青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「弥~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

引いた~ ~引き 引き~ ~引く 引く~ 引返し~ ~弟 弟~ ~弟子 弟子~
弥~
弦~ 弱~ ~弱い 弱い~ 弱く~ 張~ ~張っ 張っ~ 張り~ ~強

「弥~」 2445, 26ppm, 4401位

▼ 弥~ (313, 12.8%)

15 と丸山勇仙 6 はその 4 はこの, 夫婦は 3 が, が眼, とお里, に, の顔, はそれ

2 [23件] か, が傲然, だ, だけがのこる, と啓之助, と小僧ふたり, と湧井, と甘い, にわたした, に出逢った, に向, の亡霊, の他, の報告, の家, の札, の眼, は答えた, は表, ひとりで, も途方, を殺した, 夫婦から

1 [220件] おめ, かい, があわただしく, がいいます, がいった, がおっかぶせ, がこう, がつら, がまじっ, がよう, が一体, が一笑, が丸山, が代っ, が何, が何故, が傍, が先, が先達て, が冷笑, が刀, が叢, が合わせます, が喜んだ, が四方, が女影, が待っ, が後, が後ろ, が息, が抜き打ち, が捲, が改めて, が来た, が死んだ, が殺された, が渋面, が真顔, が睨み返す, が私, が立ち上っ, が筆, が罵りました, が耳, が耳錠, が聞い, が裏口, が言っ, が足, が転げる, が驚い, だけは自分, であって, でありました, である, でございます, でさえが考え付かない, でさえ自分, でもあるまい, でも丸山勇仙, で後ろ, と, というお, というやくざ者, という名, という御仁, という日本名, という浪人, という遊び人, といつて青二才下男に, とお前, とがどれほど, とは駕, ともう, と一角, と中ごろ, と仏生寺弥助, と申します, と竹刀, と見較べ, と長州, と高杉晋作, と高部弥三雄, などあら, なんかを殺す, にたずねる, にはわからない, に向っ, に暇, に湧井, に至っ, に迎えられ, のお, のした, のそば, のやつ, のカラカラ, の一枚, の一行, の体, の入れ, の助太刀, の受け持ち, の口, の嘘, の声, の大刀, の太刀, の如き, の如く, の姿, の家内, の帰る, の弥, の柄, の死に顔, の死体, の殺された, の気色, の耳, の肋, の腰, の言葉, の足, の額, の額口, の高笑い, は, はいずれ, はいや, はいよいよ, はうなり出し, はお, はかの, はしたり顔, はしっかり, はついに, ははげしく, はふところ, はまた, はようやく, はズカズカ, は一喝, は三谷一馬, は不承不承, は両国, は九郎助, は云い出した, は云った, は俵一八郎, は刀, は加茂河原, は勃然, は勇仙, は友禅模様, は叩きつける, は四十前後, は太刀, は奥, は平気, は張り合い抜け, は張合, は当時有数, は彼, は投げ出した, は昔, は来た, は沢井道場, は番付, は着, は空, は筆, は組敷かれた, は羽織, は胆, は自分たち, は色, は遊女屋, は鍵屋, は長押, は顔, ひとりには, みんな口々に, もつづい, もやむなく, も九郎助, も側, も湧井, も溜め息, も溜息, も見え, よりも兇暴, をいがみ, をお, をけさ, をふい, を出し, を呼び込ん, を引つ, を摘ん, を殺し, を目がけ, を連れ, ェ今の, 一人だ, 並びに丸山勇仙, 並んで, 共に信州松代, 出口に, 夫婦に, 夫婦にとっては, 書き終え九郎助, 殺しの, 殿ことに, 殿なら, 殿なら承っ, 殿は, 爺さんだ, 紙片を, 鮨の

▼ 弥~ (199, 8.1%)

1614 女を 8 女よ 7 女の, 女は 5 国の, 宮の 3 国を

2 [13件] 国から, 声が, 声に, 女不, 女我と共に, 家の, 家へ, 方へ, 王母を, 病気は, 目は, 美女は, 背に

1 [108件] おもて, おもても, お掛かり合いなら, お袋の, ことなどは, ことは, このたび, じゃんじゃんが, すばらしい女装姿, そのわずか, ために, ふと心づいた, ものです, 一件が, 三人めがけ, 三名を, 体が, 体の, 倅の, 刀は, 前へ, 合い方に, 名を, 君長が, 呪詛の, 唇には, 国にな, 国へ, 声とが, 声は, 声を, 外に, 女から, 女が, 女であった, 女と, 女に, 女われも, 女使部を, 女待て, 女我は, 女来れ, 女爾は, 女行く, 女装姿は, 女装姿を, 姿は, 字から, 宝は, 宝を, 宮で, 宮では, 宮に, 宮には, 宮は, 宮へ, 宮より, 宮人たちは, 家, 小姓姿と, 小姓袴が, 居間に, 屋敷を, 山, 山へ, 師匠も, 弟が, 当て身に, 往復は, 怒りの, 手から, 手を, 方を, 本名だ, 歌を, 母らしい, 牡牛の, 牢前に, 王女卑弥呼と, 目の, 眼に, 神庫に, 笑い声で, 細かい説明, 者, 者を, 耳は, 耳脇を, 肩を, 背後から, 胸に, 胸倉を, 膝の, 自白に, 言うが, 言った通り, 誇張的な, 身は, 身辺を, 進まないの, 鋭鋒を, 鏡を, 関係者は, 霊床に, 顔の, 驚愕は, 髯黒, 鹿より

