青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「当分~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

彌~ 当~ ~当っ 当っ~ ~当て 当て~ 当り~ ~当る 当る~ 当人~
当分~
当局~ 当惑~ 当日~ ~当時 当時~ ~当然 当然~ ~形 形~ 形容~

「当分~」 1947, 21ppm, 5472位

▼ 当分~ (392, 20.1%)

6 ここに 5 大丈夫だ 3 このまま, 家に

2 [16件] お母さんの, こちらの, 一晩置き, 一歩も, 世間へ, 君の, 外出ど, 大丈夫だろう, 嫁に, 安心し, 忍んで, 生簀に, 私の, 秘密に, 絵筆を, 誰にも

1 [343件] あちらや, あちらを, あの侍, あの噴き, あるひ, いいぞ, いいだろう, いい心持ち, いかなるこの種, いずれ縁談, いろいろに, いわないわ, おうち, おとなしくし, おとなしく辛抱, おれの, おわかれだ, お別れ, お前の, お動き, お寂しい, お寺の, お寺へ, お目ざめ, お目にかかれまいと, お綱, お話し申さない, からだを, きても, こ, こうし, こうしていらっしゃいます, ここの, ここは, ここを, こちらに, こっそり低温室, このうた, このこと, このカフェー, この事件, この住職殿, この孫, この方面, この辺, この鳥, これが, これで, これらも, こんな事, さかなの, じっとし, ぜいたくな, そうかも, そうして置い, そこに, そのうわさ, そのままに, その上彼, その二階, その料理屋, その辺, それで, それどころでもござりますまい, それを, そんな話, たいくつ, ちゃんとした, つかまらぬつもり, どうもむづかしさうである, どこに, どなたにも, どなたも, なお創作壇, なす事も, なんだか忌, なんにも言わず, まあ宅, まあ折, まずお, まず安心, まず安泰, また働い, まだせわしい, まだ俺達, まるで桜井, まアどうにも, むずかしい父, むずかしかろう, もうやる気, もう知らない, もらったお, やって, やって来ないよう, やっぱりここ, やはり従来, わざと遠, わしと共に, わしの, わたしの, ゐるかも, カチュウシャで, シャリー・テムプル主演の, シュライエルマッヘルどころの, ソレガ心配でした, タダで, デマを, ヒモじい目に, ブレーン万能の, モスク, ヤマが, 一人で, 一人前じゃ, 一人前ぢや, 一進一退の, 万事に, 上京しない, 不幸を, 不沙汰, 不自由しない, 不謹慎な, 世に公, 世間に, 世間も, 丸部家へ, 二人七十銭の, 井戸掘りの, 仕事も, 仕返しなんぞに, 他の, 他国へ, 伺えないかも, 佐藤の, 体が, 何か, 何かと御, 何かと私, 何だかさびしい, 何事も, 何処でも, 使えるでしょうと, 俺に, 先づ食ツて, 全力を, 公然の, 六つかしくなる, 六三郎を, 其気で, 再び草鞋, 出て, 出入りする, 別に頼む, 別れ別れでございます, 力を, 勇気と, 動かないつもり, 半日働い, 却ってさっぱりと, 厄介に, 取り立てる見込み, 各自の, 名刺を, 問題に, 喫う, 国男さんの, 園子様を, 城内に, 埒が, 変らん, 外へ, 外出も, 多かった, 夜あるき, 夜やらない, 夜分など, 夜歩きを, 夜釣りに, 大いに乱れ, 大丈夫か, 大家族主義, 大日向教の, 夫婦の, 娑婆は, 孤立派で, 学校に, 安心, 安心だった, 室堂へ, 寒天の, 寝ること, 小さくなっ, 山上に, 山荘へ, 島田の, 己たちは, 帰されそう, 帰らないつもり, 帰らないと, 帰らないという, 帰らぬこと, 帰られねえかも, 幻灯機械の, 引籠る, 引込んで, 張り番を, 張番を, 当人達の, 当城, 彼は, 御用心, 御膝許, 御静養専一, 思うよう, 恨みを, 悩まなくては, 悩みが, 悲しくて, 慣れますまいから, 我家の, 我慢しない, 戻られますまい, 手も, 打ちくつろいで, 持ち合ってるん, 放し飼いだ, 政府の, 政治運動や, 新しき男, 日が, 映画の, 普通の, 暖簾を, 望み得べくも, 材料に, 村へ, 来ない, 来ぬもの, 枕を, 桟敷一間四円五十銭高土間一間三円五十銭平土間一間二円五十銭ほかに, 極力四隣, 機会が, 次郎吉の, 止むを, 此の, 死にそう, 毎夜あちらに, 気を, 水に, 江戸から, 江戸屋敷に, 決して家, 法恩寺に, 混乱する, 濁りが, 無事であった, 無名丸, 無沙汰じゃと, 犬券などの, 現状維持です, 甲乙づくしに, 留守と, 癒し難い, 目が, 目茶苦茶だ, 知的水準が, 石像に, 禁足の, 禿げる見込, 私は, 移れないと, 稽古にも, 空いて, 素手で, 素知らぬ顔, 絹糸に, 続きそう, 網を, 義母の, 耕介の, 耳に, 胆吹と, 脈が, 腕を, 自分の, 自由で居られる, 舞台に, 舞台上の, 色んなこと, 芋粥に, 芝居などを, 芝浦の, 苦しい辛抱, 苦しゅうございます, 藪に, 蝸牛の, 見ぬ顔, 見習かたがた外廻りの, 見遁, 規則の, 誠に安心, 諸国の, 豪遊を, 貰い乳を, 貸したもの, 赦して, 足を, 足止めを, 踏みとどまって, 躑躅ヶ崎の, 身を, 身体の, 身動きも, 輸出を, 退院なされ, 送れぬ, 造船工を, 遊べる, 遊興と, 遠慮します, 都に, 都合よく, 里子は, 里方に, 金を, 金蔓だ, 長生きが, 間にあっても, 間に合うよ, 隠して, 隠れた妻, 隠居所の, 雑誌も, 静養という, 面白からう, 面白味が, 音信不通の, 頭が, 顔や, 風月を, 風流の, 養痾に, 餓えないで, 駄目だろう

