青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「底~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

広告~ ~広場 広場~ 広間~ 庄~ ~床 床~ 床の間~ 序~ ~底
底~
~店 店~ 店先~ 店員~ 府~ ~度 度~ ~度々 度々~ 度目~

「底~」 14033, 152ppm, 699位

▼ 底~ (3589, 25.6%)

115 沈んで 48 残って 26 何か 23 落ちて 19 潜んで 18 流れて 15 ある 14 あるもの, こびりついて 13 なって 11 あつた, 身を, 隠れて 10 あった, かくれて, 横たわって 9 一種の 8 あるの, ひそんで, 住んで, 沈んだ 7 動いて, 穴を 6 あったの, あって, いるよう, 入って, 持って, 於て

5 [12件] ある俤, いて, して, しまって, 人間の, 埋もれて, 残った, 沈んだの, 没して, 無限の, 立って, 響いて

4 [28件] しずんで, しまひ, どこか, のこって, よどんで, 一つの, 一脈の, 入れて, 埋められて, 墜ちて, 多少の, 妙に, 少しばかり, 居て, 彼の, 根を, 横わっ, 残して, 残つてゐる, 沈んだやう, 涙の, 澱んで, 焼きついて, 燃えて, 秘めて, 穴が, 立つて, 隠されて

3 [50件] ある一種, いるの, おしよ, おしよと, かくされて, かすかに, つけて, ひそめて, ぴたりと, へばりついて, ぼんやりと, もって, わだかまって, 一の, 一抹の, 吸い込まれて, 埋まって, 埋めて, 寝て, 感じた, 感じて, 或る, 抱き締めて, 押し込んで, 押込んで, 持つて, 暗い影, 棲んで, 機を, 水が, 水を, 沈むの, 沈められて, 沈もうと, 沈んだが, 泥が, 消えて, 潜って, 潜在し, 物を, 眠って, 粘付い, 置いて, 自分の, 萌して, 蔵し, 蟠って, 転がって, 陥って, 鳴って

2 [204件] あったもの, ありありと, あること, あると, あるという, あるので, あるやう, ある一般者, ある時計, ある谷間, ある遠い, いつまでも, いても, いる, いると, おれば, かすかな, からみついて, くっついて, ことり, ころがって, さっき無かっ, しみて, しみ込んで, じっとし, た, たまって, ちらちらと, ちらりと兆した, ついて, つくと, できて, なつてる, なりましてね, ひたりながら, ひっくり返して, まっくろに, もつて, もつと, ゆくを, ゆるぎなき, コビリ付い, ハッキリと, 一を, 一人落ちた, 一枚の, 一片の, 三帖綴の, 不安が, 不断に, 人の, 人間が, 伏って, 何かの, 何やら根強く, 何所か, 依然として険しい, 侵徹し, 個人を, 倒れて, 働いて, 働く徳田氏, 光れる, 八月の, 六十何銭しか, 初めて人生, 刻みつけられて, 力が, 力の, 包んで, 匿し, 向かって, 向って, 在りと, 坐つて, 埋められその, 埋もるるなき, 堆積し, 堕ちて, 夜の, 女の, 姿の, 孕んだ, 宝の, 容易ならぬ, 密封され, 小さい小さい旗, 小さな穴, 居たとき, 常にある, 幻の, 幽かに, 幽に, 引き擦り込んで, 強い頼み, 当って, 影を, 愛が, 憎しみの, 懐いて, 抵抗する, 押し込められて, 据えて, 授業を, 敷いて, 映じた, 映じて, 映って, 染付いて, 横たわりながら, 横に, 死んで, 残つてゐた, 殘つてゐた, 水の, 江戸川の, 沁みる, 沈みました, 沈めて, 沈んだまま, 沈んだよう, 沈んだ廃都, 沈湎し, 泳ぐ魚, 流れるもの, 浮んで, 消え込んで, 涙を, 淀んで, 深く蔵, 温めて, 湛えて, 湧いて, 溺れて, 滓が, 漂つてゐる, 潛んで, 潜む不, 潜む何, 潜んだ漠然たる, 澄みきって, 澄んで, 濁水の, 火が, 火花を, 焼きついてを, 熔岩が, 熱が, 熱意あり, 物ある, 甦る, 用意し, 病んで, 白骨と, 真黒な, 眠つてゐる, 眺める鯉, 着くと, 着けること, 秘して, 秘蔵し, 空を, 突き落されて, 突落された, 籠って, 籠る力, 納めて, 紫色の, 美津子の, 群るる, 聞きも, 聞くよう, 胸の, 自分を, 至るまで, 良心の, 花を, 萎れし處, 落ち込んで, 葬られて, 蒼空が, 蔵した, 薄気味の, 蠢いて, 見えて, 見えるばかり, 足が, 跪いてるに, 車輪の, 転げ落たやう, 達したの, 達すること, 適度の, 錆を, 陰翳の, 隠して, 隱し, 隱れ, 隱れた, 雑草が, 雪の, 震えては, 響いたの, 響くよう

