青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「師匠~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

布団~ 帆~ 希~ ~希望 希望~ 帝~ 帝国~ ~師 師~ ~師匠
師匠~
~席 席~ ~帯 帯~ ~帯び 帯び~ ~帰 帰~ 帰し~ ~帰っ

「師匠~」 5108, 53ppm, 2192位

▼ 師匠~ (1376, 26.9%)

47 ところへ 29 家に, 家へ 23 家の 12 顔を 11 お組 10 前で, 家を 9 家は, 許へ 8 声が, 許に 7 お園, 名を, 手を 6 供を, 家で, 看板を 5 ことを, ために, ところに, 前に, 前へ, 助六, 口から, 家でも

4 [13件] お幾, お才, ところで, ような, 前を, 唇を, 娘と, 宅へ, 小三, 真似を, 眼に, 許を, 部屋から

3 [23件] お勝, お舟, お角, ところへも, もとへ, ように, 上が, 世話を, 処へ, 大森を, 妹の, 家から, 家では, 容態を, 後から, 所へ, 手に, 教えを, 眼の, 身の, 部屋に, 部屋へ, 鼻の

2 [89件] お供を, お宅, お組さん, お蔭だ, お蔭で, お許しが, お話を, お豊, くせに, ことで, ためには, ところの, ところを, はからいで, ほうから, むすめ, もとで, サラット・チャンドラ・ダース師が, 上に, 下に, 仕事を, 傍に, 光川左門太は, 内の, 前も, 助六は, 勘当を, 又六, 取席, 国芳は, 圓生が, 声は, 外には, 大浚い, 妹で, 妻君へ, 姿を, 娘お, 娘で, 宅に, 家が, 家には, 家まで, 容子を, 小翫, 左内に, 師匠の, 帰りを, 店で, 店に, 弟子たちを, 御新造が, 心持ちが, 怪しげな, 意を, 挙動正しい, 文字花と, 文字花の, 方で, 方へ, 替りに, 月齋と, 枕もとで, 格子を, 楽屋へ, 次に, 死んだの, 死骸は, 流儀を, 浮気さは, 画風に, 真打席, 眼が, 空覚聖尼から, 紋也の, 良秀が, 言葉に, 許しを, 謡を, 送葬, 遺骸は, 部屋が, 門を, 間柄も, 関係は, 雷門助六は, 顔色を, 首を, 鶴吉との

1 [793件 抜粋] あだ名を, あの仮借, あまり厳しい, いい附け, いう意味, いおうと, いつまでも, いらない文学, うしろに, うちから, うちの, うちを, おかげです, おかみさんに, おかみんが, おまえさんより, おもかげ, お伴まで, お供, お利益, お名前, お喜代, お喜多さん, お墓, お嬢さんお, お幾さん, お店, お手本によって, お政, お栄, お母さんが, お母さんに, お湯と, お登久, お舟さんだつ, お話では, お辞儀の, お鶴, かけがえの, かわりに, きつい目, こせついたの, ことだ, ことなんか, ことばを, ことも, このけさ, この泥斎, この頃, これらの, これ程までの, しつけ, しょんぼりと, すぐ後, そのまた, その潔癖さ, ただならぬ呼び声, たて三味線を, ためその, ためを, ため尽くせ, ところから, ところからは, ところでの, ところも, とそういった, どうしてなかなか一朝一夕, はなしも, は青, ひとが, ほうじゃ, ほうへは, ほうも, またまた昔, また師匠善, もらい娘, よう, ようには, わたくしの, わたくしを, ゐる町, を貰, ウチへ, ガンデン・チー・リンボチェについて, チー・リンボチェという, 一つの, 一周忌です, 一命を, 一家は, 一座へ, 三味線と, 三味線も, 三年に, 三遊亭圓朝だった, 上も, 下僕を, 不機嫌に, 不満な, 世態に, 両大関, 九つ目を, 九女八が, 事ばかり, 二代目三遊亭圓生の, 二枚看板で, 云うの, 云う事, 五つの, 五郎入道正宗だらう, 人情から, 人情噺で, 人選が, 仇敵を, 介抱に, 仕打, 仕打ちに, 代に, 代作の, 代作を, 仮初の, 仰有る通りさ, 仲蔵写しという, 伜といふ, 住いさえ, 住んで, 住居と, 何かね, 作ったもの, 作に, 作品を, 作風を, 使命を, 供養とも, 偉さ, 偽物を, 傍らで, 僅に, 光奴が, 光川左門太だけ, 免状を, 其月を, 内幕だ, 内弟子だ, 内弟子として, 円朝とは, 写経を, 出幕に, 分も, 判断と, 前じゃあ, 前でも, 前名, 力が, 功徳の, 千斎である, 単嶺, 博士は, 叔父き, 口を, 口上を, 口説くなあ, 台所は, 右手が, 吉井勇先生だけの, 名は, 名前の, 名句を, 吐いた痰唾, 周りを, 命終に, 噺は, 噺を, 団十郎も, 国年や, 圓朝に, 圓生だった, 圓生には, 坊さんは, 型を, 報告これこれという, 墓の, 墓参りの, 声だ, 声である, 声を, 売れたほどは, 外聞女房の, 大名人吉田玉造, 大森は, 大浚, 夫人が, 女房の, 如才ない, 妄念, 妹にて, 妻を, 妻君の, 妻君も, 姓の, 姿に, 娘お玉を, 娘であった, 娘など, 婆さんは, 子として, 宅から, 宅ね, 宅の, 宇兵衛が, 宗佐の, 家じゃあ, 家だった, 家と, 家なんぞには, 家にも, 家へも, 家庭は, 家筋も, 容態は, 密画と, 寝酒の, 實家といふ, 寺の, 寺子屋へ, 寿信という, 小さい娘さん, 小唄お, 小山正太郎氏が, 小言も, 小間使いを, 居間へ, 屋敷で, 屋敷の, 山村小左衛門という, 山村小左衛門は, 山県紋也の, 岸沢小, 左内は, 差図と, 市毛甚之丞であるらしく, 師匠なる, 帰ったあと中っ腹, 帰りに, 平山って, 底知れぬ, 延津, 弟子だ, 強い決心, 影を, 後姿の, 御内儀さん, 御新造と, 御気嫌, 御神燈, 心づかいは, 心に, 心までも, 心中に, 心持ちも, 心配, 志を, 応挙は, 怒るの, 怖い目, 思い出に, 性なら, 恩という, 恩を, 息子だ, 悠然たる態度, 悪口なんか, 情夫か, 意の, 意見に従って, 愛人それから, 感応院を, 慈愛が, 慈愛に, 所の, 所を, 所有に, 手から, 手で, 手元に, 手前も, 折檻に, 折紙付です, 招牌に, 指には, 指南を, 指図どおりに, 描いた絵草紙, 摂津大, 教えて, 教え方, 教唆による, 教授法な, 文字吉の, 文字房を, 文字春が, 文字花や, 文字若さんが, 新次さまが, 方が, 方のは, 方へばかり, 方針によって, 明らかな, 明日の, 春信から, 春太夫に, 時は, 晴々した, 暮し向きの, 書齋には, 最後を, 月齋が, 月齋も, 望月太喜次さんは, 札をや, 東洲齋は, 東海坊が, 東雲師は, 杵屋新次さまに, 枕元で, 某お玉ガ池の, 根岸の, 梅雀は, 棺の, 検視は, 様子が, 標柱が, 機嫌は, 機嫌も, 次の間に, 歌女代さんの, 歩みは, 死と共に, 死んだあと, 死顏を, 死顔を, 母親が, 気に入らずとうとう, 気に入り其の, 気息の, 気息を, 気質として, 氣に, 没後ずっと, 法眼が, 法神の, 泰親に, 涙に, 清麿について, 温情に, 源氏山も, 為に, 燕枝には, 爲に, 独りぐらしを, 理想の, 甥であり, 用向きにて, 用心棒は, 申さるる通り, 留守に, 留守の, 病床に, 病気についての, 病気の, 病気平癒を, 病篤し, 癖が, 癪も, 発句を, 目からは, 目は, 看板が, 看病を, 真っ赤な, 真似で, 真似ばかり, 眼識違いか, 瞳に, 知人の, 祟りで殺したくも, 私へ, 稼ぎだけ, 稽古屋に, 立場も, 笛村が, 筆の, 糸ぐせ, 糸を, 紀久榮を, 紋也には, 素踊りが, 紫田彈右衞門といふ, 細工場に, 絵の具箱の, 綽名は, 羅真人さまも, 老人は, 老人をも, 耳に, 耳へ, 脇役, 腹の, 膝下へ, 自分を, 自宅に, 舞台の, 般若三藏を, 花柳何某の, 芸でございます, 芸の, 若い愛人, 若後家, 英善が, 荷物は, 荷物も, 菊之丞さえ, 菊之丞も, 華客先で, 葬儀は, 蔭に, 虎松は, 行く先に, 表格子, 袂か, 裸の, 見立てが, 視線に, 言うこと, 言うところ, 言葉, 言葉で, 言葉も, 許で, 許へは, 許可が, 許可を, 許婚面も, 評判が, 試験は, 話を, 語気に, 読書する, 證據だ, 讐を, 賞めて, 赤い怖ろしい, 趣意は, 足だ, 足許の, 身の上を, 身体へ, 迷信に, 迷惑は, 追善芝居を, 通りの, 逝去の, 逮夜で, 進藤孫三郎さんの, 逸見多四郎によって, 遊戯から, 選定も, 部屋の, 酌で, 金を, 銀一は, 間じゃ, 関係を, 隣に, 隣りに, 隣部屋に, 霊前に, 青を, 青木昆陽が, 面倒を, 預かり物, 額にも, 顏が, 顔だった, 顔に, 顔の, 風当りが, 食べられない容子, 飯の, 駕籠を, 骸の, 高座着を, 魂が, 鰐口の, 鰐口も, 鶯に, 鶯も, 鶴吉と, 鶴吉とは, 鼾が

