青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「影響~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

形容~ ~形式 形式~ 形態~ 形成~ 彦~ 彫刻~ ~影 影~ ~影響
影響~
~役 役~ ~役人 役人~ 役割~ 役所~ ~役目 役目~ ~役者 役者~

「影響~」 4617, 50ppm, 2324位

▼ 影響~ (1964, 42.5%)

143 受けて 46 与えて 32 うけて 29 及ぼすもの 26 與へ 24 及ぼして 19 及ぼすこと 18 受けること 16 与えたの, 及ぼした, 受けたの 14 与えること, 与へて, 受けたこと, 受けたもの 13 受けた 11 与えるもの, 与へ, 受けたと 10 もって, 与えた, 及ぼすの, 受ける, 與へる 9 与へた, 及ぼすであろう, 與へて 8 及ぼさないであろう, 及ぼしたの 7 及ぼすよう, 受けるの 6 与えたこと, 与えるという, 及ぼす, 及ぼすに, 及ぼす限り, 受けながら 5 あたえて, うけた, うけたの, 及ぼしたこと, 及ぼすか, 受けしこと, 受けないもの, 受け過ぎるほど, 蒙って

4 [20件] 与えずには, 与えたと, 与えたもの, 与えつつ, 与える, 与えるの, 及ぼさざるを, 及ぼさずには, 及ぼしたに, 及ぼすかを, 及ぼすと, 及ぼすという, 及ぼす原因, 受くる, 受けては, 受けても, 有って, 蒙ること, 蒙るもの, 非常に

3 [40件] うけること, うける事, およぼすこと, こうむって, とり込んで, もつもの, 与えたか, 与えるかも, 与える事, 与へたもの, 与へるもの, 及ぼさない, 及ぼさなければ, 及ぼしたもの, 及ぼすけれども, 受けずに, 受けたかと, 受けたが, 受けたといふ, 受けたり, 受けた事, 受けない, 受けないであろう, 受けるけれども, 受けると, 受け易い, 多分に, 彼の, 持って, 持つて, 残して, 無視する, 生じ少く, 生ずること, 示して, 社会に, 蒙ったと, 蒙つて, 見て, 詩に

2 [115件] あたえたか, あたえないで, あたえるの, あらわして, うけつつ, うけ又一方, おこして, こうむること, その不足, のこした, のこして, もたらしたこと, もったの, もつ, 与えずに, 与えたであろう, 与えたという, 与えたらしい, 与えた人, 与えないという, 与えなかった, 与えは, 与えるか, 与えるかという, 与えるから, 与えると, 与えるところ, 与えるに, 与え得るもの, 与ふるもの, 与へたの, 与へた事, 二人の, 及し, 及ぼさずに, 及ぼさないであろうが, 及ぼさない筈, 及ぼしそう, 及ぼしそして, 及ぼしたか, 及ぼしたかと, 及ぼしたかは, 及ぼしたと, 及ぼしたアウグスティヌス, 及ぼした唯二つ, 及ぼしつつ, 及ぼし従って, 及ぼすかという, 及ぼすが, 及ぼす事, 及ぼす人間, 及ぼす諸, 及ぼせる原因, 受けしとも, 受けしは, 受けそれ等, 受けたか, 受けたかは, 受けたはず, 受けた人々, 受けた人たち, 受けた女性観, 受けた結果, 受けた者, 受けた試し, 受けつつ, 受けながらも, 受けぬもの, 受けねば, 受けまた, 受けやすい, 受けようと, 受けるなぞ, 受けるに, 受ける場合, 受け易く, 否みは, 否定する, 察する, 心部の, 感じては, 持った, 持つもの, 日本に, 最も多く, 最も強く, 有た, 有つであろう, 有つよう, 検討する, 歴史的に, 研究する, 示したり, 示すこと, 示すに, 私は, 絶対に, 著しく受け, 蒙った, 蒙むること, 蒙らざるを, 蒙らないであろう, 蒙る, 蒙るであろう, 蒙るの, 被ること, 見つける, 見る事, 認めたジイド, 調べること, 述ぶる, 避けるため, 除いては, 離れ得たもの, 齎した

