青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「延~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~座敷 座敷~ ~庭 庭~ 庵~ 庸三~ 廃~ ~廊下 廊下~ 廣~
延~
建~ 建て~ ~建物 建物~ ~建築 建築~ 建設~ 廻~ ~廻し 廻し~

「延~」 2511, 27ppm, 4311位

▼ 延~ (633, 25.2%)

10 それを 6 叔父の 5 何にも, 急に, 黙って 4 後を, 微笑し, 新九郎の 3 そこに, 下女の, 彼の, 微かな, 微笑した, 自分の, 首を

2 [32件] いつもの, お秀, これも, すぐその, すぐ答えた, そう言っ, その上, ちょっと考え, はっと思った, 久しぶりに, 仕方なし, 出て, 口の, 始めて, 孔明の, 帯の, 平生から, 彼女に, 意外な, 既定の, 津田の, 礼を, 立って, 笑いながら, 笑い出した, 笑った, 腹の中で, 自分が, 自分で, 苦笑した, 解らなかった, 頭の

1 [505件 抜粋] あたりを, あやうく鞍輪, ある官吏, あわてた, いくらか, いくら行き届い, いさぎよしと, いざと, いっこう構わなかった, いつまでも, いつもする, いつ帰る, いよいよ慌て出した, いよいよ自分, いろいろな, いろいろの, おいそれと彼, おやと, お延, かえって心持ち, かえって相手, かしこまって, かつて彼, きっとこういう, こう云い, こう云った, こう呟い, こう命ぜられる, こう答えなけれ, こう説明, ここで, この一瞥, この二月, この単純, この小さい, この通り正直, この部屋, これだけ, これを, これ以上何も, こんな事, さすがに, さも軽蔑, しどけない妖姿, しばらくし, しばらくじっと次郎, じきそこに, すぐこの, すぐ下, すぐ先発, すぐ入用, すぐ口, すぐ夫, すぐ帰ろう, すぐ後, すぐ応じた, すぐ断った, すぐ書物, すぐ本箱, すぐ津田, すぐ甘, すぐ立っ, すぐ継子, すぐ肉匙, すぐ自分, すこし不平顔, するすると, ずいぶん手前勝手, そういっ, そうなる, そう云っ, そう感じた, そこで, そこでまた夫人, そのほか, そのプログラム, その問題, その報酬, その声, その手紙, その時, その時不意, その晩京都, その暇, その為, その猜疑, その矛盾, その絵葉書, その間に, その首, それぎり口を, それで, それでも小林, それに, それより, それ以上に, それ以外に, たしかにそこ, ただ, ただその, ただはっと, ただ夫人, ただ微笑, ただ感泣, ただ簡単, たちまち津田, たまらなくおかしくなった, ちょっとあきれた, ちょっと出, ちょっと叔母, ついこの間, ついにその, ついに一言, ついに目的どおり張, ついに社交上, ついに谷, つい一, つい止まる, つい笑いたくなった, つんとして, とうとう好い, とうとう我, とうとう決心, とうとう津田, とうとう自分, どうしたい, どうしてもまた云いたくなる, どうしても最初, どうしても津田, どこまで, どこまでが, どんな犠牲, なお, なおの, なお泣き出した, なお自分, なお黙っ, なかなか来なかった, はるかに, ひそかに, まさに公然それ, まずこう云っ, またいつ, またお, またさ, またしばらく, またその, また何, また偶然叔父, また呼びとめた, また夫, また意外, また懐中, また時計, また真面目, また譲歩, まだうしろ, まだそれほどの, まだ云い足りなかった, まだ後, まだ得心, まだ縋りついた, まだ黙っ, まだ黙らなかった, むしろ気味が, むらむらと, むろん誠吉, もう不用, もう来, もう約束, もとより討死, もと荊州, やがて庭伝い, やがて戻っ, やめなかった, ゆうべ変な, わが右翼, わざと反対, わざと叔父, わざと取り合わなかった, わざと手真似, アヤす, コップの, ジッと, ツンと, ニタリと, フト舌を, ミリミリッグワラグワラという, 