青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「宿~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

家老~ 家臣~ 容~ ~容子 容子~ ~容易 容易~ ~容貌 容貌~ ~宿
宿~
宿命~ ~宿屋 宿屋~ 寂~ ~寂し 寂し~ ~寂しい 寂しい~ 寂しく~ 寄~

「宿~」 11431, 110ppm, 964位

▼ 宿~ (3095, 27.1%)

53 方へ 49 者に 42 主人が, 主人は 37 女中が 29 者は 25 おかみさん 23 者が 22 主人に, 女中に 21 者の 20 主人の, 亭主が 16 者も 15 前の 14 人に, 女中の, 妻に, 者を 13 二階の 12 主人を, 主婦の, 主翁, 二階に, 方から 11 二階から, 人達は, 前で, 前まで 10 ものが, 主は, 二階で, 亭主も, 前に 9 主に, 主婦は, 人の, 払ひ 8 おかみさんに, 主婦が, 人が, 方で, 浴衣を, 男が, 近くの

7 [11件] ような, 主人も, 主人や, 亭主に, 亭主の, 入口で, 前を, 娘が, 方に, 番頭が, 若主人

6 [13件] お内儀, ものに, 一室で, 主も, 主人, 亭主と, 亭主を, 前には, 各星, 名を, 女中は, 浴衣に, 裏の

5 [17件] お上さんに, ことを, 主の, 主人から, 主人と, 人たちと, 人は, 入口の, 前は, 名は, 女が, 女中たちの, 方の, 池に, 浴衣の, 竹の, 者

4 [25件] どてらに, ほうへ, ものの, 一夜の, 一室に, 下駄を, 世話に, 中へ, 主が, 事を, 亭主は, 人々の, 入口に, 女主人, 妻として, 娘と, 梅の, 番傘を, 番頭は, 窓から, 総代として, 褞袍を, 近くで, 門を, 離れに

3 [58件] あるじは, おばさんに, かみさんが, かみさんは, ひとに, やうに, 一間に, 丹前を, 人々が, 人々は, 人たちの, 人達の, 入口まで, 内儀さんが, 内儀さんは, 内儀に, 内儀は, 勘定を, 名に, 名も, 外へ, 女に, 女は, 女を, 女中から, 女中と, 女中も, 女中や, 女中を, 妻と, 娘の, 娘は, 婆さんが, 婢が, 婢に, 客が, 宮城野よ, 庭に, 弁当を, 方が, 方も, 春, 欄干に, 玄関に, 玄関へ, 町外れに, 番頭や, 秋の, 素峰子は, 繋縄を, 者から, 者どもが, 荻の, 褞袍に, 都合が, 鏈索を, 食事は, 飯は

2 [201件] あかりが, あるじと, あるところ, うしろに, うちの, おかみが, おばさんが, お内儀さん, お利代, お女中, お女中さん, かみさんを, ことです, ことに, ことも, ために, つれづれに, どてらを, なかでも, はずれへ, はづれまでいつてみた, ものは, ものへ, ものも, やうな, ゆかたに, ドテラ, ランプの, 一泊料は, 一番広い, 下には, 下の, 下女を, 下駄傘を, 中では, 中でも, 中にも, 中の, 中ほどの, 中を, 丸屋の, 丹前に, 主とても, 主を, 主人である, 主人夫婦と, 主人野田素峰子が, 主婦, 主婦から, 主婦さんの, 主婦に, 主婦も, 二人の, 二階を, 二階座敷で, 亭主や, 人々と, 人々も, 人たちに, 人たちも, 人も, 人達が, 人達には, 伝馬役が, 伝馬役と, 位置は, 侘しさ, 傍の, 傘を, 入り口に, 内儀が, 内儀さんに, 冬籠り, 前へ, 勝手口の, 古い看板, 名前を, 周囲を, 問屋場に, 嘉助の, 土間で, 外には, 外れに, 外れまで, 大きい葛籠, 大きなバケツ, 女どもと, 女どもは, 女も, 女中, 女中たちにも, 女中をも, 女中達と, 女房が, 妻という, 妻は, 妻を, 妻籠か, 姿も, 娘である, 娘らしい, 娼婦は, 嬶の, 子供, 子供が, 安泊り, 定りで, 客の, 客ひきを, 室に, 寂しきに, 小母さんに, 小紅屋, 屋根が, 屋根を, 山形屋という, 岡の, 帳場に, 常世は, 年寄役を, 店主から, 店先へ, 座敷から, 庭から, 庭の, 庭先に, 廂の, 心得なれ, 心配を, 息子と, 戸を, 手前の, 提灯を, 支度が, 方へと, 方まで, 方即ち, 方面から, 旅籠屋の, 春は, 朝飯が, 本陣に, 枝村掘, 桜を, 梅折取る, 様子を, 横を, 気が, 水田屋へ, 湯に, 湯は, 準備を, 滞在中に, 灯の, 爺や, 男も, 男や, 男衆が, 男衆の, 番頭から, 番頭を, 相談に, 老人が, 老妻, 老爺は, 者だ, 者と, 者にも, 者へ, 者へは, 者や, 者共が, 若い者, 若え, 萩の, 表は, 裏まで, 裏口が, 裏手の, 裏門を, 西の, 親戚に, 親父と, 軒を, 軒下に, 近くまで, 連中は, 部屋から, 都合で, 金蔵という, 鎌倉屋金兵衞と, 鐵といふ, 長吏, 長崎屋と, 長者の, 門口から, 門口を, 階段で, 雇人らが, 離室に, 食事も

1 [1428件 抜粋] あいだで, あたり郊外の, あとだ, あるじが, あるじの, ある所, ある旅館, いじけた店, うしろの, うち上四宿中, おかみに, おつ, おばさんからも, おも, おやじとも, お七, お前の, お婆さんに, お專頭巾, お清さん, お豊, かみさんといふ, くせに, ことで, こなやという, この婢女, ご亭主, さびしさ, しるしから, すぐ下, すべての, その夜, そばに, たつた一人, つれづれなぞ, ときの, どこかに, ない人たち, ない病人, なかった, のちぞ, はずれであろう, はづれ, ひとつで, ほうは, まことの, まどろみに, ま新, もとあら, ものには, ものを, よい風呂, よしあし貰の, わが宿, をばさん, コーヒーを, ツイ前から, パン紅茶に, マダムが, ルイさんだ, ヴェランダで, 一ツ手前に, 一室へ, 一条に対する, 一間いつも, 一間冬の, 三五郎と, 三五郎も, 三根楼を, 三階から, 上さんは, 上下に, 下女が, 下女にでも, 下男が, 下部に, 不足を, 中が, 中は, 中まで, 中庭の, 中程へ, 主じ, 主へ, 主人こそは, 主人で, 主人では, 主人としても, 主人なり, 主人サゴヤ佐五郎とかいう, 主人園さん人夫なども, 主人夫婦の, 主人斉藤亮輔氏の, 主人番頭女中などが, 主人等と, 主劉安の, 主婦さんが, 主婦らしい, 了見ばかり, 事で, 事修行の, 事情に, 二軒や, 二階である, 二階は, 交渉を, 亭主で, 亭主多吉の, 人々に, 人々同宿の, 人たちから, 人たちわけ, 人には, 人を以て, 人達に, 人達にも, 他の, 仮寝の, 伜が, 住民が, 何処かへ, 余に, 作つてゐる, 便所は, 側に, 兆と, 先を, 光景も, 入口桝形の, 八幡に, 八百屋が, 具足屋の, 内儀さんの, 内儀だった, 内儀を, 内湯は, 内部の, 出はずれ, 出逢いで, 前あたり, 前だけも, 加納屋という, 勘定その他, 勘定や, 勝手元は, 午飯は, 印が, 危険の, 友蔵の, 叔母さんの, 取持ちは, 古老に, 吊橋が, 名主の, 名前は, 名物の, 周囲が, 味噌汁今日から, 商賣, 問題だけ, 喜三郎が, 喜三郎も, 嘉助は, 四階に, 囲いうちにのみ, 土橋を, 在るという, 在大倉村, 垣の, 場所が, 声, 夕暮, 夕食, 外れで, 外れ茶屋の, 夜な, 夜中に, 夜明けの, 大きな名刺, 大字の, 大樹には, 大津絵師室井半, 大部分, 夫に, 奥さん仕出屋の, 奥まった部屋, 奥所西野郷に, 女か, 女と, 女なし, 女中さんが, 女中さんたち八人小さな, 女中たちは, 女中では, 女中などへ, 女中までが, 女中頭である, 女子たちの, 女将が, 女将を, 女房と, 女房は, 女房らしい, 女郎を, 奴等お, 如し, 妻であった, 妻君に, 妻籠で, 娘, 娘さんが, 娘さん親類の, 娘でしょう, 娘に, 娘も, 娘近来おしやれ, 婆さん来, 婢らしい, 嬉しさ, 子が, 子は, 子供と, 安宿へ, 定食の, 客ひきまでが, 客人たちや, 客引きだった, 客引を, 家々の, 家なりと, 家並に, 家族が, 容子と, 宿外れを, 宿屋町に, 宿役人との, 宿役人仲間にも, 寂寞を, 寝言は, 小さい娘, 小さい町, 小さな炉ば, 小名路でございます, 小娘に, 小母さんの, 小間物屋の, 少女が, 尾根から, 居心地が, 屋根越に, 山側に, 川向かいの, 差配も, 帳場から, 帳場も, 平吉という, 年とった, 幾軒, 広縁で, 店主は, 店口には, 座敷の, 庭さきを, 庭まで, 庭園には, 廊下が, 廊下に, 廊下を, 廣い, 弁当の, 弟八五郎が, 役人には, 往来で, 後の, 後方の, 御亭主, 御伝馬役, 御疑い, 心も, 息子に, 恵比須屋へ, 情け深きに, 情調が, 慣らわしとして, 戸が, 戸田屋は, 扁額に, 手前はて, 手前仲間の, 払いでさえ, 払いの, 払いを, 払を, 拂ひ, 提燈に, 支払いを, 数を, 料理人で, 方は, 方角だ, 方面へ, 旅客の, 旅籠へ, 旅籠屋で, 旅舎布施屋の, 日野まで, 星とか, 昼よ, 時も, 景気を, 暗い土間, 月山路の, 朝ごはんの, 朝めしも, 朝景色何處も, 朝食はかなく, 朝飯のりと卵ばかり, 木賃に, 本を, 本陣旅籠に, 本館は, 村名は, 東興桟の, 松屋文右衞門と, 板戸によりて, 林藏と, 株を, 格子戸を, 梅あるじと共に, 棟の, 業慾婆ア, 様子や, 横手の, 次男で, 母も, 気の, 水差しの, 水田屋藤八が, 池の, 河岸に, 泊り客らしい, 泊る家さ, 浮れ, 浴室の, 浴衣が, 海だった, 混乱言語に, 温泉が, 温泉も, 湯帷子の, 湯殿で, 湯気の, 漸, 灯かげさしたる, 灯を, 炊事場の, 焼印の, 燈火の, 爺に, 牛肉堅く, 物音が, 狭い中庭, 玄関には, 玄關の, 生活と, 用にて, 田圃で, 男でも, 男の, 男はに, 町が, 町所は, 畔倉重四郎と, 留守番の, 番頭たちも, 番頭に, 病弱な, 白革鼻緒の, 盛り場を, 直ぐ下の, 直ぐ後ろ, 看板が, 真上に, 真夜中である, 真清水, 着物に, 矢倉の, 破不, 神さんが, 神奈川の, 秋萩の, 空氣の, 窓の, 立場茶屋に, 簾動かし, 糧をも, 累り合った, 細格子の, 絹商人にて, 総代で, 総領も, 繪葉書などを, 老主人, 老夫婦, 老婆が, 者さへ, 者という, 者どもにも, 者については, 者ばかり, 者らの, 者三人に, 者垣内の, 者皆の, 者等各種の, 背後の, 脇本陣具足屋に, 自分たちの, 與惣次の, 船頭までが, 芸者まで, 若い亭主, 若い女房, 若い美しい女, 若者が, 若者は, 茄子で, 菊一輪と, 葉茶屋の, 蒲団を, 薄暗い一室, 藤屋へ, 衆からも, 行者宿に, 表で, 表に, 裏から, 裏を, 裏口の, 裏山へ, 裏手に, 見はらしの, 親戚にあたる, 親方に, 親類方で, 設備を, 語が, 貸浴衣, 費用諸がかりは, 趣であろう, 軒へ, 軒端まで, 軒行燈に, 農夫を, 辻で, 込合う折, 近く同じ, 近江屋與惣次と, 退屈に, 通行人を, 逸見多四郎先生の, 遊び女を, 遊女です, 遊女達は, 選定に, 部屋であった, 部屋へ, 酒屋から, 金田屋へ, 鈴川で, 鎌倉屋金兵衞を, 鐵などを, 長い馴染客, 長者だ, 門の, 門前まで, 門口にも, 閑居であった, 間毎は, 附近で, 附近は, 階下では, 隠居夫婦が, 隣り客, 雇人衆と, 雰囲気などは, 青物屋大阪屋の, 願いが, 風呂場で, 風情に, 食い物の, 食事を, 飯が, 馬丁が, 馬士其方は, 騒々しさ, 高い欄干, 高台へ, 鶴吉と, 龍造寺主計から

▼ 宿~ (1531, 13.4%)

80 出て 50 出た 47 取って 27 とって 19 して 16 出ると 15 立って 14 貸して 9 出たの, 出る時 8 取った, 訪ねた 7 とった, 定めて, 探して, 求めて, 立った, 立つて 6 とつた, 出たが, 出る, 取つて, 指して 5 さがして, 出ました, 引き払って, 求む, 立ち出, 立ち出でた

4 [14件] お取り, かして, きめて, でて, とつて, とりました, とること, やって, 出は, 取つた, 取りました, 取る, 立つ時, 離れて

3 [33件] かえて, する家, たずねて, とったの, とらうと, とりそれから, とると, 世話し, 乞うたの, 乞うて, 借りて, 借りに, 出てから, 出で, 出でて, 出るとき, 出発し, 出立した, 取ること, 定めたの, 引払って, 換えて, 替えて, 求めた, 求めると, 立ち出でて, 立つ, 立出で, 経営し, 脱け, 訪ねて, 訪ねること, 訪ふ

2 [78件] うつして, お求め, お求めなされた, かるに, きめてから, さがした, させて, したの, しますよ, しようと, すること, するの, たって, たのむこと, たのんで, とったあいつ, とりそこ, どこに, ぬけて, もとめしに, 乞うた, 予約し, 借りたいと, 借りたの, 借りました, 借ること, 先発し, 兼ねて, 出かけたの, 出かけました, 出たもの, 出た時, 出づ, 出ましたが, 出発する, 取ったが, 取りやしたよ, 取るには, 堅めて, 変えなければ, 寝かしますお, 尋ねた, 差して, 抜け出して, 持って, 探しに, 探すん, 施行せん, 替えること, 朝鳥と共に, 求めようと, 求めること, 移して, 立ちました, 立つた, 経て, 聞いて, 見つけて, 訪ねたが, 訪ねたので, 訪ねた事, 訪ね様, 訪れた時, 訪れて, 許しぬ, 貸すと, 辞した, 逃げるとき, 通ると, 選んで, 開いて, 除いて, 離るれ, 頼むと, 頼もう, 頼んで, 飛び出したの, 飛び出して

