青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「家臣~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

家内~ 家屋~ ~家庭 家庭~ 家康~ ~家族 家族~ ~家来 家来~ 家老~
家臣~
容~ ~容子 容子~ ~容易 容易~ ~容貌 容貌~ ~宿 宿~ 宿命~

「家臣~」 1318, 13ppm, 8655位

▼ 家臣~ (246, 18.7%)

6 者が 5 ひとりが 4 うちには, 中に 3 手に, 者へ 2 うちでも, うちの, 一団が, 一群が, 半ばが, 口から, 居ならぶ, 方を, 者で

1 [203件] あいだには, あること, いましめに, いるところ, うちから, うちで, うちでは, うちに, うちにも, うち二人まで, うち筋目正しい, おも, すがた, ために, ため眼を, つかい方, ともがらに, どの顔, ひとりだった, ひとりへ, まえさりげ, ように, キリシタンを, 一人が, 一人で, 一人としても, 一人淵部伊賀守義博を, 一人玄斎坊主之, 一名が, 一名を, 一団も, 一挙一動は, 一揆の, 一番上坐, 一群で, 一部でも, 一部は, 一部分が, 三好氏に, 上に, 不埒でも, 不埒は, 中で, 中には, 中にも, 中の, 丸山清右衛門が, 二人も, 五六騎は, 井戸良弘どのは, 人々も, 人達一人のこらず, 代表者と共に, 佐, 何と申される, 係りでしか, 信者たちに, 個々の, 内から, 内にも, 処置を, 分際を, 列へ, 前に, 努力と, 包囲する, 南部さんという, 反対を, 口を, 口吻にも, 吉田六郎太夫と, 吉田六郎太夫に, 堀監物や, 声を, 多くに, 大半を, 大槻助右衛門を, 大須賀康隆さまじゃ, 女どもの, 女を, 妻たちと, 妻子が, 姫君を, 姿, 娘です, 娘などと, 孫乾という, 安富元, 家の, 富田左近将監も, 小栗大, 居あり, 山岸主税様の, 山田佐内は, 岩松八弥なる, 差出るところ, 庄田喜兵衛次服部織部介などが, 影さえ, 彼は, 彼らの, 待遇を, 徒へ, 心を, 忠言を, 恩を, 悲嘆は, 情誼が, 意を, 感慨粛として, 手が, 手へ, 手を通じて, 挺身を, 数が, 数も, 早川主膳から, 書いて, 服部石見殿の, 木幡源七郎と, 本多さまが, 松下康之を, 松永の, 松永久秀は, 某が, 某の, 栗山善助であり, 校尉鄒靖を, 桂某なる, 桂某は, 案内に, 榊原平七忠正が, 様子を, 止むるをきかず先へ, 武者たちに, 武芸を, 殆ん, 母里太兵衛の, 民弥が, 池田和泉守が, 泣き顔などは, 浦上氏に, 涙を, 減少等々の, 滝川家も, 滞在する, 熊谷伊豆守の, 猛者を, 田子大, 疑心暗鬼より, 眼からは, 石黒五郎兵衛山寺藤右衛門広瀬剛三などに, 福原主, 端と, 端に, 端へなと, 糜竺は, 総礼, 群れだった, 群れに, 者から, 者たちに, 者とも, 者に, 者には, 者の, 者は, 者を, 聟と, 肩に, 花房助兵衛と, 菅屋九右衛門と, 蜂須賀彦右衛門やら, 視聴を, 言行録山本勘助伝など, 評も, 評議に, 誰人よりも, 誰彼の, 趙雲です, 輩も, 途なれ, 通夜で, 道でない, 道と, 道を, 酒井忠次と, 里見新, 重なる人々, 金森金五長近蜂屋頼隆ぐらい, 長尾氏に, 間で, 陶隆房に, 隙を, 非常な, 非礼を, 非難は, 面々と, 面々一団と, 面々志水浦太夫原信濃野尻右馬介河越喜翁千村民部奈良井主, 領地にも, 顔が, 顔を, 騒めき

▼ 家臣たち~ (160, 12.1%)

