青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「張~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~弟 弟~ ~弟子 弟子~ 弥~ 弦~ 弱~ ~弱い 弱い~ 弱く~
張~
~張っ 張っ~ 張り~ ~強 強~ ~強い 強い~ ~強く 強く~ 強烈~

「張~」 8171, 88ppm, 1261位

▼ 張~ (957, 11.7%)

2113 のふたり 9 が, はその 7 の蛇矛, の顔 6 か, の姿, の子, の軍, の首, も関羽 5 であった, という者, の前, の手勢, はそれ, も

4 [11件] だ, と関羽, のことば, のやつ, の兵, の眼, の部下, はなお, は大, は首, や関羽

3 [18件] がいう, がその, っ, ではない, の二人, の命令, の声, の肩, はいった, はこの, はまた, は彼, は玄徳, は酒, は関羽, は馬, もまた, を従え

2 [54件] がこれ, だった, と劉備, と孫乾, と肩, に, に出会っ, のす, のそば, のはなし, のまえ, の一身, の勇, の大声, の如き, の守っ, の手, の腕, の言, の陣, はいよいよ, はくわっと, はすこし, はすっかり, はその後, はただ, はついに, はもう, は一策, は何, は例, は大いに, は床, は憤然, は手, は拝謝, は持ち前, は横, は眼, は肯かない, は血, は身, は部下, は門前, は雲長, は静か, は顔, は驢, もこの, も共に, も趙雲, をつれ, を呼ん, を抱きとめ

1 [619件 抜粋] ありご, うごくな, おぬ, から策, から紹介, から見る, か関羽, がいきなり, がいつぞや, がすすん, がせきたて, がそっと, がそば, がたて籠っ, がどなる, がひっさげ, がまっ先に, がもと, がゐる, が何, が先ごろ, が分捕った, が前, が夜討ち, が左団次, が帰る, が彼奴, が怒りだした, が拳, が攻め, が敵, が朱雋, が武勇, が河北, が熟柿, が爆笑, が突然, が罵った, が自刃, が自問自答, が船上, が虫, が見えた, が見かけ, が見つけ, が負け, が赫怒, が迫っ, が進ん, が酒柄杓, が長坂橋, が長板橋上, が関門, が飲ん, が馬, が馬上, が馬超, して, そのほか, そのほか十数名, そのほか幾多, たるもの, だが, だけで, だけを両側, だっ, だったと, だなっ, だの, だの加藤清正, であろうと, でござる, でなくては, といい, という一卒, という二名, という人間, という名, という奴, という男, という豪傑, という順, とかいう男, とかの張, とこの, としてけだし, としばし, とは, とはおれ, とはすなわち, とはずいぶん, とは別人, とは汝, とは生きる, と共にひそか, と刎頸, と十七, と合流, と名乗る, と槍, と申しまする, と聞いた, と船手の者ども, と雲長, なおさわぐ, なしまた, などが, などが騎従, などの一族, などの名, などの姿, などの精猛, など平原, ならこれ, なら知らぬこと, なり, にくらべれ, にこの, にご, にし, にとっていわゆる, にとってはわが子, にと孫乾, にはそれ, にまちがい, にも劉, にも劉玄徳, にも劣らない, にも黙っ, に会っ, に会ったら, に力説, に参加, に向っ, に命じ, に和, に天魔鬼神, に対する恨み, に引率, に忠言, に打ちたたかれ, に挑戦, に救われた, に教えられた, に案内, に自分, に訊け, に託し, に賜う, に遺恨, のある, のうしろ, のうち, のここ, のごとき, のさわがしい, のため, のつぶやき, のなす, のふりまわす, のほう, のほか, のむす, のもと, のらんらん, の一喝, の三騎, の両, の両手, の両翼, の乱暴, の二名, の二豪傑, の二軍, の仇, の働き, の先陣, の兵力, の剣, の双眼, の名, の命, の唇, の堪忍, の夜襲, の大, の大喝, の寝息, の寝首, の引いた, の形相, の影, の心, の思い出ばなし, の性質, の恩, の悪口, の悲壮, の我まま, の戦法, の指さす, の教練, の暴, の暴言, の武力, の武将, の死, の狂躁, の痩, の白馬, の眉前, の真価, の眼中, の矛, の礼, の策, の縄, の義兄弟, の肱, の背, の腰, の足もと, の軍勢, の軍隊, の酒ぐせ, の酔い, の陣地, の面, の鞍, の飲みたい, の鬱積, の鼻, はあくまでも, はあと, はあまり, はあやしん, はあれ, はいい, はいきなり, はいく度, はいず, はいつか張任, はいま瓦口関, はうしろ, はお, はかたはらいたく, はここ, はことに, はこれ, はさっき, はさも, はしきり, はすぐり, はすでに, はすばやく, はそこら, はそれで, はたちまち, はちょっと, はつまらない, はとびかかっ, はどこ, はなおさら, はひそか, はひたむき, はふい, はふらふら, はほっと, はほとんど, はまたも, はまだ, はむかっと, はむずがゆい, はむっと, はもとより, はもどかし, はやまったこと, はやめない, はよけい, はらん, は一人, は一場, は一度, は一方, は一歩, は一気に, は丈八, は不平, は中軍, は丸揚げ, は乗っ, は乗ったる, は乱打, は今, は今さら, は仔細, は会うべき, は兵, は再び, は初めて, は前, は劉備, は勅使, は勇躍, は動じる, は厳顔, は反抗, は取囲む, は口, は呵々, は命じた, は咎, は哭きだした, は唾, は喰っ, は団扇, は城外十里, は墻, は変, は外, は大きく, は大口, は大石, は大股, は天下, は夫人, は奥, は子ども, は孔明, は小, は巴郡, は帳, は平等, は平蜘蛛, は引っ, は張切っ, は待っ, は後ろ, は後刻, は志願, は怒っ, は怒り, は怒髪天, は成都, は手がら顔, は手具脛, は投げとばす, は振向いた, は敵, は斬りこむ, は断じて, は早速, は時々, は最前, は月, は望楼, は横口, は正面攻撃, は歩む, は歩弓手, は毛虫, は泣き, は烈しく, は牙, は猪, は獅子, は獅子首, は玉座, は甚だ, は留守, は疑い, は眉, は眦, は矢倉, は知っ, は突然, は竹, は笑わせ, は答え, は縄尻, は聞い, は腰, は自分, は自然, は自身, は蔭, は虎, は見送っ, は見送り, は豹, は貴様自身, は身もだえ, は軍, は近頃, は追う, は鏡, は門, は間, は限度, は階, は階下, は雀, は鞭, は頬髯, は頭, は顔色, は髯, は魏延, は黒漆, は黙々と, へかかっ, へこう, へも深く, へ向け, へ直接大命, へ顎, また不逞, もいう, もいささか, もう出, もおどり出, もこれ, もさとっ, もそれ, もともども, もはっと, もぱっと, もふらふら, もわが, も一時, も今日, も同数, も同様, も呂布, も大, も将来, も尾羽打, も張, も必死, も手, も服した, も柴煙濛々, も武士, も満面, も肩, も脅かされた, も腐った, も蓑虫, も負けず, も遂に, も部下, も鐙, も麓, も黙然と, や二夫人, や趙雲, よ, よりもこの, よりも長い, らしい, らしいの, らしくも, らしく派手, をあなどっ, をお, をしたがえ, をすこし, をそなえ, をその, をともなっ, をなだめ, をねめつけた, をはじめ, をよび, をよびよせ, を南越, を取り囲んだ, を召捕ら, を叱っ, を叱りつけた, を向け, を呼びとめる, を城外, を射すくめた, を待った, を悪罵, を止めろ, を生, を生け捕れ, を知らずや, を耳, を荊州, を討ちとらん, を諫め, を軽, を迎え入れ, を逃がす, 堂々と, 睨んだばかりの, 返せ返せっ

▼ 張つて~ (694, 8.5%)

36 ゐた 22 ゐて 21 ゐるの 20 ゐる 17 あつた 15 居て 9 ゐたの, 居ります, 居る, 居るの 8 居たの 7 ゐるやう 6 ある, ゐると, ゐるん 5 あつて 4 ゐたが, ゐるから, ゐるが, ゐるので, 居るやう 3 ゐたので, ゐるばかり, 居た八五郎, 居りました, 居りましたが, 来たの, 来て, 置いて, 見た

2 [35件] ありますから, あるか, あるの, あるので, ある網, しまつ, も俺, ゐたといふ, ゐた下, ゐました, ゐるお, ゐるもの, 坐つて, 堂々と, 居たと, 居たん, 居ます, 居ますよ, 居らぬので, 居るが, 居ること, 居ると, 居るところ, 居るん, 居る樣子, 居ろ俺, 来た, 来る, 歩いて, 置いた, 置く, 置くの, 行きました, 行く, 行くこと

1 [372件] あつしにも, あつて其庭先, あつて国旗, あの通り, ありその, ありました, ありまして, あります, あり子供, あるかとも, あるかな, あるかの, あること, あるだけ, あるん, ある彼女, ある方, ある日本大使館, ある樣, ある次の間, ある法網, ある煤けた, ある綱, ある處, ある象牙, ある重い, あれば, い, いつた, いつぱい空気, いふこと, いろ, うつむきながら, おくれ, おけといつたこと, おる獅子, おろおろと, お吉殺し, お在, お城, お妙, お居, かうし, かう云, から實社會, きかなかつた, きつと, きてから, くる, くるとい, くるに, ぐいと立ち上る, このお, ごろごろ鳴ります, ご進物, さうし, ざわめいた, しまふ, しまふだらうと, しまふぢ, しまふで, しまふの, しや, しやう, すた, そして, そして笑, そのおかげ, そのま, その中, その夜, その大幅, その暗がり, その根, その穴, その羽織, その鳥, それからラケツト, それから又, それから腋, つかまれば, てくれ, とろりと, ないから, ない家, なかつた, ならぬから, にゆ, のみも居らず, はゆ, はゐた, は危險, は店, は行けないです, ばかりも居られない, ばかりゐる, ひら, まあ一つ, まるで喧嘩, まるで憤つ, みせたが, みたらどう, も, もい, もぐもぐさせ, もこの, もすぐれた, もそれ, もたれ掛けさせる, も不可, も又, も引つ, も忽ちに, も悲しい, も文句, も槍, も脱がれぬ, も見, も見たい, やがつて, やがら, やらうか, やらうぢ, やれとか, ゆかうと, ゆかうとして, ゆくこと, ゆくだろう事, ゆくの, ゆく大地, るな, るよ, るわけぢ, る千代子, る家内, る樣, ゐたあつし, ゐたか, ゐたから, ゐたせゐで, ゐたやう, ゐたよ, ゐたら返して, ゐたわけ, ゐたクレマンソー, ゐたチヨコレート, ゐた学校, ゐた棒みたい, ゐた氷, ゐた菓子, ゐた薄墨, ゐた角頤, ゐたA子, ゐても, ゐな, ゐないこと, ゐなければ, ゐなけア, ゐますけどねえ, ゐら, ゐるあばた面, ゐるうち, ゐるうら, ゐるか, ゐるかも, ゐること, ゐるでは, ゐるところ, ゐるに, ゐるにも, ゐるのこりの, ゐるのに, ゐるものら, ゐるよ, ゐるスゲ, ゐるヒステリ女, ゐる事, ゐる人間, ゐる傾き, ゐる前, ゐる医者, ゐる十手, ゐる危, ゐる図, ゐる女, ゐる姿, ゐる子分, ゐる家, ゐる封建的, ゐる小, ゐる小雨さ, ゐる少年, ゐる強い, ゐる我子, ゐる支那人巡警, ゐる朝, ゐる松, ゐる柿の木, ゐる樣, ゐる樣子, ゐる町役人, ゐる画師, ゐる百日紅, ゐる糸, ゐる自分, ゐる蜘蛛, ゐる訳, ゐる部屋, ゐる酒席, ゐる醫者, ゐる重田君, ゐる鎖, ゐる限り, ゐる隣家, ゐる鳶頭, ゐれば, ゐろ, をつた, をりました, をります, グイグイと, パタパタ扇子, 一体彼奴等二人, 上げようか, 下さいと, 並べられて, 久しく言, 休みました, 倒れか, 其の何時, 再び美術界, 凝と, 出したくないの, 出たん, 出て, 出来るだけ, 力んでも, 動かぬ池, 叩いた, 叫ぶの, 喘いだ, 四角張つて, 困る, 売り込んで, 夢見て, 大きく呼吸, 大それた, 大玄關, 大聲, 威張るの, 存外怯, 定めて, 小さい部屋, 居さ, 居た, 居たかつたの, 居たが, 居たさ, 居たといふ, 居たところ, 居たわけ, 居たわけぢ, 居た二三人, 居た佐七, 居た氣, 居た錢形平次, 居つたの, 居ても, 居ましたが, 居ましたがね, 居ましたよ, 居ますが, 居ますの, 居りましたところが, 居りますが, 居るお前, 居るから, 居るさうかと, 居るだらうな, 居るぢ, 居るといふ, 居るとは, 居るので, 居るガラツ八, 居る上, 居る不完全, 居る世相, 居る中, 居る仲間, 居る商家, 居る手足, 居る方, 居る明神樣, 居る最中, 居る相手, 居る筈, 居る順風耳, 居れば, 居ろ, 居ろと, 常に他人, 平ばつ, 延ばす冬, 待ちました, 待つて, 待つ居るに, 怒りました, 抱いて, 押し返して, 持つて, 暮すやう, 最早や, 来い, 来たいと, 来たから, 来たので, 来たん, 来ましたね, 来ようか, 来ると, 来るの, 来るよ, 来るん, 来る事, 来る組, 果しが, 決して彼, 泣く様, 渡る工夫, 溢れて, 濡れた船尾, 生きて, 痛んで, 直ぐ俺, 直さず入れられなん, 相變ら, 稼いで, 突然笑, 置いた仕掛, 蟠るに, 行かうと, 行かない, 行かれた, 行かれぶらぶら, 行きたかつたん, 行きます, 行きますから, 行くが, 行くだ, 行くやう, 見, 見えた, 見える, 見さだめて, 見せましたが, 見せる男, 見たが, 見たり, 見たろか, 見て, 見ようと, 見るとずつと, 見渡す野原, 親しく尋ねた, 設けられて, 辛うじて唸り出した, 追い撃ちました, 長い船縁, 間もなく待たし, 頑張つて, 飲まうと, 高いもの

▼ 張~ (434, 5.3%)

6 中に 5 椅子に 4 傘を 3 中を, 前に, 男は, 者が, 蝙蝠傘の, 蝙蝠傘を

2 [37件] ある目, ある眉, ある若い, つよい言葉つき, はがれた壁, 中の, 中は, 人は, 児は, 処に, 占いを, 壁の, 大紙鳶, 天井を, 女傘, 姿は, 娘が, 娘と, 家の, 家は, 小屋に, 尼が, 建水を, 強い眼, 手に, 手伝いに, 掛茶屋が, 方へ, 洋傘は, 涼傘の, 目を, 神, 者から, 茶店が, 蚊帳に, 露台の, 顔を

