青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「弾~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~張っ 張っ~ 張り~ ~強 強~ ~強い 強い~ ~強く 強く~ 強烈~
弾~
弾丸~ 彌~ 当~ ~当っ 当っ~ ~当て 当て~ 当り~ ~当る 当る~

「弾~」 1602, 17ppm, 6592位

▼ 弾~ (234, 14.6%)

8 こめて 4 もって, 受けて 3 うけて, こめた

2 [11件] かくして持っ, こっちへ, こめる, さけながら, 使うこと, 使う奴, 発射し, 股に, 装填した, 警戒し, 身に

1 [190件] あとから, あの馬印, いつせい, うけそれから, うけた, うけたもの, うけた瞬間, うけ後, うちこむまで, うちだした, うつな, えいと, おもに用, かわすため, くらえば, くらったらしい, くらった異人たち, くらってから, くるくると, くれて, こめ, こめさせ一弾, こめたところ, こめたジャン, こめたピストル, こめてる間, こめるため, こめる余裕, こめ始めた, こめ始めて, こめ見張り, さけるの, したため家元, して, しばりつけて, すっかり抜きとっ, するの, そこで, たたきおとす, つかえば, つきつけられた, つきつけられて, つけた銛, つめッ, とばせば, どんどん墜, どんどん浴びせかけた, なげおとしたの, なげこんだとき, なげつけやがったん, なげつけられて, なんに, ぬいて, ぬき出すと, のがれた三分の一, はこぶ無人ロケット艇, ぶっぱなしたん, ぶっぱなして, ほかの, ぽんぽん打ち込ん, もった或, もった監察隊員, よく捕捉, ダンダンと, ポンポン飛ばせる, 一つは, 一つ受けた, 一つ採っ, 下す戦い, 与えたならば, 乱発させる, 二人の, 二重籠めに, 交わして, 人類は, 使う戦争, 使ったか, 使って, 使用した, 入れて, 取出して, 受けた, 受けたら痛い, 受けた時, 受けながら, 受けるに, 受けイエナ, 受けフリートラント, 受け砲身, 叩きつけあって, 命じて, 喰おうも, 喰らうぞ, 四ツ五ツと, 填めた拳銃, 子供ながら, 射とうと, 左眼下に, 巧妙に, 師の, 思い思いに, 急いで, 息もつが, 打ちあげるだけ, 打ち込んだ, 打ったもの, 打っ放した, 打つて, 打上げては, 投げた, 投げたい, 投げたもの, 投げたり, 投げつけたり, 投げて, 投げようが, 投げられたよう, 投げ込んで, 投下し, 抱えて, 拾ったり, 持たせ火星兵団, 持ちて, 持ち一方, 持ち廻る人達, 持った朝鮮人, 持っとるという, 撃ちこめ, 撃ちこんだ, 撃ちだしても, 撃ち込む事態, 撃つ石弩, 放ったに, 放ったの, 放ったまま, 放ってから, 放とうとして, 敵の, 敵艦に, 敵軍戦線へ, 早く用意, 明かして, 楽しんで, 浴せかけた, 浴びて, 浴びながら, 消費する, 渡した, 漫然と抛り込んだ, 瀑壺に, 物とも, 狙い放した, 用いるとか, 目的の, 盲射し出した, 示し射ったらまず, 窓から, 簡単に, 終った私, 置いて, 考えると, 聞いて, 聴きに, 肩部に, 自分の, 落したきり, 落したよ, 落として, 蒙りて, 行る, 装填る, 製造する, 見出した, 見舞うぞ, 見舞うどころ, 見附けました, 詰めかえる余裕, 詰めると, 込めた大型, 遣る洗髪, 銃に, 鋳たり, 鎖骨に, 開始し, 防ぎ歩兵, 集中した, 雨霰の, 頭部に, 飛ばしても, 食ふ

▼ 弾~ (201, 12.5%)