▼ 当分~ (305, 15.7%)

40 間は 16 うちは 4 間だけ 3 生活費に, 間この, 間の

2 [11件] あいだは, うち決して, お別れ, ところは, 住居として, 生活には, 間お, 間彼は, 間御用なし, 間監視人を, 間自分と

1 [214件] あいだ, あいだご, あいだでは, あいだどこか, あいだの, あいだ三四郎は, あいだ噂の, あいだ家へ, あいだ家人を, あいだ小, あいだ差し留めた, あいだ延期と, あいだ時間が, あいだ気が, あいだ浮き世へ, あいだ海の, あいだ現地の, あいだ窮命し, あいだ耳に, あいだ船大工の, あひだ適用, うちあの, うちお, うちその, うちだ, うちだけは, うちといふ, うちどこかに, うちどこぞ, うちに, うち一宿につき, うち他に, うち他の, うち伊織は, うち休航という, うち入院させ, うち全く, うち全日本の, うち創作を, うち卵の, うち吠犬どもに, うち宇宙艇との, うち家らしい, うち少し, うち巴里に, うち授業が, うち時局の, うち本, うち村人には, うち毎晩草鞋の, うち牛は, うち窮命なさる, うち絶対に, うち絶対秘密に, うち身を, うち逗留なすっ, うち間に合いません, うち頭も, おわかれ, ことです, つもりで, ところ何とか, ところ心配は, ところ物理学化学生理学の, わかれ, ウ内イ誰方様の, スポウツ日和を, 中は, 中分れ, 中質にでも, 事です, 事と, 事に, 休養を, 住居の, 俺の, 借用を, 内, 内で, 内でも, 内不便だろう, 内六分引を以て, 内巡査, 内民間の, 内玉子, 内貴兄, 内通学, 別れである, 別れに, 別辞を, 友好関係を, 受難時期は, 塒に, 増助, 安静も, 客舎に, 小遣いにも, 小遣にも, 小遣まで, 小遣を, 年月餓鬼と, 幸福を, 御泊, 感じは, 手当だ, 教育の, 方便として, 日本の, 暮しに, 気持が, 流行に対して, 生活に, 生活費を, 留守を, 約束で, 臨機の, 自然観察の, 衣料その他に, 見収めに, 見納めと, 貴女の, 費用の, 足を, 遊びおさめ, 遊興費には, 遣繰付く事, 野宿も, 間, 間あの, 間あゆが, 間いずれ, 間いっさい新聞雑誌を, 間いろいろな, 間ここの, 間ここを, 間その, 間だ, 間である, 間では, 間でも, 間と, 間という, 間どうにか, 間どなたにも, 間なりとも, 間はという, 間ひかえた, 間ほかの, 間わが, 間わずか, 間アタクシを, 間ジャアナリストの, 間一人の, 間一定の, 間一室に, 間上海に, 間乳母も, 間人の, 間人前に, 間依然として, 間俳句単に, 間僕は, 間公演活動を, 間出来なくなっ, 間勝手に, 間勝目は, 間占領し, 間壁にか, 間外の, 間夜は, 間左記へ, 間当り前の, 間影を, 間彼の, 間忘れる, 間我々には, 間我々は, 間我々を, 間我慢なさい, 間手伝いの, 間日本の, 間書斎の, 間柔道の, 間毎年減少する, 間毎日つづく, 間毎日訪ね, 間毎晩その, 間気が, 間江戸から, 間江戸へでも, 間清い, 間湘南の, 間生かし, 間田舎の, 間町通いに, 間知れ, 間私が, 間私の, 間私は, 間蛇毒研究所の, 間角十の, 間誰れ, 間逗留の, 間野営同様の, 間隆夫は, 間隔日の, 間雪子ちゃんが, 間食うべき, 隠れ場所を, 隠れ家だった, 隠れ家としては, 離縁の, 静養を, 食客を

▼ 当分この~ (38, 2.0%)

4 ままに 2 ままの

1 [32件] お堂, ままで, ままです, まま保ち, アタマに, 不幸な, 井戸の, 人殺し風俗は, 問題に関しては, 土地を, 地, 地を, 女を, 娘さんを, 家に, 家の子にな, 家へ, 寺院に, 改正から, 本だけで, 根岸には, 江戸に, 状態で, 町に, 細字の, 緊張した, 船で, 連中と, 連続的に, 限定を, 集りには, 飛騨の

▼ 当分ここ~ (25, 1.3%)

2 にい, にいる, へ置い

1 [19件] から出し, ででも暮そう, で断念, で静養, にいられる, においで, におったら, にとぐろ, に厄介, に居なさい, に居住, に留め, に遊ん, の家, はおまえ, へいらっしゃらない, へは寄りつけまい, へ封じ込め, へ置かし

