青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「居士~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

居ない~ ~居ました ~居ます 居り~ ~居りました 居りました~ ~居ります 居ります~ ~居る 居る~
居士~
~居間 居間~ 屆~ 届け~ 屋~ ~屋敷 屋敷~ ~屋根 屋根~ 屍~

「居士~」 1265, 13ppm, 8728位

▼ 居士~ (379, 30.0%)

7 家に 4 すがた 3 句は, 周囲に, 命を, 手紙を, 顔を

2 [26件] ある旨, お弟子, そばに, 作中では, 俳論俳話は, 前に, 前へ, 半折, 口授を, 声が, 奥田孫太夫までが, 宅で, 家の, 屍体を, 後継者は, 心は, 手もとへ, 筆で, 行衣に, 行衣の, 許に, 評文の, 門下に, 面目を, 額も, 顔は

1 [301件] あとを, いう事, いわゆる二箇中心, おしえを, おもて, お弟子さん, こう呼ぶ, ことを, こと附たり, この句, すまいを, そうした姿, は必ずしも, まえに, もとへ, やうな, やさしげ, ような, よそながらの, よっかかって, 一言一句に, 上には, 主張であった, 主張に, 主張の, 主張は, 主張を, 亀卜が, 事である, 事を, 事業が, 二人は, 云ったよう, 人格を, 人格事業が, 人気は, 介抱の, 仕事は, 仕業である, 位牌の, 体が, 体は, 何物かを, 余に対する, 作品には, 例の, 供養だ, 保養院に, 俳句に, 俳句の, 俳句観を, 俳論俳話の, 俳論俳話を, 健啖は, 健康は, 傍に, 傘下に, 全身に, 公憤の, 内臓は, 再来だ, 別墅に, 別宅は, 刺激を, 功徳だろう, 助力, 動議に, 博職と, 友だちに, 叔父, 口から, 口より, 口中からとも, 口吻から, 口許に, 句としては, 句に, 句について, 句の, 句ほど, 句を, 右の, 右脚を, 右腕に, 同輩である, 名誉にも, 周囲の, 周囲を, 命が, 唇の, 商法が, 圓朝氏の, 墓と, 墓石は, 墓碑銘なら, 墓銘を, 壁叱, 大を, 大菩薩峠, 大野部長が, 好意に, 如き人, 如くその, 如何にも, 定見あり, 室に, 家を, 寓居に, 屍体に, 布団の, 帰省中に, 年齢は, 座に, 弟子が, 弟子だ, 弟子と, 後を, 後姿に, 後継者と, 御孫, 復活の, 心で, 心ばえが, 性格にも, 意の, 意を, 意見で, 意見に従って, 意見は, 愛が, 感情の, 態度を, 慾が, 房, 手から, 手もとに, 手柄話にまで, 手紙, 手紙には, 手紙の, 批判に, 批評が, 批評に, 批評は, 批評法の, 指が, 政治小説, 教えを, 文壇に, 文稿の, 文章は, 新らしい, 方から, 方で, 方に, 日本新聞社に, 日課の, 早い頃, 晩年に, 晩年の, 晩年鉢植の, 曲舞は, 書いた新婚, 書斎で, 最後の, 月詣り, 本体が, 机に, 枕頭に, 機嫌は, 歌の, 歌も, 此道に, 武術神妙記史林その他の, 歩調は, 死因に, 歿年である, 母堂と, 母堂を, 気に入ったらしく病み衰えた顔, 気持は, 没前数日に, 法諡を, 注意も, 流れを, 添書で, 炯眼です, 煩悶という, 特殊の, 玄関へ, 珍重し, 理解と, 生前に, 生前には, 生家に, 生死を, 生涯に, 甥御, 画と, 留守中に, 留守中碧梧桐君と, 異様な, 病床に, 病後のみを, 病気も, 病状に, 病苦の, 病躯で, 病革まる, 癇癪は, 発作が, 発意に, 皮膚の, 盛名が, 盛名は, 目が, 直話である, 眼から, 眼が, 眼に, 眼前に, 知人である, 短冊を, 短尺の, 石碑も, 確信から, 神戸病院に, 神機妙算さすが, 秘命を, 童弟子いが栗あ, 童弟子で, 終りには, 経営に, 緒方副, 美徳では, 義足が, 考へる所, 耳を, 肉体に, 肺を, 胸奥に, 腰痛は, 腰部に, 膝の, 自転が, 舊居については, 草庵の, 草庵を, 草花の, 荘園へ, 著書の, 蒐集の, 蔭に, 蔵書を, 號で, 血液を, 表情姿体を, 見解は, 親分気質な, 親近者である, 言われるには, 言葉が, 言葉を, 言行は, 許へ, 評漸く, 詰問は, 話しぶりでは, 話に, 話も, 誇張した, 認めて, 語韻の, 謎めいた, 賛を, 足は, 足を, 身体に, 近来の, 返書は, 返答は, 通弁で, 通称, 遠知, 門下で, 門下でない, 門下生として, 門下生に対する, 間に, 霊が, 霊を, 面前に, 面目, 頭には, 頭を, 顔とは, 顔の, 顔色は, 風貌を, 風采は, 高風を