1 [859件 抜粋] あげなければ, あたえうるとは, あたえた, あたえたかという, あたえたの, あたえてる連中, あたえないよう, あたえること, あたへた, あたへたもの, あたへるやう, あらわし今日, いささか有つ, いささか検討, いつも受ける, うけしかし, うけすぎて, うけずには, うけたこと, うけたやう, うけたらい, うけたらしい特色, うけた事, うけた教育, うけた日本, うけた水晶, うけては, うけても, うけないもの, うけなければい, うけますからね, うけまたは, うける, うける人間, うける季節, うけエルンスト・トルラー, うけ最も, おそれる側, およぼすかは, およぼすごときこと, およぼすもの, お与えする, お話する, かなり感じ, こうむらせるかも, この女, さう, さまたぐる, したと, すること, するもの, そこにも, そのまま十二世紀, それ以上何も, だんだんに, つたえたもの, とり入れて, はげしく受けまし, ひとり精神面のみ, ひどく受け, ふせぐため, まつよりも, みとめるん, みるに, もたずには, もたなかった, もたらしたであろうか, もちそれ, もちましょう, もった, もった日本, もつかなど, もつで, もつでしょう, もつには, もつよう, もつ文芸思潮, わが思想界, わたしに, われわれ学生に, ペルージアに, 一国独立の, 下界に, 与うるもの, 与うる在来, 与えうる鍵, 与えざれば, 与えしもの, 与えそう, 与えその, 与えたかも, 与えたかを, 与えただ, 与えたに, 与えたので, 与えたゆえん, 与えたドイツ, 与えた仏蘭西文学, 与えた友人, 与えた少年, 与えた自然法, 与えつぎ, 与えてるか, 与えないとか, 与えないわけ, 与えない租税, 与えなかったと, 与えぬ道理, 与えはじめたの, 与えまた, 与えようし, 与えようなどとは, 与えられました, 与えられるもの, 与えるが, 与えるであろう, 与えるであろうから, 与えるであろうという, 与えるなら吾輩, 与えるので, 与える何もの, 与える危険, 与える女, 与える買収行為, 与え又, 与え得たの, 与え得ないの, 与え得るすべて, 与へさうである, 与へたやう, 与へたロシア, 与へた非常, 与へられたと, 与へる, 与へると, 与へるやう, 与へる事, 与へる速, 世に及ぼした, 中原の, 予防する, 人々に, 人の, 人口にに, 人心の, 今日の, 仮に, 伝右衛門によって, 何か, 余り受けなかった, 來し, 來した, 働く事, 免かれし, 全くすて, 公衆に, 其人, 出來, 分析し, 切り離すこと, 判然と, 加算しない, 労賃に対して, 十分に, 厳重に, 及さなかった, 及ぼさうとして, 及ぼさしめるに, 及ぼさず直接的, 及ぼさず遠き, 及ぼさないで, 及ぼさないであろうから, 及ぼさないでは, 及ぼさないの, 及ぼさないもの, 及ぼさないわけ, 及ぼさない所, 及ぼさねば, 及ぼしうると, 及ぼしさ, 及ぼしその, 及ぼしたであろう, 及ぼしたので, 及ぼしため, 及ぼしたること, 及ぼしたるや, 及ぼしたん, 及ぼしたウェスト・ポイント陸軍士官学校, 及ぼしたローマ法, 及ぼした人, 及ぼした原因, 及ぼした支那, 及ぼした死, 及ぼしついに, 及ぼしつまり, 及ぼしは, 及ぼしはじめました, 及ぼしました, 及ぼしより, 及ぼし主義, 及ぼし厚みその他装幀等色々, 及ぼし反対, 及ぼし場合, 及ぼし始めるかは, 及ぼし始める時点, 及ぼし得た事, 及ぼし得ないこと, 及ぼし得ないであろうが, 及ぼし得ないもの, 及ぼし得ること, 及ぼし様々, 及ぼし神, 及ぼすあらゆる, 及ぼすかも, 及ぼすこと大, 及ぼすこの, 及ぼすだろう, 及ぼすであろうか, 及ぼすであろうが, 及ぼすであろうし, 及ぼすところ, 及ぼすとは, 及ぼすとも, 及ぼすには, 及ぼすばかり, 及ぼすべき原因, 及ぼすべき所, 及ぼすほど, 及ぼすやを, 及ぼすよりも, 及ぼす事情, 及ぼす仕方, 及ぼす何もの, 及ぼす力, 及ぼす可能性, 及ぼす場合, 及ぼす性質, 及ぼす租税, 及ぼす自然現象, 及ぼす處, 及ぼす訳, 及ぼす重税, 及ぼそうと, 及ぼそうとは, 反省も, 受けこれ, 受けざる説話, 受けしかも, 受けしこと明らか, 受けずそのまま, 受けずには, 受けそう, 受けそれ, 受けたいと, 受けたかという, 受けたから, 受けたそれ, 受けたで, 受けたでは, 受けたとも, 受けたなどと, 受けたに, 受けたのみ, 受けたゆえ, 受けたらしい, 受けたらしい形跡, 受けたらしい緻密, 受けたらしく見られる, 受けたるの, 受けたる国民, 受けたコンディヤック, 受けた他, 受けた俗楽, 受けた四角, 受けた幾多, 受けた建築, 受けた我が, 受けた支那人, 受けた民族, 受けた浪漫派, 受けた獨逸, 受けた石室, 受けた私ども, 受けた自宅, 受けた英國, 受けた適切, 受けた頃, 受けてた, 受けてもを, 受けてを, 受けないこと, 受けないであろうから, 受けないといふ, 受けないよう, 受けない古代, 受けなかった頃, 受けなかつたらしい, 受けなければ, 受けぬ訳, 受けました, 受けも, 受けられた点, 受けるかを, 受けるだろうし, 受けるところ, 受けるばかり, 受けるもん, 受けるやう, 受けるわれら, 受ける様, 受け二十年頃以後, 受け人生, 受け創作戯曲, 受け取ったろうか, 受け天朝, 受け容れたと, 受け日本, 受け特に, 受け現代文学, 受け素樸勇悍, 受け西洋風, 受け過ぎて, 可なり, 吾, 吾人の, 国是の, 土地人の, 多く享, 多少とも, 多少懼, 大きく見積る, 奈良に, 如何に, 実に多分, 尋ね之, 少しずつ, 少しもうけつけない, 常に例証, 幼い子, 度外視し, 強くもつ, 強く受ける, 当然うけた, 彼に, 徐々に目立たせ, 怖れなかつた, 怖れる, 恐れまい, 想見する, 意識し, 感じないであろう, 慮って, 打破する, 投げて, 持たないはず, 持つかは, 持つ子, 持つ間, 指すの, 振り捨てるため, 推測し, 教育者社会政策家の, 数え上げたい, 新首脳部, 明らさまに, 更に受けた, 最も受け, 有するかという, 有するから, 有する他, 有ったが, 有つてゐる, 来す, 検討し, 極度に, 止めて, 殊に多く, 残すよう, 残す害悪, 比較研究し, 求めて, 注意し, 深くもっ, 深く見過ぎる, 深化する, 滝人の, 熱心に, 理想的に, 瑕瑾として, 甘受する, 生じたの, 生じます, 生ずるか, 生ぜしめ得ないの, 生み出しかつ, 生徒に, 生活上に, 生理上に, 的確に, 直接には, 知って, 研究した, 示しだすと, 示しはじめて, 示し文化, 示すもの, 示す事, 示す場合, 神経に, 科学自身の, 竹山に, 細かく論じよう, 考えて, 考えると, 考へたから, 考へたり, 考へに, 考察し, 考慮した, 耳に, 脱してを, 脱すること, 脱れる, 自分に, 自分の, 自己批判し, 自覚なさらない, 與えないでは, 與ふる, 與へたが, 與へたと, 與へたとも, 與へたらしい, 與へた人です, 與へた作品である, 與へた大陸そのものすら, 與へた音樂家に, 蒙ったか, 蒙ったこと, 蒙ったよう, 蒙った覚, 蒙つて発現, 蒙らざりしはなし, 蒙らずして, 蒙らせました, 蒙らないの, 蒙らないほどに, 蒙らないわけ, 蒙らない訣, 蒙らない訳, 蒙らなければ, 蒙りそして, 蒙り従って, 蒙り得ないこと, 蒙り未開民族, 蒙るから, 蒙るであろうか, 蒙るといふ, 蒙るばかり, 蒙る場所, 蒙る故, 表わし始めた作品, 被ったと, 被つたこと, 被らず特殊, 被る, 被る自身, 被告に, 要するを, 見たの, 見のがせないの, 見ると, 見るの, 見出すこと困難, 見出すという, 観察し, 試験する, 認む, 語って, 説き出しつ, 説けと, 説明する, 調節する, 論ずる章, 超越する, 身に, 身部の, 述べ最後, 逆に, 過去に, 過大視する, 過重視する, 遠ざかった大正十三年前半期中, 鋭敏に, 間接に, 防ぐ途, 除去した, 離れて, 骨身に, 齎して

