青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「帽~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

帰ろう~ 帳~ 帳場~ 帶~ ~常 常~ ~常に 常に~ ~常識 常識~
帽~
~帽子 帽子~ ~幅 幅~ ~幕 幕~ 幕府~ 干~ 平~ ~平凡

「帽~」 1791, 19ppm, 6178位

▼ 帽~ (886, 49.5%)

87 かぶって 29 脱いで 21 被って 16 冠って 14 取って 12 冠った, 被つて 11 阿弥陀に 9 手に 8 脱して 7 冠り, 目深に 6 とって, 頭に 5 かぶったり, かぶった男 4 ぬいで, 取りて, 脱いだ, 脱ぎながら, 被った男 3 かぶった, かぶった若い, かぶつた, つけて, とつて, 右の, 眉深, 頂いて

2 [57件] あげながら, かぶった一人, かぶった姿, かぶった方, かぶった紳士, かぶった背, かぶり, かぶりそして, かぶりつつ, かぶりなんだか, かぶりゴム, かぶり赤い, かぶり風, かぶり黒い, かむつて, ぬぎながら, まぶ, チョッと, 二つたたいた, 仰向けに, 傾けて, 冠り直した, 冠る, 出して, 取った, 取るなり, 受け取つて, 大事さうに頭に, 引繰返しに, 戴いて, 戴き眼鏡, 手で, 持って, 振ると, 揮り, 散すまいと, 無造作に, 片手に, 狙撃す, 眼深, 着ること, 耳の, 脱いだまま, 脱ぎて, 脱ぐと, 脱った, 被た, 被て, 被りながら, 被り手, 買った, 買ふ, 踏み潰して, 軽くたたいた, 長椅子の, 阿彌陀に, 頭へ

