青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「寄~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

宿~ 宿命~ ~宿屋 宿屋~ 寂~ ~寂し 寂し~ ~寂しい 寂しい~ 寂しく~
寄~
~寄せ 寄せ~ ~寄っ 寄っ~ 寄り~ 寄る~ 寄席~ 密~ ~富 富~

「寄~」 2609, 25ppm, 4662位

▼ 寄つて~ (544, 20.9%)

43 来て 30 来た 29 たかつて 13 来る 9 見ると 7 みた 5 いらつし, ゐた, ゐる, 来たの, 行くと, 行くの 4 来ました, 来ると, 見た 3 お出, くる, その肩, は面白く, も宜, 来たが, 来るので, 行きました, 見て, 話しの

2 [24件] いつて, お八重, きた, きたので, くるの, する人たち, はいけない, は卷烟草, みて, ゐます, ゐるだけ, コツコツと, 休んで, 呉れと, 居た, 居るかと, 御覽, 来ては, 来ない, 来るの, 歩いて, 行くやう, 見ようと, 見るが

1 [293件] あのお, あの人, ありましたが, あんな笑, いきました, いくつもり, いそいで, いつた老人, おそばか, お棺, お百, お見やす, お辭儀, かいで, かうお尋ね, かう云, かう言つて説明, かもじ, からにし, からマーケット, から僕, から出来た, から最う, きたさうです, きたま, きた洋子, くるやう, くる多勢, くる樣, くれたいつ, くれたが, くれたほんとう, くれた人達, くれた澄太君, くれた誘はれて, くれなけりやあ, けよ, こう, こくり, こぼすとも, さつ, しばらく世間話, しまつて, すく, すぐ行かう, そこで喰べたアイスクリーム, その上, その住まひ, その島, その年取つた顏, その手, その日輕井澤, その法衣, その混雑, その無法, その眞, その石, その節高, その顏, それから一緒, それから時間, それから毎日此処, それとなく訊い, たかるの, たしなみよく, たずねた, たべた一皿, たまつ, ためつすがめつ石, たら遅く, だらりと, つい話し込ん, つくづくと, つくづく顔, つて, とうとう岸, どうせ駄目, のしかかるよう, のぞくと, のつ, の姿, はいや, はお前, はこれ, はじろりと, はをれない, は人々, は十手, は危, は居る, は巻烟草, は解け, ひどく彈, ぼんやり空, またたくうち, まゐります, みたが, みたと, みたといふ, みたん, みました, みますわ, みよう, みようか, みようかといふ, みようかな, みようと, もいい, もどうしても, もらふやう, も人, も仕方, も到底, も嫂, も板じんみち, も氣, も煩さく, も用心, も目, も盲, も眠らない, も結局, も行けない, も道楽, ゆかねえか, ゆきその, ゆくが, ゆくと, よく見る, よ上つて一杯, ると, ゐたこと, ゐたの, ゐた七郎丸, ゐた詰襟服, ゐて, ゐないきちんと, ゐなければ, ゐら, ゐるお, ゐるかと, ゐると, ゐるとこ, ゐるの, ゐるので, ゐるアンバアレン群島, ゐる事, ゐる小屋, ゐる火鉢, ゐる目尻, ゐれば, をら, をります, ポンポン彈, 一気に最も身軽, 下さいつて, 下さつたの, 下せ, 世にも珍しい, 丸い円, 亡くなつた佐兵衞, 今や靜, 休めと, 何時も親分, 優しい謙遜, 其の中, 其の扉, 其の蝋燭, 凄い顏, 凍えた指, 切られた髷, 参りましたの, 又帰り, 取り上げたもの, 取卷いた時, 同じ木立, 向ふから, 呉れた, 呉れたが, 呉れた礼, 呉れた禮, 呼び出されたラウンド, 唯落語, 嗅ぐ時, 大演劇祭, 居たし, 居たぜ, 居たの, 居らぬの, 居る, 居るが, 居ること, 居るでは, 居ると, 居る事, 居る所為, 居る為, 常にまち, 平伏ししな, 強い香, 待つて, 忽ち恐ろしい, 思ひがけ, 手ひどく彈, 手当り次第に, 抱き上げ, 映して, 時々念佛講, 更に句作, 本当に可愛, 来い, 来しもの, 来たかと, 来たという, 来たゆき子, 来たわね, 来たん, 来た四十がらみ, 来た大きい, 来た子供, 来た時, 来た母親, 来た男, 来た身, 来ないの, 来まして, 来ますから, 来るかも, 来るやう, 来るよ, 来る畏し, 来る神, 来る馬車, 決めたこと, 決めること, 泣き叫び乍ら, 涼しい風, 白い斑, 眺めると, 積んで, 緩り, 聞いたら樣子, 良いお茶, 若し下, 行かう, 行かない, 行きさ, 行きさうに, 行きたかつた, 行きながら, 行きなさい, 行きませんか, 行く, 行くか, 行くから, 行くん, 行く位, 行く暇, 行けと, 行けとも, 見ただけ, 見たの, 見たり, 見たわけ, 見てよ, 見ないか, 見ませうと, 見ませう何, 見やう, 見よう, 見るには, 見る気, 見る氣, 見る訳, 見る譯, 見ろ, 話しかけること, 話し込んで, 読めなくなるの, 調べて, 談ずるや, 踏み荒した櫻, 軽く背, 連立つた, 集り民子, 頂いて, 頂く筈, 頻りに英和辭書, 飛んだ可愛らしい, 飛んだ目, 飲む酔ひ, 馴れない乍ら一, 黒い円いテーブル

▼ 寄する~ (231, 8.9%)

3 クロニオーンその, 時, 書を

2 [21件] が如き, ごとその, ごと遠, の地, ふみにも, も可, クロニオーン, クロニオーン其時答へて, 命を, 多かるべき, 小波の, 巨浪の, 恋, 書に, 書には, 浪の, 海の, 白浪の, 音の, 風の音遠き, 馬の

