青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「座~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

店~ 店先~ 店員~ 府~ ~度 度~ ~度々 度々~ 度目~ ~座
座~
~座敷 座敷~ ~庭 庭~ 庵~ 庸三~ 廃~ ~廊下 廊下~ 廣~

「座~」 7368, 80ppm, 1400位

▼ 座~ (1348, 18.3%)

68 占めて 66 立って 51 立った 31 占めた 19 立つて 17 構えて 15 起って 14 外して 13 起つた 12 起った 11 外した, 立つた 10 しめて 9 占める, 離れて 8 しめた, はずして, 占めると, 設けて, 離れ低く 7 たつた, はずした, 立ちました 6 立とうと, 起つ, 起つて 5 かまえて, 分けて, 占めながら, 正して, 立ったが, 組んで, 見物した

4 [13件] すべって, たつて, とった, ゆづり石橋の, 取って, 構えると, 立たうと, 立つの, 脱して, 見に, 見る, 起たうと, 起とうと

3 [32件] かえて, すすめた, すべった, たった, たって, とって, とつた, 下って, 下りて, 出た, 占めたの, 占めたま, 占めたまま, 占めました, 崩して, 持って, 持つて, 数うる, 斡旋し, 構えた, 直した, 移して, 立ちかけた, 立ちぬ, 立ったあと, 立つこと, 立つと, 立とうとは, 見物に, 譲って, 起たんと, 開いて

2 [47件] あけて, うながした, ここに, さがって, しめながら, しめると, すすめて, ずらして, わかって, 中心に, 出ると, 占めたが, 占めたり, 占めつ, 占めます, 占めること, 去った, 取った, 吾等の, 圧して, 外したの, 御占め, 来して, 構え, 構えました, 滑って, 白けさせて, 白けさせます, 白けさせるだけ, 眺めて, 移した, 移すと, 立たれたとき, 立ちかけると, 立ちかねて, 立ちて, 立ちませぬ, 立ったの, 組織する, 見た, 見まわして, 見物する, 設ける, 蹴るよう, 辷った, 辷ると, 開くと

1 [636件 抜粋] あっせんし, あらためて, あらためる彼, いうの, いざりて, いただきなさい, うかが, うかがって, うごいた, うごかないので, うちあげねば, うながして, えらぶこと, おく申楽師, おす, お与えください, お外しなすった, お更, お立ちと, お立ちに, お設け, お退きなさい, かためる相談, かなしみ梢雀たち, かまえ白い, きちんとした, きめて, きめれば, くずして, くずしみんな窓, くんだり, こしらえたもの, ご催促, さがった, さがったの, さして, さだむるや窪たまり, さだめ, しく, しさりそれ, しざった, しざって, しっかりかためたい, しめさて, しめたの, しめた時, しめて見る, しめること, しめ何とか, すえた, すすめると, すすめ自ら茶, すすめ麾下, すてて, すべり, すべると, すべれば, ずらした壁, そのままなつかしい, そのまま連歌, それぞれに, ただして, たちそびれた, たちたるお, たちて, たつた北原ミユキ, たつといった, たつわけ, ついとはずし, つくらせ血, つくる根, つくろったり, つらね味方三万, てらす燭, とったので, とった千世子, とりすこしも, とりなすよう, とる, どうかし, なんとなく白けさせる, ぬけ出て, ねごうては, のぞく, のぞくこと, のぞく三亀松, はじめてから, はずさした, はずさなかったという, はずされて, はずしかけた, はずしたとか, はずしたの, はずした方, はずした雪, はずします, はずしまする, はずすの, はずそうと, ひき招, ひとりで, ひろげた, ほろぼした火, まはり, まはりはじめました, めぐる天宮, めぐる暗闘, めぐッ, もうけその, もち共通概念, もち続けて, もって, もつて, やめて, やめると, やるやう, わかつや, わけて, フェードー座と, 一そう深刻な, 一寸も, 一度か, 三四尺跳び退い, 下に, 下り, 不動な, 与え, 与え孔明, 中心と, 中心として, 乗り出して, 乱すもの, 争うべきほどの, 争って, 二枚買ふ, 仰いだには, 仰げよ美, 作ったので, 作つた, 作つて, 作つてやる, 作つて平次を, 作りました, 作ります, 作る, 促した, 備えあくまで, 共にし, 共に語ろうで, 出願し, 分かちそれぞれ, 分けあたえられた, 分けるなどとは, 分たんこと, 分ち礼, 分って, 分つに, 切り上げ葦簾, 切上げて, 列らね, 制した, 剣の, 創立し, 創立した, 加うる, 動いた方, 動かないこと, 動ぎて容を, 動くの, 動こうとも, 勝とす, 占むるあればベルナルドオ必ず, 占むるに, 占むるクロニオーン之を, 占むれ, 占めそれ, 占めたかぎり, 占めたと, 占めたところ, 占めたるウィリアム, 占めたる他, 占めたジャヴェリ, 占めた乙州, 占めた事務長, 占めた四五人, 占めた招待, 占めた末造, 占めた源三郎, 占めては, 占めぬ, 占めました坐相, 占めむ餘地, 占めよ, 占めようと, 占めるだろう, 占めるの, 占めるので, 占めるもの, 占めるよう, 占める席, 占めマルグリト夫人, 占め一同, 占め伯父, 占め兵馬, 占め再び, 占め寺男, 占め脚台, 占め頬杖, 去らなければ, 去りあれ, 去るの, 去る事甚遠, 取った吾一, 取りなして, 取りスケツチ, 取り持った, 取ると, 取る場合, 取れば, 取持ち顔, 取持って, 取持つて, 取持つツモリ, 受けつけるまで, 古くのりと, 囲んで, 囲繞し, 変えさせること, 変え茶の湯, 外さうと, 外さずその, 外されて, 外し, 外したとき, 外した時, 外しては, 外しました, 外しましたが, 外しまた, 外し撞木, 外すか, 外すと, 奪われぬため, 始めとして, 守って, 定めて, 定め水色, 宣伝しよう, 宴席の, 寛げわれ, 少しさがり, 少し譲っ, 左に, 希望する, 廻って, 廻り四谷, 待って, 忍んで, 思い必ず, 急に, 成して, 打揚げ, 払った, 押し放ちて, 拔出し, 招いて, 拝し, 拡げて, 拭くの, 持った, 指して, 挙げて, 振り仰いで, 掲ぐ, 支配し, 改めお話, 改めてお祝い, 改めてまず播磨守, 救ふ, 数え得ること, 数え得るの, 整えて, 斜めに, 斡旋する, 斥し, 易えた, 易へて, 春の, 望見し得る, 根拠地に, 構えこんで, 構えたまうを, 構えたもの, 構えた盲法師, 構えながら, 構えなければ, 構えると共に, 構えわざと, 構え小宮山, 構え込んで, 構ゆれ, 横切る銀河, 次の, 止める約, 気ままに, 求めたの, 汚す者, 活動小屋に, 滑り下りながら, 濁して, 焼いた, 片づける意味, 犯す急, 狙われた, 率いはるばる, 白けさすに, 白けさせないくらい, 白けさせないよう, 白まさぬ程度, 直し襟, 研究し, 砕いた, 禁止し, 移しても, 移せり, 移せ上, 立たして, 立たせて, 立たせないの, 立たせない昔, 立たぬなら私, 立たねば, 立たれては, 立たれますは, 立たんと, 立ちあがり各, 立ちかけ, 立ちかけた瞬間, 立ちかける持, 立ちしと, 立ちそう, 立ちそれきり姿, 立ちたれば, 立ちます, 立ち上がって, 立ち上がろうと, 立ち上った, 立ち上りました, 立ち信徒, 立ち台所, 立ち正面, 立ち法堂, 立ち自分, 立ったこと, 立ったという, 立った姉, 立った後, 立った時, 立った時ヨウさん, 立った母上, 立った気勢, 立った為, 立った細君, 立った証拠, 立った跡, 立ってから, 立つか, 立つかと, 立つしおを, 立つぞ, 立つたの, 立つたので, 立つたらし, 立つとき, 立つもの, 立つわけ, 立つ事, 立つ姉君, 立つ時, 立つ機会, 立つ頼朝, 立とうとも, 立見し, 筆頭として, 紐育に, 組む様, 組んだが, 組織した, 経営したる, 経営する, 経過し, 繞った, 置きて, 置き換えるの, 罷り出る, 羨んで, 自覚し, 自領, 見せた, 見た八百屋お七, 見つけて, 見て, 見ます, 見物し, 覗かうか, 覗かないか, 覗く場末, 観る, 観る何, 訪れたの, 設けし緋鹿子, 設けた, 設けたと, 設けたもの, 設けやがて, 設けられた予, 設けるに, 設ける習わし, 設け膳, 設け自ら人, 許さない訳, 譲ったが, 譲つて反対の, 譲らせ関白秀吉, 譲るやう, 讓つて反, 貫いて, 買込み約束, 貸して, 賑わした, 賑わすに, 賑わそうという, 起して, 起し詩劇, 起すやう, 起たずポツリポツリ, 起たれ皇后, 起ちかけた, 起ちかけて, 起ちかける, 起ちたるお, 起ちつく, 起ちて, 起ちも, 起ち会釈, 起ち側, 起ち次に, 起ったが, 起ったので, 起ったもの, 起つたが, 起つた時, 起つた跡, 起つと, 起つとき, 起てずに, 起てり, 超えた別格, 越えて, 踊って, 蹴って, 蹴つて, 蹴る殿様, 蹴ッ, 蹴立てるよう, 軽く踏まえ, 辷る, 迎えて, 退いた, 退がった, 退がって, 退きて, 退きました, 退つて兩手, 退り齒, 退ると, 退れ, 進ませまして, 進み, 進めた時, 進めて, 進め洞門, 進んで, 遠く離し, 避けた, 避けて, 避けようと, 開いたまことにのんびり, 開けるッ, 降る, 除いては, 離れしむ, 離れた, 離れた尼君, 離れながら, 離れるやう, 離れ縁先, 顎で, 顧みて, 高御座に

▼ 座~ (1284, 17.4%)

11 舞台に 10 前を 9 方へ 7 中に, 前に, 舞台で 6 ために, 新築落成し, 方は, 芝居を 5 上に, 中で, 前で, 前の, 方で, 舞台を, 隣りの 4 ように, 中央に, 二番目に, 前には, 研究所へ, 若太夫, 裏の, 赤い星

