青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「席~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

希~ ~希望 希望~ 帝~ 帝国~ ~師 師~ ~師匠 師匠~ ~席
席~
~帯 帯~ ~帯び 帯び~ ~帰 帰~ 帰し~ ~帰っ 帰っ~ ~帰った

「席~」 7103, 74ppm, 1527位

▼ 席~ (1797, 25.3%)

119 立って 61 立った 43 占めて 27 占めた 26 離れて 24 外して 23 蹴って 20 はずして, 取って 19 立つて, 起って 16 取った, 設けて 15 とって, 譲って 14 立とうと 12 とった 11 立つた, 立つと 10 移して 9 蹴つて 8 たって, つくった, つくって, 並べて, 起った 7 あけて, 離れた 6 はなれて, 作って, 出て, 立ちながら, 立ったの, 立った時, 譲った, 起つた 5 与えて, 外した, 移した, 見ると

4 [13件] かえて, けって, しめた, すすめた, 去って, 取つて, 抜けて, 指さしました, 立ちました, 見て, 譲ると, 起つて, 辞して

3 [26件] こしらえて, とつた, とりました, はずした, 下って, 与えられた, 動かなかった, 占める, 取ると, 同じうせず, 広くし, 探して, 私の, 立たうと, 立ったので, 立つ者, 立とうとも, 約束し, 與へ, 見つけて, 見まわして, 譲るの, 譲ろうと, 讓る, 起つと, 進めて

2 [100件] あけた, あらためて酒宴, いただくこと, うつして, お立ちに, さけて, して, すすめ, すすめて, すゝめる, ずらして, それぞれに, たった, とつて, とる, とると, ならべて, ならべること, はなれた, はなれるの, ひらく, へだてて, ゆずった, ゆずって, 一巡し, 下りて, 与えた, 与えられたが, 与えられて, 倶に, 別に, 動かなかつた, 動くこと, 勧めたの, 占めたが, 占めながら, 占めるため, 占めると, 占領し, 去った, 同うせず, 同じくし, 同じくする, 同じゅうせず, 同じゅうせずで, 同ゅうせず, 周旋し, 変えて, 外しお, 外したの, 外すこと, 外すと, 奪って, 定めた, 平次は, 持って, 持つて, 指して, 按排し, 掃き子, 更え, 母屋の, 清めて, 移してから, 移すと, 移そうと, 突っ立ち, 立たずに, 立たないで, 立たないと, 立たなかった, 立ち, 立ったが, 立ったとき, 立つの, 見まわした, 覗いて, 覘って, 設けさして, 設けた, 譲らうと, 譲らねば, 譲るか, 譲るといふ, 讓り, 賜わって, 起ったが, 蹴った, 蹴立て, 蹴立てて, 退いたの, 退がって, 退くこと, 造って, 遁が, 選んで, 隔てて, 離れようと, 頒けて, 飛び上がった

1 [815件 抜粋] あけたの, あけ渡すは, あたえて, あてがわれた, あらためておもてなし, あらためて僕, いや渦中, うかがって, うつしあと, うつした私, うつしました, おいた, おいたこと, おきまして, おく車夫, おすべり下さい, おのぞき, お引き, お譲り, お離れ, かえても, かえましょう, かこんで, かせと, かまえ, かりまして, きしませて, くずさず構えて, けたてるよう, ここへ, こしら, こしらえる者, こっそり脱, こなし得る達人, このおかみさん, こんな不便, さう呼ぶさ, さがして, ささえて, さし示し溜息, さだめて, しめた若い, しめて, しめて腕時計, しめること, しめ鹿島参謀長以下, すこし下っ, すすませた, すすめさして, すすめ自分, すべて椅子席と, すまして, それでも今年辺り, ぞんざいに, たちながら, たち始めました, たつて, ちがえたの, つくつて, つくり直した, つくるほど, つくるほどの, つないで, つめ合い末座, つらねて, とったので, とった彼, ととのえねば, とびだしました, とりそうして, とりたがるから, とりもって, とりアラスカ金, とり幕, とること, とるよう, どこに, なんだか見, ぬけて, のぞいて, のぞく, はずしたが, はずしたの, はずしたので, はずし外廊, はずすよう, はずす理由, はずせるの, はずれて, はなれなかつたから, はなれ露縁, はらった, ひらいた, ひらいて, ふり仰いだが, ふり返った, まさきに, まはつ, みつけてね, みつけると, もうけて, もつ役員全部, やはり音楽好き, ゆずったから, ゆずりたくない, ゆずりながら, ゆづつてくれた好人物に, ゆづつて瞬間いもう, ゆづる如き, ゆるした, よごしたので, わかち酒, わたったそれ, アテーネー, 一つに, 一わたり見まわす, 一緒に, 三年間柳枝さんが, 上げようと, 下りまして, 与え, 与えい, 与えられた幹事, 与えられてるばら色, 与えられましたが, 与え先ず, 与え給え, 並べた修善寺, 並べ一方, 中座し, 丸く取囲み, 主膳の, 予約し, 争うて, 二つ取っ, 他と, 代えさせまいと, 代えながら, 代ったり, 代わって, 休んで, 作った, 作ったりなど, 作りながら, 作る, 作ろうと, 元の, 出たが, 出たものの, 出ると, 分けそして, 分けた, 分けないで, 切り上げて, 列ね徳利, 利用し, 前に, 前める, 割いて, 割って, 動くまで, 勤めたそう, 千歳に, 博士に, 占め, 占めしに, 占めそれとなく, 占めたかと, 占めた五六人, 占めた人, 占めた男女二人, 占めた眉, 占めた自分達, 占めようと, 占められまた, 占めること, 占める人達, 占める癖, 占めんと, 占め夜, 占め大阪, 占め本書, 占め独裁者, 占め理事マブーフ氏, 占め茶, 占領した, 去った後, 去らないので, 去りえなかった, 去るわけ, 取ったすると, 取ったなり, 取ったので, 取った彼, 取った後, 取った趙, 取った金三郎, 取っても, 取つて社交的, 取りそこねて, 取り持つの, 取る, 取るけは, 取るよう, 取る積り, 取持つ阿呆, 同うし, 同くせ, 同じう, 同じゅうして顔, 同じゅうして飲食, 同じゅうすべし, 同ふせざる, 同会, 向き直った, 向こう側へ, 埋めた, 埋めて, 埋めるだけで, 変えたのよ, 変えましょうか, 変えよう, 変へ, 変へて, 外させようと, 外さなかったかい, 外さなかつたかい, 外されたよう, 外したが, 外しただけ, 外したん, 外した刑事, 外した後, 外した方, 外しては, 外し定めし, 外すという, 外すの, 外そうと, 夜涼の, 夫に, 奪い合いながら, 奪つて, 奪わず貧しい, 妙滿の, 始めたという, 子供達は, 定めこれ, 定めて, 実見した, 巡回し, 左に, 布くべし, 平等に, 引いた, 当日休業に, 彼に, 徐ろに, 得んとて, 心得て, 手配する, 打って, 払いたり, 抜けた者, 抜け出でようと, 拂ひ, 拵えた, 拵えろ, 持った, 指さして, 指した, 振り返ったが, 据えたいの, 探し出した, 換え橋廊下, 換へ, 改めてから, 改めてひとしきり雑談, 改めて上席, 改めて挨拶, 改めて芸者, 改め口, 整頓し始めた, 敷いて, 斡旋し, 早くきり, 明けながら, 曹家の, 替えさ, 替さした, 有しない, 有する加藤勘十, 材と, 構えて, 欠く者, 欲しがってる, 正し先ず, 残して, 汚さないで, 汚し余りに, 洗った, 涜す, 済まさせた事, 満員に, 滅茶に, 滑つて丁寧に, 片側へ, 片腕で, 獨占し, 用意された, 異にする, 直ぐに, 眺めて, 眺め渡して, 確保しよう, 示したので, 移さなかった, 移しかけた時, 移しその, 移しました, 移し京浪人, 移すこと, 空けて, 空けられた, 突っ立った, 窺ひ, 立たせないと, 立たないうち, 立たなければ, 立ちかけた, 立ちかけたところ, 立ちかけると, 立ちかけるもの, 立ちだした, 立ちて, 立ちはじめる会, 立ち上がった, 立ち上がり引き止める間もなく, 立ち上つた, 立ち中尉, 立ち他, 立ち店, 立ち徐ろ, 立ち掛けると, 立ち水, 立ち渡し舟, 立ち義雄, 立ち逃げるやう, 立ったあと, 立ったすき, 立ったであろうか, 立ったと, 立った宗, 立った米友, 立った訳, 立ってからも, 立っては, 立つ, 立つたが, 立つに, 立つ事, 立つ人, 立つ客, 立つ機, 立つ気配, 立てば, 立とうという, 立上る, 統一し, 練って, 繞り, 置いて, 置かなかった, 翁に, 聴けば, 脱け, 脱す癖, 荒田老に, 薦めぬ, 表座敷へ, 襖子だけの, 見あげた, 見かえった, 見それから, 見つけた, 見つめたの, 見ました, 見まわすと, 見まわすよう, 見る, 見出して, 見回して, 見廻し, 見廻すと, 見渡しました, 訪れた時, 設えコン吉, 設けかれら, 設けさせた別室, 設けさせました, 設けたもの, 設けましたと, 設けませんでしたでしょう, 設けられその他, 設け奉行並, 設け座右, 設け謹んで, 設る, 調え間もなく, 譲つた, 譲つたで, 譲つたのである, 譲つた男です, 譲つた私で, 譲つて呉れた, 譲つて呉れる, 譲らざるを, 譲らないわけ, 譲らなくても, 譲られると, 譲りその, 譲りたるを, 譲りながら, 譲りはなはだしき, 譲る, 譲るであらう, 譲るであろうと, 譲るべくすぐ, 譲るやう, 譲るよう, 譲る気, 譲れば, 讓つてくれた, 讓つてコソコソ, 讓つて國家社會の, 讓ります, 買った, 買は, 貸すという, 貸そうと, 賑わさず, 起たれた跡, 起ちあちこち室内, 起ち全員, 起ち大股, 起ち深水, 起ったであろうか, 起つこと, 起つもの, 起とうと, 蹴ったすがた, 蹴つて帰, 蹴るやう, 蹴立つて, 辷った, 辷り下り, 辷るなり, 退いた, 退いたけれども, 退いてさえも, 退がった, 退がりながら, 退くとき, 退げ, 退こう, 退り出でて, 逃げた, 逃げて, 逃れて, 逃れようと, 進めかねた, 進めること, 遁がれ実家へ, 遁れた, 遍歴する, 遠くに, 遠慮させ, 避けて, 避けようと, 重ねて, 開いて, 開きぬ, 開きます, 開き座, 開けたので, 防護し, 陣取り夫婦, 隔て, 離れ, 離れたこと, 離れると, 離れるの, 離れ仔細, 離れ町, 離れ給, 頼むと, 顧みて, 飛び出しましたので, 飾るため, 饗応の

