青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「建築~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

廃~ ~廊下 廊下~ 廣~ 延~ 建~ 建て~ ~建物 建物~ ~建築
建築~
建設~ 廻~ ~廻し 廻し~ ~廻っ 廻っ~ ~廻り 廻り~ ~廻る 廻る~

「建築~」 2930, 32ppm, 3710位

▼ 建築~ (506, 17.3%)

10 中に 8 上に 6 ように 5 本義は 4 ために, 様式が, 様式を 3 ごときは, 中で

2 [18件] ことは, ことを, なかに, なかを, 内部の, 名残りが, 好模型, 屋根裏だ, 新時代, 方が, 材料を, 柱の, 根本義が, 樣式に, 窓に, 美を, 芸術である, 角度の

1 [423件] あの均勢, うちで, うちに, うちの, うち最も, お話も, かそれとも, ことなら, ことに, ことについては, ことにばかり, ころは, ごとき哲学, ざつとしたしかし, すき間, すぐれた点, すべての, ついでに, てっぺんに, ときは, どこかしらに, ないの, ながめ方, ほうを, まどに, ままに, もあります, もつひとつ, ような, ようなある, アカデミーで, アスファルトの, エマイユ, ガラス窓が, クリプトを, コンクリートの, デコレーションに, バイロン, プラン舞台設備の, ホテルでも, メンス, リズムの, 一つから, 一つでは, 一つ云う, 一である, 一条件に, 一端で, 一部でさえ, 一部として, 一部を, 一部分実用生活の, 上から, 上の, 上へ, 下に, 並んだ二階建て, 並んだ通り, 並んだ道, 中の, 中は, 中心と, 中最も, 中間に, 主閣, 予定が, 事などに, 事は, 事を, 二階家で, 仕上った本館, 仕事の, 仕事を, 仕掛を, 仕方から, 仕方等についての, 代りに, 代わりに, 代表であり, 代表的な, 件について, 企画を, 伝統によって, 伽藍でも, 位地と, 体裁も, 余材そんな, 余興位にしか, 俗惡いよ, 修繕や, 傑作は, 優雅で, 入口から, 全体が, 全体印象を, 全領域, 典型的の, 内務省の, 内部には, 写真で, 出来上がった時, 列は, 前に, 前の, 前廊, 前面に, 前面には, 効果の, 勉強を, 動機と, 半分は, 印象を, 原理および, 取り付きである, 古代において, 古式が, 古雅な, 古風な, 各種の, 各部に, 各部分, 名人の, 名工が, 名残りでなけれ, 名残りを, 周囲に, 味感をば, 唯一の, 商人の, 商館なりと, 問題に, 喫茶店芸妓の, 四階の, 四階五階の, 図案であります, 国家を, 均整美ほど, 均整美も, 基本的な, 基本的伝統としては, 基礎工事に, 堅固をも, 場合に, 壁が, 壮大市街の, 変化は, 外形においては, 外観の, 夢と, 大きな寒い, 大寺院, 大小を, 大成, 大成を, 大理石, 天主堂は, 天才が, 奥底に, 如き園藝, 如き永久的, 如く全て, 如く芝居, 妙味に, 委員会が, 存在は, 完備そのものは, 完全なる, 宏壮泉石の, 家が, 家は, 家わが家に, 家屋が, 家屋の, 家根を, 寄附金を, 寺院と共に, 対象は, 寿命の, 専門家と, 専門家に, 小ぢんまりと, 少ない礼, 尖塔の, 届書を, 屋根から, 屋根が, 屋根と, 屋根との, 屋根の, 屋根を, 屋根裏殊に, 工事中である, 工学的な, 巨大さと, 平面図である, 広い内部, 広壮なる, 店家が, 座敷などでは, 廃址に, 廃墟で, 廊を, 形を, 形容としては, 彩も, 彩り眼, 影が, 後を, 御寺, 御研究, 心得も, 必然的條件として, 必要を, 意匠を, 意匠家です, 成つた時である, 手法細, 才能が, 技師と, 揺れ工合を, 支柱的機能を, 改善と, 改良美術の, 教程に, 散文によ, 断層が, 新しいやり方, 方からは, 方で, 方の, 方は, 方も, 方を, 方則を, 日本化で, 日本化問題は, 明美な, 時には, 時まで, 時娘一人を, 暗さ, 曲線には, 曲線は, 最も醇化, 最も重要, 最下層, 最中でも, 有力な, 有力なる, 有難みを, 朗らかに, 本でした, 本を, 本格的な, 本義とか, 本義夫は, 材料が, 材料と, 材料や, 板囲いが, 柱が, 柱に, 柱や, 校舎起工に, 根強い健やかさ, 根本特色を, 根本義の, 根本義を, 概要生活状態なぞを, 様式ださうで, 様式で, 様式という, 様式に, 様式にも, 様式によって, 様式に関する, 様式の, 様式のみに, 様式は, 様相に, 模倣では, 模様などに, 模様を, 樣式とは, 樣式を, 正常な, 正面や, 歴史の, 死を, 残存物のみ, 残存物ベスヴィアス火山によって, 残材聚楽第の, 残骸の, 殖えて, 気持は, 油絵を, 法式でした, 注意, 流行は, 無分別な, 無制限な, 無益な, 物々しいのに, 特徴を, 特異な, 特色は, 特色を, 特色如何と, 特質は, 犠牲として, 理想の, 生な, 用向を, 用材の, 當時から, 病室の, 白い圓柱, 百貨店が, 直接責任者である, 相違は, 眞價を, 真髄が, 研究に, 研究を, 研究家が, 研究者が, 神秘的な, 空地に, 窓, 窓扉と, 立ち並ぶ日, 立ち並んだ場所, 立ち並んだ辺り, 立って, 立つて, 立並んでる丸の内, 築地本願寺でも, 粗大な, 粗樸, 精気の, 精神と, 精粋を, 精華は, 細い点, 細部は, 経験を, 結果が, 美, 美しさ, 美で, 美には, 美の, 美も, 美術的な, 耐久性を, 聳え立たん日, 背後に, 脇には, 腕と, 自由自在な, 色や, 苦心談を, 荘麗を, 薄っぺらな, 行われなかったこと, 表を, 装飾彫刻の, 裾に, 複雑な, 西洋風な, 要諦は, 見てくれの, 見事さでした, 見本の, 親分の, 計画も, 設計図ばかりを, 設計者が, 詩が, 話に, 話も, 話を, 誘惑, 谷間を, 費を, 費用を, 費用大計六千五百万円なり, 資材を, 足場の, 軒並屋根高低に, 輪廓や, 途中で, 進歩で, 遠く及ぶ, 遠景について, 遺物を, 遺蹟の, 邸宅で, 部に, 部分について, 重い扉, 重い窓, 鉄の, 銀行と, 間の, 間を, 間取, 陰影裸の, 隅から, 随所ふんだんに, 際に, 雛型机絵地図模型地球儀石盤黒板インク入れ, 静かな, 面影を, 面白いもの, 頂が, 領域に, 飾りの, 骨組だけ, 骨組という, 骨組に, 骸骨の, 黄金塔の

