青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「幕~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~常に 常に~ ~常識 常識~ 帽~ ~帽子 帽子~ ~幅 幅~ ~幕
幕~
幕府~ 干~ 平~ ~平凡 平凡~ ~平和 平和~ 平均~ 平家~ 平常~

「幕~」 3880, 40ppm, 2888位

▼ 幕~ (813, 21.0%)

27 上に 18 ように 16 外へ 15 ような, 間から 14 外に 13 中に, 陰に 12 うちへ 10 うしろに, うちに, 中で 8 すそを, 下に, 前に 7 かげに, 蔭に, 間に 6 あいだに, かげから 5 うえに, やうに, 中へ, 蔭で, 裾に, 裾を

4 [11件] あく前に, うしろから, すそに, 下を, 中から, 中には, 中を, 外から, 後へ, 蔭へ, 陰から

3 [23件] うちで, うちには, うちは, かげへ, なかに, なかには, やうな, 上で, 上には, 上るの, 中の, 合わせ目, 合間に, 向うに, 向ふ, 外で, 外の, 彼方へ, 後ろで, 後ろに, 所へ, 方へ, 裾から

2 [44件] あいて, あくの, あく前の, うしろへ, おりて, かげで, すきから, そとへ, なかへ, ほうへ, クライマックスで, フチに, 一部を, 上では, 上を, 切れ目に, 前の, 前を, 向うで, 喜劇に, 大作に, 彼方に, 後から, 悲劇, 戯曲を, 料金を, 時も, 横から, 横に, 波を, 登場人物, 端から, 端を, 緞帳を, 背後から, 船は, 芝居は, 蔭から, 裏から, 裾の, 途中でも, 閉ぢる, 閉まりそこねた芝居, 開くまでに

1 [352件] あいたとき, あいた最初, あいた頃, あいだから, あいだには, あがるの, あくたんびに, あくまで廊下, あく色模様名古屋音頭で, あく間ぎわにそっと掏り替え, あく間際に, あげおろしに, あこう, あたりで, あたりにも, あたりを, あとで, あとを, あなたに, あなたへ, あひま, あること, うえには, うえの, うえの像が, うしろにおける, うしろには, うしろを, うちでも, うちと, うちの, うちも, うちを, うら, おりた舞台, おりること, おりる頃, おろされた, かかった本棚, かからぬ所, かげあたり, かげからは, かげて, かげである, かげを, かげ舞台, かなたに, かわりに, こちら側に, こつちでは, ごときま, しまって, すき間から, すそが, すそには, すその, すそへ, そとに, たを, ところどころに, ところを, とれるの, ない女一代, なかから, なかの, なかは, はじが, はじめから, はじめに, はなやかに, ばたばたと, ひまより, まえに, まま寂寞として, むこうから, むこうが, むこうで, むこうでは, ものうくも, ものだった, もので, ものであった, ものなら, ギタアの, コフ所に, スキ間から, チヤンバラ劇を, ハネる, パリの, ファームソフ, メーキャップが, レヴューに, 一, 一ぐうを, 一つ家, 一時に, 一端が, 一邊より, 一部と, 三尺を, 上げ下ろしを, 上ったり, 上でには, 上へ, 上りそう, 上り下りした, 上る度毎, 上る時間, 上下は, 上演を, 下されるの, 下で, 下と, 下にでも, 下りること, 下りると, 下りるを, 下るやう, 下るよう, 世話狂言に, 両側から, 中が, 中だった, 中である, 中でと, 中では, 中へは, 中ほどを, 中まで, 中央に, 中央には, 中程に, 主動者と, 事, 事を, 二, 二場, 二場を, 亡霊を, 人びとに, 人長, 仮名の, 借り物手段で, 働きの, 全国的対立が, 全曲近い, 内の人, 内外座中一たいに, 内外評判よろし, 内容を, 冒頭には, 出入口に, 初め奥の, 前で, 前へ, 前奏曲, 前後に, 前面にて, 割れるところ, 割れ目から, 割目から, 勢を, 半ばに, 危機が, 反目最も, 古びたよう, 右の, 向うから, 向うの, 向こうに, 向ふで, 唯中に, 善鸞遊興の, 囲いに, 外には, 外にも, 外は, 天井の, 奥で, 奥へ, 奥へと, 如きは, 如きファンテジイ, 如き相撲, 如くに, 如く君, 左上の, 左右から, 左右兩邊へ, 布にも, 帳の, 幕を, 幾重に, 引っ返しという, 張りめぐらされた, 張り廻された, 形や, 形状の, 影から, 影に, 役に, 役を, 彼方から, 後で, 後では, 後には, 後は, 後ろだ, 後ろにでも, 悲劇を, 想像的舞台に, 想像的舞台面に, 成功が, 戯曲に, 戲曲を, 所から, 扮装の, 掠り除れた, 改作に, 故障を, 敵でない, 方より, 既に開きたる, 日陰へ, 明くの, 映像が, 時いつも, 書いてないもの, 曹操みな色を, 最中に, 朝鮮王妃王子らが, 様に, 横や, 歌劇に, 正面に, 活動的な気負い立った, 済むあいだ, 為に, 片破れ, 白人の, 盛かな, 直徑, 相間に, 短かい, 稽古が, 稽古を, 端が, 第一場, 第二場, 箕輪の, 紐を, 素晴らしい舞台的成功, 終りごとに, 終りで, 終りの, 終るまで, 終る毎, 終ろうと, 終ハムレットの, 組合わせで, 組織において, 綺麗に, 綻びから, 緋房と, 縫目を, 羅馬字よ, 翌年, 翔鶴丸艦ハ長州より, 聞から, 背後で, 背後に, 脚本を, 膨らんだに, 舞台は, 舞台へ, 色は, 芝居を, 草を, 落ちむ迄も, 落武者も, 蔭からは, 蔭と, 蔭より, 薄明り, 藤の, 行動を, 衝突の, 衣裳を, 表の, 表を, 表面に, 袖から, 裁縫鎧下着あるいは, 裏へ, 裏側に, 裙から, 裡か, 裡で, 裾が, 西側に, 見える方, 観物である, 話であります, 話を, 路地を, 辺に, 近くまで, 通にて, 通りの, 進むにつれ, 邊では, 酒場の, 錚, 閉じたの, 閉じられる月, 閉じる幔幕, 閉まる時, 開いた時, 開いて, 開かぬ芝居, 開かれる前, 開き出した舞台, 開くこと, 開くところ, 開く前, 間が, 間ちやんと, 間には, 間に合わぬ, 間も, 間より, 間を, 降りたの, 陰で, 陰の, 陰へと, 陰まで, 隅で, 隙き, 隙に, 隙間からは, 隙間へ, 隣から, 隣同士が, 青みを, 面に, 面を, 面影は, 飾られた園内, 黒, 黒と, 黒谷墓地とが

▼ 幕~ (607, 15.6%)

