青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「当人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

弾丸~ 彌~ 当~ ~当っ 当っ~ ~当て 当て~ 当り~ ~当る 当る~
当人~
当分~ 当局~ 当惑~ 当日~ ~当時 当時~ ~当然 当然~ ~形 形~

「当人~」 1976, 21ppm, 5385位

▼ 当人~ (408, 20.6%)

7 身に 6 ために, 口から 3 ためにも, 母は, 気が, 為にも, 病気が, 話では

2 [25件] ほかに, 佐太郎が, 勝手だ, 心は, 性癖は, 意に, 手に, 技倆が, 方で, 方は, 望みに, 望み通りに, 柄に, 正体を, 気の, 白状に, 直話, 考えでは, 考えに, 自慢する, 身が, 身と, 身には, 随意だ, 頭の

1 [321件] いうこと, いうには, いうほど, いないここ, うえにも, おそろしく生一本, おのろけ, お仙ちゃんは, お代さんは, お代先生が, お代先生は, お前が, お前と, お夏, お夏さん, お好み, お登和嬢, お絹さん, お雪ちゃんが, かっちゃ, ことは, ことばどおり風の, このん, さだ子が, しばしば用いる, そういうの, その行為, それまでの, ためで, ためを, つまらないもの, とよ女, どんな安心, ふところには, ほかは, もっとも親しい, ものした, もので, わたくしが, わたくしも, アインシュタインは, コムソモールも, ターンの, ドテラ姿, フルの, マドロスにも, モロ警部が, 一向知らない, 丁坊が, 不在の, 与八が, 世にも稀, 丹誠による, 主張の, 主観が, 久保田である, 久次郎どのが, 亀之, 了簡も, 了見じゃ, 云い取り次第, 云うごとくシキ, 云うところ, 云うなり, 云うよう, 人物としての, 伊勢守が, 低能娘は, 住所姓名を, 体面に, 信長も, 信雄自身から, 偉くなり, 僕だって, 僕に, 僕にゃ, 公綱に, 公言するごとく, 兵馬が, 冬は, 出て, 出雲守頼門を, 前で, 前では, 創作は, 半三郎, 卒業する, 又八, 叔父さんが, 取りよう, 名前が, 向って, 君が, 咄では, 品性や, 品格が, 器量に, 器量次第では, 噺で, 噺に, 四肢五体いずれへ, 土方そのものが, 外には, 大原は, 大迷惑, 天性を, 女の, 好む事, 好尚を, 姓名も, 姿が, 姿は, 嬢様が, 子供の, 子孫が, 学力という, 定量より, 実感なり, 実質以上に, 家さえ, 家へ, 家まで, 家族や, 寝坊にも, 小半は, 居処は, 屡同, 山崎氏を, 左太松は, 左門と, 希望だった, 希望です, 希望でも, 希望とは, 希望な, 帰国を, 平常の, 幸である, 幸吉が, 張は, 張金田を, 彦兵衛は, 彼から, 後藤氏の, 御存じじゃろう, 御迷惑, 心が, 心へ, 心事を, 心事如何は, 心境の, 心意気は, 心掛や, 心次第恥を, 志が, 志という, 思い残すこと, 性質を, 性質如何には, 怪しいと, 悄気方は, 悦びは, 悲願である, 愉快は, 意向も, 意志で, 意志でも, 意志も, 意識し, 感じに, 成り行きを, 我儘から, 所為なる, 手にて, 才不才と, 持って, 損だ, 支配権以外に, 料簡が, 料簡次第に, 断った通り, 新海は, 方から, 方が, 日記が, 書いたもの, 書斎から, 望だ, 末の, 本心という, 本意に, 果して, 株を, 梅ヶ谷が, 様子から, 様子は, 様子を, 標準と, 武蔵が, 死体の, 氏名を, 気に, 気にいっても, 気持も, 決心が, 決意でも, 満足も, 為だ, 為に, 状態にも, 猿という, 玉藻が, 現われ出づるのを, 現実的な, 生前の, 生命である, 生家が, 生死如何よりは, 生活姿態と, 田巻安里は, 申したてでは, 男ぶりは, 病気か, 病気や, 病気以外には, 癖から, 白状だ, 白状では, 目的でも, 相当に, 相手は, 知った事, 知らない蟋蟀, 知らぬこと, 知らぬ間, 知ると, 知能的能力ばかり, 研究に, 神経を, 私より, 私よりも, 窪川いね子も, 米友一人だけ, 精神的危機と, 紋作は, 素質そのものが, 細君です, 練吉さへ, 罪である, 罪よりも, 罰が, 美点を, 考えも, 耳には, 耳へ, 耳へは, 耻にも, 職業が, 背中に, 胸には, 胸を, 腕は, 腰に, 腹では, 腹は, 臍の, 自供の, 自分で, 自力に, 自己感激は, 自己紹介に, 自我の, 自業自得の, 自由だ, 自由としても, 自由な, 自由に, 自由を, 自由行動を, 自白した, 自白したごとく, 苦しいに, 苦しさ, 茂太郎という, 行く末の, 行方が, 製作態度が, 親たちも, 言う所, 言です, 言に, 言訳を, 記憶に, 許を, 許諾を, 註文通りに, 話に, 語った話, 誦する詞, 説明では, 資本の, 身にも, 身の, 身性に, 軽率な, 辛抱次第で, 迷惑に, 道庵先生その, 道庵先生は, 遺言で, 都合だけによる, 金之助は, 鋭敏な, 鑑定では, 陳述も, 面子も, 額へ, 顔だけ, 顔は, 顔を, 飯を

