青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「弓~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

廻り~ ~廻る 廻る~ 廿~ 弁~ 弁当~ 弁証法~ 弁護士~ ~式 式~
弓~
~引 引~ ~引い 引い~ ~引いた 引いた~ ~引き 引き~ ~引く 引く~

「弓~」 2306, 25ppm, 4677位

▼ 弓~ (648, 28.1%)

24 持って 14 手に 11 引いて 7 張って 6 取って 5 とって, とり上げて, もって, 満月の 4 ひいて, 取りに, 空に

3 [12件] つがえて, ひくこと, ひく者, 取った, 外して, 射て, 射ること, 引き絞って, 引くこと, 持ったまま, 握って, 構えて

2 [47件] あげて, あざみしも, たずさえて, ならべて, はって, ひいたが, ひいても, ひきしぼって, ひくやつ, もった右手, やって, 久吉に, 伏せて, 作って, 側へ, 取りあげて, 取り矢, 右に, 執らざる弓, 射たり, 射るには, 小わきに, 引く, 引くため, 引くという, 引くに, 引くの, 引くよう, 引く心, 引こうと, 張るやら, 弾く人, 彎き, 忘れ果てられたとや, 投げすてて, 投げて, 投げ捨てて, 拵へ, 持たずに, 持つと, 捨てて, 携えて, 横へて, 片手に, 習ったから, 見ると, 逆に

