青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「弟~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~引い 引い~ ~引いた 引いた~ ~引き 引き~ ~引く 引く~ 引返し~ ~弟
弟~
~弟子 弟子~ 弥~ 弦~ 弱~ ~弱い 弱い~ 弱く~ 張~ ~張っ

「弟~」 9518, 103ppm, 1056位

▼ 弟~ (2793, 29.3%)

34 顔を 31 ように 24 方は 23 ことを, 方を 22 ために 19 手を 17 方が 13 家に, 方の 12 方へ, 神は 10 やうに, 姿を, 死を 9 家へ 8 ところへ, ほうは, ような, 姿が, 方に 7 家の, 家を, 方も, 杉作が, 頭を, 顏を 6 前に, 名を, 将頼, 心を, 深志は, 目は, 肩を, 顔が 5 ところに, 前で, 大之, 子の, 机の, 直義が, 膝に, 言うこと

4 [19件] ことは, そばへ, ところから, ほうが, やつが, 世話を, 亀之, 仇を, 名は, 宮田は, 家から, 寝て, 手に, 方で, 様に, 正季は, 米吉は, 細君の, 貞爾が

3 [44件] おちんこ, ことです, そばに, ほうの, やつも, 三五郎は, 中で, 中でも, 事を, 亥之が, 人は, 代りに, 伝七郎も, 保の, 信一は, 傍に, 八十三郎が, 勉強が, 友達で, 妻が, 妻に, 娘の, 家で, 岩三郎が, 庄之, 手が, 捨吉と, 敵を, 新之助は, 様子を, 死骸を, 深志が, 目の, 眼には, 眼の, 眼は, 繁盛が, 罪を, 脇屋義助を, 言葉を, 話を, 部屋を, 順平は, 顔は

2 [196件] あとを, あること, うちの, お清書, ことが, ことなど, ことなどを, ことや, する事, ためにも, ほうに, ほうも, ほんの遊び相手, やつの, やつは, よめに, エドワードは, チャアリイは, マチラは, ヴォルフガングは, 三人に, 三吉と, 三郎は, 与二, 主馬之進, 亀寿は, 二郎が, 二階に, 人に, 人の, 仁吉です, 仕事場から, 仕事部屋に, 代診を, 伯次は, 佐野松が, 佐野松は, 体から, 体も, 体を, 信行を, 俺が, 側へ, 傍へ, 傳之, 八十三郎も, 兵馬という, 出て, 初五郎を, 前の, 前へ, 又十郎, 反絵, 名, 名である, 君と, 君は, 命は, 命を, 和一郎と, 和一郎の, 唇の, 喉の, 四郎が, 声が, 声を, 外遊を, 多見, 大伍, 大市, 大海人, 奴は, 奴も, 好意を, 妻, 妻を, 妻三十に, 姿などが, 娘で, 嫁です, 子が, 子で, 子なる, 子供の, 子供は, 存在を, 孟優も, 孫三郎と, 宗太は, 宗次が, 宗次だ, 室に, 宮田が, 家まで, 家内の, 家出後, 家族が, 家族と, 家族に, 寝顔を, 将平将文の, 将来の, 小次郎の, 岳神の, 岳神は, 市造と, 帰るの, 後姿の, 志郎といふ, 志郎と共に, 感情を, 態度が, 手から, 手紙を, 持って, 捨吉が, 捨吉です, 捨吉は, 新原得二, 新吉, 方から, 方からは, 方には, 方のな, 日記帳を, 明の, 春吉と, 曹植を, 服装や, 杉作でした, 杉作と, 李将仕, 様な, 様子が, 樣に, 樣子を, 次郎, 武蔵が, 死に, 死は, 浅井半之, 源吉は, 準二, 為に, 爲に, 爲にも, 生前の, 留守中に, 直治が, 直治は, 直義, 直義を, 眼に, 着物を, 短い生涯, 秀吉は, 私に, 簡次郎が, 純次, 罪は, 美作守が, 義助が, 背中を, 腕が, 葉書を, 蟹が, 蟹は, 蟹も, 血を, 行末あゝ, 袂を, 言つた通に, 言葉が, 話に, 話の, 話は, 謙三郎の, 豊次郎が, 身として, 身に, 身の, 身の上を, 身を, 返電が, 遺骨を, 野郎が, 金三郎が, 阿利, 隆吉は, 隱れ, 面を, 頬を, 顏ばかり, 顔も, 馨に, 體は

1 [1741件 抜粋] あさましき言葉, あやまちを, いどころが, いふところ, いわゆる六, うちでは, おなかの, おもちゃという, お守り, かわいがって, ことだ, ことなれ, ことも, ごときもの, ごとく愛して, すること, その常識性, その語気, それであっ, そんな容子, ためにのみ, ためばかりを, つかみあいを, ところで, どうぞあの, は実に, ぴしぴしと, ほうには, ほうをば, ものに, やさしい従順, やつみたいに, やつ五万ルーブリの, ゆく先, ようだった, よしみで, アダムと, アリョーシャが, アーサは, イワーシが, エゴール・セミョーヌィチです, オホハツセの, クラウス, サア王の, ジャックに, ジーモンだって, ソロモンでした, タケヲヒロクニオシタテの, チュウクロスまた, デックが, ドチラが, バアトンの, ピョートル・ワシーリエヴィッチの, ベンアリ・ハギンだ, ホーちやんの, ミクロフトは, ヨハナンよ, レオナルドを, ロドルフを, ヴィール氏は, 一人と, 一年前中学を, 一言たった, 一郎を, 三之助が, 三五郎でした, 三人の, 三左衛門勝政が, 三次郎成程, 三郎だけ, 上に, 上京を, 不平組と, 不運は, 与里へ, 世話にな, 世話床の, 中一人を, 中将俊季が, 中維長立敬は, 丹三郎に, 主水, 久右衛門安政や, 久太郎これは, 九十九完道は, 亀さんは, 亀寿, 事, 事をも, 二十二歳に, 二成が, 二郎の, 云ったこと, 五百枝と, 五郎助でした, 亡躯は, 京山という, 人気は, 仇たる, 仇敵たる, 介抱と, 代筆で, 伊八という, 休みの, 伝七郎とは, 伝七郎より, 伝七郎子の, 伯次も, 住所は, 何か, 作りました若しくは, 侍従も, 俊一君も, 俊三は, 保を, 信二郎は, 信孝が, 信雄も, 借住居, 側に, 元氣, 先生としてばかり, 八つに, 八十三郎でございます, 八十郎に, 公子たちは, 六蔵が, 其子煩悩な, 兼平は, 写真も, 出世の, 分際で, 前途と, 力ない, 勇は, 勇三郎も, 勇次郎まで, 勉強を, 勘次郎を, 勝兵衛の, 勝造で御座います, 勤め先き, 医学士の, 十六歳に, 南宮敬淑とともに, 厨子王とは, 又七も, 友行一族の, 友達などから, 反抗, 受験生である, 口振りと, 可愛いお, 司馬昭が, 吉三郎のみ, 吉平と, 名で, 君が, 周建人を, 和助の, 哲と, 善魂が, 嘘が, 四郎と, 土屋主, 地伯が, 坂東家橘, 均と共に, 均を, 城介が, 塩冶四郎左衛門だった, 墓の, 声だった, 声に, 夏彦を, 外には, 夢ばかり, 大人づい, 大池孝平です, 大納言の, 天使も, 天性と, 奥では, 女房や, 奴子供の, 如きも, 妻たる, 妻とは, 妻東伯爵夫人と, 娘は, 嫁が, 子, 子供たちに, 子供を, 子守とで, 孔明とは, 孔明も, 存在には, 孝吉でした, 孝男さんとか, 孟優という, 孤松氏宅や, 学費に, 孫三郎の, 孫権に, 安三郎の, 宗之助は, 宗太の, 宗次かも, 宗矩などが, 定公, 実朝, 宮たちその, 宮田も, 家どす, 家共に, 家内に, 家族を, 容体も, 寝息や, 将平は, 小さい位牌, 小一郎も, 小学校六年生の, 小次郎であった, 小竹と, 少年が, 少年武士には, 屍体かは, 屍体を, 山岸少年と, 岩三郎の, 岳神に対しては, 峻は, 左大弁参議などの, 左衛門に, 師匠さんそれも, 師泰に, 帰らないうち, 常吉を, 平野少年と, 年頃位の, 幸福を, 庄吾は, 康は, 建は, 引込思案で, 弟は, 弱きむく, 張飛が, 彌之, 当然なさなけれ, 彦之助その他一族とともに, 彼が, 後の, 得三氏は, 御子を, 徳三郎さんくらゐ, 徳三郎と, 心の, 心持は, 必死に, 忠三郎が, 忠信は, 忠言に, 性格と, 恥さらしな, 息づかいを, 息子を, 悪いこと, 情として, 惣治を, 意向を, 愚を, 感じは, 慎次農学校を, 成人を, 所へ, 所業であった, 手には, 手紙が, 手術を, 持つて, 捨吉に, 撮し来し水郷柳河, 故郷を, 敬二郎に, 敵や, 文彦は, 新之助が, 新九郎には, 新五郎は, 方だけ, 方でない, 旗田亀之, 明日の, 時坊が, 晴衣とて, 書と共に, 書を, 曹植は, 最後の, 期待は, 本色だ, 東宮が, 松葉いぶし, 柳生源専と共に, 梅麿はかの, 森彦の, 極く, 槙三から, 権僧正光覚は, 次の, 次郎に, 欲しがっ, 正ちやん, 正吉妻の, 正季なども, 正季やら, 正季義兄の, 正時和田新発意同新, 武州時房さまも, 死と, 死んだ事, 死んで, 死霊に, 死骸は, 氏照に, 気を, 気持を, 水いらず, 油を, 泣き声が, 浅井という, 消息を, 淺墓な, 清ちやんも, 清吉は, 源三郎と, 源太夫では, 滝三郎という, 演奏を, 為めには, 無意識なる, 無邪氣, 熊吉に, 牛丸であった, 特別室であった, 猪の, 王の, 琴二郎に, 瑞華と, 甘美内宿爾は, 甚内と, 生活が, 生馬氏より, 田之助書出は, 申し立てが, 留守宅の, 番頭友二郎だ, 病死その後に, 病氣が, 病状も, 白いレンコオト, 盛次郎と, 直さんも, 直次は, 直義に, 直義へ, 省三君との, 眸と, 眼にも, 瞳に, 石松は, 礼を, 禅師が, 福次郎は, 秀長に, 私にだって, 秘密を, 種則には, 窺いて, 立場を, 竹松皆んな目の, 笑い声を, 第二子, 篤君が, 米三郎と, 精神中に, 細い姿, 細君も, 紹介で, 結婚式に, 絵や, 縁を, 繁が, 繁盛と共に, 繪は, 美作だった, 義助に, 羽柴秀長には, 耕次が, 肌の, 肩に, 背後から, 胸の, 脇屋義助は, 脚がらみに, 腕には, 臨終の, 自動車を, 自殺前後の, 與吉, 與吉と, 良介が, 良雄の, 若い嫁, 苦しい胡麻化, 英二郎と, 荷物の, 著述又, 葦穂さんその他の, 葬式を, 蔡徳樹である, 薫さんから, 薬丸へ, 藤二が, 行末ああ, 行爲を, 衣を, 袴を, 襄成王は, 襟上を, 見舞の, 言ったの, 言草は, 言葉は, 訪問を, 証言は, 話からは, 誓い, 語を, 誠さんは, 謙三郎は, 讒訴でも, 豊次郎という, 貞爾は, 貶謫にのみ, 賢二君も, 趙広を, 足跡を, 躋寿館の, 身の上は, 身代りに, 転地先の, 辰之助位の, 近所の, 返辞までが, 連合が, 進三が, 遊学には, 達からの, 遺愛の, 遺骸の, 邪魔を, 部屋で, 配慮で, 重みで, 野郎そんな, 金之助が, 金之助も, 金兵衞に, 鈴木意伯を, 長三郎が, 間じゃ, 間柄である, 陳留王とは, 隆も, 雑貨商が, 雪二郎である, 非を, 韓浩を, 須曾麻呂妹宇礼の, 頭の, 頼春師氏と共に, 頼長めじゃ, 顏には, 顔に, 顔女の, 食客という, 養家先へ, 首に, 馨は, 馬吉少年と, 駒吉でした, 駒吉は, 駒木典内が, 鬢には, 鮑忠を, 鼻に

▼ 弟~ (1093, 11.5%)

14 それを 10 私の 8 兄を 7 兄の 6 姉の 4 どうし, もうつかれ, 兄に, 彼の, 彼女の, 私が, 自分の, 黙って

3 [15件] いって, すぐに, どうした, もう息, 中学を, 云つた, 何か, 剃刀を, 右の, 待ち受けて, 父の, 目で, 私と, 私に, 顔を

2 [47件] いいました, お父さんの, さう, そういう, その夜, その間に, そんなこと, ぢつと, どうしたろう, なか, ほんとに可, わたしに, 上野の, 事務局へ, 人に, 何にも, 何を, 何處に, 医者の, 只一言, 大きくなる, 大声で, 始終お前, 家に, 布團の, 弟の, 怨めしさうな目附, 時々僕, 柴を, 橋の, 母に, 泣きながら, 泣き出した, 淋しがるだらう, 父親の, 目ざとく私, 目を, 眞蒼な, 私共の, 端を, 細長い棒, 絞りて, 色が, 衝いて, 遲く, 離れの, 雪の

