青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「帰~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

師~ ~師匠 師匠~ ~席 席~ ~帯 帯~ ~帯び 帯び~ ~帰
帰~
帰し~ ~帰っ 帰っ~ ~帰った 帰った~ ~帰つて ~帰り 帰り~ ~帰る 帰る~

「帰~」 6039, 63ppm, 1828位

▼ 帰つて~ (2332, 38.6%)

306 来た 193 来て 108 来ると 59 来たの, 来る 44 来ました 40 来るの 37 来なかつた 32 きた 27 見ると 26 いつた 24 来た時 23 来ない 21 行く 19 しまつ, 来たが 16 ゐた 14 来たので, 行きました 13 来てから 12 来たん, 行くと, 行くの 10 くる, 来たと, 来ません 9 来ること 8 おくれ, 来ても, 来るから 7 ゐなかつた, ゐる, 入らつした, 来た事, 来ないので, 来ます 6 来たところ, 来ないと, 来ないの, 来るだらう, 行かれた

5 [11件] から, から私, 呉れと, 来たこと, 来た人, 来なければ, 来ましたよ, 来ますと, 来るで, 来るやう, 来るん

4 きたの, ゐて, 入らつし, 参りますと, 来たとき, 来たもの, 来ては, 来ないん, 来られるか, 来るもの

3 [36件] いらつし, おしまひ, きたが, さう云つて, まゐりました, もい, ゆきました, よろしい, ゐると, ゐるの, 呉れ, 寝た, 寝て, 来たといふ, 来たな, 来たのよ, 来たやう, 来たよ, 来たわ, 来た夫, 来た所, 来た私, 来た者, 来た自分, 来ないこと, 来ないといふ, 来なかつたので, 来なくつて, 来るなんて, 来る事, 来る人, 来る父, 来れば, 行かうと, 行く人々, 行く農夫

2 [76件] いつたまことに, いつた私, おやすみなさい, からゆ, から何, から母, から父, きたので, きたやう, くれ給, しまつて, は来ない, は来なかつた, まゐりまし, みて, もいい, もらつて, も可, も好い, も面白く, ゆかなければ, よ, ゐたが, ゐるか, ゐる間, をれ, 下さらないん, 入らつして, 寝みなさい, 来いと, 来たのに, 来たばかり, 来たばかりの, 来たもん, 来たんぢ, 来た二人, 来た人たち, 来た後, 来た時分, 来た母, 来た父, 来た男, 来てからでも, 来てよ, 来ないつもり, 来ないんで, 来ない事, 来ない晩, 来なさい, 来ましたが, 来ましたら, 来ますから, 来ますよ, 来ようと, 来られ, 来るか, 来るからね, 来るだらうと, 来るとは, 来るなり, 来るので, 来るわ, 来る時, 来る途中, 来ればい, 行かねば, 行きます, 行くこと, 行くその, 行くだらう, 行くので, 行く人達, 行く後姿, 見たが, 見れば, 阿母さん

1 [712件 抜粋] あの寡婦さん, あんまりいい, いいという, いかうとして, いそいそ箱, いつたが, いつたの, いつたよろしい, いつた下手, いつた君, いつた大, いつた彼女, いつた様子, いつた紅庵, いつた行乞米一升, いつて, いらつしたん, おあげなさい, おいでるそう, おくれお前, おくれつてば, おくれんか, おくれ何時, おくれ帰つて, おくれ正太さん, おくんなさい, おとなしく寝た, おもむろに気, お呉れやす, お寝みなす, お百姓相手, からあらためて, からいろいろ, からおれ, からお父さん, からきいた, からさ, からその, からでも出来る, からと返事, からどうも少し, からの彼, からの話, からの静子, からは何, からは奉行堀伊賀守利堅, からは殊に, からは神田, からは私, からふたたび, からふと, からまで其事, からもう, からもすぐ, からもその, からも僕, からも心, からも矢張, からも美奈子, からも遅く, からも飲む, から一同雑談, から一度, から一週間, から二年目, から二月, から二週間, から今, から十日余り, から又, から名, から夜一夜苦み, から妙, から妻, から実に, から己, から幸, から待て, から手術室, から挨拶, から日本, から昨日, から未だ, から東京, から校正刷, から熊七, から禄, から空家, から笥, から約, から背広, から話, から部屋, から開け, きたそこで, きたため, きたとき新聞記者, きたところ, きたよう, きた一杯, きた人々, きた児玉, きた北川氏, きた彼女, きた私, きた許, きた途端, くだせえ気の毒, くるんだよ, けえ, こいと, このこと, このアパート, ござつてお桐さん, さう, しまつたか, すぐお, すぐ又, すぐ寝た, すぐ料理, する仕事, そして其処, その日, その書庫, その話, その通り, それから汽車, たらおや, ていい, と例, どう挨拶, ねませう, ねツ, はあまり, はこつ, はじめて承知, は主人, は其, ひきこもつて, ふとん, ぽんと, またきた, また洗濯, まだ座り, まだ旅行, まだ着替, みえたが, みても, もいいとお, もいんだ, もう二度と再び来る, もう寝, もお湯, もちやん, もつまらない, ももう, もよい, もらつた, もらつた方, もらひたかつた, もゐなかつた, も不良, も仇敵, も僕, も妻, も寝かされ, も少年, も落ち, も行かね, も追, も面倒, やらう, やらうそんな, やらう夜, やらなければ, やりなさい, やるよ, やろうと, ゆきなさい, よからう, よく, よどう, よね, よろしいまた, らしつた方, らしつて, ゐたころ, ゐたその, ゐたの, ゐたので, ゐた新田義貞, ゐた時, ゐた長男, ゐないに, ゐないの, ゐなかつたこと, ゐなければ, ゐました, ゐます, ゐら, ゐるかも, ゐるが, ゐるので, ゐるのに, ゐるもの, ゐるんで, ゐるツ, ゐる清野, ゐる耳, をられた, をります, んぢ, 一気に漆論, 上げたが, 下さらなかつた, 下さる, 下さればい, 並べて, 休まうと, 休みな, 休むこと, 何とか育てる, 何と言, 入らつしたやう, 入らつした画, 入らつした青木さん, 参じやせう, 参らうと, 参りますから, 参りますわ, 参るの, 又日本, 叱られた, 叱られるん, 呉れても, 呉れよ, 呉れ気持, 呼んで, 善く話, 大ツ, 寝たちんちろり, 寝ようおいで, 寝ようと, 寝ると, 寝る事, 寝る積り, 寝ろ, 寝んだ方, 寝入, 小さくな, 小商売, 少しの, 居たいから, 居たもん, 居た私, 居て, 居ました, 居らつし, 居らる, 居るが, 居るとの, 居るらしいと, 居る時刻, 往くから, 往くが, 往くと, 御出でなさい, 御父さん, 折しも顔見世, 掴まつた, 新しい仕事, 早速その, 早速亭主, 暫くする, 暫く待つた, 暮すやう, 更に食事, 書き掛けた手紙, 来い, 来い何, 来ず私, 来ず窓, 来たある, 来たいや, 来たお節, 来たかい, 来たかが, 来たがと, 来たこの, 来たさかい, 来たずゐぶん, 来たそして, 来たとさ, 来たとの, 来たなどと, 来たならすぐ, 来たなら蚊帳, 来たに, 来たねえ, 来たほどなく, 来たやうぢ, 来たら, 来たらしい, 来たらしか, 来たらその, 来たらと, 来たらわたし, 来たら丁度, 来たら二人, 来たら何だか, 来たら何と, 来たら少し, 来たら忘れるな, 来たら茶店, 来たら話して, 来たゑみやから, 来たんだい, 来たァ, 来たフラテ, 来たベナアル氏, 来たレニエ夫人, 来た一人, 来た上, 来た久米桂一郎氏, 来た京都大学, 来た依頼人, 来た儘静子, 来た六七人, 来た友達, 来た友達つて, 来た大根, 来た妹, 来た将校時代, 来た少年, 来た島村氏, 来た幸徳, 来た序, 来た心中, 来た旅人, 来た日本人, 来た日本銀行, 来た早々, 来た某君, 来た正宗得三郎氏, 来た父親, 来た猫, 来た百合さん, 来た皆, 来た筈, 来た細君, 来た貢さん, 来た軍治, 来た途中, 来た運動, 来た頃, 来た飲んで, 来た馬方, 来た鶲, 来てからの, 来てからも, 来ての, 来てるの, 来ないお父さん, 来ないかも, 来ないため, 来ないとの, 来ないのに, 来ないはて, 来ないや, 来ないらしいつて, 来ないわね, 来ない希望, 来ない彼, 来ない田舎, 来ない純子ちやん, 来ない裡, 来なかつたが, 来なかつたんぢ, 来なさるまで, 来ぬ朗, 来ねえかのう, 来べき筈, 来まいと, 来ましたやう, 来ましたわ, 来まして, 来ましてネ, 来ます六百年, 来ませうよ, 来ませんでした, 来ませんわ, 来よう, 来ようか, 来ようかとも, 来られた, 来られたで, 来られたとき, 来られたの, 来られないかも, 来られぬ事, 来られよう, 来りや, 来るうな, 来るかも, 来るがな, 来るぐらいの, 来るけれど, 来るさ, 来るし, 来るだらうから, 来るだらうな, 来るだらうね, 来るだらふよ, 来るぢ, 来るに, 来るには, 来るはず, 来るよ, 来るらしい気配, 来るヨ, 来る主人, 来る代, 来る危険, 来る多く, 来る姿, 来る威勢, 来る日, 来る時分, 来る時期, 来る様, 来る気, 来る空, 来る空腹, 来る自分達, 来る良人, 来る街, 来る迄, 来る途中五六人, 来る道, 来る間, 来る電車, 来る靴音, 来んぞ, 欲しいの, 欲しさ, 温まつた方, 直に旅立, 知らんふり, 祀る意味, 緩り, 聞かれたら何所, 色々古い, 落ちついた安らかさ, 行かうとして, 行かずか, 行かれは, 行かれよう, 行きたくない, 行きましたが, 行くか, 行くさ, 行くし, 行くほか道, 行くまで, 行くやう, 行くらしいの, 行く丑松, 行く人, 行く処, 行く女, 行く小村さん, 行く故郷, 行く方, 行く様子, 行く生徒, 行く私, 行く老人, 行く者, 行く道, 行く道すがら, 行ける処, 見えたばかり, 見えての, 見た, 見たま, 見ねえん, 見ましたら粟, 見ます, 見りや, 見るの, 見るわ, 見ろと, 観たいと, 診て, 話すと, 語るの, 貸家探し, 遅くまでも, 遊ぶとき, 間もなく死んでしまつた