▼ 席~ (1776, 25.0%)

71 ついた 38 腰を 30 つくと 29 着いた 22 ついて 21 坐って, 戻って 17 着いて 14 着くと 12 帰って 11 つきました, 復した 10 列し, 戻った 9 いた, つく, 就いて, 来て, 腰かけて 8 なって, 出て, 坐った 7 坐つて 6 いるの, すわって, つけ, 列った, 列る, 向かって, 就いた, 帰った 5 いて, つきながら, つくや, 列した, 座って

4 [15件] ついたとき, つらなって, もうカムパネルラ, もどった, もどりました, 列って, 居て, 戻り二人, 控えて, 着こうと, 立って, 返った, 返って, 陣取って, 顔を

3 [21件] いた一人, いた娘, おさまると, おつき下さい, して, ついたが, ついたの, つく時, まじって, よりかかって, 乗って, 侍って, 坐る, 坐ると, 就くと, 復して, 着いたが, 着くとき, 着くや, 身を, 連って

2 [98件] あがって, あって, いたが, いたの, いる時, いろんな恰好, おつけ遊ばした, かくれて, きまって, じっとしてる, ついた時, ついてからも, つかして, つきましたが, つくとき, つくなり, つらなった, つらなったの, どっかと, ならんで, なると, ぬれたやう, ぬれたよう, のる樣, はいった, むかって, もどったが, もどって, もどると, 一人で, 一番近く観客の, 三人の, 並んで, 体を, 侍し, 入ると, 出ること, 列な, 列なった, 列りたい, 割れるやう, 加わって, 坐ったまま, 坐つた, 坐らせて, 坐るならば, 坐るの, 姿を, 導かれた平岡, 導き入れました, 就いたとき, 就き, 就きました, 就き以, 就き悪く, 就く, 就くの, 居た尖った帽子, 居合わせて, 帰つて来た, 帰ると, 座ったばかりの, 座を, 彼を, 復したが, 復すると, 据えて, 於いて, 於て, 歸つた, 水を, 満ちて, 無刀, 現れた, 着きぬ, 着きました, 着くが, 着く時, 立つて, 納まって, 腰かけた, 臨んだ, 臨んで, 落ちついた頃, 落着い, 著いた, 誰も, 近づいて, 返つた, 返つて, 返る, 連った, 連なって, 連なッ, 還りました, 雌雄の, 飛び込んで, 黒い大きな

1 [991件 抜粋] あかあかと, あった中郎, あった学生, あつて, あなたを, あらしめたならこの, ありし進歩黨, あり月, あるもの, ある十七, ある著名, いあわせた美姫たち, いくたり, いたしましょうか, いたたまらぬまでに, いたちび, いたのかいないの, いたもう一人, いたよう, いたクウシュウ, いた伸子, いた四十男, いた支倉, いた田上, いた男たち, いた福助, いた竹内被告, いた者, いた親類, いた辰野隆博士, いた高坂弾正, いた黒っぽい, いちども, いつまでも, いつ来たもの, いない, いないが, いない淋し, いなけりゃいい, いませんが, いようとも, いる, いること, いるはる子, いる伸子, いる光太郎, いる友達, いる四十, いる妹, いる客人, いる富士松ぎん蝶, いる杉登誉子, いる源五兵衛君, いる私, いる若い, いる身の丈抜群, い流れる, うんと笑い, おさまったの, おさまらなければ, おつきなさい, おどりこみました, おらせる, おらぬ, おられましょうや, おられる方, お差支え, お着き下さいまし, お菊, かえった, かえって懐, かがみこむよう, かけたまま体, かけなさい, ぐんなりした姿勢で, こしかけ運転手, これを, こんな小, ご光来, しかしはるか, したなら恐らく, しよんぼり坐つて, すがた, するやう座蒲圃, すわったばかりの, すわった彼, せられ翌年, そのとき, その一員, そわそわ立っ, たどりつきました, だいじな人, ついたかと, ついたその, ついたのに, ついたまま顔, ついた一青年将校, ついた姿, ついた明智, ついた私, ついた阿波守, ついてからの, ついとれ, つかせながら, つかせられた, つかせ忘れもの, つかなかった, つきお辞儀, つきしばらく, つきまず, つきピート一等兵, つき人々はずー, つき北向き, つき煙草, つき群集, つき話しつづけて, つくか, つくでも, つくの, つくべく小屋, つく前, つく自分, つけました, つらなった人たち, つらなること, つれて, とびおりた彼ら, ともすると例, どっしりと, ない間, ならびたり, なりました, のぞまねば, のぞんだが, のぼること, のりこみました, はいりこみました, はいり小型自動車, はさまりそのまま, はじめてこの, ひとりで, ぴたっと座っ, ふさわしい旧びた, ふさわしゅうない, ほとんど身動き, ぽつりと, まきそんな, また彼, みんなが, もう一人他, もう先刻, もどらず私, もどりながら, もどること, やって来たわけ, やはり十歳, よっかかって, わかき子ら競, ゐたくないから, ゐたので, ゐた多く, ゐた永井さん, ゐる, ゐるらしい婆さん, ゐる寺内首相, ゐる白人, ゐる身の丈抜群, ウォツカの, ズラリと, ミス, ワーッと, 一しきり喝采, 一ノ関が, 一人党員らしい, 一杯うようよし, 七十余りの, 上って, 上りて, 上る, 上半身を, 並べて, 中宮の, 乗つたこと, 乗りこみ運転手, 乗りこんで, 二人の, 二十三四の, 交わった, 人品の, 今更坐る, 代る間写真, 伏して, 何事だ, 來て, 例の, 侍しそんなこんな, 侍ってるだけ, 侍らして, 侍らせて, 侍る芸妓, 倒れた, 借りて, 傲然と, 充ち満ちて, 先生は, 入つた錦太郎, 入りしとき, 入る, 入れて, 入れられて, 凭れて, 出かけて, 出た, 出た藝者たち, 出で, 出でて, 出ると, 出直した自分, 列したがる, 列しなかつたから, 列し命令通り, 列せざること, 列つたのである, 列なって, 列ならなければ, 列なり居たる事, 列なるほどの, 列りました, 刺身醤油の, 割り込んで, 劃は, 劉泌は, 加は, 加わった, 加わらなかった, 加わるかも, 勉強に, 参した, 参りまする少し, 参列した, 取つた, 右門が, 同じ姿勢, 名を, 向き合って, 向き直り重たい, 向こうを, 向ひ, 呼ばれては, 呼び入れられた, 呼び集む, 呼べなかった, 器用な, 四人が, 回って, 坂西志保さんが, 坐ったの, 坐つたばかりの, 坐らしめて, 坐らせたが, 坐りそのまま, 坐りながら, 坐り上等, 坐り実に, 坐り遅参, 坐る仲人, 坐れたの, 堪えられなくなったもの, 場馴れて, 大きな顔, 奉行の, 妻を, 安南, 宮島盃, 寂と, 寝た, 寝泊りし, 導こうと, 小奴, 就いたが, 就いた老, 就いては, 就かして, 就きぬ, 就き前列, 就くや, 居た, 居た三平, 居た芸妓, 居なくなつ, 居らぬ, 居ること, 居る霜降りマント, 居並んで, 居合せたもの, 居合わせたから, 居合わせた学生, 居合わせなかったので, 居残って, 居流れた, 山陰道の, 左太夫の, 差支へ, 帰ったとき, 帰った私, 帰ってからも, 帰つた, 帰りますと, 帰る三四郎, 帰ろうと, 平然と臨ん, 幽霊係の, 座った方, 座らせた, 座蒲團は, 引退し, 影を, 彼女は, 待つの, 待合わし, 復したとき, 復つた, 復る, 忘れられた置き物, 恐ろしいざわめき, 戻すと, 戻った二人, 戻つて杯, 戻り, 戻りその, 戻りましたが, 戻り先生, 戻る, 戻るとき, 戻る時, 抱かれしが, 押し寄, 招かれた一人二人, 招かれて, 招かれぬ, 招こうと, 招じられる, 持ち出されたもの, 挨拶し, 据えました, 掛けて, 掛けようとして, 揃うの, 敬意を, 数人の, 整ふと, 於いては, 日限や, 暇なく, 暴力団を, 書斎を, 来た人々, 来合わして, 案内された, 案内した, 梅代が, 歌われると, 止った, 歸つた時彼女は, 歸り着く, 残った運転手, 気がついたらしいが, 汝等一切に, 河上徹太郎が, 泰然と, 温まると, 演奏される, 片肱, 現れて, 現れる事, 理事として, 男が, 目標を, 真二つ, 着いたところ, 着いたまま, 着いたもの, 着いた儘無言, 着いた彼, 着いた細君, 着かうと, 着かしめ而, 着かぬ, 着かれなかつたの, 着きけるに, 着きながら, 着きます, 着きゐたり, 着き三月朔, 着き千哩, 着き心, 着き親ゆずり, 着くか, 着くまえに, 着くん, 着く其會衆, 着け, 着けましょう, 着け苦惱誠, 着こうとは, 着る衣裳, 着席し, 私は, 移行した, 突っ立っ, 突ッ立上った, 突進した, 立ち上った, 立った, 立て標題, 立入りて, 竹村さんが, 笑いの, 納まり返って, 紛れて, 縄張りなく, 縛り付けられて, 置いた金, 置いとけば, 群がるすべて, 耐えないで, 肩ぎしつかせ, 臨まないという, 臨み, 臨みましたので, 臨むのに, 自分から, 若い令嬢, 菊池寛が, 落ちついた, 落ちついて, 落ちつきましたら隣, 落ち着いて, 落付く, 落着かせた, 著か, 薫が, 行きし頃, 行つても, 要離, 見えて, 見えないと, 見えぬが, 見え人々, 見た頃, 見る能, 見出したの, 計り十, 読むこと, 調えるの, 諸將軍, 赴き何事, 起って, 越後の, 身体を, 迎へ, 近づいた, 近づくと, 返らうと, 述べしことすべて, 述べました通り, 送り込んだもの, 通された, 連なった, 連なりプログラム, 連なる, 連なるまいかと, 連なるより, 連なる十一人, 連らならなかった, 連る, 連ッて, 進んだ, 進駐軍の, 運ばれた, 道庵先生が, 還りて, 酌や, 酒肉の, 長座した, 開いてる小さな, 限って, 限るが, 集まり美食, 靜かにかへ, 面を, 順序に, 飛びかえって, 飛び戻るの, 飛込んで, 飾る訣, 駈け上ったり, 骸骨が, 髪の毛の, 黙々とし

