青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「布~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

巻~ ~巻い 巻い~ ~市 市~ 市中~ 市場~ 市民~ 市街~ ~布
布~
布団~ 帆~ 希~ ~希望 希望~ 帝~ 帝国~ ~師 師~ ~師匠

「布~」 4918, 51ppm, 2277位

▼ 布~ (1092, 22.2%)

13 かけて 11 もって, 出して 10 かぶって 9 身に 8 織って 7 かぶせて, 取って, 持って, 頭に 6 かかげて, 取りました, 生産する 5 綴り合せて, 被って

4 [13件] かけたテーブル, かけた卓, かけた机, かぶった女, とって, 取つて, 巻いて, 持つて, 振って, 肩から, 腰に, 解いて, 頭から

3 [11件] ひろげたよう, 入れて, 巻きつけて, 張ったよう, 振つて, 敷いて, 晒して, 裂いて, 裂くよう, 製造する, 買って

2 [51件] お買いくださいまし, かけたの, かけた長方形, かけ更に, くぐって, とりのけると, なびかせ裸足, のべたよう, ひろげた, ひろげる時, ぶら, まいて, ゆは, よんで, 三角に, 上へ, 取りのけた, 取りのけて, 取り集めた花, 四角に, 垂らした寝台, 垂れて, 引いて, 張って, 張りその, 彼女は, 手に, 拾って, 捲いて, 掛けた卓子, 掛けて, 掛け青い, 掩うて, 片手で, 生虜, 眺めて, 縫って, 織つて, 膝に, 袖に, 被せて, 見て, 討って, 買いに, 買ったが, 追っかけて, 選らむの, 除る, 集めて, 頭と, 頭の

1 [787件 抜粋] あけて, あげると, あつめはじめた, あてずに, あてて, あてる者, あて死ぬ前, いじって, いじりまわしたり, うち拡げた, おおいかぶせ或いは, おおい顔, おこすばかりで, お差向けねがいます, かいました, かかげること, かかげ宮家, かがって, かき廻すの, かけたどっしり, かけた一段, かけた代議士, かけた十六七, かけた卓子, かけた姑, かけた寝椅子, かけた料理, かけた方, かけた白酒, かけた細長い, かけた郵便行嚢, かけた電燈, かけた首桶, かけた髷, かけてるの, かけられてるマブーフ, かけると, かけるに, かけ二つ, かけ卓上, かけ家庭風, かたづけて, かって, かなぐり捨てて, かぶせたヘッドライト, かぶせては, かぶせ変てこ, かぶったもの, かぶった大柄, かぶった妖婆, かぶった通行人, かぶりその, かぶりながら, かぶり筒袖, かぶり黒衣, かむせた小, きせぬ粋, くぐったり, くけ附ける下駄, ぐるりと, この板, ころし袁術, さがして, さげた物, さし通して, さらしたよう, しいて, しけるが, した四角, しばり彼, しまって, じっと見つめました, すこし買っ, そっとめくっ, そのまま食事, その先手, その時分, その枝, そろそろと, た, たくさんに, たぐつて, たすけたよう, たたむその, たたんで, ためて, たらりと, つかんだまま身, つけたの, つけたらそつくり天平, つけて, つけてるね, つけ白い, つけ頭, つけ首に, つと刎, つと開いた, といて, ときました, とつて, とりあげて, とりさろうと, とりのけたとき, とりのぞき油, とりはらいました, とり綿, どっさり並べ下げた, ながめて, ねだつて, のぞくと, のばしたよう, はかること, はぎとった, はずしたの, はずした時, はずすと, はねのけて, はらいのけると, ひきかつぐ, ひきはいだ, ひっぱったり, ひら, ひらりと, ひろげて, ひろげは, ひん剥いて, ふくらませた, ふわりと, ぶら下げた戸口, ほしたの, ほどいて, ほどくの, ぼんやりながめ, まいた人, まかれ秘仏, まきつけたまま, まきつけた人, まきつけ金色, まきて, また一夜機, まとった一ソフォクレス, まとった家族, まとわせられて, まるめたもの, みつめた, みると, むすびつけて, めくりとりました, めくると, もち上げ母, もてひげ, もらいあつめそれ, やろう殿下, ゆはへ, クルクルと, スッポリ被っ, ズタズタに, テーブルにかけて, ヒゲノノと, ピンで, 一そう深く, 一つ隔てた, 一反出しました, 一枚ずつ, 一枚だけ, 一枚盗み, 一重二重と, 三十五反八分七買っ, 三反出し, 上げて, 下げて, 下さうと, 下ろして, 与える時, 久恵は, 乾かすには, 亡ぼさんと, 付けた少年, 代用する, 低廉に, 何と謂う, 何尺とか, 作し, 作るため, 作品の, 使うよう, 保険に, 信じきれない, 信長の, 修繕し, 傍に, 入れたそれ, 入れたのに, 入れる, 入れ今度, 内裏から, 冠って, 出した, 出すの, 切って, 制する謀計, 刷毛で, 前へ, 剥ぎかけましたが, 剥ぎ去って, 力任せに, 加え三人, 助けんと, 勢いよく裂い, 厚く巻い, 取つてじい, 取つてぱさ, 取りながら, 取りのぞくと, 取り上げて, 取り出した, 取り出し片手, 取り返しにでも, 取り除き布, 取り除けて, 取ると, 取得し得ず, 取得する, 召捕って, 吊して, 吊し其綱, 呼びに, 商った記録, 喰いこませた女, 噛んで, 四面に, 坐布団, 垂し, 垂らしたシンガリイス連隊, 垂らし青布, 垂れたよう, 垂れた入口, 垂れ内, 壁からか, 売ってる店, 外して, 外へ, 小わきに, 小沛, 左右から, 左右へ, 差し上げて, 巻いたり, 巻いた三等ボーイ, 巻いた兵隊, 巻いた棒, 巻いた波止場, 巻いた脚, 巻いた頭でっかち, 巻きつけるあいだ, 巻きつけササ, 巻きながら, 巻き掛けると, 巻き牛車毎, 干して, 干す, 平服の, 幾重にも卷い, 度す事のみ, 引いたよう, 引きさくやう, 引きのばして, 引き上げて, 引き剥ぐと, 引き裂いて, 引き裂くよう, 引っ張って, 引つかけて, 引張ったら中, 引摺出し, 弛めたばかりに, 張ったカルタ台, 張った大きな, 張った菱形, 張つた天井を, 張つて設けられ, 張りこれ, 張りまわさねば, 張り流るる飯粒, 張る, 当てた股引, 当てて, 当てませう, 当て帯, 征服する, 怒らすよりは, 恐れた, 愛し給うなら他日, 憤り道士, 懷に, 成敗しろ, 手拭の, 手繰ると, 打ち振るよう, 打付けて, 払って, 投げかけた, 投げて, 折つて竿へ, 披い, 押しあて, 押し分けて, 押込み其の, 拉して, 拡げたよう, 拡げ牛, 持ち来らしめ度, 持ち構えて, 持った手, 指して, 挟んで, 振つた, 振向いた, 捲いた委員, 捲いた娘, 捲き上げた縵, 捲き立てて, 捲ろうと, 掛けたテーブル, 掛けた平たい, 掛けるの, 掛け二, 掩うたやうな, 掲げた, 掲げて, 掲げると, 揚げた, 搗いて, 摺り染めること, 支持する, 攻めた時, 攻め城, 放置し, 数枚買つた, 敷いたよう, 斬れと, 断つが, 晒したとも, 晒す所ぢ, 晒らし, 月影に, 染めたこと, 染める時代, 殘し, 殺したらなん, 殺せと, 殺せという, 水に, 汚したの, 洗う手, 流に, 海中に, 添へた, 湿おしました, 濡した, 照らすシャンデリア, 特別に, 産出する, 用いしたがって, 用います, 用意した, 畳んで, 疊んだ, 疑って, 盗むこと, 盗んだこと, 目の敵に, 真ん中に, 着せて, 着て, 着るに, 石に, 砲えた, 破棄する, 示しめでたい, 私に, 積んで, 穢くるしい, 窓に, 窓より, 精出して, 素早く片手, 素早く私, 結びつけられたきたない, 結び固め神, 絞るよう, 縛めた, 縫いつけ住所, 縫い合せて, 繋いで, 織つた, 織らせて, 織りあげたから, 織りあげて, 織り成さんと, 織る女, 織る姥, 織る気, 織る経糸, 纏った半, 纏った四人, 纏つた四人の, 耳の, 肩に, 脱ぎすてると, 脱ぐこと, 脱って, 脱る, 腰の, 自国で, 臼で, 英国から, 蔽いかけた小高い, 血の, 被せた, 被せたの, 被せたる扣鈕, 被せた寝棺, 被せた警戒灯, 被せた讀經臺, 被せまた, 被っただけの, 被ったまま, 被つて, 被り上衣, 被衣に, 裁ち腹巻, 裂きそれ, 裂こうと, 装ふ, 製造し得, 要素と, 覆うた食卓, 覆った枕, 見える限り, 見せて, 見た, 見た同室, 見た牛, 見ても, 見ること, 見詰めつつ, 解かれて, 解きに, 解きやると, 解き手, 解く, 討ちもらしたばかりか, 討つ機会, 訪れ将軍, 詰め込んで, 貰って, 買い帝展, 買い花, 買う阿蘭, 貼つて石段, 貼りながら, 貼り合, 賜わりやがて, 購買し, 足したり, 輸入し, 輸入する, 輸出した, 迎えて, 迎え直して, 追い慕って, 通し呼吸, 通過し, 造ります, 連想し, 遁す, 重ねたり, 重ねて, 量る前, 長方形の, 阻止された, 除くかくして, 除って, 階段には, 隔てて, 靡かせて, 頂いて, 頤まで, 頭巾結びに, 頸に, 顎の, 顏に, 顔に, 食いちぎって, 飾って, 首に, 首の, 高野川の, 髮から

