青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「形~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

当人~ 当分~ 当局~ 当惑~ 当日~ ~当時 当時~ ~当然 当然~ ~形
形~
形容~ ~形式 形式~ 形態~ 形成~ 彦~ 彫刻~ ~影 影~ ~影響

「形~」 21027, 227ppm, 440位

▼ 形~ (4270, 20.3%)

522 して 108 とって 72 したもの 61 なして 59 取って 42 とつて 39 もって, 変えて 26 見て 25 かえて 24 したの 23 とつた 19 作って 18 成して 16 描いて, 現わす 15 とること, 示して, 見せて 14 した大きな, 変へて, 現わし 12 とる, 具えて, 失って 11 した石, つけて, 取ること, 存し, 有つ 10 とった, とるの, 保って, 備えて, 見ること, 見ると 9 した, 残して 8 あらためた, した山, 持って 7 こしらえて, した小さな, した物, とるに, もつて, 呈して, 持つて, 現して

6 [12件] した雲, した黒い, しました, つくって, 作ること, 取らねば, 取るに, 変えたもの, 採つて, 現じた, 現は, 逆に

5 [13件] した花, とらざるを, なすもの, 与えて, 与えること, 取るの, 崩さずに, 整えて, 朧ろげに, 正して, 眺めて, 考へて, 見れば

4 [26件] あらわして, かりて, こしら, したり, した大, した建物, そのま, つくる, とどめて, とりつつ, とるもの, 付けて, 作る, 備へて, 具へて, 写して, 取った, 取つて, 取る, 変じて, 採るの, 描きながら, 消して, 變へ, 變へて, 造って

3 [67件] したその, した大きい, した山々, した巨岩, した松, した水, した灰, した白い, した舟, した親金, した銅, した鍵, した魚, しながら, つくること, ととのえて, とりながら, なしその, なす, 主と, 仮りて, 作し来ら, 作り出すこと, 作るという, 保つて, 具えるよう, 具へ, 取っても, 取りそれ, 取りはじめたの, 取るもの, 取るよう, 土で, 変えること, 変へ, 彫刻した, 想像する, 成さない, 成したの, 成したもの, 採らねば, 改めた, 整へて, 書いて, 有た, 有ち, 気に, 沙門に, 現じ, 現ずると, 留めて, 異にし, 示した, 示したもの, 示す, 與へる, 表は, 装って, 見つめて, 見ますと, 見るの, 遠くから, 選んで, 遺して, 隠して, 離れて, 顕せ

2 [213件] あらためて, あらためて丁寧, あらためる, あらは, ある者, いうの, お見較べなさい, お隱, くずさないで, くずして, こしらえたもの, したある, したお, したまま, したものの, したりっぱ, したピストル, したラツパ, した人間, した同じ, した土佐, した外面, した小さい, した岩, した岩山, した床屋, した怪物, した悪魔, した木, した植物, した機械, した残雪, した毛, した氷, した火星人, した玉, した痣, した神, した端正, した紙, した線, した者, した葉, した試片, した豚, した貝, した赤い, した鉄材, した長, した陶器, した電車, した鳥, した鳥ヶ森, しては, すると, するの, そのままに, つくったり, つくつた, つけなければ, つける, とったこと, とったの, とったもの, とっても, ととのえるため, とどめなくなった, とらない, とらないの, とらなければ, とらねば, とりそして, とりて, とり正確, とるから, とるであろう, とるまでには, とるよう, とる事, とる様, なしたところ, なしたもの, なすの, なせるもの, なせる石, まねて, みせた, みせて, みて, やり出したの, わたくしは, 与えようと, 与えられて, 与えるの, 伝へて, 作し, 作った, 作りて, 作りながら, 作り印, 作り物, 作るといふ, 作るの, 使うて, 保つよう, 具えた空虚, 写生した, 出さないで, 出して, 創造する, 取ったの, 取ったもの, 取った時, 取っては, 取つた, 取ると, 取る時, 受く, 含んで, 呈せる, 変えた, 変えては, 変える, 変えるの, 変えるよう, 変ずること, 大きくし, 失うも, 失ふべきや, 如何なる模様, 守るもの, 完全に, 完成する, 小さくし, 崩さないよう, 崩して, 廻して, 彫って, 成さない一塊, 成しては, 抜いて, 拵へ, 拵へて, 拵らえ, 持つ, 持つこと, 捕えて, 採つたの, 採り始めた, 採る事, 採る様, 描く事, 換へて, 改め, 改めると, 整え姿, 整へる, 易え, 映すのみ, 有して, 有ったもの, 模し, 歪ませて, 残す, 没して, 為して, 為す, 現した, 現したの, 現し人, 現す, 現わ, 現わさ, 生じて, 生存せる, 画いて, 異にした, 直したり, 直しながら, 知って, 知るもの, 示すこと, 示すの, 私は, 細密に, 経て, 結ぶとき, 織り出した織り出されたもの, 美しく見せる, 藉りた, 蝶鳥の, 見せたものの, 見たが, 見ただけ, 見たの, 見つけました, 見わけること, 覗いて, 観しかして, 認めること, 説明し, 調べて, 變え, 變へる, 追究した, 造つた, 金で, 雪の, 頭に, 顕して, 顕わ, 顕わす, 顯は

1 [1957件 抜粋] あくまでも追究, あみあげたもの, あらためた大次郎, あらためて四敵国対日本国, あらためて答えた, あらわしこの世, あらわすから, いう可, いまこ, うながされ固まり成長, おしなべて, お取り, かえずに, かえてでも, かえ子孫, かりた不可抗力, きめちょっと, きめると, きめる目安, くずさないよう, くずそうとして, くり返して, こしらえそれ, こしらえなければ, こしらえニヤリ, この世に, ごまかすため, させて, ざっと写生, したいちばん, したおもちゃ, したそして, したひと, したへな, したよう, したカーキ色, したグロリア号, したドス, したフェット, したヘアピン, したルーベンス眉, した一寸五分, した一枚石, した上顎, した二つ, した五葉, した人形, した何, した光, した切れ長, した卵形, した古, した台, した器械, した土, した変, した夜, した太短い, した如法寺山, した実, した少年, した峰, した常磐木, した弁当箱, した彫刻, した手, した捲線, した新型牽引車, した曲線, した木像, した板切れ, した栓, した櫛, した段数計, した池, した浮遊物, した淡紅色, した潜水艇, した炉, した煙草入れみたい, した牛蒡, した王, した田, した真, した矮生樹, した破れ目, した空間漂流器, した竹, した筵, した純白, した紫色, した緑色, した老翁, した肉, した舌, した色彩, した苦悶, した蕈, した藍, した蛍光板, した血, した西洋菓子, した赤, した軍艦, した都市計画, した金属, した金銀, した銅鑼, した鋼鉄浮標, した鏡, した階段, した雪下, した青銅, した頭蓋, した食えない部分, した高い, した鮮かな点列, した黄金一枚, した鼈甲, してるという, しばらく驚嘆, し入り組み広い, じっと眺める, すっかり崩し, するという, すれば, そういう人間, そなえさせて, そなえた荒刀, そのままであります, その光, たてなおした, だん, つかまえること, つくりあげて, つくりそれ, つくり美しくも, つけさせそれ, つけねば, つけること, つけるよう国男, つけ岩, とっただけ, とったらしい, とった上波, とった思想, とった非常時的, ととのえると, ととのえ時計, とらうと, とらせました, とらない未知, とらぬ政治的プリンシプル, とりこんだので, とりたがるの, とりだすと, とりはじめた, とり八方, とり出すと, とり得ない, とり曲節, とり直径一マイル以上, とるか, とるといふ, とるよりも, とる利用方程式, とる時期, とれば, どう潜り抜けた, なおすよう, なくした, なさないこの, なさぬ業因, なした, なしたる低き, なしたドグマ, なした数多, なした第, なしてること, なし二筋, なし小さな, なし彼, なし臙脂, なすまで, なせるを, なぞりながら, のみ見るの, はっきり浮き出さし, はつきりさせ, ひき継いだ後, ほどいて, まる出し, みせたの, みとめたので, もたらすもの, もった薄刃, もつという, やかましくいっ, ゆすりながら, よく了解, よそおい日比谷公園, わざわざ曲げ, コンモリと, 一々指摘, 一変する, 一見した, 下さるの, 与えた, 与えなければ, 与えられるの, 与えるよう, 与え実在人物, 与へたもの, 世に有る, 並べる, 云い表わすもの, 些かも, 付け八丁堀, 以って, 伺見た, 似せること, 何とも思わなかった, 作す, 作ったもの, 作つたもの, 作つて比較的, 作らせましたところ, 作りそれ, 作り付けること, 作り添えなどす, 作るかといふ, 作る基礎, 保ちそこ, 保存し, 保有し, 借りた詩, 備えたもの, 備えた電波, 備へてを, 像った, 先に, 全備し, 具えた三ヶ月, 具えないもの, 具へた二體の, 写した上, 写すの, 写そうと, 出したが, 分化し, 列ねた城砦, 刻み出す, 前後に, 力に, 化け変えるが, 千倍もの, 印して, 去れば, 取ったが, 取ったり, 取った怒である, 取つて世界的, 取つて相手, 取らせて, 取らない仄, 取らむとするよう, 取りしもの, 取り初めた, 取り得ずに, 取り意識界, 取るから, 取るとか, 取るやう, 取る時刻, 取ろうが, 受け取る, 名詞に, 呈し他, 呈し葉裏, 呈せざる, 問わず己, 固定させ, 地平線上に, 基礎として, 変えたあと, 変えたり, 変えた大久保彦左衛門, 変えても, 変えますだけの, 変えるであろう, 変える事, 変え天然, 変じたの, 変じ姿, 変へよ, 大きくしはじめた, 天子様は, 失いつつ, 失った銃弾, 失わざる伝承, 奪い味, 姫君がたの, 学ぶに, 完全ない, 察する資料, 山麓の, 崩さない, 崩し変装, 崩す訳, 左右に, 幾重の, 引いて, 強いて保ち, 彫つたもの, 彫刻に, 後世に, 得ようと, 復活し, 忘られ, 忽ち危うい, 思い浮べたという, 思ひ出させるの, 恥ぢず, 想ふと, 意味したらしい, 感じた, 憶えて, 成しながら, 成し両端, 成し峰容, 成す, 成せる如く日本, 截り出され, 手に, 押へながら, 拵え天地, 持し, 持ち続けて, 持った変換, 持つたもの, 持つという, 指先で, 据えて, 掠めて, 採つた, 採つて現, 採らなくても, 採る, 採るもの, 採用せざる, 描いた余り, 描きつつ, 描き出すこと, 描き得たとしても, 描く人, 描けるを, 損せぬ, 摸倣する, 支那特殊の, 改めた親分乾児, 改めては, 改めて唯今, 改めて行く, 改め扇子, 整えそれ, 整えたる落語, 整えること, 整理し, 旨として, 映出した, 暫く保つ, 書いてから, 最も好ん, 有し現在, 有する短剣刺傷, 有ち得ない, 有った科学, 望めば, 木像に, 棄て他者, 構成し, 歛めて, 止めなくな, 正しいもの, 正せ, 歪めて, 残したもの, 殘し, 求めるが, 決めるには, 沢山作っ, 流線型に, 消した, 消すに, 滅せざれば, 濡れ紙, 為すの, 無くし右, 然思ひ, 爲す者たらん, 現さなかつたかも, 現したり, 現し狐狸, 現すもの, 現ずるもの, 生じ更に, 生み出して, 生んだので, 留めたと, 畫き, 異にする, 発生させよう, 百番目に, 盛り直して, 目に, 眞に, 真似する, 真似でも, 眺めたいと, 眼で, 知つて精神を, 知らぬもの, 石の, 確認した, 示さるるを, 示したる物, 示し棹, 示す曲線, 私に, 空に, 竜に, 箱から, 篤と見た, 精密に, 結ばざるを, 結晶させる, 続けて, 総て脱さず, 織った, 繰返しても, 置かせたの, 考える, 考へること, 胸に, 與へて, 茶褐色に, 著しく固め, 血にて, 表したもの, 表わすもの, 裸松は, 要し何, 見ず形, 見せつけられたならば, 見せない其後, 見せまする, 見せること, 見たこと, 見つけて, 見ては, 見なかったの, 見よ, 見る世界, 見んと, 見入ったまま, 見合って, 見極めること, 見詰めたまま目, 視た者, 覺え, 記憶しよう, 設くる, 詳しく伝へた, 語尾と, 調節し, 變えた, 變化さす, 賦す, 足取りで, 軍配という, 追うて, 追って比較的, 送りさえ, 造った, 造つて居ます, 造り上げるかといふ, 造るといふまで, 違へて, 選ぶので, 都鳥の, 鈴の, 録さんとて, 附けて, 隠すという, 離れた怪しい, 露した, 面白がる, 顕したと, 顯す, 餘念なく

▼ 形~ (3510, 16.7%)

68 ものが 29 ままで 28 上に, 上の 27 上では 23 ものを 22 もので, 中に 21 ものは 18 下に 16 あるもの, 上で 15 ような, ように 12 ものに, 美しさ 11 ものも 10 ものと, 上から, 帽子を 9 ないもの, ま, ままに 8 ものである, 結晶が, 顔を 6 なかに, 印を, 階段を

5 [11件] うちに, ないまでに, ものだ, 上でも, 山が, 影を, 方が, 男が, 石が, 術を, 頭を

4 [21件] いい脚, ない心, ぼんやりした, ままでは, ものだった, ものの, もの有り, 上だけ, 上での, 中の, 写真を, 女が, 如くに, 家が, 岩が, 巨大な, 影が, 石を, 穴が, 者, 花を

3 [54件] あること, うるは, かはる, かぶと, ところから, もの, ものでも, やうで, やうに, よいの, よさ, を見かけます, テーブルが, 上だけで, 中から, 似たもの, 傷痕は, 八五郎だ, 口で, 口へ, 君, 問題として, 団扇を, 墓の, 大きさ, 大きな黒い, 好い鼻, 暗箱を, 木の, 歌を, 波を, 火の, 煙と, 物が, 物理学, 窓が, 紙を, 結晶は, 網の, 美は, 美を, 者が, 葉を, 血痕が, 論理である, 辺を, 進路を, 鉄瓶の, 門が, 雪が, 雲が, 面白さ, 顔の, 黄金の

2 [217件] あったの, あつた, ある物, ある独立, いい小さな, いい頭, いい鼻, おもしろさ, お月さま, があっ, きまりを, くずれて, くぼみが, ことを, これと, ごときは, ために, ついて, ない或, ない死神, ない物, なりで, はっきりした, はっきりしない, まま死か, もとに, ものか, ものから, ものであっ, ものであった, ものであります, ものとでは, ものには, ものや, アイスクリンの, テエブルに, テーブルと, ピストルは, ピストルを, 一つの, 一方に, 一端に, 上だけの, 上においては, 上にも, 上丈では, 丘に, 中で, 中には, 主な, 光に, 入道雲が, 八五郎とか, 八五郎金や, 具はらぬ, 具わらぬもの, 冠を, 凄まじさ, 処に, 処を, 函館が, 力である, 口から, 古墳は, 器に, 土器が, 土器を, 堕落, 塚は, 壁の, 壜, 壺を, 変ったもの, 変わりよう, 変化した, 変化に, 外に, 大な, 大テーブル, 大小を, 大石に, 天井から, 天井を, 天幕が, 天蓋の, 奇異なる, 女は, 好い陸橋, 妙な, 孔が, 完全な, 定まりしを, 家に, 家を, 小麦色の, 山, 山は, 峰が, 崩れた, 差別を, 帆前船で, 帆前船を, 廊下に, 建物の, 廻転錐を, 弁の, 引用さえ, 形という, 影の, 徳利で, 忘れむ時, 思考でなけれ, 怪物が, 悪いもの, 成立は, 成立も, 揃は, 支配は, 放つ深い, 方から, 星だ, 時計を, 月だった, 服を, 木が, 板の, 桶を, 構成を, 模様が, 機械を, 正確さそして, 氣高い, 水晶の, 汚い結晶, 池の, 洋傘を, 漁舟も, 烏, 煙管で, 煙管を, 煙草盆を, 熟語が, 燈籠に, 燈籠の, 物かと, 物は, 物を, 生成は, 男と, 痣が, 白い小ぶり, 白ペンキの, 皿が, 盾を, 眉の, 石に, 礼も, 積雲と, 窓越しに, 端麗な, 箱に, 箱の, 紙の, 結晶である, 結晶を, 結論が, 美しいの, 背の, 脚を, 色の, 芝生が, 花が, 花の, 花や, 葉, 葉が, 葉は, 葦と, 薔薇の, 西山に, 見えるもの, 見本を, 観念論に, 記憶を, 認識である, 講壇に, 赤い小さな, 足あとは, 軌道を, 軒には, 輪を, 通りの, 道を, 部屋で, 銀の, 銀杏の, 鍋を, 鎌で, 門鑑を, 陶器を, 階段が, 雪の, 雲を, 電燈が, 面を, 面白い石, 頂点に, 頭顱の, 額に, 顎鬚を, 顔に, 顔や, 馬が, 鳥が, 黄金メダルを, 黒い雲, 黒帽子を

