青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「小林~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~小声 小声~ 小姓~ 小娘~ ~小学校 小学校~ ~小屋 小屋~ 小山~ 小川~
小林~
小柄~ 小次郎~ 小生~ 小田原~ 小石~ 小舟~ 小言~ ~小説 小説~ 小路~

「小林~」 6448, 64ppm, 1785位

▼ 小林~ (2340, 36.3%)

56 はそう, はその 31 はそれ 26 の顔 21 はこの 17 は思わず 16 とポケット小僧 15 はそんな 12 のほう 11 がびっくり, のからだ, は, はしばらく, はそこ, はハッ 10 がその, の手, の目, はまた 9 だね, でした, はすぐ, はびっくり, はベッド

8 [11件] がこの, といっしょ, のそば, の耳, の頭, はとっさ, はもう, は懐中電灯, は明智先生, は明智探偵, もその

7 か, の声, はおもわず, はなんだか, はふと, はまだ, はポケット小僧, は何

6 [11件] が明智探偵, です, の姿, の肩, の話, はいきなり, はいそい, はすばやく, はなに, は少女, もポケット小僧

5 [20件] がいいます, がそれ, がたずねます, が言います, と井上君, にしがみつい, のことば, の懐中電灯, はあまり, はいま, はうれし, はこれ, はこんな, はすっかり, はやっと, は心, は気, は目, は自分, をつれ

4 [29件] がそう, が叫びました, では, とそっくり, と緑ちゃん, のうしろ, のおかげ, のこと, の腕, の足, はあい, はじつに, はそっと, はどうして, はほんとう, はまるで, はギョッ, はドア, はニコラ博士, はポケット, は例, は先生, は思いきっ, は窓, は緑ちゃん, は足音, は針金, をそこ, をにらみつけ

3 [58件] が, がいる, がききます, がさけびました, がささやきました, がそんな, がポケット小僧, が先生, が怪人, が懐中電灯, が自動車, が説明, ですか, と団員, にはその, によく, のあと, のいる, のす, の前, の説明, の魔法, はあくまで, はいよいよ, はおそろしい, はさき, はさっき, はしかた, はだんだん, はちょっと, はとうとう, はどこ, はなかなか, はなぜ, はにこにこ, ははやく, はふたり, はまず, はもう一度, はキョロキョロ, はゾーッ, は両手, は今, は刑事たち, は勇気, は博士, は大, は少し, は手, は胸, は腰, は自動車, は部屋, は鉄ごうし, は魔法博士, もとうとう, や少年探偵団, をさき

2 [163件] からくわしく, から聞きます, があいさつ, があった, がいま, がうれし, がおじいさん, がおもわず, がここ, がさき, がさけびます, がささやきます, がささやき声, がさも, がしのびこんだ, がずばり, がたずねました, がたった, がつい, がにせ, がひとりごと, がギョッ, がヒョイ, が下, が入口, が受話器, が右, が団長, が地下室, が大きな, が思わず, が深い, が目, が緑ちゃん, が自信, が賊, が身がわり, が魔法博士, それから少年探偵団, だ, だったの, ですね, とふたり, と三千代ちゃん, と同じ, と田村君, と顔, にたすけられ, にだきつい, にはよく, にもその, にわたし, のいう, のかくれ, のき, のさし, のため, のところ, のほお, のまわり, の上, の口, の右手, の名, の命令, の変装, の手柄, の手紙, の指, の方, の服, の横, の立っ, の考え, の背中, の胸, の見た, の部下, の部屋, の電話, の頬, はあたり, はあの, はいかにも, はいくら, はいったい, はいつのまにか, はいろいろ, はいわれる, はおどろい, はかまわず, はからだ, はこう, はここ, はこれから, はこわい, はさすが, はじっと, はすこし, はせいいっぱい, はせまい, はそのまま, はそれら, はたいへん, はためし, はつかつか, はともかく, はどう, ははじめて, はふしぎ, はへん, はみんな, はむろん, はもしか, はやがて, はやっぱり, はやにわに, はやみ, はテーブル, はトランク, はノロちゃん, はピストル, はマユミさん, はリンゴ, は力, は古道具屋, は右手, は四十面相, は山男, は巻尺, は平気, は床, は怪獣, は無我夢中, は用心, は男, は知りませんでした, は立っ, は興奮, は門, は頭, は顔, は驚い, もあと, もこの, もすぐ, もそれ, もまけ, も不二夫君, も少女, も思わず, も負け, や刑事たち, や少年団員たち, や羽柴君, をからかっ, をここ, をにらみつけました, をよく, を中, を手まねき, を牢, を見つめました

1 [1013件 抜粋] あの婆, いいかい, いますか, おそかった, かいつまんで, からたのまれた, からわけ, から得た, から聞いた, があがっ, があっけ, がいちいちさ, がいっ, がいない, がいなくなった, がうしろ, がうまい, がうれしい, がおいた, がおそろしい, がおもいきっ, がかけよった, ががんばれ, がきみ, がこたえました, がさいしょ, がしかる, がしのびこん, がじっと, がすすめ, がすみっ, がそくざにこたえました, がたずねる, がたちまち, がためらっ, がだきあげ, がだまりこん, がちょっと, がつけ, がてがら, がとらえられ, がどうして, がなにか, がのぞい, がのぞく, がはいっ, がひるむ, がふたり, がへいき, がほとんど, がまっさきに, がむこう, がもと, がやっぱり, がよび, がよん, がわけ, がエジプト, がテレビ, がニコラ博士, がノッブ, がハッ, がプラットホーム, が丈吉君, が世田谷, が今, が仕事, が何, が公衆電話, が其土蜘蛛論, が刑事たち, が取りもどした, が叫びます, が叫ん, が園井正一少年, が園田家, が夜光人間, が大津絵の, が女中, が寝, が小屋, が尾行, が心配, が怪人二十面相, が感心, が手ばやく, が持ち出した, が明察, が書斎, が機械, が毎日, が洋傘, が瀰散霧函, が牛乳, が犯人, が生き, が町, が穴, が立っ, が考えた, が自分, が行け, が見はっ, が走り, が車, が運転助手, が隊長, が顔, くらいのもの, このなぞ, この四つ, この子ども, さえもすこし, しっかりした, じゃない, その鉄, そんなにわし, だいぶ景気, だけがこっそり, だけの秘密, だと, だなんて, だろうね, ちょっとこの, ですから, でも, というもの, という少年, とがいま客間, とが折りかさなっ, とたしか, とでうんと, とのふしぎなにらみあいがつづきました, とは牢屋, とへい, とも電話, とを水責め, とヒソヒソ, と不二夫君, と五人, と勇一少年, と天野少年, と小林君, と少女助手, と平野少年, と服, と花田君, どうかわし, なかなかあじ, なぜもっとはやく, なの, ならぬかりは, なら大丈夫, にいいました, にいどみかかっ, にうしろ, におしえ, にかさなる, にきいた, にくわしい, にさっき, にしらせました, にすくいだされた, にせきたてられ, にそっと, にたべさせ, につれ, にときあかし, にとびかかっ, になにか, にのぞき, にはおとうさん, にはさっぱり, にはそこ, にはひと目, にはもう, には明智先生, にまけ, にもこれ, にもそれ, にわたす, に一任, に尾行, に来, に気づいたら, に目, に知恵, に笑われ, に聞いた, に聞こえる, に言われた, に身がわり, に預け, ねんのため, のいさましい, のいれられた, のえら, のおどろき, のおも, のかざし, のくる, のこの, のさしむける, のたおれ, のなわじり, のはいった, のばん, のふしぎ, のまぶた, のやく, のようす, のバッジ, の両手, の乞食少年, の全身, の力, の叫び声, の呼び, の墨, の大, の女中さん, の小さい, の左手, の所謂地名, の手足, の様, の歯車, の毛糸, の洋服, の猿ぐつわ, の申し出, の発案, の相談, の知恵, の考案, の自動車, の親たち, の計略, の身, の通信, の青銅, はあいかぎ, はあきかけた, はあっと, はありったけ, はあわて, はあんど, はいきおい, はいざ, はいた, はいっし, はいったいどう, はいつ, はいない, はうっかり, はうで, はうなる, はお, はおずおず, はかけだし, はかつら, はかんた, はくらくら, はけなげ, はこいつ, はこうして, はこちら, はこぶし, はこわがる, はこんなに, はささやき声, はさっき四十面相, はさっき赤森さん, はされる, はしきり, はしまった, はしりもち, はじ, はじゅうぶん, はすこしも, はすわった, はせっかく, はせん, はそちら, はそば, はたぶん, はだいた, はだまった, はちゃんと, はてすり, はてれた, はとつぜん, はどうか, はなつかし, はなにげなく, はなわ, はなんと, はなんにも, はにせ, はのぞき, ははげしく, ははっ, はひじ, はひらいた, はふきだし, はふっと, はふろしき, はべつに, はぼく, はまけた, はまたたく, はまっさお, はまんまと, はみょうに, はもうかく, はもうどう, はもっと, はやくつれ, はゆうべ, はゆっくり, はよろいびつ, はりっぱ, はわたし, はアケチ一号, はエヘン, はカーテン, はガッカリ, はキッパリ, はグッ, はコールタール, はゴリラ, はジャンパー姿, はスッポリ, はタクシー, はチンピラ, はド, はニッコリ, はネコじいさん, はバラック, はビスケエ湾, はピッタリ, はブルブルッ, はヨシ子ちゃんたち, は一つ, は一度車, は一生, は七つ道具, は上, は下, は不服, は中, は中央新聞社蜃気楼主人, は井上少年, は人形箱, は今井君, は信じられない, は内, は力まかせ, は古い, は台所, は呼び, は四時, は地図, は塔, は壮二君, は夕, は外, は夜光, は大きな, は大胆, は子どもカブトムシ, は宇宙怪人, は家じゅう, は小さい, は小学上級生, は少々, は山口青年, は川, は広い, は引っぱられる, は応接間, は恐ろしい, は悪がしこい, は手紙, は持っ, は探偵事務所, は明智探偵事務所, は時間, は書生, は服, は木, は歯, は死ん, は残念, は毛糸, は気力, は泣きだしたくなる, は玉村さん, は相手, は私, は立ちあがっ, は立ちさった, は笑いだしました, は答え, は練習, は背中, は腕力, は自信, は自転車, は蒼白, は袋, は見つけられ, は言われる, は説明, は警視庁, は賢二少年, は赤電話, は車, は逃げだしません, は逃げ腰, は道, は部下, は金庫, は鉄ごうしの, は開き戸, は電話帳, は魔人, までも透明人間, めがけて, もあかるい, もいっし, もうなずい, もおなじ, もきい, もこれ, もささやき声, もじゅうぶん, もそこ, もつづい, もなかなか, もひ, もまけない, もまんまと, ももう, もニッコリ, も一緒, も不二夫さん, も井上君, も先夜, も少年探偵団, も思い, も武夫君, も気味, も淫売婦, も知っ, も自由, も逃げ, も顔, やかわいらしい, や不二夫少年, や少年探偵団員, よくきた, よくやった, よりずっと, よりも小さく, わかるかね, をいったいどうして, をえさ, をかどわかした, をころがし, をさそいだす, をじっと, をその, をたずねる, をだきかかえ, をだまそう, をつきとばす, をとじこめる, をとりこ, をぬすみだし, をはじめ十人, をひき起こす, をぶらさげ, をほうりこむ, をほめあげました, をまねい, をものかげ, をベッド, を二階, を助け, を地下室, を宮瀬氏, を書斎, を知らない, を見あげました, を見かえす, を首領, 呼びこだッ, 少し心配, 見て