1 [327件] あった母, あとを, あるきり, あるくり, ある体, ある心, ある月, ある朗, ある白い, ある綺麗, ある美しい, ある顔, いったこと, いって, うちは, お役人衆, かこい場, きびしい岡崎, この傘, その地図, そばから, ために, ない声, ない小さい祖母子, ない栄蔵, ない痲痺, ない聲, なかで, ふくれたの, ふすま, まま立て掛け, やうな, ような, ように, よろしさだつた, をお持たせ, アーム, ソファー一つ椅子二つ三つ, タンクは, テントに, テントを, テーブルが, ニス板が, ベッドを, ヴァイオリンの, ヴェランダの, 一名が, 三坪ばかりの, 下にも, 下は, 世界の, 世間見ずで, 両提, 中が, 中と, 中には, 丸行燈の, 主人である, 主題である, 予言に, 予言は, 享楽主義や, 人で, 人まで, 人夫に, 休茶屋が, 作り声が, 侍が, 供の, 便所の, 俎に, 傍に, 傘の, 僧侶に, 兵が, 兵は, 兵を, 兵隊が, 出て, 出迎へに, 前へ, 努力でなく, 半紙本である, 占いが, 占いなんか, 占いは, 古壁, 古弓, 台を, 問いに, 四人組の, 回転椅子と, 回転椅子に, 土人が, 堅い枕, 場所を, 塔が, 壁に, 外に, 外には, 外へ, 外殆ど大なる, 夢に, 大きな扉, 大原生, 大弓と, 天井が, 天井に, 天井濃淡の, 天幕が, 失脚後職に, 奈何に, 好意を, 姿, 姿が, 娘ぢや, 娘でござらう, 娘は, 婆だ, 安楽椅子が, 実業家気質から, 室で, 家で, 家では, 家でも, 容を, 密羅繁網を, 寝間は, 小屋が, 小屋でありました, 小屋でも, 小椅子, 小鞄一つ, 居酒屋で, 屋内へ, 屋内温室の, 屋台店は, 屋根から, 屋根が, 屏風が, 屏風越しに, 山の, 師匠だ, 幕も, 庇の, 庇を, 床の, 床へ, 店も, 度牒一には, 建水が, 建水でございます, 建水は, 弁で, 弁を, 弓, 弓だに, 弓である, 弓とか, 弓の, 弓張提灯を, 弓絃の, 弩が, 弩弓を, 弱い腰, 強いはっきり, 強い女主人, 強い涼しい眼, 強い鋭い目, 強弓だ, 形式教育によりて, 役人それぞれ床机によって, 役私は, 役者が, 待合室に, 性癖を, 怪我した, 感想に, 態度は, 戸の, 戸は, 扉を, 手が, 手を, 手当を, 指物を, 捕縄です, 掛茶店を, 提灯が, 提灯を, 提燈が, 文章味が, 新聞紙の, 方は, 方針と, 日覆いが, 普通の, 暑い書斉, 暗い板, 有つた目, 有る力, 木箱の, 朱骨丸行燈の, 机の, 机を, 材料が, 材料だ, 東京人間が, 柱の, 格子戸を, 棟梁である, 椅子同じ, 極めて単調, 楽椅子に, 様子に, 横に, 橄欖色の, 正確と, 死んだ後, 水晶の, 水練場が, 水茶屋で, 洋傘に, 流しが, 浅間な, 火術弩を, 燈籠など, 牢屋に, 琴を, 生命を, 男が, 男だったらしい, 男で, 男に, 男の, 男を, 男性の, 白状, 盛あげた, 看守と, 眞鍮煙管を, 真鍮の, 眼が, 着くの, 着物の, 神に, 神は, 稽古が, 穢術と, 立看板に, 竜宮づくりで, 競争は, 筆塚とか, 箱に, 箱の, 糊が, 紙を, 紙帳が, 紙幕を, 紫大き, 絖に, 絖を, 絵も, 繪行燈横町, 群に, 翁, 翁の, 翁は, 翁も, 翁を, 老母は, 者でも, 者を, 背中を, 胸に, 腕だ, 腕を, 腰掛け茶屋で, 臼を, 舌で, 芸風を, 茶屋へ, 茶店あり, 茶店に, 茶見世に, 茶見世を, 葭も, 蚊屋に, 蚊帳の, 蝙蝠傘澄して, 血も, 術を, 衝立が, 衝立に, 裾から, 裾が, 裾と, 裾に, 襖が, 襖なぞ, 襤褸蚊帳が, 見事な, 見通しだ, 親爺とか, 調剤室の, 講習に, 軍は, 軍艦, 逃げ込んだの, 道教創始以前である, 遺骨である, 遺骸の, 部下の, 釈義に, 鉄面しい, 銀煙管おとなしき, 長椅子一つ, 階下には, 階梯を, 階段を, 障子を, 雪洞に, 順序で, 頭から, 頭を, 類よ, 骨へ

▼ 張~ (339, 4.1%)

31 のない 25 がない 17 がある 16 ひが 15 のある 13 もない 12 ひの 11 がなく 10 の無い 9 もなく 7 もありません 5 が抜け, が抜けた 4 があつ, がぬけ, のぬけた, 抜けが, 抜けの 3 があった, がありません, が無い, ひ拔

2 [23件] があり, があります, がな, がなくなった, がもう一度, でどんな, で誰, なく, なさ, なし, になつて, ぬけが, のない淋しい, の無, ひにな, ひもなかつた, ひを, もなかっ, もなかつた, も無い, を増した, を得, を持っ

1 [85件] あり, ありて, あるもの, があっ, があったろう, がありませんでした, がありやしない, があるでしょう, がお, がございます, がす, がなう, がなかっ, がなくなり, がぬけた, が出, が強く, が御座らぬ, が抜けたらしかった, が抜けやしません, が抜ける, が拔, が無え, が無かっ, が無く, が無くなる, が生じる, が着きました, が違います, だけでもおそらく, で私, となっ, となつ, ないよう, ない感, ない疲労, なき顔, なげに, なさそう, にし, になつて惡, に生き, ぬけした様子, ぬけの, のあり, のない馬鹿馬鹿し, の抜けた, の拔けた樣, はあっ, はない, は拔, ひぐらゐのことで終つて, ひであり苦樂, ひですわ, ひもなかつたので, ひ局, ひ抜けが, ふこと, ふの, ふ気持, ふ氣遣, もあつ, もあり, もありませんでした, もございません, もなくなった, もぬけ, も何, も出ない, も出来ます, も失はれた, も拔, も拔けた, も有り, も無, も無く, も無くなった, も無くなる, や熱中, を失ふ, を感じ, を附けろ, 抜け, 抜けしたやう, 抜けも

▼ 張~ (189, 2.3%)

5 それを 2 しかたなし, 怖る

1 [180件] ああっと, あたま, いった, いって, いよいよ不思議, おちつきはらって, おぬ, お父さんの, かれら, がたがたふるえ出した, がっかりした, くすくすと, くるしそう, こうし, ここぞと, この四字, これを, さっきあんな, して, しばらく眉, すぐさとった, すぐさま泣き, すぐに, すぐ己, すぐ返事, すでに老い, すました顔, その五つ, その刀, その前, その後から, その怪物, その死骸, その辺, それに, たずねる, ただ泣く, つよく首, とても急, どうな, どうにか文字, どうも困りはてた, どこへやら, なかった, はずかしそう, はたして川上機関大尉, ひそかに, ふらふらと, ますます好奇心, まず和尚, またびっくり, また起きた, もうあせらず, もうこわがらず, もうそんな, もうとても逃れない, もう今にも射殺, もう怪物, もう死にものぐるい, もう死人, わるびれずに, コーヒーを, ネッドの, 一つの, 一人も, 一心に, 一方へ, 三輪車を, 不思議な, 云う通り, 云った, 五分五分だ, 五十頭の, 仰向けに, 仲間うちでの, 何時の間にか邸内, 俺は, 元気な, 共楽街, 其の人蔘, 其の意味, 其の晩, 冷静に, 初めて覚った, 前夜何人の, 勿論ほか, 医院の, 取引を, 各村, 喜んで, 四十八歳である, 困りました, 困難な, 夢が, 夢の, 大元気, 奮然決心し, 女の, 奴僕を, 好奇心を, 妬ましいよう, 字を, 安心し, 家に, 寝た振り, 少しも, 山の, 己の, 庭に, 強くか, 彼に, 得意と, 怒って, 怕く, 急に, 怪物が, 怪物と, 怪物の, 意外にも, 戸袋の, 手に, 手足を, 指さしては, 散らし髪の, 料理人に, 料理人を, 更に府, 朽ちかけた衣服, 杉田二等水兵に, 楽に, 欄干によって, 正しいが, 正太が, 正太君に, 歯のねも, 歳晩ま, 死にました, 死んだの, 死骸の, 水晶の, 求職の, 泣きだして, 烏龍と, 無言, 無言だ, 燃えるよう, 燭火の, 片手で, 牛蒡と, 玉太郎に, 王と, 界磁用抵抗器の, 白骨を, 皿の, 石の, 科挙に, 紙を, 終った, 聞いて, 胆を, 自信に, 自分も, 船員の, 華陰の, 華陰を, 蒼くなっ, 西北方において, 見苦しいもの, 躊躇せず, 車を, 道, 都に, 配電盤へ, 酒を, 酔った勢い, 酔って, 階下に, 靴の, 馬に, 驚いて

▼ 張~ (162, 2.0%)

24 して 3 した 2 かって, したが, つけて, 乗せて, 取って, 持ち橋, 當てる, 着て, 自動車で

1 [117件] いいつかって, いいつけられた加山, おろして, おろしました, お医者さま, お願, かいなお, かえりみながら, かつぎあげて, かつて居た, からかって, からりと, きた女, こころみて, こめれば, させた, したまま, した上, しても, してやるん, しのばせて, しばらく続け, し或, するつて垣, するという, するなり, するの, するツ, する人, する人間, する時, せられて, その中, たつ, たのんで, つづけさせた, どの親類, にらむ, にらんだ, のこしあと, はじめた, はずし一息, はずす, ほどこした, まかせて, まわしたン, もった眼, ゆびさした, 両人ともに, 並べて, 主張したる, 云わねえで早く, 亭主の, 伴れ, 入れて, 凭せ, 出して, 出し海岸線三十里, 出す聾婆さん, 出た, 出ようと, 卑劣と, 吊らせて, 噛ませる細工, 固くし, 外させ桟, 外し戸, 天井と, 寝かした, 就て, 帯の, 引張りだして, 引提げ, 得意と, 忘る, 抜いたの, 抜かるなよ, 抱いて, 持って, 持つた私, 持てほい違つた, 持出したの, 探したが, 斬らなくては, 有ち, 染めて, 根柢と, 残る隈, 殺し妄, 牛頭大, 着た男, 着た給仕人, 着片手, 石橋の, 空に, 立てどんな, 縛った葛, 脱いで, 舎利弗に, 行おうと, 見せたこと, 見て, 見ると, 譲って, 買って, 通して, 造らしめ給, 連れて, 遊ばしましたら滅切り, 遣て, 遣るよう, 重んぜるも, 随へ, 頼むぜ, 頼んだの, 頼んで, 駆け廻る音

▼ 張~ (153, 1.9%)

3 であった, の二将 2 か, が馬, では, と関羽, の言, の馬飼, もそれ

1 [133件] あるも, あわせて, からその, からの決戦状, か徐晃, がいう, がうしろ, がここ, がそうありのまま, がそれ, がたてこもっ, がなに, がなにか, がふと, が右列, が彼, が突っ, が苦戦, が踏みとどまる, が遂に, が関羽, だの許, であるが, という人物, という者, とはけだし, と仲, と侯成, と太史慈, と見えた, と許, と貴公, などがふたたび, などの宗徒, などはその間, にたずね, につづい, には狼狽, には私心, には鼓, にひとつ, にも当然, にやらせ, に告げ, に持たせ, のうしろ, のお, のごとき, のす, のほう, の一陣, の一隊, の両, の二軍, の五百余騎, の兵, の副将, の勇, の名, の大兵, の子, の心証, の手, の旗, の私邸, の自信, の軍勢, の開ける, の隊, の面, の首, はあえて, はあと, はありのまま, はあわて, はいよいよ, はかれ, はきのう, はここ, はことば, はぜひ, はそういう, はそれ, はひっ返し, はひとり煩悶, はひるみ, はふたたび, はぶらりと, はみずから, はみな, はもう, はやがて, はわざと, は一本槍, は一軍, は一鞭, は下, は侍側, は危うい, は城兵, は山, は心配, は惜しい, は手勢, は数日, は曹操, は石, は答え, は答えた, は絶叫, は辱, は速やか, は馳, は黙々と, へ託し, もいま, も余りに, も合し, も病気, も討死, やら徐晃, をうしろ, をまん中, をよん, を何故, を使い, を先鋒, を入れ, を再拝, を助け出し, を守り, を討ちもらした, を通じてお

▼ 張~ (132, 1.6%)

9 たずねた 7 いった 5 あって 3 して 2 ある, かかって, 付いて, 先師に, 出て, 切々に

1 [96件] あつて, あのミイラ先生, ありませんでした, あり力, ある之, いちはやく助けた, いる, いるもの, いわく厠に, おどろいたばかりか, きびしいよう, きびしくて, こたえた, こんな処, すすみ出て, その眼, その説明, それを, たずねる, つづけられて, できあがった, どうしたら, ない, なかった, なくて, なくなったという, なくなって, はられそこ, へんな, へんに, ぺったり廊下, ほんとうに, ぼんやりし, やったの, アアし, キキキキ, マッチの, 一人いる, 一枚輕く, 不審を, 不意に, 中絶し, 云ったとき, 仁について, 何か, 側に, 傷の, 出来て, 判らんと, 前へ, 占いを, 厨房から, 反対した, 取って, 叫んで, 吊って, 同じ姿, 呟いた, 実際の, 家へ, 少し弛ん, 強いといふ, 後から, 感嘆の, 感心し, 扉を, 手を, 手兵三千を, 支って, 政治の, 斬られたらしい, 明察という, 更にたずねた, 有って, 横に, 正太に, 正直な, 水晶の, 沈み続, 特に再び人群, 田舎者を, 町の, 真面目な, 着いた, 立った様子, 笑って, 籠って, 絶命した, 腰を, 自筆の, 落ちついた静か, 要るの, 起きて, 道具の, 重々しい声, 関の山にて

▼ 張つた~ (100, 1.2%)

93 に五日 2 ほどです, 四角い顔, 特に拙い

1 [82件] あ, いかつい恐ろしさ, おかみさん, おまへの, お喜美, お辭儀, か, かと思ふ, かのやう, かの如き, からだ, から足, があたり, がそれ, がそれ以上滝, がまた, がろくな, が撓, が私, が自分, が首, けれども処女, けれど村民, この病, し娘, し酒, すぐその, その顔, だけで, だけで澤山, だけの両, といふの, といふ音, といふ頬冠, とか言, ところが壁, ところで碌, とてわし, と云, と思ふ, と見る, ならば, なら帰れると, なりやはり, なりカリフ, にしろ, にも努力, ので主婦, ので病人, ので遂に, ばかりにあの, ばかりに白粉, ばかりの糸, ものでその, やうに網, よ親分, んでがす, 丸い眼, 充分實直, 勿論結構, 厚い胸, 古いこの, 大きい眼, 大きな栃, 大松の木, 大枝, 小さい浴槽, 小さい箱, 小笊, 少し憎, 干菜, 広い店先, 整然たるアンテナ, 暗い狹, 痩せた肩, 薄い耳, 赤い凉傘, 重くろ, 青白い顏, 高い竹竿, 高さ一間半四方位, 黒い美しい眸

▼ 張~ (85, 1.0%)

3 はこの 2 のほう, はあわて

1 [78件] か, から卑怯, から彼, から早馬, がびっくり, が上洛, が去る, が振り向く, が然, が置き残し, が酔中, ただただ恐縮, である, とはどこ, とやら, と別れた, などになん, に好意, のことば, のす, のすすめ, の一家, の前, の奇才, の弁舌, の愚, の手, の申す, の眼つき, の絵図, の考え, は, はさっき, はざっと, はすぐ, はその, はそば, はたちまち, はぽかんと, はわらい, はわらっ, は別れ, は劉璋, は口, は実地, は従者, は成都, は日, は曹操, は杯, は画工, は筆, は答え, は胸, は莞爾, は語, は車, は都, は頭, は馬, は驚い, は魏, へ座, へ杯, も思わず, も意外, も玄徳, も疾く, も眼, も黙っ, をつれ, を拝, を搦め捕り, を篤く, を見つけ, を送っ, を連れ, を閣

▼ 張~ (74, 0.9%)

4 のふたり 2 ではない, の二軍, の手, もまた

1 [62件] あるを, が, が帝座, が数千騎, すぐ行っ, だった, です, などが側, などが馳, などに守られ, などの働き, などの大軍, などの若手組, などの輩, などは四方, などもことごとく, にむかい, にもいいつけ, にも今, に会っ, に完膚, に救われ, に討たれ, に面識, の一軍, の一陣, の二人, の二将, の同行, の奇襲, の弓勢, の死, の殺害, の若い, の軍隊, の頭上, はあまり, はただ, はひとり, はや行っ, は夜, は帰らない, は敢えて, は気負っ, は答え, は谷, は躍起, は韓, は額, へ授けよう, もつれて, も如才, も死んだ, も率, やある, より一ツ年上, よ悲しむ, を亡, を帷幕, を走らせ, を通そう, を連れ

▼ 張~ (72, 0.9%)

2 の弟, の手, は

1 [66件] あり荊州, から幾たび, か魏, がついに, がのぞい, がわが国, が攻め, が軍勢, であつ, ですし, という野心家, とその, との關係, と呉, と血みどろ, と魏, にたいしてどんな, に侵され, に年頃, に扼, のこころ, のため, のところ, の侵略, の先, の勢, の心証, の思う, の援軍, の法城, の父, の群臣, の行い, の野心, の領域, はここ, はこの, はそれ, はたちまち, はもちろん, は事態, は北, は城, は是, は激怒, は父, は膝, は遂に, は閻圃, は顛倒, へは, へも物資軍需, へ急使, へ膝, へ謀略, へ讒言, も意, も算計, も蜀, をし, をめぐって治頭, を平, を征伐, を破り, を討つ, を誘い

▼ 張~ (66, 0.8%)