1 [424件] うつて, おくと, おさめたと, おろすなり, お供に, お届け, お引き, お手, かかえて, かけつらね一せい, かけ下, かけ悍馬, かす爺さん, かたえ, かまえおそ, かまえました, ぎゅーっと, ぎりぎりと, こしらえて, こすり, これへ, さがす, さげて, さし入れて, さし向けて, しぼりました, しぼり始めた頃, すぐッ, すてて, たずさえた禁中, たてかけるところ, たばさみ戟, っ, つかまへて, つかみとり一矢, つかんだ, つがえる暇, つけたよう, つらねて, つらね鉄砲, といて, とっては, とりいづ其弓, とるか, とれは, なくし, なげ捨, にぎり太刀, はじめるか, はずし兵器, はなれた矢, ば袋に, ひいた, ひいたとの, ひいたら天下, ひいた逆臣, ひいた逆賊, ひいた離反者, ひかえろ, ひかねば, ひき, ひきしぼり虎, ひきたる皆彼, ひきに, ひき今朝, ひき刃, ひき常に, ひき斎藤家, ひき討手, ひき逆賊, ひくあなた, ひくかっ, ひくならば, ひくの, ひくは, ひくも, ひく故に, ひく料簡, ひく気, ひけと, ひけば, ひっ抱えて, ひねくりまわさない者, ひねること, ふしくれ立った, ふりかざしながら, みつけ, むずと握っ, もたない歎, もち左大臣, もち早く, もったサムライ, もつて, もつほう, もて水手等, やらうと, やりに, やるじゃ, やる者, やろうじゃ, やわらかくゆっくり, ゆるめて, よくいたし, よく引いた, よく引く, よこせ, わざわざ見, わたし傲然, わたす, キリキリと, ポイと, ミツちやんの, 一と, 一人は, 一張ずつ, 一筋に, 一触する, 下水に, 与えたの, 乱射した, 仕掛けて, 何本も, 何處から, 作った木, 作つた材で, 作り, 作り信州飛州, 作り安全, 作り駒形堂, 作る矢, 佩きその, 使つたのは, 傍へ, 入れた袋, 其手に, 切って, 前に, 勇猛の, 動かして, 動かすたび, 動かすだけ, 動かす演奏者, 千ち, 厳かに, 取った自慢話, 取つた, 取り, 取りあげると, 取りしが, 取りなほし, 取りひざまずきて, 取り下ろすと, 取り出して, 取り出しました, 取り持ち天, 取ると, 取るより, 取出しあと二人, 取寄せたり, 取寄せて, 受取りながら, 口に, 叩いて, 同時に使う, 同時に射た, 向うへ, 向けると, 善くする, 地上において, 執って, 執つて相應ずる, 執り, 奪ひ取り, 好むアルテミス, 學ぶものの, 射た, 射たたあ, 射たとき, 射たの, 射た者, 射った, 射てから, 射よと, 射るから, 射るそう, 射るとき, 射るの, 射るよう, 射る其の, 射る法, 射る狩人, 射れば, 射ろ槍, 射弩, 射込む工夫, 導く右手, 届けるよう, 屋敷から, 巧みに, 差伸べて, 市川大介に, 平田三位に, 引いたこと, 引いたとき, 引いたも, 引いた人間, 引いた時, 引いた響, 引いても, 引かう, 引かせては, 引かなくなった, 引かねば, 引かれますの, 引かんこと, 引きあう血みどろ, 引きしぼった, 引きしぼった精一杯, 引きしぼり戟, 引きそ, 引きに, 引きますぞ, 引きますの, 引きます時, 引きヒューッヒューッ, 引き万夫不当, 引き兵書, 引き分, 引き矢, 引き絞った時, 引き絞つて, 引き絞り, 引き絞り狙って, 引き絞り銃眼, 引くなどという, 引くばかり, 引くべし此旨, 引くもん, 引くやう, 引く反逆, 引く名分上, 引く場所, 引く時, 引く時手, 引く業, 引く者, 引けないよう, 引っ奪くる, 引込めたる時, 弛むべし, 弭し, 張っては, 張らう, 張り, 張りすぎないこと, 張りそれ, 張り楯, 張り玉, 張り矢, 張り箭を, 張り終へて, 張る, 張る時, 張る親父, 弾かんとして, 彎いた, 彎きたる, 彎く, 懸けつらね銃口, 懸つらね鉄弓, 懸連ね螺手鼓手, 成し全く, 我の, 手元に, 手早く移動, 払いのけて, 把り, 投げすてた蔦, 投げすてると, 投げつけて, 投げ刀, 投げ捨てた, 投げ捨て剣, 投げ棄てて, 投げ自分, 折り戈, 折り碎き炎, 抛り出して, 抛り出すと, 択って, 抱えて, 押す力, 拂ひのけ, 担って, 拳に, 拵えたりなんか, 拵えて, 拾い矢, 持ちかえた, 持ちそれ, 持ちて, 持ち一名, 持ち出して, 持ち右, 持ち右手, 持ち替えまた, 持ち片手, 持ち直して, 持ち直し矢, 持ち矢, 持ち立派, 持ち込み槍, 持ち近江屋一家, 持ったひとり, 持った一人, 持った権六, 持った演奏者, 持つて, 持つてかの, 持つの, 持つもの鉾, 持て其八十神, 持て参れ, 持出させ念入, 振って, 振り立てて, 振るよう, 挽いた者, 挽いて, 挽くもの, 挽ける毛利家, 捨てた, 捨てると, 捨て何事, 捨て岩石, 授けたり, 掛釘の, 掴んだ, 揃えさせた, 揃えて, 描いて, 提げた忠君愛国, 提げて, 換えて, 握った, 握ったそういう, 握った一人, 握った手指, 握り威儀, 握り片手, 握り鏑矢, 握る, 揮って, 携ふる, 携へて, 擦る右, 攣く, 放つに, 放てば, 杖つい, 棄て, 棚に, 植え並べ濠, 構えたまま静か, 構え暗い, 止めて, 法皇に, 満月と, 潛め霜は, 特に称揚, 用いたらしい, 用いる作法, 用いる習俗, 用ゐず, 留めて, 當てて, 百本射る, 看板に, 祇園の, 秋風來と共に, 稽古し, 穏やかに, 立てかけました, 立てかけ二疋, 立てた, 立てて, 立て並べて, 競って, 箸の, 絞って, 絞つて遠矢, 絞りさらに, 絞りはじめたこと, 置く場所, 習ふ, 耻じた, 肩に, 草の, 袋に, 見つけて, 見ますと, 見る, 試みん, 誰が, 調べ具足, 謂う, 讃める, 負って, 足で, 踏み折りて, 踏ん張って, 蹴った, 軽装に, 返して, 造って, 造る弓削部, 運ぶむき出し, 離さず, 離れた矢, 鞍に, 首に, 鳴らし, 鳴らして, 鳴らす

▼ 弓~ (450, 19.5%)

33 ように 16 弦を 11 やうに 10 折を 7 折れを, 矢を 6 折れで 5 稽古を 4 つるを, 弦が, 折れの

3 [11件] ような, 代りに, 勝負の, 弦の, 折で, 折は, 折れが, 様に, 矢は, 神アポローン, 道具を

2 [31件] いじらしい姿, ごとく, なか筈の, アポローン, 下を, 代えを, 名人に, 名人は, 名將彼, 大神われを, 太しきも, 始末を, 家に, 小手に, 弦で, 弦に, 弦は, 手を, 折にて, 泣いて, 泣き濡れた姿, 涙だ, 涙などと, 満を, 相手で, 矢が, 矢で, 神アポローンに, 素直さが, 試合を, 道場の