▼ 居士~ (309, 24.4%)

4 例の 3 それを, 私の, 自分が

2 [13件] これを, 一個の, 余が, 余の, 寛永廿年伊賀の, 早くも, 注意する, 洪川和尚の, 眼を, 空間を, 胆吹王国の, 言った, 車に

1 [270件] あかざ, あたりを, あまり薬, あまり運動, ある時余, ある石崖, いつに, いつまでも, いつもかわり, いつもにこにこ, いよいよあせりい, いよいよ文科大学, うどんを, かくの, かつて余ら, かつて見た, かねて, がんりきの, けろりとした, こうした世話狂言, こう言っ, ここまで, この事, この句, この大, この従軍, この朝, この青年, こんなこと, さいご, さりげない, すでに貴人, ずんずんと, そういう事, そう云, そこに, その二, その以後, その位, その当時, その後両, その後間もなく再び, その時余, その水, その点, その研究, その頃, それが, それな, それに, それらの, それ以上には, それ以上は, そを, そんな事, たちまち筆硯, つづいて, どうしても大名, なおその, なにも, なんでかよう, ふかくも, ふと思いついた, ふと思い立っ, また目, まだことば, まだコツコツと, まだ世間, まだ舞っ, みづからハルトマン, もう今, もう御, もう自分, やがて客人, やはり他, やや不明瞭, ゆうぜんと椋の木, ゆうゆうと, よほど雅, わたしの, ニヤリと, バスに, ポカンと, ムンズと, 一々教え, 一々歓迎, 一つか, 一夕碧梧桐君と, 一矢を, 一紙の, 一面に, 三世瑞仙直, 三階へ, 両手を, 二世瑞仙直, 二十八年の, 云った, 五十人の, 亡くなって, 人命犯には, 仮りにも, 伯牙における, 何かに, 何と, 何人にも, 何人の, 何故に, 何気なく研究室, 余と, 余に, 余を, 俊邁の, 偉いもん, 其処から, 其病弱の, 再生の, 写生の, 初めこれを, 初めは, 初代瑞仙錦橋である, 匙の, 十二分の執着, 即座に, 口を, 口癖の, 和歌の, 土耳古帽を, 在俗の, 夏休みで, 大体どう, 大分長い, 大竹さんの, 天保六年十月五日に, 太鼓腹で, 如何なる場合, 始終膝, 子供達に, 子供達の, 宿命通を以て, 寒の, 寝てばかり, 寧ろ其方, 少しも, 少し驚いた, 居士村木さんは, 居士自身の, 山へ, 山を, 川尻宝岑と, 左の, 常にそれ, 平生, 広島に, 広島の, 座敷の, 当時の, 当時多忙でも, 後に, 徒歩で, 従軍の, 御自分, 心配し, 忠告の, 忽ち彼ら, 悠々閑々たる, 愛弟子竹童を, 慾張りであった, 懐から, 戦争中生れ在所の, 手帳の, 手紙の, 折に, 振りかえりました, 掌に, 改まって, 政党員たるべき, 政治家に, 数日来同じ, 新聞紙上で, 新調の, 旅より, 早速その, 早速引き受け, 昼間だけ, 更に忠告, 最も深く, 朝起きる, 本館の, 机に, 東京に, 東京日日新聞の, 果して外国語, 格別それ, 極堂その他の, 歌舞伎座に, 歌舞伎座の, 正装は, 此の方面に, 死んだものの, 歿前二日まで, 毎朝毎日王国内を, 深い興味, 無縁仏にな, 特にこの, 独身だつた, 狼の, 留守師団長留守師団長と, 病床に, 病苦が, 白髯に, 白髯の, 白鳥の, 眠った, 眠ったよう, 眠って, 眼もとに, 私が, 私に, 私に対し, 立ち上った, 立ち止って, 竜樹の, 竹童が, 笑いながら, 笑いました, 糞尿の, 紙の, 絶望した, 羽村へ, 聞き取れぬ位, 自ら生きる, 自分で, 自分は, 自分も, 自暴を, 興奮し, 苦笑した, 茶碗を, 荷馬車の, 藁でも, 虚子が, 表から, 言う, 説明しました, 越えて, 足を, 身動きだ, 軽挙は, 逍遙子の, 進んで, 道庵を, 酒場へ, 重ねて言う, 鉢の, 間もなく激しい, 露芝の, 静かな, 静かに, 非常に, 須磨に, 須磨の, 頻りに山, 顔が, 飄亭君に対しても, 飄然と, 香取秀真君の, 驚いて, 默つて乘つて居る, 黙々として, 黙って