一つ歳下の, 一層の, 三吉の, 下を, 不体裁を, 不意に, 不意を, 中の, 中を, 中腰の, 予定の, 二返, 云った, 五六年前から, 亡くなった姉, 今の, 仕方が, 仲裁者として, 何だ, 何という, 何とか云わなけれ, 何となく父, 何と答えただろう, 何の, 何も, 何を, 何事が, 例の, 依然として下, 偶然思いついた, 催促した, 儀を, 元から, 元通りの, 兄嫁の, 光る宝石入, 入口の, 具合が, 再び同じ, 再び夫, 冷かな, 冷淡に, 冷笑の, 冷苞を, 出来得る限り, 切歯し, 初めて叔父, 判断に, 別に, 別に嬉しい, 努めて, 勃然と, 勇猛で, 勇躍し, 動悸を, 勝手の, 厭な, 又時々, 友将を, 叔母の, 叔父から, 叔父と, 叔父を, 叛気満々で, 口で, 口へ, 口を, 口籠った, 叩きつけられた後, 台所から, 吃驚し, 各五千騎, 同時に音, 否応なしに津田, 吾知らず儲けものを, 呆れたよう, 周章てて, 唇を, 唾し, 問題の, 喜び勇み, 囁やいた後, 固より, 堀の, 外聞が, 大いに戦った, 大して気の毒, 夫の, 夫より, 夫を, 夫人が, 夫人の, 失礼だ, 奮戦した, 女が, 好い所, 妖婦に, 妖媚に, 妲己の, 姉の, 始めて夫人, 娘らしく握った, 嬉しかった, 嬉しそう, 孔明から, 孱陵の, 実際怖, 寝巻の, 寮の, 封書を, 小六, 小林なんぞに, 小舟町の, 少し気味が悪く, 少し気味悪く, 少し真面目, 少し腹立たしい, 少し躊躇, 少し間, 少し驚ろか, 川開に, 巧みに, 帽子かけから, 平手で, 平気な, 平生の, 庭へ, 弁解した, 弓槍の, 引緊つた可愛らしい, 弱い感投詞, 弱らせられた, 張允文聘などに, 弾んだ声, 当り障りの, 彼が, 後が, 後に, 従妹と共に, 従妹を, 心の, 心配そうに, 忌々しそう, 念の, 怏々と, 怖, 思わずはっとした, 思わず喉, 思わず病院, 思案するらしい, 悲鳴を, 意外に, 憚りなく, 我こそ, 我れ知らず, 戦かわ, 戸を, 戸棚を, 手を, 手勢数千をもって, 手早く包紙, 批評家という, 抜駈け, 拍子抜けの, 拳を, 探るよう, 掴んだ袖, 敗走する, 敢えて勝利, 新九郎が, 新九郎と, 新九郎に, 新九郎を, 日の, 日頃自分が, 早く休みたい, 昨日に, 最初顔を, 朝から, 杉之, 根気よく, 森彦の, 機先を, 檜扇模様の, 次に藤井, 次の, 次郎の, 正太に, 歯を, 比較的閑静, 気の毒に, 気を, 水だの, 津田が, 津田に, 津田へ, 流許, 湯上がりの, 溜息交り, 漢中の, 無論不完全, 無邪気に, 煩さそう, 牡丹色の, 物見の, 狼狽し, 玄関の, 玄関まで, 現在の, 生れて, 田舎訛で, 町を, 畏まって, 疑りの, 痛快な, 皆まで, 直ぐには, 直ちに相手, 直ちに虜, 直覚派だ, 相手が, 相手を, 真っ蒼, 眼を, 着いてから, 着物も, 矜高, 知らないん, 祝言を, 突然こうして, 突然口惜しく, 突然気がついた, 立ちどまった, 立膝の, 笑いも, 笑ったが, 筆を, 答えた, 答えなかった, 答える代り, 答える前, 細い眼, 細かい事, 続けざまに, 網代組の, 繊い, 考えた, 胸の, 胸を, 脇に, 腑に, 腹の, 自分がかりそめにも, 自分に, 舞台へ, 苦笑する, 茄子の, 蒼くなっ, 虚空を, 行がかり上是非共津田の, 行きつまった, 見て, 見送って, 解しかねた, 言いかけて, 訳も, 詰責した, 話頭から, 説明する, 調戯半分彼女に, 負けなかった, 責めなかった, 路を, 躊躇した, 身を, 車宿を, 軍に, 軽蔑んだ, 辛いよりも, 近頃予を, 返事を, 迷わざるを, 迷惑そうな, 追っかけるよう, 逃げた, 遊びに, 還って, 部下を, 酒を, 金の, 鉄鎗部隊千人を, 間もなくその, 防ぎに, 陳式に, 隅に, 階段の, 隠れるよう, 面を, 順序として, 風呂屋町の, 飛立つよう, 馬の, 馬を, 馬上に, 馬岱の, 駈出して, 駒を, 驚いて, 黄忠に, 黒豆の, 黙るより, 黙然として