▼ 帰する~ (474, 7.8%)

28 ところは 22 のである 16 ことは 9 ことが 8 ことに, ところを 7 こと, 所は 6 が如し, ところの, のだ 5 ものである, ように, 所を 4 が如く, ということ, ときは, のであった, ような

3 [12件] がごとく, ことによって, ことを, といふ, と云わざる, のが, のです, のは, ものと, ものに, わけだ, 外は

2 [25件] が如き, が如く暴れられ, ことである, ことも, ところ, ところに, とすれ, と云, ので, の理, はずは, もこれ, もその, ものだ, もので, ものは, もまた, や山崎, ようだ, よりほか, わけで, わけである, 以上は, 傾向が, 穀物の

1 [230件] かといへ, かと思われた, かの如く, かも知れない, かも知れません, からチュウコ, がこれ, がごとき, がごとく思わるる, がしからざれ, がそれ, がゆえに, がよい, が如く教えられ, が所, が早い, が消費者, が無事成功, が現実, けれどもこれ, けれども果して, ことから, ことこそ, ことで, ことであっ, ことであろう, ことならん, ことなれ, ことの, こと我国の, しかなかっ, すなわち現代, そうだ, そうである, それを, ために, ためには, だけで, だけであった, だけのこと, つもりは, であらう, という, というの, というよう, という一事実, という古人, という筋書き, という落ち, という訳, といっ, ところあり, ところあるべき, ところかれ, ところが, ところこの, ところこれから, ところそれが, ところただ, ところどこも, ところどれ一つとして, ところへ, ところまったく, ところみな一つだった, ところみな国元不安の, ところも, ところ一轍なり, ところ主君の, ところ主従の, ところ何処, ところ信長という, ところ勝入の, ところ単一な, ところ即ち, ところ同じ, ところ多し, ところ天子を, ところ帝徳の, ところ必ずしも, ところ田丸の, ところ直義の, ところ私の, ところ自分が, ところ自分への, ところ蜀の, ところ要するに, ところ観念論と, ところ誰の, ところ部分的な, ところ難渋な, とされ, とその, とは何, とは彼, とも解らず, とわれわれ, と云いじ, と云っ, と云つて, と共に放神状態, と共に権力, と共に江戸時代三百年, と同じ, と同時に, と否, と問題, と思います, と思ひます, と批評, にきまっ, にし, にちがい, につれて回想, には及ばぬ, には忍び, にひと, に及ん, に大抵, に至りし, に至りぬ, に至るべきなり, に遇い, に非, のじゃ, のであっ, のであつ, のであらう, のであろう, のでせう, のでもはや, ので猪, ので薩軍, ので貴方, のみで, のみである, のも, のを, の外, の文, の日, の理論, はあたかも, はずなれ, は勢い, は明らか, は決して, ばかりかかえって, ほかない, ほかは, ほど現代, までしかせよ, までの三年間, もあえて, ものあり, ものあれ, ものか, ものが, ものだった, ものだらう, ものでござる, ものでなけれ, ものな, ものなり, ものらしい, ものを, もの甚だ, も一度, や, やも知れず, ようなれ, よりも寧ろ, わけに, わけは, をいう, を以てなり, を哀, を見, んだ, 一切の, 一種の, 事あら, 事が, 事は, 人も, 代りに, 以上その, 何の, 例も, 処です, 処を, 処沈痛悲哀の, 国なり, 完全性の, 巧妙大胆な, 彼の, 心が, 必要は, 思いは, 恐れなき, 所あり, 所ありです, 所なき, 所天命の, 所妄信者な, 所百貨店対抗問題と, 方針が, 日が, 日の, 日本文化乃至, 様である, 比例は, 第一歩は, 筈だ, 等漠々たる, 結末に, 習性が, 者あり, 者が, 者も, 者七八に, 者七百人に, 者国史記を, 虞が, 要するに然し, 見方を, 論者は, 連続と, 道なり, 関係を, 際涯を

▼ 帰~ (370, 6.1%)

63 てくる 58 てゆく 27 てき 26 てしまふ, てみる 20 てくれ 16 て来る 13 て下さい 12 て参りました 8 てこない 7 て行く 4 ている, てきました, てしまう 3 てい, ていきました, てまいりました, てみた

2 [12件] たかい, たま, たらい, ていた, ていらし, てきたら, てきませんでした, てくれる, てしまはう, てしまひ, てゆけ, て下され

1 [46件] たかいの, たかて, たらしい懐しさ, たらしかつ, たりそして, たり帰らなかつ, たり改めて, たり田舎, たんぢや, ちやあ, ちやいけない, ちやいや, ちやぐあいの悪い, ちやどうしても, ちやふ, ていき, ていない, てきません, てください, てくるだらう, てくるでし, てくれずで, てくれた, てくれたら, てくれちう, てくれれ, てくれろ, てこなくつ, てしまいました, てしまえ, てしまはれた, てしまひました, てしまひます, てしまへ, てのけた, てみ, てみたら, てみます, てみれ, てもらおう, てゆくらしい, てるに, て下さいまし, て下さいました, て参りまし, て来

▼ 帰つた~ (284, 4.7%)

10 時は 8 ことが, ところで, やうに 65 か, んだ 4 といふ, ところだ, と云, んです, 頃は 3 がこの, がその, のであつ, ばかりで, ものだ, やうな

2 [13件] かどう, からである, ことだけ, であらう, といふこと, といふ知らせ, といふ通知, ときには, と思ふ, と言, ならば, やうだ, 時母が

1 [170件] あの夜, あの掌, あの男, お互に, かといふ事, かとお, かと聞き, かなあに, かは見届けませんでした, かも忘れました, かも知れない, からといつ, から今度, から落ちついたなら聞かう, か悉く, がこんだ, がすぐ, がそれ, がまだ, が一人自分, が一口, が一層, が一週間, が三月九日, が予, が人々, が何, が俺, が又, が可, が国, が夜, が大砲, が将門, が少し, が居間, が延若, が日, が時々, が残つた二人, が段々, が母, が眠られない, が私, が翌朝, が考へた, が途中アントニー, が途中蹠, が道, が遠方, が銀閣寺, きり戻つ, けれどあたし, けれども彼等, けれどわたし一人, こけつまろびつ, ことで, ことの, ことは, ことも, ことを, そしてぐつすりと, そしてその, そして汝, その家, その日, その晩, その翌, ぞ, だけの, でせう, といふところで, といふまだ, といふ心地, といふ気, といふ置手紙, ときでありました, ときにも, ときは, ときも, とき立派な, ところです, とたん上空に, と一言女房, と云ふところ, と元気, と思, と思う, と思はれる, と思ひ, と次, と見え, と見える, と門口, ならすぐ, なら行かなければ, なんて大, に相違, のかね, のちに, のでせう, のでどう, ので云, ので和田氏, ので大きに, ので少し, ので座敷, ので石, ので製陶法, はもう, は彼, は惜しい, は近頃, ばかしな, ばかしの男, ばかりそれで, ばかりだ, ばかりだつた, ばかりである, ばかりです, ばかりで疲れ, ばかりで疲れとる, ばかりとは思はれぬ, ばかりの其の, ばかりの嘉吉, ばかりの彼女, ばかりよ, まことによい, むしろ病弱礼讃, ものすら, もので, ものでした, ものに, もののやはり, ものの手持無沙汰, もんです, も見, やうな思ひ, やう案内する, ようです, よとかおつ, よ表, わけだ, んでげす, 井出という, 以上貴女の, 其の神秘, 初めての, 塩田良三が, 多分妻君, 夜は, 夜明るい, 大庭常子の, 大画家, 当時既に, 後と, 徳永柳洲君が, 思ひよりも, 時など, 時母は, 有韻, 気が, 深井は, 異族, 瞬間には, 翌日から, 翌日で, 翌日の, 翌朝の, 谷村さんは

