青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「当る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

弾~ 弾丸~ 彌~ 当~ ~当っ 当っ~ ~当て 当て~ 当り~ ~当る
当る~
当人~ 当分~ 当局~ 当惑~ 当日~ ~当時 当時~ ~当然 当然~ ~形

「当る~」 2240, 24ppm, 4809位

▼ 当る~ (228, 10.2%)

28 である 14 です 10 だ, では 7 であるが 6 だが, ですが 5 かも知れない 4 だった, であろう 3 ですから

2 [18件] か, かね, がつまり, が立山山脈, だか, だから, だそう, だと, だよ, だ併, であった, であります, でありますが, であるから, でございます, でございますよ, は是非, を見

1 [95件] かい, かいずれ, かいなーと, かしら, かそれとも, かな, かなと思, かまるで, かも知れぬ, か丸, か沢山, か私, か見当, が, がその, がそれ, がただ今, がセルギウス, が一七六一年五月八日, が各人, が実に, が寝物語, が左, が当然, が最も, が最大限, が正しく, が親し, が銀座, が順序, さ, じゃという, ださうである, ださうで意外, だし, だぞ, だったが, だつた, だな, だろう, だろう何しろ, ぢやらう, であったかも, であって, であるしかし, である鮎差峠, であろうかと, であろうけれども, でございましょうか, でしたそして, でしょうか, ですね, ですよ, です世間, でなくては, でなければ, とがたん, には訳, は, はおかしい, はやはり, はフェルナン・グレイ, は不都合, は丹生, は九州方言, は僕, は全く, は其児, は危険至極, は小さい, は当麻寺, は恐い, は生徒監, は策, は葛巻, は霙, も一つ, も外れる, も御存じ, も泥棒仲間, よ, をボンヤリ意識, を味, を幸い, を待っ, を注意, を熟, を避ける, を静か, 世継稲荷の, 余暇が, 実力を, 手初めとして, 決意を, 老妻

▼ 当る~ (136, 6.1%)

3 いって, すれば 2 いう, いうので, 下の, 云うので, 云う訳, 章魚は

1 [118件] いうだけ, いうなら何, いうに, いえども, いふ, いふので, いやで, おもうくらい, お上さんにも, お茂登, かえって清盛, かなり苦心惨憺, くずれるよう, ここは, これは, すぐ雪, その事業, その時, その羽根, それが, それを, どういうこと, どうも万事, なかなか儲かる, なると, もう不安, ようやくそれ, ガタリざらざら, バネで, ホカホカし, 一条一条書物の, 三四人立騒ぐ, 不吉に, 中庭の, 之を, 二万三万の, 云うだから, 云うの, 云って, 云っても, 云ふ, 仲, 伸びて, 保証も, 信じて, 兎角ぐやぐやな自分, 八衢に, 八重子は, 其金を, 出て, 千両に, 可う御座います, 同時にぐらっと, 噂に, 塾の, 増強する, 外の, 好い説明, 家では, 小心で, 市四郎が, 帰って, 庇の, 庚と, 弾丸の, 弾丸は, 当らないとに, 当らぬとは, 彼の, 怒って, 思えば, 思ったら向う, 思っちゃ, 思わるる感じ, 思われる, 思ッた, 怪我を, 悪いでしょう, 想像され, 敬助の, 旅を, 日中は, 昔から, 時たま其の, 李湛は, 此毛から, 死ぬなど, 毒だ, 泣いて, 灰は, 玉質の, 生ぬるい水, 申して, 眼が, 私の, 私は, 穴を, 竜の, 縁側に, 美しいと, 老人は, 考えます, 考える部分, 耳の, 聞いた, 背が, 腕が, 自信ついた, 自分の, 見せ敵兵力, 覚悟し, 言うた, 言って, 言われた曲, 鉱物であり, 顔が, 驚いた事, 鼻唄の

▼ 当るもの~ (124, 5.5%)

7 である 3 がない, だ, であらう, です 2 か, だから, だと, だという, であること, で此図, には, は他, は叡山東方

1 [87件] ありと, かな, かねて行方, か少, か想像, か鎮子, があった, があります, がある, があるまい, がクリヴォフ夫人, がチ, が五百, が出来ました, が奴ら, が娘, が宮廷, が常に, が御歌会, が深く, が現われ, が窓硝子, が立て, が行く, が高低二種類, じゃ, だが, だらうか, であった, でありますから, であろう, でかう言, ですから, でその, では, で予てより, で合理的, で恐らく, で曲舞, で正, で突き当り, で花びら, で身許, という, とかが貴方, とされ, とし, として, となし, なきが, なき勢い, なし, なら, なら少し, に, においてもまた, にはかよう, のみにあらざる, の事功欲, の忌日, の母親, の離座敷, の音, の風采, はあれ, はこの, はございませんでしょう, はどんな, はまず, はもちろん, は勝手, は名護屋山三郎, は均しく, は奈良朝, は容易, は幸福, は弘法大師, は御身, は此, は浮気, は親, も無く, らしい, をふるひ落し, を乱離, を我々, を覚えました

▼ 当ること~ (85, 3.8%)