▼ 建築~ (290, 9.9%)

5 のよう, の中 4 の内部 3 であった, のあった, の下, の間

2 [11件] があった, が皆, とペンキ塗, の側, の前, の壁, の外観, の如き, の屋上, の屋根, を建てる

1 [242件] かと思はれる, から, からし, があり, がそそり立つ, がなかっ, がのっ, がよごれ, がクリスマス, が一つ, が代表, が住宅, が偉大, が優雅, が到底, が地上, が地震, が天智天皇九年後, が当初, が往來, が必ず, が推古天皇, が揃っ, が整然, が次第に, が段々, が焼けず, が焼けるだろう, が焼け滅びる, が現われ, が立ちならん, が立っ, が美しい, が見えだした, が軒, だ, だから, だけが立ち並んだ, だけで, だけは置き忘れられた, だった, であつ, である, であると, であるとか, です, ではない, では室内, でもありました, でもまた, で満たされた, ということ, といえ, といった, としての家屋, としてはこれ, として目前, として空, とその, とそれ, との関係, とも異なる, とも調和, とを見る, と云, と仮, と共に異国的, と同様, と川幅, と建築物, と色彩, と電車, と首肯き, などあらゆる, などその, などの再建, などの軒, などをもつ, においてことごとく, にかへる, にすぎない, にたいして軽蔑, についてこれ, についても平子君, について述べる, にては墜落, になる, になろう, には近寄らぬ, にも均しい, にも等しい, にゆるみ, によく, に与えられた, に取りかえし, に対した, に対してはむしろ, に比べ, に移転, に突き当ります, に至る, に見えた, に見る, に重点, に関しても松江, に関して該寺, に関する研究, に関する限り欧州, に関する限り欧洲, に黒い, のあの, のある, のごとき, のすべて, のせせこましく, のまえ, のみならず, のやう, の一つ, の一部, の上, の並んだ, の二階, の保存期限, の内, の写真, の列, の利殖, の周囲壁, の呪, の図, の堅固, の増加, の大, の家屋, の實現, の屋根裏, の峡, の年代, の所有者, の日蔭, の根本的修理, の棟, の正面階段, の殘存, の点綴, の窓, の紹介, の美的意匠, の肩, の背後, の薔薇, の裏側, の裝飾, の見える, の角, の設計図, の請負い, の諸, の赤, の趣, の近く, の遺品, の遺蹟, の重なり合った, の額, の骨, の高, の高大, はあたかも, はすべて五階, はでき上がらぬ, はやはり, はアメリカ式, はツウル市, は一歩, は九十余棟, は二百五十年前, は今, は何様, は何樣異, は何處, は先づ例外, は勿論, は千早館, は壮麗, は始めて, は宗教, は寛永十三年, は小学校, は帝室博物館, は毀損, は確か, は私, は美術的, は自分, は見えない, は跡かた, は雲, ばかりで出来た, へ媒介, もあつ, もない, も下, も今, も周囲, も形態, も粉砕, やが惜しげ, やが惜氣, や人絹, や名勝, や大, や工場, や著しき, よりいっそう, をこうした, をこの, をぼやかし, をレール沿, を一つ, を中心, を以てその, を以て充, を以て大化以前, を仰ぎ, を保存, を取卷い, を古く, を壊, を壊す, を岸本, を押し倒し, を持たなかった, を支える, を改造, を望ん, を求める, を眺め, を眺めた, を表わす, を要する

▼ 建築~ (192, 6.6%)

4 して, 見ると 3 するの, やって, 例に, 見て 2 もって, 完成した, 急がせて, 愛するの, 眺めて

1 [162件] ありの, うち建てようと, こしらえて, させて, しなければ, しようと, し白木, し直したもの, するため, すると, するという, するやう, する事, する意, する時, そのま, たてれば, つくるに, てっぺんから, ながめたあと, はさんで, はじめ欧洲に, ば心の, ひいて, まねたの, めざす精神, もりあげるため, やつた, やつて, やると, やるもの, われわれに, ギリシャ建築や, デコデコと, 一つ一つ説明し, 一つ請負う, 不可能に, 丘陵の, 並べた, 主と, 亀裂らせる, 二度見, 代表する, 仰ぎ眺めそれから, 企てる子供, 企画する, 伴つて居る, 作る人, 俗に, 修繕する, 公然とは, 冬子は, 凝視する, 初め何事に, 創た, 十年越しかかっ, 参考に, 取り繞, 古建築, 叩き毀して, 命じたるその, 命じ都市, 命ぜられた男, 圧し数万, 堅固に, 壮大に, 天下後世に, 如何したら, 委しきっ, 威圧し切る, 学んだが, 守り建築, 寄進させた, 対象に, 差し止めて, 平気で, 建てて, 忽ち震い始め, 思い起しなお, 思わせた, 悦ぶは, 情ない眼つき, 惡口する, 意味した, 愛すの, 感じさせるの, 感じて, 懐かしむ想い, 打仰ぐ, 押立てるくらいの, 指した, 採用する, 探せば, 支那人のみ, 教え水, 敬愛せよ, 暫く人手, 構成し, 模した, 模倣せん, 歎賞しない, 水の上に, 海と, 海上に, 清水家で, 漸次に, 無視した, 玩具の, 珍しそう, 珍らしがっ, 監督した, 示して, 築いたもの, 美術として, 美術的に, 考える時, 考証し, 背景に, 自らの, 自分で, 自分らの, 興したので, 興し中学, 蚕食する, 行うこと, 行う経済能力, 表現し, 見ただけで, 見に, 見る, 見るに, 見るやう, 見る度, 見下すよう, 見出して, 見物する, 視る眼, 観るに, 計画し, 計画する, 許して, 試みると, 試みる者, 誇つて, 誇るニューヨーク市, 請負つてその, 請負わして, 請願し来たる, 賞讃し, 起こして, 起さうと, 起したという, 起したの, 起す然, 起工せり, 起点として, 造る建築家, 造れ, 除いて, 雨晒しに, 静かに, 骨組堅く