1 [473件] あみだに, あめ屋に, いきなり指, いた, いただいた一名色男, いただいた四, いただいて, いただき二重廻し, いただき佩剣, いただき十字架, いただき蹴込み, いただき青金白珠, いただき黒衣, いただけるのみ, うがつが, うしろから, うつむけに, うんと大きく, おきテーブル, おもちゃに, おれは, かいました, かえすとき, かかえて, かけ並べて, かすめる, かなぐりすてて, かぶせそうして, かぶせたり, かぶせて, かぶせられて, かぶせられます, かぶったかわいらしい, かぶったと, かぶったふたり, かぶったまんま, かぶったも, かぶったキルギス族遊牧, かぶったククーシュキン, かぶったグットネル, かぶったコックたち, かぶったサモイレンコ, かぶったトルクメン人, かぶったホテル, かぶったマリア, かぶったワグネル, かぶった三十, かぶった上, かぶった不良少年, かぶった中, かぶった中国, かぶった仕上場, かぶった十七八, かぶった同年輩, かぶった四十男, かぶった団員, かぶった大平, かぶった奴, かぶった客, かぶった少年, かぶった少年黒人, かぶった年, かぶった御者, かぶった支那, かぶった料理番, かぶった朝鮮人, かぶった村, かぶった父, かぶった白い, かぶった秋田氏, かぶった美青年, かぶった老年, かぶった職長, かぶった胡瓜, かぶった蒙古, かぶった詰襟, かぶった豚, かぶった貴婦人, かぶった赤軍, かぶった跛行, かぶった辻待ち橇, かぶった雑役, かぶった顔つき, かぶった黒服, かぶっては, かぶってる, かぶってるので, かぶってる自分, かぶらされ電波囚人, かぶらせ髪, かぶらなければ, かぶりいかにも, かぶりいんばねす, かぶりすっかり, かぶりだし女, かぶりだぶだぶ, かぶりて, かぶりなおしながら, かぶりなめし皮, かぶりへん, かぶりゐる, かぶりゲートル, かぶりスカアト, かぶりステッキ, かぶりナット製作, かぶりピッケル, かぶりブロンド, かぶりマロッコ, かぶりメリノラシャ, かぶりメリヤス, かぶり上衣, かぶり同じ, かぶり外套, かぶり大きな, かぶり巻脚絆, かぶり市ヶ谷, かぶり帽子, かぶり木靴, かぶり汚点, かぶり男, かぶり白い, かぶり白木綿, かぶり白衣, かぶり短い, かぶり破衣, かぶり立派, かぶり素足, かぶり紺, かぶり縞ズボン, かぶり美しい, かぶり耳, かぶり肩, かぶり自転車, かぶり薄, かぶり薊, かぶり角ばった頤, かぶり赤裳, かぶり辮髪, かぶり道, かぶり鏡, かぶり鞄, かぶり項, かぶり飛行将校, かぶり首, かぶり黒いほそ, かぶり鼻, かぶり鼻眼鏡, かぶると, かぶるの, かむった労働者, かむつた中年, かむりなおしながら, かむりふろしき包み一つ, かむり泣き女, かむり消防用, かむり袴, かむり道化役, きれいな, ぐいとななめ, こわがったという, さし出した, しきりに振, すぽ, そこに, たくさんの, だらりと, つくって, とったぎり彼, とった上, とった紳士, とつたぎり, とらなければ, とられた男, とり, とりあげた, とりつつ, とりながら, とり上げこんな, とり誰, とり進む, とろうとも, どこへ, なげうって, ぬいだが, ぬがせて, ぬぎすてると, ぬぎ口ヒゲ, ぬぎ持ちて, ぬぎ捨てた髪の毛, ぬぎ時計, ぬぎ背, ぬぎ胸, ぬぐん, ぬぐ竹村英三, ぬげば, のせた人達, のせて, のせる, ひったくりポケット, ひとつ取り出した, ふかくかぶり, ふりながら, ふりまわして, へるめ, また被っ, もう一方, もらっただけの, もらった火葬係り, よして, オットットなどと, フッとばし, ベンチの, ボロきれ, リボンの, 一つ買っ, 一寸脱い, 一層目深, 上げようと, 上げ掌, 上の, 両耳, 仰ざま, 仰のけて, 借りたの, 傾け, 傾け顔, 兵士の, 冠た, 冠つた優形の, 冠つた労働者の, 冠つた横顏が, 冠つて, 冠つて背嚢を, 冠りおりたる, 冠りたる, 冠ッた, 出させた, 前のめりに, 前下り目も, 前斜, 創製し, 力いっぱいひっ攫み, 動かすらしく粧って, 取らんと, 取りますと, 取り例, 取り出した, 取り出して, 取るよ, 取忘れ一人, 受く, 召して, 右手に, 吹き飛ばす, 吹く風, 周平は, 地に, 垂れ面, 売る店, 大事そうに, 天鵞絨を, 奉らんと, 奉りて, 奪い取って, 奪った, 奪つた, 奪ひとり, 好む, 妙に, 少しななめ, 少し逸, 少し長く, 少し阿弥陀, 帽子掛に, 床へ, 廂下りに, 引き出して, 引っ奪っ, 引冠り, 彼に, 後ざま, 後へ, 忘れた, 思い出させるの, 戴かしむ云々, 戴きしずしず, 戴きたる蓄髯, 戴きつ, 戴き友, 戴き女房, 戴き指, 戴き濃, 戴き短き, 戴き聖母, 戴くは, 戴くを, 戴けり, 戴けるのみ, 戴ける可愛らしき, 手にも, 打着, 抑へ, 投げ手布, 投下し, 抱いて, 抱きしめ抱きしめやっぱり, 拾い上げた, 拾って, 持ち上げながら, 持ち左手, 持つ右, 持添えた, 指して, 指の, 挙げ伸子, 振ったり, 振り手巾, 振り杖, 振る, 振るもの, 探し出したり, 提げて, 揮つと, 揮つとる, 擡げて, 放さない, 整え秋, 横つ, 次から, 欲しがっ, 求めエスキモ, 汝に, 深々と, 深くかぶせました, 深く引き下げ, 淺く, 清めブック, 渡した, 潰したよう, 無雑作, 片よせ書籍, 片下り, 片手で, 用いず全身黒衣, 目深く, 眉ぎわまでかぶった夫人との, 眉深く, 眞深, 真俯向け, 真深, 真黒な, 眺めました, 着た彼, 着ないで, 着る楽, 着る樂, 硝子の, 稍目深に, 突付けながら, 窮屈そうに, 笊に, 紐もて, 結い珠, 絞って, 耳まで, 耳深, 肩の, 脱いだばかり, 脱いだ近頃, 脱いて, 脱ぎつつ, 脱ぎました, 脱ぎ玉, 脱ぎ硝子窓, 脱ぎ肌, 脱ぐかれであつた, 脱ぐのに, 脱したり, 脱したるは, 脱し禮, 脱し跪いて, 脱す, 脱せしめるだけの, 脱せんと, 脱つた人, 脱て, 脱棄て, 膝に, 膝の, 著た, 蒙って, 藩王に, 被せて, 被たる我, 被った, 被ったが, 被ったまま, 被った三十, 被った今, 被った四十年輩, 被った女二人, 被った彼, 被った立派, 被った紳士, 被った自動車, 被った若い, 被った裔一, 被つた, 被つた三十位, 被つた会葬者, 被つた四人, 被つた姿, 被つた威厳, 被つた御者, 被つた怪物, 被つた方, 被つた田舎娘, 被つた男, 被つてカアキイ色, 被つて行, 被つて表, 被ぶり, 被らずに, 被らせ得るよう, 被りひそか, 被り少し, 被り或, 被り犬, 被り白い, 被り直した, 被り眼鏡, 被り鞭, 被る, 被るといった, 被れり, 被れる戲奴, 裏向け, 製造販売し, 見いだした, 見つけた, 見て, 覚えて, 警察署に, 買いに, 買う, 買うよう, 買ったこと, 買って, 買つた, 買つておおきに, 身体には, 転がして, 載き悪, 載せた, 載せたところ, 返して, 追つかける, 透して, 遠慮なく吹き込め, 長く延びた, 阿弥陀にか, 除って, 陳列す, 静に, 面深, 頂き劍, 頂き意気揚々, 頂けるは, 頭上に, 飛ばし淑女, 飛ばすの, 高く飛, 鷲掴みに

