青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「左~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

工~ 工事~ ~工合 工合~ ~工場 工場~ ~工夫 工夫~ 工業~ ~左
左~
~左右 左右~ ~左手 左手~ 左様~ 左衛門~ ~巧 巧~ ~巧み 巧み~

「左~」 18351, 190ppm, 535位

▼ 左~ (4888, 26.6%)

212 手に 198 手を 180 手で 116 方へ 101 方に 64 方の 63 腕を 61 如し 54 手の 48 頬に 46 ごとし, 手は 43 眼の, 肩を 39 ような 36 手が, 方を, 肩に 35 手には 34 足を 33 方から, 眼が 31 腕に 28 頬を 27 足が 25 乳の, 方は, 肩から 24 肩の, 通りである 23 眼を, 耳の 22 ほうへ, 眼は 20 方には, 眼に, 足の 19 頬の 16 肩へ 15 二の腕に, 掌を, 目を, 耳を, 胸の 14 足に 13 手首に, 掌で, 端に, 隅に 12 如くである, 手首を, 目の, 胸を, 腕の, 膝を 11 掌に, 方が, 目が, 眼で, 袖を 10 小脇に, 様な, 眉の, 端の, 耳に, 腕は, 膝の, 頬をも 9 ほうを, 手と, 拳を, 掌の, 肩が, 腕が, 足は 8 ほうに, 手では, 手へ, 指に, 目に, 眼から, 眼も, 脇に

7 [13件] ごとくである, ほうの, 二の腕を, 如きもの, 意味の, 指を, 方も, 耳が, 肱を, 胸に, 脇腹を, 袖に, 路を

6 [19件] お旦那様, とおりである, 側に, 手から, 手だ, 手にて, 指の, 方で, 方へと, 肘を, 脚の, 腋の下に, 膝に, 袂, 袂に, 袂左の, 通り, 隅の, 頬から

5 [23件] こめかみから, ように, ポケットに, 口より, 如き記事, 岸に, 手首の, 指で, 目は, 耳へ, 股に, 肩胛骨の, 脇腹に, 脚が, 脚を, 腕で, 腰に, 袂の, 袂を, 記事が, 谷を, 足で, 道を

4 [45件] ごときもの, ごとく, とおり, やうな, 一篇は, 上の, 人さし指を, 壁に, 壁には, 壁の, 如く記して, 如く述べ, 小指を, 小腋, 座に, 御手, 手先を, 手首から, 斜面へ, 方へは, 柱には, 片眼, 男が, 窓から, 端には, 端を, 縁に, 肘で, 肩先を, 脇を, 脇腹へ, 腋に, 腕と, 腕には, 臂に, 袂が, 裾を, 親指を, 谷へ, 足から, 足には, 頬が, 頬と, 頬には, 頬は

3 [68件] あなへ, こめかみの, とおりであります, ほうから, ポケットから, 一節あり, 一節は, 一節を, 三つの, 三種と, 中指に, 乳房の, 乳房を, 人さし指で, 前足を, 如くなるべし, 小指の, 小鬢に, 山の, 山は, 後足を, 手, 手のひらを, 手の甲で, 手も, 手首が, 手首には, 拙吟, 拳に, 指が, 掌へ, 方だ, 様に, 歌を, 片手は, 片腕を, 片袖, 片頬, 目の下に, 眉毛の, 眼尻に, 瞼の, 窓際へ, 答弁書を, 耳から, 股を, 肩にかけて, 肩には, 肩より, 肩越しに, 肱の, 脇の下に, 脇腹の, 脚は, 腿の, 臂を, 袂へ, 袖の, 角が, 角に, 谷に, 通である, 通りだ, 通りであった, 通りの, 靴を, 顳, 首筋へ

2 [199件] かくしに, こめかみに, ごときこと, ごとくであった, ごとく説明せり, すがた, ところに, とほ, はうに, はじの, ふく尺八は, ほうが, ほうには, ものは, やうに, コメカミに, ポケットの, ポケツトには, 一句を, 一文を, 一表を, 一詩を, 一項あり, 一項を, 三人は, 三種に, 下に, 下の, 下唇, 事を, 五項に, 八項を, 内ポケット, 出たらめ, 分け使いもし, 前へ, 区別は, 句を, 向う脛にも, 唇が, 喉を, 如き挨拶, 如き文, 如き絶句, 如き記事出づ, 如くに, 如く明記し, 如く答, 如く記された, 如く語つた, 如しである, 家の, 家は, 小さい楔, 小剣, 小鬢から, 尻の, 尾根に, 山道の, 岸の, 崖の, 席に, 座へ, 御前, 御髻, 所に, 扉を, 手く, 手こそは, 手これを, 手のひらに, 手の平へ, 手の甲が, 手の甲を, 手を以て, 手袋を, 手頸に, 手頸を, 拳で, 文が, 文字が, 文字を, 文言を, 斜面に, 方, 方からも, 方だけ, 方だった, 方にも, 曲り目に, 書翰を, 板壁には, 格子に, 棒は, 横腹を, 横鬢を, 橋詰の, 歌が, 渓へ, 温みが, 演説を, 片手に, 片手を, 片肘, 片足を, 男は, 目の下, 目へ, 眉から, 眉が, 眉尻に, 眼だ, 眼だけ, 眼と, 眼との, 眼とを, 眼にも, 眼へ, 眼より, 眼蓋に, 眼蓋の, 瞼へ, 瞼を, 禾から, 穴に, 窓に, 窓へと, 窓際に, 窓際の, 立札を, 緑蔭から, 縁を, 翼に, 耳朶の, 耳朶を, 肋骨の, 肘の, 股の, 肩で, 肩口を, 肱で, 背中に, 胴から, 胸が, 胸へ, 脇の下へ, 脇腹から, 脚に, 腋の下から, 腋の下を, 腕から, 腕も, 腰の, 膝が, 膝へ, 膝頭に, 臂と, 臂の, 蟀谷の, 衣兜, 衣服が, 袖が, 袖で, 袖は, 袖口から, 袖口が, 袖口に, 袖口を, 親指が, 言あり, 言葉を, 記事あり, 記事に, 記事を, 詩を, 話を, 語を, 諸名優, 谷の, 足とを, 足をに, 足音だけが, 足首に, 足首を, 部分に, 雌ぐまは, 電報が, 頬っ, 頬つ, 頬へ, 頬も, 頸筋から, 頸筋を, 顋下の, 顔を, 首筋で, 高頬, 鬢の, 鬢を

1 [1360件 抜粋] あと足の, うしろ頸に, お乳, かくしには, がけの, ことだ, ことを以て, こぶしが, ごときマジナイ, ごとき仔細, ごとき問答, ごとき寝言, ごとき狂歌, ごとき表, ごとき説明, ごとくです, ごとく分類, ごとく吟ぜり, ごとく報道, ごとく書き, ごとく示したるもの, ごとく記述, さまざまな, すみからです, ずぼん, ために, とおりしるされ, とおりに, とおり検べ, とちがっ, はうんと, はしに, は左手, ひざの, ひとは, びんの, ほうつまり, ほうという, ほうは, ほお, まるまる肥え太った, ゆるい尾根, ようです, わきばらに, ギロリと, スネと, チムニーで, テノヒラ右の, ドアを, ハスリ・ユンクフラウは, プログラムで, ボックスに, ポケットにも, ポッケットから, 一の, 一事実は, 一人へ, 一句にて, 一方の, 一方棟甍並びに, 一條なり, 一点なり, 一眼には, 一眼べ, 一章を, 一節である, 一絶を, 一編は, 一言に, 一間四方ばかりの, 一面に, 一首の, 七冊であった, 三カ条であった, 三句あり, 三期に, 三段に, 三策によるを, 三途あるべき, 三項について, 上を, 上唇を, 上顎の, 下あご, 下には, 下腹につつ, 下部に, 丘には, 両三名, 中央から, 中指を, 乳に, 乳下へ, 乳房だけが, 乳首を, 事実を, 事情を, 二の腕つまり, 二の腕の, 二より, 二人が, 二十八字を, 二句であります, 二段に, 二点以外には, 二種と, 二項だけは, 二首は, 五類に, 人さし指に, 人で, 人差し指と, 人差指と, 人差指の, 人指を, 件り, 位置, 低い笹原, 体は, 個所である, 傍に, 兩室に, 内腿に, 出口を, 分類は, 列には, 前方を, 前腕, 前足の, 力を, 十三の, 十六名の, 千五百五十人は, 半分は, 半身に, 半面にかけて, 即吟あり, 口じり, 口上を, 口髭の, 古歌, 可なり, 名なし, 向うに, 品々一時お, 唐松沢と, 問題を, 四つ角へ, 四巻と, 四種と, 回答を, 図表中黒の, 國を, 地平線には, 報告と, 場所に, 壁から, 壁と, 声が, 外側に, 外踝を, 大刀が, 大指の, 大槍, 太い足, 太股に, 太腿の, 奥に, 如きお話, 如き判決, 如き句, 如き変化, 如き恋愛句, 如き手嚴, 如き文言, 如き書簡, 如き武士, 如き消息, 如き皮肉, 如き考え, 如き説, 如き雜報, 如くで, 如くヨブ, 如く分類され得る, 如く取り極め, 如く小別する, 如く改作す, 如く書いて, 如く決定, 如く決定第, 如く観られるであろうと, 如く言うて, 如く記載し, 如く認め, 如く論じ出しました, 如く述, 如しロミューは, 姿だけしか, 子だ, 字に, 家を, 家宅に, 寝台に, 小さい物語, 小唄を, 小屋へ, 小手の, 小抽斗, 小指から, 小指に, 小腕, 小路へ, 小高い崖, 小鼻と, 少し草原, 尾根を, 山あ, 山ぐるり, 山へ, 山腹だけしか, 山間に, 岩壁には, 岬を, 岸と, 崕から, 希望を, 席として, 帳の, 広みの方, 広間に, 序次により, 座には, 廊下の, 廊下へ, 引き出しを, 引出しには, 後を, 後見それを, 御方様, 御趾, 心臓部の, 悪いほう, 意味が, 戯曲, 戸を, 所詠を, 扉が, 手だけは, 手でした, 手でや, 手にも, 手のみにて, 手の平だけを, 手の物を, 手はと, 手より, 手先の, 手左の, 手紙の, 手首だった, 折詰を, 拇指と, 拙作三首を, 拙詠を, 拳骨を, 指三本を, 指先を, 掌面に, 支え手から, 敬徳神の, 数条と, 数行の, 数項の, 敵前の, 數種あり, 文句が, 文章が, 斜線と, 方からは, 方な, 方にて, 方への, 方よりは, 方六分ほど, 方廻廊の, 方松川村さし, 日本神話中より, 明文あり, 暗い坂, 書を, 書簡中に, 書面を, 最高点に, 杖の, 杖を, 松ヶ枝に, 枝には, 柱時計の, 根元に, 棒へ, 棚には, 椅子だけが, 横わき, 横町に, 横腹や, 横面に, 横顔だけを, 歌である, 歌は, 殊勲だ, 水の, 汲んで, 河並に, 注意と, 海どこの, 渓流から, 演劇年表を, 点に, 無名指の, 爪に, 片双, 片手の, 片方を, 片耳一尺八寸, 片腕と, 片足膝から, 牙歯が, 物腰は, 犬歯だけを, 獄へ, 現状を, 画四十九丈二尺右の, 瘤なら, 白い腕, 目だけ, 目にあたる, 目の下から, 目も, 目尻の, 眉だけ, 眉を, 眉尻には, 眼か, 眼しか, 眼であった, 眼一つで, 眼尻を, 眼潰れたる, 眼玉を, 眼蓋のうへに, 瞼が, 短冊を, 示指と, 種類あり, 穴は, 空いた方, 窓の, 窓口に, 章を, 童女の, 端だった, 端のです, 端まで, 端中へ, 第一番目, 紫檀の, 組とは, 統計表を, 縦棒を, 群集へ, 羽が, 翼の, 者が, 耳たぶを, 耳であった, 耳は, 耳下に, 耳朶から, 耳髱が, 肋骨などは, 肘に, 股であった, 肩と, 肩まで, 肩先に, 肩口へ, 肩甲骨の, 肩胛骨あたりに, 肱さえ, 肱もて, 肺を, 背, 背中, 背後には, 胴まで, 胸, 胸へは, 胸肩胛骨の, 脇の下から, 脇へ, 脇息を, 脇腹まで, 脛を, 脾腹に, 腋下にかけて, 腎臓が, 腕でした, 腕へ, 腕より, 腕四, 腕胴, 腰盤に, 腰際へ, 腹へ, 腿が, 膝から, 膝は, 舷に, 芽に, 草土手の, 葉書を, 薬指の, 行く先は, 行列が, 衣を, 袂から, 袖だ, 袖へ, 袖口の, 袖部屋にも, 補助翼が, 裾の, 覆面が, 覚さし, 親方様で, 角で, 角へ, 触角は, 言葉に, 記が, 記事も, 許に, 語の, 諸所, 諸書, 諸目, 講義を, 谷は, 谷間から, 赤ん坊も, 足だけへ, 足とが, 足も, 足女なら, 足首さえ, 趾を, 路地へ, 身の上話を, 車輪が, 輪に, 通りすがりの, 通りに, 通り事件発生当時の, 通り更任平泉八郎末松道雄遠山武撃劍部, 通り順序變更三角體操物理阪本英語獨逸文法, 運動も, 道に, 部屋だった, 酒に, 野の, 釘穴から, 鏡の, 長篇は, 開き扉を, 閣を, 陣所と, 隅から, 隅屋臺を, 雪渓の, 靴じゃ, 靴の, 頤から, 頬にも, 頬より, 頬先腫れ上られ, 頬骨の, 頸と, 頸動脈を, 題材にて, 額際を, 顔だけ, 顔合わせで, 飼い使って, 首摺の, 首筋を, 駄目な, 高い岩, 黒眼を, 鼻先き

▼ 左~ (1843, 10.0%)

48 折れて 36 見て 35 右く 15 して 10 曲って 9 曲ると 8 折れると, 掲げて 7 分れて, 右に, 掲ぐるは, 紹介する 6 取って 5 傾いて, 廻って, 持って, 見ながら, 記して, 身を

4 [15件] これを, まがって, 並んで, 云った, 別れて, 前に, 向かって, 向って, 掲ぐ, 斬って, 曲がると, 立って, 行くと, 避けて, 離れて

3 [27件] あらず, あり, あるの, かしげて, からだを, その二三, その表, それて, まがりながら, 一の, 上に, 切れて, 別れました, 動いて, 同氏の, 抄録し, 折れた, 抜萃する, 曲がりました, 曲げて, 曲った, 注記付き, 肩を, 見えて, 追ひかけ, 録す, 非ず

2 [95件] ありて, いたの, その大要, その次第, とった, なる窓, まがったり, むかひ, むかひて, むかへり, めぐりて, わかれた, 一つ紹介する, 一曲し, 之を, 二つある, 二三の, 令嬢が, 傾きて, 傾けて, 傾げて, 入って, 入ると, 分かれて, 列挙せんに, 列記し, 動き手, 動く, 動くの, 動けば, 取れば, 右彼は, 右行っ, 同じもの, 向ひ, 在り, 坐して, 坐って, 坐つて, 寄って, 少し丈, 廻して, 廻り込んで, 引用する, 彫刻家朝倉文夫氏の, 所感の, 払って, 抄し, 抄録する, 折るる, 折れながら, 抜抄し, 抱えて, 抱へて, 持ち代えて, 持換える, 持替え, 挙げん, 掲げる, 敵の, 曲がって, 曲げた人並, 曲つた, 曲つて菊坂町に, 曲りして, 曲れ, 曲ろうと, 曳いた尾根, 歪んで, 流れて, 浅い谷, 海を, 灯して, 目を, 碧くそ, 私の, 移って, 紹介しよう, 行きして, 行く, 行って, 行つても, 見えたり, 走りまわって, 足を, 転載する, 轉じ, 辷る大事, 透けて, 道を, 長く並行, 開くと, 開けて, 飛んで, 馬小屋を

1 [1279件 抜粋] あおって, あたふたと, あったもの, あつたつ, あらうが, あらず寧ろ, あらず木村, ある, あるを, ある木戸, ある鬼百合, いくつもの, いったり, いる天願氏, うねりつつ, おちたとは, お椀, お綱, かえし後, かかげる, かがまりて, かけまわりました, かたむきあぶなっかしい, かたむけるや, かわし一気に, きって, くだり穴, この出費, ころがり廻って, ございまする, さげて, さげる, し, した鋪石, しては, しよう, しるして, し大武岬, し川下, し田代, し養老, すこし折れまがっ, する處, せよ各人, そなえた, そのまま吹ッ, その一文, その一節, その中, その例, その分類表, その大金, その法, その腰, その要点, それから, それぞれ向きを, それと, それを, たずさえて, たち別れ, つかむ助広, つけて, とどろく声, とれりこれ罪, どれ程, なったが, なったシナ人, なって, ならんで, なり横, なる一側, のぞかせる格好, のばせば, はいり, はげしく傾倒, ひかえて, ひねりして, ひらけた藪, ふりてらしながら, まがつたり, まがりだんだん, まがり室, まがれるなり, またある, また八方, まりや, まわしわが, みすてられたと, むかへるが, めぐらした時, もがいた, もつとは, やや遠く, ゆかば, ゆけば, ゆれて, よった箇所, よりたる紐, よろめきながら, わかれ右, わざとその, アフリカの, エトナが, ガタリ, キョロキョロと, コンクリートの, シャンハイ所感の, ズラリと, ハラハラと, ヒューッヒューッと, フーラ, メッシナの, ルビ付き, 一つ二つ誤り, 一人朱を, 一圈を, 一家の, 一株の, 一気に兇行, 一篇の, 七の, 三國志魏書第三十の, 三歩, 三重の, 下りたる処, 下る小径, 並列し, 中川清秀の, 乳房引き出し, 二三例を, 二股にく, 云ふ, 五六回も, 五行と, 人を, 仁科伊吾を, 仙気稲荷, 伍を, 会えとでも, 会ったか, 伝六と, 体を, 例の, 侍らせた, 偏りたるところ, 備えて, 傾いたまま停車, 傾き歩いた, 傾くから, 傾けた下, 傾けながら, 光る, 入った所, 入りたる, 入りみだれて, 入選作品を, 六旒紫, 六畳ぐらいの, 六疊が, 其一節を, 再録, 処分する, 出で, 出来るだけ, 切った, 列挙しよう, 列擧する如き, 別々に, 別の, 別れたの, 別れ本町宿, 前岳, 劃す, 動きギイギイ, 匕首を, 十人あまりの, 厚い表紙, 原訳対照したる, 又山, 収め奉れりと, 取る人, 叙ぶべし, 叩たき, 右くもつ, 右には, 右兄弟も, 右夫妻とも, 右私と, 右話が, 各種の, 名だたる難行, 向いたり, 向かわば, 向くと, 吾嬬森の, 商売の, 回って, 回転せよ, 土偶發見國名表を, 在る峰, 地藏を, 坐ったの, 基衡右に, 夕日の, 外らせた色白, 多少は, 大きな尾根, 大きな門, 大小様々の, 天王山を, 夫や, 奔走し, 妙義が, 妹を, 宝剣岳右に, 宮の, 家並を, 寄せ例, 寄った所, 寄つた處へ, 寄り過ぎて, 寐が, 寝た, 対を, 小さな演壇, 小一町, 小坂を, 小學校, 小径を, 小道を, 少しく先生, 少しく逍遙子, 少女が, 尾根を, 居多, 屈曲し, 山あり, 山岳の, 山腹を, 岸を, 崖腹を, 差し交わされて, 巻き上がる時, 幽かな, 広やかな, 座って, 廊下を, 廻されたり, 廻っても, 廻れば, 廻轉した, 弁明せん, 引き添って, 引くと, 引用し, 弧を, 役人や, 往きした, 往くもの, 徒渉し, 御所の, 御苦勞, 恭一お祖母さんと, 息を, 愛玉只の, 我が国号が, 或ひ, 手を, 打振り, 抄訳せり, 折て, 折れ, 折れこの, 折れたり, 折れたヅカ, 折れまがった梯子段, 折れるあたり, 折れるとい, 折れ一郎, 折れ右, 折れ幅, 折れ曲ったが, 折れ曲らうとして, 折れ曲ろうとして, 折れ金沢道, 抜かれて, 抜けて, 抱えながら, 押しやったり, 拔けて, 拙吟一首, 持ちかえ右, 持ちたる, 持ち替えただけの, 持った, 持った塗盆, 持つた木劍, 持つ屡, 持添へ, 挙げて, 振り分け髪, 捲くよう, 掛け連ねられて, 接し陣取りぬ, 控えた今, 掲ぐるような, 掲ぐる冷か, 掲ぐる当時の, 掲ぐる樣式によ, 掲げるもの, 掲載すべし, 掲載せん, 提げ右手, 揺らぎながら, 揺れ動き密雲, 搦み, 摘録し, 擧げる, 数首を, 文殊菩薩右に, 斬りたおされた兄弟分, 新橋が, 於て, 明治三十九年の, 星と, 曲がった, 曲がりときには, 曲がり時には, 曲がろうとして, 曲げながら, 曲げ言葉, 曲ったり, 曲っても, 曲つた髷の, 曲つても, 曲らうかと, 曲り二つ, 曲り真中位, 曲る下手, 曲る街道, 曳いた線, 書きつけて, 書き留めて, 書残し候, 朗円上人中央に, 望みながら, 木賊山らしい, 本多平八郎忠勝内藤信重大久保忠世自分自身は, 杉並木の間を, 枉げ候事, 楯を, 榛名を, 橋場今戸より, 正治三年より, 武道具持たる, 比べて, 気兼ねを, 沼田君から, 沿ひ, 泳がせ自由自在, 活溌に, 浪人狩島右門の, 淺い, 渡しちょっと, 渡らずに, 渡り僵木, 準備室が, 漂蕩し, 炎天の, 無抵抗に, 燈台を, 王様夫婦が, 現れうつ, 生ひ, 田圃や, 申上げ候, 申述べます, 男坂の, 略叙せん, 登りながら, 登り始めた, 白糸瀑へ, 盲滅法彼等に, 直立せる, 眼を, 石塊の, 破散して, 示すべし, 示す通り, 社会婦人次, 移して, 突き当れば, 立ち僧, 立つは, 競争する, 笠を, 簡單に, 紆行り, 細く右, 紹介したい, 続いて, 綴喜郡田辺の, 縫って, 置いたり, 置きながら, 聞えたり, 聳える荒削り, 聴け, 背の, 腐心し, 腰元木の芽峠の, 船中所詠の, 色づいたメイプル, 花壇の, 草深い別, 菅原道実と, 菊五郎が, 落つ, 薙いで, 藁人形を, 蜀山人天下の, 行かうかと, 行くべきを, 行くもの, 行く道, 行ったり, 表示す, 袋棚と, 西南の, 見えた縁側, 見えるか, 見た, 見ゆる見当, 見るなり, 見下し前, 見右, 見樂翁公, 見限り, 観音が, 記し之, 記す, 記する, 記せん, 説明すべし, 谷を, 赤兎馬の, 赤橋を, 走り球, 越えて, 距れた, 踏み迷いそこ, 躱して, 転げ廻った, 転じ我中腹, 転載し, 載録する, 辞世の, 迂回し, 近く支那の, 近代の, 迷い動くにつれて, 逃げたが, 逃げまどうありさま, 逃げ廻って, 逐次に, 連る, 遊園地あり, 過ぎないと, 遠くちいさく日, 遠く見える, 避けねば, 酔っぱらいの, 針で, 鈴ヶ嶽の, 錫と, 録する所以感慨, 鎌右に, 閃, 開いて, 関平その, 附記いたさう, 陣取った三人, 集まって, 雛妓を, 霊魂は, 靜浦の, 面白い形, 頭を, 飛びかった, 飯坂出雲右に, 首振り人形の, 馳せ東, 駈けて, 高い石段, 高く大菩薩嶺, 髣髴として, 鳥取県の, 鶏を, 鹿が

