青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「弟子~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~引いた 引いた~ ~引き 引き~ ~引く 引く~ 引返し~ ~弟 弟~ ~弟子
弟子~
弥~ 弦~ 弱~ ~弱い 弱い~ 弱く~ 張~ ~張っ 張っ~ 張り~

「弟子~」 4052, 44ppm, 2650位

▼ 弟子~ (736, 18.2%)

17 一人が 8 中で, 僧の 7 うちに 6 僧は, 礼を, 顔を 5 ような, 一人に, 中に, 手に, 方へ, 道鏡法師に 4 うちで, ために, 中の, 僧が 3 うちでも, ように, 一人と, 一人として, 中でも, 口から, 家に, 家を, 方が, 話を

2 [51件] うちから, くせに, ことを, しつけ方, なかから, なかに, ほうが, ほかに, モオパスサンは, 一人で, 一人であった, 一人です, 一人ででも, 一人も, 三太といふ, 中では, 二人は, 二歳坊主が, 前田一学とが, 勝重は, 句空に, 名も, 大学生浮田信之を, 女形で, 婦人が, 小三津, 座の, 恭太郎という, 恰好は, 手を, 数は, 数も, 方へは, 様に, 様子を, 法蓮房に, 眼には, 羽倉信美の, 耳には, 肩へ, 背中へ, 話か, 話すの, 話では, 語を, 足を, 身が, 逃げま, 面倒を, 養成に, 驚いたの

1 [500件] あにい, あの美男上人, あるこの, いる裏二階, うちには, うちにも, うちの, うち一番鈍才であった, うち最良の, おに, おひとり, お前は, お夏さん, ことに, この日親, ころであった, ごとく不自然さ, その師, そばで, たてた茶, ためなら, つく筈, つもりで, ところへ, どれかを, ない荻江節教授, なかで, なかでは, なかでも, ひとりでございます, ひとりも, ふざけた振には, ほうから, ぼくが, また弟子, まちがいでない, もとに, やり方だ, ゆるしを, ようです, ゐるとき, アシュバーヂットすなわち, アリストテレスは, アルメードという, アンマは, アンマも, アンリや, オスカー, カバン持ち, カミイユ・クロオデル嬢との, シャブズン師から, シャブズン師が, ジャムヤン・チョェジェあるいは, ジヤンヌ・ルミイとに, チンピラ探偵だなっ, ツモリで, ビータは, ヘルトウィッヒの, ホヤホヤにだって, ポール, マユミさんの, メクラだけが, モーパッサンに, ルー君や, ワルセイが, 一なる, 一人であっ, 一人であり, 一人である, 一人でし, 一人を, 一人椿山が, 一分である, 一名な, 一員ででも, 一師を, 一種である, 一道を, 一魚を, 七八人も, 三人が, 三人までを, 三光國師の, 三四人も, 三拝九拝に対して, 三木助君, 三百人も, 上席であった, 上達を, 下習え, 与えたこの, 中から, 中からは, 中にても, 中には, 中にも, 中へ, 中川海老蔵に, 中心に, 久治, 久治と, 久治も, 乘純及び, 二三人ぐらいは, 二三人も, 二人だけが, 二人や, 二人を, 五人十人も, 五侯子それから, 五雲である, 五雲様と, 人たちの, 人たちは, 人柄を, 仕事が, 仕事の, 仕事ぶりを, 仕付方は, 仕込みの, 代りを, 仲で, 伊太郎と, 佐吉は, 佐野松と, 体に, 体はは, 体へか, 何さんという, 佛道禪師并びに, 作でも, 作の, 作法を, 作者として, 信秋という, 傑出した, 傳にも, 僧たちと, 僧たちを, 僧でさえ, 僧にも, 僻見を, 優秀な, 光実が, 光明房という, 免状を, 入門は, 公尚, 六十幾人それは, 兼如と, 内でも, 内でもと, 出家たる, 刀と, 分その, 刺繍に, 前に, 前へ, 前垂も, 加藤美樹の, 労力の, 動きを, 勝法房という, 勝重だけを, 勝重なぞも, 勝重に, 勝重の, 勝重をも, 勧めるまま, 又弟子か, 取り扱い方については, 取次ぎで, 古今亭今松は, 叩頭に, 吉公が, 吉公を, 吉田兵助です, 吉田兵助とかいう, 名が, 名を, 君から, 吾八に, 命松丸から, 命松丸も, 善鬼である, 国友春枝といふ, 地では, 場合においても, 墨齋が, 夏目甕麿この, 外は, 外光派に, 多い方, 多くなる, 多寡にも, 大勢の, 大工でございます, 夫人や, 失策を, 女たちは, 女の子に, 女は, 女優に, 女優の, 女達や, 如くなり, 如く嵩, 妹の, 姓名を, 姿を, 娘さん達の, 娘たちが, 娘と, 娘達だつた, 子夏, 子貢, 子路が, 子路の, 安楽房に, 定吉です, 定吉は, 実業家が, 家などへ, 家の, 宿阿, 寂照が, 寿女さんも, 将来ある, 将来に, 小僧も, 小勇であった, 小圓太, 小林さんて, 小林だ, 小林と, 小林めが, 小林少年を, 少し足りない, 少年探偵団員である, 尹喜を, 尼達も, 山下京右衛門が, 山楽に, 山楽にも, 山楽は, 山楽を, 山河内という, 巡査どもを, 左内様としては, 左千夫の, 左鶴が, 差し出す鏡, 帰りを, 幾人かを, 座から, 座に, 弟子たちを, 弟子の, 弟子等の, 弥七郎は, 張り合いの, 微かな, 徳てえ, 心, 心には, 心やりで, 心得と, 心得違いか, 心持だ, 心持ちも, 心持と, 心服せ, 必要は, 念日様に, 怠りは, 悪評ほど, 愚直な, 慶四郎は, 懷中は, 手なみを, 手へ, 手数を, 手首の, 手首は, 才分に, 才蔵なにとぞ, 扮装だった, 批評を, 教化入滅などを, 教育に, 数が, 数に, 数の, 文科大学生であっ, 新三郎その他の, 新富支店久兵衛下っ, 方で, 方のは, 方は, 方へも, 方を, 日叡の, 日大の, 日成と, 日朗へ, 日榮の, 日進の, 日順日暹の, 昇華, 春山が, 春日珠枝, 春日珠枝が, 是信房で, 是信房や, 智慧を, 最も多く, 朝顔日記浜松小屋, 本居宣長, 東山坊こと定吉と, 東嶺和尚とかいう, 松が, 松村瞭氏の, 松永貞徳に, 枯淡に, 柳条が, 柳條が, 栄五郎が, 桃應との, 桃柳と, 検校が, 榮枝柏枝も, 橋本峨山を, 機嫌を, 歌笑に, 江馬細香女史と, 沢山いる, 浜名屋又次郎さんに, 清人は, 滝松という, 滝松二十七八の, 瀬田掃部正, 為に, 為めに, 烏帽子を, 無類の, 爲三郎といふ, 爲三郎を, 犬めを, 独創によって, 猪之, 猿づら, 琴之, 生活費に, 田中英光と, 由利という, 由次郎は, 男と, 画を, 疋田文五郎でござる, 発句つくり, 発表会が, 発表会の, 百人や, 目, 目には, 真如が, 真然, 矢上を, 矢上鉄之助であった, 石塚龍麿という, 祇園藤次, 祇園藤次が, 祇園藤次に, 祐吉が, 禅竹は, 禽滑釐が, 禽滑釐の, 秀麿を, 私たちは, 私では, 稚子, 種類が, 窺基即ち, 立場は, 立場より, 竹原の, 竹子は, 竹童を, 経営で, 絵や, 絵を, 綱右衛門の, 綱行に, 縁者の, 羅漢たちから, 者で, 者に, 聖雲とが, 能力に, 自分には, 自殺を, 良助と, 良助の, 良因, 良太が, 芸では, 若いお, 若い人, 若い人たち, 若い教師, 菊彌, 菩薩達が, 萩原国吉を, 萬斯同が, 藍子に, 藤吉から, 藤吉は, 藤村頴子女史に, 蘭軒に, 虎伯とが, 衆少から, 行き帰りに, 製作が, 製作であろう, 西阿弥が, 解するところ, 訪れに, 許に, 詩人たちぐらゐは解つてゐる, 語が, 語として, 語は, 語も, 語や, 語七章は, 説いた智慧, 誰かでも, 誰かれ, 誰である, 誰彼に, 誰彼は, 謡を, 資格に, 身の上が, 身の上にとって, 身を, 身許を, 辰之助も, 近江滿子さんが, 追加, 道だ, 道も, 道を, 道化師に, 遠く及ばざる, 遺る所, 遺誡を, 金光坊である, 金毘羅比丘讃岐に, 金水あたりの, 金語楼も, 釜右ヱ門が, 鈴木松代さんの, 鋏を, 鏡忍房は, 鐵童, 鐵童と, 鐵童は, 鑢の, 長作を, 長頭丸, 間だけに, 間に, 間にも, 間柄では, 関心の, 関良輔という, 阿闍梨が, 阿難, 際立った馴らし難, 隨音と, 集会日だ, 静枝も, 非行は, 音楽会へ, 頭なる, 顏へと, 顔の, 顔へと, 香椎六郎が, 馬鹿どもまで, 駈り出しに, 驚きが, 驚き怪む程, 體はは, 體へか, 魂と, 鶯共が, 鼻先で, 龍智は