▼ 当人~ (398, 20.1%)

8 それを 4 いっこう平気 3 どこまでも, 一向平気, 大真面目, 平気で

2 [20件] いっこうそれ, かえって平気, それが, それで, 不羈独立の, 人一倍困, 初めて真, 勿論の, 大得意, 太平楽かも, 少しも, 平気な, 当然だ, 案外あかるい, 泣きよる, 無論山, 相変らず, 確かに, 自分の, 逃げだして

1 [334件] ああし, あだ名を, あっしの, あまり感じないらしかった, あるいは陽虎, いいつづけて, いい色男, いかに自分, いっこうそんな, いっこう気取った, いっぱし睨み, いつまで, いないに, いない方, いまここを, いませんよ, いろいろの, うれしそう, おかしいとも, おなかぐあいがいいといって力仕事に, おののき, およそそういう, お気に, かえって大いに得意, かえって得意, きつと, きびしく叱られ, ぐずぐずし, こう言ってる, この伊豆, この広告主, この運命, この間から, これから歓言愉色, これを, こんなひどい, さしたる角力ファン, さして苦痛, さっきちょっと, さっそくには, しきりに乗り気, しっかりし, しゃあしゃあと, すきな, すぐに, すっかり化けた, すでに元来, ぜんぜん知らない, そうと, そうは, そう云う, そう自信, そう解釈, そのこと, そのつもり, そのまま伝馬町, そのシミ, それでお気, それでも十分, それと, それどころじゃ, それほどの, そんなこと, そんな事, たいへん元気, ただもう, ただ一重, ただ可哀そう, だいぶ凄い, だれか, ちゃんとわかっ, ちやんと, てれくさいので, とにかく仮り, どうあろう, どうしてもあした, どうする, どうな, どうも思い切れない, どう思っ, どこを, どちらへ, なかなか医師, なんでも, のほほんで, ひどくそれ, ひどく苦, ひどく面白がっ, ぺっと唾を, ほかに, ぽかんとし, まさかそう思っ, またそれ, また母, まだまだどうして飲み足りない, まだ二十三, もうすでに立っ, もう少し奉公, もう蒲団, もちろんである, もちろん丁坊, もちろん醤, もとより周囲, もとより実父, やむを得ないよう, よほど有難かっ, コンナ始末で, シンから, チャンと, トーマスとか, ドウし, ナイフで, ニヤニヤと, バクチだけは, ピン, ピンピンし, ヤマさんあなたじゃ, ヴァンドンゲンを, 一々白状, 一ゼムリヤ号では, 一切前後不覚で, 一向何処, 一向苦, 一字一字に, 一心不乱に, 一時的に, 一生ケンメイである, 一生懸命で, 万人に, 三十いくつかの, 不合理な, 不浄の, 世間の, 中, 中世紀, 主観的には, 事実を, 二階の, 云う, 