3 [24件] ことを, 一番目, 一行が, 三月興行に, 下に, 仕事を, 切符を, 前へ, 前まで, 句に, 唱門と, 座頭は, 方が, 木戸を, 楽屋で, 楽屋へ, 横の, 発句を, 立見に, 舞台の, 舞台開きも, 若手俳優の, 間の, 間を

2 [81件] ありかを, うしろに, うちから, かたわらに, ところへ, は渦巻き, ほかに, みなの衆の, やうに, ような, 一人が, 上演目録に, 中でも, 中には, 中の, 中へ, 中幕, 二番目, 二階の, 人々は, 人の, 人は, 会なれ, 位置に, 俳優の, 傍に, 兄妹は, 公卿の, 公演を, 六つの, 再築落成し, 前から, 劇団としての, 努力を, 右に, 向いの, 唱門の, 唱門は, 商人が, 外に, 寝床の, 屋根を, 幟が, 座頭なり, 役者たちが, 息苦しさ, 手紙は, 新狂言, 新蔵, 方から, 方に, 旗を, 星が, 星を, 時には, 板に, 楽屋に, 様子を, 横に, 櫓を, 正面には, 狂言の, 番附に, 立作者として, 立見へ, 立見を, 筋向いに, 組織は, 絵看板を, 者が, 者の, 舞台から, 舞台開きに, 芝居などに, 記憶から, 試験の, 諸君に, 連中が, 関西新派を, 雪之, 雲の

1 [908件 抜粋] あたかも吹, あたりを, あった時分, あるところ, ある横町, いや遥, うちにも, おうむ石を, おぼろな, おもて, かえりに, こけら落しの, ことで, こと半, こと断念させる, さきに, すぐ右手, そばに, ただなか, ちょうど中間, つい前, どこが, なかから, なかの, にほひ, に比べる, はなしに, ほうは, ぼくを, まぎわ, まへで, ままそこへ, まン中, ものの, ようで, よさ, わかしゅ形, アトリエ公演で, アルファ星が, イヴォンヌ・モレエル嬢つぎは, エノケンとこを, オバサンたちには, ガムマ星に, グランド・オペラ・ルヴィウて, コポオに, サロメを, ジャック・コポオは, ジャック・コポオを, タッタ二幕の, チャップリンの, ビラなどが, ピエルボーイズの, ピエルボーイズを, ピチピチと, フットライト見たい, プリ・マドンナである, ヘーレーの, ボックスへ, マーラヤ・スチェナー, リアリズムを, レアリズムから, レヴィユーが, 一つたる, 一人に, 一人海塚主馬だ, 一党が, 一名から, 一将は, 一所に, 一方の, 一派が, 一流を, 一番大きな, 一等星ベガ一名織女星を, 一行も, 一隅が, 一隅には, 一隊を, 七月興行で, 七月興行に, 万歳大会, 三座で, 三月公演が, 三月興行より, 上には, 上の, 上演を, 上演目録レパートリーに, 下には, 不二洋子, 世話役の, 中から, 中において, 中を, 中心で, 中心に, 中村七三郎との, 中碓氷峠を, 乱れるよう, 事務所で, 事務所の, 事務所へ, 事務所を, 二十四孝という, 二新人という, 二等二枚, 二重星, 二階楽屋へ, 五月狂言は, 人々その, 人々の, 人々も, 人々を, 人いきれ, 人たちと, 人である, 人にのみ, 人びとその, 人形を, 人形使いの, 人形使い吉田玉次郎の, 人形操をも, 人形芝居では, 人形芝居に, 人形芝居を, 人気を, 人達や, 仇であっ, 今宵の, 今後の, 仕事と, 仕事は, 他に, 仮普請, 仲間は, 伊井蓉峰君から, 会計の, 位置を, 余興と, 作戦計画は, 作者岩井紫玉同座附茶屋の, 使用人入口の, 俳人の, 俳優は, 俳諧には, 俳諧を, 傑作の, 元は, 先生は, 入りは, 入り七分, 入口に, 入口を, 全員に, 八月公演の, 八月興行で, 公卿七弁の, 公演会だ, 六一番星が, 凝念思索, 出しものとして, 出しものにつき, 出し物は, 出口から, 出方の, 出発点を, 出身である, 切符手に, 初日に, 初日わが, 初日雨に, 初演当時河内山宗俊, 利益を, 制限とでは, 前が, 前など, 前名, 前茶屋, 前身である, 剣劇を, 創立記念公演が, 劇評を, 勢力が, 化粧部屋に, 北極星出航始めッ, 十月興行に, 原秀子来訪就職の, 吉本わらわし, 同じもの, 名をば, 名優たち, 名優某は, 向側に, 向側の, 周囲に, 命ぢやら, 唱門を, 商人に, 商人は, 喜劇で, 喜劇の, 噂, 噂を, 図書係を, 図書室に, 地元を, 垂迹と, 場合とは, 壁画などを, 夏演戯で, 外には, 外れの, 多見, 大井に, 大切浄瑠璃に, 大合同, 大夫その他が, 大舞台, 太陽に, 奥役の, 女の子達にだけ, 女優で, 女優にも, 女優を, 女役者たち, 女芝居, 姿と, 婦人は, 存在は, 学校で, 安から, 安否を, 宗匠より, 定数や, 定連, 客は, 宰相, 宰相の, 容子では, 專有物にな, 小太夫, 小景, 尾上菊五郎が, 山々が, 岩田の, 工事を, 左右ばかり, 希望, 希望は, 席で, 広告を, 座主が, 座主の, 座主はかの, 座主守田勘弥猿若町より, 座付茶屋宗清の, 座元羽左衛門を, 座員の, 座附作者が, 座頭が, 廃立を, 廊下で, 廊下を, 建築が, 建設が, 弟子達に, 当り狂言の, 当狂言を, 役者たちと共に, 役者で, 役者衆にも, 彼等の, 後始末の, 御榊, 復興第, 心地は, 悲運, 意義, 意義に関する, 態度等一に, 懐旧は, 所感と, 手代庄吉三十餘歳, 手紙に対して, 拡声機だ, 持主で, 指の, 指揮者として, 操り芝居を, 攣に, 支配人は, 数が, 文芸部の, 新しい企画スタツフ, 新劇上演と, 新派劇, 新狂言名題読み, 新社会劇, 方には, 方針や, 旗挙公演の, 明治二十年八月興行であった, 明治十五年六月興行で, 星に, 星も, 昼芝居の, 時では, 時は, 最近にまで, 服装は, 木戸よりも, 木戸口に, 木戸番長兵衛であった, 本公演, 本領は, 村上な, 根底を, 桟敷が, 桟敷で, 業績は, 楽屋, 楽屋から, 楽屋口は, 楽屋裏の, 構えによって, 様子から, 樋口の, 標準位置のみについて, 横暴に, 横暴も, 檜舞台である, 櫓が, 權利を, 次に世界, 歌姫に, 歌曲, 正面に, 此の, 歴史は, 死因については, 殺人事件は, 気分の, 水門と, 沢正を, 洞院, 海鼠壁, 淀屋甚太夫銀座の, 演じた, 演劇が, 演技中に, 演技道場へ, 漫画の, 火災事件について, 炉端には, 為めには, 焼けたこと, 焼跡へ, 特等席に, 特色としては, 狂言つくり, 狐を, 現在に, 現在行ひつ, 理事長ラ・ルーナ氏は, 用意を, 由來, 畔に, 留守番によって, 番附には, 白ける間, 盆興行に, 目ぼしい, 直前一二句の, 相場である, 看板に, 看棚, 真ん中では, 真中に, 真中へ, 眼に, 知れぬ深い, 研究所に, 社長は, 神が, 神に, 神楽を, 神樣であります, 秋波に, 空気は, 立ち見や, 立派な, 立見場で, 端から, 端には, 笑の, 第八五番, 筵に, 組織で, 組織の, 経済的窮境を, 絵番付やら, 絵看板からでも, 緋毛氈の, 繞り, 置戸, 置戸を, 義太夫, 者共, 聴聞席に, 能や, 興行は, 興行中に, 舞台における, 舞台は, 舞台指揮を, 舞台稽古を, 舞台装置に, 舞臺に, 船陣を, 芝居が, 芝居どころで, 芝居は, 芝居へは, 芝居茶屋に, 花形であった, 花形女優ジォ, 花道や, 芸を, 若い生命, 若い諸君, 若手俳優や, 若者たちの, 若衆という, 茶, 茶屋へ, 茶湯で, 菊五郎の, 落成に, 蒲田トーキー, 表へ, 裏に, 裏手あたりまで, 裏路次で, 裏路次でぶざまに, 襟を, 見物で, 見物人と, 見物席に, 親分が, 親友である, 観世清次と, 観阿弥, 解散に, 記事を, 設けなどについて, 評判は, 詞章と, 話が, 諸公卿, 豪奢を, 起源という, 踊り子たちは, 軽羅を, 辺に, 辻番附, 近くで, 近くには, 近所に, 通りで, 遊芸者, 運動が, 運動会あり, 道化方, 郷里は, 配置の, 酒は, 重きこと, 長十郎に, 開場式に, 開演中に, 間も, 間寂として, 阿古乱どり, 隅なる, 随一中村座とも, 隣の, 雰囲気から, 静家の, 鞍星の, 音楽会に, 順位で, 須磨子の, 顔を, 顧問に, 首脳ジャック・コポオであります, 首脳ジャック・コポオ氏, 馬の足だ, 騎士, 高い二階窓, 高時

▼ 座~ (1148, 15.6%)

261 出る 180 出ると 35 出て, 帰る 26 出る今日 25 来て 21 行くと 20 帰ると 19 入る, 帰って 16 行って 13 行く 12 来ると 9 帰る夜 8 出る入り, 出る大 7 出る昼, 向ふ, 引返す, 戻って, 早目に 6 出る前, 出る満員 5 連れて 4 出る今夜, 帰り, 帰り夜, 戻る 3 かけつける, もどった, 出たの, 出るもう, 来る

2 [31件] かけつけ, はいって, はいれって, ゆくため, ゆくには, 乗込む, 五時前に, 今日は, 入る昼, 出かけて, 出た, 出る又, 出る補助, 出る補助椅子売切, 十二時半に, 坐った, 寄って, 帰りすぐ, 往って, 戻った, 戻れば, 早く出る, 着くと, 腰を, 芝居を, 行くので, 行った, 行ったの, 見物に, 通うこと, 電話し

