青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「帰る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

帰~ 帰し~ ~帰っ 帰っ~ ~帰った 帰った~ ~帰つて ~帰り 帰り~ ~帰る
帰る~
~帰ろう 帰ろう~ 帳~ 帳場~ 帶~ ~常 常~ ~常に 常に~ ~常識

「帰る~」 8829, 91ppm, 1214位

▼ 帰る~ (1914, 21.7%)

49 すぐに 26 いって 25 彼は 21 しよう 17 云って 16 私は 14 いうので 11 言って 10 しようか 9 急に 8 すれば, 彼女は 7 すぐ 6 云った, 云ふ, 母は, 私の, 自分の 5 いう, いうから, それを, なると, 云うので, 言い出した 4 いいだした, いえば, いふので, 云うの, 妻は, 父は, 直ぐに, 自分が, 言いだした

3 [15件] いうが, いっても, すぐその, すぐまた, すぐ彼, その日, その時, その晩, 云い出した, 云ひ出した, 今度は, 入れちがいに, 思って, 日が, 父の

2 [96件] あたかも午前十時, あたしは, あった, いうからには, いうと, いうのに, いたします, いった, いつもの, お婆さんが, お婆さんは, お請合い, さすがに, さっそくその, しましょう, すぐ僕, すぐ孔明, すぐ家, すぐ寝床, すると, その人, その足, それが, なって, なれば, ほんとにダンス, もとの, わたくしは, わたしは, われわれの, パンと, ラグビーの, 一人で, 一室に, 事が, 二人の, 云うこと, 云う時, 云ったが, 云ったん, 今日は, 仕よう, 仰言, 何か, 例の, 信吾は, 僕の, 入口へ, 列車は, 又入浴, 又麻雀, 双方共に, 夕食の, 夜は, 夜まで, 夜も, 大急ぎで, 大阪の, 女中の, 女房が, 嫂が, 学校の, 家よりも, 平癒した, 座敷の, 庭に, 御飯を, 急いで, 我輩の, 扉は, 暗い寒いアパアトメント, 書斎へ, 曹操は, 机の, 横町の, 正三は, 母の, 汝の, 決心し, 獄友諸君から, 直ぐに高鼾, 直ぐ私, 祖母が, 私も, 美奈子は, 胃から, 言い出しました, 言い出せば, 言つた, 豪語し, 踊りの, 釣銭を, 鈴木に, 門の, 門野が, 鞄を

1 [1360件 抜粋] ああした, あさひは, あとは, あの反物, ある日新聞社, いい, いいながら, いい出した英気風発, いい出しましたが, いい父, いうて, いうほど, いきなり仕立て, いきなり美和子, いけませんあれ, いたしまする, いったが, いつか旅へ, いつでも, いつもしばらくは, いふ, いろいろの, うぬ, おかみさん, おっしゃいますけれど, おっしゃれば, おのずから僕, おばあさんも, お八重, お姉さん, お杉隠居, お母さんが, お母さんは, お沢, お秀, お里は, かけ蕎麦, かねて, かれこれ十一時過ぎ, きっと無, きめたプラン, きょうは, こういっ, こっそり二階, このよう, この歌, これが, これも, こんど父親に, ごん七さん, さっそくお隣のちゅう, さっそく両親, さっそく宋江, さっそく朝廷, さっそく紙札, さつ, したらきっと, しばらくの, しませうか, しようかな, しようや, じき死にます, すぐこう訊ねた, すぐさま旗, すぐその後, すぐつぶれる, すぐケンブリッジ, すぐ主人高定, すぐ何事, すぐ供養, すぐ出かけた, すぐ厩, すぐ告げ口, すぐ夜通し積荷, すぐ大きな, すぐ川越屋, すぐ復習, すぐ暖まれる, すぐ有, すぐ殺気立った, すぐ浜, すぐ犬, すぐ祖母, すぐ系図, すぐ逞しい, すぐ養生所, すぐ麻雀, すでに新, する, するがな, ぜんまいが, そこに, そこにも, そのあと, そのままバッタリ長火鉢, その人たち, その夕, その妻, その応待, その父兄達, その箱, その途中, それぞれに, それと, たい子さんは, ただちに筆, たちまち路傍, ちょうど亭主, つい寝, できそこ, とうとう病み出し, とぼけた顔, どうしても出なくなる, どうも際立っ, なった時, なるだけ, なんとも苦しい, ねむいの, はや二月, ひとしお彼, ひどく足, ぽくり, またあぶない, またこの間みたい, またぢ, また二三人, また可笑しく, また布団, また風呂, まだそこ, まちかまえて, まもなく, まもなく四十面相, まもなく職, まもなく謙信, みんな澄ます, もうなに, もう半ば都会人, もう大勢人, もう日本, もう自炊, もう骨, もらしたこと, やがて熊蔵, やっぱり宅, やはり清ちゃん, ゆふ, よかった, わけも, アアッと, イキナリウンコを, クリスマス, サア怒られた怒られた, シャーロックを, セッちゃんは, テッジーは, ドテラを, バスケットに, フランス舟の, ベロンベロンで, ボーイが, ママが, リーマン博士の, レコードかけ, 一しょに, 一同は, 一尺四方ばかりの, 一日見なかった, 一時過ぎ, 一緒に, 一通の, 七時すぎ迄, 三十一に, 三河屋の, 上海が, 下河原の, 不意に, 世界中の, 中は, 主人に, 九郎右衛門が, 亀吉と, 二三日後山岡を, 二日ゐ, 二時間の, 二階へ, 云いだした, 云い出され午後五時三分の汽車, 云い出したん, 云い出し母, 云い暮して, 云うから, 云うて, 云うハガキ, 云う姑, 云う方, 云う間際, 云ったなら他, 云ったら送って, 云っても, 云つてゐました, 云はれます, 云ひ出し, 云われたので, 五忘に, 井戸端へ, 亡妻が, 今のは, 今朝着せ, 仕事着を, 仰しゃっても, 仰言って, 住居は, 何だかおかしい, 何一つ室を, 余の, 供に, 信長に, 健に, 側臣の, 元日には, 先ず何, 先廻りを, 入口に, 入舟と, 八五郎は, 六時それから, 其の夜, 処々方々を, 出迎えた細君, 劉璋は, 労働者から, 十時から, 千恵プロへ, 原っぱで, 又も, 又汗, 又読書, 又鬼婆, 叔母から, 叔父は, 古巣の, 叱られて, 合百師達や, 同じ時, 同時にイワン, 同時に低い, 同時に大久保, 同時に苦痛, 同門の, 君と, 告げて, 唱歌を, 四人は, 図画を, 地下牢の, 埠頭の, 声を, 夕食を, 外に, 夜の, 大分人に, 大池は, 大阪市全体私の, 夫人は, 女は, 女房から, 奴さんは, 妹と, 妻が, 妻の, 妾は, 始終の, 子ざる, 子供たちは, 子供相手です, 学業などは, 宇治拾遺物語を, 安場は, 宗徒の, 室から, 家では, 家には, 家人迎え, 家内の, 宿屋の, 寝台の, 寿子は, 小さな徳利, 小屋へ, 小萩は, 居間の, 山崎が, 岡引の, 島耕二が, 左大臣からの, 平八は, 幸次郎が, 庄之, 床とっ, 座敷では, 廊下で, 引傾いだ, 張松は, 当時京都に, 待ちかねて, 待つて, 御主人, 徳利の, 徹太郎は, 必ず玄関, 忽ち各, 思いますか, 思うと, 思ったおばあさん, 思ふて, 恐るべき王ヘロデ, 悲しくなった, 懐紙に, 手持無沙汰で, 手製の, 押入を, 政ちゃんは, 数日を, 敵討に, 旅先の, 日日の, 日本は, 日頃の, 早くも, 早速ピストル, 早速夕餉, 早速書籍類, 明る日, 明智光秀が, 昨夜もらった, 晩餐の, 暮松と, 書いた, 書生の, 月毛と, 朝七時すぎに, 木の, 村はずれの, 東日に, 枕辺に, 栄蔵の, 梨枝子は, 椋の, 榎戸警部は, 次に蜜柑箱, 正雄は, 残りの, 母が, 母も, 母親が, 毎日一つずつ, 水藻を, 決まったら娘たち, 決めたら急, 治六は, 洩らせること, 流石に, 浜子の, 深夜まで, 渡辺篤此の, 溜息つい, 濡れた服, 炭火が, 熱を, 父が, 父も, 牛込の, 狭山は, 獲物を, 玄関には, 玄関を, 珍しく病室, 甘えん坊の, 生憎それ, 甲斐は, 申こと, 申しますけれど, 留守中に, 畳込みに, 白が, 百姓の, 皆手ぐすねひい, 盥嗽し, 目を, 直ぐにあと, 直ぐに二人, 直ぐに床, 直ぐに汽鑵, 直ぐ三吉, 直ぐ口, 直ぐ妻, 直ぐ朝草刈, 直ぐ認め, 直ちに, 直にこの, 直に日本服, 直に此話, 直に蓮華寺, 看護婦に, 矢張また, 知り人, 社会部の, 神経性の, 福田宗吉来り, 私だって, 私等に, 程なく霧, 穴の, 竜王はじめみんな待ちかね, 第七次十字軍, 答へ, 糸子は, 純造は, 素裸に, 細君は, 給仕に, 綾子は, 繁吉は, 美しいフォン, 翌年の, 考えて, 聞いたので, 腕ばかり, 自動車を, 舅が, 船長は, 花を, 芸人達が, 英ちゃんは, 茂少年は, 茶屋の, 荒野は, 菱川から, 蓬莱和子は, 藤吉郎は, 血を, 行燈を, 表向きの, 見えましたが, 見せかけて, 見たるに, 覚えて, 親父は, 親達は, 言いに, 言い出したの, 言い出すじゃ, 言うから, 言うので, 言ったが, 言ったよう, 言つて外套を, 言ふ, 言われるので, 話は, 諸洞, 赤座は, 路次口に, 辰男は, 近所が, 近習の, 追分で, 途中で, 連中が, 遊びに, 道子が, 郎党の, 部屋を, 都合よく, 重傷の, 金なんか, 金五郎は, 門口を, 間もなくそいつ, 間もなく叔父, 間もなく山口, 間もなく師匠, 間もなく更に新, 間もなく盆, 間もなく私, 間もなく赤坂田町, 間もなく青島, 陰気に, 隣の, 雨戸を, 電球十個割った, 面子が, 顔の, 風邪を, 食べすぎると, 馬蹄の, 駄々を, 鶏の, 黙つて服

▼ 帰る~ (1045, 11.8%)

82 を待っ 534031 である 28 を待つ 23 だと 21 であった 19 です 15 だが 1412 かい, だから, では 9 がいや, はいや 6 が厭, を待ち受け 5 が嫌, が常, が待たれた, だか, だった, を待ちかね

4 [11件] かね, さ, だそう, だよ, だろう, でした, ですから, ですが, は惜しい, を待ち, を待ちわび

3 [18件] かと尋ねた, かと思っ, が一番, が例, だという, だろうと, であったが, でも, は, はどうしても, は厭, は残念, も忘れ, をやめ, を待ち暮らし, を待ってる, を忘れ, を見た

2 [52件] かあ, かえ, かと聞いた, がいい, がいちばん, がお, がつね, が何だか, が恐ろしい, が惜, が普通, が至当, が辛い, だからと, ださうだ, ださうである, だったが, だつた, であります, であるが, でございます, ですよ, はいかにも, はこの, はどうも, はもう, はわけ, はイヤ, は僕, は億劫, は大変, は嫌, は少し, は智慧, は来春, は気持ち, もなんだか, も何となく, も心苦しい, も業腹, も残念, も気, を, を厭, を待たず, を待ちうけ, を待ち受けた, を待った, を忘れた, を考える, を自分, を邪魔