12 切って 9 張って, 払って 7 あげて 6 はらって, 揚げて, 書いた 5 あけて, 閉じた 4 くぐって, 上げて, 引いて, 絞って, 見て, 閉じたの, 閉ぢた 3 おろして, とじた, はりめぐらして, もって, 出て, 引くと, 開けて, 隔てて

2 [23件] あけた, おろした, かかげて, かけて, しぼって, とって, ひきと, みつめて, めぐらして, 上げると, 下ろすこと, 垂れた, 張ったよう, 張った街並, 張つたやうに, 張つて居る, 張りめぐらし, 張り渡し, 掛けて, 掲げて, 繞らし, 閉ぢて, 開く

1 [444件] あけたの, あけた時代, あける, あけるか, あけること, あける段, あけ給, あけ給え, あけ見物, あげさせること, あげたよう, あげたり, あげます, あげる信号, あげろ, あの梁, うらみ申, おし分けて, おとして, おろしたまま, おろしたツモリ, おろし直ぐ, おろす, おろすこと, おろすという, おろせ, おろせば, お張り, かえ日, かかぐる時, かきわけて, かきわけ四馬頭目, かけられて, かけ焼香, かけ裃, かつて習い覚えた, かぶって, くぐると, こき下すだろう, こしらえて, さげて, さげると, さして, しつかりと, しぼりあげました, しめさせ高, じっと見つめ, すこしもたげ, そっと下した, たくしあげて, たれたよう, たれて, たれ諸方, ちょっとひらい, つくった, つちや, つぶして, つらねて, とうとう未定稿, とじたの, とじた後, とじる, とじること, とどこおりなく, なぜて, にらんで, にわかに引き払った, のぞいて, のぞきこんだ, のぞくと, はぐって, はじめた, はったの, はったり, はった矢来, はつた, はねのけるよう, はびこるの, はらいあげて, はらつて, はり, はりながら, はりめぐらしその, はりめぐらした中央, はりめぐらした部屋, はりめぐらし正面, はり乗組, ひいた, ひき民家, ひく手, ひとつ懸け廻し, ひらいて, ひらき芸術座, ふり落とすと, ふるわせて, へだてて, まくって, またたく間に, まだしめ, むすんで, めくり上げて, めぐらしたお, めぐらした営中, めぐらし家宝, めぐらし床几, めぐらし正面, めぐらし緋毛氈, めぐらし酒, もうかれこれ十日間, もる風, やりましたな, やんわり揚げ, ゆびさすばかり, よこせ, サッとはらっ, ズタズタに, ネッドの, ヒラめかせ, ヒラリと, ブチこは, マストの, 一面に, 上げた, 上げたと, 上げたの, 上げたり, 上げぬか, 上げること, 上げるつもり, 上げるの, 上げる合図, 上場する, 上演, 下から, 下げて, 下さず俳優その他一切合財, 下したので, 下して, 下しても, 下す, 下すよう, 下ろした, 下ろして, 下ろしなにか, 下ろし囃し立てて, 下ろすまでは, 下ろす手練, 下ろせば, 下ろそう, 下ろそうという, 二つに, 今も, 作った, 使用しない, 俳優座の, 全部かき直し, 冠せました, 凝視し, 凝視した, 出したり, 出る間際, 切つ, 切つて扉を, 切つて落した, 切つて落す, 切て, 切らしめた, 切らせるところ, 切り元木, 切るとか, 刎ね, 半ば掲げた, 占めて, 取りつけては, 取りのけ黒天鵞絨, 取り上げて, 取除いて, 吊ったの, 吹き捲くりその, 吹き飛ばすよう, 周囲に, 噛み破って, 囲って, 垂らしそれ, 垂れこめて, 垂れたよう, 垂れたり, 垂れた褄折笠, 垂れた車, 垂れた釣台, 垂れて, 垂れり, 壁と, 外しますと, 外せるだろう, 外の, 奪った, 完成する, 展げて, 巡って, 延いた, 延ばしたり, 引いた, 引いたかの, 引いたの, 引いたん, 引いたアルコーヴ, 引いた大庭, 引いた死, 引かせたので, 引かない時, 引かんか, 引き回らせて, 引き廻して, 引き廻わし, 引き揚げたるとき, 引き裂いたの, 引き退けた入口, 引き降ろすの, 引く, 引くばかり, 引く事, 引く者, 引け, 引こうという, 引っ被い, 引なぐり, 引上ける, 引卸し, 引受けること, 引廻し, 張ったもの, 張った十数艘, 張った部屋, 張っての, 張つたので, 張つて手紙証文の, 張つて樂隊に, 張らせ信孝, 張らせ戦わぬ先, 張らせ楯, 張らせ舶載, 張らなければ, 張り, 張りつめたやう, 張りて, 張りと, 張りま, 張りめぐらした, 張りめぐらせた紅葉, 張り回させた, 張り回して, 張り回す必要, 張り天幕, 張り屏風, 張り巡らせし, 張り席を, 張り廻, 張り廻し, 張り廻らされた大, 張り廻らし, 張り廻らした, 張り弓矢, 張り提灯, 張り旗を, 張り枯柴, 張り楯, 張り此の前, 張り決して, 張り渡した, 張り笛太鼓座, 張り紺, 張り繞らし, 張り薄青い, 張り通そうと, 張り酒, 張り金壱円何, 張り黒い, 張るから, 張る事, 張る習俗, 張れば, 徒ずら, 急に, 懐剣で, 懸けさせまする, 懸けて, 扉に, 手に, 打ち水桶, 打った訳, 払い先, 払う, 払つた, 払われるまでは, 抛り出す, 押しわけて, 押し破ったこと, 押し開いて, 押のけ, 拵える者, 持ったテレビジョン機, 指しながら, 挙げはじめたの, 挟んで, 振ったらその, 振へば, 捲り上げました, 掛けとおすこと, 掛けなければ, 掲げさせその, 掴んで, 掻き分けて, 揚げさせた, 揺り動かして, 斜違いに, 日除けとして, 明けた, 明けた多分, 明けた骨, 明けるの, 明けるよう, 明け銀磨き, 書いて, 書くこと, 替え日, 替へ, 横に, 横へ, 正面へ, 沢山吊るした, 浄書する, 消散させる, 深くおろした, 深く蔽うた, 済ましたゆえ, 演じこの, 演じさせたの, 演じて, 演ずると, 潜った体験, 潜って, 潜つて平次の, 潜つて恐ろしい, 潜り出て, 灯を, 無理に, 煽って, 片よせる, 片手で, 献上した, 発表した, 発表識者の, 睨んで, 破って, 破りながら, 空に, 穿って, 立てて, 第一場, 米屋の, 納屋から, 終らむと, 絞った祈祷所, 絞った裡, 絞つた裡, 絞るよう, 絞れば, 続けて, 緊しく, 締めさせましょうか, 繞らした, 美しい蛍光, 背景と, 背景に, 船板塀の, 落す, 蔽うて, 衝と, 被せた電灯, 裂きたり, 見あげて, 見ずに, 見つめて, 見ながら, 見ようとも, 見詰めて, 覗いて, 覗きこんだ, 覗くと, 訂正す, 談す, 贈ったり, 贈って, 越したざわめき, 越して, 透かして, 透して, 透す外, 通じ百人近く, 造つて何う, 造つて来ました, 野邊には, 閉じさして, 閉じたいと, 閉じたこの, 閉じたとも, 閉じたなどとは, 閉じたよう, 閉じます, 閉じようと, 閉じる, 閉じるつもり, 閉じるでしょう, 閉じるの, 閉じる迄, 閉じれば, 閉じレオニダス, 閉ずる一種の, 閉めて, 開かんと, 開きつつ, 開くこと, 開く時, 開けた, 開けたかつた, 開けたからには, 開けたこと, 開けたの, 開けようと, 開けよと, 開ける外, 開ければ, 開けわが国商業劇場, 開け僕, 降したの, 降して, 降らしむ, 降ろさなければ, 隔てたよう, 隣合せた, 頭に, 顧みない, 飾る場面