1 [296件] いわゆる劇通たち, おつきくだされ, おまえの, おもどりでございます, お着き, かかって, かけつけたら何と, かけつける新生新派花柳一座, さッさ, すえられよう, すぐ近習, せまって, そうし, たびたび見物, ついたの, つくと, つけ, はいり探した, はいるの, はいろうと, ひき退がった, まわり申刻, もどったので, もどった本多, もどって, もどらず中園, もどりました, もどり上着, もどると, やり今日, ゆくのに, ゆく万歳オンパレード, エノケンを, ズラリと, タクシー待ちで, ハリ切っ, ミチキノ・ツァーリストヴォを, ユウゴオの, 一時半に, 一枚看板で, 一緒に, 三四年通いつづけた, 三時に, 上つたので, 上森と, 中村直彦の, 乗込みの, 乗込んだ俳優, 二日休んだ, 二時近く出た, 五時に, 五時半に, 今日も, 伊那丸を, 傘さして, 儀来の, 入って, 入つて首席, 入り, 入りは, 入り八分弱, 入ること, 入ると, 入る大入満員, 入る超, 六時に, 六時半に, 六時道子が, 出かけると, 出かけ三人, 出したところ, 出た連中, 出てから, 出るい, 出るえらい, 出ること, 出るすぐ, 出るつひに, 出るづっと機嫌, 出るので, 出るのに, 出るひるの, 出るひるの部, 出るひるは, 出るむろん, 出るオザ, 出るツカ, 出る一回, 出る七分強か八分弱, 出る三益, 出る上森, 出る九分, 出る二円, 出る会田, 出る何, 出る入ります, 出る入り八九分, 出る入り八分, 出る八九分の入り, 出る八田氏, 出る六時, 出る冷房, 出る初日, 出る十二日間完全, 出る十二時, 出る十六日, 出る咽喉, 出る土曜マチネー, 出る大した, 出る大丸, 出る大入満員, 出る宿酔気味, 出る少し, 出る山野一郎調子, 出る市川, 出る招待沢山, 出る日曜, 出る昨夜女の子, 出る昨日, 出る此, 出る殆, 出る流石, 出る涼しい, 出る火曜, 出る熱, 出る舞台稽古, 出る調子, 出る金龍館今日限り, 出る鈴木静一, 出る鏑木, 出る食事, 出演し, 出発しなさい, 到着した, 到着匆々小山田に, 割看板で, 割看板の, 十二時に, 卸すので, 参って, 叔父を, 右の, 右門は, 呼ばれて, 和服の, 坐らせられて, 天勝引退興行を, 女房に, 寄り三月帰京, 寄り装置, 屋井が, 帰った, 帰ったが, 帰つ, 帰つてもとの, 帰りくさり, 帰りくさり乍ら勘平, 帰りすし, 帰り一座, 帰り二回目, 帰り六時すぎ, 帰り島田, 帰り川端康成, 帰り新年会, 帰り歌, 帰り脇屋氏, 帰るべきところ, 帰るむろん, 帰る又, 帰る大, 帰る昼, 帰る満員, 帰る途, 帰ろうと, 座入りの, 引き返す, 引っ返して, 引っ返すと, 引返したら今日, 引返して, 引返すと, 御案内, 復った, 戯曲一篇を, 戻ったのち, 戻ってからも, 戻つて, 戻られ法皇, 戻りかけた, 戻りかけるかの, 戻りました, 戻り十時, 戻り又, 戻ると, 戻る人, 戻る夜, 押し上らうとして, 押し坐った, 招いた, 招かれて, 招じる, 招じ上げよう, 据えたが, 掛けて, 控えるの, 揃って, 提出した, 新興演芸部の, 日活の, 早いけど, 映画の, 昨夜吹込んだ, 時々行く, 来り一緒, 来るも, 来るやう手紙, 来る前, 来る市電ストライキ, 来る筈, 案内する, 歸つて來た, 殆ん, 母上, 毎日の, 活動写真を, 消えて, 珍しい古い歌舞伎, 現れよると, 生計費を, 登る事, 直った勢, 相手に, 着きそれから, 着く今日, 着こうと, 私を, 移って, 移る, 稽古に, 突然, 立ち去りました, 立った, 立戻り, 第五, 肥後を, 臨んだりなど, 芝居見物に, 行かせたの, 行かない三館共通, 行き, 行きたくなったの, 行き名, 行くこと, 行くの, 行くもう, 行くより, 行くヴァラエティ, 行く入り七分強位, 行く売切, 行く日, 行く時, 行く最初, 行こうという, 行ったが, 行ったそう, 行ったもの, 行った人, 行った帰り, 行った限り, 行つて, 表を, 表二階で, 見に, 観客を, 請じた, 贈り物を, 足踏みしなかった, 近づかせた, 追ってはいり, 退いて, 逃げ込んで, 通う人, 通ずる出入口, 通って, 進出の, 運んで, 道子見物, 関心を, 雨の, 雪にも, 電話を, 面白かつ, 須磨子を, 飛び下りると, 食事サンドウィッチのみ, 首席俳優として

▼ 座~ (1099, 14.9%)

29 つくと 25 ついた 14 着くと 13 戻って, 着いた 11 つく 10 着いて 9 出勤し, 帰って, 於て 8 復し拝跪 7 なって, 出て 6 就くと, 戻ると 5 あって, 坐って, 戻った, 戻りました

4 [12件] あぐらを, して, すわって, ついて, つきながら, つくや, もどって, 帰った, 帰る, 戻つて, 着いてから, 返った

3 [19件] ついたが, つきて, つくの, つこうと, 出勤, 加わって, 就いた, 居て, 戻つて來, 戻る, 招じ, 直って, 直る, 直ると, 着いたの, 着く, 腰を, 返って, 還りました

2 [63件] あり, ある, ある者みな笑, いたこと, いたもの, いて, いないの, いるの, うちか, お戻りなされ, かえった, かかって, しても, すわると, ついた一人, つかせて, つきました, つく時, どっかと, もどる, 上人の, 上演された, 五百人ぢや, 人形を, 侍って, 入って, 入りて, 出で, 出勤する, 出演し, 列なって, 加って, 即い, 君臨し, 堪えられないほど, 堪えられないよう, 堪へられなくなつ, 妻の, 就いて, 就くもの, 徃き, 徃く, 復せり, 復り, 戻つた, 掛って, 来て, 登って, 直った, 直ったの, 直つて, 着きて, 着きました, 着くや, 移って, 置いて, 耐えて, 請じ, 請ぜ, 身を, 返つた, 通して, 通って

1 [672件 抜粋] あがめて, あった, あつた, あつまって, あづけた, あらわれた, あらわれたこと, あらわれると, ありし大原満, ありて, あり待つ, あるもの, あるもの二言, ある三人, ある国沢君, ある如く家, ある方々, ある時, ある者, ある者一度, ある誰彼, ある鷹匠家, いあわせた母里太兵衛, いさしたい, いた, いたたまらずその, いたたまらずプイ, いたたまれずいま, いたたまれない様子, いたたまれなかった, いたたまれぬよう, いたの, いたスタニスラフスキー, いた一人, いた大沼喜三郎, いた幸右衛門, いた諸, いなくては, いますから, いませば, いも, いる, いるとき, いる一同怪訝そう, いる人, いる人々, いる大川時次郎, いる娘, い合せた食客たち, え忍び, おいでの, おって, おり, お直りなさい, かえって黙然, かえり, かえりながら, かえり小, かかりちょうど, かなしみの, かまえた, かわって, がっきと, くずれた, これを, しかつめらしい顔, しろテアトル・コメディイ, じっとし, じっと事, すえられ, すえること, すえるため, すれば, すわった, すわったまま, すわり直した, すわり自分, すわり込んで, すわると共に, すわるよう, その姿, その鰯, たえないさま, たえぬよう, たえません, たえられないので, たまらぬほど, たむろし, だれも, ついたところ, ついたの, ついたまま, ついた彼ら, ついた王, ついた白髪, ついてから, ついてからも, つかせられた, つかないうち, つかねば, つかれたが, つきぬ, つきますの, つき三人, つき手, つき手燭, つき早, つき火鉢, つき白衣, つき酒盛り, つくよう, つく周一, つけば, つけ周章てては, つらなって, つらなる人々, とどめて, どたりと, どんとすわった, なおして, なおった, なおって, なおっても, なおりました, なおると, なった, なったの, なった喜昇座, なつた, ならう少し, なると, のぼせ, のぼった人物, はいったが, ひき立てられて, ひそまる, ほかならない, まぎれこんで, むかって, もどった, もどった時, もどるや, わかれて, わせられ尼前, ゐたこと, ゐたたまらぬ思ひで, ゐたアグネス, ゐた小杉さん, ゐた若い, ゐても, ゐる和田, ゐる女達, ウェルシ嬢の, フィヨドル・ゴラトコフの, ボレロを, 一つの, 一人の, 一座を, 一老, 三郎様が, 上って, 上り委しく, 上る, 上演, 上演され, 並ぶ, 並ぶ気勢, 並んだ, 並んだ者達, 並んで, 久し振りで, 乗り込み大阪事件, 乗込み意外, 五日間の, 交渉する, 人形芝居が, 代わりは, 仰ぎ蔡瑁, 伴れ, 似て, 佇って, 位すべき作品, 來て, 侍し, 侍ったの, 侍るだけ, 供奉し, 依つて代表, 俯す, 偶, 傚い, 充ちて, 入つた, 入つて, 入る風, 入れて, 其正しい, 出かけて, 出たとき, 出ましたはじめ, 出る調子, 出勤す, 出演する, 列した, 列するため, 初めて花ガス, 到らむと欲, 到り着く, 割り込んで, 加えて, 加えてば, 加えられながら, 加わったもの, 加入した, 匂ふ, 区別され, 即ち天, 参加し, 取って, 取つて, 召されて, 吉原の, 同じ, 名を, 名人会といふ, 名代の, 向つて唱, 向ひ, 品の, 圧倒され, 在った四十五人, 在った美しい, 在り, 在りし余さし出口, 在りて, 坐して, 坐った, 坐った人たち, 坐らした, 坐るが, 坐ろうとは, 堪えかねて, 堪えず, 堪えないほど, 堪えないほどに, 堪えないほどの, 堪えぬほど, 堪えやらないよう, 堪えられず慌て, 堪えられなくなったほどに, 堪へない思, 堪へない樣, 堪へぬまで, 堪へられない涙, 堪らずして, 大きく坐った, 大劇場, 天勝の, 女役者, 姿を, 安んずること, 定りました, 宛てた遺書, 客は, 寒夜, 導かれたよう, 小倉左衛門という, 少女が, 就かせて, 就きながら, 就きぬ, 就き黙つて一つお辞儀, 就くを, 就ける横笛, 就て, 居あわせた曾呂利, 居しが, 居た, 居た尚古堂, 居ついたまま, 居なら, 居られて, 居られなかった, 居られなかったに, 居るの, 居る人々, 居る知名, 居付いて, 居合わす, 居合わす人々, 居合わせねば, 居堪えないよう, 居据わって, 屬さず, 屬し, 山野, 島台の, 席を, 帰ったが, 帰ったの, 帰った時, 帰つてホッ, 帰つて居ました, 帰らないうち, 帰りて, 帰りながら, 帰りました, 帰ると, 帰るの, 常に惨敗, 幸あれ, 座って, 延い, 延く, 引いて, 往かざりしこそ, 御在職, 復させたもの, 復され予, 復したが, 復するの, 復そうとして, 忍び入って, 慈善興行を, 慊らない, 戻ったところ, 戻った渠, 戻った連歌師, 戻つた連歌師, 戻つて其處, 戻り紙, 戻り給え, 戻る頃, 押されたり, 押し寄せて, 押直さう, 招じた, 招ぜられた客, 招ぜられると, 拠って, 拠つた, 据えた, 据えなければ, 据えられた第一人者, 据ゑた神体が, 掛るという, 控えて, 推さる, 数名の, 文楽座人形芝居を, 於ける, 於ける二三, 於ける新しい, 旗上げを, 昇ったなどという, 時の, 晏如と, 朝日影さす, 木戸銭を, 松莚君を, 根城を, 楯籠っ, 歸り, 歸りました, 歸る, 比ぶれ, 毛糸の, 江戸桜清水清玄と, 沢村訥子の, 注がれた, 浪華節が, 清三が, 満ち袖, 満つる, 源兵衛のしもべ, 滑稽を, 滿ち, 漂う, 煙草盆を, 照らし出したこと, 現れたの, 瑪瑙の, 用ゐ, 白粉の, 目を, 直して, 直ったが, 直った勇美子, 直った時, 直った老人, 直つたもの, 直りたまえ, 直りつ, 直りぬ, 直り姉さま冠, 直り星, 相川良之介が, 着いたお, 着いたが, 着いた時, 着かしむること勿, 着かせ, 着かないうち, 着かぬ先, 着きし初め, 着きたり, 着き左, 着き茶, 着き行香, 着くこと, 着くなり, 着くなり息, 着く源氏, 着けば, 着けり, 神楽師として, 神樣が, 移せば, 立ち上がって, 立ち小便, 立てようと, 立籠つて近松研究を, 端然と坐っ, 粗末な, 結党式を, 置かるべきもの, 置く者, 美しき顔, 耐えかねた, 耐えないで, 耐えない姿, 耐えなかったじゃ, 聞澄し, 胡坐を, 落ちついて, 著いた, 著きながら, 血の, 行かに, 行きしが, 行って, 行つて六七年前と, 衝突する, 褥に, 見えた菅子, 見えに, 見えました, 見出した星, 見物に, 言が, 赴かん, 赴きぬ, 赴き梅吉等清元連中出語, 赴けり, 起って, 踰ゆべし, 転じて, 迎えて, 近いところ, 近く火に, 近く置かれ, 返ったすると, 返った老人, 返つたところ, 返る, 返ると, 返るの, 退くの, 送って, 通る, 連った, 連って, 連なる人々, 進んだ, 進出し, 運ばれて, 還って, 還つて, 還つて平次, 酒気が, 金沢貞顕, 釘付に, 錦太郎を, 鐵砲百合の, 開かる, 開演し, 関係し, 限られて, 集まった一同, 集まる人々, 雇われたの, 雪の, 雪を, 青き菊, 青野季吉が, 飛び込んで, 高々と, 高時, 高等師範の, 鷹匠殿御用と

