青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「廿~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

建設~ 廻~ ~廻し 廻し~ ~廻っ 廻っ~ ~廻り 廻り~ ~廻る 廻る~
廿~
弁~ 弁当~ 弁証法~ 弁護士~ ~式 式~ 弓~ ~引 引~ ~引い

「廿~」 1398, 15ppm, 7421位

▼ 廿一日~ (43, 3.1%)

3 の夜 2 の條

1 [38件] お泊番, から読売新聞紙上, が神田, だから, であつ, で以後二十年間, と書く, なり, には三の丸, には即位礼, には参謀本部附, には眞鍋, に三十歳, に中村憲吉君, に主人飯島平左衞門, に伴さん, に公, に大坂表, に山陽, に棠軒, に正, に福山藩主阿部正桓, に行つて, のゆう, の事, の午前十時, の午過ぎ, の卯, の暁天, の朝, の茶会, の雨, は暮れた, より同, 之処, 其の時, 広い森林, 恐ろしくむし暑い

▼ 廿~ (42, 3.0%)

2 にセーラム, の程

1 [38件] あまりいく, が団十郎, といふ, となる, にさ, になつ, には愈, に池震動, に海, に第, に至つて松倉藩, のこと, の刊行, の日附, の曉, の月, の月面かげ, の條, の條實朝大江廣元, の間, の黄昏時, はかかる, は千束神社, ばかりは歸つて來, ばかりぼんやり, へにけり, までに出来る, までに芝, も不快, も帰らぬ, も無事平穏, より傷寒論講釈相始候処, より六十日, より同, 再び左千夫氏, 前知事様方々様東京, 漸くいぶせき, 迄は休みます

▼ 廿~ (41, 2.9%)

3 の時 2 になる, までの間

1 [34件] ぐらいの時分, だが, であった末, でおとなしやか, ですが, で行くゆく, といふ年, とは違, にしき, になっ, にならない, にもなる, にも近から, にも達しない, に近い, のいた, のお, の千代, の年, の昔, の春, の秋, の青年, の頃, ばかりの中形美人, ばかりの可愛い, ばかりの娘, までの心から, より卅歳位, を一つ, を二ツ三ツ, を越え, を越えた, 少し過ぎ

▼ 廿七日~ (32, 2.3%)

1 [32件] かに大山, から風邪気味, か廿八日ごろ, だと, には十四, には敦賀, には東京青山, には紫宸殿, に大, に帰らね, に至っ, のプレジデント・フウヴァー号, の供奉人, の出来事, の午前六時半ごろ, の巳, の怪事件, の戌, の所, の日附, の朝, の生活記録, の禁令, まで生存, より同, 仮馬舎, 又謁ス, 始めて天気, 引き越します, 第三回登山者, 迄日々心, 迄香宗様

▼ 廿~ (30, 2.1%)

4 も前 2 の, の後, の昔

1 [20件] から廿五年, から東京, かれこれの, が更に尚, くらいかかります, たったの, とは下らない, になります, にもなる, に一度, に三歳, の九月七日, の末, の育て, の間, ばかり前, ほどの内, もすれ, をその, 早く生れ過ぎた

▼ 廿九日~ (29, 2.1%)

2 の午前, の午前十一時ごろ, の條

1 [23件] その日, だと, だとか, だとかの, だよ, には確か, に又, に来る, に父, に生れ, に産み落しました, のころ, のよし, の堺, の夕, の夜, の日曜, の早朝新宿駅中央線プラットフォーム, の空, はいい, はただ, 暮れて, 迄記事

▼ 廿八日~ (29, 2.1%)

2 だとか

1 [27件] かとよ風, からだ, から八月廿八日, けふも, であった, とある, なるが, にはもう, には暴風雨, にオザ, に始, に歿, に終る, のこと, の夜, の晩, の祝い日, の薬研堀, はその, は午食前, は夜ぢ, までをいつた, よもすがら雨, よりわづら, より病床, 又一出征, 御広間番

▼ 廿三日~ (27, 1.9%)

1 [27件] から三日間, には会津城, には隠れ家, に歿, に永逝, に頼山陽物故, の, のあかつき, のおなじ, のくだり, のに九大, ののちナリ, の夜, の昼, の朝刊社会面, の條, の火曜日, までお, まで日中, も御, より出勤, より廿九日, 之夜, 何気なく某紙夕刊, 御宛介十二石, 御能有, 迄ばつ文

▼ 廿五日~ (26, 1.9%)

1 [26件] かも知れず, で真暗, と二, と云, には二の丸, には意識, にまだ, にも参上つたの, に倉持, に十月創刊号, に女児出産魔子, に細野君, の出版, の午前何時, の午後二時, の夕, の夜, の夜半, の宵, の尻, の巳, の條, より廿七日, 初七日, 即ち今日, 続て