▼ 帰つて行~ (121, 2.0%)

109 つた 4 つたが 2 つて 1 つたこと, つたこの, つたらう, つたらよから, つたら嘸かし, つたり

▼ 帰~ (102, 1.7%)

26 して 11 したの 9 した 8 すると 2 そのま, ほつと, やれ

1 [42件] お茶漬, かなはずし, このかた, さつ, したいそして, したが, したけれど, したさ, したので, したまことに, したら六時, した一時, した折, した歩けば, した途中, してから, しても, しないかも, すぐ床, すぐ炬燵, すること, するそこら, するだらうとは, するとは, そして解散, それからまた同道, それから敬君, のハガキ, の手紙, の挨拶, の途中, ふとん, めでたし, めでたしめでたしで, を待つ, を知つて見舞, 何と好い, 早々佃煮, 涼しい風, 直ぐ臥床, 見ると, 飲むうち

▼ 帰つたの~ (83, 1.4%)

10 である 3 であるが, では, はもう 2 ださうである, であらう, です, は十一時, よ, を見

1 [52件] かしら, かも知れない, か手, がもう, が十時頃, が新緑, が未だに, だ, だが, だけれど, だつた, だと, だといふ, だなと, だらう, だらうと, ですが, ですところで, ですわ, で御座います, と入, にさ, は, はそれから, は丁度九年目, は三十七年, は二月, は何故, は八月二十五日, は十一時過ぎ, は十二時, は十六世紀, は午前二時, は午後十一時, は同年十一月, は四年八月二十日後, は多分, は夜, は天保二年, は富江, は悧巧, は撫子, は翌朝, は自分, も亦, も同様, よお, を他, を番頭, を知つて, を知つて会, を見た

▼ 帰~ (76, 1.3%)

10 来て 4 来た 3 来ました 2 来た時, 見れば

1 [55件] お母さんに, さして廻たら, みると, マダ国へ, 一度母に, 一枚あった, 三四日経つ, 久しく私, 二十二歳に, 人を, 仕舞いました, 仕舞えば, 仕舞た, 何を, 僕の, 即刻鵞筆と, 原価で, 呉れ, 売たら何分, 封なし, 居たから, 居た所, 居るその間, 平気で, 後嫡妻は, 日本に, 早速報知新聞, 朋友相互に, 朝飯を, 来いその, 来いと, 来たか, 来たその, 来たその間, 来たと, 来たゆえ, 来た跡, 来ても, 来は, 来ましたから, 来ましたので, 来ました倉, 来る, 来ると, 来るとき, 来るより, 毛布を, 火事場に, 留守中の, 私は, 行く船, 行た, 鉄砲を, 開封し, 阿母さん

▼ 帰つたら~ (61, 1.0%)

3 直ぐに

1 [58件] いい, いいだらう, いくらでも, おつ, おとなしくしてる, お師匠さん, これは, すぐに, ちよつと, とも思はれる, ねえ父さん, ば宜しく, ひとつ帝劇舞台監督の, みんな駄目に, もう怠けない, ゆきなり, ゆつくり話す, よからう, よくあなた, わけを, オヤヂが, パンや, ムツタアが, 今度こそ, 何を, 何をか, 何んな, 俺が, 兄さん寂しい, 内地の, 又ヰスキー, 君は, 唯病気は, 喬に, 好子, 如何かね, 姉に, 家では, 必ずヤラ, 意向を, 手紙を, 文句ない, 日本を, 早速取り, 早速漱石先生, 早速進藤氏, 是非もう一度こらしめ, 然う, 父が, 留守の, 相手は, 真先に, 石川に, 私洋服屋へ, 能く, 良いで, 西洋の, 軽気球から

▼ 帰~ (56, 0.9%)

6 して 4 すると 3 した, の後 2 したの, すること

1 [36件] あそばされしば, いたした, いたしたか, いたして, されて, した後, した方, してから, してからも, するの, するよりも, する即刻, せよと, だ, となった, と共に京極家, なさったって, になりました, に際してもなんら, の上, の使者, の便, の儀, の後刑吏, の途中, の道すじ, はない, も何となく, をいそぐ, をうながした, をゆるし, を図った, を待ち兼ね, を迎え, 早々将士, 次第に斬

▼ 帰えっ~ (49, 0.8%)

10 て来た 7 て来る 5 てくる 2 ちや, ていた, てその, てみる, て来, て来ない, て行く

1 [13件] たま, ちゃやかましい, ておいでる, てきた, てしまった, ても仲, て今夜, て朝, て来たらしい, て行った, て見る, て部屋, て髪

▼ 帰~ (48, 0.8%)

4 たの 3 て来た, て来れ 2 た, た時, て来たら, て来る

1 [30件] たか, たは, たばかり, たばかりの, たらきッ, たらば, たら断念ッ, た後, た花, た跡, た頃, ちまうだろう, ちまわァ, てい, ていた, ておくれ, てからほどなく, てから何, てしまいましょう, てちょうだい, ても清水大兄, て参りまし, て参りました, て外国人, て来, て来ぬ, て来るだろう, て皆, て見れ, て鳴り

▼ 帰~ (45, 0.7%)

2 した, したこと, して, するの, の途中

1 [35件] いたしました, いたし候, いたすよう, させること, しすなわち, したという, したの, したばかり, したものの, した一組, した三日目, した者, してから, し貧しい, し驚き模様, すること, するとき, する心組み, せよと, せんとて, に付一寸申, に付一筆申, の初め, の挨拶, の日, の途, の道, を告げ, を延ばし, を待受け, を急ぎ, を急ごう, を承知, を肯, を許された

▼ 帰~ (42, 0.7%)

3 すると 2 して, になっ

1 [35件] いたしました, いたしましたと, いたすと, した, したという, したの, したらしい, した気配, しても, しない, しなかった, し庭, し急変, すること, せざるを, せぬかも, ってきた, と共に一層, なされては, になった, にはなっ, のうえ, のおくれ, のとき窓, のよろこび, の上, の後, の時分, の知らせ, の途中, もなるべく, をおそし, を待っ, を思わね, を迎えた

▼ 帰える~ (41, 0.7%)

2 ことも, と私, のを, んだ

1 [33件] か, ことが, つもりである, と, といい出し, という家族主義, とその, とたい子さん, と両親, と云いだしました, と嘘, と棒, と母, と街, と言い出し, と言ッ, のかと, のが, のさ, のだ, ので一緒, までそんな, やすぐ, ような, ようにとのみ, 事が, 時とが, 時に, 時夫人へ, 時息子ばかりが, 時梅子は, 気は, 道みちも

▼ 帰~ (36, 0.6%)

2 して, 被遊候

1 [32件] させて, されたという, されたの, した, したの, したもの, してから, し更に, する, すること, する事, すれば, せぬの, せられて, せられること, である, と同時に, については元来, の旅, の月日, の翌日, の途, は二編, もし, を命ぜられる, を待つ, を留める, を許された, を許した, 之事, 可致旨, 被仰

▼ 帰~ (32, 0.5%)

6 なさいまし 4 なせえ 3 なすって 2 なさるの, なすったん

1 [15件] なさいましさて, なさいましわたし, なさいますの, なさるん, なさる人, なさる電車, なすったかい, なすったが, なすったの, なすった時, なすった晩, なすつた切, なすつて, なせえましよ, なんし

▼ 帰~ (32, 0.5%)

4 して 2 のうえ, の上, の儀

1 [22件] あるよう, いたすという, したはず, した夕べ, してからは, しても, するとき, すれば, せられ東西相離れ候, とかれ, なき父上, になる, のほう都合, のゆく, の後, の旅, の諸侯, の途中, の道中, を断念, 致した事, 致し候

▼ 帰~ (28, 0.5%)

93 して

1 [16件] した, したか, したの, した部下, しました, する, するため, するので, すれば, せるに, ただちに進航, だ, とその, の中, の合図, を進め出しました

▼ 帰つた後~ (26, 0.4%)

1 [26件] から直使, すぐ私, だつた, だと, であつ, であるか, でうつ, でお, でそこ, では, で何気なく, で叔父さん, で堀さん, で夫人, で清, で瑠璃子, で考へ, で自分, で蔭口, で馬琴, なので, にも林平, に間もなく, の智恵子, も晩酌, 早速感謝

▼ 帰~ (25, 0.4%)

3 つても, りを 2 して

1 [17件] すが, すべきだつた, つたと, つた方が, つちやン, つてみなかつた, つてみやうかと, つてみる, つてゆく, つて来る, つて蓮華寺の, つて行く, りや八百屋の, れないまでも, れなくなつ, れやしないぢ, 荘山てれ後分五りよ君井熊

▼ 帰~ (21, 0.3%)

2 図を, 石門遮

1 [17件] うちにも, そのいみ, 人の, 問題に, 客とで, 容子とは, 対症療法は, 後丹後に, 後丹後にを, 心にて, 或夜野暮, 時は, 祝の, 菩提の, 行程である, 行程を, 計も

▼ 帰~ (20, 0.3%)