1 [248件] あいてに, ある物, いうこと, いまだ, うなり鉄箭, おもち, おれで, お稽古中, かいなづる胸, かわりに, けいこを, こころも, ことについて, ことを, この言葉, ごと, ごとき月, ごとき湾, ごとく曲がり目, さきから, た, ただ中にあたって, ために, たわめる皀莢, つくろいを, つるの, つるみたいに, とりうち, ほうへ, ほうを, むっちりと, むらがりが, やうな, アポローンを, アポローンクリューセーイス求むれ, アポローンクロニオーンの, アポローンペーライエーの, アポローン一の, アポローン共に, アポローン及び, アポローン叫ぶ, アポローン彼に, アポローン彼にもの, アポローン彼の, アポローン神は, アポローン祭る, アポローン追風吹き送る, ウジという, ステツキに, パイオニヤ族導けり, 一せい乱射を, 一矢を, 一部にて, 上で, 上の, 上手, 上手であった, 上手でなけれ, 上手な, 上手を, 下に, 下には, 下の, 両端を, 乱射ときの声油の, 二人も, 二次会相撲の, 仕事で, 仲間に, 修業が, 修業の, 傳授書が, 先が, 先に, 免許状を, 列である, 力窮まり尽く, 力雲の, 千段を, 危うくも, 取りよう, 右に, 名人, 名人だ, 名人で, 名人である, 名人でした, 名人と, 名人な, 名將, 名手が, 名手で, 名手であり, 名手です, 問題に, 四人であった, 四人は, 圧力や, 場合だ, 塵なら, 声かっかっと, 声が, 声戞, 外にも, 大将やもめだ, 大試合, 如, 如く顏, 姿を, 子が, 客は, 家, 家よ, 寂寥を, 対手と, 射放つもの, 射競べ, 工合が, 工合を, 左から, 左より, 差で, 師範, 席には, 幹, 引きようも, 引けないよう, 弦たつまでに, 弦でも, 弦と, 弦など, 弦ばかり, 弦をは, 弦師具足の, 弦音だけが, 形, 形に, 形の, 形左の, 後姿を, 御式, 悲しさ, 手, 手の内と, 手前彼の, 手前言いそびれ, 手前言ひそびれ, 手袋に, 技巧を, 折かなんかで, 折の, 折れも, 折れや, 拷問, 持ちかた, 数, 整理を, 方は, 方へ, 時刻だ, 智慧の, 木村より, 末端, 本弭, 材料なる, 林の, 柳生よ, 根もとに, 様子を, 樣子を, 歌を, 歎き, 武具を, 毛との, 毛にも, 毛を, 毛髪と, 清水, 玩具なんぞ, 畔を, 的, 的場を, 的場兵舎厩なども, 直し, 直しなんか, 直しイ, 直し屋, 直し屋を, 真中を, 矢がと, 矢であった, 矢でした, 矢でなく, 矢と, 矢などは, 矢の, 矢場が, 神の, 神アキルリュウスと, 神アポローンかくも, 神アポローンま, 神アポローン即ち, 神アポローン射る, 神アポローン恐怖の, 神又, 端つこ, 競射ぐらい, 競技が, 競技の, 第一, 筈ち, 絃が, 絃の, 絃打ちを, 絃音凄く, 結って, 結び目と, 練習場が, 美しい顏, 群れへ, 聲が, 腕前は, 腹を, 芸の, 菩提所を, 衆は, 袋や, 装ひ, 製造に, 言を, 言葉などは, 言葉を, 試合で, 試合は, 話を, 身分や, 遊びが, 遊びなどに, 道具類も, 道場に, 道場を, 間まで, 靱という, 音も, 類も, 類を, 馬場で, 鳥を

▼ 弓~ (118, 5.1%)

25 矢を 5 つがえて 3 弦を, 胡桃の 2 つがへて, 中黒の, 仕かけながら, 弦は, 弦張らん, 熱中した, 番えて, 金の, 銀の

1 [64件] いくらかでも, かけちゃ, けちを, した, しづしづと天, して, してからが, しろ矢, たかうす, ただの, つがえながら, つがえ満月, つがへ, つがへた, つる張らんといった, とまりました, なったらそれで, なりかけて, なる, むかって, わななく, 一本の, 二倍も, 代って, 会いたさ, 会わないよう, 似た竹片, 使ふ, 優るもの, 凝ったり, 凝りすぎたといったじゃ, 化し更に, 取副え小松, 孔雀の, 射られて, 射止められて, 少しでも, 川から, 巧みなる, 手を, 會ひた, 有利な, 檠が, 次ぐ新, 毒の, 添えて, 添え冠, 番えました, 白紙の, 白羽の, 秀いでたるかれ, 箭つがえ, 蓬の, 製して, 見えて, 触れなければ, 觸れた, 觸れなけれ, 金, 鍛えを, 鏑矢を, 長い矢, 鬼蔦の, 黒鷲の

▼ 弓~ (117, 5.1%)

