青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「居~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~尻 尻~ 尻尾~ 尼~ ~尽し 尽し~ ~尾 尾~ 局~ ~居
居~
~居た 居た~ ~居つた ~居ない 居ない~ ~居ました ~居ます 居り~ ~居りました 居りました~

「居~」 9150, 91ppm, 1225位

▼ 居~ (3362, 36.7%)

31 下さい 27 くれ 21 それが 14 それを 12 何か 11 くれと, 呉れた 10 くれた, さへ, 私は 8 くれれば, 私の 7 くれると, 何を, 彼の, 自分で, 自分の 6 下さいよ, 下さると, 下さるの, 下されば, 何の, 其を, 呉れと, 自分が

5 [15件] くれて, これは, どうやら風, 二人の, 他の, 何も, 急に, 果させねば, 此の, 知らぬ事, 而も, 自分は, 貰って, 身の, 都と共に

4 [22件] おくん, お前の, くれたの, これを, それに, 人の, 何んにも, 却て, 呉れ, 呉れたの, 呉れると, 呉れるの, 外に, 大炊屋も, 夫れ, 左の, 手の, 爾し, 神の, 私が, 立派な, 顔を

3 [40件] お呉れ, くれても, くれるの, くれ俺, くんねへ, くんろ, これも, そこから, とても押しのける, どの区画, ひよつと, 一寸も, 三度の, 下さいな, 下されと, 中, 乱を, 二人で, 先刻から, 其処に, 其絲で, 出て, 子供の, 少しも, 御覧なさい, 想像する, 斯んな, 日本の, 本を, 東京の, 私も, 私を, 聞くと, 能く, 腰を, 見首筋, 言った, 誰にも, 貰は, 貰ひたい

2 [210件] い, いいか, えナ, おくれ, お浦, かう言, かえる, かんじんの, くれたん, くれた方, くれた軍司氏, くれなからうもん, くれません, くれよ, くれること, くれるもの, くれるよう, くれろと, くんな, くんなよ, この様子, これに, こんな事, さうし, さな, さへも, しまつ, そいつが, そこに, そして一羽, そして中, そして声, そして最後, その人, その家, その時, それから, それから休みました, それで, それは, それも, たまるか, つきの, どの區畫, なか, はたらくの, ものの, もらいたいん, やるもん, やるん, よいと, よく, よく皺, よく見, コトコトと, モウ薄暗く, 一切の, 一所に, 下さいね, 下さいました, 下さいます, 下さいますか, 下さりました, 下さるから, 下さるん, 下されお, 下されもとより, 下され人, 下され御酒, 下さろうが, 下すつて, 中に, 中には, 中の, 主人が, 主人で, 主人の, 久しきにも, 二人は, 二十九年ほとぼりの, 五尺の, 些の, 人から, 人を, 今でこそ, 今では, 今でも, 今の, 今は, 今まで, 仕事の, 仕事を, 仰げば, 住むと, 何う, 何うし, 何かの, 何と, 何とか云, 何とも, 何にも, 何んの, 偶に, 先生の, 六月の, 其が, 其れ, 其上に, 其糸で, 割合に, 十手を, 又候不安, 友達に, 口に, 口の, 右と, 呉れたこと, 呉れたらと, 呉れた事, 呉れる, 呉れれば, 呉れ給, 呉んろ, 喜ばば, 土地の, 地獄極楽剣の, 大丈夫でしょう, 大川社長の, 天子様の, 天皇に, 夫に, 女中は, 妙に, 嫁の, 宅へ, 客の, 容易に, 寺の, 尋常科の, 庭の, 弟子は, 彼は, 待って, 従る, 御覧, 心の, 思ひの, 思想が, 怪我人を, 恰度野村の, 手に, 手を, 文を, 時々思出, 次の, 欲しい, 此方へ, 毎日草鞋を, 気に, 水葉稚, 汗臭う, 流石は, 溜るもの, 漢文句調の, 然も, 熱心に, 父の, 片手に, 牛込へは, 犬の, 独立の, 生きて, 申すべし, 男と, 町の, 盃一ぱいの, 目が, 眼に, 矢張一人ポッチです, 石は, 私共は, 窄袴の, 立派に, 竹山は, 而し, 耐る, 胡坐を, 自分を, 若々しい感情, 見るさ, 見ると, 言つた, 言語も, 貰いたい, 貰ふ, 足跡も, 逃出しも, 酒を, 釧路は, 静かに, 非常に, 面白い事, 頂いて, 頓と, 頭が, 額の, 顔は, 馬鹿に, 魚を, 鳴いてるので

1 [2403件 抜粋] Мнеムチーチェリノ, あげないと, あたりを, あの方, あらゆる衣類, あんなこと, あんまり長, いかなる責, いくらか, いずれも, いま見合せた, いろ, いろんな話, うたったの, え, おくれ二人, おどかす積り, お乳, お前行ったら, お愛夫婦, お気味が悪う, お経, お袋の, かえったら, かく答えた, きゃんきゃん調子, くださるの, くれたでしょう, くれたやう, くれたらと, くれたら皆揃うた, くれた親類, くれないお, くれなくちや, くれなければ, くれりゃ多少, くれるよ, くれ序, くんなくつちや, けむるよう, こっちさえ, このアグネス, この男, この附近, これほどの, ござるか, さすがに, さらでだに不, しかも博士, しぐる, しん吉は, すこし煙い, ずぼらな, そうして何, そこの, そこを, そして在, そっぽを, そのニコ, その両わき, その人間, その地, その大切, その引っ, その日, その木蔭, その特殊, その節, その血, そらよと, それから巴里, それでちやん, それで同じ, それに由來, そんな細工, たまらなく好い気持, ちょうど別に一軒, つまらないと, ともにすすり泣き, どうしよう, どうもあの, どことなく一種, どんなに手, なかなかうまい, なにやらん, はじめて逢つた, はります, ひょっとあての, ふうと, ほかい, ぼくの, ぽろりと, また此処, まだ鳴き, まるで誇張, みたいと, みるつもり, めつたに, もう精, もし面, もらいたい, もらうには, もらひたいね, やがて相, やはり襖, やらなかった西京人形, やりますと, やるよ, ゆく, よかった, よく木登り, よく知らぬ, よく面倒, わざとその, わたくしに, ウスイに, ガヤガヤし, ストーブに, ソレで, ノボさんが, ホッサリ, モウ張裂け, ラフワエルの, ルネサンス以降現代迄が, 一つ一つ眞白な, 一一記憶に, 一仕事する, 一寸端艇, 一杯に, 一種の, 一軒毎に, 丁度道子, 三人の, 上の, 上流士族から, 下さいましたが, 下さい少し, 下さったので, 下さらんの, 下さるでしょうね, 下さる貴女, 下されるの, 下せえまし, 不図, 世の中が, 両方とも, 中は, 串へ, 九月一日の, 事々に, 二人が, 二十何年前に, 二疋の, 二階の, 云為する, 五六段の, 亡くなつたさうですよ, 亦年, 人が, 人相は, 今に, 今何れだけ, 今更変える, 今知られ, 介抱も, 仕度い, 他家へ, 会わないと, 住むかさえ, 何だか室, 何とか身, 何ひとつたらざる, 何十年ぶりで, 何時も, 余に, 余計な, 來た, 個性の, 側の, 傍によっても, 働くもの, 元は, 先生を, 入水し, 八把の, 其の一方, 其の人達, 其の夜, 其の真中, 其ま, 其中固, 其処から, 其外につき, 其幼な, 其晩聞いた, 其神の, 其身分に, 内で, 冷えこんで, 出來, 出来ない, 出陣式法の, 分類の, 初めから, 別にめくら, 前のを, 加減よく, 動かざるは, 動作には, 勢の, 医者も, 十町と, 単に祭祀, 厭な, 又一般, 又萩原, 取なし, 口さがなき下婢, 古典研究の, 只今汝が, 可なんて, 台所の, 各々割拠, 同じ仕事, 向臑, 吹聽した, 呉れたと, 呉れたら私, 呉れましたかね, 呉れられる筈, 呉れるであらう成るほど, 呉れる母, 周囲が, 呶鳴つた, 和奴来る, 唇が, 唯煙草代, 啜り鳴く, 四五年立っ, 困る人, 在来の, 地方に, 堅く守る, 墓の, 声かけぬ, 変な, 外からは, 多少人, 夜は, 夜送っ, 大きな家, 大分の, 大将たちの, 大抵そこ, 夫と, 失礼です, 奥様を, 女道樂が, 好な, 如何にも武芸, 始終不平, 威霊を, 嫁入, 字は, 学校へは, 守って, 宏壯な, 宛で, 実は少し, 宴席に, 家業は, 寝食を, 対等に, 小さい唇, 小田島の, 少し突い, 居らぬし, 岡目八目的には, 左右に, 己達ゃア林の, 師匠の, 常には, 平次に, 幸作を, 庇には, 座敷の, 弾いて, 当然向, 彼国の, 彼等も, 待ちたり, 従来の, 御呉れ, 御飯も, 心安くなつた, 心配する, 忙は, 快活な, 思う壺, 恐うございました, 恐ろしく手先, 悪いという, 悲しいつらい目, 意気地なし, 成たけ人に, 或夜非常, 戴いた, 手伝って, 手術最中に, 折に, 指頭が, 揚幕が, 支倉六右衛門松本忠作等を, 故郷恋し, 敲いたと, 料理方も, 新作の, 日々此の, 日本で, 旨そう, 明取, 春の, 是が, 昼から, 時々張扇, 時にも, 晩餐の, 暗号が, 暮した月日, 更に次代, 書物など, 最初の, 有の, 朝の, 木の, 本珊瑚珠, 村の, 来てから, 東の, 柔道も, 案じて, 森木国松とは, 楽で, 様々の, 權現堂村小篠堤にて, 歓楽の, 此処から, 此野郎が, 武芸を, 歸らぬ, 死んだらこれ, 殊に其の, 殺されては, 毎事朦, 氏の, 気の毒な, 水を, 求むれば, 決して人車, 治外法權の, 洋服は, 流星を, 海の, 淋しがる, 港に, 溢れると, 漸く見付けました, 灯ともし, 烏の, 無言の, 煙草を, 熱も, 父さんに, 片手を, 片輪もの, 物思わしげに, 狂言も, 狸は, 猶不足がま, 甚だ不都合, 甥と, 申そうとも, 町から, 番狂を, 病気に, 発した情熱, 百円近い, 皆に, 皿の, 直ぐにそこ, 直ほす, 相手は, 真似て, 眺める海, 眼顔で, 矢張り小ぽ, 知らん顏, 硫黄精煉所まで, 祝つて呉れる, 私と, 私より, 程よく溲, 穴の, 窓枠に, 笑ひました, 答えた, 精神を, 純主観態度, 絵を, 絹の, 総ての, 美し, 義元に, 翌る, 老木の下, 考へれば, 聞き取り度, 肩の, 脆く切れたる, 腹を, 自分達に, 自治的に, 興味を, 色々と, 色彩が, 花や, 芸者を, 苦脩し, 草双紙を, 華やかな, 落葉の, 薄縁が, 蛙鳴く, 蟲を, 行かないと, 行路の, 西方は, 見た, 見たらば, 見ねえ今頃, 見るよう, 見向いても, 見物したる, 親戚の, 観覧人が, 言葉が, 試驗の, 話は, 説明した, 誰もが, 讀んで, 負けじ, 貯金も, 貰いたくは, 貰えないかね, 貰つた警官が, 貰ふたの, 貴方と, 越す冬, 身ぐるみ脱い, 身寄りの, 軒下ばかり, 農夫も, 近付く姫, 返辞を, 退屈を, 途中で, 通常の, 遊ぶめ, 道行く人, 遣過ごしたの, 邪魔が, 都合が, 重さうに, 金二円也, 釣り舟のとを, 銘々勝手な, 銭を, 鐵砲の, 長楕圓形, 閑々として, 陶器の, 随分きらびやか, 隙を, 雑書のみを, 雲は, 青山墓地の, 面白く思われます, 革鞄を, 頂かねば, 頂こうもの, 頭は, 風を, 食い潰し食い潰しって, 飽かず顔, 餠でも, 騷ぎに, 鬢は, 鳴く, 麦藁はを

▼ 居ても~ (707, 7.7%)

87 立っても 18 立つても 12 起っても 8 仕方が 5 たっても, 女は, 溜め息一つ洩す, 物珍で 4 ひとりで, 何にも, 皆の, 私は 3 い, それは, 居なくても, 服装から

2 [30件] いられないよう, いられなかった, いられぬよう, それが, それを, よい, よいという, 不平は, 之れ, 乳が, 二人の, 仕様が, 仕樣, 十八に, 如何なる時代, 寂しい, 居られなくなった, 居候に, 平俗な, 平気で, 心の, 服裝から, 根は, 死んで, 汗が, 筆の, 結果が, 見て, 親分の, 起つても