▼ 廿四日~ (26, 1.9%)

2 のこと, の月

1 [22件] から廿七八日, でずっと, にお, には参籠, には大かた帰宅可, に帝国ホテル, に進駐軍, の予算会議, の夕, の大雨, の愛宕, の晩景, の朝, の条, は果敢なく, ふと出, までは記者, よりほ, を以て六十八歳, 与立夫魯直酔梅家弟柏軒, 到関駅, 御発駕

▼ 廿二日~ (25, 1.8%)

2 の朝

1 [23件] から五日間, だが, だつたこと, には堀久太郎どの, に七十二歳, に死去, に江戸, に福山, に至る, の, のあさ, の下, の会合, の午前三時, の午後一時半頃, の夜芝赤羽根勝手ヶ原中根兵藏方, の新聞, の條, の深更, は四十九日, よんべの, を待ち, 到桑名駅

▼ 廿~ (23, 1.6%)

3 の年

1 [20件] だそう, だったの, でございます, です, ですねと, でクッキリ, で実家, で年, で本来, で美女, とかいう話, とは同君, に成っ, ねお, の修行, の政海, の新しい, の春, の歳, の秋

▼ 廿六日~ (18, 1.3%)

3 の條 2 の日記

1 [13件] その日, である, の事, の午前九時, の夜, の朝, の朝看護婦, は, は午, は暮れた, まことにやあらむ, 大日本聯合青年団, 第二議会

▼ 廿五年~ (13, 0.9%)

2 の御

1 [11件] といふ長い, になった, に十六, の久し振り, の年始, の春ごろ, の正月, の歳月, の祝典, の祝賀会, 即ち牡牛

▼ 廿四五~ (13, 0.9%)

1 [13件] かな私, だった色白, で器量, で母, で顔付き, としか見えない, のまだ, の品, の男, の若い, の野生的, の青年, の頃

▼ 廿世紀~ (12, 0.9%)

1 [12件] のこの, のジャーナリスト, の今日交通, の写実, の守護神, の工業, の日本人, の生々し, の社交界, の神, の頭上, は横

▼ 廿~ (12, 0.9%)

1 [12件] か, と時, と経たない, に発したる, に築地小田原町, の後, の後車, の東京見物, ほど休憩, までに安全確実, まで一度, も経つ

▼ 廿一年~ (11, 0.8%)

2 の冬 1 であつ, には七百八十七人, には末松, に妻, の五月廿五日, の平川村, の春, より開発, 暮らしたの

▼ 廿四時間~ (11, 0.8%)

2 で地球, の政治生活 1 で場所, で太陽, で自分, で西, に一回地球, の大, を六十時間位

▼ 廿三年~ (10, 0.7%)

1 には十六歳, には妻子, に参事官, に至る, の七月, の作, の冬, の秋, の間, は恐く

▼ 廿二年~ (10, 0.7%)

1 と廿九年, と廿六年, には暑中休暇, に出来る, の十二月, の条, の秋, の間, の頃久松家, を北

▼ 廿五六~ (10, 0.7%)

2 なる若 1 ではない, で女, にもなっ, にもなりませう, の優男, の書生, の男, の青年

▼ 廿五歳~ (10, 0.7%)

2 の青年 1 で出, になった, になり, に達し, の時, の武士, まで生きのびた, を一期

▼ 廿~ (10, 0.7%)

1 であつ, でさね, ですつて, で眼, といふ今, とか云つて, になる, の今日, までを育てしや, 長二十

▼ 廿日鼠~ (10, 0.7%)

2 のよう 1 かなんかいる, がたくさん, だ, といふあだな, のやう, の如く, はすばやい, はたまげた

▼ 廿~ (9, 0.6%)

2 の春 1 であった, とか聞けり, と云, のとき, の娘, の年, の彼女

▼ 廿二三~ (9, 0.6%)

1 だが, だと, でちょうど, でもあった, で半, にしか見えない, の今様づくり, の婢, の身体つき

▼ 廿~ (8, 0.6%)

1 い, この袷, それは, だ早く, の事, も貸そう, を持っ, 上げよう騙ったと

▼ 廿~ (8, 0.6%)

2 だな 1 だから, だもの, です, の春, の暮, の若者何

▼ 廿~ (7, 0.5%)

1 いたづら, 事なら, 少年許りだつた, 年に, 日上梓した, 聲を, 金を

▼ 廿~ (7, 0.5%)

1 だそう, だとか, で死ん, とか丈, に成んだ, を最期, 一度跳ら

▼ 廿~ (7, 0.5%)

1 かなさ, だと, である, で本所, にも成つて金鍔位ぢ, の彼, の時黒川

▼ 廿一二~ (6, 0.4%)

1 でございましょう色, になる, のこうこう, の少年, の美しき, の芸妓

▼ 廿七八~ (6, 0.4%)