▼ 弟子~ (450, 11.1%)

66 して 31 なって 7 なった 5 なるん 4 しました, なっても, 向って, 教えて, 稽古を 3 なったと, なりたいと, なりたいという, なりました, なると, なるの, 對し

2 [20件] お稽古, とり立てて, なったの, ならうと, なること, なるよう, なる者, なれ, なれた, なろうと, まだいくら, 入られたの, 剃りけり秋, 呉れて, 成って, 托して, 接吻する, 言ふ, 話して, 谷口月窓といふ

1 [260件] あほ, いいて, いざなわれ嶮難, いたしたの, いったことば, いつでも, えらいもの, おなり, お客を, お教え, お目にかかろうとは, くれそうして, くれて, こんな酷い, させた, されよと, されること, した, したが, したくを, したところが, したとて, したわけ, した所, した橋本町一丁目, してと, してやるといった, してやろう, してやろうと, しようと, しろと, すぎない, すらすこと, する, すること, すると, する秋雄, する訳, ちげえねえ, ちょっと色ッ, ちよつと, つきては, つくこと, とって, とれば, なされて, なすって, なったがね, なったきっかけ, なったこと, なったちうこと, なったであろう, なったという, なったところが, なったばかり, なったらばと, なったん, なった上, なった少女探偵, なってから, なってと, なつた, ならうといった, ならなくたって, ならなくても, ならなけりゃ, なられた方, ならんとの, なりお, なりそれから, なりたいなどと, なりたいわ, なりたい決心, なりたくは, なりてが, なりながら, なりなさい, なりなさらんか, なりに, なりましたならば, なりまして, なりましょう, なり剃髪, なり名, なり大, なり度, なり恭太郎諸共クリ, なり皆, なるが, なるだらうよ, なるもの, なるより, なる心掛け, なる気, なる氣, なる積り, なれたなら食うこと, なれと, なれなんて, なれるぞ, なろうじゃ, なろうひとつ俺, はいったが, はやく一人, ふさわしくない, まかせ上塗り, やらせて, よくある, わしの, ヒゲを, 上仙と, 与えて, 与へたの, 代らせた, 代作させる, 任せて, 伝えたが, 伝えたという, 伝えて, 伝えられその, 伝え弟子, 伝へたの, 体刑を, 作らせて, 侍れば, 借りて, 入ったあくる, 其角の, 再会する, 別れを, 剣突を, 劣るよう, 占領されよう, 取ったこと, 取って, 取っても, 取つて, 取るだけの, 取るの, 吉田松陰が, 向かい, 向かって, 向っては, 向つて言, 向ひ, 告げた言, 告げて, 呼びかけたの, 命じたもの, 命じて, 命じ布, 嘘を, 型を, 堀内新泉といふ, 声を, 売られるところ, 変わらないの, 大勢の, 如かずだ, 對する, 小作り位まで, 小川といふ, 就いて, 就ての, 帽を, 度々色街, 当られる方々, 当る新進, 当る男, 当る若い, 感染してる, 成りますの, 手伝わせて, 手習を, 才能の, 投げられるの, 持ち知らざる顔, 持ったが, 持って, 持つて, 持とうと, 指図した, 按摩を, 授けて, 採らなかったので, 接吻し, 敏感な, 教えたり, 教えなかったばかり, 教えながら, 教えました, 教えられいよいよ, 教えること, 教え給うにも, 教へて, 教ゆる, 教訓した, 最もよく仏法, 李, 来て, 来てから, 来意を, 東馬甚斎という, 林美雲という, 桜間青, 槃特と, 権太郎という, 歌を, 比ぶれ, 毛氈の, 燕車といふ, 現はれた, 発見され, 石井孝三郎と, 研究させ, 磨らせた, 示した詩, 等しかつ, 箏を, 縁づいて, 自己認識の, 致すであろう, 興を, 良寛様の, 芭蕉の, 花輪吉野など, 蔦吉を, 行くはず, 親切に, 言いつけた, 言い付けて, 言って, 言ひ渡し, 訊いた, 許六という, 話しかけるところ, 話したかも, 語って, 説いた言葉, 説くに当たっては, 読み聞かせた, 諭されたという, 諸岡一羽という, 講義を, 貰われたん, 買つて来させた, 赤恥を, 越前の, 蹄斎北馬といふ, 金子市之, 限った葬礼, 限って, 難陀, 非ず, 頒ち伝へる, 頼むほか, 顔を, 食べさせるもの, 黎元, 鼻柱を

▼ 弟子たち~ (354, 8.7%)

7 の中 64 の間 3 と一緒, に, のなか, の前, を前, を集め

2 [24件] が, が手, である, にこう, にとってはその, にも旨, にも知らせた, にも親切, に言い聞かせた, のうち, のこと, の上, の情愛, の手, の足, はその, はまるで, は先生, は彼, は絶えず, も呆れ返つ, よりも或は, を呼び立てる, を水干