▼ 延~ (410, 16.3%)

17 顔を 7 眼に, 胸に 6 前に, 姿が, 細い眼 5 上に, 前で, 方に, 方を, 頭に 4 方から, 眼は, 言葉を 3 ために, ような, 兵と, 声は, 姿を, 性質を, 態度は, 手に, 胸の, 陣へ

2 [21件] 一軍を, 口に, 声が, 好奇心を, 心に, 心は, 手を, 指に, 様子を, 煙管を, 胸を, 腹の中を, 言葉は, 返しに, 返事は, 返事も, 返事を, 隊は, 頭の, 顔が, 顔も

1 [252件] あとについて, あの艶, いうすべて, いる部屋, うごきを, お蔭で, ことを, ころ即ち, こんな心持, した人間, した男, すぐ前, とうから, ふッ, ほかにも, まえに, もがく目, もつ豊醇, よい土産, 一命は, 一群を, 一軍が, 下へ, 両親は, 予期と, 予期に, 予言は, 事に, 事を, 二将から, 二軍は, 二軍を, 二陣を, 云いなり, 五人だけ, 亡くなったの, 人物は, 仕うち, 代に, 位地に, 体は, 側に, 側まで, 公平に, 兵は, 兵を, 出鼻を, 利かない気性, 前には, 前にも, 前へ, 功にも, 功を, 努力は, 勇猛は, 勢ほとんど, 匕首を, 叔父だ, 叛意は, 叛骨は, 口から, 口元には, 口調が, 右の, 合図を, 名を, 周囲には, 命令は, 唇から, 喉を, 嘘は, 坐って, 坐りつけたその, 坐るべき余地, 堀に対する, 声に, 声を, 夢の, 大剣, 夫人評も, 妹路とが, 姉, 姿は, 姿へ, 媚に, 守るところ, 寄りも, 寝言まで, 居るところ, 居間であった, 屋敷と, 左右の, 席に, 帯を, 帰る前, 平生から, 度胸は, 座が, 彼に対する, 得た収, 得意な, 得物を, 心には, 心持が, 心臓を, 忠告通りもう, 思うらく, 思わく通り, 意と, 意地であった, 意気込を, 愕き, 感じであった, 態度を, 慫慂は, 所作が, 所作と共に, 所作に対して, 所作も, 手で, 手には, 手前を, 手勢張飛の, 手勢数百騎が, 批判に対して, 拵らえ, 指を, 指輪を, 推測を, 教育, 敵でなかった, 新しいハンケチ, 新世帯, 方で, 方には, 方へ, 方も, 時間が, 暗に恐れ, 最も好かない, 本心では, 材料は, 来訪を, 様子に, 気を, 注意を, 注文通りに, 津田に対する, 温い, 満足は, 漢語が, 澤と, 濃艶, 無邪気な, 父だ, 父と, 父劉度も, 現在を, 甘い蜜糖, 疑いを, 目標に, 目的であっ, 直覚を, 相を, 眼が, 眼には, 眼の, 眼を, 眼中には, 着物を, 知らない事実, 神経でも, 神経を, 科である, 程を, 笑い顔に, 笑顔さえ, 粘りこい手, 細い煙管, 結婚問題が, 置いて, 考えに, 耳に, 耳には, 耳を, 聴こうと, 肩を, 背へ, 背を, 胸が, 腋の下から, 腹でも, 腹には, 腹の中に, 自分に対する, 自尊心を, 自覚から, 興味は, 興行であり, 舞に, 虚栄心を, 蟠まり, 血に, 行為が, 被告箱の, 見た通り, 見て, 見当から, 視覚を, 言葉から, 言葉が, 言葉も, 言葉遣, 討死を, 記憶に, 詩彼の, 調子を, 談話は, 護謨輪は, 貰って, 趣味に, 足が, 足は, 足もとへ, 足音が, 身体全体に, 車夫が, 軍いかに, 軍も, 辛防は, 辞退し, 運命を, 部屋の, 部隊も, 銀煙管何か, 鎌は, 間柄を, 関係から, 関係は, 関係を, 陣地でも, 陣所へ, 陣所を, 面影を, 鞄へ, 頭には, 顏に, 顔からは, 顔と, 顛末を, 首は, 魅力に

▼ 延~ (121, 4.8%)

2 店を, 澄まして, 階子段を

1 [115件] あいそよく, いかにも意味, いくぶんかでも, いた, おる, おること, お秀, かい, こう思う, こう考え, これだけ, じぶん, そうさせなかった, その取次, それに, それまでに, それを, そんな事, とうとう苦笑, どうしよう, どんな疑い, なおその, なぜこういう, なぜ来る, なぜ気, ひょっくり顔, まだ疑わし, もう宅, わざと小, 一概に津田, 一膳で, 三吉の, 下女から, 丞相の, 事実を, 云ってたと, 今まで, 今何を, 伯父から, 何かの, 何にも, 先を, 出来れば, 刀を, 前へ, 反対した, 反対すれ, 叔母と, 同じよう, 呼び出された, 呼び出されて, 呼んだ, 団扇を, 坐禪, 城中へ, 城門を, 外へ, 夫の, 女阿久斗比賣, 嫌だ, 子供たちと, 射よ射よと, 小さな声, 年相応の, 彼の, 彼らを, 後ろから, 微笑し, 忙しそう, 忽然また, 怪しからん, 悲しむほど, 手放したがらないし, 投げ槍小六, 捕われれば, 捕虜の, 本気か, 来たから, 来て, 梯子段を, 死體を, 津田と, 津田へ, 狼狽えて, 留守居を, 病院へ, 皆な, 盆を, 盆暮の, 礼を, 立ち上がって, 立って, 笑う, 第二陣, 統べて, 継子の, 縁側へ, 縛め捕りました, 聞いた, 肩を, 自分の, 自分を, 言う通り, 言って, 訊けば, 話さない限り, 説いた, 負けた時, 身を, 都会の, 陣前に, 非常に, 頭の, 馬謖の, 馬鹿に

▼ 延~ (119, 4.7%)

10 して 6 見た 4 大事に 3 連れて 2 率いて, 相手に, 見るや

1 [90件] いたして, お除き, かこんだ, さらに驚ろか, してさ, する, するだらうから, すると, たって強いる, とっさに, なお小, よんで, 一刀の, 一度でも, 両腕, 促が, 信じて, 側に, 催して, 制した, 口説きに, 召して, 叱った, 呼びよせ, 呼びよせて, 呼び入れて, 呼び入れまた, 呼び寄せ, 呼ぶ時, 呼べ, 呼んで, 多少悪く, 好かないため, 始めまだ, 庇護う, 引張って, 征服した, 後詰として, 愛して, 愛しても, 慰めに, 憐れんで, 打ちとめぬうち, 拙者に, 捻じ伏せ, 措いて, 擒人と, 攫って, 支配する, 斬れと, 有するに, 有するゆえん, 横から, 派遣し, 満足させる, 牽制し, 玄関先に, 生捕っ, 生捕る, 留めた, 目がけて, 睨みつけて, 知らずや, 空しく引き, 笑わせたよう, 繋いで, 見たもの, 誅伐した, 貼りつけて, 起す為, 跳ねつけて, 蹴ちらす間, 蹴離した投げ槍小六, 身に, 追いまわした, 追うて, 追ってぬ, 逃がしたな, 通させる訳, 邪視し, 鄭寧に, 鄭重に, 鍛え上げる事, 附し後陣, 非難する, 預ける都合, 願いとう, 願って, 顧みた, 驚ろかせる