▼ 弥~ (184, 7.5%)

29 の本願 10 の慈悲 6 の浄土 4 をめぐる 3 のお, の三尊, の信仰, の前, の御, の救済, の誓い, の誓願

2 [14件] にすがる, にたすけられまいらすべし, の五劫思惟, の他力本願, の像, の名号, の図, の悲願, の来迎, の腰, の親さま, は手, らしさ, を持つ

1 [83件] および釈迦, がすわっ, が画面全体, だの, だの秩父, であった, である, です, ということ, とも見え, と二人づれなり, と人, と同じく, と観音, と釈迦, なしには, なり弥勒, において我々, にすがった, に呼びかける, に変化, のお世話, のお迎え, のこと, のごとき, のはからい, のみのり, のもの, の三願, の両, の井, の人, の光, の光背, の利剣, の単像, の名, の四十八願, の国, の大いなる, の山越, の心, の念仏流行, の慈願, の態度, の手, の本, の本願不思議, の本願海, の極意, の法, の浄刹, の白光, の眸, の親様, の誓願不思議, の重, の願力, はいかなる, はただ, は人, は叫ん, は無, は皆これ, への信, もこの, もついに, も何, も女人, をこの, をたのむ, をたのむべし, を中央, を契, を安, を念じ, を念じ続けた, を念ずる, を招来, を来迎, を無礙光如来, を雲, ノ坐像

▼ 弥次馬~ (180, 7.4%)

8 の中 32 が大勢, が来る, が集っ, である, の声, の群れ

1 [157件] から先, かを突き伏せ, があらわれ, がうるさい, がうんと, ががや, がけが, がここ, がさけび, がその, がそれ, がだ, がつい, がもう, がものめずらしく, がペーブメント, がワイワイ, がワラワラ, が一斉, が出た, が加わっ, が寄っ, が市ガ谷八幡様, が意気地, が有る, が来, が獄門台, が盛り返し, が立たり坐つ, が蝟集, が追いついた, が追われる, が重なっ, が集り出した, が面白, が飛出す, が駈け, が駈け出す, たること, だから, だと, だろう, で, であり徹底的, ですから, でつい, でなければ, ではなかつた, でも何ん, で古本屋, というもの, という弥次馬, とが立っ, とが組んずほぐれつ揉み合っ, とはずっと, とは戸, と一緒, と云う, と出掛けた, と択ぶ, どきや, なの, にはなに, に交じっ, に出かける, に初, に取り囲まれ, に取囲まれ, に取巻かれ, に向っ, に囲まれ, に弥次馬, に成る, に構わず, に殴った, に水, に農業, に追われ, に追掛けられ, に追越されたくなかった, に途中, のいない, のうち, のおかげ, のおしよせ, のたかる, のなか, の一生, の一連, の同情, の噂, の場合, の大群, の影, の心もち, の波, の玩弄品, の眼, の背後, の足げ, の蹄, の追, の追う, の錆鈎, の間, の類, はあと, はここ, はその, はもう, はワイワイ, は一斉, は埃, は崩れた, は必ずいろいろ, は恟, は数, は東京, は潮, は理, は目, は笑った, は米友, は誰, は閧, は集まらなかった, は頭, は騒ぎ, へも演舌, もありましたろう, もある, もろとも, も全く, も加わっ, も後, も手伝っ, も来た, も続々, も舌, も要するに, やらでやたら, や町, をおしわけ, をつれ, をもっ, を呼ぶ, を呼ん, を尻目, を払いのける, を撃退, を見廻し, を追, を追いちらし, を追いはじめる, を追う, を追っぱらい, を追払い

▼ 弥~ (166, 6.8%)

19 右衛門は 8 郎を 5 と喜多, 右衛門の 4 馬連は 3 右衛門が, 右衛門も

2 [13件] った, ったり, りました, る者, をとばした, をとばす, を飛ばした, 右衛門という, 右衛門に, 馬らしい, 馬連と, 馬連なる, 馬連中が

1 [93件] が, がとぶ, が出なけれ, が四方, が方, が飛ぶ, が飛ん, が飛んだ, くつて, くり廻つ, っていた, っていなかった, っている, っているらしい, ってまた, ってみた, って研究団, であると, でそれ, でないとに, ではなく, で言った, とは思い思い, と喝采, と荒木一次, と見物, と近づき, に対して最も, に飛び出し, のうるさい, のけんか, のこえ, のため, の上, の出る, の名言, の声, の石, は大抵, は暗い, は決して, もしくは打ち毀し, もなけれ, も飛ばせず, や質問, よりは遥か, よりは高き, られその, られて, りとばして, りに, り倒した, り出した, り出した時, り勝って, り弥次, り殺されかけた由, り気味, り立てて, り誰か, り飛ばし次いで, る, ること, ると, るはしゃぐ手, る子供, わざとの, をとばし, を始め出した, を批評, を沈黙, を聞く, を言う, を飛ばす, を飛ばすで, 人形が, 助と, 右衛門から, 右衛門殿でござる, 学生も, 気分と, 気分は, 気分も, 漫談という, 舟が, 質問を, 連の, 連中は, 郎寂しく, 闘争を, 馬なり, 馬連を, 馬連中