▼ 小林少年~ (1005, 15.6%)

19 とポケット小僧 14 はその 12 です, はそう 11 の顔 10 でした 8 は, をつれ 7 のこと, の手, はそれ 6 が出, もそれ 5 がその, とふたり, と不二夫君, の三人, は自動車, もその

4 [14件] が, がそれ, といっしょ, と三人, のそば, の姿, の知恵, はいったい, はそんな, はふと, はドア, は明智探偵, やポケット小僧, を団長

3 [22件] がすばやく, が明智探偵, が立っ, だったの, とそっくり, と井上少年, にこの, の冒険, の危難, の目, の耳, はいきなり, はこの, はそこ, はまた, はみんな, はポケット小僧, は事務所, は懐中電灯, は明智先生, もポケット小僧, を呼ん

2 [66件] があと, がお, がさけびました, がたえず, がとびだし, がとん, がにこにこ, がふと, がやっぱり, が乗りこん, が何, が四人, が報告, が声, が帰っ, が息, が電話口, だ, であった, と, と五人, と信雄君, と吉村少年, と同じ, と賢二少年, と賢吉少年, なの, にそっと, に変装, に近づい, のいる, のうで, のことば, のてがら, のリンゴ, の勝利, の命令, の声, の懐中電灯, の肩, の部屋, の頭, はいくら, はいつも, はいよいよ, はさも, はすぐ, はそれほど, はもう, はピッ, はリス, は丈吉君, は三人, は井上君, は廊下, は松波博士, は賊, は電話, もうひとり, もこの, もこんな, もどこ, も井上君, をいれ, を手まねき, を見おろし

1 [594件 抜粋] あの三人, か, かと思った, があらわれました, があらわれる, がいいます, がいき, がいす, がいわれる, がうしろ, がおじぎ, がおとな, がおもわず, がおり, がかんだかい, がき, がけんそん, がこの, がさい, がさけび, がさけん, がさびしい, がしばられた, がじっと, がそう, がそこ, がそば, がたずね, がたずねます, がちゃんと, がちょっと, がつかつか, がつくった, がとくい, がとじこめられた, がどこ, がなに, がのど, がはいっ, がはじめて, がひきいる, がびっくり, がふ, がふしんらしく, がへん, がまじっ, がみょう, がもと, がもどっ, がやすむ, がやってくる, がやって来た, がやはりニコニコ, がアパート, がカニ怪人, がスック, がタクシー, がツカツカ, がテーブル, がニコニコ, がニコラ博士, がノロちゃん, がブイ, がポケット, が不二夫君, が中村警部, が九段, が付添っ, が出かけるなら, が出ました, が出頭, が刑事たち, が勝ち, が叫びます, が叫ぶ, が名, が呼び, が団長, が変装, が宝物, が小声, が少年探偵団, が尾行, が廊下, が思わず, が怪人, が怪老人, が恩田さん, が手, が抱い, が持っ, が捜索隊, が探偵, が数十人, が来, が東京駅, が林檎, が止め, が決心, が玉村宝石店, が畑柳邸, が盗みきいた, が目, が空, が窓, が篠崎君, が老人, が考案, が聞いたよび, が自分, が苦しめられた, が見破る, が言いました, が話し, が話しあっ, が賢二君, が賢吉君, が車, が運送屋, が遠藤博士, が青銅, が顔, が飛び出し, が駆けつける, が黒し, さえも激情, じゃあない, それから今夜, たったひとり, だけが持っ, だけはその, だけはどこ, だけはなぜ, だけをよこし, だと, である, ですから, というじゅん, というチンピラ探偵, とお, とお手伝いさんひとり, とがひそひそ話, とがイス, とがテーブル, とが並ん, とが何, とが怪人, とが玄関, とが総監室, ときく, としては不二夫君, とそれから, との知恵, とははしご, とは似, とは前, とは双眼鏡, とは植込み, とは長い, ともしたしく, とも相談, とノロ, とノロちゃん, と中学生, と中村警部, と二人丈, と井上一郎君, と井上君, と刑事たち, と勇一君, と十三人, と四, と四人, と大きな, と女中, と少年団員たち, と少年探偵団, と打ち合わせ, と昌一君, と木村少年, と松井少年, と武夫君, と相談, と笠原さん, と話しおわる, と読者, と賢二君, と遠藤博士, と高橋さん, などの手, などはわけ, ならじぶん, ならわし, にあえ, にあっ, にいいつけました, にいっさい, におしえ, にかがされた, にくどくど, にさえ見わけられなかった, にさしず, にさるぐつわ, にしがみつきました, にすまない, にたのむ, にだきつきました, につれられ, にとりすがっ, にはげまされ, にひとつ, にもとけなかった, にもひらく, にも知らせ, にわたしました, に両手, に取りすがりました, に夢中, に店, に明智探偵, に気, に渡し, に留守, に知らせた, に知らせたい, に知らせよう, に笑われ, に電話, に飛びかかった, の, のあと, のうしろ, のおびえた, のおも, のかがやかしい, のかくれ, のからだ, のかんだかい, のがんばっ, のきびんな, のくつ, のささやき声, のさしむける, のす, のせっかく, のそんな, のたたかい, のため, のところ, のとじこめられた, のながい, のにこにこ顔, のひきいる, のほう, のほか, のよく, のよこ顔, のタクシー, のベッド, の万年筆型, の上, の任務, の先生, の写真, の叫声, の名, の四人, の変装, の変装姿, の寝室, の急報, の恐怖, の手の甲, の手紙, の案内, の気持ち, の発見, の目と, の立っ, の考え, の胴体, の腕, の自信, の評判, の説明, の非難, の頬, の顔色, の首, はあやうい, はあれ, はいう, はいきおいこん, はいったいどう, はいと, はいま, はうまい, はお, はおどろい, はおもわず, はかくし, はかり, はげんき, はここ, はさっき地下室, はざんねんそうに, はじつに, はじまん, はじまんそう, はすっかり, はすっぽり, はすばやく, はする, はぜひ, はそういう, はそば, はただ, はたのもし, はたまらなく, はだれ, はちょっと, はつぎ, はともかく, はとん, はどこ, はなに, はなん, はなんだかおそろしく, はひきだし, はびっくり, はぴったり, はふい, はふしぎ, はへや, はべつ, はべつに, はほとんど, はほんもの, はまえ, はまず, はまるい, はまるで, はむかし, はもの, はやっと, はやみ, はゆうべ怪人, はわけ, はアケチ一号, はカニ円盤, はクレオソート, はグッ, はズバリ, はゾッ, はテーブル, はニコニコ, はハッ, はハッキリ, はパッ, はプラットホーム, はリンゴ, は一歩前, は一郎青年, は丁寧, は七つ道具, は五名, は伝書バト, は何, は何ごと, は先生, は前, は勇一君, は博士, は古城, は叫びざまピョコン, は右手, は四十面相, は団員たち, は国技館, は地下, は地面, は声, は夢, は大, は寝るまえ, は少し, は少年探偵団, は川, は平野君, は床, は待たせ, は応接間, は思わず, は怪人, は怪盗二十面相, は恩田さん, は息, は手, は救いだされ, は服, は木, は正一君, は泣き, は泣きだし, は灰色, は父, は百科事典, は石段, は神山邸, は窓, は腰, は自信, は虫, は負けない, は足, は路地, は車, は部屋, は顔, は飛ぶ, もあっけ, もあまり, もうまい, もこんなに, もす, もすこし, もそう, もだまっ, もだんだん, もにせもの, もはいっ, もふたり, もまけ, もまじっ, ももう, もわし, もシェパード, もドア, もハッ, も一郎青年, も事務所, も元気, も同じ, も変装, も女中, も明智先生, も来, も残念, も毛皮, も水泳, も目, も知らなかった, も穴, も笑いだしました, も綱, も豹, も負け, も負けない, も賊, も運転手, も顔, や新聞記者, や書生, や野村さん, らしいの, をうす暗い, をかどわかし, をからかっ, をここ, をさき, をさそいだし, をし, をしばっ, をじ, をそば, をたずね, をたずねました, をつきはなす, をとりこ, をながめ, をにらみつける, をはじめ, をひっぱっ, をふり向きました, をほめたたえる, をみつけ, をわけ, を先頭, を同行, を呼び, を呼びだし, を呼びだす, を呼びとめました, を研究室, を紹介, を見つめ, を見る, を身がわり, を連れ, を顧み

