青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「建て~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~庭 庭~ 庵~ 庸三~ 廃~ ~廊下 廊下~ 廣~ 延~ 建~
建て~
~建物 建物~ ~建築 建築~ 建設~ 廻~ ~廻し 廻し~ ~廻っ 廻っ~

「建て~」 1395, 15ppm, 7438位

▼ 建て~ (518, 37.1%)

16 ある 15 あった 9 住んで 5 やって 4 その中, もらって 3 あって, あるの, いるの, これを, そこに, そこへ, 行った

2 [30件] あつた, いた, いる, いるん, いる小, おいたか, おいて, くださった, この碑, しまったの, そして自分, その表面, それに, それを, やった, やつた, やりました, やるから, やると, われわれの, ゐた, ゐる, 住まって, 寄進する, 居るの, 瓦屋を, 置きたい, 置きたいという, 自分は, 貰ったの

1 [384件] あげたの, あげないという, あげましょう, あげます, あたえた, あったが, あったと, あったの, あったよう, あつて, あてがった一構え, あなた様を, ありその, ありました, あります, あり屋根, あり紀伊殿御祈願所, あり青竹, あるかの, あるから, あるが, あると, あるところ, あるもの, あるよう, あるん, ある三猿, ある同じ, ある大きな, ある家, ある建物, ある期間, ある江戸郊外, ある温泉宿, ある牛舎, ある物置, ある病院, ある碑銘, ある私たち, ある粗末, ある防霰堂, ある養蚕所, あんな所, いけないと, いたずらに彼, いただいた家, いただくつもり, いたの, いない, いないであろう, います, いられたが, いるとかいう, いるとも, いるばかりか, いるよりも, いる人間, いる国, いる家, いる新しい, いる時, いる町中, いろいろやっ, えよう, え時, おいたが, おいた高札, おいても, おきたい病院, おきましたが, おやり, おられたので, おる暇, お堂, お残しなすった, くださいました, くれたと, くれたという, くれたの, くれた少佐, くれた恩人, くれた文化住宅, くれた邸宅, くれてな, くれと, くれないでしょうか, くれまして, くれりゃ結構, くれるだけの, くれると, くれるはず, ここより, ここを, この虫, この頃, この魚, しまいました, しまう, しまうと, しまえという, しまった, しまったわれわれ, しまったん, ぜんたいだれが, そこから, そこで, そこでたつた, そこで小角物, そこを, そのなか, そのまま居, その他は, その家, その用, その石, その神主, その細工賃, それで男爵, ただ悲しむべきである, だまつて自分ひとりだけ, ていねいに, どうしても立ち退かなかった, どこが, なく風雨, なければ, ひとり清らか, ほしい, ほとんど終日それ, みたい, みたが, みよう, みるつもり, みるの, みる気, もし池田, もらいたい, もらうまい, もらう事, もらう契約, もらおうという, もらったが, もらふ事, やったの, やったり, やらねば, やりましょうか, やります, やり衣食, やる, やるお金, やるか, やるくらいの, やること, やるさ, やるのに, やるもの, やるやう, やるわけ, やる必要, やる画室, やろうじゃ, やろうどんな, ゆきたいと, ゆく, ゆくという, ゆく決心, ゆく計画, ゐて, ゐません, ゐるバラツク, ゐる位置, ゐる女學校, ゐる筈, ゐる菁, オルガンを, チューレの, モデル女を, 一ト月ぐらいずつ, 一夏を, 一族の, 一日に, 一時保養旁, 一木神社として, 一般公衆へ, 一言も, 一週の, 丈夫な, 三月二月その, 下さったという, 下された家, 与えたの, 了った, 五尺余りの, 交易通商一切の, 人心を, 付近の, 以来の, 住いました, 住う, 住まおうと, 住まったり, 住み始めて, 住む, 住むこと, 住むには, 住む事, 住んだの, 住んだもの, 住んでは, 住んでるの, 供養も, 僧二十一人を, 元銀行員, 兄が, 入ったばかりじゃ, 其後一週間ばかり, 冥福を, 別宅や, 到り住み聞き見る人, 勧進し, 十年年賦で, 千七百点からの, 千人の, 千草姫から, 去った例, 去った高札, 去りその, 取らせようか, 吹きさらしの, 呉れた, 呉れた自分, 四十年あまり谷中で, 四軒とも, 回った, 囲った始末, 土地の, 地下道を, 坑夫の, 塞いで, 外務省が, 外相の, 多い時, 夜, 大いに芸術, 女手に, 妖怪退散の, 姫の, 子弟の, 子弟を, 學問三昧に, 家主の, 寝泊りを, 専ら土人, 小幡勘兵衛景憲は, 居た, 居た為, 居りましたが, 居りますこれ, 居るかと, 居る学校, 居住を, 差上げようと, 庭にも, 廻る地所, 役人など, 彼に, 御墓堂, 心静かに, 念仏を, 念仏伝道を, 戴きまする, 押しも, 政治軍事の, 教学振興を, 数十年を, 日ね, 日蓮上人の, 昭和九年の, 時には一日中, 普く道行, 智識と, 暮して, 暮そうなどと, 暮らして, 望みを, 朝夕の, 木村博士と, 本も, 村の, 来たと, 来ました, 栄誉, 棟上げの, 残して, 毎年やって来, 毎年一定の, 気楽に, 気長に, 永く祀った, 汚名を, 江戸裏鬼門の, 汽車の, 沢山の, 沼地の, 漸く円熟自在, 熱心な, 独立の, 独自の, 献じよう, 生活を, 産婦を, 町と, 番を, 皇祖天神を, 石の, 社長を, 祀った, 祀ったと, 祀って, 祀ること, 祀るべし, 祀ろうと, 祭る者, 私が, 私の, 移って, 移らんこと, 種々の, 紀念と, 納って, 納まること, 置いたよ, 置いたらそんな, 置きたいと, 置きましょう, 置く, 置くといふ, 耕作する, 自国人であろう, 自炊生活を, 自身の, 若い娘たち, 茲に, 行きてえくらい, 行くと, 行く人, 行ったばかりの, 行つた, 行倒れを, 表彰したい, 見しょう, 見せくりょう何十兵衛, 見せて, 診察に, 説教を, 豚でも, 貰いそこで, 貰いたいと, 貰うまいか, 貰った, 貰ったばかりの, 貰つた, 貰つて, 貰はう, 貰ひ, 貰ふ, 賽銭で, 農村工業の, 遠い人, 遣ること, 遣るという, 遣る人, 遣ろうか, 遣わそう, 鉱泉に, 雀大明神と, 雨の, 頂きたい, 頂上に, 頑張って, 馬を, 高い家賃, 魚を, 鳥居峠と