3 ことが 2 のが, のは

1 [13件] から丁度, が海軍省, そうだ, その時, と云え, ばかりです, ような, 事が, 原書の, 所が, 翌日だ, 跡で, 通りで

▼ 帰~ (20, 0.3%)

7 するもの 3 する, するの 2 するという 1 して, すと, するかという, すると, するよう

▼ 帰~ (20, 0.3%)

2 後の, 者を

1 [16件] せる小児, なさいました, 以来何十年かに, 当座の, 当時の, 後こちらの, 後ざっと, 後すぐ, 後に, 後四百年余りで, 後生前の, 後神として, 後私の, 後間もなく, 後随分, 者の

▼ 帰~ (19, 0.3%)

2 なるまで

1 [17件] ああ, あの時, いい加減な, けり折, なった, なったら慰藉, なつたら一日赤坂の, なりました, なりましたね, なりまして, なりません, なる, なるかと, 寄らざりしを, 我家の, 提灯の, 逢ふた

▼ 帰つて往~ (18, 0.3%)

16 つた 1 つたが, つたもの

▼ 帰~ (18, 0.3%)

2 待ち受けて

1 [16件] したぜ, するという, 一に, 乗せて, 品川に, 待つこと二時間, 忘れたの, 急ぐ晶子, 授けて, 斥け王道, 経この, 聞きに, 言上した, 許されて, 送る, 願ひますで御座います

▼ 帰~ (18, 0.3%)

2 すること, の途

1 [14件] したいの, するの, せしむべ, せらるるは, の公儀衆, の命, の旅, の望, の沙汰, の諸, の通行, もなんとなく, 仕候えど, 早々これ

▼ 帰つて来~ (17, 0.3%)

2 たつて

1 [15件] これから自分, すでに寝, たらう, たりし, たりした, たりなどした愛すべき, でもした, ないとしても, はした, はせぬ, はどう, やが, やはつ, やはらん, やア

▼ 帰~ (17, 0.3%)

1 [17件] したものの, したるところ, して, し母, すべし, すること, すれば, せざるを, せしを, である, と共にまた, のお, の途, ると, れざるつれな, をすすめる, を御存知

▼ 帰つたあと~ (16, 0.3%)

2 だつた

1 [14件] である, でこの, でふと, で代, で土間, で女主人, で折, で材料, で直ちに, で祖母, で私, で素子, には二人, のやう

▼ 帰~ (16, 0.3%)

2 する, するの, する所, に付 1 が芸術, するくらいの, すると, せねば, と云々, の処申上候, の翌朝, を同

▼ 帰~ (15, 0.2%)

4 になった

1 [11件] になりまし, になりました, になりますれ, になる, はいたしませぬ, はできません, を願います, ニ相成, 懐妊の, 申度高柳御, 直に衆

▼ 帰えり~ (14, 0.2%)

1 [14件] が遅く, しに, だ間, ですから, になった, には片足, に廻, に観音開き, の金魚, は夜更け, またご, を待っ, 父の, 路を

▼ 帰~ (14, 0.2%)

6 を問 1 あるもの, なきもの, の知れない, の近い, を問わざる, を報ら, を待ちぬ, を誤り

▼ 帰すれ~ (13, 0.2%)

2 ども, ばすなわち, ばその 1 ばこの, ばなり, ばまた, ば一般, ば禍, ば議論, ば門閥

▼ 帰つた時~ (13, 0.2%)

1 [13件] から氏, それから最後, にお茶, にも伝染, に曲亭先生, に見せる, に誰, の心地, の恰好, まあ今日, や山, 代助, 探して

▼ 帰~ (13, 0.2%)

4 なさい 3 ねえ 1 な, なさいと, なさいまし, なすったの, なすって, ねえってこと

▼ 帰~ (12, 0.2%)

2 するの 1 して, すべき時, すべき線上, する, すること, するこの, するに, せしめた物質的宇宙, せしめるもの, 如来禅

▼ 帰~ (12, 0.2%)

2 すること 1 して, し了らん, するであろう, するところ, とは言われまい, に迷った, を一つ, を明らか, を異に, 仕るべく候

▼ 帰し申す~ (11, 0.2%)

1 [11件] がお, ことが, ことで, ところ, と聞かない, のだ, のは, は誰, もんです, ように, わけには

▼ 帰~ (11, 0.2%)

1 [11件] である, とか目的, なくし, において重複, は, はこの, を決め, を知らしめる, を示さぬ, を考, を認めなけれ

▼ 帰つて了~ (10, 0.2%)

2 はう, はうかと 1 はうと, はれたもの, ひますからね, ふ, ふやう, ふんだつて言

▼ 帰つて行つた~ (10, 0.2%)

21 かも知れない, が彼女, といふ事, といふ話, とした, と云, と思はれる, にも関ら

▼ 帰つて貰~ (10, 0.2%)

2 ひませう 1 つた, はう, はうと, ひたいの, ひたかつたが, ひたくも, ふこと, ふの

▼ 帰へる~ (10, 0.2%)

1 がこれ, ことに, とい, に及, の, のだ, のを, の止める, 奴が, 時の

▼ 帰宿~ (10, 0.2%)

1 いたし友人夫婦, が遅く, すると, なり嚮, の途中, を七日, 一杯ひっかけた, 又中央亭, 涙ぐましい一日, 致し候

▼ 帰~ (10, 0.2%)

2 したが, して 1 させそれから, されたが, した, した事, する事, する際

▼ 帰しする~ (9, 0.1%)

1 から覚え, ことに, ことは, とお, のは, わけには, 法は, 考えである, 訳には

▼ 帰つた方~ (9, 0.1%)

3 がい 2 がいい 1 がよい, がよから, が勝手, が好い

▼ 帰~ (9, 0.1%)

5 して 1 いたしまして, したの, したりと, を待ち構え

▼ 帰~ (8, 0.1%)

1 しそれから, す, すつもり, すと, すの, せと, そう, ろうと為かけます

▼ 帰えろう~ (8, 0.1%)

1 か, かなあ, とし, とした, とする, とぼく, と思った, 私の

▼ 帰しよう~ (8, 0.1%)

5 とする 2 とし 1 とした

▼ 帰~ (8, 0.1%)

2 して, すると 1 したが, したので, したらしく一座俳優, で分る

▼ 帰つた事~ (7, 0.1%)

2 があつ, がある 1 に対して一通り, の挨拶, を知り

▼ 帰つて行つたの~ (7, 0.1%)

3 である 1 だつた, であらう, はそれ, はたしか

▼ 帰~ (7, 0.1%)

1 したが, したくつとめて, した報告, し私, せられた, せんと, 被差許

▼ 帰~ (7, 0.1%)

2 の途中来訪 1 いたしました, した, しないこと, すると, をのばす

▼ 帰し申し~ (6, 0.1%)

1 うまく後先, ちゃこっ, ては手前ども, ては済まない, ても又, 度く

▼ 帰てから~ (6, 0.1%)

1 その大意, ソレを, 今朝私し, 塾生も, 急に, 私の

▼ 帰~ (6, 0.1%)

51 するや

▼ 帰宿し~ (6, 0.1%)

1 てくれずや, てまた, て一杯, て堀井, て熟睡, ルゴール塗りアスピリンの

▼ 帰~ (6, 0.1%)

1 とに大抵, に一寸一円, に内, に立見, に途中, に隣

▼ 帰~ (6, 0.1%)

1 だわ, である, にはいつも, には思返, に安中, に掛か

▼ 帰~ (6, 0.1%)

2 する 1 しないそう, すべしと, せる大場部隊長, を後らせた

▼ 帰えった~ (5, 0.1%)

1 が翌日, なあ, 明日子から, 時は, 時大学生は

▼ 帰つてこれ~ (5, 0.1%)

1 まで持ち, を机, を江戸, を短冊, を聞き

▼ 帰つてら~ (5, 0.1%)

4 つし 1 つして

▼ 帰つて以来~ (5, 0.1%)

1 の彼, の東京麻布, はじめて感じた, は人間, まだ一度

▼ 帰つて行つて~ (5, 0.1%)

3 しまつ 1 もらふ, 最早四辺

▼ 帰~ (5, 0.1%)

1 てから僕, てくれろ, てゆく, て来, て見る

▼ 帰五戒~ (5, 0.1%)

4 を授け 1 を授かった

▼ 帰~ (5, 0.1%)

21 した, したが, して

▼ 帰~ (5, 0.1%)

2 して 1 に通じる, へ急ぐ, へ誘ふ

▼ 帰~ (5, 0.1%)

1 す, の時, の途, の部, を迎え

▼ 帰えらない~ (4, 0.1%)

1 かえ, と午食, どこにでも, のう

▼ 帰つた当座~ (4, 0.1%)

2 の世の中 1 の気持ち, は二十何円

▼ 帰つた様~ (4, 0.1%)

1 な気安, な気持ぢ, な訳, に身

▼ 帰つてそれ~ (4, 0.1%)

1 から今, も余, を綿布, 見ろ買つて貰へた

▼ 帰つてみな~ (4, 0.1%)

2 にさう 1 に報告, の者

▼ 帰つてる~ (4, 0.1%)

1 から, はずだ, んだ, んださうです

▼ 帰つて何~ (4, 0.1%)

