青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「役~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

形式~ 形態~ 形成~ 彦~ 彫刻~ ~影 影~ ~影響 影響~ ~役
役~
~役人 役人~ 役割~ 役所~ ~役目 役目~ ~役者 役者~ ~彼 彼~

「役~」 7226, 78ppm, 1443位

▼ 役~ (1404, 19.4%)

94 して 63 勤めて 45 つとめて 35 買って 14 引受けて, 演じて 12 やって 9 引き受けて 8 勤めること 7 したの, する, 避けて 6 するの, 勤めた, 立派に 5 つけて, つとめた, つとめるの, 務めて, 引受けたの, 買つて出た 4 つとめる, やるの, 仰せつかって, 勤めたの, 勤めるの, 勤めるもの, 命じた, 命ぜられて, 果して, 避けんが

3 [20件] あなたに, した, したこと, するもの, する同心, つとめたこと, つとめました, つとめること, はたして, やめて, 仰付, 勤めたこと, 勤めたと, 勤めた人, 命じられて, 奉仕する, 引受けた, 承って, 持って, 買つて出る

2 [61件] いいつかって, いいつけた, こしらえて, させようと, させられて, した巫女, しない, しました, すまして, すること, するよう, つとめたが, つとめたの, つとめます, つとめると, つとめ同時に, とり行うて, なす, ひきうけて, ひきうけました, もって, やつて, やらして, やる, スタニスラーフスキイに, 仰せ付, 仰付けられて, 兼ねて, 努めて, 勤む, 勤め, 勤めさせます, 勤めたが, 勤めた事, 勤めに, 勤める, 勤めるが, 勤めるよう, 十分に, 受持つこと, 命ぜられた, 命ぜられたが, 喜んで, 執る者, 奉仕し, 平等に, 引いて, 引き受けること, 待つて, 得意と, 得意に, 意味し, 押しつける, 振られたとて, 振られて, 果すこと, 演じること, 演ずる場合, 罷めて, 負わせて, 買います

1 [819件 抜粋] あい勤める, あたえられて, あてが, あてがわれたと, あれ以上に, いいつけられて, いたして, いたしますの, いばらせて, うけとった奴, うけもたされて, うけ取ること, うんといっ, おおせつかって, おもと言ふ, お受けし, お受けした, お命じ, お奪り, お引受けにな, お附けくださいます, お願, かけて, かけること, かつて出る, かねた運転手, きめて, きめるには, けいこした, この一口, この日, ご辞退, させた所, させて, させられること, させるぞ, させ申して, したくらいの, したもの, したメトロポリタン, した富田, した山倉富右衞門, した物, した縣會議員抔, してる女優, しなくなると, しなさいネ, しましたが, しましょう, しますの, しろという, すました伊志井寛, すました後, するかい, するため, するという, するには, するのみ, するん, する事, する人間, する傘, する宮谷家, する小さな, する様, する炭火, する者, そのさい, その新進女優, たのまれて, つくって, つけさせたり, つける, つとめかつ, つとめさせたり, つとめその, つとめその他, つとめたもの, つとめたエタ, つとめた事, つとめた摂津法師, つとめた村長, つとめとった, つとめますお雪ちゃん, つとめますよ, つとめようぢ, つとめようとは, つとめること丈, つとめるだけ, つとめると共に, つとめるなどという, つとめるよ, つとめる丈, つとめる下役, つとめる低い, つとめる公家衆, つとめる夫人, つとめる特殊, つとめる者, つとめる鼻, つとめ元服祝い, つとめ家橘, つとめ御, つとめ爾来, つとめ筋肉, つれて, とったので, とった役者, とりあげられちまった次第, とる, とる権利, どうか私, なさず, なしたか, なし関東, なすったのよ, はたして国もと, ひいた時, ひきうけたの, ひきうけます, ひきうけられて, ひきうけられるの, ひき受けると, ふってさえ, ふられた八重子自身, ふられて, ふられるか, ふりあてて, ふりもぎっ, ほかの, みずからすすん, やったに, やったポール, やつた, やめた時, やらされみんな, やらせられた, やらせられないつまり, やりたいこういう, やり女, やること, やるという, やるん, やる一人, やる女優, ゆるして, よく理解, わざわざ買っ, わすれねえで堅気, われから, ジャブロワ嬢が, ダンスチームの, ボクが, ポーズし, リアリスティックに, 一人ひっぱたい, 一回だけ, 一手に, 七八年も, 三つつけた, 不意に, 与えて, 与え慥か三場処, 両手を, 主人義景より, 主題と, 二十人三十人と, 二度も, 云い付, 交代させられ, 仕負わせて, 他に, 代行し, 仰せつかい, 仰せつかったん, 仰せつかり邸内, 仰せつけに, 仰せ付けたの, 仰せ附, 仰付けられました, 仰付けられ宝暦三年, 仰付けられ私, 任命する, 体裁よく, 余に, 使って, 傷害と, 僕が, 元は, 免ぜられた, 免ぜられて, 免ぜられんこと, 免ぜられ国許逼塞, 免れんと, 全部すまし, 八百蔵に, 兼ぬ, 兼ねた剣道師範竹中左次兵衛, 兼ねた吉左衛門, 兼ねた桝田屋小左衛門, 兼ねた竹中佐次兵衛, 兼ねるよう, 兼ねる商店, 凡庸な, 出しそうして, 出来るだけ, 分担し, 剥がれ世上一般, 割り当てて, 割當つ, 加藤君に, 勉めさせました, 務めさせたが, 務めたの, 務めるには, 務めるもの, 務める者, 勤て, 勤むる事出来ましたなら, 勤めあげた人, 勤めさせながら, 勤めさせられた薄命, 勤めさせるので, 勤めしが, 勤めし故, 勤めたいと, 勤めたお, 勤めたとは, 勤めたほど, 勤めたものの, 勤めたるところ, 勤めたる王賊, 勤めた典侍, 勤めた切米取り, 勤めた古代, 勤めた習慣, 勤めた関係, 勤めた馬, 勤めては, 勤めないという, 勤めなければ, 勤めました, 勤めましたが, 勤めます, 勤めようとは, 勤めよと, 勤めるか, 勤めるかも, 勤めるそれら, 勤めるであらう, 勤めるに, 勤めるには, 勤めるはず, 勤めるやう, 勤める人たち, 勤める代り, 勤める僧, 勤める張, 勤める時, 勤める李氏, 勤める殿上役人, 勤める箕岡, 勤める細井三右衛門, 勤める諸侯, 勤めれば, 勤めわけて, 勤め大夫, 勤め工, 勤め徳川, 勤め現に, 勤め百五十石頂戴, 勤め給ひしが, 勤め荒仕事を, 勤め話, 勤続し, 勧めたる名士, 危険な, 取ろうとして, 取上げられまするそうすると, 受けてからは, 受け持たせられました, 受け持って, 受持って, 吩咐けられる, 吩附けられる, 呼んで, 命じた日, 命じ蕃社, 命ぜら, 命ぜられたであろう, 命ぜられたの, 商売に, 問題に, 大事に, 大部屋の, 太政大臣へ, 奉ずべきこと, 女房が, 如実に, 婆やに, 子どもが, 完全に, 宛てるとかいう, 客観的な, 實に, 帯びて, 帶び, 幸い陣中, 廻されしため, 引うけた, 引きうけたよ, 引きうけた新ちゃん, 引きうける奴ばら, 引き受けた, 引き受けたが, 引き受けたに, 引き受けたもの, 引き受けた場合, 引き受けなければ, 引き受けるでも, 引き受けるという, 引き受けるもの, 引き受ければ, 引き当てましたこと, 引受けたこと, 引受けたと, 引受けた机竜, 引受けなければ, 引受けるの, 引受けるもの, 引受ける決心, 引請けよう, 引込め能勢, 当てが, 彼に, 待ったの, 得たこと, 御用部屋, 御辞退, 復習する, 志しいそがしい, 忘れて, 忘れては, 怠ったとして, 怠りがちであった, 惣吉さんが, 我心に, 才蔵と, 承ったもの, 承つた勃凸, 承ること, 承る身, 承わりルバリュ, 承わり予, 押しつけられるの, 担当し, 拒絶しよう, 拝命する, 拾って, 持て居たの, 振られるくら, 振られること, 振られる身分, 振り当てては, 振り当てられた女優諸君, 撮る, 改めて雇役, 教へ, 斉藤紫香が, 明石の, 替えて, 最後まで, 月俸に, 枕に, 果さぬうち, 果さねば, 果したので, 果してゐる, 果し得よう, 果すまで, 果す品物, 果たすとともに, 横尾泥海男サトウの, 機会に, 歌って, 止むべき時, 止むる頃, 活かした点, 活かす代り, 浚ひ居, 済ませて, 源之助が, 演じさせたならその, 演じさせる, 演じたがる人, 演じたとて, 演じた古い, 演じた汐見洋氏, 演じては, 演じながら, 演じなければ, 演じもともと, 演じるよう, 演じる俳優, 演じ上げます, 演じ広大, 演じ活かして, 演じ活かす例, 演じ祭主, 演ずべき荒涼たる, 演ずると, 演ずるに, 演ずるべくすっかり, 演ずる女優, 演って, 為さないの, 無理やり承諾, 生ずるに, 申しつかりここ, 申しつけなど, 申し出たの, 申付けられる, 男が, 相つとめ, 知りかつ, 知り喜びて, 神宮に, 私が, 私矢張りソプラノの, 積極的に, 立派な, 立見から, 筋書に, 精出せそう, 納める力, 終って, 経験した, 罷むる, 罷めしぞ, 罷めるの, 背負わされるもの, 背負ッて, 自ら引き受け, 自分が, 自分だけで, 致して, 若女形, 苦と, 藤吉郎に, 藤田て, 行って, 行ふ, 裏附ける, 褫奪され, 見て, 見まわしながら, 規避し, 解かれてから, 解かれるゆえ, 言いつけました, 言いつける, 言付かったって, 記念した, 設けて, 評して, 誰かに, 誰が, 譲った事, 譲ると, 負わされるよう, 買いました, 買いましょう, 買つてで, 買つて出, 買つて出たり, 買つて呉れた, 起こした時, 起さずこの, 軽くしない, 辞したと, 辞して, 辞退する, 追われ主, 退いたとは, 退いた平八, 退いた志摩長門守, 退いてから, 退かれた久世殿, 退くと, 通じないで, 選びたがって, 選んで, 針刺しと, 除いたらそれ以外, 除いて, 面白く生き生き, 預けて, 頼まれるかも, 頼み申す, 願って

▼ 役~ (968, 13.4%)

32 なって 15 たつもの, 立てて, 立てようと 13 たつこと 12 して 11 たつの 10 たたない, たつよう, たとう 8 た, たって, 扮し 7 たった, なった 6 出て, 立てること 5 たつか, ついて

4 [11件] おつけに, たたないと, たたなくなって, たちそう, たつかも, たつかを, たつでしょう, たてば, 就いて, 扮した, 立てよう

3 [17件] たたなかった, たちたいと, たてて, なつた, なつて, なると, まわった, 任ぜ, 使われて, 出征し, 廻って, 当って, 扮すること, 立てられて, 立てる, 立てるつもり, 編入された

2 [43件] ありつく, ささやいたが, したの, たたないの, たたないもの, たたないやつ, たたなかったの, たたなければ, たちません, たったの, たったん, たつ, たつて, たつであろう, たつという, たつん, たつ時, なったの, なったので, はた, まわって, 使はれる, 入つた, 功ありし, 取付き二十年以上の, 召されて, 廻つてゐた, 廻りロパーヒン役, 廻る者, 当ったの, 当つた, 当つて, 応ずる百姓, 我が軍, 控えて, 立てたいと, 立てたもの, 立てるため, 立てるもの, 紙を, 聞くと, 選ばれて, 銃火を