1 [2293件 抜粋] あかりにおい主人の, あのおそろしい, あらはれた, あるの, ある所, いい, いい一本, いい唇, いい山女魚, いい手, いい腰, いい額, いびつな, いろいろ変った, うえより, うつしが, おひ, お爺さんは, かたい実, かなり高い, があります, が大小幾本, くずれたの, くずれた銀杏返し, くっきりと, ことでありましょう, この神, ごとく僧斎, ごとく杉, ごとく重厚, しが, するどい鱗粉, その半, それと, ちがいが, ちがった椅子, ついた男, つくこと, でき上がった被, ところだ, ととのった共同生活, とほり, どこか, ないお, ない力づよいものは, ない声, ない思い, ない朦朧, ない混沌, ない空想, ない色, はげが, は魚市場, ふくよかな, ほとんどくずれかかった, まつ黒, ままと, まままた, まま僕は, まま帯留の, まま顔を, もしばしば, ものじゃ, ものとの, ものにまで, ものやら, もの少から, やうな, ゆらゆらした, よいこと, よい口, よい松, よい真っ直ぐ, よい蟹, ようである, よく整った, をお, アイスクリーム菓子サンドウィッチ果実その他の, カミィル巡査と, ガラス壜の, コック帽を, コンクリーの, ゾーッと, テーブル, デリケートなる, ニヒリズムは, パイプです, ビデなどは, ファシズムだ, プッジングを, ペシャンコの, ボロ自動車, ラップボートが, ロボットが, ローラーをから, 一つであった, 一分とか, 一条道です, 一群の, 丈の, 上からばかり, 上である, 上より, 下から, 不明に, 世界種の, 両辺を, 中廊下が, 中門で, 丸太棒で, 九分を, 予備は, 二つもつれた, 二葉を, 井戸から, 人が, 人造人間が, 代表的な, 伊香保の, 似たるより, 低い古門, 体は, 信仰が, 個人主義の, 傘を, 傷跡が, 優しい眉, 光も, 入り海の, 全貌に, 八分の鈎に, 内の, 円孔が, 円頂が, 写真だった, 几帳の, 凹みが, 出来かかった, 函を, 刃先に, 切手と, 判断に, 制約を, 刺青を, 前肢を, 創傷も, 動物が, 匕首を, 十枚ばかりの, 半面に, 単物に, 危機, 厭味を, 友達, 反省では, 口上が, 古い燈籠, 古墳も, 可愛さ, 台である, 合理化の, 同じ毛並, 名詞法が, 呪言が, 品よく, 問題が, 問題は, 單式火山で, 器械の, 嚢が, 団扇が, 固定し, 土噐に, 土藏の, 地平線が, 城廓都市という, 場合でも, 塚に, 墓石に, 壁灯から, 壁面から, 変ったの, 変つた全く, 変つた舞台が, 変わった船, 変化では, 変化多く, 外殻に, 多様性, 大きいの, 大きい擦, 大きい鼻, 大きな塊, 大きな玉石, 大きな舶来唐墨, 大さ, 大小に, 大山も, 大櫃台, 大珠山, 大陸が, 天井の, 太鼓を, 奧には, 奴が, 好い固有, 好い脚, 好さ, 如き女法師顔, 如く右, 如く彼, 如く結城, 如何は, 姿に, 娘で, 孔を, 学問でなけれ, 完全と, 定義が, 客観的描写を, 容器に, 寝床に, 寸法を, 小さいもの, 小さい低い島, 小さい者, 小さき方, 小さな飛行船, 小壺, 小盥, 少女で, 尖頂を, 屋根の, 展開し, 山を, 岩は, 岩片が, 峰頭を, 崩れたもの, 崩れた結合, 崩潰に, 左上部に, 巧拙で, 差の, 帷幕に, 干菓子を, 幾何的構造物を, 広告門を, 底部, 廂では, 建築も, 弁当が, 弧を, 彼女の, 御堂が, 微かな, 心臓と, 念仏である, 急な, 悪い鬢, 意, 愛それは, 感じを, 成績は, 扉を, 手水鉢を, 押紋有る, 招牌を, 持つ能動的意味, 据風呂が, 掛茶屋が, 支柱に, 散刀, 整った体, 整ふ, 文字が, 文明が, 文鎮を, 斑紋が, 新しい発見, 方の, 日本家が, 明かに, 普及を, 曲った柱, 曲線は, 最も俗流的, 月と, 木函が, 木製の, 本堂も, 机の, 杉板の, 板は, 果実と, 根柢的な, 桃色の, 桶に, 椅子同じ, 極めて鋭利, 槍尖だった, 模倣が, 樹木が, 機銃らしい, 歌ばかり, 歪に, 死語として, 残雪が, 段だらだけは, 民謡が, 水掻の, 水雷艇は, 池は, 沢山の, 法則と, 波は, 注ぎ出し口付き, 浅いもの, 浦の, 海岸の, 混雜が, 湯たんぽが, 瀬戸の, 火山で, 灰の, 無いところ, 無思想, 煙突からは, 熏豚の, 燒物を, 物から, 物にな, 物理学や, 特色を, 猛烈な, 獣の, 王宮には, 珍らしい, 現在の, 琺瑯鉄器製の, 瓢箪先生がたに, 瓶などを, 由私が, 男を, 異つた文字, 疵痕を, 癖に, 發達だけ, 白き隆起, 的を, 皿を, 目に, 直線的な, 相違に, 眞暗, 真鍮縁の, 眼眼の, 知れない形, 石ころ道を, 石は, 石橋が, 石畳へ, 石階を, 研究に, 砥石を, 硝子筒の, 確実と, 社会でも, 神話の, 科学約め, 種子が, 穴から, 空気獣の, 立体を, 竪穴の, 笠を, 箆棒に, 箸入れを, 米粒位な, 精巧な, 紅黄白色常盤の, 紙切りで, 紙鳶を, 累層を, 紳士が, 結晶例えば, 絹団扇が, 網や, 線を, 縁無し眼鏡を, 繪を, 美くし, 美わしい, 美男子で, 老人が, 耳環の, 背中を, 胴乱を, 腕とを, 自動車の, 自然石と, 船であった, 良いの, 良い耳, 良心が, 色眼鏡を, 花に, 花影を, 花粉等は, 若々しい顔, 茶碗に, 荷物と, 菊池槍である, 菓子皿へ, 落雁が, 葉子は, 蒔絵の, 藪が, 血痕に, 行進に, 街にも, 表情を, 袋が, 裝飾なり, 襖が, 見えない糸, 見事な, 観念論の, 角印及び, 言葉が, 証拠に, 話である, 認識か, 語尾の, 説話より, 警棒を, 谷間で, 象形詩形を, 貴族の, 赤ラシャを, 起重車が, 路を, 軌道に, 軽い板, 輪廓が, 輪郭を, 近似が, 送影機, 通りで, 連山から, 運送船およそ, 道具という, 違ったバケツ, 違ふ, 遺跡が, 部分が, 部落が, 酒瓶が, 野伏し, 釜の, 鈴は, 鉄瓶を, 銅の, 鍋取, 鏡は, 長い眼, 門そして, 附いて, 陶器も, 階子を, 隙間が, 電灯が, 青い葉, 静かな, 面白い一幹, 面白味を, 靴でも, 音響砲を, 頂辺が, 頭にわ, 頸の, 顔が, 顔ばかり, 顔鶏卵を, 風呂敷づつみと一緒に, 風雨に, 食器から, 飾りを, 首字は, 馬車な, 骨組みに, 高い石燈籠, 高山を, 鳥である, 鶏を, 黄昏るる, 黒いすべすべ, 黒い斑点, 黒の, 黝んだ

▼ 形~ (2758, 13.1%)

316 なって 68 して 67 於て 51 なつて 45 なった 41 なる 36 なつた, なるの 23 なったの 19 似て 14 見えた 13 見えて 11 なりました 10 なったが, 於いて, 添うよう, 現わし 9 なったもの, 変って, 於ては, 見える 8 直して 7 並んで, 開いて 6 あらわして, なります, なると, よく似 5 あらは, したの, なつたり, ならんで, なること, 出て

4 [14件] したもの, なれば, 切って, 変えて, 変化し, 手を, 拵へ, 書いた大きな, 残って, 添ふ, 現れて, 見えるやぶの, 見えるよう, 身を

3 [35件] あらわれて, かえて, かわって, しても, するの, できて, なったので, なっては, なり, なりその, なるが, はめて, ひらいて, 丸めて, 分裂し, 切った紙, 切つた, 化けて, 取って, 変わって, 姿を, 於てのみ, 曲げて, 添うが, 無理が, 現われたもの, 現われて, 眼を, 石を, 紙を, 結って, 見えるの, 近いもの, 近づいて, 顔を

2 [113件] ある, くみ合せて, こしら, した, したが, したがうが, したら恐らく, しなければ, する, すること, するため, それを, とられて, なったよう, なった処, なった時, ならないの, ならべて, なりかけて, なりがち, なりて, なるから, なるだろう, なるね, なるので, なるまで, なるもの, なるん, ふむふむと, ほかならない, まとめて, よりて, キューッと, バッバッバッと, 一つの, 両手を, 井筒形に, 似せて, 依って, 充満し, 凹んで, 出来て, 剪って, 動き出し額, 印して, 取られて, 合せて, 変化する, 変化を, 変形する, 寝こんで, 寝て, 尖って, 展開した, 山の, 崩込ん, 巻いて, 廻り廻っ, 引籠み, 形成する, 彫刻し, 従うが, 応じて, 成つて居る, 成りまして, 抉れて, 拡がって, 描いて, 支へ, 改めた造営者, 整えて, 於けるが, 於ける思想, 於ても, 歪めて, 煽るや, 特色が, 現せると, 現は, 現はれる, 現わ, 現われるもの, 疊みこみたる, 眺められた, 積んで, 空を, 筋を, 組んで, 結んで, 続いて, 置いて, 聳えて, 肖て, 肱を, 胸から, 腰から, 興味を, 落ちて, 著しく出, 表は, 表現する, 見えそれ, 見えたが, 見えたの, 見えます, 見えること, 見ること, 規律正しく, 還元され, 都合四脚の, 長く中空, 階下の, 高めたの

1 [1479件 抜粋] あいて, あっては, あて嵌めて, あらず單, あらはれるが, あらわしたもの, あらわれたとき, あらわれた最初, あらわれないうち, あるいは菱形, あるの, ある小次郎, ある輪田夏子, いつまとめる, うちあげられた海草, おいて, お切り, かえようとして, かき得るという, かたまった灰, かためられて, きめられて, きられた石, くびれた長目, こしらえその, こしらえた物, こしらえ椋, こなしたもの, こびりついて, こんもりもりあがった, さしこんで, し, しその, したからとて, したは, したらまた, したるなりき, したゼノア独特, した幾つ, した煙草入れ, した飾, しつかりにぎりかためられたやう, してな, しや, しろ模様, し餞別, すぎないと, すぢ, すりかえて, するという, ずらし乍ら, せられたる人心, そう如く, その船, た, たつて, つ, つくった祠, つくりました, つなぐこと, つもるもの, である, とつて, とどめて, とろとろと, どんな数量, なかなか力, なぞらえた木石, なったかと, なったし, なったはははは, なったらしいの, なったテエブル, なった場所, なった桐, なった考え, なった額, なってや, なってる逆, なつてこ, ならって, ならないだろうか, ならないよう, ならなければ, なりかかって, なりからだ, なりさうな気忙し, なりそら, なりついで, なりながらも, なりますから, なりもっと, なり二人, なり切って, なり客, なり引裂かれた黄色い, なり整った揚句, なり漢中巴蜀, なり状, なり答, なり足, なり黒い, なるこんな, なるそう, なるといふ, なるよりは, なる人, なる夫婦, なる追分, なんとなまず, にた島, のぼって, ばけて, ひどくきく, ひらけた砂原, ひろが, びっしょりであった, ふくれて, ほかほかと, まげて, まとまった最初, まとまらない嫉妬, まとめるやう, みせる役, むつみあう浮寝, もう一つ, もって, やつして, ゆがめられて, よく似た, キチンと, グッショリ濡れ, タタキ付けられ, ボロボロに, 一つに, 一驚した, 三十七種まで, 上って, 上りて, 上徴質徴少, 下に, 世相が, 両肢, 並べられたテーブル, 並んだの, 中凹み, 丸めたもの, 二つ並べた, 五六本の, 仕直そうと, 仕立てられた矮生樹, 付着し, 仰がれ候, 伴う如くただ, 伴ふごとく, 伸びて, 似せたもの, 似せた新, 似たりなど, 似たる白き, 似た枯草, 似た踊, 似るよう, 似通う山, 作った白紙, 作つた二寸ばかりの, 作られ有るが, 作りその, 作りもしくは, 依つて, 信仰を, 倒れて, 偃うて居る, 傾いて, 儼然と, 光ったところ, 入り組みて, 入込んで, 円くその, 円く二つ, 円味で, 再現し, 凝つて, 出た葉, 出世し, 出来たこと, 出来るやう, 分かてば, 分れて, 分岐してる, 切ったやつ, 切った白い, 切りこんで, 切りたるなど, 切り取られて, 切り濡れた土, 切ッ立っ, 列ねること, 刳った木片, 刳り込まれた壁灯, 刻む, 刻んで, 削つて, 前脚, 割り込ませやう, 劈きはじめる, 動かしたが, 化して, 区切ってる青, 博士の, 厚くす, 又簡単, 反ッくり, 取つて, 口語律を, 合しては, 合わないから, 咲いて, 唇を, 囚は, 回って, 因った名, 固めたスリ餌, 固定しない, 地の, 坐れば, 基づいた名, 塞いで, 壊けて, 変じた, 変じ来つたの, 変つてし, 変つて単に, 変るから, 変化ある, 変化は, 変形し, 大きな伊太利式ゴシツク, 大小の, 女を, 存するという, 定まつたの, 実質が, 密着け合わせた, 寝そべりながら, 対してと, 小さい円, 尖った先, 尖った頂上附近, 就こうと, 就ては, 屈折し, 展開しはじめた, 岐れ, 嵌るの, 巻き上ったもの, 帰る, 帽子を, 幕を, 広がって, 延びたり, 建って, 建てられた間口二間, 引きしまった痛ましい, 引き歪める, 引き裂かれた五六寸位, 引切りました, 張って, 強いて, 彎った, 彩色した, 彫刻せる, 後を, 従つて各, 従は, 復して, 復せば, 微小ながら, 思想を, 怪しい顔, 恵まれながら, 感ぜられるの, 慣れきったあまり, 成つた, 成つて見えた, 成るのに, 或は動物, 截つて, 打ち出されて, 抉れ落ちた古い, 折って, 折り曲げた左手, 折り畳まれたナフキン, 折れ曲がった茎, 押し合って, 拘泥する, 拡つて居る, 拵へて, 持って, 捲き垂れて, 捻れた籠, 掘り窪めて, 揉まれて, 支えた建造物, 改まって, 改修した, 整列し, 敷いて, 断ち切られ種々, 於いてのみ, 於けるインテリゲンチャ論, 於ける全く, 於ける戒厳令, 於ける法則, 於ける賤民視, 於てしか, 昇るので, 曲げ隆起, 曲った広い, 曲つた, 曲りはじめしかも, 曲り現場, 曲折し, 書き換えること, 最も近い, 束縛されつ, 枕屏風の, 染付け始めました, 案山子を, 植えつけられて, 構えました, 模した, 櫓を, 次第に育つ, 正しく先頭, 歩きはらば, 歪み更に, 残してあつ, 残る事, 母家から, 水から, 氷るとも, 決つて居る, 沈んで, 注ぐと, 浮き上るという, 浮んで, 深く背, 添うごとくどこ, 添う如く手放したこと, 添ふ如く, 満足しない, 澄んだ目, 無言の, 照し, 燃え上った, 特徴が, 現したの, 現ぜしむることあり, 現れたところ, 現れるといふ, 現れ互いに, 現われしめるという, 現われた完全, 現われた真理, 現われるかには, 現われ天, 瑕生じた, 産みつけて, 申わけばかりに, 男靴女靴が, 畳みこみたるが, 畳んで, 発達した, 白かった, 白布を, 盛りあがるもの, 監獄が, 直そう, 相対する, 真似て, 眺め入って, 破れたのに, 示した, 礼ある, 移される, 移りつつ, 稲の, 積まれ煙突, 積み上げられた黄金, 積み重ねたもの, 積んだ柴, 空にも, 突き出て, 立ちはだかって, 立ち揃いました, 立てること, 端折って, 紆廻つて居る, 素晴らしいもの, 細く整っ, 終止形の, 組みたてて, 組み支えられて, 組んだ金, 結い上げられた夥しい, 結びつづけたが, 結んだもの, 結晶する, 統一した, 緊ツた, 編んだ礼盤, 縁つて無限の, 縫った御, 縮れて, 纏まつた, 纏めて, 纒める, 置いた庭, 置き右, 置くもの, 翳蔽える, 考へを, 肉が, 育って, 腕を, 腹這ひ, 自分の, 致して, 舞ふ, 落ちついたと, 著しい変態, 蔓って, 薄くす, 血が, 表され而, 表れて, 表わして, 表現し, 袖を, 裂けたり, 裂れこみの大きい, 見えたやう, 見えますが, 見えるかけ, 見える処, 見え出したの, 見せつつ, 見ようとしても, 見わ, 見出す氣, 親しみを, 言葉を以て, 記されて, 読ませその, 譬へ, 變つ, 象つた, 走るよう, 起因する, 身体を, 迂廻して, 近いはず, 近かった, 返って, 迫って, 逆戻りし, 通ふかしこ, 造られたと, 造り上げるまでには, 造り殊に, 連結した, 進んで, 運ばれて, 過ぎぬこと, 適った鞣皮, 適合しない, 配置した, 重なり合ったまま, 金が, 金色に, 鋳込まれなかったこと, 鑄造した, 開いた兇器, 関聯し, 附加し, 陣容を, 随う, 集まると, 離れて, 非ずして, 音羽の, 顔の, 顕わして, 類似し, 飾ったので, 驚いたり, 高くつみ上げられ, 髣髴たる, 黄いろい紙

▼ 形~ (2139, 10.2%)

36 あつた 14 あらわれて 12 現われて 10 出て, 現れて 9 それを, 残って 8 あらう 5 あつて, これを, ね, やって, 問題に, 現われる, 眼を, 示されて 4 そこに, もって, 彼の, 彼は, 現はれ, 私たちの, 私は, 自分の, 表現し, 首を

3 [23件] それが, 与えられて, 二人の, 今日の, 他の, 伝へられて, 作品の, 反映し, 女の, 存在し, 日本の, 書かれて, 書くこと, 残されて, 現われること, 眼に, 行われた, 表れて, 表現され, 表面に, 見て, 頭の, 飛んで

2 [106件] あつたの, あらは, あらわれた, あらわれる, いくつかの, いまの, いると, けれどもこぼれ落ちる, ここに, これが, しかも一方, すまして, せう, それぞれの, それに, つかって, どちらかと, な, ひそんで, まとめて, わたしたちに, われわれに, われわれの, 一方の, 一濡れに, 上の, 与えて, 与えようと, 中天に, 二つの, 今に, 作用する, 出して, 坐って, 塩辛に, 女が, 妙に, 実現された, 実際に, 寝て, 対生し, 対立し, 尖り葉縁, 居る, 屋根の, 屹として, 幾年間を, 復活し, 意識され, 慌てて, 持って, 提出される, 政治に, 文学の, 文学を, 暮して, 書いた, 書いて, 次の, 歩いて, 死んで, 残つてゐる, 残つてを, 永代の, 沖縄本島でも, 爆発する, 物を, 現して, 現れるの, 現わし, 現われたという, 現われないの, 現われるの, 現われるもの, 現われる事, 男女の, 畳に, 発表され, 発表された, 示して, 私が, 私に, 立って, 考えて, 而も, 胴の間に, 自分たちの, 自分は, 自然に, 行くの, 行われて, 表は, 表現された, 表現した, 表現なし得る, 見詰めて, 認識する, 語られて, 跡を, 身体を, 進物の, 鏡に, 面白いと, 顔を, 高い草, 鬱金も