▼ 師匠~ (475, 9.3%)

6 私の, 言った 3 来て, 生きて, 私に

2 [12件] いった, いって, こちらへ, しずかに, それから, まだ心配, 改めて私, 猶夢現, 相当の, 私を, 自分の, 途中で

1 [430件] ああやっ, あすこの, あの通り, あれから, あんなひどい, あんな惨め, いいつけた用事, いい先生, いい年, いい放った, いけない口, いっしょに, いったい誰, いつもの, いつも口癖, いつ迄も, いますか, いまも, いやに, いらぬお前, いわゆる, おいらから, おめでたくなっ, お前が, お宅, お座敷から, お座敷に, お眠, お稽古台, お貞, お辞儀を, かたばみでござんす, からすみだの, かるがるとは, かわいそうだ, ききつけぬ容子, きびしく盲人, くどくど頼んだ, くり返して, けげんそうな, こうも, こう教え, こう笑顔, こう言う, こう言っ, こう言った, こう言われた, こちらから, こちらからの, ことにその, この人, この半次郎, この姿, この婦人, この岩井半四郎一座, この弟子, この日, この私, この縁談, この言葉, この話, この部屋, この間違い, この頃, これからの, これから先, これこれ我々は, これはと, こんなこと, こんな小さい, ございませんが, さらに, さらに具体的, さらに私, して, しのぶを, しばらく黙し, しらないだろうが, すぐに, すっきりと, すまして, そういう弟子, そういう行儀, そこへ, そっと草鞋銭, そのまた, その一分銀, その上, その中, その日, その晩不帰, その筋, それだけ言っ, それほど上手, それを, そんな意味, たいしたこと, たまたま改正, ちっとは, ちよいと, とんでもない, どうしても家, どうする, どうせここ, どうも自分宅, どこに, どちらかと, どっと寝付く, どんな女, なお慾, なかなか内福, なかろうかと, ねえか, ひとりで, ひどくお, ひどくびっくり, ひどく満足, ひまさえ, ふだんから, ぷんぷん怒っ, ほかへ, まあそれ, まず大体, また師匠, また私, まだしらない, まだなかなか起き, まだ生き, まだ肩上げ, まんじりとも, みのるが, めっきり大人び, もう四十二三, もう少し品, もう影, もう照之助, やがて撥, やっぱり大きい, やっぱり慣れ, やはり発句, よく人, よく帰っ, よっぽど取りのぼせ, わたしに, ニッコリ笑い, パイジウス・ヱリチユコウスキイである, ヘッヘッ妹の, マア寄席へも, マカリウスである, モウロクし, レオニダスである, 一々それ, 一体どっち, 一同に, 一寸軽蔑, 丁度外の, 万事ゆったり, 三十六歳で, 三味線と, 三左衛門は, 上へ, 下座の, 下谷の, 不思議な, 中入り前の, 二十年前に, 五体揃っ, 五十二三の, 亡人の, 享年五十四でありました, 亭主の, 人前でばかり, 人手を, 仄かな, 今いった, 今まで, 今松, 今湯, 今頃どうして, 仕事の, 仕事ばかりに, 他の, 以前堀越から, 仮借する, 伊勢新を, 会って, 会得し, 何かい, 何だって, 何の, 何もかも知っ, 何んだ, 何んである, 何事に, 何人でござる, 何処だ, 何故か明, 修羅を, 俺の, 偉かった, 先刻から, 全く本性, 全く私, 写経の, 冬でも, 初めてうまい, 初めて汽車, 加減が, 化けもんだ, 十二三間も, 十八の, 厳かに, 双方の, 取って, 取るに, 口に, 口の, 古人に, 只今お, 叱責の, 右の, 右手に, 吉祥天を, 名を, 名代の, 名高いアンブロジウス, 呑気だ, 呼び出しが, 哄笑った, 喘ぎながら, 嘘を, 四五日前に, 四人の, 圓朝が, 圓朝の, 土子土呂之, 坐つたま, 堅いから, 変化の, 大いに悲しん, 大きな願い, 大きな風呂敷包み, 大したこと, 大の, 大家でも, 大概盲人の, 女団洲なんて, 好きだれ, 娘を, 宝蔵院に, 室の, 家に, 寛大な, 寝付いた様子, 寿女を, 小庭, 小春日和の, 小母さんにも, 小金もちの, 少し口, 少し言葉, 居ないよ, 岸沢の, 島田虎之助だ, 工夫を, 左う, 左腕の, 市川の, 師匠で, 帰って, 平井左門と, 平常当主, 広小路の, 弟子が, 弟子たちを, 弟子を, 弥三郎に, 当時は, 彼の, 後生の, 徐かに, 徒弟を, 従前よりも, 快く私, 念を, 慳貪な, 成績の, 或る, 手前に, 折に, 振りかえった, 振返りつ, 教えること, 文明開化の, 斯う云っ, 日の, 日曜日に, 日本橋馬喰町の, 昔伊勢屋の, 昨夜お, 昨夜何處に, 昨夜大そう, 時々お, 晴れやかな, 有名な, 朝から, 本家の, 机の, 歌は, 歌寿と, 正銘の, 此方へ, 此間から, 死んで, 殺され植木屋, 気が, 気づいたであろうか, 気の毒な, 気嫌が, 江戸ッ子で, 浅利又七郎, 淫乱よのう, 無尽無, 無理を, 煙管を, 照れて, 照之助を, 物好きだ, 特にそういう, 狩野寿信という, 生意気な, 生若い, 申して, 留守帰りを, 白衣観音を, 皮肉で, 益々痩, 目を, 直ぐに, 相槌を, 相談を, 眼を, 矢張り殺された, 知らない, 確かに, 私が, 私たちにも, 稽古台の, 稽古舞臺の, 空地を, 立派な, 竹割り虎太夫と, 竹割り虎松その, 竹格子の, 笑いながら, 笑って, 笠に, 絵筆を, 絶えず言, 經學の, 続けた, 繍の, 羽織など, 考えて, 聞着けた, 脚気に, 膝に, 自分で, 至極満足, 舞台を, 芸者の, 若いお次さん, 若けえ, 茶を, 茶碗を, 蛇が, 蛇に, 見えぬ眼, 見なかったの, 見なかつたの, 言って, 言ふんです, 訊いて, 話されて, 話どおりに, 語られたこと, 誰だ, 誰にも, 誰の, 豊沢団助子分たちの, 豪いという, 賞めた, 赤で, 赤ばんだ, 身体を, 軒の, 逆上し, 通って, 進歩的な, 郷里に, 酒の, 酔うと, 酔って, 醉つて居る, 重ねて, 鈴木松年先生が, 鐘の, 集まって, 雪之, 面映ゆげ, 頬の, 頭が, 頭を, 頷いて, 額に, 額の, 額を, 額縁を, 顎で, 顎を, 顔を, 風琴の, 飴菓子を, 高声で, 鴨居越しに, 麹町三丁目辺町家の, 黒い蛇, 黙って, 鼠一匹殺さない, 鼻が

▼ 師匠~ (398, 7.8%)

7 住んで 5 弟子を 4 あって 3 来た

2 [31件] あつた, あつて, いた, いたが, いる, お園師匠, それを, ついて, ないので, やられましたよ, 一人で, 三四軒も, 二三軒常磐津の, 云ひつけた, 出て, 夢なぞを, 大好, 帰って, 来て, 楽屋で, 死んだと, 死んだん, 死んで, 死んでから, 毎日店屋物を, 申されて, 町人の, 自分を, 蛇に, 許しても, 踊りの