▼ 建築~ (187, 6.4%)

5 ある 2 あって, あるから, そのま, できあがったの, できて, どんどん楽, 並んで, 残って, 独逸の, 粗末な

1 [162件] あつた, あまり進歩, あり外, あるが, あること, あるそれ, あるので, あれば, いかにも良く, いかに宏大, いつの, いづれもみな, かくも, さうなの, しきりに造られ, すすむにつれ, そういう根源, そそり立って, それに, たくさんの, たち並んで, だん, つらなって, できる, できる筈, とりつけて, どうしてこんな, どんどん出来る, なつかしくない, はじまった, はじめられた, ひろがって, ほとんどできあがった, まともに, まるで戦国時代, もう目, やかましくもう少し, やがて小, やっとこの, わが国に, チラリホラリと, 一つの, 一つ高い, 一の, 三崎町へ, 上手で, 中絶した, 事実風土を, 人物を, 今の, 低い表, 僕らを, 先に, 光化門の, 全部そうな, 公衆を, 出來, 出来た, 出来たらこんな, 出来ない代り, 出来上がりその, 出来上がると, 出来上り次第東京へ, 出来上るの, 前面に, 劇務に, 半分ほど, 古代文化の, 古來木造, 各所で, 国宝に, 土台石から, 堅牢である, 増加しない, 増加すれ, 多いの, 多かった, 大規模, 好きな, 如何に強い, 始まって, 始まると, 学術上技術上の, 完成しかけ, 宏壮で, 宮城外廓の, 寂びて, 寧ろ伯林の, 専門であっ, 少ねえ, 居住の, 左右から, 年に, 建ち上がったり, 建ち上り, 建ち並ぶ, 建てそろって, 建てられあの, 建固, 建立され, 必要だ, 恐ろしく念入り, 想像され, 愈, 成立って, 支那朝鮮から, 数多く立ち並ん, 文化住宅博覧会である, 方解石の, 日光に, 日本でも, 日本に, 旧式で, 最もその, 朝鮮から, 格鬪し, 極めて高い, 歐米各, 殖えれば, 気に入って, 氷山の, 永久的な, 湧き出しその, 特にシナ建築, 現われる, 生きた一つ, 目ざわりに, 眺められた, 着手された, 着手されはじめ, 着手される, 空を, 突如と, 立ちならび壁面, 立ち並ぶに従って, 終った頃, 考へられなければ, 聳え立つ, 聳ゆる, 能く, 薬師寺にのみ, 蜃気楼の, 行われそれから, 行われた, 行われて, 街, 見えた, 見える, 見はらせる, 設計者製図者を, 豊太閤の, 象徴する, 輸入される, 近接し, 進行し, 進行中だ, 開始され, 隠見する, 雨ざらしに, 高いいかめしい堅固, 高く大きく発達, 鬼門に

▼ 建築~ (151, 5.2%)

2 一般に, 坂に, 堕落し, 木造建築よりも, 法隆寺の, 見られない

1 [139件] あくまでも直角, いづれの, おほくなかつた, かかる甘い, きっとこういう, ことごとくコリント式, ことごとく自分一族, この節, これからである, これだ, すでにガラス, すべてスペイン式に, せせこましく気, そのまわり, その両側, その建築家, その本質上自然, その頃, たいへん大がかり, ただその, ただ日本, とにかくとして, どうだ, どうなる, どうやら生ける, どこに, どんなもの, なるほど, みな土地かぎり, みな横に, もと五条坂の, やがて火事, やや壮観, アンピイル式, クラシズムの, クルマの, チャンと, ニューヨークほど, フィリピン式なり, 一体に, 一体芸術, 一例で, 一軒残らず, 五月から, 人里離れた, 今日から, 仏教建築と, 他の, 住む機械, 何と, 何という, 元より, 元禄の, 全く成り, 其後の, 其色とともに, 円柱を, 冬寒く, 出來上つて, 出来ぬすべて世界, 単に柱, 単調な, 印度の, 危険極まりない, 双方ともに, 古來地震, 古墳の, 可笑しな, 君に, 垣の, 城砦の, 基礎工事以上には, 境界から, 壮大なら, 多くの, 多少装飾, 夜に, 大阪では, 大體みな法堂, 如何にも和やか, 宮殿や, 家の, 審美的な, 山に, 常世神の, 平家または, 悉く眞正, 手間どって, 推古の, 支那の, 新らしい, 日本に, 日本の, 明末清初の, 昼は, 普通は, 普通寺院の, 最も古雅, 木材と, 本職の, 果して推古式, 極東建築史の, 欧米勢力の, 殆ん, 比較的狭き, 池の, 法隆寺や, 漸次に, 火に, 燒盡し, 燕には, 物好を, 特殊な, 珍しく一切木造, 甍を, 生まれいでたの, 生活様式の, 生産経済上に, 白人大工でなけれ, 直接に, 真珠細工の, 石舟斎の, 禪宗特有の, 空間的である, 立派だ, 第一期, 純中世式, 紫式部の, 老実業家, 自分に対して, 自然を, 視神経の, 設計者の, 赤黒い刺繍, 起こされ郊外, 遥かに, 鉄筋コンクリートでなけれ, 間口が, 韓人が

▼ 建築~ (139, 4.7%)

2 かかるの, とりかかった, なって, 就て, 於ても, 耐震的考慮を

1 [127件] あまり手を, かかった, かかった家, かかりかけて, かかるもの, こめられた異常, これほど, さらにカソリック, したいん, して, しても, しましては, しろという, するとき, すれば, せよ庭園, たとえようと, つかったあまり, つき商人ども, とりかかったばかりの, とりかからなくては, なったもの, なっても, なると, なるとかで, よく見る, カンヴァスに, パリの, 与る人, 交渉の, 似たところ, 似て, 体を, 何か, 例を, 供給する, 係れる, 個性の, 入ると, 入母屋造りの, 全生命, 凝つたり, 凝ると, 出入出来る, 出遇わぬかぎり, 制裁を, 則り唐, 加わる気, 北国の, 千円乃至, 半生の, 取りかかつた, 取りかかる時, 取り囲まれた宮城前, 取り掛かろうとして, 取囲まれて, 取懸る前夜夢, 向って, 唐朝風の, 在つて, 地下室が, 変ったもの, 変ってから, 変り行く, 大さ, 学んだところ, 家具に, 専門の, 對する, 幾何学的な, 徴用された, 心を, 心血を, 志ざし再転, 慊焉たる, 成った大きな, 成り殊に, 挟まれて, 掛って, 據り, 改めなければ, 改造し, 教養の, 朝夕呑吐する, 椰子蜜採りに, 比して, 比べて, 沃野の, 深く注意, 父王の, 特別に, 特殊な, 現れた何物, 現われるあらゆる, 生甲斐を, 用いられて, 用ゐ, 當て, 目を, 相当する, 着手し, 着手した, 矛盾が, 示された古人, 示されて, 科学に, 秘密という, 究極の, 空間の, 籠つた冷気が, 署名した, 至っては, 至ると, 良久しく陶然, 見えた, 見ざる形式, 見られる, 認められるもの, 譬えられるバッハ, 費された資本, 賞用せられ, 近きもの, 関係の, 關する, 雲の, 顕著である, 驚かされましたね

