青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「嵐~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

峠~ ~峰 峰~ ~島 島~ 島田~ 崇拝~ ~崖 崖~ 崩れ~
嵐~
巌~ ~川 川~ 川上~ 州~ ~巡査 巡査~ ~巣 巣~ 工~

「嵐~」 1719, 18ppm, 6419位

▼ 嵐~ (728, 42.4%)

78 ように 62 ような 26 中に 24 やうな 23 やうに 22 前の 14 中を 12 あとの, 中で 11 中の 9 ために 8 後の 76 なかに 5 後で 4 下の, 夜に, 日に, 晩に, 海の, 音が, 音に, 音の, 音を 3 ことを, 中から, 中へ, 前に, 前には, 夜の, 如くに, 山の, 時の, 様に

2 [35件] あとさき, あとに, あとみたいに, さきぶれ, せいであろう, ときの, なかを, ようだった, 中にこそ, 中心に, 先駆の, 勢いが, 名残の, 吹いて, 吹きあふる照葉, 吹きすさぶに, 唸りに, 場面は, 夜は, 夜も, 夜金五郎が, 恐しさ, 日の, 時には, 晩も, 最中に, 森の, 様な, 烈しさ, 聲を, 記憶が, 雨波に, 風の, 風のそ, 風情

1 [273件] あと, あとが, あとで, あとを, あと空気の, ある時, いつもの, いぶき, うちに, うなり聲, かげの, ことなんぞ, ごとき気魄, ごとくかれを, ごとくまっしぐら, ごとくめぐって, ごとく一左一右, ごとく中の島籠め, ごとく殺到, ごとく空気はいちめん, ごとく馬, さなかに, すぎさるよう, すぎた安らか, すさまじきかな, せいな, せいね, ため窓と, つづいて, つづきだが, つてに, ときだって, ときにも, とどろきを, ないだ, なかで, なかにおいては, なかにも, なかにもの, なかの, ひくよう, ひとつの, ひどい夜, ふきかたは, やうだった, やうで, やむの, ようだ, ようであった, ようです, ようなとける, ような喚き, シンフォニイは, 一うねりが, 一つの, 一と, 一吹きで散り失せ, 一夜, 一夜で, 一夜の, 一幕, 一日に, 三公なかなか, 三左衛門に, 三左衛門も, 上に, 下に, 世界を, 中だ, 中での, 中なる, 中には, 事から, 使者の, 先駆, 先駆らしい, 冷え渡る, 処置に, 前といった, 前ぶれだ, 前ぶれにたいする, 前ぶれの, 前兆が, 前兆に対して, 前兆の, 前兆も, 前死の, 勢ひで扉を, 原因について, 原因は, 去ったあと, 去った跡, 去つたあと数, 叩く深い, 叫びが, 叫ぶよう, 合間を, 名残りが, 名殘, 吹かぬこと, 吹きすさぶ井戸端, 吹きつける度毎, 吹き去る, 吹き留め, 吹き過ぎた後, 吹くよう, 吹く松, 吹く荒野, 吹けば, 咆え, 哮りに, 唸りが, 唸り声を, 唸り聲が, 唸音, 国だ, 場合行き暮れた, 壮大を, 声, 声が, 声すなり, 声ばかり, 多い季節, 夜, 夜々風が, 夜が, 夜であった, 夜であろう, 夜には, 夜中ながら, 夜中を, 夜冒涜の, 夜外へ, 夢に, 太い一うねり, 太鼓の, 奧に, 如きもの, 如くいよ, 如く世, 如く全身, 如く叫喚, 如く吹きあげられる一日, 如く捲き上つたの, 如く空気はいちめん, 如く起り雲, 如く駈けこん, 如く高まる, 始まる前, 始らない, 子ら, 岬に, 底から, 店を, 庭の, 強い晩, 強弱によって, 後では, 後に, 後は, 後を, 徴候は, 心に, 息吹に, 意味が, 或る, 戸を, 描写の, 数々に, 日が, 日だ, 日では, 日などは, 日は, 明くる, 時でも, 時に, 時も, 時代を, 晩こわ, 晩でも, 晩と, 晩の, 暑さ, 暗雲は, 暗雲を, 暴虐を, 最中で, 最初の, 最後の, 朝の, 村, 来らんこと, 来ること, 来る一両日前, 来襲に, 東京で, 枕上に, 様を, 次の, 比喩も, 気ざし, 気配を, 氷片を, 海を, 渦が, 瀞の, 為めに, 烈しい夜, 燈火と, 爲に, 狂うごとく聞くも, 狂ふ如く, 狂亂に, 直ぐ後に, 空は, 空よりも, 精よ, 絵が, 絶え間に, 繁吹を, 腹が, 花等あらゆる, 荒からぬ, 荒れ狂ったやう, 荒磯の, 血なまぐさい惨虐, 裡で, 裡に, 襲って, 試棟は, 話に, 誘う木葉舟, 誘ふに, 誘へば, 起こるもの, 起ったらしい様子, 起るの, 跡, 跡が, 跡に, 跡を, 跡野分の, 身に, 近づくの, 通り過ぎたあと, 通り過ぎた後, 通過する, 進路に, 過ぎるの, 過ぎ去った後, 過ぎ去つた後, 過ぎ去るやう, 過去で, 道を, 遠のいて, 間に, 間にも, 間を, 間中瀑布の, 闇を, 闇夜に, 陰惨な, 雲が, 雲の, 音, 音にも, 音は, 音や, 音丘で, 音声や, 音恨る, 風に