1 [317件] ああした, あった, あったに, あっても, ある, あるかい, あると, あるどこ, あるの, ある晩, あんな凄い, あんまりがみがみ云う, いかにきれい, いかに私, いくら骨を, いって, いってるじゃ, いっとう似つかわしかっ, いつに, いつも炬燵, いなくなってから, いろいろに, うんという, おっしゃって, おったら何, おみえ, おりて, お前に, お求め, お直, お閻魔様, かえってき, きびしかった, こういいだした, こういっ, こう切り出した, ここの, こなすなんて, この春, この殺人事件, こんなもの, さし示す, さっきから, すぐ来い, すこしむっとした, ずかずかと, そういうた, そうした取んで, そう云っ, その告別式, その妹, その屋敷, その芸, その電気, それ見ろ, たんぽ槍で, だよくこう, ちいさい時分, どうしてそんな, どうして三味線, どうも, なかった, なくては, なくても, なくなれば, なつかしくなっ, はいって, ひとり言を, ほんのちょっと, まず非常, またお, もう茶, やかましく云う, やかまし屋で, やがて大きく, れれつろー, わたしの, われだけにや, ゐたらどんなに, ゐて, ウチに, ステパンに, ニヤリニヤリと, ポロポロ涙, 一度ふい, 一歩先き, 一番好きだ, 一番好きだった, 上がって, 下り中入り, 丹誠の, 久保本の, 乗り込むころ, 乗込めば, 二つに, 云った, 井戸端で, 亡くなつて, 亡くなられた時, 亡なりまし, 亡なりました, 人に, 人柄の, 今回鬼の, 今死んだ, 他へ, 他流試合を, 伊勢屋に, 休めば, 何か, 何も, 何んか, 何時も気軽, 何時も氣輕, 余生を, 使って, 倒れたと, 倒れちまったって, 側に, 兄に, 充分に, 入ったので, 出来たとか, 切り上げたとき, 判らずやな, 前に, 前景気に, 前途の, 化けたと, 北陸道の, 千葉周作だ, 厳かつた, 厳しかった, 参りまして, 參りまし, 又こんな, 双方を, 口を, 右と, 呼び止めた, 命ずると, 四度目に, 固く戒めた, 坐って, 堺屋を, 売ったについて, 変化の, 夢に, 夢枕へは, 大事に, 大変可愛, 大病, 大阪へ, 夫婦し, 奥で, 妻君に, 嫉妬を, 安さんに, 実は敵, 家の, 寿女を, 少いという, 少しも, 少し人気, 少し可哀想, 左う, 己に, 師匠が, 師匠ばかりじゃ, 席亭から, 帰ったらその, 常とは, 常人でなかつた, 平凡すぎる, 弟子に, 弱くては, 強情張っ, 当時の, 当時江戸で, 彼の, 彼を, 彼程の, 往くなら後, 怒って, 怒鳴った, 思案に, 急に, 恥も, 憎悪し, 戻って, 房州から, 手を, 折檻する, 押し付けずに, 拝めるぞとばかり, 持って, 指摘され, 捕まるもん, 救いとって, 教えた芸, 教えて, 教え子と, 斯道の, 新吉さんの, 旗本であろう, 明らさまに, 昨夜ふと, 本物でない, 杉大門の, 来たかも, 来るやら, 東京から, 板橋方面から, 果して人, 楊枝箱を, 次第に二番目物, 歌舞伎座の, 歴然と敗北, 死にましたかい, 死んだって, 死んだといふ, 死んだとは, 死んだら俺, 死骸を, 歿されました, 歿しました, 殺されたという, 殺された時分, 毎日晝湯へ, 気が, 氣が, 泳ぎを, 浪人者を, 演って, 無理を, 熱心に, 片手落ちなく, 物干, 犯人を, 狂い死に, 現われるよう, 生きて, 生前丹精し, 申されました, 留守と, 病気に, 病気の, 目を, 相変わらずお, 矢庭に, 碧瑠璃園, 禁酒し, 私に, 私に対しての, 移つて来た, 稽古に, 立ち退きの, 笑つた時は, 細い笛, 絞め殺されたん, 練習し, 美しい娘達, 考えて, 聖堂裏の, 肉太な, 背戸と, 背戸にも, 背戸の, 能事では, 膝へ, 自分で, 色の, 芸者に, 苦心する, 苦笑しました, 華族様を, 行水を, 襦袢の, 西行法師を, 要らない, 要らないと, 見ると, 言い出すと, 言うので, 言った, 言は, 買い取ったの, 賞める, 赤い顔, 越して, 転べば, 辻屋に, 返して, 連れて, 選んで, 配った抹茶茶碗, 酒を, 酔い書きに, 酔っぱらって, 針供養を, 銭湯へ, 錢湯へ, 開幕前まで, 関破りの, 陰女なんぞと, 雛段へ, 面倒を, 鞘当筋で, 鞘當筋で, 頼もしさうに此方, 顔を, 風邪を, 驚いて, 高慢を, 髭の, 魔でなく, 鶯でない

▼ 師匠さん~ (386, 7.6%)

11 の家 7 のところ 5 のお 4 がお, の所, は 3 が欲しい, ですよ, にお, のお許し, のこと, の処, の声, をし

2 [17件] があった, が内, が樹, が殺され, なん, に, になっ, の中, の事, の娘, の方, の許, の身, の近所, はあれ, は留守, よ

1 [293件] あれ恥, いけませんね, いますか, お粥, かい, が, があっ, があんな, があんまり, がお前さん, がこんなに, がさお, がすぐ, がそちら, がそんなに, がとうに, がほか, がまた, がもう, が一寸, が二絃琴, が他行ゆえ, が何度, が先年奥さま, が呼ん, が大変, が寝, が居まし, が帰っ, が年頃, が廻っ, が引き取っ, が彼様, が御, が怖, が怖かっ, が扇子, が承知, が新作, が新潟, が来, が来ました, が柳町, が程, が蒲団, が薩摩, が褒め, が見え, が豪い, が野倒死, ごめんなすっ, ご自身, じゃ, じゃありません, じゃねえ, すこし根下り, そう思っ, その二階, その御, たるもの, だ, だか, だけは, だそう, だったあの, だったから, だったと, だって牢人, だわ, って, ていう人, であった, であります, である, であると, であるところ, であろう, でおました, でございますか, でしたとさ, でしたのに, ですか, ですもの, でなくっても, でもあった, で身, というん, とこんな, として欣, として裁縫, とは二十三年, とは思はれぬ, と一緒, と下女, と呼ぶ, と幸吉さん, と思う, と色, と言った, と違っ, なしの, などと遊ぶ, などに逢わなけれ, なの, なのよ, にうたわし, におもらいなさい, にお目にかかっ, にお話, にお願い, にこの, にさっそく, にそんな, についた, になりました, になる, にのぼせあがっ, にはあたし, にはちゃんと, にはなれなかった, には罰, にもいろいろ, にも声, にも淡島屋, によろしく, に付い, に会えない, に似, に入門, に叱られた, に夕方, に弟子入り, に応援, に抱かれる, に持った, に教, に教わりました, に有難う, に来, に済みません, に直接, に義理, に習っ, に触られたら, に謝罪, に買っ, に通つて, に連れ, に違い, に頼め, に願う, の, のあ, のおかげ, のおかみさん, のおばさん, のお婆さん, のお家, のくせ, のこ, のご, のため, のとこ, のもと, の三味線, の云う, の介添, の仰, の使い, の前, の受ける, の名, の名折れ, の圓生師匠, の大, の平山行蔵, の庭口, の後継ぎ, の御馳走, の息子さん, の手, の扮装, の教授, の松鯉, の枯れた, の橋渡し, の気, の気むずかし, の目, の看病人, の竹, の素性, の芸談, の若い, の菓子箪笥, の話, の身体, の軒下, の門, の隣り, の顔, の齒, はあの, はある, はあんな, はいそいそ, はいます, はいるか, はうるさい, はえらい, はえらかっ, はお, はおいで, はお家, はきのう, はきびしく, はこれ, はさすが, はしかりつけ, はどんな, はなんで, はのぼせ, はへん, はまじめ, はもう, はもっと, はやはり, はゆうべ, はよく, は二階, は云う, は五十両, は会っ, は可哀相, は大変あなた, は子ども, は宮本村, は尼, は御存じ, は必ず, は恐れ入る, は意地, は手焙, は新潟, は月, は次, は湯, は私, は私ども, は聞き込んだ, は良い, は誰, は軽井沢, は野倒死, は鋭い, は風邪, ばかりじゃありません, へ, へかよっ, へといっ, へ奥様, へ行く, へ行った, へ責任, へ通っ, まで出張っ, もっと大きな, ももう, も先生, も口, も咄嗟, も己, も用心, も男, も芸, も鍋島さま, やってきたよ, よりほか, より多, よホラ, らしく呼びかけられて, を可愛い, を呼びたくなる, を怖がる, を探し, を控え, を爲, を病気, を置い, 佳いお, 平常は, 知って, 飛んでも

▼ 師匠さま~ (265, 5.2%)

11 のお 7 お師匠さま 3 が, のよう, の叱, の味方, の家, は

2 [11件] からいいつけられ, ですか, と一つ, のこと, のご, のため, の忘れ形見, の果心居士, はご, はわたし, を救っ

1 [207件] あっ, あぶないナ, あまり遅い, おくたぶれでしょう, お疲れ, お目, かと思っ, からいいつけられた, からお目玉, からどんな, からまえ, からもたくさん, から勘当, から受けた, から密策, から手紙, から毎日, がいった, がいつも, がお, がおいで, がさき, がそう, がつらつら, がときおり, がゐ, が七十日, が仰し, が何となく, が勝つ, が千枝太郎, が呂宋兵衛, が変ちく, が大事, が大切, が好き, が山科, が引き起こした, が当分, が急, が恋しく, が昨日, が無性に, が申されました, が白紙, が看護, が空, が立っ, が見えた, こうしていまし, さきほどお, たいへんです, ただ今戻りました, だ, だから, だと, だはっはっ, ちょうど昔, であったこと, であったという, でがけ, でございましたか, でしたか, でないこと, では, という者, とこうして, と一緒, と同じ, と枕元, と芸術, と言われた, どうか, どうなされました, なん, にいいふくめられ, におわび, にか, にし, にどの, にはあの, にはできるだけ, には内証, には禁物, にむだ, にも一つ, に会いたがっ, に力, に叱られます, に味方, に寄っ, に恨み, に揚げ, に申し, に眠られない, に食べさせたい, のあと, のあなた, のお伝え, のは風眼, のようす, の一, の世話, の側, の力, の力一つ, の名, の墓掃除, の奥さん, の子, の子供衆, の寝られぬ, の屋敷, の後, の御, の心ひとつ, の悪口, の易, の朝飯, の武蔵様, の疳, の眼, の眼力, の精神, の自業自得, の葬式, の計略, の足, の遠, の飛, はあの, はいったい, はいつも, はお, はそこ, はその, はそんな, はときおり, はともあれ, はどうして, はなん, はなんと, はまだまだ, はわたくし, は一体, は人間, は何もかも, は刀, は十, は厳しい, は尊い, は御, は意地悪, は神, は筆まめ, は遅かれ速かれ, は酒, は雨具, へと言っ, へ圓朝, へ手紙, へ矢, へ通う, またいたずら, もあれ, もあんな, もう傷, もきっと, もしまいに, もずっと, もどう, もまた, もみんな, もわし, もわれわれ, もホンモノ, も中津川, も吐息, も奥, も帰り, も惜しい, も昼夜, も皆さま, も盃, も自分, も虫, も見当たらない, も遠, や一座, や先, より一日, をあらぬ, をお, を入れた, を安全, を抱きとめる, を救う, を殺し, を獄舎, を生かし, を疑うた, を縛る, を苦しめた, を見, 早く行きましょう, 来て, 行って