人から, 人出入りの, 今では, 今にセメント, 今以, 今朝七時に, 仕方が, 何と, 何とも, 何とも感じ, 何時までも, 余程凄かっ, 例によって, 依然として近寄れない, 俯向て, 傍で, 僭越などという, 優れた御, 先々代ぐらいの, 先に, 全く克己, 全く問題, 全然人間, 再生の, 冷や汗を, 出来ないけれども, 切腹家は, 初めからの, 助かって, 勇んで, 勿論襖越, 十分その, 半ばは, 占い者へ, 却つてさ, 厳かに, 又おそろしく, 台を, 右足の, 名状し, 問題と, 喜んで, 四十一歳で, 四歳で, 土間に, 坊やとは, 堅く留めた, 夙に死ん, 多く利害得失の, 多分居眠り, 夢にも, 大いに自粛, 大まじめ, 大層な, 大阪の, 夫に, 失敗失敗と, 好きな, 嫁入と, 子供だ, 存外のんき, 存外平気, 存外慣れ, 学士に, 学校へ, 完全な, 宜いが, 寔に, 対等の, 将来自分が, 少し顔, 尚少し, 居るけれ共, 島流し同様な, 川亡魂に, 左様な, 希望を, 帰宅した, 年寄中の, 幻覚を, 当座の, 御存知ない, 御当人, 心得きって, 心持西国訛が, 必然の, 必要条件を, 思想の, 恐ろしくも, 恐怖の, 悪執拗, 押付けられる様, 持って, 整備とは, 旗を, 旗田氏が, 昂然として, 明朗自適の, 明朝十一時に, 昏, 星灯ろう見物の, 有名なる, 東京の, 東京府の, 根っから口, 案外呑気, 案外情慾的, 此処へ, 死ぬよう, 死んでも, 死罪家は, 母から, 気が, 気がついて, 気がつかないで, 気がつかないらしいが, 活きて, 淋しく取澄まし, 満足し, 満足でしょう, 澄ましたもの, 火葬でも, 無理に, 無罪放免これから, 無論そう思ってる, 無論一切御存じ, 無論知ってる, 無邪気で, 犯した罪, 独去, 瓦斯中毒に, 生活も, 申して, 痛いとも, 痛くも, 痣蟹が, 益々元気, 目下秘書三名を, 盲目的で, 直ぐに, 相当ひどい, 相当身分, 相続人に, 真面目に, 矢がすりという, 知ってるよ, 知らないよ, 知らぬこと, 石ころと, 社交場へ, 私も, 立派に, 競争する, 精一ぱい誠実であり, 納まつて, 素ば, 素より母親, 老いぼれの, 考えて, 耳にも, 肚で, 腹を, 自分が, 自分を, 至極元気, 至極暢気そう, 至極無邪気, 芝居の, 芸術家気取, 英気颯爽の, 虫の息だ, 覚えが, 解釈し, 言わなかったかね, 誰か, 買って, 資本主では, 足を, 身の, 酷い苦しみやう, 重い病気, 閑人気分が, 隣の, 非常の, 面白くて, 顔が, 顔の, 飲まないと, 飽くまでもただ, 骨肉の, 高等学校へ, 魂の, 鷹揚の, 黙って, 鼻を

▼ 当人~ (291, 14.7%)