1 [1670件 抜粋] ああいう, あつめブルジョア, あの人, あの賓頭廬, あらうとお, あらはれ次ぎに, あらわされて, あらわれしかも, あらわれまた, あらわれるかなどという, あらわれるため, ありの, あるいは東洋, いいあらわされたもの, いずれかの, いちおうこの, いつ動く, いましたが, いやに, いろいろの, うけずに, うけとっては, うつむいて, おくり出したの, おなじ方向, おもしろうない, お役に立つ, お望み次第, お目見得する, かうして, かこの, かとにかく, かまたは, か亜米利加, か新聞, か舞台, がんりきが, くっきりと, けろりとした, ここだ心頭滅却, こちらへ, このよう, この事件, この国, この峠, この石ころ, これは, これらに, こんなだったら, さきと, さすがに, さはる, しかもそれ, しきりに着物, しょうことなしにやっているのではないかと, すっくと立ち上る, すれつもつれつ前, せめて居酒屋会議, そうしない, そう認める, そこへ, そのひと, その人, その作物, その可能, その女, その後姿, その日, その泉, その系統, その要素, その道に, そむかないもの, それには, そろそろ高められ, そんな場合, たたかって, ただ黙っ, たのしむ術, だが, ちょっとき, つい溢れる, つけ足して, つまり自身, できるという, とうとう葭萌関, とげようと, とんで, どうしてあれ, どこかに, どの家, どんな意味, どんな風, なんだか大きな, のんきに, はじまつたこと, はっきり自覚, ひそかに, ひっそり気, ひょこんと床間, ふちに, ぶちこまれても, ぼうっとした, まいったまた, またおなじ, また現われた, まだ子供, まとまった系統, みられる, むすばれたらうと, もつて, やって来られるとは, やとわれた武士, やらねば, やること, よくあらわれた, よほど變つて, わかるね, わざと手, ゐた渡, キノの, グジーとの, ションボリと, チャイコフスキーの, テーマの, ナチス運動の, パリへ, ピオニェールを, ユダヤ人によって, 一人二役の, 一同が, 一時に, 一群に, 一見し, 万人に, 三人共に, 三方が, 三角の, 上等の, 下に, 下膨れの, 不断の, 与えられた間接論証, 与えられ決していきなり, 世に, 世上に, 丘の, 並んだら並んだだけ, 中介者, 中程に, 丸天井を, 主人の, 乘り, 事件として, 二月も, 云うと, 云われる筋, 五体を, 人との, 人を, 人間の, 今四つ, 今日では, 今日われわれに, 今更後悔, 仕事し, 他に, 付け加えること, 以てさえ, 仰がる, 伝へて, 伝わらないという, 伝七郎が, 低級な, 何とも申訳, 何度も, 作って, 作家でござい, 使って, 使われると, 保を, 保存せられ, 俯向い, 倒れて, 傳えられたもの, 働かせ得る人はちよ, 兄の, 先生の, 兎も, 入用な, 八重と, 其の喉, 其処に, 内に, 再確立, 写真に, 凡そ生物学的, 出されること, 出した問題, 出来たか, 出来上って, 出発した, 分裂の, 到達し, 前方に, 劇的に, 労働者でなけれ, 動揺する, 包蔵され, 千代乃は, 南の, 原作尊重といふ, 又炬火, 反映する, 取っては, 取り上げられて, 取扱ひました, 受けようと, 受取るだけの, 古い印象, 右に, 各機構, 同じところ, 同じ色あい, 同時にいく, 向いあわされて, 唱え出し又, 問いを, 四五十軒並ん, 國土の, 圧し潰し, 地上に, 垂前髪に, 報償される, 外面の, 大きな死亡率, 大層大きい, 大袈裟に, 天界から, 女性の, 妙な, 姿を, 婚儀は, 存在は, 守ろうと, 宗教の, 実物大に, 実行に, 客でも, 家中の, 寛大を, 寝台や, 寿江子と, 導入される, 小声で, 少してれた, 少し大きい, 尤もらしく, 居る小波, 岩壁を, 崩れ落ちたの, 左右すべきだ, 左右不同の, 差覗く, 帰つてし, 常に露出, 幾らかの, 座に, 引きわかれたが, 強調せらるべきだ, 彩取っ, 影響しない, 彼も, 彼女は, 径五分ないし, 後に, 徐に北, 復活した, 必ず表し掲げ, 忍びよる, 思い知らせる, 急須や, 愛用した, 憲法が, 或る, 所見を, 手紙を, 把握された, 投り出され, 披瀝し, 拵えて, 持込みの, 採り入れ更に, 掴んでは, 描かうと, 描こうと, 提唱され, 撒かれる大衆的, 支払う所, 政治の, 敏感な, 教学の, 整理が, 文字に, 料理屋の, 新しい世界, 新たな, 新聞に, 日々の, 日本へは, 旦那の, 旺に, 昌造の, 春芽を, 時に生れ, 晏然と, 暗示し, 暫らく元の, 書いた秀, 書きたいと, 書き留めて, 最も広く, 有耶無耶に, 未完成さ, 本歌を, 来ると, 東京に, 東山の, 枯れて, 桂子の, 森垣さんは, 極めて薄い, 様々の, 次で, 正しくゆるやか, 正義と, 此が, 歩き出して, 歪曲され, 死体の, 残つた物の, 残念さうに横眼で, 殘し, 母性を, 毛を, 気がついたもの, 汗を, 河が, 法令の, 泳いで, 活かしある, 流れず油色, 流行病を, 淡青色, 渡ったか, 漁夫らが, 澄み返つて, 点在する, 照れて, 熱情を, 爪の, 牡丹の, 犠牲を, 現は, 現れたの, 現れても, 現れました, 現れるかと, 現れ頭脳活動, 現わそう, 現われたと, 現われなければ, 現代の, 現金に, 理解し, 瓦を, 生かして, 生と, 生命に, 生活され, 病者の, 発展しました, 発端を, 発達した, 皆は, 盛り上つ, 直径七尺以上の, 相手の, 真似られて, 眼も, 石井老, 確保しつづけよう, 示されたの, 示す事, 社会主義建設に, 神に, 私たちすべての, 私の, 移り歩いたらしい, 突かかつて, 突立った, 立ちすくんだまま, 竜之, 符合させ, 答えて, 精力的に, 終った, 終始し, 経営内を, 経験される, 結びついて, 結婚にまで, 絵柄も, 続けて, 縁台に, 繰返されて, 美しかった, 群生し, 考へて, 聞えて, 肩を, 背後に, 腰が, 自分という, 自己を, 自覚しよう, 船の, 良人らしい, 花道を, 苦悶の, 荷なって, 落着こう, 葉から, 蒸籠も, 藍と, 虚名を, 行くと, 行はれ, 行ふ, 行われること, 表現されなけれ, 表現せられ, 補充され, 襲って, 見えるよう, 見事に, 覗かれたの, 覚らねば, 観念と, 解決しよう, 触れ合って, 言う, 記, 許すこと, 話されるの, 認めるの, 語りかたに, 説かれた第, 読むに, 読者の, 課せられ得るであろう, 警察へ, 讀むべきである, 豫想も, 賛否, 起こる場合, 起り得るの, 踊り狂っ, 踏むこと, 蹲んだが, 軍事目的に, 轉じ, 近づいて, 迸り出ようと, 追跡し, 這いつくばったきり, 連絡は, 進められつ, 道は, 遷都の, 都会生れの, 野呂が, 銃を, 長い列, 関与される, 闇の, 降ったもの, 隠されずに, 集って, 青白く凍え, 非人間的, 面影を, 音の, 頭のみ, 類別する, 飛び散ったこと, 飛ぶ影, 駒込署まで, 黄色い川虫, 黙って

▼ 形~ (1394, 6.6%)

24 ある 18 変って 15 出来て 13 出て 12 似て 9 出來 8 ちがって, ついて, 見えた, 違って 7 あつた, 崩れて 6 あった, あって, あらわれた 5 あるの, 大きい, 形自身を, 見えます, 見える, 非常に 4 あらわれて, あります, くずれて, 変わって, 描かれて, 整って, 眼に, 見えるの

3 [19件] あつて, ありそれ, そこに, のこって, まるで変っ, ゆがんで, よくない, 変つ, 形として, 揺めいて, 残って, 目に, 立派で, 自然に, 見えて, 見えませんでした, 見えるでは, 進んで, 面白い

2 [78件] あったが, ありありと, あるそう, あるので, あるもの, あるよう, あるネ, ある筈, いくつも, おぼろに, お好き, そのま, それだ, それに, ついた, つかぬ, つくまい, ととのって, とれるよう, ない, ないでも, ないとも, なぜ起こった, はっきりと, はつきりし, ぼんやりと, よかった, よく保存, わかって, ズルズルと, ハッキリし, 上中流の, 主と, 先に, 出ると, 出来たので, 出来上って, 判で, 動いて, 噴溢れる, 墨流しの, 壁に, 変ずるばかり, 変な, 変るの, 変化する, 女に, 如何に, 子供の, 小さくて, 小さくなっ, 小さくなり, 崩れると, 弓の, 彫って, 影の, 悠然と空中, 搖めい, 支那の, 歪んで, 残つて居る, 法律に, 消えて, 消えても, 無い, 現はれ, 異なって, 砂に, 砂について, 空間的に, 自分の, 融合し, 見えなくなりました, 見えました, 見られる, 違ふ, 音の, 黒い堆石

1 [964件 抜粋] ああいう, あったにも, あっても, あつた様, あらあ, あらわれたかと, ありかた, ありました, ありますね, ありより, あり時空, あるが, あること, あるみたい, ある限度, あわれであった, いいその, いいよう, いかにもよく似合つて, いかにも件, いかにも怪奇, いかにも袴腰, いたはし, いつもと, いろいろあっ, いろいろと, うかびあがって, うた, おそろしくて, おもしろいので, およそ分明, かえられはたらき, かような, かんがえ出されのち, きまります, きまるという, くずれては, くずれるたび, くずれアッ, ぐずぐずに, こうの, こっち向きに, この初夏, こまかくベッタリ, これと, ごく近代, さっぱりわからない, さまでの, すぐに, すっかりかわっ, すんなりと, ぜんぶ見える, そうだった, そっくりし, そっくりに, そのまま外, そのよう, その和歌, その趣き, それほど変わった, それらしい, それらの, たいていは, たいへんな, だれにも, だんだんにどこ, だんだん大きく, だんだん荒れ, ちがい鼻, ちがうの, ちょうど二, ちょっとでも, つかずこんど, つかず首, つかなくなるばかり, つきましたが, つくでしょう, つくばったヒキ, つけられて, つぶれて, てるてる坊主, できあがる, できては, できる, とうてい停止, ときによって, ともに内地, とりつけて, どうしてもうまく, どうして生れなくなった, どうなっ, どうも気味, どんなもの, ないもの, ない以上, ない生きもの, なかなかいい, なくなったこと, なけりゃ変, ならんで, なんとなく笑っ, のこつて, はっきりわかっ, はっきり見える, ぱっと宙, ぱっと見えた, ひどくい, ひん曲がって, ふと浜屋, へんだ, ほ, ほぼ鈴, ぼやけて, ぼんやり見え出し, ぼツ, まがって, まざまざと, またいよいよ, またもや変る, また別, まだかわいく, まるでかわっ, まるで別人, みえて, みにくいばかり, みんなまがっ, めちや, ものの, やや三角形, よい, よくなんと観覧車, よく似, よく似てる, よく書, よく画面, よく醜いもの, わかるの, わるかつ, われわれに, ウ列音に, クリヴォフの, コロホニウムの, ジャックに, ハッキリと, フッと, ムックリ, ムックリ盛り, 一つの, 一ばんわかり, 一個乗っ, 一向はっきりしない, 一対一で, 一方変貌, 一番生存に, 一種の, 丁度乳房, 万葉集に, 三日月の, 下つて, 不思議に, 不自然な, 不規則で, 世間に, 両肢, 主墳の, 之である, 二つありあり, 亡くなると, 人格化せられ, 人殺しの, 人面を, 今しも, 今思い返し, 仕上りました, 他に, 付かなかつたら明日, 付く, 伝わって, 似たので, 似てるからさ, 佐比様すなわち, 何でございます, 何とも云, 何を, 余り, 余り大まか, 作られて, 作れる, 侠であっ, 俄に, 保たれること, 俵形で, 傍へ, 元来仔細の, 先ず彼女, 全く人, 全国的に, 其機運に, 具つて来た, 円くて, 円の, 写った, 冷たく且つ, 処々に, 出るかという, 出来あがりますが, 出来この, 出来その間, 出来たの, 出来てから, 出来ます, 出来るけれども, 出来るに従って, 出来れば, 出現する, 分らぬ位, 分る程度, 分化し, 切りだして, 初對面, 刺さった, 前よりも, 劣って, 動き出す, 動くと, 勢余つてど, 厭世的である, 又もや変る, 叙述部として, 古雅で, 可愛らしいお婆さん, 右足の, 各自異う, 同じである, 含んで, 四角である, 固定し, 場所も, 声と, 変じては, 変った, 変つた, 変つて了うたものが, 変り動的要素, 変り妙, 変ると, 変わると, 変梃に, 外から, 多い, 多いの, 多く用いられ, 夜目にも, 大きくなっ, 大きくなりました, 大きくなれ, 大きく且つはなはだ, 大きく写る, 大きく見え, 大きく食用, 大きな左右同形, 大分小く, 大変面白く, 大風呂敷, 太いから, 太く色, 奇妙に, 奈良朝の, 女の, 好くない, 如何にも大時代, 如何にも鞍, 妙な, 字面のと, 存在し, 完全な, 定つた上, 定まるの, 実に奇妙, 富士に, 封建の, 小く, 小さいだけの, 小さいので, 小さくなる, 小さくまた, 小熊を, 少しを, 少し気に入らない, 尖つたり, 展開する, 岩石の, 崩れないで, 崩れぬと, 崩れません, 崩れる嫌, 幣帛と, 平均し, 平生に, 年の, 幻覚の, 幾分か, 建築の, 弱くなり, 形成され, 彫れるもの, 彼女には, 忘られなかつた, 思ひがけ, 怨の, 悪い, 悪いので, 悪うございます, 悪かった, 悪くなる, 愉快な, 成り立つ形相, 我国と, 挫げて, 揃って, 支配される, 散らかった杯盤, 整うたもの, 整ふ, 整わぬので, 文献上に, 日常生活の, 日本とは, 早や, 明瞭に, 映るの, 時と, 普通の, 暗くなった, 曲ったり, 最も極端, 最初とは, 有って, 有る中, 朦朧として, 松の, 染め出されて, 椅子を, 楔形を, 極めて微小, 極りません, 様々である, 横拡り, 樺太の, 次第にハッキリと, 次第に圧縮, 次第に明瞭, 歌の, 正しくは, 此時代まで, 此等の, 歴史的種という, 歴然と見える, 殆ん, 残ったで, 残り他方, 残るばかりの, 殘つ, 段々縮つて, 気にいった, 水中へ, 水蝕で, 水面から, 決してチャンネル, 決定せられ, 洒落れた額縁, 浮かび出たが, 浮き出たかと, 浮くよう, 浮んだ, 浮出, 浮立って, 消えたと, 消えるだね, 湧き出て, 漏斗の, 火の, 無いからと, 無ければ, 熔けて, 父権とともに, 独特で, 猶太教会, 玉幡の, 珍らしかっ, 珠数を, 現は, 現れて, 現れるらしい, 現われて, 現われるの, 現われ出たの, 甚だ大きかっ, 甚だ小さく, 生き生きと, 生残った, 画布の, 畳へ, 発見される, 皆よかっ, 皆違っ, 眞赤に, 短いこと, 短大に, 示して, 神妙に, 私の, 稍, 穂を, 穹窿形に, 窺はれる, 竪琴にも, 第一, 筆の, 糶上る, 紋也の, 絵解きな, 縫いつけられて, 美しいで, 美しいので, 美しくまた, 群がって, 考えられて, 考へられる, 腕を, 自然科学の, 色々に, 花崗岩で, 茶碗を, 葉を, 著しく残つた, 薄くなっ, 薄ぼんやり, 藍で, 蜂を, 蝗そっくり, 行はれ, 袴に, 襲衣を, 見いだされること, 見えたと, 見えだした, 見えないもの, 見えなくなつ, 見えること, 見えると, 見える桝, 見え初めると, 見せられないのに, 見て, 見られるの, 見分けられた, 見様に, 言い現, 訣る, 語根から, 變つ, 變つて來る, 豊で, 象牙の, 趣きを, 軍中で, 転じて, 迫つてゐる, 連体法の, 達磨の, 違うため, 違うの, 違うわけ, 違つてゐた, 違ふこ, 選ばれたの, 醜い, 鎌に, 長いから, 長方形が, 闇に, 附かずまた, 集まったの, 雑然と附いた, 非相非, 面白いので, 音色を, 顕れます, 顕われる, 顯はれ, 顯れます, 馬蹄形を, 駒井を, 髑髏に, 髪に, 鮮明に, 鰊に, 麦の, 黒くつい

▼ 形~ (1121, 5.3%)

9 して 8 小さいが, 少しも, 沙門に 6 奇禍である, 沙門の, 見えないが 4 なくなって

3 [13件] いつも同じ, くずれて, だんだんに, どうでも, ない, 主観的な, 似て, 小さい, 技術的に, 日本の, 明らかに, 見えずに, 違ふ

2 [79件] あったが, あるが, いつ見, いろ, うしろの, こ, さまざまの, そうである, それらの, たがいに, ちょうどこんな, つい通り, どうあろう, どうである, どうなっ, どこにも, どんなもの, ないが, なかった, なく, なくな, まことに不思議, みな同じ, わからなかったが, コンパスで, 下へ, 主体と, 今日の, 似るとも, 何か, 全く別, 全体性であり, 八角で, 出来て, 周囲の, 堆石の, 墨流しの, 変って, 大きくて, 大きく大概, 奇禍です, 奇禍の, 如何に, 寧ろ丸い, 小さいけれど, 小さくとも, 崩れて, 己が, 常の, 才槌とて, 技術的な, 東洋人の, 横巾ひろく, 正に美しい, 死んだもの, 滅んで, 無いが, 物を, 猿に, 疑うべくも, 目に, 確かに, 神の, 筒形である, 絵に, 美しいです, 美しいと, 著しいもの, 行つても, 見えずただ, 見えずとも, 見えない, 見えないよう, 見えなかったの, 見すぼらしい痩せ馬, 記号の, 飴の, 魚雷の, 鶏であった