8 になった 5 になる 4 である 3 があつ, がある 2 がない, が無い, になっ, になり, をする, を決心

1 [50件] があろう, ができましょう, がどうして, がなく, が出来る, が少ない, が当然, が必要, が時々, が有, が有る, が無く, すらできる, だけはいつも, だけは察せられる, であろう, と彼, なしに, になつ, になつたの, になります, にはなった, には冷静, に申し合わせる, のみ, の出来る, は一つ, は今, は勝っ, は周瑜, は好まなかった, までは思いだし, もありゃ, もある, もあれ, もない, もなさずし, をあらかじめ, をすつかりわすれ, を予め, を以て修行, を希望, を得る, を得意, を想, を注意, を申出た, を言い出す, を言う, を避ける

▼ 当る~ (77, 3.4%)

5 である 32 で上, の血統

1 [65件] かと無礼, が, があっ, がある, がのうて, がやはり, がブラジル移民, がヤキモチ, が住ん, が医者, が大, が子供, が富本, が富裕, が持込ん, が来, が横浜, が永く, が王さま, が能面, ぞと畳みかけ, だって答えた, だと, だもう, で, であった, であつ, であるから, であること, ですが, でなくては, ではじめ天智天皇, でもと杭州, で参議源等, で名, で名古屋, で商工省, で工業技師, で彼女, で御内室, で白菜, で金持, なの, なんだい, によく, に出会った, のもの, の事, の写真, の家, の悔状, の棺, の財力, はその, はその後東京, はない, は園子, は川ば, は経書, もある, や母, をたずね, をもてなす, を呪っ, を本宅

▼ 当るよう~ (48, 2.1%)

3 なもの, な音 2 です, な気, にした, に思われ, に矢当り

1 [32件] だ, だったら俺, であった, でも, なこと, な事件, な人, な土地, な工風, な当らぬよう, な方角, な特殊, な疑を, な部分, な長い寂しい, な顔, な黄色い, にし, にする, になり, になりました, にふく, に出来, に出来てる, に思えた, に思われた, に思われる, に感じた, に成った, に淡い, に見える, に遣ろう

▼ 当るという~ (43, 1.9%)

4 ことは, ことを 3 のは 2 ことが, ことに, ことも, ような

1 [24件] ことにも, ことの, のだ, のである, のです, わけだ, 人から, 会意からの, 便利しか, 兵法は, 勢いで, 大金な, 奇観を, 意味である, 意味であるらしい, 意味に, 手筈を, 有様に, 楯井さんが, 理窟だ, 甘い空想, 結果を, 者も, 設備も

▼ 当るので~ (39, 1.7%)

1 [39件] あつて, あらう, おととしの, お浜, ここらでは, その祝い, それから, ついには, はっとした, ふしぎに, まを, もしこの, よく雇われた, 丁度其分岐点あたり, 不作のと, 互によく識, 其を, 前の, 十月十九日に, 奉公人やら, 妙に, 心に, 懐中勘定に, 普通の, 最初は, 東大寺では, 板状雪に, 気持よかっ, 油の, 浅いが, 眼を, 矢代の, 耳の, 表題は, 見て, 跫音は, 路傍の, 雨かしらと, 雪が

▼ 当る~ (35, 1.6%)

2 に無学文盲

1 [33件] あらず, あらんや, がその, がどこ, が二人, が他家, が力, が社会的, すでに八人, すなわち死す, だった, だという, でござるが, ですから, で曹新, で祭り, とせられ, とてなき, にし, に博大, の家, の直感, はありません, はあるまい, はほとんど, は一応, は何人, は其時, は迷, もなかっ, より直接侍従武官, をみな仆, 総出身者

▼ 当る~ (34, 1.5%)

3 え, どうか 2 当らねえか

1 [26件] お前わかる, そういう国際的, それを, どうかを, わかったもん, わからんと, わかりませぬ, わたくしは, 不明である, 不明です, 世界の, 二度三度で, 何う, 冷たい指さき, 分らない, 分らんでしょう, 当らないか, 当らんかで, 想像も, 或いは北, 案外近く実現, 知らんなど, 知れぬが, 知れは, 私は, 訊く気

▼ 当るところ~ (34, 1.5%)

1 [34件] があるでせう, があれ, がこの, がない, だ, だけが切り靡けた, だけ余計, だの, であった, であるが, でここ, でした, です, で一つ, で一人, で国香, で天婦羅, になにか, に人, に作られ, に小さな, に彼方此方, に据えられ, に真綿, に磨滅, のもの, は山峡, は金沙, へ夜具, もある, を幸い, を彎形, を転々, を鳴らし

▼ 当るから~ (33, 1.5%)

1 [33件] かく名づけた, これだけの, これより, それで自然, それは, だが, だ何, である, である私, オガンを, ワンも, 一万里に, 両国橋や, 之も, 人が, 人夫衆は, 今日存命し, 問題は, 坤と, 大雨の, 巫という, 御免蒙ったろう, 心を, 日清戦役が, 本集の, 此の, 気がついて, 用心しなく, 神さまの, 自然念流の, 見えるの, 見て, 近づいて

▼ 当る~ (31, 1.4%)

8 を夜中

1 [23件] から妙子, が一面, だ, だけがすれ, だと, である, で一方, にいつも, にすべて通用, には天井, にもポケット, に一段と, に俯向け, に小さい, に暖か, に清音, に疑うべく, に顔, の用意, ひらき申候, へわざわざ, まで歩い, を長屋

▼ 当る~ (29, 1.3%)

