青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「府~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~床 床~ 床の間~ 序~ ~底 底~ ~店 店~ 店先~ 店員~
府~
~度 度~ ~度々 度々~ 度目~ ~座 座~ ~座敷 座敷~ ~庭

「府~」 1960, 21ppm, 5430位

▼ 府~ (501, 25.6%)

5 門を 4 方へ 3 お医者さん, ネストル教碑, 中に, 北部である, 官属を, 門へ

2 [22件] お館, すべての, ような, モンラムの, ランチが, 侍どもを, 内から, 名で, 吏に, 地に, 城は, 城内に, 堂上へ, 市民も, 捕卒, 掛かりの, 方で, 方に, 日記とは, 日記に, 楽士の, 秩序と

1 [430件] ある所以, ある者, うえその, おゆるし, お厠, お役人, お覚え, きょうこの, ことだの, ことである, ことゆえ, ごとき盛況, ご門前, ささやかな, すぐ隣, どこに, ひだりに, ほうへ, もの洲に, やうに, ゆくてには出世, アンティオクスでさえも, オリムピックで, キリスト教碑, シカチェから, シカチェという, シナ人の, スチュクス別れ來りし, セラ大寺へ, タシ・ルフンプー寺に, タシ・ルフンプー寺の, テンゲーリンの, ドクトルよりは, ブロオドウェイを, リンコル, 一と, 一声には, 一官吏と, 一市民が, 一市民に, 一旗下で, 一角の, 一部とを, 一部へ, 一部及び, 一閣で, 一閣に, 上は, 上杉攻め, 上谷の, 下人を, 下町で, 下町である, 下部たちは, 中でも, 中にも, 中の, 中を, 中高き, 丹陽へ, 主簿です, 主簿を, 乞食には, 乞食の, 事だ, 事を, 事情なども, 二の宮にて, 人々で, 人々に, 人々は, 人が, 人などは, 人は, 人士の, 人材と, 人民は, 人達は, 人間よりも, 仕事は, 会堂は, 会計吏に, 会議以来一回も, 住居より, 住民は, 佐世保, 余威を, 侍でございます, 侍は, 侍書でした, 俤ある, 停車場で, 働きとは, 僧官達も, 儀もっとも, 儀を, 儒学の, 儲蔵も, 元兇を, 全警察力, 公卿近衛の, 公認する, 兵を, 兵千余騎が, 兵士これを, 内に, 内を, 内外には, 出仕は, 刑獄を, 制を, 前, 前で, 前に, 前技師, 力を, 勧業課の, 勧業課長を, 北, 北の, 北部, 南の, 南方に, 原嘉道氏は, 厳存を, 参謀においても, 各庁, 名が, 名は, 吏と, 吏人の, 吏員に, 味は, 命ずる所, 命に, 命にも, 命を, 命を以て, 命令でも, 命令なら遣っ, 命日と, 商人が, 問題である, 図面に, 図面にも, 土なり, 土地は, 土手の, 土木課事件の, 地とも, 城であった, 城下に, 塔を, 墳墓見上ぐる, 士が, 士と, 士官が, 声がかりと, 声色が, 外に, 大令, 大博士シーメンス氏, 大官が, 大将で, 大秦景教流行中國碑, 天主堂で, 天和堂に, 太刀に, 太鼓判が, 奥に, 奥には, 女の, 女六朝の, 奴物騒と, 奸使傾覆の, 如き老獪, 如何なる貴顕富豪, 妹や, 妻女を, 婆連で, 婦人が, 婦人の, 婦人は, 婦人を, 子なり, 字の, 学務当局が, 学務課から, 学務課では, 学問知識だけが, 学堂文昌閣の, 学校の, 官人たちへの, 官人らによって, 官人其他が, 官制が, 官吏に, 官員数千人御, 官署で, 官舎を, 官邸へ, 定算, 実力者だ, 宴には, 家庭料理学校で, 寺院の, 将校官属を, 小学児童の, 尼将軍監軍熊野直助, 屋根は, 巡査片岡禅吉ぢや, 市と, 市民が, 市民と, 市街である, 市街に, 市街の, 市街は, 広袤, 広間で, 底に, 店で, 府の, 延光寺に, 建物が, 建築が, 建設と, 建設へと, 強兵幾万なお, 当事者と, 当局の, 当局者が, 当時から, 役人か, 役人が, 役人たちが, 役人に, 役人や, 後も, 御墳, 心ある, 心証を, 思うつぼへ, 思顧の, 恩給掛は, 意見一致し, 扶助料とりあげ, 技師だ, 技師に, 捜査は, 掛かりを, 提督らとか, 政治や, 政策に, 故址, 文名が, 文書には, 文書の, 方へと, 旅を, 日本公使館や, 日本品, 日記なりと, 日記の, 日記へ, 旦那樣が, 旧勢力, 景教碑は, 書を, 書生爪中万二市木公太書を, 書類としては, 書類なるべき, 李之, 東に, 東の, 果まで, 柳を, 柵多賀城の, 査問官も, 梅園に, 條に, 森田編修官から, 検閲の, 楽園地へ, 構内に, 権は, 権を, 次将たち, 武官として, 武権派に対して, 武者生活は, 民林三の, 気候は, 汁に, 池に, 治書侍御, 泉北地方で, 法王が, 法王と, 法王宮殿に, 法王殿の, 洋面に, 洪水も, 浮梁, 海岸は, 港湾より, 湯へ, 熱閙場裡, 片隅でも, 猥雑放縦な, 理官を, 生活から, 用地に, 田舎に, 甲南病院で, 町名, 病院に, 病院へは, 病院より, 白洲で, 白洲へ, 百官は, 皮と, 知人の, 知参事より, 石井光次郎さん日本評論社の, 磯尽き, 神を, 禿鷹, 空を, 空気清浄な, 窮境に, 管下の, 経営と, 結婚の, 統計に, 練兵場に, 繩ばりを, 群臣も, 羽を, 老人ホームに, 者どもの, 者の, 聖母という, 腐敗も, 臣及び, 良人から, 苑に, 若い男, 落去勝頼の, 薄給官吏が, 薨去によりて, 薫り, 藏書の, 行在で, 街中でも, 衙卒を, 衛士たちの, 衛生課の, 西の, 西城の, 西教場で, 言葉でない, 言葉を, 記録に, 記録を, 誰かを, 課長に, 諒解を, 諫をも, 諸侯は, 諸司, 諸大将, 諸官吏, 諸将, 警務総長虎石君は, 警察で, 警察部でも, 警察部へ, 警部さんの, 警部に, 護衛の, 豫防の, 豹変は, 貧しい街, 貫属と, 費用を, 跡には, 軍力を, 近くに, 近所では, 途中に, 道中も, 道路は, 遠望, 邸に, 酸きさ, 釈迦堂に, 釈迦堂の, 釈迦堂へ, 釈迦牟尼仏の, 釈迦牟尼仏を, 金穀課が, 長官は, 門内へ, 門外へ, 門跡を, 間に, 閣廊廻廊の, 附近で, 陰森の, 階下に, 雇員, 電柱は, 露店に, 靈位を, 靈隱寺と, 青葉の, 音譯である, 頭にも, 飛切りを, 館を, 首班として, 首魁を, 駅逓印鑑ある, 騒動は, 高等刑事に, 高級参謀に, 鴻恩に, 黄泥巷に

