青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「常~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~帰り 帰り~ ~帰る 帰る~ ~帰ろう 帰ろう~ 帳~ 帳場~ 帶~ ~常
常~
~常に 常に~ ~常識 常識~ 帽~ ~帽子 帽子~ ~幅 幅~ ~幕

「常~」 3102, 32ppm, 3642位

▼ 常~ (684, 22.1%)

21 日の 15 ように 9 やうに 7 人の, 如くに 5 日は, 茶屋を 4 ことなり, 事を, 型に, 場合なら, 日と, 茶屋へ, 通りに 3 ことだ, ことと, ごとく, ような, 心の, 心は, 道に

2 [51件] あなたにも, ことであった, とおりで, とおりに, もので, 事である, 事なり, 事氣にもか, 人と, 人に, 人より, 人よりも, 仕事を, 優柔不, 優柔不断な, 口調だった, 土間へ, 声が, 夜には, 夜の, 夜も, 如くし, 如く輝, 如し, 家に, 家は, 形であった, 御殿へ, 心では, 心を, 悲歎は, 数詞と, 日には, 日にも, 日も, 日よりも, 時でさえ, 服と, 水か, 水より, 決心の, 父の, 生活にて, 茶屋に, 衣の, 足どりで, 通り落ち付い, 阿魔, 頬に, 顔を, 鼠と

1 [464件] あるじなければ, いつたこと以上, おすゑ, お客様と, お部屋, かれよりは, こ, こうと, こころを, ことである, ことでございました, ことです, ことに, ことも, こと飼い, ごつごつした, ごとくお, ごとくであった, ごとくであるので, ごとくふるまって, ごとくまくら, ごとく事務, ごとく何, ごとく働こうと, ごとく咲くよう, ごとく多く, ごとく安らか, ごとく拝まれたので, ごとく散歩, ごとく木戸, ごとく枕辺, ごとく犬, ごとく見えますれば, ごとく鋭敏, ごとく黄巾, ごとし, さびしき道ゆ, せいか, せがれで, それよりも, ために, とおり家業に, とおり礼を, ときに, ところへ, はたらきにて, ほかには, ま, ままな, ままの, まめまめしき働きぶり, もどかしさ, ものであった, ものと, ものなり, やきもきする, ようだ, ようである, ようでなかった, ようには, より大きく, わがままぶりも, わが殿, クリ, クリクリした, バショウの, 一世一代の, 一字難い, 一軍の, 七兵衛なら, 七千人は, 三倍位は, 不敵さを, 世なれ, 世に, 世の, 世話を, 主人は, 争いと, 事じゃ, 事だけ, 事で, 事です, 事と, 事とも, 事な, 事なりし, 事なるべけれ, 事なれ, 事には, 事は, 事も, 事也, 事気にも, 二倍に, 二倍にも, 人で, 人である, 人とは, 人なり, 人は, 人よりは, 人形にかは, 人間でない, 人間性は, 仰せに, 伝右とは, 住いに, 住居に, 体なりし, 例で, 例である, 信長と, 修養が, 健康体に, 傲岸な, 傳記家が, 優しい落着, 光秀を, 其方にも, 再縁が, 冷たい美貌, 出立ちであったとも, 刀へ, 初稱五郎作, 判斷力を以て, 前に, 前へ, 勘が, 十倍程も, 叙事詩を, 口を, 口巧者にも, 名か, 名に, 君の, 品が, 場合と, 場合において, 声だった, 声と, 声とも, 声より, 変な, 夕炊ぎなら, 夕飯が, 夕餐より, 外に, 夜とは, 夜な, 大地を, 太陽を, 女でなくする, 女の, 女房であった, 如き元気, 如き小, 如き細い, 如くお, 如くその, 如くほめそやしつ, 如くわが, 如く且, 如く中の口, 如く事務, 如く仕事し, 如く冷水浴五度, 如く少し, 如く嵯峨, 如く心を, 如く応接した, 如く快く, 如く戯, 如く振舞, 如く斧, 如く晩餐, 如く机, 如く松林, 如く汝, 如く漁師, 如く父君, 如く獨語, 如く真紅, 如く私, 如く罪を, 如く迎へたり, 如く通用門を, 如く遠慮なく, 如く都を, 如く静か, 妻は, 姉とは, 姿に, 姿には, 客であった, 客と, 家へ, 家族も, 容態や, 容色が, 容色の, 小侍, 小六, 居処と, 居間であった, 居間は, 居間へ, 差支へる, 差料を, 帰って, 年には, 年よりも, 庄吉で, 座に, 式日には, 引つ掻き位, 弟直和を, 弱点と, 形だ, 形なき, 役目が, 役目である, 彼とは, 彼に, 彼にも, 彼の, 彼よりは, 後の, 御所の, 御料に, 御膳部, 微笑みに, 徳に, 心がけから, 心ち, 心であった, 心には, 心地に, 心掛けと, 応対などにか, 思想は, 思慮で, 性と, 性格が, 悪相に, 情なり, 意義とは, 態度は, 我なら, 手から, 手に, 手前も, 手紙は, 手足を, 扱帶です, 技巧から, 挙措であり, 挨拶は, 新春に, 方で, 方なら, 方には, 方を, 方向だけは, 旅とは, 旅には, 旅立ちと, 日との, 日とは, 日なら, 日に, 日以下の, 春の, 時でも, 時なら, 時なりき, 時にも, 時は, 書いた手紙, 最後の, 月には, 朝の, 来客に, 柿と, 栖に, 椀より, 椅子の, 業務から, 様子でない, 様子に, 様式を, 樣子と, 欧洲人が, 歎き, 歐羅巴時刻を, 死をも, 死骸は, 歿する, 気性にも, 気苦労も, 氣行あり, 水の上に, 水平に, 水死體は, 泊りの, 浮世の, 湯村はた, 源五右衛門らしく, 火, 災難は, 烏より, 無といふ, 物語りは, 特色が, 状態では, 状態を, 狩場の, 王服に, 生活に, 生活について, 生活の, 用語に, 疑いは, 皮膚の, 目に, 相とは, 眉は, 真昼の, 眼識に, 短かい日, 石原あり, 社会と, 神なる, 祭りの, 私だったら, 竈を, 立てかけた紅絹裏, 竜も, 符徴であった, 米友なら, 精神力を, 約束とは, 純吉, 素読は, 素足から, 細君思いに, 細君思ひ, 線を, 美しさ, 義に, 習いで, 習いであったらしい, 習いなる, 習いを, 聡明な, 職業に, 肌身に, 腹の中には, 膝を, 船酔いが, 色で, 色に, 色には, 芦に, 花は, 花火の, 花瓶に, 若殿なら, 茶屋の, 茶飯である, 華奢姿に, 華美や, 落着いた, 落着きと, 血の, 行装に, 衣に, 衣も, 衣服に, 衣服を, 見物人とは, 親しみで, 親父の, 観察は, 言って, 言に, 言葉が, 言葉に, 訪問でない, 訪問というは, 訪問といふは, 詠草の, 詩文会では, 話を, 説明は, 調子でなかった, 調子に, 談話, 論理に, 豐滿な, 貧弱な, 貴公らしく, 貴公らしゅう, 賓客その他われを, 赤前垂姿を, 跳ね様とは, 身の上は, 身仕度は, 身体と, 身持番頭忠助の, 身體を, 辞と, 辞令に, 辞令も, 近親らしい, 近親らしく推せられる, 通りだ, 通りちゃあ, 通りで, 通りです, 通りの, 通り元, 通り元気の, 通り寝, 通り食事後の, 道という, 道とが, 道を, 道歩み給ふさま, 部下は, 酌で, 金吾で, 釣には, 錢ならぬ, 陣座の, 雀を, 雛鳥の, 静さに, 面上に, 面色に, 顏には, 顏は, 顏を, 顔いろ, 顔から, 顔で, 顔であった, 顔に, 願いに, 食事との, 食事を, 食物の, 飯料は, 飲料と, 首つ, 首のみ, 駄々ぶりを, 驚ろい, 鶏の, 麻衣に, 黒鼠と, 鼠が, 鼠の, 鼠より

