれとも, かにしよう, かに電話, からいくつ, からこの, からこれ, からさて, からそういう, からといっ, からと言っ, からなあ, からね, からまだ, から事件, から人生, から仕方, から何ん, から善良, から宜, から恐る, から無理, から瓶, から私, から自ら平凡, から越後屋, から通わせた, から雪隱, から飲みすごした, か七八人, か乾物屋, か何, か分らぬ, か味噌屋, か知らねえ, がここ, がせんたく町, がそこ, がその, がな, がの入口, がほんとう, が亭主, が余程, が商売不振, が夏, が町内, が相, が芋専門, が花柳地, きつと, きつと金, けどこれ, ここに, こちと, ことどうしてこんなに, この帳面, しきっと, ぜ, そうだ, そうでござん, そうです, つた, つたと, つたのだ, つたらしく, つた大吉郎と, つてあの, つて大通りには, つて汁ぐらゐ吸はせる, つて知らない, つて話だ, といい出した, という, というの, という確証, といはれる, といわれる, とかいうこと, とかいう男, とかインチキ師, とか云っ, とか云った, とか亡友, とか広沢, とか牛肉屋, とか申し, とか紙屋, とか菓子屋, とか言った, とか邪道, とさ, とさえ考え, とじゃあ, とする, とて今どき, とて沢山, との評判さ其所, とわかろう, と云っ, と云った, と報道, と思っ, と思ふ, と早合点, と知った, と考えました, と聞いた, と聞かされた, と蔭口, と蝶太夫, と言う, と言つて教, と記憶, なあ, なと思つて, なと言, など, な場末, ねきっと, ので夕飯, のという, のへ, まりの, もんだ, よこれ, よすみ, ッ, ッて, 今に, 今度は, 仏様の, 大和屋だ, 子, 床下も, 心を, 相です, 諸君決して, 頓て

▼ 屋惣七~ (236, 0.6%)

6 とお 4 の顔 3 と紙魚亭主人, のため, のほう, の声, は急

2 [14件] がこの, がつづけた, といっしょ, にははっきり, のいう, のこと, の若, はお, はその, はそれ, はまだ, もお, もその, を見る

1 [183件] からいそい, からもそこ, から参った, から相当, が, がいいつづけた, がいっ, がいった, がいろいろ, がすこし, がそば, がどうしても, がひとり, がまだ, がよく, が不, が他行, が例, が呼びとめた, が失敗, が帰っ, が急, が悲痛, が憎らしく, が手, が望んだ, が武士, が自分, が起き, だ, であった, でございます, という人物, という男, という盲人, としてはああ, として前垂れ, としみじみ, とそれから, となった, との関係, ともあろう, と東兵衛, と歌子, と麦田一八郎, と龍造寺主計, なの, にあてた, にこの, にだけはだいたい, にはお, にはたとえ, には何, には聞こえなかった, には見せられない, にも何やかや, にも見当, に何ごと, に内証, に別れ, に向き直った, に対してもあれ, に対するお, に拾われた, に気の毒, に突っ放され, に話した, のあいだ, のあしもと, のお, のかえり, のこころもち, のことば, のす, のひそみ, のひたい, のまえ, の会話, の冷火, の前, の口, の女, の寝顔, の小鼻, の屋敷, の従妹, の憎悪, の横面, の武士時代, の激怒, の申し出, の眉毛, の眼前, の網膜, の縁辺, の視野, の身辺, の長いこわい, の関係, の額部, はあ, はあらためて, はいろいろ, はうるさく, はかすん, はきょとん, はしいんと, はじ, はすぐ, はすこし, はそろり, はちゃりん, はつるりと, はとび立つ, はどこ, はひたい, はひとり, はふたり, はへん, はぼんやり, はまぶし, はまるで, はもうすっかり, はよく, は一瞬, は不興げ, は今, は例, は具足屋, は加宮跡, は即座, は商人, は大きに, は天井, は妻女, は家, は履物, は工面, は心がまえ, は快く, は思い出した, は愉快, は感情, は東海道, は気がつかなかった, は潮, は特別, は相変わらず, は石, は考え, は考えた, は膝, は荒れた, は蜘蛛, は血, は行燈, は裏切られた, は証文, は驚かない, は驚愕, は黙りこんだ, へきた, へ向けるであろう, へ斬りつけ, も東兵衛, も許す, も認めざる, も道づれ, やこの, らしい意地, をこの, をこんなに, をにっこり, をはげしい, をはじめ, をも好き, をも苦しめる, をよく, をわし, を交互, を先, を助ける, を見た

▼ 屋には~ (216, 0.6%)

7 いって 5 いつて 3 ひつて 2 いつた, この春家出, これも, 主人を, 何処にでも, 四人の, 女房の, 違いない, 金が

1 [183件] あのねっとり, あの婆さん, あまり行かなくなった, あんまり屏風, いられなくなってること, いるそれ, うどんも, おかめ, お紋, けっこうであろう, この二三年, すっかり御無沙汰, ぜひともなく, それが, そんなこと, そんな噂, そんな大, ちょうど赤ん坊, ときどき田舎回り, どこか, どこにも, どんなこと, なれない, なれないが, ひとりの, ひり越野さん, ふたり子どもが, ほんの商用向, また多く, もう一両, もう一兩, もう交渉済, もったいないよう, やらん, ゆかないぞ, よく風雨, わたしも, ゐませんよ, スパイを, フランスをまで, ポール, マンゴや, 一人の, 一人も, 一体何人ガセビリが, 一新講故, 万年博士の, 三代目の, 三十人前後と, 三千両という, 三年越し, 三年越佐七が, 三拝九拝だった, 与之助という, 二三人客が, 二三日前まで, 二人の, 二階が, 五人娘が, 人が, 人四五人も, 今日うし紅の, 他一倍, 似合わぬ凄み, 何かの, 何呎でも, 余談が, 例の, 偶然にも, 僕も, 先々代様から, 先の, 先代からの, 入りませんから, 入るが, 出入りし, 別の, 前にも, 勿論氷峰, 十両の, 十二三の, 十兩の, 十分満足出来る, 半ちゃんが, 南側か, 右と, 同志会専属の, 同類の, 向かない, 壁に, 外から, 大変が, 大学の, 大抵だるま, 女の, 女客も, 女房も, 女親が, 妹の, 始終極った, 学校へ, 客の, 少しキザ, 少なからぬ, 居ませんよ, 帰らないよ, 店頭に, 強いおっかさん, 当って, 彼の, 御寮はん笑う, 忌中の, 思ひも, 恩給年限が, 悧巧な, 悪いこと, 惡い, 意気な, 折箱の, 押入れなどを, 支那服の, 文庫が, 旅情が, 既し, 昔の, 最う交渉済, 未亡人の, 来ないこと, 東京から, 東洋人が, 椽側に, 欧州風の, 死んだ娘, 毎朝牛乳を, 毛糸シャツズボン下などが, 気の毒な, 氣の, 汽車で, 油の, 湯島の, 灯りが, 無いかも, 無事平穏な, 煙硝も, 燈火も, 猫でも, 用いない, 用心が, 町からも, 石の, 石原の, 神前挙式場も, 神尾喬之, 秋刀魚重なり, 第一, 総番頭支配人, 総領が, 総領の, 置いて, 美しい帯, 胃病の, 背めたい, 興味ある, 荷馬車が, 菓子が, 藁が, 虎屋の, 行ったこと, 裏手の, 見すみす高い, 見られなかった, 見当たらない, 重なる怨み, 金魚に, 閉口だ, 随分俺, 領主に, 風鈴の, 鮭が, 鮭ごまめ数の子唐物屋には, 鳶の, 鳶の者火事裝束にて, 默つて

▼ 屋でも~ (196, 0.5%)

3 これを 2 すぐに, なんでも, ロハで, 何でも, 何屋でも, 例年の, 嫌がる本人, 客は, 小料理屋でも, 皆知つて

1 [173件] あきらめて, あさらねば, あったの, ある, あるがね, あるには, あるの, あろうか, い, いいこうして, いいじゃ, いいでしょう, いい昨夜あたり, いくども, いくらか, うちでも, うまくゆかないあり, お探し, お玉や, かまいません, ことわられたこと, この頃, こんなに品, ごく近しく, さしで来たから, しきりに三浦, したろうか, して, してと, しまいには, しようか, しようかと, するほう, そう云う, その盆栽, それは, それを, どっちでも, ない, ないかしら, ないかれ, ないの, ないん, ない僕, なかった, なかつた, なきゃ名乗っ, なきや, なければ, はじめますか, はじめる時, ほんとうに, やって来そう, やらないかね, やるより, やれるよう, やろうかと, ズドン, ソレ住め, タラフク食っ, チヂミ上る, 一ヶ月三圓五十錢それで, 一時に, 一杯やっ, 三枝さんで, 上がったりで, 下駄を, 中二階の, 主人の, 二百両二百三十両と, 亦みんな, 他店の, 伏見屋でも, 何かの, 何でもい, 何んでも, 何時も店, 假部屋でも, 出せア, 出入りの, 出品したらしい飾り付け, 初めて後見, 初めるの, 取扱い今, 口惜しがっ, 同じ紙帳, 営んで, 困り切る様, 困り抜いた挙げ句, 土方でも, 大勢の, 大変な, 大抵の, 大變, 奪いそう, 女の子を, 女房の, 始めて, 始めようか, 始めようじゃ, 始めるか, 始めれば, 学生なら, 寿司屋でも, 少しく意外, 少し困っ, 屁古, 建てたいン, 当初から, 彼は, 彼女が, 待合でも, 心配し, 心配する, 思い切って, 思い思いの, 或はその, 折箱位いは, 持て余して, 探さに, 探す気, 料理屋でも, 新吉は, 旅は, 日本人の, 書き入れの, 本当にそれ, 梅屋でも, 構わずに, 此晩蕎麥粉を, 気に, 洋食屋でも, 無闇に, 燒芋屋でも, 片島でも, 牛屋でも, 特にこつち, 白の, 白米が, 皆コウ札, 目が, 相当の, 相手の, 知らない食べ物, 禁制だ, 稻本でも, 空いて, 立派に, 給仕に, 聞いて, 自分の, 表向きの, 裏天はんで, 見つけたの, 買う筈, 走って, 越前屋でも, 足軽の, 通る事, 部屋代無料の, 酒の, 酒屋でも, 金座の, 門へ, 開いたらどう, 随分昼飯代, 食べもの屋の, 食わせて, 飲んだ酒, 驚いたであろうという, 魚屋までが, 鮨屋でも, 鯛の

▼ 屋といふ~ (125, 0.3%)

22 のは 5 ものは 3 のが, のに, 安宿に 2 のを, やうな, 安宿へ, 家に, 宿に, 料理屋の, 旅籠屋で, 旅籠屋に, 菓子や, 近郷一の

1 [69件] お茶屋からも, きよろきよろ兄さん彼等にも, ことである, ところださうだ, ところで, のである, のへ, むつつり爺さん馬具屋といふ, ものを, もの学校で, やうに, 不思議な, 休茶屋が, 先生達の, 八五郎の, 化粧品店を, 口入屋の, 古い家, 名代の, 商人宿に, 商売ださうで, 商売を, 喫茶店で, 土地の, 声が, 大きな呉服屋, 家の, 家を, 宿は, 宿へ, 宿を, 宿屋で, 店で, 引手茶屋で, 惚れ込んだ本屋, 感じで, 料理屋は, 料理屋を, 旅人宿は, 旅人宿へ, 旅籠屋が, 旅籠屋だつた, 旅舎に, 木賃が, 木賃二十五銭で, 木賃宿に, 木賃宿の, 洋菓子屋の, 浪人者と, 物だ, 田舎町に, 看板で, 糸屋の, 職業を, 職業柄からも, 船宿に, 花骨牌売る, 茶店の, 藝者屋と, 行燈を, 西洋料理屋だつた, 諸国商人宿に, 豆腐屋です, 貸本屋, 酒屋を, 鍋蓋の, 雅號の, 風に, 魚屋には

▼ 屋まで~ (96, 0.3%)

3 送って 2 あつて, して, 出かけて, 出て, 出掛けて, 店を, 来て, 案内し, 歩いて, 運んで

1 [73件] いくらの, いまじき来ない, おれが, お寿, かけて, きっと来, ご一しょ, ぜひ来, そのあと, たった半町そこそこ, たつた半町そこ, ついて, つきあって, びッくりし, まいりましたから, まだ大分寄り道, もうもうずっと以前, もどって, やったと, やってきますと, やるよう, 一緒に, 一足先に, 下ったが, 乘りつけた, 使いの, 使に, 使の, 便箋を, 光子さん送っ, 出かける, 出向いて, 取りに, 呼び出され浪士, 坂を, 帰って, 延ばしました, 引上げて, 戻って, 手取り足取りに, 押し進めて, 挨拶しよう, 来たと, 来ると, 歩こうと, 歩行きます, 殺して, 浮き立って, 用事を, 疾風迅雷式に, 突抜けて, 罷り出て, 行かなければ, 行き着くの, 行くのに, 行く間, 行った, 行った帰り途, 行つて了ひました, 買いに, 買ひ, 走って, 車を, 軒を, 迎えに, 送られて, 送りか, 送り届けて, 送り届けるから, 遠征を, 電車も, 頼みに, 飛んで

▼ 屋~ (93, 0.2%)

11 何か 6 何かの 3 どこかで 2 え, ぶりに, 何かに, 唐物屋で, 山口屋の, 彫物師でも, 荒物屋か

1 [59件] あるいは鉄物屋, いったいどっちなんだい, うん今, おもちゃ屋の, さう, ちくせんあたりの, ちっとも知らなかった, なんかやる, ぶりなどに, ガタ馬車の, スタンドの, 二人の, 二葉屋あたりなら, 仕立屋は, 伊十か, 何かで, 何かへ, 何かを, 共同生活の, 分らない店頭, 味噌, 問屋筋の, 団子を, 塩瀬あたりの, 境内の, 大工でも, 大道具師の, 小説家に, 居酒屋の, 平手は, 庭か, 弁当なら, 待合でも, 待合へ, 御用聞が, 成程, 或は待合, 提灯屋に, 旅館の, 明石縮み, 汽車の, 牛屋を, 牛肉屋の, 牛車楼あたりへ, 知らず窓, 知らん古着屋, 知らん呉服商人, 石坂屋へ, 肉屋かの, 見て, 角屋か, 農會か, 酒屋かへ, 銀座の, 鋳物師か, 錠前屋か, 飲食店かを, 骨董屋だらう, 鰻屋で

▼ 屋~ (72, 0.2%)

13 んだ, んです 9 のである 7 のだ 4 のです 3 の, のよ

1 [20件] のか, のかも, のであった, のでこの, のでしょう, のでそういった, のでとかく, ので上がった, ので年頃, のに, のね, のを, ものか, んだらう, んだろう, んで, んでし, んや, ンかに, 彼処で

▼ 屋だの~ (69, 0.2%)

3 床屋だの 2 古道具屋だ, 炭屋だの

1 [62件] いれごみ, いろ, おでん屋などに, その他いろんな, みんな戦争を, バアだの, パンパンだ, ボスだ, ボットル落しだの, ワイシャツや, 一寸一杯だ, 両替店待合所なんかが, 仕立屋だの, 八百屋だの, 別荘風の, 北野神社の, 印判屋だ, 参詣茶屋だの, 古臭い生薬屋, 呉服店などに, 団子屋だ, 外の, 太物屋だの, 家台店などは, 宿屋だの, 小料理屋だの, 小間物類の, 待合だらけさ, 徳川時代の, 支那料理屋に, 敷物屋だの, 料理屋なぞへ, 書記だの, 木曾櫛の, 来客用に, 水茶屋だ, 油売だの, 洋物店の, 活動小舎の, 片市, 獣皮を, 珠数屋だの, 理髪店だの, 社長など, 種々な, 茶店など, 荒物屋だの, 蕎麦屋だ, 蕎麦屋だの, 西洋洗濯屋だの, 賑な, 近頃に, 酒桟だ, 鉱山師だの, 銀行員の, 食料品屋だ, 飲食店などが, 駄菓子屋だの, 鮨屋から, 鮨屋だ, 鳥屋だの, 麻雀荘と

▼ 屋とか~ (69, 0.2%)

3 云ふ 2 アパートとか, 湯屋の, 豆腐屋の, 駄菓子屋の

1 [58件] いったはず, いて, うはさ, おでん屋とかの, しわ屋を, その他いろいろな, そりゃア, それに, でひどく安く, よこ, パン屋とか, ヒステリーだ, 一二の, 云う上等, 云う処, 云う家, 云う宿屋, 云う所, 会社員とかの, 何, 吉吉だ, 名物寿命そばあり, 唱門師とか, 問屋の, 喫茶店だ, 大工とか, 大衆食堂などで, 宿とか, 屠者, 山の, 山端の, 役人とか, 待合とかの, 支那雜貨を, 料理屋とか, 杉の, 機械商とか, 武家大店などに, 申したが, 申す商人, 申す特殊階級, 経師屋の, 臙脂屋とかいう, 芝居道の, 薬屋や, 藁屋とか, 親しい編集者, 角屋鶴屋などという, 言ったがね, 踊の, 酒屋とか, 鍛冶屋とかは, 雑貨店などの, 電燈屋とか, 風呂屋では, 香, 香料問屋とか, 高島屋とか

▼ 屋にも~ (65, 0.2%)

2 伊丹幸にも, 暫くいた, 眠つたやうな

1 [59件] あらず, ありますぜ, ある, あるでしょうよ, おかしさ, かかわらず誰ひとり, ここに, ざらに, それぞれ長所が, ちょいちょい昵近, つい見かけた, つるされて, なったであろうが, なれず秘書官, なれないのよ, なんの, やたらに, ゐられないし, 丁寧に, 似合わしからぬお, 何んの, 入らずに, 出来るぢ, 別に記録, 匹敵した, 困るなア, 売れやしねえ, 売ろうじゃあねえか, 嫁に, 客の, 家庭にも, 居たん, 屋台の, 思ひも, 日本製品が, 有る珍, 東京から, 果して出た, 棟梁にも, 橋の, 殆ど見られない, 沢山い, 無かった, 特別に, 生ける墓場, 知らんの, 祖国という, 種々あった, 色々の, 菓子屋にも, 見つからないであろう, 訊いて, 転が, 転がって, 遊びに, 青年団の, 頼めねえ文, 馬舎が, 駄菓子屋にも

▼ 屋とは~ (64, 0.2%)

2 ひどく仲, 同商売, 名ばかり主人一人奉公人一人の, 聞いた事, 見えぬ

1 [54件] あの, いい難い, うまいこと, うれしかろう, しめし合せ, ちがって, ちつと, ちとお, どんな係り, どんな係り合, どんな關係, ふだんから, またおのずから, まったく縁, 一層親しく, 一概に, 事違ふ, 似ても, 何か, 何だ, 何者, 入場料十銭の, 反対側の, 名ばかり一間の, 呼ばない, 幾らも, 幾個かの, 思へなかつた, 思わせない入口, 思われなかった, 懇意な, 懇意に, 手を, 昨夜磯吉が, 月と, 比較に, 異なって, 真赤ないつわり, 知りませんでしたね, 祖先が, 私は, 血つづきだつたが, 見えずどうしても, 見えない古いだだっ広い, 言いながら, 言わないな, 言わば振り出し, 質屋の, 趣味の, 違います, 長崎以来の, 餃子, 驚いたな, 髪結甚八を通して

▼ 屋三郎~ (64, 0.2%)

3 の話 2 に化け, の羽織, はそう

1 [55件] からうち, が三日, が本, が言つたの, ですが, でないと, でも無き, といふの, ともすっかり, と妹, と思ひ込ん, と植野誠一, と波野馬吉少年, にそう, にはまた, にはよく, に劣りません, に夢中, に對, のサブちゃん, の一行四人, の前, の家, の懇ろ, の聲色位, の豪華, の身体, はうれし, はさっそく, はしぶしぶ, はその, はそんな, はていねい, はとっさ, はもう一度, はフト言, は五尺七寸, は冷たい, は夜, は大して, は屋上, は幸子, は御家人, は改めて, は智力体力共, は正直, は製図用, は誠一, は近頃, も大胆, をうながします, を呼ん, を引入れた, を案内, 軽い盲腸炎

▼ 屋です~ (63, 0.2%)

7642 が, な綺麗, もの

1 [40件] かね, かもう少し, から, からすぐ, からな, からねえ, からゴム, から付近, から便所, から再婚, から窓, か青木さん, があの, がしかしまた, がな, がね, が二万両, が二萬兩, が何, が兩親, が内実, が善七, が善光寺裏, が御用, が柳屋, が田地, が絵草紙屋, が若し, が道樂, が長屋, けど弁内さん, つて, と云う, ななどという声, ねあいつ, の連れ込み, もの両方とも, よわたし, 何屋です, 貴方は

▼ 屋~ (63, 0.2%)

4 の小唄, の粉屋 3 の柊屋 2 に入り浸りました, のあたり, のお, の師匠, の次兄

1 [42件] から寺町, だ, でさ, で小倉, という所, とか鋳物師町, と同朋町, なので, に住ん, に住居, に沢村座, に移つて業務, に近い, のごろつき隊, のもの, の伊勢久, の俵屋, の問屋, の夜, の大, の婀娜, の旅館, の昼, の染め物屋, の染め物屋伊勢久, の桜湯, の櫻湯, の浅草座, の演芸館, の炭屋旅館, の興りし, の蒲焼屋, の跡部氏, の錦, の隠宅, の馬賊, へ, へ渡る, をひやかし, を眺め, を許可, を過ぎ

▼ 屋である~ (55, 0.1%)

2 が季節, ために, という, ということ, とか甚だしい, のを

1 [43件] かぎりみなが, からそこ, からどこ, から其処, から地蔵, から本郷, か松坂屋, がため, がどんな, が上, が不, が他, が固, が大衆的, ことが, ことには, ことは, ことを, その義弟, だけにその, という店, とか苗, ときい, とすぐ, とする, と云う, と同時に, と吾八, と私, と見れ, と言っ, に驚く, のか, ので昔馴染み, ように, 事が, 代りに, 市場の, 彼等にとっては, 理由を, 立場から, 結果は, 裏の

▼ 屋五兵衛~ (52, 0.1%)

32 である, と申す, の遺産いっさい

1 [43件] か, が奥, が焼死, が糸, が陰, てえお, であった, であること, でございます, での同志, というその, というの, という人物, という名, という呉服太物商, といっしょ, とかいう, となりました, となる, とは極端, と名, と名乗っ, と変名, なるもの, のほう, のモットウ, の妹, の妻, の宅, の蔵二階, は親, へつぎこもう, へまわす, もさすが, も何, も顔, をあんた, をつかん, を初め, を呪訴, を焼き殺す, を許す, 同じよう

▼ 屋などが~ (51, 0.1%)