1 [421件] お戯け, かあんまり, かいと呼ん, かいまだ, かい八兄哥, かい用事, かおそい, かしら, かそう, かっ, かてめえッ, かといふこと, かとうるさく, かとも思った, かと悲観, かと聞い, かな, かなア, かふたたび, かまたは, かもしれない, かもしれません, かも知れぬ, かも知れません, かや, かよ, からし, かわざわざ, か例, か八, か浅間君, か知らん, か福原, があたりまえ, がいかにも, がうれしい, がきっと, がきまり, がさう, がすこぶる, がせめて, がその, がだ, がどうも, がなお, がなに, がなんだか, がなんとなく, がまこと貞女, がまず, がまだ, がめんどくさく, がやはり, がイヤ, が一等捷径, が不人情, が乗り合わせ, が仁, が何年, が億劫, が六時半, が分かった, が十時, が困る, が好き, が如何にも, が嬉しかっ, が尻, が当たり前, が当然, が彼, が待ち遠しく, が心もとなく, が怕, が怖かっ, が怖く, が恥かしく, が悲しく, が惜しい, が惜しく, が最も, が極り, が楽しみ, が正しい, が残念, が母, が気まずかっ, が淋しかっ, が淋しけれ, が無事, が目的, が礼, が礼儀, が精一杯, が自然, が苦しい, が落ち, が見, が見えた, が辛かっ, が遅い, が遅く, が遅れた, が重たい, が面倒, が順序, が頗る, じゃ, じゃありません, じゃあるまい, じゃない, じゃないでしょう, じゃないのけ, じゃねえ, だい, だけれども, だったね, だつたが, だといふ, だな, だやっと, だやつ, だらう, だらうと, だナと, であって, でありますが, であるから, であるという, である春琴, であろう, であろうか, であろうかなどと, であろうと, でございました, でございますから, でございますが, でしょう, でしょうか, でしょうから, でしょうが, ですか, ですけど, ですって, です見送って, でないぞ, とでは距離, とまあ, と入れちがい, と入れ違い, と同じ, と逢った, と青谷, ならこ, なら今, にあえいだ, にはその, にはどう, にはどうしても, には如何, には未だ, には目, には間, にぶつかっ, にもことさら, に付き添っ, に困ります, に見送, に軽く, に連れ立っ, に面倒, ね, はあまりに, はいい, はいさぎよし, はいささか, はいつも, はえらく, はお, はかえって, はきまり, はこれ, はこわく, はすこし, はそれ, はたいへん, はたしかに, はたやすい, はとうてい, はどういう, はなお, はなかなか, はなんだか, はなんと, はもちろん, はもとより, はやめ, はやめます, は一分, は七時, は丸ビル, は五時半, は何, は何だか, は何時も, は全く, は全然, は八月, は到底, は剣呑, は十一年, は十二時, は十二時近く, は十人, は地それ, は夜, は大抵, は失礼, は好ましく, は如何, は帰った, は当然, は御, は復活祭, は心残り, は意気地, は放たれた, は旅行, は早く, は易い, は易く, は時代, は景気, は止め, は武士, は死ぬべき, は残惜しい, は無理, は父, は物騒, は狂人, は真実, は私, は胡蝶蘭, は腑甲斐, は至極, は苦しい, は葛の葉, は蕪村, は見合わせ, は見苦しい, は詰まらない, は赤ン坊, は辛くっ, は速い, は重吉, は閉口, は雪子ちゃん, は馬, ばかりを待ちこがれ, ほかは, もあまりに, もあります, もある, もあれ, もあんなに, もいや, もおかしい, もおもしろく, もかれ, もこの, もつまらない, もなんとなく, もみな, もみんな, もめんどう, もやめ, もわすれ, も一応, も余り曲, も具合, も勇気, も厭, も厭わしかっ, も変, も大変, も少し, も工合, も工合いが, も心持, も心残り, も忘れた, も恥ずかしく, も悪い, も惜しい, も惜しく, も曲, も未だ少し, も業バラ, も残り惜しい, も知らず, も芸, も話, も近い, も邪魔, も馬鹿, やら帰らない, やら帰らぬ, やろ, よあした, よもう, よりも一週間, よパパ, よ丈夫, をあきらめ, をいかにも, をいそい, をいま, をいよいよ, をおっかな, をお前, をそこ, をただ, をつけ, をとめ, をまつ, をやめた, をやめました, をマメイド, を一人, を一日千秋, を一生懸命, を予期, を例, を信じ, を先刻, を其母, を君, を大層, を好まない, を嫌った, を嬉しく, を寂しく, を少し, を店, を店先, を延ばし, を延ばす, を引き延ばした, を待, を待ちくたびれ, を待ちました, を待ち伏せし, を待ち侘び, を待ち兼ね, を待ち切っ, を待ち切った, を待ち受ける, を待ち詫び, を待つべく, を待受け, を心待ち, を心静か, を忘れなかつた, を忘れる, を急い, を急いだ, を惜しむ, を惜しん, を慣し, を憾, を新橋, を書生部屋, を村, を案じられた, を楽しみ, を止め, を母, を毎日毎夜待ち, を気長, を江口, を知っ, を私, を突き留めた, を立合わせた, を習い, を考へる, を見, を見かけ, を見かけた, を見かけなかった, を見すまし, を見る, を見合わせ, を見届けた, を見届ける, を見送っ, を見送つ, を見送つた, を見送る, を視た, を迎え, を送っ, を送り出し, を門, を頻りに, を飯, を首尾, んも, 事情起る, 外に, 帰らうねえ, 待って, 後には, 意に, 意を, 時少し, 泊るの, 途本多子爵と, 遅いから, 面倒くさくなっちゃった

▼ 帰ること~ (838, 9.5%)

70 にした 60 になった 23 になっ 18 にしよう 17 にしました, になりました 16 にし 14 になり 13 ができた 12 が出来た 10 ができない, ができる 9 がある, になる 8 もある, を忘れ 7 ができました, が出来ない, を許された 6 が多い, だ, にきめた, になつ, はできない, は出来ない, もあった 5 ができず, ができなかった, では, にきめ, はできません, もできない, も出来ず, を忘れた 4 があった, が出来ました, にする, のできない, もできず, も出来ない

3 [15件] があったら, ができません, ができませんでした, が出来ず, が出来る, である, にしましょう, にします, に決めました, の出来ぬ, は出来ません, も忘れ, を知らなかった, を考え, を許されない

2 [42件] ができ, ができないだろう, ができれ, が出来, が出来なかった, が多かっ, となった, となり, などは温和, にしたい, に決め, に決めた, に話, は, はあるまい, はお, はすなわち, はその, はない, もあつ, もあり, もあります, もあれ, もできなかった, もできぬ, もない, もならず, も出来, も稀, やら, を好む, を忘れない, を忘れました, を忘れる, を意味, を承知, を止め, を知らせよう, を知らない, を習慣, を許されなかった, を許される

1 [268件] あたは, あたわずその, あらじ, かはとまた, が, があったなら, がありました, がいま, がいや, がごく, がしのび, がす, がだんだん, ができたなら, ができたら, ができなかつた, ができぬ, ができましょう, ができます, ができよう, ができるだろう, ができるであらう, がどんなに, がなかっ, がばかばかしく, がひどく, がめつた, がもはやそんなに, がよく, がわかっとる, が七, が不可能, が二三日, が出来ないだろう, が出来なかつた, が出来ます, が出来ません, が出来るだろう, が出来れ, が出来んなら, が厭, が始終, が尼君, が度々, が有った, が段々, が決定, が浄化, が無念, が義務, さえある, さえ出来れ, すら困難, すら甚だ, だが, だけは何とも, だったが, だってできた, だとばっかり, であっては, でありますから, でありまた, であり自然, でしょう, でしょうのに, です, でないの, という堅い, として十一月, となつ, と信じ, と思いの外, ない被, なかれと, なきよう, なき旅, なくし, なければ, なし, なしという, なしには, なぞがあった, などが記され, などはめったに, などはゆめ, などは思い, など問わない, なの, なんぞあった, にあった, にいたします, にいたす, にきまった, にきまれ, にきめました, にしたら, にしときゃ, にしなさい, にするで, にすれ, にせられた, にちょっとした, についてものう, になさい, になつた, になつて, になるだろう, になろう, にはならない, によってしか理解, に不承, に反対, に同意, に定め, に定めた, に決つて, に決心, に致し, に致しましょう, に致します, のできた, のできる, のない, のほか, の出来た, の出来ない, の出来る, の安全, はありますまい, はあろう, はいつ, はしないだろう, はしなかった, はしまい, はすくない, はすぐ, はできないであろう, はできないでしょう, はできぬ, はできますまい, はないだろう, はなお, はなかっ, はならぬ, はならん, はねえ, はまかりならぬ, はむずかしい, はむずかしかろ, はむろん, はめつたに, はもう, は出来ぬ, は出来ませぬ, は出来やしない, は困難, は子ども心, は宇治, は差支, は帰, は帰っ, は帰つた, は当時, は彼, は忘れ, は止め, は水, は澹山, は無い, は珍, は相成らぬ, は知ってる, は確, は稀, は第, は許されない, は許されませんでした, は頭, ばかりで, ばかり急かない, も, もあきらめ, もあったら, もありうる, もできかね, もできなくなっ, もできなくなるだろう, もなお, もなかつた, もなく, もなに, もまだ, も出来なかった, も出来なくなっ, も出来ません, も出来る, も多い, も多かっ, も夜, も断念, も極, も脱, も自由, も難しい, よりも早く, をいっ, をすすめ, をでき得る, をどうして, をねがった, をもっ, をゆるされ, をゆるされた, をよした, をハカアガリ, を企てた, を余儀なく, を勧めた, を彼, を彼女, を待ち切れる, を得, を得ざる, を得た, を忘, を忘れさせれ, を忘れし, を忘れしめる, を忘れち, を思, を思え, を急い, を急ぐ, を感じます, を我々, を拒絶, を暗に, を望ん, を条件, を楽, を楽しみ, を次郎, を欲, を欲しなくなる, を気の毒, を求め, を源氏, を申しあげ, を知らせ, を知らないらしい, を確かめ, を約束, を考へた, を聞かされ, を肯, を若い, を見合す, を許さしめ, を許さない, を許さなかった, を話す, を諦める, を願, を願う, 同じこと, 帰ること, 未だ期, 無し

▼ 帰る~ (231, 2.6%)

8

2 [17件] が来れ, だ, にあの, になっ, には, にはきっと, にはそれ, にはもう, には玄関, に彼, の用意, はいつも, はもう, は娘, は必ず, は正体, は美津子

1 [189件] あんなに自分, いかに在銘, いつも最終, いつも玄関, いよいよの, お政さん, お絹さん, お雪, かような, があ, があっ, がある, が来ました, が目前, そっと私, その侍, その家, だけは奴等, だった, だったので, だって棒, だという, ちゃんと竜, であった, でもやっぱり同じく, と比べる, などは田舎女, など二人, なりけら, にうた子さん, にお嬢様, にこうして, にこんな, にちよ, についで, にでも廻っ, になつ, になもう, になる, にはいつも, にはかならず, にはかなり, にはぐらかされ, にはたいていいつも, にはたしか, にはどう, にはどうか, にはどんな, にはぽ, にはまるで, にはわたし, にはわれわれ, にはポルジイ, には一番上出来, には亭主, には今, には党, には兵野, には兼好, には刀, には千余元, には又, には各自四五匹, には品々, には多少, には家族, には宿, には彼女, には必ず, には散歩, には数百元, には本立, には此者, には涙, には牧場, には真青, には立っ, には第, には苺, には誰, には足, には電車, には駒下駄, にまた, にもほか, にもまた, にもやはり, にもわざわざ, にも八橋, にも彼, にも探偵三人, にも私し, にも非常, にゃみんな, にわざわざ, にペナン, にマニ教, にミノルカ, にヱレン夫人, に乗せ, に云った, に低い, に住職, に例, に僕, に兄, に再び, に半, に垣根, に好い, に安さん, に小, に彼女, に御門, に忘れ, に感激, に慨然, に最初, に權六, に次郎左衛門, に漸く, に特に, に病室, に私, に約束, に美しい, に自分達, に若井氏, に蝋燭, に見た, に見ます, に見る, に訪ね, に途中, に遅速, に重い, に銀座通り, に雅子, に青梅近く, のこと, の女, の客観的光景, の旅費, の歌, の自分, の資本, の足, はそれ, はちっとも, はどんな, はよく, は一週, は二人, は僕, は先, は八挺艪, は効, は南, は双方, は姿, は小遣, は是, は木曾街道, は母, は皆, は自分, は荒巻さん, は西方浄土, は身体, は音沙汰, は食堂, まごつくと, まで起きてた, もし俺たち, もし僕, もなりた, も前, も各自獲物, も同じ, も小, も舟, 又別, 必ずカーライル, 既にそういっ, 最早枯れ, 本当に薬包, 決して車, 読んで, 買って

▼ 帰る~ (205, 2.3%)

4016 だから 15 だよ 13 です 11 ですか 9 だと 8 だが, ですよ 6 ですから, ですが 5 でしょう 3 じゃない, だぞ, だろう 2 だぜ, だつて, だな, ですって, ですの

1 [49件] かね, が一番気, じゃ, じゃあやり切れない, じゃないだろう, じゃなかろう, じゃ貴方, だあゝ, だおら, だからと, だからな, だからね, だし, だっ, だったん, だっていいます, だってさあ, だってニコニコ, だって云っ, だとか, だとは, だね, だもう, だもの, だろ, だろうな, だろうなあ, だわね, だッ, だ火, だ駕籠, でございます, でございますよ, でしょ, でしょうが, ですかと, ですけど, ですけれど, ですわね, です帰るん, ならかまわないけれど, ならたつた今, ならもう, なら一処, なら帰ン, なら私, なら辛い, や, やったらわい

▼ 帰る途中~ (185, 2.1%)