▼ 居士~ (149, 11.8%)

2 前から, 来て, 私に

1 [143件] あった, いいましたよ, いきなり逆立ち, いやもし, いるよう, かつて, かれに, がんりきの, けたたましく二つ三つ足蹈, こういう言葉, ここに, こつぜんと, この家, この芭蕉, さきに, しみじみと, じっと眼, その両者, その後一念に, その親友, それを, どこかの, なにゆえに, はじめて自分, はじめて言った, ひがんで, ひょいと手, またしても, わざ, アリストテレスの, インドに, キラヒです, チベットに, チベットの, ドッカと, ヘルメット形の, 一所に, 一歩々々刻苦, 三度続け, 不破の, 云う, 云ふ, 今度は, 伊藤松宇片山桃雨諸氏と共に, 会話の, 会話を, 低い声, 余に, 余を以て, 儒家らしき, 円朝に, 出発当日の, 分類に, 取り上げた辞書, 口を, 古池の, 名づけたの, 名づけて, 呼び寄せて, 四本の, 坐って, 夕涼みの, 外来物を, 大な, 大学在学中二三度松山に, 太く怯えた, 子供達の, 帰ったと, 帰るや, 帰省し, 当時豪奢の, 彫りのこして, 従軍中咯血を, 必死の, 悲し気, 愛慕さる, 懐くよう, 我ら仲間の, 戦地に, 扇子を, 折節帰省中であった, 拾って, 拾つて仕舞つた, 掲げた文章, 新しい青年, 日本南北の, 早くも, 書物を, 最初から, 最後の, 来ると, 校門を, 根岸の, 正装を, 此の, 死ぬまで, 死んだ, 活歴劇流行の, 渡り廊下を, 炭焼の, 特に施し, 独り寝台の, 病気で, 相当語学, 真実竜樹の, 知るところ, 石を, 祈祷と, 神力を, 私を, 粘液的に, 羽村に, 羽村へ, 耳の, 脚本を, 自己の, 自由党を, 茅町の, 菅笠に, 藜の, 行かれた時分, 袴を, 補綴した, 見たらなんと, 見て, 見て取って, 見て取りました, 見のがさず, 親分らしい, 言いましたよ, 言います, 言い出したかという, 託し向けられた旨, 議会を, 身代りと, 迷惑がり, 野人そのまま, 青年の, 飄亭君に, 騎士に, 魔法の, 鳴尾君の, 鳴雪翁碧梧桐君らと共に

▼ 居士~ (69, 5.5%)

6 云ふ 4 余との 3 不破の 2 いえば, 云うの, 号す, 法諡せられた

1 [48件] あるから, いう, いうだけ, いっしんにおんまなこ, かいみょうをえりつけられ, きては, この湯殿, したの, つけて, つけられた, つけられたという, 並んで, 二人が, 云うなあ, 云う山田, 云えば, 云つた, 云ひ, 云此に, 交渉が, 今一度声に, 仏陀波利が, 何らの, 余とは, 内藤鳴雪氏とは, 反対に, 口の, 古白君との, 号し, 大学の, 存ずる, 愛弟子, 文殊菩薩との, 歿年月日を, 申候, 異号を, 真直に, 石井氏の, 碧梧桐君と, 私が, 私との, 称する奇蹟行者, 結婚しなけれ, 結婚イタシマセン, 署した, 若い坊主頭, 號し, 言ふと

