青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「居た~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

尻尾~ 尼~ ~尽し 尽し~ ~尾 尾~ 局~ ~居 居~ ~居た
居た~
~居つた ~居ない 居ない~ ~居ました ~居ます 居り~ ~居りました 居りました~ ~居ります 居ります~

「居た~」 12412, 123ppm, 853位

▼ 居た~ (2432, 19.6%)

398 です 333 である 1727968 でした 65 では 49 だが 44 であるが 33 ですが 29 であります 28 だから 27 であった 20 だよ 18 ですから 17 かも知れない 1615 だな 14 だと, であるから, は, は誰 12 だらう, だろう 11 かも知れぬ, でしょう 10 かな, であろう 9 はその 8 は私 7 かい, かえ, が今 6 だけれ, だつた, でございます

5 [13件] かねえ, かも知れません, が, だけれど, だね, でありますが, ですよ, でも, で御座います, はお, はこの, も今, を見た

4 [11件] かと思う, がお, が此, だそう, だった, ぢや, であったが, は今, も無理, を私, を見る

3 [23件] かもしれない, が偶然助, だか, だけれども, だらうと, だろうか, でしょうが, ですか, ですけれども, ですね, でないかと, はお前, はどう, はまだ, はガラツ八, は事実, は何, は可, は意外, は疑はれぬ, は自分, を皆, を見

2 [48件] かいお前, かそれ, か其, がうかれ, が不思議, が何時の間にか, が如何程, が怪しい, が自分一生涯, が貴女, じゃ, ださうだが, だぜ, だつたが, だ己, でありました, でありましたが, であること, でございました, でございますが, でしたが, ですお, ですもの, です其中, とは異, とは違っ, と不審, に比べ, は仔細, は大, は娘, は嫁, は彼, は此, は殺された, もこの, も其問題, を, をお, を下女, を云々, を何, を俺, を同僚, を棹, を此家, を確か, を誰

1 [569件 抜粋] かあきれた, かいづれ, かいわし, かお前, かそれとも, かそれなら, かちつ, かとか小母さん, かとさえ思った, かと云う, かと人, かと思ふ, かと想像, かと見かける, かどう, かどれどれ, かね, かね君, かへ, かへツ, かまるで, かもわかりません, かも知れなかつた, かわかりません, かトヨ, かハズミ, かハツハツハツハツ, かミチ子, か二人, か今夜, か冗談ぢ, か分らなかった, か判然, か坐り, か夜中真黒, か夫, か実際, か小夜子, か少し, か居ない, か彼女, か是, か昼寐, か水音, か皆目, か眠つて, か眠り, か知らぬ, か私, か茶の間, か識ら, か閉, があった, があつ, があります, があるらしい, がいかにも, がおくれ, がこの, がその, がたまらなく, がだんだん, がはや, がば, がやっぱり, がアー目, がツウ, がハア, がパッ, が一層, が三日, が三日前怒り, が之, が二ツ, が二時頃, が今度, が介抱, が何ん, が例, が俄, が偶然, が僕, が充血, が其の, が其日, が其猿廻, が処, が出来る, が分ら無く, が十五年, が千世子, が口先, が吉田家, が因, が大変, が奈良盛時, が奧方, が如何にも, が嬉しかっ, が寝, が少し, が尖, が帰つて, が式部, が彼, が後世, が急, が恋しい, が悪い, が悲しみ, が慌て, が我が, が支那文学, が旅鞄, が時代, が更に, が木曜會, が末代太平, が根底, が榊原藩, が次第に, が此時赤面, が段々, が江戸, が物凄く, が物各々所, が現代, が目, が神樂, が祭, が私, が立っ, が第, が義元出発, が聊か, が若葉, が蕎麥屋, が蕎麦屋, が見え, が見えた, が過り, が酒井政俊, が頃日區劃整理, が馬籠驛, さあと, さ急, じゃやりきれない, だからと, だがネ, ださうだ, ださうであるが, ださうな, だそれ, だそれから, だったから, だったらしい様子, だつたけな, だつたの, だつたら門衛, だつて, だという, だとは, だなと, だにこの, だらうけれども, だらう斯, だろうが, だろうと, だレペル, だ上, だ今, だ今日, だ位, だ全体此, だ別に, だ又, だ娘, だ愈々, だ篠田君自身, だ藻西太郎, であって, でありしぜん講和, でありまして, でありますから, であり一つ, であるけれども, であると, であるといふ, であるのに, であるサツパ舟, である不, である尤も, である故, である直接, であろうか, であろうが, であろうと, であろうにこにこ, でございましょう, でございましょう産土, でしょうああ, でしょうそれ, でしょう僅, でしょう四方, でしょう昔, ですからな, ですぜ, ですそれで, ですハイ, です何, です其, です其所, です其頃世間, です外, です所, です極々, です此, です決して, です生れてから, です白兎, です驚きましたね, でよく, で御座いますよ, とこれ, とその, とで閊, とオムニブス, と一所, と云, と千之助, と同じ, と天候, と実際, と山, と柱, と浮氣ツ, と異, と直ぐ, などを見, なら六つ位室, なら子代部, なら書, なら算數, なら遂げても, にくらべ, には何, には自分, にまぎれ, にも拘らず, にやらなかった, に対して江戸, に思いあたる, に気が付きまし, に見馴れた, に驚い, に驚いた, はありゃ, はいい, はかの, はせめて, はそれから, はたしかに, はたった, はつい, はとにかく, はむしろ, はもう, はやはり, はジャックナイフ, は一つ, は丁度, は三十六年一月元旦, は下女, は不思議, は中宮, は之, は二三人, は二年半, は二階, は佐吉, は何ん, は偉い, は偶然, は全く, は其年, は利休, は刺繍, は十七才, は半歳あまり, は可愛, は可笑しい, は君, は吾妻郡, は和田垣博士, は地方人, は夕闇, は大正元年, は奇縁, は奧座敷, は女主人, は姪, は孀, は子分衆, は官兵衞殿, は家内, は寺男, は小林波, は小歌, は山崎家勝, は左官, は年, は幸徳秋水, は幾度, は建具屋, は後ろ, は必ず, は愛嬌, は感心, は感情方面, は感想, は成帝, は手代, は折, は敏達天皇紀十年閏二月蝦夷綾糟等, は料らざりき, は斯, は新聞記者, は明かだ, は明かであった, は時勢, は本, は本当, は根岸, は案外, は楡, は横井, は櫻, は正直, は此事, は此家, は此島, は此邊, は此頃, は殊勝ぢ, は泥, は田舍, は田舎, は由来すこぶる, は番頭さん, は疑われぬ, は病気, は目, は確, は確か, は稲虫, は紛れ, は翌朝, は老, は考, は良雄, は若い, は苦蟲, は茶菓, は西洋人, は見付けもの, は言うまでもなかろ, は變ぢ, は豫想外, は越後屋, は身分, は返す, は金重, は間違い, は間違ひで, は随分, は隣人, は隱, は霊沢金水, は青墓, は非常, は顏, は飛んだ, へ足, もおかしい, もつい, もほんの, もやはり, もロンドン, も不思議, も之, も其, も其後, も出発点, も判じ物, も即ち, も同じ, も嬉しくっ, も少し, も平次, も幻, も当然, も恰, も既に, も無駄, も畢竟, も直ぐ, も知っ, も知らない, も空頼み, も自分, も鏡子, やどうにも, らしい, をおまえ, をかすか, をことわり, をこの, をたつた, をつい, をどうして, をほどい, をオランダ人, をソッ, を万作, を今朝, を伯父, を余, を傍, を円朝, を加藤虎之助, を勧め, を博士, を右, を国男, を埋立った, を夢, を大, を大正十五年, を妨げ, を存じ, を密, を小, を己, を幸い, を引つ, を彼, を思い出し, を思い出す, を思はね, を思ひ出した, を思出, を急, を怪しむ, を押し, を拾, を拾つた, を攻め立つた, を救, を斯, を新しく, を旧, を暫く, を柳, を校長, を次第に, を此處, を此頃, を沢, を漸く, を火影, を照子, を用箪笥, を町内, を発見, を知, を知った, を知らなかった, を知らなかつた, を知らなけれ, を石橋, を移動, を考へ出し, を自分, を荒物屋, を裏切っ, を見たら, を見つけ, を覺, を記憶, を詠んだ, を面白, を鞍, を馬好き, を驚く, を鼠, 何とも, 其那話, 好く, 故待て, 本当なり

▼ 居た~ (1145, 9.2%)

15 今は 13 急に 8 それは 5 それが, 今では, 今度は, 彼の, 私は, 簾越しにも 4 この時, その時, それを, 彼は, 斯う, 私が 3 これは, さう, それも, やがて女, 今日は, 其の中, 其れ, 到, 此の, 頓て

2 [73件] あとで, いきなり頭, いつだった, お酌, こみ上げて, その中, それでも時々, そんな事, やう, フフンと, 一人の, 三四日前に, 下の, 中, 主人の, 二人が, 今年は, 何かの, 何も, 何を, 何分にも, 俺に, 先方から, 其のうち, 其中に, 其内に, 其家に, 其美貌祟り, 其間に, 其青年は, 十遍二十遍と, 口々に, 四角を, 女の, 小さい鼻, 小歌は, 彼が, 彼女は, 彼等は, 後に, 心の, 怎も, 恁, 意外にも, 或る, 新刑法, 日清の, 是れ, 時々頭, 朝食を, 本邦では, 本郷に, 横に, 此頃では, 母の, 渠は, 為に, 煙管を, 痛みは, 眼は, 眼鏡越に, 第一, 茶を, 菊池君は, 薄荷だ, 藪が, 誰も, 近頃は, 追, 遂, 階段を, 雪が, 顔を

1 [879件 抜粋] あたふたとは, あなた誠に, あの女らしい, あの時お前, あまり丑松, あらまし目鼻が, ある日不意, ある日医師, あれを, いきなり, いきなり引奪, いきなり立つ, いつしか発覚, いつの間にか丑松, いつまでも, いやどーも其の, いよいよ寒, うつかり, おくみ, おしまいが, おわると, お前が, お昼を, お浦, お父さんが, お紺, お針に, お雪伯母をば, かえってから, ぎょっとした, こう云い出した, こう身近, ことしの, この分, この宮本村, この手紙, この日, この由, こらへ, これまで, これも, こんな事, さうで, さして見る, さすがに, さて帰らう, さほど疲れないらしい, しかし今日, しかし急激, しまいには, じつと, すぐには, すぐ又, そうだろう, そつと, そのため, その上, その人, その前年文学世界, その彼, その後は, その日, その晩, その朋友, その東京, その留守十月, その短刀, その青白い, その頬, その顔, それぢや, それでもこの, それでもチヨイチヨイ口, それでも執事, それでも小歌, それでも恁, それでも要するに, それでも麥, それともすこし, それによ, そろそろ売り出す, そんなに癖, そんな敵, たつた一人, だまって, ちらと, ついに思う, つかれ室, とう, とうとうずらかりやがった, どうかし, どうしても鶏舎, どう云う, どう考へ, どんな事, なぜか, はつと, ばつたり, ぱつちりと涼い, ふと, ふと心, ふと急, ふと気がついた, ふと額, ほんとに行った, まともに, もう, もう何, もう少し訊い, やがてそろそろと, やがてはっきり, やがてニツコ, やがて二つ, やがて其, やがて其中, やがて太, やがて帰つて行, やがて年, やがて当惑, やがて急, やがて気, やがて決心, やがて沈痛, やがて眼, やがて立ち上っ, やがて細い, やがて縁側, やがて茂之助, やがて裏戸口, やがて黙っ, やつと, やはりいつ, ようよう丸髷, アヽ庖丁を, エスペラントが, コレラの, ズル, ターニャは, チリ, ドウも, ピストルの, フッと, フト気が, ボズさんの, 一こう, 一寸も, 一月三十一日には, 一本檜の, 一点の, 一語をも, 三人の, 三四日横に, 三度の, 三時頃来, 不図傍, 不図小宮洋服店, 不圖小宮洋服店, 不性無性, 不満と, 主人が, 久し振で, 事實に, 二三日する, 二十三年に, 二階が, 五島あたりの, 五時過ぎ到頭, 交尾期に, 人が, 今から, 今ヒョロ, 今夜の, 今度も, 今度此方へ, 今後明治大正以後の, 今思う, 今方這入, 今日も, 今晩から, 今突然, 今第, 今迚, 伝右衛門を, 何ありゃ, 何か, 何かしら恁う, 何だかその, 何だつて, 何にかの, 何にも, 何処にも, 何心なく, 何時の間にかぐつすり, 何様いう, 余に, 余ほど, 余を, 併し, 俄に, 偶, 僕の, 僕は, 兄盛政から, 先づ, 先年新聞で, 光緒三十二年に, 兔に, 全軍, 六日七日と, 其うち世は, 其の亭, 其の名, 其の後これ, 其の教授法, 其の時不意, 其の美人, 其傍に, 其右の, 其奴私の, 其後四男も, 其時に, 其根柢に, 其歸國する, 其眼を, 其老人間も, 其葡萄樹を, 其處まで, 内部からの, 再三王, 出て, 出来上ると, 切符を, 別に丑松, 別人を, 到頭こんな, 到頭二階, 到頭其, 到頭叔父, 到頭四疋子, 到頭床, 前齒, 勇の, 勉学の, 勘次を, 北条氏は, 医学士の, 医者は, 十二時に, 十幾年の, 午近く快晴, 半分程は, 博多で, 厳然と, 又喉底, 又思い出した, 取れる時, 口に, 口惜しい最うお, 可恠, 台所の, 右側の, 同時に鏡花, 吻と, 吾家は, 唐突に, 唯叔父, 四五年前に, 四十一年六月四日に, 四千円も, 因業貪欲吝嗇の, 圍爐裏の, 堪らず下, 夏子が, 夕飯後, 外に, 外交官として, 多分妹, 大兵肥満で, 大分違ふも, 大将軍の, 大方見, 天資聰敏, 夫人の, 好い処, 如何にもあんな, 如何樣眼, 妻君の, 娘は, 婦人と, 宜いあん, 実は此の先, 実際の, 実際吹かれ, 家主は, 寒国の, 寒風に, 寮の, 小西行長の, 少し揃, 尾羽で, 山麓の, 左中弁将末に, 年が, 幸ひ, 弗と, 当時の, 彼女の, 律義な, 後から, 後にその, 後多く, 御主人, 復た, 心すとも, 忽ちサラ, 忽ち大喝, 忽ち顏, 思はず知らず疲労, 思出せ, 急を, 恵比須講の, 悪魔の, 愈, 愈々発車, 憫笑する, 成程, 我慢を, 或日帰途, 戸棚の, 手にさえ, 手前が, 扨て, 振仰ぎ鉄, 捕手が, 提灯は, 放って, 故に偉大, 敗軍と, 文芸を, 新聞なる, 早々その, 明るい光, 昨夜牀へ, 昨日電報が, 是です, 是は, 昼頃から, 時間の, 暫くし, 更に其儘, 書肆が, 最初から, 有繋, 望遠鏡で, 本人は, 本当に文学, 本当に顔, 本社から, 材料を, 来るどころか, 東京へ, 林町で, 果して村, 果して行, 格別気に入た, 案外の, 機を, 正午過, 此方から, 此話を, 此間に, 此頃は, 歸つて來ても, 死ぬ前, 死んだの, 殊更に, 段々姉, 段々脱落変化, 段々茶の間, 段段攻勢, 氏郷は, 気立が, 水が, 水道町の, 沢の, 泣き出す, 活, 流石に, 海上以北晴れる, 涙を, 深い愛情, 深く立ち入, 湯も, 漸く何うに, 漸く日, 濃い眉, 然う, 燭台に, 爺に, 牛蒡にも, 珊瑚樹の, 生きて, 生徒の, 田舎は, 異様に, 病氣は, 白い蝶, 皆な疲れ, 皆に, 盗んだ奴, 相変らずだ, 眞菰の, 眠し新聞二つ, 矢張り吾妻屋永左衛門が, 知らず識ら, 碌な, 碌に, 秀子は, 私の, 私共は, 私達は, 突然, 突然その, 突然ソハ, 突然口, 窓を, 立つと, 筆をと, 約束を, 終に堪えかね, 終りに, 経基の, 結局つとめて, 緞子の, 續い, 老臣共は, 考へるにも, 聞き終って, 聡明らしい, 胸の, 膚脱ぎ, 自らも, 自分の, 自分等が, 自分達は, 自動車などは, 舌打を, 若い頭, 荷風君は, 薄墨華魁が, 薄気味悪くなり, 裸に, 見た上, 見て, 親の, 親父が, 評論雑誌の, 語尾の, 講談倶楽部に, 豐島町の, 貴郎, 起き上りながら, 起請まで, 足が, 身じろぎする音, 身体は, 身體は, 軈て一寸会釈, 軈て心付い, 軈て我, 軈て毛孺子, 軈て起, 近頃お, 近頃圖, 近頃或, 遂げないで, 遂におり, 遂には, 遂に二尺餘, 遂に小歌, 遂に辛棒, 遠州, 酔倒れ, 鉱毒以来両方共無一物に, 長二や, 間もなく元, 間もなく廣, 隨分丁寧な, 雨は, 雲は, 静也が, 面と, 頗る御機嫌顔, 顔が, 風は, 飛んだ好い, 飯を, 騒は, 體操を, 鶴吉を

▼ 居たので~ (540, 4.4%)

72 あつた 31 せう 28 あらう 8 私は 4 それに 3 あつて, あらうと, それを, 皆が

2 [19件] あつたらう, あらうか, あらうなれど, お通, この夜逃, せうが, ローウェルも, 不審に, 兄の, 其爪の, 学校では, 少なからず, 彼の, 日本の, 此の, 満場の, 社長は, 私も, 自分の

