青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「度~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

床の間~ 序~ ~底 底~ ~店 店~ 店先~ 店員~ 府~ ~度
度~
~度々 度々~ 度目~ ~座 座~ ~座敷 座敷~ ~庭 庭~ 庵~

「度~」 36079, 390ppm, 247位

▼ 度~ (6619, 18.3%)

246 三度も 217 何度も 140 なかった 104 見たこと 79 ない 37 四度も 32 繰り返して 30 顔を 28 ないの 26 なかつた 25 ありません 23 それを, 足を 22 聞いたこと 20 自分の 19 したこと, 姿を 18 頭を 16 くりかえして, 私の, 続けて, 行ったこと 15 くり返して, 六度も, 口に 14 手を, 繰返して 13 来たこと, 考えたこと, 逢ったこと 12 ありませんでした, 口を, 行って, 見た事 11 うなずいて, 会ったこと, 同じこと, 無かった, 経験した, 行つた, 見て 10 お辞儀を, やって, 出て, 来て, 眼を, 首を 9 うなずいた, ないん, 二度も, 僕の, 彼の, 念を, 水を, 考えて 8 あった, いった, そんなこと, 五度も, 心の, 私に, 繰り返した

7 [14件] ある, いく度も, お目, して, ないと, なかつたの, 云って, 会って, 尋ねて, 彼は, 無かつ, 話したこと, 読んで, 通ったこと

6 [18件] いって, くり返した, なしに, 先生の, 嘘を, 感じたこと, 手紙を, 無い, 無いの, 目を, 罹災し, 聞いた事, 聞いて, 見た, 言った, 言葉を, 読んだこと, 顏を

5 [19件] きいたこと, ございません, ございませんでした, ないので, なかつたと, なく涙, 云った, 人に, 家の, 家へ, 寺道場を, 書いたこと, 書いて, 来た, 結婚した, 繰りかえして, 腰を, 自分で, 行ったり

4 [39件] あつた, あなたに, あります, いうと, おじぎを, お礼を, これまで, した事, しなかった, その姿, そんな目, ないくらい, ないこと, ないという, なかったろう, わたしは, 一緒に, 云ふ, 同じところ, 同じ事, 呼んで, 声を, 彼を, 彼女に, 心に, 手に, 日本へ, 時計を, 無いと, 空を, 経験しなかった, 続けさま, 考へたこと, 見かけたこと, 見舞に, 言う通り, 言って, 訪ねて, 通って

3 [106件] あったこと, あったん, あり井戸, あるか, あるの, いうよう, うなずきました, うなづく, お目にかかつたこと, くりかえした, くりかへ, こちらを, そう云った, そこへ, その顔, それが, つづけて, ないのに, ないわ, ない涙, なく流れた, まともに, やったこと, やつて, 二十度も, 人を, 他の, 使つた, 例が, 便りを, 僕を, 八度も, 口の, 叫んだ, 呼びに, 唾を, 外へ, 失敗し, 妻の, 子供を, 学校へ, 学校を, 室の, 寝返りを, 小便に, 巡査に, 席を, 帰って, 彼に, 彼女を, 彼自身を, 往復し, 往復する, 後ろを, 後を, 思ったこと, 恋を, 感じた事, 手で, 接したこと, 東京の, 東京へ, 東京を, 次郎の, 正確に, 水に, 注意した, 浴びた, 父に, 現れて, 百度も, 目が, 礼を, 私は, 私を, 立って, 続いて, 繰りかえした, 續けて, 考へ直して, 耳に, 耳を, 聞かされて, 聴いたこと, 聽いた, 胸の, 自分が, 自分を, 落第し, 行った事, 表へ, 袖を, 読みかえして, 読み返した, 身を, 這入って, 逢った事, 逢つた, 重ねて, 開いたこと, 開かれたこと, 雪が, 頷いて, 頼んで, 額を, 鼻を

2 [366件] あっちへ, あとを, あなたを, あの人, あの娘, ありは, ありませんが, ありませんでしたよ, ありませんわ, あるが, ある事, いさかいを, いやな, いらつし, うなずきながら, うるさく云っ, おとし穴, おびやかされたらしく麓, お使い, お富, お柳, お見え, お逢いした, かう自分, かけて, きいた事, きたこと, くり返された, くり返しました, くり返すの, こう云う, こう自分, ここで, ここに, ここへ, ここへは, この寺, この歌, この町, この通り, これを, こんなこと, しくじっては, した覚え, しないで, しなかった京吉, そう言った, そこに, そこを, そのよう, その上, その前, その家, その文句, その演技, その煙, それに, それらしい, そんなに苦しん, そんな事, たしかめたはず, たずねて, つづいて, ないから, ないが, ないけれど, ないし, ないよう, なかつたこと, なかつたやう, なく, なくて, なく流れる, なく流れ落ちた, なく溢れる, なく滅茶苦茶, なく自分, はいって, はげしく舌打, はっきりと, ひかれそこ, ふりか, ふり返っ, ぼくの, まごついて, もどしたり, ものを, やった, やり直した, わたしに, わたしの, コンニチハと, シバの, ステーションでも, スパスパ吸っ, タクシイを, ナイフを, ベルの, 上って, 不平を, 不幸な, 不足である, 世間の, 両手で, 予習に, 事故を, 二人の, 二人を, 云ったこと, 云つた, 互に愛し, 井戸替, 京都へ, 京都管領に, 人の, 人間の, 休まなければ, 会った事, 何度もつ, 使ったこと, 使は, 來た, 來ない, 便りが, 便所へ, 俊ちゃんの, 信輔を, 俺の, 停車せず, 催促した, 僕に, 僕は, 先生に, 入ったこと, 入って, 入口の, 六点を, 出かけたこと, 出した事, 出た, 出ませんでした, 刑事が, 利用せず, 前に, 医者に, 参りません, 参加せず, 口出しなどを, 叫ばなかった, 同じ轆轤, 同じ道, 名が, 向うから, 君の, 呟いた, 味は, 味わったこと, 呼んだ, 呼んだこと, 問題に, 喧嘩を, 嘘言という, 国へ, 国主の, 地上に, 変ったこと, 外の, 外れたこと, 外敵に, 夢に, 大きな声, 大声で, 夫と, 女から, 女の, 妻に, 妻へ, 妻を, 婦人と, 子供が, 実地に, 家へは, 家出を, 寝が, 寝たこと, 寝床の, 寝言を, 實行した, 居所を, 帽子を, 店へ, 廃学を, 廊下から, 彼らの, 彼女の, 彼女は, 往き来した, 往復した, 往来し, 徘徊し, 御覧に, 微笑した, 思いあきらめて, 思い出しも, 思案し, 恭一の, 息を, 悪いこと, 悲しそう, 意識を, 成功しなかった, 我々の, 戦って, 戦争らしい, 戦場に, 戸締りを, 打ちとけて, 持って, 振りかえろうとは, 振り返って, 振返り小腰, 接吻し, 描き直して, 提灯を, 撫でて, 擦った痕, 故郷へ, 断ると, 日を, 早朝富士見の, 昇ったこと, 春に, 會つた, 有りけるを, 木剣を, 本を, 村端から, 来ては, 来ない, 来なかった, 来るの, 杯を, 東向きの, 枕を, 欠かした事, 此處に, 武弘の, 武芸の, 歩哨の, 死なうと, 母から, 母に, 気に, 池の, 決行され, 洋服を, 流したこと, 海を, 消えたり, 無いから, 無いよう, 無くそんな, 煙を, 熱が, 熱心に, 父の, 狂ったこと, 現われて, 病気に, 盃を, 盛岡の, 眺めて, 着たこと, 着た事, 矛盾は, 私が, 移転し, 立ち止まつて休息, 笑ったこと, 笑つ, 経験の, 結び直しながら, 結婚を, 縁づいた事, 繰りかへ, 繰り返された, 繰り返したこと, 繰り返しながら, 繰り返しました, 繰返したの, 繰返してるの, 繰返すうち, 習ったこと, 聞いた, 聞かなかつたが, 背後を, 腹いつ, 膝を, 自分から, 自殺しかけた, 色が, 色を, 芸術家の, 苦痛の, 落第した, 落胆は, 血を, 行ったのに, 見えなかった, 見えませんよ, 見かけなかった, 見ずに, 見せたこと, 見せないの, 見たが, 見たわ, 見ない, 見なかったと, 見に, 視線を, 覚えたこと, 覚えて, 言うよう, 言つてる, 訪れて, 訪問を, 説明しなかった, 読みかえした, 負けたこと, 貴女を, 起きて, 踊って, 踏み込んだこと, 踏むので, 躊躇した, 転居し, 返辞を, 迷惑を, 逃げ出そうと, 途中で, 通った, 通つた, 逢って, 逢つた事の, 逢は, 連れて, 道ばたに, 郷里へ, 酒杯を, 里帰りしない, 金を, 釣竿を, 鉄冠子に, 降らない上, 降りて, 階下へ, 雨に, 雪に, 電話を, 面と, 頭に, 頭へ, 頼んだこと, 風邪を, 食事を, 馬から

1 [3515件 抜粋] あいません, あごを, あったそう, あっちゃ, あの家, あの霜, あらず, ありますまい, ありませんよ, あること, あるん, あんたを, いう通り, いつに, うたったこと, うなずきそれから, うるさそう, おうかがいしません, おじぎし, おなじところ, おりを, お伴を, お呼びだし, お尋ねの, お気付きに, お目にかかってから, お社, お茶を, お辞儀し, お高, かえっては, かけさ, かなり強い, かれは, きこえたあの, くしゃみを, くみとりが, くりかえしたのに, くり返されてるよう, くり返してる, くるくる歩き廻るだろう, こういう言葉, こう考え直そう, こっくりした, このよう, この前, この教室, この老婆, この部屋, こみあげる内心, ころびそう, こんな不思議, ございませぬ, ささないで, しくじったあと, しとを, しようと, すまぬよう, そういうこと, そうくりかえした, そこから, そのお河童さん, そのカフエ, その一室, その利, その夫, その島, その方, その気むづかしい顔, その男, その花文, その議席, そばへ, そろって, そんな声, そんな頸巻, たべもの屋, だまされた人たち, つかまったこと, つづくので, つぶやいたの, ともされなかったと, ないうち, ないだろうからな, ないな, ないらしかった, ない情熱, ない花やか, なかつたかも, なかなか高い, なくいろ, なくなるもの, なく主人, なく口惜しい時, なく夢, なく幸子, なく拡がっ, なく歩き廻っ, なく流れ出したです, なく熱い涙, なく笑い, なく舟, なく降り続く, なく高まった, なされたこと, なまつば, にがいこと, のぞいて, はずれた事, はねつけられて, ひとり頷いた, ひらいて, ふりむかなかつた, ぶつからなかつた, ほころびたこと, ほんとの, まあるいおなか, またの, また降伏, まだ明瞭, まだ醉, まわって, むだな, もったこと, やったよう, やって来ない, やめようと, やりとりした, ゆきあ, よく湯, よほど和もう, よんでは, アルプスに, ガリガリと, グラスを, シガレットを, ダラダラライン, ハラハラさせられた, パンクしました, ヘリコプターに, マジメな, ミスラ君へ, ライム食べない, レンズの, 一人で, 一銭銅貨を, 上から, 上海へ, 下げた, 不安な, 与へられずに, 中には, 乗らなかった, 二三行が, 二重の, 云ったの, 云われて, 交換手に, 京摂, 人類と, 仕事の, 代る代る両側, 仰山に, 休まなかった一週, 会いめ, 会わないもの, 会見の, 低かつ, 体験し, 作家一般に, 使って, 使用されず, 供せぬ, 保証した, 倒れますと, 側の, 傷つけられたこと, 兄きのことを, 先生を, 入浴を, 兵隊には, 再婚を, 凍傷に, 出かけるなどは, 出たり, 出なかったよ, 出会した事, 出席し, 出直して, 刀を, 刈り取られる, 前崎, 加わったこと, 勘定する, 勤めずに, 北へ, 医者の, 半兵衛を, 参ったかな, 反覆し, 取り外されたよう, 口ごもりました, 叩頭を, 叱ったこと, 史上に, 合うて, 同じよう, 同じ女, 同じ板の間, 同様なり, 君等の, 吸われぬ唇, 吼えたこと, 味った, 呼んだっけが, 唄いなおして, 唸った, 喀血を, 喧嘩は, 嘶きの, 四方を, 国王に, 地上へ, 基督教に, 塞いだ緑山寺, 墨江は, 変つた, 外で, 外寇を, 夜泊まりなどを, 大喧嘩, 大惣, 大砲に, 失う事, 女だ, 好い目, 妻帯し, 婦人雑誌に, 嬉しそう, 存在さえ, 安全剃刀という, 宗教について, 実験した, 家来共に, 密使行の, 寺内を, 小さく首肯いた, 小田原へ, 少しの, 居留守を, 山門の, 巡りたいと, 左馬介を, 帝国議会という, 帰省しなかったらしい, 幽靈, 廃業しかけた, 廻り返す, 引移した, 強かった, 当たりが, 彼と, 彼女によって, 往つた事の, 後が, 御座いませんでしたでしょう, 徳政令を, 忙しくすゝ, 怒らせぬところ, 思い出した事, 思った徊想, 怪潜水艦の, 恋愛ちょうものを, 悲しみといふ, 意見が, 感動を, 懐中時計を, 成功し, 戦争に, 所望し, 手掛けたこと, 手術を, 打つけた, 投げかけた, 抱え主, 拝姿の, 持つて, 振りかえって, 振り向きながら, 振り返らないで, 振向かうと, 掌の, 接吻してん, 描いたこと, 携えた験し, 救って, 教師に, 敵に, 文展に, 断ったが, 新しい靴, 方丈の, 日本に, 時を, 暗がりに, 書いた, 書きませんでしたね, 書斎から, 會つてワイ談を, 木場の, 机に, 来た客, 来ないよう, 来ません, 来合せたこと, 枯れて, 根よく, 槇子たちの, 機関車の, 次の, 止まらなかった, 此処に, 歩いたり, 死なんぞと, 死のうと, 殿の, 気の毒そうな, 水の, 江戸へ, 沈没に, 泣かずに, 注文や, 洗濯された, 浄書し, 浮世の, 海水浴を, 深くそして, 減ずるで, 満足そうに, 演じて, 激した, 炭火の, 無いし, 無い程, 無しに, 焼け残った麻幹, 燒かれた, 牛込の, 狂わなかった自信, 猫の, 王妃が, 理髪屋へ, 生擒, 用足しの, 申しあげること, 男という, 畳に, 病気らしい, 発表さし, 登子の, 目には, 相棒らしい, 真正面から, 眼に, 着かへるを, 知らなかつた, 砂ほこりを, 礼拝に, 禿げ上った額, 秋山の, 積極的に, 窃盗を, 立ち停ったし, 竹光を通して, 笑顔を, 粗相を, 紛失した, 経験出来ない, 絵という, 練習した, 縮緬の, 繰り返さなければ, 繰り返していう, 繰り返すので, 繰返し繰返し, 繰返すよう, 羆の, 考えた, 聞いたおぼえの, 聞かされた, 聞きあわせの, 聞く事, 聴かなかつたが, 聽きました, 脱がなかったと, 膳を, 自分は, 自慢らしく, 致しませんでした, 舌打を, 船を, 芝居の, 花鳥の, 茶碗を, 落ちたこと, 著しい降雹, 蚊を, 行かないから, 行かんという, 行き詰まったり, 行つ, 行われて, 衣裳を, 裏坂の, 見えなかった不思議, 見かけないので, 見くらべてから, 見たという, 見たり, 見なおしました, 見なかったほど, 見ませんあなた, 見ること, 見合いを, 見物を, 覗いたという, 親しく近づけた, 観念しかけた, 言うの, 言つたその, 言われたこと, 訊いて, 訊ねたほど, 訪れこそ, 許婚を, 試合した, 話した気, 話の, 誘うの, 誤った事, 読みくらべながら, 読み返して, 誰にも, 諭すとい, 警告状を, 讀み返して, 財布を, 買いに, 貸家さがし, 賭けを, 赤軍に, 起き上ろうと, 起した事, 越さねば, 路地口を, 蹌いた, 躓かなかったの, 車から, 辛いと, 返事が, 迷ったこと, 退却した, 這入つて, 通つて知つてる, 造り替えたの, 逢ひ, 逢われぬか, 遇つてゐる, 遊牝しあたわず, 過ちを, 違約した, 選定を, 都に, 里方へ, 重吉の, 針を, 鉄路の, 鋭い非常警笛, 長く立ち止った, 門番の, 開きませんでした, 間違ったこと, 降らなかつたこと, 雀の, 離れませんから, 雪やぶ, 電話がか, 青春の, 鞭の, 領地を, 頷きつつ, 顔の, 風呂を, 食べた事, 飮みません, 首盗人が, 馴れた道, 高山寺へ, 鳴いたこと, 鶏が

▼ 度~ (3860, 10.7%)

47 一度は 32 私は 24 彼は 17 声を 16 出て 15 岸本は 14 して, 彼の 13 私の 12 手を 11 頭を 10 於て 9 それを, 口を, 消えて 8 ドッと, 自分の, 自分は 7 分けて, 胸が 6 しても, それが, どやどやと, なって, 何か, 僕は, 切って, 彼女は, 開いて

5 [19件] かかって, なる, わっと, 了解し, 二人の, 二度は, 刀を, 叫びました, 妙に, 揃って, 父は, 眼に, 眼を, 笑い出した, 笑った, 草の, 過ぎて, 過ぐる, 顔を

4 [15件] お文, なりました, なると, ワッと, 上った, 代助, 僕の, 動いて, 叫んで, 応じて, 比例し, 火を, 破裂した, 笑ひました, 花を

3 [48件] ありや, おげん, おれは, かかれ, これを, どっと笑う, なった, のぼる, はねあがって, わたしは, パッと, 下がる, 下る, 勇敢に, 十も, 及んだ, 吹き出した, 夫の, 失って, 女の, 彼等は, 心が, 感謝の, 押し寄せて, 持って, 気に, 気を, 水に, 異見を, 目を, 私を, 空中へ, 立って, 笑いだした, 笑つた, 耳を, 胸に, 胸を, 自分で, 襲って, 近いところ, 運んで, 達す, 非常に, 頭の, 食べて, 首を, 鬨を

2 [240件] あけて, あっと, いちいち非常, いつもの, いつも戦慄, いつも私, いらっしゃいと, おこった, お節は, かれを, きまりで, きゃっきゃっ, こちらへ, こっちを, この叔父, こんな言葉, さあっと, しかも永続的, しや, すぎない, そこに, そこの, そこへ, その時, その男, それに, たくさんの, ただその, ちよつと, とどまらない, どうしても埃及人, どっと笑った, どの位, なぜか, なつて, なりお, なるので, なるやら, ばらばらと, ひいた, ふり向いて, ぶら, ほつと, ほれぼれと, ぼんやりと, ぽんぽん海, ゆくさきざきで人, ゆらいだ, ドツと, ハッと, パチ, パラパラと, ミセス, ムクムクと, 一つは, 一度ぐらいは, 一度の, 一度も, 三人が, 上から, 上る, 不思議な, 丑松は, 中道に, 二人が, 二人は, 亙って, 人々は, 人の, 人を, 今度は, 以前の, 何の, 何をか, 何度も, 余は, 併せ燃したほどに, 使って, 保たれて, 俺の, 倒れて, 光るもの, 入口へ, 全身の, 具へ, 出して, 出來, 切れて, 前掛, 創口で, 勇ましいと, 去年の, 及びしが, 及ぶ, 取り返されるので, 古代の, 叫んだ, 吹かれた様, 咲いて, 善人が, 喝采した, 四匹も, 多量に, 大勢の, 奴を, 姿を, 学業は, 家が, 寄せて, 少しずつ, 局所の, 当たる, 従ひ, 御樣子, 必ず火, 必ず目, 息を, 惴, 感じた, 感心する, 抜けたの, 抜けて, 揶揄せず, 散らついて, 方々から, 於ては, 早合点で, 昇る, 明るくなる, 時間を, 杉の, 来た, 来たよう, 椅子の, 此村に, 歯の, 歯を, 母は, 比例する, 沢山の, 泣き出した, 滝の, 火に, 火の手の, 点いて, 無常の, 無数の, 煤臭い, 燃えあがったの, 爆発し, 爆発した, 爆薬が, 片足を, 犬は, 狂い立って, 狂的な, 狼狽し, 珍らしけれ, 甦って, 田舎の, 町の, 異様なかがやき, 発したよう, 発して, 白, 目の, 相手に対する, 眼の, 睨んで, 矢を, 私が, 私に, 私も, 空を, 立ちあがって, 立ち上って, 立腹した, 竿の, 笑いました, 笑う, 笑ひ出した, 笑ふ, 筆を, 節子が, 続けて, 美奈子の, 美奈子は, 羽を, 肉が, 腹を, 膝を, 自分に, 自分を, 自動車が, 自身に, 葬るつもり, 薄暗い将来, 衛生課長の, 見て, 言って, 言ふ, 訪問する, 話が, 起こって, 起った, 起って, 足を, 路は, 身を, 身体が, 迎えたよう, 近い, 近い炎天, 近い熱, 逃げ散った, 遊就館を, 過ぎたりと, 過ぎない, 酔いが, 金を, 鋼鉄の, 開くよう, 陰険に, 雨の, 雫を, 青く光る, 静かな, 頭から, 頭に, 頭へ, 顔が, 風行せる, 飛び去る, 驚いた, 驚きの, 骨が, 鬨と, 鳴りを, 黒吉の, 鼻を

1 [2737件 抜粋] あああの辺, あきたらない, あったの, あはや, あらわれて, ある白骨島, いたりて, いぢ, いつもさう, いつも叔父, いつも特異, いろいろと, うち揺い, うんと食べ, おしよせて, おどり出すよう, おー, お品, お寺詣りする, お松を, お胸, かういふもの, かかっては, かかれる理由, かくも, かね, がさがさと, きっと他人, きらめき輝くの, くすぐられるよう, くれたです, ぐにやりと揺らい, こういう地方, こう云っ, こつちに, この甥, この貴重, これが, ご鬱憤, さがりお, さっとクーパーたち, さやう, ざらざら鳴りました, ざわめき立った, したからとて, しどけなく裾, します, じっと見据えました, すること, すれちがうよう, そいて, そう思った, そちこち, その上, その方, その白, そよいで, それ程は, たくさん頬張っ, たてこんで, だらけようと, ちやんと, つきながら, つれて, とこうと, ともったが, とんで, どきどきした, どっとひどく, どっと崩れ, どっと流れ出る, どっと笑いくずれる, どっと鬨, なきだした, なだれ落ち, なったら異, なよやかなる, なり明治九年, なれは, なんとなく涙ぐましい, のみほすとか, はじめて氣, はね退けて, ばつと, ぱっと後ろ, ぱっと飛びたっ, ひとりで, ひどく狼狽, びく, ぴったりと, ふっと吹き出し, ふッ, ほかの, ほめて, また嘲笑っ, まったくその, みだれ鳴くの, むきに, もぎ取られるよう, もっと渾然, やって, やむ, ゆるんで, よく翁, わきあがって, わずかに, アノ人だ, カラカラと, ガツカリし, キラキラと, クラ, コンクリート・ミキサの, サラサラと, スツと, タラップを, ドカツ, ハンズの, バッファーの, パリーも, プツリと, ホホホホホホホと, ライターを, 一々はっとする, 一つより, 一体君, 一同は, 一層身, 一度くらい, 一度でも, 一度位毘沙門隣の, 一方の, 一章を, 一頻り重苦し, 七八人の, 三つより, 三人へ, 三合以上一日に, 三度ぐらいに, 三本の, 上がる, 上ると, 下がって, 下りて, 下座敷, 不安に, 両方から, 主家へ, 九枚持出した, 二三の, 二人とは, 二人失った, 二十円の, 二回位ひ, 二日分若く, 二百七十五ルーブルより, 二通も, 云ふ, 五六本の, 五十銭一円と, 五日に, 亙り東經七十三度五分, 人が, 今度こそは, 仕わ, 付金拾銭也, 会釈した, 位置が, 何かと不安, 何とかかん, 何万匹という, 何故かイベット, 何枚も, 余計は, 使うの, 侘しい心, 俳優の, 備えを, 元気を, 先づ此夫人, 入り乱れた色, 入院する, 八方から, 六人と, 其の家, 其外来魂を, 冷めはてたこと, 凍ったよう, 出した, 出ないで, 出逢うと, 分って, 初対面の, 前より, 力を, 動き出す, 勝負まけ, 十五人しか, 十字を, 千村が, 厭が, 及びて, 及び武蔵, 及べる消息, 及んだ点呼, 取り立てに, 口の, 召上る, 号砲を, 合併し, 同情ストライキに, 吐く, 向かって, 吸い寄せられた, 吹き散らしたという, 吾儕の, 呻く時, 咄嗟に, 唇へ, 喉を, 喧しく云われ, 喰はずとも, 嘶いたの, 四つも, 四邊が, 固唾を, 土地の, 地を, 地面に, 堪へ難い, 場内放送此の, 壁の, 変動を, 多く搗い, 夢の, 大きな菅笠, 大声に, 大津の, 天井と, 夫に, 失つてし, 奪い去られるよう, 妙な, 始めさ, 娘たちが, 嬉しいと, 子供同志の, 宙返りを, 客を, 宿屋で, 寄り合って, 寝台を, 尋ねかける眼付, 小さく口, 小林師範役に, 少しづゝ, 尽き果て洞窟, 屋根に, 山腹に, 屹度自分も, 崩れ喊, 巡査から, 席を, 平らげて, 幾つもの, 幾匹も, 広い海, 廊下から, 引かける細竿, 引っかからないよう, 引括られ, 弟や, 強くどしどし, 影法師の, 彼女を, 後に, 從ひ, 御様子, 微傷です, 心理的の, 必ずこの, 必ず手紙, 必ず統一思想, 忙し相, 忰が, 思い出したん, 思うの, 思ひ出す話, 怪しく蠢い, 恰も何, 悲しみが, 愉快そうな, 意識下に, 感じ入る, 慌てたやう, 懲りて, 或る, 手へ, 打ち掛け立ち籠めた, 打って出たと, 折り取り, 抜き浴びせる気, 押えて, 押し出すので, 押出す, 担げると, 指を, 挨拶します, 振返って, 掛かろうと, 掩ひかくす, 描いて, 搗くこと, 撫でたもの, 攻めて, 政枝の, 散って, 敵は, 斯程の, 新吉, 旅の, 昇って, 昔の, 時々岸本, 晴れるよう, 暗かった, 書いた, 有名に, 未だに寂しい, 束髪の, 板の間に, 桜ん, 極まって, 槍玉に, 橇を, 次の, 止まって, 此方へ, 歯ぎしりを, 死んで, 殺しましたの, 母親を, 気の毒で, 水の, 水面を, 江戸に, 沢山飲ませる, 油を, 泣き声を, 洗濯する, 流れでようと, 消えた, 消し飛ばされて, 淋しい気もち, 深い考, 済ませて, 減らしてまで, 温めたロック氏液, 湯壺へ, 溜飲が, 漬けて, 澤山の, 火炎が, 焚いて, 焦れつたくなる, 燃えあがる, 燃え盛る, 爆発したら, 父に, 片付けて, 物を, 犯せる罪, 猫の, 瓠は, 生け垣の, 生活の, 甲板に, 畏って, 異様な, 痛みを, 発展した, 発揮せし, 發揚する, 白く掩, 百鬼の, 皆を, 目が, 相違など, 眞面目に, 眺めること, 眼頭が, 瞳を, 知識階級の, 破裂し, 祭るに, 秋の, 稍, 空屋に, 突き当り身, 立ち上がった, 立ち竦んで, 笑いたくなって, 笑出す, 答えた, 粉砕し, 終った, 絶望的な焦, 締め出した時, 繰り出して, 罵倒する, 美しい光, 義務として, 考える, 耳慣れない谷川, 聲を, 股引に, 背後へ, 能書が, 脱稿した, 腰掛けを, 臑に, 自分等の, 至る, 興奮した, 船頭が, 色を, 若い娘, 苦りきって, 草履が, 萎縮する, 落とそうと, 薄い皮, 蘇って, 血の, 表情を, 褐色の, 見えだしました, 見たよう, 見ること, 見返ったので, 覚え込んで, 言いました, 言つて万一, 語りつくすこと, 誰か, 譲吉は, 買い調えなきゃならないというものじゃなし, 買つてあとの, 賢くなる, 赤くなつ, 赤茶けた髪の毛, 起こった, 足に, 跡継ぎの, 躍りあがると, 身体に, 軍刀を, 轟然と, 近い所, 近くガラス板に, 返って, 迸ったもの, 退散する, 途切れる間, 通った道路, 過ぎざれども, 過ぎないのに, 過ぎると, 達した時, 達する頃, 遠くの, 都へ, 重そう, 釣船屋米穀の, 銚子を, 鎌は, 長く堪え, 間違ひ, 阿部に, 限つておか, 隣の, 集まつて來, 雪が, 霊魂を, 静に, 面白がった, 頬張りながら, 顏を, 風下と, 颯と引き退いた, 飛び出したんぢ, 飛び散った, 食べました, 飲めないで, 馬から, 騒ぎ立った, 高く上がった, 高柳は, 鳩尾の, 鳴つた, 黄中尉の

▼ 度~ (2372, 6.6%)

16 見て 10 行って 7 それを, 自分の 6 見かけたこと, 顔を 5 この遠, 彼の, 書いて, 来て, 経験した 4 それが, やって, 私の, 私も, 胸の, 逢って

3 [35件] あった, この家, これを, さう, どこかで, やつて, 一度と, 人を, 会って, 何かの, 例の, 出て, 善けれど, 土に, 外へ, 女の, 家を, 帰って, 必ずある, 手に, 歌いません, 死なねば, 水原紀代子という, 疑って, 目を, 確かに, 私が, 私に, 経験する, 考えて, 若い時, 話して, 通らねば, 金の, 驚いて

2 [133件] あったが, あって, ありつきたい, ある, あるの, あるもの, いて, お嫁, お屋敷, お目, お目にかかって, お預かりした, きっとその, こう云う, ここへ, これで, こんなこと, こんな風, さうし, ぜひお, そう思っ, そこに, そこへ, そこを, その女, その日, その食品, それから, それで, どうせ捨つる身, ない, モウ節季近い, 一度より, 上の, 上高地の, 世に, 世界を, 主人の, 亭主を, 今の, 代議士とも, 会社の, 信濃の, 俺の, 冷灰の, 呆れ一度, 嘘, 夏の, 多過ぎる, 大いに乱れ, 子供の, 小田原城下へ, 少ないかも, 屹度忍ん, 崩折れた, 布袋屋の, 店へ, 引き返して, 彼も, 彼を, 彼女の, 往復し, 御奥さん, 必ず, 必ずこういう, 必ずそれ, 必ず上, 必ず僕, 必ず夫人, 必ず本家, 必ず訪れる, 思うが, 思ったが, 思って, 恐縮し, 我々の, 手紙が, 拜む事が, 整理する, 敵に, 敵国の, 斯う, 本郷の, 来なければ, 東京に, 東京の, 東京へ, 東京を, 東京見物に, 樗の, 欠かさずに, 此の, 武蔵と, 死ぬる身, 死ぬん, 死んだ男, 死骸の, 殼に, 母が, 母に, 水の, 水を, 泊りますが, 無事に, 焼いて, 犬に, 発作的に, 確に, 祭壇に, 穴に, 細長い幅三里, 経験し, 經驗した, 縁付いたこと, 罰として, 聞いたこと, 舞台に, 若旦那の, 苦笑し, 見たいよう, 見たこと, 見事に, 見物に, 触れるに, 話の, 誰かが, 誰の, 諦めた女乞食, 農商務大臣たり, 通って, 飛ぶ鳥, 食事を, 鯱の

1 [1900件 抜粋] ああいう, あがったという, あったの, あなたとの, あの大川, あの悪党, あの真珠島, あやまって, ありさらに, ありましよう, あると, ある恒星, ある若, あんなポオズ, いえないだろう, いったらそのまま, いつて, いる, うなずいて, おいしいもの, おやここ, おろか幾度でも, お伺い, お半, お后様, お孃樣, お手, お時, お熊, お篠, お見かけ, お詫び申さね, お鮒, かえって悪く, かならずお, かならず怪我人, かならず金五郎, きかなくて, きっとみごと, きっと出し, きっと拭く, きっと脛, きつと, きまりが, くれると, こういう時期, こうして助け, ここを, この, この伏兵, この子, この帰雁, この林, この紳士, この試み, この難民, これほどまでに, ころびさうに, こんな哲学, こんな芝居, ごらんに, させて, しなくちゃ, すこし慌て, ずいぶん遠い, ぜひ使つて, そういうもの, そうし, そうも, そこらの, そのよう, その事物, その反動, その大きな頭, その岸, その探検, その病気, その経験, その要求, その門, それであった, それらを, そんな目, たいがい釣殿へ, たしかに廻転, ただ一名, たとへば敦賀灣, ためして, だまされた悪, ちょいと, つかまったの, づれた笑に, づれの, とって, どうかされる, どうしてもここ, どうしても妾, どうせしくじる, どうと, どこで, どちらも, どんと当っ, なくなるが, なって, ねむいから, はなばなしく思う, ひとつ訪ね, ふるさとへ, ぶつかつて, まいります, ますます甚だしく, また厚顔, まともに, むし暑い蚊帳, もうすっかり寛い, もう一遍, もつこと, やってくる大, やはり二尺幅位, やられたが, やるべき空, わからぬが, わざと彌太郎, わたしが, イヤな思ひ, カングリ警部の, キッと, キット私の, クリスチー公の, ディグスビイの, ノモンハンから, ハリツケに, ファラデーが, フルカセーや, マルセーユで, レストラン, 一人残っ, 一層烈, 一度婦人が, 一磅と, 万人の, 三日の, 三輪の, 上ること, 上野原の, 世の中へ, 両手を, 中学校に, 主人と, 之を, 二三の, 二百両二度目は, 二階へ, 云って, 五度と, 京に, 京都へ, 人から, 人家の, 今や桂, 仕たが, 仕返しを, 代人で, 伊藤君を, 会うこと, 会つてゐるらし, 伝公に, 低地の, 何ともはや, 何奴を, 來た, 信仰の, 俯向きがちあたりは, 偶然に, 僕とともに, 兄さんを, 先生の, 入れて, 八五郎に, 兵隊に, 其有様を, 出られない, 出来る筈, 切符を, 判決を, 到底信長, 前座に, 加はるだらう, 勉の, 北の, 十一時までの, 十号ガスの, 千曲川縁の, 南伊豆, 単独で, 危難を, 参ります, 及びました, 友達に, 口を, 可なり, 各々が, 同じ姿, 同朋園を, 君に, 呆気に, 味な, 咽喉が, 唸つて躊躇, 喰いつくが, 四畳半の, 地図を, 垣根の, 城山の, 境涯を, 増加し, 夕雛さんと, 外套を, 多分逢えます, 夢を, 大きかった, 大人の, 大師さん, 大正七年に, 大衆が, 大阪へ, 天下の, 天王寺の, 天顔を, 夫婦で, 女中と, 女工に, 妻に, 妾も, 委せると, 嫌でも, 学校を, 宗祇により, 実地に, 宮川氏の, 家来に, 寶生の, 小使部屋に, 小瀧町, 少し遅れ, 少ないだろう, 居つたには, 山畠に, 屹度ここへ, 屹度躓いた, 川を, 左膳の, 師の, 帰りたいもの, 幣も, 幻滅する, 廻り合ふ, 弔詩まで, 引付けなすつた, 弟もろとも, 強く輝い, 当惑した, 彼奴を, 往来へ, 後嗣に, 御厄介, 御愛嬌, 御覧ねがいたい, 微弱な, 必ずあった, 必ずその, 必ず上京, 必ず坊主, 必ず御, 必ず手紙, 必ず書かれね, 必ず火鉢, 必ず米軍, 必ず自分, 必ず行っ, 必ず訊ねる, 必ず貴下, 必ず通った, 必ず隣家, 必らず, 必見かけた, 怒ったが, 思いあまって, 思い止まったよう, 思ったこと, 怨めしとも, 恋を, 恨めしがられ, 悉くの, 情死で, 想われて, 愛くるしく御, 憎しみを, 我がため, 戦争に, 手を, 手洗に, 打消した, 折らねば, 抵抗する, 拝む事, 持つべき妻, 捕われずには, 捨小舟の, 探偵小説を, 換へ, 攻略した, 故郷へ, 散歩に, 料理屋ことに, 断った, 断られたり, 斯うし, 新聞の, 方々を, 日曜日に, 旧教の, 明神へ, 春の, 是非とも書きたい, 是非剃, 是非行つて見, 暴れ出して, 書くつもり, 月を, 木の, 本田にも, 村を, 村長まで, 来るからな, 来るでしょう, 東亜の, 某所某, 案内役の, 極まって, 樺太へ, 欧羅巴を, 正視した, 此平次に, 武蔵の, 死ななければ, 死ぬほど, 死ぬ命, 死をさえ, 殺して, 毎土曜日, 水に, 汚され辱められたらん, 江戸の, 決心した, 河合という, 泣く泣く帰宅, 洋行し, 洗ひ, 流産といふ, 海だった, 深くおわびごと, 清く金, 清書, 減るの, 源氏よりも, 漸く捉えた, 濃い, 烈しい咳, 無用じゃ, 煙草盆の, 爆発しない, 狼狽し, 獄門台に, 琥珀の, 生駒山に, 田端の, 男を, 留守であった, 病室へ, 登ってるってのに, 白かった, 目が, 直面する, 相手の, 真に可笑し, 真実の, 着る物, 知れずに, 石板に, 確立された, 社殿の, 禅宗などに, 私たちでも, 私まで, 秦の, 突きとばされたり, 立ち直, 竜頭蛇尾藩閥に, 節子が, 米国人の, 精神の, 納めなくっちゃ, 経過せね, 結婚前で, 絶えし恋, 綿と, 縁付きも, 縺れを, 美妙に, 考えたに, 耳と, 肖柏の, 胸で, 脱け, 腰を, 膝を, 自分たち父娘への, 自分達父娘への, 自殺の, 船の, 花火の, 若しや, 草鞋を, 菜食食堂へ, 落胆した, 葵も, 薄いけれど, 薬を, 藩主に, 行かなかつた, 行きて, 行つて見, 行乞流転中に, 表から, 見たいもの, 見ようと, 見合の, 見張りが, 視察し, 親殺しの, 解體さるべき, 訣らぬ, 訪れるもの, 許して, 証書を, 誠に順風, 調子を, 講中の, 警察か, 負けないとも, 赤化し, 起きるが, 足を, 踏みつけに, 身も, 軍人をも, 辛い涙, 辰之助の, 返事も, 逃げかかったが, 途中で, 通ったこと, 通り過ぎたが, 通る気持, 通過しなけれ, 逢います, 逢わせること, 連絡機が, 過って, 遠い姻戚, 避けがたい, 酒の, 酔えず吐き下して, 里親が, 金力を, 金眸が, 釣れなくなり考へて, 銘々に, 鎌倉時代の, 開けるの, 陥るべきもの, 随分猛烈, 集るの, 雪おろしを, 零に, 青い帷, 頑固な, 顏を, 顧客廻りに, 食べさせて, 養子で, 館の, 馬鹿に, 驚いたが, 驚くの, 高い三階, 魯国当局者を, 鷹が, 黒衣の

▼ 度~ (1984, 5.5%)

27 食事を 20 食事も 18 食事は 17 食事の 14 飯を 13 食事に 11 ことで, 強い近眼鏡 9 角度で 8 勤めを 7 熱を, 祈祷を, 飯より 6 ものを, 事で, 角度を, 間を, 食事が 5 我儘かも, 熱に, 飯も

4 [12件] ところに, めしを, 寒さ, 強い眼鏡, 御飯を, 恋を, 戦争は, 暑さ, 食を, 食事と, 食事にも, 飯よりも

3 [31件] ことじゃ, ことでございます, ことは, ことを, ものに, ものは, ものも, 不思議を, 事件は, 事変は, 割合で, 合戦に, 地点に, 夫を, 失敗に, 失敗は, 失敗も, 強い望遠鏡, 御飯も, 戦に, 所で, 氷に, 物は, 物も, 私の, 範囲内に, 総選挙, 膳を, 試合を, 通ひ, 飯は

2 [148件] あいだに, あいだを, いつもいつも同じ, お帰り, お役, お菜まで, ことだ, ことも, この外出, たべもの, つよい近眼鏡, ところを, もので, ものである, やうだ, ゆり返しを, ような, アラスカの, シマッタで, 一の, 不平を, 世帯を, 世話閉め, 中から, 中死を, 事は, 休みは, 休暇に, 低温室の, 価値と, 価値は, 便りはじめ, 僧と, 儀は, 凛烈たる, 処へ, 凱歌を, 割で, 勤めに, 勾配に, 合戦の, 合戦は, 喧嘩に, 土倉役が, 土地が, 埒を, 増加が, 夏を, 外に, 外にも, 外気へ, 大事な, 大患いを, 大戦に, 大戦争, 大転変, 大震とは, 失敗で, 好い仕事, 婚儀に, 市に, 幸福だ, 弱い顕微鏡, 強さ, 強そう, 往復で, 往来で, 御飯は, 御飯よりも, 復讐を, 念が, 恋愛を, 恥を, 愚劣な, 戦いに, 戦乱の, 戦争に, 戦場に, 手柄に, 手術と, 接吻を, 方向に, 旅行は, 日曜日を, 時に, 時には, 時は, 晴の, 晴れの, 月ある, 本祭で, 機会である, 機会を, 気温の, 水と, 沙弥の, 熱が, 熱と, 物を, 狂言の, 目録を, 眼鏡を, 祭礼に, 福運だ, 秋の, 線を, 膳に, 芝居が, 花を, 花火の, 落第を, 行を, 行事が, 褄を, 角度に, 訪問は, 試合にも, 資本家が, 賑ひぞ, 質問に, 軽侮を, 返事を, 運動か, 過ぎた勉学, 道を, 邊を, 酷寒を, 重量の, 間違いも, 雪の, 革命を, 音信も, 風が, 風呂を, 食に, 食ひ, 食事から, 食事ごとに, 食事さへ, 食事すらも, 食事だけは, 食事という, 食事にまで, 食物を, 飯に, 高さ, 高温で, 高熱を

1 [1333件 抜粋] あたりです, あとは, あやまちも, ある人, いただきものも, うえに, うち一度は, おそろしい仕事, おまんま, お使い, お叱り, お祭じゃ, お祭にも, お祭り, お経, お花見, お願, お願いで, お願い何とぞ, かち栗, きつい近眼鏡, こうした集会, ことから, ことじゃあねえ, ことでしょう, ことなら, ことによって, ごき, ごとく祝した, ご介抱, ご膳, すぎたもの, す必要, その機会, たたかいも, たよりも, ちがう理由, といっ, とくべつ労働, ところである, ところも, どか利得, ない土地, ない涙, のちの, ふたりであった, ほかは, まずい飯, まちがいは, めしよりも, ものだ, ものにも, よもやに, より劣る, わりで, イデオロギーまで, オリンピアードでも, キスも, クラス会にもか, クリスマスで, クリスマスに, シクジリで, スピッツベルゲンの, テロリズム行為の, プログラムが, マトモの, メタモルフオーゼを, メール, モナドを, 一儀を, 一斉射撃以来何の, 七十倍と, 七夕の, 上ある, 上は, 上府を, 不信任案提出は, 不思議な, 世直しか, 中を, 主取りを, 事が, 事なら, 事件じゃ, 事件と, 事変に対する, 事實を, 二人の, 五月一日よりも, 交渉の, 人口実測の, 代価但, 休養日とか, 会合に, 低いという, 低温室内で, 住吉祭りの, 何よりの, 佛典といふ, 使いは, 使賃として, 例に, 便りが, 修法を, 借金を, 健康診断と, 傾きを, 傾斜といふ, 傾斜を, 働きに, 僧が, 儀については, 元服式が, 先陣も, 入学試験に, 入湯という, 八幡の, 公休日の, 内拝, 冒険の, 処分は, 出京は, 出勤な, 出水の, 切なる, 別府行きぐらいしか, 割に, 劉郎たる, 劒, 勇気を, 務めを, 勝敗は, 勤と, 勤めは, 北海道旅行で, 十分の一以内の, 千差万別である, 博士たちの, 厳烈な, 參會を, 口を, 各支部, 合わない眼鏡, 合戦が, 合戦も, 同種族, 吟味は, 告白で, 命を, 和議も, 問題が, 喀血その間, 喧嘩を, 嘆息を, 国には, 国鉄の, 地代が, 地表とは, 場合に, 塩鰤が, 増加のみとから, 増減と共に, 変形として, 外食食堂では, 夜会主客陶然として, 夢には, 大事の, 大任こそ, 大傾斜六千尺, 大勉強, 大収入, 大宴会, 大島通ひ, 大悟と, 大戦の, 大旋回, 大気と, 大災, 大礼です, 大祓への, 大見切売を, 大試業, 大酒盛に, 大雨は, 天長節は, 夫に, 失策に, 奇妙な, 奇襲に, 奉公を, 奥勤めも, 女湯入り, 妻を, 子を, 學者は, 完熟せる, 定期風の, 実戦を, 客ぶる, 室温で, 密使が, 寺詣り, 射撃の, 小便位は, 小説なら, 屈曲を, 展望に, 展覧会出品に, 嵐が, 工場で, 差を, 師匠を, 年始まわりだけは, 幸福の, 廻転を, 式日に, 弱い鐵縁, 強い咳払い, 強い物, 強い過酸化水素水, 強弱によって, 形式と, 往復では, 往来であった, 御まんま, 御和睦, 御普請中, 御盃, 御結婚, 御見合, 御返事も, 御開錠日, 御馳走が, 復現であった, 忙が, 念仏で, 思い出だ, 思い出を, 急傾斜, 怪我しか, 恐縮である, 息が, 悪政を, 悲しみの, 情熱を, 意地の, 憤りをも, 戦が, 戦は, 戦争に関する, 戦勝が, 戦段, 戰ひ, 戸外に, 手伝いも, 打ち音, 打明け物, 折は, 招待を, 指示或, 捕繩, 探偵小説な, 接吻の, 揺り返しで, 改革以来すっかり, 攻め苦は, 放行, 敬礼を, 數は, 文も, 文化が, 文言を, 新らしい, 方を, 方向で, 方角に, 旅びとを, 旅行に, 旅衣を, 旗揚げを, 日の出に, 日支事変に, 日没を, 早いの, 明るい北方, 春, 春の, 時にも, 時御前にて, 暗示に, 曲線を, 最高潮に, 朔日には, 村芝居も, 枕も, 根本すなわち, 極寒の, 楽しい祭り, 樹林地帯の, 機会とは, 歓会なりと, 正月に, 歩く通り, 歸國の, 死期をも, 殺人的寒気の, 氏神様の, 気温と, 水から, 水は, 水一グラムが, 水膜が, 水銀は, 氷一グラムに, 江戸下りの, 決戦に, 沈黙には, 沙汰では, 法師が, 法華の, 洋服姿も, 洪水で, 活動を, 浪費の, 涙で, 清浄な, 減少と共に, 温を, 温度では, 温泉が, 測定を, 湯へ, 湿度です, 演奏は, 演技つまり, 火事についても, 灰色の, 炊事に, 点数, 焦土に, 煮物も, 熱あり, 熱度は, 熱病に, 父子情調だ, 物まで, 物日である, 状況に対して, 王への, 現象で, 理窟は, 生命の, 生涯という, 画家に, 疵も, 発声の, 発表会に, 盃などは, 盆踊りに, 盛装を, 目つきが, 相図は, 相談なく, 真空溶媒の, 瞬間だ, 短い応待, 祈祷で, 祈祷よも, 神仏にも, 祭に, 祭りある, 祭を, 祭礼にでも, 禍いの, 秋空ならず, 稲妻に, 空気に, 空間を, 筆を, 答えであった, 範囲内であった, 米の, 糧に, 経験で, 経験とでも, 結婚が, 結構も, 綱曳という, 線, 線も, 繰り返しを, 罪は, 耕地の, 聴取, 能動的な, 腫物に, 臓品と, 自然民には, 興行には, 船は, 良夜であった, 花咲かせ, 茶, 菜の, 蒸気が, 藪入りに, 虫干しの, 行事と, 行事も, 行樂に, 袴着を, 要求が, 見送りは, 角で, 解散は, 言葉だった, 言葉を, 記憶さえ, 訪問で, 許容が, 試合で, 試験では, 誕生日を, 説教を, 誰何を, 講義の, 議会解散とが, 負けを, 費用を, 賑ひである, 質問であります, 足が, 身長を, 軍功に, 転換を, 迎いに, 近衛内閣は, 返事相手に, 逆臣退治に, 通話料の, 逢瀬という, 連続などばかり, 遅刻も, 遊興費が, 過ぎたもの, 過ぎた強い, 過ぎるほど, 道者船に, 適温で, 酒を, 重なるにつれて, 金であり, 金従って, 鉄が, 鉄亜鈴を, 鐘合図ととも, 間でありました, 間ハワイ群島は, 附近に, 隈取りを, 集まりにも, 難儀の, 雨で, 電撃的な, 青春を, 面識しか, 音と, 音沙汰も, 頃遡, 顏寄せに, 願いが, 風景として, 飛行には, 食は, 食事, 食事さえ, 食事などは, 食事または, 食事や, 食事以外には, 食事火なり, 食卓である, 食物も, 食膳には, 飯さえと, 飯にも, 飯代にと, 飯時を, 首尾に, 馳走を, 馴染な, 騒動である, 驟雨さえ, 骨董的買いものを, 高い平和, 高きに, 高原沙漠を, 髪を, 麦焦しどうして, 黄疸が

▼ 度~ (961, 2.7%)

133 ことが 30 やうな 29 のだ 25 のは 1817 事が 13 のである, 事は 9 と云っ 8 様な 7 ところだ, よ 6 のか, ので, ものだ, 心持で 5 ことを, なあ, の, 樣子でした, 気持が 4 お話でございます, と言っ, 一心で, 人が, 樣子です, 気が, 気に

3 [16件] だけのこと, と言った, など, のが, ものです, ような, 事を, 人に, 位の, 希望を, 心持でした, 所が, 旨を, 気持を, 程の, 衝動に

2 [48件] から, からお, がどう, ことに, じゃない, という外, といふ欲求, ところである, と取, のであった, のであります, のでございます, ので御座います, のを, は山々, ばつかりに, ものが, ものである, ものと, ものも, やうに, わけぢや, わけで, んだらう, ネ, 丈け, 事です, 位に, 奴は, 心が, 心に, 心持に, 心持を, 思いに, 放題の, 気持ちが, 気持で, 気持と, 気持に, 為だ, 為に, 為めに, 程に思った, 程加奈子, 話だ, 顏を, 願ひ, 風情に