1 [474件] ああだ, あきなかつた, あとで, あれ丈の, あんなに食べる, いいからずうっ, いいけれど, いいたった, いいだろう, いいと, いいもの, いいよ, いいん, いけないからと, いざとなればどうにかすべてを, いつの間にか飾り棚, いなくても, いまだに手, いよ, いられずに, いられないはず, いろんなこと, ええなんて, おそらくはその, おられず心配, おれも, おんなじだ, おんなじほどの, お上に, お品, お小言, お秀さん, お糸, かうして, かまいませんか, きもち, きりが, こちと, こっちが, このい, この三人, この声, この太田屋, これだけ, こんな苦しい, しようがない, じっとし, すっかり忘れ, ずん, そういふ, そこを, そっちを, そのうち, その人, その効果, その勢, その底, その後に, その日常生活, それこそ, それである, それで互, それで暦, それに, それ以上冷酷な, そんな感じ, ぞくぞくした, たつた一人, たへ, たれ一人味方, ちっとも構わない, ちっとも若い, ぢき, つまらないので, つまりません, でも夕方, どうかする, どうも落付, どうやら燈火, どちらも, なお不足, なか, はたに, はつきり聞える, はでやかな, ひけめ, ひとりでに爪先立て, ほかの, まさかに自分, まさか唯ぢ, まだ子供, まだ木, まだ芸術家, まだ賭博, もう其の, もっと深い, もとの, もはやどうにも, やっぱりがたがた, やつぱしねすう, やはり実, やめられないの, よいからと, よいと, よく解, よさそう, よろしいの, わからない, わたしは, わるひことは, ゐられなくなつ, ゐられぬやう, トロリと, ドンナ着物を, 一人抜け, 一向に来ん, 一夏を, 一方を, 一日位は, 一目散に, 万一し, 万一違っ, 三匁や, 下らないから, 下女は, 下手人を, 不味いからね, 不思議の, 不意の, 中からは, 主人の, 之を, 乱暴も, 二階からは, 互にこんなに思, 五十人も, 些か風情, 京都の, 人に, 人の, 人一人殺した, 人間じゃ, 人間の, 今にデングリ返し, 今日までの, 今更自分, 仕やうあんめえな, 仕様の, 他には, 他人は, 会は, 伯父さんは, 体が, 何うし, 何だか怖くっ, 何となく書生, 何とも仰し, 何の, 何処か, 何処までも, 僕の, 充分嚇か, 先ず治まった, 光君は, 兎に, 其の國力, 其れ, 其云ふ, 其儘に, 其苦痛に, 内々は, 再び逢う, 出て, 出来る丈, 分らない位, 分りますッ, 分りますツ, 分配の, 別に何, 別に疲れ, 到底与へられない, 到底與, 到底駄目, 勘次は, 勝敗の, 北條彦五郎を, 十分食へ, 危険は, 危險は, 却て, 厄介な, 原書を, 又何, 反對, 可い, 可え, 叱られるばかり, 各々が, 各々その, 同じだから, 否でも, 咎むる人は, 嘘を, 困ること, 土木工事の, 圧迫を, 堅くし, 堪らないよう, 報って, 売って, 売つて, 夕食の, 外でも, 外に, 外出先でも, 多くは, 夜中に, 大した役, 大した御馳走, 大して有り, 大丈夫でしょう, 大学へ, 大方の, 大海や, 大腹中, 奉公の, 奥の, 女に, 女の, 女郎買一つしない, 好いの, 好いユツクリ勤口, 如何に, 妻と, 妻の, 始終焦, 姫御前は, 娘に, 娘の, 婆羅門の, 子供と, 孤家である, 学校に, 學問には, 官省が, 宜い, 実にわかる, 実は非常, 実質は, 実際は, 宮原氏が, 容易に, 寒さ, 寝て, 寸分の, 対話以外に, 尊げな, 對話以外に, 少しも, 尚人としての, 居られないと, 居られないよう, 居られない程, 居られぬくらい, 居られぬは, 居られぬ思ひを, 山が, 山で, 屹度旗下の, 川が, 差支えない, 差支えないよう, 差支ない, 巴里が, 帳消しに, 常に樂, 当人や, 彼の, 彼は, 彼奴娘の, 徹頭徹尾好適, 心は, 必ず向, 快い, 快く明るい感じ, 思い出す事, 恋人と, 恥るべきで, 息は, 息苦しくって, 悉皆幾年, 惡者の, 感心しない, 我慢が, 所謂文士仲間に, 手が, 指の, 斯うし, 斯う云っ, 斯んな, 新しい學問, 新羅王, 新聞を, 旅店の, 既に此, 日が, 日本語は, 明るく心, 明石に, 時々人, 時々人生, 普通の, 曲線製造には, 最ういけない, 朝は, 木枯傳次の, 未だ他殺, 未だ客, 末始終お前, 本木に, 本質的な, 束の間も, 東京に, 東女の, 松木立の, 構は, 構わ無えと, 様子に, 此意義を, 此方の, 此等の, 此那ものを, 死ぬるの, 死目に, 殆ど冷汗, 母親の, 毎日これだ, 毛の, 民間には, 気の毒な, 永いとだけ, 汗ばんで, 江戸表より, 決して私心, 決して自分, 決して行, 汽車は, 洲には, 渋い好み, 満州や, 溢るる, 為に, 無駄じゃ, 無駄だらう, 煮えくり返るほど, 物は, 犯人を, 狙った的, 独身者らしい, 猶其の, 猶未だ病, 現在する, 田に, 田舎に, 甲斐の, 男を, 畑に, 畑の, 番頭が, 痛いや, 発想する, 目に, 直ぐに, 直に物, 直に眼鏡, 真夜中には, 眠るだろう, 眼が, 瞞か, 知らせて, 研究の, 碌に, 祇園会が, 神と, 私と, 策でない, 粋じゃ, 精神的, 組の, 結婚は, 結局さうし, 結局類型を, 緒方の, 縛るわけ, 繰り返す所, 美く, 羽織をは, 老けたもの, 聞いたこと, 聞えると, 聞える程, 聞きずてには, 聞き知る事, 腹の, 腹の中は, 自ぼれなけれ, 自分だったら, 自分の, 芳子さんと, 芸術は, 苗屋の, 若く見えます, 若旦那を, 落ちつかず立つても, 落付かず, 落着かね, 行き度, 衣裳に, 見あきず, 見のがさないやう, 見ようか, 見られるよう, 親身の, 観点の, 解るので, 言葉が, 言葉遣ひ, 話相手は, 語だけは, 誰の, 誰も, 誰一人振向い, 談が, 證據の, 谷が, 貧乏に, 起ちても, 起つて, 起ても, 足りない盛況, 跡で, 跳上る, 躊躇し, 近い未来, 退屈さりとて, 逢えなかったり, 遊んでも, 運が, 道を, 酷く身, 重く湛えた, 野呂の, 金三郎の, 金持の, 鍵穴や, 長い幹, 間違つた, 限りが, 随分暑い, 際限も, 雨せ, 非常に, 鞠が, 頭痛が, 頭脳へ, 食えない連中, 食方に, 首に, 香ふよ, 騷が, 鰺炙く, 黒子は, 黒式尉の, 齒癢さに

▼ 居たり~ (392, 4.3%)

91 しが 26 しに 12 して 6 しを, 立ったり 5 ける, した 4 しは, する 3 ける又, しこと, し中, するの, 人の

2 [11件] ける斯, ける時, ける然るに, ける爰, しなり, し差配, し折, すると, 傳吉は, 君は, 然ば

1 [196件] あれを, いそがしくも, うなだれて, お嬢さんが, お染, けるお, けるかも, けるが, けるに, けるほどに, ける偖文右衞門久兵衞, ける外記, ける所, ける扨, ける扨其夜, ける扨道宅, ける是, ける是出し拔, ける段右衞門, ける然, ける茲, ける越前守殿否是, しうち, しがとは, したこと, しつくり, しと, しとき, しとぞ, しならば, しならん, しなるに, しなれ, しやと, しゆゑ急, しよ, しをば, しを以て, しジユウゼツペ, し二人, し女, し彼, し心地, し故, し時, し横笛, し直次郎, し程, し種, し童等, し處, し處其夜子刻頃廿四五, し處頃, し道之助, するからね, するたんび, するにつれて, するので, するん, する間違, する體, せんと, それから公園, なぞ実に多々益々, まことに氣, または一条, また信ずべき, もしくは怒, や, わきへ, ピアノを, ボウルドの, 一體此吉五郎と, 七里ヶ浜江の島に, 万人万様で, 云々と, 伊藤半, 伯爵グイード及び, 何か, 何にか, 僅ながら, 公園が, 其後九助は, 凸凹と, 前に, 匂ひ, 半兵衞, 危うげ, 却つて説娘お, 又は写意, 又は靴, 又七は, 又二人, 又立つ, 友次郎は, 口野の, 只今雅樂頭出門との, 同じ屋根, 喰ふ, 堀の, 多兵衞, 大きな猫, 大きな鰐, 大岡殿大概是を, 夫より, 娘は, 守袋を, 寧児が, 寶澤は, 寶澤側へ, 小さい子, 小便を, 居ると, 山の, 山寺に, 岩吉の, 左袵に, 帆を, 廊下に, 弁天様の, 弟は, 心待ちに, 急に, 悪戯ばかり, 感應院が, 或は昨日, 或日將軍家, 或時店, 或時江戸, 或時雨天, 手紙を, 扨又米屋の, 扨役人方の, 折柄媒人の, 掘割では, 文庫ん中から, 文藏夫婦の, 斯る, 斯日, 既に其日, 時に享保八年, 時に大岡殿藤助, 時に後藤半四郎, 暫時有て, 机の, 柔かい鳥, 横浜へ, 此三人の, 此時原田は, 此時權三助十恐, 此時遙の, 此番頭久兵衞は, 此處は, 此醫者隨分小金を, 歩行い, 毛布が, 気まぐれな, 汀も, 河ぱの様に, 浄玻璃の, 漆黒なる, 然るに其年, 然るに其年十月中旬頃年, 然るに嘉川主税, 然るに曉寅刻頃, 然るに此日, 然るに義長, 然れ, 物置の, 狂氣の, 狭夜, 玩弄物の, 生け垣が, 男が, 碌に, 種々様々, 立たり, 立つたり, 竹の, 算盤を, 羽毛の, 背鰭に, 腰かけたり, 腹を, 草は, 蛇が, 要するに熬, 起ったり, 起って, 起つたり, 酒井樣の, 門へ, 障子の, 鞘の, 音楽が, 頬ずりを

▼ 居~ (349, 3.8%)

12 移した 10 卜した 9 移して 7 訪ねて 6 構えて, 直して 5 卜し, 定めた, 構へ, 直した, 訪ふ 4 して, 占めて, 定めて 3 東京に, 移した地方, 移してから, 移す, 続けて 2 はじめおの, 共にし, 別に, 占めた, 呼ぶよばれて, 定めてから, 定めること, 構えるつもり, 正したが

1 [229件] うつしたいと, うつして, おさわがせ申し, おとづれるすぐ, お見舞い, お驚かせ申し, かえたり, かまえお膝下, かまえた, かまえて, かまえニュージーランド川, かまえ身, かまへ, かまへて, さわがせた罪, しちまったこの, するもの, すれば, せぬならかつて, せらるると, た, たずねしも, たづねあてた, たづねあてたが誰, たづねあてゝほつとした, ちょっとかえ, つたか, つづけた, つづけたり, なおして, なさること, ほっとし, またがぬ前, やってきたの, る夫惣蒐, パリに, 丁山吉六力を, 二十九枚で, 京に, 京都に, 免され, 共にする, 写すの, 創設し, 北の, 卜さう, 卜する, 卜せざる, 卜せし, 卜せられた, 卜そうと, 卜としても, 占むる者アロペーと, 占めさて, 占めたその, 占めたであろうが, 占めたの, 占めたる如信上人, 占めた公卿, 占めた猫, 占め低地, 占め創め, 占め町, 占め鴻雁, 厭ひ, 同じう, 同じゅうする, 命ぜられた折, 営むを, 営んだ, 変ずるもの, 変ずる沙漠, 奨励する, 妨げないで, 始めて, 守つて常に, 安から, 定むると間, 定めあたり, 定めたその, 定めたドム町, 定めた者, 定めても, 定めてるオリヴィエ, 定めぬといふ, 定めようとは, 定められたの, 定められたので, 定められてからは, 定めんと, 定め大門厳め, 定め料理店, 定め過去, 定め静寂, 家に, 尋ねあて, 尋ねて, 崩さずに, 崩して, 平に均す, 建造し, 廻つて居る, 強ゐ, 往訪する, 徙さず, 御池通車屋町西に, 恣に, 想像し, 慕ふや, 慰めるという, 抜け出て, 択ぶの自由, 据ゑたのが横川の, 据ゑようといふ人間について, 探しあて, 探しあてる学校, 揀び得, 敲く泊めて, 斥し, 更へ, 東京から, 東寺から, 構え, 構えしところ, 構えし所, 構えたって, 構えたらよい, 構えた公卿, 構えた阿弖川荘, 構えてから, 構えられた, 構え夕方, 構え蹈鞴, 構え馬, 構ふ, 構へた年の, 歌なかりきの, 正し, 正して, 正しましたが, 求めて, 求める雲雀, 決める直ぐ, 油小路の, 浅草誓願寺門前町に, 爲すに, 異にせなけれ, 直おした, 直し, 直したが, 直しました, 直し京伝, 直し煙突形, 眺めて, 破って, 示して, 移された, 移されたの, 移され既に, 移さんと, 移しこの, 移しその後, 移したが, 移したの, 移したらしい, 移した時, 移した杉並, 移した記念, 移してからという, 移しながら, 移しひたすら, 移し広大, 移し永享元年, 移し浪華, 移すかも, 移すでありましょうがな, 移すとも, 移すにも, 移すもの, 移すクセ, 移す場合, 移す必要, 移す決心, 移す積り, 移す筈, 移す者日, 移そうかと, 移そうと, 空洞の, 築きしところ, 築き鉄砲, 置くと, 襲うて, 見當ら, 見習ひしなるべし, 見舞ふ, 言うよう, 言ふ, 訪うた事, 訪うて, 訪ねた, 訪ねるおとなしい, 訪ねるしばらく, 訪ねるそれから, 訪ねるつもり, 訪ねる昼飯, 訪ねる煙草, 訪ねる腹, 訪ね筑紫亭, 訪ふたが, 訪れたところ, 訪れたなつかしい, 訪れて, 訪問した, 變へて, 転じたので, 輕井澤に, 轉じ, 追はれる, 通山と, 遠く離れた, 隔てて, 離れて, 青藤書屋と, 首府ロンドンに, 駿河台に, 驚かすいつも, 驚かす羨ましい, 驚かす鏡子君

