青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「師~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~布 布~ 布団~ 帆~ 希~ ~希望 希望~ 帝~ 帝国~ ~師
師~
~師匠 師匠~ ~席 席~ ~帯 帯~ ~帯び 帯び~ ~帰 帰~

「師~」 9076, 94ppm, 1175位

▼ 師~ (2369, 26.1%)

38 ような 33 ように 16 手に 13 家に 11 前に 9 ために, 中に 8 ところへ, 名を 7 お雪, やうな, やうに, 坊の, 影を, 方を 6 あとを, 伊兵衛, 傍に, 家の, 山の, 方が, 許へ, 顔を 5 一行は, 一隊が, 伊兵衛が, 家へ, 店の, 翁は, 言葉に

4 [15件] ことだ, すがた, する迷はし, そばに, ところで, 伊兵衛と, 伊兵衛も, 徒の, 所へ, 手で, 方で, 自斎, 許に, 許を, 話

3 [43件] ことが, ことを, セムボビチスと, 一人が, 一行が, 一隊, 中の, 伊兵衛の, 伊兵衛は, 半斎, 口から, 君に, 君の, 君は, 君よ, 外に, 如くに, 姿を, 家から, 家が, 家で, 家を, 徒が, 徒は, 恩は, 恩を, 手は, 旅の, 柳斎と, 株を, 武蔵が, 武蔵に, 武蔵の, 泉嘉門の, 真似を, 行きさ, 言の, 言を, 言葉が, 言葉を, 身を, 長老が, 面を

2 [154件] うちに, お粂, お角さん, かたへ, ご坊, つのりに, ところを, ないの, ひとりが, ひとりほ, ほかに, ほとりアカイアの, もとへ, もとを, ものを, イワン・ヤーコウレヴィッチが, 一人に, 一字を, 一家が, 一行の, 一隊は, 下に, 中でも, 中には, 中へ, 事が, 人格に, 仕事を, 仲間が, 仲間であった, 伊兵衛で, 伊兵衛でありました, 伊兵衛です, 伝記を, 作で, 作と, 作を, 使ふ, 僧の, 先生が, 冠辞考に, 処に, 出て, 前で, 前では, 反古を, 口まねを, 叫び声が, 司と, 司中御門中納言の, 名が, 名は, 名人と, 君が, 嘉門は, 噂を, 坊から, 坊が, 坊にも, 坊も, 場合は, 墓を, 声が, 多い場所, 女房である, 如く襟, 妻が, 妾に, 娘に, 娘ッ子なら, 婆の, 子であった, 子では, 家, 家での, 家まで, 山崎宗鑑が, 庇護の, 店を, 座から, 弟子の, 役を, 役目は, 徒である, 徒と, 御坊, 心に, 心には, 心も, 心を, 恩と, 恩という, 恩に, 悪口を, 慈眼房は, 戸沢図書虎より, 所に, 手によって, 手品そこには, 新居に, 方だ, 方へ, 望みに, 杖が, 株は, 様な, 正邪は, 法神は, 目に, 眼には, 研究, 礼を, 社会上の, 立場から, 笠を, 紹介で, 終焉を, 綱渡りとは, 美徳困苦に, 群, 翁が, 翁も, 老人が, 職を, 職業と, 肩の, 臨終に, 臨終を, 芸を, 蒲衣子は, 虎, 見えぬ訣, 言うこと, 言に, 言は, 言葉は, 言葉も, 話に, 話の, 話は, 話も, 説諭を, 調を, 連中は, 連中を, 道に, 道具だ, 遺誡を, 野沢琢堂の, 門を, 随分つまらない, 頭に, 飯の, 魔法の

1 [1602件 抜粋] いいつけ, いったこと, いわるるには, うちと, おかげで, おこたり, おやじへも, お免状, お宿, お心, お智恵, お祈りも, お角, お顔, かけ引き上人を, からだが, こと, ことなり, ことばへ, こと故, ごき, ご化身, ご房, じゅ文みたいな, する迷わしでは, その有, そばを, たぐいが, ためにも, ため自重し, とぎすまされた心眼, ところと, とらした, なれの, はずじゃが, はやわざ, ひとは, ほうへ, ほとりヘクト, ほとり控うべく, ほとり空しく, まえを, もち歩く, もとへと, やうだ, やさしい声, やる荒柳美談, ようです, わたしには, イカサマにか, インチキな, エネスコが, サアカスに, ジョン, ステュディオに, ステユデイオに, チベットに, パリパリに, フラスコと, ポータブルであった, ラウスに, 一世一代を, 一刀斎としても, 一家だけ, 一座を, 一種だてぇ, 一行と, 一身に, 一風宗匠この, 三要から, 下である, 不勉強, 与惣次が, 両家と, 中にて, 中途退学で, 亀吉を, 事件発覚以来誰も, 二十面相には, 二間あまりの, 云い草だ, 亡き後は, 人が, 人数の, 人格という, 仇と, 仕事が, 仕事は, 仕事場の, 仕出しが, 付け目な, 仰せに, 仲間として, 企図し, 伊兵衛から, 伊兵衛そこを, 伊兵衛に, 伊兵衛徳川万太郎こう, 伊勢崎九太夫が, 伊豆屋初蔵, 伝うる, 伯龍に, 住んで, 佐伯氏で, 体面を, 何者なる, 作でなく, 作は, 使う手, 來訪を, 供給に, 俗悪も, 信西入道をも, 俳諧寺一茶に対する, 偵察隊, 傳を, 元締お, 光悦が, 入唐當時なほ長安に, 公孫勝が, 六物空万は, 内でも, 冕が, 冷泉華子でございます, 出づるや餉を, 刀に, 別荘, 利害と, 前には, 前両親の, 功徳を, 勘八という, 勘兵衞さんです, 勝負生活は, 勢源が, 半ば以上は, 南左衞門に, 占ひ, 即位を, 取引といふ, 口調で, 句の, 台所小僧兼見習, 吉岡清十郎の, 同意を, 名人で, 名前も, 名折ン, 名義の, 君ででも, 君わらふ, 吟咏を, 周囲には, 呪縛に, 命にも, 命令を, 員数を, 問を, 喜んで, 嘆き, 嘉門には, 嘘でしょう, 器用な, 困惑し, 土産として, 坊さんが, 坊は, 坊中心に, 坪内逍遙氏などと, 報復を, 声の, 声色だけが, 変装と, 外国人が, 夢, 大半は, 大御所は, 天分という, 天性に, 夫妻はか, 奏でるバイオリン, 女房から, 奴隷たるべからず, 好意に, 如く流祖代々の, 如丹, 妹娘を, 妻らしく粧おう, 始祖張道陵漢末瘧を, 姿さえ, 姿も, 娘か, 娘だ, 娘でしか, 娘を, 婆が, 婆めが, 子ならしめ, 子孫何れの, 孤立は, 学生たちが, 宅へ, 安倍泰親は, 実際家的手腕, 家かも, 家では, 家には, 家らしい, 家族である, 密書を, 尊氏には, 小半次が, 小屋に, 小野治郎右衛門などには, 尾崎紅葉先生に対しても, 屋敷の, 山人の, 山荘まで, 岩谷松平翁の, 工場で, 左母次郎と, 巧さで, 布団を, 師たる, 席上に, 常らしい, 平田鉄胤にも, 序文に, 店で, 店は, 店先に, 庭の, 廊下を, 弟, 弟子であった, 弥五郎一刀斎も, 弾くもの, 彫った大黒, 役に, 後から, 後の, 後家である, 徒を, 徒弟は, 御坊の, 御恩, 徳は, 心像である, 心構えとしては, 心眼という, 快諾を, 怖れ, 怠りである, 怪技, 恥に, 恩でない, 息の根を, 悩みを, 惨殺された, 慈悲よ, 慈眼房が, 態をと, 懐旧談が, 所行は, 手にも, 手を, 手助けが, 手品を, 手際で, 批評など, 技では, 技倆は, 技術にて, 持って, 指で, 挙動が, 掌の, 描いた狂歌, 提言に, 放哉紹介の, 政宗などは, 教えに, 教の, 教をのみ, 数は, 文章は, 方たちと, 方の, 旅装を, 日本一太郎が, 昔を, 春満は, 暗に消え行く, 書いた見事, 書斎を, 曾呂利新左衛門といふ, 服と, 木の, 末の, 本名は, 本軍, 李意に, 杖の, 来り援, 東洲齋絞め殺され, 松五郎だった, 松五郎を, 柳斎から, 柳斎です, 柳水と共に, 根性である, 桃林の, 梅市も, 検校は, 様子であった, 権力に, 歌が, 正々堂々たる格法, 正体は, 正宗が, 武は, 武蔵へ, 死が, 死体が, 死期を, 死骸江の島の, 気持に, 永徳に, 池という, 治郎右衛門の, 泉嘉門であった, 法を, 法然にまで, 法神が, 泰親の, 浅田は, 涙を, 清十郎が, 清十郎敗れ, 源助さんが, 演説を, 為十郎に, 無感覚もて, 爪じる, 物です, 狩野永徳は, 王国が, 理論を, 生徒で, 生活は, 甥でも, 番だ, 疎石, 疫病婆を, 病室を, 病牀に, 発明工風中の, 白衣を, 目から, 目癖とは, 相手である, 眞似, 真淵, 眼は, 眼力で, 矢柄に, 示された泥, 祖先と, 神に対し, 神田伯龍を, 祭文から, 禅師の, 禪房に, 科白が, 秘密を, 穢ない吝, 竹内栖鳳先生が, 笛が, 筆に, 策略だ, 箱を, 粗ラシャ, 精神力を, 系統の, 紋三郎も, 細工場の, 紹巴などを, 絵を, 練りぶりを, 群は, 翁に, 老が, 老夫婦, 考えでは, 耳に, 職に, 職掌, 職業を, 肩越しに, 背広の, 脚下に, 腕だの, 腕とは, 膝の, 自分より, 興ったという, 舞曲, 芭蕉の, 芳太郎に, 芸当よろしく, 苦心に, 草鞋の, 菊太夫といふ, 著書と, 蓮忍は, 蕪村の, 藺笠の, 號は, 血脈なりと, 行ったほう, 衣の, 襟もとを, 要求に, 見習小僧を, 親分です, 親方の, 言うた事, 言として, 言葉とは, 訃に, 記念とも, 許から, 証拠でございます, 詞に, 話では, 認可を, 説にのみ, 説明に, 調子は, 諫なら, 講演を, 護符を, 貞佐が, 責任も, 賜である, 贄に, 趣も, 足を, 跳ねて, 身に, 身体は, 輩は, 近藤つね方を, 退出が, 逆を, 通行する, 連中が, 連中に, 運動, 道の, 道三を, 達見を, 遺族に, 部屋に, 部落であろう, 里好さん, 野水が, 野郎がね, 金剛智が, 鉄眼和尚から, 銀の, 鎌倉時代の, 長広舌や, 門から, 門下に, 間で, 阿闍梨が, 陣風斎という, 隣に, 雨露次であった, 雪女である, 雲龍齋又六は, 青年は, 面上に, 鞘が, 頃で, 頭文字じゃ, 題目に, 顔や, 類その, 類とは, 風俗も, 飛衛も, 飛衞を, 養育を, 骨法を, 髭だらけの, 鬼小僧傴僂で, 鶴嘴が, 黒川だった

▼ 師~ (850, 9.4%)

10 それを 8 ろくろ 6 眼を 4 急に, 立ち上がった, 顔を 3 それに, 声を, 子供の

2 [43件] こう云っ, これを, こんなこと, さつと釣針, そこで, それとなく附近, そんなこと, ない, また云った, ろくろ廻せる, わたしの, 一膝乗り出した, 之を, 云った, 人物よりも, 作松の, 先代の, 包みを, 口を, 呟きながら, 多けれど, 小手調べに, 小首を, 当世に, 彼の, 忘れたものの, 恋しかりしか, 意外にも, 愚痴を, 慌てて, 承知し, 水を, 玄浴主の, 真赤に, 私に, 竈の, 節を, 素晴しい, 自分の, 言った, 返事を, 難波津に, 驚いて