1 かとも思われる, か三十前後, でもありましょう, の世帯, の眉, まだ三十

▼ 廿七年~ (6, 0.4%)

1 に質問, の六月九日, の十一月, の洪水, を今, を経

▼ 廿三歳~ (6, 0.4%)

2 になる, の時 1 になつ, の豊麗

▼ 廿六年~ (6, 0.4%)

1 と両度, にどうも, の十二月, の卒業, の夏, まで続ける

▼ 廿~ (6, 0.4%)

1 か卅枚, しかありません, しかない, ばかりへ隙間, 以上の, 綴りで

▼ 廿二歳~ (5, 0.4%)

1 になっ, のおり, の晩秋, の正子, 殊に可愛い

▼ 廿~ (5, 0.4%)

1 が附属, もみな, も乗れる, 引きつれて, 程で島

▼ 廿~ (5, 0.4%)

1 から廿五円, だとの, と云, ばかしの原稿料, を越した

▼ 廿四年~ (5, 0.4%)

1 が最初, で其時, の六月, の秋, の質問

▼ 廿年前~ (5, 0.4%)

1 からあった, であります, には繁昌, の若い, までは村一番

▼ 廿九年~ (4, 0.3%)

1 であつ, のスウェン・ヘディン, の兩度, までの六年間

▼ 廿~ (4, 0.3%)

1 になった, の女, まで育て, を過ぎ

▼ 廿余年~ (4, 0.3%)

1 の人生行路, の御高, の歳月, を何楽しみ

▼ 廿八歳~ (4, 0.3%)

1 で妻, にし, の歌人, まで霊肉一致

▼ 廿六七~ (4, 0.3%)

1 その二人, その二人の, なる怜悧, にも成りましょう

▼ 廿年代~ (4, 0.3%)

1 で西洋医学, のこと, の東京, まで八厘

▼ 廿年頃~ (4, 0.3%)

1 から紅葉山人, には全く, に民間, のやう

▼ 廿~ (4, 0.3%)

1 にとりかこむ, にとりまい, にとりまいた, に縛められた

▼ 廿~ (4, 0.3%)

1 が緑, も出すやろ, 借が, 出したら一銭銅貨

▼ 廿~ (3, 0.2%)

1 なり二十, 四五それとも, 成つ

▼ 廿~ (3, 0.2%)

1 なったって, なるまいと, 成るもの

▼ 廿ばかり~ (3, 0.2%)

1 出した, 烈々として, 烈烈として

▼ 廿~ (3, 0.2%)

1 一越た, 越したばかりの, 過ぎて

▼ 廿一人~ (3, 0.2%)

1 がその, では, は結束

▼ 廿三日夜~ (3, 0.2%)

1 のこと, のなん, より廿四日

▼ 廿二三歳~ (3, 0.2%)

1 で南洋, の町人風, の農家

▼ 廿五番地~ (3, 0.2%)

1 であった, の四階, は内藤何

▼ 廿~ (3, 0.2%)

1 から就職, で潰れつ, な一人

▼ 廿八号~ (3, 0.2%)

1 で語られ, と共に和紙, 及び

▼ 廿八年~ (3, 0.2%)

1 の一月, の二月, の五月

▼ 廿四孝~ (3, 0.2%)

1 が掘り出したであろう, の中, の孟宗

▼ 廿日正月~ (3, 0.2%)

1 という其の, の晩, までにお

▼ 廿有余年~ (3, 0.2%)

1 の昔, を経た, 前壊滅

▼ 廿~ (3, 0.2%)

1 ばかり参ります, ほども遅れ, もある

▼ 廿~ (2, 0.1%)

2 てさえ

▼ 廿にも~ (2, 0.1%)

1 なって, ならなかつた

▼ 廿ばかりの~ (2, 0.1%)

1 女が, 婢が

▼ 廿一二年~ (2, 0.1%)

1 から日露戦争, の頃足尾銅山附近

▼ 廿一二歳~ (2, 0.1%)

1 の遊女, の頃

▼ 廿一歳~ (2, 0.1%)

1 の兵隊検査, の若者

▼ 廿一羽~ (2, 0.1%)

1 になつたの, の鴨

▼ 廿七日頃~ (2, 0.1%)

2 に於

▼ 廿万円~ (2, 0.1%)

1 の使い方, の火災保険

▼ 廿三坂~ (2, 0.1%)

1 か白河, 越えて

▼ 廿三夜~ (2, 0.1%)

1 などには村, の月

▼ 廿三日卯時~ (2, 0.1%)

1 に発す, 発す

▼ 廿三首~ (2, 0.1%)

1 の短歌, は舎人等

▼ 廿~ (2, 0.1%)

1 に成ります, 痩せ姿

▼ 廿九日卯時~ (2, 0.1%)