▼ 建築~ (139, 4.7%)

3 として父, の 2 があった, であった父, として活動, のくせ, の妻, の手, の精神, の話

1 [117件] あるいは大官大寺九重, から抽出, から曾禰達蔵博士, がある, がこの, がクラシック愛好家, が乾いた, が意, が棟木, が王侯貴族たち, が目的, が設計, たるダ・ヴィンチ, だか, だったの, だった頃, だってあの, であった, であったから, であったこと, であったそう, であった百合子, であつ, でありますが, であり民間, であるが, である功徳, である彼ら, である某氏, である泰造, である父, である若い, でないよう, ではない, でもあった, で一二割, で夫人, と, という一つ, という仕事, という技術, とかを説い, とか連隊付, として, としておかれ, としてのあこがれ, としての建前, としての活動, としての父, としての独立性, としての経歴, として働く, として和一郎, として大, として完成, として実務的, として彼, として著聞, とそれから, とで阿, となり得た, と伝えられ, と画家, と相談, と絵師, にし, についても僧侶, になった, になったら, になる, になろう, には必要, にも参考, に依つ, に命じ, に見, に見える, のいたこ, のごとく, のところ, のクラブ, のブランドンさん, の中, の仕事, の参考, の友人, の図面, の娘, の役, の感覚, の歎声, の沢田, の目, の良心, の芸術的技術的創造精神, はこう, はその, は傑, は勿論, は大地, は奈良京造営, は家, は後, は恐らくそう, は指示, は真実, は自身, もいました, も航海者, も連れ, や事業, や大工, や思想家, や造園技師, らしい表現, をつとめた, を作るべき

▼ 建築~ (64, 2.2%)

6 建築との 2 同様に, 東洋製菓会社の

1 [54件] いい彫刻, いい荘厳, いうよりも, いえば, いって, すれば, それを, ちがって, なさ, なって, なると, 上層建築との, 上層建築とは, 云うもの, 人工暖房装置の, 今の, 似るところ, 何らの, 同じき立場, 同じで, 同じエンタシス, 同巧, 周囲の, 土と, 地勢と, 地形との, 地面を, 外観の, 大がかりの, 大工場, 室内装飾との, 家々の, 密接な, 寺院建築との, 対照し, 数知れぬ, 日本式の, 最初建造資金を, 演劇材料, 無数の, 異つて, 睨めッ, 称する大, 組合が, 美術と, 見ても, 言い堂内, 言つてよく, 言われて, 言われるほどの, 設備とを, 調和せる, 道路と, 違うよ

▼ 建築~ (51, 1.7%)

2 コンクリートの, 彫刻の, 生活様式に, 美術を

1 [43件] いくさぶ, そこに, その歴史, またギリシア, キネマが, キネマは, キリスト教の, モザイクの, 交通機関は, 優れた景色, 公園の, 古器物, 器物の, 土木工事の, 壮麗に, 変わった会話, 夢殿観音百済観音中宮寺観音などの, 大土木工事, 學生を, 宮殿の, 崇重な, 工藝ばかり, 床の間の, 庭を, 彫刻や, 日常風俗の, 昔の, 服飾の, 欄干の, 演劇でも, 珍しい沢山, 町に, 町の, 真理意識や, 美術品のみ, 自然の, 船造りの, 行き交, 装飾や, 記念碑を, 車庫や, 軽快な, 近代的設備に

▼ 建築~ (48, 1.6%)

2 あつた, どの部屋, 一見寺

1 [42件] あつて, あらうと, いえば, その一つ一つ, その時分, もさうである, よいとして, 下は, 中央に, 二階に, 人の, 人間が, 今日も, 低く砂丘, 入口の, 凡てが, 出来て, 吾, 善美を, 地所も, 大抵は, 天井が, 小屋に, 屋根は, 広い中庭, 広さ, 広間には, 後ダイゴ帝, 料理も, 斯ん, 明りの, 村が, 現代生活に, 畳も, 砲弾も, 秘密の, 装飾も, 見るよう, 賽銭箱の, 軒下には, 遺って, 青く塗られた

▼ 建築~ (39, 1.3%)

2 彫刻も

1 [37件] あらたまって, ある訳, あれば, たぶんこれ, どの道路, ないが, なお竣工, なく生活, ほとんど凡て, またそう, またはそれほど, やがては, 上京し, 亦正しく, 儼と, 出来ず荒凉, 分かる筈, 古いせい, 土俵の, 店作りも, 必要でなかった, 悪くない, 改まって, 次第にはかどりだした, 洋風家具も, 特別保護建造物に, 當時の, 立派で, 立派な, 製造工業も, 見られるが, 見洩らしたわけ, 設備も, 造られた時代, 道路も, 電話事件を, 非常に

▼ 建築~ (38, 1.3%)

2 と云

1 [36件] およびその, および人民, および装飾費, がない, が保存, だけを強奪, である, で出来上る, で如何, として貯金, にかけた, に三千磅, に廻る, に当, のうち七十四万七千九百五十四ポンド, の全額, の十倍, の外, の月賦, の点, の節減, の見積り, はさし, はみんな自分, は一カ寺五万円, は当然, は無論, やその他, をざつと十二三万円, をそえ, をだす, を町, を節減, を要した, を見込むで, 合せて

▼ 建築~ (33, 1.1%)

2 のあたり, の前, の板囲い

1 [27件] からたきつけ, から響い, ではもう, では労働者, でも大阪淀屋橋架換工事場, でハロルド・ロスリッジ, で不慮, で撥ねた, で焚火, と校庭, には大, に詩趣, に面した, のどこ, の中, の入口, の大きい, の空, の職工, の角, の足場, へもゆける, へ煉瓦, へ行っ, へ駈けつける, を一, を見る

▼ 建築~ (30, 1.0%)

