青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「庸三~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~度々 度々~ 度目~ ~座 座~ ~座敷 座敷~ ~庭 庭~ 庵~
庸三~
廃~ ~廊下 廊下~ 廣~ 延~ 建~ 建て~ ~建物 建物~ ~建築

「庸三~」 1031, 11ppm, 9746位

▼ 庸三~ (513, 49.8%)

12 何か 10 葉子の 6 小夜子の 5 それを 4 小夜子と 3 そう言っ, そんな気, 庸太郎に, 急いで, 笑って, 自分の, 葉子が, 言わるるまま

2 [25件] ある時, きまりが, そうも, そのころ, その瞬間, それが, それも, そんなこと, ちょっと手, どこか, またし, ホテルの, 原稿紙や, 妻の, 彼女と, 憂鬱に, 昨夜も, 煙草を, 答えた, 自分への, 苦笑した, 言ったが, 頭の, 頷いた, 黙って

1 [402件] あの記事, あの風采, あらゆる理由, ある日彼女, ある日映画好き, ある連帯, あわてて, あッと, いきなり恐ろしい, いくらか薄, いつかそこで, いつごろまで, いつもかえって葉子, いつもこういう, いつもの, いつも無口, いよいよ脚光, いろいろの, うとうと微睡んだ, うとうと眠り, かつて彼女, かつて葉子, きいて, きらきら銀沙, ぎごちない, ぎょっとした, ぎりぎりの, こういう場合, ここの, ここを, このごろ仲間の, このマダム, この事件, この場合博士, この女, この家, この恋愛, この期, この水辺, この結婚, これには, これも, しかしそう, しきりに洋装, しばしば彼女, しばしば飽満, しばらくいる, しばらく家, しばらく思案, しばらく清川たち, しばらく葉子, じっとし, すべての, すれすれに, ずっと後, せっかく行っ, せっかく親しみかけ, そういうふう, そういっ, そうした恋愛, そう思った, そこを, その一つ二つ, その友人, その夏築地小劇場, その後ふとした, その後も, その後一二度田舎から, その時, その時担架, その晩, その晩神山, その素気, その言葉, その通り, その部屋, その雰囲気, それで, それでも印税, そんな場合, たちまちあの, ちびちび嘗めた, ちょいと, ちょうど子供, ちょうど寝転ん, ちょうど新聞, ちょうど来た, ちょうど部屋, ちょっと疑念, ちょっと聞いた, ちょっと見当, どうかする, どうせ無駄, どうにかしなけれ, どかりと, どこでも, どこへ, どんどん上がっ, どんな場合, なおさら虫, にわかにこの, にわかに弱い, にわかに怖じ気づい, にわかに火, にわかに興奮, はっとした, ぴりッと, ふとした機会, ふと下, ふと神田, ふらふらと, ぷりぷりし, ほっとした, ほんの少し, またその, また呼出し電話, また異, まだ全くは, もう二週間, もう遅い, もちろん他, やがて小夜子, やがて明るい, やがて食事, ようやく落着き, よく籐椅子, わざとその, わざと一色, わざわざ活動館, アパアトを, コーヒを, サルンの, シャベルを, ステッキを, ドクトルの, ハンケチで, ピンセット, マルクスの, 一応春日, 一枚あけ, 一目見た, 一般ジャアナリストの, 三丁目から, 下で, 不安そうに, 不幸な, 乾ききった心, 二三の, 二三杯呑んだ, 二度とここ, 二度とホテル, 二度と彼女, 二度も, 二階へ, 今まで, 今も, 今外人, 今少し, 今彼の, 今朝電車通りの, 今葉子, 仕事を, 仕方なし, 何かしら悪い, 何だか進まない, 何事が, 傍に, 傍へ, 傘を, 僅かの, 入口で, 八重子に, 六感を, 再び彼女, 再び葉子, 出て, 初めひどく, 別にそれ, 別に女, 別に気, 別に策動, 別の, 前から, 前にも, 勝手元の, 勝手口から, 十一月ごろ一度葉子を, 十二三年前に, 半病人, 卓を, 危ぶんだ, 受話機を, 名所旧蹟という, 呆気に, 呟いたが, 呟きながらも, 咎めるよう, 圧し潰されたよう, 壁ぎわに, 外へ, 多分葉子, 多分隔日, 多勢の, 大人ぶった子供, 大阪で, 奥の, 姉に, 子供に, 子供の, 孤独の, 実は行く, 家へ, 家を, 寂しい庭, 寂しい美しさ, 寂しそう, 小さい娘, 小児科の, 小夜子からも, 小夜子に, 小返りした, 小遣を, 少しうとうとしかけた, 少しうとうとする, 少しばかり, 少し不, 少し中っ腹, 少し尖っ, 少し尖り, 少し手前, 少し狼狽気味, 少し難色, 川沿いの, 師匠に, 師匠の, 帰って, 帰りに, 幾度も, 床の, 座敷へ, 庸太郎と, 庸太郎の, 彼が, 彼女から, 彼女が, 彼女に, 彼女の, 彼女を, 待ち合わせて, 後で何だか好い, 後に, 後悔した, 心ひそかに, 心も, 心臓が, 心配に, 応募作品を, 思いながら, 思った, 性急に, 恋愛にかけては, 息詰りを, 悒鬱い, 悲痛な, 惘れも, 感づいた, 懲りずま, 手を, 手函に, 手持無沙汰では, 手術台の, 投げ出すよう, 折鞄を, 拒むこと, 持合せの, 持越しの, 擽ったい感じ, 文字どおり胸の, 新調の, 日和下駄を, 昔そんな, 昔下宿時代に, 昼間も, 時々瑠美子, 時々転がり, 時々銀座界隈, 時と, 時に小夜子, 時に葉子, 時間が, 暗い茶の間, 暗然と, 暮に, 最近時々, 最近裏の, 机の, 来て, 来るべきもの, 松川の, 根岸に, 案に, 次第に彼女, 母や, 毛の, 気が, 気の, 気分が, 気持を, 汽車の, 泣面を, 海風の, 満身に, 溜息を, 滞在中の, 灰色の, 無思慮, 無関心, 燻しの, 特にも, 狐に, 狡そう, 狼狽した, 生活の, 生返事を, 用達しに, 病院中の, 痛いところ, 白粉剥げ, 目に, 着いた日, 瞬間後へ, 神田の, 神経に, 空虚な, 窓際に, 窶れたその, 立ち上がって, 笑みかえす余裕, 笑談らしく言っ, 答えたが, 素気ない, 終いには, 綺麗事で, 耳に, 聴かぬでも, 聴衆の, 肱を, 胸が, 腑に, 腹を, 腹ん, 自分で, 自分も, 舞台の, 良心的に, 花園を, 苛立って, 若い愛人, 若い記者, 苦しい時, 苦笑し, 苺に, 茶の間の, 葉子と, 葉子に, 葡萄酒の, 葡萄酒を, 血を, 裸に, 見え隠れに, 見ては, 言い出した, 言うと, 言ったきり, 話の, 誘われるまま, 赤, 車の, 近所を, 途, 部屋の, 部屋へ, 重い鞄, 金の, 銀座の, 鑵入りの, 長いあいだ, 長男と, 長男の, 降りて, 離れた, 震災前に, 頬笑まし, 頭が, 頷いて, 顔の, 風呂で, 騒がしい風の音, 驚き傍へ, 高すぎる, 魂を, 鮎の

