青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「廻~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

廊下~ 廣~ 延~ 建~ 建て~ ~建物 建物~ ~建築 建築~ 建設~
廻~
~廻し 廻し~ ~廻っ 廻っ~ ~廻り 廻り~ ~廻る 廻る~ 廿~ 弁~

「廻~」 2374, 26ppm, 4549位

▼ 廻つて~ (701, 29.5%)

51 ゐた 39 ゐる 28 ゐるの 18 ゐたが 11 来て 10 見ると 9 歩いて 8 ゐたの, ゐること, 来た 7 ゐると 6 ゐて, ゐるやう, 居りました, 見ました 5 ゐるので, 来るの, 見た 4 みた, ゐます, 居る 3 ゐました, ゐましたが, ゐるうち, をりました, 居たが, 居ります, 歩いた, 見たが, 見ましたが

2 [32件] お勝手口, きたの, くるの, たうとう, みて, ゐるけれども, ゐるもの, ゐるん, ゐる中, ゐる味瓜, ゐる姿, ゐる時, ゐる火, ゐる道, ゐる間, ゐれば, 居るの, 居る内, 戻つて, 描き出した, 来たの, 来ると, 歩く, 歩くの, 眺めながら, 行きました, 行く, 行くと, 行くとき, 行くの, 見よう, 見る

1 [362件] あきな, あの客人, あの錠前, あの雑誌, あるいて, いきなり口笛, いた, いたるところ, いつた, いつたが, いつて, いつもの, いろんな事, うんと取込ん, おくみ, おぢぎをせ, お吉, お島, お庭, お才, お糸, お美代, お銀, かならずひつそり, から, からでなけれ, からは次第に, からは歸, から八五郎, から更に, きた, きたとき, きたので, くる, くるんですもの, くる習慣, この時, ごく早く, ごく遠い, さつ, さてお, さわいで, しまつ, そこで夕餉, そして逆さ, そして高等小学, その翌, その背, その話さう, その貌, その逃げ道, その頃評判, それから永代, そんなに云, そんな遊蕩費, とうとう白い, と或, どうやら人目, なんとかといふ, の帰途, の行進舞踊, はお, はみました, は余程, は來, は時々, は来なかつた, は笑うた, は菽, は誰, は貸間, ばかりゐた, ふは, またあなた, まだ釘, みせた, みたけれども, みようといふ, みること, みると, もうかなり疲れ, もう七日あまり, もう帰らう, もう馴, もこの, もみつからなかつた, もらふの, も不足, も主人, も別に, も吾, も捕り, も気, も無い, も石垣, も追付かない, やらう叮寧, るから, るの, るん, るんで, る大阪人, る苦し, ゐず又, ゐたいの, ゐたから, ゐたくせ, ゐたと, ゐたといふ, ゐたとかの, ゐたので, ゐたもの, ゐたん, ゐた事, ゐた位, ゐた保安隊, ゐた時分, ゐた聖, ゐた自分, ゐた薪, ゐた雲雀, ゐないと, ゐなければ, ゐますよ, ゐられたが, ゐるうるさい, ゐるかと, ゐるかも, ゐるから, ゐるからな, ゐるが, ゐるし, ゐるだけ, ゐるだけで, ゐるでは, ゐるとき, ゐるところ, ゐるに, ゐるのに, ゐるばかり, ゐるまあ, ゐるよ, ゐるより, ゐるらしい, ゐるらしいうち, ゐるんぢ, ゐるんで, ゐるガラツ八, ゐる世界, ゐる事, ゐる人間, ゐる係り, ゐる光景, ゐる内, ゐる円筒, ゐる処, ゐる分, ゐる勇, ゐる哀れさ, ゐる団体, ゐる図, ゐる堅山南風氏, ゐる場面, ゐる夜, ゐる夢, ゐる太陽, ゐる女, ゐる子供達, ゐる家, ゐる小鳥, ゐる幾, ゐる松篁, ゐる樣, ゐる水車, ゐる洋画家達, ゐる無数, ゐる犯罪者, ゐる真夏, ゐる眼, ゐる矢車, ゐる神楽, ゐる私, ゐる等身大, ゐる紡車, ゐる群衆, ゐる自分, ゐる蟻, ゐる証拠, ゐる貧乏, ゐる輪, ゐる鈎, ゐる音, ゐる鮭, ゐる鳩, をります, をる, ビクビクした, フッ飛ばされ, プリプリした, 一旦長野, 丁と留まる, 下さつた, 何かと策謀, 何やら口, 入つて來い, 其の間, 冷たさ, 出て, 半刻, 又もと, 取次いだ女房, 取着いて, 叱られたり, 同じ坂, 向岸, 吠え叫ぶ動物, 夜もすがらと, 大きく, 大鑿, 小發掘, 少しくたびれた, 居た, 居たと, 居たとき, 居たの, 居た水, 居た者, 居つたので, 居て, 居ますと, 居りましたが, 居りますが, 居りますと, 居りや宜, 居るうち, 居るか, 居るから, 居るからこそ, 居るでは, 居るとも, 居るん, 居る事, 居る典型的, 居る地震, 居る櫛曵, 居る殊に, 居る泥棒, 居る者, 帰らう遠く, 帰られたので, 帰りますが, 帰りませうか, 彌之助, 往々, 待つてなんか, 得た実感, 忽ち死体, 思ひの, 恵んで, 懶け, 戻る者, 抱きついた, 捜した, 探つて, 時々シクシク, 最早其, 来さ, 来さうに, 来たいところ, 来たこのごろ, 来たその, 来たので, 来たもの, 来たものの, 来たらしいや, 来たらしい草鞋, 来た口, 来た問題, 来た市子, 来た後, 来た時分, 来た畑佐, 来た道助, 来なかつた, 来ましたつけ, 来ましたよ, 来られたもの, 来る, 来ること, 来るため, 来るので, 来る初め, 来る堀口, 来る癖, 来る若い, 来んつて, 次ぎ, 歩いたが, 歩いてるさ, 歩きましたので, 歩きます幾ら, 歩きヒルメシ, 歩くこと, 歩くだろうと, 歩くと, 歩くといふ, 歩く敗殘, 歩く習慣, 歩く香具師, 死んで, 殺された染吉, 注ぐ手元, 漸く, 漸く相模屋, 漸く見付け出し, 漸つと都, 澄みきるとき, 燃え切らないうち, 片襷, 生きのびたの, 立去る, 脅かして, 蒼い顏, 蒼白い顏, 行かれる, 行くごと, 行くやう, 行くん, 行く流俗, 行く革, 行けるか, 行けるの, 見えた, 見たと, 見たらそこ, 見たら其處, 見た時, 見て, 見なきや, 見ようお前, 見ようか, 見るから, 見るからに, 見るが, 見ること, 見れば, 見度, 見當, 赤い腕章, 返る, 逃げて, 逃げようと, 遂に神楽, 遊んだ, 遊んで, 還る者, 間もなく町内, 零れら, 青いもの, 頻りと, 頻りに巡査, 飛び込むと