▼ 帽~ (279, 15.6%)

9 下から 8 男は 6 庇の 5 ような, 上に 4 下に, 中に, 庇に, 男が, 男を 3 かげから, ねじが, ように, 上から, 古いの, 庇を, 男の, 頭を

2 [15件] ふちに, 一方の, 上へ, 上部は, 中から, 中で, 中年の, 代りに, 庇外套の, 廂を, 端か, 紳士と, 縁の, 色ロンドンも, 鍔を

1 [172件] うしろから, うちに, おん姿, かざりに, かずかず, かわりに, ことばかり, しろい人かげ, たれを, つつみを, つばに, なかった, ねじを, はじに, ひもなどを, まま腰を, やうな, やうに, やまへ, よく落, ストイックは, チウリツプ, ヒサシに, モウニングの, リボンに, 一つの, 一側に, 一方のみに, 一種, 上には, 上の, 上より, 下にて, 下には, 下の, 下を, 下頤と, 中, 丸房の, 亡霊出現し, 人なんか, 人物大阪までの, 働きであった, 内田君, 前を, 動くにつれ, 動作には, 医師たちが, 反射は, 四十面相は, 堅きが, 外国宣教師が, 大きな男, 天窓羽織の, 失業者が, 女, 女が, 奴の, 婦人, 客を, 少女が, 巡査が, 工合を, 巨漢が, 巨漢は, 年寄りが, 広い縁, 広告撒き, 庇から, 庇へ, 庇も, 庇より, 廂に, 廂の, 弟が, 形も, 彼に, 彼は, 彼らは, 彼女に, 後ろに, 後ろへ, 従弟みたいな, 房, 扱いにだけは, 料理人元気な, 方を, 星をも, 更に見ばえ, 書生三人庇髪の, 末に, 本産地, 様な, 樣な, 波を, 注意を, 洋服を, 洗濯を, 流行品などに, 浴衣がけで, 深い下, 火星人は, 炎の, 瓦色に, 生地を, 生徒などの, 生徒も, 田螺に, 男たちが, 男で, 画家と, 白い羽毛飾, 着流しで, 着流し足駄ば, 穴の, 端から, 端には, 紐などを, 紐噛みとめる, 絵を, 緋の, 縁だけしか, 縁や, 縁を, 縁広き, 置き場処は, 群が, 群と, 老いかがみゆく, 老人, 老人が, 老人の, 耳覆いの, 肩へ, 若い男, 蔭で, 蔭に, 蕊が, 蛍が, 袖から, 裏絹へ, 角帯に, 赤い房, 赤い頂き, 赭っぽい, 赭顔い, 連中の, 連中は, 運動を, 運転手に, 野菜くさい, 鐔を, 長髪を, 間から, 陰なる, 青年の, 革紐を, 頂から, 頂を, 頭だけを, 頭に, 頭の, 頭は, 飾りである, 飾りとしては, 飾りに, 飾りリボンかなんかを, 首打ち振り, 馭者が, 髪に, 麻川氏が, 鼠色と