1 [719件 抜粋] あかく耳, あがりぬ, あたかもそれ自身, あたかも水, あらゆるかう, ありませぬ, あるまいと, あるもの, いうと, いえり, いずこ, いたましい死灰, いった, いない, いないの, いましめて, いよいよこの, おごそかに, おほか, お上手, かう言, かう言つて懐, かく申す, かの雑誌社, きもを, きよろきよろ街を, くすぐったいよう, こう云い, こう云う, こう呼ばれる, こう言っ, ここに, こちらは, このしん粉細工, この像, この剣, この慣習, この言葉, これに, これらの, こんなところ, こんな不景気, こんな画, さぞひっきりなしに主人, さぞ本望, さとりてかれを, しばらく無言, じつに敬虔, すぐに, すすめて, すでに作り上げ, すでに我, すべて革だ, するりと上衣, そういっ, そう言っ, そこで顔, そこに, そこらの, その, そのそば, その一刹那例, その前, その夜, その小屋, その少年, その弟子, その後ふたたび, その指輪, その擧止, その時店, その會話, その甲子歳, その立ち籠め, その翌日, その言葉, その錯綜, その頃, その額, それとは, それとも, それに対して, たいへんな, ただいかにも, ただみずから, ただ刈りあげ, ちょっと腰, ちよつと, ついに永眠, つぎに, つひぞこれ, てんで経文, とっくに天気, どうしても此処, どうだらう, どこに, どこにでも, どんなもの, ないか, なお国内, なしと, なんという, にっこり笑っ, にやにや笑, はいって, はつと, ひそかに, ひとりほしい, ひょいとそこ, ひよつと, ひらりひらりと, ほとんどわからない, ほとんど途方, まことに珍しい, まず私, またそこ, また下級, また何, また村, また言い渡した, まだ三十, まぶしそう, みな幸徳井の, めしひなり, もうどうする, もう渡り, もう目, もう通用, もと司教, やって来たが, やっと右, やはり動じなかった, よな, わたしを, カブトを, ガックリ項垂れた, クリストフに, シャーマンに迄, シレジアの, ダアワの, ツカツカと, ハエなんかが, ビステキの, フラフラと, マラルメ師は, モンテコルヴィノの, 一そう責任を, 一たがね, 一人の, 一個の, 一方の, 一日議会を, 一飲込みし, 丁度神秘, 万橘爺さんでしょう, 三十五代の, 三十八代の, 三日四日の, 三輪の, 上陸する, 下りて, 不安らしい, 不幸なる, 不思議で, 不意に, 不機嫌である, 世界を, 世界的だ, 両手で, 両手を, 両親から, 予言者の, 事触, 二三人しか, 二人の, 二十前後の, 二十年間も, 云い切ったが, 云う, 云つた, 人に, 人を, 人込みに, 今いちいち, 今日迄, 今東京に, 仏祖直伝の, 他にも, 他の, 仰向きに, 伎芸天を, 体で, 何と, 何んと, 何処に, 何國何村は, 余程不快, 例によって, 侠気は, 便所と, 信心連同, 俺の, 倫理學でも, 傍に, 傍らの, 優しいうまいこと, 儲けさえ, 先師平田篤胤の, 入って, 全然東北弁, 六十一に, 六間以上の, 再び花桐, 冷笑した, 出て, 出張ごとに, 切りと, 初めて笑い, 別に, 則ち, 前に, 割合細心, 勇ましい調子, 勿論我, 包みから, 卑しい笑み, 単刀直入に, 厄鬼を, 古びたソフト, 叫んだ, 号し, 吃驚し, 同人としては, 同十三年, 呆気に, 呼び止めた, 商人だらう, 困つたやう, 図面を, 圍む成都城, 土地に, 堅いしん, 壇に, 声聞師では, 外国に, 多いけれども, 夜遅く, 夢中に, 大きな口, 大きな欠伸, 大上段, 大力あるらしい, 大寺の, 大概尋ね尽し, 大正五年に, 天文年間初めて, 太田大洲赤荻由儀で, 女給に, 好奇的に, 妙に, 姓を, 娘を, 学僧フルコム伴天連, 安土における, 家族と共に, 寝返りを, 導かれるの, 小尖塔, 小走っ, 山原中に, 山向, 山本北山だ, 屹と, 已に御, 巴里風と, 師として, 常に呂布, 常の, 平安時代より, 平生の, 庭へ, 庸三の, 建物の, 廻廊を, 弟子に, 張陵である, 強い信仰, 当然まず暴動, 形式ばった男で, 彼に, 彼を, 彼女を, 後から, 後世の, 得難しと, 御免を, 御隠居さん, 微笑みながら, 心に, 心得かねて, 必ず弟子, 思わずハッと, 思わず一足後ろ, 恐くは, 恐る, 恐れ入って, 恐ろしい顔, 悪い面, 愉快気に, 愚僧が, 感心した, 感慨深げ, 慈悲深い, 慰め顔に, 憤った, 憤死せられ, 我に, 我を, 或る, 扮装ヒゲの, 持って, 挨拶を, 振り返った, 振り返り市之丞, 掌面で, 摩訶不思議な, 教祖マラルメ師について, 敢然とこの, 数年前井師が, 敵では, 文字通りに, 文科に, 断食を, 新聞記者を, 方向を, 日にち小さな, 旧教派, 旧馴染, 昔を, 昔姿美しかりし, 時々その, 時々愛, 最もはげしい, 最も適切, 最高の, 木下逸雲である, 本筋の, 朱欄や, 東大寺奈良坂宿の, 柘榴の, 柵の, 案外に, 植木の, 機械に, 次の, 此の, 此忠行を, 武士であった, 死ぬとき, 殆ん, 母公御, 毎夜の, 永木三津五郎という, 決して損, 決して教壇, 沢山あっ, 法衣の, 注意を, 海口へ, 深く感謝, 清水荘介と, 演る, 火口へ, 火箸を, 無い, 無数の, 父に, 牛の, 物々しい口調, 物憂そう, 特別の, 玉川の, 王に, 現われて, 生きて, 申されました, 申すまでも, 病人の, 白い法衣, 皇后の, 目つ, 目黒道琢武田叔安で, 相変らず, 相手に, 眉を, 看板や, 眠つたやうな, 知らぬこと, 石の, 神事関係の, 禅僧中まれに, 私よりも, 空を, 立ち上がった立った時, 立ち上がりスタスタ, 立ち上がり背後, 立って, 端然と形, 笑いも, 答えたが, 答えない, 答へ, 細々と, 絶対無, 繰り返した, 義理堅い人, 老僧, 耳を, 聖ベルナールの, 聞き咎めた, 能く, 脣を, 膝を, 自らの, 自転車に, 興福寺の, 船客の, 色を, 芒を, 菩薩像の, 薬を, 蟹は, 行いて, 行き過ぎて, 行く, 行李の, 街角から, 褞袍を, 見えなかつた, 見かけだけ, 見詰めて, 言いますぜ, 言葉の, 詩人であり, 詮ずるに, 誇りかに, 説明の, 誰しも, 誰に, 諄々と, 買にか, 越前の, 足どりも, 躊躇も, 身支度の, 軽く一揖, 轆轤を, 返辞を, 通例極めて, 連れも, 運転手に, 避暑旁, 酒を, 野上陳令陳令の, 金を, 金襴の, 鉄の, 鎌倉円覚寺の, 長講二席の, 門前へ, 附け加えて, 陛下という, 陰陽師配下の, 陶土を, 雪より, 雲の, 静かに, 非常な, 面白い事, 鞴を, 順じゅんに, 頭の, 頭を, 頷いたが, 頻りと, 顔も, 顕密の, 類なき, 首を, 首刑部, 騾馬を, 驚きも, 驚き呆れて, 高らかに, 高貴な, 鬼王丸の, 魔術師の, 黒い蝶々, 黙って, 鼻を

▼ 師~ (611, 6.7%)

6 来て 5 自分の 4 あって, ありました, 私に 3 云った, 來て, 来たの, 私の

2 [25件] ある, いて, いました, きて, それを, ちがう, やって来た, やって来て, やるよう, 出て, 助手を, 口を, 囃子おもしろく, 彼を, 往来で, 後から, 持って, 日永に, 束で, 来ても, 次第に自分, 父の, 立ったり, 言つた, 誰であった

1 [526件 抜粋] あった, あったが, あったよう, あったら直に, あったり, あった筈, あなたを, あのうずまき, あの大阪, あの私立病院, ありました彼, ありますが, あるいは笑い, あるか, あると, あるとは, あるの, あるわけ, あろう, いいました, いいますと, いい人, いう, いうよう, いくたりか, いざ床, いったんだ, いったんです, いつも無学, いなくなって, いねえとは, います, いるから, いること, いるの, いるん, いる時, いろんな奇行, いわゆる七道, うたって, うろついて, おそろしい昂奮的, おまえさんを, およろこび, おりしかも, おれの, お客の, お盆限り止める, お目ざめ, お立ちに, お越しに, お高, かく生命, かつて見た, かんなを, くさるの, ここに, ことごとく皮革業者, この予言, この小屋, この村, この甲府, この白痴, この鎌倉, これを, こんなりっぱ, ごく適当, さうである, さすよう, さらにそれ, しずしずと, すきとおるよう, すっかり解脱, すでに京都, すばらしい花藺笠, ぜひともここ, そういう事, そうした訳, そっけなく答えました, そっと私, そつと, その力, その昔, その死期, その犯人, その老人, それで, たくさんいた, たくさんの, ただ一人窃かに, たまたま周代, つくったと, つくり出す景観, ですな, とったと, どうしてこんな, どのよう, どんなに大きく, どんなに苦心, ない型, ない本, なくなるを, なんだ, なんともミズミズ, はいった時, はやお, ひそんで, ひどいぜんそく持ち, ほとんど計画的, ほめたとき, ぼんやり眺め, まことに良い, まずかった, まず口, また唱門師, また普通, まっすぐに, もと俗法師, やってきて, やつて, やはりそれ, やはりインド教徒, やはり呪医, やるでなう, よく出, よく饒舌, より集つて, らんぼうな, わざと力, わたくしの, ゐた, ゐたが, ゐた事, ゐました, ゐます, アルバムを, ウシの, エタの, オッペルトへ, クリストに, チベットを, トランプの, ヌーッと, パッと, ビールを, ボツボツ喰える, ヨチヨチと, ヴァイオリンを, 一インチざし, 一ペン, 一人の, 一人も, 一人ゐる, 一人引導か, 一人柳の, 一人窃かに, 一声叫ぶ, 一本の, 一本一本毛彫に, 一緒に, 一般參拜人の, 一芸当を, 一軒あった, 七八人で, 三人花嫁の, 三十と, 三十二歳弟子が, 三十八歳弟子が, 三四人生徒に, 三百人牛が, 三輪山の, 上京の, 上海に, 下って, 下に, 下級の, 不測の, 世に, 世間の, 並んで, 丹念に, 之を, 予約され, 二つに, 二人首を, 二寸か, 二箱に, 云々と, 人の, 今までよりも, 今より, 今戸に, 今頃訪ね, 仏の, 仏教の, 仔細らしくうなずい, 仔細らしくうなづい, 他界の, 付きッきり, 付属し, 仮釈, 仰っしゃっていました, 低い声, 住んで, 何と言つて, 何を, 何処の, 作ったと, 使う仕掛け, 使ったもの, 使用する, 促すの, 促すので, 健在でも, 傘さして, 催おしの, 働いて, 先に, 先日から, 入った時, 入って, 入つて, 入城した, 入蔵事件に, 入谷に, 八十七歳を, 八十歳で, 内職に, 再び彼, 冬季竈の, 処刑当時の, 出た, 出たよう, 切りと, 刹那の, 力いっぱいに, 勇壮な, 勲章で, 十人も, 千秋万歳の, 千里眼問題で, 印度を, 厳然と, 参った時分, 参与と, 又其の, 取外して, 古島雛の, 叫んだ, 召使部屋から, 各自に, 合一で, 同じよう, 同宿の, 吟咏を, 吹き込むだん, 呪文を, 呼ばれて, 呼びとめた, 呼出しを, 唱門の, 団扇で, 図按を, 地方を, 墨を以て, 壯年の, 多かった, 夢に, 夥しく増え, 大テント, 大叭, 大阪から, 天和二年に, 太子だ, 夫婦に, 奈良に, 好きな, 妙光女を, 妙幢の, 始めでは, 婦女の, 定まるパトロン, 定住した, 実地の, 家々を, 寄つて唯, 寄つて狂歌の, 寄り合って, 寝台の, 封を, 小さい風船, 小走りに, 少くとも, 少し腑, 居た, 居て, 居なかったお蔭, 居るもの, 山ほど, 岡山の, 島の, 帝位に, 師であり, 帰って, 帰安県を, 平氣, 平素から, 幾人よって, 幾度か, 広峰山, 引き受けて, 弟子の, 弟子を, 張扇で, 形の, 彼の, 彼女について, 待って, 心しぬび, 必要だ, 快く多忙, 念に, 急いで, 息を, 慌て, 慌てて, 扉の, 手を, 手品の, 抜け駆けの, 押寄せた, 拵えた典型的, 持つて, 挨拶した, 捕まったなどの, 描ける愛し, 支那人の, 教祖マラルメ師の, 数百年かかっ, 新らた, 日本で, 旺んに, 明りを, 星夜の, 時計と, 時計を, 最も多い, 朝早く, 朝鮮軍記の, 木の, 未だ独身, 本当の, 杖に, 来たあの, 来たこと, 来たと, 来ないで, 東国の, 板にかけて, 柿田を, 椅子に, 極力二人, 極度の, 構えて, 構って, 止めたから, 正一君を, 死んでる, 死者の, 歿年を, 残念そうに, 殺されるかと, 毒杯とか, 気がかりに, 水戸様石置き場の, 江戸に, 没せられて, 沢山来, 河幅の, 法然に, 泣いて, 派出され, 淡彩で, 溢れそう, 滑稽頓智の, 滞在し, 無分別の, 無我の, 焼香し, 煙術を, 煤けた障子, 熱心に, 片寄せて, 牧師であった, 牧野宮島両君と, 犯人嫌疑者として, 狂歌の, 狐の, 独房に, 獲物の, 現れて, 現在の, 琵琶を, 生きた人間, 生きた血液, 生死を, 田舍の, 申すには, 町角などで, 病に, 病中に, 病人の, 病人や, 病床に, 百日かけ, 皆驚く, 盛に, 看板を, 真っ白な, 真に道, 知らなかつた飯蛸, 示しそう, 移ったが, 第一, 答えて, 答えるという, 答へて, 箱から, 箱の, 素人であろう, 細工は, 経営してる, 継いだ, 美女を, 美麗な, 老いて, 考えて, 聖道浄土の, 脱然, 腕に, 膝を, 臣節を, 臨終に, 自分を, 自転車で, 至ると, 至芸の, 興じて, 船底から, 花や, 薩摩屋敷の, 虚構の, 蝶に, 行ったとて, 被術者, 製し位, 西村五雲で, 見て, 見ると, 見舞ひ, 言ったから, 言ふと, 討たれたりと, 評判の, 説経節を, 読み立てる, 谷から, 豹の, 負う訳, 賀茂氏を, 赤いマント, 赤山を, 車に, 通行せられた, 道庵先生に, 遣つて, 遥々ここ, 重いと, 野に, 金剛智三藏の, 金比羅御利生記の, 金鼓を, 鐘巻自, 門弟に対する, 間違ひ, 関の, 闘牛に, 附いて, 陰陽師と, 集って, 集まって, 露路先に, 頓狂に, 頻りと両, 顕用された, 食うに, 駅で, 魔法の, 鹿苑院に, 黒人を

▼ 師~ (483, 5.3%)

7 はその 4 は, はまた, は声 3 のごとき, の娘, の憤怒, の機嫌, の胸, の顔, もまた

2 [27件] か, が, がいう, が一存, が一生, だった, であった, と師泰, と申す, の前, の命, の声, の失脚, の家, の恋, の手, の軍勢, はいま, はこれ, はすぐ, はそれ, はやや, はわが子, は尊氏, は急, は本営, 兄弟の

1 [389件] からこう, からその, からの前ぶれ, から出す, かを使者, があえて, があたっ, がいおう, がいま, がかぶっ, がこう, がこれ, がし, がそう, がその, がたへばかり, がたも, がつきつけ, がとっさ, がなだめ, がひざまずい, がほか, がよう, が亡くなっ, が今, が会った, が佐女牛, が冠, が出来た, が去っ, が地方武士, が塩谷, が姿, が尊氏, が心, が本心, が気, が用意, が申しあげたごとく, が病む, が答える, が船, が蔭, が軽く, が降参, ごときは, じゃ, じゃねえ, すらがあの, すら知らない, だ, だけだった, だったか, であって, でありしかも, でこれ, ですが, でなく直義対尊氏, とあるなら, という厭, という執事, という無, という男, という駄々っ子, といえ, といったよう, としては到底, としては立場, とすれ, となす, となっ, とのあいだ, との交渉, との妥協, との芝居, との衝突, との軋轢, とはすぐ, とは何, とやら, と共に尊氏, と共に自身中国, と判官, と平右衛門, と本, と梅幸, と無事, と申しまする, と細川和氏, などが決して, なども, なども無事, ならずとも, にたいしては, にたいする不人気, にとって濡れ衣, にはまだまだ, にむかっ, にも, にも覚悟, によって象徴, に向け, に告げた, に告げる, に対し切, のいい, のうしろ, のおもしろから, のさし, のそば, のため, のふで, のふところ, のみが相手, のやかた, のやしき, の一家中, の一札, の一言, の一門滅亡, の一門眷族, の不, の主人高氏, の処罰, の凱旋軍, の力, の取りしずめ, の名, の執事令, の夜, の大きい, の失言, の奸策, の好色癖, の如き, の娘刑部姫, の婆娑羅, の婦女掠奪, の子, の家来, の家来達, の屋敷, の師, の弟, の影, の怒り, の息女, の手勢, の指図, の放火, の敵, の暴悪, の暴慢不遜, の曲事, の本営, の本陣, の気色, の沙汰, の為, の甥, の眼, の破, の縦横, の罪科, の罷免, の罷免理由, の肉親, の肌, の胸中, の腕, の要求, の説明, の讒誣中傷, の身代り, の軋轢, の軍旗, の迂回作戦, の邸, の邸宅, の部下, の門, の館, の馬, の駒, はあ, はあざける, はあざ笑い, はあわて, はいう, はいつの間にか, はいわず, はうなずいた, はうめいた, はうめく, はかさね, はかなわぬ, はかの, はかれ, はここ, はこの, はさびしく, はずっと, はそこら, はそれら, はたびたび, はたれ, はつづけ, はつねづね, はつぶやいた, はてれ, はのッそり藤夜叉, ははっきり, はひそか, はひどく, はひれ伏した, はみずみず, はもう, はもう一度, はやがて, はやはり, は一夕, は一条今出川, は一部, は不敵, は主人高氏, は主君, は何しろ, は何ら, は侍従, は側, は先, は再度, は列, は取, は口輪, は唾, は嘯いた, は執事, は塩冶判官高貞, は大きい, は大きく, は天龍寺落慶, は女房連, は定刻, は容れず, は宿場端, は寄っ, は小声, は少しく, は巧み, は帰っ, は弟, は強硬, は当座, は彼女, は待ち, は忙, は思い切っ, は思い切った, は思った, は怨む, は恋, は息, は悪びれ, は悲し, は意外と, は感づい, は憤怒, は憫, は持っ, は早口, は機嫌, は正月三日, は気, は決して, は河内, は濡れ, は父, は相手, は突如, は笑いかけた, は笑いにごし, は罵った, は膝, は自分, は自己, は興がる, は色気, は藤夜叉, は見のがし, は見通し, は言い終る, は評判, は足利家, は跳, は身, は辛抱づよく彼, は追わなかった, は進言, は道誉, は遠く, は長, は雨, は首, は馬, は骨, は高氏, は鮒侍, は黙っ, へやぼ, へ無断離京, へ耳打ち, ほどの無, また近衛, まんまとわし, もいろいろ, もおれ, もかね, もさる, もそう, もそち, もついに, もつぶやいた, もなぜ, ものぞかれた, も今, も冷泉家, も切に, も呶々, も夜, も妓, も少し, も師泰, も彼, も憂慮, も我, も案外, も決して, も無論, も結局, も聞かされ, も腹, も舷, も苦笑, も足もと, やらつらなる, や仁木義勝ら, や道誉, や関東, よく我, よりの執事, より聞く, をあの, をお, をさす, をし, をとりまい, をやり, をよん, を先鋒, を召し寄せ, を叱っ, を呪うた, を左, を師泰, を憎む, を斜, を殺す, を直義, を督, を見, を重用, 一代の, 一個の, 一家の, 一族の, 一門滅亡の, 兄弟が, 兄弟は, 指揮下の, 書け, 本蔵, 槙, 横暴師直, 草子, 誹謗の, 讒謗が, 養い子, 驕慢すべてそれらの