▼ 座~ (333, 4.5%)

11 今日も 7 大満員 4 今夜も 3 そののち

2 [12件] いわゆる檜舞台, 今日の, 余り昔, 例の, 新富座と, 昼の, 毎日の, 満員, 白けて, 私の, 補助は, 首脳コポオ自らの

1 [284件] あきぬ, あくまでも歌舞伎座, あけて, いは, いやだ, おかげで, おさまる, かの羊, かりに今, ここに, このこと, このシーズン, この企画, この年, この町, こんで, しかし公演, しづかに, しんと静まった, すぐに, すっかりしらけ, そこから, その人物, その傾向, その出発点, その劇団活動, その島原, その後すぐ, その後間もなく, その意味, その梯, その間に, それこそ, それで, それは, そんなこと, たいした人気, たしか芝鶴, ただ白け返った, たと, つねにそれら, とうにはね, とかくに, とめどなくみだれ, どうだ, どうだった, どこだ, にぎやかに, にこにこし, ひとしきりざわめいた, ひどいさ, まだ元, まアいくらか, みっちり来, みなお, みな口を, みな浅草の, むかしの, むろん大入満員, もう元通り, もう死んだ, もう無くなっ, もう賑やか, もとより新, やはり五月, よっぽどひどい, わが銃眼, わりあいに, イダルゴを, エドナ・ファウバアの, ザワザワし, セカンド, チェホフによ, ピエルボイズ専門の, 一〇パーセントと, 一つと, 一丁目市村座は, 一個の, 一八九八年スタニスラフスキイ及び, 一瞬しんと, 三丁目に, 三回四回と, 三崎町の, 三月興行の, 三條の, 上山を, 主なき, 九分の入り, 九分の入り見た目は, 九分九厘といふ, 九月から, 二丁目守田座は, 二万円の, 二十三年の, 二千五百米から, 交通の, 人が, 今, 今の, 今日が, 今日は, 仮りに, 何となく白けた, 何日から, 俗に, 健全な, 僕に, 元地, 先づ存在した, 先づ西宮の, 先代の, 入りひどし, 入り七分位, 入り七分強ぐらゐ, 全く明朗, 全焼した, 全部北であります, 全部売切れである, 八・九分の入り今日徐州陥落と, 八九分の入りだ, 六月以来休場し, 内部における, 円輪な, 再び開場, 出来あがって, 出来たか, 初めに, 別に何, 前に, 前にも, 前者の, 割れんばかりの, 劇道人の, 十月歌舞伎座では, 千秋楽だ, 午前七時に, 去年の, 又し, 又起ち, 吉本興業の, 同じく, 同業が, 名を, 唯蠅, 喜劇曾我廼家五郎と, 圍爐裏に, 土曜では, 坂東勝之助で, 夏目漱石佐佐木信綱森鴎外坪内逍遥という, 外賓接待には, 多くを, 大修繕落成, 大入大, 大入満員, 大入満員なり, 大変な, 大暑の, 天地人に, 天子の, 奥女中江島と, 好きで, 妙に, 妹の, 始められたの, 委しくいえ, 子供芝居などで, 完全な, 官人宰相の, 定まりぬ, 客より, 家族的感情に, 小芝居, 尚打ち続けた, 崩れて, 左団次帰朝後の, 左団次権十郎の, 帝劇と, 廻り舞台も, 強情に, 彼を, 後の, 復興が, 急に, 懐かしそう, 戎橋の, 戦後事業の, 摺退いた, 改築と共に, 教務で, 数えられる, 新派と, 新派の, 新築後半年に, 日曜故大, 旧の, 明かに, 明朗である, 明朗化される, 昔は, 春日神社からは, 昼から, 昼も, 時蔵芝鶴吉右衛門勘五郎などという, 普通の, 最近劇団員が, 月曜だ, 未だ全部, 本庄桂介君が, 本郷座の, 極仲, 楽屋も, 橋に, 歌舞伎座の, 歌舞伎座よりも, 正しく歩かなけれ, 殆ん, 比較的新しく, 江戸随一撰り, 浅草の, 満員だ, 満員で, 満員である, 満員なれ, 満足できなかった, 溝口権三郎という, 無力の, 無理だ, 然し大, 猿若町を, 現代日本に, 現在は, 甚しく, 生き返つた, 白けた, 白けたが, 白けたけれども, 白け渡ったが, 目下私の, 直ぐ千秋楽, 真っ逆さまに, 確か類焼の, 神田の, 私が, 空いて, 立たせは, 立たれなかった, 笑声に, 第一, 答えて, 築地座から, 紀伊領一圓には, 素晴しか, 素晴しかった, 自分の, 舞台開きに, 芸道に, 荒太郎仙昇多, 菊五郎九蔵松助寿美蔵国太郎伝五郎という, 覆されて, 見返りも, 解散した, 解散を, 言は, 訥子鬼丸猿十郎源平の, 謙譲の, 貧乏でも, 賑わった, 起ちませぬ, 返事も, 迷うよう, 通四丁目の, 通夜の, 過去に, 遠いので, 遠い源平時代以前, 遺って, 遽に, 金, 開場前に, 陳老人に, 離れにくかっ, 食うため, 高利貸の, 黙阿弥三世如皐其水新

▼ 座~ (247, 3.4%)

7 上演された 5 上演した 4 上演する 3 初めて上演, 彼の, 見物した, 開演し, 開演した, 開演する 2 あつた, あつたらう, ごまかして, やる, 中車の, 先代の, 演説会を, 蓋を

