青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「役人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

形成~ 彦~ 彫刻~ ~影 影~ ~影響 影響~ ~役 役~ ~役人
役人~
役割~ 役所~ ~役目 役目~ ~役者 役者~ ~彼 彼~ ~彼ら 彼ら~

「役人~」 4486, 48ppm, 2409位

▼ 役人~ (664, 14.8%)

16 前に 118 一人が, 方で 7 目を 6 手に 5 ような, ように, 前で, 前へ, 方は, 眼を 4 ほうは, 一行が, 前を, 家に, 手で, 耳に, 見える前, 頭は

3 [18件] すること, ところへ, ヘラヘラ笑い, 一人は, 世界, 中で, 來る, 夢にも, 手を, 指導を, 方が, 方へ, 方を, 目が, 目に, 目の, 顔は, 顔を

2 [36件] それに, ひとりが, ほうが, やうな, 一人で, 一人を, 一行は, 中でも, 中に, 中にも, 仲間に, 傍に, 吟味に対して, 吟味を, 命令に, 声を, 年寄用人書役などが, 後ろに, 手には, 手によって, 手へ, 手もとまで, 提灯が, 方に, 月給などに, 株を, 検分が, 検視を, 生命も, 眼が, 筋を, 組打ちの, 署名と, 靴音と, 靴音も, 顏を

1 [420件] あとへ, あやまった不当, ある種, いらない社会, いる処, いる場所, いる袋部屋, うちには, うちの, うち誰も, うぬ惚れ, おさしず, お前に, お叱り, お宅, お手心, お給仕, お見廻り, かたがたいまに, こつちや, ことである, ことは, ことらしい, ことを, ご出張, さしつけたあかり, しかつめらしさ, しかも新居番頭, そりの, ために, だれかが, だれかと, だれかれ, つくつた天下り, つめて, ところに, となりに, どなる声, はうは, はしくれに, ひとりかと, ぴしぴし人見知り, ほうで, ほうへ, ほかに, まえに, むずかしい瞬間, むれ社前, もとで, やうに, やること, ソルティーニは, フロベルヴァルが, 一人である, 一人として, 一人に, 一人や, 一人一人についてなど, 一人津田玄蕃という, 一人酒田萬右衞門と, 一名を, 一味の, 一行と, 一行の, 一身上に, 一部に, 三人も, 上に, 上玉と, 下僕とも, 不安は, 不用意を, 不行届きにて, 不行届きのみにより, 不行届き十度を, 不調法を, 不面目である, 世界すなわち, 世話で, 中から, 中には, 中の, 中へ, 中へも, 中央に, 事務局なんかじゃ, 人形が, 仕事で, 仕打ちを, 付き添いで, 仰せである, 仲間には, 仲間にも, 仲間の, 休み日, 会所に, 住いへ, 作か, 係りだ, 儘に, 全部とは, 全部について, 冷厳な, 処へ, 処置に, 出る幕, 出席を, 出張, 出役を, 判断によって, 判断は, 利口でない, 制止も, 前にて, 前へでも, 力で, 助けを, 助力で, 包圍の, 化け手先だった, 北鏡蔵も, 取り計らいにて, 取り調べに, 取調に, 取調べに対して, 受くべき, 口から, 口を, 古手と, 古手の, 吃驚さ, 名に, 名は, 名折れにも, 呑氣さで, 周囲に, 呶鳴る, 命令だ, 命令なんて, 嘘つきの, 囲いものに, 地位を, 坐って, 型とか, 場合の, 変装で, 外には, 多いころ, 多數, 大頭に, 失恋なんて, 奥さんに, 奥君という, 奥様かい, 奴隷扱いに, 奸曲奉行の, 如くこの, 妻と, 妻君が, 妻子は, 妾だ, 姿と, 姿も, 威し文句だ, 娘であった, 娘など, 宅に, 官僚的な, 実例や, 宴会などに, 家が, 家で, 家としては, 家には, 家よりも, 家庭職人の, 家柄で, 寵愛を, 専恣を, 居る処, 居る所, 帰って, 常として, 年寄役及び, 幽霊が, 幽霊は, 幾人だけが, 引き揚げた後, 形式的な, 役人たる, 後ろ姿を, 後方を, 得意と, 御人数, 御手, 御案内, 御機嫌, 御集会, 復命に, 徳を, 心が, 心がけです, 心に, 心掛けとしても, 忠君愛国主義鼓吹の, 怒鳴る声, 思いちがいを, 性格善人の, 恥だ, 恫喝に, 意見を, 感情を, 態度が, 懐ろには, 懐ろの, 所に, 所へ, 手から, 手が, 手でも, 手ばやくそして, 手まで, 手儘に, 手先を, 手前その, 手前味噌の, 手帳を, 手技り, 手抜り, 手抜りな, 手数を, 手配が, 承認を, 指でも, 指圖で, 指揮し, 支配し, 数だけでも, 数は, 文化政策は, 方々が, 方からも, 方へも, 旅費ならびに, 普請事の, 暑中の, 暮し向は, 暴れ者これを, 曰く, 服が, 本質や, 札立て, 机の, 杞憂は, 来たこと, 来た時, 来るべき時, 来るべき表口, 来る前, 来る恐れ, 松明が, 枕もとへ, 案内で, 椅子が, 検分で, 検視も, 権幕を, 横ビンタを, 機嫌が, 檢屍の, 殺されたこと, 油斷を, 法律論は, 注進で, 溜りなど, 点呼を, 無慈悲な見張, 無能と, 無道を, 父が, 特徴を, 狼狽を, 生活形態に, 画心の, 畜生奴棺桶の, 番を, 癖に, 目から, 目には, 県知事などが, 真似を, 眼に, 眼には, 眼の, 眼怖, 知つた, 知らぬ間, 知るところ, 石井の, 禁ずる所, 私事に, 私宅の, 私曲非分は, 秘密という, 税を, 立場も, 端くれでは, 端くれに, 端には, 笠などが, 策謀も, 箍が, 箕作阮甫で, 給料なかるべからず, 給料は, 網に, 署名が, 群れが, 耳が, 職に, 職分を, 肚の, 肩書の, 脚元を, 腐敗沙汰なぞは, 腐敗沙汰にかけては, 腕の, 腹は, 臨席を, 自由に, 自由裁量によって, 船と, 船に, 良い所, 若手で, 行って, 行動が, 行動は, 行為によって, 袖に, 袖を, 被る帽子, 袴を, 裏面に, 見える頃, 見廻りが, 見舞が, 見舞を, 親切で, 親玉と, 観念を, 言い分は, 言うこと, 言った通り, 言に, 言ふ, 言葉であった, 言葉に, 訊問を, 評議にも, 詰め所それに, 詰め所に, 詰め所には, 詰め所の, 詰め所も, 詰め所を, 詰所にも, 詰所の, 詰所は, 詰所も, 詰部屋と, 話では, 誤りだつた, 説くところ, 誰かが, 誰も, 調べが, 調書や, 責任であった, 責務の, 賄賂の, 賄賂を, 質問に, 身として, 身の上にも, 身の上も, 迎えに, 迎へに, 道楽劇で, 邸の, 邸跡である, 酒手を, 重き越度と, 重なる者, 釣り方, 鉄杖は, 間で, 間に, 間にすら, 間には, 間を, 階級を, 集まる会所, 集まる馬籠, 面々に, 面よごしだ, 面を, 面目が, 靴音を, 頭が, 頭に, 頭にも, 頭ほども, 頭を, 顏が, 顏や, 顔も, 食料や, 馬鹿め, 駐在所は

▼ 役人~ (596, 13.3%)

22 来て 13 出張し 6 来た 5 それを 4 きて, 出て

3 [12件] ある, あわてて, いて, やって来て, 之を, 乘込んで, 來る, 出向いて, 出張って, 私の, 詰めて, 賄賂を

2 [27件] うしろから, おおぜ, ついて, どこかで, わいろを, ゐて, 両手を, 云いました, 住んで, 入って, 入つて, 大急ぎで, 寄って, 怖れ, 手に, 持って, 旅行券を, 来るまで, 板の, 法律を, 甲の, 穏か, 立って, 米友の, 見て, 足を, 車を