▼ 廻わし~ (146, 6.1%)

1913 ている 5 ていた 3 て, てある, にし 2 てくれ, ながら

1 [96件] あぐんで, か, くださいますよう, たが, たくらい, たところ, たの, たので, たは, たもの, たもん, たよう, たり努力, た和洋折衷, た寺, た小さな, た左手, た廊下, た時, た様子, た片手, た片隅, た石垣, だ, だのに, てあるく, ていました, てお, てお流れ, てから一時間, てから可, てき, てくれる, てこの, てそう, てちと, てと云え, てどう, てぼろぼろ, てみ, てみた, てみる, てもいい, てやる, てよぼよぼ, てアアリャジャンジャン, てズット, てソレ, てラムプ, て三段, て下駄, て人間, て仲間外れ, て体, て冷, て吾輩, て大下, て天下, て実行, て居る, て幸福, て幾年, て引く, て得意, て戦い得る, て戦う, て来た, て東西, て歩卒, て洞穴, て無茶苦茶, て眩, て禅学, て糸, て見よう, て角力, て言った, て遊山, て飯, ながらじっと, ながら左手, ながら私, ながら色, ながら部屋中, にされた, にしようで, になっ, に云っ, に反撥, の切, やア, を使う, を早く, 始めた, 得られるところ, 斬るの

▼ 廻わっ~ (88, 3.7%)

17 ている 1611 ていた 3 たが, て, てくる, て来た 2 て行った

1 [30件] たかと, たの, たり, たりし, たり陰影, た二等機関士, た盗人, た経験, ていました, ておられる, てから一同, てから何, てきた, てしまいました, てまた, てもらう, てやろう, てわめい, てんか, てキッ, てフランス語, て帰る, て来なかった, て現われた, て甚だしき, て異形, て筆, て見付ける, て銃砲火薬類取締, て門

▼ 廻~ (60, 2.5%)

9 して, す 4 された 3 されて 2 されたり, されるやう, しつ, すと, すやう

1 [25件] さずには, された醫者, される, されるぐらいの, されると, されるので, され埃, したから, した彼, しつする一癡漢, し地, し天皇中心, し戸ごと, し鯖子丸, すの, す機械, せりと, つては, つて算段を, つて見る, まるでこれから出かける, もとよりの, られた黒女, 少くとも, 見合せて

▼ 廻~ (57, 2.4%)

14 されて 4 した, したが 3 されるよう 2 されるまま, ッて

1 [28件] さば勝敗の, され, されそこで, された, されたこと, されたって, されたという, されたの, されたので, された医者, された時, された水禽小屋, されました時, される, されること, されるじゃ, されると, されるの, される快感, した彼, した後, した金屏風, してないの, すべき四帖, すべき燕麦, せる, せる準備, ッた

▼ 廻わり~ (54, 2.3%)

8 出した 2 して, ながらの薙ぎ, をし, をした

1 [38件] か長い, が上手, そう甲斐, そのまま空間, それからまたも, でもあろう, とは何ん, ながらどこ, ながらタラタラ, ながら先, ながら口々, ながら群像, ながら踊り出した, ながら踊る, ながら霧, ながら顔, などし, に廻, に廻わり, に押し, に着席, も込まず, やあがる, やがて表, よ, を, をされた, をなされ, をなし, を一日, 今やおっ, 出したが, 囁き合ったり, 短い一生, 突き破って, 込みなされ右, 込むらしい, 込んだ

▼ 廻つた~ (53, 2.2%)

3 らしい 2 と見え

1 [48件] お禮, からもう, が, がけつ, がその, が不思議, が京子, が何處, が容易, が市中, が扨, が板倉屋, が椰子, が犬, が環境, が誰, が途上, この少女, すると彼, だけである, であらう, とある, といふ事実, といふ利己的, といふ有様, とかつて, とかで, ところで一週間, ところで誰, と見る, と覚しく, と覺つて, と言, ならそこ, ならば, に違げ, ので少し, ばかりだつた, ばかりでなく, ばかりの所, ほど私, もので月, もの若い, らしい客, らしく菊, 大泥棒, 嬉しさ, 短い道程