1 [816件 抜粋] あけたか, あげませうといふ, あたえると, いくたびとなく, いたしましたその, いたします, うかれて, うろ付い, おかしくだされ, おたづ, おね, お世話いたしましょう, お出かけの, お引受け申しました, お變, お貸し下, お願い申したい, かえた, かえたのよ, かしたり, かした旅人, かし得なかった如き私, かす家, からんため, かり, かりた, かりた家, かりました, かりるという, かり悪玉ども, かれずも, ききだすこと, きめたの, きめる, きめるまでと, くぐる経験, こしらえそこ, こしらえて, こっそり抜け出す, ご無心, さがしあてたが, さがしに, さがせ, さがそうと, さしても, さして急がせた, さして行く, さして駈けだし, させなかったこと, さそふ女, した, したい, したせゐで, したとか, した事, した方, した旅籠, してたもん, しましたから, しますから, しらべて, し地方的, すぎ高宮, するぐれえなら寝酒, するため, すると, する男女, たずねさせて, たずねた, たずねるには, たたき起して, たったが, たづねた, たづねたところ, たのみに, たのむぞ, ちぎりても, で, でかけたこと, でる, とったその, とったところ, とったもの, とった時, とってるん, とらしむ, とらせて, とらねば, とりそこねた旅人, とりたいの, とりまして, とり九十郎, とり保險會社, とり損ねて, とり支給, とり翌晩, とり話, とる, とるくらいの, とるなら研究所, とるなんて, とるの, とるよう, とる刻限, とる時刻, とる間, とれずに, とれぬ境遇, とろうか, なした者, なぜ百五十年, ぬけだして, ぬけ出して, ぬけ出す時, ひとつ, みつけるまでは, めぐる小雀, めざすこと, もさする, もっとふやせ, もとむるもあれば家毎に, もとめた, もとめたの, もとめに, もとめる雀達, もらつて, やつて, やりわし, 一つに, 一度も, 一路江戸へ, 与えられたの, 与えられて, 世話された, 両国橋の, 中心に, 乞いここに, 乞いましたので, 乞うた家, 乞うと, 乞うに, 乞おうでは, 乞し, 乞ひ, 乞求めた, 交渉し, 仕所, 仮さなかったり, 仮る, 仰しゃって, 何処かに, 俺は, 借して, 借らない積り, 借り, 借りそこ, 借りた, 借りたであろう, 借りたところ, 借りたので, 借りた時, 借りないところ, 借りましたが, 借りようと, 借りること, 借りると, 借りる事, 借り候, 借る, 借るため, 借ると, 借るの, 借る旅人, 借ろうと, 先へ, 兼ねた土地, 出かけたとき, 出かける, 出して, 出たお, 出たきり, 出たその, 出たのに, 出たん, 出た三人, 出た姿, 出た銃猟家, 出づれば, 出でし次, 出なければ, 出はずれると, 出やう, 出ようと, 出るか, 出る下呂駅十時三十分発, 出る前, 出る雨, 出三熊山, 出両側, 出外れた, 出外れた坂路, 出外れた時, 出外れにか, 出外れると, 出払って, 出拔, 出発した, 出立しました, 出立する, 前途に, 去りおそく, 去りましたので, 去るの, 去る説, 参らすべき由, 取ったか, 取ったという, 取ったところが, 取ったの, 取ったは, 取った時, 取っちゃあ, 取ってから, 取つたこと, 取つて例, 取らうと, 取らず茂兵衛, 取りそこねて, 取りたいしばらく, 取りはぐしたよう, 取りはぐれた女子, 取りましたは, 取り三月, 取り今朝, 取り夜具, 取り替えても, 取り案内者, 取り身隠れ, 取り銭, 取るつもり, 取るとき, 取るなり, 取るべき宿銭, 取る事, 取る人間, 取る者, 取ろうと, 取ろうとは, 取当てたと, 取此所, 向うに, 吟味に, 周旋し, 呼寄せ引渡し, 営な, 営み岡方屋, 営んで, 変えて, 変えようと, 変ふる, 変へる, 外れると, 奉謝する, 始めて, 始め大根畑, 存じたる者, 存申さず, 定めてから, 定めてからも, 定雄の, 尋ねて, 尋ねる為め, 尋呉よと, 巡礼しつづけ, 差上げたい位, 廻って, 廻らずに, 引きあげて, 引きくるめて, 引き上げて, 引き受ければ, 引上げて, 引上げる, 引払い自分, 引揚げ, 得た気, 御尋, 復活し, 思うと, 恵まれたお礼, 恵まれた礼, 惜しまれなかったらそれ, 所望申す, 打ち越えて, 払って, 払暁に, 抜け出したの, 押領せん, 拒み他方, 拝借しよう, 持つこと, 指て, 捜した, 捜したが, 据えました, 探さねば, 探しあぐんで, 探し出し屋内, 探すため, 探すつもり, 探す面倒, 提案する, 換えようと, 換へれ, 搜さね, 支へ, 教えて, 教えないので, 教へて, 数えて, 断つた富士, 断らせました処, 新しく取る, 旅立った, 早く立っ, 明け放しであったが, 替えるとも, 望んだ, 朝五時に, 村家に, 極めてしばらく鎌倉, 構えて, 欺くため座敷, 歩きつい, 求むるも, 求むる者, 求めしが, 求めたの, 求めた晩, 求めた者, 求めるつもり, 求めるの, 求める勞働者, 求める男たち, 求め一夜, 求め候処, 求め給うに, 求め部屋, 泊めて, 浮世から, 深く包ん, 潤しますので, 無心しよう, 照らしつつ, 狙つた, 申さばや, 申し込んだ, 申ても, 畳み浅草, 発った, 発って, 発つこと, 発つとき, 発足しました, 發つたのは, 眺め追憶, 眼の, 知って, 知らざりき, 示して, 秋の, 移さうかと, 移ったとて, 突破し, 立たぬうち, 立ちます, 立ち出でたの, 立ち出でた道庵先生, 立ち去らうとして, 立ち去る頃, 立ち早く, 立ったが, 立ったのに, 立った朝, 立つこと, 立つぞ, 立つには, 立つまでは, 立つらしいその, 立つ前夜, 立つ所, 立とうと, 立出けり, 立去った, 立退, 素通りし, 紹介し, 経営いたします, 聞きあわして, 聞き合して, 脱出し, 致い, 致したる咎, 致すの, 致す外, 荒らされるの, 藪原に, 衆神に, 裏返し表返し, 襲つたのです, 覆うた不安, 見おろすと, 見つけあたしたち, 見つけたかって, 見つけたもの, 見つけた吉良屋, 見つけよう, 見つけること, 見に, 見下す, 見付けたの, 見付ける事, 見捨てた, 見極めて, 見附る, 言つて置く, 言ひ残し, 訊きとにかく, 訊ねた, 訪ねたこと, 訪ねたとき, 訪ねた日, 訪ねようという, 訪るる, 訪れた, 訪れようと, 訪問した, 訪問すべく, 設けようという, 誰かと, 請うもの, 識って, 變へる, 貸さうといふ, 貸したという, 貸したとて, 貸したり, 貸しましょと, 貸し給え, 貸し路銭, 貸すこと, 貸す事, 貸す方, 貸せと, 貸そうと, 貸呉, 貸呉候樣申, 赤丸平家の, 越したところ, 距る, 転がり出たの, 軽井沢まで, 辭し, 追われて, 逐はれ, 通らなければ, 通りかかりました, 通りかかる私たち, 通りぬけ, 通りぬけ今や, 通り抜けると, 通り抜け鍛冶屋, 通り拔ける, 通り掛るに, 通り過ぎるだけでも, 通る, 遁げる, 過ぎた頃, 避けて, 重ねて, 閉し番人一人, 離れましたが, 音づれて, 預って, 頼つて受験に, 頼みし女中, 頼みに, 頼もうと, 頼んだとき, 頼んだ同好, 願いましても, 願いましょうよ, 願ったお礼, 願ひあげたる, 飛びだした, 飛び出した, 飛び出したという, 駈け出たの, 騒がしても, 騒がすも

▼ 宿~ (1263, 11.0%)

109 帰って 50 帰る 48 帰ると 19 帰った 16 戻って, 来て 13 行って 10 着いた 9 帰ったの, 着いて, 着くと 8 訪ねて 6 たずねて, 帰つた, 着いた時, 電話を 5 ついて, つくと, 帰ったが, 遊びに

4 [13件] ついた, はいって, 下がって, 入ると, 帰ってから, 帰り又, 帰るの, 帰る途中, 歸つた, 泊って, 着いたの, 着いてから, 連れて

3 [22件] かえると, もどると, やつて, 一時すぎに, 下げて, 來て, 入って, 入りました, 參りし, 帰りました, 帰り入浴, 帰り床, 忘れて, 戻った, 戻つた, 持って, 歸り, 歸る, 着きました, 着くこと, 落ちつく, 足を

2 [80件] いそぎゆくに, お帰り, かえっては, かかった頃, かかって, かかろうと, かけての, たどりつくと, ついたの, ついた時, つかなければ, つれて, でかけて, はいったの, やってきた, カルモチンを, 一旦踏み込んだ, 下り母, 下り身輕, 人を, 入った, 出かけて, 出て, 寄って, 帰ったとき, 帰っても, 帰つて, 帰らなければ, 帰りか, 帰りねる, 帰り中央亭, 帰り軽く, 帰ること, 帰るまで, 帰る時, 帰ろうか, 帰ろうと, 平次は, 引き返すこと, 引上げて, 引取っ, 往って, 忍んで, 急いだ, 戻ったの, 戻つて, 戻ると, 来た時, 来てから, 案内し, 案内した, 歸つてから, 歸つて來た, 歸らう, 泊めて, 泊らうか, 泊りまして, 泊る, 流れ込んで, 皈る, 着いたとき, 着いたので, 着く, 着くなり, 知らせて, 立歸り, 草鞋を, 荷物を, 蟇口を, 行かずに, 行く, 行くと, 行けば, 行ったの, 行っては, 行つて見た, 送って, 遁走した, 運んで, 飛んで

1 [625件 抜粋] あが, あずけて, あてて, ある晩, いそぎ酒肴, いっしょに, いとま, いまふたりの, うかがいお, おいてけぼりで, おいでの, おくられたり, おしかけて, おちつく三時前, お出, お出でに, お泊り, お訪ねしまし, かえった, かえったとき, かえってお茶, かえってからも, かえります, かえる路, かえる道道, かかったの, かけて, かけては, きて, くると, こみ入って, ころがりこんだ, ご参着, ご案内, さげられたが, そう言う, その出来事, その日, たどりついた, たどりついたの, たどりつこう, ついたとき, ついてから, つき仕事, つくんだい, つけば, つづく根府川七里, つひに, つれ帰った, でかけようと, とびこんだもの, なだれ込み出火, なんで行かねえ, のは, はいりかけたころ, はいると, ばくち, ふたりの, まいりまして, まいりましょう宿, まいり中島屋, まいり山形屋, まっすぐ帰り, みこしを, むかった, もつて, もどって, もどる時彼等, やって来た, やって来ました, やられたの, やれと, ゆき着いて, ゆくお, ようやく立ちかえる, よく頼ん, よって, わざ, ノミに, 一同が, 一夜泊りたれ, 一寸かえってから, 一時半に, 一泊した, 一緒に, 一週間も, 上がって, 上つて御覧なさい, 下がりました, 下げあの, 下げたまえと, 下げましたの, 下げられたん, 下げられ政吉, 下げれば, 下った, 下ったが, 下った妊婦, 下らせた, 下られける右, 下りたり, 下りては, 下り墮す, 下り居候, 下るに, 下女奉公の, 丑満の, 世にも奇怪, 乗り込むの, 二三泊の, 二十年も, 二泊し, 二百円おい, 五百人の, 今松, 仕事を, 仲間入りの, 会いに, 來た, 保養旁, 催促と, 入ったという, 入った七兵衛, 入った時分, 入った頃, 入っても, 入らせられること, 入られます, 入り彼等, 入り込みましたよ, 入り込んだもの, 入り込んで, 入るか, 入ろうとして, 六百両ずつを, 其團子を, 出かけては, 出かける途中, 出た様子, 出ました, 出ました留守, 出られる, 出入する, 出張なし, 出掛ける時間, 出発する, 到り右, 到着し, 十二時前に, 参った方, 参りましょう, 参りませう宿, 参るには, 參らず, 參りやす, 又, 取って返して, 取寄せて, 向かって, 向け実は, 向った, 向って, 向ひ始め, 呼び二月, 呼んで, 命じて, 問うて, 問合せの, 嘆願に, 土産話を, 声を, 売られて, 変えること, 外科専門の, 妹さんの, 婦人を, 寄つた, 寄つて荷物を, 寄ること, 尋ねて, 小笠原章二郎来る, 屆いた, 届けて, 届けられた, 届けると, 帰えったら, 帰さないよう, 帰ったか, 帰ったもの, 帰ったら下女, 帰ったら御, 帰ったら番頭, 帰ったら蒼ざめた男, 帰った上, 帰った後, 帰った時, 帰ってからも, 帰っては, 帰つてからまで, 帰つてまた, 帰つて一先づ落着け, 帰つて今迄, 帰つて寝た, 帰つて後散歩の, 帰つて消毒せん, 帰つて湯槽から, 帰らずに, 帰り, 帰りかどやの, 帰りさて, 帰りだした, 帰りついてからも, 帰りつくと, 帰りつく頃, 帰りのびる, 帰りま, 帰りましたが, 帰りましてから, 帰りましょういって, 帰りましょうもう, 帰りますでございますから, 帰りを, 帰りインシュリン, 帰りウイ, 帰りクタ, 帰りスエヒロ, 帰りブラック, 帰り一人すき, 帰り三ちゃん, 帰り三宅周太郎, 帰り仔細, 帰り何, 帰り十万銭, 帰り十二時すぎ風呂, 帰り夜食, 帰り大庭, 帰り大西, 帰り揉ませる意地, 帰り是, 帰り森氏宛チャールス・チャップリン宛, 帰り浅吉, 帰り獅子文六, 帰り着いたの, 帰り着く, 帰り翌, 帰り荷, 帰り袴, 帰り谷, 帰り鎌倉, 帰り雀, 帰るという, 帰るとんだ, 帰るには, 帰るべく小さい, 帰るみちみち, 帰るも, 帰るや, 帰る今日, 帰る外, 帰る家, 帰る時間, 帰る自動車, 帰る途上, 帰る道すがら, 帰る道中, 帰る間私, 引あげ, 引きあげた, 引きあげること, 引きあげ毛利, 引き上げて, 引き揚げて, 引き返して, 引き返すと, 引っ返し日, 引っ返す, 引取った, 引取って, 引揚げた, 引揚げました, 引返して, 引返しました, 引返し朝七時, 引返すと, 役所から, 往つて居ましたら, 御供を, 御出, 御宿り, 御案内, 急いだの, 急いで, 急ぐ荷馬, 戻ったが, 戻つたが, 戻つたの, 戻りかけて, 戻りて, 戻りますが, 戻りませうと, 戻り早く, 戻る, 戻るすぐ, 戻るの, 戻るやいな, 手荷物を, 押し掛けて, 担ぎ込まれた次第, 持ちこむこと, 持つて, 挨拶に, 掛り安中, 放火でも, 数日間通ひました, 於通も, 早く帰っ, 昼食を, 曲る薄暗い, 来させて, 来た, 来たの, 来たので, 来た南部僑一郎, 来た彼, 来た日, 来た者, 来られ翌朝一緒, 来り中央亭, 来り出し, 来り実演大会, 来るなって, 来る六時, 来る約束, 案内され, 止宿の, 歩きはじめたが, 歩きアンマ, 歩く, 歸って, 歸つたのが, 歸つたのは, 歸つてからまで, 歸つて今迄, 歸つて仕舞ひたい, 歸つて何か, 歸つて寢たい, 歸つて行つた, 歸つて見る, 歸つて鹽燒に, 歸らず, 死骸を, 残して, 泊った, 泊ったの, 泊った夜, 泊った客, 泊つたさ, 泊つた翌日以前なら, 泊つて流石に, 泊まった明暦義党, 泊まるの, 泊らないこれから, 泊りしに, 泊りずるずるべったり, 泊りに, 泊りましたが, 泊り合わせたよう, 泊り四日路, 泊り込んで, 泊るが, 泊るといふ, 泊るの, 泊るよりも, 泊る何しろ, 泊る方たち, 泊る松平晃, 波子に, 淡海氏入来ウイ, 火を, 無事に, 用足しに, 皈り, 直行し, 着いたと, 着いたばかりじゃ, 着いたまでの, 着いたら夜, 着いてからも, 着いてた, 着いての, 着かない先, 着かなかったけれども, 着かなけんば, 着きましたが, 着きますると, 着き申候, 着き車夫, 着くすぐ一杯, 着くとは, 着くなり雨, 着くまでに, 着くまでは, 着く前, 着けそう, 着けば, 着て, 私し, 私を, 私一人は, 秋田実, 移りたり, 移り住んだの, 移ること, 移ると, 積み送るつもり, 立ち寄ったのに, 立戻っ, 米友が, 繼立てを, 置いたらその, 置いたカバン, 置いて, 腰を, 自分を, 自動車を, 落ちつき伊東駅, 落付いた, 葉書を, 著くと, 薬師が, 行かねば, 行きましょうよ, 行きやァ, 行き少し, 行くこと, 行くため, 行くつもり, 行くとき, 行く事, 行く時間, 行く途中, 行け, 行った, 行ったが, 行ったって, 行った方, 行つ, 行つた, 行つたのは, 行つてこれを, 行つてゆつくり, 行つて見よう, 行つて見る, 見えて, 訪ねた, 話し込んだもの, 貧苦に, 走った, 赴いて, 赴きお, 身を, 転地し, 辿りつくと, 辿り着いた, 辿り着くため, 迎え入れるたび, 迯歸り, 退った, 退りましても, 退り衣服, 送り届けて, 送り渡したとき, 送り込まれました, 送り込む, 逃げて, 逃げ帰った, 逃げ帰るところ, 通った, 連られ, 連れもどすところ, 連れ帰り鳥, 連れ込むと, 遁返った, 運び込まれた, 遣は, 郵便を, 降りて, 降りても, 電報を, 電話しとい, 電話でも, 預置, 頼むと, 頼んだ, 飛だ, 食ひ, 馬を, 駈けこんだという, 駈け戻った, 駈け込みそうして