▼ 府~ (243, 12.4%)

5 入って 4 着いて 3 居らしめ第, 着いてから

2 [15件] あって, ありて, して, 八百から, 出て, 勤めて, 召集し, 就かしめ第, 居き第, 居る, 居る友人宛, 着いた, 着いた時, 落ち行くを, 見えた

1 [198件] あっては, あつた, あらず貧賤, あらわれて, ありあなた, ありし時, ありながら, あるも, ある大臣, ある本, いたと, いる先生, うろついて, おいであるや, お別れ, さまよえるか, そのまま残った, その支会, そむかば, たいしすでに, たてまつり慶喜, ちかくまた, なるだろうという, なると, のぼり給, みずから火を, やれ, ゐた人, ボムベンおよび, 一楽園を, 上る先祖書, 上申する, 不男, 二人の, 仕えるもの, 仕へて, 代理の, 伝えられた, 伝え給え, 住し, 住めるもの, 使し, 侵入し, 偏し, 入ったその, 入ったもの, 入った以上, 入ってから, 入つて, 入らしめよ, 入り宮中, 入り義士, 入る, 入るや, 入れて, 入れば, 入国の, 入津, 出でし帰るさ, 出入する, 到る, 到着した, 勧告せり, 十月中頃まで, 厚聘され, 反故の, 各六百人, 向つた, 吸い込まんと, 呈したもの, 呈する文書, 呼ばれて, 呼んで, 在りて, 在り燕王, 在るかと, 在るに, 在住する, 報告した, 売り渡そうとは, 大変な, 大疑獄, 奉仕し, 奉仕する, 存せざりしや, 安置され, 容易ならぬ, 就いて, 居って, 居つて, 居りながら, 居るネパール公使, 居る二万四, 居る人間, 居る時, 居る時分, 居る間, 届けよという, 左右される, 帰す, 帰らなければ, 帰りラサ府, 帰るを, 帰る通行券, 引き渡して, 御買上げ, 忍び込んだ, 投げんと, 拠つたのである, 持って, 掠奪せられ, 擬し莫大, 敦厚の, 新聞記者を, 時々官員, 曹丞相あり, 来て, 来れりと, 椅子を, 次ぎ且つ, 比しては, 沈み入る, 沈み去る, 法案が, 淹留空しく, 滞在し, 牒す, 狼乳溝あり, 献じくる者, 現じた, 申し立てて, 留って, 留つてゐる, 登る四座方, 皮肉な, 盗賊が, 着いたところ, 着いてからも, 着きました, 着くまでの, 着くまでは, 着く前, 着けば, 着て, 知人の, 研を, 神功皇后の, 私が, 空しき月無し, 立寄った, 籠め奉り, 繋がる魂, 聞えた, 聞けと, 興すであろうと, 落ち行きぬ, 蔵儲せられ, 行かれたです, 行くこと, 行くと, 行く道, 行けば, 行って, 行て, 託して, 訴えるの, 訴え出, 詰めて, 警務衙門を, 貼られて, 赴きそれから, 起ったやむを得ぬ事情, 足を, 身を, 転が, 輸入される, 迎えん, 迷ひ入れる, 退きしばし, 這入って, 這込る, 通ず, 進入する, 達す, 達する能はず, 遣わしわが, 遷されしを, 重きを, 長く止まっ, 閉塞され, 降るべし, 陽炎を, 集って, 集まって, 集まる坊さん, 頼み政府, 馳け, 龍鳳の