5 並んで 2 あった, ありました, 出て, 出来て, 店を, 軒を

1 [34件] あったが, ある, あるわけ, いたが, ことに有名, ずっとならん, その辺, それである, ならんで, まわって, みじめに, よく文人作り, クリスマスの, 一軒ずつ, 住んで, 其処に, 十四軒並ん, 四つ程, 少しも, 居て, 幾軒と, 性に, 曲りくねって, 来て, 欅の, 殘つて居る, 目に, 直ぐ見つかる, 眼に, 証言に, 追, 這入つて, 配って, 雑鬧し

▼ 屋へは~ (48, 0.1%)

4 いつた 2 ひつて, 金を

1 [40件] いくらかの, いつて, いらっしゃらない, いるよう, いろんな芸人, その日, ちょいちょい遊び, どうします, ひつた, ひれるの, もう女, ゆくが, よくつれ, よく参ります, 一時の, 今まで, 入つて御飯, 入らず裏, 入れない, 出入りした, 出入りも, 出放題の, 十二三円から, 參りませんでした, 多く米国製の, 姉が, 寄せつけないと, 帰らない, 戻れないと, 打合せに, 東京へ, 異人が, 行かんの, 行列せず, 誰と, 足の, 足踏みし, 金持ちの, 養子に, 黒船の

▼ 屋佐吉~ (48, 0.1%)

2 だ, もこの

1 [44件] いきなり走り, がつい, がにやにや, が大声, が子分, が微苦笑, が暗い, が番頭, が裏, こそは, すうっと, で, と名乗る, と宗七, と承知, と自ら, と連れ立っ, なの, なので, に斬りつける, の乾児, の大声, の手, の耳, の言葉, の許, の足, の顔, はあれ, はこの, はすぐさま, はその, は上り框, は侍, は先日旅, は安心, は手品用, は腰, は自分, は途中, は金創, は長火鉢, を宗七, を認め

▼ 屋~ (48, 0.1%)

3 の中 2 に町, の上

1 [41件] があつ, がガタピシ, が出, が明神下, が最も, だけ内輪, だけ淺, ちかよる絃, で爲直, で飾つた, などが造られ, におびき寄せ, にそぐ, に舞扇, に頃, のゴム風船屋, の位置, の前, の後ろ, の揚幕, の方, の灯, の裏, はガタガタ, は中, は屋臺, は界隈, へ來, へ忍び込む, へ立ち, へ立つた, へ行く, へ行つた, へ行つて, をならべ, を卸し, を取上げられた, を引きし, を拵, を横, を見つけた

▼ 屋などの~ (41, 0.1%)

2 ある町, 店先に

1 [37件] あらう筈, あるじの, ある場末, ある銀座, ことで, ほかは, ように, 両側に, 主人に, 二階から, 二階の, 二階屋で, 仕事で, 俗家が, 友達が, 営業者なりから, 坊っちゃん達が, 多い町, 好きな, 小さな店, 広告に, 店が, 店を, 店先き, 店先には, 店頭は, 悠長な, 払いに, 未だ残っ, 法外な, 渡り者です, 真似の, 神棚で, 経営難から, 表看板は, 雑職を, 騎馬武士だった

▼ 屋一家~ (41, 0.1%)

8 の者 4 を荒し 3 を鏖殺 2 の大, へ仇, を怨む

1 [20件] で荒し, で荒し残された, には別条, に対してどの, のそば, のほう, の七八間あと, の人々, の人たち, の手, の騒ぎ, の騷ぎ, は分散, ばかりを狙, ばかりを狙う, ばかり狙, ばかり狙う, へ一服, へ一服盛り, も以前

▼ 屋であった~ (40, 0.1%)

3 のを 2 が一年

1 [35件] かと思う, かもそれ, からである, からでした, から一生けんめい, か八百屋, があの, がここ, がときどき, が庭づたいに, が近頃, けれどどうか, ことが, そうです, その店, ために, ということ, という説, とかで, ところから, と思います, にし, にも拘らず, のだ, のである, のです, ように, 一色によって, 安二郎の, 折なぞは, 昔の, 時の, 時下谷一番と, 片原町に, 葛岡の

▼ 屋にて~ (40, 0.1%)

3 酒を 2 撮影したる

1 [35件] 一處に, 三ッ抽出し, 之を, 働き女十二三人見世番料理番, 兵火に, 其節若い, 北八嗜む, 土藏の, 売る活版, 大勢寄っ, 大津屋の, 尋ね給, 座敷も, 御面談, 心易く, 拔道の, 日本料理の, 昨年来身分不相応の, 昼食酒旨魚鮮風光朗敞風涼最多, 東京の, 無く候, 玄文社合評会, 玄文社観劇合評会あり, 男主人や, 病氣の, 白菊一枝を, 老眼鏡を, 聞き込み右, 腹痛の, 草稿を, 菊の, 譲り受け度旨申込有, 通夜を, 邯鄲を, 鐵槌一打の

▼ 屋~ (40, 0.1%)

6 助の 3 七という, 助が 2 兵衛の, 助, 助は

1 [22件] らしい桟橋, らしい自動車屋, 七とは, 七なども, 七などを, 七の, 七や, 七一人しか, 兵衛という, 兵衛とやら, 助じゃ, 助では, 助とは, 助同じく, 助旧, 助殿の, 助殿を, 四郎を, 左, 左や, 左宇佐美正安らが, 左恵美正遠河原九郎正次など

▼ 屋へも~ (39, 0.1%)

2 入って, 出這入りを, 足を

1 [33件] いっては, ぐずり込んで, しばらく足, その旨, とても出, よくその, カフェーへも, 上った, 今寄っ, 俵屋の, 出入する, 出入と, 出入りする, 出入りを, 報し, 声を, 外国の, 寄らず直に, 手前どもから, 押寄せる, 時々遊び, 来ましてね, 東京の, 泊った, 知らせければ, 自分で, 行かねば, 行って, 行つた, 跟い, 長崎屋へも, 頼みに, 馬触れを

▼ 屋などに~ (36, 0.1%)

2 なったの, よく残っ, 何の, 寄宿させる, 意外な

1 [26件] ある品物ぢ, かぎったこと, すれから, なる人, ばけて, よく酒, ザラに, 並べて, 仙の, 住む者, 借金が, 働きに, 凝つたところ, 壜詰に, 奉公し, 寝かしちゃ, 幅の, 支払うという, 支拂ふ, 来る歌妓, 立現われる, 能く, 見せたろう, 頼んじゃ, 飛び込み一時半, 馬爪の

▼ 屋との~ (35, 0.1%)

5 間の 3 間に 2 二軒の, 外には, 紛紜でした, 間を

1 [19件] あいだの, ご婚礼, 二人の, 二軒である, 仲は, 取引です, 合作に, 大立廻りが, 契約を, 婚姻を, 思ひもうけぬ契約, 恋を, 払いだけを, 抜け道の, 直接關係と, 話を, 重複連続だ, 間から, 間柄は

▼ 屋じゃ~ (34, 0.1%)

3 ないか, ないん 2 あるまいし, なくて, ねえか

1 [22件] ありません, ありませんか, あるまいな, あんな騒ぎ, おかしいかい, ござんせんか, な, ないから, ないの, ない千三つ屋, なかったかと, なかったわね, なかなか気骨, ねえから, のっけから, アお嬢さんに, アない, ア屑は, 内密で, 客が, 扱えないね, 残らず震え

▼ 屋より~ (34, 0.1%)

3 赫奕姫の

1 [31件] いろけ, うまい, えいもん, かえって好い, ひくくたて, ほかに, もっとひどい, 一層困難, 一軒置い, 二割安く, 今の, 仏蘭西製の, 先へ, 半年も, 取り寄せ置きし画本, 外は, 大分オサムし, 女ども立ち出で, 小僧を, 帰るの, 是非一くさり, 津軽屋へ, 葬りけるとか, 衣類其外殘る, 親元へ, 買った盛光, 起るので, 送られし客人, 運転手を, 電話か, 電話を

▼ 屋だった~ (33, 0.1%)

2 そうです, のです, んだ

1 [27件] あばら家に, かと思う, から, が, がどれ, が中学校, けれどここ数年来輸入物, けれど今度, ことを, そうである, というの, というよう, という四十男, とか皿洗い, と思う, に違い, のかい, のであります, ので世帯, ので金持ち, のね, もんです, んです, ポールトンは, 店が, 彼であった, 関係から

▼ 屋らしい~ (33, 0.1%)

2 西洋料理屋を

1 [31件] ことを, という, ところだ, ところに, な, のが, のを, ものが, ものだ, 一軒の, 三浦屋の, 商人の, 奴と, 安直な, 家が, 家の, 年増女は, 店が, 掛け行燈を, 暖簾の, 柿葺きで, 洗煉された, 男でした, 男の, 男同志の, 祝意の, 若い男, 藁葺き, 行燈の, 面目を, 黄いろっぽい

▼ 屋なら~ (32, 0.1%)

2 内風呂が

1 [30件] あすこまで, いざ知らず, おたね, おでん屋なりに, こちと, そろそろテーブル, ちょっと大きい, ともかく, どんな毒薬, どんな毒藥, ばこれ, ば一人, ば娼妓, ば煙草, ば靴, 一番安心でございます, 二千兩や, 今居ねえ, 卸値で, 唐物屋で, 女の, 幾らかに, 料理を, 梯子の, 比較的そういう, 江戸中で, 活動屋らしくだ, 確に, 誰も, 馬肉屋的登山法っ

▼ 屋九兵衛~ (32, 0.1%)

4 です 3

1 [25件] が屈み, が投じた, それに四ツ目屋, であります, でした, というおやじ, というもん, という兇状持ち, という堅気, という老, といっ, とを加え, の助力, の名, の奥二階, の家, の話した, の門, はなんと, は彼女, は日本左衛門, は自分, も実は, を呼出し, 思わず畳

▼ 屋など~ (30, 0.1%)

3 種々なる 2 して

1 [25件] いうの, いえるものども, いふたちの, おきらい, です, どこででも, ないの, 一つ思い切っ, 七ツ八ツの, 二十人ばかりの, 五六軒も, 人の, 声かけん, 多し, 小面倒, 庶民の, 日々の, 昔から, 有名である, 言われたもの, 跡を, 軒を, 道具箱を, 限りが, 食物屋が

▼ 屋~ (29, 0.1%)

2 でも負け

1 [27件] が十八円, だけはきちんきちんと, だって拾円, で巡査, で貸し, などあて, などのこと, のこと, の処, の廉いところ, の御, の滞り, はもともと, は当分だめ, ばかり取り立て, も思った, をいらぬ, をいれ, をお, をそっくり, をはじめ, を取り, を取りたて, を払わない, を持っ, を持つ, を訊かない

▼ 屋~ (28, 0.1%)

4 の御 2 と云う, の南町奉行所, の袂

1 [18件] から息, から日比谷公園, から神田, とも読め, と云, のあたり, の下, の向う, の方, の間, へ抜ける, へ行つて, まで轡, まで送らう, を, を指, 御見附, 渡って

▼ 屋とも~ (27, 0.1%)

2 つかないもの

1 [25件] あるもの, あろうもの, いわれた方, いわれる大店, ちがいまた, つかずまた, つかず茶屋, つかない唐桟仕立, つかない四十ガラミ, つかぬ家, ならねば, なりぬ, なり洋服屋, なれば, なんとも表現, 判らぬしもたや, 思へないやう, 旅館とも, 書きそれ, 片の, 見えるふしぎ, 近いからなあ, 違う惜しむ時, 違って, 違ふ

▼ 屋~ (27, 0.1%)

1 [27件] なる中庭, には熊, に刀, に山, に干物, に拍子木, に湧き立つ, に行き, の土蔵, の堤上, の山, の木立, の松, の桑木の下, の樫, の水田, の氷山, の池, の湫路, の菜園, の藁, の警備, は帶, へ, へ廻る, を探り見る, 築小楼

▼ 屋~ (26, 0.1%)

2 菊一件, 路久という

1 [22件] かめの, つるの, とっさんの, なるの, ぬし, ぬしは, ひなと, めえ, めえお, 半の, 半みたいな, 熊の, 熊も, 熊や, 登久という, 登久はべん, 直の, 絹の, 茶漬屋だって, 菊, 菊一件終, 袖の

▼ 屋として~ (26, 0.1%)

1 [26件] お気の毒, はしや, やや体, 一人前の, 何, 先生と, 入りこんで, 名を, 女界の, 威張って, 彼の, 必要な, 成功し, 成功する, 文字通りの, 最も忙しい, 最も早く, 木場に, 汚いの, 浅草誓願寺前, 生活の, 経営上第一歩を, 育って, 苦しいなりにも, 配電の, 面目を

▼ 屋なども~ (25, 0.1%)

5 下人の

1 [20件] あった, ありますし, ある土地, ございまして, なければ, みな穢多の, 不合理な, 出来た, 出来て, 天国の, 建てられて, 教えて, 有る様子, 江戸から, 物珍しく眺められた, 皆縁類であり, 見える, 通いを, 鄙びていゝものであつた, 随分名高い

▼ 屋みたい~ (25, 0.1%)

3 なこと 2 なもの, な事

1 [18件] でおかしい, なとこ, なペンキ塗り, な処, な名前, な商売, な土間, な恰好, な書物, な素晴らしい, な酔っぱらい, な風, な高慢, になっ, に写っ, に反物, に器用, に真っ黒

▼ 屋主人~ (25, 0.1%)

1 [25件] からの招き, が一昨日青年, が一言, が薬品, と共に和尚, と巴家老妓, に, にとっての何, には祖父, に酒, の三郎兵衞, の九郎兵衛, の後悔談, の手紙, の物語る, の部屋, はこの, はもう, は相, も大きく, や勝重, や清助, より遠藤工學士宛, をのぞく, 来る

▼ 屋~ (25, 0.1%)

3 治が, 治は 2 藏方へ

1 [17件] 五郎お, 助の, 左も, 左衞門と, 左衞門抱の, 左衞門方へ, 左衞門方へぞ, 治ちょっと, 治と, 治という, 治というか, 治に, 治も, 藏と, 藏の, 藏より, 藏代人文七と

▼ 屋~ (25, 0.1%)

3 左衞門が, 左衞門の 2 助と, 左衞門は, 左衞門を

1 [13件] 奴であった, 左衞門, 左衞門だ, 左衞門で, 左衞門でございます, 左衞門とも, 左衞門樣へも, 左衞門殺しの, 左衞門殿だ, 左衞門殿を, 政へ, 法師甲斐の, 茶屋が

▼ 屋~ (25, 0.1%)

1 [25件] こそ二代目惣右衛門, では大騒ぎ, で二時間, と藝名, に一泊, に推参, に至りし, に花見, に集まっ, の挨拶, の表裏, の跡, へ一同, へ参り, へ奉公中追, へ度々, へ無心, へ能, へ行, へ賣込ん, へ送る, より願, を出立, を襲い, 照り返しランプ

▼ 屋~ (25, 0.1%)

2 の縁起

1 [23件] がありました, が何年, といふもの, なんかありやしません, にする, になど出, に電燈, のある, の判らない, の家, の巴屋, の由來, の異, の老木屋, は何, は其後始, は右, は眞志屋, や紋所, を作つて了つたの, を入れた, を記した, を附けた

▼ 屋夫婦~ (23, 0.1%)

1 [23件] が大した, が引越し, が暮し, が熱心, が畑, が離屋, その子, である, に悪意, に連れられ, のほか, の二女, の右近, の心, の悲嘆, の扱い, の洋裝, の狂態, は出来, は用心深い, は白, は道珍和上, も今さら

▼ 屋金兵衞~ (23, 0.1%)

1 [23件] が参り, その晩, だらう, となつ, とやらを切害, と云, と云者, と申す, と申者, にて心, の人柄, の子分八田掃部練馬藤兵衞三加尻茂助, は惜し, は生れ乍ら, は離家, まるで蜘蛛, をも殺害, を手, を殺し, を殺したる, を殺せし, を殺害, 及び飛脚

▼ 屋仲間~ (22, 0.1%)

2 の習慣, の評判

1 [18件] ではこれ, ではまず, では無断, でも泥棒, でも特別, といったよう, にて人, にはまだ, に売る, に往, のうち, のお座敷, の中山形屋箱根屋, の年少者サ, の言葉, は千両, や年行事, を集め

▼ 屋でございます~ (21, 0.1%)

62

1 [13件] いかがさまです, かしわ屋は, から明樽買い, がお, がさほど, が商売, なんぞ御, ゆえ何が, よ, 何んぞ, 旅店の, 桔梗屋喜七は, 深川まで

▼ 屋にでも~ (21, 0.1%)

1 [21件] ざらに, しようと, なって, なるさ, なるの, なれ, なろうかと, なんにでも, 之が, 云いつけて, 休んでから, 何にでも, 売られて, 売込むの, 姿を, 行かうかと, 行ったらあるかも, 行つて, 遣って, 頼んで, 飛込んで

▼ 屋へでも~ (20, 0.1%)

3 行って 2 行かうか

1 [15件] お入り, お行, 仲居奉公には, 何でも, 卸しさうな, 向けりや, 呼びだしてと, 売られたん, 往きたいなあ, 往こうかと, 行くと, 行く方, 行つて見よう, 行つて飮食し, 預けたらどう

▼ 屋文次~ (20, 0.1%)

3

1 [17件] かしこまりましたと, が住まい, が息, が江戸中, が生まれた, そもそも何, という此奴, と御免安が, と御免安兵衛, と申しまし, と篁守人, にさえぶちまけない, の大, はめったに, をはじめ岡っ引き一同, 思わずあっ, 見得

▼ 屋重三郎~ (19, 0.1%)

2 が慾, は谷中三崎町, を突き殺した

1 [13件] お触, がある, に懇望, の帰った, の帳面, は不動様, は不動樣, は明, は明らか, は証文, は證文, を仏敵, を佛敵

▼ 屋からは~ (18, 0.0%)

2 主人の

1 [16件] さそりの, その後何の, 何を, 何百両という, 何百兩といふ, 勿論に, 大阪よりも, 娘の, 昼間と, 燕麦が, 町役人にも, 私の, 米が, 蕎麦を, 遠のいて, 釣台を

▼ 屋さま~ (18, 0.0%)

2 からお金

1 [16件] お出初, からてまえ, から取り立て, から取り立てよう, にきまっ, に限っ, のお, のほか, はまだ, はわたくし, は正直, もおかげさ, もわたし, をいじめる, をお, を慕っ

▼ 屋その~ (18, 0.0%)

2 次には

1 [16件] わけか, 三軒が, 並びの, 二階が, 人では, 人までが, 代りパンパンには, 向ふ, 外一二けん, 屋の, 手前, 氷月の, 男には, 隣には, 隣の, 隣も

▼ 屋などで~ (18, 0.0%)

1 [18件] あるならば, 不図地機, 伊藤は, 使うの, 使ふ, 催されて, 再三見覚え, 地方名物として, 売って, 実にしばしば酒, 彼女を, 見受ける押車, 見繕って, 顔を, 食べた者, 食わされた雑煮, 食膳の, 飮むののうまいのも一に

▼ 屋などは~ (18, 0.0%)

1 [18件] あれを, その一つ, それを, なく旅, ひつて, まだ數, もう置き去り, 他家へ, 土地の, 大きな火事, 最もよい, 最初から, 朝日夕日を, 格式も, 漬物桶を, 自然立ち行かなくなった, 荷を, 身上も

▼ 屋ばかり~ (18, 0.0%)

2 でなく近所, では

1 [14件] である, です, ですでに, でその他, でなくその, でなく何一つ, でなく浜, でなく魚屋, でも, でソバ屋, で何十組, 教えたそう, 狙って, 絨氈屋は

▼ 屋~ (18, 0.0%)

1 [18件] から受取った, が報告, が屏風, が死んじゃった, であるとは, と云, どうぢ, の様, の進言, はやっぱり, は事件, は人波, は何, は双, は幾度, は気がつかん, も彼, も最初

▼ 屋~ (18, 0.0%)

1 [18件] いうの, が信者, と生徒, に, にすべて數百圓, のそれぞれ, の並列, の中, の多く, の恩恵, の昔ながら, の競争, の袋物店, の飲食店, もみな, も出, を宿泊所, 極メテ美ナリ

▼ 屋三郎兵衞~ (17, 0.0%)

2 の跡

1 [15件] が溜め, でございます, と女房, の伜殿松, の判, の家, の寄進, の急死, の手代宗次郎, の隱, はイソイソ, はクドクド, は松前樣, は面目次第, を殺した

▼ 屋伝六~ (17, 0.0%)

4 です 2 でありました

1 [11件] がいよいよ, がかって, がたちまち, が年じゅう, が影, が黙っ, ごときがさつ者, で, でこ, とともに前節, のし

▼ 屋~ (17, 0.0%)

1 [17件] が千代田橋, には毎夜人, に広がる, に生, に花咲き時, の林, の椅子, の毛桃, の浅茅, の石竹咲き, の芝生, の親類, の離亭, も作らずありし, を流る, を通る, 爾生土針従心毛不

▼ 屋殺し~ (17, 0.0%)

2 の方, はどう, は養子

1 [11件] さ, です, のよう, の下手人, の探索, の真犯人, はあっし一人, はあつし, はもう, は擧げた, を演じ

▼ 屋鳴り~ (17, 0.0%)

2 をさせ

1 [15件] がした, がやむ, が駆けわたっ, した, するほど, と, と同時に, と喚き, のうち, のする, のよう, の下, の中, を白い, 召使いの

▼ 屋なんて~ (16, 0.0%)

3 ものは 2 人を, 旅籠屋は 1 あまり見当らない, ありゃア, えもの, へんな, ものが, 云う商人, 僕は, 種物は, 醤油で

▼ 屋よりも~ (16, 0.0%)

1 [16件] その影響, ただの, まずいから, まず雪, ズット手易い, 一あし先に, 上の, 二等三等以上の, 先に, 収入が, 地道な, 生きて, 笑声を, 米を, 身代が, 高く相

▼ 屋並み~ (16, 0.0%)

1 [16件] から突き出, が切れ, ではなく, と粗林, にはもう, に歩い, のなか, の上, の低い, の黒い, はすでにまったく, はづれ, も見えない, をながめ, を埋める, を見る

▼ 屋商売~ (16, 0.0%)

2 をし

1 [14件] するという, であるから, で人肉, という立場, としてはこれから, として珍しく, などは現実, には, のさる, はし, は大当り, も一種, をする, をせ

▼ 屋幸兵衛~ (16, 0.0%)

2 なるもの

1 [14件] から息子幸吉, だ, という筆紙商, なる律儀者, に頼まれ, の一家, の出語, は, は呟いた, は壁塗り, は明日, へ用命, へ移し下げ, 思わず大声

▼ 屋~ (16, 0.0%)

2 のお, の御

1 [12件] から下さる, から味噌, で是, とにはさまれ, と畳屋様, にきまっ, にてお, になりかわりまし, に御, のお誘い, はこの, は商人

▼ 屋どの~ (15, 0.0%)

2

1 [13件] が, がわし, とおっしゃる, と言った, に話, のお, の帰り, の御, へ使い, 今度は, 御零落, 清左衛門どの, 長崎屋どのにも

▼ 屋善右衞門~ (15, 0.0%)