▼ 常~ (408, 13.2%)

48 した 4746 する 44 して 9 せり 6 したり 5 したが, 少しも 4 します 3 するかの, するが, するの, するもの, すれど, ちがって, 変りなく

2 [18件] お熊, したと, したの, したもの, しました, するから, するであろう, するという, するに, するよりも, する国, なった, なって, 変つた皆の, 思えば, 約束の, 聟の, 變つた皆の

1 [137件] いいながら, いった, いつか互いに, おもへ, お紋, かわった風俗, かわらない落付き, かわりなく, くいが, させられて, されて, し, しき, しければ, しこれら, しその, しそんな, したあの, したから, したとえ, したのに, したのみか, したる人物, した封建時代, した記憶, した香味入り, しつ, してるこの, しヨモノ, し之, し人格, し寺前, し所行, し治安下, し病人, し而, すかの, すと, すとも, するか, するかは, するかも, すると, するとき, するところ, するなり, するので, するばかり, するよう, するイデオロギー, する信天翁, する工場, する羞恥, する者, する関係, すれども, すれば, す人, す信ずるに, す当時, す米屋酒屋薪屋皆, す繁簡, せしかば, せしが, せし戀歌, せし紐, せりといふ, せり海の, せるを, その女, たった二人ぎりになった健三, てか, てわたしは, なりぬ, なるの, はいっても, まるで異, 下女それから, 下女と, 下女の, 不和を, 争って, 二三応答の, 二人で, 云つた, 伊太郎との, 佐太郎の, 何の, 入れ違いに, 入換, 別れてから, 同じだ, 同じに, 名のりまして, 呼ばれた男, 四人は, 変ったこと, 変った叫, 変った皆, 変って, 変らず出迎え, 変らず手, 変らないつもり, 変らない彼, 変らない態, 変らない明るい, 変らなかった, 変らぬ安眠, 変らぬ平, 変らぬ穏やか, 変らぬ静か, 変りは, 変るところ, 変わらず自分, 夫婦約束を, 妹娘の, 容子が, 御変り, 御寛容, 思へば, 書いて, 朋輩の, 末長く, 歎い, 此定五郎との, 為す, 由兵衛は, 異って, 異なる日, 綱吉が, 致せば, 違う, 違うので, 違う作爺さん, 違ったもの, 違って, 長男雄太郎とを

▼ 常~ (280, 9.0%)

