青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「役者~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

影響~ ~役 役~ ~役人 役人~ 役割~ 役所~ ~役目 役目~ ~役者
役者~
~彼 彼~ ~彼ら 彼ら~ ~彼女 彼女~ 彼奴~ ~彼方 彼方~ ~彼等

「役者~」 2463, 27ppm, 4375位

▼ 役者~ (620, 25.2%)

18 ように 15 ような 11 名を 10 やうな 7 やうに 5 方で, 顔を 4 方へ, 芸を, 部屋の 3 一座が, 声色を, 群に, 言葉を

2 [34件] お上さんが, か, ことを, しぐさを, ようだ, ゐないこと, 一人である, 一座で, 中山半, 仕着せを, 似顔が, 似顔絵や, 写真を, 噂を, 場合は, 子だ, 家の, 心を, 扇女である, 扇女の, 手腕に, 方から, 方が, 方も, 様に, 男衆らしい, 真似を, 立場から, 粒が, 素顔に, 絵を, 聲色や, 邪魔を, 部屋へ

1 [457件] あいだにも, あとを, あの人, あること, ある女形, うえに, うまいの, うわさを, おもざし, お芝居, お話でございます, かたであれ, がらが, ことは, この配役, こは, こわいろ, ごとくのっぺり, しぐさよりも, した弥兵衛宗清, するやう, するよう, せりふまわし, せりふもどきで, その名, ために, ちょうちん持ちを, つくりが, つくりな, つけるかつら, つづらの, つらよごす, とこか, ところへ, なにがしと, はじめの, はどうして, ほうが, ほうだ, まねは, まねを, もあった, もとへ, ものごし, ものの, やうだ, やうない, やうな見, よい芝居, ようで, ようである, ようです, よきだけの, わたしも, ゐたこと, ゴッピと, ダイアローグを, ドロップが, パーソナリティなんて, ピエロオの, ピンを, ピーピー状態から, プローメイシウスの, 一と, 一人, 一人が, 一人で, 一人でありたい, 一人と, 一人に, 一人は, 一座です, 一座の, 一座は, 一座英米仏人混合の, 一行が, 三枚目に, 三津平店の, 上を, 上手な, 上手下手を, 下地の, 下端だの, 不恰当, 不足の, 世界ぐらい, 世界である, 中で, 中には, 中にも, 中を, 中村芝雀, 中綺麗な, 主意の, 乗りこみで, 乱舞跳梁を, 乳繰合えを, 事を, 二人立ち, 人に, 人情劇と, 人気ばかり, 人相と, 人相書の, 仕草も, 代に, 代表百名を, 以上芝居が, 仮装であっ, 会社の, 似顏, 似顔, 似顔で, 似顔の, 似顔や, 似顔絵が, 似顔絵で, 似顔絵と, 似顔絵な, 似顔絵などで, 似顔絵の, 似顔絵を, 住居とは, 佐々木孝丸さんは, 体の, 使ふ, 使命は, 使命はね, 修業という, 修業な, 修業を, 假白だ, 兄弟である, 入って, 入替りは, 写真が, 写真だ, 写真の, 写真は, 写真姿で, 出しもので, 出る幕, 出る芝居, 出入りに, 出入りの, 出迎いか, 出逢いの, 出鱈目な, 前で, 剣闘は, 創意が, 勉強を, 動作が, 化けの皮は, 千代之, 半分も, 反目劇団の, 口から, 台詞が, 台詞と, 右の, 名が, 名だの, 名である, 名には, 名の, 名は, 名前が, 名前などは, 名題披露の, 品位と, 唱歌は, 噂おばさんも, 噂でなく, 噂などを, 噂ばなしを, 地位に, 地位の, 坂田藤十郎が, 坂田藤十郎は, 