1 [452件] あずかりおいて, あちこちに, あって, あつた, あの人, あの男, あまり長く, あります, あるじゃ, あるばかり, あんなヘラヘラ, あんまり低い, いた, いたが, いった, いったいどこ, いつも満員, いなくなったり, いなくなるよう, いぬと, いばりくさるの, いるで, いるの, うじゃうじゃ群がっ, おいで, おいでだつたら, おぎりでつくったような本, おまえの, およそどんな, おりますし, お取り調べ, お見え, かくの, かつかつと, からいばり, かわりでも, きた, きまって感激的, きらいだ, きわめを, くやしがっ, くると, ぐずぐず言え, こ, こっそりと, こっちへ, この件, この倉庫, この始末, この手紙, この自身番, これほどまで, こわい目, こんどは, させたの, させた事, しいておねがい, しかも勤勉, しさい, したの, しるしだけの, すぐはいっ, すわやと, そうし, そこに, その二品, その人, その侍, その供養物, その大きな竹, その専断力, その提灯, その死骸, それでも何, そんな事, つと進んだ, つめて, とにかく上官, どこに, どんなに長く, なまくらに, はじめて多少の, はんぶんまで, ひっこむ, ひとたび, ひとたび役所, ふたりへ, ふたり両手を, ほんとうに, まいられて, またまじめ, まだしばらくは, まだ出張, みんな幕の, むずかしい顔, むづかしい顔を, もう一度罪状, もう渡さん, ものものしく押し込ん, もはやその, やかましくなけれ, やって来た, やって来ては, やらないから, ゆびもて弾く, よくゐます, よんだ, わき見も, ゐました, ゐるかと, イリインカの, オランダ語の, クラムな, グッと, ピカリと, 一人ならずいた, 一人に, 一人の, 一人やって来, 一人位あるだらう, 一人帽子も, 一人我々と共に, 一人斬られた, 一人通弁として, 一切の, 一度こう考えた, 一度に, 一度自分, 一生を, 一般に, 一通の, 三井の, 三人も, 三人左右から, 三四名付き添い, 上役として, 与える知らせ, 中野重治と, 乗って, 乗り込んで, 乗込んで, 二三こそこそ, 二三人寄っ, 二人ほど, 二人先頭に, 二人勘定所からは, 二人町を, 二等の, 云うには, 云ひました, 云われたけれども, 五六十飛ん, 人心の, 人民を, 今まで, 今日あたりは, 今日では, 仙台領の, 代わる間, 代地を, 仲裁に, 伸び上がって, 何と, 何も, 何を, 何用あっ, 來てる, 來ない, 依然として直立, 側から, 先ず旅券, 入るという, 入口に, 八方から, 八王子の, 六つの, 具体的な, 出入りの, 出入りを, 出向き千葉, 出向くの, 出張した, 出張しない, 出張り町役人, 出張町役人土地の, 出来た, 出来た訣, 刃物に, 動きだす気配, 動く世の中, 勝手に, 十人ばかり, 千人ばかり, 厳格に, 参りましたから, 参加し, 又まじめ, 又何, 取り違えて, 取調べの, 古河市兵衛には, 只文句, 叫んで, 可哀そうに, 右両人の, 吃驚し, 各方面とも, 同僚に, 向うなどとは, 吟味の, 呼び止めますと, 命令し, 咎めると, 啀みあっ, 商人との, 善良で, 四五人かかっ, 国を, 国民に, 土下座を, 坐って, 執務する, 執筆させたい, 壇に, 声を, 変な, 外で, 外人を, 多すぎる, 大きなお, 大きな声, 大刀を, 大勢し, 大勢の, 大勢来やがった, 大勢集まっ, 大股に, 大阪へも, 天鬼の, 太刀に, 奏上した, 奥の, 始終二, 姓名を, 威張りまして, 宜しいやう, 家の, 家へ, 家財道具など, 寄せつけまい, 小学校の, 小手まわし, 居り支配人, 山の, 山へでも, 巡回し, 左右に, 市中でも, 帰った後, 帰よる, 帳薄を, 幕府から, 平ヶ岳へ, 平素執務の, 年頭の, 床几に, 店頭に, 店頭へ, 引連れて, 役人でない, 彼の, 彼女に, 待ち兼ねた様, 後で焚きつけ, 後学の, 得物を, 御出張, 御用と, 心得て, 心術が, 念の, 思い過ごしから, 急に, 感心し, 懐から, 我々を, 或る, 戻った, 手を, 手習でも, 押しかけて, 持つて, 捉まえる, 探偵を, 揃って, 摘み食いを, 政党に, 敬意を, 数十人の, 旅を, 旅客の, 日夕かくの, 星の, 是れ, 書記を, 最初に, 束に, 来たもの, 来たら俺, 来た事, 来ても, 来ないもの, 来ました, 来ましてね, 来ましては, 来られた, 来る, 来るか, 来るだろう, 来るなあ, 来るの, 来るので, 来る巡査, 来れば, 森林保護の, 椅子に, 検べても, 検死の, 槍を, 権柄の, 横から, 横柄に, 止せば, 正面に, 此宣命を, 歯ぎしりした, 残らずしくじる, 段々もぐり, 民草を, 沢山居る, 沿岸の, 注意し, 注意した, 洒落た外国製品, 混って, 滅多に, 漁師と, 焼きすてようと, 牒を, 狐に, 猿を, 現れると, 現われて, 現われんの, 番所へ, 疑ったよう, 登庁する, 皆お, 皆そうである, 皆其方の, 皆御, 盗んで, 目証の, 直ぐに, 県下で, 眼を, 督促しよう, 磁石を, 福島山村氏の, 私に, 私方に, 立ちあがって, 立会って, 競うよう, 答えました, 答へ, 箕面公園に, 紙切を, 細かく教示, 続々と, 置いて, 群れ集まって, 考へて, 耕雲斎以下の, 聞いて, 聞きとがめて, 肥の, 肩を, 腐敗し, 腹を, 自由を, 茶色の, 藩の, 行動する, 街から, 要る, 見え, 見えたやう, 見えて, 見えるの, 見える前, 見つけしだい, 見付けて, 見廻りに, 親しげ, 親切に, 言ったそう, 言った通り蝦, 言明し, 許すなんて, 詰めた時, 話した, 調査され, 講釋すつ, 責任を, 走って, 踏みこんだところ, 踏みこんだので, 躍気, 車から, 迎いに, 逆とんぼ, 逆立ちを, 這入つて, 通行すれ, 通行中に, 通過する, 連れて, 進み出た, 道を, 遠くから, 選ばれて, 酋長の, 酒や, 重ねて, 金を, 開いて, 開港を, 間違えて, 附いて, 附て, 雪をか, 非常に, 音楽や, 頑張つて居ちや, 頭から, 首を, 馬鹿だらう, 騒ぎを, 驚いて, 高圧的な, 黙過した

▼ 役人~ (499, 11.1%)

7 それを 4 私を 3 いいました, これを, 二人とも, 法律によって

2 [23件] いうまでも, その時, べつに私ども, まじめな, ややともすれば, メリケン粉のから, 中老で, 云った, 人民の, 僕を, 刑場に, 命じた, 容易に, 役人と, 彼の, 急に, 是非なく, 毎日, 眼を, 答えた, 言った, 追って, 顔を

