青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「店~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

広場~ 広間~ 庄~ ~床 床~ 床の間~ 序~ ~底 底~ ~店
店~
店先~ 店員~ 府~ ~度 度~ ~度々 度々~ 度目~ ~座 座~

「店~」 17867, 193ppm, 524位

▼ 店~ (5255, 29.4%)

105 前に 92 前を 88 方へ 51 者は 50 中へ 42 者が 38 者に 37 方は 36 中に, 方から 35 中を, 主人は 32 前で, 方に 31 中には 30 中は, 前の 29 主人が, 者も 28 方で 27 方を 25 前へ, 方が 24 奥に, 戸を, 若い者 22 者を 19 中で, 前には, 奥の 18 者の, 金を 15 ほうへ, ものが, ものは, 間へ 14 中の, 前まで, 支配を, 間を 13 ことを, 中から, 主人に, 方も 12 外へ, 者や, 間に 11 なかへ, なかを, 人は, 品物を, 方の 10 ものに, 主人の, 主人らしい, 名は, 名を, 看板を, 者にも 9 信用を, 外に, 小僧に, 掃除を, 時計が, 間の 8 なかは, ように, 二階に, 人が, 仕事は, 入口に, 前から, 手伝いを, 暖簾を, 飾窓に

7 [17件] おかみさん, ために, なかに, ものを, 主人から, 事を, 仕事が, 名前を, 方には, 灯の, 片隅に, 番を, 番頭が, 番頭に, 者と, 裏の, 隅に

6 [25件] ことは, ほうで, まえに, ものの, ような, 中が, 中では, 二階の, 人の, 先に, 名が, 品を, 大戸を, 奥から, 奥へ, 小僧が, 戸は, 横に, 灯を, 者たちは, 者には, 軒に, 間から, 隣の, 飾窓の

5 [20件] あるところ, ことも, まえで, 主人と, 主人も, 二階で, 人達は, 仕事の, 入口の, 外で, 女が, 女主人, 戸が, 様子を, 次の, 灯で, 用事で, 男は, 者共も, 角を

4 [43件] やうに, ガラス戸に, 主人という, 亭主が, 人たちは, 人に, 人達と, 人達の, 仕事を, 入口には, 内へ, 古着を, 名義は, 商品の, 土間で, 土間へ, 土間を, 奥には, 女房は, 存在を, 家の, 帳場へ, 戸の, 扉を, 支配人の, 方へも, 格子の, 棚の, 片隅で, 物を, 男が, 番頭は, 窓から, 者, 者か, 者たちも, 者で, 若いもの, 裏から, 軒には, 軒下に, 間には, 隅の

3 [95件] あるの, おくに, おやじの, お客に, お得意, ことだ, ことである, ことや, ご新造, ところに, なかで, まえを, ものにも, ものも, ショウ, テーブルの, 一隅に, 上に, 中でも, 中へは, 中も, 主人らしく, 人々は, 仕事も, 信用に, 側に, 傍に, 入り口に, 入口で, 内部は, 内部を, 前, 前あたり, 前では, 前にも, 前は, 名と, 名の, 名前が, 名前は, 名義を, 品は, 品物が, 品物まで, 土間から, 土間の, 壁に, 売上げが, 売子に, 多くは, 大飾窓, 奉公人も, 奥を, 女の, 女の子が, 女店員, 女房が, 如きも, 客に, 客の, 客も, 建築は, 悪口を, 戸口の, 方へは, 暖簾に, 暖簾や, 株を, 椅子に, 様子が, 横の, 横手に, 横手の, 次の間に, 正面に, 灯も, 為に, 用を, 番頭も, 硝子戸を, 硝子窓を, 者でない, 能登やと, 蚊遣香懐炉灰に, 表に, 角の, 都合で, 酒を, 間で, 間では, 間は, 隙を, 隣りの, 飾り窓に, 飾窓を

2 [295件] あいだに, あきないを, あつた, あの亭主, おかみが, おでんも, おもて, お内儀さん, お安さん, お客の, お手伝い, お金を, お銭を, かげに, ことから, ことに, さきに, すみに, ためには, できたの, ところで, ところへ, ところを, なかから, なかが, なかでは, なかには, のれんを, ほうに, ほうは, ほうも, ほうを, まわりに, まんなかに, まん中に, ものと, ものまで, やうな, ようで, オヤジは, ガラス戸を, ショー, テーブルを, 一つとして, 一つの, 一ツ一ツを, 一方の, 一部を, 一隅で, 上へ, 不始末, 中央の, 主人, 主人である, 主人でも, 主人にまで, 主人を, 主人待合の, 事は, 事務員に, 事情を, 二人の, 二階から, 亭主だ, 亭主らしい, 人々も, 人たちが, 人たちの, 人たちも, 人も, 人達も, 仕事に, 信用は, 倉庫に, 個性を, 傍へ, 先き, 先で, 先へ, 先代に, 入り口の, 入口が, 八つ手は, 八百徳の, 八百徳まで, 内が, 内外は, 内外を, 内部に, 刑部屋敷などへ, 列に, 前である, 前や, 勘定を, 勝手口から, 勝手口に, 受けが, 名だけは, 名も, 名前に, 周囲を, 品が, 品物の, 品物も, 商売が, 商売に, 商売は, 四月の, 土瓶や, 土蔵が, 塵を, 売り場に, 売上げは, 売上げを, 外の, 外まで, 外を, 多いの, 多い中, 大事な, 大番頭, 奉公人や, 奥で, 奥室で, 奥庭に, 奧から, 奧へ, 奧より, 女に, 女は, 女中に, 女中の, 女給に, 女達は, 娘だ, 娘らしい, 婆さんに, 客は, 宣伝にも, 小僧と, 小僧とも, 小僧を, 屋根に, 屋根の, 左から, 左の, 帰りに, 帳場から, 帳場に, 帳場格子の, 常連の, 広さ, 広告に, 床下に, 店さきで, 店の, 店を, 店先には, 店先へ, 当主高峰康太郎は, 彼處へ, 御得意, 徳次郎は, 忙しいとき, 忙しい中, 忙しさ, 息子たち夏やすみで, 息子や, 情勢を, 或る, 戸口に, 所で, 所在を, 支配人に, 敷居を, 料理の, 新妓, 方, 旗竿が, 旦那とても, 明るい飾窓, 時計台に, 景気の, 暖簾には, 暖簾にも, 有金は, 本を, 板敷に, 格子に, 框に, 框へ, 棚から, 椅子で, 様子は, 模様を, 次の間で, 次の間大, 正面の, 汚らしい裏手, 沢屋を, 活計たちが, 火鉢を, 灯に, 灯りも, 煤び果てた, 片端が, 片隅の, 片隅を, 物だ, 物音にも, 用で, 用事が, 用事を, 用向きを, 男女や, 番頭か, 番頭から, 番頭の, 番頭や, 番頭らしい, 番頭を, 畳へ, 白いテエブルクロス, 盗難事件を, 看板は, 看板も, 真中に, 眺めほど, 硝子戸が, 硝子窓の, 窓に, 窓には, 窓を, 組織も, 経営者は, 給仕女を, 老主人, 老舗が, 者から, 者とが, 者どもは, 者ばかり, 者まで, 者一統出入りの, 者五六人を, 者共は, 者御, 自転車を, 船へ, 若い人達, 若い衆が, 若い衆たちは, 若主人, 若旦那が, 若旦那だ, 若衆に, 荷車置場に, 菓子は, 菩提寺は, 衆の, 衛生, 裏口から, 裏口を, 親方も, 評判を, 話を, 跡取りにも, 路地の, 軒端に, 近所を, 通い番頭の, 道具を, 邪魔に, 采配を, 金だ, 金に, 金庫の, 門を, 間が, 閾を, 隅っこで, 隅つこ, 隅で, 階上に, 障子が, 障子に, 障子を, 隣は, 雑沓は, 電話を, 青磁の, 風が, 食卓で, 飾り方, 鴨居に

1 [2226件 抜粋] あかあかと, あたりが, あった事, あのびっこになったテーブル, あるじの, ある所, ある関係上, あんこが, うえまで, うちで, おきんちゃん, おっかさんは, おとつ, おやじを, お交際, お勝手を, お嫁さん, お客さんが, お客で, お客様よりも, お爺さんが, お艶, お金やら, かきいれどきなので, かわったの, がらくたの, きれいな, ことが, こと金の, こわされて, ごとく, ご隠居, さきへ, しなもの, しるしが, すぐと, すぐ次の間, すんだの, そとに, そばを, たくさんある, ためを, ちんれつだ, つくりを, とっつきに, なかの, ねえさんは, はずだ, はめ板に, は安い, ひとつに, ひるすぎ, ほうからも, ほどよい, まへに, まわりは, むこうが, ものたちと, ものとを, もの二三人に, やりくりを, よどんだ中, アメリカ人に, インスティチュートも, オヤジだの, カウンターに, ガラクタに, ガラス戸の, ガレージの, コック場や, サンドウィッチ持参で, ショーウィンドーの, ストーブの, テイブルで, トラックも, バルコニーでは, ビルの, ペン先き, マイナスを, マッチでない, メーゾン檜垣の, レジスター係の, 一つには, 一人娘でも, 一定の, 一番の, 一間に, 一隅若い, 三方は, 三疊で, 上の, 上り端に, 下婢の, 不快をも, 不統制, 並んだ露路, 中です, 中までも, 中心で, 主だ, 主人て, 主人などは, 主人へ, 主人テナルディエと, 主人下宿の, 主人向でない, 主人神崎後備中尉は, 主婦を, 主翁, 事や, 事情自分が, 二階でした, 二階三階から, 五月人形が, 亭主でございまし, 人々を, 人たちによって, 人たち笑ひ, 人を, 人形店の, 人達が, 仕事には, 仕入れなど, 他に, 代物を, 休業中に, 佃煮の, 体裁や, 作さんは, 使用人の, 信用にも, 倅で, 借金で, 傍すぐ, 儲けも, 先妻は, 光景だけは, 入り口へ, 入口へ, 八畳古, 内から, 内は, 内儀さんです, 内外に, 内情に, 処じゃ, 出した受取書, 出入りは, 出店の, 出現は, 初荷から, 利益貯金の, 前でも, 前をも, 前面が, 創始者が, 勘定だけで, 勢は, 匂いの, 十一番地の, 半分は, 卓の, 危険よりも, 及ばぬ大, 収益は, 受取証の, 台所に, 右手の, 同じ種類, 名でも, 名や, 名前といった, 名物だ, 名誉でも, 向う側を, 味と, 品と, 品もんが, 品格を, 品物に, 品目代価さえも, 商品とも, 商品舶来の, 商売も, 商売経営が, 商法には, 問題と, 営業政略と, 四尺の, 囮に, 土台へ, 土間は, 地袋へ, 執持薬師様, 塵の, 壜に, 売れっ妓, 売上を, 売子で, 売物に, 外交や, 外部, 多くが, 大きい割合, 大事で, 大店, 大時計, 大鏡, 天井の, 夫人が, 奉公人であっ, 奉公人の, 奥では, 奥まったところ, 奥座敷と, 奧の, 女たちの, 女の子たちは, 女を, 女中とも, 女客, 女房と, 女給さんみたいな, 女郎達は, 好事な, 妻君と, 始末も, 娘たちが, 娘に, 婆やが, 嬶が, 子供に, 存在も, 宝石を, 客ひきの, 客人を, 宣伝も, 家だった, 家元と, 寂しい灯先, 対立は, 小を, 小僧さんみたいに, 小僧の, 小僧奉公に, 小棚, 小間物の, 居廻りを, 屋号は, 工合が, 左庭の, 差配といった, 帳場で, 帳方から, 常連たちも, 帽子の, 幽霊を, 広告画に, 床に, 床屋さんから, 店は, 店先の, 店員としては, 店員らしく, 店頭では, 庭先で, 引戸に, 影は, 律義に, 後片付けか, 御娘子, 御用聞き, 徳次郎親分と, 忙が, 息子さん, 息子手合まで, 惡口を, 懷ろ子に, 戸も, 所は, 手に, 手代と, 手代や, 手代風です, 手入を, 持ち船, 持船は, 掘出しもの, 摺物師山本長兵衛という, 支配人だ, 支配人としての, 数と, 敷居で, 新どん, 新造と, 方なんかも, 方一切を, 日かげうつる, 日除けの, 旦那ぜんと, 旦那の, 旧取引先, 明り先に, 時計も, 景気が, 暗い反物屋, 曲り角の, 月々の, 有つたの, 有様を, 服なら, 本の, 来歴を, 板土間に, 柱に, 柳かな, 格という, 格好から, 桃色の, 梯子の, 棚には, 椅子へ, 構えでも, 構へ, 構造は, 樣子では, 権助を, 横を, 櫃台に, 歌や, 歴々には, 毛抜きは, 汁粉を, 河岸でございます, 沽券に, 注文取りなどが, 浜納屋つづきである, 消長の, 源右衛門の, 火事次の, 灯が, 炬燵に, 煤は, 燈火は, 父の, 片端に, 版元で, 物の, 特種な, 狐は, 狭さ, 玉虫を, 瓶の, 用心棒にな, 男たちを, 留守を, 番人に, 番頭さんに, 番頭と, 番頭らは, 番頭時代, 番頭達は, 疊に, 白い壁, 皿数を, 監督の, 直ぐ外まで, 看板か, 看板に, 看板提灯行灯等の, 真中へ, 石井おとめとの, 硝子の, 硝子箱その, 神山が, 稼業どころで, 空椅子には, 空氣の, 窓先で, 立ちようが, 立込んで, 端近な, 筋向いには, 紅殻色の, 経営だけが, 経営費と, 給与は, 給仕女に, 締まらないうち, 縁先へ, 繁昌し, 繁昌は, 繁栄を, 罎と, 羅列を, 老婆とが, 者たちに, 者だ, 者どもに, 者などとは, 者にゃ, 者もか, 者一同立會の, 者中で, 者共には, 者大勢と, 聯に, 肥料は, 腰掛に, 自慢にな, 良心的な, 若い男ども, 若い者一人, 若い衆で, 若い連中, 若旦那です, 若旦那の, 若旦那時代に, 若者は, 若隱居, 茶後に, 菓子を, 蒔田が, 蔵から, 薬を, 蝋燭流れ盡むとしたり, 行灯が, 行燈や, 表は, 表裏を, 袢纒を, 裏で, 裏へ, 裏通りに, 見えないこと, 規則です, 親分が, 親爺と, 角店で, 註文帳を, 話さ, 誰かも, 豆腐を, 販売台で, 買物の, 資本を, 賑やかなる, 贈り物だ, 赤い窓, 趣向を, 跡を, 軒さきに, 軒下を, 軒灯を, 辨天の, 近くに, 近くを, 近所まで, 迷惑である, 通りでした, 連中が, 連中定, 運命と, 道具一切を, 部屋, 配列は, 重立った人, 金庫へ, 釘には, 鍋の, 鎧扉の, 鐵砲玉まで, 長松さへも, 門口などに, 閉る, 間も, 間口も, 陳列場へ, 陳列窓や, 隅にも, 隙間なく, 隠居で, 隣りに, 雇人だった, 雑沓ゆえに, 雨戸の, 電話に, 露台に, 領分を, 顧問雜誌の, 風車に, 食卓へ, 食堂といふ, 飾りと, 飾り段を, 飾り附を, 飾窓で, 首塚の, 鴨と, 黒い門

▼ 店~ (2272, 12.7%)

110 出して 68 開いて 61 出た 58 出て 34 張って 29 持って 24 閉めて 23 やって 21 出ると 17 あけて, ひらいて 16 もって, 畳んで 15 覗いて 14 しまって, 開けて 12 しめて, のぞいて 10 並べて, 出した, 閉じて 9 借りて, 出ようと, 持つて, 経営し 8 でて, やめて, 譲って, 開いた 7 ひろげて, 飛び出して 6 して, ならべて, やつて, 仕舞って, 休んで, 見ると, 訪ねて, 閉めた, 開いたの 5 だして, 人に, 出たの, 出る時, 拡げて, 構えて, 片付けて, 開くの

4 [22件] しまつて, しめると, たたんで, ぬけ出して, はなれました, もたせて, 人手に, 出したの, 出しました, 出すの, 出た時, 張つてゐる, 後ろに, 手伝って, 持つこと, 構へ, 見つけて, 見て, 覗くと, 閉ぢて, 閉めること, 開くこと

3 [31件] お忘れなされた, た, つぶして, とび出した, ひらいた, ひらいたの, みた, 仕舞うと, 仕舞ってから, 作って, 入ると, 出したと, 出す, 出たが, 出てから, 出ました, 出るとき, 左に, 張ろうという, 持つの, 指して, 探して, 明けて, 次から, 立派に, 締めて, 見に, 訪れた, 退いて, 閉して, 預かって

2 [101件] あけられないから, あとに, お廢め, お止め, お開きに, きいて, しまいかけて, しまうつもり, しまえ, しまおうと, しまってから, しまはずに, それとなく見たい, でた, でると, のぞき込んで, はって, ひろげた, ひろげはじめた, ひろげる, まかせて, まわって, もった商人, もつて, やう, 上がり掛けると, 五六軒, 休んだ, 出させた, 出させて, 出したこと, 出しに, 出すこと, 出た者, 出で, 出にくい, 出る, 出人通り, 切り廻して, 創設し, 営んで, 売りに, 大きくし, 大きくする, 奇麗に, 始めたらいい, 尋ねた, 尋ねて, 張ったり, 張ること, 張るについての, 張るの, 思い出す, 怨む者, 我が家の, 持たして, 持たせたり, 持たせて, 持ち通すよう, 持つとか, 捜して, 探しあてた, 探したが, 支配し, 改造し, 早仕舞に, 明けるよう, 構へて, 潰して, 片づけて, 片付けるの, 眺めるつもり, 空けて, 空に, 立ち出でた, 立出づるこの常ならず, 維持し, 締めるから, 繁昌させる, 見た, 見ながら, 見ること, 見舞ふ, 覗いた, 訪う, 訪ふだらう, 譲られても, 遊場に, 閉ぢた, 閉めさせて, 閉めるの, 開いたという, 開いたばかりの, 開いたん, 開きながら, 開きました, 開き御新造, 開くと, 頼んで, 飛び出しました, 飛出すと

