青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「彌~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

張り~ ~強 強~ ~強い 強い~ ~強く 強く~ 強烈~ 弾~ 弾丸~
彌~
当~ ~当っ 当っ~ ~当て 当て~ 当り~ ~当る 当る~ 当人~ 当分~

「彌~」 1320, 14ppm, 7827位

▼ 彌~ (170, 12.9%)

5 妹の, 手紙に 3 五郎作は, 墓は, 手紙を

2 [11件] 同僚で, 墓に, 墓の, 家は, 指紋が, 晩年の, 生涯は, 祖先の, 遺産は, 部屋の, 鑑定で

1 [129件] お墓, お尻, からだは, ことこの, この行方, ためには, ところへ, コルレスポンダンスの, 一味, 一味だ, 七十七の, 上せあが, 両人へ, 事は, 事蹟を, 二人が, 五郎作が, 伜の, 位牌には, 位牌の, 假名文は, 傳には, 兄を, 刀を, 剃髮, 勤行が, 単一な, 口の, 召捕から, 告白書の, 唇に, 噂を, 墓が, 墓を, 壽阿, 奇行が, 妹である, 妹壽阿, 姪が, 姪に, 姪の, 姪は, 姪を, 姪一人の, 字は, 室は, 家から, 家に, 家の, 小説, 居間の, 師家で, 広間へ, 庭の, 庭よろしから, 弟子である, 惨死体は, 手で, 手向に, 手紙, 手紙と, 手紙には, 手紙の, 手紙は, 托鉢の, 推定死亡時刻は, 文は, 方が, 方は, 方へは, 書いたもの, 書斎から, 死に, 死んで, 死亡時間は, 死因についての, 死因は, 死體に, 殘黨が, 母で, 母では, 母壽阿, 滑稽の, 父, 父は, 父清一祖父雅衛曾祖父裕八郎玄祖父儀右衛門の, 物だ, 生活の, 目論見が, 省略で, 眼に, 瞳に, 石を, 祖母や, 穴倉から, 穴倉に, 筆跡と, 終焉の, 經歴には, 縁談も, 罪は, 肩衣は, 胃袋に, 胸に, 著て, 視線から, 視線が, 解剖は, 計畫, 足は, 輕佻さが, 辭世として, 連歌師で, 連歌師としての, 道場が, 道場の, 道場は, 遺した金ぢ, 遺産を, 部屋で, 間には, 露地出で, 音譯か, 頭の, 顏が, 顏に, 顔を, 高く自ら標置, 龍之

▼ 彌~ (109, 8.3%)

3 の方 2 がお, ですよ, と内儀, と養子, の男, の聲, は益々, を殺す

1 [90件] がそれ, が三百六十何本, が下手人, が今更, が何時, が半日, が向う, が妹娘, が小用, が心魂籠め, が懲り, が歌, が殺された, が皆んな繼ぐことになつてゐたのか, が立去る, が紅, が聽, が花嫁, が醉つて寢, だ, だつて, です, ですがね, でせう, でなく内儀, でも七平, という, というの, といふ大, とお, とお前, とその, との祝言, と一緒, と當人, と許婚, などは半身, なんかを屁, なんかを張り合っ, にさ, にも逢, に出, に問, に引逢, に疑ひ, に見せ, に訊い, に首つた, のやう, の代り, の土用風邪, の外, の婿入り道具, の家, の後ろ姿, の手紙, の色文, の記憶, の身体, の騷ぐ聲, はそれ, はどう, はハツ, は一つ, は事細か, は亡くなつた, は名前通り物柔らか, は小用, は少し, は恐る, は曲者, は横, は殺され, は祝言前, は自分, は裏, は飛んだ, も一向, も典型的, も憎い, をおびき出し, をおびき寄せる, をそつ, を四疊半, を始め奉公人達, を娶合せる, を殺し, を殺した, を縛らない, を邪推

▼ 彌~ (98, 7.4%)