3 は彼 2 が, そのほか, と周瑜, や周瑜

1 [55件] から薦められ, がいう, がいった, がご, がそっと, が中途, が心, が来, が訊ねた, が議長格, といい, にたずねた, にはかる, にも会っ, に問い, に問え, に相談, に連れられ, のあと, のさし, の住ん, の子, の眼, はいう, はいつも, はかたく, はさらに, はじ, はそれ, はたたみかけ, はつぶやく如く, はまことに, はよく, は励ました, は呉, は孔明, は孫権, は孫策, は急, は憂え, は敢然, は書簡, は沈黙, は甚だしく, は答え, も他事, や顧雍, をうごかした, をおい, をよん, を先, を論争, を起たせた, を躍起, を長史中郎将

▼ 張~ (64, 0.8%)

3 出這入しても 2 倦きが來て

1 [59件] いった, おでん燗酒を, かかって, したの, したやう, した堅牢, して, すがりついた, せき弦, そういった, たずねた, つれて, なった, なったの, なったり, なって, なるん, のこして, やつて, やりました, 並べて, 仕上げて, 仰しゃったそうですが, 休んで, 余念なかっ, 倦きが来, 全軍, 出た冒険, 出て, 別れて, 十五束三伏忘る, 報告する, 威張りひた拘りに, 島田の, 歌が, 歩けるの, 残して, 沢山用ゐられた, 渋茶を, 炭屋さんが, 献上する, 白帆は, 立ち藤吉郎, 立って, 精だし, 紹介した, 肉を, 背いた報い, 致して, 致候処妾宅には, 落ちて, 見台, 言ぢや, 訊ねた, 話して, 話しました, 踏ん反り, 通じたと, 過ぎない

▼ 張作霖~ (62, 0.8%)

4 の爆死事件 3 を爆死 2 がいよいよ, を抹殺

1 [51件] からは譴責, がこのごろ急, がそんな, が乗った, が乗つてる, が亡ん, が倒れれ, が奉天, が威, が排日, が敗退, が近年阿片, が頻, と共に黒竜江省督軍, と呉佩孚, と呉俊陞, と義兄弟, と言はず, に軍資金, に飛行機二台, の事変, の全盛時代, の兵三十万, の周囲, の奉天派, の将士, の意, の晩年敗戰, の東三省統一, の死, の没落, の漫画, の爆死, の爆死事件以来, の爆死後, の第, の行動, の軍事顧問, の骨, はまだ, はソロソロ, は三十万, は勢い, は如何なる, は決して, は螺旋, は重傷, は非常, や徐総統, よりもその, を対手

▼ 張~ (57, 0.7%)

2 が逆, は外した

1 [53件] か何, があった, がかっ, が厳重, が嚴重, が外れ, が掛っ, が支っ, が落ちた, が落ちる, でもかつい, で塞い, で滅多打ち, という万事万端無理, なぞ携え, などは意味, などは見えない, になっ, には当分用事, には長い, の外, はすぐ, はない, は今朝戸袋, は戸袋, までしつかり, まで掛け, まで當, をかう, をかけとい, をかっ, をかった, をかつて, をし, を二本, を取外し, を外, を外す, を平, を平気, を強く, を忘れる, を持ち出す, を掛けなかつた, を有り合う, を構, を構えた, を構おう, を突, を立てかけたら, を米友, を繩, を隱

▼ 張~ (55, 0.7%)

5 ネッドの 4 ネッドが, ネッドは, ネッドを 2 葛籠を

1 [36件] いひすべて此等, いふ, おなじ場所, なると, ネッドそう, ネッドと, ネッドなら連れ, ポチを, ラウダも, 一しょに, 云うくらいの, 云う人, 云う家, 云う此, 云う武科志願, 云ふ, 仕立物で, 他の, 俗に, 僕を, 共に走る, 助平とが, 卓子を, 取っ組み合って, 名の, 夫婦に, 弛緩とが, 意気地を, 比しから, 申すの, 紅玉とは, 言ったは, 轉と, 連れ立って, 騒ぎにばかり, 黄鉞銀鎗を

▼ 張~ (53, 0.6%)

2 のため, の兵, を攻め

1 [47件] おのおの虎視眈々, がさりげ, がすぐ, が世話, という人物, とても先ごろ, との戦, とはひそか, とは共に, と力, と戦う, と結託, にすすめ, にむかっ, に会わせた, に対する備え, に説いた, の両, の叔父, の寝返り, の座所, の心, の怒っ, の所, の手, の聯合勢, の自信, の軍勢, の降参, の隊, はうろたえた, はつめ寄った, はともかく, は心, は必殺, は曹操, は聞い, は色, は諸州, は防ぐ, は音, は顔, へは曹操, もいや, もよく, を見, を討つべく

▼ 張~ (49, 0.6%)

2 四辻殿林歌の, 局へ, 押通して

1 [43件] あつた, あの肥ってる, いえること, いながら, お前嘘を, かちかち皿, こんなこと, ござりました, さあの, その上, それを, だぼ沙魚, やって来て, やり通さうと, 上から, 不味いけれども, 云ひ出しました, 五人乗りの, 古代ロシア風の, 和服と, 女なんぞは, 如何ともし, 完全な, 布一端八十張で, 建てられ立幟, 持たずに, 日本服を以て, 本願寺の, 柄の, 清潔である, 煌々たる電燈に, 牡丹餅を, 盲目の, 相手が, 眞直に, 立派な, 紲一匹といった, 聞いたの, 自分の, 言ひ出したら, 銭五文四十張で, 頭ばかり, 飛び廻った

▼ 張~ (49, 0.6%)

8 ネッドも 3 意氣地も 2 なくお前さん夫, 意地も, 意気地も

1 [32件] あがった, あるん, いた, いらあ, おろして, しまい川端, すれば, そうした人蔘, そしてネッド, その意, ない多与里, ない長い欠伸, なかった, なくお前さんそれ, なく崩, めずらしがっ, もちろん玉太郎, ネッドに, 一時に, 今更の, 同じ事, 同様な, 大変だ, 恐れて, 手伝った, 承知であります, 死んだまね, 葉が, 蚊とり線香も, 要らず御, 達引も, 馬から

▼ 張~ (43, 0.5%)

12 の家 2 と同じ, と物部氏, の孫

1 [25件] が高, であります, と共棲, に遣わし, の嫁, はお腹, はその, はその後, はどうしても, はなっ, はにやにや, は前, は半分独言, は妻君, は寂しい, は居, は愛想, は耳香水, は面目, は首, へあてた, も可笑し, も知らなかった, より然, 或は尾張氏

▼ 張~ (41, 0.5%)

2 に下さいました, の周囲, の妻, はしばらく, は将軍, もその

1 [29件] が夜, という武人, の兜, の眼, の鎧, はいささか, はこの, はそっと, はそれ, はどうしても, はどうも, はなにげなく, はまた, はやはり, はよろこん, は俄, は廟, は急い, は正直, は武人, は肯かず, もいよいよ, もおどろいた, もおなじく, もまた, も今日, も持てあました, も次第に, も羊得

▼ 張~ (39, 0.5%)

3 の弟 2 はその

1 [34件] がある, が常に, が戸ごと, が有りませう, が陣中, でも生, という無名, とその, と称え, と称し, にもよく, に三巻, のこと, の兄弟, の前, の名, の大兵, の太平道, の帷幕, の爲, の起つた, の軍, の配下, はしかし, は一種, は再拝, は自己, は門, も, より先, を埋けた, を救世, 方師の, 終に天下

▼ 張教仁~ (37, 0.5%)

2

1 [35件] がこの, が現われた, が走っ, だって黙っ, に助けられ, のその後, の備忘録, の姿, の肉体, の言葉, の身, の驚き, はある, はうしろ, はそれ, はどうしてももう一度, はヒヤリ, は云い放した, は全力, は呼び, は怒鳴り出した, は恐怖, は慄然, は支那流, は暗い, は次, は無言, は眼, は突っ, は自動車, は躊躇, は遁, は闇, は黙った, まで飛び出し

▼ 張~ (36, 0.4%)

10 たりし 4 ている 2 たり首根

1 [20件] たり, たりする, たりなんかする, たり一方, たり引つ張られ, たり意, たり押し込ん, たり月代, たり油粕, たり神經質, たり縫, たり肩, たり舌, ちやいけない, ちや兄哥に, ていき, ておい, てゆく, てる所が, てる所へ

▼ 張~ (35, 0.4%)

3

1 [32件] があきらめ, が部下, という蜀, とはどんな, とは汝, に会っ, の一令, の一手, の命, の眼, の軍隊, の首, はこう, はついに, はひどくおかし, はふしぎ, は一軍, は不利, は各, は天, は寄手, は智謀機略, は沈痛, は白馬, は笑っ, は肩, は舞い, は逃げ, は馬, へ告げた, を生, を見失い

▼ 張~ (29, 0.4%)

2 の番人

1 [27件] があった, がある, だ, でありまた, でいちいち, でね, で敵機投弾, とあった, と池, と谷戸橋, に入っ, のあたり, のよう, のキノコ屋根, の上, の下, の傍, の前, の手前, の発信, の硝子窓, は応急救援所, へやって来た, へ行っ, もあった, をこし, を建て

▼ 張~ (28, 0.3%)

42

1 [22件] がなんだい, が蜥蜴, といえ, とともにこの, と議論, に逢っ, のところ, の処, の博学多才, の流, の邸, はこの, はこれ, はその, はそれ, は少し, は晉, は猟犬, は用事, は考えた, は雷孔章, も弱らされた

▼ 張その~ (27, 0.3%)

1 [27件] おい, ほか徒士武者一団華やかに, 主人が, 人自身の, 会堂に, 作中の, 公家と, 出ずる, 前に, 女を, 御噂, 探検者の, 方だ, 會堂に, 様子に, 環境に, 用で, 用ゐなれたる, 男と, 盛岡まで, 身自身は, 通りで, 通りであった, 通りの, 青年が, 頃の, 頃は

▼ 張つたやう~ (26, 0.3%)

3 になつ

1 [23件] であること, で薄, なもの, な仏蘭西語, な形, な松, な樹, な眼, な細い, な輪廓, な靄, になる, にまぶしく, に傾斜, に大きい, に大きく, に建てた, に斜, に歩い, に絶句, に膨れ, に蔽, に道

▼ 張自分~ (26, 0.3%)

2 と同じ, と同じく, の思った, の記憶, は此村

1 [16件] が弱い, が斃, が求め, です, で手繰る, で拵, で歩く, に味方, の事, の子, の心, の書, の為め, の迷, は誘惑, ヲ幼童ダト思イ

▼ 張~ (26, 0.3%)

3 の墓 2 である

1 [21件] が一巻, が城, が履, が秦, が逢, が黄石公, といえ, といえる, とはこの, にし, に授けた, の如き, の強く正しい, の智謀, の知謀, の鐵椎, の黄石公, は漢, は籌, や寝, をもっ

▼ 張つたの~ (25, 0.3%)

2 である, も無理

1 [21件] だ, であつ, でお, ですよ, と古, と掛け, には相違, はその, は兄, は内儀, は場違, は大小, は皆同室, は皮, は真理, もある, もこの, も深い, よりずつと上物, を苦, 引つ張らぬの

▼ 張一滄~ (25, 0.3%)

2 の方, はそこ

1 [21件] がいきりたっ, がいきり立て, が大きな, が考えこん, につかまりました, に自慢, の一人娘, の様子, はいくらか, はぐったり, はその, はひどく, はもう, は何, は尋ねました, は息, は握り拳, は朱文, は港, は飛び上りました, は驚いたらしく

▼ 張博士~ (25, 0.3%)

2 が熊川忠範

1 [23件] がどこ, が多少, が客, が屋敷, が返事, といふ男, と連れ, にも何, に返す, の呼ぶ, の山荘, の意向, の背後, はこの, はさ, はさつき, はそれ, はもう, は二人, は熊川忠範, は訊かなく, も熊川忠範, よりもずつと若々しく

▼ 張~ (25, 0.3%)

3 をし 2 を見

1 [20件] かなんかのこと, が, がある, がいたる, が下, が土手, が格子戸, して, だけが曲っ, でもし, のある, の夥しき, の糸, はいたしません, はこの, をされた, をする, を張りつける, を探ね, を町奉行

▼ 張~ (25, 0.3%)

1 [25件] が馬煙, です, では, とが救援, とは初め, と馬忠, などが手具脛, などが早, などの伏兵, なども急, に, にもすぐ, のふたり, のほか, の両, の卑怯, の後, はそこ, は右, は司馬懿, は残念, へこう, もこれ, を重く, 来れ

▼ 張さん~ (22, 0.3%)

2 おい張さん, 乗っけて

1 [18件] が五月蠅, が僕, が別荘, が盜ん, が説明, が食糧係, それからラウダさん, ちう大学, という人, に何, のもの, のよう, の知り合い, はこういう, は困った, は採, も君, も笑っ

▼ 張つて來~ (22, 0.3%)

32

1 [17件] い, たの, たので, てからふと, てくれ, てこの, て下さい, て齒並, なきや, ましたね, ますよ, やがつたな, るそして, るなり, る亭主, る偉大, れば

▼ 張という~ (22, 0.3%)

3 男は

1 [19件] あの支那人, のが, のは, ひとで, 中国人ボーイは, 人が, 人の, 人物の, 大百姓, 家へ, 役人が, 手下だった, 支那の, 支那人を, 方から, 旧家が, 点において, 異名を, 者である

▼ 張~ (22, 0.3%)

10 洞の 2 洞と, 洞などは 1 儒, 洞が, 洞さへ, 洞すら, 洞など, 洞などの, 洞に, 洞等の

▼ 張文成~ (22, 0.3%)

5 などの新作, ばかり古く 4 を拾 2 の門 1 たらしめた代作者, の列伝, の孫, の艶話, を拾い読み, を気どる

▼ 張~ (21, 0.3%)

1 [21件] という男, という縦横家, とのため, のよう, の勢力, の名, の如き, の建言, の弁舌一つ, の楚, の神経質, の術, の詭弁, の語, の辯, の類, は二度, は友人蘇秦, も共に, をただ, を秦

▼ 張同じ~ (21, 0.3%)

6 やうに 2 事だ, 所に

1 [11件] お茶屋であった, だな, やうな, 下宿に, 事, 事で, 刻限に, 型で, 型では, 級で御座いまし, 連中の

▼ 張宗昌~ (21, 0.3%)

1 [21件] が今, が何だい, が新しい, と共に戦線, と孫伝芳, について行く, に売りつけた, に身売り, のいる, のため, のぶくぶく, の兵タイ, の無理強い, の落ちのびる, の軍事顧問, の退却後, はあの, は城門附近, は孫伝芳, は宿州, をボロく

▼ 張~ (21, 0.3%)

3 の幻術

1 [18件] が呪, が妖気, すでに討たれぬ, に従っ, のこめかみ, のふたり, の二軍, の兄弟張梁, の地公将軍, の本拠, の賊軍, の部下, は, はほとばしる, は例, は先, は射止めたる, は有名

▼ 張それ~ (20, 0.2%)

3

1 [17件] いくらか若宮君, がつい, が前, が穢れ, だけの品位, である, であるから, でしめやか, と同じ, に供, は春, もはじめ, も弓張, も片側, も生, も生得, よりは未知

▼ 張~ (20, 0.2%)

2 ていた, ている

1 [16件] た, た声, た談話, た顔, た飯, た鼻, て, てい, ていなく, てお出で, てッ, て依頼者, て右, て来た, て来る, て行かなけれ

▼ 張~ (20, 0.2%)

3 のふたり 2 の二人

1 [15件] とか蔡瑁, などは偽, に, のこと, の二将, の手簡, は仰天, は襄陽, は見る, も呼ん, も大, を助, を召し出し, を殺し, を除いた

▼ 張込ん~ (20, 0.2%)

7 でいた 3 でいる 2 でい 1 でいまい, でいました, でお, でおります, でない前, でゐ, で勇美さん, で居た

▼ 張~ (19, 0.2%)

2 進みに

1 [17件] きみさん同様の, 下屋敷の, 互ひ, 医者さまで, 宅の, 島の, 帰りが, 源の, 稼ぎに, 笑ひなさる, 米さんに, 綾が, 茶々の, 賤の, 酉か, 酒を, 馨さんの

▼ 張出縁~ (19, 0.2%)

2 や門口

1 [17件] から小さな, が突然, だ, で何者, で目撃, と魅力, には冷水, に動い, に異様, に蠢い, のある, の向う, の真下, へ出現, を借り, を引き倒す, を自分

▼ 張~ (19, 0.2%)

2 のふたり

1 [17件] が煙草, では, に紹介, のいう, の両人, の二, の二名, の兄弟, の前, の案内, の肩, はとびあがらん, は上眼使い, は俄, は涙, は涙ぐんだ, は漁夫たち

▼ 張金田~ (19, 0.2%)

1 [19件] からの使, から誓い, が昨年, が湖上, が肥え太った, と二人, に贔屓, に関すること, の死体, の真意, の親しい, は商用, は市外, は式後, は振向い, は私, は陳家, を中心, を訪れ