▼ 廻~ (42, 1.8%)

1 [42件] うちに, おのづか, じいさんであった, ぢいさん, のち縮む, 一足一足毎に, 下から, 儘で, 区域が, 品々を, 品だけ, 如き皆, 張りの, 役を, 役人とでも, 必要が, 忰で, 打つ拍子木, 拍子木が, 拍子木の, 時代あなたは, 湖五つ見, 爺いさん, 物だけ, 物を, 男洋服を, 白躑躅見れ, 真砂にも, 砂利に, 竹囲いが, 群山の, 荷物だけでも, 誰々で, 費は, 途に, 途中で, 道具を, 邏卒の, 間から, 間に, 馬子は, 黄葉われ行き

▼ 廻~ (31, 1.3%)

6 して

1 [25件] しずっと, しなければ, するも, せねば, やって, やり出した, 何とか氣, 傍ぐ船の, 命ぜられたが, 始めたに, 度外に, 廃し, 廻つて見た, 待って, 意味する, 来た山田, 榜ぎ来れ, 榜ぐ船の, 渡しお召, 着たまま, 祀ったの, 続けながら, 脱いだ, 見るよう, 賣物

▼ 廻つたの~ (29, 1.2%)

4 である 2 か, は

1 [21件] かしれない, かまるで, が原始的, が日本上古, が此, が江戸歌舞妓, だから, であるから, であるなどとも, でございます, ですか, ですだから, に夜, は吹矢, は眞夜中過ぎ, は變, も尤も, も幾度, を潮, を見, を覚え

▼ 廻つて來~ (28, 1.2%)

32 たの, た時, ましたよ, ると

1 [17件] い, たといふ, たもの, たやう, た人間, た計り, た野呂, てをります, て何, て夫, て母屋, やがれ, る, るだらう, るぢ, るもの, る間

▼ 廻わる~ (24, 1.0%)

1 [24件] うち一行の, だけそれだけ, だろう忌ま忌ましい奴, ということ, とお前, とは驚いた, と今度, と建物, と忽然と, と思った, と河原, と綻びた, に連れ, のだが, のである, のはやめ, のみならず, のよ, ほどこき扱われた, ような, らしい足, 凡そ私共, 喋る大いに, 若い人

▼ 廻~ (21, 0.9%)

4 して 2 する

1 [15件] した, したが, し乍ら, し洗滌, す, すると, するの, するので, するもの, するやう, するよう, するよと, で種々, とを見, の速力

▼ 廻~ (17, 0.7%)

2 をし

1 [15件] して, するの, だ, でお, などに行く, などは絶対, にあるく, には大方二日以後, に来, の, は七日, もおわり, もしない, をすました, をすます

▼ 廻わす~ (16, 0.7%)

2 ように

1 [14件] そうじゃ, つもりじゃ, とちょうど, とトラセエ・デ・バイオネット, とドブン, と空, なよ, のである, のを, やいなや青谷技師, ハンケチが, 事なし, 以上は, 廻り舞台を

▼ 廻する~ (15, 0.6%)

1 [15件] かその, からで, か如是閑氏, こと二度本流を, ところから, のであった, ので丁度, ので余り, ばかりとなる, ものが, よりも三時間以上, 光の, 心掛けで, 必要も, 所な

▼ 廻~ (14, 0.6%)

2 なるので

1 [12件] あるに, しらむ燈, しろ身ごなし, なった年, なる, 參つても, 往つた, 曳く雲, 来た松山, 殺竹, 立つ人, 通抜ける

▼ 廻~ (14, 0.6%)

2 高うし

1 [12件] からはいっ, になっ, になった, のある, のきれい, の一廓, の板戸, の総, の角, の角座敷, へ立った, 残らず雨戸

▼ 廻~ (11, 0.5%)

3 して 1 し罪障消滅, するの, にすすめいれしめお, をし, をと頼まれ, を十方, を頼むであらう, 発願心なり

▼ 廻~ (11, 0.5%)

1 [11件] から帰つて, になりました, に来, に来る, の医者, の折, の時間, は日, より道子, をまつ, 衣を

▼ 廻~ (10, 0.4%)

1 ている, ておりました, てまた, ても善, て同じ, て夫, て往ッ, て腸, て辛く, て辛苦

▼ 廻立殿~ (10, 0.4%)

1 から大, が造られる, で行, といふの, とよばれる, の湯, は東西五間, への出御, へ出御, をお

▼ 廻~ (10, 0.4%)

3 して 2 とそれ 1 したがるおのれ, したといふ, した手段, のため, の場所

▼ 廻~ (9, 0.4%)

3 をし 2 を廻り 1 して, には政府, はおよそ, をした

▼ 廻~ (8, 0.3%)

1 なく続け, 三廻も, 大きくて, 太ったよう, 太つた, 捲いた狭い, 着ずに, 背恰好も

▼ 廻わること~ (8, 0.3%)

2 に致そう 1 さ, だと, は出来ないだろう, は出来なかった, もした, も大人気

▼ 廻~ (8, 0.3%)

3 の数 1 という, というは正方形, の数二十三, の数八甲組廻了, を生ずる

▼ 廻わった~ (7, 0.3%)

2 がその 1 からであろう, そうだ, ので, 形跡が, 後船は

▼ 廻~ (7, 0.3%)