4 自分の 3 人をも, 何とも思はぬ, 黙って

2 [12件] それを, びっくりし, 何事に, 兇暴な, 吃驚した, 坐さずも, 幸とも, 止めどの, 溜息を, 笑つて立つ, 考えて, 見ばえせざりし

1 [243件] あれから, あれ病み, いう, いちど退がっ, いつか弟子の, えまゐら, え至るまじき, おとなしいけれども, おとなしい性, おとなしい笑い, おどおどした, おりんへ, お勝手で, お紋, お終い, かう言つて, かの対外, くらくらとして, ぐづ, この事打, この時代, これだけの, こんなで, さすがに, さんざんに, しぶしぶその, すこし明るく, せないの, そこに, その一言, その席, それでも娘, それでも涙, たしなみの, たしなめて, ただ一騎, とうと, どうした, なお自説, なんとも思う, はっきり認めた, ほとんど買わず, まじめな, また今更, また飯櫃, まだ居る, まだ廿二, もう捨て, わざとらしく取り上げた, シテが, ツイこんな, トム公が, 一人取らる, 一人娘の, 一糸も, 丁, 三十日の, 三藏を, 中途で, 丸く肥り, 事毎に, 二軒長屋の, 五六人の, 人を, 今年四十九の, 伊太郎との, 伊達若衆の, 会う人ごと, 会は, 何うし, 何とも思はざりし, 何時この, 使ひ, 健三に, 全く男, 兩手の, 八五郎が, 其所で, 其所に, 凡, 出さない作物, 出来るだけ, 前にも, 前の, 力神を, 化物と, 千両箱の, 千兩箱の, 半狂乱, 半狂亂, 単独に, 厄介物の, 厭な, 厭迄, 去年の, 又もや不安, 又今頃, 又四郎を, 口の, 口惜しくって, 只胸, 吉次の, 嘗て念, 器械的に, 四人の, 四十を, 四十三の, 垢に, 執濃かっ, 壽阿, 大して飲まん, 大変に, 奥山の, 女中を, 妙に, 子供を, 季節に, 孤児院の, 定て, 家に, 容易に, 寂しい町, 寛政六年生で, 山谷の, 岡つ, 島田よりも, 平なる, 平作を, 年が, 幸いとも, 幽け, 広大の, 庭に, 強く否定, 彼女と, 彼女の, 後とに, 忘られ, 忘れて, 思わず, 悔や, 慈愛温厚歓喜の, 憎んで, 或粉薬, 戸の, 手拭で, 承知した, 折々只ぼうっとし, 拍子抜けが, 指を, 提灯を, 敷居越しに, 斯う, 日の, 日傘を, 昔から, 最初芸者かと, 本能的に, 棠辺元, 極めて自然, 次の, 次第に増長, 次第に腹, 止一毛に, 歯を, 死んだ勘兵衛, 死んだ勘兵衞, 殊に驚き, 母に, 毎日の, 気前よく, 水が, 汁椀に, 浴衣を, 淡紅色の, 滅入ったよう, 漸く本心, 漸く正, 濡れた衣, 無口な, 無関心, 無駄口の, 牛市と, 物事に, 物数の, 生きみ靈, 生徒たちが, 用に, 甲に, 疊を, 疳癪を, 登場しない, 登拝を, 矢張り世間並の, 神の, 突き出すやう, 竊に, 立上つた, 笑つた, 笛の, 素知らぬ振, 綿布夏は, 義理の, 老孃, 考へて, 聴かれぬ非常, 能く, 腰を, 自分のせゐ, 自然同じ, 芥川氏が, 若くて, 薄々氣, 薄うございます, 虎の子の, 行水姿の, 裹み, 襷は, 言つて自分の, 言ふ, 言わないこと, 諍いを, 諸生, 質朴な, 贅澤と, 赫と, 越人であった, 躍り上がり国, 躍起と, 過去帳の, 金次が, 関羽の, 離れて, 静かな, 非常に, 非難がましく, 顧らるる, 飽迄曇り, 首を, 默つ, 默つて考へ, 默つて顏を, 鼻を

▼ 常として~ (163, 5.3%)

8 ゐる 6 ゐた 2 いざと, いつも人, 居たが, 彼は

1 [141件] いつ心が, いられる方, いわゆる偉く, うまい肉, おった, お十夜, かかる英断, こうは, ことに物質的, この意識, この種, この観察点, これまで, こんな事, さうし, すぐに, そこらの, その不思議, その光景, その巨頭, その言葉, それが, たいへん物見高い, だれも, とかくはかばかしい, とても耐えられる, なすところ, なまけ者では, ひどい不幸, よく嫁いじめ, わかって, ゐたから, ゐたが, ゐたけれども, ゐたといふ, ゐたところ, ゐるの, コチコチで, ドユパンは, マリユスは, 一を, 一年二年と, 世俗をば, 久保田君は, 久保田君も, 二階の, 人に, 今では, 今はとて, 仕方が, 他人の, 代価が, 伝来や, 何かといへ, 何かの, 何事も, 借金の, 吾が輕氣球, 吾家ながら, 在るもの, 報なく, 多感な, 夜の, 大目に, 如何ともし, 如何にも云, 妙な, 姿は, 存外用心深い, 宛ら仏国印象派, 実直すぎ, 家名を, 家賃や, 寒さ, 實質的に, 少し倦む, 少し穿ちすぎ, 居た, 居つた, 屈下する, 平面無臭の, 幽霊を, 幾人もの, 幾分傾向批評, 強いて穿鑿, 彼の, 彼女を通して, 彼等は, 御許し, 必ず一度, 必ず笑み, 必らず, 急に, 怪しむに, 手前勝手に, 技術なら, 抗議を, 政情は, 日中は, 暑い時, 暗夜に, 極めて緩慢, 極端に, 殊更に, 母は, 気軽る, 決してこれ, 洒々落々と, 海上で, 漬物だけには, 無口で, 片意地な, 物案すれ, 物質上の, 町は, 直ぐに, 相反する, 真心を, 私も, 秋口から, 粧映も, 結果を, 胸と, 脚の, 自分に対しても, 自分も, 色子として, 薄暗がりに, 衝動に, 袁彦道の, 見栄坊の, 言外の, 説明し, 誰にでも, 迷信深く, 遠からずおちつい, 間もなく眠り, 降服を, 静穏の, 非常に, 領土及び