2 それを, どうなさる, ようやく乾いた, 久吉に, 二た, 可哀想です, 吃りました, 彼の, 袋に

1 [99件] あっても, いそ, いそいそと, いよよ張り詰め, いるか, きみの, こうス, このごろどう, しっかりと, その女, それとばかり, た, ちゃんと小屋, つよし鏑, とても手, ない, なかった, のしかかるよう, ひき吊ったよう, ひき絞られて, ひとたまり, ほんとうに, みな反れた, もの足りなかった, やがて主, ゐるか, ツイ弁解する, ツイ辯解する, ハジの, パッと, ブンと, 一寸あてが, 一頭の, 三人張の, 三人張り, 両断する, 二つに, 二人張三人張など, 人見新, 伊右衛門に, 体と, 八日頃の, 六国の, 兵家の, 初段を, 利枝の, 半病人, 卑彌呼と, 卒塔婆を, 即ち剣, 取らなければ, 台所から, 固くて, 天才的であった, 女や, 好きでやります, 威たけ高に, 孔子が, 寛仁大度で, 射るとき, 射るもの, 射返すな, 小さかった, 少し弱く, 市九郎が, 市九郎の, 幾度も, 序戦において, 引いたが, 引けない筈, 弱弓矢, 心を, 恐しく強力, 惡くありません, 手から, 持たせても, 持たなかったはず, 持てぬ, 更に軽ら, 木或は, 武家の, 殺された女, 永代続き, 江戸を, 無念で, 無難です, 狂いやすい, 生きたくち, 百度放っ, 知らないが, 竹林派の, 膠を, 自分の, 至って粗末, 藤蔓の, 裾を, 見る見る引き絞られ鏃, 遠い親類, 雪河流の

▼ 弓~ (79, 3.4%)

12 矢を 5 矢とを 2 お仲, 心易く, 槍と, 矢は, 話したの, 話し込んで, 鉄砲

1 [48件] いったかと, いって, うつぼ, しを, なすばかり, もじって, オシラとは, 一しょに, 一緒に, 人とが, 剣と, 劔また, 十二本の, 十本の, 半刻, 名づくる, 四五本の, 壺胡, 弓とを, 弦との, 弦とを, 弦ほどの, 強い矢, 手斧と, 曲げても, 朱柄の, 槍とを, 申しても, 申しまする, 矢が, 矢で, 矢と, 矢の, 矢數とは, 矢筒を, 石弓を, 箭との, 箭を, 箭を以て, 箭筒とを, 胡, 蕪矢を, 言つて十九の, 鉄炮五百挺いずれも, 鉄砲との, 鉄砲どころの, 馬とは, 骨の

▼ 弓~ (78, 3.4%)

4 に住ん

2 [15件] であつ, でしたが, では二棟, にあった, に住む, の一角, の乾物屋, の宇佐美直記, の家, の弓師藤四郎, の方, の旗本, の淋しい, の老人, の雜穀屋

1 [44件] から尋ね, が出来る, きつて, だ繩張違ひだ, では八五郎, とか錦町, とやらむ, にあつ, に住んだ, に向つたこと, に向つたの, に堂々たる, に着く, のあたり, のここら, のとある, の伯父様, の住居, の四方屋, の多良井家, の多良井藏人樣, の大樟, の宇佐美直記樣用人正木吾平, の寄合衆本多帯刀, の屋敷, の廣田利右衞門, の往來, の御, の江南さん, の父, の近く, の通り, の電車通り, は凝, は大弓, へ, へ差かかる, へ差し, へ行, へ飛びました, まで出かけました, まで行, まで行く, を離れ

▼ 弓~ (72, 3.1%)

2 いった, 二た, 始まると, 御好き

1 [64件] あろう, いやと, うまくって, えりの, えりを, おありかね, おいて, きわめて敏感, こういうの, こうで, すでに恐ろしい, そこへ, たかい, たかいの, たずねた, なかった, なくて, ひけぬと, ぴゅっぴゅっと, ぷんと弦鳴り, ほしくて, またたずねた, チヨボに, 一刻でも, 一梃血に, 三張りそれに, 上手かね, 上手で, 上手であった, 下へ, 仁について, 仁者である, 伝手から, 傳手から, 先師に, 匿され, 台所から, 名誉で, 名譽, 問題の, 山犬の, 帰って, 床の, 引けましょう, 役に立たなければ, 御好, 必要である, 急きたてた, 揃って, 擦れ合って, 新月の, 発矢と, 百何十張りも, 相當, 自然に, 至極扱い, 袋に, 触れたよう, 誘ふかろい響, 風呂の, 高くその, 高く灰色, 高く眦, 魯の

▼ 弓~ (43, 1.9%)

2 刀も, 弦を, 鐵砲も

1 [37件] ある山犬, このごろは, どこかへ, なかなか立派, なきに, ひけないもの, もう相当, やはり拙かっ, よく引き, 一度に, 上手です, 二三日の, 何處かへ, 剣道も, 取出せば, 古い乍ら埃, 名人だろう, 射樽, 少しは, 弓隊も, 引けぬに, 引こう血, 張り拡げたま, 御廃, 折れようと, 折れ矢, 数百弦が, 泣いて, 演奏者の, 矢筈も, 箭も, 粛慎の, 肅愼の, 背負って, 鉄鎚も, 飽いたから, 鷹も