6 であった 5 で彼 4 で半, なの 3 たびたびカムパネルラ, でお

2 [12件] だった, だつた, でいろいろ, でした, で私, で誰, の出来事, も不愉快, も佐山君, を待ち受け, 絶えず彼, 酔ったまぎれに

1 [136件] ある者, いい知れない, おえい, おしの, かの, からふっと, からまた, から俄, から気分, きっと車, ここらあたり, この際ひとつシュトラスブルク, さすがに, すべって, そうした壮丁, その袂, だったが, だったと, だったの, だという, だろうに, だッ, であったの, でありました, であるが, でおそろしい, でおでん, でございました, でござる, でさまざま, でしたか, でしたがね, です, ですでに, ではどう, では休憩, でもお, でもそんな, でも考えた, でよそ, でスリ, で一人, で久米, で今にも, で何, で何だか少し, で何物, で保さん, で偶然, で兎, で六時, で再び, で吐いた, で国際連盟, で夜, で奇禍, で娘, で強盗, で昨夜, で泥酔, で燃料, で甚七, で町方, で稍, で紙屑, で考え, で聞いたら, で腹, で落し, で落とした, で覆面, で逢った, で連れ出した, で遠, で遭った, で郵便局, で面倒臭く, で飛び付かれた, といふところ, なぐられやしなかったか, などこの, なので, にある, には何, には八田, には穴, にも折々, にゐた, にリオン, に大きな, に待っ, に支那ソバ屋, に於い, に赤倉, に轢殺, のヴァシーリイ・アンドレーイチ・プストヴァーロフ, の大川, の奈良坂, の姿, の悲し, の栄三郎, の田んぼ道, の田圃, の者, の電車通り, は凄, は水害, はM子さん, ひとまず京都, ふとまた, ふと彼, もその, もたった, もらって, も今日, も同時に, も帰っ, も彼, も気, も胸, も親し, よく犬, らしく思へた, わざわざ駒, をやっつける, を不意, を引き挙げさせ, を待ち伏せし, を待ち受けい, を日本堤, を殺され, を要撃, 少々あぶなかつた, 少しの, 御承知, 立寄って

▼ 帰るまで~ (162, 1.8%)

16 待って 2 ああし, ここに, そこに, 待とうと, 泊って, 私の, 逗留し, 預かって

1 [130件] あいつは, あまりお, いても, おとなしくお, おめ, お側に, お待ちなすっ, お留守居, お預かりし, ここで, ここを, ことばを, この寺, この島, この楢, この犯行, この葉巻, これを, さほど機嫌, しばしの, じゃが隆光, ずっと向う, そうしてできるだけ, そのままに, その姿, それっきりお, ちゃんとて, ついに問い詰めず, です, とつて, どうし, どうしても二時間はか, どうぞここ, どこに, なん, なんでも, ひとりで, ほんの少し, まって, ゆっくり逗留, よろしゅう頼む, わしが, モスコウで, 一二か月の, 一文だって, 丈夫で居なさい, 二人は, 二階に, 五日か, 付けて, 仙台で, 伊織は, 位は, 何にも, 何を, 保たなかった, 保育する, 側からは, 僕は, 兄貴の, 入口に, 其処に, 凡そ二時間もの間育ち, 堪へてるん, 変な, 大きい浪, 大丈夫でございます, 夫は, 妹か, 姿を, 宗助の, 家に, 宿へ, 寝ようと, 寝室を, 将軍家に, 居たら好い, 屯所内で, 帰っちゃ, 幽霊塔を, 影も, 待たして, 待ちんさ, 待ってな, 待つて, 待つより, 待つわけ, 待てと, 待とう, 御猶予, 応と, 我々は, 我慢する, 手許に, 抱えた脇の下, 来なくツ, 枕元に, 歩数約, 殆ど狐か, 残して, 毎日訪ね, 泣き続けて, 浩は, 消え失せぬよう注意, 無電の, 片方も, 直らなかった, 相談は, 眼を, 私は, 空は, 笛を, 約一年半, 終に一言, 続き夢, 背など, 自分は, 至るところ, 色尽し, 藤や, 蚊帳の, 見張りを, 説教する, 起きて, 辛抱が, 遂に彼ら, 隣りの, 飲まず食わずに, 飼って, 騒がぬよう

▼ 帰るという~ (141, 1.6%)

9 ことは 7 のが, のは 6 ことも, ような 4 ことが, ことに, のを 2 ことと, ことを, のか, のなら, のも, ものを, 事を, 前の, 日の

1 [76件] いやな, おふれ込みでした, ことだ, ことでございました, ことでした, ことです, ことの, ことばかり, しらせを, そういったよう, その諸々, ために, のかね, ので, のであった, のです, の帰らない, やつだ, やり方である, ようである, ような思いきった, わけで, わけにも, わけの, んです, コースを, 一僧侶が, 三日前所用あっ, 事に, 伝説が, 佃の, 信用を, 兵馬をも, 前日の, 吉報が, 周平を, 噂が, 報せで, 報知を, 大円だ, 夫妻を, 奇態な, 始末, 意味な, 意志を, 手筈であった, 手紙が, 手紙と, 日に, 日は, 時には, 時私の, 有様だった, 李を, 気分に, 江戸へ, 法が, 法は, 癖を, 筈だった, 筋です, 約束で, 習慣も, 老人の, 荷馬車屋と, 角力取という, 言葉だった, 訳で, 訳に, 話, 話が, 誓言を, 返電さ, 里の, 重吉の, 順路寛政五年から

▼ 帰るよう~ (138, 1.6%)

10 なこと, になった 5 なもの 4 な事, にし 3 に, になっ, になる 2 な気, な気持, にしました, にすすめました, にと云いました, になったら, になれ, に云い, に私, に見せかけ

1 [76件] だから, です, で有ったら, なそんな, なもん, ならば, な人間, な出来事, な勢い, な口吻, な口振り, な場合, な工夫, な帰りかた, な態度, な日, な素振り, な道場, な風情, にいい, にいいつけ, にいう, にいたします, にお, におっしゃっ, におれ, にこの, にささやい, にした, にしたら, にしなさい, にします, にすすめた, にせっせと, にそして, にその, にそれとなく, にってよく, にってよくそう, にという, にというとき, にといわれました, にとおっしゃいました, にとでもいいつけた, にとの書簡, にとはほんのり, にとわざわざ, にと同じく, にと書い, にと説得, にと金光教, にわし, に云いました, に云いましょう, に云われ, に云われた, に仕込まれ, に兄, に勧めた, に命じ, に心がけ, に忠告, に思った, に慣らされ, に懇願, に母, に注意, に申し, に申し候え, に行っ, に設備, に農商務省, に道中, に電話, に頼ん, に願いとうございます

▼ 帰るとき~ (133, 1.5%)

4 にお 2 が来れ, に, にはお, にはこの, には約束通り車, に再び, に半, に美奈子, 代助

1 [111件] あの岩, お妙, お渡し, がきた, すぐバス, そっと着物, ちょっとお, であると, でした, です, でも髪, とかだった, にあした, にあの, にいつも初めて, におばあさん, にかれ, にこんな, にさ, にその, にどうして, にはいくら, にはお前, にはこう, にはどれ, にはひとり, にはナッパ服, には何, には吾一, には幾台, には泣く, には神さん, にもう, にもう一度, にも女, にも綾衣, にわざわざ, にケケロ, に一声, に上げる, に二人, に会葬者, に住職, に信助, に僕, に先生, に六左衛門, に受けとる, に堅く, に子供ら, に家, に家族, に小六, に尾, に弟さん, に形代, に彼, に徐に, に母, に母親, に浮浪児, に猴, に甲, に男, に目隠し, に祖父, に義助, に老人, に考えました, に自分, に豊吉, に追って, に連れられ, に陶器師, に階段, の外, の川辺みさ子, の彼, の後姿, の感じ, の気分, の灯火, はやはり, はインド, は一椀五銭, は何時, は山王下, は旦那様, は母親, は汝, は肩身, は裏返し, は雨, までお, もその, もたしかに, もまた, ももし, もマフラー, も危いところ, も同じ, も必ず, を失おう, 丸めて, 小六, 必ず汝ら, 歩きながらの, 見たら隣りの, 見て, 迎えに, 面白いこと

▼ 帰るつもり~ (131, 1.5%)

6 だ, だった, だったの, であった 5 です, なの 4 であったの 3 だが, であったが, でいた, でしたが, では

2 [11件] だったが, だったん, で, である, でした, でやって来た, でゐた, と見え, なん, はなかっ, らしい

1 [56件] かえ, がある, だぜ, だったこと, だったよう, だつたの, だと, だね, だよ, だろうから, であったけれども, であったところ, であると, でいます, でいるらしい, でおりました, でここ, でしたか, でしたから, でしたけれども, でしょう, ですから, ですが, ですよ, でそれ, でまるっきり, でも, でバー, で一杯八銭, で七丁目, で上京, で下, で二人, で俥, で十二時近く, で参った, で土産物, で居た, で居る, で廊下, で昼前, で来た, で来る, で植込, で汽車, で私たち, で自分, で行く, で計画, で頻りに, で食事, と思わね, ならおおよそ, ならば, にし, は無い

▼ 帰る~ (128, 1.4%)

21 いい 14 よい 6 よかろう 5 好い 4 いいよ 3 いいぜ, よいぞ, 否や, 早いか 2 可い, 好いぞ, 宜い

1 [60件] いいおれ, いいお前, いいぞ, いいという, いい帰る, いずれそのうち実力, ええ, ええさ, おまえは, おまさ, かくの, この人, これは, ごとく, ごとく斃, ごとく転向, ごとく飄々, その前, その贈物, その青年進士呉青秀, ついてはこの, どうだ, ひるめし, ましだ, もう一時間, よいと, よいもし, よい今, よい危ないこと, わしの, 人間は, 今は, 再びまた曲がり, 十一月は, 可え, 同じ時間, 大事に, 好いと, 好うがす, 好えだ, 好かろう, 如き心地, 如く, 如くなるべきでこれ, 妹を, 嫌や, 富五郎が, 恐ろしいので, 惜しく白骨, 故に個人的霊魂, 早いが, 明日の, 望みという, 次の, 江戸表田沼様お, 海気療法とも, 目的では, 連れの, 酔いが, 魂は

▼ 帰る~ (108, 1.2%)

8 にした 6 になった 5 が出来ない 4 が出来た 3 になりました 2 にきめ, にし, になつ, は出来ません, ばかり気, もあつ, もある, も出来ず, 並びに池鯉鮒家

1 [64件] ありとか, あり忠見, があっ, がある, ができた, がむしょうに, が出来, が出来なかった, が出来なかつた, が出来まい, が出来ました, が出来ます, が出来る, が出来るで御座んせう, が多かっ, が悲願, です, とすぐ, となった, と誰, なく去っ, なく去つ, など曾, にきめた, にします, にしよう, にしろ, にする, になり, になる, になれ, にやっと, に致しました, に遂, のない, の出来ない, はどう, はない, はないでしょう, はなから, は云わず, は出来ない, は出来なかった, は出来ぬ, は到底, は思つた丈, は致しませぬ, もあった, もあり, もありましょう, もあろう, も出来ない, も出来ぬ, も出来ません, も出来る, も珍, をも忘れ, を乞いました, を得, を忘れたれ, を申渡し, を知っ, を知りません, を許され

▼ 帰るところ~ (106, 1.2%)

8 です 4 がない, だ, であった, でございます 3 であつ, なの 2 だが, だった, だと, でした, ですから, ですよ, は

1 [62件] かえってから, から二条天皇, がありません, があろう, がなくなった, が嬉しい, が無い, が見たい, さ, だから, だったが, だったし, だったとの, だつたん, だとか, だよ, だ穢い, である, であるという, でございますが, でさ, でしたろう, でしょう, で城門, で年寄った, で従兄弟同士, と挨拶, など弥之助, なれど, なん, にあるまじ, に明け方, のある, のよう, の一, の全く, の机竜, はなくっ, は月宮, は無い, は自分, は谷町九丁目, へ帰る, へ引き返し, まで送っ, もね, も行く, よ, らしかった, らしく住職, をちら, をなか, をチェサピイク湾口, を丁寧, を今日, を失つた, を尋ねる, を待ちうけ, を見る, を見送っ, を辻強盗, を追い

▼ 帰る~ (102, 1.2%)

12 しても 4 及んで 3 如かず 2 家なく, 帰られず煩悶, 忍びない, 臨んで

1 [75件] いかほど隠し, きまったもの, きまって, こは, した, しとしと雨, しろどこ, すでに夕, その羊肉, ちがいありません, つけて, つけては, まかせて, 世話は, 付いて, 任せて, 会った, 何も, 俄に, 先つて諸家, 全集校正摺お, 処なき, 又すらりと, 及ばん, 固より, 国なく, 国も, 如かずといふ, 如かずを, 家なき, 家は, 家も, 小馬その道, 就いて, 巡査も, 帰られずいつそこ, 帰られず蚕婆, 帰られぬ江戸, 帰られへんそんで, 帰る先, 帰る所, 帰れずただ, 当って, 当り天, 当るもの, 忍びなかっ, 忍びなかつた, 意なき, 慈君の, 故障は, 旅費などは, 旅費は, 極まって, 汝ら呉の, 由なく, 異存は, 相違ありません, 相違ある, 臨み僕, 自動車を, 至らば, 至るに, 若干銭か, 虫の, 路のほど, 追ひ及びぬ, 道すがら之, 違いない, 違ない, 違ひない, 長時間を, 限るとも, 陣も, 雨劇しく, 食事をも

▼ 帰る~ (102, 1.2%)

7 になった, はない 4 か, になれなかった 3 がしない, になれない, にはなれなかった, にもなれなかった, はしない, もしない 2 になりました, にもなれない, のない, はありません, もしなかった

1 [52件] かという問, かね, かも知れない, かエ, かッ, がしなかった, がしなく, がしなくなる, がてんで, がない, がなかっ, がなくなっ, さえなくなった, せずすきや, だ, だったの, であったが, でいた, では, で立ち上った, などにはおなり, などには少し, なら及ばずながら, になぞならなけれ, になったら, になったらしい, になったらしかった, になつたわねえ, になつて, にならなかったろう, にならぬ, になりませんでした, になる, になれた, にはとても, にはならない, にはなるまい, にはなれない, にもなった, ね, はしなかつた, はしません, はせず, はどうしても, はなかっ, はなく, は些, は元, もしなかつた, もしません, も何, 振が