▼ 宿~ (1106, 9.7%)

26 帰って 22 泊って 14 して 13 帰った 12 着いた 11 帰ると, 着いて 9 歸つた, 歸る 8 残して 7 残って, 着いた時, 頼んで 6 入って, 着いたの 5 いた, いて, 泊った, 泊まって, 着くと 4 あずけて, ける, 入ると, 於て, 泊る, 滞在し, 着いた頃, 草鞋を, 訪ねて

3 [21件] した, したの, ついたの, つくと, ゐた, 一泊し, 來て, 帰つた, 帰る, 帰れば, 戻って, 戻ると, 来て, 歸り, 殘し, 着いてから, 着きました, 着けば, 落着い, 著いて, 隠れて

2 [62件] いた人, いなかった, いるから, いること, いると, おりましても, お泊り, かぎらずすべて, したが, ついた, とまって, なって, なつて, はいった, ゆき着いて, ゐて, 一と, 下って, 二日ほど, 住居の, 入った, 奉公し, 宿を, 寝ころんで, 寝て, 寢て, 居る事, 帰えっ, 帰ったの, 帰りながら, 帰りました, 引込んで, 彼女が, 戻った, 持って, 歸つて來た, 泊めて, 泊ること, 泊るの, 滞在する, 留守し, 着いたとき, 着いても, 着かせ給, 着くころ, 着く事, 着に, 秋来る, 置いて, 自分を, 落ちつきその, 落着いた, 著いた, 行き着きましたの, 行く, 行けるなんて, 行って, 近いところ, 逗留の, 雨の, 電話し, 預けて

1 [690件 抜粋] あこがれて, あずかり申したい, あふれた, あらわれて, あるもの, ある他, ある家, ある運命学, ある銭湯, あゝ, いたんだけど, いた友人, いた客, いた時, いた葉子, いても, いながら, いながらにして大隅学士, いぬらむ, いました, いようとは, いる, いるの, いるもの, いるよ, いるん, いる人たち, いる人間, いる若い, いる荷, いる身, うつりました, うまるれど, おちついた旅人, おちつかせて, おちつくこと, おち着いて, おはします, おられまするこれ, お困りでしたら, お変りやしたら, お着きなさいます, お酒, かえった, かえってゆうべ, かえって其の, かえって新聞, かえり障子, かえる, かかった, かかって, かかる, かがやけども, かくれた, かけ込んで, かこつな, かごを, かよへど, きまって, くすぼっ, くらべると, けらしも, ころが, ござります, ごろ, さらでも沈み, したいなんて, した夜, しばらく逗留, しようという, じっとし, すみついて, すること, する男たち, する風習, そっととどけ, たくさんな, たしか大谷刑部, たどりついたといふ, たどりつきここ, たどり着くと, つ, ついたそして, ついたとき, ついたばかり, ついたよう, ついた早, ついた時, ついた時分, ついた東京, ついた松富屋, ついた臨時, ついた誰, ついて, つきけりと, つきたり, つきたるは, つく, つくなり, つけた同宿, つづく石屋, とじこもったまま, とどけられた, とびこんだが, とまりあわせ夏, とまりたれば, とまり翌朝奈良, ともしびあはし, ともなわれたよう, なったそう, なつた, なりそう, なるよう, なるん, なる家, のさばりながら, のぼりつ, はいり十七日, はめつたに, ひきかへ, ひとり残された, ひと夏, ひろがった, まごまごし, また一人, もう一月, もどして, もどって, やってきたの, やって来たの, やっとたどり着いた, ようやく先生, わだかまりあの, ゐた乞食宗匠, ゐた女中, ゐては, ゐる大, ゐる氣, サキクサは, ズッとおられた, ゾッと寒く, ホッと, マドレエヌの, 一つの, 一夜を, 一時の, 一泊, 一泊した, 一泊三十銭で, 一身を, 一軒の, 三人連れの, 三日おりました, 三日まで, 下ってから, 下りしは, 下る度ごと, 世話した, 乾した着物, 二三日滞在し, 二十四軒の, 二週間ばかり, 五人の, 五兵衛と, 人を, 仮寝の, 休んだの, 休んで, 似て, 住居いたし, 來た, 來れ, 保養である, 借せという, 停車せり, 先生を, 入ったと, 入った時玄関口, 入つて先づ湯, 入つて湯, 入りて, 入り給えば, 入り込んだの, 入る, 入るや, 入るよう, 入る時分, 入れば, 入込んだ事, 具足屋という, 冬籠り, 出で, 出ると, 出入りする, 分かれて, 別れを, 到る, 到着すれ, 加えて, 厄介に, 参って, 参りますと, 同宿し, 同道しよう, 向かいましたが, 向かって, 向った, 呼び寄せたり, 呼び寄せて, 呼んで, 咲きて, 困る, 地所を, 外套を, 夜を, 委托せられ, 姿を, 孔雀明王像が, 寄って, 寐つかれず, 寝もし, 寝同じ, 寝夜, 寝転んで, 尋め行かば, 就きて, 就て, 居さ, 居たの, 居て, 居なかつたが, 居らる, 居るという, 居る女中, 居れば, 居続けの, 届けさせて, 届けた, 島原ゆ来し, 帰えれなくなった, 帰えろう, 帰ったら思いがけず田部重治さん, 帰ってから, 帰ってからも, 帰つたは, 帰つてから, 帰つてまた, 帰つて一部始終を, 帰つて早速, 帰つて猩々の, 帰て, 帰へりました, 帰りつくこと, 帰りてより所謂理学的論理的, 帰り哀れ, 帰り寝台, 帰り急いで, 帰り着く, 帰るおや, 帰ること, 帰るよ, 帰る事, 幣奉る, 幾日も, 幾組かの, 座敷を, 引き上げて, 引き上げること, 引き籠, 引き籠って, 引っぱって, 引ツ返し馬上八里の, 引籠っ, 引越して, 引返して, 当てて, 当るので, 往った, 往つて泊り込ん, 待って, 待つ宵, 徴集され, 忍んで, 急いだ, 急いだもの, 戻ったの, 戻つて, 戻りじっと, 戻り着くと, 戻るすぐ, 払う路銀, 招いて, 拝借したい, 持ち帰って, 掛る時, 掛合し, 斷つて來たんだ, 於ても, 明暮れに, 月を, 有合せの, 木村篤迚今, 来い隣, 来た, 来たりて, 来た目的, 来てからは, 東からと, 東宝の, 枕を, 案内しまゐ, 案内する, 椿事が, 権めを, 次の, 止宿し, 正造を, 歸って, 歸つてからの, 歸つて二階座敷に, 歸つて湯に, 歸つて燈下で, 歸つて紺サアジを, 歸つて見る, 残された兵馬, 残されて, 殘つてゐる, 殘りました, 比して, 比べると, 沈湎し, 泊ったもの, 泊った晩, 泊った若い, 泊った西国巡礼夫婦, 泊つた, 泊つたと, 泊つた車や, 泊つていられた, 泊つて宿の, 泊つて居たい, 泊つて御覧, 泊つて旅の, 泊つて明けがた目を, 泊まったこと, 泊まったすべて, 泊まらずに, 泊まりました, 泊まり合せて, 泊まり彼ら, 泊まる, 泊らずそれ, 泊りかの, 泊りこんだ由, 泊りたる其夜友次郎, 泊りつづけても, 泊りましたが, 泊りますと, 泊り六兵衛, 泊り合せて, 泊り明く, 泊り申候, 泊るよう, 泊る一泊二飯, 泊る予期, 泊る愉快, 泊る村, 泊る質実, 泊れば, 泊ろうと, 渡して, 渡らなければ, 湯治し, 滞在した, 滞在し続ける, 滞留し, 滯在し, 潜伏し, 燻ぶっ, 珍らしく, 留まる覚悟, 百枝刺し生ふる, 相定, 看視, 眠って, 眠れる蕩児, 着いたその, 着いたという, 着いたとき鏡, 着いたらもう, 着いたリンカン, 着かなければ, 着きしは, 着きたもう, 着きても, 着きましたの, 着き夜ふけ, 着くかと, 着くから, 着くまでに, 着く際, 着こう, 着し義雄, 着て, 知られるが, 知り人, 硲君も, 私一人が, 秘蔵の, 移し植ゑたいといふのが, 移り彼ら, 移ること, 立ち寄つて, 立てこもって, 立てこもつて七転八苦, 立寄るであろうから, 籠もる, 米一升渡し, 続く古い, 網を, 置き候, 置き忘れて, 育ちながら, 臨検に, 至り夜, 舎す, 舞い込んだという, 草鞋ぬぐ, 荷物が, 荷物を, 落ちついたこ, 落ちついてからの, 落ちつきました, 落ちつくこと, 落ちつく今夜, 落ちつく安く, 落つき入浴, 落着かせ, 著くだろう, 著て, 蒲団は, 行き, 行き着いたの, 行き着いて, 行き話, 行くと, 行くまでの, 行っといて, 西洋人二人通辯ボーイ等五六人居たる, 見よ, 計り引込んで, 訪問ねた, 詰めた, 談判し, 買っといたの, 貸したり, 貸そうなどとは, 踏止まっ, 踏止まつ, 車を, 迎へる, 近い小夜, 迷う初瀬, 迷惑も, 送られて, 逃げ帰った, 逆寄せを, 逗留し, 這入って, 這入る途中, 通はば, 連帯責任の, 遊びに, 遊女が, 運び込まれたので, 道誉を, 達した, 達したもの, 遠くありません, 還ると, 酒が, 釜屋という, 長居や, 閉籠って, 降参した, 陣取った, 集まられて, 集まろうという, 雑魚寝さして, 電話で, 霧立たば, 飛ばす車, 飛んで, 飲み明, 飼へる, 飽き果て落ついた書斎, 駐屯し, 騒動起こり, 鹿の, 鹿間屋逸平という

▼ 宿~ (514, 4.5%)

12 あつた 5 聞いて 3 これを, 一夜を, 一緒に, 夕飯を, 死にました

2 [23件] かの女, これは, ござりまする, しんみりやっ, たべて, どちらも, 一夏を, 一年張り合い, 世事の, 作って, 待って, 私は, 自殺し, 草鞋を, 護摩の, 起きて, 酒を, 醉つ, 降りて, 静養し, 頼んで, 駕籠を, 鯉こくを