1 [869件 抜粋] あつて, あまの, ありながら, ありふれたデコラチーブ, ある人物, あれど, あれは, あれを, いかに, いかにも柔らか, いかにも高層, いかめしいし, いくらでも, いったいどうな, いと情ない, いまや少しは, いろいろの, うかれ女, うせ空中, おあずかりし, おかしい舳, おそらく東洋独特, かうした方法, かしらに, かなり崩れ, かなり道中, きっと年, くずれる, くらがりの, ぐんぐん大きく, けわしくそびえたつ, このうえなく, この水車小屋, これである, これ等の, こんなの, さう, さうでなければ, さながら小さい, さまざまである, さんげさんげ金剛杖で, しきたりの, しない御, すこし小さい, すっかり変っ, すでになく, すべてが, すぽ, すらつとして, そっくり往時, そのままで, その一人, その不即不離, その土地, その渦, それぞれ特殊的な, それで, そんなで, たいてい大した, たいへんいびつ, たこに, たしかにこの, ただ色と, たちまちに, だいたい, ちが, ちっともなじまず, ちっとも違っ, ちゃんと法律, ちやんと, ちょうど置燈籠, ちょうど鹿, ちょっと島田崩し, ついて行くよう, つまり前, てれくさくみじめ, できる時, とうとう無くなっ, とてもこちら, ととのったかの, とらないから, とらなくても, とれない, どういうもの, どうか, どうだい, どうだったろう, どうであろう, どうも厳格, どうやら武芸者, どう見, どことなくラッパ, どんなだ, ない木精, なくただ, なくゴム布, なく宋, なにかの, なんだ, なんとよく似, ねえので, のんきなる, はっきりと, はっきり見えなく, ひどく大きかった, ふたり似, ほのかで, まことによく整っ, まさしく日本人, またかなり, また空間的, まだ妙, まったく変わっ, まづい, まるいの, まるで女, みえながら, みっともないやつ, むかしの, むずかしいので, もう残っ, もう消え, もちろんの, もとより単に内的, もと神に, もはやこうした, やぎににて, やはり薩摩, よく似, よく判らなかった, よく知っ, わからないが, わずかほど, イデー的な, キッパリした, シドニーを, ハッキリしない, ラサ府の, 一つ一つその, 一つ一つ其の, 一九五〇年において, 一個, 一大, 一挙に, 一握, 一番後れ, 一般的な, 一面あたたかい, 三尺から, 三角に, 不細工で, 不規則で, 世情と, 丸くて, 主として丸い, 主として室温, 之が, 二十年前と, 五月の, 人か, 人工的に, 今の, 他の, 他方或, 伝へて, 低俗で, 何う, 何じゃ, 何だい, 何んだ, 何んと, 何處か, 作られる, 依然微動, 保存せられ, 個々の, 傘を, 備われども, 働くもの, 兎の, 全くかわっ, 全く美しい, 全く違っ, 全然見えなくなる, 八葉蓮華の, 六花樹枝状の, 円い, 円きもの, 円くでも, 円く殆ど出入, 円形である, 写しても, 処がら名も, 出来るの, 分かるでしょう, 別としても, 制限せられ, 則ち, 前の, 力を, 動かしがたい, 動物の, 勿論病, 勿論表情, 半分だけ, 卑俗な, 単なる形式, 単に形, 単純で, 単純であっ, 占ひによつ, 卵の, 原文に, 又直に, 古くとも, 可なり, 可なり相違, 同じで, 同じであり, 同じやう, 呪詛調伏の, 唐の, 單なる, 四つ瓣の, 四六倍然して, 四角か, 四角であった, 困難で, 圓柱の, 土筆と, 地球形である, 壬生念仏の, 壺形を, 変っても, 変らずと, 変りましたが, 変わるの, 変化する, 夙くから, 多少怪異, 多様で, 夜店で, 大きいセダン, 大きくは, 大きく成つた, 大きく明らか, 大体右の, 大変いい, 大略金字形を, 大體前, 天幕が, 失われました, 女の, 女小兒を, 如何なりしか, 姿を, 子を, 安定し, 安静床に, 完全に, 実に分明, 実に独特, 実に素晴らしい, 実は私, 実物の, 宣下式を, 富士山の, 小さい壺, 小さくなりました, 小なれ, 小太刀に, 小牛の, 少しずつ, 少し傾い, 少し有ります, 山伏の, 山鳩に, 崩れない, 左右を, 巧みで, 帽子の, 年月を, 幾分林檎, 広重に, 弁証法的な, 強大の, 形それだけ, 形容詞及び, 影の, 役不足だ, 彼の, 後々の, 後世までも, 從來國語の, 復と, 心の, 心を, 必民間伝承から, 恐らく一人, 恰も南印度, 恰も影, 悉皆知ってる, 悪いけれど, 想像出来る, 想像的に, 意に, 感じの, 成熟する, 成程, 我国の, 所謂男根形と, 拉甸系統の, 接続辞や, 支那から, 敍事詩が, 整うたもの, 方形長方形圓形橢圓形瓢形等にて, 日本に, 日本国中に, 日本画に, 日本風では, 明かにな, 明確に, 春日の, 時として破れ, 時代の, 時間的並に, 普通に, 更なり, 最も温かく, 望の, 朦朧と, 未だ当分, 本土から, 本来地水火じゃ, 村, 板葺きと, 枯木の, 柱を, 楕円体でも, 極めてありふれた, 極脆い, 概してよい, 概略の, 様々に, 横断面が, 次々に, 次第, 次第に怪しく, 歌も, 正しく目賀田さん, 正月の, 正確に, 此で, 此の, 此方の, 殆ん, 殊に烈し, 残存か, 段々小さく, 水に, 水戸屋が, 決して旧い, 決まった, 河合栄治郎教授の, 油蝉にも, 洋装に, 流言の, 浮世絵師の, 海坊主の, 消えよ世, 渾沌たる, 滅すること, 滑稽だ, 激しいもの, 無い, 無くなつちまつ, 片っ端から, 牛の, 物の, 物珍しくても, 犀に, 犢牛程, 珍妙な, 現われぬとしても, 甕の, 生じず思わず, 生れ落ちてから, 画で, 略諸君の, 異っても, 異なつて, 疑は, 瘠せて, 白い小さな, 皆ことごとく正しく, 皆ちがいましょう, 皆様御, 直ちに空間全体, 直角です, 真似るであらう, 眼を, 知ってるつもり, 知らん, 短い瓜, 碁盤と, 神が, 私に, 私より, 稍違つて居る, 種々様々, 究極において, 立業である, 笠が, 第一節, 第二次以下, 純粹, 細く高い堂, 結婚では, 絶えず嘲る, 総ての, 美しい模様, 美しくない, 美の, 老翁の, 考へ難く, 聖以外には, 胴の, 自ら其の, 自然科学には, 良く出来た, 艶であった, 茎も, 菅笠の, 菜畠で, 著しくやさしい, 蒸菓子の, 蕭条として, 薄く胸, 蜑だ, 蝦蟇が, 蝶々と, 行方不明です, 西洋人なら, 見あたらぬが, 見えず, 見えず只, 見えず黒い, 見えなかったが, 見えなくなった, 見えぬ, 見えねど, 見た人, 見とれるほど, 見られぬ此, 見る見る日本橋, 見事と, 見馴れると, 詩に, 認められない, 語尾が, 誠に小さい, 變つて來る, 豊前のに, 貝母に, 越後獅子の, 跡形も, 近代化しき, 送りつ送られつの, 造れないという, 進むに, 遅れて, 遉は, 違いますけれども, 違うて, 違っても, 違つてゐる, 違ふけれ, 遠くから, 遠く被衣, 遺つて, 郵便の, 野蛮でも, 金字塔型の, 長さ, 長方形の, 長歌に対して, 限定を, 雪見灯籠の, 霧へ, 面白いです, 頭が, 骨ばかり, 魔物である, 鯰や, 鳥居清長の, 鷹の, 鸛に, 黒木綿の, 黒表紙で

▼ 形~ (814, 3.9%)

40 ありません 33 ない 25 なくなって 19 なかった 16 色も 14 ないの 13 見えなかった, 見えません 8 見えないの 7 見えなくなって, 見えませんでした 6 大きさ 5 なく空, 模様も, 見えない, 見せなかった 4 ある, ないよう, なかつた, 何も, 影も, 見えぬ, 見せない, 見当りません

3 [14件] ありませんでした, ないほど, ないもの, なくその, なくなった, なく消え, なく消えうせ, なく消え失せ, 声も, 姿も, 彼の, 普通の, 見えないから, 見えなかつた

2 [36件] あった, ありやしない, あるの, い, つねに超越的, ないこと, ない有様, なかつたの, なくこの, なくて, なく影, なく打ち, なし, なしに, よく見, 不可入性も, 出来て, 味も, 変って, 崩さずに, 心も, 振も, 早や, 殆ん, 残さない草, 殘さない, 無い, 無かった, 無かつ, 無くな, 無くなって, 現れて, 見えなくな, 見える, 見せないから, 見せないの

1 [447件] あからさまなる, あつた, あつたらしい, あまさず掠って, あらはれた, あらば, あらばこそ, あらわしません, ありその, ありふれた平凡, あります, ありませんかった, ありまた, ありやしません, あるいは塁壁, あるが, あること, あると, いずれも, いたげして, いと神々し, いろいろで, うまい, おぼろげな, おもしろい, お互に, お見せなさらん, かいくれ解らぬ, かえ得ないもの, かわって, きまって, きまらずあっちこっち, きょうは, くずさず硝子, くつろぐ時, くづれて結局自分, こうしてその, この笹, これでは, ござらぬ, ささやかながら, さまざまな, しどろに, すぐれて, すっきりし, すべて虚無だ, するこう, そして作者, そっくりな, そのままな, その光, その辺, それと, たいてい一定, だいぶ前, ちいさく骨, ちがいます, ちがいよほど, ちがい締り方, ちがう紙, ちがって, ちゃんとそろっ, ちらつかぬ, ついに無用, つく, つくろは, ととのわず才, とどめて, とどめない始末, とるの, ないぜ, ないただ, ないで, ないといふ, ないので, ないのに, ないほどに, ない五人目, ない夢, ない奴, ない廢嫡問題, ない彼, ない思想, ない恐しい, ない愛, ない者, ない透きとおった, ない音, ない鰌, なかつたので, なかつた事, なきもの, なき事, なき人, なき妄念, なくいろいろ, なくきれい, なくただ, なくな, なくなったかの, なくなったの, なくなったよ, なくなった一人, なくなっちまうん, なくなつた, なくなりその, なくなりました, なくむだ, なく人, なく何ん, なく僅か, なく其處此處, なく壊れ, なく消える, なく焼け失せ, なく燃やし, なく物質, なく犇, なく目, なく石垣, なく祠, なく秘密造船所, なく笠森仙太郎, なく融解, なく装飾箔, なく足, なく飛散, なく駈るよう, なしこれ我々, なんにも, ねえけんども, はっきりと, はっきり映る, はっきり見わけられない, ひそめて, ひどく窶れ, ほぼ同じ, ほぼ完全, まことに優美, またまさに, まためずらしい, また巨山, また弥七郎自身, また海, また貧弱, まったくモデル, まるでくらげ, まるで見えなかった, みえないの, みえないん, みえなくなったので, みえません, みとめること, みませんから, めずらしく三角, もう二度とこの, やや識別, よい, よいよう, よくにた, よくわかりません, よく似, よく作り方, よく切れ味, よく忘れ, よく整い, よく整つて, よく色, よく見た, よく険しい面, よしきれい, わからないと, わからないまでに, わからないよごれた布, わからなくなってるという, ナンバンカンゾウの, 一つの, 一つも, 一定し, 一番奇妙で, 一般の, 不揃いであった, 不整いで, 不細工だった, 世にもおそろしい, 中味の, 亦た, 亦やはり, 人から, 人の, 今樣, 似たもの, 似て, 余り眼, 余程進まね, 僕のとは, 元に, 元は, 光沢も, 全く見えなくなりました, 全部西洋風と, 其のま, 其は, 具へ, 出來, 出来たか, 出来たの, 分らないがな, 分らぬまで, 前の, 前段小狭, 勿論よかっ, 十分ととのいきれない, 十分知つてゐる, 千差萬別裝飾から, 単なる類型, 取り乱して, 可し, 同じだし, 同じで, 同じ塗り, 同じ着付け, 君主国に, 周囲の, 品も, 唯ぼんやり, 四方葺きでなく, 土地ごとに, 地質も, 執れるの, 塗も, 変えた, 変えられた, 変つて行つた, 変である, 変り樹も, 変るの, 変わるもの, 変化する, 外観も, 大きいし, 大きいので, 大きかつ, 大きくなる, 大きく大, 大きく揃っ, 大きく色, 大きく藪椿, 大に, 大分変つ, 大分異なっ, 大柄だった, 大體, 大黒天も, 失せて, 失つたで, 失はれて, 失ふ, 好ましく見た, 子供と, 存し, 定めずむや, 定らず, 寸分違わない, 尋常であり, 尋常に, 小さいけれど, 小さく価格, 小さく可愛らしいので, 小さく機状, 小さく紙質, 小さく色, 小さく速力, 小さく飛び, 小さし, 小鳥の, 少しも, 崩さず礼儀, 崩さず自若, 崩れずに, 崩れぬ美しい, 崩れ歯, 川の, 年頃までも, 思い出の, 思う通り, 性質も, 怪しくは, 想像が, 意識し, 態も, 成分も, 成長せず, 描き得なかった, 整って, 整っては, 整わない中, 整頓され, 日の, 日本独特な, 最う流行遅れ, 最初は, 有つた, 有りそう, 朦朧として, 未熟である, 林檎の, 柔かな, 栗の, 根底も, 森の, 椰子林の, 楕円形だった, 楕円形で, 様々である, 様式も, 正確である, 此土には, 殆どきまっ, 残さずに, 残さず描いたもの, 残さない人間, 残って, 残らんこと, 水に, 水の, 汚ない, 流れ込んで, 海岸だけに, 消えた, 消えて, 消え失せたの, 深い空色, 無いけれど, 無い位牌, 無い戀愛談, 無い曲者, 無えだろう, 無えもの, 無え若草, 無くなり其跡, 無く只, 無く消え失せ, 無意識的に, 犬の, 玄界の, 珍しかった, 現さないから, 現わし, 留めず, 白い煙, 皆母石, 皮の, 目に, 直に消え, 眼には, 着物も, 知らなかった, 知れまいが, 筆の, 簡単であり, 約束も, 縦に, 罎と, 自然で, 自然に, 船に, 色で, 艶っぽく, 荒くれて, 螺髻も, 蟻穴の, 表面も, 装飾も, 見あたりませぬ, 見えず, 見えずだん, 見えずなりき, 見えずに, 見えずまた, 見えずわたし, 見えず推量, 見えたかと, 見えないじゃ, 見えないたとえば, 見えないという, 見えないので, 見えないよう, 見えないん, 見えなかったのに, 見えなかったもの, 見えなかつたの, 見えなくただ, 見えなくつて, 見えなくなったの, 見えなくなりましたと, 見えなく只, 見えぬくらい, 見えぬと, 見えぬまでは, 見えませぬ, 見えませんから, 見えませんもう, 見えません高い, 見えん, 見えんです, 見おぼえが, 見せずに, 見せないで, 見せないよ, 見せないん, 見せないんで, 見せなくなった, 見せなくなりました, 見せやしないじゃ, 見た者, 見て, 見ない先, 見にくくなった, 見るヒマ, 見る事, 見分けられない, 見失ったの, 見当らないやう, 見泣声, 認めない先, 認めること, 調わない金座通り, 賤しからん, 踵の, 身に, 退潮の, 違い匂も, 違うが, 違って, 違つてゐる, 違つて居る, 違ひ, 違ふ, 釉薬も, 長三角形, 非常に, 面も, 面白く俗, 面白く森, 面白く珍しいので, 馴染の

▼ 形~ (526, 2.5%)

69 なって 15 なった 13 なつて 11 なる 9 なりました, 色と 7 すること 5 云ひ, 色とを 4 線と 3 云ふも, 似て, 同じ形, 色を, 見られる

2 [21件] いえば, いって, たましい, つぶやくも, なったの, なったもの, なつた, なり, なりて, なり桁, なれ釈迦, 大きさ, 姿とで, 形と, 形との, 色の, 見て, 見られるの, 見るの, 音との, 髪の

1 [322件] あって, あの無, あるもの, いいいかにも, いいさてさて, いいすべて, いいそれから, いいだいたい, いいもはや, いい今, いい似ても, いい佐平どん, いい作り, いい光沢, いい呼吸, いい大き, いい大した, いい小刻み, いい心ばえ, いい折, いい色, いい色つや, いい躯つき, いい顔, いい馬怪ルー・ドラペー, いうても, いうと, いう如きもの, いっては, いっても, いひいかにも, いひますか, いひ三方, いわれてる真暗, いわんよりは, お太鼓持ちだけ, お鹿, かの女, かわった, くさりの, されて, したの, した歌垣, し兩面, し白犬, すべきである, する, する思想, すれば, せられ得る, そして奈良, その宇宙, その恋ざめや破れ, その生成条件, その経済, その美しい, その配列状態, それから外側, それと, それに到底, なきもの, なすにや, なすもの, なったお, なったが, なったこと, なったに, なったので, なったわけ, なっては, なってるもの, ならないもの, なりさすが, なりそして, なりその, なりそれから, なりながら, なりましたが, なりまっしぐら, なり二, なり仇, なり原稿, なり多く, なり始め急, なり幽霊, なり形, なり細い白い, なり統制経済, なり芸者連名帳, なり遂に, なり静か, なり髭, なるが, なること, なると, なるに, なるについては, なるには, なるの, なるべきもの, なる時, なれるが, ぴったりいく, またそれぞれ, みなすこと, よくととのった, ガール・デ・ノールの, コンパクトを, トンに, 一所に, 一緒に, 一致せず, 三角旗縫った, 云いいつなん時, 云うの, 云うもの, 云う図形, 人さし指と, 人間の, 似たもの, 作って, 作り行婬, 作る長, 作用の, 作者の, 使命の, 信じた太古, 信じて, 信じないまでも, 光と, 光り, 光線と, 全く同じ, 其から, 其拗曲した, 動作の, 勢いとを, 古い英国風, 合して, 同じな, 同じもの, 同じ動機, 同一じゃ, 同人と, 同時に局所的, 同類の, 名称が, 呼ばれるであらう, 呼ばれるもの, 呼んだところ, 命令形は, 在りどころ, 声に, 声は, 声を, 変化さへ, 夏子の, 外界の, 大きな樹木, 大差ない, 天候との, 女性本然の, 字を, 定まりましたが, 実が, 実質とを, 実質の, 容と, 射影幾何との, 少しも異, 崩し方, 左右に, 已然形とに, 庚申像との, 延長とは, 形式上で, 彫った小型, 影とが, 影も, 後身の, 心持とが, 思いこむこと, 思います, 思い違いした, 思って, 思はる, 思ふべき天津彦根命, 思われる結晶, 意味が, 意味とに, 意味とを, 感じたが, 感覚と, 態度で, 態度とを, 成りたるなり, 手を, 承わっ, 新しい形, 新しい用途, 日本特有な, 書くの, 書くゲンゲ, 書なせし, 未来形だけ, 材料とは, 染井の, 極めて自然, 構造とが, 構造について, 模樣が, 横に, 機能とは, 正規な, 歴史や, 比べて, 比較し, 気分とは, 気象要素との, 氣とから, 濡れた微笑, 為すと, 為すの, 爲し, 爲すの, 物の, 物柔か, 生活上の, 用途とを, 申しますと, 異う点, 発想とを, 百番目の, 目がねと, 目を, 相応しき重味, 相肖る, 相類せず, 程度の, 符合し, 符合する, 第一号, 等しいという, 等しく同じ, 範囲とで, 精神とで, 系統を, 紋様の, 結びついた事, 結び付いて, 線とは, 線とを, 繩とで, 美しい秀子, 考えられたの, 考へてか, 考へられて, 考へ方, 考へ而, 聲の, 背が, 自認する, 色々な, 色であろう, 色とから, 色とが, 色とだけの, 色とで, 色とに, 色との, 色に, 色彩が, 色彩の, 色艶の, 色調と, 艶の, 薄手の, 蘆荻の, 表現で, 袖形と, 裏に, 複雑な, 見えたが, 見その, 見たので, 見ても, 見ゆる土偶五六個, 見られぬこと, 見ること, 見るべきで語部, 見るべきもの, 見る事, 見る方, 角形に, 言いこうっと, 言いこしらえと, 言い蒼然, 言う, 言うもの, 詞章の, 認めるもの, 認め結局, 語義, 調和を, 調子と, 謡う声, 赤煉瓦の, 足どりを, 輪違いに, 連体形が, 連体形とが, 連体形の, 連用形と, 連用形とにしか, 金色を, 陰影とが, 離れないよう, 非常に, 音と, 顔形とを, 高まった頂きを, 髢と

▼ 形~ (150, 0.7%)

8 色が 6 色の, 色を 3 色で, 色に, 色や 2 唇は, 大きさ, 模様が

1 [115件] すぐこわれ, それに, それらを, それを, な, 三十二折形の, 不必要, 乳房の, 二枚屏風を, 人の, 人間の, 位置を, 其他について, 其成語などに, 内容を, 円みを, 円柱形を, 出現の, 動きを, 十字形の, 厚みや, 味は, 四角形に, 場で, 塗の, 声だけ, 声にこそ, 声までも, 壺の, 子供の, 寸法が, 寸法は, 居ずまいだけが, 屋根の, 岩石の, 布地の, 帳場の, 思いつきが, 性質などが, 意匠のも, 意味では, 感情を, 感触に, 感触によってのみ, 技巧の, 旄牛の, 日本服が, 普通の, 有柄状, 材料から, 枕木の, 柄の, 柱の, 椅子の, 構図に, 構造は, 構造我々が, 様子が, 様子を, 模様は, 模様や, 模樣なども, 模樣は, 気分は, 水中を, 渦巻きやの, 物に, 現在の, 町の, 目の, 石について, 筒形や, 絵には, 線や, 編み方, 美しいの, 翅や, 背恰好までも, 脂じみ, 色は, 色子などの, 色彩が, 色彩で, 色糸で, 花も, 菊皿の, 葉の, 葺きかた, 血まみれの, 表情や, 表情を, 製式よりも, 角形の, 言葉でなく, 言葉と, 調子が, 質の, 質や, 足の, 身ぶりを, 身分を, 身體つきなど, 躯の, 運動の, 酒樽形に, 陰の, 雁の, 音に, 音響によ, 響きに, 響きや, 頭文字を, 飾りコップや, 魔の, 魚の

▼ 形ばかりの~ (147, 0.7%)