2 それを, 姪に, 静かに

1 [92件] かう云つて, かつてこんなに美しい, こちらで, これに, その秀麗, その絶壁, ちょっとためらった, はっとして, はら, まだ二十五六, われに, 一部の, 三里の, 二十八歳にな, 二階の, 伊澤氏に, 何の, 何やら思ひ付いたらしく, 何を, 兩腕の, 六十七歳で, 其年の, 再び火事, 凝乎, 刀自の, 十九歳に, 半分ほど, 又學者, 友人から, 單に, 嘉平太を, 嘉永元年八月二十九日に, 四五回ほど, 執筆日輪寺内壽阿, 夢心地に, 天民と共に, 天民の, 女の, 姪が, 姪と, 姪の, 岡崎町の, 後頭部を, 微官, 急いで, 急に, 怪我の, 悄然と, 惡びれも, 慇懃に, 托鉢に, 挨拶が, 數歩退い, 文政十年七月の, 斯う, 昨年の, 時宗の, 更けるまで, 本江間氏, 本郷弓町だ, 村の, 此等の, 此袱紗の, 武家の, 死んだ筈, 毒藥の, 水戸侯の, 焉馬の, 甥と, 白い晒木綿, 眞面目の, 瞳を, 社會一般から, 祖母と, 祖母に, 背中から, 能書で, 自分が, 色白で, 花道の, 若し此火事, 菓子店を, 落涙致しました, 西村氏の, 読書に, 走る乗合自動車, 連歌仲間の, 里村昌逸の, 陸中邊まで, 顧みて, 馬鹿, 高貴の

▼ 彌三郎~ (79, 6.0%)

2 はそれ, は後, を殺した, を毒害

1 [71件] が夢中, が家出, が戻, が番頭彦三郎, が編笠, が老巧, が自慢, が觀音樣あたり, が道樂, でした, といふ名, とかを身持放埒, との間, と下女, と二人, と懇意, と申す, と言, と言つて, には他, には別, には忍び, には相違, に口, に嫁, に惡, に會つて, に未練, のみすぼらし, のやう, の仲, の占め, の後, の態度はまこ, の望み, の樣子, の病氣, の素性, の驚き, はこともなげに, はそんな, はまことに, はもう, はオドオド, はモヂモヂ, は他, は側, は八五郎, は含み, は妙, は懷ろ子, は最初, は殺された, は漸く, は父親, は素姓, は自分, は良い, は越後屋, は踏み, は輕, は逃げ出さう, は部屋住, は頭, は默, をけしかけ, を家, を打破夫, を江戸, を縛る, を育てました

▼ 彌~ (74, 5.6%)

6 上に 4 上にも 3 水戸家の 2 これを, 主家歸參の, 怪我を, 死んで

1 [53件] いかなる書, こんなところ, ためには, はてなと, フトした, 七十か, 七十七歳に, 三十幾歳の, 二人の, 云々, 何時でも, 八十で, 出家した, 剃髮, 十二代の, 同じ講釋を, 名を, 名倉の, 呑込んでしまつた, 四十五歳の, 夫婦づれで, 夫婦連れで, 姪の, 寢て, 寢る, 寺へ, 將に, 岩魚の, 幸に, 忠義無二の, 急に, 怪しいと, 手から, 托鉢に, 文章を, 曇, 止むるも, 武家の, 死んだと, 氣に, 源氏物語の, 火事に, 物事に, 知らずに, 石を, 縫ひ附けた, 聞いて, 自分の, 自筆の, 苦しんで, 蒔繪師の, 道に, 飛び出さないまでも

▼ 彌八郎~ (49, 3.7%)

2 も思はず

1 [47件] お糸, か, から恋文, が一人, が唐紙, が大きく, が時々, こともなげに言, といったよう, といふかなり, といふの, といふニキビ, とは幾度, と人交, と伜, と言う, と連れ立つ, に吹, に注意, の外, の浪宅, の色文, の言葉, の部屋, の駄洒落, はそう, はそれ, は一應平次, は三百何十本, は先, は兩手, は南縁, は取つ, は大変, は小, は平次, は手, は掌中, は立っ, は自分, は苦笑い, は隨分人, も元, や七平, や網干, をとりこ, を呼び