▼ 師匠~ (264, 5.2%)

6 して 5 就いて 3 いわれて

2 [12件] する必要, よると, チヤホヤされ, 入れ揚げた金, 思いを, 殺されると, 見立てた五十前後, 話しますと, 輪を, 逢って, 連れられて, 零落した

1 [226件] あがった, あずけて, あんな恥ィ, あんな真似, い, いわれた通り, おなりなさい, おみよ, おわびを, お座敷よ, お稽古, かえっておくんなさい, かくして, かつがれて, かよう双方, がっかりされ, これを, ござります, さう言, させて, しては, してやりたいと, しましても, すがって, すみませぬ, そう云われ, その女房, そむいて, たのみ意気, ついたと, つかへて, つかみ取って, つきましたが, なずんで, なった, なったり, なって, なっても, なりすまして, なること, なるにも, なるの, なる専門家たち, なれるという, なろうと, ひそかに, ひと談判, ふさわしいと, むかって, ゃあその力が, やらなければ, よろしく, よろしくな, スリコ木みたいに, ヒドク叱られた, 一切を, 一生を, 一生一人生活を, 七年ほども, 三年あとに, 云つた, 云ひつけれ, 今夜の, 仕へるの, 仲へ, 会いたいなと, 会うの, 会ったから, 会って, 似たもの, 似てちゃ, 似過ぎてても, 依つて, 俺の, 先に, 全くの, 内弟子として, 出稽古を, 出逢, 勘当された, 化けて, 医者に, 医者の, 十幾年年期を, 取って, 取次いで, 叛逆し, 口利く, 可愛がられて, 叱られた, 叱られたり, 叱られて, 叱られると, 叱られる事, 叱り付けられる, 同伴し, 名作の, 向い, 向いその, 喜んで, 喰っついて, 嚇か, 四十八手裏表の, 四方庵と, 報告した, 対って, 對し, 對する, 小声で, 就けて, 尽しゃそれでいいんだ, 届けに, 市中の, 幸吉, 店を, 引き合わされました, 当るやはり, 当日叱られた, 従いて, 心配させねえ, 怨まれるの, 怪しいの, 意地が, 戦いを, 戻りたがり四十年振り, 打ちのめされるん, 托してから, 抵抗し, 拝礼も, 拾われました捨児, 挨拶した, 振り飛ばされて, 救われて, 教わらない我流, 敵を, 新吉, 斷つて昨夜は, 早く報せ, 替えられたり, 来て, 案内され, 歌舞伎座の, 死なれて, 母だけの, 気が, 気の毒で, 済まぬとは, 済まんし, 無沙汰の, 煽られて, 献上する, 瓜二つの, 用事が, 用事の, 申しましたが, 留守番を, 當る, 癪の, 相対す, 相談を, 知らせて, 破門され, 破門された, 破門せられ, 破門を, 示して, 窘められた, 素月という, 縋るとか, 聞くと, 肩を, 致命的な, 芸を, 行かれちゃ, 褒められたの, 見えたでしょう, 見えますので, 見える私, 見せました, 見せますと, 見つけられたと, 見つけられたの, 見て, 見ぬかれたから, 見付けられて, 見立てて, 見込まれて, 言われずとも, 言われれば, 訊いて, 訊きたいこと, 訊きて, 訊くと, 訴えると, 詫言う, 詰問を, 話して, 請うて, 譲ろう, 負けないよう, 貪心, 辞世の, 通うの, 通ったの, 通って, 逝かれては, 逢いたいという, 逢うて, 逢おうと, 逢ったの, 逢つて行きたい, 逢ひしと, 遣るの, 鉄道馬車の, 鐘を, 附かなくちや, 隱し, 雇人は, 離れてから, 預けた禁制, 預けること, 預けるの, 頼まれて, 頼んで, 默禮を, 黙礼を

▼ 師匠~ (237, 4.6%)

50 して 4 殺したの 3 信じて 2 いたして, 介して, 取って, 殺しその, 殺したとは, 殺して, 殺害せね, 絞め殺して, 見送り表通, 頼んで

1 [160件] おとずれた時, おやりでござん, お呼びよせには, お部屋, かさに, きっとにらみつけた, きめる段, この家, さがる少し, さすりました処, させて, したくら, した位, し釈宗演, するかたわら, すること, そっと絞め殺し, たずねた, たずねましたが, たよって, つかってる人, つとめるかたわら, とったと, とりかえられる事, とりましても, とり得て, どうかした, どこか, ないがしろに, なだめて, のけては, はじめたん, はじめて少しは, はじめました, はじめ前々に, ばらして, ひいきに, ふり切って, ほろぼす工夫, みつめつづけて, もしたほど, もたれたら行く末, やって, やつて, やめて, やれと, よく存じ, ケナされ, 不義理に, 中心に, 亡きもの, 亡き者, 付て, 伴れ, 信じながらも, 傷つけたと, 其許に, 冷遇した, 凌ぐ名人, 初めて訪問, 前に, 厚く遇する, 又始める, 取った時, 取らねば, 取巻いて, 口説きおとすの, 只今不首尾に, 呪つ, 呼び部屋, 呼んで, 囲いもの, 大變, 失つた自分たち自身を, 始めると, 家に, 庇つてゐる, 床に, 廃し, 廢し, 張り合って, 張合つて主人の, 忽ち互先, 怨んで, 恨んで, 悪く云いた, 慕うという, 慕って, 慰めたいと, 打ったの, 持たず独立, 持ったため, 指さした, 探して, 撲り飛ばして, 敬した, 敵たらしめた, 断りますと, 暇取る, 木挽町の, 模倣する, 欺こうと, 止めて, 死ぬほど, 殺したり, 殺した相手, 殺すなんて, 殺す気, 殺す蛇, 殺ったの, 求めたけれども, 求めるにも, 洗って, 父が, 疑う心, 疑おうと, 看護し, 真打様に, 眼の, 睨め上げる様, 破門し, 破門の, 縛るだけの, 罵った, 罷めさせ専ら, 能く, 自分の, 苛, 若くも, 葬りたいと, 葬るべき場所, 蔑ろに, 見せるという, 見ること弟子, 見ると, 見失っては, 見殺しに, 見舞うため西, 見詰めつづける, 見遣ったが, 見限って, 覗きに, 親父の, 訪うた時, 訪ねて, 訪ねると, 訪ねるの, 誘い出したの, 誘って, 識って, 送って, 連れて, 遣りさえ, 選ばなければ, 除いて, 隣の, 隣りの, 離さないわよ, 頼もうと, 驚かすくらいに

▼ 師匠~ (197, 3.9%)

12 のお 4 なる人 3 だ, は, もお 2 おめでとう存じます, かしこまりました, が牛, っ, と呼ばれ, の, の御, はお, はこう

1 [154件] あの沢庵坊主, おめでとうございます, お師匠様, お師匠様私, お手, お通さん, からなに, からもそれとなく, からも六波羅衆, からよくそう, が, があの, がいなかったらつまらねえ, がおっしゃいます, がおっしゃる, がきっと, が亡くなられた, が何, が出, が宮本武蔵, が年頃, が弟子, が手, が汗, が滝, が用事, が甲府, が総門, が身, が邪魔, こそ, こんにちは, そんな約束, だお, だっ, だ先生, だ恋人, だ笑わせやがる, っお, って, っ死なないで, で, でご, では, とあんなに仲よく, とさ, とただ二人, とも途中, と世に, と同じ, と呼ばれた, と呼んだろう, と変らぬ, と追従, どうぞ私, なしには, ならおらたち, にいつ行き会える, にそこ, についてこんな, にね御, にはこれ以上, にはご, にはなれない, にはまた, には敵, によろしく, に代っ, に会い, に会いたい, に加勢, に及ばぬ, に斬られた, に比べる, に法術, に限っ, に預けよう, のいない, のいる, のお変り, のお尋ね, のお迎え, のこと, のご, の三味線, の住ん, の修行, の円満微妙, の処, の啓発, の大難, の婿様, の字, の心, の所, の手, の手紙, の挙動, の武蔵, の気持, の生命, の言伝, の足, はおら, はこんな, はこんなに, はさっき, はだんだん, はつよい, はなに, はほんとに, はやくはいろう, は今, は厠, は口癖, は外, は好い, は弱い, は斯道, は日本一, は清人さん, は近い, は鶯, へ上手, ほんとに勝手, まだいけません, まだお, もうわべ, もきょう, もどうしてそう, ももうこ, も一緒, も今夜, も佐助どん, も出入り, も思案, も早く, も自分, や私, より諸国, わざわざお, を, をどうぞ, をはやく, を前, を始終, を捕まえよう, を殺す, を知ってん, を苦しめ, を見忘れやがった, を連れ, アッ, 来て