▼ 影響~ (342, 7.4%)

12 ある 6 あった 5 あること, あると, あるの 4 あつた, なかった, 出て, 及んで 3 あるもの, 非常に

2 [18件] ありそう, あるよう, あるらしい, お前が, どこまで, 与えられること, 二重三重に, 効いて, 十分に, 小さくは, 年月の, 後に, 社会の, 自分の, 著しい, 見られるの, 認められる, 這入つて

1 [251件] あったかを, あったと, あったとしても, あったの, あったら一大事, あった時代, あった証拠, あって, あっても, あなたを, あらう, あらうとは, あらわれるもの, あらわれ出した川中島, ありと, ありは, ありました, ありましょう, ありませんでした, ありグレゴリイ夫人, あるかと, あるかという, あるかの, あるかも, あるから, あるが, あるけれど, あるだろう, あるだろうかと, あるであらう, あるとかいふ, あるに, あるので, あるはず, あるべきなの, ある以上, あろうとは, あろうとも, あゝし, いくぶんでも, いくらかあった, いろいろの, およんだあかつき, かなり濃く, こうしてこの, こうも, こっそり日本画, この時花, この歌, こんなにも深く, こんなに体じゅう, こんな所, すくない, すぐ現れ, そうさせる, そこに, その激烈, その発達上, その表現, それが, それを, たくさん流れ込ん, だんだん分っ, つよくなった, でて, とれて, どう働ら, どの程度, どんなにひどい, どんなに複雑, どんなもの, ないから, ないとも, ないなら, ないよう, ないわけ, ない訳, なかつたと, なかなかと, なくっても, なくても, なくほか, なければ, はいって, はっきりと, ひどいので, ひどく残っ, ほとんどきかない, また民家, みとめられると, ようやく浸潤, よくない, よく述べられ, よろしくない, わかつて, イオンの, マリアの, 一つの, 一体どうであろう, 一方あの, 一方シェリング, 与えられるもの, 世界中に, 中断した, 主でありまし, 二様である, 五官および, 余りに生々しい, 作用し, 依然として同一, 僅かに, 僕の, 全世界, 全篇, 具體的にな, 分ったから, 分って, 刻み付けられたに, 加つて物尽しの, 単に思想的内容, 単に趣味, 及ばないでは, 及ぶ, 及ぶから, 及んだもの, 収斂しなかったら, 収斂級数を, 各人の, 否応なく, 單に, 国民の, 土地の, 土地への, 地方に, 士族の, 多いせい, 多いため, 多いであろう, 多いの, 多いやう, 多かつ, 多少あった, 多少加わっ, 大きいだろう, 大きいでしょう, 大きいらしい, 大きくその他, 大きく見られた, 大変だ, 如何に, 存在する, 實に, 小さいもの, 小さくなる, 少かった, 少くない, 少しずつ, 尤も廣い, 帰化した, 帰化人から, 強いので, 強かった, 強く現われ, 彼にとって, 彼の, 彼らを, 後の, 後年の, 微妙で, 恐れられねば, 惹起される, 意外な, 意外に, 感じられる, 所謂評論の, 支配的に, 政党にまで, 敏感に, 新しい時代, 新叙事詩, 新聞紙上に, 日本の, 明白に, 明瞭に, 時とともに, 最も大きく, 最近やっとはっきり, 最高潮に, 杞憂された, 来た, 果たして精確, 校長や, 極めて大きい, 様々な, 此集の, 歪曲され, 残るし, 毛糸の, 決して人ごと, 沁みこんで, 洋杖から, 浸透し, 消費者に対する, 深くなった, 深く個性, 満々と, 無いなどとは, 無意識にも, 現れ従来, 現われた, 現われて, 甚だ深く, 甚少い, 生じそして, 生じるだろう, 生ずるが, 生み出された, 生み出されるであろう, 生み出される限り, 痕を, 益, 直接に, 直接全, 稀薄で, 窺われるね, 粗野な, 緩慢で, 考えられると, 考へられる, 自分にとって, 菜穂子から, 著しく眼, 著しく認められる, 蔓つてゐた, 薄いの, 見えないから, 見たいの, 見られる, 見られるという, 見られ又, 見られ晩年, 認められた, 認められるという, 認められるはず, 豊富に, 起らないため, 軽くない, 速か, 銀価に関して, 響きすぎて, 高き価格

▼ 影響~ (325, 7.0%)