1 [430件] あちらにも, あとを, あるいは国内, あれで, あんまり夫婦, いくら声を, いずれも, いった, いって, いつた, いつに, いまききなす, いません, いろいろに, いわれた通り, うなずいて, おどろいたよう, お三方, お台所, お役目, お答えしました, お蝶, かねて見知っ, かのキリスト, がたぴしと, きいた, きらいであった, くりかえしひろ子, こう言葉, この御, これだ, これに, こわい目, こわい者, さも横風, しきりに, しばしば法規, しょっちゅうしかも, じっとサンドリヨン, じろりとマン, すぐかれ, すぐに, すでに何回, すでに高級船員, そういうふう, そこに, そこを, そしらぬ顔, そつと, そのとき三上藩, その前, その口, その役人, その態度, その日, その書上帳, その点, その物音, その筋, その金包, その駕籠, それでも顔, それには, それ見た, そんなこと, そんなに分らずや, そんな由緒, ぞっとした, たいそうかくしきばった, たいへん心, たえずその, たえま, ただこれ, ただ昏, たちまち行き, だいたい, ちょっと鼻白ん, つい前後, とかくうち人民, ときどき障子, とても大切, とめた, ともかくその, どうなりました, どう解決, どれも, なお人夫, なぜかう, なにゆえに, なんで, なんという, なんと言った, にらんだが, ぱったり視線, ひどく驚い, ひょいと目, びつくりした, ぶるっと, ますますさかん, まず女, またお松, また処刑, まだ出張, まだ夢, まだ年, まだ暗い, まったくクラム, みだりに私情, みんな道徳上の, むろんの, もうがさがさ, もうがさがさと, もう一ぺん, もう待っ, もう文学者, もう歸つた後, もう長浜, もちろんとる, もちろん通詞, もっともな, もっと知恵, もともと公僕, もとより, やがてまた, やがて引き揚げ, やさしい声, ゆっくり肩, よろしく概念法学流, ゐない, タジタジだ, ドギマギとして, ナイチンゲールの, ニヤリと, ラグナグ王の, ヴェリチャーニノフにとって, 一には, 一人で, 一人も, 一個の, 丁初と, 三人とも, 三十分ある, 三十分あるいは, 三右衛門の, 上下を, 上座の, 下役を, 下役人に, 不滿足, 両側と, 中学生なんか, 主人を, 之を, 九千両に, 九千五百両で, 事務よりも, 事務机の, 二人を, 云つた, 互に嫉視反目, 互に頷き合い, 人々を, 人なかでは, 人の, 今も, 以前より, 伏鐘の, 何にも, 何んと, 何人ほど, 何処の, 何處に, 來ず, 俺の, 偽物でございます, 先ずこういう, 入ること, 入札の, 八方行方を, 公平を, 公私を, 兵馬が, 兵馬に, 内外人を, 再びかの, 処刑の, 出て, 出張した, 初めてさとった, 別に自分, 前と, 劉備青年の, 勝利である, 勿論凡そ葵, 勿論見物, 十分この, 千束町の, 厳しい声, 去って, 取締に, 古い廟, 叩頭し, 可成立派, 叱, 叱咤する, 右の, 右源太の, 同じやう, 同僚と, 呆気に, 呶鳴っ, 品物は, 唯だ, 商人を, 善良な, 嘲けるよう, 囚徒が, 困りもの, 固より, 土地の, 城中へ, 声が, 声を, 多くは, 多分そんなふうにまで, 多分一万, 夜討ちを, 夢中で, 大いに喜んだ, 大なる, 大事を, 大分寄っ, 大定年中, 大層驚く, 大枚三千両とか, 奉行所の, 妻籠本陣に, 威張るそれだけ, 学生の, 安堵したほ, 官僚的に, 容易ならぬ, 寂しい生活, 審問の, 小太郎に, 小太郎の, 小首を, 川越し人足の, 左膳の, 帆村に対し, 帰られたこと, 帰る途中, 帰宅を, 常に必ずしも, 幕府へ, 幕府方と, 平静らしく見える, 年こそ, 幸いに, 庭に, 引っ返して, 引取つて葬ひ, 引取つて貰ひたい, 引揚げ, 役人が, 役人だ, 役人で, 役目の, 彼に, 彼らが, 彼を, 彼等を, 後者と, 得意さうに煙を, 御船手水主同心森田三之丞以下五人, 心得て, 怪量の, 恐いでし, 恐らくハチ公, 恐る恐る答えた, 意地悪い, 愚か当の, 感心し, 慌てて, 戌の, 成程と, 手が, 打切って, 改めて盲法師, 整列し, 文官も, 旅人の, 昔ながらの, 時々様子, 暇が, 書類も, 曾を, 村長の, 来て, 来ないで, 来る新聞記者, 松葉杖と, 柴折戸から, 案に, 棒を, 棟梁の, 検印も, 極優しい, 権力という, 橇に, 歸つてしまつ, 殆ん, 殿さまの, 気が, 気がつかなかったと, 気ちがいだ, 決して不正, 注意し, 津軽の, 無事に, 熱鉄で, 牢屋の, 特に女, 狡策に, 王侍御, 現場に, 生国不明と, 申されました, 申すまでも, 町奉行の, 當時役得だけでも, 癇を, 登場しない, 白並とは, 百姓が, 百年の, 皆京都あたりの, 皆出, 皆逃げ出した, 皮肉と, 直ちに彼等, 瞞か, 矢の, 知らず識らずし, 知らん顔を, 私が, 私たちが, 私達に, 突っ込む, 立ちあがって, 立ちどまった, 立ち帰りました, 立って, 立上がって, 立身の, 答えて, 米友の, 米友を, 納得せぬ, 素通りを, 結局柵に, 絶無である, 罪な, 罫を, 美濃路から, 聞きました, 職業の, 肩を, 胡散さうに眼, 脱幇, 腐敗しきっ, 腰を, 腹ア切る, 自分の, 舟で, 船頭もろとも, 苗字帶刀を, 英語も, 茶わんを, 葉を, 葛飾と, 行って, 袖の下で, 裁を, 見えたかい, 見て, 見下して, 言って, 言葉を, 許すこと, 詰る, 誤魔化せると, 読んで, 誰でも, 調べの, 謹んで, 警察官を, 貝殻の, 貴方様の, 賄賂を, 賢明なる, 赤いくつを, 躍り上らんばかりに, 身体を, 軽くその, 軽く笑っ, 述べた, 退いて, 郡長の, 鄭重に, 酒臭い, 金三歩を, 金次第で, 阿賀妻の, 陋劣と, 陣頭に, 除幕式の, 青くなっ, 静かに, 非常に, 頑丈な, 頑固らしく, 頭を, 頷いたり, 馬車を, 駅の, 騎馬で, 騒ぎ立てようと, 驚愕した, 高声に

▼ 役人~ (381, 8.5%)

14 なって 6 向って 4 して 3 つかまって, むかって, 捕まって

2 [27件] お目, したい月給, なったこと, なっても, なりたいと, なること, なると, なるの, 似て, 出張し, 反抗した, 命じて, 嗅ぎつけられて, 對する, 引渡された怨み, 引渡したの, 引渡しました, 抜け目, 捕えられた, 會は, 笞打たれ, 縛られたとき, 見咎められたの, 訴えて, 追われて, 追立てられ, 違いない

1 [294件] あんなこと, いいだろう, いたるまで, いわせれば, おどりかかる, お牢屋, お目にかかって, お聞きなせ, お辞儀し, かかって, かかる専断力, こうこういう, ことわって, しても, しゆ, しろ伸子, しろ誰, その手紙, それぞれ宛てた, それほどの, そんな説明, たくさんの, だきか, だまされ候事, ついて行く氣, つかまったらどう, つかまっては, つかまるか, つかまれば, つけて, つめ寄る, つれられて, でしゃばられては, とっつかまって, とりたてられたと, なされまた, なった, なったか, なったの, なったばかりの, なったら非常, なったり, なったん, なった人々, なってから, なつた, なつて, ならうと, ならないで, ならないの, ならぬか, ならぬでも, ならぬと, なられた, なりきって, なりすまし大手, なりたいしかも, なりたがって, なりたがるはず, なります, なり樺太庁, なる, なるかも, なるため, なるといふ, なるにも, なるも, なる気, なれぬまでも, なれば, なれると, はいらぬ, ぶつかったとしても, へいこらし, まぎらわしき風体, みはられて, むかいその, よく仔細, わざわざそれ, わたした, ソッと, ツァウォツキイが, ペロリと, 一と, 三千円から, 下間某といふ, 不満な, 与える恩賞方法, 与える訓令, 主人に, 云い含ませ隅田川, 云つた, 今夜の, 仕上げようと, 付いて, 付き合うと, 付けて, 代わり結婚者, 仰せが, 会いに, 会う, 会ったとき, 会った時, 会つた, 会ふと, 伝言を, 伴れられ, 伴われて, 似た侍, 傍聴券を, 内示した, 処刑され, 出あって, 出会った, 刺を, 加は, 化けお, 占領された, 危害を, 反抗し, 取り入りその, 取り立てて, 取次ぐという, 叱られ滑川, 同情さえ, 同行した, 向かって, 向かないよう, 哀訴し, 嘘吐き, 噛みついて, 囲まれて, 報告する, 声を, 多少の, 失礼なんぞと, 奉仕する, 寝泊りさせる, 対応する, 尋ね出されるよう, 尾い, 屆け, 届けた上, 届け出たから, 左右を, 差出して, 幾度と, 引き渡して, 引き渡すと, 引き立てられて, 引き立てられようと, 引つ掛つたら忽ち, 引渡したです, 引渡して, 引渡すと, 引渡すといふ, 引繼いで, 御物の, 心附まで, 忠告を, 怒鳴られながら, 怒鳴りつけるよう, 怪しまれて, 悪感情, 感謝の, 成りきっては, 成りたいと, 成りたい而, 手向いし, 手向いなんぞを, 手渡して, 手渡すの, 打ち明けた, 投げ渡す, 抱かせたの, 持ち込んでるという, 挨拶した, 捉まりたくない, 捉まろう, 捕へ, 採用する, 提示し, 提示した, 握らせたという, 握らせると, 教えさ, 教えて, 文句を, 斬られて, 断ったが, 暇乞を, 會つた時に, 會へば, 案内せられ, 検べて, 楯を, 楽器の, 武蔵は, 没収された, 法学的素養が, 渡し応否, 準じるもの, 物を, 特権の, 狩りたてられて, 申しました, 申しませうか, 申し遣わせて, 監視させ, 睨まれて, 睨まれること, 知らせると共に, 知れて, 示しました, 私の, 移って, 突き出せ, 突き飛ばされて, 立身した, 笑われるよ, 答えた, 答へる, 簡単な, 粕臭え, 聞いたところが, 聞いた棟梁, 聞えたらどう, 聞て, 腕貸しを, 自分は, 至りましては, 至るまで, 良寛さんの, 薬を, 襟首を, 見えて, 見せた, 見せたところが, 見せたの, 見せたら忠, 見せてさえ, 見せないわけ, 見つかってさ, 見つからないうち, 見とがめられたの, 見付けられると, 見付けられる前, 見咎められて, 言いつけて, 言いつけました, 言ったと, 訊ねた, 訴えた為, 訴え申し金, 詰問的の, 誠意の, 調べられたこと, 調べられると, 調べられるよう, 調べを, 調査材料を, 責められて, 責められても, 貸して, 賄賂は, 賄賂を, 贈る秘密, 身を, 迫る, 追い払われこの, 追い詰められて, 追われつつ, 追われる者, 逢い二十八年前, 逢って, 逢つた, 進んだ亀屋栄吉, 遇った, 遇っても, 遠慮は, 選挙された, 金を, 鉄砲で, 鑑定し, 間違われるが, 附いて, 限って, 陸と, 頼まれて, 頼み込んで, 頼んで, 願ひました, 食い下がられて, 食い留められた時