1 [877件 抜粋] ああし, あてが, あのやう, あの晩東京駅, ありません, あるし, いかにも可笑し, いきなりそこ, いくらか不平, いつの間にか裏, いつも二人, いつも家, いつも抱き合っ, いやと, いよいよ変った, いるに, うつむいて, おげん, おせい, おそらくわたし以上, おっかなびっくり合槌, おとなしく起っ, お喋りだ, お迎えが, かう簡單, きかせた, きのうの, きゅうに, こういう見込み, ここに, こちらを, こっちへ, このところ, この兄, この婆, この数年来兄貴, この豪壮, この養生園, これから皆さん, これが, これより, こんな不運, さぞ心, さっきと, しくしくと, しばらく対岸, しんから, じっとわたくし, じろりとお, すぐれた園丁, すぐ怒っ, すこしも兄, すごすご帰っ, すでに曹操, ずっとここ, せめて生活, そう呼ん, そう言われる, そこへ, そっとそれ, そのころ威勢, そのひ, そのわたし, その下, その余暇, その前, その店, その方法, その日, その病院, その翌日, その資産, その辺, その頃, それきり一度も, それで熱心, それに, それほど立派, そんな所, たいへん顔, たうと, たがいに, たしかに見, ただ, ただただ迫り来, ただ姉, だまって, つい最近, とう, とうとう一年間, とうとう自分, とても神経質, どうかし, どうしてるだらう, どうなる, どこへ, どこを, どちらも, どんなに喜ぶ, どんな事, どんな恋愛, なおさら果敢, なかなか近寄ろう, なにが, なにごとだろう, ねこの, はやその, ひたと身, ひとりだけ, びっくりし, ふとんの, ほとんど自分, またお, またその後, また兄, また弟, また独語, まだたくさん, まだほんとう, まだよく歩けない, まだ三歳, まだ売り損ねた, まだ子供, まだ小学校, まだ幼, まだ発疹, まだ話しませんでしたろう, まるで兄, むきにな, むしろ悧, めんこ打つ, もうよく眠つて, もう大分口, もう捲, もう歸つて, もし自分, もつと, もとよりはじめ, やうやく, やっと手紙, やはり厭, やはり寄っ, やや鈍角, よく知っ, よっぽど色, わあわあ泣き出した, わたくしの, わたしの, アマーリアが, イキナリ私の, カリエスの, クラムの, シュリイフォオクト氏の, チラッと, ヂツと, ニヤリと, ポアティエ学会の, マーシェンカが, モウ立っ, ローマ字だ, 一九二九年の, 一人前なかっ, 一体ふだん, 一家の, 一寸テレ, 一寸面白い, 一日うどんの, 一昨日から, 一粒の, 一般公示に, 丁度岸本, 万事運よく, 上の, 上京し, 不如意な, 不思議な, 不自由な, 世に憐れ, 世間知らずな, 中山国分寺の, 主君の, 久しぶりで, 九ツだった, 二人ッきりかい, 二十四妹は, 二十歳であった, 云ひ, 五分ばかり, 五十五日も, 京都を, 人を, 仇敵を, 今は, 今度の, 仕合せな, 伸子たちが, 佐太郎めに, 何が, 何だか今日, 何となく赤い, 何も, 何んとも, 何時の間にか川べり, 使者として, 供の, 信用を, 俺の, 倒ま, 健三から, 兄さんよりも, 兄と, 兄貴の, 先生対葛岡と, 全く母, 全く蘇生, 全欧の, 六つに, 六歳に, 兵隊に, 其處に, 冷たく言い放つた, 凡て私生児に, 出かけました, 出て, 函館商船学校に, 別に, 別に何とも云, 劉理字は, 加留多を, 助からないって, 勇躍し, 勝家滅後大和に, 区長だ, 十七で, 十七歳で, 十三に, 十二である, 十六で, 十六七で, 十年ばかり, 卒業後主人の, 厳かに, 厳格に, 友人に, 反抗を, 口を, 只嬉しい, 召されて, 台南で, 右利き, 吃驚し, 吸いかけの, 味わいたくない, 唯の, 商用が, 喜んで, 喰い下がって, 困ったこと, 図画科を, 固より, 土の, 地上に, 地震に, 城へ, 堅いから, 境内の, 声も, 変な, 夕飯の, 夜着の, 大いに驚いた, 大人以上に, 大勢の, 大変な, 大嫌いでした, 大正九年の, 天才でありました, 奇体な, 如何に, 妻なかりし, 姉が, 姉さんの, 姉と, 媚を, 子供であっ, 学期試験で, 学校より, 学校を, 実に怪しから, 宿でも, 寒そう, 實は, 小さい手袋, 小學校, 小間物屋の, 少し憂鬱, 屍体買入, 山之, 峻しい, 川の, 帰り来らず, 常から, 年に, 年も, 年若では, 弟たらざるべからず, 弱い子, 強い男, 彼に, 彼女ほど, 後に, 従兄以上に, 微笑った, 心配を, 快く同行, 怒りました, 怖ご, 思って, 恐らくできない, 恨めしそう, 恨んだり, 悲鳴を, 愕然と, 感激の, 慰めるやう, 憤つた真似, 我儘者で, 戦死し, 戯れるよう, 押え切れない好奇心, 振り向いて, 故郷が, 敬宗っていうの, 敵を, 新京, 方丈と, 旅行を, 既に妻子, 既に死, 日露戦争で, 早く両親, 早く狐, 早や, 昔小さかっ, 昨夜犬に, 昼間は, 時おり彼ら, 暁の, 暇を, 更紗染めの, 書生部屋に, 最初この, 最初それを, 最期の, 有信が, 末子で, 本を, 本当に珍しい, 村役所へ, 東京の, 東京までも, 東京暮しで, 林町のが, 柔弱者だ, 柔順に, 棧橋の, 横浜の, 機を, 檣と, 欝ぎ込んだ, 歌津子と, 止まり父, 此に, 此方へ, 歩きながら, 死には, 段々育っ, 殺された, 母さまが, 母の, 気が, 気が付かなかったよう, 気の毒らしい, 水の, 汽車の, 沙金を, 泣くの, 洋画の, 浜へ, 浴衣を, 渋々菊畑, 湯に, 溜息を, 滴血などという, 灯を, 照れながら, 父母の, 片方の, 特長の, 玄関の, 生まれつき笛が, 生れながら, 男が, 画家志望で, 疲れて, 病の, 病室で, 癇癪を, 白暮の, 盲目の, 直情径行の, 眼に, 眼を, 知らない人, 石の, 礼装に, 祖母の, 祖母育ちで, 禁じられては, 私たちに, 私に対し, 私や, 種利よりは, 窓辺の, 竹材置場の, 笑い出した, 笞って, 答えて, 答えること, 答へて, 納屋の, 給費生として, 綾子達が, 織田信長に, 美味い汁, 義雄の, 羽子板を, 考古学を, 聞かずに, 肩で, 脊椎カリエスで, 腸チブスから, 腹を, 自分から, 自分たちの, 自分は, 自分より, 自殺した, 臭いぞと, 艫の, 芸術的の, 茶を, 蒼い顔, 蔵の, 蚊帳の, 衆の, 被った羽織, 裸に, 見たところ, 観察し, 訊いた, 話し続けた, 話し話しまた, 話の, 語り続けます, 誰の, 諾いたが, 豆腐屋の, 貴族院に, 賢く答, 賢く答えた, 赤羽に, 起き上りさま口惜さ, 身體が, 軈て兄, 車を, 返事を, 遊び廻は, 遠く去っ, 郷里の, 酒気を, 鈕平録平である, 鉛筆を, 門内の, 雪枝さんを, 電信柱を, 電車の, 静かに, 非難と, 面白がって, 面目を, 頬も, 食料を, 餘り, 馬籠に, 馬鹿で, 驚いて, 高等を, 鰹節を, 默つて聞い

▼ 弟~ (825, 8.7%)

13 あって 8 ある 7 兄を 6 兄に, 生れた 5 あった, それを 4 やつて, 兄の, 出て, 来て, 死んで, 自分の, 顔を 3 あとを, あります, 左の, 年頃に, 生れて, 病気で, 病氣で, 私に, 私の

2 [40件] あったか, あったが, あつて, あるきり, いいました, いると, いるの, かわいそうに, なぜまた, 一人, 一人で, 中央アジアから, 中学へ, 二人, 二人も, 何か, 八歳に, 内務大臣を, 内端話, 又同じ, 取次に, 大尉に, 妾を, 家を, 小鳥に, 急に, 持って, 摘み上げたる砂, 死んだ, 殺されたと, 母に, 牧場の, 生れる時, 用心の, 突き殺されて, 自殺した, 見れば, 言ひました, 貰ふべき, 養子に

1 [640件 抜粋] あからさまに, あったそう, あったという, あったん, あつた相, あとという, あなたを, あの人, あの内気, あの若, あまり心配, あまり捗らぬ, あやつる翼, ありそれ, ありました, ありまして, あり妹, あり自分, あるから, あるそう, あるという, あるとか, あるので, ある妹, ある牧場, ある相, あれから, あんなこと, あんな勢い, あツ, いいますと, いくたりか, いた, いたこと, いちいち研究的, いつもの, いつも読ん, いて, いなかったらそして, いなくなった後, いなくなっても, いましたそれ, いますから, いるなどとは, いるので, いろ, いろいろの, うるさくて, おしゃぶりを, おりますこと, お世話にな, お佩びになつている, お粗相, お見舞, お金を, お駒殺し, かえ, かごを, かたきうち, かわいい名, かわいそうだ, きくから, きたと, きてるのよ, きりまわして, ここへ, このよう, この家, この手紙, これも, こんど日本橋の, こんなこと, こんなにばたばたと, ございます, さっきまいりまし, さびしそう, しきりに私, したよう, すぐに, すぐ鬱ぎ込ん, すみませんが, そういう風, そう云っ, そう思いたがっ, そこらの, そのお方, そのころ, その僕, その子煩悩, その学校, その市, その当時割合, その後どんな, その様, その犯罪, その腰, その話, それに, それほど熱心, そんなにいや, そんな大事, たくさんあった, ため息と, だしぬけに, ちょっと顔, ついて, つかんだ, できたん, できてから, どうか, どうした, どうしてあんな, どうしてそれ, どうなっ, どうなろう, どこに, どんなにその, どんなに工面, どんな想像, なぐさめ顔, なつたの, なにを, なんであんな, にこにこ笑, ひとすじの, ひとりあった, ひとりある, ひどく心臓, ひどく邪魔, ひょっくり巴里, ほんとうの, またまんざら, また病気, また言いました, まだ越えた, まねて, めば, もう立ち上がっ, もてるの, やって来ますと, やはり今, やろうと, ゆり起したの, ようやく兄, よく出来る, よこした手紙, わしがと, わるいの, ゐます, ゐるン, カナリアと, スクタリ砦を, ステッキを, ダアワに対して, トルストイの, ドーッと, パンの, ヒイキで, ベルを, ロンドンの, 一人あっ, 一人ありました, 一人あります, 一人きりしか, 一人この世に, 一人ございます, 一人ゐました, 一人出來た, 一人出来る, 一人家に, 一週間ばかり, 一鉢ずつ, 丁度わたくし, 三人あっ, 三人づれで寺の, 上役の, 上手な, 上訴しなけれ, 世にも懐かしい, 世話に, 並んで, 中学時代の, 中学生にな, 中學, 予の, 二人あっ, 二人あった, 二人ある, 二人に, 二人の, 二人また, 二人妹が, 二十一, 二歳で, 二階から, 云つた, 五歳くらいの, 五歳ぐらい, 亡くなった, 人なつこく寄っ, 人斬り, 人間でない, 今来客中, 今祖母, 今頃行っ, 代筆で, 伝えて, 伯爵家へ, 何かと理窟, 何やら声高, 何やら聲高, 何より大事, 何を, 佳い婦人, 俺に, 停車場まで, 傍から, 元よく, 元気よく, 兄が, 先まで, 先日警察の, 先生また, 入って, 入れという, 入営で, 入学試験を, 八通の, 公高の, 写して, 冷淡な, 出る, 出征した, 出来て, 出来上りました, 出来妹, 列車の, 別々に, 制した, 力に, 助かったん, 助けて, 助手だつた, 勉強する, 勝手に, 北千住に, 匙を, 医者から, 十であります, 十三で, 十八九の, 十歳に, 厠の, 参って, 参つてを, 参りまして, 又見, 反対し, 反對, 叫びながら, 可哀, 可哀そうか, 可哀そうに, 可哀相でならない, 可愛さ, 右大臣に, 名僧の, 呉れとは, 味った, 呼応した, 唯一の, 喜んで, 困つたやう, 土地で, 坐り立って, 坐ると, 城へ, 報告に, 増えて, 声色やりゃ, 夕方多分, 外国に, 外国へ, 夜あけに, 大きな秤, 大人として, 大分に, 大嫌いで, 大急ぎで, 天に, 天皇の, 契約し, 好きな, 好きに, 妻に, 姉に, 姉を, 姉思ひ, 嫌な, 宅へは, 安らかに, 実際の, 家長に, 寄つてくる, 寒暖計を, 寝返りを, 小使に, 小學生, 小川から, 少し生い立っ, 少年の, 居ますが, 居ります成, 居る其の, 山嵐を, 帝位を, 帰って, 帰還した, 年若な, 幼いのに, 引き取られると, 引続き厄介, 弟がと, 強い力, 役所の, 彼に, 彼女に, 復員し, 心配し, 忍んで, 怖い気, 悩んだり, 悪いこと, 悪いと, 惟長だ, 慣れない寒氣, 戦争の, 戦死し, 手先を, 手文庫の, 持つて, 持出しました, 掃除井戸の, 控えて, 揃って, 救えなくなった, 教室の, 数学の, 敵の, 新しいセット, 新宿の, 旅から, 早く年, 昔の, 是だけの, 時代の, 曾て, 有つて, 有名なる, 村へ, 杖を, 来たぜ, 来たとき, 東北の, 東大の, 柏崎の, 柔かな, 案内した, 桑名に, 椿岳と, 櫂を, 正雄と, 此の, 歸つて來た, 死んだ後, 死んぢ, 死んでから, 殺されたの, 殺して, 母親の, 毎日どこから, 気まぐれに, 汗ばんだ顔, 汚れた筒袖, 沼田の, 泣き出す, 泣き叫んだ時, 泣くもん, 津島に対して, 津軽の, 派手な, 海邊に, 濱邊から, 無事であった, 焦れて, 父の, 父ゆずりで, 父王の, 物を, 瓦工場へ, 生きかえったの, 生まれた, 生まれて, 生れたから, 生れたこと, 生れたの, 生れると, 用意し, 田舎へ, 画家としての, 疑われる, 病気でした, 病気に, 癇癪を, 発狂した, 発狂致しまし, 百姓を, 目を, 盲であった, 相続する, 眠るまで, 知らぬ他郷, 神教を, 秋の, 竜宮へ, 笊を, 答えた, 算段した, 素早く立っ, 紺絣の, 経営し, 継いだそう, 継いで, 縁がはを, 美事に, 聞いて, 聞く耳, 肉親の, 育てた身分, 肺炎で, 脣を, 腰かけて, 自分から, 自分だけに, 自分で, 自由労働者として, 自身で, 舞おうと, 舟を, 芸術家として, 若し兄, 苦しんでると, 葉書を, 薬剤師の, 薬種屋に, 裸で, 見つけたとき, 見つけたらきっと, 見るに, 親孝行などを, 言いつけられた三荷, 言うこと, 言って, 計画的な, 訊かれたでも, 訪ねて, 許されないよう, 話した, 話して, 話してる国語, 貸主で, 費消を, 購ひ来りし, 購讀し, 起きて, 身を以て, 身振り口真似で, 返るでも, 追い出したこと, 送って, 逆に, 違つたと, 適任お, 邪魔に, 酒店を, 銃口の, 長島五郎兵衞誠範で, 関係し, 陥ちか, 陥ちかかっ, 随分金, 非常に, 頭と, 食物を, 餞別しよう, 首に, 馬騰, 駈け廻るドタドタ, 高等学校上級の, 鶏を