1 た, たか, たかを, てそり, て芝居, て見よう, て見る

▼ 廻燈籠~ (7, 0.3%)

1 かな, と梧桐, のよう, の如き, の燈, の絵, 多く並べたる

▼ 廻~ (6, 0.3%)

1 たりし, たりする, たり少々, たり穴, たり饒舌くり廻, ちやあ

▼ 廻つて家~ (6, 0.3%)

1 に戻, の中, の者, は飛ん, へ戻, を一

▼ 廻~ (6, 0.3%)

1 が博多辻, として治安, の会所, の佐分利嘉左衛門, をいたし, を二十人三十人

▼ 廻~ (6, 0.3%)

1 した慣習, と称し, と稱, の目的, の途中, を致し

▼ 廻~ (6, 0.3%)

1 から大きな, である, と云い, にあっ, のあたり, の杉森

▼ 廻~ (5, 0.2%)

1 かぶるよう, 功者だったら, 感ぜられるだけ, 殊勝らしく, 済んでから

▼ 廻つた時~ (5, 0.2%)

2 の印象 1 だつた, は土地, は座敷

▼ 廻つて窓~ (5, 0.2%)

1 から投, から飛出さう, へ潜り込む, をコツ, をブチ壞

▼ 廻つて行~ (5, 0.2%)

5 つた

▼ 廻~ (5, 0.2%)

1 是れ, 来る, 海入る, 遣たこと, 錨を

▼ 廻~ (5, 0.2%)

1 なるか, 云ふ, 合, 因縁を, 悪うござん

▼ 廻はし~ (5, 0.2%)

1 だ, などし, に模倣癖, は芝翫, やがつて

▼ 廻われ~ (5, 0.2%)

1 という事, と九兵衛, ば五里十町, 立ち廻われ, 騒げ騒げ

▼ 廻~ (5, 0.2%)

1 が惡, だと, です, ふべきも, も好く

▼ 廻~ (5, 0.2%)

1 とを背負い, と茶道具一揃い, に触れ, の総合重量, までは氣

▼ 廻~ (5, 0.2%)

4 して 1 がダンダン

▼ 廻つた方~ (4, 0.2%)

1 がいくらか, が早い, が近い, の人形

▼ 廻つてそれ~ (4, 0.2%)

1 から再び, が霧, 迄に帰, 迄に歸

▼ 廻つて下女~ (4, 0.2%)

2 のお 1 を叩き起し, を拜

▼ 廻つて歸~ (4, 0.2%)

1 ること, ると, るなら血, るの

▼ 廻つて私~ (4, 0.2%)

1 の家, の惡口, をぐん, を眼中

▼ 廻つて裏~ (4, 0.2%)

1 の方, の物置, へ出る, へ行く

▼ 廻~ (4, 0.2%)

1 あった, あるから, 宿屋に, 田舎を

▼ 廻はる~ (4, 0.2%)

1 うちふと, こと, と云, なんて昔

▼ 廻~ (4, 0.2%)

2 コートや 1 この宮, 手甲や

▼ 廻わし方~ (4, 0.2%)

1 が足りない, で, は読者, をされる

▼ 廻わって~ (4, 0.2%)

1 おくれ, 封を, 手伝いの, 連衡策を

▼ 廻~ (4, 0.2%)

1 し, して, すれば, せざるを

▼ 廻舞台~ (4, 0.2%)

3 をその 1 を見送る

▼ 廻~ (3, 0.1%)

1 といいます, といひます, とは思

▼ 廻つたこと~ (3, 0.1%)

1 があつ, は當然, は随分

▼ 廻つた私~ (3, 0.1%)

2 はその 1 は洋服

▼ 廻つた頃~ (3, 0.1%)

2 だつた 1 でした

▼ 廻つてす~ (3, 0.1%)

1 つかり汗, つかり虎, つかり醉つて

▼ 廻つてやつ~ (3, 0.1%)

1 と, とその, と楢雄

▼ 廻つて八五郎~ (3, 0.1%)

1 にさう, に案内, の側

▼ 廻つて庭~ (3, 0.1%)

1 から聲, から顏, へ出

▼ 廻つて手~ (3, 0.1%)

1 づから掃除, に手, の付けやう

▼ 廻つて日~ (3, 0.1%)

1 の暮方, を送つた, を過ごした

▼ 廻つて最後~ (3, 0.1%)

1 に活動小屋, に鹿児島, の地下室

▼ 廻つて自分~ (3, 0.1%)

1 で自分, の独白, の雪駄

▼ 廻つて行つて~ (3, 0.1%)

1 もう支那, やる, 蒼白い薄笑

▼ 廻わせ~ (3, 0.1%)

1 ば廻わる箱, ば掻き廻わす, ば鷺

▼ 廻わるよう~ (3, 0.1%)

1 なもの, な風, に思われ

▼ 廻~ (3, 0.1%)

1 に人, の巡査, の警官

▼ 廻~ (3, 0.1%)

1 して, てハ, によって新た

▼ 廻折式変調受信機~ (3, 0.1%)

1 に限らず, の驚くべき, を組立てあげた

▼ 廻~ (3, 0.1%)

1 となつ, の功, を画くべし

▼ 廻~ (3, 0.1%)

1 のある, の麻裃, をすませ

▼ 廻~ (3, 0.1%)

1 したるところ, する論, せむために

▼ 廻~ (2, 0.1%)