▼ 弥~ (163, 6.7%)

2 僕の, 思った, 鸚鵡蔵の

1 [157件] あまりの, あわてて, いきなり勢, いずれじゃ, いつもの, いよいよ怒り, うるさそう, おふくろに, お袋に, お貞, かっと顔, きのうから, ことし二十七である, このごろ妻を, この様, これが, さまざまに, しばし動き得ず, すぐ乗り気, すぐ大きな, すでに五人, せせら笑って, そのま, その口, その夜例, その後の, その方, その男, ただいぶかり怪しん, ただにこにこ, たびたび僕, ちょっとぎゃふん, なにを, はじめてホッと, はにかんで, ひとしお笑まし, ふくれッ面, またある, また早く, また母, もう紹由, やはり黙っ, よもや僕, わたくしに, わたくしを, 一旦ここ, 一言光代さん綱雄さんに, 上ずりて, 伯父でも, 何か, 何もかも, 例の, 俯向きたる, 僕と, 元の, 入口の, 全身を, 出で, 刀を, 初めて年増, 千生の, 取分けて, 古びた襖, 呆れたよう, 呼び止めましたが, 嘉十郎が, 多智多才, 大変な, 天下の, 奥へ, 女として, 好んで, 妙に, 娘な, 嬉しさ, 少しく不審の, 居るか, 左手の, 布袋の, 平気で, 床の, 庭へ, 彼の, 彼を, 待ちかねたよう, 待ちど, 御前を, 微笑みて, 心身ともに, 思うが, 急に, 情なく答えた, 意気揚々と, 扉の, 打ち笑みて, 抑えられて, 抑え付けられた, 抑え切れぬ胸騒ぎ, 振り返って, 旅衣の, 日光御用に, 日本橋の, 早くも, 早速領内, 椅子を, 横を, 武蔵の, 歩いて, 死んだ筈, 殺気に, 水色絖の, 浴室にと, 海の, 無関係な, 片足を, 独りわが, 玉の, 生得馴るる, 病後の, 皮肉らしく言った, 盃を, 直ちに思いぬ, 真ッ, 眠たげな, 眼を, 突き入りぬ, 立って, 笑ましげに, 繰返して, 美女の, 胸に, 脇差し菊路は, 自分に, 自分の, 蒼ざめた顔を, 蔵を, 藪の, 襖を, 見て取りて, 親しき中, 言うまでもないこと, 言下に, 訴えるよう, 詰め腹か, 話し続けました, 起って, 迂遠極まる, 重ねて, 面目を, 頼むよう, 顔いろ, 顔を, 顫え, 驚いて, 驚き, 鸚鵡蔵が, 黙って

▼ 弥~ (97, 4.0%)

30 上にも 17 上に 2 主家帰参の, 出て

1 [46件] いぶかしん, うえにと, うへにも, おるの, お坊様, お袋に, ぎょッ, こうした旦那, たじろいで, ひとり歩きである, わたくしの, 三寸ほど, 乱心し, 云ったよう, 云った通り, 五人目を, 仙石家の, 伺い顔に, 供揃いの, 僕を, 先頭に, 入って, 制しましたが, 同時に発病, 呼んで, 報告する, 嫉妬の, 引き受けたので, 復命を, 恐怖で, 悪いの, 抜くまでは, 拾って, 殺意を, 殿から, 申しますには, 立ち一同, 自分の, 色めき立って, 蔵の, 言いも, 身を, 追いかけましたが, 造り声色, 風邪を, 駆けだして

▼ 弥~ (67, 2.7%)

3 に連れ 2 がすんで, に行った, のため, や夕, を聞き

1 [54件] がすむ, がすんだら, が了, が初, が唱えられた, が描かれ, が済んだらしく, が行われ, でちょっと, でもあすこ, などがあり, などのある, にし, には列しない, には是非, には老いさらばえた, には行く, にも寝すごし, にドイツ人, に列, に参られました, に参列, に急い, に朗読, に行きなさる, に行く, に詣った, のすぐ, のパイプオルガン, の勤め, の後, の書, の歌, の祈祷集, ははじまっ, はまだ, は続い, へだけ顔, へゆく, もとなえられ, も終つた, や, や祭式, をきく, をとなえ, をなさいます, をはじめ, を受け, を唱え, を唱えた, を唱えられました, を聞いた, を行, 過ぎぬ修道院裏

▼ 弥右衛門~ (66, 2.7%)