1 に発す, 発す

▼ 廿九日己巳雨~ (2, 0.1%)

2 降る将軍家

▼ 廿九歳~ (2, 0.1%)

1 で後家, の時

▼ 廿二三年~ (2, 0.1%)

1 のころ, も前

▼ 廿二三年ごろ~ (2, 0.1%)

1 には馬, に死んだ

▼ 廿二年頃~ (2, 0.1%)

1 から久松家, で松羅玉液

▼ 廿五人~ (2, 0.1%)

1 ばかり岩村氏, もいます

▼ 廿五六年~ (2, 0.1%)

1 のころ, もたつ

▼ 廿五日卯時~ (2, 0.1%)

1 に発す, 発す

▼ 廿五菩薩來迎圖~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ 廿五菩薩来迎図~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ 廿人位~ (2, 0.1%)

1 あつた, のお客

▼ 廿余円~ (2, 0.1%)

1 である, もあつ

▼ 廿~ (2, 0.1%)

1 になり, の出産の

▼ 廿八九~ (2, 0.1%)

1 の娘, の色白

▼ 廿八時間~ (2, 0.1%)

1 に働い, に働く

▼ 廿六七歳~ (2, 0.1%)

1 だった, の獨身

▼ 廿六人~ (2, 0.1%)

1 の, の水夫

▼ 廿六分~ (2, 0.1%)

1 きつかりに, に波久礼駅

▼ 廿六日卯時~ (2, 0.1%)

1 に発す, 発す

▼ 廿分間~ (2, 0.1%)

1 で素人, ばかりあれ

▼ 廿前後~ (2, 0.1%)

2 の人

▼ 廿~ (2, 0.1%)

1 三祀, 五祀

▼ 廿四ヶ所~ (2, 0.1%)

1 の地面持, も持ち

▼ 廿四名~ (2, 0.1%)

1 の陸戰隊員, は今朝

▼ 廿四歳~ (2, 0.1%)

2 の青年

▼ 廿四錢~ (2, 0.1%)

1 でい, の泊り

▼ 廿~ (2, 0.1%)

1 のどこ, を置い

▼ 廿年正月~ (2, 0.1%)

1 とはなつ, に同時に

▼ 廿年近く~ (2, 0.1%)

1 の歳月, も前

▼ 廿日あまり~ (2, 0.1%)

1 の月, を浸っ

▼ 廿日ねずみ~ (2, 0.1%)

2 と人間

▼ 廿日夜上弦~ (2, 0.1%)

2 の月

▼ 廿日過ぎ~ (2, 0.1%)

1 から又, にしかばやうやう

▼ 廿歳前~ (2, 0.1%)

1 で元気一杯, らしき金鈕

▼ 廿~ (2, 0.1%)

1 ばかりありやす, ばかりなる

▼ 廿~ (2, 0.1%)

1 とある, もあつ

▼ 廿~ (2, 0.1%)

1 かりて, 持って

▼1* [574件]