2 がある, がない, もある, も有る

1 [21件] があった, があつ, が出来ない, が出来る, が有さうな, が有る, だが, だけネ, とも成り, と思っ, と思つて, などは全く, は余計, は腹, も種々, をせじ, を後世, を忌, を探し, 古く支那, 無くん

▼ 当る~ (26, 1.2%)

4 任せて 3 まかせて 2 至って

1 [17件] しても, 先だって自身から, 前田父子の, 数としては, 極った, 決って, 至ったの, 足らずと, 足らなくなったが, 足る, 過ぎずそして, 過ぎない, 違いない, 違えねえ, 違ひない, 非ずん, 驚くべき果敢

▼ 当るわけ~ (24, 1.1%)

5 である 3 だ, だが, です 2 であるが, で然し 1 じゃありません, だつた, だね, ですが, では, ね

▼ 当るかも~ (23, 1.0%)

5 知れない 2 知れないけれども, 知れん

1 [14件] しれざれども, しれず一人当り, しれない, しれないという, しれない不, 知れずて, 知れないから, 知れないと, 知れない兄, 知れぬ, 知れぬ仲働き, 知れねえからよ, 知れねえや, 知れ無い

▼ 当る~ (23, 1.0%)

1 [23件] ここからは, このハシ, その光線, その間に, つまり重吉, ままの, めのと, 三十年と, 其日には, 女は, 座中の, 彼が, 本命通りの, 東穂高岳と, 為めで, 為めなり, 甲斐は, 美津子が, 自分は, 言葉も, 豊間と, 軒も, 軒を

▼ 当る~ (21, 0.9%)

2 が住ん, だけれども, であった

1 [15件] がいや, がこの, がそこ, が彼, じゃなかった, だそう, だったから, だと, でいずれ, です, で昨夜, と及び, と良人, などもいた, の艶聞

▼ 当る部分~ (20, 0.9%)

1 [20件] がなく, が思った, が薄, だけが荘厳, だけをちょうど, とが合した, と云っ, なの, には, に一本, に用いられた, のみが熔け, の中央, は別に, は吹き倒れ, は絶妙, へ豚, もある, をも考え, を刺し貫い

▼ 当る~ (16, 0.7%)

7 幸いに 1 もて人馬, 仆し, 幸い, 幸いそれ, 幸い厄払い, 幸い右左, 幸に, 得ん, 見る

▼ 当る~ (16, 0.7%)

3 がした

1 [13件] がする, がそれぞれ二つ, がサ, が次第に, が聞えた, であつ, はとにかく, は軽い, までが遠く, を彼等, を耳, 宜敷い, 思いおこしました

▼ 当る~ (13, 0.6%)

2 木が

1 [11件] だから二階, ひょッ, また禿, 冬は, 崇神天皇にも, 日本武尊にも, 現在の, 神武天皇にも, 聖徳太子か, 色が, 野原は

▼ 当る~ (13, 0.6%)

1 [13件] から不, です, で肉, なん, にある, には木材, に乾し, に横たわった, のこの, の新, は, は肉, へ向う

▼ 当るこの~ (12, 0.5%)

2 三人の, 三輪の 1 うえ押し, 儀作爺さんに, 地に, 平地の, 広漠かつ, 店の, 老女の, 逸子という

▼ 当る~ (12, 0.5%)

31 だって, だで, だね, だよ, でしょうか, でしょうネ, です, ですか, ですね

▼ 当る~ (11, 0.5%)

7 八卦当らぬ 1 かれこれ言わぬ, なおかつこれ, 家名の, 当らねえも

▼ 当る万葉仮名~ (11, 0.5%)

2 がおのおの二類 1 がおのおの, が二類, だけは二類, にある, について言い得る, にも区別, は, は沢山, は皆通用

▼ 当る~ (11, 0.5%)

1 [11件] がおかしい, だ, でしょう, で神話中, の御, は男女, へと泳い, もこの, を歩い, を覗き, を鉄砲

▼ 当る~ (11, 0.5%)

3 に志 2 のこと, は一日 1 が片, で賑, は桃色, を期し

▼ 当るかと~ (9, 0.4%)

1 いうに, カタズをの, 存じられますが, 思いました処, 思ううち, 思うと, 思って, 思つて私は, 指さされたところ

▼ 当るそう~ (9, 0.4%)

2 です 1 だから, である, でございます私共, ですよ, で何ん, で子供, で居候

▼ 当るとは~ (9, 0.4%)

1 いえ実は, いわないが, この事, 思いませんでしたわい, 思つてゐなかつた, 此の, 殆ど空, 申されません, 言へ

▼ 当る~ (9, 0.4%)

3 である 21 だろう, であるが, なれば, のもの

▼ 当るやう~ (7, 0.3%)

1 だと, な傾向, な気, に, になつ, に思はれ, に聞える

▼ 当る人々~ (7, 0.3%)

1 に望みたい, のこと, の為, の精神, は欧州列強, は盆, を斥

▼ 当るその~ (6, 0.3%)

1 切髪の, 大工の, 女たちにも, 妻も, 子は, 細道を

▼ 当るといふ~ (6, 0.3%)

1 ことが, ことは, ことも, やうな, 余計な, 考へから

▼ 当るはず~ (6, 0.3%)

1 である, の, のあろう, はない, もない, も無く

▼ 当る~ (6, 0.3%)

51 えでねえ

▼ 当る仮名~ (6, 0.3%)