▼ 嵐~ (219, 12.7%)

4 なった 3 あって, まだ残り, 狂ふ

2 [18件] おそれて, さそはれて, なったので, なりさ, なりそう, まかれた木の葉みたい, まだ殘, もまれて, 会って, 吹かれて, 吹き散らした何, 打たれて, 捲き込まれて, 消されて, 煽られて, 燈は, 逢って, 遭遇し

1 [170件] あうと, あおられた薊, あおられて, あがる前髪, あったよう, あった帆船, あった毒瓦斯, あつた, あはれた, あふられて, ある程, うすづく, おされ殆ど落涙, おそわれた, おびただしく吹き散らされる, この調査, さいなまれた, さからって, そそぐ美し, その怒り, たとえて, つれて, なったよ, なって, なりさうな, なりますよ, なり例, なるって, なると, なるの, ひどく酔った, ふきさらされる, ふくらんで, ふるい落とされた病葉, まう紙屑, まきこまれ科学, みんな散らされ, むなしくなった, もつれて, もまれたこと, もみまくられてからは, もろもろの, わが身を, ロイスは, 乗じて, 亂脈打ち, 人を, 会ったよう, 会った人間, 似たる批評家, 似た恋ごころ, 倒潰した, 傘を, 包まれた家, 包まれて, 包まれ天地, 危うく掻き消されよう, 叫ぶうき, 向う身, 向って, 吹かるる雪片, 吹かれたよう, 吹かれ死ぬばかりに, 吹かれ迷いながら, 吹きこめられて, 吹きすさまれて, 吹きちぎられて, 吹きちらされた一九三二年以来, 吹きちる紅葉, 吹きつけられて, 吹きとばされた形, 吹きゆがめられつつ, 吹きわけられ, 吹き倒されて, 吹き寄せられた板片木片, 吹き折られ, 吹き捲られて, 吹き消された時, 吹き消されて, 吹き籠め, 吹分けられエエエエエエエエ, 埋れて, 堪へぬ花, 奪われて, 富む紆余曲折, 巻かれて, 庵の, 引き添うて, 怯えた小鳥, 惱む船の, 慄く, 戦慄し, 打たれたもの, 打たれた灌木, 打たれ塵労, 打ち勝って, 振はれた無数, 振り落されて, 捲込まれ郷里, 掻きみだされぬ限り, 揉まれながら, 揉まれる牡丹桜, 揉みくちやに, 揉みちぎられて, 揺いでは, 搖落され, 散ってからは, 散らされた, 散りのこるなごり, 散り失せぬべきほどの, 敵も, 根な, 気がつくよう, 渦巻き渦巻き火, 漾って, 煽られ濛々, 用達しといふ, 白い葉裏, 目かくし, 直面し, 破れ寂びたる板間, 祟られてか, 稻妻に, 等しい声援, 翻が, 耐えた竜胆, 脅えて, 舞う胡蝶, 花は, 葉の, 藁帽飛ん, 襲われて, 襲われます, 襲われると, 襲われ我々, 襲われ狂う空, 誘はれては, 諫誡あり, 蹴散らされた雪, 身を, 近い, 近い降りやう, 近くなっ, 追いまくられた小鳥, 追ひつ, 追われたよう, 追われる黒雲, 逢いて, 遇つた時に, 過ぎなかつた時々, 遭う危険, 遭った船長, 遭わなかった幸運, 遭遇する, 遮られ喘ぎ喘ぎ上り, 邪魔され, 閉じ籠め, 雀流らふ, 雑り, 雨の, 雲が, 面して, 面を, 飛ばされる屋根, 香の, 駆られ霧, 駕し, 騒ぐ梢, 鳥の, 鳴滝の