廿二十一な, 廿ぐらいの妻君を, 廿そこそこの, 廿なりし当時の, 廿までいる間, 廿三十の, 廿セントまでする, 廿一人囲次は十八人囲, 廿一年七月十五日にはかの, 廿一年三月のこと, 廿一年五月の千歳座, 廿一年以前を春の, 廿一年十一月十二日で今, 廿一年晩夏八月十一日葛飾の新屋, 廿一年神農の像, 廿一年紀元節の憲法発布式, 廿一年頃は笄山, 廿一日ごろと決した, 廿一日五更発す, 廿一日代官本間九郎右衛門と林兵左衛門, 廿一日午後一時枯川の入獄, 廿一日午後無事シヤトルに上陸, 廿一日卯の時, 廿一日卯時に発す, 廿一日参内其朝大久保尹君に論じ, 廿一日堺兄は幼児, 廿一日壬戌和田平太胤長の女子, 廿一日夕七時ごろ古実君との問答, 廿一日夕男子出生名棠助, 廿一日夜雪ふりて深, 廿一日寿は五十六, 廿一日己未晴, 廿一日常陸の国, 廿一日戊申将軍家三浦三崎に渡御, 廿一日戊申晴巳剋鷺御所の西侍, 廿一日朝赤彦君は首, 廿一日東京より長文, 廿一日東京発八月十八日福山著廿四日執政を罷め, 廿一日梅女岡西へ嫁, 廿一日殿様お泊番, 廿一日熱嘔脈数椿庭診柏軒, 廿一日癸巳陰京都の使者, 廿一日癸酉の日, 廿一日目の満願, 廿一日石部廿二日土山に著, 廿一日私儀新規被召出候, 廿一日辛酉晴午剋忠綱朝臣件の御, 廿一歳ごろまでであろう, 廿一歳森氏を娶る, 廿一王記さざる五十九王, 廿一町廿三間男体山より女体山, 廿七八年は質問, 廿七八年ごろだったかな, 廿七八年頃から小作人, 廿七八日迄の間, 廿七八日ごろになる, 廿七八歳先生の代, 廿七匹の猟犬, 廿七号を終刊, 廿七吉祿を望ん, 廿七年二月のある, 廿七年五月のかと思ふ, 廿七年來誠に融通, 廿七年十一月から郡吏, 廿七日丁卯晴陰将軍家大将に任, 廿七日丁巳和田左衛門尉義盛上総の国司所望, 廿七日丙午晴将軍家御不例, 廿七日初雪あり, 廿七日前文之通周安, 廿七日午前九時四十五分である, 廿七日午前十時半から刈谷, 廿七日卯時に発す, 廿七日土曜日の有, 廿七日城山に上り, 廿七日城山西南麓に於, 廿七日夜おそく手紙, 廿七日大津より浦戸, 廿七日悴良安明廿八日初而御目見被相請候, 廿七日戊寅霽宮内兵衛尉公氏将軍家の御, 廿七日戍尅供養之時如夢兮白犬見御傍之後, 廿七日房州那古の濱, 廿七日故郷の妹, 廿七日敦賀に御宿, 廿七日暁より雨大, 廿七日朝五ツ前高柳使来ル, 廿七日朝五時母上御卒去, 廿七日條に, 廿七日炎天下を私, 廿七日熱田神宮御親謁, 廿七日父富造翁死去の電報, 廿七日甲午霽夜に入, 廿七日甲辰去る元年五月亡卒, 廿七日英国水師提督に対面, 廿七日補文部省十等出仕爾後或入, 廿七日辛亥霽寅剋大地震今朝日に光陰無し, 廿七日近頃になく, 廿七日鉱毒防禦工事命令書が鉱業人古河市兵衛, 廿七日閑院遷幸今夜即ち造営, 廿七日願之通勝手次第と平助殿, 廿七日風吹き浪, 廿七条には日本臣民, 廿七歳のとき, 廿七葉の小, 廿七里を日, 廿七錢にまけ, 廿七間しかない, 廿万坪の内, 廿万坪買収の一件, 廿三ヶ村ありて, 廿三匁二分だからな, 廿三号の表紙, 廿三四の小, 廿三四位としか見えない, 廿三四妙子になる, 廿三四年の事, 廿三四日頃からやはり, 廿三坂七つ目で, 廿三年ごろからぼつぼつ, 廿三年三月上旬一男子を挙ぐ, 廿三年三月廿五日発行の第, 廿三年二月廿三日夜より廿四日, 廿三年前に出た, 廿三年四月廿一日茨城県結城郡蚕飼村の観音堂, 廿三年頃憲法発布祭日の追憶, 廿三才の誕生日, 廿三日ハ乙丑ノ九月ナリ校正者識, 廿三日僕等友人が皆, 廿三日八つ比に何かと, 廿三日八木の康教, 廿三日出帆ニ相成候, 廿三日厄介女梅事此度自分養女に致し, 廿三日同所え留守居共, 廿三日和田岬に来り, 廿三日壬戌新造の御所, 廿三日夕七つ前迄五郎子, 廿三日夜伏水ニ一宿仕候所, 廿三日夜八ツ時半頃なりしが, 廿三日夜十一時頃備後鞆の近, 廿三日小倉から, 廿三日小地震三月八日亦小, 廿三日左之願書相, 