▼ 帰る~ (83, 0.9%)

3 今帰る 2 どうかは, どうだ, 十年で, 帰らないか, 帰らぬか, 恨めしや, 明日帰る

1 [66件] あしたは, あとを, あるいは宇治, あるいは宗助, え, えりに, そうか, そりゃ分らん, それとも女, それとも西, どうか, どうかさ, どうかさえが, どうかし, どうかと, どうも知れません, どちらに, またはその, まるで考え, もう帰る, もっと山, りがね, わからないから, わからないと, わからないの, ん, ケープルトンへ, 二つに, 倶利伽羅峠へ, 再びマラッカ, 分らないそれだけ, 分らないという, 分らねえ, 分らねえもの, 分りませんよ, 判らないかね, 判らないと, 判らねえ, 判らねえかね, 判りませんが, 又は独立, 否かも, 帰らないかといふ, 帰らぬ中, 帰るまいか, 帰る日, 或は更に, 手紙で, 故郷の, 日蔭者に, 明日は, 死んで, 然ら, 知らないが, 知らんと, 知らんもしひょっと, 知らん思, 知れないので, 知れぬが, 知れんと, 花の, 行くか, 見たいの, 解らないけれど, 解らない者, 難波の

▼ 帰るから~ (70, 0.8%)

3 お前は, 送って 2 あとを, 待って

1 [60件] あっちで, あとで, いらん, うそを, おめ, お前が, お前大切に, お待たせし, この田舎行, すぐいらっしっ, そういうたわむれ, そう云っ, そっとし, その代り二月中, その前, それまで, それまでは, つて少し, どこに, もう二度と逢え, もう少し話し, ゆっくり保養, ようよう, よろしくたのむ, サンパンを, ッて, 些と, 今宵一夜が, 先へ, 其処まで, 出発前に, 勘定を, 千世子にも, 向こう岸へ, 君だけ, 大急ぎで, 家へ, 少し待っ, 待ちなつ, 待てよ, 御用意, 心配しない, 心配する, 心配せん, 旅費を, 日が, 早くお父さん, 早く渡せ, 猫にでも, 留守でも, 留守に, 給仕さん勘定し, 羽織を, 自動車賃くれろ, 良いものの, 行かないかと, 行って, 迎に, 送つて, 金え

▼ 帰るもの~ (69, 0.8%)

632 である, でご, に相違, は日本, らしい

1 [50件] ありと, かと心, かは, か厭だい, か又は, か痴, があった, がある, が行く, が高柳君, じゃ, じゃア, だそう, だよ, であり帰るもの, でございます, でしょうか, です, ですから, では, といふ風, としてクラマール, とまた, と信じ, と呑み込ん, と庄次郎, と思っ, と称え, と考へられたらしく, と見え, と見えます, などいない, ならいい, ならん, のよう, の習い, はたいてい, はないでしょう, はほんの, はホンコン, は帰る, は帰るべし, は父, は赤色ジイド, もあり, もあります, もある, も出やした, や山頂, をと思ふ

▼ 帰る~ (68, 0.8%)

2 うだ, であった, の道, 憎し白拍子

1 [60件] あの河原, この川, であった途中, なるが, に, において秩父地方, にここ福井, にこれ, にその, にはもう, には今日, には膳椀, には鞆, にノド笛, に三奈木, に令嬢, に僕, に取落し, に宵, に彼, に月, に縄, に道, に靖国神社近く, に順風, のもの, の愉快, の途上, の電車, は吉原病院, は山谷堀, は恋しき, は酔った, へある, またもと, もう宵, も張遼, れいは, を上人, を別当公暁, 不図, 件の, 同見附駐在所, 図らずも, 庭の, 弟子を, 必ず宗右衛門, 怨みを, 月が, 朝帰りの, 東海道を, 権兵衛峠を, 濃い霧, 界隈の, 私は, 立寄つたホテル, 行脚の, 路ばた, 闇路を, 駒の

▼ 帰るには~ (62, 0.7%)

2 及ばぬ, 少し重, 帰って, 帰るが

1 [54件] あまりにも, いい機, いろんな物, これからまた, その方, ただ平然と, たっぷり二里, どうしてもそこ, どう行ったら, どのくらい, まだ少し早い, まだ早, まだ早い, よほどな, チット早い, ナガレ目の, ローという, 二十円も, 仙台を, 仲町へ, 余り劇, 余り時間, 先ずパリー, 及ばないよ, 妙に, 少し上, 帰ったけれども, 帰ったでしょうさきほど, 帰りましたが, 帰るけれど, 帰れずさ, 当然閑院宮別邸前, 手頃であります, 旅費が, 早いな, 是非四谷の, 是非神社の, 時間が, 未だ早い, 淋しいところ, 男の, 相当の, 私の, 私電が, 稍迂回であった, 自殺を, 貴女に, 逃げるよう, 遅すぎる, 道遠けれ, 間が, 階段を, 随分遠い, 馬車で

▼ 帰る~ (53, 0.6%)

2 待って

1 [51件] あたかも送らん, まって, 務めと, 厭いおる時, 喜ぶの意, 常と, 待たで夕餉, 待たんと, 待ちかねて, 待ちしに, 待ち兼ねて, 待つ, 待つこと, 待つと, 待つまでも, 待つらむ, 待てり, 得ず, 得た, 得たそう, 得たり, 得た程, 得ん, 得可し, 忘る, 忘るべき, 忘れ, 忘れるという, 忘れるよう, 快からぬ, 月と, 機として, 欲しなかったもの, 測りて, 真の, 祈るには, 聞き飛立つばかり, 表わしたの, 見るや, 見送りせざる, 覚えおる, 許さんと, 誤聞した, 送ったが, 送って, 送つた, 送りて, 送り四谷見附, 道と, 避くる, 避くるなり

▼ 帰る~ (49, 0.6%)

2 が来た, の朝, もない

1 [43件] があったら, がくれ, がその, がちかづい, がついに, がどうして, が多い, が来る, が次第に, だ, だから, だった, だつた, であるが, となる, どりを, なん, なんか前, にも荷物, に何かと, に当っ, のさして, のない, の大体, の来る, の近い, はあるまい, はいや, はない, は来ぬ, は立つ, ばかり待っ, までおとなしく, まで一個人, まで居りました, まで申さじ, まで苅りとらせず, もあった, もすく, も告げず, をお待ち, を延ばした, 近き心地

▼ 帰る~ (45, 0.5%)

19 否や 3 彼は

1 [23件] いなすぐ, すぐまた打ち臥し, ただちに仕込み, また普請, 一同その, 久しからずし, 例によって, 否, 否そこ, 否やチベットに, 否や寝, 否や躊躇なく, 否司馬懿, 否園, 否安土, 否彼, 御濠, 有権者団体は, 江を, 炉に, 爾来ここ, 直に外務省, 紙帳の

▼ 帰る~ (45, 0.5%)

43 にまた, にもう 2 に実は, の日

1 [31件] か又は, すこしの, にあなた, にいよいよ, にぜひ一度, につぶれ, にどうせ, になつて, にはまた, にはもう一度, にビール, に今夜, に会場, に何, に何ん, に傍, に婆さん, に少し, に屹度一度, に布団, に彼, に彼女, に火, に約束, に美しい, に菓子屋, に誰か, に調える, の一年間, の半年, の心もち

▼ 帰るわけ~ (44, 0.5%)

3 には行かない, にも行かない 2 にはいかない, にはいきません, にはゆかない, にもゆかない

1 [30件] がある, じゃない, だ, である, にいかず, にいかなく, にはなおさら, にはゆかなかつた, にはゆきません, には参りません, には往かなかった, には行かなかった, には行かなくなった, にもいかず, にもいかねえだろう, にもいかねえや, にもいきません, にもなりません, にもまいりませぬ, にもゆかず, にもゆかぬ, にもゆきません, にもゆくまい, にも行かず, にも行きません, にゆかねえ, に行かない, に行かぬ, はない, はなく

▼ 帰るにも~ (40, 0.5%)

3 帰られず 2 及ぶまい

1 [35件] あまり遠く, かなり厄介, この騒ぎ, さまざまな, みんなと, 一人と, 何か, 僕と, 動きの, 及ばない, 及ばぬ, 及ぶまいという, 帰られずまあ, 帰られず折角, 帰られない彼女, 帰られなかった, 帰られへんし, 帰る所, 帰れずぼんやり, 帰れない仕儀, 帰れなかった, 帰れなかったの, 帰れなくなって, 帰れなくなつ, 帰れなくなりました, 帰れぬ虚無, 帰れまい, 帰れまえんという, 彼女は, 心ぞ, 手ぶらで, 次の, 石臼悟り得ざる, 確かな, 芳子は

▼ 帰る~ (39, 0.4%)

2 が一日増し, のよう, はいづ, もある, もあろう

1 [29件] あって, あり, から油揚げ, があった, がぞろ, が幕の内, が頻りに, だっていう, とは見えず, なんぞが有る, には着せかけ, にも悩み, の下駄, の多き, の少い, の御馳走, の急ぎ足, はありません, はたいてい, は久しく, は何, もあった, もあり, もあります, もござんすまい, も暗く, も沢山, も見受けられた, を先

▼ 帰る~ (37, 0.4%)

3 なの 2 がない, だ, だったん, です, はない

1 [24件] がありません, がなかっ, だが, だったそう, だったの, だつたの, だつた山番, だつた施主, だと, だという, だのに, であったが, であったですが, であった船, ですから, ですがね, になつ, の, のところ, のところが, のダルカセヴァ, の所, の日, の船

▼ 帰るので~ (36, 0.4%)

8 あつた

1 [28件] あとは, あらう其の, おくみ, がんすが, こういう実際, さっそく女, せう, そのさようなら, その便, っせ, できるだけ多く, どうしてもそれ, にぎやかな, もてあまし引取り手, ようやく私, わたしは, 一時に, 八ツ九ツ時分梓は, 大きな五色せんべい, 大混雑, 小池と, 教室から, 暫時の, 楽しかろう, 氏家さんと, 車が, 送別の, 送別宴が

▼ 帰る~ (36, 0.4%)

2 が歩けませぬ, で自分

1 [32件] がある, がわからない, が歩けない, すうどん, だから, だと, であったそう, でいろいろ, では新, でふと, で妻, で火事, で煮豆, で私, としては七尾, にあった, になにか, に有力者, に陸橋, は風呂敷包み, もある, もいつの間にか, もなお, も見えなくなっ, をむなしく, をアメリカ, を扼し, を探し出す, を教え, を考へる, を見失はない, 知るらしき

▼ 帰るかも~ (34, 0.4%)

5 しれない 3 しれないが, 知れない, 知れないから 2 知れません

1 [18件] しれないあるいは, しれないし, しれない侍奉公, しれない私, しれぬと, しれんが, 知れないが, 知れないなんて, 知れないわ, 知れない等, 知れぬが, 知れぬの, 知れねえ殊に, 知れませんよ, 知んねえ, 知んねえから, 解らない, 計られん

▼ 帰るなり~ (33, 0.4%)

2 また慎太郎さん

1 [31件] あたしに, すぐに, と何, はげしい吐瀉, 久美子は, 何だか引出し, 俊夫君は, 友だちの, 妻の, 家の, 寝た, 寝て, 広間の, 往って, 旅人の, 旦那は, 早速仕事, 死人から, 気の毒やが, 火鉢に, 片ちんばの, 甲府へ, 相手の, 秀英と, 私用で, 素晴しい, 葵, 蜜蜂を, 訊いた, 隼町の, 養生所へ

▼ 帰る~ (32, 0.4%)

4 帰らないも 2 皆見知

1 [26件] あり屋内, あり昼間, あれば, さしつかえないとまで, さしつかえはおざるまいの, さらに佐幕, チュガは, 世間一般は, 何となく気, 千里という, 厭それを, 可い, 呆気なくそれ, 帰ること, 徒事では, 忍ぶの乱, 忘れて, 残念と, 残惜い, 江州から, 漢中に, 無念, 甲州へ, 皆近づき, 蝉丸の, 面白味なけれ

▼ 帰る時分~ (32, 0.4%)

3 だから, ですから, にはもう 2 だと

1 [21件] が来たら, だしと, でしょう, ですが, となりました, なの, にその, には冷した, には市五郎, には暗い, には長い, には黒猫, に君, に困難, に子供, に帰っ, に晴れた, に月, に着, やわ, よ

▼ 帰るといふ~ (30, 0.3%)

4 ことは 3 のは 2 のを, 日の

1 [19件] ことです, ことと, ことにな, なり, のかしら, のが, のも, 事と, 噂も, 志村を, 故郷の, 気は, 決断力も, 目的も, 素振りを, 若い二人, 話が, 話で, 電報を

▼ 帰るより~ (30, 0.3%)

5 ほかは 4 仕方が 3 他は, 外に 2 ほかに

1 [13件] はい, ほかありません, ほかなく, ほか何事も, ましだ, シベリア鉄道で, 仕方がねえ, 他に, 前に, 前へ, 外は, 甲府が, 道は

▼ 帰る~ (29, 0.3%)

2 がない, ですが, はない, もない

1 [21件] だ, であつ, で例, で尽き, で送出, とでも云う, なければ, なの, なんかねえ, にては手, の物, はありません, はございません, へついて行く, へも帰れない, へ帰っ, へ帰り遅れた, をも忘れる, を引張込ん, を私, を見る