▼ 師~ (473, 5.2%)

9 して 6 なって 5 就いて 4 示されて 3 なつた, ならうと, なりたいと, なりました, 声を

2 [20件] いった, そのこと, たのまれて, たのんで, だまされて, なったよう, なるの, 云われたとおり, 会って, 似て, 何を, 出来て, 向かって, 向って, 就いたり, 就くこと, 従つても, 等しい活動館, 見せて, 頼んで

1 [394件] あずけましょう, あずけること, あらずとら, あわないの, いた間, いちどきにお, いでたつ一行, いひつけて, おかれても, おくることくら, おなん, お会いし, お会いできぬ, お教えいただい, お目, お目にかかって, お願いし, かかった, かかりやった方, かしこみぬ, きいて, きまってらア, この種, さきだちて, さみだれる, さらに深く, されて, しては, すがって, すぎなかつたの, すぐと, その本尊阿弥陀如来, その禍い, そむき戒, そむき異, それとなくたずね, それほどの, たずねたれば, たずねて, たずねました, たてまつる歌, たのむの, つ, ついたから, ついたこと, ついたという, ついた以上, ついた修行者, つかまって, つかまるの, つかみかかれば, つきて, つくという, つくの順序, つくらせたもの, つくらせた方一丈, つけて, でたらめを, とりかこまれて, とりて, どんな秘密, なじると, なだれ落つべし, なった, なったとき, なったの, なったわい, なった三人, なつて, なつてる, ならないって, ならなかつた, なられるでありませう, なりきらねば, なりすまして, なりすましました, なりたいという, なりたいも, なり了せて, なり奇術, なり消費者, なり血眼, なる, なるから, なるつもり, なると, なるには, なるほどの, なるよ, なる事, なる方, なる爲め, なれと, なれば, なれますのよ, なれよう, なれるし, なれ相, ひっかかって, ひつか, まどは, まどわされて, みずから進ん, むかって, むかは, むかひて, むかへるに, むけほか, めぐり合う事, ゃなれぬかもしれん, やとわれて, よっちゃ, よらずして, よれば, ケシかけられた, ハガキを, 一行禪師の, 与うしかれども, 乘られ, 事あら, 事うる, 事えて, 事え一年, 事の, 云った, 云わせますと, 仕える一将, 仕立てられて, 仕立てるよりも, 仕立を, 付いて, 代って, 仮装し, 仰ぎたい素願, 任せて, 会った感謝, 会った者, 会ひ, 伝へたま, 伝へられて, 似たもの, 何か, 何やら厳め, 使はれて, 使嗾され, 供えて, 信頼し, 候, 値遇し奉り, 傳はり其祕訣が, 先づインテリ, 入って, 入つた猿楽, 出会ったか, 出会ったら就いて, 出逢うてなあ, 刃向こうか, 分らぬ事, 初め遊びし, 別れて, 到る路, 加はりたら, 劣らざる鬼神, 劣るとも, 勝ちて, 勝れる人, 化けて, 化けてる三人, 南窓と, 印籠を, 即か, 厳選を, 参らせよといふ, 参禅し, 及ばずと, 及びも, 反問する, 取って, 取圍, 叛いた, 召され公胤, 叱られるが, 合いそれ, 合うとか, 向い具さ, 向い彼, 向けて, 向つて, 向ひ, 呈した誓約書, 命じて, 問うて, 囁いた, 因って, 在るもの, 培わるべき重大, 堕落し, 売ったの, 売り飛ばして, 外ならなかった, 大天才, 如かずであると, 如かずと, 学びたる画工, 學問を, 対向り, 対抗出来た, 將として, 尋ねられた, 對し, 對する, 導かれ, 導かれて, 就いた, 就いたけれども, 就いたこと, 就いたの, 就いたわけ, 就かなかったの, 就きて, 就き国家組織, 就き大道芸人, 就くと, 就くとは, 就くに, 就けません, 巡り逢いた, 師事するごとく, 常隨, 広岡文台が, 引きわたす, 弟子入りし, 強く言われ, 当たって, 当たる, 従って, 心なく, 怒られて, 急ぎ立ち, 恩を, 愛して, 感服し, 成つたやう, 成つた幼い, 手紙を, 打たれも, 払うた証拠, 托して, 托すること, 扮した, 押されて, 拍手を, 拵えさせる, 拾てられ, 拾われて, 捨てられて, 揉まれて, 描かせたもの, 操られたよう, 敗れなかなか, 教は, 新銀町, 於ける隠れ合図, 早が, 明かすこと, 明かす訳, 服しなくては, 服すべき事, 服從する, 望み得べきもの, 李小, 来て, 柾木宗一という, 欺かれたため, 欺かれるであらう, 歸り, 歸り得ん, 歸れ, 死なれて, 求められては, 汚されあなた, 沿ひ, 涙を, 渡すという, 渥き, 為れと, 無礼な, 熱くな, 牽かれた馬, 牽引される, 獲ら, 生れた甲斐, 生れ付いた私, 病魔調伏の, 皆川淇園が, 盗まれたか, 相談いたしまし, 相談を, 瞞された, 知らしたい, 知れて, 磨かせて, 示された創作, 示して, 神戸牧師を, 立戻つた, 笑はれた, 等しくし, 答えた, 答ふるごとく, 紹ぐと云ふ, 絃の, 習ひ覚えた, 聞いたお話, 聞えるやう, 聞くこと, 聞た, 腕前の, 自分そっくり, 致せよくも, 花房百合子という, 芸を, 芸人土地の, 裏打ちを, 襲はれ, 親しく会っ, 親しく慣れ, 親しく面した, 親しみを, 言つた, 訊いた, 訊けば, 訊ねた, 註文したらしく, 話すには, 誂へ, 誂らへて, 誘われて, 語るらく, 謝意と, 譲らずか, 譲らずと, 譲らずという, 譲られて, 譲るべしと, 負かず天, 負ふ, 賣つたが, 贈ると, 起される虞, 身を, 転じた, 転身した, 近いもの, 追いかけられさあ, 追い出されましたから, 送らしむ, 逢つて一人の, 連れて, 連れ出されて, 遇ふた程, 過ぎなかった, 違いない, 違ひない, 遣った駒, 遭うて, 遭つても, 遭は, 遭ふまで, 都家歌六なる, 野幇間繪描き, 開眼させ, 関係する, 関係の, 附かなければ, 附けて, 随わ, 随従する, 雷き, 非ず, 面し談義僧, 面接し, 面揃いを, 面謁し, 頭を, 頼まないで, 頼まれて, 頼みました, 頼み公高, 風を, 養はれ, 騙されて, 骸骨の, 髪を

▼ 師~ (462, 5.1%)

7 いえば, なつた 5 なって, 仰いで, 呼ばれて 4 数馬とは 3 いって, するに, するもの, 云ふ

2 [29件] いう, いっても, したが, したもの, すること, する人, する者, である, なつて, なり弟子, なる, なるの, なるもの, 一緒に, 仰いだの, 伝えられて, 做すは, 弟子の, 思って, 注したり, 称して, 稱する, 自称する, 言つた, 運転手が, 頼みて, 頼むべきは, 頼むべき人物, 頼んで

1 [359件] あおぐこと, あおぐ人, あがめお, あがめて, あっしぐらいの, ある看板, いいいま, いいました, いいハカセ, いい部下, いうが, いうだけ, いうよりも, いたしました, いっしょに, いつた種類, いふ, いへば, いろいろ話, いわずその, いわれた船印, おいで, おっしゃるから, おなじよう, お仕えする, お話し, お頼み, お頼みなされし, されたか, した, したか, したこと, したため, したと, したの, したる, した外, した奉行代官浜川平之進, しないもの, しなくては, し後, し木堂翁, し次, し而, し自分, し金忠, し関羽, す, すがった坂田, すと, すとい, すべき狩谷, すべき画, すべき者, すべし只, すべし晁錯, するところ此, する所, する方, する詩人, する高級, す可, す可き, す推奨, せむとするのみ, せりと, せる者, そのほか, その二人, その夫人, その弟子, その話, それに, たのむ方々, たのむ等, ちょっと知合, でしょうか, なしこれ, なししきりに, なして, なし医者, なし大臣, なし孔子, なすべき医家, なった, なったお, なったと, なつたさうである, ならば, なりあるいは, なりたがるわけ, なりなぐさめと, なりまた, なり一方, なり其資格, なり勅, なり友, なり後, なり得る人物, なり御者, なり料理人, なり普教, なり法筵, なり灌頂國師, なり自, なり葡萄, なり親分, なり過度, なるか, なること, なることば, なるに, なるにおいて, なるべき人, なるべき人々, なるべき人物, なるべき池田京水, なるべき迷庵, なるほど, なるほど大きな, なるよりも, なる不文律, なる声, なる者, なる資格, なれり, なれりウェルギリウス, なれる者, よき兄弟, よばれて, よびました, よび師, よぶ人, よぶ者たち, よほど深い, よんで, サギ師の, シュクと, ヘルレースポントス, ポリカルプ師という, 下司法師, 並んで, 争ったこと, 二人で, 云いその, 云うの, 云う名称, 云う賊, 云う風体, 云った被, 云っては, 云つた種々雑多の, 云はれた, 云へば, 云われた所以, 五百道士と, 交驩する, 仏国官憲との, 仏教との, 仰いだ, 仰いだからにはと, 仰いだ若干, 仰がれし旧家, 仰がれては, 仰がれ弟子, 仰ぎその, 仰ぎそれ, 仰ぐてい, 仰ぐに, 仰ぐの, 仰ぐべきもの, 仰ぐべき作家, 仰ぐもの, 仰ぐ念, 仰ぐ者, 仲よくなり, 侍と, 俊邁達識の, 修験者とを, 做すや, 僕との, 先生と, 共にかかる, 兵主は, 兵士との, 別れた高坂甚太郎, 勝手に, 千秋萬歳法師との, 卜伝とが, 印刷者の, 友と, 各自の, 合戦う, 同じくこれら雑多, 同じく俗法師, 同じく向う, 同じく見, 同じぐらい, 同じな, 同じもの, 同じやう, 同じ一つ, 同じ厄運, 同じ心理, 同じ者, 同一の, 同様であった, 同様な, 同行し, 名を, 吏に, 呼ばれあるいは, 呼ばれたこれら, 呼ばれたよう, 呼ばれた同情, 呼ばれた奇妙, 呼ばれる部落, 呼ばれ或いは, 呼び先蹤, 呼び毎年正月十八日, 呼ぶ, 呼ぶもの, 呼ぶ者, 呼べば, 哲学者と, 商とでは, 地主との, 大の, 大工の, 大燈國師, 大統領とは, 存じて, 定めまた, 実隆との, 宦官とがかへ, 宦官とは, 宿の, 密通い, 對坐し, 少なき友, 山の, 山県紋也と, 崇めた, 崇めて, 弟子とが, 弟子との, 弟子とは, 彼女の, 心得て, 快く食卓, 思い兄, 思ったらしく中, 思われる名工ぶり, 思われる遊び人ふう, 慕い師, 慕われて, 懺悔する, 我とはた, 手を, 敏捷な, 敬うて, 数頭の, 星占いの, 昭の, 暗々裡に, 書いたと, 書いた旗, 書くの, 書くよう, 書物とが, 武子さんが, 武蔵へ, 沈金師とが, 浦上隆応師との, 渡り合, 為すべき者, 為す詩句, 為せよ, 熊と, 爲り, 父を, 申されます, 申しましても, 申します, 申す事, 申せば, 看護婦と, 知つて今迄, 神巫の, 称えて, 称えらるる, 称する, 称するほどの, 称する一行, 称する職業家, 称せらる, 称ばねば, 稱し, 第二十二師, 筏とは, 約成り, 罵って, 聞くぞを, 自ら信じ, 自ら言った, 自ら言われる, 自分との, 興行師とを, 良い主人, 良主である, 芳江姫を, 衝突し, 見られる百川, 見誤らしめき, 親しく交, 親しみ江戸, 親交の, 言い由緒, 言うの, 言えば, 言ったからとて, 言ったが, 言つてる, 言はれ, 言はれた, 言ふ, 言ふところだらう, 言ふも, 言われ後, 語ること, 謂うこと, 謝肉祭装置, 警察との, 豪奢な, 踊の, 遊女の, 運転手と, 邂逅った, 邂逅って, 郁次郎との, 金だけは, 錠前屋と, 門下生とが, 間違えるほど, 限定を, 陰陽師との, 雪光を, 頼みたる者も, 頼み主, 頼み何かと, 頼むべきあなた様, 頼む人, 頼む市, 頼む平田鉄胤, 頼む者, 頼む道庵先生, 頼んだと, 頼んだの, 飛行家

▼ 師~ (415, 4.6%)

16 して 5 出して, 呼んで 4 率ゐ, 見て 3 よんで, 招いて, 率いて, 連れて

2 [22件] さがして, もって, やって, 伴れ, 内閣大臣たらし, 出て, 卒業し, 存じて, 安楽に, 寄こして, 帥い, 得て, 求めた, 求めて, 眼で, 興して, 裏切ったこと, 見ること, 見ると, 見下して, 除くの外, 離れて