1 が二類, であるという, と, との実例, については一般, の用例

▼ 当る~ (6, 0.3%)

2 がない 1 が二つ, が多く, が無い, も無い

▼ 当るとき~ (5, 0.2%)

1 が出来る, には食糧供出, はたちまち, はどんな, は眼

▼ 当るまで~ (5, 0.2%)

1 ぼんやり待っ, 同じこと, 生存する, 行くという, 辛抱する

▼ 当る位置~ (5, 0.2%)

1 ですから, で間, にあった, に縛りつけ, に間

▼ 当る場合~ (5, 0.2%)

1 には用いられない, には誰, にも用いられる, に新た, 何より強味

▼ 当る~ (5, 0.2%)

1 から妻, であ, の娘, の若い美しい, へと世話

▼ 当る~ (4, 0.2%)

1 俊という, 咲だった, 筆の, 累の

▼ 当るお方~ (4, 0.2%)

1 でござろうかの, でさ, です, の事

▼ 当るって~ (4, 0.2%)

1 どんなこと, なによ, わけな, 評判じゃ

▼ 当るとか~ (4, 0.2%)

1 そういう死に, でやはり, 学校にも, 当らぬとかいう

▼ 当るばかり~ (4, 0.2%)

2 だと 1 です, でない自分

▼ 当るほど~ (4, 0.2%)

1 かえって難, である, な覚悟, 猛気

▼ 当る~ (4, 0.2%)

2 からず 1 からざる, からざるもの

▼ 当る場所~ (4, 0.2%)

1 ではない, に小さな, へ顔, を選ん

▼ 当る大きな~ (4, 0.2%)

3 お身 1 硝子窓の

▼ 当る~ (4, 0.2%)

1 が彼, っての, でした, の息

▼ 当る~ (4, 0.2%)

1 その作家, で五十三四度, にはいつも, は眩い

▼ 当る~ (4, 0.2%)

2 の音 1 が弾, を無

▼ 当る~ (4, 0.2%)

1 が何となく, さえが眼, の寒, もなく

▼ 当るあたり~ (3, 0.1%)

1 に下流, に長々, へ赤い

▼ 当るある~ (3, 0.1%)

1 学識の, 村の, 病身な

▼ 当るうち~ (3, 0.1%)

1 に三軒家町, の方, は岩

▼ 当る~ (3, 0.1%)

1 えと明け暮れ, ちゅうて, 畜生

▼ 当るため~ (3, 0.1%)

1 にその, に剣山陸軍大臣直属, に外

▼ 当るだけ~ (3, 0.1%)

1 だつ, でね, 引上げる

▼ 当るだけの~ (3, 0.1%)

1 力量の, 流布を, 行為が

▼ 当るとして~ (3, 0.1%)

1 お考え, しかし元々果して, 仕事の

▼ 当るとの~ (3, 0.1%)

1 主義を, 推定から, 由だった

▼ 当るとも~ (3, 0.1%)

1 いったよう, 八五郎が, 当ると

▼ 当るなど~ (3, 0.1%)

1 下の, 向うところ, 薪を

▼ 当るには~ (3, 0.1%)

2 別に履歴 1 俳優の

▼ 当る~ (3, 0.1%)

1 みずから死を, 不利だ, 外務大臣の

▼ 当るひと~ (3, 0.1%)

1 がおじいちゃん何, だ, の病状

▼ 当るほどの~ (3, 0.1%)

1 ことは, 所で, 門も

▼ 当るまでは~ (3, 0.1%)

1 この問答, 決して売っ, 眼の

▼ 当る~ (3, 0.1%)

1 万夫も, 直ちに国, 知らねど

▼ 当るより~ (3, 0.1%)

2 外は 1 ほか受け方は

▼ 当るを以て~ (3, 0.1%)

1 甘じ, 記憶にも, 谷中の

▼ 当るんで~ (3, 0.1%)

1 いつまでも, もう少しする, 勝の

▼ 当る二階~ (3, 0.1%)

1 の今, の椽側, の武具室

▼ 当る分量~ (3, 0.1%)

3 を服用

▼ 当る~ (3, 0.1%)

1 る御, る日本画家, る王様

▼ 当る文字~ (3, 0.1%)

1 との間, とヲ, は使わない

▼ 当る~ (3, 0.1%)

1 といえる, 医学博士を, 書店に

▼ 当る橘夫人~ (3, 0.1%)

3 の法華経

▼ 当る~ (3, 0.1%)

1 がした, がない, なら

▼ 当る~ (3, 0.1%)

2 の音 1 が折れ返る

▼ 当る~ (3, 0.1%)

1 が塵除, のカアテン, の処

▼ 当る若い~ (3, 0.1%)

1 ものか, 男を, 連中で

▼ 当る部屋~ (3, 0.1%)

1 だが, には待鳥君, は其の

▼ 当るあの~ (2, 0.1%)

1 叔母を, 可愛らしい男

▼ 当るあらゆる~ (2, 0.1%)

1 万葉仮名が, 場所を

▼ 当るお婆さん~ (2, 0.1%)

1 のハイカラ, の処

▼ 当るかという~ (2, 0.1%)

1 意味だ, 質問を

▼ 当るかは~ (2, 0.1%)

1 ずれるか, 明らかでない

▼ 当るからと~ (2, 0.1%)

1 云って, 思ったが

▼ 当るかを~ (2, 0.1%)