場合だ, 場合だったら, 声を, 声色や, 声色見たい, 変装の, 変装は, 夢を, 夢遊病者的演技も, 大役を, 大村喜十郎こいつは, 大村喜十郎の, 天分を, 女形が, 女房に, 女房にしか, 女房には, 女房役を, 女王めいた, 好い割, 如きも, 妙技に, 妻, 妻とか, 子の, 子は, 子仲居の, 子供な, 子供は, 実生活の, 実験を, 室から, 家が, 家にでも, 宿で, 寄り合いが, 寫實に, 小磯扇次だ, 屋号を, 嵐三左衛門っていう, 常として, 常小屋, 帽子の, 座頭に, 座頭にでも, 廓町落葉そこより, 当なし, 当り役ばかりを, 役を, 役処で, 役割である, 後に, 心持にな, 恋人同士の, 息子と, 悪いところ, 感じだ, 憎気, 所作する, 所作それから, 所作よりも, 所作を, 所作科白等によって, 手が, 手で, 手は, 手を, 手拭ばかりが, 才, 才能が, 才能は, 才能を, 打語れるあり, 扮した, 扮する, 扮装が, 扮装も, 扮装や, 批評なども, 技巧の, 技量などについて, 押絵で, 押絵の, 拵へを, 指だ, 揃いの, 描き棄てた小幅, 描寫は, 提灯持に, 支那人は, 支那人を, 数も, 新しい芝居, 方々は, 方々も, 方だ, 方であろう, 方は, 旗幟を, 日常生活に, 時代を, 景情を, 最初の, 最後であった, 本名とか, 来訪を, 柄による, 格が, 楽屋を, 楽屋入りを, 様な, 樂屋用のよりも, 死骸が, 殿様が, 殿様であっ, 気も, 気取りが, 水死を, 沢村訥子である, 油断を, 活気が, 清水茂です, 演る, 演技といふ, 演技に, 演技の, 物まねばかりを, 特色であります, 狂乱的演技は, 狂言に, 独唱も, 玉虫色に, 現三津五郎, 生命は, 生活では, 生活なんて, 生活の, 生活を, 由だ, 男女も, 男衆だった, 番付には, 病休七人も, 白が, 眞似, 真中に, 真似, 真似である, 真似に, 真似みたいな, 真似事まで, 着つけで, 社会的地位と, 祖先が, 種族から, 立場ばかりの, 立派な, 競馬についても, 笑ひ, 第一条件, 等級は, 簪とか, 紋ぢや, 紋ぢらし, 紋の, 紋を, 紋当て, 素が, 素質が, 素足が, 組と, 給金のみ, 給金を, 絵に, 絵はがきに, 絶句と, 群は, 群を, 聲が, 肌ざはり, 股ぐらの, 肢体や, 背中の, 胸の, 自らいふべき, 自分にも, 臺詞廻しを, 舞台姿などに, 舞台姿に, 舞台姿を, 舞踊から, 船や, 芝居だ, 芝居である, 芝居の, 花道に, 花道へ, 芸が, 芸としての, 芸などは, 芸なる, 芸なんて, 芸の, 芸は, 芸よりも, 芸評等によ, 若衆の, 菊之丞だった, 菊之丞で, 菊之丞に, 著ける, 藝は, 衣裳の, 表情の, 表情みたいに, 表現そこに, 表現法とは, 覆面辻斬の, 見得, 言葉が, 試験を, 語源に, 誰やらに, 談を, 趣味といふ, 足りないところ, 踊も, 踊りに, 身それを, 身で, 身と, 身の上ばなしや, 身振りであった, 身振りを, 軽口などから, 軽蔑される, 連中は, 連名も, 選択についても, 部屋, 配り手拭, 醜い肉体, 門弟に, 間に, 間には, 間にも, 間へ, 間を, 阪東小篠は, 附会芸人と, 限界として, 陥り易い, 階級打破に, 随一人坂田藤十郎は, 集団式な, 雪之, 面影が, 頭の, 頭や, 頭上へ, 顔が, 顔だ, 顔だった, 顔とは, 顔に, 顔についても, 顔の, 顔や, 顔前に, 類の, 養子に, 馬の足の, 骨の, 骨折は, 高勢実乗に, 黄金台の, 鼻先を