1 [271件] からは何, から青, がある, がいずれ, がお茶, がかはる, がこう, がすむ, がだんだん, がともに, がどうして, がどやどや, がどんなに, がやる, がわたし, が一度, が三人, が三四十人, が世間, が他出, が先, が先生, が写真機, が別室, が十余人, が多く, が少ない, が常に, が式, が涙ぐん, が湯, が漱石, が皆, が稽古, が立ち並ん, が薬, が親方, が釜右ヱ門, が集まっ, が順々, が驚き, だけを小舟, だという, であろうところ, でみんな, で先生, といっしょ, とが鍵, とだけの居る, とどこ, との間柄, とピリポ・カイザリヤ, と共にゲッセマネ, と共に蘇州黄泗津, と同様, と巫山戯あった, と話し, などと御, にあまり, にいう, にいつ, にこの, にさえ縋りつきたい, にし, にとっては師, にはその, にはウムウム, にひどく, にまで彼等自身, にむかい, にも感じられ, によって学問的意識, によって源氏節, によって筆, にわけ, にイエルサレム, に与え, に僧都, に向い, に問, に囲まれた, に対しても家内同様, に対して他, に対して真, に対する教師, に帳面, に強い, に当り散らし, に彼, に心づけ, に手伝わせ, に批難, に押し附けよう, に教え, に教え聞かせた, に教訓, に明るく, に晴れ, に理解, に申された, に相談, に稽古, に立合, に考えられ, に自慢, に見つかったら, に言った, に重んぜられ, に金, に食わせる, の, のいつも, のお, のこの, のため, のほう, のほか, のパン, の世話, の人物, の人物月旦, の仕, の伝記, の作, の傾向, の写真箱, の力, の努力, の口真似, の口馴染み, の右往左往, の増え, の外, の安危, の宥免, の年齢, の思惑, の恭敬, の感激, の手前, の手前勘, の揶揄, の方, の晴れやか, の様子, の消息, の父兄達, の甘え, の研究, の稽古, の笛, の答一つ, の練習, の習う, の耳, の聖賢, の肺腑, の言う, の話, の足さ, の躾, の関係, の面倒, の顔, の首尾, はあんなに, はいずれ, はいろいろ, はかねて, はこの, はこれら, はこんど, はこんな, はしゃべった, はそれ, はそんな, はただ, はとぼけ, はなかなか, はびっくり, はほっと, はまだ, はみな, はイエズス, は一つ, は仕事, は何, は先ず, は先輩弟子, は其処, は劇場, は口々, は孔子, は宮様, は師匠, は廃業, は徐, は承知, は桔梗さま, は正直, は水の上, は現今, は畑, は皆, は知人, は笠, は自分, は裏表, は部落, は釣台, は顔, へ, への贈り物, までもと, もあまりに, もいつの間にか, もこの, もすくなく, もずいぶん, もそっと, もそれぞれ, もたいてい, もだんだん, もみんな, ももう, も一人, も口, も壇, も姐さん姐さん, も心服, も手分け, も故, も毎, も浮き上らせ, も皆それ, も目, も相当, も祝儀, も荒々しく, も薄々, も言っ, やファン, や部落, よりもはるか, を, をじ, をひっぱたく, をみかえっ, を三十六, を何, を励ます, を叱っ, を呼び, を引き出す, を引き連れた, を引っ張っ, を従え, を抜い, を持つ, を教, を教え, を教える, を教育, を疵, を相手, を結びつけた, を見, を身近, を連れ, を顧み, 何ぞ愚

▼ 弟子~ (269, 6.6%)

3 あった

2 [17件] あって, つきません, できて, ひとりいた, 二人幕の内で, 來て, 内々師匠に, 出来て, 居すくまる拍子, 師の, 恐しかつ, 来て, 蛇に, 袖を, 言ふ, 訊く, 食って

1 [232件] あったから, あったもん, あらわれて, あります, あり家, ある, あるかと, あるから, あると, あるので, あるッさ, あれを, いた, いたらしい大, いっしょに, いったい何, いて, いますが, いる, いるの, いるもん, おりその後, お弟子, かかる企みを, かわいくて, きた, きょうは, ここに, こちらを, この事, ございましたが, さういふこと, さきま, しくしく泣き出す, しづかに, すけないから, すこしばかり, すこしも, その往生振り, その精しく, それに, そんな事, たった三人, だんだんに, ついたの, つかないから, つき添って, どんなに堅い, ない, ないの, ないもん, なかった, ひとりい, ふえた, ふたり減った, へっちゃあ, ほしくなった, また多少出来ました, また飛ん, みんなで, もう一人帰つて, もう一人歸つて來, もう雀, やがて死霊, やって, やはり地獄変, やはり地獄變, やるか, わざわざ奥, わざわざ奧, わざわざ通っ, ゐる中, ギリシアへ, トンキョウな, 一人その, 一人は, 一人仕事を, 一人午まえ, 一人留守番に, 一度教わった, 一本立ちに, 三人と, 三人まで, 三人集つて馬の, 三名, 三尺の, 主人に, 二三人の, 二三人も, 二三人宙を, 二人し, 二人ひとりの, 二人も, 二人ミシンを, 今五十いくつかに, 今日の, 今日は, 仕事に, 住んで, 何とか一流, 何処かで, 來ても, 借金し, 働いて, 先生は, 先生を, 六人で, 其處へ, 出て, 出来たの, 出来るの, 勤めて, 十三歳で, 十数名も, 十歳の, 参りまして, 古浴衣, 句を, 可愛くて, 可愛さ, 告げに, 呟いた, 周りで, 命賭け, 問い師が, 四人であった, 売れようと, 売れるの, 多いから, 多くしたがって, 多く集まっ, 大勢居た, 大勢戦死を, 天台の, 女房同, 好きな, 孔子に, 定められるん, 寄りつかなくなったという, 富士の, 少ないもと, 居るんで, 峩斎である, 師へ, 師匠の, 師匠を, 帰って, 年期を, 引いて, 張番を, 彼が, 彼に, 彼の, 往生の, 御弟子ゆえ, 意外な, 手もて, 手や, 手伝いに, 打ちこむと, 打つ分, 招待され, 持って, 持つて, 捧げて, 描いたのに, 提灯を, 救われたので, 教わるよう, 散じた, 敬虔な, 数人ゐた, 敷居ぎわにあらわれて手を, 斯かる, 新法主, 早く来ましょう, 時代の, 書いて, 最後の, 有って, 机に, 来おると, 来ても, 来ぬよう, 来るこれ, 来ると, 来るの, 検校の, 欲しかった, 正しい指, 死人同, 残って, 殖えたかと, 殖えました, 永続きしない, 沢山ある, 泣く, 減って, 無事帰還した, 物心つい, 監督を, 相前後, 相当に, 祭壇の, 私に, 立って, 立合って, 続けた, 罪悪を, 腰衣を, 舞台で, 衣裳箱を, 襲いで, 見えて, 見ると, 訪ねて, 訪問し, 詩人の, 読みます, 諸方より, 謝礼として, 通って, 進んで, 部屋に, 銭包みを, 長続きが, 集った, 集まって, 集まつた, 頑張って, 馬の, 駈けつけて

▼ 弟子~ (256, 6.3%)

8 連れて 6 取って, 持って 4 使って, 相手に

2 [11件] つれて, もって, 取った, 取つて, 取ること, 呼びよせたので, 打ったり, 抱えて, 教えて, 集めて, 養成した

1 [206件] あずかったこと, あつめて, ありのままより, いっさい取らねえ, おいて, お供に, お持ちです, かかえて, かなしむ遮莫外, この狭い, しかるわけ, して, その個性, その家, たきつけるといった, たずねて, だしたの, つかまえて, つけて, とって, とらずまた, とらず清貧, とりたがらないの, とるが, とること, とるという, とる場合, ならべて, ひどく愛し, ほかの, みおろしながら, もう十九年, もったが, もつて, もてなそうと, オーレリーの, タタキ殺しかねまじき, ランチに, 一人御, 世の中へ, 世話し, 二か月以上も, 二人持った, 二十人あまりかかえ, 二千年前の, 五人作っ, 五人連れ, 仕立てると, 仕込むのに, 仕込む上, 代理として, 伴って, 伴ふて, 伴れ, 伴わず伝吉, 作り過ぎて, 作ること, 作る目的, 使いに, 使い荒彫り, 使うて, 供養し, 供養した, 傷つけたの, 出したるは, 制して, 前に, 前へ, 博士に, 取った目的, 取つたこと, 取つて英語, 取らないこと, 取りたいと, 取りません, 取り上げるの, 取り剣道教授, 取り大きな, 取り幕府, 取り立てたいという, 取り立てて, 取るだけ, 取るの, 取るばかり, 取るよう, 取るん, 取立て, 取立てた, 取立てて, 叱って, 叱りつけました, 呼びつけた, 呼ぶ, 呼ぶとしても, 呼んだ, 呼んで, 喰ひ殺し, 増そうとして, 多くし, 失ふなり, 奨励せしめた, 家に, 専ら断, 引き連れて, 引連れて, 待って, 後世に, 従えて, 得たもの, 得て, 思う心, 愛さない, 愛し弟子, 愛すの, 愛するという, 手伝いに, 手討ち, 折檻する, 持たれて, 持ちなすって, 持ち出したの, 持った, 持ったこと, 持つて, 指す, 振顧, 採って, 掴まえて, 教えた, 教えたり, 教えては, 教えること, 教へ, 教へる, 教育する, 斥けた事, 断って, 断わり切れぬので, 検分に, 欲しいん, 歩かせて, 殖やそうなぞ, 殺され或いは, 殺したも, 波羅奈国に, 澤山に, 率て, 産んだこと, 疎末, 皆んなお, 皆んな迷は, 皆集め, 盗ッ人あつかい, 眼中に, 眼前に, 睨めると, 知らないでは, 知ること師, 称し私, 称するが, 称する数名, 稽古に, 竜象に, 納れ, 置いたという, 置いたよう, 置いても, 置き初めた時分, 置くと, 置くよう, 置けば, 罵ったり, 育てるだけの, 自分の, 花畠に, 薫陶する, 見くらべて, 見つけるにも, 見つけるの, 見ること, 見返った, 見遣った眼, 訪うた日, 訪ねて, 誘惑し, 語つてゐる, 誡めて, 説きつけて, 越えて, 迎える, 送り出して, 送る心, 連れた坊さん, 連れに, 遇すること峻烈, 過まるから, 隠された口惜し, 集めたか, 集め本草学, 頼んだの, 顧みて, 顧みます, 養い流風, 養い雨漏り, 養ったり, 養つてを