▼ 府~ (123, 6.3%)

3 もって 2 出立する, 向うに, 囲繞し, 指して, 捨てて, 離れて

1 [108件] ぐるりと, この地, さして, して, そしるとは, つける, のぞいて, はじめに, はじめ公卿あらかた, ひらくため, サンフランシスコと, 一朝の, 下へ, 並大抵の, 作ると, 併せたの, 侵掠敗壊せ, 入って, 再興し, 出て, 出られて, 出る, 切つて半, 切る姉さん, 勤める楊景震, 占領した, 去ろうと, 取りしより, 合せて, 命ぜられて, 命ぜられ松山, 嘲った詩, 囲み守る, 囲む玄宗, 囲んで, 奪回した, 奴隷に, 始め加州, 始め各州の, 守る者, 巡る道, 市に, 平泉と, 廃し, 建てぬ, 建て熾仁親王, 建業, 引払って, 復興せん, 恐る, 悩ますと, 愚かにも, 抛擲した, 挙って, 挾む容子, 掠め転じて, 援い, 揺すぶり仆そう, 揺り潰し, 改築しよう, 散歩した, 敵と, 断念し, 望み, 本式に, 根拠に, 横斷する, 殺して, 狩場へ, 発するや, 空しく見, 立ち, 第一位, 組織されました, 経木世粛, 置いて, 置き給, 置くに, 覆し世, 訪い来る者, 訪ねた, 訪れる, 設けいわゆる, 設けて, 許昌, 講じるにも, 買うの, 賜はり, 辞して, 辞し駅館, 逃げ出したの, 通し鎌倉, 通りすぎて, 通過し, 鄙の, 鎮護する, 鑛毒地に, 閉ずれ, 開いて, 開き公, 開くに, 陷いれ, 陷れる, 離るる, 離れてから, 離れる時, 離れションケー・ラムカー, 飛出して

▼ 府~ (87, 4.4%)

4 帰って 3 出て, 訪ねて 2 お越しに, 出仕した, 参って, 往った, 来て, 着いた, 鑛毒水が

1 [63件] おめおめかれ, お出ましに, かけては, こよい, つとめて, ひかれて, ひきあげた, もどって, もらいに, やってきた者, やってきて, 一気に攻め入ります, 侵入し, 修学に, 入ったの, 入って, 公文書で, 出した, 出向いた, 加担の, 勤め替えを, 参り例, 参る車, 召喚せられ, 右の, 向って, 咄嵯に, 売りに, 姿を, 帰られたと, 帰任する, 廻航した, 引かれて, 引き上げて, 引き移る, 引き返したの, 引っ張って, 急いだ, 戻って, 持って, 書面を, 渡って, 特に置かれる, 現れた, 着かるる事, 着船, 移されて, 立ち帰った, 行き石鏃, 行ったきり, 行幸された, 詰めて, 諸大将, 輸送され, 轉任にな, 迫りながら, 退がると, 逃げたの, 鑛毒水の, 預け中重, 飛んだ, 馳け, 馳せ向った

▼ 府~ (56, 2.9%)