▼ 役人たち~ (282, 6.3%)

3 もその

2 [14件] に言いつけ, のうち, の前, の心, の注意, の言動, は, はこの, はそれ, はびっくり, は来, は私, は私たち, もそれ

1 [251件] があの, がい, がいそいそ, がいや, がこの, がしん, がその, がたがい, がのりこん, がはいっ, がまじめ, がみな犬, がめいめい, がやってき, がゆるし, がオリンピック, がドクタア・マレーその他手伝い, が一揆, が五六名, が休ん, が入口, が几帳面, が反対, が取り次い, が吟味, が土地, が對手, が少し, が川破り, が怠慢, が我々, が手近, が望む, が村, が来合わせる, が案内, が湯, が湯舟沢村, が火, が立っ, が聖者さま, が観念, が言葉, が調べる, が谷川橋, が追っかけた, が通りかかっ, が雲霞, が顔, その中, だけが泊っ, だと, であった, でさえもどんなに, です, ですら, でその, ではどうにも, でも正式, でも神隠し, で開封, というもの, とのあいだ, とのつながり, との関係, と同じ, と小樽, と折衝, と相いれない, なの, なん, にいちばん, にお, にたより所, にとってはいわば, にとっても大いに, には出来, には民衆, には蛇, にむかっ, にもまだ, にもよく, にも命じ, にも容易, にも知れる, によってである, に会っ, に会釈, に個人的, に傘, に君, に守られ, に対する一種, に対する個人的関係, に対する関係, に急き立てられ, に払う, に望まね, に盗まれる, に肥料, に蝋燭, のあいだ, のうしろ, のここ, のこと, のこらず, のつかまえた, のなか, のののしりわめく, のはっきり, の信用, の取調べ, の取鎮め, の執務, の声, の大きな, の姓名, の姿, の怒り, の意見, の手, の扱い, の様子, の機嫌, の熱心さ, の目, の祝福, の給仕, の舊, の話, の調べ, の身支度, の遁走前奏夜曲, の部屋, の酒席, の鑑定, の馬車, はいつも, はいま横, はいろ, はおどろい, はおよそ, はお姫さま, はお話, はさすが, はずかずか, はそこら, はそれぞれ, はたがい, はただ, はちら, はとても, はどうも, ははずし, はひとしお, はふしぎ, はほめた, はもう, はもうとっくに, はもとより, はやむなく, はよく, はワイワイ, は一旦, は世, は何, は何となく, は先, は出た, は初めて, は即座, は口, は古い, は外国, は多少, は奈良奉行大久保長安, は実際, は寝耳, は帽子調査委員会, は引き揚げた, は当然, は得物, は怠け者, は急い, は扇屋, は敷き, は最後, は棄教, は欠席, は武蔵, は殆ど, は温順, は眉, は真相, は縄, は考え, は自慢そう, は隠れ, は集まっ, は順々, は飛び移っ, は食物, へ命じる, へ贈る, もあせっ, もおどろきました, もかなり, もこの, もすぐ, もただ, もたれ, もどう, もどんなに, もはなやか, もほとほと, もみんなほか, ももう, も三島, も今ごろ, も全然, も内々探索, も単に, も困っ, も困った, も失望, も市之助主従, も打っちゃっ, も持て余しました, も深く, も皆, も第, も舌, も蜘蛛, も見, も貴い, も騒ぎました, よりももっと, をおどろかせた, をしかりつけ, をすでに, をまくし立て, をやる, を一枚, を不意, を御寺, を案内, を派遣, を由々し, を自分, を見渡し, を説き廻っ

▼ 役人~ (218, 4.9%)

21 して 6 呼んで 5 相手に 4 連れて 3 やって 2 やめて, 勤めそれから, 勤めて, 已めてから, 案内し, 置いて, 見た

1 [165件] あざむくの, うるさく襲い, かたったもの, からかったもの, からかって, きらうの, こんなこと, こんなふう, し今, その山, その理事, たたっ斬って, たぶらかすとは, たッ, つかまえて, つかわして, つとめて, てこずらせて, どうでも, どの位必要, なんだ, のせて, はじめ見, ばかに, ひっぱり出して, ほとんど知らなかった, まごつかせたの, みて, みとめたよう, みること, もやった, やっつけるじゃ, やめさせようと, よすん, よびました, ハネ返した, マイクに, 一人つけ, 一人つれた, 一人殺し, 一槍の, 上に, 乗せた船, 二三人抜き合せ, 五里霧中に, 京に, 休息させる, 会所に, 伴れ, 何と, 促して, 偽造した, 傷つけたりなんか, 先に, 刺戟し, 動かしたのね, 勤めた, 勤めたの, 勤めた関係, 勤めてるもの, 勤めるところ, 口説いて, 只無意味, 吃驚さした, 呼びたてて, 呼び付けて, 呼び立てて, 命じて, 四五人ほど, 困らせた, 多く伴わせ, 始めとして, 始め公儀の, 孝經師と, 定めまた, 尽く馳, 巧く手懐けた, 差遣し, 幾ら持ち出し, 当るに, 待たせて, 待つて, 従えいずれ, 従え先鋒, 忌むこと, 志す人々, 怖れる, 恐れ役人, 愚弄する, 愛して, 手こずらせて, 手古摺らせる, 手懐けて, 手打ちに, 打ツ, 抱きこんだ, 押しわけて, 押し立てて, 招じ, 拝命した, 持ちだした, 振りはらって, 捕えるの, 採用するなら, 援けて, 攻めて, 数えて, 機械人を, 欺く事, 止して, 止めた所在, 止めてから, 止めるとか, 殺して, 殺しては, 殺しまわり御用, 殺傷し, 法律によって, 派して, 生んで, 督励し, 粗末に, 縛って, 縮尻って, 置き御領内何百ヶ村, 置き残して, 罷めたらあたし, 脅かす, 船ぐるみどこかへ, 血眼に, 見おろすよう, 見て, 見下ろすと, 親戚に, 誅し富豪, 誅し次に, 誘い合わせいずれ, 誘い合わせ羽織, 誘って, 踏み込ませること, 軽ん, 迎えた日, 迎えました, 迎え三輪, 迎え御宿札, 迎へ, 近村の, 追い使うて, 追い返して, 送って, 送り出したばかりの, 通しあるいは, 遣らなくては, 鄭重に, 間に, 除いて, 除いては, 集めて, 非難するだろう, 頼んで, 頼んでも, 顧みました, 顰蹙させる, 騙しさえ, 黙認させた

▼ 役人~ (145, 3.2%)