▼ 席~ (678, 9.5%)

10 前に, 方へ, 方を 8 一隅に 7 横に 6 うしろの, 下の 5 上に 4 ことは, ほうへ, ほうを, 上へ, 人々は, 鍵を

3 [17件] ほうに, わきに, ドアを, 一隅から, 一隅で, 下に, 中から, 中央に, 中央へ, 後ろの, 方が, 椅子に, 横の, 温まる暇, 燈台看守が, 真中に, 背後に

2 [42件] あくの, あたたまる間, うしろに, うしろを, すそに, まえに, もなか, やつらと, ような, ドアが, 上から, 上身を, 中で, 中には, 中へ, 人が, 傍に, 処に, 刎ねた, 前には, 前の, 前へ, 前を, 前列に, 前半の, 周囲に, 大半を, 姉が, 左の, 後の, 後ろに, 方で, 最前列, 末に, 田上を, 私の, 窓から, 第一, 者が, 間を, 隅の, 隣に

1 [457件] あた, あたたまる暇, あたたまる間もなく, あちこちに, あったところ, あやしいもの, あるの, いすの, いちばん端に, いまこ, いるかた, いろんな高, うしろから, うしろからと, うしろが, うす暗い中, うちから, うちの, うれのこり二枚, おくの, お客さん方には, お母さんと, かごの, かたも, きたなさ, きまって, きまるの, こってりと金, こと, ことなどを, この時刻, ごときは, ごとき石, ごとし, さわがしいどよめき, しきりの, しじまの, しじまを, しんけんで, すぐうしろ, すぐ下, すぐ前, すぐ向こう, すぐ近く, すぐ隣, すそから, すそへ, すみから, すみっこ, すみに, ずぬけて, そこここに, そこの, そこらここら, そとへ, そばに, そばの, そばを, それも, つもりで, ときの, ところで, ところに, ところまで, ところも, となりに, とりもちには, はじを, ひとつへ, ひとに, ほうから, ほうからは, ほうで, ほうへは, ほかは, ほしい者, まえの, まっただなかへ, まわりは, まわりを, まんなかの, まん中へ, まん中近くへ, みごとな, もなかに, ものが, ものも, もよう, やや紊, やるせない薄ら明かり, ゆるやかな, ようで, ようです, ように, ろう仮面が, わきたつ中, わり当ての, イスに, イスの, シートの, ズット向うの, テレかかった, ビロオドの, ビロードばりの, ブルジヨア見物の, ベッドが, ベッドの, ベンチが, ベンチは, ボックスが, マートン技師の, メーンテーブルに, ヨーロッパ風な, ランプは, ロダンさんの, 一人で, 一人の, 一同には, 一同も, 一方から, 一方に, 一方には, 一時の, 一番上席には, 一番前列に, 一番前列の, 一番後の, 一角からも, 一部を, 一隅へ, 三分の一が, 三番それが, 上で, 上の, 上下を, 上同輩中の, 上坐, 上席にも, 上座に, 上座へ, 下から, 不入りは, 不良な, 世話を, 両はじ, 両方に, 中での, 中では, 中でも, 中に, 中にだって, 中にも, 中の, 中ほどの, 中央あたりの, 中央より, 中央部に, 中尉は, 中山へ, 中心からは, 中心に, 中心を, 中程から, 主人だ, 主婦人では, 乱れた時, 乱れとて, 二列目に, 二段目を, 二種に, 五六十人分を, 交感を, 人々が, 人々と, 人気者でありました, 人達も, 人間には, 仕草も, 会話を, 伸子は, 低い物頭役, 何時も, 余地が, 側に, 傍へ, 傍を, 先頭に, 光線の, 入口に, 入口の, 入口を, 全部に, 内藤女史の, 出入り口が, 出来事を, 列番号を, 初筆から, 到る処, 前で, 前側の, 前売切符も, 前端に, 前面機の, 割が, 割前を, 十五日分の, 千ちゃんの, 半ばに, 半ばは, 卓子の, 卓子へ, 反対のが, 反響は, 取れそう, 右から, 右側へ, 右側下政友会中島派という, 司祭を, 名に, 名は, 向うは, 向う側は, 向ひ, 周囲には, 周旋には, 問題に, 喧騒に, 土間に, 坐り心持であった, 執政たる, 場合に, 塞り, 境界は, 境界撤廃曰く戯曲の, 声に, 変るごと, 外に, 外は, 外側の, 大勢には, 大月氏の, 大臣である, 天幕の, 奥では, 奥座敷を, 女子供, 如き三分の一, 如く巻き将に, 如く長策, 妻君の, 妻女は, 娘さんの, 存在は, 安まる, 定連, 実在丈けは, 客が, 専属に, 小父さん, 少年が, 少年たちは, 工合も, 工合や, 左右へ, 常連に, 広さ, 床の, 庭ご, 廂を, 廣いは, 建前から, 廻転椅子に, 彼までが, 後, 後に, 後ろには, 後ろは, 後ろへ, 後を, 後壁に, 後始末道具の, 後方が, 態に, 憤懣は, 戸を, 戸口に, 手摺に, 折り詰めの, 掃除まで, 支度に, 整理が, 斡旋役に, 新柳亭である, 方から, 方からは, 方で始まつた, 方に, 方にも, 方は, 方へは, 方へも, 方角だ, 暖まるい, 暖まるに, 暖まる暇, 暖る, 暗闇から, 會費に, 有る限り, 有名会で, 木戸で, 末座に, 板にも, 枠に, 根つまり, 桟敷から, 桟敷でありました, 楽屋だった, 横で, 横へ, 横ッちょに, 横手壁の, 止めを, 正面を, 正面七八間の, 正面楽屋の, 武勇談を, 毛皮を, 民衆は, 沢田美津子が, 洋服男に, 活題と, 浪花節でも, 混乱は, 清之介君が, 温まる遑, 温まる間, 温る, 燈臺看守が, 片すみに, 物その, 独演会で, 生徒が, 生徒に, 男, 男が, 男に, 男は, 番人で, 番人関さんだ, 目あかし岡っ引きの, 直ぐ前, 看板が, 真ん中には, 真下と, 真中程, 真打なんぞ, 真犯人に, 祝龍へ, 神学博士たちも, 種に, 穴を, 空いたの, 空くの, 空気は, 空気も, 空気を, 空間を, 空高く, 窓の, 窓は, 立花家福本新柳町に, 端に, 竿頭に, 笑いばなしの, 笑い声を, 組みかえが, 継ぎ目に, 維持が, 緊迫感は, 習慣に, 者は, 者を, 者達は, 背中が, 背後から, 背後の, 背後を, 脇に, 脇へ, 脇窓と, 興に, 艶冶なき, 芸人今の, 若さ, 草叢の, 蝋燭の, 衆判には, 表へ, 裁判官の, 装飾なども, 見物の, 観念に, 觴政の, 記憶は, 設けが, 設備かう, 設備さ, 話題に, 誤った観念, 誰にも, 誰ひとり, 談笑を, 諸将, 講演を, 譜面台に, 譜面台につき, 賑かな, 質屋の, 趣味を, 跡片付けに, 辺りが, 近くに, 近所の, 連中と, 連中ときたら, 連中は, 部下に, 部下の, 郷古, 都合から, 配置を, 釈台を, 長い人情話, 長者で, 間からも, 間に, 間にも, 隅々に, 隅っこに, 隅つこ, 隅に, 階段の, 際に, 雰囲気から, 電気が, 青二才が, 青年に, 青江三空曹は, 類に, 風流を, 風雅建築を, 食堂制度の, 騒がしいの, 骸骨紳士は, 高座に, 鼻眼鏡氏さへもが