▼ 弓~ (39, 1.7%)

2 もって, 射て, 落して, 階下の

1 [31件] お孃さん, ござります, ね, ひくのに, びんびんと, わたしの, オドワカルを, クラドニ板を, ピンと, ブツハキと, 七本の, 二百本ばかり, 冷たくな, 射た, 射たところが, 射たもん, 射ち殺せ, 射とめた, 射るトリック, 射出すわけ, 射殺された, 射飛ばした, 彼女を, 惡戲を, 扱くやう, 指さす方, 海の, 猪猿熊を, 胡弓を, 自分の, 自然の

▼ 弓~ (28, 1.2%)

2 山刀や, 鉄砲で

1 [24件] つて眞中へ, なにかを, はらかき雲, 女も, 射石, 幣束の, 戟に, 棍棒を, 槍を, 火箭を, 猟矢は, 白刃の, 矛を, 矢では, 矢や, 石投機械や, 竹槍や, 義理ある, 落ちたら出る事, 血刀を, 賭剣術が, 鉄砲が, 鉄砲を, 長柄を

▼ 弓~ (24, 1.0%)

3 の音

1 [21件] がかの, との関連, にふれ, に偶然, に耳, に聞き入っ, のおののき, のひ, の形, の音階, まで紐, より琴, をときほぐし, をはりきった如き, をぴん, をふつ, を皆, を絶ち, を鳴らし, を鼠, 響きて

▼ 弓鉄砲~ (24, 1.0%)

1 [24件] だ, だけは立派, などあらゆる, などいちどに, なども入り交じった, など射かけ, に前後, の上, の仕事, の兵, の地, の洗礼, の組下, の者, の足軽小者, も無用, をひ, を取る, を打ちこんだ, を打ち放し, を打放し, を撃ちかけた, を撃ちだした, を浴びせかけた

▼ 弓~ (19, 0.8%)

1 [19件] あり軽, あり鉄槍隊, が一斉, が之, が矢風矢唸り, が雨, こそ廃したれ, だけでなく, などが三段, など四団八列, の上, の弓, はそこ, は散開, また赤柄, も不用, や鉄砲隊, を三団, を持たない

▼ 弓~ (14, 0.6%)

2

1 [12件] が改進党びいき, が遠縁, が高い, とお, と共に木曾福島, と同郷, にもとうとう, は一晩, は何もかも, は半蔵, は早く, もすでに

▼ 弓という~ (11, 0.5%)

2 ものだ, ものは 1 のよ, ものが, ものに, 名も, 定めであった, 手も, 風流人が

▼ 弓~ (11, 0.5%)

3 の頂 1 の, の上, の傍, の壁, の橋脚, の見える, を潜ろう, 悉く碎け

▼ 弓~ (10, 0.4%)

1 いっせいに弦, こんな行列, のなか, の一家士, の列, もいる, もとち, をせん, をつくり, を四町四ほう

▼ 弓から~ (9, 0.4%)

1 こっちへ, ぶんと, 切って, 楊枝を, 矢を, 雜俳小唄三味線の, 離れた矢, 飛ぶ綿, 食つてやらう

▼ 弓でも~ (9, 0.4%)

1 ごらんに, ひいて, やるの, 中で, 始めないかなあ, 射させたく思って, 射よッ, 矢でも, 鉄砲でも

▼ 弓~ (8, 0.3%)

1 たること, と云, と記したれ, の名, の名義, の解釋, はまた, は卑弓

▼ 弓鳴り~ (7, 0.3%)

1 がおこった, が聞え, はその, もしない, や銃声, を発し, を見まもっ

▼ 弓さん~ (6, 0.3%)

2 が側 1 かまだ, がその, が唖, が将軍

▼ 弓太郎~ (6, 0.3%)

1 いく般若寺村橋本, と念者, などと呼ばれ, を残し, を附け, 生る

▼ 弓~ (6, 0.3%)

1 になっ, に曲がる, に沈み, の弧線, の片瀬海邊, をなす

▼ 弓~ (5, 0.2%)

1 がその, のを, よ, よ矢, 昔は

▼ 弓だの~ (5, 0.2%)

1 それから封建時代, 斧だの, 槍だ, 立派な, 鉄砲だの

▼ 弓とを~ (5, 0.2%)

1 しっかりと, もって, 投げ捨てて, 持合う, 結びつけて

▼ 弓なんか~ (5, 0.2%)

1 あの痩せつ, ありやしない, 持ったかが, 本気で, 玩具に

▼ 弓には~ (5, 0.2%)