▼ 帽~ (99, 5.5%)

3 似て, 手を 2 して, 双眼鏡という, 沁みて, 浴衣がけの, 紺の, 金と, 金筋の, 鳴くこほろぎ

1 [77件] あげるの, あらず, うけて, したの, その頃, なり最後, なるの, ひきかえこれ, ふと気, まきぎゃはんをして, もんぺを, ズボンだけの, フロックコートで, フロツクコートといふ, 代うる, 兄が, 光れる, 八字髭洋服姿の, 十字を, 半袖シャツの, 夕日をよけながら, 思いも, 感じると, 戯姿の, 手織木綿縞の, 手造りの, 投げこみながら, 挾まれたしと, 挿して, 提革包の, 支那服の, 星の, 木綿の, 案内され, 比べれば, 水着一枚, 水色カンレイシャの, 涎かけの, 灰色の, 照る日, 珠数飾りを, 白いマフラー, 白の, 白十字の, 白靴ネクタイは, 着流しで, 移つて行く, 紅の, 紐で, 紙を, 絆纏着といふ, 羽織は, 背広服を, 自分勝手に, 花多き, 落ちた, 護りつ, 象徴され, 貸下駄, 逼って, 釣合せたるが, 鉤裂き, 長い茶色, 長靴赤毛布に, 附けて, 雪は, 青風呂敷, 鞭の, 顔隠れ, 飛白の, 飛行服の, 駒下駄を, 麻の, 黄色い手袋, 黒の, 黒マント顔半分襟巻きに, 黒眼鏡を

▼ 帽~ (69, 3.9%)

2 かかって, のって, 見える

1 [63件] あった, あって, ある, ある日常身, いったか, おいて, かぶられて, きらきらと, こちよこちよ走りつきながら, ころ, すっぽりはいる, すつかり, その日, その繍縁, ひとつ無, また地蔵, まだ消え, みえた, みるみるうち, よく似合っ, カラカラと, ヌッと, バタバタ人形, ヨーロッパ中で, 一つ美しい紅い, 一つ身体の, 一つ飛び, 一層ふくれた, 三重の, 上り口の, 二つ並ん, 光つ, 公園の, 出ようと, 右に, 地べたに, 嫌ひだかと, 山腹の, 廻った時, 挨拶も, 掛かつて, 掛って, 放り出して, 時々動く, 櫓を, 欅の, 止つて縁の, 点々と, 目に, 眺められるよう, 眼の, 石段の, 私の, 腰を, 自転車で, 落ちたとたん, 見つからずしかた, 覗いて, 転がる, 輝やい, 際立つて, 頭から, 黒く光つて通

▼ 帽~ (57, 3.2%)

2 却て, 委任統治領では, 悲しきごとし, 雑木の

1 [49件] あのとおり, かれの, ごくまばら, さきに, たしか才蔵, ただ, なんで作る, やがて別れ, ド・エスコバアルと, バスクの, 一寸お辞儀, 一弾を, 丈夫にて, 仰向けに, 俊和尚の, 僕の, 光るなりけり, 冠らず, 千二の, 吹飛ばされて, 咄嗟の, 堤畔の, 多くの, 小さすぎ, 屋根の, 巴里へ, 幾値な, 徐々に侵略, 情容赦も, 春より, 普通一般に, 欧洲にても, 此村で, 此村では, 波も, 煤びし壁の, 珍らしい, 耳を, 脱いだが, 落ちなん, 被らず髪, 被らないで, 西洋にては, 覆面した, 賤婦の, 都会の, 飛んで, 驟雨に, 黒の

▼ 帽~ (44, 2.5%)

2 しきりに胸, 煙草を, 鰻屋へ

1 [38件] あつて, あまりきつく, いる方, うれしそう, きりりと髪, すっかり耳, ひよつくり神戸, もって, ハイキング, バス待っ, マントを, 二人揃っ, 何も, 半シャツ, 同じよう, 小さな子供, 少しずつ, 山は, 帽子を, 引かれて, 手入れの, 扮装丈では, 来たり, 歩いて, 深くその, 深く頭, 立って, 縮れた長髪, 胸を, 運動シャツ学校の, 長髪を, 隠しその, 顔を, 顔色は, 風を, 髪の毛を, 麹町通りの, 黒の