6 それを 3 ここに, 好んで, 自分の 2 厭だ, 実際の, 平気で, 幸福なら, 気に入らないと, 気に入らないの, 第一, 自白し

1 [260件] あてに, あとに, あの調子, あの通り, あばれん坊, あまりに痛々しい, あんな人, いいなり, いい気, いさぎよく決心, いじらしいから, いても, いないでは, いなくなったあと, いなくなっては, いよいよ息, いること, うけだして, うずくまった儘, おかみさんの, おまえの, おもしろくないだろう, おらず宿, おりませんでは, お前に, この宿, この縁談, これから先, しいて, しきりに書い, しきりに頼みます, しっかりし, じかに先方, すでにきめた, すでに人間, ずいぶんきむずかしい, ぜんぜん知らない, そういう健忘性, そういう望み, そう信じ, そう思い込ん, そう思う, そう自白, その人, その分配, その気, その矛盾, その鞘, それじゃ, それに, そんなら, たった一人, たってと, たつてと, だから殺しやしない, だまって, つまずくの, どうしても白状, どうしても聞い, どこか, どの点, なかなか言う, なんとかし, ひょっこり尋ね, ふざけて, またばか, また新しく, また舞い戻っ, まるで子供, むかっ腹を, もう少しで, もし俳優, もつて, もとの, やつて, わからないって, わが妻, わざわざおいで, イキ好みである, キミに, ギリギリに, サッパリ気が, テキメンに, ネダを, バカの, ヒイキ目に, 一処に, 一日も, 一面識の, 乗気, 二階へ, 云うわけ, 今度は, 任官しよう, 伸そうと, 何うし, 何が, 何と云う, 何と云おう, 何と申そう, 何と言おう, 何よりいい, 何よりそれ, 何を, 何分にも, 作者としての, 信じないと, 偉いほど, 先ず自ら奉仕, 内閣情痴部といふ, 凝れば, 出て, 出るだらうから, 出るだろうから, 分ってからが, 助かるばかりじゃ, 勉強し, 動けなくなって, 勝手に, 参ったと, 取押えると, 受けた不快, 口癖の, 口真似を, 吾が言, 味わうはたらき, 味噌を, 喋る気, 困惑すれ, 国家から, 天来の, 好いと, 好かねえんで, 好むと, 姪の, 娘である, 嫁ぐ心, 学究肌だ, 安心し, 少こし, 少しも, 居なくなるわけ, 居りませんので, 帰って, 帰ってでも, 帰ると, 平気ですまし, 平生から, 床柱を, 強いて顔, 当惑し, 後に, 後の, 得心しませんで, 忘れるよう, 思いこむという, 思うの, 思った時, 思って, 思ひこむといふ, 悩んで, 悪いの, 悲鳴を, 手前に, 承知だって, 承知なら決める, 承諾し, 持つて, 掘る前, 文学者に, 方々を, 既にセオソフイスト, 既に十分日本人, 既に殺しました, 日常実用する, 是非ともと, 景気が, 最後の, 来たいと, 来ないどう, 果たして欺く, 梅沢君だった, 楽しそう, 此口調では, 死ぬほど, 死んで, 気がついた時, 気に, 気に入らなかった, 深く心得, 煙の, 照れかくしに, 物の, 犯人であった, 現われて, 生きて, 病気に, 病身だ, 登り降りに, 登場する, 登壇し, 白状した, 直接自分で, 真剣であり, 知って, 知っての, 知らないと, 知らないなんて, 知らねえの, 私の, 秘密に, 笑って, 納得する, 絶対に, 腹を, 膝つき合わし, 自ら言っ, 自分から, 自分で, 自分は, 自慢する, 自殺した, 自滅する, 自発的に, 自覚し, 自覚しない, 自覚する, 興に, 芸に, 茂太郎を, 行くと, 行方知れず, 見せようと, 見ても, 見分け得ぬ隠微, 親を, 話したところ, 誰より, 誰を, 諸流にわたって, 負けた姿, 責められる資格, 赴いて, 身に, 身を, 逃亡し, 逃廻った, 途方に, 進みましたもの, 酒に, 金田の, 阿呆な, 隠して, 雇人だ, 飲むん, 飽までも, 馬鹿で, 驚いて, 高飛車な, 黙って

▼ 当人~ (185, 9.4%)