▼ 嵐~ (168, 9.8%)

5 又山, 起って 3 吹いて, 吹き荒れた 2 おそって, 一行を, 吹き出したの, 急に, 来ても, 起こって, 過ぎて

1 [138件] あったが, あったせい, あってから, あつて, あり暖流, あれて, おこった, おこって, ごうごうと吹き, さしもに, しずまったら死骸, すぎて, すぎ去つたやう, そこを, その梢, その身内, そよそよと, つのるたび, どっと吹き巻い, どよめき起った, にわかに勢い, ひとりでに衰え, ひどいこと, ひどくなったら, ひどくなれ, ふきまくつた, ふきまくるなか, ぶつか, またも新しく, やって来た, やつて, やむの, やんだらすぐ, ヒューヒューと, 一度颯と渡る, 一晩中つ, 僕の, 元で, 入って, 六月に, 凪いで, 出たと, 出たらしい, 加わって, 勢いを, 吹いたり, 吹いてるが, 吹きすさみ二人, 吹きつける恐ろしい, 吹きはじめた, 吹きはじめるもの, 吹きやむと, 吹き入るやう, 吹き小さな, 吹き巻いて, 吹き捲いて, 吹き止んで, 吹き添って, 吹き渡って, 吹き荒む利根川端, 吹き荒れて, 吹き起こるの, 吹き通したり, 吹き通ったよう, 吹き過ぎたよう, 吹く, 吹くと, 吼え, 吼え猛って, 咆え, 団栗の, 城を, 家の, 宿って, 少し吹き出した, 巻きおこり読者, 巻き起つた暴風雨, 強いかも, 彼女の, 忽然と吹き起っ, 扉の, 捲き起つて, 揉みくちゃに, 早く通り過ぎ, 未だ屆, 来た, 来たかを, 来たもの, 来たら龍, 来て, 来ようと, 来るかと, 松の, 樹, 次き出した, 此処まで, 死に我自ら, 済まなければ, 潜んで, 激しすぎた, 狂い大塩湖, 直接に, 相手を, 空を, 立って, 累を, 絶頂に, 船の, 草木を, 荒ぶ戦場, 荒れた, 荒れだして, 荒んだ, 袂を, 訪れて, 誘うて, 起こる, 起こると, 起こるん, 起った, 起つて, 起りその大きな, 越後の, 足を, 近づいたと, 近づいて, 通って, 通つ, 遂には, 過ぎる, 過ぎ去った後, 過ぎ去つて, 過ぎ去るの, 鎮まって, 長い笛, 降りかかった, 静かに, 颯と吹い

▼ 嵐~ (124, 7.2%)