1 [325件] いうの, うや, うんと云う, おこすとは, おとずれたの, おもて, お願, かえし十月二十三日, かねて, さえよく, さして去らしめ, さして蒼惶, さして退く, さし招いた, しては, しながら, しのいで, しめくくッ, する, そのままに, それからそれ, それほど怖, たずねて, ただ葵上, つれて, つれては, てんで買っ, とって, とりそれ, とり囲んで, なぐさめむすべ知ると, はじめ北朗兄緑平兄酒壺洞兄元寛兄白船兄樹明兄その, はねて, まねいて, むかえて, もたなくなってからは, も本師道善房と, やとうこと, やめて, やり通そうという, よこされたので, よせるよう, よびよせること, よびよせる段, われら持ちたれ, ナハフォルゲンできる, ポールトレート・ペーヌタル筆が, 一つに, 一人お呼びなさる, 一人拾いまし, 二三人やくそくした, 二代目三代目は, 仲間が, 余は, 信頼した, 信頼する, 傍依, 儺ふと, 先頭に, 兼ねて, 再び呼ん, 冥府へ, 凌ぐよう, 出さず軍士, 出し清國, 出すに, 出たといふ, 出た才媛, 出だす機会, 出でよ, 出張させた, 加う, 動かさるるまでも, 去り次, 収めて, 取らずに, 取らず俵屋宗理, 取りこわしたわけ, 受けて, 只者では, 召され潮, 召して, 召し還し給え, 召出だされ, 召喚し, 召集し往き, 同じくし, 名の, 名乗るくせ者, 呪殺し, 呼びむかえた, 呼び入れパアマネント・ウエイヴ, 呼び寄せると, 呼び寄せるべき理由, 呼び掛けた, 呼んだ, 呼んだところが, 命ぜられた, 咀い, 善知識として, 喪った初心者, 嘆息させる, 嘲りて, 噛むよう, 塗りつぶすこと, 外に, 夢声老が, 大和の, 大夫といった, 大阪まで, 失い友, 失望させた, 奉じるため, 奔命に, 嫌つて商人にな, 學ぶ, 将い, 尊敬する, 尋ねて, 山人の, 差図し, 帰そう, 年貢代りに, 廃業した, 引きて, 引っ張って, 弱くする, 当たったん, 得ざれば, 得たが, 得たこと, 得なかったよう, 得ません, 得工場, 御殿へ, 御近所, 徳と, 心配させる, 忘れては, 応接間へ, 怒鳴りつけました, 思い一同, 思うの余り, 思う情, 思ひいで, 怪しいと, 恐れ入らして, 恥か, 惑わすには, 感嘆させた, 憚る, 戯演する, 扶け, 扼せしむ, 抜き出でて, 択ぶに, 択んだの, 択んで, 抱え大仰, 抱へた向きも, 招いたり, 招き相, 招き身じまい, 招ぎて来青閣内外の, 招ぎ治療を, 拝しその, 拝しました, 持たないため, 持たれたの, 捉えたとな, 捉えて, 捕えて, 捜せよ, 捨てた明, 摂して, 撰らみ, 擇ぶ, 支那に, 支配する, 教化した, 敬ってばかりは, 斃さんと, 普通に, 暮しの, 更へ, 朝鮮に, 桂港の, 榊原巵兮と, 標榜し, 標榜する, 模倣し, 機縁として, 欺いて, 歓ばせて, 殺したという, 殺した下手人, 殺すを, 殺せしは, 殺害した, 比較品評した, 気取るにも, 求むる心, 求めた者, 求め得よう, 求め道, 泊めたる家々, 泣かせて, 派出し, 派遣し, 派遣した, 煩わして, 特に注し, 犒って, 犬神人または, 王の, 班す, 理解し得なかった, 生捕っ, 産むところ, 用うる, 疑い精進を, 痛く悲しみ, 眺めて, 睥睨し, 知って, 礼拝する, 祈る秘法, 福井に, 禮し, 私が, 私たちに, 突き殺して, 立ち出でて, 笑われない, 第一代, 籠絡しよう, 緩うし, 置いて, 聘して, 聞いたり, 聟には, 育んだり, 背後に, 興こされ, 興さば, 興さんと, 興してまで, 興すや, 興す十万, 蔑視し, 裏切ったという, 裏切ったとか, 裏切り友, 要しない, 見き, 見ざるゆゑなり, 見ました, 見るとは, 見るよう, 見る眼, 見出して, 見詰めた, 見詰めながら, 見送った, 見送ったが, 解剖し, 討たれながら, 訪う, 訪うて, 訪って, 訪ぬる, 訪ねた, 訪ねた方, 訪ねるため, 訪れたこと, 誅したと, 誓わしめて, 誘つた, 語らんとして, 請待し, 諸君は, 識って, 警醒せざる, 護る力, 責めに, 賣りて, 起こさんと, 起こして, 起こし国, 起こし文官, 起こすも, 起して, 起しました, 起し藩主毛利父子, 起すであろうとまで, 起すと, 跪拝せしめなけれ, 身延隠栖の, 軽ん, 軽んずるは, 軽蔑し, 辱しめ, 迎え, 迎えた, 迎へても, 迎へる, 迫害し, 迷信なりとして, 追うたが, 連れさせて, 遠い海, 選ぶは, 選んで, 選んでした稽古, 都へ, 除いて, 隨へて, 集めこの, 雇って, 雷発させる, 非常に, 頼まないでも, 頼んで, 高座から, 高座に

▼ 師~ (148, 1.6%)

2 先生も, 大きい男, 弟子も, 往き紳士

1 [140件] あったろう, あつた, あの頃, ありしかな, あります, あるです, あれば, いないよう, いる, いるそう, いわず高氏, うれしく思はれけん, おどろいて, かえって銭, かくあらん, かなり多い, きつと, こうなっ, ことごとく地獄, ことに勢力, この時こまッ, この重囲, これには, これは, これを, しばしば舌, そこまで, その一つ, それとなく注意, それを, それ以上は, それ相当に, ただに, だらしが, つまらねえ, どこかへ, なかった, なく友, なく山野, なく流派, なく習練, ひどい, ひどく力, ぴんから, まじって, またその, また入っ, また去る, また日頃, また洒落る, また見どころ, みあたらない, もはや七十二歳, やがて来りた, やはりその, やはりもと, よかろう, わかるだろうし, ハッと, レンズに, 一向気, 一席力士伝を, 一度は, 一方旧劇, 上手に, 不快に, 不明なら, 世の, 亦, 亦壇, 亦妻, 亦領解, 仕方が, 住宅地から, 何んとも, 写す事, 出て, 出来ますまい試み, 及ばぬくらい, 友も, 同様だ, 含まれて, 呼び迎えたが, 商売柄能く, 喜んで, 外宮の, 夜逃げしなかった, 夜逃げを, 安うけ, 客も, 少くは, 居つて, 己に, 年老いて, 復業できる, 感嘆した, 我も, 数軒は, 敵わ, 文教の, 曲者らしい, 朋輩も, 朝廷から, 来る, 東条数馬も, 次第, 気がついたか, 河原者も, 淨土僧と, 満足げに, 目を, 相当に, 眼を, 神子も, 私も, 種切れに, 立ち上がったが, 筏へ, 糸縒も, 罪な, 美術部の, 老い正香, 老師も, 芸妓も, 莫大の, 行って, 製本仕立師も, 見やりたま, 観客も, 説かん順列, 諸官, 進み出た, 鐙師も, 間もなく逝去, 陶器造も, 険呑だ, 飲む郷士たち, 首肯し, 骸骨男の, 鴉も

▼ 師~ (127, 1.4%)

17 あつた 2 あつて, ござります, 人の, 六明寺の, 理論に, 飯を

1 [98件] あつたらしい, あらう, あらうと, いくらでも金, いつも自作, いやな, お役所, この両人, してね, すらも止める, せう, その仕事場, その伜ども, その術, な, な女, ね昔, ひそかに, ジェルテルスキーは, ノルチアに, バクチ打うるさい, ペーターノスター・ローという, 一人は, 一生を, 三十三歳に, 三十八の, 人気を, 今四十二です, 今四十二の, 何とも愛嬌, 働いとるが, 六十七歳に, 其く, 出る約束, 刑務所で, 十八歳に, 去りゆく年, 口うるさい女房, 叩き込んで, 叩くとか, 同師, 同時に山伏, 名の, 埋もれては, 外に, 大島高次郎という, 大蔵太夫と, 妻が, 家庭の, 小蟹弥兵衛, 山本由兵衛という, 川柳家としては, 巴里中の, 師は, 年の, 店中の, 弟子の, 彼が, 念仏踊りの, 情夫とも, 戦前には, 持ち切りです, 政治と, 新古典派, 明珍の, 朝野の, 本田左母次郎といふ, 柳生家へも, 柳田君が, 武芸も, 水芸師では, 泥棒で, 派手な, 町内の, 白の, 真犯人と, 石見銀山の, 磯五郎といふ, 祈祷も, 篆刻なんぞには, 米の, 素晴らしい腕前, 終るの, 総体に, 聯合組という, 職人では, 芸術家では, 行くと, 裸體寫眞を, 詩の, 身代を, 通って, 部下の, 野水と, 金大, 釜や, 非常に, 革命後上海から

▼ 師として~ (119, 1.3%)

2 ゐる

1 [117件] お仕え申し, お目, かれは, この恋, これから学びたい, これ以上の, しかも剣, その人, その生徒, その美し, それから, ちょっとこの, つかまつて, へまな, まず恥ずかしから, また人間, わずかに, ゐるので, オオドゥウの, 一向専修, 一家を, 七年大佐に, 三枚目として, 世に, 世評の, 世間から, 両者の, 之に, 事えた人, 今尚, 仕えて, 仕えるの生涯, 住み込んで, 使用する, 侍い, 其勢力頗る, 再教育, 剣道を, 勉強いたしました, 勘平という, 卜筮の, 友としての, 吉水に, 城中の, 声望の, 大した人氣, 奉じて, 学ばれたか, 学び自然自身, 学んだという, 学んだわけ, 学人を, 学校より, 學んだ方, 導く資格, 小野流の, 少くとも, 崇めると, 巴里に, 常に教えられ, 彫刻の, 彼を, 彼女を, 彼自身の, 心おきなく, 悟るところ, 慕われて, 戦線に, 手習を, 推重される, 日本政府に, 暫くも, 最も有名, 有名な, 朝には, 朝夕の, 格外の, 楽隊の, 母は, 毎日修行を, 江戸じゅうに, 江戸で, 治亂興廢の, 洋算を, 濫り, 生きて, 畏敬は, 畢生の, 痘科を, 知られた家, 祓の, 私を, 秩父山中に, 稽古を, 立とうと, 羽ぶりの, 習んで, 考えて, 胤舜も, 若い頃, 茶事を, 茶山を, 薩長の, 蘭学の, 訪ね天下, 詩を, 論ずべきもの, 諸方に, 豪くなれ, 軽蔑し, 送られた道, 遇した, 適当な, 門戸を, 陰陽術数の, 雇われて, 飽くまで鄭重

▼ 師~ (83, 0.9%)

2 の兄弟, の軍, もまた

1 [77件] からもききました, がみえる, が急遽, が軍中, だけにかぎっ, だった, ですが, とき, とて笑われ, となる, とのあいだ, との打合せ, との連名, とはこもごも, などというの, なんか四条畷戦後, にたいする反感, には一そうわけ, に会い, に兵一万余, に対抗, のふたり, の一命, の一軍, の一陣, の余党検挙, の兵, の加勢, の子, の引渡し, の手, の手勢, の死, の軍勢, の連れ, の遊軍二万, の部隊, は, はかえって, はぎょっと, はにやにや, は俄, は兵庫, は半町, は吉野攻め, は和泉, は天王寺塔, は気づかわし, は法成寺址, は眉, は石見, は確信, は自己, は訊いた, は高野山, は鷺坂, へも先日, までが陣頭, もこの, もさすが, もそれ, もよほど, も口, も唸, も油断, も瀬田, も生き, も疲れき, も足利勢すべて, も馬, や石堂, を二大将, を先鋒, を切に, を旗本頭, を総帥, 申しつけたぞ

▼ 師~ (74, 0.8%)

7 の館 2 の家来ども, の方, はまた

1 [61件] かれら, があくまでも, が一人, が亡び, が今日, が出, が同心, が東国, が沙汰, が熱し, が自分, が養父, とは違, にまで打ち明け, にも思案, に出逢った, に別れ, の前, の家来, の心, の眼, の薄い, の迂, の顔, はあたかも, はおごそか, はかさねて, はさも, はすぐ, はその, はやはり, は上野, は不興, は先ず, は再, は塩冶, は師直, は意味, は手軽く, は更に, は無言, は独り言, は眉, は空, は腹立たし, は蒼ざめた顔, は討ち死した, は軽い, は頤, は養い, は黙っ, もいよいよ, もおのれ, もしまいに, もやはり, も一旦, も初め, も眉, も蒼白い, よりあらためて, をそそ

▼ 師~ (72, 0.8%)

72 ということ, といっ, の, のという

1 [57件] あなたの, いい幸い, から, からな, からねハハハ, から世話, から人, から戦争, から私, から聲, から街道筋, から誰, か理学者, か解った, か解つた, がほか, が手際, が遊蕩家, こっそり後, ぜどうせ, そうで, そうである, ぞ, ぞうっ, つたといふ, つたに, つたのだ, てい, というなら, という話, といふ, とかのかけ小屋, とか歩きくたびれた, とか考える, との説, とは受取れなくなりました, とわかる, と云, と云っ, と心得る, と思いました, と思います, と皆, と見くびっ, なんて嘘, なんて書き立て, ね, ねえ, ねきみ, のといふ, のにそれほど, ものです, もの懇意な, わい, わねえ, 殺人犯では, 間師は

▼ 師~ (67, 0.7%)

4 浪花節語りに 2 その他の, 大工に

1 [59件] いかがわしい代言人, まだ大学, わたしの, インチキ・アンマや, カスガールの, ガルベスフランセスコ師や, マッサージなぞ, マルコ, ヨハネ原, 丸一の, 他の, 俳優やは, 俳諧師と, 医師を, 占星術師や, 友に, 嘗ては, 囃し方, 土地の, 大工で, 大工や, 女形を, 屋台店が, 工夫の, 巫女を, 弦師らが, 後代の, 忠明という, 料理番養蚕の, 殺人犯人達にとって, 江戸の, 浪人たちが, 渡り巫の, 渡り音楽師が, 狂言作者が, 番太との, 畳屋の, 神子と, 神子などと, 神子などの, 神巫によって, 祭司などが, 笛吹き, 繪描き, 羅宇しか, 芸術家らを, 落語家は, 落語家も, 蓑直しとは, 輕業師の, 遊芸人と, 道具師が, 錬金術師が, 非人などに関する, 靴屋さんが, 香具師で, 香具師の, 魔術つかひ, 魚刻み人は

▼ 師という~ (49, 0.5%)

6 のは 3 ものが, ものは, ような 2 ものに

1 [32件] ことでございます, ことは, この村, この若い, その年配, ところだろう, ものの, わけで, 中にも, 人たちが, 僧客と, 名匠を, 名称からも, 姿の, 学者を, 専門家の, 小稼業人, 年老いた醜い, 幾人かの, 恐ろしい賊, 感じでした, 正体を, 者が, 者の, 者は, 者を, 職業に, 見立てでは, 触れこみで, 訳です, 面でも, 響の

▼ 師には~ (46, 0.5%)

1 [46件] あかん, およばじ, きみたちの, させたくない, その瞬間宮川氏, そんなお, そんなこと, そんなにまで, ただ今お, ならないかも, やる気に, 上等すぎた, 二代目文車桃川燕国松林伯円が, 今お目ざめ, 伊沢蘭軒が, 会場だけは, 先ず市野迷庵, 先立たれましたる老耄, 其角堂永機小説家には, 内密だ, 出来ないが, 利き目, 勝田諸持と, 吉兆で, 吾家の, 夫人の, 妻も, 娘二人あり, 実現不可能であった, 少しも, 引き止められるかと, 弟子から, 彫刻を, 既に挙げた, 昨夜よほど, 時代から, 珍しいこの, 相違ない, 禁廷において, 秘密, 總じ, 老いたるハノホ, 英国人が, 解せなかった, 辻音楽師の, 逢つた

