青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「庭~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~度 度~ ~度々 度々~ 度目~ ~座 座~ ~座敷 座敷~ ~庭
庭~
庵~ 庸三~ 廃~ ~廊下 廊下~ 廣~ 延~ 建~ 建て~ ~建物

「庭~」 15723, 170ppm, 613位

▼ 庭~ (4783, 30.4%)

129 方へ 90 隅に 87 方を 70 中に 53 中を 50 方から, 隅の 39 方に 31 奥の 30 一隅に, 片隅に 29 中へ 24 ほうへ, 木の 22 植込の 21 中で, 木に 19 すみに, 松の, 池の 18 方で, 梅の, 芝生の, 隅で 17 上に, 真中に 16 土の, 木立の 15 桜の, 池に, 隅へ 14 まん中に, 土に 13 中の, 向うの, 面に, 面を 12 ほうを, 上を, 土を, 景色を 11 うちに, 林の, 樹, 樹の, 片隅の, 芝生に, 草を, 隅から 10 ように, 掃除を, 薔薇の, 隅には 9 すみの, 中央に, 柿の, 植込みの, 椿の, 砂の, 落葉を 8 ほうに, 中には, 内に, 垣根に, 外へ, 方の, 木戸から, 松に, 草花を

7 [13件] あちこちに, ベンチに, 八つ手の, 土が, 垣根の, 奥に, 木々の, 植込を, 樹に, 池には, 花の, 草の, 面には

6 [15件] ほうから, 上へ, 中から, 内を, 向うに, 敷石の, 木戸を, 松の木の, 桧の, 植木の, 植込に, 石の, 石竹根が, 門を, 雨戸を

5 [34件] ある家, うちを, どこかに, なかへ, まんなかに, むこうから, むこうの, ような, 中は, 井戸の, 向ふ, 土は, 垣の, 塀の, 塀を, 奥から, 奥へ, 奧の, 方には, 木を, 木立を, 栗の, 梨の, 棺に, 植え込みの, 片隅で, 立木を, 築山の, 緑を, 苔の, 雑草を, 雪の, 面の, 風景の

4 [54件] あき地, あたりで, あたりを, おくの, かたすみ, すみずみ, ところで, どこかで, どこからか, なかで, なかを, ほうで, 一番よい, 一部が, 一隅, 上の, 中にも, 中央には, 古井戸, 地面に, 外の, 奥を, 小径を, 山茶花の, 手入れに, 方まで, 木戸は, 木立ちが, 木立ちを, 木立に, 松が, 梅が, 植込から, 植込みに, 植込みを, 様子が, 様子を, 樹を, 正面に, 無花果の, 百日紅の, 石に, 石燈籠の, 神様は, 空地に, 花を, 苔を, 草むしりを, 葉鶏頭は, 隅々を, 隅や, 隅を, 飛石の, 飛石を

3 [111件] あちこちを, あるところ, うちで, お池, ことは, ところに, なかの, はずれの, むこうを, やうに, 一部に, 下を, 中程に, 先は, 入口に, 入口の, 前は, 千草, 向うから, 向うは, 向こうの, 垣根から, 垣根を, 外に, 大木の, 奥へと, 小亭, 小径の, 広さ, 彼方に, 後に, 手入れを, 掃除に, 掃除は, 敷石に, 方が, 方は, 方へと, 景色が, 暗闇の, 木々に, 木が, 木の下へ, 木の間に, 木戸, 木立が, 木立で, 木草に, 木蓮の, 松の木に, 柘榴の, 柿の木に, 桃の, 桐の, 桜を, 梅を, 森の, 植え込みが, 楓が, 楓の, 様子に, 樹立の, 泉水に, 泉水の, 牡丹かな, 牡丹や, 生垣の, 真ん中に, 真中の, 眺めが, 石を, 秋草の, 立ち木の, 立木に, 立木も, 端の, 竹の, 筧の, 紅梅が, 紅梅の, 腰掛に, 芝生は, 芝生へ, 芝生や, 芭蕉の, 花壇の, 苔は, 若竹の, 若葉は, 草, 草は, 草も, 草や, 草木の, 草木も, 菩提樹の, 落葉の, 藤の, 裏手は, 鉄門の, 門の, 闇の, 隅, 隅々まで, 隅などに, 雑草の, 雪, 雪を, 青苔, 青葉が, 面は

2 [296件] あたりに, うちには, おもかげ, お掃除, かがり火は, けしきを, さまを, しげみに, しげみの, すぐ向, すみで, そこここに, そのよろし, ない代り, ない家, なかでした, なかに, はずれに, まはり, まわりに, まわりを, まん中には, まん中より, もぎ立て, やかましさ, やみの, やわらかい土, ようだ, アカシヤが, ガラス戸を, リラの, 一方に, 一番好い, 一部と, 一部を, 一隅が, 一隅で, 一隅の, 一隅へ, 丁度中央に, 上には, 上にも, 中, 中が, 中までも, 中や, 主人に, 井戸から, 井戸へ, 人々は, 人々も, 他の, 仙吉に, 作りも, 先に, 兎に, 入口は, 全く無意味, 八ツ手の, 八手の, 八手は, 六月の, 内には, 内へ, 内牛蒡蕁草野麻などの, 切戸の, 前には, 前の, 前を, 南に, 南天の, 反対側に, 右に, 右の, 向うを, 向こうを, 向日葵つひ, 噴水が, 四阿屋に, 土からは, 土塀の, 土鈍重な, 土風に, 地の, 地面は, 壕へ, 夏草の, 外には, 外まで, 外を, 夜の, 大きい柿, 大きな巴旦杏, 大きな池, 大法寺, 奥で, 奥には, 容に, 小宴, 小砂利, 小萩の, 山の, 左の, 左方も, 広いの, 広い芝生, 建物次に, 影を, 彼方の, 後は, 戸に, 所為だ, 手入れの, 掃除などを, 掃除も, 敷石を, 新緑を, 方にも, 日の, 日向に, 日向へ, 日向最寄りに, 日当りの, 春の, 景色に, 景色の, 景色も, 景色や, 月光を, 朝の, 木々も, 木で, 木でも, 木などに, 木の葉の, 木は, 木も, 木戸も, 木戸口へ, 木立ちに, 木蔭に, 朽木の, 松と, 松の木を, 松ばかり, 松へ, 松や, 板塀と, 枝折戸から, 枯芝や, 柔かい土, 柴折戸を, 柵の, 柿の木は, 桜が, 桜に, 桜は, 桜も, 梅も, 梢に, 梢は, 梧桐の, 植木に, 植木を, 植木棚の, 植込みから, 椎の木な, 椿が, 椿は, 楓も, 楓樹の, 様に, 模様を, 樹木が, 樹木の, 樹木の間から, 樹木を, 樹立では, 樹立に, 檜の, 水層は, 水溜を, 池から, 池が, 池で, 池へ, 池を, 池水に, 泡ん, 流れに, 涼み台に, 清水を, 濡葉を, 燈籠に, 燈籠の, 片すみに, 片すみの, 片すみを, 片隅から, 片隅には, 片隅を, 牡丹が, 物置の, 畑の, 白く乾いた, 百日紅は, 盆栽に, 眞ん中に, 真ん, 真中へ, 眺めも, 眺めを, 石灯籠の, 石燈籠に, 祕密, 祕密と, 秋風, 空き地に, 空を, 端で, 端に, 端まで, 築山を, 篠笹を, 紅梅は, 紅梅を, 紅葉を, 紫陽花の, 緑に, 縁側に, 縁側の, 舟の, 色が, 芝生を, 花, 花壇に, 若楓, 若葉に, 若葉を, 茂みから, 茂みの, 草でも, 草なかに, 草刈に, 草木は, 草木を, 菊の, 菊を, 萩の, 落ち葉を, 葉桜の, 薄の, 薔薇を, 藤棚の, 藪の, 蟻を, 要所要所, 見える廊下, 見渡される場所, 訓, 訓を, 説は, 足跡などを, 跡を, 躑躅の, 遅桜, 運動場の, 銀杏の, 門が, 間に, 間を, 闇に, 闇へ, 闇を, 防空壕の, 隅々にも, 隅々や, 隅か, 隅っこに, 隅では, 隅と, 隅にも, 隣りが, 雨を, 雪が, 雪は, 霜を, 霜柱が, 青柿, 青葉に, 青葉は, 青葉を, 風は, 風情は, 飛石は, 高津日の

1 [1860件 抜粋] あかい葉鶏頭, あずま亭に, あたり藪も, あちらこちらに, あとの, あの場所, ありを, ある古い, ある悪漢, ある曲がりくねった道, ある石造り, あを, いちばん端の, いて, うえに, うちだけでも, うちへ, おくから, おもは, お掃除役, お茶の, かそけさ, かなしくなつかしかった, かの夕光, くさむら, くれないの, ここかしこから, こちらは, ことで, ことも, この輝き, ごく端, さまが, さま却て, ざわめきが, しめった黒土, すぐ横手, すっかり葉, すみからすみまで, すみにも, せいである, そとを, その箇所, たき火も, たたきへ, たたずまいを, ために, ついたバンガロー, ついてる家, つくばいは, てつせんの, ところどころには, どうこうという, なか, なかばに, ながめには, にわとこの, ねむりの, はずれよそう, はちの巣を, は學校の, ひろい一軒, へりには, ほうの, ほうれん草, ほとりの, まき水を, ままごとに, まわりも, まッさかり, むこうで, むしろの, ものかげで, もみじに, やみに, ゆすら, わか葉を, アカシヤの, カタ木の, グルグル廻り, コスモス垣根の, セット, チューリップが, ニハを, ヒマを, ベンチの, ワットオぶりの, 一偶に, 一方は, 一段高き, 一等よい, 一部分から, 一部分です, 一間ほどの, 一隅を, 三カット食堂で, 三本松の, 上なぞに, 下が, 下の, 世話を, 中です, 中と, 中にて, 中まで, 中央から, 中心が, 中木戸を, 主貌, 亀は, 二方には, 井戸端で, 些細な, 亭へでも, 仕事の, 仕事を, 仙吉と, 仙吉を, 何処かで, 作りから, 作り一つを, 俵が, 先で, 光景だの, 入り口に, 全部が, 内そとが, 内にぞ, 内外の, 冬木立ちに, 処から, 出口から, 刀柏や, 別土蔵, 前まで, 北の, 半ばは, 半面には, 南瓜は, 叔母の, 口の, 古池に, 右左から, 同情に, 向うへ, 向こうへ, 周囲で, 呼吸を, 命一柱, 唯ひとつの, 四方には, 四角な, 四阿亭の, 土から, 土へ, 土塀に, 土白く, 土間を, 地を, 地面も, 垣根は, 堤の, 塀下を, 境には, 境界には, 壁際に, 夏の, 夏草, 夕月夜尻向け, 外は, 外側を, 多勢の, 大きい木, 大きな動物, 大きな欅, 大木に, 大椿, 大氣, 天井を, 奥は, 奥ゆきが, 奥深くへ, 女中達に, 子安琢が, 客門には, 家に, 寂寞を, 小さい泉, 小さな風景, 小径に, 小松と, 小溜り, 小石まで, 小竹, 小道づたいに裏へ, 小門, 山吹には, 山茶花が, 岩角に, 崖下には, 左手の, 巴旦杏の, 平坦な, 広いので, 広い緑, 広場中央に, 床几から, 庭石の, 廣いの, 影は, 彼方此方を, 後ろには, 思い出されるうち, 怪しい物, 感じは, 戸口を, 所に, 扉に, 手入か, 手入れなどに, 手洗い鉢の, 打水にも, 捕り物, 捨て石や, 掃除でも, 撒水に, 散歩に, 整理なら, 敷石へ, 新緑は, 方からは, 方と, 方へは, 日あたりにも, 日ざかり今は, 日影に, 早咲きの, 明地に, 春に, 景致が, 景色は, 暗い所, 暗がりに, 暗さ, 暗闇に, 書割にでも, 月影夢よりも, 朝霧を, 朧の, 木々には, 木だち, 木には, 木の芽が, 木の間から, 木へ, 木戸など, 木戸へと, 木戸口を, 木犀の, 木石の, 木立ちのあいだに, 木立ちの間に, 木立のみ, 木蔭にも, 木陰に, 杉苔が, 松が枝に, 松の木が, 松の木越しに, 松仕舞ひ, 松嚴寺の, 松葉牡丹に, 枇杷ことしばかりは, 林檎を, 果実を, 枝折戸に, 枯木の, 枯草に, 柚子黄み見, 柴戸口から, 柿の木には, 柿を, 根あがり, 桜から, 桜へ, 梅散り, 梨の木の, 棗の, 森達の, 植え込みを, 植木のかへで, 植樹から, 植物は, 植込みが, 植込み藤棚や, 椿も, 楓樫槇などの, 榎の, 構造などは, 様子で, 樅の, 横口が, 樫の, 樹などに, 樹木に, 樹木も, 樹空に, 樹立等も, 檜葉の, 櫻の, 此の, 水溜りを, 池は, 沈默の, 沓脱石の, 泉水から, 泉石には, 波を, 海芋の, 深い暗に, 湖水で, 湿地の, 潜りを, 灌木の, 灰色の, 煙のみ, 父子が, 片隅そういう, 片隅古, 牡丹へ, 物持ち, 物置小屋に, 犬小屋に, 現場を, 生籬が, 番人に, 白い木蓮, 白梅ちる, 白樺の, 白薔薇だけが, 盆栽へ, 眞ん, 真っ暗な, 真ン中の, 真中にも, 眺め, 眺めは, 石かな, 石ほ, 石榴を, 石燈籠ばかり, 石神堂に, 石組みの, 砂を, 礫の, 神様です, 秋の, 稲荷の, 空いっぱいに, 空に, 空地へ, 空気を, 突当りの, 竈にか, 立木が, 立木位の, 立派な, 竹と, 竹垣越しに, 竹竿に, 竹藪に, 筑山の, 築山では, 篝が, 籬に, 紅梅に, 素むしろに, 結構は, 網代門を, 緑の, 縁を, 縁側伝いの, 繁みの, 美濃柿の, 老いた胡桃樹, 者を, 背後の, 脇道へ, 臺木さ打倒つて撲つた, 色を, 芝, 芝は, 芝原を, 芝生と, 芝草までが, 花が, 花としても, 花の木の, 花も, 花園にも, 花壇も, 花畠に, 芸が, 苔に, 英子に, 茂みは, 茶亭から, 草なども, 草ひき, 草むしりから, 草むらで, 草原が, 草取りは, 草場は, 草花は, 荒たきままに, 菊は, 菖蒲畑の, 萩ショッキが, 葉鶏頭に, 葡萄の, 蓮鉢の, 薄明り, 薔薇花ひらく, 藤や, 蛍だけは, 蟻も, 表面に, 裏口の, 裏木戸から, 裸人形の, 西日に, 見えない三畳, 見える方, 見える硝子障子, 見える雨戸, 訓が, 評判は, 講筵に, 赤と, 趣と, 足あとの, 足跡は, 踏石を, 辛夷も, 造られたの, 造意は, 道具小屋へ, 遠くの, 部分を, 野草の, 金貸し後家の, 鈴懸, 鉢から, 錦を, 鐘楼に, 門まで, 開けずの, 附いた小さな, 陽の, 隅々に, 隅からは, 隅っこへ, 隅なぞに, 隅にでも, 隅塀の, 隅隅を, 雀の, 雜草も, 離れの, 離室から, 離庵です, 雨脚を, 雪に, 雪景は, 電灯で, 電線は, 霜柱にも, 霜雀つくづく, 露の, 青めり, 青桐や, 青葉若葉から, 静寂に, 面が, 面も, 面見やれ, 顔役で, 風景が, 風色碧紗に, 飛石といった, 飾りの, 騷ぎを, 高い木, 鬱々として, 鳥たちも, 鳳仙花を, 麥打の, 黄菊に, 黒べ

▼ 庭~ (2612, 16.6%)

140 出て 33 下りて 32 立って 30 面して 29 降りて 24 なって 20 おりて 19 咲いて 18 立つて 17 出た 15 水を 13 出ると, 落ちて 11 遊んで 10 入って, 出で, 植えて, 面した座敷 9 一本の, 向って, 眼を, 降りた 8 あつた, して, 向いて, 来て, 立ったまま, 面した窓 7 あるの, 生えて 6 出たり, 降り立って 5 ある桜, いて, 下り立って, 向いた部屋, 姿を, 於て, 栽える, 立つた, 降り立ちました

4 [21件] いるの, はいった, むかって, 下りた, 下りようと, 下りると, 出して, 向かって, 居て, 捨てて, 接して, 水が, 立った, 立つ, 臨んで, 降りると, 降り立つと, 面したガラス窓, 面した廊下, 飛降りると, 飼って

3 [34件] ある, あるもの, ある山茶花, いた, おりた, おろして, しのびこんで, めんした, 下り立ちて, 何か, 來て, 出たところ, 出ました, 向いた窓, 埋めて, 月が, 椅子を, 満つ, 移して, 続いて, 置くこと, 花を, 草の, 草花を, 見るべきもの, 起れり, 降りました, 降りる, 面したテラス, 面した八畳, 面した六畳, 面した書斎, 飛び出した, 飛び降りて