▼ 左~ (1285, 7.0%)

2120 の手 12 の声 10 と源三郎 9 だ, の顔 7 のうしろ, の一眼, はもう 6 が, のため, のほう, の耳, はその 5 がこの, とお, のこと, の姿, の左手, の手紙, の濡れ燕, の胸, の頬

4 [17件] であった, である, のもと, のやつ, のようす, の乾雲, の剣, の小屋, の片手, の眼, の長身, はそれ, は一眼, は壺, は手, は源十郎, も源三郎

3 [30件] がその, てえ, という無法者, とチョビ安, と与吉, と栄三郎, と源十郎, にこの, のあと, の乾雲丸, の前, の口, の娘, の殿様, の片, の独眼, の胸中, の腕前, の船, の言葉, の足, の首, はあの, はお, はこうして, はそう, はよく, は左手, は萩乃, もその

2 [64件] お藤, から乾雲, から奪っ, がお, がこう, がふたたび, がまだ, が何, が刀, が思い, が栄三郎, が生き, だが, だった, てえ者, ではない, といえ, とやらいう, とウハハハハハ, と乾雲丸, と侍, と月輪, なん, のあ, のことば, の一行, の全身, の密命, の心, の心中, の手もと, の掘, の方, の罵声, の肩, の胴, の裾, の身, の離室, はいささか, はこの, はそこ, はチョビ安, は一気に, は乾雲, は口, は弥生, は源三郎, は無言, は苦笑, は重い, へ, へ竜, もこの, をとりまい, をめがけ, を仮り, を助け出し, を救い出し, を見あげ, を見あげた, を見る, を迎え, を追って

1 [822件 抜粋] ああし, あた, あの門, いかにこの間, いったい貴様, いつのまにやら, うまく海岸, お相手, お藤姐, かそれとも, からいいつかっ, から乾雲丸, から栄三郎, から眼, から自分, があくび, があの, がいびき, がうなった, がおさえ, がおれ, がかすか, がさき, がそれ, がちょっと, がつくろっ, がつづみの与吉, がとっさ, がひそん, がまた, がもっとも, がキッ, がスーッ, がチャンバラ, がツツツツ, がノッソリ, が一人, が互いに, が人, が今や, が冷たい, が割りこもう, が去った, が地獄, が地震, が壺, が姿, が寝返り, が帯, が思っ, が思わず, が承知, が拾いあげ, が斬りむすん, が最初, が来た, が横, が母, が泣く, が火, が独眼, が百姓, が眉, が穴, が突然, が立ち帰っ, が自分, が自嘲, が血, が被害者, が近く, が迷わざる, が隠し持っ, が隻腕一刀, が音, が顎, きっと左眼, こうして壺, こうして手ぶら, この声, こんなさっぱり, こんな安心, さぐる, さっと足, したたか腰, じつは江戸, じゃア, すっかり化け物, そこで刀痕あざやか, そのころ, その人, そんなくだらない, ただ壺, たちまち脳裏, たるところ, だけにかれ, だしぬけに, だって惚れた, だねと, だもの, てエ乞食, で, ではなかっ, ではなく, でも空, と, とあんた, というお方, という人間, という化け物ざむらい, という妖怪, という得体, という怖, という隻眼片腕, とうとう焼け跡, とかいう隻眼隻腕, としては, としてはここ, とともにあなた, とともに住ん, とともに皆, とともに駕籠, とのあいだ, との生活, とはイヤハヤ, とむこう, とやら, とを呼吸, とバッタリ, と会う, と同じ, と同じく, と名乗る, と大, と峰丹波, と捕吏, と申す, と知合, と聞い, と萩乃, と諏訪栄三郎, と鳰鳥, どうあっ, なおも心中ひとりごと, などという余計者, などは眼中, なる怪物, においては剣, におさえられ, にしたがっ, につながる, にとってはまるで, にともかく, にはっきり, には右腕, には薄, にもよく, によってお, に一泡, に与し, に乾雲丸, に何もかも, に出会いた, に助力, に右手, に向きなおった, に報いる, に対するその, に対する己, に悪寒, に意中, に挨拶, に気, に渡した, に火事, に相違, に破, に組, に見当, に話しかけた, に返し, に鼻, のうえ, のうめきが, のおかげ, のおちた, のかかえこん, のからだ, のごとき, のす, のたたっ斬った, のどら声, のねらい, のひだり手, のまう, のまぶた, のもっ, のよう, のカッコウ, のネットリ, の一団, の万難千苦, の世, の主君, の乾雲埋没, の仇敵諏訪栄三郎, の体あたり, の体勢, の出, の出来損, の刀争い, の前額, の剣筋, の剣自由, の助太刀, の危難, の友情, の右腕, の名, の味方, の命, の咽喉, の夢, の大喝, の女物, の嫡子, の実, の寝, の居どころ, の居所, の峰打ち, の左膳, の帰還, の役目, の心もち, の怒号, の思い女弥生, の怪しい, の恋, の恐ろし, の意, の態度, の所在, の扮装, の捨てぜりふ, の控え家, の揶揄, の教授, の書, の書面, の横顔, の気, の気もち, の決心, の深, の濁声, の片腕, の狼藉, の理想, の申し立て, の痩せ, の真似, の秘使, の笑い声, の筆, の答, の罪科, の肘, の肩車, の胆心, の背後, の脇腹, の脚, の腰間, の腹, の臣斎藤直彦, の舟, の船中, の苦悩, の落ちた, の落胆, の蒼い, の血, の街頭募金姿, の言い分, の話, の講義, の足もと, の身の上, の軍勢, の返事一つ, の道, の長剣, の隠し, の隻眼, の隻腕一文字, の頬肉, の頭上, の額部, の風体, の風態, はあくまでも, はあたり, はあり, はいつ, はいつから, はうなり出し, はかりごと, はがら, はくるり, はこう, はこけ, はこれからすぐ, はさも, はしずか, はしばらくじっと, はしん, はじっと, はすばやく, はそこら, はただ, はたちまち, はたった, はどう, はどこ, はどっかと, はなれない, はにらん, ははじめて, はひだり, はひとこと, はふたたびニヤリ, はふと, はぶらりと, はほし, はまったく, はまるで, はや, はゆっくり, はオシヤマンベ, はギョッ, はニッコリ, はニヤッ, はヌラリ, はヒョロリ, はプッ, は一, は一つ, は一直線, は不意, は中腰, は云った, は今それ, は今どっち, は伊賀, は例, は先, は前, は動発自在, は勝ち誇った, は右腕, は同じ, は噛ん, は大, は大声, は左剣, は平気, は当時, は思いだした, は成功後, は戦い, は手早く, は日夜ひそか, は日常茶飯事, は木石, は栄三郎, は横町, は気, は気がつかない, は深夜, は無意識, は煙草盆, は片目, は甘い, は生返事, は畳, は相手, は真剣, は窮地, は竪坑, は細い, は考え込んだ, は背, は自分, は見えない, は見向き, は軍, は野太い, は長居, は闇黒, は静か, は首, ばかりで, ふりかぶった左腕, へしらせる, へのこころもち, への意趣返し, へチョビ安, へ向かい, へ向かっ, へ対し, へ橋渡し, へ注進, へ近づき, ほど暗い, またふくみ, めがけて, もうすこしで, もう塀外, もこころよく, もさる者, もそれ, もとより凡庸, もどこ, もチョット, も壺, も室内, も弥生, も相当, も相手, も謀反, やっと生き甲斐, やにわにゲラゲラ笑い出した, や起久子姉さん, よく弥生, よりもお, らしい危険, らしい恋文, わざわざ鈴川邸, をいっそう, をいつ, をかえりみ, をくいとめ, をくいとめよう, をさし, をたおす, をつきとばす, をつつきまわし, をどなりつけました, をなめ, をはじめ, をはじめ一同, をはじめ月輪組, をみつめ, をも助け出し, をわずらわさなく, を中心, を丸める, を伴い去った, を助けだし, を助ける, を包ん, を取りまく, を取り巻い, を味方, を呼ばわっ, を始め, を引きあげる, を待ち, を待ち伏せ, を得, を思いうかべ, を押しかえす, を振りむかせた, を捨て, を救うべく, を斬るまえ, を最後, を江戸, を流し見た, を父上, を狙う, を生んだ, を相手, を総, を肩, を襲い, を見返す, を追う, を隅, コツコツと, ニヤニヤした, 半弧, 各剣技, 思わず焦, 流れるまま, 片眉, 追いすがりに, 青くなっ, 頼むから

▼ 左~ (1091, 5.9%)

34 左へと 30 折れて 24 曲って 14 切れて 13 曲ると 11 左へ, 廻って, 折れると, 行くと 10 曲がった 9 人手に, 曲がって 8 左から, 折れた, 曲った, 行けば 6 右へ, 曲ったり, 行ったり 5 まがると, 取って, 右へと, 寄って 4 とって, 出ると, 切れた, 切れると, 外れて, 折れたり, 曲がると, 行って

3 [12件] かけて, 体を, 傾いて, 入って, 回って, 抜けて, 曲つた, 物を, 行けと, 行つ, 避けて, 降りると

2 [71件] うごかして, おりた, かしげる癖, きれて, とつて, まはれ, まわして, むかって, やって, よったところ, よれば, 上る所, 二十回ねじる, 二番目の, 傾いた, 入ったところ, 入る, 切れ大川, 前へ, 動いた, 動いて, 動きし, 向いた, 向いて, 向かって, 向きを, 向け顔, 外れた, 大きく傾いた, 大きく移動, 寄ったり, 廻った, 廻りそれ, 廻り込む仙太, 廻る, 廻ると, 廻れば, 廻わる, 折れました, 折れれば, 折曲っ, 揺く, 斜に, 曲がったとたん, 曲がりながら, 曲がろうと, 曲げた, 曲げた色, 曲げて, 曲ったところ, 曲つたと, 曲らずに, 曲りましたぜ, 曲り右, 曲る, 曲る横町, 書かねば, 書くの, 燈光を, 翔り右, 行く, 行くの, 行こうかと, 襟を, 見て, 走って, 躱した自動車, 通り過ぎましたよ, 遶った, 頭を, 飛び

1 [624件 抜粋] あざやかに, あやつりながら, あるいは左, いくと, いくところ, いったところ, いったり, いつも川下, いとも必死, いや右, うねった檜林, うろうろ, おばあさんは, おやじ橋を, おりる, お曲がりなすっ, お父様, お茶の水の, お薬園, かたむいたり, かたむいて, かわせば, かわそうと, くるりと, ぐにゃりとよろけたが依然, ぐるりと, こてんと, さっと流れた, そうそう, その一部, それぞれ歩い, それて, それ細道を, ただよいながら, ただようと, ちょっと下る, ちょっと巻き, ちょっと移す, つけ, つづいたあの, である, ところどころに, とった, どうにかなっ, どうにでも, どちらも, なよやかに, のみ捻じ廻した事, のめつたり, はいった瀬田屋藤助, はいると, ぱっと体, ひいた裾, ひったくられたよう, ひねり右, ふらつくと, ぶらぶらと, ほこを, まがった, まがらないで, まがりました, まがるん, まがれと, まげてかぶり, まだ半町, まちがったからって, まちがって, まはる, まわせという, まわった, まわる, まわる間, むけて, やったり, やつて, ゆきする, ゆき右へ, ゆく, ゆくと, ゆらゆらと, ゆれながら, よじれる二本, よった処, よれ, よれ左, よろけるの, よろめいた, よろめき西, よろめけば, わかれた, わずかに, ググッと, グルグルと, グルリと, コースを, サーヴィスし, ジワジワとおし, ズリ抜るでしょう, パッと, モトデ, 一と, 一丁ばかり, 一廻り, 一曲り, 一本右へ, 一歩, 一遍と, 三人行く手を, 三四歩ウロウロ, 三四町行って, 三尺許り, 上から, 上って, 下り右, 下ると, 乗れば, 九十度廻し, 九十度廻す, 二つ目の, 二回まわせ, 二時間も, 云って, 五六間折れる, 交互に, 京二郎は, 人が, 仁王門の, 今にも引っ, 仕入れに, 付いて, 伊達の, 会釈する, 何んの, 使つて好きな, 來る, 倒れて, 偶数だったら, 傾いたとき訂正, 傾いたらしい, 傾いた顔, 傾きかけた, 傾きそこで, 傾きひどく, 傾けたから, 傾けるの, 傾け一本, 傾け変えた, 傾け直す行動, 傾斜し, 入った処, 入った所, 入った路地あたり, 入ると, 入る細道, 入る路, 出たり, 出るもの, 分かれます, 分け登つて, 分れて, 分岐し, 切れこみ前穂高岳の, 切れたから, 切れたところ, 切れた水田地帯, 切れた畝道, 切れた藤代町, 切れば, 切れる道, 切れ細道, 切れ込んで, 刎ね, 前と, 前川の, 動いたかと, 動いたよう, 動いた丈, 動かしただけで, 動かしたって, 動かして, 動かせるの, 動かなければ, 動くだけの, 動くの, 動く金, 動けば, 北へ, 半廻転, 参りますか, 反わし, 取った, 取って返さなければ, 取つて, 受け流した, 叩き返された, 名人は, 向うと, 向けそれ, 向けた, 向けば, 向け直すと, 向って, 向て, 四五寸ばかし, 回った車輪, 回る, 回るよう, 回転し, 坐りかわった, 埃を, 埒を, 堤の, 変を, 外の, 外れた盆地, 夥しく揺れた, 娘の, 寄する, 寄せて, 寄った, 寄った左, 寄つたか, 寄つたところで, 寄つて居る, 寝返れば, 寢返つ, 小丘, 小戻り, 少し下り, 少し行く, 尾根伝いに, 尾根山へと, 山を, 巡警, 左へとな, 左を, 巻いて, 巻きながら, 巻くところ, 巻物を, 廻したか, 廻したの, 廻したり, 廻しました, 廻ったの, 廻つた三軒目心易う, 廻つていつた, 廻つて窓から, 廻つて行く, 廻られて, 廻りかげんに, 廻りしながら, 廻りました, 廻り気味に, 廻るかによ, 廻るん, 廻れ, 廻れ前, 廻わっ, 廻わりそれから, 廻わり出した, 引きこなせ, 役に立つん, 往けば, 必死に, 思い出して, 急ぎ去った, 悠長に, 戻って, 戻るという, 戻るといふ, 扇ノ山が, 手を, 投げ出されかかって, 折れお, 折れすぐ, 折れたぎり見えなくなった, 折れたの, 折れた処, 折れた屋並, 折れた薄, 折れた路地口, 折れた途端, 折れどうか, 折れようが, 折れる, 折れるだけ, 折れる大きな, 折れ尽すと, 折れ曲ると, 折れ玄関, 折れ第, 折れ音楽学校前, 抜ける, 押しあけた, 持ちかえて, 持ち変, 持って, 指せば, 振り向けもう一度, 振れて, 捩って, 捩り右手, 捻じた途端, 掻き撫でて, 揺まれながら, 揺れたり, 揺れながら, 揺れると, 放れたおも, 斜といった, 方向を, 早くいたせ, 曲が, 曲がったかと, 曲がったが, 曲がったの, 曲がった時, 曲がった途端, 曲がりさらに, 曲がりますと, 曲がり尚, 曲がり廊下, 曲がり暗い, 曲がり鏑川, 曲がるの, 曲がるべきか, 曲がれば, 曲げさせると, 曲げた水髪, 曲げる, 曲げるん, 曲げ隅田川, 曲った廊下, 曲った所, 曲った第, 曲った通り, 曲ってるその, 曲つ, 曲つて, 曲つてまた, 曲つて三軒目の, 曲つて二軒目の, 曲つて居る, 曲つて後の, 曲つて行け, 曲つて門へ, 曲りすぐ, 曲りたる細き, 曲り五六軒目, 曲り始める, 曲り暗い, 曲り芝公園, 曲るぐらゐにこだはる量, 曲るの, 曲るも, 曲るん, 曲る角, 曲る通り, 曲れ, 曲れと, 曲折する, 曳き寄せた, 書くこと, 最初の, 来い, 松屋町へ, 板縁の, 柏餅を, 横へ, 横丁, 横倒しに, 横切る, 横折れ, 歩いて, 歩き出した, 毎秒一往復, 気賀へ, 池に, 流れて, 流れるの, 流れ巷, 海岸から, 海道筋を, 消えて, 渡して, 片づけなければ, 片づけるわけ, 片よった, 片瀬へ, 玄関に, 男體山に, 番町に, 登って, 眼を, 石梯子を, 私は, 種類分けに, 穿いた, 突き当, 突き当たった隅, 突き当って, 窮民を, 立ちふさがって, 立ち向った, 立ったり, 細い道, 緞子の, 縦書に, 縫うよう, 羅漢道に, 耳の, 肩擦れ, 自分の, 落つるの, 落込ん, 薄白い, 薄白く, 蜿うつ, 融通の, 行かふと, 行き右, 行き来する, 行くか, 行くかと, 行くかに, 行くかを, 行くが, 行くところ, 行くべき鋒, 行く時, 行けとも, 行こうか, 行こうと, 行ったか, 行ったの, 行った後, 行っちゃ, 行つたといふ, 行つても, 裾を, 覗き松の, 読みついで, 誰かの, 貢ぐって, 貸して, 走つて, 走りあるいは, 走り去る, 走り右, 走り廻る, 走り敵, 走り鉤, 走る, 跳び同時に, 躍つて, 転がれば, 転じた, 転べば, 転廻せしめ, 軽くしまる, 軽く上る, 辿ると, 返すやいな, 迷って, 逃げかわす, 逃げる, 逃げれば, 逆に, 這入て, 進む, 進む書き方, 逸れれば, 避けして, 避けひよろひよろもの, 避けろだの, 避け三人五人前後, 酌する, 鍵の, 鍵のてに, 開いたが, 開いて, 開けると, 降って, 隙間なく, 離れた一方, 霧積温泉道を, 青木は, 音楽に, 順々に, 飛び抜けたがんりき, 飛んだ丹下左膳, 飛んで, 首を, 馬の, 馳せて, 駆れ左, 駈けて, 黒く白く画家, 黒板塀ばかり

▼ 左衞門~ (964, 5.3%)

10 の死骸 6 と申す, の前 5 といふの, の娘, の家, はお, は少し, を殺した

4 [11件] でした, といふ人, の女房, の子, の手, の浪宅, はさ, はその, はそれ, は奧, を殺し

3 [16件] が死ん, ではありません, になつ, になつて, の妾, の孫, の弟, の話, の顏, はさすが, はまだ, は如何にも, は平次, は自分, を訪ねました, を顧みました

2 [71件] が, がたつた, が一人, が千兩箱, が昨夜自分, だよ, で, という者, といふ者, と云う, と稱, と顏, と飴屋, にし, に訊ねました, の一座, の伜金之助, の兄, の娘お花, の存在, の家来孝助, の實子, の小屋, の左, の心, の忘れ形見, の所, の末, の次男, の死體, の胸倉, の腕, の言葉, の許, の長屋, の顔, の養子, の首, は, はこの, はこれ, はだまつて, はもと, は三年前, は丹, は五十, は其の, は刀, は到頭, は呼びとめる, は四十前後, は実に, は少しく, は左, は本, は武士, は百日, は相手, は腕, は膝, は酒, は金, は靜, は頑固, は顏, は首, もこの, も鼻, を書い, を突いた, を鴻

1 [678件 抜粋] うなづく, お一方, か, からしこたま, から平次, から金, があの, がある, がなくなりました, がまだ, が一つ, が一人娘, が一生人, が不, が不意, が丹三郎, が伺候, が住ん, が何彼, が先, が先々代, が入牢, が切られ, が刑, が勝っ, が参りまし, が参りました, が呑ん, が土藏, が坐っ, が好み, が妻戀坂, が娘, が安心, が宗悦, が家, が封印, が小僧, が左様, が年, が庄左衞門, が御, が急死, が慈悲人情, が手槍, が拔, が拝領, が握つた, が斬殺, が暴れ, が最後, が有難, が榮屋山左衞門, が武家, が歸つて來, が死ね, が殺された, が殺されました, が母屋, が江戸, が淺草雷門前, が物, が生き, が留守, が目, が相手, が眼, が結んだ, が置き忘れた, が聞, が自分, が舞臺, が落, が誌, が豊か, が買, が逃げ, が邪魔, が開けた, が隱, が韮山, が飮む筈, さ, さすがに, さその, その人, だつたこと, だつて間違つて二階, だと, であつ, であるぞ, でこれ, でございますから, です, ですが, でも拾つて來, で居る, で此, というの, という人, という御, という方, という旗下, という粟田口國綱, という郷士, といふ三百五十石, といふ六十過ぎ, といふ剛勇, といふ四十男, といふ御家人崩れ, といふ恐しく, といふ親方, といふ醤油屋, とうの, とおっしゃる, とお里, とかいうよう, とその, との仲, とはどんな, とは繼, ともあらう, とシーボルト, と下男, と主人五郎次郎, と云, と五八, と伊豆屋, と先祖, と八五郎, と勝負, と大井久我, と女房, と妾, と後妻クラ, と改め, と改名, と治太夫, と甚助, と用人, と申しまし, と申します, と相, と若い, と言つて, と逢つたの, と違つて船, なぞは師走, なんてそんな, にこんな, にささやい, になつたん, になつて大川橋, になつて百本杭, になる, には伊太郎, には掛け替, には本, にも亦, に二拾両, に二百兩, に似ず, に別れる, に勵, に及ぶ, に向い, に命じ, に喰, に大, に大きな, に小, に少し, に引合, に手傳つて, に手嚴, に指一本, に案内, に注進, に渡す, に疑ひ, に紹介, に繩, に見込まれ, に訊きました, に賣られた, に賣り, に返しました, に逢, に預けました, のこと, の一周忌, の一味, の二, の二男, の二男新吉, の云った, の代, の伜又次郎, の使, の刀, の刄, の友人, の取出した, の口, の商才, の噂, の因業, の奥方, の妹, の娘お歌, の寢息, の實, の寮, の帷子, の店, の弟治太夫, の強大, の後, の後添, の後裔, の心持, の忰小三郎, の恐れ, の恩, の惡賢, の意圖, の愚痴, の折, の持っ, の支配, の文面, の新妻, の昔, の時代, の書いた, の案内, の棒振り劍術, の横死, の母, の気, の気に入られました, の氣取つた, の法事供養, の甥, の申す, の留守, の畫像, の短刀, の碑, の神經質, の罪状, の義弟, の義理, の老病, の聲, の胤, の胸, の脇差, の腹, の自由, の若様新吉, の著書, の葬, の裸身, の説明, の身, の輕業小屋, の通り名, の通詞的立場, の遺した, の遺言, の遺骸, の長廣舌, の間, の驚き, の齒, はあの, はいきり立ちます, はいきり立つ, はう, はおどろく, はかうし, はがつくり, はさつと, はそつ, はそんな, はとんと, はどうしても, はなほ更, はまいりません, はまことによく, はやはり, はよく, はよろ, はギックリ, はゴクリ, はツイ涙, はハテ, はホツ, は一, は一年前, は一應女房, は一番氣, は一色友衞, は丁度, は三十そこ, は三年あと亡, は三月, は下手, は不意, は主人, は二階, は五十六七, は人違い, は仮, は会所, は何, は俄, は假名, は元, は先, は先刻, は兩手, は公用, は六十以上, は凛々しい, は分別盛り, は別に, は勃然, は十七歳, は厩, は反り返, は口, は可哀想, は名題, は向う, は商, は善き, は噛ん, は土井利勝, は土地, は土壇場, は坐る, は堺奉行, は壁際, は大, は大きく, は大袈裟, は大阪, は太く, は如何, は妙, は始め, は孝助, は孝心, は家中, は寛げた, は寡默, は實, は小宴, は左右, は帰りました, は幾度, は店, は建物, は弟, は役柄, は後ろ, は御, は微笑み, は悠々, は情なく, は憤った, は戸口, は押取刀, は持たざる, は提灯, は早速, は明治二十年二月二十六日, は昔氣質, は會釋, は束, は松, は此上, は母繁, は氣, は沓脱, は浪人, は深い, は無, は焦らす, は然, は獨, は用心棒, は界隈, は目, は直に, は相, は短, は確, は窪みし, は美しい, は脂ぎつた死體, は腹, は舞臺, は芝濱, は蘭語, は血眼, は表通り, は見詰めました, は親, は言, は豫, は起つ, は軍書, は返事, は送り, は送り出, は運座, は道理, は重役, は野掛装束, は長屋, は開き直りました, は雪洞, は非常, は驚き, は驚きました, は鳥眼, は默つて, は默つて聽, ひどくあわてた, へ宛てた, へ詫びる, へ銀時計一個, ほどの人物, まあ, もさる, もしくは佐野次郎, もガラツ八, も七轉八倒, も丈夫, も之, も佐兵衞, も全く, も又次郎, も娘, も客, も少し, も床の間, も彌次馬, も心, も心配, も承服, も此, も玉江, も飛び出しました, や藤八, よりも哀れ, より少し, より返事, をお, をかたらつ, を一ぺん, を三河島田圃, を中心, を切ろう, を初め浮世繪師石川流宣等, を取押え, を呼び出し, を呼べ, を呼出し, を塀側, を始め, を惱, を援, を殺しました, を物置, を突, を筆頭, を見る, を親, を討つ, を討つた, を誘つて, を通詞側, を邪魔, を離屋, 世に在りし, 代つて平次, 其の人, 半歳, 呆れて, 悉く悦ん, 控えろ此, 改めて膝, 罷出でて, 聞く耳, 腹立ち紛れ, 頑として應