▼ 布~ (791, 16.1%)

42 上に 22 ような, ように 8 上から 7 やうに, 下に 6 下から, 陣へ 5 ために, 袋の 4 かかったテーブル, やうな, 上へ, 上を, 中から, 価格を, 沙漠の, 袋を, 製造に, 首を

3 [11件] すがた, 中で, 中に, 内側で, 前に, 包みを, 手に, 書簡を, 白さ, 股引を, 裾から

2 [46件] ついて, ほうで, まはり, 上には, 上の, 下には, 下の, 中には, 中へ, 二隅を, 人物は, 代わりに, 余りを, 価格は, 兵を, 勇猛は, 匂が, 古切れ, 外套を, 始末を, 姿を, 帳を, 当った袷一枚, 方が, 沙漠で, 無尻, 目を, 眼は, 端を, 簾が, 純白な, 胸へ, 自然価格が, 藁布団などに, 袋に, 袖の, 袖無を, 製造を, 覆いが, 角の, 赤兎馬は, 間から, 面に, 面の, 風呂敷に, 高壁

1 [496件] あいだから, あいだに, あたった所, あたった青い, いた下, いとも粗, いないの, うしろ影には, か, かかった一つ, かかった卓子, かかった机, かかった箪笥, かかった艶, かかった食卓, かかって, かくしぶく, かけて, かけ方等, かげには, かたまり, かたまりや, かばんを, きれはし, ことが, ことである, ことと, ことどんな, こと会場の, こな, ごとき乱賊, ごとき武勇, ごとき雲, ごとくみえこれ, したの, じいさんなどは, すきに, すらすら乱れ, すれあふ音, そばには, そばへ, それは, ついた上等, ついた同じく, ついた帽子, つつみを, つぶやくの, ところへ, とられて, ない寢臺, なかでくすっと, なごりを, なすまま, はぎ取られた壁, はしが, はしを, はられた肱, ふとん, ほうから, ほうが, ほうは, ほうへ, ほころびた洋服, まえへ, むら気は, もたれて, ものを, やつは, やつめ自分の, よい機会, よう顔色を, よごれぬいた着物, アーチまで, ウェイストを, エジスと, シャツは, テントの, テーブル掛が, トンネルの, バケツ頭の, ビラが, 一ヵ年の, 一命を, 一張筵の, 一撃が, 一方の, 一方を, 一族妻子などが, 一片で, 一片である, 一片は, 一種であります, 一種です, 一端が, 一端に, 一行を, 一連も, 七条の, 上でも, 上一杯に, 上端に, 上衣を, 下端は, 下衣, 不信を, 両端を, 中央の, 主要な, 乃至港, 九十ヤール腐っ, 事だ, 事を, 人がらは, 人形で, 人気は, 仕事にも, 仕方に対して, 仮面で, 佃煮いづれ, 体が, 使いが, 使いに, 使いは, 使用が, 使者など, 価値は, 価格が, 保温の, 信じ難い, 値打ちの, 傍まで, 備えを, 僅な, 儘に, 入つた腰, 兵は, 分量の, 切端が, 切端の, 前には, 前へ, 前を, 前衛は, 力づよい句風よく, 勇と, 勇猛には, 勢いは, 勢は, 匂ひがまつ, 包み解きも, 包を, 厚ぽったい, 厩から, 参謀と, 双方が, 反問に, 右端を, 右裾を, 合わされた綿入れ, 吊手に, 吊手を, 名にも, 名は, 向う側に, 周囲が, 味と, 味方に, 命は, 命令に, 囲い暗い, 地に, 地も, 坐布団, 垂幕を, 城下に, 壁掛が, 声が, 声だった, 声で, 売却によって, 変り易い, 外套に, 大勇には, 大声が, 大将高順と, 大文字が, 大文字その, 大文字に, 大旗小旗, 大軍には, 天蓋を, 太い綯綱, 如き年々消費, 如き溝渠, 如き粗暴, 如く張り, 如く持ち運ばれたので, 如く趙雲, 妻に, 姿が, 姿も, 娘である, 存在と, 客将, 客臣と, 客舎へ, 家に, 家へ, 家族たちの, 家族や, 家臣が, 容子は, 寝棺の, 小ぎれ, 小さな鞄, 小包を, 少しは, 尾を, 巻き方, 巻き替えを, 巾に, 市場価格と, 帆であった, 帯だけが, 帰りを, 帳が, 幕で, 廂の, 張った枠, 当たったその, 当って, 当つた, 当つた哥薩克風, 当てようが, 役に立つの, 徒である, 心は, 心を, 忿怒は, 怒りを, 息の根を, 悪政を, 意中でも, 愛馬赤兎を, 懸け声, 戟には, 手もとへ, 手を, 手勢は, 手術着を, 手袋は, 手袋や, 招きに, 招待状が, 捌き足の, 捜索から, 掛つた室に, 掛つた食卓の, 支那服なぞ, 故衣, 数も, 文字が, 方で, 方に, 方へ, 方天戟の, 方天戟は, 暖簾の, 暴虐に対する, 服, 木綿風呂敷二三枚, 未来は, 条片を, 枕は, 染料に, 根城へ, 様子と, 模様が, 模様レースを, 樣に, 櫛でも, 櫛を, 歓心を, 正面には, 残りで, 水濾し, 沓は, 沙漠, 沙漠に, 沙漠へ, 沙漠を, 沙漠羅布湖の, 法衣を, 波を, 洋服みたいな, 洋服を, 洪水です, 流れる岩, 流行が, 浪を, 浮織の, 海は, 浸つて, 深い皺, 湿気や, 滅亡も, 煩悩は, 燃ゆるが如く, 爲に, 片々を, 片で, 片方の, 片隅を, 犠牲と, 猛勇は, 生産に, 生産は, 番だ, 発見された, 白衣脚下に, 皺から, 皺を, 盗まれたもの, 目から, 目と口の, 目の, 目隠しを, 相対価値に, 相対価格は, 真下に, 真中に, 真中を, 眼を, 眼光を, 着物だ, 着物で, 着用が, 礼物を, 私邸へ, 私邸を, 種類である, 穴を, 立って, 立場に, 端が, 端で, 端に, 簾下と, 粗い織り糸, 粽頭巾に, 糸を, 紛失した, 紛失事件の, 紫金冠や, 結びめを, 結び目を, 絵衣裳の, 綱十二条を, 綺麗さよりも, 綺麗な, 綿の, 緋の, 織目から, 罵る声, 老王, 肌着で, 肌着と, 肌着には, 肌着を, 肚の, 肩ごしに, 肩衣と, 背を, 背面に, 胸から, 胸は, 胸当てを, 胸甲身に, 脂色, 脚絆を, 腕が, 腕章は, 腰帯に, 腹巻トンボほどな, 臣では, 臣と, 色なぞが, 色は, 色を通じて, 花模様, 苦力たちを, 茶袋が, 華かな, 蒲団の, 蓋の, 蔽に, 蔽を, 薄羽織, 虫ばんだ, 蝙蝠傘あるいは, 血相では, 行嚢や, 衣に, 衣服を, 衣袴の, 衣裝を, 衣褌, 衣褌を, 袍を, 袖を, 被いが, 被が, 被った箪笥, 裂いた物, 裂ける音, 裂け目よりも, 裏には, 裏の, 裏地を, 製作者が, 製造から, 製造においても, 製造における, 製造者は, 裾の, 裾を, 襖を, 襞を, 襦袢だけは, 覆いを, 覆面を, 見えない隙, 許へ, 評判は, 謀臣陳宮は, 豆汁ひきや, 貼り工合, 貿易が, 購買力が, 贈物を, 赤い色, 赤兎張飛の, 赤袍が, 走狗と, 軍は, 軍へ, 軍を, 軍勢が, 軍勢と, 軍勢は, 輸入に対し, 輸入に対する, 輸入も, 輸入業者か, 輸入業者が, 輸入業者は, 輸出によって, 輸出業者は, 迎えよりも, 近状であった, 返辞に, 連中を, 道が, 邊り, 邸に, 部下張遼高順の, 配下の, 醜態に, 釦が, 長躯, 間に, 閨室は, 陣営を, 陥穽を, 隙から, 隙間から, 雨覆, 面から, 面を, 鞍と, 頭被, 額には, 顔の, 顔を, 顔色に, 類を, 風呂敷は, 餘裕なく, 首が, 首と, 首の, 首も, 香でも, 馬とは, 駒を, 麾下高順の