1 [347件] あつたらしい, あの主人公, あらうが, あらう良人, いくつかの, いまだに忘れない, いろいろの, うか, うれしくうれし, おとはや, おなかを, おふさ, お信さん, お前帰るなら, お房, お関, がっかりした, けさ電話で, この七つ下り, この五月, この人, この時分, これは, これを, これ幸い, ごく心安い, しずかに, して, しまひ, しよう, すぐに, すぐにも, すぐ搜, すっかり疲れ, せうよ, せう間もなく, せかせまいと, そつと, そのわけ, その一挙一動, その人, その固め, その失望, その案内, その猫, その生活, その老いた, それからは, それが, それとなく一寸外出, それ程麁末, そんな思い切った, たとへ, つと立上つて部屋, とるもの, どうせああ, どんな物, のちには, はっきりどうと, はめを, ひどく血, もう丁稚, もう平野村沖, もつと, もとより問題, よい心持, よい柄, よくわからなかつた, よく主人夫婦, よく知つて, よく見えました, よもや其雲, ろく, わざ, わざと其方, ビックリし, フト文錢を, ムザとは, 一向利目, 一家が, 一昨日つれ, 一番先に, 一目見た, 一見歩兵と, 丈助と, 三世相解の, 三月には, 三藏の, 上京する, 上場せず, 丑松は, 世間が, 両人には, 中止し, 主人夫妻は, 久し振りで, 之は, 二人が, 二階と, 云う言葉通り, 人々は, 人家の, 仁清と, 今ときめい, 今は, 今も, 今度の, 今日では, 今日全く, 今朝は, 今木といふ, 仏檀神棚なども, 仕事出来ず, 他の, 代のみ, 代る, 以前は, 会う事, 会により, 何か, 何にも, 何んにも, 何心無く取り外し, 何時の間にか平民, 余は, 余計のびのび, 作文も, 併せて, 僕が, 僕の, 僕等三人は, 先刻よりも, 先生などの, 全然それ, 兩手の, 其の文章, 其の胎兒, 其ま, 其れで, 其儘なさけな, 其処が, 其処に, 其弟子に, 其時初めて, 其盛な, 其頃は, 出京の, 出来るだけ, 切石の, 切通しの, 初對面, 初版も, 利助の, 到底たまらない, 則ち, 前に, 助教授として, 勿論たま, 十九の, 十人が, 単純な, 即座に, 却って頭, 友吉どんに, 只邪魔, 吃驚した, 同じ取る, 周太郎が, 園は, 地図は, 堀の, 堪へ忍んだ, 塾に, 声を, 変色した, 夏中, 多分弟, 夜彼等の, 大変嬉しく, 大学における, 大膳正と, 大酒呑でした, 天道樣が, 失礼, 女中さへ, 女君が, 女房達を, 奴林平, 始めてとめ, 嫌疑者として, 学校で, 実際貞之進, 家の, 家人に, 寄せつけなかつたの, 尤も元, 尺が, 山や, 幕臣であり, 平生とは, 幸十一時頃から, 度々薬, 康雄は, 康雄はは, 弟の, 彼れ, 彼女は, 彼方に, 御座りました, 微醺をも, 心に, 心の, 忽ち一方, 忽ち徳川, 思はぬ命拾, 情緒は, 愛ちやんは, 或時, 手に, 手の, 指に, 指頭など, 故人と, 教師の, 教養や, 散々こづかれた, 斯る, 日夜心を, 旧知の, 早速バリカン, 昔の, 有ろう, 有ろう寝聴きして, 朝から, 朝の, 朝ひどくおそく, 未だあまり便宜, 本家の, 本郷壱岐殿坂の, 東京に, 松の, 松木も, 柳成竜工夫し, 格別間が, 様子を, 橋は, 此処を, 此方面には, 此狭い, 此等の, 此結婚を, 段々調べたら, 毎日の, 比較的元気, 毛利先生は, 気の毒だ, 気を, 氣が, 水中の, 水海道を, 沈黙を以て, 沢は, 波の, 流寓の, 漢語を, 漸, 澄ましてるの, 無いこと, 然るに段々附け上っ, 熱海の, 父は, 爾う, 犯人嫌疑者に, 狹衣子と, 生の, 用意周到な, 田舍者ムキ出しの, 男は, 男も, 疑ひやう, 疑ひを, 疑ふ氣, 益々畏敬, 直ぐ寝, 直ぐ締め, 知らずに, 秀吉は, 私が, 私の, 私を, 私一人が, 突然自殺, 端なく, 第一義は, 筆が, 粛然として, 糸巻の, 総べて, 老師の, 聲が, 腐敗毒の, 自分は, 自分落目なら, 自動車位の, 自然小さい, 自然神事の, 芋銭先生が, 行ほど, 見る事, 覗いて, 親しい人, 観に, 言葉や, 誘つて同行する, 読みながら, 誰が, 誰の, 諏訪湖の, 警官にも, 警部は, 變事を, 貞之進は, 足に, 踏返し, 身を, 輜重を, 迎えが, 途切れ途切れに, 遁げ出す, 道子からも, 遠慮の, 酔いは, 重三, 長尾氏と, 開墾地から, 随つて悪霊の, 隣の, 隨つて他人の, 雇主, 非常に, 順序も, 頻りに苦, 餘所の, 驚いて, 驚きの, 驚き様は, 鬼頭の

▼ 居た~ (477, 3.8%)

16440 です 22 だね 17 だから 15 だよ, だらう, ですよ 14 だが, ですもの 12 ですか 11 ですつて, ですね 10 ですから 7 ですが 6 だぜ 5 だけれど, だ相 4 だな, ですがね 3 ださうで, だと, だねえ, だもの, だろう, でしょう, ですって 2 じゃあるまい, だって, だろうな, ですがネ, ですぜ, では

1 [53件] じゃあない, じゃから, じゃ馬, た, だえ, だお前, だか, だからね, だからネ, だがね, だきりやう自慢, だけど, だけれども, ださうだよ, ださうです, ださうですが, ださうで四十五, ださうで最初, ださうで鬼婆ア, だそう, だその, だそれ, だそんな, だぞ, だったが, だつけ, だつて言, だなあ, だらうな, だらう疑を, だろうから, だろうと, だナ, だナア, だワ, だ二階, だ其処, だ直に, だ確乎, だ近所, でございますよ, でしたのに, でしょう寝しな, ですかい, ですからな, ですってさ, ですどうして, ですの, ですワ, です彼様乱暴, で御座いますよ, どす, やにあの

▼ 居た~ (402, 3.2%)

29 言ふ 21 すれば 12 云ふ 9 いふから, 云う事 8 云う 7 言つた 6 したらどんな, 見えて 5 すると, 思ふ, 言ひます 4 いふが, したの, したらどう, 云ふで, 言うの 3 いふのに, わかつて, 云うこと, 云うよう, 云って, 思います, 思はれる, 申して, 言つたらう

2 [34件] ある, いう, いうじゃ, いうだけ, いうよ, いふ, いふので, したら, する, わかると, 云いますから, 云うの, 云った, 思う, 思ったらもう, 思つた, 思つたら, 思ひます, 思ふと, 想像される, 考えねば, 考へるの, 聽い, 見える, 見られる, 見る方, 覚えて, 言つたな, 言つた癖に, 言はれ, 言ふし楽毅論から, 言ふし樂毅論から, 言ふん, 記憶し

1 [165件] あるから, あるが, いうから, いうが, いうし, いうでは, いうまで, いうよりも, いえば, いつて, いつても, いひますよ, いひ八幡宮, いふけれど, いふと, いふに, いふには, おいら今考えてる, かつて慌くつ, きこえた小野, こう申し, この豐滿, こよの, これは, しあの, したらもつとつ, したら何處, したら当然, したら彼, したら此, したら観賞家, したら辺り, するね, 主張も, 云いましたね, 云いました目, 云うでは, 云うでも, 云うに, 云う事実, 云う亭主, 云う人, 云う大仏, 云う房州, 云う為, 云う結論, 云う者, 云う記事, 云う話, 云っても, 云つた, 云などと, 云ひ, 云ふこ, 云われて, 仮定する, 仰し, 信じて, 信ぜられ時々, 傳へられ, 僞の, 叔母さんの, 叫ばれた時, 同じ地面, 同時に恐ろしい, 土地の, 平出さんは, 思いたいです, 思い私, 思うたら闇, 思うて, 思うても, 思うと, 思う蕎麦屋, 思し召します, 思ったら, 思ったら今度, 思った光君, 思つ, 思つたのも, 思はれるが, 思はれるの, 思はれるリユクサンブル絵画館, 思はれる各種, 思はれる根拠, 思ひますが, 思ひ玉, 思ふお前, 思ふが, 思ふそして, 思われず永い, 思われる婦人, 急に, 想像し, 推定されます, 本人達が, 珍らし, 甲も, 申します, 申し立てて, 申す事, 申松親分に, 睨まねば, 知つて手前達は, 知ると, 笑う, 考へて, 考へること, 考へれば, 聞いたが, 聴きましたが, 聽きました, 自分で, 苦々しく話し, 葉山に, 見え, 見えるが, 見えるの, 見える酷い, 見え仆, 見え何, 見え午後一時, 見え唇, 見え大きな, 見え手, 見え此処, 見え発車時間, 見え神経質, 見え種々, 見え落ちると共に, 見え逢初橋, 見なければ, 見ねば, 見ること, 見るべきである, 見る事さ, 見れば, 言いましたね, 言いますがね, 言うし, 言うん, 言うんで, 言う岡崎さん, 言えるであろう, 言ったな, 言ったね, 言って, 言つ, 言つたが, 言つた方が, 言つた時から, 言つてあの, 言つても, 言つて可から, 言は, 言ひ, 言ひました, 言ひ張る, 言ふこ, 言ふと, 言へ, 言われるの, 話した, 謂って, 近所の

▼ 居たこと~ (378, 3.0%)

22 がある 19 でせう 13 だらうな 8 だらう, になる 7 があります, もある 6 である 5 であつ, のある, は確か 4 があつ, が証明, を知つて 3 があった, が思はれる, であらう, でした, に氣, を思う, を思ひ出し

2 [24件] か, があっ, がわかつ, が全く, が明らか, だ, だろう, であった, であろう, でしょう, です, なの, なんかない, はお, は事実, は平次, は歴史, は言, まですっかり, もあります, を思ひ出した, を思出, を覚え, を語る

1 [192件] あたかも大正期, あり筑波, ある由, かと思う, から判っ, から思え, から見, か平次, があり, がない, がなかっ, がやっと, がよく, がわかった, が今, が伝へられ, が判っ, が判つた, が判つた位, が反省, が幾度, が後, が徴知, が悟り, が愛情, が明, が気の毒, が發見, が知れる, が考えず, が考へられる, が自分, が解った, が解る, だが, だけはたしかに, だけは事実, だけは判, だけは氣, だけは確か, だけは窺, だらうあと, だらう丁度, だらう二十年, だらう二階, だらう匕首, だらう近頃, だろうな, で, であるから, でしょうネ, ですから, でも, で丁度, で余, で入札, で吹氣, で日記, で此日, で自分, とて妖婆, と思う, と思ふ, と花次, と被害者, なぞひと言, などを知っ, なんか一度, にする, についてあらかじめ, になっ, になります, にはならぬ, には間違い, によってそこ, によって紺野老人, に何, に対して不平, に気が付かなかった, に氣付, に疑ひ, に驚かれるだらう, の不審, の不明, の理由, はあつ, はこの, はたしか, はどうぞ, はなかつた, ははっきり, はわかる, は一座, は争, は事實, は今, は出来ない, は却って, は同君, は否む, は国史, は多勢, は大勢, は実証, は察せられる, は忍び, は忘れ, は想像, は慥, は推察出來, は文献, は明, は明かで, は明らか, は時勢, は曙覧, は曾, は氏, は無, は無い, は申す, は町内, は疑う, は疑ひ, は疑無い, は皆, は確実, は私, は種々, は考へ, は見える, は覺, は言う, は證人, ばかりで, までは親分, もあった, もあつ, もありません, もあるし, もあろう, もこの, もま, もまだ, も其の, も古い, も斷定, も有, も有っ, も確か, も自ら明らか, も誰, や胃腸, を, をここ, をすまなく思い, をどうも, をむしろ, を一ヶ月間, を今, を今更, を出来る, を子供達, を御存じ, を心, を心づいた, を忘れ, を思ひ出しました, を意味, を意識, を教えられた, を楯, を物語る, を理解, を痛感, を発見, を知っ, を知らない, を確かめ, を示す, を示すべき, を私, を聞い, を聞いた, を自分, を言ひたい, を証明, を説かう, を論證, を非常, 不斷着, 故政教

▼ 居たもの~ (259, 2.1%)

21 である 11 であらう, ですから 10 だから 9 と見え 6 と思はれる, と見える 54 では, とする 3 であつ, です

2 [11件] があつ, だが, だと, でせう, と不思議, と考へ, と見えます, と見られる, と見るべきである, と言, は高貴

1 [144件] いみと, か, かしらん, かすぐ, かその, かそれとも, かたまり兼ね, かどう, から左, か二人, か八疊, か又次郎, か大袈裟, か明, か案外, か物置, が, がきたなかっ, がこう, がそこ, がどういう, がみんな, がやがて, が一人, が世間, が今, が初めて, が又, が地勢, が多かつた様, が店, が明, が来た, が次第に, が百部, が私, が落ち, が藤原, さ, さどうも, すらあつ, だか, だけでございました, だそう, だな, だらう, で, であ, であった, でありましたから, であります云々, であるが, である事, であろうと, でがす, でございましたろうか, でその, でそれ, でないか, でないかと, でひどく, でへ, でも, でストーヴ攻, で其の, で御覧, で日本人, で決して, で玉ちやん, で現, で番太郎, で英文学, ということ, とか何ん, とがあつ, としか思はれない, とは反対, とも考へられる, とも見られる, とわかりました, と云, と信じ, と全く, と同じ, と思ひ見る, と思ふ, と思わるる, と思われる, と考, と考へる, と見るべき, と言つた, などがひよつこり出, ならば, なら三丁先, なりそこで, にとっては千年, にはどうしても, に相違, のみが蝦夷, の中, はたま, はない, は伊皿子台町, は俯向いたま, は古着払下げ, は喜ん, は大抵, は戦い, は極, は無, は皆一斉, は真実, は粉砕, は自分, は論外, もそれ, も全く, も沢山, も脱ぎすて, やらこの, らしい, らしいが, らしい三艘, らしく尠, らしく支那, わからないや, を, をこの, をたとえ, を上, を二三日前, を全部, を取り来っ, を思ひだした, を折, を暗夜, を無理, を私, を見出した, を追, を頭, 例へばペン, 故又

▼ 居たから~ (233, 1.9%)

38 である 6 です 43 で, であつ, であらう, であります, 私は, 自分は 2 だと, 岡山へも, 御膳の, 手を, 気に, 私の, 能く, 詳しい話

1 [151件] いいよう, いつも講義, いづれに, おげん, お前さん一寸, お前さん一緒に, お浪坊暫らく, かかること, きなつ, くいちがう, この先生, この新しい, この重大任務遂行, この金, こまかい動作, ずるずると共に, その下拵え, その外国, その時, その楡, その点, その血液, その駕籠屋, それが, それを, そんな細工, たまらない, たまりません, だったが, だつた, だとも, つてそれは, つてハイ・サヨウナラは, であった, でありませう, である東郷, であろう, でせう, で此祓詞, で義, どう見, なので, なんです, もう我慢, 一日に, 一杯ついで, 三萬兩の, 両勢, 両親には, 中津の, 事実を, 今に, 今度は, 今日不意に, 何と, 俺が, 偶然にも, 先に, 兵糧米を, 其処から, 其処へ, 其因習が, 其風物は, 内々之, 分らなかったの, 割合に, 助けて, 勿論私, 北村四海ばかりを, 取られなかつたが, 古風な, 外は, 大して心, 大概の, 大阪の, 天井裏を, 太刀風三寸に, 夫れ, 好いサ, 好きな, 始末がよ, 宜い, 家では, 家老殿も, 容易に, 密通と, 密通を, 寺は, 小田原没落を, 市川の, 幕の内という, 平清へも, 心臓麻痺を, 必然お, 恟り致しました, 愛吉は, 所謂国家老の, 支那人の, 政府の, 旨く行, 早く予備門, 早速その, 暗くて, 月が, 林大学頭から, 柳橋へ, 梅五郎の, 横倒しにな, 正成は, 此處に, 歸ります, 毎年やる, 洋装させ, 流石に, 涼傘の, 田中にも, 直ぐに, 直ぐ局に, 直って, 相談を, 知らない筈, 知らぬ顏, 知らぬ顔の, 確に, 私も, 絵姿の, 緒方でも, 聞ませんでした, 脂汗を, 自分の, 若し追付かる, 菜切庖丁でも, 見當, 誰も, 譯官として, 貴方は, 赤坂区だけの, 起つた民間伝承, 輪を, 近くの, 迚も, 通ふ, 遅くなった, 遊んで, 都て, 酷く調法, 門番も, 頓と, 頭脳は, 顔へ, 驚いて

▼ 居た~ (204, 1.6%)

10 がある 7 があつ 4 と思はれる, のない 3 であらう, もある

2 [24件] があった, があり, があります, があるらしく, がなかつたら, が察せられる, が考へられる, であつ, であり夫人, でしょう, では, なども思ひ出された, などを思つて, になる, はありません, は事実, は云, は確か, は誰一人, や或, を思, を書い, を示し, を見せ

1 [125件] うわ事, から泣きつかれ, がいい, がなかっ, がわかった, が一挙一動思出, が主, が今日, が何だか, が分かっ, が大抵, が彼, が思はれる, が推定, が斯, が明, が有る, が無い, が知れる, が窺, が見出された, が間違わなけれ, そうしてその, だ, だが, だけの説明, だけは言, だけれ, だけれども, だそう, だらう, だらう何故, だろう, である, であろう, でも, で更に, で瑞木, とが余, とが言, と云い, と心得, と第, と見る, と電氣爐, なぞはあなた, なども有った, などを息, なん, になつ, になります, に勿体, に気, ね, のある, の出来, はすっかり, はよく, は余, は其の, は前, は半日, は台記, は大して, は大勢, は女, は宮廷, は巫女, は平安朝末, は幽, は御座いません, は忘れる, は或, は明らか, は様々, は疑あるまい, は皆んな知つて, は私, は私たち, は筆者, は考へ, は自然, は近頃, は遺憾, は鎮魂祭, もあった, もあったけれ, もございました, もたしか, も一度, も亦, も思はね, も慥, も折々, も有り, も確か立派, やらを思っ, や久米さん, や更に, らしい, を, をすらすら, をまとまらない, を主, を云おう, を到頭, を千世子, を夜母親, を思い出す, を思ひ出し, を思へ, を拭っ, を發見, を皆, を知つて, を知られ, を示す, を考へ, を良人, を裏書き, を覚え, を記憶, を証明, を詫びる, 考えて

▼ 居た~ (161, 1.3%)

8 なので 5 の事 4 であつ, の作物, よりは褻 3 のこと, のよう, よりは却つて店 2 だから, だつたの, である, と同じ, の心持, の通り雨, 動き出さうと, 恰も白井家, 或人

1 [109件] ああ云う, あの怖, ある夜彼, ある日隣家, お酌, から, から五時すぎобед, から人望, から非常, この詩, こんなかお, だ, だが, だったので, であった, でございます意外, でした, でもあった, でもがら, でも只, でも秀吉, とある別荘, とは別人, とは違つて, と二人, と少し, などちび, なんぞと異, に, にはいくら, にはエス様, には少し, には布衣, には彼女自身, には流石, には相, には能, にもお前さん, にモリアーティ, に一人, に何卒, に何度鏡子, に十歳前後, に引越, に彼, に御, に思いがけない苦い悲し, に或, に比べれ, に祖父さん, に私, に雇主, のまま, のやう, の乱れ, の俤, の名がい, の夕, の夫婦, の如く, の學問, の心地, の想像, の方, の朋輩, の歌, の涼風, の火事, の習慣, の自分, の貧しい, の身の上話, の風, はさせた, はただ, はどういう, は何だか, は勿論, は四圓, は外, は外科, は夢中, は実にどうも, は恰も, は打ち解けない, は潮来, は私, は第, ふとよく晴れた, ふと去年, ふと目, へ私, みて, も, もた, もやった, も之, も戸, よりは一層, よりは樂, よりも倍, よりも死んだ, よりも石, 分からねえ馴染, 得たもの, 恰も春, 或る, 考へたこと, 見つけて

▼ 居たやう~ (144, 1.2%)

109 だが, です, ですが 6 だ, なもの 5 でございます, な氣 4 だね, である, に思ふ 3 だから, に思へ 2 では, に, に思はれる, に正確