▼ 建て~ (157, 11.3%)

4 家が 3 家の 2 家屋を, 旅館が, 洋館で, 西洋館が, 鑿の

1 [140件] ある風景, うちの, かしが, くろい事務所, この砂風呂, その家, それは, だだっ広い一棟, びくとも, ほうに, もの, わりに, アパアトメント・ハウスその, デパートの, ネオンの, ノミ屋と, ビルディングが, ビルディングの, ビルディングや, ホテルが, ホテルぐらいは, 一棟で, 一構えであった, 一軒であった, 一階三室が, 三四十人くらい, 乞食小屋, 事務所が, 二軒長屋新築の, 人家の, 人家を, 仕舞家に, 仮普請, 住み荒した不便, 住宅や, 借家の, 児玉医院が, 六間ばかりしか, 兵舎が, 別荘は, 前あたり, 北海道物産陳列所が, 厩のみが, 古いぐらぐら, 古い建物, 古い病舎, 古代エジプトの, 古校舍は, 商家でした, 商店街の, 喫茶店では, 喫茶店は, 四角な, 基礎工事が, 壁も, 大きいアパートメント, 大きなビル, 大きな建物, 大きな洋館, 大ホテル, 婆さんの, 室数二十四五も, 家々が, 家々の, 家などを, 家は, 家へ, 家ほど, 家を, 家並みが, 家屋が, 家屋の, 家屋点在する, 小さいアパート, 小さなもの, 小さな骨董店, 小住宅, 小家が, 小屋は, 小屋を, 小楼で, 居間の, 屋上へ, 屋根の, 屋根瓦の, 山中としては, 床の, 店の, 廊下や, 建物から, 建物が, 建物で, 建物越しに, 当時として, 待合で, 扉の, 新しい家, 日本間でした, 映画館の, 時勢に, 暖炉の, 木造のみ, 木造家屋が, 板家に, 母屋焼きつく, 洋館の, 洋館は, 焼けビルでした, 燦然たる, 狭い, 白い洋風, 白い鉄筋コンクリート, 相当大きな, 真四角な, 研究室が, 立派な, 粗末な, 粗雑な, 紅梅派本部の, 細長いビルディング, 細長い仮, 船会社へ, 藥局を, 貸家は, 軽い見た, 重箱の, 長い廊下, 長屋が, 長屋の, 関係で, 防火建築との, 雨戸が, 頑丈な, 頽然とく, 飲食店が, 館の, 館員宿直室が, 駅舎や, 高い人家, 高層ビル