▼ 当分~ (23, 1.2%)

1 [23件] あずけです, あずけに, せい様と, てつだいを, わかれですわね, 互にさ, 任せなされませ, 休みです, 住居の, 別れよ, 可哀相だ, 増を, 屋敷の, 帰りに, 手許に, 泊めしますよ, 淋しいだろう, 父様だけは, 目ざめが, 詣りも, 銀様の, 預かりいたしませうか, 館に

▼ 当分~ (14, 0.7%)

2 結婚は

1 [12件] やめが, 心配なさらない, 手伝を, 教授は, 滞在でございます, 滞在です, 無事だ, 看過を, 眼に, 辛抱ねがいます, 逗留で, 遠慮申す

▼ 当分~ (12, 0.6%)

2 の方 1 から離れたくない, があずかっ, が此, だけで艶子, と暮します, はだめ, は丈夫, は風, を使っ, 休ませて

▼ 当分これ~ (11, 0.6%)

1 [11件] がひきおさめだ, が戦災後, では人足, で続け, で間に合わせる, という期待, は放置, までどおり, も外国, をもっ, を飲みつづけ

▼ 当分こちら~ (10, 0.5%)

1 で, で御, にいなさる, にいらっしゃい, におります, にご, に引, へは来られない, へ人間, へ来

▼ 当分その~ (10, 0.5%)

1 ように, 処を, 地に, 家へ, 意に, 整理が, 曲だけを, 望みも, 茶屋に, 足が

▼ 当分自分~ (10, 0.5%)

1 の利害, の周囲, の好き, の姪, の家, の差料, の扱い, の持物, の部屋, を動けない

▼ 当分あの~ (9, 0.5%)

1 タバンの, 仕事を, 儘で, 女を, 尺八は, 方の, 犬の, 部屋も, 長屋に

▼ 当分それ~ (8, 0.4%)

1 が必要, で好い, で家庭, で間に合わし, は不用, は行, へ入っ, を神棚

▼ 当分また~ (8, 0.4%)

1 お島, この病院, しばらく行っ, われわれは, 厄介に, 失業だ, 禁酒の, 苦しみ悩む

▼ 当分東京~ (8, 0.4%)

2 へ帰る 1 にい, に居る, へも出, へ帰っ, へ戻らず, へ泊る

▼ 当分辛抱~ (7, 0.4%)

2 して, しなさい, するさ 1 した方

▼ 当分そこ~ (6, 0.3%)

2 に逗留 1 で暮らす, で静養, にいる, へ引

▼ 当分~ (6, 0.3%)

2 郷あるいは, 郷を 1 郷としては, 郷の

▼ 当分厄介~ (6, 0.3%)

4 になる 1 になろう, はない

▼ 当分駄目~ (6, 0.3%)

2 だから 1 だと, ですよ, なん, らしいんで

▼ 当分どこ~ (5, 0.3%)

1 かの田舎, へもゆかない, へも出かけ, へも御, へ行っ

▼ 当分~ (5, 0.3%)

1 するが, 得て, 流し目で, 至り猶, 見やり乍ら

▼ 当分わし~ (5, 0.3%)

1 のところ, の家, の手許, の方, の草鞋

▼ 当分二人~ (5, 0.3%)

1 だけの心配, でみっしり, で一生懸命, の身, は遠ざかる

▼ 当分~ (5, 0.3%)

1 に会う, に預け, の仕事, の作品, の抒情的世界

▼ 当分~ (5, 0.3%)

2 が著 1 が届かねえ, をつけない, をつける

▼ 当分来ない~ (5, 0.3%)

1 かまたは, と思はれる, のかと, よとなんど, 方が

▼ 当分~ (5, 0.3%)

1 の人, の国, の料理場, の状態, の諾威船

▼ 当分此処~ (5, 0.3%)

1 で我慢, で昼間, に仕事, に居る, へ泊

▼ 当分毎日~ (5, 0.3%)

1 お墓, くるが, この時刻, よばれるだろうからね, 来て

▼ 当分田舎~ (5, 0.3%)

2 の空 1 に引込ん, へ, へでも帰ったら

▼ 当分~ (5, 0.3%)

2 にもところ 1 からも軽蔑, にも云わねえ, にも語らず

▼ 当分遊ぶ~ (5, 0.3%)

1 だけの事, つもりだ, つもりな, ときめた, 丈の

▼ 当分あっち~ (4, 0.2%)

2 で遊ぶ 1 から通う, へ行かない

▼ 当分お前~ (4, 0.2%)

1 はお前, は博士, をこの, を叔母さん

▼ 当分お客~ (4, 0.2%)

4 を入れない

▼ 当分そんな~ (4, 0.2%)

1 ことで, 二種類の, 物は, 窮乏を

▼ 当分~ (4, 0.2%)

1 いい又は, 云うの, 云っても, 言うん

▼ 当分まあ~ (4, 0.2%)

1 これで, こんなこと, 居さして, 私の

▼ 当分~ (4, 0.2%)

1 の地位, の家, の通り, まで通り学資

▼ 当分会えない~ (4, 0.2%)

1 から帰れ, ことに, ね時ちゃん, のね時

▼ 当分~ (4, 0.2%)

1 そうも, て来ない, て来なかった, て来ねえ

▼ 当分勉強~ (4, 0.2%)

1 いたすが, ができるだろう, なさって, は休ん

▼ 当分外出~ (4, 0.2%)