2 の同, の巨人

1 [26件] から抵当, だ, だが, であ, であつ, である, です, なり, にこの同じ, に初めて, のもの, のクラ, の一つ, の会社, の家, の家屋, の工作場, の新, の本願寺, の校舍, の部分, の電話会社, の頃, も一度, より登壇, 最も著しい

▼ 建築様式~ (30, 1.0%)

2 を一つ

1 [28件] あるいは単に, が他, が果して, として穹窿形, として見た, においてのみ可能, にしたがっ, については南蛮屏風, によっては拘禁性精神病, に様々常態, に酷似, に鉄筋コンクリート, のため, のみを墨守, の中, の差, の意味, の所謂文化住宅, の掃き集め, の方, の相違, の石造, は初期, は希臘, は漢代, や住み, を今後, を多分

▼ 建築との~ (22, 0.8%)

3 日影を, 軒を 2 調和を, 関係を

1 [12件] 中に, 二つの, 交渉が, 交渉を, 専門の, 弁証法的関係を, 折合いが, 推移上幾多の, 色彩調和に, 違いだ, 間には, 類似

▼ 建築~ (22, 0.8%)

1 [22件] ありて, から云う, が一律, が設定, だよ, であった, と新室営造, と造庭, にし, によってほとんど, に拠らない, に非常, のさい, の為め, は建築, は用いないでしょう, は進ん, や都市美観, を変更, を教えた, を研究, を示し

▼ 建築~ (20, 0.7%)

2 ということ, よ

1 [16件] からそんな, からだから, から市中, か随分, がまだ, が客間, が崇福寺, が所詮, けれども中, けれども日本映画, そうである, という事, という北町, とか, と云, のと

▼ 建築~ (20, 0.7%)

2 が自分

1 [18件] がどんなに, が図按, である, として日本政府, となり, のうち, の一分一厘, の事務所, の妾, の山口, の考え, はさぞひっきりなしに, はひょっとしたら, はひよつ, は形式ばった男, は死ぬ, やいかがわしい, や大工

▼ 建築した~ (19, 0.6%)

2 もので

1 [17件] がすこしも, とか聴い, ときその, とも考えられないで, のである, のは, ばかりの大, ものだ, ものだつた, ものである, 仮の, 協同家屋は, 場合の, 壮麗な, 小舎同然の, 彼の, 迷路の

▼ 建築には~ (19, 0.6%)

2 彫刻の

1 [17件] おのおの数個, この法式, たとえどの, ムロ型と, 一々その, 二重の, 今度の, 全然見いだされない, 天平の, 家庭の, 小刀細工では, 思いがけず木材, 政党政治の, 此等の, 満鉄其他, 物質的な, 見られないであろう

▼ 建築技師~ (19, 0.6%)

1 [19件] がこの, が三階, が私, が自分, さえ出, であった父, であり化学者, であるとは, である行雄, でなかなか, としてはたらい, として活躍, とその, とはこれ, と結婚, は出, へと, も家来, らしい

▼ 建築材料~ (18, 0.6%)

1 [18件] が一パイ, が豊富, が集まる, しか持ち合わさない, だけが立派, でも何, のこと, の所以, はふんだんに, は既に, もなにか, も構造力学, やその他, をくわえ, をはこんだ, を作っ, を持ち込む, を集め

▼ 建築でも~ (17, 0.6%)

1 [17件] ある, ございました, そうである, ない, ないので, やろうと, 全く無難, 全然はねつける, 同じこと, 名高き芸術, 商売繁昌する, 始まって, 彫刻でも, 田舎風の, 絵画でも, 草深い田舎, 道路でも

▼ 建築では~ (16, 0.5%)

3 ないが

1 [13件] あったが, ありますが, ない, ないけれど, ないね, ないの, まず土台, 三月堂や, 佐々木岩次郎の, 外国の, 大宮殿に, 室内に, 我慢が

▼ 建築工事~ (15, 0.5%)

1 [15件] かキャビテ軍港, がいたる, がはじまっ, が好き, が始まる, が進行中, なあれ, などと同様, に働き, に手伝い, に携わった, の大, をはじめた, を起す, ノ設計監督ニ従事

▼ 建築から~ (12, 0.4%)

1 [12件] して, バラック以下の, 上層建築としての, 出て, 出来て, 区別する, 器物から, 庭園塀の, 新鋭な, 翼が, 退却した, 離れた所

▼ 建築~ (12, 0.4%)

1 [12件] それより, たるの, ている, てしまった, て密室, て寺院, て居る, て行く, て間, て香水製造, 建築する, 飲饌も

▼ 建築である~ (12, 0.4%)

1 [12件] から同様, から夕方, が一説, が寂, ことから, ことは, ところの, としても後, ばかりで, 勤政殿を, 古風な, 康寧殿と

▼ 建築として~ (11, 0.4%)

1 [11件] 何の, 国宝に, 洵に, 立つて, 第一, 聞こえたもの, 見るの, 見るほどの, 諸特徴, 非常に, 面白い眞和志村

▼ 建築にも~ (11, 0.4%)

1 [11件] たずさわって, よるが, ヌーボー式が, ピンから, 一連の, 同じ型, 多少支那, 深い哲学, 趣味という, 道路にも, 遺憾なく

▼ 建築事務所~ (11, 0.4%)

1 [11件] から真直, ともいうべき, に勤め出し, に通っ, の名称, の方, の経営者, へ通っ, をはじめた, を休ん, を長年経営

▼ 建築~ (11, 0.4%)

1 [11件] で, で想像, とが現にある程度, なんかうまかっ, による日本式住宅, に非常, のなかっ, の不断, の勝れた, や狩猟, を用

▼ 建築する~ (10, 0.3%)

1 ことが, ことによ, ことを, という案, に使用, に出来, のかと, のである, んだ, 所以である

▼ 建築とは~ (10, 0.3%)

1 いえ貧弱, この町, わけが, 両々相俟って, 即ち多少, 必ず適度, 思えません, 比すべくも, 甚だ遠い, 豪いもの

▼ 建築材置き場~ (10, 0.3%)

1 か野菜畑, が見えた, で職人ら, に野菜畑, の中, の門, の間, はでき合い, は防寨, や古い

▼ 建築~ (9, 0.3%)

1 からいう, からも一個, のおまじない, の一つ, の強固さ, の民族的特質, の関係, の風変り, 欠けて

▼ 建築~ (9, 0.3%)

2 の木材, の空地 1 として洪水, の水成岩, の荷, または器具用, 或は器財用

▼ 建築用材~ (9, 0.3%)