▼ 居ながら~ (342, 3.7%)

6 何も 5 少しも 4 心づかずに 3 何にも, 心の, 自分の

2 [18件] やはり二人ぎりで箸, 一度も, 何故つまらない, 其姿に, 名所を, 夜更かし, 妙に, 平気で, 庭を, 彼は, 新聞記者などにな, 月末には, 毎月二種か, 私の, 而も, 覗く度, 風は, 黙って

1 [282件] あの位野暮, あの演説, あらゆる外景, ある点, あれ誰, いつと, いつの, うすらさむい様, お互に, お前さんは, かういふ事, この世に, この世を, この場, この静か, これも, こんなにも上手, さう, しきりに眠り, して, すききらい, すぐ傍, する農業, そいで, そのよう, その実, その家, それで, それでまだ, それで自分, そんな事, そんな酒, だと, ちつとも, つい転, とう, とうとう出来ない, どうした, どうしてその, どうしても, どうして自分, どうも日本人, なぜお前, なぜ君, なぜ早く, なまはん, なんでも, ひょうげた可愛らしい, ほととぎすが, また手, まだなか, まだ自分, やっぱりその, よく, よくこの, よく出, ろくに顔, わざと気, わざと皮肉, わしと, コツクリと, ソレを, バケツ一ぱいの, バラックの, マア一口に, ミチの, ミチは, 一人一人異, 一度二度世帯持に, 一日も, 一旦海, 一足家へ, 七輪も, 三度三度スープに, 不圖, 了解し, 事が, 事の, 二人一緒に, 二等室には, 互の, 五六丁は, 亢奮した, 人に, 人の, 人は, 人間の, 今まで, 今夜も, 伊勢の, 何う, 何か, 何だかそれほどには, 何といふ, 何となく気, 何とも云っ, 何の, 何商売も, 何故に, 何故分家, 佳肴を, 依然として社長, 兄の, 先生の, 兎角外国人, 其が, 其の癖, 其時の, 其本人に, 其男めを, 其節確と, 其職業の, 凡てが, 出すこと, 切腹する, 卒讀した, 反抗する, 叔父は, 古油筒, 同じ事, 君何を, 周囲が, 周囲と, 味気ない, 唯僕等, 唯女性, 問うた, 器械の, 器用に, 外へ, 大きな声, 大事な, 天地人を, 天鵞絨の, 太平楽を, 奥の, 女は, 姓名を, 姫様御, 娘を, 嫌疑を, 学生らしくない, 安く売っ, 実際自分, 家へ, 家来が, 容易に, 小使部屋でも, 尚仮装, 尚生命, 帰て, 帰らねえとは, 常に憤, 常に此処, 常盤の, 年齡も, 幽霊に, 序歌は, 彼が, 待って, 待てる者, 御存じない, 御無沙汰を, 心で, 心は, 心中無限の, 心掛は, 性交を, 恐ろしい岩疊, 悠然として, 情なき此病氣, 感激なく, 態, 態と知らぬ顔, 戦場に, 手で, 手も, 手を, 振払うこと, 探偵を, 故郷上州の, 敢て, 斯うい, 斯樣, 新吉を, 日が, 日本草創武家の, 日蔭へ, 是なる, 時々まるではなれた, 暗い醜怪, 書生, 未だにその, 本場物の, 桜を, 横着を, 歌合せ, 此哲學を, 此山の, 此様な, 死なないで, 死人の, 死骸が, 殺すべ, 母に対しては, 母親でも, 気違いじみた, 水草の, 汝と, 江戸の, 法然上人の, 浮子が, 海上海底の, 瀑が, 煙草の, 熟, 父の, 狭い社会, 猶かうし, 猿轡を, 生ける心地, 用を, 男色に, 畑の, 病院の, 皆簑笠で, 皆自分が, 皆蓑笠で, 直ちに短銃, 相手が, 知らして, 知らない風, 知らんやつ, 知らん顏, 硝子越に, 私にも, 私達の, 稻葉丹後守樣の, 立つて, 立派な, 竟に, 紛々として, 聊かで, 聞きたいの, 胸が, 自分ぢや, 自分は, 自分も, 自分一身は, 自然劔法の, 舞台における, 色々思い廻し, 花魁の, 茂之助は, 草刈にでも, 見ゆる人影, 見渡されるだけの, 親方様の, 言った, 詰らない愚, 話を, 諦めの, 諸州の, 超越した, 遂に政府, 道具は, 遠くの, 遠方から, 酒の, 金剛葛城の, 銭に, 陰では, 雇人たちの, 静かに, 順序を, 顔を, 食物は, 餘り, 馬鹿な, 鳴物も, 黒田家の, 默つて居る

▼ 居ては~ (197, 2.2%)

4 男を 3 いけないと 2 いけないよ, いけないん, 仕方が, 困ること, 打や, 此日が, 迚も, 都合が, 際限も, 駄目だ

1 [170件] いかないよ, いかんと, いかん先, いけない, いけないお, いけねえ姉さん, いけませんが, いけません医者, いつまで, うっかり可愛らしい, うつかり, おそいと, お兄様, お嫌, お琴, お百合, お葉, かかり合いに, かなり気, くれなくなるし, こういう機会, さっぱりじゃ, とてもたまらない, とても成就, とても當分, とんと踊りよう, なお掏摸, ならないと, ならなかつた, ならぬ, ならぬから, ならぬこと, ならぬと, ねえ, ほかの, まずいと, やがて立つ瀬, よくない, ろくな事, わかったこと, オランジェー, 一向分らず, 一年しか, 一指をも, 不都合です, 世の中が, 世の中を, 主婦が, 事分らず, 事面倒だ, 人から, 人の, 人出入も, 人眼に, 仕様が, 仮令自分, 住んで, 何かに, 何事を, 何時が, 何時迄, 倅壹岐の, 僕達に, 全く活動館, 凡そ扱, 出入りの, 切りが, 列國競爭場裡に, 到底出来る, 危な相, 危の, 却つて文化の, 又のこ, 口に, 只彼, 合圖をかは, 呉れませんでしたが, 商賣, 善くない, 嘸肩, 困るからな, 大変だ, 大間違が, 天道樣の, 妾厭だ, 宜くね, 家業に, 實に, 少し義理, 巨人の, 常に几帳, 平次でも, 幾らお, 座敷へ, 御政道, 復思ひ出した, 必ず何, 忸怩し, 思いがけぬ話, 思ひ出した時, 思ふやう, 怪しう, 悪い, 情念の, 惡から, 戀人達を, 成らぬから, 成らぬと, 成らぬ様, 所謂る, 折角此處, 押入る気, 持病が, 操が, 救ふてやる, 日々の, 時には普通, 有っても, 村人に, 検視の, 極りが, 歌によ, 気が, 気づかいで, 気を, 氣が, 氣兼だ, 水一つ汲まぬ, 決して許されない, 淋しいし, 済まん事, 甚だお話, 生存競争で, 看護に, 秀子の, 私は, 究屈なり, 端役には, 縁喜が, 罰が, 自分の, 色若衆の, 若しさっき彼, 苦しく楽, 見られない鮮やか, 詰りませんから, 話も, 貴君の, 貴方の, 費用も, 足りなかろうから, 身代限り可愛い, 軈てざわ, 軍気は, 返し度く, 還らんから, 邪魔に, 金を, 間に合わないから, 険呑だ, 際限が, 露顕の, 露顯の, 面倒だ, 面倒なり, 面倒ゆえ宥め透し, 面目なく, 音は, 養蚕する, 魚は

▼ 居~ (172, 1.9%)

4 厄介に 3 客と

2 [12件] うちに, こりの, すさみなり, つれづれ洒落, 事を, 住居が, 句会へ, 御影古, 日を, 移るに, 窓のうは, 身だ

1 [141件] あいだに, ある所, うなったは, お坊様, こつてし, こりと, こるの, したしさ, しづけさや, すさまじう, ために, だ私, ていたらく, であるが, です先生, ところへ, なかで, なぐさ, やうな, よさ, よし隠者, よろこびに, よろしさ, 一夜は, 一隅に, 一集団を, 上で, 下宿生活を, 不明に, 中を, 事が, 事文藝風聞録に, 人, 人の, 俗に, 僧として, 僧などは, 僧の, 其翁, 別莊, 前には, 加持の, 古木と, 名で, 名蹟, 地である, 地として, 地は, 址である, 城あとの, 域なる, 場所を, 夏という, 夏に, 外であり, 夜ゆくりなく, 夢, 字を, 安からぬ, 宛て字からも, 家庭を, 宿の, 宿題を, 屏風開に, 役を, 後に, 後暫く, 後筆硯に, 御体, 御厄介, 御所へ, 御様子, 心を, 恩恵を, 恰好で, 情, 意味なる, 意義が, 愚かな, 所在である, 所在を, 方々へ, 方々只今追う, 方からは, 方の, 日薩大久保一蔵長ニ使者ニ来り, 時であった, 月見は, 村は, 来たり, 杯の, 柱に, 様など, 様子だった, 気もちで, 河童の, 海峡句会へ, 淋しき姿, 淋しさ, 無聊を, 煩しきを, 牢人一名が, 物淋しき暇々, 生活を, 界に, 神が, 祭に, 第一印象, 筋を, 絶縁した, 者と, 若鷹, 荷物を, 記を, 詩に, 話などを, 話を, 説のみ, 説のみを, 説を, 諸天, 護持僧を, 買占が, 跡に, 身と, 身として, 身の上だってな, 農夫也き, 遠鏡, 釘から, 門下の, 門外を, 間で, 間という, 間の, 間一方は, 雅名に, 雙生が, 青年会へ, 音は, 鴫し

▼ 居どころ~ (144, 1.6%)

4 を知っ, を突きとめ 3 が悪かっ

2 [16件] が, がない, がわかった, が決まる, のせい, の悪い, は僕, は定まった, もわかる, も定めず, をお, をつきとめ, を吐かせよう, を御存じ, を教えろ, を知らない

1 [101件] お槍, から飛びあがった, があらかた, がしるし, がまだ, がわからなく, がわかります, がわかりませぬ, がわるかっ, がわるく, が分っ, が分った, が判った, が判らねえ, が判りました, が判明, が変っ, が惡, が知れ, が知れた, が知れない, が知れねえ, が知れました, が設けられ, が遠い, が都, さえわかっ, だけを教え, って奴, ですが, でも, で剣つくも喰, というもの, なら知って, なんかちっとも, にする, についてはささやき, については心痛, によっては時々, によりなかなか, に困る, に眼, に立った, はたしかに, はちゃんと, はわからねえじ, はわかりました, はわかりますまい, は下谷, は判らず, は判る, は勿論, は當つたぢ, は的確, は知れた, は知れました, もお, もわからねえ, も名前, も当たり, も決して, も皆目, も知っ, も知らせない, をおまえ, をかえ, をくらまし, をさえ知らない, をさがし, をぞんじ, をたより, をつきとめよう, をどこ, をはっきり, を一刻, を云わねえ, を他人, を告げる, を変え, を変えた, を得た, を持っ, を探しあぐん, を探しあて, を探し始めました, を教え, を教えた, を明かす, を狭められた, を知った, を知つたの, を知らせ, を石燈籠, を確か, を示し, を突きとめた, を突きとめる, を突き止められた, を突き留め, を見つけ, を言おう

▼ 居~ (135, 1.5%)

19 アがる 10 がる 6 あがる 4 アがった, アしない 3 がるな, がるの, がれ, はりますか, アがって 2 あした, あしない, がらん, がらア, がるん, はつた, アがれ, アしねえ

1 [61件] あがるん, あがる余, あがれ, あしねえや, あしません, い, うとさ, がらあ, がるぞ, がるだの, がるだろう, がるちやん, がると, がるとか, がる地主, がる老耄め, がれ岡っ, はつて, はつてなー, はらぬ言うて, はらへん, はらんければ, はらんしな, はらんとこ大好き, はらんもん, はりな, はりま, はりました, はりましたの, はりました巾着, はります, はりますがな, はりまッか, はる, はるえな, はるかどうか, はるか居や, はると, はるはず, はるや, はれへんし, はれへんとこ, ひやりましたが, びいたる, へんの, へんや, アがらア困った, アがらア手前己惚る, アしません, アしめえ, アせぬ, アせん, アな, ア仕ません, ア仕無い, 且此度の, 匂いには, 小米花, 平田の, 申聞すべし, 都の