▼ 席~ (572, 8.1%)

19 帰って 16 戻って 11 出て 10 もどって 9 戻った 7 戻ると, 腰を 5 入って, 坐った, 来て, 行って, 顔を 4 ついた, つくと, 戻りました, 近づいて

3 [11件] ついて, つく, はいって, もどった, 出た, 呼ばれて, 姿を, 招かれて, 持って, 着いた, 返って

2 [21件] あいさつを, いった, きて, ピタリと, 伝わった, 出た時, 出ては, 出ると, 向って, 帰ったの, 帰つて来, 帰つて行つた, 帰りました, 引ツ返した, 復つた, 案内された, 着いたとき, 行き話, 踏み込んで, 逃げて, 連れて

1 [377件] あが, あがり呂宋兵衛, あの煮えきらぬ, あらわれた, あらわれ上座, いくん, いって, いつて, いま聞いた, いらして, うっ伏して, うつっても, おいで下さる, おかえりなさい, おかえり下さいまし, おさまると, おまえを, おもどり遊ばせ, お帰りなさい, お母様を, お直りなさる, お着きくださる, お着きくだされい, お邪魔, お雪, かえった, かえってきた, かえると, こなければ, これから来る, ごく近い, さして, しのびこむわけ, すぐ坐った, すべりこみハンドル, すわり込みすぐ, すゝも, その娘さん, その無遠慮, それから予約, そんな話, ちやんと, ついても, つかしたが, つくころ, つくのに, つけば, つこうと, つと宗円, つらなるよう愚老, つれて, でて, でられるよう, とおるの, とびこみパタン, のりこみ四郎, のりこんで, はいりこんだ, はいるの, ひき出して, ひらりと, ふらふらも, まかり出て, まア, むかって, もちだされた, もどったの, もどっては, もどつた, もどり呂宋兵衛, もどり提案, もどり敬, もどり荷物, もどる, やって来られた, ゆくと, ゆく途中, よろめき帰ると, わざわざ平次, わしを, ガーネット亜米利加大使様の, スミ子ちゃんを, ドッカと, ハイベルグ外務大臣様が, パジャマに, 一度來, 上ったん, 上って, 上つて往つた, 下りて, 乗つたの, 乗りこんで, 乗り込もうといふ, 乘つたのである, 乘りこんで, 云いに, 交ってから, 人々を, 仄な, 何だって, 何の, 何故姿, 來て, 例の, 侍らせたり, 倚らせた, 僅かに, 僕に, 先刻から, 入ったので, 入っても, 入らなかった, 入り込んだと, 入る, 入ると, 入れて, 入れると, 入れるらしい, 入場し, 再び姿, 出かけて, 出したが, 出した方, 出たの, 出たもの, 出まして, 出ましては, 出ますと, 出られたこと, 出られると, 出ること, 出る噺家, 出る者, 出直すつもり, 列しますること, 列る, 前菜でも, 割りこんで, 割り込むもの, 割り込んで, 加はつた, 加わって, 加わろうか, 匂って, 包みと, 参って, 参りましょう, 参るから, 参るよう, 口を, 向つて, 告げた, 呼ばれた, 呼ばれるの, 呼び寄せ私, 呼んだの, 呼んで, 嘉治さんや, 坐って, 坐らされて, 坐らせた, 夥しい鼠, 大きい体, 大きな体, 大股に, 大雀命, 失礼じゃが, 安土の, 官兵衛を, 家人の, 寝ころびに, 導いて, 就いたう, 就かせた, 就くと, 巖本, 己を, 帰った, 帰ったが, 帰つ, 帰つた, 帰らないらしい, 帰りいわれたとおり, 帰りじっと, 帰るの, 帰るまでに, 帰る前, 帰ろうと, 幇間が, 年とった, 座らせたかったなあ, 座りました, 引き上げて, 引き出された羽目, 引き退りながら, 引っぱり出すの, 引っ曳, 引ッ張つて来た, 引下がる, 引張って, 引張り込まれましたが, 引張り込むやう, 当時の, 往って, 復した, 復って, 復る, 急に, 悠然と坐った, 戻ったが, 戻ったの, 戻ったので, 戻ったばかりの, 戻ってから, 戻つたかと, 戻つて, 戻つて來, 戻られましたが, 戻りそれから, 戻りひとり, 戻る, 戻ること, 投げはじめたから, 抛げ, 押しすえたので, 押し掛て, 押し通ったとき, 押掛けたよう, 拉し来り又, 招かれたの, 招かれた勿論, 招じ, 招ぜられたが, 招待された, 招待した, 持ち出されいでも, 持ち出したと, 持ち出すという, 持ち込んで, 持出すのに, 持出せる, 挨拶に, 据えました, 放り付け, 日本語の, 有島生馬君の, 来た, 来たこと, 来たよう, 来ても, 来ること, 来合せた, 東野に, 案内され, 案内した, 案内しよう, 次いで三遊派一方, 歩いて, 歩み寄った, 歩み寄って, 歸してやらなけれ, 歸つた, 歸つたのは, 海水浴帽をか, 源氏は, 滅多に, 独演会の, 現われたの, 現われる場合, 目が, 目礼し, 目礼した, 直された, 着いた時, 着いて, 着かせようと, 着かれますと, 着き近々と, 着けと, 着座した, 私の, 私は, 移った, 移って, 移っても, 突き出して, 立ちより, 立ち寄つてごらん, 立ち戻つた, 立会つて英文学専攻の, 立寄って, 立派に, 端座する, 納る, 置いた振り分け, 置き一同, 置き忘れて, 腰かけて, 臨む時, 臨んだ, 臨んで, 艶な, 若君は, 茶菓を, 荀, 荷物を, 菊屋の, 落着くまでは, 蕎麦を, 薄い真綿, 行きさ, 行きながら, 行きました, 行く, 行くとき, 行こうと, 行ったみた, 裃を, 見物に, 誘うと, 誘った, 誘って, 貴殿の, 赤いネクタイ姿, 起ち上つて片手, 身を, 転げ落ちた, 迎え, 迎え入れた, 迎え入れて, 近づかないよう, 近づきながら, 近寄ったが, 返つた後, 返つて, 返らずに, 返るや, 迫ろうと, 追ッ, 退いては, 退がると, 送りこまれた, 逃げ戻った, 這入って, 通させたの, 通されるはず, 通して, 通った, 連った, 連なって, 連ならせるの, 連なるの, 連ねて, 連らなっ, 連りまし, 連れ帰ろうとでも, 連れ戻った, 進んで, 遅参申し, 遊びに, 運ばせたキャビア, 運ぶと, 運んで, 野放しに, 長谷川は, 闖入し, 院の, 陣取って, 陣取ると, 集中され, 順に案内, 顔出しし, 顔出ししなけれ, 飛びついて, 飛び帰った次第, 駆け付けたの, 驅け

▼ 席~ (402, 5.7%)

5 あつた 3 女の, 彼は, 秀吉は

2 [18件] お伴について, こういう映画, これを, それを, だった, 一二番勝負を, 二三度可なり, 二三度顔を, 人の, 信長は, 俺が, 向うむき, 多くの, 密談する, 左は, 村の, 私が, 見て