1 などはなさらぬ, もできない, もは, もはばかられる

▼ 当分安心~ (4, 0.2%)

2 して 1 だ, な事

▼ 当分此方~ (4, 0.2%)

2 は断念 1 にゐる, に居る

▼ 当分江戸~ (4, 0.2%)

1 から足, へは帰らねえ, をずらかる, を売る

▼ 当分滞在~ (4, 0.2%)

1 すべき安心, するの, するやう, のつもり

▼ 当分~ (4, 0.2%)

1 をつぶる, を廻させ, を廻した, を離れないだろう

▼ 当分結婚~ (4, 0.2%)

1 なさらないの, のこと, の方, を延ばす

▼ 当分絶対安静~ (4, 0.2%)

1 を余儀なく, を命じた, を命じました, を必要

▼ 当分謹慎~ (4, 0.2%)

1 して, しようしなければ, だね, の意

▼ 当分あなた~ (3, 0.2%)

1 にもお目にかかれません, の所, をつけ

▼ 当分うち~ (3, 0.2%)

1 にいた, に置い, は持たない

▼ 当分こう~ (3, 0.2%)

2 して 1 やって

▼ 当分~ (3, 0.2%)

1 一緒に, 心配の, 邸内に

▼ 当分そのまま~ (3, 0.2%)

2 にし 1 に置かれ

▼ 当分だめ~ (3, 0.2%)

1 だって断わっちまった, ですよ, らしいな

▼ 当分ない~ (3, 0.2%)

1 かのよう, ということ, のだ

▼ 当分休養~ (3, 0.2%)

1 する事, する必要, の由

▼ 当分~ (3, 0.2%)

1 が握つ, の躯, は筑波

▼ 当分出ない~ (3, 0.2%)

1 ことを, という返事, 誓いを

▼ 当分動く~ (3, 0.2%)

1 人は, 気遣, 見込は

▼ 当分~ (3, 0.2%)

1 お客を, やって, 此処へは

▼ 当分同居~ (3, 0.2%)

1 させて, して, すること

▼ 当分女部屋~ (3, 0.2%)

3 のほの暗い

▼ 当分小説~ (3, 0.2%)

1 にかかりきっ, に集注, は書きません

▼ 当分帰らない~ (3, 0.2%)

1 ということ, と云, よ

▼ 当分帰国~ (3, 0.2%)

1 しないで, もおぼつかない, 出来そう

▼ 当分延期~ (3, 0.2%)

1 するよう, だと, の気分

▼ 当分~ (3, 0.2%)

1 そうも, てはいけない, てゐる

▼ 当分~ (3, 0.2%)

1 がつかない, を抜く, を抜こう

▼ 当分沙汰止み~ (3, 0.2%)

1 か, となつ, になったらしい

▼ 当分秘密~ (3, 0.2%)

3 にし

▼ 当分続く~ (3, 0.2%)

1 としてもやがて, のでしょう, 見込みである

▼ 当分見合わせ~ (3, 0.2%)

1 てください, て置く, の有様

▼ 当分見込~ (3, 0.2%)

1 がな, なしと, はないだろう

▼ 当分~ (3, 0.2%)

2 のすね 1 懸り因って

▼ 当分逢われない~ (3, 0.2%)

1 かと思う, ことに, ぞ

▼ 当分~ (3, 0.2%)

1 は飲まない, をやめよう, を断つ

▼ 当分静か~ (3, 0.2%)

3 にし

▼ 当分あすこ~ (2, 0.1%)

1 へはいかれない, を動かない

▼ 当分あそこ~ (2, 0.1%)

1 のご, へ放りこん

▼ 当分あちら~ (2, 0.1%)

1 においで, の娘付き

▼ 当分いっしょ~ (2, 0.1%)

1 でもいい, にい

▼ 当分おとなしく~ (2, 0.1%)

1 して, しなければ

▼ 当分おれ~ (2, 0.1%)

1 のからだ, は何

▼ 当分お腹~ (2, 0.1%)

1 が持ちましょう, をしずめ

▼ 当分かく~ (2, 0.1%)

1 の如き, の通り逼迫

▼ 当分こっち~ (2, 0.1%)

1 にいるでしょう, にもな

▼ 当分~ (2, 0.1%)

1 ういふ, うさせる

▼ 当分しずか~ (2, 0.1%)

1 にし, に寝

▼ 当分しばらく~ (2, 0.1%)

1 こ, は夜昼

▼ 当分じっと~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 当分そッ~ (2, 0.1%)

1 とし, と放っとい

▼ 当分~ (2, 0.1%)

1 から出歩く, もの腰かけに

▼ 当分では~ (2, 0.1%)

1 あるし, ない永久

▼ 当分はと~ (2, 0.1%)

1 うとうと西洋南洋, 思って

▼ 当分ひもじい~ (2, 0.1%)

2 めを

▼ 当分ほか~ (2, 0.1%)

1 に無い, の事件

▼ 当分まず~ (2, 0.1%)

1 恋の, 絶望と

▼ 当分一人~ (2, 0.1%)

1 で気楽, になった

▼ 当分下宿~ (2, 0.1%)

1 しても, で育てさせる

▼ 当分世話~ (2, 0.1%)

2 になる

▼ 当分世間~ (2, 0.1%)

1 へは秘密, へ知らせない

▼ 当分仕事~ (2, 0.1%)

1 もできなくなっ, らしい仕事

▼ 当分仕方~ (2, 0.1%)