▼ 延~ (118, 4.7%)

5 云った 2 云わせると, 向けた, 向った, 向って, 注意し, 知れて, 話しかけた

1 [99件] あった彼女, お延流, きっぱり自分, この言葉, しても, せき立てられあわてたよう, その訳, それを, ちがいない, ないしょに, ならきっと, なること, ひどく叱られたらしい, 一口の, 一痛打を, 不可解であった, 不可解な, 与える事, 事情を, 云い寄ったこと, 云い渡すと, 云って, 任されて, 会って, 伝えた, 何か, 何にも, 何を, 使ったお, 働らきかけ, 加えて, 加勢しなかった, 勝つ事, 匂わせた自分, 叛かれ, 口を, 合図する, 同情が, 向けて, 告げなかった, 呑み込めるよう, 命を, 変ある, 家を, 屯し, 当って, 待たれて, 応対した, 恋され, 想い起させた, 感染した, 成った両国, 手を, 打ち明けて, 打ち明けなかったの, 指でも, 挨拶し, 握られた, 擬兵の, 攻撃の, 断られたので, 来て, 横恋慕し, 比べて, 比べると, 気の毒だ, 気の毒な, 決戦を, 渡した, 渡して, 満足を, 相成候, 知らせないで, 示した, 科を, 移した, 背中を, 見せた, 親切の, 解った, 解って, 言いつかると, 言った, 言葉を, 計を, 訊いた, 許して, 話した, 話したか, 話したくないので, 話したの, 語学を, 説明した, 説明しよう, 賞を, 連れられて, 達する道理, 違いなかった, 頭を

▼ 延~ (95, 3.8%)

32 てはその, ては遣手新造, て政治的思想的言論全般

1 [86件] ていわゆる, てお, てその, ては, てはひな, ては一家, ては一般, ては主, ては今日, ては凶事, ては勾玉, ては千代田, ては又, ては国内, ては国民, ては外界, ては大正, ては女性, ては彼自身, ては御, ては心理上, ては思想的, ては我学界, ては是, ては欧米, ては求められた, ては淡島, ては物, ては社会, ては社會, ては話, ては近ごろ称, ては道義, ては酉の市, てわが, てカンキナ酒, て一家, て一村内, て一般民衆間, て人事改革, て人間, て他, て佐久間象山, て入り, て全体, て其子徳安, て其處, て双方親同士, て吾, て坐らせ, て大, て大いに, て大根河岸, て天地, て奇禍, て宗祇, て宮殿, て寛政五年露船松前, て尊い, て戊辰, て我, て我邦, て戯曲, て戰爭そのもの, て支那辺海, て日本全国, て日本菓子, て更に, て木槿, て本件, て梯, て民衆, て江戸文学, て治, て泰平郷村地元農村, て漸次, て現地, て生活状態, て療, て直, て種々, て行く, て身, て長春全市, て高等中学, て鰥寡孤独

▼ 延津弥~ (51, 2.0%)

3 の家 2 はわたくし

1 [46件] がこうした, がわたくし, が同時に, が殺意, が申します, が自分, であった, であるらしいこと, とお, との関係, とは夫婦同様, と虎七, のこと, の一件, の姿, の師匠, の病気, の自白, の言う, はおふくろ, はきのう, はことし二十七, はその後, はやはり, は一旦, は何, は入口, は千生, は取分け, は呆れた, は待ちかねた, は情なく, は日本橋, は皮肉, は繰返し, は蒼ざめた顔, は頼む, は顔, は黙っ, もその, もよろこぶ, も千鳥, も食った, をいろいろ, を助け, を脅迫

▼ 延~ (50, 2.0%)

2 一緒に, 張, 結婚する

1 [44件] いわれて, お市, お時, お秀, なってからは, やるか, 二人ぎりであった, 二人で, 云われるほど, 交代させ, 交代し, 仲善く, 何度も, 刃を, 叔母は, 吉川夫人が, 吉川夫人の, 同じ学校, 同じ心理状態, 夫人が, 孫たちを, 小六の, 張飛だった, 心を, 拙者とは, 新九郎との, 清子, 瓦口関に, 相談の, 称せられるながら, 結婚した, 継子を, 聞いて, 落ち合う掛念, 言って, 誠吉と, 趙雲の, 違うところ, 違った家庭, 違った心得, 関係の, 雷同を, 馬岱は, 黄忠

▼ 延~ (33, 1.3%)

2 いまは, 一緒に

1 [29件] いつの間にか理論家, おかしかった, お愛ちゃん, さすがに, しばらくは, それに, それ以上説明する, ちょっと意外, また前, また自分, 一緒で, 今更前言, 共に地, 同時に立ち上ろう, 堂を, 小六, 従姉妹の, 思出した, 手桶を, 欄干に, 氣性者らしい, 獲物の, 生捕られた, 立ち上った, 縁側に, 苦笑した, 行きました, 顔を, 黙った

▼ 延~ (32, 1.3%)