6 の子 2 の伜, の家, はこの

1 [54件] が病死, が笑っ, が見せた, だの知己, という人, という老人, とこの, とちょうど, とは生前, と彼, と申す, など禁裡, に呶, に託し, のあと, のいる, のじ, のせがれ, の両, の亡, の今頃, の声, の子の日吉, の子日吉, の持っ, の方, の考え, の身寄り, の顔, はいう, はげらげら, はこう, はじっと, はその, はまた, はまだ, はやがて, は呟き, は呟く, は坐った, は夏, は多, は懸けられない, は手頸, は旅装, は炉, は眼, は貧しい, へ嫁ごう, もまた, もやがて, も足軽, をなぐさめ, を室内

▼ 弥九郎~ (53, 2.2%)

2 の練兵館

1 [51件] がおる, がその, がそれ, が一商人, が云い足す, が去る, じゃ, だつたか, という人, という若い, ともうす, と幾度, にすぐ, にすら秀吉, のことば, のはなし, の二男, の任, の剣術, の唇もと, の声, の姿, の弥, の往来, の描いた, の次男歓之助, の生涯, の眸, の道場, の長男新太郎, の門下, の首, の高弟, はそう, はなお, はぽつんと, はもと徳川家, は公然, は前, は小鬢, は当然, は暇, は熟慮, は自分, は髪, もその, もちょっと, を叱った, を呼び入れた, を引連れ, を躍らせた

▼ 弥次郎~ (43, 1.8%)

2 という人間, という男

1 [39件] いかさま安い, かも知れぬ, がこんな, がどうして, がキリスト, が実に, が答えまし, が駈け, そのかわり, という者, という青年, と暫らく起臥, と言, にたずねました, にも似合わない, に与, に伴われまし, に対して絶大, の人格, の徒, の本音, の父, の縁者知己, の行末, の話, はおそらくは, はそれ, はもともと, はキリスト教, はキリスト教徒, はゴア, はザヴィエル, は中村鶴蔵, は勝負, は譜代, は非常, は馬拉加, もう泊まっ, 各卜居

▼ 弥~ (39, 1.6%)

1 [39件] いろいろ脅迫, かえり見ながら, さえぎらして, しかりつけた, ずいと押しやる, つれての, なじると, なるべく人, ズルズルと, 一挙に, 上がり屋敷, 伴って, 先に, 初め七五郎達四人に, 初め廓外の, 助けて, 可愛がって, 呼んで, 囮に, 外れて, 女装させ, 帰した, 後ろに, 得たるを, 攻める, 新吉原, 田島に, 眺めたが, 脅迫し, 舌なめずりさせます, 表へ, 袈裟掛に, 見かけながら, 見下したが, 見迎えながら, 認めたの, 追われて, 退屈男は, 随え

▼ 弥次兵衛~ (32, 1.3%)

1 [32件] からくれぐれも, からであった, から委細, がこんな, という戸長, という綽名, という者, という金持, とはめったに, と助左衛門, と甚七, にいわれた, に診察, のいう, の家, の帰り, の意見, の手紙, の流行, の顔, は, はうるさ, はお, はただ, は乾児, は往来, は自分, は褒めた, へ伝え, も少しく, も意外, を経

▼ 弥~ (29, 1.2%)

2 して, しようと, するに, する卑怯

1 [21件] しきれないの, したるとは, した忠相, した窮策, し妾, する, するか, するという, するところ, するばかり, である, と姑息, に無恥, のため, の必要, の答弁, の策, の解決手段, もある程度, をなし, を事

▼ 弥~ (26, 1.1%)

3 命じました

1 [23件] かくまで, その愛撫, たった一合, もっと顔, よろしく先, 向かって, 命じて, 囁きました, 報告する, 声を, 大きく呼びかけました, 少々用, 引ッ込まれた, 強く出, 捧げ持たせながら, 残った兵士たち, 漏らしも, 猪口を, 結んだの, 言いました, 返せ, 送れり, 運ばせたの

▼ 弥~ (25, 1.0%)

2 菊路の

1 [23件] あでやかな, いっしょに, おいちゃいちゃをしてはいかんぞよ, お兼, こしへ, ママゴトでも, 一緒に, 二人し, 五分太刀どころかな, 兄主水之, 出てから, 名のった, 善平とは, 善平なりき, 奴国と, 奴国の, 書くべきか, 無駄な, 申される方, 申すぞ, 申す者, 虎七との, 言う筆者

▼ 弥~ (25, 1.0%)

1 [25件] あっ気に, こうしてさき, その妻, その晩, ついて, ついにまたの, ついに下り, にわかに悲しく, また月代, また短い, よろこぶに, 今は, 何となく心持, 偉いで, 千鳥の, 同感し, 同時にひとみ, 官吏や, 挨拶に, 来た吉弥, 気に, 等しくぎょ, 菊路も, 食った, 首を

▼ 弥~ (24, 1.0%)

3 をこしらえ 2 が青竹, に同様首筋, の兄弟分, は三人, を拵え, を振り立て 1 かなんか, がチョイ, で口, とか言った, の拳骨, の方, は俺, をおっ立てた, を肩