1 [352件] あすの, あらうと, あり得たでしょう, あるジャーナリスト, ある生れ, あんたは, いうたとおり, うしろを, うたた寝し, お光り, お詫びする, お話しする, お話する, お酒, かなりの, こう演舌, こう言った, ことさら目立つ, こないな, この現場整備, この男, この講釋, この頃, これまで, これも, これらの, こんなところ, こんなふう, こんな事, こんな御, ご休息, しきりに鉛筆, しゃべる, そういう印象, そこはかとなくほおづえつきながら, そっと眼, その両方, その夢, その左側, その席, その御, そばへ, たった一人, たった今たしかに申されました, だされ正式, だまったまま薄笑い, ちょいちょい会う, ちょッと, つとめて, ていねいに, でも, どんなこと, どんな印象, なにか言い合っ, なんの, にやにや笑っ, はじめて詩人バイロン卿, ひとりで, ひとりの, ひとり苦虫を, ひろ子が, ふと思い寄っ, ほとんど半年ぶり, また問題, まっ先に槍玉, まるで他, みなさまの, めいめいの, もう一人, もう三時間, もじもじし, もって, もつれて, ゆうゆうと, ゆくりなくも, ゆっくり味わわれる, よくやらし, わたしに, わたしは, アイス, イグナチイ・プロコフイツチユが, イワン, オナラを, ソノ子を, デザアトの, トリを, ヌッと, ノートは, ハリソンの, ハレルヤを, ビスマルクと, ビールを, フロイスは, プランクトンの, ペンクは, ポーラが, 一くさり演技が, 一くさり演技を, 一つ喋っ, 一ノ関さまは, 一人の, 一方ならず, 一番大きな, 一番熱心に, 一等を, 一緒に, 一見する, 一軒置いた隣り, 三角君に, 上村が, 上納金の, 与謝野晶子を, 両支配, 主婦が, 久しぶりで, 久しぶりに, 二三度会った, 二人の, 二君にも, 云ふべき, 亡夫の, 人と, 人並に, 人形や, 伊東七十郎も, 会おう, 会おうと, 会ってから, 会つたのが, 伯母などから, 伸子は, 佐佐木君から, 何時からとも, 作られたもの, 併せて, 侯から, 信長が, 偶然義兄にあたる, 先生一流の, 光秀が, 児童文学を, 公の, 公言し, 公言しました, 公言は, 其客と, 出る話, 出会ったの, 出会つた若い, 出前の, 初めて知った, 初めに, 前屈みに, 勝家の, 勝負を, 半刻, 口笛を, 只一人で, 右の, 各々立膝, 吉田さんに, 同じ地位, 同地の, 同志リャザーノフが, 同時に亡き人, 同氏に, 名前を, 君達の, 固まって, 坐って, 報国会の, 場内のうすら, 夕食を, 外務省の, 多く負担の, 大いに陳べた, 大礼服, 天が, 妾の, 始めて亡友井上唖々君, 娘たちに, 婦人や, 嫌なら, 宋江が, 官兵衛は, 客の, 対坐に, 小林一三氏が, 小柄で, 少しばかり, 少し食い過ぎた, 少なくとも甲斐, 山木が, 工學士が, 師匠が, 帷幕みな多くは, 幻の, 底拔けに, 彼が, 彼の, 彼みずから打明けた, 彼を, 待たれて, 待って, 恐らく河原町, 恐ろしい叫び声, 息子の, 惣人数凡そ四十人足らず孰れ, 憎々しい反抗的態度, 扇の, 手合せを, 承わりましたが, 披露し, 持ちだした提議, 持ち出される, 教育の, 敬四郎が, 敬語についての, 数名の, 断って, 日本の, 旭玉山氏に, 星野氏と, 昨日帝劇の, 暗誦をは, 書き上げられて, 曾婆加里を, 最後に, 朗吟を, 朝雅と, 東する, 東京から, 枕を, 検査を, 歌は, 歌われたり, 歌を, 正統を, 武山オジサンにでも, 毒害でも, 民やが, 汽笛を, 洩らされたから, 浦島などを, 源氏は, 無造作に, 父と, 父の, 球江に, 生前の, 用が, 申し述べる事, 疵入りの, 白鳥博士が, 皆様の, 皮肉な, 皿に, 盃の, 目玉を, 眠くなる, 眺めたこと, 眼鏡を, 礼を, 社から, 祝詞の, 神と, 神尾の, 福島正則が, 禿安が, 私に, 私の, 私は, 私を, 私闘は, 突然太い強い, 突然立ちあがっ, 筆記した, 篠田と, 粗相が, 紐育の, 義雄は, 老妓の, 聞いた話, 聞いた青年, 聞きつけながら, 肩を, 胸苦しくなっ, 膝を, 自分は, 自然に, 芝居のみを, 芸なし, 芸者に, 茅さんが, 茶を, 薄い藤紫, 藤原威夫も, 見せて, 観て, 言いだしたの, 試みられた與謝野寛氏, 話が, 話さう, 話したところ, 話そう, 話に, 話題に, 詳細に, 語ったことば, 語つた, 誰かが, 誰で, 誰にとも, 誰れ, 論争を, 論議さるべき, 謎を, 講演の, 講義を, 講釈師の, 謡はれ, 貴女を, 贔屓に, 軍治は, 輝かしく照, 逢った会社, 運転士には, 過ごさうと, 遠藤は, 邪魔に, 酔いつぶれて, 金田氏の, 鎌倉を, 長野の, 陪観し, 隣合せに, 難民たちの, 青木が, 須曾麻呂が, 頓狂な, 顔を, 飲まされたもの, 館林様は, 首を, 首縊りの, 首領が, 駒井は, 骨牌を, 髻を, 鬼の, 鮮らかに, 黙って

▼ 席から~ (267, 3.8%)

9 立って 6 立ち上って 3 姿を, 立ちあがった, 見て, 見ると

2 [11件] あなたを, ふりかえって, 一歩も, 攫って, 立ち上った, 立上った, 舞台へ, 誘拐される, 起った, 路上へ, 首を

1 [218件] あなたの, あやか, いきなり一人, いきなり役者, いった, うしろを, おりて, お前は, お前俺の, かえってくる, かける言葉, かすかに, からだを, くすくす笑う, ころげ落ちたの, ころげ落ちて, さう, すぐに, すぐ又, すすみ出る正造, すっくと立ちあがっ, ずっと離れ, そしてほとんど, そっと主人, そっと居候, そっと脱, そつと, その人たち, その美しい, それに, それを, そんな芝居, たちあがった, ときどきさりげ, とびあがった, とびだして, どさり, どっと割れかえる, どやどや出, なんだか黄色い, ぬっくと, ぬっと立ち上った, のびあがって, のりだして, のり出して, はじかれるよう, はじめて定吉, はやした, ひきずり下すこと, ひそかに, ひとりは, ふたりの, ふりかへ, ふりかへって, ほど遠い, やにわに立ち上り, よく聞きとれる, イキナリ駈上って, カバンを, サンドウィッチを, ワアッ, 一人が, 一名の, 一段低い, 一番下の, 一間隔て, 三人ばかり, 三田が, 下りたヘルメット, 下を, 不平らしい, 中将の, 中座する, 乗り出して, 二つ三つ前方の, 二三名が, 二人の, 二人ほど, 二階の, 使いを, 例の, 全く離れ, 六樹園六樹園と, 其総数其歩合を, 其總數其歩合を, 凝っと, 加藤直枝が, 匍い上った, 博士が, 厚く御礼申, 去った, 去るのに, 友達と, 同じく, 名を, 呼んだ, 和田先生の, 唸るやう, 嘲るよう, 堅くなった, 声を, 定席へも, 宵子の, 家老矢沢某ほか重役重臣ら二十人ばかりは, 対岸の, 小林が, 小紙片, 少し摺り出し, 少し離れた, 川村が, 帰ったあと, 帰ったの, 帰って, 座を, 庭の, 引き出して, 引下ろした, 思いがけなく小, 手を, 抛り出して, 抜け出して, 拍手を, 拔け, 振り返つて云, 放逐する, 数歩の, 時々突発, 月夜の, 杯と, 板ぎれがとんできましてねこれが, 某夫人, 機関室を, 正視を, 歸つたのは, 洟を, 活溌溌地の, 海老の, 消えた骸骨紳士, 消えて, 涕泣の, 滑り落ちた, 無遠慮な, 瘠せた顔色, 眺めたその, 眺めま, 眼を, 私は, 突っ立った, 突如魏延, 突然大声, 突破され, 立ちあがりました, 立ちあがろうと, 立ちかけた, 立ちかけながら, 立ちました, 立ち上がった, 立ち上がって, 立ち上がると, 立ち上った音, 立ち上りは, 立ち上りました, 立ち上り騒ぎ, 立ち上ろうか, 立ち去って, 立ったの, 立ったり, 立った信長, 立つと, 立つの, 立上って, 立上つて入口の, 立上る, 聟盗みを, 脱け, 腰を, 自分の, 舞台に, 舞台を, 茶釜の, 裁判所長閣下にさえ, 見えないよう, 見おろすよう, 見ても, 親戚の, 説明した, 議席に, 起ちあがった, 起ち上りました, 足踏みし, 躍り出て, 身を, 述べさせて, 追つたの, 追出されるよう, 退いて, 退かした, 退く時, 逃げ出し, 遠い端, 遠く離れよう, 郁太郎を, 除け者に, 陳慧君の, 青い信号灯, 青山久保本で, 飛び出すかと, 飛び出す役者, 飛び立って, 飛び降りて, 飛出したの, 首だけ, 駈け出して, 高い声, 高い舞台, 高く見おろし, 高らかな, 鷹揚に

▼ 席~ (262, 3.7%)

8 ある 7 あって, 空いて 4 あった 3 あいて, あったり, できて, 空いたので

2 [21件] あったから, ありました, おひらき, きまると, ずっとならん, ない時, ほの暗いの, 一つ明い, 並んで, 乱れて, 出来た, 出来て, 出来ました, 好きな, 定まって, 定まってから, 定まると, 彼女に, 無くて, 設けて, 静かに

1 [182件] あいたが, あいた場合, あいてないん, あかるくなりました, あきそれ, あちらにも, あったという, あったの, あっても, あまりに軽々しい, あまり失礼, ありながら, ありますか, ありますからと, ありますが, ありませんか, ありませんからね, あるかと, あるかも, あるきり, あるし, あるだらうと, あると, あるところ, あるとの, あるなどと, ある特別研究員, いいという, いつの間にやら, いやでも, いろうや, お隣同士だ, かえって賑やか, かなり出てる, きまって飯, きまつた, ぎっしりに, ここに, ございます, ございますから, しいんとし, しらけた, しらけた趣き, すっかりだ, すつかりきまります, ずっと高価, そのお前, そら始まった, それなり空い, できた, できるの, とれて, どっちへ, どっと湧き立っ, どんなに一杯, ないし, ないで, ないほど, ないほどの, ないよう, なかった, なかつた, なくつて, なくて, なくなった時分, なくなるかも, なんとなくテレ, にわかに物騒がしく, はねて, ばたばたに, ひとつも, ふさがって, ふさがってるわよ, ぽかんと空い, みだれ出したと, もぬけの殻だった, ゆつくりし, よく見えます, よく見える, よろしかろう, わざわざ自分, カルーゾーでした, ハネて, リネツトの, 一つ空いた, 一ツ穴に, 一杯に, 一瞬しいんと, 一軒あった, 不足する, 与えられた, 与えられる, 与えられる筈, 乱れても, 乱れるころ, 予約され, 二階に, 五円六円で, 会議場に, 作って, 作られたの, 優に五十, 出来たから, 出来たよう, 出来ると, 出来上りました, 別に, 十番の, 又賑やか, 取って, 四五十空い, 四円との, 天井から, 定まった, 定まった時分, 定まる雑談, 寄席復興とやら, 少しほぐれた, 必要で, 思われた, 急に, 改まって, 明いてるので, 明くの, 暗がりである, 果してゐた, 横座で, 次から, 残らずあいて, 水を, 汚れるよ, 混んで, 済んで, 温まって, 満ちて, 滑席艇に, 濁りましたから, 無い, 無いので, 無くやつ, 熊の, 百も, 目に, 相次いで, 眠たくて, 移されて, 稲の, 空いた, 空いたの, 空いてないか, 空いてること, 空きました, 空の, 終ったあと, 終ったらこ, 終って, 終るや, 興味の, 落着く, 見えるに, 見当らぬ, 設けられた, 設けられたので, 設けられて, 設けられ一般群集, 諦められずまた, 賑うのは, 足りないため, 遅れる, 違いますぞ, 違う, 違うと, 遠いので, 酒亭であっ, 開かれるの, 開けた, 開けて, 隣な, 隣り合って, 離れて, 静粛な, 鳴った