▼ 張~ (18, 0.2%)

1 [18件] が各, であった, などの軍, など続々, に命じ, に対してはこういう, のほう, の三名, の二軍, の股, の身, の順, は左, は待ちくたびれ, は血, は魏, も, を招き

▼ 張~ (18, 0.2%)

2 と同じ, の心, の方

1 [12件] に取っ, の事, の家督, の想つた通り, の自由, の言った, はお, は旧派, は飲まず, もいい, を然, を見送

▼ 張~ (17, 0.2%)

1 [17件] が死んだ, という敗亡, と樊稠, と称する, のいう, のすすめ, の功, の妻, の後家, の意見, の手, の甥, の肩, は驃騎将軍, は驚き, を欺く, を驃騎将軍

▼ 張~ (17, 0.2%)

1 [17件] がうろたえ, が敗走, という大将, とは汝, に知らせた, の胴, の行く手, はようやく, はわが, は兵, は城中, は牛渚, は膝, は逃げまどう, は驚い, も豪, を見つけ

▼ 張~ (16, 0.2%)

1 [16件] であった, には分っ, のこと, の苦諫, は, はあッ, はそう, はそういう, はその, はつよく, は今, は今日, は口, は階下, は驚いた, へ迫った

▼ 張~ (16, 0.2%)

2 の主人

1 [14件] から月々三千円, ではささやか, に仕える, の一房, の倉庫, の婿, の客, の小, の屋敷, の楠, の腹心, の自慢, の荷役, は旧家

▼ 張合ひも~ (15, 0.2%)

4 ありません

1 [11件] ない, ないから, ないない, ないので, ないよ, ないんで, ない無気力, ない状態, ない野郎, なくな, 持てなくなつ

▼ 張駄目~ (15, 0.2%)

4 なん 32 だと, だらうね 1 だった, です, ですね, なんぢ

▼ 張~ (14, 0.2%)

2 だ, だつて, で小野山, 教師の 1 といふもの, のところ, の事, は全く, は可愛かっ, も手拭

▼ 張~ (14, 0.2%)

3 が狙撃

1 [11件] が地面, に案内, に逢いたがってる, に関すること, の慧眼, の時, の死, への加害者, ももと, をし, を星野武夫

▼ 張~ (14, 0.2%)

1 [14件] があらためて, が都門, に向っ, は, はあざ笑っ, はほくほく, はまったく, はよけい, は傍若無人, は眼, は自分, は面, も, を答礼

▼ 張この~ (13, 0.2%)

1 [13件] まま引取って, 人である, 作者の, 同一哲学であった, 子供等にも, 家の, 少年に, 時代が, 白い土, 辺に, 鉱泉の, 隣の, 霧であった

▼ 張~ (13, 0.2%)

2 て頗る

1 [11件] あなたに, あるん, て, てある, て徐々に, て自尊自重敢, 吾が娘, 学生で, 物足りなくって, 自分の, 遊びにも

▼ 張~ (13, 0.2%)

2 でも無い

1 [11件] うしても, かしっくり, かに出る, かほっと, か一種, か感じたらし, か私, ですかね, とも思っ, とも返事, の音沙汰

▼ 張~ (13, 0.2%)

2 のふたり

1 [11件] が見かけ, と二手, などという輩, のめぐらした, の一軍, の二大将, はそれ, は久しく, は大いに, は極力, をただ

▼ 張学良~ (13, 0.2%)

1 [13件] がサッと, が空軍, と楊宇霆, に対し何ら, に逢った, の奴, の委任統治, の部下, の阿片, は五人, も之なくし, を主権者, を推さん

▼ 張~ (13, 0.2%)

1 [13件] がつい, が咎めた, が強い, が気, が滅入る, に懸る, に掛けず, に掛る, の定まらぬ, も失せました, も装い, を起させる, 障な

▼ 張飛関羽~ (13, 0.2%)

4 のふたり 1 がいかに, などの率いる, の三人, の両, の二つ, の桃園義盟, は口, は振向いた, は眼

▼ 張あの~ (12, 0.1%)

1 [12件] 上野町に, 人には, 場に, 学生だらう, 新聞は, 時亡くなられ, 男だ, 男と, 病人です, 病氣に, 舟べりにも, 雪の

▼ 張~ (12, 0.1%)

2 其の議員 1 いるから, 動かざるは, 居る大家, 居る宿, 己は, 抵抗の, 有る可, 段々声が, 油断を, 置きなさいと

▼ 張らしい~ (12, 0.1%)

2 お土産 1 出来だ, 勢いで, 勢で, 大仏を, 岩山が, 幸福感を, 獲物が, 鏡餅が, 霊感に, 顔を

▼ 張~ (12, 0.1%)

1 [12件] がほんとう, だつた, には髭, にやらせた, に占わせよう, のこと, はうまく, はえらい, はそれ, はやや, は三つ, も22

▼ 張~ (12, 0.1%)

3 の前, の映写幕 1 で見る, に食い入る, の六つ, の拡大, の拡大ハンドル, の特長

▼ 張~ (12, 0.1%)

1 [12件] が妾, が忠義, でわたし, の不, の再生, の妾, の後, の徒, の條參看, は, はその, は眞先

▼ 張~ (12, 0.1%)

1 [12件] あり長, があつ, が有る, するが, によつて, の上, の中, の人, の状, は有る, を知り得る, を觀察

▼ 張~ (12, 0.1%)

2 が張衡 1 とあり, とある, といふもの, とともに兵, とは別人, と五斗米道, と張魯, は應, は疑, 反すといふ

▼ 張~ (12, 0.1%)

21 から出奔, という大将, に入, に兵, のあと, の陣, はいち早く, は何, もまた, を大将

▼ 張首明~ (12, 0.1%)

2 は安 1 が出, が突き落される, と入れ違い, と李剛, に顔, の低い, の妻, の様子, は再び, は素早く

▼ 張そう~ (11, 0.1%)

2 であった 1 だったかい, だったの, である, であろうと, でした, は思っ, 云う遊び, 云う風, 行かなくて

▼ 張惟驤~ (11, 0.1%)

2 の主張 1 が昨, の, の誤解, の論駁, は, は之, は太初三年, は如何, は父司馬談

▼ 張~ (11, 0.1%)

1 [11件] へずして, へをお, もしなく, をお, をしよう, を手伝わなけれ, を爲す等, 修繕は, 屋に, 持一人傍路に, 時である

▼ 張~ (11, 0.1%)

1 [11件] がそれ, が死んだ, という, にたしなめられた, には会稽, のほう, の遺書, はいく, はよい, をも説かせた, を参謀正義校尉

▼ 張~ (11, 0.1%)

1 [11件] が乗っ, と楽, などの諸, の, の二軍, の二隊, は怖, は目的, へ当り, もこの, を扶

▼ 張~ (11, 0.1%)

1 [11件] が何, が公輸班, その父, であるならば, でなくて, という道士, なるべしと, の偽, の四愁詩, の子, の錦繍段

▼ 張見世~ (11, 0.1%)

1 [11件] だつたのさ, というの, とやらを撤廃, のこと, のやう, の景色, の記憶, はなお, は猶, を素見, を見る

▼ 張~ (11, 0.1%)

2 の子 1 が武帝以前, が老子, である, で第, に至つて, の一族, の家, は張角, は眞仙

▼ 張~ (10, 0.1%)

2 大關 1 さるべき掲示, にでも腰, になった, になり, に干物, の新, の欄干, までわずか

▼ 張~ (10, 0.1%)

2 を中軍 1 と共に初, に及ばず, の肉薄, の言, も亦, を亡, を失う, を第

▼ 張込み~ (10, 0.1%)

1 でさだめし, にいひたる, にでかけ, に感, に来, の名手, は対手, をする, をつけ, を止めさせます

▼ 張つたこと~ (9, 0.1%)

1 の決して, はない, は申しません, は言, も察, を云, を考へた, を記した, 既に先

▼ 張つたもの~ (9, 0.1%)

2 である 1 が多い, だな, であらう, です, と云, に違, を與

▼ 張~ (9, 0.1%)

21 たりすれ, たり裾, た罐, つも正義, てゐた, てゐらし, てゐる

▼ 張~ (9, 0.1%)

1 が居た, が見張っ, でもない, として手伝, に眼, のいる, の不注意, の頭骸骨, はなかなか

▼ 張~ (9, 0.1%)

1 からおり, でグラマン, と反対, にいた, に登りつめた, に立ち, に行く, に近い, の男

▼ 張~ (9, 0.1%)

1 だけで持っ, である, にゐた, に見出された, のはずれ, の一つ, の裏, へ来, をひろく

▼ 張~ (9, 0.1%)

4 の詩 2 の楓橋夜泊 1 に書かせた, の作, 再び此

▼ 張道陵~ (9, 0.1%)

1 が蜀, が蟒, によって初めて, に授けた, に現, の道教, や于吉, や葛仙翁, よりも四百年

▼ 張~ (9, 0.1%)

3 は驚い 1 が恨めしく, が機嫌, の声, の屋敷, は家, をはじめ

▼ 張飛趙雲~ (9, 0.1%)

2 の輩 1 あり, そのほか, などの諸, などもよく, などを翼尾, などを集め, の概

▼ 張~ (8, 0.1%)

3 うした 1 うか, うで, うである, うばかりは, う思つて

▼ 張~ (8, 0.1%)

2 にし 1 が足りない, になっ, に石摺, の中, の襖, を褒めよう

▼ 張大人~ (8, 0.1%)

2 のため 1 が勝っ, だってちょい, だって北京, に相談, の真似, は野蛮

▼ 張天師~ (8, 0.1%)

1 が帰安県, とは最も, のかじ符, の始祖張道陵, はその後, は壇, は眉, は道家

▼ 張守節~ (8, 0.1%)

3 の所傳 1 が太初元年, に據, の, の註, も卅

▼ 張~ (8, 0.1%)

2 のお 1 が来た, にご, には随分, の家臣, へ取り入った, 唸る程黄金

▼ 張~ (8, 0.1%)

1 が利く, が雲, となっ, に使われまする, の報告, の對象, の手下, の稼業がら

▼ 張した~ (7, 0.1%)

2 態度で 1 のだ, ように, 壁の, 心持は, 最後の

▼ 張つたところ~ (7, 0.1%)

1 があり, のない, は仲, は壁, は謙一, は飮友達, へ出る

▼ 張つた時~ (7, 0.1%)

1 には人, には愈, の予言, の光景, の痛, は平常, は相手

▼ 張つた顔~ (7, 0.1%)

1 が一同, とその, に融けた, の暈, を並べ, を取り外し, を坊さん

▼ 張つて行~ (7, 0.1%)

6 つた 1 つたよ

▼ 張~ (7, 0.1%)

1 が頭, に見, の黒内障, も人, も李四, を如何, を打っ

▼ 張~ (7, 0.1%)

1 でも土, でも海, のやう, の歌右衛門さん, までのやう, まで歩行, もって

▼ 張先生~ (7, 0.1%)

1 といふひと, と同じ, に会, は例, は怒っ, を捕え, 実はね

▼ 張~ (7, 0.1%)

2 れが, れは 1 が弱っ, が早かっ, のよう

▼ 張果老~ (7, 0.1%)

1 が長い, という仙人, はうつらうつら, はひらり, はまた, は仙人, は哀し

▼ 張~ (7, 0.1%)

2 の新山祠畔 1 の事, の土地, の御簾, の濠, の直訴

▼ 張~ (7, 0.1%)

1 などと共に久しく, は, は自ら河, は観念, は跳びかかっ, を始め, を見捨て

▼ 張遼徐晃~ (7, 0.1%)

1 などからく, などという旧, などの善戦, の二手, の二軍, は驚い, をし

▼ 張金吾~ (7, 0.1%)

2 はこの 1 といふ人, に貸した, は不幸, は元, は最も

▼ 張~ (7, 0.1%)

2 という人 1 が始め, との事蹟, の事蹟, は漢中, を紹介

▼ 張~ (6, 0.1%)

1 から何, から大抵, から朝, つたので, 張だ, 時に兼ちゃん何

▼ 張つた眼~ (6, 0.1%)

1 とが長い, にも妙, にも小さい, に出, は余, 青々と

▼ 張~ (6, 0.1%)

2 ところが 1 のです, のに何, 五十恰好の, 工業国アメリカより

▼ 張~ (6, 0.1%)

1 てらいで, ハタキや, 花紋の, 菰囲ひであつ, 虚構の, 襖地には

▼ 張出窓~ (6, 0.1%)

2 での百合花 1 が蒼い, でそこ, と向, には常春藤

▼ 張出間~ (6, 0.1%)

1 があり, が倒影, に挾まれ, の外側, の窓, を弓形

▼ 張~ (6, 0.1%)

1 しところ, 樣である, 樣に, 樣の, 樣自然法それ自身である, 藩で

▼ 張~ (6, 0.1%)

1 が口早, として活躍, に事情, をあと五名, をのこす, を僕たち

▼ 張得天~ (6, 0.1%)

2 の法 1 などもどちら, の執筆, は康有爲, を祖述

▼ 張東京~ (6, 0.1%)

1 にお, の方, へ出, へ出たい, まで行く, やわなあ

▼ 張椅子~ (6, 0.1%)

1 が三つ, と雲, に埋もれ, に腰, やを愛すであろう, をひきよせ

▼ 張~ (6, 0.1%)

2 が錦 1 から思いついた, が腰, が頭, という豪傑

▼ 張~ (6, 0.1%)

1 のほか, の席, の首, の髻, を大尉, を誅した

▼ 張~ (6, 0.1%)

31 かそれ, がなんと, は天安河

▼ 張~ (6, 0.1%)

1 でドン, にしっかと, になった, に竹, の両手, の拳

▼ 張お前~ (5, 0.1%)

1 のこと, のため, の縁談, はだれ, へ宛て

▼ 張つた顏~ (5, 0.1%)

1 からは何ん, して, ですが, の動き, を青木さん

▼ 張には~ (5, 0.1%)

1 その意味, 何となく気位, 午後四時過ぎの, 年老った, 怪物の

▼ 張りこ~ (5, 0.1%)

1 が鉄, の, の理屈, の虎, まして大わらわ

▼ 張~ (5, 0.1%)

1 の分身, の大, の立派, 緩ももとより, 緩も固

▼ 張世平~ (5, 0.1%)

2 と蘇双 1 という者, はいった, はそう

▼ 張人間~ (5, 0.1%)

1 だ, だよ, である有機體, でしょうか, は人間同士

▼ 張~ (5, 0.1%)

2 と同じ 1 が一番年長, に相違, の神經

▼ 張其の~ (5, 0.1%)

1 人に, 時分の, 背後に, 質な, 通りで

▼ 張出部~ (5, 0.1%)

1 から切り, に結びつけ, のところ, の下, の籠

▼ 張~ (5, 0.1%)

1 に出る, に動く, に言, のやう, 晩の

▼ 張~ (5, 0.1%)

1 から貰った, じゃない, だけがたとえ, なんで貴様, に助けられた

▼ 張士誠~ (5, 0.1%)

1 が平江, という乱賊, の軍, の軍士, は江浙左丞相達

▼ 張子房~ (5, 0.1%)

1 である, ともいうべきで, などなら, なり, にくらべ

▼ 張小屋~ (5, 0.1%)

1 から見とどけられた, が建っ, の方, の朝, を後

▼ 張少年~ (5, 0.1%)

1 から質問, に声, のこと, の方, は赤く

▼ 張廷栄~ (5, 0.1%)

1 という県尹, は不思議, は乞児, は再三, は大いに

▼ 張~ (5, 0.1%)

1 が附近, は初め, は間もなく, もまた, を斬っ

▼ 張~ (5, 0.1%)

1 ういう, うであったと, う心掛けた, という男, 滞役

▼ 張~ (5, 0.1%)

2 と女 1 の女, の家, の最後

▼ 張~ (5, 0.1%)

2 の前 1 を打っ, を据え, を離れる

▼ 張飛玄徳~ (5, 0.1%)

1 の三人, の三名, の三枚続き, の小勢, 思い思いに

▼ 張鬼子~ (5, 0.1%)

1 という男, と呼ん, はどこ, は笑った, を誘い込む

▼ 張いくら~ (4, 0.0%)

1 かは嗜ん, かは新郎, か云い, か結婚

▼ 張いつも~ (4, 0.0%)

1 のとおり, のやう, のよう, のナオミ

▼ 張~ (4, 0.0%)

1 あるいはパリ, えの, 何んかで, 屏風の

▼ 張これ~ (4, 0.0%)

1 と同一道筋, は御, は此, を素直

▼ 張そこ~ (4, 0.0%)

1 いら, から來, にうぬぼれ, にもその

▼ 張ち切れ~ (4, 0.0%)

2 そうな 1 そうに, てしまった

▼ 張つた女~ (4, 0.0%)