1 [436件] あかしが, あけて, あすこに, あたりはばからぬ, あっしが, あつた村, あなたと共に, あのお, あらう小, あんなだいそれたまね, いっぱい食わした, いろいろと, おことわり, おなじ闇祭り, お互いに, お亡くなり, お寿々, お泊り, お見受け申した, お通夜が, お雇い, お雪叔母さん, お静, かつぶし入りのに, かよを, くせ者大名が, くつろぎたくなったので, このさき, これら二人の, こんな密話, こんな手違, ござります, ごはんを, さし当りほかに, しかもこの, すぐに, すぐねる, すすめた茶碗, せう, せめて半日, そうなく, そこの, そのお話, そのため, その熟睡, その騒ぎ, それから山谷, それは, たいてい手並, ただうろうろ, たったいま, たった一晩, たつた一晩, たまさか縁側, たまたまその, だつて, ちょっとした騒ぎ, ちょっとの, ちよつと, つかって, つくつて貰, とくと見届けた, とっつかまえた辯護士, とろ, どこか, ぬすみ聞きを, ねきれい, はからずも赤毛布, はじめてそれ, はじめてほのか, ひとりで, まかないを, また紙, また鶏, みなが, もっとも居心地, もとめられたし, もらって, やって, やる, やるやり方, ゆうべ一緒に, ゆっくりと, ゆっくり本, よく眠つて, よけいな, わずか里程, わたしが, わたしの, アスパラガスの, ジイドは, ダレて, ドンチヤン騒ぎを, ノウノウと, ビイルを, フライに, ポツンと, 一つ飲み明かさう, 一と, 一ぱいやっ, 一カ月ばかり, 一ヵ月も, 一夜泊まった, 一寸した, 一年張り合ひ, 一度は, 一息いれ, 一旦失った, 一杯やろう, 一杯出せ, 一泊し, 一行に, 一風呂浴びる, 丁度一ヶ月の, 七兵衛と, 三百両を, 上り端の, 上手な, 下りの, 不可解な, 不思議が, 世上の, 中二階の, 中食, 主人から, 主人を, 久助は, 久木直二郎たちが, 乗合馬車が, 予後の, 二三日のんびり三人で, 二人だけで, 二人の, 二人は, 云うよう, 云った私, 云つてゐた, 互いに遠慮, 互の, 五郎は, 令を, 伊東どのは, 休みました, 休み連絡船, 休んで, 休息し, 会いそれ, 会い俊基関東下向, 会うやも, 会った仙台家, 会った道誉, 住む, 何か, 何とかいう, 何とも, 俺の, 倒れた, 借りた傘, 借りた尺八, 借りた粗末, 借りた衣服, 偽造の, 働いて, 働くこと, 僕の, 元日の, 兄と, 先生の, 入湯中の, 出くわした地震, 出したの, 出して, 出す汁椀, 初めてお, 初めて会った, 初めて酒, 別れた, 別れた権, 剃刀を, 前に, 前祝いの, 千恵蔵一党が, 午飯を, 博奕打ちの, 即座に, 原田甲斐にも, 原稿を, 又こんな, 又麻雀, 同じ宿屋, 同商売, 名古屋へ, 名高い松円寺, 君と, 吸入に, 告白した, 呑んで, 周旋し, 味噌を, 呼んでも, 唸ること, 問題を, 土用明けの, 地酒を, 塩沢丹三郎から, 壜を, 売ってる最下級, 夕刊を, 夕飯として, 多摩川の, 夜が, 夜の, 夜半乳を, 夜雨の, 夜食出た, 夢を, 大凡の, 大助と, 大勢待ってる, 大名の, 大阪の, 女を, 女中に, 始めますから, 宇野浩二の, 宝塚ホテルグリルのを, 客は, 宣言した, 家庭料理を, 宿の, 宿まりましょう, 富岡が, 寝ころんで, 寝てる, 寝込まれるやう, 小説を, 少し酒, 屠蘇, 山本司令長官戦死の, 山県大弐を, 山祝いを, 川上眉山著, 川底の, 川端さんと, 左部と, 床の, 座敷代と, 弁当を, 当家には, 役人を, 待たないと, 待ち合わせる約束, 待ってると, 待つよと, 待てと, 待合す, 待機と, 御下車, 御飯を, 急病が, 患いついた時, 悪い駕籠屋, 悶々として, 懇意に, 懇談したい, 懇談しよう, 手厚い手当, 打ち首, 打合せを, 承久, 按摩が, 握り飯を, 摂りそれ, 摂ること, 故国の, 教えられた寺, 断られやっとこ, 新年を, 日の, 早や, 昏, 昔の, 暮して, 暮すこと, 書いた葉書, 最下等の, 朝食を, 机竜之, 松山どのからの, 桶屋など, 森山の, 楮幣を, 樽野は, 死んだ, 死んで, 毎々御, 毎晩大いに, 毛布一枚の, 気に, 気焔を, 求められるまま色紙, 治せて, 治療し, 泊ったの, 泊って, 泊まり合わせ, 泊まること, 泊めないなんて, 泊ると, 泊るに, 泊れよ, 浅草三間町の, 湯が, 湯に, 炉端の, 炉辺に, 無銭宿泊を, 焼き出されたの, 煮て, 熊谷蓮生, 熾に, 爆発し, 爪掛を, 父が, 牛肉すき, 牡蠣を, 物を, 独り旅の, 猥談と, 生前の, 田植ゑ踊りの, 留まって, 留守な, 病夫浪之, 療養を, 発したもの, 盗賊の, 相談し, 知人に, 祝言を, 私と, 私の, 私達は, 立ち居かなわず困しん, 第一, 等々力雷九郎親分の, 箕山城下までは, 箱まで, 紋服を, 納まるのに, 給仕に, 義兄と, 考えたよりも, 聞いたっていう, 聞えた尺八, 聞くと, 臥床し, 自動車を, 自殺を, 臭い蒲団, 舎人が, 芸者の, 落ち合うが, 落合える, 落合ってから, 薬を, 藻掻き死に, 蟹田町政に, 行乞道具運送店で, 襲われたならなるほど, 見かけたこと, 見かけたの, 見さ, 見た猫, 見て, 言い聞かせて, 言うので, 訊いて, 話しあいました, 語りあかしたとき, 語る人, 読んだ日, 誰かが, 誰はばからずう, 調べて, 谷, 貰つた繪ハガキ, 貴殿の, 買わされたのでな, 赤い着物, 赤兒の, 車より, 車を, 轟の, 迷惑を, 送つたかも, 造って, 逡巡し, 連絡を, 遅い昼飯, 運命的な, 過したこと, 道具マニアが, 道案内の, 部屋も, 酒が, 野々宮の, 金鱗湖の, 鐘の, 長尾氏に, 長話の, 間違いを, 降りこめられて, 隅田川が, 隠囲って, 隣室の, 雇い入れました鼓, 雇って, 雨に, 雪之, 電車の, 面会を, 鞄の, 飛んだ災難, 食った, 食べたきり, 飲んだ酒, 飼つてゐる, 首を, 馬場内藤及び, 骨休めに, 鬱ぎ込んで, 鰉と, 鰍の, 麥酒の, 麻雀した

▼ 宿~ (445, 3.9%)

21 同前 5 どこだ 3 ほんた

2 [19件] かの城, かの竹藪, ここよ, づれには, づれの, どこです, ない, 一寸職業, 一軒で, 万事が, 人の, 今から, 古いと, 可も, 大きい家, 徙りぬ, 無いで, 狂乱, 部屋と

1 [378件] あすこだ, あつた, あつて, あてが, ありません, あるじの, あれに, いいが, いかにも山, いずれも, いつでも, いづくぞと, いづれも, いまどちらです, いわゆる北山宿, うすら寒いもう, うるさいし, おおよそ三つ, おまえさんにも, お伺ひ, お極り, かえっておもしろく, かさも, かし申すべけれ, かなりの, かなり大き, かなり大きかっ, きたないけれど, きたないだけに, きまったかしらん, きまらないが, ここでは, こちらでございます, ことごとく眠り, このこわい, この向う, この夏, この時候はずれ, この街道, この鐵道會社, これだろう, これ以上穢く, ございますけれど, ござりません, さほど大きく, しづかで, しませんから, じきに, じきわかった, すぐ分ります, すでに万般, すでに尽きかかった, ずいぶんしみったれ, ずいぶん淋しく, そうした事, そうで, そのころ海道, その昔, その森の, その番地, ちゃんと打合せ, づれで飯屋の, づれに, できる, とうとうおしまい, とろ, どうなさります, どうなっ, どこ, どこが, どこじゃ, どこじゃなども, どこだろう, どこでも, どこな, どこへ, どこも, どちらかな, どちらで, どのよう, ないかえり, ないかと, ないで, ない宿, ながく巴里, なく, なくして, なし, なつかしい宿, ひっそりと, ひどくお, ひろ, ほんとうによ, まだきまらねえ, みな恐れを, めっきり閑, もうすっかり突き止め, もうそんな, もとより軽井沢, もとより隊, もと料理屋, やはり蓬莱館, よい宿, よい若いおかみさん, よくない, わたしの, わるくなかつた, オペラの, オリオン星座昴宿は, ツボ平氏の, プライアデス, プライアデス星座である, ホテル, 一杯という, 一泊貳圓で, 一種の, 一行で, 一軒だ, 三原館と, 三條木屋町上ル中村屋といふ, 三軒ある, 三軒しか, 上町の, 上等とは, 下の, 下宿人に, 下手の, 下谷の, 下谷区初音町の, 下野国, 世にも惨め, 九州の, 予想した, 二度ほど, 二階建ての, 五室でし, 五月闇雨の, 五銭高い, 井戸端会議が, 人出入りの, 人情も, 今の, 今上を, 今宵が, 今日で, 今日では, 今日限り明日は, 他人と, 低い藁屋, 何うせ, 何うせ見付からない, 何とかなります, 何共御, 何方です, 何處だ, 例の, 先に, 先の, 先頃見, 光明寺で, 入営する, 出はずれて, 出来ないと, 出来ませぬと, 別館で, 前のよりも, 勿論同, 北七条の, 北七條の, 北見の, 十六軒ほど, 千歳町の, 午後中がらんとして, 去年の, 古い大理石, 同じ事, 名ばかり小, 吾妻鏡にも, 和田浜と, 唯, 土地で, 土地でも, 土間にも, 在るかね, 坂ばかり, 坊の, 埋もれ家々, 堀江だ, 塔の, 大丈夫い, 大変じゃ, 大変ハイカラな, 大東館だ, 大東館部屋も, 大正十五年の, 大熊星座, 大竹屋, 夫婦喧嘩を, 失敗だった, 女医の, 子沢山で, 存じ申さず, 安つ, 安宿で, 客を, 家毎に, 宿として, 寂然として, 寐ず, 小松に, 小鳥の, 少し窮屈, 屋号が, 山に, 山の, 山村甚兵衛の, 岬の, 川を, 幽け, 庭から, 引つくり, 引雑用の, 彼が, 彼らに, 彼処だ, 後まわし後まわし, 御遠方, 心易い, 忘れて, 思ったよりい, 急に, 悪くは, 慶長年間に, 懇意の, 戦時中の, 戸外の, 手代の, 拙者が, 掛矢旅館が, 提灯の, 新大阪ホテルといふ, 新湯の, 旅人に, 旅館を, 日本人倶楽部に, 早く夜, 昔の, 時雨堂と, 暮れること, 暮れるに, 最下等じゃ, 月に, 未だ暁, 本所相生町の, 本業が, 本郷の, 本陣と, 村里の, 東山道から, 東海道の, 柏屋か, 柳橋でございます, 根岸の, 案外田舎式, 楽な, 構えが, 横堀の, 橘の, 欅の, 此小さな, 殊に安宿, 殘つて居ます, 永くまばら, 永平寺じゃ, 求めぬ是, 沓掛宿で, 油とうやと, 泊れる, 浅草の, 浦賀だ, 浴槽が, 浴槽の, 海に, 海港都市の, 混合って, 清水坂へ, 清潔でも, 温泉だ, 湯崎に, 満員で, 満員と, 満員らしい, 濁流に, 火事と, 火祭りで, 炭屋, 無くして, 無理でしょう, 焼けは, 煤拂で, 熊岳河の, 爺婆だけ, 牛込改代町芋屋六兵衞と, 狂乱し, 甚だ解り, 生憎割りの, 申分なかつた, 病いを, 病を, 皆ふさがっ, 直ぐに, 知らせて, 知れました, 福六と, 秋寒か, 空襲後に, 立っては, 竹川に, 粗末ながら, 繁盛を, 繁華な, 自分の, 自分達の, 至極上乗, 色なかりけり, 花の, 花もてはやす, 花見時競馬時でなけれ, 若狭屋亀吉である, 苦しい旅, 茅葺き屋根であった, 茅葺屋根であった, 蚊帳も, 蛇に, 蛇頭天に, 西の, 西子飼橋という, 西石垣の, 西華徳路の, 見えて, 見て, 見当らなかった, 親切と, 評判だけ, 谷底の, 谷間であり, 豊後屋といふ, 貧弱で, 貴人向の, 軒を, 迎恩橋の, 近いの, 近代画を, 近所の, 迷惑も, 通りへ, 通りを, 道頓堀の, 違いましたが, 遙かに, 避暑客で, 那古井の, 部屋の, 郷野浦の町を, 都ホテルか, 金比羅參り, 鎌倉でも, 長寿館という, 長浜の, 長谷の, 阿波座おくひ, 雀の, 雨が, 静かである, 静かな, 韮山様が, 駿府, 高い割合

▼ 宿から~ (218, 1.9%)

6 出て 3 んと

2 [17件] あまり遠く, すぐ近く, 借りて, 出して, 出ずに, 出た信吾, 出ると, 半里, 受けたから, 宿への, 峠の, 引きあげて, 火が, 穂高山へ, 萩の, 西北へ, 迎えに

1 [175件] あまり離れ, お会式ボラ, お安く, お銀様, ぐっと離れた, ここへ, この上野原, この下有知, この大, さっさと外, すぐ馬, そう遠く, そとへ, そッと, たびたび送った, ちょっと引っ込んだ, でご, では, はさのみ, はじまって, ふたたび追い出される, また直ぐ, もらつて, わずか隔たった, サイダーを, バスの, フラフラと, 一二町も, 一人佐久郡の, 一人松本から, 一升ビンを, 一歩も, 一番船で, 一番近い, 一緒に, 三里あまり山の, 下座へ, 不破あたりへ, 乗船切符まで, 二三町離れた, 二三軒先の, 二里ほど, 五六軒離れ, 五十四里の, 五十四里も, 京都方の, 使が, 信濃境の, 借りたとか, 借りた紅摺り, 借りた足駄, 借りた長崎風土記, 僅かに, 先は, 全達と, 出した夫, 出たの, 出ても, 出られねえん, 出るよう, 初め小屋に, 動かすな, 十四五人でした, 十数町離れた, 半町ばかりの, 半道も, 半里程, 南郷街道へ, 卵や, 取寄せて, 吉原の, 同じ汽車, 同汽車, 呼んだ常磐津, 呼出しあり吉田, 四五人の, 回された人力車, 因幡へ, 在へ, 外へ, 大山丹沢などの, 奈良坂へ, 奥筋への, 女たちを, 始まった老臣たち, 宿と, 寡婦さんの, 小仏, 小諸の, 少し坂, 少し距, 山田友次郎を, 峠まで, 市中へ, 帰って, 常念岳の, 幾度逢い, 彷徨い出でた机竜, 彼に, 御所山の, 持って, 捜しに, 捜査を, 放逐された, 散歩の, 数十町下る, 断られたしようこと, 旅仕度を, 日本アルプス見えいい, 木山の, 本式に, 本牧富岡で, 本郷の, 東へ, 東京の, 梓川に, 横へ, 歩いて, 歸つたばかり, 歸つて行く, 水道橋の, 江戸入りした, 河津川が, 泊まりがけで, 海の, 海を, 湯札を, 漕ぎだしたもの, 物乾竿を, 用意し, 百円借り, 皷が, 神田明神の, 私は, 程遠からぬ, 立ち去らなければ, 立ち寄って, 立って, 紘歌の, 総督一行の, 美濃境の, 老坂峠, 脚絆を, 脱出せる, 花川戸へ, 茶を, 茶屋へ, 西へ, 西箕山城下とは, 見える野, 見た朝, 見ると, 見る此, 講談本を, 走せつけた田圃, 足柄越え, 車を, 迎に, 近いので, 返事が, 追いだされて, 追い出されて, 追分へ, 逃げだすため, 逃げ出したの, 逆に, 都合四五人の, 釣り場が, 釣竿を, 隣家の, 電報で, 電話を, 飄々と, 高輪へ, 麓までは

▼ 宿~ (211, 1.8%)

7 ない 6 あって, ある 5 あった, なくて 4 あつた, あるの 3 ないから 2 あったから, あります, きまって腹, ないという, なし, 一軒ある, 出来たかしら, 四方の, 意外にも, 見つからないので

1 [151件] あったので, あつて, あらばと, ありさうに, ありましたが, ありまして, ありますから, あるあれ, あるかと, あるから, あるが, あるくら, あると, あるという, あるばかり, あるもの, あるらしいまだ, あろうとは, いけないので, いつどちら, えすること, えを, かい, がらんとして, きまると, きらきらと, くらくては, ございます, ござらば, すぐ眼, すこし高い, ずらっと, その大手, その田代屋, その黒っぽい, できた, とれたので, どうなった, ないか, ないそんな, ないって, ないと, ないの, ないので, ないもの, なくとも, なくなって, なく路傍, なし又, なんとなく気に入った, ひっくり返るほどの, ひどいので, へして, よいかなどと, よかろう, よくなかったなら, ツレコミ宿であった, ペコペコと, 一軒立っ, 上を, 下宿に, 中房, 丹念に, 二ヶ所あった, 二軒鄙び, 今では, 今日明日は, 低い彼方, 何軒も, 佗びしかつたのである, 借りたくなる所, 出てたから, 出まして, 出来たそれにしても, 出来上った, 判らないので, 判りましたのう, 十二軒あった, 十軒とか, 危くなる, 即ち木曾, 厭に, 又昨日, 取れるはず, 取悪かっ, 可厭, 同じで, 同じの, 嗜好に, 四軒他の, 四軒蕎麥屋が, 増築された, 大和七宿の, 天井の, 女と, 威張った宿, 安住の, 定って, 家である, 宿で, 平野屋に, 平面的に, 当夜の, 微妙な, 恐怖し, 恐怖の, 想像の, 感じがよ, 押流された, 揺れて, 明いて, 明くから, 最も手近, 有ります其の, 未だ有る, 次から, 此処へ, 波を, 洋燈だつた, 混乱する, 潰れた上, 無くて, 無秩序に, 物さわがしい, 特に繁昌, 特別の, 白木屋の, 皆この, 直ぐ眼下, 立てこんだこと, 篝火の, 落着い, 葛布の, 見つかった, 見つかったこと, 見つかったの, 見つかって, 見つからず山蔭, 見つからないこうろぎで, 見つかると, 見つかるまで, 覚束ない, 豆腐屋だつた, 責任を以て, 近づいて, 遅く預り, 閑静で, 間近かった, 雨に, 預かつ, 顫え