▼ 布~ (433, 8.8%)

3 彼の, 玄徳の, 眼を, 自分の

2 [16件] その以前, それを, われを, 一礼し, 何か, 初めて口, 城を, 小沛, 急に, 恩を, 有頂天に, 牙を, 狹く, 眉を, 赤兎馬を, 頭を

1 [389件] あげられませんよ, あせって, あらざるかっ義父, あわてて, あッと, いい訳, いかが, いきなり彼女, いつもの, いよいよ烈火, うつろな, うつ向いたまま, うなずいた, うなって, うろたえた, うろたえ騒ぐ大将たち, おいて, おおい難い, お家の, お脱ぎ遊ばさぬ, かえって心, かくの, かつて十分, かねて, きかない, きれいだ, ぎょっとし, くすくす笑っ, くわっと眼, こうも, こう云いだした, ここを, この, この時, この竿, この間まで, しょっ中, すぐ察した, すこぶる賢明, すっかり酩酊, すっかり陳大夫, すでに心から服し, すでに檻, すべて小麦の, すべり過ぎた, せきこんで, そういう, そう叫んだ, そう聞く, そこここを, そこへ, その堅牢さ, その声, その夜, その席, その怪力, その手, その日正面, その肩, その胸元, その際, それで機嫌, それと, それへ, それまでの, それらに, ぞんぶんに, ただ大喝, たちどころにその, たちまちむらむらと, たちまち戦意, たやすくつくろひ, だんだんなれなれしく, つぶやきながら, できても, どなった, なおさら烈火, なお怒っ, なお気づかなかった, なかなか見つけようたつ, なつかしい作衛, なにも, なんだ, なんと俺, のみこみ顔, はったと王必, ひそかに, ひとまず定, ひとり忿憤と, ひとり相府へ, ひらひらと, ひらりと, びっくりし, ふと耳, ほっとし, まずいった, またそう, また一巡酒, また機嫌, また自身, また高順, まだ嘲笑う, まだ手, まっすぐに, もう五十歩, もちろん顔色, もっと紙布, もとよりそういう, ゆるせ, ゆれるし, ようやく気がついた, より少い, よれよれと, よろこんで, わが子も, わたし達の, われに, カラーを, シャンデリヤを, ベッドの, ボロ屑, ポルトガルにおいては, 一きれ, 一大事とばかり, 一所に, 一生の, 上物であります, 上等だ, 上等でございます, 下女に, 不意に, 不義を, 丘の, 事態の, 二〇シリングという, 二ツに, 二通の, 云った, 五百種類の, 人を, 人目を, 人道の, 他日被害者と, 体じゅうの, 何かを, 何思った, 例の, 価格騰貴し, 傲然と, 僅か一尺余り, 元の, 元来豺狼の, 兇勇のみ, 先頃あなたからの, 入用が, 全戦場, 六〇五〇磅から, 兵を, 再び国内, 凝ツ, 前と, 前に, 前日までは, 前門の, 剣を, 劉備を, 加工せられ, 勃然と, 動かされた, 動きが, 動転し, 南の, 単純な, 危険を, 却って感激, 却り, 厩へ, 双方の, 双方を, 反覆常なく, 取り除けられぬ, 取次も, 同一額の, 同協団, 名だたる豪雄, 呂布らしい, 味方に, 味方を, 呻いた, 呻くよう, 命からがら逃げた, 和尚が, 四隅を, 垢つきよごれ, 城に, 城門の, 声荒らげ, 大きくうなずいた, 大きな風呂敷, 大へん損, 大口あい, 大声で, 天下の, 姿を, 孤立の, 実に迷い, 家に, 容易に, 小屋の, 小耳に, 少し銷沈, 尻尾の, 左に, 左右の, 帰って, 帰ると, 帳を, 常に同数, 常の, 幾百丈あろう, 床に, 弓を, 引続きある, 引続き同一, 当惑顔に, 彼に, 彼を, 彼女の, 彼如き, 徐州に, 徐州の, 心とは, 心の, 心中に, 必ずその, 忍澂に, 忽ち白く, 忿怒した, 怒って, 思わず憤然, 思わぬ恩賞, 怨みが, 怪しみながらも, 怪しんだ, 恋人の, 恍惚と, 恨みが, 悠々後, 意外な, 愕い, 憤然床を, 戟を, 手に, 手の甲まで, 手を, 押止め, 振返って, 散々に, 断腸の, 新手の, 既に取り去られ, 日夜酒宴に, 暗中に, 暗愚で, 暴れて, 書面を, 曹操の, 朝霞には, 木綿に, 木綿色は, 李粛の, 杯を, 染まらないから, 染めが, 機嫌の, 檻に, 櫓に, 正しく片, 歯を, 死にもの狂い, 死の, 気が, 汗と, 沈黙し, 治府即ち, 涙の, 淋しく笑った, 清潔であり, 満座の, 激怒し, 濮陽を, 濮陽城を, 火事に, 灰色で, 無いか, 無人の, 無才な, 無言の, 父子が, 物も, 狂いまわる駒, 狂える如く, 狭くな, 狭くなっ, 狭くなつ, 狼狽し, 狼狽した, 玄徳へ, 王允に, 王允の, 生れてから, 用向きを, 百五十丈ぐらいも, 皆しまっ, 皆丹波の, 直ちに出, 直ちに張遼, 直ちに林立, 真剣に, 真面目に, 眠りに, 眦を, 着かけて, 私達の, 突然笑った, 立ったまま, 立って, 立つ気色, 竜舌蘭という, 第一番, 紐で, 細い絹針, 綺麗に, 緞子という, 織ったが, 織るちふ, 翌る, 耳に, 耳元に, 聞くと, 肚を, 脱ちたる, 腕を, 自分を, 自己の, 至る処, 花綵で, 茫然と, 落ちぬ, 蒼白に, 袁術の, 触るる由, 詩を, 警戒顔し, 谷ふところの, 貂蝉の, 買ったの, 贈られたところ, 走りよって, 躍りかかるや, 身も, 身長七尺ゆたかな, 軽く命じ, 輸入され, 迂さん, 近時丹波国氷上郡佐治近くの, 途方に, 連戦連勝だ, 遂に下, 酔いましたよ, 酔えるが, 鏝を, 鏡を, 鐙に, 閣の, 陳大夫が, 需要されるであろう, 非常な, 韓胤を, 顔いろ, 颯ッと, 首を, 馬を, 馬首を, 駒を, 驚喜した, 鬢髪を, 黎陽へ, 黙然とうなだれ

▼ 布~ (350, 7.1%)

11 包んで 9 頭を 8 巻いて 7 顔を 3 つつんで, 出来て, 包んだもの, 巻かれて, 自分の, 覆われて, 隙間なく, 髪を

2 [19件] おおった担架, しばった, しばって, つぎは, なしに, 包まれて, 包んだ顔, 張って, 張られて, 張廻した, 拭うだけの, 捲いて, 松吉の, 死体を, 目隠しを, 腕を, 覆面し, 隠して, 飾られて