▼ 左~ (507, 2.8%)

21 は思 11 はそれ 9 は野々宮 8 であつ 7 は卓一 6 は文子, は自分 5 に言, の姿, の心, はその 4 の家, はサチ子, は紙帳 3 のふところ, は他, は己, は静か

2 [34件] が自分, であった, のひとつ, の前, の場合, の怒り, の意志, の様子, の死体, の注文, の絶望, は, はある, はさ, はすでに, はまた, はまるで, はむしろ, はもはや, は云った, は再び, は卒倒, は呆気, は娘, は屡々, は心, は思はず, は思はなけれ, は突然, は言, は頼母, も口, を訪ねなく, を訪れる

1 [327件] からの助太刀, が, がいる, がお, がかうし, がきいた, がサチ子, がソロリ, が乾児たち, が二人, が他, が劬, が実家, が左手, が帰りかける, が心, が思ひ, が憎い, が承知, が持っ, が振り返り, が日本, が最初, が最後, が歩み出した, が気味悪く, が現われ出た, が突っ, が紙帳, が訪れ, が越後新報, が跨い, が追っ, が逃げた, が野々宮, が門前, が隠れ, が隣, が高梨, こそ不動智, さえ結局寺内, すら気付かぬ, すら門前払, であ, であったが, でござる, ではなかつた, とお, としては何, としては呆れ返らざる, と他, と同じ, と向かい合っ, と知ったら, と紙帳, と顔, などには眼, など何者, にさえ突き, にとつて, には知らない, には逃げるべき, にひけ, にふれる, によって幾人, によって気絶, によって紙帳, によって見抜かれ, によって討たれた, に一言, に与えた, に助けられた, に取られた, に同じ, に向, に就い, に当面, に扱われよう, に押しつけた, に斬られた, に理解, に討ち取られた, に語つて, に逢っ, に逢った, に逢つて, に頼まれた, のいのち, のかね, のところ, のひけめ, のほか, のみの特殊, のやう, の一生, の一途, の不安, の予想, の働き, の凄, の判断, の友情, の古い, の告別式, の声, の夢, の居場所, の愛, の憂ひ, の手中, の推量, の文子, の日々, の最後, の歎, の正月, の残忍性, の気合い, の気持, の焦慮, の狙いどころ, の生き, の申出, の眼, の立っ, の紙帳, の経験, の胸, の胸底, の自ら, の落度, の行衛, の衰え, の見方, の視線, の親し, の親しい, の観察, の言葉, の足もと, の通過, の遺骸, の長屋, の頭, はいい, はいつ, はいつか, はいなかった, はお, はきいた, はさう, はさびしい, はす, はすべて洋風, はせつなく, はそう, はそこ, はそつ, はただ, はたまらなかつた, はつづけた, はつとめ, はひそか, はふと, はやがて, はやにわに, はよんだ, はグッ, はメニュー, は一喝, は一層, は一方, は一途, は不安, は不服, は両, は云いつづけた, は人為, は人眼, は今さら, は今更, は体, は何ん, は何気なく, は例, は信じき, は信じはじめ, は倒れ, は偶然, は先夜, は内心唖然, は刀箱, は削, は十七歳, は卑屈, は叫ばず, は右手, は喝, は嘆かず, は大寺老人, は太い, は女, は寂寥, は寝坊, は尚も, は左様, は常に, は平田塾, は庭, は彼, は彼等, は徒ら, は微塵, は思ひ, は思ひつく, は思ふ, は思わず, は急, は悵然, は想像, は愉し, は意外, は感じた, は慨嘆, は憂欝, は我, は我ら, は打消さず, は救, は斬られ, は斬り下ろした, は新ら, は暗い, は本来, は極めて, は歩い, は死んだ, は民弥, は気付かなかつた, は気付く, は水, は泣きたい思ひ, は泣きたくなる, は消える, は淋しい, は焦慮, は然し, は爆笑, は物の数, は理解, は生き生き, は痩せ, は益々, は相手, は穏, は突き進む, は笑った, は答, は縁先, は翌日新潟, は聞く, は肚, は肚裡, は背後ざま, は腹, は興, は苦笑, は莫連女, は親, は訊いた, は訊ねた, は訓め, は詮方, は踊る, は身, は転がっ, は軽く, は辛辣, は迷ひだ, は追い縋った, は逃げ, は途方, は遂に, は道了塚, は金井家, は長窪, は隣り, は青空, は驚き, は鬱憤, ばかりが釣っ, も可笑し, も大寺老人, も幼少, も笑った, も負け, をいつ, をお, をみつめた, をもてなし, を休ませる, を嘲罵, を捕えよう, を探し出し, を探し出そう, を探し廻った, を案内, を殺そう, を目掛け, を眺め, を睨み, を籠絡, を自分, を裏切る, を襲, を討つ, を討とう, を訪, を訪ね, を訪ねた, を訪れ, を認め, を責め, を迎え撃つ, を追, を遠巻き, を驕る

▼ 左~ (385, 2.1%)

5 眼を, 顔を 4 それを, 東右は

2 [20件] あのよう, あわてて, お糸, さらに云った, 云った, 例の, 勝手が, 口を, 声を, 川岸だ, 急な, 手を, 林右は, 楊と, 海の, 無言で, 白樺の, 言葉を, 隙が, 首を

1 [327件] あすの, あなたの, あらぬ心地, ありのまま, あると, いえ私, いささか狼狽, いつでも, いないの, おちつかないようす, おれを, お城, こう云っ, こう言っ, ここの, この先, こみいったお, しょぼしょぼし, じっとつめたい, じろりとそれ, すぐに, すぐむき, すぐ山, すこし眉, すっかり黙りこん, そう云っ, そう思っ, そこらの, そのふがいな, そのよう, その点, その直話, その背なか, その足袋, それと共に, それも, だらだらの, だれの, ついいっ, ともかく伊東七十郎, どうしてそんな, なくとも, にっこり首, ひどく汚い, ひどく癪, びくっと, ふとお, ふところへ, ほぼ五六間, まあ聞け, まじめです, ますます怒り, また云った, また影, また斯く, むっとふくれた, もういちどふじこ, やせし, やや小, やや急, よけいに, わが赤城, わざと静か, クルリと, シュレック・フィルンまで, ニヤニヤし, ヒラリと, ポア, 一日の, 丈の, 三番手及三石の, 三谷夫人右は, 上がれ上がれと, 上り龍右は, 下へ, 下痢気味な, 不思議な, 丘陵が, 並び床, 中指右は, 主君の, 二丈ばかり, 二十四歳の, 五丈乃至, 五人の, 京都大学講師農学博士新渡戸氏が, 人家の, 今や焼, 他の, 伊賀の, 伏見から, 何度も, 侍の, 僕の, 先へ, 内蔵助の, 内藏助, 処女みたいに, 出石さん, 刎頸の, 前を, 加賀家の, 勝手へ, 化かされたやう, 十四歳の, 十左の, 即ち飯綱山, 受信用といった, 叡山延暦寺への, 台所右は, 吃りながら, 名代の, 名高い大名, 含羞むような口吻で, 吾妻山向うは, 呻いた, 唇へ, 唐澤辨二氏藏, 喘ぎながら, 国東半島である, 土手, 土手右は, 坐りながら, 坐るなり, 堤の, 堪りかねて, 境内で, 大明神山の, 天性の, 奥山どのを, 奥山大学を, 奥深く真っ暗, 家並そして, 寺すぐ, 封書を, 小さい, 小笠原家の, 局の, 居間昔この, 展けた下流の, 山つづき, 山へ, 山右は, 山腹右は, 山道で, 峻厳を, 崖で, 崖にな, 左と, 左に, 帝國博物舘藏其下は, 帰ったか, 平らで, 平気を, 広けれども, 広瀬大平に, 床に, 廊下を, 当惑し, 役に立つ男, 彼の, 御三家筆頭水戸徳川の, 微笑の, 心の, 心得て, 思い過して, 思ったよう, 急に, 性急な, 恐ろしい大きな, 恐ろしい迄に, 愚痴ッぽく, 憤恚, 我と拝む, 戦巧者較ぶべき, 手拭で, 折曲った, 拳で, 持って, 旅嚢から, 日頃どう, 明治建築の, 暗いたらたら, 曠野な, 本堂だ, 本来の, 本気に, 本流で, 本館の, 朱実の, 杉の, 東又から, 枕元へ, 林の, 林近く田野も, 根が, 桑畠で, 梭の, 検定試験上りの, 榛名榛名は, 檢定試驗上りの, 歴々と, 死刑人と, 殆ん, 水沢の, 江戸では, 汽車の, 沢庵から, 浅間から, 浩一郎さん, 浪高く, 海に, 海濤脚下巖を, 海道は, 深いぞ, 淵右は, 渋い顔, 湖水右は, 湯の, 溪で, 溪の, 炊事場であろう, 炭部屋矢来廻の, 無名の, 熱い息, 牢獄だ, 玄蕃允が, 玄関と, 田圃に, 田子の浦だ, 田舎道で, 男體山なり, 畳に, 白緒の, 相手が, 睨んで, 砂原だった, 硬く右, 硬ばった微笑, 秀吉が, 私が, 私を, 秋葉神社への, 竹垣で, 笑くぼ, 答えなかったが, 紀州邸の, 素より忠侃一辺, 細い小路, 組頭御, 縦谷のみ, 美い, 美貌だ, 羽織を, 老骨の, 職業婦人, 膝の, 膝へ, 自分へ, 船岡どのに, 船岡へは, 色男でござる, 芝の, 若旦那吾妻屋丹三郎の, 茫々たる, 茶の, 草深い一面, 荒物屋で, 菜の花の, 落ぶれ, 葱を, 蒲団を, 薄気味悪い微笑, 藥師右は, 蛇骨湯右は, 行かなかったという, 行きどまりです, 行ったか, 街へ, 覆るよう, 見えたか, 見も, 見れば, 角筈, 言う, 言え私, 言へ, 註文書に, 講堂で, 谷, 谷右は, 負けない人間, 赤城神社と, 赤松林前は, 躍起に, 身の, 身を, 軽く本物, 連れて, 運動家らしい, 道を, 遙かな, 金剛葛城まで, 鐘楼右が, 関川の, 隅で, 雪明りの, 電車が, 頂上の, 頷いた, 頷いて, 頷き眼, 馬を, 馬場の, 馭者座でございます, 駘蕩たる, 高いが, 高い岩, 高くな, 高山に, 鵙の, 麻の, 黄銅右は, 黒部川の, 黙った, 黙って, 鼻先に

▼ 左~ (365, 2.0%)

29 なら 17 でございます 9 なこと 8 か, でございますか 7 で御座います 6 であらう 5 だが, だと, ですか, でせう, ではない, なもの 4 さ, ならと, ならを 3 おも, かそれ, で, でございますよ, でない, なること, な心配, よ

2 [22件] いへば, かも知れない, か己, しましたらば, するの, だらうお前, である, でございましたか, です, ですね, では無い, で御座いましたか, で御座いますか, ならとか, ならとて, なる手續, なる理由, な者, ぬけては, の事, は言, わかれば

1 [171件] あられぬが, ありてこそ, いかにも言い, いつて, いふもの, いふん, いふ下婢, いふ女, いふ小さな, いふ次第, いふ牝牛, いふ草餅, いふ言葉, いふ過失, いふ道具, いまさら外, かそれで, かそんな, かでは, かと云つた, かと思ふ, かな, かなあそれでは, かなあ吾家, かなあ夫, かも知れぬ, かれこれ十二三年, か入りやんした, か姉さん, か確, か私, さね, さねえもう, して, する前, それと反, それなら私, そんな事, だ, だつた, だといふ, だね, だよと, だらうと, だナ, だネ, だ今頃, だ刺身, だ私, だ魚, であるか, であるが, であるの, であれば, でご, でござい, でございました一寸, でございますかと, でございますねえ, でございます九つ, でございます昨夜, ですけねえ, ですな, ですの, です左樣, でその, でないしかし, でないと, でない此獸, でなくては, ではありませぬ, でもない, で二年前, で御, で御座いますお, で御座います親分, で御座いませうか, で御座いませうねえ, で御座んしたもの, で有, とは信じられなかつた, とは申されますまい, とは考へられません, と知つて, どぢ斗, どぢ計, ないて, なことさ, なはげしい, ならですから, ならに, ならば, ならばと, ならばを, ならまた, ならエアさん, ならゲィツヘッド, ならロチスターさん, なら優しい, なら又, なら可愛い, なら左樣, なら從妹, なら御, なら明日, なら永久, なら皆さま, なら足, なりますかネ, なると, なるもの, なる人, なる危險, なる問題, なる實在, なれば, なん, なんかねえ年紀, なタルテイーニ, な事, な仇, な國情中, な形而上學的認識, な徹底的, な意味, な方, な樣, な次第, な状態, な結論, な連繋, な馬鹿, な馬鹿氣, にこの, にすれ, にせず, には參ら, にわれわれ, に信じられ, に先, に思はれる, に申し, に簡單, に考へます, に考へる, に言, に言つて, に論究, に鄙び, の情, の本, の次第, はゆかぬ, は感じ, は行かぬ, ばかりで, もならず, もならぬ, らしくあちこち寢, 丁度月見, 信じたればこそ, 動き出したの, 名づける迄, 大奧, 少なくも千兩, 思ふの, 思ふよ, 無論彼娘, 結構なお, 考へて, 見えますね

▼ 左から~ (261, 1.4%)

52 右へ 10 右へと 7 右に 6 右から 5 前から 3 かぞえて, まわって, 二つ目の, 寄せて, 沢が

2 [13件] ためつすかしつ鵜, まつわりつくよう, コンクリートで, 三枚目の, 入って, 再び女, 刻一刻に, 右の, 汐首の, 眺めて, 脇を, 路を, 風に

1 [140件] いい男っ振り, おふくろさまに, かかって, かぞえたり, かれの, ぐるっと右, ぐるりと, ぐんぐんせまっ, しげしげと私, そしてうしろ, その影, たえず次郎, では, なりと, なん, ぬッ, ねらうが, ねらうと, ねらうもの, ねらって, ののしる声, のり乗した, また一渓, また上から, まわったし, まわったので, まわりました, メチャ, 一つの, 一文字に, 一槍が, 丁手掻で, 三枚目, 両方へ, 乗らなければ, 乗るの, 乗るので, 二番目が, 二番目と, 五ツ目の, 五番めの, 倒れかかつた, 先には, 八方から, 八番めと, 其方向に, 出たの, 出た山, 出て, 分けた厚い, 分けた妙, 切るこたあ, 前後上下から, 又右, 取り囲んだ, 口を, 可なりの, 右からと, 右への, 右分けに, 右右から, 四本目の, 堂々巡りを, 大きく工業化, 大きな沢, 始めて, 小さな沢, 小梅が, 山と, 左膳を, 廻って, 後から, 手紙と, 手綱を, 打ち込み右, 抜けようと, 拍子を, 拔けて, 挟んで, 挾んで, 掻き切られ足, 撃つたか, 攻められうろうろ, 数えて, 斜めに, 新しい大衆, 明神谷が, 来た沖田総司, 来るかなり, 来る光, 来る水, 来る渓, 来れば, 横に, 歎願した, 殴りつけそして, 洞門の, 流れて, 父に, 片膚, 発足し, 盾を, 真弓の, 石の, 突を, 綾子さんは, 緩く引下, 縦から, 肩を, 胸倉まで, 艫からも, 蛮軍を, 袂おさえ, 見して, 見ても, 見ると, 見る中, 見右, 話を, 読んで, 谷川が, 赤や, 辿って, 逆に, 這入て, 閃く刀, 階の, 雨で, 雪が, 雪渓に, 青年と, 靴だ, 順に, 順にと, 順にほ, 須磨の, 顳, 飛びかかりグルリ, 黒木立が, 黙々として

▼ 左~ (260, 1.4%)

26 見ても 13 見たり 8 向いても 7 下に, 向いて, 見て 6 取って 4 見して 3 見た, 見ると

2 [18件] さして, して, とるべきか, よんで, 向くと, 呼べ, 大廻りに, 持ち換, 指して, 眺め, 行く, 見, 見るも, 見れば, 見廻して, 試みに, 間違えて, 駈けぬける自動車

1 [140件] あおぐと, うかがいガラス戸越し, うろうろ眺め, お信じあっ, お調べ下され, かいて, かく時, かすめながら, からんだが, ごらん, さし招いて, さすと, すこし切り捨て, そこから, つかって, とった, とって, とるか, ながめたり, ながめだした, ながめて, ながめても, なで肩に, なぶりに, なめやがったな, ねめ廻して, ねらえとは, はらい一生, ふり向く, みどっち, みれば, むけと, めがけて, やれと, 三線は, 主体に, 争ふて, 仰いで, 使う, 使ふ, 信頼し, 先に, 六センチほどの, 処理する, 出して, 出すと, 切った, 利かせる, 前方を, 去れるよ, 取ってからは, 取るといふ, 右と, 右へ, 向いた, 向いたり, 向いた刹那, 向きひと, 向きもう, 向く, 向くとも, 向く君, 向けて, 向けば, 圧倒, 射たるを, 左様に, 床の, 得たの, 得意と, 怨んだ, 恐らく直観, 懐手に, 投げた袖ぐるみ, 招いた, 指さしたり, 指す群れ, 振向いた, 探って, 握れる父, 撃たんと, 斬られるこう, 斬ると, 枯木へ, 横目づかい, 欠いた右, 歩くと, 求め右, 洗うべし, 照さず彼, 煽動した, 理解し, 登りしも, 目の, 眄し, 眺めして, 眺めたり, 眺めて, 眺めても, 眺めまた, 眺め廻した末, 知って, 突き当れば, 突くの, 罵ったな, 苦境時代の, 行くと, 行くもと, 行っても, 衛る, 襲っても, 見この, 見しかも, 見たが, 見ました, 見上げた, 見下ろすと, 見体, 見右, 見呼んで, 見次室, 見立, 見詰めると, 見跫音, 見返す時, 見返つて, 訪れよう, 貸して, 踊らせて, 追って来た, 進みあるいは, 進み草山, 間違えそう, 間違えなきゃア滅多, 間違へ, 間違へるだらう, 防いだ, 除けると, 顧み右, 首肯せし

▼ 左~ (238, 1.3%)

19 云った 13 わの 6 わに 4 わを 3 わは 2 事務室に, 危篤とは, 小流を, 弱いので, 懐中に, 石頭山俗に, 縁側を, 酒を, 顔を

1 [175件] あくと, あとにも, あの困ったらしい, あり左, いけるほう, いたの, おりき, おれにか, お恰好, お諫め, かえり見ると, くにもとへ, けげんそうに, この間の, これこそ, ごみごみした, さっそく詰問, さも不快そう, しびれて, せがれまんなかが, そこまで, その黒塀, それじゃ, そんな甘い, たおれたの, たまらなく好き, ちゃんとすれ, ちょい右, なにか云おう, なにが, なれの, ひと頃目かどを, ふとうしろ, また彼, また手, まだきっちり合っ, やや傾斜, ゆうべ先に, ゆうべ源五右衛門殿に, よいか, わで, わにいた, わにおいた, わにも, わに七つの, わに七つばかりの, わに大きな, わに弁財天を, わに明智探偵を, わに飛木稲荷の, イル・ド・ラ・シテである, ヤーロ, 一ノ関と, 一段高く, 一緒であった, 七十郎には, 万沢で, 三軒屋, 不審顔する, 人の, 今しきり, 仙台にか, 代って, 佩ける太刀神代, 信長に, 先右が, 分らねえん, 初句で, 利かない, 勝ちに, 北上山系, 君だ, 呟くよう, 命にかけても, 善良な, 喚き返した, 囁いた, 四本ケツネの, 坐り直した, 城下に, 女の, 好いだろう, 婦人方と, 嫌なら, 子では, 寝言に, 対立し, 少しく缺, 山である, 左京右が, 師直鴈が, 座敷らしい, 強情を, 心は, 心を, 心底も, 戻り鷺坂, 手功ばなし吉良殿の, 振返り七十郎, 揃って, 揃つて居る, 援助を, 旅中家に, 明智光秀に, 昨夜申した, 書き下しの, 最初に, 来た, 松坂町, 楠本速男の, 槍で, 横山, 欠伸ばかり, 武骨の, 死に与えたという, 死体を, 殿様に, 浄願寺右が, 湛慶, 湛慶尊と, 湛慶尊に, 源空寺, 灯りの, 独り合点する, 玄関で, 王義明致流の, 理源大師の, 生きて, 田畝に, 痛いと, 痛みますゆえ, 発見した, 真顔で, 知って, 禄も, 秀吉に, 私の, 立ち去った所, 箪笥町の, 細長い土間, 緘黙を, 義定中央が, 義眼で, 老情, 肩を, 胃で, 苦しくて, 落ちて, 蛍沢宗林寺という, 螢が, 袋戸棚に, 袋戸棚にな, 見えて, 見下ろして, 見出したもの, 詰めて, 諏訪神社師匠東雲の, 諸方へ, 讃甘, 谷川岳である, 身に, 辛抱を, 迫って, 迫つて来たり, 違って, 違つて居た, 遠ざかったり, 遠ざかつたり, 遠山美濃守の, 錠口からの, 雌ぐま, 面会を, 靴ぬぎ, 鳴ったかなどと, 鳴つたかなどと