3 であった, は 2 の跫音, の顔, はそれ, はむしろ

1 [146件] がこぞって, がばか, がひらめ, が亡命, が側, が入っ, が右往左往, が呆, が室外, が小倉, が帰っ, が悪, が敷物, が最早, が気, が無理, が眉, が眺め, が続々, が背, が馳, が駕, で洗礼, との馴染, と思う, にとっては庶子, には主君, には見えた, にもそう, にも何, にも無言, に包囲, に対するよう, に日々洗礼, に知られる, に示し, に笠, に見せなかった, に迎えられ, のあわただしい, のため, のなした, のもの, の勝手, の反対, の報告, の大切, の宥わり, の家, の将来, の年賀, の手, の接待, の改宗, の方, の権力, の狼狽気味, の礼, の緊張, の群れ, の考え, の行動, の身, の身分, の間, の間抜けさかげん, の騒動, の驚き, はお, はおずおず, はかつて, はすぐ, はせめて, はほっと, はみな姫山, はもう, はもどっ, はやがて, はわずか, は主張, は事実, は井戸水, は何, は勿論, は各, は君前, は夜, は家康, は宿, は当惑, は忠利, は思わず, は悔いた, は支度, は数正, は案じ, は毛氈, は湯, は無念そう, は狂喜, は猛然, は皆, は目, は眼白, は紙燭, は自分, は自己, は茫然, は解けない, は門, は頑として, は額, は高張提灯, へもそれぞれ恩賞, へヒョイ, へ家康, へ静か, までその間, もおのずと, もそれ, もそんな, もつむじ, もみな胸, も何年ぶり, も寒, も思わない, も怪しんだ, も恐れ, も息, も気, も洗礼, も置去り, も聞きつたえ, も見た, も誰ひとり, をたくさん討死, をつれ, をどなりつけ, をもそこ, をも見まわし, をジロジロ, を手こずらせた, を振り向き, を見, を集め, を顧み

▼ 家臣~ (93, 7.1%)

2 出て, 多かった, 駈けて, 驚いて

1 [85件] あつた, あなたこなた, ある, いくら咎めよう, いるそれ, うずくまった, おると, お席, かくの, こう取りつい, こう告げ, このとき, そう思い, そこから, その, その寵, その新, つめかけて, どういう訳, どうして正成, ふいに, ふえて, みな意外と, みな自分を, やったこと, 三人ほど, 三珠院で, 主人長政殿の, 主君の, 争って, 二三人待っ, 五人いた, 何か, 何故鳥刺, 先に, 先着し, 十余人あっ, 即ちその, 取次口へ, 口々に, 吉良家の, 告げて, 命の, 商人や, 問ひかける, 四五人, 城中から, 報らせ, 堵列し, 大声で, 守って, 宴に, 引き受けるもの, 応接し, 急用にでも, 恨みを, 或る, 支え上げて, 数名し, 本当の, 来て, 桜雲台へ, 殉死する, 残兵を, 水戸の, 泊まって, 注意する, 渡江の, 目の, 目付たる, 眦を, 突然こう口, 立って, 紛れこんで, 素槍を, 続々と, 能役者の, 袴を, 見て, 軽輩まで, 追い腹, 遮り制し無理, 釈明した, 領主を, 馬の脚力の

▼ 家臣~ (85, 6.4%)

4 して 3 あつめて 2 やって, 呼び, 顧みて

1 [72件] あいてに, うたん念, おびただしく失った, お手, かばう, ぐるりに, したがえ路傍, しりぞけた, すてて, そこで遠ざけ, そこに, たばね領民, つかわして, のせ一艘, ひきつれ支配地授受, ふくめて, ほしいまま, もたれて, やった, よびとめて, わしの, 三四人ずつ, 交えこの, 他家へ, 充分に, 初めと, 前に, 励まし城, 労って, 召連れ, 同島に, 呼びあつめて, 呼びよせようと, 呼び降り口, 呼ぶ吉保, 呼んで, 商人に, 城内に, 多勢使っ, 宥めると, 幾人追いちらし斬りちらした, 庭師風に, 忍耐づよく眺め, 愛さず日頃, 憚る, 招致する, 持ちたいなら持てるよう, 振り向いて, 推挙する, 楽屋へ, 深川八幡前の, 率いて, 目さきから, 相手に, 督し, 督励し, 統率し, 絶対に, 置いて, 自惚れて, 見まわしひとり, 走らせまた, 追いそのまま, 遠ざけて, 遠ざけ何, 遣りましょう, 遣わし甲斐, 随行させ, 集めて, 難波に, 養いおられる, 養う以外

▼ 家臣~ (83, 6.3%)