1 [253件] あしらう網, あしらって, あつた, あるいは紙, いたいたしく頭部, おおったトランク, おおわれて, おくりもの, お神さん, かくされて, くくった蝶, くくられ東, くまなく, くるまれた伸子, くるんだ一包み, くるんだ書類, くるんで, ぐいと, ぐるぐる巻い, ぐるぐる巻き, げんじゅうに, こして, こしらえただけの, こしらえたブーケ, こしらえた沓, こしらえた袈裟, これで, さるぐつわさえ, さるぐつわを, しきられた何坪, しばったり, しばった雲霧, しばりつけると, しめやかに, すっかり偽装, すっぽりと, その手, つぎを, つくったらしい巨大, つくった様, つくった透, つつみその, つつんだもの, つつんだ姆母さん, つつんだ荷物, とじた, とじたものの, はった煙草入れ, はりつめて, ふき同時に, ふくの, ふさいで, ふさがれた, ほとんどすっかり覆面, ほとんど掩, まかれて, まきつけて, まき縞, まさしくけが, むすんで, わしの, グルグルと, スッポリと, チョンチョンと, ナイフの, レンズを, 一フィートごとに, 一杯で, 下っ腹, 中の, 丹念に, 二の腕の, 二重の, 云えば, 以つて天井際から, 体じゅうの, 何か, 何を, 作った動物, 作った新, 作った袋, 作られたよう, 作られた深紅, 作られた鎧直垂, 作られて, 俺の, 全身を, 凜, 出来た嚢, 出来た手袋, 切り貼りした, 包みその, 包みました, 包み大きな, 包み添え頭部, 包む, 包んだまま, 包んだ上, 包んだ全身黒一色, 包んだ四角, 包んだ婦人労働者, 包んだ寝台, 包んだ小, 包んだ球, 包んだ贄卓, 包んだ電気灯, 包んでしゃぶらせるくらいなもので, 厳重に, 口ばた, 口を, 合圖を, 坊主頭を, 塞がれて, 天井までも, 妻の, 家具が, 寛や, 巻いただけ, 巻いた上, 巻いた二人, 巻いた二個, 巻いた片, 巻かれた, 巻きモヨンガ, 巻き柄頭, 巻き立てて, 幾部屋かに, 幾重にも包ん, 幾重にも巻き固め, 張った埃, 張った細い, 張り付けて, 彼に, 我らの, 戸障子の, 扇ぎある, 手首を, 押し絵に, 拭いて, 拭い眼, 拭うの, 拭きあげたモザイック, 拭きそれから, 拭きみがき, 拭くが, 拭っては, 拭ふた, 拵えたもの, 拵えた花, 捲いた, 捲いたの, 掃除し, 掩いを, 掩うた, 掩うた単なる, 掩って, 掩つてゐます, 掩ふて, 朱の, 毎日必ず, 汗を, 涙か, 漉したです, 漉したの, 漉して, 漉します, 片眼, 球を, 甕に, 甕の, 白い光, 白髪を, 盃を, 目か, 目を, 真床襲衾, 眼かくし, 磨いた, 粽頭巾に, 結いた辮髮, 結わえたナターシャ, 結わえ腕, 結んで, 綿にも, 縁を, 縛った, 縛って, 縛りつけそこら, 縫った財布, 縫ひ, 繃帯し, 而も, 肩へ, 腕章を, 膏薬張を, 荷物に, 蓋ごとすっぽり, 蔽って, 蔽つてあつ, 蔽はれた, 蔽われたシーザー, 蔽われて, 血を, 表紙は, 袋を, 被いうしろ, 被われて, 裹んだ, 製られた, 覆いが, 覆うたその, 覆うと, 覆って, 覆われた, 覆われた四角, 覆面した, 見えないよう, 赤ぎれのした足の, 足を, 輪によって, 農事の, 造って, 遮つた薄暗い, 部屋の, 醜いもの, 鉢巻きを, 長い木剣, 隔てられた清潔, 隠され小次郎, 隱し, 面を, 靴を, 頬かぶりを, 頬冠りし, 頬被りを, 頭と, 頭の, 頭包ん, 頭巾結びに, 額から, 顔は, 飾ったお下げ, 飾ったレーニン, 飾った小, 飾った小柄, 飾った本台, 飾られたゴーリキイ展, 飾られたレーニン, 飾られた舞台, 飾られた高い, 首を, 鼻を, 鼻先を

▼ 布~ (308, 6.3%)

5 うなじを, 張って 4 かけて 3 いうと, 掛けて, 敷いて

2 [14件] かかって, かけられて, かぶせて, かぶせられた, フワリと, 動いて, 巻いて, 敷かれて, 私の, 落ちて, 被けて, 被せて, 被せられて, 風に

1 [257件] あげて, あった, あったとき, あって, あります, ありますから, あり床, あるし, あるばかり, あるらしい, あれば, あわただしく帰っ, いいの, いくつも, いっぱいに, いつまでも, いやに, いる, いるうち, うしろから, おもいから, かうした, かざられたし, かぶさって, かぶさつて, かるく叩い, きらめいた, ぐるりと, この病室, この社会, さっと取り除かれた, さも誘ふ, しずかに, じかに皮膚, すっぽりかぶせ, その肘, たて籠って, つむじ風で, とりのぞかれると, とり去られて, どうして曹操, どう処置, どこにも, ないんで, ないサア, なんだか綻んだ, にじみだした人間, はらりと解け, はられ舞台, ばさ, ばさり, ぱたぱた鳴った, ひいて, ひかえて, ふたたび戦場, ふら, ふるえあがったの, ふんわりと, ぶらりとさがっ, ほしいいう, ぼうっとかすん, ぼろぼろに, またこの, また破れた, まとわれて, めずらしくて, もし, もし盗られる, やさしくかぶせ, よく通り, よろこばれついに, わけて, わしの, サツと, ダラリと, パッと, ヒラヒラと, ブラ下っ, 一ヤアルにつき, 一斉に, 一杯に, 一杯各種の, 一枚だって, 一筋ノシ上がった, 三つ四つ干し, 下が, 下がって, 下されて, 並んだ, 丸くなっ, 乗って, 乾して, 二三個出, 二筋三筋河原に, 二銭敷布が, 五〇磅で, 交る, 付いたの, 仲裁では, 体から, 何だか不安, 何を, 何物かの, 使ひ, 侍立し, 冠された, 出て, 出る, 切って, 剣を, 勇のみ, 包んで, 半開の, 反射し, 取り去られた時, 取り払われて, 取り附けて, 取れると, 向って, 四五六七重八重に, 地に, 垂れ下って, 城外へ, 城門まで, 壁と, 変心し, 多年戦場で, 夜露を, 大きな傷口, 太師狂乱し, 守って, 実に立派, 小さな金盥, 小寒い, 小沛, 少し弛んだ, 巻きつけて, 席に, 帰るに際して, 干してあつ, 廻されました, 引かれて, 引きずり出して, 引き裂けたほど, 引立てられて, 弛んで, 張りつめて, 張りつめられそれ, 強くて, 当たってるけれども, 役立って, 彼の, 得られると, 御亭主, 微かに, 恐ろしい力, 息の, 悦ばれます, 意地惡く, 意識し, 愛して, 戟を, 戻って, 所有者の, 手飼いの, 拡げられて, 挟んで, 挾まれて, 捕われて, 捲きつけて, 掛かって, 掛かつて, 掛けられた, 掛けられてる大鏡, 掛って, 掛つてゐた, 掩うてある, 放り出されて, 散らばって, 整頓され, 斜陽に, 早く知れ渡っ, 暴れながらも, 曹操に, 木から, 果してタク, 枯木に, 染められる, 柔かい垂れ襞, 柱の, 欲しいな, 残って, 毛だらけに, 気づいた時, 沾る, 波を, 浮かぶとも, 涙で, 焔の, 無造作に, 無駄に, 生産されるであろう, 用いられて, 発達し, 白い幕, 白く闇, 盗まれれば, 眼から, 着られなくなりますと, 破れると, 空に, 窮鳥と, 立って, 粘つくよう, 紅に, 結びつけて, 縢りつけて, 縫付け, 織れるが, 織れるもの, 美しくかつ, 考え直すかと, 胸から, 自分の, 自身の, 英国において, 落ちきらぬうち, 蔽われて, 蝋細工の, 行李二つほど, 被けられて, 覆うて, 覆せて, 見て, 見廻って, 解かれると, 解けて, 象の, 赤兎馬に, 起きだして, 起きて, 足りなかったと, 轅門の, 逃げたので, 違約の, 金吾の, 釘に, 長くさがっ, 長くもつ, 隙い, 音を, 頼みに, 風で, 馬一匹に, 麻布であった, 黒い大きな, 黒白のだ

▼ 布~ (222, 4.5%)

28 の上 12 の中 8 の下 5 を敷い 4 の襟, を被 3 が一枚, の綿, の裾, をかけ, を直し

2 [16件] がある, が二枚, でその, で押, に寢, のなか, の側, の端, を冠つて, を冠つて寢, を出し, を引, を引出す, を持つ, を持出し, を蹴

