青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「就い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

少数~ 尖~ ~尚 尚~ 尠~ ~尤も 尤も~ ~就 就~ ~就い
就い~
尺~ ~尻 尻~ 尻尾~ 尼~ ~尽し 尽し~ ~尾 尾~ 局~

「就い~」 5580, 55ppm, 2095位

▼ 就い~ (3234, 58.0%)

34 何か 31 云えば 26 私は 18 考えて 17 私の 16 である 15 吟味する, 語ること 14 考へて 13 之を 12 いた, 云へば, 何の, 次の, 述べて 11 何も, 自分は 10 であった, では 9 考へた, 自分の 8 一つの, 多少の, 彼は, 話して 7 何等の, 種々の, 見ても, 言って, 語って, 語つた 6 いろいろの, こんな話, 一種の, 一言も, 口を, 疑惑を, 語らうと

5 [14件] いたが, いるの, しまった, ゐた, 今まで, 吾, 問題に, 少しも, 彼の, 書いて, 注意を, 私が, 話を, 非常に

4 [21件] いえば, いる, いろ, それの, であろうと, 一定の, 不安を, 云々する, 意見を, 批評を, 教を, 物を, 相談を, 真面目に, 研究し, 考へたり, 茲に, 言へば, 話した, 語らねば, 説明し

3 [61件] あなたの, いたの, いて, いろいろ御, お調べ, この上, しまいました, しまつ, それを, だ, ですが, なの, みたが, わたしは, 一般的に, 二人の, 云うならば, 人々が, 他の, 何かを, 僕に, 兵法を, 分析し, 分析する, 半七老人, 又いろいろ, 可なり, 多くの, 学ぶこと, 富岡は, 少しばかり, 居た, 彼が, 彼女は, 御耳, 或る, 是丈の, 書いたが, 枕も, 申上げる, 疑問を, 知って, 私に, 簡単に, 考えた, 考えても, 考ふる, 若干の, 見ると, 語った, 語り合つた, 語るの, 説明しよう, 説明を, 講義を, 議論が, 議論を, 質問を, 述べたの, 非常な, 頭を

2 [200件] あなたは, あまり多く, いいの, いました, います, いるそう, いると, いるという, いるので, いるよう, いる者, お伺ひしたい, お前は, お話する, この人, さへも, しまったと, そう云っ, その中, その名, その時, それが, それでは私, だが, であって, でありました, であるが, でしか, とやかくの, どう云, なんです, なんの, まるで別, ゐる, ゐるの, オグデン氏は, カントの, 一二の, 一人の, 一体何, 一言しなけれ, 一面の, 三月にも, 下聴, 不思議な, 世間が, 了った, 二つの, 云える, 云っても, 云ふ, 云わば, 人々は, 今自分, 何かの, 何を, 何事も, 余が, 余程熱心, 作者は, 僕の, 僕は, 先に, 先生の, 其一を, 分析を, 判断し, 助言を, 協議を, 又は之, 取調べる事, 古来論あり, 同情を, 君が, 君と, 問題と, 多くを, 多少村, 夫, 妙な, 妻を, 委しい説明, 娘を, 学ぶため, 学んだ, 学んだが, 学んだこと, 学んで, 尋ねること, 小声で, 少からず, 少し許, 居た時, 岸本の, 巧解した, 幾多の, 弁明しろ, 彼此れ, 彼自身の, 從來の, 御相談, 思ひ出す, 悉しく, 悪い噂, 想ふ, 愉快な, 感ずるところ, 慎重なる, 成るべく厭, 我々が, 或もの, 手を, 抔という, 文化人の, 文字清さんが, 是非の, 普通の, 書かれた言葉, 極めて困難, 樣, 殆ん, 永い間, 注意すべき, 深い疑念, 満州帝国が, 火薬庫まで, 父を, 物語った, 特に私, 現在の, 甲の, 申述べたい, 異説が, 當時の, 痘科を, 的確な, 目的を, 相談し, 相談する, 眼を, 知ること, 研究した, 研究を, 私を, 科学的に, 稍, 稽古を, 純粋悟性を通じて, 細かに, 統一的な, 繰返して, 老人は, 考へなかつた, 考へなければ, 考へるに, 考へる必要, 考察する, 聞いた, 聞いたこと, 聞いて, 自ら精通家と, 自分が, 西行研究家は, 見るに, 見聞した, 観察し, 観察する, 言いました, 言えば, 言はむ, 言葉を, 訊ねて, 話し合, 詳さに, 語らんと, 語りあ, 語り出した, 語り合つてゐた, 語り合つてゐる, 語るに, 語る場合, 語る時, 語ろう, 読者に, 誰も, 論じて, 論じよう, 論じること, 講演を, 責任を, 貴君に, 貴方に, 返すとか, 述ぶべき, 述べること, 退屈な, 都下の, 長生きを, 非難を, 鷹揚に