1 [2400件 抜粋] あがいて, あったが, あった彼, あった真実, あの青年, あり, あり今度, あるこの, あるよう, ある一二滴, ある仕組み, ある原動力, ある地方, ある家, ある岩, ある想い, ある汚物, ある煩悶, ある白い, ある竹, ある苦労, ある闇黒, いかなる無意識的, いたれり, いっぱいいる, いつも殉教者, いまも, いるハンズ, いる小, いろんなもの, うずいて, うずもれて, うつつた, うつれる星, おきまた, おしこみズボン, おそるべき不屈, おちつかれたとき, おのずから潤, おろうとも, お落, かがめて, かくして, かくれた潜在的内容, かねてから, ききつけた, きれいな, くすぶるの, くだるが, ぐっとのばした, ことんと, この身, こびり着くの, こもる不可犯, こんないやし, さう, さして, さわって, しきました, しずんだ人びと, したたか頭を, しつとり, しては, しまいこんで, しまわれたまま, しみわたった, しら, すいて, すさまじく渦, すりつける, そうそうと, その土牢, その水音, その銀, それより, たたえて, ただならぬ動揺, たまった大, たまる雪, ちょっぴり注がれ, ちらばつ, ついた雪, つきしに, つくまでに, つれて, ときどき妙, とどいたの, とらわれて, どことなく聞こ, どろどろと, どんな感じ, なげうて, なつた, なにか思ひつめた, ならぶ紫色, なる沈鐘, なんとも言えない, ぬるペンキ, のこつて, のたり, はげしくこみあげた, ひしとこたえる, ひそむ不易, ひそめた感情, ひたと, ひつ, ひびいて, ふかくしまい込ん, ふれしころ, ふわふわと, ぺったりと, ほんとに恋, まいて, またこうした, また遠く, まだ残つて, まっ白な, みさ子の, めりこんででも, もぐってまで, ものすごき破船, やけつくよう, ゆくべし, よこたわる社会的, りっぱな, わずかに, ゐるに, キシキシと, コビり付い, ジリジリと, ダナウスの, ドロドロと, フランスの, メリー号の, 一すじの, 一ヶ所野三昧の, 一大心配が, 一望された, 一滴も, 一粒の, 万葉読みから, 上流で, 下り殆, 下れる, 不思議な, 並べて, 乳児を, 二つの, 二重底でも, 五色の, 人情味が, 人魚の, 仕舞って, 付いて, 似た森, 住むいろ, 住む秘密, 何かしらぎらぎら, 何かを, 何にか, 何やら光った, 何処からとも, 何者が, 作用い, 例の, 倒れた, 停車場から, 働きかけて, 光が, 光るの, 光る高い, 入りて, 入れた一升, 全く碧, 円く蒼い水, 冷たい憎惡, 冷たさ, 凝着き, 出るだろう, 到つて, 刻み付けられて, 動いたと, 動く或, 勢いも, 半透明, 印り, 厭味ある, 収めて, 叩き落された, 叫んで, 向けて, 吸いついて, 吸ひつく, 味は, 哀訴の, 喰い入って, 囁く空虚, 国家は, 在りし一夜, 在る疲れ, 坐り込み突いても, 埋ずまって, 埋められたぜ, 埋もれながら, 埋没し, 堅くなった, 墓場の, 壓し沈め, 多少とも, 大きい亀, 大きな孔, 大夏, 奮闘し, 妙な, 安らかに, 実は方向, 宿の, 寝転んで, 導きつ, 小さく穴, 小意地, 尻餅を, 居るの, 居窘, 展開し, 差し込みあらゆる, 帰って, 幾度か, 建ちて, 引き入れられるよう, 引っかかって, 張りめぐらし, 当たる節, 彼を, 待って, 徴するため, 徹し人間, 徹する如き念, 心を, 念々絶ゆる, 思い出されて, 怨みを, 恰かも, 悲哀が, 意力を, 