1 [197件] あやつりを, あらう, いたしました, お激論, かの渡辺崋山, かれの, きいて, これは, これを, さびしくその, しばしば狂い, すらも一年, その他は, それに, たった一人, たつた一人, ちっと飲よう, どうしてこんな, な, なされその, はじめて, ひと中へ, まだ悟り, もっと盛大, やったの, やってる, やつた, やりカルメン, やること, やる倭一座, アメリカ本場に, イワン・グローズヌイ, オルガンの, サロメを, ジャック・コポオの, バーナード・シヨウの, マークス兄弟の, モデルの, 一人の, 一心に舞台稽古, 一日三回興業に, 上場する, 上演され, 上演される, 上演し, 中村富十郎が, 中村雀三郎一座が, 主なる, 九蔵の, 二三の, 二人の, 二十四年の, 二銭の, 五代目菊五郎が, 五日づつ都合十日間二萬五千圓で, 人形浄るりとして, 今の, 今東宝劇場, 他の, 伊井蓉峰君が, 佐倉宗五郎の, 何, 何を, 使ってた頃, 供頭の, 催された, 催され氏, 先生の, 光秀を, 公演した, 其のよう, 円朝物の, 再演された, 出した, 刊行した, 初演, 初演され, 初演されました, 初演し, 前日見た, 加って, 千八百七十九年十二月二十一日の, 単純に, 又三郎, 古河新, 史劇, 吉原心中の, 名人越路太夫の, 唱へる, 喧嘩を, 四五年ほども, 団七九郎兵衛を, 団十郎の, 団蔵の, 土星と, 多見, 大僧正は, 天竺徳兵衛の, 太陽と, 失敗した, 女優エチャーチの, 女優生活十五年間の, 好成績を, 始めて, 家橘の, 寿美蔵の, 小伝次吉右衛門の, 川上の, 川上高田一座の, 左は, 師に, 常打ちに, 床を, 延若と, 役は, 彼が, 彼は, 後に, 従来と, 御廉, 感じた以上, 戦争芝居を, 打ち続け僕無休, 打つて, 拙作, 採用された, 新しい叙事詩, 新しく演じ, 新作が, 新作の, 新劇座の, 日露戦争の, 日食が, 映画を, 月形半平太を, 本の, 東と, 東京大, 東武蔵を, 某孤児院, 椀久を, 極樂, 樋口と, 歌劇, 毎週に, 河井勇二郎一座の, 河竹新, 活動写真を, 演し, 演じて, 演ぜられた, 演ぜられる場合, 演った, 演る, 演出した, 演劇大会を, 玄徳は, 発する言葉, 盲人俳優林長之助の, 真っ先に, 第一回, 第二回, 筑波澄子劇団が, 箸を, 纏まった, 老婢は, 興行し, 興行を, 芝居は, 芝居を, 芦田君は, 花々しく幕, 苦い酒, 菊五郎の, 菊五郎吉右衛門の, 行方不明に, 表現した, 製作劇場の, 西郷隆盛の, 見かけたあの, 見せられた団十郎, 見た, 見た頃, 見物し, 観た, 解けて, 贖罪について, 越路が, 踊った金ぴか物, 近頃評判, 道化役を, 道楽者の, 金色夜叉を, 銀座からの, 雨に, 面白いの, 骨寄せの

▼ 座~ (140, 1.9%)

9 定まると 6 白けて 4 出来た 3 どうだ 2 あって, ある, できて, 乱れて, 焼けて, 見ゆ

1 [106件] あいにく自分, あきました, あった, あったが, あっただけ, あっても, あり同時に, ある由, いいとは, おちつくの, かかってたでしょうかかってたの, きまったと, くずれて, くつろいで, くつろぎかかったころ, これほどの, これを, さめる, しらけて, しらの, しんとしらけた, しんとな, しんと白けた, じき近所な, そのまま生きた, そのレパートリー, その中心, ちょっと白けた, できたの, なり難い, もう風, もし失敗, もちにくい, シンと, ヨタモノの, 乱れかけたところ, 乱れた, 乱れ果てたこと, 二月に, 今度経営困難に, 作られ薫, 僕に, 出来した時, 出来たから, 出来たとき, 出来て, 初めて何円何十銭, 初めて開場, 初めで, 判らないの, 割れっ返る程, 勤めるいろいろ, 取上げた, 取上げた作家, 変った, 変に, 定まった時, 定まって, 定まってから, 定まらない, 定まるなり, 定る, 少し白けた, 崩れたこれ, 崩れて, 常に上演曲目, 建つと, 急に, 成り立つだろうかと, 持てなかつたお, 挙げて, 来る廿八日, 東京震災復活の, 浮き立つて, 浮き立つはず, 澤山さう, 火事で, 焼けたのよ, 焼けた大火, 焼けてから, 焼けてからは, 狭くなる, 猿之助を, 白けかえり会議, 白けた, 白けないで, 白けない程度, 白ける, 白けるやう, 白け對馬さん, 白け渡って, 福田, 窮屈で, 立ち直れば, 立てなくなって, 絶えた後, 芝辻にのみ, 落ちついた, 薄れて, 見たいと, 設けられて, 起れません, 越して, 遠ございまする, 重なるにつれて, 面白くない

▼ 座~ (111, 1.5%)

5 云ふも 4 改称し 3 いっても, 云ふ, 書いて 2 いうので, みえて, 云う小さい, 左座の, 改称した

1 [83件] あらたまって, あらためられて, あるが, いい由来, いうに, いえば, いたそうか, いって, いひ本, いふので, この十二, して, し其次, すると, する一殿, すれば, せられぬこと, その下, その前, なった, なったが, なりますと, なりまた, なり一九二八年, なり今, なり幾たび, なり新市村座, なる訳, はっきり三字, よぶ米座, オペラ・コミツク座とは, オペラ座と, コッペの, モンマルトルと, ヨロピン酒場とは, 三文字書かれ, 三角座の, 並んで, 中村座とを, 同じくらいの, 同じ罪, 名付けて, 呼ばれる小, 呼び続ける伝統本位, 呼んで, 地謡座の, 守田座の, 守田座は, 定めければ, 宮戸座では, 対称する, 小熊座の, 市村座を, 後に明治座, 恋人と, 改称す, 新協劇団と, 新富座で, 本質に, 本郷の, 本郷座にて, 東より, 殆ん, 申すの, 相対する, 称する家柄, 称せられた江戸, 競争の, 等しいもの, 考へら, 考へる処, 聞いて, 言い人形座, 言い団扇座, 言い大福帳, 言う新しい, 認めた, 連称し, 連結する, 関係の, 雑誌, 題して, 高砂座へ

▼ 座~ (67, 0.9%)

3 類焼 2 今度の, 定まらぬうち, 朧に, 類焼す

1 [56件] ありかげま, うごかず杯盤, うごかなかった, お前たちの, かまえまだ, きまらぬに, この如く, しらけて, しらける, すでに彼, そのお, その年, その頃新築, できた, なくただ, はじめて復活, またようやく, まだ覗いた, みずから発起し, もう, もう焼けた, パンパン座も, マーケット座も, 亦この, 写実主義的作品の, 初日に, 初春らしい, 原罪の, 去らさせまい時, 同日であった, 大入満員映画なんかも, 好成績の, 定まって, 定まらぬ内, 定まりし時, 散って, 新富座も, 日常の, 本物だ, 村山座も, 松竹に, 段々乱れ, 段々賑やか, 活動小屋に, 焼けて, 獅子座も, 神の, 立たなかった, 竜宮の, 見込みは, 設えて, 設けられたり, 遠く退がっ, 難なく現出, 類焼した, 鯨座も

▼ 座つて~ (66, 0.9%)

8 ゐた 7 居た 3 ゐると, ゐるの 2 ゐました, ゐる女等

1 [41件] おとなしくし, ござれごし, じつと, た, つくねんと考え, は私達, ばかりゐた, もゐられない, ゐた五十位, ゐた四十一二, ゐた女, ゐた足, ゐた長火鉢, ゐて, ゐては, ゐます, ゐる, ゐるだらう, ゐるでは, ゐる処, ゐる前, ゐる午後一度, ゐる女, ゐる婦人, ゐる子ども, ゐる子供, ゐる山村, ゐる方, ゐる時, ゐる谷, ゐる階級的場所, ゐれや, 居た病人, 居ても, 居ります, 居るかの, 居るどころか, 居るの, 居る莚, 泣きましたよ, 話した

▼ 座蒲團~ (66, 0.9%)

13 の上 2 の端, を持つ, を敷く, を枕

1 [45件] から縁先, が並び, が二つ, が二ツ, が五つ, が竝, だけが部屋, だのヘンてこ, で卷いた, と雜物, なんぞも風呂敷, に坐, に坐つた, に悠然と, に移つた, のはて, の右左, の模樣, の裏, は要らん, もなく坐, も出さない, も敷かず, や煙草盆, をあげぬ, をかけ, をたづさ, を三藏, を二枚, を凸凹, を出さう, を勸め, を十枚抱, を半分, を取, を床の間, を手堤, を持ち出します, を敷い, を敷いた, を棄て, を水, を涼しく, を載せ, ドテラ

▼ 座布團~ (65, 0.9%)

8 の上 6 の下 2 が一枚, が二枚, を出し, を引, を持出し, を直し

1 [39件] から膝, か何ん, がある, が温か, そして内儀, だよ, で包ん, で口, とともにその, と煙草盆, に汚れ, のした, のない, のはい, の中, の側, は厚い, へ疊, も火鉢, も疊, も皺一つ, をうら返し, をしい, をすゝめ, をすゝめ乍ら, をた, を一枚, を半分, を布いた, を押し, を持つ, を敷い, を敷きます, を温め, を滅茶, を滑らし, を滑り落ちた, を贈らる, を重ね

▼ 座には~ (62, 0.8%)

2 いって

1 [60件] いなくて, お市の方も, きんらんの, さきに, ぜひ正季, その夕, その家, その廉子, その音頭取, たれひとり, だれも, だんだん寛ぎ, つきましたけれど, どこか, やっぱり慶喜, 一族股肱の, 三宝院の, 不幸にも, 主人夫婦が, 主婦の, 二十スーも, 今その, 何うで, 侍は, 出でしなり, 同僚の, 名越時元, 坊門, 夢中に, 妻が, 宇野浩二君や, 家康の, 川上音二郎の, 川上音二郎貞奴一座が, 得堪えられぬ, 御承知, 必ず同, 感じられました, 早川千吉郎益田なにが, 本庄君以外旧知の, 本所の, 欠かれぬもの, 歌舞伎の, 殺気の, 汝の, 熊の, 現今の, 白いドレス, 白靄が, 直義右馬介そして, 着くに, 神主坊主と, 秋の, 美しい少女, 色の, 静子も, 靜子も, 顔渕子路子, 高名な, 龜井君田中君大谷君なぞの

▼ 座から~ (54, 0.7%)

2 手紙が, 立って

1 [50件] いうと, お着き, ころがり出すの, して, ずり出して, とびあがった, ひっ込めたもの, もらう給金, 一言に, 一足飛びに, 三人目の, 予て捧げ, 事務員の, 出て, 前向きに, 口を, 叱りつけた, 声を, 外へ, 姿を, 寄越した招待状, 幾度土べたに, 引きおろされて, 引きおろすもの, 悠然と降り立つ, 智慧と, 東劇まで, 残らず見える, 沢正一党が, 消えるの, 狂言の, 独立した, 立ち上がった, 立ち上がって, 立ち上りました, 立った, 築地小劇場に, 美しい裸体, 自分の, 見やりながら, 賄費用が, 走り出して, 転じて, 転び出した, 辷り出た, 近いホテル, 追い退けた, 速達が, 鎌倉表へ, 電話レヴィウ風の

▼ 座では~ (40, 0.5%)