1 [431件] あゝお母さん堪忍, あゝ僕, いくら里子, お, お孃さん, お願ひだ, かい世話, からあつし, からおつけ, からこそ云い, からって死なれる, からという, からといふ文面, からと一兩二分, からと寺, からと細田屋さん, からもう, からもし, からわざ, から上級学校, から今日午後, から僕, から医専, から当分, から御朱印, から必ず, から早く, から来週, から甲種商業學校出, から私, から紹介, から近道, から高松, が実に, が寧ろ, くらいでございました, くらいでした, くらいの嬶孝行, けちな, けれどあなた, けれどあの, けれどもこの, けれどもそれ, けれど余, けれど当人, けれど秀子, ことだけを, ことであろう, ことと, こととを, ことばかり, このま, せめて親御, そして如何, そして金, そっと殺し, そのお, それが, それを, ただ一晩, つまり, であろう, というさっき, という向う, という執念, という希望, という平素, という意慾, という感じ, という慾望, という手紙, という明智, という望, という極, という気持, という熱心さ, という猛烈, という申出, という申出で, という考え, といふ希望, といふ染井家, といふ熱心さ, といふ申出, とかあゝ, とかいふ時に, とか何, とか支那, とか言つて立ち廻つた相, ときは, ところが, ところだつた, ところであろう, ところまで, とは必ずしも, と云う, と思, と私, と達し, どうせ泊める, ながらにわたし, などといふ好, などとは以ての外, などとは思わぬ, などとナニ, などと云つて姿, などと其の, なら勝手, なら此, なら誰, なら逢い度, なア, な三十, な家, な番頭さん, な碌, な阿, になる, にも金, に極, に違, のかね, のだから, のだらう, のだろう, のぢ, のであ, のであつ, のであらう, のであろう, のでございましょう, ので持っ, ので段々, ので私, のも, の意, は何, は歳, は貴方, ばかりにいろ, ばかりに五年, ばかりに会員, ばかりに江戸, ばかりに直に, ばかりに自ら密旨, ばかりに金, ばかりの修業沙汰, ばっかりじゃありません, ばつかりだ, ひつれいでなかつたら, ほどおいしい, ほどにも思う, ほどの口惜し, ほどの執心さ, ほどの怒り, ほどの状態, ほどの金, ほど力, ほど幾太郎, ほど思ひ, ほど怨ん, ほど情なかっ, ほど憎い, ほど憤らせた, ほど焦立たし, もう一ト月, ものでございます, や, やうな遣, よい師匠, らしった, アレを, イヤア, イヤ今, ッて, ツ, ネ何処, ラヴ・レタの, ワ, 一寸立ち合っ, 一年でも, 一片の, 丈けの, 三幅對の, 下心が, 下心は, 不公平である, 不思議な, 世に, 世にも喜ばれ, 世に建築, 乍らも, 事だ, 事である, 事でも, 事なんか, 事に, 事ばかり, 事も, 事實事實事實事實と, 事様々に, 事言い, 事限りも, 云ふ, 云ふてゐた, 五貫目玉五十丁撃の, 人です, 人は, 人間が, 人間は, 今まで, 今晩直ぐでも, 位いだ, 位うれしく, 位だ, 位だった, 位です, 位な, 位ゐである, 位冬瓜を, 何が, 何故と, 余, 余の, 併し, 來て, 個人的な, 儘に, 儘を, 兄さんは, 其の代り此方, 切ない気持ち, 功名心で, 取り調べとは, 口を, 口惜しさ, 名な, 名も, 君の, 命が, 問題が, 善報厚酬を, 善報厚酬をも, 單衣や, 坊つ, 変化を, 外に, 夢で御座います, 夢は, 大都会, 夫まで, 女の, 姿でした, 娘は, 婚礼の, 嫁入に, 富豪が, 希望の, 幸い自分, 座敷であった, 往生を, 御心, 御案内, 心から, 心からでも, 心でありました, 心と, 心の, 心も, 心を, 心をも, 心得で, 心持ちが, 心持ちで, 心持ち圧し捉まえ, 心持でしょう, 心持で御座いました, 心持と共に, 心持も, 必死の, 念な, 念も, 念願から, 念願に, 念願を, 思いで, 思も, 怪我だらう, 悲しみや, 意向を, 慶四郎の, 慾望も, 我という, 所であります, 手拭でした, 扨は, 披露式早々から, 拙者は, 放題な, 敵に, 斯くあるべきだ, 方です, 方法で, 日です, 日な, 日取りに, 日本橋の, 旨の, 春らしい, 木である, 本能からばかり, 本能が, 案内し, 様子でした, 様子です, 樣子す, 樣子だ, 樣子で, 権の, 欲望に, 欲望も, 此の, 此事は, 此處で, 武家風の, 殊に江戸, 母校の, 気持だった, 気持ち, 気持ちで, 気持ちに, 気持ち慰め, 気持は, 気持ばかりに, 気温が, 気配いが, 氣が, 氣にな, 氣も, 水煙である, 点が, 為, 為では, 為ばかり, 為めから, 為めだつた, 為道さんを, 焦燥に, 然し何, 爲さ, 爲な, 爲の, 爲めに, 爲めの, 物も, 犯罪は, 生憎囈言, 用事が, 癖が, 白痴の, 目的の, 確りし, 私な, 程しおらしい, 程に, 程に思いました, 程に思っ, 程のひどいひどい, 程の気持, 程会いたく思い, 程北方, 程悲, 程愛らしい, 程気持, 程水際立った, 程滑稽, 程真丸, 等と, 箇所も, 精神と, 素振りを, 結び目は, 結婚である, 結婚式に, 結末に, 義弟の, 者だ, 者と, 者は, 者も, 自分が, 芽出度い, 若気の, 荷物が, 處が, 衝動が, 衝動も, 衝動を, 衝動をさえ, 表情です, 要点だけを, 親だ, 親は, 角度で, 言葉として, 言葉によって, 訣だ, 許りで, 訳では, 話では, 話は, 誘惑を, 語として, 財産を, 貴い樹, 贅沢から, 越し度いと, 近いうち, 近所の, 近頃此家, 酒も, 野心と, 野郎だ, 鍵は, 陶器を, 非常に, 非情手段から, 音を, 顏なら, 顔を, 風情でした

▼ 度~ (873, 2.4%)

71 失って 35 増して 29 加えて 15 踏んで 14 越して 10 高めて 9 失った, 越えて 8 加えた, 有つ 7 示して, 越すと, 過して 6 超えて 5 加へて, 失うよう, 強めて 4 うしなって, ふんで, 増した, 失うて, 深めて, 減じて, 越えると, 過ぎて, 過ごすと, 重ねて

3 [16件] こえて, こして, 加えつつ, 加へ, 加へる, 合せて, 増したが, 増すに, 外して, 失ったよう, 有って, 踏みに, 過ごして, 過ごしては, 過すと, 高むる

2 [33件] こしたもの, なして, 一度に, 保つて, 加えること, 合して, 増す, 増すの, 失うた鼠, 失うほど, 失ったか, 失ったの, 失つ, 失つてまだ, 失ふ事, 強めた, 強めるの, 得て, 持って, 昂めて, 異にする, 示す, 計ること, 調節する, 超えること, 超えると, 超へた, 越えそれ, 越す日, 踏んだって, 踏んでも, 通り越して, 過すこと

1 [469件] あげて, あげる内, あやまって, あらわしたもの, ある所, いっそうの, うしな, うしないまだうろうろ, くだる沙漠, ぐるっと見まわし, こえたよう, こえる, こえる程, こした, こすところ, こまかに, こゆる, これまた, さして, さだめ幹, しらべ煙草入れ, すぎた懇切, すぎた機械的, すぎた母, すぎて, すこし超え, すこし越す, すごした賛嘆者, すごして, すごし眼, すすめて, たかめた, たもって, だいぶ高め, ちょっと越した, とおり越す, どの言葉, なす方向, はかって, はじめるよう, はずしたよう, はずしては, ふみ母, ふやすもの, ふんだなんて, ほんの少し, ました左膳, ましてきた, まして行った, ますばかり, もって, もつて, ゆるめて, よく知っ, わたしの, 七十倍する, 七十倍は, 上げたり, 上げた位, 上げて, 上げよう, 上下する, 下がる事, 下らない, 下らないといふ, 下廻って, 与へる, 中心に, 乱しちゃ, 二年越しに, 云い現, 云爲する, 五六度くらいは, 享有し, 人の, 今日まで, 仰いだ, 低いと, 低めて, 何度昇つたらう, 保たねば, 保つ時油, 保有した, 修する者, 倍加し, 全く客観的, 全く超越, 判断する, 加えあらゆる, 加えたこと, 加えたこと等々, 加えたとの, 加えたの, 加えた様子, 加えながら, 加えられて, 加える, 加えるだろうと, 加えるの, 加えるばかり, 加えるよう, 加え居るところ, 加え崖, 加え店鋪, 加え日本, 加え朝, 加え波濤連山, 加え烱, 加え登山, 加え颱風, 加へるらしい, 合せぬのみか, 合せるよう, 合わして, 合わせた眼鏡, 合わせて, 合わせること, 合わせる天文学者, 合わせ変えなくては, 呑まれて, 喪ふ, 域した, 基点として, 増さしめたのみ, 増したという, 増したの, 増したよう, 増した国内, 増した程度, 増した群集, 増しついに, 増し前篇, 増し小, 増し感じるの, 増し日没, 増し気持, 増し生存, 増すこと, 増すさま, 増すという, 増すにつれて, 増す毎, 増進しき, 変更し得る, 外したよう, 外した狼狽, 外した血腥い, 外すと, 外れて, 大きくする, 大将と, 失いかけたの, 失いここかしこ, 失いさわぎ立って, 失いすごすご, 失いただ, 失いたる亭主, 失いながら, 失いぬ, 失いまして, 失い三位卿, 失い勢い, 失い収拾, 失い四更, 失い太陽, 失い孫兵衛一人, 失い思わず, 失い現実, 失い甥, 失い立ち去ろうと, 失い荒々しく, 失い谿, 失い騒ぎ, 失うお, 失うか, 失うこと, 失うたか, 失うと, 失うの, 失う傍, 失う呼吸, 失える, 失して, 失す, 失すれば, 失ったお辞儀, 失ったという, 失ったとき, 失ったもの, 失ったものの, 失ったらしく白い, 失った一同, 失った医者, 失った夫人, 失った容子, 失った彼, 失った恰好, 失った曹操, 失った様子, 失った此, 失った狼狽ぶり, 失った素戔嗚, 失った美木, 失った群衆, 失った若者, 失った見物, 失った車輪, 失った鶏達, 失つた, 失つたのである, 失つた人々は, 失つた彼は, 失つた時加集は, 失つた狼狽に, 失つた狼狽は, 失つてし, 失つてしまつ, 失つてその, 失つてゐる, 失つて四途路筋斗の, 失つて居る, 失つて思はず, 失つて思はず隠し, 失つて船橋を, 失なった, 失はざれといふ, 失はずには, 失ひおまけ, 失ひて, 失ひましたが, 失ふ, 失ふ傍, 失わずに, 失わせるの, 失わないよう, 失ッて, 失ッては, 如何ほどまで, 守り収入相応, 少し越し, 延べて, 強めたが, 強めたの, 強めるばかり, 強める性質, 強め嬉々, 往復し, 得た, 御覧ください, 忘れて, 持った一定, 指した, 指したりと, 指して, 推察し得る, 描く赤土, 携えて, 支払った後, 改めて来た, 放越して, 敗る, 数ふる, 数へ, 料る三度, 早めたらしい, 最低に, 有して, 有た, 有ち, 有つて居つ, 本則と, 検するに, 極端に, 標準として, 欠きました, 次第に増し, 比べて, 比較し, 深くした, 深めた微笑, 深めるばかり, 減じやや, 減ず, 減ずるが, 減ずるに, 減ずるほか, 減ずるよう, 減ず牛乳二杯, 減少され得る, 減少せよ, 温度と, 測って, 測る, 測るべきでは, 測るをもって, 無窮の, 獲ること, 生ませ源, 異にし, 異にした, 異にしましょう, 異にす, 異にせる, 眺めて, 知らずともい, 知らず蝟集, 知らない空想, 知るのみにては, 示した, 示したからとて, 示した寒暖計, 示すこと, 示すもの, 称揚する, 突破すべく, 突破する, 窺うよう, 立って, 等くす, 算す, 素人の, 経過した, 航行中なる, 落ち目の, 薄めつつ, 見せて, 見て, 見ても, 計る機械, 試すもの, 誇張した, 誤りわずか, 調べたり, 調べられたこと, 調べるよう, 調節し, 調節した, 超えいささか, 超えざりければ, 超えたおちつきと, 超えたもの, 超えた快活, 超えた推敲, 超えた異常, 超えた発音矯飾, 超えた軽蔑, 超えた骨折りの, 超えない, 超えなければ, 超えぬ傾斜, 超えまい, 超える, 超える高熱, 超えれば, 超したあるいは, 超したという, 超した時, 超して, 超ゆる, 超ゆれ, 超過する, 越えず涼しい, 越えその, 越えた, 越えたと, 越えたるもの, 越えた感情, 越えた懐疑, 越えた懷疑, 越えた遠慮, 越えても, 越えないよう, 越えない範囲, 越えようと, 越えること, 越える高熱, 越えんずる, 越え夕方, 越さないよう, 越したこと, 越したとき, 越したなどとという, 越したり, 越した人物, 越した悲哀, 越した趣味, 越しては, 越しても, 越してるの, 越しましたろう, 越すよう, 越す時, 越す炎暑, 越す重態, 越ゆ, 距てた, 踏みだした, 踏みつつ, 踏みながら, 踏みはじめてからだって, 踏み取急いで, 踏み居るは, 踏み直す事, 踏む, 踏むあの, 踏むでゐたん, 踏むという, 踏むの, 踏むのに, 踏むよう, 踏んだ, 踏んだにも, 踏んだのよ, 踏んだ帰り参詣道, 踏んどるが, 踰え, 返したばかりの, 通り過ぎると, 通過した, 進め唐, 進歩せし, 運び上げて, 過ぎたりと, 過ぎた働き, 過ぎた同情, 過ぎた様, 過ぎた母, 過ぎては, 過ぎるから, 過ぎると, 過ぎるの, 過ぎる頃, 過ぎれば, 過ぐ, 過ぐれ, 過ごしかえって, 過ごしたもう, 過ごしたもの, 過ごした大酔, 過ごすの, 過ごせば, 過した, 過したやう, 過したること, 過した冗談, 過した感動, 過した扮飾, 過した酒, 過しては, 過せば, 違えて, 遣ったそう, 重ぬれ, 重ねれば, 防ぐも, 降らないの, 限りと, 除いては, 高うすべき, 高くし, 高むることなきにあらす, 高めた, 高めたる者, 高めながら, 高めること, 高めるため, 高める働き, 高める方, 高め遂に

▼ 度~ (681, 1.9%)

15 二度の, 二度は 7 二度しか 6 つたのだ, 二度 5 あった 4 三度は, 二年に, 二度か 3 それを, 三度か, 二月に, 水を, 自分の, 足を

2 [30件] あったが, あつた, あの夢, ありました, ある, うなずいて, えお君, つた, つたのさ, つたのです, 三度, 三度ぐらいに, 三度で, 二度かは, 二度に, 二度呼ばれる, 五度は, 去来し, 四度は, 持ち合せて, 死を, 示唆され, 私に, 繰り返して, 繰返して, 胸を, 行った, 雨に, 顔を, 首を

1 [537件 抜粋] ああこの, あありません, あたりを, あったから, あったこと, あったの, あった事, あの人, あの免職教員, あの曲, あるが, あること, あるの, あるので, あるもの, あるん, ある生命, いって, おのずから誘い込まれる, おひろいなされた, お前と, お清, お経, かつた, かれを, くり返され, くり返して, こうし, こうして玄正, こちらから, この九つ目, この壁画, この寮, この山, この路地, この騎士, これまでの, こんな満足, こんな片言, こんな経験, さなれ, しずかに, したけれども, したこと, したらしい話, そういうこと, そういうよう, そう言った, その下, その座敷, その汚れ, その話, その辺, その高い, たじろいだこと, たずねて, たたきたたきながらも, ためらったが, ためらった挙句, つたから, つたが, つたのでございます, つたのでございませう, つたので御座います, つたわねえ, つまずいたり, つまずいて, とぎれけむ, どつ, ない誰, ねえやの, のぞいて, はるといふ, ひどい砂塵, ふっふっと, ほら, ほんの一瞬間そこ, またうとうと, また繰返した, まだ自分, まばたきしたが, まれに, やうに, やって来た, やり損, やり直して, わたくしの, わたしたちは, ァねえ, ァ無い, アねエ, エーホーと, キツネうどんの, バスは, ベルリン国立美術館へ, ポケツトに, ヤーレ盆が, 一度お, 一度ぐらいで, 七度預けられた, 三年に, 三度ある, 三度くらい, 三度ぐらい, 三度ぐらいは, 三度しか, 三度それを, 三度どころで, 三度ほとんど, 三度もうこれから, 三度やりました, 三度らしい, 三度デスクの, 三度人に, 三度今話した, 三度叩いた, 三度工場の, 三度当面の, 三度手伝いに, 三度支払っ, 三度目だ, 三度肩を, 三度船で, 三度著る, 三度行はれた, 三週間に, 不安に, 不快を, 中断し, 九度は, 乳を, 事務上の, 二カ月に, 二十度ぐらい, 二封度を, 二年目ごとに, 二度あっ, 二度あの, 二度ありました, 二度ある, 二度あるいは, 二度きっと, 二度くらいしか, 二度ぐらいは, 二度こんな, 二度する, 二度そこへ, 二度その, 二度それも, 二度そんな, 二度だけ, 二度ちよつと, 二度で, 二度という, 二度というくらいの, 二度のさう, 二度ほどしか, 二度もしくは, 二度やった, 二度ソロバンは, 二度チラツと, 二度パッ, 二度ピオニェールの, 二度上方に, 二度不作により, 二度云い, 二度五百圓千圓と, 二度以上口を, 二度会った, 二度使用した, 二度収容所を, 二度同じ, 二度問い合わせか, 二度大阪へ, 二度奥様の, 二度展覧会を, 二度彼の, 二度御馳走を, 二度愛嬌を, 二度接する, 二度日庸人夫に, 二度曲り角を, 二度極度の, 二度浅草の, 二度珈琲を, 二度田口の, 二度眼に, 二度立っ, 二度細田屋さんの, 二度締めた, 二度美しい, 二度胃腸の, 二度行かない, 二度見かけた, 二度訪問し, 二度走りすぎる, 云つた様に, 云われて, 五千年に, 五年に, 五年目に, 五度か, 五度それくらいの, 五度まれには, 五度も, 五度目に, 五度目の, 五度花街に, 五日に, 京都に, 今日は, 仕損じた後, 代わりゆきかつ, 企てて, 伊勢詣り, 休む間もなく, 休んで, 会って, 会ひ, 会見した, 佃の, 低頭し, 佐代子の, 借りたのね, 八度五分ぐらい, 六度か, 六度した, 出たこと, 出合いました, 出逢ってるうち, 切れる糸, 切符を, 初老の, 利あらず, 力を, 勝負は, 十一谷君を, 十度矢継早に, 十日に, 半年に, 危い, 去來, 取り換えられた, 取拡げたり, 口を, 口籠つた, 同じ空間, 同様の, 君にも, 呼び何度, 喫驚した, 噂を, 四度か, 四度かに, 四度くらいの, 四度くりかえし, 四度そんな, 四度で, 四度でも, 四度に, 四度も, 四度侍女や, 四度土を, 四度必ず, 四度目だった, 四度目に, 四日に, 土盛りを, 地方の, 地震か, 声を, 変えながら, 多くて, 夜なかに, 夢に, 大会社, 大名風な, 失敗した, 妄想される, 妻に, 姿見の, 婆の, 家出を, 寄りそっ, 寒いわけ, 寝反り, 寝返を, 対山館の, 小舎へ, 小野道風, 山中に, 床に, 廻ること, 引見したであろう, 引返さなければ, 彼が, 彼の, 彼を, 彼女に, 彼女の, 往来した, 往来の, 御寄贈, 微かに, 心に, 思いながら, 思い出される, 思い思いし, 思って, 恋愛の, 想像も, 感歎詞を, 懺悔し, 或いはもっとたびたび, 所々の, 手を, 手紙が, 打振り打, 拒んだあと, 挟箱を, 振りおとし, 掌を, 接吻し, 揉み手を, 搖り起さなけれ, 日を, 普請を, 普通に, 曲つた末に, 更えた, 書出しては, 會つてゐた, 朗誦し, 来た, 来たの, 来ないに, 林町へ, 歇む, 止まり幾度, 此凡下に, 此処へ, 歩き廻った, 死亡あるいは, 死線を, 残月に, 母親と, 池の, 決心を, 泊りに, 法廷に, 泣いたが, 注視した, 洗われて, 流血の, 渡良瀬を, 溜息を, 滴り落ちるうち, 激しい吐瀉, 激語を, 狂瀾の, 猪の, 獄窓に, 現地まで, 生徒に, 男を, 留置場で, 病人に, 発すること, 目が, 目で, 目撃した, 目標を, 眺めけむ, 眼と, 眼を, 眼玉ばかりの, 知らないほどの, 知れないほど, 知れなかったの, 知れなかつた, 知れません, 短三度, 石川には, 祖母に, 神田の, 私が, 空間で, 立ちどまつた, 立ち寄ったこと, 立ち寄って, 立ち帰ろうと, 立上ろう, 立木の, 立止つて首を, 笑いながら, 箒引きずっ, 紹介した, 経験が, 経験した, 続いたある, 続けて, 緯度や, 練習した, 繰りかえした問い, 繰り返されたであろう地変, 繰り返される内, 繰り返し尋ねました, 繰返された, 繰返される内, 繰返した, 繰返したよう, 繰返した後, 繰返しながら, 考えさえ, 考えたこと, 聞いた, 聞かされた事, 聞きました, 聞き返して, 聞耳を, 聴いて, 胸の, 脅かされながら, 自信を, 自分から, 自分に, 自分を, 自由党に, 自由黨に, 舟は, 芝居を, 若き身, 茶入の, 荒々しい廻転, 蔭で, 藤夜叉とは, 行かれたが, 行き詰まりがちの, 行われた民族, 行われる二十三夜待, 被害地の, 見かけたこと, 見たと, 見上げ見直して, 見舞に, 観音様を, 計画が, 計算を, 訪ねた, 詠みな, 試みられましたが, 話が, 話して, 諸国を, 講中が, 議論し, 貨車が, 買物や, 起きた, 起つた, 起立し, 越した徳本, 足で, 路傍へ, 跳ね廻る, 蹌めく, 蹌踉い, 躊躇し, 躊躇した, 躍り上り, 躓いた, 身體をも, 転びしまいに, 転び手足, 転んだ, 迷惑を, 逃げようと, 通った上, 通って, 通つた所である, 逡巡いい, 遊里に, 道に, 遠のきながら, 部屋を, 釣り損ね, 長六度かという, 開かれまた, 開墾しよう, 阿波の, 隠士に, 頼んだもの, 顎を, 飛躍しよう, 驚嘆した, 髪の毛を, 魂を, 鳴りの, 鼻に, 2年に

▼ 度~ (580, 1.6%)

10 存候 9 なく眼 6 なくその, なく同じ, なく繰り返し 5 なくこの, なると 4 なく

3 [11件] いう, いっても, なくありました, なくそれ, なく口, なく彼, なく繰り返された, なく自分, 数へる, 言ふ, 重なると

2 [24件] いうと, くりかえして, この二つ, なくあった, なくある, なくここ, なく丁寧, なく上, なく反覆, なく女, なく山, なく往復, なく私, なく繰り返す, なく考え, なく聞いた, なく見, なく読ん, なく顔, やって, 度重なるに, 来るの, 申参候, 重なって

1 [448件] あがったり, あたしはつ, あの山小屋, いい犯人, いうからね, いえども, いって, いつて, いて, いふが, いわないで, いわれぬさき, うまい, おなじ言葉, おもは, かんしゃくを, きかせて, くりかえされた, くりかへ, このもてなし, この路地, さ, しかもきわめて, した, しませんと, しようと, すると, その向かう, それから電車, それに, それを, たびかさなって, たび重なる, ちがった時, ちょっと, つつけざま, つづきあげく, つづけざま, つてモウ釣や, なくあの, なくあれ, なくいう, なくいく, なくいっ, なくいや, なくうなされました, なくお, なくおとよ, なくおなじ, なくか, なくかう, なくかれ, なくくり, なくくりかえされた, なくくりかえし, なくくりかえしました, なくくり返し, なくこれ, なくころびました, なくこんな, なくさういふこと, なくさがしまわった, なくすでに, なくその後, なくそんな, なくどなりこんだ, なくやる, なくアネサ, なくタタキ店, なくヴェランダ, なく一歩, なく万事, なく三文雑誌, なく三階, なく世界, なく主人, なく乳母車, なく二度と, なく云い直し, なく云っ, なく交換, なく人力車, なく人目, なく伝令, なく伸ばし, なく使, なく使っ, なく再起, なく出あっ, なく出廬, なく刑務所, なく別れ話, なく勘定書, なく単, なく又, なく反復, なく叫んだ, なく可笑しさ, なく吃驚, なく含嗽, なく味わった, なく呼び, なく呼ぶ, なく問い直し, なく喧嘩, なく喰い違った, なく嘆願, なく変り, なく外国文化, なく夜警, なく夢, なく大きな, なく夫, なく失敗, なく奇妙, なく奈良, なく孔子, なく孔明, なく実家, なく家族, なく射られた, なく山野, なく幻覚, なく床, なく床の間, なく庭づたいに役人衆, なく引き返したく, なく弟, なく強談, なく彼女, なく往來, なく往来, なく思い出し思い出しし, なく思い切っ, なく恐しい, なく恐ろしそう, なく意中, なく感じた, なく戸外, なく持ち出した, なく挨拶, なく捜す, なく掌, なく探し廻った, なく推量, なく攻め, なく故郷, なく断った, なく日, なく木蔭, なく棄てない, なく棺, なく機会, なく歩き廻った, なく死地, なく死屍負傷者, なく母上, なく水中, なく泣いた, なく海上, なく渡らね, なく湯, なく満蒙ニュース, なく溜息, なく潜った, なく為, なく煙草, なく熱い茶, なく熱心, なく猪熊, なく生れ變つて來, なく登った, なく目, なく眠り, なく着い, なく破れる, なく磨き, なく礼, なく立派, なく筆, なく絶対服従, なく繰りかえした, なく繰り返されます, なく繰返されるであろう, なく繰返し, なく繰返す, なく翁, なく翼, なく考えた, なく考へた, なく聞こえた, なく胸, なく腑甲斐, なく自問自答, なく芽, なく苦い失敗, なく蒸し返された, なく薫, なく血, なく血ぬめり, なく行つて, なく裂かれ, なく見た, なく見馴れ, なく親, なく言った, なく詣っ, なく読み, なく諭され, なく講演, なく警告, なく谷, なく豹変, なく赤ん坊, なく起き, なく跫音, なく軒先, なく逃出そう逃出, なく通っ, なく通り, なく遊んだ, なく遭遇, なく重ね, なく銃砲弾, なく鍵, なく鏃, なく長崎, なく降っ, なく隙, なく離れ, なく顎, なく駄目, なく鬢, なったらば, なって, なりやがて, なり南北, なり四度, なり苦しい, なるの, のこされた姉, またこの間, もう御, もう日野氏, もう鞍, やつて, やりか, やりかえすため, ゆかず, ゆき子は, わたしは, タミ子の, パッサージ, 一見矛盾する, 七十度の, 両手を, 乗ろうとも, 九度の, 云う位, 云う暖か, 云う未曾有, 云う隅田川, 云った, 云って, 云つても, 云ふ, 人知らば, 今回と, 仕事に, 仕事の, 会うこと, 会ってないん, 会わないよう, 会われない幽霊, 会見を, 來る, 信長の, 入院し, 八月に, 兵隊の, 出て, 出られないという, 刻し, 労働者の, 区切って, 千恵にと, 千萩にも, 原の, 又の, 口の, 叩きつけた, 召集に, 合せて, 同じこと, 同じで, 同様の, 向かうところ, 吠える, 呟きながら, 呼んでも, 呼んでるうち, 問いかけられると, 四度に, 四度までも, 執こく, 声を, 大阪の, 失気なされる, 奉存候, 契り誓いました, 好意は, 妻を, 存じ今朝, 存じ候へども, 存候が, 存候貴著, 存折節阿部出立之, 定めしかも, 定めて, 定義すれ, 度重なるだろう, 延ん, 彼女の, 後を, 心を, 思いましたが, 思いまして, 思いますが, 思いも, 思い起すたび, 思うところ, 思う事, 思って, 思つてゐました, 思ひ升, 思ふにつけ, 思ふ人, 思ふ女, 思ふ心根, 悲運が, 情味も, 感服いたしました, 慣れて, 慥める, 所望する, 扇を, 手紙が, 手術を, 手間が, 打つまいか, 打撃が, 拔け, 振りました, 振返りながら, 接触し, 接觸し, 推定され, 故郷を, 散歩の, 数えるほどしか, 敵の, 文を, 日の, 會つた, 望みたまひ, 未耕地, 来て, 来るうち, 株だけが, 案内しった, 極った, 正比例す, 死に, 水を, 決して足踏, 洩らして, 活溌な, 火薬を, 無くモリエエル, 無く重大, 無事に, 爆破の, 現われた父, 申して, 申しますこうして, 申候間私より, 申入候間早々, 申升た, 男神の, 留学する, 百六十度という, 百四十度と, 益々荒っぽく, 短い日, 稱へ, 精神的危機を, 続けて, 繰り返されて, 繰り返し讀んで, 繰返されたもの, 美術の, 考えれば, 考へた事, 考へられて, 聞いて, 聞える, 聴きちがえて, 能に, 行くうち, 行く中, 見かさねると, 見たが, 見に, 見る光景, 見る者, 見做, 規則正しくきまる, 言いたいが, 言い度いが, 言う, 言つた, 訂正した, 読まされたので, 讀みかへ, 讀み返して, 貴女に, 走らせて, 適用の, 重な, 重なったが, 重なったの, 重なったらその, 重なっては, 重なり四度, 重なるごと, 重なるたび, 重なるに, 重ねる機会, 門前案内の, 雌に, 震動が, 霜が, 頭を, 顔を, 願ったが, 馴染めば, 魏の, 鳴らされて

▼ 度いと~ (550, 1.5%)

32 思って 17 存じます 14 思います 13 思う 12 いふの, 思つた, 思ふ 8 いうこと, いうの, 思つてゐた 7 思うの, 思ひます 6 思いまして, 思いますが, 思ったが, 思ふの 5 思ひますが, 言ふ 4 云うの, 云ふ, 思い, 思いました, 思いましてね, 思ったの, 思つてゐる, 思つて居ります, 思ひました, 言うの 3 存じますが, 念じて, 思っても, 思つて居た, 言ひ出し

2 [28件] いい出した, いうから, いふので, いふやう, いふ人が, いふ考, のこと, の希望, 下に, 云うので, 仰し, 存じまして, 思いましたが, 思うが, 思うけれども, 思うん, 思ったから, 思つて居りました, 思ひながら, 思ひましたが, 思ひましてね, 思ふこと, 望んで, 申上げ, 言えば, 言つた, 言つて居た, 願った

1 [255件] あなたは, いう, いうでは, いうならキッパリ, いうわけ, いう気, いう訳, いえば, いって, いひ出した, いふから, いふこと, いふわけ, いふん, いふ一つ, いふ主義, いふ事丈, いふ仰せ, いふ外には, いふ意慾, いふ折, いふ掛け合, いふ気持, いふ申入れ, いふ話だらう, いふ話で, いふ話でした, いろ, お手紙, かう花魁, かんがえて, こない云, さ, その方面, その時, それのみを, それは, て上洛, て訴え, でも, でもいふ, の事, の志, はあせり, はおぼしめしません, は云い, は存じます, は思います, は思いません, は思っ, は思つて, は思はない, は思はなかつた, は思わない, は思わなくなっ, は早春こちら, は申し, は私, ばかり望ん, ばかり言っ, みんなから, わかつたか, 一生懸命な, 云い出した, 云い此, 云う事情, 云う借手, 云う孝心, 云う心, 云う狂言, 云う目的, 云う程, 云う衝動, 云う許, 云つた, 云つてゐなかつた, 云つてゐる, 云つて引止められた, 云はれ, 人橋を, 仰しゃって, 仰しゃるので, 仰しやつ, 仰言つておいで, 企んで, 僧に, 其頃から, 内々話を, 原庭の, 叫びながら, 君は, 執拗く投げ, 夢中に, 大變, 存じたところ, 存じて, 存じますお話, 存じ明神下, 存じ此處, 希う本能, 希う自分, 希望し, 希望する, 強つての, 強つて申, 心がけて, 心にも, 心を, 必死に, 志して, 念じながら, 念願し, 念願する, 思いますと, 思いますわ, 思います素人, 思います貴女, 思い乍ら, 思い其の, 思い再び, 思い室, 思い居りしが, 思い手, 思い推して, 思い殊に, 思い生垣, 思い色々, 思うこと, 思うしね, 思うなどと, 思うなら直ぐ, 思うもの, 思う仔細, 思う分, 思う吾, 思う本, 思う熱望, 思う物, 思う題目, 思えば, 思った, 思ったけれども, 思っただけど, 思ってたのに, 思つたが, 思つただけの, 思つたのである, 思つたのです, 思つたのも, 思つた時には, 思つて, 思つてメモし, 思つて今迄にも, 思つて來た, 思つて來たんだ, 思つて居ました, 思つて度, 思つて急いだ, 思つて様子を, 思つて眞つ, 思つて醫者に, 思ひまして, 思ひ込んだの, 思ふかね, 思ふからなのよ, 思ふが, 思ふけれど, 思ふところ, 思ふならば, 思ふなら出家遁世, 思ふやう, 思ふ事, 思ふ場合, 思ふ心, 思ふ慾求, 思ふ気持, 思わせるもの, 思わぬ事, 思わぬ人, 思わぬ者, 愛息たる, 手代の, 断言します, 斯う, 斯樣に, 日夜念願致し, 日頃から, 是は, 書いて, 望むやう, 望む者, 棟梁が, 水街道の, 決心した, 照の, 熱心に, 熱望し, 牧師の, 申して, 申しましてな, 申しますので, 申し出でた事, 申すの, 申入れました, 申出たとき, 申込んで, 皆こう, 私一人で, 秘に, 考えた, 考えたならば, 考えたの, 考へだした, 考へて, 考へまして, 考へるの, 苦心した, 葛岡が, 言い出しましたが, 言い出します, 言い張った怪我人, 言い張りました, 言い続けて, 言うそう, 言う事, 言つただけ, 言つたのは, 言つたのも, 言つた越前屋を, 言つても, 言つてる, 言つてゐる, 言つて來た, 言つて居ました, 言つて居られる, 言つて居る, 言つて来た, 言つて見ろ, 言つて馬鹿に, 言ひ, 言ひ出した, 言ひ出したら, 言ひ張る, 言ふと, 言われた時, 言われるなら言って, 言出した, 迄逆上, 頼んだ, 願う或, 願って, 願つたから, 願つてゐた, 骨を, 骨折って

▼ 度~ (530, 1.5%)

2422 に私 14 に彼 13 にその 7 にいつも, に自分 6 にお, に彼女, に必ず 5 にそれ, に少し 4 にこの, に僕 3 にまるで, に何, に彼等, に空, に閉口

2 [31件] にあたり, にあの, にいい, におや, にかの, にそれとなく, にはお, にはげしい, にハラハラ, に与八, に二人, に人, に坊さん, に女, に嬉し, に幽か, に弁信, に手, に新しい, に曲り角, に村人, に母, に渠, に瑠璃子, に男性, に良秀, に苦笑, に荒あらしく, に道庵, に隣, に顔

1 [330件] にあきあきする, にあばた面, にある, にあれ, にいくら, にいま, にいよいよ, にいろ, におせん, におびただしく, におれ, にお雪ちゃん, にかうし, にかうした, にかえって, にかれ, にきびしく, にこれ, にごろごろ, にさ, にすこし, にそう, にそこ, にそんな, にぞっと, にぞつと, にちょうど, にちよ, にです, にとたん張り, にど, にどの, にどろどろ, にどんなに, にな, になだらか, にはげしく, にはつ, には又, にひやりと, にへし折れた, にぼんやり, にまことに, にまず, にまた, にまた直ぐべたべた, にみんな, にもう, にやはり, によろめい, にわざわざ, にエナメル, にキャッキャッ, にサモワール, にチラリチラリ, にド, にドッ, にニヤニヤ, にヘマ, にホッ, にマント, にヨロ, にライオン, に一々, に一同, に一家, に一歩前進, に一種異様, に一言, に一軒, に三十人, に三四冊, に三越, に上げる, に下宿, に不気味, に世界, に両, に事件, に二三, に二十, に二階, に亭主, に人間, に今, に仏前, に他人, に他国, に仙吉, に仮屋, に低く, に住み馴れた, に何かしら失望, に何かしら新, に何かと, に何ん, に何処, に余り, に例, に全く, に全身, に其地方, に内密, に冷たい, に出す, に刀, に分, に初め, に剩錢, に勇吉, に勝利, に北さん, に医者, に厭, に厭世風, に參禪, に同君, に同時に, に否, に命, に固く, に在りし, に地下道, に墨壺, に墺太利側, に声, に変る, に外, に大, に大勢, に大抵, に大概叔母, に大阪, に天地, に天狗, に失望, に女達, に妻, に姉, に実に, に実際, に富之助, に小さい美しい, に小使, に山, に巴里, に帆, に常世人, に帽子, に幽, に幾らか, に弟子, に弱弱しく, に強, に強請っ, に御, に心, に必要, に念仏, に忽ち, に思いあきらめ, に思ふ, に急, に怨む, に怪しく, に悲しい, に悲劇, に悲鳴, に感動, に感心, に憂鬱, に憎々しく, に戦死, に戰爭, に手紙, に手足, に担ぎ, に拍手, に持出し, に改元, に故郷, に敵人, に新た, に新手, に新規, に旧, に旧い, に明暗, に昔, に最も, に朕, に未知, に桐, に棄て, に極めて, に樹, に樽野, に次第にはっきり, に此図, に武田勢, に段々, に気力, に氣, に泣いた, に泥足, に注射針, に洗練, に活気, に浅草, に海, に深い, に溜息, に漁夫達, に無茶先生, に父, に物品, に特に, に独語, に猜疑, に玉, に現, に甚, に産婆, に痴鈍, に白い, に皆, に目, に目と目, に目先, に目方, に相談, に着物, に睦, に知, に礼譲, に祖母, に祝盃, に神尾, に神経質, に祟り, に私たち夫婦, に端, に精しく, に精神的, に細く, に給金, に緇素, に緋色, に緒方, に繰り返される, に美しい, に羽毛, に考へさせられる, に耳, に聞き耳, に聲, に肋骨, に胸, に脹れ上っ, に腦貧血, に自分たち自身, に興, に舞, に舟中, に芝, に花袋, に苦い, に茶碗, に莫迦叮嚀, に落ちる, に落合, に蒙る, に蓋し, に藤次郎, に血, に血の池, に表情, に袂, に装い, に見る, に親, に親しみ, に親切, に観客たち, に言, に言葉, に証拠品, に謝罪, に議論, に趣味, に跟, に身, に車井戸, に転居, に輪廓, に追掛け, に運び行かれる, に運転乗務員, に道子, に違っ, に野分, に長い, に門, に阿, に陸上, に隱, に雪子女史, に電気, に電燈, に青, に青野, に面喰, に音樂, に頭痛, に風, に風車, に颯, に飛び上らん, に飛び込む, に飛行機, に飲む, に首, に馬琴, に驚かされた, に驚き, に麓, に麦, のお, のこと, の足裏

▼ 度~ (457, 1.3%)

32 ない 24 ないと 17 なつた 11 なかつたの 10 なかつた, はない 9 ない樣子 7 ないの, なる 6 ないから, ないこと, ないん 5 ないもの, なった, なつて, ねえ 4 なかつたので, なったの

3 [11件] ないが, ない爲, なって, なつたの, なりますよ, なるの, ねえよ, はありません, はございません, はねえ, 此の

2 [25件] てウジウジ, て仕, て仕方, ないため, ないという, ないといふ, ないな, ないので, ないほど, ないやう, ない人間, なかったから, なかつたん, なったから, なったん, なつたんだらう, なつたんです, はある, はなかつた, は有りません, 候, 同家に, 思ったけれど, 思ったの, 成つた

1 [201件] この使者, ござえませんよ, せいぜいおいで, それには, ついては一応, つい失礼, て, てその, てたまらない, てたまらなかっ, てたまらぬ, てたまらぬらしく, てももう, ても手, てやつ, て上りました, て仕様, て其那事, て参りました, て堪らない, て堪らなかった, て帳場格子, て御願, て急い, て成らぬ, て来た, て来られた, て歸つた, て腹, て話す, て貴方方, とも毒薬, とも返されません, とも開く, と存候, と心掛け居る, ないあの, ないかと, ないからな, ないがね, ないけれど, ないし, ないす, ないそう, ないその, ないぞ, ないだろうが, ないつて言, ないつて顏, ないで, ないとお, ないに, ないばかりの, ないもん, ないよう, ないんぢ, ないツ, ない一服頂戴, ない事情, ない二人, ない人柄, ない代り, ない余, ない出来ること, ない女, ない奴, ない実は, ない幸い, ない幾つ, ない方, ない方便, ない様子, ない死に度, ない気, ない気持, ない永久, ない況して, ない為め, ない爲め, ない物, ない理由, ない者, ない自分, ない言葉, ない高利, なかった, なかったの, なかつたし, なかつたら十兩, なかつたら當人, なかつた今時, なかつた樣子, なかつた爲, なくては, なくなるもの, なったすまないが, なった心, なつたつ, なつたんだ, なつて余, なつて笑つた, なりさ, なりましたが, なりましたよ, なります, なりますから, なりますが, なり乍ら後, なり園, なり次, なり良人, なるかも, なるから, なるが, なるだらうよ, なるであらう, なるといふ, なるので, なるほどエライ人方, なるほど一しきり, なるほど腹, なるもの, なるよ, なるん, なる事, なる私, ねえからねえ, ねえだよ, ねえと思う, ねえや, ねえよ安岡, ねエ, はないです, はなかっ, はねえや, は無い, ば互い, ば峠, ば幾度, ば見, ば貴公, ほんとに何, やはりしばらく休ん, わざわざお, 三々九度も, 不気味な, 中にも, 二里ばかり, 伏し, 候云々, 出ましたもの, 出陣といふ, 参上致しまし, 向後益々御, 囁きます, 外へ, 夫婦に, 女中の, 女学校を, 女房を, 存じます, 存ま, 存候, 帰参が, 待ち上候, 御よろこび, 思い, 思います, 思いますよ, 思いますわ, 思つた, 思つた位ひだつた, 思つてゐる, 思ふ, 思ふて, 思ふの, 懇請の, 成った何, 成て, 放免された, 最後の, 本領安堵いたします, 楽屋で, 氣取つた六疊です, 浸み附きますか, 無い, 無いと, 爲後日右書き遺し, 矢張り三円五円と, 神経的な, 私かに, 納った, 結婚なされ, 結婚を, 腕のう, 自宅へ, 舞ひ納め, 越前が, 願い上げ候, 願い候, 首筋を

▼ 度でも~ (395, 1.1%)

12 いいから 10 三度でも 4 くり返して, 二度でも 3 このくらい, 口を, 好いから, 手に, 私が

2 [19件] あったと, いやな, くりかえして, この位, して, そのよう, 下に, 五度でも, 何度でも, 土工と, 心に, 想像した, 申しますが, 繰返して, 考えたこと, 肌身を, 見た者, 迷って, 顔を

1 [312件] あったかい, あっただろうか, あつた, あのみっともない, あのブランデー, あの地下鉄, あの臭味, ありますの, あるだろうか, あるならわたし, いい, いいです, いいますとも, いうぞ, いたしまする, いって, いらッ, いろいろな, うらやましいと, うんざりする, おかわり, おつぎ, おろそかに, お久美さん, お前の, お前私の, くりかえされるだろうと, ぐるぐる廻り, こういうこと, こうした人間, この位呪, この感情, こりずに, これを, ころがった, こんな気持ち, さかんに, さびしいなどと, したこと, しっかりと, しめやかに, すっかり眼, そうしたらそれ, その人, その当事者, その資格調査, その長, それらに, それを, そんな事, たしかに見た, だまされるだろう, できたこと, どこででも, なかつた, ひっくり返して, ひらりと, ぶったろうと, むしかえして, ものを, もらしたためし, やさしい言葉, やって来て, やる, ゆっくり逢っ, ようございます, よみたいの, わたしに, わたしは, われわれを, インチキを, スキを, トリンケンに, ハッキリと, レミヤの, 七日に, 下へ, 事務所でと, 云います, 五平の, 人を, 人間が, 人間の, 今日は, 他の, 他人に, 他人を, 他男, 伸子に, 何かしら, 何かで, 何の, 余計吉川夫婦, 作って, 使用した, 來や, 俺の, 借金したら, 僕が, 兄に対する, 入学できる, 全く素敵, 其女を, 其方へ, 再起する, 写しに, 出て, 出会したなら貴様, 出品しました, 分外な, 切って, 初旅, 勝負に, 十円ずつ, 十年に, 千度でも, 取出して, 可い, 同じこと, 同じもの, 否百度でも, 吾家の, 味った, 呼ばれたお客, 善いこと, 喰えりゃまだ, 嘗て味, 園絵を, 土地に, 地を, 埃及へ, 執拗に, 多く見, 天國に, 失敗する, 好い加減に, 好みの, 嫁を, 子は, 子供の, 学者の, 官庁側の, 宜い, 富子に, 寝れば, 寢んで, 尋ねて, 小夜子の, 山上元に, 希臘でも, 引越したくなるもの, 当省, 彼が, 彼に, 彼らの, 彼らは, 彼女が, 彼女の, 彼女を, 往来する, 御不和, 御目, 微笑が, 忘れると, 忘年会を, 快樂一方, 思ったの, 恐喝された, 悔い改めたもの, 感じたこと, 我に, 或る, 戦えそう, 戦争を, 持つて, 採れます, 救う事, 文句なし, 文学史上の, 文展に, 断食期間が, 斯んな掘, 旅を, 旦那の, 旦那様の, 早春が, 書き直しを, 書き直す癖, 有つた, 朝寝を, 本気に, 村の, 来る, 来るよう, 根気よく, 格子の, 機会を, 欲しがる, 此方を, 歩いた路, 残念だった, 毎回新なる, 毎晩でも, 気に, 注いで, 洗うという, 涙を, 溜息を, 然う, 父らしく, 狂ったこと, 生れかわりたいと, 申すぞ, 申すつもり, 疑った罪, 目を, 眠るの, 眺めて, 眼を, 眼前に, 知るの幸福, 破るに, 破約を, 確かめる事, 礼を, 禿山を, 稲野谷の, 立戻っ, 笑い顔, 米の, 納得の, 素裸に, 経験した, 結い直させ思いきった厚化粧, 綺麗に, 締めますが, 縫いなおさせた, 繰り返して, 繰返す, 美しい女性, 美術家や, 義男は, 翁の, 考えたか, 耳に, 聞きたい, 聽返し, 臨書する, 自分に, 自分如き, 自動車に, 船で, 良いから, 芸者と, 苦労を, 苦情らしい, 英知と, 茂十郎さんの, 行くだろう, 行って, 裸に, 襲せ, 見たこと, 見たり, 見た人, 見合つ, 親の, 親や, 親身の, 解剖的に, 言うこと, 言うよ, 言って, 訊き返します, 話す, 誤った例, 読み返して, 読めるが, 諸君と, 講演を, 負けて, 貴方が, 貴様は, 起き上がって, 起き上り小法師の, 起つべきであった, 足を, 踊ったよう, 軟かな, 逃れた経験, 通ったと, 通つたと, 通読した, 逢うて, 逢って, 逢わせて, 遇ったの, 遊んだこと, 遊んだ覚え, 遠望し, 都會の, 金を, 鐘巻自, 開けられる閉, 関係を, 關係し, 青年達の, 面白いと, 飛びかかって, 食えること, 飽きずに, 首を

▼ 度~ (353, 1.0%)

38 はなかっ 27 いいから 24 はない 7 はなかつた 6 はなく 4 あつた, い, たくさんだ, はありません, もよい 3 はありませんでした, 好いから, 懲りて 2 それも, は無い, は無かっ, ばらばらと, やめて, よいから, わからなかったら十二遍, 懲

1 [206件] あつて, あらうと, いい, いいに, いいよう, いいわ, いい私, いたんで, え, おどかしやがった, かけたの, かけました, かれの, きかない, きまるらしい, ぐったりし, げっそり痩せ, こり, こりて, これが, さえどう, すぐやつてくれんのは, すっかり重荷, すっかり顔色, すまなかった, すみました, すむはず, すら二十五年, すら倍加, その本, その歌, その角速度, その速歩, それが, そんな病気, ても大, なくし, はあがりつかない, はあった, はあったけれ, はありました, はうまく, はお, はかって, はき, はございません, はござんせんし, はすまず, はすまない, はすまなかった, はとおらない, はなか, は乗れ, は五人, は何とも, は凍らない, は呑みこめなかった, は御, は意味, は慊, は手, は死なず, は無く, は納まらなかった, は蒸発, は諦められませんでした, は食べきれない, は食べ切れぬ, は食わない, ぺちゃんと私は, もう彼, もとは, も良い, やってのけるよう, やめず幾度, よい, よい筈, よい返事, よかつ, よごされて, よせば, よろしう御座います, わからなかったら十二回, わからなくなって, ナエーアの, パッと, 一定に, 一晩放置し, 一足一足に, 丁度こちら, 不安なら, 中じゃ, 二分以上五分までの, 仲の町の, 低いの, 倒れて, 充分でござる, 充分に, 先ず十俵, 全く一度, 八年に, 凍り, 凍ると, 出来上ったよう, 分ること, 分岐し, 利く薬, 十二三兩は, 十分である, 反響が, 取っ捕まっちまわあな, 可い, 合点が, 周圍は, 噛み止みますが, 四百フラン余りの, 固くなる, 夏の, 多く表現する, 大した暑, 好奇心の, 婚姻の, 子供が, 完了し, 宜え, 宜しうございます, 宜しゅうございます, 常の, 幾日と, 当るか, 当るかによって, 彼女の, 後を, 得た記憶, 心中に, 忘れたよう, 懲りたから, 懲り懲りし, 懲り懲りつていふ意味, 抛り出されるの, 放免に, 敵を, 文樣を, 斷念すれ, 昼過ぎにも, 晩の, 最初の, 止せば, 止めて, 死ねない事, 汚点だらけに, 決って, 沢山だ, 沸騰する, 泥ダラケに, 流動性が, 済まないん, 済む, 済むこと, 済むはず, 済むよう, 済むん, 済む電話, 済んだ思い, 源太が, 澤山だ, 濟む氣で, 炊く飯, 無くて, 焼いたもの, 燒いた, 爾来四十余年, 片づくと, 犬は, 理解する, 用の, 直ぐ御, 相手に, 私の, 種々の, 終った, 終りに, 續いた, 腑には, 自分を, 菓子だけは, 血の気を, 覚えきれないので, 言えたら豪い, 計られる以上, 調子好く, 諦めて, 諦めますぜ, 諦めるから, 足りず三度, 転針, 返事を, 通過する, 郊外散歩を, 鎮まらせる方法, 閉口し, 降参だ, 霊魂まで, 頭が, 食べて, 飲んだ奴

▼ 度~ (323, 0.9%)

10 過ぎて 8 過ぎると 7 三度とも 5 つて居る, ない 3 すぎて, つた, 過ぎる

2 [23件] ある, ある限界値, ないと, なかった, なかつた, 三度でも, 三度と, 三度ながら, 三度同じ, 不足し, 加はるで, 加わった, 加わって, 増した, 増して, 強ければ, 強過ぎる, 感ぜられる, 日毎に, 済むと, 無くな, 進んで, 過ぐれ