2 ない, なかった

1 [79件] あわてて, いうまでも, いつの間にかそれ, いまでも, うしろへ, こういう一話, こう声々, ここを, さがって, すぐ邸内, そこへ, その家族, それと, とうてい尋ねる, なぜか, なつかしい家屋敷, はらはらし, また, みなこの, みな傾聴し, みな常ならぬ, みんな反対した, やや張合い, われらのみ, 一人で, 一場の, 主従でも, 主従三世の, 二人三人と, 人間の, 伝右衛門の, 倉皇と, 八郎の, 初めて周り, 前々から, 勿論代々, 即夜馬に, 厳しい態度, 唇から, 問わず語りに, 嘆いた, 堀主, 多くなる, 大丈夫です, 室を, 庭へ, 引き分ける潮どき, 当日の, 彼の, 彼らが, 改宗を, 政子の, 早く戸締り, 晴賢の, 松田権, 樫の, 殺されその, 浮き腰に, 激越に, 無言で, 片っぱしから, 皆減俸に, 知って, 立ち帰って, 縁側に, 老公の, 胆を, 胸を, 茫然と, 華麗な, 見さかいも, 誰も, 誰を, 路頭に, 身を, 返り新参の, 遺骸を, 離屋の, 駈けて

▼ 家臣~ (77, 5.8%)

5 命じて 2 ございます, して, ちがいない, 仕えられて, 何か, 託して

1 [60件] あげられる今日, お加えある, かかえられ早馬, かたく云っ, かたって, かわりあと, しては, その旨, たずねた, になわせて, まかせそれ, まかせて, まもられて, もらいたいなどと, やたらに, イワンペトゥローなる, ワイロを, 三箱の, 与えるという, 云うと, 人なし, 伴れられ, 伴われて, 偉いの, 加えて, 取りまかれた丹下左膳, 取りまかれ城, 取立てようと, 取立てようという, 召し出される, 召し出されるぞ, 召し出される家禄, 召し出して, 召し出そうという, 召抱えられて, 吉野雀右衛門と, 向い, 向って, 命じハイデクルッグ, 囲まれて, 守られて, 寛大な, 手配を, 探らせて, 改宗を, 映じ長政, 村, 殺されたの, 殺されてから, 毒を, 注意する, 渡した, 聞かす意味, 良いの, 訊ねた, 語り尽して, 謁を, 賜わるの, 近江の, 鹿島主税という

▼ 家臣~ (39, 3.0%)

1 [39件] あって, ある, あるが, いながれて, その風, それを, ぞろぞろと, だいぶつい, なくは, みな天下に, みな失っ, みな殉じた, もっとも, 不安の, 主人の, 付人たちも, 付人も, 侍女も, 其の座, 列し, 口を, 召されずただ, 同じく討死, 同然下がれ, 多くこの, 多く交じっ, 大いに心, 少なくは, 彼が, 徒歩に, 攻め立てられて, 来て, 江戸と, 減りまた, 目を, 胆を, 諸侯も, 追いついて, 途方に

▼ 家臣~ (36, 2.7%)

2 なって, 一しょに

1 [32件] ある限り, いえば, いえるから, かような, した, した以上, その家族, なった, なった人々, なった蜂須賀小六, なり一乗ヶ谷, なり名, はや内の人, みるよりは, 似たやう, 何やら鳩首, 古びたまま, 同じ気もち, 婚約を, 安土衆の, 家臣の, 恩愛の, 成て, 申して, 申しますこと, 紀州藩士との, 聞いて, 膝を, 藩主俗人と, 話し込んで, 雖も, 額を

▼ 家臣~ (32, 2.4%)

2 ござって, 下谷の, 土屋庄三郎

1 [26件] あつた, この二月, さだめし御, でも, 上田流の, 主家の, 主税とは, 五千八百余石の, 井沼重三郎という, 今度の, 今朝から, 代々織田家の, 佐久間修理という, 信長公の, 可児才蔵という, 同様この, 垂加流の, 姓は, 少年から, 当秋元家, 御蔵奉行に, 松野次郎右衛門という, 相当腕, 美濃の, 近ごろ世に, 音に

▼ 家臣~ (24, 1.8%)

1 [24件] が思い思い, が盛ん, であった, と共にこれ, と共に説教, に, に向い, に目, のこと, のため, のやしき, の固い, の奇跡, の希望, の自責, の集まっ, の驚き, は仏僧その他キリスト教, は即ち, は家族, を処刑, を押さえ, を招い, を見