▼ 常~ (126, 4.1%)

68 あつた 3 あつて 2 有る

1 [53件] あつたらしい, あつて敢, ある時, あッた, お松が, ござります, じっと長い, そのあたり, そのくせ, どっちからとも, なとんと, は帽子, また村長, また自, まだ宵, わが子ばかりが, 一つの, 二三日帰らなかった, 今度の, 伊藤は, 何かの, 何とも云, 判然しない, 十銭の, 単純に, 右様の, 向って, 大納言家へは, 実は本職, 将棋を, 店は, 彼は, 彼岸が, 彼等は, 急に, 恋愛に, 感情は, 日本左衛門の, 有つた, 有りそれから, 有るの, 朝出, 沢山, 皆死ん, 相手の, 磨硝子の, 秘密らしく, 能力という, 英国ヨーク州では, 詰らぬ事, 誰にでも, 釦を, 馬鹿に

▼ 常さん~ (111, 3.6%)

3 がしつかりし 2 がその, の許

1 [104件] お聞き, が, がいた, がお, がさ, がちゃんと, がまだ, がもう, がよく, が一々, が一方, が二度, が井戸端, が人, が向直, が固い, が家, が淋しい, が贔屓, これからちょいと, じゃありません, って女, て人, て男, でさ, で一番仲, で翌, という, という女, という顔, といふこと, といふの, と云う, と同業, と富さん, と小, と語, などは殆, にはもう, には何ん, には弟分, に沁, に間違, に頼まれ, の, のお, のおもいで, の一代, の三日, の伜, の借銭, の内, の友達, の古, の品, の姿, の家, の我家, の方, の板前, の癖, の目, の立ち, の肩, の若く, の途中, の顔, はすぐ, はその, はそれ, はどう, ははッ, はほか, はまじめ, は不, は久し振り, は何處, は八五郎親分, は名, は堅く, は娑婆, は幾度, は御, は悄然, は未だ, は机, は目, は瞬き, は羽織, は耳, は臨終, は驚いた, ま御免, も時々, や発電所, をお, を井戸端, を出し, を後, を怨ん, を裸體, を駅, 下して, 知っての

▼ 常~ (100, 3.2%)

52 がいった, がきいた, のお, のところ, はそれ, は正三君, は照彦様, もご

1 [79件] おテーブル, が, がお, がとりおさえる, がニコニコ, が叱った, が否定, が告白, が呼びとめた, が呼んだ, が喜んだ, が声, が多少, が学校, が安斉先生, が念, が書生, が照正様, が申し出た, が笑った, が興味, が賛成, が追っ, が駈けだした, だけです, だった, ちょっと学監室, なんかはその, にきかせる, にささやいた, には忠義, のお次, のこと, の教科書, の腕, の英語訳解, はあきらめ, はいきなり, はいたずら, はお, はおと, はその, はたいてい, はとにかく, はどう, ははいっ, はようやく, は上, は不意, は不承知, は不要, は仕方, は力ん, は大, は奨励, は得意, は感心, は指, は時々, は正直, は用意, は矢島先生, は立っ, は試験, は説明, は頭, までうち, までシャキッ, も, もがっかり, もなにか, もひやかした, も内証, も憤慨, も照彦様, も言葉, を叱っ, を奥様, 申しあげても

▼ 常よりも~ (92, 3.0%)

2 一層暗く, 一層沈ん, 一層立派, 快美, 艶に

1 [82件] いちだんと冴え, いっそうきれい, いと遲, おぼし出づること, かえって恐い, ことによく達せられる, なおいっそうよく, なお晴れやか, のどけき春, はげしく燃えつ, はなやかな, また光る, また寂しく, また美しく, むしろ島田, むずかしいので, もっと身軽, もつと, やさしい態度, 一層ざわざわ, 一層はし, 一層わし, 一層卑し, 一層眠り, 一層神経的, 一層美しく, 上らぬ熱, 不手廻り, 二倍も, 今一重余計に, 余程いそがしい, 余計に, 倍したる明る, 冴えて, 冷静に, 切なきわれ, 劇しき意と, 増しゐたる, 多けれど, 大いなる時姿, 大きく鮮, 少なかった, 張り切って, 強い愛, 強かった, 快かりしと, 怪しげな, 早かった, 早くその, 早く家, 早く散り散り, 早く起き上っ, 暗く天, 更に淫惑, 更に粛然, 機嫌が, 機嫌よく, 涸れて, 深く刻まれ, 深く肩, 深し, 源氏の, 澤山酒を, 濃く風, 烈しかった, 烈しくおや, 燦かに, 物凄くきこえた, 稍多か, 穏やかな, 簡単に, 簡單に, 紅くみえし, 紅を, 美しい感じ, 著者に, 読経の, 赤きは, 迅かに, 鋭く輝い, 長い間文句, 際立って