▼ 宿まで~ (171, 1.5%)

10 来た時 8 行って 6 来て, 送って 3 帰って, 行くと, 運んで 2 お送りし, きて, 來て, 持つて, 来た時分, 行かうと

1 [120件] あずけ置いたという, いくらも, いって, おいで, お伴仰せ付けられまし, お越しなされませ, お迎えを, お送りしよう, お送りも, かかえて, かかった時, かかると, かまきりつい, くると, こんな押し問答, ご案内, させて, そう遠く, その荷物, たどり着いて, たびたび売り, ちょっと出, ほんの一, まいれば, やって, やって来た, ゆきそこ, ゆき着くべしやと, よく聞えます, 一ッ走り, 一寸出の, 一旦断り, 一留であった, 一緒に, 一走り行ったで, 乗りつけた, 伸そうと, 來たさうだ, 入ること, 出かけたそこ, 出て, 出れば, 出向いた, 出向きましたなれど, 出掛けて, 勅の, 動いた, 動いた時, 半丁, 半里余り, 参りました, 参りましたせつ, 参りましたところ, 取って返そう, 取りに, 同道なさらぬ, 執念ぶ, 寝て, 帰りつきました, 帰りながら, 帰り着いた頃, 帰る途中, 引き揚げて, 引っ返して, 戻るまでも, 担いで, 旅し, 来た, 来たそうだ, 来た頃, 来ました, 来ると, 様子を, 漸く落延び, 無事に, 父と, 用達しさ, 用達しに, 着いた, 着かなければ, 知らして, 自動車それからは, 草履ば, 行きませんか, 行くつもり, 行くに, 行くの, 行けと, 行けば, 行けるの, 行こうと, 行ったとき, 行つ, 行つて見ませう, 見えて, 見送ろうと, 親類の, 走って, 走りそこ, 足を, 辿りつくだけの, 辿り着こう, 迎えに, 追い込んで, 送つて, 送られた美少年, 送らんと, 送りましょう, 送り呉, 送り届けたと, 送り届けて, 送り届けるからと, 通って, 逢いに, 連れ戻るから, 道は, 響いて, 飛んで, 馬を, 馬士に

▼ 宿なし~ (140, 1.2%)

6 犬が 4 どもや, にし, の身 3 の彼

2 [14件] たちが, では, どもは, どもを, なん, になっ, になッ, の乞食, の仲間, の僕, の犬, の私, の群, 女の

1 [91件] か, がいたる, がこれ, が一生, じゃある, たちには, たちも, だ, だったから, だったの, だつたの, だと, だの, だよ, だろう, だろう下手, て明, で, であった, であったに, であること, でうれしい, で大分, で家族, で病身, とは見えぬ, とを包ん, と相, どもとまちがっ, どもに, どもの, どもめ, なのよ妾たち, になった, にならなく, になる, ねこに, のお蔦, のこぞう, のめす猫, のユダヤ人, のルンペン, の売笑婦たち, の女の子たち, の子, の小, の山鼬, の影法師同様, の心, の悪戯, の悲し, の意識, の憂き目, の我ままもの, の方, の浮浪人, の浮浪人たち, の無頼漢, の燕青, の牝猫, の罪業感, の肺病やみ, の虚無僧, の蜂共, の親, の貧乏人, の身の上, の重吉, は辛い, まことに勇気, もある, もので, や貧乏人, よ, らしい愚痴, ネズミは, パンパンが, 一泊御, 主僧, 乞食たちが, 乞食の, 同様の, 同然な, 失業者浮浪者といった, 少年が, 少年に, 犬じゃ, 犬に, 犬め, 犬を, 男の

▼ 宿~ (134, 1.2%)

4 して 3 いっても, ろか 2 いう, かいて, した, する, 云うもの, 云ふ, 僕の, 思ひなし, 思ふに, 答へて

1 [104件] あるの, いい宮, いい須原, いうて, いうても, いそぎ掛川, いって, いつたさうで, いつて, いやあちっと, いわれいま, いわれた宿場跡, いわれる八王子, おなじく三十銭, おなじよう, お客とは, きまって, きめたの, きめて, さし向, しいや, した無住, しなくとも, し幾年, し馬子, すと, すべき家, すまへば, するかの, するにも, するの, するはず, する方, する田舎家, する草深い, せば, せむ, たのみし家, なった屋形船, なって, なりぬとも, なり果てては, なる, なると, なるべき一本, のみおも, はいっても, みえ旅切手, よい草鞋, 一片の, 一緒に, 下宿を, 予定し, 云いたいが, 云い縮れッ毛, 云うの, 云う事, 云った土人, 云つても, 云ふところにな, 今樣, 余り離れ, 南里君の, 友だちを, 古いなじみ, 同じよう, 同じ姿勢, 名の, 商人の, 商家と, 大井の, 天狼星との, 定めて, 宿とが, 小出俣岳, 思う, 思つてゐる, 思われる方角, 断念めたらしい, 昴宿は, 普通の, 本所三つ目杉野十兵次どのの, 村との, 決まる, 流れあるいて, 湯の, 知りたま, 笑ひました, 聞く, 聴いた, 職とを, 致して, 船の, 船頭に, 荒し廻る忍び, 西は, 見毎日, 記しあり夫, 認めた, 辿って, 鍛冶屋の, 雑貨や, 頼まずながら, 食糧に

▼ 宿~ (130, 1.1%)

2 ありません再び, 定めぬか, 悪くない, 普通の, 最早これ, 舟も, 船も, 荒れほう, 通り越しこれから

1 [112件] あった, あったり, ありますぜ, あるし宿ッ, あるら, あれば, い, いけないが, いよいよ混乱, おさらばなり, かしたの, きまったという, ぐらぐらゆれ, この頃, さっさと素通り, さびれたという, しだいに格, すっかりさびれ, するらしいゴロタ, せに, ちょうど復興, とって, どうなっ, どこかへ, ない, ないし, ないので, ないん, なかった, なかるべし, なくひしめき, なく南, なく同じく, なく山林, なく木蔭, なく雨, なししたがって, なし金, のうては, ひっそりし, ひつそりし, ひどくて, またまさに, また頼もしい, まだ寝, やって, よいでは, よいと, よい二十五銭, よかった, よくない, よし閨, よろしくなかっ, わたしには, わりに感じい, わるくない, 一つでございましょう, 一緒座敷も, 一軒きり古ぼけた, 三十軒ばかり, 乞い食物も, 今では, 今は, 何だか変, 借さ, 先に, 八月一杯取っ, 公園も, 取らず夜, 取らぬ先, 同様であっ, 君来や, 商い家も, 困つた, 多いと, 夜は, 大半燒けて, 天井の, 安直な, 定めずじや, 定めては, 寒さ, 寝る場所, 廃業し, 得せず面, 忘れれたやう, 指して, 月並だ, 梅の, 此宿も, 殿様が, 決して靜, 満足に, 無く徒ら, 煙と, 燕を, 特に普通, 知れざれば, 秩父の, 糞も, 荒れたり, 菜の花の, 親切で, 越宇都谷峠に, 追い追いと, 違い身分, 遠くない, 適当な, 閑そうである, 食事は, 食物も, 馴染みの

▼ 宿役人~ (100, 0.9%)

5 の詰め所 3 を勤めた 2 の手, の署名, の詰所, の集まる, へ預けられる, を勤め, を従え, を誘い合わせ

1 [76件] おもだった世話役, および村役人ら, からの急, からも折, から先, から小前, から意外, から組頭, がおよそ, が一人, が仲裁, が出張, が来る, が残らず, が目証, が米友, が藩, こんな大業, としてこの, としての吉左衛門, としての吉左衛門ら, としての心づかい, としてはしかしただ, として上, として駅路一切, との間, とも会所, とも相談, なぞの末, にも別れ, に届け出た, に引渡し, に捕まっ, に早, に訴え, に進んだ, に預けられ, のさしつけた, の三人, の中, の仲間, の名, の娘, の家柄, の年寄役, の杞憂, の立会, の袴, の調書, の間, の顔, はいう, はいずれ, は入札, は妻籠本陣, は川越し人足, は青く, へ斷, へ願い, までが付き添い, もある, もいずれ, もそれぞれ家, や人足, や組頭, らしい者, らしい袴, をこれ, を会所, を愚弄, を手打ち, を数え, を通し, を通して伺い出よ, を集め, 並居たり

▼ 宿では~ (90, 0.8%)

2 ないの, なかつた, 夕飯の, 客を, 祖母の

1 [80件] あったが, あつた, あらかじめかなり, ありませんからな, あるが, あるまいね, お父様, お雪ちゃんが, ござらぬ, しなく皇子, その日, その盗難, ちやんと, どうにも, どんな心, ないけれど, ないん, なかつた食事, なく林屋, ほっと一ト休み, また先日来, また無聊, また眠られないだらう, オコギの, ガ, タッた, 一泊一円五十銭随分, 三十分ぐらゐしか眠らなかつた, 三畳ばかりの, 五月の, 今ごろは, 先づ置く, 全然自分, 具行卿を, 十八人ずつの, 十月を, 千本から, 又騒ぎ出した, 君の, 唐饅頭という, 夜は, 大きな鍋, 大抵売り, 妻籠三留野両宿ともに, 妾の, 定助郷設置, 家の, 小合戦, 川端康成氏の, 年寄役蓬莱屋の, 彼は, 思いあまって, 戦争で, 新太郎君が, 村の, 板前が, 歸りません, 母と, 毎夜波音が, 気が, 泊めなかつたその, 泊りは, 滅多に, 澤山の, 無職と, 留守なれ, 矢代は, 私の, 第一等, 葱汁を, 護送使一行の, 迎いを, 近々停車場附近, 道庵先生が, 部屋が, 部屋だけでも, 食事を, 食膳を, 騷ぎ出し翌日から, 驚いて

▼ 宿には~ (85, 0.7%)

2 いって, まだお, 当時七八十人の, 薄暗い長

1 [77件] いねえん, いる, おそらく官軍, こよい, ござらねえ山竹老, そこでお, それ以上に, ちがいない, ちょうど先帝後醍醐, なまめかしさ, ひる, ほかに, ほんの十四五人, またリオン, もう十人近く, もう十年以上, ゆうべ江戸から, ゐないの, メッタに, 一年以上滞在する, 一時雨さっと, 一錢なく, 三人の, 三四軒の, 上杉と, 二十五軒の, 二階が, 他の, 何一つとして, 何百人もの, 先客として, 動揺解放自由などが, 古めかしさ, 同じ年輩, 名は, 大きな立て札, 大事の, 大阪で, 女手も, 姿を, 安兵衛勘平の, 宵の口に, 恵まれて, 散歩に, 数度も, 數度も, 時として極端, 木曾将軍の, 来て, 極端の, 歸りけり, 沈黙圧迫神秘などが, 泊りまするが, 洋服の, 派手な, 温泉が, 湯が, 潮湯が, 無断で, 牛若と, 特に何藩, 玄関も, 生涯二度と, 盲目の, 県知事閣下御, 着かぬであらうそれ, 置かれない, 若い学生たち, 過ぎた料理, 関所が, 闇太郎を, 雑貨売薬などを, 電話が, 電話まで, 領主から, 飯盛女が, 黒田監物黒田平吉林掃部村山角右衞門野口左助喜多村勘解由宰府口には

▼ 宿つて~ (78, 0.7%)

12 ゐる 8 ゐた, ゐるの 4 居た 3 ゐると 2 ゐて, ゐるやう, 居る, 居るかも, 居るけれど

1 [33件] いらせられる, も構, ゐたから, ゐたが, ゐたと, ゐたので, ゐた時, ゐた梟, ゐないの, ゐなかつた, ゐます, ゐられること, ゐるが, ゐるため, ゐるといふだけ, ゐるところ, ゐるとも, ゐるならば, ゐるので, ゐる国民, ゐる朝露, ゐる木, ゐる気分, ゐる雀, 並外れて, 居りなほ, 居るから, 居るやう, 欲しいの, 眠る, 見えた, 見た, 見る気

▼ 宿でも~ (62, 0.5%)

2 とれなかったの, 三味線の, 道でも

1 [56件] あって, あなたに, あるの, おどろいて, この噂, したよう, するか, その日, それ以来火の, そんなこと, どこの, なくそれ, なければ, ほとんど家財, また自分, ボラ釣り舟と, 一両二分の金を, 一室一燈一張の, 二十両からの, 会ったよう, 体よく, 僕の, 先刻心得た, 八九時間の, 八月の, 出火潰れ, 分けて, 呆れて, 喜んで, 変えて, 変に, 夜汽車で, 屹度待遇は, 御通行筋, 心配し, 心配を, 承知し, 掛蒲団は, 日光に, 日本海の, 案じて, 極樂, 気持が, 浴客就中逗留客に, 湯屋でも, 町の, 知らぬふり, 紛失ものが, 経営し, 茶店でも, 蕨は, 蚊帳を, 見つけて, 評定が, 迷惑だ, 高張提灯を

▼ 宿はずれ~ (44, 0.4%)

2 の新茶屋, も利根川寄り

1 [40件] から右手, から大楽寺, から目の下, でなにもの, では狸, でもう, で一盃, で三日間梟首, で名, にうろ, にも争われない, に上州屋, に住ん, に出, に友蔵, に着いた, に網, に藩主, のところ, の並木, の坂, の家, の崖, の建場茶屋, の新, の石屋, の辻堂, の陣場, へ急ぐ, まで出迎えた, まで半蔵, まで帰っ, まで水戸, まで見送っ, まで見送りたい, まで送っ, まで送られ, や駒場村, を急い, を歩い

▼ 宿~ (43, 0.4%)

5 夏の 2 うつせ貝, 医者への, 小商いの, 駅の

1 [30件] おとなふらん, か何, ここへ, ことなる, だ, でかかれた, ででも, ないし落雲館中学, なぎ屋, なんか同じ, 住所を, 何かの, 医者の, 博労宿ばかりの, 商家の, 地獄の, 小石川の, 扇町屋あたりの, 料理店では, 春の, 松の, 無いいふ, 精米所の, 興津川薩陲峠は, 船の, 軒端に, 達磨茶屋に, 釣道具屋などの, 食事の, 駅を

▼ 宿~ (40, 0.3%)

2 つたと, といふ, な

1 [34件] あね, いわしのさ, からどうせ, から可, がなか, がやっぱり, けれど仕方, ぞ, つたおかずも, つたゆう, つた同宿者も, つた安く, つた昨日の, つた木賃二十五銭は, つた殊に, つた燠を, つた相客は, つた花屑が, としてある, とは俺, と人, と仰言った, と喜ん, と思, と思われた, と教, どこからか, ものこんな, よと桐油, よと正直, よ宿, わ慶庵, 子供が, 稲扱も

▼ 宿~ (38, 0.3%)

3 のもの 2 にいくつ, のこと, の控え

1 [29件] から人別, での大きな, では二組, でもみなみ, で人足, にあり合わせた, に割り当てられた, に少し, の一部落, の人気, の光景, の友, の大野屋勘兵衛方, の女, の小前, の小名, の年寄役, の旦那衆, の旦那衆仲間, の火の番, の町人, の者, の馬方, は上, をも焼き払うだろう, を見回る, を警戒, を貫く, 総休み