▼ 居~ (109, 1.2%)

9 気を 6 しないかと 5 しない, 心を 4 しないか, せぬかと 3 しない祖母さん, 氣を 2 しないの, しなかつたらうか, しまいか, しまいかと, しませんでしたか, すまいか, すまいかと, せぬか, 余と

1 [52件] あながち仮病, いたものの, おだやかな, しづかだ, しづかであた, しづかな, しなかったか, しなかったが, しなかつたが, しませんか, すでに都外, せなかつたかと, せぬかといふ, せぬかとも, せぬが, たしかに臥竜窟, なか, なつかしい入, めいろ君, 一つで, 万事が, 予想通りで, 井桁の, 仕ないので, 出来ないと, 去年の, 四郎左衞門善右衞門井戸源次郎成ぞ, 堪らないと, 好きに, 家も, 常に城堡内, 常陸の, 平太夫, 志を, 惶れ, 所謂猫足なる, 拡張せられ, 数年前の, 春風駘蕩だ, 松の, 海光山長谷寺の, 皆山人としての, 直ぐに, 神に, 空と, 純潔な, 藩の, 誰々じゃ, 賑やかだ, 追ては, 難破船の, 風雅の

▼ 居~ (107, 1.2%)

22 うな, へすれ 11 うです, つし 4 うで, へすり 3 つせるの 2 うだ, うもない, っしゃる

1 [24件] うだが, うだと, うである, うでそれ, うでも, うで反, うで我慢, うで清左衞門, うで顏, うなと, うなんだよ, うは, うも, うもない海辺, うもない自分, うもなく藤屋, うも無, うも無いのに, う戸棚, したいも, っしゃったが, っしゃらぬことはござりますまいが, つせること, つせるで知らせ

▼ 居~ (107, 1.2%)

4 けり 3 つけて, どうと

2 [11件] はたと僵, むかひこれ, 安ぜ, 安ん, 帰る, 約せしとぞ, 語て, 語りければ, 謂曰此ねり, 食客たり, 魅されたるなり

1 [75件] あがった, おちつくお嬢さん, かける, くつろぐこと, この幸福, ころげこむ, して, ちよつと, ついたの, ぶらりと順礼, わたくしが, 一憩新喜楽にて, 一月二十八日河北新報社の, 下車, 付き其前日私方, 付彌, 会す, 倒るれ, 倒れ, 倒れて, 倒れながら, 僵れ, 動と, 告げて, 問うた, 在りし時, 地下足袋を, 堪ふべ, 売込み黙って, 大山君を, 寄つて夕飯と, 寄つて新聞を, 寄つて米代返金債荷一つ果して, 寄る, 寄るやつぱり一人, 寄る不在, 寄る御馳走, 帰りて, 当って, 往き掛塚, 従ひ, 從ひ, 御衣を, 招待され, 持来る, 撞と, 星城子君は, 歸る, 泊つたとき坊ちやんが, 泊る星城子君, 深く閉じこめられた, 深寝入り, 滞在し, 玉の, 相違は, 着いた学校, 移せし時, 立ち寄つた, 立ち寄つて, 立ち寄る若い, 立ち改進, 立寄り帰船, 等しいガラン堂, 腰を, 茶室を, 草鞋を, 落ちつくくつろいで, 落ちつく夫妻, 誘はれて, 貰いてえ, 赴き晩餐, 近い大森, 近くだいたいに, 適する場所, 集まりの

▼ 居~ (83, 0.9%)

3 を教え, を知っ 2 にもほ, を突き留めた, を聞い

1 [71件] がお, がその, がなくなる, が分った, が分つたと, が分らなくなる, が分らん, が分れ, が判らない, が少し, が知れ, が知れた, が知れない, が知れました, が知れる, が確まつ, が移っ, さ, さえも知らず, だけは知っ, で話, とにより, とも解せられ, とも謂うべき, と定めぬ, と見た, と見られた臥し, にもほっと, に最も, に随, の一, の姿, はお, はまだ, はわからない, は墓誌, は居, は平安京右京, は杳, は違ったらしい, へ踏込み一刀, もございません, もない, も同じ, も知, わかなく, をかえ, をきらう, をさがし, をしらし, をたしかに, をだ, をむさぼり, をわれわれ, を作り, を其人, を別, を占め, を君, を変った, を嫌われた, を安堵, を得, を探す, を替えし, を烏, を狭め, を知, を知らなけりゃ, を訊い, 知れ討ち取らるる例

▼ 居宣長~ (68, 0.7%)

532 と云, ののこした, のやう, のよう, の思想, の高弟

1 [48件] いづれも, から平田篤胤, がなかっ, が七十三, が儒仏, が終生, その人, その弟子, その賤役たる, であった, でも殊に, となり, とはあの, などは仁義忠孝, などもなかなか, によつて發見, によれ, に訣ら, のこの, のごとき, の位置, の功績, の古事記傳, の戀愛觀, の故里, の時代, の流れ, の生涯なぞ, の筆, の言葉, の遺著, の馭戎慨言, はこの, はツチ, は子ども等, は新しい, は次, は此解釋, は神代, また然, もいっ, もそういう, もまた, や動詞, や平田篤胤ら, や鈴木重胤等, を想い見る, 本居宣長

▼ 居ながらに~ (66, 0.7%)

42 して 2 世の

1 [22件] いいえもの, 世界中の, 出來, 分って, 取って, 取引が, 受けて, 合戦の, 天下の, 将軍家公許の, 屋形の, 山の, 平気の, 把握出来る, 皆わかる, 皆知った, 直ちに彼, 眺めわたすこと, 見ること, 風景を, 食べられるよう, 馬ツ子に

▼ 居そう~ (65, 0.7%)

9 な気 5 なところ 2 なけは, なの, な処, な所

1 [43件] だ, だが, だと, だ密旨, だ爾, である, です, では, でもあった, でやり切れない, で今にも, なかお, なので, なのに, なもの, な事, な人間, な処々, な場所, な女, な小さな, な感じ, な方向, な明り, な時, な気勢, な石, な純, な顔, な鼻, にない, にみえる, にもない, にもねえ, にも見えない, に思う, に思っ, に暗い, もありません, もない, もねえ, も無い, も無かっ

▼ 居~ (60, 0.7%)

11 ている 4 ていた 3 て居る 2 が頓, てゐる, に拳

1 [36件] が此度斯樣, てあげましょう, てい, ています, ておった, てからは世間, てくれる, てこ, てその, てたくさん, てはお前, てはとりこうに, てもう, てよ, てわが, てゐ, て一時行い, て出でず, て夜毎, て居た, て年々季節運気, て歿, て謹慎, て警視庁, て長閑, に主人, に今日隅田川, に彼, に生長, に頓, や又, 一時は, 三輛の, 世界の, 四方の, 関ヶ原以来は

▼ 居~ (58, 0.6%)

2 でございます, 一向仕事

1 [54件] あた, いた, いだずらば, お力の, かな, これは, せう, だけれどね, だつたの, だと, だろうだが, ぢや, でございましょうか, なさったので, なさった若子さん, なさらあ, なされたの, なされましたこと, なさんしたか, なの, のか, ぶらぶら遊ん, めづらしくも, よいもの, られる事, ラツキヨウを, 丘の, 両人を, 主人に, 会合する, 会談会飲, 受け取つた, 句会した, 句会時雨亭さん白楊さん青炎郎さん鳥平さん善七さんさんに, 壺に, 奥さんのな, 戸を, 手写した, 教へ, 星城子に, 朝飯を, 泊めて, 浪花節を, 漫談, 眼鏡を, 稀也送別句会を, 米一升分け, 肥えたと, 蝉口に, 西に, 酒酒酒, 重錐時計, 雑草句会いつも, 雑談

▼ 居睡り~ (55, 0.6%)

22 をし 4 の夢 3 の膝, をする 2 ばかりし

1 [21件] かをするだらう, が出る, と涎, ながら笑つて, にある, に提供, に誘われる, もしない, もせず, をしはじめた, をつづけ, をはじめる, を初めて, を始め, を始めました, を始める, を止め, 半分に, 半分仕舞湯に, 姿で御座います, 柱

▼ 居する~ (49, 0.5%)

2 自分の

1 [47件] おげん, お倉, お民, お種, から兄さん, ことにな, ことによって, であらう, には川棚, により, に似合, に反し, に堪ぬ, の処御, ほかない, まで当分, ものだれ, ものの, ものは, よ, ように, 事に, 人たちの, 人影も, 仕事の, 八ヶ岳の, 外ない, 女の, 女達ばかり, 子供等の, 家, 家の, 家番の, 師鉄胤の, 彼等の, 彼等を, 心なく, 怪人集団は, 東京の, 母や, 気配も, 水域に, 浮浪民の, 渦巻で, 私の, 継母や, 街道名物の

▼ 居~ (48, 0.5%)

5 っている 4 ってい 3 りの 2 ったまま, ってしまった, りを, り組

1 [28件] ったという, ったの, ったよう, ったナチス軍, っていた, っていたら, っていましょう, っていられる, って出, って動かなかっ, って夕食, って契約, って雨, つた, つちや, りじゃけに, りだね, りて, りで, りとな, りながら, りに, り両, り人, り状態, り直したらば, るぞという, るよう

▼ 居たる~ (47, 0.5%)

2 をり, 儕輩も

1 [43件] うちに, が不, が余, が兩人, が如く, が此聲, が此處, が相談, が頓, にお, にぞ理左衞門, にぞ頓, に三節, に不, に全く, に強く, に彌, に或, に此家, に渡船, に漸, に疾, もの, ものならん, ものなり, ものには, もの多き, も昨年中同人, や覺束, を以てまさかに, を何ごころ, を何心, を其儘, を同じ, を忘れし, を見, を證, 千太郎を, 所彼等は, 故中, 書生の, 梅子今まお, 母は

▼ 居~ (42, 0.5%)

9 の好い 4 が好い, のいい 3 は悪く 2 がよかっ, のえ, の可

1 [16件] がいい, がよかつ, がよく, がわるく, が宜, が据ら, のよかっ, の善, の悪い, の知れた, は何, は可, も好い, よきまま, よく整っ, よさそう

▼ 居ちゃ~ (41, 0.4%)

2 アいけない, アいけねえ

1 [37件] あの犬潜り, あんまり面白い, いけない, かえっておれ, しかたが, そこまでは, つまらない二人, もうこっち, るん, ろくな事, アいかんあ, アいかん何だ, アいかん己は, アいけ, アいけません, ア仕様がねえ, ア小遣取りが, ア生涯ウダツが, ア衆人の, ア講釈でも, ア身体が, ア迚も, ア露, ア飯が, 一日や, 勿体ない位, 危い, 娘は, 拙い正, 描けません, 気が付きませんが, 涼み櫓位が, 癪に, 眼障りだろう, 言いにくい, 話せない, 駄目だ

▼ 居ながらも~ (33, 0.4%)

2 信之親子と, 四六時中それが

1 [29件] いつの間にか千世子, しずかな, その淋し, その美, なお何等, 二合飲みほし, 何となくこの, 全身の, 其跡先に, 十三夜の, 口を, 只ソレ, 多勢の, 手を, 旗の, 時々は, 時々細目, 時々舊教, 曾ては, 此から, 此人の, 熱心に, 理想だけは, 白銀の, 直ぐ其理由, 矢張り玉突きの, 碁の, 簡素な, 藩の

▼ 居~ (32, 0.3%)

32 ふ, ふを

1 [25件] え名論卓説, ひしとき, ひしのみ, ひしは, ひし安達夫人, ひし日, ひて, ひぬと, ふぞ, ふぞと, ふとおぼし, ふとき, ふとも, ふと委細咄, ふと思ひしなら, ふなれ今, ふに, ふので, ふやと, ふ家, ふ間, へとて夫, へば御, へり, へるを

▼ 居ちや~ (31, 0.3%)

4 いけねえ 2 いけないと, いけませんよ, ろくな事

1 [21件] あつしは, あんまり面白い, いけない, いけません, いけませんぜ, お琴さんだつ, お長屋, さぞ腹, じり, 剃り上げないうち, 助かるの, 危ないから, 困りますよ, 困るから, 寒くて, 潜る工夫, 聞かうと, 若い娘, 苦しからう, 見付からなかつたかも, 話されないこと

▼ 居~ (29, 0.3%)

1 [29件] あつい風呂, いそぐ折, いつしよ, おしかけて, ころげこんだそしてまた, そして三人, だ, とびこむ客来, めでたし冬村君, よばれて, 一年ぶりの, 出かける君, 出かける風呂, 因縁が, 奥さんの, 学校へ, 届けろと, 御馳走に, 押しかけて, 推参する, 推参案の, 新聞を, 自働車, 落ちつく兎子君, 落ちつく心から, 行くしんみり, 行く闘牛児さん, 近づきかけたこと, 送りとどけること

▼ 居やう~ (29, 0.3%)

2 あゝ可愛さうな, けれど相手

1 [25件] かしらもう, かなあ, か生きた, が其重, が大, が己, が後生, といふ処, といふ時, とおつし, とはた, とは全く, とは夢想, とは思はれません, とは思ひませんでした, とは気, とは知らず, とまで信じ, とも一切, とも思はれなかつた, と决心, と釘, などとは夢にも, も知れぬだ, 助かるまい此処