1 が, が袈裟, であるといふ, の乳房

▼ 張つた手~ (4, 0.0%)

1 から危ふく, に商人, をもがく, を視詰めた

▼ 張つてさ~ (4, 0.0%)

1 うして, そいで, へくれる, へ呉れる

▼ 張との~ (4, 0.0%)

1 ために, 二人が, 間は, 間隙を

▼ 張どうしても~ (4, 0.0%)

1 家庭を, 寝つかないで, 言葉が, 駄目な

▼ 張また~ (4, 0.0%)

2 その半生 1 指さして, 飲みたくなる一寸一盃燗けんか

▼ 張ネッド~ (4, 0.0%)

3 の四少年 1 の三人

▼ 張一種~ (4, 0.0%)

1 のテレパシー, の形式論理学, の芸術的現象, の高等政策警察

▼ 張今日~ (4, 0.0%)

2 のそれ 1 だつか, では癩病

▼ 張~ (4, 0.0%)

1 と同じ, に好い, に対して敵意, はお

▼ 張~ (4, 0.0%)

1 が来た, が言非, という男, 特にいまだこの

▼ 張~ (4, 0.0%)

2 に胆 1 をかける, を懸けなかつた

▼ 張~ (4, 0.0%)

1 する点, 帥だ, 帥は, 心靈で

▼ 張好い~ (4, 0.0%)

1 と思った, 人で, 児だ, 気持が

▼ 張将軍~ (4, 0.0%)

1 が谷, である, に計る, の援軍

▼ 張~ (4, 0.0%)

1 だが, だつた大吉郎, の, の様子

▼ 張嶷馬忠~ (4, 0.0%)

1 と交換, などである, などもそれぞれ命, のふたり

▼ 張~ (4, 0.0%)

1 がやぐら柱, として案内役, となる, の者

▼ 張~ (4, 0.0%)

1 の予感通り, の男, は女, れは

▼ 張~ (4, 0.0%)

1 に在っ, に戻っ, の辺, の騎

▼ 張~ (4, 0.0%)

1 で, を刻ん, を植, を裂いた

▼ 張~ (4, 0.0%)

1 の旗下, の讎, は呂布, を殺し

▼ 張~ (4, 0.0%)

2 に違い 1 ださうだ, の喧嘩

▼ 張白色~ (4, 0.0%)

2 の大, の幾百本

▼ 張~ (4, 0.0%)

1 に關, の所在, の楓橋夜泊, はその

▼ 張~ (4, 0.0%)

1 に居る, に徹宵, の用意, を待たし

▼ 張英陳横~ (4, 0.0%)

1 などの輩, の二将, は顔, を逃がす

▼ 張~ (4, 0.0%)

1 から注進, が見えない, を救いだし, を救い出し

▼ 張角良師~ (4, 0.0%)

1 にはそんな, のご, の総督府, は後

▼ 張~ (4, 0.0%)

3 にも書け 1 にも理解

▼ 張譲ら~ (4, 0.0%)

2 の馬 1 はひそか, は帝

▼ 張輿~ (4, 0.0%)

1 がまもられ, に召し換えられた, の上, はかく

▼ 張通し~ (4, 0.0%)

1 てゐた, て了つたの, て断然, て来た

▼ 張~ (4, 0.0%)

1 が入, づくだがね, である, の問題

▼ 張青い~ (4, 0.0%)

2 壁だ, 壁な

▼ 張飛どの~ (4, 0.0%)

1 から聞きました, がさっそく, とほか十八騎, にまかせ

▼ 張あゝ~ (3, 0.0%)

1 いふ人には, だつたの, 云ふ

▼ 張って~ (3, 0.0%)

1 お側に, 了え, 能うは

▼ 張つた恰好~ (3, 0.0%)

1 で尻, で死ん, をし

▼ 張つた肩~ (3, 0.0%)

2 のあたり 1 を聳やかした

▼ 張つてそれ~ (3, 0.0%)

1 へ携, を塚, を見た

▼ 張つて云~ (3, 0.0%)

1 つてるんぢ, ひました, ふの

▼ 張つて他~ (3, 0.0%)

2 の一脚 1 を壓

▼ 張つて僕~ (3, 0.0%)

1 の行色, の頭, をウン

▼ 張つて沖~ (3, 0.0%)

2 を眺めた 1 の方

▼ 張つて貰~ (3, 0.0%)

1 つた, ひたかつたの, ふ餞別

▼ 張つて首~ (3, 0.0%)

1 をかしげた, をくく, を垂れた

▼ 張では~ (3, 0.0%)

1 ありません私, ない, なかった

▼ 張とも~ (3, 0.0%)

2 弦を 1 称ばれ

▼ 張にも~ (3, 0.0%)

1 ならぬ張, よくいっ, 及ぶまいと

▼ 張~ (3, 0.0%)

1 廻って, 行って, 身を

▼ 張~ (3, 0.0%)

1 ての蛸, ての金紙づくり, ての馬

▼ 張りや~ (3, 0.0%)

1 がつたらう, がるな, にすぎなく

▼ 張ナオミ~ (3, 0.0%)

1 と同じ, に遇う, の背中越し

▼ 張世傑~ (3, 0.0%)

1 は急, は泉州, を頭目

▼ 張二氏~ (3, 0.0%)

1 の主張, の所説, の考證

▼ 張交ぜ~ (3, 0.0%)

1 じゃあお座, にした, の二枚屏風

▼ 張伊三~ (3, 0.0%)

1 が解説, が言う, を座敷

▼ 張~ (3, 0.0%)

1 というもの, という方, の鈴慕

▼ 張允文聘~ (3, 0.0%)

1 などが争っ, などに取囲まれ, の三人

▼ 張~ (3, 0.0%)

1 義が, 義という, 義は

▼ 張合つて~ (3, 0.0%)

1 ゐる中年男, 居た, 居た春園

▼ 張~ (3, 0.0%)

2 の日 1 でしょう

▼ 張夫人~ (3, 0.0%)

1 に繍鸞, は女中, も娘たち三人

▼ 張安心~ (3, 0.0%)

1 が出来ない, が出来なかつた, し切れないと

▼ 張宿~ (3, 0.0%)

1 の主, の人, の方

▼ 張~ (3, 0.0%)

1 さい心持で, 咋歌, 府帰秦中

▼ 張~ (3, 0.0%)

2 のなか 1 の下

▼ 張彼女~ (3, 0.0%)

2 は俺 1 は尋常

▼ 張~ (3, 0.0%)

1 が動かず, が落着, の奧

▼ 張惚れ~ (3, 0.0%)

1 ていた, てゐ, て居る

▼ 張惟驤説~ (3, 0.0%)

1 の弱, の救, は王國維説

▼ 張~ (3, 0.0%)

2 き筒 1 かれたり

▼ 張持つ~ (3, 0.0%)

1 て來, て旦那, て西

▼ 張換え~ (3, 0.0%)

1 だの骨, てお湯, て住む

▼ 張支那~ (3, 0.0%)

1 だな, の坊さん達, の近代

▼ 張教仁君~ (3, 0.0%)

1 さようなら, さようなら君, 怖いかね

▼ 張根性~ (3, 0.0%)

1 がドン底, の強い, は更に

▼ 張~ (3, 0.0%)

1 という者, のふたり, の首

▼ 張~ (3, 0.0%)

1 だとか, に協力, を加え

▼ 張玉等~ (3, 0.0%)

1 の軍, も陣, を祭り

▼ 張~ (3, 0.0%)

2 が二三十本 1 は箙

▼ 張私達~ (3, 0.0%)

1 の為, の田舍, の遊び場所

▼ 張秋琴~ (3, 0.0%)

1 があつ, がある, には二月

▼ 張笑つて~ (3, 0.0%)

2 ゐる 1 ゐた

▼ 張~ (3, 0.0%)

2 をし 1 にて大路

▼ 張胡坐~ (3, 0.0%)

1 の両, の兩膝, をかい

▼ 張自然~ (3, 0.0%)

1 が造, に制せられ, の制裁

▼ 張良蕭何~ (3, 0.0%)

1 のふたり, の二忠臣, の如く

▼ 張虎陳生~ (3, 0.0%)

1 という者, の両, の首

▼ 張角様~ (3, 0.0%)

1 に反, の方, を神

▼ 張貴方~ (3, 0.0%)

1 にお, に向, の方

▼ 張~ (3, 0.0%)

1 が怖い, を売る, 近い親戚

▼ 張~ (3, 0.0%)

1 にて昼食, の刑事, をといた

▼ 張遼高順~ (3, 0.0%)

2 の二将 1 のふたり

▼ 張~ (3, 0.0%)

1 に近い, の誤り, は馬医者

▼ 張閑雲~ (3, 0.0%)

1 から強いて, という者, に逢っ

▼ 張~ (3, 0.0%)

2 の梁 1 夫婦が

▼ 張青年~ (3, 0.0%)

1 に質問, は中華民国流不得要領, は僕達

▼ 張~ (3, 0.0%)

1 が妙, の君, の隅ッこ

▼ 張~ (3, 0.0%)

1 という老, のよう, は皿

▼ 張飛ここ~ (3, 0.0%)

1 にあり, にまかり出た, に待ちうけ

▼ 張飛郷~ (3, 0.0%)

2 と書い 1 か張鳳かね

▼ 張~ (3, 0.0%)

1 と書い, に言, はきまり

▼ 張~ (2, 0.0%)

2 つたなと

▼ 張あなた~ (2, 0.0%)

1 なんぞは結構, は急病

▼ 張あり~ (2, 0.0%)

1 たり, てとにかく

▼ 張あれ~ (2, 0.0%)

1 が天, ばおのずから

▼ 張あんな~ (2, 0.0%)

1 いする, 匂が

▼ 張から~ (2, 0.0%)

1 十兵衞に, 急に

▼ 張からの~ (2, 0.0%)

1 伝言だった, 合図を

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 て読本, るよう

▼ 張こんな~ (2, 0.0%)

1 に暗かっ, ような

▼ 張さん何~ (2, 0.0%)

2 て云った

▼ 張さん張さん~ (2, 0.0%)

2 おい張さん

▼ 張さん湧金門~ (2, 0.0%)

2 まで乗っけ

▼ 張じゃ~ (2, 0.0%)

1 ねえか, ァ浅草

▼ 張ずく~ (2, 0.0%)

1 で死ん, になりゃ

▼ 張ずつ~ (2, 0.0%)

1 ことごとく提灯, はらせたこと

▼ 張それでも~ (2, 0.0%)

1 完全に, 死ぬこと

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 ようだ, 眼で

▼ 張たほす~ (2, 0.0%)

1 勇気は, 勇氣は

▼ 張だけ~ (2, 0.0%)

1 外すがい, 強いだだっ子

▼ 張つたお腹~ (2, 0.0%)

2 を突き出し

▼ 張つたつて~ (2, 0.0%)

1 今に降参, 仕かた

▼ 張つたつて仕方~ (2, 0.0%)

2 がない

▼ 張つたつて駄目~ (2, 0.0%)

2 だよ

▼ 張つたわけ~ (2, 0.0%)

1 で, ではなかつた

▼ 張つたん~ (2, 0.0%)

1 だ, ですが

▼ 張つた喧嘩~ (2, 0.0%)

1 は出, は出来

▼ 張つた四角~ (2, 0.0%)

1 な感じ, な肩

▼ 張つた姿勢~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 張つた挨拶~ (2, 0.0%)

1 はもう, をする

▼ 張つた様~ (2, 0.0%)

1 なこと丈, に茂つて

▼ 張つた男~ (2, 0.0%)

1 が床, だ

▼ 張つた色~ (2, 0.0%)

1 が立つ, の黒い

▼ 張つた表情~ (2, 0.0%)

1 をし, をします

▼ 張つておれ~ (2, 0.0%)

2 は日本一

▼ 張つて事~ (2, 0.0%)

2 を做

▼ 張つて二人~ (2, 0.0%)

1 はいつ, はスキヤ橋

▼ 張つて五体~ (2, 0.0%)

1 に力, を支えた

▼ 張つて何~ (2, 0.0%)

1 といふこと, の詰らぬ

▼ 張つて其中~ (2, 0.0%)

1 から覗つて, に真白

▼ 張つて天下~ (2, 0.0%)

1 か死, を横行

▼ 張つて後~ (2, 0.0%)

1 に反, の発刊

▼ 張つて息~ (2, 0.0%)

1 もつけない, をついた

▼ 張つて渠~ (2, 0.0%)

2 は自分

▼ 張つて真正面~ (2, 0.0%)

1 をむい, を向いた

▼ 張つて私~ (2, 0.0%)

1 の顔, やミルちやん

▼ 張つて行き~ (2, 0.0%)

1 とにかくその, 窪んで

▼ 張つて行つて~ (2, 0.0%)

1 やろうと空想, 訊くと

▼ 張つて貴方~ (2, 0.0%)

2 の折角

▼ 張つて飯~ (2, 0.0%)

1 だけは近く, を食

▼ 張つて駅~ (2, 0.0%)

2 のガード

▼ 張つめた~ (2, 0.0%)

1 ようである, 美しい質問

▼ 張つよき~ (2, 0.0%)

2 山百合の

▼ 張でも~ (2, 0.0%)

1 するの, ないただ

▼ 張として~ (2, 0.0%)

1 坐って, 迎えられる時

▼ 張もと~ (2, 0.0%)

1 の如く点い, は二つ

▼ 張もの~ (2, 0.0%)

1 にうつむいた, をし

▼ 張らし~ (2, 0.0%)

1 てし, て夜昼

▼ 張らしたる~ (2, 0.0%)

2 度偉い

▼ 張わたし~ (2, 0.0%)

1 が馬鹿, にはその

▼ 張ッたま~ (2, 0.0%)

1 まであッ, までおく

▼ 張一人ポッチ~ (2, 0.0%)

2 です

▼ 張一番先~ (2, 0.0%)

2 に梅野

▼ 張一言~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ 張三十年近く~ (2, 0.0%)

2 呼ばれて

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 て万歳, に立て

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 機嫌らしく見えた, 自然な

▼ 張丑松~ (2, 0.0%)

1 のやう, の噂

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 の説, 國史學中

▼ 張乞食~ (2, 0.0%)

2 だん

▼ 張二人~ (2, 0.0%)

1 の水夫, の間

▼ 張五人~ (2, 0.0%)

2 居た

▼ 張五十九~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 張五年前~ (2, 0.0%)

2 と同じく

▼ 張井谷~ (2, 0.0%)

1 と同じ, は内心不快

▼ 張亭主~ (2, 0.0%)

2 は居ない

▼ 張今日限り~ (2, 0.0%)

2

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 にかけ, にかけられ

▼ 張以前~ (2, 0.0%)

1 のよう, のナオミ

▼ 張仲景~ (2, 0.0%)

1 に至つて備, の一書

▼ 張伯雨~ (2, 0.0%)

1 がある, といふ男

▼ 張低く~ (2, 0.0%)

1 呑気に, 呑氣に

▼ 張何となく~ (2, 0.0%)

1 人を, 近づきにくい

▼ 張何事~ (2, 0.0%)

1 も心, も忍ん

▼ 張假名~ (2, 0.0%)

1 遣の, 遣を

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 から葉書, の無邪気

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 を南方, 抜かるな

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 だらうと, れを

▼ 張其時~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ 張其頃~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ 張~ (2, 0.0%)

2 かなん

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 のうしろ, は徐州大路

▼ 張印度~ (2, 0.0%)

1 から得, を母国

▼ 張印度洋~ (2, 0.0%)

1 の波, の浪

▼ 張原田さん~ (2, 0.0%)

2 の縁引

▼ 張叔父さん~ (2, 0.0%)

1 に欺, の家

▼ 張口笛~ (2, 0.0%)

1 で密淫売, で密淫賣

▼ 張可笑しく~ (2, 0.0%)

1 て堪らなかつた, なって

▼ 張司空~ (2, 0.0%)

1 の処, は才人

▼ 張合ひで~ (2, 0.0%)

1 あつた, もあり

▼ 張唯一人自分~ (2, 0.0%)

2 の世界

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 と愚園, の木の間

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 からの墜落物, を視詰めた

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 のよう, の様

▼ 張大将~ (2, 0.0%)

1 だ, に伺っ

▼ 張夫婦~ (2, 0.0%)

1 は墓前, は老後

▼ 張奚若先生~ (2, 0.0%)

1 との共同コミュニケ, との共同声明

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 の四畳半, の間

▼ 張学校~ (2, 0.0%)

1 の中, へ出勤

▼ 張宇宙~ (2, 0.0%)

2 の趨勢

▼ 張宗春~ (2, 0.0%)

1 が部屋住時代, は愛想

▼ 張家庭~ (2, 0.0%)

1 が重大, の問題

▼ 張容易~ (2, 0.0%)

1 には旅行者, に船

▼ 張尋常~ (2, 0.0%)