1 [584件 抜粋] あいたち, あがりたいどう, あがれば, あきでも, あずかった, あたった, あたった中将, あたりました, あちこちの, あてられたの, ありついたという, ありついた河内介, あり非常, あるお, あるという, ある楊修, ある者, いためつけながら, いやはります, おとりたて, おりて, お当たり, お立て, お肴, かえて, きっと立つ, きまつて, くっ付いて, この近在, ござります, ござりまする, さぎをほうき持ち, さし向けられしかも, さへ, されたが, された訳, しかるべき宮がた, した, したいであろう, したん, しっくりする, しては, しても, しばしば本家, し加増, すぎなかったが, すぎませんので, すこしずつ, すること, するという, その名, たたないかも, たたないが, たたないこと, たたないさ, たたないって, たたないという, たたないのにと, たたないばかり, たたないまず, たたない山椒, たたない御, たたない教養, たたない為, たたない研究, たたなかったので, たたなかったのよ, たたなかったり, たたなくっても, たたなくなったし, たたなくなったの, たたなくなりましょうからね, たたなくなるという, たたぬ, たたぬかも, たたぬと, たたぬよう, たたぬ代物, たたぬ部分, たたんから, たたんじゃ, たちかねるの, たちさうな, たちたいもの, たちは, たちました, たちましょう, たちますこと, たちますでございましょう, たちますならば, たちますよ, たちませう, たちませんで, たちませんなァ, たちませんので, たちませんよ, たちません食べて, たちもっと, たったか, たったことひと通り, たったためし, たったよう, たった一番目, たついい, たつかという, たつからなあ, たつしろ, たつじゃ, たつた, たつたと, たつだけ, たつだろうという, たつだろうなあ, たつとき, たつとは, たつならば, たつなら伯爵, たつほんとう, たつまいと, たつまでに, たつも, たつもん, たつもんぢ, たつわ, たつわけ, たつわし, たつんだい, たつ仕事, たつ奴, たつ教育, たつ男, たつ程, たつ程度, たつ者, たつ訳, たつ貴重品, たつ質物, たつ遺産, たつ部下, たてたいから, たてと, たてないで, たてる, たてるもの, たて得そう, たとうかさ, たとうと, ちがいない, ついたこれ, つかないが, つきて, つきまた, つき調べたところ, つくもの, つく場合, つけて, つけられて, つけるん, ですか, でたが, とられた顔つき, とりしずめて, とり立てようと, なぞらへて, なったからには, なったらあたし, なったら今度, なったん, なった仙台平, なった拙者, ならなくて, ならなっても, なられた, なら今日, なりあがって, なりさ, なりました一人, なりまして, なりましてから, なります死ぬこと, なり江戸番, なる, なるとき, なるには, なるの, なるまで, なるよう, なるわけ, なる女優, なる用意, なる者, なる迄は, なろう, なろうと, はるばる伊賀, ひとり坐っ, ふさわしい人, ふりかへ, ふんした, ほか立たない, また竹刀, まわされて, まわされる結果, まわったの, まわらないと, まわりお, まわる番, まわれ, ゃたたねえんですよ, やぶれて, よい者, よばれること, ゐた人々, アンマを, ア立たない, ア立たねえ, ギリシア軍と, チョットこの, ハ立不, 一応御, 一生懸命に, 上野から, 不必要, 不適当, 中り居ればとて, 乗り出す気, 二三度つけ, 云う, 些かは, 人を, 仕えないよう, 仕へる者, 代った藩士, 代つて幾度, 任じて, 任じられるだけ, 任ずる低級の, 任ずる奴隷の, 任命された, 任命なされ, 住込んだ, 使って, 使われうまく, 使われたこの, 使われ通し, 使用される, 來ました, 依って, 側に, 先だつこと凡そ二百年, 先に, 先走りした神経質, 児子の, 入込んだ, 入込んで, 出かけては, 出かけました, 出す若い, 出たか, 出で, 出世しねえ, 出府する, 分捕物, 到るまで, 剣頭に, 加わって, 半兵衛の, 危険を, 参ったわけ, 参加し, 参陣し, 取立てられたのに, 召抱えら, 同化した, 向って, 向っての, 命じその, 囲繞され, 堪えなくなったもの, 堪る者, 報告する, 多少でも, 大分立っ, 奉仕する, 妙技を, 定りける, 小峰忠雑役の, 少くとも, 就いたと, 就かなん, 就くの, 就くを, 就く事, 就く人, 就ての, 居る人, 廻されたその, 廻されたり, 廻つたのは, 廻り, 廻りあたら, 廻りました, 廻ります, 廻り吟味, 廻るし, 廻るの, 廻る事, 引きだして, 引っぱり出したため, 当たった大名, 当たること, 当たるの, 当った, 当った三名, 当った氏郷, 当てた, 当てられた諸侯, 当らせたの, 当らせたる幇間的骨董商, 当りやたら, 当るかも, 当るもの, 当る事, 当る人格, 役せられ後, 彼女を, 従いて, 従うため, 従えるならずや, 従った扮装, 従つて帰らず, 従軍したい, 從軍し, 復して, 徳川家が, 徴発され, 心を, 応じ屈強, 惚れるもの, 惱める, 成り切るべきであるよう, 成功し, 戦死した, 打ち込んでる悲壮, 打つて, 打扮, 扮する適任者, 扱わせて, 抜擢され, 招集され, 拠なく, 持ったと, 振当てられたり, 振替えられて, 据えられた, 推したの, 擇ぶ, 敵の, 文句を, 新羅三郎義光, 於ける兵士, 於ける莫大, 於ける軍旗, 早がわりを, 昇格させられた, 時宗が, 時間を, 服したが, 服し工作品, 服し得るの, 服すること, 本役には, 来たの, 来たらしい, 林外記という, 根深と, 梁田出羽守には, 検分を, 槍一本か, 櫛原万造という, 歌わせた歌, 此処に, 武功を, 死し祖, 死な, 死んだもの, 歿しける, 氣が, 池上の, 決めて, 清原武則の, 清原武衡家衡らが, 満足し, 満足したらしく云った, 火の手が, 父長政に, 玉目三郎を, 理想的な, 甘んじて, 生きさせて, 用いて, 用いられ商人, 用ひられ, 申し上げる, 當つて滿場一人の, 當る, 登場する, 登美子が, 相立とう, 眼を, 着いたけれども, 知らせて, 立ず, 立たすつもり, 立てさせたいと, 立てさせて, 立てしませんお, 立てしませんさかい, 立てせえ, 立てたいにも, 立てたの, 立てたらいかが, 立てたらと, 立てた人, 立てないこと, 立てなさるやう, 立てました, 立てましょう, 立てますか, 立てまする, 立てみんな, 立てようため, 立てようといふ, 立てられた, 立てられる, 立てるでしょうよ, 立てるというのみ, 立てるの, 立てるソヴェト同盟, 立てる希望, 立てる方面, 立てる時代, 立てる目的, 立てる積り, 立てろと, 立てんかいな, 立てんと, 立て度, 立て得るの, 立ぬべし, 第五聨隊, 第五聯隊, 篏まっ, 純ドイツ型, 累進した, 聖学院の, 聞いて, 臨む場合, 自刃した, 自分の, 自分を, 自然小, 莫大の, 葱新, 蒙古, 行ったん, 行つた, 衒学で, 西軍が, 西軍の, 見える, 見えるだらう, 調べて, 賊軍に, 赴いて, 轉じた, 進む, 過ぎなかつた, 違ひありません, 遠慮なく使, 適ひ, 適当した, 遭遇した, 選ばれたの, 選ばれたん, 選んだの, 関係した, 関西方に, 闇の, 限って, 限っては, 限るな, 階級の, 際会し, 集中され, 頼んだの, 顏息といへる, 類する, 髪を, 齊軍を

▼ 役~ (917, 12.7%)

9 お爺さんが 8 お爺さんから 6 ような 5 お爺さんに, お爺さんは, ように 4 小角が, 方に, 行者が, 行者の

3 [13件] ことを, ほかに, やうな, やうに, 一人が, 一人として, 人々に, 位置に, 名を, 方が, 者が, 者に, 都合で

2 [58件] お爺さんの, お爺さんも, お爺様, ことで, ほかの, 一つを, 一人の, 上に, 与力に, 事を, 人が, 人に, 佐吉さんが, 儀助同役の, 出張という, 列に, 前へ, 加藤さんが, 助けを, 名鉄の, 命を, 地位に, 大臣の, 女優は, 女房を, 小普請入りを, 小林文吾の, 小角は, 島民少年に, 当番に, 後に, 性質を, 戦歿者中に, 手で, 手へ, 手文庫から, 折には, 方へ, 書類の, 木っ, 案内で, 男が, 私が, 紀ノ, 結果は, 老人に, 者も, 行者, 行者に, 行者を, 表によって, 論功行賞に, 起った時, 起つた時, 軽重という, 鐘巻一火は, 陸軍総, 顔を