▼ 宿~ (32, 0.3%)

1 [32件] からし, なる同村, にて役者, に帰つて, に戻りまし, は小倉, へさがっ, へ下, へ下がった, へ下げ, へ下る, へ帰った, へ帰れ, へ引, へ引き取っ, へ投げ, へ持ち帰りましょう, へ歸, へ歸つた方, へ残し, までひそか, まで忍ん, も調べました, より取寄べし, をよく, を確かめる, を確め, 下げ渡しで, 景, 景さまが, 景の, 景は

▼ 宿~ (29, 0.3%)

3 の借財 2 と助, の用談

1 [22件] から山口, が一行, では大根, でも応じきれません, で荷物, としては馬籠, にあり合わせた, にお, に預かった, のもの, の不足, の儀, の入金, の役人, の役人たち, の物, の用事, の補助, の費用, の願い, は滅亡, へも注進

▼ 宿する~ (28, 0.2%)

2 事なり

1 [26件] かも知らず, こと, ことは, こと正月二日以後毎夜と, つもりなりしか, とその, と夜, と夜中大蛇, と留守, なしという, なりと嘉助氏, に由無し, ものが, も衆, ような, をいふなるべし, んです, 人々が, 例, 兆じゃと, 名高い嘉門治, 故に, 方が, 者よく, 者時として, 詩に

▼ 宿へは~ (26, 0.2%)

1 [26件] いるうしろ姿, いるなり, ざんぎり物の, ただ寝, まだ一, まだ遠い, まもなく火, もういちど行つて, 下田へ, 主婦の, 伊奈九十九か村上四宿へは, 帰らないで, 新聞記者や, 月も, 泊らず亀屋, 泊れませんどこ, 無事に, 直に屆, 筑摩郡八十九か村と, 米五合銭三十銭渡し, 素子の, 茶代だけ, 薄田夫妻と, 言置き, 電話かなんか, 震災前から

▼ 宿~ (26, 0.2%)

2 が二人, の悪弊

1 [22件] がいつた, が不審, が良平, だか, であつ, とも見える, なり手代, なるもの, に止められ, のもの旅人体, の人格, の声, の女, の来ない, は一礼, は一禮, は此時, は良平, へいつたら, もナゼ, も跟, 差出不

▼ 宿という~ (25, 0.2%)

5 のは 2 のを, ものは, ものを, 合歓の, 名も 1 ことに, ことは, ていと, ものに, ような, 宿は, 形が, 心当りも, 所の, 部落では

▼ 宿外れ~ (25, 0.2%)

2 の喧嘩場, の路傍

1 [21件] とある茶店, にて突放しけれ, にて討たれた, に慈光寺, のお寺, の女, の茶店, の葉茶屋, の軒, の野原, の鶴屋, の黒川渡, へ出, へ出抜け, へ棄, までさまよっ, まで来る, よりお, より惡漢, を走りました, を野

▼ 宿にて~ (22, 0.2%)

1 [22件] かの盗賊, それが, ゆやが, 一旦取, 先年棄子の, 四人也, 夜食の, 大津屋と, 密勅を, 左仲が, 慥に, 旅人狒々に, 晝食す, 晝餉認む馬籠の, 正直の, 此治助が, 泊り以前世話, 盜賊の, 聴く所, 街道筋なれ, 読みしもの, 飮むまいかと割籠の

▼ 宿として~ (21, 0.2%)

2 世間に, 居るといふ

1 [17件] そこが, ゐて, 不時の, 以前浅野家の, 余念も, 修行者を, 俺が, 俺は, 園林堂閣へ, 居つい, 幾箇かの, 武蔵は, 江戸市中を, 苦業した, 草にも, 鍛錬した, 馳走酒に

▼ 宿へも~ (21, 0.2%)

1 [21件] かえらずおしゃべり屋, どつたの, どつて, 倶楽部へも, 其由を, 女にも, 帰って, 捜索に, 来たまえ, 毎々お, 気の毒, 無断で, 知らさないで, 知らさんし, 祠へも, 私の, 立ち寄って, 聞き合わせましたか, 行くわけ, 調べに, 連れ込めるが

▼ 宿より~ (21, 0.2%)

2 筑波山上に

1 [19件] 九助, 先に, 外に, 安あがり, 小出雲坂老ず, 山中の, 帰り荷物等, 廓へと, 拘引せられ, 朝顔が, 村閭の, 江州商人と, 爰元通行, 綾瀬川を, 美濃の, 足高山の, 連歸り, 道中駕籠一挺に, 願出候

▼ 宿~ (21, 0.2%)

2 での評判

1 [19件] いづれも, がひつそり, でかなり, での誉者, なんとなくざわめい, にそんな, に一人, に穴, の旅籠屋, の視聴, の遊女, へパッ, へ広まっただ, まで行く, もっぱらの, を流し, を起す, 三宿下四宿から, 第一

▼ 宿にも~ (20, 0.2%)

2 内湯は

1 [18件] これほど, その先生, なる, はらわなければ, ほとんど客, 仮したれ秀吉, 入らず私, 六波羅兵が, 客はめつ, 居られなくなったらしい, 当てられた, 憩わず車, 戻らぬこと, 湯殿は, 牢名主の, 盆栽の, 話しましょう, 送り紛らわしい

▼ 宿とは~ (19, 0.2%)

1 [19件] おもへ, なんだ, また違つた意味, もと浮浪民, オリオン星座, 一丁くらいしか, 人々の, 先年鰯を, 全くちがっ, 十町ほど, 大抵別に, 思わなかった, 承知し, 断定出来ない, 比較に, 藩政時代に, 違うん, 違ひまつせ, 雲泥の差だ

▼ 宿もと~ (19, 0.2%)

4 までお送り 2 お宿もと, はどちら様

1 [11件] がない, そう露出, というやつ, とつきとめ, にいっ, の増田屋, へさがりませい, まで, まで確, まで罷り出たる, をたずねる

▼ 宿役人仲間~ (17, 0.1%)

1 [17件] からも問屋場, から組頭, がそこ, での年長者, でも一番先, でも一番年下, との寄り合い, にすら言えない, にも種々, の一人, の位置, の心づかい, の桝田屋小左衛門, は馬籠, へ料紙一束, も帰っ, をもうやうやしく

▼ 宿~ (17, 0.1%)

2 の朝

1 [15件] がある, が恐い, で參つて, に相, のからだ, のだらけた, のはれ, の氣味, の氣持, の痛い, の胸苦し, の重たい, ひの, も醒め, を醒した

▼ 宿~ (16, 0.1%)

4 ないが

1 [12件] た女, てくれ, てくれた, てくれぬ, てやつ, てやりましょう, て夏, て後, て貰, て貰っ, て進ぜる, ます

▼ 宿からは~ (15, 0.1%)

1 [15件] いくらも, よほど離れ, 出られないもん, 川楊の, 左のみ, 手拭を, 改めて土地, 柳行李が, 毎日矢の, 直ぐ下, 福島の, 見えない, 贄川の, 近いところ, 遠く離れ

▼ 宿について~ (14, 0.1%)

2 湯に

1 [12件] そこの, ゆっくり待ち構え, ゐると, 二三日は, 初めてランプ, 夕食までに, 大阪から, 孟子は, 属官は, 様子を, 町を, 馬を

▼ 宿~ (14, 0.1%)

1 [14件] にて獨居, へし, へした, へしよつ, へしよつた, へや, へをする, へを止める, へを請求, へを願ひたい, をした, をしよう, をする, をすれ

▼ 宿~ (13, 0.1%)

1 [13件] といふ, といふは一村格別, に与えた, の世話, の併合, の取り締まり, の庄屋一人, の救い, の生活, の監視, の行き詰まり, へ仰せ渡され, をすぎ

▼ 宿~ (12, 0.1%)

2 犬の 1 か宿, じゃア, とは知り, に違, に附属, の乞食, の子, を今, 小僧と, 犬が

▼ 宿あたり~ (11, 0.1%)

1 [11件] から助, だろう, にいる, にはそれ程, に何, の桑園, へは海嘯, までしか乗せない, までは登り坂, を境, を流る

▼ 宿つた~ (11, 0.1%)

1 [11件] かといふ根本問題, ためそのまま, ときから, とき去, とき夜ふけて, とき数個の, とまで有, ならば, めづらしい, ものは, やうに

▼ 宿~ (11, 0.1%)

3 んです 1 かまは, のだ, のであった, ので何だか, ので日, のよ, んざあどうだね石部の, んだい

▼ 宿~ (11, 0.1%)

2 を払っ, を聞き 1 が助, だが, の催促, をはらった, を払, を払わぬ, ヲ残ラズ集メテ

▼ 宿~ (11, 0.1%)

1 [11件] からまた, の人, の家, の布告, の衆, の連中, へお, へも沙汰, も人足, も問屋, を退いた

▼ 宿せる~ (10, 0.1%)

2 長き睫毛 1 かりや, だに寂寥, 仮家, 暁の, 枯尾花水車踏み出し, 牝馬らは, 眼を, 秘密であった

▼ 宿であった~ (10, 0.1%)

1 か, か忘れた, が三家, きれいでしん, ことを, せいだ, のかも, よい妻君, 小田原の, 絶項の

▼ 宿~ (10, 0.1%)

1 にわたる羽柴秀吉以下, のうらみ, のコンタン, の仇敵国, の同志, の国境, の志, の感情, の敵, の野望

▼ 宿~ (10, 0.1%)

2 へ飛込む 1 とその, の大黒, の大黒晨炊, の方, はこの, へ寄り合った, へ訪ね, へ連れ

▼ 宿~ (9, 0.1%)

2 大名の 1 あばずれ者の, え, おるすさんかいなあ, 商人宿の, 浅茅が, 知れないが, 隣家で

▼ 宿なる~ (9, 0.1%)

1 はその, 問屋場の, 大和七宿の, 夷子屋に, 我が家へ, 杉田三五郎は, 棒端の, 水田屋藤八方へ, 萬屋へ

▼ 宿への~ (9, 0.1%)

3 当分助 1 おみやげ話も, 土産らしい, 本馬何ほど, 継立てと, 途すがらで, 道を

▼ 宿~ (9, 0.1%)

2 の役人 1 にその, に過ぎない, の紙, は, をきめる, をさせ, を受け

▼ 宿相続~ (9, 0.1%)

1 お救い, お救い願い, のお, の困難, もおぼつかない, をいかに, をなしうる, 仕り来たり, 仕るべきかと

▼ 宿~ (9, 0.1%)

1 であ, で書いた, としてあて, にし, に案内, に歸つて來, の部屋, はきまつた, を教

▼ 宿~ (9, 0.1%)

2 送って 1 お届け, 一息に, 來懸りし, 故意無心に, 行給へ, 被差立候様, 送り申さんと

▼ 宿じゃ~ (8, 0.1%)

2 ないの 1 おた, ないか, ないけれど, ないですか, 手が, 本当の

▼ 宿である~ (8, 0.1%)

2 という 1 ことと, ことも, とか女中, 処の, 広くて, 草は

▼ 宿とも~ (8, 0.1%)

1 いいそう, いいたいよう, お定めない, なれないふう, 唱門師とも, 旅客用の, 謂ひつべし, 遠くない

▼ 宿までは~ (8, 0.1%)

1 たどり着けと, もう一里八丁, 八里もござりましょう, 又三里, 四五町あった, 杖に, 来る事, 目と

▼ 宿~ (8, 0.1%)

4 がかうし 1 かと思われます, がこうして, の報い, 因果の

▼ 宿駕籠~ (8, 0.1%)

21 で鷲家村, にちがい, に移る, に身, の買い入れ代, を頼み

▼ 宿~ (7, 0.1%)

2 泊まりと, 障子に 1 ッし, 昼休みで, 貸し願えませぬかと

▼ 宿です~ (7, 0.1%)

1 か, から一向, から勝手, か馬喰町, がその, ね, もの

▼ 宿といふ~ (7, 0.1%)

3 のは 1 ものが, ものを, 宿から, 気分はよ

▼ 宿とても~ (7, 0.1%)

3 定まるまじく母 2 なかつた位 1 同様で, 土地の

▼ 宿にか~ (7, 0.1%)

3 へると 1 へりがけ, へりしは, へりて, へるに

▼ 宿へでも~ (7, 0.1%)

1 そう云っ, 伺はせて, 泊つたら良い, 着いて, 置き忘れたの, 行くべ, 行った方

▼ 宿らしい~ (7, 0.1%)

1 家は, 宿で, 宿は, 屋根が, 感じが, 簡素な, 腰の

▼ 宿役人ら~ (7, 0.1%)

1 が相談, とも一緒, の江戸出府, の肩, の賛成, はさしあたり, をつかまえ

▼ 宿~ (7, 0.1%)

3 れの 1 れで, れで由良, れへ, れや

▼ 宿からも~ (6, 0.1%)

1 使いなどを, 使などを, 手伝いの, 湖畔まで, 見える, 追はれた

▼ 宿かる~ (6, 0.1%)

2 頃や 1 な安達ヶ原, 夢も, 波の, 頃

▼ 宿~ (6, 0.1%)

1 たり同じ, ている, ており, てくる, てくれない, てしまふ

▼ 宿つたの~ (6, 0.1%)

4 か其次 1 であらう, である

▼ 宿での~ (6, 0.1%)

1 一件を, 元朝は, 出来事だ, 和服の, 大作の, 思いがけぬ仮泊

▼ 宿へと~ (6, 0.1%)

1 あたかも鉄球, 出交代, 急ぎ歸, 急ぎ行きし, 淋しい旅, 続く狭い

▼ 宿やに~ (6, 0.1%)

1 とまるの, とめろ, 一人い, 平気で, 泊って, 泊る端目

▼ 宿やの~ (6, 0.1%)

2 ような 1 世話を, 主人と, 人々が, 車にて

▼ 宿~ (6, 0.1%)

1 がある, に依っ, の満潮, の絶頂, は八房, 有テカ

▼ 宿妻籠~ (6, 0.1%)

2 の本陣 1 からの二人, から伊那, の方, までの継立て

▼ 宿昔青雲~ (6, 0.1%)

6 の志

▼ 宿~ (6, 0.1%)

2 となる 1 である, のふところ, の身, を指さし

▼ 宿総代~ (6, 0.1%)

1 が嘆願, として江戸, として願書, のもの, の一人, の庄屋

▼ 宿落合~ (6, 0.1%)

1 の宗匠, の稲葉屋, の被害, まで公役, まで到着, まで荷

▼ 宿酔い~ (6, 0.1%)

2 と空腹 1 でござったろう, でもある, に圧し潰される, 未だ醒めざる

▼ 宿~ (6, 0.1%)

3 して 1 したらしい, で種々, も気

▼ 宿からの~ (5, 0.0%)

1 出発が, 品は, 弁当うまし, 手紙を, 秋ぞ

▼ 宿とか~ (5, 0.0%)

1 で七兵衛, 簓とか, 言ふ, 里とか, 食い物は

▼ 宿としては~ (5, 0.0%)

1 よい方, 一流らしい, 不調和である, 少々薄々と, 金百両の

▼ 宿とを~ (5, 0.0%)

1 兼ねたこの, 兼ねたよう, 報らせ, 知らして, 通知せる

▼ 宿ながら~ (5, 0.0%)

1 つれなき人, 時しも, 猶聞き, 知るは, 聞ま

▼ 宿人足~ (5, 0.0%)

1 と御, ないし馬差, につき手当て七両二分, の世話, の廃止

▼ 宿~ (5, 0.0%)

1 がまだ, でなく筆, に筆, をもて, を洗う

▼ 宿~ (5, 0.0%)

1 に当っ, の夜, の方々, の方々只今, は誰々

▼ 宿~ (5, 0.0%)