▼ 師匠~ (148, 2.9%)

4 一緒に 3 どうかし, 弟子との, 親は 2 つまらない喧嘩, なって, 会社との, 別れて, 弟子と, 弟子は, 鑑定した

1 [121件] いい仲, いい弟子, いうと, いえども, いえば, いっしょに, いっても, いつた四代目春風亭柳枝, いわないまでも, いわれた手習, うちの, おいで, おこよさん, おまえの, お呼びする, お志乃さん, お神さん, せよと, そっくり同じ, その墓, その若い, たのむ馬翁, とんでもない, どんなはなし, なけれども, なったドルジェ, なった馬琴, なつた, なりいかにも, なりお, なりし由文通, なりそれ, なり弟子, なり晩年, なり滑稿諧謔, なり親分, やきもち喧嘩, テルヨさんの, 一しょに, 一の, 一年でも, 両人で, 並んだ部屋, 二人ぎりの, 二人で, 云う者, 云つても, 今生の, 仰いで, 仰がれ世, 似合いの, 俊乗の, 其所に, 勝四郎との, 同じである, 同じよう, 同じ宇治, 名乗る美しい, 向島の, 呼ばれた三代目春風亭柳枝, 呼ばれた関東節, 呼ばれた雲原明流氏, 呼ばれて, 呼ぶこと, 呼ぶ代り, 呼んで, 喧嘩し, 喧嘩を, 変だ, 変った, 多少とも, 大喧嘩, 女師匠とに, 好い仲, 定めた長老, 左門町の, 店頭にて, 弟子っていう, 弟子でも, 弟子とが, 弟子の, 忠次郎に, 思い此, 恨むまいぞ, 懇に, 手を, 敬われて, 札付きに, 板倉屋の, 清川の, 火の玉が, 父と, 牛乳商自然なる, 牛乳屋おのずから, 生徒との, 相食客, 私とが, 笑うだろうが, 素人の, 腕の, 膝組みで, 良い仲, 若い経師職, 落っこって, 蔵前の, 言っても, 言ふわ, 言われた小唄, 訳が, 話しこんで, 話を, 謳われた三代目柳枝, 連奏する, 違って, 酒を, 雇い婆, 離れて, 離れると共に, 頼んだ人, 頼んで, 食客です

▼ 師匠~ (117, 2.3%)

5 弟子も 3 それを 2 お神さん, 承知で

1 [105件] あの通り, ある, いつかくたびれた, いないので, おいでで, お世辞, お金に, かれら, この時, この間に, これは, さうです池, しまいには, その事, それに, それは, そんなに叱る, たくさんある, ちょうど女湯, つけて, ない入魂, ない筈, ない道具, なかなかな, なく困っ, なく我流, なにも, ひとりや, まずい附け, また, もうとる, やれば, よい人, よく御存じ, よく訪ね, ゐた, サグリを, 今年ゃ丁度だ, 住んで, 何ぞと, 充分承知し, 其所へ, 初めて心, 勿論こうした, 博覧会が, 取らず書物, 名人の, 和尚も, 嘗めるか, 噺を, 困りました, 困るだろうお前さん, 坊主も, 大きにこれ, 大層眤懇, 大方今日まで, 家に, 尋常ならぬ, 小僧も, 小夜子も, 少しく驚かされた, 居ずまいを, 師匠だ, 年季中の, 患って, 我を, 振り返って, 控えて, 昔お, 春重は, 是までなりと, 時にはさりげ, 更めて, 此處から, 死ぬだろう, 泣いて, 津の, 無いが, 無しに, 無論その, 父も, 留守なら, 眼を, 知って, 知ってるから, 知つての, 私に, 笑を, 続いて, 美味いと, 聞いて, 自分の, 芸にかけては, 菩提寺の, 言いきけては, 許して, 識って, 身を, 軽く額, 辻屋に, 近所なり, 運が, 銀三も, 銀子の, 飛んだ迷惑

▼ 師匠から~ (51, 1.0%)

1 [51件] うちの, きびしく叱られた, くれた印可, こう笑われ, このとおり, すすめられたので, その道成寺, つい今し方, はげしく叱, もらって, やかましく言った, 三つの, 云い渡されて, 人間は, 人間的な, 勧められ許し, 厳重に, 報せが, 学んだところ, 小刀を, 幾許か, 弓の, 当てが, 手拭を, 手紙を, 打って, 承りました, 承りました岩井半四郎, 教わったもの, 敬遠された, 最後の, 木戸銭を, 照之助に, 独立する, 義理で, 習った曲, 聞きましたが, 聯想し, 聴かせて, 見込まれて, 許しが, 貰うこと, 貰ったの, 貰った檜, 赤坂一つ木の, 送られた西洋すみれ, 重々言われ, 随分と, 雪之, 預った前, 頼まれて

▼ 師匠~ (38, 0.7%)

2 あつた, 生計を

1 [34件] あらう女, お崎, お崎つて, お鶴, げすへえ, ごん, せうね, そんな折, もとは, 今では, 仏様の, 佛樣の, 出稽古に, 医者を, 咽喉笛を, 外から, 富士春と, 市井の, 市川とねと, 年は, 易を, 此一座を, 殿り, 母と共に, 納まって, 自分の, 自身母親を, 良い女, 芸は, 荒物屋を, 評判も, 豐志賀と, 道楽者の, 飽きるほど

▼ 師匠~ (36, 0.7%)

2 から, と恐入っ

1 [32件] お里, かする, かなんだか, からどう, からなあ, から書いた, から荷持ち, か撃剣, か用人, がね, が一昨日, が馬場, これも, そうで, つたの, つたのか, つて選り, という話, といった方, とかいうこっ, と云う, など, なんて, ね, のに今日, もの, もの膝位は, よ, 何ぼ, 多少は, 私が, 言はつしやるなら

▼ 師匠として~ (24, 0.5%)

2 鳴らし多勢

1 [22件] この人, この街, わびしい月日, 一本立ちに, 一本立にな, 世に, 世を, 仕えるよう, 励んで, 報酬を, 学んで, 尊敬され, 店に, 慕って, 教えを, 段々零余子, 決してどちら, 看板を, 立つに, 聞えて, 自立する, 門戸を

▼ 師匠~ (23, 0.5%)

1 [23件] お囃子連, ほかの, 仁左衛門の, 代稽古格, 信西を, 先生な, 医者の, 取締の, 喜平次らの, 妻君の, 容貌自慢の, 師匠の, 帯安の, 折から, 政吉を, 芸人などの, 茶の湯の, 落語家では, 親から, 親が, 親の, 親分が, 車宿や

▼ 師匠東雲師~ (20, 0.4%)

3 の家

1 [17件] がまことに, が先, が旺ん, のよう, の仕事先, の住居, の孫, の店, の葬送, の跡, はついに, はまことに, はまず, は私, へ弟子入り, も美術部, を知っ

▼ 師匠にも~ (19, 0.4%)

1 [19件] つかずに, つきましたが, なれる母, まだあまり考えられ, 一応相談, 似あは, 其処で, 可愛がられた, 尽くしたと, 江戸の, 然う, 菩提寺の, 褒められ稽古朋輩, 見せたが, 話したこと, 話したん, 諭され自分, 通つた, 通ひ

▼ 師匠でも~ (18, 0.4%)

2 云ひさう

1 [16件] あった人, あつた, ありそう, あると, あれば, する気, なんだか, はいって, はじめては, やっとるん, 使いに, 友人でも, 弓の, 芸人の, 言いそう, 頼みに

▼ 師匠には~ (17, 0.3%)

1 [17件] ありがち, その一人, その気, どこという, なったが, なりたくない, 以前の, 何か, 子の, 平生の, 強情な, 心当りが, 心當り, 持つて, 綺麗な, 隠して, 黙って

▼ 師匠~ (16, 0.3%)

2 通つた

1 [14件] お話が, もって, 尽した, 弟子入りを, 渡しました, 無条件に, 縁談の, 行くの, 行って, 行つて一刻も, 証文を, 話して, 返す盃, 通って

▼ 師匠圓生~ (14, 0.3%)

1 [14件] がつい, が上がっ, と自分, のあの, のいる, の受け, の大きな, の寝顔, の次に, はここ, はまた, は今月, は在宅, は決して

▼ 師匠~ (13, 0.3%)

2 倉は, 倉を, 才を 1 めえ, 医師を, 大事に, 朝の, 栄と, 角が, 連れ申しました

▼ 師匠です~ (13, 0.3%)

31 か, かい, から大塚, から武家, から知っ, から身振り, がそれ, が小, と多い, よお

▼ 師匠という~ (13, 0.3%)