▼ 彌~ (47, 3.6%)

4 の伜 2 に脅かされ

1 [41件] がまさか, が今朝小僧, が唐櫃, が持ち込んだ, が持込んだ, が殺された, が飛び出し, が首, だが, といふの, といふ男, と一緒, と伜, と來, と判つたの, と相棒, と約束, と若, に虐げられ, の子, の家, の掛り合, の死, の死んだ, の死骸, の相棒, の細工, は何, は惡, は昨今, は番頭, は矢張り過失, は知らなかつた, は間違ひも, ほどの者, をどう, をひどく, を一番邪魔, を取, を後見, を殺した

▼ 彌~ (46, 3.5%)

4 と富山七之助, の部屋

2 [13件] がひどく, が富山七之助, が生き, なり七之助なり, に知られず, のところ, の仕業, の面上, は三十四歳, は縁側, を斬り殺し, を殺した, を討ち果した

1 [12件] がお, と剣, と劍, と言っ, と言つて三十四歳槍, のでも, の無, の無残, はこの, は庭, は立ち上がり, は立ち上り

▼ 彌~ (45, 3.4%)

3 の部屋, は清太郎 2 がお, は

1 [35件] があの, が息, が持つ, そして奧座敷, とお, と云, と申します, には氣, に口, に大方店, の告げ口, の愚痴, の敗けでした, の望み, はお, はお腹, はぜんそく持ち, はどんな, はガラツ八, は下手人, は二十七八, は何所, は卑屈, は又, は口, は腹痛, は顫, は養子, は馬鹿, も具體的, も店, や, や番頭, を川, を物蔭

▼ 彌~ (36, 2.7%)

10 より邪馬臺國 6 に至る 3 より投馬國 2 即ち太宰府

1 [15件] といふより, までの總里數, までは一萬七百餘里, より一千三百餘里, より九州, より以下邪馬臺, より以下邪馬臺國, より南方, より南方一千三百餘里, より女王, より女王國, より東行, より水行三十日, より邪馬臺, 即ち博多附近

▼ 彌~ (35, 2.7%)

8 を拵 6 を二つ拵 2 を二つ

1 [19件] が崩れ, が板, なんか拵, に馴れた, の中, の肩, は何處, も拔, をきめた, をほぐす, を二つ陰氣, を念入り, を懷, を拔, を拵えた, を持込む, を構, を肩, を追

▼ 彌~ (30, 2.3%)

10 八は 6 八に, 八の 3 八と 1 に購, 八が, 八ぢや, 八も, 八口上も

▼ 彌~ (30, 2.3%)

2 に送られ

1 [28件] がその, が取出す, が死ね, が死んだ, が白い, が私, としては狂喜, と土居三津子, に喰, に対し何, に殉死, に毒, のところ, の後頭部, の心臓麻痺, の死ぬ, の死んだ, はそこ, はその, はどの, はどんな, はもはや, は当夜, は死亡, は狂喜, は猛毒瓦斯, へ送った, もあの

▼ 彌~ (24, 1.8%)

1 [24件] にこやかな, 交つた, 会ったが, 先だつて, 先つて歿した, 名倉で, 問うて, 家人株を, 当る彌, 斯の, 於いて, 書かれた時, 毒を, 洩したもの, 深い恨み, 濃く漂いはじめた, 縁故の, 至る道里, 請うて, 讀經を, 近づくと, 送ったの, 附き纒, 面接した

▼ 彌~ (21, 1.6%)

1 [21件] お萬, こしへ, なづけた孫, なり幕府, 一匹の, 亀之, 來ました, 其親戚と, 印刷し, 同じく明和六年生, 家政婦小林と, 当麻, 榮吉の, 水戸家との, 申ます, 笑って, 親しかつ, 誠範の, 谷の, 関係の, 鼠一匹を