2 半島政治の

1 [54件] いまや異様, おいて, おちついた町, こうなくっ, この草, これを, すでに指呼, すべて僧侶の, それが, たちどころ, なんとなく色めき立っ, はたしてたれ, はやわが, ふっくり菎蒻, ほとんど手薄, まことにお, まだしも, まるで死, もっと中央, クエーカー宗の, 一万二千尺です, 一朝一夕には, 一転戦雲の, 二十万円の, 亡んでも, 今にきっと兵馬, 六千円まで, 地上から, 変った, 寺院や, 布ばかり, 弔訪者の, 悪魔も, 政戦両, 昨夜学生の, 栄え曹操, 桑港に, 死の, 気品の, 決して永遠, 異様な, 病み疲れたる身, 真珠末を, 神様が, 禁門の, 自然渓水の, 西岳華山の神で, 見えないです, 豐かに, 遠からずし, 遽かに, 雄略百万の, 非常に, 颱風の

▼ 府~ (42, 2.1%)

2 なって

1 [40件] あろう処, いい役員, いえども, いえ北条方, いへば, いわれるほど殷賑, かれが, した頃, して, その周辺, ちがいわが家, なさんと, なすべくその, なった水野越前守, なるだろう, なるであろうと, なるの, なる昔所, なれるを, シカチェでは, セラとは, フォニックスと, 云うよう, 云は, 云ひ, 云へば, 京奉, 仰いで, 同時にほとんど挨拶がわり, 定めた土地, 杭州府とは, 死との, 滋賀縣との, 相対し, 称して, 竹輪などは, 聞く東, 菎蒻が, 見えたの, 言文一致は

▼ 府から~ (34, 1.7%)

2 多賀の

1 [32件] お手紙, して, カトマンズへ, シナへ, ダージリンへ, ダージリンを, 一人の, 下げられたもの, 下野の, 下関へ, 今日ここまで, 伊達郡の, 使いが, 保安隊の, 出るもの, 十五哩程, 命を, 商人が, 大罪小罪の, 宣言を, 小郡まで, 御払, 指導の, 李儒を, 来たシェンク弁護士, 検断所兵の, 私に, 舟で, 茶仏像仏画の, 諸州へ, 逃げ出しそして, 黄河口の

▼ 府~ (34, 1.7%)

1 [34件] あり総督, あるの, あるので, かつて百二十三巻十四帙, こんな厄介, そっくり他, でき上がった後, なくな, ヴェスビアス山の, 今日の, 半額補償する, 堤防を, 孫を, 平生など, 御恩, 接収された, 政治的にも, 東部の, 根こそぎ崩れ去っ, 毀たれん, 独立した, 現場に, 皇太子殿下御, 盡くる, 秘蔵の, 穢れたよう, 置かれて, 臨終の, 自由の, 赴かるるについて, 遙かに, 遠逝, 釜山署と, 開けた爲め

▼ 府~ (32, 1.6%)

2 あつて

1 [30件] あつた, あなたに, その事, どういう苦しみ, スッポンポンまたは, ヤクを, 二三の, 二円七十五銭の, 仕事さし, 十月十一月十二月の, 名高い華族, 君と, 喧嘩を, 売り出したならば, 売る時分, 大分に, 学生に, 居たもの, 山ヤクの, 度々読みました, 弁護士を, 東山道軍の, 殺されるヤク, 盗んだ品, 血を, 論じて, 買います値段, 買うこと, 買うの, 飮み

▼ 府では~ (32, 1.6%)

2 ないか, 五十両の, 韓大

1 [26件] この事実, この本, この飜訳, それが, どこの, なかなか名高い, まだ寝起き顔, ルウス・ジュッドの, 余り近い, 実に困難, 少年少女の, 府立演劇学校の, 折々洗う, 日本という, 最近までは, 本を, 殺す度, 決してそんな, 泉南西葛城村が, 白昼日本人が, 空飛ぶ, 豚の, 遭難した, 雪が, 青山, 非常に

▼ 府将軍~ (25, 1.3%)

6 に任 2 たりし, となり, の号

1 [13件] たらんと, たりあるいは, たりもしくは, であった三浦忠通, とある, として武勲, になっ, になりし, にのぼせ, のこと, の印, の子, の官位

▼ 府には~ (24, 1.2%)

1 [24件] あなたと, いると, なお政権, なかった, まだいくつ, もう逸, ネパールの, モルモン宗の, 三軒シナ人の, 二十日ばかり, 今その, 何人兵隊を, 冬分は, 勝頼あり, 官属を, 往々番人, 手斧初めの, 敏達帝, 沢山の, 清國行政法臺灣私法舊慣調査報告書の, 火災が, 着かぬよう, 糞食い犬が, 荊州方面から

▼ 府~ (23, 1.2%)

1 [23件] が上界, が本, が此, であると, といふ桜, に呈した, に従う, に扈従, に花, の信仰, の奥様, の桜, の眞言, の祭, の訛り, はさき, はもと対馬, は仏教, は虎の尾, を見る, ノ霊前ニ致シテ曰ウ, 之墓, 在蓐