▼ 師~ (44, 0.5%)

4 汝の 2 われとこしえの, 師よ

1 [36件] おのが, かくうたふ, かれら, こなたに, この橋, これいかなる, これらの, これを, これ何の, さらにいま我, どうぞ許し, もはや誤解, わがこの淵, わがこの者, わが識, フレジェトンタと, 人は, 佐助は, 兄弟たちの, 兩者に, 同囚, 告げよ, 告げよ何, 師よと, 彼等何を, 悪魔の, 我は, 我ひたすら, 我等いづれ, 我等池を, 才の, 昭よ, 汝と, 目を, 請ふ, 黒き風

▼ 師から~ (43, 0.5%)

2 聞いて

1 [41件] この方法, さらに深く, やかましくいわれ, ゆくゆく天下, 免許皆伝の, 兎や, 其, 出たから, 出たこと, 受けて, 告げられたため, 地神経を, 字を, 学び取るべき何もの, 學び取るべき何もの, 宗教は, 峻烈な, 抜け出そう, 授かった, 朱鱗洞遺稿, 法相宗を, 申しつかって, 聞いた, 聞いたところ, 聞いたばかり, 聞いた事, 腰元彫りの, 芸術至上主義の, 落語家に, 褒美の, 見れば, 訂正を, 説明を, 買上げて, 貸金の, 質に, 軍学の, 鉄砲で, 頼まれた時, 風雲は, 麻布の

▼ 師たる~ (42, 0.5%)

2 ことを

1 [40件] あなたには, あなたは, ことは, と漢詩家たる, に愧, に甘んずる, に足る, の芸十六, もの, もので, ものは, ものを, もの職人の, わしも, を好, を言, コポオの, ソテロも, 中尾氏あり, 人が, 人に, 人教皇だ, 仏弟子の, 位置に, 俗客を, 俗法師の, 兼松石居が, 北斎は, 夢窓国師な, 学者を, 小生と, 川柳久良伎翁は, 恵心の, 所以が, 犬神人は, 現三遊亭圓馬, 産所の, 資格の, 非人頭支配, 高風が

▼ 師たち~ (39, 0.4%)

2 であった, と一緒, のあと

1 [33件] からのほめられ, からも反感, からよりもいっそう, がおそろしい, が一種, が不細工, が佗びしく張扇, が全て切支丹, が寝, が己, が自分たち, に助け, に拠つて寄進, のやう, の全部, の前, の姿, の影, の本拠, の植木, の鈎, はさっき, はそのまま, はみな客席, はむっと, は例, は承知, は村人, は私, は追放, は遠藤女史, もそれぞれ出品, を輩出

▼ 師でも~ (36, 0.4%)

2 ある

1 [34件] あった, あった故, あり, あり友人, あり家中, ある人, ある秦明, あれほどには, この部屋, そのしん, その他の, できるもの, ない, ない人たち, なかった, なくつまり, なく天賞堂, なけりゃ出来ない, なければ, みな青龍寺に, わたしに対し, 三州の, 友でも, 如何程巧, 心は, 手を, 政治家でも, 最後には, 植木屋でも, 決して気, 無ければ, 眼を, 種が, 言うぜ

▼ 師である~ (34, 0.4%)

2 けれども不相応

1 [32件] か不思議, か物売り, か狂人, がこの, がこれ, がその, が去年, が同時に, が手遊び, ことが, ことも, ことを, だけに非常, という意味, ともいえる, と思う, と思っ, にし, のです, のみならず, ものを, フランシスコ・ザヴィエルが, ルツールヌール師, 事が, 人々は, 伊能矢柄の, 伯円に, 木村が, 画家モーヴ, 蒲生泰軒先生であった, 警察部長が, 高橋義左衛門が

▼ 師では~ (34, 0.4%)

7 ない 3 ないか, なかった 2 ございません, ないの

1 [17件] あり一介, あるが, あるまいかと, この人, ないと, ないよう, ない幽霊塔, ない彼ら職工たち, なかつた, なかつた筈, なくて, なく教師, なく精, 無い, 無いの, 白山松哉なども, 良椿法橋という

▼ 師とも~ (31, 0.3%)

2 いったと, 妥協した, 父とも

1 [25件] いうべきもの, いはれる市村, つかぬ奇妙, なれやあ, 云うべき老, 仰がるる, 仰がれて, 仰ぎまた, 仰ぎ見つ, 仰ぎ親, 仰ぐべき筋目, 呼ばれたこと, 呼ばれて, 呼ばれやはり, 思われない, 敬って, 暦師とも, 知り合いに, 神とも, 見える旅, 見られるので, 言ひ, 語り合いました, 頼み恩人とも, 頼むお方

▼ 師としての~ (30, 0.3%)

2 伎倆は, 手腕を

1 [26件] お粂さん, お角さん, ネバリでは, 伝来きわめて, 同僚中坂昌功は, 壽阿, 姪の, 室生犀星に, 性格や, 意見有之, 態度であった, 態度は, 敬意に, 敬意以上に, 敬礼は, 数日は, 方が, 泉嘉門を, 温情と, 生涯に, 生涯の, 立場から, 自分の, 號を, 責任を, 道義の

▼ 師とは~ (28, 0.3%)

1 [28件] いいながら, いわぬ, そもどなた, なさざれと, ならんとも, べつに必ずわれら, めずらしい, 互いに顔, 何だ, 何者か, 俺の, 別人の, 古人を, 妬ましそう, 広く知られてる, 思えん, 我等の, 暗然として, 最も親, 棄てられ人專ら寺院, 清水坂の, 由来道教の, 異ふ打明けた, 禅門中興の, 禪門中興の, 言いながら, 講釈師が, 違つて居りました

▼ 師にも~ (27, 0.3%)

1 [27件] あの秘蔵弟子, いろいろの, いわれるまでに, え知られぬ, かかる類, さぞお, せよ敵討ち, できないこと, なお触れる, 以来便りすら, 出来ないこと, 出来ない田圃, 友人にも, 外祖父にも, 宜敷, 少し落着, 巡り会えよう, 断られたの, 気の毒なり, 災難を, 現われた, 相談し, 等しかつ, 褒められるほど修養, 譲るな, 貞海さんという, 逢わずまた

▼ 師~ (26, 0.3%)

2 の手

1 [24件] いう年増, が一般, が時勢, が盛ん, が維持策, が自己, であるが, によって賑々しく, に無き, のやつ, の伝へた, の占有, の口過ぎ, の唱, の壟断, の慣用語, の永年, の渡り芸人, の無用, の異, は今, は何, は四十八時間熟睡, も交つて

▼ 師~ (25, 0.3%)

1 [25件] あずけ差し料, ご献納, じっと据えた, そんな進言, 仕事を, 修理に, 出す手紙, 出す葉書, 叛く, 向かったの, 報告に, 声を, 売りつけて, 対しても, 弟子入りを, 御位, 求めるよう, 献納し, 答え置いた, 送つた, 送る一年, 連れて, 酬いること, 金を, 頼むこと

▼ 師~ (23, 0.3%)

7 んだ 4 んです 3 のだ, のである 1 の, のか, のでございます, のです, のにそれでもなお, のね坊や

▼ 師らしい~ (22, 0.2%)

3 男が 2 男の

1 [17件] が人品骨柄, といえ, のが, のや, 二人の, 人は, 人を, 人物も, 住居である, 十徳姿の, 哲学を, 声が, 姿よりは, 底冷たい, 磯五の, 荒々しい男, 風采が

▼ 師であり~ (21, 0.2%)

2 友である

1 [19件] そしてその, またはその, また最も, よちよちあるき, メーク, 一人は, 三代に, 主である, 他の, 先生である, 又先蹤, 友であった, 好き母であり, 家の, 帝師で, 年頃に, 心友であった, 或る, 智者であり

▼ 師~ (20, 0.2%)

2 何かの

1 [18件] そうでなけれ, なにかが, または医者, キリシタンの, 何かで, 何かを, 何ぞの, 十二使徒の, 土木建築師の, 幇間みたいな, 御用商人かと, 怪物か, 掴ませもの, 絵に, 行商人か, 請負師とでも, 金貨の, 音楽師か

▼ 師です~ (19, 0.2%)

53 からね 2 か, ね 1 からその, からどう, か重役, が其の, ぜ, って, な

▼ 師鉄胤~ (19, 0.2%)

2 のもと, の周囲

1 [15件] なぞのうわさ, のうわさ, の住む, の子息, の家, の家族, の弔み, はどんなに, もお供, も無事, や先輩暮田正香, や同門, をはじめ, をも見ず, を助けたい

▼ 師であった~ (18, 0.2%)

2 のである

1 [16件] か, からだ, から次第に, から門, がこの, ことが, という説, と大橋氏, と申す, にし, ように, アナキサゴラス, 時嚥んだ, 男が, 老僧, 青梅鈴法寺の

▼ 師直師泰~ (18, 0.2%)

2 の兄弟

1 [16件] がみえる, にたいする反感, のふたり, の一命, の余党検挙, の兵, の引渡し, の死, の軍, は兵庫, は高野山, までが陣頭, もこの, もさすが, も馬, を二大将

▼ 師仲間~ (17, 0.2%)

1 [17件] か或は又, が何ヶ月, が縄梯子, では女道楽, では山師, でふだん, でも誰, と同一, にはいっ, には野心, の仕業, の六朶園荒井雅重, の大立物, の情愛, の者, はすぐ, も古河

▼ 師~ (17, 0.2%)

2 は貞盛, や大納言

1 [13件] などの姿, なの, にまかせきっ, にも会っ, に会い, に就い, の同情, の考え, の輦, の邸宅, は三十二歳, は弟, を説く

▼ 師~ (16, 0.2%)

1 [16件] あり諸, が虎, と同一金色, と呼ばれる, に勝る, に向っ, に告ぐ, に恩, のなか, の主, は我が, は諸, まず手, や虎, わが後, を讒す

▼ 師~ (16, 0.2%)

1 [16件] がなお, がぼ, がよく, が代っ, と共に兵三百, のふたり, の手, の胸, はうしろ, はすぐ, はもう, はやがて, は兄, は数歩, は浜, を見上げた

▼ 師その~ (15, 0.2%)

3 人の

1 [12件] ほかの, 人さえ, 人なぞには, 人にたいして, 使主より, 傍にと, 友との, 命の, 家つき娘の, 朝鮮人の, 言を, 頃は

▼ 師との~ (15, 0.2%)

2 間の

1 [13件] お蔭である, けじめを, 交錯状態をも, 問答を, 截然たる, 掛引割当てた, 果し合いだ, 職掌は, 臆断は, 至善至高の, 間に, 間は, 関係から

▼ 師について~ (15, 0.2%)

2 ながい修業

1 [13件] いろいろ談り合った, かなり多く, こんなにも勉強, 何かと教え, 受戒し, 学ぶところ, 学んだもの, 師匠に, 感謝を, 更に深い, 法則的な, 苦しい勉強, 英語を

▼ 師~ (15, 0.2%)

1 [15件] から断わりきれない, が弓, が打ち連れ立ち, が新来, が相, が集まっ, に, の研究, の行なった, はまた, は俗謡, は酋長, は鎮西, もいわゆる, も彼

▼ 師~ (15, 0.2%)

9 ひけるは 21 ふ子, ふ恥, ふ起きよ路, ふ高く

▼ 師~ (15, 0.2%)

1 [15件] が顔, であった, であったこと, でありそれ, です, などその, の叙事, は, はこの, は授けられた, は轅越し, は馬, もいま, を下総, 以下の

▼ 師とか~ (14, 0.2%)

2 浪花節語りとかいふ

1 [12件] いわれて, すべて芸に, 一座を, 云って, 仲買とかいう, 塗師とか, 心の, 木地屋とかいう, 犬神人とか, 画家とか, 茶人とか, 西洋鍛冶などと

▼ 師などが~ (14, 0.2%)

1 [14件] あった, あって, いるばかり, がやがやいい, よく朝, カリカチユア化され, 住んで, 先生と, 割引の, 多く賭金, 愈々語, 手入れ仕事に, 皆それぞれに, 自らを

▼ 師などの~ (14, 0.2%)

1 [14件] さまざまに, そばに, ために, 中に, 口添が, 名が, 工匠たち僧侶から, 工匠や, 文字を, 書いたもの, 渡世人脱走船員密入国者密買行商人といった, 諸芸人, 間に, 雑多な

▼ 師なる~ (14, 0.2%)

2 ものが

1 [12件] の故, ものとの, サムカ, ジャン・ソーナン閣下を, 人を, 名称が, 君の, 宮本武蔵の, 本居宣長, 渡世を, 者さえ, 者は

▼ 師柳斎~ (14, 0.2%)

2 の名

1 [12件] だった, である, という者, との間, とも名のり, と他, の下請仕事, の右馬介, の看板, の隠れ蓑, はしばし, も足

▼ 師~ (14, 0.2%)

7 を執っ 2 をとっ 1 をとった, をとらるる, を取った, を執る, を弁えぬ

▼ 師より~ (13, 0.1%)

1 [13件] お添状, わが意, バカに, パトロクロスの, 友より, 外に, 戒められたは, 承わっ, 攘はん術を, 敵を, 言いつけられ承って, 許されて, 退く

▼ 師団長~ (13, 0.1%)

1 [13件] という, ということ, としてここ, としての自分, として留め得たれ, と言い慣らされ, なる不破, の検閲, は参謀長, をつとめ, をつとめた, をピストル, を引受けた

▼ 師直に~ (13, 0.1%)

2 たのまれて

1 [11件] どなりつけられ二の句, よう申し, 代る者, 代行させ, 口述し, 大野心, 挑んで, 有職師範の, 死ねと, 移る時間, 自滅せよ

▼ 師~ (13, 0.1%)

3 の若い 2 の浪士, の男 1 である処, のお, の一人, の一浪士, の舞踏, を継承

▼ 師だった~ (12, 0.1%)

1 [12件] が朝霞, ことも, そうで, といえる, のか, のが, のである, のでそう, ので黒門町, わけである, んです, 母方の

▼ 師吉井勇~ (12, 0.1%)

1 [12件] が, がその, が去り, が旅行, と飲む, に嘗て, の, の座敷, の短歌, の話, はこの, をはじめ長田秀雄

▼ 師~ (12, 0.1%)

4 の息子 2 の息子さん 1 とのあいだ, との間, について知り過ぎ, の伜, の店, の生

▼ 師~ (12, 0.1%)

1 [12件] がさも, にもそんな, に私, のやう, の口伝, の異動, はそれ, は住友, は反対, は小さな, や小僧, を京都

▼ 師だの~ (11, 0.1%)

1 [11件] また用, よく益, わたしは, 乞食の, 強盗だの, 彫金の, 泥棒だ, 町人や, 祈祷者山伏だの, 背信者だ, 胡麻師だの

▼ 師~ (11, 0.1%)

3 の水垣, の玉垣 2 の登美, の縣主 1 というきょうだい

▼ 師としては~ (10, 0.1%)

1 あの人, 下の, 兼載の, 名家であり, 奇術の, 無双の, 無論第, 甚だ不, 申し分の, 稚拙極まる

▼ 師と共に~ (10, 0.1%)

2 乗馬し, 住む事 1 した, 国王の, 寓居に, 旅立ちたいもの, 老師を, 門外に

▼ 師ども~ (10, 0.1%)

1 がいる, と同じ, にも杯, の執念, の玩弄品, は場所, もああ, をお, 田舎能の, 還って

▼ 師など~ (10, 0.1%)