1 ていた, を止める

▼ 廻くるり~ (2, 0.1%)

2 と環

▼ 廻ってな~ (2, 0.1%)

1 元村の, 大飯くらっ

▼ 廻つたやう~ (2, 0.1%)

1 だから, な声

▼ 廻つた事~ (2, 0.1%)

1 があつ, を話し

▼ 廻つた啄~ (2, 0.1%)

1 くわ, くわ啄

▼ 廻つた奴~ (2, 0.1%)

1 がある, はない

▼ 廻つた後~ (2, 0.1%)

2 で平次

▼ 廻つた所~ (2, 0.1%)

1 でございますが, の小さな

▼ 廻つた様~ (2, 0.1%)

1 な解説, に猿女

▼ 廻つた礼式作法~ (2, 0.1%)

2 の阿呆

▼ 廻つた結果~ (2, 0.1%)

1 が今, が浜口君

▼ 廻つて下駄~ (2, 0.1%)

2 を穿いた

▼ 廻つて両手~ (2, 0.1%)

1 をその, を深く

▼ 廻つて何~ (2, 0.1%)

1 かを探し, か御馳走

▼ 廻つて兎~ (2, 0.1%)

1 もすれ, も角

▼ 廻つて外~ (2, 0.1%)

1 から竿, へ出ました

▼ 廻つて夜~ (2, 0.1%)

1 の庭, は重

▼ 廻つて大手~ (2, 0.1%)

2 を擴げ

▼ 廻つて大阪~ (2, 0.1%)

2 越えから

▼ 廻つて彼~ (2, 0.1%)

1 の店, の治療

▼ 廻つて戸~ (2, 0.1%)

1 をあける, を叩く

▼ 廻つて曠~ (2, 0.1%)

2 い野

▼ 廻つて本堂~ (2, 0.1%)

1 に入る, へ帰つて

▼ 廻つて格子~ (2, 0.1%)

1 の下, の横

▼ 廻つて縁側~ (2, 0.1%)

1 にかしこ, のところ

▼ 廻つて聲~ (2, 0.1%)

1 を掛けた, を掛ける

▼ 廻つて背中~ (2, 0.1%)

1 をざつと, を突かれる

▼ 廻つて足~ (2, 0.1%)

1 でも洗つて, を洗つて

▼ 廻つて隱~ (2, 0.1%)

1 し場所, れ入船

▼ 廻つて音~ (2, 0.1%)

2 するもの

▼ 廻はつ~ (2, 0.1%)

1 たが, ただけ

▼ 廻はり~ (2, 0.1%)

1 といふ, になつ

▼ 廻はりし~ (2, 0.1%)

1 ことを, 時にも

▼ 廻~ (2, 0.1%)

1 行きし, 行けば

▼ 廻やら~ (2, 0.1%)

2 附木を

▼ 廻わさ~ (2, 0.1%)

1 ないらしい, なければ

▼ 廻わらぬ~ (2, 0.1%)

1 と家, 人間

▼ 廻わり夜~ (2, 0.1%)

1 の蒼天, の間

▼ 廻わるの~ (2, 0.1%)

2 であった

▼ 廻わる人~ (2, 0.1%)

1 で火事場, の気勢

▼ 廻わる箱~ (2, 0.1%)

2 なの

▼ 廻わる足音~ (2, 0.1%)

1 がする, そんなもの

▼ 廻わる音~ (2, 0.1%)

1 がする, とサモイレンコ

▼ 廻わろう~ (2, 0.1%)

1 か, と思ッ

▼ 廻~ (2, 0.1%)

1 で描いた, 多クノ下小屋

▼ 廻以上~ (2, 0.1%)

1 は長上下, 違うん

▼ 廻~ (2, 0.1%)

2 の位置

▼ 廻~ (2, 0.1%)

1 いたすこと, に行く

▼ 廻合せ~ (2, 0.1%)

1 だと, の皮肉さ

▼ 廻~ (2, 0.1%)

1 する者, と武藝

▼ 廻~ (2, 0.1%)

2 の羽根

▼ 廻~ (2, 0.1%)

2 の雪駄

▼ 廻折格子~ (2, 0.1%)

1 の問題, を写真

▼ 廻折鏡~ (2, 0.1%)

1 をつかった, を反対

▼ 廻~ (2, 0.1%)

1 には過ぎた, に加入

▼ 廻~ (2, 0.1%)

1 なんかし, はげしき才女

▼ 廻~ (2, 0.1%)

1 した結論, して

▼ 廻~ (2, 0.1%)

1 の列車, へ戻る

▼ 廻診です~ (2, 0.1%)

1 よ, よう

▼ 廻貝島~ (2, 0.1%)

2 のこの

▼ 廻~ (2, 0.1%)

1 が敵, の到着

▼ 廻選手~ (2, 0.1%)

1 として世界, によってほとんど

▼1* [532件]