▼ 弟~ (678, 7.1%)

23 連れて 10 つれて 9 見て 7 顧みて 6 殺したの 5 伴れ, 持って 4 助けて, 自分の 3 いたわって, して, 前に, 愛して, 抱き我, 救って, 殺して, 見ますと, 誘拐しよう

2 [45件] あなたの, うしろに, おぶって, かばうよう, たしなめた, でも愛撫, なだめて, ひっ抱えた, よんで, 伴って, 取って, 可愛がって, 可愛がれば, 叱った, 叱るよう, 呼んで, 唆かす, 導いて, 引きよせて, 弟と, 彼女の, 忘れしこと, 手に, 折檻する, 抱いて, 持った, 持ったんでね, 探した, 救い出すん, 歎き, 歓迎しない, 殘し, 殺した, 犠牲に, 相手に, 笑わせた, 罵った, 育てて, 背負って, 見た, 見つめて, 見る, 見殺しに, 試す, 負って

1 [488件] あちらへ, あの見知らぬ部屋部屋, あやしなど, あわれに, あんなに変え, あんな悪者, あんな目, い, いじめたこと, いじめては, いじめました, いたわるよう, いたわる姉, いつしよ, いましめたの, うながして, おいて, おさえつけそんなに, おじと, おぶつて買もの, お呼出し, お思い, かえりみて, かえりみながら, かえり見た, かかえて, かかえては, かばいつづけて, かばい兄, かばい右手, かばうあたたかい, かばう暇, かばう気, かわいいと, かわいがった, かわいがった以上, かわいがりましたの, こ, この家, こんな無情, ご成敗, さいなんで, さがして, しかったり, しっかり抱いた, しばらく寮, しみじみ思った, じっと見, すかすよう, すくって, すてて, そうとは, そこまで, そのま, その駕籠, そろそろと, たいへん愉快, たしなめること, たしなめると, たしなめる一方, たすけて, たずねて, たずねる, だました, だまし込まうと, ちやほやする, ぢつと, ついに投げ伏せ, つかまえたこと, つし, とても元気づけるでしょう, とり巻いて, どうし, どうしてやる, どこぞ, どんなめ, ながめた, にらみました, にらんで, ねんねで, のこし道灌山, はじめ気負い立った, ひきずつて, ひきよせた, ひっぱり出して, ひどく可愛がっ, びっくりさし, ほろぼしたとも, まだ二年前, みて, めがけて, めぐる人間関係, もち一方, もって, もつこと, やったの, やりますから, やるから, ゆすり上げて, よく愛し, よその, よびつけて, よびました, よび四名, よび弟, バックしてやろう, バックしよう, 一人前に, 一同に, 一番可愛, 一躍巨万, 上目で, 下風に, 不意に, 世に出, 丘の, 中心として, 中心に, 乗せた俥, 乗せた輦, 二人もっ, 亡くした, 仆すか兄が, 伴い将来, 伴れ出す, 何だかひどく, 使って, 侮辱したくない, 促して, 促すよう, 保護する, 信じたいの, 倒し自分, 元気づけて, 兄妹は, 先頭に, 入れて, 入れる事, 円く堆い膝, 凝つた瑩玉, 凝視す, 出して, 出し抜いて, 出産した, 出迎えました, 到底助からない, 前において, 助けるわけ, 劬りたかった, 励ましただちに, 励ますため, 勇と, 動かした, 区別する, 医学博士にまで, 卸して, 取つて, 取り扱う様子, 取り返そうと, 可愛がること, 叱つて, 叱りつけたが, 叱るだけの, 吉穆と, 同行し, 君と, 吹き飛, 呶鳴った, 呼びかけた, 呼びつけて, 呼びに, 呼び入れました, 呼び出さして, 呼び寄せ, 呼び込もうと, 呼ぶとき, 呼ぶの, 呼ぶ兄, 呼んだ, 呼出して, 啼かすと, 喜ばせたよう, 国に, 圧迫し, 坂井に, 声援したい, 大学へ, 失いそう, 失い希望, 失った, 失つた杉之, 奨ました, 奪はれ, 奪わないで, 奪われて, 妊娠中だった, 妬んで, 姉妹兄弟に, 娘萩乃の, 嫉妬し, 嫌うたの, 嫌つてゐる, 子と, 子守し, 守りすかして, 安策孫と, 宥めすかして, 家の, 対手に, 尊敬し, 小声で, 小学校に, 帰してから, 幸福に, 庇ひ出した, 庇ふ, 庭番に, 引きあげた, 引きあげたとか, 引きとって, 引きとめ, 引きとめるべきだったと, 引きとめるべきだったの, 引取る, 弟は, 強いて, 役所の, 彼は, 待って, 待受けて, 待合せて, 従えて, 得たよう, 得たり, 從へて, 心から憫, 忘れて, 思い弟, 思うあまり, 思うよう, 思った, 思って, 思つて居た, 思ひ出した, 思へば, 恨むこと, 悩せ, 悩ませしか, 悪く云, 悲しませるよう, 愛しきつて, 愛しては, 愛する事, 態, 慰めようとして, 慰め一日, 慰め単なる, 憎いと, 憎もうとは, 憐れがっ, 憐れむ気持, 憐んで, 憶ひ, 戸の, 手伝って, 手先に, 手招きした, 打った, 打つには, 扶け, 扶けて, 批判した, 抑えつけようと, 抱えて, 抱えるよう, 抱きか, 抱きしめながら, 抱き絞めて, 抱へて, 押えつけて, 押えようと, 拉して, 招いた, 持ったと, 持った兄貴, 持った為, 指導する, 振り返ったが, 振捨てて, 捉へ, 探して, 探しました, 探しまわって, 探し出して, 探廻らなければ, 擁して, 擁立しよう, 放したくなかった, 故郷に, 救い出した, 救うだけの, 救うの, 救ひあげる, 救わなければ, 教えいたわるよう, 教育しよう, 敵と, 文彦様と, 斎宮助と, 新町河原で, 早速わたし, 旻と, 春山之, 時々視, 最も信頼, 杏朴成俊と, 来させても, 柳橋の, 梅之助と, 棄てなかった, 横に, 歌つたのが, 歯痒がらせる, 死なせるもと, 殺さうとして, 殺さないよう, 殺さなければ, 殺された一郎, 殺さんと, 殺したと, 殺したより, 殺したカイン, 殺した憎む可, 殺した獣人, 殺した男, 殺すか, 殺すと, 殺す気, 殺せるカイン, 殺ったの, 毆り倒した, 毆打負傷せしめた, 氣の, 求めたの, 決して愛し, 沼川三郎と, 法廷につき, 泣かした末, 泣かせたろう, 津志王丸と, 淋しさうにヂツ, 深田へ, 満足させ, 激, 激勵する, 父や, 生んで, 留守番に, 疎隔する, 疑って, 疑ひ弟, 発見し, 監督し, 目のあたりに, 相手の, 相続人として, 省みた, 眠れなくして, 眺めた, 知つてゐる, 研究所へ, 私が, 稼がせて, 窘めると, 立てたまわざるや, 立て宗家, 築地の, 終に投げ伏せ, 縁の, 置いて, 罵った言葉, 羽沢へ, 育てあげて, 背から, 背負うた儘, 背負うて, 背負ったり, 背負っては, 胸から, 膝の, 自分が, 自分達が, 荏原屋敷へ, 葬ると, 薪売り, 西村という, 西瓜の, 見かけなかったかと, 見たがるから, 見たこと, 見ついで九州, 見つけて, 見ては, 見まもって, 見るたび, 見るため, 見るの, 見るばかり, 見るよう, 見る最後, 見上げすぎたと, 見上げた, 見出して, 見守った, 見守る目, 見捨てても, 見捨てなければ, 見据えて, 見習うて, 見詰めて, 見送りに, 視ると, 討たれて, 討った者, 託して, 訪ねさせて, 訪ねること, 訪ねると, 訪ね北千住, 訪ひ, 許して, 訴人に, 評して, 評定役に, 誘った, 誘ったり, 誘って, 誘つて外に, 語って, 誡め諭し, 説き諭す, 豊臣方に, 負うたり, 負せられ, 買いかぶった虫, 起して, 軽々とかつぎ上げ, 軽々と引っさげ, 載せて, 迎えた, 迎へ, 迎へて, 追おうとも, 追っぱらおうたって, 追想し, 送って, 送つて, 逃がして, 逃すで, 連れながら, 連れ出して, 連れ去りながら, 遊ばせる子守唄, 遠ざけたいの, 遮りつ, 選んで, 邪魔に, 邸に, 重耳, 金次郎と, 釣に, 長途の, 阿利, 除くと, 除くほか, 頼みに, 頼み込み丘, 頼むと, 顧みる, 風に, 飛び越し, 食いものに, 食つてし, 食ふと, 養い三年, 養う義務, 養わねば, 養子に

▼ 弟~ (535, 5.6%)

9 して 5 向って 4 向かって, 指して 3 あたる, しても, なって, 代って, 似て, 命じた, 嫁を, 家督を

2 [35件] いいました, さ, さんざん言, ですよ, なる人, また云, 云つた, 代つて, 任せて, 出して, 取つて, 命じて, 妹か, 当る男, 持ちたいと, 教へて, 物語つてや, 聞いたら弟, 藥を, 見せた, 見せて, 見せようとして, 言つた, 訊ねた, 話した, 話して, 譲って, 負て, 返し孫, 迷惑を, 送って, 逢って, 連れられて, 金を, 顔を

1 [419件] あたった, あたられる徳川慶, あたります, あたるので, あっちへ, あてて, あなたは, あまりに大き, あるか, いうと, いう可, いった, いって, いつからでも, いわせようと, うすらいで, お伴され, きて, きまつ, くらべて, くらべると, くれて, こう言いかけられ, この短い, これが, これを, ささやいた, さした, されたよう, した, しちゃあ, してやったん, すがりつくべくあせつて, すぎず張梁なお, すすめられると, するキス, せがまれて, せめて何, せよ鼻ヒゲ, せられた, そういっ, その話, それぞれ遺書を, それを, そんなこと, そんな事, たのまれるまま, たのんで, ちょいと, つきそって, つれられて, ときどき縫い物, なったこと, なったの, なったよう, ならぴんと, ならんで, なりましょうね, なる, なるの, なる茂作, なろう, はっきり宣言, ひどい目, ひまあれ, ぼくさの, まかして, まかせよう, まかせると, まきこまれた, まければ, また云いました, また叱らるる, また言いました, めぐり逢ったよう, もう帰る, ものを, やつて, やらせて, やられたよ, やる心算, やる自分, やる葉書, ゆずって, ゆずられること, ゆずり今, ゆずり自分, ゆずる覚悟, よく似, よく似た, わたした, ジョージという, トランペットを, パンを, 一任し, 一臂の, 不意に, 不満だった, 与えて, 与えました, 与えハヌマン, 与ふる, 与へぬ, 世帶を, 乗しか, 事ふべき, 事務一片の, 事情を, 云いつけて, 云う, 云った, 云つて彼等と, 云ひたかつた, 云ふ, 五十銭お, 仇を, 今一人, 仕へ, 他の, 任し切りであったが, 会いたい, 会いたい年歯, 会いましたが, 会うため, 会えなければ, 会ったよう, 会って, 会ってから, 会ひました, 会ふ, 伯爵家を, 伴われて, 何か, 何でも, 何も, 作って, 使われる低能児, 信吉と, 優しくし, 元春正雄, 元気を, 先だって斬髪した, 先立たれ四人兄弟, 其の日, 内証で, 再婚を, 出会った節, 出資し, 別離を, 前々から, 加わって, 劣って, 勉強させ, 勧めて, 勧める, 勧めるという, 取って, 取っては, 取られたの, 取り巻かれて, 取押方, 可なり, 合図を, 合掌した, 吉兵衛という, 同意した, 同行し, 向い, 向けた瞳, 向けて, 向け弟, 向ってだけは, 向っては, 向つた, 向つて, 向つて何, 向つて感謝, 向て, 吹き込んで, 告げようとは, 命じるべきだ, 和武ち, 問いました, 喰って, 四円宛送っ, 城の, 執こく, 執る無意味, 変化し, 変装し, 夕方に, 大沢主, 大金を, 夫婦約束を, 奪われようと, 女の, 嫁し, 子供に, 宗忠という, 家には, 家の, 家督相続を, 家継が, 将平, 對する, 小突かれて, 小言を, 少時の, 就いて, 就て, 嵐という, 幅を, 干アンズ, 年上の, 建てて, 建築家が, 張衛という, 強ふる, 当たる陸軍大尉, 当りましたので, 当る, 当るが, 当るその, 当るの, 当るチット, 当る三男, 当る中納言敦忠, 当る朝臣, 彼の, 御廚三郎, 微笑んで, 心を, 怨みを, 意見でも, 愛想尽し, 感動に, 懊悩の, 成基尊基が, 戯れた, 手柄を, 打ちあけるの, 打ち明けられたもの, 托して, 抱かせて, 押さえられて, 持たせるくせ, 持ったら自分, 持つた兄, 振り上げたん, 捜させて, 捧げて, 授くる, 探させたけれど, 提供した, 教えて, 教えられて, 散歩を, 斬りかけようと, 暇を, 書かして, 會つた, 望みを, 本郷の, 来て, 来られては, 案内し, 案内を, 正道という, 此重い, 死なれてからは, 死なれ苅田さん, 残りの, 殺されたという, 母が, 毎日一ぺんずつ, 毎日一ぺんづつ接吻を, 比べれば, 気を, 注いだもの, 注意した, 渡さなかったと, 演奏し, 無心を, 生れたの, 生れた惣吉, 留守中の, 當る, 目くばせしました, 相当の, 相違あるまい, 眼くばせ, 着せたり, 着せようと, 着物を, 知らせまいとして, 知られまいと, 祖先は, 福二という, 私の, 移って, 種々垣根越し, 種を, 笑って, 答えた, 簡単な, 簡單な, 継がせ自ら, 罪を, 耳打し, 聞いたまま, 聞いたり, 聞かれたでしょうね, 聞きました, 聴いて, 自分の, 至るまで, 苦められ, 苦労さする, 英語で, 荒木蘭皐といふ, 薬を, 薬屋の, 行遇ひたり, 裏道を, 覇気を, 見かえるの, 見せる物, 見せ度, 見られたの, 覗かせて, 角蔵なる, 触るまい触るまいと, 言いだすの, 言いますには, 言うの, 言った, 言ったり, 言って, 言ひ, 言わせた, 言伝てた, 訊いた, 訓えた, 託して, 訴えると, 話しかけた, 話したこと, 話しただけ, 話したと, 語ったの, 語り聞かせた, 語り聞せた, 説いて, 説明した, 読み聞かせた, 謂ひ, 謙抑すべく, 謝し, 譲ったので, 譲っては, 譲つた前後, 譲つて出, 譲り自分, 譲り隠居, 譲ること, 譲るも, 變り, 讓つて三つに, 讓つて私は, 讓つて隱居を, 讓る, 豊次郎という, 負くる, 負けて, 負けない声, 財を, 貢らしめた, 責任を, 貸し与えると, 身を, 近かった, 返った弟, 迫られても, 追ひつ, 送つた, 送つて, 送られて, 送る微笑, 送る為替, 逢いたいでしょう, 逢ったほどの, 逢った事, 逢わせて, 逢われるばかり, 遇つた, 過ぎないの, 過大な, 違いあるまい, 違いない, 遠慮する, 間違が, 阿野全成, 限って, 隠れて, 難詰され, 電報を, 面会を, 面罵されたら, 頂戴する, 頼まれた飛行機, 頼みました, 頼むよう, 頼んだが, 頼んだん, 頼んで, 飲ませません, 飲ませようと, 魂の, 鴆毒を