3 世界, 筵を 2 中陰の, 仕事を, 停車場である, 床の間に, 木戸を, 知と, 銕線の, 食事を, 香花は, 香花を

1 [121件] お勝手が, お堂, ことを, さ, とまを, ものだ, ものであった, デカダンだ, 世帯を, 世帶で, 中仕切りを, 丸髷も, 九尺二間で, 亭の, 仕事場を, 仮家, 修繕を, 停車場と, 傷を, 入口には, 公開公判を, 六畳です, 刀架が, 取調べを, 口髭とを, 古い箪笥, 告別式を, 四つ目垣が, 四つ目垣を, 土が, 土塀に, 土産物を, 土饅頭に, 墓石を, 外から, 夜の, 夜食を, 大通りは, 大部屋へ, 家具寒々と, 小さい化粧部屋, 小学校が, 小祠に, 小祠にな, 小簾一重, 屋根を, 山小屋が, 年越しを, 床に, 床の間の, 床の間も, 庭では, 式済ませたる, 影を, 影響をしか, 御辞儀, 戸棚から, 押扉を, 挨拶の, 明り取りを, 月見の, 朝の, 杯事を, 枝折戸が, 枝折戸枝折戸の, 棧橋の, 椰子の, 橋が, 比翼塚跡懇切にぞ, 洋服を, 清貧だ, 炉辺に, 物であった, 物其の, 狹いもので, 盃事いたしけり, 盃事を, 短い經帷子, 石を, 石塔を, 祝言を, 祭事を, 祭壇を, 空家へ, 空濠に, 竹を, 竹垣で, 竹垣を, 笛の, 簡単な, 粗末な, 糸瓜の, 結納を, 線香を, 縄を, 繃帶を, 繩を, 聞合せも, 臺の, 花だ, 葬りを, 葬式を, 蒲鉾小屋にも, 衣服を, 袈裟衣を, 跡目を, 軍勢と, 輪飾が, 迎え火を, 送別会を, 送迎を, 遠島で, 酒肴を, 鉄の, 門と, 門松の, 門柱を, 雲の, 音物を, 香華を, 鳥居見

▼ 形から~ (141, 0.7%)

7 して 3 云えば, 形へと, 推して 2 いえば, いっても, 云っても, 出たの, 始まる, 形へという, 形への, 異ならせるところ, 見て, 飛行機鳥と

1 [105件] いひますと, いへば, くる自然, このジェット気流, この邊, さへ, すぐ解つた, そういわれ, ついたもの, つく熟語, とりいれたと, はいって, はじまつて, みた日本ロマン, みても, みれば, やはり孕まれ, わが国の, わらはと, ジェット気流の, 一つの, 三原山の, 云ふともう, 云へば, 元に, 入って, 入らねば, 全体の, 全然変化, 其が, 出た熟語, 出て, 出発し, 剣を, 副文形へ, 匂ひ, 厚みから, 受ける印象, 名から, 名を, 名付けたので, 名附けた, 味から, 呼ばれたもの, 図案が, 国家という, 始つたとは, 始つて居る, 始めて, 察する所, 形へとして, 影響を, 思い付いたよう, 思ひついたさまざま, 感ぜられる, 抜けて, 推すと, 来たもの, 来たらしい, 来た名, 来て, 来る熟語, 椿と, 樹木飛ん, 正しく認め, 段々變化, 毛の, 漸く遠のいた, 犬牛馬の, 生きてるとき, 申しましても, 申しますと, 男女の, 眉髪に, 私と, 立居そぶりまで, 考え出したもの, 背丈体格から, 脊恰好声音に, 脱して, 色合いから, 色彩から, 花の, 蒙って, 袖の, 見ても, 見ますと, 見ると, 見れば, 見当を, 言えば, 言って, 言っても, 謂へば, 起るいろんな, 追う者, 通風入口出口の, 違ったもの, 醜い女, 離れた曲線, 青空を, 音を, 音韻変化で, 類推し, 驚怖

▼ 形~ (108, 0.5%)

863 と思う 2 から, からね, がその, つたからかも, つたのが, という事, といふ, とか, と思ふ, よ

1 [71件] かてんで, からああ, からこの, から観客, かわからぬ, かナースチャ, か兎, が, がしかし, がただ, がつまり, がほっと, がもっと, が串戯, が女の, が屋島, が手, が疑問, が貧農, けれども心理的, し動作, し松竹, し色, っけ, つたおかげで, つたからで, つたと, つたな, つたのである, つたもので, てね, という考え, といふ様, とうっとり, とかいうの, とか女, とか定紋, とか眼鏡, としか思はれませんでした, としか思われませんでした, として居る, とする, とてもあの, とはきめられぬ, とも言, と云, と云われ, と信じ, と思いました, と考えれ, と考へ, と考へる, と見, と見る, と言, と言います, と誰, と関守氏, なあの, なとやっ, なと思っ, などと速断, ね今, のう, ので, のと, よコイツ, んべ, ッた, 三人は, 宜しいよし

▼ 形では~ (102, 0.5%)

5 ない 4 あるが, ないが 3 あったが, あるけれども 2 ないかと, なかった, 一生涯に, 存在しなかったであろう

1 [75件] ありますまいか, ありません, あり得まいが, あるまいか, あるまいかと, いかにも書く, うけとり難い, この中, この風, これは, ごくリアリスティック, すべての, そうなる, つかまれて, とてもならぬ, どうかと, ないか, ないかとも, ないという, ないとしても, ないのよ, なかつた, なく, なくあんなに, なくかかる, なくかた, なくこつちから拒絶, なくて, なくな, なく人々, なく四方, なく而, なく自然, なく階級, ふら, まつたく違, もはや妻, ヒューマニズムの, 一言も, 上下の, 不可能だ, 不可能に, 中村屋の, 出ない, 出にくい, 勝ったが, 大きなはたらき, 大小の, 存在し得ない, 寝つけない, 少し武士, 引込むこと, 御挨拶, 成り立たない, 或は辞句, 日本の, 日本人の, 殆ど頭に, 決して現われない, 海の, 現れて, 現われて, 理解し得ない, 社会革命の, 考えて, 色々不満, 表わすまいと, 表現できない, 複雑を, 見て, 通用しなくなった, 速力が, 雀と, 霊魂が, 駄目な

▼ 形において~ (100, 0.5%)

5 であろうと 2 では, 昔の, 死ぬる

1 [89件] この人生, これらの, しげしげと観察, すでに存在, すべての, その存在論的時間, その消費者, それを, であるが, なかんずくその, 一種唱導の, 不生産的, 与えられて, 与えられる, 享楽する, 人類を, 他の, 作りそう, 依然一つ, 全体の, 写し構図, 凍るの, 受け方が, 哲學的超, 国家の, 土地そのものに対して, 地主の, 夫に, 実現され, 客體内容の, 家族生活を, 崩れはじめたの, 想像される, 成立する, 承認を, 抗議する, 指摘し, 捕えること, 描かれて, 文化を, 新しき力も, 日本の, 有るもの, 格別の, 構想的に, 正しい知識, 武士の, 火災学初歩の, 現はれ, 現れ彼女ら, 現われたもの, 現われて, 現われる, 甘んじて, 生命が, 生産的ならしめる, 甦る道, 皆同じ, 直觀, 示された制作活動, 示して, 神の, 種々の, 統計的に, 絶対者の, 継承する, 自覚せられる, 色において, 茶室を, 草案は, 落ちつき又, 行は, 表現しよう, 補償が, 見出されるの, 観察する, 論究する, 豊饒の, 資本の, 質的である, 連鎖を, 運営する, 遵奉する, 釉において, 開かれるか, 非常に, 面白いと, 驚くべき省略, 鬼神力の

▼ 形~ (94, 0.4%)

14 のだ 13 のである 6 のです 5 んだ 3 のが, んです, 頭を 2 の, のであっ, のであった, んで, 翳が, 輪を

1 [35件] すらりと, その肉, と原形, のかも, のさ, のだらう, ので, のであ, のであつ, のであります, のでこれ, のでした, ので事実, ので悉く, ので競争, ので観客, ので観望, のよ, のを, の泣かない, んだろう, んでございます, 人で, 人影, 人物が, 人類生活の, 木片で, 池や, 畑に, 空洞に, 老給仕頭, 葉裏に, 銀の, 頬すっと, 頭の

▼ 形である~ (84, 0.4%)

3 がそれ, ことは 2 かも知れぬ, から憤然, がしかし, がその, ことが, ことに, と言う, のは

1 [62件] か, かあるいは, かといいます, かは知らない, から本来, から杖, から違った, がこの, がこれ, がもう少し, がやはり, が一, が一波, が上, が内容, が墨, が定家, が早く, が樹木, が終止形, が非常, ことから, こと生活の, てく, ということ, といった, といふ, といふこと, ところに, とさえ云っ, ともいえない, と一般, と云, と今日, と信じる, と思ふ, と眺める, と考えられ, と考えられる, と考へられ, のでそれ, のでわたくし, ので主人, ので毎年, のみならず, ような, ように, 今日の, 余は, 俳句だけ, 即ち終止言, 叡智の, 団体の, 戦争への, 方が, 東洋画の, 眦目乞底鉢他, 秀子は, 種の, 空と, 酔いも, 野獣の

▼ 形として~ (76, 0.4%)

4 安定し 3 面白いの 2 あらわれて, 外に, 自分の, 見られなければ

1 [61件] あらはれる, あらわれたの, あらわれた過去, この書, たとえば, ですね, とかくそれだけ切り, もたない芸術, 三上於菟吉その他の, 世代から, 両分した, 主張し, 之に, 互の, 仮定し, 別に鳥頭, 区分ある, 単なる自然, 反対し, 受け取ったの, 單なる, 団体だの, 好意を, 婦人の, 婦人作家たちを, 家庭という, 封建時代の, 感じて, 感じられるでしょうと, 掴む事, 教学主義を, 文献学主義という, 日頃の, 映る, 曝露する, 本領を, 極めて孤立的, 機能的意味を, 残るに, 殘した, 特殊な, 現はれ, 現れたキュービズム, 現われて, 現われないの, 生きとおした人, 生きのこり, 発見される, 登場し, 眺めれば, 社会主義を, 私の, 第一次大戦後, 肉体的にも, 自由律の, 色として, 見えるもの, 認められ年増役, 通つてゐた, 関係の, 非常に

▼ 形~ (66, 0.3%)

4 の屍体 3 の変死, の枕元, の死状 2 の名刺, の屍骸, の掌, の泥靴, を殺した

1 [43件] がこの, がどうして, がひょっこり, が手, が昨夜泥酔, が昼間, が註文, が鍵, と洋装, には多分, に不, に支払った, に麻酔, のすぐ, のポケット, の事, の住所, の変死体, の外套, の小切手, の平素, の急, の手, の持物, の横死, の泥, の背広, の言葉, の足跡, の身の上, の身辺, の金, の靴, の預金, はじっと, はどこ, は多少, は昨夜誰, は紺羅紗, は電話, を尋常一様, を殺そう, を秘密

▼ 形造る~ (65, 0.3%)

5 ものである 4 のである, ものは, ように 2 ことが, ことに, もので, ような, 人々は

1 [38件] あなた方の, ことによ, ことによって, この時代, ということ, というはこれ雪, という事, といふこと, ところの, に至った, に至りし, のは, ほどに高く, までに急速, ものであり, を, 一つの, 一要素即ち, 上に, 事が, 事も, 俳優諸君について, 共通の, 前に, 壮年の, 幾多の, 形式に, 心理劇殊に, 感情世界に, 手の, 根本にな, 現在の, 社會の, 秘密である, 肉体又は, 貴重な, 運命にまで, 階級的乃至

▼ 形にな~ (64, 0.3%)

6 つてゐた 3 つて, つてし, つてしまつ, つてゐ, つて来た 2 つてその

1 [41件] だれたのどか, だれて, つたのが, つたのであります, つたのである, つたのも, つた石の, つた続, つた離室の, つてお, つてからの, つてさ, つてざあ, つてしばらく, つてゐたら, つてを, つて一部分を, つて云は, つて來た, つて俯向に, つて其処へ, つて存在した, つて居, つて居つ, つて居ります, つて床へ, つて後代まで, つて来か, つて棹を, つて猛りたつ, つて産む, つて石槍とか, つて私は, つて終つてゐる, つて縱隊一列に, つて行く, つて行た, つて行つた, つて行つてゐた, つて見せ, つて降つ

▼ 形にも~ (59, 0.3%)

3 なって, 似て 2 ならない, 色にも, 見える

1 [47件] あらはれぬ業, あるが, いろいろあります, せよ信仰, せよ既に種々, それから右肩, それぞれ或, それと, なつた, なつたり, なり二人, なり煙, なるし, なるの, なるので, なるもの, なるよう, なんにもなっ, よく伝統, 一筋の, 其の思念, 冷の, 勿論土地鎮静, 十分注意した, 変ったところ, 幾らかな, 方な, 旅人を, 特色が, 現われて, 理会程度からも, 礼なく, 神が, 種々變つたの, 美醜の, 美醜を, 裁ち屑, 見えた, 見えない, 見えます, 見えるのに, 見られる, 見られるの, 触らせずに, 鉄門や, 鉢の, 雅致が

▼ 形ばかり~ (53, 0.3%)

6 でも 3 では 2 ですが, 縛られた女, 門に

1 [38件] いかめしくて, けっきょくはただ無罪放免という, しばって, つないで, でした, で嘘, で女性, で本当に, で梯子, で音, なりとも, なる山小屋, なる廬, なる草庵, な辞令, な門, はやりましたが, 主馬, 付いて, 何時何処でも, 勢ひ, 埒を, 変えて, 天皇制の, 小粒と, 店には, 思案し, 整ったもの, 書く奴, 氣に, 神妙に, 箸を, 美くっ, 蒲団を, 西洋模倣の, 階段が, 顎は, 鷹の

▼ 形~ (50, 0.2%)

3 または數 2 に現, のもの

1 [43件] あるひ, ある拍節, から三角, から四角, が變化, である, でも音, とか數, となつ, と蒸氣力, なり, にある, について數, によつて, に示され, に轉, に非, のない, の上, の外, の拍節, の觀念, の音樂, の類似, は毀され, は私, も何等, をとる, を具, を取る, を基, を持たない, を有する, を波光山影, を積み上げ, を維持せり, を考, を與, を離れ, 全く憔悴, 及び運動, 大きさ, 更にその

▼ 形~ (47, 0.2%)

2 をした

1 [45件] から得た, がなく, がもっとはっきり, がやや, が三角, が似ない, が半分, が変つて, が小, が悪い, が指, が桃, だけのこと以外, であつ, で思ひ出す, なき実感, なく見えすい, にし, になっ, になり手, に似たれ, に席, に残し, に現れる, に組ん, はいつも, はさすが, は元, は正, は違つて, ばかりでなく, ひだの, もちょうど, もズット, も同じ, をし, をぢ, をもつ, を少し, を拵える, を模, を顔, 大きく下, 常に狭長, 物を

▼ 形には~ (47, 0.2%)

2 ならない

1 [45件] いつて, いると, いろ, その中, その甲類, たしかに見覚え, なくして, ならず単に, ならなかつたに, なりましたよ, なり得なかったの, なるが, はっきりした, はっきりと, ひどくきく, まとまって, むしろ病的, よく, われ等始て, 乗せられて, 個々の, 候えど, 優秀な, 出來, 出来ないこと, 勿体振りと, 奇抜な, 展開しなかった, 市庁の, 形を, 思はず梅原, 思わず愕然, 愧じず, 新しい美しさ, 火山の, 甲乙二類の, 直らなかった, 自然そのまま, 若い身空, 見えて, 見えぬ翳, 見える, 誠に見ごと, 違った仮名, 非ざる可

▼ 形でも~ (45, 0.2%)

2 なく色

1 [43件] あった, あり姿, あり笑止千万, あり重, ある, あろう, いいから, いつの間にか見, お化粧, かえて, こうは, こちゃ, ぢ, つくって, ない, ない寧ろ, やはり人間, よいから, ジャーナリスティックな, 一度線路, 不便中の, 伝えられて, 具体化される, 宜いのである, 實行し, 描き出さなければ, 斯は, 日頃説得に, 映つて, 極端に, 残つて居る, 深みが, 現れるもの, 真に学問, 腰の, 萼でも, 銅に, 鎌と, 長崎を, 頂いて, 顕して, 餘り, 鳥雲の

▼ 形という~ (44, 0.2%)

9 のは 7 ものが 6 ものは 3 のが 2 ことが, ものを, ように, 字の

1 [11件] ことは, のも, ものとの, ものなく, ものには, ものの, 中で, 以上それは, 大樹の, 意味かと, 風に

▼ 形よく~ (42, 0.2%)

3 生れたる身 2 出来たるを, 置き据えたところ

1 [35件] あやなして, かぶった, しまって, しや, ついた屋根越し, つまれて, ととのえられた屍体, 並べました, 二條に, 仕候, 伝説の, 均斉美を, 天幕を, 女郎花桔梗などの, 巻けて, 往来の, 拡がった褪紅色, 整いその, 整った鼻, 柔かに, 濠の, 盛り上った, 盛る, 盛れ上つた尾, 精巧に, 緊めて, 締めて, 繁り一丁目, 肥えて, 肥え模様巾, 色よく, 見えること, 銀杏に, 隈取られた, 高いの

▼ 形での~ (41, 0.2%)

2 作用と

1 [39件] しっかり工合, そこに, またいろ, またいろいろ, インテリゲンツィア性を, ギルドが, スケールの, リアリズムである, リアリズム論争を, 協力の, 品の, 売笑的職業でしか, 妻母の, 実感を, 実現性は, 対立は, 希望は, 幸福の, 意味が, 抗議が, 数奇を, 春の, 機械的な, 民衆性への, 生活としての, 生活を, 研究上の, 社会支配上の, 積極な, 結婚を, 統制と, 行進を, 表現を, 言葉の, 記録的要素の, 認容である, 資本の, 里子に, 非人間的圧迫

▼ 形こそ~ (40, 0.2%)

3 変って, 小さいが

1 [34件] いみじけれ, かわって, くずれて, さまざまに, さも, ちがえ決して, ちがえ男, はつきりとは, みよしの, ムク犬を, 七兵衛に, 人に, 人間です, 似て, 変つて居, 変へ, 変らないが, 変れ程度, 小さく一見, 怪異である, 旧に, 替れ事実, 最大昔の, 生まれつきなら, 皆腕枕を, 空間な, 美しい人間, 舊に, 見本通りに, 變れ, 違うが, 違えその, 違え同じ, 違つたが

▼ 形造っ~ (40, 0.2%)

22 ている 3 てい 2 ていた, て行く

1 [11件] ていました, てそこ, てその, て充分, て居りますれ, て居る, て成就, て来た, て湖心, て生活, て私達

▼ 形ある~ (39, 0.2%)

3 ものは 2 ものの, をやりける

1 [32件] かと思え, がごとき, が如くなき, ことにても, にあらず, ひは, ものがくづれる姿を, もので, ものとしては, ものに, ものはく, ものも, もの以上, もの目で, もの見馴れた, や, よりかく, 人間の, 姿を, 学問なり, 形ない, 数量で, 最後の, 物は, 物及び, 物象以外の, 物質の, 病疾形ない, 箔の, 者の, 者は, 雹灰

▼ 形~ (35, 0.2%)

7 がある 2 が少し, は殆

1 [24件] あり, ある行爲, から見れ, が不明, が有, が絶無, が見られる, が見れ, が顯, だけは芭蕉以後, のある, のない, の歴然, はおそらくは, は古典, は絶無, もあります, もなかっ, もわかり, をお, を失っ, を示す, を見せた, を認むることが出來

▼ 形だけは~ (33, 0.2%)

1 [33件] ありますが, あるが, いくらか教え, ちょっと三すくみ, ひっかかって, パイに, 一つで, 作らぬと, 偉丈夫然, 備えて, 八丁堀めかし, 出来る, 參り, 古いもの, 古くからの, 同朋じた, 夫婦であり, 実直に, 幸福だつた, 描けるといふ, 整へる, 整頓した, 昔の, 本物の, 歌に, 残って, 知って, 私が, 豪勢な, 遠慮が, 音楽家三浦環を, 風呂敷を, 鬱蒼として

▼ 形です~ (32, 0.2%)