2 元年の, 陵に

1 [28件] の元年, の元年五月, の女, 三年であった, 三年には, 三年の, 三年七月藤島の, 三年五月摂津の, 三年八十九歳を以て, 三年征西大将軍に, 三年親房は, 二年, 二年には, 二年の, 元年から, 元年とも, 元年二月二十七日には, 元年以来五十余年で, 元年十二月の, 元年四月尊氏兄弟は, 元年正月一日難を, 元年正月官軍三井寺攻めに, 元年足利尊氏が, 四年, 四年には, 四年の, 四年八月十六日崩御あらせられ, 四年後醍醐天皇は

▼ 延には~ (25, 1.0%)

2 そう見えた, それが, 夫の

1 [19件] それから何, それを, どうして可, なおさらであった, なお解らなかった, またお, またこれ, またその, まだ先, もう後, よく分らなかった, 今までの, 何も, 利く必要, 叔母から, 叔父夫婦が, 嬉しかった, 次郎の, 自信が

▼ 延さん~ (24, 1.0%)

1 [24件] から聴いたろう, が今年三, が家業, が持っ, さえ大事, じゃない, でしょう, と滅法, にお, に満足, に訊い, に訊き, に降参, の前, の姿, の里, の顏, は, はさすが, は一体どう, ばかりじゃない, もきっと, をもっと, を貰ったろう

▼ 延から~ (23, 0.9%)

2 見れば

1 [21件] この贈物, それを, でも, よく見透かされた, 云えば, 入用の, 受け取った彼, 受取った蟇口, 孔明へ, 帙入の, 津田の, 立ち上ると, 背けた, 見たこの, 見た継子, 見ると, 評価させる, 足を, 軽蔑される, 遠ざかった, 金を

▼ 延~ (20, 0.8%)

1 [20件] が今, が前, が狡譎, にも其事, に引か, に託し, のところ, の手, の知合, の謀つた通り, は, はアテ, はスキ, は云, は仏元, は因是, は好い, は悦ん, は杭州, も人命沙汰

▼ 延~ (18, 0.7%)

2 若先生

1 [16件] が今, が四十五歳, が旅, とも交わり, に引き合わせた, に言わせる, のあと, の木曾街道, は半蔵, は東京, は関東, も旅, をも知った, を案内, を若, を迎えよう

▼ 延~ (15, 0.6%)

2 がある

1 [13件] がなかっ, が天井, が百三十本, が秘蔵, なの, の発見, の隠し場所, や十リットル, や銀, を乗せた, を出し, を抛り上げ, を百三十本

▼ 延毘古~ (15, 0.6%)

2 は足, を大国主神

1 [11件] が少, でありその, とはクエ, などと同じく, のみがその, の名, は今, は山田, もまた, を以て案山子, を召し

▼ 延~ (13, 0.5%)

3 のよう 1 から昏迷, がやたら, のそれ, のわき, の尤も外, の平, の平ら, を作り, を当たる, を敷き詰めた

▼ 延~ (13, 0.5%)

2 と称する

1 [11件] が連体法, だと, である, と称すべき, と称せられたる, の一種, の一種々, の多く用, はうの韻, はどう, を頻りに

▼ 延~ (12, 0.5%)

2 の舞 1 ありて, といふ者, に及ぶ, のため, の事, の法, の率いる, はすでに, を指し, 還丹可入口

▼ 延~ (11, 0.4%)

2 各大臣, 或は皇室, 政府を 1 之を, 其餘黨を, 子孫の, 未来の, 本の

▼ 延にとって~ (11, 0.4%)

2 意外でも 1 それほど興味, 多大の, 大の, 大事な, 大切な, 意外であった, 意外な, 最も不幸, 羨ましいもの

▼ 延~ (10, 0.4%)

1 ておん身, て其以後, て厨, て奧, て旅店, て東洋全体, て梯, て詳, て車, て進み入りぬ

▼ 延という~ (9, 0.4%)

1 二度目の, 名前に, 女と, 女に, 女の, 女を, 巡査なり, 次郎の, 者の

▼ 延にも~ (9, 0.4%)

1 これと, ほぼ見当, またそれ, よく知れ, 何という, 信ぜられなかった, 多少の, 津田に, 考える自由

▼ 延~ (9, 0.4%)

1 から縛られ, が歿, という役僧, に任せました, の取り計らい, の意見, は歿, は流行かぜ, をし

▼ 延福寺~ (9, 0.4%)

1 では寺僧, におかれ, に呼吸, に幽閉中, の屋根, の警固, へ入れられた, へ来た, へ見える

▼ 延太夫~ (8, 0.3%)

1 である, と云った, の小堀義哉, は常時, は懐中, は早速, は火, も膝

▼ 延~ (8, 0.3%)

1 で小便, と千松, に至り, の昔以来, の末年, の鶴千代, も小便, を連れ

▼ 延自身~ (8, 0.3%)

1 からいう, であった, に何, に解っ, の耳, の虚栄心, をもその, 毫もそこ

▼ 延ちゃん~ (7, 0.3%)

1 お淋しい, はもうすっかり, は薬, も姉さん, も気, 一寸そこ, 有れば

▼ 延なき~ (7, 0.3%)

1 ことが, に至れ, に達し, に達すれ, ものと, ものは, を特性

▼ 延ぶる~ (7, 0.3%)

1 がごとく, こと五分中に, に四五人, を得, 学なり, 時は, 美酒です

▼ 延~ (7, 0.3%)