▼ 家臣ども~ (20, 1.5%)

1 [20件] からいい加減, から追われ, がそち, が人, で殿, と苦労, にはお, にもてなされ, にも不面目, に任せ, に甘やかされ, に身, の思い上がった, は深く, は翌日, へ申し触れましょう, も嫌がっ, も聞きあつめた, も遠, も驚嘆

▼ 家臣として~ (18, 1.4%)

1 [18件] ご懇意, でござったが, 京都まで, 使おうと, 反対は, 召抱えられたり, 多くは, 大きな奉公, 奉公の, 平氏を, 携えて, 行く末までも, 行動を, 迎えられぬの, 道理に, 重望, 飽くまでわし, 高松藩の

▼ 家臣~ (17, 1.3%)

2 その家族

1 [15件] うるさい世評, この場, その郎党たち, 儀礼の, 出入りの, 医師などに, 小姓たちさえ, 小者たちが, 折々見える, 民衆に対しては, 竹原入道の, 親近者が, 近親が, 附人の, 骨肉を

▼ 家臣~ (16, 1.2%)

2 向って

1 [14件] いいつけ, いいつけた, いって, すぐ鄭重, そう云いおい, たずねると, どなった, 加えたが, 向っては, 命じた, 知識を, 示したもの, 褒めたたえた, 頒けて

▼ 家臣では~ (14, 1.1%)

3 ない, ないが 2 なかった 1 あるが, ござらぬ筈, ないか, ない公臣, なく蜂須賀党, 天目八兵衛馬之

▼ 家臣~ (13, 1.0%)

2 に唯一人

1 [11件] にかう諭した, のその, の手, の知行米, の関係, の頭上, はすぐ, は何事, は禄, へそう, も久政

▼ 家臣から~ (11, 0.8%)

1 [11件] その旨, 一つの, 世上に, 参った消息, 堀大主, 多くの, 聞いたこと, 聞いたとき, 聞いて, 聞かされたので, 迫られて

▼ 家臣~ (9, 0.7%)

1 からであろう, が内, という, とこういう, と云う, と名, と申します, わえ, 助勢する

▼ 家臣一同~ (8, 0.6%)

1 こけ猿, この心配, と共に説教, の助命, の色代, もすっかり, を招い, 敬って

▼ 家臣であった~ (7, 0.5%)

1 がその, が故, が陰謀, と聞い, と解釈, 信者たちも, 吉利支丹大名高山右近が

▼ 家臣である~ (7, 0.5%)

1 からで, から石田方, が云々, ものも, 故を以て, 江見陽之進という, 滝川家の

▼ 家臣でも~ (7, 0.5%)

2 ないのに 1 ないおまえ, ないの, ない一族, ない渋沢, 武家として

▼ 家臣と共に~ (7, 0.5%)

1 久濶を, 八日間説教を, 合戦の, 川に, 留守を, 礼を, 表門へ

▼ 家臣にも~ (7, 0.5%)

1 ないであろう, よく哄笑, 一応通じ, 切支丹武士は, 接しまた, 頒つべく, 頼み甲斐ある

▼ 家臣一統~ (7, 0.5%)

1 からすれ, から藩, がひたすら, とともに老公, にも早, の前, へ申

▼ 家臣たる~ (6, 0.5%)

1 もの, ものが, メーリオネース又, メーリオネース槍投げの, 我々は, 武人に

▼ 家臣には~ (4, 0.3%)

1 それぞれ新知加増役替えなどが, 女部屋の, 武術の, 裏切られ鉱山

▼ 家臣~ (4, 0.3%)

1 としての移住, に忍びよった, の不平, も居らん

▼ 家臣~ (3, 0.2%)

1 ご一族, どれが, また信長自身

▼ 家臣ぜんたい~ (3, 0.2%)

1 で特に, とは主従関係, に対する誓約

▼ 家臣であろう~ (3, 0.2%)

1 が, が姓, 刀を

▼ 家臣という~ (3, 0.2%)

1 ことで, 三名の, 家臣が

▼ 家臣とともに~ (3, 0.2%)

1 この大宮, 戦場を, 棲みついて

▼ 家臣との~ (3, 0.2%)

1 口約を, 間に, 間も

▼ 家臣~ (3, 0.2%)