1 [114件] から三角, から膝, か何ん, がなくなる, が一, が不, が温か, が滅茶, そして内儀, だけは持つ, だよ, でお, で包ん, で卷かれ, で口, で昂布卷, で蒸し, で蒸し殺し, とともにその, と一, と煙草盆, と誰, なく食, などはザクザク, などを直し, にかけた, にかへてす, にくるまつ, にくるまつた, にし, にはさすが, には白い, には糞, にもたれ, に填め, に汚れ, に顏, のあたり, のした, のない, のはい, のやう, の一枚, の崩れ, の慘憺, の裏, の贅, の足, はぐつしよりだ, は一, は厚い, は片付けられ, へ, へね, へもぐり込んだ, へ疊, へ載つけなさい, へ通る, まで剥がれた, まで載せ, まで通つたの, も一所, も娘, も枕, も火鉢, も疊, も皺一つ, も立派, よりは居心, をうら返し, をかぶつ, をかぶり, をころがりだした, をしい, をすゝめ, をすゝめ乍ら, をずり下げ, をた, をひき, をハネ, を一枚, を三枚冠つて, を下, を何と, を作らした, を借出し, を入れ, を半分, を取つ, を布いた, を引つ, を引冠つて寢, を引出し, を引被つて, を押し, を掛け, を敷き, を敷きます, を柏餅, を欄, を温め, を滅茶, を滑らし, を滑り落ちた, を積ん, を脊負つて遠方, を脹らませ, を被い, を贈らる, を運ん, を重ね, 敷き給, 着て, 被つて寢

▼ 布~ (210, 4.3%)

10 包まれて 8 包んで 3 手を, 過ぎなかつた 2 くるみ箱, つづいて, 与えると, 刺繍を, 包んだもの, 巻かれて, 蔽われて, 覆われて, 頭の

1 [168件] ある白い, ある神, おおわれた人間, かくれて, きいた, くるくる巻かれ, くるまって, くるんだり, くるんだ上, くるんだ石膏, くるんで, こぼれた水, これを, した襖, して, すぎない衣服, すぐれた白磁, するよう, それを, つ, つかまる手つき, つけたもの, つつまれあれ, つつまれた柩車, つつまれて, つつんだ箱, つつんで, つづく高順, なり布, なるだけは, のばして, ひきなおすと, もてあそばれ宛城, やるかっ, アイロンを, ミシンを, 一ぱい喰わされた, 下げたる, 並ぶの, 二枚刷つてもらつ, 五百文の, 付いて, 会えた義理, 会わん, 何だか変, 使われるので, 俗悪な, 値した, 先づ火, 其血を, 出て, 利用し, 勇猛ある, 包まつて, 包まれたま, 包まれた壺, 包まれた寝棺, 包まれた手, 包まれた腰, 包まれた自分, 包まれた鳴沢さん, 包まれ松, 包みて, 包み携, 包み箱, 包み紅い, 包み込んで, 包み香水, 包み馬, 包むを, 包んだの, 包んだ祝, 包んだ青い, 化粧下を, 半分締め殺され, 反射した, 取りあえず松, 取り換えたの, 受けて, 可笑しいほど, 向けた, 固執し, 墨で, 大いに心, 大小数種の, 太陽を, 奪われて, 完全な, 巻いた帯地, 当らんと, 彼は, 従って, 悪血を, 手早くこすりつける, 手染, 挿すの, 掴み出されて, 描かれたエジス王妃, 摺って, 摺り付け, 文字が, 斬られたという, 映すと, 時刻の, 暑く照つた, 書いたの, 書き付けすなわち, 朱で, 模造紙の, 横文字で, 比較し, 浸しその, 浸して, 湯わかしから, 火が, 爪を, 物憂いまで, 異心, 白い絵具, 白い餅, 白糸の, 皆とざされぬ, 目を, 相応する, 眸を, 眼を, 破れ傘, 私は, 糸を, 細帯の, 縁飾を, 織たり, 織り出されて, 織り用いたもの, 織り股引等, 織ること, 織れない部分, 花を, 被われたる寝棺, 被われた死体, 裏を, 覆へる小箱, 覆われた物凄い, 見えたの, 見せて, 説明し, 諂い呂布, 謁し, 貂蝉を, 赤い絹糸, 赤と, 身を, 載せて, 近づけて, 通じて, 過ぎない, 過ぎなかった, 遮ぎられて, 還りし時, 防水塗料を, 隠れたり, 隱され, 雪洞に, 頼まれて, 願い許可, 魚類を, 黒, 黒で

▼ 布~ (204, 4.1%)

7 のよう 4 のやう 3 を出し

2 [14件] か何, が, が長く, で絞殺, で頭, とか仏像, に五万十万, に捲いた, のところ, は, は幅三インチ, を持っ, を用いた, を裂き取る

1 [162件] ありや, あり雨, かそれ, から目, から見ます, から驚き, がきせ, がざわざわ, がすっかり, がそんな, がつけ, がつない, がで, がとにかく, がひっかかっ, がもう, がマラー, がマリー, が中, が出, が単に, が掛け, が次第に, が残っ, が素足, が結び付け, が裾, だけで, だけでも自分, だと, であった, であつ, であるかの, でその, でも縛っ, でも腕, で両, で作った, で包まれ, で巻いた, で濡手, で破, で腰, で衣, で覆う, で覆面, で買, で鉢巻, で鼻孔, とあの, とに帽子, とは云え, と一緒, と糸, と紙, と黒く濃き, なぞを持っ, などが敷い, などが浅, について, については何とも, にまかれ, に写し, に出会う, に包まれた, に多分, に捲まつた, に果汁, に落しもらい, に裹, に頬冠, の, のこと, のため, の一つ, の上, の内海, の塵, の方, の残り, の汚染, の目, の腰巻, の行李, の頬冠, の類, の黒い, はここ, はどの, はわざわざ, はスカート, は二重, は井戸, は何, は初め, は大切, は幅, は日除, は昔, は極, は水, は静か, は頸, へもう, へ包ん, へ向っ, もとっく, も皆, も若干, や器具, や糸屑, や金色, れに, をかぶせ, をくくりつけ, をこしらえ, をずっと, をふっ, をもっ, をカント・デック, をパッ, を一度, を下げ, を付け, を付けた, を付ける, を作っ, を使った, を取っ, を取り, を取り出し, を吊, を地上, を天幕, を幾重にも, を延べ, を引き摺り出した, を引っ, を手, を手際, を振っ, を捲いた, を更に, を杓, を渡された, を眺め, を着物, を着込ん, を紐, を継, を縫いつけ, を被せた, を被衣越し, を裂き取ろう, を裂く, を見, を解い, を除け, を面, を高等工業学校, 又は紙, 特に毛織物

▼ 布~ (78, 1.6%)

3 鈴とを 2 交換し, 交換に, 型, 帽子との, 引換えに, 端切さえ, 葡萄酒との

1 [61件] ありったけの, いい劉玄徳, いひて, いひ女, いひ脚布, いわず旗, したの, する操作, すれ合った跡, なって, まがいレース, やらいう敵, チベット鍋を, 一しょに, 一戦し, 一緒に, 云つた方が, 五布の, 五里ほどの, 交換する, 交誼が, 人ずれとに, 共通な, 去年の, 同じよう, 同一では, 同郷の, 垢と, 壁とが, 娶わせ, 幾升の, 弁当の, 引換に, 心に, 思ったの, 思はれる, 思われる, 思われるもの, 我とが, 戦って, 戦っては, 束ねた藁, 油とを, 渋色の, 玄徳には, 等分に, 糸とで, 純白の, 絶えずあちこち動き廻, 綿製品との, 美しい絹糸, 花と, 袁術とが, 裏切者の, 見えたの, 親しみのち曹操, 言って, 言っては, 部屋の, 靴とに対して, 黄楊の

▼ 布~ (71, 1.4%)

3 なかった

1 [68件] あたりに, あった, ありませんで, あわてて, いさぎよく山, いち早く掘りあばいた, こよい, さすがに, そう甘く, その中, その後は, それが, たっぷり買っ, だんだん酔眼, ちょっと体裁, ついに意, ついに覚った, でございますが, とうとう我, どうせにわかに的, どこへ, ないが, ふと, まごついた, また課税, まだ落ち目, まとわず赤裸, みだりに老母, もちろん防ぎ, ようやく悪酔い, 三つほど, 三幅と, 下等の, 亡んで, 今は, 使庁の, 売って, 多少気味が悪く, 奥へ, 当代いずれ, 彼に, 彼の, 心の, 悪か, 掛けずもとより, 日頃そう, 気色ばんだ, 淡緑色, 深く罪, 煩悩児であった, 疾風の, 百姓には, 目について, 精鋭を, 編まれぬであろう, 織らず百姓, 纏わずに, 膝の, 董卓も, 躍起と, 近頃は, 遂に心, 金創薬も, 門の, 雪の, 風呂敷か, 驚いて, 黒ずんだ色

▼ 布~ (45, 0.9%)

3 靴や 2 いたるところ

1 [40件] ぼろで, またはその他, トルコ帽などを, モスリンや, リンネルや, 並べた鉢物, 伊達絹, 刺繍や, 土耳古人の, 女の, 木に, 板で, 母の, 毛糸を, 毛織布は, 派手な, 瓦が, 白い布, 石鹸や, 砂糖や, 磨きを, 笠や, 紙が, 紙を, 紫の, 繃帯を, 自分等の, 芸術品の, 葡萄酒や, 蝋型の, 衣類を, 裳を, 貝ボタンを, 赤い布, 道具などを, 金物を, 防寒用の, 雑巾が, 食器が, 麻を