▼ 小林~ (328, 5.1%)

4 それを 3 こう云い, こう云った, ぼくの, 急に, 津田の, 眼を

2 [19件] すぐそれ, そこで, その魂, だから死人, ちかごろ奥義, また, またこう, まだ子ども, もう悲しい, 人間孤独の, 仏頂面に, 地獄を, 大きな声, 後から, 文学とは, 独断先生の, 真面目であった, 秋山を, 詩を

1 [268件] ああいう, あいかぎを, あたかもそこ, あの眼鏡, あまりにオフェリヤ, あれで, あわてた顔, いっこう構わなかった, いった, いつかお前を, いつまでも, うしろから, おくれて, お堂, お増, お延, きっと彼ら, きっと目的, きみたち少年探偵団の, くさったよう, けっして要領, こう云っ, ここだ, ここに, ここまで, ことさら自分, この処非常, この時返事, この種, この課題, ごく初期, さすがに, しばらく黙っ, すぐ元, すぐ口, すぐ吸い残した, すぐ外套, すぐ彼, すぐ後ろ, すぐ応援, すぐ杯, すぐ立ちどまった, すぐ説明, すぐ譲歩, すでに階級闘争, すまして, そういうこと, そういっ, そう云っ, そう言い, そっとトランク, そのなか, その切り取り, その役目, その後を, その慌し, その所作, その見当, それから, それが, それさえ, それなりストーブ, それに, たしかに彼, たしかに来た, たちまちふり, たちまちナイフ, だいじょうぶだ, ちょっと会釈, とりあげて, どうだ, なお声, なにを, にこにこし, にやにや笑い, にやにや笑っ, のっそり立ちどまった, はずかしがっ, はずかしくて, はたして沈痛, ひょいと眼, ほとんど独りごと, ますます笑った, またすぐ, またそんな, また何, また同じ, また圏内, また大きな, むっとした, もうここ, もう一度逓信省, もう一歩前, もう二度, もっともっとおそろしい, やはり仲間, ようやく新聞, よくあ, よく知っ, わざと大きな, わざと空々しい, コートの, ゴッホも, ニッコリ笑っ, ハッと, ハツとして, ハハと, ヒルの, プロレタリア文学の, ホームスパンみた, ポケットから, マルクス主義の, リスの, ルリヂヤス何とかと, 一人で, 一時その, 三人拵え, 三十年坑夫を, 上告趣意書で, 下駄の, 不日朝鮮, 予ての, 二人扶持十石の, 云った, 今その, 今どこに, 今にも吉川夫人, 今まで, 会計長屋は, 何か, 何だかそこ, 何とも, 何にも, 作家として, 作家としても, 僅か一二ヵ月, 僕が, 元へ, 共に緑, 共産党員じゃ, 出て, 別に, 制動法の, 前へ, 動こうとも, 包まれて, 午後三時新橋発の, 反問した, 受け取ったもの, 右の, 同居仕り, 吾, 変装も, 多少溜飲, 大きい声, 大きなきれ, 大山に, 女の, 始めて, 始めて小さな, 嬉しそう, 小林な, 小林勇の, 小野派一刀流を, 少しも, 少し得意そう, 少年諸君に, 崩壊現場で, 帰りには, 常に無籍もの, 平気で, 平気であった, 彼にとって, 彼を, 彼女の, 待ってたと, 御挨拶, 心持前へ, 応じなかった, 思った, 惚けた顔, 意外に, 戦争に, 手文庫から, 手紙を, 抵抗する, 押問答の, 振り返って, 掘り出した切り株, 文章が, 新らしい, 新調の, 旅行鞄の, 日和見主義発生の, 日本に, 旨く津田, 明日帰る, 昨夜大, 更に出口, 最も偏狭, 杉本の, 東京に, 東北の, 案外にも, 椅子を, 殆ん, 気がついたよう, 汽車が, 注意深く耳, 洋服の, 津田に, 減らず口を, 無邪気に, 物に, 相手に, 相手の, 真直に, 真面に, 確固たる国際プロレタリアート, 秋山と, 秋山よりも, 突然津田, 立会って, 笑った, 米友の, 絵を, 縁伝いに, 耳なんかを, 肝心な, 脇差の, 膝を, 自分で, 自分の, 苦笑し, 菊人形の, 藪から, 行きがかり上ぴかぴか, 裸の, 裸を, 複雑矛盾する, 覗き込む, 親しげに, 言い出した, 言う, 言ふ, 言葉を, 訊かれない先, 語を, 読み終って, 論文, 負けたけれども, 貰い立ての, 軍人志願だろう, 追いかけて, 酒くさい, 酒を, 鉄ごうしに, 鑿の, 鑿を, 陸穗つくる, 青年に, 静かに, 面白そう, 頭を, 額を, 馬肉屋な, 骨董品を, 黙って

▼ 小林~ (307, 4.8%)

4 ために, 方が, 方法を, 業績を, 死体を 3 ところへ, 方から, 方を

2 [26件] ほうが, ような, ように, 作品に, 前へ, 口から, 墜落は, 如くに, 家から, 小僧だ, 小説, 小説論を, 文章に, 文章は, 方で, 方は, 来た事, 様子を, 欠点が, 英雄的殉難を, 見た地獄, 言葉で, 言葉は, 鑑定書など, 頭には, 飯場に

1 [226件] あとを, あにいね, あにいの, あにい何か, いう通り, いわゆる, おかあさんは, おっかさんを, お蔭で, こともう, ちんぴらよくも, どこに, なぞときを, には洗練, は三分の一, は明らさま, やつよくも, ゆるがぬ党派性, アリバイを, チンピラは, チンピラも, バラックから, パラドックスが, パラドックスは, プロレタリア作家としての, 一面を, 上に, 不屈な, 不撓な, 不撓の, 不断の, 不滅の, 両志士, 並べた十円紙幣, 中間が, 主意を, 乗った汽車, 乗つた汽車が, 予期を, 事を, 二人が, 二人についても, 二人を, 二字は, 云い方, 今度譯した, 仲間の, 任ずる所なれ, 住宅は, 作品は, 作風が, 傍へ, 克己と, 全貌を, 処に, 出て, 前に, 創作活動は, 功績は, 勢力を, 卓抜な, 友だちの, 叔父貴, 受難に, 口へ, 口元には, 可津ちゃん, 右手に, 名は, 名を, 名声は, 君赤塚の, 場合は, 声に, 声を, 外聞にも, 大声は, 太い眉, 奥だ, 女房が, 好むパラドックス, 妾からでも, 妾などと, 妾の, 妾宅へ, 姿を, 婆さん年齢甲斐も, 子が, 宅が, 家の, 家を, 容体が, 寓所を, 審判は, 差図で, 常識性を, 幽霊じゃ, 当然の, 後ろ姿を, 後を, 得意が, 御寮人と, 復讐を, 必然という, 必然といふ, 性格における, 性格は, 想像する, 意味も, 意味を, 意見を, 態度から, 態度が, 態度は, 所作は, 手に, 手へ, 才能を, 批評に, 批評を, 拵えたせっかく, 持ち物を, 指導的批判に対して, 指導的理論家としての, 挙動と, 挨拶も, 文学者らしい, 新らしい, 方へ, 日和見主義との, 日焼けの, 服を, 木ぬれ, 業績から, 業績によって, 業績の, 横ッ面を, 機転を, 次に, 次の, 死その, 死の, 死を, 死体は, 死骸を, 歿した, 殉難を, 残酷に, 母の, 氣持が, 注意を, 熱心に, 牢屋の, 理論家指導者としての, 生きて, 生涯の, 田代の, 申出を, 発展の, 目の, 盲人蛇に, 相違にまで, 眉の, 看破した, 真似を, 真剣な, 眼に, 眼は, 着て, 知己で, 知恵です, 私小説である, 筆跡が, 筆跡を, 筋の, 粗末な, 細君に, 細君の, 罪に, 老いた母, 考えて, 考へたより, 脳細胞の, 船倉あたりから, 船倉から, 葬儀委員長を, 虐殺に対して, 血統から, 行くえ, 親切を, 言ったよう, 言葉についてすら, 言葉を, 許を, 話で, 話に, 話を, 語気は, 説法には, 調子も, 談によって, 談話に, 談話を, 跡は, 身がわりを, 輝やかしい, 近代性が, 近所に, 追想記中に, 部屋で, 部屋の, 部屋は, 部屋へ, 酔は, 長屋でも, 長篇小説, 間に, 関係を, 闘争の, 隣りへ, 頭上に, 顔には, 飯場は, 魂は, 鼻などは, 鼻の

▼ 小林さん~ (182, 2.8%)