意識せられ, 感じます, 感ずるの, 憂鬱や, 或可, 手足を, 投げこまれて, 投ぜら, 抜け落ち, 抹消された, 押し込まれたまま, 押籠められ, 拡がるむら花, 捉へて, 捲き落さんと, 接して, 描き出して, 放って, 救われない人, 敷かれた大, 新聞社の, 早川の, 昏, 映しました, 昼の, 暗いわだかまり, 暮靄の, 最も鮮, 朝倉先生の, 朽ち残った戦衣, 枕を, 染めてこそ, 根ぶかく横, 森が, 棺なら, 極端の, 横たわらん, 横たわる最後, 横は, 次から, 此力を, 死し猶, 残された余韻, 残ったもの, 残ってるん, 残つた茶碗を, 残るよう, 残像が, 殘した, 母の, 毛布を, 水火文状の, 永久に, 求められて, 沁みこむよう, 沁み込むよう, 沈み, 沈みし時, 沈みつ, 沈みゆく自分, 沈み果ては, 沈み高い, 沈むよう, 沈めたという, 沈めてか, 沈め尽したる, 沈んだままにこにこ, 沈んだ人, 沈んだ平かな巌, 沈んだ私, 沈んでる心, 沈潜した, 沈痛な, 沒せん, 沿うて, 泣いて, 津々たる両者, 流るる血潮, 流れるいのち, 流れる絵, 流れ込む, 浮かべて, 浮ぶの, 浸つて, 消えなかつた, 淋しさ, 深い愛情, 深く映りまし, 深く省みる, 渦が, 温泉の, 湛えられた水, 湛へて, 湧く, 溜った煎汁, 溜り水, 滑か, 滲み附いて, 漲って, 潛む本質現在を, 潜ませたの, 潜む冷美といつて, 潜む野心, 潜めるなり, 潜んだ潮, 澱むひがんだ蒼, 濡れたやう, 炎が, 烙き付けられた, 無風帯の, 焼きつけられた母, 熔接され, 熱い血, 燃えつづけて, 燃え上って, 爬行する, 狭い敷居, 現われた小石, 甘美な, 生き残った人, 生ひ, 生死も, 用水が, 男らしい尊いもの, 畫かれ, 畳を, 當然の, 痛みを, 発見せられた, 白い蕊, 白銀で, 目を, 真夏の, 眠ったよう, 眼を, 着くや, 石でも, 確に, 私たち倒れ, 秘くし, 秘められて, 積みならべて, 穿孔が, 突きさ, 突き落して, 窪みあり滑りやすき, 立った儘, 竜王と, 籠ってる心境, 籠る香氣, 粘土質の, 納まって, 素子の, 経帳子に, 絶えぬよろこびが, 網が, 置き残して, 羽搏たいた, 聞いたの, 聞きつけるまでは, 聞こえたり, 聴いた瞬間, 肉慾が, 肺を, 膠着し, 自分が, 自問自答した, 舞い降りて, 良沢の, 芋の, 苺の, 萌し, 落す, 落ちたよう, 落ちつくこの, 落ちるかと, 落ち付き, 落ち込みますます, 落ち込むや, 落ち集つた川, 落付いた, 落着きを, 葬られても, 葬り去って, 蔵つてあつ, 薄ら明りの, 藏めたりける, 蚯蚓が, 蟠つた遠慮, 蠅が, 行きど, 行って, 裏淋し, 見えかくれし, 見える無数, 見下さしめ我耳, 見當ら, 親しみの, 触れたと, 觸れる, 設けられた根拠地, 認めただけ, 貪婪な, 赤白の, 走る脈, 趨った, 踏んで, 躍り入って, 車窓の, 転がり落ちました, 軽やかに, 轟々と鳴り響い, 近づけて, 追い陥し, 逍遙せし, 這入つたり, 達した, 達しない私, 達すると共に, 遠く失はれ, 避難の, 重い鐵, 金が, 釘を, 鉛の, 銅銭や, 鎭まり返, 長い間氷詰め, 閃いて, 閉じ込められた感じ, 降り立ちました, 陥ちて, 陥つて煩悶, 陥れて, 陷る, 隠した, 隠れた最初, 隠れ伝わって, 隱ろひ, 雪雲と, 露子の, 青石搖るる, 静に, 鞘だけ, 音羽の, 響かざるを, 響くん, 頭を, 顔が, 飛び散る粟, 高くから, 鮮やかな, 鳴るウ, 鷄の, 黒い仏体