▼ 弟子~ (222, 5.5%)

6 師匠の, 恆に 3 すぐに, それを, 不思議な

2 [20件] おじぎを, かう云, かう申, 一人も, 一目それ, 云つた, 云つて又, 云ふ, 互に眼, 今の, 何時に, 先生の, 思つた, 思はず息, 思ひ切つて, 手を, 早速衣類, 机の, 生れつき色の, 話すので

1 [161件] あつた, あるの, いきなり師匠, いくらでもある, いつに, いないが, いらんの, おとり, お口, お許, きびしい教え方, ことごとく暗黒裡, こんな答え, さう, さっそく大きな, そう言われ, その保険金ほしさ, その商群, その巻物, その師, その畑地, その背後, それで, そんなこと, そんなに多く, たいがい先生に, たいてい若い, たちまち短剣, たった一人, たつた一人, だんだん寄付かなくなっ, ちっとも気, ちょっと顔, とらないといふ, どうなる, ないし先代, ないの, ないよう, ばら, またその, まだ一人, まだ麻酔剤, まっさおな, みな町家の子に, みんな人力を, みんな散っ, みんな落涙を, むかしは, もうとらない, もう二十一歳, もう二十才, もう二十歳, もたぬが, もちろん家人, イエズスに, ジイッと, ダラシの, テクニイクを, バリカンを, 一つ一つ種ものを, 一人へり, 一人殘らず, 一個の, 一時間読み続けた, 上人の, 下り世間, 主としてその, 二人あっ, 二人でなけれ, 五歳であった, 今度は, 仕事場の, 他にも, 何と, 倍でも, 傲慢な, 先生が, 其の背後, 其学識を, 出来ました, 刀の, 前に, 十人が, 卒直に, 取らない, 取らないで, 叮嚀に, 可愛いもの, 可愛い成ろう, 吃驚し, 向ふ, 哀れな, 四人あります, 固より, 多く女弟子, 大きな銅鉢, 大勢手傳つた, 子も, 小僧だ, 小説家の, 少いけれども, 希臘語と, 師の, 師よりも, 師僧の, 師匠に, 師匠を, 師弟の, 常識家であるらしい, 弟子たち一同を, 彼の, 彼を, 怖る, 思はず絵の具, 思はず繪, 慧明を以て, 懐工合が, 所謂又, 揚州白塔寺僧法進泉州超, 散って, 日本橋馬喰町の, 早口に, 来なくなるし, 東夷の, 概ねこれ, 決して外, 清十郎の, 減る一方, 無くまた, 独立する, 王が, 画筆などを, 畫筆などを, 皆な, 皆京都奈良等の, 皆寄りつかなくなっ, 皆断った, 直ぐ出, 禽滑釐を, 立ち上って, 競うて, 考へたが, 膝を, 自らその, 薄ぼんやり, 言って, 走りかかって, 跨いで, 近所の, 連れて, 長火鉢の, 陶土の, 随分ある, 随分各地, 集まるの, 鞠躬として, 頭と, 頭は, 頭を, 駒の, 默って

▼ 弟子~ (164, 4.0%)

19 なって 6 なった 4 なつた 3 師匠の

2 [11件] いうよりも, なったが, なったの, なった人, なった若い, なりました, なれ, オデン屋で, 一緒に, 二人で, 名の

1 [110件] いうても, いっても, いはんぞと, いふよりは, おぼしい若い娘, おもいこみ, おれと, お取り立て, けしの, この真似, しその後武蔵武州江戸, したいと, したが, したの, して, するの, するのみに, その妹, その道場, なしこの, なったこと, なったと, なったという, なったにも, なったよな, なったより, なった中, なった丹後, なった白雄, なつて, ならうが, なられたの, ならんで, なり, なりし事, なりたるなれ然, なりて, なり一筋, なり了, なり信心堅固, なり光明氏, なり初めて, なり名, なり多年, なり夢, なり成覚房幸西, なり摩訶幻, なり数カ月, なり晩年, なり木喰戒, なり紅蓮, なり美術学校卒業後今日, なり西室公瑜, なり頭, なり飛加藤, なり高野山, なる, なること, なるに, なる以前, なれば, まうす, パトロンの, 世話人を, 二人っきりで, 云っては, 偽って, 先生との, 先輩と, 同じよう, 和歌の, 奧の, 女達は, 孫弟子とが, 孫弟子とに, 孫弟子の, 容れられ定基, 密接に, 師との, 師匠じゃ, 師匠だ, 師匠とが, 師匠とを, 影武者と, 思って, 成り禅学, 来て, 森の, 決められて, 為ること, 為る豈, 爲て, 申し共に, 称し相, 称するもの, 称する狂言作者見習い, 稱する, 自称してる, 芝蘭簿の, 見て, 見られて, 言い商人の, 言って, 言っても, 言ふも, 言われるか, 認められたり, 長屋の, 関係の, 離れて

▼ 弟子~ (133, 3.3%)

2 のそれ, は皆, も近所

1 [127件] から引き出され, から贈られた, があります, がいっせいに, がかよう, がこれ, がつい, がよく, がゐ, が一, が仏像, が取り囲ん, が壺, が多く, が大, が寄り添っ, が常に, が段々, が沢山, が焼い, が稽古, が立, が置い, が越後, が運動服, が集まるで, だってついに, だつて, である, でさえも, で計, とは倦まず, とは太く, と世話人數名, と共同, と夐然隔絶, と往生, と悲しい, に, にああ, にかこまれ, にとってもリスト, にははな, にはやはり, には行儀, には隨分, にも一日, にも先生, にも手伝わせず, によつて, に一, に助けられ, に向, に対して教え, に對, に小遣, に惜しまれ, に教, に教え, に臨ん, に鼓吹, のいう, のこ, のなか, のよう, のダンス, の一人, の下足, の付届け, の作品, の受ける, の困憊, の多く, の好奇, の心持, の思い, の性格, の手, の泊った, の眼, の繪, の能力, の言, の諸, の贈つた, の足, の踊り, の間, の間にあっ, の集る, の頭, の顏, は, はいっせいに, はそのまま, はそれ, はだんだん, はどれ, はみんな一人, はもう, はゆくりなく, は切符, は少し, は師家, は晝, は枕頭, は牧, は百間先生, は責めた, は逸早く, も大, も彼, も水守, も身寄り, も駆け付けた, やまた, をひきつれ, を伴, を全部斷つて, を叱っ, を山門, を戒められた, を追, を追っ払っ, を通す, を連れ, を養っ

▼ 弟子~ (116, 2.9%)