1 および人夫, とは違っ, に関してそれから, の大きな, の買いつけだ, の運搬, を庭, を見分, 多くしたがって

▼ 建築~ (9, 0.3%)

2 であると, な統一 1 でないと, な合理性, な心構え, にいつ, に仕事

▼ 建築~ (9, 0.3%)

3 を択んだ 1 にいた, に居る, の学生, の學生, の教室, を卒業

▼ 建築という~ (8, 0.3%)

1 ことで, ことに, ものが, ものを, 仕事の, 専門から, 庶民住宅が, 建築が

▼ 建築~ (8, 0.3%)

1 からもリアクショナル, だつた, の上, の得難い, の標本, の泰斗伊東忠太博士, の研究, の貴重

▼ 建築~ (8, 0.3%)

2 となる 1 が建てた, として, なりしこと, の理想, の設計, はその

▼ 建築であり~ (7, 0.2%)

1 したがって天智天皇九年一屋無余, そして夫, ガラス板で, 且つ支那, 人生の, 他の, 工芸である

▼ 建築としての~ (7, 0.2%)

1 イデオロギーを, 多少とも, 本殿は, 物質的な, 物質的存在の, 美しさ, 部類に

▼ 建築~ (7, 0.2%)

1 が実感, にそ, の精髄, は君, は決して, を誇, を賞

▼ 建築よりも~ (6, 0.2%)

2 すぐれて, 進んだ建築 1 むしろ途方, 寧ろ途方

▼ 建築~ (6, 0.2%)

1 が落ち, などを手, のよう, の断片, の破片, は少し

▼ 建築された~ (5, 0.2%)

1 それが, のは, んだ, 伽藍であります, 御堂が

▼ 建築と共に~ (5, 0.2%)

1 あの天, 内部の, 内部諸室も, 日本固有の, 私たちは

▼ 建築全体~ (5, 0.2%)

1 について直観, の法式, を日本人, を自分, を見た

▼ 建築~ (5, 0.2%)

1 には絶, に問題, のこと, の将来, は浦賀

▼ 建築道楽~ (5, 0.2%)

1 であった上野介, で寛正, の人, の癖, やロク

▼ 建築雑誌~ (5, 0.2%)

1 などから二三照会, に本統, に某, をつづけ, 及び史学雑誌上

▼ 建築とか~ (4, 0.1%)

1 修養基金水害恤兵の, 名画を, 天然の, 建築家とかを

▼ 建築としては~ (4, 0.1%)

1 もう一吟味, 東大寺の, 相当光線, 豪州最古の

▼ 建築などは~ (4, 0.1%)

1 もっとローマ, もとより悪く, 上野は, 眼を

▼ 建築について~ (4, 0.1%)

2 何等の 1 こういう事情, 完全に

▼ 建築に関する~ (4, 0.1%)

1 単語は, 概念などは, 現行法令の, 素養も

▼ 建築~ (4, 0.1%)

2 連れて 1 矛盾, 私を

▼ 建築事業~ (4, 0.1%)

1 になつて, に着手, もたくさん, をうけおっ

▼ 建築~ (4, 0.1%)

1 でも大家, の図, の知識, をやつ

▼ 建築学者~ (4, 0.1%)

1 であったし, でありまた, としてこの, としての立場

▼ 建築技術~ (4, 0.1%)

1 の上, の創造, の進歩, は穴

▼ 建築業者~ (4, 0.1%)

2 の職業 1 の利潤, は単に

▼ 建築物家賃~ (4, 0.1%)

1 と呼ばれ得よう, と敷地地代, はしばらく, は家屋

▼ 建築~ (3, 0.1%)

1 ですね, 杭打ちでも, 門の

▼ 建築され~ (3, 0.1%)

1 それが, てからまだ, て居る

▼ 建築される~ (3, 0.1%)

2 ことに 1 東亜相互生命保険会社の

▼ 建築しよう~ (3, 0.1%)

1 という論者, とするごとくで, と考えた

▼ 建築そのもの~ (3, 0.1%)

2 が既に 1 が秀吉

▼ 建築だろう~ (3, 0.1%)

1 が使っ, が避雷針, と考えられる

▼ 建築であっ~ (3, 0.1%)

1 てその, てそのあらゆる, て直線式

▼ 建築です~ (3, 0.1%)

21

▼ 建築でない~ (3, 0.1%)

1 ことに, ことは, のは

▼ 建築~ (3, 0.1%)

3 のである

▼ 建築ながら~ (3, 0.1%)

1 よほど風流, りっぱに, 洋風めい

▼ 建築などに~ (3, 0.1%)

1 よく使われる, 於いて, 見馴れて

▼ 建築なら~ (3, 0.1%)

1 ば衣食住, 新しい設計, 自然伏樋が

▼ 建築においても~ (3, 0.1%)

1 また見られる, 唐招提寺金堂は, 皆同様である

▼ 建築に対する~ (3, 0.1%)

1 われわれの, 上層建築である, 正しい理解

▼ 建築ばかり~ (3, 0.1%)

1 でそこ, でその, なので

▼ 建築への~ (3, 0.1%)

1 展開は, 情熱は, 改築や

▼ 建築~ (3, 0.1%)

1 から受取った, でもある, はないない

▼ 建築会社~ (3, 0.1%)

1 の小車梅, の整理部, は叔父

▼ 建築及び~ (3, 0.1%)

1 墓作りに, 組織観客席の, 装飾それから

▼ 建築士会~ (3, 0.1%)

1 にお出かけ, の中條精一郎君記念事業会, へは中條文庫資金一万二千三百円也

▼ 建築学会~ (3, 0.1%)

1 で日本家屋論, の中條精一郎君記念事業委員会, の名誉会員

▼ 建築学校~ (3, 0.1%)

2 の屋根 1 の石

▼ 建築学校教授~ (3, 0.1%)

1 が建築場, の娘, の娘カテリイヌ

▼ 建築当初~ (3, 0.1%)

1 のかよう, は武蔵野, は現在

▼ 建築敷地~ (3, 0.1%)

1 という立札, にひな, の板囲い

▼ 建築文化~ (3, 0.1%)

1 だけが他, をもつ, を感じさせる

▼ 建築~ (3, 0.1%)

1 である, はだから, 本建築期

▼ 建築~ (3, 0.1%)

1 であるから, の臭気, 並びに板

▼ 建築~ (3, 0.1%)

1 からも湯女業, は工場, をやっ

▼ 建築~ (3, 0.1%)

1 の事務, は休む, を拵え

▼ 建築~ (3, 0.1%)