▼ 弟~ (356, 3.7%)

22 一緒に 14 二人で 12 いっしょに 7 一しょに 5 一しよ 4 妹の, 相談し 3 いふを, 三人で, 二人の, 妹が, 妹は, 思って, 比較し, 違って

2 [17件] いうよりも, それから, なって, 一人の, 世間話を, 並んで, 二人跡に, 伯母, 似つかは, 同じ年, 女中と, 妹とが, 妹を, 妻と, 平田屋町の, 結婚し, 遊んで

1 [230件] ありまして, いい妹, いうが, いうだけの, いえば, いっしょでありました, いっしょです, いつも諦めさせる, おかあさんの, お前の, お島, お庄, お言葉, きた日, この二人, そっくりな, その一家, その妻, その弟, その指導者, その時分, その部下二名, それから官邸, それと, それに, それを, そんな話, であったであろう, どちらが, なったの, ならんで, なりて, なりますと, ふたりで, ふたり一年も, よく似, わざわざ断った, わしの, アダリーでは, サラセンで, ツルンで, マーシェンカの, 一処であった, 一所でも, 一緒が, 一緒でした, 一緒にという, 三人の, 三人暮しの, 三人暮らしで, 主なる, 乳母と, 争ったら全, 事務所の, 二人あとに, 二人が, 二人ぎりの, 二人に, 二人並ん, 二人暮せる, 云い乍ら, 云い鬼, 互いに探り合い, 五つ位の, 交互に, 交渉を, 交際つて行つたのである, 京にて, 仲の, 仲違ひした, 住居を, 信じて, 信ずる屍体, 僕と, 兄ぐらいの, 兄と, 兄との, 兄の, 兄を, 入れかわって, 共に遠い, 共同に, 共謀な, 其処まで, 其處まで, 別々に, 別れた甚三, 別れて, 前後し, 区切って, 友達に, 叔父さん所へ, 吉宗の, 同じく教師, 同じく赤貧, 同じと, 同じやう, 同じよう, 同じ事, 同じ室, 同じ家, 同じ所, 同じ様, 同じ食卓, 名のった, 名乗る奴, 呼ばせ給, 呼びあいその, 呼びあって, 呼べば, 呼んで, 和解し, 四つに, 四人浅草聖天町, 固く心, 声を, 夜の, 女共が, 女学校一年の, 妹だけ, 妹と, 妹とに, 妹二人の, 妻君の, 妾には, 姉で, 子守は, 学校の, 安井とを, 密通した, 富士子の, 實姉とは, 少年の, 平次も, 床の, 廊下を, 弟の, 彼女との, 從兄とが, 從兄弟とが, 從兄弟との, 思い出さるる幾多, 思う情, 思っては, 思ってるから, 思ふより, 思われては, 怪しい仲, 恥知らずな, 愛しん, 愛し白梅, 或る, 或時, 戰ふて, 掘る, 揉み合ったかを, 春休みに, 春早き, 昴発行所の, 時々遊び, 本家の, 村の, 来て, 来ては, 檗山に, 歌津子とが, 歌舞伎座に, 正反対に, 死を, 母の, 比べると, 水泳選手の, 波打ちぎはで遊び戲, 波打ちぎわで, 澄子さんとは, 生まれながらそうして, 申す若い, 皆で, 矢張り尾張町の, 知ったからは, 知って, 祖母とで, 祖父母に, 私と, 私との, 私自身の, 称して, 竝んで, 笹の, 結婚させる, 義絶を, 老婢との, 聞えた佐久間久右衛門, 自分との, 自分の, 行き会, 見えますね, 見て, 見ては, 見ゆる子ども, 見舞旁遊びに, 親しか, 親族の, 解すべきでは, 言つた, 言つて居る, 言ふ, 言われるか, 訳が, 話して, 話しながら, 話を, 語って, 語つてゐる, 語らふ父母, 身内の, 通りを, 連れ立って, 連立って, 遅くまで, 違ふ, 長い間慟哭, 間違へ, 間違へても, 隅の, 頭を, 顏を, 顔を, 馬ぐらい, 黙って

▼ 弟~ (235, 2.5%)

13 妹も 3 あれば, 察しる涙

2 [12件] あの海軍大尉, この頃, じぶん, 云つた, 刀を, 堪らず水, 寝床の, 弟の, 微笑し, 我も, 死な, 私の

1 [192件] あの人, ある, あること, あるだろう, あれは, いっしょに, いま大学へ, いる, おれに, おれの, お国表, かえって楽, がっかりしました, こうした私, この三吉, この湯葉屑, この腑甲斐, しょせんは, そういう方面, そのと, そのまね, その妻たち, その正しい, それで, それと, それまで, ちっとは, つまらない顔, とう, ないもの, ないん, はっきり申しませんでした, ぼろぼろと, またうらやましく, また世間, また俺, また彼女, また次, また泣い, まだ四十, みんなゐなく, みんな人々の, みんな彰義隊で, やがて中學, やっぱりま, やっぱり知らない, やはりそこ, わるい気, ゐた, オトウサンも, クソも, シヤツ一枚にな, ポチの, 一人も, 一緒に, 万一の, 中学を, 中間も, 事情が, 五つ六つの, 亦それ, 人づかひ, 今の, 今は, 休んで, 何か, 何も, 偉くな, 健在である, 僕には, 兄を, 全くの, 兵隊に, 初めの, 利かない気, 前年細君の, 労咳で, 博奕が, 叔父の, 口を, 同じよう, 同じ下宿, 同じ報告, 同居し, 同意しました, 同時に頭, 同様でのう, 同様な, 同様は, 唇を, 商大を, 声を, 変だ, 変りましたろう, 大きな声, 大分真面目に, 女運が, 好きでした, 妹の, 姉さんも, 姉の, 姿が, 婆やを, 嬉しそう, 子も, 学校へ, 安堵の, 家とは, 寒いからと, 小便を, 小学校に, 少しばかり, 居ません, 居りますが, 居合せて, 屈強な, 常には, 床の, 引取って, 従姉も, 從兄弟も, 心の, 急に, 恋して, 恥しさうに蒲團, 戸口まで, 所詮は, 手伝って, 捨てて, 救い出さぬと, 文学青年を, 既衣を, 日本の, 昨年上海附近で, 月の, 来て, 来ぬ弟嫁, 東京で, 東海林の, 歸つて來なかつた, 死んで, 死罪を, 母の, 浅ましきばかり, 混つてゐた, 温泉地生れで, 父上も, 父親に, 生長し, 留守で, 疎開した, 疑なき, 皆我が, 盲である, 相変らずいた, 相當出世, 真面目に, 知ること, 私たちと, 私と, 私に, 秋さんも, 笑いながら, 笑へば, 継母の, 股引を, 肺結核に, 自分に, 自殺した, 苦しいの, 茶の, 草心尼母子も, 行けと, 要らないと, 見えなかった, 話が, 誘った, 調子を, 負けず劣らずついて, 赤くなっ, 跛足という, 近ごろ夭折した, 通りがかりに, 還ること, 酒で, 難を, 雪枝さんも, 非常に, 面に, 食うこと, 首を, 默つて一枚捨てた

▼ 弟たち~ (178, 1.9%)

3 のところ 2 のこと, の労, の姿, の顔, はそれ, はもう, は廃墟, を顧み

1 [159件] かね, からで, からのもの, から足, がいた, がいる, がこの, がステーション, が代る代る, が兄, が出, が家人郎党, が幾度, が彼, が手助, が揃っ, が還つ, が離れ, が食い尽し, すら童名, すら頭ごなし, だ, だけだった, だけにでも知らせ, でそれに, といっしょ, とつれ, との文通, とは小さい, とは少し, とは雨, とよく, とエリザベート, と一緒, と並ん, と家人, と相談, と私, と計っ, などは自身, にあ, にかく, にすれ, にた, にとっても幼い, には兄, には彦, には思いやり, には留守, には秘し, にもない, にも無事, にも皆, に交っ, に口輪, に対してなお, に手紙, に私, に聞け, に自惚れ, のかかっ, のすすめ, のどの, のほう, のめんどう, のよう, の一語一語, の世話, の個性, の兄, の前, の勞, の始末, の学費, の家, の年, の当分, の忍び笑い, の意地悪, の旅, の沓下, の没命地, の無, の狡猾, の耳, の肉体, の赤, の走り, の頭, は, はさんざん, はどう, はみな元気, はもとより, はよく, はジャン, はステーション, は兄, は勿論, は十五, は口々, は如何, は実は, は宿, は急がせ, は抱きつい, は疑わなかった, は眼, は窓, は黙っ, ばかりだ, へこう, への土産, へも配分, へ中, へ命令, へ注意, へ渡した, へ詫びる, ほど熱中, まで大はしゃぎ, もあんな, もそれ, もどう, も一つ, も出迎え, も参り, も坂東平野, も夏, も寧子, も次々, も欣ん, も湖, や女, や弟子たち, や従弟たち, や近隣, をここ, をみな近く, をもっ, をも東京, を二人, を始め, を寄せ, を引率, を得心, を戰爭, を救っ, を殺し, を殺した, を殺せ, を殺そう, を王, を相手, を置い, を見, を見送る, を顧みた, 見て

▼ 弟~ (157, 1.6%)

8 あつた 4 私の 2 あつたらしい, 今は, 斯う, 芝居の

1 [137件] あっさりやっ, あつたら, あの野幇間, あらうかと, あゝ遣っ, いまの, お宮さんの, かつては, こいつが, これは, これも, ござります, しよう, そうしていま, その二人, たった今大空, なしに, ね, ねこれ, まことによく出, また河北, わたくしの, スタニスラウス・フオン・ヰツクと, ツァーリーの, 三十二三のちよい, 三十前後これは, 与次郎という, 中年で, 二人とも, 交野金兵衛と, 今の, 今年六つに, 今朝鮮に, 代々木町の, 以前の, 伯父の, 何を, 俊一君という, 信心し, 候のと, 兄で, 兄に, 先代から, 光麻呂が, 六つに, 兵糧方を, 加奈子には, 勇次郎という, 十五歳十内は, 十六歳に, 十四歳に, 十四歳大助は, 又七, 又何, 古田中, 同姓源三郎, 君が, 和具須曾麻呂という, 四つに, 堅くし, 多見, 天智の, 子供たちが, 宇治の, 家を, 寿則と, 少年時東京に, 居候を, 居候並に, 山を, 岩木判官正氏の, 崔毅という, 川越から, 店の, 廻船問屋の, 式部の, 弟は, 張宝, 当年二十八歳母方の, 彼が, 彼を, 後に飯田氏, 後の, 後宗家, 支那へ, 政吉と, 政治家として, 数年前遺産分配について, 斯うい, 新らしく, 日米鉱油会社の, 昔から, 本多正重という, 楊陵と, 榎の, 殿上でも, 河内温の, 沼津の, 海軍省とかの, 漆の, 王に, 珍らしい, 田中栄次郎という, 甲府に, 皇太子, 矢吹狷之介十九歳の, 矢張医学部教授を, 祖母には, 私とは, 私にとっては, 竹中重吉, 總七存命中は, 自墮落, 自殺した, 花川戸の, 若君にも, 落魄し, 親しさ, 親友で, 親戚の, 變人扱に, 豊次郎という, 豊次郎といふ, 貧弱な, 遁世し, 遣ってるの, 野洲川野武士の, 金吾の, 金次郎といふ, 錦也であった, 錫蘭へ, 関羽という, 隠れ無い, 青邨にと, 須藤の, 香川家の, 高校時代に

▼ 弟さん~ (143, 1.5%)

2 [15件] が, がいた, がすっかり, が見えた, ですか, ですね, で米吉さん, と一緒, によろしく, の, のこと, の身代り, は, はもう, よ