2 [164件] あかりぬ, ありますが, ある二本, ある便所, ある大きな, ある柿, ある樹木, ある池, いながら, おちて, おりる, おりると, おり立った, きて, ころがって, さし掛かる, しきつめて, それを, た, たちいでた, つづいて, でた, でて, とびだして, なった, ぽつ, まわって, りっぱな, ゐて, テニスコートが, トマトを, 一つの, 一木二木と, 一株の, 一羽黒い, 下りぬ, 下り立つ, 下駄の, 乾して, 二本の, 人の, 伏して, 住む狸, 侵入し, 入つて來, 入り, 入りぬ, 入り本院, 入ると, 入る者, 入れば, 出たら地震, 出た青年, 出ては, 出でて, 出られるよう, 出る, 出るとは, 切り花を, 勢ひ, 卸して, 召されて, 向いた障子, 向ける人, 向つて, 咲いたの, 咲いた菊, 咲いてるの, 咲き誇った夕顔, 咲くよう, 地上の, 居並ぶ羅漢達, 山鳩の, 幕を, 干して, 平伏して, 幾種の, 引き据ゑた檳榔毛, 引出して, 引返して, 張り繞, 戻ると, 投り出し, 折々山鳩, 抛り出して, 抛り出してあつ, 拷問に, 持ち出して, 持って, 持出されて, 捨て, 放されて, 放したが, 於いて, 春の, 時雨が, 来たこと, 松の, 柳藤桜山吹など, 柿の, 栽え, 桃の, 桜の, 植えたの, 武蔵野の, 残って, 気を, 火を, 犬が, 狐が, 生えこむもの, 生える草むら, 白しすべすべ, 白菊の, 目を, 秋の, 積んで, 突つ立つ, 立たせられました, 立ちながら, 立ち働いて, 立つたま, 立つた時, 立つと, 立てた, 立出る, 篠笹の, 縁臺を, 羽ばたきし, 苔が, 茶筌花咲く, 落ちる, 落葉を, 蟋蟀鳴く, 行って, 見て, 誰か, 足を, 足音が, 身を, 這ひ, 這入って, 連れて, 遊びに, 降されました, 降り立つ, 隠れて, 集めて, 雪が, 雪の, 霜柱の, 面したお座敷, 面した側, 面した六畳間, 面した広間, 面した方, 面した部屋, 面した障子, 音が, 飛び下りた, 飛出して, 餌を, 鳴きてを, 鳴く虫

1 [1489件 抜粋] あった利休形, あった隠居所, あつて, あまり見受けなかった, あらわれたこと, ありき, あります, あるかしらん, あるだらう, あるひねくれ曲った一本, あるゴミクタ, ある半分氷, ある墓, ある巣, ある木, ある桧, ある樹, ある無花果, ある白膠木, ある石神堂, ある葡萄棚, あれが, いくらでも, いたじゃ, いた人たち, いた犬, いって, いてよ, いますよ, いよ, いると, いる伸子, いる所, いる秀才, いる警官, うずくまって, うつりました, うろうろし, おいたカンバス椅子, おけると, おどる日光, おりたが, おりたり, おりグングン, おり立ち枝折戸, おり自, お出遊ばされし, お日さま, かおる木犀, かけて, かまを, きのふの, くずれて, くろずんだ鞍馬石, こしら, この支那栗, こぼれ落ちました, ころがした標石, こんなもの, ささやかながらも, さし入り厩舎の, しきりに鳴い, しないじゃ, しばしば現われ, しょんぼり立っ, すえどういう, すくんで, すわりながら, そそげども, その材木, それが, たおれて, たたずみ立った名人右門, たちて, だれか, ちよこんと, つくる野菜物, つながれた山羊, つれだして, とびこんだの, とび出しました, ながめ入って, なってよ, なつて, なりおりて, なり突き当り, なるであろうが, なんだかみょう, のり出て, はいりこみ例, はいろうもん, はじめてさ, ひそみました, ひとり戯れぬ, ひらりと, ふしぎな, ふりつみぬ, へんな, ほのめきいでて, ぽんと, まぎれ込んで, まつって, まぶしいほど, まわった時, みえるあの, むいた自分, むかった大きな, むかった横六畳, むかった肘, もう折り目, やたらと, やってこなかった, よういし, よく育っ, ゐたの, イナリの, ウロウロし, コスモスを, スリッパの, テーブルや, ナツグミと, ヒヨロヒヨロの, マユミさんが, ラプンツェルが, 一ぱいに, 一人きりで, 一叢の, 一杯に, 一艘の, 万作の, 三百人ほどの, 下し弁当, 下りさせられるの, 下りた滋幹, 下り梅雨, 下り立ったと, 下り菊, 下れど, 不意に, 並べられる, 中興大師の, 乾したまま, 二つ薬屋だった, 五六名の, 人影の, 人間の, 今朝見る, 付いては, 会して, 佇みながら, 住み真実, 何やら人, 何物かを, 作つてゐた, 使用される, 倒れて, 健全に, 傷つけたけれど, 充ちた, 光の, 入った時, 入りて, 入り古墳, 入る, 入るまで, 全校の, 凄壮, 出しはじめた, 出たが, 出たらもう, 出た平次, 出づ, 出でまして, 出なくなるし, 出や, 出られるやう, 出る度, 出れば, 出向き西, 分不相応, 列ね群猴, 力闘の, 医師の, 千金の, 取り入れそこ, 取り囲まれて, 古い祠, 古池が, 吊した駕籠, 向いたところ, 向いた側, 向いた小座敷, 向いた明るい, 向いた端っこ, 向いた階下, 向うガラス戸, 向くと, 向ったところ, 向った座敷, 向った方, 向つてア, 吸われて, 呼び寄せて, 呼集めその, 咲いたとて, 咲いた中華民国産, 咲いた花, 咲きたりと, 咲き出でぬ, 咲き残つて, 咲き誇って, 咲く日向葵, 咲く黄, 商賣, 囀ずる小禽, 四物あり, 囲まれた奥, 在るもの, 地蔵様を, 坐つて, 垣を, 塒を, 夏の, 夜を, 大きい松, 大きな巴旦杏, 大きな木小屋, 大きな池, 大きな蔓, 大層見事, 太い棒, 妹達が, 客と, 寢る, 射し込む灯影, 射干の, 小さな桜, 小屋掛を, 小蟻, 少し距, 居たの, 居た甥, 居ります, 居る駕籠, 屋外食堂が, 山吹が, 巣を, 市民が, 幾つか, 座つて泣きました, 建って, 廻つた, 廻るわけ, 引き上げそれから, 引き入れて, 引き取るから, 当て始めたため, 彼は, 従つた, 忍び込むまでには, 忍び込んだもの, 忙しかった, 怪しい人影, 懐中電灯の, 戦時の, 戸部と, 手ずから築いた, 手水鉢が, 手頃な, 投げすて手先, 投げつけて, 投げ出すと, 投げ捨て立ち上るところ, 抛り出されたあの, 持出すと, 据えたかったん, 掘って, 撒かれると, 教えられた, 散らばって, 散りこぼれやがて, 散り敷く楢, 数人の, 敷きたる板, 日に, 日蝕の, 春雨の, 曲者が, 有った手水鉢, 朝陽が, 木賊ばかり, 杉の, 来てよ, 来り終日, 来れり, 松風で, 柿の木が, 栽植しない, 桜が, 梯子が, 植えさせるやら, 植えたまた, 植えた山吹, 植えました, 植えるまでは, 植える人, 植え養われて, 植ゑさせるやら白孔雀を, 植ゑたる百合数株惜気も, 植ゑに, 植木と, 椿は, 楓の, 横づけ, 樹木が, 次第に数, 歩み入って, 残つてゐる, 殺されて, 毛の, 汐入りの, 池の, 沿った椽側, 泉水が, 流れた, 消えて, 添うた廻廊, 温泉でも, 満ちて, 漸く高く, 焚火し, 焼材を, 燈籠の, 牡丹桜の, 犬を, 現はれた, 現われごめん, 生えた煉瓦, 生徒が, 生温い風, 田舎の, 異ならず, 白, 白く咲き殘つて, 白藤の, 百観音の, 盆踊りが, 盥を, 真ツ赤, 眼は, 瞿麦を, 石あり, 石竹の, 神の, 秋草茂り, 移し植え形, 移すと, 積つた雪は, 積まれました, 積み重ねました, 突きだしたラウンジ, 突っ立っ, 突立っ, 立ちつくした事, 立ちてぞ, 立ち上る, 立ち軽く, 立ったまま戸口, 立つから, 立つた時月, 立つ想, 立てば, 立てるは, 立並んで, 筵を, 築き二つ, 篝を, 紅梅を, 紫陽花が, 続く石段, 縦横ちやうど三百人四角な, 繩もて, 置いた方, 置きたる, 耳に, 聞えた, 聴く時, 育って, 腰を, 臥牛形に, 臨んだ薄暗い, 自分に, 至ると, 船は, 花圃菜園など, 花菖蒲を, 若楓の, 茂れる一木一草, 菊の, 菩提樹と, 落されて, 落ちたが, 落ちたるを, 落ちるといった, 落ち這い出して, 落葉積りて, 蔓ツた, 薫ずる, 虎の, 蚊遣火, 蜜蜂の, 蟋蟀が, 血沫を, 行き西金陵揚州, 行った, 行つた, 西洋封筒を, 見えた時, 見える深い, 見入って, 観て, 設け樽蓋上, 誘い出した, 誰やら, 赤いつつじ, 走って, 走り出て, 足あとが, 足跡も, 跣足で, 踞んでこの, 躑躅牡丹薔薇藤その他の, 転げ落ちて, 轉が, 近い室, 迷ひこん, 逃げおり崖, 通う出口, 通せば, 造るの, 遊ぶ蟹, 運ぶと共に, 運んで, 適度な, 酒宴の, 鍍金した, 長けけり夏蕨, 門弟全部が, 開きそして, 降った雪, 降りた時, 降り上, 降り注いで, 降り立つた平次, 降るるよう, 陣した, 障子の, 雀多く, 集つて神聖な, 集まる神祭り, 雉子が, 雨が, 雪の下の, 霞も, 青い雑草, 面したおそらく, 面したほう, 面した三つ, 面した二つ, 面した南側, 面した奉公人達, 面した小, 面した広い, 面した控え, 面した次, 面した汚い, 面した自分, 面した雨戸, 面した風通し, 面する私たち, 音を, 風情を, 飛びおり池, 飛び下り厩, 飛び出したが, 飛び降りそこ, 飛び降ります, 飛び降りれば, 飛び降り木戸, 飛んで, 飛込んで, 飛降り木戸, 飼われて, 養われて, 馬に, 駆け出して, 鬱陶しく生, 鳴くの, 鷺草が, 黄色い鷄頭

▼ 庭~ (1525, 9.7%)

204 出て 53 下りて 38 降りて 37 出た 32 おりて 21 はいって 20 下りた 17 入って 15 行って 14 出ると 12 来て 10 飛び下りた 8 おりた, でて, 入ると, 出ました, 飛び降りて 6 おろして, とびだして, 廻って, 飛び下りて, 飛び出した 5 出たが, 出たの, 出るの, 眼を, 降りた, 飛びおりて

4 [13件] 下りると, 入った, 入つて, 出る, 向って, 廻った, 戻って, 水を, 穴を, 行った, 飛び出して, 飛び降りると, 飛んで

3 [22件] おりると, しのびこんで, つれて, とびおりて, まわれ, 下りました, 下り立った, 入りこんで, 入れて, 出ては, 唾を, 姿を, 忍び込んで, 持ち出して, 捨てて, 棄てた, 立つて, 縁台を, 足を, 通せ, 遊びに, 降りました

2 [70件] いって, かけだして, かけて, でた, とび降りた, はいり込んで, まわって, もって, もどって, 上るという, 下り積雪, 下り立って, 來て, 入つて來, 入りました, 入るの, 出かけて, 出して, 出たところ, 出たり, 出でて, 出ぬか, 出ましょう, 出ようとして, 出ること, 出入りが, 向かって, 向けて, 帰って, 廻ると, 忍び込んだ, 投り出せる, 投込ん, 抛げ, 抛り出して, 揃えた時, 放して, 案内した, 濡れたの, 灯の, 移すこと, 空けたと, 空けながら, 置いて, 行くこと, 見廻りに, 走って, 走り出て, 逃げたん, 逃げて, 逃出した, 這入った時, 連れ出した, 降りる, 降りると, 降りる工夫, 降りる石段, 降りスタスタ, 面した縁, 響いて, 顔を, 飛びおりたの, 飛びだした, 飛び下りたが, 飛び下りると, 飛び降りた, 飛下りて, 飛出したが, 飛込んで, 駆けて

1 [694件 抜粋] あが, あふれこんで, いこう, いの, いろいろの, いろんな野菜, うずくまって, うつすと, うつろに, おじゃった, おりたさ, おりたに, おりてから, おりました, おりようとして, おりる石段, おりる踏段, おり立って, おり立つところ, おり裏口, おろしながら, お茶をのみに, かけだす勇気, かつと, かな, この藁草履, こぼれ落ちた, ころげ出た, ころげ落ちたと, ごめん下さいまし, さす電燈, さそいだした, しのびこんできたどろぼうだよ, すえたとき, すべりこんだ, ずんずんは, ずんずんはいっ, ずーっと入っ, たらいを, だして, ついと遠い遠い, つき出した離れ, つき落す, つれこんだ, つれだして, つれ出した宇佐美直記, ですよ, でたり, とどけて, とびおりた, とびおりたの, とびおり古, とびこんだ, とびだした, とびだしました, とび下りた, とび去ると, とび降りて, とび降り町, とび降り驢, なげすて部屋, なりと, にょきにょきと, ぬけだして, のこして, のぞきに, はいっちゃ, はいっても, はいらん者, はいりこんだ, はいりこんで, はいり縁側, はいる, はいると, はいれと, はいれるよう, はいれるん, はこばせつくば, はだしで, はもうお, はもう一足, ぱら, ひきだして, ひっぱりおろす, ひらりと, ひろげて, ぶらんこを, ほうり出すと, まいりましょう, またもどっ, まだ楽, まわせ, まわった, まわつたか, まわる, みちびかれた, むけて, やってきて, やってきました, やって来ました, ゆこう, よせ集めた, わたしたちを, カンテラを, コスモスを, ザブザブ水を, セメントの, ヒアシンスや, ヒラリと, ポンと, 一杯に, 一杯ふきこみます, 一里大沢へ, 七輪を, 三人の, 下りかけます, 下りさらに, 下りたが, 下りたの, 下りた事, 下りた大勢, 下りた犬, 下りた頃, 下りないで, 下りなかったこと, 下りまして, 下りようとも, 下りる, 下りるの, 下りる人, 下りる度, 下りボビー, 下り外, 下り月光, 下り砥石, 下り立ち, 下り立ち陣十郎, 下り立ったお, 下り立ったの, 下り立った時ヴァランタン, 下り素晴らしい, 下り開戸, 下り驚かせたら逃げるかも, 下る流れ, 下ろすと, 並べて, 乗込んで, 二十七八の, 二重牢と, 伝える, 何所から, 例の, 侵入し, 倒れようと, 入った上, 入ってからは, 入つて行つた平次, 入りかけて, 入りこませ好色, 入り幸, 入り込んだ事, 入り込んで, 入れた方, 入れること, 出い, 出されると, 出せよ, 出たこと, 出たそう, 出たとき, 出たらどこ, 出た主人, 出てでも, 出ないうち, 出なければ, 出ましたが, 出まして, 出まつか, 出ようか, 出ようと, 出よ討ち果して, 出られた, 出られるころ, 出られるよう, 出られる廣, 出るごと, 出るたび, 出る階段, 出れば, 出ろ, 出直すと, 出馬なさる, 刎ね, 卸した土, 去った, 参りましょうと, 参りましょうよ, 吐きすてた, 向い, 向いた縁, 向かった雨戸, 向け雀, 吠える真似, 呼び, 呼び出されたとき, 呼出して, 唸りこんで, 喜三郎が, 回れッ, 囲い込んだ一構, 坐った, 埋めて, 埋めに, 外から, 外らす, 大な, 安置したであらう, 寝椅子, 射した, 射し出た燈火, 射し掛けて, 射込んだ矢, 小さな池, 布を, 帰った, 帰つて居る, 帰ろうと, 庭師を, 廻し板塀, 廻つたところ, 廻つて, 廻つて八五郎に, 廻つて来る, 廻つて障子の, 廻りそうして, 廻れ, 廻わり暫時は, 引いて, 引かせたそう, 引きずり下すと, 引きずり出しました, 引き出されて, 引き出し上, 引き出だせ, 引き摺り出さうかと, 引き込んで, 引っくり, 引出され, 引出されること, 引揚げる, 引摺っ, 引立てて, 引返して, 引返します, 御下り, 御出, 忍びこんで, 忍び込まなかったの, 忍び込みいかに, 忍び込もうと, 怪鳥の, 惹かされて, 戻りかけて, 手を, 手桶の, 投げた, 投げたため, 投げつけた, 投げて, 投げればよ, 投げ出して, 投げ出し入って, 投げ捨てて, 投げ込んだのさ, 投げ込んだん, 投出したも, 投棄てました, 投棄てるというは, 抛り投げそして, 抜けるつもり, 招かれた時, 招魂社の, 持って, 持出して, 持出せる, 振り落そうと, 捏ねて, 捨て, 捨てようと, 捨てられた裾模様, 放り出されたり, 放下したもの, 敷いた四五枚, 敷き並べその, 於市は, 明智先生たちを, 曲るところ, 曳かれて, 曳出した, 望みたら僕, 木を, 来るまで, 来る春, 来る音, 梯子を, 棄てたこれ, 棄てた上, 棄てた時, 棄てました, 棄てるとは, 植えて, 植えられた秋草, 植つけた, 植ゑた, 植込へ, 横た, 歩みこんで, 歸つて來ました, 母親に, 流れて, 流れ出て, 涼みに, 滑り出ました, 潜入する, 焚火を, 牽き出して, 理知と, 白い小, 目を, 矢を, 砂いじりに, 砂でも, 移した, 移しましたが, 移って, 積んで, 突いた, 突き落す, 突飛ばした, 立たせて, 立たせ自身, 立ちながら, 立ったまま途方, 立って, 立つた, 竹で, 筵を, 築きましたところ, 精一杯調べ始めました, 續い, 羊歯を, 苺や, 莚を, 落す事, 落ちた, 落ちたの, 落ちた上, 落ちた奇月, 落ちて, 落ちました, 落ちるの, 落ちる音, 落ち重なりその, 葬った様, 葭簾の, 蟷螂を, 行きそこ, 行くには, 行く道, 行けば, 行った頃, 行つた頃は, 行つてとう, 行つて力一杯に, 行つて見ました, 行燈を, 裏山から, 見惚れて, 訴える法庭, 誘い込んだ上, 誘き出した上, 誘ひ入れて, 走り出して, 走り出た美しい, 走り去る人, 走り込み瓶, 走り降りて, 足袋跣足で, 跳ねたが, 跳びおりた小六, 跳び下りて, 跳んだので, 踊り出しました, 踏み込みながら, 躍り出した時, 躍り出たが, 身を, 転がし出したの, 転がり出す, 轉がり落ちた, 轉げ落ち, 近い所, 近づいて, 迷い込んで, 逃げた, 逃げたあと, 逃げたらしい, 逃げてから, 逃げました, 這いこんで, 這入って, 這入つた, 這入りや, 這入ると, 通されて, 通した方, 通して, 通すヨロシイ, 通ずる枝折戸, 通せと, 通って, 通ふなる, 通ると, 通れと, 連れ出された, 連れ出し築山, 進んで, 遁げました, 遊ばせに, 遊びにつれ, 運び出す音, 運び霜柱, 長い影法師, 開いた戸ぐち, 闇の, 降って, 降り, 降りたか, 降りたかと, 降りたら芝生, 降りた樣子, 降りましたが, 降りよふと, 降りる所, 降り植木鉢, 降り立ちました, 降り立ったとき, 降り立って, 降り立つたの, 降り立つと, 雄鶏が, 集つた, 集まったそう, 集める御, 集らうと, 面して, 鞠が, 顏を, 飛びおりた, 飛びおりると, 飛びおり柵, 飛びだして, 飛び下りこれ, 飛び下りた覆面, 飛び下りた音, 飛び下りました, 飛び下りますから, 飛び下りようと, 飛び下りパタ, 飛び下り馬, 飛び下り黒部, 飛び出しそれきり, 飛び出し番頭, 飛び出すより, 飛び出たら屋根, 飛び去った, 飛び散りまして, 飛び込んだの, 飛び込んで, 飛び降りたの, 飛び降りる, 飛下り物置, 飛出して, 飛出すと, 飛降りたの, 飛降りた時, 飛降りる術, 飛降り垣根, 飼った, 駄馬を, 駆けおりると, 駆け出す時, 駆込み喧嘩, 駆込むと, 駈け下りた, 駈け出した, 駈け出したの, 駈け出す子供, 駈け込んで, 鶯が