2 ないが, 捨身菩薩を

1 [36件] いちばん年長である, お園六三郎, きっとこの, その図, その年, その明るい, それから, そんな事, たれ一人, どれと, ないか, なかった, イエスが, 上野の, 二階の, 俳優に, 再び松居君, 十字架への, 又もや円朝, 団十郎が, 大きに迷惑, 大体に, 天明年間の, 宗吾の, 幼きキリスト, 弥生狂言も, 御受難, 愈々近松門左, 招待の, 是だけでも, 松居松葉君作の, 格が, 男子は, 私が, 言ったきり, 貞顕を

▼ 座という~ (37, 0.5%)

5 小芝居 4 のが 2 のは, ものが, 劇場が

1 [22件] ことが, のへ, のも, ような, ように, チャチな, バラック造りの, 中にも, 人は, 党員を, 劇場の, 名前が, 堂々たるもの, 小さい劇場, 小劇場, 小屋である, 小屋では, 男の, 研究劇団を, 芝居も, 芝居小屋でも, 芝居小屋へ

▼ 座にて~ (36, 0.5%)

3 開演

1 [33件] お伽芝居を, お話に, なしし時, ユーゴーの, 人形芝居を, 催される大異, 先代左団次七回忌追善興行, 円朝の, 化物芝居と, 各新聞記者, 名題下若手俳優の, 坪内博士の, 大阪俳優の, 子供芝居を, 尾上梅五郎は, 岡君新作の, 岡本綺堂作, 市川莚升は, 新作, 新社会劇団, 松居松葉の, 沢村清十郎は, 清国留学生の, 聞きつる讙呼, 興行, 興行し, 興行したる, 菊五郎は, 落語家芝居を, 藤沢浅二郎が, 西南戦争を, 近松が, 黙阿弥作の

▼ 座にも~ (32, 0.4%)

2 みんなあります, 出勤した, 堪えないよう

1 [26件] いたたまれない, いられず供一人連れ, え堪えぬ, しげ, その鎧櫃, つかぬうち, どつた時, どつて誦経, 俳優と, 及んで, 堪えぬと, 堪えられないという, 堪ふべからざる, 堪へないやう, 堪へない樣子, 居たえぬよう, 居たたまれなかった, 居耐えぬよう, 成仏を, 灯の, 耐えられなかった, 耐えられません, 行こう, 袖にも, 負けないで, 金さえ

▼ 座~ (30, 0.4%)

1 [30件] ある最小, からは, から前, から明瞭, から見る, たる営中, で瞑目, とへ伺候, にあった, にはいささか, には忠顕, には錦繍, にもどる, に少し, に物, の前, はこの, は金銀珠簾, へと行った, へ伺候, へ侍, へ侵入, へ出向いた, へ来, へ移る, へ馳, をこの, をそのまま, をもうけた, 即ちエムビレオ

▼ 座~ (27, 0.4%)

2 赤坂の

1 [25件] その他の, ジムナース座に, マーケット座と, マーケット座や, ラク町の, ヴェルサイユ宮の, 中村座の, 堀江座の, 季題の, 寿座の, 川上座へ, 市村座などを, 従業員組合座が中世的である, 新国劇に, 新富座の, 春木座や, 本所の, 権利を, 歌舞伎座の, 歌舞伎座を, 武蔵野館の, 蟹座が隣の, 隣組座や, 駒形の, 麻布森元の

▼ 座~ (23, 0.3%)

2 で作る, に請

1 [19件] で説法, において満, に出された, に尻, に投げ捨てた, に抛っ, に接す, に放った, に連なる, の主人, の兵法, の剥製, の斡旋, の胸, はようやく, へ入っ, まのあたり黄葉夕陽村舎, もかなり, 得与鹿城西先生相識当時既以同志相期許焉先生時

▼ 座より~ (17, 0.2%)

3 出火し 2 躍り上がり面色

1 [12件] ここへ, 出火全焼, 座に, 応用し, 成る列, 抱へに, 格が, 立ち, 起ち堂, 起つこと, 追ひ, 速達あり

▼ 座について~ (15, 0.2%)

1 [15件] お芳, その話, のち愈, はげしい関心, べたりと隆治, ゐる, 一通り久, 云った, 瞑目した, 私は, 箸を, 行儀を, 見ると, 語った, 読経を

▼ 座~ (15, 0.2%)

2 のライオン, の大通

1 [11件] おもむろに一膳, で停る, で微速力, にこんもり, にはいつも, に竈河岸, の八新, の竈河岸, へ置いた, までの片側, を渡し

▼ 座附作者~ (14, 0.2%)

1 [14件] が役者, が脚色, であらせられる, でない作者, と座附作者, と見なされ, のやう, の例, の側, の態度, をし, をのぞけ, を眺め, 然と

▼ 座といふ~ (13, 0.2%)

3 名前が 2 のが 1 ことである, のへ, ものが, 劇団も, 劇団を, 月並な, 札ある, 芝居の

▼ 座とは~ (12, 0.2%)

1 [12件] かなり間が, どこだ, どこです, 全く別人, 別に五箇所, 受け取れない, 唱門の, 国家が, 敵の, 盛元, 眼と, 組の

▼ 座~ (12, 0.2%)

2 の狂言作者 1 としては一寸, のある, の人達, の制度, の女, の狂言作者ら, の芝居茶屋全廃論, の茶屋, の茶屋三河屋, の茶屋三河屋力蔵

▼ 座でも~ (11, 0.1%)

2 よくよく心 1 あいて, かなり人を, カベスの, ヴィユウ・コロンビエでも, 俳優の, 太夫元から, 少年劇という, 見ようと, 野伏の

▼ 座~ (11, 0.1%)

2 が近寄っ, を先頭 1 が出る, に一番, は停止, らしいな, を中, を囲繞, を見守った

▼ 座~ (11, 0.1%)

1 [11件] から全集, に狎れ, に眼, に立てた, に置い, に近づけ, のもの, の火鉢, の灯火, の行燈, を照す

▼ 座とも~ (10, 0.1%)

1 あろうもの, いうそう, いふべき劇団, なるに, 伝えられた, 正月興行を, 狂言ごとに, 狂言名題の, 申したそう, 謂って

▼ 座唱門~ (10, 0.1%)

1 がすなわち, が大和国中数十個所, であること, なるもの, に当たる, のこと, のみがこれ, の中, の名, は興福寺所属

▼ 座~ (10, 0.1%)

1 にも人, に殺伐, に用意, の事々物々, の間, はなさぬ, をもいやしく, を嫌わない, 怠るところ, 放したこと

▼ 座~ (9, 0.1%)

2 どこかで 1 どこかの, オペラ, シネマ・パレスヘでも, 二丁目なら, 多分新富座, 常盤座の, 新富座か

▼ 座~ (9, 0.1%)

2 に置いた 1 にあった, に近づかん, の刀, はさんざん, は何, へのぼる, へ置き

▼ 座~ (8, 0.1%)

1 がよく, であったイヤ, で話, に立て, のうまい, のよう, の一人, をし

▼ 座見物~ (8, 0.1%)

2 に出かけた, のこと 1 である, にゆく, の感想, の連中

▼ 座である~ (7, 0.1%)

1 がこの, とする, と思い込ん, と教えられ, に対し北, ように, 立山を

▼ 座との~ (7, 0.1%)

2 間に 1 仕事を, 区別は, 境界に, 経緯を, 間は

▼ 座における~ (7, 0.1%)

1 その初日, 勝四郎の, 和好は, 団十郎門下の, 御目見得狂言の, 発言に, 詞章に

▼ 座時代~ (7, 0.1%)

2 からである 1 に盛っ, の少年期, はこれ, はまた, を通じ

▼ 座~ (7, 0.1%)

3 を立出 1 へ這, へ這入, を出, を徘徊

▼ 座~ (6, 0.1%)

1 からなお, と思い, と思った, と承, のと, のという

▼ 座~ (6, 0.1%)

1 たま, たり, たりし, たりやつ, たり暖炉, て頂きたい

▼ 座つた~ (6, 0.1%)

2 きりです 1 が張合, ことを, この舟, ところは

▼ 座において~ (6, 0.1%)

1 しかも蟹座, はじめて表現, 川上音二郎一派が, 市川左団次の, 政談演説会を, 見たもの

▼ 座ブトン~ (6, 0.1%)

1 がスー, なんかない, になり, をしい, を当て, を折つてまくら

▼ 座以外~ (6, 0.1%)

1 にはかたく, のところ, の中村座, の劇場, の商人, の大

▼ 座~ (6, 0.1%)

1 が日ごろ, のなめなる, の無い, は皆我傍, をし, を驚

▼ 座~ (6, 0.1%)

2 一の 1 一主義である, 一回を, 二, 9回公演

▼ 座羽織~ (6, 0.1%)

2 の軽装 1 が幾通り, に腹巻, の肩, をぬぎ

▼ 座~ (6, 0.1%)

1 がある, に己, に帰っ, の方, へ入れ, へ出た

▼ 座あたり~ (5, 0.1%)

1 では座頭格, で筆, に余命, の小, の星

▼ 座からは~ (5, 0.1%)

1 ふとみかどの方, 罵詈の, 菊五郎一座の, 讃歎の, 雑用が

▼ 座下駄~ (5, 0.1%)

3 を突 1 が鼻緒, をはい

▼ 座~ (5, 0.1%)

1 にし, の佐橋五湖, の芝居茶屋, の若手, の行友李風

▼ 座付作者~ (5, 0.1%)

1 でもない, になつて, になる, の右田寅彦兄弟, の新作

▼ 座~ (5, 0.1%)

1 が色めき立った, にうるさい, の暑, を隅々, 益々明朗

▼ 座~ (5, 0.1%)

1 がまだはっきり, のみ変更, の看板, はディ・ヴァンピエル座, も初めてはっきり

▼ 座~ (5, 0.1%)

1 がひわる, に結び付けられ, に腰掛けず, の下, へ置い

▼ 座~ (5, 0.1%)

2 の一角 1 に火事, の酒亭, を流れ

▼ 座~ (5, 0.1%)

1 が乗っ, に出会, の役目, の表, をのせた

▼ 座ある~ (4, 0.1%)

1 のみである, も後者, やいな, 時御不

▼ 座だけが~ (4, 0.1%)

1 一種の, 元地, 別の, 新聞劇評家を

▼ 座だの~ (4, 0.1%)

1 そうした, そのころ, 懐に, 紅いアルデバラン

▼ 座として~ (4, 0.1%)

1 またとなくここ, 居流れ, 戦況を, 赤坂溜池に

▼ 座などで~ (4, 0.1%)