▼ 帽~ (40, 2.2%)

3 なり 2 白い服

1 [35件] いう, その外, なって, ぱらそる, カンガルー皮の, モウニング・コウトと, 一しょに, 一二フィートの, 不安ないら立った, 両眼鏡, 中等の, 二つなら, 云う装, 勲四等の, 同じ所, 外套とを, 大きいマスク, 婦人の, 履物を, 服と, 杖とを, 海水服とを, 海軍帽の, 皮手袋と, 着物を, 絹ず, 袷とを, 赤い腰巻, 赤き小米桜, 運動靴とを, 靴と, 鞄が, 鳥の, 鳥打帽と, 黒い乗馬服

▼ 帽~ (34, 1.9%)

2 被らず跣足

1 [32件] あたりに, かぶらず靴, すべて眼に, とって, なしで, なしに, トロサの, 上衣も, 亦旦暮街塵, 他人に, 冠って, 前下り頸白く, 匂は, 外套も, 床に, 引掴ん, 役に, 手袋も, 振落したか, 服も, 服装も, 此連中の, 氷で, 眼鏡も, 着物も, 衣装も, 衣裝も, 被らずフロックコート, 被らずフロツクコート, 買うて, 踊って, 革の

▼ 帽をか~ (30, 1.7%)

14 ぶつた, ぶつて 1 なぐり棄て飛行服, ぶつたま

▼ 帽~ (20, 1.1%)

1 [20件] ジャケツの, ダブダブの, ネルを, ハンカチイフを, ハンケチを, ビロオドの, フェルト帽を, フロックコートなどは, 中折れだ, 外套や, 服の, 服装に, 桃色の, 白襯衣を, 礼服を, 籐の, 紙の, 茶色の, 角帽や, 鳥打帽や

▼ 帽~ (16, 0.9%)

1 [16件] が喉, で多く, で通っ, と闘う, にその, に睥まれ, の事, の何物たる, は井, は今, は毎度頭, や鱗蛇, を始め, を戴き, を族霊, を神視

▼ 帽という~ (11, 0.6%)

1 [11件] のは, ものは, ものを, 出で立ち民子, 壮佼などが, 奴を, 姿の, 扮装の, 自分の, 身装で, 軽装で

▼ 帽から~ (10, 0.6%)

1 こぼれたお, はみ出て, カンガルー靴の, カールを, 四方に, 新しい背広服, 洋傘小さな, 白い仮, 目と口と, 話は

▼ 帽には~ (6, 0.3%)

1 ふさの, 多彩な, 早すぎる, 美しき薔薇, 羽毛連珠を, 赤と

▼ 帽~ (6, 0.3%)

1 が真鍮刀, にわたされた, は堤下の田, は復び畠, も同じくそう, も恐れ入った

▼ 帽とを~ (4, 0.2%)

1 倶に, 著けた案山子たちと, 認めた, 除けたところ

▼ 帽などを~ (4, 0.2%)

1 かぶり大きな, 冠つて居る, 被って, 頂き繻子

▼ 帽~ (4, 0.2%)

1 がいつも, に穴, は常に, ばかり気

▼ 帽だの~ (3, 0.2%)

1 とじめ, 変り縞の, 孔雀の

▼ 帽との~ (3, 0.2%)

1 人間が, 歴史に, 臭いが

▼ 帽~ (3, 0.2%)

1 が閃, で取囲まれ, を眺め

▼ 帽~ (3, 0.2%)

1 によって巧み, の觀念, をつけ

▼ 帽飾店~ (3, 0.2%)

1 からウィリアム, のところ, へ行っ

▼ 帽かむりし~ (2, 0.1%)

2 二人の

▼ 帽それ~ (2, 0.1%)

1 から短い, もずいぶん

▼ 帽~ (2, 0.1%)

1 のが, 脱走しなきゃ

▼ 帽つんだし~ (2, 0.1%)

2

▼ 帽とが~ (2, 0.1%)

1 掛かつて, 牡牛を

▼ 帽とに~ (2, 0.1%)

1 凛烈の, 身を

▼ 帽など~ (2, 0.1%)

1 かぶって, 物色しない

▼ 帽ひき~ (2, 0.1%)

2 かぶり出あるくと

▼ 帽やら~ (2, 0.1%)