6 その気 5 それを 2 それで, それに, 努めて, 可哀そうだ, 喜こん, 自信が, 諦めが

1 [160件] あまり甘く, いよ, お気の毒, かわいそうだ, この方, これは, さぞ喜ぶ, すっかりいい, せいぜい注意, そうだ, そこまで, そのやっぱし, その人, その日, その時, それが, それ自身どうも, そんな事, ちょいと, とうとう還っ, どうかなるだろう, なかなかお洒落, なかなかご, なかなか利口, なんとなく物, ひどく驚き, ふるえて, ほかで, またそれ, また動物, また婦人, また忠利, また自然, まだわからない, まんざらでも, もういけない, もうだいぶ好く, もう大抵覚悟, もう生涯, もう覚悟, やはり六等官, ゆつくり, よほど注意, よろこんで, わかって, 一人や, 一度に, 一生懸命に, 三味線を, 不思議は, 不愍と, 世間も, 二度と縁づくりょうけんはないにきまっているというのでござります, 云って, 人には, 仕合わせおふくろも, 仕合わせでし, 他所目ほどには, 何でも, 余ほど, 傍の, 僕の, 全然信用, 其の心, 出す気, 出入りに, 別に病気, 前非を, 助かること, 助かるし, 励みに, 勉強家である, 厭で, 参る気, 可笑しさ, 周囲も, 嘸好い, 困った, 困るし, 多分に, 多分遺言, 大いに悲観, 大凡下々の, 大層に, 妹の, 嬉ぶし, 学問が, 安心した, 安心する, 実に心得違い, 実際に, 家族の, 少しは, 居辛から, 左様に, 希望する, 平生から, 往生しなけれ, 後々まで, 得心いたした, 心から慚愧, 心得て, 思い自分, 悉く今日, 想いつかなかったであろう, 慰められて, 持てあまして, 早く出たい, 最初から, 本望である, 案外学者, 気がついたと, 気づいて, 気持よ, 決していかさま物, 涙を, 滑稽と, 無論いい, 無論通用, 片肌を, 生涯この, 画家と, 眼が, 矢張り夫だ, 知らないかも, 知らない場合, 知らない方法, 知らなかったそ, 知らねえもの, 第四, 答えられまいと, 納まるまいが, 結婚の, 絹紙に, 縁者どもも, 自分で, 自分の, 自慢で, 自慢朋輩も, 自然界の, 英文学を, 行方を, 覚悟を, 親たちも, 諸人も, 謹みましょうし, 貰うつもり, 近頃人気, 迷惑であり, 退屈まぎれ, 酒が, 隠して, 隠し切れないで, 非常に, 面白くって, 面白くねえ, 頗る気に入った, 頭を, 頻と, 驚いて

▼ 当人~ (133, 6.7%)

5 聞いて 3 きいて, して, なって, 云わせると, 会って, 逢って 2 なると, 代って, 取っては, 取つて, 多少の, 聞くと, 自覚が

1 [96件] ある, あるの, あんたが, お渡し, お目, ききゃア, きまって, きまつてらあな, しても, すれば, その心, その気, その誤り, それが, それだけの, それだけのね, たずねて, ちが, なつて, ぶつかるこった, ほかなりませんや, まるで覚え, よく似, よく判らせる, わからないよう, 一番ラクだったろう, 云ったと, 代わって, 会いたがるの, 会ったわけ, 何が, 何の, 傷の, 分って, 分らない筈, 利が, 取り憑かれるか, 向って, 因果を, 堅い話, 好ましい境遇, 尋ねると, 引渡して, 思って, 成り代り圖書, 成り代り私, 成り替りまして, 成代りまし, 抱かしむるか, 支払うすなわち, 望みの, 気付かれずに, 治そうと, 注意を, 洩らさない掟, 渡ったに, 無関係の, 煩わしかろう, 熟, 片棒を, 相談を, 穏かに, 篤と問え, 聞いたって, 聞いた事, 聞えましては, 聞える筈, 聞きました, 脱出の, 腹を, 腹切らせ, 自制力が, 航海中たくわえられた, 見せ, 覚られねえよう, 言はせる, 言わせると, 訊いても, 訊けと, 話したの, 誰も, 謀る類, 財産が, 貴方を, 質してから, 返して, 返済する, 通じて, 逢ってな, 逢わないから, 還付する, 附属した, 限り他人, 面と, 預けて, 風邪でも

▼ 当人~ (49, 2.5%)