1 知らずに, 知らない

▼ 当るたび~ (2, 0.1%)

1 にお, に毒虫

▼ 当るとかいう~ (2, 0.1%)

1 ことで, 由でした

▼ 当ると共に~ (2, 0.1%)

1 丁戊の, 眼を

▼ 当るなどという~ (2, 0.1%)

1 のも, 晴がましい体験

▼ 当るのに~ (2, 0.1%)

1 どうして冬祭り, 違ひありません

▼ 当るふし~ (2, 0.1%)

1 がない, を言

▼ 当るまでには~ (2, 0.1%)

1 一分か, 少年には

▼ 当るみつ~ (2, 0.1%)

2 はのめ

▼ 当るもん~ (2, 0.1%)

1 じゃア, だから

▼ 当るやら~ (2, 0.1%)

1 わからん, 雑訴を

▼ 当る~ (2, 0.1%)

1 たちまち敵, 当るわ

▼ 当る三日~ (2, 0.1%)

1 といえ, より富士見

▼ 当る~ (2, 0.1%)

1 に主家, に其所

▼ 当る上元~ (2, 0.1%)

2 の夜

▼ 当る中村~ (2, 0.1%)

2 と云

▼ 当る事ゆえ~ (2, 0.1%)

1 一度江戸, 一度江戸表

▼ 当る二類~ (2, 0.1%)

1 の中, はちょうど

▼ 当る人達~ (2, 0.1%)

2 が実は

▼ 当る人間~ (2, 0.1%)

1 が彼女, はいくらか

▼ 当る~ (2, 0.1%)

1 の夫, は死に絶えた

▼ 当る仕事~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ 当る伏魔殿~ (2, 0.1%)

2 が家庭感情

▼ 当る伯姫~ (2, 0.1%)

1 が息子, という女策士

▼ 当る~ (2, 0.1%)

1 の座席, へ向かせた

▼ 当る八代子~ (2, 0.1%)

1 という者, の娘

▼ 当る十月~ (2, 0.1%)

1 にすみ, に私

▼ 当る吹雪~ (2, 0.1%)

2 の音

▼ 当る地方~ (2, 0.1%)

1 のいくつ, の深夜

▼ 当る大金~ (2, 0.1%)

1 でしたそれ, です

▼ 当る~ (2, 0.1%)

2 の安

▼ 当る女子~ (2, 0.1%)

1 が武州世田ヶ谷, で母様

▼ 当る如来像~ (2, 0.1%)

2 を描く

▼ 当る婦人~ (2, 0.1%)

1 だったの, には一人

▼ 当る~ (2, 0.1%)

2 や寺

▼ 当る家柄~ (2, 0.1%)

1 の娘, の者

▼ 当る~ (2, 0.1%)

1 地獄温泉の, 庭に

▼ 当る尾根~ (2, 0.1%)

1 に千五百六十米, の側面

▼ 当る~ (2, 0.1%)

1 で荒沢山, にどこ

▼ 当る~ (2, 0.1%)

1 である, にこんな

▼ 当る廊下~ (2, 0.1%)

1 の両開き, の突当りで

▼ 当る~ (2, 0.1%)

2 らんは

▼ 当る~ (2, 0.1%)

1 の執念, は長い

▼ 当る必要~ (2, 0.1%)

1 がありましょう, がある

▼ 当る急所~ (2, 0.1%)

1 だったの, を占める

▼ 当る~ (2, 0.1%)

1 を以て弱冠, 北国と

▼ 当る方向~ (2, 0.1%)

1 からの水蒸気, も身体

▼ 当る~ (2, 0.1%)

1 であった, にはその

▼ 当る東京~ (2, 0.1%)

1 から南, の私塾

▼ 当る海岸~ (2, 0.1%)

1 である, でそこ

▼ 当る漢字~ (2, 0.1%)

1 は古老, を探し出す

▼ 当る~ (2, 0.1%)

1 がある, を打ち砕い

▼ 当る狭い~ (2, 0.1%)

1 書棚の, 路地の

▼ 当る白い~ (2, 0.1%)

1 径を, 風の音を

▼ 当る~ (2, 0.1%)

1 の初め, の陽

▼ 当る~ (2, 0.1%)

2 と漣

▼ 当る~ (2, 0.1%)

1 のあらう, はない

▼ 当る織女星~ (2, 0.1%)

2 に習合

▼ 当る菱田中行~ (2, 0.1%)

1 が基督教, という少年

▼ 当る~ (2, 0.1%)

1 がありました, 之助

▼ 当る~ (2, 0.1%)

1 だね, である

▼ 当る~ (2, 0.1%)

1 に柄, は見物

▼ 当る辺り~ (2, 0.1%)

1 が濡れ, であ

▼ 当る~ (2, 0.1%)

1 さ二倍の, 近の

▼ 当る長椅子~ (2, 0.1%)

2 に腰

▼ 当る限り~ (2, 0.1%)

1 は噛み散らし, は大鹿

▼ 当る青年~ (2, 0.1%)

1 がひとり, と並ん

▼ 当る風の音~ (2, 0.1%)

1 がし, が物凄く

▼1* [597件]