4 いえども, いえば 3 なり今日, 一緒に 2 いっしょに, なって, なると, なれば, 伝統主義者とは, 四人で, 支那に

1 [117件] いいますと, いっても, いつたらさ, いふ者は, おなじに, お山の, きて, その下役衆, その家族, つながりその, どういうわけ, なつて, なりうるの, なりその後, なりて, なり商人, なり大久保なにがし, なるか, なるには, なるを, なる必要, ひよつこり會つた, ふまれたればこそ, まがうこしらえの, もう一ヶ所何處, わかつて, われわれとの, クラムとの, シューバルとだけが, ジャーナリストたちとの, 一しょに, 七人の, 二人の, 云うと, 云うもの, 云う有らん限り, 云えば, 云ふ, 五六人に, 人民と, 代議士では, 会い使い, 前日神尾の, 合宿した, 合点するでしょう, 同じく憂鬱病, 同じやう, 同じ考え, 同様その, 四五人の, 声高に, 大テーブル, 大喧嘩, 大臣たちも, 対談の, 己れ, 市会議員とが, 役人と, 役人について, 役人の, 役所の, 思いこみおるようす, 思わせられます, 所謂民衆とが, 手先が, 手先とで, 手先とは, 打ち合せて, 接触する, 握手し, 来ちやア, 株屋と, 検死が, 楽人たちへは, 此邊を, 沢庵には, 津軽の, 游民とに, 源右衛門さんがね, 甲子園の, 番衆が, 番頭と, 疲労困憊し, 癲狂院の, 百姓小前の, 直接話を, 看病夫の, 知り合いに, 石原の, 称して, 称し賄賂役徳, 笑った時, 結托, 罪人の, 肩を, 背中合せに, 脱皮する, 蔦の, 見られ従って, 評議相談の, 認められて, 談合し, 貴族とに, 軍人, 軍人との, 近づきに, 近侍は, 連れだって, 連れ立つて, 違って, 配下の, 門番の, 雖も, 非人と, 靴屋の, 馬預りの, 騎馬与力が

▼ 役人~ (124, 2.8%)

2 この一廓, またわれわれ, 一旦は, 人足も, 出張ったが, 笑って

1 [112件] あたりの, あったもの, あって, ありまた, あり百姓, ある, あるには, あるので, いう通り, いずれも, いたろう, いない沢庵, いなかったが, いるん, おどろいて, ぐっしょり濡れ, ことごとく衣服, このひどい, これに, さうまでは, さとった, そのほう, その裁判, それぞれ家の, たくさんパリーに, ついて, ひとしく目撃, ぼつぼつ退い, またかという, また人間, また同国, また決して, みな逃げ去った, もう手, もちろん国語, やって, やめだ, よく話, われわれ普通の, ゐめ, ゐる, フランス人の, モスクワから, 何やら大分高い, 個人と, 兵馬さんが, 其の後, 出張し, 出張した, 出来た, 同じく襲撃, 同じ事, 否と, 国家の, 増して, 多かった, 多少その, 実は驚いた, 小者も, 少ない, 少なくなかった, 尾州方の, 岡つ, 幾人かいた, 当人も, 役人と, 役人も, 役目の, 彼を, 往き地方, 御用聞の, 悉く手, 感心し, 手が, 手を, 手先も, 承知し, 控えて, 数人席に, 映画製作者も, 有志も, 来た, 来たり, 来て, 来ぬでは, 検分に, 檢閲しない, 止めないの, 此の, 気がつかずに, 現場の, 生きねば, 番卒も, 白日の, 目明しも, 相手が, 私を, 編笠を, 群衆も, 考えて, 耳の, 薩州方も, 行って, 見えなかった, 軽く頭, 辻番も, 遠慮がちな, 遣つて, 集まって, 非人も, 頷きました, 顏を

▼ 役人~ (87, 1.9%)

2 会社員に, 山の, 手先が

1 [81件] あるい, うるさい鈴, この国, しもじもの人民たち, そして昂奮, 人夫が, 人夫である, 人相書が, 人足までが, 仲間の, 会津桑名の, 会社員などに, 会社銀行員が, 偉い人達, 兵たちが, 兵隊に, 別当から, 商人たちとも, 商人や, 商人達が, 土地の, 坊主の, 境内の, 天領の, 女官たちが, 妻や, 学者が, 富豪が, 将軍の, 小者どもに, 山林学校の, 岡ッ引が, 岡ッ引である, 川番所の, 市中の, 帝付きの, 平次の, 庖丁人や, 弁護士見習も, 従僕たちは, 御用商人芸人大名囲われ, 手先をか, 技師が, 捕吏が, 捕手が, 旅の, 旅びとの車に, 書記連一同を, 権威の, 殿上人の, 法律家に, 法律家の, 渡世仲間や, 犬仲間が, 町の, 番太郎では, 百人町百兵衛に, 百人町百兵衞に, 監視人の, 目明し衆が, 組頭として, 群衆の, 藤堂様の, 討手の, 諸大名, 警固頭へ, 警官は, 警察を, 警察官の, 議員たちが, 議員連中を, 軍人が, 避暑客連中が, 長老たちは, 門側の, 関係者に, 附き添いの, 雑役も, 領主地主の, 顧問技師の, 風車にたいして

▼ 役人~ (73, 1.6%)

1 [73件] がいろ, がくやし, がそれぞれ役所, がワッハッハ, が四方八方, が国民, が大きな, が姿, が帰つて, が思い, が狙われる, が私, が遣っ, が邪魔, だったという, であつ, でみんな式服, で呑気そう, にあらためて, にも悪い, にも見送られ, に云いつけた, に敵対, に背, に頼む, の以前, の前, の名, の恭, の政治, の無学, の神經, の説諭, の顔, はいった, はがぜん, はたしかに, はどうせ, はむかし, は二こと三こと相談, は十中九, は却, は口, は妙, は待て, は忠次達, は怪量, は慌て, は手, は此頃, は武, は泣く泣く, は皆, は私, は笑わなかった, は簡単, は顔, は顔色, へ申し渡し, まで一人, もその, ももちろん, も世話, も二目, も出張, も困た, も大いに, も手隙, も笑った, も賊, も驚いた, も驚かされた, を怕がらす

▼ 役人ども~ (69, 1.5%)

2 においてせいぜい, に瞞, はだんだん, は私たち

1 [61件] がいかに, がうろうろ, がかく, がその後, がそれ, がそれぞれ自分, がみな無頼漢, がやはり, が出かけ, が叱っ, が理不尽, が皆, が立ち騒い, そしてはりつけ, であったの, でも, とて大凡, においてはせいぜい, にし, にしきりに, にはたやすい, には知れ, にも一倍用意, に売りつける, に指一本, に泡, に聞こえる, のうち, のその, のなす, の五, の信用, の気, の清廉, の頭, の顔, はいわゆる, はこう, はすでに, はそのうち, はそれに, はまるで, はみんな, はみんな頭, は了解, は何, は妻子, は彼, は短日月, まで感動, まで歓ん, もこれ, もまた, も呆れ, をおどろかせました, をはじめ, を呼ぶなら, を従えられ, を放ったらかした, を見, を見廻した

▼ 役人~ (62, 1.4%)

2 がお, のお, の一行, の耳

1 [54件] がい, がおいで, がてんで, がマア, が五人, が嗅ぎつける, が峠, が御覧, が意図, でお在, でもだれ, とは心, ならちょうどさいわい, にかこまれ, にこの, に引き渡す, に思は, に怪しまれる, に手貸し, に訴え出る, に説明, のいる, の中, の傍, の出張, の前, の宿, の影, の後ろ, の後姿, の憎しみ, の懐, の繁忙, の通行, はだれ, はどなた, はもう, は二階, は勿論, は素槍, までが口唇, みたよう, もあった, もきまり, もくたぶれた, もずっと, もみんな, も出張, も宜しい, も引き揚げ, も心得た, やら, や下役, を案内

▼ 役人から~ (54, 1.2%)

2 いい渡された, 注意を

1 [50件] あなた様の, おおせつかった探索, お目玉を, お装束, こういう差紙, この踊り, しだいに立身, その欣, みれば, りつぱな鉄砲を, 与えられて, 予告を, 交付された, 何やら聞き出しました, 信用組合の, 先に, 取調べを, 受けた報告, 受ける刑罰, 口書を, 叱られて, 太守までが, 失職した, 威されたの, 定例の, 宿触れの, 尋ねては, 小前の, 屆い, 弁明の, 御用の, 御詮議, 意外な, 感じること, 戸長免職を, 握られて, 散々に, 散々小言を, 朝廷へ, 満足な, 睨まれて, 窮民救済の, 組頭まで, 聞た, 褒状が, 触れさせましたから, 酒肴が, 附近の, 頼まれて, 馬鹿には

▼ 役人~ (50, 1.1%)

1 [50件] がありとあらゆる, がいかにも, がいろいろ, がさ, が信じた, が帽子, が彼, が我, が着服, が集まっ, が馭者, そのあと, であった, でその, とパイプ, には必ら, に説明, のあいだ, のいや, のうち, のそれ, の公然, の後, の極度, の特別, の状態, の目, の知り得た, の顔, はこの, はこんな, はそれ, はてっきり, はみんな, はゆくりなく, はフーッ, は例, は前, は心, は更にもう, は続々, は茫然, もそれぞれ, も多く, や女連, をぽかんと, を大, を敵, を然, を馬鹿

▼ 役人~ (46, 1.0%)