1 [708件 抜粋] あいだに, あった年, あの母親, あるもの, うちで, うちの, おばあさんの, おふくろが, おやすさん, おチビさん, お仲間入り, お方でございます, お暇, お松でありました, お歴々である, お気に, お爺さんかしら, お爺さんからは, お爺さんからも, お爺さんでなく, お爺さんな, お竹, かからぬ婦人, かたがたご苦労さま, かたとは, かれにとっては, こつな, ことだ, ことなど, ことなんか, ことなんぞ, こないうち, この人数, さしずで, すんだ案山子, そのとき, その世話人夫婦, それである, たぐいである, ために, たんと出る, ちゃんとある, つかぬ連中, つもり, とき威海衛で, とこ杉寛との, ないの, ない者, ない限り, なかで, はじまったの, ひかえ間, ひとり土を, ひろ子の, ほうであった, まといには, まま藩主綱宗の, むづかしいのはお由が, もっとも大切, ものだけを, ものへ, やうで, ようにも, わたくしが, アンリ・ロオジェも, ガラツ八は, サムライが, ソテロは, タイプとして, テナーは, トリックを, ワキ役に, 一つが, 一つだ, 一ばん大事の, 一人だった, 一人である, 一人に, 一人を, 一同, 一同実は, 一番いい, 一種である, 万兵衛である, 万兵衛は, 丈の, 三郎と, 上足弟子とで, 不知菴, 不足などは, 不足俳優的使命の, 中で, 中に, 中国人は, 中島左近が, 丹羽兵蔵が, 丹羽長秀堀久太郎菅屋九右衛門などの, 主たるところ, 乃美織江が, 久三の, 九兵衛が, 事で, 事務を, 二人を, 二度目の, 井上君は, 井口兵助と, 人々は, 人から, 人たちなぞが, 人たちも, 人である, 人は, 人も, 人を, 人夫などが, 人夫に, 人物の, 人達は, 今村善太夫という, 仏頂寺はじめ三人は, 付くわけ, 任務が, 伊之助が, 伊之助や, 伊勢崎君も, 伊達兵部と, 伏見屋金兵衛なぞが, 会所に, 会議に, 会議は, 会議も, 佃が, 位も, 住居の, 佐分利嘉左衛門が, 侍が, 侍の, 係りでは, 保線課員は, 信長の, 修羅場が, 側臣中には, 偶人を, 僧が, 儀も, 儀役人どもはじめ御, 優婆塞聖護院印可覚明, 入間川は, 兵は, 内匠頭に, 処女性すら, 出て, 出征に, 出戻り娘な, 出来るやう, 出発点を, 刃に, 別家の, 前に, 前年である, 前役, 前田マサ子が, 剛兵衛は, 副部長, 功勞で, 加藤郁哉さんも, 勇士, 勝手気儘に, 勤まつ, 北が, 千早姫を, 南遠江守を, 博徒の, 即ちその, 原田さんです, 又六, 取り替えっこでも, 口調で, 台詞を, 司今で, 同心に, 名で, 名であった, 名にな, 名も, 名將ディオメデス, 呑氣さで, 命に, 地だ, 地位を, 地霊で, 坊主が, 基礎に, 声であります, 夏の, 外には, 外人が, 外何にも, 多寡を以て, 夢が, 大げさな, 大名の, 大将には, 大職, 大野と, 奇月恐ろしく, 奉行の, 奥さんを, 奪ひ, 女が, 女優が, 女優に, 女給ナオミの, 好取組, 如何に, 威勢を, 威厳で, 娘の, 婦人の, 宇吉も, 安倍氏後, 安公, 実戦談を, 実際は, 宮木喜久雄を, 家で, 家に, 家士に対して, 寺本蝶二君に, 小侍, 小保内精一が, 小僧を, 小冠者に, 小出播磨守と, 小坊主を, 小川が, 小普請入りなどを, 小普請組に, 小林が, 小林文吾と, 小民, 小者は, 小西までが, 少し麁, 少し麁鹵, 少女各, 少年は, 山岸主税という, 山番が, 岡部殿からは, 岸本は, 峰丹波三方ごと残りの, 嵐村次郎の, 市川義平太と, 市川義平太も, 布告や, 帳面つけの, 平手中務は, 年よりが, 年寄無, 廃止が, 廃止を, 廃止以来青山の, 引っこみの, 引っ込みの, 当家は, 彦兵衛とが, 役目とも, 後から, 後は, 從軍記章と, 御制度, 御爺さん, 御用を, 御目見得以下では, 心入れを, 心得に, 忠勤を, 快進軍, 性根に, 性根や, 性格と, 性質上泣い, 息子で, 悔恨や, 意らしい, 意向を, 意味も, 意味を, 感じでは, 懸け声, 戦跡が, 戦跡を, 戸塚甚五左衛門とか, 手から, 手に, 手柄によって, 手腕から, 打合せに, 指導者の, 指折りの, 掛け合いま, 教父が, 数名の, 敵身方は, 文蔵は, 方々御苦労に, 方で, 方ばかりが, 旦那が, 早変わりを, 時から, 時には, 時大いに, 晴高叔父上が, 暇を, 書抜を, 最中に, 月光院様とが, 服を, 木である, 末金沢落城の, 本義が, 松蔭かな, 松蔭の, 林寛が, 柏, 柳生対馬守, 校長が, 格で, 桝田屋小左衛門は, 桝田屋小左衛門同役蓬莱屋新, 様に, 欠乏を, 次に, 武士ばかり, 武田猛を, 気持ちに, 氣, 氣悉に, 水夫は, 水戸慶篤とも, 沙汰も, 浅利又七郎だが, 淡路に, 淡路研二には, 淡路研二を, 清原氏平泉で, 清水団右衛門が, 渋谷氏が, 源十が, 源義家前, 無い老人, 無くなる頃, 照吉が, 片割れは, 玉吉は, 現職に, 田中の, 申し継ぎ, 申繼を, 男も, 男優に, 番士が, 白虎太郎は, 白衣の, 目の, 直後に, 相談を, 真田, 知人が, 神さまも, 神尾主膳のみが, 神尾主膳を, 神尾喬之, 神様でした, 神風について, 禿頭を, 端役を, 範囲を, 米国海軍士官ピンカートンに, 終った翌年, 終りから, 組下である, 組下三廻りの, 総名, 総指揮, 繁務に, 美徳, 美濃である, 義務として, 義経は, 老人から, 老人は, 老人や, 老将校, 老旗本摂津守, 者から, 者で, 者は, 者やら, 者共も, 肩を, 肩先へ, 背後に, 自分だけは, 自殺子義信の, 芝芸雀は, 花と, 花魁紫式部を, 芸に関してだって, 苛酷さとは, 若党かの, 若党が, 茶わん屋捨次郎は, 萩之進とやらが, 蒲生右兵衛大夫どのが, 藩士だ, 蝉丸の, 衆も, 行家が, 行者以来法術によって, 衣裳を, 表, 裏は, 複雑な, 見て, 見分記が, 見習いを, 解釈としては, 言うこと, 話を, 誇りを, 諸公に, 謂である, 警官が, 負戦を, 負担の, 責任は, 責任者であり, 貴族に, 起らざるを, 越尾から, 足を, 跡部源四郎が, 辛さ, 農兵と, 近衆小姓たち, 連中これも, 達者なり, 遠藤佐仲に, 遺跡だった, 遺蹟たる, 邪魔を, 郡医師会長栗野医学博士夫妻は, 里見十左衛門や, 野ら番の, 野村氏は, 金兵衛が, 金兵衛とが, 金兵衛は, 金吾様が, 金椎が, 金沢の, 鈴川源十郎食客丹下左膳などが, 長屋の, 長崎屋古代杉の, 門口にも, 閑を, 閑人であった, 閑散な, 間際に, 阿部一学であります, 阿部伊勢守は, 陣中には, 陣場夫婦が, 際の, 隣りの, 雄将, 雛僧は, 難局を, 青年たちは, 青木主膳という, 頃だった, 順に, 順序を以て, 頼母木与四郎兵衛であった, 顔が, 顔に, 養成の, 餘波エジプトに, 馬丁幸吉の, 駒井甚三郎までも, 高弟が, 高橋光威氏を, 高橋義左衛門包実が, 高萩の, 鴈治郎に, 黒田長政は

▼ 役にも~ (731, 10.1%)

50 立たない 31 立ちません 24 立たなかった 18 立たぬ 17 たたない, 立たないもの 12 立たないこと 11 立ちは 10 立たないの, 立たぬこと 8 立たぬもの, 立つもの 7 たたなかった, 立たないと, 立って 6 たちません, 立たないよう, 立たない事, 立たぬと, 立ちそう 5 立たないん, 立たなかったの, 立つまい, 立つまいが 4 た, たたないから, 立たないで, 立たないという, 立たん, 立ちませんでした

3 [12件] たたないこと, たちませんでした, たって, 立たないだろう, 立たないって, 立たなかつたの, 立たぬが, 立たねえ, 立ちますまい, 立ちませんが, 立ちませんよ, 立つて

2 [36件] たたないという, たたないの, たたないもの, たたないん, たたなかったと, たたなかったの, たたぬ, たたん, たちませんよ, 使ひ, 立たずまた, 立たないが, 立たないくせ, 立たないし, 立たないであろう, 立たないといふ, 立たないので, 立たないばかりか, 立たない人, 立たない代り, 立たない文句, 立たない程, 立たなかつた, 立たなくなったの, 立たぬからと, 立たぬという, 立たぬの, 立たぬ事, 立たぬ人間, 立ちさ, 立ちますまいが, 立ちやしない, 立ちやしなかったん, 立つこと, 立つので, 立つまいと

1 [312件] たたず全く, たたず日に日に, たたず迷い流れて, たたず邪魔, たたないからと, たたないし, たたないそれ, たたないたとえば, たたないだれ, たたないだろう, たたないなん, たたないので, たたないほど, たたないぼろぼろ, たたない何, たたない兵器, たたない話, たたない議論, たたなかったこと, たたなかったん, たたなくて, たたなくとも, たたなくなった, たたなくなりましたの, たたなくなるの, たたぬと, たたぬ仁, たたぬ古, たたぬ御代, たたぬ現世, たたぬ者, たたぬ読書, たたぬ風呂敷包み, たたねえでしょう, たたねえもの, たたねえ十手, たたねえ首, たたねば, たたんちと, たたんの, たちは, たちませぬから, たちませんで, たちませんわ, たちゃあ, たちゃしませんがね, たちゃァ, たった, たつこと, たつよ, たつわけ, たてずすみません, たてて, ついて, つかないで, どつて, なければ, なり家, なり尖つたところ, なんねえ, まったく困る, 不相立, 任ぜ, 何も, 何んにも, 出征し, 助成にも, 変化が, 孝高長政を, 従事する, 悪い役, 拘わるから, 立ざりしなるべけれ, 立たざる事, 立たず, 立たずいや, 立たずお, 立たずかえって, 立たずただ, 立たずと, 立たずなれば, 立たずに, 立たずろくな, 立たずプラン, 立たず儒者, 立たず八五郎, 立たず又, 立たず寧ろ, 立たず小, 立たず御飯, 立たず押しこんであるので, 立たず提灯, 立たず決して, 立たず現に, 立たず終り, 立たず結局, 立たず隙間, 立たないお客さん, 立たないかも, 立たないから, 立たないがらくた, 立たないくらいに, 立たないじゃ, 立たないそれでは, 立たないたとえば, 立たないだろうが, 立たないつまらない, 立たないでしょう, 立たないところ, 立たないながら, 立たないのに, 立たないほんの, 立たないむしろ, 立たないもう, 立たないわけ, 立たないわね, 立たない下らない, 立たない云わば, 立たない人間, 立たない代物さ, 立たない作文, 立たない傷ついた眼, 立たない冷た, 立たない前座, 立たない効果, 立たない動物, 立たない卯平, 立たない厄介者, 立たない原稿, 立たない古, 立たない古い, 立たない各自, 立たない嘘八百, 立たない声, 立たない女, 立たない奴, 立たない如くマルクス, 立たない屁理窟, 立たない意地っ張り, 立たない愚, 立たない慾ばり婆, 立たない方法, 立たない暗黒界, 立たない機智, 立たない武器, 立たない無能, 立たない猫, 立たない生活, 立たない百姓, 立たない瞬間, 立たない石ころ, 立たない私, 立たない種類, 立たない空理空文, 立たない筈, 立たない習ったこと, 立たない者, 立たない腐った古, 立たない芸, 立たない褐色, 立たない錆びついた短刀, 立たない鎧, 立たない非常, 立たない風, 立たなかったじゃ, 立たなかったとき, 立たなかったばかりか, 立たなかったり, 立たなかったろう, 立たなかったガラクタ, 立たなかった見ろこの, 立たなかつたで, 立たなかつたわけ, 立たなかつた事, 立たなかつた時, 立たなくて, 立たなくとも, 立たなくなった, 立たなくなったばかり, 立たなくなったばかりか, 立たなくなったもの, 立たなくなりいったん, 立たなくなりいつたん心, 立たなくなりますわ, 立たなくなるの, 立たなくなる恐れ, 立たなく成って, 立たぬかと, 立たぬこの, 立たぬこれ, 立たぬじゃま, 立たぬぞと, 立たぬただ, 立たぬちっぽけ, 立たぬとき, 立たぬむずかしい, 立たぬやう, 立たぬよう, 立たぬコケオドシ, 立たぬ一冊, 立たぬ五重の塔, 立たぬ人, 立たぬ仕事, 立たぬ何, 立たぬ余計, 立たぬ作者, 立たぬ公民権, 立たぬ処方箋, 立たぬ厄介者, 立たぬ反省, 立たぬ取越苦労, 立たぬ古い古い, 立たぬ型, 立たぬ場合, 立たぬ寺小屋通い, 立たぬ小説書き, 立たぬ川, 立たぬ年齡, 立たぬ当てずっぽう, 立たぬ律儀, 立たぬ悪霊奴, 立たぬ手, 立たぬ文士, 立たぬ書物, 立たぬ様, 立たぬ殺生, 立たぬ爪二つ相対, 立たぬ物, 立たぬ現世, 立たぬ理屈, 立たぬ登山, 立たぬ石ころ, 立たぬ穀つぶし, 立たぬ筈, 立たぬ紡績工場, 立たぬ繰言, 立たぬ老人, 立たぬ苦労, 立たぬ詮議, 立たぬ雑草, 立たぬ馬酔木, 立たねえあと, 立たねえから, 立たねえや, 立たねえん, 立たねえ荒地, 立たねえ鉄, 立たんがらくたども, 立たんだろう, 立たんぢ, 立たんです, 立たんと, 立たんの, 立たんもの, 立たん小, 立ちにくい, 立ちましねえだよ, 立ちましょうが, 立ちます, 立ちますまいから, 立ちますまいし, 立ちますまいそれとも, 立ちますまいねえ, 立ちますめ, 立ちませず一切皆様, 立ちませぬ, 立ちませんから, 立ちませんからね, 立ちませんけれど, 立ちませんそれ, 立ちませんで, 立ちませんのよ, 立ちませんばい, 立ちませんもの, 立ちませんわ, 立ちません旦那, 立ちません煤掃, 立ちゃしない, 立ちゃしないのよ, 立ちゃしません, 立ちゃァ, 立ちやしません, 立ちよらんが, 立ち定助, 立ち申さず尊皇攘夷, 立った, 立ったため, 立ったであろう, 立つかと, 立つかも, 立つじゃ, 立つてを, 立つと, 立つの, 立つはず, 立つべしよくよく, 立つまいのう, 立つまじき系図, 立つめ, 立つめえな, 立つもん, 立つよう, 立つ子, 立つ筈, 立つ者, 立てないで, 立てるだろう, 立とうかと, 立とうと, 立に, 立ぬ, 経験した

▼ 役~ (381, 5.3%)