14 あつた 2 おまじないでは, 太鼓の, 家は, 男振りも, 符

1 [92件] あつたの, あらう, あらうひとり, いらっし, この方, ござります, ござりまする, そのはなし, その著作集, それが, でも, となり町の, なかなか古く, なんともいえない, ね, まあちょっとない, ましますぞい, また親戚, まだ二十一歳, まだ二十二三, まだ皆伝, もとが, やはり卜一, よく来る, よく絵, コルレヂ・ド・フランス支那學の, プラトン研究家として, 一時は, 一番偉い, 一番熱心な, 一番耶蘇が, 九女八という, 五軒町に, 井上氏が, 今は, 以前は, 佐太郎の, 何が, 偶然の, 光花といふ, 六三郎という, 南岳は, 南画も, 堅い信仰, 太微, 女形だつたさうだ, 女房の, 始終赤い, 学而篇の, 宗聞という, 小屋の, 小島老, 少しエキセントリツク, 帰りに, 常磐会では, 幼い時, 弟子中で, 当時其処の, 後美術学校入学, 性格も, 拉れ, 文楽座に, 昔は, 昨夜萬兵衞に, 書を, 書生で, 最も古い, 最も多く, 有名な, 株式取引所の, 横浜の, 気が, 沢山だ, 泰雲と, 浜子の, 町の, 禅は, 自分の, 芭蕉とともに, 芸術座の, 若いの, 若くて, 袈裟を, 誰某の, 道誉さまも, 鉄雲という, 間に合って, 顕密の, 養策の, 馬作という, 高島が, 高村家の

▼ 弟子~ (92, 2.3%)

2 ある, うす暗い油火, 二度度を, 取って, 師匠も, 連れないで, 離れて

1 [78件] あったよう, あつまるよう, あり武者修行, ある訳, あれば, あんな綺麗, いかいこと, いっそう励み, いないよ, いない庸三, きょうの, ことごとく平等, その膝下, そんな先生, たくさんに, たくさん増え, だいぶ入り込む, だんだんに, どう生かす, ない, なくかつ, なくただ, ひどく腹, ふえたけれど, ふえるだろういや, みんな粗製濫造の, もうこの, 一人二人と, 不殘見限つて, 交る, 今日の, 仕事に, 全く同じ, 全然あずかり知らない, 共犯です, 出来たそう, 出来たよう, 厠に, 取つて, 取らず一日家, 取らず人中, 善く作る, 在りまするが, 多くなかった, 多く世間的, 多く著書, 大分来, 天下一だ, 女弟子も, 孫弟子も, 居なかつた, 帰ったと, 幾人か, 弟子どっちも, 怒っては, 感激し, 技藝は, 持たれて, 持って, 捩を, 来り塾生, 歌ったり, 毎日の, 沢山見える, 清十郎の, 無いの, 無くなり座敷, 無論に, 物を, 皆な, 皆んな離れ, 相当ある, 相当に, 知らないのに, 要らぬ, 追, 随分いる, 離散した

▼ 弟子さん~ (71, 1.8%)

2 に教え, のお

1 [67件] かえ, がうまく, がお, がちょいちょい, がはいっ, がやって来, がソナチネ, が危篤ゆえ知, が原信子さん, が習い, が舞踏家, が詰めかけ, が関屋敏子さん, だ, だから, だった原信子さん, だろう目, で, であった女流, でござんしょう大層, でしたか, でしたね, ですがね, でやしたかい, といい, とお, とおんなじ, とされたでしょう, と変, と間違えられた, なので, なのね, になられた, には芸人, に厳しかっ, に教, に譲っ, ね, のお話, の中, の其蝶さん, の合間, の寺脇さわ子さん, の新三郎さま, の菅美沙緒さん, の頭, は, はどう, はな, はほんに, はみんなここ, は帰っ, は断られ, は根柢的, もある, もそして, も大勢, も時として, や光瑞師, よりもいちばん足, をお, をとりました, をふやし, を世話, を取る, を対手, を楽壇

▼ 弟子入り~ (66, 1.6%)

11 して 5 したの 4 した 2 については色々

1 [44件] お弟子入り, かえ, が来, が無かっ, さした, させたが, させたり, させやがて, したいって, したいと, したが, したこと, したころ, したって, した人, した典膳, した年, した晩, してから, してる人, しようと, しようなどとは, し二ツ井戸, し誰, すること, すると, するほか, するほどの, するよう, するん, する事, する者, せしに, でもする, ということ, として弟子師匠, なさろうという, なんて言わない, にやってきた, に行った, はない, は単に, や共産党, 致しせめて

▼ 弟子~ (54, 1.3%)

53 そうです, と自称 2 という, とやがて, な

1 [37件] から, からあの, からさだめ, からなという, から印半纏腹掛, から彼処, から此説, から百円, から見えすいた, か分らない, か門人, がやっぱり, が形見, が職人, しビリヤード, し殺された, そうだ, そうで, ぞ, つたから, つた亀島三千丸と, つた相で, でな, ということ, といっ, といはれる, とかいうその, と云, と威張りちらした, と容易, と思い, と思つた, と言っ, なんていっ, なんてそこら, の, 先生が

▼ 弟子~ (42, 1.0%)

2 子分の, 職人を

1 [38件] いい出入り先, さかい廉, なんかを, ねんて, ゴロ浪人は, 一座の, 他人に, 他人の, 何かが, 侍女に, 信徒たちは, 八部衆が, 八部衆の, 出入りの, 嚊は, 天竜八部衆に, 妻君の, 子分は, 子分を, 孫弟子が, 孫弟子によって, 客らしい, 家の, 家人に, 家内などと, 寺男任せ, 帰依の, 弟子の, 支持者を, 斬り人, 流派に, 男衆の, 男衆を, 畑の, 神王の, 職工を, 近所の, 門人達なら

▼ 弟子ども~ (40, 1.0%)

2 にいった, の中

1 [36件] がいっ, がこんな, がし, が床, が片, が町人, が行状, が関東, じゃ, でかわり, にこ, に持たせた, に言い, に話した, に送られ, のいる, の噂, の手, はあの, はどんなに, は声, は左大将, は約, への薬, も一時, も駈けつけました, をひき連れ, を乗り越え, を八方, を刀, を圧迫, を師匠, を戸外, を斬りたおし, を集め, 改まって

▼ 弟子である~ (33, 0.8%)

3 ことを 2 ところの, のに

1 [26件] あるポオランド, かのよう, からこの, から豐後, か弟子, がこの, が法然, ことに, といううわさ, ということ, といったことば, と自ら, と言っ, には何, のにその, のにそれ, オスカー, カッシラー, デボーリンは, 小童でさえ, 必要は, 所の, 林髞博士も, 浄蔵が, 玉嵐龍太郎は, 石塚龍麿が

▼ 弟子として~ (31, 0.8%)

1 [31件] しおらしく其前, その医法, つねに音信, 万事の, 伊織も, 伴れ給え, 信愛され, 入つて, 前論士の, 努めなければ, 又右衛門という, 取り立てて, 師よりも, 感じた先生, 教えて, 春山和尚の, 父さんの, 相当の, 着実に, 知られて, 空手を, 義理ある, 翁の, 聞えた支那, 行きさえ, 許されて, 連れて, 鞍鐙の, 預けて, 顕密の, 骨を

▼ 弟子には~ (28, 0.7%)

2 日本一の

1 [26件] いろいろの, しねえその, それが, どつ, なかなか親切, また当然, やはりそれ, 人の, 伊藤井上所謂維新の, 僕は, 全く知らせない, 取らない, 名の, 婦人の, 屈將子が, 岡本喜広, 師匠が, 彼女の, 林美雲氏も, 田繋が, 紀久八たちが, 素人玄人の, 自ら特別の, 裏切られ日, 許犯索盧が, 違いない

▼ 弟子~ (26, 0.6%)

1 [26件] が, が四時, が困るであろう, が怪しから, が持っ, が正風, が行状, が遺, さえ承知, と一緒, にお, にも薄情, に指し示し, に教, に歌, に袋叩き, の弁当代, はばか, は天下, は奥, までろくな, も皆, や世話人一統, をつかわし, をひきつれ, を詭弁家