1 [233件] あきらかと, あまりかけはなれ, あやしいの, あり釉藥, あるけれど, あるという, あるの, いまだ数字, いよ, いよいよ強まっ, きまるの, こえると, ここに, このまさに, この喜多氏方, この困難, これで, しだいに高まっ, すぎた場合, すぎる, すぎるでしょう, すぎると, すぎるほど, すぎるもの, すぐ様, すこぶる低く弱い, すちゃ, せいぜいで, だんだん重なっ, ちがったり, ちがって, ついて, つたつちや, つちや, つてゐた, つてゐる, つてゐるらし, つて居りました, つよくなる, どうしても續, ないから, なくては, なくなって, はげしい, はげしくもう, ひじょうに低い, ひじょうに改善, ひどい, ひどくなっ, ひどくなる, ぴたりと, ふえるにつれて, ますます烈しく, やっとと, より多く, より少い, わからないの, わかります, ピタと, 一つとして, 一層くわわった, 七回十五・五度が, 三度, 三度三度が, 三度下女の, 三度手盛りで, 三度違った, 不思議にも, 不正確, 不良で, 二度うらめし, 二度に, 二度三度と, 二度三度目位から, 二度逢引を, 五度にな, 他の, 以前に, 低いという, 低い奥上州, 何う, 優れて, 六百倍乃至, 切実に, 初めであり, 加は, 加はつた, 加わるの, 劣等地以上に, 募ったの, 十分でない, 十回という, 十度とも, 十度よ, 十日に, 南山王を, 取れたため, 合ったとき, 合わされて, 合わないだけ, 同時に襲いかかりました, 問題な, 四度四度が, 増したよう, 増し諸, 増すと, 増すばかり, 増すわけ, 多いでしょう, 多くこれ, 大きくまた, 大に, 定の, 小さくさらさら, 少いので, 少いほど, 少くなる, 少し曲りかけてる, 少ないため, 少ないだけに, 少ないと, 少なかった, 少なければ, 広い, 広範囲に, 弱くて, 弱くなっ, 強い, 強いため, 強いだけに, 強かった, 強かつ, 強くて, 強くな, 強くなった, 強く感ぜ, 強すぎ, 強まって, 強まるので, 彼には, 従来真剣な, 手に, 拮抗し, 日本人よりも, 早い, 早かつ, 普通に, 最も妥当, 末代とは, 次第にひどく, 正しいと, 段々はげしく, 沸騰点六百尺の, 洵に, 深い, 深いと, 深くなっ, 深くなった, 深ければ, 深められて, 淺い, 減退し始める, 測定出来, 漸くこまやか, 激しいの, 濃くなっ, 烈しくなる, 無い, 無かった, 無くなって, 無く自分自身, 無限大なら, 無限小であるなら, 狭められて, 狭小だ, 甚しい, 生涯を, 生産物の, 異常に, 発見され, 益, 知れる, 科学に対する, 精, 緩慢に, 自然それを, 艇の, 著るしく, 薄らぐの, 進むに, 進んだでしょうから, 進んだばかり, 過ぎたと, 過ぎたよう, 過ぎた無口, 過ぎた羽目, 過ぎては, 過ぎました, 過ぎましたねえ, 過ぎましょうわい, 過ぎやしめえか, 過ぎるぜ, 過ぎるとの, 過ぎるの, 過ぎるやう, 過ぎるん, 過ぎれば, 過ぎ今更, 過ると, 違うよう, 違って, 違つてゐる, 違ふ, 適度でなかつ, 適度に, 重なるにつけ, 重なるにつれて, 重なれば, 鉱山地代として, 長さ, 露骨だ, 非常に, 食糧で, 高い, 高いだけに, 高いと, 高いの, 高くなる, 高く普通, 高ければ, 高まって, 高まるでしょう, 高まると

▼ 度~ (310, 0.9%)

68 二度で 47 二度は 35 二度の 16 三度で 15 三度は 9 二度じゃ 4 三度の, 二度でなかった, 二度でなく 3 二度あふ, 二度なら, 二度通り抜けた, 六度で 2 つて見, 三度指を, 二度ぐらいは, 二度ぢや, 二度でない, 二度に, 四度の, 四度は, 暗室の

1 [78件] さしげに, しきへ, その耐圧度, つた, つても, つて來て, つて居る, つて見たい, つて見たこつた, つて見たる, つて見る, また五人十人, 七度の, 七度逢った, 三度, 三度あった, 三度じ, 三度ぢや, 三度でなかつた, 三度に, 三度や, 三度会った, 三度出た, 三度十円や, 三度顔を, 二度あった, 二度きいた, 二度ぐらゐいつでも下げる, 二度この, 二度づつは, 二度でなく聞い, 二度ならず, 二度はい, 二度へたばった, 二度まぎれこんだ, 二度シマッタと, 二度休んだ, 二度使者に, 二度呼んだ, 二度商売気を, 二度喰わなくっ, 二度履いた, 二度怪我人の, 二度来, 二度死生の, 二度死者や, 二度気を, 二度湯に, 二度焼い, 二度罰せられた, 二度自分の, 二度航海する, 二度覚え, 二度解いた, 二度遇っ, 二度遇つてお前に, 二度顏を, 二度食べず, 二百度の, 五十六億七千万歳, 五度で, 五度の, 五度は, 偏光面の, 六度は, 六度や, 六度パーラーや, 六度見た, 半分の, 四たびは, 四五度で, 四度でなく読ん, 四度も, 四度や, 四度行つたつ, 蒋侯神白銀の, 配置を, 階段を

▼ 度三度~ (253, 0.7%)

20 の食事 5 繰返して 3 と来る, と重なる, の飯, もあり

2 [11件] と, とくりかえし, となる, と重なっ, のお, のお菜, の不思議, の飯時, 同じ事, 呼んでも, 薄からぬ

1 [194件] あるいは泊まっ, うなずかせた, お供物, お汁, お粥, お高輕, かれは, が四度, くりかえして, こうして結構, こう求め, この不思議, この祈り, この鳥, しくじつて, しぶい顔, すごい御馳走, ずつ雑巾, その大角, その文句, その通り, そんな狛犬, たかく打ちふった, だ, だが, ちゃんとたべさせ, ちゃんと食事, つ, つづけて, つまみ出して, で, では, で当る, とい, とおなじ, とくり, とくりかえされた, とこの, としかも, とそれ, とちがった, とって, とつつけ, とつづき, とつづけ, とは見, とやっ, とやつ, とゆき子, と会う, と來, と入院, と区切っ, と千恵, と又, と口, と叩きつけた, と同じ, と吠える, と呼ん, と問いかけられる, と四度, と執, と失気, と彼女, と思い, と悲運, と慣れ, と手紙, と手術, と手間, と打撃, と振りました, と振返り, と案内, と水, と洩らし, と火薬, と無事, と現われた, と続け, と繰り返され, と繰返された, と聞い, と聞える, と行く, と見かさねる, と言, と讀み, と讀み返し, と走らせ, と重, と重なった, と重なったら, と重ねる, と雌, と霜, と頭, と馴染め, ならず思ひがけ, に及び, に御飯, ね, のいただきもの, のまずい, のめし, のゴツゴツ, の事実, の事實, の余分, の光栄, の喰, の外食食堂, の強い, の御飯, の放浪小説, の旅, の私, の糧, の膳, の落第, の醜態, の食卓, の首尾, はばたきを, はカスピ海, は始末書, は気がつかず, は炭化, は紅庵, は聞かされ, ひろげたり, ふりかえりし時, ぶっつかって, までも例, までも捕獲, まで取次, まで振返った, まで止め, まで矢, も, も宴会, も振る, やって, よんで, 会いますが, 出て, 叫んで, 吃りました, 同じこと, 同じ言葉, 吟じかへ, 呼ばわらせたが, 呼びかけて, 唱えて, 多いとき, 廻る, 心ならずもよろこび, 思い返して, 手繰った, 押せど, 拭うて, 深い絶望的, 湧きあがって, 激しく雨戸, 素晴らしい御馳走, 絞らせて, 続いた, 続けて, 繰りかえすうち, 繰り返して, 繰返した, 繰返すの, 美味いもの食い, 美味い御馳走, 羽ばたきを, 聞えると, 肯いて, 行くうち, 見ても, 見もてゆくに, 見直す同じ, 覚されても, 躍り上って, 通って, 逢って, 重なると, 食えるしな, 食っちゃ, 食べさせて, 食べさせられたつて, 食べようという, 食べるもの, 食べるよりは

▼ 度ばかり~ (242, 0.7%)

4 うしろの 3 ある, かすかに 2 あるが, 上から, 口ごもる, 口を, 声を, 熱が, 眼を, 行って, 見たこと

1 [214件] あがって, あちこちで, あった, あったよう, あの楼, ありましたよ, あるいは枯草, うしろに, おたずね, お夏さん, お目にかかったこと, お目にかかりましたわ, かかって, きたこと, きまってコツコツと, ぐるぐるまわっ, こういう慰め, この路地, これも, こんもりと, したたかに, して, しました, その工場, その御方, でございます, です, でなくそれ, でなく数度, で兵隊, で泣き出して, とられたよ, どこか, なめて, ばらばらと, ふりかえって, まわったとき, ギシギシと, コンナ話を, ゴクリゴクリと, ダームを, チラリと, ドキンドキンと, パクパクやっ, ブルルっと, 一階と, 三田へ, 上って, 上つ, 下げただけで, 両国の, 久兵衛の, 之を, 乗ったこと, 乳を, 人手を, 人間と, 代って, 会ったこと, 伸びを, 來られた, 傾いた, 傾いたところ, 僕に, 光らして, 光りも, 冷たい水, 出くは, 出した手紙, 出ました, 出ましたよ, 劇しい, 勤めに, 勧めたけれども, 勧めて, 千円程, 南方に, 取つて人顔, 口吟し, 叩いて, 叫んだので, 可なり, 右の, 司令艇の, 同じことば, 同じ合図, 吹きすます, 呟いた, 呼ばれその, 呼ばれた東京, 呼ぶの, 唸ってから, 唾を, 商いに, 土瓶に, 坂を, 多計代, 夜に, 大きい, 失神し, 妙な, 実験室を, 客の, 家の, 密行の, 小さい男の子, 小浜の, 小用に, 尾籠な, 屋敷を, 山石に, 山窩の, 左舷に, 帝劇の, 当てつけがま, 彼は, 彼を, 彼女へ, 往き来し, 往復し, 後から, 心臓の, 急に, 手紙を, 持ち上がらせそれから, 接したこと, 掻取った, 撓めて, 撫でて, 擦って, 旦那樣の, 曹操の, 来たが, 来たこと, 来た事, 来た家, 来て, 来てよ, 来られた, 東に, 松山の, 歩き廻りし, 泊ったこと, 泣き出して, 泥棒が, 注意は, 浪の, 温和な, 溜息を, 漉して, 火繩の, 発熱す, 登ったこと, 白い歯, 白光を, 盗難が, 目を, 私に, 私を, 稲妻の, 空を, 空廻りしました, 立ち上りかけては, 籠を, 続けて, 続け様に, 繰り返されるの, 繰り返すうち, 繰返したが, 繰返した後, 老女が, 耳の, 聞こえた, 自殺しかけた, 花の, 落ち合ったこと, 行きまた, 行ったが, 行つてみました, 袖口で, 見うけたイギリス, 見かけし男, 見かけた, 見かけたが, 見たが, 見ただけ, 見た記憶, 見なれない男, 見ましたけれど, 見舞に, 親方を, 言ってから, 言をかは, 訪ねて, 読み返すと, 路幅十間を, 跳躍を, 軽く咳払い, 軽く鐘, 通じが, 通り拔け, 逢いに, 逢ったばかり, 遊びに, 鄭寧に, 門附け, 開けたさ, 電話が, 音を, 頭を, 頷いた, 頷く, 顛んだ, 黙って

▼ 度ずつ~ (233, 0.6%)

4 来て 2 やって, 必ずその, 湯に, 通って, 鎌倉の, 黄色くなる

1 [217件] あげて, あるが, あるらしい, いって, おいそがしい, おきまり, お万殿, お役目, お母様を, お湯に, かえりながら, かかさず病院, きっとかすっ, きっとこんな, こうしてつい, こうして制服, ここに, こっそりやる, この家, この暴行, この紳士, これだけの, ご飯を, しなくては, すなわち暮れ六つ, そこから, そこらを, その, その代議士, その若い, たんねんに, では, で結構, どっさり喰っ, なの, なめて, のと, はくり返され, ひと回り, まわって, まわること, やってくる若い, やって来ては, やや言い, ゆっくりした, エンヤラヤ学校出る, オシキセとか, オリガという, レッスンを, 一週間も, 一里ばかり, 三人に, 三度つづけ, 上がり下がり, 上昇する, 上等の, 下女の, 不寝, 丑の, 中を, 互に手紙, 交会の, 交替に, 人間の, 今日の, 仲買人が, 休耕地と, 会津屋を, 位は, 何等かの, 余分に, 係りの, 催促され, 働いて, 僕の, 僧侶を, 先生は, 先祖祭を, 入浴する, 入院患者の, 全く新た, 六ヶ月に, 其外週り, 内診を, 出て, 前進する, 動かさなければ, 動坂へ, 千両箱の, 千住の, 参府し, 取らすべしと, 商売用で, 喚ばわる事, 喰えば, 回ること, 地竹に, 塾へ, 増すはず, 墨屋敷の, 大判を, 大学病院まで, 大掃除, 大阪の, 大阪を, 大阪表へ, 娘を, 定期的に, 実を, 室へ, 宿を, 少しの, 屋敷内を, 常会を, 床に, 廻転し, 弁当を, 彼が, 彼女を, 彼等の, 必ず先生, 恋愛を, 悪感が, 手当の, 拝されたら, 教わりに, 散歩が, 散歩する, 文句を, 文明の, 新しい物, 新芽を, 新鳥越, 日曜日か, 昔から, 昔の, 書籍を, 村全体へ, 東京から, 東京へ, 杵の, 枯葉や, 森彦の, 横浜から, 此方から, 死ぬるの, 殿様の, 水の, 水涸れが, 沐浴が, 流すわけ, 減ずると, 無類上等の, 焼けて, 瓜を, 石から, 石鹸で, 破風から, 祈祷会めいた, 神棚の, 私が, 私の, 私を, 私泊っ, 突くと, 窓板を, 竹の, 精米五合を, 義経活躍の, 肥前の, 自分の, 虫干を, 行くこと, 襲って, 襷懸け, 見せて, 見ましたから, 見まわり, 見廻りに, 見舞いに, 見舞に, 訂正を, 許される, 試験に, 調べに, 諏訪から, 講習会に, 赤坊を, 躍り出して, 躓かなければ, 軍馬に, 逃げて, 通う馬車, 運ぶの, 都から, 采女の, 重いレコード, 金焼きに, 銀座を, 長崎屋へ, 開いた角度, 開かれる詮衡委員会, 間を, 降るわけ, 集って, 集まって, 集まるの, 雑巾の, 頂いて, 順まわりに, 額に, 顔を, 食う, 食わした, 食事当番が, 飯を, 魔法使いの

▼ 度まで~ (229, 0.6%)

8 過冷却 4 米を 3 声を 2 下って, 冷えて, 嘘を, 大金持, 持って, 沈没船に, 訪ねて, 赤井家を

1 [198件] あがったこと, あとへ, あぶないところ, あるかれに, あんまりよく, いった, いったから, いったもの, おんぶした, お前に, お振りかざし, お湯を, かう言, かなり明瞭, くりかえした, くり返されたの, くり返した, くり返して, この希い, この罠, そう云い, その樹, たとえばソナタ, ちらりと千恵, つくづくと, のりかえが, はさほど, むなしく空, もらった, よく一致, プレスし, 一致しなけれ, 三吉の, 三度まで, 上げて, 上りつめ, 下ったという, 下るので, 下る低温室, 之を, 乗り込み来たるとは, 予は, 京都に, 付き添いの, 代が, 代替が, 低くなる, 信じるに, 俺は, 催促の, 光秀に, 冷せる, 冷却出来る, 出しおった, 出る小昼, 出掛て, 分類する, 刺され床, 勝負す, 十字を, 南西へ, 占領した, 及び南緯五十度, 取って, 取次の, 受けた, 口に, 同じ人, 同じ夢, 吹き戻されて, 呼ばれて, 呼ばれると, 呼んでも, 国頭の, 増屋へ, 外敵に, 多くの, 大げさな, 夫人を, 失敗した, 官兵衛に, 対手に, 射たる故に, 小昼間を, 小林は, 巡回された, 平次や, 府門を, 廊下の, 延期を, 引合いに, 引給えど, 彼の, 彼一流の, 彼女は, 彼女を, 念を, 思い通りに, 恩を, 懇ろに, 打破った時, 投げ帰したので, 抜けて, 拝殿の, 指を, 振返った, 捕われて, 揺られても, 攫むこと, 救われうる見込み, 敗北した, 斬られようと, 新聞に, 早打ちを, 昇つた, 昇るため, 明らかに, 曲者の, 最後通牒を, 未然に, 来たので, 校長から, 止めて, 死罪の, 殿が, 気絶させられた, 洗つて来い, 温めたの, 湯殿に, 湯殿の, 焔を, 無代, 無駄足を, 煮なければ, 熱の, 爺やが, 現わ, 生き恥を, 生き死, 男の, 異物を, 発せられた程, 盛り返して, 矢を, 知って, 研究の, 私の, 秦の, 移轉し, 空を, 竜之, 第一客足, 答えましたので, 答辯し, 続いたので, 繰り返されたこの, 繰り返して, 繰返して, 美しい節, 聞えたの, 自分を, 自殺を, 興奮させよう, 若返りたるという, 苦しそう, 落雷に, 葬儀を, 蔽うに, 蘭軒が, 行はれ, 行われて, 複雑な, 見せつけられました, 見た, 見たこと, 見たの, 見たるに, 見た同じ, 見ました, 見舞に, 言い越されて, 計って, 起こった怪事件, 足が, 路順を, 踏み候, 踏んだふた, 辱を, 這奴は, 逢ったん, 進んだ以上, 進物に, 進航し, 遇いその, 間の, 降下し, 騰げ, 鳴らしました

▼ 度ほど~ (198, 0.5%)

2 戸が, 村越の, 縁談が, 聞えた, 見かけて, 連れて

1 [186件] あくびを, あげた, あった, ありましたが, ある, あれに, うなずいて, お姉様, お父様, かわりました, がくがくと, ぎゅっと握りしめ, くりかえした, くりかえしてから, ぐるぐるまわした, こしても, この山, そうして市中, その寺町, そばを, たちよるの, だと, ちがう, ちよつと, づゝお, です, で曇っても, ななめに, な前例, ぱちつかせて, びっくりする, まわったとき, めいめい違った, めぐったに, めぐり歩きそれから, やったから, やって来て, やりかけたん, ゆっくり頷い, アンコールされた, タカから, パチパチと, 世にもあわれ, 中風かなんぞの, 二三人の, 人の, 会うて, 何かを, 何やら弾, 傾いた甲板, 傾いで, 傾むき, 傾斜し, 先生の, 公開の, 六郎太夫の, 内地へ, 処刑され, 出品を, 刀の, 勧められて, 北に, 北上する, 半年位ずつ, 取りに, 口走った, 叩きました, 同じ殿中, 同じ道, 呼びかける声, 呼びながら, 呼んだ, 呼んだが, 咳ばらいした, 喚きの, 四つん這いに, 壁と, 声を, 声振りしぼ, 大地を, 大声で, 大音を, 奥さんの, 女が, 婿を, 富岡に, 小さく叫び, 山善へ, 山居へ, 岡の, 岸山先生が, 島へ, 左に, 広島へ, 弟や, 当岡崎, 御馳走にな, 手を, 手紙を, 払わせられた, 振って, 振り向いたが, 換えましたが, 揺って, 撫でた, 日吉の, 日記に, 時計を, 曲った所, 曲つて家の, 曲つて急に, 最初に, 月に, 来たが, 案内を, 横に, 殴りつけて, 沓掛かへ, 波の, 波を, 泣きましたが, 渡辺を, 滑って, 演奏会を, 演奏會を, 火事が, 熱が, 熱を, 爪で, 物に, 田部を, 痿された, 百瀬家のみ, 秀子の, 空を, 突き立てた致命傷, 紙幣の, 細君が, 繰りかえしてから, 繰り返した, 繰り返して, 繰り返しても, 繰り返せし後, 繰返した, 繰返して, 繰返せし後, 美津子さんは, 耳元へ, 聞いたと, 股を, 背に, 落第し, 落第した, 行き会, 行った, 行った時, 行って, 見えた, 見たこと, 見て, 見直したが, 読みかえすと, 読んで, 調べられた模樣, 警察で, 豆腐を, 起きて, 起つたが, 踊りに, 身を, 軽くうなずい, 軽く副, 途中で, 逢つた富岡の, 酒を, 重ねたこと, 錠前の, 開けると, 間に, 電話し, 静岡県下の, 非常警戒に, 鞠の, 響いた, 額を, 馬籠へ

▼ 度しか~ (197, 0.5%)

11 ない 8 なかった 4 会ったこと 3 ないの, ない人生

2 [12件] ありつけない, ないのに, ないん, 出ない, 喰はん僕にや, 手を, 男と, 見たこと, 見て, 逢ったこと, 逢つてゐない, 飯を

1 [144件] あったこと, ありは, ありません, ありませんよ, うたえないのに, お前を, お礼を, こないよう, これに, するもの, そういう時期, その男, だれも, ないから, ないが, ないと, ないので, ないもの, ない場合, ない旬, ない時, ない自分たち, ない華やか, ない賑かな日, なかつた, なかつたよ, はいらぬ始末, はかなかった, ひらかない社殿, クラムの, セエラと, 万歳を, 与えられず二度と, 会う事, 会って, 会つた, 会わなかった, 会わなかったか, 会わなかったり, 会合を, 使って, 使は, 使わないから, 入つて來, 出ないといふ, 出ぬ美しい, 出来なかつた, 加えること, 参りませんでした, 取り出すこと, 咲かぬ花, 嘘を, 塩を, 外に, 存在しない, 宿って, 宿つてゐない, 小便せず, 川を, 廻って, 引手茶屋へも, 彼を, 彼女を, 往復し, 往来での, 御目, 徹夜は, 成功しなかった, 拝まして, 拝んだこと, 捕虜に, 掃除しない, 暮されない人生, 有って, 来ないもの, 来ないわけ, 来なかった, 来ませんわ, 水を, 水風呂へ, 活動寫眞の, 無い, 無いの, 現れんの, 生きないねえ, 生れぬ天使, 登って, 相会う, 着て, 祭を, 私と, 私を, 竹刀を, 能樂堂に, 腰を, 芝居へ, 芝居を, 英国に, 著ない, 行かないしかも, 行かなかったという, 行かなかつたが, 行かなかつたよ, 行って, 行つて見ない, 見た事, 見ないが, 見ないのに, 見ない私, 見られなかった, 見ること, 見舞うこと, 許されないこと, 試みては, 読みません, 読んで, 買わない, 買わぬのに, 賜暇されない, 踏んで, 通った覚え, 通つた覚えは, 通らなくなったこと, 逢いません, 逢う機会, 逢った事, 逢って, 逢つた, 逢つてゐません, 逢わないの, 郷里の, 金箱の, 開かなかった, 開帳しない, 降雨を, 面会した, 音信を, 風呂を, 食べさせられなかったの, 食べない子ども, 食べない時, 食事にも, 食事を, 飯は

▼ 度だけ~ (195, 0.5%)

5 だが, では 4 であった 3 それも, でいい 2 だ, であと, でその後, ゆっくり見納め, 彼は, 現れて, 見たこと

1 [161件] あたしに, ありますよ, ある, ある夜, いって, お声, お手紙, きまって訪ね, ぎくりとし, くぐつた, こう云った, こう答えた, この店, この神, こんなこと, しみじみつらい, じゃ, すれば, その不平, その後姿, その為, その頃, その願, それから蓋, たしかさう, だった, だったのに, だという, だね, ちょっと咳払い, ちらと, であったし, である, でした, です, ですよ, ですん, でまるで, でもう, で今晩, で夜, で後, どうしても洋行, ならまだ, ほんのついで, みなに, みな様に, もう二十何年前, らしく翌日, アベック競走へ, オクタンの, ガチャリと, ホテルに, 一言鋭い, 上昇させる, 上昇する, 下へ, 不思議が, 世にも恐ろしい, 二階へ, 任意に, 伏木から, 休みが, 会う機会, 会った友達, 会って, 会つた, 伯父が, 何か, 例外を, 俺に, 側へ, 其の願, 内地米を, 前方へ, 動いたの, 危くその, 及び腰で, 史上に, 喝采する, 喰べ, 地球へ, 変化させる, 大きい悲しみ, 女を, 女房に, 姿を, 子供を, 学校が, 家へ, 小一時間, 局長の, 弾こう, 彼らが, 御眼, 徹太郎と, 我に, 扉が, 扉を, 手を, 招待された, 招待会には, 接吻し, 施しを, 晴々した, 書かせて, 本当の, 来たこと, 来る良人, 東京へ, 森を, 椅子が, 此青年を, 武左衛門を, 母に, 水が, 沸騰点が, 温め得る熱量, 温度を, 特例的に, 理髪師の, 白波と, 皆が, 目を, 相手に, 真実な, 着たという, 社へ, 私たちは, 私は, 純粋な, 繰り返すこと, 耳に, 聴いた三遊派, 聽く, 自分は, 至って制限, 茶菓を, 蓋を, 蝶子さんに, 行かしてね, 見たいと, 見たふるさと, 見た表情, 見た顔, 訪れたこと, 許して, 試しに, 試写された, 誘惑された, 返事を, 逃げきって, 逆われた, 逢うこと, 逢つ, 連れて, 郷里の, 降りて, 首を, 騒動を, 高むる

▼ 度だって~ (146, 0.4%)

13 なかった 4 見たこと 3 考えたこと 2 ありは, ありゃしない, そんなこと, ないん, 君を, 悪いこと, 襲われたこと, 風邪を

1 [110件] あついとき, あなたに, あの人, あの紅い, ありません, ありゃあし, あるもの, あんな外国, いい, おとうさんに, おれの, お書き, お清, お父さんの, かんしゃくを, この図書室, この家, こんな弱音, さわったこと, しかったこと, じぶん, そこに, そのひと, その内部, ない, ないさ, なにもかもわし, ねえん, ほめられたこと, まちがって, わたしの, イワンに, ママを, 三度だって, 二日続け, 他人の, 住まないで, 何とも言っ, 充分の, 出せたか, 勝手に, 取った覚え, 召したこと, 叱ったこと, 味った, 喜んで, 喧嘩も, 喧嘩を, 園に, 外れたこと, 太陽を, 失敗した, 委員会に, 実行出来た, 家へ, 家を, 少年が, 強いと, 彼等に, 御や, 御見舞には, 念頭に, 怨みを, 怪しからん振舞, 怪我も, 怯れた, 恐ろしさ, 振向き, 捕えたこと, 教会の, 来る, 横顔の, 歌など, 深く話し合った, 滞らせた事, 無い, 無いかも, 無いわよ, 物を, 瑛子は, 生活という, 疑わしいこと, 病気に, 眩った, 私に, 私の, 縷を, 繰返せば, 美味い魚, 考えて, 聞いた事, 肝腎の, 腰を, 自分が, 裏切ったり, 見せたこと, 見た男, 見掛けた事, 話したこと, 誰も, 転げ落ちたこと, 農事講習会に, 返して, 通り掛りの, 遊び歩いたこと, 違約した, 金の, 間違えるよう, 隣の, 鳴りは

▼ 度~ (144, 0.4%)

3 になった, の割合

2 [11件] である, ではあて, で一日, なもの, にし, になる, の割, の角度, はお, は五日市町, ゐは

1 [116件] あが, い殆ど直立同様, か, しかお, しか会った, しか出掛け, しか募集, しか花環, しか行かなかった, しか行き当らぬ, しか起らぬ, しきゃア, ずつそこ, ずつその, ずつの割り, ずつは叔父, ずつは大風, ずつは来る, ずつは身体, ずつも掃除, ずつ塩もの, ずつ女学校, ずつ忘れた, ずつ恐ろしい, ずつ村, ずつ正餐, ずつ泊っ, ずつ病気, ずつ見舞っ, ずつ雑司ヶ谷, その店, だから, だつたぜ, だね, であ, であった, であったならなんとか, であろう幸い, でした, では駄目, でよろしい, で実験, で美味い, で高原地帯, と思われる, なおすつもり, なら同じ, なるべし, にちぢん, になつ, にらみ合いを, に伸ばす, に傾いた, に混ぜ, のがぶり, のもの, の事, の儀, の勾配, の徹夜, の所, の気温, の温度, の熱, の発作, の間, はあつ, はきっと, はこの, はなんとなく, はまア, はグィリノ, は会い, は会えた, は何, は僕, は兄, は大抵, は女房, は彼処の, は必ず, は必ら, は恋, は息子, は手紙, は挨拶, は来た, は東京, は油, は父母, は白髭, は自分, は豆大, は足音, は道場破り, は道連, は食, ひは, ひ退屈, まで下げ, まで冷し, まで温度, も掃除, ゐづゝ私, ゐづゝ見舞, ゐの, 云いわけ, 使ったこと, 売れる雑文, 廻って, 来て, 洗うの, 程御, 繰返さないと, 若い男, 行く筈

▼ 度ごと~ (135, 0.4%)

98 に私 4 にいつも, にお 2 にいい, にその, にはげしく, に三番, に僕, に彼

1 [98件] にいろいろ, にうけた, におち, におれ, にかれ, にぐんぐん, にこうした, にこく, にこの, にさまざま, にそう, にそれ, になんか, にひたった, にほつ, にまだ, にやられた, にアイスウオーター, にアドリナ・パティ, にチョッキ三枚, に一つ言葉, に一分二分, に一週間位, に不如意がち, に今, に会つて, に伝七郎, に佐野, に俊亮, に偶然, に其処, に十万づつ, に嘴, に四次芸術, に堂, に大入, に失敗, に妹, に小さな, に小夜, に巧み, に帯, に幼い, に徳蔵おじ, に必ら, に忌, に思慮, に我身上話, に手, に担ぎ, に拳骨, に新, に新しく, に景気, に本屋, に梔子一株, に検査, に気味, に水, に法華經, に物珍, に生き返る, に異, に白い, に眼, に知らず, に私たち, に籠一杯, に絃, に美しく, に耳新しい, に自ら, に自分, に芝, に若う, に落第, に葡萄酒, に血, に見, に親, に講釈, に負けた, に赤, に赤い, に足, に踊つたの, に辺り, に速, に遠ざかる, に選んだ, に采配, に長い, に間断, に陰気, に青き, に鞭撻, に音節, に鳴り

▼ 度~ (130, 0.4%)

6 に私 5 に矢代 3 に, にこの, に何 2 に一々, に彼, に自分, に自然, 廻り欠伸

1 [100件] が初め, この信仰, にぎょっと, にさ, にどこ, にどちら, にばたばた, にぴたり, にぼく, にまとも, にイタリア, にコップ, にボーイ, にリカルド・ガリバルジ君, に一向, に一皮, に一皮づゝ自分, に久慈, に云, に他人, に体温, に何とも, に俺, に其処, に出かけ, に列車, に前, に千鶴子, に南仏, に友達, に反対, に品物, に官軍, に宿, に尾行, に庭, に後, に心, に思い起す, に恭二, に感じる, に拡がった, に揺れ, に揺れる, に放れた, に新, に新しい, に春, に本能的, に果物, に枝枝, に母, に気, に汽車, に涙, に涙ぐんだ, に照り返し, に特殊, に病人, に癪, に発する, に眼, に着, に破片, に立ち竦む, に笑顔, に絹, に総立ち, に翁, に肩越し, に胸, に脂粉, に脊骨, に舞い上り, に落葉, に視界, に視線, に足, に車体, に辛らく, に遠方, に電気, に靴, に頸, に高まっ, の国境, の責任, 下らば, 出れば, 呟き返し身, 定まるとき, 生じて, 繰り返した話, 繰返された, 逢うこと, 遇う男, 重なる夫婦喧嘩, 重ねて, 重る程初産, 驚いた

▼ 度~ (121, 0.3%)

15 の航海 3 の声

2 [12件] だった, である, で無残至極, に, にいった, には傍, に見, のお, のおかあさん, の子, の戦争, の時

1 [79件] かに背のび, からは会っ, か三度め, だ, だが, だけど, だったか, だな, で, であつ, であります, ですよ, とばかり思ッ, なの, にうち, にか四度め, にか湯治, にそして, にそば, についた, につかわした, になる, にはことわる, にはよほど, には六尺, には百万坪, には百部, にふと, にやっと, にようやく, にシナ, にジンバリスト, にチカッ, にトム, に一寸法師, に今度, に会った, に取り上げた, に名, に塀, に嫁いだ, に帰っ, に引金, に来た, に法事, に注意, に目, に立花, に襲撃, に金魚屋, の, のない, のメーデー, の上京, の來航, の刀, の半, の呼び声, の執筆禁止, の壺, の奥方, の家中, の宿, の宿命地, の帰宅, の感興, の手紙, の春, の来訪, の杯, の湯上がり, の発病, の神鬮, の薬, はその, は初度, は和蘭國旗, は明治二年十一月十二日付, は根戸川亭

▼ 度その~ (113, 0.3%)

4 前を 2 二階に, 兄妹らしい, 家へ, 文句を, 道を, 鳴き声を

1 [97件] お茶屋で, そばまで, ところを, のち高等学校時代に, ようすを, キャムプの, ツル子に, ハガキの, 一つ目小僧を, 一語を, 上にて, 上を, 上着の, 下宿を, 中に, 中六度は, 中央に, 人が, 人と, 人を, 人間は, 何とも言, 作業は, 価値, 健康を, 入れ換, 刻まれた葉, 前で, 北条坂を, 叫び声を, 名を, 名前を, 咽喉仏が, 場所や, 墓を, 外小さな, 大角を, 女の, 女を, 女主人様に, 姿を, 娘かが, 娘を, 子を, 室を, 家に, 家の, 寝室までを, 山の, 市街地へ, 布団を, 店へ, 志すところ, 戸を, 手を, 方面で, 時でした, 校書殿の, 根柢に, 槍法の, 歌いと, 武者振りを, 流れが, 煙の, 狸の, 甲斐も, 男は, 癖を, 發作中に, 眼前に, 石垣の, 結び目を, 絵をと, 聖書の, 職を, 肉体に, 自宅を, 若い音楽家, 苦痛感を, 覚王院に, 言ひ, 言葉を, 訳を, 軍需資材その, 辺を, 通りで, 通りに, 進路を, 郷里の, 金で, 鏡に, 青冷めたい, 額に, 顔を, 願いを, 駅名を, 魚の

▼ 度とも~ (112, 0.3%)

2 たいへんな

1 [110件] いう大運, おれを, お午, ここへ, この建物, その儘, その打撃, つづけて, どつて, なき語り伝え, なくすでに, なくやって来る, なく物, に天下一, はずして, ほぼ同じ, みんなとの, むくむくと, もう決して見まい, もぎたて, サイアクオククウと, ノンで, 一週間の, 丁度下を, 不利な, 不幸に, 不縁に, 中風病み, 主人の, 他に, 会えなかった私, 僕は, 八ツから, 六波羅飛脚だった, 六銭づつとられましたよ, 刀を, 切ッ先は, 切尖, 勝てなかった自分, 参られませず新, 同じに, 同じ人間, 同じ憂, 同じ石, 同じ野郎, 向柳原, 唐人飴の, 基督受難の, 塩かけ, 多門へ, 大敗せり, 大阪の, 失敗し, 失敗した, 姉さまは, 子供が, 宜道, 宵の, 帰って, 店の, 彼女は, 念入りに, 成功でした, 戦線に, 手金流れに, 撥ねられた, 放火だ, 数へ, 文章の, 未だその, 本が, 機体だけが, 次の, 死別し, 清子が, 玄関で, 玄関払いを, 生き返りました, 用は, 病死される, 眺望には, 碁を, 確かに, 私が, 私は, 窒息し, 米と, 続けて, 美しい通魔, 育たなかつた, 能楽の, 脳であった, 苦も, 菜葉と, 落選した, 落選しとる, 解消し, 解消した, 警官合宿所の, 負けた, 赤痢に, 車掌や, 途中でかへ, 運んで, 遠い廊下, 遠目に, 鎌倉の, 陰気な, 非常な, 首尾よく

▼ 度までも~ (112, 0.3%)

2 繰返へ

1 [110件] あったから, あまりと, あやうい, おれの, ここへ, この寺, そう叫んだで, だまして, なんという, わざと間違え, われを, アツモノで, ショパンの, 一人ならず, 一緒に, 三度までも, 世を, 人の, 人を, 仕損じた彼, 令旨の, 例の, 侵入し, 入獄する, 冷やひやさせられた, 出合って, 切なる, 助けて, 取りかえに, 口訳文を, 右門の, 向柳原, 大きなお, 夫の, 巡査に, 彼は, 念を, 急を, 怪しい赤帽, 憂鬱に, 憲法法律の, 投げ出されさうになつ, 拝むよう, 捕獲の, 掠められたる樹, 接吻した, 握り潰したり, 救って, 旦那を, 木枯の, 条約改正問題で, 某の, 止められ配給品, 死から, 殿上へ, 汝の, 流されて, 浪速あやめによって, 浴びせかけられた, 湯殿へ, 溜息を, 焦心こむ, 焼け出されて, 狼狩を, 猫を, 王の, 現われて, 現皇帝, 留守宅へ, 異様な, 療養所へ, 盗賊に, 眼の, 確かに, 確に, 私と, 私達を, 窓の, 続けざまに, 繰り返された, 罪も, 自分の, 自害を, 莫迦に, 行った, 被害民を, 西湖の, 語尾に, 謎の, 踏んだという, 軽々とあの, 軽い脳貧血, 近在の, 近寄って, 追ひ込んだ, 逃げ込んだ場所, 通つて知らなかつた, 邪魔者を, 重なって, 重役たちに, 鉢に, 閃めいた, 閉めさ, 閉めた扇屋丹右衞門, 階段の, 雁坂越を, 非常な, 駈入り, 駒雄に, 鼬小僧を

▼ 度この~ (107, 0.3%)

3 書を, 鳥の 2 不思議な, 土地へ, 時だけは, 法を, 町へ, 聖徒を

1 [89件] おすんこと, お役, お肚, お話の, くらいの事, ことについて, なにした, ような, デルタへ, ミカエリバアサンの, リュックを, 一件書類を, 丘に, 事件を, 人を, 人生の, 個人的な, 内なる, 参木の, 友だちを, 名前を, 器械的の, 土蔵の, 地に, 坊さまを, 城を, 堂に, 場に, 声を, 威猛, 子の, 室に, 富豪を, 小屋を, 山で, 山へ, 山牢へも, 島かげの, 島に, 店で, 廣介の, 快美感, 悪法撤廃の, 憂鬱な, 方面から, 日でなく, 日を, 日終日精神爽かに, 時だけ, 時には, 机の, 村へ, 極北の, 橋渡らなきゃならぬ, 歌を, 水を, 法師温泉に, 温泉に, 温泉町で, 石に, 祈りを, 紳士を, 結論に, 線へ, 繰り返しを, 羅生門の, 脂垢の, 若い美しい王様, 薬師様が, 虫の, 表を, 袋が, 裙子に, 裡に, 言葉に, 言葉を, 詩人と, 語に, 足の, 近隣の, 邸へ, 部屋を, 配達人を, 里程二千八百二十マイルあり, 鐘楼に, 門を, 隠れたるの, 離屋に, 食糧店へも

▼ 度以上~ (100, 0.3%)

9 の熱 3 になる, の温度 2 に昇る, の急, の熱した, の角度, の高熱

1 [75件] あった, お涼しい, しない話, たびたび見, でありもう, では起り得ない, と思はれる, なり, なるを, になった, にのぼり, にのぼる, には昇らない, には正確, にも峻嶮, に上がり, に上昇, に昇っ, に気温, に超過, に越した, に達する, のところ, の会合, の体熱, の偏異, の傾斜, の傾斜地, の光, の可決, の土地, の差, の急斜面, の急激, の改定, の斜, の歩調, の気温, の温泉, の熱度, の病熱, の蒸し暑い狭い, の豊作, の高い, はともかく, は一封度, は便所掃除, は外れる, は思い出せない, は違う, まるで土用, もある, もあろう, もくりかえし, もの熱, もひろ子, もベル, も喰い違っ, も回転, も横, も着た, も結婚式, も違う, も隔, も離れ, も食べ, も高く, らしいもう一度, 出て, 同じ物, 多くやっ, 書いて, 来るもの, 繰返す時, 見ると

▼ 度ぐらい~ (98, 0.3%)

4 来て 2 だろうと, である, 回転する, 行って

1 [86件] あった方, あります, いって, お詣りする, この関所, しか用が, しきゃ手, そこの, そちらへ, その日, それを, それ以上は, だそう, だった, だった残務, だろう, だろうな, ちょっと気がつく, であったろうか, でしょうが, です大体, で大して, なもの, ならば, なら大目, なら訳, な戦, はい, はぶぶ, ひょっとそんな, やったの, やって来たけれど, やつは, よみましたでしょうね, わたしの, クラブへ, 上京すれ, 両親に, 主膳は, 云う事, 休みに, 会ったきり, 佐々の, 南に, 呼ばれて, 咲枝が, 咳込みますから, 哲学雑誌に, 喰べ, 変に, 外国人に, 夜に, 大いに御馳走, 姿を, 家族と, 専務に, 小銀貨, 少年の, 巡回に, 帰省する, 年増の, 彼の, 御覧に, 抜いても, 掘り出し物に, 摩擦した, 日比谷公園の, 普通の, 暖かくするだろう, 殺されても, 浮気を, 生れかわって, 真面目に, 若様がたの, 裁縫に, 襲って, 逢いそう, 逢った事, 逢って, 面接する, 顔を, 食べて, 食べないと, 食べないよう, 食事同様つい, 飲んで

▼ 度~ (93, 0.3%)

4 つてそんな 3 つて, つてその, つてない 2 か知れない, ぞウ, つてお湯に, つてなかつた, つて自分を

1 [70件] から幸い, から長う, か分りません, か分りゃしない, か知らない, か私, か見た, が, がうわさ, がそれ, が一向, が声, が実際, が忘れねえ, けれども死ね, けれど覚え, ぜ割前勘定, その気力, それは, ぞ, ぞと言った, つてあなたに, つてあり, つてうまい, つてお, つておなじ, つてこんな, つてした, つてもうけた, つてニツコリ笑つたことが, つて一緒に, つて不平を, つて仕, つて仕損じた, つて其の, つて出つくわした, つて十度だ, つて半度だ, つて危害を, つて味は, つて帰つてきた, つて床次君の, つて怯れた, つて撥ねつけられた, つて政治家に, つて教会へ, つて有, つて有り, つて来た, つて来やしない, つて注意深い, つて物一つ盗んだ, つて犠牲者と, つて盗まれた, つて茶立虫といふ, つて見た, つて起き, つて返事來た, つて金を, つて閉めた, つて音楽会といふ, とある, といふ, と休み, と自分, な, のにずっと, わ, ツて, ネ

▼ 度とは~ (91, 0.3%)

2 得がたい宝玉

1 [89件] あの岩, ありますまいからね, ありませぬぞ, あるまいと, いはれや, お目, ここに, ここへ, こんな好機, そのほう, そんなこと, ただの, ない, ないこと, ない好機, ない生命, ほとんど起こる, やり直せなかつたこと, 上らない山, 京都へ, 人を, 会えそう, 会えませんから, 会わない, 來ない, 來ぬ, 入場しなかった, 六波羅蜜の, 出っくわした覚え, 出来さうも, 出来ますまい, 吾家へ, 失敗しまい, 女の子の, 女犯の, 宿らぬ願い, 寝つかれない, 帰って, 帰らぬつもり, 帰られない, 得られないね, 恐れ入りましたね, 手に, 振り返ろうとは, 新劇を, 来ないだろう, 来なかったそう, 来ぬ人, 来め, 死ぬ時, 殆ど一種の, 決してケチ, 無関係に, 現われまい, 生れて, 甲組, 異つて, 眞ツ平だ, 立ち上らなかった, 経験する, 繰り返せそう, 繰返すまい感銘, 聞かれない声, 聞きも, 致しませんまるで, 行かれないそれら, 行かれぬ, 見たこと, 見に, 見られない, 見られないで, 見られぬもの, 見られぬ死にゆく病人, 見られませんね, 見られる気づかいの, 触れないという, 言わない, 言われないそう, 訪ねられないで, 訪ねられないであろうその, 起こらないだろう, 起こるはず, 起らず同じ, 起らないであろう, 逢われるもの, 遇えない, 遇えませんね, 雇口が, 顔を

▼ 度という~ (88, 0.2%)

5 のは 3 寒さ 2 ことなく, ことに, ことは, 大暑それや

1 [72件] かなり大きい, ぐあいに最高額を, ことが, ことである, ところが, のが, のだ, ひどいあらし, ふうな, ふうに, むしろ反対の, めでたい席上, ものが, ものは, ような, ブラジル沖に, マチガイの, 万一の, 上脚本を, 中では, 事も, 二日酔の, 位に, 例が, 冷寒な, 前よりも, 厳寒の, 土地では, 如くただ, 寒い日, 寒い氷り, 寒冷さに, 小さい値, 広い範囲, 恐ろしい熱, 恐ろしい熱天, 扉の, 数も, 数値を, 日, 日が, 時に, 晴の, 暑い日, 暑さ, 暑気であった, 書入れ日が, 極寒に, 気持で, 涼しさ, 温度が, 温度だった, 温度です, 無人境な, 程しか, 程度である, 程度の, 空気も, 約束であり, 約束を, 結果であった, 絶対温度に, 緑青畑の, 考えを, 者です, 試みを, 講習大会の, 面会日が, 風に, 風は, 高熱が, 高熱に

▼ 度~ (73, 0.2%)

5 目にか 3 目に 2 君の, 絹に, 訪ねして, 邪魔した

1 [57件] ありでしたな, かかりに, さらいする, たずねしても, たずねに, たのみするん, のぞみの, もひだす, 伊勢參り, 会いしただけで, 伺いした, 作の, 供物を, 入りなすった, 出しに, 十夜が, 參り, 友達と, 取り寄せに, 好きなら, 姿を, 常の, 役人や, 役所の, 振りに, 時儀を, 杉さんと, 正さんに, 歩きに, 汁を, 湯屋へ, 灸の, 目通りしました, 眼に, 着きに, 米は, 粥を, 蔵から, 見えに, 見えん, 見かけいたした, 見かけいたしましたわ, 見せなすった笛, 訪ねしたこと, 詣りするの, 詣りの, 谷は, 貸し申した, 返事を, 通なさる, 通の, 逢いした後, 逢いしました, 逢いに, 電話が, 電話しました, 顔を

▼ 度ぐらいは~ (70, 0.2%)

2 自分の

1 [68件] あろう, お見え, きっと思い出す, きっと見え, きっと頭, このなん, これを, そういうところ, そういう噂, それを, たしか往復, なかなか辛抱強い, わが君, 下るが, 云う事, 人の, 会いましょう, 会うて, 低い, 体を, 使用出来る, 僕の, 僕も, 全勝も, 出て, 出会って, 出席する, 参ります, 可愛そう, 台所の, 善き事, 売れ残りと, 小六, 平気で, 引き出されて, 必ずある, 必ず支那, 必ず高い, 必要だろう, 惚れられる, 有名な, 机の, 枕に, 検めること, 正木の, 気まずい思い, 特別の, 玄庵先生の, 甲州屋へ, 病院を, 目を, 種々入用, 自分が, 自分で, 茶々の, 見廻りに, 見舞って, 訪ねて, 話しました, 話を, 軽井沢の, 近所の, 逢いに, 遅速が, 遊びに, 金庫を, 馬を, 鰻飯などを

▼ 度ある~ (66, 0.2%)

9 ことは 3 という 2 かわからない, はずは, ものか, を見る, 事は

1 [44件] かなし, かなしかという, からそれから, かわからなかった, かわかり, かわかりません, か分らない, か知れなかった, か知れやしない, がこれ, がその後, きりだ, ことだ, ことに, ということ, という暦, といふ事, とか申します, とは限らない, とも云う, と昼間意識, と見, に違い, のみふだん, ものでしょう, ものでない, もんじゃから, よ, んぢや, ナ, 丸い石, 位です, 催しに, 先ずそんな, 先生の, 国技館の, 夕方その, 御禊, 悔や, 春彦様の, 晩の, 欲望の, 演壇へ, 顔馴染みの

▼ 度から~ (64, 0.2%)

2 三十度までの, 四十五度の, 床盃まで

1 [58件] あったん, あるん, う撫でさせてと, ぎりぎりの, して, だの, だを, ニュートンは, ヤング率が, 一度へと, 七〇度であった, 三十五度位の, 三十度の, 三十度辺にかけて, 上方へは, 九度の, 九度暖い, 二八九度まで, 二十七度辺にまで, 云へば, 五十度に, 五十度の, 以上は, 八度くらいの, 八度の, 六・六です, 六十度に, 六十度辺を, 十一二度を, 十三度に, 十二度くらいを, 十二度である, 十五度くらいの, 十五度の, 十六度の, 十度あたりへ, 十度まで, 十度内外を, 千百七十度の, 四五度も, 四十三四度ぐらいまでの, 四十二度までの, 四十度ぐらいが, 四十度まで, 四十度六十度ちかい, 四十度近い, 四度です, 天保の, 天保へ, 推定し, 数えた温度, 日和の, 時には筋, 最低十一度という, 次第に高め, 涼しいの, 言えば, 零下七十度の

▼ 度~ (62, 0.2%)

2 が小さい, に聞える, の前, の足, はそれ等, は裏

1 [50件] がスペキユレイシヨン, が一同, が人形, が使, が嘱托, が御, が楠公, と小次郎, にお, にお預け, に半ば獨語的, に聲, のこと, の借金申込み, の先々代, の入院, の変装姿, の室, の専門, の戦争観, の所, の方, の殆, の甥, の申す, の眼, の耳, の肩, の許, の軍艦, の通つた數, は, はこの, はその, はまんまと, は下宿, は今, は何, は大変, は子供, は彼, は楊先生, は瀬戸内海, は道, は電車, をお, を呼ん, を洲崎, を見上げ見下した, を訪ね

▼ 度などは~ (61, 0.2%)

2 獄屋へ, 私の

1 [57件] いつもは, お増, お敏, こんなこと, その相手, ふとしたはずみ, ほんとうに, まんまと一物, クリミヤ人に, シューバル氏の, 一人の, 与吉が, 丙を, 二十数本もの, 伜を, 危く林右衛門を, 夜ふけ, 夜這いに, 大金と, 小さな子供, 小刀で, 小学校に, 小説中の, 川底に, 御二人, 御自身, 復活祭の, 拔き合せる, 揚水ポンプの, 日本橋の, 書類の, 梯子を, 椅子の, 死にかかって, 泥田の, 浅草の, 浦上の, 瀑の, 白い花片, 百軒店の, 知事と, 私たちの, 私も, 職務の, 芥川は, 若殿様の, 菊池の, 象を, 遂に家財道具, 遥か千葉から, 都を, 雨が, 食せざるの, 食べない, 馬が, 馭者に, 鯉を

▼ 度かつ~ (56, 0.2%)

1510 たの 7 たので 5 たんだ 3 たんで, たんです 2 たが, たでせう, たよ, たら十手 1 たから, たら一言, たら兩國, たら小判, たら神明樣

▼ 度なく~ (55, 0.2%)