2 [14件] ありません, いい役, いっさいがっ, この人, これで, それを, ほかの, ジゴロ, レオニードフという, 一つも, 人形である, 何時でも, 女だった, 非常に

1 [353件] あまりに情けなかっ, あれで, いそがしげ, いつでも, いつもやけに快活, いつも吹上, いつも相手, いつも陳宮, いる筈, うってつけだ, うまくやらなけれ, えたま, お冬, お勤まり, お徒士, お父さんでなけれ, お留守居役中, かう常談, かなりはげしく, かなり重い, かれの, こ, こう云っ, この中, この俺, この女, これは, これまでとは, ごめん蒙りたかつた, ごめん蒙る, ご辺, さうし, さしずめ鬼娘, したが, しなかったので, すつかりすんだ, すべてほんとうの, すべて信濃坊源盛の, すべて受けとめ, せえ, せぬこと, ぜひこの, そこの, そこまで, そちに, その学校, その後立ち消えと, その日, その頃, そら泥的, それが, それで, それでも袖屏風, たいしたもの, たいてい若い, たうて, ただそれ, だんだんつらく, ちゃんちゃんと, ついて, つとまりません, つとまり兼, つとまるまい, つとまるまいし, つとまる所, つまらない, つまらなかつたらうね, とって, どういう, ないから, ないじゃ, なおも高, なかつたの, なんと言っ, のちに, はなれて, ひとりでなく, ひどい役, びっくりし, まことに気, まだ, まったく命懸け, まつぴらだと云, まるで面白くなし, みんな組合員の, もう堪えられない, もって, もっぱら朝廷向, もと女学校, やすし, よいが, わしでなけれ, わたくし一人です, わたしとは, わたしに, アントワアヌ自身が, オルテガと, ゴーである, トラムプの, ヘンリイ王が, マネキンを, ラム・ダスと, ロマンチスムの, 一に, 一ばん書き, 一安心です, 一寸好い, 一度で, 一手に, 一貫し, 丁度この, 三人の, 三益, 三益断はって, 上だ, 下だ, 下等であります, 不思議に, 不肖ながら, 不調法です, 与八, 中村一心斎という, 主上に, 主人に, 主役だった, 之が, 九兵衛であった, 亀という, 二つ共何うにも, 二人の, 二十幾歳の, 互いに代わり合っ, 五代目の, 五六疋に, 今の, 今日だけの, 他の, 仙十郎が, 代役が, 以前の, 仲麻呂, 伊沢君に, 伊達安芸で, 会津が, 住むらしいが, 何でご, 何という, 何やら細々記した, 何よりも, 何れも, 余り宜い, 余分の, 余程前, 例の, 便宜上買方, 俺と, 借銀, 倭文子だ, 僕自信あり, 儲け役などと, 充分足し, 免ぜられて, 八州および, 其人に, 其儘両手を, 其弱い, 凝ろうにも, 出来ないよ, 出来不出来は, 初鹿野伝右衛門と, 前後七年かかった, 割にしどころ, 割り当てられて, 勅使に, 勇んで, 勘定奉行北村彦右衛門と, 勤めかねると, 勤めて, 勤められず若い, 勤められないこと, 勧賞つきで, 勿体ぶつた, 勿論ワタシ, 十九名いた, 即座に, 友田喜造親分, 双方兵を, 只今銚子から, 叫んで, 各, 各の, 各藩共馴染, 吾れ, 呆然として, 坐ったまま挨拶, 堀井が, 堀井に, 変えられる罷免, 多く虚子, 多紀楽真院野間寿昌院多紀安良辻元, 大きな日の丸, 大まじめ, 大好評, 大役だ, 大概きまっ, 大蔵卿である, 大阪弁で, 女が, 始終出入り, 子供に, 安っぽい役者, 実に大変, 実に無限, 家橘である, 寺男の, 小林という, 少将の, 居候に, 岡本兵部の, 島文博士で, 左右太の, 差詰め肥後で, 差詰め西木の, 師匠が, 幡江の, 平気で, 幸子が, 幼少の, 引っぱり出され人足, 弟と, 弟子の, 当番の, 彼を, 後に, 後ほど狂言方, 後宮の, 御免を, 御免二万石を, 徳寿である, 心の, 意外に, 慇懃に, 成るほど, 我々を, 我煙草に, 手も, 手を, 手前が, 手塚が, 押しつけやしない, 斯の, 新役, 日本と, 日本の, 旨く極め合い, 普通生活と, 暗がりで, 暫く佇ん, 書けて, 最神聖, 有難いもの, 本当の, 松尾氏と, 松平伊豆面目身に, 林佐渡滝川一益菅谷九郎右衛門の, 林野局の, 柏が, 極めて寛大, 極好い, 止めに, 此田楽でも, 死ぬぞ, 毒婦型, 沙弥の, 泉嘉門でござる, 泣き出しそう, 済んだ, 源之助の, 演じなかったん, 熄んで, 父が, 父の, 父武蔵守輝国が, 爺の, 牛蒡を, 物頭に, 独り者に, 生活態度の, 留守, 病人で, 皆一流の, 直造, 矢張り竜神様でございます, 知行五百石の, 石川君に, 示して, 禄も, 私ごめん, 秋山要, 秋月喜一郎に, 竹童の, 第一義としては, 答えた, 箱の, 糸瓜殿夕顔殿に, 紳士探偵新, 結局いくらか, 給金を, 続けざまに, 編修官, 織田家の, 罰金を, 美しかつ, 老体ながら, 老生の, 聊か其目的, 膝を, 自分と, 花嫁という, 花道七三に, 芳江殿, 芹川でなく, 苦心を, 菊五郎が, 薩藩の, 藤原氏が, 蝶々の, 親定, 言わずと, 言葉を, 説くに, 誰の, 赤い女の子, 遠征の, 郡でも, 金杓子を, 金高を, 銅兵衛である, 長曾我部の, 門之, 関三十郎が, 難しいと, 霜と, 青菜に, 面を, 頭取の, 頻りに感服, 顔其他を, 饂飩屋の, 駿河台の, 骨が, 高, 鶴松が

▼ 役~ (280, 3.9%)

8 あって 4 呼んだ, 問うた 3 御免に

2 [13件] あつて, かかります, しきりに廃止, それを, どの俳優, 上って, 両代官, 他氏の, 出て, 町年寄に, 舞台の, 身を以て, 附いて

1 [235件] あがると, あげて, あたえられそれぞれ, あった, あった次, あっちこっちに, あつた, ありその, ありますので, ある, あるかも, あると, あるに, あるので, あるらしい, ある切り, ある彼, い, いじめられること, いそがしそう, いつかあたしの, いつもぼく, いなかったという, いままで, おれと, きたの, こなせないという, これを, こんなに一同, さうなん, さしてみとうございましょう, さらわれたの, しきりに廃, しきりに気, すべて女寅が, すんだのち, すんだわけ, そこまで, その日生憎欠席, その衝, それであった, ついたこと, ついて, つかずたま, つかぬからと, つきさ, つとまる, つとまるか, できて, できなくなりましたので, できるであろうと, どうやら自宅, どう致した, どんなに難, なかなか骨, なくて, なんだか九女八, なんとか言わなけれ, ひかへて, ひとり必要, ほんとうに, またお, まだ床, みずから出, もう年配, もらえなくなるの, やったの, わがままを, アンチ瘤派, イタリーの, オリジナルな, 一つ, 一つの, 一つふえた, 一つ進ん, 一人あった, 一人いなけれ, 一人がた減ろう, 一人と, 一生とれぬ, 三人と, 三木と, 上手で, 下ったよう, 丸田屋の, 二三人ずつ, 二三人また, 二人つきそっ, 二人分の, 二枚目で, 五つたしか, 亢奮の, 今は, 今度は, 付いてるん, 付ききり, 付きまして, 何う, 何うにも, 俺様だ, 傳馬役以外の, 全部を, 円目の, 出た事, 出ないので, 出来て, 分化し, 割いて, 勅諚を, 勤まらないからと, 勤まらないこと, 勤まりまするか, 勤まると, 勤る, 十人客を, 半分で, 博多辻の, 原作では, 去ってから, 参事司補, 又どの, 各役部屋, 四年間の, 坑夫に, 増えた, 声を, 変って, 多いであろう, 多く以前, 多すぎ, 大いによろこん, 始まって, 始まつたが, 姿を, 嫌だ, 審問し, 少い上, 少し気, 居て, 平凡すぎる, 平気な, 年に, 座敷の, 廻らなかつたらそれ, 廻状を, 当ってるかと, 当てられたり, 彼の, 彼等を, 後から, 御留守居, 御膳部, 必要だ, 必要であった, 忽諸に, 憎らしいの, 手ぐすね引い, 手品を, 折り入って, 振られたの, 揉めるという, 新たに, 日本民族精神の, 日田の, 書けてないから, 替ってから, 最もわたし, 最後であった, 有りません邏卒, 来たが, 来たの, 来て, 東北弁で, 梅渓に, 検査し, 気が, 洩した言葉, 淀君で, 済まぬと, 済むの, 済んだと, 済んでからは, 湿疹に, 無いの, 無かった, 無かつ, 無給で, 牛を, 現はれる, 登場しだした, 磨いで, 神様に, 筆を, 答える側, 終った, 終了した, 給金を, 続いて, 置かれたの, 置かれ私, 老中の, 脚本の, 自分の, 若い男, 茂七の, 蛙の, 要るし, 解けて, 解決する, 言った, 言葉叮嚀に, 記して, 評判と, 話し掛けて, 買いたかった, 賊を, 赤布を, 起こり支那, 起ったの, 起り板垣退助, 足りない蒲田軍, 軽すぎる, 通行の, 運ばれまた, 道化た, 適当である, 鄭重な, 重た気, 長引くよう, 闘牛中の, 陳和卿では, 音頭を, 顔を, 飛んで, 骨を

▼ 役には~ (256, 3.5%)

21 立たない 10 立たぬ 9 立たないの 7 立ちません 6 立たなかった 4 立ちませんが, 立つまい 3 立たないが, 立たなかつた, 立ちそう, 立つ, 立つが, 立つの, 立つまいが 2 たたなかった, 立たないで, 立たないと, 立たなかったの, 立たねえ, 立たん, 立ちませんよ, 立つと, 立つ筈, 閣下の

1 [154件] そう立ちますまい, その下, その場限り, たたず朝, たたないが, たたなくとも, たたなくなったと, たたぬ, たたぬさあさあ, たたぬもの, たたねえという, たちえない, たちにくい, たちませぬまでも, たちません, たちませんでした, たてられるはず, ついぞ何処, できるだけ, とても立てられなかった, なって, ならないもの, なれなかつた, まことに適当, まず打っ, わしが, 不適当, 主婦以上の, 京都二条の, 京都二條の, 何様な, 余り立ち, 先代の, 兵を, 動作も, 区民に, 向かぬ, 大して立っ, 子供を, 岡部美濃守添役には, 工賃が, 師匠筋の, 従来どおり長谷川丹波守と, 微妙な, 持って, 日本は, 昔から, 是非共自分が, 村人に, 根っから立っ, 正副二人立つ, 武蔵も, 烏帽子を, 皆すすん, 碧蹄館に, 私が, 立たずそのうち少し, 立たずそれ, 立たず全く, 立たず大火, 立たず死刑, 立たたない, 立たないかい, 立たないかも, 立たないから, 立たないからね, 立たないそれ, 立たないだろう, 立たないという, 立たないのみならず言葉自身, 立たないのよ, 立たないや, 立たないよう, 立たないらしいビュルゲル, 立たない事, 立たない老齢, 立たなかったね, 立たなかったので, 立たなかつたが, 立たなかつたの, 立たなかつたので, 立たなくとも, 立たなくなるの, 立たなくなるよ, 立たぬから, 立たぬし, 立たぬだろう, 立たぬと, 立たぬの, 立たぬ剣術, 立たぬ所, 立たぬ旅愁, 立たぬ本, 立たぬ留守居, 立たねえから, 立たねえぜ, 立たんけれども, 立たんさ, 立たんよう, 立たん人間, 立たん何, 立たん其の, 立たん巧, 立ちさ, 立ちま, 立ちましねえ, 立ちますので, 立ちますまいが, 立ちますまいけど, 立ちますまいけれど, 立ちませねど, 立ちませんお祖父さん, 立ちませんから, 立ちませんし, 立ちませんてな, 立ちませんでした, 立ちませんでしたが, 立ちませんでも, 立ちませんね, 立ちゃあ, 立ちやすめえ, 立ち得ない, 立ったと, 立ったという, 立ったに, 立つかも, 立つけれども, 立つし, 立つしかしながら, 立つぜ, 立つたものの, 立つでしょう, 立つという, 立つに, 立つのに, 立つまいと, 立つまいなどと, 立つもの, 立つもん, 立つよう, 立つん, 立とうが, 竹篦返, 笹屋庄助が, 聞えないが, 自身陽平関にまで, 興味の, 西方と, 誰も, 貫禄が, 都合が, 金助改め鐚助が, 釣狐の, 長兄も