▼ 幕~ (574, 14.8%)

11 開いた 10 あくと, 張って, 開いて, 開くと 9 下りると 8 切って 7 上ると 6 あいて, あく, 下りて 5 あいた, あきました, あくの, しまると, 垂れて, 降りて, 静かに 4 おりて, 上がって, 下りた, 明くと, 降りると 3 下ると, 出る時, 張つてあつ, 明いた, 降りた

2 [42件] あいたので, あが, あがった, あがって, あがる, あがると, あきますと, あるの, おりた, かかって, さがって, するすると, どんなふう, はられた, スルスルと, ユラユラと, 上がると, 上った, 下げて, 下りてから, 下りる, 二つに, 切れない, 動く, 張られそれに, 張られた, 張り渡されて, 張り繞らされ, 揚がると, 明くこと, 次第に細かく, 波の, 終ると, 締る, 落ちて, 見える, 閉る, 開いたと, 開くん, 開く前, 降りてから, 音も

1 [327件] あいたか, あいたら起して, あいた以上, あいた時, あいた時まんなか頃, あいた時分, あいた沼津, あかない, あかぬうち, あがりました, あきまして, あきますんで, あきゃあしまる, あくが, あくとね, あくに, あくまで今, あくまで私, あく途端, あく頃, あけば, あった, あったと, あって, あつて, ある, あるかも, あるが, あるもの, いつの間にか考え, いまや切っ, おりたところ, おりたらわれら, おりたわけ, おりてから, おりても, おりない前, おりました, おりると共に, おり切って, おろされた, おろされ伴奏者下山康一, おわってから, かかりいろいろ, かかるの, かけられて, かすかに, きって, ここに, ごそ, ごそごそ揺れる, さうでない, さが, さっと上がり, しきりにはたはた, しだいに陸, しまうと, しまった後, しまり損ねた如く多少, しまる, しまるよう, すうと, すすむにつれて, すっかり引かれ, すつかり引かれ, すむと, そうです, そこの, そのとき, それである, たれさがって, たれて, つい, ついて, つくられ紅い, つけ加えられたの, ないだろう, はじまったらしい, はねあげられ山県蔦, はりまは, はりまわされその, はるか裾野の, ばたばたと, ぱっとあかるく, ひいて, ひかれたの, ひらいて, ひらかれた, ひらかれて, ひらききって, ひらきます, ひらめいて, ふたたびあげられる, ふわふわ動い, まきあがりました, まさにあがらう, またおりた, まんなかで, みどり色に, めぐらして, ゆらめいて, わたり遠近, キリリと, ソヨ風に, ハッキリと, パリの, ピンで, マリイ・ルネルウなる, 一向引かれなかつた, 一幕はさまっ, 一方から, 一気にひきあけられ, 三個ずつ, 三幕とも, 上から, 上がります, 上がりますと, 上げられると, 上ったらしい気配, 上った途端, 上って, 上つた, 上りきる前, 上り大夫, 上り胃病, 上り舞台, 上る, 上るの, 上る拍子木, 上る迄には, 上れば, 上場された, 下がって, 下げられる, 下って, 下ってから, 下つた, 下りかけて, 下りたこれ, 下りたその, 下りたとき, 下りたの, 下りたよう, 下りたら廊下, 下りた瞬間, 下りても, 下りはじめた, 下りました, 下りますまで, 下りまた, 下りるとき, 下りるの, 下りるまで, 下りれば, 下ろされて, 下ろせないの, 両方に, 中ほどから, 丸く一ぱい, 二個並ん, 二十四年十月に, 仆れ, 今も, 今明く, 代る見台, 何度も, 信長と, 僕の, 光り出して, 全山, 其上に, 再びたれ, 再び次々に, 出て, 切れて, 切れてから, 切れるもの, 動くよう, 単に中間, 受けて, 吹きとばされて, 国立劇場の, 垂らして, 垂れかかって, 垂れたり, 垂れ下って, 垂れ黒インキ, 多かった, 大風に, 完全に, 山上に, 嵐の, 左右に, 帆の, 帝都を, 廻して, 廻って, 引いて, 引かれた, 引かれたとき, 引かれて, 引かれてから, 引かれる, 引かれると, 引かれ舞台, 引けるところ, 引廻され, 張ったよう, 張られて, 張られてること, 張りめぐらし, 張り回される, 張り廻らされ三方, 後の, 愈々開かれる, 掛かってるため, 揚げられたので, 揚げられて, 揺れるたび, 揺動い, 明いたとき, 明いたよう, 明いてから, 明きました, 明くの, 春の, 書下されたから, 本堂の, 本幕, 来た, 来たかの, 染返しの, 樹間に, 次の, 死という, 残って, 残るぐらいの, 消えた, 涼やかに, 済んだ後, 済んで, 濟んだ, 無ければ, 無駄だ, 煽つ, 玄海洋上の, 用意され, 省かれたため, 眼に, 秋の, 紋づくしでも, 終ったの, 終るまでは, 終る頃, 絞って, 絞つてあつ, 綿密でなかった, 締まります, 縁側近くに, 自分の, 舞いあがると, 舞い下りたと, 舞台を, 華やかに, 落ちた, 落ちる途中, 落ち野遠見, 裾を, 見られるはず, 見る見るうち, 親方の, 設けて, 評判に, 負けました, 進行中だ, 遅いと, 重々しく垂れ, 長いぜ, 長すぎる, 閉じたよう, 閉じた時, 閉じ南極, 閉った, 閉まった, 閉まったら楽屋, 閉まらねえかな, 閉まると, 開いたが, 開いたて, 開いたの, 開いた時, 開いた暫らく, 開いても, 開かうと, 開かなかつた, 開かれた, 開かれたの, 開かれたわけ, 開かれた許, 開かれました, 開き博徒, 開く, 開くから, 開くと共に, 開くの, 開くまで, 開く処, 開けて, 開けば, 開け放しに, 開閉する, 降りきらないうち, 降りずに, 降りたが, 降りたとき, 降りちまう, 降りようと, 降りる, 降りるや, 降ろせそう, 静, 面白くなり, 風と, 風を, 風雨に, 颯と落ち, 黄昏の