▼ 布~ (44, 0.9%)

2 の方

1 [42件] からミッドウェー, から帰っ, から桑港, が見える, でクリスマス, で日本人, で有名, で石炭, といったよう, と比律賓, に寄らず, に寄らない, に寄る, に漂著, に移民, のれい, のパール軍港, の伯母, の大, の島, の日系米人, の耕地, の臀振りダンス, の風俗, は突飛, へ廻, へ着く, へ移住, も今, やカリフオルニヤ, や北米, より書, を出帆, を出航, を廻っ, を得, を捜出, を望め, を見い, を越え, を雛, を離れる

▼ 布切れ~ (39, 0.8%)

2 とを風呂敷, の下, を彼

1 [33件] かでトテモ, がたらり, がどうしても, がふわり, がぶら, がぶら下がっ, がやつぱり今, が人, が今, が十五年, が流れる, さえもなかっ, だ, でそこ, で上り口, で作った, で巻い, で巻いた, で肩, などの中, にくるん, に包んだ, に変わっ, に貫, のちり, の真中, の端, やしわくちゃ, をくるり, をたれた, をだらり, を路, を集め始めた

▼ 布~ (33, 0.7%)

3 向って 2 与えると

1 [28件] しばし流涕, 写生し, 冷然と, 分銅を, 向けたが, 呼びかけ諄々, 外交的に, 復命し, 打つかって, 打附, 折重なって, 挑んだが, 挑戦する, 摺り付けそれを, 槍を, 正面を, 洩れたか, 皺が, 目通りを, 筆を, 見せた, 訴えた, 諫言を, 貂蝉を, 賜うならば, 送り返せ, 駒を, 黒と

▼ 布~ (25, 0.5%)

12 して 3 すれば 2 しに 1 される地域, した, したに, するため, すると, する必要, の必要, の煩わし

▼ 布~ (23, 0.5%)

2 の点

1 [21件] があの, その色彩, とをそのまま, と相, と色彩, の写生, の変化, の甚写生的, の線, は和蘭陀銅板画, は整頓, は細密, は著しく, よりし, より来る, をなす, を定め, を定める, を整頓, を案出, を純化

▼ 布には~ (18, 0.4%)

1 [18件] かなわない, すこし血, ほとほと愛想, まるで輝, もう敵, 代えられないと, 勿論誰, 名馬赤兎が, 妙齢の, 懸念なく, 正面から, 満足した, 煙草の, 繻子に, 色の, 鉱石の, 馬鹿に, 麻酔剤が

▼ 布~ (18, 0.4%)

1 [18件] が大分輸入, が大変すき, でかんべん, とは違った, とは違つた, と思った, と識別, のはいった交ぜ, の名, の方, ばかりで, までも用意, も今, や小さな, や香水の, を列べ, を干す, 及び羊毛

▼ 布~ (15, 0.3%)

3 の宝庫 2 の巨財 1 が国家, でございますって, のな, の一大宝庫, の宝, の村, の神, はここ, は回鶻人, ばかりな

▼ 布~ (14, 0.3%)

2 を出さない

1 [12件] が, が取り付け, が行届い, て來, で包ん, の儒人, の薩摩侍, やら食器, を, 一つ裁ち損ね, 地を, 白い旗

▼ 布蒲団~ (13, 0.3%)

2 の柏餅

1 [11件] と枕, のごとき, をそこ, を一枚, を下, を持上げ, を掛ける, を明石, を横, を真中, を背負い込ませ

▼ 布~ (12, 0.2%)

1 [12件] そういうこと, そちも, ガラス板の, 何か, 何かで, 古ゆらん, 塵払いみたいに, 悪い布, 紙にて, 緋毛氈を, 金かを, 麻で

▼ 布でも~ (11, 0.2%)

1 [11件] いいでせう, おいて, なかった, なんでも, なんの, みんな堅長横長角型である, みんな竪長横長角型である, 今は, 冠って, 張り廻した, 被せて

▼ 布という~ (11, 0.2%)

2 のは 1 のを, ものが, 人間です, 口舌の, 布を, 彫刻の, 怪雄の, 漢が, 物質に

▼ 布卷吉~ (11, 0.2%)

4 と云う 3 を連れ 1 と申し, の暇, は何, は祖父佐十郎

▼ 布~ (10, 0.2%)

21 からだ, からねこれ, が, がきれい, ぞ, つたのだ, のといった, 白い布

▼ 布などを~ (10, 0.2%)

1 かけて, やる, 出迎えに, 切るとき, 取り出させこれ, 売ります時, 引いて, 晒して, 買つても, 遥々と

▼ 布~ (10, 0.2%)

2 のよう 1 さえも最早, で首, のショオル, は私, や紙, を家, を巻い, を解い

▼ 布張り~ (10, 0.2%)

2 の扉 1 で特殊, にぶつかり, のソファ, の四角い, の固い, の小型, の日除け, の洒落た

▼ 布~ (10, 0.2%)

7 の神 2 の御 1 は名剣

▼ 布から~ (9, 0.2%)

1 でた言葉, はみ出た鏡面, はみ出て, 一つかみの, 一矢飛ん, 使者が, 出た, 呼び迎えに, 永え

▼ 布にも~ (9, 0.2%)

1 なにか考え, ナイフにも, レース袖にも, 劣らないもの, 文句が, 有れ適宜, 異存は, 胸を, 見えたの

▼ 布にて~ (8, 0.2%)

1 おほ, かれら, 仕立, 作りしもの, 右の, 蔽ひたる, 製したる四布蒲団, 覆いあり

▼ 布及び~ (8, 0.2%)

2 綿製品の 1 ブランデイが, 亜麻布の, 呂布の, 穀物は, 綿製品を, 金で

▼ 布との~ (7, 0.1%)

1 ある寝床, 交換によ, 双方が, 双方の, 合計は, 間で, 間に

▼ 布刀玉~ (7, 0.1%)

6 の命 1 の命太御幣

▼ 布売り~ (7, 0.1%)

2 の老人 1 か, がいた, の女, の姿, 河内の

▼ 布直垂~ (7, 0.1%)

1 などまちまち, に頭巾, の凡装, の犬使い, の犬飼, の目あき, を職人結び

▼ 布~ (7, 0.1%)

1 がスペイン, が更に, であった, で保護, の種類, を幻想, を持たなかった

▼ 布~ (6, 0.1%)

2 ている 1 たりこの, てもその, て汚染, 円座を

▼ 布する~ (6, 0.1%)

2 文言に 1 から日本国王, ことを, のである, は天文

▼ 布とを~ (6, 0.1%)

1 下さいませ, 持って, 見せるだけ, 買い末娘, 造るの, 飯粒で

▼ 布よりも~ (6, 0.1%)

1 それは, より低廉, 擦り切れた布, 粗悪な, 糸を, 縄の

▼ 布~ (6, 0.1%)

2 旅館で 1 には東京, の樓上, の温泉, 旅館に

▼ 布呂敷~ (6, 0.1%)

1 で包み膝, に包み, に溢れる, の儘, へ模型, を拡げ

▼ 布~ (6, 0.1%)

4 遲の 2 遲比賣

▼ 布~ (6, 0.1%)

1 のアーム, のソファー一つ, のテーブル, の小, の屋根, の椅子

▼ 布ぎれ~ (5, 0.1%)

1 が飛ん, になにか, のよう, をみんな, を張った

▼ 布だらけ~ (5, 0.1%)

2 な五六 1 だった, であつ, な莫大小

▼ 布では~ (5, 0.1%)

2 ないか 1 ない, なおを, 磐城の

▼ 布とは~ (5, 0.1%)

1 いつも太師, まるで縁故, 以前と, 異れり, 言いません

▼ 布一枚~ (5, 0.1%)

1 で上半身, に細紐一ツ, に肩, の囲い, 隔てた外

▼ 布包み~ (5, 0.1%)

1 ができあがっ, だった, を勤め先, を年増女, を本箱

▼ 布卷吉さん~ (5, 0.1%)

1 が親, と云う, のお母さん, は茂之さん, も此

▼ 布蒲團~ (5, 0.1%)

1 が一枚乘, すつぽ, は滿足, を擴げ, を肩

▼ 布~ (5, 0.1%)

1 ひの, むらせ上, を引きあける, を引き開けた, 召上池之端下屋布居住可仕

▼ 布~ (5, 0.1%)

1 の一角, は全線, は追跡, も一足あと, をたたきのめした

▼ 布あり~ (4, 0.1%)

1 て半ば, と敵, や, 馬中に

▼ 布きれ~ (4, 0.1%)