1 か書けた, も彼, を, をする

▼ 帰つて後~ (4, 0.1%)

1 この絹, も其ナツカシ味, も疑, 呼べば

▼ 帰つて百姓~ (4, 0.1%)

1 がしたく, でもしろ, やつて, をする

▼ 帰つて自分~ (4, 0.1%)

1 の仕事, の作品, の書斎, の机上

▼ 帰なり~ (4, 0.1%)

1 という, と竜, と龍, 云云

▼ 帰には~ (4, 0.1%)

1 お寄, ここに, 寝惚けたる眼, 渡れなくなって

▼ 帰へり~ (4, 0.1%)

1 て, なぞに, に, のやう

▼ 帰~ (4, 0.1%)

2 にやわ 1 にゃならねえのか, にや

▼ 帰~ (4, 0.1%)

1 ああ残念, かな, には僕, 路

▼ 帰妙法~ (4, 0.1%)

1 の理想, は可能, は四十八年間, は夢

▼ 帰~ (4, 0.1%)

1 はいう, はなし, はをかしき, 時々それ

▼ 帰来りし~ (4, 0.1%)

2 頃たまたま 1 年の, 時木曜会の

▼ 帰~ (4, 0.1%)

1 忽及大, 新城病院へ, 様子相尋候処五七日内には, 行装寵栄余

▼ 帰~ (4, 0.1%)

31 すると

▼ 帰えらなけれ~ (3, 0.0%)

2 ばならない 1 ばいけない

▼ 帰えれ~ (3, 0.0%)

1 ばいい, ばなじみ, ば要る

▼ 帰~ (3, 0.0%)

1 は, を彼等, 安しと

▼ 帰しし~ (3, 0.0%)

1 てからと云う, てしまった, ては秘密

▼ 帰つたぎり~ (3, 0.0%)

1 今日迄, 兄の, 未だにそれ

▼ 帰つたつ~ (3, 0.0%)

1 てあの, てなん, てまた

▼ 帰つた人~ (3, 0.0%)

1 ですか, で周迪, の話

▼ 帰つた私~ (3, 0.0%)

1 は, は今日, もおとなしく

▼ 帰つてお出で~ (3, 0.0%)

2 になつ 1 になる

▼ 帰つて今~ (3, 0.0%)

1 まで通り, 迄寝, 迄通り

▼ 帰つて仕舞~ (3, 0.0%)

1 はうかと, はれ猶, へと怒

▼ 帰つて床~ (3, 0.0%)

1 についても眠られなかつた, に就い, を並べ

▼ 帰つて彼~ (3, 0.0%)

1 からの電話, の追分, は妻みよ子

▼ 帰つて母~ (3, 0.0%)

1 に知れる, に話し, を養

▼ 帰つて私~ (3, 0.0%)

1 はそれ, は一顆, 苦しくなる

▼ 帰つと~ (3, 0.0%)

2 いでよ 1 いでよアプサント

▼ 帰~ (3, 0.0%)

1 いう, 同じである, 見えまして

▼ 帰~ (3, 0.0%)

1 のか, 粋の, 馬鹿も

▼ 帰~ (3, 0.0%)

1 今の, 父適斎に, 遅くなりました

▼ 帰へらう~ (3, 0.0%)

1 かと思, とする, と思つて

▼ 帰らっしゃい~ (3, 0.0%)

1 ここから, よ奥様, 帰らっしゃいっ

▼ 帰らっしゃった~ (3, 0.0%)

1 か, かと思う, の

▼ 帰らッ~ (3, 0.0%)

1 しゃい, せえ, せえと

▼ 帰仕度~ (3, 0.0%)

1 をしかけた, をした, を始

▼ 帰~ (3, 0.0%)

1 とある, 円明貞鏡大姉と, 泰山大道居士という

▼ 帰~ (3, 0.0%)

1 いたしますこと, してから, します

▼ 帰安県~ (3, 0.0%)

1 の知県なにがし, を通らなかった, を通過

▼ 帰~ (3, 0.0%)

1 するの, と共に国分寺, にたいする臆測さまざま

▼ 帰幽し~ (3, 0.0%)

1 た, たらしいの, た人霊

▼ 帰~ (3, 0.0%)

1 するつもり, するや, の上

▼ 帰~ (3, 0.0%)

1 した二十七八, して, を許され

▼ 帰~ (3, 0.0%)

1 を催させる, を緩う, 頻りなる時

▼ 帰源院~ (3, 0.0%)

1 で歌, に来, の門

▼ 帰~ (3, 0.0%)

1 したが, して, を送る

▼ 帰署する~ (3, 0.0%)

1 事に, 事は, 石子の

▼ 帰~ (3, 0.0%)

1 して, せんと, を命じましょう

▼ 帰~ (3, 0.0%)

1 し恒, すれども, せざるもの

▼ 帰~ (3, 0.0%)

1 の誓文, を勧めた, 兵を

▼ 帰いで~ (2, 0.0%)

1 から僅, 次年辛卯には

▼ 帰えったら~ (2, 0.0%)

1 蒼ざめた男の, 部屋の

▼ 帰えらし~ (2, 0.0%)

1 ゃらんから迎いに, ゃらんちゅうだか

▼ 帰えれる~ (2, 0.0%)

1 からと言っ, 位は

▼ 帰~ (2, 0.0%)

1 え, なければ

▼ 帰~ (2, 0.0%)

1 御座りやせん, 見られるの

▼ 帰~ (2, 0.0%)

1 かい馬鹿, のだ

▼ 帰しあっ~ (2, 0.0%)

1 て呉, て後

▼ 帰ししません~ (2, 0.0%)

1 から, わ

▼ 帰しなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばならぬ

▼ 帰しなさる~ (2, 0.0%)

2 事は

▼ 帰し申した~ (2, 0.0%)

1 んじゃ, 後で

▼ 帰するであろう~ (2, 0.0%)

1 か, という予想

▼ 帰~ (2, 0.0%)

1 ぞよ, と好い

▼ 帰つたわい~ (2, 0.0%)

1 の大変悪, の寂し

▼ 帰つた上~ (2, 0.0%)

1 で何所, は山陽

▼ 帰つた主人~ (2, 0.0%)

1 にどんな, に暫く

▼ 帰つた信吾~ (2, 0.0%)

1 が素知らぬ, はさらでだに

▼ 帰つた儘~ (2, 0.0%)

1 すぐ座敷, 人知れず裏

▼ 帰つた処~ (2, 0.0%)

1 だと, でその

▼ 帰つた奴~ (2, 0.0%)

1 は泣かす, は酷い

▼ 帰つた家~ (2, 0.0%)

1 の中, は木賀

▼ 帰つた後丑松~ (2, 0.0%)

1 は弁護士, は心

▼ 帰つた後僕~ (2, 0.0%)

1 はベツド, は妻子

▼ 帰つた所~ (2, 0.0%)

1 が直に, だと

▼ 帰つた日~ (2, 0.0%)

1 である, に来り

▼ 帰つた母親~ (2, 0.0%)

2 が迎

▼ 帰つた父~ (2, 0.0%)

1 の旧い, は裸

▼ 帰つち~ (2, 0.0%)

1 まふ, まへ

▼ 帰つてしま~ (2, 0.0%)

1 はうかと, へるの

▼ 帰つてしまつたの~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 帰つてしまつて~ (2, 0.0%)

1 からのところ, たつた一人

▼ 帰つてそこ~ (2, 0.0%)

1 から立つた, を自分

▼ 帰つてステーション前~ (2, 0.0%)

1 で宿屋, に宿屋

▼ 帰つて下~ (2, 0.0%)

1 では最う, んせ

▼ 帰つて伯父~ (2, 0.0%)

1 の所, やその他

▼ 帰つて俺~ (2, 0.0%)

1 の代り, は貴様

▼ 帰つて勉強~ (2, 0.0%)

1 しやう, でもした

▼ 帰つて夢~ (2, 0.0%)

1 でもなん, もなく

▼ 帰つて大阪城内~ (2, 0.0%)

2 に移し

▼ 帰つて子供~ (2, 0.0%)

1 の世話, の時

▼ 帰つて寝床~ (2, 0.0%)

1 にはいつ, に入

▼ 帰つて日本~ (2, 0.0%)

1 で一番不愉快, のため

▼ 帰つて机~ (2, 0.0%)

1 のま, の中

▼ 帰つて来それ~ (2, 0.0%)

1 から三十分, を再三

▼ 帰つて父~ (2, 0.0%)

1 に伝授, の家業

▼ 帰つて田地~ (2, 0.0%)

1 も買, を買

▼ 帰つて私達~ (2, 0.0%)

1 と一緒, に京都

▼ 帰つて行つた後~ (2, 0.0%)

1 にも私, は又

▼ 帰つて貰ひたい~ (2, 0.0%)

1 と云つて, と思

▼ 帰つて開業~ (2, 0.0%)

1 しようと, すること

▼ 帰つて頂戴~ (2, 0.0%)

2

▼ 帰つて風呂~ (2, 0.0%)

1 にでも入, 焚きを

▼ 帰~ (2, 0.0%)

2 なも

▼ 帰という~ (2, 0.0%)

1 ことを, 前の

▼ 帰なさる~ (2, 0.0%)