1 の死に, の阿

▼ 張小さい~ (2, 0.0%)

1 卓を, 茶碗で

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 の中, を荒し

▼ 張嶷張翼~ (2, 0.0%)

1 なども急, のふたり

▼ 張巡ら~ (2, 0.0%)

2

▼ 張左様~ (2, 0.0%)

1 いふ意見, でこの

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 氣だ, 氣で

▼ 張平気~ (2, 0.0%)

1 だ, で以

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 は年, をとった

▼ 張幼明さん~ (2, 0.0%)

1 のこと, をもてあました

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 で盗んだ, に盗賊

▼ 張廉卿~ (2, 0.0%)

1 である, の楷書

▼ 張廻した~ (2, 0.0%)

2 壇の

▼ 張廻わし~ (2, 0.0%)

1 てある, てよぼよぼ

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 引つ, 引つづいて

▼ 張当り前~ (2, 0.0%)

1 の人間, の顔

▼ 張彦澤~ (2, 0.0%)

1 が後, と略時代

▼ 張彫刻~ (2, 0.0%)

1 では石川先生, の本質

▼ 張彼方~ (2, 0.0%)

1 の方, へよろよろ

▼ 張従正~ (2, 0.0%)

1 が儒門事親, は瀉

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 佛の, 後見が

▼ 張心配~ (2, 0.0%)

1 したつて, した通りテーブル

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 いの, い業

▼ 張慈母~ (2, 0.0%)

2 の乳

▼ 張我々~ (2, 0.0%)

1 が母, の先代

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 の短銃, らしい真黒

▼ 張抜い~ (2, 0.0%)

2 て大急ぎ

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 へし, へない

▼ 張撲る~ (2, 0.0%)

1 やうな, ような

▼ 張教仁さん~ (2, 0.0%)

1 て, ね

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 の霙, る家

▼ 張旗下~ (2, 0.0%)

1 が有っ, の若様

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 と力, ものこれ

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 が済んだ, という人

▼ 張昭顧雍張紘歩隲~ (2, 0.0%)

1 などの非, 諸葛瑾

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 も栃木縣, も親

▼ 張普通~ (2, 0.0%)

2 の女中

▼ 張替えた~ (2, 0.0%)

1 からと言っ, が火事

▼ 張替へ~ (2, 0.0%)

1 て前, て見

▼ 張有機體~ (2, 0.0%)

1 である此後, の域

▼ 張~ (2, 0.0%)

2 が起き

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 と正式, 大家の

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 のあさ, の画

▼ 張梁張宝~ (2, 0.0%)

1 のふたり, の賊軍

▼ 張氏夫婦~ (2, 0.0%)

1 が額, を訪ねました

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 がつい, が咎めた

▼ 張河公~ (2, 0.0%)

1 という知合い, と云う

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 といふ者, は不用意

▼ 張済樊稠~ (2, 0.0%)

1 などという錚, の軍

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 といふ者, は本

▼ 張煥相~ (2, 0.0%)

1 の如き, の露骨

▼ 張爾田~ (2, 0.0%)

1 と孫徳謙, には史

▼ 張玉朱能丘福~ (2, 0.0%)

1 ありて, を都指揮僉事

▼ 張玉朱能等~ (2, 0.0%)

1 の猛, をし

▼ 張現在~ (2, 0.0%)

1 の家族制度, の社会

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 という者, を代理

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 と一緒, 惡る

▼ 張盛岡~ (2, 0.0%)

2 の夫

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 の遺書, は杜林鎮

▼ 張私許~ (2, 0.0%)

2 り目

▼ 張秘密~ (2, 0.0%)

1 にし, の裡

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 の孫女, の鬼

▼ 張稽古~ (2, 0.0%)

1 に来る, をする

▼ 張~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 の障子, 相成諸

▼ 張立派~ (2, 0.0%)

1 な男, に石

▼ 張~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 と梵天, のこと

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 がもう, は帰る

▼ 張紘歩隲~ (2, 0.0%)

1 などの非, 諸葛瑾

▼ 張繍劉表~ (2, 0.0%)

1 の勢力, は彼

▼ 張翼王平~ (2, 0.0%)

2 の二手

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 に綿, の七面鳥

▼ 張自分等~ (2, 0.0%)

1 と同じ, の時代

▼ 張良陳平~ (2, 0.0%)

1 の徒, の輩

▼ 張苞関興~ (2, 0.0%)

1 などが引き揚げ, のふたり

▼ 張若く~ (2, 0.0%)

1 て愉快, て美しく

▼ 張茂昭~ (2, 0.0%)

1 がある, に就い

▼ 張行燈~ (2, 0.0%)

1 には薄墨, の灯

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 したる狩衣, に

▼ 張見ず~ (2, 0.0%)

2 に胡瓜

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 という人, の言葉

▼ 張詩人~ (2, 0.0%)

1 であった, らしい無頓着

▼ 張賞め~ (2, 0.0%)

2 てくれた

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 之, 之は

▼ 張連中~ (2, 0.0%)

1 がぞろ, が新

▼ 張郷里~ (2, 0.0%)

2 の山村

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 がある, して

▼ 張關東~ (2, 0.0%)

1 を先, 諸國

▼ 張附け~ (2, 0.0%)

1 て日南, の立派

▼ 張陳両氏~ (2, 0.0%)

2 との三時間

▼ 張障子~ (2, 0.0%)

1 の内, の明る

▼ 張~ (2, 0.0%)

2 へて居る

▼ 張~ (2, 0.0%)

1 を思はせる, を思わせる

▼ 張風呂敷~ (2, 0.0%)

2 を被

▼ 張飛これ~ (2, 0.0%)

1 にあり, に待っ

▼ 張飛それ~ (2, 0.0%)

1 がし, を見

▼ 張飛たち~ (2, 0.0%)

1 も, もきょう

▼ 張飛巡査~ (2, 0.0%)

1 が言, は何處

▼ 張飛翼徳~ (2, 0.0%)

1 が思い知らせ, と仰っし

▼ 張飛趙~ (2, 0.0%)

2 子龍

▼ 張飛関羽ら~ (2, 0.0%)

1 の乗っ, は真っ暗

▼ 張飛馬~ (2, 0.0%)

1 超趙雲, 超黄忠

▼ 張飛魏延~ (2, 0.0%)

1 と交代, は還っ

▼ 張飛黄忠魏延~ (2, 0.0%)

1 などの策, などの諸

▼ 張魯将軍~ (2, 0.0%)

1 の御前, へ援

▼ 張黒文字ツ~ (2, 0.0%)

2 て云

▼ 張黙っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て私

▼1* [1686件]