1 にわたつ, に至る, の儀式帳, の初, の末, の頃, 之此

▼ 延~ (6, 0.2%)

21 幾が, 秀の, 絹の, 絹を

▼ 延~ (6, 0.2%)

1 すら首, またいつも, また彼女, 掛り人の, 波瀾後の, 瞥見した

▼ 延より~ (6, 0.2%)

1 この点, なお黙っ, 一つ年上の, 余裕の, 若く見られない, 贅沢の

▼ 延~ (6, 0.2%)

1 ことが, とも是等, ような, 両岸, 事が, 人間の

▼ 延いた~ (5, 0.2%)

2 丘の 1 國が, 様に, 檜の

▼ 延かれ~ (5, 0.2%)

2 て名簿 1 て一家, て位牌, て級

▼ 延などの~ (5, 0.2%)

2 諸隊 1 一軍で, 幾隊かは, 策した

▼ 延に対する~ (5, 0.2%)

1 ごとに, 彼を, 態度を, 時の, 考えは

▼ 延~ (5, 0.2%)

1 ぬ, やった使い, 一枚藤井の, 斬って, 罷り出ようとの

▼ 延~ (5, 0.2%)

1 お幾, お鶴, 儀の, 高翔は, 高翔を

▼ 延~ (5, 0.2%)

1 と申します, はギクリ, は居直っ, は続け, へい

▼ 延一郎~ (5, 0.2%)

1 が実演, はしわく, は出なかつた, は眼, は駒平

▼ 延~ (5, 0.2%)

1 おりき, なり, を招, を招ぎ三味線, を招ぎ清元落人

▼ 延宝天和~ (5, 0.2%)

2 の間, の間其角一派 1 の頃

▼ 延~ (5, 0.2%)

1 すなわちアイヌ, というの, ならきっと, にお, は足

▼ 延黄忠~ (5, 0.2%)

1 などに何事, の陣, へは賞状, を, をよん

▼ 延~ (4, 0.2%)

2 女を 1 を以て日本医方, 処々に

▼ 延~ (4, 0.2%)

1 という, とする, と云う, と云った

▼ 延~ (4, 0.2%)

1 でい, びりし, びりした, びりと

▼ 延宝八年~ (4, 0.2%)

1 とかに九十二, に六条南組, に歿, の頃

▼ 延年舞~ (4, 0.2%)

1 ではもどき, に既に, の似, は実は

▼ 延暦二十三年~ (4, 0.2%)

1 でありますが, で唐朝, の五月, 即ち唐

▼ 延~ (4, 0.2%)

2 して 1 の町名, を防ぐ

▼ 延お前~ (3, 0.1%)

1 お秀, の所, は独り

▼ 延とは~ (3, 0.1%)

1 一を, 各一万騎, 彼の

▼ 延~ (3, 0.1%)

1 のだ, ので, 調子で

▼ 延に対して~ (3, 0.1%)

1 平たい旦那様, 抱きはじめた, 自己の

▼ 延上っ~ (3, 0.1%)

1 ている, て帳簿, て見詰めた

▼ 延享元年~ (3, 0.1%)

2 に至っ 1 の六月十一日

▼ 延~ (3, 0.1%)

1 から聞い, に手, のあいさつ

▼ 延元年~ (3, 0.1%)

1 か文久一, の出生, の項

▼ 延叔父さん~ (3, 0.1%)

1 はこの, は情けない, もこれから

▼ 延宝七年~ (3, 0.1%)

1 に亡くな, に長崎, の春

▼ 延宝二年~ (3, 0.1%)

1 に, のこと, の話

▼ 延宝年間~ (3, 0.1%)

1 に納めた, のこと, まで残り在

▼ 延康坊~ (3, 0.1%)

1 と云つた所, にあつ, の西南隅

▼ 延暦元年~ (3, 0.1%)

1 にも既に, は正月, まで殆ど

▼ 延~ (3, 0.1%)

1 の戦, へ馳せ向った, まで攻め入っ

▼ 延~ (3, 0.1%)

1 に少し, はかの, を前

▼ 延~ (3, 0.1%)

1 というの, といふ, の独り息子

▼ 延~ (3, 0.1%)

2 元年 1 元年に

▼ 延あれ~ (2, 0.1%)

1 ば分割, を見た

▼ 延~ (2, 0.1%)

1 おや, るる座

▼ 延これ~ (2, 0.1%)

1 は陰陽不和, を折りけれ

▼ 延たる~ (2, 0.1%)

1 ものなる, 隆まり有り

▼ 延ちやん~ (2, 0.1%)

1 の口, は可愛い

▼ 延である~ (2, 0.1%)

1 か偶然, のみならず

▼ 延でしょう~ (2, 0.1%)

1 か, 淋い

▼ 延でも~ (2, 0.1%)

1 する気, 無邪気その

▼ 延との~ (2, 0.1%)

1 縁合それらの, 間に

▼ 延などが~ (2, 0.1%)

1 井楼の, 列柳城付近から

▼ 延なら~ (2, 0.1%)

1 すぐ姿勢, ばここ

▼ 延へけ~ (2, 0.1%)

1 く, く知ら

▼ 延ほど~ (2, 0.1%)

1 根強くない, 空々しいまた

▼ 延よりも~ (2, 0.1%)

1 継子の, 老けて

▼ 延三年~ (2, 0.1%)