▼ 府~ (16, 0.8%)

1 [16件] からでも堺町, に三万, に出で, に別荘地, に宿営, に近い, に駐屯, の方, の遠方, へ出よう, へ向, へ眼, へ逐電, へ首尾, を中心, を西北

▼ 府~ (16, 0.8%)

2 の戰

1 [14件] から中山, とも云, にては二度と, に上り, に至り, の上, の公園, の國府臺, の敗後, の林丘, はさ, は鎌倉, までの舟賃, を顧み

▼ 府~ (16, 0.8%)

3 を出 2 の柱

1 [11件] から馳, に, に題し, に馬, の案内, へ出向い, へ来, へ通る, をお, を訪れ, を通っ

▼ 府まで~ (15, 0.8%)

1 [15件] そしてまた歩い, 一里半ある, 侵入するでありましょう, 大約二千四百九十哩ばかり, 持ち出さなければ, 持って, 持帰れる, 歩くうち, 百七十マイルの, 私の, 見晴しの, 送って, 送寄, 逃げ走ったが, 電車長府から

▼ 府~ (15, 0.8%)

1 [15件] ついに黙殺, ほろび全, チャンポンポン同じく, 不安と, 同然な, 大の, 始終病身, 御心配, 慘憺たる, 暫く寢處, 海道口も, 潼関も, 私に対して, 閉鎖さるる, 騒ぎだった

▼ 府~ (14, 0.7%)

4 八郎は 1 八郎が, 八郎こともなげに, 八郎さんも, 八郎と, 八郎に, 八郎の, 八郎も, 八郎を, 八郎樣が, 八郎樣の

▼ 府~ (13, 0.7%)

2 の城壁

1 [11件] からきた, から天目山, の下, の中, の内, の北郊一マイル足らず, の地, の大, へ向っ, を眺め, を背

▼ 府~ (13, 0.7%)

1 [13件] で下りた, で避暑, に出, の, の塚越, の浦, の海岸, の海岸寄り, の驛前, へ向, へ着く, までの切符, まで來

▼ 府~ (11, 0.6%)

1 [11件] スペインや, 伝奏には, 兵庫県の, 内外の, 剥身を, 少し離れた, 市が, 市も, 武官府など, 沿岸が, 長安の

▼ 府~ (11, 0.6%)

1 [11件] から訊き取っ, が主人相馬殿, にあるまじき, には一点, の一人, の中, の邸宅, の長, は堺, や兵, や吏生

▼ 府~ (11, 0.6%)

2 が捕, の傍, は怒っ, は捕, は白娘子 1 たり近く

▼ 府において~ (9, 0.5%)

1 その事由, みずから誇称し, 大いに金儲け, 日本人だ, 永続的軍政の, 確かな, 神国の, 種々の, 該大学校五十年祭の

▼ 府~ (9, 0.5%)

41 龜が, 龜に, 龜文苑英華を, 龜等は, 龜等此記事を

▼ 府でも~ (8, 0.4%)

1 あった, あること, 奈良県でも, 宴を, 小塩山十輪寺, 曹仁は, 知らない筈, 行われないこと

▼ 府として~ (8, 0.4%)

1 あこがれて, それ自身引け目を, ゆるし難い, 地方に, 排斥すべきである, 新城を, 諸事そこで, 駅逓用を

▼ 府たる~ (7, 0.4%)

1 ものは, シカチェという, シカチェの, 偉観と, 大学も, 装いを, 警察署へ

▼ 府にも~ (7, 0.4%)

1 コタエル程度の, 似ず暗弱, 出仕せず, 字典にも, 断わらず従者, 朝廷にも, 越え仏

▼ 府までは~ (7, 0.4%)

1 五百マイルの, 少なくも五, 来ずに, 種々廻り道, 行きませんけれども, 行き着きたいと, 馬で

▼ 府~ (7, 0.4%)

1 にのぼっ, のうち, の出入り, の階下, へ引っ立てられ, へ行っ, までお越し

▼ 府~ (6, 0.3%)

1 から夥しく, では已に, に於, の洪水, の視, も容易

▼ 府~ (5, 0.3%)

1 さもなければ加州, 今宿か, 大阪府か, 県で, 知らないが

▼ 府~ (5, 0.3%)

1 ていない, ている, てからは久しぶり, てまもなく, てもこの

▼ 府より~ (5, 0.3%)

1 バーミンガムまでの, 上に, 十四五里隔って, 受けて, 太田氏へ

▼ 府~ (5, 0.3%)

1 など迄がこれ, の中, の編纂, の記事, を擧げ

▼ 府という~ (4, 0.2%)