▼ 左~ (203, 1.1%)

7 なければ 6 なくば 5 右も 4 見ずに 3 あるべきだと, 右く 2 あるべきところ, ある可, ないと, なきに, 他人の, 前の, 右くもとして, 煩悶前も, 見る限り, 隧道に

1 [155件] ありなむ, ありは, あるいは異なった, あるはず, あるべし, あるべしと, あるもの, あろうと, いずれも, いちめんな, お身一つ, きわめてなだらか, くるしそう, ここへ, しんとして, そっちの, その傲岸, その儀, どっちを, ないこと, ない所, ない時, なかったら, なくて, はいって, また向う, まだほんとう, まだ二十四, まん, みかえらずに, みず深く, むしゃむしゃ神経衰弱, もう殆ど腐, ようやく元, ようやく立ちあがった, わからなくなっちまった, キンキンと, コンクリートで, スラスラさ, ボンヌ・ファム, ミスタア・ウザエモンじ, 一人の, 一望の, 一面に, 中間の, 二三間の, 亦己, 信用し, 候わず古き, 僧体に, 全部だ, 削ったよう, 前に, 前も, 力なげなる, 勝つたび, 十歩の, 厚い壁, 原始の, 参って, 右くも一度会っ, 右くも今日文学が, 右くも学士は, 右くも成功者であった, 右くも文壇に, 右くも時代の, 同じよう, 同じ高, 同様である, 向こう側も, 唯一面の, 商店仕事場大門窓鎧戸屋根窓あらゆる, 塀と, 多勢の, 大きい屋敷続き, 大きい屋敷續, 好意を, 子さへ, 富森助右衛門も, 小さき家, 少し赤く, 山と, 山ばかり, 山ばかりじゃ, 山懐ろの, 岡右衛門も, 広い畑地, 建部喜六も, 心の, 思うぞんぶん, 愉快さうにハヽヽヽと, 愉快らしい, 憤慨に, 手を, 折から, 暗い, 杉や, 杉林で, 来やい, 松杉の, 柿である, 桜上も, 椴松の, 武者そのものに, 死を, 気の毒そうに, 氣の, 江戸の, 泥の, 洋風の, 涯知らぬ, 渚である, 満々たる, 無いと, 無くては, 無くば, 無ければ, 熱心らしい, 甘党辛党万々歳である, 生垣僅か, 甲斐の, 畑なる, 留守だったら, 疲れ果てた人, 疲れ果て居る樣, 監物も, 網干し, 自分の, 至極と, 茨, 虱の, 街道の, 見て, 見ても, 見ない, 見ないで, 見ゆる限り, 見向きも, 見通しに, 覚に, 話して, 貴公の, 賑やかだ, 赤チャンを, 赤松の, 足許を, 車が, 野次馬で, 雨戸は, 青田いちめん露を, 頼むこと, 顧みず右, 馬の, 黄葉紅葉の, 黒い木

▼ 左~ (200, 1.1%)

13 云ふ 8 右うし 6 云ふと 4 云つた, 思つた, 思ふと 3 いふこと, すれば, であつ, よ, 云はれ, 云へば, 気づくと

2 [14件] いふもの, いふ夢, いふ心持, いふ病気の, いふ窮屈, いふ習慣, とも, 云つて私の, 云はれる, 云ふんだ, 叫んで, 左う, 思つてゐる, 思へば

1 [112件] いふので, いふは, いふより, いふ不満, いふ不足を, いふ人物達, いふ仇名, いふ印象, いふ場合, いふ太鼓, いふ懸念は, いふ文字, いふ朝, いふ気分, いふ粋, いふ考, いふ自作の, いふ自信, いふ華やか, いふ表情, いふ規頂面さ, いふ賞讚の, いふ連中, いふ道を, いふ類ひ, いふ風な, おもふ, か, するうち, するとぶくりん, すると刻々, すると爲やうぢ, すると百合子, すると音ちやん, するより, する外, その絵, ぢや, でもありません, と, とあの, とこ, としていつも, としてその, として当の, として私, として雪太郎, とでも云, とはつ, とよしや, とミツキイ, と不, と僕, と姉さん, と始め, なのずつと闇, やつて, よなあ, 云つ, 云つたなり, 云つたのを, 云つた時の, 云つて, 云つてこの間の, 云つてゐた, 云つてゐる, 云つて先に, 云つて夫人と, 云つて奥へ, 云つて学校の, 云つて此処では, 云つて眼を, 云つて私から, 云つて笑つた, 云つて腹を, 云ひ, 云ひかける, 云ひました, 云ひ棄て, 云ふべきだ, 仰言つて, 伝へて, 信じ切つて, 出るからには, 口で, 呟くと, 呼んで, 唸つた主, 大分に, 強情な, 怒鳴つた, 思うか, 思つて見れ, 恋愛事件などが, 易々とは, 書き換へ, 来りや, 決まれば, 私が, 答へて, 考へて, 考へる方, 胸ばかり, 胸一杯に, 自由には, 見えたん, 見られるだけ, 訊ねた, 訊ねても, 訊ねると, 訊ね返したでは, 誌し

▼ 左団次~ (187, 1.0%)

4 の久我 3 が出る, である, の弟子

2 [11件] と提携, のお父さん, のため, の伊賀, の富樫, の渥美五郎, の知盛, の花和尚魯智, の芸, は勿論, を語る

1 [152件] おとろえいわゆる, から以下, か先代訥子, がまだ, がゆるやか, が一同, が前髪, が前髪立, が前髪立ち, が寿三郎, が岡本綺堂, が座頭, が悪, が持主, が明治四十二年, が昨, が書出し, が最も, が来, が松蔦, が歌舞伎, が源七, が演じた, が自由劇場, が舞台, が若い, が行つて, が鋳掛松, だけはあの, だってよっぽど, であった, であったらしい, であろうあの, という人, とかはるこ, とか勘弥, とも関係, とを本尊, と云, と六代目, と共に仏蘭西, と小山内薫, と猿之助, と秀調, と自由劇場, なぞと同じ, などの座附俳優, なども聡明, など間, にはなまじ, によって実現, に似, に出来, に対する同情, の, のうしろ, のお, のかうした, のため劇化, のひとり天下, のやう, のシナ人, の三浦荒次郎, の丸橋忠弥初演, の事業, の今日, の伊達安芸, の会, の伯父さん, の佐野次郎左衛門, の修禅寺物語, の兄, の出しもの, の出し物, の力, の十三回忌, の千太, の半, の協作, の和田兵衛, の嘉村宇田右衛門, の場合, の声色, の夜叉王, の大岡越前守, の大川友右衛門好評, の女房, の市之丞, の弟, の悪, の悪僧剛寂, の感化, の抱いた, の改革案, の改革興行直前, の新富町, の旗揚げ, の松島千太, の桐一葉, の楽屋, の死んだ, の永遠, の活気, の源七, の演技, の演技次第, の無明, の細君, の綱, の芝居, の衰老, の足跡, の遺子莚升, の配り, の金子市, の長英, の高野長英, の鬼小島弥太郎, の鱶七, はこの, はその, はアンポンタン, は先代以来, は前, は多く, は已に, は彼, は東京座, は浅草座, は源三位頼政, は見た, もこの, もとうとう, もやがて, も同様, も舞台, やその, や吉右衛門, や松蔦, や羽左衛門, や高助, よりは本役, よりは此頃, より三浦, を中心, を凌ぐ, を始め, を彼, を狙っ, を襲名, 死す六十三歳, 病む

▼ 左~ (172, 0.9%)

6 とお, の顔 3 はその 2 であった, のせがれ, の一族, の先例, の前, の声, の心持ち, の手足, の父, は例

1 [137件] から聞き及ん, が, があり, がきょう, がささやく, がたかが, がほか, が伜, が内々, が刑死, が憂鬱, が焦立っ, が燃える, が自身, だとか, でござる, でなんと, という奥州浪人, とか吉田松陰, としては不愉快, としても立ち去る, とそうして, との前, とはこの, とは何ら, と共に哀訴嘆願, と別れた, と向かい合っ, と呼ばれた, と変, と親しく, などがその, なる者, にあっさり, にしたがっ, にはてきめん, には惚, には疑問, によってきわめて, に介し, に会うた, に取っ, に恋, に深い, に縋っ, に腹, に質し, のうわ, のつぶやき, の一本気, の事, の伯父, の体, の右, の名, の大石父子, の姿, の婚約, の専門, の影響, の心, の恋心, の情熱, の態度, の放心的態度, の方, の書翰, の殺された, の町道場, の瞳, の足音, の返事, の高弟, は, はあえぐ, はあと, はいぶかし, はお, はお金蔵方, はこの, はしかし, はそれ, はつぶやき, はふたたび, はろくろく, は二十年前, は入門, は公卿, は刀, は取り乱そう, は嘉門, は四十前後, は姫君姿, は姿, は幾度, は後者, は微笑, は憑かれた, は捉えられた, は捨て石, は攘夷令, は日本, は武骨一辺, は焦れ, は笑った, は職務, は自分, は裁判官, は足, は身動き, は身顫い, は闇, は頓着, は首, は黙っ, へいいつづけた, へ初々しく, もずいぶん, もその, も並ん, も六角牢, も呻く, も悪い, も決して, も臆病風, も足, やあい, をいかが, をおびき寄せた, を仕留め, を左内, を恨む, を柔かく, を殺したる, を睨む, を睨んだ, を重用

▼ 左~ (171, 0.9%)

14 でも 3 広くも, 苦に

2 [18件] では, 古くない, 嗜まず定次郎, 夜が, 大きくは, 廣くもない, 悲しくないだらう, 暑くない, 暑くも, 気にも, 立派でなかつた, 美味くない, 覚えて, 豪いとも, 長くは, 面倒な, 驚いた風, 驚きも

1 [115件] ありません, きたなくは, こたえなくなった, しばらく経たぬ, でないで, でないとか, でなかつたやう, で御座います, なの, ひどくも, ひどく欠乏, まずくも, ゆるみましたとも, よって, わるくない, マダムに, 三藏を, 不自然にも, 不自由なく, 佳くは, 偉くも, 利益の, 動かされても, 危険な, 厭は, 厭わしい事, 厳重な, 參考にも, 咎めるに, 四方には, 困らなかつた, 困難で, 困難でない, 困難とは, 困難な, 大く, 嬉しそう, 害の, 容色が, 寒くは, 希望が, 平常を, 強くなかつた, 当を, 彼女を, 後悔も, 御贔負, 心を, 心配する, 心配は, 必要で, 怖れ, 怪訝に, 恐ければ, 悪い人間, 悪い方, 悪くも, 悲しくも, 悲しんで, 悲観さるべき, 感ぜなかつたから, 日に, 早急でも, 暑いとも, 案じること, 権柄づくで, 此話に, 残念, 残念にも, 気が, 氣が, 汚らしくも, 沢山に, 注意を, 深からず, 深くない, 濁つた女, 無念なら, 猛威を, 珍らしい, 畏れた様子, 當を, 目出度いもの, 眩しくない, 立派な, 結構な, 美しくは, 美味な, 胸に, 腕力の, 自信が, 至難な, 芸術的欲求なる, 苦しみを, 苦痛が, 苦痛で, 荒廃した, 落胆し, 衰弱も, 西域の, 見苦しい処, 解釈上思い悩む, 豐かな, 遲くもなるまい, 醫者の, 重きを, 重大に, 重要と, 銭も, 長くも, 離れて, 面白い不思議, 面白い事, 驚かなかつた, 骨身には

▼ 左~ (150, 0.8%)

3 だ, と人丸左陣, と申す, は内職

2 [17件] でござる, とお, と傾城小銀, の姿, の手下, の注意, の浪宅, の話, の長屋, はその, はそんな, はニヤリ, は女下駄, は心, は思わず, は生, は落着

1 [104件] あッとばかりに, がこれ, が命令者, が大口, が帰っ, が訊き返した, しばらく返辞, すなわち私奴, たしかこんな, だと, である, でした, では保輔, と, という人物, という浪人者, といえ, とが木の間, とはいろいろ, とは四方, とも云われまい, とよ, と云う, と仰せら, と小, に, にご, には不快, によって考案, に人丸左陣, に於, に翻弄, に飛びかかった, のその, の一人, の三人, の乾児, の口, の山寨, の心, の駈, はこれ, はこんな, はやや, はグイ, はサッと, はジリッ, はニコリ, はポン, は丸屋六兵衛殺し, は何, は俺, は元気, は冷やか, は加賀白山, は召使い, は叱, は叱咤, は唖然, は大口, は小, は思慮, は怪しん, は悠々, は慇懃, は手, は拍子抜け, は日当たり, は日頃, は湿った, は潔く, は濕つた土, は痛快そう, は真面目顔, は眼, は立ち上がる, は耳, は肩, は自ら襟, は若い, は苦しまぎれ, は苦笑, は訊き返した, は部下, は静か, は頓狂, は顔, は驚き, へ事, もこれ, もその後, も太刀, も真顔, も賊, も驚いた, よりは貫禄, を中, を凝然, を取っ, を小手, を振り返る, を見守った, を驚かせた, 初めてこの

▼ 左~ (148, 0.8%)

11 の手 6 の方 4 側に, 側の 3 手に

2 [12件] とは是非, の上, の耳, へ切れた, へ抜け, へ曲がる, へ曲つて, へ行く, 手の, 手を, 気なく, 褄お

1 [96件] から右, が熊, が西洋風, ぎっちょの, ぎつちよの逞しい, ての閼伽井, とては甚だ, とては相, とて又, とて吾人, とて唯, とて思想, とて意, とて自分, とはどうも, とは不都合, とは埓, とは誠に, ながら余, ながら猫, に, にある, にし, になります, には洋々, にもいた, に北海道廳, に家, に廻り始めた, に弟, に曲る, に曲れ, に江戸, に渡る, に行かね, に酒, に靡こう, の二三寸さき, の半面, の壁ぎは, の席, の指, の目ぶた, の端, の締つた障子, の耳たぶ, の肩胛部, の肩越し, の肱, の障子, の頬, は松本雄次郎, は笹子峠, へ, へぐるり, へと十間, への案内, へまがらせず, へ下りる, へ折れ, へ折れる, へ抜, へ振る, へ曲, へ突当り, へ行, へ行け, へ行っ, へ避ける, も気, も隣, をかたみに, を上る, マキの, 前だ, 前に, 前の, 向け末を, 団扇を, 寄りの, 封じに, 巻なら, 巻右巻なら, 引きの, 後ろへ, 手が, 手には, 日ヶ窪右堀田原と, 気ない, 氣なく, 片身を, 甚五郎の, 眼を, 胴の, 膝は, 褄お釈迦が

▼ 左~ (126, 0.7%)

5 右へ 4 右に 3 右とに, 念入りに 2 あるの, いえば, まったく同じ, 七十郎の, 云えば, 兵藤が, 右の, 大きさ, 書く風, 闘って

1 [91件] いいアア, いい西, いう, うくわ, おきめ, おふくろが, きめたら左, くると, すり合わすよう, その親類, であった, なって, なり左, はかた, びっこの眼で, やつて, 三方に, 上って, 両方の, 中央との, 久八が, 二つの, 二人必要な, 云うよう, 云ったが, 交互に, 何に, 八の, 出たい人間, 前とは, 半分づつの, 協力し, 右, 右と, 右とについても, 右とにも, 右とへ, 右は, 右を, 右右と, 同じな, 同じよう, 同じ舞台, 呼ばれる老, 呼ぶ人, 埒を, 大きくふり, 少しちん, 山萵苣とを, 師匠の, 幸四郎のみ, 引き換に, 御燈明, 念入に, 思って, 思われたその, 急には, 政界の, 新九郎が, 書いたり, 書きつくらうやう, 書きつくろうよう, 書くやう, 書くよう, 木村と, 末の, 植田良平でしょう, 決まって, 無理なく, 物乞ひ, 申しますと, 監物の, 称して, 細い道筋, 腕の, 臂の, 船の, 菊で, 菊五郎で, 蜂谷とは, 蜂谷に, 蜂谷を, 見まわした, 親しくなった, 言ひたい我儘な, 話しこんで, 豊後主, 足踏みする, 附廻す, 高木主人の, 鷺坂を

▼ 左~ (111, 0.6%)

4 であるかにより 3 の高み 2 に長く, の上り段, の力士, へと混雑, へ逃, も山, を掠め

1 [90件] からも右方, から秀吉, ずっと離れた, だと, とれて, に, にある, において思想, にかけての一つ, になつて, にはボウフナルト湾, にめぐらさざるや, にめぐらした, に二つ, に別棟, に博多, に向き, に小, に小さな, に屈ん, に廻らした, に廻轉, に当たり肥後, に彼, に拡げ, に提灯, に昌造, に渺茫, に畫, に目送, に真, に眸, に立つ, に竝立, に聳え, に若い, に見, に貸し, に退き, に金額, に離れ, に雪, に領主, に高原, のテネリフェ島, のベルレーヌ, の上, の人民戦線, の列, の坐像, の峰, の嶢角, の帳場格子, の建物, の斜面, の日光, の月光菩薩, の杉並木の下, の梯子段, の水平線, の狛犬玉眼一隻, の由良, の翼, の耳, の肩, の行手, の車窓, の陸地, の高地, は名, は大, は本, は男子, は親知らず子知らず, へユックリ, へ下り, へ揃え, へ曲る, へ歩い, へ消える, へ移す, へ退場, へ逃げ去る, より疾騙, をめぐらし, を上位, を指差し, を掠める, を見上げ, 約四十五度

▼ 左には~ (93, 0.5%)

2 半間ばかりの, 思わしい奉公口, 瞬く赤い, 蓮華岳

1 [85件] いると, おもて, がらんと暗い, その謎, ならないもの, やはり食べ物, わからない誰, ナラズ山が, ベルギーの, 七十郎の, 三の, 両国橋が, 人間愛道場掬水園の, 今までと, 会いませんが, 低い丘陵, 何も, 信心深き, 充分光線, 勿論右, 各々新三郎さま, 同じ草原, 和服を, 唱歌隊の, 地図に, 壁に, 壬生部を, 大樺池, 女優ララフワルコニエフヌウムネ・シユリイと, 寒中に, 対岸の, 小高, 小鬼, 山口さんが, 平ヶ岳, 年若い, 広き開き戸, 当日の, 後藤末雄君が, 摂津の, 新しいもの, 既にセッタ, 明治四十年から, 松葉杖を, 検事右には, 毛勝三山が, 江戸から, 法螺の, 無花果が, 焼けないと, 玄関が, 玄關が, 瑞木と, 瓦斯の, 田や, 石や, 祖父が, 私を, 穂高山が, 穴山伊豆が, 空の, 菊池寛, 薄い桃色, 薬師寺, 詩の, 貪る者, 連嶺を, 道士の, 野井の, 野原を, 金地に, 長屋越に, 長次郎谷の, 関久米之, 阿賀妻謙右には, 雲上遥かに, 非ず, 非りけり, 鞭を, 馬鞍状の, 麻田駒之助と, 黄蓋の, 黒いノートル・ダム, 黒部別山が, 龍太郎が

▼ 左~ (81, 0.4%)

3 ば今 2 ど今, ば先生

1 [74件] ども是等, ども物理學, ど一面, ど今回, ど多忙, ど天命, ど実体, ど実際, ど彼, ど我, ど是, ど此, ど精神上, ばお, ばかかる, ばこそ先刻, ばとてこんな, ばとてゆるり, ばとて之, ばとて今日全国中, ばとて勤王家, ばとて勤王連, ばとて実際, ばとて幽玄, ばとて断然, ばとて是, ばとて本, ばとて自分, ばとて藩, ばとて食物, ばと云, ばオルニイ, ば一家, ば中津, ば人生, ば今僕, ば今日両性, ば今日人事繁多, ば今日只今長州, ば今日我国民一般, ば公判開廷, ば前, ば古, ば吾, ば大, ば大阪, ば夫, ば女大学評論, ば妻, ば子, ば小児, ば広き, ば当時積弱, ば悪疾, ば我輩, ば文人, ば染色上, ば此一節, ば此旧女大学, ば此至親至愛, ば爰, ば父母, ば父母たる者, ば生者, ば男女三十年二十五年以下, ば男女交際, ば男子, ば瘠我慢, ば私, ば自国, ば舅姑, ば記者, ば軍人, ば黒い

▼ 左馬介~ (80, 0.4%)

2 の父三宅光安, はそう

1 [76件] か, があわてた, が太刀, が早, が歩み, が氏直, が独断, が笑った, が訊く, が追いちらし, が退がっ, が逃げきれる, が騎, この光秀, しかいなかった, じゃ, であった, としてさほど, とてお, と千坂内膳, と新六郎, にはわかっ, には解しかねます, にもわからない, に命じ, のふたり連れ, のほう, の口, の号令一呼, の家庭, の弟, の武勇, の湖水, の湖水渡し, の白い, の語る, の近侍たち, の顔, はおととい, はその, はそれ, はどう, はにこと, はまだ, は却って, は大, は導い, は年来, は彼, は愛馬, は故, は暗然, は泳ぎ出し, は父, は父子, は狼狽, は織田, は静, は面, もひとみ, も一緒, も不意, も山支度, も怒っ, も怪しみ出した, も暗然, も案じ, も這般, や源右衛門, を呼び, を家臣, を憎ん, を殺さずし, を疑惑, を逸した, 計ろうて

▼ 左~ (78, 0.4%)

2 [29件] がまだ, が不服, が叩き付けられた, が父親, が重態, でございます, とは親分, と白旗直八, にはせめて, の唇, の惡, の枕元, の老巧さ, の臥, の身の上, の額, はお, はその後, はそれ, はそんな, ははだけた, はまだ, は何, は口, は大, は振り上げ, も鬼, を二階, を怨ん

1 [20件] が顏, が顔, で芸妓, で藝妓, に違, に違い, の悪, の悪ふざけ, の手当, の手當, の言, の言う, はいう, はどこ, は万七, は両手, は何處, は兩手, は萬七, は言

▼ 左にも~ (75, 0.4%)

5 前にも, 右にも 2 あった, 灯の, 目を

1 [59件] あえて目, あって, ある, おそらくは屋根, きこえうしろ, これで, ちび筆, ちらつくん, ない帯, なる寝返り, ふり向くだけの, ろそう桑の, わずらわされない, ズラリと, 三人まで, 上にも, 下にも, 丘陵の, 人が, 人は, 人家は, 伝えおけ信孝, 似合わんこと, 動かうとは, 動く筈, 右くにも, 同じよう, 向くこと, 大きな沢, 大きな葭簀掛け, 容易く身, 寝台が, 屋根を, 岩間を, 廻らなかった, 微暗い, 怕らしき, 折れ曲って, 本を, 歩いて, 海は, 滝そして, 現れる, 目路の, 聞えて, 肩から, 自由は, 苔むした石垣, 行くこと, 誰とも, 踏み出せません, 身は, 農家が, 這入ったまた, 道が, 道は, 遠く近く落葉松, 雪田が, 麦畠が

▼ 左源太~ (71, 0.4%)