ああいう気分, 張あげて憤れつた, 張あたしを一番, 張あたりが灰色, 張あなごなぞは長い, 張あまり飲まなかつた, 張ある何処より, 張あわてて居た, 張いいと思う, 張いつまでもぐずぐず, 張いつか賄賂を授受, 張いろいろ考え出されて, 張いろんなことが, 張うちに居る, 張えらいなア, 張おかしな赤ん坊が, 張おなじ詩人の, 張おもしろいね, 張お側へまいる, 張お前ら二人でした様, 張お召縮緬の痩躯, 張お嬢様と何処, 張お寺はさびしい, 張お玉の方, 張お節はお節, 張お腹から生れる, 張かういふ放浪者の, 張かの女が, 張かははあとうとう, 張かれは読経, 張かれと同じよう, 張がね君たちの, 張きのふの連中, 張きまりが悪く, 張くらをする, 張ここの方, 張こっくり黒い焼方, 張これ以上の特に, 張こわかつたん, 張こんなに暗かつ, 張さえ抜けた状, 張させている, 張さっきお前は正太, 張さつきの肩, 張されてゐなかつた, 張された生の, 張さんあそこだ, 張さんあなたは, 張しおれた動揺した, 張しかなかった, 張しっかりするん, 張しばられてゐる, 張しまたあなた, 張し思っているでしょう, 張し黙って軽い太, 張じっとして, 張じゃァ表の, 張すさまじい力を, 張する改進の, 張ずつを贈り芸者おさん, 張て細い, 張せず顏貌も, 張せる壁には, 張そういう武器が, 張そういったかどう, 張そうすると一年が, 張その同じ種族の, 張その後から駆け出す, 張そりゃ書いた方, 張それぎり返事を差し上げない, 張それであつた, 張そろそろと歩い, 張ただもんでは, 張たちが, 張たらないの, 張だけが右脚に, 張だしの半戸, 張だの侠だの, 張ちりめんの, 張ち切らしそうに, 張ち切れる程に, 張ってない草の, 張ついたこれが, 張つくらしめ給うたその下絵, 張つけてやりたくなった, 張つたくらゐに, 張つたこれも華奢, 張つたさまである, 張つたそれはたしかに, 張つたただの鼓, 張つたつて何にもなりません, 張つたつて俺が見つけた, 張つたつて俺等が唄, 張つたつて刑事も居る, 張つたつて奥様にかう, 張つたつて嫌がる女, 張つたつて裁判所に引つ, 張つたつて貴方に敵ひつ, 張つたつて通用しないぢ, 張つたつて駄目ぢやない, 張つたとき御覧のごとき, 張つたはじめの室, 張つたまま耳を掩, 張つたまま風を待つ, 張つたもんぢや無い, 張つたように枝, 張つたらうさ, 張つたらそれは集合, 張つたら途中で切れ, 張つたわけぢやありません, 張つたスピード時代には思ひ, 張つたソーフア數臺を備, 張つたチチヤノの絵, 張つたツて驕奢, 張つたテントは丁度, 張つたビラの板, 張つたボオトが滑らか, 張つた七五三と思つた, 張つた上に単調, 張つた上五の下, 張つた下へ来る, 張つた不様な屍体, 張つた丘の上, 張つた両方の肩, 張つた乳をおさへ, 張つた事は言, 張つた云々野性は遺憾, 張つた亡者どもがこの, 張つた人のは, 張つた人物が朝, 張つた人生がもはや, 張つた人間のやう, 張つた休茶屋へと蘿月, 張つた位ぢや防ぎ, 張つた何十年あきもせず, 張つた何時の時の, 張つた作り笑ひを, 張つた俗な感覚, 張つた儘障子の明るい, 張つた公園の, 張つた剛慾な酒新聞社, 張つた力は掻, 張つた勇吉の背中, 張つた包みが二人, 張つた化學實驗室だの物理實驗室, 張つた北極の氷野, 張つた十六貫近い巨躯, 張つた口を利いた, 張つた口つきを見, 張つた右の掌, 張つた向うに大空, 張つた咳払ひを, 張つた四布蒲團は滿足, 張つた土のしめり, 張つた埃だらけな硝子, 張つた場合を觀よう, 張つた壁に順序, 張つた声で勝手元, 張つた大木の頭上, 張つた大石医院といふもの, 張つた大股で直ぐ, 張つた大面そして稍, 張つた天井を透し, 張つた奥座敷に飛きり贅沢, 張つた女郎蜘蛛の巣, 張つた娘ですが, 張つた嫌悪感だつた, 張つた子供ふたりは廣, 張つた字は綺麗, 張つた小倉の櫂, 張つた小屋をそここ, 張つた小山のつづき, 張つた屏風のある, 張つた布を刷毛, 張つた幄帳の白い, 張つた形になつ, 張つた形式的な表向き, 張つた後は弛み, 張つた感じがうすれ, 張つた感じのを受取つて, 張つた感激的文字を連ねた, 張つた戦況の報道, 張つた戸袋の下, 張つた房一の身体, 張つた所の目立つ, 張つた扇を鳴らし, 張つた手桶を持つ, 張つた拇指大の麻繩, 張つた方針の下, 張つた末が定, 張つた本尊だね, 張つた杉木立の梢, 張つた板壁には耐, 張つた柱の歪んだ, 張つた柵の隙間, 張つた格好で大股, 張つた桐の二重箱, 張つた桑は附近, 張つた桶を覗い, 張つた森の梢, 張つた椅子で脚, 張つた椎の木の巨木, 張つた樟の大樹, 張つた模様画は自分, 張つた樣子と變, 張つた横糸によつて昇つて行つて, 張つた樫の厚板, 張つた樹齢幾十年の大, 張つた權幕を示す, 張つた水が八五郎, 張つた洗面器に顔, 張つた浪人門札を見る, 張つた熱の高い, 張つた物腰の彼, 張つた理屈くさい法律, 張つた琴だぞ, 張つた甲斐がない, 張つた町人でした, 張つた直ぐ上の壁, 張つた相撲だつた, 張つた真似をする, 張つた真黒な屋形, 張つた瞳には既, 張つた石に似た, 張つた硝子窓からにぶい, 張つた祖国愛とか日本的性格, 張つた神經質な武家, 張つた祭壇でこれ, 張つた私だけが無事, 張つた穴でこの, 張つた窓の下, 張つた箱に飼つて, 張つた節くれ立つた手, 張つた粟幹で手, 張つた糸を支柱, 張つた糸目のへん, 張つた紅絹裏の張板, 張つた紙を剥す, 張つた紙ぎれを読ん, 張つた紙包がバタリ, 張つた結果その國號, 張つた綱の高, 張つた緑色の羅紗, 張つた繩に吊させた, 張つた罠に落ち, 張つた羅紗の処処, 張つた者に聽, 張つた耳のうしろあたり, 張つた耳盥の水面, 張つた聲で云つて, 張つた肩先きを, 張つた肩衣のため, 張つた胸の兩方, 張つた脚もなよ, 張つた脛で痩, 張つた腰掛けがまるで, 張つた自分の手腕, 張つた自然の根, 張つた舟が反対, 張つた蒼白なヒステリック, 張つた蒼竜が身, 張つた蜘蛛の巣, 張つた蟇のやう, 張つた衝立をおい, 張つた見張りの眼, 張つた討論ではなく, 張つた話を聽, 張つた調子でそんな, 張つた譯では無, 張つた賽錢箱だネ, 張つた足どりで先, 張つた身構えにあり, 張つた身装で入, 張つた身體が包まれ, 張つた身體何んとなく, 張つた途端にキラキラキラ, 張つた逞ましさ, 張つた連中もゐた, 張つた連山ではなく, 張つた道徳を据ゑ, 張つた郵便局の窓口, 張つた野郎ぢや女の子, 張つた障碍物が横, 張つた雑貨店があつ, 張つた雨傘に門, 張つた青空の向, 張つた面の口, 張つた音声で, 張つた頬のあたり, 張つた頸ツ玉に手, 張つた顎や少し, 張つた顎切れの長い, 張つた風な声ひとつ, 張つた颯爽とした, 張つた飯を不器用, 張つた首や手, 張つた首筋など眼, 張つた鬢のうら, 張つた鳴海屋の繁昌, 張つた鴉が一羽, 張つた鷹揚なふところ手, 張つた齒をむい, 張つちまはう, 張つてうちしを, 張つておいでのところ, 張つてお供へ申し, 張つてぐにやりとして居し肩, 張つてしまつてからも其, 張つてそいつは面白い, 張つてちよツと不安さうに, 張つてつてくれんな, 張つてまつ先に通り, 張つてまん丸な眼玉, 張つてやをら立ちあがるや, 張つてゆつくりと, 張つてらつし, 張つてりやアここで意地め, 張つてわし等は苦しい, 張つてアンアンと背延び, 張つてガタガタゴソゴソ言, 張つてケースに入りきらなかつた, 張つてスッスッとプラットフォーム, 張つてセセラ笑ひを, 張つてノタといふゆるやか, 張つてマルの周囲, 張つてモンペをゆすり上げ, 張つてランプが吊された, 張つて一両あまりの日当, 張つて一人でも逃げ出す, 張つて一生懸命千兩箱を隱, 張つて上り込まうと, 張つて上官らしい威嚴, 張つて下町切つての良い, 張つて不便であるから, 張つて両手を窓, 張つて両親と争つたの, 張つて二十円や三十円, 張つて五六日其處で暮した, 張つて井桁の上, 張つて人の通行, 張つて人目をごまかし, 張つて今将に第, 張つて仕事をし, 張つて仕様が無い, 張つて体よく賃無し, 張つて何事にも從, 張つて來たんだ, 張つて來たんぢやない, 張つて俗にい, 張つて俺の眼, 張つて元気好く漆沓, 張つて兄さんの顔, 張つて入口を塞ぎ, 張つて兩國の方, 張つて兩袖を胸, 張つて八方に待ち, 張つて其処に腰, 張つて其繩へ小, 張つて其老人の組, 張つて其肉に觸, 張つて冗談をいつ, 張つて勢を十分, 張つて南の字, 張つて厄介な事件, 張つて否と強く, 張つて否定した, 張つて哄笑した, 張つて唖唖切歯するのみ, 張つて啀み合, 張つて問ひ返した, 張つて喉などをギユウ, 張つて喜三郎の子分, 張つて噬んでゐる, 張つて壯侠の顏, 張つて声が出, 張つて夜が明けかけた, 張つて大気張りに銀, 張つて女を持つ, 張つて始末が惡, 張つて姿勢を正し, 張つて娘を抱, 張つて孫と共に東京, 張つて室に引き入れる, 張つて小屋を抱きかかへる, 張つて小鳥が囀, 張つて居ちや潜る工夫, 張つて居ちや何うだ, 張つて巨人の踊り, 張つて差支無いの, 張つて平伏した格構, 張つて年々の暦, 張つて廊下で行き, 張つて張つて張り通しましたよ, 張つて張り通しましたよ, 張つて張力を試験, 張つて強敵に抗, 張つて彼は云, 張つて彼女が顔, 張つて往生してたん, 張つて御覧に入れます, 張つて微笑した, 張つて心靜かに奏したなら, 張つて恥を掻く, 張つて慾が深, 張つて成長して, 張つて手紙証文の代筆, 張つて挨拶をする, 張つて控へてゐた, 張つて斷末魔の迷, 張つて旗や提灯, 張つて日本ラインの上流, 張つて春まで延ばし, 張つて是非同行したいと, 張つて書卓のき, 張つて書生風にただ, 張つて朗らかに口笛, 張つて朝のパン, 張つて朝顏がからまし, 張つて末社の飾, 張つて櫟林へ行, 張つて歩きたまへ, 張つて殆んど, 張つて母親の口, 張つて水車場から帰る, 張つて江戸三名醫の一人, 張つて沈黙を守, 張つて注意しつ, 張つて渡り廊下の処, 張つて湯殿におし込む, 張つて滝を振り返つた, 張つて滝壺に冷え冷え, 張つて滝本に握手, 張つて父の憲之, 張つて父親の肩, 張つて状勢がよく, 張つて狹い渡し一杯, 張つて生ひ出, 張つて生活費の捻出, 張つて田毎の三日月, 張つて男の顔, 張つて画師をし, 張つて疊つづきの, 張つて病人のやう, 張つて百合子の気色, 張つて目隱しを, 張つて直ぐあつしに, 張つて相手を泣かせる, 張つて眞四角にお, 張つて真鍮の太い, 張つて眼を白黒, 張つて硝子の代り, 張つて突立つた赤き黒き青き鬼, 張つて窓の外, 張つて競争して, 張つて答へた, 張つて箭を交, 張つて簇がつて, 張つて精力と野性, 張つて純然たる花傘, 張つて綺麗な驚嘆詞, 張つて線香を持つた, 張つて縁づたひに三番の部屋, 張つて縫ひ直した事, 張つて總領の嫁, 張つて羚羊のやう, 張つて義雄は何, 張つて耳を疑, 張つて聞入るばかり, 張つて聲を掛けます, 張つて職工達は長柄, 張つて聽かなかつた, 張つて肴町あたりをウロウロ, 張つて背が低く, 張つて背中には重石, 張つて腕を組み足拍子, 張つて膝をぎつくりと四角, 張つて自然に同, 張つて舞台へ出た, 張つて舟にのせ, 張つて芝居をする, 張つて茶山を請, 張つて號泣するやう, 張つて蜜柑泥棒の監視, 張つて蟇の形, 張つて血よりも鮮やか, 張つて行き有無なく私, 張つて行つたのは誰, 張つて行つた仲間の一人, 張つて行つた湯殿の板敷, 張つて行つて小声でなに, 張つて行つて止めどもなく, 張つて行つて處分を付けます, 張つて裏木戸から路地, 張つて見せ物場の一番奥, 張つて言ふことも, 張つて訪問する筈, 張つて試に飮ん, 張つて誰も擧げよう, 張つて調子のつく, 張つて諾きません, 張つて謂はゆる, 張つて谷中の不動堂, 張つて貧乏動ぎもさせずに平次を待つ, 張つて賞に入, 張つて踏台になる, 張つて身體を確乎, 張つて車窓からの眼, 張つて輕業の太夫, 張つて迚も買, 張つて途からそつ, 張つて通路を截つ, 張つて道を進み, 張つて鍋鑄掛をやつ, 張つて門へとか, 張つて陣太刀を高々, 張つて陸軍の軍艦, 張つて隊長の天幕, 張つて雨戸をそつ, 張つて雪駄の皮, 張つて鞘当をしてやらう, 張つて音もなく, 張つて頤を撫で, 張つて頬つぺた, 張つて頭より尻, 張つて顎を撫で, 張つて顰ツ面をし, 張つて風呂敷と空, 張つて饗したもの, 張つて魚來れば, 張つて麦袋をつなぎ, 張つて麩糊を引い, 張つて默つて, 張つて鼠一匹這ひ出させまいと, 張つとかう, 張つとるよつて, 張つめし気の, 張つめんと勤むるごとく, 張つらねて先, 張ては居りますが, 張であったゆえ私の, 張でありもう一人, 張ですが夏, 張でなくってもです, 張でねえそれも, 張とかいう中国人は, 張としてはのんき過ぎる, 張とて学問に, 張となつて居り, 張とれというこんだ, 張どうするかい, 張どこか心細い, 張ないで銀行, 張なお島の幼い, 張ながら二坪ばかり, 張なしで桟, 張などいうから, 張などの人達が, 張などを心持よ, 張なほせん枝は暗い, 張なるためやや, 張なんぞでいたします, 張はつよくかぶり, 張はれて, 張ばかり吊して, 張ッそりと, 張ひとりは至極, 張ほんとうらしく思える, 張ぼくたちは一体どう, 張ぼんやりして, 張まがいのない, 張まだ五字出来ない, 張まであるの, 張まとまった金だ, 張むかしから画, 張やら賣り込みさき, 張やられた者が, 張ゆっくり広告でも, 張よか安いのよ, 張より見好きも, 張のツーピース, 張らいで早う, 張らしい映畫脚本でも, 張らしく美事な, 張りかへてと月末, 張りかへた障子のなか, 張りこみの刑事をよん, 張りさうだつたの, 張りつくらをし, 張りや文字通り梃でも, 張れいとか弛めろ, 張れつぼつたい顏, 張ろうにも力, 張わからないに相違, 張わたくしは夫, 張われ等のため, 張やあしないや, 張を以て終始した, 張アメリカでもそう, 張エスペラント語で絵葉書, 張キチンと其処, 張コックが先刻, 張コヒステフワガナハの方, 張コメデイ・フランセエズの様, 張コロンボ港右號令を傳, 張サモア人だが, 張シヘイと呼ぶ, 張シリヤ人なり, 張ヂュマの議員, 張ッタ時恐ラクアノ時ニ血壓ガ最高ニ達シタニ違イナイ, 張ッテオイテ帰リ瓦斯ニ火ヲ付ケルノハワレワレノウチノ誰カナノダガ今夜ハ時分ヲ見, 張ッテ歩イタリシタノデ若奥様ハ経, 張ッテ行ッテ皆デ踊ルノダト云ウ, 張ツちやならねえ, 張テラピアに住まつ, 張テレパシーとでもいう, 張テーブルへおいた, 張ハタハタと風, 張ハムレットに就, 張ハムレット曲中の狂女オフェリア姫, 張バケツと鍋, 張パラオが懷, 張パロチンノ注射ガ一番イヽデショウ, 張パンを必要, 張ヒョウと答, 張ヒヨウと答, 張ボテではある, 張ボテ式子供瞞しの, 張ポチだったかも, 張メリケン幽霊だ, 張ラナイデ音ノシナイアノ紙ヲ何, 張リダカラソンナ芝居ヲサレルト尚更依怙地ニナルワ, 張リニシシャワーノ設備ヲシタ, 張リニシテシャワーノ設備ヲスル, 張リヨウカミ又はリヤウカミ, 張リ顔ヲ仰, 張レオネルロである, 張一円紙幣か銀貨, 張一寸でも長く, 張一帯に拡がっ, 張一方法とされ, 張一日一回で筆, 張一日何かしら用に追, 張一昨年此處で石, 張一時の権威者, 張一時頃に便所, 張一枚の衣, 張一滄さんから今日貰い, 張一滄自身の食欲, 張一滴の涙, 張一番宜いでせう, 張一箇月のうち, 張一緒に帰つて, 張一般人間と云, 張一行の中, 張丁寧に, 張七日ほどか, 張七角になつ, 張丈足らずの骸, 張三つの路, 張三人張などいう, 張三十三番の札, 張三年の徒刑, 張三年行つて来るが, 張三年行つて來るの, 張三張の古, 張三方から来た, 張三日頃になる, 張三田さんみたいな堅い, 張上方の人, 張上村君の亜米利加風, 張上段の御簾, 張を向いた, 張下りて来ない, 張下女並の返事, 張下駄に手, 張不可思議的神秘的超自然的超越的のもの, 張不如帰の女, 張不思議ですな, 張平にそう指摘, 張世之が代, 張世尊その人, 張世爵は七星門, 張世爵以下の一万三千, 張世爵祖承訓以下, 張将を, 張の内儀さん, 張中小商工業だけとなる, 張主義を廃し, 張乃至は乾物, 張久米の世話, 張九円近くも貯め, 張九圓近くも貯め, 張九齡が草, 張九齢が元祖, 張亂暴者と思召, 張亂雜でありませう, 張予想通り妻の元子, 張二長町仕込はいう, 張五万の図, 張五十三間を数えられる, 張五月の秩父, 張交箱に住みし, 張京都の大学, 張人並に学, 張人声だ, 張人形は見つかりませんでした, 張人情そこであなた, 張人気の無い, 張人物よりも人爵, 張人質の一群, 張今夜十一時半出帆の弦月丸, 張今度の話, 張今頃に母, 張仏手藷のやう, 張仕事ばかりじゃア, 張仕来りの勝手, 張仙人は彼一流, 張代えを持っ, 張のお, 張令嬢への恋情, 張巻に, 張仰向いたままで, 張仲間としては取扱, 張任冷苞などこもごも, 張任蜀中の勇将呉懿, 張伊藤某の亜流, 張伊達家で継続, 張伊香保そのものの感じ, 張が太子右弼, 張休んでゐます, 張か何, 張会社の重役, 張佐渡の惚薬, 張何かと面倒臭いんで, 張何んのかの, 張何処までも百姓, 張何時ものやう, 張何處かの會社, 張余所のと比べる, 張作業が始まった, 張作相を主領, 張作霖たるまでは手, 張作霖らの意図, 張作霖一個によって満, 張作霖一行の乗った, 張作霖時代よりもいっそう, 張作霖段祺瑞を中心, 張作霖段祺瑞馮玉祥と呉佩孚, 張作霖爆死の翌年四月, 張作霖爆死事件をめぐってこれ, 張作霖爆死以後の状況, 張作霖遭難の現場, 張佳味い梨, 張使の税簿, 張るでも, 張依然として貴族的なりし, 張侯鄭玄何晏等二三の学者, 張保敵に降り, 張というもの, 張信州へ出まする, 張信等事に当りし, 張の巴郡, 張俯向けに床, 張俳優だが, 張借金の言訳, 張倫理とか宗教, 張をさし, 張傳法肌の三尺帶, 張傷ついた獣の, 張僕一人かも知れない, 張僕自身の罪, 張儀以來の合縱連衡, 張儀以後の事實, 張優しくあしらつたのである, 張允恭は明, 張允蔡瑁のふたり, 張元通り締まって, 張充めし望を失ひ, 張兆期といふ一群, 張がまっ先に, 張先刻と同じ, 張先生方は寝る, 張入営する人達, 張入道首の耳, 張全く因果的機械的に, 張全然齒牙に, 張八九年ぶりであった, 