▼ 居士~ (61, 4.8%)

1 [61件] あって, いいつけられたまま, おくる, おしえられて, お目, しては, そう云う, そだてられて, そだてられ友, なった, なって, ならないため, なる, なるかな, なるという, なるより, ダンスを, 一言を, 今日の, 代って, 会った, 伝授申候事ものの, 俺は, 兆候が, 別れた, 加えた殺人方法, 取っては, 取り懸る, 同じく不二, 在っては, 変化させた, 就いて, 手紙を, 接しながらも, 文通し, 明け渡したの, 書卸し, 會つた, 比べたら田舎, 気が付いたので, 洩らして, 現われる竜樹, 至っては, 蘭学と, 見て, 見放されたという, 訳を, 話しますと, 転送し, 送った, 送った手紙, 逆立ちを, 通告し, 逢うこと, 逢った, 逢ってから, 関係あった, 関係の, 附いて, 限る彼, 飛び掛かったの

▼ 居士~ (38, 3.0%)

2 中心と, 訪問し

1 [34件] しっくりと, 上り口に, 中心としての, 交じへて, 代表する, 俟たなけれ, 信頼し, 取りまいて, 失望さした, 導いたもの, 導いた事, 思い浮かべる, 悦ばした, 慰問の, 招じ入れる, 掻き, 数へ, 最もよく物語っ, 柊屋に, 棄てたるか, 歩かせたに, 殺して, 父と, 病床に, 発見した, 見たが, 見舞った, 見舞って, 覗いて, 訪ねて, 訪ねる初相, 訪ねる生一本, 識らず, 階段の

▼ 居士~ (31, 2.5%)

2 皆同音

1 [29件] かつて, かつてこういう, この語, しまいには, そう気取った, その中, それを, ついぞなく, また同じ, もうどうする, やっと腰, 一刻の, 亦其の, 仰せに, 余も, 全く面くらいました, 同じこと, 執筆に, 奥羽旅行の, 居士だ, 巾着じ, 既に指摘, 来るし, 浮かばれる訳, 無上命法も, 竹童が, 竹童の, 笑った, 飄亭君も

▼ 居士から~ (16, 1.3%)

1 [16件] こんどこそ, よくお, インドの, ペンを, 余らに, 勧められた, 口止めされた, 教えられたの, 教えられた幻術, 注意を, 浄善に, 漱石氏に, 聞いた話, 若干の, 話を, 駒井甚三郎の

▼ 居士自身~ (12, 0.9%)

2 の不平 1 が告白, で, で文章, の傾向, の哲学観, の抱懐, の煩悶, はその, ばかりでなく, も認め

▼ 居士との~ (9, 0.7%)

1 つき合, 二人に, 交遊は, 手紙の, 間だけには, 間には, 関係は, 関係を, 音信の

▼ 居士という~ (8, 0.6%)

1 のである, 人が, 俗間の, 山家おやじに, 戒名, 発句も, 道人が, 隠士は

▼ 居士~ (7, 0.6%)

1 あつた, すら敢, それに, はない, 六十五だ, 怒らぬこと, 沢庵石へ

▼ 居士~ (5, 0.4%)

21 を聞, 一弟子, 墓

▼ 居士さま~ (4, 0.3%)

3 のお 1 とおっし

▼ 居士~ (4, 0.3%)

1 から忽ちに, と思, と牡丹, と言

▼ 居士には~ (4, 0.3%)

2 それが 1 予察が, 居士の

▼ 居士である~ (3, 0.2%)

1 からおそらく, ということ, ような

▼ 居士では~ (3, 0.2%)

2 ないか 1 なかった

▼ 居士とは~ (3, 0.2%)

1 おそるべき烱眼, 熟議を, 通信も

▼ 居士~ (3, 0.2%)

1 ところ, のかも, ので御座います

▼ 居士によって~ (3, 0.2%)

1 唱道せられた, 更により, 社会に

▼ 居士~ (3, 0.2%)

1 その他同人らの, 利かん気, 鴎外君などの

▼ 居士~ (3, 0.2%)

3

▼ 居士先生~ (3, 0.2%)

1 がこの, の兄弟弟子, の弟子

▼ 居士からの~ (2, 0.2%)

1 一くさりを, 紹介状を

▼ 居士その~ (2, 0.2%)