▼ 建て~ (81, 5.8%)

5 へ目 4 に故 3 の様 2 が出来た, が残つて, が殘つて, に住ん, の中, の樣

1 [57件] あつて後, からごく, か又, がある, がたつ, が入る, が奈良, が昔, が残っ, だらう, であつ, でありますから, で一軒建ちの, と主人, と見, と關聯, なしに, については森恒救さん, に対しても行, に手, に関した, に集り, のある, のうち, のほ, のほか, の下, の二階, の他, の内外, の前, の外, の屋根, の棟, の様式, の正門, の祝福, の祝言, の窓, の言, の讃, の部分, はいつのまにか, はうし満, は三階建て, は原則, は多く, は立派, もすべて, や家長, や設備, をその, をわが, を事業費調達, を作る, を構, を造り出す

▼ 建てたり~ (38, 2.7%)

6 して 2 した, すること, するの

1 [26件] あるいは秀才, いろいろな, おりんの, したところ, したの, したので, し汝, するから, するだけ, そのお, それに, 伝道を, 僧侶を, 刈った芦, 千や, 多数の, 実務的に, 家を, 崩したり, 梅林を, 破したり, 藩士の, 部落の, 酒を, 雪解で, 飲んだり

▼ 建て~ (38, 2.7%)

6 なって 2 なった, なったの, なったもの

1 [26件] かかるん, ける佛, して, なったという, なった古い古い, なった家, なっては, なられては, なりそう, なりたい処, なりました, なりましたそれから, なりまして, なるが, なること, なるの, なるよう, なる御, 出發, 台湾へ, 夥しい制約, 女文字で, 掛るに, 行かねえかって, 行き左官, 行く漁夫たち

▼ 建て~ (37, 2.7%)

2 で私, なんか厭

1 [33件] から四日市裏, から美術工芸品, がいかにも, がひどく, が鬼門, だ, だよ, だ温室, であった, である, であるから, でございます, でその, でもその, で変っ, で無く, で落着き, としてはチベット第一流, など古い, には二人, によった, のいびつ, のもの, は一風, は中央, は寺, もバビロン, も同じ, も自分, や店, をさし, をなさる, をも注意

▼ 建てかた~ (20, 1.4%)

2 だった, をした

1 [16件] が好き, でここ, でございます, で床, で庭, で数, で母屋, で煤け, で猛暑, で男手ひとつ, になつて, の家, はいずれ, はゆるみ, は多, は頑丈

▼ 建てつけ~ (17, 1.2%)

8 の悪い 1 がよく, が古, が歪ん, が腐っ, だけはし, の好い, の悪, の狂つた襖, も嚴重

▼ 建て付け~ (16, 1.1%)

4 の悪い 2 が悪い, が惡 1 がよく, が固い, が悪く, に全身, のわるい, の惡, も申分, を直す

▼ 建て~ (15, 1.1%)

2

1 [13件] るべきただ, るべきだという, るべきでは, るべきアトリヱ, るべき市場, るべき平地, るべき木造, るべき第, るるなら, るるよう, るるを, るる事, るる鹿供養

▼ 建てても~ (14, 1.0%)