張八月朔日其の年, 張公文潜の, 張共産党員も共産党員, 張其何れが先着, 張其内拡りの, 張其別人にし, 張其後に随, 張其日と同じ, 張其様事を仰つ, 張其気で便っ, 張其渡航者の群, 張其處此處に隱見, 張其血を享けたの, 張其通りに一旦, 張其通り何も話す, 張のこと, 張内儀さんと同じ, 張内心はそう, 張内気な性質, 張内礪杵道作等卅余人を捕ふ, 張内端ぢやお前様, 張冗談かと思ひ, 張の會合, 張じかつ, 張出さうとする, 張出させてさて, 張出されてあった, 張出されたから東京, 張出せる両翼は, 張出世する人, 張出廊で零下七度, 張出横綱になっ, 張出發は明朝, 張出窓硝子戸が締め, 張出雨雫する, 張刀法が強く, 張刀身を拭う, 張分けの大, 張切りで中屋, 張初対面で少し, 張判者を置く, 張別れるもとで, 張則民さんと云, 張前夜の通り, 張前日の煩悶, 張加茂川の水, 張勇吉の体中, 張動かないで坐つ, 張動機の穿鑿, 張動物園へ持つ, 張医学部教授をし, 張十三四の子守娘, 張十円ぢやらう, 張十分に説き尽し, 張切れるよう, 張千切れそうに見える, 張半平博士を訪ね, 張半日ずつ局, 張南張苞関興すべて同意見, 張南趙融の行く, 張南馮習はあきれ, 張単調な祈祷, 張印度國コロンボの港, 張印度洋中の孤島, 張危険ぢやない, 張危險ぢやない, 張原作者を侮辱, 張去年のこと, 張前の, 張友達のよう, 張曲面の, 張反らして目, 張反対だそう, 張といふもの, 張叔母さんの生家, 張取られる事に, 張取寄せて見ました, 張叢林の生活, 張古いものを, 張古めかしい門の, 張召し捕つて貰ひたい, 張哀が, 張可愛うて, 張台子駅まで同乗, 張合せの牌, 張合つた兩國第一, 張合つた本所の御用聞, 張合つた次第を聞い, 張合つた母を横取り, 張合つた男あの男, 張合つた顏の古い, 張合つて一寸も退け, 張合つて三田の方, 張合つて主人の息子, 張合つて原庭の才三, 張合つて慘めに敗れた, 張合つて手柄を爭, 張合つて手柄爭ひに, 張合つて綺麗に敗け, 張合つて近江屋の内情, 張合つて近頃はす, 張合ひといふもの, 張合ひと責任を感じる, 張合抜がいたします, 張合拔けた體であつ, 張同一である, 張同姓の岸本, 張同苗清十郎を, 張同郷の豐田さん, 張名残い惜, 張名誉でお, 張君はくはしい, 張君君は残れ, 張君子に見え, 張呼び慣れたように, 張哀しい而し, 張唐以後のこと, 張だ夫, 張唯物論者に対して大きい, 張唯絶對的自然力の奴隷, 張商売をし, 張問題を回避, 張善く無いヨ, 張喧しゅうして, 張という一漁翁, 張嘉代の病気, 張を御, 張噴飯材料なんで, 張囚われていた, 張四十何歳とかで初婚, 張四年か五年頃, 張因果法とせね, 張固くなりながら, 張国家的存在であるの, 張国平洲村の豪士細井甚十郎, 張土間には竃, 張の上, 張を下りる, 張均閣下でいらっしゃいました, 張のフットボール, 張城方の武士, 張基督教の民, 張堅忍して, 張場はいちにち, 張場五百十一坪合せて, 張場所から飛び出し, 張の大, 張塵埃の舞, 張だ虚偽, 張壁煖爐用煉瓦煙突等の落ち, 張壁煖爐用煙突などいづれ, 張誠に当り, 張士族様か違った, 張士誠等の兵尋, 張変りが無い, 張外道奴の所作, 張多少は精神的, 張大きな如露を, 張大佐等は今, 張大根卸の音, 張大殿や御, 張大番を勤め, 張天下の名勝たる, 張天井の如き, 張天保時代昔者でげす, 張天幕があります, 張太陽が地球, 張失恋自殺でしょうかな, 張失戀であらう, 張失敗だ, 張奧齒で噛み殺し, 張女中を怪しん, 張女優らしい愛嬌, 張女房の顔, 張女神であらせられる, 張加減な, 張好かった, 張好くないとて, 張如何にも先生, 張如来さんであつ, 張が夫, 張の家, 張が留守, 張はひどい, 張婆さんが申しました, 張婆めこれも廃れた, 張婆ア坊んち, 張婦人の肩, 張媒人口だなあ, 張媼さんの生命, 張賎子, 張孔堂十能六芸伊尹両道仰げば, 張孔堂由井正雪といったよう, 張孝行は立たない, 張良ならびに, 張学正をおどし, 張学良蒋介石を捕虜, 張学霖は, 張學良の北軍, 張學術的研究をする, 張安世の伝, 張宗昌系の山東省銀行, 張宗春卿酒井日向守松平和泉守松平左衛門佐御親類, 張実行が困難, 張実際の節子, 張の来た, 張を受ける, 張家口を経, 張家口錦州を通っ, 張家所有の地所, 張寐棺に入れ, 張ている, 張寺坊にゐる, 張将門の骨, 張部屋である, 張小作の年貢, 張小刀で削る, 張小山検事総長に違い, 張小生を筆, 張小舎善く盗, 張小金と申します, 張にお, 張居って困った, 張居られない理由に, 張居る今のにも, 張屋さんもう好い, 張履物を脱い, 張山伏姿か, 張山籠をし, 張山老木の藤, 張山荘の手伝, 張岸本と同じ, 張嶷それを見, 張嶷呉懿なども一人一人枕頭, 張嶷呉懿呉班などがまず, 張嶷呉班呉懿の輩, 張嶷王平などもそれぞれ, 張嶷王平鼓を打っ, 張嶷陳式杜瓊などの四将二万騎, 張川口町へ帰る, 張州府志など迄がこれ, 張巡傳に當時, 張巡査の様, 張巡見なせえ, 張巡許遠を, 張左樣だつた, 張差置いた眞の, 張巴里に来, 張市郎で通つて, 張帆数里忽飛然, 張帰りは此処, 張常談らしく言ったけれど, 張平中は後, 張平子の, 張平常着て, 張平然とした, 張平素は上, 張平群氏が支那, 張なる者, 張幼明の方, 張幾ツといふこと, 張は今に, 張の肉, 張座興だよ, 張をぬけました, 張廣號は人參, 張弁天社内の茶店, 張なんて言う, 張張られてあった, 張したの, 張強い千世子の, 張強弓以弦鋸其項或置小石於沸湯中, 張もなく, 張当時の変らない, 張彼処にあります, 張彼女たちが昨夜, 張彼女一人の特有, 張彼我の對峙, 張彼等の為, 張律儀だ, 張徒労であった, 張従正字は子, 張従正者究医之術, 張得天劉石菴と云, 張御多分には漏れぬ, 張御酒ゆえでそれ, 張徹底的な客観的論理学, 張心中では人, 張必要の事, 張快くなかつた, 張怕ろしかったが, 張怖いんだ, 張思った通り雪子と, 張怪しいものぢやと, 張息子に早く, 張息張つてゆつくりと, 張恰好がつかねえ, 張悪事の罰, 張意思に就, 張愚痴か愚痴, 張感激と燃焼, 張懐中時計を持つ, 張懷芝は何時の間に, 張者は, 張房吉を歯痒く, 張扇子になっ, 張手前の田舎, 張手拭の臭い, 張などを広陵地方, 張技巧を磨く, 張抜いたって日本紙, 張抜拵物の名人, 張抜石などと申す, 張抵抗し難い, 張括り附けて軒, 張持出して外交, 張持参の物, 張を切れ, 張挙張純の謀叛, 張挙訟えを, 張掖門に殺, 張揚げて, 張揚げた声を, 張揚子江の下流, 張換えられ床の間に, 張揺れて衣服, 張撲って懲そう, 張擬ひなしの, 張政治科には第, 張のふやけた, 張教仁君二振りのうち, 張教仁君手を延ばし, 張教師である, 張の諫疏, 張文成其他の小説記録者, 張文昌の成都曲, 張文潜に従う, 張文献に証拠, 張文貞の, 張料理人を解雇, 張として可, 張日本の, 張新しい生活は, 張新聞が着け, 張新聞配達をし, 張を勤める, 張既に末の, 張既字を徳容, 張日一日何かしら用に追, 張日本の文化, 張日本人には日本人同士, 張日本料理に願ひたいトサ, 張日本種は中, 張旦那様がお, 張のまま, 張旭賀知章焦遂, 張昌宗姿貌を以て武后, 張明け放しになっ, 張明るい街よりも, 張昨夜死神につかれた, 張昨日と同, 張昭はさように考える, 張昭不遜至極ながら直言, 張昭以下その列, 張昭以下和平派はただ, 張昭以下数十人の重臣大将, 張昭以下譜代の重臣, 張昭張絋周瑜魯粛などの宿将, 張昭顧雍などの重臣連, 張是方にある, 張時代といふもの, 張晒木綿の褌, 張普麓に見える, 張景恵が我方, 張暴力革命とか爆彈, 張書籍が可, 張書置をたて, 張書銘の, 張替えてからは急, 張替えられテーブルも, 張替えるが宜しい, 張替へずにある, 張替へられたり, 張替る諸処を, 張最初はお母さん, 張最後まで読ん, 張触れた然, 張有りますかな, 張有るんです, 張有島生馬南薫造の両君, 張の詩, 張木戸が少し, 張未亡人になっ, 張未来派も僕, 張未知數であつ, 張の花, 張の百姓, 張の鏡, 張東京横濱方面から來, 張東京風に作る, 張東洋全體, 張東洋哲理の系列, 張松たちがかく, 張松どのでは, 張松原に出, 張松山さんのお, 張松法正孟達たちのすすめ, 張板挟みの苦衷, 張果樹園の方, 張柏木の者, 張柳田君であつ, 張が高平, 張株式会社に頼ん, 張根気よく撓まず噛ん, 張根氣よく撓まず噛ん, 張をぶらぶら, 張梁なおありと, 張梅ちやんや新, 張梅喜さんなん, 張生来訪, 張棒へそッと手, 張棒天秤棒から長押, 張楊両人の帰, 張楚金の翰苑卷第卅, 張を動かした, 張槍十二筋三つ道具二通りその他の諸, 張模範として好い, 張のふたり, 張横渠程明道程伊川これらの学説, 張横穴であらう, 張横額二枚金屏風半双を送付, 張樫材の固定薬品棚, 張の林, 張樺火が盛ん, 張櫛田医師の診察, 張が能, 張正しい人は, 張正真物の涙, 張此一例であらう, 張此中に入る, 張此処に泊つて, 張此孝に重き, 張此所で朱, 張此日記を私, 張此洋服で甲州街道, 張此處等にゐた, 張此路へ入りました, 張武士の家, 張武悪戦して, 張武者小路実篤の作, 張殆ど見徳, 張殺したと名乗る, 張殿だ, 張は自分, 張毎日イツシイ・レ・ムリアウにある, 張氏夫妻ならびにフィンランド, 張氏皆神異的と宗教的, 張氏美而妬なりと云, 張や空, 張水流れ船動き橋か, 張永久に昨年, 張汚れ裂けて, 張江戸っ子でなくっちゃあ, 張江戸風な橋, 張の傍, 張を説く, 張法政一流の偶然観的社会分析, 張法橋の豚犬児, 張泥坊の様, 張洋画の方, 張洋畫の方, 張は交州, 張活字で印刷, 張活物だ, 張流浪人だが, 張流行感冐に罹られました, 張浅間の山, 張浜主といふ百十三歳, 張浮きたる家業, 張浮気で妄想, 張へ飛込む, 張海鵬はことに, 張消しをしよう, 張消滅するで, 張淋しかったの, 張混み合っていた, 張済軍に叩きのめされる, 張って水, 張渡り者でまことに, 張渺々たる大, 張源助の話, 張溪流の音, 張滿足はしない, 張漁師をせんならん, 張漢学を勉強, 張漢志以下の四種, 張漢書をかいた, 張濁声で云う, 張が主客図, 張無事に玉子焼, 張無意義では, 張無益の心配, 張熊本の夏, 張熊谷と遊びたかった, 張牛肉党に非, 張牧野だ, 張狂人なの, 張独逸流の遣, 張かつた, 張を殺し, 張と同じ, 張献忠もこれ, 張献忠はかの李, 張玉の死を聞き, 張玉朱能丘福等の勇烈, 張玉朱能等いずれも塞北, 張玉朱能譚淵馬雲等の為, 張玉等之を見, 張の名, 張王妃が強, 張現今の地点, 張はもっとも, 張琵琶会に来, 張琵琶會に來, 張瑞圖などは矢張り率意書風, 張甘いものだ, 張田代が長命寺, 張田舎が恋しく, 張は違つて, 張番組十二人駕籠十八人としてあ, 張をかき, 張異性の相手, 張を之, 張発句のほう, 張發句であり得る, 張發音的に, 張に常夏, 張白すに里芋, 張白面の一書生たる, 張百八年目になつ, 張百熙榮慶及び湖廣總督張, 張皀旗等を失う, 張目する俳諧者流の, 張目的を達しない, 張目飛耳の徒, 張直ぐには立ち去りかねる, 張直接軍部に関係, 張真実の愛情, 張を伏せた, 張着人によってどんより, 張督弁にふさがれ, 張督軍の変, 張知っていた, 張矮人が恐し, 張と泥, 張石山さんが引取, 張砕けたり, 張社団法人と云, 張社説記者ポトリヤソウスキイであつ, 張神主歌手何んとやら, 張神様のやう, 張神輿渡御の刻限, 張神通力がない, 張禹包咸孔安国馬融鄭玄王粛などの学者, 張私共でなければ, 張科学であらう, 張科學的に研究, 張空床になっ, 張窃盗で京都地方裁判所, 張窪ますほどの力, 張立ち上がつた, 張立てられてあった, 張立てる治兵衛だ, 張竭忠がここ, 張竭忠これを疑い, 張端等十余人各途, 張を仕, 張競争軒ランプ競争に火花, 張笈摺を脊, 張を吹い, 張十九, 張の配置, 張の上, 張に関係, 張箝めてお湯, 張に子游, 張篠田の奸策, 張も亦, 張粟田爺さんの手, 張紅殻塗りの古い, 張の謀叛, 張紘先頃から病中, 張と松平越後様, 張素手で水, 張紫繻子必定我子と思いました, 張細かい雪だ, 張細川繁の成功, 張にはそこ, 張終日家居して, 張絋周瑜魯粛などの宿将, 張絶世の美人, 張継尭と譚延, 張継楓橋夜泊の詩, 張続いているらしい, 張も一本, 張の地点, 張総てが女子, 張総理が大将, 張から槌, 張という名, 張繍らと共に酒宴, 張繍一族を亡ぼす, 張繍張魯韓遂などの人々, 張繍征伐に出向いた, 張繍攻めの一翼, 張繍様からのお, 張美しい青年と, 張美人系の一族たる, 張美作で, 張美留藻であった, 張を抜い, 張群杜徳黄疆等が玄菟郡, 張義直卿に進ぜられた, 張翼呉懿には趙雲, 張翼字は伯恭, 張翼張嶷呉懿なども一人一人枕頭, 張翼張嶷馬忠などもそれぞれ命, 張翼張苞などの働き, 張翼徳の後裔, 張というの, 張老人との間, 張老嬢はニコニコ, 張老子の思想, 張考へないではゐられない, 張だ, 張耆四十二子あり, 張の客等, 張耶馬渓の絵巻, 張聞えるニヤゴニヤゴーと, 張聞きたいんでせう, 張聞書の書き方, 張肉體的活動を伴つて, 張胆明目して, 張はひと月, 張胤ら十数人を殺しました, 張能面がよく, 張が痛い, 張膨脹しつつ, 張膽明目して, 張自分自身である, 張自己の發現, 張自滅という遅鈍, 張自然現象ではなく, 張自然的産物であるに, 張る此娑婆, 張臭橘寺の前, 張がある, 張良蕭何韓信のよう, 張良鉄椎の時, 張良韓信が来よう, 張芸人の得, 張芸術界の当然, 張の, 張苞ふたりを先, 張苞らの軍, 張苞岩角に頭, 張苞関興すべて同意見, 張苞関興ふた手の軍勢, 張若い学生が, 張若虚の, 張苦しんだ揚句だ, 張茶好の仲間, 張草葺だが, 張草鞋ですか, 張草鞋穿の土方風, 張荻原守衛がいい, 張莞爾する, 張華先生足下は国家, 張華華佗の輩, 張蒸暑い押覆さつた, 張と説, 張蔭麟茅以昇等の諸君, 張薄暗い椽側の, 張も有名, 張薦はかの, 張薬売に遠く, 張虎楽進の子楽, 張虎陳生らは血眼, 張虚弱で六ツ, 張虚無僧さんと同じ, 張の変生, 張は前, 張の作, 張せしむるの間, 張行った方が, 張行つて居るの, 張から出奔, 張衡張衡の子, 張表情は笑つて, 張被害民に押付ける, 張裁判官でも人, 張裂くばかり, 張が見えない, 張襖紙思案につき候, 張襦袢を肌, 張西若くは, 張西洋人でしかも, 張西洋料理屋を選ぶ, 張西洋風に床几, 張て貰, 張見えたのであった, 張見当はつかなかつた, 張見馴れた菊塢が, 張は親, 張角のは太平道, 張角一系は東方, 張角一門の暴政, 張角乱を作, 張角于吉駱曜等は亡びた, 張角大方師の本, 張角将軍直属の正規兵, 張角漢中の張氏, 張角自身が行っ, 張角軍と合体, 張言いがかりを付け, 張言葉遣いに喧しく, 張記してある, 張訥之の馬, 張評判に背かない, 張を作つて, 張てゐない, 張の縒, 張であります, 張に蛇崇拝, 張謡曲と手習, 張譲その他の内官十三人, 張譲たちは新帝, 張譲段珪のふたり, 張りが, 張變遷は始終, 張の起点, 張豚小屋同然の住宅, 張の小道具, 張貴様を覗, 張買って壱, 張を南陽, 張資本の潤沢, 張や衞, 張物だ, 張赫宙のよう, 張赫宙氏の愚劣漢, 張越前芸州等勤王諸藩, 張が出ない, 張跣足になり, 張路斯その夫人, 張遂に自ら隙, 張といふもの, 張輔自身は永興二年, 張は顔淵, 張輿武士数百騎路頭前後ヲ囲ム, 張込ませて置きます, 張込ませたが先生, 張込むよ, 張込んだ祝いものが, 張秋二人の, 張返された時の, 張返事がなく, 張ひ退けるとは, 張つて来た, 張通りが好い, 張逢つて丁と話, 張連島人にて嵯峨御所, 張進むべき針路が, 張運慶一派のもの, 張は同一, 張道楽をした, 張道陵漢末瘧を丘社, 張達僕が分らない, 張遠い母親の, 張遠くへは去らず, 張遣るなと思, 張遺憾ながら十分, 張遼あれを, 張遼たちは見る, 張遼一名のため, 張遼供をせい, 張遼侯成の三千余騎, 張遼出でよ, 張遼徐晃李典楽進于禁などの諸, 張郎中朕にどうせい, 張に近い, 張都督とか蔡瑁, 張だどうぞ, 張里方の娘, 張に置け, 張野々村主水, 張野原で片方, 張金森家の藩中, 張金田自身が何, 張金融問題に過ぎない, 張釜谷山と毛勝, 張釣りに行っ, 張釣竿を持て居る, 張鈍勝ちと同じ, 張を預つ, 張鎰はじめ皆があっけ, 張長い留守居から, 張長く住慣れた, 張長官が軍権, 張長時間かかる, 張長柄五百本槍三百本具足二百領其他とある, 張開いて胸毛, 張開いたような, 張が現れた, 張阪大へ行っ, 張陵一系は西方, 張隅っこのボロ, 張際立って聞える, 張隣家の所有, 張雅楽多堂, 張有く, 張難波戦記流の作, 張雪子の心持, 張雪子ちゃんと云う, 張雪駄穿で小筒, 張の晴間, 張霧のか, 張青木君と同級, 張静子が何, 張靜かな所が宜, 張靜子が何, 張面会を終っ, 張面白くない事, 張という廷臣, 張を勅使, 張音楽学校か女子大学, 張頭脳を豊か, 張を見合せ, 張飛おまえの考え, 張飛さまがお, 張飛す事さへ, 張飛その他二百余の有為, 張飛ばぬ様に, 張飛ひとりは朱面長髯, 張飛ぶことが, 張飛らもあいそ, 張飛一人が守っ, 張飛一手で奇襲, 張飛今宵こそはといきまい, 張飛以上の者, 張飛兵馬の用意, 張飛孔明などを具, 張飛字は翼徳, 張飛孫乾の輩, 張飛張飛っ, 張飛得心が参った, 張飛猶予すな, 張飛自身も芙蓉, 張飛趙雲黄忠馬超などの五虎, 張飛関羽たちはすぐさま, 張飛雷同の二隊, 張飛魏延馬超黄忠, 張飯山の藩士, 張飲んで居, 張養浩が私錢, 張をグラグラ, 張首明夫婦に挨拶, 張首明妻お光, 張首明白基竜安重根, 張首狩が盛ん, 張の上, 張馬鈴薯だったの, 張馬鹿で気, 張馬鹿サ初から君, 張馴れた土地だ, 張馴染の天民, 張目だつた, 張駿河台に居た, 張骨折つて古い瓦, 張に, 張高級なヂレツタント, 張魏以前の古代神仙道, 張は蟇, 張魯一代の善行, 張魯一族の野望, 張魯字を公棋, 張魯蜀の玄徳, 張魯軍と蜀, 張魯韓遂などの人々, 張魯魯の時, 張などの様, 張鳥籠が幾ツ, 張鳴物入で, 張鴻業という人, 張と云った, 張黒い山影が, 張默つて爾時はおなじ, 張鼓峰事件をおこし, 張鼠無地の小袖