32 が, などが畏ま

1 [64件] からの書状, から起された, が云った, が低い, が心弱, が打った斬っ, が指, が次の間, が浪人達, が立, が腹, が追っ払っ, その左右, という薩摩藩士, とが肚, とであった, との死骸, とは各, とは各自肚, と奥小姓野村伝, の二つ, の別荘, の子, の指, の指し, の頭, はうるさ, はこう, はこういう, はこうして, はここ, はざわめく, はその, はそれ以上, はわざと, は不機嫌, は二の足, は云っ, は人々, は医者, は又, は右手, は哲丸, は大, は少し, は怒った, は斬る, は気弱そう, は涙声, は物憂, は玉置, は益満, は立, は細手, は襖, は鋭く, は頭, は鬼, も並ん, も飛び上がった, や定遍坊, を睨みつけ, を見た, 御目通り

▼ 左~ (71, 0.4%)

4 が潰れた 3 より射る 2 の的, の瞼, はまるで, は義眼, をつぶし

1 [54件] から水, がつぶれ, が失明, でじろりと, というの, とし, にはこれ, にみつめた, に中り, に痛み, に義眼手術, に読みとられよう, のつぶれた, のもの, のワキ, の上, の下, の中, の左角, の悪い, の手術, の明, の瞳, の陰影, はあれ, はうつろ, はつぶれ, は不動金縛り, は失明, は永久, は眼蓋, へぶち込んだ, へ来る, もまた, も同様, も数日後, よりも物, をたより, をつぶった, をやられた, をショボショボ, をパチリ, を傷つけられ, を光らせ, を失った, を射, を押, を暗く, を気, を病む, を通り, を門, 抉られたる松島, 重しされど

▼ 左へと~ (65, 0.4%)

4 歩いて 3 すすんで 2 文字を

1 [56件] い, いいかげんに, おいで, おそわった, さしずして, すくすくと影, すぐ受け取れる, すべり動いた, ふりはじめた, まわって, 一つ一つに, 一個の, 一番町へ, 交互に, 会話を, 入りました, 動く, 原の, 取つたもの, 同じよう, 困難な, 売れる訳, 寄って, 寄りたがるぞ, 延びる, 廻りはじめました, 廻り込んだ, 廻るに, 急速な, 打寄せ揉み返すその, 指図を, 振った, 撒きます, 曲り家並, 月給を, 横切るのに, 歩きま, 海を, 溶けたる舌, 漁り歩きを, 特に意識, 登ったため, 登って, 眼に, 移動した, 腰を, 見比べて, 賣れる譯, 走りさる, 足を, 足音を, 身を, 転んだ, 近習侍大将参謀旗本典医同朋の, 遠く延び, 顔を

▼ 左~ (56, 0.3%)

3 や國語 2 と云

1 [51件] から始まつ, が一變, が持つ, が書かれた, が流行つて來, といふもの, とに據つて, と同じ, などの中, など云, なりの中, に, になかつた, にはきまつた, には一ヶ處艮, には賈太夫, に出, に引當, に於, に杜, に見, に記す, に載つ, に韓宣子, のこと, のみが主, のみならず, の上, の如く編年, の學問, の學者, の宣公十五年初税畝, の成立, の方, の舊文, の襄公九年, の記録, の閔公, の體, の體裁, の魯, は史學, は年月, ばかりでありません, も公羊傳, を主唱, を書いた, 必ずしも孔子, 程さう, 載卜筮, 載預斷禍福

▼ 左~ (51, 0.3%)

1 [51件] がうれ, が彼女, が訪れよう, だ, でさえも落着, と成戸, と新しい, には花瓶, に全然, の垂花, の声, の扉, の支える, の眼, の瞬き, の胸, の苦悶, の視線, の身体, の辞職, の顔, はあの, はいきなり, はいったん, はいま, はお, はこの世, はそう, はそれ, はただ, は全身, は取り出した, は右側, は心, は揺すられる, は杜絶, は死んだ, は灼きつく, は相手, は知らず, は突然, は紙, は腕, は血相, は重た, は闘い, は額, も溢れ, を焦だたしい, を見る, 何もかもここ

▼ 左大将~ (49, 0.3%)

2 の夫人

1 [47件] がそば, が力, が右大臣, が好意, が帰っ, が御, が来訪, が涙, が訪問, だけは何, であったが, でもある, として据えた, とは見えない, と平凡, などは六条院, などもまた, にもなっ, に移り, の三男, の典侍, の前, の地位, の妻, の存在, の忌月, の結婚, の長女, の長男, はいつごろ, はこんな, はそれ, はまして, は一条, は兄, は常に, は晴れ, は月日, は来た, は東北, へも聞こえ, もこの, も第一人者, も若い, を兼ね, を退かせ, 御直衣始

▼ 左~ (48, 0.3%)

2 書いても, 酒に

1 [44件] あり得ずまた, あんなに感じ, いられるかも, いられるはず, いるぜ, いるばかりか, お友達, がさがさと, がつがつ食べ, こう敵, そこでグルリ, それ位の, なにかさかん, めしを, やって来るん, アザ笑った, ポケットの, 三ツドッケの, 三人の, 丹左は, 例の, 其処に, 其處に, 切らして, 別に怒, 即座に, 受けたり, 女を, 帯の, 平典侍, 引きとめて, 手ぎわよく, 普通の, 月の, 横浜に, 為すこと, 癖の, 白昼の, 空に, 笑ひ, 花の, 足太鼓を, 雨に, 面の

▼ 左次郎~ (47, 0.3%)

2

1 [45件] がその, が好意, が帰っ, だけはわざと, だけはマジマジ, だけは起きなかった, には一日ごと, には気がつかなかった, のうしろ, の三人, の側, の心, の持前, の方, の枕元, の父, の目, の耳, の養母, はいよいよ, はこの, はそんな, はまごついた, はまた, はオドオド, はヒョイ, は今日, は何, は何かと, は前, は急, は感心, は昼飯, は気, は畳, は砂利, は砂利場, は自分, は蹴飛ばされる, は醤油賭, は隅っこ, は鼻, もウッカリ蒲団, も十九, を蹴っ

▼ 左吉松~ (42, 0.2%)

3 の死骸 2 が相棒, の兄弟分, を殺し

1 [33件] がそれ, が一人, が昨夜, が殺された, が無理, が用心, が自分, が金, が集めた, で, と共謀, と組ん, と諜, などは若い, に任せ, の匕首, の咽笛, の惡, の手, の持物, の死顏, の自慢, は, は二千五百兩, は自分, は飮, は首筋, ほどの強か, ほどの達者, も信徒, を刺した, を刺し殺した, を眠らし

▼ 左まで~ (41, 0.2%)

2 不運の

1 [39件] この先生, でなかったけれど, でなかった万太郎, ならぬ姉妹, むつかしき事, 不自由なく, 世に, 世間に, 低く連つて, 六かしい, 六ずかしい, 劣るべしとは, 効果なき, 喜びも, 寒うも, 御愁傷, 怖いとも, 思わば, 急ぐ事, 恐れること, 恨むべき事, 意外な, 憎らしくも, 歓びも, 禿げて, 精力を, 耻かしい, 腹も, 苦しくは, 華やかさは, 見悪い, 躊躇する, 遠くない, 重要とは, 鋭からざる, 面倒とは, 驚くに, 骨は, 高くは

▼ 左太夫~ (40, 0.2%)

2 と同じく

1 [38件] いかにも真槍, か, がいった, がそれ, がつぶやいた, が倒れる, が平三郎, が歎, が死ん, が潮, であった, である, という男, とに対し旺然, との二人, とは付近, などの不埒者, にはちと, のそば, の不遜, の傷ついた, の取り落した, の後, の組下, の負け, はかなり, はしたたか, はもう, は心持声, は最初, は眼, は腹, は色, は荷打ち, も右近, も真槍, も追, を討ち取った

▼ 左~ (40, 0.2%)

2 を四分の三

1 [38件] から先, がちょん, がひきさいた, が太腿, が少し, が後方, が棒, が植木屋, が細く細く, でバス, とをハンケチ, にあたった, にうけ, にはいっ, に傷, に命中, に巨大, に当てる, に結, に結いつけられ, に重傷, に重心, のふくら, のリュウマチ, の上, の先, の大腿部, の所, の痛む, の筋炎, の膝, は大腿, をかるく, をちよ, をひきずっ, をやられ, を持ち上げる, を駕

▼ 左兵衛佐~ (39, 0.2%)

2 の住居, は父

1 [35件] か, がそこ, が橋廊下, が櫓, であった, ではあるまい, といい, にそっと, の居間, の方, の父子, の顔, の顔いろは, の首, の鬢, はいつも, はかぶり, はこぼれかけた, はそう, はまだ, は今夕, は何, は却って, は堪らなく, は大きく, は家, は屋敷, は急, は書院, は老, は耐えられなくなる, は胸, は自分, は舌打ち, 附きの

▼ 左太松~ (39, 0.2%)

2 がお, の女房, の方, の首, を殺した

1 [29件] がこの, が幽霊姿, が死ぬ, という二十七, とお, と一緒, と倅, どんと祐吉どん, にはさんざん, には不服, に強請られ, に怨み, に未練, の一言, の仕打ち, の幽霊野郎, の言い分, の身持, の頸, は可哀想, は幽霊, は恩人, は若, へやった, もお嬢さん, をあんなに, を怨ん, を抜き, を誘っ

▼ 左馬介光春~ (38, 0.2%)

1 [38件] か, からいわれた, から次, がどういう, が亀山, が住む, が唱えた, が知っ, ただいま湖水, だったこと, であったそう, であろう, でござる, でもなかっ, にとってはその, にはうれしい, のそれ, の妻子, の姿, の率いる, はそこ, はといえ, はふと, はまだ, はもう, はものいう, はやがて, はよく, は呵々, は城頭, は始終, は安土, は死に場所, は狭間, は聞き終る, は胸, も此方, をも帷幕

▼ 左~ (34, 0.2%)

2 のす

1 [32件] あまりに戯れ, が姿, そのままな, だった, だの世, という奇異, に向っ, の事件, の姿, の弟子, の笑い声, の肖像, の血色, はその, はぷっと, はぺろんと平げ, は一, は一眄, は一竿, は側, は卓, は呵々, は左, は悠々, は手, は直ちに, は笑っ, は答え, を差し立て, を拷問, を珠数つなぎ, を縛め

▼ 左程の~ (33, 0.2%)

2 不調和でない, 信用も, 興も

1 [27件] こととも, ことも, 不自然さも, 不自然も, 事も, 利便利益を, 功益ある, 困難なし, 大問題, 年月も, 御恩賞, 意味も, 懸隔なき, 打撃では, 振動でも, 期待は, 永年獅子吼する, 注意を, 物で, 罪悪とも, 自慢には, 苦痛には, 道のりでは, 難事でない, 驚も, 魅力は, 齢に

▼ 左母次郎~ (32, 0.2%)

5 といふの

1 [27件] が危なく, でなくお, ではありません, と一緒, と分つた, と斬りかけられた, と親しい, に斬りかけられた, に眼, に腹, の刄, の振り冠つた拳, の樣子, の眉間, の話, はもう, は一刀, は又, は物, は自分, は逢引位, は頭, も事態, も近頃, を助けよう, を江の島, 思はず氣合

▼ 左程に~ (30, 0.2%)

2 憤つて

1 [28件] うれしと, なけれども, ズバリの, 不信な, 不思議な, 代助, 友達を, 古調は, 弱らされて, 思はざる可, 思はない, 思わなくても, 思わぬが, 悪くは, 惡く, 感ぜざるのみ, 故郷を, 歓迎する, 烈しい所, 無けれども, 疑わるるならば, 疲れも, 禿げて, 立たなかつた, 紊れ, 重きを, 鈍重な, 驚きませんでした種々

▼ 左~ (30, 0.2%)

2 には男連, に僅か

1 [26件] がブリキ職, が古墳, にある, になった, には大きな, には菊屋, に美婦, の, のお松, の家, の席, の手袋店, の方, の檜木さん, の漢学, の男, の船, の芸術写真師, の謡曲, の道化, の長者, の鶴さん, は下女, は子供, は我国, は蝮

▼ 左からも~ (29, 0.2%)

2 前からも, 右からも

1 [25件] あの電車, あるいは彼, からみついた, こぼれかかって, つついて, のり出して, もくもくと群がり出で, やっつけられ内, 丑松の, 口の, 吹いた, 墨黒, 声が, 岸本等の, 彼女の, 打込む隙, 来たかと, 正面からも, 熊手の, 眩く暑い日, 聞えて, 色んな声, 蛙ぴよんぴよん, 説明し, 起った

▼ 左~ (28, 0.2%)

3 の眼 2 との中, に疎まれ, のところ, の屋敷, の食客

1 [15件] がお伴, が切腹, でいきなり, という医者, といふ人, といふ方, に助けられ, のした, の二人, の別, の別荘, の槍, の槍先, の癇癪, の言葉

▼ 左~ (28, 0.2%)

7 之介 2 之介光春様, 之助, 助嘉明

1 [15件] という人物, どの左馬どの, の介政範さま, の愛刀, をのせ, を斬った, ノ頭, 之丞, 之介以下二名, 之介光春, 之介典厩信繁, 之介等三人, 之助信豊三四十騎, 助義氏, 助親俊

▼ 左馬頭~ (28, 0.2%)

2 のお話

1 [26件] がお, がこう, がそれ, が三男, とあり, と申した, と藤式部丞, には少し, にもっと, にも決定的, によって言われ, に任じ, に叙, の一族, の家臣渕部義博, の梟雄, の見方, の言った, の言葉, はいかにも, はなお, は二人, は女, は膝, を問題, 改まって

▼ 左~ (26, 0.1%)

3 右か 2 どっちかの, なんだ, 刺客かの, 右かと

1 [15件] どちらかへ, どっちかを, わには, わにイタリイの, 右かの, 右に, 右へ, 左へ, 新左, 方向を, 白妙に, 知らないが, 芸術家も, 行為を, 西か

▼ 左とに~ (25, 0.1%)

3 別れた 2 わかれて

1 [20件] あふれ出し一時, ある二つ, それぞれ眼が, ついて, ぬけられる二つ, ひと間ずつの, よりかかりながら, 分けますと, 別れようと, 変えるの, 大いなる窓, 大きな谷, 岐れ, 引張らせたが, 引張り合ってるの, 抜き払った, 片方は, 程よいほど, 袂を, 高祖父と

▼ 左倉少佐~ (25, 0.1%)

3 は山岸中尉 2 は宇宙戦隊

1 [20件] からも帆村, がある, がその, が前, が就任, が幕面, であったけれど, と山岸中尉, のところ, のひきいる, の号令一下, の申し入れ, はたいへん, はただちに, は大, は帆村, は決然, へ届けられる, をはじめ地上員, を訪ねた

▼ 左隣り~ (25, 0.1%)

2 には, に坐っ

1 [21件] との境, にいた, には三面, には斑ら, に二人, に没落, に面した, のその, の一軒, の二十七, の住人, の境界, の席, の浪人者, の男, の空ベッド, の空室, の老人, の連れ, の部屋, はピエルミ

▼ 左内様~ (24, 0.1%)

2 は妾

1 [22件] から離れられない, がお, がご, が機嫌, が真面目, とあなた様, とお, としてはお, とのご, とは身分, と添わせ, なら知って, にはご, に取りもっ, に親切, のこと, のよう, は, はそれ, へ泣き, へ申し上げましょう, を恋し

▼ 左すれ~ (23, 0.1%)

1 [23件] は貴公, ば, ばい, ばこの, ば九品宗, ば余, ば其の, ば北国街道, ば土呂部渓谷, ば小生, ば左, ば差当り刃物, ば常磐橋その他, ば怪我人, ば政府, ば是, ば父母祖父母, ば福助松助, ば自然邪事, ば識者, ば随処, ば集樂園, ば高く

▼ 左より~ (23, 0.1%)

2 右へ, 走り出て

1 [19件] いづる所以, きて, して, ねらうの, ねらうよう, ひろいよう, 佐藤, 來れ, 左に, 来て, 来るに, 現はれる, 睦び寄る, 花田君, 西田君, 見つ自ら寐, 車をは, 長, 颯と打ち

▼ 左伝次~ (23, 0.1%)

2 はお

1 [21件] であった, という浪人者, とお, と記され, の口, の声, の家, の専門, の額, はいった, はこう, はじっと, はまた, はヒョイ, は入り口, は左内, は筮竹, は苦笑い, は頤, は顔, は黙っ

▼ 左~ (23, 0.1%)

3 の妻

1 [20件] から金, だった, には話してなかった, に売った, のき, の自殺, の言葉遣い, の顔, はいつ, はいつも, はちょうど, は前, は時計, までが子細, までが相槌, をおどかす, をはじめ若者たち, をぶら下げた, を殺した, 一家の

▼ 左馬太~ (23, 0.1%)

4 の手紙 2 と申す, は平次, は年配, は急

1 [11件] か佐原屋, だけが生き残っ, でこれ, と茂吉, によってはじめて, に買収, の泊っ, はお, は当り前, は當, は糊

▼ 左甚五郎~ (22, 0.1%)

4 の作 2 の如く

1 [16件] がある, がいねえ, が出, が刻んだ, とも言, と山姥, など, など日光結構書, に代る, の, の彫った, の手彫り, の日光, の眠猫, は彫物大工, は恐らく

▼ 左~ (22, 0.1%)

1 [22件] が菅三郎, にある, にかかえ, にかかえる, にさげ, にさした, にその, にオペラ, に並ん, に四角い, に懸け, に抱え, に挟み, に腰, の備え, の家, の引合口, の懐, は大将楊元以下李如梅, へ流した, を下, 中脇

▼ 左のみ~ (21, 0.1%)

2 珍らしい, 變らね, 遠慮の

1 [15件] お叱り, ならざる棟, 心配する, 怪しむにも, 恩にも, 手づゝにはあらず我が, 気に, 浮かれた気色, 烈しくは, 珍しいこと, 衰えたよう, 賑かでは, 遠からぬ, 遠くありません, 遠くも

▼ 左胸部~ (21, 0.1%)

2 の創

1 [19件] が痛みだした, が痛む, にある, には殆ど傷痕, にメス, に放射線, に浸潤, に灼けつく, のあたり, の切除手術, の刺創, の穴, の肋骨, は扁平, へ移し植え, を中心, を抉っ, を背後, を貫通

▼ 左衞門尉~ (21, 0.1%)

2 の息女, も歸都可

1 [17件] が, とかいふ後世, とか右衞門尉, なとの勞苦, などとも親交, などの少, などの長崎到着, に隨つて, のため, の国家老, の如き, の懷刀, は, は無事日本, もその他, も速, 見たいな

▼ 左へも~ (20, 0.1%)

3 右へも

1 [17件] そういっ, それが, ひとつぺたりと, ハッキリした, 一服お, 五十三十, 動かないの, 向くん, 向けること, 四方へ, 平地の, 廊下が, 振り向くこと, 本当の, 条路が, 行かず是非, 行ける

▼ 左半面~ (20, 0.1%)

2 の美し

1 [18件] が妙, が鋭く, しか見せない, だけが見えた, だけです, にあらずし, には物凄い, のその, の咲いた, の玲瓏, の顔, は一時, を太陽, を手拭, を見せない, を見る, ベッタリと, 見る影

▼ 左団次一座~ (20, 0.1%)

4 が出演 2 が麻布

1 [14件] があれ, が乗込ん, が開場, であった, に修業, に先代猿之助, に入, に時蔵, に芝翫, のかうした, のため, の座附, の芸, を出演

▼ 左~ (19, 0.1%)

1 [19件] が伸び, であった, である, でなければ, で払った, とこの, にたるみ, にねばり, には磁石, に対してはそれだけ, の小刀, の手, は前, は投げ捨て, をふるう, を大上段, を抜き放ち, を振り鳴らし, を浴びせた

▼ 左~ (19, 0.1%)

3 にし 2 にそれ

1 [14件] にこちら, にさながら, に十五, に太刀, に密林, に広, に懸っ, に折れ, に登り切る, に登ろう, のポーズ, の其の, の通, へ

▼ 左~ (19, 0.1%)

3 がある 2 が附い, にある, のある 1 でその, で云っ, との附い, にこの, には後, に今案, に山上憶良, に憶良, に此歌, の

▼ 左肩胛骨~ (19, 0.1%)

19 の下

▼ 左どの~ (18, 0.1%)

1 [18件] か実直人, が顔, その他旗本格として, とは垣, とは従前, に会いました, の容姿, の杯, の胸, はしんそこ父, は御, へお, ほか面々とも, も御前, をおよび, を雇う, 御辺, 蜂谷六左衛門どのそれから

▼ 左兵衛~ (18, 0.1%)

1 [18件] が介錯, が枕元, づきの, にとってお側, にゆずり, の一行, の剣術指南役, の子, の小脇, の眠っ, の若殿, の身体, は思いの外, は薙刀, は長, をつれ, を抱いた, を逃がさね

▼ 左~ (18, 0.1%)

2 でない限り, ではなかっ

1 [14件] じゃなかろう, であったと, である, であると, であるという, であるべき貴方, でない事, でなかったと, でセレナ夫人, と言う, なので, なりし, にもかかわらず, の者

▼ 左老人~ (18, 0.1%)

2

1 [16件] が呻く, が好意, が自分, と折重なっ, の下り, の問い, の耳, の腰, はおそれた, はこの, はただ, は哭く, は小次郎, へ向っ, や御池十郎左衛門ら, を始め皆彼

▼ 左~ (17, 0.1%)

1 [17件] かということ, かの半分, かの手の甲, から問題, か一本, し, しこの, ぞ, ぞ左, つたのは, とか言う, とよいい, な, ね, のの, よよく, 間違いない

▼ 左衞門様~ (17, 0.1%)

2

1 [15件] が遺言, でございます, というお, と云う, にお, にお話, の妾, の娘, の御, の死骸, の若様, は宜, は立腹, へお, も目

▼ 左という~ (16, 0.1%)

2 もので

1 [14件] のが, のは, ような, わけには, わけにも, 人物を, 名で, 大道楽もん, 様子これが, 浮名を, 男じゃよ, 男は, 者の, 若侍

▼ 左ほど~ (16, 0.1%)

2 でも, 世間から

1 [12件] 大ならず, 大事でも, 広くも, 心配とも, 歸り, 氣が, 氣に, 氣にも, 熱しない, 聞きづらくも, 謙遜する, 驚きも

▼ 左~ (16, 0.1%)

2 右う, 右を

1 [12件] うしろから, クリスマス, 上下などよりも, 与左衛門も, 伊東七十郎らが, 右いふべきで無い, 右に, 右言ふも, 和田正隆は, 安間了現, 正遠たちは, 灰へ

▼ 左中将~ (16, 0.1%)

1 [16件] が, がそれほど, が発向, との一, どの以下, には御, の切ない, の威風, の耳, の若者, の顕職, は冷淡, へつかわし, も真相, よの, 常に召され

▼ 左~ (16, 0.1%)

2 の下, を冒し

1 [12件] がかなり, に故障, に浸潤, に達する, の方, の深部, も点々, をやられ, を刺す, を只一突, を少し, を貫かれ

▼ 左~ (16, 0.1%)

1 [16件] が口, が叫ん, が愁わしげ, が麹町署, とただ二人, と山本, と須藤, など周囲, にすれ, にも歳費辞退後, はそれ, はなじる, は地底, は当時, は正造, もほぼ

▼ 左~ (16, 0.1%)

1 [16件] だ, にあざ, にも瘤, に何もの, に形, に飛んだ, に鳴った, の下, の内, の片, へかけ, へとびんた, をパンパンパン, をプクン, を私, を見せ

▼ 左なる~ (15, 0.1%)