▼ 庭~ (1489, 9.5%)

57 眺めて 54 歩いて 33 見て 26 ながめて 22 見ると 21 掃いて 19 眺めた 18 通って 13 眺めながら, 隔てて 11 見ながら 10 前に, 見た 9 ながめながら, 一と, 廻って, 横切って 7 出て, 囲んで, 見に 6 のぞいて, 抜けて, 掃いたり, 散歩し, 見る, 覗いて 5 へだてて, まわって, 嗜んだ家, 掃くの, 立派に, 見おろして, 見せて, 見ること 4 ぶら, グルリと, 埋めて, 歩きまわって, 眺める

3 [23件] さがして, さまよって, ながめた, ながめました, ながめること, ぬけて, ぶらついて, みて, わたって, 回って, 廻りました, 手入れし, 歩いた, 歩きまわった, 照らして, 突つ, 見つめて, 見下して, 調べて, 越えて, 距てて, 透して, 隔て

2 [60件] あちこち歩き, あちらから, あるいて, いじったり, ぐるぐる廻っ, こなたへ, ごらんに, すかして, つくること, とおって, ながめだした, ながめてから, ながめても, まはつ, みながら, よこぎって, 一回りし, 作った人, 去らずお, 取って, 唾だらけに, 埋めた, 彷徨って, 抱いて, 持って, 指しました, 捜して, 掃除し, 散歩した, 散歩する, 斜に, 東に, 横ぎっていった, 歩きながら, 歩き廻った, 歩くと, 歩くの, 歩く時, 独占し, 眺め, 眺めたり, 突っ切って, 突ッ切っ, 藪に, 行ったり, 見ても, 見まわしました, 見るって, 見るに, 見渡すと, 覗いた, 覗くと, 覚えて, 賑わした, 走って, 走り流れる清水, 造って, 過ぎて, 過ぐ, 隔てた隣

1 [840件 抜粋] あかるくし, あさりめぐり, あちこちと, あちこち歩きます, あちらこちらした, あちらこちらと, あやにくや, あるいたり, いじって, いつも歩き廻っ, いろどって, うずめて, うちめぐり, うろつき出して, うろつく, おおうて, お才, お見せ申せ, かかえて, かくして, かこむ五月, かせ時雨きぬ, きたなくする, きれいに, くぐり歩いて, ぐるぐるまわる, ぐるっと廻っ, ぐるり一回り, こうして見守ったら, こしらえて, こちらに, この間見た, これらの, ごらん遊ばしませ, さがしたけれど, さがし歩いて, さがす, さし示した, さまよい歩きながら, しずかに, しつかりと, しばらくながめ渡した, しらべても, しらべるよう, じっと眺め, す, すかしても, すこし歩い, ずっと見渡す, そうじする, そぞろあるきし, その庭, そろそろと, たがやして, ちよつと, ぢり, つき茅ヶ崎, つくったり, つくらうかとも, つくりそして, つくるため, つくるという, つくるよう, つくる余地, つくろうと, つないで, できるだけ浄, とつて, とりまいたコンクリート塀, どう形容, なかに, ながめたり, ながめるの, ななめに, ぬけうら木戸, ぬけましたか, のぞいた, のぞき込むため, のぞくので, はいたり, はく音, はらい粟, ひかへて, ひきあげたの, ひとまわりし, ひとりで, ひとり眺むる, ひるまカンカン, ひろげて, ふらふら歩い, ふり返ると, ぶらつきそれからまた, ぶらつくこと, ぶらぶらさまよっ, へだて, へだてた彼方, ほじくられたの, ほの, ぼんやり眺め, また見, まっすぐに, まわり寝殿, みおろすに, みやったが, めがけて, めぐらしてる壁, めぐり, めぐり碑面, もった二階家, もった百姓家, もつ書斎, もとの, ゆがめ裁ち切り皺, ゆく水, ゆびさすの, よぎって, よぎり松, よく見た, よこぎつて, よこぎること, わたる松風, カアの, グルグルと, ブラブラあるい, ブラブラし, ブラブラ散歩, ミレットと, 一つ隔てた, 一人で, 一回りした, 一巡し, 一巡しよう, 一廻りし, 一応検, 一目見廻, 一面に, 一順廻る, 上ると, 下って, 下駄歯で, 不確かな, 中宮は, 丸山に, 亀の, 二三十分ぐらい, 二町ばかり, 五十倍に, 介して, 何の, 何等の, 作って, 作つたり, 作る, 作ると, 作る人, 使つ, 借り彼等, 傲然として, 充し, 写生し, 出た, 出で, 出るその後姿, 出る時, 切って, 切つて裏木戸から, 十六夜の, 半より, 半周させる, 取り入れた図面, 取繞, 向いた眼, 向うへ, 周囲の, 味って, 啼いて, 嘲るやう, 回つて出づ, 回つて縁側に, 囲って, 囲み旧家, 圧倒し, 埋めたと, 埋めた日, 埋めた落葉, 塞いだ障子, 填む, 大宴会場, 失つたのである, 奥ふかく, 奥へ, 好きに, 好むよう, 宛なく, 小さな下駄, 少しばかり, 少し恨めし, 山野に, 巡って, 巡つて, 巡回し, 帰って, 広々と, 庚申塚の, 廻つて台所の, 廻つて戻つ, 廻ると, 廻れと, 彷徨い出した, 彼方此方と, 往き来する, 往っ, 往来し, 得たの, 御案内, 心持よ, 念入りに, 思い出したから, 思い出したであろう, 想像し, 愛し頭, 愛するひと, 我家にぞ, 手入れした, 手水鉢の, 打ちまわらせその, 抜け田圃, 抱いたその, 拔けて, 拜見いたしたう御座います, 拜見いたします, 拝見しましょう, 拡げた, 拵えるという, 拵らえて, 持った小ざっぱり, 持った立派, 指さした, 指し空, 指差した, 挾んだ向う, 捜すの, 掃いたの, 掃いた箒, 掃かうと, 掃きながら, 掃きはじめる, 掃き掃き幾度, 掃き清め夜更け, 掃くこと, 掃く人, 掃く者, 掃け, 掃除する, 掘って, 掘つて, 掘り返したぐらゐではもう, 掘ると, 探して, 探し尽して, 控えた縁側, 控えて, 控へ, 掻き立て, 描いた六号, 損じたこと, 摸したという, 散歩してる, 散歩できる, 斜めに, 明るくし, 明るくした, 星明りに, 暫く眺め, 暫く眺めた, 朝七時両家の, 朝起き, 杖などを, 東へ, 案内しましょう, 案内の, 楽しみて, 横ぎって庁舎正面の, 横ぎって来, 横ぎって田丸主, 横ぎって行った, 横ぎって走り, 横ぎつて四人は, 横ぎり又, 横切つて黒板塀, 横切りはじめた, 横切り人気, 横切り魚容, 横切ること, 横切ろうとして, 横断し, 横断り, 正面から, 歩いたと, 歩いたの, 歩いてるの, 歩きはじめた, 歩きまわる彼, 歩き回って, 歩き回りに, 歩き回ろうと, 歩き廻る足音, 歩き裏口, 歩くこと, 歩くよう, 歩く途中, 歩む, 歩行い, 母屋の, 気味悪さうに, 汚して, 活かすとも, 流れてかの, 清潔に, 満たすには, 漫歩し, 濃闇, 照し, 照すと, 照らさなければ, 片づける音, 犯しこれ, 献納した, 玉の, 畑と, 白く見せる, 盗人の, 真直ぐに, 眺むる大弘間咲きも, 眺めさりげ, 眺めたとき, 眺めた事, 眺めてばかり, 眺めなど, 眺めやった, 眺めやって, 眺めやるの, 眺めるでも, 眺めると, 眺めるの, 眺める時, 眺め入った, 眺め空, 眺め遣った, 眺め隣, 睨めて, 矢代も, 知って, 知れりや, 私どもは, 突き抜けたり, 突っきり艶, 突っ切り追い逼, 突切つてアパアトの, 窺った, 窺見る, 立ち去って, 箒で, 素通りに, 経めぐっ, 経堂裏の, 絶望的な, 縁側へ, 縫って, 繞らし, 耕さして, 耕して, 背景に, 脱ける, 舟で, 草野と, 荒し廻る時, 荒すからとて, 荒らされるの, 荒れたまま, 蛍が, 蝶や, 行きつくした築山, 行くよ, 行く植木屋, 裏の, 覆うて, 見いかたがた末, 見おろしながら, 見おろすこと, 見せた, 見せられますと, 見たらせまい, 見たらば, 見たり, 見た時感, 見つづけた, 見ては, 見はっては, 見はらせて, 見まわって, 見やって, 見るが, 見るという, 見るよう, 見る事, 見る隙, 見わたして, 見下された事, 見下した露子さん, 見下し青桐, 見下せば, 見出して, 見又, 見回って, 見巡って, 見庭, 見廻したが, 見廻す, 見廻はす, 見廻るの, 見廻る振り, 見晴, 見此, 見池, 見渡した月, 見渡しながら, 見物し, 見降すと, 見降ろしながら, 見雨, 覗いては, 覗き見して, 覗くたび, 観せて, 観集成館, 解放し, 訪ねたこと, 設けたり, 誰やら, 警戒する, 貫きたり, 買い明るい, 賃貸しし, 走りだした, 走るの, 走る落葉, 越えた向う, 距て, 踏み人, 踏んだの, 辿って, 迂廻して, 逃げる跡, 逍遥い, 透かして, 這つた證據を, 通うと, 通ったところ, 通つて行つ, 通らなきゃア, 通りぬけ, 通りまして, 通り拔けて, 通り過ぎようと, 通るの, 通る道, 通過する, 造り変, 造り直したり, 造るにも, 造る人, 遊ぶという, 過ぎ再び, 過ぎ虎, 遠く見る, 野邊又は, 野邊畑に, 開けて, 隔てた一間, 隔てた別棟, 隔てた奧座敷, 隔てた母屋, 隔てた自分, 隔てた黒塀, 離れず一羽, 離れようと, 雨戸で, 静かに, 頬杖つい, 頭で, 飛び出した, 飾るもの, 馬糞火気立ち, 馬鹿丁寧に, 駆け廻ったり, 駆け廻る, 駆け抜け待たして, 駈け出した源次郎, 駈け出して

▼ 庭には~ (539, 3.4%)

14 いって 8 草が 5 松や, 秋草が 4 だれも, 一面に, 午後の, 池が 3 いろいろな, ひつて, 桜の, 梅の, 水を, 秋の, 縁日で

2 [41件] あなたと, あれど, いっぱいに, ホカ, 一本の, 人影が, 何にも, 何も, 垣根が, 夜露が, 大木が, 天鵞絨を, 夾竹桃が, 子供が, 小さい笹, 山茶花が, 崖の, 幾つもの, 春の, 木も, 木犀が, 木蓮や, 杉の, 柿や, 桜や, 椋鳥が, 植込の, 椎の, 楓や, 欠くべからざる草花, 池の, 無論朱欒, 粗い竹垣, 綺麗に, 薔薇が, 藤が, 虫の, 赤いダーリア, 赤い男, 霜が, 鶏頭が