4 なかった 3 大きかった, 非常に

2 [11件] かく仄か, ない, のべつ受け, みんな我々個人の, 今日まで, 他の, 大きい, 如何, 恐ろしい, 決して小さな, 決して無

1 [293件] ありさうに, ありません, ある, あるかも, あるはず, あるまいよ, いかばかり悪い, いずれも, いちじるしいもの, いよいよ日本人各自, いろいろに, おそらく想像以上, おそらく生命, かなり永く, きわめて微弱, けつし, こう迄, このブリッジ, この三つ, この辺鄙, これから先, これが, これに, これを, さほど根深く, しかしながら皆無, して, しばらくつづいた, すぐその, すでにこの, すでにその, そのよう, その主, その主観性, その方向, その程度, それほどこの, それらの, たいしたもの, たいして受け, たしか彷徨期間, ただちに治安, たちまち全体, たと, だがそういう, だれだって, つよく人々, どうかという, どうである, どうな, どこにも, どこまで, ないから, ないが, ないであろう, ないと, ないの, ないん, なかつた事, なかつた様, なかなかこれ位, なかなかに, なかなか軽少, なくとも, なく京都, なさそう, なほ續いた, ぬきに, はたしてどうであろう, ひどかつ, ほとんどまたは, ほとんど精神的, まことに至大至重, またこの, また逆, まだよく分っ, もしいくらかある, もちろんもっとひどい, もっと複雑, もとよりある, やはり小さい, ゆるやかに, よい様, ようやくするどい, よく人界, よく淘汰, われわれの, イオンの, イオン量の, スミス博士によって, トルストイや, 一両年経つ, 一方日本趣味, 一時的であった, 一般課税によって, 一葉の, 上述の, 与えて, 与えない, 与えない事, 与えなかったろう, 人々の, 人慾の, 今回の, 今日の, 今更言つて, 何にても, 何ら齎さない, 何人も, 余りにも, 余所目に, 作家が, 偉大な, 先生の, 先進学者の, 免れること, 全くない, 其の温暖, 別として, 利用の, 到底避け得, 前述の, 勿論後世伝, 勿論戯曲界, 勿論日本, 十三世紀へと, 十五年または, 十六世紀以後に, 単にその, 単に差し向い, 単に所有, 単に物質的, 却つてわるく, 却つて豫期しない, 厳密に, 又斯く, 及ほし, 及ぼさぬと, 収斂級数で, 受けたが, 受けて, 受けなかった, 受けまいとしても, 可なり大, 各自の, 同一である, 同一であろう, 名誉にも, 向うの, 周知の, 唯個性, 土地にも, 地球全体に, 多くの, 多言を, 大きかったらしい, 大きくそこで, 大きにあ, 女の, 存外に, 存外ばか, 存外烈し, 実に僅, 実に大きかっ, 実に奇妙, 実に思わぬ, 実に深く, 実に深刻, 実に甚大, 寧ろ好ん, 寧ろ独逸, 将来においても, 將來も, 小さいであろう, 少い, 少しも, 岸本が, 島田に, 平均価格を, 広間全体を, 延て, 当然指摘, 彼に, 彼の, 彼を, 後の, 後代まで, 徐々にしか, 微弱である, 必ずしも悪い, 必要に, 急速に, 悉く之, 愈々大きく, 意外な, 愛らしい笑顔, 憂慮される, 戦時生活の, 抑, 文化的生の, 日に日に深刻, 日本の, 日本全国に, 早速その, 明かに, 明白でなけれ, 昔から, 昔し流行った, 昔日に, 時間も, 暗示に, 更により, 更に徹底的, 最も大きく, 有力でなけれ, 有史以来まだ, 案外に, 極めて大きく, 極めて微弱, 極めて緩慢, 次第に文体, 次第に木曾路, 武蔵の, 殆ん, 比較的大, 比較的軽微, 毛織物業者の, 江戸にも, 決して些細, 決して好, 決して小さい, 決して小さく, 決して浅い, 消化であり, 深いもの, 深くヒューマニズム, 深く広い, 測り知れないもの, 漫然と考えた, 漸くするどい, 漸進的に, 激しく深いの, 濃厚に, 無かった, 獅子宮の, 現代戯曲では, 甚だ大, 甚だ大きい, 甚だ大きく, 甚大な, 生産に, 略して, 異らざるを, 疑う可, 疾うに終っ, 皆神に, 皆自国の, 相当に, 短時間に, 確かに, 神の, 私から, 私にとって, 科学的に, 種々ありましょう, 組踊りの, 結果において, 緩慢であり, 自覚的に, 色々及ん, 薄弱に, 薬に, 街道の, 要するに知覚, 計り知れない惨害, 認められないと, 課税の, 課税貨物の, 諸国の, 貴人の, 資本の, 起こらない, 起らないであろう従って, 越前とても, 過去に, 避難者の, 長州征伐の, 長所を, 間接であっ, 雑多無数で, 非常であります, 頗る稀薄, 顕著で

▼ 影響~ (247, 5.3%)

31 下に 30 もとに 8 ために 4 ないこと, 大なる 3 あるもの, ほかに, 中で, 及ぶところ, 及ぶ所, 大きさ, 大さ

2 [13件] あつた, あること, ある事, ある川, 一つは, 全くない, 大半は, 性質を, 方が, 方面から, 気分的余波の, 深さ, 確保擴大

1 [123件] あったこと, あって, あらはれ, ありかた, あるなし, ある動詞, ある工事, ある流れ, ある海, ある範囲, ある細筆, あろう筈, いかに深刻, いかんに, およぼされた時, きわめて甚大, ことも, ことを, こと心つけ, ごときは, しかたが, しかたで, しかたは, せいか, せいだ, たった一つ, つよい作歌活動, つよい日本, ないの, ないはず, ない一群, ない五, ない友人ら, ない物, ない限り, なかで, なかに, もとで, ようにも, よさ, 一つである, 一つと, 上に, 下という, 些少なる, 交つてゐる, 仕方の, 偉大さ, 健全化といふ, 働いて, 全部を, 加被せざる, 効果を, 及ぼさぬ程, 受け方こそ, 可能性及び, 問題であっ, 善きを, 外に, 多いもの, 多い事情, 多い作, 多い認識理論, 多かつ, 多分に, 多少に, 大きいもの, 大きかった, 好くない, 如きも, 如何に, 存在を, 少からぬ, 少なかつた, 尠いところが, 尤も顯著, 強さ, 強大さは, 後に, 微少なる, 性質も, 恐るべきを, 恐ろしさ, 或は刻毒, 政治的性質だけを, 早かった, 明か, 最も多様, 最も望ましい, 最も目, 果に, 極めて多様, 正面から, 残って, 深刻さここに, 深刻さは, 深甚さは, 淺から, 無い惡戯, 狂愚さを, 現われたもの, 甚大なる, 研究は, 神祇の, 程度から, 範囲を, 紛糾錯落し, 結果として, 結果なる, 結果による, 絶大なりし, 罪だ, 翼を, 裡で, 觀點より, 許に, 諸過程, 譽も, 譽や, 部分が, 重大なる, 量的数式的関係なども, 頗大なる

▼ 影響~ (189, 4.1%)

49 ている 15 てゐる 10 て来る 8 てくる, て居る 4 ていた, てその 3 つつある, て来た 2 てい, てゐた, てゐるだらう, て来, て来ました, て生まれた, て行く, 延い

1 [69件] したがって店, そのレーヨン, その結果, たり一生, ていた事, ていなかった, ていました, ています, ているだろう, ており, てお互い, てか大分空席, てき, てこの, てさ, てしばらく, てしまう, てそして, てそろそろ, ては苦しい, てみんな, てやみません, てゐない, てオネガ, て一寸足らず, て二人, て二十世紀, て人気作家, て今, て去年, て変化, て居ります, て廻転, て新しき, て時代, て歌枕, て此類似一致, て漢詩, て爾, て生活, て生理状態, て益々, て秘書, て行, て鎮江, はしない, またつよく, また世の中, また風土化, やうと, サッカレーや, 一種の, 人間としての, 今日の, 仏像仏画の, 作用する, 僕の, 合つたで, 彼の, 従って特別, 従って複雑, 生産関係が, 私たちの, 私は, 経済条件が, 自己の, 通俗的興味を, 雄大なる, 露英悉く

▼ 影響する~ (164, 3.6%)