▼ 彌之助~ (18, 1.4%)

1 [18件] がお, が坂下, が殺し, ではなかつた, とあの, といふの, といふ味方, とお, の答, の部屋, は, はお, はお玉, はたしなみ, はハツ, は正直眞, は矢, は言

▼ 彌~ (16, 1.2%)

1 [16件] 借り出すの, 壓倒し, 家に, 射撃する, 小父と, 擧げるほどの, 斃した, 殺したの, 殺して, 殺害する, 煮て, 縛るべき筈, 訴人した, 誘い出すよう, 誘拐すれ, 請じ

▼ 彌さん~ (14, 1.1%)

1 [14件] が, がどんな, が水戸樣, が生き, と仲, の事, の先祖, の御, の所藏本, の手, の縁故, は明治, まで續, を相俣淵

▼ 彌彦山~ (14, 1.1%)

1 [14件] がかう, が皺一つ, が目, が眞向, が近く, でこ, に棲む, は今, は岩, へ向い, へ登らう, を知つたの, を顧, 更に西

▼ 彌五右衛門~ (11, 0.8%)

3 の遺書 1 が恩義, が正徳四年, の境地, は, は三斎公, は切腹, は相役横田, を艸

▼ 彌~ (11, 0.8%)

3 とぞ 2 やこの 1 え, え得た, や八紘一つ宇, や大き, や天, を我等

▼ 彌~ (11, 0.8%)

1 [11件] の伜, の引合せた, の指さした, の案内, の言葉, の説明, の調子, はむづかしく答, は一, ひどく澁, を顧みました

▼ 彌平次~ (9, 0.7%)

2 と新吾 1 だけは面, に眼, はあわて, はお, は不思議さうに, は火鉢, は竹刀

▼ 彌~ (8, 0.6%)

1 から吉田, だと, の山系, の峰, の眺望, の神山, の神社, は遂に

▼ 彌五郎~ (7, 0.5%)

2 の娘 1 といふ乞食, の乱酔, の息子, の息子野助, の茶屋遊び

▼ 彌~ (6, 0.5%)

2 の隱 1 の旦那さん, はあわて, は八五郎, は物置

▼ 彌之助さん~ (6, 0.5%)

1 が入, とか言, とやらは, とバツタリ顏, はお, も知つて

▼ 彌~ (6, 0.5%)

1 が窃, の内, の家, の許, は確, も魂消

▼ 彌十郎~ (6, 0.5%)

1 お幾父娘, が十年前, の女房, の娘, はせめて, も幾度

▼ 彌殺し~ (5, 0.4%)

1 という犯罪, の容疑者, の犯人, の犯人容疑者, の第

▼ 彌三郎さん~ (4, 0.3%)

1 だ, にも訊き, はお家, は眤懇

▼ 彌八さん~ (4, 0.3%)

21 の恐ろしい, の方

▼ 彌~ (4, 0.3%)

1 と言つて六十, と鉢合せ, の話, はいかにも

▼ 彌藤兵衛牛~ (4, 0.3%)

1 と塩谷村, は全身, は妙, は漆黒

▼ 彌~ (3, 0.2%)

1 何方かが, 從姉の, 表梯子

▼ 彌という~ (3, 0.2%)

1 二十二三の, 武士は, 若様附でございます

▼ 彌といふ~ (3, 0.2%)

1 のは, 京都風に, 良い息子

▼ 彌には~ (3, 0.2%)

1 どういう意味, 子も, 庶子伊戸子という

▼ 彌~ (3, 0.2%)

1 これを, 同じやう, 控えよ

▼ 彌~ (3, 0.2%)

1 事終れ, 呆れ請, 嫁御が

▼ 彌一右衛門~ (3, 0.2%)

1 がそう, が意地, の云う

▼ 彌~ (3, 0.2%)

1 助たつ, 助ぢ, 助位

▼ 彌光悦~ (3, 0.2%)

1 とか灰屋紹由, と天下, はどう

▼ 彌八どん~ (3, 0.2%)