▼ 席~ (250, 3.5%)

3 きれいに

2 [12件] あると, ここだ, これで, すっかりぬい, それで, どこも, シーンと, 一つも, 常磐亭から, 殿下に, 空けて, 食卓の

1 [223件] あいたまま, あいて, あちらで, あまり賑, ありません, ありませんか, いくら詰め, いつでも, いつまで, いつも直立不動, いつも私たち, いとど白け, いやもう, いよいよ興, いよいよ静粛, おそろしく暗い深い, おのずと白ら, おまへん, おもわずわっとばかりに, お前のだ, かたずを, かなり闘牛庭, からっぽです, がらがらだった, きょうから, ここで, ざわめく, ずっと柳生家, せいぜい一軒, そこでお, そちらでございます, そのまま酒宴, その次, その次ぢゃ, その猫, その遠吠え, その風, それを, そろそろ亂, そんなに後ろ, たいへんなさわぎだ, ただ一声, ただ付随, ただ地面, ちょうど書記, ちょうど東方西方, ついこの, ついたった今お, つぶれたそう, どうなっ, どうにか都合, どこです, ないが, ないの, ないので, なくなって, なだらかな, にわかにさわがしく, ねえな, はるかに, ひと晩十人くらいしか, ひろくゆったり, ふたたび氷, ふとった肉屋, へんに, ぼくの, また清涼, まだ温かい, まだ片づきませぬ, まったくなかっ, まるで笑い, むしろすきすぎ, もうめちゃめちゃ, もう乱れ, もう二か月, もう先客, もう薄ぐらく, もちろん昼, やたらに, やっぱり空席, わきたつよう, わたくし一人を, わたしが, エクランとは, サーカスと, ステージの, チャンと, ノンビリ, バレラスとか, 一塊の, 一時そんな, 一時に, 一杯, 一瞬間呼吸を, 一階も, 三人の, 三十畳ばかりに, 並んで, 主人の, 主座下座, 乱雑に, 予約が, 事務長の, 二段に, 二階正面の, 人の, 今までの, 以前と, 伸子の, 何時も奥, 何時果つべし, 例の, 先生の, 入口から, 八分の入り二円以下が, 几帳を, 前房, 加茂川の, 動かなかった, 区割が, 卓の, 博士の, 司法関係者と, 同時に関さん, 四列にな, 四季を通して, 四銭の, 城中の, 外側で, 夜が, 夜に, 大分入り乱れ, 大抵二回興行と, 大抵休業, 天然の, 始めから, 婦人席の, 官の, 客殿の, 宿の, 寂として, 岩山を, 帝劇の, 常に片隅, 広書院, 廊下に, 廊下伝いに, 建物の, 弟子の, 当然に, 彼のと, 待ち構えて, 後でそれ, 御宿所, 復活繁栄多少の, 徳一君の, 必空座な, 忽ちにし, 忽ち稲妻, 思いのほかに, 恐ろしく不純, 愉しいこと, 愛縄堂で, 持って, 敵味方に, 文字通りの, 料理の, 斜めに, 既に入り乱れ, 既に可, 日陰に, 昔も, 書院であり, 李師, 村の, 松山さんです, 板を, 殆どたそがれどき, 殆ど満員という, 母と, 毎年変っ, 沼の, 浅いところ, 海の, 涌き立つよう, 混乱し, 満員と, 照彦様と, 爪を, 甚だ賑やか, 白々しく冴え返っ, 皮肉千万にも, 益々乱れ, 石の, 砂浜に, 神奈川新聞社の, 私達桟敷の, 空いて, 空席で, 立っても, 立派に, 粗末な, 粛然とさえ, 級の, 終った, 自分の, 自分達の, 船の, 色めき出しお, 花聟花嫁が, 華燭という, 言葉を, 譲るまい, 貸切である, 賑やかな, 賑わった, 超満員, 軍議の, 遊藝を, 鐙小屋の, 長谷川町の, 陽気に, 駅の

▼ 席には~ (147, 2.1%)

3 いって 2 いない, 二人の, 酒が

1 [138件] あたくし, あるいは御, いくぶんげんなり, いずれ劣らぬ, いないの, いないよう, いなかった三村次郎左衛門, いると, いろいろの, お妙, お居間, お迎え申さなかった, かならず姿, かならず附き, こはれ, すぐに, すでに十名以上, その両親, それを, つかずたって, てんで顔, なくて, なくては, なにが, はじめてで, はじめてであった, まず校長, またし, また必ず, まだ客, もうひとり, もう一人, もう見えなかった, セラダの, トラ十が, ニコヂーム・アレクサンドルィチが, ボブと, ポコちゃんが, ロード・キッチナーや, 一人も, 一族の, 三十あまりも, 下枝さんも, 両人の, 主人役として, 也有集木軒息集軒明星庵無, 二人しか, 人が, 人の, 今やささやき, 他の, 侍らなかった, 保姆も, 優るもの, 列すること, 勇一君たちよりも, 千ちゃんが, 千鶴子を, 参考人として, 向きませんかと, 四五人同じ, 四十面相の, 土屋文明君橋本福松君も, 在国の, 型のと, 堂に, 大ぜ, 大久保市蔵は, 大公夫人が, 大将軍曹真も, 女の, 女は, 妻の, 子供さん達も, 定連, 寺内伯の, 小山の, 小谷も, 居合せなかったが, 居合せなかつたが, 山本氏岸氏など, 岡本の, 左馬介しか, 巴里一流の, 常に法被腹掛, 幕を, 彼の, 御存じの, 怪老人と, 感動の, 持って, 掛けられませんと, 操縦士の, 料理方の, 既に見物, 日本流の, 昌仙以外にも, 明智探偵が, 明智探偵と, 望月大尉の, 東亜生理学会の, 梅代を, 民政党の, 決して坐らない, 洋服と, 洋裝を, 涙も, 炊事夫の, 無論に, 父が, 父の, 現れずに, 現地の, 町長夫妻が, 皇子がたの, 皇帝だけしか, 着かない, 礼壇を, 私だけ, 私も, 秋山長右衛門夫妻近藤六郎兵衛が, 立ち会いの, 組合員や, 綱宗の, 緋の, 薩州論と, 試合開始の, 誰も, 課員が, 賊の, 通されない, 遊女が, 銀の, 銀杏加藤の, 電灯は, 顔を, 顕れけんと, 鬼村博士の

▼ 席では~ (78, 1.1%)

2 大いに反響, 誰も

1 [74件] あくまでストライキ, あったが, あまりにむそうございます, あまり御, ある晩, いつまでも, いながら, これを, さすがに, しばしば宮, すっかりお話, せいぜい慎しん, そこここに, それを, そんなに不謹慎, ついぞ誰, とても酔, ない卓子台, はじめっ, まわりとの, むろんの, やはり稼業大事, やれないの, ようやく密議, オナラを, シャンパンを, 一ツ品格が, 二三人かたまっ, 二三補足的な, 二十世紀の, 人各, 何らの, 何千という, 信長も, 兄の, 冗談を, 千ちゃんが, 口から, 古くさいもの, 只一つ, 喜劇と, 大騒ぎだった, 定吉が, 定吉先生が, 川崎と, 必ず賑やか, 怪老人と, 我知らず立ち上っ, 房一は, 最近の, 案に, 武士道などを, 殆ど唯一と, 江崎は, 河合卯之助氏や, 洋装の, 海軍の, 無いかと, 熱心に, 狂へる, 生徒へ, 町の, 禁句でも, 自分の, 花嫁も, 茶を, 被告や, 見ること, 言わなかったが, 諸説紛々なにも, 郷里の, 野方図の, 頼朝も, 飲みも

▼ 席~ (73, 1.0%)

2 ギッシリ詰っ, 消えた, 終って

1 [67件] ありますなど, あり全体, あり私たち貧書生, お膳部, こちらへ, ご一緒, しいんとし, だんだん彼, どの椅子, ない, ないと, ないの, ないほど, ない大きな, ない混雑, ない混雜, なかった, なかつた, なく広い世界, にわかに動揺, むさ苦しゅう, ギッシリ剣士が, スタンドも, 一番うしろの, 一番前の, 上であった, 主役は, 今や彼女, 何となし, 何も, 余程距, 傍聴席と, 列柱に, 別に, 別所君の, 利用する, 卓の, 去らなければ, 取って, 受ける読み物, 同時にうつる, 外人席も, 婦人席も, 官吏席も, 定まらぬ流寓, 定まりしかるべき, 定めないのに, 寂と, 少いので, 席であった, 広く取れません, 時代の, 普通の, 晴れた空, 暖かならず, 有ったと, 極まつ, 武装警官で, 満員に, 無し, 異派席も, 真闇, 私が, 空けて, 立てない心持, 見当らなかつたの, 設けて