当るあとつぎを廃嫡, 当るいまのもの, 当るうれしさは, 当るお玉と比べ, 当るお雪さんであ, 当るかい畜生, 当るかが問題に, 当るかぎりたしかに畸形的, 当るかといふ事を, 当るかとか時計を, 当るかによって一の, 当るからとて此の, 当るきりで直接, 当るくらいな所, 当るくらいの年配と, 当るけに精進を, 当るけれど下座敷, 当ること九年にし, 当ること勝敗の数, 当ること疑いなし, 当るこれをわが身, 当るさる身分ある, 当るせいか顔, 当る止しなよ, 当るそこで破足袋, 当るそれでももう相当, 当るぞよ世界の, 当るたちではなかろう, 当るため夏道が出, 当るだけが仕事で, 当るつもりである, 当るというくらいな気持, 当るといった人も, 当るとかでその前側, 当るとき鼈四郎の瞼, 当るとしましたら三年ぐらい, 当るとやらで当分そこ, 当るどころの沙汰, 当る城太郎, 当るなと思って, 当るなどと思うこと, 当るなどとは身に, 当るなんてこんな果報, 当るねじ鋲がちょうど, 当るばかりか社員の, 当るひとででもあった, 当るほども自分の, 当るもう老いぼれた圓蔵, 当るものの如く考えられて, 当るもの家と見, 当るもの此亦呪言の型, 当るやはり独逸人の, 当るへ其節, 当る畜生ッ, 当るよりもなお悪い, 当るわしや伜駿河守, 当るアサはこの, 当るアヴィーロヴァ夫人に書い, 当るウイルヘルム第一世, 当るエドワアルをも伴った, 当るオカカは気, 当るオノトを新, 当るオーカミイナリとは郡内, 当るキク子がやっぱり, 当るグラスの親しみ, 当るジウラ王子を蒙, 当るセレナ夫人の前面, 当るチットばかり耳, 当るトマス・スミス・スティヴンスンは北英灯台局, 当るニコライ・トルストイの半身像, 当るベルリンやロンドン, 当るマリア・バルバラと結婚, 当るモンマルトルへ引越し, 当るレヴェズの室, 当るヴィヤ・サン・パオロに住む, 当るかどの, 当る一九三五年の第, 当る一人の坊主, 当る一勢のうち, 当る一員として召し出される, 当る一彰さんというひと, 当る一番大きな箱, 当る一隅に行く, 当る七つの蓑吉, 当る三上孝子の父親, 当る三男が聖雲, 当る三間が私たち, 当るへ投げだし, 当る下付金を公債証書, 当る下女部屋の戸, 当る不敬だと, 当る与吉を貰, 当る両方の上隅, 当るに声, 当る中学生を一人, 当る中年の女, 当る中納言敦忠に対しては餘所, 当る中腹にペダゴギウム, 当る丹前は此等, 当る主人太兵衛が偉かっ, 当る久しぶりの休日, 当る事務的才能のある, 当る事実を示し, 当る事幾度ぞ, 当る二つについては既に, 当る二十七八になる, 当る二十四の音, 当る二月は例外, 当る二階建の家, 当る五十とか六十, 当る五月の早苗時, 当る五月二十八日の子, 当る人格であるが, 当る人物の選択, 当る人間たちはお互い同志, 当る今度はお前さん, 当る仕組になっ, 当る付け髯とが出, 当る代物はいまだかつて, 当る以上は文壇的結社, 当る以外もはや近道, 当る伊平屋群島をこめ, 当る伊藤八兵衛という二人, 当る位百年も辛棒, 当る山である, 当る佐助を低く, 当る何物もなく, 当る作者自身の心掛, 当る価値がある, 当る価格の切符, 当る停車場は彼, 当る健策という医学士, 当る側のをこな, 当る働きを為す, 当るがあたかも, 当る伯爵海原光栄氏は, 当る先生の手法, 当る児島良平という男, 当る全ての物, 当る公義の子, 当る六千八百億トンの石炭, 当るを用, 当る具合によってはその, 当る内奥の水, 当る内股のところ, 当る刑罰が宣告, 当るより経綸, 当る初秋の風, 当る刹那燕の返る, 当るの夜, 当る前田の邸中, 当る勇将では, 当る勇気を怯ませ, 当る動力線の一点, 当る勘吉は十何年来町役場, 当る区分の文句, 当る区域はなく, 当る医学生が持っ, 当る十万八千三百六十八人を就職, 当る十六の少年, 当る千八百円ベースというもの, 当るへ折角, 当る南向きの塀, 当る南大門との間, 当る南天の樹, 当る原因があつ, 当る原田武子さんが持つ, 当る原稿をとる, 当る及川という, 当る反響に私, 当る叔母の娘, 当る古代語であり中世, 当る古典的近代が実存, 当る古風なお方, 当るは知れ, 当る可らざるもの, 当る可らざる者がある, 当るの方, 当る吉本董三氏で美髭, 当る同じような, 当る同業の男, 当る同社の王子章, 当るとを持っ, 当る名家で当主孔叔圉, 当る名門の令嬢, 当るにある, 当る向う側のボックス, 当る向う岸に向っ, 当る和訓がない, 当る嘉永生れの高齢者, 当る器量人が銀行, 