1 に夢中, に言, は間

▼ 彌八郎樣~ (3, 0.2%)

1 が通り, のお, も怪しい

▼ 彌古り~ (3, 0.2%)

1 てかなしみ, て大理石, て彌

▼ 彌~ (3, 0.2%)

1 とのお, の曾祖父さん, を連れ

▼ 彌~ (3, 0.2%)

1 の倒置, は何年, は卑彌呼

▼ 彌平次等四人~ (3, 0.2%)

1 はあわ, はいづれ, も下

▼ 彌~ (2, 0.2%)

1 と言, よ最初

▼ 彌にも~ (2, 0.2%)

1 下女の, 櫻痴居士にも

▼ 彌一人~ (2, 0.2%)

1 の墓, 生まれて

▼ 彌乃彌己等~ (2, 0.2%)

1 とある, などなほ

▼ 彌以上~ (2, 0.2%)

1 の苦心, はほ

▼ 彌八郎さん~ (2, 0.2%)

1 は, も大

▼ 彌兵衞さん~ (2, 0.2%)

1 が来た, の宅

▼ 彌兵衞老人~ (2, 0.2%)

1 と安兵衞, の妻

▼ 彌~ (2, 0.2%)

2 曰彌彌

▼ 彌十自分~ (2, 0.2%)

2 の腕

▼ 彌右衞門~ (2, 0.2%)

1 と註し, は同人

▼ 彌吾吉~ (2, 0.2%)

1 に左, は馬匹

▼ 彌國百里官曰多模~ (2, 0.2%)

2 副曰卑奴母離

▼ 彌~ (2, 0.2%)

1 ると, る太

▼ 彌壽子~ (2, 0.2%)

1 が生けたる, などを床

▼ 彌奴國~ (2, 0.2%)

2 次有

▼ 彌山田金吾~ (2, 0.2%)

1 という者, も驚きました

▼ 彌左衞門町~ (2, 0.2%)

1 の廣, の田原屋

▼ 彌~ (2, 0.2%)

1 どんの, は六十

▼ 彌彼方~ (2, 0.2%)

2

▼ 彌控え~ (2, 0.2%)

2 て居れ

▼ 彌殺害事件~ (2, 0.2%)

1 として扱わね, なるもの

▼ 彌~ (2, 0.2%)

1 したる虚空, して

▼ 彌漫つて~ (2, 0.2%)

2 動かぬ灰雲

▼ 彌~ (2, 0.2%)

1 をも云わず, を演じた

▼ 彌秣賀~ (2, 0.2%)

1 と云, の初

▼ 彌立つ~ (2, 0.2%)

1 をおぼえ, 程で

▼ 彌~ (2, 0.2%)

1 して, するの

▼ 彌~ (2, 0.2%)

1 は相, を受けた

▼ 彌豆麻岐~ (2, 0.2%)

2 の神

▼ 彌那利~ (2, 0.2%)

2 可五萬餘戸

▼ 彌都波能~ (2, 0.2%)

2 賣の

▼ 彌門樣~ (2, 0.2%)

1 でございました, のお

▼1* [152件]