7 ところが 5 ことは, ところは 4 のを, もので, ような 3 のは, ものとして

2 [12件] かも知れない, ことの, ことも, ほどのこと, ものだ, ものである, ものは, やうに, 力は, 所が, 所なかるべし, 限りにおいて

1 [105件] か, かという有名, かといふこと, かのよい, かの其処, かの複雑, かの點, かは今, かもしれぬ, かも知れん, からである, からの結果, から嫌, かをこの, かを思っ, かを見る, かを見詰め, かを驚かず, か或は, が和歌, が故, が故に, ことかく, ことが, ことであり, ことである, ことなかりし, ことによ, ことによって, こと大なりき, こと少なから, ために, だけの自信, ということ, というの, という具合, という問題, という間柄, といふ, といふ譯, とか体格, ところあつ, ところぞ, ところなかつたらう, ところの, ところも, ところを, ところ大きかっ, ところ大なる, とだいじ, と云, と思ふ, なあ, などと考へる, のが, のだ, のださうです, のであつ, のであらう, のであります, のであろう, のなら, のみならず, はずである, ばかりでなく, ほどである, ものか, ものかと, ものと, ものとは, ものよ, やうな, よ, わけで, リズムの, 一大事なれ, 事の, 事は, 仕方を, 処大きい, 処少なく, 力を, 原因によってのみ, 可能性の, 問題が, 問題である, 因子を, 大きな機縁, 実状に, 怖れ, 悪条件の, 所から, 所に, 所の, 所大であった, 由々しき大事, 相談事の, 第二命令体, 範囲を, 背後の, 處も, 詩人の, 重要なる, 限り絢爛目を, 食物を

▼ 影響~ (151, 3.3%)

7 あって 3 あらうが, なかった 2 あったの, あつたらう, あつて, ある, あるが, ない事, なくて, 大きかった, 決して少く

1 [120件] あっただろうし, あったであろう, あったとは, あったらしい, あったろうし, あってか, あつた, あらう筈, ありうべからざること, あり人, あり地味, あり得ないという, あり白昼幽霊, あり芋, あるいはあったろう, あるだらうが, あるだろうが, あるので, あるもの, ある様, お延, かなり多く, ことしの, して, それと, ない, ないが, ないこと, ないし, ないと, ないの, なかつた事, なかなか廣い, なく, なくは, なく優等賞, なく期限, なく済んだ, また大, また随所, もたない, もたらさなかった, もって, ラシイヌや, 一万四千フィートの, 与えずに, 与えず彼, 与えないで, 与えなかった, 与えなかったらしい, 与えまいが, 与へ, 主観的情勢の, 争われなかった, 享け, 充分大きな, 全然ない, 初期ほど, 割引し, 十分に, 単に威圧的, 及ぼさずしたがって, 及ぼさず単に, 及ぼさない, 及ぼさないほどに, 及ぼさなかった, 及ぼさなかつた樣, 及ぼさぬは, 取り込んで, 受けずに, 受けず東京, 受けて, 受けないの, 受けなかつたらうが, 受けられず新しき, 多いから, 多かった, 多少出, 大きいといふ, 大に, 大分あった, 大変よく, 官吏の, 小さい事, 小形なりに, 少く雪, 少なからざる, 少なくなかった, 度人妙經の, 強くなっ, 惡い, 或る, 日本には, 有た, 有るにや, 歌と, 民主的詩人の, 混って, 無い様子, 無比の, 現は, 現はれ, 甚だ僅少, 甚大である, 生じないであろう, 生じないよう, 生み出されないであろう, 稗史小説綺談等から, 考へなくちや, 舞台に, 色々と, 著しい, 蒙り得ないであろう, 表面的の, 見えるが, 見られない, 見出し難い, 認められまた, 重大視された, 金銭を

▼ 影響~ (101, 2.2%)

4 あつた 3 あらうか, 私は 2 あつて, あらう, あらうと, いろいろな, タキシーも, 令嬢は, 私を, 自分の

1 [75件] あつたらう, あつたらしい, あらゆる科学, あるだろう, きょうは, こうした生活, この両者, この木, こは, すでにこれ, すべての, すら他, それが, ただでさえ, できたもの, どうこうという, どの工場, どんなちいさなこと, なしに, ぼくは, デモクラシーの, ドイツの, ドイツ書を, ドイツ語の, ノートブックの, ホイットマンが, ルノアァル等が, 上昇気流を, 両方とも, 今一つのも, 今度の, 住民の, 入るもの, 出來, 出来たもの, 十九世紀には, 十六世紀の, 反抗や, 同誌は, 吹き上がる風, 哲學が, 困難に, 妨げられるの, 害ね, 山や, 峻の, 左傾, 巴里の, 思いがけないこと, 恋愛は, 日本維新の, 早くも, 書名のみが, 東京は, 東洋的な, 歓迎し, 正常な, 武士と, 海外で, 溌剌と, 独白を, 登水という, 白血球が, 相当太く, 知らず識ら, 結果する, 腕に, 自分とは, 自分も, 英国から, 薬品染料ブリキガラス板その他種々の, 身体が, 遠慮し, 青少年の, 駄洒落に

▼ 影響~ (76, 1.6%)

4 依るもの 2 して, 因るもの, 就いて, 帰する, 於て

1 [62件] あらざるはなし, くらべると, ずっと染み, そそられ染められ動かされた, ついて, よったもの, より敏感, 付て, 依るであらう, 依るであろう, 全然無頓着, 刺戟せられ, 刺激され, 助けられて, 動きつつ, 勝てなかった弱味, 呼応し出し, 因て, 基づいたの, 外ならぬ, 外なりません, 富んだ論文, 就き極大體, 就て, 弱くほ, 強く支配, 從つて, 從屬せざる, 応じて, 感じやすい, 押されること, 支配され, 敏感でなく, 服した, 服したの, 止まらず更に, 止り, 歸し, 気が付きそれから, 浮身を, 相応する, 相違が, 相違なかっ, 研こうと, 私は, 純粋に, 耐へ, 至つては, 至りては, 至るまで, 變化なく, 身を, 轉じ, 過ぎないの, 過ぎなかったの, 過ぎません, 過ない, 違いない, 違いなかった, 違ひない, 遠くたまたま, 降伏し

▼ 影響され~ (73, 1.6%)

14 ている 7 てゐる 6 ていた 2 それに, てい, て日本人

1 [40件] これに, そして地代, その政治的社会的思想, たり指導, つつありし, つつ描いた, ていなかった, ています, てのこと, てふだん, てもいた, ても決して, てやがて, てゐた, て不純, て不規則, て來, て公演毎, て唯物論的文化イデー, て多少, て常住不断, て当時, て昔日, て書いた, て決定, て混沌, て然, て発車, て神経, て自分たち, て行った, て馴れ, ながらその, ながら先生, 人間社会の, 刺激され, 当時の, 支配されぬ, 支配される, 限定される

▼ 影響した~ (73, 1.6%)