▼ 弟子~ (25, 0.6%)

5 をした 2 して, をさせたら

1 [16件] が參, したいと, してやらうかと, と称し, と親父, の一件, の事, の目録代り, はそれ程, よ, をさせ, をしましょう, をします, をなすっ, を乞う, を頼む

▼ 弟子~ (23, 0.6%)

4 のだ, のである 3 んだ 2 ので義理, んです 1 の, のか, のじゃ, ので, のであろう, のよ, んざ取らない, んであります

▼ 弟子であった~ (22, 0.5%)

1 [22件] か, かなかっ, が助ちゃん, が後, が恵心, が明恵上人, が私, が芦野楠山先生, ことを, しその後, その先輩, という, とか博徒, と伺っ, と思われる, と満足, キケロ, 一人の, 佐々木小次郎が, 土井和子の, 山岡鉄舟から, 左右田喜一郎先生の

▼ 弟子でも~ (19, 0.5%)

1 [19件] あった, あつた, あの鉄胤先生, あり弟子, ある老人, いくらその, たくさんに, ない, ないといった, ないのに, なかった, なく殿様, なければ, 十年そばに, 取った方, 取って, 波止場の, 置いて, 身内でも

▼ 弟子たる~ (18, 0.4%)

3 ものは 2 ことを

1 [13件] ことによって, ことは, こと能わず, に愧, を以て深く, 一向上人の, 修業に, 圓喬が, 小杉天外君が, 惠果が, 河合武雄によって, 浅草森田町の, 高萩の

▼ 弟子との~ (18, 0.4%)

2 間には

1 [16件] 交り, 交渉を, 人格的な, 人生では, 問答として, 問答や, 純情, 間に, 間の, 関係, 関係および, 関係の, 関係は, 関係を, 関係孔子の, 顔に

▼ 弟子~ (18, 0.4%)

2 になっ, の國, の細川殿

1 [12件] だから, だった沢村紀久八, だと, であ, でお, では山本瑞雲, となった, にあたる岡本霊華, になった, に取立て, の佐野松, の歌人

▼ 弟子では~ (16, 0.4%)

5 あるが 2 ない, ないか 1 ちゃんと地, ないから, ないが, ないぞ, なく弟弟子, なし家, 少し都合

▼ 弟子という~ (16, 0.4%)

3 ことに 2 のも, ものが 1 かたちで, ことが, のは, ものも, ものを, 心を, 標語を, 言葉も, 関係で

▼ 弟子とも~ (16, 0.4%)

2 秘書とも

1 [14件] あろうもの, いうべき不知火流, いうべき子分達, いって, つかない長剣短躯, なった深, なり職人と, 伝えられて, 友達とも, 奉公人とも, 家来とも, 思はれるやう, 答えられないので, 頼もしゅう思う

▼ 弟子から~ (13, 0.3%)

1 [13件] お聞きでございましょう, 一言の, 世界三大, 何かと贈物, 借りて, 受け取って, 天才を以て, 弟子に, 恩を, 月謝を, 見れば, 謎を, 貰ったの

▼ 弟子にも~ (12, 0.3%)

1 [12件] なって, なりたいとねえ, 厳格な, 孫筋にも, 寺男にも, 手伝わせまず, 挨拶した, 清人という, 破戒の, 聞かしては, 親切あつく良い, 言わずに

▼ 弟子じゃ~ (10, 0.2%)

4 ないか 1 ない, ないぜ, ないの, ないよ, ないん, なかろうかという

▼ 弟子だった~ (10, 0.2%)

2 のです 1 から豊国, が今度, が悪, が東雲歿後, ことを, な, もの下職だった, んだ

▼ 弟子であり~ (10, 0.2%)

1 また情婦たち, カントの, 千二は, 又ニイチエ, 又僧都, 尼僧であり, 後には, 忠僕であるごとく, 情人である, 浮気などは

▼ 弟子なる~ (10, 0.2%)

1 ことを, を招ぎ, エヂプト人マカリウス, フランス人の, 佛光寺の, 勝山さえを, 唱阿性眞持阿良心及び, 杉原伊賀入道宗伊上原豊前, 比丘は, 記主禪師即

▼ 弟子にな~ (10, 0.2%)

2 つてゐた 1 つた, つた所が, つても, つて一年あまり毎夜市中諸処の, つて仙術の, つて勉強しよう, つて庵室へ, つて文人畫の

▼ 弟子~ (9, 0.2%)

1 と共に麻裃, にたいして礼拝堂, のある, はこれら, はもう, は敬虔, は面白, もまた, も脱

▼ 弟子とは~ (8, 0.2%)

1 かなり近い, そのままジッ, それぞれ別々に, なれがち, 力を, 大ぶ違っ, 詩と, 認めないと

▼ 弟子です~ (7, 0.2%)

1 か, けれど浜子さん, って, な, のよ, よ, よ歌

▼ 弟子みたい~ (7, 0.2%)

3 なもの 1 な考え, な青年, にし, にしてる

▼ 弟子らしい~ (7, 0.2%)

2 人と 1 のが, のです, 男達は, 若い女二人, 顔を

▼ 弟子一人~ (7, 0.2%)

4 ももたず 2 も持たず 1 だけでその

▼ 弟子~ (7, 0.2%)

1 では, で尤も, に二説, の優秀, の持寄りで, の最も, 尤も傑出

▼ 弟子~ (7, 0.2%)

1 が, が色, にならせ, の自慢どおり, ははだし, も留守, らしいの

▼ 弟子師匠~ (7, 0.2%)

2 の関係 1 じゃ, と其所, の五つ, の人情, の間

▼ 弟子~ (7, 0.2%)

1 が往々, の奧州, の手, は是, は更に, 合して, 埋殯

▼ 弟子~ (6, 0.1%)

1 はたイエス, やれやれありがたい, 子の, 家来の, 或いは江川坦庵, 部屋の

▼ 弟子に対する~ (6, 0.1%)

1 他は, 師の, 忠であり, 教師ぐらいな, 稽古の, 節は

▼ 弟子ばかり~ (6, 0.1%)

1 でこの, 取るそれ, 可愛が, 引越して, 持つこと, 来る

▼ 弟子二人~ (6, 0.1%)

1 と住ん, と附近, の喰扶持, はこの, はそこで, も休み

▼ 弟子さん方~ (5, 0.1%)

1 の, のお, の気嫌, も帰っ, も歸

▼ 弟子に対して~ (5, 0.1%)

1 ひとかたならず御, 一向専念, 怒ったふり, 怒る自分, 鼻息の

▼ 弟子仲間~ (5, 0.1%)

1 では半蔵さん, で心配, に紛擾, に見せびらかし, の香蔵

▼ 弟子~ (5, 0.1%)

1 にあたる人, になっ, の奴ら, の奴等, の池内

▼ 弟子連中~ (5, 0.1%)

1 に云う, は丙, は悉く, は途中, よりもズットスラスラ

▼ 弟子さんたち~ (4, 0.1%)

1 にちがい, にも何, へスリッパ, をモデル

▼ 弟子さん達~ (4, 0.1%)

1 に広く, に私, の間, まで一丸

▼ 弟子といふ~ (4, 0.1%)

1 あんばいだ, ことに, 弟子を, 相論の

▼ 弟子とが~ (4, 0.1%)

1 交, 同じ病気, 実地の, 相続面授嗣法し行く

▼ 弟子としては~ (4, 0.1%)

1 あまり気, まだ二十歳, 傾いて, 大分肌合の

▼ 弟子と共に~ (4, 0.1%)

1 いろいろな, この人, 仕事し, 食に

▼ 弟子など~ (4, 0.1%)

1 あろうはず, 何を, 持って, 相手に

▼ 弟子なら~ (4, 0.1%)

1 そんな些細, ば, ばこいつ, 何かの

▼ 弟子やら~ (4, 0.1%)