832 から魚口星雲

1 [19件] から, からすこし, からその, からね, からははあ, からまた, から金, がこんな, がそれでも, がまだ, がゆすられる, が先ず, が到頭, が台石, が実際, が相当, これは, し住宅難, ねあなたの

▼ 形だけ~ (30, 0.1%)

2 では, 残って, 眺めたふり

1 [24件] いくら整つて, そっくり真似, その人, だ, だと, で, であります, でそれ, なん, のこして, ばさ, ふくらんで, アメリカ化しかかった, 二人寝る, 働いて, 写った, 夫婦らしくし, 婚礼し, 日記し, 書かせて, 極く, 生きて, 真似て, 見せるけれど

▼ 形~ (29, 0.1%)

2 たりき, てそれ

1 [25件] あるいは大, たり, たりと為せり, たりと爲せり, て, ていたら, てその, てふち, てよっぽど, て丈, て去年, て収穫, て居る, て影, て彳, て晃, て江湖, て玄関, て現, て皎月下, て立山, て薄, て蹲れり, て飛ぶ, の考

▼ 形であった~ (26, 0.1%)

3 ということ 2 が, のである

1 [19件] かそんな, かは断定, か分らない, がしかし, がそれでも, が二つ, が富士, が心臓, が町はずれ, けれども別に, ことが, し常, そうです, という, と思います, のだ, ので大森氏, もことわり, 竜之

▼ 形だけの~ (25, 0.1%)

2 大長篇

1 [23件] お辞儀だけは, ことを, そうぞう, ものかも, ものじゃ, ものである, ものにすら, トタン葺き, 事で, 仏壇へ, 偉丈夫で, 勝敗を, 変貌の, 大小に, 女では, 婚礼で, 富農が, 幸福者には, 所に, 欠伸を, 点頭を, 眼を, 面談を

▼ 形だった~ (25, 0.1%)

2 のだ, んだ

1 [21件] から, からです, がこの, がこんな, がそのまま, がそれでも, がやがて, が一八六六年, が直, が蒲団, し知育, でもありましょう, のが, のです, ので単に, ので歳, ので気, ので絶えず, のにここ, のも, 栄三郎は

▼ 形した~ (24, 0.1%)

2 紫青色の, 草が

1 [20件] やさしい虫, 一団の, 切れ切れの, 包みから, 十三個の, 古めかしい説教台, 塊が, 山と, 干菓子の, 河心の, 海ほほ, 白い黄ばんだ, 窓の, 笠を, 船に, 遊蝶花金盞花など, 針が, 骸が, 鳥ヶ森も, 黄色い明

▼ 形なき~ (24, 0.1%)

1 [24件] が如し, ことこれより, ことにても, ところに, ものに, ものの, ものは, ものへ, を奈何, 一線に, 事を, 学問なり, 影を, 日本の, 水が, 物に, 祭を, 者は, 蒼白の, 読者との, 読者など, 読者の, 霧の, 魔の

▼ 形まで~ (24, 0.1%)

1 [24件] ある, きまつた訣, こまかく書い, して, すんなりと, せまっくるしい細かい, まるきり変っ, ボンヤリと, 云々される, 卑屈な, 寸分ちがわない, 少し残っ, 干渉した, 必要に, 成長せしめた, 揃って, 描かれて, 死んでしまつた方, 真似て, 覚えて, 身体どおりの, 違っちまったの, 違つ, 違わないばかりか

▼ 形~ (24, 0.1%)

4 の背中

1 [20件] がかくれ, がかげ, がそんなに, がやっと, が消えうせた, が消えた, とおなじ, にのぼりつき, の全体, の速力, の長い, はいったいどう, はそのまま, ははやく, はみさき, はスーッ, は潜水夫たち, をかくす, をけい, を追っぱらう

▼ 形によって~ (22, 0.1%)

1 [22件] おのおの両方, その古い, その舐めた, その音, 働くの, 内なる, 写すの, 判断を, 暗示せられる, 次の, 欧洲の, 理論としての, 生き形, 示したもの, 艶っぽく, 落下速度が, 見れば, 言い分けるすなわち, 軽蔑し, 違うばかり, 鉄の, 鬢長と

▼ 形~ (22, 0.1%)

2 にし, をかげ

1 [18件] からいっ, が一變, すなわち書風, だけを手先, である, で展開, に基づいた, の清浄さ, の輪郭, も変え, も幾らか, をまざまざ, を供え, を具えた, を呈し, を呈する, を持つ, を通じて複雑

▼ 形なし~ (21, 0.1%)

32 になる

1 [16件] じゃあねえか, たる大, だと, にされ, にし, にしよう, にちげ, になりました, に破壊, ね, のこと, の失敗, の江戸ッ児, 声ある, 東下の, 鬼神また

▼ 形を以て~ (21, 0.1%)

2 燃え立つて

1 [19件] したもの, せられた歌合せ, では, 人の, 回帰し, 国民固有の, 在所を, 威かすに, 援助に, 現に実現, 現はれ, 現れて, 産生む, 示されても, 秀子を, 自由に, 表出せられ, 言つてゐた, 間接に

▼ 形潜航艇~ (21, 0.1%)

2 だっ

1 [19件] があらわれる, がとつぜん, がゆうゆう, だったの, です, とのたたかい, にぶっつかり, のそば, のまるい, の中, の二つ, の背中, はいつのまにか, はすぐ, は動きだしました, をめざし, をもっ, をやっつけちゃう, を遠く

▼ 形鶴嘴~ (20, 0.1%)

2 の柄先, を受取る

1 [16件] であると, です, で柄, と言え, に依る, の柄, はこの, は恐ろしい, は鉄棒, をアリアリ, をパイル, を取っ, を取上げる, を持った, を犯行後機関車, を置い

▼ 形であっ~ (19, 0.1%)

1 [19件] たりする, たり四角, て, て≪爺さん≫, てその, てそれ, てはならぬ, ても人間, て一つ, て丁, て世界, て人, て其角, て到底, て官僚, て心, て支那風, て最もよく, て近世

▼ 形とか~ (19, 0.1%)

2 模様とかが, 色とか

1 [15件] あるいはその他, それに, そんなもの, どういっ, 一定し, 何とかは, 円錐形の, 処女宮の, 大きさ, 嵯峨人形とか, 市松とか, 着物の, 西へ, 長さ, 顔の

▼ 形など~ (19, 0.1%)

2 六づかしう

1 [17件] ありと, ある雲, いささかも, そうかと, ちょっと変わった, どうで, みなかれが, みな気に, やかましい條件, よく見えやしない, 取入れたもの, 取立てて, 左右二列び, 書き散らして, 板に, 見えて, 降らせて

▼ 形だけを~ (18, 0.1%)

3 見て

1 [15件] しました, そな, ととのえて, 云つて女の, 代えました青道心, 変えたの, 存し, 学んだもの, 守って, 描いた単純, 描かうとして, 残しその, 異邦の, 見るやう, 見る複製品

▼ 形であり~ (18, 0.1%)

2 ながら四ツ

1 [16件] かやう, かよう, しかるにか, しかるにかよう, そうし, ながら妙, ながら常に, また人情, より尖鋭, 師直には, 幸徳君らは, 日頃於弁とも, 理合は, 自然も, 色であり, 若し誤っ

▼ 形とを~ (18, 0.1%)

2 とって, もって

1 [14件] いよいよ美しく, 兼ね得たる顔, 出して, 切離すよう, 取られて, 取るもの, 彼らは, 持った二枚, 持つて, 書いて, 有する器物, 比べて, 見較べた是, 静かに

▼ 形ばかりに~ (18, 0.1%)

1 [18件] お参りし, そっと上眼, なりたる裡, 人工呼吸を, 作つてある, 区別し, 張り上げて, 戸を, 柄頭へ, 残ってるの, 立つて, 立て廻して, 脇差を, 脈を, 膝を, 藁だの, 解かれた, 齋きたる

▼ 形なく~ (17, 0.1%)

1 [17件] うごく陣気, して, しても, とも尚, 像なき, 力もなく袖, 声なし, 天地に, 心と, 現われる奇怪, 舞う落葉, 色あり, 色なき, 踊れども, 里見亭の, 顕現すべから, 飛び散った

▼ 形その~ (16, 0.1%)

2

1 [14件] しみこみかた, なりで, 儘では, 周囲の, 味その, 大いさ, 明暗の, 物が, 自在鍵の, 色その, 色合いが, 車輌の, 香そして, 麗美なる

▼ 形とも~ (16, 0.1%)

1 [16件] いうべくはなはだ, いへる, つかぬ思慕, なった, なり又, なり遂に, なるので, によく, 考へる様, 見ゆらむが, 見られる岩, 見るべきもの, 見るべき江戸初期, 言いそう, 言えぬ, 言ふべき

▼ 形にまで~ (16, 0.1%)

1 [16件] それを, 到達した, 変つて来た, 変つて残つたのである, 大きくひろ, 徹底させた, 拡充する, 燃え盛るの, 発達し, 積みかさねられたもの, 立ち到ったこと, 経験的に, 脱線しかけた, 行かねば, 転化し, 進歩し

▼ 形~ (16, 0.1%)

1 [16件] が絵, とを捨て去った, においても優れ, により, のある, のところ, の著しい, の鑑別, は確か, は絵, を思はせる, を持つた, を殺した, 上学的物理学的なる, 描写風の, 的写実風の

▼ 形~ (15, 0.1%)

2 影かと

1 [13件] いや車, からむとして, または借地期間, 何かを, 円形か, 女子のみの, 影かが, 影かというの, 影が, 斯う思っ, 正体見ん, 男女兩樣か, 8形ぐらゐがよい

▼ 形さえ~ (15, 0.1%)

1 [15件] あれば, いち早い宵, なかった, なくなった骸骨, まだしも娑婆, 与えれば, 取らねば, 変えたなら未来永劫北条内記奴, 女の, 履めば, 無いと, 異っ, 知って, 考えられる様, 行燈に

▼ 形したる~ (15, 0.1%)

2 大なる

1 [13件] がかの, は緑色, 例の, 像二つあり, 塩の, 山の, 師なり, 波の, 火は, 物に, 石の, 陶器に, 鼠の

▼ 形としては~ (15, 0.1%)

2 不安定であり

1 [13件] ほぼ同じ, よく前後左右, カントの, キッカリ, ギリシア人には, 丁度ヒューマニズム, 動かさなかったの, 却って無, 却つて無, 小さなもの, 正にこの, 用ゐ, 間違って

▼ 形との~ (15, 0.1%)

1 [15件] 一つに, 両面を, 原理を, 微妙雄大な, 新緑の, 無量無辺の, 瓦で, 美しさ, 透きとおる程, 間に, 間の, 関係から, 関係も, 関係を, 關係も

▼ 形より~ (15, 0.1%)

2 おして瑜伽経

1 [13件] するもの, する熟語, その裾野, 上なる, 下なる, 仕方ありますまい, 以上に, 出でたる名称, 変えたい場合, 心の, 来たもの, 茶臼の, 面積が

▼ 形をと~ (15, 0.1%)

4 つてゐた 2 つた, 選ぶ 1 つては, つてや, つて居た, つて後昔の, つて行はれる, ほつて來, 考えて

▼ 形でした~ (14, 0.1%)

2 がしかし, がどうやら, のではじめ 1 からあの, から早く, がここ, がさて, が人気, が鯨, けれど別に, よ

▼ 形とは~ (14, 0.1%)

1 [14件] かかる個物, なった, ならず形, サイに, パラデーグマである, 不可分の, 似も, 全く異, 多様に, 如何にも先生, 思われぬ, 無論思わない, 物なり, 違って

▼ 形だけでも~ (13, 0.1%)

5 ある限り 1 これを, こんだけの, ほんの門, 正しい神前結婚, 生き葬, 精進の, 見たい, 近代的な

▼ 形なる~ (13, 0.1%)

2 ことを

1 [11件] が此奧方, は明, ものと, ものは, を扣, 事を, 器にて, 実が, 者み, 軒先の, 飾り炭

▼ 形にて~ (13, 0.1%)

1 [13件] この愉快, 候よし, 其動作を, 刑場にて, 十字を, 土地の, 存在したる, 本屋よりの, 残るもの也, 汝の, 燗徳利四つ五つも, 通ふ, 髪いと

▼ 形姿~ (13, 0.1%)

3 をし 1 だけは浮ん, で地体どこ, で這入ろう, に対してそれ, に近い, は何ん, は制限, は詞, や浄土, を見る

▼ 形~ (13, 0.1%)

3 をし 2 だ, になっ 1 かも円筒, にくくれ, に着ぶくれた, に結ん, の人, をこの

▼ 形~ (13, 0.1%)

2 の判然, をそなえ 1 が心目, であって, といいます, の異, の食い込み, は不同, も物音, を観察, 各別

▼ 形造られ~ (13, 0.1%)

4 ていた 1 しかもそれ, ている, てゆく, てゐる, て世界, て居った, て居る, て行った, 豊かに

▼ 形そのもの~ (12, 0.1%)

1 [12件] からまた, が一種, が余り, が常に, が徳川時代, さえ見せなけれ, じゃない, の感覚, の美, は古い, は方言, も清少納言

▼ 形でなく~ (12, 0.1%)

1 [12件] てそれ, てはいけない, てもよく, て変, て本当に, 人間の, 四角であり, 寧ろ現在, 文化団体は, 現実の, 菜の, 魂魄とから

▼ 形とが~ (12, 0.1%)

1 [12件] あるが, あること, 一つの, 分れて, 基本形で, 壁畫の, 悲しいばかり, 手紙の, 明に, 異つて, 異様に, 見ゆべきところ

▼ 形などは~ (12, 0.1%)

1 [12件] きわめて優美, きわめて風雅, この探求, それだけの, どうでも, 偶然の, 初恋の, 却, 巌窟や, 決して悪く, 誠に迫真, 醜態です

▼ 形造つて~ (12, 0.1%)

2 ゐた, ゐる 1 ゐたの, ゐた異種, ゐた部族, ゐるか, ゐること, ゐるわれわれ, 居るの, 行くの

▼ 形あり~ (11, 0.1%)

3 色あり 1 て声, て夫, て形, と言う, 唐山にも, 宜なる, 気に, 重量あり

▼ 形しか~ (11, 0.1%)

2 ないもの 1 とれず発展的, ない, ないから, もたないもの, 持てないそれ, 現はれない, 現われないと, 見えない埃, 見えませぬ

▼ 形なり~ (11, 0.1%)

1 [11件] しならんと, 三として, 動作なりを, 夜その, 影と, 心を, 程度なり, 線なりが, 色なりを, 額形の, 風采なりを

▼ 形においては~ (11, 0.1%)

1 [11件] いかにし, この大菩薩峠, この資本, それは, 人類として, 個人か, 勤王と, 同様だ, 吾, 火星人を, 種々に

▼ 形における~ (11, 0.1%)

1 [11件] その名目価値, プロシアの, 刑罰の, 反ファッショ運動, 如く離れっこ, 実験だ, 戦争は, 生の, 生命を, 統一は, 脱落を

▼ 形をも~ (11, 0.1%)

1 [11件] とどめて, 且つ龍, 作つてゐなかつた, 取るが, 崩すこと, 心得ず今日, 成さ, 明らかに, 猜し, 現は, 眺めやったの

▼ 形~ (11, 0.1%)

1 [11件] でなくなって, に宰, に属, の内, の親父, は微塵, を察する能わず, を得, を次の間, を理想, を脱し

▼ 形~ (10, 0.0%)

1 あらわれて, へある, へいと, へ優しく, へ出, へ定, へ止めない, へ異, へ能, やうごく

▼ 形さん~ (10, 0.0%)

2 には別 1 が帰っ, が御, の代理, の件, の室, はいつ, はいつも, を受持っ

▼ 形だけが~ (10, 0.0%)

1 あった, できあがったという, できて, 哀れに, 大きくなる, 残つてゐる, 竹槍蓆旗の, 纏って, 美しく見えた, 美しければ

▼ 形ちで~ (10, 0.0%)

1 ところどころに, もある, 付着し, 吾妻橋へ, 宛かも, 寂寞として, 恰好の, 流布し, 銘々の, 黄白色を

▼ 形といふ~ (10, 0.0%)

3 ものは 2 やうに 1 のは, ものが, ものの, ものを, 以上それは

▼ 形においても~ (10, 0.0%)

1 そのこと, やはり同じ, 民主的日本には, 無理だ, 皆其下に, 私たちに, 諸害悪, 質においても, 體驗されぬ, H21の

▼ 形のみ~ (10, 0.0%)

1 ここに, では, ならず日々, ならず背, ならず臭気, なる, 優る卑怯, 別れは, 獸に, 見ゆ

▼ 形~ (10, 0.0%)

1 あてはめて, すっぱりと, 悉く写し取らるる, 現わす, 疵を, 発展する, 移るの, 移轍する, 第二句, 視線を

▼ 形よりも~ (10, 0.0%)

1 声で, 女に, 寧ろ唯, 巻き込まれにくい, 影体よりも, 感じを, 流転の, 美しく見える, 色と, 魂が

▼ 形~ (10, 0.0%)

1 だと, として尊んだ, と残す, なる御衣, になる, にもらった, のみつ, の様, の糸子, を破る

▼ 形あるいは~ (9, 0.0%)

2 電や 1 倒卵形で, 円形の, 分銅形を, 卵状心臓形の, 楕円形で, 皿の, 竜虎の

▼ 形であろう~ (9, 0.0%)

1 からこれ, が沖合遥か, とまたは, ともその, とも以前, とも無関係, と土地, と私, 位に

▼ 形でしか~ (9, 0.0%)

1 与えられなかった, 伸子の, 存在しない, 性格は, 持てなかった事, 望みは, 現われないの, 表わさない, 表現する

▼ 形などを~ (9, 0.0%)

1 十分に, 彫つたもの, 皆持つ, 直して, 研究する, 聯想した, 見て, 見ながら, 論ずるも

▼ 形及び~ (9, 0.0%)

2 動作の, 程度において 1 作用を, 側面結晶, 模様が, 模様という, 運動

▼ 形くる~ (8, 0.0%)

1 ことの, のを, ものなりけり, ものなるべし, もの即ち, 事は, 社会の, 要素並に

▼ 形じゃ~ (8, 0.0%)

1 で手下, ないあれ, ないか, ないよ, なくて, ア不都合じゃが, ア往かれねえ, ア心意気が

▼ 形なども~ (8, 0.0%)

1 はっきりする, 一様でなく, 同じこと, 地方によって, 最も興味, 画に, 皆絵の, 確かに

▼ 形なりに~ (8, 0.0%)

1 しっくりふさわしい, なつて, ぶら下って, 三方を, 凝り固まって, 真黒な, 硬直し, 科学の

▼ 形にでも~ (8, 0.0%)

1 あなたと, ある, つけて, なつたら, なります, 変えられること, 変って, 変転する

▼ 形らしい~ (8, 0.0%)

2 ものが 1 のである, のは, ものを, ようです, 血痕が, 階段の

▼ 形~ (8, 0.0%)

1 とあ, とが離れ, と不離, と妥協, になり, の標的, よく四角, をもつて

▼ 形~ (8, 0.0%)

2 を具 1 となし, にあらず, にあらはれたる, に於, の革命, を爲

▼ 形かと~ (7, 0.0%)

1 問うた, 思うたです, 思うもの, 思った, 思われますね, 考えて, 見られる話

▼ 形同じ~ (7, 0.0%)

2 模様果し, 絵この 1 大きさ, 模様同じ, 色の

▼ 形~ (7, 0.0%)

2 ならざるべからずその, にし 1 に後, ナレドモ味優レリ是茅栗ナリ, 花を

▼ 形~ (7, 0.0%)

1 である, で居ります, は決してかつて, は結構, も宜し, も尋常, や言葉

▼ 形あっ~ (6, 0.0%)

2 て形 1 ての意, てぶつかる, て仄, て精神

▼ 形そのまま~ (6, 0.0%)