子に, 彌手打に, 彌さやさやに若き, 彌じゃろうなすると, 彌その他一黨の遺志, 彌たる所であらう, 彌ちよいと, 彌であったかどう, 彌といへる例も, 彌とか言ふ, 彌とは反対の, 彌ともう一人の, 彌などはたうとう, 彌にとってはあの告白書, 彌に対する怨恨について, 彌はからだ中, 彌まで陸路合し, 彌もうそんな寂しい, 彌その他五六名の, 彌より投馬投馬より, 彌ば必ずしも, 彌れるを以て此等肖像, 彌ハ昭和十五年八月九日午後十時鶴見工場ニ於テ土井健作ヲ熔鉱炉ニ突落シテ殺害シタルヲ土井ガ自殺セシモノト欺瞞シ且ツ金六十五万円, 彌一味の謀叛, 彌七郎と云, 彌三之丞金出宿には黒田監物, 彌三郎さへ居なけれ, 彌三郎さんぢやありません, 彌三郎嫁のお, 彌三郎殺しを新, 彌三郎頼綱の謀叛, 彌乃彌己等加斯支移比彌乃彌己等, 彌之助それを種, 彌之助岩槻禮次郎黒田清隆澁澤榮一平田東助淺野長勳松崎藏之助, 彌九郎千葉周作など劍道, 彌二十九日夕とある, 彌五右衞門の七人, 彌五郎一刀齋なども桶挾間, 彌以可也乘方出來候時ハ海路國許エ差遣シ船手之モノ共爲習練, 彌以御武備不殘西洋流, 彌慕の, 彌ういう心得, 彌余り厳ま, 彌來馬の一人, 彌太く逆上, 彌兄妹と嘉平太, 彌し難い, 彌八それを良い, 彌八どんと一緒にし, 彌八夫婦にい, 彌八字は上手, 彌八與之助, 彌八郎文弱に流れ, 彌八郎枕もあがらない, 彌八郎様は一時, 彌といつ, 彌六親仁がいつも, 彌兵次宅へ踏込及亂暴居宅及所持, 彌十九歳とその, 彌十老人と小坊主, 彌後の, 彌口を, 彌又の名を森右門, 彌召捕の時, 彌召捕りみたいな, 彌召捕り見たいな勢, 彌右衞門どんは死んだ, 彌右衞門妻の註, 彌吉さんが新婚, 彌吉どんの部屋, 彌吉定吉の三人, 彌世阿彌父子の, 彌君宮崎君が來訪, 彌吾吉利太郎の四名, 彌吾吉夫婦西村仁三郎谷利三郎土人一名合せて, 彌吾氏を以て頼み, 彌呼事鬼道能惑衆年已長大無夫壻, 彌呼事鬼道能惑衆年已長大無夫壻, 彌呼年長不嫁, 彌國ヨリ南ニ向ヒテ進ミ行クコト二十日, 彌國以南にし, 彌國投馬國などいへる, 彌國支半國狗素國捷盧國の名, 彌國等より南方, 彌堅く取らせ, 彌弗利無, 彌多き時に, 彌多しと貶した, 彌にし, 彌太氏母は本木繁氏, 彌如き者を, 彌尸訶教を唱, 彌屹度棄てます, 彌といふ句, 彌左衛門町を歩い, 彌左衞門は三年前, 彌左衞門在世の頃, 彌市さんと庭, 彌平次本庄新吾いづれも, 彌平次本庄新吾犬塚段八三上郡藏があわ, 彌平次犬塚段八三上郡藏の三人, 彌平次等は構はず, 彌張りか何, 彌彦までは行ける, 彌彦山これもその, 彌後宮有女六七百人名太子爲利歌, 彌といふ語, 彌惣父子の住ん, 彌投馬諸國, 彌支半古の地, 彌支國半狗國, 彌も照らせ, 彌早速其の者, 彌更に苛立たせた, 彌曼差哲學と其の, 彌有難く御挨拶, 彌極顧, 彌木榮に, 彌には伊勢, 彌楽堂で道徳, 彌はお, 彌がこんな, 彌が十二代, 彌止めるな宜しい, 彌の水飴, 彌死んでも聊か, 彌氏ひとりになっ, 彌氏射撃に使った, 彌の潮, 彌決心しました, 彌清くいよよかなしく, 彌生れ代つて來なければ, 彌田宮中比彌阿, 彌百匁御所といろ, 彌研究の道, 彌研究上に活きた, 彌神社とも見え, 彌立ちがた, 彌立つたよ, 彌立てたことだらう, 彌羅國王を教化, 彌の, 彌自身が彼疑問, 彌良久の埼, 彌茫々たり, 彌衆馬の群がる, 彌彌, 彌造玄関から入っ, 彌使詣, 彌門代つて御挨拶, 彌那爾比彌, 彌高うして