1 仮面やら, 菅笠を

▼ 帽をば~ (2, 0.1%)

2 いつの間にか失ひ

▼ 帽主義~ (2, 0.1%)

1 だと, などというの

▼ 帽先生~ (2, 0.1%)

1 が其満腔, も亦

▼ 帽~ (2, 0.1%)

2 の寺

▼ 帽~ (2, 0.1%)

1 に目, をかぶった

▼ 帽~ (2, 0.1%)

2 のひかり

▼ 帽~ (2, 0.1%)

1 から防空面, には猟銃

▼ 帽~ (2, 0.1%)

1 る, るかれら

▼ 帽赤い~ (2, 0.1%)

1 法衣の, 靴下を

▼ 帽黒い~ (2, 0.1%)

1 ヴェールに, 縁とりの

▼1* [119件]

ひ望み白脛, 帽ぶり, 帽からはづして晴々と, 帽きびきびした早口, 帽くらい噴き上げるなどと, 帽ぐるみ顔を圧, 帽さえとって, 帽しか着けて, 帽そっくりなの, 帽それにまた金髪大きな, 帽だけといういでたちだが, 帽だけはパナマの, 帽だろうと述べた, 帽つけてまだ, 帽であろうと更に, 帽ですわ, 帽でもかぶるよう, 帽といふ身軽な, 帽と共に甲板に, 帽なき男, 帽などがかなりに, 帽なんか平生に, 帽なんぞかぶっては, 帽にてすこしも可笑しき, 帽によつて誤解せられた, 帽はかぶつて, 帽ばかりになったの, 帽留まったので, 帽ぶかに, 帽みたような, 帽みたいなもの, 帽よりも遙かに, 帽よれよれのネクタイ, 帽をよけて通るよう, 帽ゴム長靴まで添, 帽シヨウガ壺を買, 帽スポーツずきの, 帽セーターオーバー等を取り出す, 帽ソフトカラアにハンカチーフ, 帽ヘヤピンなぞのいずれ, 帽一つ真裸でぶらつく, 帽七子の三紋, 帽をいたわっ, 帽二三のネクタイ, 帽以上に豪華, 帽使用のこと, 帽の寺, 帽は釜底, 帽凛々しく戴ける後姿見送り, 帽い毛, 帽十人の青年, 帽取りて戴きつ, 帽同じく黒の, 帽同色リボンつきといういでたち, 帽吹き飛ばしたり冬, 帽夏化粧である, 帽えるを, 帽に加, 帽滞りつつ, 帽弁狭さく症といふ病気, 帽弁閉鎖不全というそう, 帽彼ら怖れず, 帽徒歩の者ら, 帽恐ろしいきたない毛織りの, 帽手袋襟巻シャツズボン下カトリック辞典一二英語のギリシャ語文典, 帽振る別れ, 帽揺らめいている, 帽故郷に入, 帽から晩, 帽東京から来, 帽檐広な黒羅紗, 帽法服を考案, 帽といわれ, 帽派手をする, 帽湯浅さんにブラウズ, 帽瀝青を塗った, 帽マント和服のみ, 帽の下, 帽猟虎の毛皮, 帽白服の人, 帽白衣の警官, 帽が現れる, 帽真新しいはさて, 帽に用, 帽粗服の一高生, 帽紋付羽織袴靴凜とした, 帽素足に駒下駄, 帽肉桂色短衣, 帽腕車はいたる, 帽苦み走った一文字眉, 帽が生えた, 帽蓬髪のジャンパー姿, 帽蓬髪ジャンパー姿の痩せた, 帽藤蔓の杖, 帽蛇崇拝徒二万五千人もあった, 帽蛇蛙を啣, 帽蝙蝠傘それらの行列, 帽を割りたる, 帽褌財布どれも俊和尚, 帽警官の白い, 帽短衣, 帽赤絲肩章前立色布で結いた, 帽赤色短衣, 帽越しに細君, 帽に地下足袋, 帽郵便函を押し出した, 帽金縁の鼻眼鏡, 帽長い髪の毛大きな, 帽開襟シャツの一見, 帽雨衫誰与比, 帽青及黒短衣, 帽青襟の少年郎, 帽靴数珠と言う, 帽鞋剃刀一々倶, 帽に繋ぎ留めた, 帽頂きつつ, 帽飛んでぬかるみ, 帽黄八丈に藤色, 帽黒絹の長