1 [180件] あたりまで, あら波返る, うちには, かとひ, かと見る, かの鉄環, がそれ, が如く, ことが, ことである, ことも, こと能は, こと能はずもし, ごと, さまと, しき浪, ぞ心得, ため少しく, とあれ, とき, ときは, とき人前にて, ところに, ところの, ところも, ところを, とも何, とも風, と承り, と知れ, と聞きけん, など恐ろし, にぞさすが, には必ず, に会した, に似, に何, に拘らず, に足る, に足るざる, に足るべき, のが, の地を, の意, の歌, の約束を, の言, は, は決して, は自然, もあす, ものあり, ものに, ものは, ものも, ものを, もの我のみにては, も憂し, も手間取る, も蘆荻, や, やうな, や否や一齋, や西, ように, を例, を境, を知り, を知り得たれ, を花子, を見れ, アイネアス, クセニエ, クセニエに, クロニオーンわれを, クロニオーンイデーに, クロニオーントロイア軍の, クロニオーン其の, クロニオーン其時答へ, クロニオーン即ち, クロニオーン又, クロニオーン怒り, クロニオーン慨然として, クロニオーン眞先に, クロニオーン睨み, 一旅客の, 事によって, 伯母の, 信州の, 光のか, 処物産に, 前先に, 力は, 勇士らの, 勿れ, 北条遺臣どもの, 君, 吾は, 国として, 地位を, 報告によって, 夕波の, 夕潮は, 天の, 天王の, 天王は, 女波男波の, 如, 如凄く, 小波も, 岬の, 岸の上相ならび, 年の, 弁当の, 心の, 心を, 恋と, 恐ろしき響き, 情に, 情熱の, 感情を, 所の, 手紙は, 手紙を, 数万の, 文を, 日, 暮の, 書で, 書は, 歌, 歌でも, 此人生の, 残忍の, 民愈, 水, 泡沫と, 波いや, 波と, 波とともに, 波の, 波も, 波浪も, 波頭は, 浪が, 浪は, 浪間なく, 淋しい浜街道, 淋しい濱街道, 渚でも, 渚に, 漣を, 獅子太鼓の, 玉江嬢, 理解と, 由, 畳韻の, 白き渚, 白浪, 白浪しくしく, 目元の, 磯には, 空想は, 者あり, 者なし, 者決して, 花の, 茶色の, 虚榮の, 行方の, 複雑な, 言の葉も, 詩に, 詩の, 跫音の, 集會の, 雲すごき, 霧の, 頌讚辞として, 鳶の

▼ 寄~ (97, 3.7%)

2 ある大きな, 喉笛今日の, 者に, 者の, 者は, 者も

1 [85件] とある横町, ところに, ない境遇, ない気の毒, ない直, ものが, もので, スペイン植民地に, バーへ, ヶ所小, 事も, 事件有之, 事件記載しあり, 交番より, 人たちが, 人に, 人も, 人達も, 件, 処に, 医院へ, 半分を, 右側を, 君つと, 品でも, 品を, 壁に, 大道へ, 太鼓の, 家の, 家へ, 小高見, 少い男, 巡査派出所へ, 巫女が, 往来の, 悲しみに, 新らしい, 方々から, 方ださうで, 方であった, 方です, 方の, 曲者か, 村, 海岸に, 渚に, 漁師の, 無いこと, 物を, 玩具屋と, 町に, 百姓夫婦なりとか, 石に, 称の, 窓の, 箇所とは, 米屋に, 者あるべき, 者か, 者が, 者さ, 者だけが, 者で, 者であろう, 者でも, 者で御座る, 者と, 者を, 者故, 草原径を, 記事有之, 証拠だ, 話で, 話を, 警察で, 警察へ, 警察署の, 警察署へ, 谷間を, 辻に, 鏡の, 階段に, 電車筋へも, 風が

▼ 寄つて來~ (92, 3.5%)

2474 ました 32 た身狹乳母, ていつた, てゐる, るの, るので, る彌次馬, る畏し, る神樣

1 [38件] たお, たが, たら素早い, たん, た人垣, た人波, た人達, た大きい, た彌次馬, た相, た老人, てあたり, てあなた方, ておき, てちよ, ててんでに, てねだる, ては一册持ち行き, てひしと, ても決して, てハリー, て五年, て受取つて, て囁く, て彼, て泳い, て登美子, て頻りに, て鼻面, ないと, ましたが, ます, ますぜ, ます八五郎, られその他, ると, るやう, る求愛者たち

▼ 寄した~ (54, 2.1%)

4 ことが, のだ 3 手紙の 2 ので彼, もので

1 [39件] あの電報, あれで, からひょっと, がその, が簾, きりな, けれどそれほど, けれどつまらない, ことも, そうです, そらお前, つて, という人, と云, と云う, なんて言, の, のか, ので, のである, ので享, ので四月, のは, は三吉夫婦, ものだつた, ものであった, ッけネ, レコードの, 別離の, 原稿が, 外套である, 手紙には, 時からの, 未知の, 無心状で, 英訳本などは, 言伝に, 電報の, 電話で

▼ 寄~ (44, 1.7%)

2 手習すれ, 襲ッて

1 [40件] くれました今年, その品, てんどう, 三升の, 下駄一足に, 今より, 今日の, 其中を, 召捕工風, 吟味なすに, 四方山の, 坐れば, 天一坊樣には, 密談數刻に, 左の, 後より, 成田村なる, 拈くっ, 木の, 来た, 来て, 次助佐助, 民屋田畑草木禽獣まで, 煙草をぞ, 物書く, 相續人, 相談しける, 種々異見, 素早やく, 耳語やう又, 能見れ, 色々藥種, 行かう, 見ると, 見改めたるに, 越前を, 足に, 通り拔し, 酒宴に, 雪に

▼ 寄つた~ (35, 1.3%)

3 と云, と思ふ

1 [29件] かつてきつ, かの風, かも知れない, から引張つ, か勿論, があきらめた, があんど, が留守, が處, ぞ投げろ, だけで, であらう, でな, での, といつ, ところが阿, ところで乾いた, ところで御, と見え, なぞと思はれる, にも等しい, に違, はづみ, は太都夫, 無數, 痩せて, 白い足袋, 若い女, 遠いの

▼ 寄~ (34, 1.3%)

3 ないので, 何んにも 2 なくて, 何も, 友達も, 親類も

1 [20件] ありませんから, あるだろうが, しないで, ないの, ないらしく, ない妓, なくしかも, なくろくな, なく友, なく手, なし婆, ねえし, 何にも, 同樣, 無くて, 知合ひもない, 知合も, 知邊も, 若いもの, 遣らかすわい

▼ 寄つて行~ (32, 1.2%)

31 つた 1 つたら気味

▼ 寄~ (29, 1.1%)