▼ 居合わした~ (25, 0.3%)

1 [25件] ことも, ので不法, のを, 主人は, 主義にも, 二十名近くの, 人々の, 人々は, 人は, 会葬者は, 供頭らしい, 半分真黒けな, 客は, 客引きは, 店の, 懇意の, 数人の, 者たちへの, 自身番の, 舎弟の, 若い者, 詰め所の, 警固の, 車に, 道具方に

▼ 居~ (25, 0.3%)

1 [25件] が書きのこした, が滑稽, が独断的, が疑われた, すらその, と吉田博士, にはそれ, のよう, の刑罰論, の古今集, の引用, の弟子斎藤彦麿, の所説, の所謂物, の肖像, の解する, の言われた, の門人, は, はその, は字音, は物, も口さがない, も既に, も日本

▼ 居~ (24, 0.3%)

1 [24件] いいよく, いっては, いふ, さだめてから, なすすでに, なすに, なって, なつて, なると, 一洵居とに, 云うだけしか, 云ふ, 任官とが, 住に, 名づけて, 囲炉裏の, 平田の, 書くの, 為す豈, 猪とが, 申けれ, 称えたという, 触れたからには, 言ったって

▼ 居~ (23, 0.3%)

5 けりや, んだ 2 ぃがった, ぃな 1 けあ, ささうな, づむも傚はず, ので龍顔, はいや, はるか, ば嘸や嘸, 一旦詫, 大きな聲

▼ 居まわり~ (22, 0.2%)

1 [22件] がひっそり, が居まわりな, が居留地, でやっ, で見掛ける, にはござりませぬ, には廃墟, には見掛けない, にも羽織袴, に在り, に寺, の人, の修繕, の回向堂, の屋根, の板屋, の砂利場, の長屋連, はさすが, は云う, を気持ちよく, を立ちつ居つ

▼ 居廻り~ (22, 0.2%)

2 の物, は薄寒い

1 [18件] でしたが, で湯帰り, にある, には娘, には片ら, に在る, に隠し, に隱, の一番, の下っ, の家並, の豪家, は日本橋, をうろつい, をウロウロ, を朝, を視回す, ヨ念入り

▼ 居~ (20, 0.2%)

3 の言 2 の上書

1 [15件] が上言, が言, たから, たが, たよ, た私, というもの, と主人, と折, と武, と間近, の, のネ, もの, を獄中

▼ 居さうな~ (19, 0.2%)

3 ものだ, 気が

1 [13件] ことに, ことを, ところに, のが, のは, ものです, ものと, ものを, 中年女を, 処が, 所に, 所を, 程鬚が

▼ 居~ (19, 0.2%)

2 手を

1 [17件] あた, きちんとし, しない姉さん, し居た事, する, せで用, せぬ奴, せぬ戸, できずお, ほかに, ますます繁昌, また一ト頃, 同様な, 心苦敷又, 星城子居も, 苦しいの, 黙壺居

▼ 居~ (19, 0.2%)

11 をし 1 が出る, だ, でもし, でもする, に終に, の練習, をする, を始めた

▼ 居っし~ (18, 0.2%)

8 ゃる 5 ゃった 1 ゃいましたねえ, ゃるお, ゃるお月様に, ゃるのを見る, ゃる母様の

▼ 居~ (18, 0.2%)

3 の詩

1 [15件] が夢, が自分, が貧堅志士節, が踵い, が雅懐, その人, とか詩人たち, などが老, の, のこの, の亡くなった, の書, の蝉, の詩書, は勿論

▼ 居~ (17, 0.2%)

3 りて

1 [14件] った, っている, って休息, つた, つてる義雄, りの, りを, り前, り役, るもの, るやう, る事, る者, 致す者

▼ 居~ (17, 0.2%)

2 が分つたと, にもほ, をたしかに

1 [11件] が確まつ, となりぬ, と定ま, なしといふ, なしに, に關, へ當宿, や木々, をかい, を守る, を明けさせた

▼ 居古井警部~ (16, 0.2%)

1 [16件] が鋭く, である, の前, はちょッ, はみるみる, はキゲン, はサントリーウイスキー, はニッコリ, は両, は光子, は目, は立ち上っ, は背延び, は葉子, は部屋, は長い

▼ 居平田~ (16, 0.2%)

8 諸大人 4 の学説 1 といふ樣, などの大学者, の古学, の國學

▼ 居~ (16, 0.2%)

5 の説

1 [11件] がまず, が卑彌呼, が是, に從, の同書, の此論文, の舊説, の馭戎慨言, は卑彌呼, は異, を祖述

▼ 居ごこち~ (15, 0.2%)

3 がいい 2 のよ 1 がよい, が悪い, が悪く, だった, などおよそ, のいい, はあまり, はまた, も良かっ, よさ

▼ 居たりしかば~ (15, 0.2%)

1 [15件] 久八は, 信長の, 大岡殿少し, 大岡殿詞を, 大岡殿長庵を, 家主嘉右衞門は, 寶澤其男に, 建部は, 是は, 是はと, 是も, 無量庵は, 理左衞門は, 越前守殿も, 越前守殿然

▼ 居先生~ (15, 0.2%)

1 [15件] が今在, と違う, なぞが, なぞの教えた, などが今在, などはそれ, などは常世, などまで根の国, にも似合わず間違っ, の, のみならず, の方, の日記, の歌, の説

▼ 居流れ~ (15, 0.2%)

6 ていた 5 ている 1 たり, 弁護席はと, 晁蓋たちは, 杯を

▼ 居さえ~ (14, 0.2%)

10 すれば 1 しなければ, すりゃいい, すりゃこんな, すりゃ大丈夫

▼ 居づらく~ (14, 0.2%)

3 なって 2 なつて 1 て飛び出したがる, なったの, なったわけ, なった者, なつたんだらう, なりつぎ, なる, なるだろうし, 思ふわけ

▼ 居なら~ (14, 0.2%)

4 んでいる 3 んだ 2 んでいた 1 んでいらっしゃる, んでみな朝陽, んで今, ん何ぢや, ん重々不

▼ 居~ (14, 0.2%)

5 はりの 4 はりに 1 はりで, はりにも, はりは, はり葛西の, へんけれど

▼ 居から~ (13, 0.1%)

3 新聞を 1 やつて, 刊行した, 土間に, 嫌いだ, 少し上流, 新聞と, 杉戸屋の, 緑平居までは, 青紫蘇の, 頂戴した

▼ 居心地よ~ (13, 0.1%)

3 さそうに 1 さが, ささうなし, さそうで, さそうな, さそうよ, さです, さという, さに, さも, さ落着き悪い

▼ 居辛く~ (13, 0.1%)

2 て浅草

1 [11件] おもうのみ, て住替え, なったそう, なって, なつて, なり, なりいつと, 思うか, 思ふこと, 昨日ある, 東京へ

▼ 居~ (12, 0.1%)

2 家に 1 あった, 下を, 任官に, 何の, 去年の, 徒然な, 或る, 明治五六年の, 残って, 行器と

▼ 居さうに~ (12, 0.1%)

3 思はれる 1 なかつたが, もない, も思はれない, も思はれる, も思へる, 思ふ, 思ふが, 考へる, 見受けられた

▼ 居~ (12, 0.1%)

2 が, つけおんす, のでヤ, 居だ 1 いつもか, し春庭先生, っていうこっ, 何の

▼ 居つい~ (11, 0.1%)

2 てい 1 ていた, ています, ている, てくれる, てしまわね, てます, てみる, てゐた, て十日

▼ 居づらい~ (11, 0.1%)

1 [11件] ことは, だろうと, では, に相違, ので, のは, はずだ, はずの, らしく暇, 事情が, 気が

▼ 居合わす~ (11, 0.1%)

1 [11件] ものは, もの総出の, 一族と, 人数の, 処で, 古女房, 四五人は, 宿役人らを, 将士を, 幕将四五を, 馬車の

▼ 居~ (11, 0.1%)

2 の道徳 1 からは銅製, の区域, の大, の大事, の実際, の徳義, の極意, の私徳, の細目

▼ 居たりけり~ (10, 0.1%)

1 さ今, 傳吉も, 又小僧, 善助は, 扨又雲切仁左衞門は, 斯て, 然ば, 然るに正徳三年癸巳, 翌日伊勢屋の, 長庵

▼ 居たりと~ (10, 0.1%)

2 云ふ 1 いふ, すれば, やうに, 云い月読尊, 云う, 大聲揚, 申す, 見え特に

▼ 居どこ~ (10, 0.1%)

2 を突き留め 1 が判ったら, が知れなく, の知れる, はまったく, をさがし, をわざわざ, を知った, を突きとめ

▼ 居付鮎~ (10, 0.1%)

42 が残した, は実に 1 のやう, のよう

▼ 居宣長翁~ (10, 0.1%)

21 がはじめて, でもおれ, のこと, の弟子, の時代, はその, は除害主義, もやはり

▼ 居~ (10, 0.1%)

2 え方, かつた, 所有 1 えだらう, なッ, 幾, 幾先生帰伊州予亦雲遊四方数歳而帰郷

▼ 居した~ (9, 0.1%)

1 があなた, この思ひ, その草全体, のを, 団員が, 塚原, 子, 後まで, 者たちは

▼ 居てさえ~ (9, 0.1%)

1 どことなく力づよい心持, どんなにか, ひどいもの, 人並外れた, 体が, 可笑しな, 帰りたい帰りたいと, 此れ, 河身を

▼ 居てね~ (9, 0.1%)

3 ぼくの 1 丁度いま君, 二人兄妹だ, 姉さんが, 或る, 是非読ん, 身体が

▼ 居よう~ (9, 0.1%)

4 も知れぬ 2 が居まい, も知れない 1 が真に

▼ 居~ (9, 0.1%)

7 の鯛 2 きわまる也

▼ 居無い~ (9, 0.1%)

1 し加之, で小, ところは, のだ, ので狗ころ, よ男, んで, 一条です, 本統

▼ 居~ (9, 0.1%)

1 であった, とともに安, の店, の荒, の風習, を呑田樂, を飮居, を飲み, 致し候

▼ 居けれ~ (8, 0.1%)

31 ば主人五兵衞, ば十兵衞不審, ば弱み, ば此上, ば終に

▼ 居ねむり~ (8, 0.1%)

2 をし, を初めた 1 は着物, も厳禁, を許せ, 片手に

▼ 居~ (8, 0.1%)

31 えと思ふ, えのう, えもん, えよ, えよかつ

▼ 居乍ら~ (8, 0.1%)

1 もお, もどうも, も只管虎, も金, よく子供, 働く気, 未だ何, 猶一部不明

▼ 居~ (8, 0.1%)

1 の尊敬, の慘, の畏怖不安, の農務, はこれ, を中心, を糾合, 多く流亡せり

▼ 居睡りし~ (8, 0.1%)

1 たりし, たりする, てい, ている, てこんな, てゐ, てゐる, て風邪

▼ 居たたまれない~ (7, 0.1%)

1 でなんど, のです, ほど強い, ような, ように, 気持で, 焦慮だ

▼ 居でに~ (7, 0.1%)

2 なりましたが 1 なります, なる, なると, なるの, なるん

▼ 居にくい~ (7, 0.1%)

1 ことである, とも申しませんでした, ような, ように, 事情も, 人である, 心持が

▼ 居仁平~ (7, 0.1%)

3 の養子 1 に仲介, の方, の甥, の養子印東忠介

▼ 居付き~ (7, 0.1%)

1 の人民, の商人, の商店, の店, の熊, の緋牡丹色, の鰻

▼ 居合す~ (7, 0.1%)

1 のですこし, 一同に, 人々の, 人々は, 人達は, 家来たちの, 店員を

▼ 居~ (7, 0.1%)

1 にある, にはまた, に見なれ, の人達, の温泉場, の町, やその

▼ 居残り~ (7, 0.1%)

1 から遁, のまま, を命ぜられました, を思う, を決行, を言いつけた, を言いつけられ

▼ 居殘つて~ (7, 0.1%)

1 ゐた, ゐた時, ゐた者, ゐた者たち, ゐて, ゐるの, ゐる人々

▼ 居~ (7, 0.1%)

3 つて 1 つてゐた, つて一座を, つて財産を, ッて

▼ 居辛い~ (7, 0.1%)

2 ような 1 ともそんな, のだ, ように, わが家に, 気持が

▼ 居~ (7, 0.1%)

1 となり, なり, に石井柏亭, の立つ, はこの, を売り, 結構華麗

▼ 居たたまれず~ (6, 0.1%)

1 ぎんは, すぐ表, に出, 往来を, 早々逃げ出し, 船室に

▼ 居ちゃあ~ (6, 0.1%)

1 とても堪らない, ぶねえ, 来る者, 知らなん, 肝腎の, 邪魔な

▼ 居てから~ (6, 0.1%)

1 今更人に, 以来自, 書き出す大抵, 横濱へ, 私が, 若しおそく

▼ 居での~ (6, 0.1%)

1 御息女, 方が, 方は, 時は, 様でした, 眼は

▼ 居などは~ (6, 0.1%)

5 ほんの忘れ 1 この健康

▼ 居にくく~ (6, 0.1%)

2 なったと, なりましてね 1 て登別, なって

▼ 居には~ (6, 0.1%)

1 あなたも, 喰物が, 帰れなくなつ, 往々銅, 生れたばかりの, 矢来を

▼ 居住居~ (6, 0.1%)