1 [113件] かえ, からお, がある, がお, がおいで, がしきりに, がどうして, が亡くなられた, が入学試験, が同居, が外, が大変, が好き, が支払う, が書いた, が東京, が歸つた晩, が歸つて, が死なれました, が汲み込ん, が突然, が絶望, が話された, が語る, が越中, だ, だけしかゐない, だそう, だと, だとばかり, て云, でしたですねえ, ですよ, でやっぱり, で品行, とかいう方, とが田舎, と一しょ, と御, と結婚, と許婚, どすか, にいう, にお, にお世話, には会った, には何時も, に似, に出来る, に対する信頼, に対する確信, に幻滅, に当る, に御, に責任, に送っ, に逢, ね, のため, のアレクセイ・フョードロヴィッチ, の上げた, の名前, の大次郎様, の家, の御, の悪口, の日記帳, の次郎さん, の河村さん, の細君, の繪, の裕さん, の話, の農学士, の部屋, の金僊君, の面倒, はあの, はえらい, はきっと, はけっして, はこれ, はしかし, はその, はね先生, はまじめ, は三人, は下, は兄さん, は兄さん思い, は小包, は恐れ, は東京, は腕, は若旦那, は退屈さうに下, は遺稿集, へ持っ, まで君, もありました, も一高, も入らつ, も大変, も有る, も死なれた, も酒飲み, も間違, をどんなに, を元気づける, を思ひ浮べ, を持っ, を直ぐ, を酒飲み

▼ 弟~ (109, 1.1%)

12 妹が 8 妹の, 妹を 7 妹は 3 妹も 2 妹たちにも, 妹たちは, 妹にも, 妹や, 弟と, 弟の, 親戚の

1 [57件] お母さんは, そいから, そこへ, たつた一人, なにかに, みなは, 仲間たちが, 伯父の, 勤王派の, 友人たちと, 友人たちとともに, 友人たちに, 叔父や, 大人の, 女中に, 妹さんたちの, 妹たちが, 妹たちと, 妹たちとは, 妹たちに, 妹たちに対して, 妹たちの, 妹たちまで, 妹たちも, 妹たちを, 妹たる, 妹とに, 妹に, 妹ばかりか, 妹への, 妹ほど, 妹達と, 妹達に, 妹達は, 姉は, 姪を, 娘の, 従妹達も, 従弟や, 從兄が, 從兄弟を, 思て, 我が子ら, 次男三男の, 母の, 父について, 父母に, 甥が, 私の, 継母の, 繼母に, 老婆の, 良人を, 親しき友, 親類の, 郎党たちを, 隣の

▼ 弟~ (93, 1.0%)

2 にあてこする, の中, の居る, は兄

1 [85件] からさえ用心深い, からもをがまれ, が両親, が乞食, が参ります, が大きく, が居た, が彼女, が新聞, が来ます, が湯上り, が皆, が邪慳, で自分, とテニス, と三人, と前, と妹, と真赤, と遊び, についてはもともと, には眼, にも舎中, にやつ, に一つ, に対する婦人たち, に對, に屡々, に話し, に話し聞かせた, に逢う, に逢っ, のめんどうくさ, の上, の世話, の前, の噂, の多い, の夜着, の寝床, の寢息, の様子, の母, の気, の為め, の煮え切らない, の玩具, の生活, は, はうれし, はすっかり, はそれ, はまだ, はネイル族風, は久しぶり, は以前私, は変る変る, は弟達, は彼等, は恨んだ, は東京, は物, は皆, は直ぐ, は立派, もいなかった, もいる, もそれぞれ嫁, も居なかった, も居る, も死ぬ, や稲垣, や縁者, をある, をうるさ, をちつ, をも悦ばせよう, を呼ぶ, を呼ん, を実, を抱, を笑わせた, を見る, を驚かした, 働いて

▼ 弟である~ (53, 0.6%)

3 作家の 2 ことに, 事が, 作家が, 実家の

1 [42件] あのあわれ, あの叔父, からその, から勢至丸, から死期, から用人, がこれ, が対等, が考証学, ことが, ことを, この二人, しそんなに, その莊之助, だけ心中, という, という事, とかそんな, に違い, のに, わ, 中西昇と, 亮二郎さんに, 今朝の, 会計係の, 作家は, 保から, 叔父が, 君の, 周作人との, 商人の, 子とは, 山岸少年は, 左大弁に, 林と, 淺見篤, 画学生の, 私の, 若い画学生, 英組の, 関係から, 頼該の

▼ 弟とは~ (53, 0.6%)

2 ビールを, 子供の, 義絶を, 辛いなあ

1 [45件] いい争い, いえほんらい, いへ, かわるがわる半蔵, こんなにちがう, その新しい, その男, まるで交渉, もう議論, スヤスヤと, ドッと, パリーに, 不和に, 並んで, 二人きりの, 二人とも, 二時という, 云わずに, 五つ違いであった, 人懐かし, 代る, 似ても, 似も, 何時も笑っ, 余りぞっとした, 同級だった, 喜んで, 固くなっ, 大の, 幾分の, 彼女を, 御同胞, 思われませぬと, 時々早く, 朝餉を, 殆ど遊んだ, 気だてが, 猪熊の, 継母と, 蓋夫子自, 辛いもの, 辛いものぢ, 遊び半分殆ど夢見る, 違って, 顏の

▼ 弟から~ (49, 0.5%)

3 聞いて

1 [46件] あなた方は, かたき討, こういう質問, これは, その時, である, でその, ながめられてるの, またハガキ, シミジミ旅の, 上原さんの, 二尺位離れた, 云いだされて, 何の, 來た, 借りて, 兄へ, 出たの, 勇に, 奪い取って, 妙な, 少年坑夫は, 愛されて, 戦いを, 手紙が, 撤回する, 敵発見の, 斯う, 本へと, 端書を, 精しく聞い, 細かい字, 絶交せらる, 絶交状を, 聞いた鉱山, 聴いた談, 葉書を, 見れば, 見捨てられて, 見限られた, 言出される, 貰って, 資本を, 身内と, 金を, 防空壕を

▼ 弟~ (49, 0.5%)

32 そうです, と思う, と思っ

1 [40件] かでまた, からいつ, からである, からといえ, からとて甘え, からと云う, からと云つて許, からと言, からね, からねえ, からムリ, から仕方, から可愛がる, か妹, が百姓, が餓鬼, が骨骼, そうだ, ちと一緒, と, という岩三郎, という理由, という私, といふ, とかで戦争中, と年中大口, と思つて, と思はれる, と思わない, と知っ, と聞い, と言う, と言われた, と説明, な, なとその, ね, ねえ旋盤, のが, のと

▼ 弟~ (48, 0.5%)

2 さまを, さんが, 様は

1 [42件] かの, が廂帽子, が役, が知らぬ, ぐるみ引取る, さま, さまです, さまに, さまの, さまは, さまほどの, さんから, さんと, さんの, さんへの, さんも, そうな, だ, には似ぬ, に兵馬様, に当る, の, のある, の伯次さん, の兵馬様, の左大臣どの, の左大臣殿, は古い, は此方, へちと, もございます, も仕合, や伊豆伍夫婦, や異, をついに, パラシュウスと, 三宝院の, 佩し, 様お, 様が, 様を, 様をば

▼ 弟には~ (36, 0.4%)

1 [36件] あまり飲ませない, お母さんが, この兄, さぞ羨し, すでに雲泥, それを, ちがいない, ついそんな, なにかに, また改めて, まだ内証, まだ知らせてなかつた, もちろんこれら, もはや嫁, わざと辛らく, ヒゲが, ピンセツトだの, 一言の, 保世継世家世など, 前もって引越, 及ばなかった, 小さな娘, 左衛門といふ, 庭の, 弟の, 従五位下の, 忠利が, 打明けまいと, 時代に, 殺されそう, 煮豆売り, 自分を, 話したくなかった, 負けません, 軽かった, 違ひありません

▼ 弟にも~ (36, 0.4%)

3 妹にも 2 似ぬ恐ろしい, 多数と, 真実の

1 [27件] あたる者, うまくは, かくしてゐた, ここは, そう言われ, そんなふうに思いちがい, たべるよう, ちと臭い, 会わなければ, 似ぬ命惜しみ, 優しくし, 勝りて, 子にも, 幸福な, 打ちあけなかつたの, 打ちよせたこと, 打ち明けなかった, 歸郷の, 理性は, 病気は, 知らせずに, 紹介は, 考へを, 腹が, 話して, 逢いたいと, 逢わないし

▼ 弟~ (34, 0.4%)

2 主殿, 知らせたかも, 言った

1 [28件] いわなかったろう, おのおの使い, こっそり融通, して, そう責めた, ちょっと悪戯, ヒキデ, 云いながら, 出した, 向け難き, 向って, 告げた, 命じる兄, 姉から, 帰つた合図の, 怒ッ, 打ち明けた, 清十郎は, 独力で, 知らせただろう, 答える代り, 縋り附いて, 話しかけるにも, 謝って, 貸した時計, 返した, 送ったもの, 遺して

▼ 弟~ (32, 0.3%)

2 の千幡さま

1 [30件] か, かかり人, がだまっ, が口, だぞ, であったの, というの, といえ, となら, と共に餘念, にある, には彼, にも出来る, に当られます, の下, の居る, の惇麿様, の来, の植, の陛下, は, は千幡君, は嬉し, は毒殺, は誰, も大層, も来れり, も比まれ, を, をつれ

▼ 弟直義~ (32, 0.3%)

1 [32件] からのもの, か師直, が六波羅, が向け, が警固番, とみえまする, と兵庫, と師泰, にゆだね, によっく申しふくめ, に与え, に譲っ, の一勢, の名, の孤軍, の真情, の罪科, の花押, の血相, は, は敗れ, へのお, もいた, もいつかわし, も去年, も見え, をたすけね, をも左馬頭, を先立て, を失い, を案じる, を見殺し

▼ 弟夫婦~ (30, 0.3%)

2 が住居

1 [28件] からほしい, があわて, が哀れ, が子供ら, が手許, が林町, が面倒, とは三度, と妹, と暮し, に会, に申訳, に話し, の借間, の処, の出世, の問答, の家, は子供, は年少きまま無益, は葬式, へ渡した, もいるだ, も泣き, やお, や昨年, や甥たち, を顧みた

▼ 弟さま~ (29, 0.3%)

3 に向かっ 2 の命, の大長谷皇子, の水歯別王, は

1 [18件] があんまり, がそう, とご, の中津王, の忍熊皇子, の日子八井命たち三人, の月読命, の火, の皇子, の神倭伊波礼毘古命, の神沼河耳命, の穴穂王, の若子宿禰王, の速, はさっそく, はしかた, はまた, は困っ

▼ 弟との~ (29, 0.3%)

2 ために, 間に

1 [25件] あいだに, かかる對話, ことは, ことを, 三人は, 三人暮しで, 二人兄弟で, 危きを, 喜びは, 報に, 心を, 恋愛模様とか, 意向の, 戀愛も, 文通が, 結婚, 縁談が, 考えは, 自覚され, 邂逅の, 間には, 間にも, 関係あり, 関係の, 関係みたいに

▼ 弟とが~ (28, 0.3%)

2 米俵の

1 [26件] ありました, います, いるきり, いること, かく心, こんな話, やって, われを, ゐる, クロケーを, 両側に, 代る, 何か, 別々の, 友と, 同じ屋根, 寝るの, 桑名へ, 母親を, 無事に, 自分等が, 舟で, 逃げ役, 遊んで, 関わりが, 障子の

▼ 弟という~ (27, 0.3%)

5 のは 2 のも

1 [20件] ことに, ことも, のが, のを, ものに, ものは, ものを, 二十三四の, 人と, 人は, 以上に, 印象も, 唯一の, 天幕の, 存在は, 心持は, 意味で, 若い中学教師, 語が, 順を

▼ 弟~ (27, 0.3%)

1 [27件] がいつか, がいられる, がこっそり, が二度目, でも, といえ, との間, と御, なら礼手紙, にさし上げ, にたてまつり, に対して新, に対する憎悪, のお, のは礼状, の勢, の執念深, の孫権, の態度, の所, の暴力, の眼, はグングン, は力強い, は御, も仕合せ, 目がけて

▼ 弟でも~ (22, 0.2%)

3 ある

1 [19件] あると, いたわるよう, いまでは, この山, さとすよう, ママと, 何でも, 土民の, 女房でも, 妹でも, 小さいうち, 慰撫する, 折角娘, 旅立たせるよう, 誘い出しどこ, 迎えて, 遇ふ, 遇らふ, 頼みに

▼ 弟ども~ (22, 0.2%)

1 [22件] がまたも, が眠ってる, が酒, といっしょ, ともなんら, など全, にお, にかこまれ, にも関係, のため, はじれだし, はどう, は遊び, も一人一人, も飢えず, や近隣, を助け, を心, を服従, を疑い, を軽蔑, を送り届け

▼ 弟~ (20, 0.2%)

4 んだ 3 のです 2 のだ, のである, のでしょう, んです 1 かに産れた, の, のだつた, ので全く, んでございます

▼ 弟~ (18, 0.2%)

3 妹が

1 [15件] その皇弟, ハルミを, 兄そっくり, 区別出来ない, 又は親類, 友達にでも, 妹かが, 姉か, 子供に, 息子の, 桔梗様の, 沙金かの, 生徒に, 甥に対する, 甥を

▼ 弟とも~ (18, 0.2%)

3 思って

1 [15件] いうべき驢, いわれて, おどれる踊, おまえの, そう申し, つかぬ態度, 一人の, 子とも, 心からの, 思うて, 相談し, 真の, 見える上品, 親しく呼び交わした, 認めること

▼ 弟とを~ (17, 0.2%)

1 [17件] さらって, つれて, のければ, 一しょに, 両脇, 中国の, 剃刀で, 失った女性, 指摘し, 教育する, 苦しめた, 見まわして, 載せて, 迎えた, 連れて, 間違へ, 養わねば

▼ 弟にあたる~ (17, 0.2%)

1 [17件] やつが, 三吉と, 人であった, 人の, 伝三郎が, 八番部長の, 協皇子, 孫匡へ, 宗応蔵主は, 島津久光が, 弁護士が, 張宝は, 文醜, 旗本の, 森彦の, 織田与三郎が, 親戚の

▼ 弟二人~ (17, 0.2%)

1 [17件] あり性能, が大きく, でプレンパレー, で弟, で私, と茸狩, に別れ, の寝道具, の小童, はしゅくしゅく, は彼, ぼっちに, もう七十, を学校, を山崎, を相手, 次弟

▼ 弟~ (17, 0.2%)

1 [17件] と一緒, に彼, に泣き, に腹, の事, の二つ, の声, の手兵, の机, の聲, はすっかり, への未来, もおれ, もさだめし, も終生, をにらみ, をも安心