2 の通行

1 [44件] から舌, がうやうやしく, が付き添っ, が出, が出張った, が戸, が控え, が相談, とも一緒, なすところ, にじろじろ, には全く, にもよろしく, にも処決, にも逢っ, に窘, のうち, の憐愍, の横顔, の江戸出府, の肩, の賛成, の鑑定, の間, はいたずら, はさしあたり, はそれ, はもう, は勿論, は呶, は彼, は早々, は棒立ち, は毎日それ, は馬上, もおいおい, もぎょっと, もそう, もその, も深い, も皆, をうまく, をつかまえ, を撮影

▼ 役人~ (40, 0.9%)

2 にお願い, のお

1 [36件] お助け下さい, お見のがし下されませ, かも知れねえ, がお, がこの, がね, が今度, が来た, が見た, が触れ, が貴方, じゃあありません, じゃない, じゃ無え, ただいまあなた様方, だってお前さん, だと, で, でがさ, でご, とでも思った, と見える, に, にお, に会っ, に召捕られる, に願っ, の前, の腹, はこの, はどう, は元, は物, もおいで, 殊に御名奉行, 聴いて

▼ 役人~ (36, 0.8%)

1 [36件] が, がどうしても, が之, が張っ, が斯, が死ん, が肝, が要らぬ, が集まっ, が驚愕, この我儘貴公子, じゃと申す, だつた, です昨年, とは結托, とやらも番頭, と覚しき, に引張られ, に意気地, に聞き訊ねた, のため, の手, の目, はその, はまことに, はみんな, はもう, は奸商, は皆, は青眼先生, ばかりだ, もこれ, も大抵さ, も頭, を尻目, 悉く伏見

▼ 役人~ (35, 0.8%)

2 山から

1 [33件] あつた, あらうが, あらうといふ, あれは, いながら, お前方, お嬢さん育ちだ, すら, その上書生気風, ね, ねそれなり, はね, まだ漢語, スマートな, ソルティーニという, 一時帝国大学にも, 一生開墾事業に, 世間からも, 五十歳ばかり, 先代に, 出世したい, 吉弥の, 城郭軍器また, 市野某という, 年は, 文学に, 無くても, 知事さんの, 調べも, 貧しいの, 近頃頻, 部下が, 黒いアメリカ

▼ 役人として~ (35, 0.8%)

2 出世しよう, 敬つて何事に, 相当の

1 [29件] ある程度に, ある重要, この官海, この駅路一切, では, 上に, 人民を, 今の, 入ること, 出かけた堀盛ら, 出世しない, 出世せん, 出世を, 出張の, 卑怯なり, 士分扱ひ, 媒氏と, 必要な, 敬って, 普請の, 最初の, 朋輩万田某を, 自分の, 行ったその, 行動する, 袴着一人を, 評判が, 長崎に, 駅路一切の

▼ 役人~ (34, 0.8%)

32 かも知れない, でっ, と思っ

1 [25件] かの取調べ, からたとえ, から体面, か土地, がただ, こと, しおかみさん, ぜ, そうで, そうなと, ぞ, ぞ教務所長, つた父親は, とある, とかいふ者, とかそんな, とする, と思つて, と思ッ, と断言, ね, の申す, よ怪しから, ッ, 万田と

▼ 役人という~ (29, 0.6%)

6 のは 5 ものは 2 のに, ものはな

1 [14件] お方は, ことです, のが, ふうに, ものの, やつは, 一隊でありました, 代名詞に, 判の, 声を, 希望の, 肩書の, 肩書を, 風だった

▼ 役人らしい~ (28, 0.6%)

4 のが 2 のは, 者が

1 [20件] ことは, ので与八, ので二度三度, エラそう, 一人を, 二三人の, 侍が, 先生が, 公用を, 挨拶と, 権柄で, 男は, 男も, 紳士が, 羽織袴を, 者の, 者は, 葉巻を, 袴を, 風に

▼ 役人~ (27, 0.6%)

1 [27件] からお, が歸つて, が腹, が見え, と話し, に伺いました, に手数, に斬り込んだ, に顔, のお, の五, の仰っし, の手落ち, の苦心, の落度, の見廻りだ, の鎮圧ぶり, は忙しく, へ相応, までお, もしばらく, も別に, も吉五郎, も承知, や親分さん, を驚かしました, 来りて

▼ 役人にも~ (24, 0.5%)

2 なりうる, 少なからぬ

1 [20件] お目, それぞれに, なりうるという, なれます, よくわかっ, わからないが, 万端には, 会社員にも, 判らなかった, 別れて, 怪我を, 推定された, 時々あ, 時々あいました, 毎週同じ, 睨まれて, 知らせない方, 聞こえぬ程, 見せて, 見当らないかの

▼ 役人仲間~ (22, 0.5%)

1 [22件] からも問屋場, から組頭, がそこ, での年長者, ではあ, でも一番先, でも一番年下, との寄り合い, にすら言えない, には實, にも種々, に大きな, の一人, の位置, の心づかい, の桝田屋小左衛門, の若い, はかう, は馬籠, へ料紙一束, も帰っ, をもうやうやしく

▼ 役人でも~ (21, 0.5%)

1 [21件] い, いやつまらん, うつかり, こんな暗い, どうせ朝廟, ないの, なんでも, 公卿でも, 単騎独歩で, 始末に, 実業家でも, 弓の, 日本左衛門の, 書生でも, 来たの, 来たら, 来たん, 気の, 連れて, 進歩党出身の, 頼むよう

▼ 役人~ (19, 0.4%)

2 何か

1 [17件] え, この洪水, さもなければ馬鹿者, どうかは, 何かの, 何かは, 何かを, 何省お, 又は猟師, 商店員か, 大学の, 弁護士に, 悪くいえ, 此の, 発電所の, 監視人ででも, 辯護士か

▼ 役人~ (19, 0.4%)

2 預けられること

1 [17件] お下し, 仰せだされた, 何ら会釈, 出して, 向い, 向って, 声を, 安利にて, 密告してやろう, 手を, 手渡した, 渡して, 笑った, 訴えたので, 詰問的の, 頼みに, 願いの

▼ 役人には~ (18, 0.4%)

1 [18件] おれから, それが, ならずせけん, ならない, なりたくないし, なれない, またさういふ型, 一人も, 一時の, 大江広元とか, 尾け, 役人だけの, 意見を, 我々の, 手を, 支那人に, 通用しません, 飽きて

▼ 役人では~ (17, 0.4%)

6 ない 2 ないか 1 あるが, そうは, だめだ, ないかと, ないよ, ないん, なかった, なかろうかと, 小旗本

▼ 役人さん~ (13, 0.3%)

1 [13件] いつも黒い, が初めここ, が来た, が藻埴, て妙, である, でときどき, でなあ, と小説家, ならいざ, にどう, に助けられ, もうしませんけ

▼ 役人~ (13, 0.3%)

2 の後

1 [11件] が來, が周旋, とは反対, による大反, に問われ, の僕, の私用, は互に, は自分, も愈, も遲

▼ 役人などは~ (12, 0.3%)

1 [12件] みな床几を, みな頓痴気だ, 元締めの, 及ばない者, 多数に, 最初は, 残らずその, 直ぐ分る, 笑いが, 自然閑に, 見物席の, 詰らぬ人間

▼ 役人である~ (11, 0.2%)

1 [11件] かぎりすべてきわめて, ことが, ことを, といっ, ところから, と申した, 人が, 以上いつ, 公達も, 彼は, 能登守が

▼ 役人~ (11, 0.2%)

1 [11件] なところ, な法令, な見方, な調子, の夫, の男, を吹かしました, を吹かす, を吹かせ, を吹かせた, を吹かせる

▼ 役人さま~ (10, 0.2%)

1 がご, では, というみじめ, にてつだっ, にも会っ, のお, の手, の馬, も其の, も申された

▼ 役人連中~ (10, 0.2%)

1 が貰っ, だの色んな, と落合, に泣き付かれない, のあいだ, の云い草一つ, はそれ, は皆, までが逃げかかる, も続々

▼ 役人だって~ (9, 0.2%)

1 それまで, まさか私, まちがわないとは, わかりそう, 人を, 厳重に, 君の, 岡っ, 異人の

▼ 役人との~ (9, 0.2%)

2 間に 1 執筆者リストの, 懇談会が, 接触から, 最もいい, 相談ごとを, 結びつきは, 間には

▼ 役人とは~ (9, 0.2%)

1 ちがう, てんで柄, どんな男, 云えない, 今や全力, 寺社奉行の, 思はなかつたな, 正しく礼儀, 申せ私

▼ 役人~ (9, 0.2%)

3 んだ 2 んです 1 のか, のだ, ものです, んざまっ

▼ 役人などが~ (9, 0.2%)