▼ 幕~ (215, 5.5%)

9 なって 8 なった 5 うつって 3 かくれて, なつた, なる, なるの, 包まれて

2 [12件] うつりました, して, なったの, なると, 住居する, 向ひ, 囲まれて, 手を, 私は, 穴が, 隠れて, 顔を

1 [154件] うかびあがって, うつくしく輝い, うつし出す, うつす, うつすとき, うつった, うつりだした一機, うつるの, うつるテレビジョン, うつる像, うつる古代, うつる宙ぶらりん, うつる方式, うつる鮫ども, おしかけました, かいて, かかって, かかる, かかる一景十四枚, かくれたり, この坊主, こんもりと, さえぎられて, されたよう, した, しても, しない, しめっぽい夜, すつかり包まれて, すべき, するか, するさ, する関係上, その透視像, それが, なったが, なったこと, なったらしい, なったらしいね, なったらばと, なったり, なったん, なっちゃ, なっても, ならねえ, なりました, なりましたが, なるからと, なるきづかひは, なるといふ, なるべきは, なる前, なる寸法, なる少し, なる最初, なる迄, まとめられるもの, まるく当った, ゃあならねえ, わけた略筋, ソヨソヨと, バレーが, パッと, 一団の, 三味線を, 仁王の, 仕上げたもの, 仕切つて小さな, 仕切られた楽屋, 代えられて, 代つて, 似て, 住んだの, 使うオフェリヤ, 光が, 入ります, 入る型, 写しだされたの, 出て, 出るの, 出る客人, 分る, 別れて, 劇を, 包まれた, 包まれはじめた, 包まれるの, 包まれ人々, 卒のう, 同じ紅白, 向い全, 向って, 地球の, 変化が, 始まり尊王倒幕, 姿を, 威勢を, 射して, 当って, 徐々と, 憚りて, 成つた, 成功する, 描いた鯨, 於て, 於ては, 映ずる幻燈絵, 映った幻燈, 映った影絵, 映って, 映るの, 映る人物, 映る活動写真, 書かれる支那訳, 書き卸した, 来るは, 様々な, 母に, 気を, 水精二幕目が, 法水が, 注意力を, 消えぬ, 潜めるかの, 火を, 灯を, 現われるもの, 発揮され, 登場した, 白い円, 白い霧, 目を, 祭壇を, 籠もられ, 背を, 脚色する, 至つて善人は, 致た, 蔽われたる仏, 蔽われる, 虹の, 裹まれて, 覆われて, 見せかけた赤塗り, 見る, 近え時分, 近づいて, 近江源氏が, 這入って, 這入ると, 間に, 驚ろいた, 骸骨の, 高張提燈の

▼ 幕~ (156, 4.0%)

4 切って 3 開きたり 2 それから, なかなかあかない, 伯の, 切つ, 明るくなっ, 目出た, 第一幕

1 [135件] あいたけれども, あがって, あきました, ありません, あるが, いかにし, いま切っ, いよいよ切っ, おちぬいかに, おりました, おろされた, きたと, こうし, こんなふう, さがりました, すつかり, すでにあい, すでに取り払われ, すんだといふ, すッ, そのままに, たぐられぬ, たなびきて, だんだんに, とうてい張りきれぬ, とくに切り落され, どんな形, ない, ないから, なおいっそう, なおいつ, なかつた, なかなか上る, ひるが, ふかぶかと降り, ふわりふわりと, まだまだと, まっくら, まるで円頂閣, もうありません, ゆすり場です, よかった, ザラと, スルスルと, ツァーの, 一瞬の, 三人が, 上って, 上方風俗だったらしい, 下りたが, 下りたまま, 下りぬ, 下りようと, 下りるの, 下ろされたと, 中途半端な, 二次元である, 何の, 何処でも, 余興掛の, 信吉が, 僕が, 再び下りた, 再び開始, 冬木立の, 切り裂かれて, 別にこの, 前と, 匂ふ, 垂れに, 城の, 大体から, 大分晩く, 大喝采, 大抵の, 完全に, 宮崎三昧の, 寒々と, 対岸の, 小柳に, 岡君の, 年寄たちにと, 引かれて, 引きめくられた, 引き付けられた, 引き終つたので, 復た開かず, 念仏しか, 急に, 恐ろしく長い, 悠々と, 我を, 揚った, 放射状の, 文豪の, 既に岸辺, 明けたの, 時間通りに, 最前曲馬場の, 木を以て, 殆ど弁護士の, 残ったが, 氏の, 永え, 法廷の, 消して, 潮風に, 無くとも, 狐忠信であった, 猶いつ, 異色が, 白い生き物, 目前に, 空から, 突如と, 約一メートル平方, 終つた, 綺麗だらう, 綺麗だろう, 総に, 翩翻と, 草案と, 貴様なんぞに, 野州宇都宮の, 閉じられて, 閉ぢた, 開いた, 開いたかも, 開かれた, 開かれるの, 開きさうに, 雨に, 雲か, 非常に, 魚河岸問屋今

▼ 幕~ (103, 2.7%)

4 の, の終り 2 の舞台, は又, は誰

1 [89件] かに露命, から石上文麻呂, から見る, があります, がある, がすむ, がすんだ, が下りる, が始まった, が始まる, が終っ, が終わる, が風精, さうし, だ, だがね, でいざ, でかげ, ですが, ですって, ではちゃんと, ではない, では遺憾, でシイザア, で人々, で団十郎, となつ, と続いた, にお寺, にそっくり, にたとえば, になっ, にはいる, には客間, にキニゼイ, に噴火, に大薩摩, に成つて, に朝鮮, に行っ, に話, に高輪海岸, のよう, のブウジバル, のラヴシーン, の中程, の主役, の出, の出雲守, の初, の半分, の吉原, の奥山, の始め, の宇都宮三浦屋裏手, の常磐津, の幕, の幕開き, の幸兵衛閑居, の情景, の比企, の深川富吉町新三宅, の終わり, の道具飾り, の金助, の開幕, の開演, はその, はもつ, はゆとり, はヤッツケ芝居, は何, は口, は姉娘, は斎藤, は楽屋総出, は氷, は清三郎, は渡辺崋山切腹, は竹本連中出語, は金助, までなよたけ物語, までを引受ける, もまだ, をかい, を書いた, を書く, を読み, オーセ

▼ 幕~ (66, 1.7%)

8 の家 6 と許宣 4 はそう

2 [21件] が来, が蘇州, であった, に与えた, の出訴, の帰っ, の弟, の袖, の訴え, の顔, はいそがし, は前, は急い, は朝, は王主人, は白娘子, は眼, は細君, は義弟, は許宣, は逃げる

1 が云った, が言った, の返事, の返辞, は突, は突っ

▼ 幕~ (66, 1.7%)