▼ 弥惣兵衛~ (21, 0.9%)

2

1 [19件] が勧修寺, じゃ, である, でございます, とその, と申す, の叱咤, の考え, の腕, は人相書, は再三, は割羽織, は少し, は意外, は組子, は腹立たし, は身, や捕手, 頑として肯く

▼ 弥三右衛門~ (20, 0.8%)

1 [20件] でしょう何, です, にも天帝, にわたし, の下座, の倅弥三郎, の内儀, の前, の姿, の本宅, の話, の顔, はこう, はしばらく, は年, は当年, は甚内, は眼, は苦々し, は長い

▼ 弥~ (16, 0.7%)

1 [16件] いいました, 出た, 帰すを, 帰って, 帰らず, 帰るであろう, 帰る旅, 帰れ, 帰れと, 廻るであろう, 廻れば, 急げ, 来た, 行った, 返せ爾, 静かに

▼ 弥どの~ (15, 0.6%)

2 のお

1 [13件] か, が家, だ, とはお, とやらを手土産, に慌ただしい, に穀つぶし, のお腰, のご, の宛名, の朋輩, めしとられたと, を掠っ

▼ 弥八郎~ (15, 0.6%)

1 [15件] が一人, であった, と連れ立っ, にさずけ, に注意, の駄洒落, はそういう, は両手, は取ってつけたよう, は小禄, は自分, も思わず, を呼び, を呼べ, 同平八郎忠勝

▼ 弥五兵衛~ (13, 0.5%)

2 に深手

1 [11件] が切腹, が同, が声, が嫡子, が討たれ, である, の創, の胸板, は槍, は鎗, も市太夫

▼ 弥陀如来~ (13, 0.5%)

3 の前, の本願 1 が安置, の仰せ, の善行方便, の徒, の応現, の持仏, の来迎

▼ 弥陀仏~ (12, 0.5%)

2 の腰, 即滅無量罪障, 無陀 1 の前, の園, も居, を念じ, を念ずれ, を移した

▼ 弥陀像~ (12, 0.5%)

2 が我々, や彼岸中日 1 が伝え, が光明后, が法華寺, と同じ, の模範, の脇侍, は仁明妃, を暴王

▼ 弥~ (11, 0.4%)

1 [11件] が教, という者苧商人雑掌, といっ, などの組, に邪魔, の八人, の襟, の頭, は後京都, は脇差, を連れ

▼ 弥助さん~ (10, 0.4%)

1 がびくびく, が答, と同じ, に呼びかけた, の方, はいつた, は向かふ, は泣き顔, は頬かむり, も兎

▼ 弥~ (9, 0.4%)

1 僕の, 加る, 呆れて, 善くない, 固く緊め, 怒りけれ, 憎しと, 明日が, 満枝

▼ 弥五六~ (9, 0.4%)

1 がよい, が取り次ぎ, という男, の不運, の訴えた, は何物, は急, もあまり, もぞっと

▼ 弥さま~ (8, 0.3%)

1 から御前, さえお許し, でご, にバッタリ, に息, は, よりか二つ上, をお

▼ 弥五右衛門~ (8, 0.3%)

1 といふ或は, の身辺, の遺書, は, は才右衛門, は絶息, は藩主, は鉄砲十挺頭

▼ 弥~ (8, 0.3%)

1 っ, っ弥惣, にすぐ, の切, はつつみなく語る, はなお, はまた, は忽ち

▼ 弥惣次~ (8, 0.3%)

2 が怒鳴った 1 から教わっ, けつけ, という, は一歩前, は右衛門, は怒鳴った

▼ 弥~ (8, 0.3%)

1 と受難楽, と日, に行った, の形式, の特色, の祈祷書, も唱えられなくなった, を司る

▼ 弥陀三尊~ (8, 0.3%)

1 が胸, とどこ, と比べ, に対した, の中尊, の半裸像, の比, を主として

▼ 弥という~ (7, 0.3%)

1 のは, ものと, ような, 人を, 六十の, 子だ, 禿は

▼ 弥三次~ (7, 0.3%)

1 が一喝, が詰め寄る, の介抱, はいかに, はこう, はせき込ん, を肩

▼ 弥陀画像~ (7, 0.3%)

1 があった, があり得た, についてもいえる, にはずっと, に似た, はそれほど, は平安朝

▼ 弥右衛門どの~ (6, 0.2%)

1 が生き, とも以前, に, の伜, の友達, へも

▼ 弥増し~ (6, 0.2%)

1 てかの, てゆく, て彼, て来, にたかぶる, に増し

▼ 弥次馬たち~ (6, 0.2%)

1 が後刻自宅, と兇器, にけろりと, に死骸, はワッ, は遠く

▼ 弥さん~ (5, 0.2%)

1 ときい, のお, も八十四歳, も少し, を呼ん

▼ 弥~ (5, 0.2%)

2 じゃない 1 じゃ, じゃ弥之, というの

▼ 弥~ (5, 0.2%)