5 ことは 4 のは 3 ので, のである 2 ことも, であらう, と見え, 事を

1 [50件] か, かが明白, かそれ, かということ, かというよう, かは今, からでしょう, からです, か問題, が上級, ためである, ためでも, という, というラプラス, という点, ところは, とは考えられないだろう, とも取れる, と見, にせよ, にち, に反し, に過ぎぬ, のか, のだ, のであつ, のであらう, のであります, のであろう, のでした, ので一時, はずである, ばかりで, ものか, ものが, ものと, ものは, ものらしい, ような, ディケンスなど, 不景気を, 事と, 或物, 時処の, 結果であろう, 者は, 譯である, 過程を, 重要な, 點に

▼ 影響から~ (68, 1.5%)

5 途方も

1 [63件] いうと, この語, できたもの, できるだけ早く, とき放し, どうしても抜け出る, ひきはなし解放, みずから歩く, もう一度彼, セザンヌの, 一人でも, 一日に, 万葉の, 久保田君自身さへ, 云うならば, 京の, 人間は, 何とかし, 保を, 免れるため, 免れ得て, 全くときはなされた, 全く独立, 却つて後進國と, 双方で, 吾, 和宮様の, 外に, 天主教僧侶以外に, 学校を, 少しも, 引いて, 引き離しドン, 日本の, 来たもの, 来て, 殆ど本質的な, 海産物に, 生まれ日本, 生れた, 生れた現代日本, 碧童の, 私は, 素語りの, 絶対的には, 考えても, 聯想で, 脱けだす, 脱し統一, 脱すべく純粋小説論, 脱出しよう, 自分の, 自然学問以外の, 自由に, 若木の, 言っても, 言へは, 超然と, 逃げるよう, 逃れようと, 重大な, 隔離され, 非常に

▼ 影響~ (68, 1.5%)

4 を持っ 2 というもの, の強い, をもつ, を有

1 [56件] あるべきを, から免れる, から脱し, があった, がどんなに, がまだまだ, がフィルム, が大, が強い, が雑誌記事, そうしたこと, で今, というよう, といふもの, とについての君, との遊離, とはマルクス, とをわれわれ, と意義, と時代, について考えなけれ, によって作品, によって各層, によって婦人大衆, によって自然, に匹敵, に対して或, のあった, のない, の増大, の少い, の方, の方面, の深, の量質, はいくら, はそれ, はない, は一八一〇年, は功, は十分, は巨大, は徳川時代以後文字, は長く, もしかし, ももっ, も大きい, よりも人間, をもたない, をもっ, を広く, を持ち, を持ちます, を持つ, を買いかぶっ, を鞣し

▼ 影響~ (67, 1.5%)

2 云ふ, 又意識, 変化とを, 戰ふ

1 [59件] いうべきだろう, いうよりも, いえども, いったが, おもわれるふし, その如き, その時代, その移植, なって, なりて, みて, トルストーイの, 両者の, 並びに国債, 云うの, 云ったよう, 云ひ, 云ひたい, 交叉する, 今まで, 入れ代ったの, 入れ代つたの, 刺激と, 刺激とを, 刺激より, 効果とに, 定家自身の, 少しも, 尚ほか, 当時の, 思ひ過ごしては, 或る, 支配との, 文化の, 模倣によって, 気温や, 混り, 為政者の, 獨自の, 相俟つて, 結びつけて, 結果を, 見ら, 見るの, 言う様, 言って, 言ふ, 言ふこ, 言へ, 言わなければ, 言われたケーテ, 認むべ, 認めねば, 誤認せられた, 課税及び, 買の, 身を, 遺伝, 関心を

▼ 影響される~ (37, 0.8%)

2 のである, のを, もので, ものでない, ような

1 [27件] かもしれた, からである, かを示し, ことが, ことすなわち, ことなく, ことの, ことを, だけの話, ということ, といふ結果, とも云われ, と主張, と感じる, のかと, のが, のであった, のでこの, のは, ものだ, ものであり, 形が, 模様や, 男でなかった, 病人で, 程の, 金魚の

▼ 影響された~ (32, 0.7%)

2 ことは

1 [30件] が大学時代, ことの, ことを, せいで, せいであろう, というもの, ところが, と思われる, のであろう, のは, ものが, もので, ものである, ものと, ものを, 人々など, 地形的構造の, 場合が, 文体そのもので, 時も, 民心は, 点が, 点も, 現象だった, 相手は, 私の, 結果な, 自身の, 証拠だ, 譯では

▼ 影響をも~ (32, 0.7%)

2 及ぼさないであろう, 及ぼさぬであらう, 生み出さない

1 [26件] こうむって, そこに, 与えないこと, 与えないほど, 与えないもの, 与へ, 人間に, 及ぼさざるが, 及ぼさずまた, 及ぼさず内的調和, 及ぼさないという, 及ぼさぬと, 及ぼしたの, 及ぼしませんでした, 及ぼし得ない, 及ぼし得なかったという, 受け, 受けて, 受けないの, 強く受けた, 持つて, 看過す, 示さないこの, 蒙むるものではない, 認めたが, 鼻に

▼ 影響によって~ (23, 0.5%)

1 [23件] しかじか, そういう結果, その頃, たちまちわが, どん, ふき飛ばされるの, もう一人, アカデミックにも, インテリゲンツィア特に, インドの, ラヴェッソンにおいて, 害されて, 思わしく行かない, 成り立った部分, 成立した, 成立ったの, 現代の, 男と, 男の, 発育した, 知らず識ら, 起りたる嗅神経, 1に

▼ 影響による~ (22, 0.5%)

2 のだ, ものである, ものと

1 [16件] ことで, ところがよほど, ところが大, のであります, のである, のでございます, ものだ, もので, ものであっ, ものであり, ものなり, 光が, 植物の, 現在の, 超自然界, 転生だの

▼ 影響~ (19, 0.4%)

2 と思う

1 [17件] かで知合間, からどこ, が皮下脂肪, が細君, が良寛, つたといふ, とすれ, とでも感違い, とばかり見, ともっと, と孝子, と思いませんでした, と思ひます, と自覚, と見る, のに, よ

▼ 影響という~ (19, 0.4%)

4 ような 3 ものは 2 ものが 1 ことに, ことについて, ことも, ことを, のは, ものに対して, ものも, 事が, 以上に, 問題を

▼ 影響しない~ (18, 0.4%)

2 ということ, とは限らない, のだ, ように, わけは 1 というところ, とはいえない, のであ, はずが, ようであります, ような, わけに, 筈は

▼ 影響~ (17, 0.4%)