4 を正した 1 を直し, を直した

▼ 居心持~ (6, 0.1%)

1 がいい, のいい, のよい, の良い, は悪く, わるく作者

▼ 居憎い~ (6, 0.1%)

1 ことが, も居, やア, んで, 氣持が, 處だ

▼ 居~ (6, 0.1%)

1 たるアイヌ, なりと解し, の地方学者, の学説, の学風, や平田派

▼ 居~ (6, 0.1%)

1 が見えた, が見える, てなん, の太鼓, の祭礼, よりずっと

▼ 居眠っ~ (6, 0.1%)

3 ていた 1 ていやがる, ている, ておられる

▼ 居眠つて~ (6, 0.1%)

2 居る 1 ゐた, ゐたらしいエリス老人, ゐる, 居りました

▼ 居それ~ (5, 0.1%)

1 から飲んだ, が泣き叫ぶ, が辭め, を男, を私

▼ 居たけ~ (5, 0.1%)

5 を聳

▼ 居つて~ (5, 0.1%)

2 も一日 1 は気, は済まぬ, も続きません

▼ 居てこそ~ (5, 0.1%)

1 もの思へ, 不都合だ, 女な, 意義が, 素晴らしい勢力

▼ 居とも~ (5, 0.1%)

1 三居とも, 参居とも, 早速飛脚, 書くが, 違い癖なる

▼ 居なりの~ (5, 0.1%)

1 まま上手に, まま精い, まま膝を, 由路考半分すけ, 者も

▼ 居ねエ~ (5, 0.1%)

2 だよ 1 思う存分役人, 時は, 訳じゃ

▼ 居やあ~ (5, 0.1%)

2 しないよ 1 しないぢ, しません, しませんよ

▼ 居~ (5, 0.1%)

4 遠翁 1 遠の

▼ 居周り~ (5, 0.1%)

1 かに野生, の仏寺, の家, も静か, をいつ

▼ 居周囲~ (5, 0.1%)

1 が広く, の堅気, の細君女房連, は時に, をあこがれ

▼ 居場処~ (5, 0.1%)

1 が替る, であった, に変化, も聞いた, や服装

▼ 居憎く~ (5, 0.1%)

1 なった先住, なって, なつた, なつたので, なつて

▼ 居~ (5, 0.1%)

1 しが, の, はもっと, は十位, も又

▼ 居~ (5, 0.1%)

1 したお客, して, に寝, の媒, 客不

▼ 居辛かっ~ (5, 0.1%)

31 たの, た田舎

▼ 居風呂~ (5, 0.1%)

1 という名, にて沸かす, に入った, に入り, の屋根

▼ 居馴れた~ (5, 0.1%)

1 場所に, 木を, 深井は, 片隅には, 部屋の

▼ 居~ (4, 0.0%)

2 なければ 1 ただ金庫, なかつた

▼ 居ごころ~ (4, 0.0%)

2 のいい, のよい

▼ 居ずく~ (4, 0.0%)

1 まった, まったまま, まった儘, まって

▼ 居たたまれぬ~ (4, 0.0%)

1 ほど胸, ような, 情けない気持, 気が

▼ 居たま~ (4, 0.0%)

2 へり 1 へし, へな

▼ 居たりける~ (4, 0.0%)

1 お專, 傍よりしも, 然るに其頃芝明神前, 然るに養父五兵衞

▼ 居たれ~ (4, 0.0%)

1 ども或, ど案, ば我, 別れたてまつりし

▼ 居つき~ (4, 0.0%)

1 が荷, の人, の古い, の農夫

▼ 居つた様~ (4, 0.0%)

1 でありますが, です, に単純, に見えます

▼ 居づら~ (4, 0.0%)

1 さや, さバーの, そうに, そうには

▼ 居てよ~ (4, 0.0%)

1 お前に, お蝶ちゃん, かつた, 二階に

▼ 居ない~ (4, 0.0%)

1 などは問題, はともかく, は私, ばあ

▼ 居ながれ~ (4, 0.0%)

2 ている 1 ていた, て皆

▼ 居なすつた~ (4, 0.0%)

1 やうでした, よ, んだ, んで

▼ 居なりで~ (4, 0.0%)

2 用が 1 物を, 用の

▼ 居なりに~ (4, 0.0%)

3 こちらへ 1 声を

▼ 居~ (4, 0.0%)

2 すか 1 いぜ, えと思っ

▼ 居まする~ (4, 0.0%)

2 とて指さす, 何うし

▼ 居やが~ (4, 0.0%)

2 ツて 1 つたつけ, つて小

▼ 居~ (4, 0.0%)

2 ばかりに 1 け高, に均しい

▼ 居付かぬ~ (4, 0.0%)

3 ように 1 慣わしじゃ

▼ 居~ (4, 0.0%)

1 その社会的内容, 多くの, 私の, 花や

▼ 居大人~ (4, 0.0%)

1 がのこした, の, のよう, の遺著

▼ 居崩れた~ (4, 0.0%)

3 膝を 1 ままに

▼ 居庸関~ (4, 0.0%)

1 に至りし, より入り, を守り, を守る

▼ 居徃訪~ (4, 0.0%)

1 おとなしく帰つて, すぐ退出, を約し, 一杯よばれる

▼ 居汚く~ (4, 0.0%)

2 坐りまた 1 坐り, 居睡って

▼ 居流れた~ (4, 0.0%)

1 のは, ものの一脈, 侍女たちを, 様は

▼ 居眠し~ (4, 0.0%)

1 ていた, てゐた, て居た, て水さ

▼ 居~ (4, 0.0%)

3 の鮎 1 のもの

▼ 居竦ん~ (4, 0.0%)

1 でいた, でいる, でしまい, でしまった

▼ 居~ (4, 0.0%)

1 けして, けに遊び, ける其日, し給

▼ 居耐ら~ (4, 0.0%)

2 ない気もち 1 なくなった, なくなった処

▼ 居船頭~ (4, 0.0%)

1 と云つて, と言っ, の太郎兵衛, の太郎兵衞

▼ 居著い~ (4, 0.0%)

2 てしまふ 1 て女房子, て帝都

▼ 居~ (4, 0.0%)

2 の管理人 1 の商人, の店

▼ 居~ (4, 0.0%)

1 にもう, ひの, をし, をした

▼ 居あわす~ (3, 0.0%)

1 者に, 者は, 諸将

▼ 居かと~ (3, 0.0%)

1 云に, 問ける, 申されければ

▼ 居ざんまい~ (3, 0.0%)

1 で自若, を壊し, を直した

▼ 居すくん~ (3, 0.0%)

1 でいた, でいる, でしまった

▼ 居すわり~ (3, 0.0%)

1 の根, 戦と, 所まで

▼ 居その~ (3, 0.0%)

1 あいだに, 愛を, 日自分は

▼ 居たたまれなくなった~ (3, 0.0%)

1 かつつつと, ように, 金五郎は

▼ 居たりとて~ (3, 0.0%)

1 人を, 差出す方, 根から

▼ 居ての~ (3, 0.0%)

1 仕事である, 比較だ, 返歌なら

▼ 居では~ (3, 0.0%)

1 あるが, ない, 奥さんが

▼ 居といふ~ (3, 0.0%)

2 書を 1 家族の

▼ 居ならぶ~ (3, 0.0%)

2 前で 1 しかし誠実

▼ 居により~ (3, 0.0%)

1 不思議に, 何卒御, 左に

▼ 居~ (3, 0.0%)

1 むりをしたためじゃありません, むりをはじめたものもあった, むりをはじめていた

▼ 居やう筈~ (3, 0.0%)

2 はない 1 は無い

▼ 居らし~ (3, 0.0%)

1 っても面白い, つたつて, ま青く

▼ 居わせ~ (3, 0.0%)

1 し為, た, ましたんで

▼ 居タガ~ (3, 0.0%)

1 一向沙汰ガナイカラ, 少シモ苦労ヲカケマイトイウ書附, 或日

▼ 居~ (3, 0.0%)

1 た, たな, りやす

▼ 居乍ら何時~ (3, 0.0%)

2 でもアノ通り紅 1 見ても

▼ 居交易~ (3, 0.0%)

1 は不可, もまた, をや

▼ 居~ (3, 0.0%)

1 が来る, に会う, を掠奪殺戮

▼ 居~ (3, 0.0%)

1 といふ人, の詩, 蓋し之

▼ 居六年~ (3, 0.0%)

2 の間 1 はじめて雨乞

▼ 居~ (3, 0.0%)

1 ひしとき, ひては, ふ

▼ 居~ (3, 0.0%)

1 にする, ひを, も出来ない

▼ 居囃子~ (3, 0.0%)

1 がある, その次に, を演じ

▼ 居~ (3, 0.0%)

1 だと, によりて影響, の名

▼ 居堪らず~ (3, 0.0%)

1 妹は, 細君と, 脱走す

▼ 居~ (3, 0.0%)

2 に志し 1 と水戸学

▼ 居~ (3, 0.0%)

1 の, の清水, の清泉

▼ 居~ (3, 0.0%)

1 として新城, となすべく, を建業

▼ 居~ (3, 0.0%)

1 からで, に屯, まではなお

▼ 居待ち~ (3, 0.0%)

1 懸けすなわち, 懸け生え抜いたよう, 討ちに

▼ 居~ (3, 0.0%)

1 くな, く成, く餘儀

▼ 居愁らく~ (3, 0.0%)

3 もあらう

▼ 居据つて~ (3, 0.0%)

1 しまつ, も構, ゐる中

▼ 居~ (3, 0.0%)

1 と二人, と思う, などとは夢にも

▼ 居~ (3, 0.0%)

1 する浮浪生活, の地, を營む竟

▼ 居無く~ (3, 0.0%)

1 て何, て太平, とも外

▼ 居~ (3, 0.0%)

1 はぬ, ふなり, わぬ

▼ 居~ (3, 0.0%)

1 たり越前守, ぶ島民等, ぶ時馬喰町市郎左衞門

▼ 居縮んだ~ (3, 0.0%)

2 ように 1 が抱え

▼ 居~ (3, 0.0%)

1 まら, れず終に, れぬ故

▼ 居自分~ (3, 0.0%)

1 の噂, は心配, もこのまない

▼ 居苦し~ (3, 0.0%)

2 そうに 1 さうに坐り

▼ 居附き~ (3, 0.0%)

1 の商店, の店, 地主か

▼ 居いろいろ~ (2, 0.0%)

1 な人, 考えさせられること

▼ 居がてんぷらをふるまひたる夜~ (2, 0.0%)

2 その友蓉岳

▼ 居けれども~ (2, 0.0%)

1 九郎兵衞は, 吾助は

▼ 居これ~ (2, 0.0%)

2 はテンプラ

▼ 居しやるだらう~ (2, 0.0%)

2 お定さん

▼ 居しよう~ (2, 0.0%)

1 など, や時

▼ 居すくみ~ (2, 0.0%)

1 に絶息, をどやされた

▼ 居すなわち~ (2, 0.0%)

1 家居の, 邑落で

▼ 居~ (2, 0.0%)

1 此盜人野郎め乞食に, 落ちつけ落ちつけ

▼ 居たかみ~ (2, 0.0%)

1 は思いきりよく, をほぐし

▼ 居たらう~ (2, 0.0%)

1 な, 少くとも

▼ 居たりしか~ (2, 0.0%)

1 ば三人の, ば三人共に大いに

▼ 居たりしも~ (2, 0.0%)

1 この際綺麗, 予も

▼ 居ちや言~ (2, 0.0%)

1 ひ憎い, ひ譯

▼ 居ちや邪魔~ (2, 0.0%)

1 だ, でがせう

▼ 居つかぬ~ (2, 0.0%)

1 ように, 用意に

▼ 居づらかっ~ (2, 0.0%)

2

▼ 居てか~ (2, 0.0%)

1 やうな, 鳴くらむ

▼ 居てかの~ (2, 0.0%)

1 山を, 掻網を

▼ 居てと~ (2, 0.0%)

1 いうより, また打被

▼ 居てなど~ (2, 0.0%)

1 われ一人さ, 心に

▼ 居てはと~ (2, 0.0%)

1 おっしゃるので, 思召し

▼ 居でした~ (2, 0.0%)

1 が惡人, よ

▼ 居ででした~ (2, 0.0%)

1 が, が女

▼ 居という~ (2, 0.0%)

1 意味である, 部屋で

▼ 居とに~ (2, 0.0%)

1 寄つて句会の, 比べては

▼ 居との~ (2, 0.0%)

1 事が, 事なり

▼ 居どころ一つ~ (2, 0.0%)

2 で笑っ

▼ 居なかッ~ (2, 0.0%)

2 たの

▼ 居ながらでも~ (2, 0.0%)

1 子供の, 朝顔の

▼ 居などの~ (2, 0.0%)

1 国学者たちの, 文字は

▼ 居なよ~ (2, 0.0%)

1 余計な, 然うし

▼ 居なりと~ (2, 0.0%)

1 云うて, 天文志に

▼ 居にても~ (2, 0.0%)

2 濟むべ

▼ 居にも~ (2, 0.0%)

1 だんだん不自由, 似たるべし

▼ 居によって~ (2, 0.0%)

1 去年その, 蒼白の

▼ 居ぬき~ (2, 0.0%)