3 の宅 2 の手代多助 1 から着物, が得心, に助けられ, の家, の所, は五十三歳, は大, は宅, は案外, へ八十両

▼ 屋~ (15, 0.0%)

1 [15件] が今春, というの, というぼく, の健康ぶり, の初めて, の印象, の声, の成長, の育ち, の頬, は, はそれ, まで雀, を見, 生る

▼ 屋捨次郎~ (15, 0.0%)

2 の家, の息子

1 [11件] から聞いた, がつい, といっ, の子, の宅, の息子福太郎, はあの, はそう, はその, はよく, は美しい

▼ 屋文書~ (15, 0.0%)

3 を見る 2 に徴 1 と名づける, に, に二種, に併せ, に據つて, に文化以後, に載する, の過去帳, はこれ, より獲た

▼ 屋あたり~ (14, 0.0%)

1 [14件] じゃ十四人, では酒, で熱燗, で造る, とは街, ならアノ上玉, に売っ, に見つける, の悪い, の春秋, の番頭, へ引っ張り込ん, へ金, もまだ

▼ 屋からの~ (14, 0.0%)

2 使で

1 [12件] こはだと, 一册は, 仕出しも, 使ひで平次は, 客人なり, 帰りに, 帰りみち駒形の, 晩飯を, 横明りで, 聞込みです, 送本, 通知を

▼ 屋たち~ (14, 0.0%)

1 [14件] があの, たとえばバルナバス, に, に鉄砲造り, の仕事, の前, の哄笑, の姿, の間, の非難, はしかし, はもう, をそれ, を前

▼ 屋だけは~ (14, 0.0%)

1 [14件] いつもひとかたまり, やっはり直らず牛, ゆるして, 一生直り, 両掌, 争って, 夕日を, 始めなさん, 幕府の, 強情に, 彼とても, 未に, 柱の, 焼け残った

▼ 屋での~ (14, 0.0%)

2 夜の

1 [12件] いきさつ, ことや, 二人の, 伊太利珊瑚と, 会合読まれた, 出来事を, 娘達の, 散財は, 苦闘と, 記憶が, 談話で, 騒ぎの

▼ 屋としては~ (14, 0.0%)

2 私どもは

1 [12件] そうに, そうむごい, まず第, もうほか, シャテイ, 三四年ま, 二流どころらしい, 大いに成功, 威嚴に, 現在かなりの, 親切な, 遊女七十人家人三十人総勢百人と

▼ 屋勘右衛門~ (14, 0.0%)

2 の邸

1 [12件] が手中, が持っ, であるが, との間, と女房, の別邸, の本性, はお, は充分, は六十一歳, は包物, も雑

▼ 屋~ (14, 0.0%)

14 之助

▼ 屋~ (14, 0.0%)

2 の男

1 [12件] なの, になっ, に改造, に美化, のもの, の二人連, の夫婦連, の建物, の腰掛, の荒物屋, の調理, の髷

▼ 屋へと~ (13, 0.0%)

1 [13件] ひきとった, 住みかえるの, 出かけて, 出行たり, 案内された, 案内する, 極めたので, 渡り歩き四十五十, 自由な, 行つた, 車を, 飛び込みたる彼, 駈けこんで

▼ 屋三右衛門~ (13, 0.0%)

1 [13件] が一代, が施米, が精一杯, が通称, という大, と抽斎, の孫, の称, の裏, はここ, は牢獄, は番頭, は黙っ

▼ 屋~ (13, 0.0%)

2 での美しい明るい, の人 1 で比較的, にてだれ, に在り, の荒ら屋, は引くり返る, は引っ, を切つて廻し, を調べ, 第一

▼ 屋信助~ (13, 0.0%)

1 [13件] から糸, が仲立ち, が来, が来た, という海産物商, という海産物問屋, とその, に販売, は低頭, は四十二歳, も芸人たち, を思いだした, を訪ねろ

▼ 屋旅館~ (13, 0.0%)

1 [13件] からここ, に, にいる, におちついた, にひとまず, に一月, に岩田梅, に投ず, の主人, の板前さん, の風呂番, へ出かけ, へ落つく

▼ 屋時代~ (13, 0.0%)

2 と同じ, にはもう, には最初, に聞き馴れた, のなつかしい 1 から天誅組, に得意, の習慣

▼ 屋豆八~ (13, 0.0%)

2 であった

1 [11件] があわただし, がひ, が拍子木, が金五郎, が電柱, くらいにすぎなかった, ではない, という小柄, は後, は昔, をかえりみた

▼ 屋だって~ (12, 0.0%)

1 [12件] たとえば戦前, ウそいつァ, 云った人, 人間だ, 全くの, 商売だ, 大通りには, 正業だ, 玄関から, 眼が, 肴屋だって, 酒屋だって

▼ 屋って~ (12, 0.0%)

2 屋号に 1 えの, どんな手順, のは, ものは, ジャズか, 云うもん, 味噌屋か, 商売は, 旅館へ, 皆な

▼ 屋~ (12, 0.0%)

1 [12件] から大きな, が軋みつづけた, ちかくを, ともいふべき, と言われ, のうなり, の上, の中心, の数, の葺き合わせ, を過ぎる, を鳴らし

▼ 屋江戸五郎~ (12, 0.0%)

2 の小屋 1 がほんとう, がやった, っていう役者, に疑い, のしわざとわかるのじゃ, のほう, の回し者, の紋, もあす, もなさけ

▼ 屋~ (12, 0.0%)

1 [12件] ありカフェー, に這入りこんだ, に関係, のかみさん, のコクソン, の中, の路地, の露地, へでかけた, へ働き, へ出入り, を歩い

▼ 屋鐘五郎~ (12, 0.0%)

2 が紅, の家, の生活 1 の悪事, の悪辣, の惡事, の惡辣, は八畳, は八疊

▼ 屋あり~ (11, 0.0%)

1 [11件] これは, その向い, てその, て波, 樫の, 櫻あり, 洋品店楽器店書籍雑誌店ドライクリーニング和洋酒缶詰外国煙草屋ブラザア軒という, 洋菓子屋あり, 浴舍なり, 途中番頭曰ク生憎満員で, 間口凡そ二十間餘り

▼ 屋さえ~ (11, 0.0%)

1 [11件] あると, そこを, のっけに, 出来て, 加わって, 同じところ, 居なかったなら逃げ出すか, 店を, 最近削り, 有るの, 連れて

▼ 屋だつた~ (11, 0.0%)

2 ね婆さん 1 うちである, か藤屋, がそこ, が人形芝居, が怎, が此邉, し級, ので一丁, よといふぐらゐに

▼ 屋~ (11, 0.0%)

3 やありません, やない 1 やあるまい, やあんな, やが, やすぐ, やア妖怪変化

▼ 屋といった~ (11, 0.0%)

2 のは 1 いずれも, ところだ, ふうの, ような, 人相の, 小さいが, 店が, 料理屋の, 日本橋小田原町の

▼ 屋などを~ (11, 0.0%)

1 [11件] こんなに想う, やりましたの, 兼ねて, 呼び寄せて, 始めた時, 探し當, 聞いて, 脅かした, 臨時に, 見て, 覗いて

▼ 屋なんか~ (11, 0.0%)

1 [11件] あとまわしで, うるさいから, して, ぢや, やめて, 亭主に, 四里から, 罵しり, 罷めて, 芸人じゃ, 行ません

▼ 屋への~ (11, 0.0%)

1 [11件] なにかの, 三拝九拝の, 不平めかしい, 使に, 払いが, 払いも, 抉るよう, 支払いなども, 旧い借金, 申しわけに, 途中絶えず

▼ 屋事件~ (11, 0.0%)

1 [11件] が舞, が起った, としてたいへん, について, のほか, の前, の文久四年, の直前, の証人, の陰慘さ, をかえりみる

▼ 屋十右衛門~ (11, 0.0%)

2 と申す 1 という人, と云, と云名譽, と大桝屋弥平次, どうぞ御, に逢った, の次男, はせかせか, を祗闌

▼ 屋~ (11, 0.0%)

2 の上 1 にとまっ, にのせ, には一面, に変化, のある, の両端, の取扱い, の重, をかざり立てる

▼ 屋酒屋~ (11, 0.0%)

2 いやしくも嫁入り, の勘定 1 と話, の並ん, の払い, の拂ひと, の掛乞, へも亦, へ行く

▼ 屋騒動~ (11, 0.0%)

2 の顛末 1 って何, に於, のかかり合い, のとき, の一件, の下手人, の大切, の読売, は三条小橋

▼ 屋これ~ (10, 0.0%)

1 がこの, だけはどう, でたくさん, で逢痴, はまた, は少し, は通りすがり, も予想, も独り者, も獨

▼ 屋なる~ (10, 0.0%)

2 ものは, ものを 1 はやや, ものすなわち, ものの, もの料理人なる, 名だけは, 男が

▼ 屋三郎兵衛~ (10, 0.0%)

2 の家 1 だ, と女房, の娘, の寄進, の手代宗次郎, はイソ, はクド, は面目次第

▼ 屋住居~ (10, 0.0%)

3 を半分 2 に成し 1 でそうそう, で女学生, に別れ, の人, も不自由

▼ 屋~ (10, 0.0%)

2 兵衞は, 左衛門に 1 六の, 兵衞を, 左衛門という, 左衛門年は, 左衞門といふ, 左衞門年は

▼ 屋吉兵衞~ (10, 0.0%)

3 と云 1 の一粒種, の凉, の次男千太郎, は先刻, は廿有餘年, へ相談, 新吉原江戸町二丁目丁字屋半藏代文七右半藏抱

▼ 屋周太郎~ (10, 0.0%)

1 がどんな, が大, が越前屋, でせう, と大膳坊, に違, の顏立ち, は今, も若い, 口惜し紛れ

▼ 屋~ (10, 0.0%)

2 と一緒 1 がおかみさん, がまず, に出した, のたのみ, の北八氏, の大, は別, は手

▼ 屋永左衛門~ (10, 0.0%)

1 が千両箱, にし, に及ぶ, に少し, の棒振り剣術, の言葉, は僅か, は相手, ハッと, 少しやっ

▼ 屋渡世~ (10, 0.0%)

2 をし 1 でもし, の仲間, の冥利, の小, の朝夕, はし, は一, 仕つれり若

▼ 屋生活~ (10, 0.0%)

1 ではなおさら, でも一度, の模様, はまことに, もいや, より一躍, をし, をする, を却つて, を廃め

▼ 屋造り~ (10, 0.0%)

1 だった, で広い, に見どころ, の格子戸, の様式, の遊女宿, はその, もいい, や庸三, や素朴

▼ 屋からでも~ (9, 0.0%)

1 取ったと, 取ったの, 取っときゃええ, 呼んで, 持て来たお金, 攫って, 米櫃が, 西へ, 買い出して

▼ 屋だけ~ (9, 0.0%)

2 では 1 であった, であると, でさえ, で後者, なん, 狙ったと, 狙つたと

▼ 屋であり~ (9, 0.0%)

2 大工であり 1 あそこの, そして愛情, ながらしかも, 小さい成功者, 最近では, 正直者である, 殊に関口屋

▼ 屋であろう~ (9, 0.0%)

1 か, かチリンチリン, か古, とは既に, とも自分, と一応, と岡安, と思っ, と芸術家

▼ 屋とが~ (9, 0.0%)

1 並んで, 主であった, 二人とも, 入れ替わったよう, 其處で, 合併する, 対立し, 往来で, 軒を

▼ 屋などと~ (9, 0.0%)

1 よき所, 云う者, 云っても, 呼ばれたもの, 家号を, 書く, 訳して, 違って, 違つてまた

▼ 屋などへ~ (9, 0.0%)

1 それも, 入り込むうち, 持って, 泊れる, 薬を, 行かずに, 輿入れする, 電話を, 首を

▼ 屋にては~ (9, 0.0%)

1 お文, 又七が, 大いに驚き何事, 彼の, 浪人を, 燈火の, 翌朝早速, 音吉の, 頓て

▼ 屋によって~ (9, 0.0%)

2 市価が 1 いろんなおいしい, リリアンの, 五厘ずつ, 土地に, 求めるより, 精密に, 華手な

▼ 屋九右衛門~ (9, 0.0%)

1 が堀久太郎, が追いつい, とよく, などがある, などの真心, の両, はこう, をうながし, を呼び

▼ 屋同然~ (9, 0.0%)

1 であって, である, となっ, な中, になっ, に汚かっ, の今, の古屋敷, の姿

▼ 屋太郎兵衛~ (9, 0.0%)

1 が失火, が子供, というもの, の事, の公事, の刑, の女房, の子, の子供

▼ 屋惣兵衛~ (9, 0.0%)

2 の娘 1 という商人, と一処, と云う, などは最も, の元, の名前, の贋手紙

▼ 屋連中~ (9, 0.0%)

1 が数名協同, が花見, でめぼしい, の社会主義, の越後獅子, はこうした, は大儲け, は幸福, は興業

▼ 屋かと~ (8, 0.0%)

2 思うと 1 思う廂, 思えば, 思ったよ, 思って, 思ふ廂, 思われる

▼ 屋その他~ (8, 0.0%)

1 あらゆる手芸, のこと, の場所, の年寄役, の店, の特殊, の職業, の飲食店

▼ 屋だけに~ (8, 0.0%)

1 しても, その訳, ちょっと洒落た, まじめに, 人の, 季節, 漸次月賦, 過ぎなかった

▼ 屋でない~ (8, 0.0%)

2 とする 1 からさ, ことだけは, と彼, ゴルフ, ゴルフは, 方は

▼ 屋とを~ (8, 0.0%)

1 かねた家, 一軒一軒探ね, 兼ねたり, 兼ねた店, 兼ねた武蔵屋, 兼ねて, 混同し, 目標に

▼ 屋なぞ~ (8, 0.0%)

1 いずれも, では, へ入れない, へ払う, へ行つて, 作ったん, 昔ながらの, 見つからないこと

▼ 屋などから~ (8, 0.0%)

2 差し向き不用の 1 お取り遊ばします, お取り遊ばす, かなり高額, わき出すにおい, 持ちこまれる品物, 買って

▼ 屋などには~ (8, 0.0%)

2 安心し 1 いるの, ない物, よくある, 廊下の, 残って, 見当たらない

▼ 屋にまで~ (8, 0.0%)

1 吹聽し, 回って, 行つてお, 身を, 転業する, 配ったこと, 頭を, 飾ったな

▼ 屋はん~ (8, 0.0%)

1 が遊び, にぬれ, にはいりはる, にもお, のはた, はそれ, やこと, 何とか言う

▼ 屋伍兵衛~ (8, 0.0%)

1 が婿, と申しまする, の娘, の油御用, は今回, は考えた, を引き立て, を蹴落し

▼ 屋伝七~ (8, 0.0%)

2 が死んだ, の三回忌 1 が年寄り, の子分, の身内, は病死

▼ 屋伝兵衛~ (8, 0.0%)

1 が娘, が手代, という者, という薬種屋, と親しく, に貰われた, もその, 引連れて

▼ 屋伴三郎~ (8, 0.0%)

2 の女出入り, の寵者, の袖, はそれ

▼ 屋六兵衛~ (8, 0.0%)

2 の家 1 だから, と話した, に押入り, の伜源七, の女房, は萎れ切っ

▼ 屋善兵衛~ (8, 0.0%)

1 その手代, として暖簾, と名, の与五郎, の叔父甥, の家, の店, はつい

▼ 屋太郎兵衞~ (8, 0.0%)

1 が子供, と云, の事, の公事, の刑, の女房, の子, の子供

▼ 屋~ (8, 0.0%)

3 の停留所 2 の堤防 1 にある, の分家, まで送っ

▼ 屋徳右衞門~ (8, 0.0%)

1 がやられた, が十年前, といふ旅籠屋, といふ男, に不審, の前身, の家内, は其儘牢舍

▼ 屋杢左衞門~ (8, 0.0%)

2 の娘お花 1 が一人娘, が居りまし, だから, と申し, の娘, は帯刀御免

▼ 屋~ (8, 0.0%)

2 へ著 1 がくる, が倒れ, の妻女, の青, へ抵当, ナル者魁主トナリ遂ニ旧

▼ 屋~ (8, 0.0%)

2 右衛門の 1 七は, 兵衛が, 兵衛と, 兵衛は, 右衛門, 右衛門という

▼ 屋臺店~ (8, 0.0%)

1 が張つて, が拵, で餅屋, に飮む, の奧, は僅か, を稍, を設け

▼ 屋~ (8, 0.0%)

1 が得意げ, が握り, が相, が馬車, に最初, の出よう, はみんな, 厚く財

▼ 屋~ (7, 0.0%)

2 ーんと 1 ぬきや, へある, へまだ, アん, 行つてうつと

▼ 屋さんこれ~ (7, 0.0%)

1 はあたし, はうち, はたしかに, は戻り, は柳, を出し, を直し

▼ 屋でした~ (7, 0.0%)

21 から右門, がここ, がツイ近所, が土地, よ

▼ 屋でなく~ (7, 0.0%)

1 て八百屋, て普通, て桝田屋, ば質屋奉公, 全く關係, 奇麗な, 実は公儀

▼ 屋とて~ (7, 0.0%)

2 油断は 1 これを, 両替屋を, 大抵は, 数人の, 身代も

▼ 屋とでも~ (7, 0.0%)

1 ご随意, 云いますかな, 云うよう, 何か, 思ったの, 書くの, 訳すべきだが

▼ 屋ども~ (7, 0.0%)

1 が自分, だ, に鷹揚, の胆, や, をおどかし, 造り続けて

▼ 屋について~ (7, 0.0%)

1 これを, カナリヤが, 一伍一什を, 左へ, 曲ると, 蕎麦通の, 越智の

▼ 屋らしく~ (7, 0.0%)

1 そこらあたりの, なつた, 得体の, 無精ひ, 薪が, 言葉に, 電話番号が

▼ 屋をも~ (7, 0.0%)

1 兼ねて, 去って, 弁護する, 彼は, 快く思っ, 搖が, 辯護する

▼ 屋五郎兵衞~ (7, 0.0%)

1 が此, たること, といふ中, と共に世水戸家, の名, の名義, は病

▼ 屋伊兵衛~ (7, 0.0%)

1 の抱え女ちよ, の綽名, の血だらけ, は独身, は胸, は醤油一升八合, は鬼

▼ 屋傳七~ (7, 0.0%)

2 の三回忌 1 が年寄, が死んだ, の子分, の身内, は病死

▼ 屋奉公~ (7, 0.0%)

2 をし 1 したこと, で鍛, で鍛え, など飽, に行つて

▼ 屋小兵衞~ (7, 0.0%)

1 が召捕れし, と改め糶, の方, は二百八十兩程, は此家, は盜, へ捕方

▼ 屋待合~ (7, 0.0%)

1 とどこ, と回っ, などからなぜ, などの娘, なんぞへ主, は無論, も名

▼ 屋横町~ (7, 0.0%)

2 の抜け裏, へ抜けよう 1 とよぶ, は安, を南

▼ 屋無余~ (7, 0.0%)

2 の火災 1 という, ともいうべき, と云われる, などと言う, の大

▼ 屋~ (7, 0.0%)

1 に白く, に葺かれた, に載せた, のもと, は高く, をしとしと, 畳むに

▼ 屋~ (7, 0.0%)

1 とられるという, 一緒に, 二三度來た, 出掛けるつもり, 御出, 行きしが, 送りやっとホッ

▼ 屋じゃあ~ (6, 0.0%)

1 これから俺, ないか, 店の, 異人を, 納りません, 道を

▼ 屋それから~ (6, 0.0%)

2 回向院の 1 あちこちと, それへと, 蕎麦屋と, 製材所などが

▼ 屋だろう~ (6, 0.0%)

1 か, かとか牛乳屋, かとか考えた, か夜泣きうどん, が古着屋, が構う

▼ 屋~ (6, 0.0%)

2 ふ家 1 どんな商売, のへ, ふうち, ふ店

▼ 屋てえ~ (6, 0.0%)

2 のと 1 のに旅籠, 名前だ, 宿屋ア世間ていの, 料理屋は

▼ 屋とかの~ (6, 0.0%)

1 下働きに, 仕事を, 切られ与三, 女中たちでも, 若旦那に, 隠居が

▼ 屋なぞは~ (6, 0.0%)

1 ホンの, 夏場だけの, 最も旧家, 衣裳の, 見た目が, 黙って

▼ 屋などという~ (6, 0.0%)

1 ものは, 人が, 屋号まで, 店の, 者が, 黄金の

▼ 屋~ (6, 0.0%)

1 きたる處, このちらし, そんで, にご, よくあの, 薄い頭

▼ 屋~ (6, 0.0%)

1 女中ニ番頭ニ更ニ同宿セシモノニ注意スルモ可ナリ注意セザルモ可ナリソレ等ノ, 姐サントナリ俗客, 婿ドンダ, 嫁ドンダ, 市ニ出タカラ随分, 店頭ニ助

▼ 屋佐七~ (6, 0.0%)

2 が細工, はその 1 はすっかり, はすつかり恐縮

▼ 屋勘兵衞~ (6, 0.0%)

1 が死ん, の店, の惡, は今, は立つ, は絶句

▼ 屋宇之助~ (6, 0.0%)

1 という旅商人, と云う, と改め, と申します, は此, を鉄砲

▼ 屋~ (6, 0.0%)

2 のやう, のよう 1 の伯父さん, の這う

▼ 屋岩太郎~ (6, 0.0%)

1 がとうとう, が日頃昵近, に引, はいい, は四十五, もその

▼ 屋~ (6, 0.0%)

2 吉同 1 七の, 八郎は, 六次と, 吉方へ

▼ 屋忠兵衞~ (6, 0.0%)

1 と云, と言, の家, は益, 直ちに白洲, 計らず八ヶ年過去

▼ 屋惣七どの~ (6, 0.0%)

1 と知恵, に肩, のよう, はたずね人, は帰られた, を思っ

▼ 屋料理~ (6, 0.0%)

1 ではある, とはどういう, はモー, を小言, を最, 即ちレスタラント

▼ 屋斬込み~ (6, 0.0%)

2 よりもこれ 1 だと, に幾倍, の大事, の際

▼ 屋新次さま~ (6, 0.0%)

1 では, にお, の場合, の癪, の訊問, の象牙

▼ 屋新道~ (6, 0.0%)

1 からお, でその, にはいろう, に住む, の屋敷, をそう

▼ 屋松五郎~ (6, 0.0%)

2 の娘, の庭 1 が蝙蝠, は膝

▼ 屋横丁~ (6, 0.0%)

1 がある, なんてごみごみ, に乗りつけた, へ変, を真直, を過ぎ

▼ 屋段右衞門~ (6, 0.0%)

1 と改めて, と申立, と申者, に相違御座, の後家, は鈴ヶ森

▼ 屋河岸~ (6, 0.0%)

1 といった, にある, について赤煉瓦, の方, の泰明小學校, へ通

▼ 屋浪太郎~ (6, 0.0%)

1 だよ, でないこと, と巾着切, の姿, の家, は辰三

▼ 屋~ (6, 0.0%)