1 かたちで, のが, 名に, 高名の

▼ 府における~ (4, 0.2%)

1 モンラムと, 恩人の, 最後の, 総理大臣よりも

▼ 府シカチェ~ (4, 0.2%)

1 ではパンチェン・リンボチェ, における秘密, に駐ま, まで入っ

▼ 府地方~ (4, 0.2%)

1 ではこの, ではまだ全然, と羽後, は乱賊

▼ 府からの~ (3, 0.2%)

1 催促に, 召しが, 許可を

▼ 府する~ (3, 0.2%)

1 ときさらに, と同時に, までこの

▼ 府である~ (3, 0.2%)

1 から, というに対して将軍家, 衆議院の

▼ 府なる~ (3, 0.2%)

1 儒学も, 宗教会議これを, 門の

▼ 府参謀~ (3, 0.2%)

1 からの催促, となつ, の威厳

▼ 府及び~ (3, 0.2%)

1 その付近, 地方庁に, 地方廳に

▼ 府司令長官~ (3, 0.2%)

2 も頓死 1 や売店

▼ 府~ (3, 0.2%)

3 藩各

▼ 府坂寄人~ (3, 0.2%)

1 なるもの, の子孫, 及び西坂

▼ 府大将軍~ (3, 0.2%)

1 という肩書, として馬上兵甲, の号

▼ 府~ (3, 0.2%)

1 から来た, で検, へこい

▼ 府~ (3, 0.2%)

1 のあと, の跡, を出発

▼ 府~ (3, 0.2%)

1 が役所, に任官, の北

▼ 府田さん~ (3, 0.2%)

1 でございますか, に, はお

▼ 府藩県~ (3, 0.2%)

1 に分ける, に於, の動き

▼ 府議長~ (3, 0.2%)

1 に対して何等, の引退, をやめれ

▼ 府~ (3, 0.2%)

1 ありて, の前, の第

▼ 府あり~ (2, 0.1%)

1 てより, て政府虚威

▼ 府ある~ (2, 0.1%)

1 よう, ように

▼ 府からは~ (2, 0.1%)

1 何の, 歌枕の

▼ 府からも~ (2, 0.1%)

1 その注意, 病人が

▼ 府した~ (2, 0.1%)

1 はず, 夕べ十七人に

▼ 府たらし~ (2, 0.1%)

2 むるに

▼ 府~ (2, 0.1%)

1 から亡ぶ, とか備中

▼ 府であっ~ (2, 0.1%)

1 て古代, て左右

▼ 府であった~ (2, 0.1%)

1 が藩地, と思う

▼ 府での~ (2, 0.1%)

1 歌の, 目抜の

▼ 府といふ~ (2, 0.1%)

1 のは, 名稱

▼ 府とか~ (2, 0.1%)

1 で立派, 他地方

▼ 府との~ (2, 0.1%)

1 二ヶ所で, 間に

▼ 府とも~ (2, 0.1%)

1 呼ばれた, 称すべき大阪

▼ 府どの~ (2, 0.1%)

1 が御覧, を相手

▼ 府など~ (2, 0.1%)

1 数々の, 無用の

▼ 府などとは~ (2, 0.1%)

1 比べものに, 違って

▼ 府よりも~ (2, 0.1%)

1 余程よい, 静岡県から

▼ 府~ (2, 0.1%)

1 によって市内, により俳優

▼ 府~ (2, 0.1%)

1 の加勢, の御

▼ 府北多摩郡千歳村字粕谷~ (2, 0.1%)

1 に移した, の忠良

▼ 府即ち~ (2, 0.1%)

1 今の, 国府か

▼ 府在住~ (2, 0.1%)

1 の官吏, の宣教師達

▼ 府地蔵~ (2, 0.1%)

1 へ参ろう, 不如

▼ 府城下~ (2, 0.1%)

1 に到, の天地

▼ 府城學習巷~ (2, 0.1%)

1 の清眞寺, の清眞寺内

▼ 府~ (2, 0.1%)

1 監馮兵歩を, 饑

▼ 府学務課~ (2, 0.1%)

1 では率先, はこの間

▼ 府将軍源頼義~ (2, 0.1%)

1 の一族, 子義家

▼ 府将軍秀郷~ (2, 0.1%)

1 の後, より八世秀栄

▼ 府~ (2, 0.1%)

1 の内, を封じ

▼ 府当局~ (2, 0.1%)

1 では中小商工業復興資金, も亦

▼ 府~ (2, 0.1%)

1 の作, の秋

▼ 府新報~ (2, 0.1%)

1 がこんなに, の切抜き

▼ 府~ (2, 0.1%)

1 の議事, の議員たる

▼ 府武生~ (2, 0.1%)

2 の侘しい

▼ 府~ (2, 0.1%)