3 彼を 2 いつ収まる, とよもさず雉子鳴き, どこかへ, 可なり, 海の, 益, 過ぎた

1 [107件] あいかわらずごうごうと吹きまくっ, あらゆる追憶, あるが, いった, いつやむ, いつやむであろう, いよいよ勢い, おいおいおさまった, おさまった, お艶, かくして起きた, きつと, けろりと去, けろりと去っ, しらねども, じきに, すっかりおさまり, すでにお, すみましたよ, そこで, その鞭, それでも午, それへも, それほど私, たかまって, だん, だんだんひどく, どよみ戦列, なおその, なおも怒り, はげしく呼ばれ, ひとり私, ますますふき, またも, まだ吹きつづけ, もう大分, もう通り過ぎ, ようやく静まっ, プロレタリアート, 一方で, 三人の, 世界を, 中, 五時間ぐらい, 今までの, 今日も, 佐竹の, 何処にでも, 余り表現いたしません, 依然としてその, 冷たかろう, 到頭やって来た, 刻々に, 刻一刻に, 勢いを, 卍に, 去った, 去って, 収まって, 叫びと, 叫び声を, 台風である, 吹きまくるが, 吹きまさったと, 吹き募りそれ, 吹き荒れても, 威厳を, 寒かった, 山中の, 嵐では, 常にこの, 平等に, 座敷の, 怖ろ, 戦前から, 明し一山若葉, 明治四年まで, 春の, 曾て, 月光の, 朝までは, 来る時, 桜の, 樹に, 消え去って, 烈しく真っ向, 無残の, 珍しくない, 益々激し, 益吹き募った, 益吹き募つた, 目眩む, 眠りたり, 私の, 秒一秒少年を, 空を, 篠つく, 絶えず吹き続け, 過ぎ去った, 過去の, 針路を, 鎮まって, 集積する, 雨を, 非常な, 驚いて, 鳴りも

▼ 嵐~ (88, 5.1%)

4 衝いて 3 吹いて 2 よび終夜, 孕み霹靂

1 [77件] あびて, して, ついて, どうにもできない, はなしたが, はらむ雲, まきおこしながら, まき起しながら, ものとも, わくる初, わすれたよう, 乗切って, 他処, 何と呼ぶ, 作品へ, 先触れる, 免れて, 冒してまで, 凝す, 前に, 卷いて, 厭うて, 受けて, 受け流して, 合方に, 吹きあげる, 吹きつけること, 吹く, 吹く訳, 告げる赤旗, 呼び相互, 呼ぶもの, 呼ぶ海鳥, 呼ぶ物凄い, 呼んで, 壓倒し, 大きく胎, 孕む雲, 孕める沈黙, 孕んだ一座, 孕んだ杉, 孕んだ青白い, 巻き起こすん, 待ち受けるよう, 待受けた, 忘れて, 思っては, 恐れるやう, 捲きおこすだけ, 捲起したこの, 明らかに, 望み見よ, 期待した, 浴びせるお, 浴びせるの, 浴びた挙句, 浴びるやう, 準備し, 統御する, 耐え難く後, 背負つては, 自身は, 見て, 見ながら, 見よ, 観取する事, 語る, 讃美する, 負った猪, 起こして, 起して, 起し奸計, 踏台に, 追ひ消さう, 送るの, 防ぎ実に, 電車の

▼ 嵐~ (34, 2.0%)

2 なって, なり涙, 哮び, 山蔭は

1 [26件] いい乾隆時代, なつて, なりあまり, なり裏, 例の, 入れちがって, 凪ぎ冬, 凪を, 化したの, 化して, 同じやう, 同様容赦を, 同様避ける, 吹雪の, 呼んで, 小旗, 年がら年中この, 思つて一寸道傍の, 急迫の, 戦いながら, 潮の, 熱砂と, 重苦しい息切れ, 雨の, 雪との, 鬪う

▼ 嵐~ (24, 1.4%)

2 あつた

1 [22件] おざった, お天気, お屋敷, ござりまし, ござりまする, もつて, 七時少し, 伸子の, 倒れたの, 共同菜園の, 其の枝, 千葉先生へも, 吹飛ん, 吹飛んでしまつた, 壁に, 大半あとかたも, 始終船中に, 橋が, 海が, 海は, 父なる, 逆巻いて

▼ 嵐~ (19, 1.1%)

1 [19件] しずまりかけたの, なかった, なく夕立, ひどかった, よいの, ように, ようの, ようやく収, 名残と, 吹かないに, 吹き出でようず空, 吹き荒ばず江戸, 庭に, 恐れるには, 続いては, 起りませんでした, 雪と, 雲も, 雹も

▼ 嵐粂吉~ (16, 0.9%)

1 [16件] がここ, がこの, が舞台, じゃお前さん, というの, という名, という太夫さん, となった, になっ, の一座, の住居, の宿, の小屋, の新, の部屋, はその

▼ 嵐~ (13, 0.8%)

3 吹け 2 吹雪よ 1 俺を, 吹きまくれ, 呼ぶ勿, 来い, 来い風, 雨よ, 雪よ, 黙せ暗

▼ 嵐三左衛門~ (13, 0.8%)