3 出て, 涙が, 湧いて 2 喉を, 流れて

1 [42件] これを, はずんで, ぴくぴく動い, ほろほろ零れる, ボロボロと, 出血し, 口から, 喋り出す時, 崩れて, 廻転し, 引き摺り込んで, 想出され, 懈怠怯弱なれ, 暴るる, 汗が, 泣いたの, 流しました, 流れた, 流れましたが, 流れる, 流れ出るの, 涙を, 溢れる泪, 滑り落ちたよう, 滔々蕩々として, 煮え立つて, 笑った, 繁殖する, 繰り返すという, 而し, 腹の, 落ちた, 身を, 送り出て, 降って, 降らす時, 降り出して, 飛び降りつづけるの, 飮んで, 飲んで, 馬鹿みたいに, 高笑いを

▼ 度それ~ (51, 0.1%)

2 もほんの, を繰り返した

1 [47件] くらいのもの, さえ半年, についていろいろじかに, につけ, にみずから, に気づい, に続い, は前, は日清戦争凱旋, は白い, は跡絶えた, もあまり, もあんな, もつい, もチョット, もホン, も一日, も六時間, も十五分, も大抵, も寒, も所属部隊名, も明治三十四五年ごろ, も機嫌, も百何十年, も藁火, も近所, らしいもの, をこころみ, をたべる, をやられる, をよみかえした, を不愉快, を何より, を使っ, を口, を左右, を持ち出し, を揺, を揺す, を数, を本来, を横, を烈しく, を疑わし, を繰り返し, を見よう

▼ 度~ (48, 0.1%)

2 うにし, に少し, 私は

1 [42件] いふを, うして, うだから, うでしたが, うですが, うにした, うに三田の, うに聲を, かしらの, がある, それにお, だから, である, で一ぱい, で一杯, で居残った, にお, にこんな, にもう一度, に一年間我慢, に今, に便所, に変り果てた, に奥, に妹, に島田町, に後, に父親, に特に, に箪笥, に與茂吉, に贋, に身, に閉口, に顔色, のお, の嘘, の手段, はじめの, をたまらない, をやつ, 故に良事教

▼ 度~ (48, 0.1%)

4 てさ 2 てまた, と存じ, になる, 芽出度し

1 [36件] くじつて揚弓の, その世界, それに仏蘭西, たり波斯, てあげた, てすまし, てその, てぬ, てみろ, て三段, て四度目, て帰っ, て弓, て惡意, て白さく, て自ら度, て遣つた, としてこそ以後, との通知, と切望, と必ず, と無慈悲, と申す, と言葉爽やか, ながらいばった, ながら威張つたやう, 世を, 壇に, 家には, 御承知, 易い, 易い悪, 易い意識的虚偽, 未脱, 法の, 灘し

▼ 度きり~ (47, 0.1%)

2 しか來, でそれ

1 [43件] あの人, あの女, ある, しかない, しか会, しか娘, だ, だが, だがね, だったかも, だったので, だね, だよ, で, であ, であつ, である, であること, でいい, でさ, です, ですから, ですが, ですよ, でなく幾度, ではある, でよし, で二人, で再び, で別れ, で見ない, で親, と断つ, ない, なん, になっ, のこと, の史実, の女, の日, の食事, 見られなかったの, 逢って

▼ 度以下~ (47, 0.1%)

5 になっ 3 の低温 2 にさがっ, に常に, に降る, の時, の気温

1 [29件] すなわち反対, だつたさうな, であると, ではある, でも凍らず, でも比較的, で水蒸気, で液状, で燒, で雪, ということ, なり, にある, にくだらず, になつ, にならない, に保ち, に冷え切った, に冷やした, に降った, の土地, の地, の地方, の場合, の寒, の戸外, の斜面, の速度, 御不審

▼ 度いもの~ (46, 0.1%)

75 がある, ですね 3 だと, である 2 だな, です

1 [19件] がありまし, が澤山, が頗る, だが, だぜ, だそれ, だつて, であった, でございまする, ですという, では, とする, となっ, とは知らなかった, と念じ, と思つて, になります, はない, は浦戸入江

▼ 度くらい~ (43, 0.1%)

2 なもの

1 [41件] あの王者, あびたくない事, お目にかかりましたわ, この洗湯界, そぎゃん人, だったか, だったかも, だったのに, だと, である, であるが, であろう, では, でも, で二年間, で大して, なわずか, 世話し, 傾いて, 傾くまでは, 働きに, 冷害が, 出て, 大峰の, 失敗したっ, 左に, 彼の, 或はそれ以上, 掃くの, 気が, 滅茶苦茶の, 目を, 繰り返すが, 聞くの, 自分の, 船で, 読みを, 負けて, 逢って, 高い音, 黙って

▼ 度~ (43, 0.1%)

3 ている, に行った 2 てやっ, て知

1 [33件] さっし, ておきたい, ておこう, ておどろかされたい, てごらん, てははあ, てみ, てみない, ても, てもこの, てもない, ても人, ても詩人, ても飽かんです, ても飽く, て暇乞, て歩いた, て歩行, て置い, て置く, て貰った, て貰ひたい, にいっ, にくる, に出かけた, に来, に来まし, に来よう, に行つた, に行つて, タト云ウ, タラ忘レラレナイ世ニモオ綺麗ナオ方デスシアノ時分ヨリ又, 候ゆへ

▼ 度~ (43, 0.1%)

4 を出した, を見た 3 を合せた 2 をだし, を出し

1 [28件] が会, が合った, が蒼く, だけでも見, で会釈, にまつわり付いた, に水, も見知っ, をあわせ, をあわせた, をと思う, を上げさせる, を叩い, を合, を合せ, を合わした, を合わす, を合わせた, を合わせる, を撫でまわし, を洗っ, を潰された, を背けた, を見せ, を見せまし, を見たい, を見合せ, を見合せた

▼ 度見た~ (41, 0.1%)

11 ことが 2 ことの, だけだ, だけで, 事が

1 [22件] かしれない, からである, からです, か知れない, が名, くらいで, ことは, ことも, ぜ, といふその, ものは, やうな, ような, んです, 事の, 位で, 位では, 姥の, 思い出が, 者が, 覚えが, 記憶は

▼ 度ずつは~ (40, 0.1%)

2 井戸を, 必ずこの

1 [36件] きっと家人, きっと往, きっと指, きっと来, きっと罹る, ここらへ, この時計塔, どうなる, ほとんど欠かさず, 上京し, 先生に, 刈り昼, 北千住の, 城主自身が, 大変を, 学校から, 屹度逢い, 庭へ, 彼の, 往復します, 必ず妾宅, 必ず山牢, 必ず東京, 必ず睨まれた, 必ず頼んだ, 本を, 殆ど欠かさず, 牛小舎を, 空き地を, 空地を, 美味しい御馳走, 自分で, 見舞いに, 調べるがね, 逢って, 食事が

▼ 度にも~ (40, 0.1%)

2 下って, 至らぬ人間

1 [36件] およんだ, かいて, かようの, なった, なった由, なるところ, なるの, わたって, わたる橘, 七度にも, 三度にも, 上るのに, 上る日, 下った, 九十度にも, 五度にも, 分けて, 及んだ, 及んだだらう, 及んで, 口から, 四度にも, 抱えて, 教え様が, 満たないの, 舐める, 贈れと, 足りない緩い, 足りなかつた, 送って, 運んで, 達するの, 達する場合, 頬張るの, 騎馬で, 黒と

▼ 度びっくり~ (40, 0.1%)

8 した, して 3 しました 2 いたしました, しなければ, だ, であった

1 [13件] が彼女, させるの, しそういう, したの, したので, した次第, しましたが, する暇, だった, です, で女, ね昨夜, 蒸返しを

▼ 度~ (40, 0.1%)

6 に出し, の中 3 をきいた 2 にした, を御, を蠢かし, を開け

1 [17件] から血, でよん, にしたら忘れ, に出したら, のうち, のなか, へ出し, へ出した, をきる, をすべらしましたら, をつい, をひらい, を利いた, を利く, を拭っ, を開いた, を開く

▼ 度繰り返し~ (39, 0.1%)

3 て読ん, て読んだ 2 ている, て問う, て見

1 [27件] て, てお, てこれ, てこんど, てたずね, ても同じ, ても疲れ, ても目, てゐる, て云っ, て吼える, て唱える, て始終, て弾いた, て御, て最後, て歌わせた, て胃, て見た, て言いました, て言った, て計, て読み, て読み直した, て読む, て頭, 一度も

▼ 度~ (37, 0.1%)

1 [37件] こと沢山に, ころの, さまの, ところであります, まつて顔, ゃつはなかなか話せる, や何ん, や梁, や米屋, や逃がせ, や錢, 一儀あり, 一念よりに, 一統の, 一義あり, 一義ご, 事あり, 事あれ, 事この, 事で, 事有之, 事有之につき, 儀ござれ, 儀は, 出世登竜門の, 存志にて, 心で, 心の, 心地に, 折に, 旨の, 望みを, 物である, 由, 趣旨は, 身構へ, 願ひなけれど

▼ 度たび~ (36, 0.1%)

2 申し上げた価値論

1 [34件] ああ云, あった, あつた, あり, お邪魔, かう言, こう思った, こう言われ, この二階, この店, この神, この翻訳, この葛餅, だった, であった, です, に買う, 同じやう, 大地震, 挙げた春山図, 比べられる音楽家, 細かい神経, 繰り返されて, 考えたり, 褒める代り, 見かけたから, 見かけて, 見たこと, 覗いても, 説いたの, 起って, 起つて, 通わなければ, 隠れようと

▼ 度近く~ (36, 0.1%)

2 の熱, の高熱, 傾いて

1 [30件] あつた, あり, ある時, から三十度, さむいのよ, だつたらう, というの, なると, なる従つて諏訪湖, にもなる, に下っ, に昇つた, に昇る, に来, に見える, に達しました, のぼりたる熱, の北方, の急, の急斜面, までは水滴, まで上っ, まで騰る, もあつ, もつづきました, も下ったであろう, も室内散歩, も揺れる, も気温, 熱せられ真黒

▼ 度あった~ (34, 0.1%)

3 か知れません 2 かもしれません, かわからない, という

1 [25件] かもしれない, かも知れない, かわかりませぬ, か知れない, がその, が似, が死ん, きりだ, くらいである, ことが, そうだ, とかいうこと, としたら, と告げた, と彼, のだ, のでした, のです, ので二月, のに過ぎません, まるで真夏, ような, わ, 事じゃ, 縁談を

▼ 度とか~ (34, 0.1%)

2 五年に, 波斯古代の

1 [30件] あるいは網面, いろいろな, せいぜいその, たとえば若狭, でそう始終, ところに, へらないわたし, ような, 一と, 一週間に, 七日に, 三度とか, 乾燥速度とか, 二度とか, 云うこと, 云う話, 云ふ, 五十回目百回目とか, 便りを, 十三度とかを, 十年目とかに, 十度とかいう, 四十度とか, 四度とか, 宮内省の, 少し加減, 申します, 転んだが, 隔月にとかいう, 零下二十分の一度とかいう

▼ 度~ (34, 0.1%)

3 に帰っ, の方 2 の中, へ帰っ, へ行つて

1 [22件] にかえって, に帰った, に戻っ, に歸, に立返り, のもの, の事, の前, の外, の閾, へかえった, へかえって, へやってきた, へ帰らう, へ帰らなけれ, へ帰ろう, へ来た, へ来る, へ歸つて兎, をあける, を建てた, を脱

▼ 度やっ~ (33, 0.1%)

3 てごらん 2 てみた, ても同じ, て見た, て見たい

1 [22件] ている, てから我々, てください, てくれる, てふたたび, てみ, てみよう, てみる, てもあそこ, てもいけない, てもしくじった, てもダメ, ても成功, ても揚句, ても気に入らない, ても空いっぱい, ても結果, ても途中, ても電灯, ても駄目, て八百長, て見る

▼ 度あの~ (32, 0.1%)

2 ころの, 中山へ, 人を

1 [26件] お方に, お方へ, ルンペン男の, 一座を, 上演本を, 人の, 供養は, 呪いから, 唄が, 地下室を, 墓原へ, 大菩薩峠へ, 奥さんと, 女を, 娘の, 広々と, 廃屋の, 文化式な, 様子が, 男が, 空に, 道場へ, 鏡を, 長老を, 隧道を, 鮎が

▼ 度くなる~ (32, 0.1%)

2 のだ, のだつた, やうな

1 [26件] かも知れない, ことで, ぜ, のが, のである, ので飛ん, のも, ほどの妙, も, もの, ものである, よ, ような, んじゃ, 主人も, 人情に, 人間も, 奴も, 度毎に, 時が, 様な, 程な, 程の, 衝動に, 譯である, 陽気です

▼ 度くらいは~ (32, 0.1%)

2 やって来ました

1 [30件] あったろうと, お坊さん, くり返して, こちらから, たずねて, ちゃんと制服, でかしたいと, どちらからとも, よろしいん, ヴァンスから, 下って, 会ったこと, 何かの, 売れ残りこれ, 大佐は, 夫も, 学校の, 実家へ, 急度蠣殻町, 是非会っ, 渋々応じた, 私も, 胸に, 自分の, 芝居も, 行くこと, 行って, 近くの, 通るので, 連れて

▼ 度~ (31, 0.1%)

2 の耳, は自分

1 [27件] が他, が例, に向っ, に手, のそば, の同僚, の名, の家, の所謂, の様子, の画室, の目, の腹, の膝, の邸, の鳥, は, はあやす, はおずおず, はそれ, はコゼット, は何, は同じ, は必ず, は町, は酒樽, を蹴とばした

▼ 度いが~ (29, 0.1%)

2 と云われる, 宜い

1 [25件] あの方, いかに十手, いきなりさう, お定まり, この家, その時同棲, その疾く, どうしてお前さん, どうじゃ, 中國筋, 今旦那, 今通りすがり, 何分今晩, 全く同人, 受取って, 困つたこと, 実は一, 実は万人, 実は丸部さん貴方, 実は内儀さん, 実は怪しい, 殺された主人, 甚だ失礼, 生憎今晩, 相變ら

▼ 度がる~ (29, 0.1%)

3 のは, ものだ

1 [23件] のだ, のだろう, のね, のも, ものさ, ものね, やつを, んだ, 一人である, 世の中である, 嗜好から, 女です, 奴だ, 弊風が, 技巧癖あれらは, 故に, 新聞記者でない, 格で, 田原を, 男で, 病だ, 耳新しいこと, 貧窮者の

▼ 度までは~ (29, 0.1%)

1 [29件] あたって, ある場合, おゆるしありたい, お断り申上げる, この時間, どうやら言, ないが, やはり物質分子, われわれの, 不可能で, 他の, 共通な, 堅く辞退, 幸福である, 従来の, 必ず瓦斯, 必らず, 慥に, 比較的の, 熱力に, 甘受しなけれ, 確からしい, 練習によって, 自由に, 見かけたさ, 言われるよう, 許さねば, 身代りを, 透き通って

▼ 度より~ (29, 0.1%)

2 少しでも

1 [27件] なる越幾斯, 七十度の, 上に, 二度目の, 五十五度の, 五十六度に, 低からず, 八十度の, 六十五度の, 出勤せず, 取かえない, 増して, 外ない, 多くは, 寒けりゃ働かし, 日に, 機械學の, 段々互, 用に, 見物した, 通らぬ国際列車, 逢いに, 降ったに, 降ること, 降れば, 高い水温, 高からず

▼ 度同じ~ (29, 0.1%)

6 ことを 4 言葉を 3 ことが, ような, 事を 2 処を 1 やうな, ようなる, 境遇に, 所を, 災害に, 病気に, 艦に, 返答で

▼ 度四度~ (29, 0.1%)

2 と重なる, 鳴つた

1 [25件] が五度, ぐらいにおりる, ずつ入浴, とあたしはつ, とうまい, とそれ, となる, とやっ, とやり, とやりかえす, と会見, と兵隊, と呼んでる, と會, と繰り返し讀ん, と行く, と見, と重なった, と震動, と鳴らされ, ほど繰り返し, 同じこと, 呼んで, 擦って, 聞き返して

▼ 度手紙~ (29, 0.1%)

4 を出し 3 の往復 2 が来た, や電報, を寄こした

1 [16件] が来ました, でも出し, をくれた, をもらった, をもらつた, をやっ, をやり取り, をよこした, を出さう, を出す, を受け取りました, を書いた, を書きかけた, を欠かした, を貰つたやうに, を貰つて

▼ 度くも~ (28, 0.1%)

3 ない 2 ありませんが

1 [23件] あつた, ありさりとて, ございません, ないという, ないというは, ないといふ, ないの, ないので, ない清々, ない茶, なしそれ, なしだ, ならうかと, なりますぜ, なりますよ, なり馬鹿, なるぢ, 有り聞き度くも, 無い汁粉, 無え, 無ささうに, 聞かせ度くも思つて, 見当らない

▼ 度には~ (28, 0.1%)

2 あらず

1 [26件] さもさも薄気味悪, じきとばし, せいぜい二体, そんな符牒, どうも出来ません, ふりこぼして, むりな, チョイチョイ顔を, ツ, ツと, バラモン, 不老の, 二所に, 処分せずある, 咲かない, 大臣に, 必ず老人, 比例しない, 比例せず, 相違無い, 礼儀正しく, 種々の, 著しい逕庭, 覚え切れません, 進んで, 馬鹿げて

▼ 度~ (28, 0.1%)

3 を強く 2 の中, を下げ, を下げた, を抑え, を振った, を横

1 [13件] の上, の悪い, の痛い, をさげた, をゆすつ, をゆり動かす, を低, を垂れ, を左右, を振っ, を振つ, を掻い, を金剛杖

▼ 度ぐらいの~ (27, 0.1%)

3 割で 2 割合で, 角度に

1 [20件] ことで, ことでした, ものだ, もんだろう, わりで, 仕事で, 傾斜を, 免職は, 割合いです, 割合に, 周期に, 温度は, 温度を, 火熱を, 熱で, 異例と, 角度で, 角度を, 音信を, 高さ

▼ 度である~ (27, 0.1%)

5 ということ 2 から札幌, が覚めた, とする

1 [16件] からこの, から下流, から東京, から習慣, かを知らなく, がその, が前, が各, けれども數百人, ことそれから, ことの, という, とすれ, と仮定, と語り, のです

▼ 度として~ (27, 0.1%)

2 なかった

1 [25件] こんなにひどく, その標準, ゾシマ長老の, 主屋へは, 俺の, 叱った事, 品行について, 変えたこと, 嬉しきたより, 彼が, 彼女たちからの, 彼女と, 彼奴は, 忘れたこと, 期待が, 深窓の, 濃碧, 無いで, 笑った顔, 笑顔を, 聞えたこと, 表現され, 誰からも, 負けたという, 貧しい祈祷者

▼ 度会った~ (27, 0.1%)

7 ことが 2 きりで

1 [18件] が二度, きりです, けれどいつも, ことの, ことは, じゃあありません, だけであった, ばかりだ, ばかりの僕, ばかりの漢, ものか, んです, 事が, 事は, 事も, 太宰治の, 男の, 肇は

▼ 度~ (27, 0.1%)

2 て行く

1 [25件] か, そうも, たり入っ, ていらっしゃれる, てきた, てくる, てしまう, てその, てまた, てみた, てみました, てゐる, て二度, て信徒, て参りたい, て来, て来まし, て来よう, て歸つて, て行け, て行っ, て間, であ, 來之上於内海致爲乘樣其上彌, 直シテ戴キマショウ

▼ 度~ (27, 0.1%)

2 を通した

1 [25件] が切れ, で水, に入れ, に取られた, はわが, をとほし, をはなした, をふつ, を上げました, を入れ, を入れた, を出し, を動さば, を取つ, を振, を換えた, を支, を支え, を敲い, を滑らせ, を触れた, を離す, 招いた, 附けを, 馴らしに

▼ 度くり~ (26, 0.1%)

6 返した 2 かへした

1 [18件] かへし, かへしました, かへす, 返された, 返されて, 返されても, 返されること, 返したよう, 返した倍, 返した後, 返しました, 返しましたが, 返す, 返すと, 返すならば, 返すまで, 返せしに, 返せよ

▼ 度来た~ (26, 0.1%)

6 ことが 4 ことの 2 のである

1 [14件] か来ない, が別に, が女, きり此二三年は, って言う, って駄目, という事, という注進, といふそして, と思います, ばかりの人, んだ, んだって, 歯医者な

▼ 度繰返し~ (26, 0.1%)

2 ている, て推諒

1 [22件] て, てからサイラス, てもおんなじ, ても多, ても読みます, ても読者, て問いかけた, て尉官, て帰っ, て帰つて行つたの, て最後, て考え直し, て聽, て見, て言います, て話, て誦, て読んだ, て讀ん, て讀んだ, て買っ, 私語きつ

▼ 度~ (25, 0.1%)

3 が, くらゐ 2 といっ, もんで, 位の

1 [13件] から別段, がお前, が先刻此路地, が十重二十重, が手前五百, が茲, ことが, ことだ, といったら止め, などと愚痴, のは, よ, 明日は

▼ 度~ (25, 0.1%)

3 をパチパチ 2 をあげ

1 [20件] に痛い, に立つ, の覚めた, も醒める, をこすった, をさまし, をさました, をさまします, をぱちぱち, をコスリ, を平原, を掠め, を白黒, を皿, を瞑った, を瞠, を瞬い, を瞬いた, を醒まし, を釣りあげ

▼ 度~ (25, 0.1%)

5 つたこと 2 つた, つたり

1 [16件] たこと, つたが, つたし, つたつて, つたん, て見たい, はるれ, はれたが, はれたもの, はれたらしい様子, はれる, ふ, ふといふ, ふばかり, 逢っても, 馴れて

▼ 度いよう~ (24, 0.1%)

4 な心持

1 [20件] な, なあこがれ, なと云っ, なやるせない, な仕事, な功利的, な悩ましい, な愛嬌, な気, な気もち, な気持, な滅入った, な狂的, な用心深く, な興奮, な親し, な顔, な飛び離れた, な馴染, に間

▼ 度くら~ (24, 0.1%)

4 ゐの, ゐは 3 ゐしか

1 [13件] ゐけれども, ゐづつ, ゐでて, ゐなもの, ゐエッフェル鉄塔, ゐ帰つて, ゐ度々, ゐ格闘, ゐ洋服, ゐ稀, ゐ花, ゐ読まなければ, ゐ路地

▼ 度はずれ~ (24, 0.1%)

2 だと

1 [22件] だった, なところ, なバルザック, な人気, な仰天ぶり, な名誉, な大き, な女, な少年少女, な尺度, な思いつき, な熱心さ, な男, な驚き, に, に激しい, に行動, の大, の女, の帽子, の様, 大きくどんより

▼ 度二分~ (24, 0.1%)

2 に迄昇つて

1 [22件] あった何, あり, ありました, ありやっぱり, から六度二分, しか無い, です, といふ, と云う, なつて, なの, なので, に上った, に下, に低下, に急, に熱った, ばかり, ほど発熟, までは発熱, も出た, 迄又

▼ 度いこ~ (23, 0.1%)

3 ともある, とも御座います

1 [17件] となど慰問, とはそれだけ, とはないでしょう, とは僕, とは全く, とは千萬無量, とは大連, とは山々, とは無かったろう, とは行きたい, とも云, とも云わない, とも出来るでしょう, とも無くなり, とも訊き, と一パイ, と訴

▼ 度~ (23, 0.1%)

3 存じます 2 と晴衣, 存じますが

1 [16件] おすの, ござえます, ござります, ごす美代ちゃん, ごぜえます, ごぜえやした, とでも云った, とは吐かさなかった, なつ, はない, 厶る, 存じまする, 存じまするが, 存じますわ, 存ずる, 此は

▼ 度かった~ (23, 0.1%)

5 のです 3 のだ, んだ 2 のでございます 1 からである, からです, しご, と強調, と見え, の, のでしょう, ので御座います, のは, よ

▼ 度~ (23, 0.1%)

2 の弁当, の愛

1 [19件] ぐらい有る, だと, つめて, でございました, にする, に御飯, の分量, の少量, の焼きもの, の金, の食事, の食物, の食糧, は残, もって, もってね, をこしらえる, を一度, を一時

▼ 度かの~ (22, 0.1%)

2 僧を, 女に, 女を

1 [16件] お人, 利根川の, 召喚にも, 合戦で, 同族会で, 地変が, 大きな災害, 女から, 小さいお, 暖かき手, 暴雨時には, 正月を, 競技に, 花園へ, 試合に, 議は

▼ 度そんな~ (22, 0.1%)

4 事の 3 ことを 2 話を

1 [13件] ことが, のんきな, 事も, 事を, 偶然の, 思いを, 方を, 狛犬を, 男爵の, 目的なし, 若い僕たち, 話が, 遊びも

▼ 度二度~ (22, 0.1%)

2 にはあらず, よりは三度, 断られても

1 [16件] ぐらいずつで留った, じゃあるまい, ずつ祈祷会, でありませんでしたから, では, というの, ならず傷, のお, の沙汰, の集まり, は必ず, ひらめいた, 時による, 浮かび出たかと, 深く頷かれた, 讀んで

▼ 度強く~ (22, 0.1%)

2 なり勝ち, 不釣合で, 頭を

1 [16件] して, ふった, ギラギラと, 吹きとばされた筈, 小突き廻されました, 引いて, 怪奇な光り, 打振っ, 押しつけた, 握ると, 照り映えるの, 突いて, 足踏みを, 蹴った, 震りこんだ, 鞭を

▼ 度~ (22, 0.1%)

2 恩は, 相伴に

1 [18件] さしそへの, たずねしたいて, ところへ, 上洛なさつた, 主人の, 儀奉, 受納くださる, 台所御, 吟味ヲ, 宅ヘ, 待ちあげまいらせ候, 待申上ぐるより, 持帰り下され, 消息を, 耳に, 許容可被, 閑暇なら, 高説を

▼ 度自分~ (22, 0.1%)

1 [22件] でも笹木, で取り換えた, で買わね, で酌, にいった, の主人, の作品, の別荘, の前, の力, の口, の咽喉, の娘, の心, の独立, の班, の用, の眼, の胸, の足下, の頭, はこの

▼ 度逢った~ (22, 0.1%)

7 ことが 2 きりで, ことを

1 [11件] おり言っ, かな, きりです, ことの, だけで, だけの男, だけの間柄, ときにも, と云われた, ばかりの蠣穀町, 者には

▼ 度です~ (21, 0.1%)

32

1 [16件] からね, がこの, が今年, が私, けれどその, けれど殿下, まず二通, むのはまだいいが相手によっては, もの, ものと, よたった, よ意見, わ, んでしまった, 九一度ね, 東京も

▼ 度会っ~ (21, 0.1%)

2 てい, ておきたい, て話

1 [15件] たって構わない, てごらん, てその, てみたい, てもいい, ても他人行儀, てやらね, てよく, て多少, て彼女, て睨み合った, て色々, て見よう, て見る, て食事

▼ 度~ (21, 0.1%)

1 [21件] ている, てくれ, てくれた, てくれぬ, てほしい, てみ, てみる, てもそれ, てもらっ, ても出足, ても同じ, ても旦那, てゐる, て三度, て二度, て居る, て知っ, て見た, て見覚え, は来た, 阪する

▼ 度これ~ (20, 0.1%)

2 を繰返し

1 [18件] に旋, はよした, は先生, も二度, をしなく, を下方, を写生, を寫生, を尋ねた, を抱かん, を救うであろう, を洗, を満場, を牧田, を継続, を許せ, を許容, を遣

▼ 度帰っ~ (20, 0.1%)

5 て来た 2 てみよう, て来, て来い, て来ました 1 てそれから, てみたい, てみろ, てよく, て十一月, て灯, て貰っ

▼ 度~ (20, 0.1%)

2 を浴びる

1 [18件] があがる, で洗, にて洗い清め, に入る, に沈ん, に泳げ, に浮ぶ, に浸せ, に這入った, の膜, の面, ぶるひを, へ入ったろう, へ飛込ん, をくぐらせた, を切っ, を呑んだ, を浴び

▼ 度言っ~ (20, 0.1%)

2 て, てごらん, て御覧, て見なさい

1 [12件] たって同じ, ておいた, ておけ, てきかせ, てください, ても同じ, ても長, てやった, てやる, て下さいまし, て聞かす, て聞せる

▼ 度くらいの~ (19, 0.1%)

3 割で, 割合で

1 [13件] ところに, もので, ものであったろう, ものである, ものでございます, ようだ, 低温が, 厳寒が, 時なら, 範囲という, 精度で, 角度に, 間で

▼ 度じゃ~ (19, 0.1%)

2 ない, ないか

1 [15件] ありません, ありませんいつ, あるまいそれから, あるまいと, うまくいかないだろう, じゃんと, な, ないけれども, ないしょっちゅう, ないのよ, ねえん, んを, アない, 絵筆が, 逢うて

▼ 度だけは~ (19, 0.1%)

2 いって

1 [17件] うちへ, おゆるし下さいまし, このよう, しばらく免じ, ぜひとも, やや大きな, 何時の, 十万銭を, 大丈夫成功するであろう, 大宮を, 抜いて, 東京で, 欠かさず来て, 見のがして, 親族か, 返事を, 黙認し

▼ 度ならず~ (19, 0.1%)

1 [19件] いまわしさ, そんな事, に喀血, モントルイュ・スュール・メールに, 三度目の, 二度まで, 二度三度の, 何遍も, 傷けられた, 四度までも, 失敬千万事然し, 山岡屋は, 嵐に, 幾度と, 度重る, 手許へ, 政治家や, 既にその, 欠勤それも

▼ 度五分~ (19, 0.1%)

1 [19件] あった, から七十五度四十分, ぐらいなん, ぐらいはある, ぐらいまでに下る, であった, である, でおさまりました, でした, でようやく, といふもう, と二三度, なり, なんて, にあがった, に下, ばかりあります, ばかりある, 程の熱

▼ 度~ (19, 0.1%)

4 をかけた 3 をかける 2 を出し 1 が聞えたでしょう, に出し, をかけ, を張り上げ, を掛け, を掛けた, を発する, を聞いた, を高く, を高め

▼ 度いのです~ (18, 0.0%)

731 からもう, がお話, がそう, がね, が唯今, その実例, わ, 私という

▼ 度くりかえし~ (18, 0.0%)

2 て読み, て読んだ

1 [14件] ていうの, てそれから, てもしかた, ても不足, ても寿子, てやった, てやられる, て下さいません, て呟いた, て弟子, て数え, て聞い, て読みあげた, 四度五度と

▼ 度ここ~ (18, 0.0%)

1 [18件] で会おう, で大宮口, で繰返させる, で繰返した, で飯, に居まし, に至る, へお, へはずし, へも顔出し, へやって来る, へ来, へ来た, へ来ました, へ来る, を洗った, を通った, を通る

▼ 度といふ~ (18, 0.0%)

1 [18件] ことの, ことは, ことまで, のも, わけな, んだ, 事に, 代りに, 体温は, 強度の, 日の, 本夏最高, 氷海の, 演劇的開花期で, 病中を, 空気も, 風に, 高熱も

▼ 度もの~ (18, 0.0%)

3 を考へた 2 をよん, 戀愛を

1 [11件] と見える, に候, をかく, を考えた, 土曜を, 失敗に, 恋愛を, 戦争に, 手紙に, 書くこと, 熱を

▼ 度グリ~ (18, 0.0%)

1 [18件] たる現, だの, だの七度グリ, というクリ, とはこんな, ともいい得る, ともいい得れ, とも十五度グリ, とも十度グリ, と同様, と呼ん, などはみなシバグリ, ならずとも, については私, について小野蘭山, に当っ, の記事, を指した

▼ 度くり返し~ (17, 0.0%)

2 てそれ, て読んだ, 手紙を

1 [11件] たか, たって, ている, てひく, てゐる, て居る, て考え直した, て葉書, て読ん, て辿っ, 叫んだ

▼ 度呼ん~ (17, 0.0%)

5 で見た 2 でも誰 1 でいる, でお, でみた, でも出, でも眼, でも答, でも返答, でも黙っ, で縡, で返事

▼ 度~ (17, 0.0%)

2 悩まされて

1 [15件] その, まげ申せは, ガシャンと, 出ましたので, 出ると, 家の, 打ち明けたの, 来られましたが, 着物を, 私の, 繰り反して, 繰り返して, 聞いた同じ, 電話を, 額づいた

▼ 度見かけた~ (17, 0.0%)

7 ことが 2 事が 1 がこの, が此方, ことは, だけの顔, という話, ところでは, 町の, 顔だ

▼ 度読ん~ (17, 0.0%)

2 でくれ, でも面白い

1 [13件] であげましょう, でおく, でもおもしろく, でもらいました, でも同じ, でも泣かされる, でも涙, でも飽かない, で人, で何, で聞かせる, で見られる, で面白

▼ 度あるいは~ (16, 0.0%)

2 それ以下に

1 [14件] ずっとそれ以下, それよりも, それ以下にも, 三度くらい, 三度他人の, 三月に, 二十度で, 二度十四から, 二度貴婦人が, 五十度位の, 十数年に, 十日に, 四度位展します, 泊まって

▼ 度ぐらいずつ~ (16, 0.0%)

1 [16件] おやりよ, きっと父親, この方面, ギブスを, 上京の, 今日は, 呼び出された, 必ず僕, 手巾を, 時を, 民子を, 江戸へ, 袋戸棚から, 見廻って, 長安へ, 電話を

▼ 度した~ (16, 0.0%)

8 ことが 2 もう 1 かわからぬ, かわかりゃしない, だけで, と聞いたです, ものだ, 釈尊も

▼ 度する~ (16, 0.0%)

2 うちに

1 [14件] あくびとものびともつかぬのがきこえた, うち口の, だけは度, って言う, と, という大会, と言え, にも石臼, のでせう, の慈悲, ものじゃあ, 一方である, 気で, 氣に

▼ 度づつ~ (16, 0.0%)

1 [16件] かうして, その事, は, はこの, は來ます, は嘗め申し, は泊りがけ, は皆んな, は覗い, は足袋, 入ると, 恐ろしいこと, 新鳥越, 歩いて, 焼く其焼株, 集まるの

▼ 度前後~ (16, 0.0%)

2 です

1 [14件] くらいの温度, して, であった, と思わん, にし, になっ, に上昇, に動かした, に及ぶ, に大きく, に跳び越えた, の五色, の時公魚, 合せて

▼ 度往復~ (16, 0.0%)

5 して

1 [11件] された後, した, したこと, したので, した時, しアトリエ, するうち, するため, すれば, せねば, をし

▼ 度聞いた~ (16, 0.0%)

2 事が

1 [14件] か知れぬ, ことが, と, と言, に違, に間違, のでございます, ばかり故, よ可哀相, 事の, 数字は, 獄人の, 話である, 話なら

▼ 度行っ~ (16, 0.0%)

5 たり来

1 [11件] たりした, てみた, てもおけい, てもまるで, ても得る, て氷冠上, て見, て見た, て見たい, て見る, て調べ

▼ 度訪ね~ (16, 0.0%)

4 て來 2 てき, てきた, てくれる, て来 1 てござらっし, てみた, て三度, て来られた

▼ 度~ (16, 0.0%)

2 り右, り歔欷, り竹山 1 ある, りして, りの, り早く, り注射, り流産, り版, り網, り読みまして, り通って

▼ 度つづけ~ (15, 0.0%)

2 さまに, ざまに

1 [11件] てくる, てします, て六, て切りつけられ, て叩いた, て呼ぶ, て弾いた, て永い, て言っ, て鳴らしました, 様に

▼ 度ながら~ (15, 0.0%)

2 火事に, 非常に

1 [11件] ぷつつりとベルトが, 中途で, 其の被害者, 勝って, 四日目には, 必ず一本, 撃ち損じましたの, 矢返し致しまし, 私が, 蘇生し, 見事な

▼ 度など~ (15, 0.0%)

1 [15件] あのど, この土地, さまざまです, その矢, それが, たまたまなら, 三上から, 何か, 単身で, 大かたその, 彼は, 我々の, 父は, 親しき限り, 言ふ

▼ 度なり~ (15, 0.0%)

2 三度なり

1 [13件] か, かまわないで, その第, ともだらけた, とも見た, と云はん, と打ち込まん, と町, 四十度なりに, 考へ, 聞き込みて, 見た事, 逢えば

▼ 度~ (15, 0.0%)

4 へ共

1 [11件] しかし毎度新聞雑誌, ついでながら, とあった, と申, へどもなにぶん, へ共有合, まずは取り急ぎ, もつとも当, 得ども, 若し私, 追

▼ 度~ (15, 0.0%)

2 が兵隊

1 [13件] が連れ, にその, に目, に紹介, のところ, の意識, の感想, の手, の胸, はこの, はこんな, は無駄, んとこ

▼ 度聞い~ (15, 0.0%)

2 てみた, てやろう

1 [11件] ていた, ている, てからはついに, てみたい, てもおもしろい, ても常に, ても忘れち, ても飽く, て置きたい, て見, て面白い

▼ 度行った~ (15, 0.0%)

6 ことが 1 きりで, ことの, ことは, ことも, よ, わ, 事やらね, 家さ, 経験が

▼ 度重る~ (15, 0.0%)

1 [15件] うちに, うちには, とへい, ともう, と段々に, につれてだんだん, につれて別に, につれて妙, につれて次第に, につれて私, に從つて彼, のでもしや, ほど文言, 不始末, 息子の

▼ 度~ (15, 0.0%)

1 [15件] をかしげる, をまげ, を傾げ, を傾げず, を傾げた, を持ち上げ, を振, を振った, を振つた, を振りうごかした, を振る, を横, を沈め, を獲る, を縮め

▼ 度いんだ~ (14, 0.0%)

531 いきなり懐, が何, が何ん, けれど, 後ろか, 部屋の

▼ 度ぐらいに~ (14, 0.0%)

2 して, 分けて 1 おりること, しましょう, とどめて, なすって, なりますか, なる, なる場合, 傾いてさ, 折れ曲がって, 頭を

▼ 度こんな~ (14, 0.0%)

4 ことが 2 ことを 1 ことも, 事が, 事件に, 処へ, 商売を, 貴い上人, 風に, 饗応を

▼ 度なら~ (14, 0.0%)

1 [14件] そう思う, ともかくこんな, ともかく始終持ったら落す, ばその, ば氣, まだしも二度, よいが, コップに, 七十五銭です, 二百封度の, 兎も, 平温だ, 遂に一度, 遂に二度

▼ 度一度~ (14, 0.0%)

1 [14件] が生涯, そのそば, ちがった文句, とわたし, と召集, と度重なる, と思い起す, と日, と精神的危機, なら遂に, に塗ります, に心理的, に缶づめ, も負けた

▼ 度乃至~ (14, 0.0%)

4 三十度の 1 一七度近くまでは, 三十度位で, 三度位の, 九度の, 二十度位の, 二度大陸へ, 二百七十度ニ在, 八度に, 十五度附近を, 十度に

▼ 度~ (14, 0.0%)

1 [14件] から貰った, が彼, にも邂逅, に世話, に誘はれ, の妾, の滑つた跡, の皮膚, を介し, を助けた, を啖, を害した, を愛し, を訪

▼ 度内外~ (14, 0.0%)

2 の温度, を上下 1 あるいはこれ以下, であるから, で千二百度, にし, に保つ, に温めた, のところ, のもの, の熱, の高熱

▼ 度~ (14, 0.0%)

2 集ると

1 [12件] あつて, くり返して, この人, この包み, その禿頭, その計算, たべ物, なのよ, も替え, 伝わって, 早起会, 見に

▼ 度彼女~ (14, 0.0%)

1 [14件] に会, に逢った, の後, の手, は, はニコレット, は僕, へ頭, も伊吹, を夫, を打てり, を見た, を高円寺駅, ノ衣類

▼ 度~ (14, 0.0%)

2 が遠く

1 [12件] がひける, が変, ない処, ない白い面, なく待, なく返答, な眼, に十次郎, のおけない, の遠く, を失った, を落ち付け

▼ 度続け~ (14, 0.0%)

3 さまに

1 [11件] てほえた, てまたは, て出, て勝つた, て打った, て散歩, て殴った, て殴りつけた, て通った, て金曜日, て首肯き

▼ 度遊び~ (14, 0.0%)

3 に来, に来た, に行った 2 に来ました 1 にいった, に立ち寄った, に行きたい

▼ 度いも~ (13, 0.0%)

5 ので 1 のでどう, のでなければ, のでね, ので是, のとして彼方, のなし, のや好い, の身ぶるい

▼ 度いんです~ (13, 0.0%)

52 かねえ 1 え, が原庭, つて, どうで, ね, よ

▼ 度かさなる~ (13, 0.0%)

1 [13件] となんだか, と神經, と航海, につれ伸子, につれ明瞭, に従って数, に従って自然, 味方の, 村の, 流血の, 犯罪を, 艱難を, 颱風の

▼ 度そう~ (13, 0.0%)

1 [13件] いってから, した, だった, なの, な様子, な開けっ拡げの, にそこ, にひねりまわした, にヒネリ上げヒネリ, に拳固, やって, 云いながら, 申しましたの

▼ 度~ (13, 0.0%)

2 のである, んだ 1 おかげで, かたい, さ, つて見, の, ものが, んでございます, んです, ンか

▼ 度~ (13, 0.0%)

3 つたこと 1 が開い, つた, つたが, つたぎりの, つたら今度, つて, に出席, はう, はむと, ひに

▼ 度八分~ (13, 0.0%)

2 に上っ, を指し 1 あったので, ぐらいの熱, ださうである, だった, ですから, で大層, に低下, ほど熱, まで下がっ

▼ 度博士~ (13, 0.0%)

1 [13件] がなぜ, であった, とあった, と緊密, のお, の意見, の所説, の方, の訂正, の説, は前回, は考え込んだ, を最高指導者

▼ 度大きく~ (13, 0.0%)

3 瞬を 1 なるまでには, ふりうごかしました, 呼を, 呼吸を, 唾を, 息を, 波を, 環を, 頷きました, 首を

▼ 度~ (13, 0.0%)

2 に倚, の下, の側 1 だの灯籠, という石, などが立っ, の前, の間, へ詣り, をうちました

▼ 度くない~ (12, 0.0%)

51 なら逢わなくても, ね, ねえ, ネ, 愛惜が, 話が, 返事なら出さなく

▼ 度そこ~ (12, 0.0%)

4 いら 1 から会計課, で交際, に母親, の客, へ行っ, をえぐった, を出入り, を去っ

▼ 度っきり~ (12, 0.0%)

2 帰って 1 かい, だったのね, だよ, でそれ, ないのよ, ね, の, のもの, 教えた, 教えた歌

▼ 度なる~ (12, 0.0%)

2 ものは, を知らず 1 のです, も風, よりはこの, を知らざる, を知らね, を覚ゆ, 気は, 豐かの

▼ 度にど~ (12, 0.0%)

3 つと笑 1 つとどよめく, つとに, つとは, つと声, つと御, つと押しながされ, つと笑つた, つと酒場, つと鬨

▼ 度~ (12, 0.0%)

2 こと千里の 1 ところに, と一匹, には人造, に我が国, の処, は, を聞けり, 処天神橋の, 昔摩訶薩, 範囲が

▼ 度云っ~ (12, 0.0%)

3 てみろ, ても同じ 1 ておく, ても云い過ぎる, ても動く, て下さい, て来た, て聞かせる

▼ 度人妙經~ (12, 0.0%)

1 [12件] が却つて抱朴子, が然, とを照らし考へる, にも符, のはじ, の仙, の此の世, の符, の記事, は甚だ, や北斗經, をも見た

▼ 度~ (12, 0.0%)

8 へ出 1 へ出た, へ出ました, へ出る, へ行っ

▼ 度見る~ (12, 0.0%)

2 同じ芝居 1 か見ない, ことか, と可, と覚えち, ばかり, 事は, 人には, 度に, 機会さえ, 機會さへ

▼ 度軽く~ (12, 0.0%)

2 頷いた 1 うなずいたと, うなずいて, 咳入っ, 嘔吐を, 小突いたの, 左右に, 御米, 血を, 頷きながら, 頷くと

▼ 度近い~ (12, 0.0%)

3 熱を 2 夜風の 1 時は, 熱に, 熱の, 熱は, 発熱で, 空気を, 霜の

▼ 度部屋~ (12, 0.0%)

3 の中 2 のなか 1 がゆれた, の内部, の外, の隅々, をでました, を出たでしょう, を訪ね合った

▼ 度あつ~ (11, 0.0%)

41 たずら, たと, たの, たのでね, た事, た如きかの, ちや叶ひません

▼ 度いため~ (11, 0.0%)

2 であつ, でした 1 であった, でもある, ともう, にのみ出かけ, に凡て人生一般, に天主閣, に違い

▼ 度ぐらいしか~ (11, 0.0%)

1 [11件] これだけの, ないの, 上京しない, 出ないので, 張り替えなかった, 手紙の, 東京の, 番の, 行かないん, 起きて, 返事を

▼ 度との~ (11, 0.0%)

2 二要素で 1 こと, 事なり, 外に, 御事ナリ, 御相談ニ候所, 御論, 文も, 言を, 関係も

▼ 度にわたって~ (11, 0.0%)

1 [11件] アジサイが, アラバマ号問題解決の, 北海道の, 半蔵らの, 同じよう, 怪奇な, 東京の, 白老の, 経験した, 談合が, 蹂躙された

▼ 度ほどの~ (11, 0.0%)

2 寒さ 1 レールを, 例外は, 入浴では, 勾配の, 暑さ, 気温降下を, 相違が, 角度を, 錫の

▼ 度~ (11, 0.0%)

1 [11件] かのこと, かの用, かの話, かやっ, か叫びました, か発言, か短い, くわぬ顔, でもなく, に感じ, の反響

▼ 度出た~ (11, 0.0%)

2 ことが 1 お客に, かと思ふ, が便宜上, きり, ことだ, しかし心配, ので細井氏, ものを, 日本一太郎の

▼ 度~ (11, 0.0%)

2 とゆ 1 から聞いた, が沈黙, にた, にまねかれ, にまみえ奉らん, に御馳走, のドイツ語, の希望, を招待

▼ 度四分~ (11, 0.0%)

2 あった 1 あつた, あり, あり折角, あるので, だった, ならさほど, にすぎなかった, ばかり出, を一寸

▼ 度廻っ~ (11, 0.0%)

2 て来 1 てから云った, てくる, てそれで, てまいれ, てまた, ても逃げ延びられ, て一流ホテル, て来る, て走り出した

▼ 度~ (11, 0.0%)

3 の中 1 が善, で祈り, に叫んだ, に起こった, のうち, の底, を尽し, を降ろし

▼ 度~ (11, 0.0%)

2 が暮れた, を定め 1 あって, が陰っ, に都合四度, の光, の宇宙旅行, の帰邸, の暮

▼ 度結婚~ (11, 0.0%)

3 したこと 2 して 1 させられて, したから, したが, したといふ, しようと, をした

▼ 度行つて~ (11, 0.0%)

2 見た, 見たが, 見ましたが 1 もその, 来るの, 見て, 見よ自分, 見るうち

▼ 度逢っ~ (11, 0.0%)

3 ている 2 ていた 1 てあの, ても姿, ても繊細, てやっ, て教え, て見たい

▼ 度附近~ (11, 0.0%)

1 [11件] で仕事, と決った, にあり, の所, の時, の海上, まで下げる, まで下っ, まで水, を上下, を往来

▼ 度あっ~ (10, 0.0%)

1 たりちょっと, ている, てさて, てもどうも, ても三度, ても足りない, て専門的, て私, て維新, て遂

▼ 度あなた~ (10, 0.0%)

1 に会わなけれ, に教え, に金, のお, のお目にかかっ, の手, の身, は我が国, をみかけました, 御夫婦

▼ 度いっ~ (10, 0.0%)

2 ても同じ 1 て, てきかせ, てみ, てもやめなかった, ても何, ても駄目, て人, て今話

▼ 度いとも~ (10, 0.0%)

2 思つた 1 思う, 思うからね, 思って, 思つて思ひ切, 思ひませんねえ, 思わなかったが, 申さうか, 申されませんが

▼ 度くらいしか~ (10, 0.0%)

1 おりて, その機会, ない小説, ゆきあわないもの, 会わなかった, 生れないもの, 用の, 肉入の, 試みない, 顔を

▼ 度また~ (10, 0.0%)

1 三度, 上がって, 二年に, 夕刻帰邸の, 次の, 私を, 跫音が, 通し駕籠で, 郷土において, 頭を

▼ 度わたし~ (10, 0.0%)

1 にせがまれ, に相談, に苦勞, の家, の年老いた, は今夜, は溺れる, もその, を呼びたてたでしょう, を招

▼ 度~ (10, 0.0%)

1 からのこと, からの考, と同様, と違った, に極度, に矢代, に述べた, の方, を往復, 幕の

▼ 度失敗~ (10, 0.0%)

1 した, したあと, したという, して, しても, してるん, するも, ったこと, りましたが, をくり返し

▼ 度~ (10, 0.0%)

1 に於, の出現, の多い, の殖えた, の解釋, へ直し, も少く, を器械的, を増し, を重ね

▼ 度書いた~ (10, 0.0%)

2 ことが 1 ことの, のを, ように, 上を, 事が, 事も, 事を, 縁切り状を

▼ 度来る~ (10, 0.0%)

1 ことは, と八丈島, 始末だ, 新の, 機会を, 機会四度来る, 気, 確率とも, 筈の, 階級闘争なら

▼ 度~ (10, 0.0%)

2 の日 1 がし, にならない, の上, の柱, はたいそう, をした, を合わせ, を透し

▼ 度~ (10, 0.0%)

9 を拔 1 をぬかれ

▼ 度見たい~ (10, 0.0%)

2 と思っ 1 だけだ, という希望, と云, と仰せ, と思う, と願う, ものだ, もんです

▼ 度重っ~ (10, 0.0%)

2 て次第に, て行く 1 てきた, て償う, て入質, て繰返され, て莫大, て通う

▼ 度いや~ (9, 0.0%)

3 うな 1 うだと, たしかに四回, な思ひを, 三度でも, 四度しか, 正確に

▼ 度であった~ (9, 0.0%)

1 かも知れない, からうち, か二度, か思い出せない, か知れませぬ, がその, ことは, とする, 由

▼ 度ふり~ (9, 0.0%)

5 返って 1 てらしました, 返った, 返った時, 返っても

▼ 度やった~ (9, 0.0%)

3 ことの 1 あとの, が一本, が三度, ことが, のが, 術である

▼ 度五度~ (9, 0.0%)

1 ついには, とあがっ, とタミ子, と両手, と千萩, と声, と度重なる, と死, は訳

▼ 度五日~ (9, 0.0%)

5 に一度 1 に一度くら, に一度位, に一度家, の晩永代

▼ 度~ (9, 0.0%)

2 の間, も昔 1 から一, までにだっていま, より四五年前, より多き, 話した小説家

▼ 度~ (9, 0.0%)

2 の拝 1 が手近, といふ真中, ないし角七十七度三分の一式, に達す, の傾斜, の所, を限り

▼ 度参り~ (9, 0.0%)

1 ともいう, と称し, の人, の人たち, の力, の騒ぎ, または数, をするあり, を村

▼ 度叩い~ (9, 0.0%)

1 て, てみせた, てみせました, てみた, ても開かれない, て三度目, て灰殻, て紫, て見る

▼ 度~ (9, 0.0%)

5 存候 2 願上候 1 内願候, 希候

▼ 度~ (9, 0.0%)

2 にありつく 1 の手紙, の爲め, の言葉, の足, は海人, や事業, を電話口

▼ 度~ (9, 0.0%)

2 を持った 1 の顔, はこれ, をもつた, を先立たせ, を変, を娶り, を殺そう

▼ 度~ (9, 0.0%)