廿三日己丑天晴京極侍従三位相伝の私, 廿三日府下芝区三田慶応義塾邸内演説館において同, 廿三日御談御用御座候所長病に付名代山田玄升, 廿三日微雨廿四日廿五日続て, 廿三日日てりて, 廿三日晝九ツ時より御, 廿三日暁卯刻女子出生名乃夫, 廿三日甲申晩頭雪降る夜, 廿三日藤枝宿立巳時頃大井川無滞一統相済候, 廿三日附朝刊には論説, 廿三日雨房州に航, 廿三歳夫婦のあいだ, 廿三石何斗とかいふ餅, 廿三臨時十一与奪事の条, 廿三運を一時, 廿三間男体山より女体山, 廿九両日邦楽座に於, 廿九億九萬四千八百三十人のこの, 廿九分烈震後十五日午後一時四十二分まで缺測, 廿九号位であるであろう, 廿九年上京したから, 廿九年乃木中将が台湾総督, 廿九年叙正五位, 廿九日丁卯兵衛尉清綱昨日京都より下, 廿九日両氏ヲ問, 廿九日仲禎君と素問合読, 廿九日午前にはきっと, 廿九日大湊にとまれり, 廿九日大石田にて斎藤茂吉記, 廿九日子の刻, 廿九日寛は札幌, 廿九日庚辰霽相模次郎朝時主駿河国より参上, 廿九日御用方へ相, 廿九日悴良安此度若殿様, 廿九日明朔日悴良安御用, 廿九日朝再び浮御堂, 廿九日木子内及二股之賊敗走官軍大野有川迄進撃, 廿九日石清水参詣致別而難有感信致, 廿九日筑波のふもと, 廿九日船出して, 廿九日貴族会館に於, 廿九日辛酉陰去る十六日, 廿九日近傍の岡, 廿九日霜白き曉, 廿九日餘作来塲, 廿九日黒滝向川寺参詣, 廿九町本荘駅なり, 廿二三年前に上海, 廿二三歳羽織をぬいだる, 廿二三歳薪屋のせがれ, 廿二号の誌上, 廿二囘の觀劇, 廿二年ごろに世, 廿二年七月下旬なり, 廿二年予の始め, 廿二年二月の憲法発布, 廿二年二月十一日は夜来, 廿二年五月三日新憲法施行, 廿二年以來川床が非常, 廿二年後のこと, 廿二年歳次丁亥臘月の某日, 廿二年米國ミンガン州アナバー市で松平康國氏, 廿二年西町から仲御徒町三丁目, 廿二日三原をさして, 廿二日丙午御持仏堂, 廿二日丙申御持仏堂, 廿二日丸山御屋敷拝借, 廿二日乙巳晴将軍家鶴岳宮に御, 廿二日以来帝国ホテルに御, 廿二日公上不諱, 廿二日出立と承知, 廿二日卯時に発す, 廿二日嘉彰親王新発田城に入城, 廿二日土山に著, 廿二日夜をこめつ, 廿二日夜こん礼にて小石, 廿二日夜素英に招かる, 廿二日妻子及飯田安石家内之者召連福山え発足, 廿二日始謁公賜酒食及菓子諸文具等, 廿二日家を立つ, 廿二日己酉霽地震鷺の怪, 廿二日庚寅天晴未剋, 廿二日従四位上に叙せられた, 廿二日戊午将軍家火取沢辺, 廿二日朝土屋君は僕, 廿二日条に, 廿二日浅草で梟首, 廿二日甲午奉行人等を関東, 廿二日甲子天晴二所に御, 廿二日甲戌の夜半, 廿二日癸未霽, 廿二日目に桑港, 廿二日至今曉, 廿二日辛未霽, 廿二篇を編輯, 廿二観世音大夫清孝が尾州候, 廿五ヶ國の代表者, 廿五両をやろう, 廿五両包を取出し, 廿五両包二個を手拭, 廿五六名にし, 廿五六小作りにし, 廿五六年前一年京にゐ, 廿五六年来の友人, 廿五六年頃の情景, 廿五六歳シルバーグレイのレインコート, 廿五円でした, 廿五吋の長, 廿五巻という本, 廿五年ごろには山川, 廿五年ぶりくらゐな事, 廿五年三月号の主婦, 廿五年二月臨時総選挙施行, 廿五年位まで生きる, 廿五年八〇パーセントとある, 廿五年勤続の祝い, 廿五年奴が廿二歳, 廿五年旧暦六月二十六日の午すぎ, 廿五年祝典の際, 廿五年記念祝典が行, 廿五年農科大學, 廿五年間を飛越, 廿五年間命をかけ, 廿五年間毎夜夜中に四時間, 廿五房ありとも, 廿五日ごろになる, 廿五日ものへ行く, 廿五日ベコニヤの花一枝, 廿五日丙寅和田平太胤長の屋地, 廿五日乙酉晴六波羅の飛脚, 廿五日予先生を三田, 廿五日午過ぎの新宿発, 廿五日去年の暮, 廿五日壬子陸奥国平泉保の伽藍等興隆, 廿五日夜のところ, 廿五日夜五ツ時頃高柳楠之助, 廿五日夜東京日日新聞主催の, 廿五日大石田から川水訪問, 廿五日守のたち, 廿五日容疑者として住所不定小林三郎, 