3 に話し, の部屋 2 が, に会っ, はえらい, はどこ, は明智先生, や明智先生, よかった

1 [162件] あの女, あの血, ありがとう, あれたしかに, いいこと, いくら魔法, か, かい, からどんな, からの注意, からはじめさん, から手紙, から欧州, から聞きました, から詳しい, から電話, があっち, がいう, がいない, がいなくなり, がその, がどんな, がのる, がゆく, がわざと, が使っ, が兄さん, が出来上った, が杉本さん, が来, が来た, が発見, が落とし, が見え, が迎, が迎え, が近所, が部屋, が隅田川, が電話, こんなに苦心, さすがは, じゃありません, だからここ, だけ巡査, だってひどい, て人, て方, で, であった, でさえ, ですか, というの, といえ, といっしょ, とおっしゃる, とおれ, とかいふ御, とそっくり, との初対面, とは背かっこう, とは違, とぼく, とり青山, と三人, と並ん, と相談, と石井さん, と私, と逢, と電話, どうした, どうすれ, などには比すべく, ならきっと, ならたのもしい, なん, なんかにはとても, なんかをまるで, にあえる, にお, にきい, にはじめて, にはその, にはないしょ, にはひょっと, によろしくっ, に一度, に何だか, に冷, に妙, に懸っ, に気づきやしない, に相談, に知らせよう, に行っ, に話そう, のお, のこと, のとこ, のめいれい, の不運, の事, の今日, の家, の少年探偵団, の弟子, の息子さん, の愛人, の秘書, の経営, の肩, の言葉, の話, はいま, はうまい, はきっと, はこの, はこれ, はぜひ, はそれ, はそれから, はね緑ちゃん, はまだ, はまるで, はもう, はタル, は下見板, は今, は今日吉岡, は何, は大, は家, は帰り, は当代, は晴天白日, は根, は殺人容疑者, は珍客, は病院, は真珠, は終戦, は自分, は重大, は頭, は頭髪ボウボウ, へ, への祝, へ寄っ, もとうとう, もぼくたち, も何ん, やっぱり巨人, や飛島さん, わざわざ別府, をひっぱりあげ, をやる, を四日, を訪ねる, 双葉山等見物, 帰ろうよ, 来り東宝ビル三階

▼ 小林団長~ (173, 2.7%)

4 はそう 3 の命令, はその

2 [15件] がいる, といっしょ, と園井君, と緑ちゃん, にささやきました, に知らせ, に電話, のさし, のしんせき, のところ, のひきいる, ばんざあい, もそれ, をかこん, をひじょうに

1 [133件] から, からいいつけられ, からよく, から四十面相, が, があわてふためい, がいいます, がおりました, がかし, がき, がここ, がこんなに, がさき, がさけびました, がしかる, がそれ, がつい, がひざ, がびっくり, がみょう, がめいれい, がよび, がポケット, が上野公園, が命令, が明るい, が死んだら, が腕時計, が落とし, が進む, だけが持っ, だけはいつも, だけは逃げる, だって変装, だよ, っ, つづいて, でした, ですね, というの, とうとうつかまった, とセトモノ屋, とポケット小僧, と中学二年, と中学生, と九人, と井上一郎少年, と今井君, と四人, と団員, と園井少年, と白井保君, と篠崎君, と野呂君, ならなに, にあい, におそわっ, にしらせます, にすがりつい, にたしなめられ, にたずねました, にはその, にも電話, によびかけました, にれんらく, に報告, に知らせました, に知らせよう, に見せましょう, に話しかけました, に話す, のいつか, のお気にいり, のかた, のかた腕, のこと, のさい, のため, のまわり, のゆるし, のバッジ, の両足, の参謀, の声, の姿, の意見, の身がわり, の高い, は, はいつも, はう, はうしろ, はおちつい, はけなげ, はここ, はさすが, はすぐ, はそれ, はどこ, はぬけ, はひとつ, はひも, はゆうべ, はよ, はトラック, はピストル, は二十人, は二十面相, は今井君, は出発, は右, は団員たち, は土, は少年たち, は島田少年, は神社, は羽柴君, は逃げません, ばんざ, ばんざーい, もこう, もど, も社殿, をあわせ, をさき, をとりかこみ, をにいさん, をはじめ, をまっ先に, をよびよせよう, を先頭, を助け, を見つける

▼ 小林~ (161, 2.5%)

4 いった 3 オフェリヤを 2 いたん, はいって, ほんもの, ゐたん, ドッコイショと, 云った, 自分に, 西行や

1 [138件] あすの, いうそんな, いったん隠, いつでも, いふそんな, うたがったの, おれを, お今, お延, きて, こう言い出した, このうち, この刀, この手紙, この点, こんな事, じつはにせもの, その活動, その発展, その風景画, たゆまず倦まず日本, ちゃんとこうして, とても自分, どうかし, どんなに正しくレーニン主義的党派性, どんな事, なお追, ぼくたちの, またぐるりと, また抑留, また眠りだした, まだぬけきらない, まだ独身, やっぱり虫, よくはたらい, エッチラオッチラマネキンを, ドストイェフスキイや, フォーカス番号の, ユニックか, 下を, 不二夫君の, 不屈な, 世界征服を, 丸ビルで, 乱暴だって, 事務所の, 云い出した, 人夫への, 今度, 低いドス声, 何を, 作家としても, 偸むようにしてこっちを見た, 僕の, 元気な, 先づ永井, 先で, 入って, 全力を, 再び聞いた, 出して, 初めてボルシェヴィク作家, 前衛として, 助手に, 十五人の, 十五日の, 卓抜な, 名を, 咳とともに, 唇を, 喜んで, 四日すぎ, 変装が, 変装し, 外套を, 大きな声, 大変喜ん, 大山に, 大阪へ, 女に対して, 実践した, 実践とともに, 宮島氏らによって, 少し改まった, 崩壊する, 帰るので, 常に全力的, 広間から, 引金を, 彼と, 後を, 徒然草の, 感心される, 戦争の, 手を, 持って, 敵に, 文芸の, 書いたことそのもの, 書いて, 書抜いて, 書記長に, 最近十ヵ月間の, 朝鮮へ, 来たん, 来て, 樹ちます, 死んだこと, 残虐きわまる, 気を, 洞窟の, 浅井と, 深い寝息, 特徴の, 玄関の, 生きて, 町を, 知恵を, 私を, 突然彼, 窓の, 笑いながら, 答えた, 組みついたから, 茶の間へ, 行った本質的飛躍, 行つてゐた, 覚えて, 言った, 言ふ, 訊いた, 警視庁の, 負け名, 貧乏である, 起き上り面, 遠慮なくしゃべった, 酒を, 電話口へ

▼ 小林秀雄~ (112, 1.7%)

4 が水道橋 3 のところ

2 [13件] がある, がいる, が大, が私, というよう, と一緒, と島木健作, のよう, の文芸評論, の方, の評論活動, はその, も教祖

1 [79件] および小林, が, がそう, がそれ, がよかろ, がわけ, が一番, が大学, が志賀直哉論, が文壇, が日日, が早くから, が歴史小説, が見舞い, が訪ねる, が評論家, が酒, が鮒佐, だけで, でこの, では, でも頭脳優秀, というひと, という落下, といふ落下, とともに純粋小説論, と同じ, と大, と永井龍男, などが, などの出現, にかかる, によく, に依つ, に奨める, に対して著しく, に対する興味, に就, に托し, のいわゆる, のドストエフスキー論, のパラドックス, の可能性, の名前, の妹, の思想, の所, の文芸批評, の発言, の評論, の誕生そのもの, の逆説, の面白, の鞭撻, の驥尾, はあらゆる, はそこ, はなくなる, はなぜそんなに, はフロイド, はプロレタリア文学理論, はボク, は何等, は作家, は兼好法師, は十何年, は対象, は政治家, は正確, は翻訳劇, は芥川龍之介, は酔っ払う, は鶴さん, までヴァリエテ, も政治家, も気, も碁, も言っ, をこうした

▼ 小林多喜二~ (110, 1.7%)

104 の作品, の死 3 の業績, の生涯, の虐殺 2 が, がこの, が築地署, という人, という名, のお母さん

1 [71件] があの, がいる, がこっそり, がその, がインバネス, がプロレタリア文学, がボルシェヴィキ, が一つ, が一九三三年二月二十日, が一人, が一直線, が別, が創作, が命, が宮島氏等, が持っ, が日本, が来た, が殺された, が社会, が虐殺, ぐらい理論活動, というひと, などの例, など誰一人, なんて名前, にあっ, にしろ, にたいする批評, について, のあの, のところ, のよう, のプロレタリア作家, の不幸, の世界, の人, の仕事, の全国的労農葬, の全集, の慣用語, の文学者, の日記, の時代非合法, の本, の母, の母親, の猶, の血, の貴重, の遺骸, はこの, は一九三三年二月二十日, は人民解放史, は元気, は前年春, は同じ, は当時支配階級, は日本, は立派, は非合法生活, ほど全面的, もどこ, をふくむ, を何, を否定的, を拷問, を殺した, を虐殺, を記念, を語る

▼ 小林~ (105, 1.6%)