1 から徐州, に至り, の激戦, へ出かけ, へ向っ

▼ 宿~ (5, 0.0%)

1 というの, の時, は宵, は小姓, を宵前

▼ 宿~ (5, 0.0%)

1 たる奈良坂春日祠造営費, である, と称し, の名, は春日

▼ 宿~ (5, 0.0%)

1 が三四軒, が出来, で威勢, に乘つて家, を頼ん

▼ 宿退り~ (5, 0.0%)

1 のお許し, をしない, をなすった, を頂いた, を頂ける

▼ 宿あり~ (4, 0.0%)

1 て其庭, 園田の, 當主は, 金起は

▼ 宿かす人~ (4, 0.0%)

3 なし 1 はある

▼ 宿かり~ (4, 0.0%)

21 のかつて, 霧に

▼ 宿とて~ (4, 0.0%)

3 無き家 1 その要所要所

▼ 宿などで~ (4, 0.0%)

2 見ると 1 寝衣, 遊びに

▼ 宿なれ~ (4, 0.0%)

1 ども靜, や年, や庭, 戸なれ

▼ 宿において~ (4, 0.0%)

1 あつた, 勃発いたしました, 悠々お話し, 決行いたす

▼ 宿にかへ~ (4, 0.0%)

1 つて気安, つて燈下で, つて聞く, り又

▼ 宿へか~ (4, 0.0%)

1 へりしに, へりぬ, へると, へるの

▼ 宿までの~ (4, 0.0%)

2 田舎馬車の 1 間に, 間には

▼ 宿めいた~ (4, 0.0%)

1 ガサガサした, 室勧工場然, 小舎である, 混雑の

▼ 宿やへ~ (4, 0.0%)

1 ぽつんと一人, 曳かれて, 来たこと, 行ったり

▼ 宿よりは~ (4, 0.0%)

1 なお十町, 妻專與惣次等奉行所へ, 居心, 私達の

▼ 宿~ (4, 0.0%)

1 つり候が, つり艱難の, 候所不, 候間御

▼ 宿~ (4, 0.0%)

2 が三つ四つ私 1 人も, 蛤浅利蟹牡蠣ウニユウ磯巾着海藻人手など

▼ 宿~ (4, 0.0%)

1 ではなれ, でも, へ使い, へ退

▼ 宿~ (4, 0.0%)

1 にも遣ぬ, に出, に出す, の時

▼ 宿入り~ (4, 0.0%)

2 の夜 1 の日, の本

▼ 宿大臣閣下~ (4, 0.0%)

1 にはあいにく, にはご, に暫時, は供奉

▼ 宿役人一同~ (4, 0.0%)

1 と出入り, の寄り合い, の集まる, を会所

▼ 宿~ (4, 0.0%)

1 に候間, の一端, の力, の志望

▼ 宿改め~ (4, 0.0%)

1 の係り, の係り役人達, やら御, 武家改めを

▼ 宿~ (4, 0.0%)

1 え着船致候儀, の住居, 迄乗船為致候儀, 迄海上船

▼ 宿~ (4, 0.0%)

1 である, におる, のずつと下, の二階

▼ 宿預け~ (4, 0.0%)

1 といふは誠に, にその, に申付, の身

▼ 宿~ (4, 0.0%)

2 が物 1 なりと占めよう, を引き裂い

▼ 宿かれ~ (3, 0.0%)

21 ば雨

▼ 宿この~ (3, 0.0%)

1 二つの, 桔梗屋は, 湾では

▼ 宿だけは~ (3, 0.0%)

1 まだそのままに, 別に, 格を

▼ 宿だった~ (3, 0.0%)

1 せいか, ね, ように

▼ 宿~ (3, 0.0%)

1 やない, や火, や解らない

▼ 宿といった~ (3, 0.0%)

2 感じの 1 ところで

▼ 宿といふは~ (3, 0.0%)

2 北陸道の 1 山を

▼ 宿とが~ (3, 0.0%)

1 二階の, 何か, 遠くない

▼ 宿との~ (3, 0.0%)

1 間に, 間には, 間を

▼ 宿など~ (3, 0.0%)

1 して, してやがって, はかさない風

▼ 宿などへ~ (3, 0.0%)

1 あずけるの, 来たの, 逗留する

▼ 宿なら~ (3, 0.0%)

1 ばみんな, ほかへ, 宜いと思います

▼ 宿なり~ (3, 0.0%)

1 いざさらば, 嚮き, 心は

▼ 宿はよ~ (3, 0.0%)

3 かつた

▼ 宿~ (3, 0.0%)

2 らず 1 んない

▼ 宿まり~ (3, 0.0%)

1 くださいますよう, でございますよ, ましょうほどに

▼ 宿をも~ (3, 0.0%)

1 すること, 待たず, 離れた

▼ 宿一杯~ (3, 0.0%)

1 は愚か, ひっかけた財布, 知れて

▼ 宿~ (3, 0.0%)

2 によつて 1 は貸し

▼ 宿~ (3, 0.0%)

2 もいまだ 1 その盛名天下

▼ 宿~ (3, 0.0%)

1 がなけれ, ということ, にてたとい

▼ 宿~ (3, 0.0%)

1 にも近い, までそれら, まで目上

▼ 宿~ (3, 0.0%)

1 で目付け, の家, を見下した

▼ 宿妻籠本陣~ (3, 0.0%)

3 の寿平次

▼ 宿存萼~ (3, 0.0%)

1 には特に, の奥底, の底

▼ 宿守る~ (3, 0.0%)

1 きりぎりす影だに, 君や, 秋の

▼ 宿富右衞門~ (3, 0.0%)

1 が忰, と呼, の首

▼ 宿引女~ (3, 0.0%)

1 が泊れ, の廂はずれ, の極伝

▼ 宿換え~ (3, 0.0%)

2 をする 1 をさせられ

▼ 宿~ (3, 0.0%)

1 の心事略, の志願, の長

▼ 宿本陣~ (3, 0.0%)

1 には慶事, の半蔵, の吉左衛門

▼ 宿~ (3, 0.0%)

1 が立っ, と事, に仮名

▼ 宿止め~ (3, 0.0%)

1 するよう, だと, の声

▼ 宿~ (3, 0.0%)

1 で朝, に乘江戸表, やまた

▼ 宿~ (3, 0.0%)

1 あること, との世界, を異に

▼ 宿~ (3, 0.0%)

1 たりし, に投ずる, を説いた

▼ 宿貸す~ (3, 0.0%)

1 ことは, 人に, 備えも

▼ 宿近く~ (3, 0.0%)

1 の公園, 乗りつけると, 往かんと

▼ 宿部郡~ (3, 0.0%)

3 の山田谷

▼ 宿~ (3, 0.0%)

2 の邸 1 の召使

▼ 宿~ (3, 0.0%)

1 との關係, に大凡定まり, の跡

▼ 宿かへて~ (2, 0.0%)

2 火燵嬉しき

▼ 宿さがし~ (2, 0.0%)

1 に出かけた, をし

▼ 宿さむ~ (2, 0.0%)

1 を, 卿の

▼ 宿しか~ (2, 0.0%)

1 なかった, 雲の上ゆ鳴き行く

▼ 宿しよう~ (2, 0.0%)

1 と, と言い出し

▼ 宿せし~ (2, 0.0%)

1 一人の, 時宿主に

▼ 宿そのもの~ (2, 0.0%)

1 は不親切, は悪く

▼ 宿それ~ (2, 0.0%)

2 に念

▼ 宿たのむ~ (2, 0.0%)

1 とある, とは自分

▼ 宿たる~ (2, 0.0%)

1 大和七宿の, 家の

▼ 宿だけが~ (2, 0.0%)

1 持って, 辛うじて二人

▼ 宿だけでも~ (2, 0.0%)

1 突きとめねば, 金四十一両に

▼ 宿だって~ (2, 0.0%)

1 知らせやしません, 背後暗い

▼ 宿だつた~ (2, 0.0%)

1 がそれでも, ことも

▼ 宿つき~ (2, 0.0%)

1 の運転手, の運轉手

▼ 宿つぎ~ (2, 0.0%)

1 に犬, の駕籠

▼ 宿つた事~ (2, 0.0%)

1 がある, を知らせ

▼ 宿つた時~ (2, 0.0%)

1 の歌, 遂に發狂

▼ 宿つた虫~ (2, 0.0%)

1 だつた, の意志

▼ 宿でございます~ (2, 0.0%)

1 か, よ

▼ 宿でした~ (2, 0.0%)

1 が朝, しね

▼ 宿でない~ (2, 0.0%)

1 とグアイ, 唯一の

▼ 宿といつて~ (2, 0.0%)

1 も土地, も此家

▼ 宿としての~ (2, 0.0%)

1 会所の, 施し米

▼ 宿とでも~ (2, 0.0%)

1 いはうか, 云ひさう

▼ 宿とれ~ (2, 0.0%)

1 ば, ばわれ

▼ 宿なぞ~ (2, 0.0%)

2 で種々

▼ 宿なりと~ (2, 0.0%)

1 思うも, 紹介し

▼ 宿なんぞ~ (2, 0.0%)

1 あるもん, 引き受けて

▼ 宿につき~ (2, 0.0%)

1 女中に, 正金二百両ずつの

▼ 宿にては~ (2, 0.0%)

1 夜明て, 水戸の

▼ 宿にでも~ (2, 0.0%)

1 する量見, 居る時

▼ 宿にのみ~ (2, 0.0%)

1 引籠って, 引籠つて外へは

▼ 宿にまで~ (2, 0.0%)

1 つづいて, 達した

▼ 宿に対して~ (2, 0.0%)

1 悪い洒落, 気の毒な

▼ 宿~ (2, 0.0%)

1 ば肌, 夏は

▼ 宿はと~ (2, 0.0%)

1 問は, 聞かれて

▼ 宿ばかり~ (2, 0.0%)

1 好んで, 雪が

▼ 宿へかへ~ (2, 0.0%)

1 つては, らんと

▼ 宿へなど~ (2, 0.0%)

1 来て, 来るもの

▼ 宿まっ~ (2, 0.0%)

1 てもいい, て行かない

▼ 宿までも~ (2, 0.0%)

1 お供し, ついて

▼ 宿まる~ (2, 0.0%)

1 ことに, と云った

▼ 宿みたい~ (2, 0.0%)

1 なところ, な家

▼ 宿みつ星~ (2, 0.0%)

2 や三角星

▼ 宿~ (2, 0.0%)

1 人に, 冬日ぬくとき

▼ 宿~ (2, 0.0%)

1 甥ガ気絶シテ大, 駕籠人足ニ聞イタラ旦那ハ水戸ノ

▼ 宿~ (2, 0.0%)

2 かへる

▼ 宿~ (2, 0.0%)

1 行ッタガ昔帯刀ヲ, 行ッタ宿デ

▼ 宿ホテル~ (2, 0.0%)

1 があった, を一斉

▼ 宿マルマン~ (2, 0.0%)

1 の三疊, へはこの

▼ 宿一番~ (2, 0.0%)

1 の名物女, の座敷

▼ 宿中一パイ~ (2, 0.0%)

1 になっ, になつ

▼ 宿久里~ (2, 0.0%)

2 が浜

▼ 宿~ (2, 0.0%)

1 差別無く, 長吏近江法師兄弟二人

▼ 宿~ (2, 0.0%)

1 ひぬ川, ふと

▼ 宿人馬~ (2, 0.0%)

1 で勤め, 助郷人馬

▼ 宿以外~ (2, 0.0%)

1 に泊った, の他

▼ 宿佗住居~ (2, 0.0%)

2 の段

▼ 宿助成~ (2, 0.0%)

1 ということ, としての刎銭何

▼ 宿及び~ (2, 0.0%)

1 南方の, 雪豹

▼ 宿取ろ~ (2, 0.0%)

1 か, か跡

▼ 宿同様~ (2, 0.0%)

1 お継立て, な快適

▼ 宿問屋~ (2, 0.0%)

1 と小さく, の主人

▼ 宿~ (2, 0.0%)

1 とは平城, と根小屋

▼ 宿報設女犯~ (2, 0.0%)

1 というん, のその

▼ 宿変え~ (2, 0.0%)

1 するする云うてた, をする

▼ 宿~ (2, 0.0%)

1 勘という, 天竜小天竜の

▼ 宿大臣~ (2, 0.0%)

1 はいう, は今

▼ 宿奈麿~ (2, 0.0%)

1 の邸宅, は宇合

▼ 宿寶珠花屋八五郎~ (2, 0.0%)

1 と申す, も出府

▼ 宿~ (2, 0.0%)

1 や權臣, を説

▼ 宿小山屋~ (2, 0.0%)

1 に左内, に江州

▼ 宿帰り~ (2, 0.0%)

1 させい, の日

▼ 宿~ (2, 0.0%)

1 昼食の, 書上帳

▼ 宿手前~ (2, 0.0%)

1 の並木道, の杖つき峠

▼ 宿救助~ (2, 0.0%)

1 のお, の意味

▼ 宿方惣代二人同道~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 宿方総代~ (2, 0.0%)

1 としてのこころざし, を至急

▼ 宿昴宿~ (2, 0.0%)

1 の語, 及び南方

▼ 宿曜秘法等~ (2, 0.0%)

2 に達し

▼ 宿曜經~ (2, 0.0%)

1 などに, を見る

▼ 宿村役人~ (2, 0.0%)

1 においてもかかる, を以て穀屋平吉

▼ 宿楓橋~ (2, 0.0%)

2 と題する

▼ 宿~ (2, 0.0%)

1 の形, の駕

▼ 宿次ぎ~ (2, 0.0%)

1 で甲州, 早駕の

▼ 宿~ (2, 0.0%)

1 せしめ中, を乞うた

▼ 宿殿~ (2, 0.0%)

1 が建てられ, の外

▼ 宿求めえな~ (2, 0.0%)

2

▼ 宿泊っ~ (2, 0.0%)

1 ていたら, ている

▼ 宿温泉~ (2, 0.0%)

1 まで來, まで来る

▼ 宿~ (2, 0.0%)

1 に着換え, を抜き

▼ 宿穀屋平兵衞~ (2, 0.0%)

1 の悴平吉同人方支配人五兵衞, を殺害

▼ 宿與惣次方~ (2, 0.0%)

1 に居し, に居りし

▼ 宿~ (2, 0.0%)

2 を抛棄

▼ 宿触れ~ (2, 0.0%)

1 の人相書, の出

▼ 宿~ (2, 0.0%)

2

▼ 宿鎌倉屋金兵衞~ (2, 0.0%)

1 を殺し, 及び飛脚

▼ 宿附近~ (2, 0.0%)

1 まで出, 前穂高一帯

▼ 宿~ (2, 0.0%)

1 之丞, 之丞旅宿

▼ 宿頂上~ (2, 0.0%)

2 の白雲

▼ 宿~ (2, 0.0%)

1 にまかせ, の店

▼ 宿~ (2, 0.0%)

1 しきりに鳴き, 鳴処月

▼1* [557件]