4 のうち, の外 2 の内, の隅, へ入っ, を出

1 [50件] から他, から便所, から姿, から駆け, がある, がかく, が数十里, が数哩, だけがかがり火, だった, ではや, にあつめ, には酒瓶, にも引い, によってはコット, に出, に大きな, に脂粉, に集中, のあと, のひとつ, のほう, のまわり, の傍ら, の幕, の片隅, の酒宴, の附近, は幾つ, は沸い, へつく, へふい, へ伝令, へ向っ, へ姿, へ敵方, へ来た, へ立ち寄り, へ行く, へ迎え, へ部将, やらそれぞれ, や倉庫, をつつみかけた, をつらね, を受持っ, を張っ, を張つて, を張らせ, を東西

▼ 幕~ (62, 1.6%)

2 一杯に, 夕方に

1 [58件] ある青年, おおわれて, かこった特別席, しきった小, しきった通路, しきられた箱, すっかり蔽っ, それに, まくしたてる, オフェリヤは, 一時食いとめられる, 仕切られたもの, 冴子が, 出來, 午後から, 和泉屋の, 囲い設けた立派, 囲ったよう, 囲って, 堀田家の, 塹壕の, 姉娘が, 居間と, 屏風の, 岩見重太郎劇が, 庇を, 彼は, 彼奴の, 想像が, 成功する, 折角の, 教授が, 明菓の, 景気を, 柳の, 泣かされる観客, 火影を, 硝子戸の, 笛方小鼓方大, 紅雀の, 美しく飾られ, 肺病が, 若い日本, 行手を, 被った, 重太郎の, 門前を, 閉ざされて, 閉じられて, 閉場し, 開かれようと, 隠されて, 隠したかったので, 隠れて, 雨除け, 静かに, 飾った会社, 飾った展覧会

▼ 幕~ (55, 1.4%)

4 なる 2 なった, なりました

1 [47件] いわれて, おっつかっつでございましょう, おなじ夜, おなじ日, お小屋, したい, そして楯, なく眼, なったので, なつてな, なりうるから, なりし時, なりぬ, なるという, なるや, ほぼ同じ, 一戦相心得候得ども土佐後藤庄次郎が, 乱軍の, 各藩, 同じよう, 同じ室, 同じ形, 同じ日, 同じ服装, 同じ華麗, 同じ讃岐, 四幕の, 崇高な, 幕とが, 思うところ, 成った, 成る手筈, 戦争致し, 手摺との, 板囲いの, 比べて, 波濤を, 淡淡と, 白い屏風, 相わかれ, 第四幕, 筵で, 緞帳とで, 連なる袖の下, 金の, 降りしきる雪, X線管との

▼ 幕~ (53, 1.4%)

2 の包囲, の砲弾

1 [49件] がふい, がツイそこ, が下鳥羽, が敗れた, が淀城, が破れ, が近づいた, が降伏, である, では自分達, との耳新しい, と協力, に密告, に対して致命傷, に投じ, の一隊, の中心, の先鋒, の前衛, の手, の方, の歩兵, の残兵, の為め, の狼狽, の知る, の破れ, の第, の精鋭, の落人狩り, の轅門, の間宮鉄太郎, はかね, はもう全く, は伏見鳥羽, は元和慶長以来, は城中, は少し, は意気沮喪, は敗勢, は行軍, は連戦連敗, も儀装, をし, をはじめ, を側面, 全く潰走, 再び敗れ, 大いに潰え

▼ 幕~ (51, 1.3%)

1 [51件] がこの, が異学, では, では俊基朝臣, では異, でも知る, でも議論, でも重要, において川路, にたいする幕府祖法, には薩摩, にもいろいろ, に向っ, に対して大, に開國主張者, の, のいよいよ, のうち, のみならず, の一員, の上司たち, の上席, の司, の吏員, の囘答, の多く, の御, の方針, の秘密命令, の自, の苦心, の裁可, の複雜, の重臣たち, は, はかうした, はハリス, は何ら, は半信半疑, は和親, は奇矯, は彼, は責任, は閑々, また済時, も蜀山人, より与えたる, より御, より遠ざかる, をし, をめぐる

▼ 幕なし~ (46, 1.2%)

3 に喋舌 2 にしゃべっ, に嘔吐

1 [39件] なので, に, にあり, にうんざり, にお茶, にくよくよ, にしゃべり立て, にためされ, につづい, に元, に唱えかえし, に喋, に喋りまくる, に喋り立て, に喋り通し, に喧嘩, に地鳴り震動, に夜, に梗概, に毆りつ, に甘い, に英吉利語, に見せられる, に話し, に話す, に議論, に顔, に飲み歌い踊っ, に饒舌, に饒舌つて, に驚い, ねえ, の二輪加, の大, の怒, の星月夜, の舌鋒, の音楽浴, 長江千里まくし立て

▼ 幕~ (33, 0.9%)

1 [33件] うつしだされて, うつしだした, かくれた, かくれると, かつぎ出されるさあ, かわるがわるするどい, そっと目, それを, はいるでしょう, 入って, 出して, 出なさるなあ, 出入りの, 向って, 大写しに, 幻燈の, 弓を, 戸倉の, 手を, 押し流されて, 来た, 潜ったが, 潜ったの, 独りで, 眼を, 行って, 衝と, 観て, 近く駈け寄っ, 這入って, 附着い, 顏を, 風を

▼ 幕~ (31, 0.8%)

3 のひとり

1 [28件] がその, すべてを, で中軍, にはちがい, にもおなじ, のうち, のひとり柴田権六勝家, の一人, の中, の多く, の姿, の山名時氏, の神保氏張, の端, の重なる, の魏延, は口, へ目がけ, までをまるで, まで負傷, も, も祐筆, や光秀, をつれ, を見まわした, 周瑜が, 連に, 連は

▼ 幕~ (29, 0.7%)

2 張り回された

1 [27件] あくこと, ここへ, そのよう, どの幕, なければ, またモリエエル, また見物, もとは, 三慕も, 上らぬ頃, 亦美しい, 佳境に, 僕等には, 凝りに, 実の, 引けずに, 引立った, 張り終りぬ, 張り繞らし, 愁歎場を, 海土蔵が, 濡れびたっている, 皆新しい, 続いたが, 背景も, 蓄音機も, 間の

▼ 幕将たち~ (29, 0.7%)

1 [29件] がゆるさなかった, が城門, である, と一面, と共に酒宴, にわけ, のほう, の一人, の性格, の眼, の眼もと, の観察, の言, はそういう, はみな不安, は多分, は帳, は張飛, は甚だ, は躍起, へ, へも吐かず, もその, も多く, も惑う, も杯, も次々, も決して, を安心

▼ 幕~ (28, 0.7%)

2 の上, へ現れる, を指した

1 [22件] がぱっと, が白く, にうつった, にかすれた, にそれ, にとび出し, にはすでに, にはなん, に写った, に本艇, の光景, の右下, の映像, は完全, へ目, より目, をにらみ, をのぞい, を占領, を指し, を斜め, を照らした