2 人君の 1 あまり弱い, 作法はねえ, 入らずただ

▼ 弓~ (5, 0.2%)

2 は往来 1 が追, が飛び込む, はじれつたく

▼ 弓~ (5, 0.2%)

1 などを担い, の師範役, の隊伍, を立て, を立て並べ

▼ 弓直し~ (5, 0.2%)

2 の仁田彦十 1 の彦十, は立ち止っ, や具足

▼ 弓~ (4, 0.2%)

1 なにかで, へらぬひと, へらぬ旅, 長刀の

▼ 弓かけ~ (4, 0.2%)

2 の松, 松の

▼ 弓との~ (4, 0.2%)

1 ような, 中だった, 共に, 話は

▼ 弓にも~ (4, 0.2%)

1 おなじ感を, 品々ある, 彼は, 等しい

▼ 弓より~ (4, 0.2%)

1 三つ年下の, 三の, 生るその, 離れたる箭

▼ 弓呼素~ (4, 0.2%)

1 となしし, と曰, と爲す, と讀み

▼ 弓~ (4, 0.2%)

1 っていうの, に見せ, の家名, または公卿

▼ 弓張り~ (4, 0.2%)

1 だった, ぬ, の月, や手丸提燈

▼ 弓~ (4, 0.2%)

1 が奥, が細君, はする, は註釈

▼ 弓~ (4, 0.2%)

3 の調 1

▼ 弓長屋~ (4, 0.2%)

1 でふたり, にひっそり, の寧子どの, の近く

▼ 弓長柄~ (4, 0.2%)

1 などを燦々, など物々しく, を持ち直し, 大薙刀

▼ 弓ちゃん~ (3, 0.1%)

1 が大変, が近頃, きいて

▼ 弓では~ (3, 0.1%)

1 ないから, 九州でも, 駄目じゃ

▼ 弓といふ~ (3, 0.1%)

1 のは, ものが, 名も

▼ 弓とか~ (3, 0.1%)

1 大きな機構, 申すあの, 百本の

▼ 弓などを~ (3, 0.1%)

1 尊ぶ傾き, 手に, 持って

▼ 弓にばかり~ (3, 0.1%)

2 凝りゃがるんで 1 凝ってるッ

▼ 弓によ~ (3, 0.1%)

2 つて打ち落した 1 つて得た

▼ 弓に対して~ (3, 0.1%)

1 いたたまらないよう, そういった最高, 抑えがたい

▼ 弓~ (3, 0.1%)

1 助其の, 進めこの, 進め用心深い

▼ 弓師左衛門~ (3, 0.1%)

2 の家 1 や忠蔵

▼ 弓~ (3, 0.1%)

2 の清水 1 の調

▼ 弓~ (3, 0.1%)

2 になる 1 となる

▼ 弓町一丁目~ (3, 0.1%)

1 で今度, に借宅, へ小さい

▼ 弓~ (3, 0.1%)

1 と生, を拾い上げよう, を曲がり

▼ 弓自慢~ (3, 0.1%)

1 とみえ, などは甘い, は蔑まれよう

▼ 弓袋山~ (3, 0.1%)

1 から里, へ逃げこみ, へ逃げ籠っ

▼ 弓返り~ (3, 0.1%)

2 の音 1

▼ 弓~ (3, 0.1%)

1 に会い, をもっ, を放て

▼ 弓~ (3, 0.1%)

1 は進み出る, を布い, を船上

▼ 弓~ (2, 0.1%)

2 弓は

▼ 弓そのもの~ (2, 0.1%)

1 にもゆ, は埃

▼ 弓だけ~ (2, 0.1%)

1 であったならば, 間を

▼ 弓であっ~ (2, 0.1%)

1 たりした, ても大弓

▼ 弓とも~ (2, 0.1%)

1 いう半弓型, よろしく申しました

▼ 弓など~ (2, 0.1%)

1 射るより, 雨の

▼ 弓なら~ (2, 0.1%)

1 あんなに汚, 俺は

▼ 弓にかけて~ (2, 0.1%)

1 名誉な, 矢でも

▼ 弓にて~ (2, 0.1%)

1 これを, 怪しきもの

▼ 弓~ (2, 0.1%)

1 弓つき弓, 弓つき弓と

▼ 弓よりは~ (2, 0.1%)

1 お光, 的確に

▼ 弓をも~ (2, 0.1%)

1 キタラをも, 鳴らす

▼ 弓二十張~ (2, 0.1%)

1 がある, そのほか徒士武者一団

▼ 弓~ (2, 0.1%)

1 にあの, の家筋

▼ 弓伏せ~ (2, 0.1%)

1 て植えおき, て植ゑおき

▼ 弓~ (2, 0.1%)

1 の中, や矛倉

▼ 弓及び~ (2, 0.1%)

1 矢と, 絃を

▼ 弓~ (2, 0.1%)