1 いきなりワァワァワァ, 一流中の, 森元の, 聞いたこと

▼ 座はじめて~ (4, 0.1%)

2 夜芝居を 1 瓦斯灯を, 瓦斯燈を

▼ 座へは~ (4, 0.1%)

1 早いが, 行くの, 足踏みしなくなった, 遠のいて

▼ 座へも~ (4, 0.1%)

1 どつて, よく聞こえる, 出ず好き, 行ったこと

▼ 座まで~ (4, 0.1%)

1 人力車に, 借り入れて, 登って, 立見に

▼ 座よりも~ (4, 0.1%)

1 ずっと巧, 守田屋を, 後の, 顔ぶれは

▼ 座~ (4, 0.1%)

1 あり, における腰部, のかたち, を造ろう

▼ 座入り~ (4, 0.1%)

1 がかなっ, などはしょせん, の儀, をお

▼ 座出演~ (4, 0.1%)

1 のこと, の手伝ひといふ仕事, は水死, を経

▼ 座~ (4, 0.1%)

1 が如何にも, の一円, を収入, を取

▼ 座~ (4, 0.1%)

2 大権現 1 とし, も蔵王

▼ 座~ (4, 0.1%)

1 の座, をし, を組む, を組ん

▼ 座~ (4, 0.1%)

1 にもしばしば, の存在, の手, を経

▼ 座附俳優~ (4, 0.1%)

1 が常に, で唯今, の組特別講義, は勿論

▼ 座しか~ (3, 0.0%)

1 ないと, ない延喜式内, やらなかったでしょ

▼ 座すなわち~ (3, 0.0%)

1 人格の, 武田伊那丸の, 組合に

▼ 座だけは~ (3, 0.0%)

2 毎月必ず 1 横畳に

▼ 座つて新聞~ (3, 0.0%)

3 見ながら

▼ 座であった~ (3, 0.0%)

1 かはもとより, が量, と思う

▼ 座です~ (3, 0.0%)

1 か, ね, よ

▼ 座での~ (3, 0.0%)

1 再度の, 独演会を, 言である

▼ 座とか~ (3, 0.0%)

1 云ふ, 十二神楽とか, 銀座も

▼ 座とかいう~ (3, 0.0%)

1 位地が, 浅草一の, 芝居座の

▼ 座など~ (3, 0.0%)

1 激しい時代転歩, 相前後, 顧慮し

▼ 座などには~ (3, 0.0%)

1 さすがに, 仏種子が, 姿を

▼ 座などの~ (3, 0.0%)

1 したくが, 上僧級が, 人形を

▼ 座などは~ (3, 0.0%)

1 あとから, だだっ広いの, 確かに

▼ 座なども~ (3, 0.0%)

1 その一例, 同様で, 少し置き直す

▼ 座なら~ (3, 0.0%)

1 ば何処, 人形町は, 芸術座МОСПС

▼ 座に対する~ (3, 0.0%)

1 不安は, 感情から, 補助金問題あるいは

▼ 座また~ (3, 0.0%)

1 これと, 大勝館あたりで, 腰元とも

▼ 座をは~ (3, 0.0%)

1 づして戸外へ, づしましたが何處からか, づす

▼ 座をも~ (3, 0.0%)

1 仰いで, 去らせず首, 起たずポツリポツリ

▼ 座~ (3, 0.0%)

1 た, てやっぱり, て歯

▼ 座三月公演~ (3, 0.0%)

1 のゴーリキイ作, のゴーリキー, はゴーリキイ

▼ 座兄妹~ (3, 0.0%)

1 の身の上, は僕, を傷つけよう

▼ 座劇場~ (3, 0.0%)

1 の番付看板, の看板及番附, の賑

▼ 座~ (3, 0.0%)

1 清と, 清という, 清の

▼ 座句山~ (3, 0.0%)

1 と同, の位置, の項

▼ 座~ (3, 0.0%)

1 の整理, を出し, を投げ込ん

▼ 座新築落成~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 座楽屋~ (3, 0.0%)

1 に届けられた, に松莚子, へ出入

▼ 座~ (3, 0.0%)

2 を有せざれ 1 にし

▼ 座~ (3, 0.0%)

1 の屋形船, の脚本, の舟

▼ 座~ (3, 0.0%)

1 である, ではなかっ, でまず

▼ 座~ (3, 0.0%)

1 の小, の山田, も御

▼ 座あっ~ (2, 0.0%)

1 て壇上, て守田座

▼ 座あり~ (2, 0.0%)

1 その外人形座, て籠中

▼ 座います~ (2, 0.0%)

2

▼ 座からも~ (2, 0.0%)

2 俳優座からも

▼ 座この~ (2, 0.0%)

1 六座がいわゆる, 組合的結合には

▼ 座その~ (2, 0.0%)

1 左端に, 物の

▼ 座~ (2, 0.0%)

1 オオオ, 高き

▼ 座だけ~ (2, 0.0%)

1 だった, では

▼ 座だけを~ (2, 0.0%)

1 じっと見, 深目

▼ 座つき~ (2, 0.0%)

1 に月雪花, の役者たち

▼ 座~ (2, 0.0%)

1 のを, ふ小屋

▼ 座でした~ (2, 0.0%)

1 がその, 中将姫の

▼ 座といった~ (2, 0.0%)

1 ことは, ふうに

▼ 座~ (2, 0.0%)

1 のが, のである

▼ 座なぞ~ (2, 0.0%)

1 い行ったり, のある

▼ 座などに~ (2, 0.0%)

1 出でて, 比べても

▼ 座などを~ (2, 0.0%)

1 ちょっと覗い, 転々し

▼ 座なる~ (2, 0.0%)

1 一家の, 數千の

▼ 座にか~ (2, 0.0%)

1 へる, へると

▼ 座についてから~ (2, 0.0%)

1 その二人, 私は

▼ 座につき~ (2, 0.0%)

1 たまえば, たまへば

▼ 座にまで~ (2, 0.0%)

1 坐つた嫁入り, 引きずりおろされた

▼ 座によって~ (2, 0.0%)

1 上演せられ, 新しい劇運動

▼ 座に対して~ (2, 0.0%)

1 卑しい敗残者, 来会者の

▼ 座ばかり~ (2, 0.0%)

1 でない妹, でなく全市

▼ 座へと~ (2, 0.0%)

1 いふん, 喘ぎ喘ぎ辿って

▼ 座をかへて~ (2, 0.0%)

1 ものする, 其処に

▼ 座をと~ (2, 0.0%)

1 言いたげの, 言ひたげ

▼ 座をば~ (2, 0.0%)

1 動くな, 樂長にも

▼ 座~ (2, 0.0%)

1 へ行くいうたはりました, 立って

▼ 座グラント将軍~ (2, 0.0%)

2 が見物

▼ 座一月興行~ (2, 0.0%)

1 に於い, の二番目

▼ 座七郎右衛門~ (2, 0.0%)

1 が横, などである

▼ 座事件~ (2, 0.0%)

1 の絵島, をひきおこした

▼ 座以上~ (2, 0.0%)

1 の悲しむべき, もある

▼ 座以来~ (2, 0.0%)

1 の深, 親しくなっ

▼ 座光坊~ (2, 0.0%)

1 には窕子, のあるじ

▼ 座初日~ (2, 0.0%)

1 なれど, を看る

▼ 座初演~ (2, 0.0%)

1 で名題, の当時

▼ 座~ (2, 0.0%)

1 は即ち, は無論

▼ 座~ (2, 0.0%)

1 の前, を振り仰い

▼ 座~ (2, 0.0%)

1 番頭出入司小姓頭目附役の, 都劇場の

▼ 座~ (2, 0.0%)

1 して, を出

▼ 座~ (2, 0.0%)

1 も保っ, をただし

▼ 座市村座春木座~ (2, 0.0%)

1 この六座が, なども同様

▼ 座布團一枚~ (2, 0.0%)

1 ありの, の身上

▼ 座希望~ (2, 0.0%)

1 の件, の岸田一夫

▼ 座役たち~ (2, 0.0%)

1 に手, はそろそろ

▼ 座役人~ (2, 0.0%)

1 の株, は苗字帶刀

▼ 座志望~ (2, 0.0%)

1 して, で来た

▼ 座或は~ (2, 0.0%)

1 其他の, 神事執行の

▼ 座新座~ (2, 0.0%)

1 などの職業役者, の田楽

▼ 座日本橋蠣殻町~ (2, 0.0%)

2 の中島座

▼ 座春木座~ (2, 0.0%)

1 この六座が, なども同様

▼ 座~ (2, 0.0%)

1 に列する, に泣き浸りたる

▼ 座~ (2, 0.0%)

1 となり, 建築の

▼ 座桟敷五人詰一間~ (2, 0.0%)

1 の値い四円五十銭, の値四円五十銭

▼ 座椅子~ (2, 0.0%)

1 にもたれ, によって上半身

▼ 座~ (2, 0.0%)

1 の實驗, の改弊

▼ 座浅草鳥越~ (2, 0.0%)

2 の中村座

▼ 座~ (2, 0.0%)

1 動く, 悪いと

▼ 座~ (2, 0.0%)

2 の王国

▼ 座~ (2, 0.0%)

1 とすれ, とである

▼ 座美人座~ (2, 0.0%)

1 のピチピチ, 御連中

▼ 座臥凡て~ (2, 0.0%)

2 の清新

▼ 座興行~ (2, 0.0%)

1 のとき, も余り

▼ 座落成~ (2, 0.0%)

1 して, の日

▼ 座蒲圃~ (2, 0.0%)

1 や煙草盆, を敷い

▼ 座行き~ (2, 0.0%)

1 の乗合馬車, をすすめた

▼ 座近く~ (2, 0.0%)

1 の楽譜店, も聳え

▼ 座連盟~ (2, 0.0%)

1 はこうして, は脆く

▼ 座附太夫~ (2, 0.0%)

1 と別看板, の他

▼ 座附女優~ (2, 0.0%)

1 を妻, 諸嬢

▼1* [399件]