1 [388件] あの通り足跡, いかだかづらの, いかにも秋, いっては, いつか虫の, いつの, いつも彼, いまでも, いまの, いると, いるの, いる秘密, いろ, いろいろの, いろんな花, うめもどきが, うら悲しいよう, おことわり, かきが, かんかん陽, きらめく初夏, けいこ弓の, こうしてただ二人, こなかったから, こんもり茂った, さっきほうり込んだ, しきりに蜩, すくなくとも一ところ, すももの, そういったよう, そうした人数, そつち, その知恵, それが, それでも思い設けず, それ丈けが少し, たくさんな, ただ一本, ちやんと, できて, ところどころに, ところどころ屋外灯, どうかする, どくだみを, どこやら, ないが, なにも, はげいとう, ばらが, ひつた, びっくりする, ふたりの, へちまを, ぼうぼうと, まだ仏像, まだ剣, まるで天然, むかしの, もうかなり濃い, もうすこし水, もうよく爆けた石榴, もう付近, もう夕陽, もう小, もう小径, もう山吹, もう桜, もう百日紅, もう苧環, もと施療院, もと本殿, やはり池, やはり頼朝公, ゆうべの, よくあった, よろよろと, アンナが, サボテン鶏頭ゼラニュームその他の, シンボリツクな, スヰイトピイの, ダリアが, ダリアや, チベットで, ツツジだけが, ピジヤマを, ブランコや, 一人の, 一年中栗や, 一昨日の, 一本も, 一本欲しい, 一羽の, 一頭の, 七人の, 丈の, 三人の, 下男の, 下駄は, 不似合, 九月の, 二つの, 二ヵ所の, 二三本の, 二百年も, 五人の, 京都から, 亭主の, 人が, 人は, 人影も, 今二本の, 伊豆あたりからでも, 似合わない水色, 低い立ち木, 何か, 何の, 先づ一本の, 入らないでしょう, 其処此処に, 冬青榧木斛かくれみ, 刑事たちが, 勢いよく新しい, 勿論何箇所, 去年の, 古いブランコ, 古い林檎, 古い躑躅, 古幹, 各種類, 吉野桜八株を, 名も, 呉竹が, 商売物の, 噴水が, 囚人たちの, 囚人達の, 四季断えず, 垣根について, 埒が, 夏草が, 夕方の, 多少の, 大きい池, 大きい立派, 大きな木, 大きな柿の木, 大きな水甕, 大きな池, 大きな泉水, 大分それが, 大寺院, 大盃, 大輪の, 天狗が, 太湖石が, 太神楽が, 奇麗な, 嬰児を, 子供等や, 季節の, 実の, 家を, 家内も, 小さいながらも, 小さい池, 小さい流れ, 小さな防空壕, 小鳥が, 山一つ隔てた, 山茶花の, 川岸の, 常緑樹と, 幔幕を, 干物が, 幾羽の, 広楽, 形の, 彼が, 彼の, 必ずこの, 意味を, 戸山學校の, 手に, 打水の, 折よく, 拓榴が, 揺らぐ仄明り, 斬合いが, 新しく来た, 既に夕闇, 日ごろから, 明るい日, 昔景氣の, 春と, 春に, 昨夜の, 暮色が, 有名な, 木々の, 木の葉が, 木槿や, 未だコスモス, 杉や, 松が, 松だの, 松などの, 松の, 松明を, 枝ぶりの, 枝豆も, 枯, 枯柴や, 柏や, 柑橘類が, 柔かな, 柘榴が, 柘榴の, 柿が, 栗だの, 栗の, 栽培し, 桃の, 桜, 桜石南花なども, 梅桃梨柿枇杷の, 梅桜桃椿山吹夏蜜柑紫陽花柘榴金木犀枇杷山茶花等四季の, 梧桐が, 梧桐を, 梨と, 棚を, 植木も, 植木棚を, 植込みも, 植込も, 植込や, 椿も, 槇と, 槙や, 樋が, 樹から, 樹も, 樹木多く, 欝蒼と, 此の, 此草が, 毎年待っ, 池を, 沈丁花の, 沢山あなた, 泉水あり, 泉水に, 法界の, 海棠の, 涼しく打ち水, 湧くよう, 滝が, 澤山あなたの, 濕つた土の, 点々と, 煉瓦干され, 照しだされた, 燈籠なり, 燈籠の, 物を, 現れなかった, 瓦の, 生ひ伸びた, 生徒が, 男女の, 畏多くも, 畠が, 白, 白い卯の花, 白い幕, 白い木, 白い花, 白い辛夷, 白しすべすべ, 白ばらも, 白木蓮が, 白樺や, 百年をも, 百日紅が, 盛夏に, 真紅の, 真赤な, 石南の, 石印の, 石榴の, 石灰屑を, 礼盤を, 私の, 秋は, 秋草, 秋草など, 突然青春, 立木が, 竹藪の, 筍が, 築山が, 篝が, 篝火が, 篝火の, 篝火上の, 粗らな, 糠交り, 糸瓜を, 紅い葉鶏頭, 紅木蓮が, 紅梅が, 細かい金網, 網を, 縁先き, 背の, 腰かけや, 自分の, 花が, 花の, 花を, 花窓には, 草木が, 草花などを, 菊の, 萩が, 葉桜を, 葉蘭が, 葡萄棚が, 蓆を, 薄い日, 薄月, 藁塚が, 蛍が, 蛙も, 蝉が, 蝦蟇が, 蝶や, 蟋蟀が, 裏口に, 裏表とも, 西の, 西洋間の, 見はり, 見る人, 詩人が, 誂へ, 誰も, 警官たちが, 赤い鶏頭, 赤や, 赤坂から, 赤毛布を, 足跡も, 躑躅が, 軍鶏が, 近所の, 道具だの, 遥かの, 郎党たちが, 金の, 銀杏が, 門が, 開き戸の, 閑閑と, 隅に, 隣の, 雑木が, 雑草の, 雑草生茂り, 離れが, 雨あとの, 雨が, 雪を, 霜枯れの, 露が, 青苔も, 青葉が, 音も, 飛び石, 飛石石燈籠立木, 高い物干し竿, 高さ一丈, 高野槇が, 鳳仙花が, 鳴かじ, 鳴き弱った, 鶯が, 黄な, 鼬鼠や

▼ 庭~ (504, 3.2%)

17 遊んで 4 あそんで 3 縄を

2 [27件] あつた, あつて, おやりなさい, からすが, ほうせん花の, もって, ウロウロし, 二人の, 二十本に, 何を, 働いて, 彼女が, 拾つたといふ, 殺したの, 老人と, 草を, 見せたいもの, 見たこと, 見も, 見るもの, 言って, 話して, 蹴鞠を, 遊びな, 遊ぶ, 遊ぶこと, 鳴いて

1 [426件] あそぶ, いいで, いただきませうつて, いちゃついて, いつどこ, いまも, うたいます, うたった歌, うろうろし, おつぎ, お二人, お夏さん, お手打, お父さんが, お相手, お稲荷様, お茶に, かくれんぼを, かこまれた小ぢんまり, かたまって, くらすこと, けたたましい人, げすな, こおろぎが, この世の, この時計, この死体, この間うちから, この離れ, これという, ごらんに, さっそくの, さむいし, しきりに讃美歌, すぐ塀, すぐ屆, すら少々, する子供ら, する消防出初式, せ, せつせ, そこばくの, その前, その様子, その稽古, それからもう一度, それと, それを, たつた一人, ちよつと, ちらと, つきましたから, つくられる, できるもの, でも, ときどき地虫, どうでも, にぎやかに, にこにこ遊ん, にわとりが, ねそこ, ぼんやりし, まばらの, まるでかしわ手, むこうに, もう一度この, もう落ちはじめた, やって, やつた, やつても, やはり溝, やられたん, よくそんな, よぼよぼ牛, よんだ, わたしに, アグーシャは, ウサギが, キミ子は, コゼットの, コツンバシャンと, シャツ一枚に, シャベルを, スピーチを, ドイツ大使の, ニヤニヤと, フエンシングの, フト摺れ違った, フト擦れ, フラッシュを, ホラホラ鬼, ボビーと, ポンポンと, ラッキー・セヴンといふ, リーザと, ルルの, ローラー, 一しきり, 一しきりポチ, 一ぱいに, 一丁, 一二間の, 一人で, 一同写真を, 一晩明し, 一枚どう, 一生けんめいに, 三人いっしょに, 三日ばかり, 三輪車を, 三遍, 三遍廻つて本堂に, 上には, 上半身の, 中井さんが, 中村と, 主人の, 主君の, 之を, 九郎冠者義経が, 乱暴を, 乾かしたん, 二三分待たされました, 二人は, 二階へ, 人の, 人影を, 人殺しを, 仕切られた芝居, 休ませて, 休んだ, 休んで, 会うこと, 会って, 会っても, 会つた時やすが, 会見した, 体操を, 何か, 何の, 何やら用事, 何心なく, 何時草の, 何百年とも, 供養を, 俄かに, 俟って, 傭人が, 働いてるからって, 働きだした, 働き大変, 公は, 凧を, 出し抜けに, 別々に, 刺し殺して, 刺殺した時, 前面の, 剣術を, 剣術ウ教え, 勝つそれ, 北村さんと, 十七小, 十何頭の, 午後から, 取, 取っ組み合いでも, 句会を, 吹いて, 呼び合ういきいき, 咲いて, 啼いて, 四窓庵という, 園遊会を, 土いじり, 土いじりを, 土州山内容堂公の, 土手が, 声でも, 多勢の, 夜を, 夜回りが, 夜番の, 大きないかだ, 大きな木, 大地に, 大鼾, 太った奥さん, 太郎と, 妹を, 姉さまの, 始めて, 婦女子や, 子供に, 家族が, 寝て, 小さな魚, 小鳥の, 山下少年の, 山雀が, 岡田の, 左膳と, 平野少年に, 幾らでも, 庭を, 弓が, 弟と, 役人が, 彼女と, 彼女に, 彼女らを, 彼女を, 往生した, 待ち伏せして, 待って, 待つて, 徒渉に, 御挨拶, 忍冬の, 急に, 怪しい女, 怪人に, 怪我を, 恋語りを, 悲鳴を, 惨殺された, 憩おうと, 打ち割つた二つ, 拍子木を, 拝礼を, 拳銃戦が, 拾ったん, 拾った手がかり, 拾つたことも, 拾ひました, 摘む, 擂鉢型に, 数枚撮す, 敵討を, 敷松葉を, 斬られたらしい, 斬り合って, 於福が, 日向ぼっこを, 明けても, 時々鳴く, 暮すらしい, 暮らした, 暴れたという, 最初に, 最後まで, 月に, 木の, 木戸を, 松蔭好い, 柿が, 栽培する, 桐の, 植木の, 植込の, 植込も, 機械体操し, 歌い始めた, 歌を, 武技を, 歿なった, 段々泉, 殺されたと, 殺されて, 殿さまが, 母様の, 毎朝ラヂオ体操が, 池が, 泣く泣く仰いだ, 海を, 消防演習が, 源三郎と, 瀬戸物焼きなど, 炭やが, 炭火を, 焚くよう, 焼いた呪, 焼き捨てて, 煙火を, 煮た, 燒却する, 父から, 父と, 父の, 父や, 牡鷄が, 猫が, 猫の, 王妃さまは, 王様はじめ多くの, 玩具を, 畠を, 番頭さんと, 発作の, 発掘された, 発見された, 白ウサギが, 盆踊りを, 相手取った一人, 真実に, 眠ること, 砧を, 神聖な, 私と, 私は, 秋の, 空を, 突殺され, 立消えに, 立話し, 立話を, 築山や, 粗末な, 約束した, 純情の, 紺野老人の, 絵を, 繩を, 美智子を, 老武士, 聞いたと, 聞かすところ, 聲でも, 育った高価, 腹が, 自分の, 自分一人で, 舞わせ庭, 舟が, 芋粥の, 花見の, 若衆たちの, 草とりを, 草の, 草むしりを, 草花とでも, 草花の, 荷造りする, 菅糸を, 薔薇を, 藁仕事を, 蛇を, 蛍を, 蜂を, 蝶ちゃんに, 蟋蟀が, 蟋蟀の, 行つた, 行なわれる踏歌, 行はれた, 行水を, 見かけたあの, 見かけた猫, 見たの, 見た白い, 見て, 見られるが, 見付かったよ, 見付けたと, 覚束ない, 親父が, 親王は, 説教を, 誰か, 護謨風船を, 變な, 貯水池を, 跪いて, 跳ねま, 踊りを, 踏み留まった是, 軒に, 軽食を, 輪を, 逢った家政婦, 逢わせたり, 逢曳まで, 遇う会計係, 遇ふ, 遊ばせたり, 遊ばせながら, 遊びを, 遊ぶだろう, 遊ぶの, 遊ぶ久しぶり, 遊ぶ噴水, 遊ぶ庭球, 遊ぶ様, 過ごしたそれから, 過ごしながら, 過ごしましたっけ, 過した, 酒を, 酒保の, 野宿を, 鈍い灯火, 鉢叩きを, 鉢合せを, 銀杏の, 錠前を, 長者に, 門を, 間の, 隅の, 階段の, 雀と, 青白い螟蛉, 風を, 食事を, 首を, 馬の, 魚市が, 鳴きあるき, 鳴く小鳥, 鶏が, 鶏を, 鶯日和, 鶴の, 麥などを, 麦を, 默

▼ 庭~ (484, 3.1%)

5 よくても, 一面に, 見ゆ 4 広々と, 白砂が 3 奇麗でした, 広くて

2 [26件] いつも植物, きしてる, それらの, つまらない, み冬, 一杯の, 一面の, 今朝も, 少しも, 常に陽, 広いが, 広いし, 広くし, 廣, 日の, 明るかった, 春の, 更に小さく, 狭い, 白き小菊, 芝生に, 若木錦木もみぢし, 草が, 草深く誠に, 荒れて, 飛石だけ

1 [403件] あすこらあたりに, あたかも段々の, あつて, あなたより, あまり聞かない, あらゆる家禽, あんがいせまかっ, いくらか乾い, いつか潤い, おそらく他, おっとりし, おろかお, お前の, お家の, お花, かかるかわいい, かく半, かつて彼, かなりの, かなり広く, かなり高い, きしてる頃, きれいに, こういっ, ここの, ここ一個所であった, ことごとく打ちたがやされ, ことさらに, こぼれた血汐, これかと, こんなにも木, さして廣, さすがに, さながら花野也, しいんとしずまりかえった, しばらくの, すぐそれら, すぐに, すぐ澱んだ, すぐ裏, すつかりたそがれ, すでに暮れ, ずっと裸足, せせこましい, せまいが, せまかった, そうと, その勤勉, その東方, それほど荒れ, そんなに広く, たいしたもの, たいそう日当たり, たしかに微笑, ただ二本三本, ただ斑, ただ静か, たちまち一杯, たちまち入りみだれる, たった一, だん, ちょうどこぶし, とてもい, とてもせまい, どうだ, どうだい, どの木, どんなにか, ないし, ないの, ないはず, なかった, なかなか宜しゅう, なかなか広く, なくて, なくても, なくとも, なにか, なみなみと生命, なるたけ広く, にわかに騒々しく, ひっそりと, ひと口に, ひどくしめっ, ひろい, ひろい手入れ, ふる春雨, べたいちめん回答文で, ほとんどくらく, ほとんど何, ほとんど公園, まことに広く, ます, またお寺, また自然, また見苦しく, まだら, まだ掘り, まだ片づい, まだ畑, まだ見た, まっくら, まったく想像, まっ暗です, みな下り坂です, めったにない, もうすっかり秋, もうまっ, もう一面, もう何処, もう夕やみ, もう影, もう眞, もちろんの, もちろん今日, もとより殿中, やがて明るく, ややこれ, よく踏み固められ, ろくな蔭, わけなく乗り越されるくらいの, わりにゆったりしてる, わりに背, アヲギリ林に, カチカチに, キャベツと, シャールマーニュの, ジャコモ・ラッパチーニさまが, セーヌの, ダメ, チューリップの, マキの, ラボラトリーの, 一入の, 一日おき位に, 一町四方の, 一町歩か, 一草一木の, 一隅の, 丁度こんな, 丈夫な, 三千平方メートルも, 三坪に, 三百年の, 下から, 下手だ, 不用だ, 中国料理の, 二た, 二十坪くらいしか, 二年三年と, 二間半幅ぐらゐでこんな, 五郎作に, 京都に, 京都の, 人で, 今の, 今宵も, 今芝生, 低い黒塗り, 住宅に, 何だか彼, 何という, 何を, 何百貫という, 余程手広, 佳い, 傾く秋, 元より, 先日までの, 全く人, 八百フィート四方位であろう, 公園の, 其遺稿に, 其間に, 兼六公園の, 内から, 分家し, 分家を, 利休だの, 前云った, 十坪に, 十坪ほどの, 千坪も, 午前なら, 卯平が, 厳格と, 去年より, 又勝手, 古びて, 同僚を, 向股, 周囲に, 唯濁, 喬木に, 嗚咽で, 四方の, 四方行き詰まりで, 土が, 土質悪しけれ, 地獄と, 垣根つ, 塵埃すて, 変化なく, 夕も, 多くの, 夜に, 夢幻的な, 大きな壁, 大吉たちの, 大方掘り起し, 天鵞絨苔に, 太閤様御, 奇麗に, 奥行僅か十フィートであった, 好いお, 安政四年二月十四日に, 宏大地の, 実際の, 家に, 寂しかった, 密閉室の, 寒い, 尼寺の, 屏風と, 山田昌栄業広である, 川に, 平らかであった, 平生にも, 幾日たつ, 広い, 広おまっせ, 広かった, 広くない, 広く木, 広く立樹, 広く色色, 広げられて, 当時いかにも, 当時そのまま, 彼が, 彼の, 彼ら土人達の, 御維新後十年, 心が, 思いの外ひっそり, 思ったより, 思ひ外廣, 息詰りが, 手さぐりを, 打ち續, 抽斎の, 掃けば, 提唱し, 数千坪の, 文字どおり闇黒だった, 斜面に, 斯う, 方士で, 日本の, 日當り, 早や, 明らかです, 昔の, 昔は, 春さきの, 春に, 春には, 晴れやかに, 暗い, 暗かった, 暗くな, 暗くなっ, 暗くなり, 暮れて, 暮れるもの, 曙の, 月夜の, 木々の, 木の, 杉苔の, 杏雲堂病院の, 松が, 板塀ぐらいの, 板塀で, 板塀の, 板石といった, 案外にも, 桔梗の, 植物の, 植込の, 横の, 次第に騷, 死骸を, 殆ど常緑樹, 毎月一二次抽斎枳園柏軒舟庵海保漁村らを, 水を, 水場だけに, 水底の, 沙漠の, 治を, 海に, 淋しも, 深い緑, 漢青年に, 熊手もて, 燃えたつ葉鶏頭, 燈籠と, 物さび, 狐狸の, 狐色の, 狭いが, 狭いけど, 狭い方, 狭くし, 狭くて, 狭っ, 狹いがささやかでも, 狹けれど, 猫の, 生きてる神聖, 白紙な, 百人に, 百日紅の, 直放棄, 相当に, 真暗で, 真暗な, 真暗に, 眼も, 石と, 石一つない, 私には, 私の, 秋も, 窓が, 竹の, 竹垣を, 紅葉し, 素漫罵の, 紫いろに, 絵に, 絶頂を, 綺麗な, 縁先から, 織田家の, 美しかろう, 自分の, 臺所口から, 舞台な, 芝生で, 花の, 花咲き乱れ, 苔が, 茶庭風で, 草蓬, 荒れ果てて, 莠に, 華やかに, 蒸暑いので, 蔀の, 蔦の, 薄蒼く, 薔薇の, 薬草園だ, 蘭軒が, 装飾の, 見たこと, 見られないので, 見わたすかぎり, 見渡すかぎり一面, 見通しで, 話に, 誰にも, 誰の, 赤土に, 赤土の, 跡方も, 踊りに, 軽く中高, 輝くが, 道も, 都らしく輝い, 金糸の, 銀閣寺の, 長さ, 閉ざされて, 闇に, 陰欝に, 陽が, 隅の, 随分お, 随分ひろい, 障子硝子から, 雪見燈籠も, 電燭の, 非常に, 風ながら, 館の, 騷が, 高い塀, 高い板塀, 黄金を