1 [1122件 抜粋] あけた, あけたるす中, あけた通り, あけへんぜ, あける重宝さ, あけ始めたので, あさって, あずかって, あづかる, あわせると, いとなんで, えらばなかつた落度, おあけ, おとずれて, おやり, お廃め, かけだすと, かたづけ, かたづけそれ, かたむけるよりも, かり大工, きりあげると, こうして千鶴子, この横丁, さえみ出す, さがして, さけまして, しくじったの, しくじつたり, しくじるやう, しまいかけた, しまいかけるの, しまいまして, しまう, しまうこと, しまうの, しまう時, しまう規則, しまったのね, しまつ, しまつてから, しまわなければ, しめたが, しめちまうん, しめて出た, しめました, しめようと, しめるという, しめる時間, しめ戸, し出したの, じろりとにらんだ, すっかり徴発, する料理人, そのままに, その母さん, たずねた客たち, たずねるの, たたむしたくでも, たちいでますと, たのんで, だした, だしたの, だし初め, だすん, ちらりと見た, つきとめた, つづけて, でたが, でようと, とおりすぎ洋酒瓶, とびだした, とらえて, どうする, なんだ, ぬけ出した, ねらって, のぞいたところ, のぞいても, のぞきながら, のぞくと, のぞくよう, はじめたの, はじめたん, はじめましたのよ, はじめ街上繁華の, はなれて, ばらばらに, ひいきに, ひやかしうい, ひやかす約束, ひらいても, ひらき, ひらくだけ, ひらくとか, ひらくどころか, ひらこうなんてね, ひろげたの, ひろげた恰好, ひろげるところ, ふさげて, まかない生活, まはる根気, まわり歩く, みつけて, めし屋風に, もちましたが, もち家族ども, もったが, もつからと, やかれ危く, やってたが, やっと一軒, やめられては, やめろという, やり御, やれって, ゆずり受けて, ようみい, よびだしました, りっぱに, クラスが, チラと, ヒダの, メチャメチャに, 一つ宛も, 一ぱいに, 一人で, 一寸訪ね, 一手に, 一軒ごとに, 一軒一軒廻っ, 三度も, 三越まがいに, 上つた, 両側に, 並べられちゃ, 中心として, 了いまする, 五千円と, 今川橋に, 今風に, 仕舞いに, 仕舞い七月六日午後横浜解纜, 仕舞うが, 仕舞うという, 仕舞う時, 仕舞った奥, 仕舞つた, 仕舞つて件の, 仕舞ふ, 任せどうやら, 休みて, 休むこと, 休んだという, 休んだ方, 何とか食ひつ, 何刻に, 作ったん, 作る, 俗に, 保護する, 借りたの, 借り入れ朝鮮, 偵察し, 入つて, 兼ねた煙草屋, 出かけたうち, 出がけ, 出さうとか, 出さしむることは, 出させ存命中, 出したいろいろ, 出したが, 出したがってる奴等, 出したので, 出したらぼく, 出した二分心, 出した時, 出してから, 出してるやうぢ, 出しなに, 出し商人, 出し油, 出し繁昌, 出すかたわら, 出すつてこと, 出すとて, 出すについての, 出すもの, 出すん, 出す運び, 出せと, 出そうと, 出たから, 出たとき, 出たやう, 出た机竜, 出た途端, 出でん, 出ねば, 出ましたが, 出られましたか, 出るので, 出る時彼, 出馬車, 切り上げて, 切り盛りし, 切盛し, 列べて, 初め岩波と, 前の, 勤めて, 半分あけ, 占領する, 去る時, 取り戻して, 叩き出されて, 叩き起して, 吊し上げる必要, 君は, 問うたとき, 四つんばいに, 囲んで, 壊される実に, 売つちやう, 売らうと, 売るといふ, 大広間として, 失敗し, 女手一人に, 始めたの, 始め近所, 孤鼠, 守るもの, 寂らせた, 尋ねる積り, 小さくしろ, 小規模に, 少しも, 州の, 市内に, 建てること, 廻り歩いた, 引けて, 引受けてから, 引揚げ, 引込んだ, 張った旦那様, 張ってるからにゃ, 張つてさそい, 張つて下町切つての, 張つて売り込ん, 張りし商家, 張りだすといふ, 張り昔ながら, 張り立派, 張るのに, 張るよ, 張る様, 張れり, 徘徊する, 御贔屓, 思い出しました, 急に, 想い起させるよう, 手つだって, 手代に, 手伝ふて居りました, 手傳つて居ります, 手放さなければ, 打ち建てた人, 投げだしその, 担当し, 拔けて, 拡げては, 拡げること, 拡張し, 拵えて, 拵える, 持たせるから, 持ちたる易風社, 持ち今, 持ち太一, 持ち独立, 持ったの, 持った吹聴かたがた, 持った折, 持ってから, 持つたほどの, 持つとき, 持つなら配偶, 持つまでは, 持つ前, 持つ橋, 持つ辻, 指さして, 挙げると, 捨てて, 探したって, 探し当てた, 控えて, 揺り動かした, 撤廃する, 擴げた, 支えるため, 改造した, 教えて, 新橋界隈に, 新設する, 早く終う, 早仕舞いし, 明けたばかり, 明けてから, 明ける事, 明ッ放し, 昨日のぞいた, 時折見かけます, 暖簾ごと買い取った, 書いても, 有望として, 株式会社に, 構えた焼き大福餅店, 構え事務員, 構え煙草, 構って, 横目で, 止める積り, 求め歩いては, 注意し, 海賊橋に, 渡りあるいた, 源一に, 潰してからは, 烏有に, 片っぱしから, 片づけながら, 片付くる間, 片付け出して, 片附けはじめる, 物色し, 独力で, 番頭に, 畳むとき, 畳む時刻, 畳んだ時, 疊んで, 監視する, 直せば, 相続した, 真似ないまでも, 睨んで, 破り錠, 示して, 神田に, 私に, 私共は, 移した, 空けたんぢ, 空けるわけ, 空つ, 突留める, 立ち去った, 立つと, 立て直さうと, 管理する, 素通りし, 継いで, 続けさせたの, 維持する, 締まって, 繁昌さして, 繁昌させるだろう, 背景に, 自分の, 蔵造に, 行って, 襲ったが, 襲撃し, 見いだしかけて, 見かけましたよ, 見ず, 見たと, 見たり, 見つけました, 見つけると, 見つけ出して, 見にまで, 見まわした, 見るならば, 見る日, 見下ろしては, 見出します, 見回した, 見廻らせると, 見渡した, 見聞した, 覗いたもの, 覗いた二人, 覗かないと, 覗きつつ, 覗きますと, 覗き込むよう, 覗く, 覗込ん, 訪うて, 訪ねた, 訪ねること, 訪れた常連, 訪問されん, 訪問するであろう, 設け先輩, 調べなければ, 諭吉は, 譲ったの, 譲つたので, 譲り受けましたばかり, 譲り自分, 讓つて出家したらしい, 貰ひ, 買いとったお金, 買いとって, 買ったの, 買ひたい, 貸しては, 赤木は, 走り出て, 踏まえて, 迂回する, 追はれた, 退けという, 透かした, 通って, 通りすぎて, 通り越して, 通覧し, 連ねて, 選び正札通り, 選べ, 避けて, 閉ざして, 閉じた, 閉じてから, 閉じなかった, 閉じるという, 閉ぢぬる, 閉ぢ大戸を, 閉めかけるころ, 閉めたの, 閉めては, 閉めようとして, 閉めるといった, 閉めるやう, 閉め切り当て, 閉鎖せしめ, 開いたさ, 開いたとも, 開いたらなんぼ, 開いた時, 開いた跡, 開かせ当分出入り, 開かれる, 開きしきりに, 開きたいという, 開きましたが, 開きましたのに, 開き幸, 開き往來, 開き手広く, 開き注文, 開くが, 開くなどは, 開くまでに, 開くやう, 開く手続き, 開く計, 開けさして, 開けた隠居, 開けない贅澤, 開けること, 開けるわけ, 開ける氣, 開業いたしまし, 開業する, 間もなく去つた, 離さねば, 離れること, 預かつ, 預かる番頭さん, 預ったの, 預るもの, 頼んだぜ, 顛覆させる, 飛び出したり, 飛び出すの, 食って, 飲み歩いて, 飾り付ける, 養子三右衛門に, 駆け廻り

▼ 店~ (1640, 9.2%)

29 出て 21 腰を 20 坐って 17 なって 16 入って 12 来て 11 働いて, 坐つて 10 並べて, 勤めて 9 並んで, 行って 8 いて, 奉公し, 帰って, 立って 7 入る 6 して, 立ち寄って, 這入って, 雇われて 5 いた, いると, いるの, すわって, はいった, 入りて, 行く, 行った

4 [15件] あつた, いたとき, いるとき, 交って, 休んで, 使われて, 入った, 出勤し, 客の, 寄って, 帰ると, 投ず, 連れて, 頑張つて, 飛び込んで

3 [32件] あるもの, ある品, いた女, いる時, その姿, つとめて, なった, ならべて, はいりました, よった方, ゐたこと, 並べられて, 人が, 入ったの, 入つた, 入ると, 出入りし, 向つて閾, 坐り込んで, 売って, 寝て, 居たの, 居て, 彼の, 投じた, 残して, 泊つた, 特有な, 預けて, 顔を, 飛び込みました, 飾って

2 [88件] あずけて, あらん限り, あります, ありますから, あること, あるだけの, あるべきもの, いたの, いたので, いるお, いること, いる娘, おくこと, お客が, かけて, かよって, しても, その時誰, ちがいない, なつて, ならんで, ぼんやりし, 一つの, 一人の, 一泊した, 並んだ食物, 人の, 住む伴蔵, 住んで, 何紫の, 使って, 入つて, 出かけて, 出すと, 出た, 出ると, 出るほど, 出るも, 出入りする, 務めて, 勤めること, 十七歳の, 十年も, 商品が, 坐して, 大きいの, 奉公した, 寄つた, 寄りたくな, 寄る, 寄合しは, 就いて, 居たやう, 居た小僧, 居なかつたの, 居ると, 居れば, 属して, 帰ってから, 御厄介, 慈姑が, 手踊の, 投げ込まれたもの, 持つて, 来た人, 来るよう, 来る客, 立寄って, 立寄ると, 腰かけて, 著きし, 行きました, 行くこと, 行くと, 行けば, 行つて二人は, 行つて見る, 迷惑を, 這入った, 這入る, 通った, 限って, 集って, 電話が, 電話を, 頑張って, 頼んで, 顏を

1 [1030件 抜粋] あがり込んだ, あったを, あったドラン, あった紅, あづけ, あふれるほど, あやまりに, あらはれて, あらわれた時, あらわれると, ありしを, ありつる帳, あり合せ, あるとき, あるので, あるほどの, あるより, ある五円, ある割り箸, ある商, ある大きな, ある暗, ある葉子, ある鰺切り庖丁, いい伝え, いたご, いたもの, いたり, いた三十前後, いた人, いた小僧, いた痩せた年増, いた連中, いちゃあ, いっぱい並べ, いつも坐つ, いない, いないに, いなかったので, いなくなった一週間, いまの, いらっしゃいましたか, いるん, いる三十近く, いる番頭格, いる老, いる間, いろいろな, いろいろ並ん, おいて, おそろしい事件, おって, おりましたから, おりまして, お冬さん, お出なさい, お武家, お百度, かかり合いの, かけつけ同家, かざられたまま, かわって, くらべて, こうこうの, こっちで, この間から, ころがって, ごたごた置き並べ, さ, さそって, さびしそう, したつて, しのびこむとき, しゃがんで, すがた, すわる男ら, せっせと通っ, そのうち, それだけの, そんな奴, そんな話, たずねた, たちよりました, たっぷり資本, たづね, だね, ちゃんと勤め, ついて, つかふつもり, つづいて, つめて, つれこんで, とつぜん黄金, とびこむが, とび出した, どうしてあなた, ない様, ない美味しいパン, なじめず, なったこういう, なったぞよ, なったの, なった大きな, ならべたいろいろ, ならべた椅子卓子, なりました, なり弟子, なるわけ, はいったところ, はいりながら, はいり空気銃, はいり込みやがて間もなく, はいり込んで, はいり食後, はりこませて, ふしぎな, ふらふらと, ぺたりと坐った, まいりました, まじって, また, まるで白, もどって, やって, やって来た, やって来るかも, よく泣き言, よらず小さな, よるだろうが, わずかな, ゐたと, ゐたもの, ゐた一, ゐた人, ゐた頃, ゐない時, ゐりやさう, ゐるので, ゐる久助, ゐる仙吉, ゐる手代, ゐる男, ゐる頃, カアテンを, コップ酒が, ショーウィンドーや, チンピラ隊の, ツンと, ビナンカズラと, マツダ号という, ラヂオが, 一人で, 一寸した, 一緒に, 一行は, 丁稚奉公し, 七年とか, 三十五銭の, 三四人の, 上り込み, 下がって, 下りて, 下女一人飯炊き一人置かず, 並び店頭, 並べても, 並べる手, 並べ酒, 二カ月以上は, 二列に, 二銭の, 人間の, 仕上げたくらいの, 仲居を, 任せた方, 休で, 休息し, 似合わしい一戸, 住み込み同輩, 住む伴藏, 住む白翁堂勇斎, 何の, 何年ぐらい, 使われる者, 來て, 信州から, 借が, 備えつけの, 働くこと, 働くの, 働く青年, 先廻り, 入ったところ, 入つた三十男, 入つて新刊, 入りあっちこっち, 入りながら, 入りびたって, 入り同じ, 入り氷, 入るの, 入る前, 入れば, 入浸るよう, 全精力, 公平の, 再びその, 出かけないで, 出さず直接購読, 出したちやん, 出す前, 出たが, 出たり, 出た時, 出てる時, 出るから, 出る支度, 出勤する, 出張させ, 切って, 初めてやってきた, 勤めた忠義者, 勤める事, 十一年とか, 去年の, 取っても, 取られるといった, 口が, 古自転車, 名が, 呼び寄せたの, 唐から, 在ない, 均一本を, 坐ったの, 坐つた, 坐り小さい, 坐るよう, 売られて, 売り払つたの, 売る蛸, 売子と, 変って, 多くの, 大きな打撃, 大形の, 大酔を, 奈良団扇売出しの, 奉公人の, 女中として, 女給を, 妾が, 婆あさ, 宛てて, 客を, 容色と, 寄っては, 寄つたら下物, 寄つてなでしこを, 寄つて一杯また, 寄つて飲む, 寄りクルックス, 寄ると, 寄る不在, 寝に, 寢て, 寺小屋を, 導いた, 小さき干鱈, 小僧が, 小僧にでも, 少々困った, 居すくまった, 居たさ, 居た姿, 居た彼女等, 居た男, 居た近所, 居ては, 居なかったので, 居なすつたこと, 居られたそう, 居られますそう, 居りましたし, 居ります, 居るうち, 居るで, 居るん, 居る二人, 居る力三, 居る常吉, 居る手代, 居る番頭小僧達, 居合した, 届けついで, 屋号という, 山口さんを, 左様丁度何人, 帰りおまわりさん, 帰り病気, 干して, 幾名の, 座して, 座ると, 引き返え, 引取って, 引返え, 張紙あり, 当夜四谷芸妓が, 彼を, 徒弟として, 御奉公, 忘れて, 急用が, 情婦が, 戻すこと, 戻り取締り, 戻る気, 手代に, 打当た, 払う紙入, 投宿す, 押されるの, 押しよせる者, 押し込み有金三百兩, 招いて, 招きて, 捨てた多く, 掘り出したなどと, 掻払いに, 支払うだけの, 改装し, 放火され, 新しそう, 於いても, 於て, 日蓮, 春と, 是非寄つ, 時刻を, 晩食し, 有合, 本尊法然の, 来た, 来た時, 来り入場料, 来るお客さんたち, 来ること, 来る人達, 来る客たち, 来る材料, 来合せて, 柚子が, 案内された, 植疱瘡の, 欲しい小紋, 歸り着きし, 残った皿, 殖えたな, 毎日通っ, 毎晩來る, 気がつくよう, 沢山居る, 泊って, 泊まりこませて, 泊ります, 泊ると, 活気が, 渋々ながらも, 火を, 灯あかく, 無いので, 無く而, 燈を, 独で, 獲たるを, 現はれなかつた, 現れまして, 現れ午後二時, 甚だしい迷惑, 用の, 用意し, 留守番を, 番頭が, 番頭格として, 痰切飴や, 皮を, 盛り上げます, 直ちに侵入, 相遇う, 着いた, 着いて, 着くよう, 私の, 移って, 積みたる白米, 積んで, 突き出されてから, 立ちて, 立ち寄った, 立ち寄っては, 立ち寄らずその, 立ったの, 立つた彼, 立入つたこと, 立寄った, 立寄っても, 立寄つて, 立寄りしが, 立寄り銀座通, 立掛った, 筆と, 紙を, 続いた茶の間, 続きたる茶の間, 縁故の, 續いた, 置いたに, 置いてないかと, 置かなかった, 置かれること, 置き去りに, 置くだけの, 置くの, 美しいはん竹, 而飲, 職人の, 腰掛けさせ団扇, 腰掛けるより, 至つて別を, 至り初め, 至る, 色々の, 華やかな, 落さずには, 落着いた, 蕪村句集の, 行かないと, 行きショー, 行くべく余儀なく, 行く日, 行ったところが, 行つてキヤラメルや, 装飾の, 要りも, 見えぬよう, 見かけるもの, 見た, 見るよう, 見出した, 見習いとして, 註文した, 誘う, 誰も, 貴女が, 買い物に, 贈物用の, 走って, 赴き米刃堂, 足踏みする, 転がって, 軽い課税, 迎へて, 近い路地, 近づいて, 迷惑が, 送り出した時, 通じて, 通って, 通ひ, 逼塞し, 達したる時, 遣りましょう, 還りて, 酔払いは, 鉢植ゑ牡丹が, 鍵を, 閑坐し, 関係した, 降りて, 限られるの, 限る, 陶器金属及漆塗の, 障るので, 集ったこと, 集中する, 雇はれ, 雇われてるはず, 青みすわりき, 預け女児, 風格が, 飛び込み早く, 飛び込むほどの, 飛込みました, 飼って, 飾つたお, 飾ります, 飾れる, 馳せて, 馴染が, 鳴くの

▼ 店~ (1301, 7.3%)

42 行って 39 出て 34 はいって 29 入って 26 来て 19 帰って 16 寄って 11 這入って 10 出かけて, 遊びに 9 はいった, 連れて, 飛んで 8 入ると 7 たずねて, 行く, 飛び込んで 6 いって, はいると, 入つて, 来ると, 腰を, 行くこと, 行くと 5 戻って, 持って, 行くの, 行けば, 行った, 買物に, 顔を

4 [18件] あがって, やってきました, やつて, よって, 來て, 來る, 入った, 出ると, 出入りする, 参りまして, 奉公に, 往った, 往って, 戻ると, 来る客, 泊って, 行つた, 買いに

3 [14件] お出かけを, はいりました, 入つて來, 入りました, 出して, 出入りを, 坐り込んで, 帰った, 帰ったが, 投り込む, 煙草を, 訪ねて, 這入った, 酒を

2 [60件] いつて, かかえ込んで, くれば, つれて, ならべて, ゆく, ゆくと, インクを, 二度三度ごはんを, 入つて行, 入ろうとして, 出た, 出てから, 出入りの, 出向いて, 勤めに, 参って, 坐って, 坐ると, 埋めて, 客が, 寄ること, 帰ったの, 帰ってから, 帰ると, 引っぱって, 引っ返すと, 手伝いに, 投げ込ませた, 捜しに, 提げ込んだ, 来た老婆, 来ない方, 来ること, 来るよう, 来る童顔, 案内し, 案内しましょう, 歸つた, 私が, 私は, 移って, 立ち寄ると, 立ったの, 立寄って, 薬を, 行くが, 行ったこと, 行ったらそこ, 行つ, 行つて新, 表町の, 買い物に, 運ばれて, 降りて, 電話を, 飛び込んだ, 食事を, 駈けつけた, 駈けつけて