2 にも此釧路

▼ 府津大磯~ (2, 0.1%)

1 から江の島, それから江の島

▼ 府犀東氏~ (2, 0.1%)

1 がその, をこの

▼ 府直属~ (2, 0.1%)

1 の大軍, の楽士

▼ 府~ (2, 0.1%)

1 一の, 一中學に

▼ 府縣別~ (2, 0.1%)

1 の地圖, の簡單

▼ 府~ (2, 0.1%)

1 いそがしく他出むづかしく候, とは福山地志

▼ 府~ (2, 0.1%)

1 の上, を流れ

▼ 府鎌倉~ (2, 0.1%)

1 の奪回, はほろび

▼1* [308件]

あたりの朝鮮人雇員, 府あらゆる名将と, 府ありし地は, 府あるいはシカチェあたりの, 府いくらと先づ帳合, 府いたすというの, 府およびシカチェその他都会の, 府かなや町多, 府からでも吹いて, 府これは飮め, 府すれば幕府, 府せられ東西相離れ候ては, 府そのものに自, 府たのしみ鍋あ, 府だけで三五九八種を, 府だけに済々たる, 府であり曹操は, 府ですのね, 府というも過言では, 府とかは畢竟思想, 府としての公共的な, 府とだけ呼ぶ, 府とは相距, 府どころで朝振舞, 府のでさては, 府なお命脈あら, 府なき父上を, 府なしと云つて, 府なぞは利巧な, 府などに追従は, 府なども汽車で, 府なら練馬板橋とか, 府ならでは夜, 府なり爰に, 府なんか私の, 府なんかでそんなこと, 府においてもみな心痛の, 府にてお目, 府にては近日女宮を, 府にまで続いて, 府に対し毎年貢ぎ, 府ばかりを手元へ, 府びとはし, 府へでも行って, 府へと出て, 府へとの路の, 府への出仕も, 府へはもちろんの, 府また危から, 府までの車中彼女の, 府もはや遠くに, 府やの主人駅前の, 府よりの手紙昨年も, 府らしい景観を, 府ニュウ・ハンプシャア街八二六番地とか言っ, 府許可ヲ, 府プリンス街に下宿, 府ルーモルグに在る如き, 府レブン大寺の博士, 府焼キ我人民, 府一巻其他文集詩鈔の類, 府一挺の値, 府一省の長官, 府一道三十余県という広汎, 府三名供侍二十騎がそれ, 府三島郡佐位寺に, 府上流の蓬莱, 府並びに二疋の, 府中心地は成都, 府中河内郡生駒山の西麓, 府記, 府乙訓郡新神足村友岡, 府となりたる, 府事務官補大森吉五郎氏の調査, 府二の宮舞台のはふ, 府二十二県にわたって賛成者, 府二疋の犬, 府五港はもちろん, 府五県になります, 府五県四万三千七百町余に及ん, 府京城に景福宮, 府京職諸国司, 府人野田産蔵の借, 府今城の櫓, 府今朝到北陲, 府今迅速に陷らむ, 府以来二世四十三年の終り, 府以来二百年とはならない, 府以来日本の選手, 府会議の第, 府使へ急使, 府侯江戸の邸, 府八県に亙り, 府六波羅は百八十年後, 府をし, 府兵庫県奈良県和歌山県三重県滋賀県の二府, 府の田舍漢, 府出府被仰, 府を抜き飛び掛かり, 府判事になった, 府判事神奈川県知事租税権頭及び元老院幹事等, 府判事神奈川縣知事租税權頭及び元老院幹事等, 府判官は其の, 府動物園へ選手一同, 府北桑田郡周山村の八幡宮, 府北桑田郡神吉村の八幡社, 府北河内郡淀川の渡り場, 府北河内郡生駒山の西麓, 府十二月には再び, 府十県の連合経営, 府南多摩郡加住村大字宮下にある, 府南河内郡から大和, 府南河内郡林田村第十二組, 府南葛飾郡にまで鉱毒, 府参謀西園寺公望が村松, 府参謀西郷氏の宿陣, 府の蔵本甚真, 府右衛門府に各, 府なり, 府名寄と言った, 府吏大勢の中, 府向いたまま小さな, 府君女不幸早亡, 府へ命じた, 府商賈より出, 府四十三県にわたって県庁所在地, 府四十三県ぜんぶにわたって一つ, 府四県ニ其害を及ぼす, 府と大仏殿炎上, 府図書館や東大, 府國民の思想情操, 府在天の靈, 府城内の光塔街, 府城官衙の辻, 府城成都門の壕ぎわ, 