2 を振り返っ 1 から, に下った, に引返し, へ引返そう, へ戻っ, へ退った, 午近く

▼ 度~ (9, 0.0%)

3 のため 2 を押し 1 をしたら, を入れ, を押した, を押したくなる

▼ 度振っ~ (9, 0.0%)

1 てそして, てみせ, てみた, てみました, て宮廷, て挨拶, て自分, て見せた, て追いのけ

▼ 度~ (9, 0.0%)

1 にあぶり, にかけて実, に遭つて本, の中, へかけ, をつけました, を入れなけれ, を噴いた, を起す

▼ 度繰り返す~ (9, 0.0%)

1 か分らぬ, ことで, ことであろう, と何, と指, ものである, やうで, やうな思ひ, 事すら

▼ 度~ (9, 0.0%)

2 けざま 1 けさま, けて出る, けて斷, けて片, けて落第, けると, け樣

▼ 度見せ~ (9, 0.0%)

1 ておく, てから著作, てくれぬ, てもらいたい, てやりたかった, て呉れぬ, て大丈夫, て貰いたい, て貰った

▼ 度試み~ (9, 0.0%)

1 てあきれ, てた, ても同じ, て居る, て見ず, に引っ張っ, に水門番, を繰返さなけれ, 勇將の

▼ 度~ (9, 0.0%)

1 が留まりました, をざぶざぶやっていると, をはこぶ, をはこんだ, をば, を入れる, を止めた, を踏, を運んだ

▼ 度通った~ (9, 0.0%)

2 ことが 1 からよく, がその, きりだ, だけな, のである, ような, 覚えの

▼ 度食事~ (9, 0.0%)

3 をする 1 に使, の度ごと, をした, を一緒, を抜い, を運ん

▼ 度いの~ (8, 0.0%)

521 も本当

▼ 度ぐるぐる~ (8, 0.0%)

2 巻いて 1 と体, と回り, と廻す, と廻った, 円を, 振り廻してから

▼ 度~ (8, 0.0%)

1 な口吻, な様子, な樣子, に二三歩, に意味, に構え, に立ち上りました, の風景

▼ 度たり~ (8, 0.0%)

2 とも我々 1 ともない, ともゆるされる, ともろくな, とも彼, とも死骸, と雖

▼ 度づゝ~ (8, 0.0%)

1 この村, はこの, は必ず, は鍵, 同じやう, 小さな鐘, 新しい所説, 見廻りに

▼ 度ばかりも~ (8, 0.0%)

1 お玉ヶ池へ, 停電した, 傾斜した, 往來で, 湯を, 示威運動を, 言つてゐられた, 醉ひ

▼ 度までの~ (8, 0.0%)

2 間を 1 ところでは, 任意の, 告文を, 度を, 敗北とは, 羽柴殿からの

▼ 度七分~ (8, 0.0%)

2 あった 1 あつた, くらいで, ぐらいある, といふ体温, に下る, まで上っ

▼ 度上京~ (8, 0.0%)

1 したか, したけれども, したこと, したついで, して, しばらくここ, をまち, を勧め

▼ 度二人~ (8, 0.0%)

1 で一時間, で田舎, の間, の顔, はいっしょ, をふしぎ, を呼び出し, 打ち揃うて

▼ 度会う~ (8, 0.0%)

2 うちに 1 か会わない, ことに, ている, てよく, て酒, 機会を

▼ 度使~ (8, 0.0%)

2 つたり 1 つたこと, はれた用例, ひたくなつ, ひに, ひの, ふにても

▼ 度先生~ (8, 0.0%)

1 がお, が訳読, と治子さん, に学園, に来, のお供, の處, をお

▼ 度~ (8, 0.0%)

1 なり左, に振り, の千鳥女史, の脚, の表, 御報告申上候, 御願い, 謹んで奉

▼ 度東京~ (8, 0.0%)

2 に送つた 1 で彼等, へ出た, へ帰っ, へ戻った, へ戻ろう, を離れ

▼ 度~ (8, 0.0%)

2 とは 1 そのうわなり, でも這入っ, というの, とはの二度目, とは誰, にされた

▼ 度~ (8, 0.0%)

1 にあッ, につかった, に入っ, に入る, へはいる, 煮こぼして, 煮てから, 煮漏すと

▼ 度繰返す~ (8, 0.0%)

2 うちに 1 ことを, のであった, のであります, のでなかなか, 不思議な, 切ない思ひ

▼ 度自殺~ (8, 0.0%)

2 をし, を企てた 1 と云う, に失敗, を考えた, を計った

▼ 度詣り~ (8, 0.0%)

3 をした 1 にもこれ, も寒垢離, をし, をする, を始めた

▼ 度迄も~ (8, 0.0%)

1 あたふたと, お前の, お近, 信者からの, 彼の, 心を, 懸想文を, 番町邸に

▼ 度~ (8, 0.0%)

4 つたこと 2 ひました 1 つたが, へればと

▼ 度あたり~ (7, 0.0%)

1 で捕れる, の同じ, の様子, の海, は寒く, へかけ, まで進む

▼ 度あり~ (7, 0.0%)

1 そのたび, て中, て女房, て明律, て権太, 信心あり, 又夜半

▼ 度いん~ (7, 0.0%)

31 じゃどう, ですいか, でせう, で親分

▼ 度えと~ (7, 0.0%)

1 あつしの, いうから, ころだ, ねまあ, 思うけれども, 思えまして, 思って

▼ 度お目にかかった~ (7, 0.0%)

3 ことが, 事が 1 ことの

▼ 度しかも~ (7, 0.0%)

1 われら草莽の, 不定期に, 同じ仇討, 悠々と, 旧暦の, 着物を, 私は

▼ 度そういう~ (7, 0.0%)

1 ことが, ことも, 事が, 山へ, 程度まで, 経験が, 角を

▼ 度~ (7, 0.0%)

2 あ死なねえ 1 あ云わねえ, づねてやつて下さい, びいたづらに石塔を, びおたづねになつてゐたもののそれらしい, びはなかつたであらう

▼ 度たずね~ (7, 0.0%)

1 てついに, て來, て来, て来た, て来たそうです, て見た, て見たる

▼ 度だけで~ (7, 0.0%)

2 あつた 1 もう沢山, 何か, 充分, 懲り懲りし, 馬並みの

▼ 度~ (7, 0.0%)

1 たりあるいはまた, たりし, たりする, たりないしは, たりふところ紙, たり官吏, たり衣服

▼ 度ない~ (7, 0.0%)

2 からよし 1 という事実, と希う, と思った, 出来るだけ, 青春も

▼ 度なぞは~ (7, 0.0%)

1 あるからっ風, ある家, どこかの, エザウが, ビスケットの, 勇之, 玉の

▼ 度よく~ (7, 0.0%)

1 あの青年, そこの, 室を, 思えと, 考え直して, 見たが, 見直した

▼ 度よりは~ (7, 0.0%)

2 三度と, 二度二度よりは 1 むしろ相対的肥沃度, 二度と味い, 北に

▼ 度ビックリ~ (7, 0.0%)

2 して 1 させられた事, しまして, するよう, だが負けず, です

▼ 度七日~ (7, 0.0%)

3 に一度 2 に一度づつ 1 に一度樣子, ほど朝

▼ 度二階~ (7, 0.0%)

2 の彼 1 から降り, に上つた, の左, へ上っ, へ連れ込ん

▼ 度~ (7, 0.0%)

2 たこと, た事 1 たが, てもそれ, るといふ

▼ 度出る~ (7, 0.0%)

2 か出ない 1 ことに, ことも, と云う, は気の毒, ばかりだ

▼ 度吃驚~ (7, 0.0%)

2 した 1 したわ, する暇, というよう, をした, 起ちかけた膝

▼ 度呼んだ~ (7, 0.0%)

2 がどこ 1 が双方隙, が犬, ぐらゐで僕の, 小しめ, 美代吉が

▼ 度大きな~ (7, 0.0%)

2 声で 1 おいしい西瓜, 吐息を, 声を, 祭を, 聲で

▼ 度左右~ (7, 0.0%)

1 にためらった, に動かし, に持ち換え, に振っ, に振った, の寝, へ振った

▼ 度接吻~ (7, 0.0%)

3 して 2 した 1 ということ, なら三度

▼ 度~ (7, 0.0%)

1 にならない, に対して苦しい, に逢う, に連れられ, のお, の口, の呼びたてる

▼ 度経験~ (7, 0.0%)

2 して 1 したこと, したネズミとり, した後, しても, するであろう濫読

▼ 度~ (7, 0.0%)

2 は線 1 はまだ, は日本内地, をこえ, を区ぎり, を頭

▼ 度羽ばたき~ (7, 0.0%)

3 をし 2 をした 1 の後地上, をしました

▼ 度考え直し~ (7, 0.0%)

2 て頂きたい 1 てそこ, てみねえ, てみる, て見ね, て見給え

▼ 度~ (7, 0.0%)

2 の咲く, を開き 1 が出, が咲く, を開く

▼ 度覗い~ (7, 0.0%)

2 て見る 1 てみまする, て來, て来ました, て見ました, て見ませう

▼ 度~ (7, 0.0%)

1 つて, はう, はれるか, ひすること, ふの, ふべき折, へば

▼ 度言葉~ (7, 0.0%)

2 を交えた, を交した 1 をかけられた, をかへていふ, を交

▼ 度読み~ (7, 0.0%)

21 かへされる, ながらつひ, な七度, 今も, 口の

▼ 度逢つて~ (7, 0.0%)

1 たしかめてからに, ちようだいつて, も例, も繊細, ゐたおばさん, 居る若旦那, 見る氣

▼ 度重ね~ (7, 0.0%)

1 その後一九〇三年版の, ている, てしげしげ, てみ, て仰言った, て塗られた, て鏡

▼ 度限り~ (7, 0.0%)

2 であった 1 でござるぞよ, でよろしい, といふこと, 苦しくない, 見せて

▼ 度~ (7, 0.0%)

2 が消え, が降り 1 が降つたらう, のそこ, 之丞

▼ 度いところ~ (6, 0.0%)

3 がある 1 だったので, ですが, を心

▼ 度うございます~ (6, 0.0%)

1 から, から御, が, なに私は, 何卒お, 絵の具では

▼ 度お目にかかっ~ (6, 0.0%)

2 ていた 1 ている, てお話, て大, て親しく

▼ 度お辞儀~ (6, 0.0%)

5 をした 1 をする

▼ 度きい~ (6, 0.0%)

1 てもあかせない, ても名前, ても有難い, ても解せない, ても飽きなかった, て見たい

▼ 度ぐらいずつは~ (6, 0.0%)

1 きっと有ろう, 家々の, 往来の, 必ずそっと訪ね, 必ず来, 東京へ

▼ 度さう~ (6, 0.0%)

1 いふ呟き, いふ尊い, いふ目に, いふ話が, 云つた, 云ふ

▼ 度さうな~ (6, 0.0%)

1 口を, 樣子が, 滿足の, 無雜作, 興の, 顏を

▼ 度すべ~ (6, 0.0%)

4 からざる 2 からず

▼ 度ずつの~ (6, 0.0%)

1 円弧を, 出番に, 差で, 底浚い, 減少を, 発行その

▼ 度ずつも~ (6, 0.0%)

1 あの噛ん, 入浴した, 出て, 来ましたか, 逢われる事, 魚の

▼ 度でした~ (6, 0.0%)

1 かそれとも, かな, が奥様, が本, けれど田宮さん, ね

▼ 度にわ~ (6, 0.0%)

2 たつて 1 つと, つと泣き出した, ッと, ーっと

▼ 度にわたる~ (6, 0.0%)

1 変死事件, 早馬が, 海岸世界で, 訪問は, 軍功を, 重大な

▼ 度ほども~ (6, 0.0%)

2 長い停電 1 よく湯, 寮の, 気温が, 熱が

▼ 度もと~ (6, 0.0%)

1 のからだ, の可愛い, の店, びらから, 云って, 思ったの

▼ 度やる~ (6, 0.0%)

2 とお前 1 ことが, と手応え, のを, んだ

▼ 度~ (6, 0.0%)

3 ちちん 1 こに, たしか, つてお

▼ 度~ (6, 0.0%)

1 しは, し如く, し来, 來て, 六師雷の, 方の

▼ 度わたくし~ (6, 0.0%)

2 は不思議 1 と押問答, は池上, は父, も国

▼ 度一分~ (6, 0.0%)

1 あった, あるの, にあがっ, に上っ, に上る, に熱

▼ 度一緒~ (6, 0.0%)

1 に成った, に行きません, に行つた事, に附い, に飲み, に飲んだ

▼ 度三分~ (6, 0.0%)

1 です, という東京地方, に下っ, に過ぎなかった, 早く帰っ, 程ある

▼ 度~ (6, 0.0%)

2 つたか 1 のあたり, へはず, へ揺り上げた, 下せにゃ

▼ 度上下~ (6, 0.0%)

1 さしたら薬, した, に動かす, に振り動かした, に靡い, へ無理

▼ 度京都~ (6, 0.0%)

1 に出, へはとも, へ出, へ向かいたい, へ行つて墓守り, まで訪ね

▼ 度~ (6, 0.0%)

2 に流用 1 にまさる, の子供たち, の浴客, の雑誌

▼ 度~ (6, 0.0%)

1 をうねらせたぎり, をかがめ, をぶらぶら, を丸め, を診, を震わせた

▼ 度催促~ (6, 0.0%)

2 した 1 されても, せられて, に見え, の手紙

▼ 度六分~ (6, 0.0%)

1 あったので, ある, ある腰かけてるの, になった, に下っ, ばかり

▼ 度~ (6, 0.0%)

1 において海王星, に入れ, に這入っ, へ入, へ帰っ, へ帰った

▼ 度~ (6, 0.0%)

1 でした, で從來安物, といふこと, と云, に出来る, は贅澤

▼ 度取り~ (6, 0.0%)

1 かわしたが, されてさ, するたあ, をいちいち, をしおる, 三度取りを

▼ 度四度目~ (6, 0.0%)

2 に又 1 から今日, にギロリ, に扉, の勤め

▼ 度~ (6, 0.0%)

1 になつて, に入り, の内, は五十七八度, 寝が, 寝る前

▼ 度~ (6, 0.0%)

1 つて打ち, つて見た, て見た, になっ, 廻し我此劍で, 払ひ

▼ 度撫で~ (6, 0.0%)

2 て見た, ながら鏡 1 て高い, 廻し

▼ 度書い~ (6, 0.0%)

2 て頂けた 1 ている, てみた, てやる, て歯

▼ 度~ (6, 0.0%)

1 にぐいと, に一閃光, に忿懣, に散財, に映, に目

▼ 度~ (6, 0.0%)

1 あり本, といっ, と同様, の記事, も樹, ヲ収ム

▼ 度~ (6, 0.0%)

1 に入る, に呑まれた, の上, の方, を渡っ, 越えて

▼ 度田舎~ (6, 0.0%)

1 から感傷的, に引き込む, の方, の母親, へ返っ, へ遠足

▼ 度~ (6, 0.0%)

2 見た丈 1 にます, めぐりあったそして, 会して, 門を

▼ 度~ (6, 0.0%)

1 をつかんだなり, を掴んだなり, を突い, を突いた, を見上げた, 高く渦

▼ 度~ (6, 0.0%)

2 の神 1 かれ上, に娶ひ, に帰る, の世界

▼ 度~ (6, 0.0%)

3 にした 1 に入れ, に触れた, を振っ

▼ 度~ (6, 0.0%)

1 で逢, に乗ったら, の中, の都合, は止つて, へ帰った

▼ 度行く~ (6, 0.0%)

2 うちに 1 ところを, 中に, 機会は, 馬鹿

▼ 度~ (6, 0.0%)

2 死罪を 1 下ると, 申されました, 藥取りに, 階上へ

▼ 度連れ~ (6, 0.0%)

2 て行っ 1 てかへつて, てっ, て来, て行つて

▼ 度面会~ (6, 0.0%)

1 させて, したる事, して, に来, に来る, 致しました結果

▼ 度~ (6, 0.0%)

2 の頭 1 のない, の先, の孔, を明かした

▼ 度あまり~ (5, 0.0%)

2 の傾斜 1 の熱, の発熱, めだたぬ個所

▼ 度いお~ (5, 0.0%)

1 仕度の, 兄さんたら, 光とは, 屏風など, 漬物に

▼ 度くらいに~ (5, 0.0%)

2 して 1 なっても, 感ずるほど, 船首を

▼ 度く思う~ (5, 0.0%)

1 から今, のである, のです, 本来の, 次第である

▼ 度けれ~ (5, 0.0%)

1 ば一人, ば今夜正子刻, ば何, ば教え, ば神さん

▼ 度こそ~ (5, 0.0%)

1 きまりが, そなた, 嚴重に, 木曾のみか, 異なれ皆国民性

▼ 度この世~ (5, 0.0%)

2 に生まれ 1 に生き返っ, に生れ, へ生れ変っ

▼ 度そして~ (5, 0.0%)

1 ついに二十度以下, 去年の, 最後です, 死なむ, 毎日と

▼ 度でなく~ (5, 0.0%)

2 私等の 1 ほかの, 何度も, 耳に

▼ 度どこ~ (5, 0.0%)

1 かで取り組ん, かで顔, かのホテル, かの藩, を見まわし

▼ 度びつくり~ (5, 0.0%)

3 しました 1 したこと, したわけ

▼ 度~ (5, 0.0%)

1 あがるの, 上がるの, 下げろ, 戻せ, 潜り込んだか

▼ 度~ (5, 0.0%)

1 ぬ, ぬ梢, ぬ附属, まくほり, まく欲

▼ 度わが~ (5, 0.0%)

1 周圍を, 梅雨の, 胸を, 良人と, 頭上に

▼ 度一人~ (5, 0.0%)

1 が縫う, で村, で東京, の人間, の男

▼ 度三月~ (5, 0.0%)

3 に一度 2 に二度と

▼ 度~ (5, 0.0%)

1 あり御, が起ったなら, に候, の外, 計なれ

▼ 度云う~ (5, 0.0%)

1 だけで, てもわからん, ても忙しい, のだ, 事を

▼ 度人間~ (5, 0.0%)

1 が入っ, に歸, の村, の疱瘡, を見た

▼ 度以南~ (5, 0.0%)

2 の地 1 から五十三度四分線以北, に東風濃霧圏, に猛烈

▼ 度凡石城~ (5, 0.0%)

5 はとり毀たれた

▼ 度刷り~ (5, 0.0%)

1 かの綺麗, からなる, の最も, の竹久夢二風, もしくは五度刷り

▼ 度十日~ (5, 0.0%)

3 に一度 1 に一度ぐらゐ, ばかりたった

▼ 度~ (5, 0.0%)

1 だから, である, に下がっ, に下った, に熱

▼ 度~ (5, 0.0%)

1 で逢った, に帰っ, に帰りたい, の方, へ帰っ

▼ 度~ (5, 0.0%)

1 から醒めた, でか, と云う, に描かせられる, を見た

▼ 度~ (5, 0.0%)

2 に情欲 1 を横切り, を渡り, 故先生

▼ 度女中~ (5, 0.0%)

2 を置いた 1 の役, や店, を雇った

▼ 度学校~ (5, 0.0%)

1 の帰り, の権威, まで出かけた, をしくじっ, を去り

▼ 度~ (5, 0.0%)

1 が生る, をつけ, を結ぶ, ニヘチヤクチヤ別り, ノルト云越後ノミナラズ石州予州土州上野下野ニモアリト云

▼ 度小さな~ (5, 0.0%)

1 のを, 刺青を, 咳を, 手が, 聖ヨセフの

▼ 度~ (5, 0.0%)

1 につく, に響いた, に鳴らし, の上, へついた

▼ 度~ (5, 0.0%)

1 から奧, へやつ, へ歸つたお前, を畳もう, を見

▼ 度~ (5, 0.0%)

1 さも, だア, です, ひて, を持

▼ 度往き来~ (5, 0.0%)

2 した 1 したこと, したって, して

▼ 度御飯~ (5, 0.0%)

3 を食べる 1 たべようと, を一緒

▼ 度必ず~ (5, 0.0%)

1 そこに, それを, 上京される, 母に, 盃を

▼ 度~ (5, 0.0%)

1 が出来なくなり, をし, を入れる, を吸, を吹掛け

▼ 度~ (5, 0.0%)

1 ところは, ひは, る夜, る露西亜, ハ三度ニ書スベシ必ズ一度ニ書シ終ルベカラズ

▼ 度戻っ~ (5, 0.0%)

1 てきやしない, ては, てみようで, て五段, て来い

▼ 度押問答~ (5, 0.0%)

2 の末 1 のあげく, の末推測, をし

▼ 度振り返っ~ (5, 0.0%)

1 てその, て東, て見, て見た, て見られた

▼ 度~ (5, 0.0%)

2 を得 1 きたらば, の鐘, 至れば

▼ 度此段~ (5, 0.0%)

1 切に願, 奉願候, 奉願候也, 御届, 貴答

▼ 度歩いた~ (5, 0.0%)

2 ことの, 通り原庭の 1 ことは

▼ 度~ (5, 0.0%)

1 に晒し, に臨んだ, を伝えられ, を思うた, を決した

▼ 度母親~ (5, 0.0%)

1 が上京, が弁解, にも妹, の手製, の見舞い

▼ 度激しく~ (5, 0.0%)

1 打ち合うた, 揺れて, 泣いたそう, 雨戸は, 頭を

▼ 度~ (5, 0.0%)

1 に驚かされた, を打つ, を教わる, を言い合った, を訊き

▼ 度~ (5, 0.0%)

3 を得 1 をうけ, を稟

▼ 度瞬き~ (5, 0.0%)

3 をした 1 して, をしました

▼ 度繰り返した~ (5, 0.0%)

2 のです, ように 1 のを

▼ 度~ (5, 0.0%)

2 をかがめた 1 ぼねを, をかけ, を卸し給え

▼ 度虚空~ (5, 0.0%)

2 を掴んだ 1 に捩れ, をつかん, を掴みまわった

▼ 度~ (5, 0.0%)

1 から潜り戸, に出, の方, へ出, を通りすぎ

▼ 度訪ねた~ (5, 0.0%)

1 お国, かしらぬ, がロジャー氏, ことの, 縁故で

▼ 度~ (5, 0.0%)

1 てお, てみませう, てもらいたい, て貰う, て貰ふため病院

▼ 度~ (5, 0.0%)

1 が急所, に行こう, をした, をやめ, 合っただけの

▼ 度話し~ (5, 0.0%)

1 てみたい, てみましょう, てやらう, て貰った, をした

▼ 度踏ん~ (5, 0.0%)

1 でいやしねえ, でそれでも, でも肥料, でも駄目, で通う

▼ 度~ (5, 0.0%)

2 つたこと 1 つた, つたが, ふうち

▼ 度通っ~ (5, 0.0%)

1 てみました, ても何, ても同じ, ても新, て見

▼ 度電話~ (5, 0.0%)

3 をかけ 1 がかかっ, の呼鈴

▼ 度頼ん~ (5, 0.0%)

1 でみ, でみた, でもどうしても, で来まつ, で見ました

▼ 度~ (5, 0.0%)

4 ごひ 1 を抜かれ

▼ 度いがお前~ (4, 0.0%)

1 の枕元, の馴染, は身代, は錺屋

▼ 度いくら~ (4, 0.0%)

1 ゐ, ゐで, ゐでしたよ, ゐ鹿爪

▼ 度いつ~ (4, 0.0%)

1 て, て云, て伯母, て言

▼ 度いもん~ (4, 0.0%)

2 ですね 1 でございます此処, ですな

▼ 度いもんだ~ (4, 0.0%)

2 な, ね

▼ 度うしろ~ (4, 0.0%)

1 に向きなおっ, をふりかえっ, をふりかえった, を振り向いた

▼ 度かは~ (4, 0.0%)

1 今でも, 地方の, 母に, 瞼の

▼ 度がっ~ (4, 0.0%)

4 ている

▼ 度きいた~ (4, 0.0%)

1 ことが, ことの, ので, 覚えが

▼ 度く無い~ (4, 0.0%)

1 からと云う, なと思った, 事サ所謂鮑の, 心の

▼ 度こういう~ (4, 0.0%)

1 ことが, ことを, 種類の, 話を

▼ 度すなわち~ (4, 0.0%)

1 一エーカアの, 一廻転する, 二時また, 六波羅蜜という

▼ 度すれ~ (4, 0.0%)

1 ばその, ば女, ば誰か, ば風邪

▼ 度それから~ (4, 0.0%)

2 二月か 1 こちらへ, 戌刻半

▼ 度たたい~ (4, 0.0%)

1 ても声, て仁科六郎, て千枝松, て当たらなかったら

▼ 度たび彼~ (4, 0.0%)

2 と喧嘩 1 の友だち, の復活

▼ 度~ (4, 0.0%)

2 やない 1 や, やねえ

▼ 度って~ (4, 0.0%)

1 人格で, 感じだ, 聞えるに, 騒ぎを

▼ 度つづい~ (4, 0.0%)

2 て聞え 1 てそして, て生き

▼ 度づゝ其外週~ (4, 0.0%)

4 り年

▼ 度ないし~ (4, 0.0%)

1 九十度ぐらいに, 二度から, 十二度の, 十五度の

▼ 度において~ (4, 0.0%)

1 それぞれの, 天璽照妙と, 自覚し, 適当の

▼ 度における~ (4, 0.0%)

1 かかる相違, ヘリウム一立方センチメートルを, 性質を, 空気の

▼ 度にか~ (4, 0.0%)

1 あらむ, あッ, 山や, 持運んで

▼ 度によって~ (4, 0.0%)

1 いろいろちがった, それを, 無事越後に, 異っ

▼ 度ばかし~ (4, 0.0%)

1 お辞儀を, 即売会を, 肉叉を, 読みましたつけ

▼ 度ふる~ (4, 0.0%)

3 ことも 1 とその

▼ 度ほか~ (4, 0.0%)

1 にも五, のもの, を聞い, 持てない親

▼ 度ほんの~ (4, 0.0%)

1 一寸は, 偶然と, 十行足らずの, 花どき一時の

▼ 度やはり~ (4, 0.0%)

1 小声で, 小鳥が, 群集の, 阿部さんの

▼ 度よりも~ (4, 0.0%)

1 二十度ばかり, 低い場合, 多く一日, 少し高い

▼ 度よん~ (4, 0.0%)

1 でいる, でみました, でも三度, でも同じ

▼ 度グルグル~ (4, 0.0%)

1 と回わし, と廻つたの, と渦, 廻わっ

▼ 度パチパチ~ (4, 0.0%)

2 と瞬き 1 とひねっ, と瞬

▼ 度三度食事~ (4, 0.0%)

1 に使, の度ごと, をする, を運ん

▼ 度三日~ (4, 0.0%)

4 に一度

▼ 度~ (4, 0.0%)

1 の池, へ行, を覗いた, 煮を

▼ 度~ (4, 0.0%)

1 に伝, に公, に出る, を捨てた

▼ 度両手~ (4, 0.0%)

1 でゆりうごかし, で邪慳, を突い, を顳

▼ 度九分~ (4, 0.0%)

1 あった, だ, で平熱, のところ

▼ 度二三分~ (4, 0.0%)

1 だが, なのに, までさげ, まで出

▼ 度~ (4, 0.0%)

1 だと, になった, に下, をはらう

▼ 度以内~ (4, 0.0%)

1 というの, にあった, の差, まで一定

▼ 度使った~ (4, 0.0%)

2 わけである 1 のだ, のを

▼ 度便所~ (4, 0.0%)

1 に水, に起きた, へ行く, ヘ行ッタコトヲ辛ウジテ記憶シテイル

▼ 度信吾~ (4, 0.0%)

1 は対手, は對手, は智恵子, は智惠子

▼ 度~ (4, 0.0%)

1 が言った, きに, と一緒, に話しかけよう

▼ 度入れ~ (4, 0.0%)

1 たり出し, ている, てそれ, て三度失敗

▼ 度六度~ (4, 0.0%)

1 と度重なるだろう, と敵, の恋, やや有っ

▼ 度~ (4, 0.0%)

1 しくじったから, 又潜つた, 大章魚, 見のがすよう

▼ 度切り~ (4, 0.0%)

1 で一度, で後, で忙しい, なん

▼ 度勝った~ (4, 0.0%)

1 がかえって, のかは, 人の, 方が

▼ 度勝つ~ (4, 0.0%)

2 とその 1 といった按配, ように

▼ 度~ (4, 0.0%)

1 から南, へ, へ三度, 即ち南南西

▼ 度医者~ (4, 0.0%)

1 が帰っ, といや, より病, を呼び

▼ 度十字~ (4, 0.0%)

2 を切っ 1 をきる, を切り

▼ 度又は~ (4, 0.0%)

1 ヱゲレス船フランス船へ, 三度まで, 二度ぐらいまで, 百八十度廻し

▼ 度吉野~ (4, 0.0%)

2 も信吾 1 に來, に来

▼ 度~ (4, 0.0%)

1 込まれて, 込み直した, 込んだコルトーの, 込んで

▼ 度呼ばれ~ (4, 0.0%)

1 て多吉, て御, て拠どころ, て見れ

▼ 度~ (4, 0.0%)

2 をした 1 の出る, をせく

▼ 度唱え~ (4, 0.0%)

1 てまた, て口, 一草より, 朝に

▼ 度~ (4, 0.0%)

1 に塗れよう, をはなれれ, を打っ, を踏みつけ

▼ 度姿~ (4, 0.0%)

1 をかえる, を現, を見せました, を見た

▼ 度~ (4, 0.0%)

4 の中

▼ 度宿屋~ (4, 0.0%)

2 を追 1 から追放, らしい家

▼ 度少し~ (4, 0.0%)

1 の熱, ばかりの米俵, 唇を, 宛ふりたれ

▼ 度~ (4, 0.0%)

1 がしく開い, に治部, に続い, 病人を

▼ 度扁理~ (4, 0.0%)

2 が彼女, が踊り子

▼ 度振り~ (4, 0.0%)

1 て打, 今までの, 廻した, 返して

▼ 度故郷~ (4, 0.0%)

1 に帰りたい, の土地, へ下, へ帰っ

▼ 度明るく~ (4, 0.0%)

3 なったり 1 なつたり

▼ 度~ (4, 0.0%)

2 つたこと 1 つた, の大河の

▼ 度~ (4, 0.0%)

2 のない 1 の内, を繰っ

▼ 度~ (4, 0.0%)

1 に向っ, の方, の果て, へ三度

▼ 度東経六厘~ (4, 0.0%)

4 の処

▼ 度~ (4, 0.0%)

1 の上, をかけ, を渡った, を渡つた上

▼ 度正月~ (4, 0.0%)

1 がある, が来る, のお, の風習

▼ 度此處~ (4, 0.0%)

1 で聽, に君, へ來, へ招待

▼ 度歩い~ (4, 0.0%)

1 てみせる, ても何, ても飽きない, て見た

▼ 度汽車~ (4, 0.0%)

2 で訪ねた 1 の乗りかえ, の通る

▼ 度泣いた~ (4, 0.0%)

1 か知れない, か知れません, すがた, やら

▼ 度添い~ (4, 0.0%)

1 で今年三歳, で迷子, の女子, の談話

▼ 度~ (4, 0.0%)

1 と二人きり, には手紙, の姿, を訪問

▼ 度生き~ (4, 0.0%)

1 ている, てこの, て添われぬ, ながら捕われた

▼ 度病院~ (4, 0.0%)

1 に見舞っ, の門, へ入れられた, へ行く

▼ 度祁山~ (4, 0.0%)

2 に出 1 へ出, へ出た

▼ 度程度~ (4, 0.0%)

1 であった, でそう, の寒, の高熱患者

▼ 度繰りかえし~ (4, 0.0%)

2 ている 1 ても出来, て読んだ

▼ 度聞かされた~ (4, 0.0%)

1 か知れない, ものである, 事が, 事は

▼ 度聞く~ (4, 0.0%)

2 や否 1 ことか, 気が

▼ 度~ (4, 0.0%)

3 の上 1 を上げ下げ

▼ 度舞台~ (4, 0.0%)

2 へ出る 1 へ出, へ来なさい

▼ 度~ (4, 0.0%)

2 の変る 1 を変, を変える

▼ 度見物~ (4, 0.0%)

2 に行った 1 したいと, したが

▼ 度~ (4, 0.0%)

1 で人, の方向転換, の音, の頭脳

▼ 度訊い~ (4, 0.0%)

1 ていた, ても変った, て同じ, て見よう

▼ 度訪問~ (4, 0.0%)

2 して 1 したこと, するうち

▼ 度試し~ (4, 0.0%)

1 て御覧, て見, て見た, に引い

▼ 度読み返し~ (4, 0.0%)

1 ておりました, てみたい, ても飽かざる, て考えてる

▼ 度読む~ (4, 0.0%)

2 がよい 1 とまた, 六年前二年前そして

▼ 度~ (4, 0.0%)

1 が一山ここ, の立派, の言葉, も二軒の

▼ 度~ (4, 0.0%)

4 の命

▼ 度~ (4, 0.0%)

1 にかけておそろしい, にまでかけ, まで, を上下

▼ 度逢い~ (4, 0.0%)

1 てい, に来, 三度四度と, 二度を

▼ 度~ (4, 0.0%)

1 で写し, で見, の面, を覗い

▼ 度電車~ (4, 0.0%)

1 が停っ, に乗せられ, に乗っ, を乗りかえた

▼ 度食べ~ (4, 0.0%)

1 ても毎日一度, ても野球, て煙草, て翌日

▼ 度飲む~ (4, 0.0%)

2 うち四度は 1 ことに, 方が

▼ 度高い~ (4, 0.0%)

2 という 1 声で, 方の

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 つた三度は, つて其中五月のが, ンた

▼ 度あい~ (3, 0.0%)

1 てどの, てまた, によってはたされ

▼ 度あと~ (3, 0.0%)

1 をつけ, をふり, を振りかえる

▼ 度あふ~ (3, 0.0%)

3 のではなし

▼ 度ありました~ (3, 0.0%)

1 が美味しく, けれど決して, よ

▼ 度あります~ (3, 0.0%)

1 あしたあたり又グッ, が風, よ

▼ 度いい~ (3, 0.0%)

1 は, ふてゐやはり, 万年筆を

▼ 度いのだ~ (3, 0.0%)

1 え, それから, つた

▼ 度うち~ (3, 0.0%)

1 くじきおそらくは, のがたいへん, へ歸

▼ 度うなずい~ (3, 0.0%)

1 て, て手紙, て見せた

▼ 度うなずき~ (3, 0.0%)

1 いきなりずぶりと盥, ながらその, ながら唇

▼ 度う御座います~ (3, 0.0%)

1 が, が時間, と云

▼ 度おい~ (3, 0.0%)

1 でなさい, と呼ばれ, と答えた

▼ 度おれ~ (3, 0.0%)

1 が手, にその, の背中

▼ 度お前~ (3, 0.0%)

1 が頼み, の扶, の顔

▼ 度お目にかかり~ (3, 0.0%)

1 に参る, 一度は, 度い

▼ 度かさなり~ (3, 0.0%)

2 ての末 1 それから楽し

▼ 度くっ~ (3, 0.0%)

1 ても三年, てチントレット, て仕様

▼ 度くなっ~ (3, 0.0%)

2 て又 1 て来た

▼ 度くなります~ (3, 0.0%)

21

▼ 度くらいずつ~ (3, 0.0%)

1 その調子, 村に, 相当大きな

▼ 度くるくる~ (3, 0.0%)

1 と廻っ, と舞つた, 撫で廻すと

▼ 度ぐらゐ~ (3, 0.0%)

1 ぶらりと帰つて, 呼ばれて, 思ひ出して

▼ 度こうして~ (3, 0.0%)

1 歩けるもの, 深々と, 結構な

▼ 度さえ~ (3, 0.0%)

1 の神祭り, 思った, 見たこと

▼ 度そうした~ (3, 0.0%)

1 不吉な, 望みを, 罪を

▼ 度そっと~ (3, 0.0%)

1 この神, のぞいて, 落して

▼ 度たたいた~ (3, 0.0%)

1 ことであろう, そしてもう一度, 後郵便局へ

▼ 度だけの~ (3, 0.0%)

1 ことらしい, ようと, 高低が

▼ 度だった~ (3, 0.0%)

1 かに保ち, が姉さん, が白湯

▼ 度だつ~ (3, 0.0%)

1 てありやしない, てここ, てそれ

▼ 度ちかい~ (3, 0.0%)

1 ところも, 勾配にまで, 熱を

▼ 度ちょっと~ (3, 0.0%)

1 引張って, 歩き廻るぐらいの, 逢ったこと

▼ 度つい~ (3, 0.0%)

1 たり消え, てゐます, 今しがたふわふわ

▼ 度つづいた~ (3, 0.0%)

1 かと思う, ときだった, 大暴れ

▼ 度つれ~ (3, 0.0%)

1 てゆくつれ, て來, て行っ

▼ 度でなかった~ (3, 0.0%)

1 が小面, が根, そのたびごと

▼ 度とて~ (3, 0.0%)

1 会ひ, 後を, 願出候

▼ 度どうか~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 度なき~ (3, 0.0%)

1 おん神のしもべと, を示した, 竜巻の

▼ 度なども~ (3, 0.0%)

1 あるのに, その種子, 辰子は

▼ 度なれ~ (3, 0.0%)

1 ど親しみ, ば今, ば今日

▼ 度なんか~ (3, 0.0%)

1 あたしを, 今にも食いつき, 阿母さん

▼ 度なんぞは~ (3, 0.0%)

1 ある気狂い女, かういふこと, 中入が

▼ 度においては~ (3, 0.0%)

1 わずか数時間, 主人より, 阿部に

▼ 度にが~ (3, 0.0%)

1 あが, くり, ッくりと

▼ 度にと~ (3, 0.0%)

1 云えば, 慾張ったら, 最初源氏は

▼ 度に従って~ (3, 0.0%)

1 与えたこと, 多少の, 長短を

▼ 度はと~ (3, 0.0%)

1 おっ母さん, びかかりたいのをがまんしての辞退心の, 茶断塩断神かけ

▼ 度ぱちぱち~ (3, 0.0%)

1 させた, させ改めて, と鳴らした

▼ 度びに~ (3, 0.0%)

1 深く, 脆く柔, 赤くなっ

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 はす, はすたび, はるならば

▼ 度まわし~ (3, 0.0%)

2 てきちんと 1 て見た

▼ 度もう~ (3, 0.0%)

1 たつて, 一音を, 我慢が

▼ 度もしくは~ (3, 0.0%)

1 三度ずつ, 三月九月の, 今一段と

▼ 度もつれ~ (3, 0.0%)

1 て来た, て行, て行きました

▼ 度やつ~ (3, 0.0%)

2 てき 1

▼ 度ゆっくり~ (3, 0.0%)

1 その花, とお話し, 話せれば

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 だもの, びに, び栄蔵は

▼ 度シャッポ~ (3, 0.0%)

1 を冠, を脱い, を脱がず

▼ 度ノック~ (3, 0.0%)

1 したら開けるという, しても, を続け

▼ 度ハッキリ~ (3, 0.0%)

1 と思い出させられた, と感じた, と頭

▼ 度パン~ (3, 0.0%)

1 でもい, と水, と豚

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 一新シ云々の, 失ッテ呆然トサセラレテイタ, 越ユレバ教育ニ供セザルコト明カナリト

▼ 度一しょ~ (3, 0.0%)

1 にのもう, にシネマ, に来た

▼ 度一寸~ (3, 0.0%)

1 出て, 突っついた所, 話したっきり

▼ 度一週間~ (3, 0.0%)

3 に一度

▼ 度丁寧~ (3, 0.0%)

1 にお辞儀, に掻き廻し, に聞き返した

▼ 度三度口~ (3, 0.0%)

1 から血, の中, をつい

▼ 度三度四度目~ (3, 0.0%)

1 にギロリ, に扉, の勤め

▼ 度五分の熱~ (3, 0.0%)

1 が三日, が二十八日, でね

▼ 度五分位~ (3, 0.0%)

1 で熱, の熱, はお

▼ 度亭主~ (3, 0.0%)

1 を持ちました, を持った, を捨て

▼ 度人々~ (3, 0.0%)

1 の会談, の判断, の判斷

▼ 度今夜~ (3, 0.0%)

2 は殘ら 1 の月

▼ 度今日~ (3, 0.0%)

1 のよう, は七十八度, までにお

▼ 度仏恩~ (3, 0.0%)

3 によりまして此庵

▼ 度~ (3, 0.0%)

2 を受けたる 1 向キニ打チ

▼ 度会いたい~ (3, 0.0%)

1 という手紙, ものと, 明日午後六時銀座ナイルで

▼ 度伸子~ (3, 0.0%)

1 に用, の室, の病室

▼ 度低い~ (3, 0.0%)

1 のを, 声で, 天井を

▼ 度偶然~ (3, 0.0%)

1 ある好から, のやう, 落ち合ったこと

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 と堪, も有, も測度計

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 の土地, より其死, 氣にな

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 つたきりだ, つたきりである, ツた

▼ 度入浴~ (3, 0.0%)

1 したり, して, しに

▼ 度入院~ (3, 0.0%)

1 した, したの, してる人

▼ 度出会った~ (3, 0.0%)

1 ことが, 敵は, 時は

▼ 度初め~ (3, 0.0%)

1 からしまい, の方, の樣

▼ 度動かした~ (3, 0.0%)

1 がただ, けれどそれ, だけで

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 に立たなけれ, へ立った, へ通

▼ 度叔父~ (3, 0.0%)

1 に逢い, の家, の横顔

▼ 度取っ~ (3, 0.0%)

1 てくんねえ, ても三度, ても擲ぐられる位

▼ 度取上げ~ (3, 0.0%)

1 ては何度筆, て最初, て目

▼ 度叩いた~ (3, 0.0%)

21 が何

▼ 度叩く~ (3, 0.0%)

1 とグツ, と子供, んです

▼ 度叫んだ~ (3, 0.0%)

1 がその, ことであろう, よ

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 えば, っとく, をしめたる

▼ 度咲く~ (3, 0.0%)

2 ものと 1 つて本

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 の先, をムッ, をモグモグ

▼ 度喀血~ (3, 0.0%)

2 した経験 1 しました

▼ 度回転~ (3, 0.0%)

1 がハッキリ, させた形, すると

▼ 度場所~ (3, 0.0%)

3 をかえ

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 あり, を掘らで, 詣りという

▼ 度夕方~ (3, 0.0%)

1 おそく駅, に一度, に食事

▼ 度外出~ (3, 0.0%)

1 したが, しなければ, をし

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 い呼息, に恐れた, 掃除の

▼ 度大きい~ (3, 0.0%)

1 呼息を, 息を, 鼠に

▼ 度太刀~ (3, 0.0%)

1 へ手, を振り, を振り直し

▼ 度如何~ (3, 0.0%)

1 いたして, に致候, ヲ察スレバ

▼ 度子供~ (3, 0.0%)

1 はますます, は二里, を親

▼ 度存候~ (3, 0.0%)

1 に差, へども今, へば覚束無く

▼ 度~ (3, 0.0%)

2 で振っ 1 に放りあげられた

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 もできまい, をし, をした

▼ 度尋ね~ (3, 0.0%)

1 て, てすぐ, て来た

▼ 度少女~ (3, 0.0%)

1 の寝顔, の幸福, の赧

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 をもて, を堅き, を捲く

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 すれば, と右, 褄取る気

▼ 度希望~ (3, 0.0%)

1 する次第, の到り, 罷在

▼ 度帰つて~ (3, 0.0%)

1 いらつし, 来い何, 来られないかも

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 が下りた, の上り下り, を上げ

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 に吐き去りかけた, のなか, へ出た

▼ 度~ (3, 0.0%)

2 揚げて 1 寄せてから

▼ 度引き~ (3, 0.0%)

1 こんだ女の童, 逢わされた, 逢わせて

▼ 度引返し~ (3, 0.0%)

1 てあの, て各, て奇怪

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 ったり, ってみよう, って見たい

▼ 度往来~ (3, 0.0%)

1 して, しましたが, で二度

▼ 度御免~ (3, 0.0%)

2 し被 1 と言っ

▼ 度御覧~ (3, 0.0%)

1 なさいと, になった, 下さいませ

▼ 度微か~ (3, 0.0%)

1 な唸り声, に, に蒲団

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 を立て, を立てた, 御坐

▼ 度忘れ~ (3, 0.0%)

1 がたい思い出, ていた, て行かれました

▼ 度思った~ (3, 0.0%)

2 か知れません 1 か知れやしない

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 に向, に語り, を倚らしめ

▼ 度我が~ (3, 0.0%)

1 世子に, 叙情詩の, 額を

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 に従軍, をしかけたら勝つ, をやらなけれ

▼ 度戦争~ (3, 0.0%)

2 に出 1 の危機

▼ 度打ち~ (3, 0.0%)

1 すゑた, ふりぬ, 合は

▼ 度押し~ (3, 0.0%)

2 て見た 1 て下さい

▼ 度拝見~ (3, 0.0%)

1 いたしたい, したいと, しました

▼ 度持ち~ (3, 0.0%)

2 あるい 1 山の

▼ 度振る~ (3, 0.0%)

1 と吐出, と白い, のでありました

▼ 度教え~ (3, 0.0%)

1 ていただけ, ても理解, を受け

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 ういう, ういふ, う云う

▼ 度新しい~ (3, 0.0%)

1 命を, 立場から, 興奮を

▼ 度新しく~ (3, 0.0%)

1 私の, 通らねば, 造っても

▼ 度日本人~ (3, 0.0%)

1 が過去, というもの, の住ん

▼ 度書き~ (3, 0.0%)

1 あらためた, などし, には退屈

▼ 度會つて~ (3, 0.0%)

1 も心, 呉れるよう, 見たいと

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 に顏, の上, をキシ

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 になろう, に曲った, の通路

▼ 度此処~ (3, 0.0%)

1 で逢う, に登場, を追い出されたら

▼ 度此匂やか~ (3, 0.0%)

3 な貌花

▼ 度此方~ (3, 0.0%)

2 の方 1 を振返つ

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 に面接, の仕事, の客室

▼ 度江戸~ (3, 0.0%)

1 の吉原, の柳生様, へ出

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 の中, を渡り, を渡る

▼ 度海千餘里至~ (3, 0.0%)

3 拘奴國

▼ 度深く~ (3, 0.0%)

1 突き入れ, 胸の, 頷かれた

▼ 度添どの~ (3, 0.0%)

1 に聞かっしゃれ, はどう, もある

▼ 度~ (3, 0.0%)

2 る芝居 1 って見たい

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 があれ, が出, 出しましたね

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 というもの三張, に応ず, は人

▼ 度現われ~ (3, 0.0%)

1 てそれ, てそれっきり姿, て暴れた

▼ 度現場~ (3, 0.0%)

1 へ来, を見せ, を調べ

▼ 度生れ~ (3, 0.0%)

1 て三度, て初めて, て来る

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 の気, の良馬, をし

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 ひたが, ゐれば, をし

▼ 度~ (3, 0.0%)

2 遣候 1 付く可

▼ 度申し~ (3, 0.0%)

1 てみなさい, ても外, て見よ

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 として彼女, の乞い, は事務所

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 の風呂, へはいる, を歩き回った

▼ 度登っ~ (3, 0.0%)

2 ても仕方 1 てみたい

▼ 度相談~ (3, 0.0%)

2 して 1 がしたい

▼ 度眺め~ (3, 0.0%)

2 大急ぎで 1 て此席

▼ 度~ (3, 0.0%)

3 をした

▼ 度砂糖~ (3, 0.0%)

1 の味, や醤油, を少し

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 がくし, に到達, の前

▼ 度稽古~ (3, 0.0%)

1 をさした, を続ける, を見

▼ 度稿~ (3, 0.0%)

1 をかへて而, を改め, を起し

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 上って, 停りそのまま, 止まって

▼ 度立っ~ (3, 0.0%)

1 てその, て廻り椽, て書庫

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 の飯, を作る, を喰わなけれ

▼ 度粕谷~ (3, 0.0%)

3 の茅廬

▼ 度細君~ (3, 0.0%)

1 に対してはもはや, に手紙, を迎えた

▼ 度続く~ (3, 0.0%)

1 うちかの, とたちまち, と彼ら

▼ 度続けざま~ (3, 0.0%)

2 に後 1 に瞬き

▼ 度繰り返され~ (3, 0.0%)

1 て, てきました, てそれで

▼ 度繰返され~ (3, 0.0%)

1 ていた, てしまいました, て居り

▼ 度繰返された~ (3, 0.0%)

1 かと思ふ, か数, 時誰も

▼ 度繰返した~ (3, 0.0%)

1 ってまとも, ので小うるさく, 頃に

▼ 度考へ直し~ (3, 0.0%)

1 ても同, て愈, て見る

▼ 度聞き~ (3, 0.0%)

1 にける, に行く, に行った

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 をもん, をゆすっ, を聳

▼ 度若し~ (3, 0.0%)

1 この一事, 又それ, 又新聞

▼ 度落第~ (3, 0.0%)

2 して 1 を余儀なく

▼ 度行うた~ (3, 0.0%)

1 事を, 時代も, 精霊会が

▼ 度行きました~ (3, 0.0%)

1 がこの, がね, よ向

▼ 度行ったら~ (3, 0.0%)

1 三度行くだろう, 四度五度六度と, 堤君が

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 で唄え, の女, へもど

▼ 度西~ (3, 0.0%)

1 に転じ, より北十度東, より東十度北

▼ 度見ました~ (3, 0.0%)

1 が, が近頃, よ

▼ 度見直し~ (3, 0.0%)

1 てもその, てもやはり, て行く

▼ 度訪れ~ (3, 0.0%)

1 ても会わない, て来た, ゆふ

▼ 度訪れた~ (3, 0.0%)

1 がお, がその, こと居留守を

▼ 度試みた~ (3, 0.0%)

1 が彼, 事は, 後自分は

▼ 度試験~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 度読み直し~ (3, 0.0%)

1 ておい, て靴, て頂きたい

▼ 度警察~ (3, 0.0%)

1 へあげられた, へ呼ばれた, へ行った

▼ 度負けた~ (3, 0.0%)

1 から私, か知れない, ところで

▼ 度貴女~ (3, 0.0%)

1 と感情, に会いたい, のお

▼ 度~ (3, 0.0%)

2 へ二度 1 へ三度

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 で中田, で何, で逢う

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 につけた, に著, の

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 からで, が見えなくなった, に乗せられ

▼ 度転換~ (3, 0.0%)

1 して, というやつ, をなさった

▼ 度迄は~ (3, 0.0%)

1 聞きました, 許さうと, 許そうと

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 つかけて, ツ払おう, 払つた

▼ 度通り~ (3, 0.0%)

1 か, この程, ておれ

▼ 度通り抜けた~ (3, 0.0%)

3 位では

▼ 度逢う~ (3, 0.0%)

1 うち直に, ところは, のだ

▼ 度運んだ~ (3, 0.0%)

1 とかいう, とか三度, のだった

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 で会った, を横, を訊い

▼ 度遣っ~ (3, 0.0%)

1 ている, て来, て見

▼ 度郷里~ (3, 0.0%)

1 で三度, に帰らなけれ, へ帰ら

▼ 度~ (3, 0.0%)

2 つた 1 つて青年と

▼ 度~ (3, 0.0%)

2 を借りた 1 の鯱

▼ 度銀行~ (3, 0.0%)

1 から一切, の通帳, へまいりました

▼ 度開い~ (3, 0.0%)

1 たり閉じ, てもそれ, て二度幕

▼ 度關係~ (3, 0.0%)

1 がある, した男, のあつ

▼ 度降り~ (3, 0.0%)