1 [15件] が鳩巣, とからみ合いぬ, に人五人, は, はニーロ, はメジェラ右, は五百尺, は即ち, は相, へ形, 一羽嘲る, 二人の, 喫煙室婦人室に, 女木戸を, 髮を

▼ 左~ (15, 0.1%)

1 [15件] があかざ, が引受けた, であった, と新九郎, と申す, と白衣, のいう, の前, の太極剣, の身, の返した, は何, は客, は巫女, は鋭い

▼ 左馬助~ (15, 0.1%)

1 [15件] である, といふ小僧, とし, と云う, などの部将たち, に譲った, の二人, の密告, の寝室, の苦衷憐むべ, の許, は具足櫃, は容色美麗, は父, をも疑っ

▼ 左~ (14, 0.1%)

2 て困難

1 [12件] たり上, ても行手, て少し, て広く, て廣, て怖, て歸, て色, て苦惱, て遜色, て驚く, またその

▼ 左のみは~ (14, 0.1%)

2 出入りを, 咎めず總領, 嬉しき樣子, 心も, 摺寄らず, 止めも, 遠慮も

▼ 左~ (14, 0.1%)

41 伺書留守居共持參差出候處被, 助, 助も, 年齢書指出す, 通に, 通りに, 通り御, 通及御達候, 願書付相, 願書相触

▼ 左半分~ (14, 0.1%)

2 が天平時代, は赤く 1 が兎角, が禿げ, だけ腹, には例, に引つ, に麻痺, の大, の恐し, はまだ依然として, は見なかった

▼ 左~ (14, 0.1%)

1 [14件] と云う, と同, と戦っ, に拾, に痛手, に親しく, ので, の拾つた小判, の輩, はお, は二十三, は奧, は寶搜, 進み出て

▼ 左~ (14, 0.1%)

2 弁は, 弁兼輔の 1 弁たる, 弁どこへ, 弁どの, 弁兼輔であった, 弁兼輔である, 弁兼輔と, 弁兼輔は, 弁殿から, 弁殿と, 弁殿も

▼ 左~ (14, 0.1%)

3 のごとき, のごとし 1 に揚ぐる計算, に示す如き, のごとくである, の如き, の如く分類, の如し, は千位, を參考

▼ 左~ (13, 0.1%)

9 の下 3 の上 1 に垂らした

▼ 左太郎~ (13, 0.1%)

2 は身体

1 [11件] と別家片桐衛門, の勢い, はそう, は母親, は見知らぬ, へ手, もすぐ, を, を抱き上げる, を晴着, を母親

▼ 左~ (12, 0.1%)

1 [12件] か荀子, が得意, と結婚, には多く, には晋景, に太叔文子, に平地尺, に通鑑綱目, の一, の叙事, の目, や国語

▼ 左~ (12, 0.1%)

12 の五右衞門

▼ 左でも~ (11, 0.1%)

1 [11件] ないよ, ない中間, ない眞ん中, ない社会党員, なく丁度, なく眞直ぐ, 前足に, 右でも, 空地は, 自分の, 逢えて

▼ 左文字~ (11, 0.1%)

2 で一番最初 1 が読め, だよ, で, ですからね, に見える, の刀, の太刀脇差, の脇差, はすぐ

▼ 左殿~ (11, 0.1%)

1 [11件] か何, がいわるる, その許, との間, には何, の手功ばなし, ばかりでなく, へそっと, も, よそれ, 安ん

▼ 左母二郎~ (11, 0.1%)

3 のよう 1 が浪路, くさいイヤ, などという男, になっ, に宝刀, の正反対, の軽薄, を意気

▼ 左程にも~ (11, 0.1%)

1 [11件] ない距離, 強く感じなかつた, 思いませんけれ共, 思はなかつたが, 思はれぬとも, 思へないが, 思わないで, 思わなかった, 思わなかったが, 思わなかった草丈, 無之候

▼ 左エ門さん~ (10, 0.1%)

21 がいい, がそう, のことば, のすすめ, の家, はいう, は若い, もそう

▼ 左中将どの~ (10, 0.1%)

1 がやすやす, にはあくまで, によく, の不, の許, はあれ, はまだ, へ今日, へ御, も都

▼ 左中弁~ (10, 0.1%)

1 から六条院, が講師, が重々しい, で亡くなった, などだけを招い, の某, は言う, へした, またその, を兼ね

▼ 左也氏~ (10, 0.1%)

1 が中学時代, に教, の名前丈, の応接間, はある, はそれ, はちよい, はよく, は二千円, は直ぐ

▼ 左半身~ (10, 0.1%)

2 の触覚, 不髄 1 が例, に強直, の動作, は不自由, は中風性麻痺, を司っ

▼ 左将軍~ (10, 0.1%)

3 宜城亭侯 1 たるもの, となった, なん, に任じ, に封じ, の印, 宜城

▼ 左~ (10, 0.1%)

1 からなお, から刃様, にさ, には黒っぽい, に翼, の, の壁際, の大門通り側, の席, へ流れ

▼ 左脇腹~ (10, 0.1%)

3 へ, へかけ 1 にも同じく, の乳, を, を袷

▼ 左膳さま~ (10, 0.1%)

1 があっし, がおっしゃる, こうして生き, でなくちゃ, とは同じ, には青山, のはなれ, のめ, の激しい, は姐

▼ 左~ (10, 0.1%)

1 が右, であろうと, でした, で運ん, に近づく, のうち, の詮議, はつごう, はまた, を借り

▼ 左賢王~ (10, 0.1%)

1 が妙, が彎刀, が後, だけは何, に打破られた, の戦績, は別に, は熱心, も曹操, を頼っ

▼ 左~ (10, 0.1%)

1 では, 口に, 妙手とも, 巨大な, 恐る, 惹きそう, 珍奇な, 耳遠い言葉, 遠方へ, 驚く色

▼ 左首筋~ (10, 0.1%)

2 に短刀, へ格子, を貫き 1 に小判, に小判形, に赤い, を深々

▼ 左したる~ (9, 0.0%)

2 ところに 1 事とは, 変りが, 宜い, 影響の, 眼目では, 重傷では, 霊活には

▼ 左する~ (9, 0.0%)

2 ことも 1 か, かでナポレオン, かにかかっ, も事, も免, を見, 能は

▼ 左~ (9, 0.0%)

9 の腕

▼ 左~ (9, 0.0%)

2 に寐 1 であった, にした, になり, に姿勢, は長く, をした, を可

▼ 左手首~ (9, 0.0%)

1 にしばりつけ, に不意打, に形, のうえ, の内側, は棟木, を剃刀, を引き離そう, を手拭い

▼ 左~ (9, 0.0%)

2 になっ, に寝 1 にし, に壁, に枕, に隻手, や宵

▼ 左枝八郎~ (9, 0.0%)

2 の姿 1 であるという, という方, とこの, ともあろう, のどこ, はいま枯菅, を送り届けた

▼ 左~ (9, 0.0%)

1 からすすめられた, がわずか, がボケ, が引退披露, といったよう, の弟子, はまた, も初音屋, やつばめ

▼ 左次兵衛~ (9, 0.0%)

1 が武太夫, だけをのせ, と自, に振り向け, はぐび, は暗鬱, は羽織, を撃ち込ん, を訪ねた

▼ 左~ (9, 0.0%)

1 に大分浸潤, に捲いた, に薬草切り, のあらわ, の左心室, を一弾, を両手, を側面, を突かれ

▼ 左~ (9, 0.0%)

2 に差しました, をひねっ 1 から帯, が右, にまわし, に差した, のあたり

▼ 左~ (9, 0.0%)

2 が地 1 から下, と結び付け, の上, の辺り, へつっぱった, を枕, を雪

▼ 左衞門さま~ (9, 0.0%)

3 というお方 1 という人, と云う, と仰しゃ, の御, を日暮ヶ岡, を突落

▼ 左~ (9, 0.0%)

1 たること, の家, の辟, は清潔, へかえた, を以て自ら蛇, を修め鬼魅, を喜ばず, を学ん

▼ 左馬允~ (9, 0.0%)

1 が来た, という者, となつ, に与え, は弱った, は思い切っ, は月, は氏郷, も斯様

▼ 左~ (8, 0.0%)

4 んだ 1 のです, んていう, 客には, 顏で

▼ 左までの~ (8, 0.0%)

1 事に, 事には, 困難も, 径我は, 心得の, 心配に, 苦労に, 醜と

▼ 左~ (8, 0.0%)

3 区別ニ従ウ 1 事実ヲ, 割合トス, 四名ニ告グ, 為定など, 画期的ナ

▼ 左ヱ門~ (8, 0.0%)

1 さすがに, と春日局, にうらみ, の勇気, の手なみ, はその, は徳川家, をみそこなった

▼ 左大臣殿~ (8, 0.0%)

1 お使い, がいかほど, がかりに, は塚, は思う, もおそらく, ももう, や少納言殿

▼ 左~ (8, 0.0%)

3 から右 2 といえ 1 と云え, へ曲れ, りから

▼ 左書き~ (8, 0.0%)

2 に仙 1 が文様風, で文字, にし, にした, に書いた, の結果

▼ 左膳様~ (8, 0.0%)

2 のお 1 おおせられます, からお, が憎らしい, と花村様, にお, は

▼ 左~ (8, 0.0%)

2 なの 1 がたしか, がろべそ, でごぜ, に出会う, の者, の者達

▼ 左~ (8, 0.0%)

2 に花, へ消え 1 から龍, に突っこんだ, はポケット, を真赤

▼ 左~ (8, 0.0%)

1 と同じく, に大隊本部, に部隊, のそれ, の城外, の街, の近く, まで七

▼ 左うし~ (7, 0.0%)

3 てゐる 1 たら誰, た嫉妬, ては自分, て呉れ

▼ 左かの~ (7, 0.0%)

2 思案を 1 分岐点に, 決定が, 決心を, 疑いを, 眉尻に

▼ 左とか~ (7, 0.0%)

2 右とか 1 それに, はっきりいっ, 云って, 取り梶, 足を

▼ 左へは~ (7, 0.0%)

1 いつたところ, ひり路地, まいりますまい, よらないで, 帰り途, 見つからない, 足踏を

▼ 左~ (7, 0.0%)

1 なに無心さうに云ふ, な事, な人, な所, な気, 手で, 手の

▼ 左~ (7, 0.0%)

2 胸部に 1 でも何ん, 續き, 胸部の, 脚は, 頭部に

▼ 左大弁様~ (7, 0.0%)

1 でこの, で何事, の心, の許, は悲しい, は苦しまぎれ, を思いわび

▼ 左~ (7, 0.0%)

2 の隅, は暗い 1 に信濃町, のところ, の窓際

▼ 左官職~ (7, 0.0%)

1 だが, であった, とのみ思っ, と思っ, にひとしい, らしかったと, をいとなん

▼ 左~ (7, 0.0%)

2 の間 1 には白靄, には美しい, の寝床, の若者たち, へ揃っ

▼ 左斜め~ (7, 0.0%)

1 から鬣, にス, に引き, に歩い, に歩き, の向側, より来る

▼ 左~ (7, 0.0%)

1 が, が不義, のご, の春秋, の派, 之舊也, 載するところ

▼ 左衞門樣~ (7, 0.0%)

1 が私共, とは昔, の一番目娘, は煙たく, は苗字帶刀, へも何より, 見たいな

▼ 左衞門殿~ (7, 0.0%)

1 だ, であらう, には正義, に親實, の代, の呑んだ, を害め

▼ 左衞門河岸~ (7, 0.0%)

2 の半 1 から明神下, でお, のお前, の家, の方

▼ 左~ (7, 0.0%)

2 に提出 1 と称し, の議員中, の院議, 副議長江藤新平, 小議官等ニ歴任シ

▼ 左うです~ (6, 0.0%)

1 か, かとか云つて, かと云つて, な, よ, をと

▼ 左すべき~ (6, 0.0%)

2 か秤 1 か, かと狼狽, かと立ち迷う, かの別れ路

▼ 左せん~ (6, 0.0%)

1 か, かと夜, かと悩み, かに迷っ, か如何, とすれ

▼ 左~ (6, 0.0%)

1 かどです, こらっ, 側です, 側へ, 手の, 腹が

▼ 左とは~ (6, 0.0%)

1 ちがうさ, なして, ひどくちがってる, まったく同じ, 仲が, 同じ形

▼ 左~ (6, 0.0%)

1 ずば, でも逆上せ, ば世人, ば人生, ば寧児, ば討て

▼ 左~ (6, 0.0%)

3 代りに 1 にても惜しむべき, 方より, 程に

▼ 左わき~ (6, 0.0%)

2 に抱えこん 1 にある, にぴたり, のドア, の膝

▼ 左候え~ (6, 0.0%)

1 ばそち, ばそれ, ばイギリス使節, ば國, ば日, ば私主人松蔭事ス

▼ 左傳次~ (6, 0.0%)

1 という者, といふ浪人者, と互に, と申す, にも相談, の家

▼ 左向け~ (6, 0.0%)

1 いって, で突, の時, を教える, 左ツ, 諾

▼ 左団次君~ (6, 0.0%)

1 が洋行帰り, とは紅葉館, に大湊船小屋, の一座, の招待, の竜

▼ 左~ (6, 0.0%)

2 の解説文 1 の, のごとく, のごとく変ぜざる, はマグレゴア氏

▼ 左大弁~ (6, 0.0%)

1 が主, とか参議, などと申し上げた, に兄, も, 正三位

▼ 左廻り~ (6, 0.0%)

2 にぐるり 1 して, に前進, に沖, をし

▼ 左思右考~ (6, 0.0%)

2 して, するに 1 したには, の末

▼ 左~ (6, 0.0%)

1 が先, で地面, の上, の中指, の跡, を感じ

▼ 左樣言~ (6, 0.0%)

2 つたね 1 つて, はれると, へば四五日前, へば都

▼ 左~ (6, 0.0%)

1 ばかりをぶった切っ, へ事実, へ入る, まで曲げ, まで柔らか, を上斜め

▼ 左~ (6, 0.0%)

1 という者, などと共に監軍, に献物, の失脚, は我, は盧植

▼ 左迄に~ (6, 0.0%)

1 急いだもの, 支配されない, 有要, 珍らしい, 藝術批判の, 驚く可

▼ 左部彦次郎~ (6, 0.0%)

1 があわただしい, が正造, が起った, と山本栄四郎, は兇徒嘯集, を助手

▼ 左うだ~ (5, 0.0%)

21 がただ, と云, 僕だ

▼ 左との~ (5, 0.0%)

1 ことでござんした, 二山が, 二筋に, 微かな, 手に

▼ 左とも~ (5, 0.0%)

1 いう男, 旅の, 決められない, 確かな, 言わない

▼ 左よう~ (5, 0.0%)

1 か, でございますお, ではございません, な事, 気がついた

▼ 左エ門~ (5, 0.0%)

1 が集め来しなれ, と名乗った, の眼双, へ即刻, へ御

▼ 左~ (5, 0.0%)

1 に, に平和街道, に附したる, の山の上, の神代文字花押

▼ 左~ (5, 0.0%)

1 の中央, の于禁, の各項, の真中の, を作

▼ 左~ (5, 0.0%)

1 次に夢中, 次に彼, 次に扈従, 次に承知, 次に比較

▼ 左団次一派~ (5, 0.0%)

1 が, が明治座, と権十郎, の俳優, の脚本

▼ 左将監~ (5, 0.0%)

2 と越後守 1 がまた, の眉, は揶揄

▼ 左~ (5, 0.0%)

1 と右巴, なり汝, に筋違い, の旗, の紋

▼ 左片盤~ (5, 0.0%)

3 の小頭 1 の炭車, の番

▼ 左膳濡れ燕~ (5, 0.0%)

1 のとぶ, をいだいた, をかまえる, をさげた, を大上段

▼ 左~ (5, 0.0%)

1 が鶏, に生ずべし, に矢, の久八, をちょっと

▼ 左貝殻骨~ (5, 0.0%)

5 の下

▼ 左うしろ~ (4, 0.0%)

1 について歩い, の壁, へ流れ, へ流れた

▼ 左かに~ (4, 0.0%)

1 どのくらい, まがって, ブロウドウエイを, 少しずつ

▼ 左です~ (4, 0.0%)

21 から, が蒙

▼ 左~ (4, 0.0%)

3 へんなし 1 ちへん

▼ 左なき~ (4, 0.0%)

1 だに凡俗社会, だに弱り, だに無愛想, だに病身

▼ 左においては~ (4, 0.0%)

2 より大 1 より小, 小である

▼ 左にと~ (4, 0.0%)

1 下れば, 御禊, 潜り抜けて, 逃げ惑う群衆

▼ 左のみに~ (4, 0.0%)

2 心も 1 動かない, 驚きませんで一歩

▼ 左へよけて~ (4, 0.0%)

1 おいらの, 貴様の, 身体の, 進んで

▼ 左ポケット~ (4, 0.0%)

1 からは銀, におかしな, には一種, に結びつける

▼ 左一郎~ (4, 0.0%)

1 だ, という人, とその, の後ろ

▼ 左丘明~ (4, 0.0%)

2 は恥じ 1 と云, は恥づ

▼ 左中将義貞~ (4, 0.0%)

1 の名, はいまだに, ほどな, をさし

▼ 左~ (4, 0.0%)

1 だけは決然, と云っ, は, はその後追試験

▼ 左~ (4, 0.0%)

1 てはゆく, て三十出山, て弊藩, ふて後

▼ 左兵衛督~ (4, 0.0%)

1 などがまいっ, は南, は姉, は高官

▼ 左~ (4, 0.0%)

1 という風, と固定化, と脚, に動かし

▼ 左四つ~ (4, 0.0%)

2 に組ん 1 になる, の褌

▼ 左大将家~ (4, 0.0%)

1 からもたらした, の長男次男, をもっ, 御直衣始

▼ 左枝検事~ (4, 0.0%)

1 でなくても, になにか, はポン, は自暴自棄

▼ 左楽老人~ (4, 0.0%)

1 がいる, が口, つるつるの, にでもとっくり

▼ 左樣いふ時~ (4, 0.0%)

1 が一度, には私, には私達, に都合

▼ 左母次郎さん~ (4, 0.0%)

1 との仲, と約束, に來, 打ち明けて

▼ 左程でも~ (4, 0.0%)

4 なかつたが

▼ 左程までに~ (4, 0.0%)

1 大なり, 深く智恵子, 深く智惠子, 申すならば

▼ 左~ (4, 0.0%)

1 から頬, に毒々しい, の無い, 之脇

▼ 左肋骨~ (4, 0.0%)

2 の下 1 には創傷, を打

▼ 左~ (4, 0.0%)

1 にかかえられ, には読みさし, に懐く, はオリムポス

▼ 左~ (4, 0.0%)

1 にま, にまわり, をかききり, を後

▼ 左膳乾雲丸~ (4, 0.0%)

1 は火事装束, を引きつけ, を引っさげ, を横たえ

▼ 左膳口~ (4, 0.0%)

1 に筆, に鞘, をひらいた, をへの字

▼ 左~ (4, 0.0%)

1 には宮殿, に興慶宮, の東邊, は即ち

▼ 左衞門さん~ (4, 0.0%)

1 か此方, とが来る, を, を御存じ

▼ 左衞門今~ (4, 0.0%)

2 の間 1 は嘆き, は夢

▼ 左衞門町~ (4, 0.0%)

1 の同好倶樂部, の家, の廣, の田原屋

▼ 左~ (4, 0.0%)

2 右見 1 右う, 右見し

▼ 左谿~ (4, 0.0%)

1 が呑み尽し, と呼ぶ, に帰還, の上空

▼ 左~ (4, 0.0%)

1 にし, に李彬, に陳亨, へ馬忠

▼ 左~ (4, 0.0%)

2 して 1 した, に移る

▼ 左近衛少将~ (4, 0.0%)

1 で年, に任, に任官, に叙

▼ 左金吾禅室さま~ (4, 0.0%)

2 の御 1 の三男若君, は修善寺

▼ 左~ (4, 0.0%)

2 の三名 1 とに分れた, に入った

▼ 左馬頭義朝~ (4, 0.0%)

1 が名古屋, とのあいだ, の紛れない, は憮然

▼ 左うい~ (3, 0.0%)

1 うと, う児太郎, う時に

▼ 左うかと~ (3, 0.0%)

2 言つて少し 1 思ふと

▼ 左うだつ~ (3, 0.0%)

1 た, たか, たの

▼ 左うである~ (3, 0.0%)

1 が人情, 通りの, 通り教壇の

▼ 左うなる~ (3, 0.0%)

2 と私 1 と鼠軍

▼ 左うなれ~ (3, 0.0%)

2 ば來年 1 ばお前

▼ 左かへ~ (3, 0.0%)

1 まがって, 一つ著ける, 曲ると

▼ 左からの~ (3, 0.0%)

1 吸引に対し, 文字が, 軍は

▼ 左だけ~ (3, 0.0%)

2 充血した 1 では

▼ 左だった~ (3, 0.0%)

1 かどうも, が聞こえ, のです

▼ 左では~ (3, 0.0%)

1 その大き, ない, ブリキを

▼ 左といふ~ (3, 0.0%)

1 事は, 具合に, 小さい天才役者

▼ 左とから~ (3, 0.0%)

1 両親に, 博士を, 飛びつこうと

▼ 左とを~ (3, 0.0%)

1 バランスさせ, 取りちがったあやまりであり近く, 間違えて

▼ 左なく~ (3, 0.0%)

1 とも阿部伊勢守, ばお, ば路頭

▼ 左などは~ (3, 0.0%)

1 おそらく人間艶消し, 君家には, 決して自分

▼ 左にか~ (3, 0.0%)

1 ともかく変化, 人影が, 右にか

▼ 左ねじ~ (3, 0.0%)

1 じゃ, です, の電球

▼ 左へでも~ (3, 0.0%)

1 何方へでも, 宜い, 誘われしだい

▼ 左までに~ (3, 0.0%)

1 怪しみも, 異樣, 顯はれざりし

▼ 左~ (3, 0.0%)

1 なまじ生木, ひっ捕えたらこんど, 新左め

▼ 左もこそ~ (3, 0.0%)

2 下剋上の 1 有べき事

▼ 左らしい~ (3, 0.0%)

1 けれどもこういう, と伝右衛門, なしかし

▼ 左わけ~ (3, 0.0%)

3 にし

▼ 左ウチワ~ (3, 0.0%)

1 でころがりこむ, というワケ, の生活

▼ 左ピッチャー~ (3, 0.0%)

1 だね, で威張っ, という名ばかり

▼ 左中将隆致~ (3, 0.0%)

3 の女

▼ 左乳下~ (3, 0.0%)

2 へかけ 1 へざんぐり一太刀

▼ 左京介殿~ (3, 0.0%)

1 のお, の方, へもよろしゅう

▼ 左仲様~ (3, 0.0%)

1 が見初め, の子, 御屋敷

▼ 左~ (3, 0.0%)

1 の原隼人, の津田与三郎, は津田与三郎

▼ 左光線~ (3, 0.0%)

3 になる

▼ 左内殿~ (3, 0.0%)

2 との父子 1 と貴殿

▼ 左~ (3, 0.0%)

1 として長く, とはならない, を握つ

▼ 左~ (3, 0.0%)

1 の大, の方, は比較的

▼ 左吉松親分~ (3, 0.0%)

1 と三人, に任せ, は斯

▼ 左太松どん~ (3, 0.0%)

1 が可哀想, はお, は首

▼ 左~ (3, 0.0%)

2 之苦 1

▼ 左宗棠~ (3, 0.0%)

1 が奏議中, の, の烱眼

▼ 左将監時益~ (3, 0.0%)