3 にある 2 にあり

1 [12件] にあ, にあっ, におく, にない, に入った, に果して, に生き, に生れ, に造, に集まった, のメンバー, を作れる

▼ 影響として~ (15, 0.3%)

1 [15件] かなり我々, 上記の, 世界に, 二人の, 凡ての, 力強く作用, 勢力の, 地盤が, 従来同種の, 感じられたの, 毫も怪しむ, 深くうけいれ, 現われる風, 見出されるの, 顕著である

▼ 影響である~ (14, 0.3%)

2 が今日

1 [12件] かあるいは, かの何れ, かもしれない, かも知れない, がなお, ことに, といい得られる, という事, とした, として今年, と思いました, 以上

▼ 影響されない~ (13, 0.3%)

2 ような

1 [11件] からそれら, で, で益々, ところが, とは保証, と思っ, やうな, 室田の, 独得な, 純粋な, 貨物である

▼ 影響とを~ (13, 0.3%)

1 [13件] いささかなり, うけたあと, 与えそれ, 偏らずに, 及ぼしてること, 受けて, 国家の, 天秤に, 想ひ, 残した, 混同する, 脱し得ない, 述べるの

▼ 影響とは~ (10, 0.2%)

1 いいにくい, 何ぞや, 勤労大衆の, 実はさ, 常に直接, 相当大きな, 見られない, 言えぬ, 言へ, 誰が

▼ 影響~ (9, 0.2%)

1 インテリゲンチャとしての, ロシア文学の, 人間の, 偶然の, 制約との, 恩恵を, 痕跡が, 私が, 験者

▼ 影響かも~ (8, 0.2%)

5 知れない 2 しれない 1 知れぬ

▼ 影響せられ~ (8, 0.2%)

1 ていた, てゐる, て來, て好転, て居乍ら何処, て細く, て行, 心霊知識その他の

▼ 影響でも~ (8, 0.2%)

1 あった, あったよう, ありましょうか, ありむしろ, ある, ない三つ子, 決して少く, 目方の

▼ 影響といふ~ (8, 0.2%)

2 ものを 1 ことである, ことも, ことをも, ものは, 問題については, 點を

▼ 影響~ (7, 0.2%)

1 それとも同島, へんに, または神話, ゆうべからの, 少々空席, 永続的な, 私より

▼ 影響されず~ (7, 0.2%)

1 にはいられないであろう, に依然全く, に浪華, もっぱら労働, 何者にも, 昔ながらの, 郷土即ち

▼ 影響せず~ (7, 0.2%)

1 かえって本店, としても世界, にいなかった, にはおかないだらう, にはゐられまい, に騰貴, 墓場なども

▼ 影響によりて~ (7, 0.2%)

1 なり, 戀の, 日本の, 活動する, 知らず識ら, 聊も, 詩才や

▼ 影響に関する~ (7, 0.2%)

1 もので, ものである, 例である, 我々の, 新研究, 真の, 研究に

▼ 影響せられる~ (6, 0.1%)

1 からであり, ということ, といふ, ところが, ところの, 者は

▼ 影響について~ (6, 0.1%)

1 思いめぐらしながら, 正しい意見, 考えさせます, 自然考慮し, 責任を, 述べんに

▼ 影響については~ (6, 0.1%)

1 すでに述べた, 事微妙で, 何らの, 先覚の, 私は, 近ごろに

▼ 影響ある~ (5, 0.1%)

1 かを考え, ことを, ものは, を免れず, 事を

▼ 影響では~ (5, 0.1%)

1 あったが, あるまいか, あるまいかと, ないかと, なかったであろう

▼ 影響としては~ (5, 0.1%)

1 おそらくこれ, これが, 最も多く, 漢語の, 距離から

▼ 影響とも~ (5, 0.1%)

1 云えそう, 交錯し, 思える, 考えられないこと, 見られるもの

▼ 影響なし~ (5, 0.1%)

1 としても兔, にいられなかった, にこの, には国, には決して

▼ 影響などは~ (5, 0.1%)

1 云うに, 何も, 更に見えない, 殆ど見る, 考えては

▼ 影響には~ (5, 0.1%)

1 かなわなかつた, なれて, 今更ながら, 各種各様の, 驚かれるもの

▼ 影響しか~ (4, 0.1%)

1 もたない, 与えないが, 与えないこと, 与え得ないの

▼ 影響し合う~ (4, 0.1%)

1 て実生活, て来た, 微妙な, 興味深い二つ

▼ 影響せられた~ (4, 0.1%)

3 ことは 1 作に

▼ 影響せられ得る~ (4, 0.1%)

2 ことを 1 ということ, といふこと

▼ 影響なき~ (4, 0.1%)

2 を得ず 1 も成就, 場合

▼ 影響についても~ (4, 0.1%)

1 いわれ得る, 何等根拠, 決してその, 考うべき

▼ 影響に対する~ (4, 0.1%)

1 反作用, 受動性と, 私の, 警戒は

▼ 影響ばかり~ (4, 0.1%)

2 では 1 でなくわるい, で恰

▼ 影響よりも~ (4, 0.1%)

1 先んじて, 問答の, 根原の, 肉体が

▼ 影響らしい~ (4, 0.1%)

2 ものが 1 のが, のです

▼ 影響さえ~ (3, 0.1%)

1 お与え申した, むずかしいと, 見ること

▼ 影響したる~ (3, 0.1%)

2 結果も 1 ものに

▼ 影響します~ (3, 0.1%)

1 から, から臀, し且つ

▼ 影響であり~ (3, 0.1%)

1 その外, 所謂印象である, 西洋新聞の

▼ 影響です~ (3, 0.1%)

1 か, かな, ね

▼ 影響とか~ (3, 0.1%)

1 で臨時人夫, 土壌の, 感化とか

▼ 影響とが~ (3, 0.1%)

1 あの江戸後期浮世絵, 互に相殺, 珍しい調和

▼ 影響~ (3, 0.1%)

1 のか, ので, のである

▼ 影響なく~ (3, 0.1%)

1 とも成り立ち得た, 依然として三河色, 入りも

▼ 影響なども~ (3, 0.1%)

1 あつた, この頃, 多少あっ

▼ 影響なる~ (3, 0.1%)

1 やも知る, 可く, 可し

▼ 影響にて~ (3, 0.1%)

1 にわかにその, 人狐の, 各劇場

▼ 影響によ~ (3, 0.1%)

1 つて, つていつかずる, つて明確と

▼ 影響により~ (3, 0.1%)

1 その生産費, 今まで, 集合し

▼ 影響より~ (3, 0.1%)