6 ような, ように 4 ために 3 破片で, 落ちて, 飛んで

2 [17件] あるかぎり, 一つや, 三下りか, 中で, 中を, 典型だ, 射手, 炸裂する, 破片が, 破裂した, 被害だけ, 警戒塔や, 雨に, 雨を, 音, 音が, 音に

1 [142件] あとが, あとを, あらんかぎり, ある限り, うち三弾は, うち幾つかは, うなり一つ, おちた前, お見舞, きた方を, ことについて, つきるの, と, どっちの, なかに, はじけるにぶい, はずれるよう, ひびきが前方には, まさしく彼, やうな, ゆらめきを, ケースが, ハヘンで, 一つが, 一つぐらい, 一つである, 一個は, 一発まで, 三味線に, 下くぐる, 下を, 中に, 中には, 中の, 件は, 使用法に, 偉力と, 働きを, 光でも, 光とが, 光に, 光りを, 入ってない鉄砲, 到達距離は, 力なかなか, 原料は, 口金の, 古い鉄, 命中した, 唄売り, 地響き, 売込みに, 大砲を, 如くに, 如く突いて, 威力は, 実験を, 実験中の, 害, 密度も, 射程が, 射程距離外を, 小唄が, 届くところ, 弱さ, 強い青い光, 形を, 影響だ, 忍ぶ恋路, 戦術従業員大会開催の, 所在地は, 手頃な, 打上げられて, 投下によって, 投下準備は, 摘出を, 攻撃を, 斉発ごとに, 方は, 明るさ, 来た方向, 来るなか, 来るの, 来る方, 標本を, 歌の, 正体を, 浜, 浜へ, 消滅と, 火災を, 炸裂の, 炸裂音と, 為めに, 烈風を, 煙に, 照明下に, 爆発が, 爆発音響なぞは, 犠牲と, 犠牲に, 痕が, 痕だ, 痕は, 発明は, 的に, 的にも, 着想は, 矢が, 砕片を, 砲撃だった, 砲撃を, 破壊力を, 破裂する, 破裂に, 箱は, 練習を, 若い女, 落ちたこと, 行方, 装填を, 説明を, 谺する, 通過した, 速度は, 遠い近いを, 銀色の, 銃瘡と, 長唄で, 間合を, 防禦壁も, 音でも, 音の, 音よりも, 音色に, 音響で, 音響は, 響が, 類なり, 餌食は, 魂胆が, 鼻さきの

▼ 弾~ (185, 11.5%)

8 飛んで 3 彼の, 落ちて 2 うなり, こめて, とんで, 仙太郎の, 気まぐれに, 注いで, 炸裂した, 近づくの, 降って

1 [153件] あがり花火, あたったの, あたったらしくつばさ, あたったり, あたって, あたらない, あたるン, あると, あるなんて, あるに, うなって, おそいかかった, およそ二三百個, きたが, この建物, こめてないこと, こもってる, こんなところ, しぶきを, そこから, とければ, とどくん, とびだすころ, とびだす兵器, とび出すやう, どういう風, なに恐ろしい, にぎられて, はいってるね, はいり込むの, はねかえったって, ひゅー, ぼうんと, またそれ, またも, まつげを, みんなちがった, もうヒューン, ガラ, タラタラタラタラと, タンクに, バラバラッと, ヒューヒュー空を, マリユスを, 一つ二つ庭に, 一発, 一発ある, 一発飛ん, 一瞬間に, 三つ四つ五つと, 三トンぐらい, 上がって, 丸太小屋の, 京弥の, 今度は, 八方に, 出て, 出ないぞ, 出ません, 又同じ, 右肺を, 合図に, 同時に鳴った, 吐き出されようとも, 向い合った味方同志, 命中し, 命中しない, 命中しなかった, 四トン破, 土の, 地を, 地中に, 外れたん, 外れるわけ, 多いの, 射手の, 尽きた時, 尽きて, 届くくらいの, 左の, 幾つも, 当らないもの, 必ずどこ, 思うよう, 急所を, 打ち上げられるの, 投下され, 投下される, 掠めた, 撃出された, 日本に, 旨く発し, 条件に, 来て, 来ないという, 来るに, 杯と, 次の, 武蔵の, 活動する, 流星の, 海盤車の, 消えて, 無いと, 無くなって, 爆発し, 発射されてる, 発射せられ, 皮肉にも, 盛んに, 目に, 破裂した, 破裂する, 祭って, 空に, 空中に, 空中を, 空気の, 篭めて, 続いた, 膝が, 舷側を, 茂みの, 落ちたぞ, 落ちたよう, 落ちたらしい, 落ちたらしく群衆, 落ちない前, 落ちはじめたとき, 落ちました, 落ちれば, 落下する, 蔡薫の, 見事に, 走るに, 走るん, 身体の, 輿の, 送られた, 通ったが, 遠くまで, 郊外兵から, 開いた, 陳君の, 雨の, 頃合いの, 頭部に, 飛ばぬの, 飛びきたって, 飛び出しました, 飛び出しますよ, 飛んでる様子, 飛来し