1 [59件] だつた, だな, だの, だ怪我, であつ, であり史記本傳, であるが, でこれ, ですから, ですね, ですよ, です其邊, です坊ちやん, です花嫁花婿, です騷ぎ, でも, で二三ヶ所膏藥, で大きな, で女入道, で少々, で御座いました, で御座います, で此處, で母屋, で現に, で神殿, で私, で翌, で聲, で顏, なあるもの, なところ, なのんき, なわけ, な事, な人, な体, な動物, な姉さん, な心憎い, な敵意, な気, な発音, にそつ, にその, ににこやか, にも思へる, に八五郎, に勢, に小, に平次, に思ひました, に思ひます, に羽左衛門, に臆面, に薄, に見える, に覚えます, に音羽

▼ 居た~ (129, 1.0%)

8 のこと 6 である 2 から見る, は, はまだ, は彼, も彼

1 [105件] ある新聞, か, からで, からよく, から今, から冬, から園芸好き, から愛読, から母親, から漱石, から経験, から馴染, この婆さん, じゃったね, その下, その前, その夕顔, だから, だったと, だつた, だつたの, であつ, でございますが, でした, でも私, で丁度一年, で私, といふ意味, とお, とは此, とは違, とは違つて, と大差, なので, にはお, にはまだ, には人, には縁日, には藩邸, には負けまい, に其百姓家, に始めて, に未亡人, の事, の佐川, の噂, の坂田屋, の女, の客, の居間, の彼, の思い出, の思ひ, の應仁, の明治, の昔, の時間, の楽しい, の町人, の貴, の追想, の間, の馴染客, はあれぢ, はあんな, はこの, はこれ, はその, はもう, はよく, はマア, は不, は丹精, は何, は余りしなかった, は内職, は妻, は彼女, は彼處等, は煩い, は片端, は遊佐, は闇, は随分, は隨分暢氣, ひどい傷, ほどに繁, までよりも世の中, も稀, やはりその, よく彼女, よりはこの, よりはずっと沢山, より遥か, 丁度ビスマルク, 勤めた女中どん, 即ち小田原陣前, 又時々, 始終出入り, 度々, 忘れも, 或夜自分, 或日雨, 程で, 見せて

▼ 居た~ (127, 1.0%)

4 どうかは 3 それが, どうか, 誰も 2 え, しれない, そして今, それを, 何う, 判るまい, 湯殿に, 知らないが, 知れない

1 [96件] あ, あない, あゝ好かっ, お前さんは, お吉, くどく訊き居つた, これが, しれぬ, すると, そこまでは, その事, それきり便りが, それだけでも, そればかりは, そんな事, どうかを, どうしても言わなかった, どうも好く, なれど, はっきりしない, はっきり云えない, はつきりしない, また今, もう一度突っ込ん, よう分らない, よくわかりません, よく訊く, わかりゃしません, ッ, 一つも, 一遍に, 之には, 仲の, 何様かは, 何様だ, 八五郎が, 分らないの, 分らなかった, 分明でない, 判りません, 判りませんよ, 判明する, 右の, 否かは, 否やは, 居ないか, 居ないかの, 居なかったかすら, 居なかつたか, 居ぬか, 年が, 引いては, 御存じで, 忽然とし, 我國の, 昨年十一月二十一日東京芝浦自動車ホテルで, 晝頃から, 此は, 父に, 知って, 知らなかつたか, 知らねえけんど, 知らん, 知らん爾, 知りませんがね, 知りませんでした, 知れないと, 知れないよ, 知れなかつた, 知れなかつたの, 知れねえん, 知れません, 知れませんでした, 確かな, 私を, 細い錐, 縁側から, 聞いたらう, 聞きたいもの, 自分でも, 自分には, 解らない, 言い開きの, 言は, 言ひ, 言われなかったはず, 訊こうじゃ, 証人を, 誰が, 證人を, 貴女が, 輪鍵だけ, 近所の, 返事が, 閉って, 靜かに口を

▼ 居た~ (107, 0.9%)

19 うですよ 14 うだ, うで 10 うですが 8 うだが, うです 5 うだな 4 うぢ 3 うである, うですね 2 うだよ, うでございます, うですから, うでその

1 [11件] うだし, うだね, うであの, うでありますが, うでこの, うで下郎, うで大きな, うで家, うで小料理屋, うで御, ア坊主太

▼ 居た~ (106, 0.9%)

22 違ひない 17 しても 9 違いない 6 相違ない 5 したところ, 違ひありません 3 ちがいない 2 ちが, 不拘, 仕事やの, 相違なく, 違えねえ

1 [29件] しろ世間, しろ咄嗟, しろ急, すぎない, せよ貞盛, ちがいありません, 今我が, 同じである, 因つて餘り, 大事な, 拘らず何時, 拘らず僅か, 拘らず氏, 拘らず照ちやん, 拘わらず彼, 疑無い, 相違ありません, 相違無い, 過ぎない, 過ぎないので, 過ぎない不自由だらけ, 過ぎぬ, 過ぎませんが, 違いありません, 違げえ, 違ひあるまい, 違ひ無い, 違無い, 關はらず

▼ 居たといふ~ (102, 0.8%)

9 ぢや 6 ことです, のです 5 のは 4 のが 3 ことでした, ことを, のだ 2 ことで, ことである, ことは, ことも, し, わけであります, んだ, 事と, 確かな

1 [45件] けれと, ことが, ことだ, ことであります, ことなどが, こと宿屋を, のか, のだらう, のである, のでした, やうな, やうに, わけさ, 事であり, 事である, 事です, 伏見の, 和泉守一子, 噂が, 噂を, 四疊半から, 土藏へ, 埃臭い, 奴が, 家庭も, 小品文で, 小蒸汽船, 島家の, 平次の, 意味な, 新吉の, 方が, 本妻の, 死に顏, 白羽二重の, 窓を, 落しを, 裏二階の, 話だ, 話である, 話でございます, 話です, 錺屋の, 障子に, 鬱金の

▼ 居た~ (96, 0.8%)

4 であつ 2 がある, が坐つ, だ, だもの, である, でせう, の話, は誰

1 [76件] があった, があつ, があんなに, がこれぎり舞台, がどんなに, がはなれ, が一朝, が何, が何時のまにか, が保育会, が広い, が後, が指摘, が有, が死ん, が澤山, が物語, が縁戚, が語り, が降りる, その人, だから, だったのにと, であったので, であり親族, であると, でお, でしたが, ですから, ですもの, ではある, でもはなれる, でヴァイオリン作り, で今日, で僕, で同時に, で名士訪問会, で有, で無かったの, で英文, で驚く, と云っ, と別れる, なつっこい様, なども物置, ならば, にとつ, に妙, に立ち退い, に違, のよう, の娘, の家, の後家, の日本, の生涯, の皮膚, の置い, の閲歴, の顏, はだれ, はびっくり, はデカ, は一人, は一寸, は何所, は早く, は此, は田, は私, は答案, は負傷, は非常, も日本家屋, も鐵, を指さした

▼ 居た~ (95, 0.8%)

2010 だが 6 です 4 である, ですが 3 で, はない 2 さ, だから, だと, だな, であつ, のお, の加藤, の女, の横着者

1 [27件] だそれ, だった, だつたが, だつて言, でありますし, ですから, です細身, では, の三十兩, の下女, の主人源吉, の伜, の信太郎, の利三郎, の勘次郎, の妹, の富太郎, の彌, の懷, の柳屋幸七, の沢, の沢山, の源七郎君, の熊谷三郎兵衛, の白犬, の金, の金五郎

▼ 居た~ (88, 0.7%)

5 久美さんは 4 関は 2 つぎは, 品の, 駒は

1 [73件] いくに, かくは, かみさんは, つぎに, つたは, つるが, まじなひ, やつちやん, 三輪の, 京が, 光が, 光までも, 光も, 勝に, 北さんは, 千代でした, 友達, 吉に, 吉は, 君が, 君とは, 君には, 品が, 喜美が, 夏は, 夏ほどは, 夢の, 女郎ぐもをはなした, 妙ちゃんを, 富が, 富との, 峰は, 常は, 店の, 延は, 朝です, 末は, 村の, 染は, 栄も, 民に, 浜は, 浦に, 浦の, 百合が, 皆が, 神樂の, 種は, 稻さんが, 米も, 粂さんから, 粂さんに, 紋は, 紺婆が, 茂與だ, 菊だ, 蝶っていう, 袖だ, 谷は, 辨を, 通が, 銚子を, 関には, 関に対しての, 關が, 關は, 雪は, 靜は, 駒が, 高は, 鶴といふ, 龍は, 龍を

▼ 居たのに~ (82, 0.7%)

4 氣が, 目馴れた 3 気が 2 心を, 急に, 違いない, 驚かされた

1 [63件] あつしは, うまく動かず, お萩の, この頃, しらさなかった由, それを, ちが, つい浮つかり話し, どうして廃め, どこへ, なくこうして, なんか二時, のこのこ出, ひょっくりめぐり合っ, まだだった, もうすっかり気, アア爾だ, イボギンヌが, キタに, ドクトル来, ヨゴレタ男に, 一つには, 一向話し, 不思議は, 今度は, 体が, 何とも思わない, 兄さんは, 六年前の, 到頭口, 又つめたい, 又三日, 反し優雅, 叔父の, 同じ列車, 四万へ, 大変強い, 妻の, 実に予想以外, 少しの, 当人は, 惜しいこと, 戦争で, 有島が, 机に, 歌だけは, 比すると, 留守を, 疑を, 相違あるまい, 立って, 結婚式から, 繰返して, 花は, 苅田さんの, 話が, 轉びも, 近頃は, 違ひなかつた, 雨で, 電話が, 音沙汰ナシ, 顏を

▼ 居たよう~ (79, 0.6%)

6 です, なもの 54 だが 3 に思う 2 だ, でありました, である, であるが, ですが, な心持, な気, に記憶

1 [39件] だから, だった, だネ, であったが, でこれ, でした, でしたが, では, でも, で御座いますが, なこと, ならすぐ, な傾, な勢, な塩梅式, な幻, な日, な氣, な漠然さ, な男, な素晴らしい, な訳, に, にその, にも思われました, にも誌, に一台, に同じ, に思います, に思い取れた, に思え, に思われた, に思われる, に急, に覚え, に言う, に説明, に贅, よ

▼ 居た~ (79, 0.6%)

4 と見え 3 があった, だ 2 で人, と見える, に違い, の指, は

1 [59件] があっ, があつ, がありました, があります, があるだらう, がかっと, が不意, が二人, が京, が倫敦, が協力, が大, が気がつい, が活版所, が無い, が無かっ, が私, が話し, が開国, さえある, だから, だ何, だ櫻井監物, である事, ですから, では, でも, で先生, で師走, で文芸, で目今有要, という, となる, とみなされ, と云う, と考へられた, などがある, に相違, のある, のやう, の一人, の仕業, の思った, の言葉, の間, はない, はなかつた, は体, は唯, は政宗, は無かっ, は田所, は男, は皆, は皆悲鳴, もあつ, も所在, をいふ, を不意

▼ 居たところ~ (71, 0.6%)

3 を見る 2 だよ, で, です, で曲者, の人物

1 [58件] うれし, からそこ, から跳び, か終焉, がキレギレ, が前途, さ, だ, だなまかねふかしたの, であ, であった, であったの, である, でお, できっと, でこの, でした, でしたよ, ですから, ですその, でそれ, で不思議, で入っ, で大した, で實, で引拔, で永い, で綱, で遲, で防ぎ, なり, なん, に, になつ, には薪, に逗子, のすべて, の南山, の妖怪變化, はなかつた, は土淵村, へずんと, へちび, へ午後三時, へ新潮, へ曲者, へ来た, へ自分達, へ苅田さん来, まるつ, や来る, を嗅い, を起し, を鈴木, 先ず大きな大きな, 其のうち, 立ったところが, 重さ

▼ 居た~ (69, 0.6%)

2 の目

1 [67件] から見る, がお, がさしづめ, がフト上, が大川氏, が悪かっ, が死神, が氣, が渡り終え, が金柑, が駈け附けた, が魂, だが, であつ, とは年恰好, などは唯, に, にとって此, にとって軽業, にはすべて, にはやがて, に突然, の下駄, の前, の家, の心, の思想, の末, の気運, の父, の神経, の耳, の足, の身体, の退院, の頭, はいきなり, はかなりがっかり, はこ, はじいっと, はすぐ, はその, ははっと, は人工心臓, は今, は仲間, は何とも, は其の, は単に, は喫驚, は嫂, は岡村君, は彼, は此, は毎年初夏, は深く, は直ぐ, は直に, は表, は靄, までもの, や仙, よりズーット, をやはり, を突, 共に牛車, 否それ

▼ 居た~ (64, 0.5%)

4 であつ 3 なん 2 だ, で詰らぬ, へまた, へ校正, へ社長, を私

1 [45件] からワッ, がこの, がその後, がその後手塚, がサア, がサア今度欧羅巴, がソレ, が不思議, が亀丸, が何, が俄, が先生, が十四, が奥平屋敷, が或, が明治三年, が本人, が相応, が自分, が頓, だけど, であった, でこんなに, でした, です併, で残務, と同じ, に又, に自分, に閉じ塞いだ, に靜かに立, のそば, の學問, の山, の愛ちやん, の短歌, へ今, へ帰つて, へ突然, へ行かず, へ行きました, へ重, を昨日一日, を聞く, を見

▼ 居た時分~ (60, 0.5%)

2 から見る, だ, のこと, の事

1 [52件] からいつ, からお前さん, からくッ, からこんな, からの馴染, から半ちゃん, から縁, この心臓, その魔, だッ, だツ, であった, であるから, で畳数, とちつとも, とは違いましょう, などは何度, なんで, にお前さん一人, につい, にはな他人, には多く, には後藤先生, には時々, にまだ, にもホラ, に学校, に懇意, に比べる, に目, に直, に蒔いた, に誠に, に贔屓, のよう, の心持, の悪戯, の日記, の東京, は余程, は八百三, は別, は夫婦, は少し, は度胸, もお前さん, 其の頃, 御領主小栗上野さま, 或夜, 直ぐ向, 程頭, 通ったと

▼ 居た~ (58, 0.5%)

3 それに 2 又直ぐ

1 [53件] あの目, お瀧, お越, お隣は, ここに, その草履, なの, もう一つ, 一度も, 中の, 主人と, 之を, 二度目は, 二階の, 人気も, 伯父自身が, 佐吉と, 先生の, 兩刀には, 匕首の, 又火事, 可哀, 呼吸の, 塀は, 外に, 奥様付きは, 女の子が, 女房と, 寝巻の, 寢卷の, 店には, 廊下の, 引掲げる, 放つて, 新六どん, 朝廷にても, 次兄は, 水の, 沢山の, 海は, 現に近頃神田, 真面目に, 縁側は, 縄の, 繩の, 部下を, 鈴木も, 随つて一寸普通の, 隣の, 隨つて一寸普通の, 集まった者, 青い面長, 頬も

▼ 居たって~ (58, 0.5%)

4 たかが二千年, 仕方が, 外に 3 仕様が 2 何にも, 安心にも, 居なくたって, 私は

1 [35件] いいじゃ, いうが, いなくたって, いよいよおっことされる, おんなじだ, かまわないとは, どうもなり, どの面, まだ顔, 元が, 出来ないの, 同じな, 名前は, 周囲の, 城内の, 大丈夫よ, 宗次の, 居なくったって, 本当は少しとろとろ睡った, 楽しくも, 構やあ, 気が, 決して此那こと, 知らん顔してりゃ, 第一, 聞えますよ, 聞えら, 親銀行, 言うから, 言うじゃ, 足りること, 辻斬へ, 配慮するこた, 面白いこと, 鼠の

▼ 居たかも~ (54, 0.4%)

19 知れない 7 知れません 6 知れぬ 5 知れませんが 3 知れないが 2 知らぬが, 知れないよ 1 しれないが, 分らないの, 知らぬ, 知れないな, 知れないハツ, 知れなかつた, 知れなかつたから, 知れぬが, 知れぬけど, 知れませんね

▼ 居たそう~ (53, 0.4%)

118 ですが 7 です 4 だが 3 で, である, な 2 だよ, ですよ 1 だし, だのに, であるが, であんな, でこの, ですから, でどう, でぼんやり, で御座います, で茶代

▼ 居たという~ (50, 0.4%)

5 ことです 3 ことだ, ことは 2 お滝, のも

1 [35件] あの苦悩, こと, ことが, ことで, ことでした, ことばかり, ことを, のかネ, のが, のです, のには, のは, ような, んじゃ, チイチイっていう, 事であり, 事を, 事実又, 以外は, 処である, 名奉行, 場所は, 家は, 家へ, 才六と, 新吉の, 曙染の, 確かな, 程である, 証拠が, 証明は, 説も, 錦紗縮緬の, 頃の, 馬鹿気た

▼ 居たけれども~ (49, 0.4%)

2 彼の

1 [47件] あるけなかつた程, あんなにつかれ, うら若いを, この兄, こんなに落, さてあるべき, その云う, その代り, それは, そればかり, それを, ちゃんと位, どうやら間に合いました, まともに, もう仕方, もつと, やはりみんな慾, 中, 今し方秀子が, 今朝は, 以前よりは, 噂に, 大工の, 夫れ, 女は, 実に辛く, 小さい弟共, 少し横, 幕府に, 扨例の, 日本が, 東京仙臺間の, 根強く残つて, 母様と, 泊るの, 添え手紙, 真向いに, 矢張り學問も, 私ところの, 私の, 自分から, 舞台顔の, 訳を, 詩の, 車で, 頂上は, 飯時を

▼ 居た~ (47, 0.4%)

3 である 2 の女, は妻

1 [40件] が微笑, が金, が飛び上らう, であり歌, との間, と彼, にかく, にとっては之, には家, の二疋, の妹, の妻, の妻クララ, の姿, の家, の心, の掌, の故郷, の瞳, の野宮光太郎, の黒, は, はお, はこども, は何時の間にか, は全身, は如何にも, は定めて, は左, は彼, は応接間, は日, は稀, は突, は突然, は縁側, へ対し, ももうこ, も水戸, 濃い紺

▼ 居た~ (46, 0.4%)

5 に憑 2 があつ, だ, です, のこと

1 [33件] がある, がそれ, がほほ, がやはり, が一座, が上, が勧誘員, が政友会, が沢山, が運ちゃん, が金烏帽子, ですけれども, ですよ, とほか, と今夜, と其後, と言った, の事, の印象, はうたれ, はその, はたわいなく, はなんと, はやがて, は平次, は感心, は押し出される, は無事, は誰, は赤い, は関係者自身, や女, や拘引

▼ 居た~ (45, 0.4%)

8 である 43 です 2 に思われる, に見える

1 [26件] だし, だそれ程, で, であったが, であるが, ですが, でその, で其極端, で謡曲, な様子, な此, な気持, な落着方, な雄大, にいい, にかつて, には行かない, にも思へる, にも見える, に不思議, に庭, に彼, に思はれる, に書い, に走っ, に長崎

▼ 居た~ (44, 0.4%)