▼ 役~ (153, 2.1%)

10 あつた 3 それを, 出て, 召集され 2 これは, 身上は

1 [130件] あつたらう, あつたらしい, あつて, あらう, あらうと, いっさいの, いろいろの, いろぶかい, おどろくべき芝居, おれが, お喧, お抱, お添役, お金が, かの狂言本読み, この大きな店, この男, これを, ござります, さへ, すらなかったら妾, そのま, それでも拾俵, つねに手足, どうしても美しい, どれが, な, はない, はなかっ, またそれ, もう出来てる, シッシッと, トボケた, ナイイヴな, 一々立っ, 不思議と, 世間にも, 五万三千石の, 五十俵三人扶持, 亭主の, 今考える, 仔細の, 仕へ, 代々金沢町に, 何とかの, 何んか, 作家の, 全く挫け, 兵隊と, 其が, 出これ, 出して, 出た, 出演した, 別に此, 到遂引越し, 加藤清正の, 勞役は, 勤めますの, 十分発揮出来ない, 十日ほど, 半分は, 可憐な, 問屋後見を, 団十郎自身も, 外勤めの, 夜半に, 大向うを, 大坂城, 大塚の, 天下の, 天子を, 夫婦喧嘩の, 奉行所始まっ, 好評を, 婦人代議士の, 学生は, 宗吾の, 客を, 封を, 将兵の, 後見役の, 御出張, 御迷惑, 息子の, 惣右衞門という, 戦死し, 戦死した, 晴れの, 本当に本当に盲腸, 歌女代を, 武男さんは, 死ぬと, 死んだよう, 母は, 毎日市中や, 民治の, 浚つて行く, 無かつ, 無役, 無類の, 父の, 特別に, 疲労し, 白扇でも, 看護婦の, 私は, 立廻らね, 立派に, 籤を, 脇屋卯三郎と, 芙蓉の, 草の, 藤兵衛よりは, 裕福で, 裕福に, 西郷隆盛の, 評判を, 貧し氣, 貧乏に, 費用は, 身柄の, 通例二十四五歳の, 連れ出して, 開店以来の, 阿片を, 顔を, 飾は, 首を, 魚類だけでも

▼ 役として~ (109, 1.5%)

2 こまめに, アルゲープォンテ, 支那芹と, 登場する

1 [101件] かれら, ここまで, こころえおかねば, この牧田, その時, その衝, ついて, である, とくと梢さん, どうしても審問, なにか書い, ぶつぶつと, まっさきにすすん, わが子の, ゐる律文類, 一行の, 中村式部少, 久しい歴史, 久子さんを, 乗って, 事務所に, 二百石を, 交じって, 今まで, 仕えて, 仕え今日, 付きいらい, 付き従えば, 付き添いわし, 付く武者, 会社の, 何等の, 侍い, 依頼に, 側用達は, 働かなければ, 先陣に, 先頭に, 入京し, 八五郎の, 八五郎を, 公用藩用に, 公認せられ, 共に事, 出張し, 切り盛りし, 列席せられた, 初めから, 勤めたもの, 十軍に, 千石を, 半蔵よりも, 取り扱つた邪宗門事件, 同車せられた, 園さんと, 大臣文学者の, 大阪から, 天下の, 女御の, 宮崎若狭守, 容易ならぬ, 寺に, 島の, 左部彦次郎一人を, 当然玄徳, 役に立つ方, 御馳走を, 惟任日向守光秀が, 愛護は, 所領加増の, 拙者一人で, 新免家に, 早くから共々に, 朧月夜の, 木の実の, 村の, 来て, 松寿丸に, 松田さんに, 案内役として, 此の世に, 治安の, 現われる時, 現場へ, 留守番の, 番頭を, 登場し, 第一番, 細川家の, 細心に, 署名人の, 翌日の, 聞こえた宮谷家, 舞台にも, 藩政に, 認めて, 豆腐茄子新, 赴った, 近代劇協会へ, 適任で, 重いもの

▼ 役~ (101, 1.4%)

11 なって 2 した椀, 在の

1 [86件] あったの, いい屋敷, いえども, いって, いふと, お使番, きまって, この俳優, した留まること半歳, して, しようと, しカワセミ, しサギ, し礼, し隨分, し鹿肉, するいわば, する者, する若い, せる物, その二役, なせし肉, なってから, なつた, なられるの, なりました, なりまして, なり元々, なり四年十二月教授職並, なり惣右衞門, なり江戸, なり阿波, なる, なること, なると, なるはず, なれば, なろう, めいめいが, 三十二軒の, 上り下りの, 並んで, 云うと, 云う役目, 云う者, 云ふ, 人気とに, 信じ彼ら, 其から, 兼ね備, 出かけ, 助郷, 化粧を, 取押え方心得, 同時に脇方, 同様であっ, 名乘, 名附親, 呼ばれ重要, 喧嘩し, 夢を, 女形と, 女房役とを, 彼は, 心得るべきである, 書き誤って, 札を, 気仙郡などでは, 氷見役立ち, 申し少, 申す役名, 白即ち, 称する戸別割, 自分との, 舞の, 若い方, 見たが, 覚しいの, 親しみを, 触れて, 言ったらオイディプス, 言つた, 言ふ, 通詞とを, 金沢柵とについては, 雨乞の

▼ 役~ (98, 1.4%)

4 勤めて 3 して 2 これで, つとめる, 男が

1 [85件] あらうに, い, おわった明治十二, かたみ, かねて, ここに, この石亀, この石龜, ございませんけれども, します, すっかり忘れ, する, するとお, するよう, ずいぶんある, そんな娘役, つとまるに, どうしてなかなか楽, ないので, なかなかよ, なさなかった, ひきうけるよう, ふえて, まじって, まわって, めには, もらえなくなれば, よかった, よく丑之助, ハアあきあきだ, 一人居る, 二三度した, 五年前の, 人足も, 仕ったが, 仕事の, 付かないので, 付かなかった, 付きませんでいつも, 位も, 何も, 俺あ, 兵部少, 出て, 助手の, 務め或は, 勤まりませんから, 勤まると, 勤まる女, 勤めたが, 勤めた人, 勤めねば, 勤めまするので, 勤められる人, 勤めるが, 勤め都, 取押え方心得, 召しあげられこの, 同じく米友, 同道で, 問屋も, 嘆息する, 外科医も, 大抵で, 奉じて, 宅助も, 実に青く, 居るな, 彼の, 御自身, 心配そうに, 戦いである, 果たして, 殆ん, 母の, 済んだし, 無論に, 甘くなっ, 田楽の, 私と, 立ち合いの, 組頭も, 繁昌だ, 買って, 進み大事

▼ 役廻り~ (63, 0.9%)

32 だが, つらし, になっ, をさせられる

1 [52件] から長浜, が大好き, が農民, だったな, であるか, でおれ, でしたそれ, ですが, ですね, でない, ではあった, ではない, でもつとめね, で後世, で昨夜, で相当, となりたれ, とも思えない, なら宅, にこの, にしか値打, になった, になつて, になり, には後, に在る, のこと, はどちら, はドウシテモ坪内君, は仰せつけられなかっただろう, は御, は御免, は斧九太夫以来, ほどあり, まであっ, もある, も花嫁, をこの, をし, をする, を仰せつ, を内職, を勤め, を勤めさせられる, を勤めた, を受取つて, を受持っ, を引受けさせられ, を引受ける, を演じ, を負, を買つて

▼ 役~ (61, 0.8%)

32 から, よ

1 [54件] あね, からこれ, からじ, からどうしても, からね, からのんき, から今日, から仕方, から和郎さん, から橘の, かわからねえ, がこりゃ, がこれ, がてんで, がろくろく, が一方, が万一村, が三千五百石, が久しい, が仕方, が兵頭, が夕方之, が自分, こいつはな, し芝居, ぜ, そうです, そちは, それも, ぞ, ぞといふ意識, ぞッ, だが危ない, という, という未亡人, といふ, とお, とこぼしつづけ, とでもいう, ともきいた, とわかりました, と済まし, と言, と話す, と迷惑, によって余人, ね, ねえあんた方, のという, のに其の, もの, んべ, ッて, 部屋へ

▼ 役~ (44, 0.6%)

6 のだ 5 んだ 3 のです

1 [30件] お喋りには, くりごとを, ことは, のさ, のだろう, のであろう, ので塾, ので夕方, ので附髭, ものだった, ものである, んでございます, んでしょう, んです, 一物も, 一生は, 人員をか, 悔恨や, 悲劇を, 時間が, 業です, 熱狂へまで, 看病や, 肉塊に, 血を, 話は, 返答に, 過程は, 鉄柵を, 障碍にしか

▼ 役~ (42, 0.6%)

2 のお, の事, の者, を取囲ん

1 [34件] からのねん, がそれ, が乗込んだ, でさえ一目, とすれ, と覚しい, に伝えられた, に出来, に限った, の不首尾, の了解, の出張, の差図, の御, の手前, の方々, の知合, の衆, の要求, の見つけ, の責任, の非, へ土地, へ突き出す, へ訴え, も面, を以てめぐる, を仰付けられ, を別, を勤め, を罵りました, を罵る, 一同の, 其他にも

▼ 役割り~ (35, 0.5%)

4 をもつ 3 を持つ 2 をもっ

1 [26件] がまたし, が出, が定められる, が違っ, が顛倒, しかつとめ得ない, してから, であったの, でこれ, でもねえ, で大次郎, にあった, についてそう, によって身, に扮そう, はございますまい, は大きかっ, をきめる, をなし, をはたし, をはたす, を与えよう, を書い, を果たす, を演じた, を演ずる

▼ 役である~ (30, 0.4%)

2 ことを

1 [28件] から万事承知, がしかし, が今や, が元来, が実は, が比べる, が自由党, ことは, ことも, ぞ今日, ために, だけに何, という責任感, と否, と思はれた, のが, のを, ピエロの, 主人公は, 事が, 元気の, 利家に, 南海の, 場合も, 壯士が, 小堀遠, 為も, 私の

▼ 役では~ (29, 0.4%)

7 ない 2 ありませんが, 秀吉の

1 [18件] あったが, あつた, ありません芝居, あるが, ないかしら, ないただ, ないだろうこの, ないのでね, なかつた, 出世の, 尠くもそういう, 有るし, 無いか, 無いの, 秀秋は, 結局同じ, 軽騎兵ブラーエ, 錚

▼ 役という~ (29, 0.4%)

3 ものが, ものは 2 のは, ような

1 [19件] ことが, ことであった, ところに, のが, ので, のです, ふうに, ものも, 側へ, 厚顔しい, 大任を, 実権を, 専任の, 意味です, 自分の, 言葉が, 言葉は, 順序である, 風に

▼ 役でも~ (28, 0.4%)

2 あったの, 御探しなさる

1 [24件] あった, あったと, あったので, あつた, あり事実成功, あり塾弟子, ある, かけたもの, して, どう扱いよう, なかった, なければ, なし又, レビュウも, 一目で, 何でもねえ, 出場が, 勤めて, 引受ます, 無い唯, 監察の, 蒸, 身を, 配られたと

▼ 役御免~ (28, 0.4%)

3 になった, になり 2 を願っ, 重くて

1 [18件] か謹慎, などの処分, なんてこと, におなり, になっ, になつて江戸, になる, になるべき, に相成, に近い, のうえ, の嘆願, の折柄, の願書, は勿論, をと哀願, をねがい出た, をねがう

▼ 役をも~ (26, 0.4%)