廿五日寛は帰塲せり, 廿五日川べりを歩い, 廿五日庚辰幕府に於, 廿五日新富町の別宅, 廿五日春安と改名, 廿五日昨日より, 廿五日暮て次第に, 廿五日朝昨夕の両, 廿五日桑名に到らせられる, 廿五日次男盤安去年中文学出精に付, 廿五日此度願之趣無拠義被思召御表医師, 廿五日発行の第, 廿五日目であつ, 廿五日神戸を発っ, 廿五日若狭小浜に著い, 廿五日藤森彌吾吉夫婦が牛馬, 廿五日釜沢を上り, 廿五日雪のチラつく, 廿五日霊台院様御霊前え献備物願置候所, 廿五日頼は梅田雲浜老女村岡ら三十余人, 廿五栗の条下, 廿五歳七百石の旗本, 廿五歳予は廿九歳, 廿五歳學窓を出, 廿五歳神田の市立工業, 廿五里は全然, 廿人あまり集合して, 廿人づつ三どにかへさう, 廿人斗の同志, 廿何萬といふ血液, 廿余名各地合して, 廿余名命令に反抗, 廿余町悉く灰燼, 廿と家族一人, 廿八九日の大風雨, 廿八九日ごろ見馴れない混血児, 廿八九歳中肉中脊例の卅二番, 廿八九銭よりよく, 廿八人である, 廿八人囲を第, 廿八円払いました, 廿八品を歌, 廿八年五月大連湾より帰り, 廿八年初刊の, 廿八年末に物故, 廿八年版の雑誌太陽, 廿八年神戸の病院, 廿八文此処え上せ, 廿八日ごろに京都, 廿八日の出來事で祕閣, 廿八日ニ参り同, 廿八日フランスはベルサイユ宮殿, 廿八日ベルリンに著い, 廿八日乙巳相模国相漠河の橋数ヶ間, 廿八日予之を予, 廿八日二人で大阪, 廿八日京城發電は嚴妃, 廿八日八瀬の里, 廿八日共犯として住所不定大内末吉, 廿八日初而御目見被為請候に付召連可, 廿八日初而御目見被相請候に付私召連可, 廿八日十四歳を以て元服, 廿八日卯時発す, 廿八日四時留守居役方え御出, 廿八日国を発シ上京, 廿八日壬午晴姶めて御, 廿八日大坂の方, 廿八日大手勤番被仰, 廿八日大手勤番加番面番被仰, 廿八日寛は着, 廿八日将軍家の御, 廿八日小田県に而家禄奉還金, 廿八日常陸國平潟の港, 廿八日庚子晴戌剋鎌倉中聊か騒動, 廿八日廿九両日邦楽座に於, 廿八日悴良安儀, 廿八日浦戸より漕ぎ, 廿八日白濱より黒神村上方, 廿八日芒の穗, 廿八日馬で天童, 廿八町にあり, 廿八番のグリスペイント, 廿八番地だが, 廿八銅寄席のお座料, 廿八頁目の詩, 廿六七人であった, 廿六七前なる人, 廿六七四十三四までがとまりである, 廿六七歳これも手拭, 廿六七眉の麗, 廿六個である, 廿六名の無, 廿六夕上の関ニつき申候, 廿六年ぶりで去年, 廿六年一月になっ, 廿六年七月十一日夕龍動市クラパム區トレマドク街二十八館主美津田瀧次郎氏を訪, 廿六年予大英博物館, 廿六年四月十三日の記, 廿六年就職以来今日まで実に, 廿六年間樂しい事, 廿六文字を習う, 廿六日なほ守のたち, 廿六日乙丑晴京都の使者, 廿六日乙未天霽相州武州大官令等参会し御所新造, 廿六日午前五時三十分梓山発日野春に至り, 廿六日四ツ半時頃なり, 廿六日四ツ時頃高柳使ひ来り則彼, 廿六日壬午亥刻雷鳴数声降雹の大, 廿六日夜五ツ半時頃成瀬国助及俗事役壱人来リ, 廿六日夜道友会に於, 廿六日寛は王藏, 廿六日左千夫君百穗君と共に雨, 廿六日彼の袱紗, 廿六日戊辰晴将軍家二所より御, 廿六日晴風午時微過雨, 廿六日朝京著之処, 廿六日朝六ッ時前頃又高柳, 廿六日末女病気之処養生不相叶今暁丑中刻病死仕候処七歳未満に付三日之遠慮引仕候旨, 廿六日熱田に著, 廿六日田中は久振り, 廿六日神田青柳にて古書即売会, 廿六日聖誕日を天長節, 廿六日議会は解散, 廿六日辛丑晴山城大夫判官行村使節として上洛, 廿六日遊川と東陽, 廿六日頃まで一週間, 廿六歳ニなり候, 廿六歳位だった同行, 廿六歳父母の付, 廿六章のところ, 廿円卅円をうたつ, 廿円近くの費用, 廿分前とそれから, 廿分山際葛野両勇士麾下, 廿匁玉とか言, 廿名許の子供連, 廿四丁蟠廻屈曲, 廿四万石を引, 廿四五年たちました今, 廿四五年ごろまであった, 廿四五年頃に死んだ, 