1 がありません, がない

▼ 当分何とか~ (2, 0.1%)

1 なるだろう, やりくって

▼ 当分借り~ (2, 0.1%)

1 ていた, て置く

▼ 当分~ (2, 0.1%)

1 のうち, は

▼ 当分~ (2, 0.1%)

1 が預かっ, の家族

▼ 当分入院~ (2, 0.1%)

1 させようと, をお願い

▼ 当分出入り~ (2, 0.1%)

1 ならぬ由, を禁じた

▼ 当分勝彦~ (2, 0.1%)

2 と引き離す

▼ 当分~ (2, 0.1%)

1 は出さない, へ出し

▼ 当分商売~ (2, 0.1%)

1 にはならない, はさせません

▼ 当分困難~ (2, 0.1%)

1 だし, と認め

▼ 当分女房子供~ (2, 0.1%)

2 と別居

▼ 当分~ (2, 0.1%)

1 と共に厄介, に添っ

▼ 当分~ (2, 0.1%)

1 にもゆかない, は見あわせだ

▼ 当分子供~ (2, 0.1%)

1 のいる, を伴

▼ 当分工場~ (2, 0.1%)

2 を休ん

▼ 当分~ (2, 0.1%)

2 を得ず

▼ 当分帰れ~ (2, 0.1%)

2 そうに

▼ 当分帰宅~ (2, 0.1%)

1 なき様子, れないかも

▼ 当分~ (2, 0.1%)

1 をしめる, を休んだ

▼ 当分~ (2, 0.1%)

1 城の, 抵得られない

▼ 当分~ (2, 0.1%)

1 の息子, は久慈

▼ 当分御用~ (2, 0.1%)

1 が多い, に立て

▼ 当分心配~ (2, 0.1%)

1 いりません, せんでええ

▼ 当分我慢~ (2, 0.1%)

1 して, しろと

▼ 当分或は~ (2, 0.1%)

1 もうこれつきり永久に, 永久に

▼ 当分~ (2, 0.1%)

1 遣って, 遣つて

▼ 当分旅行ニツキ訪問~ (2, 0.1%)

2 ヲ謝絶ス

▼ 当分日本~ (2, 0.1%)

1 に生れ, の運動

▼ 当分~ (2, 0.1%)

2 の通り

▼ 当分暮す~ (2, 0.1%)

1 ことが, のでしょう

▼ 当分死に~ (2, 0.1%)

1 そうで, そうも

▼ 当分~ (2, 0.1%)

1 の傍, の商売

▼ 当分現代~ (2, 0.1%)

1 に於ける, に近い

▼ 当分私たち~ (2, 0.1%)

1 のお, の全力

▼ 当分~ (2, 0.1%)

1 三舵は, 二の

▼ 当分続け~ (2, 0.1%)

1 てみましょう, てゆこう

▼ 当分置い~ (2, 0.1%)

1 て下さる, て貰えまい

▼ 当分芝居~ (2, 0.1%)

1 はあかねえ, も見られぬ

▼ 当分落ちつく~ (2, 0.1%)

2 んです

▼ 当分行くまい~ (2, 0.1%)

1 かと思つて, と心

▼ 当分行っ~ (2, 0.1%)

1 ていたい, ている

▼ 当分見ない~ (2, 0.1%)

2 ことに

▼ 当分見合す~ (2, 0.1%)

1 がいい, がよかろ

▼ 当分見合せ~ (2, 0.1%)

1 て置きます, となった

▼ 当分~ (2, 0.1%)

1 をとどめる, を抜い

▼ 当分逗留~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 当分~ (2, 0.1%)

1 がある, に合

▼ 当分間に合う~ (2, 0.1%)

1 し, 丈薬や

▼ 当分静養~ (2, 0.1%)

1 かとつぶやい, するという

▼ 当分預かっ~ (2, 0.1%)

1 てみたい, てもよい

▼ 当分~ (2, 0.1%)

1 の出せない, を出す

▼1* [651件]