2 の才 1 がここ, ではない, は吾が

▼ 弥二右衛門~ (5, 0.2%)

1 いみじくもいう, が, が信長, が側, に轡

▼ 弥~ (5, 0.2%)

2 無阿弥陀 1 とか悉く, 南無弥仏, 阿陀仏

▼ 弥~ (5, 0.2%)

1 に高め, り来りて, るばかり, るやら, るを

▼ 弥次に~ (5, 0.2%)

1 反感を, 完全に, 拍手し出した, 最初は, 逃げ場を

▼ 弥次馬共~ (5, 0.2%)

1 が両側, が英国, の間, をやんや, を制し

▼ 弥~ (5, 0.2%)

2 弥陀仏無 1 滞被, 阿弥陀仏弥南阿, 阿弥陀無

▼ 弥陀堂~ (5, 0.2%)

1 というの, は何処, ひとしきり煙, まで見おくつた, 迄送

▼ 弥から~ (4, 0.2%)

1 本名の, 来た緑, 聞いたの, 見舞われた太股

▼ 弥七郎作~ (4, 0.2%)

1 とある, というきざみ, という焼き彫り, と銘

▼ 弥~ (4, 0.2%)

1 勝あそばし, 安祥御, 揃御, 機嫌よく

▼ 弥~ (4, 0.2%)

1 が, が寒い, が捧げ, 覚えて

▼ 弥次馬根性~ (4, 0.2%)

1 がそう, にもかかわらず, を持っ, を持つ

▼ 弥との~ (3, 0.1%)

1 いかにも睦, 間を, 関係を

▼ 弥とは~ (3, 0.1%)

1 ようやく離, 二三丁も, 夫婦同様に

▼ 弥七郎め~ (3, 0.1%)

1 の足首, はばち, を弟子

▼ 弥五右衛門景吉~ (3, 0.1%)

1 と名, の嫡子才右衛門一貞, は高

▼ 弥~ (3, 0.1%)

1 の姿, は伝右衛門奮戦, をし

▼ 弥増す~ (3, 0.1%)

1 寒さ, 悲の, 敵意と

▼ 弥平治どの~ (3, 0.1%)

1 か, が鷺山, だの

▼ 弥彼方~ (3, 0.1%)

3

▼ 弥次馬性~ (3, 0.1%)

1 からは, がつきもの, と射倖心

▼ 弥菊路~ (3, 0.1%)

1 そろそろ参ろう, のところ, のふさわしい

▼ 弥藤二~ (3, 0.1%)

2 は松明 1 は先

▼ 弥陀浄土変~ (3, 0.1%)

2 として山越し像 1 は恐らく

▼ 弥あの~ (2, 0.1%)

1 四人の, 娘を

▼ 弥いち人~ (2, 0.1%)

1 のみを引き, を供

▼ 弥~ (2, 0.1%)

1 別れです, 坊ちゃまで

▼ 弥これ~ (2, 0.1%)

1 だけの人間, を詠む

▼ 弥さらに~ (2, 0.1%)

1 匂ひ, 病児の

▼ 弥たちふたり~ (2, 0.1%)

1 はおろおろ, は一層

▼ 弥~ (2, 0.1%)

1 を今ひと息, 憎い奴

▼ 弥七郎氏~ (2, 0.1%)

1 の墓, の悲運

▼ 弥三左衛門~ (2, 0.1%)

1 が止む, はその

▼ 弥之さん~ (2, 0.1%)

1 では, に似た

▼ 弥九郎行長~ (2, 0.1%)

1 とみずから, は走っ

▼ 弥五兵衛以下一族~ (2, 0.1%)

1 のもの, の立

▼ 弥八郎様~ (2, 0.1%)

1 が通りかかり, のお

▼ 弥八郎正信~ (2, 0.1%)

1 が帰り, であった

▼ 弥六さん~ (2, 0.1%)

1 という老人, は当時

▼ 弥助森啓之助~ (2, 0.1%)

1 あの連中, を先

▼ 弥南無~ (2, 0.1%)

2 弥仏無

▼ 弥~ (2, 0.1%)

1 が数年前, の話

▼ 弥~ (2, 0.1%)

1 が再婚, は覚信尼

▼ 弥左衛門君~ (2, 0.1%)

1 に献じます, もツイこのごろ世

▼ 弥左衛門様~ (2, 0.1%)

1 が沈勇, と仰っし

▼ 弥志馬~ (2, 0.1%)

1 が仏頂面, が後

▼ 弥忠太~ (2, 0.1%)

1 は栄喜, は番方

▼ 弥撒か~ (2, 0.1%)

1 らしょんぼりと, ら帰っ

▼ 弥撒祭~ (2, 0.1%)

1 なぞと世界的, をあげた

▼ 弥撤書~ (2, 0.1%)

1 にある, についてもカン違い

▼ 弥次兵衛どの~ (2, 0.1%)

1 によろしゅう, はきょう

▼ 弥次馬ども~ (2, 0.1%)

1 の見世物, も承知

▼ 弥次馬心理~ (2, 0.1%)

1 というもの, をわかし

▼ 弥次馬達~ (2, 0.1%)