1 おおぜ, わらふ, 二三人どし, 入ると, 居たひには, 床几を, 落ちつきの, 騒いで, 鳴らして

▼ 役人まで~ (9, 0.2%)

1 俸給の, 切支丹に, 却つて切支丹に, 差上げた相, 恐れて, 改心し, 皆都合, 見えて, 訴えて

▼ 役人たる~ (8, 0.2%)

1 ことは, に適する, ものが, ものは, 前に, 地位に, 所以であろう, 生命は

▼ 役人とか~ (8, 0.2%)

1 云う人, 会社の, 学者とかいう, 従僕とか, 戦場の, 自動車で, 資本家とか, 金持ちとか

▼ 役人としての~ (8, 0.2%)

2 あの人 1 吉左衛門や, 吉左衛門らは, 君に, 役目の, 心づかいも, 有力者鈴木安芸守に

▼ 役人に対して~ (8, 0.2%)

1 こういうこと, 何かの, 何も, 先度の, 合法的に, 土地の, 言ふ, 赦して

▼ 役人一同~ (8, 0.2%)

2 の胸 1 と出入り, の寄り合い, の罪, の集まる, は急, を会所

▼ 役人生活~ (8, 0.2%)

2 の内情, をし 1 が嫌, の経験, をしてた, を棒

▼ 役人などに~ (7, 0.2%)

1 なって, 恨みは, 懇意は, 時世なれ, 縁の, 解る事柄ぢ, 逢うたり

▼ 役人によって~ (7, 0.2%)

1 作られるの, 取り扱われるよう, 指導され, 捕縛されるだろう, 権利を, 監督され, 認定される

▼ 役人であった~ (6, 0.1%)

1 かも知れない, からこういう, がお, が年収四千円, けれど他, 家の

▼ 役人であろう~ (6, 0.1%)

1 がどっち, と, とところ, とも雲助, と士卒, 胸に

▼ 役人といふ~ (6, 0.1%)

3 ものは 1 のは, 事である, 地位は

▼ 役人への~ (6, 0.1%)

1 お心, 厚意と, 反抗と, 祝儀として, 言ひ, 賄賂だけでも

▼ 役人より~ (6, 0.1%)

1 きびしく吟味, 下は, 丹後の, 依頼を, 左の, 早く女たち

▼ 役人根性~ (6, 0.1%)

1 が龍子, の助長, の誤魔化しだ, へわし, もまた, を発揮

▼ 役人樣方~ (6, 0.1%)

1 がこの, が見えました, どうしよう, の御, もさ, を又

▼ 役人からも~ (5, 0.1%)

1 うけたまわりませぬが, お目, 世間からも, 地下からも, 折入

▼ 役人だった~ (5, 0.1%)

1 かとにかく, かも知れねえ, そうでございます, 旦那が, 時分から

▼ 役人だの~ (5, 0.1%)

1 いろいろの, お代官, ヤミ屋だの, 井戸だの, 学者だの

▼ 役人でない~ (5, 0.1%)

1 から縛る, 外国人は, 時は, 有難さ, 私には

▼ 役人としては~ (5, 0.1%)

1 しかしただそれ, 僅か切米十俵二人扶持, 全く無能, 少しは, 風変りの

▼ 役人とも~ (5, 0.1%)

1 あるもの, あろうもの, 会所で, 御相談, 相談の

▼ 役人など~ (5, 0.1%)

2 屁とも 1 さして置く, 召し出して, 多勢来

▼ 役人にでも~ (5, 0.1%)

1 つけられたの, ならなければ, 感づかれたらそれから, 會つたら, 見付かったらどう

▼ 役人に対する~ (5, 0.1%)

2 不平 1 お世辞文句, 不平が, 気がねが

▼ 役人~ (5, 0.1%)

1 ではそういう, では断じて, にリスト, の偽らぬ, の態度

▼ 役人溜り~ (5, 0.1%)

1 では夜詰, では手紙, で弓矢鉄砲, にあった, に入っ

▼ 役人たり~ (4, 0.1%)

3 とも探索 1 とも村馬

▼ 役人です~ (4, 0.1%)

1 からまた, が天下通用, ぞ, 彼は

▼ 役人なども~ (4, 0.1%)

1 おもしろい遊び場, 多く引き連れ, 御所の, 沢山いる

▼ 役人なり~ (4, 0.1%)

1 会社員に, 兵隊なり, 御用聞なりに, 或いは医者

▼ 役人なんて~ (4, 0.1%)

1 えやつ, ものは, やっぱりあわてる, 提灯ば

▼ 役人ふう~ (4, 0.1%)

1 でしたから, なの, な姿, な瘠せた男

▼ 役人諸君~ (4, 0.1%)

1 が早速, に接触, はどう, はなん

▼ 役人~ (4, 0.1%)

1 がこそこそ, に, に盆踊り位, は此時

▼ 役人じゃ~ (3, 0.1%)

1 あるまいし, ございませんかね, 無えそこ

▼ 役人だったら~ (3, 0.1%)

1 きっとお前, 校長も, 百両は

▼ 役人~ (3, 0.1%)

1 やあるまい, やとしても, やない

▼ 役人とが~ (3, 0.1%)

1 もっともっと謙虚, 崩れた建物, 彼の

▼ 役人とでも~ (3, 0.1%)

2 思ったの 1 云ひたい風貌を

▼ 役人などの~ (3, 0.1%)

1 中の, 仲立ちでを, 文学好きな

▼ 役人などを~ (3, 0.1%)

1 てんで馬鹿, 殺傷した, 相手に

▼ 役人なんかじゃ~ (3, 0.1%)

1 ありませんよ, ないの, なくいちばん下

▼ 役人にて~ (3, 0.1%)

1 今一人は, 取調べされる, 身分違いの

▼ 役人にな~ (3, 0.1%)

1 つてゐた, つて何十年たつ, つて鰻のぼりに

▼ 役人ばかり~ (3, 0.1%)

1 でした, でなく講武所, では

▼ 役人~ (3, 0.1%)

1 えらいこと, がなにょぬかしゃがるかい, 出しゃばりやがったな

▼ 役人よりも~ (3, 0.1%)

1 地位が, 有為な, 毎度改むる

▼ 役人一人~ (3, 0.1%)

1 と兵庫県, と都合二人, は支那人

▼ 役人~ (3, 0.1%)

1 がとりあえず, では, の一番

▼ 役人~ (3, 0.1%)

1 い社会的, えに, は置く

▼ 役人又は~ (3, 0.1%)

1 お役人, 御用聞きであり, 畿内の

▼ 役人時代~ (3, 0.1%)

1 から彼, に生れた, の誼

▼ 役人~ (3, 0.1%)

1 たる旧, として知られ, と云われた

▼ 役人様方~ (3, 0.1%)

1 あ今お昼, はどうか, も佐野屋

▼ 役人自身~ (3, 0.1%)

2 認めて 1 も登山

▼ 役人諸子~ (3, 0.1%)

1 だのその他, の立場, もついに

▼ 役人軍人~ (3, 0.1%)

1 などに充分扮, のやう, の馬丁

▼ 役人からの~ (2, 0.0%)

1 お布令, 急飛脚

▼ 役人くさい~ (2, 0.0%)

1 図書館が, 抜け道上手に

▼ 役人さえ~ (2, 0.0%)

1 あぶれ者の, 少しも

▼ 役人ぜひとも~ (2, 0.0%)

2 本木の

▼ 役人だけが~ (2, 0.0%)

1 水の, 眼を

▼ 役人でございます~ (2, 0.0%)

1 お役人, が其の

▼ 役人とを~ (2, 0.0%)

1 招いて, 迎えた

▼ 役人どころか~ (2, 0.0%)

1 情報局の, 盗人だ

▼ 役人どもはじめ~ (2, 0.0%)

2 御伝馬役

▼ 役人なぞに~ (2, 0.0%)

1 捕まるよう, 用いては

▼ 役人などでは~ (2, 0.0%)

2 ない

▼ 役人なら~ (2, 0.0%)

1 ば誰, 一杯喰わされる

▼ 役人なる~ (2, 0.0%)

1 がゆえに, 我輩が

▼ 役人なんぞに~ (2, 0.0%)

1 任せて, 引きずられて

▼ 役人にとって~ (2, 0.0%)

1 禁物である, 自分の

▼ 役人にとっても~ (2, 0.0%)

1 秘密であり, 笑止千万な

▼ 役人に対しても~ (2, 0.0%)

1 同様である, 富豪に対しても

▼ 役人のみ~ (2, 0.0%)

1 でなく地方官, ならず凡そ

▼ 役人ふたり~ (2, 0.0%)

1 が振, と池田家

▼ 役人みた~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ 役人めいた~ (2, 0.0%)

1 ある公式, 身構えを

▼ 役人らしき~ (2, 0.0%)