3 のよう 2 の主催, の訳詩, の話, も芸術

1 [94件] が, がこの, ができ得る, がゐ, がチヽハル, が一寸, が写生, が四月, が大阪, が挨拶, が日本, が最近東京, が自己, とがあつ, とともに上陸, との共著, との間, とはこれ, にお, にきかう, にし, にはるか, による, に気, のこの, のとこ, の云, の令嬢, の以上, の女, の如く, の子息, の心持, の感受, の方, の案内, の死, の熱病, の自宅, の言葉, の話振り, の逆説, の阿部氏, の黒ずんだ, は, はあつ, はある, はいくぶん, はこ, はこの, はそわそわ, はどっち側, はなるほど, はべそ, はまた, はもちろん, はビフテキ, は一向, は一層, は一般民衆, は乱雑, は些か, は住所, は俳優高級論, は僕, は吃驚, は大, は小豆, は少々, は尻目, は後, は慌て, は猟師, は直ぐ, は眼, は築地, は築地行き, は胡麻塩, は腹の中, は芝居, は行詰つた, は車掌, は農村, は阪神急行電車, は雨蛙, は電車, ひょっこりあらはれ, ほどの才能, もまた, もモダーニズム, を一部, を尻目, を透す, 来り十六日

▼ 小林くん~ (84, 1.3%)

3 はそう 2 だったの, と井上くん, と木村くん, のところ, は木村さん

1 [71件] がいき, がうれし, がかけもどっ, がききかえす, がく, がさけびました, がじ, がそう, がたずね, がだ, がでんわ, がどなりつけました, がひとりごと, がびっくり, がむこう, がやって来る, が大声, が東京, が立っ, さえなきだしたくなる, ですか, では, とそう, とだ, となかよし, と少年たんていだん, にでんわ, にわたした, にピストル, に知らせました, に話しました, の, のけいりゃく, のさけび, のでんわ, はいったい, はいわれた, はかいちゅうでんとうをてらして, はかいちゅうでんとうをもったまま, はからだじゅう, はがまん, はくやしい, はこの, はこれ, はしっかり, はしばられ, はすばやく, はその, はそれ, はたんていじょしゅですから, はつれ, はとっさ, はどう, はびっくり, はふたり, はへや, はみんな, は両手, は二十めんそう, は少年たんていだんの, は思いきっ, は思わず, は石村さん, までにせ, までにせもの, もいる, をたおし, をつれ, をほうりこん, をほうり出しました, を見つける

▼ 小林~ (68, 1.1%)

2 なりすまして, 云った, 恋人が, 曖昧さを, 漆樹は, 足が

1 [56件] あっては, あづけ, いろ, かわって, きいて, くらべると, この役, しろ淡島, なった, なりきった若者, よく似, よると, わざと釣り寄せられた, 一身を, 人形を, 会わなければ, 会見した, 住んで, 入りて, 刈らでの, 反響した, 向い, 向き直り, 向って, 啓発される, 喰って, 変装させ, 始終行きつけ, 感心する, 我を, 挨拶した, 捕まらなければ, 新たな, 暇を, 書いて, 會つたら, 本音を, 植村の, 水を, 突っかかるよう, 紹介さる, 聴く事, 菊田の, 見せる, 言い続けた, 訊いた, 試して, 話すと, 責任が, 貸して, 贈るの, 贈る事, 較べて, 追いつかれた, 違なかっ, 魅力を

▼ 小林~ (53, 0.8%)

2 そっくりの, ならんで, ポケット小僧だ, 一緒に, 板倉は, 碁を, 組に

1 [39件] いい岩藤, いえば, いっしょに, そして亀, それから賢二, ひじょうによく似, ノンセンス, ポケット小僧には, マネキンの, 一致した, 三人の, 三浦は, 並んで, 云う仕舞屋, 云う先生, 云う理科, 井上と, 今の, 会見の, 似たよう, 何か, 分袂, 同じよう, 女中とは, 少年探偵団の, 山野夫人が, 庭田とは, 応対する, 手を, 来ては, 申す剣道, 相対って, 福田は, 秋山とが, 秋山の, 立談を, 芝山は, 言う掘子, 途中まで

▼ 小林~ (53, 0.8%)

4 つれて 3 見た 2 そこへ, 顧みた

1 [42件] おいかえしたそう, ここへ, たすけなければ, たたき起すと, だました, つかまえた, とらえた刑事, むやみに, 不二夫君に, 不二夫君の, 使うという, 利用する, 加へて, 嘘吐と, 団長と, 坐ったまま皮肉, 始め婦人では, 尊敬し, 屋敷の, 弁護する, 引張って, 怖がったって, 批評し, 捜して, 撃退する, 救うため, 早く追払う, 泣かせるもの, 熟視した, 真の, 研究し尽した, 秀雄の, 虐殺した, 見て, 見出した, 説きつけて, 責めた, 軽く見, 迎えた, 逆説的饒舌家として, 遮ぎった, 高く評価

▼ 小林~ (48, 0.7%)

6 と云う 2 が病院, である事, と確定, に相違, の事件, を病院

1 [30件] かどう, であるか, との関係, と判明, と極める, と確認, と称せられる, なりと, に感染, の事, の叔父, の家出当時, の居場所, の屍体, の暴行事件, の殺害, の父, の特徴, の行方不明, の骨格, の骸骨, はどこ, は一体, は何処, は大崎, は恥, を支倉, を殺し, を殺した, を預かっ

▼ 小林君たち~ (45, 0.7%)

2 が落とした, はその, もその

1 [39件] がさっき, がそこ, がなに, がみいられた, がゆくえ不明, が夜, が思わず, が見はっ, が逃げだそう, が通った, が魔法博士, のあいだ, のむこう, のもぐりこんだ, の乗った, の前, の尾行, の自動車, の頭, の顔, はあれ, はいまさら, はそれ, はとうとう, はどうして, はなおも, はなにか, はべつに, はみち子ちゃん, はコンクリート塀, は今にも, は思わず, は電柱, も来あわせ, をあの, をあんな, をたすける, を一度, を追っかける

▼ 小林という~ (35, 0.5%)

3 ものです

1 [32件] しもたやの, すば, そのボーレン, ちんぴらは, のは, やつを, チンピラは, 人物を, 剣道の, 剽軽な, 助手が, 半ズボン, 名に, 名探偵, 奴前にも, 子どもが, 子どもの, 子どもを, 家の, 小僧だ, 少年も, 少年助手の, 少年士官口に, 方が, 有名な, 村まで, 武器を, 男を, 自分と, 艶歌師を, 非常な, 飯場頭に

▼ 小林~ (30, 0.5%)

2 亦読みとる

1 [28件] ここへ, これに, さすがに, すぐに, すっかりしょげ, その山, それから探偵団, どこまで, にせもの, べつの, よくき, コーヒーは, 事務所の, 刑事たちも, 参考の, 吹き出した, 女中も, 敗れて, 来て, 極く, 決してその, 混って, 猿の, 誰も, 酔った, 酔つた, 音を, 頭を

▼ 小林勘蔵~ (30, 0.5%)

1 [30件] か御, がふり, が四, が案内, だけである, とあわせ, とていさぎよく, とはっと, と山本左右, と山本左右太, と市川義平太, にし, に役部屋, に渡す, のふたり, の声, の手, の机, はきっぱり, はもいちど役宅, は左右, は目安席, は義平太, へ何, もかねてから, もまた, も吟味役, も山本左右太, や山本左右, を通じて越前守

▼ 小林~ (28, 0.4%)

84 な, んちょうと 2 んちょうが 1 とおもわれ, なんてさっぱり, なッ, な明智, のの, んちょうに, んちょうの, んちょうのちえ, んちょうも, ッ

▼ 小林秀雄氏~ (28, 0.4%)

2 である

1 [26件] が今日, が何処, が民衆, とそんな, などが彼, などが民衆, なども, について書いた, に紹介, の, のよう, の一文, の小さい, の所謂, の文芸評論, の言葉, の訳, の評論家的出発点, は, はこの, は先頃僕ら, は言った, へ, ほど厳粛, を評し, 共々文学評価

▼ 小林先生~ (26, 0.4%)

2 も今日

1 [24件] から当時, から本校通学, が分教場, が歩い, だけはこれ, である, との事務, と別れ, と立ち話, にあっ, に娘さん, に教わった, のあと, のうしろ姿, の今, はお, はかた, はきゅう, はその, はふっと, はまた, は笑った, もその, も嫁

▼ 小林君きみ~ (20, 0.3%)

2 のリュックサック

1 [18件] からさき, がここ, におもしろい, にはわかっ, のいう, のピストル, のポケット, の知恵, はいったい, はこういう, はじつに, はひじょうな手がら, はまだ, はもう, はわしたち, は犯人, までが, までふるえ

▼ 小林芳雄君~ (19, 0.3%)

4 です 3 を団長 2 が団長, でした 1 だったの, だよ, はある, は友だち, は小娘, は新聞, は自動車, もそれから

▼ 小林文吾~ (18, 0.3%)

1 [18件] が多少, であります, でござる, という者, とその, と米友, にとってはまさに, の変装, の手, はあまり, はいま, は一通り, は米友, は経木皮包, は自宅, は言葉, もまた, も仰天

▼ 小林紋三~ (17, 0.3%)

2 は明智

1 [15件] が屈竟, が明智, が腰かけ, だけはその, だった, で彼自身, と話し合った, に尾行, はうそ寒い, はこの, はフラフラ, は十時ごろ, は妙, は小林紋三, やキョトキョト

▼ 小林には~ (15, 0.2%)

2 もう人生, 人間が, 用は 1 あるので, それを, どうも評判, まだとけない, 少し用事, 早過ぎる, 栗毛が, 満足らしかった, 迷惑だろう

▼ 小林トメ~ (15, 0.2%)

1 [15件] が持っ, だ, であった, でさえ, ですね, という中年, という未亡人, との秘密, なんかは容疑者, に再び, の部屋, はまだ, は夕方以後どこ, は襟元, は返事