4 のは 2 ものが, ものは 1 のに, 人に, 呼び名も, 奴が, 存在が

▼ 師匠では~ (11, 0.2%)

2 これが 1 ありませんが, あり城内, お知合い, この赤毛, ございません, ございませんが, ないが, 娘の, 沢山な

▼ 師匠~ (11, 0.2%)

1 [11件] が周旋, くれないサン, である, ですぞ, として女団洲, と立てられ, にたのむ, になっ, になつた人, にもなれる, によばれた

▼ 師匠~ (10, 0.2%)

1 え, お囲い, それとも小料理屋, 何かの, 何かを, 俺は, 占物に, 師匠でない, 羅生門河岸の, 長上の

▼ 師匠である~ (10, 0.2%)

2 喜多六平太氏は 1 から世間, ことを, そちらから, その中老人, と仰い, 方は, 瀬越八段の, 豊沢団助の

▼ 師匠はん~ (10, 0.2%)

1 お師匠はん, から聞い, がお, がひらいた, に貰った, のお許し, の顔, はわい, もおっし, もわてたち

▼ 師匠菊之丞~ (10, 0.2%)

1 からもよく, が扮する, とのひそひそ, に, の前, の得意, は厚い, は愛弟子, は脇田一松斎, へは黄金彫り

▼ 師匠について~ (9, 0.2%)

1 やらせられたの, ゐたら幾らか, 仁木は, 出来るの, 小技, 棒術を, 正確に, 神道無念流の, 身を

▼ 師匠だった~ (8, 0.2%)

1 おとね, って言う, ね, のか, のかい, のが, のでございます, のを

▼ 師匠~ (8, 0.2%)

1 かま姉分の, のだ, のである, のでご, のでした, のにこの, んだ, んです

▼ 師匠より~ (8, 0.2%)

1 かつて地摺, 一つ年上の, 十も, 教を, 早く夜, 許されて, 遅くそれ, 遅く寝るべきである

▼ 師匠お前~ (7, 0.1%)

1 が怪しい, が悪い, が種々, ちょいと, と己, は知らねえ, 少し跡

▼ 師匠さんとこ~ (7, 0.1%)

1 かへ, でおさつ, へ出かける, へ来る, へ草鞋, へ行かせる, 行って

▼ 師匠たる~ (7, 0.1%)

1 二代目三遊亭圓生は, 二代目圓生が, 拙者の, 秋山先生と, 豊志賀が, 逸見先生とが, 長老に

▼ 師匠とは~ (7, 0.1%)

1 いいながら, 事変って, 名ばかりお, 気心も, 生前深い, 違いますから, 関係の

▼ 師匠じゃ~ (6, 0.1%)

1 ありませんか, ないか, ないわ, アある, アねえか, 似て

▼ 師匠その~ (6, 0.1%)

1 不思議な, 人が, 儘で, 弟子という, 心掛が, 野郎が

▼ 師匠でない~ (6, 0.1%)

2 とする 1 かをくり返し, ってこと, つてことまで, のを

▼ 師匠とも~ (6, 0.1%)

1 つかずに, つかず早い, 先生とも, 成るべき程, 町芸者とも, 頼む少女

▼ 師匠夫婦~ (6, 0.1%)

1 が気色, が生, ぐらいケチンボー, のほう, の上, は寝

▼ 師匠思い~ (6, 0.1%)

1 だの, で先生, のお前さん, の兄妹, の東雲師, の萬朝

▼ 師匠~ (6, 0.1%)

1 がよろしく, が言つて, のお側, はお前, は生, を殺し

▼ 師匠燕枝~ (6, 0.1%)

1 がほめ, と新, のほめ, の一座, の軸, も親しく

▼ 師匠~ (6, 0.1%)

1 にあたる先生, に当, に当っ, の人, の太夫, へ手

▼ 師匠~ (6, 0.1%)

1 との振り合い, の自尊心, は, は咄, は演, や有力

▼ 師匠~ (5, 0.1%)

2 まあ 1 う夢中, さずっと, までいらっしゃいます

▼ 師匠たち~ (5, 0.1%)

1 が楽屋, の未熟, の棲まう, の棲まふ, の様式

▼ 師匠であった~ (5, 0.1%)

1 からその, し家主, ところで, とすれ, 伊豆圓一の

▼ 師匠との~ (5, 0.1%)

1 久びさの, 対面故, 息が, 折合が, 関係は

▼ 師匠にゃ~ (5, 0.1%)

1 あ気の毒, あ珍, なんとで, ア妾も, 無体癪に

▼ 師匠~ (5, 0.1%)

1 で帯安, のささやか, へ見えられ, を訪うた, を訪ねる

▼ 師匠~ (5, 0.1%)

1 で一々, となろう, になる, に満足, の組織的形態

▼ 師匠からの~ (4, 0.1%)

2 話が 1 ことに, 直伝の

▼ 師匠この~ (4, 0.1%)

1 お願, 傘は, 名前, 次興行浅草へ

▼ 師匠だって~ (4, 0.1%)

1 政治に対して, 聖人君子じゃ, 貸しは, 遠慮し

▼ 師匠であり~ (4, 0.1%)

1 そうしてこの, なつかしい恋人, 愛人である, 日頃から

▼ 師匠と共に~ (4, 0.1%)

1 いるこの, おそろしい悪魔, 藩公の, 謹慎し

▼ 師匠などが~ (4, 0.1%)

1 それである, 加害者でも, 水を, 碁會所や

▼ 師匠にでも~ (4, 0.1%)

1 なると, なる道, 叱られたため, 聞くが

▼ 師匠への~ (4, 0.1%)

1 不平が, 尊敬の, 憤りを, 言い訳

▼ 師匠むら~ (4, 0.1%)

4 くの

▼ 師匠もう~ (4, 0.1%)

1 一問答だ, 逃げちまいましたぜ, 陸地へ, 駄目だ

▼ 師匠よりも~ (4, 0.1%)

1 かえって小勝さん, だんだんと, 意見を, 末座に

▼ 師匠一人~ (4, 0.1%)

1 が退屈, だけで, で仲間, なん

▼ 師匠~ (4, 0.1%)

1 が若旦那, すぐ一, はツイ先刻, は持った

▼ 師匠杵屋新次さま~ (4, 0.1%)

1 の場合, の癪, の訊問, の象牙

▼ 師匠殺し~ (4, 0.1%)

1 という大, と来, の味方, の手伝い

▼ 師匠没後~ (4, 0.1%)

1 の事, の仕事, の家, の高村家

▼ 師匠~ (4, 0.1%)

1 が送りたい, なども賞, も今ここ, も御

▼ 師匠鴈治郎~ (4, 0.1%)

1 のつきあひ, の女房役, は必, よりも行き方

▼ 師匠あれ~ (3, 0.1%)

1 が落ちる, は何, は盲導犬

▼ 師匠からも~ (3, 0.1%)

1 大分いろいろな, 愛せられ劇場, 見込まれたもの

▼ 師匠がた~ (3, 0.1%)

1 にはあり, の言葉, はほんの

▼ 師匠そんな~ (3, 0.1%)

1 ことおっしゃっ, ような, わけで

▼ 師匠~ (3, 0.1%)

1 やない, やね, やまとも

▼ 師匠~ (3, 0.1%)

1 うまいぞ, はやくこの, 上出来っ

▼ 師匠といふ~ (3, 0.1%)

1 ものが, ものは, 小泉笛村を

▼ 師匠とか~ (3, 0.1%)

1 云って, 先生とかは, 言われて

▼ 師匠とともに~ (3, 0.1%)

1 殿様にも, 私は, 苦も

▼ 師匠なら~ (3, 0.1%)

1 いざ知らず, さき様の, 謡の

▼ 師匠なり~ (3, 0.1%)

1 恩人なりという, 總嫁なり, 自分たちの

▼ 師匠なんて~ (3, 0.1%)

1 おかしくって, 呼ばれちゃあ, 言われる身分

▼ 師匠にあたる~ (3, 0.1%)

1 宮川寛斎が, 宮川寛斎も, 李雲さんを

▼ 師匠ほど~ (3, 0.1%)

1 いや味たっぷり, でございます, な手頃

▼ 師匠よりは~ (3, 0.1%)

1 七八歳も, 幼な, 早く寝

▼ 師匠らしい~ (3, 0.1%)

1 杖を, 男が, 襟の

▼ 師匠~ (3, 0.1%)

1 うした, うも, をし

▼ 師匠先生~ (3, 0.1%)

1 お婆, に一鏨, は

▼ 師匠~ (3, 0.1%)

2 六の 1 六譲りの

▼ 師匠~ (3, 0.1%)

1 がある, だし, の前

▼ 師匠師匠~ (3, 0.1%)

1 ねえ師匠, の明日, 大へん

▼ 師匠東雲~ (3, 0.1%)

1 にいっ, の家, の店

▼ 師匠~ (3, 0.1%)

1 になっ, の幇間, 従って父親

▼ 師匠~ (3, 0.1%)

1 である, とし, に漫然と

▼ 師匠様ア~ (3, 0.1%)

3

▼ 師匠様私~ (3, 0.1%)

1 があなた, にはお, はめしい

▼ 師匠此方~ (3, 0.1%)

1 へお, へ上ん, へ案内

▼ 師匠歿後~ (3, 0.1%)

1 のこと, の高村家, 早々取り出し

▼ 師匠~ (3, 0.1%)