5 なって 2 雪車を

1 [22件] あって, いたそう, けちな, ござります, つき獄門申付, なつたら, なつて, なりお, なる, 任ずる城代家老としては, 住んだ借家, 住んで, 便なく, 候と, 候は, 入口が, 同一名, 吝ならじ, 室が, 曳馬村が, 檢屍前の, 相成午後入来

▼ 寄~ (28, 1.1%)

2

1 [26件] から頼む, その人人, とは, とまだ, と題したる, なんて, のであつ, ので同, までは何とか, わい, 世上の, 云々と, 吾が門同志, 孤舟万里の, 手紙にも, 手紙の, 手紙は, 斯くて, 歌が, 波は, 洋服を, 浜辺を, 男も, 荒い波ぐらゐ, 詩に, 身や

▼ 寄~ (26, 1.0%)

4 てたか 2 た, てたかっ

1 [18件] かかって, たら, たりといえよう, たりの身の上, た昇, ついた様子, つかず不幸, て, てくれる, て御苦労, て来, て来い, て来ない, て来る, て立ち止ま, て苦労, て見る, て飛鳥山

▼ 寄~ (26, 1.0%)

8 ひて 3 ひゐたり 2 ひ, ひしま, へり 1 はう, はま, ひしまま, ひつつ, ひゐたりけり, ふが, ふやう, ふ姿, へば男

▼ 寄~ (26, 1.0%)

5 のない 2 ない老人, なくて

1 [17件] あらぬ貫一, ないかしら, ない孤児, ない少年, ない後家, ない心, ない有様, ない浮浪学生, ない身, なき身, なく物思い, は父母, は皆無, もない, をうしない, を失っ, を頼り

▼ 寄~ (25, 1.0%)

8 てくれた 2 て呉れる

1 [15件] が早晩大森右膳, てくれる, てました, てもい, てもらいたい, てゐなかつた, て下, て下す, て余輩, て僕, て呉れ, て呉れた, て置く, て貰, て貰わんけりゃ成らん

▼ 寄つたの~ (21, 0.8%)

3 である 2

1 [16件] がみんな学士, が澤山, だと, だよ, です, です紅茶, にチヨボクレ, は, はこの, はほんの, はもう, は事実, は啻に, は小鬢, は少い, は山陽

▼ 寄~ (20, 0.8%)

2 して, するもの, をなした

1 [14件] したいと, しつ, するいかなる, すること, するとして, するの, するや, する事, する限り, せんこと, はそれ, も到底, をなし, をなす事實

▼ 寄~ (15, 0.6%)

2 ないといふ, ないもん, なかつた 1 うと, ってこの, ないと, ないの, ないので, ないよう, ないん, なかった, なくな

▼ 寄~ (15, 0.6%)

3 たりで 2 たりのもの 1 か, たりでありまし, たりである, たりの事, たりの報告, たりの場所, たりの悪戯者, たりの插繪, たりゑゝ間違つた一時, てく

▼ 寄すべき~ (13, 0.5%)

2 人にも

1 [11件] の地位, ほどになりぬ, ものある, 乎に, 人に, 人は, 弁当に, 恋の, 義務が, 記述などが, 雪江さんも

▼ 寄~ (13, 0.5%)

3 の帯 1 が高く, で縁, などそういう, に巻かれ, のそば, のため, の他, の音, は磯, を潮ざゐを

▼ 寄~ (13, 0.5%)

1 [13件] であった, ですが, と名づけ, にて玉子, のこと, の印象, の幾つ, の立ち止まっ, は個々, は鰻, を吹き寄せ, 出ず, 第七

▼ 寄~ (12, 0.5%)

1 [12件] ないかも, ないの, ない人, 一口の, 剣を, 募りに, 必らずしも, 有りませんが, 言った, 雪解の, 音信不通で, 駢指の

▼ 寄~ (12, 0.5%)

1 [12件] しけるに, したその, したとき, したる時, して, しないので, するという, するの, するを, する土地, する東, せしが

▼ 寄つて新聞~ (11, 0.4%)

5 を読ませ 3 を読み 1 を借りる, を読む, を読ん

▼ 寄集っ~ (10, 0.4%)

1 ている, てはまた, て主人柳亭翁, て何とか, て刑, て協議, て夏, て来た, て自, て酒

▼ 寄~ (9, 0.3%)

1 あり乍ら, あり山口, ある斯樣, ないだけに, なくて, 一人居, 坂戸の, 有りますので, 無いと

▼ 寄来す~ (9, 0.3%)

2 のである 1 があれ, が可, なんて図々しい, のだった, のは, んだ, 手筈を

▼ 寄頼り~ (8, 0.3%)

2 の無い, もない, もなく 1 のない, もねえ

▼ 寄つた時~ (7, 0.3%)

1 いきなり脇腹, でも例, には充分, にまた, に姉, もうあたり, 更に一層桑田

▼ 寄つた男~ (7, 0.3%)

1 が他, が多い, の名前, はありません, は無, や嫁, や焦れ

▼ 寄~ (7, 0.3%)

1 したですよ, しようじゃあ, もたないこと, 打込みしは, 聘して, 離れて, 頼って

▼ 寄来した~ (7, 0.3%)

1 じゃあない, もんだ, んだろう, 処だ, 手紙に, 薬と, 風呂敷を

▼ 寄~ (7, 0.3%)

1 と云, ない聲, なき身の上, なき靈魂, にも行, も聞い, を失つて退散

▼ 寄~ (7, 0.3%)

6 まつて 1 ひしかば

▼ 寄つてお出で~ (6, 0.2%)

3 と夕ぐれ, よと

▼ 寄つてそれ~ (6, 0.2%)

1 からすぐ, から一寸床屋さん, から自身番, がまた, を拾, を都合

▼ 寄~ (6, 0.2%)

1 あり死, ございます, せうねと, ないにも, 上野御, 見た変

▼ 寄~ (6, 0.2%)

1 來れぬ, 深川に, 皆, 言つた, 訴状を, 追はれ

▼ 寄~ (6, 0.2%)

2 つたり 1 だよ, つて, で拵えた迷子札, の前

▼ 寄添つて~ (6, 0.2%)

1 さも仲, ゐる十八九, 何と, 止むを, 歩いて, 歩きながら

▼ 寄竹派~ (6, 0.2%)

1 の一節切, の普化僧, の普化僧竹枝, の普化宗明暗寺, の本則, の者

▼ 寄集まっ~ (6, 0.2%)

1 ていた, ている, て因果塚, て涙, て茫然, て餅

▼ 寄集り~ (6, 0.2%)