1 [14件] いいか, いいと, ほん気には, よいと, よろしゅうございます, 何時この, 借りる人, 建てても, 洪水の, 無用である, 碑文だの, 繁昌せぬ, 間もなく埋される, 雲が

▼ 建て~ (14, 1.0%)

1 [14件] 三角形に, 中庭, 俗に, 倉なぞも, 営業を, 屋根は, 東西南の, 田の, 窓が, 賑やかな, 赤い鉄板, 階段が, 障子が, 雪の

▼ 建てその~ (11, 0.8%)

1 [11件] てっぺんから, 中で, 中に, 人は, 園長に, 場に, 墓も, 女の, 小屋に, 横に, 門下又

▼ 建ててから~ (10, 0.7%)

1 まだ一年, もうかれこれ十年, 五年以上に, 余り年数を, 十五年ぐらいに, 天下の, 思えば, 急速に, 柱を, 間も

▼ 建て~ (9, 0.6%)

2 ある 1 あると, ないの, 並んでるせい, 中継所の, 四六時中細民街に, 崩れて, 限度と

▼ 建てそれ~ (7, 0.5%)

1 だけで一郷, に相応, を抵当, を新しい, を矢田寺, を絃, を自分たち

▼ 建て~ (7, 0.5%)

1 が同型, が立ち並ん, が見える, に交じっ, のよう, の内容, もなく

▼ 建て小屋~ (6, 0.4%)

1 がある, で無数, といっ, にすぎぬ, のそば, の屋根

▼ 建てながら~ (5, 0.4%)

1 その文化, ついには, まだ挨拶, わりに広々と, 一修道生活が

▼ 建て直し~ (5, 0.4%)

1 ということ, のこの, のまっ, をやろう, を唱道

▼ 建て連ら~ (5, 0.4%)

2 なって 1 ねたる如く豁, ねゆるやか, ねられた

▼ 建て~ (4, 0.3%)

1 したがって空い, しません, それ位に, 一体どこ

▼ 建てまた~ (4, 0.3%)

1 さらに二千余円, 北海道全体の, 老衰してる, 行商人の

▼ 建てもの~ (4, 0.3%)

2 のなか 1 が燃え, の下

▼ 建てよう~ (4, 0.3%)

1 といふ主張そのもの, とし, のいと, もない

▼ 建て~ (4, 0.3%)

1 そのまま改造, 本建築, 焼いて, 限りと

▼ 建てしもの~ (3, 0.2%)

2 壊れしならば 1 居室と

▼ 建てては~ (3, 0.2%)

1 こわしこわしては, どうかと, ならない

▼ 建てなされた~ (3, 0.2%)

1 寺だ, 御別荘, 時に

▼ 建てやう~ (3, 0.2%)

1 とおも, とする, なん

▼ 建て~ (3, 0.2%)

1 との勇ましい, と夢想, なって

▼ 建て~ (3, 0.2%)

1 なかなかどうして金, も張ってない, や調度

▼ 建て~ (2, 0.1%)

1 え建て直しだ, へようと

▼ 建てかの~ (2, 0.1%)

2 表の

▼ 建て~ (2, 0.1%)

1 っしゃったお寺, っしゃるはその奥様

▼ 建てさせ~ (2, 0.1%)

2 見よ源太

▼ 建てざま~ (2, 0.1%)

1 にて新開地, は少しく

▼ 建てたる~ (2, 0.1%)

1 五重塔思はず, 五重塔思わず

▼ 建て~ (2, 0.1%)

1 けれども落ちついた, し二階

▼ 建てつつ~ (2, 0.1%)

1 あるかを, あるの

▼ 建て~ (2, 0.1%)

1 この近所, 杜氏の

▼ 建て~ (2, 0.1%)

1 上下一致し, 後の

▼ 建て~ (2, 0.1%)

1 には長慶天皇, に銘

▼ 建て~ (2, 0.1%)

1 の業, はきびしく高い

▼ 建て~ (2, 0.1%)

1 へたつ, へよう

▼ 建て~ (2, 0.1%)

1 まりからの, まり当初には

▼ 建て~ (2, 0.1%)

1 枩の, 言の

▼ 建て~ (2, 0.1%)