1 されるの, に小さい, も小紋

▼ 師匠いま~ (2, 0.0%)

1 入って, 逢わせて

▼ 師匠お前さん~ (2, 0.0%)

1 の噺, は相手

▼ 師匠お礼~ (2, 0.0%)

2 を云い

▼ 師匠お里榮~ (2, 0.0%)

1 のところ, の家

▼ 師匠お願い~ (2, 0.0%)

1 いたします, なん

▼ 師匠からは~ (2, 0.0%)

1 もらいたくねえ, 袖に

▼ 師匠これ~ (2, 0.0%)

1 は古寺, をわっ

▼ 師匠~ (2, 0.0%)

1 んご, 自身も

▼ 師匠さまあなた~ (2, 0.0%)

1 はお父さん, はご

▼ 師匠さまお前さま~ (2, 0.0%)

1 はもう, はよく

▼ 師匠さまそっち~ (2, 0.0%)

1 へ曲がっ, へ行く

▼ 師匠さま果心居士~ (2, 0.0%)

1 ではない, のす

▼ 師匠さんあんた~ (2, 0.0%)

1 これからその, は東

▼ 師匠さんこんち~ (2, 0.0%)

2

▼ 師匠さんそれ~ (2, 0.0%)

1 でなくっても, もいくぶん

▼ 師匠さんの~ (2, 0.0%)

1 を, をばさん

▼ 師匠さん堪忍~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 師匠さん私~ (2, 0.0%)

1 は年, を殺す

▼ 師匠さん自身~ (2, 0.0%)

1 が月桂寺さん, の家

▼ 師匠さー~ (2, 0.0%)

2

▼ 師匠じゃあ~ (2, 0.0%)

1 ごわせんか, ないと

▼ 師匠そっくり~ (2, 0.0%)

1 だったから, の長身温和

▼ 師匠そのまま~ (2, 0.0%)

1 という好評, の立派

▼ 師匠だけは~ (2, 0.0%)

1 こういっ, そのあ

▼ 師匠だらけ生花茶の湯~ (2, 0.0%)

2 から手

▼ 師匠でし~ (2, 0.0%)

2 てねやかましい

▼ 師匠でした~ (2, 0.0%)

1 かとんだ, か飛んだ

▼ 師匠とが~ (2, 0.0%)

1 少しも, 手分けを

▼ 師匠としての~ (2, 0.0%)

1 この人, 経歴に

▼ 師匠とでも~ (2, 0.0%)

1 いうよう, 云いたげの

▼ 師匠どう~ (2, 0.0%)

1 だこれ, だ釣

▼ 師匠どうも~ (2, 0.0%)

1 御苦労でございました, 飛んでも

▼ 師匠なく~ (2, 0.0%)

1 して, 弟子なし

▼ 師匠なし~ (2, 0.0%)

1 といった, とちがう

▼ 師匠なぞ~ (2, 0.0%)

2 の多い

▼ 師匠など~ (2, 0.0%)

2 いたして

▼ 師匠などは~ (2, 0.0%)

1 まるで累, 自分の

▼ 師匠なども~ (2, 0.0%)

1 ひとさかり, 後で申された

▼ 師匠などを~ (2, 0.0%)

1 して, 集めて

▼ 師匠なる~ (2, 0.0%)

1 人々の, 大家が

▼ 師匠なんか~ (2, 0.0%)

1 すると, 現に狼

▼ 師匠にとっては~ (2, 0.0%)

1 ほんにめずらしい, 為に

▼ 師匠に対して~ (2, 0.0%)

1 申訳の, 絶対の

▼ 師匠に対する~ (2, 0.0%)

1 彼女の, 葉子の

▼ 師匠ねえ~ (2, 0.0%)

1 師匠, 師匠圓朝です

▼ 師匠ばかり~ (2, 0.0%)

1 でなく音樂, では

▼ 師匠みたい~ (2, 0.0%)

1 な態度, に絵

▼ 師匠らしく~ (2, 0.0%)

1 ていい, 次の

▼ 師匠クナアク~ (2, 0.0%)

1 だけはまだ, もその

▼ 師匠~ (2, 0.0%)

1 は人, 逢はせ

▼ 師匠代り~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 師匠伯山~ (2, 0.0%)

1 と横浜公演, には殆

▼ 師匠~ (2, 0.0%)

1 などと唱え, の人

▼ 師匠助六~ (2, 0.0%)

1 が知ろう, が言った

▼ 師匠勝三郎~ (2, 0.0%)

1 が存命中, は喜ん

▼ 師匠団十郎~ (2, 0.0%)

1 が福地桜痴居士, の活歴

▼ 師匠国芳~ (2, 0.0%)

1 がこの, が酔余

▼ 師匠坂東久美治こと~ (2, 0.0%)

2 お組

▼ 師匠~ (2, 0.0%)

1 へんな, 嘘です

▼ 師匠大層~ (2, 0.0%)

1 な萎れやう, な萎れようだね

▼ 師匠太夫~ (2, 0.0%)

1 がおいで, は素人

▼ 師匠宮薗千春~ (2, 0.0%)

1 を招ぐ, を築地二丁目電車通

▼ 師匠建部久馬~ (2, 0.0%)

2 の娘お雪

▼ 師匠~ (2, 0.0%)

1 一人は, 勘弁を

▼ 師匠御苦労さ~ (2, 0.0%)

1 まで, まで御座います

▼ 師匠~ (2, 0.0%)

1 に内弟子, へ挨拶

▼ 師匠様あそこ~ (2, 0.0%)

1 だよ, に滝

▼ 師匠此処~ (2, 0.0%)

1 へ下り, へ来

▼ 師匠決して~ (2, 0.0%)

1 おめ, そんな座員

▼ 師匠漆検校~ (2, 0.0%)

1 の恥, の言葉

▼ 師匠竹童~ (2, 0.0%)

1 とかいう鼻, とかいふ鼻

▼ 師匠竹童四番目~ (2, 0.0%)

1 は御家人伊保木金十郎様, は御家人伊保木金十郎樣

▼ 師匠能静氏~ (2, 0.0%)

1 から指導, から見込まれ

▼ 師匠自身~ (2, 0.0%)

1 も尊敬, も時に

▼ 師匠~ (2, 0.0%)

1 もお前さん, も苦情

▼ 師匠譲り~ (2, 0.0%)

1 の木彫り, の生

▼1* [401件]