1 にはまた, の曲線, の渓川, の種類, は深き, より所謂飛鳥式

▼ 屋花鳥~ (6, 0.0%)

2 の二代目 1 というの, という人, に佐原, は初め

▼ 屋萬兵衞~ (6, 0.0%)

1 が今朝人手, が孫, が水死人, の家, は今朝, は町人乍ら

▼ 屋親子~ (6, 0.0%)

1 とみせかけ, に因縁, の張り番, の者, の間, はこんな

▼ 屋~ (6, 0.0%)

1 が日あたり, であるのに, のこと, の内, の前, の様子

▼ 屋~ (6, 0.0%)

1 が古い, だつた, のこの, はあと, は冷罵熱, は待ち

▼ 屋金兵衛~ (6, 0.0%)

1 からのめずらしい, が記念, だよ, という旅籠, の記念, はすでに

▼ 屋長八~ (6, 0.0%)

1 というもの, と名, は単に, は娘, は文右衞門, より遣

▼ 屋音松~ (6, 0.0%)

3 である 1 の率いる, は忠相, は生きた

▼ 屋からも~ (5, 0.0%)

2 客の 1 何を, 抛り出されましてね, 甲州屋の

▼ 屋さんたち~ (5, 0.0%)

1 が困りなさる, にもどうぞ, は一週間, は今日, は申しあわせた

▼ 屋それ~ (5, 0.0%)

1 からずつと麥畑, から一軒二軒三軒, から四条, を僕, を抱く

▼ 屋っていう~ (5, 0.0%)

1 うちには, お米屋, のか, 宿屋に, 水茶屋に

▼ 屋とかいう~ (5, 0.0%)

1 のなら聞こえた, のを, んだ, 古老は, 類の

▼ 屋としての~ (5, 0.0%)

1 一流の, 仕事が, 大惣本, 店頭は, 暖簾名は

▼ 屋などでは~ (5, 0.0%)

1 どうしても直しきれなかった, 好い玉, 店を, 毎日それを, 金曜日の

▼ 屋にな~ (5, 0.0%)

1 つたのださう, つてし, つて糺の, つて見ず知らずの, つて見よう

▼ 屋に対する~ (5, 0.0%)

1 反抗心を, 恋一寸法師の, 揶揄の, 日頃の, 皮肉な

▼ 屋ばかりの~ (5, 0.0%)

1 ことで, ような, 感情家ばかりの, 村落を, 食べ物横丁かと

▼ 屋もの~ (5, 0.0%)

1 などを取る, になつ, の一つ, の二ツ三ツ, を取っ

▼ 屋らしくない~ (5, 0.0%)

1 じゃない, と云う, と思った, と言った, 破損が

▼ 屋万兵衛~ (5, 0.0%)

1 が今朝人手, が水死人, の家, は今朝, は町人

▼ 屋三七郎~ (5, 0.0%)

2 の妾 1 といふの, の, は名古屋山三

▼ 屋~ (5, 0.0%)

1 に屋, に浸入, に生死論, に鴿蛇猪, は夜店

▼ 屋五左衛門~ (5, 0.0%)

1 が開けた, というの, はその, は庶腹, は界隈

▼ 屋五郎作~ (5, 0.0%)

1 が八十歳, が金澤方, と云つて, と石塚重兵衛, は神田

▼ 屋八百屋~ (5, 0.0%)

1 などに較べる, など日々, の借, も跡, や酒屋

▼ 屋兼業~ (5, 0.0%)

1 であつ, の大きい, の家, の旅館, の雑誌屋

▼ 屋勘兵衛~ (5, 0.0%)

1 と申す, の悪巧み, は今, は立っ, は絶句

▼ 屋半兵衛~ (5, 0.0%)

2 は死ん 1 が赤井市兵衛, の小屋, の首

▼ 屋吉兵衛~ (5, 0.0%)

2 の家 1 の死骸, はよほど, を手

▼ 屋和平~ (5, 0.0%)

1 でご, と女笛師, の店, は畏, へお

▼ 屋孫右衛門~ (5, 0.0%)

1 が死んだ, というの, の死に, は金, は雨

▼ 屋~ (5, 0.0%)

2 の作者 1 の普請, の狭き, を造る

▼ 屋小間物屋~ (5, 0.0%)

1 ぐらいがチラ, などに能, など小, の, の間

▼ 屋市之助~ (5, 0.0%)

2 の家 1 の女房, の葬, を殺させ

▼ 屋幸右衞門~ (5, 0.0%)

1 がしよんぼり, の二階窓, の家, はもと鳥越, を遠く

▼ 屋~ (5, 0.0%)

5 は見

▼ 屋~ (5, 0.0%)

2 の硝子戸棚 1 が一番上等, の大, の祈

▼ 屋弥三右衛門~ (5, 0.0%)

1 にも天帝, の倅弥三郎, の本宅, の話, は甚内

▼ 屋彦兵衞~ (5, 0.0%)

1 と云者隱居, の皮剥獄門煙草屋喜八其他種々樣, は其身罪, は彌, は翌日手土産

▼ 屋愛子~ (5, 0.0%)

1 が蜘蛛, の失踪, の姿, はその, は十八

▼ 屋新七~ (5, 0.0%)

1 がいた, がふと, が江戸出府, はいわゆる, を江戸

▼ 屋書店~ (5, 0.0%)

1 に交渉, に頼みまし, の主人, の編輯員, より出版

▼ 屋~ (5, 0.0%)

1 から半田, なる美保津姫, の産, の鍛冶, の鼓打權現

▼ 屋清五郎~ (5, 0.0%)

2 などは滅茶滅茶 1 が倒れ, はなん, は頸

▼ 屋~ (5, 0.0%)

1 が円筒部, と円筒部, の尖, は柳, も周囲

▼ 屋藤八~ (5, 0.0%)

1 が許, の手紙, より九助, を見忘れた, 成ば

▼ 屋貫兵衛~ (5, 0.0%)

1 の不思議, の涼み船, の話, は手燭, を町役人

▼ 屋貫兵衞~ (5, 0.0%)

1 の不思議, の凉, の話, は手燭, を町役人

▼ 屋長兵衞~ (5, 0.0%)

1 と申, の方, は兄清兵衞, は委細引受, は長八殿家

▼ 屋音次郎~ (5, 0.0%)

2 が死ん, が鬼 1 の娘

▼ 屋駒次郎~ (5, 0.0%)

2 が部屋住時代, の嫁 1 の忘れ形見

▼ 屋かな~ (4, 0.0%)

2 香道の 1 ア, 下繪

▼ 屋ぐらい~ (4, 0.0%)

1 だよ, ないの, なもの, 出来るさ

▼ 屋この~ (4, 0.0%)

1 あたりは, 娘を, 日種彦の, 隣りが

▼ 屋さんあなた~ (4, 0.0%)

1 お職柄, に得心, のいわれる, は何

▼ 屋さんだつ~ (4, 0.0%)

1 たでせう多分, たの, たら, て聞い

▼ 屋そこ~ (4, 0.0%)

1 から舁き出された, がうまく, には浪人寺本山平, へ集まる

▼ 屋たる~ (4, 0.0%)

1 もの恐縮どころか, 本性を, 腰の, 自分の

▼ 屋でありました~ (4, 0.0%)

1 から直ぐ, がその, が父, ので今日

▼ 屋でさえ~ (4, 0.0%)

1 あまり知らない, 時には約束, 水越の, 物差しだけ

▼ 屋ででも~ (4, 0.0%)

1 あったの, あったらしいその, 陳腐な, 飲んで

▼ 屋とかは~ (4, 0.0%)

2 子供の 1 いはば, 下らない生花

▼ 屋なぞを~ (4, 0.0%)

1 はじめてる, やって, 破壊した, 織込んで

▼ 屋などにも~ (4, 0.0%)

1 よいもの, 払うもの, 矢張りローマ時代の, 耳打ちを

▼ 屋なみ~ (4, 0.0%)

1 に卑下, の勘定, を横, 美し柿

▼ 屋なり~ (4, 0.0%)

1 しが, しぞ, また菓子屋, 音樂會なり

▼ 屋なんかに~ (4, 0.0%)

1 いる女, 行かないよ, 行く位, 頼まないで

▼ 屋において~ (4, 0.0%)

1 この季節もの, ふぐを, 前を, 殿に

▼ 屋における~ (4, 0.0%)

1 ハイカイ詩人の, 一夜同, 変の, 生活を

▼ 屋に対して~ (4, 0.0%)

1 どんなに修羅, 悪いこと, 根も, 比較に

▼ 屋のみ~ (4, 0.0%)

1 であって, である, でなくすべて, でも

▼ 屋また~ (4, 0.0%)

2 ある時 1 あしからざるべし, 槌屋と

▼ 屋めいた~ (4, 0.0%)

1 所へでも, 所へも, 萱屋の, 飲み屋が

▼ 屋エンジナー~ (4, 0.0%)

2 が, は

▼ 屋~ (4, 0.0%)

1 入レヨウト思ッテイタノデアッタ, 平屋ニ直, 招イテ首, 造ルニ皆可

▼ 屋一軒~ (4, 0.0%)

1 が倒れ, だったとは, ですむ, を定

▼ 屋七兵衛~ (4, 0.0%)

1 がよろこぶ, とその, の番頭佐太郎, はよくよく

▼ 屋七平~ (4, 0.0%)

2 は血 1 はそれ, はそれっきり行方

▼ 屋三七~ (4, 0.0%)

1 か, が殺された, などといふ惡黨, を恐れる

▼ 屋三十八人~ (4, 0.0%)

4 の子分

▼ 屋~ (4, 0.0%)

1 に知らした, の謝, の謝監, は目的

▼ 屋久兵衛~ (4, 0.0%)

1 が居合わせた, の家, の血, の魅力

▼ 屋事変~ (4, 0.0%)

1 で勤皇方, は当時, は禁門戦争, を期

▼ 屋五左衞門~ (4, 0.0%)

1 が開けた, はその, は庶腹, は界隈

▼ 屋五郎兵衛~ (4, 0.0%)

1 が折檻, という中老人, と云う, の家

▼ 屋伊左衞門~ (4, 0.0%)

1 はまだ, は父親, は頑固, を誘つて

▼ 屋佐七さん~ (4, 0.0%)

2 に聞く, のところ

▼ 屋信兵衞~ (4, 0.0%)

1 といふの, はうまい, は相手, 御無理

▼ 屋~ (4, 0.0%)

1 からいわせる, からかけた, からはそれ, としても大いに

▼ 屋六兵衞~ (4, 0.0%)

1 かな, と云者, の名, はどう

▼ 屋出入り~ (4, 0.0%)

2 の諸 1 の客, の者

▼ 屋利助~ (4, 0.0%)

2 に借り, の用心棒

▼ 屋勝久さん~ (4, 0.0%)

1 がこれ, が姉, である, でございます

▼ 屋千之助~ (4, 0.0%)

2 が雨 1 でございます, で御座います

▼ 屋口調~ (4, 0.0%)

2 になる 1 で物, というの

▼ 屋向き~ (4, 0.0%)

1 だよ, のもの, の豆絞り, を目当て

▼ 屋善右衞門方~ (4, 0.0%)

1 の奉公, の手代多助, は毎度申, へ忠義

▼ 屋~ (4, 0.0%)

1 と高き, の緑樹, は紅く, 疎

▼ 屋~ (4, 0.0%)

1 に驚き, 彦の, 新地の, 泥棒屋放火屋とでも

▼ 屋~ (4, 0.0%)

1 だとも, と間違えられる, になる, の歓会

▼ 屋孫三郎~ (4, 0.0%)

2 が全然, に落籍され

▼ 屋孫右衞門~ (4, 0.0%)

1 が零落, と申し, の家, の家内

▼ 屋~ (4, 0.0%)

1 に向いました, の墓地, の娘, の番町邸

▼ 屋家賃~ (4, 0.0%)

2 に窮する 1 に追, に追われ

▼ 屋小左衛門~ (4, 0.0%)

1 と同役蓬莱屋, は急い, は父儀助, 同じく梅屋五助

▼ 屋幸吉~ (4, 0.0%)

1 が先刻, の家, は文字通り紅, を略し

▼ 屋~ (4, 0.0%)

1 の奉行小屋, の小屋, の板戸, は片っぱし

▼ 屋彦兵衛~ (4, 0.0%)

1 という男, という者, に致しまし, の為

▼ 屋徳兵衞~ (4, 0.0%)

1 とかいう, は夏羽織, は腹, は言

▼ 屋惣七さま~ (4, 0.0%)

1 がわたし, とおっしゃる, とのうずまき, に渡した

▼ 屋才兵衛~ (4, 0.0%)

1 であった, という道具屋, の店, を殺した

▼ 屋~ (4, 0.0%)

2 しを 1 しだよ, しは

▼ 屋文吉~ (4, 0.0%)

1 というの, といふの, のやう, のよう

▼ 屋新兵衞~ (4, 0.0%)

2 という刀屋 1 と申しまする, と申す

▼ 屋暁雨~ (4, 0.0%)

1 さながらの, の侠気, や八百蔵, 大好評

▼ 屋~ (4, 0.0%)

1 から芝居, などに吉原遊廓, の横形, を専ら

▼ 屋權右衞門~ (4, 0.0%)

1 が死んだ, の一人娘, の妾, は死んだ

▼ 屋~ (4, 0.0%)

2 賣の 1 賣, 賣四柱

▼ 屋清一郎~ (4, 0.0%)

1 が何故これから, という学生, は事件, も勿論

▼ 屋~ (4, 0.0%)

1 に恥じざる, に恥ず, に愧, に涙潸々

▼ 屋煙管~ (4, 0.0%)

3 の五郎八 1 の親爺

▼ 屋~ (4, 0.0%)

1 の乱墜, の叢, の墜ちたる, ヲ照シテ街灯光

▼ 屋甚兵衛~ (4, 0.0%)

1 の娘, の家, の寮, を略し

▼ 屋稼業~ (4, 0.0%)

1 が店中, とか一生, にとつて, を始め

▼ 屋~ (4, 0.0%)

1 が増築, とそれ, と紫色, を里言

▼ 屋自身~ (4, 0.0%)

1 が現在, の家, の言いぐさ, もさう感づい

▼ 屋菓子屋~ (4, 0.0%)

2 に至る 1 と並び, などは朝日夕日

▼ 屋辰五郎~ (4, 0.0%)

1 が闕所, の女房, はこの, を書くであろう

▼ 屋部落~ (4, 0.0%)

1 のこと, の青年, へ行つて, を立去つた

▼ 屋~ (4, 0.0%)

1 兵衛どうして, 兵衛の, 兵衛方に, 兵衛蒼く

▼ 屋~ (4, 0.0%)

2 のすぐれた 1 から鳴り, を自在

▼ 屋銀次~ (4, 0.0%)

1 がいた, になり, の流れ, の身内

▼ 屋~ (4, 0.0%)

1 にかけ合, の辺, より五, 御出入

▼ 屋長崎屋~ (4, 0.0%)

1 お互に, のお, の不思議, の毒々しい

▼ 屋風情~ (4, 0.0%)

1 がこの, にし, のこの, の娘

▼ 屋あっ~ (3, 0.0%)

1 ていまだに, てむかし, て赤い

▼ 屋あるいは~ (3, 0.0%)

1 横町の, 観山楼に, 部落に

▼ 屋あるき~ (3, 0.0%)

3 と思案

▼ 屋おきた~ (3, 0.0%)

1 といっ, と駈け, は小判

▼ 屋おれ~ (3, 0.0%)

1 は七造, は俺, は考えた

▼ 屋がた~ (3, 0.0%)

3 に少なから

▼ 屋こそ~ (3, 0.0%)

1 いたして, 大身代, 致して

▼ 屋~ (3, 0.0%)

2 ったくや 1 のみの

▼ 屋さては~ (3, 0.0%)

1 庵室あばら屋と, 紙屋呉服屋蕎麥屋菓子屋に, 紙屋呉服屋蕎麦屋菓子屋に

▼ 屋さんお前~ (3, 0.0%)

1 がそんな, とても一時, とは松代

▼ 屋~ (3, 0.0%)

1 てござる, てゐた, て今日

▼ 屋~ (3, 0.0%)

1 がたで, がたに, がたの

▼ 屋すなわち~ (3, 0.0%)

1 升屋とか, 後世の, 飲食店の

▼ 屋すら~ (3, 0.0%)

1 あるの, 痩せた女房, 相応の

▼ 屋そして~ (3, 0.0%)

1 この勘六, 酒屋は, 鍼灸治療院

▼ 屋そっくり~ (3, 0.0%)

1 だし, にみえた, のお客

▼ 屋~ (3, 0.0%)

1 どの, アしゃれ, アわけが

▼ 屋だけが~ (3, 0.0%)

1 たぶん例外, 姿を, 用いるの

▼ 屋だらう~ (3, 0.0%)

1 ぜ, と, と塗職

▼ 屋であっ~ (3, 0.0%)

1 てすべて, てもどこ, て両極端

▼ 屋であります~ (3, 0.0%)

1 から菓子, がくま, なそういった

▼ 屋としても~ (3, 0.0%)

1 そういう危地, 粗末に, 結構食べ

▼ 屋どこ~ (3, 0.0%)

2 やおま 1 じゃない

▼ 屋なぞに~ (3, 0.0%)

1 ない古い伝統, なられて, 上ればか

▼ 屋なんぞへ~ (3, 0.0%)

1 上っては, 行くん, 買物に

▼ 屋にかは~ (3, 0.0%)

1 つた, つて, つてゐる

▼ 屋にだって~ (3, 0.0%)

1 あやまりに, あるだろう, 滅多に

▼ 屋にても~ (3, 0.0%)

1 もしや書生, 如何樣上方, 追

▼ 屋にと~ (3, 0.0%)

2 つては 1 まつたこと

▼ 屋にゃ~ (3, 0.0%)

1 ア一枚絵に, ア大, 世話に

▼ 屋~ (3, 0.0%)

1 あすこなくなりました, あの写真屋, ちょいと

▼ 屋ばかりが~ (3, 0.0%)

1 一枚看板じゃ, 続いて, 繁昌し

▼ 屋ばかりじゃ~ (3, 0.0%)

1 ござんせんよ, ない, ないの

▼ 屋ばかりは~ (3, 0.0%)

1 まだ活, 好んで, 相かわらず

▼ 屋ほどの~ (3, 0.0%)

1 ものの, 旅籠は, 狡猾な

▼ 屋または~ (3, 0.0%)

1 エタも, 小待合, 細君は

▼ 屋よりか~ (3, 0.0%)

1 やるなら一層, 却って着, 洩れきたる

▼ 屋~ (3, 0.0%)

1 おほき, が張, に引っかかった

▼ 屋を以て~ (3, 0.0%)

1 新室の, 知られた東花坊, 鳴る某

▼ 屋を通して~ (3, 0.0%)

1 いくらかの, この徳撰, 女中に

▼ 屋~ (3, 0.0%)

1 ソバ又, 行ッテ三年程, 行ッテ女郎ヲ

▼ 屋三右衛門翁~ (3, 0.0%)

1 が智恵, の孫娘, の隠した

▼ 屋三郎さん~ (3, 0.0%)

1 がお, が來, はひどい

▼ 屋与次郎~ (3, 0.0%)

1 でございます, という大, の小さい汚い

▼ 屋主義~ (3, 0.0%)

1 に屈従, に陥らぬ, はきびしい

▼ 屋九兵衞~ (3, 0.0%)

1 というもの, という商人, という者

▼ 屋五兵衛さま~ (3, 0.0%)

1 が, でございます, は見上げた

▼ 屋五助~ (3, 0.0%)

2 が采配 1

▼ 屋五造~ (3, 0.0%)

1 というごく, は色白, をお

▼ 屋以上~ (3, 0.0%)

1 に不気味, の坊主顏, の待遇

▼ 屋伊之助~ (3, 0.0%)

1 と問屋九郎兵衛, のもと, は青竹

▼ 屋伊勢久~ (3, 0.0%)

1 とは先輩暮田正香, の店, の暖簾

▼ 屋伴藏~ (3, 0.0%)

1 と呼び, と申します, は私

▼ 屋~ (3, 0.0%)

1 がある, しかなかっ, で済ます

▼ 屋~ (3, 0.0%)

2 ひに 1 ひを

▼ 屋住い~ (3, 0.0%)

1 に成り, の諸, をし

▼ 屋住まい~ (3, 0.0%)

1 でしたが, をし, をなし

▼ 屋佐五兵衛~ (3, 0.0%)

1 だいかにも, ですよ, のもの

▼ 屋佐兵衛~ (3, 0.0%)

1 と云う, の妻女, の襲撃

▼ 屋~ (3, 0.0%)

1 の気, の氣, をする

▼ 屋何某~ (3, 0.0%)

1 から入, が家, の別荘

▼ 屋作り~ (3, 0.0%)

1 のいずれ, の眞以事, をぬけ

▼ 屋倉松~ (3, 0.0%)

1 と大寺源十郎, と車坂, の人柄

▼ 屋儀左衞門~ (3, 0.0%)

1 が女房粂, が殺せし, を差紙

▼ 屋全体~ (3, 0.0%)

2 が汚名 1 の数

▼ 屋~ (3, 0.0%)

1 と現在, を憎らしく, 遊軒太平洋が

▼ 屋兼旅館~ (3, 0.0%)

2 が並ん 1 に芝浜館

▼ 屋利七~ (3, 0.0%)

1 が泊っ, にお, は一体

▼ 屋加平~ (3, 0.0%)

1 だけは今, というひと, という顔ぶれ

▼ 屋助三郎~ (3, 0.0%)

1 という長唄, と懸, の腕

▼ 屋勘兵衛方~ (3, 0.0%)

1 です, に止宿, の門口

▼ 屋勝三郎~ (3, 0.0%)

1 で馬場, といった長唄三味線, の勝

▼ 屋同士~ (3, 0.0%)

1 が云ってるだろう, で群落, は会心

▼ 屋呉服店~ (3, 0.0%)

1 とを, の新, へ奉公

▼ 屋~ (3, 0.0%)

1 が随うた, の後, 或は太玉命

▼ 屋喜八~ (3, 0.0%)

1 が生き, と云, は構ひな

▼ 屋好み~ (3, 0.0%)

1 で華奢, の唐桟, の小家

▼ 屋寿久右衛門~ (3, 0.0%)

1 と云う, の処, へ宛て鉄屋惣兵衛

▼ 屋尻切~ (3, 0.0%)

1 の目的, を追い廻す, を追ひ廻す

▼ 屋幸七~ (3, 0.0%)

1 の手掛, は平次, は解る

▼ 屋建具屋~ (3, 0.0%)

1 そういう店, などは大きな, なども江戸

▼ 屋弥平~ (3, 0.0%)

1 といういい, の隠れ家, はおなじ

▼ 屋彌次六~ (3, 0.0%)

1 と, との三人, と云

▼ 屋~ (3, 0.0%)

1 主人と, 家元様は, 旅宿

▼ 屋忠兵衛~ (3, 0.0%)

1 といいます, に冷かされた, も登場

▼ 屋敷地~ (3, 0.0%)