1 [698件 抜粋] ああいう, あおりつけたもん, あがった時, あがらせると, あがり込むには, あがり込もうという, あのま, あまり詳しく, いきなり出, いきましょう, いきます, いく, いっしょに, いった客, おいでに, おいでるそう, おろす, お休みなすった, お供を, お出, お出くださつた, お出でなさい, お客と, お師匠さん, お立ち寄りくださいまし, お立寄り下さいます, お茶を, かえしたと, かえります, かえる, かけ込むと, かつぎ上げた, きた客, きて, きてから, くると, くるよう, この頃, こんな物, ご相談, さし賣り, さっさとはいった, さらすわけ, しとやかに, すっとはいっ, その切符, その実否, たのんで, たばこを, たびたび見える, だすよ, だんだん近づく, ちょっと駒, ついて, つか, つく時分, つれ出して, ですか, でたが, でたり, ときどきに, とりなして, どんどんはいっ, なげこみおどして, なぜあげた, ねじ込んで, のこのこは, はいったので, はいらねえで裏, はいり, はいりぼんやり, はいり銀, はいるの, はいるわけ, はいろうと, ひきかえした, ひっかかって, ひょろりとし, ふき代へに, ぶらりと来, まはつ, めでたく輿入れ, もし川水, ものを, やってきたとき, やってきて, やってくると, やって来て, ゆきました, ゆきよって, ゆく坂道, よく学校, よく母, よったの, よばれた, よります, わざわざ寄っ, わたしを, オツトメなんぞに, カバンを, クラガヘの, ココアを, コソコソやって来る, ツトは, ドルを, ラサ府の, 一人の, 一台の, 一寸入, 一旦帰っ, 三人の, 三日ほど, 三本, 上がった, 上がれば, 上ったの, 上って, 上り込んで, 並べて, 並べて居りました, 中食に, 主人の, 乗りこむなどと, 乗り込むこと, 乗込んで, 二人は, 二度とは, 二本あげたら, 五人ならべる, 五十銭もっ, 交渉し, 伊庭を, 伴つて行つて其支払を, 住み換, 住み込んだの, 住込む, 使いに, 使いを, 來し, 來た, 來てから, 例も, 値段を, 偶然ゆき合わした, 僕達を, 入ったが, 入ったと, 入ったばかり, 入ったら在るあるある金曜日, 入ったり, 入っても, 入つて女, 入つて汽車中, 入らないでよ, 入りかけた, 入りがけ, 入りこんで, 入りたるを, 入りクリスマス, 入り理髪, 入る, 入るなどという, 入るなり, 入る時, 入れたか, 入れたという, 入れば, 入ろうと, 内緒な, 出かけた, 出かけたの, 出かけましょう, 出かけるの, 出さないの, 出すと, 出すよ, 出た乳, 出た橋, 出た段, 出なかった, 出なくては, 出まして, 出られ私, 出ること, 出る前, 出れば, 出入する, 出向かなければ, 出掛ける, 出這入の, 切り花として, 初看板, 別々に, 勤める話, 半月以上も, 卸しに, 去つた四郎, 参りました, 同居する, 向って, 吸い込まれた, 呼び戻されてから, 呼び戻すこと, 品物を, 回付する, 坐つちや, 坐つて鏡, 坐らされたの, 坐らせて, 坐ること, 坐る前, 売ったん, 売りに, 売りヴャートカ, 売ろうという, 夕食を, 奉公し, 奉公しねえ, 奉公には, 奧へ, 女たちが, 姿を, 孝吉が, 定吉の, 寄ったり, 寄った時, 寄ってな, 寄つてたべた, 寄りさつき, 寄るぐらい, 寄る今, 寝泊りまで, 小僧奉公に, 居直って, 届けて, 届けました, 岡っ, 帰して, 帰ったよう, 帰らないつもり, 帰りたくないです, 帰り二階, 帰る, 帰るが, 帽子を, 度々現れるらしい, 度び, 廻つて見る, 廻ると, 引き上げた, 引き摺って, 引き摺り込まれた, 引っ返して, 引張って, 引揚げよう, 引摺っ, 引移って, 引返した八五郎, 引返しました, 当人が, 役所の, 彼は, 往く事, 往く積り, 御一報, 御出, 怒鳴って, 怒鳴り込んで, 戻った, 戻つて來, 戻つて客, 戻りたいとも, 戻るの, 手傳ひ, 投げるよう, 投げ込んだり, 投り込ん, 抛り込みました, 抜ける口, 押しかけたと, 押掛けて, 拂ふ, 招じ入れた, 招んで, 持ちだすが, 探しに, 提げ込んだが, 散歩に, 数名は, 数日前に, 文化進展の, 時々オデン, 時々現われた, 本が, 本郷森川宿の, 来させないよう, 来し時, 来たお客, 来たこと, 来たの, 来たん, 来た処, 来た田舎者, 来た男, 来た諏訪栄三郎, 来って, 来つけた客, 来な, 来ない, 来はったら一ぺん一緒, 来や, 来られたお客, 来られる前, 来るじゃ, 来るの, 来る御, 来る日, 来る百姓, 林之助が, 案内させた, 案内しよう, 案内しろ, 歩いたが, 歩いて, 歸し, 歸つ, 歸つたお前が, 歸つたのか, 歸つては, 歸つて大, 歸つて行つたと, 歸り, 歸りました, 残つて信助か, 毎日参っ, 気ちがいの, 水茶屋風の, 水飢饉で, 泊った, 泊つた外は, 泊らせる用意, 泊りこんで, 泊りました, 流れて, 漬る, 無心に, 物の, 特派通信員を, 現れた怒り肩, 現れた新参, 現れる常連, 現れ九時半ごろ信用組合, 現われた田舎者体, 申込んでも, 番頭格に, 着いたの, 着いた時間, 着いて, 知れては, 石を, 移った, 移つたのです, 移るの, 移動した, 立ち, 立ち帰った, 立ち現れた, 立つて, 立寄ったので, 立寄りました, 立寄るは, 立寄ッ, 立戻っ, 筍を, 米俵を, 続々移り住み, 置いちや, 置いて, 置けよ, 置去りに, 翔込んで, 自動車を, 色目を, 茶を, 荷為替を, 藪小路当, 行かないが, 行かないと, 行かなかった, 行かなくっちゃ, 行かなければ, 行きこの, 行きさえ, 行きつけて, 行きながら, 行きました, 行き母上, 行き泉鏡花氏, 行き着きました, 行き米, 行き髭, 行くうまい, 行くやう, 行くわい, 行く事, 行く位, 行く路, 行く途中, 行ったあまり, 行ったが, 行ったり, 行った事実, 行っちまうの, 行つたさうです, 行つたら, 行つた時は, 行つてあり, 行つてじ, 行つて主人が, 行つて働い, 行つて尻を, 行つて来る, 行つて無駄話を, 行つて豆腐の, 行つて金を, 見えて, 見廻りに, 見習いに, 見習ひ, 誘いに, 誘って, 誰かは, 請人の, 警察を, 責任を, 買い取って, 買物する, 買物を, 賑やかに, 走つてビール, 走らせての, 走れ旦那様, 赴き自暴的, 起った, 足を, 踏み込んだ牡牛, 転々として, 転げ込みました, 轉げ込んださうです, 辿りつくの, 近ごろ最もしげしげ, 返したが, 返して, 返ると, 送り届けて, 逃げて, 這入つたとき, 這入つて, 這入る, 這入ろうと, 通い粟田口國綱, 通う, 通うこと, 通うとして, 通つてゐた, 通つてゐる, 通勤する, 連れ込みました, 連立つて, 運び更に, 運ぶ役目, 邪魔に, 金を, 隣町に, 集まって, 雇はれた, 雇われて, 青竹にて, 面を, 頼んで, 顏を, 顔出しする, 願いでて, 颶風が, 飛び上がった, 飛び上がって, 飛び出して, 飛び込んだこと, 飛込んで, 飯を, 飾って, 飾るもの, 駆けつけトック, 駆け上ると, 駆付けて, 駈けつけると, 駈けつけトツク, 駈け込んだ, 髪を, 黒川は

▼ 店~ (1028, 5.8%)

16 働いて 12 あつた, 売って 9 食事を 8 買物を 6 一杯, 私は, 買って, 酒を 5 使って, 米を 4 仕事を, 何か, 帳合を, 煙草を 3 おちやつぴいのお六め, 店の, 硝子の, 茶を, 身上は, 顔を, 飲んで

2 [54件] いろいろの, お職, お茶を, これを, せえ, その地続き, また一杯, パンを, ビールの, 一, 一度に, 一杯ひつかけ, 一杯また, 主人の, 今川焼を, 他の, 休んだ, 会席など, 修繕を, 働きながら, 出会って, 別々の, 商いを, 商賣, 売ること, 売る時, 姉と, 彼は, 手に, 新しい服, 新聞を, 朝飯を, 東京に, 此の, 油臭く, 物を, 用を, 町家の, 知りあつ, 私が, 私の, 簡単に, 給料を, 行らうで, 訊いて, 話して, 買った, 買は, 質流れだ, 身上も, 開かれた, 青山二郎が, 高野山一覧を, 黄金メダルの

1 [792件 抜粋] あきないもし, あなたの, あの名作, あんころ餅を, いいご, いつも主人, いつも道具, いろいろききます, うそを, おあひしたい, おれと, お化けの, お名前, お妻, お客であっ, お手伝いし, お母さんが, お祭りし, お秋, お米, かれは, かわいらしいこんな, きょうは, くさらせるばかり, くれる黒い, けちな, こ, ここも, こしらえたもの, こつそり紅茶, この近在, これは, こわして, こんなおしばい, さつき見, さばかし, しかもそれ, しかも菓子屋, しきりに辭退, すでに何回, すまして, するの, ずいぶんバカ, そういう目, そこにも, そして, その中, その二階, その名, その疑い, その裏通り, その隣, その頃一流, それまで, そんなこと, そんなもの, たべて, たむし藥, ちゃんとした, ちょいと, ちょっとした買物, つくった鼬鼠, つくって, ですか, とぐろを, とんだ失敗, どっとわいた, どのくらい, なしに, なるほどおどり, な一杯, ぬすみ取られたもの, ねます, はね服部, ひとまとめに, ふと手, ぼくに, また二杯, まるで周囲, みかけた清朝時代, みる桂子, もう店, もだそう, もっとこの, やあさんも, ゆうべ四ツ半, よく聞きただした, アイスクリームや, エキステンドィング・テーブルの, オウイオウイという, クズモチという, クリーム色の, コツプ酒一杯ひつかけ, コンパを, ゴーリキイの, サミュエル, スリッパなど, チラリと, チンドン屋を, デザインも, トラックの, トーモロコシ四本買った, ハガキ二十枚買つたら, バスを, パイン, ヒエロニモ四郎に, ボーイ頭の, ボールを, ラジオを, リボンを, レコードきく, ロウヤル・ポウセリンと, ロケ雲待ち多し, ヴェラスケスを, 一人で, 一人ぼっちで, 一休みする, 一台の, 一席やれ, 一日に, 一本の, 一杯ひつかけた, 一杯ひつかける, 一杯やる, 一杯借り, 一杯方角が, 一生心配が, 一番よく, 一部の, 三千円, 不快な, 並みの, 久しぶりで, 乱れた鬢, 事務を, 二三度口を, 二人の, 二十五両も, 二回までも, 二度と買わない, 二枚目を, 二階三階が, 五人が, 五彩目を, 亡くなった, 人に, 人の, 人形も, 人形を, 仂き出し, 今日は, 仕上げを, 仕入れようという, 仙吉と, 会う人ごと, 会ふ, 会合し, 何んか, 作楽井が, 使う小さな, 使用し, 例の, 借りた, 借りて, 偶然に, 偶然ライフルに関する, 働いた, 働いた金, 働いてる戸村直治, 働かして, 働かせられた, 働きたいの, 働きたいもの, 働きまして, 働き抜いた五十五, 働くに, 働くん, 働こうと, 兄と, 八つか, 六セント半の, 共に晩餐, 兼康と, 出したパン, 出すうど, 出会い手飼い, 出来合いの, 出逢ったこと, 刈り込んだばかりの, 刺身一皿焼酎二杯の, 前川が, 勤めさせて, 勤め年弱, 匂いの, 包紙に, 北新道の, 十ペンニヒ出し, 十五スーの, 十歳ばかりの, 午飯を, 半分蔀を, 半搗米を, 南洋の, 占領され, 却, 又引っ, 反物なんど云う, 取扱つた事の, 受取ったもの, 叩込ん, 吉田の, 同じよう, 同じ長屋, 吐いて, 呉昌碩の, 唐紙と, 商った品, 商品を, 商売の, 四五人の, 四円である, 四合瓶を, 団扇を, 堂々たる床, 塩か, 壱円借りまし, 売られ日本人, 売り婦女殊, 売るか, 売るの, 売るを, 売れば, 売卜者と, 夕食を, 外見や, 多勢の, 夜食を, 大きな商取引, 大きな瓢箪, 大田南畝が, 大見えを, 夫婦が, 失くし, 女の, 女中が, 女事務員を, 妹を, 妻は, 姫糊を, 嫌々与へられた, 宇治の, 客の, 客も, 家の, 寝て, 対談する, 小さい鈴, 小さい鯉, 小僧さんたちと, 小僧と, 小鐘, 小間物屋です, 少々借り, 少し飲む, 屋敷方の, 屡々, 川上機関大尉を, 巾の, 帯を, 帳合いを, 帳簿に, 帽子を, 干からびたよう, 平珊瑚, 店さきに, 度たび見かけ, 廊下を, 引き受ける素地, 強い酒, 彫り物ばかり, 彼らと, 彼を, 彼女の, 彼自身と, 待ち合せ大辻, 待ち合わせ, 待つじゃな, 御馳走を, 復た稼ぐ, 快濶, 怒鳴りました, 息子の, 成人した, 我慢した, 戦争中に, 戦争前は, 手ごろな, 手土産を, 手配を, 承知で, 担人を, 拵へ, 拾った文, 掘出して, 支那人の, 故郷の, 散々売り涸らした, 数年前雇入れた, 新聞に, 旅装を, 旅順の, 日本について, 日給八十銭の, 日頃恩顧を, 旦那さまも, 昔は, 時々顔, 時を, 晩餐を, 暖簾に, 暮の, 暴れて, 最も高価, 會ひ, 朝から, 朝酒を, 木材も, 本を, 村祭りの, 松島の, 柳營の, 柿右衛門を, 榾同然の, 模範店員である, 此れ, 殊に最初, 母を, 毛糸の, 気が, 求めたこと, 江戸町の, 江戸紫の, 泥酔した, 洗粉の, 浮世話や, 海軍工廠へも, 濃紺の, 炭や, 無駄話を, 焼酎一杯ひつかける, 煎餅と, 片隅には, 牛肉の, 牛豚肉の, 狹い, 獣の, 珍重され, 理髪, 生葡萄酒, 田原さんの, 甲斐の, 留蔵音三郎梅蔵三人の, 白米二升, 白米少々, 相当庖丁の, 相談が, 眼に, 眼を, 矢くし, 知り合, 知り合って, 研究という, 祝宴を, 秘密に, 稲荷鮨十ばかり, 立止りカフス釦を, 立話し, 章魚と, 笠に, 筍と, 簡單な, 紀伊國屋という, 紅茶と, 紙製の, 細工する, 絵はがき絵本絵いり, 絵端書を, 縮緬を, 羽蒲団を, 老主人, 耳打を, 聞いて, 聞き合わせて, 聽いたんだ, 肥った婆さん, 背の, 背中合せに, 脚絆わらじあの, 腕を, 自棄酒飮んで, 芦原小夜子と, 若い店員, 若い者, 苦勞し, 荷物酒屋で, 菊次が, 落合つた悪戯な, 蒸し鮓, 薄い蘭英会話書, 薫という, 藥を, 虎や, 街道に, 衣装も, 裁を, 製本の, 西洋料理などを, 見たその, 見たといふ, 見た古い, 見つけた, 見つけた出来, 見つけて, 見るから, 見るよう, 見付けたという, 見受ける非常, 見知らぬ青年, 言つてゐた, 計り炭を, 訊くと, 話した若党, 話し込んで, 詳しく道筋, 誰よりも, 調へる, 警察部長の, 財産と, 貰ったばかりの, 貰つて來た, 買いました, 買い集めて, 買うの, 買えば, 買おうと, 買ったの, 買ったり, 買った十銭, 買った方, 買った物, 買った青木綿, 買つた, 買つた懐中時計が, 買ふ, 買わないの, 買取った秘蔵, 賑つてゐる, 賣ツ, 質に, 踊ったと, 辛抱し, 辛棒しろ, 近来休暇を, 近頃出来, 逢つた, 連れの, 遅く迄, 遊ぶにも, 道具類は, 遣りますな, 酒三合借りる, 酔つ, 野球や, 金切声, 錫の, 鎧櫃へ, 鑵詰から, 間接に, 隣の, 雁鍋が, 雑用を, 雜用を, 靴や, 預かり物, 頭には, 顔馴染に, 食べるだけ, 食べるの, 食事す, 食後の, 飲まなければ, 飲むより, 飲む空腹, 飲んだ噴き井戸, 飲酒中少年等は, 香り高い, 馴染の, 高山の, 鳴らして, 鳴らす蓄音機

▼ 店~ (918, 5.1%)

54 ある 47 あった 32 あって 19 並んで 16 ありました 15 出て 9 あります 8 あるの 7 あったり, あつて 6 あつた 5 ならんで, 出来て, 繁昌し 4 あるという, しまって, 軒を 3 ありましたが, あるが, あるので, ごたごたと, 忙しくて, 目に, 賑やかな

2 [37件] あくの, あったが, あったよう, ありまた, あるから, あると, あるもの, いそがしかった, ずらりと並ん, そつくり其儘同じ, まえの, まちへ, 一軒あっ, 一軒ある, 一軒も, 丁度二倍の, 何軒も, 売れて, 多い, 多いので, 多くなっ, 幾つか, 幾つも, 急に, 日除けを, 栄えて, 櫛比し, 次第に増え, 沢山ある, 焼けてから, 立ち並んで, 繁昌する, 見当らない, 閉つてから, 閉めて, 開いて, 駄目に