▼ 庭から~ (410, 2.6%)

9 出て 8 廻って 7 声を 4 匍伏した, 外へ, 見あげた若 3 上がって, 入つて, 塀の, 家の, 来て, 縁側の, 裏の, 顏を

2 [27件] すぐ海, どこを, はいって, グルリと, 仰いだ風猛山一帯, 仰いだ風猛山一帶, 先に, 先の, 入って, 去つて, 射し込んで, 射込んだ矢, 忍び込む方法, 拾って, 持って, 木戸へ, 沼に, 流れて, 消えて, 直ぐに, 直に別室, 眼を, 窓を, 綾吉の, 縁側に, 縁側へ, 聲を

1 [296件] あがって, おっかさんが, おりて, お室, お座敷へ, かけた九つ梯子, このお, この間までは, これを, さいご, さげた手, さす昼, さだ子の, さらっと, じかに私, すぐ湯殿, ずうと, そうし, そこらを, そして木戸, そつと, その一室, その柿, その縁側, それぞれの, そんな声, とうとう立ち去, とうとう立ち去った, どこへやら, どなつた途端, どやどやと, ぬっと顔, はいりこんで, はいるべきの, ふみ後, ほとんど外, まばらに, まるで芝居, まわって, まわつたの, やってくるなんて, やってくるの, やつて, ズーッと, ドストエフスキイも, ドッと, ブラブラもどっ, ブラリと, モーターボートの, ライスカレーを, 一度に, 一方は, 一本の, 丁字形に, 丁度円屋根, 上がること, 上って, 世の中への, 中の, 中戸を, 二階に, 二階へ, 井戸端へ, 人々を, 人の, 仮装は, 來た, 偸むやうに視, 入った, 入つた猪, 入りますとね, 入り上, 六畳の, 出たかと, 出たです, 出られました, 出る, 出入りするらしく, 刈取つて, 劈って, 去る, 去る泰軒, 取り次ぎを, 古い漬物桶, 叫んだ, 同じよう, 吹きこんで, 吹き込んで, 呼ばれた, 呼んだ, 呼んでを, 回って, 園園から, 土藏の, 垣根を, 塀を, 境界を, 墓場へと, 墻を, 声が, 外に, 外の, 外へは, 外廻りを, 大きな聲, 大屋根, 天柱吐月の, 好い風, 姿を, 宇佐美直記を, 室へ, 家へ, 寝室へ, 寢室へ, 射し庭, 尋ねて, 小泉氏の, 居間へ, 屋内から, 屋内へ, 屋敷の, 山々の, 岸の, 崖を, 差込む, 帰つ, 庇の, 庇へ, 座敷で, 座敷の, 座敷へ, 庭を, 廊下に, 建物の, 廻された平次, 廻った一組, 廻つた方が, 廻つて一人づつ捉ま, 廻つて堂の, 廻つて奧の, 廻つて濡れ縁の, 廻つて裏へ, 廻つて雨戸を, 廻り四畳半の, 廻るもの, 引き上げて, 引き出して, 影を, 彼に, 彼の, 彼女を, 往來まで, 忍び出た, 忍び寄る曲者, 忍び返しの, 忍んで, 戻って, 手を, 打水の, 折らせて, 持つて, 掘って, 掘つて用意, 掛けた九つ梯子, 採られて, 数段高く, 新らしい, 早く帰っ, 早く帰つて, 昆虫が, 書斎の, 木犀の, 本当の, 材木置場を, 来たもの, 来る昆虫, 来る蒲生泰軒, 枯れ枝を, 柄杓を, 柴折戸を, 梅の, 梢を, 梯子で, 梯子を, 森の, 正面に, 段々遠い, 河岸へと, 流れ込んだ水, 浜へ, 浦島草を, 浮かび上がったよう, 海道筋の, 消えた後, 清さんの, 漂って, 瀬へ, 灌木の, 獅子の, 玄関から, 玄関先から, 畠から, 益満の, 直ぐと, 直ぐ入, 直に楼梯, 直接入, 直接入った, 石一つ除き, 石段を, 移した視線, 空を, 空模様を, 突き出た二三葉, 窓に, 窓へ, 立ち上って, 立ち上ると, 章介けい, 竹桿の, 紅と, 絶対に, 綺麗に, 綾吉が, 縁の, 縁側が, 聞えて, 聞える不, 聲でも, 背戸へ, 脱出し, 自分の, 舞台の, 芍薬の, 芭蕉の, 苗を, 苺を, 茲へ, 茶の間に, 落すと, 落葉する, 虫の, 表へ, 裏へ, 裏山づたいに間道の, 裏手の, 見あげて, 見える市街, 見た六兵衛, 見ると, 見れば, 見降ろせた, 覗込ん, 言葉を, 赤い顔, 跣足で, 躍りこんだ一ちょう, 返つて, 追払われたタケニ草, 逃げ出し自分, 逃げ出す事, 這い上がり川, 這入ったん, 這入りました様子, 通した, 通して, 通って, 通ひ, 運びこんで, 道路までが, 遠く海, 部屋へ, 郵便配達が, 鍵を, 長屋へ, 長火鉢の, 門の, 門前の, 開け放した間取り, 闖入し, 附近に, 附近の, 陸の, 階段講堂へ, 離れて, 離れへ, 離れ座敷, 離房めいた, 響いて, 顔を, 風が, 飛び込んで, 飛んで, 飾りだ, 駆り出して, 驚いたよう

▼ 庭~ (340, 2.2%)

34 あって 10 あった 9 ある 6 見えた 5 あつた, あつて 4 あるの, 広くて, 見える 3 広いから, 広いので, 行き届き過ぎて

2 [16件] ありまた, あり池, それを, つきるあたり, 今は, 仕切られた様, 傷寒論を, 出来て, 夜の, 水で, 狭いので, 狹く, 荒れて, 行き屆, 見えて, 見下された

1 [218件] あったけれど, あったらしくそこ, あったらどう, あの日, あの通り霜解け, あり, ありその, あります, ありますから, ありますこの, あり二条, あり元, あり向う, あり垣根, あり夢想, あり家, あり林, あり泉水, あり縁側, あり西, あること, あると, あるという, あるばかり, あるほど, あるらしかった, ある離れ, あれば, いっそう暗い, いつに, いろいろの, おぼろげに, お庄, かきかけて, きれいに, こ, ここで, この年安政二年, この雪, ございまして, ございましてね, しきりに混雑, すきな, すぐ眼, すっかり暗く, すっかり秋, すっかり見える, すつかり潰され, せめてありのままの, そこから, そこに, そこにも, たツ, だれの, ちょうどどの, ついた日, ついて, つけて, つづいて, つづくわけ, つまって, とって, とても広かっ, どんなふう, ないところ, ないので, なかった, なかなか立派, なくな, はっきり見えた, ぱっと明るく, ひじょうに広く, ひっくりかえるよう, ひらけて, ひらけよく, ひろがって, ひろげられて, ひろびろと, ほしいと, ぼっと暗く, またも一つ, まだ雑草, みえて, みえても, みえるが, みたくなったもの, もうちっとある, もし円形, やかましいよう, やつとの, よく踏み, ジメ, ジメジメし, ヒョックリ帰っ, 一しお暗く, 一つある, 一とき菊石面に, 一増粛然し, 一寸面白う, 一望される, 一本の, 一杯水に, 一緒に, 一週間ばかりという, 三十四歳向, 三千平方メートルも, 乾いたらとても, 五坪ばかり, 伸子に, 佐々夫婦の, 何だか妙, 作って, 作られたり, 俗っぽくなっ, 先ずお, 六十三歳で, 出来ると, 初めて特別, 前栽つづき, 台帳を, 名作でございます, 呼びに, 垣の, 夢幻の, 大受け, 大変です, 大層気に入りまし, 好きです, 好きなら, 姉で, 小さいため, 小さすぎます, 小さな桜, 少しあっ, 少しは, 少し見えた, 少し見える, 川で, 広うございまし, 広くって, 広く取っ, 広く寂び, 広く池, 広く裏, 広ろ, 座敷の, 庭に, 形ばかりに, 彼方に, 必要で, 成功する, 手入れを, 拝見したい, 拡がって, 持てる, 掃除も, 既に逝い, 明かるい, 明るくて, 昔から, 昔は, 晴々しく眺められた, 有りまして, 本定, 本所緑町の, 本郷弓町から, 来診した, 横わっ, 欠伸を, 次第に明るく, 次第次第に, 欲しい, 欲しいと, 比較的広く, 気に入ったの, 気に入つた, 水を, 池の, 泉水に, 深いから, 渋江の, 父の, 狭いから, 狭いの, 畳めないから, 白いと, 真ッ, 眩しい樣, 眼の, 破れた生垣, 突き抜けて, 結構で, 綺麗に, 美しく潤う, 芥川さんの, 花園に, 草も, 荷揚げ場に, 蒼い空, 蕗で, 薄暗い, 血だらけに, 見えその, 見えます, 見えると, 見える一室, 見え右, 見おろせた, 見やられて, 見られた, 見下ろされた, 見渡すかぎり青葉, 覗かれて, 透けて, 野菜の, 附いて, 非常に, 騒々しいので

▼ 庭~ (209, 1.3%)

3 あって, 今は, 籬も, 荒れ放題, 道も

2 [18件] あれば, かなり広く, なくすぐ, はだらに, 亦一面, 何も, 広いし, 広く草, 広過ぎ, 座敷も, 廣う御, 廣く, 彼の, 掃かずもう, 掃けば, 狭に, 畑も, 荒れたり

1 [158件] あったが, あったもの, あったヨ, あつた, あつて, ありまっ, あり十二畳, ある, あるくらいに, あるし, あるには, あろうから, あろうし, おもしろい, おもしろかった, お広い, かなりあれ, きっと悪く, これで, じめじめと, すべてを, すれちがう人間, せから, せに, せまいから, そこに, そなた, そのままの, その通り, その頃, ただ一人見, ついて, ない, ないところ, ない二間暮し, なかった, なかなか広い, なく兼, なければ, なまじこしらえてない, ひどく荒れ果て, ひろい, ひろいん, ひろく机, ひろびろと, まったくなく, めざましく青い, もはや六分通り籾, やや荒れ, ゆっくり取っ, よく心持, よく見えました, わりに広かっ, 一と, 一先ず定まった, 一夜に, 一所に, 乾いて, 二百坪ほど, 五百坪以上あった, 些と, 些とばかり, 何だか陰気, 何んと, 元の, 全部芝生に, 出来て, 初冬の, 半分ほど, 古い時代, 同じく小さな, 同じこと, 哀れに, 四五カ処は, 四季の, 園も, 在って, 垣も, 埋めるごとく, 大そう, 大変立派だ, 大木が, 奥も, 完全に, 家の, 容易ならぬ凝った, 寂びたもの, 少々裏, 屋内も, 屋敷も, 山も, 広々として, 広いの, 広いやう, 広い空地, 広う御, 広くない, 広く果樹, 広く池, 広く紅白梅, 広く門, 広し品川, 広し座敷, 庭つ, 庭の, 廣, 廣い, 急に, 惡く, 手狭で, 掃かせられボンヤ, 掃かせられボンヤリ, 掃かねば, 掃くと, 掃くといった, 控えたこうした, 新しく造った, 東京と, 松葉散り敷き, 此邊らしく, 殆ど大小なく, 水だらけに, 池も, 沢山ある, 浮き上つて来た, 無い家, 狹に, 現実の, 皆なし, 相当に, 相当には, 眺めて, 矢張り乱雑に, 砂地で, 社殿も, 空地も, 綺麗に, 花の, 茶室も, 荒れるが, 荒れ果て, 荒野の, 裏口も, 見え空, 見ず久, 見たくは, 見ましたが, 見落して, 見透かされる, 門の, 間どり, 隣りの, 離屋の, 雪に, 霜枯れて, 静かな, 非常に, 風流に

▼ 庭さき~ (170, 1.1%)

3 の闇

2 [14件] から直ぐ, で歯ぎしり, には秋草, にみんな, に一人, に閃光, の井戸, の柘榴, の瀬, の草むら青み夏むし, へころげ落ちた, へ逃げ出す, まで患者, を流れ

1 [139件] からざぶりと, からのつ, からふうわり, からふと, から小, から廻っ, から木切れ, から林, から此室, から続いた, から續, から釣る, が見えた, では洗い張り作業, では虫, でひとり土, で何やら, で取り押さえよう, で月卿雲客, で焼き捨てさせました, で犬, で男, と縁, と縁側, などで, にある, にあるき出し, にいろいろ, にうずくまっ, にうずくまった, にせせら, にちらつい, にはいっ, には子供, には秋めいた, にほうり出され, にも幕, にギラギラ, に一匹, に伴, に伴い入るれ, に余り, に倒れ, に堰いた, に声, に姿, に小作人, に屯, に廻り, に引き据え, に投げ出され, に捨て, に散っ, に残し, に汚れた, に目, に移し植えたら, に立ち, に立っ, に立つ, に置かれ, に落葉, に降りよう, に雀, に飛びおり, に飛び降りた, に鳴く, のうらら, のさお, のそぞろ歩き, のその, のとう, のもと, の何やら, の光代, の平たい, の打水, の日向, の暗がり, の木芙蓉, の松, の武士, の水際, の浪打際, の滝, の物置小屋, の石垣, の石垣下, の空, の空き地, の空地, の立木, の竹, の納屋, の草むら青み夏虫, の菊一輪, の落葉樹, の蝉しぐれ, の道, の野菜, の陽, の雪, の風呂場, はもう, は倒映湖, へで, へはいりこん, へまわっ, へ出, へ出た, へ叩きつけた, へ呼び出し, へ廻っ, へ廻り, へ投げこん, へ投げ出し, へ抜け出した, へ拉し, へ来い, へ来た, へ様子, へ牽き出させ, へ真っ逆さま, へ籐椅子, へ藺筵, へ跳, へ辷り出し, へ迷い, へ鶯, まで来, まで浮かぬ, や本堂, や茶, をうろつく, を流る, を照らし, を眺め, を見る, を透かし視

▼ 庭~ (141, 0.9%)

4 いうほどの, いっても 3 云っても, 申さうより 2 いうと, いまあの, なって, 同じよう, 言つた, 辻元

1 [115件] あれば, いいいかにも, いい建物, いうからには, いうても, いうでは, いっては, いはず屋根, いふ, いふで, いふよりも, うちの, この芽外皮, しつづく海人, しながら, し船, すれば, その手, ちがって, なつて, なりましたが, なり餓, なるべき所, みるならば, 一つの, 一変した, 一日に, 一階の, 不潔な, 中庭との, 二歳であった, 云うよりは, 云う名目, 云う程, 云つても, 云はず何とも, 云わず何, 井戸との, 仕切って, 伊沢柏軒とに, 便所が, 先に, 入口の, 区別され, 古びた板塀, 同じく眞, 同じと, 同じやう, 同じ高, 呼ばれて, 呼ばれる広い, 呼び囚人, 呼ぶ狭い, 噴水と, 図書室と, 垣根を, 塀とを, 境を, 大屋根, 奥深く大きな, 奧庭との, 小屋との, 小綺麗な, 幕屋の, 座敷が, 座敷と, 庭との, 建物越しに, 応接で, 思う, 思われる, 思われる辺, 日当りの, 林泉に, 桑畑との, 森の, 森林の, 池には, 海との, 為て, 王妖順だった, 現代の, 生垣と, 申しその, 申しても, 申そうより, 畑とが, 畑とを, 相模屋の, 称して, 絵とを, 聞くのみも, 苔生した, 茶室の, 荒地とを, 藍だけ, 藤色の, 見るとき, 見わけ, 覚しき所, 言つても, 言ふ, 言ふより, 言われて, 言われてるもの, 話して, 路次を, 軒先だけ, 通りとの, 鍛冶小屋が, 長い廊下, 門の, 門口とには, 障子を, 風呂桶が