▼ 幕~ (27, 0.7%)

2 に書き下す, の喜劇, の戯曲, の脚本

1 [19件] がはいっ, その主人公, でしかも, で九蔵, としての価値, に書い, の命題, の現代物, の社会劇, はそういう, は遠慮, や一幕物, を一つ, を上場, を十月興行, を書いてる, を書く, を殆ど, を私

▼ 幕では~ (24, 0.6%)

6 ない 5 ないと 2 ないといふ, ないの 1 ありません, ありませんよ, あるまい, ございませんわ, ないという, ないのに, ないよ, ッきり, 無いと

▼ 幕から~ (22, 0.6%)

2 倒に

1 [20件] くり拔いた, ヘルマーといふ, ランクと, 三十八度線を, 出て, 呼込まれるやう, 始まる, 始めて, 居残って, 居残つて, 幕へ, 幕を, 日が, 次の, 武具旗甲戦袍の, 第五幕目, 義士が, 蜂葉を, 重太郎の, 顔を

▼ 幕~ (22, 0.6%)

2 の手, の際

1 [18件] で手, とす, にし, に見る, のくらい晩, のギャグ, の時間, の木, の見, の見得, の馬鹿, は, は国王, は大, まで露, を気, を見せた, を見せられ

▼ 幕じゃ~ (21, 0.5%)

3 ない, ないよ

1 [15件] あるまい, あるまいに, ないから, ないけれど, ないこと, ないじゃ, ないですか, ないですよ, ないと, ないよう, ねえよと, ねえらしいな, アございません, アない, アねえ

▼ 幕~ (19, 0.5%)

2 の長い

1 [17件] から引き続き, がきた, が長, にお, には革命劇場中賑, にサモロブナ引退式, に他, に廊下, に私, の廊下, の明るい, の比例, の道化, は何分, ひに, を涼み, 長くハネ

▼ 幕~ (17, 0.4%)

7 やない 4 やねえ 2 やな 1 やありません, やなかつた, やア, や無い

▼ 幕~ (17, 0.4%)

3 の引込み

1 [14件] です, で踊つた事, に出, に姿, に潜め, に立っ, に立つ, に退れ, の将たち, は耳, へ, への, へひき出し, へ明晩

▼ 幕~ (16, 0.4%)

1 [16件] が塊, が密集, が彼, が検察, が駈けのぼっ, だった, とちがっ, と我兵, の一人, の手, の死骸, は脱走, を配置, を防ぎ得た, 之野台場, 強くし

▼ 幕~ (15, 0.4%)

2 からいっぺんに

1 [13件] からこれ, が一場一場, が三幕, けれどあんまりパッ, これは, しかもこの, ということ, といひ, と思いました, な, まりが, ものどっちへ, 親分さっそく

▼ 幕には~ (15, 0.4%)

1 [15件] ただ散る, なりそう, まだ早い, もう一度冴子, アナウンサー田村君の, 今は, 司令艇の, 外が, 広々と, 彗星一号艇二号艇が, 必ず風間, 日露戦争の, 杜若の, 目に, 賢太郎の

▼ 幕~ (15, 0.4%)

2 の傀儡師

1 [13件] にまた, に入る, に幹, に投げこん, に泰然, に番騎, の人情, の将士, へなだれ込ん, へ攻め, へ突き入り, へ突入, をうかがった

▼ 幕~ (13, 0.3%)

1 [13件] ない, 下座の, 兵粮の, 垂れ下がった旗, 寝小屋を, 小野川の, 旗差物や, 机や, 苫で, 蛭子の, 道具類は, 野遠見の, 金屏風で

▼ 幕より~ (10, 0.3%)

1 ほころびて, 一年後, 一月後, 七年後の, 七年後即ち, 三ヵ月後冬も, 十五年後, 十日ほど, 数日を, 更に十五日

▼ 幕事夫婦~ (10, 0.3%)

2 に酒, は許宣, を呼び 1 はひどく, は不思議, をはじめ, をはじめ李将

▼ 幕~ (10, 0.3%)

1 が多く, でありながら, となっ, になる, には禁制, に加えられ, のひとり, の中, の苦労, や御家人勢

▼ 幕~ (10, 0.3%)

2 一場では, 二場では 1 一場が, 一場の, 一場は, 二場に, 四場, 四場が

▼ 幕でも~ (9, 0.2%)

1 いいから, ずっと勝れた, ない幕, なし, わかる通り, 切って, 垂れてるよう, 西の, 降ろされて

▼ 幕合い~ (9, 0.2%)

2 の長 1 ということ, にこの, にラムネ, に時間, のお, ののち, の時間

▼ 幕~ (9, 0.2%)

2 の伊籍 1 たり, で伊籍字, として粗略, となし, になっ, の永年, はもちろん

▼ 幕~ (8, 0.2%)

1 でやり, で挨拶, に出した, の一区切, の中央, の時間, の顔, へいきおいこん

▼ 幕張り~ (8, 0.2%)

2 の中 1 があっ, がいたし, の粗末, の陰, をした, を致し

▼ 幕ごと~ (7, 0.2%)

1 にガラリガラリ, に二丁, に出る, に多少, に活動, に転, の登場人物

▼ 幕という~ (7, 0.2%)

1 ことに, のが, のは, ものぞと, 寸法だろう, 想像外の, 意味も

▼ 幕明き~ (7, 0.2%)

2 の鳴物 1 から舞台, が十分, には下男, の老, 前の

▼ 幕無し~ (7, 0.2%)

1 に云っ, に云つて, に人間, に使用, に出勤, の小言, ふんだんに飛び出させる

▼ 幕~ (6, 0.2%)

1 三幕で, 三幕見た, 幟でも, 廻り舞台に, 時節がら藤つつじ, 蘭か

▼ 幕といふ~ (6, 0.2%)

1 のが, のに, ものも, やうな, 人を, 大狂言

▼ 幕にも~ (6, 0.2%)

1 この瓦斯, はっきりと, ひけを, プログラムにも, 間が, 鰹の

▼ 幕~ (6, 0.2%)

1 で音楽, に哄笑, に現れる, の正木博士, の相つい, の艦影

▼ 幕囲い~ (6, 0.2%)

1 から飛び出し, の中, の周り, の外, の間, へ奮迅

▼ 幕太郎~ (6, 0.2%)

1 がのそのそ, がシヤリヤピン, が顔, の肘, を坐らせる, 続いて

▼ 幕あく~ (5, 0.1%)

2 と舞台 1 と二人, と伝兵衛, と部屋

▼ 幕でない~ (5, 0.1%)

1 ことは, とこら, と思った, と神妙, 時に

▼ 幕ばかり~ (5, 0.1%)

1 で簡単, 夜は, 芝居の, 見せてさ, 覗いて

▼ 幕もの~ (5, 0.1%)

1 でかの, として立派, にし, のこと, の戯曲

▼ 幕切に~ (5, 0.1%)