▼ 弟では~ (16, 0.2%)

2 ない

1 [14件] あつた, ありませんか, あるが, あるけれども, あるまいかなどとも, このお正月, ございません, ないかしらなどと, ないから, ないよう, ない若者, なかった, 任に, 無いさ

▼ 弟に対する~ (16, 0.2%)

3 ような 2 愛そんな

1 [11件] やうな, 世間一般の, 友愛の, 待遇方は, 怨恨の, 恩愛の, 感じと, 感情を, 態度に, 様子が, 自分の

▼ 弟~ (16, 0.2%)

2 わりゃ寝小便, 先に, 君を 1 お前は, よく聞い, 兄を, 南の, 外へ, 戦ひに, 此人間の, 母上は, 私は, 約束によって

▼ 弟~ (16, 0.2%)

7 の宗良 1 と連署, のほう, の優雅, の八, の座主, の座主宗良, は母, へいう, もしごく

▼ 弟ぎみ~ (15, 0.2%)

1 [15件] がじいっと, が申される, にこう, のお, のおつむ, の一言, の花園上皇, の顔, はぎゅっと, はこう, はすぐ, はその, は町住まい, は答え, も来

▼ 弟~ (15, 0.2%)

2 の方, は地球

1 [11件] が, がだんだん, が地球, ですか, のこと, の最後, はかげ, はだんだん, はもっと, は化物, は自転

▼ 弟です~ (14, 0.1%)

1 [14件] から, からどうにか, から互いに, から互に, か妹, が, が母親, けれどもこの, けれどもそういう, ね, の, のに, よ, よ弟

▼ 弟といふ~ (14, 0.1%)

2 のが, のは 1 ことに, ことにな, 事で, 人は, 人物でした, 奴に, 小さな子, 懐しさ, 懷し, 風に

▼ 弟に対して~ (14, 0.1%)

2 丈は, 稚を 1 おまえが, すまない, 仕向け方, 姉は, 常に親, 思わず激しく, 感じて, 済まぬこと, 純粋な, 話しかけながら

▼ 弟をも~ (14, 0.1%)

2 同じ処, 近づけて 1 お島, お祖母様, そうだ, はげますつもり, 仲間に, 供の, 恨んで, 手に, 殺したが, 迎へ

▼ 弟~ (13, 0.1%)

1 [13件] がある, が焦, だったこと, だつた事, だと, という姉妹, とだけをお抱え, と共にみ, のごとき, の如き, の心, は無類飛び切り, を皇子

▼ 弟~ (13, 0.1%)

1 [13件] か敵同士, が縫物, が良人, であつ, と一緒, と母, にまかせられたなら, に話しかけ, のお, のこと, の照ちやん, はまるい黒い, も来ぬ

▼ 弟じゃ~ (12, 0.1%)

3 ないか 1 あるまいね, そうだ, ないかな, ないかも, ないだろうな, ないよ, ならば, 堯の, 菊坊じゃ

▼ 弟たり~ (12, 0.1%)

2 難く兄 1 がたい神尾喬, がたい関係, がたし, がたしと, 姉たり, 難い人物, 難き者, 難しと, 難しの, 難し兄

▼ 弟であった~ (12, 0.1%)

1 [12件] から夢, から重々秀吉, が武勇, ことから, ことが, という罪, とかいうこと, のだ, よな, 保から, 時代の, 頼長は

▼ 弟なる~ (12, 0.1%)

2 私の 1 ぞ, を以て帝, シャルル・ダンジューを, リチャード・ロイドその, 人が, 人物は, 兵馬という, 千文や, 松平民部太夫外国奉行喜多村瑞見, 長吉が

▼ 弟よりも~ (12, 0.1%)

1 [12件] いっそう確か, 一級上の, 以前に, 仲の, 先に, 十年近く長生きし, 妻へ, 愛して, 拳を, 早く起きた, 私の, 間の

▼ 弟~ (12, 0.1%)

4 の命 2 と結婚 1 という二人, の, のお, の二人, をさし上げた, を自分

▼ 弟思い~ (12, 0.1%)

1 [12件] が溢れ, だから, でおたがいに, で子供, なお吟どの, な兄, な奴, の兄, の兄さん, の喬, の御, の重蔵

▼ 弟として~ (11, 0.1%)

1 [11件] かくあるべき, すまない気, みて, 一つ所へ, 出来得るかぎり, 威張って, 寝るの, 幼少から, 拝し, 見れば, 言うこと

▼ 弟への~ (11, 0.1%)

1 [11件] そんな表面, 久々の, 厭味でも, 土産の, 愛と, 愛情にも, 懺悔の, 手紙の, 手紙も, 揶揄に, 限りないいとし

▼ 弟~ (11, 0.1%)

5 賣の 2 賣に 1 賣, 賣この, 賣三柱, 賣二孃子

▼ 弟~ (11, 0.1%)

2 は男, は箕 1 とが香具山, とでした, との二人, に箕, の献策, は生酒, は祖霊

▼ 弟らしい~ (10, 0.1%)

1 と正成, のが, 二人と, 人が, 人に, 十七八の, 十歳くらゐ, 子が, 弟を, 気色ば

▼ 弟息子~ (10, 0.1%)

1 など身近, に金谷, のフランシス, のボロ, の名, の惣吉, の梅麿, の親, をつれ, を奪

▼ 弟橘姫様~ (10, 0.1%)

1 が玉, でございました, でございます, と浅から, にお, に対する敬慕, の日頃, は私, 又男性, 御自身

▼ 弟正季~ (10, 0.1%)

1 から来た, が, がしかりである, が見事割腹, にある, の口, の屋敷, は, へしかと, をすぐ

▼ 弟殺し~ (10, 0.1%)

3 の罪人 2 と云 1 だと, というもの, として罪, とは云え, についてカイン

▼ 弟たる~ (9, 0.1%)

1 このわし, に恥じなかった, ものは, オリヴィエの, 信雄か, 僕の, 松平隠岐守定勝公に, 私の, 青年諸君は

▼ 弟柏軒~ (9, 0.1%)

2 も亦 1 が二十, が躋寿館, との間, に与, に比する, に至つて, 同訪高滝大夫旅館

▼ 弟だって~ (8, 0.1%)

1 どうされ, わるい気, 三津子ぐらいの, 人なみの, 仲の, 四十には, 母に, 親だって

▼ 弟~ (8, 0.1%)

1 が麦藁帽, と随意, にも話した, の前, は彼, は鳰, も一様, やエリザベート

▼ 弟一人~ (8, 0.1%)

1 か又は, だけがそういう, でかうした逞しい, のため, の働き, の力, の弟, は殺しません

▼ 弟だった~ (7, 0.1%)

1 か, ときけ, な, のだ, のでおい, のです, よ

▼ 弟であり~ (7, 0.1%)

1 ながら十九, ながら範頼, また良人, 女の子の, 妹である, 曹操の, 目下である

▼ 弟からの~ (6, 0.1%)

1 人間として, 便りに, 土産を, 手紙が, 電報を, 電話で

▼ 弟とか~ (6, 0.1%)

1 そうした人たち, 云う人達, 云ふ, 妹とか, 従弟とかという, 或は從弟

▼ 弟としての~ (6, 0.1%)

2 私が 1 私の, 私を, 義務を, 自分たちの

▼ 弟と共に~ (6, 0.1%)

2 黒馬と 1 勲し, 草鞋脚絆で, 親戚の, 隆中に

▼ 弟なり~ (6, 0.1%)

1 ければ, で真実, 倅なり, 從兄弟なりを, 朕の, 法王ボニファキウス八世に

▼ 弟はと~ (6, 0.1%)

1 みると, 問へば, 思つた, 見めぐらすに, 見れば, 遥かに

▼ 弟三人~ (6, 0.1%)

1 がちりぢ, で草, ともそう, の家族, は一緒, もそのまま

▼ 弟仲麻呂~ (6, 0.1%)

5 である 1 の方

▼ 弟潤三郎~ (6, 0.1%)

1 から来た, が同じ, が説郛, に三村氏, の蔵儲, はこれ

▼ 弟かと~ (5, 0.1%)

1 問い返し返答, 思ひながら, 思ふと, 見える槙三, 言わるる柳生源三

▼ 弟だけ~ (5, 0.1%)

1 おります, ここへ, である, 一人離れ, 帰したが

▼ 弟だけは~ (5, 0.1%)

1 勉強を, 成功させたい, 手製の, 物に, 話からは

▼ 弟にでも~ (5, 0.1%)

2 言ふ 1 対するよう, 話すやう, 話すよう

▼ 弟まで~ (5, 0.1%)

1 万一にも, 呼んで, 彼女の, 怪我を, 泣きだした

▼ 弟~ (5, 0.1%)

1 が, が不義, に口, に見こまれ, の襟もと

▼ 弟より~ (5, 0.1%)

1 一寸は, 三ヶ月先き, 受け取る兄, 外に, 背が

▼ 弟宇迦斯~ (5, 0.1%)

1 がこっそり, が献上, が獻, というきょうだい, まづまゐ向

▼ 弟~ (5, 0.1%)

3 賣の 2 賣眞若比

▼ 弟橘姫~ (5, 0.1%)

1 が居られる, とを祭る, の涙ぐましい, をお祭り, を祀る

▼ 弟橘媛~ (5, 0.1%)

1 が日本武尊, は, を忍びた, を追懐, 古英国

▼ 弟深志~ (5, 0.1%)

2 のこと 1 の安否, の痛切, は今や

▼ 弟~ (5, 0.1%)

1 と一緒, の不仁, の学校, の迷惑, も老臣

▼ 弟からも~ (4, 0.0%)

1 同じ意見, 妻からも, 約束が, 行衛不明と

▼ 弟その~ (4, 0.0%)

2 ほかに 1 弟を, 正儀は

▼ 弟たなばた~ (4, 0.0%)

21 とも言, の領

▼ 弟とともに~ (4, 0.0%)

1 シャートレー座の, 兄の, 新八郎, 行列を

▼ 弟などが~ (4, 0.0%)

1 いたづら, 幾人も, 待って, 自己の

▼ 弟にたいする~ (4, 0.0%)

1 愛情が, 愛情によって, 愛情の, 熱い情け

▼ 弟について~ (4, 0.0%)

1 噂する, 自分に, 薄々は, 語るの

▼ 弟にて~ (4, 0.0%)

1 医学士劇評家, 大井憲太郎等と, 敵役と, 魔術を

▼ 弟ふたり~ (4, 0.0%)

1 と共に実によく, は女親, は敵, を育て

▼ 弟また~ (4, 0.0%)

1 お神楽座一座, 右馬介にも, 数箇かの, 袂より

▼ 弟らしく~ (4, 0.0%)

1 ものを, 又その, 対い合った, 手を

▼ 弟カルル~ (4, 0.0%)

1 と, とヨーハン, の息子, よ近頃

▼ 弟~ (4, 0.0%)

2 は弄ん, を貴女

▼ 弟~ (4, 0.0%)

1 でお, で一番おたふく, で一番父親, で吾家

▼ 弟信行~ (4, 0.0%)

1 がいる, とその, の子, の臣

▼ 弟孔明~ (4, 0.0%)

1 です, の偉, の客館, は陛下

▼ 弟岩三郎~ (4, 0.0%)

2 の死骸 1 が土手っ腹, の死

▼ 弟日姫子~ (4, 0.0%)

1 に遇いし, の来る, は蛇神, 之従女

▼ 弟日娘~ (4, 0.0%)

1 という美しい, と両方, と見れ, 与

▼ 弟源三郎~ (4, 0.0%)

1 につけ, に持たせ, の婿引出, を江戸

▼ 弟磯城~ (4, 0.0%)

2 の側 1 に服從, の宅

▼ 弟義助~ (4, 0.0%)

1 が陣, でよく, にも戒め, も激昂

▼ 弟あの~ (3, 0.0%)

2 美少年の 1 中村の

▼ 弟あり~ (3, 0.0%)

1 と他, 諸子吾生害の, 齢七歳に

▼ 弟すなわち~ (3, 0.0%)

1 大尉は, 朝鮮浪人の, 私の

▼ 弟だの~ (3, 0.0%)

1 妹だ, 禎輔から, 義弟などの

▼ 弟など~ (3, 0.0%)

1 おるとも, まだ十三, 肉親では

▼ 弟などは~ (3, 0.0%)

1 どう云う, 問題の, 親の

▼ 弟などを~ (3, 0.0%)

1 つれて, 有って, 胸の

▼ 弟にだけは~ (3, 0.0%)

2 なにもかも許した 1 そっと知らせ

▼ 弟にとっては~ (3, 0.0%)

1 それは, たった一人, 弟自身の

▼ 弟までが~ (3, 0.0%)

2 貴女の 1 来つるわと

▼ 弟よと~ (3, 0.0%)

1 お笑いくださいます, よび合いたい, 思われて

▼ 弟をば~ (3, 0.0%)

1 つねにばか者扱い, むごたらしいまでに, 掌の

▼ 弟アベル~ (3, 0.0%)

1 が眼, を殺せし, を殺せる

▼ 弟伝七郎~ (3, 0.0%)

1 がいるなら, が復讐, のこと

▼ 弟僧了普~ (3, 0.0%)

1 が事, の事, は三箇所村棲雲庵

▼ 弟四郎~ (3, 0.0%)

1 の屍体, を殺した, を殺害

▼ 弟~ (3, 0.0%)

1 といふなり, と言う, に行きました

▼ 弟夫妻~ (3, 0.0%)

2 の所有 1 のため

▼ 弟宗太~ (3, 0.0%)

2 のため 1 も西筑摩郡書記

▼ 弟忠三郎~ (3, 0.0%)

1 でご, と女笛師, の仇

▼ 弟惟長~ (3, 0.0%)

1 が同行, とに訪, をし

▼ 弟春日新九郎~ (3, 0.0%)

1 じゃ, と申す, は十九

▼ 弟橘比~ (3, 0.0%)

3 賣の

▼ 弟次郎~ (3, 0.0%)

1 それから支那少年善金, である, をつれ

▼ 弟正時~ (3, 0.0%)

1 と相, の遺物, は召しつれます

▼ 弟殿下~ (3, 0.0%)

1 でいらっしゃろう, のお立ち寄り, は凄まじい

▼ 弟無事~ (3, 0.0%)

3 で行っ

▼ 弟~ (3, 0.0%)