▼ 役者~ (328, 13.3%)

5 上だ 4 一枚上だ 3 出て

2 [17件] ある, いて, ない, ピッタリしない, 一枚上であった, 一枚上である, 一枚上の, 下手くそな, 下手で, 入って, 女装し, 実際の, 持った, 日常の, 来たの, 来て, 舞台の

1 [282件] あなたこの, あまり藝, あらゆるもの, ありました, あるいは竜馬格闘, あるの, あるん, ある役, いいだろう, いい芝居, いかにも醜い, いた, いてね, います, いるん, うえである, うまいの, えらくなる, おおぜ, お詣りする, お違い, きて, くるのねえ, こうして吾, こう持っ, ここで, ここは, こちと, ことごとくよろこん, この喜び, この贈り, この踊り, こんな不, さう演出者, さすがに, さも重, しにくい, するの, そこに, その場合, その役目, その日, その科白, その節, その門, それぞれの, それぞれ持役に, それぞれ立派に, それを, そろった, そろわねえん, たしかに上, ちがいますからね, ちがうせい, ちょいと, どっちを, どんなに変装, ないから, ねえわけ, ふんした, ぶつくさ云う, へたで, またよろこびました, また手, また新しく, まるで違, やつても, やめられぬの, ゐたの, ゐて, ゐないから, ゐないこと, ゐないので, ゐなくなつ, ゐる間, ゴム底の, セリフが, ドジを, ドマついた, ヘボだ, ヘマを, 一たいどう, 一つの, 一人の, 一人欠け, 一切無用に, 一同で, 一枚うわ, 一枚上だった, 一枚上で, 一枚上でしょう, 一枚上と, 一枚上手で, 一枚控え, 一枚足りない, 一生けん命やっ, 一番うまい, 一番好い, 一興業が, 万更時代の, 三人吉三を, 三吉座を, 上でござる, 上な, 上の, 上ゆえ気を, 上手だ, 下だ, 下手でも, 下手なら, 不思議な死に, 主に, 乗込んで, 乙の, 二三人は, 二三枚落ちる, 五十七に, 人形である, 代る, 何を, 何人あります, 傾くより, 優位を, 充分カセ, 入り婿, 其附属し, 出ねえん, 刀を, 切ない弁明, 切符を, 劇中人物に, 労れてる, 動いて, 勝手次第に, 半開きの, 同じ顔, 命がけで, 唄った唄, 商売といふ, 団十郎で, 国立劇場へ, 坐るん, 変り同じ, 外に, 夜に, 夢中に, 大ぜ, 大に, 大勢出ました, 大勢踊りからんで, 大好き, 嫌に, 嫌ひだつた, 完全に, 小栗上野介でありました, 居ると, 巧妙な, 幕を, 幕外へ, 平生は, 幹部の, 座元の, 座頭で, 庫裡の, 弓を, 弟子らしい, 当然出来なけれ, 役者だ, 役者を, 怒る時, 性に, 悪くない, 意気揚々と, 或る, 戸を, 手探りで, 手足の, 扮した, 批評家と, 揃うて, 揃う必要, 揃わば, 携えて, 撲られたよう, 数枚上な, 文学的でなく, 新劇を, 新派の, 日本で, 最も舞台, 本式の, 本物の, 本舞台, 来たと, 来ないうち, 来れば, 楽器を, 楽屋を, 橋がかりへ, 次第に過去, 此う, 殺されて, 毎晩毎晩気味の, 気に, 泊っては, 活躍する, 海老蔵を, 演じようと, 演ずるの, 演戯する, 狂言方から, 猥画を, 玉井の, 由良を, 甲の, 甲府へ, 発つと, 登場し, 登場する, 白い布, 白い綿入れ, 白い首, 白い骨, 皆うまい, 真面目に, 眼の, 知らないなら誰, 硝子張の, 立って, 立廻りの, 立派な, 粗末な, 続々現, 美しいならず, 老若男女を, 聖歌を, 自分の, 自分自身に, 自然と, 舞台で, 舞台に, 舞台へ, 舞台上に, 芝居し, 芝居を, 花夜叉か, 花道を, 芸を, 芸人が, 苦心し, 華族役人軍人などに, 著て, 蛇体に, 西洋へ, 見物に, 覚えにくい, 評判であった, 誰である, 謡いを, 謡ふと, 貧しく骨, 貸さなかったから, 贋物な, 遊んで, 違いますからなあ, 違うん, 違つてゐる, 違ふ, 違わあ, 違わあなんか, 遣るから, 酒宴の, 附合ひ, 隠れて, 面を, 飛び出したと, 飛び出す方法, 飯田の, 首を, 馬券を, 馬鹿な, 黒衣に

▼ 役者~ (232, 9.4%)

9 なって 6 なるの 5 して 4 なりたい, なりたいと, なると, なれば 3 なるん, 似て

2 [12件] なったからって, なったもの, なったらどう, なったん, なつた, なつたら, ならなければ, なりたいから, なりたい自分, なれて, 与ふ, 多い

1 [166件] ありさ, いでたちたるもの五十人あまり, いはせれば, うしろを, おなん, お豊さん殺し, かぎると, からまったできごと, これからなれる, こんな芸, ございまする, したこと, したって, したら, したら立派, したら舞台, した親, しては, しても, しろ新派, すっかり持っ, するなどという, する積り, その勘定, ぞっこんまい, ちがいない, ちゃんとした, でて, とつて, ないよう, なったこと, なったそ, なったね, なったの, なったら, なったり, なったわけ, なった気, なっちま, なってから, なってからは, なっても, なつたらう, ならうかと, ならうとして, ならないか, ならない時分, ならなけれぁ, なりさんざ, なりたいって, なりたいん, なりたがって, なりつ, なりて, なりなさい, なりますよ, なりません, なりやがて, なりやしない, なり三年間, なり何, なり切らない先, なり時, なり白瀬中尉, なるか, なるかい, なること, なるつもり, なるでしょう, なるという, なるといふ, なるならぬは, なるには, なるほど, なるまえ, なる時, なる柄, なる気, なる者, なる資格, なる隙, なれるか, なれると, なれるの, なれんから, なろうと, なろうとして, まけぬ浴衣哉, もつともつと参考, やらすべきものぢ, 不足は, 仕上げて, 仕立てる要求, 仕立上げられる, 付きまとう様々, 代つて謡, 休まれては, 使ったって, 入りあげる遊び, 出て, 出ないの, 刻んで, 加担いたし, 化けて, 同情する, 名を, 向かない顔, 吟味を, 困ったので, 困って, 女と, 女形の, 引幕を, 当てはめて, 従えられて, 心を, 思いを, 思ふ存分, 性格が, 恋した, 惚けちゃ, 惚れて, 成りさ, 指図を, 掴まって, 於ける芸, 昔から, 気の毒を, 気を, 烏帽子を, 由りて, 相当の, 科白を, 移動が, 縁が, 縁故の, 肖た人, 落ちぶれて, 見られなかった品, 見惚, 見立てて, 見立てること, 諸君の, 贈った幟, 踊らすよう, 身を, 近くこと, 追いつけない, 退かれては, 逃げて, 過ぎない, 過ぎないの, 違ひあるまい, 違ひない, 遺る様, 関係あり, 限つた, 限らず一般日本人, 限らず教化団体, 限るの, 随い, 非人出, 面識も, 顔が, 騙されでも, 魅力が