1 の両, の声なき声, は小首

▼ 左平が~ (3, 0.0%)

1 この屋敷, 崩れて, 買ったあと

▼ 左平治~ (3, 0.0%)

1 であった, などはその, の子孫

▼ 左~ (3, 0.0%)

1 し小, し走り, も出来ない

▼ 左手利き~ (3, 0.0%)

1 であること, はいねえ, をそのまま

▼ 左~ (3, 0.0%)

2 右抵を 1 右抵に

▼ 左~ (3, 0.0%)

3 所右散

▼ 左東左平~ (3, 0.0%)

1 に売った, の妻, は前

▼ 左樣仰~ (3, 0.0%)

2 しやれど 1 つし

▼ 左樣私~ (3, 0.0%)

1 にもそれ, は君, も不思議

▼ 左権中将~ (3, 0.0%)

1 であった, であったが, になっ

▼ 左横手~ (3, 0.0%)

1 に寄っ, の押入, よりする

▼ 左橘右衛門~ (3, 0.0%)

1 は召使たち, は雇人, や大勢

▼ 左氏伝~ (3, 0.0%)

1 の史話, の条, やそういう

▼ 左氏傳~ (3, 0.0%)

1 とはく, と申します, は北朝

▼ 左源太右源次~ (3, 0.0%)

2 の二人 1 の逆

▼ 左瞻右視~ (3, 0.0%)

2 して 1 或は手

▼ 左腹部~ (3, 0.0%)

1 に出, に刀, を見た

▼ 左膳それ~ (3, 0.0%)

1 が近ごろ, こそおっとり, は再び

▼ 左膳ひとり~ (3, 0.0%)

1 でてれ, ではおぼつかない, を相手

▼ 左膳源十郎~ (3, 0.0%)

1 が訴人, もしばし, を頭

▼ 左膳片手~ (3, 0.0%)

1 に矢, に赤銅, を伸ばし

▼ 左膳現代版~ (3, 0.0%)

1 なの, に太刀打ち, はどうも

▼ 左膳腰~ (3, 0.0%)

1 の一刀, の乾雲丸, をかがめ

▼ 左~ (3, 0.0%)

1 するもの, の帳合法, の日本語

▼ 左衞門それ~ (3, 0.0%)

1 に一色友衞, に爭, を除ける

▼ 左衞門殺し~ (3, 0.0%)

2 の疑 1 の罪

▼ 左~ (3, 0.0%)

2 して 1 され時勢

▼ 左~ (3, 0.0%)

1 があまり, によります, は歌

▼ 左近衛府~ (3, 0.0%)

1 にはりっぱ, の勝負, の舎人たち

▼ 左~ (3, 0.0%)

3 の下

▼ 左~ (3, 0.0%)

1 が声高, に声, の奴

▼ 左あの~ (2, 0.0%)

1 大将も, 野分信長が

▼ 左あらぬ~ (2, 0.0%)

1 体で, 体に

▼ 左あるいは~ (2, 0.0%)

1 ショパンの, 右へ

▼ 左うさ~ (2, 0.0%)

1 な, なあ

▼ 左うで~ (2, 0.0%)

1 もなく, も無い

▼ 左うに違~ (2, 0.0%)

1 ひあるまい, ひない

▼ 左う気づい~ (2, 0.0%)

1 てこれ, て提灯

▼ 左お前~ (2, 0.0%)

1 この釜, はひどい

▼ 左からと~ (2, 0.0%)

1 正面からと, 殆ん

▼ 左からは~ (2, 0.0%)

1 吉川は, 行かない

▼ 左しも~ (2, 0.0%)

1 気遣ひたりし, 盆を

▼ 左そして~ (2, 0.0%)

1 丹三郎, 私も

▼ 左~ (2, 0.0%)

1 側に, 角に

▼ 左でない~ (2, 0.0%)

2

▼ 左とかの~ (2, 0.0%)

1 手順が, 爺さん

▼ 左とが~ (2, 0.0%)

1 呼び出された, 長谷へ

▼ 左と共に~ (2, 0.0%)

1 この青根, 彼は

▼ 左などの~ (2, 0.0%)

1 四五名に, 諸将

▼ 左なり~ (2, 0.0%)

1 かし遠く, 斯る

▼ 左なりに~ (2, 0.0%)

1 向け直される, 廻転する

▼ 左にあたる~ (2, 0.0%)

1 ほらあな, 諸川は

▼ 左にて~ (2, 0.0%)

1 御插可, 我に

▼ 左にでも~ (2, 0.0%)

1 たやすく靡く, 向かせること

▼ 左にとって~ (2, 0.0%)

1 折れた, 旧校舎

▼ 左のての~ (2, 0.0%)

2 ひら

▼ 左ひじ~ (2, 0.0%)

1 をくじいた, を高く

▼ 左へよけ~ (2, 0.0%)

1 たんだ, た途端

▼ 左ほどの~ (2, 0.0%)

1 相異, 老人では

▼ 左よりに~ (2, 0.0%)

1 水鉢が, 近く山の

▼ 左よりの~ (2, 0.0%)

1 麻縄にて, 麻縄を

▼ 左をも~ (2, 0.0%)

1 叩かせよと, 往っ

▼ 左ギッチョ~ (2, 0.0%)

1 であった, ではない

▼ 左セン~ (2, 0.0%)

1 されて, されるでしょう

▼ 左ベン~ (2, 0.0%)

2 全然自分

▼ 左マキ~ (2, 0.0%)

1 だ, なん

▼ 左モモ~ (2, 0.0%)

1 と右, と右足クビ以下

▼ 左ヱ門忠教~ (2, 0.0%)

1 でした, といえ

▼ 左一右~ (2, 0.0%)

1 した, 絞車盤

▼ 左七郎~ (2, 0.0%)

1 に広間, に廣間

▼ 左三代~ (2, 0.0%)

1 が築いた, の血統

▼ 左三郎~ (2, 0.0%)

2 とでも書く

▼ 左下がり~ (2, 0.0%)

1 の変, の字

▼ 左下り~ (2, 0.0%)

1 で内儀, に溶岩

▼ 左~ (2, 0.0%)

1 であ, にまで登りました

▼ 左五兵衛~ (2, 0.0%)

1 に頼む, を呼出す

▼ 左五兵衞~ (2, 0.0%)

1 や同じく, を呼出す

▼ 左五郎~ (2, 0.0%)

1 とあった, とは明治十七年

▼ 左仲樣~ (2, 0.0%)

1 が見染め, の子

▼ 左~ (2, 0.0%)

1 に立てり, を占める

▼ 左~ (2, 0.0%)

1 とに面し, の谷

▼ 左備え~ (2, 0.0%)

1 には翩, 徐盛の

▼ 左傳國語~ (2, 0.0%)

1 の纏まつ, を始め

▼ 左兵衛佐様~ (2, 0.0%)

1 とたった, は

▼ 左兵衛尉~ (2, 0.0%)

1 というもの, へ隠

▼ 左典厩~ (2, 0.0%)

1 の宏大, の屋敷

▼ 左典厩屋敷~ (2, 0.0%)

1 と神明, の土塀

▼ 左内氏~ (2, 0.0%)

1 だな, では

▼ 左剣手~ (2, 0.0%)

1 だけに右腰, のほう

▼ 左半身全体~ (2, 0.0%)

1 にイヒチオール, をまっ

▼ 左即ち~ (2, 0.0%)

1 岩壁に, 車道に

▼ 左~ (2, 0.0%)

1 宮田の, 左鐵砲打つ

▼ 左~ (2, 0.0%)

1 とある広場, に物凄い

▼ 左右左~ (2, 0.0%)

1 と, となっ

▼ 左右翼~ (2, 0.0%)

1 と為し, の間

▼ 左吉松さん~ (2, 0.0%)

1 が殺された, はこの

▼ 左回り~ (2, 0.0%)

2 を御

▼ 左団次さん~ (2, 0.0%)

1 が謝, は自分

▼ 左団次一行~ (2, 0.0%)

1 からはたより, が露西亜

▼ 左団次式~ (2, 0.0%)

1 な対話, になれ

▼ 左団次贔屓~ (2, 0.0%)

1 の力瘤, の婆さん

▼ 左大将夫人~ (2, 0.0%)

1 が兄, の玉鬘

▼ 左孝師匠~ (2, 0.0%)

2 の死骸

▼ 左官職壁辰~ (2, 0.0%)

1 てエ者, の家

▼ 左~ (2, 0.0%)

1 に入口, に室

▼ 左~ (2, 0.0%)

1 でした, はいう

▼ 左小手~ (2, 0.0%)

2 をかすられ

▼ 左小指~ (2, 0.0%)

1 がない, をまい

▼ 左少将隆貞~ (2, 0.0%)

1 であった, や村上彦四郎ら九人

▼ 左左様~ (2, 0.0%)

1 でしょうか, で御座る

▼ 左~ (2, 0.0%)

1 の大波小波, の皮

▼ 左~ (2, 0.0%)

1 ともいうべき, に見

▼ 左~ (2, 0.0%)

1 には靈峰富士, を振り

▼ 左心室~ (2, 0.0%)

1 です, に突入

▼ 左~ (2, 0.0%)

2 右或

▼ 左手頃~ (2, 0.0%)

2 の棒

▼ 左投げ~ (2, 0.0%)

2 槍の

▼ 左支右吾~ (2, 0.0%)

2 の行動

▼ 左~ (2, 0.0%)

1 の艦隊, 前敵

▼ 左旋回~ (2, 0.0%)

1 でうしろ, でも一分間

▼ 左曲り~ (2, 0.0%)

1 のカーブ, を示し

▼ 左~ (2, 0.0%)

1 が来, に逢

▼ 左柳高次~ (2, 0.0%)

1 が早馬, は讃州志度

▼ 左楽師匠~ (2, 0.0%)

1 がいた, は昨夜

▼ 左樣さ馬車~ (2, 0.0%)

2 の代り

▼ 左樣容~ (2, 0.0%)

1 易くあるべき, 易くは

▼ 左樣思つて~ (2, 0.0%)

1 居つたの, 見て

▼ 左樣言つて~ (2, 0.0%)

1 は父さん, 居たに

▼ 左横腹~ (2, 0.0%)

1 に八センチ, の痛

▼ 左次兵衛様~ (2, 0.0%)

1 のお, のお世話

▼ 左法疊~ (2, 0.0%)

2 に酒

▼ 左~ (2, 0.0%)

1 に入り, を取れる

▼ 左~ (2, 0.0%)

1 に勝る, よりも多い

▼ 左甚五郎作~ (2, 0.0%)

1 の京人形, の眠り猫

▼ 左甚五郎式~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 左~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 左~ (2, 0.0%)

1 から瞼, を挙げ

▼ 左眼下~ (2, 0.0%)

1 に受け, に遥か

▼ 左程には~ (2, 0.0%)

1 思われぬ眼, 採られて

▼ 左程上~ (2, 0.0%)

2 の部

▼ 左程遠く~ (2, 0.0%)

1 ないにも, へは行っ

▼ 左耳下~ (2, 0.0%)

1 から這入っ, にこぶ

▼ 左~ (2, 0.0%)

1 のあたり, をかけ

▼ 左肺門~ (2, 0.0%)

2 に病竈

▼ 左背中~ (2, 0.0%)

1 の甲殻骨, の肩甲骨

▼ 左胸元~ (2, 0.0%)

2 の傷

▼ 左脇の下~ (2, 0.0%)

1 から右, に置き

▼ 左~ (2, 0.0%)

1 に気腫, に疔

▼ 左膳がら~ (2, 0.0%)

1 になく, にもなく

▼ 左膳どの~ (2, 0.0%)

1 も云々, も本懐

▼ 左膳の~ (2, 0.0%)

2 からだ

▼ 左膳チョビ安~ (2, 0.0%)

1 お藤, の身柄

▼ 左膳今~ (2, 0.0%)

1 ちょうどそこ, までのこと

▼ 左膳何~ (2, 0.0%)

1 ほどのこと, をしでかす

▼ 左膳右~ (2, 0.0%)

1 に開いた, の袖

▼ 左膳右頬~ (2, 0.0%)

1 の刀痕, の剣創

▼ 左膳土生仙~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 左膳殿~ (2, 0.0%)

1 の実, の甥

▼ 左膳源三郎萩乃~ (2, 0.0%)

1 お藤, の三人

▼ 左膳源十郎軍~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 左膳萩乃~ (2, 0.0%)

1 に心, を引きずり

▼ 左花敷温泉道是~ (2, 0.0%)

2 より二里半

▼ 左行篇~ (2, 0.0%)

1 だ, に就い

▼ 左衞門ら~ (2, 0.0%)

1 に英語, の活動

▼ 左衞門去歳~ (2, 0.0%)

2 より何處

▼ 左衞門夫婦~ (2, 0.0%)

1 が奉公人, に護られ

▼ 左衞門押入~ (2, 0.0%)

1 に殘, の中

▼ 左衞門方~ (2, 0.0%)

1 へ奉公, へ忍ばせた

▼ 左衞門旦那~ (2, 0.0%)

1 のが, は百姓仕事

▼ 左衞門氏~ (2, 0.0%)

1 でありいまひとり, はゆ

▼ 左衞門汝~ (2, 0.0%)

1 え此, が後見

▼ 左衞門等~ (2, 0.0%)

1 の絃, は駒込

▼ 左衞門茂頼~ (2, 0.0%)

1 が一子, とて齡古稀

▼ 左衞門親子~ (2, 0.0%)

1 はお召返し, は立帰り

▼ 左~ (2, 0.0%)

1 には確か, へ三つ懐

▼ 左袖垣~ (2, 0.0%)

2 も障子

▼ 左褄取る~ (2, 0.0%)

1 ことに, 気やら

▼ 左視右顧~ (2, 0.0%)

1 しつ, ゆくへも

▼ 左豊卿~ (2, 0.0%)

1 が各地, の直属

▼ 左足首~ (2, 0.0%)

1 に骨, に黒い

▼ 左近衛右近衛~ (2, 0.0%)

1 の武官, の荒手結

▼ 左邊十三段~ (2, 0.0%)

2 のはじめ

▼ 左邊右邊~ (2, 0.0%)

2 のとり

▼ 左金吾頼家尊霊~ (2, 0.0%)

2 と刻み

▼ 左阪妻~ (2, 0.0%)

1 がここ, の活躍

▼ 左陣さん~ (2, 0.0%)

1 を呼ん, 計られたね

▼ 左陣め~ (2, 0.0%)

1 がもし, の精神

▼ 左陣奴~ (2, 0.0%)

2 は私

▼ 左陣殿~ (2, 0.0%)

1 とな, わざわざの

▼ 左~ (2, 0.0%)

1 の険, 寒凄橋

▼ 左頭部~ (2, 0.0%)

1 に深, をコンクリート

▼ 左頸筋~ (2, 0.0%)

2 を深々

▼ 左~ (2, 0.0%)

2 も右眄

▼ 左馬也どこ~ (2, 0.0%)

2 にいる

▼ 左馬介義~ (2, 0.0%)

1 遠の, 遠は

▼ 左馬允汝~ (2, 0.0%)

1 は大力相撲上手, は強い

▼ 左馬寮~ (2, 0.0%)

1 の御馬, の門前

▼ 左馬寮右馬寮~ (2, 0.0%)

1 の馬, を通じても滝口

▼ 左馬頭直義~ (2, 0.0%)

1 の家来, はこの

▼1* [1038件]