▼ 庭にも~ (107, 0.7%)

3 出て

2 [11件] 一本の, 人影は, 公園にも, 出さ, 大きい栗, 廊下にも, 木戸にも, 清けかりけり, 秋の, 紅白は, 草木茂み

1 [82件] あった, あの通り幾百体, あり一段, いなかったので, かつての, かなりあります, このよう, この樹, こんな趣き, せよすべて, それより, それらしい, だれも, ときたま蟹, なんの, はぐれて, ぽつん, また清く, もう暮色, よく植ゑられます, 一と, 一本欲しい, 人の, 人気なく, 何百年か, 余りさびもつかないし, 北院のに, 去年の, 及んで, 咲いて, 園にも, 夏らしい, 夕日が, 夜靄が, 宝石が, 射し入って, 小鳥来り, 往来にも, 怪しい足跡, 戸口にも, 折から, 散らばつた, 日が, 春の, 昨年の, 時々色鳥, 暗, 来に, 来るでしょう, 果実の, 果樹を, 植えて, 正午前の, 母屋にも, 沈み匂って, 沢山に, 沢山の, 清けかるらし, 清有家里, 満ちて, 焚火が, 立たなかった, 立たぬ, 紅葉は, 紫陽花が, 菊の, 蒼白い月, 薔薇が, 藪にも, 融通し, 裏にも, 見られるの, 調度にも, 逍遥できぬ, 遊びに, 部屋にも, 野菜や, 降りられないと, 陽炎の, 雪間の, 餌を, 鶯は

▼ 庭~ (97, 0.6%)

7 のじいさん 4 の中間 3 の爺, の爺さん, の者 2 の源兵衛, の総帥, の鈴

1 [71件] か, か目付, がいつ, がいるらしい, がこの, がそっち, が勤める, が壁, が来たらしく, が行方不明, が蹲っ, である, で一代, という, という密偵, という将軍家直属, といえ, として名, となった, となる, とのほか, と称された, と称する, にした, にすぎない, にする, にその, に上役, に世話, に命じ, に姪, に用い, のじい, のじじい, のよう, の仕事, の働きひとつ, の元締め, の報告, の士, の家, の寝床, の小, の弥吉, の役名, の手伝い, の揃えた, の服, の村垣さん, の水野なにがし, の男, の異名, の老爺, の藪田, の負い, の間宮鉄次郎, の顔, は, はおずおず, はさして, はそれ, は下心, は去ろう, は吹上奉行, は墓掘り人, は廊下, は次, は静か, らしい小, をし, を殺し

▼ 庭~ (82, 0.5%)

2 で毎晩がさがさ, にある, に例, の楓樹, を忍びあるく

1 [72件] だが, であるか, でたそがれ, では椿, にあるいは, にある蒙, には夫婦梅, にまで討ち入っ, にむしろ, にも落ちる, に入っ, に去らしめ, に埋め, に婦人, に宿, に引かせ, に忍び入り, に憇, に控, に樫, に白色, に稲荷, に組み立, に繁茂, に落ち, に誘ひ入れ, に這入っ, に造られた, に顕, の, のそぞろ歩き, の一木一草, の一部, の如く, の小さな, の捜査, の樹, の樹木, の樹木等, の片隅, の砂, の老, の隅隅, の離庵, はひどく, はまだ, は荒涼, へとって返した, へ入っ, へ出た, へ参りました, へ忍びこん, へ逃げこんだ, へ飛下りる, まで乱入, も同様, も芙蓉, や野外, をあらためませね, を一廻り, を埋め, を廻りました, を廻る, を曳き, を歩き廻る, を歩こう, を相, を詮索, を跳ね廻る, を逍遥, を遊覧, を隈

▼ 庭~ (80, 0.5%)

3 門の 2 垣根に, 建物の, 後ろ邃き, 畑に, 畑へ, 草花を

1 [65件] きものお, その他の, それから廊下, また廊下, カピトルの, サラド畑や, サン, ルイ王朝の, 丁禹良らの, 三峡や, 中庭へ, 他の, 何かは, 垣根の, 垣根や, 城外の, 塀の, 墓地などを, 宅地を, 屋敷の, 座敷が, 廊下には, 廊下を, 建築に, 往来などの, 往来を, 木瓜の, 木立や, 松が, 森や, 椽先の, 次の間なども, 池を, 清々しい家屋, 潜りなれた, 煙れるごとき, 玄関前や, 甘藍畑を, 生籬の, 町中で, 畑の, 畑地に, 畑地の, 畠で, 畠に, 畠ばかり, 畠を, 空を, 空地などでは, 空地を, 窓から, 竹藪を, 縁側で, 草や, 菜園や, 落葉の, 表の, 裏を, 路に, 路端などに, 車井戸や, 邸は, 門前の, 門辺に, 階段に

▼ 庭では~ (67, 0.4%)

3 なかった 2 あるが, ない, 手拭に

1 [58件] あったが, ありますまいか, そぐわずなにか, ないか, ないが, ないの, ない門, なかろうかと, なくて, なく又, なく滑川, まだ暑かっ, もう梅が枝, やはり本郷, やはり私, よく鳴かない, カンナが, スイッチョが, 一尺五寸も, 一面に, 二人の, 人も, 供奉の, 先刻よりも, 光まばゆい, 六十以上の, 准后三位, 利家が, 前に, 十畳の, 和智君が, 姉様冠の, 実によく調和, 小池助手が, 小鳥たちが, 少しも, 少年探偵団と, 年の, 弁信法師が, 息子が, 数多の, 桜が, 焚火の, 牡鶏が, 男と, 痩せた少年, 真夏の, 立派な, 竹林が, 竹藪を, 至って危険, 虫の, 蝉が, 轡虫が, 野球や, 雪を, 頸から, 鶏も

▼ 庭~ (65, 0.4%)

2 から, の人影

1 [61件] から仰い, から説明, でいわゆる, で土龍, で得意, で数十人, にあつめた, にあらわれた, にある, における下総, におりる, にまでおよん, に一, に倒れ, に出, に刎, に召され, に呼び出され, に多き, に引きずり出し, に捨つる, に撒き散らした, に梅, に殘, に碑, に突ッ, に立つた, に群衆, に草本廿巻, に迎, に降り, に飛び下りた, に飛び下りよう, の二使, の光景甚荒涼, の切腹, の小石, の幕舎, の拝, の松, の松柏, の篝火, の老松, の色彩, の草叢, の遊び, の霜雪, の鶏, へぬかずい, へひかせた, へひき出し, へ出, へ呼ん, へ曳きだし, へ移った, へ落ちる, へ降り, を引きずり廻る, を見渡した, 再び虫語, 少なくとも地上

▼ 庭~ (54, 0.3%)

2 へそらした, を見る

1 [50件] からほの暗い, から姿, で, で付人達, など眺め, にかろく, にはかつ, にはところどころ, に低く, に向っ, に土下座, に春, に眼, に霜除け, の助, の月, の様, の秋草, の移り, の薄, の遠く, の闇, の階, の障子, はま, はもう, は暗く, は暮れ, へなど出, へ下り, へ井戸, へ投げやる, へ虚, へ走り出した, へ駈け, へ駈け下り, も屋根, をおひろい, をすかし, をながめ, をぼんやり, を只, を真っ青, を眺めた, を睨みすえた, を見, を見つめ, を見入り出した, を見渡す, を越えた

▼ 庭一面~ (47, 0.3%)

2 にさし込ん, に水, に漲り込んだ, に濡れ, の雪, を藪

1 [35件] が見える, が銀色, におしめ, にぐんと, にその, にはびこる, に咲く, に広がる, に拡げ, に散らばっ, に散乱, に日, に注ぎかけ, に浮織, に澱ん, に生, に生え, に秋, に種, に簇, に籾, に紅, に草花, に蹴, に雀, に青い, の群集, の霜柱, は朦朧, をサツト, を包み, を掻き出し, を火, 薄雲, 輝き渡ったが

▼ 庭~ (46, 0.3%)

10 の久六 6 の幸助 3 の百助

1 [27件] があっち, がしきりに, が今朝薄, が癩病筋, でございます, とさ, と私通, などに目, にせよ, にひどく, にも当たらぬ, に住み込みし, に其, に成り, に手代, に聞く, のこと, の幸, の彌, の権助爺, の權助爺, の言, の言う, は色, もいなかった, も居なかつた, や下男

▼ 庭でも~ (45, 0.3%)

2 ない, なかった, 掃いて, 散歩し, 歩いて

1 [35件] お月見, この冬, して, そこを, ついてる借家, ながめること, また往来, よくきれい, 作って, 公園や, 小さい乳房, 広間でも, 彼方此方と, 往來でも, 御覧に, 御覽, 怒鳴られました, 掃く心算, 散らず名所, 歩かないと, 歩きまわったあと, 歩くよう, 水の, 畑でも, 眺めて, 眺めるか, 美しいという, 見せに, 見たら宜, 見て, 見よく, 賞めて, 逍遙する, 都の, 鳴かなかった

▼ 庭~ (39, 0.2%)

2 に篝, の樹木, の花

1 [33件] が凉, が馬, ころがしまわるの, さがして, での一番立派, にはね, に乱れ入る, に存, に幾つ, に撒き散らし, に水, に漫々, に言上, に赤い, に跪ける, の幽, の木, の梅花, の熊笹, の石燈籠, の草木, の薄, の隅々, はパッ, より城楼, をころがし歩い, をすっかり, を火事, を窺っ, を翔, を蔽う, を見渡した, 逃げ廻って

▼ 庭~ (37, 0.2%)

2 けれども土

1 [35件] からどこ, からな, から人間, から明日, か畑, か菜園, が, がすぐ, がそれ, が一人, が夏, が水, が私, が隅, し樹, ぞ, つたのを, つて都下の, と, ということ, とかいつも, とか北側, としたら, と思わなけれ, と思われる, な, なあ, ね, ねえ, ねえ彼, の, よ, 庭だ, 閑かな, 雨戸の

▼ 庭~ (37, 0.2%)

9 の上 2 にちり, に花びら, を低く, を踏ん

1 [20件] こんもりと, ずウッ, でよごれきっ, と竹, にしとしとと, にはまざまざ, に三つ指, のよう, の地肌, の香り, はすっかり, は妙, は熱い, は白く, も白く, を手, を指, を掻い, を積みこんだ, を踏もう

▼ 庭まで~ (36, 0.2%)

3 ついて 2 はいって, 出て

1 [29件] あちこち追っかけ, いった, おって, ずっと細長く, でて, にせの, まぎれこんで, やつて, 先方から, 入りこむとは, 出ると, 出れば, 夜廻りに, 小ざっぱりと, 届けて, 引いて, 引張りその, 忍び込んだという, 忍んで, 持って, 掘つたが, 搜し, 来たとて, 歩いて, 歸つて來る, 迎えに, 送って, 通して, 響くほどに

▼ 庭掃除~ (34, 0.2%)

5 をし 4 をする 2 に余念, のお, の者

1 [19件] から玄関掃除, さ, でも草履取り, でも雑巾がけ, で小牛, に, になれ, に頼んだ, のとき, の下男, の外, の小使, の男衆, の舎人, の親爺三吉, は小, は有名, もした, や煤払

▼ 庭つづき~ (28, 0.2%)

2 になっ, の猫

1 [24件] で行かれ, で遊び, ともいえる, になった, に出, に向, に向いなる, に帝釈山, のお, のそこここ, の下, の伯爵邸, の前栽, の叢, の小, の小高い, の山すそ, の広い, の戸, の縁側, の鑁阿寺, みたいに, 客が, 崖の

▼ 庭伝い~ (28, 0.2%)

2 に女, に来

1 [24件] そっと坂下御門, で行かれる, で行ける, にそっと, にとん, にばらばら, に三吉, に卵塔場, に参り, に右, に奥, に奥座敷, に屋外, に屋敷, に帰っ, に座敷, に数寄屋, に来まし, に桜井先生, に横手, に縁側, に縁先, に茲, に行く

▼ 庭~ (26, 0.2%)

2 の雛菊

1 [24件] から路地, にこの, には紫, に一夜, に咲く, に埋め, に大金, に小さな, に挿した, に池, に確か, に立ち現われた, に縁臺, に近, の一本, の四阿, の夏蜜柑, の大, の築山, の興奮, の芭蕉よみ, の花畑, の菊, へ喚声

▼ 庭へは~ (24, 0.2%)

4 いつて 2 ひつて

1 [18件] いるが, いる境, いる秘密, こう行っ, この道, どう行け, どう行っ, ほんの二三日, みんな藁屑だの, 一度も, 僅かな, 入らずに, 出ない, 外から, 店の, 時々近辺, 諸木を, 足を

▼ 庭掃き~ (21, 0.1%)

3 の爺 2 やらほんの, や飯炊き

1 [14件] から荷拵え, でも水, とあまり, とも一人, などをし, につかっ, の者, もする, や亀一, や使い歩き, を命じられ, 卯八でした, 爺さんが, 老人が

▼ 庭~ (21, 0.1%)

2 のこゑ, の聲

1 [17件] がのんびり, がやられた, が二, が二三羽キャキャッ, が鳴いた, じゃア, と思つたの, にそつくり, のとまり, のやう, の啼く, の声, の尻, の羽, の食, を伏せる, を呼ぶ

▼ 庭との~ (17, 0.1%)

2 境に, 境は, 間には

1 [11件] ある家, 全景が, 堺には, 境いに, 境には, 境壁には, 工合からも, 方を, 界に, 距離が, 限界を

▼ 庭~ (17, 0.1%)

1 [17件] からの贈物, だと, の傍, の前, の方, はあわて, はそれ, はちょ, は凝, は女, は嬉し, は新た, は毅, は涙, は起っ, は酒, は饗宴

▼ 庭より~ (16, 0.1%)

1 [16件] あっさりと, こちと, その部屋, はる, 例の, 十匹余りも, 外に, 奧へ, 少し広い, 廊下へ, 煙たち夜ふくれ, 眺むるに, 私の, 立ち上る煙, 見下ろす寝覚, 飛石伝えに

▼ 庭づたいに~ (15, 0.1%)

1 [15件] あの大きな檻, すぐ楽翁, ずっと北の方, 入った口, 出て, 参りますと, 帰って, 廻って, 忍び込んだらしく思われるのに, 来て, 歩いて, 歩みそこ, 行けますか, 行ける離れ, 走り

▼ 庭らしい~ (15, 0.1%)

2 庭も

1 [13件] かざりの, がもう, ところで, のが, ものを, わね, 中へ, 処へ, 庭が, 木立に, 處へ, 趣で, 閑地さえ

▼ 庭向き~ (15, 0.1%)

2 の座敷

1 [13件] にごろりと, に腰かけた, のところ, の一枚, の下, の客座敷, の室, の小座敷, の広間, の窓, の窓際, の縁, の部屋

▼ 庭という~ (14, 0.1%)

3 ものが 2 のは 1 まっ白な, もので, ものの, ものは, もの店舗を, やつが, 名の, 家扶と共に, 風な

▼ 庭造り~ (14, 0.1%)

1 [14件] が一木一石, が砕心, という, というよう, などに河原者, などの考案, には地所, の仕事, の光景, の名人, の役人, の極, の結構, はまことに

▼ 庭じゅう~ (13, 0.1%)

1 [13件] に月, の樹, の草, をさまよい歩いた, をせまし, を捜し回っ, を歩い, を狂いまわりだした, を見廻る, を調べた, を追いかけまわし, を飛び廻り, を飛ぶ

▼ 庭にでも~ (13, 0.1%)

2 出て, 町にでも 1 おり高い, じぶん, どこの, ないもの, 出たくなって, 据えようもの, 植わってたもの, 植ゑたらさぞいゝでせうに, 落してないかと

▼ 庭へと~ (13, 0.1%)

2 探しに

1 [11件] とびおりたの, 伴れ, 出た, 往った, 歩みながら, 海を, 物の, 移された, 調べて, 足を, 躍り出した途端

▼ 庭へも~ (13, 0.1%)

2 春が, 遊びに 1 來ます, 出られるやう, 出る暇, 同様である, 小鳥が, 私は, 落ちるの, 連れ出して, 門の

▼ 庭一ぱい~ (13, 0.1%)

1 [13件] になっ, に咲い, に寂寥, に廻っ, に感じ, に枝, に漂つて, に集まっ, の大きな, の木賊, の雑草, の雜草, の鷺草

▼ 庭~ (13, 0.1%)

2 の雨戸, を横切っ 1 に入っ, の上がり口, の内外, の年番, の方, の空地, へとび出し, へ這入る, へ顔

▼ 庭いっぱい~ (12, 0.1%)

2 の虫 1 うっそう, にあたっ, にふりそそぎ, にほし, に植えた, に集っ, の朝日, の群衆, の黄色い, 押し込んで

▼ 庭~ (12, 0.1%)