▼ 席~ (47, 0.7%)

2 した, 舞台との

1 [43件] いうが, し入場料, し日光, するよう, その後部, その間どこか, つづいて, なした, なった, なって, なりある, なりました, なる, なるが, なると, スレスレの, プログラムとを, 主の, 云ふ, 反対の, 反対側の, 右手と, 同じおだやか, 向い合った棧敷, 定めらる, 席とで, 思うが, 書いた, 李子の, 法廷とを, 洒落る気, 申し込んで, 白洲との, 称して, 舞台の, 花の, 見えた, 計器盤と, 読経席あり, 講談席の, 追ひ, 非常に, 馭者台とを

▼ 席について~ (42, 0.6%)

2 待って

1 [40件] あちらにも, いて, いても, いなくとも, いました, うつらうつらと, おれさも, きゅうに, さて格式ばった双方, しきりに計器類, ねらいを, ぼんやりあたりを, まだ五分, ゆかいに, よろしい, ケースの, ソラ豆と, 一瞬間座敷は, 両手で, 価値の, 出発しました, 出立の, 勧められるまま猪口, 各自割り当てられた, 彼は, 彼を, 悲壮な, 樽ロケットを, 気不味, 注文した, 物静かに, 皿の, 目配せを, 第一, 裁判長が, 見張りを, 話そうと, 読本を, 順にお, 鼠の

▼ 席にも~ (32, 0.5%)

2 たれて

1 [30件] あって, いたたまらず滑るよう, それらしいす, たれか, どこやら, どつた, どらしむ, まだ五, やはり兵糧, 一切顔を, 五六人の, 倦いた, 出席致しました, 加へ, 堪えかねる, 居た, 居堪へぬありさま, 年齢の, 度々出ました, 未だ五六寸, 滅多に, 着かずに, 窕子は, 見えなかった, 規定と, 陪し, 顏を, 顔出しを, 首相の, 高く田原夫人

▼ 席へは~ (31, 0.4%)

2 通れないが, 顔を

1 [27件] あなたも, いるため, お越しに, かねがねから, つかないで, でられないから, 上せられない, 上らないで, 令夫人携帯といふ, 仲, 何人も, 余り近寄られぬ, 余程気に入った, 出たものの, 出つけませぬかく, 出なかったもの, 出られなかったの, 出席しない, 千里を, 同じ箱, 未亡人の, 来なくなった, 来なくなつ, 稀にしか, 行かず入浴, 道を, 遠慮を

▼ 席でも~ (30, 0.4%)

2 彼は

1 [28件] あったでしょう, ご披露, さびしい灯かげ, つらい事, なし集まった, また宿屋, やはり三人, アイネは, 上の, 両々相争った, 中には, 二席でも, 二階の, 吉良上野介の, 同じこと, 客は, 床の間の, 戸石君が, 拵へ, 散歩の, 盃に, 益田孫右衛門村井河内などの, 聞合せた, 芸妓が, 蘭丸の, 設けて, 話出, 護衛兵の

▼ 席からは~ (20, 0.3%)

1 [20件] あらしの, しわぶき一つ, すこしも見えません, ずっと離れた, ただ小さな, どッ, なれて, 何も, 其処に, 勇一君が, 向うに, 声が, 婆さんの, 待って, 様々な, 橋ひとつ隔てた, 舞台の, 荒い息音, 見えない, 見えなかったの

▼ 席まで~ (20, 0.3%)

1 [20件] いって, おいで, お出でに, とっては, のぼって, びっしりつまっ, もどって, 取って, 少々お, 急いで, 来たという, 横領し, 聞え古内志摩, 行きますと, 行くと, 近づく間, 送り届けて, 這い戻ること, 運ばれて, 飛び込んで

▼ 席へも~ (13, 0.2%)

1 [13件] お出ましに, さつき夫人は, 一切お, 今日までは, 出なかったし, 出なければ, 出られなくなって, 出られなくなり従つて収入, 出られるかしらと, 女を, 差加へ, 虎井夫人は, 顔を

▼ 席より~ (13, 0.2%)

1 [13件] かなた輕舟の, ずっと後方, 前は, 尺余床を, 席と, 広いよう, 成り他, 成る, 我に, 昼間が, 見えず, 訝しげに, 遥かに

▼ 席~ (11, 0.2%)

1 [11件] から何, から兎, つた時に, といったでしょ, ときめられた, と二人, と聴衆, と芸者達, のにと思ひましたら, わ, 誰にだって

▼ 席という~ (10, 0.1%)

2 のは 1 ことが, ことに, この光栄, ふうに, ものに, ものは, 栄誉を, 腐れ論を

▼ 席~ (10, 0.1%)

4 の幸七 2 の旦那 1 が元来落語, が八百円, といふ形, の関さん

▼ 席弁じ~ (10, 0.1%)

2 ている 1 いつのまにやら, たてたり, たり座談会, ていた, ていった, て去った, て行く, 審議引延しを

▼ 席からも~ (9, 0.1%)

1 ただちに数人, 三階席からも, 二階席からも, 四階席からも, 声が, 捲き起った, 眺められたと, 舞台の, 騒がしい声

▼ 席ずつ~ (8, 0.1%)

1 やり合うという, タップリと, 弁じなければ, 演った, 演って, 演る, 珍しいお話, 話して

▼ 席である~ (7, 0.1%)

1 から下, から余り, から話, がこの, がその, ということ, とにかかわらず

▼ 席とは~ (7, 0.1%)

1 いうものの, いえ公言, いえ新春, ずっと遠く, そのままこの, 元日からの, 幕に

▼ 席~ (7, 0.1%)

2 のよ, んだ, んです 1 ので

▼ 席~ (7, 0.1%)

1 または宮廷, 休憩室で, 平場から, 往来では, 待合の, 梅の, 異派席と

▼ 席やっ~ (7, 0.1%)

1 て, てまだ, てみない, てイギリス, て座, て引きあげ, て見たい

▼ 席をは~ (7, 0.1%)

4 づした 1 づし, づして寺銭を, づし敷居の

▼ 席との~ (6, 0.1%)

1 さかいを, 区域分明ならざる, 境には, 境の, 錯雑は, 間には

▼ 席において~ (6, 0.1%)

1 おきました, 供述した, 常に上演, 明智どのばかり, 決然として, 脇の

▼ 席~ (6, 0.1%)

1 がずらりと, のうち, のこと, は櫛, もろ, を引っ掴ん

▼ 席など~ (5, 0.1%)

1 そんな風流, ガラあき, 五分しか, 出場を, 區別し

▼ 席などは~ (5, 0.1%)

1 お昼頃から, とってないらしい, なし, 動けないので, 絶無で

▼ 席にて~ (5, 0.1%)

1 おん身の, かかる, 旧套の, 開催さるべき, 集むる金は

▼ 席よりは~ (5, 0.1%)

1 ずっと先, 奥ふかい, 少くみんな熱心, 尺餘床を, 拍手の

▼ 席以外~ (5, 0.1%)

1 で藝者, には出さない, には友情, に顔, のところ

▼ 席~ (5, 0.1%)

1 するお寺, のお, へ行っ, をする, をと思いました

▼ 席ある~ (4, 0.1%)

1 のみ, のみにて礼壇, んで, 故に

▼ 席であり~ (4, 0.1%)

2 浴槽に 1 それに, 骨も

▼ 席での~ (4, 0.1%)

1 こと, べろ, 事である, 記憶が

▼ 席などで~ (4, 0.1%)

1 いろいろ滑稽, 作家は, 芸者といふ, 酔っ払った奈良原

▼ 席などへ~ (4, 0.1%)

1 寄りつこうもの, 詰めかけて, 顏を, 顔を

▼ 席にかへ~ (4, 0.1%)

2 つた 1 つて來た, つて私の

▼ 席への~ (4, 0.1%)

1 入り口が, 出入りを, 途次今年の, 階段を

▼ 席~ (4, 0.1%)

1 三四人分取, 並ベルコトガ出来タコト颯子, 同ジクスベカラズトイフ道徳的観念, 織ルソウダ

▼ 席入り~ (4, 0.1%)

1 につかう, の合図, の段, をし

▼ 席~ (4, 0.1%)

1 が得手, を依頼, を描い, を描き

▼ 席だけ~ (3, 0.0%)

2 では 1 入れて

▼ 席であっ~ (3, 0.0%)

1 てどの, て事実, て必ずしも

▼ 席であった~ (3, 0.0%)

1 か後, か片山潜氏, が

▼ 席として~ (3, 0.0%)

1 きたに, まとめられて, 設けて

▼ 席とを~ (3, 0.0%)

1 こんな情熱, 仕切るほう, 等分に

▼ 席なら~ (3, 0.0%)

1 あちらへ, ばまだしも, 決して行き

▼ 席なる~ (3, 0.0%)

1 二階の, 斗出せる, 渠の

▼ 席につき~ (3, 0.0%)

1 たまへ, 六つの, 終るまで

▼ 席へと~ (3, 0.0%)

1 出て, 急いだ, 落ち込んで

▼ 席やり~ (3, 0.0%)

1 又銀座, 宿へ, 銀座へ

▼ 席らしい~ (3, 0.0%)

1 いすの, 席は, 陽気さに

▼ 席をと~ (3, 0.0%)