▼ 役者~ (210, 8.5%)

3 ないと 2 すぐに, それを, なかなかの, 何だ, 舞台で, 花道の

1 [195件] あとから, あなたみたいに, あまり小さい, あれほどの, あんなに不自然, いかんと, いくらでもある, いくらでも貸す, いますぜ, いま江戸には, いやだ, いわば道誉, うしろの, えてこういう, おそるおそる寺, おもいおもいの, お粂, かの福助, ここへ, こっちの, この土地, ございませんね, さぞかし迷惑, さっきも, すきだらけだ, すでに充分こっち, そういうもの, そこい, そちひとりじゃが, そのあと, その後どう, そんなにうまい, そんなに人氣, ただ過去, たとえ新, たとへ, たのもしくて, ために, つきものなり, てんで型, どういうこと, どうだの, ないという, なかなか威張つてる, なかなか考へ, なんという, なんにも, はなはだ気の毒, ひつぱつた, ひどく怒った, ふんが, ほんとうに, ほんの一寸宛, また白刃, まだ, みぢめ, みなほん, みな茹りきって, みんなあつまった, みんな十五六の, みんな奥州弁でなけれ, めったに表, やめられねえ, よく, わかいお, わかって, フイルムに, ポール, ルイ子と, 一人も, 一体うまい, 一切出さない, 一口物で, 一向名, 一枚上だつた, 一枚上な, 一様に, 一種の, 丈が, 上方で, 両方とも, 主人公の, 五十を, 人間だ, 人間の, 今どこに, 今まで, 何う, 何故あんなに喧嘩腰, 來ません, 僕は, 先刻承知でしょう, 全く一人, 全部東京弁で, 出ないヘンテコ, 前の, 勝でなく, 勿論の, 取り巻かれたまま, 可愛さ, 台詞の, 吾知らず動く, 唐突に, 基督救世主寺院で, 変らないし, 大そう, 大劇場出身者, 大谷友右衛門と, 女性よりも, 好いが, 好男子であれ, 妙な, 嫌ひだ, 子供が, 存在しない, 完全に, 実にやり, 実際珍, 家柄とか, 専門を, 少しづつ頭, 己惚れの, 市川総本家の, 店の, 役を, 役柄の, 役者で, 役者に, 役霊を, 後ろ向きに, 得を, 志ん, 思つた, 恐縮し, 悉く羽織袴, 我れ, 戻つたか, 所詮劇評, 手で, 手を, 日本中に, 昔から, 末弘春吉と, 材木と, 案外真面目, 止める, 死ぬまで, 求めて, 決して小, 河原者と, 泣く時, 浅草の, 清ちゃんという, 無いよう, 熊谷や, 熊谷を, 物理学者では, 独り合点を, 生れつこ, 田樂で, 画だ, 皆お, 皆な, 皆名人で, 皆自負心の, 相当な, 眞摯な, 確かに, 立ち止まって, 立派な, 第一, 素人だ, 肚を, 致しません所, 舞台の, 舞台へ, 芸を, 苦悩の, 蛇体に, 行けないので, 見込みが, 見送りの, 誠に気楽, 誰この, 謙虚な, 足を, 退場です, 遊びたがって, 遙かに, 銘々その, 降矢木以外の, 非常に, 順ぐり休む, 顔を, 馬の

▼ 役者~ (125, 5.1%)

2 して, やって, やめて, 忘れ得ない, 知って, 芯に

1 [113件] いくら自分, いっしょにしたよりもかしこいというじゃないか, おしつけて, おれの, かり集めては, ここらで, この時, したが, すりゃあいゝに, そのままで, そろえて, たずねて, ただ商売, だまそうとして, とっちめたと, なんだって, ののしったり, ひいきした, ひとりで, ふたり見つけ出し, むかえたよう, やめさせて, やめやしないと, よそうと, われわれは, ピンと, 一々品評, 一人か, 一人欲しい, 上げたり, 上げましたね, 主人公に, 作らうと, 使つて新劇流の, 入れないとは, 入れない芸人, 入れる四畳半, 内証で, 写し始めると, 出して, 初めて見た, 勤めるの, 叱り素人, 商売に, 土間や, 圧倒し, 失ったという, 始めそれぞれ一流の, 実はこつち, 幾たびか, 廃める, 御贔負, 必要と, 志したは, 情夫に, 憶えて, 押し退けたり, 招くからには, 持って, 指導し, 探し出したらどう, 揃え舞台, 描かずして, 東宝劇団へ, 板にかけて, 楽屋口の, 欠いて, 止しみ, 止めさせて, 止めざ, 止めたくなって, 止めねえに, 止めようと, 止める, 止める気, 止めろ, 泊めて, 煽いで, 犠牲に, 甘く見, 皆殺し, 相手に, 眺めて, 翁と, 考えて, 脅迫した, 自分は, 要し土豚, 要す序幕, 見たさ, 見に, 見るため, 見るも, 見出したお祖母さん, 見耳, 見詰めるの, 見送るの, 覚えた, 観て, 観客に, 談ずる前, 讚める, 買って, 賤しんで, 贔屓とさえ, 足止めし, 身分ちがいと, 迎ふる, 雇い入れようとは, 雇うこと, 面喰らわせる, 養ふべき, 髣髴させる