▼ 底~ (2196, 15.6%)

102 方に 93 底まで 63 ような 51 方へ 45 方で 44 方から 40 ように 25 底の 21 底から 17 底に 16 方が 14 方を 13 ほうに, やうな 11 やうに, 底で 9 ほうから, もので, 底を 8 方の, 方まで 7 ものである, 方には, 知れないよう 6 岩の, 知れない深い 5 ここには, 岩に, 底には, 方は, 深さ, 知れないほど, 石が, 砂の, 美しさ

4 [15件] お宮の, また底, ものを, 一部を, 光の, 底では, 底までは, 底までも, 深く遠いところ, 淺い, 知れないやう, 知れない深, 石を, 砂に, 秘密を

3 [31件] あること, ないよう, ない穴, ほうで, ものだ, ものな, ものに, 上に, 中で, 作品を, 女は, 広告マンの, 底は, 底へ, 底迄, 心が, 心は, 村を, 様な, 泥の, 泥を, 流れの, 生活に, 男で, 知れないところ, 知れない不安, 穴の, 穴を, 藻屑と, 足袋を, 部屋に

2 [129件] あたりに, ある力, いと深く, お前の, くらやみに, こ, ざりざりの, ところへ, どこかに, ない泥沼, ない深み, ほうが, ほうは, ほうへ, ものだった, ものと, ものは, やうで, やうにも, ようだった, ようで, わたり魚, ピラミッドを, 下から, 中央に, 事は, 人物を, 何處かでは, 修行の, 冥府の, 力が, 唄ひ, 国, 国に, 土は, 地獄へ, 場所を, 墓場の, 声が, 大きい眼, 大きい重い悲痛, 奥深いところ, 宝とは, 家に, 小石が, 小石の, 小魚, 岩壁を, 川に, 底, 底が, 底までを, 弱き事我が, 性質を, 我無者羅な, 抜けるほど, 拔ける, 日暮れか, 景色も, 架空な, 栓を, 様に, 様子を, 樫の, 樺の木の, 気魄が, 水は, 水を, 泥まで, 泥水の, 浅い川崎船, 浅い川舟, 深いところ, 深い鼻唇線, 深みから, 温かい心, 湯宿へ, 漢子が, 火移りで, 無いよう, 煤に, 町の, 町は, 白い磐, 皮を, 盆を, 知れたもの, 知れないほどの, 知れない一軒家, 知れない凄み, 知れない情熱, 知れない暗闇, 知れない横着さ, 知れない深水, 知れない淵, 知れない男, 知れない穴, 知れない魅力, 知れぬ程, 知れぬ穴, 石の, 砂が, 砂利を, 砂地が, 社会へ, 秘密が, 突飛なる, 窪みの, 竜宮の, 網膜には, 聲が, 荒原を, 萱の, 蛙の, 見えないところ, 見えない谷, 谷間を, 跡が, 近所まで, 透明な, 部分に, 野天風呂に, 闇に, 雑多な, 青いくらいところ, 靴を, 風の, 騒がしさ, 黒い三つ