▼ 帰る~ (27, 0.3%)

3 には雨 2 には細かい

1 [22件] から寒い, から自分, から風, がまるで, すでに信忠卿, だ, となれ, と思います, になつて, になる, にはコスモス, にはヘトヘト, には此, には煖炉, には皆, にや, にやってくる, はこの, はほとんど, はタドン, もう天満河岸, を聞き知っ

▼ 帰るとは~ (26, 0.3%)

2 言は

1 [24件] いいおどかし, いいませんか, いうたものの, いっても, なんたる, ひどい, もう云え, 云い出せずに, 云つて居た, 云は, 云わなかった, 何ぞや, 何たる事, 何事だ, 変な, 思わなかったからね, 思わなかったん, 是も, 石の, 考えて, 言わないでしょうネ, 言語道断である, 限らない, 願いにも

▼ 帰る~ (26, 0.3%)

3 がある 2 がない, なし, のない, も無い

1 [15件] から味噌, がなかっ, が無くなった, で葱汁, なきもの, などあろう, に何より, はない, はなかっ, はなくなろう, は今, は赤城明神, へ尋ね, もなく, もなくっ

▼ 帰る~ (26, 0.3%)

2 があっ, もあった

1 [22件] がある, が多い, が幾人, これから出掛ける, である, です, ですら, では, のポケット, の側, の荷物, はひとり, は帰っ, は帰つて, ばかりであった, ほどよしと, ままこれ, もあります, もあれ, も出, も沢山, も諫め

▼ 帰る~ (24, 0.3%)

6 がいい 3 がよい 2 が宜, が得策

1 [11件] がい, がいちばん, がつい, が宜しい, が得, が恥, にや身, の道, はもう, へ帰れ, を待ちうける

▼ 帰るため~ (23, 0.3%)

1 [23件] だ, であろう, などでは決して, にこの, にそっと, にその, にたもと, にぬけ, にみんな, にも叔父共, にセライファス島, に伊東, に別手組, に夕飯, に立ち上がった, に考えついた, に行った, に護衛兵, に飛行器, のもの, の電車, ばかりとは受取れなかった, もあっ

▼ 帰るのに~ (23, 0.3%)

2 気が

1 [21件] あわてて, お化粧, がっかりし, ちよつと, どこを, なにも, また旅, もうひっそりと, ドクタア・マレーは, ノドが, 何の, 先廻りを, 国境の, 彼女は, 省線か, 私も, 自分一人手ぶらで, 蝋燭が, 裏の, 近みち, 送って

▼ 帰るとも~ (22, 0.2%)

1 [22件] ういねえ, せず密やか, そこへは, とどまるとも, なく帰っ, なく帰つて, なく恐らくは, ゆっくりなんか, ロクな, 云い置いて, 何とも云っ, 名代を, 定めて, 帰らねいとも, 断り切れずそのうち, 書いて, 殺すとも, 知れぬ, 秋風に, 言って, 言ふまい, 身の

▼ 帰るはず~ (22, 0.2%)

2 なの, になっ

1 [18件] だ, だが, だったが, だと, である, で立つ支度, なのに, なん, のジュネーヴ, の大石先生, の夫, の宗助, の文世高, の私, の荻生さん, はありません, はなかっ, もない

▼ 帰る~ (21, 0.2%)

62 いと思っ, えか

1 [11件] いと思いやし, いや, い何, えかと, えが, えという, えと思っ, えと思つて, えどら, え能, かりしに

▼ 帰るかと~ (19, 0.2%)

4 思うと 2 待って, 見て

1 [11件] おもうまでに, おもわれますが, 問ふと, 啓之助が, 待ちかねて, 待ってるうち, 心待ちに, 思いのほかに, 思って, 毎日ひとり停車場まで, 見るに

▼ 帰るだけ~ (18, 0.2%)

4 であった 2 だ, です 1 だし, だつて二時間はか, だと, であるが, ですわ, では, で夕方店, で村, なん, 日中と

▼ 帰るまでは~ (18, 0.2%)

1 [18件] おとなしく客間, お婆さんが, その憲兵, どんな事, われら一歩も, オレが, 何処へも, 動けない早く, 奥に, 嫁に, 寝られますか, 心の, 支払えなくて, 決して殿, 眠っても, 裏二階の, 誰かが, 貴様を

▼ 帰る予定~ (18, 0.2%)

2 である

1 [16件] だった, だったの, だったらしいが, だったら栄さん夫妻, だという, であったが, でしたから, でしたが, ですか, で出, で出発, で留守, なん, になつて, を急, を更

▼ 帰る時間~ (18, 0.2%)

1 [18件] お訊きし, がおくれ, が近づく, だ, だらう, です, ですよと, ですわ, になる, の電報, はない, は問題, まで鎮守, より一時間, をきいた, を早め, を知っ, を言いおく

▼ 帰る積り~ (18, 0.2%)

2 であったが

1 [16件] かえ, か其処, だが, だったそう, だつたの, だと, だろうなどと, だ離縁, であった, であったところが, であったの, でご, です, でもあつ, で人通り, のところ

▼ 帰る時刻~ (17, 0.2%)

1 [17件] じゃ, だ, だと, です, で向う, となれ, になったら, になりました, になる, のきまっ, は, はどうか, は何時も, もちゃんと, をなか, を後れ, を計っ

▼ 帰るころ~ (16, 0.2%)

1 [16件] から娼妓, から絶頂, だから, だと, だわ, でも彼, となれ, になっ, になる, にはもう, には例, には歌, には葉子, はそこ, はもう, 丁度また

▼ 帰るなんて~ (16, 0.2%)

1 [16件] いったらなぐるぜ, いやです, えの, ことは, 事を, 云わねえが, 今日は, 先刻そう, 出来ないこと, 反対だ, 嘘だ, 少しつじつま, 法は, 珍らしい, 言いだすんじや, 言ってないわ

▼ 帰るまでに~ (16, 0.2%)

2 お島, 爺やに

1 [12件] すっかり憶えさせよう, たぬき汁を, つくえ, なるべく養生所, なんとかし, まだ三四軒たび, 一ツ謡っ, 一度お, 干して, 沙翁の, 話を, 風呂を

▼ 帰る~ (16, 0.2%)

1 [16件] さえ分らなくなった, だし, で, であった, でも稚児, でも言った, で吉三郎さん, で夜, で直江津, で足, なの, にもこれ, の暗がり, は霰, を迷った, 他吉

▼ 帰る~ (15, 0.2%)

3 な事 21 なもの, な心持, な気持, な気振り, にし, にしたい, にとの考, になった, になつ, に元気

▼ 帰るそう~ (14, 0.2%)

3 だ, です 2 ですよ 1 じゃない, だけれど, だし, ですから, なが, まで言う

▼ 帰るやう~ (14, 0.2%)

3

1 [11件] なこと, な事, な歓び, な虞, な顔つき, にある, にし, につて, にと言, になつ, に成つたこと

▼ 帰る~ (14, 0.2%)

2 は大

1 [12件] が多かっ, の神, の部, の部七分, の麦飯, は満員, は無論, までも立ち際, も七分弱位, も大, も大入満員, も散歩

▼ 帰る~ (13, 0.1%)

1 [13件] いいかい, おれ, お邪魔さ, きいさんみいちゃん左様なら, そしてお前, だがな, どうも御馳走さま, 俺は, 宇津木じゃあ, 帰るよ, 早く家, 気に, 用が

▼ 帰る仕度~ (13, 0.1%)

4 をした 2 をし 1 に忙殺, は始めなかった, やら土地, をする, をなされた, をはじめた, を始めた

▼ 帰る支度~ (13, 0.1%)

4 をし 1 にそう, に手, に立った, は今夜自分, をした, をしました, をする, をなすったら, をはじめた

▼ 帰る決心~ (13, 0.1%)

7 をした 2 をし 1 ができる, だけは思いとどまる, のついた, はつかず

▼ 帰るその~ (12, 0.1%)

1 [12件] ことばかり, まづかりし, 中に, 埋合せ, 帰途の, 底に, 後影を, 日当及び, 時に, 時には, 辛苦も, 都合という

▼ 帰るとて~ (12, 0.1%)

1 [12件] くれた単物, 両国橋の, 今時分何処へ, 出たッ切り今以, 十字路や, 夜深く, 山下まで, 御馬印, 木戸を, 留場の, 立田姫紅葉の, 車は

▼ 帰る必要~ (12, 0.1%)

3 もなかっ 2 がある, もない 1 があった, なんてなかったろう, はある, はない, はなかっ

▼ 帰る旅費~ (12, 0.1%)

2 もない 1 からこの, がない, ぐらいはどう, だけあれ, だけは大事, はどこ, までも含まれ, まで下, をとりのける, をもらった

▼ 帰るだけの~ (11, 0.1%)

21 ことじゃ, ことだ, 乗車賃は, 事だ, 体力が, 力が, 話だ, 金は, 金を

▼ 帰るまでには~ (11, 0.1%)

1 [11件] きちんと解決, きっとここ, ずぶ濡に, どんなに難儀, まだまだ多分, もとの, 一遍どこさか, 何の, 少なくとも一時間, 是非生し, 見つけだすぜ

▼ 帰る~ (11, 0.1%)

1 [11件] でそ, でも友人, でも神中, で決心, で私等, にもたくさん, はきまっ, をも急がなけれ, を忘れ, を教え, を開い

▼ 帰る道すがら~ (11, 0.1%)

2 自分は 1 その茶屋, またその, 丑松は, 八百屋の, 前々から, 千手どのを, 大方は, 私の, 色々な

▼ 帰るって~ (10, 0.1%)

1 ことは, どこへ, ましたから, 仰言ったのに, 内地にか, 出かけたがね, 手紙を, 本当, 気にも, 言うん

▼ 帰るまでの~ (10, 0.1%)

2 時間を 1 お慰みが, お角さん, ことだ, 一週間を, 何年かの, 生活用具が, 間に, 間殆ど私達と

▼ 帰る~ (10, 0.1%)

2 でも見つけよう 1 がある, がなくなる, さえもなかっ, ではなかったろう, に向っ, の中, は船頭, もない

▼ 帰るからと~ (9, 0.1%)

1 いいながら, いい置いて, いって, いっといて, おっしゃって, そう言っ, 云って, 早く行け, 言って

▼ 帰るもん~ (9, 0.1%)

21 かと豹一, かな, かよ, か死ぬ, だよ, ですか, でせう

▼ 帰る~ (9, 0.1%)

1 だツ, であるの, でございます, ですが, なの, はある, は忘れない, もおもしろい, を待ち伏せ

▼ 帰る~ (9, 0.1%)

2 だけは毛頭 1 なく行く, にちがい, になれませんでした, はない, は豊世, を以て人間, を抛った

▼ 帰る汽車~ (9, 0.1%)

7 の中 1 がございません, に乗ってる

▼ 帰る~ (8, 0.1%)

1 土産です, 城が, 姿を, 孝の, 定の, 定まりの, 福を, 粂に

▼ 帰る~ (8, 0.1%)

2 がある, は先ず, や単純 1 があります, を物色

▼ 帰る~ (8, 0.1%)

2 に必ず 1 にそんな, に土産物, に夫人, に新しい, に皆, に通新町

▼ 帰る様子~ (8, 0.1%)

2 もありません, もなく 1 がない, ですから, にかの, もない

▼ 帰る~ (8, 0.1%)

1 あなたとは, ついに問, ローソクで, 待たうと, 時計と, 此儘に, 此方様の, 置いた

▼ 帰る電車~ (8, 0.1%)

3 の中 1 がなくなった, のなか, の窓, の道すがら, はもう

▼ 帰る~ (7, 0.1%)

1 い, お残り, どうせ餌, ウチの, 七日には, 私には, 親類親内も

▼ 帰るとか~ (7, 0.1%)

1 そんなこと, 人が, 伝平は, 何とか云っ, 帰らないとか, 帰らないとかいう, 帰れないかも

▼ 帰るとしても~ (7, 0.1%)

1 その道筋, それは, そんな事, ぼくらは, もう時間, よいが, 末長く

▼ 帰る~ (7, 0.1%)

1 ちっと穏当, 再び姑, 厭だ, 忌に, 愚である, 残念と, 涙する程

▼ 帰るほど~ (7, 0.1%)

2 美は 1 ならば, なら初めッ, なら誰, 不名誉な, 馬鹿気た

▼ 帰るんで~ (7, 0.1%)

4 せう 2 さあ 1 お父さんの

▼ 帰る~ (7, 0.1%)

1 がある, がいる, が実は, が戸惑い, ではない, はない, もある

▼ 帰る姿~ (7, 0.1%)

1 が淡白, が身, も女中, も毎年, を見た, を見れ, を見送った

▼ 帰る~ (7, 0.1%)

1 からの時雨, から向, にくれぐれも, には台所門, には日野俊基, に筆, は

▼ 帰る~ (7, 0.1%)

1 にいかない, には出来まい, には往きません, にもいきません, にも往かなかつた, に行かなかった, もあるまい

▼ 帰る途上~ (7, 0.1%)

1 でも須臾, でゆくりなく, で死んだ, で行きずり, にある, に力士小柳, 怪しき大きな

▼ 帰るからね~ (6, 0.1%)

1 い, もう一度一週間, 其処らに, 君だって, 師匠新吉の, 晩御飯に

▼ 帰るしか~ (6, 0.1%)