いしつつある, 廻いまいして四五時間, 廻うのみですぐ, 廻くねった小径を, 廻ぐつて手当り次第に, 廻ぐらして遣つた, 廻ぐらせる風で, 廻ぐり遠い地平, 廻ぐりめぐりて大海へ, 廻ぐりも來たりぬべきに, 廻ぐる道について走る, 廻さしたり金, 廻すれば倅め, 廻それから例の, 廻だけ見て, 廻だにあらば, 廻つたあげく留吉の立つ, 廻つたころ徳川君は, 廻つたさまがまざ, 廻つたとき大監督, 廻つたものであらう, 廻つたんです, 廻つたトルコ軍隊の風俗, 廻つた三平がすでにもうこ, 廻つた三軒目心易うし, 廻つた上一番廉い店, 廻つた中根氏は, 廻つた人の傳記, 廻つた何十人の一人, 廻つた先と落合つた場所, 廻つた八五郎は平次, 廻つた十二支組元は強い, 廻つた各所の霊地, 廻つた味噌摺用人奴小笠原流で靜, 廻つた女房のお, 廻つた姿でした, 廻つた山や林, 廻つた山千海千のした, 廻つた平次でした, 廻つた強賊の, 廻つた彼の頭, 廻つた手蔓やら, 廻つた拔け荷, 廻つた揚句僕は東京, 廻つた擧句半刻, 廻つた時代があつ, 廻つた時分のこと, 廻つた時山桑が紫, 廻つた末やつとの事, 廻つた末ホオヘンツオレルン家の御, 廻つた末彼は到頭, 廻つた末明日の朝, 廻つた杣人足が今, 廻つた樣子です, 廻つた泥棒の調べ, 廻つた液体を排出, 廻つた独楽が完全, 廻つた疲勞が出, 廻つた相ですが, 廻つた確に人形, 廻つた神器が又, 廻つた神部の総, 廻つた積りでもする, 廻つた結果ほかひ, 廻つた群童のどよめき, 廻つた而して, 廻つた表現がとみに, 廻つた話もある, 廻つた谷間と谷間, 廻つた賭場を覗い, 廻つた跡もない, 廻つた近所の者, 廻つた連衆のこと, 廻つた重要な器具, 廻つた錢形平次と八五郎, 廻つた頃児玉氏はづかづか, 廻つた風情ある女, 廻つてあすの遊び, 廻つてあそこの活動館, 廻つてお金を借り, 廻つてげんげの花盛り, 廻つてここへ来る, 廻つてこの間うちから目星, 廻つてさつきの女中, 廻つてしまつてね, 廻つてそつと覗い, 廻つてその頃巴里で絵, 廻つてちよつと行く, 廻つてぢつとして, 廻つてみんなはお家, 廻つてやつぱり失望したの, 廻つてグルリと物置, 廻つてヂツと良人, 廻つてワンと言, 廻つて一と足先, 廻つて一人づつ捉まへ, 廻つて一種の調子, 廻つて一緒にとめ, 廻つて一羽の, 廻つて丁寧に拜ん, 廻つて七日の間, 廻つて七時になる, 廻つて不意に殺した, 廻つて丑松の父, 廻つて世間に流通, 廻つて中津の米, 廻つて中途の村, 廻つて主人を刺し, 廻つて久吉が日頃手, 廻つて久米氏の番, 廻つて亂雜な騷ぎになつた座敷, 廻つて了ふの, 廻つて争つたと云う, 廻つて争つてゐる, 廻つて二人つ切り, 廻つて二本木に着き, 廻つて二軒置いて, 廻つて二重トンビをかけ, 廻つて二頭の小, 廻つて井戸へ行つて, 廻つて人が一ぱい群れ集つて, 廻つて今の中, 廻つて今日の廣東, 廻つて今日コヽに同じ, 廻つて以来荷風氏が先, 廻つて仰天しました, 廻つて何んとかし, 廻つて何事が幸福, 廻つて何人にも愛嬌, 廻つて何心なく聲, 廻つて何時までも何時, 廻つて何處で死ぬ, 廻つて作つた幾重の垣, 廻つて來たんだ相, 廻つて便所の裏, 廻つて俗名を讀む, 廻つて保護の責, 廻つて先づ下女のお, 廻つて兩國の船着き場, 廻つて兩掛の荷物, 廻つて兩方の足, 廻つて八歳に成る, 廻つて兵法や算書, 廻つて其れから, 廻つて其処から出る, 廻つて其處へも火, 廻つて内儀のお, 廻つて冗説するもの, 廻つて利三郎の樣子, 廻つて前に見, 廻つて助力を乞, 廻つて動物園へ這入つた, 廻つて勘次郎の殺された, 廻つて勝手に進ん, 廻つて勝手放題な道楽, 廻つて勝負事に浮身, 廻つて參りましたへ, 廻つて台所の方, 廻つて右馬之丞, 廻つて君子危きに近, 廻つて唯一の逃げ路, 廻つて喉を掻き切る, 廻つて器用であつ, 廻つて嚴島にお, 廻つて四圍はもう, 廻つて四郎の奇蹟, 廻つて四隅にみほぎの玉, 廻つて坂になる, 廻つて堂の扉, 廻つて報告を聞き, 廻つて塀に圍まれ, 廻つて塔が燒, 廻つて墓場から石塔, 廻つて外科の手當, 廻つて夜中だが, 廻つて大月駅を目指さなけれ, 廻つて太平のアパート, 廻つて夫婦の契り, 廻つて奥様の耳, 廻つて奧の一, 