1 [1085件 抜粋] あいた編上靴, あらはる, あらゆる悲劇, あるらしい言葉, ある低い, ある性格, ある竹, ある聲, ある迷路, うめきの, おりの, きれいでない, ぐあいをあらためないでは腰かける, こそげ粒, ことで, ことを, さみしさ, しがない店, しずかな, しれない孔だらけ, すきとおった水, すなごも数えられる, すり切れたもの, すわった眼付, そこまで, その奥, それよりも, たれも, つぎ目が, ところと, とれた水差し, どこかで, どっかで, どろどろと, どん底へ, ないという, ないガラガラ, ない不気味さ, ない坑, ない寂寥, ない悒鬱, ない深さ, ない物すごい不安, ない箱, ない闇, なき筒, ぬけたの, ぬけた上靴, ぬけた甕, ぬけるほど, ねえもの, はうから, ひらめきに, ふかい根強さ, へるの, へんを, ほうを, まなこを, まわりに, むすび目, ものであり, ものならざるべからず, ものも, やう木の, やみの, ようである, よう木の, りんりんたる木枯, わだかまりを, ウジの, ガラス板とは, サンダルでも, スキーヤーも, ズツト底の, トンネルは, ハンダ付けの, ビイルを, ワーツといふ, 一すじの, 一大勇猛心を, 一方が, 一枚岩が, 一点は, 一端を, 一部に, 一隅で, 丈夫であった, 丈長髮に, 三本の, 三角の, 上つたコツプに, 上を, 不逞不逞し, 世界と, 世界を, 中に, 中ほどに, 主面は, 事を, 人ぢや, 人の, 人士を, 人物であった, 人生とは, 人間の, 人騒がせは, 人魚の, 仕事に, 仕掛によって, 伎倆である, 会津平野を, 何処かでは, 何処かを, 何處からか, 作物にこそ, 修行道として, 停車場風景は, 傷んだ靴, 充分な, 光るほど, 六十何銭かは, 共犯者の, 冷たく打ち克ち, 凡そ小さな, 判らない顔色, 剛剣, 割れ目から, 動揺に, 勾配にも, 南寄りの, 原因までが, 反対者が, 古反古, 台の, 同情では, 吐息は, 味いを, 咒咀の, 單調な, 四角い舟, 国とも, 国への, 国を, 國では, 土を, 地図も, 埴土を, 墓場へ, 声であった, 変らぬもの, 大きな岩山, 大坑, 大岩の, 大焚火, 大蛇は, 奇巌の, 奥に, 奥深く秘められる, 好きが, 如く物影, 妙覚に, 孤家の, 宇宙塵, 宝が, 宝ものが, 宝石入れで, 実質を, 家が, 寒さ, 小さい孔, 小享楽家, 小百合花二十, 小石玩具に, 小説を, 岐路, 岩と, 岩へ, 岩石が, 岩礁にばかり, 岩面が, 巖に, 川ぶち, 川床まで, 差し交じる, 帽を, 平たい小石, 平たい鮎舟, 平な, 平らな, 幸福や, 底あかり, 底での, 底へと, 底夢の, 底迄わ, 影を, 御啓, 御殿も, 微細な, 心では, 心の, 心掛, 心理を, 志が, 思いまでが, 思想家であった, 性格が, 性質は, 怪物や, 恐ろしく物質的, 息苦し気, 悲観や, 意地の, 感情に, 感情対人的に, 慾には, 或る, 戸口から, 所では, 所は, 扁たい, 抜けたよう, 抜けた穴, 抜ける様, 拔けたのやら, 拔けた足袋も, 探求を, 擦れる音, 数時間そこを, 文字を, 断案を, 方からい, 方でぼ, 方ほど, 方をも, 日影に, 旧稿, 明徹なる, 星の, 景色は, 暗いカムサツカ, 暗がりに, 暗やみに, 暗闇には, 暗黒に, 書付類を, 月光の, 本堂の, 