▼ 小林から~ (14, 0.2%)

1 [14件] うけとったダイヤモンド, この青年, さんざん厭, それた処, そんなこと, ルーブリを, 何か, 充分な, 其の筋, 受けた疑念, 好い加減な, 電話が, 頼まれて, 驚ろかされた

▼ 小林平八郎~ (14, 0.2%)

4 の墓 2 は小学時代 1 がいる, ぐらいな極, だ, に宛てた, のこと, のす, の二人, は仰向け

▼ 小林井上~ (13, 0.2%)

13 の二少年

▼ 小林千代子~ (13, 0.2%)

1 [13件] が先日, が又, だの就職者, とかけ, と十月, と逢, にたのまれてる, になやまされる, の三人, の脱退, も十日間, を連れ, 来るすし

▼ 小林太郎左衛門~ (13, 0.2%)

3 の家, の店 1 といえ, の住居, の娘, の宅, の店先, は堺, は浜納屋

▼ 小林習之進~ (13, 0.2%)

2 の母親

1 [11件] がやつ, が泣い, でなければ, では, といふ武家, といふ浪人者, と飯事, にはそんな, の家, の忘れ, はさ

▼ 小林刑事~ (12, 0.2%)

1 [12件] が唯一, が検事, だった, というの, とごく, などの一行, に知らせ, に頼ん, のあらゆる, の活動, の考え, は彼

▼ 小林清親~ (12, 0.2%)

2 や井上安治 1 が旧, が水彩画, であるとか, にはこの, の以後, の弟子井上安治, の横浜何番館, の風景板画, は卑近, や井上

▼ 小林一三氏~ (11, 0.2%)

2 に逢 1 が, が入っ, が吉屋信子さん, が最近東京, でも云い, と話す, に与えられた, のお, はこの

▼ 小林しょう~ (10, 0.2%)

3 ねんが 1 ねんがさけびました, ねんがやって来た, ねんだった, ねんと四人, ねんはま, ねんはヘリコプター, ねんは林さん

▼ 小林一三~ (10, 0.2%)

1 が, って人, に見出され, に近い, のお, の呼声, の家庭, ふらりと, を訪れ, 来りサトウロクロー

▼ 小林井上野呂~ (10, 0.2%)

7 の三少年 3 の三人

▼ 小林兄弟~ (10, 0.2%)

2 に於 1 が口, には絶対, に会っ, に会った, に対しては私通, に対して謝罪状, の行動, 高町医師其他数名

▼ 小林区署~ (10, 0.2%)

2 のお 1 にはほか, の人, の官舎, の小役人, の役目, は利根水源林道, よりもまた, よりも同じく

▼ 小林定次郎~ (9, 0.1%)

1 からちゃんと, だった, に貞, の訴え, は最初三百円, も聞い, を初め, を呼び入れた, を訪ねた

▼ 小林~ (9, 0.1%)

2 の風景版画 1 が同志數人, に招かれ, の東京名所絵, の東京風景画, の版物, はいろ, は野口

▼ 小林自身~ (9, 0.1%)

1 が云っ, が通路, にも責任, のもの, の人間, の実感, の窮極, もいったん, もこれ

▼ 小林重四郎~ (9, 0.1%)

1 が新, って役者, との件, と石田, に色々, の代り, はしきりに, や馬楽, 大ハリキリ

▼ 小林~ (9, 0.1%)

9 之丞

▼ 小林~ (8, 0.1%)

1 から電話, だの池島信平, である, であるから, のこと, は名, 来り昔, 来楽

▼ 小林~ (8, 0.1%)

2 から, の役宅 1 が行っ, に居た, の御, の現場監督

▼ 小林少年たち~ (8, 0.1%)

1 がしばっ, が苦しん, が見つけた, が道化師, とサーカス, のかくれ, はまた, をよんだ

▼ 小林監督~ (8, 0.1%)

1 との感化, にその, にでも話し, の同志, は私, は項垂れ, は駐在所, は黙っ

▼ 小林との~ (7, 0.1%)

2 間に 1 対話は, 情事を, 間には, 間を, 関係が

▼ 小林君たち三人~ (7, 0.1%)

2 の少年 1 と主人, の地底, はもちろん, はトキワ館, もその

▼ 小林城三~ (7, 0.1%)

3 と名乗っ 1 でもあり, といった油会所, となっ, と改名

▼ 小林~ (7, 0.1%)

1 にもまた, の, の一粒種, の先祖, の特徴, の祖先, は旦那様

▼ 小林師範役~ (7, 0.1%)

1 か誰, がなんとか, がまだ, に眼, は, は心, は膝

▼ 小林さだ子~ (6, 0.1%)

2 としたなら 1 だよ, とは思われん, の下駄, を殺害

▼ 小林です~ (6, 0.1%)

51

▼ 小林大内~ (6, 0.1%)

1 が強制, が捕えられ, が犯行, の不, は同, 両名

▼ 小林~ (6, 0.1%)

3 のお 1 くらいのもの, はお, へ通る

▼ 小林~ (6, 0.1%)

4 の奥義 1 という文学, といふ文学

▼ 小林浩平~ (6, 0.1%)

1 であった, で駅長, と私, に伴われ, の身の上話, は数多

▼ 小林社長~ (6, 0.1%)

1 が楽屋, が見物, の家, の親戚, は大阪, を東京駅

▼ 小林青年~ (6, 0.1%)

2 の死体 1 として山谷, にいちばん背かっこう, に実によく, は命

▼ 小林っていう~ (5, 0.1%)

2 もんです, んです 1 のです

▼ 小林~ (5, 0.1%)

1 いつもそういう, さえ見やぶる, むやみと, 私は, 飲んで

▼ 小林~ (5, 0.1%)

1 あてての, 両手を, 使いを, 届ける, 買いに

▼ 小林九兵衛~ (5, 0.1%)

1 の報告, の旦那, は, はおや, は中門

▼ 小林偵七郎~ (5, 0.1%)

1 が傍, が推され, をはじめ, を筆頭, 同善吉

▼ 小林君自身~ (5, 0.1%)

1 がえたい, がもう, の姿, の青ざめた, の顔

▼ 小林善吉~ (5, 0.1%)

1 がささやいた, が傘, と対岸吾妻村, の案内, 同じく原金次郎

▼ 小林多喜二的身~ (5, 0.1%)

4 がまえ 1 まがえという

▼ 小林~ (5, 0.1%)

1 と小森屋さん, のお, のお家, の御, の浪宅

▼ 小林貞子~ (5, 0.1%)

1 とは如何なる, の写真, の家出当時, を投入殺害, を殺害

▼ 小林飯場~ (5, 0.1%)

1 が通路, の動揺, の川向い, の若い衆, の飯炊女

▼ 小林でも~ (4, 0.1%)

1 あるまい, ですよ, わたしは, 晩飯に

▼ 小林に対して~ (4, 0.1%)

1 この注意, 克明に, 日暮以来貯蔵し, 謝罪を

▼ 小林に対する~ (4, 0.1%)

1 友誼を, 手前も, 義理に, 評価を

▼ 小林~ (4, 0.1%)

1 チンピラ隊を, ポケット小ぞうを, 大山や, 文代などには

▼ 小林一三さん~ (4, 0.1%)

1 の秘密, の道楽, の阪急百貨店, ほどのケイ眼

▼ 小林六太夫~ (4, 0.1%)

1 と私稱, と紀州, の操座, 中國地方

▼ 小林勇君~ (4, 0.1%)

1 が実によく, である, の, を通じてこの

▼ 小林多喜二全集~ (4, 0.1%)

1 が刊行, の編輯, は世代, 第一回配本

▼ 小林多喜二宮本顕治~ (4, 0.1%)

1 などの文化, などの既に, にふれ, は不自由

▼ 小林富佐雄氏~ (4, 0.1%)

4 の招待

▼ 小林師範~ (4, 0.1%)

1 がそれ, がどうして, が傍, も神尾

▼ 小林玄瑞~ (4, 0.1%)

1 が嘱, であつ, である, は此秀三

▼ 小林芳雄~ (4, 0.1%)

1 っていうん, です, という少年助手, とかいった

▼ 小林さんとこ~ (3, 0.0%)

1 へ出かける, へ行く, へ行っ

▼ 小林さんぼくたち~ (3, 0.0%)

1 たすかったね, たすかるだろうか, どうしてここ

▼ 小林って~ (3, 0.0%)

1 人全く, 奴は, 書きました

▼ 小林では~ (3, 0.0%)

1 ないが, なくて, 殊に酒

▼ 小林といふ~ (3, 0.0%)

1 人物を, 少年士官口に, 浪人者の

▼ 小林とが~ (3, 0.0%)

1 二人の, 自動車の, 飛行機に

▼ 小林とは~ (3, 0.0%)

1 ブルジョア文芸に, 互いに主義上, 晩餐の

▼ 小林~ (3, 0.0%)

2 んだ 1 ので

▼ 小林君そこ~ (3, 0.0%)

1 じゃよ, に案内, の窓

▼ 小林~ (3, 0.0%)

3 を名乗った

▼ 小林弥左衛門~ (3, 0.0%)

1 は列, は正, は自分

▼ 小林~ (3, 0.0%)

1 右衞門と, 右衞門は, 右衞門妻の

▼ 小林~ (3, 0.0%)

1 へその, へ伝えました, へ戻す

▼ 小林殿~ (3, 0.0%)

1 に対してじつに, の取り持ち, より内談

▼ 小林秀三君~ (3, 0.0%)

1 であった, では, はもう

▼ 小林秀雄さん~ (3, 0.0%)