1 信西甚だ, 友達やらを, 召使やらも, 町内の

▼ 弟子入り志願者~ (4, 0.1%)

2 の来訪 1 の訪問, は背かっこう

▼ 弟子小僧~ (4, 0.1%)

1 さだめしびっくり, に住, に住込み, まで伯父

▼ 弟子~ (4, 0.1%)

1 のほか, の来る, も出這入り, 涙ぐむ

▼ 弟子でございます~ (3, 0.1%)

1 か, な, 旦那私は

▼ 弟子といった~ (3, 0.1%)

2 ような 1 かっこうだ

▼ 弟子とか~ (3, 0.1%)

1 何んとか, 十二使徒とかと, 竜王とかという

▼ 弟子などは~ (3, 0.1%)

1 もう帰っ, 持たない, 足元へも

▼ 弟子なり~ (3, 0.1%)

1 子分なりに対する, 東方僧院の, 洗礼を

▼ 弟子なんて~ (3, 0.1%)

1 おまえの, とんだおこがましい, みんなこんな

▼ 弟子をも~ (3, 0.1%)

1 丹精し, 取るやう, 諸方に

▼ 弟子以外~ (3, 0.1%)

1 には伝えない, には伝へない, の団体

▼ 弟子取り~ (3, 0.1%)

1 でもしろ, も断っ, を実行

▼ 弟子坊主~ (3, 0.1%)

1 が曲り, を枕元, を連れ

▼ 弟子~ (3, 0.1%)

3 か学

▼ 弟子思い~ (3, 0.1%)

1 である, の師匠, の明智小五郎

▼ 弟子~ (3, 0.1%)

1 でやれる, のフアン, の売り子

▼ 弟子~ (3, 0.1%)

1 なる篇, は切り離され, は管子

▼ 弟子自身~ (3, 0.1%)

1 には見当, の思想, の智慧

▼ 弟子うち~ (2, 0.0%)

1 へ入, 明けられぬという

▼ 弟子かと~ (2, 0.0%)

1 彼は, 見るに

▼ 弟子かなんぞの~ (2, 0.0%)

1 使いに, 使ひ

▼ 弟子さま~ (2, 0.0%)

1 の新三郎さま, の杵屋新三郎さま

▼ 弟子その~ (2, 0.0%)

1 ほかかかる, 遺書に

▼ 弟子たちすべて~ (2, 0.0%)

1 がかしこ, のけぞらんばかりに

▼ 弟子たち皆~ (2, 0.0%)

1 の前, 起き出

▼ 弟子だけ~ (2, 0.0%)

2 あって

▼ 弟子だけでも~ (2, 0.0%)

1 凡そ二百人, 千人ずつは

▼ 弟子であっ~ (2, 0.0%)

1 てまた, て先生

▼ 弟子でありました~ (2, 0.0%)

1 から宗祖大師, が三十歳末満

▼ 弟子でない~ (2, 0.0%)

1 かわからなくなっ, ものは

▼ 弟子としての~ (2, 0.0%)

1 人数も, 礼と

▼ 弟子とともに~ (2, 0.0%)

1 住んで, 悲鳴を

▼ 弟子などが~ (2, 0.0%)

1 出はいりするの, 集って

▼ 弟子なれ~ (2, 0.0%)

1 ばなほ血気盛, ば最初

▼ 弟子にでも~ (2, 0.0%)

1 して, なるより

▼ 弟子まで~ (2, 0.0%)

1 あつた, 集めて

▼ 弟子より~ (2, 0.0%)

1 以外に, 優れたもの

▼ 弟子よりも~ (2, 0.0%)

1 むしろ友人, 先生の

▼ 弟子~ (2, 0.0%)

1 一人ガ附キ添ッテウシロニ控エテイル, 免許

▼ 弟子三沢伊織~ (2, 0.0%)

1 といったの, とはおいら

▼ 弟子~ (2, 0.0%)

1 に取っ, のもの

▼ 弟子入り志望~ (2, 0.0%)

1 に一匁分倹約, の手紙

▼ 弟子北条新蔵~ (2, 0.0%)

1 とはわし, と申さるる

▼ 弟子又は~ (2, 0.0%)

1 再傳三傳, 孫弟子の

▼ 弟子同様~ (2, 0.0%)

1 の寂照, の態度

▼ 弟子孫弟子~ (2, 0.0%)

1 の作品, 若くは

▼ 弟子實成房~ (2, 0.0%)

1 と云, も亦

▼ 弟子常に~ (2, 0.0%)

1 二百人に, 五百余人あり

▼ 弟子~ (2, 0.0%)

1 という小島, に小さい

▼ 弟子或は~ (2, 0.0%)

1 其弟子の, 墨子の

▼ 弟子~ (2, 0.0%)

1 縁者ニナッタ竹内, 門弟一同の

▼ 弟子日向~ (2, 0.0%)

1 に持たせ, をつかわし

▼ 弟子~ (2, 0.0%)

1 關は, 關禪師歸化僧佛源禪師空性禪師佛智禪師等いづれ

▼ 弟子煩悩~ (2, 0.0%)

1 は大変, は有名

▼ 弟子~ (2, 0.0%)

1 与に, 受け今日

▼ 弟子観海~ (2, 0.0%)

1 が亡師春山, の肖像画

▼ 弟子~ (2, 0.0%)

1 信徒の, 職の

▼ 弟子養成~ (2, 0.0%)

1 との二途, のこと

▼1* [308件]