1 とそんな, 時

▼ 帰らっしゃる~ (2, 0.0%)

2

▼ 帰ッタ~ (2, 0.0%)

1 故全ク妙見, 生レテ

▼ 帰~ (2, 0.0%)

1 振と, 節御

▼ 帰~ (2, 0.0%)

1 するに, を繰っ

▼ 帰天斎正一~ (2, 0.0%)

1 に女, の手品

▼ 帰~ (2, 0.0%)

1 の一県, の魚怪

▼ 帰家穏坐~ (2, 0.0%)

1 とでもいひたい, とはい

▼ 帰家穏座~ (2, 0.0%)

1 のこ, の心

▼ 帰~ (2, 0.0%)

1 しばらく話す, それから

▼ 帰府後~ (2, 0.0%)

1 の作, の秋

▼ 帰庵うち~ (2, 0.0%)

1 がいちばん, ほど楽

▼ 帰庵樹明君~ (2, 0.0%)

1 がやつ, もやつ

▼ 帰庵酒~ (2, 0.0%)

1 もあり, も豆腐

▼ 帰~ (2, 0.0%)

1 を指導, 好不関貧

▼ 帰~ (2, 0.0%)

1 の気運, を重視

▼ 帰~ (2, 0.0%)

1 し崇敬, し文治五年

▼ 帰~ (2, 0.0%)

1 というもの, といふもの

▼ 帰来り~ (2, 0.0%)

1 て欧洲戦後, て臥す

▼ 帰来れる~ (2, 0.0%)

1 は心, 一個の

▼ 帰~ (2, 0.0%)

1 漫録, 絵詞

▼ 帰~ (2, 0.0%)

1 の日, を迎え

▼ 帰準備~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ 帰~ (2, 0.0%)

1 すること, するに

▼ 帰~ (2, 0.0%)

2 の花一木

▼ 帰~ (2, 0.0%)

1 したの, などと称し

▼ 帰程に~ (2, 0.0%)

2 上る

▼ 帰~ (2, 0.0%)

1 するよう, 又敵人死候

▼ 帰~ (2, 0.0%)

1 した時, しロンドン

▼ 帰藩中~ (2, 0.0%)

1 でおじゃります, でご

▼ 帰藩後~ (2, 0.0%)

1 の様子, は右

▼ 帰行き~ (2, 0.0%)

1 てまだ, ぬ

▼ 帰西~ (2, 0.0%)

1 して, の途

▼ 帰~ (2, 0.0%)

1 して, するので

▼1* [717件]