2 右衛門汝 1 右衛門の

▼ 弟玄俊~ (3, 0.0%)

1 の子, の子京水, は六十歳

▼ 弟玄俊信卿~ (3, 0.0%)

2 の子 1 の実子

▼ 弟琴二郎~ (3, 0.0%)

1 が裏庭, まで召し捕られ, をおびき出し

▼ 弟義経~ (3, 0.0%)

1 と不和, にご, を容

▼ 弟脇屋義助~ (3, 0.0%)

1 が強兵数千, とともに朝廷, はきかぬ

▼ 弟陳留王~ (3, 0.0%)

1 こそは学, という者, はわりあい

▼ 弟あつかい~ (2, 0.0%)

1 に仕様, の口

▼ 弟かも~ (2, 0.0%)

1 しれません, 知れないん

▼ 弟これ~ (2, 0.0%)

1 がその, は嫁

▼ 弟~ (2, 0.0%)

1 へ今, までいらっしゃいました

▼ 弟さん丈~ (2, 0.0%)

2 は何

▼ 弟さん妹さん~ (2, 0.0%)

1 と面白く, を殺した

▼ 弟~ (2, 0.0%)

1 てひょっと, て相談

▼ 弟それから~ (2, 0.0%)

1 満洲, 終吉さんの

▼ 弟たち妹たち~ (2, 0.0%)

1 しかしらなく, の愚行

▼ 弟たなばたつめ~ (2, 0.0%)

2 の生活

▼ 弟たりが~ (2, 0.0%)

2 たく兄

▼ 弟だけが~ (2, 0.0%)

1 ここに, 姉弟たちの

▼ 弟だけを~ (2, 0.0%)

1 相手に, 見て

▼ 弟だったら~ (2, 0.0%)

1 これから狐, そんなこと

▼ 弟だろう~ (2, 0.0%)

1 が何者, 母さんに

▼ 弟~ (2, 0.0%)

1 や, やあるまい

▼ 弟~ (2, 0.0%)

1 その男, 怪我を

▼ 弟であっ~ (2, 0.0%)

1 て当時, て本願寺

▼ 弟であったろう~ (2, 0.0%)

2 と思われます

▼ 弟であろう~ (2, 0.0%)

1 か, 十か

▼ 弟でさえ~ (2, 0.0%)

1 おそらくふるえる, 言った

▼ 弟でなかったら~ (2, 0.0%)

1 世に米友, 世間に

▼ 弟で御座います~ (2, 0.0%)

1 が兄, よ

▼ 弟とに~ (2, 0.0%)

1 見せて, 頼んで

▼ 弟とには~ (2, 0.0%)

1 わざわざ出, 貧しい恩給暮し

▼ 弟どう~ (2, 0.0%)

1 する, 思ひてか

▼ 弟などと~ (2, 0.0%)

1 よくここ, 一処に

▼ 弟などには~ (2, 0.0%)

1 打開けられ, 犬の

▼ 弟などの~ (2, 0.0%)

1 ように, 身寄りを

▼ 弟なども~ (2, 0.0%)

1 すっかりかぶれ, ゐる

▼ 弟なら~ (2, 0.0%)

1 いいわ, 追分節は

▼ 弟なる子~ (2, 0.0%)

1 といづれ, はいまだ

▼ 弟なんぞは~ (2, 0.0%)

1 あんたの, 何しろ子供

▼ 弟にと~ (2, 0.0%)

1 つて奎吉の, 定めにくい

▼ 弟にとって~ (2, 0.0%)

1 どんなに疑わしく, 神聖な信ずべき誓い

▼ 弟にまで~ (2, 0.0%)

1 ふざける奴, 金を

▼ 弟に対してすら~ (2, 0.0%)

1 いまの, かように

▼ 弟に当たる~ (2, 0.0%)

1 ジェイムズ・ミリガン氏は, 二郎が

▼ 弟へは~ (2, 0.0%)

1 何を, 着いたといふ

▼ 弟ほど~ (2, 0.0%)

1 かわいがられなくて, 侘しく世の中

▼ 弟みたい~ (2, 0.0%)

1 な気, に思へてた

▼ 弟ジュウル~ (2, 0.0%)

1 と共に仏国十八世紀, の歿後

▼ 弟デック~ (2, 0.0%)

1 の右手, 其の人

▼ 弟ヴォルフガング~ (2, 0.0%)

1 は一時ヨーロッパ, を天才少女少年

▼ 弟一家~ (2, 0.0%)

1 が乗り込ん, が本家

▼ 弟三人一緒~ (2, 0.0%)

1 になった, に燈火

▼ 弟~ (2, 0.0%)

2 之介

▼ 弟京水父~ (2, 0.0%)

2

▼ 弟~ (2, 0.0%)

1 がおと, をオトト

▼ 弟以下~ (2, 0.0%)

1 にはあまり, に後れ

▼ 弟~ (2, 0.0%)

1 でした, 睦まじく手

▼ 弟伊賀~ (2, 0.0%)

1 の暴れン坊, の源三郎

▼ 弟伝五郎惟宣~ (2, 0.0%)

1 が歿, の子

▼ 弟佐治國~ (2, 0.0%)

2 自爲王以來

▼ 弟信包~ (2, 0.0%)

2 の娘

▼ 弟~ (2, 0.0%)

1 のいへる, は兄

▼ 弟兄妹~ (2, 0.0%)

2 には叔父

▼ 弟光忠~ (2, 0.0%)

1 が歿, は別に

▼ 弟六人~ (2, 0.0%)

2 の裏家住い

▼ 弟典厩信繁~ (2, 0.0%)

1 のほか, も開戦

▼ 弟初代~ (2, 0.0%)

2 全安

▼ 弟勝兵衛~ (2, 0.0%)

1 もいた, も太刀

▼ 弟北条左近大夫泰家~ (2, 0.0%)

1 はまだ, は奥州

▼ 弟原口鶴次郎~ (2, 0.0%)

1 から調べ, が訪問

▼ 弟又吉~ (2, 0.0%)

1 は吉原, は馬肉屋

▼ 弟又次郎~ (2, 0.0%)

1 の世話, の金

▼ 弟同苗兵三郎~ (2, 0.0%)

2 とその

▼ 弟和助~ (2, 0.0%)

1 の世話, まで毎日

▼ 弟~ (2, 0.0%)

1 というもの, の分

▼ 弟妹たち~ (2, 0.0%)

1 から欲, は皆若死

▼ 弟~ (2, 0.0%)

1 の父, 阿銀

▼ 弟~ (2, 0.0%)

1 がいつ, もいつ

▼ 弟孝行~ (2, 0.0%)

1 であつ, で二人ぎりです

▼ 弟宗次~ (2, 0.0%)

1 で御座います, の養子

▼ 弟定次郎~ (2, 0.0%)

1 が蛇, は労働者

▼ 弟~ (2, 0.0%)

1 夏卿と, 雄の

▼ 弟宮重~ (2, 0.0%)

2 はまだ

▼ 弟幼妹等~ (2, 0.0%)

1 に対して十分の慰め, を真

▼ 弟廉作~ (2, 0.0%)

1 の方, 相助け

▼ 弟~ (2, 0.0%)

1 が的屋, は京都

▼ 弟思ひ~ (2, 0.0%)

1 のユウジェニイ, の親切

▼ 弟思ふ~ (2, 0.0%)

1 にど, に村田新八

▼ 弟悲泣~ (2, 0.0%)

2 せよ

▼ 弟~ (2, 0.0%)

1 三位資盛や, 羅三郎義光の

▼ 弟新九郎~ (2, 0.0%)

1 の噂, は拙者

▼ 弟日子~ (2, 0.0%)

2 の王

▼ 弟曹仁~ (2, 0.0%)

1 がなにか, は襄陽

▼ 弟曹洪~ (2, 0.0%)

1 は乱軍, を大将

▼ 弟~ (2, 0.0%)

1 の豐日, は

▼ 弟比売此二女王~ (2, 0.0%)

2 ぞ浄

▼ 弟治宇二郎~ (2, 0.0%)

1 が書いた, のこと

▼ 弟治時~ (2, 0.0%)

1 の軍, も討死

▼ 弟~ (2, 0.0%)

1 など枝, のまた

▼ 弟渡れ~ (2, 0.0%)

2 ば兄

▼ 弟王二柱日本紀~ (2, 0.0%)

2 では竹野媛

▼ 弟白望~ (2, 0.0%)

2 に茸

▼ 弟~ (2, 0.0%)

1 亡せたまえる, 拙で

▼ 弟~ (2, 0.0%)

1 の幸福, はくやし

▼ 弟秀長~ (2, 0.0%)

1 が将, の軍勢

▼ 弟~ (2, 0.0%)

1 はその, へはあの

▼ 弟竹中久作~ (2, 0.0%)

1 がひとり, もおる

▼ 弟船木頼春~ (2, 0.0%)

1 です, の妻

▼ 弟袁術~ (2, 0.0%)

1 はにがにがし, をこの

▼ 弟~ (2, 0.0%)

1 葛亮は, 葛均でございます

▼ 弟豊仁親王~ (2, 0.0%)

1 は践祚, を立て

▼ 弟~ (2, 0.0%)

2 の郎女

▼ 弟達也~ (2, 0.0%)

1 の別居用, は当年二十五

▼ 弟隆政~ (2, 0.0%)

1 のゐた, 現れて

▼ 弟頼春~ (2, 0.0%)

1 が列, が序戦

▼1* [626件]