1 [13件] が会う, が寝泊まり, が江戸五郎親方, っていうの, っていう役者, でした, とかいう上方役者, とか八左衛門, ならずとも, のほう, の寝泊まり, の小屋, の紋

▼ 嵐~ (11, 0.6%)

1 [11件] それとも松風, はた雷鳴, 人に, 怒涛の, 旋風か, 松風か, 波の, 海嘯かとも, 西南の, 雷か, 電光に

▼ 嵐~ (11, 0.6%)

2 の学校 1 からお, の二月三日, の和歌, の手紙1, は英語, も一緒, やお父さん, 及び月子, 及び母さん

▼ 嵐~ (8, 0.5%)

1 からい, から八時半バネ, といふ, と思っ, と考え, な, もの私達は, 崖の

▼ 嵐にも~ (7, 0.4%)

1 たとえて, ふきはが, 似たり, 心を, 洪水にも, 潮にも, 負けないよう

▼ 嵐~ (7, 0.4%)

1 初瀬山, 吹雪の, 夏木立, 左雲の, 悶えを, 果も, 高浪

▼ 嵐~ (6, 0.3%)

2 のよう 1 のおそろしい, の前, の捲き立つ, は炉

▼ 嵐さえ~ (5, 0.3%)

1 出たらしいのに, 加わり全, 加わり逃亡, 吹いて, 無い

▼ 嵐でも~ (5, 0.3%)

2 出掛けて 1 ない, 吹けば, 巡廻るの

▼ 嵐という~ (5, 0.3%)

1 ものを, やつが, 六月は, 明治初年に, 者が

▼ 嵐には~ (5, 0.3%)

1 おどろいて, 一と, 乱れて, 人間の, 黒い波

▼ 嵐吹く~ (5, 0.3%)

2 夜は 1 尾上の, 草の, 銀緑色の

▼ 嵐~ (5, 0.3%)

1 が深い, と暮氣, の深い, は聾, を含んだ

▼ 嵐です~ (4, 0.2%)

1 ことねえ, もの, よ, わね

▼ 嵐一座~ (4, 0.2%)

1 の掛小屋, の死活問題, はぶちこわし, は散り散りばらばら

▼ 嵐自体~ (4, 0.2%)

1 が魂, であるから, にほかならない, に外

▼ 嵐から~ (3, 0.2%)

1 彼が, 自分の, 雲から

▼ 嵐っぽい~ (3, 0.2%)

1 天候であった, 灰色の, 風に

▼ 嵐といふ~ (3, 0.2%)

1 なるに, のが, ものを

▼ 嵐~ (3, 0.2%)

2 ので 1 んだ

▼ 嵐にでも~ (3, 0.2%)

2 なりさ 1 折れて

▼ 嵐またもや~ (3, 0.2%)

2 落し來て 1 落し来て

▼ 嵐よりも~ (3, 0.2%)

1 乱れて, 強くそして, 烈しい力

▼ 嵐吹き~ (3, 0.2%)

1 歸らぬ, 添ふ, 荒さ

▼ 嵐~ (3, 0.2%)

3 の滝

▼ 嵐村次郎~ (3, 0.2%)

1 とある, に対する疑惑, の名

▼ 嵐璃昇~ (3, 0.2%)

1 などと呼ぶ, の刑期, の存在

▼ 嵐璃鶴~ (3, 0.2%)

1 が召捕られ, の後身, は満期出獄

▼ 嵐かも~ (2, 0.1%)

2 疾き

▼ 嵐~ (2, 0.1%)

1 かすむ関, しづ心なき

▼ 嵐では~ (2, 0.1%)

1 どっちみち泊め, 無げに

▼ 嵐とともに~ (2, 0.1%)

1 去った変事, 直面し

▼ 嵐など~ (2, 0.1%)

1 すべて他の, 防がんと

▼ 嵐より~ (2, 0.1%)

1 いやあれに, 一足先に

▼ 嵐以上~ (2, 0.1%)

1 だよ, に山

▼ 嵐吹き立つ~ (2, 0.1%)

2 春さきは

▼ 嵐峡山水就其~ (2, 0.1%)

2 最清絶処縛屋

▼ 嵐徳三郎~ (2, 0.1%)