当る四十こした後家, 当る四周の山, 当るから来たらしい, 当る国防のみを如何, 当る園芸家なん, 当る土地では, 当る土堤のよう, 当る地上には人体形成, 当る地下室から棺桶, 当る地主たちは一家ケンゾク, 当る地域で東, 当る地境の悪所, 当る城下の町, 当る基経の子, 当る堅い冷たい不愉快な, 当る墓地へ出た, 当る壬生氏に種々, 当る壮瞥村であって, 当る夜風の涼味, 当るに富んだ, 当る辟囚らを, 当る大事な箇所, 当る大学教授に世話, 当る大木の頂き, 当る大炊王を自邸, 当る天下の旗本, 当る天井の中央, 当るを知, 当る夫人の見舞い, 当る女体が張り切った, 当る女給がい, 当るの襟首, 当る妙貞という婦人, 当る妙高はいくらか, 当るなん, 当る婆様が出, 当る子爵家のお姫さま, 当るは何かと, 当る季節境の荒模様, 当る孤児で医科, 当る学区取締というの, 当る学生達と若い, 当る守将であるから, 当る安土の方, 当る宗匠方の十七字, 当る官僚群がかかる, 当る定通公が藩, 当る実際は一四九五〇万キロメートル, 当るへ引越した, 当るとしてある, 当る家並の門礼, 当る宿命の瘤, 当る富五郎は八丁堀, 当る富士の根際, 当る富裕な一未亡人, 当る富豪現貴族院議員, 当る寝具であるに対して, 当る寡兵蜀陣としては, 当る対向点まで来る, 当る小さい娘の, 当る小さな格子窓が, 当る小坂オトメというお婆さん, 当る小説家小田嶽夫氏である, 当る小金井喜美子の訳筆, 当る小鼻が如何にも, 当る少壮実業家で詩, 当る少年が当時, 当る山つきの低地, 当る山中の造り酒屋, 当る山側から塀, 当る山内得立博士や美学, 当る山稜の側面, 当る山腹にある, 当る山風が窓, 当る岡本の住居, 当る峡谷に生れた, 当るの東側, 当るの上, 当るッたい, 当る平戸島の人, 当る平明さを諦らめ, 当る年下の青年, 当る年席順を換, 当る年配の人, 当る年齢程度の女の子, 当るさの, 当る広大な原, 当るの上, 当る床の間に活立, 当るにたぶり, 当るをそこ, 当る建物を引き倒し, 当る弓形の一ヵ所, 当る五郎の, 当る当主駿河守の許, 当るを勤めた, 当る役人に法学的素養, 当る役割を有, 当る役目なの, 当る往来の一部分, 当る従ってこの金星, 当る御仁じゃ, 当るが籠っ, 当る必要上真実に強き, 当る怪しき部屋へ, 当る恐れもありません, 当る患者を見廻し, 当る意義を示す, 当る感覚であれ, 当る慶長十九年正月六十九歳で死んだ, 当る戸田様の御, 当る所々に蛙, 当る所謂時計室の広い, 当るの青, 当る手奈島や仁保島, 当る手筈であった岡田弥市, 当る抒情部分を重く, 当る探偵好きの若い, 当る教員諸君である, 当る教育家は果して, 当る教育界の無気力, 当る教育者がなるたけ, 当る数ヶ村も皆, 当る数字は見当らない, 当るもない, 当る文学好きの青年, 当る文芸批評家が新しい, 当る料理なの, 当る斜面上に土, 当る断崖の中腹, 当る新聞は社会学的, 当る新進のインテリ女優, 当る方々の考慮, 当る方数十里の大, 当る方言を集め, 当る日光を眺め, 当る日本武尊蛇を跨い, 当る日金山鶴巻山十国峠を頂いた, 当る山崩れ跡が, 当る早乙女主水之介, 当る早川夫人から, 当るのいろ, 当る昨日という日, 当る昼間なぞそばかす, 当る時恋人の愛, 当る時間に船長室, 当る時電車のつり革, 当る普遍なもの, 当る曹操の中軍, 当る最も貴様らの, 当る朔平門に関して考へね, 当る朝吉兵衛しょんぼりお, 当る朝臣だな, 当る木賀子爵という青年, 当る本人は心, 当る本流の底, 当る本郷台に御弓組, 当るを五六十枚, 当るの森, 当る材木店の勝手口, 当る材木店前の土橋, 当るに鄭, 当る村落を仙北, 当る東北側の露地, 当る松下の理之助, 当る松木龍之進が大, 当る松本が叔父, 当るを力, 当る枯草の路, 当るで噪, 当るの根っこ, 当る梅田百合子というの, 当る梨畑の下, 当る棒小屋乗越を越し, 当る棟木に毎晩一匹, 当る椅子を進めた, 当る植木が一種類, 当る検非違使など大宝令, 当る極悪人に求むる, 当るにする, 当る横川にいわゆる, 当るに臨み, 当る機関があるだろう, 当る正直で素直, 当るのお, 当るの娘, 当る死体の足もと, 当るが亡くなっ, 当る毛髪が冷めたい, 当る気もちも甲野, 当る気持のよさったら, 当る水司又市を捜し, 当る水音は高く, 当る池泉式の庭, 当る決心をし, 当る沢山の梁, 当る河岸へ通っ, 当る弁ずるまでも, 当る浴槽の上, 当るがない, 当る深見高次が南方, 