1 いよいよ冬, てき, てしまったら

▼ 度~ (3, 0.0%)

2 が降つ 1 の降らぬ

▼ 度青年~ (3, 0.0%)

1 が振り返っ, が振り返った, の方

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 たてて, をたてた, を立て

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 をし, を合せれ, を見

▼ 度食っ~ (3, 0.0%)

1 ちゃ気の毒, てからはもう, てみ

▼ 度食べる~ (3, 0.0%)

1 ものは, よりはせめて, わけである

▼ 度~ (3, 0.0%)

2 を三度 1 を食う

▼ 度飲んだ~ (3, 0.0%)

1 か分らない, ことが, っきりだ

▼ 度~ (3, 0.0%)

1 さらに西, りでは, りも

▼ 度高く~ (3, 0.0%)

1 なる, 空へ, 釜鳴りが

▼ 度ああ~ (2, 0.0%)

1 あの人, 力一杯やった

▼ 度あけ~ (2, 0.0%)

1 たり閉, て見ない

▼ 度あたし~ (2, 0.0%)

1 と踊らない, に結婚

▼ 度あちこち~ (2, 0.0%)

1 と徒渉, へ折れ

▼ 度あなた様~ (2, 0.0%)

1 にお, へ差上げる

▼ 度あやまっ~ (2, 0.0%)

1 ておかない, てやろう

▼ 度いう~ (2, 0.0%)

1 なと叱る, よ

▼ 度いおう~ (2, 0.0%)

1 といけない, と思っ

▼ 度いがお前さん~ (2, 0.0%)

1 の弟, はお

▼ 度いがそれ~ (2, 0.0%)

1 が出, は神津右京樣

▼ 度いが私~ (2, 0.0%)

1 の手許, はそんな

▼ 度いが自分~ (2, 0.0%)

1 が縛られ, は三重楼

▼ 度いです~ (2, 0.0%)

1 な, わさ

▼ 度いとい~ (2, 0.0%)

1 つて居ました, ろ

▼ 度いとおもつ~ (2, 0.0%)

2 てゐる

▼ 度いとそう~ (2, 0.0%)

1 仰しゃるものですから, 言って

▼ 度いと再三~ (2, 0.0%)

1 お願いしました, の掛け合

▼ 度いのなら~ (2, 0.0%)

1 三田君に, 印刷された

▼ 度いわ~ (2, 0.0%)

1 ね, 何処が

▼ 度い様~ (2, 0.0%)

1 になり, に斯

▼ 度い死~ (2, 0.0%)

2 に度

▼ 度い話~ (2, 0.0%)

1 ですわ, はこの

▼ 度うた~ (2, 0.0%)

1 ひたりその, ひて

▼ 度うなずいた~ (2, 0.0%)

1 丈け, 船長は

▼ 度えらい~ (2, 0.0%)

1 剣幕などを, 男の

▼ 度おし~ (2, 0.0%)

1 やはった, 殺したよう

▼ 度お伴~ (2, 0.0%)

1 させて, をする

▼ 度お出かけ~ (2, 0.0%)

1 ください, 下さいますやう

▼ 度お参り~ (2, 0.0%)

1 に来られます, をなさい

▼ 度お話~ (2, 0.0%)

1 がありました, の中

▼ 度かい~ (2, 0.0%)

1 て見たい, らしたわ

▼ 度かえって~ (2, 0.0%)

1 俗人の, 来たが

▼ 度かきくどけ~ (2, 0.0%)

1 ど黙, ど黙黙

▼ 度かけ~ (2, 0.0%)

1 ても落ちた, て見ろ

▼ 度かたむい~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 度かっ~ (2, 0.0%)

1 たり五人, たり恥しい

▼ 度かに~ (2, 0.0%)

1 踏みにじられて, 過ぎなかつた

▼ 度からの~ (2, 0.0%)

1 夜明け方に, 気温の

▼ 度からは~ (2, 0.0%)

1 慣れたもの, 早く出よう

▼ 度かるく~ (2, 0.0%)

1 うなずいたあと, 振った

▼ 度かれ~ (2, 0.0%)

1 は呼びつづけ, は立ち上がっ

▼ 度がって~ (2, 0.0%)

1 仕方が, 居る老人

▼ 度きく~ (2, 0.0%)

1 さぐさ, ものか

▼ 度きこえた~ (2, 0.0%)

1 かと思う, ように

▼ 度きまって~ (2, 0.0%)

1 夜に, 眼を

▼ 度きゃ~ (2, 0.0%)

1 此処から, 税金を

▼ 度くお~ (2, 0.0%)

1 もひ, 思いでしょう

▼ 度くでき得る~ (2, 0.0%)

2 限りの

▼ 度くなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ば俺

▼ 度くなるだろう~ (2, 0.0%)

2

▼ 度くらいまで~ (2, 0.0%)

1 下る土地, 温度を

▼ 度くらいまでの~ (2, 0.0%)

1 範囲すなわち, 間であっ

▼ 度くりかえされ~ (2, 0.0%)

1 て来た, 苦悶の

▼ 度くりかえす~ (2, 0.0%)

1 のは, もので

▼ 度ぐらいじゃ~ (2, 0.0%)

1 解らないけれど, 駄目よ

▼ 度ぐらいまで~ (2, 0.0%)

1 冷えてから, 温度が

▼ 度ぐるり~ (2, 0.0%)

1 と廻っ, と歩き廻った

▼ 度こう~ (2, 0.0%)

1 呟いて, 求めて

▼ 度こけ~ (2, 0.0%)

2 そうに

▼ 度こそは~ (2, 0.0%)

1 三河への, 殿の

▼ 度こづいた~ (2, 0.0%)

1 がそれでも, が水中

▼ 度ごはん~ (2, 0.0%)

2 を食べ

▼ 度ごらん~ (2, 0.0%)

1 になっ, になつて

▼ 度しごい~ (2, 0.0%)

1 て, てみ

▼ 度しなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ば覚えない

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 やなかつた, ろつと

▼ 度じだんだ~ (2, 0.0%)

1 を踏みました, を踏ん

▼ 度じっと~ (2, 0.0%)

1 撫でるよう, 考えて

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 ともあっ, 可く

▼ 度ずっこけ~ (2, 0.0%)

1 最後に, 歩道と

▼ 度せし~ (2, 0.0%)

1 こと次の, といふ事

▼ 度ぜひ~ (2, 0.0%)

1 聖餐を, 逢いたい見たいと

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 なたに, なたを

▼ 度たしかめ~ (2, 0.0%)

2 てみたい

▼ 度たずねた~ (2, 0.0%)

1 とて言う, 事が

▼ 度たたき~ (2, 0.0%)

2 て門

▼ 度たたく~ (2, 0.0%)

1 のほう, ほうの

▼ 度ただ~ (2, 0.0%)

1 一度あいた, 一度その

▼ 度たびクリスト~ (2, 0.0%)

1 の髯, を感ずるであらう

▼ 度たび他人~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 度たび信輔~ (2, 0.0%)

2 に体刑

▼ 度たび学校~ (2, 0.0%)

2 の保証人会議

▼ 度たび本~ (2, 0.0%)

2 を前

▼ 度たび神話的動物~ (2, 0.0%)

2 を発見

▼ 度たべる~ (2, 0.0%)

1 ことにな, だけである

▼ 度ためし~ (2, 0.0%)

1 てみます, て見

▼ 度だけしか~ (2, 0.0%)

1 その天職, 食事を

▼ 度だっても~ (2, 0.0%)

1 ねえじゃ, 自分が

▼ 度だに~ (2, 0.0%)

1 目のあたり御, 鳴って

▼ 度だまされた~ (2, 0.0%)

1 あナッチョラン, か知れねえ

▼ 度ちがった~ (2, 0.0%)

1 文句ちがった, 方角へ

▼ 度ちゃんと~ (2, 0.0%)

1 たべさせて, 食事を

▼ 度ちよ~ (2, 0.0%)

1 つと顔, つぴりと接吻

▼ 度っきり此処~ (2, 0.0%)

2 へ帰っ

▼ 度っきり私~ (2, 0.0%)

2 に教えた

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 たりふところ紙, づみがおひき受けしました

▼ 度ついに~ (2, 0.0%)

1 は全く, 三度めで

▼ 度てえ~ (2, 0.0%)

1 くらゐ, 正月だ

▼ 度であっ~ (2, 0.0%)

1 てもたちまち, ても第

▼ 度であり~ (2, 0.0%)

1 常に私, 第二鉱山

▼ 度でありました~ (2, 0.0%)

2 からなア

▼ 度でございます~ (2, 0.0%)

1 が本当に, のでたしか

▼ 度でしょう~ (2, 0.0%)

1 か, ね

▼ 度といった~ (2, 0.0%)

1 ふうに, 大洪水

▼ 度とかいう~ (2, 0.0%)

1 ところで, 温度である

▼ 度とやら~ (2, 0.0%)

1 申しますから, 見通の

▼ 度とりわけ~ (2, 0.0%)

2 て珍

▼ 度とんぼ~ (2, 0.0%)

1 返りまで, 返りを

▼ 度なし~ (2, 0.0%)

1 にぽろぽろ, に息

▼ 度なっ~ (2, 0.0%)

1 て芝居, て見たい

▼ 度なんぞ~ (2, 0.0%)

1 女に, 如何ぞ

▼ 度においても~ (2, 0.0%)

1 またこれ, また学力

▼ 度について~ (2, 0.0%)

1 ラプラス及び, 学者の

▼ 度にては~ (2, 0.0%)

1 済まず何処, 物の

▼ 度にても~ (2, 0.0%)

1 先生の, 通は

▼ 度にな~ (2, 0.0%)

1 つて一方は, つて終には

▼ 度にまで~ (2, 0.0%)

1 さし伸ばした, 働かせねば

▼ 度にゃ~ (2, 0.0%)

1 とても五十, 持ち出せねえ

▼ 度に関する~ (2, 0.0%)

1 この都市, 疑いを

▼ 度のみ~ (2, 0.0%)

1 ならず, 込みながら

▼ 度はきやすめ~ (2, 0.0%)

2 二度は

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 何處へでも, 其人様の

▼ 度ばかりの~ (2, 0.0%)

1 角度で, 近眼で

▼ 度ばかりは~ (2, 0.0%)

1 向うで, 殺して

▼ 度ひどい~ (2, 0.0%)

1 ときに, 時には

▼ 度ひらいた~ (2, 0.0%)

1 って糞, 眼を

▼ 度ひる~ (2, 0.0%)

1 すぎに, 六度三分夕刻七分

▼ 度びたび~ (2, 0.0%)

1 言う通り, 言う通り穏厚篤実

▼ 度びに顔~ (2, 0.0%)

1 の曇る, を背け

▼ 度び毎~ (2, 0.0%)

1 に例, に親しく

▼ 度ふりほどいた~ (2, 0.0%)

1 三吉の, 縄目の

▼ 度ふれ~ (2, 0.0%)

1 ている, ば里

▼ 度ふれた~ (2, 0.0%)

1 がここ, にすぎない

▼ 度ぶり~ (2, 0.0%)

1 残った呑かけ, 返って

▼ 度へん~ (2, 0.0%)

1 なこと, な犯され

▼ 度ほとんど~ (2, 0.0%)

1 大きい声, 数へる

▼ 度ほんとう~ (2, 0.0%)

1 に情熱, に泣き

▼ 度またたい~ (2, 0.0%)

1 ている, て見せました

▼ 度まわっ~ (2, 0.0%)

1 てしまった, てそれから

▼ 度めぐり~ (2, 0.0%)

1 きたる光栄, て黄銅

▼ 度もう一度~ (2, 0.0%)

1 くりかえして, と四五へん

▼ 度もかの~ (2, 0.0%)

1 女から, 女を

▼ 度もさう~ (2, 0.0%)

1 云ふ, 言ふ

▼ 度もどっ~ (2, 0.0%)

1 てき, てくる

▼ 度もは~ (2, 0.0%)

1 ひる機會, ふり出さうと

▼ 度やりとり~ (2, 0.0%)

2 した手紙

▼ 度やれ~ (2, 0.0%)

1 ばそんなに, ばと自信

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 つくり吸, つくり繰り返して

▼ 度よし~ (2, 0.0%)

1 てもらった, を言

▼ 度よぶ~ (2, 0.0%)

1 と室内, までは決して

▼ 度よみ~ (2, 0.0%)

2 かへし

▼ 度よみ直し~ (2, 0.0%)

1 てはじめて, て見られるなら

▼ 度られる~ (2, 0.0%)

1 様な, 樣な

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 ど又もや, ば口

▼ 度われ~ (2, 0.0%)

1 を否まん, を忘れ

▼ 度を以て~ (2, 0.0%)

1 別な, 整然たる論理

▼ 度イワンデミトリチ~ (2, 0.0%)

2 を尋ねた

▼ 度ウニデス本流以南~ (2, 0.0%)

2 の全貌

▼ 度オ婆サンノ所~ (2, 0.0%)

2 ヘ来

▼ 度クラム~ (2, 0.0%)

1 に頼んだ, はお前

▼ 度クリスト~ (2, 0.0%)

2 を知らない

▼ 度クリストフ~ (2, 0.0%)

1 について行っ, はローザ

▼ 度クルクル~ (2, 0.0%)

1 とまわっ, と指

▼ 度デングリ返し~ (2, 0.0%)

1 を打ち, を打った

▼ 度ハッ~ (2, 0.0%)

1 と胆, と胸

▼ 度バウンド~ (2, 0.0%)

1 して, してから

▼ 度ホッ~ (2, 0.0%)

1 とし, とした

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 と廻り, と月

▼ 度一二分~ (2, 0.0%)

1 から九度四五分の間, になっ

▼ 度一座~ (2, 0.0%)

1 したこと, なすつた

▼ 度一所~ (2, 0.0%)

2 にせず

▼ 度一日~ (2, 0.0%)

1 に彼, も早く

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 け理髮師, 会って

▼ 度三つ~ (2, 0.0%)

1 の窯, は引用

▼ 度三人~ (2, 0.0%)

1 で相談, について歩廊

▼ 度三十分~ (2, 0.0%)

1 あれば, のところ

▼ 度三度ここ~ (2, 0.0%)

1 で飯, に居まし

▼ 度三度これ~ (2, 0.0%)

2 を繰返し

▼ 度三度ごはん~ (2, 0.0%)

2 を食べ

▼ 度三度パン~ (2, 0.0%)

1 でもい, と豚

▼ 度三度四度~ (2, 0.0%)

1 とやり, とやりかえす

▼ 度三度目~ (2, 0.0%)

1 にわが, 誦した

▼ 度三度米~ (2, 0.0%)

1 の飯, を喰わなけれ

▼ 度三度食堂~ (2, 0.0%)

1 にはお, へ出

▼ 度上がり~ (2, 0.0%)

1 などはお客, をしました

▼ 度上げ下げ~ (2, 0.0%)

1 したこと, して

▼ 度上っ~ (2, 0.0%)

1 たり下っ, てみましょう

▼ 度上る~ (2, 0.0%)

1 というわけ, とまた

▼ 度下げ~ (2, 0.0%)

1 つつ, て貰える

▼ 度下り~ (2, 0.0%)

1 たり上っ, て行

▼ 度下宿~ (2, 0.0%)

1 へ行った, を変えた

▼ 度不思議~ (2, 0.0%)

1 と健康, 打たせて

▼ 度且御同人~ (2, 0.0%)

2 之御

▼ 度両親~ (2, 0.0%)

1 に頼んだ, の心

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 の様子, 臣は

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 を尋ねた, 戦場ニ出

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 まわして, まわせば

▼ 度乗り換え~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 度乙女~ (2, 0.0%)

1 に成功, の恋

▼ 度九月~ (2, 0.0%)

1 の晴れた, も末

▼ 度九郎~ (2, 0.0%)

1 が炉, とよぶかりう

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 が友, と握手

▼ 度二日~ (2, 0.0%)

1 に一度, も続い

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 ひ淀んだ被告, ひ聞かしても

▼ 度云った~ (2, 0.0%)

1 ことが, 様な

▼ 度五年~ (2, 0.0%)

2 に一度

▼ 度五度六度~ (2, 0.0%)

1 と度重なるだろう, やや有っ

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 の妻, の禁中

▼ 度人工呼吸~ (2, 0.0%)

2 を試みた

▼ 度人經~ (2, 0.0%)

1 を人, を授け

▼ 度人魚~ (2, 0.0%)

1 を捕り, を見き

▼ 度今年~ (2, 0.0%)

1 の春, の正月

▼ 度今朝一度都合三度此家~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 度付近~ (2, 0.0%)

1 で風, においてクロクロ島本来

▼ 度仙台~ (2, 0.0%)

1 の城下, の方

▼ 度以北~ (2, 0.0%)

1 に住ん, の七島正月

▼ 度以東~ (2, 0.0%)

1 においてこの, において捲き込まれ

▼ 度仰角八十度~ (2, 0.0%)

2 の方向

▼ 度休んだ~ (2, 0.0%)

1 きりで, ってまさかに

▼ 度会い~ (2, 0.0%)

1 にゆき, 度い

▼ 度何人~ (2, 0.0%)

2 かの面前

▼ 度何分廻転~ (2, 0.0%)

2

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 で岩角, に打ち明け

▼ 度使い~ (2, 0.0%)

2 をやっ

▼ 度使おう~ (2, 0.0%)

1 とは思わないだろう, とは思わなかったです

▼ 度使用~ (2, 0.0%)

1 したこと, した歌留多

▼ 度使節~ (2, 0.0%)

1 がワシントン, に付

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 の慄, の投書

▼ 度便り~ (2, 0.0%)

1 があった, がご

▼ 度保子~ (2, 0.0%)

1 からじっと, へ逢いたかった

▼ 度信州~ (2, 0.0%)

1 に帰る, に戻っ

▼ 度倍加~ (2, 0.0%)

1 したもの, した麦粒

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 倒シテ三州ヘ, 室の

▼ 度偉い~ (2, 0.0%)

1 掛声は, 掛聲は

▼ 度停車~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 なる室, へ行っ

▼ 度傾く~ (2, 0.0%)

1 と云う, と沈む

▼ 度傾斜~ (2, 0.0%)

1 した通路, で滑り

▼ 度入っ~ (2, 0.0%)

1 ており, て見たい

▼ 度入った~ (2, 0.0%)

1 がやッぱりあの時, だけで

▼ 度入り~ (2, 0.0%)

1 そこなえば, をと白

▼ 度入湯~ (2, 0.0%)

2 した事

▼ 度八分の熱~ (2, 0.0%)

1 は午後, をだす

▼ 度公儀~ (2, 0.0%)

1 から御貸, の御

▼ 度六分の熱~ (2, 0.0%)

1 あり, に浮

▼ 度共例~ (2, 0.0%)

2 の恥

▼ 度共産党~ (2, 0.0%)

1 と喧嘩, らしい執着

▼ 度共硝子戸越~ (2, 0.0%)

2 に中

▼ 度冷笑~ (2, 0.0%)

2 した

▼ 度冷静~ (2, 0.0%)

2 なること扇風機

▼ 度出した~ (2, 0.0%)

1 がこんな, 後に

▼ 度出仕~ (2, 0.0%)

1 したいと, して

▼ 度出品~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 度出席~ (2, 0.0%)

1 して, を強いられた

▼ 度出掛け~ (2, 0.0%)

1 て仕事, て試写室

▼ 度出来る~ (2, 0.0%)

1 だけ上等, のは

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 をふり下す, を掘り出し持っ

▼ 度別れ~ (2, 0.0%)

2 の握手

▼ 度~ (2, 0.0%)

2 あげを

▼ 度創作~ (2, 0.0%)

1 の世界, の方

▼ 度力任せ~ (2, 0.0%)

1 に壁, に鳴らした

▼ 度動かし~ (2, 0.0%)

1 て喉, て彼

▼ 度動かす~ (2, 0.0%)

1 か或いは, と今

▼ 度勘定~ (2, 0.0%)

1 して, にきまつ

▼ 度勝手~ (2, 0.0%)

1 につづいた, をする

▼ 度勧めた~ (2, 0.0%)

1 ことが, のだ

▼ 度北緯三十度~ (2, 0.0%)

1 の辺, の附近

▼ 度十二月~ (2, 0.0%)

2 には八ヶ度

▼ 度十分間~ (2, 0.0%)

1 ばかりよく, もでっち

▼ 度十年~ (2, 0.0%)

2 に一度

▼ 度十度~ (2, 0.0%)

1 と仕事, と延

▼ 度千兩箱~ (2, 0.0%)

1 を下, を八つ

▼ 度千度~ (2, 0.0%)

1 まはるなら, 清い心

▼ 度午後~ (2, 0.0%)

1 に一度, 早くに

▼ 度半度~ (2, 0.0%)

1 の愛, の馴染

▼ 度卒倒~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 度~ (2, 0.0%)

2 から北

▼ 度南紀新宮~ (2, 0.0%)

2 の奥

▼ 度南緯三十一度~ (2, 0.0%)

1 というブラジル沖, のところ

▼ 度即ち~ (2, 0.0%)

1 世界で, 夏の

▼ 度~ (2, 0.0%)

2 ッテ復還

▼ 度去年以來~ (2, 0.0%)

2 の物語り

▼ 度去年以来~ (2, 0.0%)

2 の物語り

▼ 度参った~ (2, 0.0%)

1 きりで, 事が

▼ 度参詣~ (2, 0.0%)

1 したと, して

▼ 度及び~ (2, 0.0%)

1 それ以上の, 雨の

▼ 度反覆~ (2, 0.0%)

1 された, して

▼ 度受け~ (2, 0.0%)

1 て一遍, て三十人扶持

▼ 度受けた~ (2, 0.0%)

1 ので初度, 黒田さんの

▼ 度口紅~ (2, 0.0%)

2 をつけた

▼ 度叩きつける~ (2, 0.0%)

2 と二匹

▼ 度叫ん~ (2, 0.0%)

1 で地団太, で見た

▼ 度~ (2, 0.0%)

2 なり激しい

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 異なるが, 色ごとに

▼ 度合図~ (2, 0.0%)

1 をし, を示し

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 だけは聞いた, を呼ん

▼ 度名前~ (2, 0.0%)

1 だけは聞いた, を呼ばれた

▼ 度吟じ~ (2, 0.0%)

1 かへせ, て見る

▼ 度吟味~ (2, 0.0%)

1 して, を重ね

▼ 度~ (2, 0.0%)

2 ひかけて

▼ 度呉霊壁~ (2, 0.0%)

2 のあまり

▼ 度呟く~ (2, 0.0%)

1 と又, と香具師

▼ 度呼ばせ~ (2, 0.0%)

1 て奥, て漸く

▼ 度呼ばれた~ (2, 0.0%)

1 お客の, ようであった

▼ 度呼ばれる~ (2, 0.0%)

2 と快よい優しい

▼ 度呼吸~ (2, 0.0%)

1 するやう, をひい

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 を吐きました, を嚥

▼ 度喫驚~ (2, 0.0%)

1 したの, して

▼ 度噛め~ (2, 0.0%)

1 ば一万カロリー, ば十カロリー

▼ 度噛んだ~ (2, 0.0%)

2 がやがて

▼ 度四五分~ (2, 0.0%)

1 あつた, あるので

▼ 度四五度~ (2, 0.0%)

2 繰返すうち

▼ 度四十度~ (2, 0.0%)

1 の發熱, を越す

▼ 度四度五度~ (2, 0.0%)

1 とタミ子, と両手

▼ 度四月~ (2, 0.0%)

1 の二十一日, の末ごろグラジオラス

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 では結婚, に歸

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 をすくいだした, を踏みしめ

▼ 度地気~ (2, 0.0%)

1 の中正, はクリマ

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 の周圍, へいくでしょう

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 つた, なこと

▼ 度外れる~ (2, 0.0%)

1 と又, と滑稽

▼ 度外泊~ (2, 0.0%)

1 したという, した話

▼ 度多い~ (2, 0.0%)

1 ときは, 時には

▼ 度夜中~ (2, 0.0%)

1 に歸, に起き上っ

▼ 度夜間七十四五度~ (2, 0.0%)

1 なり, なりしが

▼ 度大声~ (2, 0.0%)

1 をあげる, を繰り返し

▼ 度大学~ (2, 0.0%)

1 の生理学教室, を見

▼ 度大島~ (2, 0.0%)

1 の襟, 小學校

▼ 度大阪~ (2, 0.0%)

1 で二度, へ会い

▼ 度天保~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ 度夫人~ (2, 0.0%)

1 に会っ, は小さな

▼ 度奥様~ (2, 0.0%)

1 のおかけ, の強い

▼ 度好く~ (2, 0.0%)

1 なること, 晴れた時

▼ 度如此~ (2, 0.0%)

1 に御座候, に御座候以上

▼ 度~ (2, 0.0%)

2 の笑顔

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 の処, の頭

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 がわずらっ, が泣いてる

▼ 度~ (2, 0.0%)

2 した

▼ 度婚約~ (2, 0.0%)

1 して, し二度

▼ 度存居候~ (2, 0.0%)

1 ひし處, へども或は

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 という書物, と称し

▼ 度室外零度~ (2, 0.0%)

2 でありましたからな

▼ 度家老~ (2, 0.0%)

1 に次ぐ, の片倉隼人

▼ 度寄っ~ (2, 0.0%)

1 てくれ, て見る

▼ 度寝返り~ (2, 0.0%)

1 の芸, をした

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 をした, をする

▼ 度審査員~ (2, 0.0%)

2 の目

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 ぜり合い, 戻りして

▼ 度小さい~ (2, 0.0%)

1 咳を, 言葉尻を

▼ 度小屋~ (2, 0.0%)

1 の内, へ追

▼ 度小生~ (2, 0.0%)

1 と逢っ, の本心

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 と申す, 当夜あたりお

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 は, はこちら

▼ 度展覧会~ (2, 0.0%)

1 で一度, を開く

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 から特に, へ行く

▼ 度岡田~ (2, 0.0%)

2 と話す

▼ 度崩れた~ (2, 0.0%)

1 んだ, 箇所の

▼ 度左手~ (2, 0.0%)

1 をふっ, を帯

▼ 度帝劇~ (2, 0.0%)

1 で会, の廊下

▼ 度帰国~ (2, 0.0%)

1 いたしました上, はし

▼ 度帽子~ (2, 0.0%)

1 を振っ, を脱い

▼ 度平次~ (2, 0.0%)

1 に催促, の家

▼ 度広島~ (2, 0.0%)

1 へ来, へ行く

▼ 度床板~ (2, 0.0%)

1 をつかむ, を履

▼ 度店先~ (2, 0.0%)

2 にゐ

▼ 度店屋物~ (2, 0.0%)

1 を取つ, を取る

▼ 度~ (2, 0.0%)

2 を失つて

▼ 度度胸~ (2, 0.0%)

2 をきめれ

▼ 度廃業~ (2, 0.0%)

1 しようと, を決意

▼ 度廊下~ (2, 0.0%)

1 でお, につづく

▼ 度建つ~ (2, 0.0%)

2 もので

▼ 度廻し~ (2, 0.0%)

1 て, て暗号文

▼ 度廻す~ (2, 0.0%)

1 というの, のである

▼ 度廻った~ (2, 0.0%)

1 のに夜, 後その

▼ 度廻転~ (2, 0.0%)

1 して, せられよ

▼ 度引金~ (2, 0.0%)

1 を外し, を引いた

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 の代筆, の力

▼ 度強い~ (2, 0.0%)

1 ことが, 顔に

▼ 度当地~ (2, 0.0%)

1 に来, に来りし

▼ 度彼ら~ (2, 0.0%)

1 の艶容, を救済

▼ 度往き~ (2, 0.0%)

1 かえりして, 何度戻る

▼ 度御み~ (2, 0.0%)

2 足を

▼ 度復活~ (2, 0.0%)

1 させようかと, したの

▼ 度念入り~ (2, 0.0%)

1 にコスリ, に敬礼

▼ 度念願~ (2, 0.0%)

1 に御, に御座候而

▼ 度思い出し~ (2, 0.0%)

2 ても私

▼ 度思い切っ~ (2, 0.0%)

1 て, て眼

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 り, りしたが

▼ 度悲鳴~ (2, 0.0%)

1 がした, を擧げた

▼ 度意外~ (2, 0.0%)

1 な問い, な答

▼ 度感服~ (2, 0.0%)

2 した

▼ 度我慢~ (2, 0.0%)

2 したか

▼ 度或は~ (2, 0.0%)

1 四五日ぶりに, 月に

▼ 度戦線~ (2, 0.0%)

1 から脱走, へ返し

▼ 度戸口~ (2, 0.0%)

1 から日向, に立つ

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 の前, を押した

▼ 度手合せ~ (2, 0.0%)

1 は欠かさず, をした

▼ 度手足~ (2, 0.0%)

1 に痙攣, を動かす

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 流したが, 附り

▼ 度打っ~ (2, 0.0%)

2 ても落ちつい

▼ 度投じた~ (2, 0.0%)

1 時の, 時より

▼ 度~ (2, 0.0%)

2 へきれぬ

▼ 度押しかけ~ (2, 0.0%)

1 てっ, て征服

▼ 度押す~ (2, 0.0%)

2 と前

▼ 度拍子~ (2, 0.0%)

1 とるだけが, もなく上る

▼ 度持ち出す~ (2, 0.0%)

1 ことが, といふこと

▼ 度持っ~ (2, 0.0%)

1 てて, て七度

▼ 度~ (2, 0.0%)

2 を切る

▼ 度振りました~ (2, 0.0%)

1 けれども哀しい, けれども哀しみ

▼ 度振り返られた~ (2, 0.0%)

1 報果者を, 果報者を

▼ 度振向いた~ (2, 0.0%)

2 が此度

▼ 度捨てた~ (2, 0.0%)

1 ものを, 自然を

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 で擦っ, にあて

▼ 度探し~ (2, 0.0%)

1 て回っ, に来るっ

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 ると, るの

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 りしかども, りたまひ

▼ 度支那~ (2, 0.0%)

1 と戦う, の領土

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 先達失礼ながら, 嘉村礒多と

▼ 度教室~ (2, 0.0%)

1 であった実話, でその

▼ 度教師~ (2, 0.0%)

1 となっ, に叱られた

▼ 度散歩~ (2, 0.0%)

1 なら三十度, に連れ

▼ 度文通~ (2, 0.0%)

1 したこと, はしました

▼ 度断られ~ (2, 0.0%)

2 てもこりず

▼ 度斯様~ (2, 0.0%)

1 な舞台姿, な賑やか

▼ 度新た~ (2, 0.0%)

1 なりしより, に考えさせる

▼ 度旋回~ (2, 0.0%)

1 した宇宙航空船, して

▼ 度日本~ (2, 0.0%)

1 に入る, を去り

▼ 度日比谷~ (2, 0.0%)

1 の角, を巡回

▼ 度旦那~ (2, 0.0%)

1 から手紙, の家

▼ 度早く~ (2, 0.0%)

1 東京に, 讀んで

▼ 度明朝七ツ時赤羽橋辻~ (2, 0.0%)

1 まで, まで御

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 に還つ, 使って

▼ 度昔羅馬皇帝~ (2, 0.0%)

2 が凱旋式

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 より御, れ又

▼ 度時として~ (2, 0.0%)

1 は一日おき, は二週間

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 い日, たまってから

▼ 度~ (2, 0.0%)

2 つたか

▼ 度曲げ~ (2, 0.0%)

1 てくれ, て二度

▼ 度月給~ (2, 0.0%)

1 だけを貰, だけを貰い

▼ 度朝鮮~ (2, 0.0%)

1 にその, に行った

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 のうえ, の上

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 の人々, の農家

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 で打ち懲らす, ヲ曳イタコトハアルガ

▼ 度杜子春~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 度東経百五十度附近~ (2, 0.0%)

1 と決った, の海上

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 学校を, 工人は

▼ 度案内~ (2, 0.0%)

1 して, を乞う

▼ 度梳く~ (2, 0.0%)

1 やうに, 處は

▼ 度森さん~ (2, 0.0%)

2 は私

▼ 度横浜~ (2, 0.0%)

1 から大阪, に到着

▼ 度樺太~ (2, 0.0%)

1 から脱獄, へ舞

▼ 度檻房~ (2, 0.0%)

2 へ来た

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 の贈答, をうたいたくなりました

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 の女, の寡黙

▼ 度此家~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 度歩く~ (2, 0.0%)

1 うちに, んだ

▼ 度歸つて來~ (2, 0.0%)

1 てそそくさ, て呉れ

▼ 度死んだ~ (2, 0.0%)

1 その死体, んです

▼ 度死人~ (2, 0.0%)

1 の頬, の顔

▼ 度残り~ (2, 0.0%)

1 の籾, を注射

▼ 度気象能~ (2, 0.0%)

2 肖父

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 づいたこと, にその後

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 のつかない, をかけ

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 の水, を一周

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 の音, を打った

▼ 度泣い~ (2, 0.0%)

1 てこの, て意見

▼ 度注射~ (2, 0.0%)

1 した, の針

▼ 度注意~ (2, 0.0%)

1 したか, を受けた

▼ 度洗っ~ (2, 0.0%)

2 て来

▼ 度浅草~ (2, 0.0%)

1 の区会議員, の観音様

▼ 度消え~ (2, 0.0%)

2

▼ 度深呼吸~ (2, 0.0%)

1 すると, をし

▼ 度清め~ (2, 0.0%)

1 てしまいたい, て土器

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 ッテ見, ラセテ戴キマス

▼ 度測れ~ (2, 0.0%)

1 ば三つ, ば二つ

▼ 度満足~ (2, 0.0%)

1 さうに, に御飯

▼ 度演奏~ (2, 0.0%)

1 をした, を聞かし

▼ 度漢文~ (2, 0.0%)

1 にて相, や英語

▼ 度火事~ (2, 0.0%)

1 で大半, に遭う

▼ 度烈しい~ (2, 0.0%)

1 太刀音が, 頬打ちの

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 かつた, シト雖モヨク散

▼ 度無く~ (2, 0.0%)

1 湧き上って, 笑つた

▼ 度無理~ (2, 0.0%)

1 な出逢, に動かし

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 をくぐつ, をはい

▼ 度煮返し~ (2, 0.0%)

1 ておく, て差上げよう

▼ 度熱い~ (2, 0.0%)

1 手で, 接吻を

▼ 度燃え上らない~ (2, 0.0%)

2

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 には雪, は御

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 に咬まれた, の名

▼ 度狙う~ (2, 0.0%)

1 うちには, のは

▼ 度独り~ (2, 0.0%)

1 でやつ, 頷いて

▼ 度玄関~ (2, 0.0%)

1 に出, を外

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 の時, の鼻

▼ 度現われる~ (2, 0.0%)

1 が魚類, はずな

▼ 度生れた~ (2, 0.0%)

1 信仰は, 子は

▼ 度生れ変っ~ (2, 0.0%)

1 ても酬い切れない, て国賊

▼ 度生死~ (2, 0.0%)

1 を離れられる, を離れる

▼ 度用いた~ (2, 0.0%)

1 ので隣, ナイロンの

▼ 度留置場~ (2, 0.0%)

2 にぶちこまれた

▼ 度異なれ~ (2, 0.0%)

1 ども存在, ばなり

▼ 度~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 度疵もの~ (2, 0.0%)

2 やしみつき

▼ 度登った~ (2, 0.0%)

1 きりです, 記憶が

▼ 度百年一度~ (2, 0.0%)

2 の好い

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 なると共に, に決定的

▼ 度~ (2, 0.0%)

2 の献酬

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 の前, をこすっ

▼ 度目だつ~ (2, 0.0%)

1 てます, て言

▼ 度相手~ (2, 0.0%)

1 を変え, を弄っ

▼ 度省作~ (2, 0.0%)

1 から小言, に逢っ

▼ 度着た~ (2, 0.0%)

1 っきり, ばかりの新しい

▼ 度瞬い~ (2, 0.0%)

2 て見

▼ 度矢張私許~ (2, 0.0%)

2 り目

▼ 度知った~ (2, 0.0%)

1 としてもその, 人に

▼ 度知ってる~ (2, 0.0%)

1 だけどす, のでこちら

▼ 度研究所~ (2, 0.0%)

1 と工場, の方

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 をし, を厚く

▼ 度移転~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 に訪ね, に豚

▼ 度程しか~ (2, 0.0%)

2 顔を

▼ 度程の~ (2, 0.0%)

1 処へ, 金槌を

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 うれば, えて二度

▼ 度突い~ (2, 0.0%)

1 て彼の, て麦酒

▼ 度突く~ (2, 0.0%)

1 と女, と巧

▼ 度~ (2, 0.0%)

2 の外

▼ 度窺った~ (2, 0.0%)

2 平次は

▼ 度立ち~ (2, 0.0%)

1 かえりて, 休みしただけ

▼ 度立った~ (2, 0.0%)

1 がその, 細君は

▼ 度立つ~ (2, 0.0%)

1 て更に, て麾か

▼ 度笑つて~ (2, 0.0%)

2 みせて

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 一の, 三種郵便物に

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 を投げた, を持つ

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 に圧倒, は祖母

▼ 度米国~ (2, 0.0%)

2 へ帰り

▼ 度紀昌~ (2, 0.0%)

1 が眞面目, が真面目

▼ 度紹介~ (2, 0.0%)

1 されたこと, して

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 を持っ, を描いた

▼ 度締め~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 あらば, を切った

▼ 度縁付い~ (2, 0.0%)

2 て夫

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 にうち振った, に緩やか

▼ 度繰りかえす~ (2, 0.0%)

1 うちに, やつは

▼ 度罹っ~ (2, 0.0%)

1 てもまた, て又

▼ 度美味い~ (2, 0.0%)

1 もの食いを, 御馳走を

▼ 度義雄~ (2, 0.0%)

1 の顏, は大野

▼ 度羽根~ (2, 0.0%)

1 だめし, を風

▼ 度考え~ (2, 0.0%)

1 て見た, て見たくなる

▼ 度考えた~ (2, 0.0%)

1 かわかりません, としてもあらゆる

▼ 度聞かれた~ (2, 0.0%)

2 時に

▼ 度聞きたい~ (2, 0.0%)

1 と熱心, ような

▼ 度聞き直し~ (2, 0.0%)

1 ても八幡, てやっと

▼ 度聴いた~ (2, 0.0%)

1 ことが, 事が

▼ 度肯い~ (2, 0.0%)

1 ておい, てみせる

▼ 度背後~ (2, 0.0%)

1 を振り返っ, を振り返った

▼ 度自動車~ (2, 0.0%)

1 で往診, を飛ばした

▼ 度舌打ち~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 度芝居~ (2, 0.0%)

1 の切符, を見

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 がへつて, 侍の

▼ 度~ (2, 0.0%)

2 付いて

▼ 度落ち~ (2, 0.0%)

1 そうに, てその

▼ 度落ちた~ (2, 0.0%)

1 ことも, そうである

▼ 度落ちる~ (2, 0.0%)

1 と出, 脛も

▼ 度葉子~ (2, 0.0%)

1 に会う, をここ

▼ 度薄から~ (2, 0.0%)

1 ぬ唇, ぬ脣

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 がぜんぜん, を取り

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 に失敗, を飼っ

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 の唾, をほとばしらせた

▼ 度行き~ (2, 0.0%)

1 きした, 三度行く

▼ 度行きたい~ (2, 0.0%)

1 と云っ, な

▼ 度行きつ戻りつし~ (2, 0.0%)

2 て居た

▼ 度行つた事~ (2, 0.0%)

1 があります, がある

▼ 度被告~ (2, 0.0%)

1 とジャン, に投げ与

▼ 度裁判~ (2, 0.0%)

1 にかけられた, を開い

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 から表, を返しまし

▼ 度襯衣~ (2, 0.0%)

1 の下, を切り破る

▼ 度見せた~ (2, 0.0%)

1 ことが, そうである

▼ 度見なおし~ (2, 0.0%)

1 てもほんもの, てイヤ

▼ 度見もてゆく~ (2, 0.0%)

2 に哀れ

▼ 度見られない~ (2, 0.0%)

2 月だ

▼ 度見学~ (2, 0.0%)

1 にまいった, に行

▼ 度見廻し~ (2, 0.0%)

1 ていた, てから惜しむ

▼ 度見廻した~ (2, 0.0%)

1 がそのまま, きり再び

▼ 度見直した~ (2, 0.0%)

1 か知れない, 位である

▼ 度見直す~ (2, 0.0%)

1 同じ狂言, 暇は

▼ 度見舞~ (2, 0.0%)

1 に行っ, ひに

▼ 度親分~ (2, 0.0%)

1 に内, を案内

▼ 度親戚~ (2, 0.0%)

2 の中学生

▼ 度言つて~ (2, 0.0%)

1 も黙, ゐた

▼ 度訊く~ (2, 0.0%)

2 とどんな

▼ 度訊問~ (2, 0.0%)

1 して, を受け

▼ 度詣で~ (2, 0.0%)

1 てやろう, 親と

▼ 度説く~ (2, 0.0%)

1 つもりで, も何

▼ 度読んだ~ (2, 0.0%)

1 とて同じ, 人は

▼ 度誰何~ (2, 0.0%)

1 された何しろ, した途端

▼ 度調べ~ (2, 0.0%)

1 て見, に出

▼ 度調べた~ (2, 0.0%)

1 上お, 資料を

▼ 度諫め~ (2, 0.0%)

1 て用, て聞かざれ

▼ 度諸君~ (2, 0.0%)

1 と共に大, に思い出し

▼ 度讀み返し~ (2, 0.0%)

1 ても惡, て下さい

▼ 度讀ん~ (2, 0.0%)

1 で良く, で見

▼ 度豪勢~ (2, 0.0%)

1 な行列, な身なり

▼ 度買っ~ (2, 0.0%)

1 てくれた, てそれ

▼ 度買った~ (2, 0.0%)

1 事も, 八百屋に

▼ 度贋筆~ (2, 0.0%)

1 を買, を買い

▼ 度~ (2, 0.0%)

2 直つて

▼ 度起き~ (2, 0.0%)

1 てでっち, ては天袋

▼ 度起きた~ (2, 0.0%)

1 にし, わよ

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 を訴え, 之書状持越

▼ 度踊つて~ (2, 0.0%)

2 から思ひき

▼ 度踏んだ~ (2, 0.0%)

1 ことに, のかよ

▼ 度躊躇~ (2, 0.0%)

1 した, する

▼ 度身体~ (2, 0.0%)

1 の垢, を上向き

▼ 度車夫~ (2, 0.0%)

1 に声, 亦道

▼ 度転宅~ (2, 0.0%)

2 したが

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 に振っ, をえがいた

▼ 度近う~ (2, 0.0%)

2 ございます

▼ 度返事~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 度述べた~ (2, 0.0%)

1 と思う, 私の

▼ 度逃げ出した~ (2, 0.0%)

1 か知れやしない, 事が

▼ 度通じ~ (2, 0.0%)

1 がある, が付い

▼ 度通つて~ (2, 0.0%)

1 も同じ, 来た

▼ 度通り過ぎた~ (2, 0.0%)

1 が顔, やうな

▼ 度逢え~ (2, 0.0%)

1 ば三度分, ば十度分

▼ 度逢えぬ~ (2, 0.0%)

1 お別れ, 名残りだ

▼ 度逢おう~ (2, 0.0%)

1 ということ, と刀

▼ 度遇った~ (2, 0.0%)

1 きりだ, 客で

▼ 度運ん~ (2, 0.0%)

1 ではしばらく, で来

▼ 度違った~ (2, 0.0%)

1 生首である, 草を

▼ 度遠足~ (2, 0.0%)

1 でなく父, に行った

▼ 度選り~ (2, 0.0%)

1 に選っ, に選つて大家

▼ 度都合三度此家~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 度重なる~ (2, 0.0%)

1 と与八, と退学

▼ 度重ね重ね~ (2, 0.0%)

1 て十百通, 御災難

▼ 度野村~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ 度金銀~ (2, 0.0%)

2 や象牙

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 をもった, を食わぬ

▼ 度銃身~ (2, 0.0%)

2 を掴み

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 の手, を回し

▼ 度鎌倉~ (2, 0.0%)

1 へつれ, を覗い

▼ 度鑑真和上~ (2, 0.0%)

2 を憶

▼ 度長き~ (2, 0.0%)

1 沈默, 沈黙

▼ 度長崎~ (2, 0.0%)

1 へ出, へ帰っ

▼ 度開いた~ (2, 0.0%)

2 目を

▼ 度開く~ (2, 0.0%)

1 と言, 勅封の

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 をおい, を置い

▼ 度間近~ (2, 0.0%)

2 に起る

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 になった, の物資

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 つた熱が, つてからの

▼ 度~ (2, 0.0%)

2 で何

▼ 度院長~ (2, 0.0%)

1 に会う, の愛心

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 に寝, の湯

▼ 度非常~ (2, 0.0%)

1 な努力, に明朗化

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 がさらされましょう, 喰って

▼ 度面識~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 度音程~ (2, 0.0%)

1 とについて話しだした, と九度音程

▼ 度音程下~ (2, 0.0%)

1 の最も, の第

▼ 度頂上~ (2, 0.0%)

1 に引き上げた, に戻っ

▼ 度頷い~ (2, 0.0%)

1 て立ち上り, て見せた

▼ 度願っ~ (2, 0.0%)

1 ても同じ, ても殉死

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 を含んだ, 涼し

▼ 度飛びはね~ (2, 0.0%)

2 てゆきました

▼ 度飛び上っ~ (2, 0.0%)

1 ても灰だらけ, て足

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 なんぞを遣っ, を斷

▼ 度食う~ (2, 0.0%)

1 飯さえも, 飯を

▼ 度食堂~ (2, 0.0%)

1 にはお, へ出

▼ 度飲ん~ (2, 0.0%)

1 でやう, で来た

▼ 度飼っ~ (2, 0.0%)

1 てもらった, て二度

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 をくべた, をつまん

▼ 度~ (2, 0.0%)

1 が放れ暴れた, を見

▼ 度馬鹿らしい~ (2, 0.0%)

2 話だ

▼ 度駆下りよう~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ 度驚かされ~ (2, 0.0%)

2 て了つた

▼ 度~ (2, 0.0%)

2 を撫でた

▼ 度鳴っ~ (2, 0.0%)

1 てその, て三度目

▼1* [4210件]