2 なかった 1 ありません, ありませんでした, ございませぬ, ない

▼ 帰るたび~ (6, 0.1%)

1 にきわだっ, にほっと, に入りつけた, に父, に相, に蜜

▼ 帰るとの~ (6, 0.1%)

2 ことであった 1 ことじゃ, ことだ, 噂であった, 話でした

▼ 帰ると共に~ (6, 0.1%)

1 一勢に, 使節ほか三人は, 直に天下, 直に頼朝, 義仲は, 貧者の

▼ 帰る~ (6, 0.1%)

2 だ, 帰るな 1 今夜は, 花々しく戦場

▼ 帰るよりも~ (6, 0.1%)

1 この方, むしろ多く, 吉原へ, 早かった, 死んだ方, 遥かに

▼ 帰る~ (6, 0.1%)

1 と身分, にはブラ, のない, はいずれ, へ袂, も無い

▼ 帰る方角~ (6, 0.1%)

1 が同じ, だけは知っとった, に帰つて, もわからなくなる, も妙, をきめ

▼ 帰る気持~ (6, 0.1%)

1 になっ, にはさせない, はない, は素敵, もおこらねえ, を感じる

▼ 帰る~ (6, 0.1%)

1 が帰っ, に小遣, の妻, は教職, は街, は袈裟

▼ 帰るくらい~ (5, 0.1%)

1 この家族, で外, ならここ, なら死んだほう, なら死んで

▼ 帰るなと~ (5, 0.1%)

2 いって 1 堅く父親, 堅く言っ, 言ったん

▼ 帰るなど~ (5, 0.1%)

1 今は, 到底出来, 奇怪至極の, 絶無であった, 言語に

▼ 帰るほか~ (5, 0.1%)

2 に途 1 ない, はありません, はないでしょう

▼ 帰るみちみち~ (5, 0.1%)

1 も, やれば, 思い出したよう, 由良は, 考えた

▼ 帰るやいなや~ (5, 0.1%)

1 ピュネリマとは, 急に, 栄三郎も, 直ちに三里, 裏へ

▼ 帰る~ (5, 0.1%)

2 世の中って 1 それだけ聞かされれ, よくって, 竹村さんまさか

▼ 帰るんぢ~ (5, 0.1%)

2 や, やない 1 やなから

▼ 帰る人々~ (5, 0.1%)

1 がその, がまた, が大尉, に挨拶, は帰った

▼ 帰る~ (5, 0.1%)

1 の気もち, の顔, はすくなくとも, は堤, を大阪駅

▼ 帰る挨拶~ (5, 0.1%)

1 にも両手, に伺った, をした, をする, をみな

▼ 帰る方向~ (5, 0.1%)

1 が一しょ, だったので, と歩く, に着きます, を訊ね

▼ 帰る~ (5, 0.1%)

1 が殆ど, である, の者, の途, の途中

▼ 帰る~ (5, 0.1%)

2 になっ, になる 1 となれ

▼ 帰る百姓~ (5, 0.1%)

1 が歌, でありましょう, とすれ違った, はいつも, も私たち

▼ 帰る約束~ (5, 0.1%)

2 をした 1 だから, であった, の日

▼ 帰る~ (5, 0.1%)

1 が己, のうち, の上, の中, を拾う

▼ 帰る途すがら~ (5, 0.1%)

1 この辻, ずっとティム, も涙, も真実, 眺めるの

▼ 帰る途中私~ (5, 0.1%)

1 に逢った, の前, は彼, は東京駅, は殆ど

▼ 帰る~ (5, 0.1%)

1 については嘘, は予定, をあて, を教会, 売りの

▼ 帰る~ (5, 0.1%)

1 がこよいも日本, が六, が啼い, でも, の声

▼ 帰るからって~ (4, 0.0%)

1 おっしゃって, 少し待たし, 帰ったばかりよ, 言づけ

▼ 帰る~ (4, 0.0%)

1 なし, 俺は, 哀れなる, 王双

▼ 帰るぞと~ (4, 0.0%)

1 云って, 去った, 問いました, 問う虎答

▼ 帰るとこ~ (4, 0.0%)

1 あつて, あれへんね, よう忘れんかったこっ, をよこの

▼ 帰るとして~ (4, 0.0%)

1 そのまえ, それから先, ただ二人, 第二

▼ 帰るに際して~ (4, 0.0%)

1 ふたたび曹仁, 京の, 玄徳が, 私は

▼ 帰るばかり~ (4, 0.0%)

1 だ, だつた, であった, で用事

▼ 帰るよと~ (4, 0.0%)

1 すぐに, 言い残して, 言ふ, 起ち上ったが

▼ 帰る~ (4, 0.0%)

1 か, だろう, ですよ, ならせめて

▼ 帰る前日~ (4, 0.0%)

2 から熱 1 に某, のこと

▼ 帰る勇気~ (4, 0.0%)

2 はトテ 1 がない, なぞありやしない

▼ 帰る~ (4, 0.0%)

1 き筈, く候, く本土, く腰

▼ 帰る~ (4, 0.0%)

2 はない 1 はありません, はなかっ

▼ 帰る心算~ (4, 0.0%)

1 でいた, でもあります, でアリアドネー, もいつのまにか

▼ 帰る旅人~ (4, 0.0%)

1 か馬子, に怪しい, の手, を見なかった

▼ 帰る早々~ (4, 0.0%)

1 それを, 机を, 演じて, 病みついて

▼ 帰る機会~ (4, 0.0%)

1 が多い, もなく, を失う, を失っ

▼ 帰る気ぶり~ (4, 0.0%)

1 はない, はなく, もありません, もなく

▼ 帰る~ (4, 0.0%)

1 かな, かは, になる, のよう

▼ 帰る準備~ (4, 0.0%)

2 をする 1 で私, の土産

▼ 帰る自動車~ (4, 0.0%)

1 がどれ, の中, を頼もう, 目がけて

▼ 帰る見込み~ (4, 0.0%)

1 がない, が絶えた, なしと, もある

▼ 帰る~ (4, 0.0%)

2 なので 1 であるにも, となり

▼ 帰る連中~ (4, 0.0%)

2 はとうに 1 もあった, もあります

▼ 帰る間際~ (4, 0.0%)

1 であったらしく洗った道具, におや, にこう, になっ

▼ 帰る~ (4, 0.0%)

1 に, にその, に竜宮, に象山

▼ 帰るあと~ (3, 0.0%)

1 は私一人, を付けさせる, を尾

▼ 帰るうち~ (3, 0.0%)

1 には一年, にグウタ, に道

▼ 帰るお前~ (3, 0.0%)

1 は, は鳥居, 待つて

▼ 帰るかという~ (3, 0.0%)

1 ことには, ことも, のを

▼ 帰るけれど~ (3, 0.0%)

1 今まで, 必ず再, 皆は

▼ 帰るこの~ (3, 0.0%)

1 人の, 日課が, 話は

▼ 帰るこれ~ (3, 0.0%)

1 は朝鮮渡り, をこれ鬼, を鬼

▼ 帰るすべ~ (3, 0.0%)

2 なし 1 もない

▼ 帰るそれ~ (3, 0.0%)

1 が甚だ, までは我と, も能

▼ 帰るなどという~ (3, 0.0%)

1 ことは, 事にさえ, 僥倖は

▼ 帰るについて~ (3, 0.0%)

1 ついでに, 暇乞かたがた参詣に, 汽船に

▼ 帰るのいや~ (3, 0.0%)

2 だよ 1 んな

▼ 帰るふり~ (3, 0.0%)

3 をし

▼ 帰るみち~ (3, 0.0%)

1 で伸子, なの, やぐるり

▼ 帰るやつ~ (3, 0.0%)

2 がある 1 はどう

▼ 帰るよりは~ (3, 0.0%)

1 この方, この賑, はるかに

▼ 帰る~ (3, 0.0%)

1 たら帰る, ていうん, と

▼ 帰る人たち~ (3, 0.0%)

1 で土地, の執着, は急い

▼ 帰る~ (3, 0.0%)

2 に帰る 1 の自分

▼ 帰る代り~ (3, 0.0%)

1 により, に書物, に誰

▼ 帰る~ (3, 0.0%)

1 にのさ, を先ず, を示し

▼ 帰る~ (3, 0.0%)

1 には誰, のこと, はたとえ

▼ 帰る刻限~ (3, 0.0%)

1 がやかましい, になる, を知らない

▼ 帰る~ (3, 0.0%)

1 なさ, を失い, を失ひ

▼ 帰る~ (3, 0.0%)

1 にはまた, の後姿, はいい

▼ 帰る子供~ (3, 0.0%)

1 に逢う, のよう, を見る

▼ 帰る心持~ (3, 0.0%)

1 にて喜色満面, もしなかった, 丁度唐詩

▼ 帰る意志~ (3, 0.0%)

1 がなかっ, はなく, を示した

▼ 帰る振り~ (3, 0.0%)

1 で別, をし, をする

▼ 帰る故郷~ (3, 0.0%)

1 ではない, の景色, 漸く近く

▼ 帰る望み~ (3, 0.0%)

1 が無くなる, は到底, を持つ

▼ 帰る~ (3, 0.0%)

1 に彼, に深み, に玄機

▼ 帰る気力~ (3, 0.0%)

1 もない, もなく, も無い

▼ 帰る気色~ (3, 0.0%)

1 はなく, もない, をどこ

▼ 帰る~ (3, 0.0%)

3 はない

▼ 帰る~ (3, 0.0%)

1 に一行, に信仰, に梁

▼ 帰る田舎~ (3, 0.0%)

1 がある, の女子, や耕す

▼ 帰る~ (3, 0.0%)

2 です 1 を言い置かれ

▼ 帰る~ (3, 0.0%)

1 が客, だから, と外神田

▼ 帰る迄に~ (3, 0.0%)

1 一度サイゴン, 定めて, 着物でも

▼ 帰る都合~ (3, 0.0%)

1 にし, になった, をつけ

▼ 帰る~ (3, 0.0%)

1 が飛び, であるか, の群

▼ 帰るあいだなん~ (2, 0.0%)

2 の理由

▼ 帰るあの~ (2, 0.0%)

1 定期的な, 高原の

▼ 帰るあゝ~ (2, 0.0%)

1 くたびれた, 甘いもの食ひたい

▼ 帰るかって~ (2, 0.0%)

1 えば, 電報を

▼ 帰るかといふ~ (2, 0.0%)

1 ことを, 夫の

▼ 帰るかは~ (2, 0.0%)

1 わからず鷲尾, わからぬ

▼ 帰るかわり~ (2, 0.0%)

1 に地方巡業, に町

▼ 帰るきわ~ (2, 0.0%)

1 に彼, に蓮池

▼ 帰るぐらいの~ (2, 0.0%)

1 ことで, 電車賃は

▼ 帰るごと~ (2, 0.0%)

1 に体, に帰っ

▼ 帰るじゃ~ (2, 0.0%)

1 ないか, 帰り力が

▼ 帰るすぐ~ (2, 0.0%)

1 にお客, に代り

▼ 帰る~ (2, 0.0%)

1 じゃ又な, 八

▼ 帰るだけでも~ (2, 0.0%)

1 たのしかった, 一仕事だ

▼ 帰るつて~ (2, 0.0%)

2 おつ

▼ 帰るつて云~ (2, 0.0%)

1 ひ出すん, ふの

▼ 帰るとい~ (2, 0.0%)

1 へり, へる詩

▼ 帰るといった~ (2, 0.0%)

1 ものの, 恰好で

▼ 帰るとき病院~ (2, 0.0%)

2 を出

▼ 帰るとき私~ (2, 0.0%)

1 が東京駅, を送っ

▼ 帰るとね~ (2, 0.0%)

1 何時でも, 父が

▼ 帰るどころか~ (2, 0.0%)

1 みんなの, 遊びは

▼ 帰るなあ~ (2, 0.0%)

2 姉ちゃん

▼ 帰るなどと~ (2, 0.0%)

1 いうと, 思はれたくなかつたの

▼ 帰る~ (2, 0.0%)

1 二度目に, 今さんも

▼ 帰るひと~ (2, 0.0%)

1 がある, なの

▼ 帰るひま~ (2, 0.0%)

1 がありません, もなく

▼ 帰るほう~ (2, 0.0%)

1 がいい, がよい

▼ 帰るほどの~ (2, 0.0%)

1 元気も, 鳥の

▼ 帰るみちすがら~ (2, 0.0%)

1 あの茫然, ねむけ

▼ 帰る~ (2, 0.0%)

2

▼ 帰るもう~ (2, 0.0%)

1 厭に, 通り過ぎとるぞ

▼ 帰るよし~ (2, 0.0%)

2 もない

▼ 帰るツモリ~ (2, 0.0%)

1 なら誰, は毫

▼ 帰る人びと~ (2, 0.0%)

1 に押され, を羨まし

▼ 帰る人達~ (2, 0.0%)

1 が声高, で一杯

▼ 帰る今日~ (2, 0.0%)

1 はもう, はダンスチーム

▼ 帰る便船~ (2, 0.0%)

1 だえんりょなく, を待ち

▼ 帰る元気~ (2, 0.0%)

1 はない, もなくなっ

▼ 帰る労務者~ (2, 0.0%)

2 を見かけた

▼ 帰る~ (2, 0.0%)