1 に起筆, を第

▼ 延二郎~ (2, 0.1%)

1 が本郷座, ならば

▼ 延~ (2, 0.1%)

1 に始め, の頃

▼ 延享二年~ (2, 0.1%)

1 といへ, に又

▼ 延仕事~ (2, 0.1%)

1 が忙しく, のあと

▼ 延~ (2, 0.1%)

2 の南北史

▼ 延~ (2, 0.1%)

2 は文長

▼ 延~ (2, 0.1%)

1 で行った, の洞窟

▼ 延宝五年~ (2, 0.1%)

1 になっ, に十九歳

▼ 延宝元年~ (2, 0.1%)

1 にあたる, に新

▼ 延宝元禄~ (2, 0.1%)

1 の頃, より元治慶応

▼ 延~ (2, 0.1%)

1 に亘る, の末

▼ 延~ (2, 0.1%)

1 の挙, 剣合誇

▼ 延年益寿~ (2, 0.1%)

1 の真, の術

▼ 延康元年~ (2, 0.1%)

1 とよぶ, と改めた

▼ 延~ (2, 0.1%)

1 と改元, 両卿訴陳状

▼ 延~ (2, 0.1%)

1 がある, は格別食糧

▼ 延政門~ (2, 0.1%)

1 におとづれて, に訪れ

▼ 延文久頃~ (2, 0.1%)

1 からしばしば, の五ヶ國條

▼ 延時間~ (2, 0.1%)

1 でやらなく, にすれ

▼ 延暦二十年辛巳~ (2, 0.1%)

2 にいたる

▼ 延暦十八年十二月五日~ (2, 0.1%)

1 に, には甲斐

▼ 延曳叡要~ (2, 0.1%)

1 など, などを用いず

▼ 延~ (2, 0.1%)

1 賣, 賣に

▼ 延~ (2, 0.1%)

1 な事, に遊んだ

▼ 延~ (2, 0.1%)

1 し此, に来

▼ 延~ (2, 0.1%)

1 す, せる面積

▼ 延~ (2, 0.1%)

1 という人, は家来

▼ 延~ (2, 0.1%)

1 するに, せしことこれ

▼ 延見し~ (2, 0.1%)

1 て黄金, に普通

▼ 延間峠~ (2, 0.1%)

1 というの, の方

▼ 延馬岱~ (2, 0.1%)

1 などが偽装, は

▼ 延~ (2, 0.1%)

1 とを一發づゝ, を碎かれた

▼1* [291件]