いだ時の, 帰えさないため, 帰えったで一目会いたい, 帰えつて堪る, 帰えらず六波羅殿より, 帰えらぬ訳には, 帰えらねえよ, 帰えらねえだから酒, 帰えられなくちゃお, 帰えられなければ寝られない, 帰えられねえような, 帰えらんかい, 帰えりし朝風荘の, 帰えりしな暗い路地, 帰えりましたでしょうか, 帰えりますから明日, 帰えり南天堂によって皆, 帰えり道娘は重, 帰えり鯛焼きを拾銭, 帰えるべきかそれとも, 帰えるまいかとも思う, 帰えれないので学生さん, 帰えれなくなったと思った, 帰かうと為る, 帰かと待てど, 帰がけに案山子, 帰きおるを人これ, 帰くべき必用の, 帰各宜, 帰けん扨も, 帰さる可きで, 帰されたからである, 帰されなければならない, 帰される自動車の, 帰しいたしまする, 帰しいたすことなどは, 帰しけりされば亀山, 帰しけん天に, 帰ししたのであった, 帰ししたくないのよ, 帰ししますからしばらく, 帰したなあ大, 帰しできないのです, 帰しないのは, 帰しなくてはならない, 帰しなさいましたか, 帰しなされましたが堤, 帰しなすってくださいまし, 帰しなすったんです, 帰しまへんよ, 帰し下さいまし用が, 帰し下さいますように, 帰し下されば心, 帰し申したくない花魁も, 帰し申しますよ, 帰し申しませんぞ, 帰ょうのまえの日に, 帰すって云っ, 帰するだろうと考えた, 帰するでは有りません, 帰するべきであるかも知れぬ, 帰喰びい, 帰つたあと私は潮, 帰つたこれはぐんと, 帰つたさうだとか云, 帰つたつて可いじや, 帰つたつて用はない, 帰つたつて関はない, 帰つたとてさ, 帰つたとこだつて, 帰つたひとりの友人, 帰つたやうになつて, 帰つたようであつ, 帰つたらうね, 帰つたらきいて見よう, 帰つたらさう言つておくん, 帰つたらしいと誰, 帰つたら忘れずに手紙, 帰つたら阿父さんに, 帰つたる帰つたら, 帰つたアドは三人, 帰つたエンマがニユウヨオク, 帰つたシヤランソン嬢が再び, 帰つたシリア人はこの, 帰つたパーシユーズは国王, 帰つたミッシェルからオパール, 帰つた一人こそ実際, 帰つた一夜庄吉夫人の訪問, 帰つた両人を見送つ, 帰つた九時近かつ, 帰つた二時頃だつたらう, 帰つた五日目それのみ待たされた, 帰つた人達があつ, 帰つた伊東伴作はその, 帰つた伝説などがある, 帰つた兵士のやう, 帰つた博士は湯, 帰つた印象の中心, 帰つた叡子さんから手紙, 帰つた合図の声, 帰つた商船の事務員, 帰つた問題の一つ, 帰つた喜楽から手紙, 帰つた国国とは一体, 帰つた土焼の舞子, 帰つた女があつ, 帰つた女中の話, 帰つた女神だけに嫉妬, 帰つた妹娘の魚, 帰つた子供たちは井戸, 帰つた学校の包, 帰つた将門は天慶三年, 帰つた山独活を四五本, 帰つた帰りの汽車, 帰つた帰途の暗, 帰つた当座一年か二年, 帰つた当座食物の議論, 帰つた彼女はわが, 帰つた後一人ニヤニヤと, 帰つた後主治医の煙, 帰つた後樸忠は, 帰つた後湯村は妹, 帰つた後百二十円の金, 帰つた後私は物足りない寂し, 帰つた後肩の凝り, 帰つた後顔をまつ, 帰つた感を与, 帰つた挨拶に行く, 帰つた日本人達をも見受けた, 帰つた日細に言, 帰つた時お父さんとお, 帰つた時偶然にもその, 帰つた時兄さんから龍馬, 帰つた時分お桐, 帰つた時印象はと聞かれ, 帰つた時家にあ, 帰つた時昔私が使, 帰つた時林田も一緒, 帰つた時梅子は待ち, 帰つた時父の古, 帰つた時百姓共が証人, 帰つた時自分は何と, 帰つた時道子の前, 帰つた時酔ひもしない, 帰つた時門野が, 帰つた書を可, 帰つた書物を取り出し, 帰つた書類を調べ, 帰つた机上のノート, 帰つた来客の品評, 帰つた松男君を先頭, 帰つた林檎をおいし, 帰つた栗の袋, 帰つた此評判の為, 帰つた母を慕, 帰つた水界の信太妻, 帰つた爺いさんが, 帰つた由を告げた, 帰つた留守に母, 帰つた病気の事, 帰つた社会評論家の大橋三四子, 帰つた秋田は凡, 帰つた翁か, 帰つた者のこと, 帰つた自分には固, 帰つた荷物の中, 帰つた著物のうち, 帰つた虹猫は第, 帰つた許りといふ, 帰つた試しがない, 帰つた話をふと, 帰つた跡で炉, 帰つた迹ではいつも, 帰つた難波は例, 帰つた順番がどうも, 帰つた風流の旧, 帰つた食堂へ復行, 帰つちまつただと, 帰つてあたしはお, 帰つていつまで, 帰つておいでになつ, 帰つておかみさんに渡し, 帰つてお父さんにさう, 帰つてきたんですつて, 帰つてきた四人乗りの小船, 帰つてくんねえ, 帰つてぐつすり眠つ, 帰つてさう話す, 帰つてしまつた後になつて, 帰つてしまつた禁酒はなか, 帰つてすつかり話, 帰つてすべての支度, 帰つてそつと口, 帰つてひと晩ゆつくりあなた, 帰つてほんとうに勉強, 帰つてみんなのところ, 帰つてもとの石仏, 帰つてものいひを, 帰つてゆつくりお, 帰つてゆきなり, 帰つてれば顔, 帰つてオルガンでも弾いてらつ, 帰つてタイタイ先生に手紙, 帰つてトランクの底, 帰つてホツと安心, 帰つてママにその, 帰つてマルシァス河の悲歌, 帰つて一つ汗でも取, 帰つて一ヶ月にもなる, 帰つて一先づ落着け, 帰つて一刻も早く, 帰つて一医者としての生涯, 帰つて一同に鷹見, 帰つて一夜を安閑, 帰つて一日に三囘, 帰つて一日部屋に這入, 帰つて一服して, 帰つて一生役場に勤め, 帰つて一生懸命勉強しようと, 帰つて一番だと, 帰つて一部始終を相宿, 帰つて万一破損の弁償金, 帰つて三十分ばかり経つ, 帰つて三千代さんに安, 帰つて三月も立つ, 帰つて下宿の二階, 帰つて不安らしい様子, 帰つて両方から飛び縋る, 帰つて両親にとくと, 帰つて丹念に餌, 帰つて九日目の日家, 帰つて乱暴を働き, 帰つて了つたことやまた, 帰つて了つた後に女気, 帰つて了ふかも知れぬ, 帰つて了ふし根本は家, 帰つて二三ヶ月暮して, 帰つて二三日して, 帰つて五百に謂, 帰つて人々に合, 帰つて今夜こそは仕事, 帰つて今後も力, 帰つて今晩のうち, 帰つて介抱し力づけて, 帰つて仏檀の前, 帰つて仕事をする, 帰つて仕事衣を着替へ, 帰つて仕舞つたと云, 帰つて仕舞つたのか, 帰つて仕舞つた湖畔の別荘, 帰つて他のもの達, 帰つて以来げつそり, 帰つて以来めつきり, 帰つて以来ゆき子は四五日, 帰つて以来勉強と称し, 帰つて以来彼は由子, 帰つて会社へも出た, 帰つて体を休めたい, 帰つて作文でも何, 帰つて例のやう, 帰つて保枝は夫, 帰つて信次と追, 帰つて信濃憂人といふ人, 帰つて停車場に下り, 帰つて健康なお, 帰つて僅か二夜を過した, 帰つて僕等と主人夫婦, 帰つて兄に金木, 帰つて六田に至り, 帰つて其ももう, 帰つて其所を通り, 帰つて其秋十六歳で早世, 帰つて再会を約し, 帰つて刀でも拭い, 帰つて創作の机, 帰つて十二月まで読みつ, 帰つて午迄寝た, 帰つて午後に健胃剤, 帰つて午後二時より満, 帰つて午飯としよう, 帰つて参つたのでありますが, 帰つて只今山車が出ました, 帰つて台所の方, 帰つて吉野や妹共, 帰つて同役馬場に此顛末, 帰つて品川で袂, 帰つて四五ヶ月も経つ, 帰つて国で質屋, 帰つて城北の侍町, 帰つて境内に植ゑようかと, 帰つて墓参がしたく, 帰つて壁の暖炉, 帰つて夏より後, 帰つて夕食を済ました, 帰つて夜具の上, 帰つて夜明しなどした, 帰つて大急ぎで服, 帰つて夫にその, 帰つて奥さんにさう, 帰つて女房に留守, 帰つて女梅を生んだ, 帰つて妓の宴, 帰つて姉さんにさ, 帰つて姉たちに学校, 帰つて嬰児の守, 帰つて字引を験べたところ, 帰つて学課を怠らない, 帰つて安積素顔君を訪ね, 帰つて実家へ行, 帰つて宮中で俄, 帰つて宮廷から伝つた神秘, 帰つて宴に列つた霞亭, 帰つて家の用事, 帰つて家庭にあつ, 帰つて家計整理をした, 帰つて寝巻に着替へよう, 帰つて寺田先生に此, 帰つて小学校の教師, 帰つて小萩にあなた, 帰つて少時其家に住ん, 帰つて差支なく検査, 帰つて平気で寝, 帰つて幾島から受け取つた, 帰つて庵で寝る, 帰つて当りちらされる的, 帰つて役場につとめた, 帰つて彼等と一緒, 帰つて律師の破門, 帰つて後午過には, 帰つて後宗教的の生活, 帰つて後散歩のついで, 帰つて後数年にし, 帰つて御台所と相談, 帰つて御覧なさいと, 帰つて復習予習をする, 帰つて手紙を二三本, 帰つて打倒れた, 帰つて押入に突込, 帰つて支度をし, 帰つて料つて貰つておとう, 帰つて昼飯の用意, 帰つて晩食を食, 帰つて晩飯の膳, 帰つて暮れかかつ, 帰つて月の名, 帰つて月見をしよう, 帰つて朝飯をしまふ, 帰つて本でも読まう, 帰つて本性を明す, 帰つて来ちやあ婆さん, 帰つて来やあがつて, 帰つて来一時までの二時間, 帰つて来何か発見, 帰つて来升と父, 帰つて来灰燼になり果てた, 帰つて来給へと平岡, 帰つて東京に出, 帰つて柱によりかかつ, 帰つて栄蔵は近所, 帰つて格別な事, 帰つて梅子の相手, 帰つて椅子に腰, 帰つて権八の両親, 帰つて樹明君の来, 帰つて正式に離婚, 帰つて残つたもの, 帰つて殿様に再び, 帰つて母様にさ, 帰つて毎日何をし, 帰つて水端で洗濯, 帰つて汽車の疲れ, 帰つて河童の申し合せ, 帰つて泉水に放す, 帰つて洗濯したばかりの, 帰つて消毒せんこと, 帰つて温泉の宿, 帰つて湯槽からあがる, 帰つて漁師を習うた, 帰つて火燵に入, 帰つて火箸で打擲, 帰つて烏の駆逐艦, 帰つて煖炉の上, 帰つて熟睡した, 