府城東南郊外の法石山, 府執事があれ, 府第一, 府士族の, 府士族警視庁警視属永井徹と云, 府外名所手引などの類, 府外多摩郡阿佐ヶ谷村の産, 府外数ヵ所にあった, 府外遠くへ遮二無二, 府外雑司ヶ谷の薬草園, 府外駒場野のお, 府大坂と秀吉勢力, 府大坂城下にはたくさん, 府大政を返上, 府大船にのった, 府大阪府兵庫県奈良県和歌山県三重県滋賀県の二府, 府姚善翰林修譚王叔英翰林王艮淅江按察使王良兵部郎中譚冀御史曾鳳韶, 府存在の時, 府学務局で発行, 府の文廟, 府安土奉行衆の一席, 府の内容, 府宮津中学校の四年生岡山大助君, 府寿春城から淮南一帯, 府将軍八幡社に顔向け, 府将軍北畠顕家の名, 府将軍号をうけ, 府将軍家の科, 府将軍平良将である, 府将軍従四位下或は従五位下, 府将軍源頼義義家奥州征伐等の言葉, 府将軍田原藤太秀郷の末孫, 府将軍良将が子, 府将軍藤原清衡が奥州, 府将軍顕家の首, 府將軍に任, 府小倉あたりの米, 府小屋に区別, 府尹官舎の応接間, 府屬主を殺し, 府州判の女麗卿, 府州縣にあります, 府巣鴨病院に行き, 府の中小商工業者, 府市会議員の一部, 府市内若しくは同市, 府市学務当局を始め警視庁, 府市民及び僧侶, 府市街の繁昌, 府真様の, 府府立の中学校, 府庫充実士気漸く振う, 府庫宮倉の金銀珍宝, 府庫銭粮戸数にいたる, 府建業の中核, 府弁持久須利荷高の面々, 府当事者の責任, 府平治相成, 府戦争有之賊徒敗走, 府技師の, 府技手幸男は学生, 府技手恩田岳造と固く, 府攻略その先, 府政記そのほか, 府文化に心酔, 府文明の大, 府文芸が親近, 府斎藤が信長, 府断事高巍書を上り, 府最高裁判所の全部, 府會議員の某, 府會議長たる沼間守一, 府の湧池, 府枢廟の弊, 府楼址に佇む, 府楼観音寺唐絵と云はん, 府の軍, 府の御, 府次舎橋梁道路などのいわゆる, 府は失礼, 府泉南郡の海岸, 府洛陽は千万戸, 府津止の箱, 府津町はその頃村, 府の策謀, 府浦田県九連山山中に少林寺, 府深くして, 府のほとり, 府湾頭十万家愛州又見, 府滯在の外國人すべて十二萬人, 府生たちがやがて, 府生れの黄姓, 府生久経領送使, 府生壬生忠岑小野小町大伴黒主はじめこの道, 府生武次であった, 府生獄丁などの下役, 府をこく, 府田志願兵は臆病, 府へはいつ, 府遣の, 府県市町村に民選, 府社会事業協会は市内五十, 府神奈川静岡千葉埼玉県に戒厳令, 府神歌御双紙, 府管下の人, 府管内の警察関係, 府営を, 府統記ノ著者モ国師甲武信, 府綴喜郡にいる, 府の, 府編纂の, 府縣國と逆, 府縣市町村の大正三年度, 府縣市町番地と大, 府縣志等に疊見, 府縣知事位の官吏, 府に警務所, 府美術館で催された, 府美術館内で御前揮毫, 府職業紹介所に就職, 府臣数名が錠口, 府致し候, 府致した事を, 府臺上に賣, 府臺下流に鬱蒼, 府臺合戰を起しける, 府臺新緑の眺望甚, 府臺水に接し, 府臺脚下に小, 府臺里見氏と北條氏, 府を焼き, 府艶史の類, 府華光寺に昔禅師, 府落去からここ, 府葛尾の城, 府葛野郡朱雀野村である春, 府蔵物産之膏腴, 府藩県不可達の地, 府藩縣にて牧, 府の第, 府で各, 府裁判所判事長の職, 府西八条の一郭, 府許都の街, 府に云, 府司數十人平家の, 府諸港に至る, 府警部の, 府ふ沙汰, 府賓輔史彬と楊応能, 府にはもう, 府軍事参院参謀本部海軍司令部等がある, 府引揚可申旨, 府や首相官邸, 府の技師, 府郡部における集団的不良, 府都市の警兵, 府重盛の孫, 府金沢を踏みつぶし, 府鎌倉武士の名, 府開成中学校に通っ, 府関査察のいる, 府の侍, 府附新聞記者は今, 府附近から起つ, 府雄麗天下に冠, 府雑録を読む, 府靈寶縣に在, 府韮崎の地形, 府韮崎城の混雑, 府の中心地甲府, 府首里を中心, 府から乗車