1 が一般, に時として, の整然

▼ 建築~ (3, 0.1%)

1 との狭い, と建築群, の上

▼ 建築費用~ (3, 0.1%)

1 は二万五千五百両, は市民, をチャント請負師

▼ 建築あるいは~ (2, 0.1%)

1 スポーツなどという, 家具装飾の

▼ 建築および~ (2, 0.1%)

1 屋内の, 遺物な

▼ 建築しなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばならない, ばならぬ

▼ 建築せる~ (2, 0.1%)

1 ものに, 所に

▼ 建築せん~ (2, 0.1%)

1 とす, とする

▼ 建築だった~ (2, 0.1%)

1 のである, のです

▼ 建築とも~ (2, 0.1%)

1 著しい対照, 見えなかつた

▼ 建築とを~ (2, 0.1%)

1 対照し, 毀損せず

▼ 建築などの~ (2, 0.1%)

1 墜落恐怖猛獣蛮人などから, 諸職

▼ 建築なども~ (2, 0.1%)

1 その姿, もとは

▼ 建築なる~ (2, 0.1%)

1 が二百年, が麻疹流行

▼ 建築においては~ (2, 0.1%)

1 たとえば法隆寺金堂, 帳台すなわち

▼ 建築についての~ (2, 0.1%)

1 さまざまの, 当局との

▼ 建築にて~ (2, 0.1%)

1 客数十人を, 未だ古

▼ 建築にとって~ (2, 0.1%)

1 仇敵の, 由々しき損失

▼ 建築のみ~ (2, 0.1%)

1 であっては, 宏壮で

▼ 建築または~ (2, 0.1%)

1 文字の, 橋梁を

▼ 建築らしい~ (2, 0.1%)

1 印象を, 確かさだ

▼ 建築事務所宛~ (2, 0.1%)

2 にこの

▼ 建築会館~ (2, 0.1%)

2 に於

▼ 建築内部~ (2, 0.1%)

1 の装飾絵画, の設計装飾等

▼ 建築即ち~ (2, 0.1%)

1 クラが, 来るべき総督府

▼ 建築史上~ (2, 0.1%)

1 にかつて, の大

▼ 建築固有~ (2, 0.1%)

1 のもの, の特色

▼ 建築土木~ (2, 0.1%)

1 の用材, の用途

▼ 建築委員会~ (2, 0.1%)

1 が組織, のいろんな

▼ 建築学上~ (2, 0.1%)

1 の大観, の規則

▼ 建築家アガメデス~ (2, 0.1%)

2 とトロポニオス

▼ 建築~ (2, 0.1%)

1 はそっちのけ, もある

▼ 建築師首長~ (2, 0.1%)

1 として日本政府, はまた

▼ 建築最中~ (2, 0.1%)

1 とみえ, の小さい

▼ 建築~ (2, 0.1%)

1 に住家, に寺院

▼ 建築物その他~ (2, 0.1%)

1 が財産, 古仏像等

▼ 建築物一つ~ (2, 0.1%)

1 なく寺, にもそこ

▼ 建築物中~ (2, 0.1%)

1 における古代殿堂, に納められ

▼ 建築用地~ (2, 0.1%)

1 なの, の収入

▼ 建築美術~ (2, 0.1%)

1 は本来リズミカル, を興し

▼ 建築術造船術等もろもろ~ (2, 0.1%)

2 の技術

▼ 建築~ (2, 0.1%)

1 に至る, を抜け

▼ 建築設計~ (2, 0.1%)

1 のため, を進める

▼ 建築請負業~ (2, 0.1%)

1 としては別荘造り, もやっ

▼ 建築~ (2, 0.1%)

1 彫刻, 部を

▼1* [310件]