1 之を, 切離されたる純, 生ずる性向

▼ 影響いかん~ (2, 0.0%)

1 がまず, というよう

▼ 影響かと~ (2, 0.0%)

1 思つて見た, 思ふの

▼ 影響からは~ (2, 0.0%)

1 卒業し, 終生脱する

▼ 影響されなかった~ (2, 0.0%)

1 とは云え, 者は

▼ 影響されるであろう~ (2, 0.0%)

2

▼ 影響しなかった~ (2, 0.0%)

1 か直接, と思う

▼ 影響しなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばならない

▼ 影響しはじめた~ (2, 0.0%)

1 ことである, 時代の

▼ 影響しよう~ (2, 0.0%)

1 といふ理不尽, と云う

▼ 影響し得る~ (2, 0.0%)

1 ということ, ような

▼ 影響すべき~ (2, 0.0%)

1 影響以外の, 色々な

▼ 影響せる~ (2, 0.0%)

1 こと明らかである, は當然

▼ 影響だけ~ (2, 0.0%)

1 では, で芸術

▼ 影響だった~ (2, 0.0%)

1 のである, んです

▼ 影響だろう~ (2, 0.0%)

1 とも云われ, と論じ居る

▼ 影響であっ~ (2, 0.0%)

1 て, て我国

▼ 影響であった~ (2, 0.0%)

1 か, と見え

▼ 影響であろう~ (2, 0.0%)

1 かスティヴンスン, と自省

▼ 影響でか~ (2, 0.0%)

1 となりの, 細君の

▼ 影響とともに~ (2, 0.0%)

1 その終末, 近代社会にとって

▼ 影響との~ (2, 0.0%)

1 調和を, 間に

▼ 影響とのみ~ (2, 0.0%)

1 断ずるの, 見ず新しい

▼ 影響ならびに~ (2, 0.0%)

1 発売禁止の, 發賣禁止の

▼ 影響なり~ (2, 0.0%)

1 となさん, 故に之

▼ 影響なんか~ (2, 0.0%)

1 まるでない, 一つも

▼ 影響において~ (2, 0.0%)

1 いちじるしい差異, かの固陋

▼ 影響についての~ (2, 0.0%)

1 ことが, 配慮が

▼ 影響にも~ (2, 0.0%)

1 よるであろう青年時代, 外に

▼ 影響~ (2, 0.0%)

1 受ケタルナリ, 與ヘタル獨乙語ニ依

▼ 影響以前~ (2, 0.0%)

1 からある, に於

▼ 影響例えば~ (2, 0.0%)

1 不健康, 暖かいもの

▼ 影響冬期間~ (2, 0.0%)

2 の各

▼ 影響最も~ (2, 0.0%)

1 多かるべし, 大いなる實例

▼ 影響産業~ (2, 0.0%)

2 の重大

▼1* [143件]

影響あつたの, 影響ありませんが大鐘, 影響あるいは破壊の, 影響うけてやがて, 影響かとも思うが, 影響からも立派に, 影響ぐらいのものさ, 影響こそ真に大, 影響さえもほんとうに, 影響させるつもりな, 影響さて従業員が, 影響さるるとした, 影響されかえり電車の, 影響されたいものと, 影響されたくはない, 影響されたるものである, 影響されなければならぬ, 影響されまいなどと云う, 影響されるならば彼, 影響され教えられている, 影響され来っている, 影響しあう利害心理の, 影響しあっている, 影響したくならずにはおかない, 影響したであろう反応を, 影響したら大変だ, 影響したらしく思はれるので手, 影響したらしく思われるので手, 影響しなくては生きる, 影響しまいもので, 影響しやしないかと心配, 影響し合っている, 影響し始めてきた, 影響すべしといへ, 影響するだらうかととつおいつ, 影響するだろうかという点, 影響すれば悪人, 影響えへん, 影響せし事は, 影響せずんばあらず, 影響せぬ程度が, 影響せらるることは, 影響せられないという事, 影響その他各種自然現象の周期性等, 影響それのうけ, 影響だけが今日まで, 影響だけでも相當, 影響だけを受けて, 影響だらうが私, 影響でありまして軍事上, 影響でしょうがその, 影響でなくてはならぬ, 影響というかそんな微妙, 影響といったような, 影響とかいうものが, 影響とかについて一言も, 影響としての棉製品の, 影響としても道三の, 影響とて右手の, 影響とで何か, 影響とに戻って, 影響とによってマルクス主義乃至, 影響なからんか, 影響なぞについていろいろ込み入った, 影響など物の数では, 影響などがしきりに苦, 影響などと云う事, 影響などにいたるまで, 影響などについて考えないでは, 影響などを想い起すが, 影響ならいいと, 影響なりとするの, 影響なるべき事は, 影響にとって大きな意義, 影響にまでその研究, 影響によつて極めて, 影響によるといふことである, 影響によるにもせよ老, 影響にわづらは, 影響に関し前章で, 影響に関して多数の, 影響のせゐであるとも思へ, 影響のみならずこの, 影響ばかりを自然に, 影響準備され, 影響もうけやすかった, 影響もうけずまたただちに, 影響やら変り方, 影響よりはむしろ天平乾漆仏, 影響らしい澄んだ響き爽やかな, 影響らしかったが経書禅学, 影響をしか受けなかつたといふ, 影響を以て吾, 影響を通じて生の, 影響コックリの名称等, 影響シテイルノダトモ云イ又レントゲン, 影響下勢力とが事実上対立関係, 影響乃至模倣という, 影響交雑の跡, 影響今日の数学的解釈, 影響以上にもっと, 影響以外のいかなる, 影響以外体内を素通り, 影響は出した, 影響其の他の, 影響其他種々のもの, 影響列強植民地政策の行き, 影響刺戟に因る, 影響力直接な影響力, 影響力等といふもの, 影響一般に, 影響又はその思想技法材料, 影響及び象徴學の, 影響反省というもの, 影響同一の場所, 影響圏境等を省察, 影響なりし, 影響失せなかったぼくは, 影響如何を決定, 影響如何悪政と思はざる, 影響実に著しく他, 影響実話物流行の一つ, 影響少く却つて教師が, 影響度合もはげ, 影響強きに失し, 影響心部の上, 影響或いは聖書の, 影響或は仏教観相の, 影響になく, 影響極めて強くば, 影響機關組織運動等は是, 影響次第で後, 影響温和なりと, 影響特に生理上の, 影響甚だしく今日の, 影響は余り, 影響範囲の大きい, 影響結果を考えざるべからず, 影響である如く, 影響致しますからね, 影響解禁後の國民, 影響ひ換, 影響變動を起した