1 が亡父, が今度璃寛

▼ 嵐模様~ (2, 0.1%)

1 で白雲, の雨越し

▼ 嵐烈しく~ (2, 0.1%)

1 木の葉み, 雪散る

▼ 嵐璃寛~ (2, 0.1%)

1 お六, が貞任

▼ 嵐粂吉一座~ (2, 0.1%)

1 と塗り, の者

▼ 嵐翫之丞~ (2, 0.1%)

1 という女形, の亡霊

▼ 嵐~ (2, 0.1%)

1 がはじまった, が行われた

▼1* [113件]

あまりの事, 嵐ありそうだ, 嵐あるによってこの, 嵐づまくところ老樹の, 嵐お萩ッてえの, 嵐くらいですんで, 嵐くるな, 嵐こそうしろめたけれ, 嵐へし, 嵐を吹き, 嵐そのままに感ぜられる, 嵐たゆたふ千尋, 嵐だけを聴いて, 嵐だったね, 嵐だの雨だの, 嵐だらうが屹度行つて, 嵐だろうとそれ, 嵐であっても帆, 嵐であろうと魚, 嵐との豫想が, 嵐とばかりきこえて, 嵐ともつかない声, 嵐なしでも龍, 嵐なす羽風我が, 嵐などがいいよう, 嵐にかはつてそれが, 嵐について書かれ実感, 嵐によつて曙を, 嵐に対する渇した欲望, 嵐のこたあなんと, 嵐のさびしきにつまとふ鹿の, 嵐のみ吹き渡る広い, 嵐のみとやおぼすらん, 嵐はげしき折々も, 嵐ばかりだ, 嵐ばかりが吹いて, 嵐ばかりを眺めて, 嵐ふきのたう, 嵐ふくなと申し置かれし, 嵐紛れて, 嵐への呼びかけは, 嵐みたいに揺れた, 嵐めいた不安な, 嵐一しきりとれた, 嵐一門は明治大正, 嵐三五郎であった, 嵐三五郎それに元服, 嵐三十郎沢村長十郎袖崎源次霧浪あふよ, 嵐三右衛門の愛妾高尾, 嵐三右衛門等の立女形, 嵐争闘殺陣は元, 嵐光人家を隔て, 嵐凪霧雨雪花季節による色彩, 嵐に出る, 嵐しくすさまじく, 嵐去りて跡, 嵐口々に畏まっ, 嵐が贔屓, 嵐吉松郎実川実太郎など十余人, 嵐吹きしく枯野原空に, 嵐吹き捲く山道を, 嵐吹き荒ぶ北は, 嵐吹添ふ縁, 嵐吹雪の永い淋しい, 嵐和三郎中村勘五郎中村鶴蔵岩井松之助などという顔触れ, 嵐夕ぐれ寒く身, 嵐子二受け取った, 嵐子殿外御一同, 嵐子氏は長女, 嵐子氏東京女子大入学のこと, 嵐なら屋号, 嵐寿之助, 嵐小六の家, 嵐峡館の辺, 嵐より吹き下し, 嵐の水神, 嵐巌笑は芸容, 嵐巌笑尾上多見, 嵐廊下から追, 嵐御館の小, 嵐扇太郎という旅役者, 嵐来りて築きたる, 嵐来り申すべくなど人々申, 嵐模様北山は雲, 嵐の二女史, 嵐江鉱山で坑夫信徒六十名, 嵐烈しゅう余寒も, 嵐の聲, 嵐璃寛らも加入, 嵐璃寛大阪に死す, 嵐璃寛明治から大正昭和, 嵐生ずる処鶴松に, 嵐多き貧郡, 嵐よりも速く, 嵐粂吉近日賑々しく小屋びらき, 嵐系譜に属する, 嵐を咲かす, 嵐芳三郎は大柄, 嵐荒磯のくろ, 嵐の清掃, 嵐起りて艫, 嵐起る前兆なりといふ, 嵐に, 嵐もる月, 嵐雛丸も殺された, 嵐雛助に遣, 嵐が降る, 嵐雲の上に, 嵐驟雨ぬれた街路樹, 嵐魚鶴などと大体凧, 嵐鯛十郎という上方役者, 嵐鱗昇市川鯉之丞, 嵐龍太郎は酒二升