▼ 庸三~ (192, 18.6%)

7 部屋へ 6 ところへ 5 目に 4 傍へ, 書斎へ, 耳に 3 傍に, 前へ, 書斎に, 末の

2 [12件] 傍を, 好きな, 子供たちを, 家で, 家に, 家の, 家へ, 家を, 方が, 気持は, 近くに, 部屋に

1 [126件] ことな, すぐ向う, それが, ために, ぺンを, ような, ゴシップが, パンや, 万年筆の, 上の, 下宿時代から, 不在中, 不幸な, 不断の, 予感に, 二男であった, 亡妻時代からの, 今夜の, 今度の, 体を, 個人的に, 入って, 全集刊行の, 六感が, 六感に, 出方一つで, 前で, 前に, 勧めで, 単足袋, 口へ, 口添えで, 古い六畳, 台所は, 同意の, 周囲が, 周囲も, 唆かしに, 坐って, 外套の, 好みの, 姉は, 姿が, 娘たちを, 娘を, 嫉妬には, 子供が, 子供三人に, 家から, 家へも, 家庭に, 家政は, 家政上の, 少し後ろ, 年齢や, 庭では, 庭は, 弁解には, 引込みの, 心に, 心には, 心は, 心持にも, 怒りを, 思いも, 思い過ごしか, 悩みも, 想像では, 意嚮を, 感じに, 感情が, 態度に, 憂鬱そうな, 憎悪を, 懇意に, 手に, 手には, 手にも, 手紙を, 提供した, 故郷を, 曇った頭脳, 期待を, 朧ろげな, 机の, 死んだ後, 気持を, 温情ある聴き, 無理解, 狭い庭, 目にも, 神経に, 神経にも, 神経を, 習癖であった, 耳には, 腹の, 膝の, 興味的に, 裏の, 視界が, 親友の, 許しを, 詰問に対する, 話の, 認識不足から, 語調も, 警戒の, 贈った金, 足は, 車が, 過ちを, 部屋で, 金が, 長女に, 長女は, 青壮年期も, 非難の, 頭に, 頭脳には, 頼みつけの, 顔さえ, 顔を, 首に, 魂は, 魂も

▼ 庸三~ (83, 8.1%)