1 [2062件 抜粋] あ, あの龜, あまり深い, ある時期, いいかを, いたし, いたん, いつても, いないので, いへば, いよいよ歌道, いるとか, いる二人, いる細君, いろいろ, いろいろ卒直な, いろいろ談合, いろんな論議, おたずね, おはなし, おりまする, お住, お医者様, お屋敷, お松に, お知り下さいまし, お話が, お話なされ, かう云, かの怖, きいて, けしから, こう説明, こつちに, このごろかの, この個々, この婦人, この言, これから書い, これも, こんなにあつ, こんな秘密, さうし, さらに勉強, ざっと荒筋丈, しまいやすと, しまへば, すぐ思ひ出される, すこぶる興味, すべての, そう云, そつくりそのまま, その一応, その先生様, その動物的本能, その引く, その心理学的規定, その成立, その来歴, その清, その異同, その記載, その變遷, その運動, それから特に, そんなに改まつた, たしかめました, ただ次, だちょい, だん, ちと聞いた, ちよつと, であると, です, ですよ, とこう謂う, どういう伝説, どうして自分, どう考え, どんな印象, なされて, なにか悟る, なら日本人, のかれら, はとに, べらべらと, ほんの少し, まず夫, また私, まだ少しも, まだ間, まるで無, むかしデンマークに, もう少し伺えないでしょう, もっとよく考え, もの又, やはりそういう, ゆるゆる御, らしい, わしも, わななきつつ, ゐるが, ゐる一人, ゐる我儘娘, アメリカまでも, カメラが, ノウスカットから, ヒソヒソと, モットモット詳しく, 一, 一々彼女, 一つ一つの, 一六六六年頃ある, 一問一答を, 一寸申, 一席うかがいます, 一応は, 一点疚しい, 一言し, 一言せん, 一言半句でも, 一霎時うとうと, 万事を, 下した, 不孝長生の, 不明確, 世界は, 主として法制, 主家を, 之の, 予め警告, 事毎に, 二五を, 二派に, 云々し得る, 云い及ぼすこと, 云うても, 云うべきこと, 云つ, 云つて見, 云ひたい事が, 云ふも, 云云すれ, 些とも, 人々を, 人民は, 今から, 今云った, 今挙げた, 今日其沙汰有り, 仏教では, 他人が, 他流の, 仰しやつ, 休息す, 伯父から, 佐治君と, 何が, 何らの, 何一つ知らない, 何処かに, 何等本当, 何處を, 作家独自の, 來た, 依然芸子髷, 個別なる, 偶然的な, 僕には, 充分に, 先ず思い出す, 先生と, 全く何とノン, 八枚書いた, 兵馬は, 其の經歴, 其侍臣達が, 其落膽と, 内務, 冷静な, 出來, 出来るだけ, 判らない点, 別に云わね, 前の, 前後の, 剣道の, 努力し, 勉強した, 北条流の, 半点の, 単に監督, 原作を, 参考の, 又その, 及び文章, 取り交した, 口の, 可笑しい話, 各々利用, 同じくブルジョア社会, 君に, 呉服屋に, 周子が, 唐代の, 問いただしたところ, 問はれ, 善かれと, 喜びと, 嘉兵衛は, 噛んで, 団員間に, 国許の, 地形を, 士彦の, 多く疑問を, 多大の, 多少會得, 多少聞いた, 大に, 大問題, 大要次の, 天子の, 夫から, 奥さんは, 如上の, 如何に大胆率直, 姉上さまに, 姪孫女の, 存旧, 学ぶ師, 学問も, 学生層は, 宋の, 定義を, 実地の, 家を, 寄, 實見する, 將來の, 尋ねたの, 少々迷惑, 少しく心あたり, 少しく語らせ, 少しややこしい, 少し改めてメモ, 少し話, 尤も廣, 居たの, 居るの, 居る有, 山田美妙斎と, 川崎署の, 己は, 常に進退兩難, 幸いあなた, 幹部同志の, 座方では, 弘法大師は, 当局と, 彼是れ, 後に, 従来一度も, 御手当, 御言葉, 微塵の, 心を, 必要なる, 忰夫婦の, 思い出しましたから, 思い当る事, 思ひだすこと, 思ひ沈んで, 思出す, 思案した, 恐怖に, 悉す, 悲痛な, 情実や, 想像を, 愉快に, 意見の, 感心した, 懐いた予備観念, 我が, 我等は, 或狹, 所見を, 批評し, 抄録した, 拡張した, 持つ私, 捜索した, 探査の, 揮わなければ, 敏感で, 教育され, 文化生活, 料理という, 斯う云っ, 新思潮, 既に私, 日常的概念を, 日頃忿懣を, 明晰な, 明瞭に, 是非お, 普遍者を, 曳尾庵が, 更に詮議, 書いた本, 書きしるす, 書く, 書こう, 最もアクチュアル, 最も權威, 最も適切, 最初却, 月日を, 望むところ, 本草を, 村の, 校長と, 検すれば, 楚の, 楽悲何れの, 槍を, 欠くこと, 歎稱せられる, 正弘の, 此人が, 此疑問を, 殆ど疑, 母親と, 気を, 求めれば, 決して容喙, 沈默すれ, 法律以上の, 浅学の, 淋しさ, 深く深く考え, 清の, 滿足し切れなかつた, 漱石氏は, 火花を, 無意識な, 無知な, 焦慮し, 熱弁を, 牛込に, 特に念, 特別の, 独立展其他の, 王柏や, 理学博士小川琢治氏も, 琵琶の, 生徒は, 申したい, 申す事, 申訳の, 異る, 疑が, 疑を, 痛切に, 百蔵も, 直吉は, 相手には, 相談したい, 相談に, 省察し, 眞面目に, 知ったの, 知る事, 知覚の, 研究せず, 確めた, 神月問題という, 私たちは, 私自身と, 秘密を, 種々調べる, 窺いて, 竜を, 第二篇, 筆者に, 答える, 範疇という, 精しいこと, 素読を, 細君は, 統一的に, 縷々千萬言を, 罷出ました, 習ったか, 考えあれこれ, 考えたこと, 考えました, 考えること, 考ふべき, 考へる, 考へるの, 考へ始めました, 而し, 聞いたなら先生, 聞きたい, 聞くと, 肉身の, 自ら多少, 自分等は, 自在に, 自然弁証法に, 自重が, 興奮したがる, 色々の, 芥川の, 苦心した, 荒川を, 葛子に, 虚無僧の, 行った, 行なわれること, 行われるの, 装束附方を, 要求した, 見て, 見られる処, 見るべきだ, 見る所, 見出して, 親しく語り, 観念的技術, 言いだしたり, 言うと, 言つた, 言つて居る, 言ふ, 言上する, 訊ねようと, 記されて, 許りで, 評論が, 詩を, 話された, 話しながら, 話し合ったこと, 話せませんか, 該博なる, 詳しく述べる, 詳細を, 認識が, 語ったり, 語つた熱意の, 語つて行かう, 語りたい実に, 語りはじめた, 語り合つてゐるらし, 語り續けた, 語るよう, 語る程私, 語学と, 説かれたもの, 説教する, 説明の, 誰でも, 調べられたり, 請益され, 論じだせば, 論ずること, 論語や, 諸文献, 講演などを, 議を, 讀んで, 谷村が, 貴い訓, 質問し, 贈賄者として, 趣味の, 躊躇を, 辞令を, 近頃私, 述べたこと, 述べられたこと, 述べる必要, 通用する, 遠慮無く, 適当に, 郷土研究記者が, 量質ともに, 錬習, 長田の, 関井さんは, 随処に, 難詰する, 霞亭の, 面白い話, 頼り無い, 飛んだ目配せ, 飽足らなく感ずる