弟子あらば朕, 弟子ありうんぬん, 弟子いが栗あたま, 弟子いつも恐ろしく寝坊, 弟子いよいよ進みその, 弟子いりがあった, 弟子いりさせゆくゆくは, 弟子そばを, 弟子おもいの師匠, 弟子およびその他の, 弟子お気だて, 弟子かも知れぬ或いは, 弟子からはおどろくよう, 弟子がも一人も, 弟子ぐらいにあたる貧乏な, 弟子ごときものは, 弟子さえたべもの, 弟子さまがたも申され, 弟子さま方がずらりと, 弟子さんがたの足, 弟子さんたち五六人と束, 弟子さんだつて, 弟子さん数名と橋立, 弟子さん方それくらいな, 弟子しかも現在この, 弟子やなかつた, 弟子たちカリタ夫妻が彼女, 弟子たち一同を連れ, 弟子たち全部から離れ, 弟子たち大勢がひかえ, 弟子たち親友たちが没後何, 弟子たりしロザレ, 弟子たる者が教, 弟子だけに見所の, 弟子だけにはいろいろな打ち明け, 弟子だけのことは, 弟子だけを引き連れて, 弟子ださうで僕, 弟子だってそうだ, 弟子だつたことは, 弟子だの男衆だ, 弟子やない, 弟子っていうものはな, 弟子づれで仰向けに倒れ, 弟子てめえに罪, 弟子でありますから公羊派, 弟子でございましてその, 弟子でさえあの通り, 弟子でしてね私, 弟子ででもありましょうか, 弟子でなくておれ, 弟子でなければ場末, 弟子でのものの, 弟子とさえいわれて, 弟子としてのみ畢る, 弟子とて高弟が, 弟子とで維持され, 弟子とに於ても, 弟子とまでは云いがたい, 弟子とやらよほどの高齢なる, 弟子とやらをここへ, 弟子どころに当る, 弟子どっちも褒められた, 弟子どもいま手に手, 弟子どもここへ集め, 弟子ども云ひしは, 弟子ども交る, 弟子ども今後俗家で女, 弟子ども口々にわめき, 弟子なかまではありません, 弟子ながらも稀代の, 弟子なしといふ, 弟子なぞもたないよう, 弟子などには眼も, 弟子なども膠ごて, 弟子なりといふ前五世紀, 弟子なりゃお前と, 弟子なる子路は勇ましい, 弟子にあたる者達である, 弟子にからだ中, 弟子にさえ秘して, 弟子にたいしても同様であった, 弟子につき破門, 弟子にて嫡子光賢卿に, 弟子にてもさふらはめ, 弟子にとってこの大きな富, 弟子にとっても持上げられて, 弟子にもなつて師匠の, 弟子に対し自分は, 弟子のかずに入る, 弟子のみに非ず, 弟子はじめ大勢文殊について行きます, 弟子ひっ包めるとおよそ, 弟子ひとの弟子, 弟子ひとりを取られ, 弟子ひとり手許へたのむ, 弟子ほどものの, 弟子みたような, 弟子みな猟師のごとし, 弟子むごくも花, 弟子めらに笑わる, 弟子め等に笑, 弟子もつものに, 弟子もつれずにただ一人, 弟子もとから心安い, 弟子もね女の子の, 弟子ゆえ飛だ事, 弟子よりは巧みだった, 弟子らしゅうございますわね, 弟子わしが訊いた, 弟子を以て師に, 弟子アリストテレスが師, 弟子オッカムで更にホッ, 弟子ガ四五人出来テ, 弟子ソヴェト同盟のマルクス主義機械論的修正派, 弟子ダッと躍り込ん, 弟子ニナッテ上段切リヲシテ遊ンダ息子ハ御殿ヘ上ッテイルカラ世話ハ, 弟子ニナッテ神道ヲシタオレニモ弟子ニナレトイウカラ行ッテ心易クナッタラ兵庫ガイウニハ勝様ハ世間ヲ広, 弟子ニナリタイト頼ンダラ随分法, 弟子ニナレトイウカラ行ッテ心易クナッタラ兵庫ガイウニハ勝様ハ世間ヲ広, 弟子ニ仁吉ト云ウ男ガ研ガ上手ダカラ呼ンデオレノ住居ヲ分, 弟子パウロは新しき, 弟子プラトンと孫弟子アリストテレス, 弟子マルサスは, 弟子ヨリヨコシテアルカラ只買ッテ遣ウシ, 弟子ルコックでありトンマ探偵, 弟子レーニンによって指導, 弟子一人位の食べる, 弟子一同へ告げる, 弟子一同静かに道場, 弟子一統残らずを, 弟子三井銀子がゐ, 弟子三十余人をつれ, 弟子三十六人従ふ, 弟子三千人孔門に匹敵, 弟子三名を従え, 弟子下職手伝いに駆けつけた, 弟子世話人達十五六人平次と八五郎, 弟子中ペテロに亜, 弟子中一同に御, 弟子中尊者トメ最も長旅, 弟子中殆ど一人も南支那, 弟子中虚弱なるもの, 弟子中道で人, 弟子を環, 弟子然自, 弟子二十人計に相成, 弟子五六人にある, 弟子井上安治の木版画, 弟子井上頼圀それから再度, 弟子をたのんだ, 弟子仲間二三人でこの, 弟子伏見屋の三郎, 弟子住蓮安楽等が東山鹿の谷, 弟子信徒と裸馬, 弟子修業のおかげ, 弟子に七人, 弟子僧ひとり連れず片田舎, 弟子僧二人あり, 弟子僧加賀見忍剣と申す, 弟子僧数十人生ける羅漢図, 弟子で箏, 弟子入りお願い致しまして, 弟子八部衆が額安寺, 弟子六尺ぢかい大男ぞろい, 弟子共あたりが担ぐ, 弟子共相手にやり, 弟子其阿彌は, 弟子兼女中というよう, 弟子冉有が季氏, 弟子分丈に悲劇, 弟子列伝も子路, 弟子列伝中に孔子, 弟子勝四郎の勘気, 弟子勝四郎改勝五郎二番勝治郎三番勝松改勝右衛門四番勝吉改勝太郎五番勝四郎六番勝之助改和吉である, 弟子勝治郎の家, 弟子勝重のよう, 弟子即ち伊沢蘭軒の, 弟子をし, 弟子同士の間, 弟子君川文吾という美, 弟子品隲に際しては全然, 弟子問うて曰く, 弟子善鬼なの, 弟子喧嘩と彌次馬, 弟子四五名連れて, 弟子四人の名前, 弟子団野は言う, 弟子坊さんにも分け, 弟子城太郎には彼, 弟子多かったが, 弟子多くその許, 弟子に進み, 弟子大刀を抜きつらね, 弟子より降り, 弟子天心の筆記, 弟子天竜八部衆二組の四天王, 弟子奉公したん, 弟子好きと弟子嫌ひと, 弟子妙信尼がいかに, 弟子て従, 弟子は乳房, 弟子嫌ひで偶に田舎出, 弟子嫌ひとはある, 弟子宗信覺善覺淳慶順乘專存覺并びに善鸞法善, 弟子宗祇の孫弟子, 弟子宗觀が方丈, 弟子寂照が独り唐土, 弟子山伏は聞こえよ, 弟子工夫して, 弟子師範代を勤める, 弟子庄太郎として河合股五郎, 弟子廻りさ, 弟子当り芸はなに, 弟子に問, 弟子に振う, 弟子徐弱をはじめ八十五人, 弟子徒弟を養つて, 弟子志筑忠雄のちの中野柳圃, 弟子悪い弟子が, 弟子惠果より傳, 弟子愛しい人形では, 弟子を学, 弟子懐奘は問う, 弟子にし, 弟子抜刀の技, 弟子文殊菩薩という男, 弟子斎藤彦麿の日記, 弟子斎藤清人が鍛えた, 弟子に限りましょう, 弟子於福とはおのずから, 弟子日像日善日像の弟子日源等, 弟子日善の又弟子日圓, 弟子日圓は磐城, 弟子日源等である, 弟子明峯素哲歸化僧明極等は主として, 弟子春秋を受, 弟子有若の語, 弟子服其労有酒食先生饌, 弟子杉田忠恕の邸, 弟子杵屋佐吉が裏, 弟子栗栖按吉をいたわっ, 弟子梅之助手すきの様子, 弟子梅初名弘の会, 弟子権大納言公継を重き罪, 弟子橘久美子糸子の憧憬者, 弟子檀那御中に宛てた, 弟子檀那等にはぶくべし, 弟子正成が築城, 弟子水夫や貧民, 弟子法全の弟子, 弟子法蓮房が上人入滅後何処, 弟子法阿弥陀仏がその, 弟子法類等を集め, 弟子淋しい生活に, 弟子渋谷七郎入道道遍を通じて法然, 弟子滅後久しからぬ, 弟子澹台滅明璧を持っ, 弟子として孔子, 弟子玄清が来, 弟子甚好は慈悲成, 弟子目連と舎利弗, 弟子禽滑釐等三百人は楚, 弟子禽滑釐等三百餘人が墨子, 弟子種痘の権輿笠原良策, 弟子となり, 弟子竹原の幸子坊, 弟子等ニ向ヒテ明カニ, 弟子が当った, 弟子者東夷之遠, 弟子職人の間, 弟子良助太吉と書き, 弟子良忠が中, 弟子良忠一派の場合, 弟子苟くも祖考の余業, 弟子若くは其同列地位, 弟子若党使僕までただ, 弟子阿等, 弟子藝者のさら, 弟子蛾次郎であった, 弟子衆帰依の武家, 弟子衆枕もとに寄る, 弟子西住と別れ, 弟子てえな手足, 弟子して, 弟子親鸞も同じ, 弟子観世音お身, 弟子記外の如き, 弟子に続い, 弟子評人物評である, 弟子近藤玄之佐井聞庵, 弟子達みな思わずひれ伏す, 弟子達其角去来丈艸などの心持, 弟子達軍兵済々として前後, 弟子郎党など四, 弟子部屋の者ども, 弟子野邨恒見に, 弟子鏃師の蛾次郎, 弟子鐘巻流のつかい, 弟子鐵山等と共に專ら豐後, 弟子関取から取的, 弟子性房が, 弟子集めの上, 弟子青木城太郎ともある, 弟子のその, 弟子顔回に対する批評, 弟子養子二世医官直郷, 弟子を乞い