2 なので

1 [42件] お持主, から其の, から叔父, から日本, がその, がとう, が何ぞ, が兎角, が幸い, が彼, が或, が神戸, が苦しい, で, である, でうそ話, でせう, で何, で何事, で疾, で病気, とて如何様, なども善く, にまでかなり, に又, に同船中, に男, に私, は小学校, は此, は貴下, へあの, へある, へ丁度, へ双, へ山の上, へ此方, へ私, を後, を見, を見た, を見る

▼ 居た~ (41, 0.3%)

4 がよかつ 3 がいい, がよかっ

1 [31件] から二つ先, がい, がどれほど, がよい, がよつ, が一層, が余程, が可, が増し, が多い, が好い, が安心, が宜いか, が宜しい, が幾ら, が幾ら安全, が幾ら樂, が幾等, が快適, が旦那, が私, が苦労, が言葉, でわが, のが上, の男, はことに, は黒玉, をお, を果物店, を見せました

▼ 居たんで~ (38, 0.3%)

14 せう

1 [24件] けさら目ぶち, げすか, さあ, さあ飛騨, しらんぷりをして後, せうか, せうが, せうね, せうよ, せう彼, たもとの, どんな事, より面白く, 二人は, 何んにも, 助か, 千世子は, 少々時刻, 氣が, 私は, 笑を, 美人に, 苦しい事, 親分

▼ 居た~ (38, 0.3%)

2 やこどもら

1 [36件] から御堂, から顔, があった, がいつ, がとん, がまだ, がフッ, が一緒, が其奴, が口, が徐々に, が男, が知りたがり聞きたがる, が私, が聞き咎め, が言, が貴方, であった, である, であろう, ですからねエ, といふの, とは似, と云, には指一本, の人, の影, の心, の手紙, は, は何, は先日, は此種, は神々しい, も昨日, を救

▼ 居た~ (36, 0.3%)

2 であつ, であらう, である, に地名, に称した

1 [26件] かよく, か思い直した, で袋, にどうしても, に事件前後, に助かる, に口籠, に大, に宿禰太郎夫婦, に文法, に斯様, に月, に束の間, に歌謡, に此, に此奴, に神楽, に福地造, に竟, に精霊, に訣ら, に頭, もあらう, も幾らか, 死に後れて, 食うには

▼ 居た~ (35, 0.3%)

15 あらう 6 せう 5 あらうと 4 あらうが, せうか 1 あつたらう

▼ 居たわけ~ (33, 0.3%)

11 では 5 だな 4 です

1 [13件] じゃあありますまい, じゃある, じゃない, だつた, だね, であります, である, でございますが, ですが, でないから, なの, なん, も此

▼ 居た樣子~ (32, 0.3%)

14 です 43 でした 2 ですが 1 で, であつ, でしたが, ですよ, でそれ, で女房, で物蔭, で私共, はなかつたらう

▼ 居た~ (30, 0.2%)

6 です 4 ぢや 3 だ, ですが, ですよ 2 だが 1 だよ, だ其後, だ藤井, で, ですけれど, です窺って, でその, で取, 當の

▼ 居た自分~ (29, 0.2%)

2 が此時僅か, であるのに, の伯父, 殊に出立

1 [21件] が今, にも此王立醸造場, に実に, の姿, の家, の怠慢, の最愛, の杖, の目, の真面目さ, の考え, の耳, の親類, の部屋, はきっと, は一寸, は如何, は当分普通, は燒, は突然そう, を笑

▼ 居たかと~ (28, 0.2%)

2 云えば, 思う, 思うと

1 [22件] いつても, おもうと, くれぐれも感心, 云ふこ, 云へば, 問われて, 思いの外この, 思うが, 思えば, 思た, 思ったが, 思ったら妙, 思って, 思はれます, 思ふが, 思ふと, 篤と糾し, 考えなければ, 聞いて, 訊くと, 門の, 驚かれる

▼ 居たけれど~ (25, 0.2%)

2 火の

1 [23件] あの人, お浦, お関, かうして, これも, そつと, その窓, もう目, もたえまなくわずらうので, 佐治君に, 何故か彼, 僕は, 兎に, 其誓も, 別に変, 塔の, 段々娘, 羯南氏に, 耳は, 行って, 親父の, 身装が, 遂に遣っ

▼ 居た~ (25, 0.2%)

1 [25件] が十日, だけは外, だけやっと, であるもの斯, に, にすっかり, につい, に伊藤さん, に其, に大変, に女達, に懐胎, に男, に自分, に鍵屋, に隣, のいや, のこと, はその, は伜, は何, は己, は神武天皇, 勿論罪, 約一カ年

▼ 居たその~ (24, 0.2%)

1 [24件] ときの, 万引と, 人々だんだん, 人の, 夜であった, 女が, 姿が, 婦の, 富さんが, 少女が, 当時の, 新調の, 時代が, 森も, 様子を, 次第を, 物凄かつ, 男も, 眼が, 繃帯した, 腕が, 衰えて, 諺を, 願が

▼ 居た~ (23, 0.2%)

2 とかで

1 [21件] から三軒, があつ, が空い, じゃ, ださうだ, であつ, とは思はれない, なども中止, にはうち, には鷲津さん, にゐる, に越し, のすぐ, の内外, の名, の縁, の老婆, はまるで, は半分, も洪水, を売っ

▼ 居たため~ (22, 0.2%)

2 でせう

1 [20件] ああした華やか, かそれとも, かも知れません, しがないとなあ, その表情, だと, であって, でありましょう, である, でした, にふとった, に一生, に俳句, に内, に舌, に身, に頓, もあり, 切り離された右手, 恐ろしい嫌疑

▼ 居た~ (22, 0.2%)

2 の頃

1 [20件] かえる十円, が今, が半, が口, が恰も, が誰, だつたの, であった, のお, のわき, の云, の妹, の手, の燃え, は, は五月, は何處, は思わず, は決心, をどれほど

▼ 居た様子~ (22, 0.2%)

3 です 2 で, でした

1 [15件] がありあり, が博多, だった, だつたが, であつ, であります, ですが, では何, で有った, で私, で薪, で裏木戸, はその, はなかったろう, は少く

▼ 居たとき~ (20, 0.2%)

2 から慢性

1 [18件] であった, でしたわねえ, でも俺, とは激しい, とは違, どういふ, に得た, に手, の事, の場合, の実際, はそう, は全身, は喪った, もあった, も弁護人, も彼女, 若い弁護人

▼ 居た八五郎~ (20, 0.2%)

2 です, は側, は親分

1 [14件] が夢中, でした, にガツキ, のガラツ八, は, はいきなり, はサツ, は三度目, は二階, は無手, は背中, も妙, を呼びました, を差し招い

▼ 居たあの~ (19, 0.2%)

3 声では 2 娘が, 聲では

1 [12件] 五左衞門が, 人の, 天狗様の, 太つ, 女だ, 恋が, 時です, 時の, 石橋の, 脇差が, 蛇が, 音楽は

▼ 居たとて~ (19, 0.2%)

3 甲斐も 2 何の, 別に話

1 [12件] そう容易く, 仕方が, 出来るもの, 別に不思議, 別に僕, 役にも, 晩餐の, 果てしが, 此先何う, 解る物, 貴方の, 駄目だ

▼ 居た一人~ (19, 0.2%)

2 の男, はすぐ

1 [15件] がいつた, が慌, が相手, が突, と八五郎, の九十歳, の女中, の娘, の小男, の巡査, の紳士, の老人, の肥大, の肩, は隣

▼ 居た時代~ (19, 0.2%)

1 [19件] からあくせく知らず, から人, がある, だから, だつた, である, です, との関係, と餘, にまで遡る, に人, に出た, に拘らず, に遡る, のなごり, の仰望, の信仰, もあった, を考へ

▼ 居た場所~ (18, 0.1%)

2 などを念入り

1 [16件] からラジオ, が判らない, であつ, と幽霊, と徳利, にいま, に繋がせ, の兩隣, は遠, へ移りました, をこの, を印させました, を御覧, を見, を見せ, を見せました

▼ 居た平次~ (18, 0.1%)

2 と八五郎

1 [16件] だつたの, ですが, の戀心, は, はいきなり, はやがて, は何, は何ん, は手, は斯ん, は此, は藤三郎, は階子段, も思はず, も眼, 間もなく味噌汁

▼ 居た~ (18, 0.1%)

2 には怎

1 [16件] であつ, で大変, には人生, には武道, には親分, には酢, にや事業, にや命, にや御用聞, にや急ぎ, にや睦言, にや腕, に仙二, は悲し, は滅切, は雲

▼ 居た~ (17, 0.1%)

1 [17件] あの仕掛け, おくれよ, そいつを, その人, そんなに喚ば, もう一度油屋, ハッハッハッハッ, 何處へも, 俺の, 八, 安さん御苦労, 居たよ, 是が, 皆知つて居ら, 行つ, 行つて見よう, 銀之助は

▼ 居た~ (16, 0.1%)

4 だから 2 なので 1 お増, けれ共, だ, で, であつ, であります, である, ですから, に過ぎなかつた, のところ

▼ 居た若い~ (16, 0.1%)

1 [16件] 兵士の, 商人風の, 女が, 女に, 女房は, 女画家も, 妾の, 娘が, 子供の, 建築技師と, 独逸人の, 男が, 男は, 紳士が, 藝者の, 詩人の

▼ 居た二人~ (15, 0.1%)

3 の女

1 [12件] だったの, のい, の両親, の仲間, の女中, の心, の憎悪, の書生, の關係, は俄, は同じ, は急

▼ 居た千世子~ (15, 0.1%)

2 は, は急

1 [11件] はた, はわけ, はピアノ, は何だか, は原稿紙, は又, は小声, は後, は電車, も他人, をチラット

▼ 居た~ (14, 0.1%)

2

1 [12件] から聞いた, がパチ, が私, が踏板, であろうな, ですね, なんで, にはこれ, の背後, はくたびれた, を抑, を捕へ

▼ 居た部屋~ (14, 0.1%)

2 に錦太郎, の花瓶 1 か, でその, で長い, といふの, には三人連れ, の唐紙, はガラン, は寒い, を占領, を清め

▼ 居たとは~ (13, 0.1%)

2 云へ, 言へ 1 いはぬが, 天の, 実に前代未聞, 実に気の毒, 思うが, 思はれぬの, 思はれません, 氣が, 言ひ

▼ 居た主人~ (13, 0.1%)

1 [13件] が亥刻半頃, が土間, に殉死, に窓, の作, の庄六, の後添, の藤屋彌太郎, はお, はそれ, はどこ, は急, は突然

▼ 居た人々~ (13, 0.1%)

2 は誰

1 [11件] からきく, なの, の中, の失望, はあっ, はその, は両親, は各自, は手, は次第に, や或は

▼ 居た人間~ (13, 0.1%)

2 は骨髄

1 [11件] が単純, だ, というの, としてはもう, に紛れ, に逢っ, の名前, の種類, は念入, ばなれ, を一人

▼ 居た~ (13, 0.1%)

1 [13件] から四五町, か知らん, が今, で, で一方, というの, と大違い, に夫婦, に来, は以前, を今晩私, を検め, を隔て

▼ 居た~ (12, 0.1%)

10 やない 1 いさんが, やありません

▼ 居た~ (12, 0.1%)

21 が下り, が居た, が急, と折, にもし, に告げる, の健康, の座敷, は, は大変今日

▼ 居た~ (12, 0.1%)

1 [12件] だが, であった, であつ, でございます, でした, です何, で部屋, の暑, 乘氣には, 疲れが, 舞台に, 醜い形

▼ 居たばかり~ (11, 0.1%)

2 である, 事なく 1 だ, だが, でなく右, で敬語, で薩摩, で街, なので

▼ 居た~ (11, 0.1%)

3 ふ時 1 いぬ足を, えりと, ひけん, ふの, ふは, ふらん, ふ事人, へるや

▼ 居たもん~ (11, 0.1%)

6 ですから 2 だから 1 だ, でねえいろいろ, なら命

▼ 居た女中~ (11, 0.1%)

1 [11件] が, が女, が縁側, で房州, なんかとわたし, にハガキ, に云いつけ, のお, は主人, は助け, は江州彦根在

▼ 居たかの~ (10, 0.1%)

3 やうに 2 ように 1 やうだつた, やうな, 如く平然, 形が, 様であります

▼ 居たつけ~ (10, 0.1%)

521 が塒, ねえ, ナ

▼ 居たとか~ (10, 0.1%)

2 云ふ 1 それに, メリンスの, 云う, 云う事, 云って, 云て, 居ないとか, 遠くで

▼ 居たとも~ (10, 0.1%)

1 主張する, 云い度, 云えない, 伝える, 思えずお, 思はれぬ, 思へない, 見えなかつたが, 見られる, 言ひ兼ねた

▼ 居たには~ (10, 0.1%)

1 妙な, 居たの, 相違ない, 眼を, 自分ながら, 違いない, 違いなかったけれ, 違ひない, 違無い, 驚きましたよ

▼ 居たんぢ~ (10, 0.1%)

2 やありません 1 やあるまい, やどうしても, や万事私, や仕様, や本, や緩, や話す, や間

▼ 居た其の~ (10, 0.1%)

1 うちに, お婆さんが, お米さん, 事を, 人は, 単衣, 女が, 心もちと, 旅客は, 花の

▼ 居た~ (10, 0.1%)

1 が九尺, が爪先, は新聞, をとめ, を休め, を出し, を動かし, を椅子, を止め, を離す

▼ 居た~ (10, 0.1%)

2 である, ですよ, に見える 1 だから, だし, な氣, に不思議

▼ 居た~ (10, 0.1%)

5 と鼻 2 を竹山 1 には日本, をあわて, を開け

▼ 居た老人~ (10, 0.1%)

1 が少しく, が法王, が齢数百歳, ぞや, ではあった, に水, のボオイ, の紳士, の足, は少し

▼ 居た~ (10, 0.1%)

1 だから, だつた云々, で, であつ, でなければ, と見え, などと云, なん, へ澄まし, を船頭

▼ 居た~ (10, 0.1%)

4 なの 2 である 1 だが, ではない, ではなく, でもなから

▼ 居たせい~ (9, 0.1%)

2 かもしれない, もあろう 1 かやくに, か一日, か案外, で自分, もあるでしょう

▼ 居たにも~ (9, 0.1%)

1 係らずそのまま, 係らず懇ろ, 拘らずその, 拘らず其相貌, 拘らず彼, 拘らず知らぬ存ぜぬで押し通して, 拘らず難波, 拘らず飛んだプラトニック, 拘わらず不思議

▼ 居たはず~ (9, 0.1%)

2 だ, だが 1 じゃったな, だから, です, の物, の金五郎

▼ 居たわけぢ~ (9, 0.1%)

3 やない 2 やありません, やございません 1 やある, や無い

▼ 居た彼女~ (9, 0.1%)

1 との恋, の眼, はいきなり, はちゃんと, は不意, は屹, は暫く, は空元気, は立ン坊

▼ 居た~ (9, 0.1%)

1 からの笑い, なんかって事, に又, の中, の内, の臟, は余計, は急, は端

▼ 居た~ (9, 0.1%)

4 とさ 1 が今, が外, とそう, の衆, の道路

▼ 居た~ (9, 0.1%)

5 の借用 1 が尻, だから, は父さん達, 之助

▼ 居ただけに~ (8, 0.1%)

1 お夢, この殺し, すこし弁明, そういつ, 其の手紙, 天然保存を, 御覽, 疑念も

▼ 居たより~ (8, 0.1%)

1 すらりと, その苦痛, もっとひどい, 一緒に, 少かつ, 清い, 独逸人の, 詰らず少し

▼ 居た~ (8, 0.1%)

1 から殆ど二千年前, の両人, の内儀, まで, までに比べれ, も尚, も角く, 思えば

▼ 居た~ (8, 0.1%)

1 が新, といふの, に今, に思ひ切つ, の夫婦, の子供, の家, はまだ

▼ 居た~ (8, 0.1%)

3 の家 1 が京都, のお, の笑顔, の藪入り, もやつ

▼ 居た~ (8, 0.1%)

1 供が, 光の, 冊子という, 悧好な, 桶の, 瀧さんだ, 箋にも, 蛇を

▼ 居た~ (8, 0.1%)

1 か, か今朝おなか, か別に, か或は, で神様, 別に驚き, 夫で, 荒木伊兵衛氏其性格の

▼ 居た~ (8, 0.1%)

2 に稱 1 かうした點, かお, だらう, であつ, に私, や

▼ 居た~ (8, 0.1%)

1 が俄, だ, であらう, と考へる, の一部即, の顧みかけられた, を投, を隠す

▼ 居た番頭~ (8, 0.1%)

2 の源助 1 が真先, と若い衆, の彌, の顏, の顔, は目

▼ 居た~ (8, 0.1%)

4 では 1 けだ, だ, ですか, でも

▼ 居たこの~ (7, 0.1%)

1 ビルディングの, 土筆は, 家の, 悪人め汝は, 物語の, 男女を, 私も

▼ 居ただけ~ (7, 0.1%)

1 だった, ですが, ですわ, でまた, で何, なん, 先生との

▼ 居たとしても~ (7, 0.1%)

1 その女, 不思議は, 或いはつとに, 社会劇には, 若い曙覧, 荒木と, 行きにくい

▼ 居た三人~ (7, 0.1%)

1 のモデル女, の内, の声, の立派, の職人, は下役, は足らぬ

▼ 居た~ (7, 0.1%)

2 がない 1 が多い, が段々, の石臼め, は幾ら, は無い

▼ 居た~ (7, 0.1%)

1 が突然, の目, はふと, は急, は科学者, は餘, もたとい

▼ 居た婆さん~ (7, 0.1%)

1 がいつた, が私, のこと, の一人, はむつくり, は年, も見えなけれ

▼ 居た~ (7, 0.1%)

1 る医師, る暖かい, 人に, 人生の, 変化近頃, 晩彼は, 物を

▼ 居た~ (7, 0.1%)

1 が却って, などいきなり, の背, の頁, よりも部厚, を伏せる, を宿

▼ 居た~ (7, 0.1%)

4 がする 1 が弛んだ, が緩む, も弛んだ

▼ 居た~ (7, 0.1%)

3 がする 1 がします, が緩む, ま, を張り

▼ 居た通り~ (7, 0.1%)

21 いつ来た時, に義元, の結果, わるし, 少し俯向

▼ 居た~ (7, 0.1%)

2 に起つた 1 であります, とて道子, なので, に朝鮮兵, 気がついて

▼ 居たそれ~ (6, 0.0%)

1 から一年餘, が人, が作品, が初心, だと, よりもイベット

▼ 居ただけの~ (6, 0.0%)

2 ことで 1 ことだ, 事さ, 事で, 嫁さんとの

▼ 居たほど~ (6, 0.0%)

1 で, である余, ですから, なの, 気の, 見た目が

▼ 居たガラツ八~ (6, 0.0%)

2 の八五郎 1 が少し, が鐵砲玉, は漸く, 飛出さうと

▼ 居た~ (6, 0.0%)

1 に, に汚らわしい, の叔父, の母, は先づ口, は若し

▼ 居た光君~ (6, 0.0%)

1 の目, ははばかる, はクルリ, は嬉し, は熱, は自分

▼ 居た~ (6, 0.0%)

2 で施けた 1 の瞬間, の腰掛, の貴婦人, 掛は

▼ 居た勘次~ (6, 0.0%)