▼ 常から~ (61, 2.0%)

2 主の

1 [59件] あまり心, あやしい蚕婆, ある一般的不平, おしゃべりの, こう考え, そういう仕事, そういう奉仕, そういう組合せ, どこか, まず島田, むくむくした, よく働く, よく勝手, わがままいっぱいの, 下戸の, 世の中に, 五つに, 人通りが, 以前にも, 余計に, 信じて, 反りの, 可愛がられても, 吉良が, 名を, 嘆じ, 奇拔な, 奉仕の, 宮の, 少し遅鈍, 弱輩の, 役人らしき, 快からず思っ, 懇意な, 放縦な, 文三には, 旅支度も, 来た長い, 案じ事の, 残りなく, 深いお, 焼けるの, 煙草の, 父を, 現代の, 真面目で, 睨まれて, 笑ふ, 第二回, 糸が, 考えて, 考へて, 腎臓を, 蒼い頬, 解けない疑問, 透きとおるよう, 通信を, 防空壕を, 頭の

▼ 常~ (60, 1.9%)

6 して 2 巾着の, 惡い, 抱いて

1 [48件] いだいて, いやな, きいて, さういふこと, さういふ能力, さういふ言葉, さうで, さうであるとは, さうは, さう思つて, さう思ふの, さう言つて, ただして, 代つてラムプ掃除, 似て, 使って, 出逢, 分るはず, 動くこと, 取っては, 向って, 嘆きおるところ, 坐って, 変らない親し, 夜半に, 夢中な, 對し, 少し因縁, 巫山戯るの, 敷くなり, 未練を, 来るかと, 歸り, 比べると, 氣が, 為すべき根本, 異ならざるを, 聞くは, 聽いたら解りませう, 行通ふと, 訊いて, 訊くと, 話して, 説く所, 輝きて, 追い注ぎを, 遠慮なく物, 食って

▼ 常ならぬ~ (59, 1.9%)

2 が漸く, に驚き, のである, 世に, 物思ひ, 身なりと

1 [47件] かも, ことを, さびしさ, に, に我, のを, ものが, ものに, ものの, ものを, やうなり, よりなるべけれ, わびしさ, をいぶかられ, を訝り, 主人の, 人生の, 今だ, 光あり, 光栄の, 国柄である, 声高で, 夫人の, 威儀で, 挙動を, 朝寝坊が, 殺気の, 気配を, 町の, 緊張を, 色, 色をかへ, 花の, 花やかな, 花束を, 華やかな, 薄化粧を, 虐待を, 貴紳三人の, 跫音が, 身なれ, 身に, 輝きが, 辛苦を, 農民の, 雑沓を, 魚に

▼ 常~ (54, 1.7%)

2 持つて, 自分の, 買物に

1 [48件] あつしに, うるさく附き纏っ, かけこんで, この事件, そこへ, ために, ひどい目, ひどく遲, また大, やつたんぢや, やられたといふ, よく療治, 一人で, 一人私を, 一緒に, 井戸端で, 井戸端に, 佐太郎に, 何か, 何だ, 何故それ, 四五歩通り過ぎた, 奥へ, 寝酒の, 帰ると, 常でございます, 常なら, 往こう, 持って, 文化三年正月に, 機嫌よく, 煮出した茶, 現在の, 癪の, 眞鍮磨きの, 総て切っ, 脹れて, 蒼い顏, 藥を, 表に, 言うに, 訪ねて, 輜重隊, 辞職した, 遅いツ, 野良支度では, 長火鉢の, 頼んだこと

▼ 常である~ (47, 1.5%)

2 が世間

1 [45件] あるいは自己, いわゆるジャァナリズム, から, からその, からであります, からである, からやはり, から人, から今度, から大方同行, から当然, から此話, がくちな, がここ, がこの, がその, がともすると, がにんじん, がひる, が可憐, が吾人, が理事会, が私, が自分等二人, けれども自分獨, ことは, これも, それ故に, と, ところから, とはいかなる, とは如何なる, のにこの, のにその, のにどうして, のに其日, ようだ, ように, 一例を, 事を, 其故に, 学者に, 左れ, 悪者らは, 故

▼ 常なら~ (43, 1.4%)

3 ば怒り 2 ば箱根

1 [38件] お前に, お前を, さまで心, ざらしめしなり, ざる者豈, はじめて田舎, ばいい, ばこれしき, ばたとえ, ばともかく, ばまだ, ばむしろ, ばもうとう, ば二日道, ば人, ば僕, ば動くべし, ば夜, ば富士, ば慷慨悲憤, ば懐中, ば東海道, ば次の間, ば気楽, ば澄みきった, ば番頭, ば私, ば笑いたかった, ば笛, ば行々子, めやも, 五日ばかりも, 己は, 桑の, 梶原が, 気味の, 近習または, 酒は

▼ 常~ (43, 1.4%)

2 新三郎も

1 [41件] いよいよ焦れ, いわなかったが, この時, すこし驚いた, その仲間, とりかくよう, とりかく様, みんな挙げられた, やや不安そう, 下手人でない, 二人とも, 人情むかしは, 依然として肥っ, 健三の, 僕を, 兄貴の, 共に喜ん, 其使に, 出て, 受ける方, 古く天賞堂, 召し捕られました, 可愛らしいと, 同様な, 困った, 女の, 娘には, 婚礼も, 左右なく, 幸吉も, 張板を, 心の, 束髪だった, 樂し, 気が, 用いられるはず, 用ゐられる, 迂闊に, 通りの, 針仕事に, 鍵裂だらけの