あいたしと思う, 度あえて速やかなり, 度あおぎながら何, 度あおって甲高い, 度あくびをする, 度あけられるかしれない乾いた動かない, 度あざむいていた, 度あそこへ出, 度あたり氷河と峻険, 度あちらこちらものに手, 度あっちの爺, 度あっちこっちの病院, 度あて一しょに食事, 度あて村役人はべつに, 度あて格闘して, 度あぶなく引っくり返されそう, 度あまり我を安全, 度あやつっていたら, 度あらしてもまた, 度あらんかぎりの, 度ありがとうねをくり返し, 度ありし姿に, 度ありまして一度, 度あるで又子供, 度あるですで俺, 度あればそれでも, 度あれハ今どこにおる, 度あわや雪の, 度あんな発作が, 度あんなにうまそう, 度あゝかうし, 度いえば鼠衣, 度いか帰った処, 度いかに自分は, 度いから買つて来て, 度いかんを問わず, 度いがあれよりも立優つて, 度いがためになされた, 度いがマアお隅さん私, 度いが三四本物干竿, 度いが主人は夜中, 度いが主人鬼三郎さんが殺された, 度いが人一化九で少々, 度いが今度は隠さず, 度いが今日は何だか, 度いが先生には色々, 度いが兎も角歸つて相談, 度いが包を脊, 度いが匿まつたりする, 度いが場所による, 度いが春団治の方, 度いが昨夜お光, 度いが昨夜兩國橋へ引つ返さう, 度いが柄杓か茶碗, 度いが梯子を借り, 度いが構はない, 度いが橋は無い, 度いが正真物の書画, 度いが此處へ來, 度いが為の策謀, 度いが爲の策謀, 度いが生憎あつしは, 度いが研屋の暮し向, 度いが親子でありながら, 度いが道も知れない, 度いくらいに, 度いけないと云われ, 度いし懐かしいわね, 度いし外にも調べる, 度いし頓死とわかつたら, 度いたって先方, 度いだけの事, 度いだけ泣いたら処女の, 度いちど限りとおつし, 度いったのは, 度いったらそのつぎ, 度いつもりらしいですが, 度いでせうが人形, 度いといつておられます, 度いと寧ろ向うから, 度いと殆ど乞食の, 度いと色々苦心を, 度いな角頤, 度いななくとかいろいろ, 度いねえ若旦那の, 度いね廃し給え君, 度いのでしょう脇息に, 度いひ終に, 度いへば鼠衣, 度いやうなお勢, 度いようでございましたよ, 度いよ私のよう, 度いらしいのだ, 度いらしかったがそれでも, 度いらしくズボンの, 度いらっしゃいよ, 度いら立たしい眼を, 度いるんです, 度いろいろな事, 度いわせるのが, 度いわれてもいや, 度いんださうで染井から, 度い会ってエレディヤ, 度い入らつしやい, 度い忘れ得ない愛する, 度い思ひがあつ, 度い折りに塾, 度い止し度い, 度い死に度いと, 度い聞けば君, 度い草色の股引, 度い行き度いと, 度い逢って顔, 度い頼むぜ, 度い願いはなかなか, 度うける様にも, 度うしなひ, 度うすむらさきの, 度うずくまって気配, 度うたいすましたので人々, 度うたれるままに, 度うっかりしてる時, 度うつくしい盛が, 度うてな新聞広告, 度うないか, 度うなずくとすぐ, 度うなづきながら, 度うねりを打っ, 度うまさうに吹かす, 度うらめしそうに, 度うるさくて江戸前, 度うんたった二度, 度えお禮は, 度えって人, 度えんだよ, 度おいでになっ, 度おかあさんと行った, 度おかけ下さい, 度おかしな問答を, 度おきたら取返しの, 度おじぎをしました, 度おずおずした目つき, 度おだやかに言い聞かされた, 度おっしゃっても無駄, 度おっしゃったからね, 度おつきになりました, 度おとずれてビール, 度おとずれたが三度, 度おとづれたぎりの遠つ, 度おどろいて飛び起きた, 度おなじことを, 度おめにかかっている, 度おもふ戀, 度おもい返して呉れない, 度おもったかわからない, 度およそ旅先の, 度おりた頃で, 度おわしませと, 度おんなじなの, 度おんぶした子供, 度お上さんが一寸, 度お仕置申付にて可, 度お出でを願った, 度お前さんとそう, 度お勝手へ行, 度お嬢さんと二人きり, 度お尋ねして, 度お年ちゃんが来, 度お松がある, 度お湯に入れ, 度お父さんと言った, 度お目にかからなければなりませぬ, 度お祖母さんにお, 度お立ち寄り下されたく自分上京, 度お茶が代, 度お見舞に行かなけれ, 度お話しして, 度お釈迦様の誕生日, 度お里は向, 度お金を頂戴, 度お高輕く, 度かうした達意で, 度かえることに, 度かかえろうと思い, 度かかったがそれ, 度かかれたものと, 度かきその歯, 度かく悟ると, 度かけたが通じない, 度かけましたんです, 度かけまわると妙, 度かけるのも, 度かさなつた, 度かさなっていた, 度かしか回って, 度かたをつけなく, 度かったであろうに不幸そのもの, 度かったら水族館へでも, 度かって袖を, 度かっと燃え立った, 度かで見たこと, 度かと思つたらさうでなく, 度かということさえ, 度かなり大きい円陣, 度かも知れたもの, 度からからと響くと, 度からだに傷, 度からめば気, 度かわいそうな女, 度かわった事だの, 度かんしゃくを起こし, 度がった上に, 度がり籠居し, 度きいたらそれを, 度きいろい水を, 度きき耳を, 度ききなおしてから奥, 度きこえたうなり声は, 度きこえるというの, 度きずついた体である, 度きたことが, 度きちんと細君に, 度きっと彼を, 度きのうは朝, 度きましたが青蓮院, 度きまつて夜, 度きゃ遣てやろう, 度きょうがある, 度きりきり舞を, 度きりそれもお前さん, 度きりぢやない, 度きり冗談も何, 度きり口をきい, 度きり御礼を申しあげた, 度きり鼬の道, 度ぎつく光るさま, 度ぎもを抜かれ, 度ぎょうてんしたの, 度ぎょっとして, 度ぎりだ, 度ぎりだぞとくれぐれも念, 度ぎりでその後に一度, 度ぎりのおとづれで一年の行事, 度ぎり神降臨の行, 度くいきまく自分と, 度くずれても蜀, 度くだんの墓地, 度くどいとお, 度くなきや俺, 度くならずにはゐられない, 度くならないところを, 度くなるだらうぢや, 度くねえが笹野, 度くまかり出でましてございます, 度くもねえが松魚, 度くも声が出ぬ, 度くも思つて居らぬ風, 度くも気がせい, 度くらいずつはきっとレコード, 度くらいで習い取った, 度くらいと見ても, 度くらいにはなって, 度くらいにもなって, 度くらいまでは平気だ, 度くらいを往復し, 度くらまして来, 度くりかえし考えてみ, 度くりかえし開かれたが彼女, 度くるりと輪, 度くれぐれ御悦申上候, 度くわしく話して, 度くわつとして悶絶, 度くんくん云ってから, 度く希う情熱を, 度く思いますが, 度く思ふてゐた, 度く感じたのは, 度く成って帰った, 度く祝すから, 度く終った点が, 度ぐいと引いた, 度ぐったりとなっ, 度ぐらいから以上の, 度ぐらいが最も快適, 度ぐらいずつで留ったの, 度ぐらいずつの割合で, 度ぐらいで楽に, 度ぐらいと云いたいが, 度ぐらいによこに, 度ぐらいまでのぬるいの, 度ぐらいも来るのに, 度ぐらいより会ったこと, 度ぐらゐいつでも下げるに, 度ぐらゐかも知れないが, 度ぐらゐきつと訪ねて, 度ぐらゐしか来ない, 度ぐらゐしか姿を見せませんでした, 度ぐらゐしか顔を出さない, 度ぐらゐその御方がお, 度ぐらゐづゝいや一ヶ月, 度ぐらゐづゝ見物し女の子, 度ぐらゐにしとかなけや駄目よ, 度ぐらゐの割合でやつぱり澄江, 度ぐらゐの小型よ, 度ぐらゐの程度で和田英作畫伯, 度ぐらゐの結婚ですんだ, 度ぐらゐは八王子へ金, 度ぐらゐは破壊の憂, 度ぐらゐは算盤を置く, 度ぐらゐは誰かしら斯, 度ぐらゐも傾いて, 度ぐらゐ寄宿舎のま, 度ぐらゐ専務に会, 度ぐらゐ映画を見たら, 度ぐらゐ温度が低く, 度ぐらゐ田舎の買物, 度ぐらゐ顔を出しとかない, 度ぐるりぐるりとまわりました, 度ぐわんと自己の優越, 度ぐんぐん押したと, 度ものの, 度けいれんをした, 度けたたましく鳴ったが, 度けつまずいた事が, 度はれて, 度こいても揃いません, 度こいつの背中, 度こうした排け, 度こけつまろびつあたかも, 度こじれた二人の, 度こそと思う未練, 度こそはと見れげ, 度こちらへ来, 度こっくりとうなずいた, 度こっぴどくやられたもん, 度こづき廻したらあっけに, 度ことが露顕, 度ことしの夏, 度ことばをかけた, 度ことわって置い, 度ことわられそれでも三度, 度こまかい雪が, 度これきりも一度, 度ころがして三度目, 度ころがすうちに, 度ころがってやっと, 度ころがった竹田の, 度ころびましたよ栄三郎さん, 度来臨の, 度ごぜんを運ん, 度ごと母に先立たれた, 度さういふことを, 度さう思ひ込んだ以上は, 度さくいとをかし, 度ささうに同じ, 度さし上げると, 度させて, 度さそいあっておとずれ, 度さらひの, 度されバ船の, 度されたでもあったろう, 度されど雪後の, 度さわってみた, 度しかしてただ一度, 度しかはひらなかつた, 度しくじってもいい, 度しくじった道を, 度しくじりましたがとうとう, 度したいというの, 度したらしまいやさかいな, 度しつやをら身を, 度しないのは, 度しなけりゃならぬというの, 度しばたたいたあと坐った, 度しばらくここに, 度しぶい顔を, 度しましたね, 度しんみりとくりかえした, 度しんみり話さえ出来るなら, 度し始めると夕, 度じいさん達を見た, 度じゃあおぼえられないや, 度すくなからず苦労, 度すこしの熱, 度すごい御馳走に, 度すすっても鼻水, 度すすめても幾度さ, 度すばらしく美しい華族の, 度すべての者, 度する間にあって自ら, 度すれちがつた, 度すゑなければ, 度すんでのこと, 度す事のみ念じ, 度ずうっと引き, 度ずくめのもの, 度ずつぐらいだったが, 度ずつぐらいはシミジミと, 度ずつしかないの, 度ずりの彩色版画, 度はしげに, 度せしめたまふ, 度せずというの, 度せめて二度位であったなら, 度せわしく瞬きを, 度せんたくいたし申候事ニいたすべく, 度ぜひともナジミの, 度そこここに滞留, 度そこそこなん, 度そこらをぐるぐる, 度そしてまた一度は, 度そして又御本宅, 度そつと江戸, 度そば路を踏みはずし, 度それら家族の身, 度それ極道長屋の鉄, 度そん時が三度目, 度胸を, 度たいの命令, 度たかく打ちふった, 度たきとしてねりつぶし, 度たしかお目にかかりましたよ, 度たたかむ千度, 度たたきつぶされた東京が, 度たたきますと中, 度ただ今のよう, 度たった一度です, 度たてに振っ, 度たびいたずらに石塔, 度たびお手本の役, 度たびクラバツクには会つて, 度たびゲエルと一, 度たび一時代を震はせる, 度たび俳諧さへ, 度たび僕を論難, 度たび僕等を, 度たび写真でも見かけ, 度たび出合つてゐる, 度たび古今の天才たち, 度たび外国人の山県公爵, 度たび夢うつつの間, 度たび大島を泣かせ, 度たび姉さまと顔, 度たび引合ひに, 度たび彼女を見る, 度たび滝田君に厄介, 度たび超人倶楽部へ遊び, 度たび辯ぜず, 度たび野蛮な決闘, 度たび音楽会へも出かけました, 度たび風呂の中, 度たび餌を買い, 度たび鸚鵡の籠, 度たべて一部屋, 度たよりをよこした, 度だけでもその男, 度だけというと, 度だけということは, 度だけね一度だけ, 度だめになった, 度だれでもいっ, 度ちゃんとした, 度ちよいと私, 度ちらちらさした, 度ちらりと見ただけ, 度ちんちんもがもがやって, 度ぢかくまでありました, 度っても連の, 度つかれたから四ツ, 度つきとおした中国人は, 度つけてやった, 度つければよい, 度つづけられたら私は, 度つづけるのが, 度つて守りとぐること, 度つながった仲であっ, 度つまずいた彼は, 度つまみ出してだ, 度つよく自分の, 度つるぎと腕にかけて, 度つれ出せば労働者, 度づつお灸をす, 度づつお神さんを揉み, 度づつくる黄昏は駄夫, 度づつその病院へ通, 度づつはやつて來るガラツ八, 度づつは上京して, 度づつは池の端あたり, 度づつは経験する所, 度づつ九十九里浜の真亀納屋, 度づつ五十人の芸妓, 度づつ先生がたの洋風料理, 度づつ凶作に見舞, 度づつ呼吸して, 度づつ家の外廻り, 度づつ座を外しました, 度づつ払暁朝八時十二時入相夜の十時, 度づつ拝受のほか, 度づつ朝はある, 度づつ本では読んだ, 度づつ樣子を見, 度づつ熱が殖え, 度づつ琵琶法師の藤村性禅氏, 度づつ自分の慈悲善根, 度づつ行水をしなけれ, 度づつ見舞に歸, 度づつ通つた, 度づつ通つて外來患者を診察, 度づつ集つては小貝川, 度づゝあり小兒, 度づゝさういふ料理をする, 度づゝその日の食べ物, 度づゝは刈り晝は人並, 度づゝ一度に四匹, 度づゝ些と痛い苦しい, 度づゝ僧院から食事, 度づゝ年取の晩, 度づゝ手でこす, 度づゝ樣子見に, 度づゝ海へ行く, 度づゝ温度が下ります, 度づゝ牽牛星のやう, 度づゝ登つたがいつも, 度づゝ足を洗, 度づゝ遊びに行つた時, 度づゝ酒を飲み, 度づゝ靴下祭参詣の私, 度まえが, 度ていねいに頭, 度てんどんのお, 度であったならばそれ位, 度でありませんでしたから海人, 度であろうと思う, 度でございましたがそれとも, 度でたがパター, 度でないたび重なる, 度でなかつたと言, 度でなく聞いている, 度でなく読んでこういう, 度でなければ沸騰, 度ではない, 度でもけふは, 度でもさういに, 度でやッつけた, 度でれりと横目, 度で仕遂げられるそしてまだ且つ, 度で無く二度までも, 度で馴れるとは思われない, 度というくらいなもの, 度というくらいしか来て, 度というくらいの地震から, 度といふほど読み返す官吏, 度といふほどもある, 度とおいひだつけネ, 度とおったところです, 度とかの女に, 度とかを下廻る方, 度とが時田よりも, 度とくと見直さッ, 度とけたが勢, 度としか呼ばないそういう, 度とっている, 度とっくりと聞かせ, 度とどきて四日目, 度となうれば, 度とにもよること, 度とびとびに摘ん, 度ともすれば響く艪, 度ともと云うの, 度とやと答えたので, 度とりかへても亭主, 度とりあげて考え直さね, 度とりかかってもとうとう, 度とりだして読み, 度とを思い合わせる時, 度とんとんと衝いた, 度とんびの嗅覚, 度どういう御事情, 度どうしてああいう妙, 度どうせ棄権さという, 度どころでは, 度どころか九度も, 度どっちへも首, 度どんな姿にも, 度どんなにこう心で, 度ないとおもふ, 度なおる気に, 度なかつたらう恐らくは懷手, 度ながい手紙を, 度なくなったゆえと, 度なぐさめるように, 度なさったがその, 度なさると新, 度なぞを踏みはじめて, 度なつたけれど, 度なつかしいヤスナヤポリヤナに, 度なつたんですか, 度なでたあとぶっきらぼうに, 度などがおのおの地盤, 度などの機能それぞれの, 度などを追撃し, 度なにくわぬ顔, 度なにかの夜話, 度なほあがいて, 度ならず思ひがけない, 度ならず見てきた, 度ならず言うように, 度ならだけれど, 度ならぬ間に, 度なりしが年中, 度なりに僅かずつ, 度なんだ体裁屋, 度なんかも少しで, 度なんだか判らずに, 度なんと云ふこ, 度なんとか都合し, 度なんとも知れぬ大きな, 度にぎってその, 度にしかならぬ, 度にぜいぜ, 度にぞッと, 度につき八九ペンスから, 度にという工合に, 度にとり込み十両, 度ににこ, 度にね私はね, 度にのんで, 度にぶい音を, 度にや上りけん, 度によつて選ばれた, 度によるのである, 度にわたりいずれも, 度にをこな自分, 度に対し謙信も, 度に対していい押え, 度つと伸し, 度ぬすみ出してお節, 度え心持, 度ねえとはこの事, 度ねがいあげ候, 度ねをして, 度のさういふ機會は, 度のっただけで, 度のぼりおりしただけの代々木駅, 度のみ使としてこの, 度はかるに等, 度はきまつて姿, 度はくり返されません, 度はこんでくれる, 度はじめからとこれ, 度はずかしそうに, 度はずみを取っ, 度はずれた興奮を, 度はぜがひでも, 度はたいたがやがて, 度はたと当惑した, 度はためいて燃えかがやい, 度はっきり断言する, 度はの乗って, 度はばかりへ通った, 度はばたきをしました, 度ばかにされた, 度ばかりさうした, 度ばかりっきゃア締めない, 度ばかりとてい談だの, 度ばかりに火皿の, 度ばかりやつて來て, 度ばさばさゆすぶって, 度ぱちつかせて黙っ, 度ぱちつかせたが箆棒め, 度ぱツぱと使つて見せそれから, 度ひいてくれ, 度ひいた時弾薬の, 度ひき間違った和音をも, 度ひっかかりながら先生, 度ひっくり返して, 度ひっくり返ってその, 度ひっぱたいていただきたい, 度ひとしれず泪を, 度ひとりの鋳物師, 度ひねって止まっ, 度ひょろひょろとして三間, 度ひらひらと振り, 度ひろげたりげんこつ, 度ひろつたんだ, 度びうるさく前に立ちはだかっ, 度びこの円朝像, 度びこれを犯す, 度びごとに巧みにそれ, 度びされるため矢代は答える, 度びそれにつれて梢, 度びそれが大成せられてから, 度びそれを企てて, 度びたびデトロイト時報を引用, 度びたびブダペストへ出掛ける, 度びたび窓の外, 度びたびSOSを打つ, 度びだけはいつもの磊落な風貌, 度びにあのような憂いげな眼差し, 度びにいくらかずつ都合して, 度びにうつらうつらと揺れた, 度びにそっと中を覗い, 度びにその大きな体, 度びにそのことは非常な苦痛, 度びにその時の情な, 度びにそわそわとして自分以外の誰, 度びにそんなに小さく見え, 度びにたつた一つの私, 度びにどぶりどぶりと重い液体, 度びにひそかに考へて, 度びにも女は喜び, 度びによく光る, 度びに二三度立ち見に出かけ, 度びに目に付く, 度びのは父, 度びの二人の危険, 度びはあだかも師弟の関係, 度びは遠慮をした, 度びも消息なき故, 度びアルコールに触れる, 度びッくりした, 度び三度び呟き返し身, 度び世に出で, 度び位ゐも, 度び凄惨な光景, 度び半にし, 度び国民の思想, 度び失敗をくりかえす, 度び床上に跳, 度び度び遇う男, 度び度びされるため矢代は答える, 度び度びの二人の危険, 度び度び美青年の自動車, 度び度び言い訳に来ました, 度び度び電話をかけ, 度び彼の口, 度び心から弟, 度び我輩を口説き, 度び新来の珍奇, 度び東京へ出ずれ, 度び此恐ろしき風習, 度び獄内に入る, 度び相對しました, 度び美青年の自動車, 度び膏肓に入った, 度び西洋より帰り, 度び言い訳に来ました, 度び読返して, 度び議論となる, 度び転籍させられるかも, 度び追放されつひに, 度び電話をかけ, 度び首を出した, 度ぴくぴく動いて, 度ぴたりと停った, 度ぴりぴりと眉, 度ふいて聞かせる, 度ふかし飯を, 度ふざけたのだらう, 度ふせぎ交わしていた, 度ふたふたとさせ, 度ふって何, 度ふったばかりで, 度ふと舞踏場で, 度ふとしたことから, 度ふむ竹ぎれ夕照, 度ふらぬ日は, 度ふらりと訪ね, 度ふられた舞台での, 度ふりかえって見る, 度ふりかえりし時は, 度ふりまわしてニコッ, 度ふり顧ってもすぐ, 度ふれるとすっぽり, 度ふわりと消えた, 度ふわりふわりと動く, 度ふんばっただけで, 度ぶっ倒れたか, 度ぶっつかっている, 度ぶつかつた, 度ぶらさがるように, 度ぶらついて見た, 度ぶん廻わった, 度へたばったってその, 度へと御褒美, 度ほえてそれから, 度ほかお正月に会わない, 度ほか魚のたべられない, 度ほどしか來る, 度ほどずつ人間界に, 度ほどと吐きだして, 度ほどに分けて, 度ほどは茶席であった, 度ほんとに勤め口を, 度ほん物と見, 度たん畑から, 度ぼくはあの, 度まがって電車通り, 度まぎれこんだにし, 度ますます強く相成, 度またたきをする, 度または六度の, 度まだ快復しない, 度まったくの無風, 度までをパン食に, 度まねきければ, 度まばたきしただけで, 度まぶし相に, 度まれには六度以上, 度みかど食堂, 度みせてからにおし, 度みそぎをしてから日本の中, 度みたしと願, 度むしかえして口, 度むだをいった, 度むちが背中, 度めぐって来る, 度めぐり会いてえもので, 度めされ候時病気に, 度めしをやっ, 度めだいまた握手, 度めでたの若松様アア, 度もうけた事は, 度もうこれからはこんな, 度もうしろを, 度もかような, 度もかがみこんだの, 度もかへたといふし, 度もがいてから起き直った, 度もぎ離そうとした, 度もぐもぐさしたが, 度もごもごさせた儘嚥下, 度もさうした, 度もしは一日, 度もしやまた測量技師さん, 度もだってとかもは, 度もちこくが, 度もっときつく反らせた, 度もつねつて, 度もて精しく測定, 度ものものしく動かして, 度もみ合っている, 度もんか, 度やうやうにし, 度やかましく注意された, 度やがて百二三十手頃の, 度やけに振り, 度やすまざるまに, 度やってきて見る, 度やってるかわからない, 度やって来たがどうも, 度やや有って, 度やらせておくれよ, 度やらせれば大抵, 度やらなければ頭, 度やられてから理科, 度やり易いもの, 度やりたがわし, 度やりたいもので, 度やりなおしても衝突, 度やりましたね, 度やり取りした後, 度やり損じた上で, 度やり直しても同じ, 度やり直したあげく力任せに, 度ゆききしたこと, 度ゆきたしと, 度ゆすつたので, 度ゆすぶられますと最前, 度ゆすぶりながら云った, 度ゆらめき動きて, 度ゆらゆらと動い, 度ゆるく空気を, 度ゆるして上げ, 度よいところいざ, 度ような心持, 度ようやく黄巾の, 度よくよくあと先を, 度よこしたがどうも, 度よびたる事も, 度よびましたが答, 度よみかえしてふきだし, 度よみ直したら随分面白かっ, 度よみ返してみた, 度よりによってその時, 度よろけたが直ぐ, 度よろしくねがひ, 度よろめいてゐる, 度よろめいたのち何とか, 度よんどころない事情が, 度らむ因なかりしかば, 度らん由無かりし, 度りいでます時に, 度り奉らんと欲す, 度り奉る可きの由, 度るあるのみ, 度わかすことに, 度わが家の郵便受箱, 度わざとらしく繰り返した正木博士, 度わしは年, 度われらの手, 度われわれの目, 度われ手をその後, 度をもってもし請い問わるるなら, 度を通じておなじよう, 度アイスクリームを持つ, 度アメリカのニュース映画, 度アリアリと描き, 度アルライの頭, 度アンコールにおじぎ, 度イヤだと, 度イワシを食べさせ, 度ウナギめしというわけ, 度ウ二三度ウ撫るウ撫, 度ウ撫るウ撫, 度エルザという女, 度エログロナンセンスでもあるまい, 度オキシフルか昇汞水, 度オズオズと部屋, 度オネダリすること, 度オブラーコの酒場, 度オランウータンを眺め, 度オランダ使節は江戸, 度カアネギイの前, 度カジヤ町のうち, 度カッとなっ, 度カレワラで御, 度カ二度見タト云ウ, 度ガタリと跳ねる, 度御旨ニ候間, 度キエフ市の政権, 度キスを許した, 度キャジノに出現, 度キャンザス市へ出た, 度キリキリ舞ひ, 度ギョッとさせられない, 度ギロリとひんむいた, 度ギーギーなる竹, 度クライノ傾斜面ニシ最初ハ朝夕十五分間グライソノ上ニ寝グリンソン氏式シュリンゲト称スルモノ, 度クライヴィタミン五〇ミリヲ注射, 度クリ返シテ大音ニ読ン, 度グイグイと小突きまわした, 度グッと私, 度グレーの講義, 度ケーベルさんに会っ, 度コゼットは失策, 度コツコツと叩いた, 度コマをた, 度ゴシゴシと火, 度ゴハンをたべる, 度ゴルフ場へお伴, 度ゴロッゴロッと揺り返し, 度ゴンサカという所, 度シガレットを床, 度シッカリと眼, 度シノブにつれられ, 度シバの女王, 度シマッタと思っ, 度シミジミと触れさせる, 度シャッキリ鋏が入れられ, 度シャッターがきられた, 度シュルツへ手紙, 度シュール博士に面談, 度シルクハットをかぶっ, 度シルヴァーが来た, 度シンシンと泌, 度シンミリとそういう, 度ジイと読み返し, 度ジット少年の顔, 度ジャコビン党に殴られた, 度ジロリとレシイナ, 度ステツキを上げ下げ, 度ステトスコープを取り出し, 度スノコへ落ち, 度スラれた, 度スリにやられた, 度スーッとなでまわす, 度スープに洋食, 度ズツ水行ヲシテ食ヲスクナクシテ祈ッタガ, 度セエラに手紙, 度ゼラチンをかけた, 度ゼルビノのお, 度ソロバンはどう, 度ゾッとして身体, 度ゾッとさせられたらしい, 度ゾロゾロとした, 度タタキ殺して, 度タメ息をしいしい, 度タルシシュの船, 度タヴィストックに泊っ, 度ダイヤルを, 度ダケ許ス一度ダケヨ, 度ダビデの詩篇九十一番, 度ダマされた, 度チョッピリ女史のところ, 度チョト拝見さして, 度チラツと見た, 度チースで拵えた, 度ツシタマの古名, 度ツルゲーネフを引く, 度テストした, 度テンカンもちのアブク, 度デスクの前, 度トゥーサンはどもりだ, 度トカ一糎トカ僅少ノ幾何学的問題ニ一生, 度ドアのところ, 度ドゥブレットをやらせ, 度ドカドカと大勢, 度ドシンドシンとぶっつかっ, 度ドラムを打った, 度ナリ信濃マメマゴマメ八升マメであるが, 度在リテ酸素, 度ニェージンの市, 度ニコニコと笑いました, 度ニッコリとし, 度ニヤニヤと笑っ, 度ニヤリと笑った, 度ニンマリと青黒い, 度ニ於テハ二者相距ル事遠シ, 度ニ黒キ大ナル漂流物アリ, 度ハイドの激情, 度ハズレテ旺盛ナ請求ニ応ズル必要ガアッタタメニ, 度ハテな今, 度ハノイから一度, 度ハ桃園ニ義ヲ結ンダ仲デアルガ, 度ハ顔ヲ見, 度バッグを開け, 度バットを揺すっ, 度バルキスの足下, 度パイプを吸っ, 度パシヤパシヤやる, 度パスを請求, 度パタリと表紙, 度パッと吸った, 度パラチブスをお, 度パーラーや玉突き場, 度パーヴェル・パーヴロヴィチは沈默, 度ヒステリイを起した, 度ヒラヒラさせてから, 度ヒロイックな美しい, 度ピエールっていうフランス, 度ピオニェールの野営地, 度ピストルがなりわたりました, 度ピョンピョンはねて, 度ファウスト博士を気取っ, 度フューザン会の時, 度フロウ甲州フロウ江戸フロウ二度ナリ信濃マメマゴマメ八升マメであるが, 度ブランカには追, 度ブルブルと身震い, 度ブーブーと鳴らし, 度プラスマイナス〇・何度にし, 度プロンベスという婦人, 度ベートーヴェンがオーストリア, 度ペガッサスは立, 度ペラペラやつても, 度ページを開いた, 度ホウトウを食べ, 度ホテルのサロン, 度ホロリと泪, 度ホーッとばかり喘ぐ, 度ボタンをおし, 度ボルドーを通つた經驗, 度ボールはその, 度ポケットからハンカチ, 度マッチをすり, 度マデウチヲ出タ故ソレハ忝イガ聞カレヌト云ッタラ, 度マリユスは探り, 度マレイ作戦に加つて, 度ミシミシと幽, 度ムンムンと全身, 度メスを入れました, 度メンションしたら荒木君, 度取ッタコトガアル, 度モコンナ話ヲ持ッテ来タコトハアリマセン, 度モスコーの人間, 度モソノコトヲ話ニジヤガイモサンノオ家, 度モットモット深くかえりみる, 度モトの処, 度モナイバカリカ挑ン, 度モ何度モ聞キ直シテミル, 度モ打診シテ見背中ヲ調ベ, 度モ聞キ直シテミル, 度モ逢ッタコトガナイカラ近附ニ行ッタラ, 度ヤケに金助, 度ヤリ直スンデスカ, 度ヤードのうえ, 度ユダに云, 度ユダヤ横丁を徘徊, 度ヨオロッパに溢れ, 度ヨーロツパの土, 度ライプニッツを受用, 度ライン河畔の幼, 度ランデヴウの後, 度ランプを取り, 度ルネッサンスにむすびつけ, 度ルパンを驚かす, 度レコードされて, 度レターを差し上げ, 度レントゲンを撮つ, 度ワアーッと叫んだ, 度ヴィユウ・コロンビエの舞台, 度一ぱいにさせた, 度一ドルで売れる, 度一七分二〇秒一九度二分四〇秒というよう, 度一册に纏め, 度一分の熱の上下, 度一分十一時にはそれ, 度一分東経二十三度六分の地点において楊博士, 度一分気分余程よろしい, 度一刻を争, 度一同を見廻, 度一周りしようか, 度一回に限る, 度一塊の青酸加里, 度一声なり次第, 度一大事を聞いた, 度一寸顔見ただけ, 度一層恐ろしい悪夢, 度一度期に一閃光, 度一度毎に私, 度一度蚕沙を代, 度一度襯衣を切り破る, 度一時間もしたら, 度一月一日と聖ジョルジュ記念日, 度一期の面接, 度一汁五菜二汁三菜位はつける, 度一海千餘里至對馬國其大官曰卑狗副曰卑奴母離, 度一生懸命の甲高い, 度一種の穏やか, 度一箇月食っても, 度一般試演にかけ, 度一週間分の炊事, 度一里ぐらいを往復, 度七つの時父, 度七八分ですね, 度七分くらゐしか, 度七分の洋上であったと, 度七分の線にまで逐い詰め, 度七分夕方五時ごろから七度五六分, 度七十日の秘密, 度七夕様だわね, 度七度重ね重ねて, 度七度出であ, 度七押に一度, 度七月をする, 度七月二十五日に大発, 度七百度の鉄, 度万一御希望, 度万吉のほう, 度万戸の方, 度万歳の声, 度丈夫になりたい, 度丈掃除するの, 度三万円の大穴, 度三五分となっ, 度三分の一式の建築, 度三分の熱だった, 度三分東経百三十度七分の洋上であったと, 度三分気分が重い, 度三十六分の地点に達す, 度三十分の千島の果て, 度三十名位の奴, 度三合許りの, 度三吉に連れられ, 度三四分といふ程度, 度三度あちこちと徒渉, 度三度おれが手, 度三度お辞儀をした, 度三度ことばをかけた, 度三度ごぜんを運ん, 度三度じだんだを踏ん, 度三度たてに振っ, 度三度はくり返されません, 度三度むちが背中, 度三度めしをやっ, 度三度ウナギめしというわけ, 度三度カアネギイの前, 度三度スープに洋食, 度三度ドシンドシンとぶっつかっ, 度三度ピストルがなりわたりました, 度三度ホロリと泪, 度三度ボタンをおし, 度三度一箇月食っても, 度三度不思議打たせて, 度三度主を替え, 度三度五度六度やや有っ, 度三度五度幾度くりかえしても, 度三度六地蔵のよう, 度三度別荘のまわり, 度三度副食物の事, 度三度十手と匕首, 度三度千早のとりで, 度三度否無限に, 度三度呼鈴を押しました, 度三度唱へてその, 度三度喉も破れよ, 度三度嚥み込まなければ, 度三度四度五度と両手, 度三度場所をかえ, 度三度大声を繰り返し, 度三度大音寺前の田川屋, 度三度妻子のほう, 度三度子供はますます, 度三度官舎の人たち, 度三度山へ行く, 度三度山の下のお, 度三度岩の瘤, 度三度左右に動かし, 度三度庫を開く, 度三度御飯を食べる, 度三度戸口に立つ, 度三度斯う云う, 度三度月の内, 度三度柔い物, 度三度椀皿を洗, 度三度横の通路, 度三度歌の贈答, 度三度水の面, 度三度浩は一行ほか, 度三度浪を叩く, 度三度無駄飯を食っ, 度三度煮豆で飯, 度三度物を打つ, 度三度猛烈な襲撃, 度三度献立を持っ, 度三度甚右衛門は駈け戻っ, 度三度男は事務所, 度三度疾走して, 度三度目位から変, 度三度私の通つた數, 度三度空を突い, 度三度立慶河岸のお茶屋, 度三度笹村の方, 度三度粥食であった, 度三度署長が食事, 度三度膳を並べ, 度三度自分で買わね, 度三度自己満足できない食事, 度三度虚空に捩れ, 度三度蜆汁をのんだ, 度三度言つてゐた, 度三度詑びを云った, 度三度豆腐でなければ, 度三度貴女のお, 度三度身代金を脅喝, 度三度車夫亦道, 度三度輪なりに廻わる, 度三度間をおい, 度三度雪渓を横切った, 度三度電文を読み返し, 度三度頻々としてある, 度三度顔を合せ, 度三度食卓につく, 度三度首を傾げた, 度三度香物ばかり食べさせ, 度三度ARが食事, 度三日三夜なりとも, 度三河屋の隠居所, 度三田行の電車, 度三角巾を取り替えた, 度三階から投, 度三馬が下町, 度上がる奴が, 度上げるだけの熱, 度上らせてもらう, 度上りましたけれどもどうも, 度上り下りしても, 度上人にお目にかかる, 度上品なれっきとした, 度上座の方, 度上手に物, 度上方に運び, 度上梓された, 度上海へ行つて, 度上演されて, 度上瞼と下, 度下すのだ, 度下っている, 度下びた笑い声を, 度下らば, 度下りた方が, 度下女のお, 度下屋敷の方, 度下山を思い立った, 度下島田へかよう, 度下調べをし, 度下車を志し, 度下駄の台, 度取敢得貴意度候, 度不作により困窮, 度不器用に大きい, 度不幸な思い, 度不快な印象, 度不思議そうにドクトル, 度不朽の大作, 度不規則に曲った, 度不足らしい風, 度不運がつづいた, 度与せむとす, 度且又御状一通御届申候ため一筆啓上仕候, 度世帯持になった, 度世界劇場のお, 度肱と, 度両方へ引張り引張り, 度並びにその化学作用, 度中仙道を通っ, 度中国へ行こう, 度中学校の入学, 度中戸川に湯河原, 度中棚まで歩き, 度中正を得, 度中津は正式, 度中間の平地, 度丸亀市で展覧会, 度を替え, 度主人にかけ合, 度主食物は薄い, 度乗ったことの, 度乗らねばと思い, 度乗合自動車が通る, 度乗換えをし, 度乗換えなければならなかった, 度つたこと, 度九分の発熱であった, 度九分以下に下らなかつた, 度九分山々に未だ, 度九分近く出た少々, 度九十度百二十度などさまざま, 度九銭六厘六毛の物品, 度はししか, 度乞いしも許されず, 度乞われたけれども承知, 度乞食のゆき, 度乾いていた, 度予め三日の, 度予備的な実験, 度事ハ三大夫及君御召立がと, 度事ハ古人も在, 度事ハ御国にて流行申候長剣ハ兼而, 度事ハ此儀にて御座候, 度事数々有之候え, 度だ, 度二三分位の熱, 度二三度もしは, 度二三時間の訪問, 度二三町追イ, 度二倍したもの, 度二分の一までの間, 度二分の熱になっ, 度二分の發熱も自分, 度二分北緯五十二度六分女王シャーロット島を遠望, 度二分四〇秒というよう, 度二分熱が出ました, 度二分脈九十呼吸十八だった, 度二十両しぼり出しに, 度二十六年秋に講和, 度二十度の先陣, 度二十度哀れ六尺の丈夫, 度二十日に一度, 度二十許りの, 度二度となくある, 度二度三度と区切っ, 度二度世帯持になった, 度二度引金を引いた, 度二度彼の耳, 度二度異国のおとめ, 度二度目は殿御, 度二日会のピクニック, 度二日間の祇園祭, 度二時三時でも三十八度, 度二時頃シチューとライスカレー, 度二月ばかりかかっ, 度二本の足, 度二百めえとる, 度二百度のお参り, 度云いに来た, 度云い合ってるうちに, 度云つても同じ, 度云ふたかわからない, 度云われると漸く, 度云ウト微カナ足音ガシテ寝間着, 度五ヵ年計画をやれ, 度五分の所まで錨, 度五分の海上を彷徨, 度五分の熱黒襟の女, 度五分の高熱です, 度五分七度五分と二三度, 度五分以下に下っ, 度五分位熱を出し, 度五分位腹も背, 度五分前後の熱, 度五分前後一日二回ずつ発熱, 度五分間ばかり焼く, 度五十二分でこれ, 度五十分より八度前後, 度五十日あまり彼女が姿, 度五度七度重ね重ねて, 度五度帽子を振っ, 度五度幾度くりかえしても, 度五度答なきほど, 度五度逆上した存八, 度五日目に一度, 度五月下旬にも再度, 度五月頃氾濫して, 度五百圓千圓とまとま, 度井上君におぶさっ, 度井戸に飛び込ん, 度亡児の跡, 度交渉申し入れをし, 度交際って見た, 度京子を叱っ, 度京都大學の言語學會, 度京都嵯峨の某, 度人上品妙經六十一卷にあらはれ, 度人北斗諸經録千餘卷, 度人妙經靈書上下篇を受けたらしい, 度人生の充實, 度人知れずそっと女中部屋へ, 度人經上卷とを以てした, 度人血をなめね, 度仁右衛門親仁や私, 度されても, 度今度の出演, 度今晩中には帰っ, 度仏蘭西で六度, 度を生め, 度仕合谷の南, 度他人の手, 度他出中なりけれど, 度他国人から調和, 度他所乍らお目, 度代表者で間, 度令尹の職, 度以上二十一度以下の地, 度以上二度も三度, 度以上五十度近く傾いて, 度以上十三度以下の土地, 度以上千二三百度で燒, 度以上口を利, 度以上夜間五十五六度なるを, 度以上拝聴して, 度以上熱が出ちまっ, 度以上結婚したもの, 度以上雷鳴が轟いたなら, 度以下八五度よりも低い, 度以下四十度なんと云, 度以下数十度の寒, 度以下数度に降らね, 度以下百四十度という極寒, 度以来少しも, 度以東南緯五十度以南の地, 度仮令一命差捨て, 度仰ぎ見てそれ, 度仰っしゃっても環を, 度仲間共一統奉願上候所同月十三日無拠病用, 度伏して懇願, 度伏し拝んで申しあげました, 度伏せた羽を, 度伏見の京橋, 度休みがあった, 度休止がある, 度会いますが私, 度会つた女の名, 度会つておきたいと, 度会つてみたいものだと, 度会イ彼及ビ彼ノ背後ニアル心霊科学ト握手シ, 度会合して, 度会氏の山宮祭場, 度会見が実際, 度伯林から汽車, 度伯母が袷, 度伺おう伺おうと思い, 度伺っただけで, 度伺候したこと, 度棋, 度位いは何処, 度位それを取り, 度位づつ誘ひ出し, 度位づつ四丁目へ行つて見てくれ, 度位づつ報告を持つ, 度位づゝ遊んで, 度位ズツ評定所ヘ出, 度位七八町の間, 度位上京されその, 度位二円組の方, 度位京都へ出張, 度位六円の稿料, 度位女房へ出す, 度位宛かならず例, 度位宛金の有る, 度位実行の出来る, 度位展します, 度位床屋を呼び来り, 度位徹夜して, 度位思出の多い, 度位晩餐会を開いたら, 度位暖いので, 度位来ないとしても, 度位東京へ出張, 度位毘沙門隣の春月, 度位汗の出る, 度位病人が尋ね, 度位私はその, 度位脚湯するなり, 度位荒日がある, 度位華氏の百五, 度位遊びに行く, 度位違ふの, 度位電車で自動車, 度位鬼にし, 度低く智識多き, 度佐佐木に小田原, 度佐渡より越後, 度体操をしました, 度体験したこと, 度何とかいう新聞, 度何分といふ騒ぎ, 度何卒御漏し奉, 度何年か前, 度何度もはっきり, 度何日でも同じ, 度何時ニてもよろしく, 度何百度か知らない, 度何者かに誘拐, 度何處かへ逃げ, 度余りも傾き, 度余所で行き合わせたぎりで, 度余響未だ収まらざる, 度と結婚, 度作つて置けば, 度作者を呼び出した, 度作者漱石が妻, 度使うわけに, 度使さし出候事ハ誠に小, 度使ってみよう, 度使つた物をあれ, 度使つて見たいと, 度使われている, 度使者に臨んだ, 度來たんだけど, 度侍女や乳母, 度供養塔なぞにまじっ, 度を聞こう, 度俊助の方, 度俊吉の今, 度俊基朝臣にお目にかかり, 度俗腸を洗っ, 度はストーヴ, 度遠三, 度信用ある医者, 度信者になつ, 度修めても砂防工事, 度修正には女王, 度修法をする, 度修繕して, 度俳優の位置, 度俳諧の席, 度俺達の代表者, 度ふれしマリア像, 度倒れかかったがあぶない, 度候いしが兎角, 度候えども大兄, 度候これより追, 度候さ候へば三個月以内, 度候ところどう考へ, 度候乍去道筋より入, 度候以上とかい, 度候先は右申入度, 度候右後立山際より罷帰り, 度候孰れ閲読, 度候小生も何, 度候山を見, 度候得共おのれも風邪等, 度候新橋にての別離, 度候本人に直に, 度候此段御案内申進候也, 度候段奉願候処, 度候流行云々など, 度候田に棲む, 度候貴兄には相, 度候趣さてここ, 度候間御役名, 度候間六条村の手下, 度候間能く, 度借りに来た, 度倫敦に遊びたい, 度偃松のカウチ, 度偉大に成り整うた, 度停止申渡す, 度停留所を通り越した, 度健康診断をし, 度備中の国, 度催されただけで, 度催す異形な, 度傷ついた彼女の, 度傷口を改め申そう, 度傾いた円筒は, 度傾けて重ねた, 度傾けさせ給へば, 度傾ケバタチマチ醜人ト化シ, 度僕たちのところ, 度儀御座候へ共, 度儀御座候やうながらあまり長事故, 度儀有之候間明十一日朝五つ時, 度元気を鼓舞, 度兄さんまでひき, 度兄弟して, 度兄貴の家, 度にお, 度先王が急, 度先生とこへき, 度に逢っ, 度入らしたけど英語, 度入らつしやい, 度入りこんだことの, 度入り口の暖簾, 度入るのは, 度入るべき薩州邸は, 度入れかえても同様, 度入れ違ったときに, 度入口の方, 度入学するも, 度入学試験で失敗, 度入念に点検, 度入相の鐘を撞く, 度入選しました, 度真という, 度全島の, 度兩手でゆりうごかし, 度八九分ある少し, 度八九年前に福岡, 度八五郎をハネ, 度八分きりなかった, 度八分午後は三十七度五分, 度八分電話をかけさせ, 度八幡武神ノ大, 度八度と爆破, 度八橋に逢っ, 度八蔵が見廻り, 度八重山群島の民間傳, 度八雲書林を創立, 度公休しるわ, 度公演ずみのもの, 度公衆の前, 度公開して, 度六分の五より二十度二分の一, 度六分の地点において楊博士, 度六分午が七度八分, 度六分女王シャーロット島を遠望, 度六分東経百三十度五分の海上を彷徨, 度六分桑港ヲ隔タル海上八百三哩, 度六分脈百十呼吸二十六であった, 度六十フランも借りた, 度六十位の身体一杯, 度六十度ちかい勾配, 度六十度角で人, 度六地蔵のよう, 度六日と十六日二十六日, 度六時に出, 度共パンにし, 度共劇団に関するお話, 度共手金流れになつて, 度共此大章魚の首縊, 度共産主義を棄てた, 度共町木戸の閉まる, 度共路地の中, 度共輕く逃げられた, 度共運良く死人, 度共首尾よく落第, 度兵馬はこの, 度其かわり何ぞ御, 度其の話の, 度其処を訪う, 度其城主のみ之, 度其婿が細君, 度其宝はオービユルン, 度其年の八月, 度其旨御傳聲希上候, 度其次の夜, 度其用意も致候, 度其留守へ尋ねた, 度其編輯局へ行つて, 度其編集局へ行つて, 度内側から締めて, 度内城へ入, 度内心にお, 度内部をくわしく, 度板達磨の, 度再び夫の, 度冗談にせよ, 度写しをやった, 度写ったはずだ, 度写真を見たら, 度を越し, 度冬季に寄り来る, 度冴え五度消, 度冷たい水を, 度冷めかけた愛情が, 度冷却する割合, 度冷然と睨み付ける, 度凄まじい掛け声が, 度を変, 度凱旋をした, 度出かけてみなくっ, 度出かけた郵便局へ, 度出させるなどの特待, 度出され約二時間, 度出して見る, 度出すと母, 度出つくはし一度などは, 度出でて島崎氏, 度出ましたよ, 度出会ってよく, 度出会つた人である, 度出入したこと, 度出勤したこと, 度出合うてもビックリ, 度出向いて親しく, 度出征兵を送り迎え, 度出掛けるのも, 度出現せらるべき中, 度出番のある, 度出発後五日目の夜, 度出発点に戻し, 度出直す時間も, 度出立いたし日, 度出逢ったが闇太郎, 度分一厘残汁同上二厘だいたい残飯生活, 度分五銭にし, 度分別されるの, 度分金十七両と米十俵, 度切ってまた, 度切つてか, 度切り替へね, 度切り替へる事にもな, 度切望の至り, 度切腹をしかけ, 度刈っても幾度, 度刈り上げる國土に, 度刑事部屋で弄んだ, 度から繰り返した, 度初夏に一度, 度判然とそれ, 度別に深い馴染, 度別れた恋人と, 度別荘のまわり, 度利助の方, 度到って漸く, 度到ればその, 度到着しなければ, 度刷り五度ずりの彩色版画, 度刷位の木版, 度刷百頁近きもの, 度刺客達は討ち果そう, 度剃刀を鳴らし, 度前後三百尺ほど下る, 度前後左右を見まわした, 度剥くってみる, 度副食物の事, 度割れむばかりの喝采が, 度を書きはじめ, 度劇場へやって来, 度劉予公も加え, 度力いっぱい月光の, 度力づよくゆり動かした, 度力一ぱいに鳴らす, 度力強くハタイた, 度力漕をし, 度加える間に, 度加わってみた, 度加茂の川瀬, 度加賀家の指南番, 度加野を尋ね, 度助けられましたのでどんなに, 度助手のお方, 度努力して, 度励まして急がず, 度勅使を待つ, 度勇ましい鬨の声が, 度動いたかとみる, 度動かば先平氏政府, 度動かざる極に, 度動かしたつ切り息が, 度動機不明の変死事件, 度勝って気, 度勝也と書いた, 度勝太は激しい, 度勝負があった, 度よく軍刀, 度勢いよく転んだ, 度勢急に盃, 度勤めをし, 度勤人の堅気, 度い廻った, 度北岳に登っ, 度北方にあり, 度北海道に帰っ, 度北緯は三十何度, 度北緯四度のあたり, 度って疲れず, 度区切りに来た, 度区立女職校に入学, 度十一分に位し, 度十一度十五度そしてついに, 度十二三度裏を返しまし, 度十五たび来たらん, 度十五たび來たらんとも, 度十五度そしてついに, 度十五度十度と延, 度十六分北緯三十六度九分のところ, 度十円や十五円, 度十分訴たえて, 度十四から通う, 度十四分の海上において十二月, 度十夜の晩, 度十年がけの手紙, 度十手と匕首, 度十里の道, 度千世子はフット, 度千両箱を下, 度千度繰返し候ても是非, 度千早のとりで, 度千束町に落ち込んだ, 度千葉へ來, 度千鶴を別室, 度さがりに, 度午後三時頃一人の助手, 度午睡をし, 度半ビスマルク諸島の東端, 度半南方に出, 度半年近く春子さまとシンミリ, 度半東経百二十八度に当ります, 度半液體の塗り直し, 度半荷物は大小九個, 度き者, 度南北は百十七度, 度南北二十五度の外, 度南無阿弥陀仏を唱え, 度南緯三十一度付近においてクロクロ島本来, 度南緯三十六度七分の線にまで逐い詰め, 度南緯二度半ビスマルク諸島の東端, 度南緯四十五度より五十五度, 度南鮮沿海でドカンドカン, 度印度洋で蒸し返した, 度危篤に陥っ, 度卿等の如き, 度厄介になった, 度厚い霜が, 度つぱ, 度原料を取かえる, 度原稿抵の反古, 度原稿紙の反古, 度原級に停められ, 度厭離した自然界, 度去ってまた, 度去った荷車と, 度去年の春, 度参られても御, 度参ります心組で, 度参るに相違ごぜ, 度参候而珍蔵乞可申所存に候, 度参右衛門たちの集っ, 度喜んで, 度友人から, 度ヶ岡へ, 度双方の白刃, 度双眼鏡をもっ, 度反した肉の, 度反問したが, 度反射させて, 度反復しても, 度反撥されても, 度反芻して, 度獲の, 度収容所を訪れた, 度収穫され百味具足, 度叔父さんに御, 度取りあげて丹念, 度取り出して観賞, 度取り替えてもじき, 度取り返して見たい, 度取れるように, 度取出して調合棚, 度取寄せる様にとの, 度取落した位です, 度取調べられてからどことなく, 度受取をよこせ, 度受験しました, 度口あけがある, 度口さきまで出かかった, 度口中を漱ぎます, 度口留をし, 度口笛を吹いた, 度口籠もって, 度口論をした, 度口鬚の巡査, 度鞘から, 度古川橋を渡っ, 度句会をやり, 度けんで置きます, 度叫んだら漢中は, 度連れて, 度召し上るとお, 度召喚した神戸牧師, 度叮嚀にお辞儀, 度叮寧にお辞儀, 度可愛ゆい下駄, 度叱っても鳴きつづける, 度叱りに, 度右左綱を鈕, 度右手を引いた, 度右重々御手数, 度号令を繰返さなけれ, 度吃驚男は純然, 度合せて二十四本, 度合せたが一足, 度合掌礼拝なし一心, 度合方を替, 度吉之助のやる, 度同じこの場所で, 度同一の所, 度同君の宅, 度同席した事, 度同座の榎本虎彦君, 度同氏に問, 度同窓會を開い, 度同窓生の会合, 度名古屋まで行く, 度名誉を博する, 度吐いて, 度吐いた言葉は, 度吐きかけてゆく, 度吐胸を衝い, 度合った, 度向こうへいっ, 度君たち溌剌たる人々, 度君達にも逢いたい, 度吠えるのが, 度一年一生に, 度否無限に, 度吸うと云った, 度吸ひたいと思つて, 度吹いて天下, 度吹きながら遠ざかった, 度吾が胸に, 度吾児の血, 度吾輩の専門, 度呆気にとられ, 度呆然となった, 度呉侯のお, 度ると, 度周章てて部屋, 度周馬は鏡下, 度味わい返しただろう, 度味われはすまい, 度呻いてがくり, 度呼ばして返事, 度呼ばわったと云う, 度呼ばわらせたが城中, 度呼びにゆく, 度呼びかけてみた, 度呼びかけられたので小太郎, 度呼びたてました, 度呼びつづけるとようよう, 度呼びましたが返辞, 度呼び交わしたのち雛妓と, 度呼び出された後上気した, 度呼び出しをうけ, 度呼び留めましたけれども馬子, 度呼ぶ声, 度呼べ我必ず, 度呼んだら返事しよう, 度呼出されて念入り, 度呼鈴を押しました, 度を助けられたらしい, 度命がけの大, 度命令をくり返し, 度和歌宮先生に会っ, 度和歌浦の波止場, 度和談になっ, 度咎められては困る, 度咯血したこと, 度などというの, 