6 しに 1 しに大, しに小松谷, しに河原, しに飛脚屋, しの遠い, のみの

▼ 庭とを~ (12, 0.1%)

2 目に 1 くまなく, もったいろものの, 一眼に, 両方に, 仕切った板塀, 広岡の, 持って, 眺めた, 見いだしその, 見渡すと

▼ 庭などを~ (12, 0.1%)

2 見て 1 いぢくつ, ながめあるほどに, ぶらぶら歩い, 何気なく眺め, 掃いて, 眺めて, 眺めながら, 眺めるため, 通過する, 造るにも

▼ 庭一杯~ (12, 0.1%)

2 の春 1 にぎつしりつまつてゐたのである, に伸びる, に凹面鏡, に散, に立て, に筵, に色とりどり, に集まった, に鯨, を隈

▼ 庭全体~ (12, 0.1%)

1 [12件] が薄暗く, が見晴, にそれ, に拡張, に溢れる, に高い, の眺め, の空気, の自然, を一つ, を圧倒, を見渡した

▼ 庭~ (12, 0.1%)

2 の中 1 に舟がかり, の方, の杜詩, の波瀾, の縁, はただ, は湖, まで来た, をお, を舟

▼ 庭です~ (11, 0.1%)

2 な, ね 1 か, かとびっくり, がね, けれど僕, ことね, って, よ頭

▼ 庭~ (11, 0.1%)

10 ひに 1

▼ 庭~ (10, 0.1%)

3 鳥, 鳥の 2 鳥あそぶ 1 鳥くだかけも, 鳥さへ

▼ 庭とも~ (10, 0.1%)

1 あさぎ庭, あらず打, いふ神あし, いへ, つかない地面, つかない空地, つかぬ椽先, 云え, 云ふ, 眺められるその

▼ 庭からは~ (9, 0.1%)

1 いつて, そんな声, 大勢が, 官兵が, 弓を, 来客の, 紫丁香花の, 菩提樹や, 農学校で

▼ 庭とは~ (9, 0.1%)

2 比較に 1 いえ化物屋敷, 云っても, 厳重に, 平生謹厳を以て, 極めて親しい, 絶縁され, 草も

▼ 庭~ (9, 0.1%)

3 のである 2 のだ 1 ので判然, ひだとしては, ひと言ふ, んだ

▼ 庭続き~ (9, 0.1%)

1 でこの, にすぐ, に私, のよう, の両側, の崖, の芝生, の茶畑, 崖下に

▼ 庭~ (9, 0.1%)

4 にも立ち替り 1 にも立ち替り咲き, に噴泉, の一斉, の高き, も追

▼ 庭~ (9, 0.1%)

4 の上 2 の藁 1 である, の周圍, へ籾

▼ 庭越し~ (9, 0.1%)

1 に内, に向い合わせ, に家, に梅, に神田, に聞い, に通り, に隣り, の枝折戸

▼ 庭~ (9, 0.1%)

1 から出, から奥, から駈けこん, のそば, のほう, の方, をあけさせ, をくぐる, をまわり

▼ 庭であった~ (8, 0.1%)

1 から門, がそれでも, が今日, が林, が無論, ことは, ところにも, のかも

▼ 庭なども~ (8, 0.1%)

1 しらべて, そんなに広く, ひろいよう, 二十坪ぐらいの, 手入れが, 残って, 残つてゐる, 結構に

▼ 庭なる~ (8, 0.1%)

2 美登利は 1 土間の, 山吹の, 朝顔の, 椅子は, 竹藪に, 芋も

▼ 庭先生~ (8, 0.1%)

1 がクラス, が嘘, が地球人間, だっても本, に化け, のおっしゃった, の発会, は目

▼ 庭兵介~ (8, 0.1%)

1 が鯉口, に逢つて, の調子, は唸りました, は問はる, は日本一, もすつかり煙, 思ひの

▼ 庭~ (8, 0.1%)

2 の三吉爺 1 すなわち掃除夫, などの或, に出た, の三吉, の株, は一カ月二円

▼ 庭~ (8, 0.1%)

1 が一せい, の, のゆらぐ, の光, の火, の火の粉, やらがふと, をグルグル

▼ 庭~ (8, 0.1%)

2 に木の根影, の強き日射 1 に額, の上, の地, は実に

▼ 庭~ (7, 0.0%)

1 えこの, どっちに, 広間でも, 支那から, 桑畑の, 而も, 背戸を

▼ 庭である~ (7, 0.0%)

1 からです, から一本, が先づ表, が鞍馬石, のを, むうこれは, ように

▼ 庭など~ (7, 0.0%)

1 うろうろし, お手入れ, それ自体は, 一見させ, 散歩し, 落ちついて, 通って

▼ 庭などに~ (7, 0.0%)

1 あるの, こぼれた米, 咲き出るもの, 愛情を, 立ちたらば, 野生の, 集まって

▼ 庭なら~ (7, 0.0%)

1 なお垣, ば垣, 七十年戦役の, 安全である, 幾ら貴方と, 生垣に, 築地の

▼ 庭ばん~ (7, 0.0%)

3 の助 2 のじい 1 です, のじいさん

▼ 庭~ (7, 0.0%)

1 から見まもっ, にも夕顔, に夕顔, の彼方, の隅, も式台, や質素

▼ 庭幽か~ (7, 0.0%)

7 な庭

▼ 庭木の間~ (7, 0.0%)

1 からも向方, にからだ, にながめた, に潜ん, に立つ, を切り, を潜っ

▼ 庭~ (7, 0.0%)

2 の如き 1 といっ, と称する, の陶器, は取る, を出でない

▼ 庭からの~ (6, 0.0%)

1 反射が, 夜風を, 微風に, 眺望は, 訪問者は, 訪客は

▼ 庭さきで~ (6, 0.0%)

1 あッという, 先づそれを賞観する, 男と, 筆に, 老婆の, 顔を

▼ 庭にて~ (6, 0.0%)

1 三人卓を, 何を, 汝に, 紅白の, 遊びて, 遊ぶと

▼ 庭へでも~ (6, 0.0%)

2 納めたもの 1 下りて, 埋めて, 追いやるよう, 這い込んだろうという

▼ 庭への~ (6, 0.0%)

1 一番の, 出口が, 出口は, 注意は, 道を, 郷愁を

▼ 庭までも~ (6, 0.0%)

1 忍び行く, 掃除を, 検べたけれど, 残す所, 蕎麦や, 這入れるから

▼ 庭仕事~ (6, 0.0%)

1 にまぎれこん, の方, の相間, も次第に, を全部, を励んだ

▼ 庭~ (6, 0.0%)

6 ひに

▼ 庭向う~ (6, 0.0%)

1 に折, の別室, の四畳半, の小, の病棟, の離れ

▼ 庭~ (6, 0.0%)

1 から離れよう, のぎいぎい, のそば, のため, の下, を押し

▼ 庭拝見~ (6, 0.0%)

3 をし 1 が済む, といふふう, にまいります

▼ 庭~ (6, 0.0%)

1 から澗, から石段, から胸先上り, にとびだし, に影, の芝生

▼ 庭~ (5, 0.0%)

4 ぢり 1 ぢりや盆栽の

▼ 庭いちめん~ (5, 0.0%)

1 にうっとうしい, にこころよく, に咲かせた, の愁嘆場, の白い

▼ 庭からも~ (5, 0.0%)

1 それが, はいれるよう, 廊下からも, 裏木戸からも, 見通しの

▼ 庭だった~ (5, 0.0%)

1 が数個, そうです, ところに, と思える, んで橋

▼ 庭とが~ (5, 0.0%)

1 あって, 我が家と, 見えて, 見渡された, 隣り合せ

▼ 庭などによる~ (5, 0.0%)

3 ものぢや 1 ものじゃ, もので

▼ 庭もほど~ (5, 0.0%)

5 ろに

▼ 庭~ (5, 0.0%)

4 の女等 1 でもいったい

▼ 庭~ (5, 0.0%)

1 の三人, へあがっ, へ下りかけよう, へ出た, へ降り

▼ 庭~ (5, 0.0%)

1 だの干上った, や水, を眺め, を眺めた, を踏ん

▼ 庭~ (5, 0.0%)

1 に向いた, のまあ, の井戸, の木戸, の誠

▼ 庭いじり~ (4, 0.0%)

1 いまだに鍬, などといよいよ, をしましょう, をやってる

▼ 庭~ (4, 0.0%)

1 へ, へ掘れ, 歩き廻って, 這入って

▼ 庭じゃ~ (4, 0.0%)

1 ありませんか, ありませんよ, なくって, アない

▼ 庭だけ~ (4, 0.0%)

1 あって, だ一度, です, 家族の

▼ 庭だつた~ (4, 0.0%)

1 かと今更, かと思はれた, けれどもおばあさん, ところに

▼ 庭つくり~ (4, 0.0%)

1 になった, の心, の系統, はこせこせ

▼ 庭でございます~ (4, 0.0%)

1 あれが, このお, な, なあ

▼ 庭といふ~ (4, 0.0%)

2 ものは 1 のは, よりか

▼ 庭として~ (4, 0.0%)

1 あそぶ鶉, 気に, 相手の, 賞で

▼ 庭ながら~ (4, 0.0%)

1 人入り乱りたづきあらなく, 夕かげは, 大きな池, 病室の

▼ 庭につれ~ (4, 0.0%)

1 出された, 出しあと, 出しそして, 出した

▼ 庭にな~ (4, 0.0%)

1 つてゐ, つてゐた, つて居り, 立ちそ山茶花

▼ 庭に対して~ (4, 0.0%)

1 いつもの, なまりぶしの, 何となき懐し, 経づく

▼ 庭ばかり~ (4, 0.0%)

2 でなく近所 1 巡って, 見て

▼ 庭べに~ (4, 0.0%)

1 トマトを, 咲く花, 秋草花の, 菊植うる

▼ 庭をも~ (4, 0.0%)

1 けむらせて, 埋めた, 御簾の, 持たないよう

▼ 庭~ (4, 0.0%)

1 下リヨウトスルト, 出テ, 出テ来テ警告シタ, 檻ヲ

▼ 庭~ (4, 0.0%)

1 散歩シテイルト囲イノ中ノ, 散歩シテ四阿ニ休ム, 散歩スル, 横切ッテ門前

▼ 庭一パイ~ (4, 0.0%)

1 に持出された, に照, の秋, の青葉

▼ 庭~ (4, 0.0%)

1 でも大岡家, へ出, まで退いた, を見ました

▼ 庭~ (4, 0.0%)

1 の着想, ばかりで, をな, を踏んだ

▼ 庭~ (4, 0.0%)

1 にした, の古参, を入れず, を御免

▼ 庭~ (4, 0.0%)

4 の蘇州庵

▼ 庭筑波~ (4, 0.0%)

1 がいました, が撮影, その弟子, の門

▼ 庭~ (4, 0.0%)

1 ありて, が大きな, に入れさせ, に飼った

▼ 庭背戸~ (4, 0.0%)

1 が相応, なら格別, には萩, まで見積っ

▼ 庭造り師~ (4, 0.0%)

1 のこころ, の態度, は灌木, は順じゅん

▼ 庭あり~ (3, 0.0%)

1 て我が, と覚しく, 背戸あれ

▼ 庭すみ~ (3, 0.0%)

1 に, に埋め, の物

▼ 庭その~ (3, 0.0%)

1 かおり高き, 一部を, 奥は

▼ 庭~ (3, 0.0%)

1 づみ, づみに, づみ流るる

▼ 庭だけが~ (3, 0.0%)

1 そのま, どうやら拙者, 特に明るい

▼ 庭であり~ (3, 0.0%)

1 植込みが, 第二, 諸所に

▼ 庭でない~ (3, 0.0%)

2 上に 1 ことも

▼ 庭とで~ (3, 0.0%)

1 三百フランも, 囲まれて, 斬られました

▼ 庭などが~ (3, 0.0%)

1 あったが, かえってよくなる, それから

▼ 庭などで~ (3, 0.0%)

1 さえずるが, ふと思い出ばなし, 編物を

▼ 庭などの~ (3, 0.0%)

1 実景であろう, 有様かと, 様であろう

▼ 庭などは~ (3, 0.0%)

1 多くは, 整って, 杉苔の

▼ 庭なれ~ (3, 0.0%)

2 ばすべて 1 ど亦

▼ 庭のさ~ (3, 0.0%)

3 ざんくわ

▼ 庭ひろびろ~ (3, 0.0%)

2 と雨 1 として樹木尠

▼ 庭までは~ (3, 0.0%)

1 いつて, まだ手入れ, 白壁門多門二ヵ所の

▼ 庭まわり~ (3, 0.0%)

1 にも小姓, の樹木, をした

▼ 庭むしろ~ (3, 0.0%)

1 の上, を立っ, 邸宅と

▼ 庭わたり~ (3, 0.0%)

1 だった, のできる, は女

▼ 庭わたりを~ (3, 0.0%)

2 して 1 するなら定明

▼ 庭~ (3, 0.0%)

2 散歩 1 散歩ヲ

▼ 庭使い~ (3, 0.0%)

1 にし, の草履取, は箒持ち

▼ 庭~ (3, 0.0%)

1 堅が, 堅安琢が, 堅安琢は

▼ 庭半分~ (3, 0.0%)

1 にさし, にその, 程這入っ

▼ 庭~ (3, 0.0%)

2 は元 1 は業

▼ 庭~ (3, 0.0%)

1 の新建, の部屋, ふの

▼ 庭~ (3, 0.0%)

1 のほう, の塀, の隣家

▼ 庭~ (3, 0.0%)

1 の忰, も無口, を三四代

▼ 庭~ (3, 0.0%)

1 から海道筋, とも云, を荒れた

▼ 庭~ (3, 0.0%)

1 には屈強, の植込み, へ出た

▼ 庭木立~ (3, 0.0%)

1 です, を潜っ, を距

▼ 庭~ (3, 0.0%)

2 のところ 1 御首尾大

▼ 庭~ (3, 0.0%)

1 の小山, の藪, 竹藪で

▼ 庭~ (3, 0.0%)

1 の方, へつれ, へ連行

▼ 庭~ (3, 0.0%)

1 の咲いた, の如き, の趣

▼ 庭草履~ (3, 0.0%)

2 を穿い 1 を穿きまし

▼ 庭西湖~ (3, 0.0%)

1 に軽, を恥じざる, を恥ず

▼ 庭~ (3, 0.0%)

2 元冬嶺 1 元冬嶺等

▼ 庭あたり~ (2, 0.0%)

1 で喚ん, に月

▼ 庭あるいてる~ (2, 0.0%)

1 ときまり悪げ, ときまり惡げ

▼ 庭くら~ (2, 0.0%)

1 ゐの, ゐは

▼ 庭ぐらい~ (2, 0.0%)

1 あるいても, 一晩で

▼ 庭ごし~ (2, 0.0%)

1 の遠く, を指し

▼ 庭ごと~ (2, 0.0%)

1 そっくりここ, に石

▼ 庭ぜんたい~ (2, 0.0%)

1 が幸福そう, の草花

▼ 庭だけで~ (2, 0.0%)

1 あつた, 間に

▼ 庭だけでも~ (2, 0.0%)

1 にぎやかに, 十三万坪堀の

▼ 庭だけは~ (2, 0.0%)

1 ちょっと掃除, 申し伝えの

▼ 庭だの~ (2, 0.0%)

1 ジャスミンの, 調度だ

▼ 庭だろう~ (2, 0.0%)

1 か, ということ

▼ 庭~ (2, 0.0%)

1 うを, や外

▼ 庭つづきで~ (2, 0.0%)

1 はあった, 間を

▼ 庭づたいにやって~ (2, 0.0%)

2 来て

▼ 庭づたひに~ (2, 0.0%)

1 この小, 入らうと

▼ 庭であっ~ (2, 0.0%)

1 ても日本, て石灯籠

▼ 庭での~ (2, 0.0%)

1 簔虫と, 騒ぎが

▼ 庭なく~ (2, 0.0%)

1 路次なき, 路次なく

▼ 庭なぞ~ (2, 0.0%)

1 では, へ飛ん

▼ 庭なぞは~ (2, 0.0%)

1 まだちっとも手, 山陰道に

▼ 庭などと~ (2, 0.0%)

1 同じよう, 相俟

▼ 庭などへ~ (2, 0.0%)

1 出て, 勝手に

▼ 庭なめらか~ (2, 0.0%)

1 にといひ, に椿

▼ 庭なり~ (2, 0.0%)

1 塵だにと, 畑なりへ

▼ 庭なんか~ (2, 0.0%)

1 丁度八九坪で, 掃いた者

▼ 庭なんぞ~ (2, 0.0%)

1 でも, 歩くん

▼ 庭なんて~ (2, 0.0%)

1 元来無用の, 此処ぢや

▼ 庭において~ (2, 0.0%)

1 外国の, 誰やらと

▼ 庭にか~ (2, 0.0%)

2 くる

▼ 庭にかけ~ (2, 0.0%)

1 下りれば, 降りる

▼ 庭にと~ (2, 0.0%)

1 下る階段, 思いましたが

▼ 庭にね~ (2, 0.0%)