▼ 役者~ (60, 2.4%)

2 なって, 違って

1 [56件] あれば, いうと, いつわり或いは, いひ短い, ことわって, さうし, されて, した, する神子筋, それこそ, ちがって, なりて, なりまた, なり漸く, なんぼも, ひそかに, ほかの, オルケストラの, 一緒に, 乞食が, 云うの, 云う方, 云う語, 云ふ, 云ふて, 云へば, 云へる, 人物とが, 作者と, 作者との, 共同の, 友達で, 同じ生活感情, 同じ魂, 呼ばれて, 女, 女優, 小屋ものとの, 心中したら, 牙彫, 知って, 称するの, 端正な, 美人との, 聞いたが, 見える, 見て, 見物人は, 親しんだの, 謂つた形にな, 軽蔑され, 近づきに, 近づけたよき, 遊ぶこと, 違ったところ, 間違える

▼ 役者~ (55, 2.2%)

2 勤める歌骨牌

1 [53件] あるまいが, あれまでに, いたるところ, うまい, うまくなる, かうなると, しきりに睨ん, それで, それに, なかなか立派, また変ぜざるべからず, みるもの, やむをえず働らく, やるの, 一人一人に, 一貫した, 上手で, 上手に, 下座も, 使うよう, 充実させろ, 出て, 出来るだろうけれど, 初日は, 別でありまし, 同様な, 大抵は, 宗教家も, 居るかと, 居れば, 平素の, 役者なら, 後に, 急病だ, 揃って, 敵も, 新座本座の, 明日は, 演出家も, 物の数ならず, 田舍廻りでは, 皆それぞれに, 盛に, 知ってる, 稀な, 芸の, 裏方も, 言葉通り風を, 踊り子も, 踊るなり, 銀行員も, 門閥と, 顔まけ

▼ 役者たち~ (42, 1.7%)

1 [42件] がいなくなっ, がした, が五, が住み, が屡, が新, が泊まってる, が立て籠っ, が言ってる, が顔, すら, と共に電車通, と友だち, と金, についての表立った, によって弥生狂言, に耳, に説明, のせい, の前, の咽喉笛, の生活, の用, の発明, の監督, の部屋部屋, はだらし, はみんな, はリップ, は幾日, は忙わし, は恐怖, は芝居, もぜひ, もそこかしこ, も浮かれ, よ, をそば, をも座, を世界中, を弁護, を自邸

▼ 役者~ (38, 1.5%)

3 あつた 2

1 [33件] あまつさえ名, これが, これまでに, こんな華, さへも, そのうえ天才, どんな芸, なさすぎる, はござりませぬか, ほんとうに, やりにくい, 初めは, 売つた深井八輔, 大したもの, 女客の, 好きな, 容貌も, 市川ちょび助という, 市川岩蔵という, 江戸の, 決して名優, 決して成り, 決して成上り者, 滑稽に, 生き抜こうと, 私は, 腕の, 舞台が, 花形で, 評判の, 誰の, 面白かった, 駈落ちした

▼ 役者~ (36, 1.5%)

72 な, もの

1 [25件] うちへ, からあいつ, からといっ, から役者, から愈, から自然, が硬骨, そうだ, そうで, という, ということ, というのかい, といっ, とは思った, と思いました, と思った, と思つて, と思ふ, と絵具, と聞け, と褒め, ね, ねえ, わいと神尾, 巧みな

▼ 役者~ (33, 1.3%)

2 の板下, を描かず

1 [29件] が懸け, であった, と春章, には宝暦時代, には彩色, のよう, の中西洋写真, の全盛時代, の板刻, の沿革, の流行, の特徴, の画工, の背景, は以上鳥居派, は春章, は此, は独逸人ザイトリッツ, は皆墨摺, も尠, も決して, をくれる, を以てこれ, を取り, を描き, を流行, を論ずる, 出るに, 始まりて

▼ 役者として~ (29, 1.2%)

2 一生を, 出世しかけ, 知らる

1 [23件] あるの, その余生, タルマ以後の, 世に, 働いて, 其処に, 受け入れる以外, 太刀打ちも, 巍然と, 己を, 当然出来なけれ, 日本一に, 最もめぐまれた, 有望と, 満都の, 用いら, 稼いで, 立てられる, 舞台に, 色気が, 表現する, 買ったん, 長い間

▼ 役者では~ (26, 1.1%)

4 なかった 2 あるが, ない

1 [18件] あの手ばなし, その人相, だめである, ないか, ないかの, ないから, ないが, なかつたといふ, なかろうかと, なく二等位, なく染, もとよりなかっ, 一番油の, 主役の, 有り得ない, 狂言の, 相当な, 見得

▼ 役者には~ (26, 1.1%)

2 なれない, やっぱり役者

1 [22件] ありませんね, あるんぢやあ, かなは, しないだろう, すまいと, どこを, なりすまし申候, なれず, むかないこと, 一体に, 出来ないので, 千両の, 向かなかったそう, 君が, 家代々の, 少しも, 必ず武術, 惚れた, 時によって, 有勝ちの, 知れないつもり, 絶対に