1 は宿賃, を取り出し

▼ 弓~ (2, 0.1%)

2 孔雀坐

▼ 弓太刀~ (2, 0.1%)

1 の表芸以上, をはい

▼ 弓夫ら~ (2, 0.1%)

1 に言った, の話

▼ 弓射る~ (2, 0.1%)

1 事も, 者の

▼ 弓小屋~ (2, 0.1%)

1 があり, の裏

▼ 弓屋敷~ (2, 0.1%)

1 の不思議, の矢声

▼ 弓師親子~ (2, 0.1%)

2 も参りたる

▼ 弓~ (2, 0.1%)

2 の汚らしい

▼ 弓折れ~ (2, 0.1%)

1 て矢, 箭尽く

▼ 弓~ (2, 0.1%)

1 は北の方, も秩序

▼ 弓~ (2, 0.1%)

1 とるますら, を左手

▼ 弓槍ナギナタ~ (2, 0.1%)

1 に腕, のほか

▼ 弓~ (2, 0.1%)

1 と申されまする, へ

▼ 弓石砲~ (2, 0.1%)

1 をならべ, を懸連ね

▼ 弓籠手~ (2, 0.1%)

1 をつける, を持っ

▼ 弓~ (2, 0.1%)

1 にし, の上

▼ 弓腰姫~ (2, 0.1%)

1 であった, というの

▼ 弓自身~ (2, 0.1%)

1 にし, にとってはどう

▼ 弓~ (2, 0.1%)

1 を持った, を解き

▼ 弓~ (2, 0.1%)

1 のそ, の全面

▼ 弓鉄砲組~ (2, 0.1%)

1 をあわせ, をうしろ

▼ 弓~ (2, 0.1%)

2 の類

▼ 弓高く~ (2, 0.1%)

1 張り, 張る

▼ 弓黒塗り~ (2, 0.1%)

2 の箙

▼1* [241件]