あたり彼女は花道, 座あらそひの企み, 座ありまして其の, 座いずれも経営, 座いませうと云ふから私, 座いらっしゃるにもせよ, 座い行った時に, 座置き人々, 座おなじく蠣殻町の, 座かけ持ちにて出勤, 座かへはいりたがって, 座からの運上を, 座ぎり夜中に車, 座ぐらゐの感じしかない, 座これらは何れ, 座へ酔う, 座さんへ, 座しきをとっ, 座そこら一面になみ, 座そっくりな姿, 座ぞとほき, 座たる屯営の, 座たるべき処を, 座だけの大薩摩あり, 座だつたかの立見, 座だろう釣鐘が, 座ちかくのコーヒー舗, 座つき作者をもっ, 座つき長唄の立三味線, 座つた事が心, 座つた儘ぼんやりとしていつ, 座つた儘冷静と皮肉, 座つた八九人の児供, 座つた姿が思はれる, 座つていつまでもいつ, 座つていま行つて來た方, 座つてしびれが切れた, 座つてわらひました, 座つて今日の不法, 座つて何かいろいろ, 座つて四五日も前, 座つて娘の冥福, 座つて子供の相手, 座つて手を合, 座つて支那人が何, 座つて枕元の煙管, 座つて爪をみんな, 座つて白木の箸, 座つて称へ言, 座つて落ち付いて, 座つて謹聴してる篠田先生, 座つて足のしびれ, 座つて鷄の啼く, 座つなぎ思召しに, 座であろうとオレ, 座でございますで頭, 座でたツた, 座でないかつて見た, 座でなければ商, 座といへるは, 座というに対して是を, 座とかはかかって, 座とかへ出る役者, 座とがかく大いなる, 座とへそれぞれ名人会で, 座とよびかへて, 座とをあわせて, 座と共に猿若町に, 座どころで開け, 座ながらにして, 座ながらにでも分るよう, 座などがまだ壁, 座などと対照的に, 座などといった比較的健康, 座などにも出勤する, 座などへも出勤する, 座なみは情ない, 座なり俳優座なりの, 座なりが直って, 座なりを二つ三つ交わした, 座についての評を, 座についてはまだ何, 座についても煙草を, 座にての興行に, 座にても一種の, 座にでもへえりて, 座にと着きあえず扇子, 座にとって代って, 座にのみ開かれて, 座にばかり出る様, 座により近いもの, 座のみの名を, 座のよこに, 座へかへると, 座ゐりの, 座まことにこれ座では, 座ます根堅洲国に, 座または木尻である, 座まぢかく奉侍, 座までが東京から, 座までも充分お, 座みんなこれをやる, 座もしくは茶飲み座腰元または, 座もちがわるく, 座よいとこ水が, 座よりの帰途に, 座わが世にて, 座わきの橋, 座わっています, 座わりこんでお, 座わり乍ら言って, 座わることの, 座ゑられすこしは, 座ゑられた敬之進を見る, 座ゑるものも無い, 座ゑ旅の疲労, 座をからにして, 座をめぐって人々の, 座を通じて三百番も, 座アトリエ座ピトエフ一座ブルュッセルのマレエ座, 座オカミサンは隣組座, 座ガ白ケルトデモ思ッタノカ菊太郎ガ突然云ッタ, 座スクはツグ, 座てゐる, 座デコレヲ出シタ時ノコト, 座一人顧ミテ盗ニ曰ク, 座ハ田平子也其葉蓮華ニ似テ仏, 座バチイの率, 座パンパンはパンパン座, 座ピトエフ一座ブルュッセルのマレエ座, 座マーケット座この組合的結合, 座ロック座大都劇場, 座一党の諸氏, 座一卓をかこみ, 座一味が脱退, 座一派を初めて, 座七郎右衛門篠川兵庫などみな彼, 座三千米以上六座総計六十三座を数, 座三月興行から市川荒次郎, 座上一客を見る, 座上方から招いた, 座上柿あり柿, 座上演説に立ち, 座上無道の秀吉, 座下座に隔て, 座下谷の浄瑠璃座, 座中村座市村座春木座この六座が, 座で式, 座予定地の北隣, 座二千三百米以上九座二千四百米以上五座二千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 座二千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 座二千四百米以上五座二千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 座二千百米以上十一座二千二百米以上八座二千三百米以上九座二千四百米以上五座二千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 座云々と禿び, 座五箇所はともに, 座人並手伝い小役人などという役, 座人形三ノ替, 座人格の下役, 座人格座人並手伝い小役人などという役, 座の第, 座付作者たちから種々, 座付茶屋宗清の大広間, 座以下勤行の最中, 座以来一緒にやつ, 座仰臥とりどりにい, 座伊太利街から, 座休場のニュース, 座休場中の左団次一座, 座聞名と, 座保存の旧, 座俳諧を以てする, 座に付, 座の目, 座八月公演の上演目録, 座八月用の, 座八月興行の立看板, 座八省の公卿百官, 座六月興行の入場料, 座共床の方, 座其他に女房, 座内ニ其儘止リテ打出シト共ニ群衆ニ紛レテ脱出セヨ, 座内空気一掃の必要, 座内部の光景, 座円次郎氏に遇った, 座処女座獅子宮巨蟹宮両子宮, 座出勤少年俳優の写真, 座出張所を渡つた上, 座切梁ええと, 座を作っ, 座初日二番目出揃ひに, 座前衛座等の手, 座創業二百五十年の祝賀, 座創設について同座創立同人諸君, 座劇場内の光景, 座六狂言, 座北斗星などを見る, 座十箇ということ, 座千歳座中村座市村座春木座この六座が, 座が富士山, 座即ちその上, 座即高御座である, 座厳かに待ち構えた, 座取って身体, 座句山栂原山ヤケノソリエンマノトヤ等の諸山, 座句沢というの, 座景, 座見多, 座唱門下の, 座問屋というの, 座四谷の桐座, 座四谷荒木町の桐座, 座囲碁以待使童之往還, 座を入れる, 座塩座油座銅座絹座魚座材木座などの問屋経済, 座に出る, 座天蠍宮天秤座処女座獅子宮巨蟹宮両子宮, 座太夫だ次, 座奉行をやっ, 座定まって孔明, 座宝瓶宮磨羯宮射手座天蠍宮天秤座処女座獅子宮巨蟹宮両子宮, 座客ぐうの音, 座客氣付きぬれど, 座密集星団系から出, 座密集星図に属する, 座専属パオロ・オデロイン夫人の手, 座ぐま座北斗星などを, 座小判一分判丁銀取交ぜて, 座少しく下がって, 座も一路廻廊, 座を経, 座山伏山の田万里, 座山男座山を経, 座崩れる頃又, 座工人は工人, 座よ, 座市村屋守田座の変り目変り目, 座布圃を持つ, 座布團二枚長火鉢が一つ, 座布團頭の上, 座希望こいつは考, 座希望之はい, 座希望条件無しで頼む, 座師走狂言忠臣蔵通し芝居, 座座員に限らず, 座座員諸君をひとりひとり頭, 座座附のある, 座で超, 座祝の, 座当り狂言の雪, 座を改め, 座の数名, 座役所を預つた, 座彼処にあり, 座の武士, 座後方の鴨居, 座連中の, 座御朱印紛失の旨, 座御祭園神三座などに出で, 座復興は帝都, 座思惟に耽った, 座惣ざらひなり, 座愛好者のおなじみ, 座成就し給, 座成的のもの, 座戯屋の足, 座課せ神, 座所前にさしかかった, 座打越去嫌等, 座招待状を贈来りし, 座の前, 座教員としての丑松, 座茶これを, 座文士劇のおり, 座新協劇団新築地劇団テアトル・コメディイ芸術小劇場そして創作座, 座新国劇と国民劇, 座新築の開場式, 座日本橋区久松町の喜昇座, 座早く出て, 座是ナリ四五月黄花開ク民俗飯ニ加ヘ蒸食, 座から晩, 座時代紅葉山人ノ, 座はすっかり, 座寄に, 座の座等, 座朔郎に逢いたい, 座木戸前の全景, 座本郷区春木町の奥田座, 座本郷春木町の春木座, 座材木座などの問屋経済, 座来りしが大宮, 座桔梗会連中見物の約, 座森元の三座, 座森徳座ではその, 座のよう, 座構えこれはただ, 座の露路, 座の二つ, 座歳末の総会, 座りの, 座んど, 座油座銅座絹座魚座材木座などの問屋経済, 座浅草大勝館公演と帝都座, 座浅草猿若町の市村座, 座浅草馬道の市村座, 座秘の, 座深めに引い, 座温泉まで四里, 座演技道場にて第, 座激評の標題, 座に宣らす, 座片側には人形芝居辰松座, 座獅子宮巨蟹宮両子宮, 座王菩薩少彦名, 座ピカデリイ劇場の, 座白き光の, 座に礼装, 座相撲や腕押し, 座研究所をはじめ, 座禪姿になつて, 座私演を見る, 座移転は明治四年, 座種子が意気, 座稽古に招, 座筆屋幸兵衛の出語, 座に対するに堪へず, 座結成以来である, 座結成昭和八年正月の公園劇場出演, 座総計六十三座を数, 座の描法, 座繁昌のもと, 座にかけて繰り出しまし, 座繰りの音, 座は櫓, 座者所亡弓箭出來願坐爾, 座肅然東京會館ウエーター君まで貰, 座脚本礼金参百円持参す, 座脱退デュランとジュヴエ, 座脱退ララ夫人の国立, 座腰元または勝手, 座臥すべてが憧れ, 座臥われわれの生活, 座臥居住の派手さ, 座臥心身を原作者, 座臥時処諸縁をきらわず, 座臥進退に密接, 座臥間断なく決し去った, 座自身ではない, 座興亡史があり, 座舞台稽古なり, 座蒲團すべてこれに相, 座蒲團ビーズ細工を飾りつけた, 座蒲團一つ一つの卓, 座蒲團代りの古い, 座を用, 座或いは坂者, 座行装触れ潮, 座表飾の事, 座襌ぢやない, 座見ませんか, 座見物あとの二日, 座見物達も藤十郎, 座角力に負けた, 座解散の後, 座試演の招待券, 座豐竹座の操發達後, 座の人, 座を散策, 座来ちまった, 座逐次脱退サルマン夫妻の, 座通いの思い出, 座の出しもの, 座配りは舳, 座野武士群盗の世界, 座銅座絹座魚座材木座などの問屋経済, 座鎌倉へ行く, 座開場初興行, 座開場式には俳優, 座開業之節, 座開盛座をいう, 座附きで駈出しの, 座附属演劇学校の内容, 座附属演劇学校長として詩学, 座附狂言作者以外の脚本家, 座のお話, 座陰陽脇備え畳, 座の一席, 座随一たる中村座, 座といひ, 座隣組座野武士群盗の世界, 座雪中庵の社中, 座のよう, 座頭取であったので, 座顔見世狂言で江戸, 座高砂座開盛座をいう, 座魚座材木座などの問屋経済, 座鳥越の中村座, 座を扱, 座黒う熟れに