3 兼ねて, 勤めた 2 勤むる者が, 勤めて

1 [16件] お勤め, すること, なさなかった, またあの大, 仰せつけられるだろうと, 兼ねるの, 助けて, 勤めた者, 勤めました者, 勤める兄, 命じられて, 引き受けようと, 演じ兼ねない危險, 解いて, 負担せぬ, 辭せざる

▼ 役~ (19, 0.3%)

1 [19件] あっしゃあ, から手, が多い, だと, ちゅう奴, ですよ, で稼業冥利, という小者根性, と申すべき, と認められ, なの, なるもの, のうち, のよう, もある, をさがし, をば一切, を得, を積

▼ 役まで~ (18, 0.2%)

2 勤めて, 十年以上の

1 [14件] させられて, したの, して, ひきうける義理, やるらしい, 一と, 一人で, 兼ねて, 取つた, 取つた人氣男, 引受ける気取り, 演じなければ, 言いつけられて, 附いたの

▼ 役まわり~ (17, 0.2%)

2 をする, を勤め

1 [13件] がえり, がこの, が今, じゃねえ, になっ, になりました, はごめん, は僕一人, は宇治山田, もあれ, や, をおおせつかった, をおしつけられる

▼ 役から~ (16, 0.2%)

2 離れて

1 [14件] また青年団, 下ったこと, 他の, 勤め上げた, 帰国後村で, 役を, 後拍車を, 抜いて, 書き込みを, 脇, 見ると, 近頃檢印, 逃れようと, 離れた男

▼ 役です~ (16, 0.2%)

2 か, ね

1 [12件] かい, から, からわざわざ, から日, から罰金, から身内, が, がわけても, けれど私, ぜ, ねえ, よ

▼ 役~ (15, 0.2%)

1 [15件] いい加減年, いざといって, えを, どうか, やるの, よくわからない, 三役かの, 何かの, 何かを, 四役かを, 奉行手先の, 知らず高, 誰かが, 酒井黒具足組の, 重役らしく

▼ 役~ (14, 0.2%)

2 なア

1 [12件] 使者を, 公儀人公用人なども, 前頭の, 卓子へ, 取り持ちを, 宿人足ないし, 書記は, 群行の, 茶道衆や, 荷方水夫や, 道ご, 選手たちが

▼ 役らしい~ (14, 0.2%)

3 役を

1 [11件] この男, どうやら逃げださない, のでぐずくずし, 人々が, 人が, 人は, 年配が, 男が, 男も, 背の, 調子で

▼ 役~ (13, 0.2%)

2 ていた

1 [11件] さらに後, ております, てくる, てやっ, てゐた, て前夜当番, て参った, て呉れた, て江邸, て都, 小人目付一人八組御

▼ 役とも~ (13, 0.2%)

1 [13件] あろう大家, いうべきお, いうべき石屋, なかなか立派, なく勤め, なって, にいわゆる, やった, 相談の, 称す可, 言える人柄, 言ふべき, 話を

▼ 役にしか~ (13, 0.2%)

2 立たぬもの

1 [11件] 廻われないの, 立たない, 立たないから, 立たないで御座いましょう, 立たないとを, 立たないもの, 立たなかつたやう, 立たぬ, 立って, 立つて, 過ぎなかった

▼ 役~ (13, 0.2%)

1 [13件] での渋い, で三条西家, で江戸滯在, には少し, にも, に於, に華美, に誰, に長く, のほか, の身の上, 下されおくといふ, 預けおくといふ

▼ 役じゃ~ (11, 0.2%)

2 ないか 1 ありませんが, ございませんな, ござんせん, で, ないが, アありません, アねえ, 無い, 貧に

▼ 役にな~ (11, 0.2%)

3 つてゐた 2 つて來て 1 つてし, つてやら, つて出, つて宴会を, つて家の, つて居ります

▼ 役にゃ~ (11, 0.2%)

2 ア立たねえ 1 あ立ち, ア立ねえ, 立たないじゃ, 立たないん, 立たない訳, 立たねえわな, 立たねえネ, 立ちません, 立つまいよ

▼ 役~ (11, 0.2%)

1 [11件] あえて恨み, が数百人, である, というもの, とし, はおかず, は夙に, をし, を去る, を徴用, を選

▼ 役部屋~ (11, 0.2%)

1 [11件] だ, だった, に臨む, の諸, へ公表, も懸け離れ, も退け, らしい一室, をあるき, をそっと, をのぞい

▼ 役だった~ (10, 0.1%)

1 がもうずっと, が器量, が日本, が直ぐ, そうで, という, とはいわせません, と同じく, のでお, のです

▼ 役より~ (10, 0.1%)

1 お落し, して, はや十三年, 前に, 引きて, 御鷹部屋へ, 最近の, 蔵前の, 鑑札を, 高持

▼ 役~ (10, 0.1%)

2 の者ども 1 でもあり, にし, にはなりました, のもの, の待遇, をお, を願う, 御小姓組

▼ 役なる~ (9, 0.1%)

1 が作者, にその, に其嫌, ものが, ものを, 中臣が, 事は, 山木に, 者が

▼ 役~ (9, 0.1%)

1 お届け, 伝えて, 出たこと, 差上げて, 申し入るべく自身呵責等, 相渡す, 編入され, 藤吉郎が, 豚を

▼ 役~ (9, 0.1%)

2 を加 1 がない, が附い, に, の職, は三千石, を併せ, を加え

▼ 役たる~ (8, 0.1%)

1 サスネー侯爵シャール・ザントアンヌという, 三与力の, 呂凱の, 小法師, 彼らの, 悪入道, 柳生の, 自分は

▼ 役であった~ (8, 0.1%)

1 から伸子, か知らぬ, がつたなく, が家, が巨星巌流, が長い, ために, と申す

▼ 役としての~ (8, 0.1%)

1 下賜品は, 中川芳太郎それから, 小さな自慢, 役目の, 御印可, 春藤某の, 甲斐の, 街道の

▼ 役とは~ (8, 0.1%)

1 いえ御, よいお, 云いながら, 同年の, 檜職人の, 申されません, 言ふ, 違いまして

▼ 役にでも~ (8, 0.1%)

1 入つた, 就きたいよう, 立たねば, 立ちますので, 立つせめて, 立つだろうと, 立つ物, 立てば

▼ 役~ (8, 0.1%)

21 お, があった, になった, はそもそも, を仰せ付けられ, 等被申候

▼ 役~ (8, 0.1%)

2 ずに 1 が訊かせる, ないさ, なかつた, ぬ此眼, もせぬ, をなす

▼ 役たち~ (7, 0.1%)

1 があの, に手, の名簿, の過失, はそろそろ, もいま, も寄っ

▼ 役との~ (7, 0.1%)

1 あつた, ちぐはぐは, ギャップが, 境は, 対話に, 評判を, 課役を

▼ 役について~ (7, 0.1%)

1 いて, いばるとか, いました, 二千両を, 今では, 徳三郎の, 来た

▼ 役使~ (7, 0.1%)

1 しまた, し自在, すべしと, するところ, するやう, に苦, の用

▼ 役~ (7, 0.1%)

1 とも七百石, にて一銭, の手形書, も上がります, も祝儀, を得, を捌い

▼ 役~ (7, 0.1%)

31 と交渉, の諸, の辛労, は蓋し

▼ 役~ (7, 0.1%)

2 の考 1 としての要素, として利用, と見る, の活動, を駆使

▼ 役これ~ (6, 0.1%)

1 が意外, で, はだいたい, は若い, も仏縁, を勤

▼ 役だけに~ (6, 0.1%)

1 とどまろうと, 三十六計の, 今度の, 同じ貧乏士族, 私を, 若手の

▼ 役であっ~ (6, 0.1%)

2 てそれ 1 てこれ, てもやはり, て下屋敷, て放蕩無頼

▼ 役であり~ (6, 0.1%)

1 それが, ながら自分, エレベーターの, 奥三郡は, 社の, 福島でも

▼ 役どこ~ (6, 0.1%)

1 てもの, になっ, の, の性根, は嵌ってた, を下手

▼ 役にて~ (6, 0.1%)

1 何も, 候, 前, 名を, 名高きギリシア軍, 斬死し

▼ 役伊之助~ (6, 0.1%)

1 がその, だ, とはこういう, と組頭庄助, も東海道, をも不安

▼ 役~ (6, 0.1%)

1 がその, とか申した, と申さば, なん, のくせ, の威厳

▼ 役~ (6, 0.1%)

1 で一ぷく, の次の間, の自, へもどっ, へ飛び出し, を出

▼ 役~ (6, 0.1%)

2 出張な 1 奉行道中取締役各, 役宅下役職人の, 法則を, 目付錦織の

▼ 役~ (6, 0.1%)

1 から貰っ, から雇っ, でない人間, ととなえ, の方, の絡ん

▼ 役買っ~ (6, 0.1%)

2 ている 1 ていただこう, ていたらしく思われ, ていない, て出た

▼ 役それ~ (5, 0.1%)

2 がし 1 から長友先生, に勤番, も呂宋兵衛

▼ 役~ (5, 0.1%)

21 やございません, やない, や遣り切れません

▼ 役といふ~ (5, 0.1%)

1 ところです, ものに, やうで, 様である, 肩書を

▼ 役としては~ (5, 0.1%)

1 すべてこれを, 丸山定夫君が, 勿論心得, 塙九郎右衛門荒木摂津守武井夕菴その, 此も

▼ 役とを~ (5, 0.1%)

1 いと深く, 兼ねたという, 兼ねた山出し, 叙し, 同時に併用

▼ 役において~ (5, 0.1%)

2 現われて 1 すぐれて, 西洋の, 西軍の

▼ 役ばかり~ (5, 0.1%)

1 したん, して, するから, だから, だった

▼ 役わり~ (5, 0.1%)

1 がめい, としてはほんの, をお, を懸命, 及び面自体

▼ 役~ (5, 0.1%)

2 の門 1 がそこ, にも中庭, へ伴っ

▼ 役がら~ (4, 0.1%)

1 でござったな, なん, は車雑色, をかさ

▼ 役~ (4, 0.1%)

1 て有形無形, て渇する, ぶんの, やない

▼ 役その~ (4, 0.1%)

1 上に, 中に, 介添役等等等, 平生の

▼ 役だけ~ (4, 0.1%)

1 では, で格別, 見て, 覚悟仕るべき

▼ 役ながら~ (4, 0.1%)

1 千二百石かり, 千二百石頂戴の, 快からぬ, 裕福の

▼ 役などに~ (4, 0.1%)

1 廻されたかな, 当てられるよりは, 用いられたり, 真相を

▼ 役などは~ (4, 0.1%)

1 さして彼, 振り返りも, 真ッ平, 饗庭篁村が

▼ 役なら~ (4, 0.1%)

1 ば慰める, ば致し方, 三年が, 持ち前の

▼ 役なれ~ (4, 0.1%)

1 どこの, どもこの, ど権十郎, ば構え

▼ 役~ (4, 0.1%)

2 はりに 1 はりな, はりなどは

▼ 役以外~ (4, 0.1%)

2 の雜役 1 の, はアガリ無し

▼ 役即ち~ (4, 0.1%)

1 当時の, 文禄の, 毒味役なる, 雜役に

▼ 役君小角~ (4, 0.1%)

2 が山林仏教, が山林佛教

▼ 役~ (4, 0.1%)

1 においては最初, の命, の沙汰, へ届け

▼ 役~ (4, 0.1%)

1 からの現象, すぐ上洛, の処分, まで生存

▼ 役忌避~ (4, 0.1%)

2 の偽 1 の在家法師, の非人法師

▼ 役~ (4, 0.1%)

1 え御出, とを派生, の提灯, は閉廷

▼ 役金兵衛~ (4, 0.1%)

2 の名代 1 が預かった, の付き添い

▼ 役~ (4, 0.1%)

1 すなわち運上金, の如き, をとられる, を負担

▼ 役~ (4, 0.1%)

1 の奥, の番卒, の門, へはいった

▼ 役かの~ (3, 0.0%)

1 し, 如き気取り, 役割が

▼ 役からは~ (3, 0.0%)

1 なれて, 下がらなかつた千之助, 詞が

▼ 役ぐらい~ (3, 0.0%)