▼ 就いては~ (1237, 22.2%)

24 私は 17 何も 12 後に 11 一言も 7 すでに述べた, 何の, 少しも 6 何事も 5 ここに, 他の, 何にも, 次の, 私も, 種々の, 自分の, 非常に 4 もつと, 之を, 今は, 何等の, 僕は, 僕も, 前にも, 彼は, 後を, 誰も

3 [12件] いろいろの, なんにも, 余は, 併し, 前に, 前を, 多くの, 多少の, 確かに, 種々な, 色々な, 追

2 [76件] いささか不快, お前の, かねて, これも, その製作, た, どうか, なんの, なんらの, ひそかに, ほとんど知る, まず, まんざらの, もう何, もはや一方, もはや問題, もはや説明, わたくしは, 一つの, 三つの, 世間は, 之は, 事あまりに, 交互決定が, 人々は, 今日の, 何か, 何でも, 何を, 何事をも, 僅少の, 僕が, 全く趣味, 全然沈黙, 別に取り立て, 北支事件, 半七, 博士の, 厳密に, 吾, 問題を, 多くを, 大尉も, 少くとも, 己が, 平岡からも, 幾多の, 彼の, 後の, 或る, 既に充分, 明の, 明治三十五年上演の, 昔から, 是非貴女に, 最後の, 極めて該博精確, 此処に, 死んだ後, 演習の, 相当の, 知らぬ人, 知り得ないし, 知る筈, 私にも, 私の, 簡単に, 考へて, 自分が, 自分に, 自分は, 良人が, 茲に, 誰にも, 軍部の, 黙って