▼ 役者でも~ (25, 1.0%)

2 なかった, 落語家でも

1 [21件] ある, あるいは素人, あるまいから, それは, それほど致命的結果, そんなに始め, ないの, なければ, なんでも, エラくなる, オペラシンガーでも, 一寸真似が, 二百円四人居なけれ, 大井広介に, 必ず一度, 決してただ, 漫畫家でも, 真似が, 舞台の, 芸人に, 道具方でも

▼ 役者~ (22, 0.9%)

2 新派の

1 [20件] その他の, なにかの, ロケーションを, 七福神や, 事務員, 人形遣いなどは, 俳優を, 半ズボン, 太夫さんに, 幇間たちといふ, 男衆が, 芸人の, 落語家や, 見世物師は, 見物に, 見物を, 軟派の, 近習たちだ, 道中の, 道中絵を

▼ 役者~ (21, 0.9%)

2 は内心

1 [19件] があれ, が勤め, が新, が舞台監督, と一緒, に拍手, に比べ, のやう, のセリフ, の名, の態度, はさ, は中村七三郎, は手馴れない, は知っ, は雜誌新聞, までも, もワツ, を連れ

▼ 役者である~ (16, 0.6%)

2 ということ, という意識, に相違 1 ことが, ことは, ことフランスの, といふ時代, とかいうこと, と思う, と賞讃, 事が, 以上全然, 実生活の

▼ 役者~ (16, 0.6%)

2 にもあんな

1 [14件] から鳴物, だってその, とは, と一つ座敷, と差し, に似, に拾われかけ, のお前, の上手, の落つ, の顔, はねえ, はみんな, は弁当代

▼ 役者にも~ (15, 0.6%)

2 ないと

1 [13件] あんなの, したが, ない美男, なれば, ピンと, 似合わず, 似合わない豆蔵, 先生を, 村の, 比べられるで, 注意し, 真似が, 観客にも

▼ 役者という~ (13, 0.5%)

5 ものは 2 のは 1 ことは, ものを, ような, 異名をさえ, 者か, 者が

▼ 役者~ (13, 0.5%)

3 のです 2 のか, のだ, んです 1 かまと, のだった, のである, んだ

▼ 役者らしい~ (11, 0.4%)

2 彼の 1 ね, 伊達な, 取柄の, 名だ, 女と, 役者は, 役者言葉が, 派手粧い, 男とが

▼ 役者似顔絵~ (10, 0.4%)

2 を描かず 1 に対照, の名人, の如き, はこれら必然, は勝川春章, は絵画, またはせりふ役者誉詞, を見る

▼ 役者じゃ~ (9, 0.4%)

1 ありません, ありませんか, ありませんぜ, ありませんや, ない, ないか, ないだろうね, ないよ, なくて

▼ 役者としての~ (9, 0.4%)

1 そも, 位置を, 大を, 峠上り切る, 彼自身を, 生活が, 生活に, 自分が, 魅力で

▼ 役者なら~ (9, 0.4%)

1 こういう行き方, さだめしじょうず, それを, と思ふ, ばここ, ば菊之丞, もう上方, 下の, 先ずもっ

▼ 役者です~ (8, 0.3%)

31 か, から今, から子分, が二枚目, ものねえさんが

▼ 役者としては~ (8, 0.3%)

1 ほんとに芸, 九十郎に, 余りに陰気, 大して成功, 寧恥じ, 日本開闢以来の, 本格でない, 餘り

▼ 役者~ (7, 0.3%)

2 芸人に 1 何んだ詰まらねえ, 曾我の, 渡世人か, 絵かきか, 音楽家に

▼ 役者から~ (7, 0.3%)

1 きいた話, 受けるの, 四十八組の, 漫才さんに, 物議が, 見て, 貰った簪

▼ 役者ども~ (7, 0.3%)

1 にきっと, の集り, の髪, へ固く, を見, を蹴とばし, 大怒り

▼ 役者買い~ (7, 0.3%)

1 がし, が一番, と嫁いじめ, の話, の費用, をさせる, 芸者買いする

▼ 役者たる~ (6, 0.2%)

1 ゆえんな, を好まずし, 彼が, 藤次郎政宗さんから, 裁判官にも, 見物の

▼ 役者とは~ (6, 0.2%)

1 おどろいたなあ, これかなと, 思われない程, 昔河原乞食とさえ, 違いますね, 違った一風

▼ 役者みたい~ (6, 0.2%)

1 だった, なねえ, な感じ, な抑揚, な男, 白い顔

▼ 役者よりも~ (6, 0.2%)

1 多く知る, 美くし, 美しい, 舞台の, 見物人の, 長唄よりも

▼ 役者だった~ (5, 0.2%)

1 がじき, がそれ, ことが, ことだが, とする

▼ 役者だって~ (5, 0.2%)

1 そうです, 学問が, 私は, 見物が, 贔屓な

▼ 役者でない~ (5, 0.2%)

1 お粂, か私, ことを, せいで, ような

▼ 役者崩れ~ (5, 0.2%)