村に, 村落が, 松の, 板の, 果にまで, 根強い自信, 森の, 椴松林帯は, 楽しい考え, 模様と, 横の, 歓び, 正面の, 死体どもが, 氏の, 気慨が, 水の, 水源を, 水草から, 水草の, 汚泥を, 沈澱が, 沼土が, 泉の, 波打際を, 泥などは, 泥中から, 泥土は, 洗落しでも, 活策略の, 流れが, 流れは, 流スチュクス, 浅いたらい, 浅い古, 浅い水溜め, 浅い湖水, 浅い舟, 浅い見栄坊, 浅さ, 浴場の, 海岸だ, 海松の, 海水は, 液体を, 深いこと, 深いもの, 深い倖, 深い品, 深い泥, 深い真実, 深い花, 深い阿, 深みには, 深遠な, 淺き, 清水が, 渓流を, 渦巻き返る, 湯の, 滑な, 漸近線までの, 濁を, 瀞だらう, 火の, 火焔に, 灰色の, 無い恐怖, 無い箱, 無限の, 熱を, 片隅に, 物で, 狭い空間, 猿の, 玉石へ, 瓦斯の, 甘味, 甘味を, 生命の, 生活力が, 用心が, 町である, 町を, 疲れの, 痛快無比の, 白いズツク, 白玉誰か, 白骨, 白骨を, 皮革の, 眞心はつひ, 真実, 真珠の, 真砂の, 矢倉石の, 知られない深, 知れて, 知れないえらい, 知れないおそろしい, 知れないこの, 知れないばか, 知れないめでたい, 知れないズルサ, 知れないホラ穴, 知れない不幸, 知れない不景気, 知れない事件, 知れない冷た, 知れない図々し, 知れない執拗さ, 知れない大, 知れない女, 知れない将来, 知れない微笑, 知れない怪奇さ, 知れない恐怖, 知れない悪魔, 知れない惡黨, 知れない断岸, 知れない暗い大きい, 知れない森嚴, 知れない殘虐, 知れない氣味, 知れない沈黙, 知れない洞穴, 知れない深み, 知れない石穴, 知れない精悍さ, 知れない肉体, 知れない苦悩, 知れない蒼海, 知れない親切, 知れない輝き, 知れない静寂, 知れない馬鹿さ加減, 知れなさ, 知れぬほど, 知れぬ偉大, 知れぬ哀感, 知れぬ悪党, 知れぬ海, 知れぬ自尊心, 知れぬ運命, 知れねえ牛蒡野郎, 石かべを, 石まで, 石燈籠に, 石間くぐり, 砂や, 硝子板が, 礫を, 神変不可思議の, 神祕を, 私の, 秘密, 秘密として, 秘密も, 穴に, 空所が, 空間に, 竜宮か, 米あげ, 粒栗を, 精気が, 紙まがいの, 細き呼び声, 縁は, 罪人も, 義理人情という, 考えに, 聖人君子では, 肋材に, 膨れた所, 色も, 花の, 苛立ちが, 落付いた, 蓄財家だった, 薄暗がりの, 藻屑に, 藻草や, 虚栄心を, 蛙か, 蜜を, 街へ, 要心ぶ, 見えないよう, 見えない深い, 見えない絶壁, 見えぬ岸, 見えるまで, 見える美しい, 見え透いた虚栄心, 見え通らない, 見へ, 見解ある, 観だつた, 覺悟で, 話を, 読書機構である, 識見なく, 貝殻の, 買手募集毎晩八時より, 赤く濁った, 赤粘土の, 足袋に, 身に, 軟泥から, 轟音は, 迷園の, 透いて, 逞まし, 運動靴を, 道であります, 道具の, 遠い遠い所, 遥か下方から, 部分すなわち, 部分は, 部落では, 部落を, 酒を, 醜怪, 金が, 釘が, 鋲は, 鏡の, 関係は, 闇の, 陰惨を, 階な, 難解問題と, 雪みたいに, 露れた, 青巖, 青銅魔人国だ, 静けさな, 靴が, 靴の, 靴音さては, 音が, 響きこゆる, 風景かも, 馬鹿も, 骸は, 魅力が, 魚を, 鱗介には, 鳴るの, 黄泉の, 黄金の