宿あそこに申し付け, 宿あたり夜更でも行きあたりばったり, 宿あってそれ, 宿あてのお, 宿いう小さな村, 宿いたし友人夫婦より, 宿いっぱいにひろがる, 宿いと屋と, 宿うすまゆずみの, 宿うどん屋の婆アさん, 宿おかみさんが気の毒, 宿およそ巾着銭の, 宿お小休み贄川宿, 宿かさぬ人の, 宿かし鳥の便り, 宿かすな娘, 宿かせと刀, 宿かも知れない, 宿からずつと此方へ, 宿からむことを, 宿かりした時分に, 宿かれよといわれました, 宿がかはつてからも, 宿がのうて御, 宿がらで無ければ, 宿ぐらいなんとかさせます, 宿ぐるまではあと, 宿ここは笹子峠, 宿こそ月を, 宿これらの眺め, 宿へ分れ, 宿さえ与えられた, 宿さして貰うた, 宿しぶく泡だち, 宿ゅく町, 宿じゃあねえん, 宿じゅうの評判, 宿すなわち今の, 宿すべて規則的な仕事, 宿すらも当時すでに, 宿すれば一山森, 宿やなり, 宿せざることの, 宿せねばならぬ, 宿せよという, 宿そうして, 宿そこから街道, 宿その追分は, 宿悲しき, 宿というの, 宿たずねるお人, 宿たつ朝や, 宿だけあれば, 宿だけってことに, 宿だけに亀屋の, 宿だけを覚えて, 宿だになきを, 宿だの色子の, 宿ちかくの草むら, 宿ってどんな宿, 宿つぎ人足を代え, 宿つたしるしだと, 宿つた一夜といふ風, 宿つた分霊を持ち, 宿つた夕柏門の塩田良三, 宿つた夜は恰も, 宿つた夫婦が婦, 宿つた數千年の人智, 宿つた旅籠屋ではない, 宿つた星の影, 宿つた時客舎は医師, 宿つた曉に聞く, 宿つた現実に比べたなら, 宿つた病人らしい其, 宿つた瞬間にそれ, 宿つた経験を持たない, 宿つた者は六十人, 宿つた部屋には炬燵, 宿つた韓凹巷等五人の客, 宿つてここに生き, 宿つて今朝早く立つ, 宿つて其半生の悲惨, 宿つて大地も狭し, 宿つて末路の哀歌, 宿つて東照宮其他を拜觀, 宿つて源のわからない, 宿つて滞留約半月, 宿つて火のやう, 宿つて空に知られぬ, 宿つて而して, 宿つて表現されるので, 宿つて露となる, 宿づきましたがその, 宿居る, 宿てえのは, 宿てもよからん, 宿てるというの, 宿であって客, 宿であろうな, 宿でございましたがヘルン, 宿でして来た, 宿でなきゃできねえ高値な, 宿でなければかな, 宿といふこそをかしけれ, 宿とかいう地名の, 宿とかまで歩いて, 宿ときたら何から, 宿としか見えぬの, 宿とに厳達し, 宿とまでもいい難きところ, 宿とらねばなりませぬ, 宿とりて欄, 宿とりたまへ, 宿とる夜寒かな, 宿とれるさへ, 宿さない, 宿どうで一度, 宿なお言えば, 宿なき一人旅頻りに, 宿なくに, 宿なされますよいついで, 宿なぞで子供芝居の, 宿なぞと負け惜しみを, 宿なぞに姿を, 宿なぞを通り過ぎて, 宿などではもうわかり切っ, 宿などは轉じ, 宿ならざるはなき, 宿ならぬ花なれ, 宿ならねば氣, 宿なりし胎より, 宿なんかがのこって, 宿なんかの部屋に, 宿なんて云いやしないよ, 宿にさえ身許を, 宿にぞありける, 宿についてからこれで, 宿についても飲むも, 宿にての事柄より, 宿にとつての, 宿になど姿を, 宿にねもしなん, 宿にのこりて, 宿にばかり引込んで, 宿にや雀は, 宿に対してはお気の毒, 宿しの住, 宿ねがてずけむ, 宿のさ庭にも, 宿のみをその末宿, 宿のよもぎに, 宿はかへつてさかなに, 宿はたして犬に, 宿はるかに望む, 宿はるばるといっ, 宿ばかりのようです, 宿へぞ着しける此岡崎, 宿へでもさう云つて拵, 宿へまで彼女を, 宿まいらせんという, 宿また夙, 宿まつて行かない, 宿までにはまだ二里, 宿まではと願って, 宿むと云ひますると, 宿めざして歩い, 宿めど沖つ藻, 宿もし爾を, 宿もよかつた, 宿やでかっぱらいして, 宿やはあの位, 宿やや会った人, 宿やを土産ものや, 宿ゆくことに, 宿ゆゑにふる雨の幽, 宿よい酒だ, 宿よりの帰り途連の, 宿らしく人間の, 宿らしくなくさっぱりし, 宿をこそ借れ, 宿をとつてゐた, 宿をはづれると堅気らしい, 宿をばサレルノと, 宿をまでもその配下, 宿を通して市の, 宿カラタチの実, 宿てもナニ支那人, 宿デモ女郎屋一同ニ, 宿ナシなんでよ, 宿ニ遇イテ重ネ, 宿ホテル・ノルジスカの横ばら, 宿デ送, 宿ル夢路ヲ破, 宿レザールの身体, 宿外浜町村屋清蔵ニ取, 宿ヴェルノンで降りる, 宿一つしかない, 宿一つのは浅草郵便局留置き, 宿一つ先へ越し, 宿一日費金三両で此難, 宿一統への礼儀挨拶, 宿一般がそう, 宿一軒に西洋づくり, 宿一軒七味温泉と呼ん, 宿一部落の小名, 宿三五郎妻文の申立, 宿三方壁でしきられた, 宿三笠屋甚右衞門が抱, 宿上方から来れ, 宿上鍛冶屋宿住吉畔高台寺甲府の城下, 宿の時, 宿下四宿から都合四, 宿不思議な縁, 宿並びの店, 宿中女郎屋ガ三日戸ヲシメタガ, 宿中安長安の諸, 宿中津川宿とても同様, 宿中西屋の女中, 宿中評判のこと, 宿乃至温泉の, 宿久保に而藤原沢次郎, 宿二星の一, 宿二軒へは人, 宿二階に待つ, 宿五日ぶりの風呂, 宿然州角巒, 宿はくれ, 宿人町から郭内, 宿人馬割場圍宿近村の役人宿, 宿人馬継立ての模様, 宿今戸橋場あたり川を越し, 宿のともしかん, 宿以上ならば, 宿以来宿屋の御馳走, 宿らん由を, 宿伊予源から洗いはじめ, 宿伊豆屋の帳場, 宿会議のこと, 宿伝馬もその, 宿し金剛宝土, 宿住吉畔高台寺甲府の城下, 宿住金剛宝土四年回異書多半出三蔵, 宿佐野家に滞在中, 宿何となく自墮落, 宿で遠方, 宿借いたしておる, 宿借して野, 宿借らむ, 宿借りて, 宿借る今日し, 宿借れぬとも馴れ来つる, 宿れば, 宿は流れ, 宿未だ了, 宿儒会沢豊田の諸氏, 宿儒篁村先生の次男, 宿がそむい, 宿先八百八十六人の土州勢, 宿入り姿で出, 宿入口にさ, 宿入口八ツ山下船着場限り上陸致し神奈川宿辺, 宿入浴臥床妄想はてなし, 宿入用が莫大, 宿體が, 宿公用記録妻籠本陣の御, 宿初登場, 宿六丁目に住む, 宿六先生コックと給仕人, 宿六娘ただいま, 宿六日町の俳友天吉老人, 宿六運が悪い, 宿其外の評判, 宿兼下宿の奥二階, 宿内一切の相談, 宿内倹約を申し合わせ, 宿内見回りのため, 宿内食料は近隣, 宿を報ず, 宿と姓名, 宿処ニ帰る, 宿処ブツクを繰り返し, 宿出張いたし候儀, 宿出来よう服装を, 宿出来る事に, 宿出立朝五半時頃蟹田村著之処松前侯昨夕御参著無, 宿して, 宿初め五十三次も日本橋, 宿割等申付候之に依, 宿勘定の仕訳帳, 宿勘定仕訳帳を取り出し, 宿勘定仕訳帳等の返却, 宿十一月にはいる, 宿千明の番傘, 宿半月館弓野屋の二階, 宿即ち彼が, 宿中央亭を, 宿取って鯰, 宿取れば寒き, 宿取れとて人々, 宿取遣候得, 宿古くは郷名, 宿叶わずという, 宿村とも, 宿合せし旅人の, 宿吉田屋と軒行燈, 宿なり, 宿名主問屋本陣組頭宿役人並居たり, 宿名主太郎左衞門方へ着し, 宿名主年寄を呼出し, 宿名古屋館へ, 宿名殘なく出, 宿和田屋の曳子, 宿唐崎屋という旅籠, 宿賣程有, 宿問屋儀左衞門并に馬士權兵衞馬持八藏, 宿因業報業感等と申し, 宿国分寺の割印, 宿国境になります, 宿在している, 宿城根小屋を焼き払い, 宿報なに女犯でしたかな, 宿報設女犯これだと, 宿報靈鬼惡行雜事の各, 宿へて待つ, 宿変えするのん, 宿外れなる或家, 宿拭うが, 宿大文字屋へ, 宿大津屋段右衞門と申者, 宿大津屋段右衞門方へ罷り, 宿大蔵谷駅溽暑至夜猶甚納涼海磯乃赤石浦也, 宿天野屋に在り, 宿奈古屋に投宿, 宿奈麿朝臣の妻, 宿奥羽日光両街道口, 宿妻籠脇本陣の扇屋得右衛門, 宿して, 宿存花冠の中, 宿存蕚の中心, 宿守おれおれにわたくしあれ, 宿定めの佐十さん, 宿定らず駅頭八十分, 宿に送っ, 宿宛てにする, 宿宰府口比惠の原, 宿宿問屋と小さく, 宿富士屋治三郎が入れた, 宿であるので, 宿寺戸田村寶泉寺え相越し, 宿休み岡谷昼飯, 宿小名路の花屋, 宿小西旅館へ藤山, 宿尾道駅菅先生追送, 宿山田屋和三郎方にいる, 宿岡場所まで掃い, 宿川崎の立場茶屋, 宿干瓢を干す, 宿年寄役として署名人, 宿幸いここでは, 宿幸手屋茂八方へ到着, 宿府中日野まで相当, 宿とよび, 宿引的の関係, 宿弥家持が詠んだ, 宿と当, 宿当今の品川, 宿当麻寺前民家, 宿ちを, 宿役その他の連中, 宿役たちも寄っ, 宿役人どももまた, 宿役人どもはじめ御伝馬役, 宿役人一同承知, 宿役人一同組頭までが福島, 宿役人仲間それに手伝い, 宿役人同志でもある, 宿役人同道して, 宿役人時代から彼, 宿役人蜂谷源十郎のつけた, 宿役人関所の武士達, 宿役相勤めがたきあり, 宿御用飛脚屋むかでやの扱い印, 宿をうけた, 宿悉く脚下に, 宿情調を助ける, 宿感じ悪く取次がず, 宿川駅, 宿戰平風雨終夕今自臨川, 宿房普光院の畳二百畳, 宿の, 宿手前菊川べりにて, 宿打ち合わせの上, 宿払いの勘定日, 宿押妨之過, 宿持ちながら, 宿を命ずる, 宿改め素姓詮議のきびしい, 宿改め身分調べに伊達家家中, 宿文殊堂の裏手, 宿文珠屋の階下, 宿料理店賣店, 宿新井から, 宿方やり繰りの全景, 宿方借財返済の途, 宿方困窮の基, 宿方役人どもをはじめ, 宿旅宿の處其領分高田村名主傳吉, 宿旅籠屋安右衛門抱とあります, 宿日本の御伽噺, 宿日野春を過ぎれ, 宿の日, 宿星学もこれ, 宿の驟雨, 宿昼食の予定, 宿昼食馬籠はお小, 宿晴れた夏には, 宿即ち前生修行, 宿曜師など言, 宿えを, 宿月毛の駒, 宿朝めし注文して, 宿木賃泊りが無い, 宿札うちたるあたり, 宿杉戸屋富右衞門と申者, 宿杉戸屋富右衞門其方年は何歳, 宿村内を歩行, 宿村産所村とて国々, 宿村里を托鉢, 宿村高札場或者村役人宅, 宿柄外宿同様お継立て, 宿柄実もって, 宿柳橋兩國の盛り場, 宿栄華のほど, 宿桔梗屋の方, 宿桝田屋の旅籠屋, 宿榎本屋三藏方にて分り, 宿の如く, 宿を渡る, 宿權現堂兩村の役人, 宿を述, 宿次ぎであったかそれ, 宿次ぎでやろうとも一切お前たちに任せる, 宿次刻限の急使, 宿武藏屋へ向, 宿に重ね, 宿も砂, 宿江戸をあと, 宿泊った事が, 宿泊まり妻籠宿昼食馬籠は, 宿泊り翌四日, 宿泥しぶきたる行燈, 宿涙ぐましい一日だった, 宿淺草平右衞門町坂本屋傳右衞門方, 宿だ, 宿焚火の火沙汰, 宿無き人を, 宿無でないかを突き, 宿無団七は見られなくなる, 宿を冷やす, 宿して, 宿特有の名, 宿けれど給仕, 宿瓦町から今戸, 宿田圃路の一件, 宿甲州街道口は内藤新宿, 宿申さぬ法は, 宿男島に逃れ, 宿町花川戸小梅町新小梅町, 宿疾大によし, 宿病必らずや, 宿相成候は, 宿相続救助の願書, 宿石田屋の女中, 宿神像の賛, 宿神奈川へ同じく, 宿即ち前世善根, 宿福広大にし, 宿の好き, 宿秋初へ行く, 宿秋葉山伏赤川大膳方に居られ, 宿谷駅, 宿穀屋平兵衞鴻の巣宿鎌倉屋金兵衞及び飛脚, 宿立巳時頃大井川無滞一統相済候, 宿籠宿籠やまた, 宿米五十駄稗五十駄ずつの御, 宿たる安政五年三月五日調印の, 宿経済宿はかえって, 宿へ, 宿継人足までが去んでし, 宿美濃の落合, 宿美濃落合のお, 宿美登里館といふの, 宿群書類聚そなへ, 宿老輩との和, 宿で一杯, 宿者等罷出づ, 宿致し候, 宿與惣次召仕の下女專, 宿舍YWCAを訪ね, 宿芝田町四谷をはじめ, 宿若狭屋亀吉が口書, 宿に馳せた, 宿草枯時も今日, 宿菊水旅館に泊る, 宿落合あたりにもない, 宿藤八と申者愁訴, 宿藤八同人養女節と呼時用人ハツ, 宿藤屋の階下座敷, 宿に走らすべし, 宿裏宿の七兵衛, 宿裏道の真夜中, 宿見た樣に, 宿を上げます, 宿詰めの尾張人足, 宿調べもきびしく, 宿調布町に出来た, 宿調査の模様, 宿は致しません, 宿論発表の時機到来, 宿謹慎を命ぜられ, 宿さば一夜は, 宿越後屋の門口, 宿越後葡萄峠の如き, 宿跋波磯月栖家山千万里遠在, 宿辺りへ来る, 宿迄で參りし, 宿迄は道法何程是有やと, 宿近江屋儀右衞門の地面芝高輪八山, 宿近江屋某の青, 宿通行のおり, 宿遊女屋土蔵相模に於ける, 宿過ぎて追分, 宿配下の大和, 宿がこころよく, 宿酲未ださめやらぬ結果, 宿野上弥生子氏の燃, 宿野原五百町開田三十町未開田代四百七十町などとある, 宿鉄車直下入旗亭, 宿は廉い, 宿長吏真土宿之長, 宿閑静此上なしである, 宿尊道といふ, 宿が泊り, 宿雪終風未覚, 宿青砥屋を立っ, 宿預け申付ると, 宿預け言付下られけり又, 宿してからも, 宿に新築, 宿馬宿名主から御宿詰, 宿駒形の渡し, 宿駕籠二十五挺山駕籠五挺駕籠桐油二十五枚馬桐油二十五枚駕籠蒲団小五十枚中二十枚, 宿駿河屋という旅籠, 宿阪宿と, 宿鶴屋を出た, 宿の宮, 宿龜屋に着く