1 しに, ずうっと, だから, て何, なん, を民衆

▼ 寄すれ~ (5, 0.2%)

1 ば其儘す, ば歿, ば綿, ば色, 死の

▼ 寄つて行き~ (5, 0.2%)

1 その肩, ぽつんと, まへ, 暫く時計, 狭いバー

▼ 寄つて行つて~ (5, 0.2%)

2 抱き起して 1 おせい, じろりと横目, その腕

▼ 寄~ (5, 0.2%)

2 なすって 1 なすったん, なすった験, なすつて

▼ 寄~ (5, 0.2%)

1 かかつて, たか, て, てゐた, て見んけれ

▼ 寄加持~ (5, 0.2%)

1 には特別, の手, をする, をやっ, を見

▼ 寄掛け~ (5, 0.2%)

2 てある 1 たり, たるある, て傘

▼ 寄来し~ (5, 0.2%)

1 てくれた, て下さい, て何, て先方, て子供

▼ 寄来る~ (5, 0.2%)

1 と斉, に似, 人数は, 婦人を, 蚊の

▼ 寄~ (5, 0.2%)

3 の鉢 1 でぼつぼつ, というの

▼ 寄す人~ (4, 0.2%)

1 だ, には神信心, は只, も有った

▼ 寄つた者~ (4, 0.2%)

21 がある, もない

▼ 寄つて後~ (4, 0.2%)

4 から姫

▼ 寄つて手~ (4, 0.2%)

1 に持つ, を出す, を浸し, を添

▼ 寄つて手綱~ (4, 0.2%)

4 を控

▼ 寄つて私~ (4, 0.2%)

1 のため, の誤謬, を吉三郎さん, を顧み

▼ 寄つて言~ (4, 0.2%)

3 つた 1 ひ附

▼ 寄つて集つて~ (4, 0.2%)

1 いろ, この女優, その方法, よくその

▼ 寄つて首~ (4, 0.2%)

2 を一方 1 を入れ, を屈め

▼ 寄には~ (4, 0.2%)

1 以後養子を, 何より恐し, 消防署派出所の, 相違あるまい

▼ 寄~ (4, 0.2%)

1 って片手, りて, る, るばかりに

▼ 寄~ (4, 0.2%)

1 から私, と好意, と野心, を

▼ 寄親類~ (4, 0.2%)

1 ではなし上げる, でもねえ, はなし, もない心細い

▼ 寄集め~ (4, 0.2%)

1 いざという, ては, て小児, のよう

▼ 寄から~ (3, 0.1%)

1 仲通へ, 来るが, 頼まれたの

▼ 寄~ (3, 0.1%)

3 ひしが

▼ 寄たる~ (3, 0.1%)

2 書中に 1 方に

▼ 寄~ (3, 0.1%)

1 という事実, とかで車, と聞いた

▼ 寄つたもの~ (3, 0.1%)

1 だつたが, ですから, でも

▼ 寄つた婆さまたち~ (3, 0.1%)

3 が主

▼ 寄つた方~ (3, 0.1%)

1 に山角の, に掛つて, に生え

▼ 寄つてそこ~ (3, 0.1%)

1 からは乘客, から再び, にも店さき

▼ 寄つてコーヒー~ (3, 0.1%)

1 でも一杯, でも飲め, を飲み

▼ 寄つて一~ (3, 0.1%)

1 と握り, と眼, と話し

▼ 寄つて一杯~ (3, 0.1%)

3 また一杯

▼ 寄つて今日~ (3, 0.1%)

1 は私, もどうやら, 来て

▼ 寄つて夕飯~ (3, 0.1%)

1 とそして, を御馳走, を饗

▼ 寄つて大方毎夜十二時~ (3, 0.1%)

3 を聞く

▼ 寄つて無言~ (3, 0.1%)

2 で銀場 1 に引止むる帶

▼ 寄つて笑~ (3, 0.1%)

3 ひたきもの

▼ 寄つて細工物~ (3, 0.1%)

2 に工夫 1 の工夫

▼ 寄つて自分~ (3, 0.1%)

1 のもつ, の刀, を引ツ

▼ 寄つて茶~ (3, 0.1%)

1 の馳走, を呑まう, を飮

▼ 寄つて頭痛~ (3, 0.1%)

2 をた 1 をたたく

▼ 寄でも~ (3, 0.1%)

2 親類でもね 1 親類でも

▼ 寄という~ (3, 0.1%)

1 のは, ものでなく, ものは

▼ 寄なり~ (3, 0.1%)

2 死は 1 歳時記なりを

▼ 寄便~ (3, 0.1%)

2 もない 1 も無い

▼ 寄~ (3, 0.1%)

1 て及應接, と申, へども衣類相違

▼ 寄兄弟~ (3, 0.1%)

1 は無し, もなし, も無い

▼ 寄合し~ (3, 0.1%)

3 は十二人

▼ 寄~ (3, 0.1%)

1 となっ, の去る, の起て

▼ 寄~ (3, 0.1%)

1 がまずかっ, の仕事, もその

▼ 寄~ (3, 0.1%)

1 なく万豊, の町, へ玉

▼ 寄~ (3, 0.1%)

2 して 1 すべき

▼ 寄~ (3, 0.1%)

1 さっせえ, て, 候

▼ 寄~ (3, 0.1%)

1 した時, して, せし投馬國

▼ 寄~ (3, 0.1%)

1 なども出来, に埋立新田, の上

▼ 寄百姓~ (3, 0.1%)

1 から出来た, で成立つ, の心理

▼ 寄相談~ (3, 0.1%)

1 に及びし, の上訴, をなす

▼ 寄~ (3, 0.1%)

1 しは, し竊, も一所

▼ 寄~ (3, 0.1%)

2 した事 1 なる写本

▼ 寄~ (3, 0.1%)

1 の大筒, の頭, もつこ

▼ 寄~ (3, 0.1%)

1 いたら催促, ねえ, まして御

▼ 寄~ (3, 0.1%)

2 をし 1 するつもり

▼ 寄集まり~ (3, 0.1%)

3 て調子

▼ 寄集りし~ (3, 0.1%)

3 人舌を

▼ 寄集る~ (3, 0.1%)

1 と, とは誠に, 騒ぎ

▼ 寄~ (3, 0.1%)

2 の取締り 1 の流鯨の

▼ 寄~ (2, 0.1%)