1 はそれでも, はだ, は勢, は思ひ切, は横, は田圃

▼ 居た女房~ (6, 0.0%)

1 がびつくり, に声, に御, に賜っ, のお, を三人

▼ 居た~ (6, 0.0%)

1 でその, のお, の雪子, は飛ん, らしい若い, を可変

▼ 居た~ (6, 0.0%)

1 がきゃ, が台所, に暴行, は, も軈て, を一方ならず

▼ 居た~ (6, 0.0%)

5 の耳 1 は馬鹿

▼ 居た子供~ (6, 0.0%)

1 がふと, が薙刀, の頃, は長ちやん, ばかりの家, も何処

▼ 居た~ (6, 0.0%)

5 の婢女 1 や屋敷

▼ 居た小僧~ (6, 0.0%)

1 が飛ん, に聴く, に聽, の兼吉, の長六, は黙

▼ 居た新吉~ (6, 0.0%)

1 と云う, に呼ばれた, に急, の眼, は右手, は手

▼ 居た昔人~ (6, 0.0%)

5 である 1 のはかない

▼ 居た~ (6, 0.0%)

1 の国, の山, の建物中, の東北地方, の渡場, の美人

▼ 居た母親~ (6, 0.0%)

1 が戸外, だったの, は此時, は笑い, も知らない, を見返つ

▼ 居た與吉~ (6, 0.0%)

1 が落葉, はお, はそつ, は兼博勞, は藥罐, は退屈

▼ 居た~ (6, 0.0%)

2 の勇, を不 1 も留る, を止め

▼ 居た~ (6, 0.0%)

1 に比べ, はここ, も不具者, も自, をあらわし, を再び

▼ 居た連中~ (6, 0.0%)

1 が同人雜誌, は, はさぞ, は何事, は皆, までどこ

▼ 居た~ (6, 0.0%)

1 がしかめられ, とが目, の丸い, を上げた, を左, を自分

▼ 居たおれ~ (5, 0.0%)

5 の目

▼ 居たじゃ~ (5, 0.0%)

3 ないか 1 ありませんか, ないの

▼ 居たっけが~ (5, 0.0%)

1 そのまんま, どんなの, やがて頭, 人様よりも, 音の

▼ 居たつて言~ (5, 0.0%)

2 ふが 1 ひますがね, ひますぜ, ふぢ

▼ 居た~ (5, 0.0%)

1 ア, ア二百両という, ッ, 小皺が, 酔うた紛れ

▼ 居た~ (5, 0.0%)

1 あさましい事, 之で, 年頃二十歳あまり三とは, 情け無い, 花車重吉客人は

▼ 居たものの~ (5, 0.0%)

1 それは, まア長二, 分出, 正行も, 流動が

▼ 居た~ (5, 0.0%)

2 けで 1 けの話, の伸びた, 遅れたの

▼ 居た京子~ (5, 0.0%)

1 が本当, の偏執, は, はしみじみ, をつっついた

▼ 居た俤人~ (5, 0.0%)

5 の姿

▼ 居た僧たち~ (5, 0.0%)

4 は爽やか 1 も爽やか

▼ 居た南家~ (5, 0.0%)

5 の横佩右大臣

▼ 居た土地~ (5, 0.0%)

1 だ, であつ, によつて, に就い, の役人

▼ 居た夕闇~ (5, 0.0%)

5 は光り

▼ 居た女たち~ (5, 0.0%)

5 もおびえ

▼ 居た姿~ (5, 0.0%)

1 あの時, だ, だつたの, とあべこべ, を猛然と

▼ 居た~ (5, 0.0%)

1 の急, はいきなり, は無花果, を急病, を見る

▼ 居た~ (5, 0.0%)

5 が又

▼ 居た~ (5, 0.0%)

1 があの, の三五郎, の方, は, は物

▼ 居た当時~ (5, 0.0%)

1 から其後, の京都, の気分, の都会中心人, もとより主従

▼ 居た彼等~ (5, 0.0%)

1 と年, にとつ, の一人, の瞳, は俄

▼ 居た~ (5, 0.0%)

1 客さんが, 宰籠を, 無事に, 維新前の, 縁で御座います

▼ 居た柔らか~ (5, 0.0%)

5 な唇

▼ 居た横佩家~ (5, 0.0%)

3 の豊成 2 の豐成

▼ 居た~ (5, 0.0%)

1 はぴたり, は当然, は思はざる, は思わざる, も堪りかねた

▼ 居た~ (5, 0.0%)

1 が二匹, が固定, とが一しょ, の協会, は藻西

▼ 居た~ (5, 0.0%)

1 がそっと, と同一こと, のやう, のトラ, も皆石油

▼ 居た看護婦~ (5, 0.0%)

1 がどこ, が一脚椅子, に用, は遠慮, を私

▼ 居た着物~ (5, 0.0%)

1 である探偵, の色, の襟, をぬい, を皆

▼ 居た祖母~ (5, 0.0%)

1 と京都, と弟, のこと, のところ, もあんまり

▼ 居た種々~ (5, 0.0%)

1 なやや, な下婢, な疑問, の事, の気持

▼ 居た~ (5, 0.0%)

1 が愈々, にいつの間にかモヤモヤ, には烈しい, の一面, はにわかに

▼ 居た藤原~ (5, 0.0%)

4 の氏上職 1 の氏

▼ 居た蘇我臣~ (5, 0.0%)

4 なども飛鳥 1 なども飛鳥宮

▼ 居た語部~ (5, 0.0%)

4 の物語りである 1 の物語

▼ 居た證據~ (5, 0.0%)

1 が次, だ武藏坊辨慶ぢ, である, となす, はあの

▼ 居た赤い~ (5, 0.0%)

1 チョッキを, 上着なら見たい, 縞の, 裏の, 襷で

▼ 居たあと~ (4, 0.0%)

1 しばらくは, の二臺, の二階, をそのまま

▼ 居たうち~ (4, 0.0%)

1 が人手, にわるかっ, に網野氏, はいろいろ

▼ 居たお方~ (4, 0.0%)

1 がありました, が昔, でございますね, は旧

▼ 居たお金~ (4, 0.0%)

1 が切った, はややしばらく, は少し, は話

▼ 居たかが~ (4, 0.0%)

2 分ると 1 よく解る, 分かる

▼ 居たかは~ (4, 0.0%)

1 つきり云, 好奇なる, 私は, 聞かぬが

▼ 居たからとて~ (4, 0.0%)

2 面白い事 1 一日と, 欲には

▼ 居たこと寺~ (4, 0.0%)

3 からは昨日午後横佩墻内 1 からは昨日午後

▼ 居たっけ~ (4, 0.0%)

1 がね, なア, ラツールさんは, 己は

▼ 居たつて~ (4, 0.0%)

1 いふぢ, も帰つて, 聞えますよ, 面白い筈

▼ 居たなんて~ (4, 0.0%)

2 大嘘 1 えの, そんな

▼ 居たもう~ (4, 0.0%)

2 一人の 1 とせん, をいか

▼ 居たよりも~ (4, 0.0%)

1 ひろがって, よいが, 涼しい, 鮮かな

▼ 居た~ (4, 0.0%)

1 た, た様, て, て余り

▼ 居た下女~ (4, 0.0%)

1 から思い付い, から思ひ付い, のお, は

▼ 居た下男~ (4, 0.0%)

1 が独身, の寅藏, の幹助, を夫

▼ 居た二階~ (4, 0.0%)

1 と土藏, の下, の大, の縁側

▼ 居た亭主~ (4, 0.0%)

1 がむつくり頭, が算盤, は, は全身

▼ 居た人達~ (4, 0.0%)

1 の心, の話, は時々, は相当

▼ 居た仕事~ (4, 0.0%)

1 が出来なかった, に着手, の呼吸, をずつと向う

▼ 居た~ (4, 0.0%)

1 に長八, に黒い, はまだ, は家中

▼ 居た地方~ (4, 0.0%)

1 では成年式, の女, の高等学校, もあらう

▼ 居た~ (4, 0.0%)

4 を移し

▼ 居た女君~ (4, 0.0%)

1 はよく, は光君, は眉, もそれでは

▼ 居た心持~ (4, 0.0%)

1 がすっかり, と大分, に此程, をグザ

▼ 居た所爲~ (4, 0.0%)

1 か幹, だと, でせう, でもあつ

▼ 居た手代~ (4, 0.0%)

1 の粂之助, の金次郎, を虫, を蟲

▼ 居た~ (4, 0.0%)

1 から此話, の義兄弟, の習慣, の若い

▼ 居た~ (4, 0.0%)

1 と柱, の傍, の時計, の根

▼ 居た栄蔵~ (4, 0.0%)

1 は, はフット, は片手, は終に

▼ 居た椅子~ (4, 0.0%)

1 に掛け, の間, へ座りました, を緑川

▼ 居た気持~ (4, 0.0%)

1 の偽, は極, を忘れたい, を急

▼ 居た~ (4, 0.0%)

1 が今日, でした, は関東好み, もある

▼ 居た~ (4, 0.0%)

1 には俄, は新, を動かさなかった, を輝かした

▼ 居た矢先~ (4, 0.0%)

2 ですから 1 だ, だから

▼ 居た短刀~ (4, 0.0%)

1 は切れ, は若旦那, をぬい, を以て妹

▼ 居た結果~ (4, 0.0%)

2 にち 1 いきなり七索, がとうとう

▼ 居た~ (4, 0.0%)

1 僧が, 爺さんと, 祖母が, 紳士は

▼ 居た証拠~ (4, 0.0%)

1 として考え, になる, は, も有り

▼ 居た郎女~ (4, 0.0%)

4 が何時

▼ 居た長老~ (4, 0.0%)

4 である

▼ 居た~ (4, 0.0%)

2 の主人 1 に本家, の食堂

▼ 居た~ (4, 0.0%)

1 が朝, が漸う, はいつか, は止み

▼ 居たかといふ~ (3, 0.0%)

1 ことを, わけを, 風に

▼ 居たからこそ~ (3, 0.0%)

1 ほんとになっ, 日本は, 結婚出来た

▼ 居たからと~ (3, 0.0%)

1 云て, 言つて直に, 言つて縛る

▼ 居たがね~ (3, 0.0%)

1 あの草, とにかく日本, 屋敷は

▼ 居たくら~ (3, 0.0%)

1 ゐだから, ゐで, ゐですから

▼ 居たところが~ (3, 0.0%)

1 先ほどの, 却って, 近頃殊に編輯

▼ 居たとの~ (3, 0.0%)

1 こと, 事である, 返事を

▼ 居たのにと~ (3, 0.0%)

1 思う, 思はれた, 気に

▼ 居たばかりに~ (3, 0.0%)

1 お前さんの, 恐ろしい喜太郎殺し, 目が

▼ 居た~ (3, 0.0%)

1 うらん, おかしかった, ないもの

▼ 居たろう~ (3, 0.0%)

1 がそれ, がまあ, ではない

▼ 居たんざます~ (3, 0.0%)

1 がおま, がお前, が漸

▼ 居た一つ~ (3, 0.0%)

1 の要素, の証拠, の證據

▼ 居た一羽~ (3, 0.0%)

2 の橿鳥 1 はこちら

▼ 居た中年~ (3, 0.0%)

1 の僧, の男, の頃

▼ 居た人たち~ (3, 0.0%)

1 はこの, は皆, を

▼ 居た仙二~ (3, 0.0%)

1 の娘, はとび上る, は一番最後

▼ 居た~ (3, 0.0%)

1 の三之助, の心持, は見えなく

▼ 居た先住~ (3, 0.0%)

1 の人, の匹偶, の土人

▼ 居た先生~ (3, 0.0%)

1 だかね, の二度目, の処

▼ 居た~ (3, 0.0%)

2 のこと 1 が蒸される

▼ 居た凡て~ (3, 0.0%)

1 がどよめいた, が俄, の雜草

▼ 居た千数百年~ (3, 0.0%)

3 の歴史

▼ 居た古い~ (3, 0.0%)

2 気分が 1 麥藁帽子は

▼ 居た多く~ (3, 0.0%)

1 の事実, の平凡者流, の者共

▼ 居た大きな~ (3, 0.0%)

1 バラ一つ半開と, 布片の, 貴いたかいなげうった

▼ 居た~ (3, 0.0%)

2 れを 1 の佐良井

▼ 居た女中達~ (3, 0.0%)

1 の一齊, は皆足音, は私

▼ 居た女優~ (3, 0.0%)

1 ですよ, の方, の柳糸子

▼ 居た女達~ (3, 0.0%)

1 は事, は今更, も私

▼ 居た奴等~ (3, 0.0%)

2 は一同 1 は又

▼ 居た~ (3, 0.0%)

1 がそち, が老人, は徐ろ

▼ 居た小さな~ (3, 0.0%)

1 信者が, 娘は, 火の粉の

▼ 居た少年~ (3, 0.0%)

1 であつ, の中, の眼

▼ 居た巡査~ (3, 0.0%)

1 が憎く, は急, をもっ

▼ 居た当麻語部~ (3, 0.0%)

3 の嫗

▼ 居た~ (3, 0.0%)

1 である, の小さな, は極めて

▼ 居た形跡~ (3, 0.0%)

1 がない, はまったく, は少し

▼ 居た恭吉~ (3, 0.0%)

1 と云う, は, は主人

▼ 居た拙者~ (3, 0.0%)

1 が役目, だ, は斯

▼ 居た時私~ (3, 0.0%)

1 は一九一七年五月五日, は奉公, は弥市老人

▼ 居た曲者~ (3, 0.0%)

1 が飛出し, は此時一氣, は氏家竜太郎

▼ 居た書生~ (3, 0.0%)

1 が折節大阪, が窓, の事

▼ 居た~ (3, 0.0%)

1 が白く, の光り, は河原

▼ 居た~ (3, 0.0%)

3 の事

▼ 居た~ (3, 0.0%)

1 区内の, 子爵夫人が, 工學士とは

▼ 居た橿鳥~ (3, 0.0%)

2 がまた 1 の羽

▼ 居た~ (3, 0.0%)

2 を拾 1 は二人

▼ 居た為め~ (3, 0.0%)

1 か自分, ででもあった, に

▼ 居た理由~ (3, 0.0%)

1 でもある, も大いに, を考える

▼ 居た~ (3, 0.0%)

1 の新吉, の音次郎, を膝もと

▼ 居た~ (3, 0.0%)

1 に, にと云, に長い

▼ 居た白い~ (3, 0.0%)

1 きれが, 御幣が, 猿を

▼ 居た百姓~ (3, 0.0%)

1 の活動, は駈け, も一寸

▼ 居た~ (3, 0.0%)

2 を偶然 1 から手

▼ 居た私たち~ (3, 0.0%)

2 にとってはどうしても 1 に慇懃

▼ 居た積り~ (3, 0.0%)

1 だ, でも更に, に成つて

▼ 居た~ (3, 0.0%)

1 だった, なら往來, を眺め

▼ 居た~ (3, 0.0%)

1 がすいた, の奥, はその

▼ 居た~ (3, 0.0%)

1 が何時の間にか, に乗るだろう, へ引上げ

▼ 居た芭蕉~ (3, 0.0%)

1 に対する自分, に對, は一口

▼ 居た~ (3, 0.0%)

1 がひっかかっ, が今, とは前

▼ 居た親戚~ (3, 0.0%)

1 の娘, の家, の方たち

▼ 居た近所~ (3, 0.0%)

1 の人々, の者, の衆

▼ 居た錢形平次~ (3, 0.0%)

1 が顏, の裾, は八五郎

▼ 居た~ (3, 0.0%)

1 と共に持っ, も扉, を捻っ

▼ 居た~ (3, 0.0%)

1 が溶け, の帽, やまず

▼ 居た~ (3, 0.0%)

1 の美くし, もすっかり, を無理

▼ 居た鶴吉~ (3, 0.0%)

1 は慌て, は碌々見返り, は美しい

▼ 居たあさ子~ (2, 0.0%)

1 の外出, の手

▼ 居たあたり~ (2, 0.0%)

1 の上, へ辿りついた

▼ 居たあなた~ (2, 0.0%)

1 という言葉, は私

▼ 居たある~ (2, 0.0%)

1 年の, 日静也は

▼ 居たいろいろ~ (2, 0.0%)

1 なもの, の物

▼ 居たおり~ (2, 0.0%)

1 かさんだつ, かは梯子段

▼ 居たお上~ (2, 0.0%)

1 が少し, は証拠

▼ 居たお父さん~ (2, 0.0%)

1 のふくろ, のふくろう

▼ 居たお蔭~ (2, 0.0%)

1 でありました, で辛うじて

▼ 居たかという~ (2, 0.0%)

2 事を

▼ 居たからでも~ (2, 0.0%)

1 あつた, ありました

▼ 居たからの~ (2, 0.0%)

1 名でありましょう, 名であろう

▼ 居たきり~ (2, 0.0%)

1 であるが, でかえった

▼ 居たくせ~ (2, 0.0%)

1 に, に娘

▼ 居たこれ~ (2, 0.0%)

1 は飛騨山, も西國

▼ 居たころ~ (2, 0.0%)

1 の事, よく自分

▼ 居たこんな~ (2, 0.0%)

1 事は, 綺麗な

▼ 居たすぐ~ (2, 0.0%)

1 わきに, 向うにも

▼ 居たすず子~ (2, 0.0%)

2 は顔

▼ 居たそうして~ (2, 0.0%)

1 売上げを, 考えあまった様

▼ 居たそして~ (2, 0.0%)

2 棺を

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 ぐるぐると, 居たぞ

▼ 居ただぶだぶ~ (2, 0.0%)

2 の白い

▼ 居たつけ己~ (2, 0.0%)

2 れが

▼ 居たつもり~ (2, 0.0%)

1 だったの, だつたけれど

▼ 居たとして~ (2, 0.0%)

1 その女, 自然な

▼ 居たとでも~ (2, 0.0%)

1 いう風, いふの

▼ 居たにと~ (2, 0.0%)

2 手を

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 たしか, 僕は

▼ 居たのみ~ (2, 0.0%)

1 ならず同じ, ならず日本

▼ 居たのみか~ (2, 0.0%)

1 其四代目の, 足が

▼ 居たのよ~ (2, 0.0%)

1 お, 併し

▼ 居たはる~ (2, 0.0%)

1 ねん, 居たはる

▼ 居たほどの~ (2, 0.0%)

1 ことも, 學生

▼ 居た~ (2, 0.0%)

2 うだつた

▼ 居たやくざ~ (2, 0.0%)

1 の信三郎, の猪

▼ 居たよし~ (2, 0.0%)

1 が見え, きりが

▼ 居た~ (2, 0.0%)

2 聞いたの

▼ 居たカン蛙~ (2, 0.0%)

2 がパクッ

▼ 居たジョーン~ (2, 0.0%)

1 はしゃくる, は彼女

▼ 居たローズ~ (2, 0.0%)

2 の目

▼ 居たワルシヤワ~ (2, 0.0%)

1 の乗替, の乘替

▼ 居た一枚~ (2, 0.0%)

1 の, の雨戸

▼ 居た一番~ (2, 0.0%)

1 小さな子, 強そう

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 からは申訳, に近頃

▼ 居た~ (2, 0.0%)

2 つ引

▼ 居た世界~ (2, 0.0%)

1 から愈々, とは正反対

▼ 居た世間~ (2, 0.0%)