師匠辻便所じゃあ, 師匠あてに長々, 師匠あの観音五体の, 師匠あらためて礼を, 師匠あんまりだうらみますとう, 師匠いっておいででした, 師匠いますか, 師匠うつしで今, 師匠おい馬作しっかりしねえ, 師匠おまへは高座, 師匠おまえさんの子, 師匠おめでとうございます, 師匠おもいでひとすじの小, 師匠おもっておもい抜い, 師匠および財寳馬牛の, 師匠お供をいたしやす, 師匠お前さん四つ手でお, 師匠お前はんの方, 師匠お前案内をしねえ, 師匠お客さまですぜ, 師匠お株をやってる, 師匠お母さんに其の, 師匠かつは昔, 師匠がかりの身, 師匠がねェ大した心掛け, 師匠がねエたいした心掛けぢ, 師匠がの今朝お, 師匠くらいのところを, 師匠ここかえ, 師匠こそこの世で, 師匠こんなに頂い, 師匠ごめんなさいごめんなさいよウ, 師匠さえあれを, 師匠さまお前をもはばからず, 師匠さまそれ誰から来, 師匠さまどちらへ, 師匠さまみなさまはもう, 師匠さまわたしでございます, 師匠さま三斎の娘ずれ, 師匠さま今度の百姓一揆, 師匠さま何をなさる, 師匠さま侍になれ, 師匠さま勝手にやります, 師匠さま孫子に傳, 師匠さま竹童はどうしてこう, 師匠さま雉子が鳴い, 師匠さんあたしやきもち, 師匠さんあんた芸妓ゆえのお, 師匠さんお客でござんす, 師匠さんお客様は割下水, 師匠さんくらゐが, 師匠さんぢやね, 師匠さんといらしったじゃありません, 師匠さんゆうべは変, 師匠さん一つお酌, 師匠さん今度は僕, 師匠さん位が止り, 師匠さん依田先生が和歌, 師匠さん便所の中, 師匠さん其處では困ります, 師匠さん処へ行, 師匠さん四谷へおいで, 師匠さん寄席へは, 師匠さん庄吉は, 師匠さん建長寺の蘭渓道隆, 師匠さん後生でござんす, 師匠さん持だから, 師匠さん私どもは外, 師匠さん羽織がありません, 師匠さん貰人が来ました, 師匠さん貴女格子際へ出なすった, 師匠さん金は稼げ, 師匠さん高橋お伝をお, 師匠じゃねえ同士に, 師匠じゃねえと言ったっけな, 師匠すこし頼みてえこと, 師匠すじの先輩たち, 師匠すまないが茶, 師匠すみませんという風, 師匠せっかくだけれど, 師匠そいつあ十分承知, 師匠そいつア本当でげす, 師匠そう言ったでしょ昨日, 師匠そこはお前さん, 師匠それでは医師を, 師匠ただ文楽師匠が家, 師匠だから俺あ, 師匠だけあって, 師匠だけかと思ったらフル釜, 師匠だけがいつに, 師匠だけに所詮は, 師匠だの市井人という, 師匠だれもほか, 師匠って奴ァ, 師匠ついでだ, 師匠づれで来, 師匠てめえ洒落たもの, 師匠であればたなばた祭, 師匠であろうと, 師匠でございまして先年妹, 師匠でございますのでお, 師匠といったような, 師匠とうとう憑殺された, 師匠としては誉められない, 師匠としても許しがたい, 師匠とっくに御奉公, 師匠とに請うに, 師匠とを江戸に, 師匠ッかの, 師匠どこへゆく, 師匠どれほどの私, 師匠どんなものを, 師匠なき鶯と, 師匠なぜこれを, 師匠なぞになった処, 師匠などからはいかに女形, 師匠などよりうんと手荒い, 師匠なら遣るが宜, 師匠なら食わんとも可愛がる, 師匠なりといいたれば, 師匠なんぞを止めて, 師匠にあたりそれが, 師匠にさえくッ, 師匠についての考え方も, 師匠についてのみ語って, 師匠についても琴は, 師匠にておは, 師匠にとつては, 師匠にとって弟子の, 師匠になつて世を, 師匠にまつわる怪談で, 師匠にまでいかなる難儀, 師匠によっては武家と, 師匠に当たる滴水和尚の, 師匠はじめとんだだらし, 師匠はへツへ, 師匠はも暫らく寝, 師匠はんとけいくにいつでもさし, 師匠はんとこどないし, 師匠はん何んひ, 師匠ばかりじゃないお, 師匠ひとつあっしにちっと, 師匠ひとりを大切, 師匠ほんとにくれぐれも力を, 師匠まさりで青ガサや, 師匠まさりとさへ, 師匠まだあとが, 師匠までが少し風邪, 師匠まア板畳の, 師匠みんな打明けて, 師匠もっと傍へ, 師匠やかましくダメを, 師匠やら弟子やら, 師匠ゆずりのつぶし彫り, 師匠ゆづりの当り芸, 師匠ゆづりといつても師匠のとはかなり, 師匠ホラ, 師匠よりもずつと傑れた, 師匠はそれ, 師匠らしく見える老妓も, 師匠りう馬師匠他いろいろ, 師匠をと神輿では, 師匠とこは, 師匠イーヴ・ナットはする, 師匠エお前は知ってる, 師匠ホレホラあの, 師匠ンとこへ小遣い, 師匠一つ骨を折っ, 師匠一升桝の十倍, 師匠一寸顔を, 師匠一寸此方へおいで, 師匠一松斎はただ, 師匠一緒に往こう, 師匠三太夫の呼び声, 師匠三語楼と義絶, 師匠上がりで今, 師匠上ったりで, 師匠上りたまえ, 師匠世の中にゃ馬鹿, 師匠中村菊之丞のため, 師匠中橋の豊国, 師匠串戯は止し, 師匠二人似たもの, 師匠の家, 師匠仇敵が取れる, 師匠今にお礼を, 師匠今二階へ上っ, 師匠今井良輔は生, 師匠今新吉が来ました, 師匠今燈火をつけ, 師匠いろいろの, 師匠以上に親しん, 師匠仲買人にし, 師匠住む中橋の, 師匠何分お願い申しますどうか, 師匠何某新派俳優の何某, 師匠余り仕事で無理, 師匠保さんは著述家, 師匠俵屋の内儀, 師匠のねぢ, 師匠に寝たら, 師匠先代文楽だお前さん, 師匠兼業の奴, 師匠ですか, 師匠円蔵のも先代志, 師匠冗談なすっちゃ, 師匠凶死だからのう, 師匠出してやり, 師匠分抔ト唱廻場留場ト号シ銘々私ニ持場ヲ定, 師匠去年の秋, 師匠来らあ, 師匠及び高弟に, 師匠をする, 師匠取りをし, 師匠得意の, 師匠同士の対戦, 師匠同士芸の上, 師匠同志が切り合ったで, 師匠同様の人, 師匠周作と立ち合っ, 師匠無畏, 師匠噂噂噂噂をすれ, 師匠四谷の大, 師匠四頭もべつ, 師匠団平は蚊帳, 師匠圓朝ですお, 師匠圓生のにし, 師匠在宅かえ, 師匠在生中蔵前に移った, 師匠のこと, 師匠ともなく, 師匠夢にもあっしの, 師匠大丈夫かと交, 師匠大和屋の旦那, 師匠太神樂なぞの諸, 師匠失敗ったのに, 師匠嬉しいだろう, 師匠孝行にゃ負けた, 師匠孫呉の智識, 師匠にもと, 師匠専門は結構, 師匠小さんはあなた, 師匠少しも答, 師匠山村小左衛門へも通っ, 師匠岩井半四郎の後見, 師匠左側にたて唄, 師匠師匠師匠の明日, 師匠幸いにと申し, 師匠広袖を羽織っ, 師匠より見好き, 師匠張りの絵, 師匠れは, 師匠待ってたよ, 師匠後方なん, 師匠御馳走はその, 師匠が湧い, 師匠心友の情, 師匠心配したもう, 師匠に用事, 師匠恩地源三郎どの養子と聞く, 師匠ねえよ俺, 師匠戦時中から戦後, 師匠手金を二十銭, 師匠打ちあけて貰, 師匠打明けてくれねえ, 師匠投げて私, 師匠折角此処へ, 師匠捕らえましたかな, 師匠摂津大掾, 師匠教訓されしを, 師匠文字吉でなん, 師匠文字春が堀の内, 師匠文字花の御, 師匠新吉の届かねえ, 師匠早く釣を, 師匠明導の指図, 師匠明日の朝, 師匠明流の情, 師匠春名秋岳先生のお, 師匠春太夫のそれ, 師匠春松検校の教授法, 師匠は妙, 師匠時間がありません, 師匠最う宜い, 師匠月齋と共に岩本院, 師匠東雲先生お若, 師匠杵屋勝三郎の勝, 師匠杵屋勝久さんがこれ, 師匠松本狂歌の宗匠梅屋鶴寿等, 師匠松雨庵の内弟子, 師匠某らいずれも夜, 師匠柳田国男先生の同時に, 師匠梶田半古の流れ, 師匠様あなたもう, 師匠様ここはただ, 師匠様そっちじゃない, 師匠様それについては一つ, 師匠様のだぜ, 師匠様初め目上の人, 師匠様大変でございます, 師匠様川っていう字, 師匠様此長い間, 師匠様誰か柵, 師匠樋口善治に知れた, 師匠樣こんどは何, 師匠樣何か外, 師匠橋本先生から切組格, 師匠歌子のとかく, 師匠歌寿が秘蔵, 師匠受老人は, 師匠正宗すらもし, 師匠の通り, 師匠此所は真, 師匠武蔵聞いて, 師匠殺害の計画, 師匠気の毒だが, 師匠気取であったことだろう, 師匠の毒, 師匠水本賀奈女を殺した, 師匠池谷さんが漢学, 師匠没後早々にもこうした, 師匠没後養母お悦さん, 師匠法外先生を殺され, 師匠洒落などいう, 師匠淫らなっ, 師匠清元長唄何にかぎらず, 師匠清麿の烈しい, 師匠源内法師の胸, 師匠漆検校様のお, 師匠瀬越は直ぐ, 師匠瀬越八段の家, 師匠為すある親分, 師匠無理だよ, 師匠燕枝はじめ死んだ燕路さん, 師匠燕枝承諾のうえ, 師匠父親がこんな, 師匠特別の仕込み, 師匠玉造の気に入る, 師匠生前永の歳月, 師匠由緒ある士, 師匠な打明けて, 師匠皆んな見えなくなったね, 師匠盛りでここら, 師匠替らず延, 師匠相川などの間, 師匠眉山町家の女房柳浪, 師匠が道楽, 師匠私今夜どうしても師匠, 師匠秋山も来た, 師匠竹齋に相違, 師匠笑わねえでおく, 師匠筑紫さん汐見さんもう一人, 師匠篤信斎からも勘当, 師匠篦棒だな, 師匠縁側から自分, 師匠縁起に歌いましょ, 師匠美人達人或は藝道, 師匠美代ちゃんが泣い, 師匠脇田先生へお, 師匠自らの惰, 師匠自ら製作するの, 師匠良忍上人も観, 師匠芸道ばかりと思ったら, 師匠若旦那は月丸, 師匠莨入が落ちやす, 師匠原検校, 師匠菊之丞肌えに, 師匠菓子器の葢, 師匠藤左衞門の許, 師匠藤間いせのきびしい声, 師匠行くのかい, 師匠へ行け, 師匠に似ぬ, 師匠誠に暫らくお, 師匠談州楼燕枝の弟子, 師匠豊志賀と相, 師匠豊沢団七から, 師匠豐志賀は年卅九歳, 師匠越太夫を我, 師匠軽蔑がい, 師匠通りの絵, 師匠造酒の本妻, 師匠連中は手, 師匠進藤孫三郎先生若くて, 師匠逸見多四郎先生も居られる, 師匠逸見多四郎殿と試合, 師匠はばか, 師匠を凌駕, 師匠金四のため, 師匠長屋の餓鬼共, 師匠門倉平馬, 師匠母様の, 師匠障子に影, 師匠が新六郎, 師匠雲原明流氏の内, 師匠露伴のくれた, 師匠颶風だよ, 師匠でも縊, 師匠馬生師匠りう馬師匠他いろいろ, 師匠驚いちやいけない, 師匠鳳雲の気