2 なところ 1 文化に

▼ 役こそ~ (3, 0.0%)

1 おそろしけれ, してないが, 卑いが威儀正しき

▼ 役しか~ (3, 0.0%)

1 勤めて, 勤めないくらいの, 呉れない

▼ 役その他~ (3, 0.0%)

1 の人々, の人選, の連中

▼ 役だろう~ (3, 0.0%)

2 と思いました 1 がともかく

▼ 役づき~ (3, 0.0%)

1 となり幹部, の家がら, は何

▼ 役であろう~ (3, 0.0%)

1 が特に, とお茶, とねがっ

▼ 役でない~ (3, 0.0%)

1 か, 役を, 白でも

▼ 役といった~ (3, 0.0%)

3 ような

▼ 役とか~ (3, 0.0%)

1 五役とかを, 天くだりの, 牢役人などが

▼ 役ながらも~ (3, 0.0%)

1 千二百石を, 千二百石頂戴の, 天下御

▼ 役なき~ (3, 0.0%)

1 ものは, 歳月も, 身の

▼ 役など~ (3, 0.0%)

1 およそ経済方面, 性根が, 東国に

▼ 役なりとも~ (3, 0.0%)

1 天下お, 歴歴の, 表高千二百石の

▼ 役にさえ~ (3, 0.0%)

2 立てば 1 立たなければ

▼ 役にばかり~ (3, 0.0%)

1 廻される雪子, 廻って, 廻りよる

▼ 役によって~ (3, 0.0%)

1 却って何, 演技を, 行われた黒部奥山

▼ 役への~ (3, 0.0%)

1 割り渡しを, 繋がりも, 贈り物引き出物纏頭に

▼ 役みたい~ (3, 0.0%)

1 なもの, なもん, な書生さん

▼ 役~ (3, 0.0%)

1 優婆塞, 小角, 行者の

▼ 役一人~ (3, 0.0%)

1 でね, として長, は頻

▼ 役介者~ (3, 0.0%)

1 は親方, ばかりで, を煽ごう

▼ 役~ (3, 0.0%)

2 の時人 1 の外

▼ 役勤め~ (3, 0.0%)

1 がある, ていつ, ている

▼ 役~ (3, 0.0%)

1 ハ智能ヲ, 代りにて, 六甥の

▼ 役済み~ (3, 0.0%)

1 だ, だ家, のこの

▼ 役~ (3, 0.0%)

1 の上, の厳格, 前石

▼ 役~ (3, 0.0%)

1 か, は川下, を出した

▼ 役表面~ (3, 0.0%)

3 には見えね

▼ 役規避~ (3, 0.0%)

2 の偽 1 の脱

▼ 役買つて~ (3, 0.0%)

1 ゐるかも, 出ること, 居ないと

▼ 役~ (3, 0.0%)

1 に同じ, 地下五位折敷を, 打敷

▼ 役~ (3, 0.0%)

1 が課された, にて苦しめ, を藩

▼ 役~ (3, 0.0%)

1 とね, なん, な三味線

▼ 役~ (2, 0.0%)

1 て此オツール, 出した人

▼ 役この~ (2, 0.0%)

1 師直が, 馬人の

▼ 役ご免~ (2, 0.0%)

1 になった, を願い

▼ 役ご苦労さ~ (2, 0.0%)

2 までご

▼ 役さえ~ (2, 0.0%)

1 わずらわしいもの, 果たせば

▼ 役させ~ (2, 0.0%)

1 て何, て程よく

▼ 役ずみ~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 役せらるる~ (2, 0.0%)

1 もの, ものの

▼ 役たたずめ~ (2, 0.0%)

1 が, といっ

▼ 役たった~ (2, 0.0%)

1 一つだった, 五百騎で

▼ 役たり~ (2, 0.0%)

2 しを以て

▼ 役だけの~ (2, 0.0%)

1 もの, ものでした

▼ 役だけは~ (2, 0.0%)

1 もう極まっ, 之は

▼ 役だけを~ (2, 0.0%)

1 して, 済まして

▼ 役って~ (2, 0.0%)

1 偉いん, 毒見の

▼ 役づい~ (2, 0.0%)

1 ておりました, ておりますれ

▼ 役であります~ (2, 0.0%)

1 からいくら, がその

▼ 役でございます~ (2, 0.0%)

1 そうな, 御門番

▼ 役でしか~ (2, 0.0%)

1 ない, ないし

▼ 役でした~ (2, 0.0%)

1 ね, わ

▼ 役でなく~ (2, 0.0%)

1 ては勤めない, 本当の

▼ 役とかいう~ (2, 0.0%)

1 大戦以外の, 肩書を

▼ 役などからは~ (2, 0.0%)

2 手緩いと

▼ 役などが~ (2, 0.0%)

1 土下座を, 控え本堂

▼ 役などで~ (2, 0.0%)

1 随分費用, 隨分費用も

▼ 役などと~ (2, 0.0%)

1 云うもの, 言うつもり

▼ 役などの~ (2, 0.0%)

1 役づき, 諸役人

▼ 役なども~ (2, 0.0%)

1 徴する, 手の

▼ 役なんて~ (2, 0.0%)

1 いう方, ものが

▼ 役における~ (2, 0.0%)

1 ギリシア軍の, 彼の

▼ 役にだけ~ (2, 0.0%)

2 立って

▼ 役になんか~ (2, 0.0%)

1 立ちそう, 立って

▼ 役にや~ (2, 0.0%)

1 立たねえからなんて, 立たねえだから

▼ 役~ (2, 0.0%)

1 て僅, 橈を

▼ 役までが~ (2, 0.0%)

1 すでに戦国日本, すでに戰國日本

▼ 役までは~ (2, 0.0%)

1 とれた男, 實に

▼ 役まるで~ (2, 0.0%)

1 モダン味無く, 腑ぬけ

▼ 役やっ~ (2, 0.0%)

1 ている, てみたい

▼ 役らしく~ (2, 0.0%)

1 もなく, 暫くする

▼ 役を以て~ (2, 0.0%)

1 王政維新という, 知らる

▼ 役を通じて~ (2, 0.0%)

1 明治天皇が, 記憶え

▼ 役三人~ (2, 0.0%)

1 の邸宅, を呼ん

▼ 役以上~ (2, 0.0%)

1 と見える, のもっと

▼ 役~ (2, 0.0%)

1 にしか考え, ゐ果せるだらう

▼ 役免除~ (2, 0.0%)

1 の特権, の輩

▼ 役~ (2, 0.0%)

1 であつたらしく, の全

▼ 役~ (2, 0.0%)

1 でもすれ, 淵惣次は

▼ 役勤めた~ (2, 0.0%)

1 くらいです, というん

▼ 役~ (2, 0.0%)

2 どり

▼ 役~ (2, 0.0%)

1 が多い, の中

▼ 役~ (2, 0.0%)

1 が与へられ, を娘

▼ 役~ (2, 0.0%)

1 いばりで, 番頭寄合以下番頭用人給仕の

▼ 役~ (2, 0.0%)

1 が最も, は嘘

▼ 役~ (2, 0.0%)

1 だ, 歩行役水役七里役

▼ 役尾藤内記~ (2, 0.0%)

1 の胡麻塩頭, は慌しく

▼ 役~ (2, 0.0%)

1 だとは, を何とか

▼ 役後藤三右衛門~ (2, 0.0%)

1 並びに中山法華経寺事件, 禿げ頭

▼ 役後藤庄三郎~ (2, 0.0%)

1 が検定極印, の片腕

▼ 役持っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て岐阜

▼ 役料二百俵~ (2, 0.0%)

1 あるから, 両国元矢

▼ 役料四千四百二俵~ (2, 0.0%)

1 を受けた, を給せられた

▼ 役望み~ (2, 0.0%)

1 にまかせ, のほか

▼ 役~ (2, 0.0%)

1 で鶴洲, の顔

▼ 役~ (2, 0.0%)

1 すなわち木租, という

▼ 役気取り~ (2, 0.0%)

1 であと, で少し

▼ 役~ (2, 0.0%)

2 に成り

▼ 役河村~ (2, 0.0%)

2 半治

▼ 役~ (2, 0.0%)

1 と云つて, ならば

▼ 役浅利又七郎~ (2, 0.0%)

1 と立ち合っ, に懇望

▼ 役無謀~ (2, 0.0%)

2 な工事

▼ 役~ (2, 0.0%)

1 たるその, たる趣き

▼ 役~ (2, 0.0%)

1 があり, と言

▼ 役相応~ (2, 0.0%)

1 に見られる, の等差

▼ 役相立~ (2, 0.0%)

2 偏に御蔭

▼ 役~ (2, 0.0%)

1 は地, は絞る

▼ 役經費~ (2, 0.0%)

1 が年々, は年々

▼ 役~ (2, 0.0%)

1 を精励, 或いは死刑囚

▼ 役~ (2, 0.0%)

1 がたちませぬ, に相違

▼ 役談家~ (2, 0.0%)

1 の名, の繁昌

▼ 役~ (2, 0.0%)

1 のじ, の労

▼ 役退き~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ 役~ (2, 0.0%)

1 に囲まれ, は気軽

▼ 役連中~ (2, 0.0%)

1 にもっと, は君

▼ 役附き~ (2, 0.0%)

1 になった, の幹部級

▼ 役~ (2, 0.0%)

1 は千八百石長坂丹後守信次, または奉行

▼1* [540件]