21 の飜訳技術

▼ 小林紋太郎~ (3, 0.0%)

1 であった, でその, という武士

▼ 小林萬吾さん~ (3, 0.0%)

1 とを誘つて, と石井柏亭さん, のお

▼ 小林萬吾君~ (3, 0.0%)

1 と一緒, の画室, も英国料理

▼ 小林~ (2, 0.0%)

1 しばらくだった, 芝山宇平が

▼ 小林くんたち~ (2, 0.0%)

1 はかえっ, はその小さな

▼ 小林ごとき~ (2, 0.0%)

1 ものに, ものの

▼ 小林~ (2, 0.0%)

1 あんどこ, あん誰

▼ 小林さんあなた~ (2, 0.0%)

1 は召し上りません, は我輩

▼ 小林さんたち~ (2, 0.0%)

1 がひどい, が落とした

▼ 小林さんだいじょうぶ~ (2, 0.0%)

1 でしょうか, なの

▼ 小林さんぼく~ (2, 0.0%)

1 はたいへん, も連れ

▼ 小林さんゾウ~ (2, 0.0%)

1 はどう, はむこう

▼ 小林~ (2, 0.0%)

1 ょうねんにそうだんしました, ょうねんやおまわりさんもあとに

▼ 小林じゃ~ (2, 0.0%)

1 ないと, ないの

▼ 小林だけ~ (2, 0.0%)

1 だった, であった

▼ 小林などの~ (2, 0.0%)

1 花は, 讖言が

▼ 小林なんて~ (2, 0.0%)

1 人は, 人を

▼ 小林にとって~ (2, 0.0%)

1 全く予想外, 大事な

▼ 小林にも~ (2, 0.0%)

1 そんな真面目, 容易であった

▼ 小林によって~ (2, 0.0%)

1 伝わってから, 最近執筆された

▼ 小林に関する~ (2, 0.0%)

1 これまでの, 諸文献

▼ 小林~ (2, 0.0%)

2 しは明日

▼ 小林より~ (2, 0.0%)

1 乘合馬車に, 軍事物を

▼ 小林~ (2, 0.0%)

1 はひたすら, は静か

▼ 小林一三邸~ (2, 0.0%)

1 へ寄り, を訪れる

▼ 小林井上二少年~ (2, 0.0%)

1 はその, はたたかい

▼ 小林~ (2, 0.0%)

2 近氏

▼ 小林助手~ (2, 0.0%)

1 が事務的, をあと

▼ 小林勇氏~ (2, 0.0%)

1 が大変力瘤, の

▼ 小林区署長~ (2, 0.0%)

1 の奥さん, を勤め

▼ 小林古径氏~ (2, 0.0%)

1 が, の

▼ 小林君いま~ (2, 0.0%)

1 の巡査, まではあまい

▼ 小林君おれ~ (2, 0.0%)

1 がいま, をだれ

▼ 小林君ここ~ (2, 0.0%)

1 だよ, へ来

▼ 小林君それ~ (2, 0.0%)

1 はきみたち, はだれ

▼ 小林君たち三少年~ (2, 0.0%)

1 はあい, は黒覆面

▼ 小林君なに~ (2, 0.0%)

1 もそんなに, をいっ

▼ 小林君わし~ (2, 0.0%)

1 がこんな, は年

▼ 小林君二十面相~ (2, 0.0%)

1 の最後, はどこ

▼ 小林君君~ (2, 0.0%)

1 が恩田, はもう

▼ 小林君昌一君雪子ちゃん~ (2, 0.0%)

2 の三人

▼ 小林君百万円~ (2, 0.0%)

1 はきみ, もらったらきみ

▼ 小林団長の~ (2, 0.0%)

1 と三つ, をあわせ

▼ 小林団長ばんざー~ (2, 0.0%)

2

▼ 小林多喜二的~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 小林多喜二等~ (2, 0.0%)

1 によって幾つ, に対する

▼ 小林夫人~ (2, 0.0%)

1 と大事, の病氣

▼ 小林少年ポケット小僧~ (2, 0.0%)

1 などをつぎつぎ, をはじめ

▼ 小林少年探偵~ (2, 0.0%)

1 はそう, もきょう

▼ 小林弁護士~ (2, 0.0%)

1 との側, は皆よう

▼ 小林拳法~ (2, 0.0%)

1 として今, の正統

▼ 小林文平~ (2, 0.0%)

1 に就い, の立場

▼ 小林昌二~ (2, 0.0%)

1 というの, という青年

▼ 小林検事~ (2, 0.0%)

1 の論告, は弁論

▼ 小林清親翁~ (2, 0.0%)

1 が新しい, が東京名所絵

▼ 小林玄竜~ (2, 0.0%)

1 それから下谷竹町, の受け寺

▼ 小林~ (2, 0.0%)

1 に家, へまた

▼ 小林相談役~ (2, 0.0%)

1 に, もゐ

▼ 小林社長引退~ (2, 0.0%)

1 の報, は困る

▼ 小林秀雄嘉村礒~ (2, 0.0%)

2 多河上徹太郎

▼ 小林秀雄氏等~ (2, 0.0%)

1 が万葉, によっていわれ

▼ 小林~ (2, 0.0%)

2 一支店鈴木三重吉へ

▼ 小林総右衛門~ (2, 0.0%)

1 が死んだ, の女

▼ 小林良正等~ (2, 0.0%)

2 の有力

▼ 小林芳雄少年~ (2, 0.0%)

1 その小林少年, を団長

▼ 小林茂雄博士~ (2, 0.0%)

1 との問答, の御

▼ 小林萬吾~ (2, 0.0%)

1 と一緒, に笑

▼ 小林蹴月君~ (2, 0.0%)

1 のところ, も訃音

▼ 小林輝次君~ (2, 0.0%)

1 に送る, の葉書

▼ 小林~ (2, 0.0%)

1 でバア, へ社長

▼ 小林隼太~ (2, 0.0%)

1 が男谷, という奴

▼ 小林~ (2, 0.0%)

1 がなつ, がゐた

▼1* [366件]