2 へかけ 1 なぞを手放す

▼ 屋新三郎さま~ (3, 0.0%)

1 が取調べ, が陳述, なの

▼ 屋東兵衛~ (3, 0.0%)

1 となっ, に膝詰め談判, は気

▼ 屋橋御門内~ (3, 0.0%)

1 なる町奉行, なれば, 御役宅

▼ 屋次郎左衛門~ (3, 0.0%)

2 の娘 1 から六十四組

▼ 屋殿~ (3, 0.0%)

1 という倹約, の役目, 一体貴公達

▼ 屋清兵衛~ (3, 0.0%)

1 が芝翫, が蔵書, の二階

▼ 屋清兵衞方~ (3, 0.0%)

1 に罷, へ宿, へ遣

▼ 屋源兵衛~ (3, 0.0%)

1 の家, の片岡源五右衛門, を訪ねる

▼ 屋源兵衞~ (3, 0.0%)

1 と云, の町所, を欺

▼ 屋煎餅屋~ (3, 0.0%)

3 など種々

▼ 屋~ (3, 0.0%)

1 やら酒, を取りちらし, を誂え

▼ 屋禅師~ (3, 0.0%)

1 のよう, の書, を推すべきである

▼ 屋米藏~ (3, 0.0%)

1 と云う, に遣りました, の家

▼ 屋總兵衞~ (3, 0.0%)

1 が昨夜人, といはれた, はその

▼ 屋總右衞門~ (3, 0.0%)

1 といふの, の家, の評判

▼ 屋老人~ (3, 0.0%)

1 に教, に誘はれ, は自称八十八才

▼ 屋職人~ (3, 0.0%)

1 で酒, の甚蔵, はこ

▼ 屋與次郎~ (3, 0.0%)

1 で御座います, といふ大, の小さい汚い

▼ 屋船長~ (3, 0.0%)

21 も死んだだ

▼ 屋茂兵衛~ (3, 0.0%)

1 の出版, は有名, や出雲寺万治郎

▼ 屋荒し~ (3, 0.0%)

1 のやう, を行つて, 麹町青山牛込渋谷あたりへ

▼ 屋藤八方~ (3, 0.0%)

1 へ到り, へ參, より金子百八十兩餘騙り取り其後下伊呂村

▼ 屋藤兵衞~ (3, 0.0%)

1 といふの, のところ, は雪舟

▼ 屋袋物屋煎餅屋~ (3, 0.0%)

3 など種々

▼ 屋角右衛門~ (3, 0.0%)

1 というヤットウ, は四十五六, や店中

▼ 屋角右衞門~ (3, 0.0%)

1 といふヤツトウ, は四十五六, や店中

▼ 屋~ (3, 0.0%)

1 でも底, は座興, をした

▼ 屋~ (3, 0.0%)

1 の本山荻舟, ひの, ひを

▼ 屋~ (3, 0.0%)

1 の古刹昆陽寺, の昆陽寺, の長い

▼ 屋醤油屋~ (3, 0.0%)

2 へ何ん 1 が一番お前

▼ 屋金右衛門~ (3, 0.0%)

1 が昨夜誰, という材木問屋, はその

▼ 屋金平~ (3, 0.0%)

1 という人, という岡, 夙に救世

▼ 屋鉄五郎~ (3, 0.0%)

1 お源, というの, にあっ

▼ 屋雑貨店~ (3, 0.0%)

1 がある, さては荒物屋, と一字

▼ 屋駄菓子屋~ (3, 0.0%)

1 などでは店, には見当たらない, をはじめ

▼ 屋~ (3, 0.0%)

1 震動, 震動し, 震動も

▼ 屋あさり~ (2, 0.0%)

1 などする, をやっ

▼ 屋あそこ~ (2, 0.0%)

1 は古く, は静か

▼ 屋うりいそぎ~ (2, 0.0%)

2 をいたし

▼ 屋お前さん~ (2, 0.0%)

2 は江戸

▼ 屋かしこ~ (2, 0.0%)

1 の裏屋, の雑貨店

▼ 屋かも~ (2, 0.0%)

1 知れないが, 知れません

▼ 屋がかり~ (2, 0.0%)

1 の座敷, の茶屋

▼ 屋ぐらいは~ (2, 0.0%)

1 ありますが, おごらされるの

▼ 屋ここ~ (2, 0.0%)

1 が荒物屋, へ持っ

▼ 屋こっち~ (2, 0.0%)

1 が下駄屋, へもひとつ

▼ 屋こはし~ (2, 0.0%)

1 の雄, は大阪

▼ 屋さんあれ~ (2, 0.0%)

1 はお, や山

▼ 屋さんお前さん~ (2, 0.0%)

1 はもう, も酌

▼ 屋さんぢ~ (2, 0.0%)

1 やな, やない

▼ 屋さんみたい~ (2, 0.0%)

1 だこと, ですね

▼ 屋さんわし~ (2, 0.0%)

1 がすこし, の願い

▼ 屋さん一両~ (2, 0.0%)

2 だよ

▼ 屋さん今の~ (2, 0.0%)

2 は何だえ

▼ 屋さん夫婦~ (2, 0.0%)

2 にもあいさつ

▼ 屋さん災難~ (2, 0.0%)

1 だったね, だつたね

▼ 屋さん足袋屋さん~ (2, 0.0%)

2 に聞い

▼ 屋しろ~ (2, 0.0%)

2 の稲荷さま

▼ 屋じゃった~ (2, 0.0%)

1 のが, 清七さんという

▼ 屋じゅう~ (2, 0.0%)

1 で一番風通し, の自動車

▼ 屋~ (2, 0.0%)

1 なたの, ひを

▼ 屋そち~ (2, 0.0%)

1 はもっと, は幸い

▼ 屋そば~ (2, 0.0%)

2 や洋食屋

▼ 屋だけで~ (2, 0.0%)

1 もさうだ, 八十円も

▼ 屋だけを~ (2, 0.0%)

1 ひとり寮, 勘定し

▼ 屋だったら~ (2, 0.0%)

1 という風, どうなせえやす

▼ 屋だつ~ (2, 0.0%)

1 たりし, たり質屋

▼ 屋だつたさうです~ (2, 0.0%)

1 が足, よ吉原

▼ 屋つづき~ (2, 0.0%)

1 の有様, の路次

▼ 屋つて~ (2, 0.0%)

1 ありやあ, 面白いほどは

▼ 屋つまり~ (2, 0.0%)

1 トンカツで, 壁塗りを

▼ 屋でありまし~ (2, 0.0%)

1 て殊に, て面白い

▼ 屋でござん~ (2, 0.0%)

2

▼ 屋でさえも~ (2, 0.0%)

1 いったいどこ, 脂だらけの

▼ 屋で御座います~ (2, 0.0%)

1 お墓, が

▼ 屋というは~ (2, 0.0%)

1 可なり, 名ばかり米俵も

▼ 屋といつて~ (2, 0.0%)

1 も店先, も銘木

▼ 屋といふは~ (2, 0.0%)

1 常に我々, 部室數も

▼ 屋とかへ~ (2, 0.0%)

1 嫁いて, 縁附ける

▼ 屋とかを~ (2, 0.0%)

1 して, 借りて

▼ 屋とけふ~ (2, 0.0%)

2 よりあらためよ

▼ 屋とともに~ (2, 0.0%)

1 すくなくなった, 日本で

▼ 屋とに~ (2, 0.0%)

1 出る外細君, 出来るだけ

▼ 屋とやらは~ (2, 0.0%)

1 大そう, 本心から

▼ 屋とやらへ~ (2, 0.0%)

1 帰るか, 御案内

▼ 屋と共に~ (2, 0.0%)

1 九州の, 凧の

▼ 屋どうやら~ (2, 0.0%)

1 あの火の手, 江戸指折りの

▼ 屋なかなか~ (2, 0.0%)

1 抜け目の, 経済的に

▼ 屋ながら~ (2, 0.0%)

1 いっば, 心からな

▼ 屋なし~ (2, 0.0%)

1 上方には, 立どまりて

▼ 屋などとは~ (2, 0.0%)

2 同じ金物屋

▼ 屋などよりずつと~ (2, 0.0%)

2 寒さ

▼ 屋なりに~ (2, 0.0%)

1 やはり面白く, 頼みいつ幾日

▼ 屋なんかには~ (2, 0.0%)

2 用事が

▼ 屋なんかへ~ (2, 0.0%)

1 入りそう, 来ないもの

▼ 屋なんぞは~ (2, 0.0%)

1 今でなく, 稀に

▼ 屋なんぞも~ (2, 0.0%)

1 あったはず, 起きちや

▼ 屋なんど~ (2, 0.0%)

2 の主人

▼ 屋にか~ (2, 0.0%)

1 はり初めると, へりたかつた

▼ 屋にさえ~ (2, 0.0%)

1 先日姉が, 見えるの

▼ 屋については~ (2, 0.0%)

1 わたしは, 詳しいん

▼ 屋についても~ (2, 0.0%)

1 僕は, 同じこと

▼ 屋にとって~ (2, 0.0%)

1 涎の, 鬱陶しい問題

▼ 屋にとっては~ (2, 0.0%)

1 この上, まことに我慢

▼ 屋になぞ~ (2, 0.0%)

2 化けて

▼ 屋によ~ (2, 0.0%)

1 つて幸子の, つて途中で

▼ 屋のなあ~ (2, 0.0%)

1 ちゃんが, ちゃんを

▼ 屋のば~ (2, 0.0%)

2 あさま

▼ 屋ばかりを~ (2, 0.0%)

1 かまへて, 身贔屓し

▼ 屋ふう~ (2, 0.0%)

1 になった, の古い

▼ 屋へのみに~ (2, 0.0%)

2 行ったり

▼ 屋~ (2, 0.0%)

1 っこう, どのの養子ハ

▼ 屋までが~ (2, 0.0%)

1 一緒に, 貼紙を

▼ 屋までは~ (2, 0.0%)

1 かなりあわい, 五六町平次は

▼ 屋みた~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ 屋もう~ (2, 0.0%)

1 一挺, 六つ近い

▼ 屋もしくは~ (2, 0.0%)

1 ネリヤの, 鑵箱鱒箱製造を

▼ 屋やら~ (2, 0.0%)

1 玉突屋やら, 雇人口入所の

▼ 屋~ (2, 0.0%)

1 とこの, 二階に

▼ 屋~ (2, 0.0%)

1 とよぶ, と呶

▼ 屋エンジ~ (2, 0.0%)

2

▼ 屋カフェ~ (2, 0.0%)

1 などあちこち, の給仕

▼ 屋タマーラ~ (2, 0.0%)

1 の窓, は同じ

▼ 屋デパート~ (2, 0.0%)

1 は建築最中, へ

▼ 屋~ (2, 0.0%)

1 て一宿仕候節, 泊るくだらない

▼ 屋ロシヤパンドラ焼屋魚~ (2, 0.0%)

2 の干物屋

▼ 屋一件~ (2, 0.0%)

1 が転じ, を頼み込ん

▼ 屋一同~ (2, 0.0%)

1 は申, 呼出されしは

▼ 屋一家内~ (2, 0.0%)

2 の紛紜

▼ 屋一家鏖殺~ (2, 0.0%)

1 に使った, に使つた毒

▼ 屋一派~ (2, 0.0%)

1 の名流, の商人たち

▼ 屋七兵衞~ (2, 0.0%)

1 の番頭佐太郎, は平次

▼ 屋七平江崎屋清五郎~ (2, 0.0%)

2 などは滅茶滅茶

▼ 屋~ (2, 0.0%)

1 だ相, で戻っ

▼ 屋三五郎~ (2, 0.0%)

1 と云う, の

▼ 屋三藏~ (2, 0.0%)

2 の兩人

▼ 屋三郎の~ (2, 0.0%)

1 ですよ, へだて

▼ 屋~ (2, 0.0%)

2 次右衛門

▼ 屋並び~ (2, 0.0%)

1 が覗かれます, に無

▼ 屋並びに~ (2, 0.0%)

1 夕煙が, 瓦斯燈こそ

▼ 屋丸亀~ (2, 0.0%)

2 に嫁い

▼ 屋丸八~ (2, 0.0%)

1 にて帯地並, の店頭

▼ 屋乃公~ (2, 0.0%)

1 は是, は長崎

▼ 屋久助~ (2, 0.0%)

1 という旅商人, の家

▼ 屋久次郎~ (2, 0.0%)

1 というもの, は本

▼ 屋亀吉~ (2, 0.0%)

1 が口書, である

▼ 屋二軒~ (2, 0.0%)

1 とある, の間

▼ 屋二階~ (2, 0.0%)

1 に寢, に竹本相生太夫

▼ 屋五蝶~ (2, 0.0%)

1 と申します, に壽樂

▼ 屋亭主~ (2, 0.0%)

1 とお, は恥

▼ 屋人道~ (2, 0.0%)

1 というの, といわれ

▼ 屋仁三郎~ (2, 0.0%)

1 はこんな, は猛然と

▼ 屋~ (2, 0.0%)

1 の話, は栄屋

▼ 屋以来~ (2, 0.0%)

1 のこと, の渇望

▼ 屋伊之助あて~ (2, 0.0%)

1 に依頼, に手紙

▼ 屋伊右衛門~ (2, 0.0%)

1 の娘, はこの

▼ 屋伝右衛門~ (2, 0.0%)

1 に頼まれ, の倅伝次郎

▼ 屋佐兵衞~ (2, 0.0%)

1 が仲人, と云者

▼ 屋佐平次~ (2, 0.0%)

1 が弱気, の唯一

▼ 屋佐渡平~ (2, 0.0%)

1 の店, の扱い

▼ 屋~ (2, 0.0%)

1 り歐洲, る

▼ 屋儀助~ (2, 0.0%)

1 という者, の夫婦

▼ 屋先生~ (2, 0.0%)

1 かね, も同じ

▼ 屋六右衛門~ (2, 0.0%)

1 というの, の家

▼ 屋其方~ (2, 0.0%)

1 が耳, に取っ

▼ 屋兼帯~ (2, 0.0%)

1 の上等下宿, の泊まり宿

▼ 屋出身~ (2, 0.0%)

1 だからなあ, の天下

▼ 屋別命~ (2, 0.0%)

2 之後

▼ 屋利兵衛~ (2, 0.0%)

1 と申します, の例

▼ 屋勘八~ (2, 0.0%)

1 あの店, という店

▼ 屋勝久~ (2, 0.0%)

1 と称し, は学者

▼ 屋勝之助~ (2, 0.0%)

1 の両, の二人

▼ 屋半七~ (2, 0.0%)

1 が妻, というもの

▼ 屋半五郎~ (2, 0.0%)

1 が八州, の家

▼ 屋古本屋久々~ (2, 0.0%)

2 で見る

▼ 屋~ (2, 0.0%)

2 なり大きな

▼ 屋吉右衞門~ (2, 0.0%)

1 と云者, は女郎

▼ 屋吉左衞門~ (2, 0.0%)

1 といふ醤油屋, は假名

▼ 屋吉蔵~ (2, 0.0%)

1 という順序, の家

▼ 屋呉服屋~ (2, 0.0%)

1 がある, は皆

▼ 屋周防~ (2, 0.0%)

1 の国, の磯部

▼ 屋和尚~ (2, 0.0%)

2 について参禅

▼ 屋和泉屋~ (2, 0.0%)

1 の店さき, の福松

▼ 屋問答~ (2, 0.0%)

1 で鰮, や点頭き合い

▼ 屋喜兵衛~ (2, 0.0%)

1 の娘, は恐れ入っ

▼ 屋喜右エ門~ (2, 0.0%)

2 といふもの

▼ 屋喫茶店~ (2, 0.0%)

1 にいた, へ銀子

▼ 屋営業~ (2, 0.0%)

1 のほか, の急激

▼ 屋嘉右衛門~ (2, 0.0%)

2 の店

▼ 屋四郎兵衛~ (2, 0.0%)

1 が日ごと夜ごと, は分別者

▼ 屋固有~ (2, 0.0%)

2 の美し

▼ 屋園吉~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 屋坊主~ (2, 0.0%)

1 しやも, と一緒

▼ 屋~ (2, 0.0%)

1 と申す, の茶釜

▼ 屋大和~ (2, 0.0%)

1 ての, と云者狂歌

▼ 屋女郎屋~ (2, 0.0%)

1 の親分, も兼ね

▼ 屋~ (2, 0.0%)

1 なぞそれぞれ, はどう

▼ 屋好立~ (2, 0.0%)

1 は負傷, を安房守

▼ 屋孫兵衞~ (2, 0.0%)

1 と云, と云う

▼ 屋安兵衛~ (2, 0.0%)

1 などは借金, の娘

▼ 屋安兵衞~ (2, 0.0%)

1 が四方屋, はかん

▼ 屋安右衛門~ (2, 0.0%)

1 の顔, は五十男

▼ 屋安川国松~ (2, 0.0%)

2 の三人

▼ 屋安左衛門~ (2, 0.0%)

1 なども常陸, を称し

▼ 屋宗右衛門~ (2, 0.0%)

1 のその, の老来

▼ 屋宗左衞門~ (2, 0.0%)

1 といふの, の孫

▼ 屋宗次郎~ (2, 0.0%)

1 は訥升, を殺した

▼ 屋宮川~ (2, 0.0%)

1 に招飲, へ行く

▼ 屋宿~ (2, 0.0%)

1 の輩, をたずね

▼ 屋寄り~ (2, 0.0%)

1 の方, の木戸

▼ 屋専門~ (2, 0.0%)

1 で遣っ, の凶賊

▼ 屋小左衛門同役蓬莱屋~ (2, 0.0%)

1 新七, 新助

▼ 屋小料理屋~ (2, 0.0%)

1 などからかなり, へ入っ

▼ 屋小路~ (2, 0.0%)

1 に入, の一角

▼ 屋小間物屋箪笥屋~ (2, 0.0%)

2 諸道具屋

▼ 屋~ (2, 0.0%)

1 取なん, 取千束

▼ 屋尻切り~ (2, 0.0%)

1 の修業, 第三

▼ 屋居派~ (2, 0.0%)

1 たるアイヌ, なりと解し

▼ 屋川沿~ (2, 0.0%)

2 ひの

▼ 屋~ (2, 0.0%)

1 に伏見屋, は荒物屋

▼ 屋市兵衛~ (2, 0.0%)

1 という宿, のほう

▼ 屋~ (2, 0.0%)

1 がある, 被召上

▼ 屋常磐~ (2, 0.0%)

2 の門前

▼ 屋平野屋~ (2, 0.0%)

1 の店さき, を呼び

▼ 屋庄五郎~ (2, 0.0%)

1 が川崎, の死体

▼ 屋庄右衛門~ (2, 0.0%)

1 というの, という宿屋

▼ 屋庄左衛門~ (2, 0.0%)

1 の三人, の家

▼ 屋~ (2, 0.0%)

1 があった, を作る

▼ 屋康秀~ (2, 0.0%)

1 にひどく, の持ちましたる

▼ 屋弥九郎~ (2, 0.0%)

1 はそう, は暇

▼ 屋弥右衛門~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 屋弥次郎兵衛~ (2, 0.0%)

1 に入りこんだ, も熟知

▼ 屋~ (2, 0.0%)

2 てっ

▼ 屋徳之助~ (2, 0.0%)

1 に相違, のうち

▼ 屋徳右衞門方~ (2, 0.0%)

1 に於, へ到り

▼ 屋~ (2, 0.0%)

1 やすければ, を合せ

▼ 屋悪い~ (2, 0.0%)

1 ところを, 宿では

▼ 屋惣七さん~ (2, 0.0%)

1 から若い, と申す

▼ 屋惣七殿~ (2, 0.0%)

1 ですか, といっしょ

▼ 屋惣兵衛方~ (2, 0.0%)

1 に集まる, 及び縄手

▼ 屋惣吉~ (2, 0.0%)

1 と伜, は入婿

▼ 屋~ (2, 0.0%)

2 の庭

▼ 屋政兵衛~ (2, 0.0%)

1 の甥, の立ち退いた

▼ 屋教育~ (2, 0.0%)

1 でたいがい, ということ

▼ 屋~ (2, 0.0%)

1 にお, を打見やれ

▼ 屋文七~ (2, 0.0%)

1 が遊人度胸, と聞こえた

▼ 屋文次郎~ (2, 0.0%)

2 の母親

▼ 屋暁翁~ (2, 0.0%)

1 いわゆる蔵前, だの大和屋文魚

▼ 屋書房~ (2, 0.0%)

1 の二, 仮事務所

▼ 屋木曾右衛門~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 屋未亡人~ (2, 0.0%)

1 なぞはその, のお

▼ 屋本家~ (2, 0.0%)

2 へ曲者

▼ 屋本店~ (2, 0.0%)

1 の巌丈堅固, へ着いた

▼ 屋本当~ (2, 0.0%)

1 のラジオ屋, の大工

▼ 屋来り~ (2, 0.0%)

1 て過日競売, 寸法とる

▼ 屋東五郎俳号~ (2, 0.0%)

2 を二松

▼ 屋果物屋~ (2, 0.0%)

1 がある, と方々

▼ 屋桐屋~ (2, 0.0%)

1 は金, 共に立出對面

▼ 屋植甚~ (2, 0.0%)

1 という者, の庭

▼ 屋楼上~ (2, 0.0%)

1 にて, に送別会

▼ 屋~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 屋構え~ (2, 0.0%)

1 だった, の旧

▼ 屋樽屋金兵衞~ (2, 0.0%)

1 に引渡し, のところ

▼ 屋橋内~ (2, 0.0%)

1 の大岡越前守殿, の御

▼ 屋橋御門~ (2, 0.0%)

1 へも此段相斷, へ來

▼ 屋橋本~ (2, 0.0%)

2 の板塀

▼ 屋次郎兵衛~ (2, 0.0%)

1 からも小山, の妹

▼ 屋武士~ (2, 0.0%)

1 に捕ま, も打物

▼ 屋武嶽~ (2, 0.0%)

1 の杜, の運命

▼ 屋段右衞門方~ (2, 0.0%)

1 へ參, へ罷り

▼ 屋治兵衛~ (2, 0.0%)

1 は観音堂, 死んだと

▼ 屋泣かせ~ (2, 0.0%)

1 にもなる, 友達泣かせ

▼ 屋海運業者~ (2, 0.0%)

2 も皆伯

▼ 屋清一~ (2, 0.0%)

1 とそれ, は酔っ

▼ 屋清二郎~ (2, 0.0%)

1 がお, の後

▼ 屋清左衛門~ (2, 0.0%)

1 が怨念, 程の男

▼ 屋源八~ (2, 0.0%)

1 という休み茶屋, に一俵二十五文

▼ 屋火事~ (2, 0.0%)

1 など種々, の晩非業

▼ 屋~ (2, 0.0%)

1 豆屋おでん屋毛革屋帽子襟巻手袋屋金花糖屋更に, 豆屋と

▼ 屋牛肉~ (2, 0.0%)

2 の外

▼ 屋牛鍋屋~ (2, 0.0%)

2 の借

▼ 屋特有~ (2, 0.0%)