1 [576件 抜粋] ああなって, あけて, あそこで, あちこちに, あったという, あったの, あったので, あった去り気, あった筈, あってな, あっても, あつて十錢均一, あふれ出て, あまり広く, あまり繁盛, あり, ありここ, ありその, ありそれ, ありましたね, ありましたよ, ありますかつて, ありませんでしたから, あり一方, あり地坪, あり堤, あり小間物屋, あり本島人, あり楊弓場, あり直ぐ, あるかと, あるかも, あるからと, あるきり, あるけれども, あること, あるこの, あるといった, あるとは, あるな, あるには, あるのに, あるもん, あるよう, ある前, ある場末, ある真中, ある筈, ある餅屋, あれでも, あればこそ, いいだろう, いくつか, いくらかでも, いくらだって, いくらボッ, いそがしいもの, いそがしくて, いたって少ない, うちに対して, うるさくいっ, おのずからな, お休み, お邪魔, かたまって, からっぽだろう, かりいつも, ぎっしりと, ぎらぎらした光り, ぐっと多く, この四角, この親子三人, この重, この風呂屋, これと, これを, ございますので, ございますのに, ございます済みませんが, ござりました, ごた, ごちゃごちゃと, さうさせて, さびしかろう, しからざれば, したよう, しまった後, しまつ, しめられたそれら, すこし目立つ, すっかりひろがっ, すっかり片, すつかり, すなわち仕事場, ずらりと並び, ずらりと櫛比, そうたくさん, そうでござんす, そこに, そっくりわたし, そつくりそのまま, そのちかく, そのデン, その時, その車輪, その辺, その障子, それぞれ配達前に, それだ, それを, たくさん並んでる, たくさん出来た, たしかに国宝的, だいぶんある, ちょうど船橋, ちらばった, つぶれた, つぶれた後ロンドン, つぶれて, つぶれるという, できた, できたこと, できたね, できたよ, できて, できました, できれば, でて, ところどころに, どうだ, どうのといふ, どこかしらに, どこに, どこの, どの辺, ないかと, ないから, ないと, ない時分, なかった, なくうまいもん, なくなったから, にわかにドヤドヤ, はじめて開店, はって, はねてから, はやりながら, ひけて, ひけてから, ぴしやんこになるのに造作は, ふえて, ふさげて, ふと目, ほかの, ぼくの, まえは, またちかごろ, また古い, まだ起き, みんなお前の, みんな忙し, むしろ百貨店, もしも虎屋, もちたいと, もてるもの, やって, やつぱりある, イクラでも, スツカリ空家にな, タクサンある, ミルクや, ランプや, 一つしか, 一寸, 一挙に, 一昔以前あった, 一杯に, 一番早い, 一番繁昌し, 一軒あ, 一軒あった, 一軒きりしか, 一軒出, 一軒檐下の, 三の宮で, 三井呉服店で, 三割四割の, 三越と, 不景気に, 不調和に, 並び河岸側, 並び畠, 並ぶそれ, 並んだが, 並んでるの, 乱雑を, 事件を, 二ツ井戸から, 二パーセントに, 二三軒つづい, 二三軒並ん, 二日目の, 二軒あっ, 二軒あった, 二軒ある, 二軒ならん, 二軒位しか, 五ツ六ツ並ん, 五六軒なら, 五軒かたまっ, 人の, 今も, 今年まで, 今度殿さまの, 仕舞ったところ, 代表的に, 休業だ, 休業と, 休業を, 会場と, 何か, 何という, 何町も, 佛蘭西風の, 作られそれ, 保証する, 傾いて, 儲かるよう, 先づ, 入口の, 全く支え切れなくなった, 全く洋服屋, 全く無い, 全市いたる, 出されて, 出せますからな, 出せるだろう, 出せるわね, 出たなどと, 出た事, 出る, 出來, 出張店を, 出来そう, 出来それ, 出来た, 出来たが, 出来たので, 出来たら奉公人, 出来るの, 出来新宿辺, 出来演戯小屋, 分ったん, 分らなくて, 別な, 前に, 前川の, 割合に, 勧工場の, 十五六軒並ん, 午前十時に, 半分だけに, 危い, 即ち仕事場, 取り込んで, 古神子爵, 各, 名物に, 四坪ぐらいの, 因業な, 堂々たる店舗, 塔の, 売りに, 売り出して, 売物, 多いやう, 多かった, 多くて, 多くなった, 多くは, 多すぎる, 夥しく殖えた, 大きかった, 大きくなった, 大繁昌, 大部分, 夫婦づれ乗込む, 好さそう, 如何に, 妙に, 始らぬ, 姦ましい, 学校の, 安物ばかり, 実は方福山, 客が, 客の, 宣伝した如く, 寂しくて, 寂れて, 小松島の, 小町紅でした, 小鼓の, 少々広, 少くありません, 少くなった, 少し閑散, 少なくありません, 尽きて, 居並んで, 岩内じゅうの, 左手に, 巾着切の, 幾軒も, 広く堂々, 広小路を, 店である, 店を, 店頭に, 建ちいつの間にか, 引けるまでには, 引っくり, 引受けて, 張られて, 当時展覧会出品の, 従軍者等の, 御座る, 復活した, 心斎橋には, 忙しいから, 忙しいため, 忙しいので, 忙しかった, 所々に, 手を, 手不足だ, 手広くなっ, 手狭に, 押すな, 持ち切れなくなった, 持って, 持てること, 控えて, 揃って, 揺れるの, 数十万円と, 料理店では, 新しいだけに, 新大坂町, 新規に, 日本橋に, 早くも, 明けられませんで些, 明治二十年以後間もなく, 時々当番, 時代と, 普通で, 暇に, 暗いじゃ, 本屋に, 本郷に, 村に, 村には, 東京にも, 格子造りに, 森と, 次ぎ次ぎに出来る, 次第に改築, 欧羅巴の, 正面に, 此処であり, 残つてゐました, 毎年春の, 比較的多く, 気に, 江戸中に, 沢山出, 油障子も, 洋物小売部であった, 混り, 混んで, 混在し, 満員で, 潰れます, 潰れると, 澤山あつ, 点々として, 無いかな, 無いから, 無くなったの, 無くなる以上, 焼けたこと, 焼けるに, 焼芋屋, 煤けて, 片づけにか, 狙いだった, 狭くなるほど, 狸の, 現在でも, 申込んで, 町の, 発展し, 発展すれ, 百五十円で, 百貨店の, 益々繁昌, 盛んだ, 相当繁昌し出した, 真似たならば, 真昼の, 眼に, 破産する, 神谷町八幡町などに, 私には, 私の, 秋から, 稀には, 空くから, 空つ, 立ちゆかなくなったのね, 立ち行きませぬ, 立って, 立つ, 立て混んで, 立行きませんよ, 竝んで, 競争し, 競争で, 筵三枚三軒ぶり, 粥を, 約束の, 細道に, 終つてから, 続々と, 続いた, 続いて, 網目に, 繁昌すれ, 美味かった, 自分の, 自家製品を, 舐め筆, 良いからと, 荒物屋染物屋女髪結製本屋質屋といった, 薄っぺらで, 行な, 街の, 街区を, 表戸, 衰微した, 見えるという, 見えるの, 見え出すその, 見え前, 見られます, 見わたせるし, 見当らなかつた, 調べられたこと, 諸所, 財力豊かに, 財産である, 貧相に, 買い占めるよう, 賑お, 賑かに, 賑は, 赤い毛布, 赤と, 軒並みに, 込んで, 近所に, 近頃陳列風, 退けましたから, 連なった盛り場, 道の, 道へ, 違う, 都会の, 長い年月, 閉って, 閉まってから, 閉まると, 閉まるの, 閉め残されてるの, 閉り, 閉る, 開かれた, 開かれたが, 開かれたの, 開かれて, 閑だ, 閑で, 随分出来, 集まって, 零落し, 電燈を, 青天井なりで, 非常に, 黒門厳めしい

▼ 店~ (825, 4.6%)

6 一軒も 5 繁昌する 4 しまって, ますます繁昌, やって, 二間間口の, 他人に, 私が 3 つぶれて, どうする, ないか, なかった, 一時に, 戸を, 番頭の, 相当に, 私の

2 [40件] あるの, いくらも, お客が, きまって, この頃, その十二巻, その頃, どうです, どうなったろう, どうも繁昌, どこだ, ないかと, にぎやかに, やめて, キライだ, ズツと, 一つも, 人に, 今まで, 入口が, 其頃兎や, 売れるぞ, 大戸を, 大部分, 女房まかせ, 子供の, 安田銀行に, 帽子の, 店を, 損を, 明治十八九年頃まで, 東京の, 林檎と, 森川権七の, 甚だ稀, 石造建築である, 自分か, 軒並飲食店の, 道具商で, 間口が

1 [683件 抜粋] あたかも印度, あたかも蜘蛛, あの辺, あまり安く, あまり明るく, あまり綺麗, ありふれた小さな, ありましたが, ありません, ありませんと, あるし, あるだろうか, あるだろうし, あわてて, あんまり無く, いいの, いかに大がかり, いくら繁昌, いっそう売れる, いっそう特別, いっそう面白, いつつ, いつでも, いつもの, いつも繁昌, いまは, おまへの, お前が, お寺の, お蔭で, お酒, お馴染, がらくた店な, がらんとして, きれいに, けさに, ここを, このごろ詩集の, このとき多大, この地方, この快活, この美人, これこれで, ごった返しの, さびれて, したがって丁稚, しまひ交番, しまふの, しんと静まり返っ, すぐこの, すぐ元通り, すつかり, すでに使用人, すべて支那風で, そうたやすく, そこの, その前, その火の見, その販売, それまで, それらの, たいがい東京人の, たいてい特色, たいへん美しく, たしかにその, ただの, ただ売る, だんだん繁昌, ちょうど自分, ちょっとこた, つぶれまして, つぶれるという, つぶれるよ, できませんから, とても成立っ, どうし, どうなったであろう, どうなるだろう, どこ, どこい, どこか, どこであろう, どこと, どこも, どの百貨店, どんでん返しを, ないの, なかなか多忙, なかなか盛ん, なにか気, なれて, なんという, はいりにくい, はっきり二つ, はんじょうして, ひろ子の, ぴったりくっついた, ほかに, まあロシア式, ますます発展, ますます繁盛, また丁度, また他, まだ半分, まだ売れ残つ, まだ家, まだ焼跡, まだ起き, まるで難攻不落, みたされたか, みな地並みに, みんなしまっ, みんなそうである, みんなやすん, めちゃめちゃだ, もうしまっ, もうない, もう客, もう小, もう無い, もう無くなっ, もう閉めた, もしそれ, もちろん神棚, ものに, やはり主人, やはり四丁目, やはり焼け, よく知っ, よすこと, わたしの, アプチェカ, イヤだ, カフェーの, カルメンです, カンテラの, キチンと, キライです, ゴミ箱を, シーンとして, スツカリさびれ, タバコ屋の, バタ, バルコルという, ビスケットの, ビフテキと, ブロンズ扉や, マルセールあたりにも, ヴァル・ド・グラアスの, 一ぱいの, 一丁目の, 一七五番でした, 一旦閉め, 一時非常に, 一番番頭の, 一般東京市民の, 一軒きり開い, 丁度貝, 三十年の, 三年ほど, 三百円ばかりの, 上中下に, 上流向きとしての, 下り坂と, 不思議と, 不氣味, 両国広小路に, 中学の, 丸焼けに, 久雄と, 二三軒であろう, 二年前までは, 二軒とも, 二重の, 人形屋でありました, 仁王門の, 今も, 今兜町, 今日でも, 今日を, 代も, 以前から, 仲町の, 休みか, 休みかい, 休みです, 休みに, 休業と, 佐平次の, 何, 何が, 何だ, 何だか貝殻, 何を, 何処かへ, 何処だ, 何時にな, 何時の間にかあの, 何處だ, 余り露骨, 余等が, 倍繁昌し, 倒れかかって, 僅か四軒, 儲けが, 充分に, 先代の, 全く人, 全く使い物, 全く妻, 八畳ばかり, 其の実に, 具足町に, 冬の, 冬は, 出さない好い加減, 出してない呉服屋, 出せるん, 別に市内, 別所と, 勿論バー, 十一階へ, 十年位の, 半つぶれだ, 半ば取り片づけられ, 半丁とも, 卓も, 南新堀だ, 南洋の, 即ち絵双紙屋, 卸し屋, 反対側の, 叔父と, 取りかたづけられた, 取引所の, 古くから, 古着洋服シヤツシヤベル靴婦人用の, 古風な, 只だ, 可成, 名ばかりに, 名代にて, 君の, 味を, 唐変木の, 商売柄客に対して, 器物食器を, 四人列び, 四間半の, 団子坂の, 土曜日日曜日例えば, 土間を, 在つたの, 坂の, 場所柄先斗町あたりの, 堺の, 塩煎餅を, 墓場の, 増えも, 売れねえし, 売れること, 夏いそがしけれ, 夏の, 夏場は, 多忙を, 夜など, 夜に, 大きくそれ, 大きすぎら, 大したもの, 大好きよ, 大店, 大抵まだ閉つて, 大抵大人, 大抵戸, 大方休業, 大繁昌, 大谷さんに, 大連の, 大都市中の, 失くなすし, 妹お, 始終忙しい, 娼婦の, 婚礼や, 季節季節の, 安い一合, 安物全盛であった, 実に多く, 実物を, 実際喫茶店, 客が, 客を, 寂びれる一方, 寝ましたでな, 専ら母親, 小くっ, 小さい煙草屋, 小なりとも, 小女に, 尚の, 居抜, 山手の, 山谷堀の, 崩壊した, 幸か, 幾軒も, 広告を, 店で, 弁慶橋であった, 引っくり, 張れめ, 当今の, 当時市内何軒か, 彦兵衛さんの, 往来へ, 必ずこの, 必ず栄える, 必ず破滅, 必要でない, 忙しい, 忙しかった, 恐らく焼け, 恐慌などに, 悉く明る, 悉く明るかっ, 悉く繁昌, 戦争前は, 戦前は, 戸板の, 拒まない, 持ち切れません, 提灯屋, 改良する, 放火され, 文字通りに, 新石町, 新聞を, 日に日にいささかずつ, 日に日に腐った, 日本人の, 早く仕舞っ, 早仕舞だ, 明治十八年十二月東京市により, 昔の, 昔ふうで, 時ならぬ, 暫らく徳三郎が, 最も賑, 服部時計店の, 木津の, 未だ皆, 本物の, 本石町二丁目西角で, 東京中の, 東京市中の, 株式組織です, 格子を, 案外しっとり落ちつい, 案外の, 構えて, 橄欖樹の, 檐の, 次第にさびれる, 次第に家運, 正札正札と, 殆ど全部雨戸, 殆ど無い, 段々寂れ, 母親と, 毎年店を, 毎年輕井澤に, 気に入らないからと, 水洗式で, 汚くても, 江戸市中にも, 波江さん一人で, 活気が, 派手な, 浅草見附内の, 浅草諏訪町へ, 海側で, 渋谷から, 渡し場の, 潰れて, 潰れ娘一人, 潰れ目ざす家, 烈しい夕日, 無いから, 無いの, 無かった, 無くなって, 無人の, 焼かれ主人夫婦, 焼けようと, 熱海の, 片づきかけて, 牛が, 独特な, 狭いの, 狭いので, 猫の, 現代式と, 現在の, 生田君などとは, 町で, 町の, 町内に, 異様に, 白地に, 百五十軒に, 皆つぶされ, 皆ビーヤホールと, 皆無で, 皇帝派を, 相當繁盛, 県知事はじめ地方名士をのみ, 真剣な, 真暗だ, 知らないよ, 神戸が, 私とは, 私に, 私一人でございます, 秋は, 空明きで, 立ち直つた, 立ち行きません, 粉微塵に, 素人故に, 素晴らしい繁昌ぶり, 細かいが, 紹介が, 終戦後は, 給仕の, 給仕も, 維新の, 綿糸の, 総じて商売, 繁昌しなかった, 繁昌しました, 繁昌せず, 義雄の, 耶蘇教主義である, 自分で, 自分の, 自然と, 荒物屋に, 葉巻の, 蕎麦屋より, 表が, 表の, 表を, 表面若, 袋路地の, 西側だった, 見えたが, 見えない, 見事やっ, 見受けられる, 覚束ない, 誠に美しい, 警視庁管下でも, 貧民の, 質問する, 質屋渡世でない, 近くに, 退けて, 進駐軍の, 遠慮し, 都て, 酒も, 重なる不幸, 重畳の, 野中の, 金ちゃん一人で, 金善即ち, 銀座界隈に, 鎖された, 鎧扉を, 閉ぢて, 閉まって, 閉めたま, 閉めたも, 開かれた, 開け放して, 開店し, 閑でも, 間口も, 防火扉を, 陰気で, 随分倹約, 雁次郎横丁と共に, 雨に, 非常に, 頓に増加, 駄目や, 高いから, 高くつて毎日, 髪粉の

▼ 店から~ (446, 2.5%)

22 出て 8 入つて 6 奧へ, 姿を, 買って 5 声を 4 持って 3 一と, 主人の, 人が, 入ると, 外に, 外へ, 奥の, 届けて, 帰って, 遠くない

2 [23件] はいって, ひとりの, アンペラを, 一日ひまを, 上等の, 入って, 入つて來, 入らずに, 出ると, 奥へ, 如何に, 射す灯, 小僧が, 小判で, 居間を, 店へ, 店を, 引き廻し, 新しい十銭白銅貨, 神田の, 自分達の, 電話が, 飛んで