1 が夥しい, を押分ける

▼ 弥~ (2, 0.1%)

1 して, し風

▼ 弥白く~ (2, 0.1%)

1 なれば, 弥匂やかに

▼ 弥~ (2, 0.1%)

1 ちて, ったよ

▼ 弥陀三尊図~ (2, 0.1%)

2 に山の端

▼ 弥陀崇拝~ (2, 0.1%)

1 に対してこれ, を反映

▼ 弥陀廻向~ (2, 0.1%)

1 のもの, の念仏

▼ 弥陀来迎~ (2, 0.1%)

1 の三尊化仏菩薩, の図

▼ 弥陀来迎図~ (2, 0.1%)

1 を廻っ, を廻つて

▼1* [269件]

あとから神官, 弥もんの, 弥え, 弥この修道士の, 弥さやさやに若き, 弥しき垂るるすぐろ落葉松, 弥それから菊, 弥そろそろ罷帰るかのう, 弥あんな奴, 弥だけが時々お, 弥ちょっとおいでそなた, 弥つづけッ, 弥はなく, 弥であるらしいことは, 弥といった男の, 弥といふ人の, 弥とて売出しの, 弥とともにはじめて見ゆる, 弥どうぞよ, 弥どのきょう御家内が見え, 弥どのたちの美しい, 弥どの今頃泣き濡れて, 弥なきあとの, 弥などが天領役所へ, 弥などと云ふ, 弥なる者が, 弥にはまた技, 弥はにッこりした, 弥ふと廊下へ, 弥ほとほと感服仕りました, 弥ましてこの, 弥まし玉へ, 弥までが一緒に, 弥みたいなもの, 弥妾の, 弥よく聴け殿, 弥よりの使いは, 弥ども主, 弥七郎儀七年このかた芝露月町土偶師泥斎方, 弥七郎天野貞之丞古留源八郎, 弥七郎様のお嬢様, 弥七郎水野三左衛門七番には弓鉄砲頭, 弥七郎自身の面影, 弥三吉はなじみ, 弥三太郎荒木茂の父, 弥三次三谷一馬の都合四人, 弥三雄というの, 弥賤の, 弥不忠不義の名, 弥中国に穢, 弥九兵衛玉川千之丞多門庄左衛門らの俳優出, 弥九郎一柳市助などいわゆる, 弥九郎先生が越中国氷見郡仏生寺村, 弥九郎千葉周作桃井春蔵それ等の剣道師範, 弥九郎千葉周作桃井春蔵近藤勇山岡鐡舟榊原健吉これらの人々, 弥九郎塾それから桃井春蔵塾, 弥九郎山内猪右衛門一豊など多士済々, 弥九郎桃井春蔵に伊庭親子, 弥九郎桃井春蔵伊庭軍兵衛と名声, 弥九郎氏が何, 弥二右衛門政綱に沓掛城三千貫, 弥二徳民などのこと, 弥五こと家内を失い, 弥五七手代丁稚に扮, 弥五七服部二郎右衛門金子吉左衛門などが居, 弥五七道化たる身振り, 弥五兵衛つぎにまだ, 弥五兵衛以下一同のもの, 弥五兵衛市太夫五太夫七之丞, 弥五右衛門奴老耄したるか, 弥五右衛門方へ後妻, 弥五右衛門景一と名, 弥五右衛門景一死去いたし候, 弥五太夫が寛文十一年, 弥五左衛門どの神尾五郎太夫どのお, 弥五平宅で英国士官, 弥五平方に陣取った, 弥介来かかって, 弥仏南弥仏阿弥弥無弥陀仏, 弥仏阿弥弥無弥陀仏, 弥堪らず無い, 弥以下四人の者, 弥仲光内膳と数馬, 弥伸び上がって数え, 弥佐栄兼て御, 弥何時頃じゃ, 弥の早乙女主水, 弥優れたのが, 弥八郎ことも無げに言う, 弥八郎さんも大, 弥六三番松高四番菊地鉄平五番遠山六番安立七番芹沢八番斎藤と極めた, 弥六小熊彦一などが大, 弥六左衛門長沼駿河守渋谷遠江守伊東前司, 弥六彦一岩藤九小駒, 弥六松高が一, 弥六松高菊地鉄平の七人, 弥六松高菊地鉄平内山の順序, 弥六親仁がいつも, 弥六郎に府中, 弥共々等しく三人, 弥其方に申し付ける, 弥助ちよいと顔, 弥助約束したるごとくにっこり, 弥助関川十太夫柏蔵人熊坂大伍などの輩, 弥匂やかにようやく, 弥北口不浄門を見張りましょう, 弥阿陀, 弥危ないところであった, 弥又の名を森右門, 弥召し随え, 弥可おもひ, 弥右衛門中村文荷斎小島若狭守などが, 弥右衛門尉どのなどお, 弥右衛門忠高の家, 弥右衛門朝山日乗村井貞勝などを幾たび, 