1 で買いとっ, のま

▼ 居のほどに~ (2, 0.0%)

1 かきあつめ, 書いたという

▼ 居~ (2, 0.0%)

1 必ず御, 教へ

▼ 居まで~ (2, 0.0%)

1 二里を, 歩いて

▼ 居もの~ (2, 0.0%)

1 のくさる, はあっ

▼ 居やうもの~ (2, 0.0%)

1 なら此武村新八, なら鳥

▼ 居よい~ (2, 0.0%)

1 とさ, 家には

▼ 居より~ (2, 0.0%)

1 まん, 立ちて

▼ 居よる~ (2, 0.0%)

2 時から

▼ 居んで~ (2, 0.0%)

1 がすから, 爽やかな

▼ 居~ (2, 0.0%)

1 故ニ, 段々参詣モ

▼ 居タカラ~ (2, 0.0%)

1 一向ニ驚カヌトイッタラ, 近附ニナッタガ

▼ 居ツ家~ (2, 0.0%)

2 が然

▼ 居~ (2, 0.0%)

1 とかい, 直グ来イト云フ電報

▼ 居ルカラ~ (2, 0.0%)

1 大ガイオレノウチヘトメテ居タガ, 少シモトンチャクシナイデ

▼ 居~ (2, 0.0%)

1 構エシガ翌, 遷シ墨子ノ

▼ 居一ツ~ (2, 0.0%)

2 で嘘

▼ 居~ (2, 0.0%)

1 不如愁, 当雄飛

▼ 居乍ら何~ (2, 0.0%)

1 うして, の権利

▼ 居乍ら自分~ (2, 0.0%)

1 には不思議, の心持

▼ 居乍ら面~ (2, 0.0%)

2 と向

▼ 居~ (2, 0.0%)

1 の十九巻, 処に

▼ 居付かない~ (2, 0.0%)

1 といふ, のでどうか

▼ 居~ (2, 0.0%)

2 に地獄谷

▼ 居候え~ (2, 0.0%)

1 どもあるいは, ども今日

▼ 居~ (2, 0.0%)

2 きは

▼ 居其外~ (2, 0.0%)

1 には傳八, 別段内外

▼ 居~ (2, 0.0%)

1 大いに憤, 既に久兵衞

▼ 居処不定~ (2, 0.0%)

2 の身

▼ 居友だち~ (2, 0.0%)

2 と相

▼ 居~ (2, 0.0%)

1 の手, の足

▼ 居喰い~ (2, 0.0%)

1 では長く, で目

▼ 居~ (2, 0.0%)

1 りに, りの

▼ 居堪らなくなっ~ (2, 0.0%)

1 てここ, てやあ

▼ 居~ (2, 0.0%)

1 がさせる, が定基

▼ 居宣長先生~ (2, 0.0%)

1 の, は勝れた

▼ 居宣長平田篤胤~ (2, 0.0%)

1 この国学四大人, などの諸

▼ 居宣長平田篤胤それら~ (2, 0.0%)

1 の国学四大人, の諸

▼ 居家処世~ (2, 0.0%)

1 の実際, より立国

▼ 居寝り~ (2, 0.0%)

1 の夢, を致し

▼ 居~ (2, 0.0%)

1 の, りを

▼ 居山房~ (2, 0.0%)

1 と私, はからから

▼ 居山生涯~ (2, 0.0%)

2 之極

▼ 居崩れ~ (2, 0.0%)

1 てそれ, て此方

▼ 居~ (2, 0.0%)

1 の手, の足

▼ 居~ (2, 0.0%)

1 いと思っ, う御座いました

▼ 居度くも~ (2, 0.0%)

1 ありさりとて, ない

▼ 居当時~ (2, 0.0%)

1 の事, の客宇清蔚

▼ 居~ (2, 0.0%)

1 呼出にて, 屋敷方の

▼ 居慣れた~ (2, 0.0%)

1 ところの, 所は

▼ 居~ (2, 0.0%)

2 を拍

▼ 居~ (2, 0.0%)

1 でトウ, のまま

▼ 居捕り~ (2, 0.0%)

1 と小太刀, 左右に

▼ 居昵ん~ (2, 0.0%)

1 だそこ, だ場所

▼ 居~ (2, 0.0%)

1 の博物, は博物

▼ 居月渓召波几圭維駒等皆師~ (2, 0.0%)

2 の調

▼ 居朋友~ (2, 0.0%)

2 と計り

▼ 居~ (2, 0.0%)

1 も床, も案外しっかり

▼ 居~ (2, 0.0%)

1 との合流点, までの間あたり

▼ 居無え~ (2, 0.0%)

1 や, 両手で

▼ 居生活~ (2, 0.0%)

1 のため, をし始め

▼ 居申し~ (2, 0.0%)

1 候, 候ひき

▼ 居申候~ (2, 0.0%)

1 や訴, 何分加藤先生

▼ 居相愛~ (2, 0.0%)

1 し人, し食相

▼ 居眠る~ (2, 0.0%)

1 倫敦海を, 脇息の

▼ 居眠ッ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 居眠姿~ (2, 0.0%)

1 が癪, ののんき

▼ 居~ (2, 0.0%)

2 まって

▼ 居~ (2, 0.0%)

1 についての注意, に立寄り

▼ 居籠り~ (2, 0.0%)

1 なども宮, を言

▼ 居縮む~ (2, 0.0%)

1 のであった, ような

▼ 居~ (2, 0.0%)

1 り寄つて, るよう

▼ 居草木茂盛行~ (2, 0.0%)

2 不見

▼ 居訪問~ (2, 0.0%)

1 いつもの, はほんとう

▼ 居~ (2, 0.0%)

1 を送る, を過す

▼ 居部屋~ (2, 0.0%)

1 であるらしく時折, にし

▼ 居酒店~ (2, 0.0%)

1 のある, の前

▼ 居長高~ (2, 0.0%)

1 になり, になりける

▼ 居閑太郎~ (2, 0.0%)

1 が僕, の生活

▼ 居難い~ (2, 0.0%)

1 と思っ, 心持が

▼ 居馴染~ (2, 0.0%)

1 し居間, 之儀

▼ 居馴染んだ~ (2, 0.0%)

1 室は, 建長寺内を

▼1* [666件]