2 ほんの僅か, 申すもの 1 いう職業, いふ人達, すべて武具の, その他十箇の, なかなか結構, 名前すら

▼ 師なら~ (10, 0.1%)

1 この明智, そう褒める, ばこうして, ばこれ, ばせめて, ばその, ば何処, 五六人名の, 方術を, 誉る

▼ 師によって~ (10, 0.1%)

2 削取られた或 1 りっぱに, 一層簡素, 先生の, 四季さまざまに, 彼の, 書家によって, 考案された, 読経が

▼ 師よりも~ (10, 0.1%)

1 はるかに, もつと, 優れた兵道家, 元来自由, 声色屋に, 寧ろ平泉, 素早く吹雪, 腕力が, 質屋の, 高く評価

▼ 師さま~ (9, 0.1%)

2 はお 1 とは因縁, には因縁, に代わっ, のお, の方, もお, もたいそう

▼ 師などは~ (9, 0.1%)

1 いくらいたって足り, お百度, ずいぶんひどい, たまりません, 余り語学, 労力なし, 当人には, 早速この, 最初から

▼ 師提督~ (9, 0.1%)

1 に対面, のエリオット, の方, の身分經歴門地, はお, はクーパー, は艦隊, も血戦奮闘, を横浜

▼ 師風情~ (9, 0.1%)

3 の娘 2 にはゆるゆる 1 との結婚, のたわ言, のわたし, を捕まえ

▼ 師これ~ (8, 0.1%)

2 を見 1 がなかなか, がフランス象徴派三代, はフードル紙上, は列聖事務, を称し, を頷く

▼ 師たり~ (8, 0.1%)

2 し者 1 し市野迷庵, し弥勒, また世に, 兄たり, 先輩たる, 年長の

▼ 師であっ~ (8, 0.1%)

1 てそれ, て伯爵, て定, て役者, て後, て我輩, て時には, て絶えず

▼ 師~ (8, 0.1%)

1 出シ, 出シテ, 挙ゲテ遠征シ転運万里全, 掩ウコト勿レ窮マル寇ヲ, 携エ, 要スベシ, 遣リタルニ由テ, 雇ッテ毎日怠

▼ 師~ (8, 0.1%)

1 との附合, に見つけた, に随伴, の, のみまかり, の上, の後見, の御許

▼ 師~ (8, 0.1%)

1 であって, ながら服し, に云う, に背く, の読み, を牾, を變, 自見

▼ 師さん~ (7, 0.1%)

21 から, がおっしゃいました, だそう, に特別面会, も内心

▼ 師たる者~ (7, 0.1%)

1 が稽古, には師, の具備, の最高, はあの, もなく, 何ぞ猛省

▼ 師といふ~ (7, 0.1%)

1 のが, 家業が, 点で, 神社が, 職業, 職業も, 處に

▼ 師なども~ (7, 0.1%)

1 この点, この難, 多くは, 大抵寺奴, 残して, 群を, 認識を

▼ 師なり~ (7, 0.1%)

1 しが, しならんか, 団扇絵摺物の, 怨敵ま, 捉へて, 東京の, 眼を

▼ 師殺し~ (7, 0.1%)

1 と同, の捕物, の用意, は世, も巫女殺し, 巫女殺しの, 江の島の

▼ 師直方~ (7, 0.1%)

1 から一使者, から三度目, から最後, に応じた, はほこらし, へ引きわたす, へ引渡されず

▼ 師自身~ (7, 0.1%)

1 がやって来た, が欺かれ, の信仰, の境遇, の意匠, の言葉, も我慢

▼ 師でない~ (6, 0.1%)

1 から到底, ことが, ことを, と思っ, のにかかわらず, 限り何も

▼ 師といった~ (6, 0.1%)

4 ような 1 もの大仏師に, 風である

▼ 師とが~ (6, 0.1%)

1 あって, 争名と, 加わって, 落合つた事が, 詰めかけて, 静

▼ 師にでも~ (6, 0.1%)

1 なつた, なろうかと, 成ろうという, 手紙を, 日傭女にでも, 見とれて

▼ 師に対して~ (6, 0.1%)

1 ただすまない, 払うべき謙譲, 無礼でございましょう, 示す不遜, 礼を, 秘密を

▼ 師らしく~ (6, 0.1%)

1 もなく, 前額の, 外套を, 彼女と, 胸を, 隠れ棲ん

▼ 師を以て~ (6, 0.1%)

2 組織したる, 自から 1 任じたの, 任じて

▼ 師~ (6, 0.1%)

1 と称し, のご, の張魯, へ授け給うた, 初入道者, 去りに

▼ 師~ (6, 0.1%)

2 を受け 1 をうけ, を護らん, を達し得ず, 背き難く

▼ 師~ (6, 0.1%)

1 である, に高く, のみに止めたる, の中尉寄生木, の練兵場, 第二十五聯隊

▼ 師子王~ (6, 0.1%)

1 あり五百師子, と等しから, に由る, は我身是, を見, を見聞

▼ 師~ (6, 0.1%)

2 に曰 1 にいひける, に告げよ, に期す, に汝これら

▼ 師~ (6, 0.1%)

1 と云, の學問, や模倣, をうけ, を守っ, を重んじた

▼ 師~ (6, 0.1%)

1 が一揆, が必ずしも, の嗜好, は孰, は逆, を集め

▼ 師じゃ~ (5, 0.1%)

1 ござんせん, な, ないの, ねえが, スーパーマンじゃ

▼ 師たるべき~ (5, 0.1%)

1 ものである, 人材を, 支那の, 者を, 達人じゃ

▼ 師だって~ (5, 0.1%)

1 云うのよ, 出来ない相談, 素直な, 話も, 鍵惣とかの

▼ 師とを~ (5, 0.1%)

1 ありがたがって, 兼業した, 抜き去って, 等分に, 訪ひ

▼ 師への~ (5, 0.1%)

1 不満が, 報恩にも, 愛情の, 手紙も, 禮物と

▼ 師みたい~ (5, 0.1%)

1 なあい, なやつ, な勇壮活溌, な神秘, になる

▼ 師~ (5, 0.1%)

1 がつい, の両, は従兄弟, は聞く, をうしろ

▼ 師月子~ (5, 0.1%)

1 という女, のため, の住ん, の部屋, はいつも

▼ 師~ (5, 0.1%)

1 とは仲, と特別, と袖, や妙法様, を高野

▼ 師輔さま~ (5, 0.1%)

2 のお 1 から父, の所, へ師輔さま

▼ 師配下~ (5, 0.1%)

1 についた, のもの, の僧形, の千秋萬歳, の唱門師等

▼ 師釈迦牟尼仏~ (5, 0.1%)

1 がこれ, の加護, の広大, は我, 我が本来

▼ 師かと~ (4, 0.0%)

1 いいたげで厭, 思ったが, 思って, 知ったよう

▼ 師~ (4, 0.0%)

1 や, やあるまい, やない, や話

▼ 師でございます~ (4, 0.0%)

1 が飛行自在, のでさる, よ, 旅を

▼ 師でなく~ (4, 0.0%)

1 ただ慣らした, て友人, ドン, 商取引の

▼ 師などと~ (4, 0.0%)

1 あるから, 一緒に, 仰がれる身, 全くひとしい

▼ 師などには~ (4, 0.0%)

1 出来そう, 死んでも, 用の, 逢いませんでした

▼ 師などを~ (4, 0.0%)

1 入れないで, 大勢つれ, 引き伴, 紹介し

▼ 師にて~ (4, 0.0%)

1 それに, ヘブライ王國の, 御朱印船に, 観世物の

▼ 師一人~ (4, 0.0%)

1 しか用, で二月十五日, をノコノコ, 御贄五十舁

▼ 師以上~ (4, 0.0%)

1 には出られない, に長く, の雄弁, の雄弁家

▼ 師兄さん~ (4, 0.0%)

1 そんなお, ていうひと, てば, て呼ぶ

▼ 師~ (4, 0.0%)

2 という実名 1 とは父, の師

▼ 師司馬昭~ (4, 0.0%)

2 の二子 1 のふたり, も父

▼ 師問法~ (4, 0.0%)

2 と工夫坐禅 1 し工夫坐禅, するにも

▼ 師平田鉄胤~ (4, 0.0%)

1 のうわさ, の周囲, の意見, をはじめ

▼ 師張角~ (4, 0.0%)

1 が戸ごと, と称え, と称し, の弟

▼ 師斯く~ (4, 0.0%)

1 いへり, かの尊き, 我彼に, 目を

▼ 師~ (4, 0.0%)

1 が正成, と共に下, と共に正成, は忠実

▼ 師浅田~ (4, 0.0%)

1 である, とか云った, の場合, の家

▼ 師直め~ (4, 0.0%)

1 がおい, がさて, にまかせられい, に教えられた

▼ 師迷庵~ (4, 0.0%)

1 の校刻, の許, の説, や文晁

▼ 師~ (4, 0.0%)

1 に弟子入, に後, の孔, の授受

▼ 師あり~ (3, 0.0%)

1 すなわち義, ても物質分子, 衆と

▼ 師~ (3, 0.0%)

1 角は, 雪の, 雪を

▼ 師かく~ (3, 0.0%)

1 古の, 曰へ, 曰へり

▼ 師かも~ (3, 0.0%)

1 しれない, しれません, 知れない

▼ 師すなわち~ (3, 0.0%)

1 イチシは, 呪師が, 唱門と

▼ 師って~ (3, 0.0%)

1 のは, 何だか妙, 言いますけれど

▼ 師でございまし~ (3, 0.0%)

1 てなかんずく, てねこの, て芝新銭座

▼ 師でなけれ~ (3, 0.0%)

1 ば出来ない, ば分らぬ, ば穿かない

▼ 師なりと~ (3, 0.0%)

1 いって, 古人も, 称して

▼ 師にとっては~ (3, 0.0%)

1 もっとものんき, 何も, 謙信よりも

▼ 師に対する~ (3, 0.0%)

1 作法でしょう, 気持の, 豪傑連中の

▼ 師のみ~ (3, 0.0%)

1 だった, ならず龍翔院右府公敦, なりこそ

▼ 師ばかり~ (3, 0.0%)

1 でお, では, 老若およそ

▼ 師わが~ (3, 0.0%)

1 友として, 據なり, 足れりと

▼ 師をも~ (3, 0.0%)

1 つつみうること, 筋の, 食はんと

▼ 師~ (3, 0.0%)

1 御懸念一掃ノオ仕事シテ居ラレルナラバ, 曰ク予ノ, 花と

▼ 師~ (3, 0.0%)

1 に編入, の最も, ややデラクロワ

▼ 師何某~ (3, 0.0%)

1 というよう, とかかれ, にひかされ

▼ 師及び~ (3, 0.0%)

1 シャブズンという, 其中に, 荀子の

▼ 師~ (3, 0.0%)

1 が急, と陳徹, の註

▼ 師~ (3, 0.0%)

1 兵主神社といふ, 兵主神社の, 兵主神社東北では

▼ 師子嶋~ (3, 0.0%)

1 には確, 即ち今, 即ち今日

▼ 師安吾~ (3, 0.0%)

1 という奴, の如き, の想像力

▼ 師宗祇~ (3, 0.0%)

1 ができた, であるが, の手

▼ 師~ (3, 0.0%)

1 じゃ, の娘, を出した

▼ 師左衛門~ (3, 0.0%)

2 の家 1 や忠蔵

▼ 師幸吉~ (3, 0.0%)

1 で享和, というもの, といふもの

▼ 師広岡文台~ (3, 0.0%)

1 とは別後, に別れ, を伊賀国

▼ 師廣田利右衞門~ (3, 0.0%)

1 が本, で京橋弓町, は腹

▼ 師木津日子~ (3, 0.0%)

3 の命

▼ 師毛利金助~ (3, 0.0%)

3 に稽古本

▼ 師泉豊洲~ (3, 0.0%)

1 が其師, が歿, のあに

▼ 師泥斎~ (3, 0.0%)

1 と書い, の住まい, をもし

▼ 師渡世~ (3, 0.0%)

2 の者 1 の外輪

▼ 師~ (3, 0.0%)

1 であったこと, な気質, の手腕

▼ 師~ (3, 0.0%)

1 がやっ, は一夜, は菊亭殿

▼ 師系統~ (3, 0.0%)

2 の田楽 1 の芸能

▼ 師~ (3, 0.0%)

1 が薄く, まことにうすく, 求めて

▼ 師若く~ (3, 0.0%)

2 は浪花節語り 1 は江戸

▼ 師蝦蟇夫人~ (3, 0.0%)

2 その本名 1 のその

▼ 師~ (3, 0.0%)

1 が江の川, はこの, は相模国毛利庄

▼ 師~ (3, 0.0%)

1 が子, の子, 心せきたる

▼ 師~ (3, 0.0%)

3 之助

▼ 師辻萬兵衞~ (3, 0.0%)

1 が裝束, といふの, の店

▼ 師部落~ (3, 0.0%)

1 ができた, にし, の如き

▼ 師金六~ (3, 0.0%)

1 という者, なる者, の手

▼ 師お前~ (2, 0.0%)

1 は手品, も知っ

▼ 師この~ (2, 0.0%)

1 弟子, 時既に

▼ 師しかし~ (2, 0.0%)

2 偉いぞ

▼ 師~ (2, 0.0%)

1 なは, ゐさい

▼ 師そのもの~ (2, 0.0%)

1 の目的, を賤

▼ 師その他~ (2, 0.0%)

1 の一類, の商人

▼ 師~ (2, 0.0%)

1 あ闘鶏師, ア違えます

▼ 師だけに~ (2, 0.0%)

1 かなり山, 恋仇の

▼ 師だろう~ (2, 0.0%)

1 がどこ, が何

▼ 師つまり~ (2, 0.0%)

1 剣道の, 紙型を

▼ 師~ (2, 0.0%)

1 のは, ふ術士

▼ 師であろう~ (2, 0.0%)

1 が先生, とし

▼ 師とかいう~ (2, 0.0%)

1 そういう社会上, 者が

▼ 師としても~ (2, 0.0%)

1 人間の, 左様な

▼ 師とでも~ (2, 0.0%)

1 いったよう, 一緒に

▼ 師なし~ (2, 0.0%)

1 とて天竺, 吾生れ

▼ 師なぞの~ (2, 0.0%)

1 歓迎ぶりと, 馘首の

▼ 師なぞは~ (2, 0.0%)

1 勿論の, 江戸で

▼ 師などという~ (2, 0.0%)

1 ものも, ような

▼ 師などに~ (2, 0.0%)

1 いたるまで, 利用され

▼ 師なんかに~ (2, 0.0%)

1 なり度, 負けるはず

▼ 師なんて~ (2, 0.0%)

1 ものは, ものを

▼ 師なんと~ (2, 0.0%)

1 いうが, いうもの

▼ 師については~ (2, 0.0%)

1 また三党, 先日面白い

▼ 師にな~ (2, 0.0%)

1 つた者の, つて注意深く

▼ 師に対しては~ (2, 0.0%)

1 慎重なる, 相当の

▼ 師ばかりが~ (2, 0.0%)

1 三十戸も, 悪いの

▼ 師ほど~ (2, 0.0%)

1 近く攻撃強く, 達者に

▼ 師または~ (2, 0.0%)

1 公卿の, 神子の

▼ 師までが~ (2, 0.0%)

1 この秋, 同じく感嘆此

▼ 師~ (2, 0.0%)

1 が天下一品, さてはうまく

▼ 師めざし~ (2, 0.0%)

1 て急ぎ, て走らしめ

▼ 師ギロー~ (2, 0.0%)

1 の勧め, の好意

▼ 師チェルニー~ (2, 0.0%)