▼ 常より~ (40, 1.3%)

2 多くの, 早目に, 蒼かりき

1 [34件] この生業, ひどく灰吹, まして空, 一倍冴える, 一層待遠しかっ, 劇しか, 却って晴やか, 増して, 多くとりよせ, 多く感ぜられる, 大きな雄鶏, 寝過ごして, 寢つき惡しき予の, 寢過し, 少し余計, 広く涼しきと, 後の, 従五位の, 思ひゐたり, 早い御, 早めに, 晴れやかだつた, 物に, 病状が, 着飾れるに, 稍能弁に, 荒い伝法, 血色が, 輕く, 酒量を, 青し, 頻なる午前十一時, 高く中, 鮮に

▼ 常よりは~ (40, 1.3%)

2 暑い天気, 美しく眺めた

1 [36件] いと鮮やか, なつかしいふう, やや図々しい, 人数も, 余計に, 倦怠い, 元気なく, 多くその, 大きな声, 妍や, 少しく冷たい, 役人の, 御酒も, 愛想の, 早く床, 早く雨戸, 明くなりたる, 明るい月, 晴やかな, 暗く見える, 月夜明るき, 気が, 淡きわが, 濃い化粧, 濶, 蚤かり, 賑わった, 酒を, 非常に, 面白かった, 馴, 騒, 騒々しく悪ん, 高い, 高く見ゆる, 鮮なる

▼ 常~ (40, 1.3%)

1 [40件] おとずれた, おとづれた, ちよいと, つれて, とめ, なぐり付けた, はじめ斯波高経も, ひどく刺戟, やった, 予想した, 供頭に, 出ると, 半殺しに, 取られた遺恨, 呼び出して, 呼んで, 失える, 委員長と, 寢室に, 引き取らした, 張り合つて居る, 後ろ手に, 得たり, 忌むの, 忘れぬ初, 扶植し, 殺したか, 殺した上, 殺しゃあがったので, 殺す気, 湛へ, 知つてる, 知らない細君, 裸に, 誘うて, 責める, 超ゆ, 連れて, 重んじ彝倫, 馬鹿に

▼ 常とは~ (35, 1.1%)

3 変って 2 ちがう, 違ふ

1 [28件] いいながら, いえご, いえしょっちゅう, お早い, これを, すこし変っ, ちがい凡, ちがう気, ちがって, まるで異, 云へ, 全くちがった, 全く変っ, 全く違っ, 初冬の, 変らなかったのに, 幸に, 改まつて問, 異つたもの, 異つて, 表向, 言へ, 違うであろうと, 違う叔父, 違って, 違つた變な, 違つて居る, 違ふも

▼ 常~ (34, 1.1%)

3 ということ 2 が, がその, が今夜, つた, つたが

1 [21件] からこういう, からそんな, からだ, からである, からやっ, から私, がお, がこ, が之, が何, が政治家, が故郷離れ, が横町, つたから, つたそれでは, つたそれらの, つたのを, つた宿には, と言っ, よ, 其所には

▼ 常なき~ (27, 0.9%)

2 姿が, 生活に

1 [23件] かなや, もおも, ものが, ものだった, もので, ものと, ものに, ものは, をいふ, 中に, 乱世の, 二三藩の, 人の, 天候の, 形貌を通じて, 愁か, 支那の, 新聞記者を, 時代の, 武門に, 生活で, 諸大名, 路を

▼ 常なる~ (21, 0.7%)

4 にこの 2 に此歌

1 [15件] かも百, こと恐くは, にわが, に二百七十年, に彼等, もこれ, をさ, を何, を見苦し, 人の, 判斷法より, 姿勢は, 手落ちである, 日本人ほど, 闇より

▼ 常だった~ (18, 0.6%)

2 がこの

1 [16件] から, から館, が, がいつ, がこれ, がそういう, ことを, そうである, という, とつたえられ, のだ, のである, のでした, のでその, のでわたし, ので時々

▼ 常~ (18, 0.6%)

5 のである

1 [13件] からしむる, のかも, のだ, ので, のでした, のでなおさら, ので河口, ので葉子, のに, のに倉, のに君, のに好んで, んだ

▼ 常ならず~ (18, 0.6%)

2 物の

1 [16件] せきかくの, どこに, 不安に, 今朝は, 天かくす, 嬉しかつ, 快からぬ, 意は, 數多き, 昂奮し, 殊には, 殺戮の, 禍福定まりなく, 身に, 軽き掌上, 輕き

▼ 常~ (18, 0.6%)

1 [18件] お見知り, が九州, と太宰さん, の城, は, はこう, はその, はまた, はニヤリ, は多少, は天徳寺家, は快く, は感心, は笑い出した, は親切, は近習数人, も一言, を千草

▼ 常なく~ (16, 0.5%)

4 かよわなるもの

1 [12件] あしたに, あるいは親和, そのくせ, その瀬, 何十日間かにわたる, 去就定まりなし, 喩えば, 定めなき流転, 岨崖の, 書簡の, 落ちつきの, 遂に足利氏

▼ 常とて~ (12, 0.4%)

2 夕餉は 1 いつもの, 一人は, 一定の, 君子に対しても, 大抵の, 年中日が, 当時隴西, 未練と, 此家には, 表口から

▼ 常だつた~ (11, 0.4%)