弥右衛門様が戦, 弥右衛門石川兵助の三名, 弥右衛門秀長の父, 弥和田国次郎同小寺戻, 弥にかけても相成りませぬ, 弥囂しく言は, 弥は実に, 弥坂勇造という男, 弥堅迅雷驟雨ありて, 弥増さり行くこそ是非, 弥増した景気でありました, 弥太っ平の, 弥夫婦親子三人を乗せた, 弥奪取事件が愛妹菊路, 弥女他の諸, 弥家持が詠んだ, 弥寂しく今の, 弥射干なり関中, 弥小野川宇源次藤田小平次仙台弥五七服部二郎右衛門金子吉左衛門などが居, 弥居るか, 弥と末, 弥左衛門殿より言上, 弥お別れ, 弥弥助の弥, 弥弾丸の的, 弥く祷に, 弥志馬広瀬伝吉大島宗太という助役, 弥思ひ増すに, 弥惚れ惚れといたしました, 弥惣どのですか, 弥惣兵衛為永といふもの, 弥惣太田内蔵助小林図書松村友十郎浅見対馬守入道道西神保若狭同八郎右衛門, 弥惣太田内蔵助松村友十郎などが再度, 弥惣次以下ついおろおろせず, 弥貧, 弥挙げて, 弥撒ティ・ダンスサパァ・ダンス運動競技福引と手, 弥撒室内楽歌曲その他あらゆる形式, 弥撒旗となっ, 弥撒曲の中, 弥撒書といふ, 弥撒等を見, 弥撒謝恩の礼拝, 弥撒集に突ツ, 弥攘夷と申, 弥に事, 弥日帰来過山口聯玉家, 弥暴く怒気烈火の, 弥更に世を, 弥曾八小林真平ソノ時代, 弥曾太郎の女房, 弥にし, 弥栄えに栄えられる, 弥様妾もう一度貴, 弥之兵衛, 弥次ごえも, 弥次さんであった, 弥次さん喜多さんとてもほ, 弥次兵衛以下三千七百人部将皆郷士豪農, 弥次兵衛正恒穂積権九郎宗重熊谷小五八照賢, 弥次半分に取扱, 弥次性もたっぷり, 弥次氏と同行喜多君, 弥次的気分との中, 弥次郎なにもうねえ, 弥次郎ひがし谷へ降り, 弥次郎千世松の両人, 弥次郎喜多八が夕旅籠, 弥次郎眼を, 弥次郎重行もただちに, 弥次馬ばかな面, 弥次馬兼援兵が雲霞, 弥次馬声をヒソヒソ, 弥次馬役人達が四方八方, 弥次馬探偵弱ったよ, 弥次馬的な騒ぎ, 弥次馬精神も加, 弥次馬罵詈と礫, 弥次馬顔に出かけ, 弥次馬風の人間, 弥まずして, 弥死去仕後, 弥のほか, 弥殿が行方, 弥の塾, 弥決心しました, 弥治衛門に弥吉, 弥津太夫大隅太夫呂太夫の錚, 弥深く閑寂無二の, 弥為弖牟志太夜伊幣爾久太佐牟也, 弥爛国西に山, 弥しかったと, 弥用意の品, 弥由母阿是古志麻波母, 弥男令弟夫妻久我通保男嗣子等々舞台に登る, 弥益皮相に述べ来りたる, 弥真っ向から二人, 弥神社というの, 弥移居を始め, 弥立てる時彼は, 弥立ッた, 弥竪そうな目, 弥筆端に纏繞, 弥があつ, 弥篤く君臣の, 弥紋弥は居る, 弥縫せんとここ, 弥縫以て一時, 弥縫暗躍がまぬがれ, 弥縫策に過ぎない, 弥神主三人が, 弥老人の吹, 弥しくいわれるよりは, 弥荒助農商務は平田東助, 弥した遊行女婦, 弥虎徹をさし, 弥行事猿行事これに同じ, 弥にもある, 弥起って手, 弥追いかけてみい, 弥通っている, 弥造さんの手, 弥造どんが捕, 弥造どんちのかかりうど衆じゃある, 弥造親分とは, 弥造貸元の飲分け, 弥進阿波礼久須利師之上登奈良末久, 弥釈女が自撰, 弥重陽明日御催, 弥阿弥ホテルへと車, 弥陀のちかひ, 弥陀ヶ城岩のあたり, 弥陀仏像を柱, 弥陀像一つの観音像, 弥陀光如来は住ん, 弥陀六の眉間, 弥陀六福助の相模, 弥陀南弥南無弥仏, 弥陀坐像は湮滅, 弥陀坐像ソノ向ッテ右ニ観音, 弥陀尊はそのまま, 弥陀尊仏に対面, 弥陀尊像の塔, 弥陀弥勒菩薩瑞像各一躯, 弥陀本門の弥陀, 弥陀本願の趣き, 弥陀浄土への願望, 弥陀浄土画像であるが, 弥陀観音勢至の三尊, 弥青道心を始末, 弥頻き喧きぬ独のみ, 弥馬鹿だ, 弥馬鹿者はあなた, 弥高橋長春常盤の主人岩崎盛太郎