2 の亭主 1 だとも, ですよ, の手

▼ 役者~ (5, 0.2%)

1 がうるさく, が衣裳, が衣裳験, にとりまかれ, は汀

▼ 役者風情~ (5, 0.2%)

1 がまさか, が血, が贅沢, のわたくし, をお

▼ 役者~ (4, 0.2%)

2 えやつ, ものは

▼ 役者との~ (4, 0.2%)

2 相似が 1 交友関係が, 区別が

▼ 役者なる~ (4, 0.2%)

1 が故に, ねぎの, ものは, ものを

▼ 役者なんて~ (4, 0.2%)

1 あたしたちから, ものは, 人間ぢや, 未だ一度

▼ 役者にでも~ (4, 0.2%)

1 すっからかんに, できるもの, なって, やれさ

▼ 役者らしく~ (4, 0.2%)

1 もなく, 会には, 白粉焦, 真に迫つた

▼ 役者~ (4, 0.2%)

4 の富士

▼ 役者だろう~ (3, 0.1%)

1 かね, じゃねえ, となん

▼ 役者~ (3, 0.1%)

1 やどう, やない, やなかつた

▼ 役者であっ~ (3, 0.1%)

1 たりする, てみれ, て名優

▼ 役者でした~ (3, 0.1%)

1 から一同, が何故か, のが

▼ 役者とも~ (3, 0.1%)

2 なれば 1 二三年前の

▼ 役者について~ (3, 0.1%)

1 クーキンの, 云つてゐる, 近処

▼ 役者にな~ (3, 0.1%)

1 つたはまり役も, つた見たいだ, つて無理矢理に

▼ 役者ばかり~ (3, 0.1%)

1 でかためた, 出るの, 集って

▼ 役者似顔~ (3, 0.1%)

1 の団扇絵, の板行絵, を描きし

▼ 役者~ (3, 0.1%)

1 が争っ, もつけ上る, を呼出し

▼ 役者根性~ (3, 0.1%)

1 で困った, で座敷, の果

▼ 役者馬鹿~ (3, 0.1%)

1 と云う, になられたら, も愛嬌

▼ 役者かとは~ (2, 0.1%)

2 やせど

▼ 役者これ~ (2, 0.1%)

1 は出雲, を芝居

▼ 役者さえ~ (2, 0.1%)

1 ある, 出て

▼ 役者じゃァ~ (2, 0.1%)

1 ないか, なかった

▼ 役者って~ (2, 0.1%)

1 いやあなんで, お前誰れ

▼ 役者であり~ (2, 0.1%)

1 ながら想像力, 蔭涼軒は

▼ 役者でなく~ (2, 0.1%)

1 て本物, 余裕の

▼ 役者でなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばやりこなせない, ばわからない

▼ 役者といふ~ (2, 0.1%)

1 ものは, 言葉は

▼ 役者とか~ (2, 0.1%)

1 いえば, 奸黠な

▼ 役者としても~ (2, 0.1%)

1 そろそろ油, 立て物

▼ 役者などが~ (2, 0.1%)

1 はいって, 出た

▼ 役者などに~ (2, 0.1%)

1 なって, 夢中に

▼ 役者などの~ (2, 0.1%)

1 噂ばかり, 芸人と

▼ 役者なんか~ (2, 0.1%)

1 で非常, 厭だ

▼ 役者のみで~ (2, 0.1%)

1 一座を, 結成し

▼ 役者はと~ (2, 0.1%)

1 いふと, うせつ大和屋

▼ 役者~ (2, 0.1%)

1 話を, 贈物の

▼ 役者ほど~ (2, 0.1%)

1 そういうところ, みじめな

▼ 役者まで~ (2, 0.1%)

1 或る, 舞台の

▼ 役者までが~ (2, 0.1%)

1 毎晩新しい, 無数に

▼ 役者~ (2, 0.1%)

1 の方, も作者

▼ 役者一座~ (2, 0.1%)

1 の一人, の三崎座

▼ 役者一枚絵~ (2, 0.1%)

1 はその, は元禄以降正徳年中

▼ 役者以上~ (2, 0.1%)

1 に世評, に多く

▼ 役者~ (2, 0.1%)

1 にしか顔, やれますね

▼ 役者修業~ (2, 0.1%)

1 もし, をし

▼ 役者~ (2, 0.1%)

2 の華

▼ 役者家業~ (2, 0.1%)

1 について知ってる, の憂さ

▼ 役者宿~ (2, 0.1%)

1 に忍ん, を出

▼ 役者揃い~ (2, 0.1%)

1 じゃ, の千本桜

▼ 役者渡世~ (2, 0.1%)

1 そんなお, に身

▼ 役者稼業~ (2, 0.1%)

1 に乗り出す, は出来ねえ

▼ 役者~ (2, 0.1%)

1 のもの, は出

▼ 役者自身~ (2, 0.1%)

1 に各々, の変装姿

▼ 役者芸人~ (2, 0.1%)

1 が家柄, の数

▼ 役者連中~ (2, 0.1%)

1 だ, は彼女

▼ 役者~ (2, 0.1%)

2 之丞

▼1* [176件]