1 [313件] あまり遠く, あらためはじめた, あれの, あんなに芳烈, いただいたお, いただいた小遣い, おもに洋書, おれの, お使, お信, お婆, お石, お茶や, お送りします, お送り申上げました, お顧客, かなり離れ, くすねたもの, ここへ, この家, これが, さぐって, すぐ奥, すぐ届ける, すぐ見える, ずっと心, ずん, そう遠く, そこまで, その一升瓶, それを, たつた一, だるま人形の, だれかが, つ, つけで, つれ出すか, ですか, でて, でなければ, とびだしました, ほの暗い光, ほんとうに, まいって, また開業, まだ出, みたてて, もっと大, やつて, わたしに, ウィリアム, ガラガラと, コロンブ競技場へ, スターが, ソッと, ソツと, ドウし, ヌッと, ヌツと, ボタンを, ラジオで, ワイシャツの, 一人繩付きが, 一個の, 一冊一哥の, 一品料理など, 一寸も, 一度奧へ, 一歩も, 三人の, 三絃の, 上って, 上梓する, 下りそう, 不安と, 久治どんや, 予約電話を通じて, 二三軒京橋の, 二十三個の, 二十間計りいった, 二百五十両の, 二階の, 五六軒先の, 五千円一万円等と, 五寸という, 京橋に, 今晩にでも, 仕立てて, 他の, 住居を, 何か, 何まで, 使ひ, 來た, 來なさる, 借りたが, 借りて, 借り出すもの, 先刻番頭さんが, 入ったんで, 入つて廊下, 入りました, 八九間さきなる, 八五郎を, 出かけたのに, 出した散文集, 出すこと, 出せば, 出たの, 出たり, 出た頃, 出ました, 出るのに, 出る二人, 出版した, 刈った髪, 劉父子が, 動かないの, 動かない由兵衛, 動かなかつた, 動かなかつたし, 動かなかつたの, 動くまいと, 動こうとも, 区切られて, 参りましたが, 受ける為, 受け取ったお金, 台湾館が, 呼んだ姥, 呼出されたの, 土産物を, 土間続きで, 地方の, 売り出されて, 売出し前に, 外を, 外国の, 多分の, 多勢の, 大勢が, 大勢の, 奥が, 奥までに, 奧から, 奧への, 女を, 始まつて, 始めて, 嫁を, 家へ, 小その, 小僧さんが, 小僧や, 小僧一人を, 小學生用, 少しずつ, 少しも, 尾行し, 居間の, 居間佛間主人夫婦の, 屆けて, 巻紙を, 帰りがけに, 帰りまして, 帳場だけを, 帳簿を, 帳面を, 店と, 店へと, 廻された駕籠, 引き出された, 引摺って, 引摺出し, 弟が, 弦之, 強大な, 強談判を, 往来へ, 後家の, 忙しさうに, 戸外へ, 戻って, 所謂, 手を, 打ったもの, 払い下げて, 抓み出された手前, 抗議を, 抜け出し悠大, 抜け出た彼, 持ち出して, 持つて, 散歩に, 早帰りを, 暗い廊下, 書物を, 朝食を, 本銀町, 来たん, 来た屈強, 来た束髪, 東京へ, 板に, 根岸まで, 格子を, 椅子に, 此處へ, 歸る, 毎月届け, 求めて, 津田が, 流れ出して, 清八, 湊が, 湯上りらしく, 火事だ, 火鉢を, 灯が, 炭薪を, 為送, 煙草盆を, 父親の, 物を, 牽き出された, 現金で, 用が, 甲府の, 男は, 番頭の, 白昼煙の, 白晝煙の, 直接に, 真島町の, 着いた箱, 磨硝子の, 程遠くない, 稲荷鮨と, 突きだす, 約八分の一里, 細々した, 縁談が, 縄付きに, 縄附き, 美しい菓子, 老人が, 老酔漢, 聞こえる胡弓, 職人の, 自分の, 花の, 芳太郎が, 若い侍, 葱の, 蓄音機と, 行方を, 行燈を, 袋を, 裏口から, 西洋料理や, 見える位, 見と, 見通しに, 見附けて, 誰か, 調子外れの, 買い戻さなかったの, 買い物し, 買うこと, 買う気, 買ったの, 赤いメリンス, 赤インキを, 走り出し主税, 車に, 転がり出て, 近いので, 近所の, 追い出されるなんて, 追い払われるなどという, 追って, 追つ放つ, 追ひ帰し, 送って, 送つて貰, 送り出して, 送り届けて, 通って, 通りの, 遠いから, 遠ざけられ裏, 配って, 酒の, 金や, 降りて, 雨の, 雪洞を, 響いて, 頼まれたとでも, 頼んで, 飛び出して, 飛び出しました, 飛び出すと, 飛び込みましたが, 飛出さうとして, 首飾りが, 駈けだして, 駈け出して, 驅け, 高級な, 鯊釣りの, 鰻縄手に, 鶴三に

▼ 店~ (364, 2.0%)

9 ある 5 あった 4 なかった 3 あつた, あります, あるが, ない, 何も

2 [22件] あり, ありますけれども, ありません, いつと, こんで, なく車夫, まじって, 人に, 依然として出, 出た, 出來, 古い店, 大戸を, 奥も, 奧も, 工場も, 張られた, 忙しいし, 戸を, 裏も, 見るん, 駄目だ

1 [287件] あいて, あいにく立派, あけるか, あちらの, あったが, あぶなくなりました, ありそこ, ありて, ありました, あり彼, あり生活, あり笹屋, あり美々しい, あり襖, あるか, あるから, あるくらい, あるし, あるという, あるといふ, あるほど, あれど, あれば, いけなくなりました, いっぱいの, いつもの, いまは, うまくいかない, うまくゆかなかった, おおかた似たりよったり, おかみさんに, おまえの, おまへん, お互いに, お勝手も, お忙, がらんと, ここいらで, ここに, この一軒, ございます, さすがに, さっぱりきれい, さびれた, さびれて, しかるべき大家, しまふので, しめて, すくなからず, すぐその, すてて, そういうクーポン, そうです, そうら, そのうち, その通り, そろそろ仕舞い, たたみこの, たたみ妻子, ただ明るい, だんだんに, だんだん行き立っ, ついに閉店, つい二三間先, できて, どうなる, どの店, どん, ないが, ないせゐである, ない電車, なお立派, なかつたもの, なかなか繁昌, なくうるさくつきまとう, なくな, なくなって, なくなりました, なく商品, なし当惑, ならんだ通り, のぞき又, はやらないと, はやらないの, ひろげて, ふるい, ほとんど何, また大, また養命保身, まだ戸, まだ起き, まだ開けない, みえは, みました, むかし在りし, もう仕舞っ, もう大概, もつと, やって, やや調い, よけい賑, りっぱに, タヌキ屋てえ, トタン葺の, ヤケを, 一けん出さし, 一つほしい, 一流料理屋の, 七八九の, 上ったり, 不思議に, 乾して, 二三年の, 人で, 人手に, 今の, 今は, 休業中です, 会社組織を, 住宅も, 住居も, 何だか間, 停止, 入口は, 入用という, 全く締め, 出さねば, 出した, 出して, 出すの, 出ましょうね, 出ませうね, 出る, 出ること, 出来た, 切戸も, 勿論つぶれ, 半分閉め, 半自棄, 取引先も, 古いが, 古くつやぶき, 古く昔, 同じよう, 同時多少, 吹き消されそう, 商賣, 土地も, 在るもの, 売れなくなったと, 多い中, 多かった, 多くなった, 多大の, 大きく世話, 大きく商売, 大勢の, 大小料理店いずれ, 大成功, 大戸も, 大概しまっ, 失くし, 奉行所に, 奥深い感じ, 妙に, 婆さんも, 守る一方, 安いの, 安価の, 客が, 家も, 家藏も, 寂れがち, 寂れた, 対抗上やはり, 小さいところ, 小さいので, 小さく奉公人, 少なくない, 少なくないであろう, 少なくなかった, 山形屋と, 師走いっぱい忙わしい, 平常と, 幾軒か, 張れずどこ, 徹宵し, 必要と, 忙が, 忙しゅうございます, 所を, 手狭に, 拡張しなかった, 持ちたいと, 散らかって, 数を, 敷物の, 料理人の, 新しいホラ唄, 新開の, 既に戸, 日曜日の, 昔から, 春は, 晴々しく, 最後の, 最早閉, 本町の, 栄えて, 栄えるすなわち, 森閑と, 此の, 残りまた, 毎日お, 毎日ベソの, 沢山軒, 派手で, 浅草公園などには, 浮世小路も, 淋しかった, 深川の, 滅多に, 潰した果, 潰れたが, 灯の, 無事に, 無論潰れ, 然り, 焼け落ちて, 父も, 物の数でも, 特に浅草, 玉も, 甚だ寂れ, 田地までも, 町での, 畳んで, 疾くの, 皆繁昌, 相変らず, 相当に, 相当の, 相当古い, 眼が, 眼に, 立錐の, 第三街, 結構だ, 結構である, 縁起棚に, 繁昌し, 繁昌した, 繁盛する, 罷業を, 考えつかず足, 聖モリッツあたりでは, 自分には, 自然と, 致命傷を, 蘇生えった, 表戸, 裏口も, 西欧系である, 見かけます, 見当が, 調べましたが, 買って, 退けましたから, 退け奥, 通らずに, 野菜を, 銀座通りに, 銭湯の, 閉じられた, 閉つてゐた, 閉まった黄昏頃, 開けたり, 開業以来三十五ヶ年この間を通じて, 隣りの, 雇おう, 雑り, 面白くなくなった, 食べるもの, 馴染の, 高架線の, 黙りこくった愛嬌, 龜澤町の

▼ 店には~ (331, 1.9%)

23 いって 8 誰も 4 二人の, 明るくネオン燈 3 いると

2 [16件] いつて, いる, ランプが, 二三人の, 例の, 土地の, 大勢の, 大小の, 客が, 少年軍が, 朝市へ, 父の, 萎えた野菜, 蒼ざめた女が, 近所の, 酒を

1 [257件] あいにく一つ, あざやかな掛ける, あの少年, いい加減, いかなる日, いったり, いつでも, いつもお客, いなかった, いなかったが, いられないから, いるの, いろいろの, うすぐろいとの, うまそう, お前さんの, お前さん一人で, お前一人かね, お君さん, お庄, お時, お茶を, かかわりない, かつて私達, かなりな, かなり古雅, このごろお客も, このごろ出来た, これらの, ございませんが, ご身代, さらさなかった証拠, すぐに, ずいぶんたくさん, その外, その時お客, だれも, ちやうど, ちょうど適齢前, ちらほらと, ときどき随筆物, ときどき隨筆物, なお大きな, なくて, なじみでない, なって, なんの, ほかに, ほかの, ぼくらには, まだガス燈, まだ本物, もうあかあかと, もう前川, もう焼, もう電灯, もう黄金メダル, もっと色男, やはりお, やはり品不足, よく別室, アベックの, ガラスだ, ガラス戸の, ガラス瓶や, ゴムの, シャツ一枚に, ビールか, ボーイに, ミサヲと, ヴィンセントと, 一つも, 一畳敷あまりの, 一階建以上の, 三人の, 三娘子という, 中年の, 主人の, 二百十九人の, 五六人の, 五十近い, 人かげが, 人が, 人つ, 今も, 今一つ自慢の, 今年十八歳の, 今様々, 今肥料, 仕事が, 他に, 他にも, 他の, 伯母が, 何が, 何の, 何一つおいてなかつた, 侍衆が, 兄弟子弟弟子と, 六七人の, 内しょ, 内風呂が, 出ずなにか, 出ないと, 到る所, 前日から, 前日のしか, 割りかけた赤味, 十七八の, 十万円を, 十年も, 千代紙やあ, 千代紙を, 半蔀, 厚司を, 叔父と, 古き武器, 古着古, 吉兵衛という, 名人の, 名物店の, 向かぬと, 品物が, 品物と, 商売物の, 四五人の, 國民新聞が, 土地で, 堂々たるまぐろ, 増蔵が, 壊れた陶器, 外国から, 多勢の, 多勢人が, 多勢寢ず, 大小さまざまの, 大旦那夫婦, 天窓が, 奉公人も, 女が, 女給が, 姿を, 娘が, 学校へ, 安物の, 小さい飾り窓, 小さな吊しランプ, 小売店の, 小女と, 少し粗野, 少年音楽隊なる, 屏風を, 帰り客の, 平田篤胤の, 店の, 店員ひとりで, 店員も, 当主懐之が, 役に立たない物, 御主人始め多勢, 御座いません, 心の, 必ず独自, 忰と, 悪いと, 悪徳が, 懐之, 手代だの, 支配人の, 数の子が, 数多の, 文房具やら, 新版ものが, 既にコーヒー, 早や, 春画に, 朝鮮人が, 杉山氏主人及び, 村の, 来ないん, 松茸が, 格別お, 武者人形や, 気がついて, 決して迷惑, 洗い場が, 流行の, 海の, 火鉢が, 灯が, 無い品, 煤けた障子, 燈の, 燈火が, 玉葱と, 珍しい檸檬, 珍らしい, 現に猿, 現在二百十九名の, 番頭が, 番頭さん達も, 番頭と, 白髪交り, 百丁ほどの, 盆梅福寿草葉牡丹水仙の, 相違ありません, 碌な, 私と, 私には, 私より, 米搗きの, 紅茶と, 綺麗な, 緋の, 美しい娘, 美形が, 老番頭, 自慢の, 色の, 若い店員, 若い者, 若旦那の, 薄暗い中, 薄暗い電燈, 行ける見込み, 見切りを, 誰れ, 赤い帯, 赤や, 通いの, 道具が, 違いない, 違ひない, 適当しない, 酒の, 金字を, 金魚や, 釣りの, 銭箱が, 鎖で, 関係が, 電灯が, 電燈の, 青縞と, 静かに, 頬の, 頭の, 食う物, 養ひ, 髪の毛の, 鮟鱇を, 鶏卵を, 鶴子と, 鷲印ミルクは, 麥酒の, 麦酒の, 黒い幕

▼ 店さき~ (248, 1.4%)

7 に立っ, に立った, に腰 3 にすわっ, に出, へ出, を通り

2 [12件] である, にある, に並べ, に並ん, に休ん, に俯伏, に座つて, の土間, の往来, へ立つ, まで駈け, をきれい

1 [191件] から乞食, から二, から引っ立てられる, から望み, から裏, がふたたび, が大きく, その用水桶, でお話, でこちら, でご, でつとめる, ではぐあひが, ではちっと, では出来たて, でまだ, でもあったらしい, でも見かけた, で何事, で小さい, で徳利, で掻, で揚げ, で桶, で番頭小僧, で盤台, で私, で茂兵衛, で見, で見たる, で訊きてえ, で話した, で鉦, などがはさまれ, などに打ち水, に, にあらわれた, にいた与, にいれ, にいろいろ, にうずくまった, にずらりと, にその, にたっ, にたつ, になげだす, にならべ, にならん, にはたら, にはよく, には七, には吉弥, には朝日, には竹, には蜜柑, には見た, には遠慮, には鉱山, には麗々しく, にひとつ, にほか, にみんな, にも寄り, にも樒, にゆきました, にガラス, に一つ, に一つ壹圓, に一様, に七ツ八ツ, に下げた, に下りた, に並ぶ, に並べた, に並べられたく, に人立ち, に今戸焼, に停まった, に入ろう, に八里半, に出た, に南天, に卸され, に原, に善八, に坐っ, に大きな, に姿, に子分, に寂しく, に居あわせた, に差しかかろう, に干し, に床几二脚, に引返し, に張りました, に張子, に投げ出し, に投つて, に曝され, に来, に横向, に水, に涼ん, に渇いた, に牛肉, に突立つて, に立ち, に立つた, に置い, に腰かけ, に草履取り, に西日, に親しみぶ, に近, のうす暗い, のおけ, のきらびやか, のよう, のガラス戸, のガラス箱, のショー, のラムネ, の土, の大きい, の山桜, の床几, の敷石, の明るい, の時計, の最も, の柿, の榎, の水道, の瀬戸物, の男客, の畳, の百日紅, の諸, の鏡, の雑書, の音樂, の高い, はなか, は黒山, へ, へおり, へかかる, へすくすくと, へはいった, へもちだした, へ並べ, へ倒れた, へ出かけ, へ初荷, へ半, へ呼び出した, へ大, へ姿, へ忍ん, へ手探り, へ投げ込ん, へ来かかった, へ来る, へ石塊, へ立ち寄る, へ顔, へ飛びだし, へ駆けこみました, へ駆け出す, へ駕尻, ほどの家, まで来た, まで行きかかる, もなく, も何処, や乗っ, や詰所, をついと, をはい, を借り, を借用, を出る, を掃い, を散っ, を素通り, を見る, を通りかかっ, を離れ, を離れます, 朝には

▼ 店では~ (240, 1.3%)

5 ない, なかった 2 あるが, どこでも, 主人が, 夏枯れな, 小僧が, 店先を, 番頭の, 真似が, 酒を

1 [212件] あっても, あなたより, ありませんか, ありませんが, あるらしい, いい酒, いくらなん, いつか先生と, いつもこざっぱりと, およそ五十銭, お前さんが, お料理, がたがたと, この原料, この消息, この点, こまかい珠, これを, こんなこと, こんなじゃ, ごく新鮮, ございません箱, さっきの, そういう器物, そういう場合, その息子さん, その損害, その日, その月, それから毎日きょうか明日, ちつとも, とうてい人, どこの, ないから, なか, なかつた, なかつたの, なくて, なく学生本位, なさそう, なんとか言葉, はや瓦斯, ひどく迷惑, まだそれほど配達, まだよ, まだ一度, まだ燈, まるで出, みんな無料で, もう盛ん, もう解雇, もちろんよろしくない, やがてパン屋, やらない, アル・ヘンティナの, カモを, カラカラで, ガラスの, ガラス玉の, ゴボゴボという, ショウウィンドーの, ショーウインドに, ソレよりも, ダイヤの, テーブルと, ミルクバタージャムビスケット等を, ラジオが, 一つの, 一ヶ年を通じて, 一人の, 一人愉快な, 一日の, 一旦小梅, 一杯飮ませ, 一週間用ぐらゐの酒類が, 丁稚や, 七月が, 三人の, 三人ばかりの, 三味線の, 三本飲んだ, 下へも, 不況の, 主人の, 主人も, 久保田万太郎氏や, 二人の, 二人ばかりの, 二割二分で, 二十五円で, 二十年ほど, 二十年振りに, 二時ごろまで, 二階に, 五十ポンドの, 亭主が, 人が, 仙台藩時代の, 仙吉が, 代々その, 以前ロシヤ菓子は, 何と二千円, 何ひとつ買えた, 倍三倍あるいは, 入って, 其証拠金を, 冷蔵庫へ, 出さない, 前にも, 勉強が, 十何年前から, 千代だけ, 又来た, 右の, 同じ仕事, 四ツ, 四郎父子を, 堂々たる店舗, 声も, 売れたかな, 変な, 夕方の, 多少気の毒, 大友が, 大戸を, 大抵舶来, 天候急変の, 奉公人は, 女が, 女の, 女中さんが, 始終唱歌, 実にあらゆる, 客に, 客は, 實の, 専門の, 少しばかりの, 年が, 床磨き, 店の, 店を, 店員は, 彼は, 待ち受けて, 御座いましたが, 心配し, 怪しい玉子, 恐縮し, 戸を, 提灯を, 新しい話, 日曜や, 日本式に, 日清製粉などには, 早朝から, 昔は, 昨夜当, 普通の, 暇を, 暖簾の, 曹達水を, 東京製の, 栄子の, 武具を, 殆ど通勤が, 毎年高等小学卒業生を, 毎日の, 毎晩番頭少年店員警務さん鳶の, 水飴を, 決して自, 滅多に, 火酒ブドー酒ビールすべてアルコールの, 煙草やちよつと, 爺の, 牡蠣が, 猪が, 用の, 百人ほどの, 皆な, 目も, 真珠は, 石炭を, 礼子という, 社長の, 私に, 私には, 私達は, 稀な, 種々な, 篤胤先生の, 糸や, 紋の, 細目に, 紹介が, 美味しい美味しい白味噌汁, 老婆が, 草鞋でも, 荒い格子戸, 蛇を, 装飾は, 西瓜を, 話が, 買はずに, 買物相当の, 赤い腰巻, 通常よし子と, 鄭重に, 重蔵という, 鎌倉でも, 防備装置の, 食慾が

▼ 店~ (208, 1.2%)