1 を建てる, を興す

▼ 建て~ (2, 0.1%)

1 むずかしい天理教聖書, 地主に

▼ 建て~ (2, 0.1%)

1 にも妻, は手厚く

▼ 建て得る~ (2, 0.1%)

1 という子供, と信じ

▼ 建て或は~ (2, 0.1%)

1 曼陀羅を, 祭に

▼ 建て~ (2, 0.1%)

1 えて, えられて

▼ 建て更に~ (2, 0.1%)

1 岩石層の, 岸石層の

▼ 建て~ (2, 0.1%)

1 おすこと, つた後すつかり

▼ 建て箱根竹~ (2, 0.1%)

1 を矯, を矯め

▼ 建て~ (2, 0.1%)

1 は, へるもの

▼ 建て自ら~ (2, 0.1%)

1 その主, の機械

▼ 建て赤い~ (2, 0.1%)

1 ポインセティヤの, 幕を

▼ 建て~ (2, 0.1%)

1 った商店, っていた

▼1* [271件]

建てあまつさえ自分一人が, 建てあるいは美濃垂井清水に, 建てあるいはまた継体天皇の, 建ていかにもして, 建てお母さんと一緒, 建てかえなくちゃ, 建てかけてゐる, 建てかたつたのはったまるい, 建てかつその欲望, 建てかへても形だけは, 建てかまへた, 建てこの内に, 建てこの世の安楽, 建てこれを小, 建てこんだ凡ての, 建て聖体を, 建てて家, 建てしいさおし, 建てしかもしばしば他国, 建てしこうして, 建てすばらしい仏像を, 建てそこで文獻を, 建てそして吾, 建てそのうえに三尺ほどの, 建てその後家運の興る, 建てそれぞれ古稀庵滄浪閣と名づけ, 建てたきもの何とぞ御, 建てたりなんかして, 建てたりはよくない, 建てだけは出来て, 建てつきを悪く, 建ててしもうた鮒に, 建ててな見張り人を, 建てであったが下, 建てであるために, 建てでしたが庭がわり, 建てでも一度は, 建て黄色い化粧れんが, 建てとでもいうべきであろうか, 建てので道, 建てなお東漸し, 建てなすったとやらその, 建てになつて天御, 建てには提灯は, 建てにやならんつて, 建てばならなくなった, 建てはじめてこの處, 建てぶりもなか, 建てはした, 建てまたは建てようと, 建てまったくアシジの, 建てまわしてある, 建てむときに肇めて舎利, 建てむ屎遠くまれ櫛, 建てむ死者に對, 建てする, 建てがったから, 建てやはり新室ほかひと称する, 建てよい医者を, 建てよう清溝の柿の木, 建てよと命じる, 建てよということであります, 建てりけりこの正面, 建てわが髮斬る, 建てアメリカ土人の服, 建てギッシリとウイスキー, 建てケンズイなどといっ, 建てシーボルト講學の場, 建てツァーの讚歌, 建てビルヂングを建て, 建てマムシ酒を醸造, 建て一つはおれ, 建て一先ず彼の, 建て一切衆生の病, 建て一生の中, 建て一生孤独で終わろうと, 建て一藩の軍学師範, 建て一言も挨拶, 建て七八人も人, 建て与へたものだ, 建て組に, 建て並べられている, 建て並め殿づくり朝日夕日の押し, 建て又は其邑落, 建て五十八年に四階, 建て五智如来をきざん, 建て井戸掘人夫, 建て井筒も栗, 建てしたの, 建て人天の正明, 建て今日もっぱら社会, 建て仏性燈油を寄附, 建て代えには土台石, 建てる, 建て俺たち土着の人間, 建て官を, 建て入口もべつ, 建て世界を, 建て共同の墓地, 建て兵五六十ずつ昼夜交代, 建て其の中には, 建て其所で支那風, 建て其様にゆる, 建て兼ねたのは, 建て内藤家代々の墓, 建て列ねられてゐる, 建て初められなかった, 建て初めて夫婦共棲の, 建て初演の広告, 