1 のもの, の臭い

▼ 屋~ (2, 0.0%)

1 の島, の嶋

▼ 屋甚五兵衞~ (2, 0.0%)

1 は五年前, は時々

▼ 屋田川屋~ (2, 0.0%)

2 の跡

▼ 屋由兵衛~ (2, 0.0%)

1 との四人, と錺職

▼ 屋町内~ (2, 0.0%)

1 のつきあい, のつきあひ

▼ 屋町辺~ (2, 0.0%)

2 もみんな

▼ 屋皮坊~ (2, 0.0%)

1 などと呼ばれた, 訛って

▼ 屋知ってる~ (2, 0.0%)

1 かい, よ

▼ 屋祐左衞門~ (2, 0.0%)

1 の胸, は懷中

▼ 屋移り~ (2, 0.0%)

1 したの, の粥

▼ 屋立ち~ (2, 0.0%)

1 ませい, 一抱えばかりの

▼ 屋~ (2, 0.0%)

1 に万古焼, に萬

▼ 屋箪笥屋~ (2, 0.0%)

2 諸道具屋

▼ 屋~ (2, 0.0%)

2 のやう

▼ 屋紙屋~ (2, 0.0%)

1 の西村, の順

▼ 屋組合~ (2, 0.0%)

1 でもみんな民政党, に加入

▼ 屋翁屋~ (2, 0.0%)

2 の支配人孫六

▼ 屋肉屋牛乳屋~ (2, 0.0%)

1 が勘定書, は家主

▼ 屋肴屋酒屋~ (2, 0.0%)

2 いやしくも嫁入り

▼ 屋與兵衞~ (2, 0.0%)

1 と云者, に賣たる

▼ 屋與惣次~ (2, 0.0%)

1 と申す, と言

▼ 屋~ (2, 0.0%)

2 の下水

▼ 屋~ (2, 0.0%)

1 く, に乗組

▼ 屋船宿~ (2, 0.0%)

1 などが川, に出入

▼ 屋色々~ (2, 0.0%)

1 な事, な匂い

▼ 屋花魁~ (2, 0.0%)

2 は島原

▼ 屋若鶴~ (2, 0.0%)

1 のあの, の姿

▼ 屋荒物屋~ (2, 0.0%)

1 などの間, など暗い寂しい

▼ 屋萬蔵~ (2, 0.0%)

1 がすすみ出, というの

▼ 屋蓋下~ (2, 0.0%)

2 の隅木

▼ 屋~ (2, 0.0%)

1 へ引越し, 吹くづち

▼ 屋蔵相~ (2, 0.0%)

1 の立案, の考える

▼ 屋薪屋~ (2, 0.0%)

1 までもうもうずっと, を始め何商

▼ 屋薪屋醤油屋~ (2, 0.0%)

2 へ何ん

▼ 屋藤助~ (2, 0.0%)

1 この四人, というの

▼ 屋~ (2, 0.0%)

1 に匿, に赤き

▼ 屋襲撃~ (2, 0.0%)

1 の時, は殆

▼ 屋西陣~ (2, 0.0%)

2 の織物

▼ 屋角伊勢~ (2, 0.0%)

2 の庭内

▼ 屋~ (2, 0.0%)

2 道具屋肴屋酒屋いやしくも

▼ 屋諸君~ (2, 0.0%)

1 に僕, に同情

▼ 屋財政~ (2, 0.0%)

1 に於, の名目

▼ 屋~ (2, 0.0%)

1 ひ占め事業, ひ占め問題

▼ 屋越中屋金六~ (2, 0.0%)

1 というの, といふの

▼ 屋越後屋白木屋~ (2, 0.0%)

2 をはじめ

▼ 屋身代~ (2, 0.0%)

1 を差出し, 悉く灰

▼ 屋~ (2, 0.0%)

1 を並べ, を列ね

▼ 屋~ (2, 0.0%)

1 のほう, までは十分

▼ 屋酒類屋鑵詰屋~ (2, 0.0%)

2 さては紙屋

▼ 屋野菜屋古本屋久々~ (2, 0.0%)

2 で見る

▼ 屋金兵衛なぞ~ (2, 0.0%)

1 が第, は驚い

▼ 屋金右衞門~ (2, 0.0%)

1 が昨夜誰, はその

▼ 屋釜六~ (2, 0.0%)

1 が本当, のところ

▼ 屋鋪ニ~ (2, 0.0%)

1 おる内, て養

▼ 屋~ (2, 0.0%)

2 鳴緑揺

▼ 屋鑵詰屋~ (2, 0.0%)

2 さては紙屋

▼ 屋長兵衛~ (2, 0.0%)

1 という四十男, の一人娘

▼ 屋長兵衞方~ (2, 0.0%)

1 に滯留, に落着寶珠花屋

▼ 屋長崎屋二人~ (2, 0.0%)

1 とも雪, を目

▼ 屋門下~ (2, 0.0%)

1 の夏子, の逸足

▼ 屋開店~ (2, 0.0%)

1 などの惨澹, に及んだ

▼ 屋関東~ (2, 0.0%)

2 煮の

▼ 屋阿波屋三郎兵衛~ (2, 0.0%)

1 の家, の寄進

▼ 屋阿波屋三郎兵衞~ (2, 0.0%)

1 の家, の寄進

▼ 屋雲霧尺~ (2, 0.0%)

1 取などは, 取先生金右衛門

▼ 屋~ (2, 0.0%)

1 の盛り上, を越えた

▼ 屋風景~ (2, 0.0%)

1 である, を見る

▼ 屋飲食店~ (2, 0.0%)

1 など殆, 至るところ売春婦

▼ 屋駒吉~ (2, 0.0%)

1 に傷, を斬つた

▼ 屋~ (2, 0.0%)

2 の干物屋

▼ 屋魚崎住吉あたり~ (2, 0.0%)

2 では地元

▼ 屋鳴り震動~ (2, 0.0%)

1 という有様, の中

▼ 屋鳶七~ (2, 0.0%)

1 がこれ, と申す

▼ 屋鶴喜~ (2, 0.0%)

1 の離室, の離屋

▼1* [1816件]