ああいう女, 弟あてにし, 弟あの世で楽しみ, 弟ありではない, 弟いたわしいこの小さな魂, 弟いふもんは, 弟いや曹植, 弟おまえに望み通り, 弟おもひもかけず來, 弟お母さん等が出, 弟かが母の, 弟かなどと源氏は, 弟かなんかのように, 弟かなんぞのように, 弟かにあつたなら, 弟からは毎日十二ページもの, 弟から迄見限られたと, 弟がと口に, 弟がはひつて, 弟ぎみ梶井ノ二品親王, 弟ぎみ脇屋の二郎義助さま, 弟ぎりの旅だった, 弟この五人が, 弟これらを使っ, 弟様で, 弟ごと関着いたの, 弟さえ殺そうと, 弟さて釣竿買はで帰りしかと, 弟さんたちは何, 弟さんだつた, 弟さんぢやない, 弟さん宗重君はどう, 弟さん直江と云, 弟さん自身の罪, 弟さん駒場出た人, 弟しかいない留守許, 弟ま母, 弟じゃねえ弟と, 弟じゃの戯ぶれ, 弟じゃものそれや, 弟すなはち, 弟せんちよが, 弟それを葬ろう, 弟仕へ, 弟たちすべての顔, 弟たち二人はとうに, 弟たち母がいた, 弟たらむ, 弟たらざるべからずこれを, 弟たるべき自分が, 弟だいふことを, 弟だけで送って, 弟だけに頼母に, 弟ださうですよ, 弟だったりする, 弟だつたりする, 弟だつたがこの, 弟だ出来ることなら, 弟ってのは, 弟であるらしい十四ぐらいな, 弟であるらしくその名, 弟でございますよ, 弟でさえも今は, 弟とかがあると, 弟とかの立身出世の, 弟とかれと三人, 弟としてずつと後まで, 弟とて容赦は, 弟とで白山から, 弟とのみが辛うじて一人前, 弟とやらであった, 弟どのは東京, 弟ながらうち解け, 弟ながらもどんなにそれ, 弟なぞは時々上京, 弟などから時に応じ, 弟などになりますと, 弟なにがしは身, 弟なりしが兄, 弟なりとの説あり, 弟なんかないから, 弟にあたり名門袁一族中で, 弟にか実子にか, 弟にさえそむかれて, 弟にだけその晩, 弟についても物語って, 弟につれさせて, 弟にてもあるかと, 弟にというように, 弟にばかり親切に, 弟にゃこんな気持, 弟によってほの, 弟に対しても恥ずかしいと, 弟に対してよりも僕に対しては, 弟ねかして, 弟のうでに, 弟のせゐだと思ひなさる, 弟のちの天皇天武, 弟のみならず眼, 弟はかぶりを振っ, 弟はちよつと薄ら笑, 弟はなあツウロンの, 弟はね僕の, 弟はのつそり, 弟はほどなくその, 弟ばかりでなし, 弟ばかりじゃない皆, 弟ばかりをたとえ二十人, 弟ひとり養えなくて, 弟へと何代も, 弟へも家郷へ, 弟づ, 弟までにその痛い, 弟までの身の上も, 弟までも失ふところ, 弟むすめ笑みのな, 弟むすこってほう, 弟めそれくらいな, 弟もうおやすみなさいまた, 弟もろとも追い出されかかり, 弟やの一緒に, 弟やらいぜんなくした, 弟やらを抱えて, 弟らしき少年が, 弟わが叔父わが, 弟をかばふ暇, 弟を通して私の, 弟ところへ, 弟アカイアの軍, 弟アルヅがフランク人, 弟アルフレッドは一八三三年, 弟アレクサンドロスまづ口, 弟アレクサンドロス之に伴, 弟イフィダマス同じき父, 弟イワンに対しては深い, 弟エースローン公ドイツはモスクワ駐, 弟クラウスとの共著, 弟クリストフの遺せる, 弟ゲオルク生まれる, 弟ゲータを殺し, 弟ジョアンとともにキリスト, 弟スティーフンには何もかも, 弟チャカベエの佐藤節, 弟トロイアと戰はんため陣頭, 弟ニコラウスが継いだ, 弟ハイメアラゴンの王, 弟ハインリヒ生まれる, 弟ハタトイ結婚後トイエドモ姉ト光子トノ既ニ確立セラレタル関係ニ対シ何ラ異議ヲ申シ立ツルコトナシ, 弟ハ十三マダ若輩ナガラ一番ニ乗入, 弟ハ妻ガ協力シテコノ追加条項ヲ忠実ニ履行スル保証, 弟ハ徳光光子ト結婚後ニオイテハ常ニ光子, 弟パオロを兄, 弟ヒメという姉妹, 弟フィリップ殿下王妹インゲボルグ殿下のほか, 弟ポリデクテスこの島, 弟ミスター・スティーフンと区別, 弟ミヅハワケの命, 弟ミヅホノマワカの王, 弟ミハイールの思出, 弟ミハイール妻オリガまたはスタニスラーフスキイ, 弟ミハイール妻オリガスタニスラーフスキイなど芸術座, 弟メネラオスと共に陣中, 弟ヤーイうんなるほど, 弟ヤ妹ナノデ死ンダオ母ッチャニワルイトオモイナガラ, 弟ラクシュマナを召し, 弟ルルとはすでに, 弟レオとペルーヂヤ, 弟ロドルフはテオドル伯父, 弟喪イマシタノデイロイロ, 弟ヲケの命, 弟ヴィクトルが寝, 弟一人それに叔母, 弟一人妹一人持って, 弟一人小鍋立てをし, 弟七内同又, 弟七十余名を相手, 弟七右衛門と安政, 弟七郎兵衛遊女かしく三人同時に斬られた, 弟三七のとむらい, 弟三七信興は殺され, 弟三人水入らずで平和, 弟三男の正儀, 弟三郎氏であった, 弟上人のからだ, 弟不具の兄, 弟丸画伯に一任, 弟丹波の少将, 弟久しいことであった, 弟久作から持病再発, 弟九天は他, 弟九条良平が内大臣, 弟九郎信治の首, 弟九郎右衛門だ, 弟九郎右衛門尉胤義等始めは義盛, 弟也大塩平八郎は十六歳, 弟也梁川星巌は九歳, 弟予たちとうわさ, 弟二三日すると, 弟二人中ようして, 弟二人能く鬼, 弟二十二末の弟十九, 弟二妹一子と共に小島宝素, 弟二郎を誘う, 弟云つてたけど, 弟五人も抱え, 弟五郎次郎兄をかばわん, 弟京山の身の上, 弟の嘉吉, 弟仙太郎と申しまする, 弟以上だ, 弟以下誰一人として帝, 弟仲壬は昭公, 弟仲平とがいかにも, 弟伊理泥の王, 弟伊那毘の若, 弟伊都丸と岡崎藩, 弟休甫を養つて子, 弟伯叔父母と從子, 弟伴大次郎のいる, 弟佐久間安政などの諸, 弟佐卑彌理國其王有侍婢千人, 弟佐野松と逢つて, 弟を射る, 弟何十名という数, 弟何卒目を掛け, 弟を顧み, 弟余九麿を一橋殿, 弟作人と一緒, 弟俊季だけであった, 弟俊海の子, 弟と同いどし, 弟保田安政佐久間勝政前田又左衛門尉利家, 弟信吉は水津重時, 弟信太郎と妹, 弟信孝にもおくれぬ, 弟信次を守山, 弟信繁は討死, 弟信繁子息義信伊那の郡代四郎勝頼, 弟信重は此両三年行, 弟倭彦命が薨去, 弟倭彦命薨せぬ, 弟を負, 弟徳に, 弟先づ釣竿を携, 弟先んぜば馨子, 弟光仁天皇の御, 弟光明師には夫人, 弟軍に, 弟八十郎は繼母, 弟八方巻雲の剣法, 弟公證人奧宮某の如き, 弟六郎と宗六, 弟共一同種々意見, 弟兵部丞土屋右衛門尉等が信房, 弟氣の, 弟内匠まで, 弟凡爾生霊宜知朕意, 弟切り草が苔, 弟初日の夜疾走, 弟利助は日本橋辺, 弟八は, 弟勘十郎信行の折目, 弟勝政不破彦三の陣所, 弟勝政徳山五兵衛尉不破彦三山路将監宿屋七左衛門拝郷五左衛門以下八千騎隊伍粛々として余呉, 弟北条泰家は右近, 弟北畠顕信もまた, 弟匡衡とは従兄弟同士, 弟十六歳のヨアンネス少年, 弟十郎です, 弟千人も, 弟千宗巴銭屋宗納が使い, 弟単にその弟, 弟即ち皇太弟である, 弟与は, 弟参ろうか, 弟十郎梶田隼人佐屋桑十稲田大炊青山新七などの, 弟又は家に, 弟又吉妹のムコ女郎屋, 弟又次郎宅において筆, 弟その友達たち, 弟友二郎が支配人, 弟友次郎を生む, 弟叔父と姪, 弟叔父甥なども戦, 弟哀がられ, 弟可哀そうなんとかし, 弟台察児が血相, 弟台察児半弓を引っ提げ, 弟司馬昭のふたり, 弟合撒児を先頭, 弟合流して, 弟吉三郎二十五歳の冷飯食ひで, 弟吉致あたりの才覚, 弟吉衛に逢う, 弟同士なので, 弟同志だから, 弟同様の少年, 弟名世簡字季父号春泰松本侯臣兄弟共泉豊洲門人なり, 弟君いくら美くしいと云っ, 弟君イリネの王, 弟君一人は紫, 弟君中務少輔殿立孝公, 弟君九郎御曹子様のお, 弟君二人ながらこの, 弟君武州時房さま御長子泰時さま, 弟吾が族の, 弟吾子籠此事を知れり, 弟周平の首, 弟呼ばわりされて, 弟和郎に一目未練, 弟善く言つ, 弟喧嘩をはじめるだ, 弟四郎治が罷り出ます, 弟四郎治遠山權六役目の儀ゆえ言葉, 弟土肥八十三郎と同じ, 弟某等七人, 弟地伯を巧み, 弟地公将軍を討ち取っ, 弟墨江の中, 弟夏侯淵であった, 弟夏彦の首級, 弟夏彦様でご, 弟峰安策孫は, 弟多賀井又八郎の妻子, 弟之丞, 弟大僧正慈円も一代, 弟大吉を長持, 弟大和大納言秀長や京都, 弟大和守正時とは東条, 弟大沢正である, 弟大海人はその, 弟天台座主慈円の法弟, 弟天國押波流岐廣庭の天皇, 弟天智の叔父, 弟太夫あの綱渡り, 弟太田兵三郎は小此木伴七, 弟夫婦ほかに親内, 弟夫婦弟たちのところ, 弟夫婦私と倅, 弟と夫婦, 弟女中が五人, 弟妹下のもの, 弟と妹, 弟姉らをもさして, 弟姫其兄姫を手, 弟姿失せたり, 弟娘甥姪などの視線, 弟媛呉織服, 弟孝兵衛に新宅, 弟孝友また逮, 弟季男が生れ, 弟孫三郎も昔, 弟孫晧を特に, 弟孫瑜が援軍, 弟孫翊は丹陽, 弟孫静はなにか, 弟宇迦斯こは宇陀, 弟安房守氏邦の守りたる, 弟安政の臣水野, 弟宗と監察御史王彬, 弟宗七を歎, 弟定次郎方へ同居, 弟実名は武田信玄, 弟に譲つて足羽山, 弟宣元服の年, 弟宣徳帝の叔父, 弟家族をよびよせた, 弟富仁を擬し, 弟富田治部右衛門を美事, 弟武は, 弟小一郎も同然, 弟小一郎ほか二人の妹, 弟小七は素手, 弟小市郎秀長甥の三好孫七郎秀次, 弟小次郎の平素着, 弟小石比賣の, 弟小碓の方, 弟小豆澤小六郎といふ浪人者, 弟少し跛足, 弟之助, 弟山口定雄がワセダ独文, 弟左京に旨, 弟左兵衛頭直義をはじめ, 弟左平次を呼んだ, 弟左樣なら御, 弟の君, 弟師木というきょうだい, 弟師泰が軍中, 弟帯来がいった, 弟帶日子國押人の命, 弟平三郎十一姉国二十八安二十柏軒の妾春四十七, 弟平三郎十三姉国三十妹安二十二柏軒の継室春四十九, 弟平三郎十二姉国二十九安二十一柏軒の妾春四十八, 弟平三郎十孫祐八つ姉国二十七安十九柏軒の妾春四十六, 弟見畏, 弟建沼河耳の命, 弟がその, 弟弥介来かかって, 弟六さん妹幸さん, 弟彦七の妻, 弟彦之助が京, 弟彦六と申す, 弟徐康の家, 弟従弟と共に八名, 弟従弟妹よし子わたしという顔ぶれ, 弟徳次郎で金森家, 弟忍熊の王, 弟忠之の伯父, 弟忠之丞生る, 弟思ひらしいお北, 弟恋し掘って, 弟恥庵晋宝信卿通称は圭二, 弟息子芸者小兼の情夫江戸屋, 弟惟長只一人であつ, 弟惣之助が養子, 弟惣吉は相当, 弟惣蔵二十歳であった, 弟の深く麗し, 弟愛し酒なと, 弟愛妹幾人となく, 弟憎い奴と, 弟成俊の玄孫水津氏, 弟戦死の霊, 弟房松は腹, 弟打合せた上弟の, 弟ひにでも, 弟扱いだった, 弟支峰の兄, 弟政之助が今出川家, 弟政吉の家, 弟故殺して, 弟敦恒が其燼餘, 弟数名の大将, 弟数年ならずして, 弟数年間なる軍隊生活, 弟数百誓って, 弟として, 弟文孝堂玄俊と其実子, 弟文武兼備という点, 弟斎宮助の陣所, 弟新之助が大阪, 弟新五郎を立てるなら, 弟新助翁が, 弟新吉のほう, 弟日娘子だろうという, 弟悟大, 弟早くお入りなさい, 弟易也とある, 弟星野伝六郎とをも識, 弟春泰名は世簡, 弟春澳瞻淇が順養子, 弟春風に逢つた詩, 弟春風杏坪と共に此時, 弟が跡目, 弟時代と三つ, 弟の花, 弟朶思王のところ, 弟杏朴成俊は信道五世, 弟たりて談話, 弟松陰の叔父, 弟柏軒妹長の三人, 弟柏軒石川二陶天宇の三人, 弟柏軒通称磐安は文化七年, 弟は左京, 弟柴田三左衛門勝政はこの, 弟柴田勝政は前夜以来, 弟栄三郎に勘当, 弟梁虔なので, 弟棠辺元佶, 弟植昆虫学者おとなしい男, 弟業盛が戦死, 弟様とこから來, 弟様らちは若い衆, 弟槙本坊詮応に伝え, 弟樣御夫婦の世帶, 弟橘媛命ハ竜神ニ祷リ, 弟次右衛門と竹広表, 弟次右衛門六千の兵, 弟次郎三郎覚勝もおなじ, 弟正俊が又, 弟正儀を起用, 弟正季一族の神宮寺正師, 弟正氏また里方, 弟正氏たち一族の夥しい, 弟武光が征西将軍懐良親王, 弟武澄は肥前守, 弟武田典厩信繁であった, 弟武立自稱使持節都督倭, 弟武群通称信助後又太郎, 弟殺しそいからここ, 弟毘売をお, 弟氏則が守り, 弟氏房を伴っ, 弟民部卿範光という人, 弟水穗の眞若, 弟永実から聞いた, 弟永実様のところ, 弟治太夫の歸, 弟沼羽田の入, 弟泉三郎忠衡が義経, 弟泉忠愛の妻, 弟波二とが居た, 弟泣いて反返る, 弟泣き患へて, 弟泰家の所領, 弟浩二君と共に其處, 弟涕泣求再塑之, 弟淮南の袁術, 弟淳造を忘れ, 弟清君のこと, 弟清少年にちがい, 弟清川弘の事, 弟清次が大沢, 弟政の, 弟源吾のほし, 弟遠理, 弟牛三それにマン, 弟狷之介愛妾にし, 弟玄俊信郷の車屋町, 弟玄琢を愛する, 弟依毘賣, 弟玉木文之進, 弟その呉床, 弟王二喜に伝え, 弟王二柱はいと, 弟王御歌よみしたまひ, 弟珍立遣使貢獻, 弟璞輔は慊堂日暦, 弟甘露寺親長の日記, 弟甚八郎と申す, 弟田井の中比, 弟甲州公徳川綱重に仕え, 弟男淺津間の若子, 弟留守にては気, 弟異父妹なの, 弟百人も遺, 弟百瀬孝男氏はその, 弟皇子を殺さ, 弟皇子等豊国法師を引い, 弟盛次郎が十五歳, 弟直和をよん, 弟直道に譲り, 弟疑ひ山, 弟眺め見て, 弟石井備後守吉村が子, 弟磐安皆此機密を与かり知り, 弟祖五郎の行方, 弟神沼河耳の命, 弟福王寺喜島源左衛門和田源四郎を差向け, 弟程に良い看護, 弟穴川甚蔵の許, 弟立敬に父, 弟竹内仁のこと, 弟等合セテ十五王子悉ク之ヲ滅ス也, 弟篤二郎の生き, 弟篤次郎がまだ, 弟粂之助はまだ, 弟経盛は参議, 弟綾之助の許, 弟繁盛にわし, 弟繩伊呂杼に娶ひ, 弟美濃守秀長奉行をなせり, 弟義理ある兄, 弟義經を追, 弟羽柴秀長稲葉一徹等を第, 弟と吾が, 弟脇屋義助義治とわかった, 弟臣雲長関羽がお迎え, 弟自身の生存, 弟興元も奉じ, 弟良兼良正のふたり, 弟苅羽田刀辨に娶ひ, 弟茂次だった, 弟荒木蘭皐が書いた, 弟菊池武吉などもいた, 弟葛卷ひさ, 弟薬丸大之丞, 弟蜂須賀又十郎, 弟の力, 弟衆二人ながら仲よう, 弟袁祁の命, 弟袁祁都比賣の, 弟袁那辨の郎女, 弟西洋来る, 弟西郷小兵衛, 弟覚勝の手勢七十余人, 弟親しい身内の, 弟親王の方, 弟親長の妻, 弟親類大略以在他所相從于戰場之者, 弟謙信わずかに, 弟資秀が分家, 弟贔屓の母親, 弟を起し, 弟追分産まれの, 弟通光などとともに歌風, 弟道順の子, 弟達也君です, 弟達二人がまた, 弟達全部を同一, 弟達治が負傷, 弟達芝御祖母様, 弟醇親王が日本, 弟野村和作をし, 弟野郎ですよ, 弟の奴, 弟金起は兎角, 弟鈴木意伯があり, 弟鉄雄の張りきり, 弟銀之助はことし二十二歳, 弟鍋島元茂等, 弟鍾進がここ, 弟長良の三男, 弟長谷部の若, 弟耶美の, 弟陽庵が長川, 弟は猶, 弟面会に来りけれ, 弟頼春掃部助らいいあわせたよう, 弟顕信を陸奥, 弟顕昭法橋らが殊に, 弟入根, 弟香椎六郎の顔, 弟馬謖もいた, 弟高橋直正以下三千である, 弟黄平とし