あまり部屋, 役あいつをどう, 役あがりの印, 役あがりですか, 役あり内は, 役ありし以前ダンテは, 役ある女囚と, 役あるべからず各我が, 役あんまをする, 役いずれ骨を, 役いっさい引き受けますから, 役うけもってふじ, 役ないという, 役ふたりが, 役おかみさん役兼任のため, 役および小人目付は, 役おわりたる獄囚を, 役おわるとともにその, 役お前のくる, 役かと思ふほど, 役かも知れない, 役からの達しが, 役かを勤めるよう, 役がやぐら柱の, 役がらこれくらいのこと, 役がらゆえ気色には見せぬ, 役くださいましたゆえもう, 役くらゐは, 役くらいで対話の, 役ぐらいの任務に, 役げた刹那投げられた次郎, 役げた男の方, 役げた石が彼, 役げっこを, 役げ入れの彼岸桜, 役こいつばかりゃ, 役こそはまだ低, 役ことごとく更替し, 役つこ, 役ごろの奥州人間, 役ご苦労さまにござります, 役へ知つて, 役さながらの船戦, 役したいいうて居よる, 役してるよアメリカ人, 役じゃあねえな, 役じゃと云うて, 役すらまだ半途, 役すんだのだろう, 役せぬうちに, 役せねばならぬ, 役ぜんぶ櫓裏の二階, 役そして自分への, 役そのままの傾城姿, 役そのものが貧苦, 役それでお前さまの, 役たいもない, 役たる者に対しても同様, 役だってことよ, 役だの色仕掛で, 役ついていた, 役つとめなされる様な, 役づくことに, 役てて茨田の, 役であったろうと思う, 役でありましたが宝永五年, 役ででもあった先代菖助, 役といふのみに我を, 役といふは山へ, 役とかにおなり遊ばし, 役とかを記すの, 役ときまつて, 役とて座の, 役とでもいふので, 役とともにほとんどその, 役とに任ずべき, 役とにもかくにも, 役とばかり聞いて, 役とやら云ものの, 役とりわけ新入りの, 役とるガラマサの, 役と共に会所に, 役どうぞおかまいなくお, 役どものさし, 役どんどろ大師のお, 役ないものだ, 役なおこちらに, 役なしに南部領田名部浦, 役なぞの警衛も, 役なだめ役だったのは, 役などとはもってのほかと, 役などをやった, 役なにがしと呼び上げられた, 役ならびに七里役, 役なら雇う前に, 役なり嬉しき迎, 役なりしキアラモンテージ家の, 役なるべきに自, 役なるべしさりとては, 役なる散所法師を, 役なんかするの, 役なんかは新劇の, 役なんず言って見れ, 役なんぞやる器量, 役なんぞも器用に, 役なんぢやから, 役にあたってあくる年, 役にあたる随身が, 役にか立たんや, 役にこそ立て伸子たち, 役にすら立ちやしないと, 役にだってたちます, 役についてから県中の, 役についての彼の, 役については前に, 役につきなりわいを, 役にては姫が, 役になどたつ者, 役にまで祭り上げずには, 役によつて自分の, 役によっては承知しない, 役に対しそれを, 役に当たり兵馬倥偬の, 役に従い万国の, 役に従って信長の, 役に関する記文の, 役のみであつ, 役はかういつて催促, 役はず一身の故, 役ばかりになったり, 役ばかりの脚本を, 役ばかりを勤めて, 役へと彼らが, 役へも沙汰を, 役まあ端役だ, 役また帰参の, 役までに世の中は, 役みたような, 役むきでありますか, 役をつとめた, 役やら座頭やら, 役ゆえ大過なきよう, 役よりはずっと下, 役よりも評判が, 役らしく演じる自由を, 役り込んであつ, 役われる身分軽き, 役を通してももっとてきぱき運ぶ, 役せぬよう, 役エハガキを出し, 役シタガソノ月水心子秀世ガ云イ人デ虎ノ門外桜田町, 役スル所トナリ其身ヲ終テ後世ニ益スルナシ是レ書, 役きゃあ勤まらない, 役テヱエル大學院, 役若松切ツテノ顔役吉田一家, 役デハナイト云ッタラウチジュウガオコッテ地面ヲ返, 役トクがありまし, 役トリックと密室トリック, 役トルコの役, 役ナポレオン戦争に戦功, 役ノコトヲモ勤メル器量ガ無イトイウコトノアラマシヲ云イ聞カセテ, 役ハ出来マスマイ親類共ガ毎度私ヲバ, 役引クガイイトイッテヤッタソウスルトソレハドウイウ訳ダト云ウカラソノ時ニ兄ガ兄弟, 役一つだけが余っ, 役一両三分と定めたい, 役一両二分冬七里役一両三分と定めたい, 役一両二分夏七里役一両二分冬七里役一両三分と定めたい, 役一同ことによったら, 役一名都合五名のもの, 役一寸ハリキリすぎてる, 役一應御覽の上, 役一統の恐, 役一肌脱ぐことに, 役七里役相勤め嶮岨の丁場日, 役七里役等の辛労, 役三十年記念に際し昭和十年三月十四日附, 役三日めは家中, 役三様に髪, 役上何か御, 役不快であると, 役世潮はしぶき, 役並証文役たり, 役中ゆゑ幕府へは憚り, 役中島その類, 役中島兵太夫が眼鏡越し, 役中役向きのこと, 役中殺生厳禁の二見ヶ浦, 役乃獸乃禽という二本, 役乃美織江の手記, 役乍ら鳴らした武士, 役亀井様にお尋ね, 役事故には相, 役二つふられる, 役二人宿方惣代二人同道の上, 役二分宛と極めましょう, 役五人手伝四人俗事役三人の邸宅, 役井口兵助と大野九郎左衛門, 役人中へあてた, 役になっ, 役来候由, 役付き添いの上, 役付くことも, 役付けて赴任, 役付け武士の安倍, 役も取る, 役代わりの御, 役代筆の役, 役以下手伝い小役人吹所の棟梁, 役以前から家臣, 役以後段々出なく, 役以来よほど内福, 役仮令小村でも, 役付けらる, 役仲間で寄り合い, 役伊之助らと共に熱い, 役伍長となり, 役伏見屋の伊之助, 役伏見屋伊之助同役桝田屋小左衛門同じく梅屋五助, 役会津の公用人, 役会議で遠山勘解由, 役もそうお高く, 役何事もよく, 役何軒と記しあり, 役使百神の術, 役使百神利生之道, 役の石屋, 役例えば佐野次郎左衛門に対する, 役侍童などとばかり話, 役侍達二人です, 役便託としるし, 役を与え, 役の知慧, 役も九日, 役抔の, 役全く盲人で, 役公小角が大峰, 役は幸, 役共假令議會が滿場心, 役取押え方, 役兼任のため, 役兼問屋後見として彼, 役兼検見方として千曲川, 役兼目付として藩, 役出入司に進めた, 役を抜い, 役列座の席, 役制度は尤も, 役前四ツ谷前など数里, 役勘定役平役などの役, 役し後, 役勤めたる男なるべし, 役勤めてる形で, 役勤めるんだ, 役勤務の現役, 役十二人の組子, 役十數艘の小舟, 役千歳が成長, 役半蔵も父, 役厭いなんでしょ, 役及び問屋後見として, 役受けさせようという魂胆, 役受け持ったのだ, 役受け持つという公的義務, 役上げられ七石, 役召し捕る相手は, 役叶わず本体の, 役を仰せつかる, 役吉岡憲法と試合, 役同士の間, 役同時に狂言方, 役同道で所々, 役向役向に伝えられた, 役には山葵, 役と五, 役四組との廃止なぞ, 役の恐怖, 役場と, 役塚原卜伝は引退, 役塞ぎに月並, 役の前, 役替を, 役多く工匠を煩わさずし, 役大儀である, 役大小の通辞たち, 役大目付勘定奉行軍艦奉行なぞは供奉, 役大野九郎左衛門と彼, 役夫三千あるひ, 役夫八人にかかせる, 役奉行らの挨拶, 役女優である細君, 役始終を通じて官薩両軍とも, 役学校の太田先生, 役安積玄心斎の大声, 役実悪半道なんて各自役所, 役客分の松崎清左衛門, 役宮崎若狭守の子息市之丞, 役と称する, 役小前のもの, 役小山夫婦は来客, 役小島春庵世話役手伝勝本理庵熊谷弁庵が列座, 役小林文吾であります, 役小竹金兵衛忰として付き添い二人, 役小竹金兵衛忰両人にて役所, 役小角に至っ, 役小頭役とやら云もの, 役山村要人と二人, 役岩間角兵衛様にはもはや, 役川添富彌山田金吾, 役川田では第, 役左分利新十郎, 役巾着頭のトン公, 役市川大介とが馬, 役季通の, 役平壌戦のパノラマ, 役平役などの役, 役はことし五十九, 役年寄役触頭役, 役年限が終る, 役庄兵衛のひとり娘, 役庄司甚右衛門の楼, 役廃止とあの, 役廃止以来おれもしょんぼり日, 役廃止以来本陣役廃止庄屋役廃止とあの, 役廃止庄屋役廃止とあの, 役廻りあるべきや浮世, 役の思い付き, 役当てて置きよる, 役当時のまま, 役当時彼はまだ, 役当時蔵元屋の娘胴切り事件, 役当番の控所, 役の人, 役役銀の如き, 役彼奴を何, 役往来する暇, 役後当時敵となりし, 役後彼はかならず, 役後戦勝日本の浮かれ, 役後箱館に留まつ, 役に久しき, 役御免どころでは, 役御免跡役は秋月喜一郎, 役御免隠居仰付けら, 役御苦労にぞんずる, 役徳顔におんな, 役徴らば汝, 役も今, 役怪しいと認めた, 役成吉思汗の愛玩, 役成瀬権蔵大川八右衛門広瀬軍蔵というもの, 役無瀬, 役を引連れ, 役手代料理人までが書き出し, 役手伝勝本理庵熊谷弁庵が列座, 役手形というよう, 役承っておる, 役はお家, 役持つてゐた, 役掛け持ちをさせ, 役揉めか何, 役改役がいそがし, 役改役当番の控所, 役敢て, 役敵役の評判, 役料二百俵合計四百俵の収入, 役料共七百石を給わっ, 役料千石を受けた, 役料四千四百俵役金三千両という高い, 役方任廃に就い, 役方御宿所とあるで, 役日記とがある, 役替, 役早くから来て, 役早変りの僕, 役早変わりの三人上戸, 役早替り結局凝っては, 役昨夜も一人, 役時代から持ち伝えた, 役替だと云え, 役替でも致したら, 役替りの時期, 役有害なもの, 役有馬源之丞, 役を着た, 役服部式部邸で傳手, 役木場の甚, 役がもう, 役札番読上役などが控え, 役村方で九, 役村田小吉の子, 役松倉十内国重の玄関脇, 役果すために, 役といわなけれ, 役案内役が付き, 役桑原萩之進, 役桝田屋小左衛門同役蓬莱屋新助, 役梅屋五助方をたたき起こし, 役植松菖助が大将, 役はまた, 役じゃ, 役権現様御造営奉行, 役止めの制, 役武田幾之助は毒薬, 役歩兵中佐安田某という問題, 役歩行役ならびに七里役, 役歩行役七里役相勤め嶮岨の丁場日, 役歩行役七里役等の辛労, 役残念では, 役に一つ宛, 役の歌, 役江戸詰となっ, 役江戸邸一日趨白川老公招飲酒間公手親折梅一枝又作和歌并以賜余, 役浅野内匠頭からだしぬけ, 役浜野様のいい, 役清助の名, 役清水一角がぬっと, 役で袴, 役東帰由法国之馬賽口登舟遇日本井上甫水兄亦, 役源兵衛はその, 役演じてゐる, 役みにな, 役濟むべけれど談理者, 役火附盗賊改役を勤め, 役片倉小十郎, 役犬上典膳は試合, 役甚三郎に自決, 役甲府在住の宮崎若狭守どの, 役甲賀昧心斎より柳生流, 役申し付けられ浪人武士数十人異船へ, 役番頭の敬太郎, 役病多に起り, 役百城月丸と申しまする, 役百石比良野助太郎妹翳として届けられた, 役百石比良野文蔵の女, 役的勞働者ヲ總, 役的存在として仮装, 役的活動をし, 役的能力ヲ提供ス, 役目だつたが二タ言目, 役直接の原因, 役掛り右者, 役相勤むるは大洞の妻, 役相勤めがたきあり, 役相勤め候儀につき, 役相勤め嶮岨の丁場日, 役相撲まで食っ, 役眞砂町の喜三郎, 役着物をきせる役, 役矢部駿河守定謙, 役石井よし女こなた白方, 役石井山三郎で連れ, 役石井平四郎樣の御, 役石火矢係など多, 役石田がサトウ, 役社會に生, 役神戸なにがしと呼び上げる, 役を辞し, 役秀吉の名代, 役秋山八郎君の居所, 役秋山要左衛門勝重の次男, 役科せたまひき, 役程度で責任, 役端役の人物, 役竹中采女正に宛てた, 役にありつきまし, 役米国海軍士官ピンカートンになる, 役納めほど骨, 役紙虫や古, 役紛議ある勿, 役終って邦楽座, 役の一名, 役組頭皆それは村民, 役継ぎを済ませる, 役網差両名立ちあい, 役編入と信じ, 役がおかれ, 役罷免になつ, 役に, 役老中の一人, 役背景もしくは主演者, 役至極絶妙極上, 役舎人にまで纏頭, 役萩之進らとかたらっ, 役著座大番頭, 役蓬莱屋の新, 役藤波と顎十郎, 役虎昌の科白, 役表裁許掛は, 役を穿いた, 役褫奪の恥, 役西原とより江, 役西池主鈴などという武士, 役西軍に与したる, 役親方等々の境地, 役頭役勘定役平役などの, 役りして, 役の当番小田切千助, 役説明役となっ, 役負担の多少, 役貴殿におねがい, 役買わしてくれ, 役賀田杢左衞門や藤八, 役趣味がどうしても, 役軽輩の人々, 役之儀, 役遅れてはなるまい, 役運転手斎藤金之助はどうも, 役道具方一統から踊子, 役必ずしも神妙, 役違いとは存じ, 役遠藤五平太の武技, 役里見新兵衛, 役金三千両という高い, 役金兵衞の言葉, 役を課した, 役を非, 役を抜く, 役もない, 役關澤源兵衛夫より長倉, 役附いていた, 役附いたとなる, 役附老中の出馬, 役雑ものと口, 役離れがし, 役青山吉左衛門忰一方は年寄兼問屋後見役小竹金兵衛忰, 役面倒臭がりながらも, 役頭取に役, 役頭巾を取つ, 役願ったのでご, 役を吹かせる, 役風情としてこの, 役飲んで飲ん, 役馴れた堀は, 役高三百俵というの, 役高五百石合せて, 役高共四千五百石の大身, 役高千石役料四千四百俵役金三千両という高い, 役鵜飼甲作がほんとう, 役鹽町に飛ん, 役龍馬は八卦見