廻つて奧方の里方, 廻つて女房のお, 廻つて奴の眼, 廻つて姉の針箱, 廻つて娘の身體, 廻つて婚礼の席, 廻つて孤児や寄辺, 廻つて完成された, 廻つて宗教味の浅い, 廻つて家中の者, 廻つて寺男を叩き起す, 廻つて将棋ばかりさして, 廻つて小路へ出た, 廻つて山際に添つて, 廻つて崖ぎはに出る, 廻つて巾着切の辰三, 廻つて帰つた, 廻つて帰つてお出でになつ, 廻つて帰途には茶飯, 廻つて平次を待つ, 廻つて平気な顔, 廻つて店口で一生懸命, 廻つて座敷へ来る, 廻つて廻つて稍ともする, 廻つて彼女の日記, 廻つて往來までつい, 廻つて後へ出た, 廻つて御覧なされた事, 廻つて心靜かにその, 廻つて念入りに掛けた, 廻つて思案橋又は親爺橋, 廻つて悪魔共を征服, 廻つて戸口にゐる, 廻つて房一はそれ, 廻つて扇屋であつし, 廻つて扉が徐, 廻つて手品をやり, 廻つて手段は無, 廻つて手洗へも行きません, 廻つて手配をした, 廻つて手頃の小石, 廻つて抱へ起さなけれ, 廻つて拾つても拾つて, 廻つて指でその, 廻つて指揮する, 廻つて按摩の笛, 廻つて捨石に並ん, 廻つて支那へ渡るでせう, 廻つて政府を手古摺らせ, 廻つて教員室の扉, 廻つて文次郎にあの, 廻つて日本人が持つ, 廻つて旧の場所, 廻つて明神下の平次, 廻つて春夏秋冬をなし, 廻つて木兎を追, 廻つて未だ半, 廻つて村の中, 廻つて村中の者, 廻つて来やうと此様, 廻つて来畑尾と夏子, 廻つて東町奉行所に往く, 廻つて松破目, 廻つて柄にもない, 廻つて柴の垣, 廻つて案内を頼む, 廻つて梶棒をおろした, 廻つて此の堤内, 廻つて歩き乍ら種牛の皮, 廻つて死人を足蹴, 廻つて死骸も見ました, 廻つて気分を晴, 廻つて氣が付いた, 廻つて氣違ひ染みた打ちこはし, 廻つて水の長, 廻つて水口の宿, 廻つて氷や牛乳, 廻つて永代を渡つて築地, 廻つて江の島鎌倉あたりを見物, 廻つて江島屋を覗く, 廻つて河庄茶屋場となる, 廻つて泥だけでも落す, 廻つて注射されようと, 廻つて注意するやう, 廻つて洞爺湖のそば, 廻つて洲崎六萬坪の沖あたり, 廻つて涙が滴, 廻つて清々とした, 廻つて漸と格子戸, 廻つて濡れ縁の上, 廻つて火を起しかける, 廻つて灯を入れ, 廻つて無駄話をし, 廻つて狐の嫁入, 廻つて狹い路地, 廻つて王子の町, 廻つて瑞西の山家, 廻つて用人の岸井重三郎, 廻つて畑を横切り, 廻つて留吉の肩口, 廻つて畠へ來, 廻つて病気を直し, 廻つて發掘をやる, 廻つて眼を細く, 廻つて破綻のない, 廻つて祝福をし, 廻つて祭が過ぎれ, 廻つて稍ともする, 廻つて稍勾配を保つ, 廻つて空を見, 廻つて笹野の旦那, 廻つて筍松茸芋稻大豆等の農作物, 廻つて紀の国, 廻つて終りの方, 廻つて結局は失望, 廻つて結局引分になつ, 廻つて縮緬の手拭, 廻つて羽目板を力, 廻つて羽織を脱せ, 廻つて背負ひ小間物, 廻つて腰から十手, 廻つて自然に歐洲, 廻つて船へやつ, 廻つて船醉現象を誘致, 廻つて若衆歌舞妓が盛ん, 廻つて茶屋の正面, 廻つて血の循環, 廻つて血刀をふりあげ, 廻つて衝突するやら, 廻つて袷の肩, 廻つて裏口へ出ました, 廻つて裏庭に出る, 廻つて西の方, 廻つて親分のため, 廻つて誰も見, 廻つて警戒し又, 廻つて讃美歌の発唱, 廻つて讒訴するなんッ, 廻つて豫て用意, 廻つて貢さんの居間, 廻つて貰ふんだ, 廻つて買ひつけ, 廻つて跳ね廻つて見るからに, 廻つて踊つて見せるので, 廻つて軽気球も其の, 廻つて逆に引返し, 廻つて遂ひに, 廻つて道具をこ, 廻つて遠方に棄てる, 廻つて部屋の中, 廻つて部屋代を取立てた, 廻つて酒宴があつ, 廻つて重傷者の顔, 廻つて錠はわけ, 廻つて鍬打つ, 廻つて門のところ, 廻つて陸も海, 廻つて隈なく見廻した, 廻つて階下を覗く, 廻つて障子の外, 廻つて雨戸を開けさせる, 廻つて電のやう, 廻つて霎時お利代, 廻つて青桐の葉影, 廻つて靜に足, 廻つて非常な速, 廻つて頸のところ, 廻つて飯炊きの女, 廻つて首へ細引, 廻つて髮結床湯屋町醫者と根氣, 廻つて鯉淵農兵に狩り立てられ, 廻つて鴨河をわたつ, 廻つて黒板塀に三尺, 廻つて鼠のやう, 廻ては学んで, 廻ても慶應義塾の, 廻ということで, 廻とは壁に, 廻とやらで旦那様, 