1 [878件 抜粋] あたしの, あのお経, あの松島, あまりに無, あまり知らない, あまり興味, あまり触れなかった, あまり関心, ある年, あんたから, いずれゆっくり相談, いつでも, いつも自ら, いないの, いまも, いま更めて, いろいろと, えらい事, おめ, おわき, お互いに, お婆さん種々訳が, お絹, お聞かせする, お身, かう言, かなりよく判る, かなり長い, かの実証主義, かれの, きょうも, このこと, このよう, この人々, この信用, この文章, この書付, この点, この際, これくらいに, これと, これらの, さきに, しばらくおく, しばらく何事, すでに前, すでに述べる, ずっと以前, そういう抽象, その台座, その常識, その思想, その批判, その文献学的態度, その服装, その男, その節, その貧乏, その邦人主義, その頃, それくらいの, それと, それらの, それ故, それ程熱心, そんなに深く, たいへんこだわり, たといどんな, だから或, ともかくも, どういふ, どうした, どうせ僕, どう考へ, どこまでも, なお以上, なお更, なお長, なす事も, なほ考弁の, なるべくふれぬ, なんにも心配, なんにも耳, ひっそり沈黙, ふれてはを, ほとほと困っ, ほとんど知らない, まう一方, まことに仰ぎ見る, まじめに, また後, また改めて, まだいろいろの, まだなん, まだ一致, まだ何, まだ充分, まだ必ずしも唯物論的, まだ語る, まったく何, まるで知つて, まるで知らない, まるで自信, みたものの, もう一つ, もう一つ事情, もう久しい, もう責めなく, もとより私, もはや何人, もはや畏怖, もはや言わない, よく知っ, よ程熱心, わずかに, わたしを, ゐなかつた, コンディヤックや, ツクヅク懲り懲りした, パリサイびとでさえみとめぬ, ヒットラーの, ファシズムの, ホッブズ・ロック・バークレー・ヒューム・それから, マクドゥーガルの, マルクス主義自身に, ルービンシュタイン, ロダンの, 一と, 一人も, 一向になんともお, 一向に見覚え, 一向気, 一定の, 一度先生, 一度面会, 一方の, 一昼夜詳細に, 一言の, 一言隻句も, 一通り生理学を, 三年前の, 上の, 下手な, 不干, 不明である, 不満を, 世人の, 世間で, 世間では, 世間の, 両者は, 中間種々の, 主として字音假名, 之が, 之に, 了解し, 争議団の, 二に, 二三十年来弥之助は, 云々し, 五代末, 亡くなった須永克己君, 人の, 人間の, 人間的衝動の, 今から, 今ここで, 今問題では, 今度の, 今日でも, 今日より, 今日多くの, 今更多言, 今更説明, 今迄に, 今述べる, 他日一の, 他日機會, 以前に, 以前も, 伜貞助當年拙者方へ, 何と, 何とも云つて, 何んな, 何卒, 何所にも, 何等まとまつた, 何等答える, 余りに敏感, 例えば相当, 信西も, 修身課に, 傍の, 僕の, 元より, 充分の, 充分慎重, 先に, 先日より, 先生も, 全くもっ, 全く何, 全く知らない, 全で, 全然解らんの, 其の住民, 其の島民, 内部では, 出来るだけの, 出逢いの, 初耳だ, 別にモット, 別に何, 別に考えなけれ, 別の, 別項を, 前々から, 前以, 前段に, 努力し, 勘当の, 十分御, 千枝太郎折り入っ, 単なる受容, 単に女, 単純な, 原作者の, 原理的に, 厳に秘密, 又し, 口を, 古來種, 古生物学, 司法部の, 各個の, 各自意見が, 同じ名所圖會, 同書に, 君が, 君は, 否定も, 和辻哲郎の, 唯人, 唯物弁証法などは, 問題に, 單に, 囘教徒の, 国民の, 国民自身が, 國民は, 地主や, 場所, 夙く坪井九馬三博士が, 多く考察を, 多く諸君, 多分何, 多少不明, 夢にも気づい, 大した誤り, 大丈夫です, 大分御, 大分異議を, 大工の, 大抵默つて, 大納言お, 大變, 天津教の, 奥さんも, 好んで, 如何にもキレイ, 始皇の, 姓名の, 孝助殿は, 学術的水準にまで, 學者間に, 守夫の, 宋軍にすら, 実にまちまち, 実在論の, 実験に, 寛大の, 寧ろ自分, 将来共に, 小役人などを, 小説にでも, 小説的の, 少しく説明, 少しの, 少し委しく, 少し思い当る, 少将実, 尚多く, 尼御台さまから, 岡鬼太郎君が, 岸本は, 師匠お, 常識は, 序編に, 度々諸方, 当今天下無双の, 形式の, 形而上学的吟味の, 彼れ, 彼我の, 往々半ば, 後に柳宗元, 後日また, 御領主様, 徹底的に, 心理学が, 必ずしもそうで, 必ずしも正確, 怖ろ, 恐らく何, 恐ろしく無, 恩師の, 想ふ, 愚痴を, 感謝し, 我輩も, 或一二, 所傳區, 所謂, 批判的であろう, 折を, 抱朴子は, 拔群でありました, 拙著, 推しも, 支度金として, 改めてお前, 改めて説明, 数は, 文化水準にまで, 断然たる要求, 断片的には, 新しいモラル, 既にこの, 既に前章, 既に古, 既に大分, 既に書いた, 既に述べた, 既に述べる, 日本ファッシスト達の, 明日早朝に, 春は, 是非共其一員に, 晉の, 智凡さんが, 暫く忍びませう, 暴風警報が, 更によく観察, 更に筆, 書かないが, 曾つて西欧人を, 最早御, 未だ何, 未だ書くべき, 本当に何, 本集の, 来る十一月, 来月の, 東大教授男爵穂積博士の, 格別に, 森鴎外く, 極めて漠然たる, 極めて立ち入った, 次に述べる, 正確の, 此処では, 此際纏足, 殆ど何, 殆ど知識は, 殊にその, 殘念ながら, 母も, 毎日冷, 水兵一同は, 汝孝助時を, 決して一語, 決して自分, 沈大佐殿にも, 沢山の, 油絵具を, 津名郡來馬村に, 浅草公園で, 深い骨折, 深甚なる, 渡邊外記から, 漢でも, 潔癖らしい, 潜在的失業が, 無用の, 無関心, 父の, 父は, 物指しの, 物識りの, 特に紙, 特殊な考へ, 玉藻の, 現代短歌全集の, 現象学と, 理想主義者のみぞ, 甚だ沢山, 申しますまい, 男は, 男よりも, 異論が, 異議も, 疑う余地, 疑問が, 白旗の, 益々早く, 相対主義と, 相当信頼, 省こう, 眼疾最悪の, 知って, 知らないが, 知らない人, 知りません, 知るところ, 知識社会学から, 研究も, 社会学が, 私たちの, 私と, 私などには, 私なども, 私より, 私信で, 私共の, 秘密に, 空間ならぬ, 笑ふ, 第一人者だろう, 第三者の, 答へ, 簡単な, 精神は, 絶対に, 考えなかった, 聖徳太子以前の, 聞いて, 聡明な, 職務上君等の, 腑に, 腹の, 自分も, 舊來の, 花かつみの, 若林学部長その他関係者一同口を, 茂左衛門基治の, 虎狩の, 表現という, 衷心より, 西安の, 覚醒後全然, 親としての, 観念論の, 言ひたい, 言葉という, 記述の, 許しがたい, 証人毎に, 詳しくは, 誓って, 語らなかった, 語らなかつた, 誠に勝手, 説明する, 誰にでも, 誰ひとり, 論ずべき事, 論議の, 講演した, 講演は, 責任が, 農村精神の, 近頃転々, 述べること, 通用しない, 遺憾ながら, 郭璞は, 酒井忠学から, 長い因縁譚, 長年お世話に, 関守は, 関東庁の, 随分いろ, 随分自分, 隨分いろ, 隨分研究された, 青野は, 頑固に, 餘りいはぬ, 餘程精通し, 鳳来寺