1 の賜物, はこの

▼ 師一代~ (2, 0.0%)

1 のうち, のほ

▼ 師一刀斎~ (2, 0.0%)

1 とわかれ, についた

▼ 師一家~ (2, 0.0%)

1 と同じ, のだらけ

▼ 師一弟~ (2, 0.0%)

1 の別格稽古, の特別

▼ 師一派~ (2, 0.0%)

1 の曲舞, 或は地方

▼ 師一行~ (2, 0.0%)

1 の脱出, もここ

▼ 師二十面相~ (2, 0.0%)

1 にかかっ, はまた

▼ 師人形~ (2, 0.0%)

2 つかひ大神樂

▼ 師~ (2, 0.0%)

1 の森, の田井

▼ 師伊兵衛~ (2, 0.0%)

1 がそんな, と馬春堂

▼ 師伊沢蘭軒~ (2, 0.0%)

1 が五十三歳, の長男榛軒

▼ 師伏見掾~ (2, 0.0%)

1 の家, の部落屋敷

▼ 師伯知~ (2, 0.0%)

1 である, を持った

▼ 師~ (2, 0.0%)

1 に隙, の男たち

▼ 師~ (2, 0.0%)

1 のよし, の竜王像

▼ 師先生~ (2, 0.0%)

1 は前, よしよしと

▼ 師其月堂鶯谷~ (2, 0.0%)

1 だったの, だつたの

▼ 師~ (2, 0.0%)

2 の宿禰

▼ 師凡骨~ (2, 0.0%)

1 などのお伴, をかし

▼ 師~ (2, 0.0%)

2 の法体芸人

▼ 師~ (2, 0.0%)

2

▼ 師即ち~ (2, 0.0%)

1 宗祖大師から, 我に

▼ 師同士~ (2, 0.0%)

1 がぶっつかっ, の争い

▼ 師地論~ (2, 0.0%)

1 を読みつぐ, を讀みつぐ

▼ 師~ (2, 0.0%)

1 應國師, 艦隊を

▼ 師大久保~ (2, 0.0%)

1 主水, 主水元苗

▼ 師大淵~ (2, 0.0%)

1 とはどんな, は妙心寺統

▼ 師夫妻~ (2, 0.0%)

1 で辛ふじ, の外

▼ 師夫婦~ (2, 0.0%)

1 で越智, は眞

▼ 師~ (2, 0.0%)

2 がこの

▼ 師学倶~ (2, 0.0%)

1 に文字, に生死岸頭

▼ 師~ (2, 0.0%)

1 に寝泊まり, へ参られ

▼ 師実は~ (2, 0.0%)

1 仏像を, 厨子王に

▼ 師尋常~ (2, 0.0%)

1 にもう一度, の果し合い

▼ 師小島成斎~ (2, 0.0%)

1 がこの, が六十七歳

▼ 師巴人~ (2, 0.0%)

2 に受

▼ 師市野迷庵~ (2, 0.0%)

1 が六十二歳, の教

▼ 師平六~ (2, 0.0%)

1 の肩入れ, はうなずい

▼ 師張角様~ (2, 0.0%)

1 に反, の方

▼ 師~ (2, 0.0%)

1 に曰, に答

▼ 師戸隠~ (2, 0.0%)

2 の伊兵衛

▼ 師~ (2, 0.0%)

1 にされ, にし

▼ 師~ (2, 0.0%)

1 によるべからず, のまま

▼ 師提督エリオット~ (2, 0.0%)

1 はこの, を一二度

▼ 師提督ペリイ~ (2, 0.0%)

1 が四艘, の座乗

▼ 師支配~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 師~ (2, 0.0%)

1 と仰ぎ奉り, と仰ぎ奉る

▼ 師~ (2, 0.0%)

1 と申す, の弟

▼ 師~ (2, 0.0%)

1 なども酒気, 娶佐井氏

▼ 師木島~ (2, 0.0%)

2 の大宮

▼ 師木津日子玉手見~ (2, 0.0%)

1 の命, の命一柱

▼ 師松風庵蘿月~ (2, 0.0%)

2 は今戸

▼ 師染み~ (2, 0.0%)

1 て寄席, て要領

▼ 師根性~ (2, 0.0%)

1 がぬけん, の曲

▼ 師業師久~ (2, 0.0%)

1 の両, をうしろ

▼ 師榛軒~ (2, 0.0%)

1 がこれ, を失つて

▼ 師槍師~ (2, 0.0%)

2 は多けれ

▼ 師~ (2, 0.0%)

2 賣の

▼ 師毛利時親~ (2, 0.0%)

1 なの, の本心

▼ 師法然~ (2, 0.0%)

1 の訃, は土佐

▼ 師法然上人~ (2, 0.0%)

1 にお尋ね, はあんな

▼ 師~ (2, 0.0%)

1 に転化, の神道家

▼ 師潰え~ (2, 0.0%)

1 て諸州, 海舟皆其の

▼ 師猿楽~ (2, 0.0%)

1 とも並称, と並称

▼ 師猿楽師~ (2, 0.0%)

2 など申す

▼ 師生活~ (2, 0.0%)

1 のなか, の一例

▼ 師直さま~ (2, 0.0%)

1 のお, を

▼ 師直ら~ (2, 0.0%)

1 が駈けつけ, はう

▼ 師~ (2, 0.0%)

1 二盲僧そして, 四の

▼ 師~ (2, 0.0%)

1 の其中一人, の額

▼ 師~ (2, 0.0%)

1 うること, ふらく死

▼ 師置き引き九官~ (2, 0.0%)

2 引き攫浚付

▼ 師自慢~ (2, 0.0%)

2 から思いついた

▼ 師~ (2, 0.0%)

2 を導かん

▼ 師落語家~ (2, 0.0%)

1 がぐるり, の死

▼ 師親子~ (2, 0.0%)

2 も参りたる

▼ 師~ (2, 0.0%)

2 阿は

▼ 師赤猪口兵衛~ (2, 0.0%)

1 の独住居, は二

▼ 師輔様~ (2, 0.0%)

1 などになんとか, へも右大臣家

▼ 師~ (2, 0.0%)

1 が祖, の祖先

▼ 師~ (2, 0.0%)

1 の子, を中間

▼ 師鉄拐夫人~ (2, 0.0%)

1 その本名, は頸

▼ 師鉄眼~ (2, 0.0%)

1 との因縁, のやった

▼ 師~ (2, 0.0%)

1 であった, を訪ねる

▼ 師首長~ (2, 0.0%)

1 として日本政府, はまた

▼1* [849件]