小林さまは, 小林くんがくびをかしげていますとノロちゃんがとん, 小林くんこれであいつ, 小林くんたち五人のだん, 小林くんのちえとゆうき, 小林くんはじゅわきをおくとよこ, 小林くんひさしぶりだなあ, 小林くんポケット小ぞうくん, 小林こそ最もよく, 小林さすがのきみ, 小林さだは如何なる, 小林さんあいつはあの, 小林さんあたしどうすれ, 小林さんあとへもどろう, 小林さんおれたちさっきの枝道, 小林さんお巡りさんの所, 小林さんきみはどう, 小林さんそれがいちばん, 小林さんぼくここにいる, 小林さんぼくたちいまふしぎなもの, 小林さん一つ見て, 小林さん上遠からの, 小林さん井上君はやくたすけ, 小林さん今日は, 小林さん何もありません, 小林さん懐中電灯をつけ, 小林さん我々英ちゃんとで片づける, 小林さん戦争に行ってた, 小林さん明智先生はえらい, 小林さん潜水機に乗る, 小林さん看護婦といい, 小林さん私ですよ, 小林さん試合のもうしこみ, 小林さん金田さんに一日二日, 小林さーん, 小林そこのポケット小僧, 小林その他に会う, 小林その他一部の作家, 小林それに私そこへ, 小林たちがきき, 小林だけの目立った独自性, 小林であったか淡島, 小林であるばかりでなく, 小林でござる小林文吾でござる, 小林でないとする, 小林でなかったならこの際, 小林とかいう子どもでさえ, 小林としてでは, 小林なすも, 小林など見ると, 小林などと相談し, 小林なんかに逢うの, 小林なんかを怖がるよう, 小林なんぞがあたしに, 小林なんぞに調戯われる, 小林についての追想という, 小林に対しては何の, 小林はははと笑った, 小林はまことに共産主義作家, 小林はやッぱり外套を放さなかった, 小林みたいな言いかた, 小林が肩衣なんど着, 小林よりも外に, 小林を通していくたびとなく金, 小林サダと私, 小林トメさんだったな, 小林トメ芝山宇平本郷末子の四人, 小林ファンです, 小林ポケット小僧すこしは, 小林レコード界の味気, 小林一三一世一代の駄洒落, 小林一三僕の顔, 小林一三先生の辱知, 小林一三大人は来客, 小林一三氏仲人による僕ら夫婦, 小林一三氏見物で, 小林一三留守宅へ礼, 小林一三追悼の歌舞伎, 小林一三閣下といえ, 小林一流の形, 小林一茶などの名, 小林三八郎殿とが, 小林三浦僕等の如き, 小林三郎これはまだ, 小林丑治外二名檢擧せられ韓人, 小林両氏の私小説論, 小林ぐらいな, 小林中ニテ同物, 小林久兵衛前駆奮撃して, 小林亀井野村島田大森茂呂谷大朏, 小林井伏中村正常達に出, 小林仁兵衛という人, 小林今井の二少年, 小林以上に眼, 小林伊織とか山本新三郎, 小林伊織山本新三郎この二人, 小林保田与重郎の諸氏, 小林信近や親友, 小林偵七郎松本盛三郎茂呂近助, 小林偵七郎茂呂近助, 小林兄弟神戸牧師の三角関係, 小林兩氏を思つて氣, 小林六太夫市の市村六, 小林六太夫座よりも後, 小林内匠竹中主膳浦上三郎兵衞菅彌一右衞門黒田半右衞門, 小林内匠衣笠卜齋岡善左衛門の三人, 小林助市氏とに両手, 小林助手心をおちつける, 小林労農葬のビラ, 小林勇小林龍介両君並びに三秀舎島誠君, 小林勘蔵どのと義平太, 小林勘蔵吟味方の市川義平太, 小林勘蔵山本左右太市川義平太などそれぞれ, 小林区署山本左一郎氏ニ依頼シ本年五月其花ヲ得, 小林區署長といふ客, 小林博士との問答, 小林古径の, 小林古径君のもの, 小林君あいつはたしかに, 小林君あすあたりぼくの身辺, 小林君あれを, 小林君お礼をいいます, 小林君かつらをとっ, 小林君きみみたいなぬけめ, 小林君こいつはきみ, 小林君これがどういう, 小林君ごらん獅子の頭, 小林君そいつのピストル, 小林君たちのは黒い, 小林君たちふたりをパクッ, 小林君たち五人の少年, 小林君たち六人の少年, 小林君はじめ井上ノロの三人, 小林君はじめ四人の少年, 小林君ひとりの力, 小林君ぼくらはかかし, 小林君むしゃぶるいが出ないかね, 小林君わたしにはいっこう, 小林君アア君はあれ, 小林君アバよ, 小林君スイッチをおし, 小林君スピードを出す, 小林君ドアをあけ, 小林君ポケット小僧がいい, 小林君ポケット小僧それから上山さん, 小林君久しぶりで大いに, 小林君井上君おれはもう, 小林君仏像をぬすまれ, 小林君何ごとです, 小林君信雄君もよく, 小林君僕が怠け, 小林君四十面相が脱獄, 小林君団長のきみ, 小林君大手がらだったねえ, 小林君小林君はいない, 小林君少年名探偵もいくじ, 小林君少年探偵団の諸君, 小林君懐中電灯だ, 小林君有馬さんの有名, 小林君猛火に包囲, 小林君約束の五日間, 小林君虎井博士に電話, 小林君説明して, 小林君魔法博士のお, 小林商相の昔, 小林善吉川島元次郎栗原宰次郎岩崎佐十原田英三郎小山孝八郎持斎茂吉は煽動, 小林善吉栗原宰次郎岩崎佐十小山孝八郎川島元次郎持斎茂吉原田英三郎等が主として, 小林喜作が東鎌尾根, 小林喜左衛門が来た, 小林団長おれポケット小僧だよ, 小林団長それから小泉信雄君, 小林図書など大, 小林図書松村友十郎浅見対馬守入道道西神保若狭同八郎右衛門, 小林園田少年はへたへた, 小林の陰陽石, 小林壽子さんとの三人連れ, 小林多喜二らがハッキリ, 小林多喜二全集刊行がどうして, 小林多喜二全集刊行委員会を組織, 小林多喜二宮本顕治その他の人々, 小林多喜二宮本顕治らの政治主義的偏向, 小林多喜二氏の, 小林多喜二特輯号を編輯, 小林多喜二論は反, 小林大助という, 小林天龍君がこの, 小林如泥荒川鬼斎などの感化, 小林孔氏に負う, 小林孫平が面会にき, 小林孫平小関栄吉以上五十余名であった, 小林を訪問, 小林宗吉氏を岸井明, 小林定次郎宛書信三通をどうぞ, 小林定次郎神戸牧師の二人, 小林に廻状, 小林宮瀬の二少年, 小林宮瀬二少年の名, 小林としてある, 小林に達磨大師, 小林小林からこの, 小林小池もとより成功, 小林少年うしろの席, 小林少年チンピラ隊の代表者五名, 小林少年丈けは, 小林少年上山さんのじゅん, 小林少年主人がわ, 小林少年八木さんのつれ, 小林少年北村さん平野少年の四人, 小林少年女中さんそれにマネキン人形, 小林少年少年探偵団員あわせて, 小林少年文代さん五人の中学生, 小林少年松野さん八木さんいまひとりの青年, 小林少年運転手ははなれ, 小林少年黒井博士ミシン会社の社長, 小林の手代, 小林屋井筒屋若葉屋千歳屋など軒, 小林山村の二少年, 小林山田などいう, 小林市太郎君に下宿, 小林平八郎以下の護衛, 小林平八郎大須賀次郎右衛門などの住ん, 小林平八郎柳生流の使い手, 小林平八郎様が従き, 小林平八郎殿中小姓の清水一学殿, 小林平八郎笠原七次郎大須賀治右衛門そのほか, 小林庄次郎氏も亡くなつた, 小林に云い表わせ, 小林式パラドックスとなる, 小林弥左衛門様と仰っし, 小林徳三郎が春陽会, 小林徳次郎に逢, 小林忠次氏もこの, 小林房次郎中條家の書生, 小林房雄さんの招待, 小林房雄氏によばれ, 小林政治君大坂から倉田厚子夫人, 小林文吾殿か, 小林新兵衞牧野善兵衞三木佐助の三氏, 小林昌二青年が浅黒い, 小林時計店の鐘, 小林で調査, 小林来り三十日放送の, 小林松井の二少年, 小林林氏などによってこの, 小林林河上佐藤春夫その他を作家, 小林を休七郎氏宅, 小林桂樹のとび, 小林椿岳であるはず, 小林の雛窓太夫, 小林榮さんである, 小林榮太郎なる先生, 小林檢事正の談, 小林權太夫殿へお, 小林が来り, 小林正子の彼女, 小林正来訪鳥の山, 小林正氏もわたし, 小林母子が臭い, 小林氏お待ち下さい今日, 小林氏らとともに奈良田部落, 小林氏フォールスタッフを日本, 小林氏曰く僕も積極案, 小林氏来訪十時頃まで話す, 小林氏自身を相手, 小林民部より承り, 小林民部太夫あり, 小林民部権太輔両人遠島の命, 小林民部輔様や同家, 小林濯がある, 小林永濯は南蛮渡り, 小林永濯小林清親の以後, 小林河上中島健蔵嘉村礒多ほか, 小林河上佐藤春夫室生犀星等同じです, 小林河上氏等はその, 小林河上青山については記憶, 小林法雲の氣合術, 小林之輔君, 小林深田久彌達と何時, 小林清親門の逸足, 小林源蔵氏だつた, 小林独り止まりしが, 小林之介福由和寿蔵太田重十郎原金次郎手島伊勢松麦倉岩次郎野口春蔵などが, 小林玄梯と云う, 小林玄端父は玄瑞, 小林理右衛門行秀林与左衛門正定, 小林瑞周軒竜門寺黒坂備中守等大将分多く討死した, 小林瑞周軒魚住左衛門尉を先頭, 小林田川は対抗, 小林町行乞もう文, 小林直八玉井彦三などの旗本精兵, 小林真平ソノ時代, 小林真船千田三氏の文章, 小林社長夫人がゐた, 小林祐三ほかに俗事役, 小林秀三っていう墓, 小林秀三氏の日記, 小林秀雄らの提唱, 小林秀雄一人が物, 小林秀雄両氏などの説, 小林秀雄中島健蔵今日出海の諸兄, 小林秀雄中島健蔵河上徹太郎かう顔ぶれ, 小林秀雄今日出海両君とゴルフ対戦, 小林秀雄保田与重郎等の日本ロマンチストたち, 小林秀雄個人の問題, 小林秀雄君とに私, 小林秀雄島木健作は馬鹿正直, 小林秀雄師これがフランス象徴派三代, 小林秀雄文芸評論を, 小林秀雄林房雄河上徹太郎横光利一室生犀星氏等のよう, 小林秀雄氏たちに深切, 小林秀雄氏一人あるのみ, 小林秀雄永井龍男両氏に絵, 小林秀雄河上徹太郎はカラミ, 小林秀雄河上徹太郎その他の作家, 小林秀雄河上徹太郎中島健蔵嘉村礒多それに, 小林秀雄河上徹太郎氏その他の同, 小林秀雄河上徹太郎達との新た, 小林秀雄河上徹太郎阿部氏その他日本の新興芸術派, 小林秀雄犀星等芸術上の高邁イスト, 小林秀雄自身である, 小林秀雄論で紙数, 小林秀雄諸氏によってその, 小林端周軒なり, 小林端周軒黒坂備中守などの錚, 小林はこの, 小林米三氏入来俺は早速, 小林米謌という人, 小林美一君の厚意, 小林義信等が西洋, 小林習之進樣母子で, 小林習之進親子がウロウロ, 小林翠子六条千春の四人, 小林は常に, 小林良正山田勝次郎大塚金之助服部之総羽仁五郎それから猪俣津南雄, 小林良正森喜一相川春喜永田広志其の他, 小林良正相川春喜の諸氏, 小林芳雄さんなの, 小林茂八であった, 小林茂八大島染之助, 小林萬吾和田三造外二人の日本人, 小林萬吾石井柏亭両君と一緒, 小林藤太という士族, 小林虎三郎氏の妹, 小林行雄岡崎敬両君の熱心, 小林谷津などの諸君, 小林軍次郎召使惣助同道, 小林軍次郎樣方に中間奉公, 小林軍次郎等列座にて一人, 小林輝次君出征後すでに一年半, 小林輝次君失業せる由, 小林近江等は瀑布, 小林近藤などといふ農場, 小林吉より, 小林邸内のバア, 小林重四郎ハリキリ柳が殺陣, 小林重四郎来訪待たしといて, 小林重道という人, 小林金平の妾, 小林鐘吉氏の研究所, 小林隊長のまえ, 小林隊長かんにんして, 小林雨郊君をつかまへ, 小林静雄氏が見つけ, 小林で汽車, 小林高四郎中村浩山田武の諸氏, 小林龍介両君並びに三秀舎島誠君