1 チョン, 一転化を, 又幕, 女が, 手が

▼ 幕~ (5, 0.1%)

1 のお, の内意, の意嚮, の物々し, の閣員

▼ 幕~ (5, 0.1%)

1 で休息時間, にはとにかく, に作者, の唄, を見たる

▼ 幕~ (5, 0.1%)

1 にもあえて, に基づい, に資すべき, のため, 大磐石時代

▼ 幕として~ (4, 0.1%)

1 太平に, 理くつ探求の, 科学者虐殺事件は, 鮮かな

▼ 幕~ (4, 0.1%)

1 でみんな市中, をうけた, を以て禁止, を手

▼ 幕危機~ (4, 0.1%)

1 が高潮, に備え, を巧み, を脱した

▼ 幕~ (3, 0.1%)

2 ひには 1 ひの

▼ 幕かげ~ (3, 0.1%)

1 に, の答え, へ引ッ

▼ 幕~ (3, 0.1%)

1 やありません, やない, や無い

▼ 幕それ~ (3, 0.1%)

1 から桂川連理柵, にさえぎられ, にヒゴ骨

▼ 幕やら~ (3, 0.1%)

1 彩旗を, 紫幕, 葭簾やらを通して

▼ 幕一重~ (3, 0.1%)

1 のかなた, を距, 引いたあたり

▼ 幕下り~ (3, 0.1%)

1 ている, て後, て鐘楼

▼ 幕久五郎~ (3, 0.1%)

1 が小柳平助, が技, の負

▼ 幕以上~ (3, 0.1%)

2 を上演 1 の作

▼ 幕~ (3, 0.1%)

1 に近い, のなか, は八幡神社

▼ 幕~ (3, 0.1%)

2 に走っ 1 の押え

▼ 幕~ (3, 0.1%)

1 が進む, が非常, の比例

▼ 幕~ (3, 0.1%)

1 ダ弁ゼズ将, 完成一作を, 完成一作一幕未

▼ 幕~ (3, 0.1%)

1 で既に, にあった, の議論

▼ 幕溜り~ (3, 0.1%)

1 うるさく叱る, から覗い, から覗き

▼ 幕~ (3, 0.1%)

1 たいてい水夫共, とはちがい, へのりたれ

▼ 幕~ (3, 0.1%)

1 としてはとても, にも輿論, に長州出兵論

▼ 幕~ (3, 0.1%)

2 の唄 1 の鈴

▼ 幕開く~ (3, 0.1%)

1 とすぐ, と合爾合姫, と同時に

▼ 幕ある~ (2, 0.1%)

1 のみ, ものを

▼ 幕いっぱい~ (2, 0.1%)

1 にうつしだされ, に桐

▼ 幕ぐらいの~ (2, 0.1%)

1 物に, 通し狂言に

▼ 幕じゃあ~ (2, 0.1%)

1 ない, ないん

▼ 幕その~ (2, 0.1%)

1 火の, 熱に

▼ 幕だけ~ (2, 0.1%)

1 張つと, 明日の

▼ 幕だけが~ (2, 0.1%)

1 入って, 暮れ残って

▼ 幕だの~ (2, 0.1%)

1 幟だ, 楽隊だの

▼ 幕つて~ (2, 0.1%)

1 いふこと, おつ

▼ 幕です~ (2, 0.1%)

1 がね, よ

▼ 幕とが~ (2, 0.1%)

1 切実な, 装置と

▼ 幕とで~ (2, 0.1%)

1 区切りあって, 埋めて

▼ 幕とは~ (2, 0.1%)

1 どこを, どんなもの

▼ 幕~ (2, 0.1%)

1 のです, んだ

▼ 幕ならず~ (2, 0.1%)

2 と信じたれ

▼ 幕において~ (2, 0.1%)

1 ノラが, 驚くばかり

▼ 幕にな~ (2, 0.1%)

1 つたとの, つても

▼ 幕へと~ (2, 0.1%)

1 急を, 赴いた

▼ 幕まで~ (2, 0.1%)

1 翁が, 見て

▼ 幕わたし~ (2, 0.1%)

1 が三幕, が第

▼ 幕を通じて~ (2, 0.1%)

1 最もバレー, 登場した

▼ 幕~ (2, 0.1%)

1 大炮号令官, 紋三菅笠家之

▼ 幕二十場~ (2, 0.1%)

1 の全, の演出

▼ 幕二場~ (2, 0.1%)

1 でやっ, の親鸞

▼ 幕~ (2, 0.1%)

1 であった, の威張り

▼ 幕全部~ (2, 0.1%)

1 を上場, を完全

▼ 幕六場~ (2, 0.1%)

1 の新作, まる

▼ 幕兵たち~ (2, 0.1%)

1 の槍, は後

▼ 幕兼好~ (2, 0.1%)

2 を覗く

▼ 幕十二場~ (2, 0.1%)

1 だ, といふやう

▼ 幕~ (2, 0.1%)

1 のいる, の李珪

▼ 幕~ (2, 0.1%)

1 に願い, の方

▼ 幕引き~ (2, 0.1%)

1 の少尉, 廻す役所ども

▼ 幕引く~ (2, 0.1%)

1 と九女八起上り合方, 舞台に

▼ 幕張る~ (2, 0.1%)

2 ほどになれ

▼ 幕明幕切~ (2, 0.1%)

1 の時間, の木

▼ 幕~ (2, 0.1%)

1 に一種, に大

▼ 幕~ (2, 0.1%)

1 なもの, な土豪

▼ 幕融和~ (2, 0.1%)

1 は間然, も廃り

▼ 幕~ (2, 0.1%)

1 にひそむ, のあるいは

▼ 幕~ (2, 0.1%)

1 てから一服, といふもの

▼ 幕関係~ (2, 0.1%)

1 がまざまざ, は急速

▼ 幕閣中~ (2, 0.1%)

1 の囑望, の最高決定者

▼ 幕~ (2, 0.1%)

1 であった, にまで続き

▼1* [276件]