▼ 弾~ (129, 8.1%)

4 彼の 2 からだを, だまって, 刑事の, 大英博物館

1 [117件] あたったの, あたらなかった, あたらなかつた, あやまたず凶漢, あれど, あわてて, いかなる順序, いくつ入っ, うなり, うなりを, さけび光線, そこまで, たいてい命中, ただ穴, たちまち我艦眼, たちまち艦内, だんだんとかず, ちゃんと六発共, つき爆弾, とび, とび出した, ともすると鬢, どこと, どんと発し, なかった, なかなかつよい, はずれた, ひし, ひっきりなしに空中, ふって, ぶん, ほとんど一度, まだ届かない, むなしく音, もう来なかった, もう自分, もろに下腹, わが戦隊, クールフェーラックに, コンクリートの, ドングリの, ペペ山とともに, 一弾より, 不幸にも, 中って, 二万米しか, 他の, 作れるの, 充分まっすぐに, 兜の, 八弥の, 分る, 勝入の, 十個だけ, 口腔内の, 右胸を, 命ぜざるに, 命中しました, 地を, 大空艇のへ, 天井へ, 左の, 左胸を, 広告屋の, 弁蔵の, 弟子の, 弾と, 彼に, 急所を, 悲鳴を, 扉にあたって, 手を, 撃ち人以上, 木壁を, 機関室を, 正しく武蔵, 殆どなかっ, 民家の, 気味の, 流れ見て, 漸くに, 無音の, 照準誤たず, 発射され, 発射されました, 発見された, 白いあと, 矢ッ張り雨の, 確かに, 秀吉の, 私に対してよりも, 空へ, 空弾だ, 窓の, 窓を, 窓硝子を, 紙挾み, 肩に, 肩を, 胸を, 胸部に, 胸骨に, 脹脛の, 腰部に, 腰部を, 自分の, 船腹に, 船首の, 蒲団の, 角面堡の, 調子づいたと, 豊国丸の, 須田町の, 頤の, 額を, 風の音を, 飛びますが

▼ 弾~ (63, 3.9%)

11 ている 3 ていた 2 てうたう

1 [47件] くとか, さ, つつ後ろ, てい, ております, ておる, てください, てこれ, てその, て以, て南風, て堂, て声自慢, て夜闌, て居る, て彼, て泣き, て独り心, て籠城, て送る, て鉄衣, て銭, て音譜, ないし, ながら何だか, はじめた, よう, ようかと, ホーマアを, 且つ歌う, 去る烏臼, 壇ノ浦合戦の, 彼女は, 微吟に, 或はしほり戸, 曲三度めぐった, 歌を, 治兵衛は, 片手では, 画を, 磬を, 給ひけり, 羊神パンは, 自ら小鼓を, 蛇瀑の, 雲は, 香を

▼ 弾~ (60, 3.7%)