帰つて父親の竹内栖鳳氏, 帰つて爺仁に話し, 帰つて独りになる, 帰つて猩々の行方, 帰つて現像して, 帰つて用人を相手, 帰つて畠の親芋, 帰つて疲れ果てて, 帰つて病気がよく, 帰つて皆を喜ばせ, 帰つて皆んなと一緒, 帰つて相談して, 帰つて県会議員になる, 帰つて着物でもかえ, 帰つて知らん顔をし, 帰つて短冊に書かう, 帰つて神戸の南洋貿易会社, 帰つて稽古を見, 帰つて窓先きを, 帰つて綺麗な着物, 帰つて縁家に畑仕事, 帰つて羽ぶしを, 帰つて羽織を引か, 帰つて翌日の十時, 帰つて職務につく, 帰つて肉親に逢, 帰つて胸を開く, 帰つて臥ると, 帰つて舞台へ立つ, 帰つて色々な話, 帰つて若干日を経た, 帰つて茶瓶に植ゑた, 帰つて荷ほどき, 帰つて薪を焚い, 帰つて薬を調合, 帰つて行きつづいて, 帰つて行きヤキモチは焼かない, 帰つて行き割合に近く, 帰つて行き学校を退く, 帰つて行き馬込の畑, 帰つて行つた人だぜ, 帰つて行つた奥さんがわざ, 帰つて行つた富岡は何処, 帰つて行つた手代である, 帰つて行つた時は提灯, 帰つて行つた母親への怒り, 帰つて行つた相だが, 帰つて行つた翌々日のこと, 帰つて行つて今頃は堅気, 帰つて行つて岸の上に住ん, 帰つて行つて粟をすこう, 帰つて行つて薔薇を切つて, 帰つて行衛が知れなく, 帰つて袴を脱いだ, 帰つて親ごの, 帰つて親爺に相談, 帰つて言ひますのに, 帰つて誰かと一処, 帰つて調書を翻, 帰つて警察の協力, 帰つて負傷の手当, 帰つて貧窮と握手, 帰つて貰つたあゝ, 帰つて貰つた女房を連れ, 帰つて貰ひまへん, 帰つて賑やかな足取り, 帰つて迎へて居る, 帰つて郷士となつ, 帰つて酒と醤油, 帰つて酔つ払つて唄, 帰つて金を拵, 帰つて長女は病臥, 帰つて間もない, 帰つて隠居をし, 帰つて雪江に聴かせた, 帰つて電報を見, 帰つて静養するの, 帰つて鞄をはふりだす, 帰つて食事を済ませ, 帰つて食卓についた, 帰つて飼ひませう, 帰つて飼つたなどといふところ, 帰つて饗応し又, 帰つて鬼頭の顔, 帰つて鶏にやつ, 帰つて黒板に記す, 帰つて鼻を高く, 帰つとるぜ, 帰てからも出来るだけ, 帰ては薄葉の, 帰ても宗太郎をば, 帰てれ後はかたっ戻, 帰でありますか, 帰でございますか, 帰ですか, 帰なく客観なく, 帰なすって御膳, 帰によって目覚める, 帰帰ね, 帰ねんさかい泊めて, 帰へらしたがその, 帰へらないことよ, 帰へらねばならぬ, 帰へられて二, 帰へりしと云, 帰へりたくなつたの, 帰へりましたら直ぐに, 帰へり遊ばしていた, 帰より攻め来りまた, 帰らさんせよう, 帰らっせえよ, 帰りつして, 帰シタカラ町人ハ壱文弐文ヲアラソウ故皆ンナガ悦ン, 帰シタラ二三日タッテマタ新二郎ガ来テ, 帰シタリと公卿日記, 帰シタ間モナク兵庫ガ宅ヘ行ッタラ, 帰シ兵農始テ分レ遂ニ封建ノ治, 帰とこう, 帰スマシトテ江州長浜ヘ出陣云々, 帰スルコト三年又モ, 帰スルナク貿貿乎トシテ霧中ニ在リ遂ニ植学, 帰センでしたかね, 帰ッタオヨソ壱時バカリノコト御座敷中ガ, 帰ッタカラ留守ノウチノコトヲ書附デ出, 帰ッタガ少シ, 帰ッタガオレハ森下デ別, 帰ッタガソノ時甥メラハ脇差ヲサシテ次ノ間ニ残ラズ結ン, 帰ッタガソレカラミンナガ南平ヘ頼ムト金ガイル, 帰ッタガソレカラ十年バカリ絶交シテ居タガ何トカ思ッタト見エテ, 帰ッタガソレカラ大勢ガ杉戸口ヘ来, 帰ッタガ親父モ兄モナンニモ云ワヌ故少シ安心シテウチヘ行ッタ, 帰ッタソウスルト多クノ者ガツカイヲ云ッテアヤマルカラ, 帰ッタソノウチ大兄ニ近親共ガ来テ相談シテオレニ当分林町ニ居テクレロト云ウカラ毎晩毎晩泊ッテ居タ昼ハ用ガ有ルカラウチヘ帰ッテイテソノ月ノ二十五日ニ, 帰ッタソノ時ニ吉原デアノ通リノ振舞ハ出来ヌモノダガトイウコトデ顔ガ売レタロウト皆ンナニ咄シタトテ, 帰ッタソレカラ毎日毎日浄ルリヲ聞イテ浅草辺カラ下谷辺ヲ歩イテ, 帰ッタノガ今暁ノ二時頃, 帰ッタラ又, 帰ッタラ座敷ヘ三畳, 帰ッタラ隠居ニ娘ヲ抱カセテ男谷ヘヤッテ, 帰ッタ毎日ソノ事ニカカッテ居タ息子ガ五ツノ時ダソレカラ忌命ガ明イタカラ又, 帰ッテ見マシタラ, 帰ッテイテソノ月ノ二十五日ニ, 帰ッテカラ食べマス, 帰ッテカラモ親兄弟ハ勿論ドンナ親シイ人ニモ話サヌコトヲ誓イマス, 帰ッテモ三日ホドハ咽喉ガ腫レテ飯ガ食エナカッタ翌日皆ンナガ尋ネテ来テ兵庫ガウチノ様子ヲイロイロ, 帰ッテ大兄ヘ見, 帰ッテ来タ明クル日ノ晩, 帰ッテ来テ僕ラ家族ト夕食ヲトモニシ九時少シ, 帰ッテ行ッタノハ夜中ノ二時デアッタ, 帰ッ了や好かっ, 帰ラレズ此処デ二度マデウチヲ出タ, 帰ヲ急, 帰リカケル様子ダッタノデ僕ハ下ヘ降, 帰リガ遅カッタノデ, 帰リガケニ甥ラニ向ッテ, 帰リガケニ行ッタラ殿村南平トイウ男ガ来テ居タカラ近附ニナッタガ, 帰リガ気遣イダカラト云ウカラ, 帰リスルニハ日程ガ少シ無理ダカラ, 帰リテ初テ建シ寺也今ハ寺モ菩提樹モナシ畿内ニアルハ昔此寺, 帰リナサレテ妻トモ相談シロトイウカラソレニハ及バズ先ニイウ通リ何モウチノコトハ気ニカカルコトハナイ息子ハ十六ダカラオレハ隠居ヲシテ早ク死ンダガマシダ, 帰リニナルソウダカラ寝床ノ仕度ハシナクテモ, 帰リニ清チヤント坂道ノトコロデケイ馬ゴツコヲヤツタガ雪駄ヲハイテヰタノデマケテシマツタ清チヤンハカケナガラ勇マシイカケ声ヲシテヰタ, 帰リマシテカラ後程結果, 帰リ予ト佐々木トハ夜ガ晩イカラト云ウノデ吉兆ニ泊ル, 帰リ来ルモノト予定スルコトヲセザルナリ到リ着クトコロヲ以テ, 帰リ瓦斯ニ火ヲ付ケルノハワレワレノウチノ誰カナノダガ今夜ハ時分ヲ見, 帰ルアタシガ伊丹ヘ着, 帰ルカラ川崎マデ送, 帰ルト河井ノオヂサンガ清チヤント一シヨニ来テヰテケイ馬ヲ見, 帰ルト礼ヲスルト云ウカラソノ約束デ別, 帰ルヨウニ云イナサイコチラハ婆ヤガ今帰ッタノデ僕一人ダ, 帰ル夫より魚屋ニ行高柳, 帰ル師ヲ掩ウコト勿レ, 帰ル説には同意, 帰レトイウカラ最早決シテ江戸ヘハ帰ラレズ, 帰レトイウカラソレカラ家ヘ戻, 帰レバ陽アタリテ暑シ, 帰レマスカラ大丈夫デス但シ, 帰レリ両別当ヨリ指出セル守札, 帰レ花ヲ持ツテ待ツ, 帰待テ点閲ヲ, 帰一点であり結着点, 帰一点そのものの発露, 帰万国の極宗, 帰下さいまし失礼でございます, 帰申行衛不, 帰好白雲, 帰となりすました, 帰をいそいだ, 帰候こと御のこり, 帰候様被成可給候, 帰入旧廬有相識一窓梅月照寒更, 帰ま, 帰し佐久間, 帰去らん後までは, 帰というぜいたく, 帰するのみを以て, 帰園田居六首と題する, 帰の劇評, 帰城之便に二三巻宛四五人, 帰城後きょうの御, 帰まで全く, 帰塾した当坐, 帰大黄芍薬桂枝かね薬, 帰して, 帰天斎が扱う, 帰太遅戒禁足, 帰三に, 帰奉することを, 帰の三, 帰するよう, 帰家仍隔疎籬語, 帰宿おかみさんが気の毒, 帰宿したのが, 帰宿せんと, 帰宿って夕飯, 帰宿入浴臥床妄想はてなし, 帰宿謹慎を命ぜられ, 帰宿酒がこころよく, 帰したが, 帰島以来引き籠って, 帰するよう, 帰幽するからで, 帰幽せられた史上に, 帰府十二月には再び, 帰庵いつしよに, 帰庵やつぱり庵がよろしい, 帰庵三人が枕, 帰庵今夜もよく, 帰庵休養身心の衰弱いかん, 帰庵其中一人のうれし, 帰庵前後不覚で寝, 帰庵十二時近かつ, 帰庵十日ぶりに街, 帰庵半日愉快に飲ん, 帰庵夕餉の支度, 帰庵大山さんを寝床, 帰庵帰庵して, 帰庵庵はいつも, 帰庵彼氏も泊る, 帰庵徃きの, 帰庵後こう言った, 帰庵敬君は下関, 帰庵敬君宿泊ぐつすり睡れたが, 帰庵暮羊君ビールを持つ, 帰庵月はよかつ, 帰庵樹明君待ちあぐねて, 帰庵水を汲ん, 帰庵満月のうつくし, 帰庵練兵場の月, 帰庵自分の寝床, 帰庵蓼数株を手折つた, 帰庵行乞相はよかつ, 帰庵誰か来たらしい, 帰庵途中敬君の実家, 帰庵野蕗君を待つ, 帰庵閑坐だ, 帰庵陰欝たへ, 帰庵飯を炊い, 帰仰付けら, 帰後余は夫人, 帰後独坐感慨これを久, 帰後責任を問う, 帰後高梨の家, 帰復す命なり, 帰思最も切, 帰意稍動いたと, 帰をさずけられ, 帰掛けに何, 帰掛け稽古に熱心, 帰故郷故郷早有, 帰時日景猶午, 帰書目蔵書目録跋活字板左伝跋宋本校正病源候論跋, 帰服せる七州の, 帰村す可く汽車, 帰村せんとする, 帰村当時は村人, 帰村申付けられ候, 帰来りたれば清元一二段さら, 帰来る日斜き, 帰東奥臨別贈以一律, 帰校後の登志子, 帰概此類であつ, 帰などの漢薬, 帰次第御旅宿, 帰遺一物以表謝意, 帰をあらゆる, 帰泉院殿黄鶴大居士安永五年辰正月, 帰注するものなり, 帰の当, 帰滅することに, 帰と同じく, 帰有芳情在, 帰由法国之馬賽口登舟遇日本井上甫水兄亦自, 帰するを, 帰着き我室の, 帰着せられてこれ, 帰着せるも彼, 帰禅定門と云, 帰と命ぜられ, 帰翁十巻といふもの, 帰而殊塗一致而百慮, 帰而父母爾事毛告良比如明日吾者来南登言家礼婆妹之宮答久, 帰而足羽御社神司馬来田主, 帰臥せられお好き, 帰自然自然即是弥陀国, 帰は客なかりき, 帰舟言従海外遊鐙明孤塔遠風圧片帆遒, 帰船後にし, 帰の風情, 帰若した, 帰著し共に皇謨, 帰藩中残りのひとり, 帰藩以後にまでひそか, 帰行遺跡探検を継続, 帰ふかい僧, 帰衣者富木氏の邸, 帰値春繁, 帰して, 帰のうえ, 帰御目付帰役, 帰途上を仰ぎ見る, 帰道折節父の家, 帰浦, 帰邸初夜寝に, 帰の事, 帰開業授徒享和癸亥七月病麻疹而没年纔二十五府下識与不識, 帰降せしものなるべし, 帰の世間話, 帰へその, 帰頼春水の門人, 帰されて, 帰駿あって, 帰黄土書徒