あがり舞台現じ来る, 幕あちこちに巣, 幕あり戰鬪の, 幕ッぱいに風を, 幕いよいよ明かんと, 幕うちへ引きあげ, 幕うつ山ざくらかな, 幕おまへの愁, 幕かきわけて坊介, 幕からも五六人の, 幕かを見に, 幕がわりのよう, 幕ぐらいで閉場に, 幕ぐらいに切って, 幕しにもの, 幕さえ頭の, 幕しか出せないという, 幕しづかに空, 幕しどけなく張りも, 幕しまらず立往生の, 幕じゃあねえ引っ込んで, 幕じゃねえッ, 幕すこし手前の, 幕すら朧な, 幕ずつを分担し, 幕との, 幕そういったあまりに拵え過ぎた, 幕ぞと見る程, 幕たるやを知らず, 幕たれてトロイア軍, 幕だ話せるねいい, 幕つづきの大作, 幕であったのが, 幕でございましたこと, 幕でしたよ, 幕ででも蔽はれた, 幕とか旗とかに, 幕としては余り見栄えも, 幕とだけである, 幕とともに散じだした, 幕とに装はれたる, 幕とも舞台は, 幕と共に走って, 幕どうだらう出来たね, 幕ながら気が, 幕などが掛かッ, 幕などを私は, 幕なりにぺちゃんこに, 幕なれば何とぞ, 幕にて山崎合戦より, 幕に対して五十円であった, 幕に関する根本の, 幕のみで中間, 幕のむこうに, 幕ばかりが懶そう, 幕ばかりは神妙に, 幕ばかりを形を, 幕ばりの下, 幕ひきか, 幕へでも薩へでも, 幕への道すがら小屋, 幕ほども済んだところ, 幕までは地上の, 幕までを見物した, 幕みたいな布, 幕の幕, 幕ゆららに落つる, 幕よりも重く被, 幕をかなぐり上げるや, 幕をとぢて, 幕オデット姫の助力, 幕カアテン明く, 幕ギレで舞う, 幕ゲルゼエルの支那娘, 幕考へて, 幕ハ夷艦を買, 幕ハ此頃英国のたすけ, 幕ロデリゴがザラ, 幕注視, 幕一たび墮ちて, 幕一はり見えませぬ, 幕一和に一時暗影, 幕一場の始め, 幕一帳男女名取中葡萄鼠縮緬幕女名取中大額並黒絽夢想袷羽織勝久門弟中十三年忌が三世, 幕一杯になった, 幕一枚垂れただけ, 幕七八場にあまる, 幕三たび下りしに, 幕三場に編み直しました, 幕三幕と淡淡, 幕上りて歌女出, 幕下りるやシャン, 幕下るといふ場面, 幕中内乱を生じ, 幕中大破ニ相成候, 幕中折わるく諸, 幕九場のこの, 幕二番目は, 幕五景まで来た, 幕今日より子供, 幕以下がございます, 幕以外に絶え, 幕以後は神筮降霊, 幕何張それに供, 幕使を暗殺, 幕の力者, 幕儒林家の嫉視, 幕八場乃至五幕十二場, 幕八木節に合せる, 幕兵一戦ニ及バヽ先初ニ此談ニ, 幕兵一掃といきり立つ, 幕兵千余騎が殺到, 幕再び下りしに, 幕そうと, 幕出揃い仕落しなく, 幕分子に絶好, 幕切にすでにつかわれて, 幕切めちゃとなる, 幕切医者の役, 幕初めに三番叟, 幕に近づい, 幕勝久門下名取女中より中形縮緬, 幕医柴田常庵が衣, 幕十一場であるが, 幕十一景といふお, 幕十二景といふ長い, 幕十五場の長編, 幕十六場というそれぞれ, 幕十四場ずつと通し, 幕十場のグランド, 幕十場あとのもの, 幕危く垂れて, 幕とし, 幕取り去られ候へば, 幕の一方, 幕の高み, 幕より書付, 幕史らが和蘭, 幕合いだったのであろう, 幕合体さらにすすん, 幕問題諸大名問題, 幕四たび下りしに, 幕囲小屋の内, 幕土俵入並五人掛り有之, 幕城戸逆茂木など美しい, 幕士中における勝安芳, 幕太郎亜介下に降りる, 幕女名取中大額並黒絽夢想袷羽織勝久門弟中十三年忌が三世, 幕を一, 幕完全な善人, 幕に非, 幕をかしこみ, 幕将たち手に手, 幕将二十名ほどが密やか, 幕将以下の下級将士, 幕将四五を伴っ, 幕将庵原将監がいた, 幕将方の意気, 幕将松田尾張守に随身, 幕の竈, 幕巻絹鍋俵庖刀鐘と心得童子, 幕布方が討ち入った, 幕布討伐の密計, 幕の執政, 幕りで, 幕のやう, 幕へ報じ, 幕に收容, 幕に触れ, 幕情不通なり, 幕憂しと思ひぬ, 幕打ち廻したそこの, 幕打った高い屋台, 幕抗争の一所産, 幕押し分けたるままにて, 幕挟みそのうち, 幕摺れにふらつい, 幕政府の顛覆, 幕政策がこと, 幕や警固, 幕明きし時定木を, 幕明けに当っ, 幕更に富士山に, 幕書いたので, 幕を打ち込ん, 幕梅花の匂, 幕毛氈きらびやかにし, 幕のすこぶる, 幕法廷の場, 幕派手やかに張り, 幕浪士の争い, 幕海軍が道, 幕済んだときに, 幕為ニ今の勢, 幕無きは口惜しから, 幕物作家は一幕物作家, 幕状オーロラはさらに, 幕生活記を捏造, 幕白い屏風, 幕百枚あまりを書きあげ, 幕目お蔦部屋はお蔦, 幕目ごろに鶴子たち, 幕目のは先の, 幕目のあたり場で, 幕目三幕目四幕目さうし, 幕目以下は上演, 幕目四幕目さうし, 幕目大詰はソヴェト, 幕目庭前古井戸, 幕目磯部邸玄関の場, 幕目紋三郎宅の場, 幕目誘惑の魔, 幕闘うこと, 幕が, 幕秘密条約が手, 幕立て槍の旗本連, 幕を旧, 幕簾榻類これまた数千事, 幕精神は熾烈, 幕の旗, 幕組織という社会制度, 幕結婚の祝い, 幕綱紐を解き, 幕緞帳に至る, 幕縁とりの辻びら, 幕腹案成る, 幕舎のとばり, 幕舎内外の掃除, 幕舎別にビスケット, 幕舎千旗を払っ, 幕は北, 幕英間の危機, 幕落ちて喝采, 幕藩的公武合体運動の頭目, 幕衣裳を染め, 幕装置へ両, 幕にひざまずいた, 幕見たのが, 幕覗いてみた, 幕調停案の一案, 幕講和が極秘裡, 幕議一決艦長は時, 幕議遠洋の渡航, 幕を蒙る, 幕賓伊籍がたずね, 幕賓蒋幹字は子, 幕賓連中迄兀, 幕越しに楽屋, 幕軍一同の期待, 幕軍不利で淀, 幕軍側からみる, 幕軍方にも用立て, 幕軍自身が新選組, 幕軍艦英軍艦ともに参り, 幕行つて見なけれ, 幕造花等の裝飾, 幕連合によって行われた, 幕ようやく衰えかけ, 幕違いの嘲笑, 幕金襴ぶちの, 幕長く垂れ闇, 幕の衛兵長, 幕開幕前の声, 幕開檣の上, 幕閣みな震う会議夜, 幕閣事情について語る, 幕閣内でもしだいに, 幕閣日用の紙, 幕閣自体の空気, 幕閣評議が, 幕閣諸老臣のこれ, 幕閣豈に責, 幕露地のあいだ, 幕面いっぱいになる, 幕領白岩の農民強訴, 幕黄金を鏤めたる