建て劇場を建てた, 建て十字架の聖壇, 建て十数株の梅, 建て十方僧を供養, 建て十王尊と奪, 建て千本格子に磨き, 建て千部経を読ませた, 建て博文館を引退, 建て博物館を作り, 建てを編み, 建てはせ竿竹, 建て同時に門前の, 建て吾が汗を, 建て商工業の振興, 建て喇叭を吹き, 建て四時の供物, 建て国豊山無縁寺回向院と名づけしめ, 建てはやがて, 建て坪十三・四・五坪に二階つき, 建てを営み, 建てを築い, 建てした西洋作り, 建て増された新らしい, 建て増される大小の, 建て増すとなれ, 建て外人が住ん, 建て外夷を討つ, 建て多くの備付器械, 建て多摩川の上下, 建てに日, 建て図書館を, 建て大きな建築を, 建て大勢の奥女中, 建て大徳寺門前より仮屋, 建て夫人政子と二人きり, 建て子供を手傳, 建て学校を開き, 建て宝塔の前, 建て家畜や農具, 建て家賃は給料, 建て寺領二百石を附した, 建て屈曲した廊下, 建て工合でガッシリ, 建て工合冬のお茶屋, 建て工業を勧め, 建てれの, 建てを敷き, 建てを置い, 建て干した網の, 建て干せり帆を, 建て西侯に, 建て府内には大, 建てい希望, 建て度いが自分は三重楼, 建てには草花, 建てをどう, 建て建てして, 建て役場を置く, 建て彼らは大久保, 建てに王位, 建て成年の後, 建て立小屋という, 建て換えになりまし, 建て換えられてよほど, 建て換え場だ, 建て故郷京師に音信, 建て文字と算術, 建て新樹の茂り, 建て方ひとつで気持, 建て方三間の囲, 建て方村落の位置, 建て方肋材を植え, 建て日本の国体, 建てに棟梁, 建て暫し之を, 建て書籍を買い, 建て有名になった, 建て望楼を組上げ, 建て東京における新派劇団, 建て東西古今を通じて卓抜, 建てを廻らし, 建てをも架けた, 建てと和讃, 建て毎日釣りをし, 建て毎晩のよう, 建て民衆の声, 建ての恩, 建て水藩の名義, 建て永く御仏, 建て江戸中の道場, 建て洋館はおばけ, 建て添えられる寺院が, 建て清縄をめぐらし, 建てるべし, 建て熾仁親王をその, 建て燒けた土を芥川, 建て爆心地付近や城趾, 建て物がわりあひ, 建て物朱と雄黄, 建て物配置から見る, 建て物障害物樹木などの市街物, 建て珠玉を鏤めた, 建て産土神として朝夕, 建て産院は細民カード, 建て田地を買い戻し, 建てにこにこし, 建てに果樹観賞木, 建て盛んに落語, 建て目算御殿となぞらえ, 建て直って来, 建て逆の, 建てがある, 建て磯山逃奔すとも争, 建てに祀った, 建て神璽はとある, 建てを作り, 建て祭壇を設け, 建て無く土蕃, 建て積金をなさしめ, 建て空中に高く, 建て立派な別荘, 建て竜造寺家はその, 建てんでゐる, 建て竝め殿づくり朝日夕日の押し, 建てを垂れ, 建て細君ももらっ, 建て続いて湯屋, 建ての監理, 建て総見院と呼んだ, 建て聲威赫々となる, 建てに欅, 建て自分で耕し, 建て自身京に上り, 建て舷側の明り窓, 建てを植, 建てを植え, 建て荘田千町を付け, 建ての空地, 建て西洋でやっ, 建て西洋風だという, 建て記録によつて史實, 建て諸国に供養所, 建て貴方は研究, 建て農村の人, 建て逗子より姥, 建て遊ばされたことは, 建て道具を作らした, 建て部落の若い, 建て銅人を据え, 建てとしてこれ, 建て長屋だ, 建て間宮林蔵は, 建て関羽の霊, 建て附近の大, 建て階下を理髪業者, 建てさえあれ, 建て障子色紙形に参議藤原教長, 建て需めに応じ, 建て静かに病後, 建て飛行船を解剖, 建て食堂湯殿等も増築, 建て黒い幕を