5 いっても, 奥との, 店との 4 いえば 3 反対の, 奥の, 言っても 2 お勝手との, 云えば, 云っても, 母屋が, 競争する, 違うよう

1 [168件] いうと, いうならば, いうよりは, いえよう, いかにもぴったり合っ, いくつかの, いっては, いつた感じ, いつた風, いふよりは, いわず屋台店, いわず近頃, おなじよう, お勝手で, お勝手と, お染ちゃん, かけもちに, かんばんが, くっついた裏, この三箇所, さかんに, する美術家先生達, すれば, そうでない, それからその後, ただこの, ちがいますか, ちがい主として, ちがった店, ちょうど同じ, ちょうど斜向い, なった, なって, なっては, なつた, なりて, なり日本, なると, なるらしい話, はいっても, みえて, わたくしとは, キャバレーの, マコの, マテュラン・サン・ジャック街の, ヤケで, ヤンキーと, 一緒に, 並んだやう, 並んで, 中の間の, 主人とが, 乙店とは, 二ツの, 云うの, 云うよりは, 云う店, 云ったの, 云つても, 云はんよりは, 云ふ, 云ふなら, 交って, 仏間と, 住居とは, 佛間を, 來た, 入って, 全く関係, 割烹店とを, 勧工場の, 北新堀の, 厨と, 取引する, 古着屋から, 台所との, 同じく少し繪心, 同じであります, 同じよう, 同時におよそ人格的, 同様の, 同様案外, 向き合ったルーソー, 向き合って, 呉服店とは, 呼ぶ方, 唯いひたる, 土産物店との, 土蔵に, 土蔵の, 土藏の, 場末の, 墓地との, 変って, 変つて恰度自分の, 変形し, 大した相違, 大した違い, 奇妙な, 奥とを, 奥に, 女を, 女子必需品店オシロコ屋であります, 家号を, 寮とが, 対抗し, 居間兼帶の, 広い住居, 店の, 彼とを, 彼女の, 思つた, 扇店が, 文庫蔵との, 更には, 書いて, 書かれて, 書棚を, 本石町の, 次と, 次の間と, 次の間とを, 母屋の, 毫も異なる, 決つた, 河岸の, 深川の, 炉の, 焼いた徳利, 特別の, 生垣との, 畳の, 百貨店などから, 看板が, 私とに, 繁栄の, 續い, 群集と, 聞いて, 聞くここ, 聯絡を, 自分の, 自動車である, 自動車屋が, 茹でた大豆, 蔵を, 西洋人形を, 見えて, 見えまして, 見当を, 言ふ, 變つて恰度自分の, 資本とを, 資生堂との, 農具店が, 遊郭です, 違うから, 違うの, 違って, 配達とにて, 醫者へ, 関係の, 雑誌ばかり, 頑是も, 額縁屋の, 食パンを, 飲食店の, 駄菓子屋の

▼ 店~ (146, 0.8%)

51 の者 5 で知らない, の評判 4 でこの 2 に眼, のもの, の人, の噂, の奉公人, の空気, はしゃぼん, も何となく, を切り廻し

1 [63件] からも世間, から引下がり, から鯨波の声, が湧く, が賑やか, が酒, た, で, でいろ, でいろいろ, でそんな, では, でも確り, で一俵, で主人, で人, で申し, で知らぬ, で騷, にその, にはいっぱい, に匂, に旦那, に漲る, に特別, に配りました, に響きます, に響き渡ります, に飛ん, のめいわく, の人數, の娘, の嫌, の客, の小銭, の幅利き, の形勢, の環視, の男, の空氣, の腕, の若い, の見物, の踊り子, の道樂者茂七, の難儀, はさすが, はすっかり, は一脈, は兎, は次第に, は重なる, へ酒, も漸く, をさがし, をといっ, をひつ, を搜, を支配, を眺め廻し, を見まわし, を見張り, 同じです

▼ 店~ (132, 0.7%)

2 売店が, 家の, 小料理屋の, 巴里の, 目まぐるしい人通り, 西洋料理亭の

1 [120件] あちこちの, あの辺一帯, おまへん, お勝手へは, かういふ町, ちょっとした茶房, びんや, まがら使いお, やや小綺麗, りっぱな, カッフェーの, キャバレーが, ダンスホールが, ダンスホールと, ミルクホールカフェーなぞは, ヤケに, ル・モンドだけに, 三文雑誌や, 三階建ての, 中庭に, 人形屋の, 人形町の, 住居は, 住居や, 何か, 何かが, 何かで, 何かに, 何かを, 倫敦の, 八百屋の, 冬は, 出入りの, 剃刀屋は, 劇場の, 勤め先を, 勧工場や, 医療機械店で, 半襟小切れ類を, 受酒屋や, 呉服店を, 商品なんぞは, 商家には, 商店が, 商店で, 喫茶部の, 四丁目の, 売女も, 奥の, 妹の, 安い玩具, 安料理屋, 家も, 家を, 家具店などの, 家庭に, 宿屋から, 小屋は, 小料理屋などから, 居酒屋などに, 居間に, 工場の, 市場だけ, 市場も, 店頭に, 弁当屋カフェー等は, 弟子たちの, 彩色入りの, 彫物師は, 御神燈, 撞球場に, 料理人を, 料理屋に, 料理屋や, 旅館で, 日本の, 日本橋の, 松坂屋へ, 林の, 果物屋の, 楊弓場や, 楽しげ, 歯医者を, 母屋とは, 洋服店は, 消費組合売店の, 玉突場や, 玩具屋や, 玩具店などと, 珈琲店は, 珍しい時計, 町が, 町内の, 番町辺の, 白粉の, 絵葉書店などの, 縁日で, 美容室, 興行物で, 舞踏場へ, 芝居を, 花屋呉服店等が, 荒物店を, 菓子缶詰なぞ, 藏の, 藝者連に, 街頭賭博屋の, 貿易会社の, 道具を, 酒場や, 金物屋も, 鉱業事務所が, 闇商人の, 電車の, 食物店が, 飲み屋も, 飲食店に, 駄菓子屋や, 駄賃馬の, 骨董屋の

▼ 店でも~ (123, 0.7%)

3 出して 2 たいてい売上高, 何処でも, 行って

1 [114件] あった, あの常, あまり重き, ありほか, あり客, あり旧家, あるデパート, いよいよ改造, お客が, かまわないと, きっとおどり, この昔, この点, これに, すっかり心得, そのくらいは, そのままに, その三階, その報告, その時代, たいてい正, たいへん便宜, たんのうする, だいぶ立見, どっちを, ない, ないの, はって, ひらくなら十万円, もう日, もう評判, やれない, アルコールの, リプトンティーを, 万事この, 世間でも, 二日ほどで, 何でも, 余りやかましく, 作るよう, 僕の, 出しましょか, 出し袋物, 出すつもり, 出すよう, 出す時, 出せますよう, 取引し, 可なり充実, 台所でも, 国家でも, 売上高と, 変つた, 大切に, 大勢の, 大様に, 奥の, 女給達を, 孫の, 実につまらぬ, 実直に, 家宝と, 居間でも, 屋根だけは, 年末の, 床几を, 店員で, 店開き当日には, 弁天と, 弓張り提灯を, 張り切って, 後で気, 御覧なさい, 心の, 心配し, 快よく上, 愛想を, 手伝うか, 持たせて, 持たないうち, 持ちゆくすえ, 持ち度, 持つが, 持つた時, 持つとして, 持つまで, 摺れっ枯らしを, 斯うし, 新年宴会を, 早くから, 時間を, 正札を, 無論手分け, 焼芋, 牛鍋とは, 現金は, 相手に, 神田本郷の, 私の, 美女の, 自分の, 芸妓や, 見ない大きな, 誰も, 貴公に, 贋小判を, 酒場でも, 門松を, 開くよう, 開店と, 食堂でも, 騒いで, 騒ぎだした, 鼠の

▼ 店座敷~ (103, 0.6%)

17 の方 7 の障子 6 の戸 2 にい, のわき, へ来

1 [67件] からむなしく, から出, から奥, から清助, から西, から西側, が東南, それから玄関先, でおそく, ではまだ, では山家風, では翌朝, でも起きさっせるずら, で話した, で話し込ん, といふ言葉, とは表座敷, と呼び, にいる, にこもっ, にはだれ, にはひとり, にまで抱きかかえ, に一方, に付き, に休んだ, に席, に戻っ, に押しとどめ, に持ち帰った, に敷い, に敷かせ, に時, に珍客, に話し込ん, に話す, に迎えた, に集め, のなか, の一隅, の前, の壁, の床の間, の枕, の格子, の格子先, の狭い, の畳, の縁先, の行燈, の軒, の軒先, の間, の雨戸, はさしあたり, は東向き, へは畳屋, へ寿平次, へ引き返し, へ押し掛け, へ行っ, へ顔, へ飛ん, も広い, も暑苦しい, を思い出した, を離れかね

▼ 店~ (102, 0.6%)

5 に腰 3 から下駄, にておやお, の方 2 から出よう, から飛出し, に流れる, の床几, の暖簾, を避け

1 [76件] からも一人, から二人づれ, から出, から出かける, から堂々, から声, から小声, から往來, から掛け, から水, から白粉, から直ぐ, から立っ, から飛び出し, から飛び込み, だった, で一生懸命, で溝板, で焚く, で立花屋, で草履, で草鞋, と裏, にご, には大きな, には雜物, にぼんやり, に募集, に家名, に座っ, に持つ, に有, に立たせ, に肩, に輝きます, に迎, に頑張つ, に飛び付きます, に飛出しました, に駒下駄, の上, の土間, の戸, の敷居, の柳, の玄関, の菊花, の賑やかの, の階子, の障子, の飾り, はしもた屋, は人出入り, は洋風, は硝子戸, へ, へおずおず, へついと, へよび出し, へバア, へ出, へ出る, へ南京玉, へ取って返し, へ寄っ, へ火, へ行つて, へ迎, へ迎え, より上, より立出, を入る, を示し, を覗い, を覗いた, を頼む

▼ 店~ (81, 0.5%)

3 へ腰 2 に人, に帳場格子, に立っ

1 [72件] から乗, から声, が市, だの小僧, でなにか, でひ, でやた, で人肉, で午飯, で尻, で拾った, で撲殺, で斯く, で池田さん, で追っ払い, にいろ, にこんな, にご, にさがる, についてい, にとまり, には贔屓, にやって来た, に一道, に下ろし, に例, に停まっ, に八角, に出し, に炭団, に畏, に石つぶ, に立つ, に立つた, に篝, に群がっ, に落ち, に街, に言い訳, に集り, のバアナア街, の三和土, の卓, の土橋, の地, の張出し, の枯尾花共, の立看板, の縁側, の街路, の道路, はホンコン, へ, へおい, へ出向い, へ喚き込んだ, へ廻る, へ水, へ着いた, へ突出, へ立, へ近づく, へ顔, まで流れ, をとッ, をみつめた, を出よう, を塞いだ, を掠めた, を汚す, を覗いた, 即事である

▼ 店にも~ (78, 0.4%)

3 客人入込み 2 おのづと見舞ふ, どの酒場, 姿を, 寄つてお, 徳さんが

1 [65件] ありき, ある焦茶, いつと, いない理由, いろいろの, おおぜ, おふくろが, お客が, お白い, こう云う, このおもむき, このよう, これまで, すまないすまない, すわり込んで, ずいぶんいろんな, それ相当の, だんだん酒, ちらほらし, ついてや, ない, なる, なるよう, ゐた, サガミ女が, マツチが, 一人や, 一人二人人数が, 一枚絵二枚続き, 人の, 判らない, 台所にも, 同じ筋, 夥多しい, 大きな人形, 大事な, 奥にも, 奧にも, 女の子が, 客が, 客引の, 居間にも, 店自身に, 往つてと, 応用し, 懇意が, 我儘ばかり, 持合わせなかった, 書肆の, 枝豆が, 治郎公なぞと, 滅多に, 無いの, 甘酒屋のと, 砥石を, 立入り煙草切, 絵葉書は, 肩を, 色どりに, 行きて, 裏にも, 起らずには, 迷惑が, 這入って, 這入つて

▼ 店~ (75, 0.4%)

3 のが, のを, よ 2 ということ, という事, と云う, と思っ, のの

1 [56件] いくらで, お前の, から, からさそこ, から三次, から余分, から僕, から凡そ, から却って, から庭, から旨い, から昼間なぞ日, から最も, から生活, から腕自慢, がきれい, がここ, がその, がそれ, がブルウスカイ, が保証金, が宇野浩二氏, が此処, が焼け, が賊, が雅楽, けれどあたり, けれどもた, けれどもただ, けれど探し, けれど直ぐ, さぞ料理, そうです, ぞ, つた, つたから, つたで, つて, つてのが, つて遠く, という, といふ, といふ話, とその, と店, と思う, と想像, と背皮, と言, ね, のという, のにその, のにそれで, よなんてね, ッ, 主人が

▼ 店まで~ (49, 0.3%)

3 出かけて 2 届けて, 行って

1 [42件] あるに, ある温泉, がらがらだ, くると, つれて, やって来て, ゆきますと, 一散に, 一緒に, 乘合で, 使いに, 出かけた酒好き酒飲み, 出たとの, 十町近くの, 参りましょう, 同じ, 吐きだした, 呼出しに, 實弟の, 屆けて, 帰って, 引払い子安, 往った, 持ち込んで, 持つて, 来るよう, 歩いて, 行きました, 行けば, 行ったの, 親分さんに, 貴重な, 賣つて, 走って, 走つて貰, 送つた八五郎, 送つて, 送らうと, 逢いに, 遁れ, 運んだ, 響いた

▼ 店二階~ (35, 0.2%)

5 に休ん 4 に寢 3 に寝 2 へ登りました, へ登れる

1 [19件] から誰, で, でした, で滅多, に一ぱい患者, に入, に入っ, に寢泊り, に早, のすみ, の方, の梯子, は物置, へは梯子, へ一人, へ一緒, へ寝ました, へ行つて, を見せ

▼ 店へは~ (34, 0.2%)

4 ひつて 2 いつた, いつて

1 [26件] この方, はいらずよく, ひつた, ひりぼんやり, ひると, もう世高, 上がれませぬから, 出し度くもない, 出て, 寄らん方, 帰って, 帰へ, 悉く行った, 手紙の, 持つて, 来ませんでした, 歸らず, 比較的英米客, 滅多に, 自分の, 行かず私, 跫踏み, 近頃毎晩富子さん, 這入れぬ定め, 郷里の, 顔を

▼ 店へも~ (33, 0.2%)

2 お勝手へも

1 [31件] すこしばかり, たびたび遊び, たまに買物, ちょっと入っ, よく立ち寄る, 一緒に, 両三度, 人に, 出さないやう, 出せない生, 出せませんから, 出なかつたん, 出ねえが, 出られないので, 出ると, 寄ったので, 戻らないの, 昨日から, 来たか, 来ませんでしたか, 来ること, 歸つては, 済まなく成った, 滅多に, 私を, 臺所へも, 行かず妾宅, 行きませんから, 行くだすると, 訪ねて, 顔を

▼ 店です~ (30, 0.2%)

52 から, からどうか, からね, が江戸, ね, よ

1 [13件] からお茶, からわけ, から出, から外, がどうぞ, が古参者, が殺された, こと, し路地, と一割, なあ今日, のにそこ, わね

▼ 店~ (30, 0.2%)

6 のだ, のである 4 んだ 2 んです

1 [12件] のか, のかも, のだった, ので, のでいろいろ, のでご, ので元, ので自分, ので酒, のにそんな, のにも拘らず, んで

▼ 店という~ (29, 0.2%)

6 のは 2 のが, ものは

1 [19件] ところに, のも, ものが, ものを, ような, 家だ, 宿に, 寄席の, 寄席を, 小さい村, 店から, 店が, 店では, 店は, 店を, 意味の, 方法で, 棟割長屋の, 看板が

▼ 店からは~ (28, 0.2%)

2 四人の, 近いので

1 [24件] この六月, ちょうど仮, どなたが, どのくらい, 主家に, 予約金を, 何となく出, 十丁ほどの, 大分離れ, 大小の, 川の, 幾張の, 庭に, 番頭の, 石を, 絃歌の, 見透かされない橋, 軟かい甘ったるいうっとり, 迎えの, 通る度, 遠く母屋, 陰に, 陽気な, 離れて

▼ 店である~ (21, 0.1%)

2 のに自分

1 [19件] から彼, から朝, がここ, がそれ, がもちろん, が光一, が汁, こと, ことを, だけに外, とか田中喜作氏, と聞いた, にもかかわらず, に過ぎない, ので半, のに彼, よりもこの, 一は, 事である

▼ 店との~ (21, 0.1%)

6 間に

1 [15件] あいだから, とりあは, 中に, 境に, 小路に, 庇あわい, 競争に, 競争意識に, 競争長らく, 約束で, 親しみを, 通路な, 連続である, 間が, 間へ

▼ 店にて~ (21, 0.1%)

2 夕飯を

1 [19件] 十日ほど, 午餐を, 小せん, 店さきの, 憩は, 択みたる, 晝げはを, 東京市街戰災燒亡早見地圖を, 樂しき事のみ, 水仙を, 発見せり, 製する餡, 購ひたる, 購ふ, 購数種書, 軒には, 近頃大分, 雛形娘を, 食品を

▼ 店だった~ (20, 0.1%)

2 がその

1 [18件] かしら, からだ, が, がこの, がすすめられ, がそれでも, がスープ, が最近, が朝, が私, そうです, だからそんな, ところが, のである, ので店, んだって, 頃竹川の, 高本という

▼ 店だの~ (17, 0.1%)

2 婦人洋服店だ

1 [15件] ここの, わざわざ横浜, ビール会社だ, 仕事場から, 古綿, 呉服屋の, 団十郎芝居だの, 家具店だ, 帽子店だの, 氷屋だ, 紫檀の, 自働電話, 軒の, 食べ物屋を, 食料品店が

▼ 店などが~ (17, 0.1%)

1 [17件] あること, すくなく, できたばかり, とりあえず当座入用, なくな, ぼつり, 並んで, 二三十軒並ん, 家の, 引歪んだ, 発生繁殖し, 皮切りで, 目に, 群れを, 老婆や, 軒を, 間に

▼ 店~ (15, 0.1%)

3 の前

1 [12件] だけはまだかなり, で売った, と狭い, と薬屋, にふたたび, の上, の間, はおれ, はさらに, は自分, をべりべり引き, を剥ぎ取る

▼ 店~ (14, 0.1%)

2 お勝手へ

1 [12件] ちょっと見, どうか, なにか, 下級な, 何かを, 何ぞの, 分るの, 博物館に, 名代の, 和田屋と, 待合の, 画廊

▼ 店からも~ (14, 0.1%)

2 多勢の, 奧からも 1 いろいろな, お勝手からも, 出入り嚴禁, 土藏の, 大勢が, 奥からも, 女が, 時計の, 母屋の, 火が

▼ 店での~ (14, 0.1%)

1 [14件] ことで, んだ, 世間話さえ, 人気が, 働きセルロイド女工, 出来事で, 出来事である, 城介の, 小さな集り, 小売りにも, 常食品, 役どころでございます, 焼酎二杯が, 私の

▼ 店として~ (14, 0.1%)

1 [14件] いたって, たえず新しい, 一軒が, 京都では, 使うこと, 同志に, 名だけ, 大したこと, 市内の, 旅人を, 有名な, 独立を, 野沢屋の, 駿河君は

▼ 店としては~ (14, 0.1%)

2 分不相応

1 [12件] いわゆる代がわり, その店員, どなたに, なかなか立派, 上等の, 不適当, 余りはか, 使い道が, 咎めずには, 由々しき大事, 縁台と, 銀座の

▼ 店ばかり~ (14, 0.1%)