ああいふの, 屋あがりの漫才芸人, 屋あがりだが方天戟, 屋あちこちで雨戸, 屋あてに次ぎ, 屋あとで愚痴, 屋あらざる故なり, 屋ありけるが肥前屋小兵衞, 屋ありやというばかりである, 屋あるひは, 屋あるべし早々是, 屋あれだよ, 屋あれへんかしらん, 屋行てる, 屋いい問屋は, 屋いう旅籠の, 屋いかにそれが, 屋いくらだ一升, 屋いずれも土地, 屋いたこ屋信濃屋の置屋, 屋いたって繁昌の, 屋いやって立派, 屋いやるぐらいやったら, 屋いらねえじゃあ旦那, 屋いろは庫のどん尻, 屋いろんな雑人たちも, 屋ういう宿で, 屋うちで其, 屋うどんや屑屋, 屋うどん屋医師の大きな, 屋おしやべり, 屋おでんはない, 屋おでん屋まで店, 屋おでん屋毛革屋帽子襟巻手袋屋金花糖屋更に夏, 屋おでん屋水菓子屋などの店, 屋おとセと申者, 屋おのずからなる世, 屋おぼろで矢崎鎭四郎君, 屋おまえの言ってる, 屋おまじないでもした, 屋おもちゃ屋八百屋鰻屋古道具屋皆変りはない, 屋およそ借金だらけに, 屋および出店を, 屋お仙といっしょ, 屋お前は俺, 屋お澄し屋さんだから, 屋かたく申しつけたぞ, 屋かとも思われて, 屋かなんかの格子を, 屋かなんかを諷刺するなら, 屋かの内儀さんである, 屋かましくたまり不, 屋からか継の, 屋からとして書いて, 屋がかッと, 屋がけふは, 屋がとうふを, 屋がの一番に, 屋がもあひで使つて, 屋がをれば, 屋の郷, 屋くまんばち, 屋くらゐなもの, 屋くらいに心得て, 屋ぐらを設け, 屋ぐらいがチラと, 屋ぐらいな格だ, 屋ぐらいの一つであった, 屋ここいらへも探偵, 屋こたえたか, 屋ことに一流どころの, 屋ことばはちょい, 屋こと二番目の息子, 屋これらは併, 屋こわしでもはじまる, 屋ごとの店, 屋さうかと思ふと, 屋さして繰り込むの, 屋させるつもりで, 屋さながら皆破れく, 屋さようでござるか, 屋さりとては雲, 屋さんあっしはケチ, 屋さんいっさいの妙薬, 屋さんお伴させて, 屋さんお客様だぜ, 屋さんお父さんが急病, 屋さんお蔭で贋金造り, 屋さんがけがひとつ, 屋さんきりだ, 屋さんここは冷えます, 屋さんこちらへ掛け, 屋さんそれは何とも, 屋さんそんならこの, 屋さんどこか静か, 屋さんどれも特色, 屋さんのだ, 屋さんはがきと蠅, 屋さんはじめから植木屋さん, 屋さんチヨイとオツ, 屋さんラヴ・シインって何, 屋さん下駄屋さん差配さんたるより, 屋さん下駄屋さん差配人さんを理想, 屋さん中畑さんは故郷, 屋さん他人の意趣返し, 屋さん以外にゐない, 屋さん其他其他というわけ, 屋さん合点の悪い, 屋さん名も直, 屋さん君発電所のそば, 屋さん坂口君は金庫屋さん, 屋さん外には子分, 屋さん夫妻が正座, 屋さん女房を女中, 屋さん子供でもあるまい, 屋さん安治川君は駄目, 屋さん富山の薬屋さん, 屋さん差配さんたるより, 屋さん差配人さんを理想, 屋さん年に一度, 屋さん店を出す, 屋さん御免なされ, 屋さん御苦労です, 屋さん戸を明け, 屋さん新聞屋さんそれから眼白頬白みそさ, 屋さん方に時, 屋さん本郷の岡野さん, 屋さん松枝町まで大急ぎ, 屋さん棟梁と小兵衞さん宇太松さん, 屋さん此脇差は何程, 屋さん気の毒だけど, 屋さん江戸もずいぶん, 屋さん油絵だつて, 屋さん火事じゃない, 屋さん猫ばあさんのいた, 屋さん石屋さんでしまひ, 屋さん私はこの, 屋さん笹山大作の思いがけぬ, 屋さん等は何ん, 屋さん裏へお, 屋さん貴方が向う, 屋さん途のりが遠い, 屋さん達のいたずら, 屋さん錠の合鍵, 屋さん間男の成敗, 屋しきに火, 屋しっかりやれ, 屋しるこ屋色々な事, 屋じみた男が, 屋じゃという評だ, 屋じゃなんぞ持って, 屋すきやき十何人, 屋すし屋などで実にしばしば, 屋すでに海に, 屋すらも当分みつかるべき, 屋するのが, 屋まひの, 屋ずまい狂うてくらしました, 屋そういう店に, 屋その他寺の建築關係, 屋その他専門店等のふぐ料理, 屋そば屋の長寿庵, 屋それらの家々, 屋それ自体に三分の疑い, 屋そろそろとやっ, 屋そんなもので, 屋たいへんな事業, 屋たい焼屋色々な匂い, 屋たるべく利用され, 屋だけしか私は, 屋だけでも洵に, 屋だけの株と, 屋ださうで, 屋だったりしたら, 屋だったらしい店が, 屋だったろうか, 屋だめだぞ, 屋だやきいも屋だ, 屋だるま屋までに及ぶ, 屋だ知らないことが, 屋ちょうどいい所, 屋ちよつとした, 屋ぢやあないあんた, 屋ぢやつたのう, 屋この手負, 屋ったら寺内に, 屋っても有りゃしない, 屋つて云ふもんで, 屋つて指環や頸かざり, 屋つるが屋等, 屋づくりである, 屋づくり音もなく, 屋ていの男, 屋てめえは親分, 屋てめえ煙管を斜, 屋てんぷら屋煎豆屋, 屋であったら仮令押入れ, 屋であればのろま漬, 屋でござい鈴はいりません, 屋でございまして実は, 屋でございましたが今, 屋でござんしたからね, 屋でしょうね, 屋でっけどまた, 屋でなかった同氏が, 屋でなかつたが名, 屋でなきゃア誰が, 屋でなくなること, 屋でなさる事も, 屋でねえことを, 屋でぶぶ漬, 屋でほどよく酔う, 屋でもが競売で, 屋でもね毎日一つずつ, 屋で御座いヘイ西村で御座い, 屋といふまでこそなけれ内職, 屋とかいふ小料理の, 屋とかが取り扱って, 屋ところてん屋から占, 屋としかないその, 屋とても疑って, 屋とで遽かに, 屋とにて局部の, 屋とへかはるが, 屋とへは來がけに, 屋とまでなり口前一つ, 屋どうだ一所, 屋どうやらこれから小道具部屋に, 屋どころの騒ぎ, 屋どころか素晴らしい名工, 屋どっちもどっち, 屋どんの墓所, 屋ながらも真庭念流の, 屋なぞで一パイおごらせる, 屋なぞと嘘を, 屋なぞの前後し, 屋なぞも其と, 屋などでも一と, 屋などとしてありがたからぬ, 屋などとも懇意に, 屋などにとっては運の, 屋などへも案内しよう, 屋などより芸術家の, 屋なにをぐずぐず, 屋ならうっちゃって置く, 屋ならざる猛ゴルフ, 屋ならび三十ばかり, 屋ならびに農業に, 屋なら慰めなければならない, 屋なら死ぬまでも紙屑屋, 屋なら話して為替, 屋なりと稱へ, 屋なり駄蕎麦屋では鶏卵, 屋なるほどまさしく宿六, 屋なればこそあの堂々たる, 屋なんかが好く社会, 屋なんかじゃないよ, 屋なんかでも厄介が, 屋なんかは入船, 屋なんかへも行きやしない, 屋なんぞでは, 屋なんぞがよく使われる, 屋なんぞで道を, 屋なんぞに売られて, 屋なんぞをかたきと, 屋にさえもアイスクリームが, 屋にぞ居る, 屋にだけでも二十年も, 屋についての問題を, 屋につけ置いて, 屋にとっても償い難い重, 屋になんぞと仰しゃるんですか, 屋にね欽吾さんと, 屋にばかり行きよそ, 屋にもなつてし, 屋にや灯が, 屋によか楼カフエ・パウリスタ比良恵軒雑居屋共, 屋に関する知識について, 屋ねの漏り, 屋のうなひ処女, 屋のうへに強くはためき, 屋のでさあ, 屋のまんぢゆう, 屋のみを称したもの, 屋のや路上で, 屋のよこに, 屋はき物を, 屋はじぶんで艫, 屋はぞつと寒, 屋はとつくに, 屋はな一旦かう, 屋はね亡くなられたお, 屋はのん氣さうに聽い, 屋はん飯が食えへん, 屋くち場, 屋ばかりと思われがち, 屋ばかりとは言はれまい, 屋ばかりにある謂わば, 屋ひとつ入れませんよ, 屋ひとりぐらいをぎせい, 屋ふたりのほか, 屋ぶるのが, 屋へこそ着に, 屋へさえはいっては, 屋へたばってそこ, 屋へってでも云えば, 屋へでもつれ込まれて, 屋へなど手紙を, 屋へのやむにやまれぬ思慕の, 屋へより国男は, 屋ほしゅうはない, 屋ほどな湯槽, 屋ほんとうにいい, 屋たんといふ, 屋ぼろんじの尺八, 屋まかせに骨董品, 屋まかせであったが商売人, 屋まことは山崎譲, 屋まだその他にも, 屋までとどけるよう, 屋までに及ぶこと, 屋までには五六間ありました, 屋までも並んで, 屋までを馳けずり廻っ, 屋まりて右玉室, 屋まるで荷物列車の, 屋みな一斉にストライキ, 屋みな焼け野原と化し, 屋みんな来て, 屋みんな木影を帯び, 屋むかでやの扱い印, 屋むさし屋, 屋めおれのだいじな, 屋めがけて投げつけました, 屋めきたり, 屋めざして狸小路, 屋もどきの声色, 屋やの宿屋や, 屋惣て, 屋よりは今日中猶, 屋らしかつた, 屋らしかったからね, 屋らしきものあり, 屋らしくしろよなに, 屋らしくだなもう少し, 屋らしくなくなつてゐる, 屋らしくなってしまう, 屋らしく聞えるが専ら, 屋わが一人むすこ世取りのう, 屋をこそは出立せり最前の, 屋をといふ風に, 屋をば宮の, 屋を通じてまず行った, 屋んげさ逃し, 屋なんかとおっしゃり, 屋アアサア・ペツパアといふ男, 屋アフル女尊者は女郎屋, 屋アルコールなしの, 屋アルフォンゾ・ガルシオの証言, 屋ア行商ウおーい越後, 屋はいっ, 屋ウドン屋米屋病人の看護, 屋オットー・ブルンスウィックの子供, 屋オデン屋本屋オモチャ屋など七ツ八ツ, 屋カタギの商店, 屋カバン屋などがあった, 屋カフェーを漁り, 屋カフェーバー喫茶店其の他, 屋カフェー等は彼等, 屋カラーネクタイ屋西洋雑貨屋バーチャブ屋など限り, 屋ガス・アルヴァレッツ会社へ電話, 屋ガ三日戸ヲシメタガ, 屋ガ云ウニハソレハアナタガ御無理ダ, 屋キオスクなどだけ, 屋コック旅館の番頭, 屋コーヒー屋東京にあっ, 屋コーモリ傘の直し屋, 屋ゴブレの店, 屋ゴロってなあに, 屋サギ師イカサマ師のブンザイ, 屋サンが一足先, 屋シラミつぶしにきい, 屋ジャングール尊者は悪縁, 屋ジュウル・ルナアルさへ彼, 屋ジュスト尊者は料理屋, 屋ジョアンの一家, 屋ズラリならびつめて, 屋ズレが全然, 屋という声, 屋ていふ家, 屋毎日コヽデ着物ヲヌツテヰマシタノニ, 屋ト田ヲ獲, 屋ニテカナリノ家作ガアルカラ買ッテヤッタ剣術仲間ヘ頼, 屋ニ帰レバ陽アタリテ暑シ, 屋自異ル, 屋ハムソーセージのうまい, 屋ハヤシライスとホワイトシチュウ, 屋ハ兵火ニ罹リ, 屋ハ鼻ガアイタ故気, 屋バアナアド・ショウもブリュウ, 屋バアナアド・シヨウが, 屋バサミで枝豆, 屋バーチャブ屋など限り, 屋ビヤホールそれらのところ, 屋フーセン屋オデン屋本屋オモチャ屋など七ツ八ツ, 屋ブラザア軒という洋食屋, 屋ブルブル震えて, 屋ベルニエの工場, 屋ペンキ屋等書で飯, 屋ボーイ等の男淫売式, 屋ポウラン夫人が自分, 屋マデ空袋ノ底ヲサグルガ如ク, 屋ミルクホール白粉地獄といっ, 屋メガ直グニ口, 屋ヨリ来テイタ大小ヤラ道具ヤライロイロコンタンヲシテ取返シテヤッタガ, 屋ルナアルをし, 屋ロクでもない, 屋ヴァルダン氏というの, 屋と呼捨て, 屋同ニ, 屋一ぱい五円の冷凍烏賊, 屋一亭といふの, 屋一人では, 屋一代の慣習, 屋一代主義の慣習, 屋一代目存生中の咄, 屋一宇を造り, 屋一家四人の死体, 屋一方という顔つき, 屋一杯屋銘酒屋寄席亭冷酒屋舞踏亭曖昧屋一口屋隊商亭よ僕, 屋一汗拭け, 屋一流の囚われた, 屋一町内の半分, 屋一蝶という仕掛け怪談話, 屋一行の駕籠, 屋丁度その前, 屋七八軒ありしが, 屋七兵衛四十二歳の分別盛り, 屋七兵衞和久井五兵衞千塚六郎兵衞大圓寺自性寺其外寺院にて七ヶ寺都合廿七人金高二千八百兩出來せり偖千塚六郎兵衞, 屋七左衞門叶屋八右衞門美作屋權七といふ三人, 屋七蔵桶屋の徳助, 屋七郎兵衛の一家, 屋七郎右衛門の家, 屋七郎右衞門方の抱え遊女音羽, 屋万代だなぞと, 屋万六とて女郎屋, 屋万兵衛土蔵の修復, 屋万兵衛瓶の封印, 屋万年と云つて鑑定証, 屋万治方であった, 屋万翠楼の姉娘, 屋丈六という金持ち, 屋三ツとも違う, 屋三九郎ト云ウ者ガ公儀ノキジカタ小遣モノノ御, 屋三五兵衛の寮, 屋三位が持ち, 屋三位卿がおそろしく, 屋三右衛門父子今月廿日朝来り候, 屋三右衛門相好を崩し, 屋三右衞門事福島彌右衞門町方住居の手習師匠矢島主計辰巳屋石右衞門番頭三次事木下新, 屋三右衞門播磨屋五兵衞等を初, 屋三味線屋古道具屋提灯屋パン屋下駄屋牛肉屋といふやう, 屋三四郎晩酌を一本, 屋三家の掃除, 屋三文玩具や糖菓, 屋三村清吉の姉すみ, 屋三橋楼の主人, 屋三浦屋の前, 屋三浦屋清兵衛の二階, 屋三越が近く, 屋三軒中華そば屋二軒とある, 屋三輪鶴に預け, 屋三郎たちの前, 屋三郎トチリ心がけがよく, 屋三郎兵衛夫婦が娘, 屋三郎兵衛独り娘お由利, 屋三郎兵衞夫婦が娘, 屋三郎兵衞獨り娘, 屋三郎殿と書い, 屋三郎青年は眼, 屋上がりのシヤンチリイ, 屋上方流れの安, 屋下屋を架する, 屋下男女中給仕等の職業, 屋下谷組の組頭, 屋下駄の歯入れ, 屋下駄屋太物商などなかには, 屋下駄屋小間物屋の間, 屋下駄屋牛肉屋といふやう, 屋与三郎の家, 屋与五郎時代と世話, 屋与兵衛宅へ落著, 屋与吉はその, 屋老人浦安二女, 屋両替をぶちこわし, 屋両替屋首飾屋指輪屋更紗屋手相見人相見, 屋並列の町, 屋中塗りめぐる, 屋中央が洋傘, 屋中田屋杉之助, 屋中真黒に下った, 屋中華そばすし屋などが並ん, 屋中華そば屋となる, 屋中静かであった, 屋と申, 屋丸屋吉兵衛のところ, 屋丹三郎の隱宅, 屋丹三郎若旦那崩れで身體, 屋丹吉の幽霊, 屋丹次郎が許嫁, 屋主人命は無事, 屋主人和島佐五郎と文無し画家岡本弘, 屋主人夫婦の勧め通り, 屋主人文學士の淺井能文, 屋主人旧宅荷づくりの帰途, 屋主従をはじめ, 屋乃至木賃宿と, 屋久兵衛遺愛の重宝, 屋久右衛門でござい, 屋久右衛門様でご, 屋九代の五郎作, 屋九兵衛これには驚いた, 屋九兵衛何んだか, 屋九兵衛夫婦も共に, 屋九兵衛失礼ながら気に入りました, 屋九兵衛宿屋稼業は致し, 屋九兵衛方に当分宿泊, 屋九兵衛気に為ず, 屋九兵衛生真面目な顔, 屋九右衛門尉河尻肥前守なども席, 屋九右衛門猪子兵助福富平左衛門毛利新助, 屋九右衛門長谷川竹の両人, 屋九郎兵衛の店先, 屋九郎右衛門と石坂屋由兵衛, 屋九郎右衛門麻布の米屋千倉屋長十郎, 屋乞候故亡, 屋乾物商などすべて朝鮮人相手, 屋乾物屋などが直ぐ, 屋乾物屋炭屋米屋家主その他いずれも厳しい, 屋と呼ばれ, 屋亀安の番頭, 屋亀次郎でこれ, 屋は材木町, 屋事件中山忠光の大和義挙, 屋事件以後は藩士尊攘派, 屋事件前後には六十余町歩, 屋事件大和生野義挙蛤御門の変, 屋事務所かも知れず, 屋事変前後彼らはすべて脱藩, 屋た間, 屋二五中可もなし, 屋二人来て, 屋二代の嫡孫色男, 屋二代目のすぐ, 屋二代目伊之助方の井戸, 屋二円五十銭は分った, 屋二千五百間を立てた, 屋二名が収賄贈賄, 屋云々も一応, 屋五兵衛ことじつは同志, 屋五兵衛さんの妹さん, 屋五兵衛平野屋五兵衛等の大, 屋五兵衛様がお, 屋五兵衞と云う, 屋五兵衞どのに済まない, 屋五兵衞方の番頭久兵衞, 屋五兵衞殿の御, 屋五助顔師にたのまれ, 屋五左衛門様へ, 屋五左衞門樣へ, 屋五郎兵衞二本傳次の二人, 屋五郎兵衞清常藏西山遺事一部, 屋五郎右衞門といふ穀物問屋, 屋井筒屋の番頭, 屋井筒屋若葉屋千歳屋など軒, 屋亡んで庶民, 屋がふたり, 屋人夫必ずしも風景, 屋人足を指揮, 屋仁平というの, 屋今年四十歳を出過ぎ, 屋今日に成り, 屋今晩は世話, 屋仏壇屋などから持ちこまれる, 屋仕立て屋そのほか, 屋仕立屋床屋食料品店宿屋が多い, 屋の一つ, 屋の恐ろしく, 屋付きの手炉, 屋付近に家, 屋以上所謂其の高等, 屋以下呼出され瀬川, 屋以外はあまり, 屋以後にあり, 屋仲間一同御番所, 屋伊三郎お絹, 屋伊之助同役桝田屋小左衛門同じく梅屋五助, 屋伊之助梅屋五助桝田屋小左衛門蓬莱屋新助, 屋伊八の娘, 屋伊勢八幡の恵み, 屋伊勢屋の大, 屋伊勢屋上州屋武蔵屋若菜屋というよう, 屋伊勢屋伝右衛門の娘, 屋伊勢屋幸右衞門の家, 屋伊勢屋玉吉という四十男, 屋伊太郎が何者, 屋伊平っていうもん, 屋伊平本当の話, 屋伏見屋はこの, 屋なるもの, 屋会社の購買, 屋伜柳吉と走り書き, 屋伝兵衛一行が天狗, 屋位其小さい手一つ, 屋佐五衛門の一人娘, 屋佐五郎老人が帰り道, 屋佐兵衞方へ立, 屋佐原屋の四人組, 屋佐吉ことじつは煩悩小僧, 屋佐吉三国ヶ嶽へのぼろう, 屋佐吉主従をこの, 屋佐吉承知の由公, 屋佐吉木の軒, 屋佐吉樹の下, 屋佐吉隠れ名煩悩小僧はその, 屋佐治兵衛へ宿, 屋佐渡屋和平の店, 屋何兵衛だ, 屋何処の三流都市, 屋作り皆な玄關搆, 屋の五十嵐, 屋信兵衞實は私, 屋信助かたに寄宿, 屋信濃屋の置屋, 屋借り切ってチビチビ, 屋に池, 屋傳右衞門からうけ, 屋傳右衞門方へ下宿松本理左衞門始め掛役人, 屋働きを思い立った, 屋の八人, 屋儀兵衛は男, 屋儀右衞門の地面芝高輪八山, 屋儀左衞門方より請取候, 屋儀左衞門樣と云書状二三通外, 屋先生茨右近にきまっ, 屋光月の傍, 屋に一頭地, 屋全部の部屋, 屋八千代は菅画伯, 屋八千代川勝歌蝶富菊などは三都歌妓, 屋八百屋店を閉ぢ人皆, 屋八百屋旅人宿うどん屋の婆アさん, 屋八百屋果物屋漬物屋乾物屋などが直ぐ, 屋八百屋菓子屋小間物店等の店, 屋八百屋蒲鉾屋などが目, 屋八百屋薪屋なぞいずれ, 屋八百屋鰻屋古道具屋皆変りはない, 屋八百春へ奉公, 屋八郎兵衛四角く畏った, 屋八郎兵衛これは日頃藤吉, 屋六三郎が分派, 屋六兵衛老人と並ん, 屋六四郎の細君, 屋六左衛門派の師匠, 屋共に立出對面に, 屋兵助鴻池善右衞門角屋與兵衞天王寺屋儀兵衞襖屋三右衞門播磨屋五兵衞等を初, 屋兵右衛門の家, 屋其処でジンギスカン以後, 屋其座はただ, 屋兼カフヱに自分, 屋兼回漕問屋の店, 屋兼土間にすこし, 屋兼小間物店があった, 屋兼居酒屋にも集まっ, 屋兼帶なり因, 屋兼幻灯屋をやっ, 屋兼待合である, 屋兼旅人宿は花見時, 屋兼業其他の三四, 屋兼藝妓屋でもあ, 屋兼酒屋に分譲, 屋内の人殺, 屋内儀は主人, 屋内閣は結城財政, 屋冥利が尽きるだらう, 屋冷やかしてたンだ, 屋凧八で十文, 屋でよ, 屋出入の者, 屋出合茶屋は上っ, 屋出張所を設け, 屋出来の事, 屋別れ茶屋などといった看板, 屋別荘の場, 屋別館へとまる, 屋利八方へ泊り込, 屋利兵衛めし五十四杯を掻っ込み, 屋利兵衞の, 屋加平ひとりに限られ, 屋二郎子分は, 屋助七の忰, 屋助七長次の弟子兼松, 屋助左衛門という商人, 屋動くことならん, 屋勘五郎が風邪, 屋勘六でございます, 屋勘十郎といふの, 屋勘太郎三十二三歳身綺麗にいでたち, 屋勘次頭からもろに, 屋勝丸もある, 屋勝久代となった, 屋勝久利となった, 屋勝久女となり, 屋勝久満となった, 屋勝久纓となった, 屋勝久羅となった, 屋勝久美となった, 屋勝四郎来る, 屋勝梅という名取り, 屋勝次郎の忰, 屋勝藏の養父, 屋化して八百屋, 屋化粧品屋額縁店等々の店頭, 屋の屋, 屋北山の部屋, 屋北田屋道八の誘惑, 屋医師の大きな, 屋医院郵便局小さな銀行出張所, 屋十一代の壽, 屋十一屋に旅, 屋十七屋より先, 屋十二代の五郎兵衞清常, 屋十二代清常であつ, 屋十五郎の家, 屋十右衛門浅草に店, 屋十右衞門へ差紙, 屋十左衛門方へ一両二分, 屋十藏事澤邊十藏酒屋長右衞門事松倉長右衞門町醫師高岡玄純酒屋, 屋十餘代の繼承次第, 屋千代こと河田しまとし, 屋千住まで, 屋千倉屋長十郎の六人, 屋千歳屋など軒, 屋千種屋と出入り, 屋千軒具足師すべてがみな家蔵, 屋午後は七十, 屋半三郎と書いた, 屋半分を包ん, 屋半四郎後大坂屋忠兵衛, 屋半田屋九兵衛の奥二階, 屋南北の脚本集, 屋卜共ニ敷地百坪乃至二百坪トヲ併セテ, 屋卯之吉の庭, 屋印刷屋紙屋の順, 屋印刷所教員百姓植木屋掃除夫等々その上, 屋即ちこの粗末, 屋又は御籠り, 屋又兵衛といへるは, 屋又右衛門の家, 屋又次郎さんに助けられ, 屋受けるがまだ, 屋口説き落し術なんてえ, 屋売薬屋の, 屋古着売りなどの, 屋古道具屋提灯屋パン屋下駄屋牛肉屋といふやう, 屋古道具屋皆変りはない, 屋古道具屋紹介屋なぞを織込ん, 屋右門になっ, 屋合羽屋と間違いッこ, 屋吉五郎と云者, 屋吉兵衛さんの所, 屋吉兵衛自身で佐野家, 屋吉兵衞伊勢屋五兵衞久八の伯父六右衞門一同等, 屋吉兵衞俄かに願, 屋吉兵衞品川宿の河内屋與兵衞本石町二丁目, 屋吉兵衞方へ知らす, 屋吉右衞門方へ尋ね到り, 屋吉田吉兵衛なの, 屋吉郎兵衛さまお帰り下さいまし, 屋同志の競争, 屋同様の落魄裡, 屋同道私の写真, 屋名代の御用帳, 屋名前人五郎作が五郎右衞門, 屋顱巻の, 屋君これに署名, 屋吹屋射的場の前, 屋吾一が江戸橋, 屋呉服店札をたて, 屋周旋屋飲食店旅館等が目, 屋命則以神祝祝之神祝, 屋和平俗に佐渡平, 屋咽喉が乾いた, 屋唐物屋の店, 屋右衛門家に, 屋賣を, 屋商売物のペンキ, 屋問屋で口, 屋善六が八十八賀, 屋善兵衛店で偶然ライフル, 屋善十郎から鉄砲, 屋善右衛門同庄兵衛, 屋善右衞門さんという立派, 屋善右衞門手代鹽原多助と彫り附け, 屋善右衞門様親切に世話, 屋喜七は手前共, 屋喜三次と云, 屋喜八事御用の筋有, 屋喜八家主平兵衞田子の伊兵衞中間七助等, 屋喜八裁許違ひ科, 屋喜兵衛ここでは偽, 屋喜兵衞は恐れ, 屋喜助と宣っ, 屋喜助等の五人, 屋喜多川が常に, 屋喜太郎のところ, 屋喜左衛門祖父物語一名朝日物語に云う, 屋喜平次の家, 屋喜藤次の門, 屋喫茶店床屋お湯屋, 屋喫茶店愉快に飲み, 屋営業者にし, 屋嘉兵衛などである, 屋嘉平となっ, 屋四方屋の嫁, 屋四方屋徳右衞門樣の若旦那徳太郎さん, 屋四方屋次郎右衞門のところ, 屋四軒おでん屋三軒中華そば屋二軒とある, 屋困ったわ米屋, 屋囲いの軒並, 屋国分商店に勤め, 屋国枝へ行き, 屋園池之結構, 屋土木請負師興行師に芸人, 屋土蔵相模に於ける, 屋地味に堅實, 屋地団太だの鼠川嘉治郎, 屋坪太郎だ, 屋の中, 屋城代の林佐渡守, 屋場末の勧工場, 屋増屋弥五右衛門方へ後妻, 屋増田の系譜, 屋増田屋とききだし, 屋壁ともに赤く, 屋壁疎らにし, 屋売るのか, 屋夕陽不見, 屋之助, 屋多き夜寒かな, 屋多くあれば, 屋多しなぞと説明, 屋は茶屋, 屋大いに怖れ, 屋大一ですっぽん, 屋大中本店に於い, 屋大事に働いた, 屋大井田大島籠守沢額田世良田羽川一の井, 屋大井田烏山羽川一の井, 屋大和屋若松屋, 屋大坂屋のこと, 屋大声に喚いた, 屋大売出しの広告紙, 屋大工その他の職人, 屋大工畳屋瓦職左官下駄屋青物屋花屋人力車夫馬車屋下男女中給仕等の職業, 屋大工經師屋などはひつ, 屋大急ぎでたのみます, 屋大福駄菓子店おでん店ずらりと並ん, 屋大聖寺の諸, 屋大臣不良少年等皆似合いの帽子, 屋大辻司郎君は, 屋大釜の中, 屋大阪屋のうち, 屋大阪風に赤い, 屋天ぷら屋などもなけれ, 屋天ぷら屋軍鶏料理屋蒲焼お汁粉, 屋太兵衛へ落著, 屋太右衛門である, 屋太物商などなかには, 屋太田屋嘉兵衛などである, 屋太蔵の妻, 屋太蔵方へ嫁, 屋れより, 屋夫婦づれで編笠, 屋夫婦別に取立て, 屋女将の神, 屋女髪結製本屋質屋といったよう, 屋の濡浴衣慥か模様, 屋好い問屋は, 屋始まつて以來の, 屋始まりてより, 屋始祖西村氏は參河, 屋を名, 屋とは誰, 屋姿の源三郎, 屋子供の食べた, 屋子爵岡部法相を送, 屋孫兵衛と申もの, 屋孫兵衞さんのお, 屋孫兵衞方へ踏込娘, 屋宇みな朱塗にし, 屋宇之助さんの娘, 屋宇右衞門さんの一人娘, 屋宇平店賃をありてい, 屋守田座の変り目変り目, 屋酒場めし屋古道具屋紹介屋なぞを, 屋安兵衛てんだが, 屋安兵衞その他親類の人達, 屋安右衛門抱とあります, 