1 士族さんの, 親類が

▼ 寄ける~ (2, 0.1%)

1 に家主巳之助差添, 三五郎清兵衞に

▼ 寄しました~ (2, 0.1%)

1 が兄さん, よ

▼ 寄すべきである~ (2, 0.1%)

1 と諧謔, のに翌

▼ 寄すべし~ (2, 0.1%)

1 などとも大言, なんど触れ回る

▼ 寄す世上~ (2, 0.1%)

1 の健啖家, の病人達

▼ 寄~ (2, 0.1%)

1 のは, 所が

▼ 寄つたところ~ (2, 0.1%)

1 にある, に用事

▼ 寄つたもん~ (2, 0.1%)

1 だから, だけあ

▼ 寄つたら~ (2, 0.1%)

1 あかんあかんちふ, 果してその

▼ 寄つた事~ (2, 0.1%)

1 があつ, をする

▼ 寄つた家~ (2, 0.1%)

1 さ今度, は澤山

▼ 寄つた平次~ (2, 0.1%)

1 はたつた, は筵

▼ 寄つた私~ (2, 0.1%)

1 に見事肘鉄砲, の家族

▼ 寄つた顏~ (2, 0.1%)

1 にも脂肪, を土氣色

▼ 寄つてら~ (2, 0.1%)

1 つし, ば年老

▼ 寄つてパン~ (2, 0.1%)

1 の塊, を一片

▼ 寄つて一つ~ (2, 0.1%)

1 の演劇的スペクタクル, の集

▼ 寄つて一杯ひつ~ (2, 0.1%)

1 かける, かけるむろん

▼ 寄つて一緒~ (2, 0.1%)

1 になつ, に列ん

▼ 寄つて二人~ (2, 0.1%)

1 で一緒, は一緒

▼ 寄つて何~ (2, 0.1%)

1 か一寸, か頻りに

▼ 寄つて來ちや駄~ (2, 0.1%)

2 目だつて

▼ 寄つて其処~ (2, 0.1%)

1 な女, の博物館

▼ 寄つて勝手~ (2, 0.1%)

1 な熱, な話

▼ 寄つて夫人~ (2, 0.1%)

1 に声, に聲

▼ 寄つて平次~ (2, 0.1%)

1 の手, を小手招ぎました

▼ 寄つて御覧~ (2, 0.1%)

2

▼ 寄つて戸~ (2, 0.1%)

2 から覗く

▼ 寄つて挨拶~ (2, 0.1%)

1 して, をし

▼ 寄つて来ちや駄~ (2, 0.1%)

2 目だつて

▼ 寄つて樹明君~ (2, 0.1%)

1 と話し, に会

▼ 寄つて死骸~ (2, 0.1%)

1 の上, の所

▼ 寄つて相手~ (2, 0.1%)

1 の住居, の隙

▼ 寄つて私達~ (2, 0.1%)

1 が一泊, に吠える

▼ 寄つて美登利さん何~ (2, 0.1%)

2 うした

▼ 寄つて耳~ (2, 0.1%)

1 に錐, を澄まし

▼ 寄つて話~ (2, 0.1%)

1 が出, をしよう

▼ 寄つて買物~ (2, 0.1%)

1 をした, 少々

▼ 寄つて集つて胴上げ~ (2, 0.1%)

2 にした

▼ 寄つて顏~ (2, 0.1%)

1 へかけた, を差

▼ 寄つて食事~ (2, 0.1%)

1 をし, をする

▼ 寄つて鱧~ (2, 0.1%)

2 の皮

▼ 寄ての~ (2, 0.1%)

1 大饗應故村の, 御建築

▼ 寄ては~ (2, 0.1%)

1 又返す, 諫め候ひし

▼ 寄ても~ (2, 0.1%)

1 らはん此所へ, 我慢の

▼ 寄といふ~ (2, 0.1%)

2 ものなどにも

▼ 寄なすっ~ (2, 0.1%)

1 て, て下さい

▼ 寄にも~ (2, 0.1%)

2 いでたれば

▼ 寄~ (2, 0.1%)

1 出て, 行ったついで

▼ 寄タヨリ~ (2, 0.1%)

1 が在りませぬ, のない

▼ 寄~ (2, 0.1%)

1 するつもり, の場合

▼ 寄切る~ (2, 0.1%)

1 一直線の, 白い花片

▼ 寄合せ~ (2, 0.1%)

1 てゆく, て百五十兩出

▼ 寄太鼓~ (2, 0.1%)

1 の音, をたたい

▼ 寄~ (2, 0.1%)

1 ほど芸者, も奉公人

▼ 寄子部屋~ (2, 0.1%)

1 ではどうしても, の隅っこ

▼ 寄巫女~ (2, 0.1%)

1 が栖む洞穴, に毛

▼ 寄年浪草~ (2, 0.1%)

2 に諸

▼ 寄~ (2, 0.1%)

1 上洛御供被, 吟味下され

▼ 寄懸っ~ (2, 0.1%)

1 てもう, て了

▼ 寄掛っ~ (2, 0.1%)

1 て, ている

▼ 寄~ (2, 0.1%)

1 寄で, 寄へ

▼ 寄来された~ (2, 0.1%)

1 んだ, 死亡通知で

▼ 寄棲生活~ (2, 0.1%)

1 がはじまった, がはじまつた

▼ 寄添つて手~ (2, 0.1%)

2 でも握

▼ 寄~ (2, 0.1%)

1 かない, はしない

▼ 寄~ (2, 0.1%)

1 が子細, 同藩

▼ 寄示した~ (2, 0.1%)

1 のである, のは

▼ 寄航地~ (2, 0.1%)

1 である南濱, となっ

▼ 寄~ (2, 0.1%)

1 する便宜上, せねば

▼ 寄~ (2, 0.1%)

1 なく既に, にて私

▼ 寄~ (2, 0.1%)

1 というもの, に頼ん

▼ 寄~ (2, 0.1%)

2

▼ 寄~ (2, 0.1%)

1 して, をし

▼ 寄集つて~ (2, 0.1%)

1 居る様, 自惚事

▼ 寄~ (2, 0.1%)

2 なの

▼1* [614件]