▼ 就いての~ (626, 11.2%)

8 私の 6 一つの, 知識を 5 問題である, 問題は, 説明を 4 吾, 話は 3 一定の, 問題に, 彼の, 御報告, 意見を, 意識である, 知識は, 考察を, 記憶は

2 [39件] うちの人たちの, もつと, エッセイ, エピソードを, 一種の, 世間の, 判断である, 多少の, 幾つかの, 思ひ出, 意見と, 感想を, 或る, 挿話を, 教養が, 沒理想論は, 注意を, 理解が, 理解は, 理論である, 理論を, 知識の, 研究を, 種々な, 箝口令を, 考を, 考察, 自分の, 観念が, 解説批判は, 解釈を, 記述は, 評論という, 話に, 話を, 議論を, 関心が, 関心を, 随筆を

1 [478件] あなたの, あのどぎまぎ, あの恐ろしい, いろ, いろいろまちまち, いろんな事, およその, お母さまの, お考え, お訊ね, お話でも, お話などを, お話は, かかる二重性, かかる相対主義的, くくり結び, ことだ, ことであっ, ことわりが, この各種, これ等の, ごく常識的, さまざまの, そういう科学論, そう云った, どのよう, ひそかな, ふかい探索, ものとして, アクチュアリティーと, アナロギーによって, イデオロギー論に, クロッキに, コーチを, シュッキングの, テスト氏の, ニュースと, ニュースは, ノスタルヂイを, ハンドブック的な, ファンタスティックな, ベシーの, ベルリン, マルクス主義的譬喩を, リッケルトの, 一二冊の, 一件の, 一切の, 一応最も無難, 一番古い, 一番新しい, 一般的な見透し, 一般的考察が, 一身上の, 三名夫, 三木の, 不可知, 不変量理論, 不安, 不安などは, 不安の, 不平を, 不平者斉彬が, 不快な, 世評の, 主観的, 予備知識が, 予備知識は, 事, 事だ, 事は, 事件を, 二つの, 交り, 今まで, 今日でも, 今日の, 仏印の, 他の, 仮定で, 任意の, 伝統主義的態度と, 何らかの意見, 保證書を, 信仰生活が, 修養の, 個人不安という, 傳説にも, 僕の, 先験, 全部だつた, 公理に, 円卓会議の, 出しや, 分析は, 判定は, 判断の, 別種な, 利害とか, 前者は, 努力は, 勉強は, 区別である, 協議も, 単なる数学的遊戯, 印象は, 印象を, 危なっかしい知識, 却って積極的, 参考書を, 反省は, 口を, 古い觀念, 各事, 向の, 哲学物に, 哲学的, 哲学的概念の, 哲学的概念は, 哲学的概念を, 哲学的見解を, 哲學者めいた, 唯物論を, 唯物論乃至, 唯物論的な, 問題でも, 問題として, 問題も, 善後策を, 噂さは, 噂を, 因果である, 困難の, 困難や, 基本的な, 報告の, 報告を, 報告鬱憤歓喜悲嘆, 報道だ, 場合と, 場合に, 多くの, 大きな力, 大げさな, 大量観察の, 天才だ, 夫として, 失策や, 奇蹟的話材に, 学である, 学問と, 学問は, 実験を, 審美眼が, 對話, 小論文を, 屈辱感や, 工学上の, 常識, 常識だ, 常識と, 常識の, 常識は, 年次的記録は, 幻想の, 座談は, 廟議の, 弁証法的理解を, 影像しか, 影像を, 彼等の, 従来の, 御依頼, 御本, 御熱中, 御自信, 御質問, 心得も, 心構えは, 心理が, 思いつき的な, 思いやり, 思い出は, 思い出を, 思い出話を, 思惟であり, 思想の, 思想的な, 思慮が, 思案に, 思索を, 怪奇の, 恐しい話, 恩讐などは, 悔恨の, 悪口である, 悪口を, 悪評に, 悲しみと, 悲壮な, 惡評を, 愉快な, 意志を, 意見は, 意見わけても, 意識と, 意識を, 感じが, 