1 八九分って, 快である

▼ 帰る友達~ (2, 0.0%)

1 があっ, に頼みました

▼ 帰る口実~ (2, 0.0%)

2 を考へ

▼ 帰る~ (2, 0.0%)

1 があつ, を観

▼ 帰る土産~ (2, 0.0%)

1 に剣道, の品

▼ 帰る~ (2, 0.0%)

1 がらすかな, の水薬

▼ 帰る~ (2, 0.0%)

1 のぱつたりと酒, を待受け

▼ 帰る~ (2, 0.0%)

1 とは途中, の跡

▼ 帰る嬉し~ (2, 0.0%)

2 さに

▼ 帰る子ども~ (2, 0.0%)

2 この山

▼ 帰る家路~ (2, 0.0%)

2 の日

▼ 帰る小さい~ (2, 0.0%)

1 パリーの, 壺と

▼ 帰る~ (2, 0.0%)

1 がまた, とそれから

▼ 帰る所存~ (2, 0.0%)

1 であったが, で諫早

▼ 帰る拍子~ (2, 0.0%)

2 にある

▼ 帰る方法~ (2, 0.0%)

1 はない, を付けね

▼ 帰る日取り~ (2, 0.0%)

1 は夙, を決める

▼ 帰る時一緒~ (2, 0.0%)

1 に外, に連れ

▼ 帰る時三千代~ (2, 0.0%)

2 は玄関

▼ 帰る時期~ (2, 0.0%)

1 にき, もある

▼ 帰る時節~ (2, 0.0%)

1 があれ, もあろう

▼ 帰る~ (2, 0.0%)

1 が多, の出来事

▼ 帰る~ (2, 0.0%)

1 が失われた, なし

▼ 帰る桃太郎~ (2, 0.0%)

1 の舟, の船

▼ 帰る権利~ (2, 0.0%)

2 が妾

▼ 帰る樹明君~ (2, 0.0%)

1 はとう, も帰る

▼ 帰る為め~ (2, 0.0%)

1 にはカナリ忙, に船待ち

▼ 帰る~ (2, 0.0%)

1 に中, に中っ

▼ 帰る~ (2, 0.0%)

1 があった, に

▼ 帰る相談~ (2, 0.0%)

1 など持ちだす, をし

▼ 帰る看護婦~ (2, 0.0%)

1 に頼ん, もいました

▼ 帰る矢橋~ (2, 0.0%)

2 の船

▼ 帰る~ (2, 0.0%)

1 だ, だから

▼ 帰る群衆~ (2, 0.0%)

1 のうち, の眼

▼ 帰る習慣~ (2, 0.0%)

1 がつい, であった

▼ 帰る者たち~ (2, 0.0%)

1 のため, は珍

▼ 帰る~ (2, 0.0%)

1 なら帰って, の山崎

▼ 帰る資格~ (2, 0.0%)

1 のない, はない

▼ 帰る~ (2, 0.0%)

1 が軽く, の重

▼ 帰る跫音~ (2, 0.0%)

1 まで気がね, も向う

▼ 帰る迄の~ (2, 0.0%)

1 私の, 間に

▼ 帰る迅速~ (2, 0.0%)

2 な手際

▼ 帰る近き~ (2, 0.0%)

1 未来に, 未来においては

▼ 帰る途中ここ~ (2, 0.0%)

1 に一場, を通っ

▼ 帰る途中夕立~ (2, 0.0%)

1 にあいました, になっ

▼ 帰る途中往来~ (2, 0.0%)

1 のすくない, のまん中

▼ 帰る途中我々~ (2, 0.0%)

1 は再び, は謀叛

▼ 帰る途中日比谷~ (2, 0.0%)

2 の堀端

▼ 帰る途中月~ (2, 0.0%)

1 にいろどられ, の白い

▼ 帰る途中浅草~ (2, 0.0%)

1 の, の広徳寺前

▼ 帰る途次~ (2, 0.0%)

1 にあった, も色々

▼ 帰る間もなく~ (2, 0.0%)

1 やあさん来訪ちよつと, 二人の

▼ 帰る雁田毎~ (2, 0.0%)

2 の月

▼ 帰る~ (2, 0.0%)

1 は無い, もない

▼ 帰る面目~ (2, 0.0%)

1 はありません, もございません

▼ 帰る~ (2, 0.0%)

1 は見えませんでした, もある

▼ 帰る餓鬼~ (2, 0.0%)

1 のころ, の頃

▼ 帰る馬車~ (2, 0.0%)

1 さえもなく, を待っ

▼ 帰る馬鹿~ (2, 0.0%)

1 な話, はない

▼1* [734件]