5 返って 2 ている, 上げて, 上って, 仕掛けの, 起きる, 返されて, 返るよう, 除けて

1 [39件] あがって, あがる, かえされた, かえすこと, かえらして, てころ, てなげく, て光る, て島, て起, とばしても, とんだ, のけて, のけても, 上げたよう, 上げながら, 上げられたよう, 上げられ人生, 上げる腰付, 人形に, 人形の, 潜って, 返させて, 返されたやう, 返されながら, 返される夜, 返し過ぎるとでも, 返す, 返すだけの, 返すほど, 返すよう, 返っては, 返り顋, 返る, 退けられた与一, 除けた額, 飛ばされいざ, 飛ばされも, 飛ばしたので

▼ 弾~ (54, 3.4%)

7 中って 4 当って 2 頭の

1 [41件] あたった, あたった者, いたんで, うたれて, うたれは, かすられたん, たおれられたが, だんだん切ない, では, なった, なって, なり降つたばかりの, なること, なるの, やられて, やられても, やられ放しに, 中った, 中った人馬, 中つて, 乗込んで, 乳下を, 仆れた, 仕掛けて, 壊されたこと, 帽子を, 当たったの, 当つて, 当るとか, 応じて, 応用した, 打たれこの, 斃れた, 暴れさせて, 殪れた, 照し, 照らしだされたは, 絶命した, 見舞われ怪我, 貫かれあたかも, 顔を

▼ 弾~ (53, 3.3%)

2 がある, が見つかった, の無い, をひい, を直した

1 [43件] がはずれた, が仕掛け, が切れた, が同じ, が平衡, が放たれた, が途中, である, であろう, でしっかり, でしまっ, ではじき飛ばされた, でも脱, との単調, と歯車, によってその, に弾かれた, に揺られ, に行き当る, に触れし, のいい, のよう, のジジジジ, の上, の外れた, の如し, の廻らぬ, の弛んだ, の様, はかかったろう, は第, もない堅い, やその, をはずませる, をば花弁, をひかん, をひねくり, をもち, を仕掛け, を押し, を押す, を捜つて, を発見

▼ 弾左衛門~ (40, 2.5%)

6 の法 4 の方 2 はその

1 [28件] から苦情, がそんな, がエタ, がエタ頭, が始め, が手下, が種々, が関八州, という者, に渡り, のこと, のみの特権, の下, の主張, の家法, の掟, の支配, の敗け, はもと摂津池田, は下手人, は例, は浅草, は関八州, も遂に, より抗議, をし, を除い, 及びその

▼ 弾~ (37, 2.3%)

1 [37件] あばたに, いいだろう, うたれて, うち倒され, おちて, こわされて, ござります, してね, て歌った, ぼろり, やっつけて, 二百米突以上利く, 何か, 倒れかかって, 城門近くの, 心意気でも, 悩まし続けたの, 撃つの, 攻め立てられて, 攻撃を, 昼の, 書く文字, 東京を, 死ぬかも, 殺された, 生けどった牝牡二頭, 穴だらけに, 端唄か, 端唄を, 綱を, 肺を, 襲撃された, 貫かれて, 足を, 釘付けに, 飛ばして, 鷲の

▼ 弾~ (27, 1.7%)

2 ある, ない, 矢も

1 [21件] あった, うちあげて, かれに, なくなった時, ぶすぶすと, まずいし, また三匁, 交って, 刀も, 前には, 命中せざるごとくいう, 尽き果てたの, 戦列以外では, 放たなかった, 来ない, 火薬も, 田の面に, 通らず, 銃の, 雨の, 首尾よく

▼ 弾~ (26, 1.6%)

1 [26件] が全部, が器械, が弛み, が毎朝一分, が物, でもつけ, で作用, で使用, と歯車, に定まった, に手, に限らず, のきしむ, のゆるんだらしい, のよう, の命脈, の弛む, の弾性, の長, の間, の響, をかけ, をつけた, を巻く, を捲い, を点検

▼ 弾~ (23, 1.4%)

2 高射砲発射の

1 [21件] いいますと, いい喊声, いうが, それとで, ちがって, なって, なり地平線, なり水平線, なり等閑, なる寝室, 一緒に, 中空に, 二つに, 毒瓦斯弾とを, 火薬の, 砲火の, 空中に, 細菌弾とを, 行き交いに, 重い砲弾, 飛んで