1 が手, でふく, などの雰囲気, のよう

▼ 布すべき~ (4, 0.1%)

2 ことを 1 土地である, 文化的使命を

▼ 布せられ~ (4, 0.1%)

3 葉や 1 たり

▼ 布とが~ (4, 0.1%)

1 つけて, まざったスプレッド, 傷の, 運ばれました

▼ 布などの~ (4, 0.1%)

1 一纒めに, 分量を, 掛けられるやう, 雑品が

▼ 布または~ (4, 0.1%)

1 いかなる貨物, 吾, 綿製品が, 綿製品に対する

▼ 布を以て~ (4, 0.1%)

1 する, 拭ひ乾し腐らざる, 掩ひ, 覆える寝台

▼ 布テープ~ (4, 0.1%)

1 にはそも, に印刷, をまるめた, を見れ

▼ 布~ (4, 0.1%)

1 と書簡, をかつい, をほうり込ん, を授け

▼ 布政坊~ (4, 0.1%)

1 と云, にある, に隣り, の胡

▼ 布都努志命~ (4, 0.1%)

1 のおわした, の名義, の本, は牛

▼ 布風呂敷~ (4, 0.1%)

1 に包ん, に白い, ほどの大き, を取り出し

▼ 布ぐるみ~ (3, 0.1%)

1 にした, に包ませ, の人形

▼ 布さえ~ (3, 0.1%)

1 おれの, なきを, 闇を

▼ 布した~ (3, 0.1%)

2 民家は 1 のが

▼ 布である~ (3, 0.1%)

1 からであった, からもとより, 故にその

▼ 布です~ (3, 0.1%)

2 むし夜着にも 1 が二尺

▼ 布とで~ (3, 0.1%)

1 作られて, 塞がって, 拵えた襤褸着物

▼ 布どの~ (3, 0.1%)

1 に対して, を殺せ, 待たれよ

▼ 布ばかり~ (3, 0.1%)

1 では, 寄せ集め, 渋黒い

▼ 布みたい~ (3, 0.1%)

2 なもの 1 なのよ

▼ 布らしい~ (3, 0.1%)

1 大将が, 持味が, 爪牙を

▼ 布をも~ (3, 0.1%)

1 献じた, 纒ふ, 麻繩をも

▼ 布一反~ (3, 0.1%)

1 になれ, の代わり, を出し

▼ 布乾さる~ (3, 0.1%)

3 かも

▼ 布努村~ (3, 0.1%)

1 に住む, に稲生平太郎, の己

▼ 布呂敷包~ (3, 0.1%)

1 へ手, を忘れた, を解く

▼ 布團一~ (3, 0.1%)

2 と組 1 と揃

▼ 布團一枚~ (3, 0.1%)

1 ありの, に古, の身上

▼ 布晒し~ (3, 0.1%)

2 のよう 1 で別

▼ 布業者~ (3, 0.1%)

1 は彼, は最も, 及び靴製造業者

▼ 布~ (3, 0.1%)

1 そのままの, という印章, の大志

▼ 布~ (3, 0.1%)

1 のある, のほとり, の岸

▼ 布~ (3, 0.1%)

1 が印度, であったばかり, の階級

▼ 布表紙~ (3, 0.1%)

1 だった, の本, 黒い字

▼ 布製造業者~ (3, 0.1%)

1 が彼, は彼, は粗

▼ 布~ (3, 0.1%)

1 が二すじ三すじ横, に叢雲, の何

▼ 布かむ~ (2, 0.0%)

1 とする, 下界にも

▼ 布ぎれのないときでしたからぼくのお母さん~ (2, 0.0%)

2 はそれ

▼ 布ける~ (2, 0.0%)

1 が如く流れ, 数を

▼ 布これ~ (2, 0.0%)

1 にあり, を珍づ

▼ 布したる~ (2, 0.0%)

1 は空, 女にて

▼ 布せる~ (2, 0.0%)

1 を見る, ピアツツアデルグランヅカ其外美しき

▼ 布その~ (2, 0.0%)

1 下に, 日の

▼ 布その他~ (2, 0.0%)

1 のもの, の物

▼ 布だけは~ (2, 0.0%)

1 目の, 返して

▼ 布だの~ (2, 0.0%)

1 糸や, 鏡台に

▼ 布~ (2, 0.0%)

1 片に, 片へ

▼ 布でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならなかった, ば持ち得ない

▼ 布とか~ (2, 0.0%)

1 今は, 外套代りの

▼ 布としか~ (2, 0.0%)

2 見えません

▼ 布として~ (2, 0.0%)

1 中の, 見える向き

▼ 布~ (2, 0.0%)

1 のでそれ, ので小さい白い

▼ 布なす美豆良雫~ (2, 0.0%)

2

▼ 布などが~ (2, 0.0%)

1 物産の, 裏町の

▼ 布などという~ (2, 0.0%)

1 ものも, 敵へ

▼ 布なども~ (2, 0.0%)

1 やはりこの, 干して

▼ 布なら~ (2, 0.0%)

1 では着, ば

▼ 布なり~ (2, 0.0%)

1 呂布なり, 縄なりが

▼ 布について~ (2, 0.0%)

1 そのうた, とどまった

▼ 布によって~ (2, 0.0%)

1 入口を, 蔽われた

▼ 布に対し~ (2, 0.0%)

1 報復の, 最大の

▼ 布に対して~ (2, 0.0%)

2 より多く

▼ 布に対する~ (2, 0.0%)

1 それが, 需要の

▼ 布~ (2, 0.0%)

1 くろが, くろを

▼ 布へも~ (2, 0.0%)

1 その由, 参戦の

▼ 布れ廻る~ (2, 0.0%)

2 銅鑼の

▼ 布わらじ~ (2, 0.0%)

1 が一足, を穿い

▼ 布をか~ (2, 0.0%)

1 なぐり棄てた, ぶつた

▼ 布をと~ (2, 0.0%)

2 ほして

▼ 布~ (2, 0.0%)

1 征スモシ大軍ヲ, 換ヘ

▼ 布一片~ (2, 0.0%)

1 がリンネル二片, の通常

▼ 布一重~ (2, 0.0%)

1 である, の向う

▼ 布三十九端~ (2, 0.0%)

1 に当たる, は米六石五斗

▼ 布三反~ (2, 0.0%)

2 になった

▼ 布以外~ (2, 0.0%)

1 の多く, の物

▼ 布呂敷包み~ (2, 0.0%)

1 の細長い, は繼母

▼ 布~ (2, 0.0%)

1 すべし, を為さん

▼ 布~ (2, 0.0%)

2 の高嶺

▼ 布~ (2, 0.0%)

1 は笠, は飛び退い

▼ 布布団~ (2, 0.0%)

1 が二つ, を敷い

▼ 布帝耳~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 布帽子~ (2, 0.0%)

1 に円く, に長い

▼ 布帽子靴等~ (2, 0.0%)

2 の製造

▼ 布張椅子~ (2, 0.0%)

1 と雲, をひきよせ

▼ 布~ (2, 0.0%)

2 豆怒

▼ 布斗比~ (2, 0.0%)

2 賣の

▼ 布晒し岩~ (2, 0.0%)

1 からそれ, といい

▼ 布晒す~ (2, 0.0%)

1 なんぞと工女, らん

▼ 布波能母遲久奴須奴~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 布~ (2, 0.0%)

1 のつま, を放下した

▼ 布細工~ (2, 0.0%)

1 の日, の橄欖

▼ 布~ (2, 0.0%)

1 とかぎっ, の草鞋

▼ 布自身~ (2, 0.0%)

1 は関羽, もまたがれる

▼ 布茶道文化會~ (2, 0.0%)

1 の方たち, の歡迎晩

▼ 布薩法~ (2, 0.0%)

1 を受, を受けた

▼ 布装幀~ (2, 0.0%)

1 のほか, の一冊

▼ 布~ (2, 0.0%)

1 の下, をかぶせる

▼ 布陳宮~ (2, 0.0%)

1 の兵, は眼

▼1* [359件]