あげて, 弓あげむちうてるオヂュシュウスとも, 弓あっていずれ, 弓あらば, 弓あるも武力, 弓あればこれ, 弓いづこ, 弓いるさの, 弓かとひくく撓みぬ, 弓かなんかで飛ばすよう, 弓がはづれまして雀や, 弓くらいの価値に, 弓ぐらいひかずに, 弓ぐるみガラリと, 弓こそはさはに, 弓へ絶え, 弓さえ絶えて, 弓さん變な事, 弓それから薄い, 弓それからカチュウシャの, 弓たかく手握り持たし, 弓だに持たさば, 弓やうまく, 弓つき弓とし, 弓づるを離れた, 弓であり楯であり, 弓であるために, 弓ですわねトン, 弓とが一つの, 弓とともに橋架の, 弓とりて隨, 弓とりでさえもその, 弓とりの姿を原, 弓と共に側へ, 弓どのよくご, 弓なき面に, 弓なして丸く, 弓なぞを始めたん, 弓などとならび称せられ自分, 弓などにもやはり同, 弓などは余り役立たぬ, 弓なるを知らず, 弓なんぞよしやがれ, 弓なんてなにする, 弓にかけてもたしかな, 弓になつてゐ, 弓に対する蔭口は, 弓に関する知識は, 弓はってきみランニングも, 弓はをさめつ, 弓ばかりでは, 弓ばかりじゃ叶わぬ世の中, 弓けどひかね, 弓ひいてひとしれず, 弓矢つがえ, 弓へと刺し通る, 弓へぼ矢返らぬと, 弓ほどの役にも, 弓まで袋に, 弓もて射ん的, 弓やなぐいすねあて, 弓刀よと, 弓よりも猶腰, 弓らしいものも, 弓を以て己に, 弓を通じてあたかも楽器, 弓イケマの小, 弓デリアの帶, 弓ト書シタルモノナラン卑呼彌呼ハ彦御子ニテ, 弓ナク御辺, 弓ハマ矢と称し, 弓日子ト讀ミテ, 弓ヲ調ベ矢ヲ矯ム, 弓一尺ぢかい鋭い, 弓一度に引き得べく, 弓一打うてば, 弓一筋の家, 弓一篇は礼記, 弓一面から鉄砲, 弓七尺五寸叢重籐, 弓三人槍三人の人数, 弓上ふり起し射つる矢, 弓下手にもまぐれあたり, 弓二張矢は箙, 弓五張を並べ, 弓五百人三間半の長い, 弓五馬の六泳ぎ, 弓亡きかずに, 弓以上果し合いにはなおさら, 弓仲間は勇ん, 弓作法おごそかにすます, 弓修業に賭物, 弓と書いたら, 弓八氏ブラックプリンス引上げに関し若し, 弓や物々しい, 弓の弓, 弓内宴などが終わる, 弓冷えゆきそがためその, 弓刀ニ満ツ, 弓剣術乗馬それに詩, 弓の箭, 弓十張槍十二筋三つ道具二通りその他の諸, 弓に一つ, 弓反りになっ, 弓収まるのたとえ, 弓あり石砲楼, 弓呼トアルニ由リテ日韓古史斷ハ卑彌弓ヲ日子ト讀ミテ, 弓呼ハモト卑呼彌呼トアリケンヲ, 弓呼素不和遣倭, 弓和久朗といふ童話作家, 弓和久朗氏である, 弓の道路, 弓のあった, 弓の加久矢, 弓太く逞しい馬を, 弓夫妻には特別, 弓奉行組同心小頭竹上万太郎は磔, 弓奉行鉄砲奉行使番等数十名の浪士之, 弓女史はひとり, 弓姿勢でタラタラ, 弓字状をなし, 弓の試合, 弓射場にもなっ, 弓小手をつけ, 弓小手太刀を佩き, 弓少し張りすぎて, 弓師六郎左衛門はたしていかなる, 弓師名は六郎左衛門, 弓師皮縫工飾師などが手入れ仕事, 弓師藤四郎続いては, 弓師藤四郎奥村八郎右衛門はじめ御老中方, 弓師藤四郎奧村八郎右衞門はじめ御老中方, 弓師藤四郎續いては, 弓師鎧師などすべて武具, 弓師馬具師のたぐい, 弓やつて, 弓引つづいて商ひも, 弓を手, 弓弩槍刀もすべて, 弓弩皆還って, 弓弭輝りわ, 弓張り提灯をつけ, 弓張り月の, 弓張る幸先に, 弓強きアポローン嚇し叱り, 弓かむ, 弓装束御, 弓忽チ見ル一楼上人影紙障ニ, 弓の央, 弓持たせて龍ノ口木戸, 弓持とて竹, 弓持一人と的持, 弓持一番に立帰り, 弓持棺を覆い来, 弓擦る音の, 弓方鎗方を段々, 弓既に折れ箭, 弓有り弓有れ, 弓有れば絃, 弓木弓短下長上竹箭或鐵鏃, 弓の弓, 弓や差矢, 弓構えとって, 弓槍刀銃を嗜まざる, 弓槍劍人に後れ, 弓槍捕縄などおもいおもい, 弓槍頭などへも洩れなき, 弓槍馬技に長, 弓横綱肖像等にし, 弓多摂, 弓油絵雑誌その他が古ぼけ, 弓の洲崎, 弓滿月の如く, 弓火弓など雨, 弓為季氏宰問政子曰, 弓熊手槍棒などであった, 弓片手にヴァイオリン, 弓状硬直でも見る, 弓は悉く, 弓百張長柄五百本槍三百本具足二百領其他とある, 弓百挺槍百筋を押立, 弓鹿児矢たばさみ, 弓をたずさえる, 弓矛長柄などもおびただしい, 弓をつが, 弓矢鎗長刀太刀など思い思い, 弓短下長上竹箭或鐵鏃, 弓に懸けね, 弓石火箭などの技術, 弓石鉄砲の雨, 弓で射殺, 弓負笈, 弓納めらる, 弓組与力の松下, 弓組鉄砲組をひきつれ, 弓振り立てて, 弓するに, 弓を卸し, 弓落ちぬ斯くと, 弓蔵近くの桜, 弓薙刀一流に達し, 弓藺籃の以外, 弓言論に秀でた, 弓かに單騎, 弓起き臥し我が身馴れ, 弓足軽三十人槍足軽三百人鉄砲足軽七十人残りが小者, 弓達者が掃く, 弓遵遣建中校尉梯儁等奉詔書印綬, 弓はわずか, 弓野あたりでも焼かれ, 弓野屋の二階, 弓鉄砲抔が立掛, 弓鉄砲昨日に変る, 弓鉄砲棒の芸, 弓鉄砲槍の者, 弓鉄砲頭鳥井四郎左衛門上坂源之丞, 弓鉄胞の者, 弓なぞを想像, 弓鎖鎌見れば, 弓鎗すべて軍中のいでたち, 弓長刀を持った, 弓長刀刀鉄砲兜軍配団扇のたぐい, 弓長太刀それぞれの部将, 弓長屋以上ここは隣近所, 弓長巻刀などの揃い, 弓隊東北よりは夏侯惇, 弓隊槍隊武者隊とつづき, 弓隊長弓削某と云う, 弓雄等が, 弓雜俳から茶屋遊び, 弓雪窓がこの, 弓須磨生女史とその, 弓ご近習目付等々, 弓頭以上緒戦の功, 弓など盛岡中学, 弓馬刀槍となん, 弓驟雨一過南風冷を送り, 弓高らかに鳴りひびき, 弓のする, 弓鳴らすアポローン, 弓麿の許