2 つてゐた 1 つて居ました

▼ 席~ (3, 0.0%)

1 からであった, には私, の各自

▼ 席~ (3, 0.0%)

1 に試みた, の真中, の選定

▼ 席定まっ~ (3, 0.0%)

1 てから, て司令長官, て総理殿下

▼ 席満員~ (3, 0.0%)

1 となっ, なので, の札

▼ 席~ (2, 0.0%)

1 たたまるい, つてしかも

▼ 席~ (2, 0.0%)

1 そこい, 四席ぐらいは

▼ 席かも~ (2, 0.0%)

1 しれない, 決して

▼ 席からの~ (2, 0.0%)

1 ささやきで知れた, 活劇を

▼ 席~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 席しか~ (2, 0.0%)

1 ありません, なかつた

▼ 席じゃ~ (2, 0.0%)

1 ありません, まったくよけい

▼ 席だけが~ (2, 0.0%)

1 四銭の, 海を

▼ 席だった~ (2, 0.0%)

1 が話しかけ, ので重立った

▼ 席ちかく~ (2, 0.0%)

1 に至る, の警察署

▼ 席です~ (2, 0.0%)

1 の, よ

▼ 席でなく~ (2, 0.0%)

1 ともよろしい, はじめからの

▼ 席なく~ (2, 0.0%)

1 て困じける, バスケットに

▼ 席などでは~ (2, 0.0%)

1 態, 閑却された

▼ 席などに~ (2, 0.0%)

1 するつもり, 何時間も

▼ 席なんか~ (2, 0.0%)

1 てんで見やしません, 大喜び

▼ 席なんかには~ (2, 0.0%)

2 寄せつけませんよ

▼ 席においても~ (2, 0.0%)

1 あるいは御, 一座少しく

▼ 席における~ (2, 0.0%)

1 圓朝が, 氏の

▼ 席にかけて~ (2, 0.0%)

1 ゐて, 彼等の

▼ 席にさえ~ (2, 0.0%)

1 かつて臨んだ, 日ごろの

▼ 席はと~ (2, 0.0%)

1 いへば, 見れば

▼ 席ぶっ~ (2, 0.0%)

1 て宗論, て戻った

▼ 席ぶとう~ (2, 0.0%)

1 という大, とはコンリンザイ

▼ 席へでも~ (2, 0.0%)

1 お越し下さるまい, 通る

▼ 席~ (2, 0.0%)

1 がエロティック, にはそぞろ

▼ 席やる~ (2, 0.0%)

1 すしやへ, ところ講談は

▼ 席やれ~ (2, 0.0%)

1 といふ, とはムリ難題

▼ 席よりも~ (2, 0.0%)

1 あの席, 私は

▼ 席をば~ (2, 0.0%)

1 我とフランチエスカ, 無料で

▼ 席をも~ (2, 0.0%)

1 外させて, 改めて中務

▼ 席ハネ~ (2, 0.0%)

1 てかへれ, てよりか

▼ 席他郷~ (2, 0.0%)

2 送客杯

▼ 席~ (2, 0.0%)

1 に敬礼, までさしかかった

▼ 席即ち~ (2, 0.0%)

1 建築物に, 書入れの

▼ 席口上~ (2, 0.0%)

2 を書いた

▼ 席大臣~ (2, 0.0%)

1 と思うた, らしいお方

▼ 席~ (2, 0.0%)

2

▼ 席~ (2, 0.0%)

1 が女, に書記

▼ 席序下算~ (2, 0.0%)

2 の便

▼ 席弁じた~ (2, 0.0%)

1 がその, 上に

▼ 席弁じる~ (2, 0.0%)

2 サルトル先生も

▼ 席~ (2, 0.0%)

1 からいう, は初

▼ 席~ (2, 0.0%)

1 の暴動, は昔

▼ 席~ (2, 0.0%)

1 がすめ, をする

▼ 席祝辞~ (2, 0.0%)

1 を述べさせられた, を述べる

▼ 席~ (2, 0.0%)

1 がぎっしり, に移るまえ

▼ 席近く~ (2, 0.0%)

1 に招きました, 進んだので

▼ 席述べ~ (2, 0.0%)

1 てから彼, ててれ

▼1* [219件]

あすこなん, 席あたたまるお暇, 席あり毫もローマ宗, 席いったいがにわかに, 席いっぱいに人々, 席いっぱい咽せるばかり, 席なつた, 席うかがいますとそれで, 席うかがうぐらいのイキサツ, 席おごっていただきやした, 席おわって高座, 席かというと, 席かの長話は, 席からでも眺めた人, 席からばかり観て, 席からわあっという, 席がけたっぷりと, 席がとほうも, 席ぐらいは読ませられた, 席ここにも相当, 席こそ最上の, 席ご免の将軍, 席さては酒が, 席した時に, 席したらまず第, 席じゃあちっと申し, 席すなわち午後六時頃から, 席すみだ川舟遊中, 席すると雨, 席すんでも女たち, 席ずつの話を, 席ぜんたいにわれる, 席そっくりのベンチ, 席その右は, 席そのものが不平, 席それから半月ほどを, 席ッぷり聞かせ, 席たる佃高蔵からは, 席だけはあったものの, 席ゅうに, 席云ったん, 席であればこそここ, 席でがしが, 席でございますこと, 席でしたらあなたは, 席でなければ私, 席ではと甲斐は, 席でまで文学論を, 席といふ貼紙が, 席とかで正面, 席とて第一流人以外, 席とで支えた, 席とでもいったところ, 席とも思われずさりとて, 席とれたが途中, 席どなつた芸題は, 席なぞに出た事, 席などには列なること, 席などへも誘いましたが, 席などもあつて, 席にあたるテーブルで, 席にかへると, 席についてのみ最初に, 席については逃げだすより, 席につけ參らする, 席にても衆人の, 席になつたのは, 席になど連なった経験, 席にのぼつて, 席にばかり連なって, 席にまでもちこまれた, 席によりかかつて睡, 席のよこに, 席ばかりでない, 席ばかりでの話です, 席ぶちたがるけれどもウヌボレ屋, 席へかへつた, 席へすら出ずもうたいへん, 席へだけは出て, 席へでたくって, 席へ迄出しや, 席ほどしみじみ市井, 席またありて, 席までも占領した, 席てえ, 席みたいな椅子, 席もうけた商談は, 席ゃよりどりお好みしだいですよ, 席やった積りだろう, 席やらかすんぢや, 席やりましたよ, 席よく受ける, 席りませぬでしたが, 席積りでございました, 席をかへた爺さんが, 席をかへて坐つたが, 席をけ立てて, 席オザは久しぶり, 席カラ便所ガ遠イノデ, 席少シモ間違ッタコトハシナカッタ, 席戻ル時危ク転ビソウニナリ, 席ベンチに身, 席リプトン紅茶を東京, 席一名二十五銭中等席十銭下等席一銭等と次第, 席一寸都合つけ, 席一杯では, 席一銭等と次第, 席一門の威風, 席丈けが引移されたが, 席上等をとっ, 席中一抔に大, 席主幸七の言う, 席乃至廊下の, 席争いでお, 席二脚へ揉合, 席は裏ぐち, 席以下はギッシリ鮨詰, 席伺いはじめたのである, 席伺ひますが私, 席伺わせる気な, 席催し知つてゐる, 席催し知っている, 席となつ, 席六百といふ, 席をし, 席割りも森新之助, 席力士伝を助演, 席加冠役の大臣, 席勝負してから, 席十三号へとことごとく, 席十日を限っ, 席十銭下等席一銭等と次第, 席千住の天王前, 席半分だけ語っ, 席占めよ, 席參觀人席など區別, 席取っていた, 席叩いてこまそ, 席が暗示, 席喋っていられません, 席喋ろうというの, 席圓朝の道具噺, 席多年のお, 席夜席へ行く, 席まつて, 席定まるや下女, 席小普請入になり, 席屋二千五百間を立てた, 席帰途は大街道へま, 席に遠から, 席をただし, 席弁じおわって笑み, 席弁じたくば亜米利加人, 席弁じないではゐられない, 席弁じひきさがってのち, 席弁じます事で, 席弁じようと心, 席弁じ立てようとする, 席弁じ終ったところで, 席弁ずるとそこそこ, 席入口, 席応真を師, 席指定もなくなりました, 席が縦横, 席敷いた箱を, 席まるいと, 席暖かならず墨突黔, 席暖まる遑なし, 席月来百花醒雲睡万壑寂, 席来客も其処, 席柳江亭の軒, 席の人々, 席桑野通子が風邪, 席桟敷は大入り満員, 席極めて妥なるべく, 席で机, 席正面に宮廷席, 席歩きをし, 席浅草阿倍川の寿亭, 席った, 席漸く濫る, 席生臭を断っ, 席田郡の妖巫, 席上げます久しく, 席白骨を抱き, 席かの喋りだし, 席目がけて突進, 席目安書記方など前, 席禄高汝にまさる, 席は休み, 席一流の, 席系列に属し, 席終って次ぎ, 席を書く, 席編み物紐細き棒, 席置いて隣, 席茫然たる顔つき, 席裁判官のところ, 席試みることが, 席読むと尻, 席があんな, 席じて, 席論じてやらう, 席講じて貰う, 席謹聴して, 席負かしていただきたい, 席を収入, 席身体をゆすっ, 席通路の角, 席過ぎたところの, 席長講の御簾, 席開かる續い, 席開きといふ, 席に周旋, 席限り盗られた人, 席限り昔犯した罪, 席であった時代, 席類等を以て屋根, 席風景だった