お送りします, 布かけすつぽり, 布かたびらを渋染, 布かって建物は, 布かでつくった大きな, 布かと見えて, 布かぶってかけ出しました, 布かぶったニーナと, 布からからだが, 布かるべきであるというの, 布きたる夜なりし, 布ぎれと血を取る, 布ぎれには文字がしたため, 布ぎれ一枚だけが舞台装置, 布ぎれ細工のもの, 布くずをいじくった, 布ぐらい引き千, 布ければ外交政策, 布こうずる摩利信乃法師と, 布しにすべて, 布ごとき者の, 布さらし塩焼に, 布ざらし, 布しかも今は, 布しき詰めたる小船, 布しろという, 布すなわち一日の, 布すら敗れてから, 布するありてその, 布せしめんと, 布せられた点において, 布それがこの, 布たりといえ, 布だけが見えて, 布だけの裸体に, 布だったので, 布だろうが誰, 布呂布ッ, 布っこもいらねように, 布づつみになふ時計の, 布づつみをとって古い桐箱, 布方策に, 布であって蜀, 布であったか, 布であったろうという同書, 布でありまた糸, 布でありますから本来, 布でしき当のある裾, 布でないものも, 布でなく董卓誅殺の, 布としての味いを, 布としてはこんなにも技術, 布とに使い分けする強, 布ともつかないもの, 布とりいで, 布と共に当てて, 布なぞというものは, 布などはどこにも, 布にあたる雹の, 布にこそありけれ, 布についてのご内命, 布にでもつけるの, 布にとって逃げこんだ, 布にとってはまたなき, 布にとっても幸福予にとっても, 布になど与えるもの, 布に対してはどこまでも, 布のみにはあらず, 布のみを以てしたる裸美人, 布はしが結びつけ, 布はじのよう, 布ばかりが変に, 布ばかりで暮らして, 布ばかりの鬱金の, 布ばかりは買って, 布ばかりを許して, 布ひたたれを, 布ぶるに当っ, 布へは自分からも, 布さるかも, 布また能登縮を, 布まで自分で, 布までが何となく歓び, 布もて束ねたり, 布もてめかくしを, 布もて造るアムピオス, 布やら浅草紙やらを, 布ゆかたの類, 布よく彼らに, 布すんだから, 布らして歩いた, 布れあるところ梧桐の, 布れでいつもすっぽりと, 布れ歩くべえ, 布わらじ一本の刀, 布をだに着くるを, 布をば此聲と, 布を通じてかすかに, 布カバーを取り去る, 布ガ首ヲ献ゼバ, 布クコトハ実ニ日本国ニ於ケル歴代一貫, 布コーセットとりかえなど, 布シテ恰モ此書普通ノ称タルガ如シ, 布ス子房ハ卵形ニシテ外面絨毛ヲ帯ビ先端ニ短柱, 布ッ端とばかり感じられない, 布頤ヲ, 布ニ裹ミ鉄杵ヲ以テ徐徐ニ, 布覆イヲ除イテ室内, 布ハ五十間も落て, 布マサツの動機, 布リボンそれらをすべて彼, 布一族が来, 布一杯に散々楽書, 布一段を謝礼, 布一端ずつ頒, 布一端八十張で紲一匹, 布一端米六斗と見, 布一重隔つるもの, 布三十疋蜜百斤蜜蝋百斤の四色, 布三百六十常より従五位, 布事件の大, 布二匹を賠, 布二匹二丈以到汝所在踰遠乃遣使貢獻是汝之忠孝, 布二十九端庸布百八十常までの特別給与, 布五十端庸布三百六十常より従五位, 布人形のほか, 布人物風景を描い, 布に巨大, 布令書なるもの, 布以来の騎, 布で御座いますか, 布何とそれは, 布何反と決った, 布と米価, 布その水兵服, 布倉媛は姉倉媛, 布倉山の布倉媛, 布六尺纏うて, 布六端である, 布をいただい, 布白珠青玉其山有, 布切に包まれて, 布切り子やセルロイド, 布切オーグスブールとトレーヴ, 布切五尺の注文, 布切屑をでも探し, 布刈りで海藻取り, 布刈り塩焼き暇なみ櫛笥の小, 布刈り積み藁きせて, 布刈る女が, 布列スル者概ネ希世, 布利弥由母阿是古志麻波母, 布劉表およそ羅刹, 布とが散々観客, 布動植物等の標本, 布十五反以上を盗んだ, 布千二百端を引きあて, 布の上, 布即ち外國製の, 布に, 布卷吉さんお前さんの思う存分, 布の越後, 布取得の手段, 布名馬など莫大, 布に似た, 布呂敷シオルなど, 布告文に, 布哇あたりから帰っ, 布哇クンダリまで持っ, 布哇公使の別荘, 布哇其他の南洋神話, 布哇出航二日の後, 布哇出身の美術家, 布哇大学の先生, 布哇寄港と定まり, 布哇寄港祝砲と共に目出度, 布哇島からいえ, 布哇攻略の機, 布哇朝鮮満州などの居住者, 布哇生れの米国人, 布哇産大戟科植物譲葉, 布哇行を口, 布四五端にて馬, 布四千反を頒, 布に眺め合わせ, 布を持つ, 布團むしにされた, 布團二枚長火鉢が一つ, 布團縮緬の寢卷, 布團裏などに使用, 布團針の太く, 布團頭の上, 布垂れ朝寝かな, 布垂衣など着, 布が活動, 布を彼, 布の間, 布かたは医を, 布天神髷の赤い, 布先, 布は天明, 布婆さんの前, 布の法, 布寒冷紗などを膠着, 布大景叙景, 布尽きず跡から, 布局上最も重大, 布局法あり行筆本, 布局設色相共に単純, 布居住可仕候, 布屋さんあの板屋, 布や糸屑, 布は波, 布川角左衛門佐藤佐太郎中山武雄榎本順行諸氏の厚き, 布工場のツル, 布工業用の燃料等, 布巻ける奴隷ども, 布布團の綿, 布帆みな坐するが, 布帙書堂新下絳紗帷, 布席編み物紐細き棒, 布をかぶり, 布をたて, 布をやっ, 布の燃えあがる, 布引けい姿を, 布張汚れ裂けて, 布支半古の, 布征伐の実現, 布恬廷は國, 布恬廷並士官之内, 布恬廷呼寄候て及應接, 布の先, 布山虹ノ松原松浦潟の, 布掛けの松, 布摩さつ機能こう進, 布政使となし, 布政司使と為し, 布政司参議と為し, 布が討ち入った, 布明日また来い, 布を見る, 布晒し位のもの, 布暁方の雨上り, 布有り色白くい, 布したが, 布木綿糸の広幅布類, 布机ランプスタンド其等は今彼女, 布って駅, 布来れりと聞く, 布と盲人, 布のそば, 布椅子に寢, 布せられた仏教, 布のもの, 布の日ざかり, 布のしたく, 布機械工という自分, 布止めに用い, 布水色の布, 布に鶴鳴き, 布沢山の提灯等, 布治名焼のうわ, 布といふもの, 布波夜賀斯多尓むしふすま, 布ひ女, 布洗っておくれ, 布津守吉祥等に從, 布海波頭月連檣影動揺夜深人, 布して, 布と稱, 布片ぢやない, 布片一枚を畑物, 布片地を垂らした, 布牛乳の壺, 布をつけた, 布生産の用, 布疋雑貨商穀物商焼鍋, 布白女史は岩手県, 布白落實女史だの守屋東女史, 布百八十常までの特別給与, 布被せた馬, 布皮革うるしなどの, 布直垂一枚来て, 布直衣の胸, 布禰明神に祈る, 布禰神社の旧, 布の記憶, 布穀物及びその他すべて, 布を見つけ出した, 布など汗, 布等入唐に際し乃ち, 布は救貧院, 布箸茶碗食べかけの, 布精製された皮, 布紅い模様の, 布を弁えず, 布結びにした, 布のた, 布絹製品綿製品等に対して大きな, 布綿及び麻製品, 布綿製品等供給した工業者, 布の細綱, 布織ります羽槌雄の, 布羅列せる波斯民族, 布羊毛の広幅布, 布羽織格別の節, 布羽織特別のおり, 布脂柴などを壮丁, 布自ら死地をさがし, 布自身玄徳を城門, 布自身馬をとばし, 布舎築造大隊酪乳加工所展望台組倉庫方邏警部などあらゆる, 布をチラチラ, 布花色の布, 布茶料紙穀類など持ちきれない, 布草鞋をつけ, 布に之, 布の會, 布薩会または斎会, 布を為, 布藁沓の装い, 布蛮衣の大男, 布蝦夷を以て唐, 布表装にし, 布に結目, 布なり, 布袁術のあいだ, 布袴直垂衣である, 布や色糸, 布の書画帖, 布製造業者帽子製造業者靴製造業者等が各々, 布襦袢の袖, 布者古, 布討つべしと主張, 布討伐の密計, 布許曾の誤り, 布買って縫わし, 布赤兎馬はなお, 布足下之大, 布裔, 布金紙こまかい螺旋, 布鉄屑襤褸などが同じ, 布長く垂れて, 布非買同盟を徹底的, 布に高まり, 布を穿く, 布靴等々のより, 布韈尤妙に御, 布須也くさむら, 布にアウグスチン尼僧, 布頭巾で顔, 布類砂糖羅紗類をインド地方, 布類羅紗絹及び乾葡萄, 布類衣類の干, 布飛散つた血怒りやまた, 布飾りのついた, 布黄金の, 布黒鉛氣發油白絞油