2 である, では 1 この辺, すさまじく軒, だ, だが, であった, でほか, でほんの, 出て, 連なって, 集まって

▼ 店より~ (14, 0.1%)

1 [14件] いくらかいい, やすく品物, 二割方高し, 台所の, 声を, 売価を, 外には, 小汽船, 我が撰目, 我に, 景気が, 書を, 聲を, 高い値

▼ 店らしい~ (14, 0.1%)

2 ものが, 日頃の 1 が彼女, ところで, ところに, のに寂寞, ものは, 店は, 店を, 結構が, 者が, 落付いた

▼ 店出し~ (14, 0.1%)

2 の宵

1 [12件] から今日, しようと, てそれ, でお前さま, でご, でもお, というおぼこ娘, の初め, の折, をした, をしやした, をする

▼ 店飾り~ (14, 0.1%)

2 をし

1 [12件] が流行, というもの, などもごく, になった, にもよそ, にイルミネーション, のたぐい, はやはり, もこと, を群集, を見る, 蜜柑に

▼ 店じゅう~ (13, 0.1%)

4 の者 1 でいちばん, で一番上等, のもの, の宝石, の小銭, の時計, の番頭小僧, をくま, を充

▼ 店などの~ (13, 0.1%)

1 [13件] ある本通り, ある町筋, せわしげ, ように, スケッチを, モードも, 中で, 併んで, 入口にも, 前で, 小さな街, 店が, 手を

▼ 店なら~ (13, 0.1%)

1 [13件] ばこれからもう, ばその, ば二二, ば場所, ば文房具, ば箸, まさかの時, アー・エー・ゲーだって, メリヤス襯衣という, 一夜に, 彼女の, 必ず高く, 貴族や

▼ 店であった~ (12, 0.1%)

1 [12件] かこれ, から夏, がてる, がもちろん, が一人女, が主人, が今, が相当, が確か, し三ちゃん, その時, 書籍と

▼ 店といふ~ (12, 0.1%)

2 のは, ものが 1 おもひも, のが, のも, 店から, 店には, 言葉は, 飲食店な, 駅に

▼ 店~ (12, 0.1%)

1 [12件] が半分, だった, でその, に成っ, に荒莚, の中, の住居, の質店, は元禄四年, も住居, をおとし, 中蔵

▼ 店あり~ (11, 0.1%)

1 [11件] その夫人, てレストラン, また一羽十五円, 下等の, 主人気軽にて, 喫茶珈琲店あり, 特に藤作, 繪畫鋪あれ, 車上の, 農家も, 金銀雑器書画雑貨を

▼ 店ざら~ (11, 0.1%)

5 しの 4 しに 1 しで, しなんか

▼ 店~ (11, 0.1%)

1 [11件] がある, が近来, で置き忘れ, にも至極, に立ち寄り, のこと, のふぐ料理, の店, の本, は婦女子, までが殆ど臨時

▼ 店さきで~ (10, 0.1%)

1 そこに, そちの, また小半刻, ゆったりした, カン, 何ご, 十手と, 口を, 真偽不明の, 腰を

▼ 店だけ~ (10, 0.1%)

3 では 1 あって, だった, で店, で焼け止まる模様, で石油, 借りたこと, 開いて

▼ 店とは~ (10, 0.1%)

1 いづれも, すっかり別, つい四五軒, ほとんど関係, 別会社, 同じ品物, 小僧対手に, 少し距, 熟して, 離れて

▼ 店なども~ (10, 0.1%)

2 少しは 1 あちこち見, 一物も, 交って, 出来たので, 出来る, 年々衰え, 真に見もの, 高級な

▼ 店なんか~ (10, 0.1%)

1 あけて, あるかしら, こ, ふりむいちや, よして, サツパリあかん, 一軒も, 並んだ, 大きな門松, 日本中に

▼ 店つき~ (9, 0.1%)

1 さてはその, とともにフランス, なども美しく, にする, の問屋, の長い, の風格, は變つて, を整え

▼ 店など~ (9, 0.1%)

2 坂下を 1 しきりにのぞく, やめましょう, 他愛ない, 出来た町, 殆ん, 涼しげに, 目に

▼ 店などは~ (9, 0.1%)

1 いずれも, いっぱいに, いつも外濠, もうたくさん, もう戸, 何の, 東京で, 皆そこに, 目にも

▼ 店において~ (9, 0.1%)

1 ある骨董品, お客へ, すでにこれ, 他の, 商売を, 外国貿易品的傾向の, 大々的に, 爺は, 職工は

▼ 店からの~ (8, 0.0%)

1 使ひで飛ん, 侵入は, 帰りみちこれから, 帰り道井の頭公園の, 所産である, 火災も, 用件らしい, 返書を

▼ 店などに~ (8, 0.0%)

1 この例, どんなにきれい, ひどく興味, 一歩足を, 出入しない, 現はれる, 用の, 色糸で

▼ 店などを~ (8, 0.0%)

1 ひやかして, むす子, 会場に, 加えて, 持つよりはと, 眺めながら, 観て, 訪ねて

▼ 店へと~ (8, 0.0%)

1 ついでゐた, 出かけて, 取った, 変形し, 急いで, 急を, 押し上, 歩いて

▼ 店への~ (8, 0.0%)

2 見廻り法用 1 借金は, 出かけに, 支払ひ, 注文が, 申訳に, 申譯に

▼ 店リラ~ (8, 0.0%)

3 の内部 2 の前 1 のこのごろ, の中, の女達

▼ 店~ (8, 0.0%)

1 があり, が五百軒, に寄っ, のみ徒, の内儀さん, の前, ばかりでなく, を交えた

▼ 店~ (8, 0.0%)

1 からも時計, が私, が網目, に青みすわりき, は, はみたされた, を廻った, を見た

▼ 店~ (8, 0.0%)

1 があつ, が無い, というの, となり, になっ, の方, の義理, はその

▼ 店~ (8, 0.0%)

1 が並ん, が内外, にまで進出, の戸, は一斉, もなく, をひらい, を開き

▼ 店いっぱい~ (7, 0.0%)

1 にかざっ, にさがっ, に列べ, に反物, に拡, に積み重ねられ, の壁

▼ 店もの~ (7, 0.0%)

2 だか 1 だってお, と浅井, になりすまし, の奴隷生活, の白瓜

▼ 店よりも~ (7, 0.0%)

1 値段が, 多額の, 水っぽかった, 私には, 立派であった, 貧弱な, 面白いもの

▼ 店格子~ (7, 0.0%)

2 を透い 1 から立つ, の中, の前, を乗り越え, を乘

▼ 店火鉢~ (7, 0.0%)

1 などもある, の傍, の前, の火, へ中腰, を挾ん, を離れ

▼ 店あたり~ (6, 0.0%)

2 では輸出 1 で岸田, で販売, に残っ, も完全

▼ 店~ (6, 0.0%)

1 てもらいました, ても結局中途, て新聞, て貰います, 新たに, 販売部で

▼ 店じゃ~ (6, 0.0%)

2 ないか 1 いつも起き, たいがい何か, もんでな, ケニ高い

▼ 店だけは~ (6, 0.0%)

1 いつ来, どうした, 人助けに, 幾分か, 灯も, 開けてを

▼ 店だって~ (6, 0.0%)

1 ありそう, いうじゃ, こんなに流行っ, よくかり倒され, 何だか汚, 飾なし

▼ 店によって~ (6, 0.0%)

1 ここに, オランダ語で, 一, 取次販売される, 敷島を, 著しい相違

▼ 店みたい~ (6, 0.0%)

1 なもの, な役に立つて, な棚, な部屋, に並べ, のが

▼ 店らしく~ (6, 0.0%)

1 からりと, その手紙, その辺, それらの, 場所柄で, 張出した

▼ 店全体~ (6, 0.0%)

1 がびりびり, が宮殿, が往来, が狂う, はどう, をお前

▼ 店暖簾~ (6, 0.0%)

2 がパラリ 1 をかきわけ, をく, を潜つた八五郎, を覗い

▼ 店~ (6, 0.0%)

2 なるもの 1 ということ, を云々, を確立, を磨き

▼ 店ある~ (5, 0.0%)

1 ことを, のみ, はめづらし, を見ず, 辺には

▼ 店した~ (5, 0.0%)

1 もので, 二十七八の, 人で, 少年諸君は, 者で

▼ 店とも~ (5, 0.0%)

1 あろうもの, その後間もなく, 相談のうへ, 肩を, 謂つべく

▼ 店とを~ (5, 0.0%)

1 兼ねたる一楼, 営んで, 往来し, 除いては, 飢ゑも朽ち

▼ 店なれ~ (5, 0.0%)

2 ば筆 1 ばその, ば仕立て得べし, ば市内一帯

▼ 店にでも~ (5, 0.0%)

1 いたこと, 何でも, 入れて, 官員でも, 寝てるが

▼ 店にな~ (5, 0.0%)

2 つて居た 1 つた, つてゐます, つて居りました

▼ 店までは~ (5, 0.0%)

2 ほんの一 1 たしかにカバン, 少し遠く, 歩いて

▼ 店やら~ (5, 0.0%)

1 これも, 写真屋やら, 判断が, 奥から, 屋台やらが

▼ 店をば~ (5, 0.0%)

1 あくるなり, 慾しがっとる, 賣仕舞, 軍隊と, 開いたの

▼ 店をも~ (5, 0.0%)

2 持って 1 引きうけて, 避けて, 鎖す始末

▼ 店キャフェ・バンダラウェラ~ (5, 0.0%)

1 ではタミル族, のあたり, の前, の歩道, は雨期

▼ 店~ (5, 0.0%)

2 の処 1 でちょっと, の叔父, の安兵衞さん

▼ 店~ (5, 0.0%)

2 の立派 1 も知らない, を整, を遺した

▼ 店~ (5, 0.0%)

1 があつ, の人形, もさすが, も活動写真, をした

▼ 店おろし~ (4, 0.0%)

3 かお力 1 の新

▼ 店かざり~ (4, 0.0%)

3 も拵 1 あつもの

▼ 店~ (4, 0.0%)

1 お前さん田畝の, がみや, へあり, へある

▼ 店さえ~ (4, 0.0%)

1 ある, 一二軒で, 八九ヶ所, 出来あがれば

▼ 店そのもの~ (4, 0.0%)

1 の商売, の本質的向上, もその, もエキゾチック

▼ 店~ (4, 0.0%)

1 やそり, やねえ, や二十銭以上, や皆さん

▼ 店であり~ (4, 0.0%)

1 半年ほど, 品物も, 旅館である, 栄子も

▼ 店とが~ (4, 0.0%)

1 一緒で, 同居し, 繋がって, 軒を

▼ 店などでも~ (4, 0.0%)

1 かなり手広く, 五年前には, 覗いて, 討ち死にと

▼ 店なり~ (4, 0.0%)

1 で一生, 人なりに, 住宅なりの, 小母さんと

▼ 店なんて~ (4, 0.0%)

1 えもなアおおまか, どうでしょう, なさ, 未練な

▼ 店にては~ (4, 0.0%)

1 一月一日表戸を, 二條の, 前夜の, 暖簾師

▼ 店一軒~ (4, 0.0%)

1 あり大学教授, あるのみ, 出せさ, 貧しげ

▼ 店~ (4, 0.0%)

1 となっ, の此, をする, を致し

▼ 店~ (4, 0.0%)

1 では組合長, でも一千箱, に対しても我儘, の忠実

▼ 店~ (4, 0.0%)

1 でないとき, で行っ, と二種, の帳面

▼ 店~ (4, 0.0%)

2 だから 1 に至る, の習い

▼ 店~ (4, 0.0%)

1 から自分, は四つ足, へは暑い, をがた

▼ 店造り~ (4, 0.0%)

1 ですが, で物, の炭, 同じ炭薪

▼ 店~ (4, 0.0%)

2 の人 1 だが, の大家

▼ 店こそ~ (3, 0.0%)

1 彼が, 持って, 明けて

▼ 店ごと~ (3, 0.0%)

1 そっくり荷, の瓦斯燈, 焼いて

▼ 店~ (3, 0.0%)

3 まひを

▼ 店そして~ (3, 0.0%)

1 成吉思汗鍋から, 煙草屋と, 道具等と

▼ 店その~ (3, 0.0%)

1 となりが, 向うに, 甘き風味

▼ 店それから~ (3, 0.0%)

1 その又, 奥の, 柳博士や

▼ 店だけでも~ (3, 0.0%)

1 これで, たって, 一升二三合は

▼ 店だけに~ (3, 0.0%)

1 出入りの, 来たんぢゃないんだ, 身上は

▼ 店だけの~ (3, 0.0%)

1 ことだ, ことで, 薄暗い汚い六畳

▼ 店だて~ (3, 0.0%)

1 を啖わせよう, を喰, を食わせ

▼ 店つづき~ (3, 0.0%)

1 になっ, の明い, の部屋

▼ 店ででも~ (3, 0.0%)

1 借金の, 売って, 手に

▼ 店とか~ (3, 0.0%)

1 いたボール箱, いったもの, 切戸とか

▼ 店としての~ (3, 0.0%)

1 仕事の, 分に, 将来性に

▼ 店ながら~ (3, 0.0%)

1 何んと, 荒物屋の, 製薬の

▼ 店なぞ~ (3, 0.0%)

2 では 1 いう景気商売

▼ 店なぞが~ (3, 0.0%)

1 作る所謂浅草気分, 次第にケバケバ, 色魔式の

▼ 店などには~ (3, 0.0%)

1 この昔ながら, 古渡り唐物, 赤い柿

▼ 店について~ (3, 0.0%)

1 朝食し, 裏へ, 調査を

▼ 店のみ~ (3, 0.0%)

1 だと, なお昔日, ならず丸ビル

▼ 店のよ~ (3, 0.0%)

1 こに, この天水桶, この方

▼ 店びらき~ (3, 0.0%)

1 と共にその, の日, をしよう

▼ 店へでも~ (3, 0.0%)

1 入れば, 行ったよう, 行ったらしいが

▼ 店または~ (3, 0.0%)

1 その国, その販売国, 地方歓迎者の

▼ 店一ぱい~ (3, 0.0%)

1 に三枚, に懸けられ, を回転

▼ 店一杯~ (3, 0.0%)

2 に雛壇 1 に並ん

▼ 店主義~ (3, 0.0%)

1 であります私, の教訓, を主張

▼ 店以外~ (3, 0.0%)

1 にはございません, のところ, の商売

▼ 店~ (3, 0.0%)

1 が, が使, は私

▼ 店~ (3, 0.0%)

3 まって

▼ 店~ (3, 0.0%)

1 がない, になっ, には帰宅時間

▼ 店~ (3, 0.0%)

1 には適, の打合せ, を手伝う

▼ 店又は~ (3, 0.0%)

1 半詐欺的, 渋い趣味, 荷主へ

▼ 店土蔵~ (3, 0.0%)

1 だけの住居, と母屋土蔵, の蔭

▼ 店~ (3, 0.0%)

1 およそ八円, のお客様, の製品

▼ 店売り~ (3, 0.0%)

1 が十三万円, よりは一割方, をする

▼ 店持ち~ (3, 0.0%)

2 である 1 でもほ

▼ 店~ (3, 0.0%)

1 から清酒, でおいしい, の陰

▼ 店独得~ (3, 0.0%)

1 に五色, の品物, の暗い

▼ 店独特~ (3, 0.0%)

1 のバームクーヘン, の戦術, の気分

▼ 店硝子~ (3, 0.0%)

1 にうつる, を彩, を後

▼ 店~ (3, 0.0%)

1 をゆるし, を食, を食わし

▼ 店紹興~ (3, 0.0%)

1 での同じ, の主人, は地名

▼ 店~ (3, 0.0%)

1 にも之, も確か, ヲ指シマス

▼ 店~ (3, 0.0%)

1 として厚く, のはじめ, はこの

▼ 店~ (3, 0.0%)

1 つづきの, と奧藏, ばかりに圍まれ

▼ 店~ (3, 0.0%)

3 の自動車

▼ 店近く~ (3, 0.0%)

1 で同伴, 列んで, 来ると

▼ 店酒場~ (3, 0.0%)

2 などの多い 1 ないしは下っ

▼ 店閉鎖~ (3, 0.0%)

2 の命令 1 し博物館

▼ 店ありし~ (2, 0.0%)

1 に突然, を諸人珍

▼ 店ぐらいに~ (2, 0.0%)

1 たがいに, 過ぎなかった

▼ 店ここ~ (2, 0.0%)

1 の店窓, へ行く

▼ 店この~ (2, 0.0%)

1 店と, 店隣の

▼ 店これ~ (2, 0.0%)

1 はビフテキ, は今日

▼ 店さては~ (2, 0.0%)

1 荒物屋理髪店豆腐屋まで, 荒物屋理髮店豆腐屋まで

▼ 店じゃあ~ (2, 0.0%)

1 お客様に, 金輪際食えねえ

▼ 店じゃけに~ (2, 0.0%)

1 よほど秘密, 万に

▼ 店する~ (2, 0.0%)

1 ものが, やただちに

▼ 店そこ~ (2, 0.0%)

1 にゐる, のサンドウィッチその他

▼ 店だけを~ (2, 0.0%)

1 はんじやう, 細くつづけ

▼ 店だつた~ (2, 0.0%)

1 がとにかく, ので朝

▼ 店って~ (2, 0.0%)

1 どこな, なあにと

▼ 店であります~ (2, 0.0%)

1 から店員, 処戸外へは

▼ 店であれ~ (2, 0.0%)

1 ば不景気, 図書館であれ

▼ 店でこそ~ (2, 0.0%)

2 ランプを

▼ 店でございます~ (2, 0.0%)

1 へえ, よ番頭さん

▼ 店でござん~ (2, 0.0%)

2

▼ 店でさえ~ (2, 0.0%)

1 殆ん, 珍らしい

▼ 店でした~ (2, 0.0%)

1 からわたし, がここ

▼ 店とで~ (2, 0.0%)

1 思わず舌, 糸店に

▼ 店とへの~ (2, 0.0%)

2 字口の

▼ 店なか~ (2, 0.0%)

1 に懸け, はただ

▼ 店なぞの~ (2, 0.0%)

1 出て, 軒を

▼ 店などにも~ (2, 0.0%)

1 一組ずつ, 昔風の

▼ 店などへ~ (2, 0.0%)

1 会計や, 行って

▼ 店などへは~ (2, 0.0%)

1 おいて, なか

▼ 店なりに~ (2, 0.0%)

1 お浦, よいという

▼ 店においても~ (2, 0.0%)

1 店初まっ, 従前とは

▼ 店における~ (2, 0.0%)

1 自分の, 食物の

▼ 店については~ (2, 0.0%)

1 小島政二郎先生の, 私に

▼ 店にとって~ (2, 0.0%)

1 一番大切な, 甚だ迷惑

▼ 店にとっては~ (2, 0.0%)

1 上得意な, 貴重な

▼ 店に対して~ (2, 0.0%)

1 一軒一軒賠償金を, 不愉快な

▼ 店ばかりの~ (2, 0.0%)

1 ところへ, 町は

▼ 店ふう~ (2, 0.0%)

1 に家族, の建物

▼ 店へか~ (2, 0.0%)