度咲き同じその頃, 度咳ばらいして, 度咳払いをした, 度哀れ六尺の丈夫, 度品物を届け, 度哲学的学科に対する興味, 度唐崎へ往, 度唯今蒸氣船御買上, 度へてその, 度唱うる者は, 度唱えるのです, 度唱ウルコト之ナリ, 度つて立ち, 度唸ったかと思う, 度唸つて立上つた気勢, 度唾液を呑み込ん, 度商売気を離れ, 度商業をなし, 度を重ねた, 度問い合せがある, 度問い合わせか何, 度問われてもやはり, 度善蔵氏に少しく, 度も破れよ, 度喘いだ末に, 度喚んで見た, 度喜び聞えなほ四方山, 度喧嘩して, 度うと, 度喫驚それが即ち, 度はなけれ, 度喰わなくったって, 度嘆賞するに, 度嘆願書の提出, 度嘗て五學の, 度を言った, 度嘶くを聞き尋ね, 度み込まなければ, 度のつく, 度四五たび風に吹廻, 度四五分の間を毎日, 度四分ノ三という約束, 度四分三十三秒がで, 度四分以南に流氷圏, 度四分位となる, 度四分北緯三十二度六分桑港ヲ隔タル海上八百三哩, 度四分半となる, 度四分後頭部が痛む, 度四分気分はい, 度四分線以北くらいへかけ, 度四十五度九十度百二十度などさまざま, 度四十分に亙り, 度四十分の地点にあり, 度四十四分で北極, 度四度人の滑つた跡, 度四度呆気にとられ, 度四度失敗したあと, 度四度拡張した結果, 度四度擴張した結果, 度四度案内を乞う, 度四度深呼吸すると, 度四度續けて片, 度四度電話をかけ, 度四方の壁, 度四肢が痙攣, 度四郎を招きました, 度回って左右, 度回向して, 度回転椅子の上, 度団体マラソン競走というの, 度困窮ノ直, 度図書館に通いまし, 度固く動かして, 度固執を離れ, 度固辞して, 度国境の方面, 度国際的の会議, 度國家ニ徴集スルト共ニ朝鮮ニ在ル内鮮人ハ平等, 度を描い, 度土地というもの, 度土曜日の朝, 度土石を飛ばし, 度土間の隅々, 度圧し鎮めて, 度地べたにすりつけろ, 度地上へ積, 度地勢を見た, 度地団太を踏ん, 度地水師の卦, 度地震はあった, 度地面を踏み鳴らしました, 度垢離とも千願垢離, 度埋葬されたと, 度基督教の伝導婦, 度堂々めぐりをし, 度報道されたよう, 度をも失っ, 度場末の芸者, 度場當りを, 度塗って展し, 度塗らなければツヤ, 度塩加減をし, 度塩味を見ます, 度境内へ足, 度墓参りをしたい, 度助郷, 度墜落の時夢中, 度を叩きました, 度壊しちゃ結い, 度壊れたんです, 度売ってしまっ, 度売った書物を, 度売りやってもうける, 度売卜者にも聞かされた, 度売命は鏡作連, 度売命玉祖命の五人, 度壺井さんへ一度, 度変えたがまず, 度変っている, 度変更されて, 度にきた, 度夏休みに泊り, 度夕方三度と合せ, 度夕暮時に起る, 度夕食のお, 度外され千代が, 度外れて大きな, 度外国を見, 度外粗大なる冬瓜一つ, 度外食のひと, 度多くは冬, 度夜あかしをし, 度夜なかに一度, 度夜一度あると, 度夜二十五度位の儀, 度夜寢が一度, 度夜遲く歸つて來, 度夜間五十五度内外の温度, 度夜風にあたった, 度大久保余丁町の坪内先生, 度大仰にうごめかし, 度大使館へ行っ, 度大使館専用のスケート場, 度大儀そうにとん, 度大刀に素振り, 度大分浅草式の下劣, 度大切な点, 度大呼せられなお, 度大坂へ遊び, 度大城においてお, 度大学病院へ先生, 度大學病院の門, 度大庭景親の兄景義, 度大廻りをし, 度大悪魔は例, 度大政翼賛会文化部の仕事, 度大政翼賛会文化部長就任の交渉, 度大海から首, 度大町へ行った, 度大砲の音, 度大統領とし, 度大聲に呼ん, 度大通りを往来, 度大連と旅順, 度大陸へ渡つて, 度大隈邸へ招かれ参った, 度大音に喚ばわり, 度大音寺前の田川屋, 度大飯を喰っ, 度に誓, 度天下茶屋の賀来子, 度天井の穹窿, 度天人像に後光, 度天川呉羽さんに会わし, 度天成の英雄, 度天狼星が日の出, 度天竜峡を見, 度天顔を拝, 度太い深い溜息を, 度太息をつい, 度太陽と月, 度夫婦は風呂屋, 度失うならば再び, 度失くなったものは, 度失った実印も, 度失礼ながら御, 度奈良や京都, 度奉公先を代, 度奉天で我軍, 度奔命せねば, 度へ行, 度奪い返したのも, 度奮然として進む, 度女工の休み, 度女首を持ち来り, 度如那いふこと, 度な手紙, 度妙子の下宿, 度と佐殿, 度妻子のほう, 度始めた仕事は, 度委しく話して, 度の死, 度姫路へ帰っ, 度娑婆の様子, 度をほめなけりゃならない, 度婆さんに呼ばれ, 度婚礼を済ませ, 度婦人が黒い, 度婿を死なし, 度して, 度嬉しそうに, 度子供たちに話し, 度孔明を訪れん, 度字引を買っ, 度罷在, 度存じます御異議, 度存ずる志にて, 度存上候は長々, 度存候事は胸一杯, 度存候品を紀州様, 度存居候えども, 度獲を, 度学問がやっ, 度学生らの間, 度の方, 度宇野のこの, 度守一君のところ, 度安うござんすか, 度安心はしました, 度の咸淳十年, 度宗風を揚げ, 度官舎の人たち, 度宙返りを打っ, 度宛お供が出来ます, 度宛入浴に出かける, 度宛分銅改めの密使, 度宛午後一時前後にこの, 度宛客の食べ, 度宛家庭教師の仕事, 度宛東京逗子間を往復, 度宛発作的にビクリ, 度宛發作的にビクリ, 度宛自分の消息, 度宛芸当の小手調べ, 度宛道場の扉, 度宛駅の前, 度実演するだけの, 度実物に会っ, 度実見したきり, 度実験をやり直す, 度実験室をのぞい, 度客すじから招かれ, 度室内の調度, 度室内空気の寒暖, 度宮室を漢, 度家内の生前, 度家出した, 度家屋のこの, 度家族の人達, 度家賃の催促, 度宿を移しました, 度寄せた大浪が, 度寄つて春子さんに向, 度寄るまでは馳走, 度寄手の来る, 度と潮, 度密航を試みよう, 度富士見の馬場, 度富貴なる夫, 度寒潭雁去而潭, 度寝るばかりで, 度寝入ってしまう, 度寝台の中, 度寝床の上, 度實行してやらうと, 度實費を辨償, 度審理があり, 度へ立ち帰ろう, 度寮生たちは同じ, 度を縮めい, 度対手になろう, 度対面は済ん, 度専門の博士, 度専門家が鑑定, 度射ようとはしなかった, 度射んとしける, 度将軍の声, 度尊公とも会った, 度尋ねた小網町の, 度尋ねるつもりで, 度尋ネテヤッタラオマエノ異見ヲ聞カヌ, 度小便をした, 度小凸起を上下, 度小声で呼びかへしてゐたさうだが, 度小室に動いた, 度小左衛門はこの, 度小手を動かした, 度小才のきいた, 度小松へ旅, 度小林夫人と大事, 度小栗判官伝説の解説, 度小母さんの御, 度小用に立った, 度小石川からまた, 度小突かせておい, 度小競合いに至っ, 度小落はその, 度小踊をした, 度小雨のふる, 度小頭から竹箆一本, 度少くも二回, 度少年の日, 度尤も御協賛, 度尤長崎住居大工幸八ト申者此節致出府居候ニ付屋舖エ呼寄爲見繕申度出來之上於内海致爲乘樣, 度ては各位, 度尾根をわたり, 度を移した, 度居士の宅, 度屈するほどいる, 度届けてやつ, 度屋敷へ回っ, 度屋根へ登つたの, 度屍体をあお向け, 度します, 度展すばかりです, 度展望室へ入っ, 度履いただけで, 度山こだまして, 度山の下のお, 度山の手の住宅, 度山宮允君と一, 度山岸中尉は帆村, 度山川みたくおもへども, 度山木と共に, 度山林事件のため, 度の瘤, 度岩形氏の手, 度岩魚をだまし, 度峰吉が自分, 度島木先生にお目にかかりたい, 度島谷に逢, 度へつり, 度崩れましたが雨, 度崩れ出した伝統は, 度川本に向, 度川田金平などには猶々, 度巡り会おうとしても最う, 度巡れとの君命, 度巡回して, 度巡査につかまった, 度をかけました, 度巣くつた憧憬, 度工場の釜場, 度左腕に縒り, 度左膳に返し, 度が現われる, 度をかえりみる, 度巴里の最, 度巴里夕刊を引つ, 度の辻, 度市川へ遊んだ, 度市街見物をした, 度市長室の壁, 度希上候石状紙之内本木昌造樣へも御, 度の許, 度帰るように, 度帰れと毎度, 度帰れるかなどとつまらなく, 度帰朝しまた, 度帰朝後起稿されたもの, 度帰洛しました, 度帰省して, 度帰郷の途次寄り道, 度帳場の誰か, 度常世神の昔, 度干物でも遣った, 度平家のお, 度平手で引ッ, 度平気になれます, 度平素のひとりごと, 度に一度, 度年始廻りをする, 度年寄の不機嫌, 度幸福なる足跡, 度を廻っ, 度幼い子にかへって, 度幾度くりかえしても, 度幾重にも希望仕, 度広間のほう, 度にもんどり, 度店頭へ訪ね, 度座りながら打ち振った, 度座り直さずにはおられなくなる, 度を開く, 度庸三の書斎, 度建てかえなくちゃ, 度建長寺と円覚寺, 度わった, 度廻つたのに夜, 度廻りまた何となく, 度廿歳代に若返るだろう, 度弁じておきました, 度弁信の名, 度弁当を提げ, 度弄い返していました, 度弄花する, 度式建築の代り, 度弑逆が試みられ, 度引いた浪が, 度引かかったように, 度引きあげられ落とされて受刑人, 度引き渡そうと言う, 度引くには引いた, 度引くではございません, 度引っくり返っ, 度引っかかっていなけりゃ, 度引っかけられた事の, 度引っぱってくん, 度引っぱり出して見まわした, 度引っ張りまわすとまた, 度引ツ越したか, 度引上げらた, 度引張って行かれた, 度引直した時, 度引立ててまいれ, 度引絞ってみた, 度引越もしました, 度引越して歩い, 度引越車が通り, 度弱い乍らも, 度張ったらいう目が, 度張り換えても, 度強制執行を受けた, 度強硬に督促, 度ねかえす, 度弾んでからプロペラー, 度弾んだだけで, 度弾丸が発射, 度当ってから足許, 度当選した, 度当面の問題, 度を変, 度形勢が激変, 度を見かけた, 度影天山竹仰睇澄光玉並蓮, 度に扮, 度役に立たず二つの, 度役に立たなくなつた奴, 度役に立たなくなった奴を, 度役場に立寄っ, 度彼家へ行った, 度彼方此方で小突かれ, 度彼是相伺候可然御, 度彼独特の物凄い, 度彼等の刀身, 度往ツて見, 度往來して, 度往復十間位のところ, 度往復四里の道, 度征旗をすすめ, 度後ろを払っ, 度後嵯峨院の院宣, 度後戻りをした, 度徒渉して, 度得存候然者, 度徘徊して, 度御三家や溜詰, 度御事ニ付御やく, 度御前に召され, 度御前体を取, 度御座いますので, 度御座候に付, 度御意度得存候然者, 度御成門で一度, 度御覧いかがや, 度御願申上候様拙者共ヘ委任, 度御馳走を搬ん, 度微塵に粉砕, 度微風あり, 度徹底的に暴れ, 度心から頭を, 度心ならずもよろこび述, 度心得に御座候, 度心願有之しかも, 度必死の病, 度必至の内外, 度忌ま忌ましい腹の, 度志して果たさなかつた, 度応天門の焼址, 度怒られましたよ, 度怒鳴ってからでした, 度怒鳴りこんだことが, 度思いを深めるべきで, 度思いおこしたかしれない, 度思いこむことである, 度思い出すべくボンヤリと, 度思い切った高い声, 度思い止まろうかと迷った, 度思い立った事を, 度思い立ったら五分でも, 度思い起こしたか分らない, 度思い起してみよう, 度思い返している, 度思うでしょう市街の, 度思えるか勘定, 度思ひ出に, 度思ひ侍れ共長盛三成が, 度思ひ切つて, 度思ひ立ち都へ, 度思ひ見る必要が, 度思ひ返して呉れろ, 度思ふ存分飮んで, 度思出したやう, 度思案して, 度急いで, 度の使命, 度怨めしく眺めたこと, 度怪しむように, 度怪我人の出る, 度怪美人に逢い, 度恋ちょう真清水, 度恋愛しても, 度恐るべき港と, 度恐入ります一度至急, 度恢復させて, 度を売っ, 度悄気返りさえし, 度悪い夢を, 度悪事をする, 度悪女塚を崩した, 度悲しいこの打撃, 度悲しみをお, 度悲しんだことでしょう, 度情死のあった, 度惣八郎は敵, 度意識が私, 度愛すれば正に, 度愛人に会いました, 度愛嬌をいう, 度愛翠書房が涙香, 度感じやうが, 度感心の声, 度感覚入門的な独断論, 度感謝しなければ, 度慌しく鰓を, 度慎みの罰, 度憑かれて危うく, 度の刺戟, 度我等の会合, 度我軍のタンク, 度我顔色を悟られまじ, 度戒律を読ん, 度戦って七度, 度戦つて居りまするうち, 度戦ッても勝てず, 度戦万度勝也と書いた, 度戦場を踏んだ, 度戯作文学のラスト, 度戯作者気質に即し, 度戰場を經, 度戰鬪樓の方, 度をノック, 度戸締りを見ろ, 度戻った上で, 度戻りましたがその, 度戻る気か, 度か二度, 度所存だけはとうから, 度所領を没収, 度手がけましたんで, 度手ひどく痛罵された, 度手代の吉三郎, 度手伝いに行っ, 度手元が狂つて縁側, 度手土産に面白い, 度手形の改め三度, 度手打をし, 度手早く赤いバンドを, 度手毬に取っ, 度手水場へ行つた, 度手玉にとって抛っ, 度手盛りでやる, 度手術を受けました, 度才幹に於, 度才蔵は側, 度打ちあたる音が, 度打ちこむと大きな, 度打ちましたよ, 度打ち下ろされたが木, 度打ち振ったが, 度打ち振りそして叫び, 度打ち負けた者が, 度打ち込んだ道廳の, 度打った所で, 度打つ中で, 度打つた切りで, 度打勝って妻, 度払いをし, 度払って綱手, 度批評家の顔, 度承知して, 度投げ出さうとした, 度投じて六, 度折ってあと四本, 度折つて鎮魂の義, 度折れたり曲がっ, 度折れると二階, 度折れ曲がり女の, 度折衝を重ね, 度抜き手をきっ, 度抱きしめて頬ずり, 度押しこんでから札束, 度押し問答の末, 度押し戴きながら云った, 度押し戻されても, 度押し返したうえで, 度押せど引け, 度きました, 度拐帯され四人, 度拙者と槍, 度拙著の, 度招待されたが, 度みて, 度拜禮して, 度拝むことで, 度拝んだと思う, 度拝伏して, 度拝謁してからと, 度拝領なされました, 度拝顔を得たく心得居りました, 度拡張した結果, 度拭いて又, 度拭うている, 度拵えてみましょう, 度持たせて遣った, 度持ち上げると船, 度指さす方を, 度挑まれたが逃げた, 度挨拶に来, 度振つたかと思ふ, 度振りますと三尺, 度振り出したサイの, 度振り切って逃げよう逃げよう, 度振り卸ろした, 度振り向いたがそのまま, 度振り向くと, 度振り返つて見た, 度振り返つて見られた, 度振返つて見たら, 度挽き丁寧に, 度挽くと肉, 度捕えたそうです, 度捕まっても決して, 度捕われて孔明, 度捕獲されたが, 度捜して人, 度捨ててもまた, 度捨てました世の中へ, 度掛けて行く, 度探りはずしたが, 度接して彼, 度接する山の, 度掴んだか知れなかった, 度ぶられて, 度掻き廻してそつ, 度掻き廻したかと思う, 度掻巻きの, 度揃つて来て, 度揉みあふうちに, 度揉み合う内に, 度揉むやうに, 度提出した意見, 度握ったり伸し, 度握り締めてやる, 度ぶった, 度揺ぐと見る, 度揺ってウン, 度揺り動かしてみた, 度揺り起して漸く, 度揺れた時の, 度つた, 度搖つて來た, 度搖つて反動をつけ, 度搦まりましたすると, 度摩耶夫人の御, 度の法, 度摺れ違ってもツイ, 度撃ち合つて又, 度撓む姿木の, 度撫でまわしていた, 度撫でるように, 度撫で廻わすと次第に, 度播いたのを, 度撲りはずして独, 度返しても, 度擦って見た, 度擧げたかわからない, 度きつけたが, 度擴張した結果, 度支え直さんために, 度支員外郎宋迪の事, 度支払い部屋からほうり出された, 度支払ってくれる, 度支紊亂自ら支ゆる能, 度支那料理店で逢, 度改めて出頭せよ, 度改築シタガ隠居所ダケハ奇蹟的ニ火災ヲ免レタノデ, 度改革は今ここ, 度攻むる事九度に及び, 度攻めても全滅, 度攻め取りながらまた, 度攻撃したからって, 度放って百度, 度放れたが庭, 度放射線科へは月, 度放送したこと, 度救う事は, 度救うた事は, 度救えば後, 度救った命の, 度敗け出すととめどなく, 度敗れてもこの, 度教へた事も有, 度教わっても別, 度髮二週一度實費を, 度敦盛など一門, 度敬虔なその, 度数え直してにっこり, 度数会へゆき, 度数学の解式, 度数年に一度, 度数時間ずつ彼女, 度数河乗越附近を通る, 度数週間前に訪ね, 度敲いたが, 度整理して, 度を指せ, 度敵打ちをし, 度數速力配合組立等の持つ, 度文化紀元の在府中, 度文学へ引戻そう, 度文晁の富士, 度文晃の門, 度文芸講演会を開き, 度文藝春秋誌の何とか, 度文身御法度になりました, 度文部省出張官の位置, 度斜めになびいた, 度斬りおろす真似を, 度斬りつけたとみえ, 度斬り込んで二度, 度断っておく, 度断つたか知れ, 度断わっても来, 度に考へ直した, 度新宿へ出, 度新橋からお, 度新潟へ行った, 度新紙で読ん, 度新聞をとりあげ, 度新聞紙を引っくり返し, 度られたの, 度方々を蹴られた, 度方丈に帰ら, 度方面をかへて, 度のため, 度日光を帽子, 度日庸人夫に出る, 度日景を瞻, 度日曜がある, 度日曜ごとにアイスクリーム, 度日本政府の貴, 度日本文化中央連盟に於, 度日頃憎まれて, 度旧いなじみの, 度旧友の足立, 度にて参上, 度旨申込有之其他, 度早瀬さんのこと, 度昇つたらうか, 度昇華点零下七九度である, 度明るみへ持ち出した, 度明治四十年の秋, 度明滅したが, 度昏絶致しました, 度えるとは, 度の契る, 度映画で見る, 度映画化されたという, 度映画館へ入った, 度を向, 度昨日は朝来, 度昭和三年から四年, 度是非御入湯, 度是非行つて見たくついで, 度の看守, 度昼神楽が一度, 度昼飯か晩飯, 度昼飯後の散歩, 度時々斯う, 度時によると, 度時には夜に, 度時期が彼等, 度時節は一月初め, 度時計を出し, 度時雨にあつ, 度少し過ぎ, 度晝頃一度平次の家, 度晩一度彼は必ず, 度普遍の問題, 度晴れ立つんだ, 度智恵子を訪ねた, 度智惠子を訪ねた, 度暑気八十三度に当たる, 度暖簾をくぐつ, 度暗室を三度, 度暮れ或は正月, 度曇天温に過, 度曙覧の記憶, 度曲がったらすぐ門, 度曲って奥, 度曲った末に, 度曲り角をまがる, 度曲折して, 度曲独楽を見物, 度曲者に於ける, 度更めてお, 度書き上げたものは, 度書き換えて後, 度書き直して最後, 度書き表はされた, 度書估野田氏またこの, 度書斎らしい室, 度書物以外に踏みだし, 度書状の往復, 度書類を読み上げ, 度最も厳密に, 度最低二十度附近を往来, 度最低六度のところ, 度最低六度位で高原地帯, 度最初からはじめよう, 度最高零下十度位の所, 度會家の神道, 度會家行などから起つた, 度會氏から新, 度會見して, 度會郡の處, 度月末に勘定とり, 度之其間, 度有るもの, 度有楽座に来りし, 度を着せ, 度朔山に桃樹, 度朔山上の章桃樹下, 度朗々と繰り返した, 度朗らかに, 度朗読をくり返し, 度は軽い, 度朝昼晩と三人, 度朝陽の在所, 度朝食をしたい, 度を打っ, 度木下様が洲股, 度木曜と日曜, 度を買っ, 度本年もまた, 度本当のみそぎ, 度本意ヲ遂ゲ, 度本流を徒渉, 度本街道に立, 度本郷座の楽屋, 度札幌へ立ち, 度机博士にレントゲン, 度朽廃せる制度, 度李堂に逢, 度李陵は北海, 度村社において行わるる, 度来それがあがる, 度来てたかと思っ, 度来なければならぬ, 度来ぬから宜いか, 度来られるかしら, 度来れ共, 度来月はじめの舞台, 度来朝したらしいが, 度来給ふこと, 度東上しこの, 度東北において上杉景勝, 度東方右舷の水平線, 度東経三十二度の附近, 度東経二十三度附近にあり, 度東経百五十三度にあった, 度東経百六十五度のあたり, 度東経百四十四度にある, 度東経百四十四度白骨島と思われる, 度東経百四十度を航行中, 度東野さんの講演, 度松山に帰省, 度松永某の座敷, 度松風の音, 度をつけた, 度枕のとがなる, 度の外, 度林町へ一寸一度, 度林野草色青く港上, 度染ったらもう二度と元, 度い物, 度柝木に打ち, 度柳屋へ歸つて, 度柴又へ行つた記憶, 度栄えた時代の, 度栖方と別れ, 度栗ト号ス其味ヒ佳ナラズト為サズ此類, 度校友会に出, 度校合の仕, 度根岸の精神病院, 度根本からやり直さなけれ, 度根柢から吹き上げる, 度桂子の家, 度をやる, 度を誤ら, 度棒立ちになつて, 度椀皿を洗, 度検視に参った, 度の茂み, 度暑の, 度極り悪い思い, 度極度の興, 度極端な女郎, 度構えてみました, 度様子を見る, 度の斎屋, 度み居り候, 度標山に就, 度樣子を見, 度横面をなぐられね, 度を植ゑたる以上, 度樺の木の生えた, 度を織り, 度機会があった, 度を通して癖, 度欠かさずに大抵, 度欠席しただけ, 度のやう, 度次にお話しする, 度歌うのです, 度歌って下さい, 度歐洲語に譯出, 度止そうとした, 度止むまでは続かなかった, 度正しい批評を, 度正に寒中の, 度正月二日に限つて市内, 度正香のところ, 度此の度はまことに, 度此世で会いたい, 度此事前以, 度此国に来る, 度此女の嬌態, 度此文を進げ, 度此段申進じ候, 度此習癖に染ま, 度武者之助, 度武蔵野の大, 度歩かせてみ, 度歩み候ひけん, 度が痛く, 度歸つたのは本, 度死なずに人, 度死にかけた身自分は, 度死んで四度, 度死刑を受けた, 度死後にも復, 度死生の境, 度死者や怪我人, 度死花が咲いた, 度の外入口六ヶ敷候, 度殴れば生き返る, 度奉願上候所, 度殺さうと思, 度殺されるやうな, 度殿下にお, 度殿様のお, 度毀しては作り, 度母さんの前, 度母上に逢, 度母君に対してや, 度母家から飯櫃, 度母校の正門, 度母親さんの葬式, 度毎ニピイピイト云ウ音ヲ発スル, 度毎十分にたべ, 度毎回膳ごしら, 度毎年ある巫女, 度毎月一度より日, 度毎馬車が余り, 度毒刃を外し, 度比較的寡少なる, 度比重を二, 度毛布の中, 度民助は台湾, 度気に入り候はば, 度気味の悪い, 度気張ってくちびる, 度気温二七度東方右舷の水平線, 度気絶したこと, 度気色ばんだが又, 度水泳ぎをすれ, 度水温零度で一晩放置, 度水田に種子, 度水神まで行く, 度水蒸気の温度, 度水面に浮んだ, 度永代橋を渡っ, 度に逢わ, 度江戸表へ引かれ, 度汪洋爾が狂, 度汲みかえすれすれに, 度汲み置きの冷たい, 度決して秀抜の, 度決定的に解決, 度沈まなけりゃ糸を, 度沈思黙考をかさね, 度沈黙の中, 度河原へ母, 度河原町でこの, 度河野の母親, 度沸点零下一九〇度である, 度治って晴衣, 度の中, 度沿岸の土, 度泊って二度, 度泊った事の, 度泊つた事のある, 度泊まったことも, 度法廷に引つ張り出されたつ, 度法話をなさります, 度を撒き散らす, 度たか, 度泣いたると亭主, 度泣かされたかわかりません, 度泣くという, 度泥棒に覘, 度注文をだし手, 度泳ぐような, 度洋行なすつた, 度洗い石燈籠や庭木, 度洗うでしょう実際膏汗, 度洗濯屋の不注意, 度津山の笑い, 度洩らし参りしやうには, 度洲股の築城, 度活字を以て摺り, 度活路を求め, 度派出婦を呼ん, 度派手な縮緬, 度を飛越し, 度流れたがお, 度流産したこと, 度流許へ行っ, 度浅草黒船町正覚寺の先, 度浦潮から帰っ, 度は一行ほか, 度を叩く, 度浪路と目, 度浮かび出たかと思う, 度浮かんで二度共, 度浮び上って息, 度浮世の空気, 度しました, 度浴槽の中, 度海外の旅, 度海水七十四度なり, 度海水浴に来, 度涅槃会にかけて世尊入滅, 度ゆるに, 度消されて行, 度消毒して, 度淫すれば必ず, 度深々とうなずい, 度深い絶望的な呻き, 度深からず一事實, 度深夜よりも森沈, 度混雑の波, 度清い心と, 度清子をし, 度清算いたしまして, 度減食を食う, 度減食処分を受けた, 度渡しますからね, 度渡り返すとやがて, 度渡れば, 度渡奴怒, 度渡月橋の北詰, 度渡米ニューヨークに於, 度温室を見, 度温度が高い, 度温泉壺の中, 度測すべきものに, 度測することの, 度測っても結果, 度測ったがやはり, 度測ったら七度六分あった, 度に放し, 度湖畔に宿り, 度湧きあがって来た, 度湯治に行った, 度湿布をとりかえられ, 度溜め息をさせられた, 度滝川の家, 度漂い廻ったがやがて, 度漂泊しても, 度漉した酒を, 度漏れて朝日, 度演出者を通じて行なわれね, 度演壇に立つた, 度演説会を開いた, 度漢朝の権臣, 度潜つて見た, 度潮吹の踊り, 度潮流の抵抗, 度激しい雷鳴が, 度激越なるお, 度火災に罹った, 度火箸の先, 度火鉢の縁, 度にすかし, 度灰色のバルドヰン, 度を掃き清め, 度をつぐ, 度炭坑の坑夫, 度点けた明りを, 度為国家奉企望候頓首, 度烈しく掌で, 度無き折なり, 度無ければ人, 度無意味に落第, 度無料で助演, 度無理やりに朋輩, 度無駄足をさし, 度無駄飯を食っ, 度う思つた, 度焼いて御覧, 度焼きやしたから灰, 度焼けている, 度焼け落ちた吾妻橋の, 度焼物と焼物, 度焼酎を飲んだ, 度焼酎十六度よりなる, 度煎じる習慣でした, 度煙草を売りつけよう, 度はらい, 度照常様が書生, 度煩ささうにかき上げてから, 度出シ置キ其後ニ調食セバ無毒トナリ食フ事ガ出来ル, 度煮なければ極, 度煮詰めておく, 度煮豆で飯, 度熊野三郎という盗賊, 度熟した麦の, 度熟視した, 度熱海に住ん, 度熱烈な叙情味, 度燈心をかき立てた, 度爆声が聞えた, 度爆笑が起った, 度が当った, 度父上も例, 度父母の顔, 度父親さんも東京, 度列氏植物自然分科表, 度附けられた寢床, 度片付けた晩酌の, 度片端から田, 度牒一には応文, 度牒袈裟剃刀噫又何ぞ奇, 度牛めし屋の暖簾, 度牛込へ行, 度牧野さんを訪れた, 度物々しく通るその, 度物凄くニンガリし, 度物見が出た, 度特別会議を開い, 度特筆大書する, 度犯さないという内規, 度犯すといふ私, 度遣候, 度狂ったことが, 度独兄ならで, 度独参したこと, 度独逸で四度, 度狭い額を, 度狭苦しい路次を, 度猛烈な襲撃, 度を置き, 度献立を持っ, 度猶不日了休禅坊同道相伺い, 度のよう, 度猿沢の背中, 度に投ぜられ, 度獄中で貰った, 度玄機の所, 度玄海灘で褌, 度玄関払いを食っ, 度玉子の黄身, 度玲子の背中, 度珈琲を飲ん, 度らしく濁酒, 度珍しく見つかったこと, 度現われたが銀子, 度現代の煙, 度現場附近を調べた, 度理髪は一週一度, 度瓦房店の署長, 度しければ, 度甚しきは六十年, 度甚だ大なり, 度甚だしく病気よりは, 度甚右衛門は駈け戻っ, 度生きるのを, 度生き返った例は, 度生まれて何とか, 度生まれる天才, 度生れ變つても酬い切れない, 度生命とはつり, 度生唾を嚥, 度生来未だかつて知らなかった沈痛, 度産褥で生, 度用事があります, 度用心したが, 度田口の家族, 度田村町で一度, 度田舍へ返つ, 度につき御, 度由のぞみける, 度由良が体, 度甲冑改を行い, 度甲府からあった, 度申され候とも, 度申付風俗かうと, 度申訳だけに舞台, 度町会へ行つて証明書, 度留めて遣んなさい, 度留守番の細君, 度異なるはこれ, 度異国のおとめ, 度異常運動をし, 度疑問の林, 度疾走して, 度に倒れ, 度病める叔父と, 度病気をした, 度症状を訊いた, 度痕跡も残さず, 度痙攣させた, 度痙縮しました, 度痛く打つたら初めて, 度が鳴つた, 度癇癪を起し, 度発せられてそれ, 度発せられるや貸借, 度発つ前に, 度発作があり, 度発展をとげる, 度発育状態をしらべ, 度発行十頁オムスク鉄道バラビンスキー停車場内鉄道従業員組合ウチーク・そこが編輯所, 度登るものは, 度登れとも勧められた, 度登場した民衆, 度登子の手, 度登山するだ, 度登攀して, 度白骨島と思われる, 度百ノットの風, 度百万遍丑の時参, 度百二十度などさまざま, 度百億人に一人, 度百千度眼を釣りあげ, 度百姓たちが集まっ, 度百尺近くもある, 度百度けがされよう, 度百首に, 度で手わけ, 度皮肉地に落ち, 度皺め伸しした, 度と年の暮れ, 度盆踊りを見た, 度盗みを繰り返し, 度盗んだ物と, 度盛り場へ行く, 度み出したもの, 度く破, 度目だつたがどうも, 度目印は水面一寸, 度盲戸を今度, 度直してやっ, 度直覚した, 度相慎可罷, 度相成候, 度相馬先生に見, 度をしかめる, 度看護婦が各, 度眞宗の多い, 度向うの, 度真似をし, 度真偽をたしかめ, 度真剣に愛し愛される, 度真土の山, 度真実の朱点, 度真空中の放電, 度真綿一台進上仕候, 度真赤になった, 度真面目になれ, 度眠りに陥ちる, 度をこらし, 度眺めたかしれない, 度眼前を活き, 度眼瞼を叩いた, 度て外, 度着物を着替る, 度督促の手紙, 度睨みつけられるのを, 度瞬いたきりである, 度瞬けば一人, 度瞽女を見ん, 度矢継早に部屋, 度知っている, 度知ったら決っして想い切れない, 度知つたとすれ, 度知らしたままで, 度知らせてやった, 度知らん顔して, 度知り合ひ, 度知り合ったに過ぎなかった, 度短かく荒く口ひげ, 度短時間の視察, 度研究して, 度研究室出頭を命ぜられ, 度に驚いた, 度破って見せる, 度破り捨てて新, 度破れたが身, 度破牢をくわだてました, 度破産をし, 度に穂さき, 度にさう, 度確保したり, 度碾いて篩っ, 度礼子に会っ, 度社会生活の一斑, 度祝いをしましょう, 度神仏の前, 度神奈川県公園課といふところ, 度神武の創造, 度神田の叔父, 度神職をよん, 度禁制はされた, 度福島の地, 度禿の宿, 度禿げ頭を, 度私たちの時代, 度私娼の逃亡, 度私等二人に剣, 度私貴方にお話, 度の収穫, 度秋冬の間, 度秋子秋子と引きつけ, 度秋山の室, 度秋川家を訪問, 度科人の首, 度程も替へ, 度稲見のため, 度積み重ねてはこわし, 度積雪量三尺くらい, 度積雪量四尺くらい, 度のなか, 度穴釣りをした, 度空中に振りまわし, 度空気を入れたら, 度空襲警報がでた, 度穿り拡げると, 度つ張つて, 度突きかけようとした, 度突き出した時に, 度突き刺されて殺されたらしい, 度突き当たって驚かせ, 度突き損じたと思った, 度突き直した痕跡が, 度突き直す筈は, 度突ッついて, 度突通し試み如何にも, 度にお, 度の底部, 度の掃除, 度立たば些末, 度立ちもどってさらに, 度立ち去ってみる, 度立ち寄ったことも, 度立ち寄りハイボールなど, 度立ち寄ると早見さち子, 度立ち帰りたいと願う, 度立ち戻って事, 度立ち止まったらもうふたたび歩き出す, 度立ち見に出かけ, 度立ち還って孔明, 度立つたがその, 度立合って教え, 度立慶河岸のお茶屋, 度立樹に打, 度立聴したいもの, 度に呑まるる, 度竜宮を見せ, 度竜顔を拝し奉らん, 度童子となっ, 度竪横に向け直した, 度れの, 度競争をやりなおし, 度竹馬を振りまわした, 度ったところ, 度笹村の方, 度等温線とほぼ, 度筑摩書房の石井君, 度筑波那須へも二度づゝ登つた, 度なきほど, 度管区第十三区, 度箱根町から塔ヶ島, 度を執っ, 度をつけ, 度ても成らず, 度簡單な音信, 度米刃堂主人のもとめ, 度粉煙草を入れ, 度粗悪な魚, 度を食, 度粥食であった, 度精選して, 度を買, 度納戸の中, 度紐育に帰つて, 度紙幣偽造君を怒鳴りつけた, 度素帰をした, 度素振りをし, 度素晴らしい御馳走を, 度累ヶ淵のお話, 度細い溜息を, 度細田屋さんの家, 度終に三度めで, 度終止言がある, 度組み立てた薪が, 度組合の牛乳, 度経過した煩悶, 度結ばれるように, 度結びついてしまう, 度結ぶことは, 度結婚シタル者ノ離別ハ地獄, 度絞める法は, 度絞らせておい, 度絵巻物に顔, 度絶望と懷疑, 度經驗した事, 度ざまに, 度続いてそれ, 度続いた後トウルゲネフは, 度続けると何かしら, 度続け様に水道尻居まわり, 度維倉青年を見下し, 度線あたりから向う, 度線以南の概況, 度線化を予想, 度締めた縮緬の, 度締切つて作物を朗読, 度縁づいたけれど姑さん, 度縁付いたことが, 度縁組みして, 度縁起をかついだ, 度縛ったものを, 度縦横に横ぎり, 度縮毛の頭, 度叩いた, 度繕い馬を, 度繕ったものか, 度ると, 度繰り反すことは, 度繰り返えす, 度繰り返させたのである, 度繰り返さなくてはならなかった, 度繰り返された後私は, 度繰り返し得たような, 度繰り返し読んでも面白い, 度繰り返すべしと, 度繰り返せばこの, 度繰り返せるもので, 度繰返されるものでない, 度繰返してるうちに, 度繰返し候ても是非, 度を犯した, 度罪ほろぼしのため, 度置き位に, 度置き換えようとやっ, 度罰せられた位では, 度署長が食事, 度美しい狐に, 度群集の中, 度に御座候, 度義有之候間, 度義枝に縁談, 度羽ばたきし出て行った, 度羽叩きを打つ, 度えし, 度翻筋斗を打った, 度を鼓し, 度老人に伴, 度老婆に滯在, 度老婢とその, 度考えたら十分だ, 度考えついたことを, 度考へられましたが到頭何一つ, 度考へると決断, 度考へ直さねばならぬ, 度と存じ候, 度で均ら, 度聖書を読ん, 度聞いたらもう永遠, 度聞いたら忘れられないような, 度聞えて軈て, 度聞えたのだった, 度聞えると夫, 度聞かされていた, 度聞かされましたそうで, 度聞かされる心配は, 度聞かして, 度聞かせて見, 度聞きましたがひょっと, 度聞き知ったからにはぜひとも, 度聞き覚えのある, 度聞き返してやっと, 度聞き返したが岡田, 度聞けば判る, 度聞直して, 度聯隊に入営, 度を出し, 度聴いてくれ, 度聴かば, 度職業仲間に誘われ, 度きに, 度肋膜を病んだ, 度胃腸の疾患, 度負わされは, 度背中を軽, 度胡瓜苗を次々, 度のポケット, 度胸壁を指さきで抉, 度能楽が衰, 度をとった, 度脊骨ができ, 度脱し衆生に, 度脳貧血で倒れた, 度腎臓ノ検査ヲシテ, 度が痛んだ, 度腹の中で舌打, 度膝ッ小僧を擦り剥い, 度を並べ, 度膳部を見廻した, 度臆病風に吹かれた, 度臥反りを打, 度臨時の客, 度の見物, 度自ら欺きし人, 度自ら確めるやう, 度自在鍵でつるした, 度自宅でも診, 度自己を失い, 度自己満足できない食事, 度自覚したこと, 度自身が投げ, 度自身彼女に金, 度至ればこれ, 度至急に御来, 度致仕して, 度致死期の仲間, 度與八を見かけた, 度起り想, 度を巻い, 度舐められるのを, 度舒びし眉間に忽ち, 度航海するの, 度船長に呼ばれ, 度船長室でブツカリ, 度を上昇, 度良人にわかれ, 度良平へ声, 度良心の力, 度色々手段を, 度芋泥棒をした, 度の舞台, 度芥川は夫人, 度芥川さんが生涯, 度花サクモノモアリ故ニ三春柳, 度花咲き實るといふ, 度花街に足, 度花見の記, 度花骨牌の仲間, 度芳子は故郷, 度芳輔の両親, 度芸者をする, 度芸術の容易, 度の萌えた, 度芽出度といっ, 度若々しい愛を, 度若干の東京, 度若旦那に御, 度若松に来, 度若林博士からこの, 度苦しそうに, 度苦労性のモウパア警部, 度英人なり独逸人, 度英子の家, 度英語雑誌へ宿題, 度茄子が添えられる, 度茅ヶ崎駅から乗降, 度を点てよう, 度の臥床, 度草原へ下り, 度草鞋の紐, 度荒したってね, 度荒木のおばさん, 度菊水館でお, 度菓子袋をお, 度華やかに誇り, 度華中ではたしか, 度落した大事な, 度落ち合ったことの, 度落つれば再び, 度落合の方, 度落合った事が, 度落城の悲惨事, 度る事, 度著くことも, 度葬式に列, 度をし, 度蕉園さんが住ん, 度薄暗らい秘密の, 度薄着して, 度に勧められ, 度藤枝と林田, 度藩邸へお, 度虎船長ははっと, 度蚕沙を代, 度蜂谷の方, 度蜆汁をのんだ, 度蜘蛛の死骸, 度蜜月遊をする, 度蝶子さんあんたと連絡, 度蠣殻町の方, 度血刀を納めた, 度血液に毒素, 度衆生皆因提婆達, 度行うても寸効, 度行かないと気, 度行きずりに顔, 度行きつくところまで, 度行き戻りする小, 度行き来したこと, 度行なってみた, 度行われる関東名物の, 度行ツた, 度行交いする音を, 度行燈の側, 度行田に帰っ, 度行路病者となっ, 度行逢つてもあ, 度を施し直そう, 度衣服と帽子, 度衣裳をかえた, 度を引く, 度為在, 度被せてみ, 度裁判所へ呼び出される, 度裁縫に関すると振う, 度の硝子, 度裏庭でかすか, 度裏漉にかけて使う, 度裏表をかえし, 度錬所, 度褒美を貰い, 度がみ, 度西の丸へ呼ばれ, 度西下の途中, 度西国を廻っ, 度西洋もの有, 度西洋料理を食べる, 度西片町の家, 度西経七十四度三十分のところ, 度西経二十五度の所, 度西経百七十度といふ氷海, 度西経百八十七度の所, 度見えまた先頃, 度見かえすと栗本, 度見かえりましたがわたくし共, 度見かけましたがね三十五, 度見せまして直, 度見たかつたがつひ, 度見たけりゃあもってってもいいって云ったら, 度見たつきり左団次氏が, 度見つかったがその, 度見つかりましたとさ, 度見つけ出してやら, 度見られたけれどそれ, 度見られるとは思わなかった, 度見上げ見下ろさずにはいられなかった, 度見出した愛人に対しては, 度見受けた位である, 度見奉つらば, 度見掛けたと云った, 度見放された位で, 度見舞いにきた, 度見計らって一気に, 度見込んだら屹度やる, 度見返して工風, 度見返りながら娘, 度覗きましたがいや, 度覚えはあらう, 度覚されても中, 度覚めて見る, 度に現われ, 度親しく思ひ浮べさせられた, 度親子心中をねがった, 度親類の者, 度ても観あきない, 度観ただけである, 度角度に這い登っ, 度解いて念入り, 度解いたからその, 度解きほごしてそれ, 度解けて流れ出し, 度解決の見込み, 度触れた通りで, 度触れるならば常住, 度触出し置き候通り相, 度言い遺しそのまま最後, 度言うであろうと予言, 度言えますね, 度言おうと思っ, 度言ったその言葉, 度言わせて渡した, 度言われてももう, 度言われるまでそこ, 度訂正すること, 度つたのである, 度計らずも大, 度計画して, 度訊いたらすまねえが八五郎親分, 度訊ねて見た, 度訊ねたのである, 度似齊宣王時淳于, 度訪うても返事, 度訪ねたいと思, 度訪ねるうちに, 度訪ね申しても御, 度訪れたおどろきにさらに, 度訪れるかわからない, 度訴えたのでその後, 度診察が一日, 度診断を受けた, 度証人になった, 度詑びを云った, 度をなす, 度試つてみて, 度試みたいのは, 度試驗に失敗つて, 度に立ち戻りません, 度詫びをさせ, 度じって, 度詰めかえること, 度話しあったことも, 度話しかけたけれどあんた, 度話しさせたように, 度話ししている, 度話したことが, 度話し合ったことは, 度話し掛けてその, 度話す機会は, 度認め三度目に, 度誘ってもそこ, 度誘ったがこりゃ, 度語ったことを, 度語られたことは, 度語るを聽, 度誠実な醇朴, 度誤った判断を, 度誦経しまゐら, 度説いて見よう, 度説いた事かも, 度説諭に及び, 度読ましてもおなじ, 度読まれとうござると答え, 度読まれるのと, 度読みあげてくれ, 度読みかえし三度くりかえし, 度読みかえしたのを, 度読みましたがあそこ, 度読み直すとすぐ, 度読み終わってこれ, 度読み返した処も, 度読書会をやり, 度読直しても, 度の胸, 度談話筆記に来た, 度請願したか, 度諏訪の戦ひ, 度論語を講じたい, 度謁見を許された, 度講じた事が, 度講演をやっ, 度謡わせられて恙, 度謹しんで不動, 度議会傍聴に案内, 度變化して, 度の空気, 度豆ナンキンなどの畠, 度豆腐でなければ, 度豊田へ引き揚げた, 度貞操を売, 度負けて命, 度負ける次にその, 度責任ある人物, 度ふ黒パン, 度貴婦人が忍ん, 度貴殿にも御, 度ふことに, 度買わされるか知れない, 度買物をした, 度ひの, 度資盛などの諸, 度赤い唇を, 度赤シャツへ一度, 度赤夷亂妨之機, 度走りすぎる鼠の, 度起きるラキサトール利い, 度起き上がる気が, 度起き上らうとする, 度起き上ろうとする, 度起ぎで燃やした, 度起こしても省作, 度起さずして仏法, 度起されても盡, 度起される迄は床, 度起しに来た, 度起したきりで, 度起った痙攣的な, 度起ったら毎年起っ, 度起つや忽ち, 度起つた事は, 度起れば湖水天, 度うよう, 度越えたが土地, 度越してをります, 度越した四十度は, 度越す人も, 度越前屋の番頭, 度趙七爺を, 度足らずです, 度足りないから今, 度足労をし, 度足跡が出る, 度足踏みをし, 度跣足になっ, 度路傍のど, 度路次の中, 度踊りなら六七度, 度踊り仲間に加つたことさ, 度踏ましといていまだに, 度踏みつけようとした, 度踏み慣らしてみ, 度踏み試みて快, 度踏む男も, 度踏査して, 度蹴ったばかりな, 度蹴りに蹴った, 度蹴りあっただけで王, 度躍り上って地団太, 度身ぶりを易, 度身代金を脅喝, 度身重になり, 度身體のむき, 度車室を往き戻りつ, 度軌条の上, 度を退い, 度軍役の半減, 度軟派の事件, 度転がってあと, 度転げ落ちて地面, 度転じて夜明, 度転んでみ, 度転んだと云う, 度転倒させて, 度転居したろう, 度転沛逆手行聞いても, 度軽い呻きを, 度く嘔吐, 度輪なりに廻わる, 度轡面を強く, 度辛くも倉亭まで, 度辛抱して, 度辛棒して, 度辞つて見たが, 度辞退した, 度農学士達の深切, 度辷ったドンと, 度辻斬があった, 度辻森淳三さんにでも逢っ, 度迄の繰り返しあって, 度へました, 度迎い火を焚い, 度迎えてしまった, 度クモアッタニ拘, 度近々と視て, 度近い暑さで, 度近い暑い日が, 度近くどこかへ連れ, 度近寄ったと時雄, 度近所の人, 度近藤に会っ, 度詞を, 度返して居た, 度迷わされた事が, 度追い出された彼は, 度追い出したようだ, 度追い払われても十度, 度追っぱらってもまた, 度追手の風, 度退いた敵軍は, 度退く時夫人も, 度逃げのびたれども思う, 度逃げようと思った, 度逃げられ今は, 度逃げ場所の交渉, 度逆上した存八, 度逍遥すべき郊外地域, 度途中まで登っ, 度途切れた村鍛冶の, 度途方に暮れた, 度通ううちに, 度通すねむし辛し, 度通ったらしい形跡が, 度通つてがんばつたが遂に, 度通つて一人もお客, 度通りがかりに見た, 度通りすぎて確め, 度通り道で馬車, 度通り雨が森, 度通るような, 度通俗小説のなか, 度通信をし, 度通院して, 度速力ナドニ関シテハモチロン資材ノウエカラ労力ノウエカラ大変ナ経済ダト思ウガコノ種ノコトハ私ニハヨクワカラナイ, 度逢いたいもんだ, 度逢いたかったと思う, 度逢いましたよ, 度逢ったすがたと, 度逢ってるうちに, 度逢つた上でよく, 度逢つた事がある, 度逢つて御覧なさい屹度従来, 度逢引をする, 度連れ戻されてもまた, 度連続して, 度逸セバ真ニ是レ一生, 度遁走せし兵士, 度遇って話した, 度遇つただけで個人的, 度遇つてお前に來, 度遊んだことが, 度遊廓をおごられた, 度を試し, 度運命の導い, 度ぎたのでもないことはお分りでございましょう, 度過ぎて運, 度過ぎると二階, 度過失を新た, 度道糸をきられた, 度達したるところには, 度違う男と, 度違うだろうと思われる, 度か, 度州屋へ, 度遠い昔の, 度遠くペルシャやアルメニヤ, 度遠火で焼きます, 度遭うかというよう, 度み直した後, 度邂逅した, 度還っておくれ, 度那須へ来た, 度へ帰, 度邸内の泉水, 度の磯良, 度郷土の別邸, 度郷関を出, 度都合をきい, 度都落ちの一節, 度都門の外, 度の瓶, 度酒場を出た, 度酔えば忽ち, 度酔って見たい, 度醒めた迷夢は, 度るし, 度へ降り, 度重った借金は, 度重ねずにはゐられなく, 度重ねる内驢ども発明自覚し, 度重り今では, 度重版しても, 度重苦しい沈黙に, 度野犬と闘った, 度金十円もらつたこと, 度金山の四方, 度金釘流で六尺あまり, 度釣って見た, 度釣ったことが, 度釣りをし, 度を鳴らさせ呼ばせ, 度鉢巻を締め直した, 度鉱山の中, 度銀座へ出る, 度銀盆を胸, 度を突き出し, 度鋭い爪が, 度鋲締めされると, 度を振る, 度をねかし, 度を引け, 度鏡子はした, 度鐵工場の鐵, 度長いため息を, 度長老を訪れた, 度長蔵さんと呼んだ, 度を出る, 度門前へ来, 度門口で挨拶, 度閃いたと思う, 度閉めたほどの大, 度落した, 度開かれしことや, 度開きそうして足音, 度開けて締め直した, 度開けると薪三本分, 度開花する変わりもの, 度を見, 度間置し徘徊中央, 度間違つたこ, 度間違った寄算を, 度間違つて懸りつけ, 度間違つて覺え込んだ, 度関白となった, 度闘技の場, 度阿蘇に登った, 度附添婦はその, 度降ってき, 度降った雪は, 度降り出すとまるで, 度降るだけだ, 度降服を勧告, 度降誕祭の夜, 度降魔の祈祷, 度陣痛のよう, 度に留まる, 度にうけ, 度陸軍大臣と管轄, 度隅田川へ乗り, 度階下へおり, 度階段を登つて二階, 度をぬすん, 度隣室の扉, 度隣組の人, 度隣郡の侵入者, 度ひ往, 度れたその, 度集つた彌次馬もバラバラ, 度集まって夜, 度集団的に擲, 度雇い人が室内, 度雑誌へ周旋, 度雑誌文芸春秋の特派員, 度を逃れた, 度雪江さんと差向い, 度雪渓を横切った, 度雪隠に行, 度雷鳴を聞いた, 度雹害がある, 度雹祭だけは屹度鎮守, 度電文を読み返し, 度電燈が明滅, 度電球を持つ, 度震わしただけで, 度震災の前, 度霊岸島から五十石積, 度霊神様御祭のもの頂戴, 度がサッと, 度霧粒は直径百分の三ミリ, 度のヴェール, 度青い海の, 度青ざめたのは, 度青春を与えよう, 度青春時代ニ戻ッタ気ガシマスト, 度青雲の志, 度静かに左右, 度静子をつれ, 度静岡の地, 度坐此處, 度非道なす訳には尚更, 度面會に來, 度の踵, 度鞍馬詣りを, 度を君, 度音楽会へ誘っ, 度響いたのだ, 度響く貝の, 度預けられた里を, 度頑丈な荒格子, 度頭上ですさまじく, 度頭髮を剃る, 度頴才新誌, 度頷いたがスッ, 度頷くと, 度頻々としてある, 度頼まれたことが, 度頼むことは, 度頼んだような, 度の顔, 度額ずり哭き給, 度を動かし, 度顔出しをした, 度顔見知りの笹山千鶴子, 度顔隠しをのぞいた, 度願上候若し無事帰宅, 度顛狂院に送られ, 度風速毎秒一〇メートル, 度風速四十メートルがそう, 度颯颯颯と彼, 度飛びあがりゃあそれからそれ, 度飛び廻っていた, 度飛び散ってざざー, 度飛んでも亀, 度飛騨の国, 度飛鳥のごとく廻っ, 度飛鳥山に一度, 度食うべしとなる, 度食えるしなケトバシ, 度食べさせて毎日, 度食べさせられたつて洗ひ, 度食べずともひだるく, 度食べものを恵ん, 度食べようというん, 度食べればいい, 度食卓につく, 度食道鏡を突, 度飮食に就, 度飲みに行きたく, 度飲めば熱, 度飲もう朝と, 度を甞め, 度飼ったけれど皆, 度の喰べら, 度養育の恩, 度をとられた, 度餓じい目どころか両, 度饑饉来るとも, 度首四十一級を得た, 度首尾して, 度首相の地位, 度香しい息を, 度香椎へ詣る, 度香物ばかり食べさせ, 度馬車の車体, 度け回った, 度馴れると見る, 度馴染のある, 度馴染みになった, 度駄目でしょう, 度駐在所の表口, 度駒鳥らしいもの, 度驚いたような, 度骨折ってみた, 度高らかに叫び, 度高度五百メートルに艦載機, 度高座へ上がっ, 度高柳御受申候, 度高等学校の入学試験, 度を脱ぐ, 度づらを, 度鬨の声をあわせ, 度魯鎮から城, 度鯨波を擧げた, 度鰻屋で二人一緒, 度を出し, 度鳳城の道場, 度鳴きたてました, 度鳴くと直ぐ, 度鳴った後から, 度鳴らして一間, 度鳴雪翁宛にてもよろし, 度鶴ヶ岡に上っ, 度を飼った, 度鷹ノ巣瀧とやらを見た, 度鷹揚に引っ張った, 度麹町区一番町の邸, 度麻雀に誘われ, 度黄昏へかけ, 度へ一度, 度黒い煙突の, 度黒くつや, 度黒星を付けられ, 度黒服に銀, 度黒眼鏡をかけ, 度黙祷した, 度を追, 度鼻声で甘, 度鼻洟を啜つた, 度鼻眼鏡をかけ直し, 度のうえ, 度龍介を見上げる, 度龍野氏を訪ねた, 度龍顔を拝, 度ARが食事