▼ 弾~ (14, 0.9%)

2 がした

1 [12件] がそれ, がとき, がはたと, がぱちぱち, が宵, に出会った, に地上, はたかく, はつる, もまた, もまばら, を利用

▼ 弾けむり~ (13, 0.8%)

1 [13件] がばくばく, が草, が釣瓶うち, にくるまれ, のうち, の下, の消えやらぬ, の裡, の間, や血泥, を白く, を睨ん, を見あげ

▼ 弾~ (12, 0.7%)

2 を負っ 1 がすっかり, が原因, が癒えない, が認められた, が身体中, は悪化, は見えなかつた, よりも切り傷, を受ける, を負い

▼ 弾~ (11, 0.7%)

2 矢が 1 地雷弾と, 大砲の, 火山灰を, 熱い灰, 猟銃霰弾や, 矢も, 砲弾が, 解磁弾が, 鉄条網や

▼ 弾三郎~ (10, 0.6%)

1 から屡々, であつ, といふ狸, と云, と団九郎, の伝説, はた, は金持, へかけつける, も金

▼ 弾~ (10, 0.6%)

1 が集まつた, として奮闘, にお, にて, の耳, は林学士, は男, は蕭々, も多い, や三味線

▼ 弾~ (10, 0.6%)

1 が中川隊, が立ち, が立った, のなか, のながれた, のみ立て, の匂い, の消える, の膜, へ向っ

▼ 弾~ (9, 0.6%)

2 めして, めに, めの 1 めしな, めせわしく, めを

▼ 弾~ (9, 0.6%)

8 の間 1 のもと

▼ 弾という~ (8, 0.5%)

3 のは 2 のが 1 ものを, やつは, 武器を

▼ 弾機細工~ (8, 0.5%)

7 のやう 1 か何

▼ 弾~ (7, 0.4%)

1 した, する激流, する無数, で頸, や百姓たち, を与える, を保つ

▼ 弾嚢帯~ (6, 0.4%)

1 から弾丸, が折釘, と一緒, のよう, をも敬二郎, を巻きつける

▼ 弾機附馬車~ (6, 0.4%)

2 を駆っ 1 がもう, でやって来た, は裁判所長, や一向

▼ 弾~ (5, 0.3%)

2 ていた 1 て居る, やアがれ, 新に

▼ 弾~ (5, 0.3%)

1 あ, から音, と思うなら, と考え及ぶ, もの

▼ 弾機仕掛~ (5, 0.3%)

2 のやう 1 のよう, の玩具, の蛇

▼ 弾機仕掛け~ (5, 0.3%)

1 があっ, になっ, に弾, のよう, の煙草

▼ 弾~ (5, 0.3%)

1 三射撃の, 三弾, 三弾それが, 三弾の, 三弾を

▼ 弾じた~ (4, 0.2%)

1 お軽, のであろう, 五張の, 時に

▼ 弾する~ (4, 0.2%)

2 ことが 1 そこで空襲, に堪へたれ

▼ 弾また~ (4, 0.2%)

2 一弾 1 一弾と, 一弾邸の

▼ 弾左谿~ (4, 0.2%)

1 が呑み尽し, と呼ぶ, に帰還, の上空

▼ 弾~ (4, 0.2%)

1 なの, には極, は飛去来器, を拾う

▼ 弾~ (4, 0.2%)

1 けれども伊沢, でえぐられた, によって脳髄, をうけ

▼ 弾破壊機~ (4, 0.2%)

1 というの, によりて悉く, の第, をもち

▼ 弾から~ (3, 0.2%)

1 すくった, 受けた損傷, 火事を

▼ 弾こめ~ (3, 0.2%)

1 て打ち, て火縄, 点火の

▼ 弾じる~ (3, 0.2%)

1 一曲を, 唐子一人つかわします, 音が

▼ 弾では~ (3, 0.2%)

1 ない, なくって, 鎧の

▼ 弾でも~ (3, 0.2%)