あすは右, 左あらぬ振をし, 左あらんとのみ言った, 左あれば関八州, 左いずれに偏する, 左いまでもやはり, 左い折れるが近道, 左うだらうと思ふ, 左うであればまことに, 左うなんだよこれ, 左うらしい鳥の, 左う呟いで箆, 左う思いたくないそうすると神様, 左う思ひ込まされてゐる, 左う気づいたがそれにしても, 左う聞いたからには手前達, 左う聴いた時驚きの, 左もんの, 左えもん勝政どの, 左ぬしには, 左かじぶんのがわからなくなっ, 左かたの服, 左かと云へば, 左かといふやうな, 左かどに牛肉屋の, 左からといふ風に, 左かを通るん, 左かんこうじぎょ, 左がからかはれては, 左がはでぐわあん, 左がはにありしかも, 左がはをあるいて, 左がわのも, 左ぎつちよの少年は青白い, 左ここは将監橋, 左こそありたきことなれども, 左こそと察せらる, 左この四人の, 左これを破る, 左向いて, 左さんの失態, 左さ二町ばかし行ぐんだ, 左しかない片手, 左した問題に, 左したる困厄には, 左しもに広き青年会館, 左しようかとちょっと, 左じゃないか, 左すべきやと迷った, 左すみの俳句欄, 左せよ北せ, 左せらるること多し, 左そこにある, 左その杯を, 左その他の駄武士, 左その他三人の腕利き, 左それやあいい, 左それ右とわめき散らす, 左ア俺の, 左たたみに着せる, 左たちめが相談, 左だけじゃない, 左だけは暗く重苦しげ, 左だの争いでした, 左やねえ, 左つうから, 左つっこめなどと声, 左てええらもん, 左てに意識し, 左ての庭とも, 左でありその中間, 左でござるがこの, 左でしかなかった, 左でなければならない, 左といった具合に, 左とかに動かす力, 左とちんばだっ, 左とで大変度が, 左とには汝よりも, 左とへ別れて, 左とやら源中納言の, 左どっちかの足, 左どなりの仏界マンダラ等, 左どのたちふたりをなわ, 左なああれが, 左なぜ心外な, 左など頼んで, 左なども折々鬼柴田, 左なら左の, 左ならびに山萵苣すなわち, 左ならやってみ, 左なりの立直したる藩財, 左なりへはっきりと, 左なれどただ子, 左において書いて, 左にてもこの臺すべて斯, 左にというふうに, 左になつた室へと, 左にのめくり一上一下, 左にもをり, 左によけて通った, 左によけながらさらに激しく, 左によって懸り方, 左によるかその一刹那, 左にわたりて饅頭の, 左にわたる大和河内への, 左に従い来る山々山骨, 左ねじり三番牢は, 左のうでに, 左のほどにはきかなかった, 左のみとも思わなかったが, 左のみにて一二間を, 左のみの男と, 左のみも行かず椽先, 左のみを辿って, 左はかべいっぽうは, 左はじから二番目, 左はまへに右, 左ばかりだという, 左ばかりが勝ち続けた, 左ばかりにしよう, 左ひとりは何とも, 左ひねりにない, 左へかはるが, 左へというもの云う, 左へまがつた, 左へよつて右肩から, 左ほっぺたと二ところ, 左ほどには感じなかったかも, 左んじ, 左まきのシルシ, 左まず這入れ, 左またおのが, 左まだ研究の, 左まっ赤に, 左までは近かる, 左まわりにねじる, 左まわり右へはさき頃, 左まんなかと疾風迅雷, 左まん中と三方, 左むけはいちょっと, 左めっかち右びっこ身の丈矮く色, 左もう続けぬの, 左もがつかりしたやう, 左もべッとりと, 左やれよ, 左かちよつと, 左よく追ったのう, 左よりは十七八の, 左よりも人通りの, 左らしくもない, 左り向けて人差指, 左わきの下の壺, 左わしがそち, 左わし等もおい, 左エ門政治家では吉田茂, 左エ門様がお, 左エ門氏を委員長, 左オーライ御無理, 左ギラリギラリと太刀, 左グループの心持, 左グングン先に, 左セン騒ぎが起る, 左ツ右ツ・ガッチャガチャつてさわぐん, 左ヅマをとっ, 左トラバースである, 左見ツツ久里浜村, 左ニモ下方ニモ向ケル訳ニ行カナイ, 左ニ勢至ノ二脇侍立像ガ侍立シテイテ, 左ニ対シテ深ク愧ルコト莫カランヤ, 左ニ御覧ジ富士川ヲ乗越サセラレ, 左ニ折レテ十余町スレバ浜辺へ出, 左ハ言ヘ古, 左ヒジから下, 左ヘウイービングスルンダケレドエスピノザハ上体ヲグット後ロニ反ラセルノ, 左ヱ門尉ならべると, 左ヱ門氏の提案, 左ヱ門白川政利長井吉兵衞の神靈, 左一つは右, 左一つ瞳が重っ, 左一家の恣まま, 左一帶を見まもる, 左一眼の潰れた, 左一郎氏ニ依頼シ本年五月其花ヲ得, 左一門の定家以来, 左べっ, 左七十郎という顔ぶれ, 左七郎乗羨と, 左七郎乘羨と云, 左三つ目の窓, 左三葉右四葉などの説, 左上がり右下がりの書置き, 左上部に赤い, 左上顎部に既に, 左両副頭取も, 左並びの三軒め, 左中将新田殿のほか, 左中将新田義貞の高倉, 左中将殿にお, 左中将清経また幼少年, 左中将隆資奉, 左中弁将末に殺され, 左中弁藤原在衡, 左中弁長房朝臣の奉書, 左中様のお, 左久良書房から刊行, 左久馬長門の桂小五郎等, 左之方一寸程突創一箇所, 左二つの間, 左二三人目に児島, 左二百米以内に敵, 左二糎程の所, 左五六飛四八金上ル七九馬五七金スグ同, 左五左五と云っ, 左井黙庵の次子, 左京亮は綸旨, 左京介もお, 左京介どのの御, 左京介殿以上の御, 左などがあと, 左が白い, 左以来天下の大老老中, 左仲の名ではなから, 左仲の目に留つて, 左仲同様に流行らない, 左仲手槍を投捨てる, 左仲樣御屋敷から來, 左伊勢へ密告, 左伊木清兵衛などかれ, 左伝二人を連れ, 左伝十五巻の内三, 左伝夫妻にたのみ, 左伝戦国策老子荘子と云う, 左伝春秋などに影響, 左伝次本名神道徳次郎はピタリ, 左伝癖をもっ, 左伝跋宋本校正病源候論跋, 左伝輯釈を彦根藩, 左伝通読十一偏その中, 左よりもうれしく, 左何分にもたのむ, 左倍絶而後遂, 左候わば幕府, 左候トテ無理非法, 左候ヘバ其品物は紀州, 左候得者乗船仕候得者持病差起候者必然, 左候得者樹上の大金, 左傍腹の皮肌一枚, 左傳そのものの本, 左傳學者と公羊學者, 左傳宣公六年晉の趙盾, 左傳家も編年體, 左傳春秋三傳周禮儀禮禮記論語孟子理學の十一門, 左傳春秋釋疑の文, 左傳服虔杜預注, 左傳襄公十四年に秦人, 左傾ぎに或, 左僉都御史景清, 左先々代円朝円喬らを会員, 左が仲間ども, 左六加瀬村幸七の両人, 左兵衛三千五百の人数, 左兵衛今福浄閑土屋右衛門尉秋山伯耆守原隼人佐小山田備中守跡部大炊介小宮山丹後すなわち御, 左兵衛佐允純へ永, 左兵衛佐藤原伊衡平希也など僅か, 左兵衛佐道純家来竹内玄同, 左兵衛夜になったら, 左兵衛左兵衛の子, 左兵衛府の下人, 左兵衛様はよい, 左兵衛次と云, 左兵衛殿品川まで見送られ, 左兵衛督国朝で世に, 左兵衛督殿に仕え, 左兵衛義高となっ, 左兵衛邸の辻版小屋筋違い前, 左兵衛附の小姓, 左兵衛頭直義をはじめ, 左兵衞佐允純へ永, 左兵衞尉右兵衞尉といふやう, 左其弟三木三郎醇が並ん, 左典今日も通りがかり, 左典千浪と御方, 左典廐信繁これを受け止めた, 左典雷のよう, 左内どのが組, 左内坂の途中, 左内増田甚兵衛同じく玄札, 左内様即座にお, 左内殿本心に戻られた, 左内西村左馬允岡田大介岡半七等, 左内輪ですぐ, 左内阪を昇り, 左円次といふ人, 左刀うしろざまに見事, 左の弱, 左刃ひとつに駈け廻される, 左刃右刃息もつかせぬ, 左刄のを作らせ, 左分かれて八丁堀, 左分けにし, 左分利新十郎, 左削ぎの斜め, 左前一家の暮し, 左前後へといとも, 左前方にほほ, 左前税金はかさむ, 左前面にこんもり, 左剣いつどこに墜落, 左剣わき腹をえぐった, 左剣上下左右に動転, 左剣逆に左, 左劇文学の領域, 左助喜多村勘解由宰府口には毛利左近, 左十兵衛カメその他数名の者, 左千葉貞胤結城親光六角時信小山秀朝江馬越前守三浦ノ介, 左半分全部を占領, 左半双の端, 左半球から出る, 左半葉に溢血, 左半間は開き戸, 左半面皮膚が引きつり, 左反面は暗かっ, 左を見よ, 左可延牟物能等可牟, 左右左右と脚, 左右衛門七のお, 左司員外郎に累進, 左吉三人の働き, 左吉下女のお, 左吉村と一緒, 左吉松殺しの下手人, 左同苗与左衛門野々村主水, 左名村百右衛門長瀬小三次, 左向うに座し, 左向う側に羽中, 左向くやら止れ, 左向けオイとかいう大きな, 左向け左っこら, 左向け廻れ右すすめ, 左和利三勝もそつ, 左が意見, 左商大商少商, 左喜松芝子丸, 左器用の手, 左四郎と申す, 左回頭して, 左団次みたいな立派, 左団次らの諸, 左団次一党を動かし, 左団次一座大阪の浪花座, 左団次一派本郷は新派, 左団次丈も名代, 左団次上演以前早くも, 左団次以下同劇団, 左団次仲蔵半四郎宗十郎家橘小団次小紫, 左団次仲蔵半四郎翫雀ら出勤す, 左団次仲蔵半四郎芝翫の一座, 左団次共同して, 左団次其から菊五郎, 左団次君その他とも会見, 左団次夫妻を仲人, 左団次家橘らの一座, 左団次寿美蔵又五郎宗之助莚若などに大阪, 左団次小団次秀調源之助という顔ぶれ, 左団次小浪米蔵戸無瀬升, 左団次山家屋清兵衛が芝翫, 左団次岩淵九郎兵衛仲蔵鳴沢良助宗十郎厚原磯之進と謂つた顔ぶれ, 左団次市川権十郎坂東家橘などの顔ぶれ, 左団次帰朝後の第, 左団次松蔦の鳥辺山心中, 左団次権十郎の一座, 左団次氏が武蔵屋, 左団次演劇研究のため, 左団次独特の, 左団次猿之助段四郎それに, 左団次玄徳が円蔵, 左団次自身が果して, 左団次芝翫福助の一座, 左団次芝翫福助家橘松助などで狂言, 左団次賑やかだと, 左団次門下の人, 左国之時歌三首並短歌の中, 左国史漢は勿論, 左の如く, 左土間です, 左の作, 左坂本町へ折れよう, 左が兵隊帽子, 左と号, 左とし, 左の下, 左壁近くに跳び, 左夜気久は謂, 左夜気伎左夜気久は謂, 左將重盛公法名淨蓮三位中將維盛年二十七歳壽永, 左大将実定の卿, 左大将左衛門督藤参議などという人たち, 左大弁参議などの車, 左大弁式部大輔その他の人々, 左大弁様同様どうしても御門, 左大弁資明や鷲尾中納言, 左大臣殿御覧下さい, 左天命を全う, 左太夫めは命, 左太夫以下楫取水夫十二人, 左太夫右近に対する消し, 左太夫楫取の, 左太夫用意せい, 左太夫銀三郎民之助, 左夫思恵君にしあらね, 左奧手には球突塲, 左嫌いでなければ, 左である, 左孝二人とも鬼, 左孝二人共鬼になりたく, 左孝芸妓大小取交ぜて, 左孝藝妓大小取交ぜて, 左宇佐美正安らが駈け戻っ, 左官職壁辰さんの娘さん, 左室大杉は右室, 左あり金形, 左宮仙翁葛玄に度人經, 左の片影, 左家一派の主唱, 左家組が加えられ, 左家荘に住ん, 左の肘, 左将監北条時益北の越後守北条仲時, 左将軍予州の牧, 左将軍劉予州ともある, 左将軍劉備らしい, 左将軍関羽右将軍張飛だけを両側, 左将関羽右将張飛, 左尊公にはたしか, 左小山のごとき, 左少将さまにはいつも, 左少将少納言兵衛佐侍従大夫などという人ら, 左少将建保五年二十歳で従四位上左権中将, 左少将有盛侍従忠房その他の公達, 左少将隆貞卿が竹原館, 左山中道右桂谷道と道程標, 左は樹, 左左左へ曲れ, 左巻尾肩の高, 左市衛門氏は出入り, 左布政使となし, 左の中山, 左の衝突, 左平がそれを見る, 左平が手をつけた, 左平にいうと, 左平のとくい, 左平太の伊勢太郎, 左平太太平の二人, 左平次を呼んだ, 左平次戸村次郎左衛門石川内匠石田典膳古市喜左衛門山辺勇助中川蔵人大森弾正齋藤一八雨森静馬六郷六太郎榎本金八郎大河原八左衛門辻五郎秋山七左衛門警衛として付い, 左平津太夫小竹浜の茂七郎, 左の外, 左庭じゅうを飛ぶ, 左の官, 左廻しにがらがら, 左廻転プロムナードチロ踵を床, 左の右, 左往に漕いで行く, 左往右返に, 左往炉縁に寄れ, 左後ろに一本, 左後ろのがよい, 左後ろ斜に岩, 左後ろ斜めに岩, 左得手で筆, 左忽ち登り忽ち, 左が作った, 左思右慮心, 左恵美正遠河原九郎正次などいずれ, 左悟らず遙かに, 左愛撫措かず女長, 左慈だらけになっ, 左慈字を玄, 左慈汝の釣った, 左懋第がある, 左我が子の, 左或いは右, 左手前に新しい, 左抵右抗のもっ, 左にプッツリ, 左指一本折り又, 左挿しに毛筋, 左摩大八荒木宗行それに家職, 左撚りに片, 左支えなく頭が, 左改めて礼を, 左文庫に負, 左方のは木棺, 左方シーニュ街およびプティート・トリュアンドリー街, 左方フランス軍の方, 左方一小池あり是, 左方入りくんだ海, 左方勝ち訖んぬと, 左方對岸に鬼怒川發電, 左方岡山口は大野治房, 左方岩壁に塞がる, 左方怪巖直ちに道, 左方撫刀剣とあり, 左方數町の外, 左方春日山の城跡, 左方石割山との間, 左方贔負の人々, 左に神代文字, 左旋性というもの, 左す, 左曲右折した跡, 左木賊山の右下, 左本当か真実露見, 左来春陽気が好う, 左から来たら, 左東左平が買ったあと, 左東左平が手をつけた, 左枝さんまさかお前さん, 左枝さんほんとうにお, 左枝右梧するも, 左枝君あの遺書, 左枝君俺は今朝, 左枝君君が一番, 左の尾張名古屋, 左柳これを着, 左柳高次山本幸堂野村辰太郎白峰駿馬望月亀弥太大利鼎吉新宮次郎元山七郎位です, 左植田良平殿など古参方, 左楽さんも演, 左楽しん生華柳, 左楽先代燕枝華柳先々代柳枝先代助六先代今輔, 左楽師は一時競馬, 左樣いふ事を思ふ, 左樣いふ家の一つ, 左樣いふ峠のしかも, 左樣いふ心を起した, 左樣いふ町の中, 左樣いふ音樂の空氣, 左樣いふ類の光輝, 左樣お上の思召, 左樣これほどの水甕, 左樣さ一旦は, 左樣さ不幸な町, 左樣その後でお, 左樣ものは少し, 左樣一寸外から眺めた, 左樣三月も末, 左樣三河島と路, 左樣不肖ながら此櫻木, 左樣今に遙, 左樣何分の騷ぎ, 左樣修練が積まれ, 左樣修繕を致さなけれ, 左樣刀や鑿, 左樣千二三百も居りますやろ, 左樣吾等が無上, 左樣外に見た, 左樣奈何でも可, 左樣奧方は癇性, 左樣容易に腐敗, 左樣左樣結構なお, 左樣幸運く行く, 左樣幾度も有るまい, 左樣御計らひ下されたく候, 左樣思つて控へて居ります, 左樣思つて私は獨, 左樣懇意では, 左樣拙者は檜木風之進, 左樣日本の品, 左樣昨日私と, 左樣根治とはまあ, 左樣檜板で二尺四方, 左樣殘念ながら西班牙, 左樣無謀には本船, 左樣然らばの文句, 左樣確に救助, 左樣自動仕掛けの鐵檻, 左樣自由に手, 左樣若旦那の喜三郎, 左樣行つても好い, 左樣覺られたからは, 左樣近頃はトン, 左樣鑢一梃の根仕事, 左樣雨の降る, 左横顔を見せた, 左橘右桜衣の模様, 左の全体, 左が木村, 左次さんが国元, 左次さん七十石の小禄, 左次さん今日は手不足, 左次ッてめえあいつと懇意, 左次公と一緒, 左次兵衛君塚龍太郎その他覇気満溢, 左正面にも同じ, 左の融和, 左して, 左母上を中, 左母次郎祖先の手柄, 左母次郎芝翫の浜路, 左比内の奥, 左氏東京毎日の井上氏, 左氏皆荀卿を經, 左水平に倒す, 左水沢には武田信繁, 左な置つぎ, 左法畳に酒, 左に色, 左流れのクセ, 左海鹿島を右, 左満堂の聴衆, 左源太仙波八郎太殿御両人内密の用, 左源太寛之助まで四人, 左為世なども切に, 左無名静脈に加わった, 左片袖である, 左獅子身中の虫, 左班殿直といふ官職, 左甚五郎建物の辰三郎, 左甚五郎氏に奉仕, 左申してみよう, 左申しますから立前, 左宜しくという, 左的議論あり右的議論, 左目がけて片手, 左の邸, 左相忠平は父, 左盻右顧したる, 左して, 左眼ものもらひ腫れ, 左眼ニ義眼ヲ入, 左眼失明せる二十六, 左眼泰助を迎え, 左つつ背, 左瞻右視て, 左矜羯羅童子を夢枕, 左知っている, 左破片を, 左神楽坂へ行く, 左は右, 左程と思わぬであろうが, 左程まで貴公を, 左程も親しくも, 左程差支へるといふ, 左程著るしい武器, 左程迄にゆかなくつて, 左程迄には心に, 左程遠い所では, 左突きの拳, 左突角に中っ, 左五第, 左の劇壇, 左答えんかと独り胸, 左可禰, 左の人たち, 左素盞嗚尊右蛭児尊なり, 左経記に二君, 左結びになさざれ, 左ひに, 左老いたりの感, 左而已高いという, 左而已富貴と言う, 左耳朶の下, 左へ掛け, 左肋骨下の潰瘍, 左だけ着た, 左肩ごしに指先, 左肺全快大丈夫としん, 左肺尖に軽微, 左肺浸潤と医者, 左背後から變, 左背部の肋骨, 左胴腰の支え, 左胸先を深々, 左脇士薬師の像, 左脇士薬師如来の比, 左脇大将楊元以下一万一千が城南含毬門方面, 左脊部肋間の神經痛, 左脚切断の大, 左脛骨及左胸の諸, 左膳あたりを見まわした, 左膳いまはすこしく, 左膳いま一度左腕に縒り, 左膳いやな顔, 左膳おりから横あい, 左膳かたわらにいすくむ, 左膳からっぽの右, 左膳ここに先, 左膳こそ泥のごとき, 左膳このごろでは彼, 左膳これでも胸中, 左膳さっき月にぬれ, 左膳さま一度つづみがおひき, 左膳しずかにお, 左膳そとの大雪, 左膳とっさに一眼, 左膳なにが何やら, 左膳ひさしぶりだな, 左膳ひそかに心中, 左膳びっくりするよう, 左膳みずからを励ます, 左膳めをさがす, 左膳め先日から猛り, 左膳ゆえのこと, 左膳らの声, 左膳ら今宵の策動, 左膳りっぱにお腰, 左膳カからッ, 左膳ガサガサ藪を分け, 左膳グイと片手, 左膳チャンと行列, 左膳ツと体, 左膳ニコリともしない, 左膳ヒトたまりも, 左膳一振早く, 左膳一つきりの眼, 左膳一代の不覚, 左膳一歩一歩と峰丹波, 左膳一流の曲がった, 左膳一生けんめいに書いた, 左膳一眼を皮肉, 左膳一腕に大刀, 左膳不意におちた, 左膳不覚といえ, 左膳与吉のさわぎたてる, 左膳乾雲を隻腕, 左膳二三度読みかえしました, 左膳二人をかきわけ, 左膳二度ビックリだが負けず, 左膳仙之助, 左膳会心らしい微笑, 左膳俺は俺, 左膳先生に身, 左膳冷飯草履をゴソゴソ, 左膳刀痕の影, 左膳割り箸を開く, 左膳同情のあまり, 左膳塩からい, 左膳声のする, 左膳夢を気, 左膳大刀乾雲丸を膝近く, 左膳大地に根, 左膳大手を振っ, 左膳女物の派手, 左膳字看板を離し, 左膳尻はしょりを, 左膳左手に濡れ, 左膳左腕に坤竜, 左膳左腰に差した, 左膳廊下へ出た, 左膳引きつったよう, 左膳急にあわて, 左膳戸を蹴ひらい, 左膳手ぢかの道しば, 左膳抜き身の乾雲丸, 左膳指を折っ, 左膳振りかえりも, 左膳斜め右側へまわる, 左膳日々近く手もとにおい, 左膳昼間のうち, 左膳月輪を襲った, 左膳月輪軍之助, 左膳板戸を引く, 左膳柄をひるがえし, 左膳栄三郎の身, 左膳栄三郎泰軒の中間, 左膳栄三郎泰軒源十郎その他を抱きこん, 左膳根ッからの乞食浪人, 左膳棕櫚ぼうきの, 左膳横の床, 左膳櫛巻お藤, 左膳歯ぎしりをかん, 左膳源三郎を思いだし, 左膳源十郎ともにけろりと, 左膳源十郎仙之助, 左膳源十郎間に水, 左膳火のごとき, 左膳無法の法, 左膳焼け跡に立っ, 左膳独特のすごみ, 左膳現代版帰還のこと, 左膳白日下の独擅場, 左膳皮肉な笑い, 左膳矢立をさし, 左膳砂をはらっ, 左膳紙縒を戻し, 左膳腸をつく, 左膳自分でもどう, 左膳自慢の豪刀濡れ燕, 左膳自身は早く, 左膳血けむり立てて, 左膳覆面の底, 左膳親も妻子, 左膳貝の口にむすんだ, 左膳足を割っ, 左膳足早に歩きだした, 左膳身を斜め, 左膳軍之助, 左膳近ごろもって, 左膳邪心の迷い, 左膳鈴川源十郎一味の行状, 左膳隻腕の袖, 左膳顔じゅうを口, 左膳馬術をもよく, 左膳髪の中, 左自身が彼, 左を取っ, 左船水死人はどんな, 左花笠の源吉, 左の草, 左にはしかと, 左行派であるこれ, 左街右街とも云, 左といい, 左衝門をこの, 左衞門これでも武士, 左衞門さへ死ね, 左衞門さん私の家, 左衞門どんの伜, 左衞門ハツと思ひ, 左衞門一とたまり, 左衞門一代のうち, 左衞門一家に起つた, 左衞門丈けは留守, 左衞門三十五六歳髮は合僧, 左衞門両手を突い, 左衞門二品は何處, 左衞門二男新吉と彫付け, 左衞門五十餘歳出づ, 左衞門以來は佛蘭西語, 左衞門以來英語の家柄, 左衞門以來長崎通詞中で英語, 左衞門以後御見識, 左衞門佐も懌, 左衞門佐倉宗五郎幡隨院長兵衞荒木又右衞門なんど, 左衞門何処へ行くだ, 左衞門供の小僧, 左衞門俺が惡, 左衞門健在の事實, 左衞門僅かにかはし, 左衞門先生のところ, 左衞門其方は知らぬ, 左衞門出でふたり, 左衞門利休呂宋助左衞門石川五右衞門石田三成とかう, 左衞門原丹治もお, 左衞門只今御謁見, 左衞門名主善兵衞大年寺住職龍門の三名, 左衞門名古屋山三の鞘當, 左衞門四十前後の恰幅, 左衞門土地の御用聞, 左衞門在世の頃, 左衞門外數名の者, 左衞門夫婦多賀屋の主人勘兵衞, 左衞門如何でか, 左衞門妙に自信, 左衞門姿なんか見, 左衞門媒人になっ, 左衞門實は八五郎, 左衞門尉らと共に出島蘭館, 左衞門尉保忠郎從兩三輩中此箭保忠大瞋兮取件箭, 左衞門尉景頼生虜了行法師矢作左衞門尉, 左衞門尉樣への聞え, 左衞門小屋に於, 左衞門小河長五郎金出口には野村右京, 左衞門尾上菊五郎河合武雄喜多村緑郎の方, 左衞門尾關忠兵衞兩士領主の下知, 左衞門己が血統, 左衞門師のおかげ, 左衞門年は取つ, 左衞門年寄役村方で九, 左衞門店の浪人前島左近, 左衞門廊下を幾, 左衞門急に自信, 左衞門折入って, 左衞門敷居際にピタリ, 左衞門柿沼寛二郎森島二郎工藤平助藤田祐甫の五人, 左衞門樣見たいなもの, 左衞門正榮の, 左衞門此處で逢つた, 左衞門武連と云う, 左衞門歿後洋學年表では嘉永元年, 左衞門殿私もとんと, 左衞門治太夫御兄弟, 左衞門浪々のお話, 左衞門父の看病, 左衞門石川五右衞門石田三成とかう, 左衞門秀鏡の陣鐘, 左衞門笑ひながら, 左衞門縄に掛っ, 左衞門自ら案内に立つ, 左衞門自身が山名屋, 左衞門至時ならびに間五郎兵衞重富, 左衞門菅勘兵衞吉田右馬太夫長濱九郎右衞門比惠の原, 左衞門諏訪部三十郎と云う, 左衞門貞恒の第, 左衞門赦免の上使, 左衞門身に代, 左衞門郡右衞門蒔田源右衞門大音安太夫唐津口には郡正太夫, 左衞門金太與三郎の三人, 左衞門長屋浪人前島左近の配偶ぢ, 左衞門雀の忠三郎, 左衞門鳶の巣山初陣, 左衞門鼓知つてよるん, 左衞門鼠小僧神道徳次郎曰く某曰く某, 左に着, 左の印, 左褄取りたる花吉の, 左襟下を貫い, 左西鶴等の関東, 左視右胆すれども, 左視右視暫らく打護り居けるが, 左親方のお住い, 左ふ貴殿, 左谷崎忠右小林直八玉井彦三などの旗本精兵, 左谷蠡王右谷蠡王以下の諸, 左賢王右谷蠡王の内紛, 左賢王右賢王左谷蠡王右谷蠡王以下の諸, 左赤埴源蔵高田郡兵衛田中貞四郎と, 左軍右軍は彼, 左軍校尉淳于瓊右軍の趙萌, 左軍羽柴小一郎秀長に, 左軍都督府事となりたる, 左転右転を鮮, 左転小一郎は飛び交った, 左とし, 左迄で急いで, 左迄とは思はなかつた室, 左迄は請求れない, 左近衛の大将, 左近衛中将義貞なの, 左近衛大将十月内大臣十二月右大臣に昇り, 左近衛少将島津修理太夫です, 左近衛権中将の昇進, 左近衛権中将三河守家康は強健, 左近衛権少将に任じられ, 左近衛番長の正, 左近衛門というはその, 左に持つ, 左に, 左郡道差切新道と石, 左部彦次郎さんの話, 左部彦次郎一人を連れ, 左部彦次郎等が席上演説, 左部横塚糸井小野たち数名がいた, 左部氏は漸く, 左部永島山本稲村谷津は官吏抗拒罪, 左都夫君在勤ありしをもって, 左都督として各, 左都督盛庸右都督陳暉等と力, 左野瀬二郎などの若者, 左金具彫刻は後藤平四郎, 左金吾基俊書かしむる, 左金吾将軍頼家公はそれ, 左金吾殿でも, 左鐵砲打つなと, 左門之助の武勇談, 左門太の一本調子, 左門自らを裏切, 左阿弥の晩句会, 左シテ嶺南ニ流レテ新, 左陣みんな立派な大, 左陣感心致した, 左陣方でも大将自身出馬, 左陣槍を小脇, 左陣殿我らが主君義明公, 左陣殿松風は某, 左陣殿浮雲いところ, 左陣殿貴殿のお, 左陣翁が見込み, 左陣首を傾げざる, 左隊右壁に沿い, 左隣りでこれも, 左隣ニ予ソノ隣ニ婆サン運転手ノ隣ニ佐々木ガ乗ル, 左隣ハ浴室デアル, 左隣家の格子戸, 左雪だらけの田, 左雲県というところ, 左のふたり, 左青根の山の上, 左青眼だとか, 左靴左足に右靴, 左靹絵の紋, 左にはなお, 左あわせの, 左顧右盻して, 左顧右視臨機応変一日片時も怠慢, 左といっ, 左風のだんびら, 左風剣右風の剣, 左馬どのがここ, 左馬一睡させて, 左馬三郎へ合図, 左馬丞などが洗礼, 左馬也白痴者めが, 左馬事ハ海軍の事ニハ, 左馬事兼而海軍の志在, 左馬介どのか, 左馬介光春の面には何, 左馬介光春以下一族とその, 左馬介光春斎藤内蔵助利三などの率いる, 左馬介光春様にもお迎え, 左馬介典厩信繁どののおん首, 左馬介宗時という一老臣, 左馬介様がお迎え, 左馬介瀬を見よ, 左馬允め負ければ, 左馬允信勝へむかい, 左馬允北川久八三騎並んで, 左馬允岡田大介岡半七等, 左馬助以下を萩城, 左馬助宗時という人, 左馬助小山田兵衛尉跡部大炊助等も別, 左馬助末男が弾三郎, 左馬助氏明のふたり, 左馬助関戸弥六などの組, 左馬太博士のこと, 左馬太学士は大学, 左馬太紙問屋で神田, 左馬太郎は先, 左馬太郎籾山駿三郎等でいずれ, 左馬太青年がそこ, 左馬宛の手紙, 左馬寮右馬寮六衛府の官人ら, 左馬寮御牧貢馬地として信濃上野甲斐武蔵, 左馬権介結城七郎千葉平兵衛尉葛西十郎筑後六郎和田三郎土肥先二郎佐原太郎多多良, 左馬殿もまた, 左馬殿直々のさし, 左馬頭どのとお上, 左馬頭兼伊予守に拝せられ, 左馬頭梅渓右少将交野左京太夫の三卿, 左馬頭義明公から, 左馬頭義朝様のお, 左馬頭親定と言, 左騒がしいが何, 左に微か, 左鬢下へ持っ, 左龍さんまでヌキ