あがり声色屋あがり, 師あのひょうげた, 師ありせばこれ, 師ありで人も, 師あることなく, 師いじめの記事, 師いたましく敗れカルロ・マーニオ, 師いまかく稱, 師いわくこの児善徳無比, 師えがくところの, 師およそこの身, 師およびその用達人, 師お前さんはと仰せ, 師かたがたもゆだんする, 師かなと感じき, 師かなんぞの風流人が, 師かの女は, 師からの言葉は, 師からも大衆に, 師がかへ九州の, 師がたんとゐる, 師がまん前の温泉旅館, 師くらいには踏めますぜ, 師くろうと筋のみが使用, 師でも出しつち, 師こんどは富, 師ごときに怖, 師さえうらめしく思われる, 師さきに我, 師さすがはお, 師さとりて我, 師ょうについたのではござりませぬ, 師しりたまふ, 師すでに立ちて, 師すべてがみな家蔵, 師ずれの手前, 師ぜいたく三昧の暮し, 師その間に洋服屋, 師そんなもなあ屁の河童, 師ぞろいの一門中, 師たち野村さん鈴本亭主人伊藤晴雨画伯それに小咄, 師たらしめばあるいは, 師たらんことを, 師たるべく大いに聖書, 師だけあつて, 師だけが周囲の, 師だってできっこありませんよ, 師だつたら先づ纏持ちと, 師だろとぼく, 師ちとこちらで, 師っていうのが, 師つづみ師, 師でありましてこれ, 師でありましたが後, 師であり従って己, 師であれ大工であれ, 師でございと大, 師でござるな, 師でしたがその, 師でなかつたにした, 師で無い作者には, 師というはただ象山, 師といはんには彼, 師とかに普通見られない, 師とかは明朗だ, 師とであつた, 師とともに自分の, 師とに勇士坐せる, 師どうしの対立, 師どん常日口, 師なき故儒でも, 師などこそ且つ世, 師などではできないこと, 師などにも一種の, 師などへ用も, 師なほ物言はざりし, 師ならずとも繩, 師ならぬ限り予め, 師なりきと, 師なりし故ロオレンス先生, 師なりとしてもっぱら仰ぎ, 師なるべし手に, 師なんか私の, 師なんかとは訳が, 師なんかも仲間な, 師なんかを呼び迎えまして, 師における如く汝等, 師にすら秋成の, 師にだってできる奇術, 師についての伝承は, 師につき廻った, 師にてはなかりしに, 師にとわが家を, 師にとって必要な, 師にまで落ちること, 師にゃとてもあれ, 師に対しまして之又, 師に従い一切の, 師に従って欣んで, 師に関しては以上述べた, 師に関する先輩の, 師のうでまえを, 師のみなりをしたお, 師のやしきは, 師はたえまなく私, 師はとつくに, 師ばかりでやって, 師ばかりの村であった, 師ばかりは明日の, 師ひとりいない, 師ふりはへ, 師ほどの偉大さを, 師またこれを, 師まで贈られた, 師までも一概に賤者, 師めいた言を, 師めがけて進み行く, 師めぐりてアカイア, 師め手品には失敗, 師もう一人は, 師もしくは不了義経, 師やすゑし妖, 師やせ馬に, 師やには頓着なく遠い, 師やらが死刑囚を, 師ゆえ薔薇の花, 師よしとし疑, 師よと云うとき, 師よねがはくは, 師よわが聞くところ, 師らしくないおぼこな, 師ろくろ首の種, 師をさえ侮るの, 師を通して酒代, 師アルベルトゥス・マグヌスなどと共に高く, 師アルベールが結婚, 師イウ近前ニ来レ, 師イカサマ師のブンザイ, 師エネスコの演奏, 師エピクテータスの言葉, 師オリヴィエの理想主義, 師ガ房総海ニテ難船シ浜ヘ打上ツタ所, 師キレイメンス十二世からヤアパンニア, 師ギヨ・ゴルジュウ大先生, 師クイーン先人ありと, 師ケファロの横顔, 師ケルン大学に教えた, 師サミユル博士に報恩, 師サンと云っ, 師シユンマンハインク女史を招聘, 師ダンテと同, 師たって, 師トシテ可ナリ若シ年, 師トセザルヲ得, 師ナレバ其妻モ同様御所方ニ召サレ候ヘバ下民ノ娘ニテハ不都合ユヘ, 師御申付, 師ニヤンプウ子だ, 師ニ就テ之ヲ問フノ外ニ道ナキナリ其師トスル処ハ必ズ一人, 師ハインリツヒは新派, 師バルサモ・ディオ・カリオストロ伯爵とルイ, 師バージェスは暗号詩, 師ピアノの波, 師フイガロがまた, 師フーディニの霊媒トリック暴露, 師マエストロ・ベンヴェヌートといひ, 師マッサージ師派出婦助産婦保姆看護婦なぞは大抵, 師メイ・ハルミから持っ, 師メルツェルがベートーヴェン, 師メルリニである, 師来るの, 師ラムネエにはまさに, 師ルカー・アレクサンドルィチが帽子, 師レウキッボスの説, 師レベドスよりし, 師ワイリングの下, 師ヴァイニング夫人が日本, 師ヶ原から豊川筋, 師・番非人などになっ, 師一たび臨まば, 師一人丈ですら, 師一件を詳しく, 師一弟八方巻雲の剣法, 師一条一が切棄, 師一美に数, 師一羽を捨て, 師丁野十助だった, 師に能, 師丈艸が句, 師三保谷桂子は弟子, 師三百年忌のため上洛, 師三遊亭の叟, 師氷新, 師与惣次の家, 師与惣次床の上, 師与次郎が作る, 師世師夏師幸師景などみな武装, 師世界的猛獣使いオーケストラ, 師に長壁, 師中今日の日本人, 師中尾氏等は由緒, 師中最大の画工, 師主智識の恩徳, 師乃ち曰ふ汝, 師久佐賀義孝という男, 師上登奈良末久, 師九戸藤吉は大, 師亀岡由斎のささやか, 師二三人をお, 師二世桂の本, 師二人に呼びとめられた, 師二鐘亭半山なるもの, 師五人の活動写真師, 師五十二歳堀尾吉晴の女婿, 師五十歳祝賀句会へ打電, 師五渡亭国貞とは知られた, 師貶而稱人序書何取, 師しも斧, 師の説法場, 師仏哲とインド, 師仕事は中止, 師二名が, 師付属実科女学校長の森口奈良吉君, 師付山師付の森, 師以下いわゆる二十八座, 師以外に保証, 師伊三郎の住まい, 師伊沢氏の事, 師伊藤仁斎と東涯, 師伊藤弥五郎先生へお, 師伎芸複合以前の形, 師伯朝だった, 師住所なる陰陽町, 師佐備正安らの河内, 師の前, 師何者なりやに関する, 師る, 師來つて樹葉に唾, 師俳優株を売却, 師俳諧師で詩, 師につけ, 師は詳, 師元旦に皇朝, 師兄さんこないだの晩, 師兄弟はすべて道路, 師先づ躬から身, 師八木立禮大人の詩経, 師八歳の時, 師まで上つた, 師六郎左衛門はたしていかなる, 師其ものは痕, 師其後を承けた, 師其新神学者高等批評家其政治的監督牧師伝道師等に無き, 師其角一茶の如く, 師具足の修理, 師兼卜筮者であった巫女婆, 師兼師世師夏師幸師景などみな武装, 師兼暗殺者のオッチリーユ, 師兼松石居に謀った, 師兼落語家快楽亭ブラックの口演速記, 師写真師画家筆耕家政婦派出婦看護婦なんぞの怪しげ, 師冬吉川経久佐々木道誉おなじく秀綱, 師冬山名の忰, 師冬彼は師直, 師冬武田島津吉川田口岡本などの諸, 師冷泉家を通じてその, 師冷泉為定さまの古い, 師冷泉華子はどうやら, 師出すか厭, 師初め芳江も市之丞, 師初代弥生庵雛麿は竜池, 師が悠然と, 師利嘆じて, 師利朱の獅子, 師利維摩詰に問う, 師利菩薩と八万四千, 師利菩薩及諸佛所説吉凶時日善惡宿曜經を見れ, 師前坂和子君所長にも僕, 師前川某の許, 師六だ, 師助産婦看護婦なぞの第, 師勇躍して, 師医学士赤城風雨先生の記念碑, 師千種庵川口霜翁の後, 師南條文雄博士が日本, 師南洋軒力水とその, 師南郷綾麿の手柄, 師博士小太夫の家, 師看品, 師六大した, 師又は修験者としての, 師及囃し方, 師受用して, 師受験準備を貢い, 師叡山の明, 師古專而自用喜快心, 師を見, 師の方, 師右近さすがに, 師一人助, 師各種の治療師, 師吉井勇イミテーションの私, 師吉井勇先生の代参, 師吉田松陰の勧め, 師同じ禅を, 師同志の話, 師同様の祝言, 師は六郎左衛門, 師君張魯の弟, 師吾が主, 師周馬に相違, 師和泉屋市兵衛須原屋茂兵衛共同出版の袖珍十九丁もの, 師商売日本はおろか海, 師はざる, 師問題について当時, 師喜多川歌麿が古今, 師営会見奉天入城など日露戦争, 師嘉陵村尾源右衛門と云, 師囃し方鼓の, 師団長格で警視庁, 師団長留守師団長と言い慣らされ, 師団長青嵐居士は何, 師図書館その他の整理係, 師国仙和尚が仙桂和尚, 師国政が落魄, 師團招魂祭があつ, 師團裏なる新高臺, 師土工等あらゆる階級, 師土牛童子の像, 師地獄で仏, 師坂元寓と達筆, 師坐像の好もしい, 師垂水氏に帰し, 師に学舎, 師堀武三郎の留守宅, 師塗師などの工匠, 師の契り, 師茶郎念仏僧などに, 師である, 師夏師幸師景などみな武装, 師外川先生も自身, 師多く住す, 師多く大期に辞世, 師大同の谷才, 師大島氏の家, 師大工左官履師石積などチベット国民, 師大徳寺の笑嶺様, 師大愚和尚の住ん, 師大挙して, 師大湫の喪, 師大田錦城の風, 師大秀等の影響, 師大藏房鐵砲の上手, 師大西ヤスエと書い, 師大谷内越山の訛, 師天童の死, 師天童如浄に受けた, 師太史公と金華, 師太清境九仙上清境九眞玉清境いづれも, 師太田大洲が七十五歳, 師太郎助流の筥鈎, 師太鼓打ち仏師, 師れから, 師女衒などなどこれら, 師女車掌や運転士, 師始めて至り大, 師姿の若い, 師子前にあり, 師子吼品の二, 師子吼菩薩品の一, 師子國王の表, 師子弟父兄これこの学園, 師子形で来るなら, 師子形師子形で来るなら, 師子浮み出づ, 師子獣王と同色, 師子獣王遊戯するに, 師子間者大宮殿, 師孔孟の正大純粋, 師孝徳路あたりで見, 師孤軒先生にまぎれ, 師学堂はその, 師學堂など西洋, 師宇田川総兵衛なる者, 師守記貞治三年六月十四日条に祇園, 師安倍の晴明, 師安倍晴明が言つた, 師安川の家, 師安川国松の家, 師安間了現など六, 師朝と, 師室井半斎, 師室町三丁目の, 師宮川長春につき, 師宮廷教官七人の法王庁分担, 師宮本武蔵という者, 師が変, 師宿屋飯盛としての雅望, 師富田勢源の年歴, 師富籤屋から刀剣講, 師お狼火方, 師将来の西蔵仏, 師札鍛冶弓師鎧師など, 師少なき生徒一眺め, 師の侍童, 師尾ヶ瀬菊之丞孫の菊松, 師居所の一つ, 師屋胡麻の蠅屋, 師児人相見牙僧圉人, 師山かん政治家石川五右衛門成金女郎屋の亭主, 師山口が甲谷, 師山師人殺しも大和魂, 師山本長兵衛という人, 師山田右衛門作を江戸, 師山田椿庭が本郷弓町, 師岡谷半嶺, 師嶽甲武信嶽秩父の大洞山雲取山, 師巌流の弔合戦, 師は専ら, 師川崎藤五郎といふの, 師川端康成の小説, 師川荊公の細, 師左母次郎の樣子, 師がおりました, 師巫行頭と号す, 師帆村荘六だった, 師に非, 師師匠の娘, 師平田三位と弓槍, 師平象山は経術, 師幸吉加賀の白山, 師幸師景などみな武装, 師幸田節三が畢生, 師幻術家の部, 師幾人を置く, 師庭師竹切りと次々, 師廣田利右衞門樣のところ, 師建仁寺の黙雷和尚, 師建大秦寺云々とある, 師建立の大, 師建設記念碑と銘, 師に祭文, 師弟司馬昭のふたり, 師弥五郎先生に対してもなん, 師張りな通念, 師張世尊その人, 師張首明白基竜安重根, 師当代の神田松鯉, 師当地に住, 師彼等のよば, 師の鳥獣, 師心あれや馬, 師心敬は, 師の子, 師いて, 師思い出すボンベイの, 師恵林寺の快, 師悠々昼席へ, 師惠果は即ち, 師惠果阿闍梨の弟子法全, 師をこめ, 師感嘆すその, 師慊堂を羽沢, 師も斬られけり, 師我が友, 師或いは剣士と, 師戯作者輩のなせし, 師所栽の菩提樹枝, 師手枕舎里好と名乗る, 師手際の鮮やか, 師扱いにし, 師抽斎に説く, 師持ちたるこの身, 師探偵マーリニがカー, 師提督アームストロングは憤っ, 師提督ペルリが来朝, 師提督ペルリ氏ガ吾ガ幕府ナル井戸石見守浦賀奉行戸田伊豆守等ガ衝ニ当ツテ応接セル所ナリ, 師提督ペルリ軍艦四隻を帥, 師提督閣下アドミラル閣下の名, 師揚号は篁翁, 師救済の手, 師数々屈して, 師斎藤さん大山君へ手紙, 師新内語りの名人達, 師旅商人工匠山伏など, 師旅当に継ぎ, 師既ニコレヲ實驗シ蒸汽船ハ本藩已ニコレヲ模製ス他ノ諸, 師日暮れて帰る, 師日本を股, 師日本一太郎老人にも芸人, 師早くより上方, 師明導の俤, 師春信の彫工松五郎, 師春斎の娘, 師春日平六という人品, 師の二子, 師時方士羅思遠者以術得幸有旨令與不空驗優劣, 師時親は往年, 師などみな武装, 師の聡, 師曰く卿の志願妙, 師曰く貧を求め, 師曰く足下髪を長く, 師曰求貧不得貧, 師曲舞でもあり, 師書記主薄などの階級, 師曼尼公孫大娘, 師月杖は昔, 師月輪軍之助, 師元馨寧, 師木地師って言います, 師木弟師木というきょうだい, 師木版のです, 師木登美の豐朝倉, 師木野といふところ, 師未だ出世せず, 師の妹, 師札荅蘭城下の避難民男女, 師という一廓, 師村田某の許, 師たりて曰く, 師来りて療治, 師来れどもなかなか, 師の不作, 師東光坊へすぐ, 師東栄の胸倉, 師東洲齋の伜, 師東雲の店, 師東雲先生の生い立ち, 師松浦萩坪先生の歌, 師松浦辰男先生の高弟, 師柏軒を失つた時二十七歳, 師が宝珠, 師某ら稲垣と共に新町遊廓, 師染工などから馬, 師柳水は仔細, 師柳田先生からとても, 師柴野栗山に啓発, 師栄西に向かっ, 師桃牛舎南玉の住居, 師桜間八重吉の家, 師梅坊主の重子, 師梶川が作った, 師棚経読んで, 師楊修が教えた, 師楽人など九十六人, 師槇君及私の外, 師の誓い, 師歌劇の唄, 師歌子の枕許, 師歌川豊国が, 師王殿下がくげ沼で, 師といふ者, 師武田長春院の家, 師武者直義だった, 師武蔵からの伝言, 師歩みをと, 師歸化僧佛源禪師空性禪師佛智禪師等いづれも, 師歿後の高村家, 師殿痩我慢なら止めるが, 師母親は徳右衞門, 師毒殺者放火人殺害者大逆人らであった, 師毘売命が男, 師氏なんだあれ, 師氏戦とは外道, 師永機の事, 師池上氏小包にて枕山絶句鈔, 師池田京水が五十一歳, 師沙門荷駄隊にいたる, 師没後の彫刻, 師泉熊の試みた, 師法其徒自行, 師法眼康音狩野探幽, 師波婆利に送る, 師泥斎方に奉公, 師泥棒芸妓など一寸, 師泰いずれも尊氏, 師泰らが無念, 師泰下り松を占, 師泰以下が武庫川堤, 師泰以下三千騎ほどをとりあえず, 師泰兄弟を総, 師泰多くの顔, 師泰師重南遠江守畠山阿波守細川顕氏などは先, 師泰帯刀の両, 師泰隊の騎兵一団, 師泰首藤通経らが先陣, 師活弁呉服屋ボーイ等の男淫売式, 師派出婦助産婦保姆看護婦なぞは大抵, 師浅田其他合計三十五名の証人, 師浅草の唐草文太, 師浦子口に至る, 師浪花節の興行, 師浪華綱右衛門の家, 師源五兵衛と所名, 師源五兵衛といや源五巻き, 師源光の上, 師漆検校の申す, 師潜渓の見, 師為十郎の趣向, 師無きに如かず, 師無くして自ら教, 師煙術師のはいり込んだ, 師の先, 師として尊敬, 師牧乙芽力士勢藤吾等であった, 師犬養翁また私, 師狂乱して, 師狂歌師狂言作者書家彫工画工と交っ, 師狂言作者などの上り, 師狂言作者書家彫工画工と交っ, 師ゐ來, 師理髪など生産手段, 師生花師等の無用, 師を済まし, 師田中大秀の遺志, 師田口の親爺さん, 師田楽の地方的本拠, 師田楽以前の神事, 師らしいと, 師画家筆耕家政婦派出婦看護婦なんぞの怪しげ, 師画工産婆三割徳ぞならば, 師畫伯から破門, 師石和尚の, 師白楊画会を観る, 師白雲斎のほか, 師と何歳, 師百万を拒ぎ敗軍, 師的素質を多分, 師皆力をここ, 師皆黄巾を著, 師皮縫工飾師などが手入れ仕事, 師の子, 師盛たちは泣きまどう, 師盛武蔵守知章蔵人大夫成盛大夫敦盛十人と云う, 師直ここは, 師直そちも殿, 師直たちも水, 師直っ師直っ, 師直にいっぱい食ったあの, 師直め計りおッ, 師直上杉伊豆仁木兵部そのほか, 師直仁木石堂上杉吉良などの幕将, 師直今日までずいぶん, 師直以下の眷属, 師直以下高家一族を葬り去った, 師直佐々木道誉などの顔ぶれ, 師直勢をいたる, 師直師直っ, 師直師泰以下が武庫川堤, 師直師泰多くの顔, 師直桃井直常一色右馬介引田妙源らはべつ, 師直氏よりも東京市外大久保, 師直由良之助勘平の三役, 師直直義らに打ちかこまれ, 師直秀吉と同じく, 師直細川和氏らの造営奉行, 師直賢俊ほか幕僚の諸, 師直鴈が判官, 師見定, 師真清は往生, 師という, 師知りたまふ, 師石川家に生まれた, 師石川流宣等の噺, 師石工なども二十五人一組, 師研究の一部, 師社長を入れ, 師神人などが其, 師神夏磯媛は天子, 師神師貌の別, 師禁裏に参上, 師という者, 師秦星池が六十一歳, 師稼業は交際, 師穎川の程度, 師空しく還る, 師窪俊満は尚, 師立木と申す, 師竹内は医師, 師笛師などとある, 師筆額字を凝視, 師等周異記, 師答えて曰いける, 師節度を誤れる, 師糸縒などの諸, 師之助, 師素人弟子の中心, 師素麺売などという連中, 師細川風谷が以前郵船会社, 師組合では岡部, 師組合小頭組合労働組合三者の歩調, 師組合長も岡部氏, 師絵師験者持経者等々の道, 師絵草紙薬種化粧品の行商人等, 師続いて銛打師, 師綱これを許さず, 師緑平老元寛, 師といふ人, 師練国師の作った, 師繭買をし, 師の角, 師美容術師女車掌や運転士, 師義記に貞治四年祇園御霊会, 師翁其儘だと, 師習合以前の姿, 師老いたり請う, 師考案の瓦斯, 師して, 師の姿, 師聞きて驚愕, 師聞く者皆, 師背信者だの, 師背後で燃え, 師ラ誓ヒ懇ロニ祷, 師自ら聞かれたのみ, 師自ら抗しかね疲れたの, 師興行師に芸人, 師舟辰だった, 師艮斎の家, 師良友の辞典, 師良秀が自分, 師芳年の顔, 師や其後身, 師芸能の色んな, 師若しくは弓月嵩といふ, 師茨右近先生を釣り上げよう, 師茶人などこの, 師荷亭の宅, 師菊太夫なるもの百太夫, 師菊池氏は帝国大学数学教授, 師菱田寿作は病, 師落語家デロレンなどが教導職, 師董卓の車, 師蒿渓に語った, 師藤四郎続いては, 師藤四郎奥村八郎右衛門はじめ御老中方, 師藤四郎奧村八郎右衞門はじめ御老中方, 師藤四郎續いては, 師藤本喜八郎の長女絹子, 師藤重の倅, 師藤阿弥のところ, 師虎吉は小さい, 師に向い, 師に化け, 師行どのとか聞えました, 師行冷泉家行らを残す, 師行徳助宗という, 師を以て頭, 師衣紋竹売り説経祭文, 師袈裟高帽のおん姿, 師ひ討ち, 師て来た, 師見えられ此事を, 師見たいなことが, 師見山が田宮坊太郎, 師見物人の外, 師見習の真似, 師親様のご, 師親鸞への消息, 師を吐く, 師記列王紀略上下サムエル書上下等に関する名所旧蹟, 師りがか, 師詐欺師山かん政治家石川五右衛門成金女郎屋の亭主, 師詮議のつる, 師は幾つ, 師説云景気の句世間容易, 師読書の師, 師談洲樓焉馬の弟子, 師諸君の失敗談その他, 師諸岡一羽亡霊は敵討ち, 師講演の英訳, 師谷村三造とを連れ, 師豊国に比すべき, 師豊洲は時に, 師豐原時元の子時秋, 師の別, 師貞徳の句, 師笈促帰行, 師貴方御自身, 師貿易家鉄道屋海運業者も皆伯, 師貿易家鐵道屋海運業者も皆伯, 師賢あぜちの大納言公敏北畠具行侍従の公明, 師賢具行らまで, 師賢北畠具行千種忠顕これらの人々, 師賢千種忠顕らが帝, 師賢卿へ, 師賢四条隆資洞院ノ実, 師賢烏丸成輔などいずれ, 師賢烏丸成輔四条隆資日野資朝らの名, 師質あれこそ曙覧, 師赤鶴が一心に, 師赤鶴一阿弥がこちら, 師起き上りて, 師足場をつたっ, 師足駄売り鏡, 師をいとちかく, 師身の上を知らず, 師身の上知らずとはこれ, 師転がるように, 師わざ乗りの, 師軽業師で歌舞乞食, 師輔君にさしあげ, 師辨圓の東方, 師近藤つね方を訪ねました, 師が萎める, 師迦葉波如来は今何処, 師逃亡の話, 師進んで淮, 師進退の下, 師遂盡晉襄背殯用師亦貶而稱人, 師遊後の秋, 師遊芸人の放下, 師道善房といっ, 師部所伝の詞章, 師釈尊の厳規, 師釈迦牟尼世尊の守護, 師重勝の駒子, 師重南遠江守畠山阿波守細川顕氏などは先, 師金剛智三藏の生, 師金剛砂売りふたなり, 師金工の人たち, 師鈴木春信百五十年忌に当る, 師鈴木晴信が錦絵, 師鎧師などすべて武具, 師としてこれ, 師長屋は柳斎だんな, 師関係のことほぎ, 師関某の許, 師防ぐこと少し, 師阿部守衛が公文書, 師阿闍梨蓮忍だけはもう, 師陰陽家から言, 師隠元を黄檗山, 師の夢, 師雙手をひらき, 師離れて渦, 師雪中庵の門人, 師雪五郎を師匠, 師のごとく, 師静廬もこの, 師を殺害, 師香取秀真の家, 師馬具師のたぐい, 師駒吉の子供, 師鬼神といわれた, 師鬼貫のわび住居, 師鶴次郎というの, 師鷺江お雪の死体, 師鷺流当代の家元