当分ああやって, 当分あいつらを相手, 当分あえないから, 当分あたいのしたい, 当分あってもよい, 当分あと口の染め上げ, 当分あなた方に会うまい, 当分あまんじてこの, 当分あり合せの和服, 当分あるまいと思, 当分あれに居候, 当分あんた一人で働い, 当分あゝして, 当分いかに描いたかよりも, 当分いそがしくて駄目, 当分いつもよりご飯, 当分いや一生夫婦と, 当分いらつしやらない, 当分いらないそうだ, 当分いろいろ落付か, 当分うごきたくないといふやう, 当分うごく人は, 当分うっちゃっておく, 当分うんと眠ります, 当分おいしい菜漬が, 当分おかきにならないで, 当分おかずに困らない, 当分おぬしに預け, 当分おまじないを致しまする, 当分おもしろくならないもの, 当分おやしきの, 当分おりまいし困ってる, 当分お出で下さらんよう, 当分お尋ねはお断り, 当分お目にかからぬかもしれん, 当分お目にかかれませんから, 当分お金は貰, 当分かえらずそこから, 当分かかるようでございます, 当分かくしてくれない, 当分かくまうことに, 当分かくまってお, 当分かくれて里, 当分がまんして, 当分きちんきちんと払つて往ける, 当分ぎっしりとつまった, 当分こいつにぶつかっ, 当分こういう勉強だけを, 当分こつちへ世話, 当分こらえてい, 当分こりゃユックリ休ませ, 当分これぎり兄を見る, 当分ころがりこむことだ, 当分ごちそうができる, 当分さし止められて, 当分されずにこれ, 当分しつとりと, 当分しのげるとうれしゅう, 当分しみじみと手紙, 当分そうして, 当分そうして動いて, 当分そつとしておかう, 当分それでもよかろう, 当分ただで置く, 当分たりとも増助, 当分だけなとくらしを, 当分つと見, 当分って二三日の, 当分つづくでしょうけれどもお, 当分つづけてカルシウム, 当分つづけなければならない, 当分日本国中海防軍備の, 当分でも田舎へ, 当分というものは, 当分とけそうも, 当分ともかく彼処へ, 当分どうなるか, 当分どうしてもそちらへ, 当分どうにかなるまで, 当分どうにもならなく, 当分どこぞ世の外, 当分さそうである, 当分ないしょにしとい, 当分にらみ合いがつづく, 当分にらんでおか, 当分ぬけられないわ, 当分ねむれなくなるから我慢, 当分のびますかな, 当分のんびり出来る, 当分はげそうに, 当分はという口上を, 当分ぴいぴいだわ, 当分ふれないことに, 当分ぶらついている, 当分ッといた, 当分ほっておく, 当分ほったらかしておく, 当分ほとぼりの冷める, 当分ほとんど絶望に, 当分まだわれ等の, 当分まつ川へ, 当分ままたきの, 当分みつかるべき道では, 当分みんなで可愛がっ, 当分むずかしく御座候, 当分むつかしいからである, 当分むりやりにをい, 当分めっきりやみました, 当分もうあれは, 当分もがもがして, 当分もっと無事な, 当分もどらぬとすれ, 当分つてゐた, 当分やす子は口, 当分やっていただきたい, 当分やめだ, 当分やめたがよかろ, 当分やめなければならない, 当分やることが, 当分よほど気を, 当分わかれて居る, 当分わかれわかれになっ, 当分てもい, 当分ゐたつて可い, 当分アメリカの独占, 当分エハガキを使つて, 当分オサラバと思ったろう, 当分オジ気は直る, 当分シャボテン主義は分りません, 当分セエラの所, 当分ソッとし, 当分タナあげに, 当分ダメでしょう, 当分ダンスを遠慮, 当分トラストが行, 当分ハイロイロ道具ヲ売ッテ取リツヅイタガ, 当分ハヒッソクシテ始終, 当分パンにする, 当分フランスパリで作っ, 当分フロおじゃんということ, 当分ベルリンから抜けられ, 当分ホテル住ひを, 当分ミユンヘンに止まらう, 当分モスコーで暮す, 当分ロウランスのアトリエ, 当分一人前はたっぷり, 当分一段落となる, 当分一緒においてもらう, 当分一週に一度, 当分七兵衛おじさんのため, 当分万之助の様子, 当分三十年や五十年間, 当分の段, 当分上海で過す, 当分下男ということ, 当分不二屋へはいり込む, 当分不便であらう, 当分不愉快でならなかった, 当分不用だから, 当分不知火銭で食う, 当分不要をきめた, 当分名に, 当分中流的しかつめらしさ, 当分中野さんへ何, 当分内御差留, 当分之内為助斎木文礼, 当分九谷焼を産出, 当分なかるべきを, 当分事件はそのまま, 当分亡びる事の, 当分交際を願う, 当分仕舞うた家へ逼塞, 当分仕送りは出来ない, 当分に生きる, 当分他人に委せ, 当分他人さまのため, 当分代筆よ, 当分伊勢廻り上方見物をする, 当分伊太利へ帰られなく, 当分休みよなし, 当分休むよりほか, 当分休刊の由, 当分休塾するという, 当分休暇の届け, 当分休止という状態, 当分休講だ, 当分会うまいと云われた, 当分会えませんね, 当分会えんかもしれん, 当分伝馬町でお, 当分か埋, 当分何事も起らない, 当分何処かへ姿, 当分何年の間, 当分余りきれいな, 当分作用を中止, 当分侯爵邸にぼく, 当分保つらしい様子だ, 当分保管を命じ, 当分信じられはしない, 当分俺達の窟, 当分借手が無くなら, 当分傍観して, 当分働く事に, 当分のそば, 当分の宿, 当分充分な意味, 当分のこと, 