1 のだ, のであろう, のでこうして

▼ 家臣なら~ (3, 0.2%)

1 よいが, 樊川へ, 邪魔だ

▼ 家臣三名~ (3, 0.2%)

1 に松明, へも黄金, を添え

▼ 家臣~ (3, 0.2%)

1 にも血気, の一族, よくその

▼ 家臣同様~ (3, 0.2%)

1 に彼, に遇, の格

▼ 家臣じゃ~ (2, 0.2%)

1 この女, 私の

▼ 家臣その~ (2, 0.2%)

1 娘が, 目付役その

▼ 家臣だけ~ (2, 0.2%)

1 である, でなかった

▼ 家臣であっ~ (2, 0.2%)

1 てさらに, て知行

▼ 家臣であり~ (2, 0.2%)

1 主家滅亡し, 勝豊が

▼ 家臣としての~ (2, 0.2%)

1 悲壮なる, 運命でなけれ

▼ 家臣としても~ (2, 0.2%)

1 ふかく胸, 実はそんな

▼ 家臣とは~ (2, 0.2%)

1 いえここ, 朝に

▼ 家臣などが~ (2, 0.2%)

1 殉死と, 洗礼を

▼ 家臣などは~ (2, 0.2%)

1 並べず十二, 具足を

▼ 家臣なる~ (2, 0.2%)

2 雉子の

▼ 家臣にて~ (2, 0.2%)

1 鎌倉大捷の, 阿賀妻謙と

▼ 家臣らしい~ (2, 0.2%)

1 甲胄を, 首が

▼ 家臣をも~ (2, 0.2%)

1 かえりみて, 思い込ませて

▼ 家臣同志~ (2, 0.2%)

1 のあいだ, の競争

▼ 家臣我々~ (2, 0.2%)

2 の秘密

▼ 家臣戸川志摩~ (2, 0.2%)

1 じゃ, と申す

▼ 家臣斎藤下野~ (2, 0.2%)

1 ですが, なる者

▼ 家臣~ (2, 0.2%)

1 がさきほど, におかれ

▼ 家臣松永久秀~ (2, 0.2%)

1 との間, に庶政

▼ 家臣田子~ (2, 0.2%)

2 大弥太

▼ 家臣~ (2, 0.2%)

1 が腹這, の掟

▼ 家臣織田氏~ (2, 0.2%)

2 がこの

▼ 家臣~ (2, 0.2%)

1 がお, のそれぞれ

▼ 家臣~ (2, 0.2%)

1 まで命, を見

▼1* [178件]