1 人だった, 人であります

▼ 居士といふ~ (2, 0.2%)

1 ものあり, 位牌を

▼ 居士と共に~ (2, 0.2%)

1 グンパールという, 過ぐし

▼ 居士にも~ (2, 0.2%)

1 あった, 影響し

▼ 居士よりも~ (2, 0.2%)

1 前に, 巧者な

▼ 居士五十一歳初代瑞仙長男~ (2, 0.2%)

2 実玄俊信卿男

▼ 居士以外~ (2, 0.2%)

1 の人, の名前

▼ 居士信卿瑞仙弟京水父~ (2, 0.2%)

2

▼ 居士像等~ (2, 0.2%)

2 には狗狸

▼ 居士~ (2, 0.2%)

1 もあっ, を許された

▼1* [114件]

居士いきなり腰を, 居士いたずららしい笑み, 居士いつになくかたく, 居士うつしの浮体, 居士かな思ふこと我等, 居士がははあなるほどこの, 居士こしらえてくれる, 居士これを罵る, 居士さっさと引揚げる, 居士それでもよいで, 居士だけに許して, 居士だってまだ若い, 居士であったが居士, 居士といへり, 居士として島田蕃根だの, 居士とても私の, 居士とでも言いそう, 居士ともいふべき人物, 居士どうしたかしら, 居士どもをみんな, 居士なぞいうて, 居士などと呼ばれる三島沼津, 居士などというのは, 居士などに惚れる宝塚少女, 居士などの方が, 居士などもその天才, 居士なんて名を, 居士に対して悪声を, 居士はじめわれらの仲間, 居士はと見ると, 居士交互に, 居士への受け答えと共に, 居士ほんとに愚楽老人なんか, 居士もう今ごろは, 居士より三四年後に, 居士らしい枯淡な, 居士を以て最と, 居士ト号ス則チ文ハ宮ノ御, 居士ト石文アリ此ヨリ此沢ヲ参河沢ト唱, 居士一歩さがって, 居士一読覚えず案, 居士を棄てたる, 居士中江篤介氏が帷, 居士二代目が若い, 居士以上の作, 居士以前の俳句, 居士以後の発句, 居士仲間の随一, 居士何卒舎利弗が, 居士によって敵, 居士信玄の威風, 居士祿七年甲戌十一月二十三日と, 居士元禄四年辛未五月十八日, 居士全体を継承, 居士初め何人も我党, 居士即ち俗人であり, 居士及自己を欺い, 居士只今思い合す事, 居士号大姉号をつけ, 居士嘗て外来物を, 居士在らず徒らに, 居士は下谷区入谷町静蓮寺, 居士極めて渇仰, 居士学者が其伝統, 居士安永五年辰正月と彫っ, 居士寶暦元年辛未十二月十六日, 居士小太郎山の龍太郎, 居士夫婦, 居士折々戯曲論を, 居士とある, 居士文久元酉年七月二十四日, 居士文政三年庚寅十二月十二日松壽院妙眞日實信女文化十二年乙亥正月十七日と書し, 居士既作の処女作, 居士明和六年己丑七月遠州舞坂人, 居士明治二十一年十二月二日と書し, 居士明治四年未六月三日, 居士時代から俳句, 居士曰く過去世に群鶏林中, 居士村木さんは村木さん, 居士枕頭の話題, 居士武田信玄の孫, 居士死す六十六歳, 居士とあまえる, 居士没後には跡, 居士を売っ, 居士湯川老人の柩, 居士とうやまう, 居士片や神保造酒を, 居士琵琶法要のもよう, 居士生前からあった, 居士相伝の浮体, 居士相当のところ, 居士はひたむき, 居士竹童をひっかかえ, 居士自身病床の臭気, 居士菩提所の由縁, 居士行年七十二歳とあるは, 居士の通り, 居士僧を, 居士謫仙人李太白の素性, 居士豊太閤に仕え, 居士の軽い, 居士近くは坪内博士, 居士追善興行とし, 居士追懐談の筆, 居士透かさず相受ける, 居士逝去後俄にまめまめし, 居士逝去後居士に対して悪声, 居士遠来の僧, 居士鉄淵の弟子, 居士長屋じゅうへひびきわたる, 居士青天井の下, 居士鳴雪翁埋髪塔, 居士鳴雪飄亭非風