1 の模様, の母系論

▼ 居た両親~ (2, 0.0%)

1 の家, をその

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 にその, にも言語

▼ 居た中學生~ (2, 0.0%)

1 であつ, で如何にも

▼ 居た主婦~ (2, 0.0%)

1 は, は親し

▼ 居た乗客~ (2, 0.0%)

1 の多く, を拘束

▼ 居た予期~ (2, 0.0%)

2 も空頼み

▼ 居た事実~ (2, 0.0%)

1 を思い出した, を潜め

▼ 居た二つ~ (2, 0.0%)

1 の草双紙絵本, の鞄

▼ 居た二三人~ (2, 0.0%)

1 の下, は事

▼ 居た亨一~ (2, 0.0%)

2 は女

▼ 居た今度~ (2, 0.0%)

1 はその, は我輩

▼ 居た代り~ (2, 0.0%)

1 に僕, に分福

▼ 居た仲間~ (2, 0.0%)

1 が申し, は道

▼ 居た会社~ (2, 0.0%)

1 へ行っ, をやめ

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 が大, をむくり

▼ 居た便所~ (2, 0.0%)

1 に向つた梯子段, に消毒薬

▼ 居た信長~ (2, 0.0%)

1 と海道, は流石

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 で見, に置いた

▼ 居た光景~ (2, 0.0%)

1 がこの, を想像

▼ 居た刑事~ (2, 0.0%)

1 に, は少し

▼ 居た剃刀~ (2, 0.0%)

1 の手, は一度

▼ 居た加奈子~ (2, 0.0%)

1 の性質, は思わず

▼ 居た北見~ (2, 0.0%)

2 の農場

▼ 居た千手丸~ (2, 0.0%)

1 の此, は今ごろ

▼ 居た千數百年~ (2, 0.0%)

2 の歴史

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 た事実, 六は

▼ 居た叔父~ (2, 0.0%)

1 が独身者, の髪

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 だと, では問題

▼ 居た品物~ (2, 0.0%)

1 だと, はどう

▼ 居た問題~ (2, 0.0%)

1 が又, は幾度目

▼ 居た喜三郎~ (2, 0.0%)

1 に聞えなかつた, の絶望

▼ 居た四人~ (2, 0.0%)

1 の化け物, の女

▼ 居た団扇~ (2, 0.0%)

1 で静也, を揮っ

▼ 居た地点~ (2, 0.0%)

1 で海中爆破, まで駈け寄った

▼ 居た坊やん~ (2, 0.0%)

1 の家, の母

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 がパッタリ, もいつかしめ

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 には入江, の人達

▼ 居た多分~ (2, 0.0%)

1 の金, は種々

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 になっ, も臥し

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 劇場, 鞄は

▼ 居た大川氏~ (2, 0.0%)

2 の勢力

▼ 居た大森~ (2, 0.0%)

1 のアパート, の歌

▼ 居た夫人~ (2, 0.0%)

1 は今, は此

▼ 居た女房等~ (2, 0.0%)

1 の手, はそれ

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 であるらしい, のお

▼ 居た婦人~ (2, 0.0%)

1 が立つ, は旗本江柄三十郎

▼ 居た子供等~ (2, 0.0%)

1 が其咒文, は爭

▼ 居た学校~ (2, 0.0%)

1 が靖国神社, の後輩

▼ 居た室内~ (2, 0.0%)

1 とは同じ, などに妙香

▼ 居た宮部~ (2, 0.0%)

1 の加減, の熱

▼ 居た寝台~ (2, 0.0%)

1 がある, がなくなっ

▼ 居た小原銀太郎~ (2, 0.0%)

2 と云

▼ 居た小女~ (2, 0.0%)

1 がもう一度, などは田舎人

▼ 居た小娘~ (2, 0.0%)

1 その白い美しい, に後

▼ 居た小屋~ (2, 0.0%)

1 の者, も器具類

▼ 居た小樽~ (2, 0.0%)

2 の新聞社

▼ 居た小田原~ (2, 0.0%)

1 の土, を天下

▼ 居た山浦丈太郎~ (2, 0.0%)

1 は何, を驚かす

▼ 居た山田~ (2, 0.0%)

1 が何, と益親密

▼ 居た~ (2, 0.0%)

2 れは

▼ 居た巻煙草~ (2, 0.0%)

1 は心する, を出し

▼ 居た市川莚女~ (2, 0.0%)

2 などは顔

▼ 居た帆綱~ (2, 0.0%)

2 の束

▼ 居た幇間~ (2, 0.0%)

1 の善八, の金兵衞

▼ 居た平七~ (2, 0.0%)

2

▼ 居た年増~ (2, 0.0%)

1 に貸し, の婦人

▼ 居た年寄~ (2, 0.0%)

1 の人, の客

▼ 居た弟子~ (2, 0.0%)

1 が二三人, のうち

▼ 居た弥之助~ (2, 0.0%)

1 の処, は町

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 吉は, 彦山へ

▼ 居た忠志君~ (2, 0.0%)

1 の顏, の顔

▼ 居た息子~ (2, 0.0%)

1 だ, も若い衆

▼ 居た感じ~ (2, 0.0%)

1 ははたして, は今

▼ 居た手紙~ (2, 0.0%)

1 の事, 書く

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 で本物, の事

▼ 居た支那~ (2, 0.0%)

1 が負けた, の首都長安

▼ 居た教師連~ (2, 0.0%)

2 には宣教師

▼ 居た文吉~ (2, 0.0%)

1 といふの, に相違

▼ 居た料理人~ (2, 0.0%)

1 がみな仕事, は朱塗

▼ 居た日本人~ (2, 0.0%)

2 は私

▼ 居た旭川~ (2, 0.0%)

2 の客

▼ 居た時先生~ (2, 0.0%)

2 が大層

▼ 居た時弓~ (2, 0.0%)

2 を習った

▼ 居た最中~ (2, 0.0%)

1 ですから, 突然の

▼ 居た朝井刑事~ (2, 0.0%)

1 は警部, は金蒔絵

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 の切り株, の季節外れ

▼ 居た木の葉~ (2, 0.0%)

1 も土, やら紙片

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 のやつ, 到頭此

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 が出来, に片

▼ 居た松村~ (2, 0.0%)

1 に, は電話

▼ 居た林三郎~ (2, 0.0%)

1 が一番, などは皆

▼ 居た~ (2, 0.0%)

2 に飛ん

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 の実, の穴

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 の花, の花片

▼ 居た桜痴~ (2, 0.0%)

2 が表面

▼ 居た梅野~ (2, 0.0%)

2

▼ 居た楠野君~ (2, 0.0%)

2 が口

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 く小さな, く有り触れた体裁

▼ 居た欄干~ (2, 0.0%)

1 は夫人, は総

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 が一, である

▼ 居た此方~ (2, 0.0%)

1 だ, の嫗

▼ 居た母上~ (2, 0.0%)

1 が, は素早く

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 が, は青黒く

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 が今日, のこと

▼ 居た汽車~ (2, 0.0%)

1 が小田原, が横浜近く

▼ 居た沢山~ (2, 0.0%)

1 の大, の愚痴

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 が再び, を一時

▼ 居た~ (2, 0.0%)

2 は障子

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 は夢, は恐ろしく

▼ 居た為其~ (2, 0.0%)

1 に固有名詞, を海

▼ 居た爪先~ (2, 0.0%)

1 の乗る, の乘

▼ 居た父親~ (2, 0.0%)

1 が急, が気候

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 して, なくば

▼ 居た~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 の皮, はある

▼ 居た玉野~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ 居た生徒~ (2, 0.0%)

1 が, の眼前

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 はそんなに, を荒す

▼ 居た田中~ (2, 0.0%)

1 はこの, は躓い

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 そうと, では有りませぬ

▼ 居た男女~ (2, 0.0%)

1 が七十余人, は今

▼ 居た留守~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 居た當時~ (2, 0.0%)

1 である, と比べ

▼ 居た當麻語部~ (2, 0.0%)

2 の嫗

▼ 居た疑い~ (2, 0.0%)

1 などは煙, の方

▼ 居た病人~ (2, 0.0%)

1 の従姉妹達, の感じ

▼ 居た療養所~ (2, 0.0%)

1 とか同僚, とか引揚船

▼ 居た白犬~ (2, 0.0%)

1 が其子, が逃出

▼ 居た白痴~ (2, 0.0%)

2 は誰

▼ 居た~ (2, 0.0%)

2 を取上げ

▼ 居た眼鏡~ (2, 0.0%)

1 をはずした, を懸けた

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 を下し, を源さん

▼ 居た石原~ (2, 0.0%)

1 の利助, の子分

▼ 居た私共~ (2, 0.0%)

1 と彼女, は叔母様

▼ 居た私宛~ (2, 0.0%)

2 の手紙

▼ 居た秋子~ (2, 0.0%)

1 と台所, は仏壇

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 の底, の附近

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 から入っ, へ忍び寄れない

▼ 居た笹野新三郎~ (2, 0.0%)

1 がいきなり, も口

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 に, は千世子

▼ 居た精神~ (2, 0.0%)

1 の一部分, の勞作

▼ 居た細君~ (2, 0.0%)

1 というの, は誰

▼ 居た紺野左一郎~ (2, 0.0%)

1 という人, とその

▼ 居た総て~ (2, 0.0%)

1 の人々, の人達

▼ 居た縁故~ (2, 0.0%)

1 で巴里, で記念

▼ 居た習慣~ (2, 0.0%)

1 から休日, が病みつい

▼ 居た老爺~ (2, 0.0%)

1 は急, は雪枝

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 の低い, の高い

▼ 居た脇差~ (2, 0.0%)

1 に間違, を抜い

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 に飛び上る, を解い

▼ 居た自炊~ (2, 0.0%)

2 の道具

▼ 居た與次郎~ (2, 0.0%)

1 が顏, の足

▼ 居た船頭~ (2, 0.0%)

1 ですが, は背中

▼ 居た若い衆~ (2, 0.0%)

1 が借着, が巫女

▼ 居た若き~ (2, 0.0%)

1 実業家北沢栄二の, 誇り愛情を

▼ 居た英仏海峡~ (2, 0.0%)

1 の島, を夜

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 がふわり, は剽輕

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 といふの, は人間

▼ 居た衣川~ (2, 0.0%)

1 は一気にこう, は堪りかねた

▼ 居た~ (2, 0.0%)

2 の長い

▼ 居た被告~ (2, 0.0%)

1 は此主文, は甘んじ

▼ 居た~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 居た覚え~ (2, 0.0%)

1 がある, はない

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 の私, 猿小猿が

▼ 居た親仁~ (2, 0.0%)

1 と身, に聞く

▼ 居た記憶~ (2, 0.0%)

2 もある

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 にひと, らしい

▼ 居た豫期~ (2, 0.0%)

2 も空頼み

▼ 居た貞之進~ (2, 0.0%)

1 はこの, はその

▼ 居た距離~ (2, 0.0%)

1 といふこと, の感じ

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 などはなかつた, はある

▼ 居た身体~ (2, 0.0%)

1 がまっすぐ, は僅か

▼ 居た車夫~ (2, 0.0%)

2 の峰松

▼ 居た辰三~ (2, 0.0%)

1 の外, は心得

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 へ投出した, を三台

▼ 居た道子~ (2, 0.0%)

1 が不意, は僅か

▼ 居た部分~ (2, 0.0%)

1 が小さく, が猛然

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 が一時, のみの年寄

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 を五六圓, を拔

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 でつつい, の光ってる

▼ 居た長屋~ (2, 0.0%)

1 から素姓, の地圖

▼ 居た間私~ (2, 0.0%)

1 は憂鬱, は殆

▼ 居た間自分~ (2, 0.0%)

1 の心, は日本

▼ 居た関係~ (2, 0.0%)

1 から私, もあっ

▼ 居た関係上~ (2, 0.0%)

1 その赫々, 単なる強盗

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 は足, 原警部

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 ン膨れ, 光りの

▼ 居た青年~ (2, 0.0%)

1 だったの, の自分

▼ 居た頃私~ (2, 0.0%)

1 が苦しい, の監房

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 の中, を揚げる

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 に少し, はあわて

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 が留むだ, だつた

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 が前, の毛

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 がくるり, は次

▼ 居た~ (2, 0.0%)

1 の方, の羽織

▼ 居た黒い~ (2, 0.0%)

2 半被を

▼ 居た黒地~ (2, 0.0%)

1 に黄模様, の質素

▼ 居た~ (2, 0.0%)

2 いろの

▼1* [1673件]