1 へる私, 寄ったか

▼ 店へを~ (2, 0.0%)

2 どり込めば

▼ 店ほど~ (2, 0.0%)

1 この割合, 何だか薄暗い

▼ 店よりの~ (2, 0.0%)

1 帰途私は, 歸途私は

▼ 店をもかへ~ (2, 0.0%)

2 たらん

▼ 店を通して~ (2, 0.0%)

1 そのう, 土間の

▼ 店テグネル~ (2, 0.0%)

1 の電光, へとまるで

▼ 店パラピン蝋燭~ (2, 0.0%)

2 を造る

▼ 店ヒマワリ軒~ (2, 0.0%)

1 なん, の経営者

▼ 店一つ~ (2, 0.0%)

1 ないよう, は仏蘭西香水

▼ 店一家~ (2, 0.0%)

1 は北田辺, をそこ

▼ 店~ (2, 0.0%)

1 の往き, へ眼

▼ 店中でも~ (2, 0.0%)

2 堅い方

▼ 店~ (2, 0.0%)

1 の質素, や人

▼ 店付き~ (2, 0.0%)

1 であった, ではどう

▼ 店以上~ (2, 0.0%)

2 に伸び

▼ 店作り~ (2, 0.0%)

1 の立派, も商品

▼ 店使~ (2, 0.0%)

1 ひに, ひらしくない煎茶

▼ 店使い~ (2, 0.0%)

1 にし, の品

▼ 店借り~ (2, 0.0%)

1 に来る, をし

▼ 店借りし~ (2, 0.0%)

1 て入り込ん, て吉良邸

▼ 店全幅~ (2, 0.0%)

1 の薬種屋式, の藥種屋式

▼ 店~ (2, 0.0%)

1 さしてやる, やめや

▼ 店~ (2, 0.0%)

1 のついた, をも数える

▼ 店向き~ (2, 0.0%)

1 の石鹸, やお

▼ 店土間~ (2, 0.0%)

1 からのぞいた, の方

▼ 店塞ぎ~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 店売商人~ (2, 0.0%)

1 であった, となる

▼ 店多く~ (2, 0.0%)

1 なりし中, 劇場料理店すらも

▼ 店~ (2, 0.0%)

1 にし, 米樓の

▼ 店大事~ (2, 0.0%)

1 と指圖, の制度

▼ 店夫妻~ (2, 0.0%)

1 にお礼, の好意

▼ 店山大~ (2, 0.0%)

1 の店, へ命じた

▼ 店廻り~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 店或は~ (2, 0.0%)

1 砂糖屋の, 飲食店等に

▼ 店戦争~ (2, 0.0%)

2 に無縁

▼ 店~ (2, 0.0%)

1 がおり, をおろした

▼ 店~ (2, 0.0%)

1 ですから, に大切

▼ 店~ (2, 0.0%)

1 満商会主, 満商会員

▼ 店曝し~ (2, 0.0%)

1 に逢う, の光栄

▼ 店朝日軒~ (2, 0.0%)

1 で客, の間

▼ 店楼上~ (2, 0.0%)

2 で催され

▼ 店津軽屋~ (2, 0.0%)

1 と筑前船, に来

▼ 店~ (2, 0.0%)

1 が大きな, の定

▼ 店~ (2, 0.0%)

1 に腰, の縁台

▼ 店組合~ (2, 0.0%)

2 を動かした

▼ 店経営~ (2, 0.0%)

1 の参考, の実際

▼ 店美しい~ (2, 0.0%)

2

▼ 店舶来~ (2, 0.0%)

2 の品々

▼ 店萬荒物~ (2, 0.0%)

2 から酢醤油石油莨

▼ 店~ (2, 0.0%)

1 にある, のいびき

▼ 店~ (2, 0.0%)

1 に対して真剣, は確か

▼ 店~ (2, 0.0%)

1 の散し, をした

▼1* [553件]

という青い, 店あかりの前, 店あきないをし, 店あてにその, 店あとは, 店あり賣れ口よけれ, 店あるいは鼈甲屋の, 店あるじ添へて与へぬ, 店いずれも繁昌, 店いろはの支店, 店い寄って行きます, 店もての, 店おごつて貰ひまつせ, 店おでん店ずらりと並ん, 店おでん支那そば下っては, 店および領事館を, 店かかる店であれ, 店かなんて失敬な, 店かをさがさねば, 店がかりは派手, 店がにはかに衰微し, 店がはやつて, 店がまへ今, 店ききに並べられ, 店きりだ, 店ぎっしり並んで, 店ぐらいしか見当らなかったが, 店ぐるみ積み重ねたかの, 店ぐるみ総じまいにし, 店ぐるみ葭簀張りを打ち抜い, 店けし入軽焼, 店こういう正月向きの, 店ことごとく閉じ興行, 店このごろのこの, 店しらえ, 店さえが一軒も, 店さして揚幕, 店させれば一時的, 店されぼくの, 店しまははらへん, 店しまうべえ, 店じゅう総出で探した, 店ががき, 店すこぶる多し, 店すら見つからぬ, 店すらも入るを, 店ずまいの者, 店ずらりと並んで, 店そう普段利益を, 店その他において毎日, 店その他紺の暖簾, 店そば屋などが十四軒, 店そんなら何, 店そんな商売の, 店うとうそこで, 店たいてい相開き, 店たることが, 店だけが出さぬと, 店だけで手一杯である, 店だったら自分は, 店だるまでもい, 店だろうがそんな, 店ちんまでやすく, 店つつあきでと, 店つまりこれが, 店づくりを焼きつくし, 店のへ, 店であって珍稀, 店でありましてむろん, 店でかくも支那人, 店できゃっきゃっとふざけていたそうですからね, 店でございましてそこ, 店でしている, 店でしか賣つて, 店でずつと働いて, 店でだけ飲み而, 店でですわ, 店でなく二階が, 店でなくつちや直し, 店でなければ用いなかった, 店でばっかり食べること, 店というくらいだが, 店といつても名ばかり, 店とかのできたの, 店とかを転々と, 店としても有名であった, 店とて見当らなかつたので, 店とともに受げ継いだ, 店とに任かせ, 店とのへだてが, 店どころでは, 店どもへ多く, 店どんな路地の, 店なかば安宿というよう, 店なく質屋なく, 店なぞと違って, 店なぞによくある, 店なぞは入口で, 店なぞも目に, 店なぞを夢に, 店などから普通の, 店などで聞けば, 店などでは新潟あたりから, 店などと並んだところ, 店などとは凡そ違っ, 店などまでがほとんど臨時, 店ならたとへ屋台位, 店なるが故に, 店なんかで衣裳の, 店なんかでもすっかり紳商, 店なんかは三津の, 店なんぞぢや, 店にか醉ひ倒れ, 店にかけて轅が, 店にかへつて, 店にさえおいなさりゃ御内所, 店にだけは泊るなよ, 店にだって時たま真実, 店につきものの, 店にとっても必要である, 店にとに角引籠る, 店にまで行き渡って, 店にや天妙大神の, 店によつて値段の, 店によってはまだいつもの, 店により夕食の, 店にわづかな特徴, 店に対するおれの, 店のうなどんなどを, 店のみとし別に, 店はじまって最初, 店はと思って, 店手伝いながら, 店ばかりが眼に, 店ばんをし, 店ひろげてゐる, 店びらきしょ思てそら, 店へでちやいけない, 店へなど赴いて, 店へなんぞ出られると, 店へもはひること, 店へよつたつけか, 店また百貨店の, 店までが砂だらけだ, 店まわりも出来なかった, 店てえな顔, 店みますへ私, 店めいたものを, 店めがけて小走り, 店もちというサービス, 店ももッて, 店もんじ焼の, 店やすみ電車終る, 店やになって, 店やの間を, 店やめてもあなた, 店やらが出来て, 店よりは二間隔りたる, 店癖に, 店わけて薄男, 店わずかな品, 店をからにして, 店をねああらら, 店を通じての友人では, 店ん中に妖怪, 店放っといて, 店オシロコ屋でありますな, 店カフェ・プロムナアドの窓, 店クレップス氏珈琲店シルレル骨喜店ヨスチイ骨喜店骨喜店はカフェー, 店ゴム靴屋一ぱい五円の冷凍烏賊, 店ゴールデン・ハマーの事務員, 店サキニモハヤ夏ミカンヲミル, 店シルレル骨喜店ヨスチイ骨喜店骨喜店はカフェー, 店ジャムスと書い, 店セキドの女, 店ツーリスト・ビュロー何でもある, 店レースヤナイロン製ノ, 店デパートの文房具売場, 店トシテ特別安価ニ販売仕候, 店トンキョウな声, 店ドライクリーニング和洋酒缶詰外国煙草屋ブラザア軒という洋食屋, 店ナアゲルで伯爵夫人イェルヴァ, 店ニシテ震災ノ後, 店ニ用ハナイハズダガト思ッタトタンニハット驚イテ眼ヲ見, 店ハ曰ク三福長屋曰ク恵比寿長屋等各三四戸アリ, 店パンテオンにて手紙書き, 店フォイヨで得た, 店ブドウ酒の名物, 店ブレーキへ行っ, 店ブーケの前, 店ホフブランハウスに至り, 店モウソン・ウィリアム会社には常に, 店モンパリへの連絡, 店はこれ, 店ヨスチイ骨喜店骨喜店はカフェー, 店ラジオがない, 店リュクサンブールの人形芝居, 店ロトンドであったか, 店一パイの硝子窓, 店一体に室, 店一日の製造高, 店一種ないし二種, 店一致も行なわれ, 店一般のこと, 店七軒あり, 店万歳軒に集合, 店万荒物から酢醤油石油莨, 店三四軒出て, 店三河屋は当時谷中善光寺坂下, 店三由屋の老, 店の雑貨, 店下駄店針店その他紺の暖簾, 店不思議な熊さん, 店不良少女遊びの友達, 店世の中には変った, 店戸を, 店並みの光, 店並一番の老舗, 店中の口を開かせる, 店中俄に景, 店中央の羽根つき場, 店中女客と思い, 店中村屋を譲り受け, 店中潔白なの, 店中皆んなぢやありません, 店中祭壇にし, 店丹頂のお, 店主人に話し, 店主人何小二なる者, 店事務員は彼, 店二〇・五世紀のささやき, 店二三軒に立寄り, 店の三越, 店今宮へ率, 店きりの, 店仕事に精, 店付近の場末, 店代々のしきたり, 店以外北村は殆, 店以後中折を被った, 店以来一つの慣習, 店伊予紋であった, 店伊藤松坂屋の通番頭, 店休憩所遊戯場などを設備, 店休業令だの, 店とられたこと, 店何某と記し, 店使いらしくない煎茶を, 店停車場ホテル舞踏場如何なる所, 店傳平と云, 店全くお好み次第, 店全体土間になっ, 店六平また阿部奎一氏, 店其他を観た, 店兼旅館へ行っ, 店兼珈琲店に寄つた, 店出したって立ち行かない, 店出し以来たった一人, 店出仕り候家餅と, 店出入りのこと, 店出来の事, 店刑部殿参る, 店初めての金高, 店制度の如き, 店前川さんのもの, 店加藤吉蔵の妾兼女房, 店勇床のおや, 店と申し, 店勧工場の如く, 店黒の, 店協議會は去る, 店卸店両戸, 店反則の話, 店取締規則の改善, 店受け保証を, 店受彌兵衞と申しまする, 店口ちよつと風雅, 店古河屋政兵衛の立ち退いた, 店古着屋雑貨店林檎の店, 店各種薬味容器専門の店, 店同士でお, 店名刺形の乾板, 店の御新, 店呉服屋の店, 店和合屋木工右衛門と名, 店和泉屋という魚屋, 店営業停止を行い, 店囲いを作り, 店国民骨喜店クレップス氏珈琲店シルレル骨喜店ヨスチイ骨喜店骨喜店はカフェー, 店土佐では酒, 店土産物店が並ん, 店坊主と云つて家, 店場合によっては売品, 店売りしておりました, 店売りでもなく, 店売りなるものは, 店には普通, 店多し別して贄川, 店大いに忙し, 店大小の箒, 店大民の飾窓, 店大牛河の柳, 店大道でメロン, 店天丼店そば屋などが十四軒, 店奉公に行く, 店や子供, 店女郎屋の門, 店娼家喫茶店など到る, 店子供の集まった, 店学校そしてまた, 店に出し, 店家主弥五六の訴えた, 店宿屋が多い, 店宿屋料理屋が多い, 店寄りの女中部屋, 店専属のトラック, 店専門が主眼, 店あきない等, 店小さい梨を, 店小さな見窄, 店小屋に翁, 店小料理屋とかおでん屋, 店小料理屋ちよつとした, 店小物師与惣次の家, 店屠蘇の銚子, 店山谷の重箱, 店希望にはそれぞれ事情, 店希望者もすこぶる, 店念仏の, 店を卸した落ちついた, 店床屋鮓店天丼店そば屋などが十四軒, 店店員たちの礼譲, 店廊下を突きぬけ, 店建て方ひとつで, 店建物いかめしけれど, 店の意味, 店弘前市の某店, 店張りは致し居りますれ, 店待合など池, 店待合所なんかが並ん, 店の給与, 店後徴兵検査までの約, 店見に, 店も非常, 店心太を桶, 店志望の理由等詳細, 店樂亭で, 店悉く取払ひと, 店所在地の地名, 店所蔵の有名, 店払渡しの小切手九十九円八十銭, 店振舞を致し, 店支那人の店, 店数軒に火, 店文房具も売つ, 店新刊の書, 店の者, 店旅館ラジウム温泉などがぎっしり, 店旅館等が目, 店日の出屋になっ, 店日本橋室町の山城屋, 店早々私の, 店旭丸屋の裏階子, 店が点きだす, 店明りの電燈, 店明治屋海老屋越後屋近常, 店のよう, 店というもの, 店昼夜銀行に電気射撃, 店時々店を, 店時計店を風靡, 店更に半時間餘, 店更生の方法, 店書籍雑誌店ドライクリーニング和洋酒缶詰外国煙草屋ブラザア軒という洋食屋, 店をする, 店最も大量消化する, 店初冷, 店月橋霜は詩歌, 店有るに由る, 店のルバシカ, 店本屋衣料店などがとりあえず, 店本石町鉄砲町小船町小網町れいがん橋を過ぎ, 店をたて, 店束巻き師源五兵衛と所名, 店東屋の献立, 店松月の奥座敷, 店松田へ寄った, 店松金で湯島天満宮境内, 店林檎の店, 店でセロ, 店柳屋あり, 店を得る, 店根掛丈長など売る, 店根津吉原品川などの悪所, 店栽培せる楊柳数十株点綴, 店から突っ, 店框捨石の上, 店梅水の娘分, 店梯子を駈け上る, 店椅子に三味線, 店業オーデンハイメルの証言, 店楽器店書籍雑誌店ドライクリーニング和洋酒缶詰外国煙草屋ブラザア軒という洋食屋, 店様々の商店, 店の一部屋, 店櫛比して, 店歩きをし, 店歯磨石鹸など売る, 店死んだ妹の, 店に瀬戸物, 店毛皮店組紐屋化粧品屋額縁店等々の店頭, 店気の毒千万御, 店氷店の羅列, 店江戸あられ瓦屋, 店洋服屋洋食屋洋菓子屋というよう, 店活動小屋寄席などが雑然と, 店淺草の東橋亭, 店清涼亭の灯, 店湯屋三味線の湧く, 店激増の理由, 店火災に罷りし, 店がトラホーム, 店灯りに浮き上らせ, 店氣味な, 店無差別の平等主義, 店とした, 店焼けた缶詰を, 店煙草の小売店, 店物風の男, 店特有の空気, 店献立表を報告, 店王冠堂へ来た, 店玩具問屋煙草店菓子店というよう, 店甘酒の店, 店では実際, 店留置という指図, 店白山のわたし, 店百分の四・三一般百貨店百分の四・四という, 店百尺の女中, 店百川の安, 店百貨店のポスターなんど, 店な風情, 店盛岡市の某店, 店並びて, 店相当の葬式, 店相応の格, 店相手の化粧品, 店看板防寒帽子毛ごろも手袋, 店の江戸子, 店らしい酒, 店祖師堂に近き, 店禁止令というもの, 店種々の見世物, 店種物屋文具店などが二, 店空けたいふと悪, 店の一円, 店立ちしましたこと, 店競馬場寄席音楽堂市場と云つた風, 店竹工堂を訪, 店一の, 店等々の店頭, 店築地ホテルと言, 店米屋などが一軒, 店糸杉の木, 店り合って, 店組紐屋化粧品屋額縁店等々の店頭, 店経由の委託販売制度, 店繁昌仕ありがたき, 店繁盛の一理由, 店繁盛疑いなし, 店織るがごとき, 店續きの薄暗い六疊, 店署長は云う, 店主人と, 店者風の由造, 店職工何もかもご, 店をも閉ぢずし, 店胡月の卓子, 店自慢の鳥, 店自身に緊着, 店至るところ売春婦らしい, 店臺自分で歩き出し始まつた, 店舞踏会劇場などにて演奏, 店茶亭満駅途, 店荒物店下駄店針店その他紺の暖簾, 店菓子店というよう, 店葉茶屋呉服商絵葉書屋などが並ん, 店蔵づくりの上方風, 店藏づくりの甍, 店藏一式となつ, 店藏造りにしません, 店街角音楽会今の伊太利, 店の灰色塗り, 店で宋江一行, 店裏手の井戸, 店製のをつかっ, 店西瓜を十個, 店ゆ, 店覚えていらっしゃるでしょう, 店評判よし, 店のもの, 店請人は誰, 店請致して, 店諸君がいつも, 店諸種の見聞, 店警察署長以下十三名を密輸問題, 店譲り受け度し, 店豆腐屋まであ, 店財布鳴らして, 店買いによって日常家庭, 店賑やかに人, 店店櫛比し, 店赤い旗の, 店起きてないかしら, 店をならべ, 店輪タク自転車預り所美容院さては深更, 店農夫の為, 店出て, 店に成つて仕舞つた九里四郎, 店通りでも成上り, 店で店, 店遠くはハルピン, 店針店その他紺の暖簾, 店鈴木の倅定次郎, 店と称し, 店銭屋の息子, 店開かれたり, 店開けは早かっ, 店開業が一番手, 店より二丁許, 店間口が見えた, 店附近にさしかかった, 店階下を流行, 店障子をあわただしく, 店の家, 店雑誌店の類, 店雑談にはこんな, 店雑貨商みたいなもの, 店露店がずらりと, 店静かそうなカフェー, 店靴屋昼間は薄暗い, 店頼むぞ, 店食物店活動小屋寄席などが雑然と, 店飲屋すしや喫茶店, 店の湯, 店飾棚が悉く, 店餅網藁のお, 店より引返した, 店駕籠はねえ, 店骨喜店はカフェー, 店高等衣裳店昼夜銀行に電気射撃, 店魚商ヲ首トシテ浴楼箆頭肆ニ造ルマデ幾ド一千余戸ニ及ベリ, 店RIJOですました, 店VANで冷コーヒー