ありゃ尺八の, 延いずこに, 延縄など, 延お前何か食うなら, 延お詫び申せお詫び, 延からの上奏文であり, 延からも上表が, 延きつづいて黄絹, 延き伸ばして行く, 延き入れて同宿, 延き入れると僧, 延くべき広間が, 延ばや, 延ここらでまごまご, 延こそ蜀の, 延こっちだ, 延この年まで, 延さん小六殿には悪い, 延じゃないか, 延すれば即ち, 延そうだろう, 延その人であった, 延といふ, 延たちは城中, 延たれど個, 延だったので言い出し, 延だったならそれに対する, 延ちゃんと二人で, 延ちゃん一人でさぞ, 延ちゃん皆な帰って, 延ちゃん貴方持って, 延ちゃん頭脳の具合, 延てはこれを, 延でさえその意外, 延ですよ, 延でなくて謙蔵, 延でなくって清子, 延ではなかった, 延とがおりおり気, 延とともに漢中の, 延とを見て, 延どうかしたの, 延どのにとくと, 延なぞの娘達が, 延などでふたたび兵糧満載, 延にとっては結婚以来始め, 延によって黙読された, 延て我船, 延びあがつてその天の川, 延びあがつてめをつぶつて, 延びかかつてゐちやんと女風, 延びさうになるし下だりにはまた, 延びたまゝに樹が一面, 延びたらんようなるに苧殻でこしらえた, 延びちまつて弱つて, 延びちゞめしてわざと丁度夜, 延びつちやつてそんだが, 延びつづいてやまぬ稲妻のよう, 延びてあまりにもとりすましたる顔のさびしさ, 延びてひろがつた紫陽花の蔭, 延びになつてゐたのは書換へにはなん, 延びりして, 延びをしてやうやく一人前らしい絵, 延びをするようにしてのろりのろりと歩きだしたが, 延葛の, 延ふつたの, 延へて守る標め縄, 延への手紙は, 延へを言出つるかも, 延ほどの詩が, 延まだ貴様も, 延まではなお数日, 延までも逃げる道, 延るべきものが, 延る思ひは豊醇, 延わりゃあ何で, 延をも除くならば, 延んでこんなに長く, 延テハ国際ノ融和, 延テ帝國國防ノ如何, 延テ径路東西ヘ亘ル, 延到ル, 延過ギタルハ電信, 延斬ラシム, 延一手を引い, 延七年の二月定明, 延三年八月遁世之時秀郷朝臣以来九代嫡家相承の兵法焼失, 延三郎璃徳などが加わっ, 延上った一瞬へ, 延下女のお, 延二年齢はと云え, 延享三年には隠居所, 延享三年九月十日の夜, 延享三年二月二十九日の晩, 延享三年版の戯作本, 延享中に淡, 延享二年頃鳥居清重, 延享二年通詞西善三郎吉雄幸右衞門と共に和蘭文書, 延享五年頃には銭座屋敷, 延享元年六月の調べ, 延享元年六月十七日の調べ, 延享元年甲子の年, 延享四年三月の末, 延享四年八月十五日の朝, 延享四年十月十五日のこと, 延享寛延に至る, 延享年中の流行言葉, 延享年間に一つ, 延享頃の死刑人見張番人足等, 延人数九百何十人といふこと, 延仕でも達者, 延仙道成りて, 延代ってやろう, 延以上に待たれる, 延仲働のお, 延の詔勅, 延何十万人もの労員, 延作たちは弓, 延俊亮の五人, 延の, 延傳衞と申します, 延僧連茂と廃立, 延元年アメリカへ日本使節, 延元年二十歳では, 延元年以後の事蹟, 延元年以後日本で最初, 延元年増永文治發行の, 延元年櫻田の變, 延光寺に和尚, 延六年で真言宗, 延六年二十七歳で述懐百首, 延にした, 延列柳城まで出, 延劉封などの若武者, 延劉封ここは鴻門, 延もない, 延十三四間なるあり, 延ぐらいだった, 延取引であったし, 延を現, 延台寺内の虎子石, 延君球の陵, 延四年和泉前司道経, 延園りきゆふの, 延などという山伏, 延壽坊と往く, 延壽太夫の細君名人, 延壽父子で作つた, 延な飾窓, 延大月玄蕃金井一角の都合四人づれで身, 延太郎とともに上海, 延太郎さんが迎, 延好いものを, 延安府の刑獄, 延安政府側ともまた, 延で書いた, 延宝さんやおま, 延宝七年六月十六日の事, 延宝中の江戸鑑小姓組番頭中, 延宝二年六月十六日に五十四歳, 延宝二年十一月晦日の暁, 延宝二年春四月の末, 延宝二年臘月朔日の雪, 延宝五年丁巳霜月初旬に及ん, 延宝五年正月に綱村, 延宝以後には鼠穴, 延宝以降時勢と共に俳優, 延宝元年清の康熙十二年, 延宝八年六月二十七日に死, 延宝八庚申正月八日とある, 延宝六年戊午二月二十一日の吉辰, 延宝四年から貞享四年, 延宝四年六月には石見, 延宝天和貞享を経, 延寶あたりから以前, 延寶四年に他, 延寶頃の大阪, 延対寺別館て宿, 延寿能同亀鶴齢, 延小浜という中年増, 延の癖, 延展力を与える, 延展性を増す, 延の胡人, 延平方え為立, 延年以下漢軍の幕僚たち, 延年舞以後ある大, 延年謂ふ所, 延年速かに降れ, 延張嶷陳式杜瓊などの四将二万騎, 延張翼などの伏兵, 延張飛などが, 延得る容体と, 延応二年二月二十二日隠岐島に崩御, 延応元年に生れ, 延応年間などたびたび一向, 延念寺の裏坂, 延の恨み, 延客, 延慶年間に撰集, 延の前後, 延應前後より終り, 延の煙管, 延折ること能わず, 延数時間ようやく十時真近, 延數日に及ぶ, 延の, 延文年間に書いた, 延はいるか, 延昨夜お前の云った, 延昭ここに屯爰, 延暦ごろから現われ始めた, 延暦三年の五月, 延暦三年二荒山の山腹, 延暦三年四月に勝道上人, 延暦二十一年に駿河, 延暦二十三年五月十二日入唐爲初學習と云, 延暦二十二三年ごろ最澄空海と共に入唐, 延暦二十二年に入唐, 延暦二十二年入寂せられた行賀, 延暦二十四年六月に帰朝, 延暦二十年三月にも噴火, 延暦二年の勅, 延暦二年六月に姓佐伯沼田連, 延暦儀式帳にある, 延暦十一年の冬, 延暦十七年二月に群盗, 延暦十八年に崑崙人, 延暦十八年朝賀の樣, 延暦十六年田村麻呂を征夷大将軍, 延暦四年以後の二十年, 延暦四年八月に大伴家持, 延暦年代の頃, 延暦年間に有名, 延暦弘仁の頃, 延暦遷都前の假名, 延楊儀の小さい, 延樹方庵も控え, 延して, 延の機略, 延に入っ, 延を型, 延牟物能等可牟, 延王平の徒, 延王平馬忠などへ何事, 延王平馬忠関索などにも一人一人, 延申候よう決行致し候, 延留供養とあり, 延祺親征番漢十余万を率, 延福寺生活はもう, 延続けに歩く, 延続けだのうどうも, 延して, 延といひ, 延而西洋船を取り入, 延聘シテ講ヲ聽キ, 延聞いたか, 延胤いずれも無事, 延胤一人でもない, 延胤一行の口, 延胤師岡正胤権田直助, 延臣たちはなん, 延自分でももう, 延興王の後, 延が女中, 延藤井の叔父さん, 延袤二里許あり, 延子の, 延見せらるる, 延言考において韓語, 延を真に, 延譽壽阿彌, 延貴様の好いた, 延趙雲などの蜀, 延のうしろ, 延遼館で火矢, 延乃至は, 延のきせる, 延が鏡立, 延関索王平などの手勢, 延の季子, 延雷同を両翼, 延と思われる, 延音符をやたら, 延超黄忠, 延馬忠喊呼をあげ, 延駄目だとさ, 延高翔はすわ, 延高翔その他の援, 延か描き分け, 延魏延この年