8 連れて 4 前において 2 見ると

1 [35件] おとしいれるため, かくまで, けたおさんと, こうも, ここへ, つれて, どうしても捕縛, どうしよう, はじめ一村挙っ, ひどく嚇, みすぼらしく相手, 不幸に, 伴れ, 出して, 勝手の, 呼びまして, 呼んで, 尋ねあてて, 平気で, 引き挙げて, 想像する, 愛して, 指すの, 捕えて, 捕まえて, 探し当てて, 睨みつけ今にも, 落として, 見た上, 見ぬゆゑ可愛想, 詰りますと, 詰問した, 詰責したれ, 驚かしたり, 高めるより

▼ 当人には~ (41, 2.1%)

2 何の

1 [39件] あらかじめ話し, いっこう諷刺, お目, さしたる事, ずいぶん丹念, そうで, それが, それほど打撃, それ相当の, とにかくはた, なにも, またなく, また当人相応, わかりませんが, 云わずに, 人の, 今の, 何が, 何も, 分らないが, 別にそれ, 助からない話, 匿し, 御気附きが, 思いがけないもの, 悲劇に, 残酷で, 殺される筈, 気の毒だ, 無論わからない, 甚く面白い, 知らせる程, 綾錦だ, 自分の, 自覚症状は, 言葉を, 話したくない, 責任は, 面白かろう

▼ 当人たち~ (40, 2.0%)

2 はそう

1 [38件] から聞いた, があくまで, があんまり, がフクレ, が互に, が承知, にはこの, にはわかっ, には楽しい, には知らせず, にも実際, に取っ, に失礼, の, の不面目, の好み, の希望, の心理, の性格, の為, の無邪気さ, の考え, の腰, の自覚, の身, はある, はいっこう, はその, はどこ, はよろしい, は他人, は決して, は現, は至極, もああ, もそう, をコウフン, 生きてるとき

▼ 当人自身~ (32, 1.6%)

2 の書く

1 [30件] がかなり, がその, が大, が悟らない, が熟知, が申訳, さえそう, でも左右, としても御多分, にとって批評, にもいろいろ, にも自分, に悟られない, に救, の希望, の潤色, の生活, は一生懸命, は足, は金儲け, までがその, もその, も気分, も泣い, も痩せ, も知るまじ, も茂太郎, も言っ, も認め, 申して

▼ 当人~ (26, 1.3%)

1 [26件] からきい, が一向, が大, が気付かぬ, が知っ, であろう, でさ, です, でなければ, には人, にも仲, にも聞こえ, に都合, のため, の好き, の存じ寄り, の宣誓, はそれどころ, は充分, は大概, は無意識, は隠す, も思い, も田舎, も自覚, や父兄達

▼ 当人にも~ (22, 1.1%)

1 [22件] そう言つて, その歌, ついて, まだよくは, ゆっくり休ませる, わかって, 一番むずかしい, 他人にも, 優劣の, 分らなかったでしょう, 分りかね候, 判然しない, 呑込めない, 周囲の, 容易ならぬ, 年の, 本統に, 申聞けまし, 相伝えまし, 自業自得の, 話した, 責任が

▼ 当人~ (19, 1.0%)

2 したら其の, 申すの

1 [15件] その前, その為し, その身寄り, 会社とが, 同じぐらゐいきりたつて, 吾, 度々会い, 当人を, 思うわけ, 思われて, 戸田ぐらい, 材料と, 来ちゃ, 相談なし, 赤見沢博士とが

▼ 当人から~ (17, 0.9%)

2 聞いて

1 [15件] お聞きでした, 一札取っ, 何か, 封じられて, 推し附けられ断り, 直接訊い, 知らせが, 聞いたん, 聞き得る事実, 聞くとは, 聴いたの, 見れば, 言えば, 連絡する, 驚くなという

▼ 当人同士~ (17, 0.9%)

2 の夫婦仲

1 [15件] が好き, が嫌, が恋い焦れ, じゃ話, と云う, どんな約束, になっ, のお, の勝手, の相対, の自由, の見合, はけろりと, はできてる, は喧嘩