1 あります, ぶち撒く, 破裂した

▼ 弾とを~ (3, 0.2%)

1 半分ずつ, 持った第, 浴びて

▼ 弾~ (3, 0.2%)

1 の, のである, んです

▼ 弾にあたって~ (3, 0.2%)

3 死ぬとき

▼ 弾呵し~ (3, 0.2%)

1 てある, ている, 不老不死という

▼ 弾~ (3, 0.2%)

1 でやる, をみんな, を二十四

▼ 弾~ (3, 0.2%)

1 と癪持, の荒, は一層

▼ 弾~ (3, 0.2%)

1 か焼, を一袋, を撮ん

▼ 弾され~ (2, 0.1%)

1 て, てたった

▼ 弾じつづけ~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 弾じほれたる~ (2, 0.1%)

2 イイダ姫は

▼ 弾じ終っ~ (2, 0.1%)

1 てから老人, て身

▼ 弾せず引返し~ (2, 0.1%)

1 てしまった, またしばらく

▼ 弾~ (2, 0.1%)

1 のは, ような

▼ 弾であった~ (2, 0.1%)

1 からこんな, のが

▼ 弾には~ (2, 0.1%)

1 ぢかれた, 黒い影

▼ 弾によって~ (2, 0.1%)

1 即死した, 破壊し得ない

▼ 弾ねる~ (2, 0.1%)

1 ように, 音が

▼ 弾~ (2, 0.1%)

2 持って

▼ 弾より~ (2, 0.1%)

1 他には, 正確であった

▼ 弾よりも~ (2, 0.1%)

1 爆弾よりも, 筆の

▼ 弾を通して~ (2, 0.1%)

2 五十フィート外方に

▼ 弾エンジン~ (2, 0.1%)

1 がちょっと, をつかっ

▼ 弾二人~ (2, 0.1%)

1 が窮屈さうに, が窮屈そう

▼ 弾~ (2, 0.1%)

2 もみんなおれ

▼ 弾出す~ (2, 0.1%)

2 三味線から

▼ 弾~ (2, 0.1%)

1 に入れる, の中

▼ 弾戦争~ (2, 0.1%)

2 の果

▼ 弾~ (2, 0.1%)

1 の半ば, の間

▼ 弾条仕掛け~ (2, 0.1%)

2 のよう

▼ 弾機つき~ (2, 0.1%)

1 のかなり綺麗, の馬車

▼ 弾~ (2, 0.1%)

1 の技巧, を掻

▼ 弾語り~ (2, 0.1%)

1 であるだけに, をご馳走

▼ 弾込め~ (2, 0.1%)

1 や銃, をし

▼ 弾込めする~ (2, 0.1%)

1 あいだには, ため後列の

▼1* [194件]