建築あって始め, 建築あるを見る, 建築いたって堅牢, 建築からみ合った糸杉と, 建築このダムこそ, 建築させている, 建築させたので京大工, 建築されかかってい, 建築されかけていた, 建築されたるものなる, 建築されないであろうから建築物家賃, 建築しかけている, 建築した掘立小屋の, 建築すべき模型として, 建築すべて時の變化, 建築すら微動も, 建築せらるる迄は持続, 建築せられ当時の, 建築せられたに相違, 建築そういう系統が, 建築そのま, 建築そのままの直, 建築その他に少なくも, 建築その他和製の西洋物, 建築それ等から推しはかっ, 建築だけあって, 建築だけが純西洋風, 建築だつたらどこかに, 建築ふ物, 建築であったので美術大臣, 建築であったならばのう, 建築といふものに, 建築とかいうような, 建築なければ設備, 建築など渋く錆, 建築などで人の, 建築などに関する図書館兼研究室であった, 建築などを営んでは, 建築ならざるもの舞踊ならざる, 建築なんぞ大した関係, 建築にあたって土民どもの, 建築においてことにその, 建築においてさえも過去において, 建築における合理性も, 建築にかけては儂の, 建築にしか向かないし, 建築にまで影響する, 建築に対し静かに, 建築に対して或は各, 建築に際し村会の, 建築のねうちは, 建築はとどこおりなく, 建築やによつて高調された, 建築やを一層視覚的快楽, 建築ゆえわざわざこんな, 建築より効果を, 建築をといふのです, 建築を以て推古天皇時代に, 建築を通して見た古い, 建築イデオロギーとしての政治的範疇, 建築カニシカ王時代の北西インド, 建築デッサンがさうである, 建築ニヒリズムの舞踏, 建築ニ作リ直しソコニ今度ハワレ, 建築バラツク文明活動寫眞のセツト, 建築ブームでたいへん, 建築ル・ノオートルの設計, 建築ノミ傾柱壤壁ノマヽニ委スル能ハザレバナリ, 建築一般を規定, 建築三月堂の仏像, 建築上効果覿面なの, 建築中ここで山の手, 建築中央から左手, 建築交通の巻, 建築人夫土工人夫等の全く, 建築人情風俗生活の形式, 建築以外の建築, 建築はすでに, 建築会社一つの整理部, 建築作業が行われなけれ, 建築係りの一隊, 建築保存せられ境内, 建築修繕等には競い, 建築文二年には, 建築公園の橋, 建築共同組合で建てる, 建築兵備施設などに多く, 建築其他に於, 建築具合を見, 建築に達し, 建築半ばなれども, 建築又は最新式の, 建築及衣服をなす, 建築儀を, 建築史岡倉覚三先生の泰東巧芸史, 建築史所伝の史料, 建築史料の一つ, 建築史研究者には興味, 建築呉服橋劇場の所有主, 建築図案設計工事請負といふ看板, 建築図面によつて, 建築ヲ求ム可ラザルハ, 建築土工等を固める, 建築土木用の木材, 建築土木用木纎維用等のため, 建築と記せる, 建築地帯は昨夜, 建築場跡の広場, 建築と, 建築墓門莊嚴具一切が古い, 建築増しの竣工, 建築士法案を呈出, 建築壮大設備整頓なかんずく生徒, 建築奉行を柳生対馬守, 建築好きはいわゆる, 建築字典などと一緒, 建築学上いずれが価値, 建築学専攻の工学士関野貞君, 建築学校教授ファブレス氏が新, 建築学的にも美術的, 建築学者仲間の塚本靖君, 建築学者伊東忠太の時事漫画, 建築は物理學, 建築學機械工學等地震學の理論並, 建築宏壮にし, 建築宏大ならずまた, 建築実年代が天智朝以後, 建築家たちはこの, 建築家アントニン・レイモンド氏が設計, 建築家イクティノスとカリクラテス, 建築家ウォロニヒンをし, 建築家グリノウ氏は私, 建築家ケエセエの名, 建築家ピンスボルグの建てた, 建築家フェルナンドはまた, 建築家ブラマンテの建築手腕, 建築家上野伊三郎がいた, 建築家仲間がその, 建築家具什器の材料, 建築家女技師等は男子, 建築家工芸美術家詩人であると共に, 建築家文學者音樂家等の個性型, 建築家文學者音樂者等の名, 建築家津留といふ婦人科医, 建築家画家彫刻家漆工指物師など幾多, 建築家百貨店経営者等直接利害を感ずる, 建築家的才能を秘め, 建築家航海家のそれ, 建築家音楽の作曲家, 建築専攻の学者, 建築専門家に案内状, 建築の役人, 建築屋さんですか, 建築に依つ, 建築工事場の若い, 建築工学に明るい, 建築工程を側, 建築工芸の粋, 建築師たちは村人, 建築師らが相, 建築師二三人をお, 建築師山口が甲谷, 建築師達は小さな, 建築師長を訪ねる, 建築師長エングランドのあと, 建築広い道路の, 建築庭園にも召使, 建築庭園等美術の美, 建築庭石のおき, 建築廣まりしを以て, 建築形式に岩窟, 建築彫刻の名人, 建築彫刻家でありました, 建築彫刻模型写真演奏歌唱其の他, 建築彫刻演劇舞踊の方面, 建築彫刻絵画の三門, 建築彫刻絵画ともにある, 建築彫刻絵画工芸書道などについては私, 建築彫刻繪畫など, 建築彫刻繪畫その他一切の品物, 建築愛好の点, 建築がある, 建築成つた時を言, 建築に控えさせ, 建築手腕に眼, 建築技巧の精華, 建築技師クロード・ディグスビイ自作ものなの, 建築技師ディグスビイの設計, 建築技師土木技師造園家などが日々彼, 建築指揮にあたった, 建築政宗公の木像, 建築文学が皆, 建築文芸映画美術写真舞台放送教育という十項目, 建築の採用, 建築方式をあらかじめ, 建築方式そのものに欠陥, 建築方法建築用材および人夫, 建築に出世, 建築には鳥居, 建築最も清潔な, 建築木材を出し, 建築來の, 建築材料商をはじめた, 建築材料器具材料などがあっ, 建築材料延着のため, 建築材料木材は紀州熊野, 建築材料板囲なんぞの間, 建築材料石材肥料等百貨店の取扱い得ざる, 建築材料薬品衛生材料船その他の運ぱん具, 建築の離宮, 建築業下にいつも, 建築業者請負師などが多く, 建築構造の美, 建築標準と成す, 建築模型のやう, 建築模型類と真似手, 建築樣式の所謂文化住宅, 建築残りて誰, 建築法令に抵触, 建築浦上のは最大, 建築の変り, 建築混凝土用の捲, 建築の昌熾, 建築物もさ程気, 建築物今は丘陵, 建築物娯楽用の樹木草本, 建築物店舗に陳列, 建築物棟を並べ, 建築物残りて国, 建築物生産設備工場倉庫あらゆる種類, 建築物的な堅固さ, 建築物破壊の名, 建築物街路の角, 建築物被害の調査, 建築物製作品であって, 建築物設備の不完全, 建築物金閣寺銀閣寺単にそれら, 建築の古い, 建築用度課を兼ね, 建築用材木炭薪需要は大いに, 建築界空前の盛観, 建築發達史から見, 建築的悲劇を見出し, 建築を遮る, 建築石器の製造, 建築研究は着々, 建築科二年だから, 建築科本科に入った, 建築移転のみならず, 建築移転等に鬼門, 建築等みな美術なり, 建築等等さえも, 建築精神と異, 建築素材としてのガラス, 建築組合に補助金, 建築絵画彫刻染織蒔絵鋳造刀鍛冶仮面打なども彼, 建築絵画彫刻等の諸, 建築絵画彫刻鋳金などの美術工芸, 建築絵画詩歌の類, 建築をえがきだし, 建築美術口碑文書一くれの, 建築美術家と暮し, 建築美術専門家武田工学士なり, 建築美術音楽文学演劇映画などを通じ, 建築美論を打ち立てた, 建築耐風村落耐風市街を建設, 建築職人に及ぼし, 建築自体として孤独, 建築自動車の疾駆, 建築自身の問題, 建築致す事に, 建築航海の理論家, 建築芸術として価値, 建築にかか, 建築落成の日, 建築表面の様式, 建築被害の比較的, 建築装飾は総て中世紀頃, 建築裝飾なぞからし, 建築製造に要する, 建築要素として木材, 建築観音堂が瓦一枚, 建築計画のある, 建築設計家であった, 建築設計発明彫刻絵画など, 建築設計集であった, 建築許可願いを出した, 建築請負に工事一切, 建築諸国には国分寺, 建築負債償却等にも用, 建築費三百二十五万ポンドすなわちわが, 建築費中へ御, 建築資材にする, 建築資金を作つて積み立て, 建築趣味を発揮, 建築足場などが立ってる, 建築造園教養叡智学問そんなもの, 建築造船獸獵爭鬪に際して極めて, 建築造船裁縫鍛冶機織製陶などの技術, 建築道路衣服等に夥多, 建築に入り, 建築部門にかけては, 建築金具を輸入, 建築開墾道路橋梁等の事業, 建築関係の職人, 建築関係専門店の名, 建築關係の諸方, 建築雑誌上に, 建築露路木石器具態度等総てそれ自身の総て, 建築音楽花にもせよ