感想, 感想で, 感想は, 感覚をも, 態度が, 態度と, 憂鬱感や, 懐疑は, 我らの, 或事, 戦略にも, 所謂侃々諤々の, 批判, 批判であり, 批判である, 批判などが, 批評, 批評は, 批評も, 批評や, 批評やの, 批評を, 抽象的な, 推賞の, 描写を, 支那人の, 攻撃論を, 故実を, 数学, 数学的著述や, 文壇的常識の, 文学的, 文学的主張は, 文学的性格づけ, 文学的認識は, 断片的な, 新聞記者風の, 方法論とも, 方法論至上主義の, 既成の, 明白感の, 昔話を, 是非は, 是非感激をも, 智識を, 最も常識的, 最も有力, 最も正確, 最も深い, 最も進歩, 最初の, 有名な, 本当に唯物論的, 根本的な, 検討が, 極めて不, 概念では, 概念な, 概念乃至, 様々な, 模様だつた, 正しい知識, 正確な, 比量的な, 氏の, 気休めの, 決断力に, 沒理想主義は, 法の, 注意だろう, 注意等をも, 海軍部内の, 消息なども, 涼しげなる, 深い興味, 測定実験も, 滿足とが, 無知から, 無知を, 熱心な, 物理学的実験は, 物語である, 物語には, 特に方法, 現実的な, 現実的概念として, 理念が, 理念その, 理念の, 理解では, 理解も, 理論が, 理論的分析に, 理論的計画に, 生きた実際, 生産力の, 用事で, 疑問は, 疑問を, 疑惑が, 直感が, 直接的な, 相談は, 相談も, 真理が, 真理それを, 真理であった, 真理を, 真理性を, 矛盾の, 知識と, 知識との, 知識に, 石原氏の, 研究なら, 研究にも, 研究も, 研究家等も, 研究応用及び, 示唆が, 社会常識な, 社会科学とに, 私一個人の, 科学と, 科学思想の, 科学的基本訓練に, 科学的態度を, 科学的認識が, 科学論的反省は, 科學的組織的考察の, 積極的な, 空想で, 穿つた観察, 穿鑿は, 童話を, 細かい考察, 細緻な, 経験論や, 統一的な, 統一的な掘り下げ, 統計の, 絶叫もしくは, 經驗は, 続きらしく呑気さうに良子, 総括的単行本である, 繰り言を, 考えが, 考え方を, 考へを, 考察に, 考察にも, 考察は, 考案などを, 肯定的見解と, 自信が, 自己反省と, 自惚れである, 自惚れでは, 自然科学と, 自由競争, 自覚, 自覚が, 自覚は, 自覚も, 興味ある, 興味は, 色々な, 苦慮から, 著述を, 衛生的注意などが, 見聞を, 見解の, 見解は, 見解を, 見透しは, 規定だ, 規定は, 親切な, 観念の, 観念や, 観念論に対して, 観念論的な, 觀察も, 解説, 解説は, 解釈としては, 訓練を, 記事だけに, 記事は, 記事を, 記事僕は, 記憶が, 記憶も, 記述で, 記述である, 記録, 評論などは, 詰問も, 話, 話しを, 話も, 詳細な, 詳細を, 認識であり, 認識でなけれ, 認識の, 認識論に, 認識論上の, 認識論的又は, 誤解から, 誤解が, 説に, 説教で, 説明として, 説明には, 説明は, 調査も, 調査報告も, 談話も, 論文も, 論文を, 論理を, 論理的考察を, 論証的, 論説に, 諸家の, 諸理論, 講演を, 講義あり, 講義に, 講義は, 講釈などが, 證言を, 議論が, 議論です, 責任を, 貴女の, 費用の, 質問が, 質問である, 質問を, 質問応答が, 質問書, 質問書を, 趣味と, 趣味は, 辯論も, 近い過去, 近代日本の, 近代的な, 近代風の, 述懐を, 迷信を, 追憶は, 連想との, 連想は, 逸話は, 過度の, 醜悪さは, 量子論的思想に, 長い愚痴, 限定を, 難かし, 面白い経験, 鞘当が, 頗るざっとした, 題目では, 願, 顧慮を, 養生を