廻とを以て進むもの, 廻どころか, 廻など皆善美を, 廻なんか眞に, 廻はらぬ人間, 廻はり一致団結して, 廻はり最後に英米委員, 廻はり歌志内より山越え, 廻はり給ふにや, 廻はり罪人の眼, 廻はることの馬鹿さ加減, 廻はるのが型, 廻はる学生の一群, 廻はる自動車の行列, 廻はる足音がしました, 廻ひき張れ清麗, 廻程に, 廻ほしまつり来し, 廻ほど巻いて, 廻む道の意, 廻ろうも知れぬ, 廻わいて蔵元屋, 廻わしあれや, 廻わしいや厚いいや, 廻わしこちらに罠, 廻わしたんだが, 廻わしちゃ不可んよ, 廻わし一歩踏み出すと, 廻わし元の位置, 廻わし是だけ苦しめたら, 廻わし月色蒼茫たる深山, 廻わし者みたいな感じ, 廻わし釜の方, 廻わし陸の方, 廻わし駄法螺を吹く, 廻わっては咳を, 廻わらされた時, 廻わらず帳場でも, 廻わられたのです, 廻わりし時にも, 廻わりそれの準備, 廻わりどこから金, 廻わりましてござる, 廻わりましたがその, 廻わり仕事の邪魔, 廻わり付近の小千谷, 廻わり国々の様子, 廻わり家を焼かれ, 廻わり庄三郎はもんどり, 廻わり彼処でもない, 廻わり従卒や料理女, 廻わり方が早, 廻わり旅のお, 廻わり暫時は木戸, 廻わり最後に浜, 廻わり様子がいなせ, 廻わり殿を狙う, 廻わり犬や猫, 廻わり私の肩, 廻わり窃かに奥, 廻わり腹背を衝こう, 廻わり藪原は夜, 廻わり跡部大炊の邸, 廻わり身に受けし, 廻わるんです僕, 廻わる東京で云え, 廻わる武者草鞋の音, 廻わる範囲においてここ, 廻わる草鞋の音, 廻わる足の音, 廻わる酔いをたのしみ, 廻わる間も進む, 廻わる風に吹き払われ, 廻われ右をし, 廻をば枯れた自分, 廻をも共に済ませた, 廻イタ馬鹿ニモ程ノアッタモノダガ, 廻シカアトガ恐シイナ, 廻シサエスレバドコカラカ開化ガ参リマスソウデ私モマケズニ言文一致デコノ手紙ヲシタタメテ差上ゲマス, 廻シタリソコラヲ曳ッ張ッテ歩イタリシタノデ若奥様ハ経, 廻シテ見ル, 廻シナガラ這入ッテ, 廻ソウトスルト殊ニ痛ンデ巧ク廻ラナイ, 廻ッテ昇ッテ行キナガラズットアタリノ景色ガ見ラレルヨウナ, 廻ッテ春久サントホテルノグリルデ食事ヲシテエトランゼデ服, 廻ッテ登ッテ行クノガアリマスナソラアノ高イ塔ナンカニ上ル時ノダンダンニアリマスナ, 廻ラナイ感ジモ何処マデガ麻痺デ何処マデガ痛ミト云ッテイヽカ区別ガツカナイ, 廻リシテ市ヶ谷見附カラ九段ヲ経, 廻リテイロイロノ, 廻リノ悪輩共, 廻リ合セト云ウベキハ陰険ナ四人ガ互イニ欺キ合イナガラモ力ヲ協セテ一ツノ目的ニ, 廻ルノカト思ッテソノ考エヲ努メテ打チ消シテイタノデアルガ, 廻三里五町というの, 廻中異状はなかっ, 廻品に, 廻了者を生ぜざる, 廻二十町高さ六丈, 廻二枚袷の下着, 廻以下の一統礼, 廻伊織という人, 廻伊藤刑部と書いた, 廻の, 廻六里はあった, 廻円盤はたいがい最低十法, 廻医師に依っ, 廻十四五人上陸いたし候由風聞有, 廻十番には後備関勝蔵, 廻可有候せんちよ坊, 廻向心とは申し, 廻して, 廻國日記などを見, 廻國者とは殆ど, 廻場留場ト号シ銘々私ニ持場ヲ定, 廻小姓の, 廻廻御用聞手先下, 廻寛さ畝ばかりなるべし, 廻小姓与九番, 廻屈曲して, 廻廻は, 廻ばかりもあらぬ, 廻御用聞手先下ッ引, 廻の望, 廻復期に向っ, 廻して, 廻によるもの, 廻持ちでたしか, 廻時刻とピッタリ, 廻来し丘陵の, 廻来る一月十七日なる, 廻沢八幡山烏山給田の五字, 廻沢烏山は何日, 廻を立てる, 廻游魚類が沿岸, 廻を下る, 廻が這入った, 廻して, 廻百里の舞台, 廻礼先がむやみ, 廻礼廃止理由の成立, 廻は明らか, 廻窮まりなく身, 廻はもう, 廻與二郎に聞き, 廻興行にてノラ, 廻舞台花道迫出し之は劇場, 廻裁判があつ, 廻に供, 廻と外, 廻診しに来た, 廻診であるから僕, 廻を発見, 廻轉伴撃防禦などのいろいろ, 廻轉作用の與つて力, 廻轉機にでも引つ, 廻轉燈明臺の見えつ, 廻轉自在になつ, 廻轉運動もなけれ, 廻途中方々へ届け, 廻遊切符なんか初め, 廻遊式であったこと, 廻遊路をうねうね, 廻遊道路はぼくら, 廻道具がんどう返, 廻遠くて要領, 廻を歩き廻っ, 廻鎌倉中者有之可, 廻門途の一諷, 廻階子の半, 廻に来る, 廻入候, 廻て第, 廻風轎を揺せり, 廻を望ん