▼ 当人同志~ (15, 0.8%)

1 [15件] が好い, が好いた, が得心, が惚れ合った, で旨く, の問題, の意, の意志, の折合い, の選択, の間, はなん, は云う, もげらげら, もどうやら

▼ 当人よりも~ (14, 0.7%)

1 [14件] おやじの, ずっと前, その父兄, それを, よく似, ツレコミの, 却て, 合わされた米友公, 残されて, 気を, 細君が, 自分の, 親の, 親父が

▼ 当人~ (10, 0.5%)

1 から何, から漸く, から耳男, つて別に, つて心得てる, ということ, とお, とおっしゃる, とよ, よ

▼ 当人である~ (9, 0.5%)

1 かそれとも, とは明言, と云, と云う, と聞い, にかかわらず, 三原玲子氏にも, 事を, 子供達の

▼ 当人~ (8, 0.4%)

1 いろいろ先生, これを, ござります, さへも, すらあまり, 人の, 仕方も, 見ると

▼ 当人にとって~ (7, 0.4%)

1 かえって不幸, その論そのもの, ウソは, 効能は, 決定的な, 自然な, 苦しく文学史的

▼ 当人にとっては~ (7, 0.4%)

1 お約束, それは, 命から, 夫人の, 心持の, 永久に, 結婚は

▼ 当人さえ~ (6, 0.3%)

1 よいなら, 一たび落ち込ん, 出て, 出る事, 居なければ, 立派な

▼ 当人だけは~ (6, 0.3%)

1 いまだに戦々兢々, 事も, 信用が, 大丈夫だって, 根が, 至極まじめ

▼ 当人達自身~ (6, 0.3%)

1 にとって明晰判明, にも一向, にも判らない, の意識, もその, も集団的

▼ 当人だって~ (5, 0.3%)

1 そう思え, 何か, 晴れの, 真逆, 馬鹿で

▼ 当人では~ (5, 0.3%)

1 ない役人たち, なかった, なく側, なく寝るから, なく従って

▼ 当人としては~ (5, 0.3%)

1 メクラに, 六十幾歳の, 恥か, 相手の, 随分無理

▼ 当人より~ (5, 0.3%)

1 二スーずつ, 傍の, 後でハッと, 残ったもの, 端の

▼ 当人以外~ (5, 0.3%)

1 にはだれ, には会っ, に分り, に面白, の助太刀

▼ 当人だけ~ (4, 0.2%)

1 である, であろう, では, らしいな

▼ 当人だけが~ (4, 0.2%)

1 呪われたる生活, 朝夕それを, 聴きほれて, 騙される妙味

▼ 当人~ (4, 0.2%)

1 のである, のです, んだ, んです

▼ 当人~ (4, 0.2%)

1 何ら注意, 弟子入りを, 申聞けましょう, 自身に

▼ 当人たる~ (3, 0.2%)

1 侯爵ステパン・カツサツキイが, 平家の, 徒刑囚らの

▼ 当人だけに~ (3, 0.2%)

1 どうも竜, 於ては, 秀吉は

▼ 当人であり~ (3, 0.2%)

1 ながらさっぱり, ながらなん, ながら逸早く

▼ 当人です~ (3, 0.2%)

1 か, から其の, ナニ未だ

▼ 当人という~ (3, 0.2%)

2 のは 1 のが

▼ 当人ほどに~ (3, 0.2%)

1 受取らない, 失望せず, 誰も

▼ 当人~ (3, 0.2%)

1 ニャーニカの, 当の店, 親御さんたちの

▼ 当人一人~ (3, 0.2%)

1 だけそれに, で極めて, と云う

▼ 当人~ (2, 0.1%)

1 換え玉か, 番頭か

▼ 当人かも~ (2, 0.1%)

1 知れないぜ, 知れません

▼ 当人さえも~ (2, 0.1%)

1 それを, 寝耳に

▼ 当人その~ (2, 0.1%)

1 者の, 辺は

▼ 当人でさえ~ (2, 0.1%)

1 時々間違える, 閉口し

▼ 当人でも~ (2, 0.1%)