1 ちやうど, ちょうど菊

▼ 庭にばかり~ (2, 0.0%)

1 居て, 近所の

▼ 庭~ (2, 0.0%)

1 しの悲しい, しの頭

▼ 庭べの~ (2, 0.0%)

1 擬宝珠の, 菊の

▼ 庭ほど~ (2, 0.0%)

1 好きな, 緊張を

▼ 庭もね~ (2, 0.0%)

1 すっかり手入れ, 玄関の

▼ 庭やや~ (2, 0.0%)

2 古風に

▼ 庭~ (2, 0.0%)

2 冬の

▼ 庭よく~ (2, 0.0%)

1 あらし苅, 解ったな

▼ 庭よりは~ (2, 0.0%)

1 ましでございます, 谷を

▼ 庭よりも~ (2, 0.0%)

1 そこに, なおその道

▼ 庭らしく~ (2, 0.0%)

1 乏しい花, 小綺麗に

▼ 庭らしくし~ (2, 0.0%)

2 て垣

▼ 庭をば~ (2, 0.0%)

1 二度まで, 悲しいとも

▼ 庭を通して~ (2, 0.0%)

1 互いの, 広くも

▼ 庭~ (2, 0.0%)

1 の坂, の白桜千樹雪

▼ 庭~ (2, 0.0%)

2 相当の

▼ 庭中うたつて~ (2, 0.0%)

2 歩きました

▼ 庭中何処~ (2, 0.0%)

1 を捜し, を見

▼ 庭井戸~ (2, 0.0%)

1 に近く, の中

▼ 庭仕舞~ (2, 0.0%)

1 であろう, の祝

▼ 庭劉氏~ (2, 0.0%)

1 といふ一項, の詩

▼ 庭境い~ (2, 0.0%)

2 の夾竹桃

▼ 庭~ (2, 0.0%)

1 禅定尼, 禮式にて

▼ 庭~ (2, 0.0%)

1 の物, の闇黒

▼ 庭~ (2, 0.0%)

2 に干し

▼ 庭後君~ (2, 0.0%)

1 と共に月刊雑誌, 再び訪

▼ 庭戸浜~ (2, 0.0%)

1 で戦っ, に陣

▼ 庭拝観~ (2, 0.0%)

1 の最中, も済ん

▼ 庭木村駿卿~ (2, 0.0%)

1 同遊石浜墨陀諸村途中作, 同集石田子道宅

▼ 庭~ (2, 0.0%)

1 の月, の梢

▼ 庭椅子~ (2, 0.0%)

1 が一脚, に腰かけまし

▼ 庭津日~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 庭~ (2, 0.0%)

1 の役, を焚き

▼ 庭男幸助~ (2, 0.0%)

1 には庭男幸助, らしい觀察

▼ 庭~ (2, 0.0%)

1 の広い, の証顕寺

▼ 庭番頭~ (2, 0.0%)

1 だけは近く, は秘役

▼ 庭~ (2, 0.0%)

1 は, も咸通中

▼ 庭竹垣~ (2, 0.0%)

1 で囲っ, などを眺め

▼ 庭~ (2, 0.0%)

1 を持ちだし, を持つ

▼ 庭~ (2, 0.0%)

2 きの

▼ 庭花屋~ (2, 0.0%)

2 の店

▼ 庭茶屋~ (2, 0.0%)

1 の内, へ誰

▼ 庭虫乱~ (2, 0.0%)

2

▼ 庭逍遙~ (2, 0.0%)

1 の目, をし

▼ 庭道具小屋~ (2, 0.0%)

1 に詰め, へ行っ

▼ 庭~ (2, 0.0%)

2 くづれ

▼1* [456件]

あったかいので霜どけ, 庭あらたなる心地, 庭あるきに微塵きずな, 庭あれども, 庭いじり散歩川でのボート, 庭いちめん汀石の控え, 庭いっばいの, 庭いっぱい黄金いろの, 庭うちにすん, 庭ぼおぼしき, 庭お宮の境内, 庭かげになっ, 庭かといふ事なり, 庭かに何か, 庭からでも這入ったん, 庭かをも明瞭に, 庭がかりにしたる, 庭がも少し広くっ, 庭がわりに広く, 庭ききの堀, 庭ぐらゐへは出られたさうですよ, 庭ぐるみ皆戦いだ, 庭こそその下宿, 庭この花園と, 庭これを囲み, 庭さきで掴み合っていた, 庭さき近く端居して, 庭さては麓の, 庭さびしいさびしい幽かな, 庭さまに差し上げる, 庭さみしい庭さびしいさびしい, 庭さんの姪, 庭さ己が手, 庭ざかいの垣の外, 庭ざかいの塀を越え, 庭しかも奥には, 庭しづかなり, 庭しづまり返つた庭, 庭しめやかに春雨, 庭しゅんとして, 庭しろたへの霜, 庭じゅう水溜りになり, 庭すさまじき秋風に, 庭すっかり雨を, 庭そうじの, 庭そこでたべた味つけ御飯, 庭そして手入れも, 庭そっくりのがらんどう, 庭そつくりで七百萬圓, 庭それでも極りきつ, 庭らを, 庭たつみに椿, 庭ために白し, 庭だけしか見えなかった, 庭だったら田圃は, 庭だって都下の, 庭って美しい所, 庭つきの二階家, 庭つきぬけて, 庭つくりと同じい, 庭つづきだからいつも, 庭つづきのこの尚, 庭づくりで石, 庭づたいにここに報じられ, 庭づたいにそっとふたりを離屋へ案内, 庭づたいにローズの居る, 庭づたいに中門のほう, 庭づたいに井戸のある, 庭づたいに俥夫が本箱, 庭づたいに博士の自邸, 庭づたいに大刀を引っさげ, 庭づたいに奥の部屋, 庭づたいに女のとびこん, 庭づたいに客間の横手, 庭づたいに小屋の方, 庭づたいに小歌が先, 庭づたいに屋敷のほう, 庭づたいに役人衆のいる, 庭づたいに往復できます, 庭づたいに扇山へとよじのぼっ, 庭づたいに書院の縁, 庭づたいに月あかりを辿り辿り, 庭づたいに杜若の紫, 庭づたいに浴場の焚場, 庭づたいに矢場のほう, 庭づたいに築山の裏, 庭づたいに裏の井戸, 庭づたいに裏木戸から通り, 庭づたいに西園の一閣, 庭づたいに隣の家, 庭づたいに雑木林の小, 庭づたいに離れのお, 庭づたい裏の渓谷, 庭づたひにて十太夫足早に出, 庭づたひにやつて来た, 庭づたひに僧坊の奧, 庭づたひに奧に通つて其處, 庭づたひに奴權次走り出づ, 庭づたひに用人柴田十太夫が先, 庭であるらしかつた, 庭であろうかそれとも, 庭でしてね崩れかかった, 庭ででもいいから, 庭でどしんと大, 庭でなさる返事, 庭といったところで, 庭といつても平凡, 庭とか土蔵の, 庭とかに関係なく, 庭とかはその代表的, 庭とから成って, 庭ときたら手入れは, 庭ときにはネスクーチヌィ公園また, 庭としての全幅を, 庭としてはむしろ何, 庭とともに手際よく, 庭とに啼く虫, 庭とのみ心得て, 庭とへ沈黙が, 庭と共にまた然, 庭どころかい畑, 庭どなりの施無, 庭どの木どの, 庭なき寄席は, 庭なしといわれた, 庭なぞでオイノリを, 庭なぞというような, 庭なぞに人亡業顕云々の, 庭なぞも手広く取っ, 庭なぞを歩くとき, 庭なつかしく思はるる折, 庭なつかしみつつ吾等つど, 庭なと掃き清め書院, 庭などといふものは, 庭などとは贅の, 庭などには昼でも, 庭などにも見受けるの, 庭なべて落葉のみ, 庭なりしをやがて, 庭なんぞもすっかり荒れ果て, 庭なんぞを眺めて, 庭にあたって来た午後, 庭における侮辱と, 庭にかけて枝を, 庭にかけては夜も, 庭にさえすくすくとして, 庭にたいする偏愛と, 庭にだけでも出て, 庭にだってたくさん咲い, 庭について別の, 庭にまではいつて來, 庭にをいて, 庭に対しては眺めるだけの, 庭ぬちにおろか, 庭のうぐひすの聲, 庭のずつと先は, 庭のね筧の, 庭のほどよい所, 庭のぼたん杏を, 庭のみならず家, 庭のむこうに, 庭のむらさきなす紫荊, 庭はと驚かるるも, 庭はめちやめちやなの, 庭ばかりは様々の, 庭ばかりをながめて, 庭ひろがりで行く, 庭ひろき藥湯あり, 庭ひろき深院に, 庭へさえ出ないじゃ, 庭へすら疾風の, 庭へでもと立上りかけます, 庭へなど潜入した, 庭へまで入って, 庭へをりる二三段, 庭ちぽ, 庭へだ, 庭また農家の, 庭てえ, 庭みな白く固み, 庭むきの部屋, 庭めいた場所に, 庭めぐりせばなきやまんゐながら虫の声, 庭もつひに, 庭ものの草紙, 庭もろとも一つ, 庭やら畑やら, 庭ゆく水の, 庭ゆ垣越しに巨摩, 庭ゆ瀧見すら, 庭よかずっと広い, 庭よりもずつと遅れて, 庭よろしからず特に, 庭が病牀, 庭わが門べ, 庭わたりでないことを, 庭をかへたの, 庭をと大論議, 庭をなあ借金の, 庭をはしつたその, 庭をめぐっていた人々, 庭をわたつて, 庭を以て名が, 庭を通じて大宮道へ, 庭オペラのとこ, 庭カラスグニ離レ座敷ヘ案内シ, 庭クサの意, 庭ゲタをつ, 庭スミレの意, 庭ダッテ芝生バカリデハナイ少シハ坂道モアルシ, 庭たッ, 庭デバーベキューガ始マッタノハ夕刻六時半頃ダッタガ賑カデ景気ガヨサソウナノデ予モツイ若イ者タチノ中, 庭入リ, 庭ニハ出ラレナイガ廊下ヲ散歩スルダケデモ容易, 庭ニモ稀ニ蟋蟀ガ鳴クコトハアルガ, 庭ニ落チテ朝三ノ食秋風ニ, 庭一人は丁禹良, 庭一体に青, 庭一帯に暗い, 庭一日の幸福, 庭一杯落葉が散り敷く, 庭一里塚の榎, 庭一面はつきり物も見定められない, 庭一面草がぼうぼう, 庭一面道一面を埋めつくし, 庭に降る, 庭三百三十六万里世界中の民, 庭上いっぱいに平伏し, 庭上そこかしこ彼の矢, 庭上射手を呼び出す, 庭上小池でしたが, 庭上広前にいたる, 庭上燈心蜻蛉の多く, 庭上草色新なり, 庭上落葉狼籍たり, 庭上虫猶啼く, 庭上階下窓外の草木, 庭上雨水海の如く点滴, 庭上雨潦河をなす, 庭上露茂し蓬, 庭丘介は氣さく, 庭中いっぱいに大がかり, 庭中人有人不語, 庭中庭などの変化縦横, 庭中朝顔鉢にしちまいました, 庭中清浄の境, 庭が為, 庭乳首を拾, 庭二歳であった伊沢榛軒, 庭である, 庭代用に青味, 庭て地, 庭以外のこと, 庭伊沢蘭軒の長子榛軒, 庭伊沢蘭軒小島宝素があり, 庭伝い右の方, 庭伝い忍びよったる盛遠は月, 庭伝えに入った, 庭の自然, 庭作人の眼光外, 庭も五人囃子, 庭借地の地面, 庭と小川君, 庭に參列, 庭先生為主接賓, 庭體の, 庭全景の, 庭八月の燈籠, 庭兵介當南部藩の家老職, 庭内境静かにし, 庭内境靜かにし, 庭内景などといふ景, 庭内離室の縁, 庭前庭後ただ荒, 庭前庭後すべて梅園だから, 庭半ばを掩, 庭宗英法眼だ, 庭に繋ぐ, 庭井戸の, 庭古びて樹木, 庭古めかしい日本の, 庭可愛らしい皿彼等の, 庭史生に代っ, 庭の水仙図, 庭同じような, 庭咲き乱るる桃, 庭咲き亂る, 庭唐箕のぐる, 庭になっ, 庭の光, 庭垣根の辺り, 庭不祀, 庭堅之子禹薦益於天孰謂大理官, 庭場中の会葬者, 庭場庭場の年番, 庭場総代連が警戒, 庭境遇口碑などに仕込まれた, 庭夕さり明るややしばらく, 庭の賜酒, 庭夜なか噴水のほとり, 庭大事之辞, 庭夫人が潜景殿, 庭奉公人と成, 庭好きの嘉門, 庭如夫氏にも同じ, 庭如矢氏勧業課長であった藤野漸氏, 庭に侵入, 庭安良は暁湖, 庭寂寞中饋人, 庭密樹の間, 庭に, 庭寒山竹のひと, 庭小島宝素喜多村栲窓等に紹介, 庭ならぬ処自然, 庭広からず然, 庭広場までひき立てた, 庭座敷などではなかっ, 庭廊下をドドドドッ, 庭き家々, 庭建物の称, 庭廻りの侍, 庭弄りを不器用, 庭後唖々の両, 庭後子風雨を冒し, 庭後庵をおとづれしにいつもながら四方山, 庭後氏だつた, 庭所得は, 庭或は座敷芸と, 庭手白壁門のほう, 庭眺めつ, 庭拝借致しまして, 庭掃きだか居候, 庭掃くまでこそなけれ, 庭掃除ぐらゐはとて六十男のする, 庭掃除そこそこに唯人, 庭掃除余部村小法師八人, 庭掃除箱葛籠の出し入れ, 庭掘りに来た, 庭数寄な建築, 庭の木, 庭時雨見上げたる, 庭普請でたくさん庭石, 庭をしのばしめ, 庭景色だと, 庭のある, 庭き冬, 庭の中, 庭林中の夜, 庭柘榴の花, 庭案内といたし, 庭はもし, 庭森閑とした, 庭業広で家塾, 庭構え燈影しずかな料理屋, 庭丁度い, 庭横手に高く, 庭は丁禹良, 庭歩きをし, 庭歿後多紀両家の当主, 庭殿廊悉く火, 庭水口を開ける, 庭のあたり, 庭池トシテ南北滿州ト極東西比利亞トニ革命大帝國, 庭の劍客, 庭流血海水を成す, 庭浄めに過ぎない, 庭浴室もある, 庭深い気配の, 庭深く入り込んだ, 庭添いの大, 庭渡神社の御, 庭渡辺篤とのカット, 庭湖畔の呉王廟, 庭湖畔呉王廟に立ち寄っ, 庭滑らかに椿, 庭火是れ尋常, 庭煤けた階段陽の, 庭燎祇園の神鈴, 庭片寄りに, 庭狭ければ思ふ, 庭きまでに, 庭玄関その上, 庭男ぐらゐ何でもなき, 庭男乾草用の大, 庭男扨も扨, 庭男百助があの, 庭画面の立ち並んだ, 庭番同様ご城内, 庭番吹上お茶屋付藪田助八, 庭番男が二人, 庭なもの, 庭目の下に飯田町, 庭が表, 庭眺望や, 庭を戴い, 庭秋月瀟湘夜雨煙寺晩鐘漁村夕照之を八景, 庭秋草や叢竹, 庭穿きを突かける, 庭穿靴でニコニコ, 庭窪蘇州庵の場合, 庭のみに限っ, 庭が校定, 庭続きだつたもんだ, 庭続きらしいやや黄ばんだ, 庭の障子, 庭縁側に腰, 庭織物御用掛といふ官職, 庭纔二坪餘頃日青苔殆覆盡余愛其如天鵞絨毎倦書, 庭自身も日本人, 庭に沈, 庭花也載驚異, 庭花多恨な杜樊川, 庭苑内の池, 庭苑花木に関する記事, 庭若葉かな, 庭茅葺の本堂書院庫裏, 庭萬里の雲煙, 庭落葉を一パイ, 庭の眺め, 庭衆人の背, 庭術士多幻化上前較勝紛相持羅公如意奪顏色, 庭裏ただの一株, 庭の侍, 庭見廻りの折, 庭見物差しゆるす, 庭覚えていらっしゃるでしょう, 庭設け其, 庭柏軒診, 庭が有力, 庭警察署の建物, 庭にほのか, 庭に月, 庭近くに三名, 庭の遺跡, 庭造りなんどがたくめるやう, 庭造り四十八円九十銭維持費積立金一百円除幕式費用約百五十円, 庭道楽だったそう, 庭の火, 庭門厩門と急ぎ, 庭門垣根まで寄附, 庭に行き, 庭院鎖鞦韆と云, 庭の暑気百二十度以上, 庭隅廊下のあちこち, 庭際何の得る, 庭雑録に載っ, 庭を舗, 庭霜解けの道, 庭静まりかえったその家, 庭面廊下到る所, 庭鞦韆賦の序, 庭にはかがり火, 庭に蛙, 庭な妄念, 庭風雅な庭, 庭で病死