屋安右衞門は五十男, 屋安四郎の家, 屋安物雑貨バナナと蜜柑, 屋宗二油屋紹佐銭屋宗納などというこの, 屋宗兵衛の老母, 屋宗教団体学生倶楽部を中心, 屋宗玉大姉はその, 屋助が, 屋定七君の本店, 屋に出した, 屋にも, 屋室父母兄弟異處, 屋家主その他いずれも厳しい, 屋家代々の墓, 屋家具屋などにも矢張りローマ時代, 屋家内を檢査清三郎, 屋家城八十郎という者, 屋家業までさして, 屋宿屋のある, 屋宿引の人格, 屋宿引き烏貝売り憲兵, 屋寄席亭冷酒屋舞踏亭曖昧屋一口屋隊商亭よ僕, 屋富士屋があり, 屋富豪が襲われた, 屋まで參, 屋寿と祝っ, 屋寿司屋たい焼屋色々な匂い, 屋寿司屋小料理屋などからかなり, 屋寿子でその後, 屋寿徳の次男, 屋専業とはなり, 屋小さい炭屋そこだけが, 屋小三次十寸見和十乾坤坊良斎岩窪北渓尾の丸小兼, 屋小伊勢のせがれ巳之助, 屋小僧はこれから, 屋小兵衞事故渠へ申, 屋小兵衞方にて貰, 屋小団次の古着屋, 屋小左衛門蓬莱屋新助, 屋小料理屋中華そばすし屋などが並ん, 屋小松に飲む, 屋小林文平の立場, 屋小野屋近江屋なども随分, 屋小間物は何屋, 屋小間物屋糸屋あるへ, 屋小間物屋絵草紙屋煎豆屋, 屋小間物店の夜, 屋小間物店等の店, 屋尤も大なれども, 屋を切る, 屋尻尾まで餡, 屋尾花という人, 屋の俗, 屋居酒屋などに寄る, 屋屋外に足場, 屋山人魏万と遇い, 屋山代屋など五, 屋山口七郎右衞門の仮, 屋山本権四郎の所, 屋山陽道筋の茶筅, 屋岩吉の娘, 屋峻宇を起し, 屋崖等々あらゆる取材, 屋ぞと思ふ, 屋左側に材木屋, 屋左官屋の業, 屋左官建具屋などにも払う, 屋差配松永町西のはずれ, 屋巴屋の伜, 屋巻ゲートルで血相, 屋市兵衛出版にかかる, 屋市右衞門方へ參, 屋布哇行を口, 屋常盤館で偶然, 屋干物店前で池田さん, 屋平作の手, 屋平清の前, 屋并商人共助成薄く難儀致候, 屋幸兵衛方の棟上げ, 屋幸兵衛筆幸というその, 屋幸助の離屋, 屋幸右衛門などは正に, 屋幸右衛門名古屋山三の下部, 屋庄三郎は長, 屋庄三郎一家の騷動, 屋庄三郎並に妻, 屋庄三郎妻常始め, 屋庄三郎并に妻, 屋庄三郎方にて貰, 屋庄兵衛の楼上, 屋の下, 屋床屋八百屋時計屋などがある, 屋床屋食料品店宿屋が多い, 屋店頭浅草本願寺品川御殿山及び小石川, 屋座談に巧み, 屋康秀小野小町こういう順序, 屋かな, 屋を移易, 屋建ててあり, 屋建物の減失, 屋廻し漉返しの原料等, 屋廻りて元, 屋弁当屋腰かけ茶屋などが町, 屋引張とあるは, 屋弥三郎です, 屋弥五右衛門方へ後妻, 屋弥兵衛方に一泊, 屋弥平次と菩提寺, 屋弥平次無宿のならず者熊吉, 屋張りの声, 屋張一帯に拡がっ, 屋張越前芸州等勤王諸藩, 屋彌次六一號鵞湖山人なり孰, 屋彌次六方へ着し, 屋当り屋へ行っ, 屋形式を排し, 屋彦三郎廿歳ぐらゐの若者旅すがた, 屋彦兵衞なりと申, 屋彦兵衞那れは, 屋彦兵衞金子無心を致し, 屋彦次郎をお家流, 屋待ちや, 屋待合船宿皆貞之進, 屋待合茶屋の並んだ, 屋待合風の家, 屋後なほ数歩の菜圃, 屋後切が巧み, 屋後藤の女, 屋も誘われ, 屋御前そうして荷, 屋御前さうして, 屋御床網である, 屋還, 屋徳三郎というの, 屋徳之助樣でございます, 屋徳右衞門腰が低く, 屋徳蔵は老い去っ, 屋必ずしもうまいという, 屋志賀島残島玄海島日本海海戦の沖の島, 屋忠兵衛といへるくるわの, 屋忠兵衛僕吉蔵をした, 屋忠兵衛方には年給百両, 屋忠兵衛稲本に通った, 屋忠左衛門のせがれ, 屋忠蔵方で鼈甲, 屋急いでくれ, 屋急ぎだぞ, 屋怪談の腹案, 屋恵比寿に変った, 屋恵美須屋さんの御, 屋悉く破る即ち, 屋悠長に尺八, 屋悧巧者ひとりよがり, 屋惣七はじぶんでも意識, 屋惣七様からお金, 屋惣兵衛方斬込み事件が行, 屋惣兵衞と云う, 屋惣右衛門はこれら, 屋惣右衛門父子の衣鉢, 屋惣菜屋八百屋や酒屋, 屋ひは, 屋或は飴菓子団子氷水を, 屋戸川差配人の三人立会, 屋を折っ, 屋手代重三郎及び阿呆, 屋手相見人相見, 屋手間賃五十人分二百円は例外, 屋手順はどう, 屋才助は行燈, 屋扱いだす, 屋拙者立花久三郎は立花久三郎, 屋指して飛び込ん, 屋指物屋なぞの出入り, 屋指物屋仕立屋等の多く, 屋指輪屋更紗屋手相見人相見, 屋按摩まで上納, 屋挑灯屋なぞ昔ながら, 屋振り返りて, 屋振返りてよう, 屋捜せんと欲, 屋掃除夫等々その上, 屋掛けて飴, 屋探し致して心中者, 屋探偵は探偵, 屋揃いで狸, 屋提灯屋パン屋下駄屋牛肉屋といふやう, 屋損料屋場末の勧工場, 屋支那街の焼豚屋, 屋攻めに油, 屋放火屋とでもご, 屋政策本位の会, 屋着物を, 屋效力は忽ち, 屋教養とても低い, 屋散歩がてら, 屋散髪屋鍛冶屋薬屋肴屋などが曲りくねっ, 屋散髪店などのスケッチ, 屋は当然, 屋数十軒を持っ, 屋文五郎の控家, 屋文六の思案, 屋文具店などが二, 屋文左衛門は江戸, 屋文左衞門といふ人, 屋文庫の御, 屋文房具屋などが軒, 屋文房具屋魚屋飲屋の赤提灯, 屋文書中の, 屋文次御用の御の字, 屋文次掏摸を追って, 屋文次此奴ですな, 屋料理屋なども有る, 屋料理屋待合風の家, 屋料理屋石炭ブローカーゴロツキバクチ打ち高利貸, 屋料理屋等にすべて數百圓, 屋新三郎さんは師匠, 屋新兵衞方にて買わん, 屋新吉と似, 屋新左衛門などいちいち, 屋新次と申されました, 屋新次師匠と一, 屋新次師匠左側にたて唄, 屋新田の沼地, 屋新聞屋といふ, 屋新聞屋そばや洋食屋, 屋新聞配達苦學生のアルバイト, 屋新道帰路について往来, 屋新道隠密まわり税所邦之助の役宅, 屋方村上縫子発信人は尊名, 屋旅店に投じた, 屋旅籠と折, 屋旅籠屋兼帶なり因, 屋旅館ホテルなどが一体, 屋旅館等の座敷, 屋日当りのいい, 屋日本料理屋西洋料理屋鮨屋鰻屋菓子屋果物屋と方々, 屋早く身退りし, 屋明月へ, 屋之助, 屋春琴の名, 屋春琴門人明治四十年十月十四日歿行年八拾三歳とある, 屋昨夜の不思議, 屋昼間は薄暗い, 屋時分どきで不動様, 屋時分時で不動樣, 屋時計屋などのある, 屋普請や農繁時, 屋景気が悪う, 屋暮れてから, 屋曰ク新丸屋, 屋曰ク勝松葉曰ク湊屋曰ク林屋曰ク新常磐屋, 屋曰ク吉野屋曰ク伊住屋曰ク武蔵屋曰ク新丸屋, 屋曰ク武蔵屋曰ク新丸屋, 屋更に夏なれ, 屋更紗屋手相見人相見, 屋書生であつ, 屋曹洞宗泉蔵寺大門先なる関谷安次宅地内, 屋最後の名前人五郎作, 屋の家, 屋月賦の丸二, 屋ば夜中, 屋の名, 屋木屋は材木屋, 屋木屋町に席貸し, 屋木工右衛門と名, 屋木賃三十銭中印をつけ, 屋末摘花三篇および洒落本意地, 屋本屋オモチャ屋など七ツ八ツ, 屋本陣の新宅, 屋として二階家, 屋朱門に召され, 屋村勝という爺さん, 屋杢左衞門さんを, 屋杢左衞門折入って, 屋たって, 屋来た一台で, 屋来てこほろぎに家明け渡す, 屋来るという, 屋の屋, 屋東京にあっ, 屋東作描き菊石, 屋東作四十年輩の氣, 屋東作殺しの下手人, 屋東兵衛さまとやら, 屋の寿司, 屋松右衛門と云う, 屋松右衞門とて小間物, 屋林藏は御用濟, 屋果物屋八百屋菓子屋小間物店等の店, 屋果物屋菓子屋などは朝日夕日, 屋柳屋の奧, 屋柿蜜柑屋大福駄菓子店おでん店ずらりと並ん, 屋株屋と言っ, 屋桐屋以下呼出され瀬川, 屋桝屋儀兵衛の許, 屋桝田屋なぞの前後, 屋桝田屋蓬莱屋梅屋とこの, 屋に藷, 屋梅屋とこの, 屋梅屋いずれももう, 屋梅屋その他の分家, 屋棍瓦にその, 屋森養真猟師井戸勘一郎与一兵衛上原全八郎, 屋植木屋吹屋射的場の前, 屋椿とぞ呼べる, 屋楊弓場軒を並べ, 屋楊弓店悉く取, 屋榮三郎だな, 屋から下さる, 屋之介, 屋権三郎を引掛, 屋権九郎版で出した, 屋権十郎の古い, 屋権次の家, 屋権殿遙拝所の十八建築, 屋や玉川, 屋樽屋大工建具屋鍛冶屋その他ありとあらゆる職業, 屋橋内南奉行所に急ぎました, 屋橋内南町奉行所に飛ぶ, 屋橋内町奉行の役宅, 屋橋詰で待っ, 屋權右衞門夫婦を殺した, 屋權次の家, 屋が心斎橋, 屋次にレストランおでん屋中華そば屋と, 屋次右衛門は何者, 屋次第衣服の流行, 屋歌吉という子, 屋助という, 屋正次郎夫妻の節, 屋此邊にての善身代, 屋武士十人ほどがすぐ, 屋武士千余騎が追っかけ, 屋武蔵屋は寝静まっ, 屋武蔵屋若菜屋というよう, 屋殘らず呼出されて, 屋段右衞門事前名畔倉重四郎と呼, 屋に, 屋比丘ゲイシャの線, 屋毛革屋帽子襟巻手袋屋金花糖屋更に夏, 屋氏宛のもの, 屋気の毒だが, 屋気質は随分, 屋氣取りをし, 屋水田屋藤八成ば, 屋水神騒ぎの一件, 屋水菓子屋などの店, 屋水車場小川流るる巷, 屋氷屋は大, 屋氷屋洋食屋といった店, 屋氷屋甘酒やなど路, 屋氷屋金魚屋西瓜屋の前, 屋永左衛門それを除ける, 屋永左衛門供の小僧, 屋永左衛門僅かにかわし, 屋汁粉屋燒鳥屋などが出, 屋汁粉屋飯屋などが居, 屋汚水を流す, 屋江島屋郷右衛門の娘菊, 屋江戸五郎胡蝶物狂いの図, 屋江戸長者番附の前頭, 屋池田屋萬兵衞の家, 屋池田氏よりもなお, 屋没落の一代記, 屋河内屋などの船宿, 屋油屋など荷, 屋油屋八百屋鰯屋乾物屋炭屋米屋家主その他いずれも厳しい, 屋油屋葛籠屋蕎麦屋酒屋の並ん, 屋治兵衛それに番頭, 屋治兵衛住職と談合, 屋治兵衛娘雛当年十八歳右尋ね当て, 屋治兵衞住職と談合, 屋治助と申者是, 屋泣かぬばかりに, 屋洋品屋飲食店など殆, 屋洋品店古着屋雑貨店林檎の店, 屋洋品店文房具も売つ, 屋洋家具屋支那街の焼豚屋, 屋洋服屋その他の職業, 屋洋物店呉服屋の店, 屋洋菓子屋というよう, 屋洋食屋といった店, 屋洋食屋洋菓子屋というよう, 屋津賀閑山はさっさと, 屋を仔細, 屋にも堕せず, 屋流人物観とも異, 屋浄三を立てよう, 屋浅草の伊勢屋, 屋の伝次, 屋浪花屋の前, 屋浴平は人, 屋淀屋などという黄金, 屋淫売屋料理屋石炭ブローカーゴロツキバクチ打ち高利貸, 屋深井某の家, 屋深江の菅笠, 屋清一こんどはあんた, 屋清一郎召喚の手続, 屋清兵衛さんに引かされる, 屋清吉の白壁, 屋清左衛門大阪玉造のお, 屋清洲京大坂あたりまで手びろく, 屋清蔵ニ取, 屋済まんのう, 屋渡世伊勢屋に忍び入り, 屋渡世松本屋忠左衛門のせがれ, 屋渡世林藏を呼出せし, 屋渡世瓦屋伊助の女房, 屋渡殿へかけ, 屋湯屋材木屋などいふたち, 屋湯屋理髪店などのよう, 屋源之助がひつ, 屋源兵衞樣方へ參, 屋源助という金持ち, 屋源左衛門の妾, 屋源左衞門の妾, 屋溜り牛曳き, 屋滅亡の基, 屋滅茶滅茶先生という筆名, 屋滝三郎というん, 屋漁りをし, 屋漏ること滝の, 屋漬物屋三味線屋古道具屋提灯屋パン屋下駄屋牛肉屋といふやう, 屋漬物屋乾物屋などが直ぐ, 屋漬物店にもと, 屋瀧三郎といふん, 屋瀬川菊之丞を名乗っ, 屋瀬戸物屋烟草屋が軒, 屋炭屋も耳, 屋炭屋米屋家主その他いずれも厳しい, 屋炭屋紙屋の家, 屋炭屋薪屋なども通い, 屋烏山大井田籠守沢羽川一の井, 屋烟草屋が軒, 屋たる割, 屋芋屋小間物屋ぐらいが, 屋焼け残りの, 屋煙草屋両替屋首飾屋指輪屋更紗屋手相見人相見, 屋煙草屋建具屋そういう店, 屋照れたやうな, 屋煩悩小僧の評判, 屋熊吉の家, 屋はなく, 屋父娘に対する怨み, 屋の麗, 屋やお, 屋片手間では芝草, 屋版橋口五葉氏の説, 屋牛めし屋さんの一軒, 屋牛乳店雑貨商みたいなもの, 屋牛肉屋といふやう, 屋牛肉店前の道路, 屋犠牲者の恩典処分, 屋狂奮の中, 屋狐主人の筆端, 屋りを, 屋猪飼は敬所, 屋り離れて, 屋獨得の川魚料理, 屋玉吉様二升お貸し, 屋玉突き化粧品店煙草の小売店, 屋玉突き理髪銭湯占師貸本屋といったよう, 屋玖国とて異国, 屋玩具屋そば屋の長寿庵, 屋琴号春琴明治十九年十月十四日歿行年五拾八歳とあっ, 屋琴大阪道修町の薬種商, 屋瓦皆震う予黄山, 屋を并, 屋甘酒やなど路, 屋甘酒屋ところてん屋から占, 屋甚七というの, 屋甚兵衞を殺した, 屋甚助事石黒善太夫筆屋三右衞門事福島彌右衞門町方住居の手習師匠矢島主計辰巳屋石右衞門番頭三次事木下新, 屋甚助方へ到り, 屋甚太夫銀座の小南利兵衞, 屋甚平名と顱巻, 屋田島屋徳之助のうち, 屋田村の玄關, 屋田畑草木禽獣まで少し, 屋由兵衛神田の鉄物屋近江屋九郎右衛門, 屋男爵であろうか, 屋町六角に質店, 屋町吉原の大門通り, 屋町陸尺屋敷のとなり, 屋町鳥越町等の間, 屋畑中正作の三男, 屋畠氏方に籠, 屋の武士, 屋番頭の佐吉, 屋番頭忠八みたいな宮島新三郎, 屋もこのごろ, 屋り屋, 屋當時のやう, 屋の上, 屋疊張付諸造作庭廻り, 屋を問, 屋病人の看護, 屋白木大丸といったよう, 屋白髮の老人, 屋白魚を持, 屋百姓とのいきさつ, 屋的常識を刺激, 屋的為政者の命令, 屋的片言に過ぎない, 屋的田舎議員的では, 屋的登山法って, 屋的登山法動物愛の応用, 屋的経営をし, 屋然らざる, 屋皆変りはない, 屋皮坊皮太茶筅御坊鉢屋簓説教者博士など種々, 屋皮田など呼ぶ, 屋盖形のある, 屋目がけてさっさと, 屋目黒の柏屋, 屋直殿宿直所厩屋権殿遙拝所の十八建築, 屋ともに, 屋相場屋等が信者, 屋相手に碁, 屋相模屋総兵衛, 屋相模屋總兵衞が昨夜人, 屋真珠の白金真玉, 屋眺望尤も好し, 屋知ってなさる, 屋石右衞門番頭三次事木下新助伊丹屋十藏事澤邊十藏酒屋長右衞門事松倉長右衞門町醫師高岡玄, 屋石坂屋由兵衛神田の鉄物屋近江屋九郎右衛門, 屋石渡青木の三氏, 屋石炭ブローカーゴロツキバクチ打ち高利貸, 屋石炭揚場の間, 屋砂糖屋その外一, 屋祐三郎という江戸町一丁目, 屋祐三郎抱え紅梅を呼出せ, 屋祐三郎抱え紅梅勇之助代, 屋祐三郎抱え紅梅并に下河原園八郎, 屋祐左衞門夫婦に護られ, 屋祐左衞門夫婦多賀屋の主人勘兵衞, 屋祖先の許, 屋福浦のあたり, 屋秋元の二階, 屋秋風庵を訪ねた, 屋秦野屋雲霧なども人間, 屋程こそなけれ下宿屋渡世, 屋には多く一八, 屋稲吉にもそれ, 屋稲荷鮓屋簾屋油屋葛籠屋蕎麦屋酒屋の並ん, 屋稼ぎに行っ, 屋があったら這入りとうおます, 屋空地の草叢, 屋や煙突, 屋竹二郎は自分, 屋竹村茂右衛門方へ入, 屋竹籠屋箪笥屋等多くは集団, 屋笹山大作の申立て, 屋等多くは集団, 屋等書で飯, 屋箱崎の呉服屋, 屋とその, 屋簓説教者博士など種々, 屋簾屋など多し, 屋簾屋油屋葛籠屋蕎麦屋酒屋の並ん, 屋簾屋茣蓙屋氷屋甘酒やなど路, 屋米久みないまも旺, 屋米屋と囁いた, 屋米屋病人の看護, 屋米屋紙屋裁判所の判事, 屋米屋金物屋などの店, 屋米穀の問屋, 屋米穀商が肥料売込み, 屋精米所ガラス屋から日立造船, 屋糸屋あるへ, 屋紀文という瓦, 屋三十軒余であった, 屋紅梅焼屋の以前, 屋とか檀紙, 屋紙屋裁判所の判事, 屋紹介屋なぞを織込ん, 屋経師屋小行商人, 屋結廬十余間はみな間数, 屋絵草紙屋煎豆屋, 屋經營者側に取, 屋続きの万太夫座, 屋綱吉が後ろ, 屋綿屋續いて, 屋緞子の帯, 屋締切までに御返事, 屋は白く, 屋總七はあまり, 屋織江だの, 屋繪具屋等と生徒, 屋置屋などからゴッソリ差入れ, 屋美濃屋善吉と呼ぶ, 屋美術家連が癪, 屋美髪所どれも表通り, 屋片寄る高岸, 屋義平廿二三歳薪屋のせがれ, 屋義平鉢卷き片肌, 屋羽張神は, 屋は亦, 屋翁画詠柿本大人像師岡正胤主恵贈, 屋老人一人は老, 屋聞いたことありません, 屋職人甚蔵の女房, 屋職工と同じ, 屋を楯, 屋肝煎と言宿人足, 屋育ちだってあんまり, 屋胡麻の蠅屋, 屋を保護, 屋腰かけ茶屋などが町, 屋臙脂屋が其首, 屋臨御の風, 屋笑という, 屋自室で厳重, 屋自惚れおしゃべりに, 屋自慢の看板, 屋自転車屋それから製材所, 屋臺作りに活人形, 屋臺骨に綱, 屋興宣なぞも意外, 屋ありや, 屋から慶應年間, 屋舖エ呼寄爲見繕申度出來之上於内海致爲乘樣, 屋舗跡で現在蠣殻町, 屋舛屋へ帰っ, 屋舞踏亭曖昧屋一口屋隊商亭よ僕, 屋舟吉とねまず, 屋船久久遅命, 屋船命に天津奇護言, 屋艶次郎みたいなもの, 屋芋屋駄菓子屋挑灯屋なぞ昔ながら, 屋花吉と申されました, 屋花屋人力車夫馬車屋下男女中給仕等の職業, 屋芸妓の踏む, 屋芸妓屋が多かっ, 屋芸者共を早く, 屋芸者屋の裏側, 屋若狭屋の主人, 屋若菜屋というよう, 屋茂八方へ到着, 屋茂八附添郡代の白洲, 屋茂兵衛共同出版の袖珍十九丁もの, 屋茂木氏には糟糠, 屋茣蓙屋合羽屋と間違いッこ, 屋茣蓙屋氷屋甘酒やなど路, 屋茶山の書, 屋茶店など立ち並ぶ, 屋荒物屋化粧品屋要するに彼女達, 屋荒物屋煙草屋八百屋薪屋なぞいずれ, 屋荒物屋煙草屋損料屋場末の勧工場, 屋をおろし, 屋莊左衞門が死んだ, 屋菊之丞といふ女形, 屋菓子屋果物屋と方々, 屋菓子屋雑貨店さては荒物屋, 屋菓子屋雜貨店さては荒物屋, 屋菱屋与右衛門方へ先度, 屋萬兵衞土藏の修, 屋萬兵衞瓶の封印, 屋萬屋伊三郎の店, 屋萬金の前, 屋葉村屋伊丹屋に, 屋葉茶屋なぞがあった, 屋葺きの家, 屋蒲焼お汁粉, 屋蓑笠にて庭, 屋蓬莱屋梅屋とこの, 屋蓬莱屋梅屋いずれももう, 屋の苔むしたる, 屋蔭間茶屋葉茶屋の類, 屋蕎麥屋菓子屋に至る, 屋蕎麦屋菓子屋に至る, 屋で汗, 屋薬屋の尾沢, 屋薬屋南山堂神田書店夜の読書, 屋助一六船利徳丸, 屋藤七の話, 屋藤八密に來, 屋藤八親族の者, 屋藤助方へ預けられました, 屋藤右衛門へ落着, 屋藤屋の前, 屋藤次郎に再嫁, 屋虎松とも言, 屋處臺巣堂洞龕館莊室齋閣樓などがある, 屋虚言詐りは申しませぬ, 屋號三文字屋であつ, 屋號拜領高三百石, 屋號通りに, 屋蟹屋と云った, 屋の謀叛, 屋行きを禁じられてる, 屋行き団子屋行きを禁じられてる, 屋表具屋仏壇屋などから持ちこまれる, 屋袋物屋コーモリ傘の直し屋, 屋袋物屋稲荷鮓屋簾屋油屋葛籠屋蕎麦屋酒屋の並ん, 屋裁縫師理髪など生産手段, 屋裏手の斬合い, 屋製本屋照れたやう, 屋襟半の若, 屋西室の外, 屋西村金沢屋増田の系譜, 屋西洋文具店雑誌店の類, 屋西洋料理屋というふう, 屋西洋料理屋西洋文具店雑誌店の類, 屋西洋料理屋鮨屋鰻屋菓子屋果物屋と方々, 屋西洋菓子屋西洋料理屋西洋文具店雑誌店の類, 屋西洋雑貨屋バーチャブ屋など限り, 屋西瓜屋の前, 屋要するに彼女達の, 屋見おろしこのたび杉山平助氏, 屋見たいな高慢, 屋見ろおぬし, 屋見世うちへはいろう, 屋親爺役の林寛, 屋へ縮緬五巻, 屋誰袖に案内, 屋諸氏も娘, 屋譜代の婆, 屋譜代恩顧の者共, 屋豆八頓狂な黄色い, 屋豆腐屋のかみさん, 屋豆腐屋散髪屋鍛冶屋薬屋肴屋などが曲りくねっ, 屋豊七の二人, 屋豊島屋葉村屋伊丹屋に, 屋豊島町の足袋屋, 屋貞柳の狂歌, 屋財家財身上ありたけ, 屋買いなじみの太夫, 屋賛成しないかな, 屋質屋といったよう, 屋贔屓とみえ, 屋赤飯さ, 屋の蓮月とい, 屋趣味だか, 屋足袋屋などが目, 屋の背戸口, 屋踊りで知られた, 屋軍鶏料理屋蒲焼お汁粉, 屋軒下に近づい, 屋をし, 屋辰五郎百万にも余る, 屋農業会長統制組合幹部といつた, 屋迄も面目を, 屋近江屋九郎右衛門麻布の米屋千倉屋長十郎, 屋近江屋治兵衛は観音堂, 屋通しという別名, 屋通りへ折れ, 屋通人という通り, 屋速見平吉の離座敷, 屋造これなら裏, 屋造作がいとど, 屋造是なら裏, 屋造板葺の屋根, 屋逸平という男, 屋遂に夜が, 屋遊びをし, 屋にどんな, 屋道具屋の店, 屋道満に関係, 屋違いまッ, 屋遠藤屋彌次六と云, 屋配給がよそ, 屋売り瞽女, 屋酒代をくれ, 屋酒屋呉服屋それからあちこち, 屋酒屋小川屋米屋などに借金, 屋酒屋薪屋皆然らざる, 屋酒屋雑貨店その向う, 屋醤油屋薪屋までもうもうずっと, 屋醫者などの拂ひもそれぞれ, 屋里人越野守任のもと, 屋重兵衞蒼くな, 屋重兵衞何うして, 屋もの屋, 屋金兵衞事桶川宿鷲の宮, 屋金兵衞二た抱, 屋金兵衞其外野州浪人八田掃部三加尻茂助練馬藤兵衞などの菩提, 屋金兵衞方へ差紙, 屋金兵衞殿昔は武士, 屋金兵衞茫となつ, 屋金右衛門方から反古, 屋金右衞門方から反古, 屋金次郎といふもの, 屋金物屋などの店, 屋金米糖ぶっ切り飴, 屋金花糖屋更に夏, 屋金蔵揉手をし, 屋金魚屋西瓜屋の前, 屋釣り堀船いろ, 屋釣舟屋などみな商売, 屋鈴文にある, 屋鈴木に移つた當座, 屋鉢屋などと云っ, 屋銀子たちが顔, 屋銀次みたいな腕前, 屋銘酒屋寄席亭冷酒屋舞踏亭曖昧屋一口屋隊商亭よ僕, 屋銭湯居酒屋など人, 屋鋪うちにあきたる, 屋鋪ニハ入ル, 屋鋪ニ入事あた, 屋鋪ニ引取申べしと, 屋鋳物工場機械工場といろんな, 屋鍛冶屋などがならん, 屋鍛冶屋その他ありとあらゆる職業, 屋鍛冶屋薬屋肴屋などが曲りくねっ, 屋鍛冶屋酒屋其前に新築, 屋鍵屋と名ばかり, 屋長八夫婦御免なされと, 屋長兵衛栄三郎の女房, 屋長兵衞夫婦は後藤半四郎, 屋長兵衞并に長八, 屋長兵衞旅籠屋仲間にて人, 屋長兵衞紙屑屋長八の兩人白洲, 屋長十郎の六人, 屋長右衛門の表座敷, 屋長右衞門の表座敷, 屋長崎屋中田屋の主人, 屋長崎屋商いの道, 屋長崎屋庄六の家, 屋開業の重大決意, 屋開業書生パン屋の名, 屋関口屋の娘, 屋闕所追放の裁断, 屋阿波屋藤兵衞のところ, 屋附近の露路, 屋陶器屋その隣, 屋陶器屋葉茶屋なぞがあった, 屋隊商亭よ僕, 屋隠居にご, 屋集団で団長さん, 屋雑穀屋八百屋果物屋漬物屋乾物屋などが直ぐ, 屋雑誌屋玉突き理髪銭湯占師貸本屋といったよう, 屋雑貨屋など人, 屋雑貨屋文房具屋魚屋飲屋の赤提灯, 屋雑貨屋銭湯居酒屋など人, 屋雑貨店林檎の店, 屋雑貨食料品店などをむす, 屋雜貨店さては荒物屋, 屋雜貨店醤油屋醫者などの拂ひもそれぞれ, 屋離室客殿亭厩舎納屋から小作小屋, 屋に聳え, 屋雲霧なども人間, 屋電気器具商続いて, 屋電車から降りる, 屋露月亭に伴われた, 屋青物屋花屋人力車夫馬車屋下男女中給仕等の職業, 屋直し飾り立てた箱, 屋靴屋は靴屋, 屋靴紐と靴クリーム, 屋鞠場まであり, 屋音松何が故に, 屋頽厦の如し, 屋額縁店等々の店頭, 屋の無い, 屋顛倒して, 屋類似聯想たるや実に, 屋顧問とか新聞記者, 屋風呂屋の懸, 屋風鈴屋簾屋茣蓙屋氷屋甘酒やなど路, 屋風鈴花緒らんちゅう, 屋飮食店待合藝者屋などの神棚, 屋飲み屋焼き鳥のにおい, 屋飲食店あとは, 屋飲食店旅館等が目, 屋養蚕の板籠, 屋首飾屋指輪屋更紗屋手相見人相見, 屋馬喰町の梅沼, 屋馬喰町井筒嘉七さては吉原大門前, 屋馬喰町側は一ぜんめし屋, 屋馬子の溜り, 屋馬平品川の幇間富本登, 屋駄菓子屋挑灯屋なぞ昔ながら, 屋駄菓子屋甘酒屋ところてん屋から占, 屋駄菓子屋鮨屋おでん屋水菓子屋などの店, 屋駄菓子店などまでがほとんど, 屋駄菓子店等までが殆ど臨時, 屋駐在所二三の木挽き小屋, 屋駒吉こと兇賊熊井熊五郎は間もなく, 屋駕屋もう一挺, 屋騒動夏の幕政改革, 屋骨つぎ三味線屋月賦の丸二, 屋骨董屋などの表看板, 屋高き陣に, 屋高く街ひろく, 屋高瀬の別荘, 屋高田辺りの質屋, 屋髪結い床の軒先, 屋魚屋質屋の隠居, 屋魚屋郵便配達などが交っ, 屋魚屋飲屋の赤提灯, 屋魚鉄へ奉公, 屋鮨屋おでん屋水菓子屋などの店, 屋鮨屋ビヤホールそれらのところ, 屋鮨屋柿蜜柑屋大福駄菓子店おでん店ずらりと並ん, 屋鮨屋鰻屋菓子屋果物屋と方々, 屋鰹節屋といったいずれ, 屋鰻屋菓子屋果物屋と方々, 屋鳥料理都川小網町のメエゾン・コオノス, 屋鳴り振動のうち, 屋鳴海屋の娘, 屋鳶職提灯張り活字拾, 屋鳶頭にも話し, 屋鶴寿堂の若い, 屋麻雀屋周旋屋飲食店旅館等が目, 屋鼈長の一人娘, 屋龍藏親分が住居, 屋龍藏親分さんの処