役者あがりの姉さん, 役者あざとくってけれん沢山, 役者かたぎにも嘸何とか, 役者かも知れない, 役者がまづいといふ, 役者がものいみの, 役者ぐるいもしようという, 役者こそはその箱登羅, 役者さんよ, 役者じみた所が, 役者じゃと教えて, 役者その人は, 役者そのままのおかし, 役者ぞろいの大, 役者ァ思っ, 役者たち役者の部屋, 役者たち拍手をし, 役者たち此ういふ, 役者たりし伊太利少年, 役者たる者が少しく, 役者だけにさも困った, 役者だけのことは, 役者だつたよ, 役者だの何かの, 役者であったじぶんあの, 役者であるならばその, 役者であろうがこれ, 役者でございまして千崎弥五郎, 役者でございますれば四五人, 役者でなかったせいで, 役者とかいう野郎は, 役者とが同一人物, 役者としてよりも興行師としての, 役者とて一通りの, 役者とでも云いたいよう, 役者とまでなって, 役者とやらを殺し得ましょう, 役者と共に演じて, 役者どうしの意趣遺恨, 役者ない皆せいぜい, 役者などいう職業, 役者などというよりも, 役者などといふのは, 役者なら聴いてゐ, 役者なんかを奮起させ, 役者なんぞ止めて, 役者なんぞは随分給料, 役者にかかつたら, 役者にだって出来やしないね, 役者にて小説も, 役者にとたのまれる, 役者にゃ情ねえ, 役者によつて演じられなけれ, 役者によって演じられた三人吉三, 役者に対しては宛ら真個, 役者なれが, 役者ばかしやらないで, 役者ばかりの大芝居, 役者ひとりがぬぐ, 役者への貸金などの, 役者ほどの数が, 役者まかせの演出, 役者または商店の, 役者みずからが考え, 役者むっつり右門が, 役者めいていた, 役者めいた口を, 役者ようだ, 役者らしい見得も, 役者らしくない男だった, 役者らしく見える者は, 役者ら相合同して, 役者をも生むよう, 役者を以て特殊部落民の, 役者カタ・コマス村から村, 役者チョコレートの黒ん坊, 役者ドン・モラガスがはっと, 役者一日稽古をした, 役者一枚上なり, 役者七代目団十郎の寿海老人, 役者三桝大五郎関三十郎大谷広右衛門, 役者下手なため, 役者不足の東西混合劇, 役者世界に余り役者, 役者中村秋孝といふ人, 役者二輪加師落語家の死, 役者以外のもの全部, 役者仲間にハライ魔, 役者顏は, 役者似顔一枚絵並に二枚, 役者似顔画を蒐集, 役者似顔絵並に劇場, 役者似顔絵中甚だ良き, 役者似顔絵専門の板下絵師, 役者使って吹, 役者體が, 役者共町人並商売見世等を出し, 役者出身でなく前身, 役者のねずみ, 役者同志が話す, 役者の家, 役者向きの水性, 役者咄家ともに貧乏, 役者哀れなもの, 役者囃子方道具方まで十何人, 役者で押し, 役者にいる, 役者多し怪しからんこと, 役者大蔵十兵衛と申した, 役者好きの久保田氏, 役者姿になっ, 役者宗十郎に似, 役者小料理屋の且那, 役者尾上小紋三が丹那, 役者市川九女八のため, 役者市川団十郎の代々, 役者役人車輪に相, 役者待ち待ち待ってつひ, 役者心得のかるた, 役者志願の一見不良, 役者悪い役者に, 役者振りの一種, 役者林長之助を宝生座, 役者が私, 役者はエリザベス, 役者気分になつて, 役者水蔭比丘尼露伴後室逍遥踊の師匠眉山, 役者漸く揃ふ, 役者とした, 役者ひの, 役者狂いと云え, 役者狂言の図, 役者狂言方下廻りまで全部三階, 役者な頓才, 役者的才能をもち, 役者大くさり, 役者目当ての宿屋, 役者相撲取博奕打ち相場師, 役者知らないわ, 役者紀久八は小説, 役者紋ぢらしの, 役者絵中興の祖, 役者絵等その範囲, 役者絵風俗画共にその, 役者綺麗な役者, 役者羽織を着, 役者能役者等様々の芸術家, 役者自身歌舞妓者が多, 役者興行主の協会, 役者舞台絵姿と題する, 役者芝居者を取卷い, 役者芸人美術家どうも虫, 役者蔭間力士その他の芸人, 役者見たいに洋服姿, 役者言葉がわるけれ, 役者評判記また劇場案内記等, 役者話家媚ヲ献ジ気ニ, 役者誉詞の表紙絵, 役者とかをする, 役者は宴會, 役者転々としてつねに, 役者連れて来り, 役者だすさかいな, 役者達者なしっかり, 役者里虹と道, 役者野郎に夢中, 役者野郎帽子の若紫, 役者鈍帳芝居の観客, 役者集めらしい男と, 役者をはい, 役者音二郎が事, 役者の美しい, 役者をした, 役者にしたて, 役者魔法つかひなどに, 役者鶴家団福郎やって来た年