1 ないのに, 見つけるのに

▼ 当人としても~ (2, 0.1%)

1 世間としても, 中途から

▼ 当人との~ (2, 0.1%)

1 内談すでに, 相談は

▼ 当人とは~ (2, 0.1%)

1 別物だ, 違います

▼ 当人にさえ~ (2, 0.1%)

1 うまく出来ない, 判然たる

▼ 当人にとっても~ (2, 0.1%)

1 捨てては, 時としては

▼ 当人ばかり~ (2, 0.1%)

2 では

▼ 当人まで~ (2, 0.1%)

1 そうとは, 嗟賞や

▼ 当人よりは~ (2, 0.1%)

1 両親の, 却て

▼ 当人即ち~ (2, 0.1%)

1 博士夫人は, 池袋の

▼ 当人得意~ (2, 0.1%)

1 がって, でお辞儀

▼ 当人自ら~ (2, 0.1%)

1 が年齢, 進んで

▼ 当人自体~ (2, 0.1%)

2 の何

▼1* [109件]

当人いかほど殊勝の, 当人いくら頑固だって苦しい, 当人およびその御, 当人がはッきりと, 当人がわりに朴訥, 当人ぎりで誰の耳, 当人くらいは見て, 当人こう見えて, 当人こそ思慮の, 当人この臭いアク, 当人これを肯, 当人へ承知, 当人さらに肴を, 当人しか分らない, 当人じゃ無れば, 当人じゃあない僕, 当人や, 当人すでに微酔です, 当人それで巌飛び, 当人そんなぐうたらじゃ, 当人だけしか分りゃしない, 当人だけの内輪の, 当人だろうと思っ, 当人であったかも知れない, 当人であり思うに旧, 当人であろうわけは, 当人でございますからそんな, 当人でないという見極め, 当人でなくて別, 当人でなけりゃ分りっこありませんよ, 当人とては当時下谷の, 当人とを会わせました, 当人どうし相対のこと, 当人どもも分っ, 当人ならば万事, 当人ならびに同類だけには, 当人においても段々御, 当人にしかおもしろくない, 当人にとつて余りに, 当人にとってのみの痛切な, 当人にのみほしいまま, 当人によって論理的に, 当人に対し申し訳なく思う, 当人に対してその最高, 当人に対してやらはっきりしなかった, 当人のてまえも, 当人のみならず直接間接, 当人はね保証人を, 当人ばかりか組頭の, 当人ばかりの罪では, 当人への尊敬と, 当人よく存じ特に, 当人よりぞッこん惚れてる, 当人アグラをかい, 当人ウヤムヤなん, 当人レクトル・エケクランツの鬚だらけ, 当人乗船致候得者兼而眩暈之気味, 当人以上に悦ん, 当人もいろんな, 当人を侮辱, 当人及び親族等に対しては, 当人同士異存がない, 当人大分説がある, 当人大童で帽子, 当人妙子様でご, 当人嬉しがること, 当人宮川氏にもまた, 当人が足りない, 当人寝惚けている, 当人少々極りが, 当人平気でいる, 当人必死に思いこん, 当人に聟君登, 当人に疵, 当人救われた気持だ, 当人既に身あがりする, 当人を限っ, 当人ならず春風胎蕩, 当人本気なの, 当人格別病身と申, 当人では, 当人死んでるんじゃ, 当人の中, 当人病気に而者船中, 当人病気休息の間, 当人相応の要求, 当人知らずに其後是非, 当人竹見太郎八は悠々, 当人筒井直介はりっぱ, 当人納まらないだろうと思われる, 当人に落ちた, 当人腑抜けになっちゃってた, 当人ラ哀シムノ心無, 当人自分が廃人, 当人自白して, 当人自身それを云ふん, 当人船中に而嘔吐且泄瀉等相煩候而者, 当人見計らうだけに御, 当人亦人人異, 当人も気付いた, 当人貧乏にて多少, 当人追放一家離散でけり, 当人逃げたる際在所を, 当人は一向に, 当人酔興の至り, 当人銘々の好事心, 当人限りに見える, 当人頗るのん気, 当人高し