当分入らっしゃらないかも知れない, 当分全速力でぶっ飛ばす, 当分其儘にし, 当分其情夫が此辺, 当分其方へ預け, 当分具合も悪かっ, 当分兼任すること, 当分内職なんかせず, 当分内証で会うてる, 当分円本の古本, 当分冬吉のもと, 当分出られないと言っ, 当分出仕ご免の許し, 当分出先のもの, 当分出入ならぬ由云, 当分出来そうも, 当分出来るかどう, 当分分かれ分かれになっ, 当分切れたその頃, 当分切れることは, 当分別々に居, 当分別れてみる, 当分別荘番のところ, 当分の方, 当分剣術の相手, 当分劇映画などどこ, 当分加勢に来, 当分効果のある, 当分動かすのは, 当分動す事は出来さう, 当分勝手がわかるまい, 当分十年余も亜米利加出版, 当分午前九時から午後一時, 当分南風が吹く, 当分博賭も止る, 当分原稿料の不足, 当分になつ, 当分友達にも遇わず, 当分双方うまく操っ, 当分叔父の家, 当分取らぬ事に, 当分史蹟天然物保存会の番人, 当分同氏が事務, 当分名前を変えましょう, 当分名古屋へでも行っ, 当分向うへ泊りこむ, 当分吾家に帰らう, 当分呆けておりましょう, 当分へ帰さない, 当分呑気に休まなけれ, 当分呼ばないことに, 当分呼ばれぬように, 当分品切れの看板, 当分喋ることは, 当分の方, 当分地方へ引込ん, 当分地方債を抑止, 当分地球人には公開, 当分坑夫の見習, 当分があかない, 当分堅固な生きた特殊階級, 当分売れまいと思っ, 当分になった, 当分へ出, 当分多忙で行かれない, 当分の間刑事, 当分夜学へやらう, 当分夜昼を取り, 当分ではない, 当分時計とも, 当分大いに悠々と御, 当分大丈夫だ, 当分大事に飼っ, 当分大学の聴講, 当分太子殿下の御, 当分で好い, 当分失業問題は起らない, 当分失神したよう, 当分失神状態は免れないだろう, 当分失踪する, 当分女房も女, 当分女王に隠し, 当分姉さんが繁ちゃん, 当分威張って怠け, 当分へ置く, 当分安全なれども, 当分実家に居, 当分実行すること, 当分実行組合でみんな, 当分を謝る, 当分宮城にとじこもっ, 当分がなかろ, 当分に知らせなく, 当分宿って行くでしょう, 当分宿泊となった, 当分寛ろげる, 当分ラレナイカラコレニ腰掛ケテ本, 当分寝ててもらう, 当分寝泊りすること, 当分の広, 当分小さい子の, 当分小包も受付中止, 当分小学校にでも出た, 当分小田原の家, 当分小田原行きは控, 当分小説家は貧乏, 当分小野さんの噂, 当分就職口はあるまい, 当分居候をさせられた, 当分履歴書はお, 当分山ごもりして, 当分控える気, 当分や娼家, 当分市場に立ちゆかれる, 当分帰って来る, 当分帰つて来て, 当分帰らうつて云, 当分帰る気は, 当分帰る見こみはない, 当分帰れないらしいぞ, 当分平作の家, 当分平和が訪れる, 当分広くなるまい, 当分庸三を擬装, 当分延しますと, 当分続いて, 当分引き取ってやろう, 当分引き取らせてほしい, 当分引越さないときまった, 当分当地に滞在, 当分当家を拝借, 当分当局の勝手, 当分役所を休まなけれ, 当分彼女のプロマイド, 当分待つとする, 当分後妻をもたない, 当分後見指南に当る, 当分御免を蒙りたい, 当分御前があずかる, 当分御門内へ入るる, 当分御飯を食べる, 当分徳川で落着, 当分忍んで来る, 当分を得ん, 当分忘れていたい, 当分忙しいのは, 当分怒っていい, 当分悲しくならないが, 当分想像出来る日本, 当分慈愛館で修業, 当分慎まなければならない, 当分懲しめの為, 当分懲役だ, 当分我々は家, 当分戦場は無理, 当分戻れないと, 当分手紙かかぬなら書くな, 当分打切りと思へ, 当分折りあへない, 当分抜きにし, 当分抜けられそうも, 当分押し込めて置こう, 当分拝借仕ると, 当分持って出す, 当分掛置候様可被相達候, 当分提出されないだろうとも, 当分揺るぐべくも見えない, 当分支払い延期ということ, 当分放って置く, 当分放つて置く, 当分放擲しなければ, 当分放棄すること, 当分文学で其不足, 当分文左衛門さんの裏庭, 当分断念したか, 当分夫婦を, 当分新聞社へ何, 当分施す策も, 当分旅籠屋へ厄介, 当分旅行をする, 当分日の目を見せられねえ, 当分日和見だ, 当分日曜日毎にやる, 当分日記は附けない, 当分日除の必要, 当分度量衡と, 当分明るくは外, 当分明日いっぱい明後日にかけてもあんな, 当分映画に於ける, 当分映画専門ですか, 当分春子の姿, 当分普通の話, 当分暗いところで, 当分暫くは望み, 当分せる, 当分暴れたいだけ回転弾, 当分書けさうにも, 当分最も安全らしいです, 当分月々四千円の生活費, 当分月給を渡さない, 当分がない, 当分望みなしと, 当分望めさうもなかつた, 当分も昼, 当分本名を名乗る, 当分材木町の宿屋, 当分杜絶になる, 当分来ないでしょう国は, 当分来られねえかも知れねえ, 当分の対, 当分東京さ置ぐからつて手紙寄越す筈, 当分東京泊りだなんて, 当分東国巡りをし, 当分松尾の兄, 当分林町ニ居テクレロト云ウカラ毎晩毎晩泊ッテ居タ昼ハ用ガ有ルカラウチヘ帰ッテイテソノ月ノ二十五日ニ, 当分果すことは, 当分方面の, 当分栄養をとる, 