居たあそこに, 居たあたり前の人間, 居たあらゆるものは, 居たあれだッ, 居たいつかはこの, 居たいろんな特質が, 居たうち支那文を學び, 居たうるさい野郎で, 居たおかげで何一つ, 居たおかみさんがわざわざ, 居たおとうさんが突然, 居たおや足音が, 居たお前さんを狙つて, 居たお婆さんも亡くなりました, 居たお玉が可哀想, 居たお祖母さんが目敏く, 居たお節はこの, 居たお萩が近頃滅法, 居たお袋はたぎつた, 居たかさえ言わない位, 居たかとばかりウンザリし, 居たかなど云う点, 居たかみさんが隣, 居たかやと裏, 居たからかも知れない, 居たからなア少し, 居たからはひつて, 居たかを何よりも, 居たかんざしの, 居たかんかん虫は, 居たがたうとう詩吟, 居たがねえお前様は, 居たがんだ, 居たくらいで, 居たくりものの桃, 居たけども分らなかった, 居たこと一言も口, 居たこと丈は兎, 居たこと中途にぬ, 居たこと今の世, 居たこと内儀が何, 居たこと自体が間達つて, 居たころ三上の用事, 居たころ嫂はまだ, 居たこんと云う, 居たさきはようやっと, 居たささやかな空地, 居たさすがの壯夫等, 居たさまざまな蟲けら, 居たしかも何事も, 居たじゃあないの, 居たずつと後の, 居た自身番まで, 居たぜと後日何かの, 居たそれで汝黙っ, 居たそれらの品物, 居たただ思って, 居たため小学校へ通っ, 居たため後に詐欺, 居たため豪快華奢なルイ十四世, 居たっきり別に私, 居たっていうじゃないか, 居たつい近くの, 居たつたのであらう, 居たつた樣だ, 居たつていふから人手, 居たつて曲者の入れる, 居たつて本人が言, 居たつて狂人なん, 居たつて見通しだよ, 居たつて関やしません, 居たつり革にぶらさがりました, 居たえこと, 居たでもあらうその, 居たとあるのは, 居たといふぜそれから人混み, 居たといふだけです, 居たといふだけのことです, 居たといふのかい, 居たとおもひ, 居たとかいふ事で, 居たとかと云うよう, 居たときお前緩くりとっ, 居たときそれぞれ切り込む面, 居たときなんの話, 居たとき三尺に五尺, 居たとき二年居たとき, 居たとき子供の時分, 居たとき新聞で長い, 居たとき正面階段から船つき場, 居たとき病棟の廊下, 居たとき近所の人, 居たところ一年が二年, 居たところ一行中の須川氏, 居たところ三人が三人共不在, 居たところ編集子の一人, 居たところ長崎の市, 居たとのみは言へ, 居たとばかりは言へ, 居たとまで言われて, 居たとりが, 居たどうしたの, 居たどうかしたら近い, 居たなと云つた, 居たなどというは女中が, 居たなどとも云った, 居たなどは甚だ愚, 居たのさへ知らなかつた, 居たのち危険だから, 居たのっぽの番頭, 居たのでがつかりした, 居たのでさうつけた, 居たはげ頭の主, 居たはやり唄が和訳, 居たばっかりであったろう, 居たばっかりにとんでもない, 居たひどい下宿, 居たふきが返事, 居たぺーパーナイフの柄, 居たほうが可, 居たほこりをたずね廻った, 居たぼろ長屋が壊れた, 居たまだ若い人, 居たまだそんなに年を, 居たまっかいとうが, 居たまででそう, 居たまま忘れて, 居たままきものをトランク, 居たもう二度と貴女に, 居たもやーの, 居たやがてそれも, 居たやわらかい絹の, 居たゆえ斯の如く, 居たゆゑ知つてゐるが, 居たよと云った, 居たりき時なる哉松澤, 居たそんな禿頭, 居たわたしも此単調, 居たわれわれ男性の存在, 居たんだいえお久美, 居たんぢゃ馬は使, 居たんでがしたが, 居ただけン, 居たアメリカの生活, 居たアメリカ人が来, 居たイスパニアの老, 居たオックスフオード出身の紳士, 居たカプセルを含ん, 居たカムツァンには二百人, 居たカードだのお伽噺, 居たガラッ八, 居たキキイは美しい, 居たクオ・バディスをし, 居たクライスラーを聴き, 居たクラブ員達も思わず, 居たクリクリ坊主も負け, 居たクワルチーラへ行っ, 居たケチ兵衞は脇腹, 居たコック上りの露西亜人, 居たコートや履物, 居たコーヒー道具の盆, 居たコールタールの小, 居たサイトウさんのところ, 居たシベリア鴨が油断, 居たスティックを右手, 居たストラスブルグの像, 居たスルイヤは今, 居たスルト余が右手, 居たタメシがなかっ, 居たタンジヨン・カトンの大, 居たチヨンを抱きあげ, 居たてかえ, 居たトラックが帰っ, 居たトルストイの村居, 居たドコロでは無い, 居たニイチェ書簡集をよみ終る, 居たニコニコ堂とかいう家, 居たニッケルの指環, 居たおつかさん, 居たネエサッパリしたろう顔色, 居たバラの花, 居たパルトビレートはとりあげられ, 居たピアニストの石井, 居たピンに子犬, 居たピースを糊壺, 居たフォークの先, 居たフランネルを力, 居たフロラの家, 居たプラットフォームはくずれ, 居たヘグラー翁に招かれ, 居たベッシェール夫人も少し, 居たベラン夫人ミミがさっき艇長, 居たペンキ屋に掛り, 居たホテルに泊っ, 居たボロ切れの, 居たボーイ頭にもう, 居たポーの短篇集, 居たマス君の後, 居たモデルに和田, 居たモンマルトルの宿, 居たユウゴオが其詩, 居たリビングストン伝を見出す, 居たレオは突然, 居たロオゼンベルグと云, 居たロスタンの, 居たロリアがある, 居たワイルドは知らなくっ, 居たワルトンが近頃, 居た一ツの方, 居た一九八七・五米の三角点, 居た一人のだそり, 居た一人二人が脱兎, 居た一人商人風の男, 居た一刀を引抜く, 居た一刀引拔き樣サツ, 居た一刻も早く, 居た一剋者の太, 居た一原因と思ひます, 居た一同が此, 居た一夜庵の宗鑑, 居た一室に槇田中尉, 居た一宮かおるさんの胸板, 居た一年足らずの間, 居た一抹の影, 居た一族の誰彼, 居た一条某と云う, 居た一番大事な機密書類, 居た一疋の大, 居た一種の部族, 居た一罎の薬, 居た一般案内者のうち, 居た一萬兩の隱, 居た一行はこ, 居た一部を示す, 居た一隊のもの, 居た一馬がかえり, 居た七郎は運動場, 居た三之丞は不意, 居た三人連の電信工夫, 居た三助の丑松, 居た三十七八の正直, 居た三十前後の男, 居た三十郎の女房, 居た三尺あまりの繼竿, 居た三平が急, 居た三田は存外, 居た三畳から女湯, 居た三筋町界隈やら旧, 居た上人を怨み, 居た上人様にも真底, 居た上今度は自分, 居た上州屋が一ぺん, 居た上方が特に, 居た上童の中, 居た下り列車が, 居た下町娘を評し, 居た下総のお寺, 居た下駄だとか, 居た不安があの, 居た不幸なるイヤ清浄潔白, 居た不快な圧迫, 居た不良少年であつ, 居た与之助が真っ, 居た丑松は可憐, 居た世の中では無論, 居た世話役の一人, 居た両人島野と義作, 居た中でも小柄な, 居た中学校へ出し, 居た中学生もあつ, 居た中年増の大, 居た中年配の立派, 居た中村楼の檐, 居た中江兆民を大阪, 居た丸根鷲津の番兵達, 居た丹波屋の若旦那, 居たは兎, 居た主人夫婦の外, 居た主人義隆に援, 居た主因は, 居た久保田先生も副, 居た久留島修理さまてえ方, 居た乘客はご, 居た乙女のよう, 居た九八郎はフイ, 居た九大の丸沢博士, 居た乞食がぞろ, 居た乳房の舌ざわり, 居た乳母のお, 居た乳飲児が其女の子, 居た事々が僅か, 居た事ゆゑ忽ち笑, 居た事丈は恐らくどっち道, 居た事實と曾, 居た事實今日又出掛け, 居た二ヶ月前の彼, 居た二元様の世界観, 居た二十歳になる, 居た二月二十日の謝肉祭, 居た二本はあの, 居た二疋の動物, 居た二階家の欄干, 居た二頭の佐渡牛, 居た五位鷺ははらりと, 居た五六人の客, 居た五十二三の主婦, 居た五十余人の同, 居た五十男が自分, 居た五百人の親戚, 居た五百円の金, 居た五點が, 居た井戸ですから, 居た亡き父の, 居た亡者があ, 居た京王電鉄が新宿, 居た京都生れの女, 居た人ぢや變, 居た人人を凡て, 居た人名前は知らなく, 居た人国家の為, 居た人妻を見, 居た人工流産番号札をすて, 居た人形町の家, 居た人數は皆んな, 居た人民に安堵, 居た人民どもが急, 居た人相のよから, 居た人相書を土竈, 居た人類の愛, 居た仁兵衛も他, 居た今宮もおき, 居た今川義元とが衝突, 居た仔細も分る, 居た仕事かたがつい, 居た仕事着を血, 居た仕立やの妻, 居たの諸, 居た他界観念が非常, 居た之助, 居た仙台の小, 居た休息員は帳簿, 居た会社員らしい男, 居た伝統の風姿, 居た伯父さんも伯母さん, 居た伴三郎も左孝, 居た伸子はその, 居た位置から即座, 居た低い木で, 居た住持が翌朝静か, 居た佐々政次千秋季忠前田利家岩室重休等は信長, 居た佐七もガラツ八, 居た佐久間久右衛門尉は柴田勝家, 居た佐川民弥というある, 居た佐幕党の人, 居た佑筆に大の字, 居た何物かを探りあて, 居た余り接近したの, 居た余作君の結婚, 居た佛壇の戸, 居た佛教及び耶蘇教, 居た作者がふと, 居たは深い, 居た係官や群衆, 居たらしい者, 居た修行者が有った, 居た修驗者にそんな, 居た俳句會の紫吟社, 居たを慕つて飛騨, 居た倉知の川島, 居た停車場の朽ちた, 居たの手, 居た健氣な子供, 居たの出入り口, 居たをぽん, 居た傾向が是, 居たばかりの時間, 居た僅かな財産, 居たの一人, 居たで来た, 居た優男の谷五郎, 居た兄弟の少年, 居た兄弟中の数人, 居た兄者人が丁度, 居たの女中, 居た先代尾上菊五郎は実弟坂東家橘, 居た先刻の爺さん, 居た先生様の御身, 居た先輩の山本, 居たの糸, 居た児供の一人, 居た兒供の一人, 居た兩刀は拭, 居た兩國の水茶屋, 居た八つの子, 居た八幡の境内, 居た八疊とその, 居た六ケ月の間, 居た六七人の踊り子, 居た六七歳の男の子, 居た六十五六の今, 居た六年の間, 居た六百人の私娼, 居た兵士の一人, 居た其人の寿命, 居た其処の息子, 居た其場の模様, 居た其所を出る, 居た其方を引取, 居た其路から三千年前, 居た内一度も便り, 居た内儀のお, 居た内科の, 居た内陣と本堂, 居た冬景色です, 居た冬虫夏草木の髄, 居た冬蟲夏草木の髓, 居た冷罵者に追, 居た処お前等ア家のノウ, 居た処サ実はあんまり, 居た処此国には昔, 居た処遠慮は入らぬ, 居た処鹿は来ない, 居た凹地だつたの, 居たで庄吉, 居た刀自は吃驚, 居た分量の多, 居た切れを外し, 居た刑務所の紙風船, 居た初めの頃, 居た利三郎まで面喰つて白, 居た前後であった, 居たにお, 居た創作動機を故意, 居た劇作家の, 居た劉邦は直ちに, 居たは今, 居た力三は夕方, 居た加州の岸直輔, 居たも亦, 居た勉強などは少し, 居た勉強机を買っ, 居た動物の例, 居た動物種属は何れ, 居た勝子夫人が, 居た勝田主計氏和田昌訓氏が発企, 居た勝頼の諏訪法性, 居たは殆ど想像, 居た勤人風の男, 居た包みを解い, 居た匕首を抜い, 居た化物見たいな, 居た北原白秋氏が此, 居た北多摩郡が豊多摩荏原, 居た北町に住ん, 居た医学士の叔父, 居た医者が丁度, 居た十一になる, 居た十人ばかりの警官, 居た十四五人の殆ど十二三人, 居た十字架を傍, 居た十日の間, 居た十郎兵衞住家の悲劇, 居た十風はハヽヽヽヽヽ, 居た千種は真っ直ぐ, 居た千種十次郎は応援, 居た半死半生の若旦那新吉郎, 居た卓子掛けである其の, 居たの女房, 居た南京虫も出ず, 居た南仏のサクランボ, 居た衣を, 居た博士の再来, 居た卯平は藁, 居た印象から出, 居たえ処, 居た卷煙草は心する, 居た卷莨を其處, 居た厚い雪が, 居た原口作左衛門そこまでは気が付きません, 居た原始的信仰の研究資料, 居た原始的農の代, 居た原敬が死に, 居た原本をひっぱり, 居た原田といふ勉強もの, 居た原稿六枚送る, 居た厳格の態度, 居た参列者だけは重症, 居た又五郎夫婦の死體, 居た又吉が不心得, 居たは, 居た友だちのヘルバ伯爵, 居た友次郎が口, 居た友禅なのよ, 居た友達の誰, 居た双眼鏡を翳した, 居た反対側の人達, 居た反省録のこと, 居た叔父さんが舟, 居た叔父様の家, 居た受験者がタッタ二人, 居たから出まかせ, 居た歌採集熱から, 居た古代の続い, 居た古代人の代表的, 居た古来の聯想, 居た古田織部に与えた, 居た古道具屋の與次郎, 居たが一句, 居た可愛さう, 居た可愛らしい女給は, 居た可憐な藪柑子, 居た台所の一方, 居た各種の動物, 居た各自の魂, 居た合従の策士蘇秦, 居た合羽を脱い, 居た吉三郎が納屋, 居た吉野村だと, 居た人中には, 居た同人を急, 居た同郷人の三並良氏, 居た名古屋情調を顧, 居た名誉職を手放す, 居た向う側の席, 居た吹矢は疊針, 居た吾妻屋の若旦那, 居た呉羽嬢の行動, 居た周囲の血, 居た呼子を鳴らす, 居た和学者輩に比べれ, 居た和田垣博士の話, 居た和田英作さんが丁度, 居た和蘭のドクトル・ヅーフ, 居た哲学や芸術, 居た哲学者がありました, 居たの子, 居た気の毒な, 居た唯一のうい, 居た商人がありました, 居た啓蒙宣伝の仕方, 居たを濕, 居た喜三太といふ若, 居た喜八の剃刀, 居た喜野が見かね, 居た喫煙慾が再び, 居た喫茶店へ入, 居た嘉三郎は, 居たから糸, 居た嚴格の態度, 居た四十位の商人, 居た四十年の四月, 居た四十男が聞い, 居た四布蒲團を肩, 居た四男を主として, 居た四畳半の縁, 居た四疊半の外, 居た四辺の様子, 居た因習の痕跡, 居たはもう, 居た国男も戻り, 居たをこれ, 居た國松は突き上げ, 居た國民は之, 居た園田敬太郎は帰っ, 居た園部は立っ, 居た圓了博士が此, 居たをやわらげ, 居た土間の雨, 居たで政宗, 居た地位を奪, 居た地神盲僧と称する, 居た地袋の新刊書籍, 居た坊ちやんの姿, 居た坊主頭の番頭, 居たを握り直し, 居た坪内先生があの, 居た場処に身体, 居た場合かまたは, 居た場所一番上の狹, 居たは解せ, 居たの中, 居た塾頭の尾崎友次郎, 居たといふ, 居た夕方かへる, 居た外人と判っ, 居た外国語の分厚, 居た外山にかう, 居た外相夫人は直ちに, 居た見之, 居た夜学教師の口, 居た大きい白猫の, 居た大久保不二が最高點, 居た大人とも子供, 居た大勢の人々, 居た大和の野, 居た大学の学生, 居た大島が出来た, 居た大村の神, 居た大橋房子氏への手紙, 居た大病人の主人, 居た大童信太夫と云う, 居た大筒だから, 居た大藤が夜半, 居た大西洋でまさか, 居た大谷千尋この時, 居た大通の南側一帯, 居た大須の觀音, 居た天井の丸い, 居た天正十六年は十六万石, 居た天狗どこにいつ, 居た天童太郎に相違, 居た太い銀煙管で, 居た太兵衞は四十男, 居た太夫のよりも立派, 居た奇妙とは兼ね, 居た奈良や京都, 居た奈良時代の美術, 居た奈良朝の様子, 居た奉公人だそう, 居た奉公人達には素より, 居た奥様の話, 居た奧方が殺された, 居た女の子の聲, 居た女の子達に豆人形, 居た女らしい客人も, 居た女アイリスは急, 居た女主人のお, 居た女二十七八メリンスの帯, 居た女人も未だに, 居た女人魚はあきる, 居た女優髷の女, 居た女平次とガラツ八, 居た女衒の小市, 居た女郎上りを買っ, 居た奴主人の金, 居た好意が一時, 居た如くに, 居た如何にもその夜, 居た妻君の眼, 居た姉君に強要, 居た姉様は姑, 居た始終の詞, 居た娘共は物凄い, 居た娘姿が突然, 居たやが, 居たかしい婦人, 居たはふっと, 居た嫁さんに対する恋, 居た嬰兒ですが, 居た子分の銀三, 居た子分共が三人, 居た子規は余, 居た子規子始二三の人, 居た子規居士と真直, 居た孔子が或, 居た孔雀も最う, 居た孝ちゃんの家, 居た季節觀である, 居た學生さんがみし, 居たが空腹, 居た扇子の, 居た安漢公時代の號, 居た宗全も本当に, 居た官人が此, 居た官職又は業務, 居た官軍の工兵, 居たうが, 居た実に相済まん, 居た実際生活と, 居た客人は学生, 居た客同士がこ, 居た宣言書を見せ, 居た室いくら金儲の為, 居た室もとの洗面室, 居た室美人を通した隣り, 居た宮廷の神, 居た家のでございますもの, 居た家具調度の輪廓, 居た家家を誨, 居た家康は使, 居た家柄だつたの, 居た家法を破つ, 居た家臣も同じく, 居た容子なんでが, 居た宿にサキクサ, 居た宿屋が見えます, 居た寄生蟲との三つ, 居た富士や南アルプス, 居た富豪連はいつの間にか, 居た封建割拠時代の遺風, 居た専門器械を以て電光, 居た射干の花, 居たとすれ, 居た将官だね, 居た将門に其の, 居た專次がお, 居た小さい掌が, 居た小刀即ち, 居た小判十枚は皆んな贋物, 居た小唄師匠の家, 居た小城が有る, 居た小村という方, 居た小童の心, 居た小笠原壹岐守がヒョイ, 居た小説家があつ, 居た小豆色の頭巾, 居た小酒井五一郎君の話, 居た小野友次郎が警視庁, 居た小鳥が言いました, 居た婦さ, 居た少しの水, 居た少女は急, 居た尚古堂が, 居た居合拔きも, 居た屏風は岩, 居たへ帰った, 居た山の手特有の有閑階級人, 居た山井検事は更に, 居た山人を我々, 居た山北道子も不思議, 居た山家の近所, 居た山本も歸省, 居た山田藤六が恟, 居た山田謙輔と云う, 居た山男に顔, 居た山谷部屋の土工, 居た岡本という京都留守居, 居た岡本かの子さんの, 居た岩松は房五郎, 居た峠宗壽軒娘の聲, 居た川原者と相対, 居た巡査さんや消防, 居た工場の笛, 居た工芸家のリイチ氏, 居たの手, 居た左千夫君がどうして, 居た巴屋の七平, 居たの方, 居た市民三万の活動, 居た市民三萬の活動, 居たが意地惡, 居た帆布の上着, 居た帆村探偵とあの, 居た希望なんかは九分通り, 居た希臘の悲劇, 居た帛紗でこれ, 居た帝釈天の谷口, 居た師匠のお, 居た師直の本営, 居た師範生の頭, 居たに腰かけ, 居た幕府は何, 居た平安朝頃の観念, 居た平次何を思ひ付いた, 居た平次幸先が惡, 居た平次置床の柱, 居たから八年程後, 居た年上の女, 居た年嵩の下女, 居た年縄を枕, 居た幸三郎さんが非常, 居た幸徳は上京, 居た幸徳秋水と相, 居た幹事に渡し, 居たなき時, 居た幾松の姿, 居た庄吉の頤, 居たの物, 居た店員も水野君一人, 居た店子が帰っ, 居た座主の百太夫, 居た座敷が明るい, 居た座蒲團だけが部屋, 居たや城外, 居たを手, 居た庵室に手入れ, 居た康雄はふと, 居たもあろう, 居た建築学校教授ファブレス氏が新, 居た弟夫婦が哀れ, 居た弟達はうれし, 居た弥助が筆, 居た大学の, 居た形式に従った, 居た彦兵衞飮む打つの, 居た彫像の丈, 居た彼女等は何, 居た彼方の勝手, 居た彼無地の木綿羽織, 居た彼独得の芸術, 居た彼黄金の秘密, 居た待ち疲れたの, 居た律文が最初, 居たまでも更に, 居た徒弟共を一室, 居た従妹が帰っ, 居た從兄弟の吉五郎, 居た御蔭で芸, 居た微妙な匂い, 居た徳三郎を顧みました, 居た心境に心づきました, 居た忠行の侍従, 居た念仏行者が有っ, 居た思わず自分あっと, 居た怪しい男である, 居た怪美人だ成るほど, 居た恐いもの見た, 居た恐ろしい眠氣が, 居た恩愛の温か, 居た恭太郎という馬鹿, 居たもたえ, 居た患者のこと, 居た悪太郎が其時, 居た悲慣を漸く, 