1 であります, で畑, に見られる, の内容, を信ずる, を彼

▼ 形それ~ (6, 0.0%)

1 が何より, に畳まれ, の有, は万有そのもの, は死, は老若

▼ 形だの~ (6, 0.0%)

1 それからその, それが, ほりのも, 太さ, 空の, 色だの

▼ 形つて~ (6, 0.0%)

2 居る 1 ある麥畑, 居なさるだらうが, 居る外, 居る關山峠

▼ 形としての~ (6, 0.0%)

1 そういうもの, 幸福を, 現れであった, 短歌の, 結婚や, 結婚を

▼ 形とに~ (6, 0.0%)

1 あらわれて, よりて, 云ひ知れぬ, 微妙な, 慣れて, 於て

▼ 形による~ (6, 0.0%)

1 のである, もの, 方が, 樹木の, 殺人事件が, 讃歎詞が

▼ 形に関する~ (6, 0.0%)

1 ある手掛り, ものであった, 御存じの, 用語を, 近代の, 鋭い感覚

▼ 形までが~ (6, 0.0%)

1 いちいち芝居がかり, 今は, 似て, 後まで, 手伝って, 永く記念

▼ 形よき~ (6, 0.0%)

2 模様よき 1 汝を, 穴には, 維摩居士かな, 貝の

▼ 形をば~ (6, 0.0%)

2 揺り動かしての 1 うんとふんぞらせ, おぢ恐れ, 一々聴い, 一人で

▼ 形~ (6, 0.0%)

1 トラナイ, 以テスル日本民族, 小蛤ニ, 石ニ刻ンダモノガ支那ニモ朝鮮ニモ保存サレテイルガ日本ニハ奈良, 衣服, 見守リツツ尽キル

▼ 形以上~ (6, 0.0%)

2 のメタフィジック 1 のもの, の世界, の形, の感じ

▼ 形假名~ (6, 0.0%)

1 と印, と稱, なる文字, にて堀付, の下, 及び唐文字

▼ 形即ち~ (6, 0.0%)

1 丁字形であっ, 五七・七の, 変数と, 曲線の, 正規の, 種々なる

▼ 形圭吾~ (6, 0.0%)

1 というの, と印刷, と名乗っ, と名乗る, を問題, 否志村浩太郎

▼ 形~ (6, 0.0%)

2 を冠 1 と鳥打帽, に雪, はやがて, をかぶった

▼ 形概念~ (6, 0.0%)

2 の見方 1 との相違, において統一, は何, は実体概念

▼ 形~ (6, 0.0%)

2 のホトケノザ 1 に属し, に属する, の仏, の特徴

▼ 形自身~ (6, 0.0%)

5 を限定 1 によって決っ

▼ 形~ (6, 0.0%)

3 りの 2 り飯 1 りに

▼ 形だけに~ (5, 0.0%)

1 こだわって, しろ一脈, 古風を, 注意し, 添うて

▼ 形づけ~ (5, 0.0%)

1 さえ, ている, をし, を受けず, 内容づける

▼ 形づけられ~ (5, 0.0%)

1 て, てあつ, てある, て夜, 成長した

▼ 形ででも~ (5, 0.0%)

1 問題に, 妻と, 民衆の, 現れて, 高められた生命

▼ 形でない~ (5, 0.0%)

2 ことは, 限り伸子は 1 ことも

▼ 形でなけれ~ (5, 0.0%)

2 ばならぬ 1 ばならない, ばならなかった, ば現

▼ 形でのみ~ (5, 0.0%)

1 働き襷がけ, 現はれるべきである, 真似る陶工達, 私達に, 製作せられ

▼ 形とで~ (5, 0.0%)

1 いかにもその, 前に, 咲き出すもの, 日光に, 肯定する

▼ 形どった~ (5, 0.0%)

1 のだ, 名前を, 服装を, 物を, 通天閣が

▼ 形について~ (5, 0.0%)

2 ゐる 1 その背, 研究する, 言いたまえ

▼ 形に対して~ (5, 0.0%)

1 どう判断, どんな批判, 徹底的な, 極端に, 軍鶏の

▼ 形~ (5, 0.0%)

1 ことに, ことによ, ものは, やうな, 重要な

▼ 形~ (5, 0.0%)

1 小葉, 文字盤ヲ, 枕ニ寝, 極メテ, 石ノ

▼ 形付け~ (5, 0.0%)

1 てしまいたがる, てしまえない, てゐ, をせぬ, を致すなら

▼ 形取った~ (5, 0.0%)

3 木組が 1 んだろう, 一つの

▼ 形圭吾氏~ (5, 0.0%)

1 が何者, と申します, の変死事件, の屍体解剖, は現在印度貿易商

▼ 形~ (5, 0.0%)

1 で云う, で退治, と云う, の奥義, を学んだ

▼ 形模様~ (5, 0.0%)

1 でつくられ, のあいだ, のついた, の襖, を見せ

▼ 形~ (5, 0.0%)

4 の御殿 1 のお

▼ 形造った~ (5, 0.0%)

1 大天才, 小さな世界, 所以だろう, 生活の, 異元素

▼ 形造られる~ (5, 0.0%)

1 ことによ, と思う, のであった, ように, 年ごろに

▼ 形がち~ (4, 0.0%)

2 がつて, やんと

▼ 形さながら~ (4, 0.0%)

1 にし, に水面, に現し, 人の

▼ 形さまざま~ (4, 0.0%)

4 にならん

▼ 形たとへば~ (4, 0.0%)

3 編笠といふ 1 石垣を

▼ 形だつた~ (4, 0.0%)

1 が実は, が気管支, が英子, よ

▼ 形でだけ~ (4, 0.0%)

1 それを, 云えるでしょう, 残った, 現れるもの

▼ 形としてしか~ (4, 0.0%)

2 表象し得ない 1 従って物質的, 從つて物質的な

▼ 形ながら~ (4, 0.0%)

1 いかにも美しく, 人並より, 婦と, 法名を

▼ 形にのみ~ (4, 0.0%)

1 よって現, 現わるべき, 現われて, 現われるとは

▼ 形によ~ (4, 0.0%)

1 つてある, つても, つて動い, つて生き

▼ 形へと~ (4, 0.0%)

1 いっても, いわれないなお, 考えられる世界, 追求しなけれ

▼ 形への~ (4, 0.0%)

1 変化も, 推移が, 無限の, 變化も

▼ 形みたい~ (4, 0.0%)

2 な形 1 にすくませ, に並ん

▼ 形やら~ (4, 0.0%)

1 垢やらを, 感じやらが, 根やら, 途中の

▼ 形~ (4, 0.0%)

1 しもの右, て深谷, 之を, 思切った

▼ 形わが~ (4, 0.0%)

1 八丈島の, 其巓に, 富峰の, 日本の

▼ 形~ (4, 0.0%)

4 の讀方

▼ 形~ (4, 0.0%)

1 みが, 二人で, 名詞の, 是神神即

▼ 形好く~ (4, 0.0%)

1 つや, 丸みを, 葉巻を, 通ツて

▼ 形或は~ (4, 0.0%)

2 リウゴ形の 1 全く別, 花環形の

▼ 形~ (4, 0.0%)

1 といふこれ, に類するごとき, はまた, も五行

▼ 形~ (4, 0.0%)

1 が浮び出, なり, にて一つ, になる

▼ 形~ (4, 0.0%)

1 ならず味, の影, より美術, を最も

▼ 形~ (4, 0.0%)

1 に似, に似た, のごとし, の形

▼ 形~ (4, 0.0%)

2 つた 1 つて, の物

▼ 形造るべき~ (4, 0.0%)

1 児童の, 境遇ならね, 素因を, 財産が

▼ 形造ろう~ (4, 0.0%)

2 とする 1 というん, とし

▼ 形體上~ (4, 0.0%)

2 の音樂 1 のリズム, より言

▼ 形~ (4, 0.0%)

4 を懸けたる如き

▼ 形からも~ (3, 0.0%)

1 やはり同じ, 影響され, 暗示される

▼ 形こそは~ (3, 0.0%)

1 いずれも, どれだけ, 越後特有の

▼ 形すなわち~ (3, 0.0%)

1 これ神神すなわち, 真直ぐに, 鬚の

▼ 形せる~ (3, 0.0%)

1 もの皮や, 狸に, 獄吏は

▼ 形たる~ (3, 0.0%)

1 にとどまる, に過ぎず, や四角

▼ 形だけで~ (3, 0.0%)

1 すまして, 好いの, 通信し

▼ 形だろう~ (3, 0.0%)

1 この界隈, とされる, と言った

▼ 形ちと~ (3, 0.0%)

1 いふもの, なる, 成るが

▼ 形~ (3, 0.0%)

3 やない

▼ 形って~ (3, 0.0%)

1 いて, いるの, いるもの

▼ 形つく~ (3, 0.0%)

1 つて逆に, と, 頃は

▼ 形でありました~ (3, 0.0%)

1 から弁信, がしかし, がそう

▼ 形とでも~ (3, 0.0%)

1 いったよう, 名づくべきであらう, 言おうか

▼ 形~ (3, 0.0%)

1 つた, つたものである, つた衣裳を

▼ 形どっ~ (3, 0.0%)

1 てジリジリ, て作った, て映写

▼ 形などが~ (3, 0.0%)

1 一度にひろ, 何とも, 現れてを

▼ 形などに~ (3, 0.0%)

1 依って, 気高い美, 艶な

▼ 形なら~ (3, 0.0%)

1 ば呼格, 少しの, 形で

▼ 形にもな~ (3, 0.0%)

1 つてゐる, つて居る, つて来た

▼ 形に対する~ (3, 0.0%)

1 了解の, 彼等の, 我々の

▼ 形に従って~ (3, 0.0%)

1 堰堤を, 場所を, 手足の

▼ 形のみを~ (3, 0.0%)

1 写して, 学ぶの, 用いるよう

▼ 形また~ (3, 0.0%)

1 最もと, 異なるもの, 粘土で

▼ 形やや~ (3, 0.0%)

1 短かくして, 短くし, 辣韮に

▼ 形よりは~ (3, 0.0%)

1 その色, 幾分新しい, 気持が

▼ 形~ (3, 0.0%)

2 を律する 1 のもの

▼ 形~ (3, 0.0%)

1 整形なぞと, 穩に, 蔽

▼ 形八重~ (3, 0.0%)

1 という女, という年増女, のため

▼ 形円き~ (3, 0.0%)

2 トベラノキに 1 もの

▼ 形又は~ (3, 0.0%)

1 動作による, 動作を, 橢圓形の

▼ 形~ (3, 0.0%)

1 なり, なるもの, にし

▼ 形恰好~ (3, 0.0%)

1 が少し, は己, は精しく

▼ 形~ (3, 0.0%)

1 を想, を画, を聞く

▼ 形~ (3, 0.0%)

3 る程度

▼ 形~ (3, 0.0%)

2 染浴衣 1 蝶平形じれった

▼ 形~ (3, 0.0%)

1 のエレクトロン, の材料試験, の硬度

▼ 形~ (3, 0.0%)

2 で切り込んだ 1 きざみは

▼ 形~ (3, 0.0%)

1 を愛する, を最もよく, 及び前記各項

▼ 形~ (3, 0.0%)

1 のごとく, の形, の足

▼ 形~ (3, 0.0%)

2 のつけ根 1 の曲線

▼ 形~ (3, 0.0%)

1 が抜け, に大小, をふらふら

▼ 形~ (3, 0.0%)

1 の形, を一輪, を茎梢葉腋

▼ 形~ (3, 0.0%)

1 と称する, はずっと, もできる

▼ 形造り~ (3, 0.0%)

1 そしてその, たりき, つつある

▼ 形~ (3, 0.0%)

1 が嵐, の腹背, はふたたび

▼ 形~ (3, 0.0%)

1 と言, の一種, は日本

▼ 形~ (3, 0.0%)

1 くろく色白, のかかり, のはえぎわ

▼ 形~ (2, 0.0%)

1 ひ待ちて, 違う

▼ 形あまり~ (2, 0.0%)

2 子供が

▼ 形いろどり~ (2, 0.0%)

1 のさまざま, 等を

▼ 形および~ (2, 0.0%)

1 それと, 構造の

▼ 形かで~ (2, 0.0%)

1 今日の, 出て

▼ 形かという~ (2, 0.0%)

1 ことだ, ことを

▼ 形からが~ (2, 0.0%)

2 実におかしい

▼ 形すでに~ (2, 0.0%)

2 朽滅し

▼ 形すら~ (2, 0.0%)

1 あとにと, 見えなかつたの

▼ 形すらも~ (2, 0.0%)

1 具わって, 失う井戸

▼ 形する~ (2, 0.0%)

1 かな, んだろう

▼ 形それでも~ (2, 0.0%)

2 中を

▼ 形だけも~ (2, 0.0%)

1 世棄人それでこそ, 持出さず

▼ 形ちの青~ (2, 0.0%)

2 や赤

▼ 形ち造る~ (2, 0.0%)

1 一分子に, 以上個々人は

▼ 形つなぎ~ (2, 0.0%)

1 の着物, の硝子

▼ 形つまり~ (2, 0.0%)

1 歌垣の, 空中に

▼ 形づけられた~ (2, 0.0%)

1 あたりを, 意気地に

▼ 形~ (2, 0.0%)

1 ふ好むところ, 何んの

▼ 形であれ~ (2, 0.0%)

1 これの, ばこそその

▼ 形でございます~ (2, 0.0%)

1 が余, こと

▼ 形とから~ (2, 0.0%)

1 コンパクトの, 成つてゐる

▼ 形とりどり~ (2, 0.0%)

1 の大きい, の色彩

▼ 形と共に~ (2, 0.0%)

1 此の先生に, 筏が

▼ 形どおり~ (2, 0.0%)

1 な祝言, に片身

▼ 形どり~ (2, 0.0%)

1 て夫婦, 尾を

▼ 形ない~ (2, 0.0%)

1 形ある, 悪業罪障それを

▼ 形なせる~ (2, 0.0%)

1 やうの, 姿を

▼ 形などから~ (2, 0.0%)

1 して, それが

▼ 形などで~ (2, 0.0%)

1 ふちどられて, 探りあてたり

▼ 形などの~ (2, 0.0%)

1 いかにも上品, 極彩色の

▼ 形なんぞ~ (2, 0.0%)

1 どうでも, 余り気味の

▼ 形におけるが~ (2, 0.0%)

1 如くあるべきはず, 如く丸山勇仙

▼ 形にか~ (2, 0.0%)

1 はるまで, 家も

▼ 形にしか~ (2, 0.0%)

1 現われない現実, 過ぎないので

▼ 形にだけ~ (2, 0.0%)

1 以前の, 様式化し

▼ 形についても~ (2, 0.0%)

1 いろいろな, だまされて

▼ 形によっても~ (2, 0.0%)

1 人々が, 察せられた

▼ 形のみが~ (2, 0.0%)

1 ありありと, 厳然として

▼ 形のみは~ (2, 0.0%)

1 変らずして, 粗き山

▼ 形はと~ (2, 0.0%)

1 つても, ジリジリ突っ込まれ

▼ 形はれ~ (2, 0.0%)

2 たりけん

▼ 形ばかしの~ (2, 0.0%)

1 上の, 行列を

▼ 形ばかりが~ (2, 0.0%)

1 目立つて, 飽くまでも物々しい

▼ 形へという~ (2, 0.0%)

2 ことは

▼ 形または~ (2, 0.0%)

1 今有る, 紡錘形と

▼ 形までも~ (2, 0.0%)

1 あり, 正しく整えた

▼ 形~ (2, 0.0%)

1 それで片, 人情は

▼ 形よい~ (2, 0.0%)

1 掌を, 茎葉

▼ 形らしく~ (2, 0.0%)

1 其伴造に, 見分が

▼ 形られ~ (2, 0.0%)

2 て居る

▼ 形~ (2, 0.0%)

1 たり, て云

▼ 形をか~ (2, 0.0%)

1 へた續篇とも, へる

▼ 形をさえ~ (2, 0.0%)

1 取らないさき, 結べない筈

▼ 形をな~ (2, 0.0%)

1 せるあり, ほした

▼ 形を通して~ (2, 0.0%)

1 作家や, 来ても

▼ 形カラー~ (2, 0.0%)

1 のねまき, をつけ

▼ 形スカンディナヴィヤ半島~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 形~ (2, 0.0%)

1 満足スル, 眼ヲ

▼ 形~ (2, 0.0%)

1 思うと, 思ふと

▼ 形ニュアンス~ (2, 0.0%)

1 ではなく, で封建的

▼ 形二三~ (2, 0.0%)

2 の模様

▼ 形以外~ (2, 0.0%)

1 のうまみ, の見かけ

▼ 形依然として~ (2, 0.0%)

1 実存し, 実存する

▼ 形假名唐文字~ (2, 0.0%)

1 の第, を以て寫す

▼ 形全く~ (2, 0.0%)

2 破れて

▼ 形全体~ (2, 0.0%)

1 としては明白, のほっそり

▼ 形~ (2, 0.0%)

1 にす, ま

▼ 形冥府~ (2, 0.0%)

2 に似たる

▼ 形刀流~ (2, 0.0%)

1 の達人, を伝えた

▼ 形動物~ (2, 0.0%)

1 に似たる, の形

▼ 形~ (2, 0.0%)

2 を結んだ

▼ 形取る~ (2, 0.0%)

2 肉付の

▼ 形~ (2, 0.0%)

1 金襴の, 錦襴の

▼ 形~ (2, 0.0%)

1 は教会, は教會

▼ 形土器~ (2, 0.0%)

1 の中, の横口

▼ 形大きく~ (2, 0.0%)

1 なり十畳, 立派な

▼ 形姿威儀時~ (2, 0.0%)

2 に比

▼ 形小さく~ (2, 0.0%)

2 力無い

▼ 形~ (2, 0.0%)

1 であ, で睨ん

▼ 形成られ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 形成り~ (2, 0.0%)

1 て而, 流れ凝り

▼ 形~ (2, 0.0%)

2 の形

▼ 形散じ~ (2, 0.0%)

2 ては明

▼ 形文字~ (2, 0.0%)

1 でこの, を念頭

▼ 形~ (2, 0.0%)

1 に備, に見

▼ 形星雲~ (2, 0.0%)

1 と称せられ, を形成

▼ 形~ (2, 0.0%)

1 の火山彈, の物

▼ 形正しく~ (2, 0.0%)

1 整い焼, 鼻の

▼ 形~ (2, 0.0%)

2 は五尺

▼ 形無き~ (2, 0.0%)

2 もの

▼ 形~ (2, 0.0%)

1 じ, じて

▼ 形~ (2, 0.0%)

1 にひしめき集る, に兜

▼ 形科品~ (2, 0.0%)

2 の者

▼ 形~ (2, 0.0%)

1 の濡縁, の節

▼ 形紡錘~ (2, 0.0%)

2 に似

▼ 形細き~ (2, 0.0%)

1 珊瑚の, 面なよやかなる

▼ 形~ (2, 0.0%)

2 の犯罪素質遺伝説

▼ 形~ (2, 0.0%)

2 の丸味

▼ 形自在~ (2, 0.0%)

1 と見える, にし

▼ 形色光趣き~ (2, 0.0%)

2 を如何

▼ 形覆い~ (2, 0.0%)

1 の間, 古い水溜

▼ 形見えざれ~ (2, 0.0%)

2 ば人狐

▼ 形読み~ (2, 0.0%)

2

▼ 形貌共~ (2, 0.0%)

2 に果し

▼ 形貌精神一切~ (2, 0.0%)

2 を挙げ

▼ 形~ (2, 0.0%)

1 がある, である

▼ 形~ (2, 0.0%)

1 は貴公子, を変幻

▼ 形迫持~ (2, 0.0%)

1 の天井, の形

▼ 形造つたの~ (2, 0.0%)