帰るあいだに文代さん, 帰るあいだ大学の池, 帰るあたりで切った, 帰るあてのない, 帰るあんまり大勢に, 帰るの, 帰るいいな, 帰るいかにもすっきりとし, 帰るいわば散歩気分の, 帰るおやおぬしは, 帰るお前さんもどう, 帰るお客がご, 帰るお許しがない, 帰るお辞儀のしかた, 帰るかしらいつまで, 帰るかとかこの子, 帰るかなだが, 帰るかのような悶え, 帰るからとてずつと廊下へ, 帰るからには何とか目鼻, 帰るかを決断し, 帰るがいや, 帰るがんりきの百蔵, 帰るきっかけをなくしかけ, 帰るくらいが里との, 帰るくらいのことは, 帰るぐらいな芸当は, 帰るけしきを見せなかった, 帰るけどすぐまた引つ返す, 帰るけどさ私あ, 帰るけどなあ光子さんとこから, 帰るけにお前は, 帰るこころはない, 帰るこころもちだ, 帰るこそ本望な, 帰ることそれは朝子, 帰ることみんな馬でゆく, 帰ること今宮神社の八神殿, 帰ること池の傍, 帰ること能ず, 帰るこれ神という, 帰るころ早や夕, 帰るころ木の花, 帰るさいには脇屋義助, 帰るさえ帰り途は, 帰るさかいなおばあさんの, 帰るじゃあないか, 帰るすこし前まで, 帰るそして新しく始めるだろう, 帰るその間にはどうか, 帰るそんならと, 帰るたちまち早や, 帰るたってあすの, 帰るたまに早く帰っ, 帰るため七時には出かけよう, 帰るため供述を終え, 帰るため円タクに乗ろう, 帰るため木場道をくだらせた, 帰るため社会そのものが自分, 帰るため篠垣ばかり連, 帰るだけが私に, 帰るだけで他は, 帰るちょうど道順, 帰るつい一時間前まで, 帰るつて云つてるつて, 帰るでも無一物で, 帰るというの行事は, 帰るとかの外は, 帰るとから水の, 帰るときお前は履い, 帰るときお礼だと, 帰るときことづてを頼もう, 帰るときこれならば, 帰るときそこの石段, 帰るときにはあじときには, 帰るときキミ子が待つ, 帰るときシルクハットを冠つて, 帰るときテイイ事務長の身体, 帰るときハイヨと云っ, 帰るとき一しょに帰った, 帰るとき一人一人の袂, 帰るとき一太と母, 帰るとき一書を出し, 帰るとき一緒にお伴, 帰るとき三斎がまた, 帰るとき上野光子さんの自動車, 帰るとき下駄を履きかけ, 帰るとき久助君は太郎左衛門, 帰るとき人々は常に再び, 帰るとき信玄わずか三百騎, 帰るとき列車を乗りつぐ, 帰るとき勝手口で下駄, 帰るとき化粧品だけしか買, 帰るとき卓一の隙, 帰るとき土橋の下, 帰るとき外套をぬぐ, 帰るとき多くの人, 帰るとき女たちはまる, 帰るとき妹は, 帰るとき嫡子の劉, 帰るとき宗助は, 帰るとき寒藤先生はだらし, 帰るとき将校連中はなんと, 帰るとき彼は女中, 帰るとき彼らはこつ, 帰るとき後からつけ, 帰るとき息子さんからあなた, 帰るとき惣兵衛ちやんが栄蔵, 帰るとき敷居際で江戸一番, 帰るとき田舎へ持っ, 帰るとき秀吉は桑名, 帰るとき老人は門, 帰るとき表札を探した, 帰るとき赤牛がさき, 帰るとき足もとに立派, 帰るとき送りに出た, 帰るとき途に鳥屋, 帰るとき道に迷わない, 帰るところ鈴木君は金田君, 帰るとともに忘れて, 帰るとんだ朝帰りだ, 帰るどうでしたと, 帰るどういう心の, 帰るどうしても帰る, 帰るどころの話, 帰るなしとは明日, 帰るなぞ笑うやら, 帰るなぞとは昨日まで, 帰るなぞ言語道断の振舞, 帰るなとか随分の, 帰るなどは物騒だ, 帰るなよあちらに, 帰るなり二人の婢, 帰るなり別の宿屋, 帰るなんざアそりやアお前人間, 帰るなんぞとそんなこと, 帰るなんぞは子供の, 帰るなんどその忠実, 帰るにあたって彼は, 帰るにあたっては呉臣張蘊が, 帰るについては日本でも, 帰るにて道理の, 帰るにゃ金は, 帰るにより何か, 帰るに際しなにか丞相, 帰るに際しては特に朝廷, 帰るに際しても秀吉は, 帰るのそれじゃわたし, 帰るのみである, 帰るの不幸に遇えり, 帰るの和歌山へ, 帰るの手紙では解らない, 帰るばかりになった, 帰るばかりのわが家け, 帰るひとりでに呼び声と, 帰るふうもなく坐っ, 帰るーヴィ・レインである, 帰るほどにせめて父君, 帰るほどもなく故郷, 帰るまでが自分の, 帰るまでと多計代, 帰るまではとお約束, 帰るまでも少し遅く, 帰るまでをわが居間, 帰るむろん大満員, 帰るやっぱり故郷という, 帰るやはり日本が, 帰るやら分らんもの, 帰るやを知らず察, 帰るゆえそれではこれ, 帰るようすを見せなかった, 帰るよう念をおし, 帰るよりか方法は, 帰るふとの, 帰るわいの, 帰るわいと大きな声, 帰るわが宿に, 帰るわが子のこと, 帰るわだつみの, 帰るわなあハズさんが, 帰るわよいくらでも, 帰るをも敢て, 帰るんざますと, 帰るイギリスの講師, 帰るイーハトーヴォの野原, 帰るエヽじゃア, 帰るガキ共を見, 帰るガラガラという轍, 帰るコンテさんを送っ, 帰るサ変になっちゃった, 帰るシナ人であると, 帰るチウは可笑しい, 帰るチベット人あるいはカム人, 帰るチャンスが出来た, 帰るて偉さうな, 帰るフランス人形のこと, 帰るメンドサたちにダルメイダ, 帰るロードスターの箱, 帰る一カ月ばかり前, 帰る一ヶ月ばかり前, 帰る一休みと一休坊主, 帰る一会社員の風体, 帰る一同は先, 帰る一日二日前から使わず, 帰る一杯頂戴し, 帰る一縷の望み, 帰る一行とは東西, 帰る丁稚小僧と花合せ, 帰る七人と独逸人一人, 帰るの事, 帰る三四郎をちょっと, 帰る三尺幅ぐらいの鉄, 帰る木と, 帰るもなし, 帰るべの霜ぐもり常, 帰る士の, 帰るには十年, 帰る中学二三年生の一隊, 帰る中戸川を送る, 帰る主人は子供たち, 帰るあるいは倫敦, 帰る九段坂上から下, 帰る了簡もございません, 帰る了簡此処はお前さん, 帰る事十三日より十九日, 帰る事情になった, 帰る二三日前の事, 帰る二人は門跡前, 帰る二人連れの小学生, 帰る二羽の鶏, 帰る交通機関で決して, 帰る人々港の女, 帰る人島の遊女, 帰る人毎に紅葉一枝, 帰る人間といえ, 帰る人間みたいじゃない, 帰る人雪駄の足, 帰る今年は一体, 帰る仏さまもあるらしい, 帰る仕儀と相成った, 帰る代わりに君, 帰る以上はやっぱり, 帰る仲の町芸妓の袂, 帰る仲間が二人, 帰る伯爵の胸, 帰るのところ, 帰る位何の造作, 帰る体住吉辺りまではこの, 帰る何でも私を, 帰る使いの者, 帰る使者の姿, 帰るであった, 帰るが大路, 帰る侍達が大分, 帰る侯爵夫妻の話, 帰る便宜のため, 帰る俳優の羽左衛門, 帰るだが, 帰るから其の, 帰る備前岡山侯が滞, 帰る傷病者の知った, 帰るは疲労, 帰るに見せよう, 帰る兄弟の実業家, 帰る免許状もこの, 帰る其途で浅野長政, 帰る具足師が夫婦, 帰るは無し, 帰る内鰐に手, 帰る切符代がやっと, 帰る刈田道かもかく, 帰る列車が出る, 帰る前二三度脳貧血で倒れた, 帰る前橋とか桐生, 帰る前私は或, 帰る労働者だが, 帰る労働者達を写生, 帰る勢揃いがまた, 帰る匆々彼は中国, 帰る北山の背中, 帰る十二時十五分前である, 帰る千恵造と一緒, 帰る千鳥足には殊更, 帰る千鶴子らの汽車, 帰る孤児生活に, 帰る卑怯者がある, 帰る博士と東京, 帰る印象は雑然, 帰る叔父さんを待受けたろう, 帰る口上を考へ, 帰る雑誌を, 帰る可愛い優男としか, 帰る藩有力者の, 帰る名残かな名残, 帰る向うに代地, 帰るはおん, 帰る商人にわかれた, 帰る商船隊を拿捕, 帰る喜びの時, 帰る囃子の音, 帰る地方武者が出, 帰る場合にどう, 帰る場合いくらも起り得べき, 帰る場所はない, 帰るはもう, 帰る塾中無人にて遂に, 帰る士官たちの一人, 帰る夕方を慰め, 帰る夕暮れ時藪畳から手下, 帰る夕暮時にその, 帰る夕暮時夕立の様, 帰る夕焼頭より脱ぎ, 帰る外まわりの土, 帰る多くのもの, 帰る夜汽車の中, 帰る夜道を米友, 帰る満員, 帰る大きな荷足船の, 帰る大勢の仲間等, 帰る大船を捕え, 帰る太夫の一行, 帰る女たちを暗い, 帰る女中であろうと, 帰る女王はことさら, 帰る奴婦と然, 帰るの為, 帰る始末であつ, 帰るの跡, 帰る娘達もあった, 帰る婆さんの姿, 帰る婦たちが大樹, 帰る嬉さにて其言葉, 帰る嬉びにいそいそと料理場に入っ, 帰る学生とカヂ, 帰るさえなくなりました, 帰る宇宙艇が全滅, 帰る宇津木兵馬の声, 帰る宝蔵院からどうして, 帰る宣教師がいた, 帰る家位あつて, 帰る家庭があるなら, 帰る宿がある, 帰る宿望を実現, 帰る将士の気持, 帰る小娘や自動車, 帰る小歌だ, 帰る小生の苦衷, 帰る小舟に乗った, 帰る少し前に, 帰る少年を追, 帰る屈辱感がベートーヴェン, 帰る工夫をした, 帰る左様なら, 帰るの足, 帰る希望のなくなった, 帰る帰つて来ても, 帰る帰り道が覚束, 帰る帰途順平はたとえ, 帰るの寄った, 帰る幹太郎を待ちかね, 帰る幻影の盾, 帰るにお前, 帰る度ごとにいつも, 帰る度数がひんぱん, 帰る度毎に気力, 帰るへ, 帰る弁解をいつ, 帰る当ての無い, 帰る彼等を停車場, 帰る客が, 帰る御家人かどこぞ, 帰る心づもりであったが, 帰る心地する, 帰る心持ちになった, 帰る心矢のごと, 帰る思いが燃え立った, 帰るひ起す昨, 帰る意味もある, 帰る意思のなかっ, 帰る懈い音なども, 帰る我が子が, 帰る戦人のま, 帰る所以である, 帰る手続きをする, 帰る手蔓が無くなる, 帰る手間を省い, 帰る折主君信長様には密か, 帰る折曹操はまた, 帰る折玄徳は駒, 帰る抹香鯨の一群, 帰る振袖の影, 帰るか, 帰る敬治君と私, 帰る数日前の別れ, 帰る数隻の捕鯨ボート, 帰る新しい黒部の, 帰る新聞を借り, 帰る方針をたてた, 帰る旅程に上った, 帰る旅籠は分りきった, 帰る日本の官人, 帰る日私への徹底的, 帰る明る朝妻が, 帰る明日屹度お筆さん, 帰るも大, 帰る時あれも一緒, 帰る時おいらんが送っ, 帰る時それがずれ, 帰る時わたくしはまた, 帰る時オーステルリッツ橋のそば, 帰る時ベッキイはいいました, 帰る時ママも一緒, 帰る時レーニンはこういう, 帰る時一しょに行っ, 帰る時一人の男附添, 帰る時一度潮吹の踊り, 帰る時三円だか, 帰る時予をじっと, 帰る時二人は水月寺, 帰る時二度の吸もの, 帰る時二階へ通う, 帰る時京都へ立寄, 帰る時伸子は成ろう, 帰る時僕へかたみに, 帰る時兼実が崩れる, 帰る時前の奥様, 帰る時十日目に逢おう, 帰る時四郎左衛門が其馬, 帰る時坊さんは正一, 帰る時大川をはね飛ん, 帰る時奥さんは, 帰る時姉はこんな, 帰る時岩おこしを一つ, 帰る時彼はその, 帰る時心に誓つたの, 帰る時支配人の半, 帰る時日本に来, 帰る時朋友は祝し, 帰る時植村の婆さん, 帰る時槍岳の頂, 帰る時機と思っ, 帰る時母親は昨日, 帰る時父や母, 帰る時理論に於ける, 帰る時甚五郎が蜂谷, 帰る時白石屋の主人, 帰る時眼に涙, 帰る時磯野も一緒, 帰る時私は牢屋, 帰る時立上りさえしなかった, 帰る時細川越中守綱利と黒田右衛門佐光之, 帰る時繍のある, 帰る時蘭亭さんは門口, 帰る時話をし, 帰る時誰やらが後, 帰る時貴人は女, 帰る時貴公も共に, 帰る時間ぢやなかつた, 帰る時間割だったの, 帰る時頸部に湿布, 帰る時香奠のしるし, 帰る時髪乱れか化粧崩れ, 帰る景行であった, 帰る晶子をマルセエユ, 帰る智恵子は急, 帰るがない, 帰る暗闇阪は漆, 帰る月心院の庫裡, 帰る有志家のある, 帰る有様が徳山, 帰るの街, 帰る期日も近づいた, 帰る木の間にう, 帰る束髪にした, 帰る東京の娘, 帰る林権助氏などもいっしょ, 帰る果報者ってね, 帰るが無くなった, 帰る榛名丸と擦れ違う, 帰る模様がありませんでした, 帰る樵夫か猟師, 帰るをうかがっ, 帰る機掛もなし, 帰る機縁の殆, 帰る次男と, 帰る武二君が私, 帰る武士諸州巡拝の山伏, 帰る武芸者もある, 帰るを悲しん, 帰る死骸の来る, 帰る母上は残り, 帰る母親に告げた, 帰る気持ちもない, 帰る気遣いはない, 帰る気配がない, 帰るの流路, 帰るびっしょりすぐ入浴, 帰る江戸表にうれしい, 帰る汽車その他のうち, 帰る沢山の空馬力, 帰る法国の馬賽口, 帰る海流っていうの, 帰るか, 帰る淋しさに, 帰る淋しい背影が, 帰る清澄の茂太郎, 帰る渡邊に出会いました, 帰る源氏はほんとう, 帰る漁船の風, 帰るをなみ蘆辺, 帰る潮汲み女である, 帰る澄江を送る, 帰る濠ばたの, 帰るはない, 帰るの群, 帰る無事なこと, 帰る燃料を集めた, 帰るは, 帰るの舟, 帰る鴛鴦, 帰ると馬, 帰る牛乳と生, 帰る猟人を見ます, 帰る率八に尾, 帰る玉川電車が出, 帰る珠運に妨, 帰る理由をさがす, 帰る生徒らが, 帰る用意をせい, 帰る田舎道は毎日毎日, 帰る男制服のズボン, 帰る畜舎で新聞, 帰る発令をした, 帰る白い列に, 帰る目的で二十一時五十分, 帰る直前南米でローザライザー, 帰る相手ではない, 帰る石井柏亭君が小林萬吾君, 帰る祖父江出羽守の大名行列, 帰るを完全, 帰る秀吉にしてやられ, 帰る秀吉軍とは途中, 帰る秋色こまやかであつ, 帰るの余裕, 帰る程度がよろしい, 帰る空船だから, 帰る等大受け, 帰るを焼かれた, 帰るもない, 帰るを, 帰る練兵場を横ぎりそこなって, 帰る羊とらへちさ, 帰る義兄との約束, 帰るありて, 帰る翁主と入れ違え, 帰るが身, 帰るへらし, 帰る考えがあるなら, 帰る者罹災者達の蜿, 帰る者草履の材料, 帰る聖賢の清く, 帰るを決め, 帰る能力なぞ五官, 帰る自分の後影, 帰るの中, 帰る舟中で新党員, 帰る船中でボンベイ地方, 帰る船賃は要らない, 帰る船隊を待ち伏せ, 帰る花房一郎が此家, 帰る苅萱コスモス河原蓼等々やつぱり苅萱がいちばん好き, 帰る若い衆かも知れない, 帰る若妻に似, 帰る若者が減る, 帰る荷馬車のほこり, 帰る菓子が注文, 帰る葛岡に地下鉄, 帰る藤原純友を始め, 帰る蘇州特務機関長に汽車, 帰る蜀軍の列, 帰る蜂谷良作がシーツ類, 帰る行先に暖, 帰る行列にもそれ, 帰るもあるだろう, 帰るの色, 帰る衣服を着, 帰る裸麦の或, 帰る西日に赤く, 帰る覚悟でした, 帰る親父の足音, 帰るにゆかず, 帰るか, 帰る話題を切りとる, 帰る該地の人夫一万人, 帰るでもが一様, 帰るではない, 帰る谷間はどこ, 帰るの歌, 帰る足音であるという, 帰る路すがらその大, 帰る路すがら米友は世間, 帰る路すがら自分もいつかお父さん, 帰る路すがら雲立ちたる空, 帰る路用に当て, 帰る身支度をした, 帰る農夫達の長閑, 帰る送別とか個人個人, 帰る途ここで師法然, 帰る途すがら二人はボン, 帰る途すがら爽やかな秋, 帰る途アダヨにつかまり, 帰る途上一計を案じ, 帰る途上仏ある沢辺, 帰る途下を向い, 帰る途中あれも焼けた, 帰る途中かつ子は岡部少年, 帰る途中さつきの芒野, 帰る途中すべつてころんだ額, 帰る途中どこかへ取り落し, 帰る途中なんの理由, 帰る途中ひとりでここ, 帰る途中らに見た, 帰る途中わが家に至らざる, 帰る途中イスタンブールで新聞記者, 帰る途中ヒヨツコリ樹明さんと逢, 帰る途中リリーとふたり, 帰る途中ワラ族に襲撃, 帰る途中三鷹駅前の広場, 帰る途中亀吉に会っ, 帰る途中以前から知り, 帰る途中佐分利母子は雑司ヶ谷, 帰る途中偶然同じ途, 帰る途中光村が狐, 帰る途中列車が大, 帰る途中友達の所, 帰る途中墓間を通行, 帰る途中大阪で事件, 帰る途中家並の切れた, 帰る途中寺町を通った, 帰る途中尊氏方の呼応者, 帰る途中小川町で電車, 帰る途中小田原の宿はずれ, 帰る途中尚書の費, 帰る途中山木殿と一夜, 帰る途中山間の狭, 帰る途中岡山で土台石, 帰る途中川舟に乗合, 帰る途中師匠はほか, 帰る途中幾度もしたがった, 帰る途中弁護士は話し, 帰る途中彼はいろいろ, 帰る途中彼女の姿, 帰る途中暗然と顔, 帰る途中本郷通りや上野広小路辺, 帰る途中東照宮の石壇, 帰る途中江戸川橋でお, 帰る途中汽車がその, 帰る途中深草の藤森神社, 帰る途中炭部屋の前, 帰る途中無事でヤレ, 帰る途中生垣の下, 帰る途中畑に顛落, 帰る途中畷を片, 帰る途中登が十兵衛, 帰る途中碓氷峠をくだっ, 帰る途中祖父は独語, 帰る途中私宅より三町, 帰る途中笹子峠の麓, 帰る途中筋向うの荒物屋, 帰る途中臨時に雇った, 帰る途中自殺した, 帰る途中船から落ちる, 帰る途中藤田大佐と一しょ, 帰る途中谷間の小, 帰る途中車といっしょ, 帰る途中近江の土山, 帰る途中道江にそれとなく, 帰る途中釜貞の心中, 帰る途中銀座の地蔵, 帰る途中長屋の井戸, 帰る途中青木千之助はしきりに, 帰る途中頼子という女, 帰る途中頼朝の出動, 帰る途八五郎はたずねました, 帰る途次難船して, 帰る途雨来り弱る, 帰る途順を歩い, 帰る通行券を示した, 帰るへば別れる, 帰る連れがたくさん, 帰る運命かと思う, 帰る道づれはねえ, 帰る道みち親方はわたし, 帰る道中で私, 帰る道仙台に板垣退助, 帰る道筋おじいさんはうつ向き, 帰る道筋縄からげ, 帰る道連れが出来た, 帰る郁次郎どのに何事, 帰る郷土も家, 帰る郷里の親類知己, 帰るがある, 帰るには父母, 帰るのうしろ, 帰る金吾の足, 帰る釣台を見下した, 帰る長男県の中学, 帰る長野軍医正が立寄つた, 帰るにもポリプ, 帰る間座敷へ出た, 帰る間清に何, 帰る間私は幸福, 帰る陣場夫婦が自動車, 帰るがなかっ, 帰る際のはマラソン, 帰る際仏国に在勤, 帰る雁なにいそぐらん, 帰る雁金の後, 帰る雨夜や最, 帰る青年もあった, 帰るがした, 帰る頃どこからともなく若い, 帰る頃雷雨の先端, 帰る順序ですから, 帰るがなく, 帰る風俗がある, 帰る駄馬が仕切り, 帰る駅前で, 帰る駕籠の中, 帰る駕籠舁を見すて, 帰る魏将士の間, 帰る鯨群を追廻し, 帰るが二三羽, 帰る鵜烏が一羽