当分を生やそう, 当分手を, 当分植源にいっ, 当分極めて小規模に, 当分だそれにしても, 当分構わずに置く, 当分も使えぬ, 当分次郎の好き, 当分欧洲の俗衆, 当分止められそうも, 当分此類のが眼, 当分歩けるように, 当分死ぬ気づかいもない, 当分毎日注射をし, 当分毎日舞の稽古, 当分比所でみっしり, 当分気楽にあなた, 当分永い間東京に, 当分永徳の家, 当分決して人を, 当分汽車へ乗る, 当分沈黙だ, 当分沙汰なしに, 当分の涸れる, 当分泊り込むかも知れない, 当分洋食がいや, 当分へ出られない, 当分海上にいるだろう, 当分海岸へでも転地, 当分淋しくって困る, 当分深川の叔父, 当分済まないが借して, 当分温和しくし, 当分温泉場でも歩い, 当分洲へ, 当分満足しなければ, 当分源九郎様へお, 当分源氏は思った, 当分潜ってい, 当分潜伏する積り, 当分火葬がつづくだろう, 当分炊事などする, 当分炬燵に用, 当分漁と, 当分無駄だという, 当分父久助とともに木場, 当分片手に武器, 当分やのたべ, 当分牢人する, 当分置きに, 当分物笑いにし, 当分狐つきが落ちた, 当分独りで生き, 当分独身といつた, 当分玉乗の一座, 当分現状維持です, 当分しく心, 当分生きた羊の, 当分生ける屍に, 当分生水はお, 当分生活に困らない, 当分がな, 当分用事のねえ, 当分用心シタ方ガイヽシノミンハ餘リ連用スルト副作用ガアルカラ一回四錠ズツ日ニ三回三日以上ハ続ケナイデ下サイ, 当分が描けん, 当分留守番を頼まれた, 当分番頭代わりの食客, 当分病気だと, 当分療養いたすが, 当分発表するもの, 当分百姓は目, 当分眉唾と考へ, 当分看護婦と私, 当分ている, 当分着るのを, 当分知らない顔を, 当分知れなかったがそれから, 当分社会運動の表面, 当分神戸辺の街道筋, 当分秀子を虐め, 当分私ども別々に暮し, 当分私小説はお, 当分私東京へは帰らない, 当分私達の家, 当分秘密艦隊の方, 当分移転のめんどう, 当分立ち合いの名, 当分立ち直ることが, 当分立つ事も, 当分立派な探偵学者, 当分ひを, 当分のうま, 当分へいれ, 当分が来ない, 当分糸公にも逢えない, 当分二週間は, 当分約束を履行, 当分を隠し, 当分組合の仕事, 当分結構な晩, 当分続きさうな気, 当分続くんでしようか, 当分続けねばなりますまい, 当分編輯を, 当分練習して, 当分美禰子の家, 当分考えることを, 当分肉類の心配, 当分脚本は降りない, 当分を充たす, 当分臨機の処置, 当分自信の無, 当分自前で稼ぐ, 当分自転車をお, 当分へ帰る, 当分舞台をやめ, 当分に帰らない, 当分良心を質, 当分を楽しむ, 当分苦労を仕様, 当分華やかな暮し, 当分萩乃に会えない, 当分蒼くなつて震, 当分薬局を手伝っ, 当分蘆屋の中姉ちゃんとこ, 当分蟄居を命ぜられた, 当分行きさえしなかったら, 当分行くことが, 当分行けそうに, 当分行つてて上げ, 当分行乞なんか出来, 当分衛生舎の方, 当分裏街の裏まち, 当分西と東, 当分見合せたかも知れぬ, 当分見合せとかたく言ひ渡した, 当分見合せとなつてゐた, 当分見合せるかも知れない, 当分見学するさ, 当分見込みはない, 当分親たちと同居, 当分親類の家, 当分解らないから第, 当分解決されさ, 当分記事禁止らしいね, 当分の話, 当分話題は賑わせる, 当分語りたくないからと来訪, 当分読者のみなさん, 当分謹慎身心整理をしなけれ, 当分議会機能を運用, 当分豹一は待たね, 当分貝十郎式に韜晦, 当分貧乏暮しでも辛抱, 当分貰い手がつく, 当分貸してやつ, 当分賑やかなリスボア, 当分に置く, 当分起らぬように, 当分越して行く, 当分足掻きがつかない, 当分身体を楽, 当分身柄を拘束, 当分身軽になつ, 当分車馬の蹄, 当分軍糧は豊か, 当分輔助は覚束, 当分近くのしかるべき, 当分近所のお, 当分通わなきゃならないのよ, 当分へまい, 当分逢えないかも知れない, 当分遊びたいだけの遊び, 当分遊べないから, 当分道誉は謹慎, 当分達せられそうも, 当分遠ざかって考える, 当分遠国へ行っ, 当分遠慮をし, 当分遠方へ行っ, 当分遣わずに置い, 当分野天稽古としよう, 当分釘勘の部屋, 当分鎌倉の舞台, 当分長生きが出来る, 当分開成山にい, 当分開講の見込み, 当分閑地についた, 当分間に合わせることに, 当分間代は私, 当分間借りで辛棒, 当分防虫剤やガソリン, 当分降りさうにも, 当分隠しておいた, 当分隠れていろ, 当分隣家の騒音, 当分雅号として用い, 当分雇わないことに, 当分離れられぬわけ, 当分雨気はない, 当分を食え, 当分露国に滞留, 当分静子にも誰, 当分静養執筆を避け, 当分面会謝絶を通告, 当分面白をかしく, 当分つて呉れません, 当分預っておく, 当分預り置き候, 当分が上がらない, 当分風邪をひいた, 当分食いおさめだからな, 当分食べられないだらうと朝御飯, 当分食卓がフクイク, 当分食慾に支障, 当分がまずかっ, 当分飲まず食わずにいろ, 当分飲み代には困らない, 当分養生をしよう, 当分餓える心配なし, 当分馴染の西洋料理店, 当分駐満大使は, 当分高等中学に合併, 当分麻布の親戚, 当分黙っている