1 だと, であります

▼ 形造られてる~ (2, 0.0%)

1 不可思議なる, 事物の

▼ 形造られるべき~ (2, 0.0%)

1 他の, 私の

▼ 形造りそれ~ (2, 0.0%)

1 が運動, によつて

▼ 形静か~ (2, 0.0%)

2 なる彩

▼ 形~ (2, 0.0%)

1 あれば, にし

▼ 形體位置~ (2, 0.0%)

1 及び場所, 及び運動

▼ 形~ (2, 0.0%)

2 に似

▼1* [757件]

あかるい日の, 形あくまで整然たるヘルプ紳士, 形あたかも鎌を, 形あの胴の, 形あやしく立つて, 形あらゆる会議あらゆる, 形あるべきにや, 形あればやがて, 形大えな, 形いい唇個々に, 形いかにも棗の, 形いずれも小さく, 形いたって小さく二十日鼠, 形いとよく鼠の, 形いろいろの調子, 形にの変形, 形ええ今度は, 形おかしき鼠色の, 形お初形歌舞伎形などあり, 形かねて転居さきを, 形からと解せられて, 形からにしろ彼, 形からは変つた, 形からをなつかしさうに見入つた, 形がくづれて行くこと, 形がぞろ, 形がな暗中へ, 形がねぢまげた, 形がもや, 形がわりに単調, 形きわめて醜怪, 形くられたる集合概念を, 形くりしもの二段階, 形くりたれば其理想, 形ぐらいの大きさ, 形ぐらいはつきます, 形ぐらゐ大して大きい, 形そちがへ, 形こうの字, 形この超越的な, 形ごとはずしジャッキ, 形さうであるから来た, 形さえも見出されない, 形させこれを, 形さぞや裸で, 形しかし美しい心, 形しかもそれらを, 形しけるは我身, 形したつち位な, 形した乾いた茜いろした, 形した電燈の仕掛け, 形し給うた佛菩薩では, 形じゃがわしには, 形三たび大きく, 形すぎ切り餅のジグザグ的, 形すぐれて国中, 形すべからず, 形すべてが内地, 形すればすなわち, 形しもの数, 形そうして, 形そういうものを, 形それから白い大きい眼, 形それだけよ他, 形それらの集合, 形額に, 形だけから云えば, 形だけすらこれほどの, 形だけでもと言って, 形だけにては上戸下戸の, 形だけにもせよいや, 形だつたりする, 形ちづくっている, 形ちづくった一隊が, 形ちづくる意識の, 形ちでなくって臼, 形ちで乗り出して参ります, 形ちなんぞにし, 形ちのよい自動車, 形ちの判断の立場, 形ちの壺が配し, 形ちの女達でした, 形ちの物か見た, 形ちの顔に如何, 形ちよくそろ, 形ちりめん六尺遣申候, 形ち作ることは, 形ち造っていた, 形て行く, 形つきをし, 形つくっていた, 形つくり純金の, 形つくるものいは, 形つけてゆく, 形つけ工だが, 形つたならば, 形つた金具のだし, 形つまみの形, 形づけたかを見よう, 形づけようとせず, 形づけられてるその肉体, 形づけられなければならぬ, 形づけられるかも知れない, 形づんぐりした胴豐かにまあ, 形であったろうかと思う, 形でありましょうが特に, 形でありますではない, 形であり死の織手が, 形であるらしい随筆に, 形であるらしく明らかに, 形でこそ道場も, 形でござったがさて, 形でござれども現に, 形でしてね, 形でしましても軍部, 形でと云うこと, 形でなくなり申し子型に, 形でなく進みたいものと, 形でばかり現われるの, 形でまで溢れ出さなければ, 形でもを如何にも理想的, 形といへない, 形といつても同時に, 形とうがらし, 形とかがそれぞれの, 形とかの茶碗は, 形とかを描く人, 形としか見えない大物, 形としてだけ残って, 形としてだけの挙国一致であり, 形としてもあさましといふ, 形ととのふ恋, 形とともに自分に, 形とまでは言えまいが, 形とや云はむ, 形とやらの光沢消, 形とんとシジアの, 形どうしてもおかしから, 形どこやら見た, 形どの式と, 形どりたるものと, 形ないし痩卵形で, 形なかなかいいでしょう, 形ながらもお牢屋付き, 形なき強いて個別, 形なぞに絵画的興趣を, 形なぞを過去と, 形なと見せおれ, 形などとばけもの, 形などというものは, 形などについて婦人が, 形などについても言えると, 形ならずして螺旋形, 形ならびなく美く, 形なりとせば, 形なりの狹い, 形なれども其の, 形なんかに拘泥しない, 形なんかはいかにも女らしい, 形なんぞが描いて, 形なんだかアルプスに, 形なんてなかった, 形においてこそ神の, 形においてしか存在しません, 形においてだけでも成功させ, 形においてにせよ神聖者, 形においての家族生活は, 形にかへて行つたのです, 形にくづれが, 形にさえなって, 形にっと出た端, 形についての問合わせである, 形については以前からも, 形にといって, 形にととのへられて, 形にばかり拘泥し, 形にもよというのは, 形により広い往来, 形によるであらうし, 形に対しての反感だった, 形に関しては地元の, 形のうへばかりでは, 形のけづり花などで, 形のけものの声, 形のしをらし, 形のせゐであ, 形のというのは, 形のなどの縫ひ, 形のみで実質は, 形のみについていつたが, 形のや亀甲形のなどの, 形のやら直八面体, 形はさのみ変り, 形はしゅろの葉, 形はずつと小さくて, 形はちよつと妾, 形ばかりといつた程度, 形ばかりという門が, 形ばかりとは云いながら, 形ばかりは殘つてゐる, 形ばかりも晴らす氣, 形ばかりを見過ぎて, 形ばっかりのお葬, 形ばっかりを見て, 形ひょうたん形に至っ, 形ひらひらと風, 形ひんの好い, 形ふりに構わず働い, 形へとして何処までも, 形ほとんど血に, 形ほぼ備わりたれども, 形ほんとにああでも, 形まさに自ずから隠るべしと, 形まじこるは其不純, 形までは見わけられないの, 形までへんだ, 形までを想像し, 形まどかなること手毬, 形まゆの引き, 形むづかしきもの故日本, 形むらむら波を, 形めいた線を, 形めずらしい諸鳥, 形もかはらざりけり, 形もちがひ, 形もとつてゐたらう, 形もなひ製薬株式会社, 形やかましい道行は, 形やさしきを得ん, 形やどりぎに, 形やにあらわれて, 形やみにくい言葉, 形やらのガリ版を, 形やらを変えるので, 形ゆえ菊見餅, 形よからず, 形よき美しき手, 形よしといわれける, 形せるの, 形れず昔人謂う, 形わざとらしき高台人は, 形われもするなれ, 形われし種々雑多の, 形をかへ幼少から, 形をかへて残つても, 形をすら顕して, 形をととのへ, 形をやぶつて, 形を通じて一貫した, 形を伴うた, 形エジプトのミイラ, 形エヽ馬鹿なと, 形オホツヅラフヂニ似テ薄ク色, 形カライエバ草書ト少シモカワリハナイノデアル, 形カードに仕上げ, 形ガソンナニ委シク見エタノニ顔ハドウモハッキリ, 形ザッと蜜柑, 形スクリーンに変わっ, 形スレートぶきの, 形に似たれ, 形チニ似タル, 形チニ小大アリテ略ボ鈴子, 形チ帯ノ如シ, 形テーブルの脚, 形ト共ニ鎌倉中期カラ後期ニ移ル頃ノ代表的, 形似タリ, 形ニオイテ見タノハ始メテダッタカラダ, 形ニシテ先端尖リ周辺細鋸歯アリ面ハ青ク背ハ, 形ニシテ外面絨毛ヲ帯ビ先端ニ短柱, 形ニッケル鍍金の湯沸器, 形ニ体ヲ彎曲サセルベク命ゼラレル, 形ハ紛レモナク彼女ノ足デアッタ, 形パンみたいで悪い, 形ピアノを運ばせ, 形ピラミッド型になっ, 形フィアルテの如し, 形マギリワラの据付け, 形ラッパの如く, 形レフレツクス素人用としては殆ど, 形ヰナカびて見ゆ, 形ヲ論ズル極メテ喧シ, 形一つの器, 形一刀流甲源一刀流柳剛流東軍流卜伝の遺風, 形一列を成す, 形一双を作り, 形一枚を送り, 形一般とも云うべき, 形七厘位がよく, 形三枚の早取り寫眞, 形三角にし, 形三角形等の不規則, 形上昇とともにその, 形には色めいた, 形不穏にし, 形並びに地球が, 形でもおそらく, 形女法師顔, 形似あり頭駝, 形也影之与, 形乱れて墨, 形せる二三人, 形五個なの, 形の方, 形同じた, 形に似たる, 形人間の生活, 形今度はまずやっと, 形仏像などを周り, 形付いてしまう, 形付いた上で, 形付かぬ内に, 形付き不申, 形付けられていた, 形付けられない場合が, 形以下は奈良朝, 形以前の形, 形似だ形を, 形似寄り候えば, 形はつきます, 形の形, 形余り大ならざる帽, 形作つてさうし, 形作り気品その, 形作法などがある, 形例えば動物や, 形依然たるを, 形保存の事業, 形俳優であつ, 形偏重の事実, 形儀イヤシフ而物語卑劣ナレトモ勇氣正キ事日本ニ可劣國トモ, 形優れ高台強く, 形優美なるタボル, 形なきこれ気, 形先づ衰へにけん知らね, 形光調子の集合, 形入道の形, 形六個を棺桶, 形其のポルトレを, 形内野さんはゴソゴソ, 形にし, 形円くあるいは多少, 形円形の泛子, 形况等を探る, 形分銅形等なり, 形制帽をかぶっ, 形計儀, 形であります, 形の現れ, 形加藤直枝など三, 形動き色調を, 形動き絡ふを, 形動くと見えし, 形勾玉二箇出雲石のもの一箇, 形化して穢土, 形に向っ, 形南瓜や馬鈴薯, 形単純なる色彩, 形卯辰に向, 形た醜く, 形口兩の頬邊, 形古き絵に, 形可愛い保の, 形可笑しき手付に, 形右往左往に遊び, 形吉沢あやめに似, 形なり今, 形名刺に似, 形名君の妻, 形寧ろ蝋, 形周囲の熱的条件, 形はひも, 形と普通品, 形哲学の式, 形の形, 形唐織の帯, 形圭吾事志村浩太郎と妾, 形圭吾氏こと志村浩太郎氏の変死事件, 形地蔵のある, 形坑道の中, 形垂簾を懸く, 形のもの, 形塊状及び六花, 形塩尻のごとき, 形墨形の五種類, 形墳墓と称し, 形壺火入れの作り方, 形変りし闇や, 形多くのクェスシオン・マーク, 形大きさ粒子間の, 形大きい皿の, 形大道店で遣ります, 形天井を後, 形太夫と三味線, 形女子に似, 形女陰にいとよく, 形は夜, 形好き美しき手, 形にいじけ, 形姿威儀竝びなき一人, 形姿美麗かりき, 形娘子を泊瀬山, 形子供に似, 形字典と名づけた, 形季節の変化, 形孤独でゆがんでしまつた, 形学者だ, 形宗易形珠光形春日雪見などある, 形定規が動い, 形宝珠形墨形の五種類, 形の工合, 形実在の真, 形家人にあてた, 形容態型式跡質の漢字, 形富士に似たる, 形寫眞器少し寫眞, 形寺屋緞子の帯, 形寿江子の生活, 形封建の否定, 形専門の綺麗, 形小紋の紋着, 形掛けて, 形山伏に似, 形の形, 形の辻堂, 形峻厳崎嶇たりとぞ, 形るるばかり, 形崩れず甚経済なる, 形川柳落首以前のもの, 形の輪, 形市街ラップ族の生活状態, 形師子形で来るなら, 形は花色勝山, 形帽子をかぶり, 形廣場のなか, 形強火に堪えた, 形弾丸の如く, 形当然の形, 形あっての, 形形態としては, 形彩色さまざまな独楽, 形根附と, 形手に, 形忽ち一變す, 形怪しき火取虫いと, 形怪異で牛, 形恐らくなはんす, 形恰ねこの桃, 形恰も車輪の, 形悪しきには死にかかっ, 形悪党がかけ合い, 形情関係は生理学, 形惡しきも脚, 形成ったがその, 形成られた別天地で, 形成る雨の, 形或いはその他の, 形戦車はかつて, 形戰爭用には拔取, 形打ちひしがれたる蛇の, 形折角の御馳走, 形り, 形は関わず, 形振構わず小金を, 形でも動き, 形捺染メリンスの腹合帯, 形へ隠れる, 形揚上機とは反, 形不快であった, 形神散, 形し神, 形斃神散猶, 形文樣いろ, 形斗西洋を学ぶ, 形方法こそ異, 形既朽滅神亦飄散, 形の隈, 形日月星辰の形, 形早熟な, 形星形の形象字, 形春日雪見などある, 形時々島や, 形曲尺の如く曲折, 形更紗の派出, 形最もよく発揮される, 形有るものは, 形有様も美, 形有様尋常で美しい, 形有様美麗になん, 形の人々, 形朦朧として灰, 形木理麗はしい, 形向, 形東西異なること, 形枯髑髏の如く, 形柔潤肉のごとし, 形柱状渦の存在, 形の葉, 形のごとく, 形の実, 形を枕, 形の形, 形楯ほか十二三の楯類, 形極めて強固であっ, 形に類する, 形様式と機智, 形に浮き出し, 形橙実ほどの焼け土, 形橢圓形瓢形等にて一つ, 形歌舞伎形などあり, 形正しい山高でも, 形正しきものへの, 形歩き振り衣服, 形歪んで不治, 形殊に主要なる, 形毀れて誰, 形毛ようの繊維, 形氏以外の誰, 形氏所持の大型金時計, 形氏直筆の十一万五千円, 形氏自身ではありません, 形で序, 形の流れ, 形の中, 形沢村あやめに似, 形法家に入れられ, 形波間より出で, 形泥鰌に似たる, 形活けるがごとし, 形清らかなること, 形渦流である, 形満月の如くなる, 形漆其上繋之於脚, 形烏帽子狩衣伝説に昔皇子誕生, 形熊論者は, 形と此方, 形燈架や贅沢, 形に照らさるる, 形牙形というよう, 形の小, 形の凧, 形に似, 形狭長かつ小, 形狭長五六尺余ニ至ル者ナリ其需要ハ彼ト大差ナシト雖ドモ品位彼ニ優レリ, 形く長く波, 形猛然と躍上って, 形の形, 形珠光形春日雪見などある, 形現実の世界, 形の上部, 形球形の説, 形琵琶に等, 形瓢形等にて一つ, 形を尚, 形生活雨露の問題, 形が強く, 形異なるにあらず, 形痛く損し, 形白熱の釣瓶, 形白色の表, 形的技術をもっ, 形寂く, 形皿十三枚男女名取中の寄附, 形皿形樣の火山彈, 形の如く, 形の中, 形だね, 形真黒に大鷲, 形の形, 形眼耳鼻口尻尾脚等の形態, 形磁石が一つ, 形磯ひよどりに, 形を五彩, 形のいわゆる, 形種々あるが, 形がアーチ形, 形竜蛇に似たる, 形を逆さ, 形にて繰廻しゆく, 形系統の特殊相, 形紅緑の色, 形の中, 形絞りの淡紅色, 形だ長大, 形綸子の寝巻, 形緑色の皮, 形によって編まれた, 形編みの篠垣, 形についても同様, 形美しく色美しく, 形美麗に有様, 形れて, 形者生之具也, 形と一致, 形而学問だ, 形而的法則であるという, 形で聴く, 形聴耳筒たるや時, 形と技, 形皆蚯蚓, 形胎児を単に, 形胡人に似たる, 形く見ず, 形の形, 形を折っ, 形自動車がとまっ, 形自然石の幾つ, 形を打つ, 形色一定せざるなり, 形色不同にし, 形色力勢皆師子に勝る, 形色子など, 形色徒らに大, 形色性行のやや, 形色濕り工合, 形色等の類似, 形色線と音, 形花冠が旅人, 形花台の如き, 形花容はその間, 形花穂を成し, 形は方, 形苦悩恐怖哄笑夢種々の夢, 形茶色がかつ, 形の影, 形よりは大, 形華鬘草の類, 形落ち着いた深みある, 形蓮花のごとし, 形虎ニ似テ二尺ニ足ラズ, 形虎形で来る, 形の形, 形のご, 形の形, 形の天窓, 形蟹爪のいずれ, 形術神人交感予言術九星術乗気術これらに関する大, 形の焼ける, 形衣装といい, 形袖形御手, 形召出二人扶持被, 形襞陰影等事物の真に, 形襟飾と白襯衣, 形見えわかぬ迄, 形見せたであろう通力自在姐娘の, 形見るべくその声, 形見れば限り無し, 形覚えていらっしゃるでしょう, 形角形に縦, 形言い換えれば坤, 形訳上演ということ, 形が見, 形調子が出来, 形に似, 形象容態を意味, 形豺豹形で来ら, 形貌奇異だから, 形貌非常に光彩, 形賠蝶丸形竹の節, 形質量などにおいて感ぜられる, 形赤楊の花, 形跣足儼然として一媼, 形身入れ白に成っ, 形身滋幹でございます, 形身解脱の水, 形躯有ルモ智覚無キガ如シ, 形車輪形或は花環形, 形軌道を描い, 形農業経営に移っ, 形迹世の蕩子, 形通りの善六, 形通草の實, 形造ってるその自由, 形造つたと共にその, 形造つてさはぐ程, 形造つて來てゐる, 形造つて宮廷若しくは諸侯, 形造つて生存して, 形造つて空を飛ん, 形造つて胎外に出, 形造らるるのは, 形造られた広い龕, 形造られたがっている, 形造られ受継がれてきた, 形造られ彩られそこから, 形造られ来っている, 形造られ育まれていた, 形造り人間と昆虫, 形造り其儘一直線に急峻, 形造り同種のものそれぞれ, 形造り四五間にし, 形造り山川草木を形造り, 形造り早稲田の中心鶴巻町通り, 形造り軍目付馬場利重を熊本勢, 形造るではない, 形連用形命令形に, 形週期性をもっ, 形運動光なほ附け加, 形運動色光これらの要素, 形部屋の間, 形醜い女の, 形重量ありと, 形というよう, 形の形, 形釣り合いあるいは美しい, 形の刀剣, 形のごとし, 形間口は小さく, 形闊いの細い, 形の裳, 形隆まり有り又, 形なるもの, 形のはる, 形にともなふ, 形青蓼に似, 形面上学的原則の, 形面白き柳の, 形面白く蟠りたるさ, 形面白しなど語ら, 形面積量質長さ, 形革質馬来が原産地, 形靫ニ似タレバ名トスト云フ, 形音気はひ, 形響石も知られ, 形頬紅やアイシャドウ, 形のてっぺん, 形の恰好, 形顔服装天窓から爪先, 形に独立, 形風変りな調度ずくめ, 形風情あり, 形風見がある, 形飛行自在まだ弱冠, 形を窓枠, 形飾りのついた, 形香炉形鼎形宝珠形墨形の五種類, 形香爐形洋人が百圓宛, 形に似, 形髑髏に似たる, 形體位置場所的運動などの直接, 形體延長運動及び場所, 形體既に成りて, 形體的の者, 形體的自然より先, 形體種々の形體, 形體音その他一切の外物, 形は地, 形魄地に帰し, 形に似, 形鰹節形皿形樣の火山彈, 形に似, 形鴨足の形, 形に似る, 形黄褐色の細花穂, 形黒くあらはれ, 形黒く高くあらはれ, 形鼎形宝珠形墨形の五種類, 形は中型