あらば何とて, 寄ありと申渡されしか, 寄あれば決して, 寄けり天一は, 寄これなきよし, 寄さして話を, 寄させてしじゅう, 寄されてし, 寄されたもので, 寄しき物かつてあらはれし, 寄したらしい節子の, 寄する似たり高鳴る, 寄す事を忘れなかつた, 寄す可し大, 寄す天下の宗教家, 寄す日本の弁護士連, 寄す榎本氏鞄は無く, 寄そうして来ました, 寄たり弟の, 寄たりの滑稽を, 寄ついて来る, 寄つかぬという, 寄つきもしない, 寄つきませぬで, 寄つきませんで悲哉その, 寄つく処も, 寄つくべき方便なし, 寄つたお京は, 寄つたお婆さんなの, 寄つたきりだつたが, 寄つたことがあつ, 寄つたとき急に襖, 寄つたとき浅草の電気館, 寄つたとき玄関に出, 寄つたはずみに軽く, 寄つたやうな工合, 寄つたりだわ, 寄つたわたしは, 寄つたわ来たわ, 寄つたんだよ, 寄つたセラビオンはどう, 寄つた一艘の端艇, 寄つた下浦などは黒鯛, 寄つた中流階級の青年, 寄つた乳母を呼んだ, 寄つた二人が往來, 寄つた人數で突入, 寄つた仁兵衞は恐る, 寄つた例は数, 寄つた儀式が中, 寄つた先例まである, 寄つた刻限なので, 寄つた古本屋迄来, 寄つた国であるから, 寄つた塀にこんな, 寄つた大阪の某, 寄つた天竺の香木, 寄つた女の人, 寄つた女郎なんか羨まし, 寄つた奴隷と物, 寄つた小人の神, 寄つた小姑の納, 寄つた少年年齡は八歳, 寄つた局部が石, 寄つた山のはづれ, 寄つた年賀状がき, 寄つた座敷も庭園, 寄つた弾痕へ斜, 寄つた形が判, 寄つた後酒の後, 寄つた心情のもの, 寄つた想像はとても, 寄つた揚句その晩, 寄つた数人の者, 寄つた明日の朝, 寄つた時代であつ, 寄つた時嘴が触れた, 寄つた時水兵は猛, 寄つた時浜つ, 寄つた机叩の解釈, 寄つた枯枝であらう, 寄つた某家の武士, 寄つた榮子を, 寄つた母の肩, 寄つた沖合なの, 寄つた涙骨先生にお, 寄つた漁夫が一人來, 寄つた爺いさんが, 寄つた玉の一人, 寄つた珈琲店のある, 寄つた百合子は難なく, 寄つた眼尻はうつ, 寄つた窓の口, 寄つた立派な角邸, 寄つた節がある, 寄つた背広を着た, 寄つた膝がうつ, 寄つた若作りの婦人, 寄つた茶店の老婆たち, 寄つた蒸汽がある, 寄つた處へチクリ, 寄つた表向の形式, 寄つた貝の色, 寄つた赤土水である, 寄つた足跡もねエ, 寄つた運命をこの, 寄つた郵便屋がまた更に, 寄つた銅色の顏, 寄つた長屋の端, 寄つた頃はもう, 寄つた頬を伝つて, 寄つた頸筋は細目, 寄つた顔をくし, 寄つた風俗のあつ, 寄つた餡餅を並べて, 寄つていはゆる, 寄つていつまでも昔, 寄つてうどんを食べ, 寄つてお礼の握手, 寄つてお祭りする, 寄つてお茶を飲み, 寄つてこれを三枚貰つて來, 寄つてつていきなり弁当, 寄つてなでしこを借り, 寄つてぬた餅を註文, 寄つてほんたうに檢死, 寄つてみたいわ, 寄つてみんなが遠慮なく, 寄つてめいめいの意見, 寄つてやつたところ, 寄つてよう聞きやれ, 寄つてらツしや, 寄つてアナルシスムの修業, 寄つてオホンと咳払, 寄つてシツダルの歌, 寄つてソッと窓掛, 寄つてピストルを放たう, 寄つてメントール酒の瓶, 寄つてローラと百合子, 寄つて一わたり調べて, 寄つて一刀の下, 寄つて一升借入の交渉, 寄つて一晩泊らうと, 寄つて一本のい, 寄つて一杯つき合つて, 寄つて一目見せて, 寄つて丁よ半, 寄つて丁寧な辭儀, 寄つて三つ入りの石鹸, 寄つて三人の, 寄つて三十七八の立派, 寄つて三津で終る, 寄つて上のが一つ, 寄つて不思議な落着き, 寄つて不意に上, 寄つて丑松に一枚, 寄つて二つで五拾錢, 寄つて二丁借りて, 寄つて二三尺の高, 寄つて二三杯ひつかけるほろ酔機嫌, 寄つて二晩も夜伽, 寄つて二月の中頃, 寄つて二連銃の筒先, 寄つて云ひました, 寄つて仁木弾正が忍び, 寄つて仁木彈正が忍び, 寄つて今夜一晩試して, 寄つて仕事の上, 寄つて仕度をし, 寄つて伊三郎の手, 寄つて何かしら愛撫のしるし, 寄つて何んとなく, 寄つて來杉村を認めた, 寄つて僅に自ら支, 寄つて先づそれを今朝發見した時, 寄つて八五郎に抱き起させました, 寄つて其恥ぢ処, 寄つて別の方面, 寄つて前から話, 寄つて勝浦に向つた, 寄つて勝負せよやつ, 寄つて匕首で刺す, 寄つて區の出端, 寄つて協議なさいましたところ, 寄つて南京虫退治の薬, 寄つて參ります, 寄つて口々に荒い, 寄つて句会のこと, 寄つて可哀想に耳, 寄つて吉之助と肩, 寄つて吉川町元柳町, 寄つて同僚に確め, 寄つて同種の例, 寄つて向き合つて坐つた, 寄つて和助の激情, 寄つて品物を糶つた, 寄つて唐草模様の銅格子, 寄つて問題の死骸, 寄つて四郎二郎と彼, 寄つて塚の前, 寄つて壁際に立てかけ, 寄つて夕食をし, 寄つて外を眺め, 寄つて外気をいつ, 寄つて大雪の挨拶, 