家臣いそがしく朝の, 家臣からの報告に, 家臣こぞって主家百年の, 家臣それも比較的, 家臣たる者ではござりませぬ, 家臣だけが迎えて, 家臣だけしか見えなかった, 家臣でございましたかな, 家臣でござったか拙者, 家臣でござるが, 家臣でござろうな, 家臣でした不運に, 家臣とか下僕とかいう, 家臣とがきた, 家臣とも思うて, 家臣とをはっきりわけ, 家臣ながら故あっ, 家臣ながらも最高重臣の, 家臣なさうで随分古くから, 家臣など約三十六人, 家臣などに長政用は, 家臣などの出入りを, 家臣なども気脈を通じて, 家臣ならごまかされようがおれ, 家臣なりとも人間一人手にかけて, 家臣にさえ一切顔を, 家臣にたいしてすら細かい気, 家臣にたいする主人顔も, 家臣にとっては気持の, 家臣に対してもつねにこう遠慮気, 家臣に対するときその, 家臣のやしきを, 家臣ばかりらしいの, 家臣ばかりが信長の, 家臣ひとりは神戸信孝, 家臣ふたりまで, 家臣への労り励ます, 家臣へはそんなふうに決意, 家臣へも知己へも, 家臣までも一応は, 家臣もしくは被官の, 家臣よりも側に, 家臣らしく末座を, 家臣ら一時に群, 家臣ら猟り役人, 家臣をば持たれたもの, 家臣を通じて折わるく, 家臣オートメドーンに令, 家臣ノゴトキ友愛ト礼儀ヲ以テ語リ会ツタ, 家臣同絶大, 家臣一同歯を喰いしばり, 家臣七八名になお, 家臣七百六十余名は数千, 家臣七百名の士籍, 家臣七騎は閃, 家臣三名槍ぶすま, 家臣三島三郎兵衛である, 家臣三木高之が老病, 家臣二三十名は後, 家臣二人が奥, 家臣二名を添え, 家臣五六人を連れた, 家臣井上大九郎, 家臣以上の仕事, 家臣伊東半右衛門, 家臣佐藤六左衛門という強い, 家臣元成と西華門院, 家臣光秀のため, 家臣光菴の子孫, 家臣全員ひきつれて, 家臣八百三十人もつ, 家臣からはまったく, 家臣加藤源兵衛殿と申されます, 家臣半弓にかけては手利き, 家臣南条大膳の養子, 家臣可児才蔵吉長だった, 家臣吉岡太郎左衛門の二男也, 家臣吉田修理亮光重は能, 家臣君尾殿は銅兵衛, 家臣喜色が面, 家臣土屋庄三郎だ, 家臣地下の者, 家臣坂部十郎太のうしろ, 家臣大勢が一緒, 家臣大石内藏助始め忠義, 家臣大金藤八郎と山路将監, 家臣妻妾が死んだ, 家臣宇喜多氏が之, 家臣宇野卯右衛門を降, 家臣宍倉朝興とをつれ, 家臣官兵衛孝高様でございましょう, 家臣宮本伊織が拝領, 家臣尋常にその, 家臣小姓たちもふたり, 家臣小島若狭守中村文荷斎をし, 家臣小笠原備前河喜多石見等は門, 家臣小者たちが四, 家臣山影宗三郎主命を帯び, 家臣岡郷介と申す, 家臣岩切勘左衛門にいいつけた, 家臣からも名, 家臣常山の趙, 家臣平戸九十郎を親, 家臣彼女の亡父, 家臣従僕が列, 家臣一統さますべてが, 家臣徳川四天王のひとり本多忠勝, 家臣志水幹之介, 家臣忠野左文はある, 家臣惟任日向守光秀の反逆, 家臣数人を招き, 家臣旗頼母それが俺, 家臣曹仁李典楽進たちであった, 家臣服部石見の忰, 家臣木下藤吉郎実はひそか, 家臣木村助九郎からお, 家臣末吉真吾, 家臣杉原親憲が, 家臣杉浦吉之丞の後家美和女, 家臣村上彦四郎義光に持たせ, 家臣村松瀬兵衛の言い草, 家臣に扮, 家臣梅津宗三というもの, 家臣梶浦兵七郎はその, 家臣森右近丸と申す, 家臣には態, 家臣横瀬国繁に命じ, 家臣樫原彦右衛門が伺候, 家臣武藤五郎七郎小山田十郎三枝式部三人をし, 家臣民谷玄蕃にご, 家臣江島太郎左衛門と渡辺和泉, 家臣池田織部を, 家臣深沢重右衛門, 家臣渕部義博が, 家臣湯浅覚太夫がその, 家臣片岡八郎と申す, 家臣牧野兵庫客間にピタリ, 家臣玄武三郎にご, 家臣畦倉豊前守, 家臣直江蔵人の隠遁所, 家臣相手の撃剣, 家臣石川播磨守を遣っ, 家臣石川数正をよこされ, 家臣神崎則休遺刀無銘一口貴兄進上致候, 家臣福島家お取り潰し, 家臣福島市松だわ, 家臣立花大蔵長槍を揮っ, 家臣竹中左次兵衛君塚龍太郎その他覇気満溢, 家臣竹亭頼恭の嫡男, 家臣竹田なにがし, 家臣で天文, 家臣篠塚伊賀守当社を信仰, 家臣糜竺は, 家臣五十人と共に, 家臣細川和氏に旨, 家臣は大津あたり, 家臣結束して, 家臣織部純之進という若, 家臣老幼下の召使, 家臣より品, 家臣花村甚五衛門は主君, 家臣菅屋九右衛門長谷川竹の両人, 家臣董和のすすめ, 家臣とて気づき得る, 家臣豪勇無双と称せられた, 家臣殿方は, 家臣近来田安家と一ツ橋家, 家臣逆臣の走狗, 家臣の悦んだろう, 家臣遠山内匠の室, 家臣金山半三郎生豆三合, 家臣長尾景晴これを怒っ, 家臣阿賀妻と申す, 家臣阿部彌一右衛門との間, 家臣青木丹左衛門がわし, 家臣韓胤であった, 家臣飯田千太夫どのであります, 家臣黒田官兵衛主命によって伊丹