▼ 就いても~ (334, 6.0%)

7 私は 6 少しも 4 多少の 3 この点, その通り, それと

2 [14件] お前と, 中国国民は, 亦同様, 亦無限, 例外を, 全く同様, 前々から, 前同樣, 彼は, 本集は, 種々の, 色々の, 訪客は, 遺憾なく

1 [280件] あて嵌まる, あの町, あまりにその, あまり知られ, いつたいその, いつもこの, いろいろお話, いろいろと, いろいろの, お伺い, お浦, かういふ特殊, かく云う, かつては, かなりな, かなりに, かねて, かれは, こう考えました, この文義的語義的解釈, この根本, この点変り, この特徴, この論法, これほどの, こんなに力, こんな噂, さばかりには, しゃべって, そうあらね, そういうこと, そうである, そのままあて嵌, そのまま行われるであろう, その内, その再, その文化, その相対性, その触れ, その認識論的成立, それほど意, それを, ただ他, たちまちカーテン, たとへば香水, ちっとも気, ちょっと考え, どういう範疇, どんな出鱈目, ながいこと, ひと通りの, まずこの, またあはれ, またけし, また證言, まるで知らない, もっとユックリ, もっと話, もはや説明, やっぱり気, よい批判者, より平易, れいの, イデオロギーに, エーテルの, カントに, ドエライ研究が, 一つの, 一度くりかえし, 一応の, 一応言及, 一応通用, 一番早く, 一緒に, 一通り知っ, 三人の, 下し得べき理窟, 世上往々, 世論という, 世間一般は, 主観の, 之と, 之を, 事情は, 云いたいこと, 云い得られる, 云って, 云ふ, 云われは, 云われるだろう, 云われるの, 亦そうあるであろう, 亦そうだ, 亦そうである, 亦同じ, 亦同じく, 亦哲学的範疇, 亦大, 亦弁証法, 亦方法, 亦検証, 亦私, 人の, 今後成るべく, 他に, 他の, 伏生が, 似たこと, 何う, 何か, 何かを, 何一つとして, 作者カーは, 個性を, 働かざるを, 僕は, 先覺の, 全く同じ, 全く安心, 全く考, 全く見当らない, 其の事, 其の方, 其の理由, 其常世の国に対する, 其餘り, 具体化される, 具体化し, 切て, 判るよう, 別に例外, 前人の, 前同様, 努めて, 効果の, 南佐久の, 南北の, 取, 口を, 同じである, 同じであるであろう, 同じです, 同じやう, 同じ事, 同じ樣, 同断である, 同様だ, 同様である, 同様な, 同様の, 同樣, 否定で, 吾が氣, 四年間も, 固より, 地方の, 均しく言, 変りは, 大いに力, 大した変り, 大分真面目に, 大切である, 大層よく知つて, 大抵一年とは, 夫, 如意の, 妻の, 学んだであろう寂照, 実証される, 実際は, 宮の, 實は, 少しの, 展開の, 屹度面白い, 岡田首相は, 常に感じる, 常に所謂, 平生健康でも, 幾何学的空間に, 延長展開されなけれ, 当て嵌まる, 当世が, 当然独立, 彼程, 彼等は, 心を, 思ひ出, 思索を, 患者等の, 感服し, 態, 我國の, 或は従来, 或時, 手不足の, 折々不審, 推測される, 提出したい, 数十年来同一趣旨の, 文化制限, 既に知る, 日本や, 普遍者を, 書き添, 曾ては, 最う私, 本当にその, 松本市の, 板の間の, 検閲を, 歳どんの, 歸らなかつた, 死と, 気がついた, 決して一定, 決して別, 無限可分割性が, 父や, 爾雅, 特に留意, 特殊な, 申さなければ, 発見する, 相当の, 真理である, 知って, 秀子が, 私共は, 科学の, 科学的世界に, 種々な, 種々話が, 空間直観に, 粒子, 粛軍的に, 細君が, 継起する, 繰り返え, 繰り返して, 繰り返すこと, 考えて, 考えなければ, 考へ得た所, 聞きあわせた, 自分が, 自己に, 興味を, 色々と, 色々詳しく, 蔭乍ら僕は, 行なわれねば, 行なわれるの, 見られること, 見出されるので, 見落せない, 観察未だ, 觀察未だ, 言いました, 言い得る, 言って, 言ふ, 言ふまで, 言へる, 言へるだらう, 言議に, 話した, 語って, 調べるんでしたね, 貞盛以上古い, 起こるの, 近所から, 述べられ得る, 重三, 随分批難, 雁字搦み, 靜かに, 面白い插話, 預かって, 黒板博士が