寄つて天井裏から床下, 寄つて奥さんに挨拶, 寄つて女の頭, 寄つて女体の人魚, 寄つて姉さんに何, 寄つて婆さんにねだつたら, 寄つて学士を通さう, 寄つて客を呼ん, 寄つて寝台の縁, 寄つて寢ていらつ, 寄つて寢臺にうしろ向き, 寄つて寺のこと, 寄つて小半日も遊んだ, 寄つて小説本でも買つて, 寄つて少憩句集を発送, 寄つて市之助の死骸, 寄つて帰りがけに母, 寄つて年配の男, 寄つて広告を出させ, 寄つて店さきの雑書, 寄つて店頭から, 寄つて式場の方, 寄つて弟の頭, 寄つて彈かれた意趣返し, 寄つて彼女を抱き起さう, 寄つて往つたやう, 寄つて往つて閉場後プランタン行きを勸め, 寄つて径傍の草, 寄つて御覧後悔を為る, 寄つて御馳走になる, 寄つて心許りの, 寄つて念佛でも稱, 寄つて念入りに調べ, 寄つて惜んでも, 寄つて慇懃に会釈, 寄つて慰みにこれ, 寄つて扉を叩きました, 寄つて手傳ひながら, 寄つて承知しないらしい, 寄つて持參の割籠, 寄つて掛かつてこの, 寄つて政府の許可, 寄つて教へられる, 寄つて散歩服をドレス, 寄つて斯う囁やく, 寄つて新聞紙を一枚貰つたの, 寄つて明日引越すから, 寄つて春子さんに向, 寄つて昼食をした, 寄つて暇乞する, 寄つて曲者に繩, 寄つて書記から報告, 寄つて朗讀した擧句, 寄つて木の根つこの, 寄つて未だ物, 寄つて本当の形, 寄つて来たり途中, 寄つて枕の上, 寄つて極めやう都合がよけれ, 寄つて榮螺を詰めた, 寄つて樣子を聽, 寄つて権の手, 寄つて横になつて, 寄つて樹明君暮羊君を悩ました, 寄つて死顏に近々と, 寄つて殉難したの, 寄つて母に打ちあけ, 寄つて母家の二階, 寄つて毎晩三人きりで退屈, 寄つて氣易くそれに, 寄つて清月庵の老, 寄つて澁紙と麻繩, 寄つて澁茶の茶碗, 寄つて焚火で身体, 寄つて無器用な手付, 寄つて燒けたゑぐが與吉, 寄つて爪が櫻貝, 寄つて爲吉の部屋, 寄つて片手拜みに, 寄つて物の哀れ, 寄つて狂歌の開, 寄つて現地視察の一行, 寄つて疊で額, 寄つて皆なで, 寄つて皺くちやにな, 寄つて目の玉を怪しく, 寄つて相談の上, 寄つて真赤な燠, 寄つて眼の下, 寄つて矢張此方を向い, 寄つて知らん間にひつくり返, 寄つて空つぽ, 寄つて窓口からお金, 寄つて立話をし, 寄つて竹さんを連れ, 寄つて籠を取り上げた, 寄つて米二升借りて, 寄つて米代返金債荷一つ果してほつ, 寄つて紅茶をすすり, 寄つて細面の素晴らしい, 寄つて結納を渡し, 寄つて絵本だの軍歌集, 寄つて絹のレース, 寄つて緊乎と抱い, 寄つて線香をあげ, 寄つて美登利さんどうした, 寄つて群つて苛めるならもつと, 寄つて義士の苦節, 寄つて義雄が雨, 寄つて老婆とおなじ, 寄つて耳もとへ口, 寄つて耳許で聲, 寄つて聲でも掛け, 寄つて聽く, 寄つて肩にさわる, 寄つて背中を撫でる, 寄つて膝に接吻, 寄つて膳の傍, 寄つて臂をリイケ, 寄つて茶の間でお茶, 寄つて荷物をとる, 寄つて落葉松の枯枝, 寄つて葬ひの, 寄つて藤枝のした, 寄つて親睦会を開かう, 寄つて觸つて見ると, 寄つて觸つてみたいやうな氣持, 寄つて誰もかう, 寄つて譯したもの, 寄つて財産全部をわが, 寄つて貰ひ離縁, 寄つて貴様は帰れ, 寄つて踊つて来るん, 寄つて送別の積り, 寄つて運轉手の肩越し, 寄つて道具を借り, 寄つて道具屋化して, 寄つて部屋に通る, 寄つて郵便切手を買, 寄つて酔つ払, 寄つて金ヶ崎へ通, 寄つて金槌を一挺買つて帰, 寄つて鉄挺を見た, 寄つて鉄格子から覗い, 寄つて陥穽の上, 寄つて隱し持つた脇差, 寄つて集つて三人を招待, 寄つて集つて北畠准后の墓, 寄つて集つて寺内伯を第, 寄つて集つて己を三つ, 寄つて集つて御機嫌取りに色々, 寄つて集つて押冠せたが, 寄つて集つて文覺を手籠, 寄つて集つて水の中, 寄つて集つて火いきれに, 寄つて集つて葬式をする, 寄つて集つて誰かを白裸, 寄つて青年の身体, 寄つて頼みもしない, 寄つて顔を見, 寄つて餅を食べる, 寄つて館長が船, 寄つて香を捻る, 寄つて駕籠の中, 寄つて高津川の河口, 寄つて麥稈眞田を編ん, 寄つて默つて弟の出, 寄つてA子の運動, 寄つひ一言二言, 寄でさ少々その, 寄ではなく内儀自身, 寄とか親類とか, 寄とは思はない生, 寄文珠さへ, 寄顔を, 寄なるポリドロス, 寄にても有ての, 寄はかの犬, 寄大岡樣は, 寄ばれましたっけが, 寄ば長庵めを恨み, 寄四畳半, 寄ゆゑ夫喜八と申者在中, 寄ろう者ぞ, 寄をも持たなかった代り, 寄コレ九助殿變, 寄スルト聞カバ坐ナガラ待ツ可ラズ, 寄ス眇タル滄海ノ一粟, 寄セタラ神ハ速カニ納受ガ有ロト思ウ故ニ云ウノダ, 寄セテ走ラセル, 寄セテクレロト主計ガ頼ンダラ生霊ガ附イテアルカラ二三日ソノ生霊ヲハナサナケレバナラヌ故金五両ホドカカルト云ッタカラ, 寄セテヘンニ落チツイタ冷笑ヲ含ンダ, 