居た情調を想, 居た惟敬は身, 居た惡事を知らせる, 居たを疑う, 居た愛児の死骸, 居た愛敬ある主張, 居た愛蘭の海軍将校上り, 居た感情が, 居た態度が急, 居た慢性の胃病, 居た慶喜公の耳, 居た憤懣の情, 居た懐中汁粉を, 居た戀仇のやくざ, 居た我が古代の, 居た戰友が俺, 居たを開けよう, 居た戸棚の中, 居た房枝が仮に, 居た所ろ後で見れ, 居た所以であるかも, 居た所東京は京橋, 居た手の平を拡げ, 居た手まねぎをするのでそのまんまいつもの二階に上った, 居た手前もあまり, 居た手拭で括, 居た手綱を放し, 居た手袋の持主, 居た扱帶を見た, 居た抒情発想の烈し, 居た拐帯犯人の権堂賛, 居た拔刀で首筋, 居た持前の, 居た持病がこ, 居たをかるく, 居た指紋が僕の, 居た掛り人のお, 居た探偵ですか, 居た探偵眼を誇りたい, 居た推量しては, 居た揚句にたべた, 居た援軍も何時來, 居た攘夷的感情が機運一転, 居た支那日本の密教研究, 居た支配人の總兵衞, 居た故人は思ひ出した, 居た故力が這入っ, 居た故勉強家は氣, 居た故郷で, 居た教会の正面, 居た教授法の諸, 居た数尾の親, 居たであつ, 居た數年を除い, 居た數術或は印度, 居た文ちやんはそれ, 居た文句なので, 居た文壇の大家, 居た文太郎の聲, 居た文学ずきの, 居た文平は引取つて, 居た文明の作風, 居た文献がある, 居た斯くて彼等, 居た新しい玩具を, 居た新太郎が水天宮樣, 居た新旧内外の矛盾, 居た新潟市の某店, 居た新町の家, 居た新聞社に持つ, 居た新聞紙を取り落した, 居た新聞記者の言草, 居た方角も知らず, 居た方面などへも十分, 居た旅館の一室, 居たも武家末期, 居た日報社の人々, 居た日常生活よりも高い, 居た日本一の正直物, 居た日本内地がやがて, 居た日本服の古, 居た日記もまた, 居た旦那も藝者, 居た旧悪の証跡, 居たを述べ, 居た早く来て, 居た早良皇太子が新都造営主任, 居た早速燈心を, 居た旺盛な活動慾, 居た明律の上諭条例, 居た明治三十年頃迄には寒蘭, 居た星亨急遽帰朝, 居た春園といふ人, 居た春嶽は恐らく, 居た春江ちゃんにも云う, 居た春陽堂の新, 居た昨年頃までは立派, 居たで見る, 居た時ウィッチと云う, 居た時一時に相当, 居た時一時リャンコルン街の五十番, 居た時不意に, 居た時京子の声, 居た時代徳冨氏の, 居た時分お前さんに惚れ, 居た時分それが若い, 居た時分一夏帰省した時, 居た時分二階下に居た, 居た時分仕事を一緒, 居た時分何かのこと, 居た時分其頃で早, 居た時分出逢つた事のある, 居た時分勉強部屋に入った, 居た時分夏の事, 居た時分妙に家, 居た時分子規は支那, 居た時分私の十幾つ位, 居た時分裁縫を習, 居た時分郷里の方, 居た時分露國の文部大臣, 居た時分馬場金之助という碁客, 居た時初夏の夕, 居た時勢に際して愈々, 居た時大名の行列, 居た時安之助と一所, 居た時忍び足をし, 居た時才覚のある, 居た時春寒い頃, 居た時榛軒が渋江抽斎等, 居た時池のすぐ, 居た時泉鏡花先生の新作, 居た時渠はその, 居た時独りで食卓, 居た時猫に目, 居た時用ひた色, 居た時石川は土地, 居た時耳にした, 居た時自分病院から出, 居た時花田の当, 居た時荷風君は境遇, 居た時裏のうち, 居た時間に比例, 居た時雄はそれ, 居た晒木綿の会社, 居たがひよ, 居たは殊に, 居た晩年の寂しい, 居た景色が眼, 居た智定房と云う, 居たさが, 居た暖室の方, 居た書家の書, 居た書生さんの質實, 居た書生三刀元寛, 居た書生帽を買う, 居た書記よりも筆蹟文章, 居た月見の客, 居た樣で, 居た有力なる一つ, 居た有志者が直ぐ, 居た有様忘られず, 居た有馬藩では之, 居た朋輩が復, 居た木々の枝葉, 居た木剣作りの小, 居た木小屋の前, 居た木曜會員に報告, 居た机辺が清潔, 居たの若木, 居た村上の御新造, 居た村国と其, 居た村境の精霊, 居た村民の目, 居た東洲齋に頼んだ, 居た東西の名優たち, 居たの枝, 居た松平次郎三郎元康は十八, 居た松本英子と云, 居た松村子爵が死体, 居た松江さんの元気相, 居た松田を尋ね, 居た板木の響, 居た某家の細君, 居た某某二氏は同君, 居た柳川ヨシエさんに違い, 居た柳成竜が来, 居た柳本直太郎是れは, 居た柳糸子の顔, 居た校長田島金蔵氏は今, 居た校長田島金藏氏は今, 居た根岸庵の時代, 居た根西夫妻が遣っ, 居た桃割れもワッ, 居た桶屋のこと, 居た條件は日本, 居たははたと, 居た梟傑阿摩和利, 居たを落した, 居た梯子段の沈黙, 居た棒縞の袷, 居た森川の川窪, 居た森彦は弟, 居た森本といふ男, 居たには背後, 居たの実, 居た検事は立つ, 居た楊弓で射た, 居た楊貴姫は牡丹, 居た極楽浄土はつい, 居た楽しい連想や, 居た榮子の頬, 居たも今, 居た樗牛の五巻, 居た権次は夢, 居た権田時介は全く, 居た樹木は若く, 居たを離れ, 居た橇曳が出, 居た橋本の貸し金, 居た橋本幸三郎さんてえ人, 居たの木, 居た權次が事件, 居た欠伸の御, 居たの話, 居た次に根西夫人を, 居た次の間の方, 居た次席の偉丈夫山本さん, 居た歌枕の中, 居た歐米人がヘルン先生, 居た正面を見る, 居た此女の主人, 居た此家の先代, 居た武士から言え, 居た武蔵野は裸, 居た歴史が古い, 居た歴史つきの代物, 居た死骸を引, 居たに志村, 居た殊に亭主の, 居たはその, 居たが綺麗, 居た毛虫を彼, 居たの事故, 居た氏郷に取っ, 居た彌か, 居た民弥が, 居た民謡に正, 居た気位の高い, 居た気性のさつ, 居た水兵の, 居た水原の事, 居た水晶の数珠, 居た水棹を取っ, 居た水雷艇隊を動かし, 居た水面が俄, 居た永井君の舊, 居た永昌寺は小高い, 居たに朽木, 居た汁粉の碗, 居たならしい, 居た汚らしい西洋人を, 居た江戸の初期, 居た江戸文学と江戸史跡, 居た江戸時代の柳橋, 居たのふち, 居た沖縄の音楽, 居た沙翁劇の季節, 居た河原の湯, 居た河童は初めて, 居た法律学校の書生, 居たをみんな, 居た泰子は春, 居た津田なんて男, 居た活東子は死んだ, 居た浅草提灯はなく, 居た浜名屋の次男坊, 居た浜田が急, 居た浩一郎はこの, 居た浪乃は怪しい, 居た浮浪人足の称, 居た海軍大佐金沢午後七時〇五分着同三十分信越線のりかえの, 居た消毒薬の香い, 居た涙香の作品, 居た褐色の, 居た深井清一もこの, 居たはわけても, 居た淺草紙を取出しました, 居たとが両方, 居た清川と云う, 居た渠等の行動, 居た湯村は某, 居た源さんは, 居た源三郎は外, 居た源次郎がバタバタ, 居た教員は, 居た溝口先生がなくなられた, 居た滑稽の感じ, 居た漁船も其, 居たこの漢, 居た潜勢力の發現, 居た澁柿がありました, 居た火龍か鶴屋, 居たで驚い, 居た為二人で縁側, 居た為彼は毎日顔, 居た為采女としての浄さ, 居たはいきなり, 居た烏賊が竹敷, 居た烏首里からニコリスク, 居た無花果を力任, 居た無頼の劣紳, 居た然るに日本の, 居た煙草を唾, 居た照代といつた, 居たの膽, 居た熊沢も一座, 居た爲めに可, 居た父舊知だ相, 居た父親嘉七のこと, 居たなので, 居た爺さんは少し, 居た片手間に私, 居た牛乳屋の家族, 居た物堅い家の, 居た狂気武士がびく, 居たなどはその, 居た狼共は皆, 居た猿類の中, 居た獵師は才丸, 居た玄関からヴヴノワ一人, 居た玄龍が養父, 居たの白蝋, 居た王様は物部氏, 居たらしい魚, 居た理想の芸術, 居た甘藷の蔓, 居た甚五郎は, 居た甚六の爺さん, 居た甚蔵が声, 居たを懷, 居た生命が美食, 居た生徒達の一人, 居た生月駿三は此方, 居た生月駿三片手突きに娘, 居た生活法を持つ, 居た生駒山方面の敵, 居た産婆を副業, 居た産婦人科医の, 居た用語例は此語原, 居た田中正造は手, 居た田中翁が忽然口, 居た田原と蟒, 居た田圃に水, 居た田地を耕し, 居た田崎は空しく, 居た田舎の新聞, 居た田舎出の婆, 居た由ニッケニッケといった, 居た由利公正さんに遇, 居た由名刺屋へ廻り, 居た甲斐もなく, 居た男大正九年の暴落, 居たも調べ, 居た町人である, 居た町人風の第, 居た町役人が口, 居た画家のルンプさん, 居たの土, 居た畑尾にも声, 居た留守中に家, 居た畠山尚慶を迎え, 居た番太郎は江戸ッ子, 居た畫工であること, 居た異人ですという, 居た異様な手袋, 居た當時米國への移民, 居たへ入っ, 居た疑問が近来, 居た疲れを休め, 居た疲労素は運び去られ, 居た病室附の年老, 居た病気がこの, 居た病氣の惱, 居た病院ではある, 居たが見える, 居た痛々しさは, 居た痺れを感じ, 居た癇癪持ちらしい警官, 居た發掘を續, 居たであった, 居た白文の八家文, 居た白木の弓, 居た白樺の林, 居た白猫だ, 居た白雲が次第, 居た百姓衆が各, 居た百米の, 居たの者, 居た盛政の軍, 居た目算がひょんな, 居た目賀田貞之進が愚直, 居た直属の部下, 居た相手だつたの, 居た相棒があつ, 居たつ直ぐ, 居た眞珠太夫も死骸, 居た眞矢を刺し, 居た眞砂町の喜三郎, 居た真に殺し兼ねざる決心, 居た真実の円相, 居たから醒めた, 居た眼玉は生き生き, 居た瞬間に畑, 居たを見開かせ, 居た瞽女が代, 居た矛盾だらけの江戸娘, 居た矢先大変悦んだ, 居た矢先宗光戦死の知らせ, 居た石垣山の陣城, 居た石川という剣術遣い, 居た石橋は躰育熱心, 居た石狩の大, 居た石盤をはふり出し, 居た石見銀山で若旦那, 居た石郷氏の顔, 居た確かにか, 居た磊落書生も始めて, 居た社員がドヤ, 居た祈祷も今, 居た祖母さんも口, 居た祖靈の駐屯所, 居た祝言が更に, 居た神人の力, 居た神功皇后も最高巫女, 居た神文をば証拠, 居た神様は此, 居た神田の五十稲荷, 居た福岡県知事の佐々木, 居た福島が怒号, 居た福鼠が云, 居た私共六七人のもの, 居た私服警官と家の子郎党共, 居た私自身の姿, 居た私達良民の期待, 居たがもう, 居た秋元の女房, 居た秋成は宗了, 居た空善はハタ, 居た空氣が穴, 居たが一同, 居た笑いが一時, 居たを取った, 居た第三者には少し, 居たの皮, 居たよりあんまり, 居たの座, 居た箇所へ畳一畳, 居た箕島刑事が慌ただしく, 居た箪笥の中, 居た箱根名物のお, 居た節子を一寸, 居た節季候は顔, 居た米准那の三字, 居た粂之助と云う, 居た精神生活の変遷, 居た糸子はいきなり, 居たの國屋, 居たは足元, 居た紅鶴を下ろし, 居た純粋の学者, 居たのきれ, 居た紙くずなんかぬい, 居た紙入を取, 居た素性を自白, 居た細々したもの, 居た細かい節廻しの, 居た細引で射取つた, 居た細紐を見, 居た紳士で象皮病, 居た終つてから父母, 居た結び文を知らない, 居た結集唱歌出身の旋頭歌, 居た給仕女が変, 居た經驗がなかつたなら, 居た継母のこと, 居た綾子の眼, 居た緒方先生が急病, 居た編輯局長の織戸友吉, 居た縁側へも廻らなかった, 居たへそれ, 居たい雨, 居た繩付の新, 居たか三尺四方, 居たのないあどけない, 居た罪人の骸骨, 居た署長は腹の中, 居たが発見, 居た美人にでも此, 居た美人画は叔父, 居た美奈子は堪へ兼ね, 居た美女の話, 居た群集の中, 居た義兄の私, 居た羽織を騙り, 居た羽虫ときっと, 居たはむく, 居た老人等は悉皆, 居た老女も今日萬人, 居た老婆がふい, 居た老年の婦人, 居た老母へ向い, 居たへである, 居た者共は自然関東, 居た者達に浅ましい, 居た聖餐の聖旗, 居た職人のお前達, 居た肅親王府であつ, 居たは今にも, 居た肉片を検べた医師, 居たつたかみさん, 居たを負傷, 居た肴屋の亭主, 居た肺病はこれ, 居た背広の男, 居た胡麻鹽頭の博勞, 居たく来た, 居た能役者崩れの杉本友之助, 居た脳病院の記憶, 居たは前, 居たの内壁, 居た自信よりも値, 居た自分パンを入れた, 居た自分等の心, 居た自動車をとる, 居た自然は忽ち, 居た與三郎はさう, 居た與八郎は女房, 居た興世王だから, 居たでいつた, 居た船宿で屋根船, 居たは艪べそ, 居たの白い, 居た色どりの中, 居た色眼鏡の人, 居た色調即ち語, 居た芦名兵三郎は又, 居た花房一郎は, 居た花房一郎後から浴, 居た芸妓が木曾, 居た芸者の事, 居た芸術の内容, 居た若々しいスコツチの, 居た若し又人生, 居た若島中将閣下は哈爾賓, 居た若者をいくさ, 居た若者達も今, 居た若衆ですよ, 居た苦しさを, 居た茗荷畑の前, 居たで読者, 居たと鼠, 居た茶入を氏郷, 居た茶碗を手, 居たにもしつ, 居た草香宮川の両君, 居た荒繩をぐっと, 居たを滅茶滅茶, 居た荷物はどう, 居た莨入だとか, 居た萬之助も歸つて, 居た萬吉はツイかつ, 居た落書の扇子, 居たを小指, 居た蒔絵のし, 居た蒲団が蒼味, 居た蒲團の中, 居た蒲生忠三郎氏郷であった, 居た蓄音器を買った, 居たが自ら鍋, 居た薄墨という大夫, 居た薄汚い手拭を, 居た薔薇が今朝, 居た薩将村田は, 居た薩摩の有馬彦十郎, 居た薩摩隼人の型, 居た薬鑵を投げる, 居た藍縞の一重袴, 居た藤井が若菜, 居た藤井薫の方, 居た藤屋彌太郎の血潮, 居た藤村の優しい, 居た藤田順吉氏この人, 居た藤蔓はあの, 居たの上, 居た虎井夫人が引き受け, 居た處女作を出すべき, 居た處汽車が動い, 居た處義理ある弟, 居たを思出, 居た絞りの, 居た蚊帳の内, 居たもみんな, 居た蜂屋文太郎の掛声, 居た蜂屋文太郎ズカズカと傍, 居たも今日, 居た蝋燭が良雄, 居た蝙蝠傘の一端, 居た蝦夷の血, 居たを捉え, 居たが五月蠅, 居た行司は二つ, 居た行火の裾, 居た衣服の縞柄, 居たの雨戸, 居たに入れた, 居た袈裟で謂, 居た袢衿を一緒, 居た被告人自身が公判廷, 居た裏口の方, 居たを下した, 居たの陰, 居た西山伊織博士や眞境名安興君, 居た西洋と比ら, 居た西洋人ハ下等ナ奴ダ, 居た見ず知らずの泥棒, 居た見物の一人, 居た親分の慧眼, 居た親友だ, 居た親戚故旧との会合, 居た親房程の人物, 居た親族のもの, 居た親父がびつくり, 居た親爺が起きあがりつ, 居た観客は東京市中, 居た角田碩円という旅僧, 居た言葉に出し, 居た温器を, 居た許嫁のお, 居た訴訟を示談, 居たとする, 居たをやめ, 居た読書慾を私, 居た誰かが腹, 居た諸種の動物, 居たは, 居た謬想を根本, 居た警部がたずねた, 居た譲吉は今日, 居た之助, 居た豐原統秋の書いた, 居た豐田の小母さん, 居た豚吉やヒョロ子, 居た財産を自由, 居た財産爭ひが, 居た貧民も肩, 居た責任感から由紀子, 居た貴婦人が故意, 居た貴族政治の昔, 居た買物は風呂敷, 居た資盛の北の方, 居た賑やかな雰囲気, 居た膨れの, 居た赤さんの顔, 居た赤地に細い, 居た赤坊が突然, 居た赤木巴山君を説, 居た赤松が大分, 居た赤洒を雫, 居た越前守は何やら, 居た越前屋に札, 居た足尾鉱毒問題が全く, 居た身躰見ン事お前, 居た身近の五六人, 居た身體はぞつと, 居た軍夫が只今コレラ, 居た輝子をもよく, 居た輪田お紺, 居た輪田夏子だとは, 居た輯製二十万の図, 居た辞職届を出し, 居た辰次がわざと, 居た農夫が怪しん, 居た辺りの人, 居た近習達も騷ぎ, 居た通りカマルー小の兄, 居た通り主人夫婦と養子夫婦, 居た通り女君男君の哥, 居た通り愛国婦人をやめた, 居た通り法律家を呼ん, 居た通り疊んだの, 居た連れの一人, 居た連中何れもうまい, 居た連中気を揃え, 居た遊び人風の男, 居た遊び仲間も蔭, 居た遊女は西の宮, 居た運命の皮肉, 居た運轉手の帽子, 居たは凍り, 居た道具屋のハタ師, 居た道徳律は何, 居た達ちゃんは千世子, 居た遺跡と推定, 居たを三臺, 居たばかりでなく, 居た部下に左京路, 居た部分此が宮寺, 居た部落でも毎年輪番, 居た配達が最早, 居た醜業婦をほか, 居た醫學士の叔父, 居た醫者で近頃, 居たの女達, 居た里芋の茎, 居た重臣の范増, 居ただが, 居た野上さんの評, 居た野津少将は再度, 居た野茨の木, 居た金さんと一緒, 居た金之進が一, 居た金五郎とお, 居た金入れのこと, 居た金兵衞が悉く, 居た金吾という人, 居た金次郎たつた一人, 居たで右手, 居た鈴木がこの, 居た鈴木重遠氏も先輩, 居た鉄瓶はそれ, 居た鉄砲洲の奥平, 居た鉱山はどの, 居た銀脚の簪, 居た銅貨を柳, 居た錢形の平次, 居た錦木幸麿は不思議, 居た錫杖が眞刀, 居た鍵束の音, 居ただ, 居たとを暫し, 居た鐵眼和尚といふの, 居た長い間の, 居た長崎屋の妹, 居た長崎省吾も当時, 居た長田秋濤氏夫妻が住ん, 居た門番の勘藏, 居た間さへ實行方面, 居た間二三日丈見て, 居た関係上春吉の方, 居た陽子は父親, 居た隆造を抱, 居た隣字の, 居た雌鴨は首, 居たがかえって, 居た離室を調べ, 居た有い, 居た雪江中根氏の力, 居た雪駄直しの長吉, 居たが徐々に, 居た雲雀骨の弱, 居たの垂れ, 居た露子はさすが, 居た露月町の辰五郎棟梁, 居た靈石の驗, 居た青年ボーイと少年ボーイ, 居た青年二人は押川君, 居た青春の血液, 居た青木休七郎氏がこの, 居た青菜が一時, 居た静かな部屋, 居たの弟子, 居た非常に沢山, 居た非難ざんぼふが彼の人達, 居た面相をとっ, 居たを一つ, 居た鞏固な意志, 居た退之, 居た音楽が次第に, 居た音楽会があった, 居た頃ルュキサンブウルの公園, 居た頃一人の情婦, 居た頃主人や又は, 居た頃二人は真, 居た頃先では何, 居た頃十八の春, 居た頃南画好きのある, 居た頃喰付いた人情本, 居た頃太閤が朝鮮陣, 居た頃將軍が外國, 居た頃山の上を通る, 居た頃柳博士等と連立っ, 居た頃榎の實, 居た頃此犬は毎, 居た頃父にその, 居た頃番頭が何処, 居た頃筋書を話し, 居た頃組の若い, 居た頃罪案を研究, 居た頃腰元のよう, 居た頃自身達の本国, 居た頃菊の花, 居た頃親戚の藝者屋, 居た頃隣室に日給, 居たは遽然, 居た頬被りで弥蔵, 居た頭脳は祭礼, 居た頼りない尼法師, 居た顔つきは稍, 居た類似の觀念, 居た類焼者の電気局, 居た風呂の中, 居た風呂敷には何, 居た風呂敷包をど, 居た飛行家にナルヂニイ, 居た飛鳥寺から巻数, 居た食料品部を通りぬける, 居た飾り屋の安, 居た養子の馬, 居た饂飩屋の大面, 居たと手, 居た香織という一人, 居た馬車は修善寺, 居た馭者は近づく, 居た駅夫さんを探し出し, 居た駅長が高く, 居た駒草採りの男, 居た駒鳥絹枝も遂に, 居た騒擾からの快い, 居た験しがない, 居たが沈ん, 居た高台の崖, 居た高弟諸氏がドッ, 居た高知名物の市, 居た高輪田は螺旋, 居た髭むじゃな医者の顔, 居たを皮, 居たを前者, 居た鳥子も女中, 居た鳥居甲斐守は時には, 居たが俄, 居た鳴海は鉄砲丸, 居た鳶頭の辰藏, 居た鴈治郎が魁車, 居たが麥, 居た鶏共は不意, 居た鹿沼の病院, 居た麗姫がやがて, 居た麹町の宿, 居た麻布の笄町, 居た黄金のよう, 居た黄金世界であつ, 居た黒い硬いばけ, 居た黒服を着, 居た黒目鏡が南, 居た龍膽の花, 居た龍馬と新宮馬次郎, 居た龕燈を起す, 居た龜藏はソリャ, 居たを対手