いずれも甲板, 弾うなりと音響, 弾かっしゃるので, 弾かもしれませんわ, 弾がはいつてる, 弾きが赤いネッカチーフ, 弾きが歌女代に同情, 弾きの群の方, 弾さては毒瓦斯弾などに, 弾されなかったので大助, 弾したところで, 弾じいた, 弾じき返されて, 弾じなければならない, 弾じやむと各, 弾じられている, 弾じ終りて家人, 弾すっといま普門院の, 弾すらないこと, 弾せし探偵吏の, 弾溢るる, 弾それが次第に, 弾だったが尖り, 弾だらうかと, 弾だろうか, 弾ちましたが一羽, 弾ち切れさう, 弾ち落とすことが, 弾ち貫いて自殺, 弾きれさ, 弾ぢぎれさうな胸を抑え, 弾つきてしまった, 弾つづかずわずか銀一粒, 弾つづけざまに, 弾てるの聞いてたら, 弾であるにちがい, 弾でずどんと一発腹に, 弾でないことを, 弾でなかったらお前の, 弾でる三味線に, 弾といふ古い情趣, 弾とが空中で, 弾とで一気に帝都, 弾との距離の, 弾とはこれいかに, 弾とやら乙に, 弾など少しも, 弾などが若干ございます, 弾などにやられて, 弾などは役に, 弾なども交じって, 弾などを仮城, 弾なら十階の, 弾なんか通らないよ, 弾になつて一条に, 弾にも狙われず来られたな, 弾に対する空気の, 弾ねかへすやう, 弾ねがしますぜ, 弾ねたのでうん, 弾ねた性質に世界, 弾ねた笹村の腕車, 弾ねつけていた, 弾ねつける性質が, 弾ねつつ拡がって, 弾ねとは日一日あとへ, 弾ねのない売物, 弾ねられて汁, 弾ねられた仔犬の, 弾のみとなりポケット, 弾ひたりすることが, 弾まで買つて呉れ, 弾みたいに進ん, 弾むようにねがえりをうってあちら向きになった, 弾よけの御紋どころ, 弾よりはややひくめ, 弾す方法, 弾ということ, 弾カセテイルコトモアルガ大概ハ颯子ガ自ラシテイル, 弾ガラスが皺, 弾キマショウ恐ロシイ曲デス, 弾ク弓ナク御辺, 弾ミ九時近ク食事ガ終ル, 弾一つで人一人, 弾一槍の反撃, 弾三弾を銃, 弾上る腰付や, 弾に青白く, 弾助英国, 弾して, 弾二千の飛行機, 弾二弾絃を掻, 弾付けられたという話, 弾は静か, 弾は魚雷, 弾体片が火の玉, 弾体破片は火の玉, 弾傷ひとつでも絶命的, 弾円蓋火箭ああその, 弾初初夢など江戸ッ児, 弾にて今朝, 弾一弾と, 弾が伴った, 弾反されて寝, 弾しても, 弾吹者その人, 弾を受ける, 弾命中と自ら, 弾四発を有する, 弾があり, 弾の物, 弾と木の実, 弾子五合目にし, 弾から自由, 弾に入る, 弾を好んだ, 弾尽きるの日, 弾になるだろう, 弾工場地帯が十カ所, 弾左衛門家の記録, 弾左衛門手下のもの, 弾左衛門支配の二十八座, 弾左衛門珍政のため, 弾左衛門祖先に長, 弾左衛門自身がもと, 弾で短銃其もの, 弾や加速度計, 弾や落ちたら出る, 弾手歌ひ手, 弾指三たびに及ん, 弾指棒喝等人間の表現手段, 弾指間にその, 弾指頭に脱, 弾撃ってはまた, 弾をよみがえらせ, 弾攻撃を行い, 弾放ってはまた, 弾放つと一弾, 弾易いことを, 弾木魂に一瞬, 弾条人形が動き出す, 弾条仕掛のよう, 弾というの, 弾のごとく, 弾の具, 弾機一個不足とか生後十七年, 弾機装置の方, 弾機銃の発明者, 弾正信昌が勝頼, 弾正大巡察であり権田, 弾正殿が此, 弾正清忠は蒲団, 弾水性がある, 弾の使いこなし, 弾火事だ火事, 弾炸裂の音響, 弾炸裂音が始まる, 弾爆弾を雨霰, 弾を嵌めた, 弾犯罪という名, 弾焼穴, 弾疵十七ヶ所に達した, 弾百発を乞い, 弾も棄て, 弾により敵, 弾着地点附近の風速, 弾研究の学者, 弾の盤, 弾の目的, 弾が少し, 弾筥二つ宛これも左右, 弾箏五十年の祝賀, 弾を持ち出し, 弾細菌弾などが若干, 弾継ぎの早, 弾をする, 弾にくらっ, 弾までも調べさせ, 弾したる猟銃, 弾製造都市だったん, 弾する風情, 弾豆書生の羊羹, 弾距離になる, 弾したの, 弾込めしてい, 弾返すだけの意地, 弾運搬費用見積の件, 弾の外側, 弾陰謀の相談等, 弾亦何驚, 弾露出部が熱傷, 弾音一つしない, 弾飛びきたって左肩, 弾麦粉一袋砂糖の叺