2 がこの 1 から, が, がそして, がそれ, がふつ, がまた, が今度, が変, が寄り合

▼ 常であった~ (11, 0.4%)

21 から, からお, があと, がこの, がたま, が足, けれども時には, のにこんど, 所が

▼ 常という~ (11, 0.4%)

2 女が 1 この者, のであった, 人が, 人の, 女房が, 店へ, 昔から, 綽名を, 飯煮き

▼ 常では~ (10, 0.3%)

4 あるが 2 ない, ないの 1 ある, ないので

▼ 常~ (9, 0.3%)

1 などいふ国, に訪問, の一村落, の山野, の湊, の筑波山, より無念流, をさして, 第一

▼ 常無き~ (8, 0.3%)

2 はいよよ, ひびき音 1 ことは, ものと, ものは, 大内定綱は

▼ 常ながら~ (7, 0.2%)

2 おもて通る 1 ことしは, 冷たいまま, 極めて悪し, 特に厭世詩家, 空の

▼ 常なし~ (7, 0.2%)

2 と云 1 という戦乱下, と人, と常に, と見つる, 我を

▼ 常~ (7, 0.2%)

2 を命ぜられ 1 であったが, で居た, といった, の婆連, の者

▼ 常する~ (6, 0.2%)

2 を得, 君は 1 に至れり, 吾も

▼ 常ならざる~ (6, 0.2%)

1 について皆水虎, による, を, 席に, 生命の, 遊離分子であった

▼ 常には~ (6, 0.2%)

1 この種, この詞, 似ず止めれば, 名状する, 母かと, 許嫁が

▼ 常右衛門~ (6, 0.2%)

1 じゃない, だの, だろう, の代, の親類, を出し物

▼ 常~ (6, 0.2%)

1 が衣, という肥え太った, の同族, は上, は幕府医官, は柴田芸庵

▼ 常~ (6, 0.2%)

2 のまま 1 だけしかない, にゃよすぎるわい, の少女, の着

▼ 常~ (5, 0.2%)

1 えの, さびしよ, づもらぬ日の, 書を, 離れば

▼ 常ちゃん~ (5, 0.2%)

3 がいいました 1 でした, とよぶ

▼ 常です~ (5, 0.2%)

1 から, から其の, がこの, が一年, よ

▼ 常でも~ (5, 0.2%)

1 あるが, あるの, 忘れて, 槽の, 浪の

▼ 常にも~ (5, 0.2%)

1 あらで覺, よく言, 不行跡が, 大略話し, 娘の

▼ 常~ (5, 0.2%)

1 でお, の官員, の官職, の差し, をとつ

▼ 常無く~ (5, 0.2%)

2 坐すが 1 て徹り澄みたる, 火の, 火の気無く

▼ 常との~ (4, 0.1%)

1 あいだには, 腹に, 話聲が, 間に

▼ 常ない~ (4, 0.1%)

1 のは, ものを, 人の, 人生から

▼ 常~ (4, 0.1%)

1 はホツ, は後ろ, は心得た, 樣の

▼ 常無し~ (4, 0.1%)

1 であった大内備前, といふ, と知る, や為す

▼ 常~ (4, 0.1%)

4 の神

▼ 常~ (4, 0.1%)

1 である所, とする, にし, を解いた

▼ 常ある~ (3, 0.1%)

1 に似, もののごとく思い, ものを

▼ 常~ (3, 0.1%)

1 これあらん, 之れあらん, 動く景色

▼ 常からの~ (3, 0.1%)

1 片田舎よりも, 自慢で, 言葉を

▼ 常であっ~ (3, 0.1%)

1 て年, て時には, て見落す

▼ 常であり~ (3, 0.1%)

1 そうして史料, 創作戯曲は, 場合によっては

▼ 常でした~ (3, 0.1%)

1 からその, がさりとて, のにその

▼ 常でない~ (3, 0.1%)

1 ことが, ことは, ものを

▼ 常とが~ (3, 0.1%)

1 ひそ, 居た, 追撃し

▼ 常ならずし~ (3, 0.1%)

1 て一團, て彼, て身

▼ 常により~ (3, 0.1%)

1 以上騰貴するであろう, 多くの, 多くを

▼ 常~ (3, 0.1%)

1 島田の, 強硬なる, 斯波石堂上杉らの

▼ 常~ (3, 0.1%)

1 であります, として手, にし

▼ 常~ (3, 0.1%)

2 のない 1 とする

▼ 常~ (3, 0.1%)

2 との調和 1

▼ 常~ (3, 0.1%)

2 の船 1 も火あぶり

▼ 常あらん~ (2, 0.1%)

1 やけだし, やだ

▼ 常あり悟る~ (2, 0.1%)

2 がゆえに

▼ 常おまえ~ (2, 0.1%)

1 は学校, もわし

▼ 常くぐり~ (2, 0.1%)

2 我は

▼ 常~ (2, 0.1%)

2 やがては

▼ 常でさえ~ (2, 0.1%)

1 宗近, 有難くない

▼ 常といふ~ (2, 0.1%)

1 のが, 昔は

▼ 常とな~ (2, 0.1%)

1 せり, ッてか

▼ 常ならずなりたる~ (2, 0.1%)

1 脳髄を, 腦髓を

▼ 常なれ~ (2, 0.1%)

1 ど過ぎ, ばけふも

▼ 常州文殊ヶ岳~ (2, 0.1%)

2 より落始

▼ 常思わん~ (2, 0.1%)