3 気が 2 いくらか, 何となし, 傍に

1 [74件] あの時, あまり着た, ある機会, いつもの, お山の, かねがね分かっ, こうして彼女, この人, この機会, この舞台, さんざん苦い, すっかり参っ, ずっと前, そう続け, そのつもり, その気, その辺, それに, それに対する, それは, ちょっと参った, ちらちら動き, どうかする, ステッキを, 一度逢っ, 一概に見切り, 一緒に, 三つの, 下宿の, 今夜書く, 仕方なく, 仲間の, 何か, 健康に, 占て, 口を, 呼吸が, 声が, 大分後に, 妻が, 客観的な, 少し逆上気味, 少し酔っ, 彼女が, 彼女の, 彼女も, 最後は, 朧ろげに, 毎年この, 気がついて, 田舎で, 田舎育ちだけに, 疳に, 疳性の, 笑って, 耳に, 耳を, 自作の, 自分に対する, 自身の, 苦しいなりにも, 葉子と, 裏口から, 見て, 親しくし, 親しくなった, 証文を, 認めないわけ, 質素な, 踊りは, 退屈は, 逐い出したり, 頭を, 頷いた

▼ 庸三~ (80, 7.8%)

4 言うと 3 行って 2 葉子に, 訊くと, 邪魔に

1 [67件] ある晩茶の間, いくら繰りかえし, きまりわる, しとしと雨, するとは, そのこと, その気, その結婚, つれて, どうかと, ひどく鈍感, もしも物, もって, わかり庸三, わざと擬装, 一度言っ, 一日に, 一風呂つかっ, 三十年も, 丘に, 予覚し, 二三批評の, 今にも起き出す, 今まで, 保証の, 傍へ, 出ようと, 初めて友達, 前から, 包装の, 取捨の, 史朗を, 合図を, 呟くと, 寝床へ, 寝起きし, 小さい時分, 小夜子の, 帳場の, 床から, 庭へ, 彼女の, 後ろに, 微声, 心持不味, 採点に, 採点の, 昔から, 最初葉子の, 来たこと, 煙草を, 煩く虫, 着ても, 知って, 結婚形式を, 胡散に, 自動車で, 葉子の, 行った時, 補助する, 言い出したの, 起きて, 身を, 遊びに, 鎌倉の, 頷くと, 風呂へ

▼ 庸三~ (44, 4.3%)

2 寄り添って, 紹介された

1 [40件] いやな, ささやいたが, したよう, して, そこまで, そっと呟いた, そっと触れ, そっと首, もしその, もっと鋭敏, 作品を, 反撥心を, 報告する, 奉仕し, 屈辱感を, 差し迫った仕事, 強請って, 思案の, 想像できた, 感激的な, 手伝わせたり, 打ち明けられないこと, 打ち明けること, 打って, 接近し, 気を, 泣いて, 立ち会って, 見て, 解って, 解るはず, 訊きに, 話した, 話して, 話すの, 語るだけの, 返した, 都合の, 頷けたの, 頼って

▼ 庸三~ (35, 3.4%)

2 そっち退け

1 [33件] さそい出した神山, して, つれて, てこずらせたもの, まさかの時, よく訪れた, オブザアヴァとして, 二階へ, 促した, 冷やかしづめ, 利用し, 勧説した, 取り扱ったが, 呼び出すの, 子供に, 居馴染ませようと, 抑制した, 押し込むよう, 振り返って, 擬装の, 案内しず, 案内した, 自分の, 裏切ったと, 見おろして, 見て, 見出した, 見詰めて, 詰問した, 警戒する, 迎えた時, 頼って, 顰蹙せしめた

▼ 庸三~ (15, 1.5%)

2 葉子は

1 [13件] 一緒に, 一言二言話し, 取り組んでの, 大抵同じ, 小夜子の, 師匠が, 庸三が, 悪気の, 母親は, 落ち合う約束, 葉子と, 葉子に対する, 葉子も

▼ 庸三にも~ (13, 1.3%)

1 [13件] この怖じ気, ちょっと見送っ, どうかし, やっと頷けた, 不思議な, 大抵想像が, 想見された, 来るよう, 気の, 痔瘻を, 見せた, 解って, 話して

▼ 庸三との~ (9, 0.9%)

1 あいだに, 交渉も, 最初の, 生活の, 連絡を, 間に, 間を, 関係が, 附き合いを

▼ 庸三には~ (6, 0.6%)

1 それが, とかく人, 一切秘密に, 悔いるところ, 眩しかった, 興味ある

▼ 庸三自身~ (6, 0.6%)

1 その誘因, であったから, にし, のため, の計画的, も蔭

▼ 庸三から~ (4, 0.4%)

1 いうと, 引きわけて, 見ると, 離れて

▼ 庸三たち~ (4, 0.4%)

3 の方 1 には格別身分不相応

▼ 庸三夫婦~ (4, 0.4%)

1 と一色, と子供, は気, もお互い

▼ 庸三~ (2, 0.2%)

1 はあった, 葉子が

▼ 庸三という~ (2, 0.2%)

1 老年の, 順序で

▼ 庸三にとっては~ (2, 0.2%)

1 この場合思い, それが

▼1* [17件]

庸三からの逃げ道を, 庸三すらもが今は, 庸三と葉子, 庸三だったが夙く母, 庸三とが文学の, 庸三とは反対に, 庸三なぞの生活, 庸三などとはまるで生活規模, 庸三などはその強烈, 庸三にとって決して楽しい, 庸三によって新聞の, 庸三ばかりでは, 庸三への計画的な, 庸三ほどルウズな, 庸三の洋行, 庸三ヘの不満を, 庸三父子と都合四人