廿四五歳ぶつ裂き羽織, 廿四五間もある, 廿四人子供が居, 廿四円ばかりにしかならなかった, 廿四年中に雑誌編輯, 廿四年予の遠江, 廿四年二月出板大文字楼静江序角海老楼金龍句稲本楼八雲詩松の家露八句其他, 廿四年二月十二日の午後, 廿四年依田学海翁が男女混合, 廿四年六月の事, 廿四年十一月六日作とあった, 廿四年十二月本員等の質問, 廿四年十月遂に上, 廿四年十月廿二日だつたこと, 廿四年四月である, 廿四年廿歳の時, 廿四年浅草公園裏の吾妻座, 廿四年秋私の途, 廿四年議会に始め, 廿四文でも戴きたい, 廿四日なか一日置いて, 廿四日上陸より此所, 廿四日丙子将軍家山内辺を歴, 廿四日乙酉白雪山に満ち, 廿四日以前と殆, 廿四日出版八幡楼高尾序川上鼠文序烏有山人筆記娼妓てこ鶴の演説, 廿四日十二人前の条, 廿四日卯時に発し, 廿四日原子力管理委員会が国際連合総会, 廿四日地震宮殿舍屋を破る, 廿四日執政を罷め, 廿四日夕方平塚さんが見える, 廿四日夜また不眠, 廿四日夜一橋寺で食事, 廿四日夜歿し亡骸, 廿四日大雷大雨と申こと, 廿四日天気好し, 廿四日小林一三氏に逢, 廿四日己亥晴京都の使者参, 廿四日廿五日続て, 廿四日御用番久世大和守殿に左, 廿四日戊戌将軍家和田左衛門尉義盛の家, 廿四日据毛本鈔矣, 廿四日故郷の越前, 廿四日昨日のおなじ所, 廿四日晴暑甚, 廿四日浪華出帆同廿六夕上, 廿四日病院にかけつけました, 廿四日癸卯晴将軍家先生の御, 廿四日講師馬の餞, 廿四日途上皇大神宮御遥拝, 廿四時の地獄, 廿四時間毎に自分, 廿四町遠石駅なり, 廿四首の中, 廿ばかりつづい, 廿もあつ, 廿壱篇を撰ん, 廿ほど掘り下げられた, 廿巻献之幕府大有恩賜云, 廿年それ晩年の二, 廿年ヤイ正岡ヤイ夢声と酔余, 廿年三月九日の戦災, 廿年三月九日夜の戦火, 廿年三月十日まで伊那, 廿年以上にもなる, 廿年以後であつ, 廿年來の親友, 廿年前後の小石川富坂辺, 廿年合も好かん, 廿年左右までは一帯, 廿年後になる, 廿年来莫逆の友, 廿年花季の戦火, 廿年記念大會, 廿年関西各地に於, 廿幾つかで年, 廿の凛烈, 廿廿一の政海, 廿などいう, 廿の年, 廿打たれましても厭いません, 廿拾金計持居申候, 廿数丈直ニシテ旁枝ナク, 廿数年以上も主義, 廿数年前守田勘弥と林千歳, 廿文字にからげし, 廿を樹, 廿日あまり五日になり, 廿日あまり經ぬる, 廿日ごろから夜, 廿日ネズミのカゴ, 廿日中村藤沢の両君, 廿日余りとなり, 廿日前の荒れ, 廿日前後であつ, 廿日卯時に発す, 廿日吉原土手で親方, 廿日壬辰午剋鶴岳上宮の宝前, 廿日夕柏軒先生京師旅寓より御, 廿日夜土屋文明君が東京, 廿日己未故和田左衛門尉義盛, 廿日己亥晴広元朝臣御所に参じ, 廿日己卯今日仰下されて, 廿日庚申霽内蔵頭忠綱朝臣勅使として下向, 廿日廿一日が神田, 廿日戊午晴去る二日, 廿日戊子天晴風静なり将軍家, 廿日戊寅今夜子剋御霊社鳴動す両, 廿日戊辰将軍家貞観政要の談議, 廿日拝領屋敷え引移申候段, 廿日新田の訪問, 廿日明日へかけ, 廿日月かざす刃, 廿日東京帝國ホテルに開催, 廿日板谷を越え, 廿日栃木県会ハ夜半密かに秘密会議, 廿日此のお, 廿日比いたし, 廿日生同壬八月三日死, 廿日目にブラリ, 廿日秋穂はお, 廿日芝の神明様, 廿日行程三里日奈久温泉織屋, 廿日辛卯南京十五大寺, 廿日長崎の何, 廿日間の垢, 廿日頃より斃馬病馬, 廿日餘にも相成, 廿時廿六分きつかりに, 廿時間書けば, 廿有余年振りで川柳, 廿歳ぐらゐの若者旅すがた, 廿歳ぐらゐまでの間つづいて, 廿歳今一兩年經たる上, 廿歳代に若返るだろう, 廿歳位の女, 廿歳前後のわか者, 廿歳許の男, 廿番目の百番目の, 廿御附奥家老, 廿の原稿紙, 廿貫目の婆さん, 廿軒茶屋の間, 廿酒茶屋開闢以来の異変, 廿金人につか, 廿銭位が相当, 廿錢銀貨だぜ, 廿を授けられた, 廿餘人伐かさねければ, 廿餘年にし, 廿餘歳奧より出