1 からだ, から偶

▼ 常~ (2, 0.1%)

1 の外, を以て論ずべくん

▼ 常殿~ (2, 0.1%)

1 じゃ, の手

▼ 常立つ~ (2, 0.1%)

2

▼ 常~ (2, 0.1%)

1 し政治自由, す

▼ 常青く~ (2, 0.1%)

2 立てる榧の木

▼ 常~ (2, 0.1%)

1 は自分, もまた

▼1* [177件]

あたらしき白樺しげる, 常ある能わずしてあるいは, 常いいかげんにしなさい, 常いつ迄もいつ, 常うるはしき追憶, 常めえ, 常かが堯を, 常かとも思ふが, 常かも知れません, 常この忠実な, 常これじゃ仕方, 常さえ艶や, 常さんくらゐの, 常さんどちらでもよい, 常さん三輪さん野平さん宮川さん宇留田さん梅林さんみえて, 常さん今君が蔀, 常さん今日は駄賃, 常さん大隅さん伴さんと太宰さん, 常さん宗旨の按摩, 常しろき山は, 常じゃないか, 常その御悲願, 常それから久三の, 常そろそろ寝酒の, 常だつたり娘, 常だろうから彼ら, 常ちゃんあなたそんなこと, 常世にかより, 常つたら無い, 常でありましたがそういう, 常である死んだのは, 常でございますから人様, 常でござるわいそれにしても, 常でもも一人子供を, 常で無いからお鍋, 常とか敵を, 常とさえしは, 常とも言い難い, 常とやらを打つて, 常どんなことが, 常なかりてふ, 常なつかしき色を, 常などいう陳腐至極, 常などの考えは, 常なにごともまわりあわせ, 常ならずかすれがちに, 常ならず耀けるが友, 常ならず見ゆ, 常ならず見えるのは, 常ならぬけにやあり, 常ならんので怪, 常なら食べるだけれどやア, 常なりこれも, 常なりとすべし, 常なんかどこの, 常においては何れも, 常にだけ明かして, 常にだってそれから大阪, 常について深か, 常にてすなわちこれ世, 常にもがもな弥陀如来, 常にもがもな人は, 常にわかにそれを, 常に対する態度は, 常のさびしきにかえりて曇り, 常のなゐなどの, 常ばかりですから, 常窃かに, 常べつな日, 常べつにふしぎはござりませぬ, 常まして種牛の, 常またの再会, 常までの特別給与が, 常みな昔のまま, 常めづらしき, 常ものの半年, 常やんぢや, 常の身, 常らしいから一寸, 常アル而シテ土針ハ花モ美クシクシテ人ノ, 常壊乱ス, 常一色右馬介引田妙源らはべつ, 常万事心得たと, 常事妊もって, 常二十七歳の嫡子瑞長, 常住むは幻, 常作国王発願求於無上菩提心不退転為欲満足六波羅密勤行布施心無悋惜, 常で打つ, 常前祝いだから, 常何でも彼, 常むしろ国富発達, 常するに, 常右衞門の親類, 常は立斎, 常委員肥塚龍等が, 常の云うそ, 常吹く風の, 常の一行, 常恩光裏, 常在る国を, 常場処になり, 常太郎に通じいる, 常太郎さんはそれほど, 常夫婦はわが子, 常実に理不尽の, 常小勢が勝たぬ, 常小太郎山が敵方, 常州あたりでもやはり, 常州一帯下野辺からまで諸方, 常州土浦町五頭氏の報知, 常州水戸で到着地, 常州笠間以来士を養う, 常州関宿の城主, 常州鹿島の明神, 常でもおそらくは, 常や, 常平に取つて, 常で今, 常府小屋に区別, 常庵三好泰令雨宮良通島村周庵前田安貞高井元養等, 常庵柴田修徳高井元養, 常式どおり広座敷, 常式どおり帆綱や漏水桶, 常式方送役人, 常式通りに大きな, 常式通り相調べということ, 常引田妙源らがまっさきに, 常後庭鞦韆賦の序, 常忍入道が母, 常大天井, 常恵君の説, 常恵君記事を見よ, 常故十方空, 常悟るはもとより, 常悪事をした, 常成瀬因幡守正定であつ, 常斯波高経らも北国, 常の眺め, 常日頃よりお前達, 常早く女房に, 常是縁起理故, 常曾已良久爾堅目師事乎墨吉爾還来, 常有る所と, 常木戸のうち, 常様一つ書き取りをいたしましょう, 常である, 常氏おいでになる, 常を六分目, 常水車の西側, 常流注外寂ニ内揺クハ繋ゲル駒伏セル鼠先聖コレヲ悲シンデ法, 常清郷は過去帳原本, 常父安良御医師方子息, 常に復し, 常的言語など発する, 常知らぬ道の, 常石堂頼房上杉憲顕そのほか, 常立尊の如き, 常立尊国狭槌尊, 常立尊國狹槌尊豐斟渟尊大苫邊尊, 常の人物, 常絶えず小鍬, 常言前府君女不幸早, 常の人, 常蒼い顔に, 常調以上の変った, 常諸兄御出崎, 常趙弟以下誰一人として帝, 常すぎるぞ, 常野武信の諸州, 常関雲尚無心能出岫, 常陳以下船員十数名が投獄, 常青き堅木常盤木その, 常顕師ですよ, 常養子又四郎女房お熊, 常之助, 常高く何か, 常高院どのいちばんすえ