▼ 就いてのみ~ (23, 0.4%)

2 では

1 [21件] あの様, いつも蜜, ヘーゲルに, 云い得ること, 云うべきこと, 何時も後悔, 吟味する, 妥当し, 思いを, 暗さ, 求められる普遍性, 無情過酷で, 特有の, 立場の, 考えて, 考へを, 解説された, 言つてゐる, 許されるの, 許されるもの, 語って

▼ 就いてだけ~ (16, 0.3%)

2 云える

1 [14件] お話ししたい, だ, だろう, であった, では, ならば, 云って, 意味を, 書いたばかり, 申し上げました, 見るの, 語つてゐるはう, 語るの, 貫当りの

▼ 就いてから~ (15, 0.3%)

2 火傷の

1 [13件] じっと眼, たつた三日目, 二ヶ月を, 先刻の, 十カ月の, 半時間待たされた, 容易に, 春三郎は, 涙が, 眼が, 種々考えた, 置き物風の, 雨の

▼ 就いてからも~ (13, 0.2%)

2 イワンデミトリチの

1 [11件] しつこく里子, その活動寫眞, またその, 夫人は, 此の, 気分が, 犬の, 眠られぬ夜, 角刈の, 話したり, 警吏と

▼ 就いてばかり~ (10, 0.2%)

4 では 1 でなくもっと, でなく私, 云って, 彼女は, 話しを, 論じる

▼ 就いたり~ (7, 0.1%)

2 求めて 1 したが, すると, 宗教団体に, 灯を, 起きたり

▼ 就いてさえ~ (7, 0.1%)

1 その概念, 今日専門科学者の, 好んで, 家族制度は, 新しき詩美, 色々の, 見当違いな

▼ 就いてまで~ (6, 0.1%)

1 あれこれと, 一般化された, 及ぼせば, 批難し, 拡張し, 警保局で

▼ 就いてと~ (5, 0.1%)

1 それから小児遊園地, 全く同じ, 同じく茲, 同じ意味, 言ったもん

▼ 就いてからの~ (3, 0.1%)

2 一年半の 1 月日を

▼ 就いてしか~ (3, 0.1%)

1 事実上不可能である, 纏めること, 考え得ないの

▼ 就いてだけの~ (3, 0.1%)

1 ことであっ, ことな, ような

▼ 就いてよりも~ (3, 0.1%)

1 まづ田中君, ジャーナリズム内部に, 寧ろ小さな

▼ 就いちや~ (2, 0.0%)

1 まだまるで盲目, 面白い話

▼ 就いちや別段話~ (2, 0.0%)

2 もなかつた

▼ 就いてだけは~ (2, 0.0%)

1 この未熟, 階級性が

▼ 就いてだって~ (2, 0.0%)

1 勝手な, 外部からの

▼ 就いてに~ (2, 0.0%)

1 過ぎないであろう, 限って

▼ 就いてを~ (2, 0.0%)

1 りました, りますが

▼ 就いて迄も~ (2, 0.0%)

1 この結果, 拡大され得る

▼1* [21件]

就いちゃア明日伯父様と, 就いちゃあその火鉢, 就いちやこないだからあれ, 就いちや去年から郡役所, 就いちや為て置かなけり, 就いちや考へとる, 就いてけふ三浦兵衛尉さま, 就いてこそ必要であった, 就いてさえもその理論, 就いてすら疑惑を, 就いてすらも詩作上に, 就いてだけじゃ無い, 就いてだけに限る現象, 就いてだの又世界, 就いてとや角云う, 就いてなア彼奴は, 就いてなど六波羅から, 就いてなどもこれ, 就いてはと大袈裟に, 就いてまでも今云った, 就いでは全くの