寄セテ兄ガ家事不取締, 寄セテ彼女ノ全身ガ明ルイ光, 寄セテ朝食ヲ喫スル, 寄ッタラアナタハ大変ダ上レトイウ故上, 寄ッタ方ノ席ニ掛ケサセラレル, 寄ッタ日ノ朝デアッタ, 寄ッテ無イコトマデ大兄, 寄ッテ久シクオレガ下谷ヘ来, 寄ッテ来テヨセ加持ヲ始メヨウトスル時, 寄ッテ水戸ノ急, 寄ッテ線香ノ一本モ手向ケテクレル, 寄ッテ遊山無尽ヲ拵エルガ, 寄ッテ集ッテコノ老人ヲ騙, 寄ッテ頼ム故ニ, 寄ツつきやがら, 寄ラナイデ上野駅デ落チ合ッタ, 寄ラナイデ帰ルカモ知レナイカラ悪ク思ワナイデ下サイ, 寄ラヌ秘密ヲ不意ニ彼女ニ発カレタヽメカ, 寄リカカッテイタカラ前ヲマクッテ, 寄リノ話ヲ聞ク, 寄リマセンセメテ三四日安静ヲ保チ, 寄リ集マリ作法宜シカラザル儀, 寄ルニハ遠過, 寄ン所なくこれ, 寄診, 寄一つやつて, 寄一札を記載三人, 寄一統奉公人も世間, 寄一通り糾問に取掛られ, 寄一雙の玉手千人枕, 寄すったそう, 寄之者十五歳に成候者愚姪方, 寄之通可被仕, 寄九助が爪印, 寄と思ふ, 寄事叶はず其中に討入, 寄事大方は成就せり, 寄人中へ可, 寄仕立屋に, 寄て有, 寄仰せの通り, 寄会所湯屋髪結い床など人眼, 寄ん世, 寄來すに違, 寄便りもなく, 寄信州蓼科高原滯在中之原君, 寄に投げ込まれた, 寄兩人の前, 寄へはそれぞれ, 寄共流石武士ゆゑ何の恐, 寄其方事此度畑より古金, 寄其縁談は彼, 寄出来申す所, 寄切つてゐる, 寄切つて丘を伝う, 寄切つて向方の村道, 寄切つて行つた, 寄切り仁王門から川縁, 寄切り山を越え, 寄切細工のよう, 寄加持ハ出来ヌソノ訳ハ悉ク法ガ有ルト云イオルカラソレハ尤モダガヨクツモッテ見ロ, 寄加持ヲシテ見ロトイウカラ, 寄と題する, 寄区役所は取, 寄十兵衞二女富こと小夜衣儀は新, 寄厚く世話を, 寄友達家来筋のもの, 寄只今御上使, 寄合うなかでも, 寄合わせた時少し, 寄合格で奉行総務, 寄吉兵衞が差當, 寄吉津見廻り, 寄吉田へ行, 寄同村先へ早々, 寄名香紛失につき内々, 寄否癩病にては村, 寄の工程, 寄咄合て遣, 寄問んとすれ, 寄のうち, 寄垣前で下馬, 寄垣口の床几, 寄天一坊の乘物, 寄太皷の音, 寄太郎作へ引渡されし, 寄夫婦で一層, 寄謝候, 寄は今, 寄如何なる前世の, 寄始めの酒宴, 寄もない, 寄に明日, 寄對面せんと, 寄居るを早, 寄屋橋まで轡, 寄に陣, 寄を越える, 寄巳刻の太鼓, 寄娯, 寄の先生, 寄彼是と力, 寄忠八に渡し, 寄な荒々しい, 寄未能諧偶, 寄したれば, 寄愁心与明月, 寄な声, 寄懐木駿卿柴担人去年此夜与両生, 寄懸けたり, 寄程夫, 寄投手自栽, 寄掛かられた踊子は, 寄掛けられしままなり, 寄掛つて居つたり, 寄掛りを拵え, 寄り暫し, 寄新規に, 寄を喰ん, 寄は文珠, 寄時節を待, 寄最早日も, 寄やと尋ら, 寄本位の観念, 寄来さんと云, 寄来しましたが面白い, 寄枕元なる柱, 寄棟等形は様々, 寄棟造りの単純明快, 寄植ゑであつたがそれはいかにも, 寄と名づけ, 寄次第に致せと, 寄歸傳に據, 寄歸内法傳や大, 寄氣付藥を口, 寄は我が, 寄江南故人と題する, 寄江戸へ出, 寄泊地となつ, 寄添つて上のかた, 寄添つて來た, 寄添つて額をつき合せ, 寄清里金古上郊の久留馬, 寄爲見繕申度出來之上於内海致爲乘樣, 寄父樣死なれし以來種々不幸, 寄が看る, 寄つ酬, 寄獄中之義弟, 寄生物とも言, 寄申して万一奥さん, 寄申出られ候とも, 寄異見仕つれども, 寄療治に掛りし, 寄白雲邊と云, 寄百兩の盜賊, 寄着かれちゃ弱い, 寄着く事が, 寄の汰上げ, 寄のため, 寄示してくれた, 寄示したるに由つて, 寄示せむがために詩を, 寄の力, 寄の信仰, 寄種々と申, 寄立聞をなしける, 寄筍恋下女恋等の題目, 寄篤と相調べ申, 寄へど御, 寄給はんや各御, 寄不叶, 寄縋って一石橋, 寄縋り抱合ふ, 寄縋る薄暗い消え, 寄の帯, 寄を潜, 寄與貢獻したと, 寄興し得るか否, 寄芝居者淨瑠璃語り三絃彈など入, 寄の花, 寄衆鉄砲の玉, 寄して, 寄衣而侑以詩曰情同牛女隔天河, 寄親戚がない, 寄言世計営々客, 寄語ス鐘鼎家虚名定ンデ益, 寄語残月休長嘆我輩亦是艶生涯, 寄語殘月休長嘆我輩亦是艶生涯, 寄が洩れた, 寄警察の刑事巡査, 寄警察署の刑事巡査詰所, 寄越スナッテ云ットイタノニ勝手ニ這入ッテキヤガッテ, 寄辺なぎさの捨て小舟, 寄辺なみかかる渚, 寄辺汀の捨小舟, 寄辺渚の棚, 寄を望む, 寄送される方が, 寄送して母, 寄送したのが, 寄送しましたが右, 寄送すると大, 寄送せるものおよび, 寄した事, 寄邊渚の捨小舟の, 寄酒食をなし, 寄開きて見れ, 寄附けまいが菊, 寄附けようが寄, 寄集った一中節の, 寄集り明日の手配, 寄集り此の家, 寄集り片小鬢の毛, 寄集り相談するも, 寄はなし, 寄題され更にもう一つ, 寄駕籠二挺人足三人づつ尤も通し