当る添邸の山本平作方, 当る清明節の朝, 当る清水は下町, 当る湘江の水勢, 当る潮流の抵抗, 当るの音, 当るは自然, 当る然し真の, 当る爺さんだが, 当る牧場内の雑木山, 当る状態で出来た, 当るの莫迦囃子, 当る猛卒のみだ, 当る玉那覇某という人, 当る理屈になる, 当る理解に対応, 当る琉球の古語, 当る用語例に拡がつた, 当る田中といふ高校生, 当る田口とを想像, 当る田庄平です, 当る田畑が灌漑, 当るである, 当る由娘は二十八, 当る由緒深い名家, 当る男らしく師匠に, 当る男慈悲深く憐ッ, 当るの若い, 当る畑柳庄蔵も殺し, 当るであるの, 当る番外員は内務権, 当るの下, 当る白壁が黒く, 当る直感作用をもっ, 当る直義や師直, 当る相手は貴女一人, 当る相棒がいた, 当る相馬尚子が仏語, 当る真理である, 当る真紀子を誘う, 当る石ころの音, 当る石段の左, 当る砂丘の蔭, 当る硝子をとんとん, 当る硝子戸の裏, 当る社会には, 当る祇園の犬神人, 当る祖父の義弟, 当る神様だという, 当るだよ, 当る秋山が喉頭結核, 当る秋風の音, 当る秩父側は針葉闊葉, 当るの石, 当る程度ではあつ, 当るへ凸レンズ, 当る空気が酸, 当る突き当りです, 当る窒素が無意義, 当る窓際で私, 当る窪地でネロ, 当る立花飛騨守ら六人が老中酒井雅楽頭, 当る筆子夫人が寵愛, 当る等身大の座像, 当る策戦の裏, 当る箇所に立たせ, 当る細かな音, 当る細木助教授次ぎに, 当る細胞の能力, 当る細道を抜け, 当る紳士島野氏の道伴, 当る経本を誦した, 当る絵姿である寝台, 当る絶嶮地半ば以上登ると, 当るです, 当る傾斜地を, 当るのため, 当る縁側に机, 当る縮緬問屋の若, 当る繁子がさう云っ, 当る織田信広や岩倉城主織田信安等, 当る美しい中年増の, 当る群像から不意, 当る義直卿も頼宣卿, 当る十日も, 当る婦人で, 当る考えで公園前, 当る者みな趙雲の槍, 当る者子澄泰の輩, 当る者製作に当る, 当る聖趾窓から抜け出すだろう, 当るはこれ, 当る職分をし, 当る背戸口の井戸, 当るの横, 当る胸部へがつ, 当る般若寺村の橋本方, 当る色々の万葉仮名, 当る花清宮裡の双, 当る芳子さんの御, 当る若者宛の遺書, 当る苦学生であるが, 当る英国の, 当る英国財貨の販売, 当る茶店とか人家, 当る荒巻トシ子嬢と二人, 当る葉書を出した, 当る薄暮の風, 当る薬屋源太郎はお, 当る虎井夫人を憎み, 当る街道へ続々, 当る被衣の端, 当るの前栽畑, 当る裏山の斜面, 当る西日は白い, 当るはない, 当る見識や才能, 当る覚悟なので, 当る角店である, 当る言葉ではなかっ, 当る詩人に, 当るではなかつた, 当る警吏と相, 当る資本の生産的使用, 当る資格がない, 当る赤坂に芸妓, 当る赤坂黒鍬谷の寺, 当る赤煉瓦と黒い, 当る赭色の絶嶂, 当る越後侍従忠輝卿は七日, 当る足クビだけです, 当る路次に附い, 当る路面に懐中電燈, 当るが羽振り, 当る身分の高い, 当る車室は一杯, 当る軍人同士のあいだ, 当る軒先から三尺, 当る農家へ紹介状, 当る近所を言われ, 当る達人のいない, 当る遠江守時政の後妻牧, 当る部分あたりからさまざま, 当る部分背中でより, 当る部門はほか, 当る都合である, 当る里見八犬伝はその, 当る重たい板戸で, 当る重厚味といひ, 当る野村三田村あたりの民家, 当る金属性の微か, 当る金座の後藤三右衛門, 当る金次郎の家, 当る金銀のほか, 当る長い木橋の, 当る長井隼人正が義龍, 当る長崎の両, 当る長袴連中はその, 当る開店の時, 当る開閉器は階段, 当る間柄なん, 当る関西の或, 当る関西電車社長浜田丈吉氏の従弟, 当る防堤の上, 当る防波堤に出, 当る陰気なジメジメ, 当る陶器の幽か, 当る隆起で左, 当る雑木の茂った, 当る雨音を聞き, 当るの山, 当る雪折竹の音サラ, 当る雲井文彦という青年紳士, 当る電力を要する, 当る霊場に行っ, 当る露路の奥, 当る青い青い大気の, 当る青物市場や魚市場, 当るなん, 当る音ガラスの割れる, 当る音楽学校を退学, 当るのこと, 当るを夢中, 当る頸椎に脱臼, 当るの租税, 当る顔讎由という人, 当る風あたりが気味, 当る風習を開く, 当る風音と谷川, 当る飾り突起に糸, 当る餓鬼大将に率いられ, 当るの根, 当る馬鹿者がゐる, 当る駆逐艦の御大, 当る駒下駄の音, 当る駿河能国の福慈, 当る高い崖の, 当る高地まで来た, 当る高貴なその, 当る高齢の人, 当る麻布の台, 当る黒い海を, 当る黒木長者の孫右衛門, 当る黒要を惨殺, 当るづらの