あさってかえろう, 居あそばさるる窟まで, 居あそばすように, 居あたりでも, 居あわした人びとの, 居いいために, 居いくら眠れと, 居いやこれからは, 居いらい朝, 居うち又告, 居おそくなってから, 居およそ四十二年三十五歳から, 居かとの尋ねに, 居からは先々親分の, 居かわって私, 居かわり立直る客, 居がちにいかにも, 居きりにする, 居ぎたなく炎, 居ぎたない雨がちゃんぽん, 居ぎたなく坐つたり, 居ぎたなく横座りに仕, 居ぎたなく眠つてゐる, 居くずれたすがた, 居ぐるしさ日, 居ける中或, 居この眼で, 居こわかった, 居さうだつたの, 居さうにさへ思はれる, 居さうに彼は思, 居さうに思つたので, 居さして貰うとして, 居さまの浦山しき身の上, 居さらすっ, 居される等私の, 居さんの出立, 居ざって歩いて, 居ざつて来た, 居しかと責めては, 居したる有名な, 居しったらあしたの, 居してるものを, 居しばらく話す罐詰, 居しましたのです, 居しますよ, 居すくむ百合子を, 居すくめて, 居すまいを正し, 居すまッてしかつ, 居するだぞや, 居する年老いた夫婦の, 居すれば母, 居ずして知れ, 居せしなり, 居そこをつたわっ, 居そして若水居, 居そんなにやけ跡じみない, 居たぎりで終に他人, 居たけ高なと思われれ, 居たたまれなかったと云います, 居たたまれなくなって外, 居たたまれなくなり出していた, 居たまいし良人に, 居たまらない苦痛を, 居たまらなくなった虱, 居ためぶ吉祥, 居たらしく見える, 居たりとの事分ら, 居たりなどすれば, 居たりなんかするの, 居だずでヤ, 居だずでや繁ア, 居だったのが, 居だつたよ, 居だら口か, 居ちやいくら兄哥の手傳ひで, 居ちやお上へ惡, 居ちやそれが未練, 居ちやアいけないよ, 居ちや一人拔け出し, 居ちや三百八十兩は愚か, 居ちや不都合なこと, 居ちや世の中に神佛, 居ちや仕事するにも, 居ちや伴三郎風情に殺される, 居ちや何うだ, 居ちや出來ませんが, 居ちや商賣に, 居ちや外からは容易, 居ちや大概の戀, 居ちや容易なこと, 居ちや毎日のやう, 居ちや氣味が惡, 居ちや癪にさはる, 居ちや碌なこと, 居ちや調べが出, 居ちや足手纏ひに, 居ちや錢は要らねえ, 居ちや面倒だと, 居ちや駄目だと, 居っきりでしょうか, 居ついたとなる, 居つかれないといふ見越, 居つき地主の持地所, 居つくのを, 居つたに由つて, 居つたげでござる, 居つた彼の様子, 居つた氏の中, 居つた者さへある, 居つた間で其後, 居つらかろうと, 居づらい苦しい事ばかり, 居てかへつて面白く, 居てからに卓子の, 居てさにくらしいにも, 居てさえもイライラする, 居てしかとは方角も, 居てともすれば, 居てな御主人, 居てねえ寝て, 居てもと云ふ, 居てもの云ひ, 居てをくれでないか, 居てナわて, 居であり穴居であります, 居でございましたか, 居でございますッて, 居でさえ今の, 居ででござります, 居でですか, 居でと承りましたが, 居でなさるのかと, 居でもするかの, 居とある朽ちた木額, 居といふべかりける桐火鉢, 居とともに地名が, 居とはおかしいな, 居と共に三宿と, 居どころ囲イのかたち, 居どころ変りで引き抜い, 居どころ変わりで引き抜い, 居どころ次第で天氣, 居どころ隠れどころもわからぬ, 居ども町役人などの, 居なおり婿の, 居ながらとあの細い, 居ながらにも自滅する, 居なきにかかわらず, 居なくなつた, 居なけゃ俺等が, 居なされる身分さ, 居なしといふいひ慣し, 居なじめない感じが, 居なじんだ町を, 居なすつたのか, 居なすつたさうですが, 居なと云はれた, 居などに交渉の, 居なりへ採光の, 居なれた家に, 居にくうございます, 居にぞコレヤ汝は, 居にて新婚の, 居にをなごと, 居ねと云われても, 居ねエとせいせいとい, 居はっとして窓, 居はっと思い母, 居ふらふらとなった, 居ふるまいがどうも, 居へは遠慮し, 居まさあ尤も親, 居まさア倉の中, 居まさア後家のお, 居まっさかえ貴方, 居まるでひどい有様, 居まわり三町の間, 居みだりに典郡の, 居みつはの神, 居むかふ如意ヶ岳た, 居むその河, 居むは何時の日, 居もう一年も, 居やう併し一度, 居やう露地は打水, 居やすから御心配, 居やつたか, 居やも計り難し, 居ふされば, 居すぎる, 居よう訳けはない, 居よかった, 居で薫, 居らしったって, 居らし息づきつつとある, 居らりょうか, 居ずろうて, 居ゑて罷り往, 居ゑられて花紅葉月雪ながめて, 居ゑ是とても更に知らず, 居ゑ頓て膳部, 居をば爲ん, 居をわびしといはむ, 居へなん, 居オッテ西久保デ百万石モ持ッタツモリヲシ, 居ガスストーブの設け, 居ガンコなところ, 居キーキーキーキーと呼ぶ, 居シシティシズムについて調べもの, 居タカラ帰リガケニ甥ラニ向ッテ, 居タカラ是カラハオレガ威勢ヲ見, 居タガオレノナリヲヤタラニ見テ, 居タガオレハ一度モ逢ッタコトガナイカラ近附ニ行ッタラ, 居タガソノウチ弟子ガ四五人出来テ, 居タガトウトウ地廻リノ悪輩共, 居タガ人ノコトハ修メテモオレガ内ガ修マラヌカラ困ッテイタラ, 居タガ何トカ思ッタト見エテ, 居タガ六月カ五月末カト思ッタガ九州ヨリ虎ガ兄弟ガ江戸ヘキタカラ毎日毎日行通イシテ世話ヲシテ江戸ヲ見, 居タガ夜ノ七ツ時分ニ迎エヲヨコシタカラ, 居タガ精一郎ガ云ウニハ必ズオマエハ食ヲ断ッテ死ヌダロウト思ッタ, 居タガ聞入レヌ故コウナッタトテ案ジテクレルカラ, 居タガ虎ガススメデ香取カシマ参詣ヲスルト云ウカラ四月初メニ松平内記, 居タソレカラ講中ガ段々来, 居タトオレノハナシヲシテ二時バカリ休ンデ居, 居タヨウデアリマシタカラ勿論私, 居タラ直ニオレガ, 居タラバ南平ガ云ウニハ勝様ハ女難ノ相, 居タラ二十一ノ秋カラ二十四, 居タラ頭ガ或時云ウニハ, 居タ今日フト此句ヲ思ヒ出シテツクヾヽト考, 居タ息子ガ五ツノ時ダソレカラ忌命ガ明イタカラ又, 居タ昼ハ用ガ有ルカラウチヘ帰ッテイテソノ月ノ二十五日ニ, 居タ時分ダガ或女ニホレテ, 居ッケンドそんな奴等, 居ッコタ居ッケンドそんな奴等, 居ッタ地主ガ或日, 居ツタモノデアラウ其故ハ生ふるトアルハ自然ニハエテ居ルコトデ蒔イタ者カ栽ヱタ者ナラバ, 居テクレロト云ウカラ居タガ人ノコトハ修メテモオレガ内ガ修マラヌカラ困ッテイタラ, 居テクレロト云ウカラ毎晩毎晩泊ッテ居タ昼ハ用ガ有ルカラウチヘ帰ッテイテソノ月ノ二十五日ニ, 居テコーランノ処ヘ通ッテ居ルソウジャナイカ, 居テモツマラヌ故上方, 居テ以来ハ親類同様ニシテクレトイウテカラ両人ガ起請文ヲ壱通ズツヨコシタ, 居テ申シ分ナイト云ウ大兄ガ返事ヲ見, 居トランプをする, 居ナイカラ僕ツマンナイヤとは幼い, 居ナイトキの淋し, 居ナケレバナラナイ筈ノ場所ニハ森林, 居常処ナシ, 居ネムリ浜町河岸を散歩, 居ラルヽノ致ス所デ私ハ, 居ラレルナラバ私何ヲ言オウ, 居ランシ後始末モアルノデ手紙デ許シテ下サイ, 居リシカト云フ事ト如何ナル遺物ハ何レ, 居リシガ後十勝, 居リソレハ全く見, 居リタルモノト認ムベキハ条理上当然ニシテ, 居リマシタガ私ガ旦那様旦那様トクリ返シマスト, 居リマショウト居タガ精一郎ガ云ウニハ必ズオマエハ食ヲ断ッテ死ヌダロウト思ッタ, 居リ人ト交テ気兼ネ遠慮ナク自分丈ケ存分ノコトヲナスベシトノ趣意ナリ英語ニ之ヲ, 居リ候ヘバ臆病ナル輩ニハ準ズベカラズ, 居ルウチ段々慣レテ, 居ルカラ出ルコトガ出来ヌ大竹ハ恐レテ丸腰, 居ルコトデ蒔イタ者カ栽ヱタ者ナラバまきしトカ, 居ルコト観破仕リ, 居ルソノ時ニ煙草ハドウダト聞イタラ呑ムガ修行中故ヤメテ居ルト云ウカラ, 居ルトコロカラヤガテ土針ト呼ンダノデアラウ又常, 居ルト云ウカラソレカラソレハ小量ノコトダ煙草ヲスウトモ修行ノ出来, 居ルト云ッテオレニ庭ヘ出, 居ルト兵庫メガイツカ酒ニ酔ッテ居オッテ西久保デ百万石モ持ッタツモリヲシ, 居ルト右京方ニテハ跡取ガ二歳故, 居ルノハ実ニ偉観タル, 居ルヨウナ次第ダソレダカラ新聞雑誌ヘモ少シモ書カヌ, 居ロトイウ故世話ニモナッタカラ, 居ロトイウカラ待ッテ居タラ頭ガ或時云ウニハ, 居ロト云ウカラ行ッタガソノ時ハ諏訪部ニモ元手ガ三両シカ無カッタ, 居一つのささやか, 居一寸した立木, 居一本だけ抜い, 居一流の和魂, 居七ツ過ぎ会読終る, 居七年目に出した, 居三人で四方山話, 居三十分ばかりでかえる, 居三時すぎになる, 居三津木貞子氏が暮, 居三股それぞれ清津川に沿う, 居三郎兵衞の來, 居ならば, 居上元女仙太真者即貴, 居上手に演出, 居下女の正, 居不便に存候, 居不思議に再, 居世間の人達, 居丘壟之上採蜃食, 居翁並びに, 居丸山邸舎三年罹疾不起, 居久らぬまでに, 居長櫃一土器居小折敷敷柏盛海松覆松と, 居乍らそれを云う, 居乍ら一番弱げに見えた, 居乍ら何処となく, 居乍ら其様な女, 居乍ら将軍らしさ, 居乍ら小春日和を書く, 居乍ら巡査の心持, 居乍ら意義の違, 居乍ら而も職業, 居乍ら舞踊になる, 居乍ら親切に言, 居乍ら非常に面白い, 居助持歸, 居も一二回訪, 居于其院故崩後仍称, 居五寸も家, 居今先何事も胸, 居今朝十時頃起きる, 居付いたりする, 居付いちやくれません, 居付かせようとして非常, 居付き鯛と称される冴えた, 居以前の約束, 居在徳之首, 居住まう気配が, 居住宅にあてる, 居の苦心談, 居作りものの大, 居依然足利将軍の, 居信久当時一流の好事家, 居に六七人団隊, 居催足だつた, 居億兆之上常以百姓為心, 居秋初, 居共知らず上り込だり扨, 居其内百五十兩貯はへし, 居其処にただ一, 居其後私共にも度々, 居内部から支那研究, 居処がちがふ, 居処たんぽぽのごと, 居処靄はふかし, 居る時, 居分れてしげしげ, 居切りで今, 居初めさせて, 居に二人, 居加斯支移比彌乃彌己等, 居なの, 居勝手が悪く, 居勢祝などという土蜘蛛, 居に山, 居十一歳の節一人, 居午後おせち煮を, 居午後大同に出かける, 居竹関, 居却って客に, 居び帳面など, 居かず, 居古井のところ, 居只今にも惣内夫婦, 居き筈, 居合わさぬ事も, 居合わされないことを, 居合わしていました, 居吉井幸助もど, 居同じく戒心ある, 居名誉職としてほこり, 居后稷降播農殖百穀, 居せた, 居吾嬬橋を工兵, 居周圍に柱, 居和蕾居三人, 居咫尺佳人能く回顧, 居哀れに小, 居でただならぬ, 居喰ひで過さねば, 居喰売喰の心細い, 居は単なる, 居四泊はなんぼ, 居団扇の風, 居諒闇不動兵甲是以偃息未, 居地域へ送らなかった, 居と書く, 居堂々とした, 居堪えられませんでしたが自分, 居堪らないような, 居堪らなくなったんです, 居堪れなかつた筈である, 居を縮めよ, 居塲處のなき, 居はすゞ, 居来れば, 居夕刻は坂の下, 居の浜, 居されば, 居大平の親しい, 居大平翁の教え子, 居天一坊といふは元, 居天地之先, 居女中が留守, 居を継いだ, 居より貰, 居婦女等が手, 居存外遲なはり夜亥刻, 居孤独と沈黙, 居実行しなかった, 居長いわく, 居宣長らの足跡, 居宣長以下の国学派, 居宣長全集に入, 居宣長唯一人と言つて, 居宣長大人の, 居宣長小沢蘆庵の徒, 居宣長曰く常世の長, 居宣長橘千蔭平春海もこの, 居宣長氏は, 居宣長言く, 居家内実の権力, 居家処世立国の本旨, 居家日用の事, 居家法の最も, 居りを, 居寤清水の碑, 居寮寄宿を免, 居封筒には名, 居景, 居小屋地に願っ, 居小屋地南に延び, 居尚古斎とやっ, 居とし, 居屈みを知らねえ, 居屈みしに憚りさま, 居ばかりをかま, 居の城, 居山田君に会う, 居を迂回, 居巣門から魏, 居工合のわる, 居く運ばないので, 居帝国ホテルの音楽, 居并らび脊に褐色, 居に平八郎, 居を開い, 居は険隘, 居庸関弾琴峡等を一, 居廬罕有全者, 居廬軒舍屋處臺巣堂洞龕館莊室齋閣樓などがある, 居廻り何萬坪といふ大地, 居のまま顔, 居が飛行家, 居往訪全不在, 居往訪三人で餅, 居往訪俳談しばらく夕飯, 居往訪小遣を借りる, 居往訪柿の会例会, 居懸け, 居徽音殿と相, 居心好き住家と見え候, 居心落付かず見じと, 居怪敷思ふ品, 居悪ければ旅, 居愁い身となっ, 居戦死せる高市茂夫氏, 居批評によって受けた, 居折々うわ言の, 居折嶺居そして, 居振舞ひだからうつ, 居捨於一切諸有為, 居据つた時より前, 居据つて娘の心, 居据つて自殺の狂言, 居据らなければ, 居据ろうとし, 居据わりのよう, 居卜此期吾自, 居既に変じて, 居日日易凄涼, 居明日帰ろうとして, 居易い時の, 居易作敢諫鼓の賦, 居春陽堂から原稿料, 居昨晩その関守, 居昵むにつれて近ごろめっきりお, 居よりは萎れ, 居時代に方々, 居書斎の卓上, 居朝食前近くの材木, 居朝鮮にも居, 居をもと, 居を並べ, 居松葉戸川残花須藤南翠村井弦斎遅塚麗水福地桜痴等がその, 居林町へより図書館, 居など言, 居極々手堅き人, 居様等とは誰, 居なと云, 居止した浮浪生活の, 居は喫菜事魔, 居此人親分となる, 居此地園植梨数十株今有梨坂, 居は當年四十二歳, 居歸宅致せし機其事柄, 居殆ど不キゲン, 居殘つたに相違, 居殘つてこれ等婦人の動作, 居殘つて何處から逃げた, 居殘つて聲をかけた, 居殘らず, 居殘りつて勘定, 居殿はキリリ, 居殿後宮もすべて帝王, 居氏自身の唱, 居氏説に上古, 居民相半する有, 居気がかりであった, 居れは, 居泊琴の音, 居泊私にはぜいたく, 居流れ給ふ, 居流離の生活, 居浸りなれば大方, 居消極的に失恋, 居洲にも, 居滞在夜は紅足馬居泊, 居滞在読書句作漫談快飲, 居炉裏何だか仏壇みたい, 居無ったのかナ, 居爐裏の側, 居爐裡に火, 居が何, 居父子の本領, 居父母に道徳上, 居独り静思を楽しまん, 居独棲の言い, 居田福百池等の弟子達, 居申候ことに御座候, 居申候ハんと奉, 居申候逗留仕候内, 居申候間是等の事, 居申内土地風稼方相覚仮成, 居申所此度戸籍偏製御取調, 居申所此度棟付御取調, 居番頭が模様, 居疎んだのは, 居りも, 居百人一首即ち鳥居清信筆, 居皆二人ずつ食事, 居である, 居相撲か何, 居の語原, 居真面目な不安, 居眠りこけていた, 居眠るまえまでは巨大, 居は大きく青く, 居着これは乗, 居睡りしつづけている, 居睡りするより外, 居睡りでもし, 居睡りはじめたことも, 居秘書だつた, 居種々評議私は, 居の悪い, 居立ち見れど宜, 居立て直しの必要, 居竝んだ一群, 居竦みのまま, 居竦むのです, 居竦んだのは, 居一日, 居等生活上の変転, 居籠ることが, 居給え今に, 居給はず君がかく, 居給ひきといへ, 居給ふらんあるはパンテオン, 居給ふらんピガルの広場, 居給フコノ時内裏ヘ彼, 居絶島方可四百餘里土地山險多深林, 居絶島方可四百餘里土地山險多深林道路如禽鹿徑有千餘戸無良田, 居だよう, 居縮んで了, 居繃帯で歩けない, 居續けた揚句一文なしにな, 居翁あたりが開こう, 居なり又七, 居而安者易之序也, 居而釣船之得乎良布, 居耐え難うて, 居耐納れぬ譯, 居耕作に適しなかった, 居耕田の跡, 居耶蘇教負傷者屠牛に関する禁令, 居聊か不景気なり, 居の又七, 居には火, 居には黒い, 居祝招待会, 居興味を持たない, 居にて一艘, 居の稽古, 居花火や駄菓子, 居苦しかった, 居苦しきことも, 居苦しくまた立, 居かず, 居著くのだ, 居の中, 居にあらざる, 居藤堂佐渡守様三万二千石江戸より百六里, 居蘭科植物や羊歯, 居處宮室樓觀城柵嚴設常有人持兵守衞, 居處春陵を望ん, 居襲撃ができなく, 居訪問句会の日, 居訪問団子汁をよばれる, 居訪問在宅いつしよに, 居訪問番人に誰何, 居を借り来つ, 居はいよいよ, 居誰一人としてさほど, 居謹慎を仰せつかっ, 居豐頴氏が神司, 居を灰, 居辛うおざる, 居辛からうが, 居まなけれ, 居込樣子故今日, 居ふる姿, 居迷ったのは, 居通しあんしたがね, 居運座に徃, 居弱之, 居配りをし, 居酒商賣仕つり候, 居を貰ったら, 居長世中山晋平両氏の作曲, 居長世君が令嬢たち, 居長世氏のもの, 居門墻を連ね, 居阿弥坊居折嶺, 居附いて了, 居附かないと云, 居附造りの築城, 居の背後, 居にはさかん, 居に踞っ, 居集注ののこった, 居難くなったもん, 居面會仕つり候に同人娘儀江戸下谷山崎町油屋五兵衞悴五郎藏, 居願はくは家運長久, 居食堂に居る, 居食料品辺では, 居飽食坐終日, 居餘つてわたしたち八人先生と合, 居が嘶い, 居馴れし八畳の, 居馴染まない場所は, 居馴染まぬ花だ, 居馴染みかねるものが, 居馴染めばこれ, 居馴染めないものが, 居鴎外全集中, 居鶴峯諸氏の名, 居の横雲