1 冷淡な, 風俗を

▼ 役人らしく~ (2, 0.0%)

1 なくて, 何か

▼ 役人~ (2, 0.0%)

1 だまされ候, も度

▼ 役人二人~ (2, 0.0%)

1 が駈けつけ, は床の間

▼ 役人以外~ (2, 0.0%)

1 の役人, は登る

▼ 役人口調~ (2, 0.0%)

1 で眼鏡, になった

▼ 役人同士~ (2, 0.0%)

1 であるから, 又互に

▼ 役人同志~ (2, 0.0%)

1 が互いに, でもある

▼ 役人喜平手先子分等~ (2, 0.0%)

2 が罵り

▼ 役人小者~ (2, 0.0%)

1 のザワ, も顏

▼ 役人手先北条~ (2, 0.0%)

2 の喜平

▼ 役人武鑑~ (2, 0.0%)

1 に箱根, はこれ

▼ 役人河村~ (2, 0.0%)

2 半治

▼ 役人~ (2, 0.0%)

1 のやつら, らしゅうございますが

▼ 役人~ (2, 0.0%)

1 なン, な嘲笑

▼ 役人石井平四郎~ (2, 0.0%)

1 の伜勇太郎, の雇人

▼ 役人立ち会い~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 役人~ (2, 0.0%)

1 であっても, の地位

▼ 役人織る~ (2, 0.0%)

2 が如き

▼ 役人~ (2, 0.0%)

1 などとは骨がら, をし

▼1* [256件]

役人あつかいには苦笑, 役人あの役人という, 役人ありて賄賂, 役人あるいは政府の, 役人いづれも方某, 役人二方に, 役人おもだった世話役などが, 役人および村役人らが, 役人かになって, 役人がたにしかられまし, 役人きたるとさけんだ, 役人ぎらいはそのまま泰造, 役人くささも, 役人くさくない聰明, 役人くるけア, 役人こらっ, 役人これを扱い, 役人こんな大業な, 役人ごとにたちまち, 役人さま念のため, 役人さんそればっかりは堪忍, 役人した役人から, 役人じみたもっともらし, 役人すなわち窃に, 役人ぜんたいが下品, 役人その寺に, 役人そのもののもてあます, 役人その他にまでも差等, 役人それにつながる, 役人それぞれ床机によって時刻, 役人ア違う, 役人ただいまこの者, 役人たち事の成行き, 役人たち自身が何, 役人だけだ, 役人だけの敬礼を, 役人だけは思わず眉, 役人だつたが今, 役人だらうね, 役人ちうもんは, 役人って頭が, 役人つつしんでご, 役人ものを, 役人ていの追, 役人てえなあ誰, 役人であって時として, 役人であったろうけれど笠, 役人であるならば御用, 役人であれば上官, 役人でさえ旧穢多, 役人でさえもありません, 役人でしたからぜひ, 役人でしたでしょうか官邸, 役人でなくとも少し, 役人でなけりゃアならない, 役人といった調子で, 役人としてもこのうえ難癖, 役人とてもそんなに野暮な, 役人となつて心を, 役人とにとって最もにが, 役人とやらが見つけるまで, 役人とやらにぶっつかれば, 役人と共に向島で, 役人どじょうを食せず, 役人ども事なかれ主義, 役人ども月番の者一名宛殘, 役人ながら小藤次, 役人なしだった, 役人なぞいう式, 役人なぞがお殿様, 役人なぞの末に, 役人などで親しく出入り, 役人などと違って, 役人などというものは, 役人などには白い細長衣一領, 役人にこそなりたがるその, 役人にたいして何か, 役人について來た, 役人にても結構自分, 役人にでもとッ捕まっ, 役人にと従者の, 役人にとっての大変な, 役人にとってはそういうこと, 役人に対しては三日間の, 役人のこらずをひきつれ, 役人のまぬけさに, 役人はがばッと, 役人はもいちど声を, 役人つれて, 役人舟を, 役人ぶらずによく, 役人ぶりが少し, 役人へは胡魔化し, 役人へも訴え出ようと, 役人ほど馬鹿な, 役人または大なる, 役人までが付き添いで, 役人てえ, 役人みずからに向かっ, 役人みたいな男, 役人よりは遥かに, 役人らしかったしあと, 役人ら毎度合祀を勧め, 役人わたしはわたし, 役人われわれお番所勤め, 役人をからかつて居る, 役人をば代る, 役人を通して伺い出よとの, 役人を通じて謁すべきな, 役人コック長料理番から炊事係, 役人サマと云う, 役人テオドル・フィンクは汽車, 役人ペケありますなんて, 役人ヤキモキして, 役人ワイトマンが佩剣, 役人同承知, 役人一同組頭までが福島, 役人一方に聖ベネディクト, 役人一般に通ずる, 役人一行のため, 役人七八人と同, 役人七八名之を引率, 役人万能の時代, 役人丈けが持つて, 役人三人はそれぞれ由緒, 役人三十余人を殺した, 役人三年前宇津谷峠で三人, 役人上りだから, 役人下りませい, 役人下知をも不, 役人世話人立合いの上, 役人に庁内, 役人中新らしい政治家, 役人中条直一と判明, 役人中間だの, 役人名小法師, 役人二三人押つ取り刀, 役人二三名がとび出し, 役人云々或有三十三所順禮行者打簡, 役人五位の官人, 役人五六人に逢いました, 役人のお, 役人以下五位六位までも着, 役人仲間それに手伝い, 役人会社員などのサラリーマン, 役人の者, 役人でも官僚的, 役人全体の風儀, 役人公儀江戸中の人々, 役人共めがこの, 役人共申越候に付, 役人其他農商務省の役人, 役人にいった, 役人勢子の末, 役人十数騎の中, 役人の兵隊, 役人及河内の郷士ら相, 役人計ふべし, 役人司法当局四十余名を釜山公会堂, 役人同じ性格じゃ, 役人同様えれえご, 役人名簿を取り寄せ, 役人向きの臭味, 役人吾孫子なにがしというおどおど, 役人囚人もろとも二十三人, 役人でありファッショ型, 役人大名輿論に対してただ, 役人大地へ額, 役人始め真実御前が鼠小僧, 役人季通は, 役人学校経営者などによって結成, 役人学者も医者, 役人学者新聞記者は大抵もう, 役人官僚もボス化, 役人実業家がよろこん, 役人宿馬宿名主から御宿詰, 役人将軍さえいない, 役人小者あまりのさわがし, 役人小者たちはどやどや, 役人小路町諸村押の者, 役人屋敷前の脇田一松斎道場, 役人山目付の鈴木杢之進, 役人岡引番太破落戸弥次馬の一連, 役人には感動, 役人役人した役人, 役人役人役替えさせやす, 役人役替えさせやす, 役人役者芝居者を取卷い, 役人出も, 役人て去る, 役人怒鳴りつけたら言下に, 役人悟りすました住職, 役人手先もたった, 役人技師教授が古い, 役人捕手が取り囲んだ, 役人数名花山校長それに二十数名, 役人新聞主筆仏教僧侶その他の名士, 役人旅人等の作, 役人暮しの間, 役人名も, 役人有志人夫を合わせ, 役人木下闇を分け, 役人本田某の屋敷, 役人東宮院の殿上人, 役人から引離そう, 役人様ここにも一人, 役人様たちと一緒, 役人様ゆえお泊り, 役人様今の所謂官員さま, 役人様位でがん, 役人に渡す, 役人樣御宿御書上帳, 役人武家ならざるは, 役人殿上人六位の蔵人, 役人殿上役人なども多く, 役人浅間岡村田宮の三同心, 役人海老蔵の墨染, 役人生涯に慣れ, 役人町内の自警団, 役人番卒が何, 役人妾の, 役人立ち會ひ, 役人立合で檢屍, 役人立會の上墓, 役人竹矢来のそ, 役人組子をくりだし, 役人だちに, 役人を欹て, 役人脚下に頭, 役人自家の侍たち, 役人のない, 役人蜂谷源十郎のつけた, 役人衆これは拙者, 役人見たやうな, 役人親王様と言われ, 役人を面白, 役人訝しきことかなと, 役人誰一人として気, 役人職の, 役人議員裁判官弁護士らは平素, 役人足軽たちは上司, 役人足軽共は何, 役人車輪に相, 役人軍人教育家いろいろち, 役人通詞出島乙名その他友人蘭館出入りの者, 役人連中蚊を突っつい, 役人重役が皆, 役人関所の武士達, 役人曾倉監物二三人の, 役人附添の上, 役人の鵜飼い, 役人階級ほど怒り, 役人非人までが轟親分, 役人はしとうなかった, 役人高級官吏は数, 役人と相