▼ 底から~ (1626, 11.6%)

25 出て 21 こみ上げて 13 湧いて 11 こみあげて 7 聞こえて 6 込み上げて 5 わいて, 出た, 声を, 立ち昇る 4 何か, 何かの, 出して, 浮きあがって, 湧き上って, 笑いを, 自分の, 顫え, 驚いて

3 [15件] おかしさ, つきあげて, ひびいて, 上へ, 出た声, 出るよう, 唸り声が, 彼に, 湧き出て, 生れ出, 笑いが, 聞えて, 興奮し, 軽蔑し, 響いて

2 [102件] うむうむ大分カオリン病, きこえて, こみ上, しみじみと, しみ出て, しんしんと, そこに, それを, たしかに返事, つかんで, びっくりし, むら, よろこんで, コミ上げ, ハンカチーフに, ホッと, 一つの, 一世一代の, 一人の, 一冊の, 一片の, 一種の, 一陣の, 享け, 今までに, 信じて, 冷えて, 冷たい風, 冷気が, 出たの, 出たもの, 出る樣, 取り出して, 口惜しくつて, 叫んだ, 同情せざる, 呼んで, 噴出した, 声が, 嬉しさ, 安心し, 底と, 引き出して, 彼は, 彼女の, 怒りが, 愛した, 愛して, 感激し, 憎んだ, 憎んで, 憎悪を, 憤りを, 拔け, 搾り出すよう, 搾り出す樣, 来るよう, 機を, 求められて, 沸, 浮き出したらしく髪, 浮び上ったよう, 浮んで, 海底へ, 涌いて, 涙を, 淋しさ, 湧きあ, 湧きあがって, 湧き出して, 湧き起った, 溜息を, 滞りなく, 滯り, 滲み出して, 漂ひ出る, 生れて, 甦って, 発して, 発見された, 瞼の, 祈りを, 私は, 絞り出したよう, 絞り出る時, 胴顫いを, 脱け, 自分で, 自分は, 薄い光, 藻と, 蜜を, 表面へ, 覆して, 見て, 起こって, 起って, 身を, 込みあげる蒸気, 響くよう, 首を, 高い草

1 [1238件 抜粋] あがって, あなた様に, あふれるよう, ありがたいと, いじらしさ, いつまでも, いまあがっ, いわねば, うなりを, うめくよう, うれしさうに言つて腰, おくやし, おどろきの, おーいという, お園, お礼を, お紋, かくの, がまんの, きらめき初める, きれいな, くる水, ここまで, この男, こみあげるよう, こわくなっ, こんなもの, ごく小さい, さう言, さまざまの, しきりに待たるる, しつづける道, しぼりだすよう, しよぼ, じく, じっと澄み冴え, そういう土, その包み, その手紙, その短い, それが, そんなに無数, たいそう古い, ただ細かく, たった一, たよりに, つぎつぎと, でき得るかぎり, でなければ, とし子は, どことなく透きとおっ, どぼ, なお叫び, なる恭敬, にがいもの, にじみ出すよう, にじみ出て, にっこり微笑んだ, ぬけだす, のぞくよう, はいだして, はっきりもの, ひそかに, ひとりでに浮びあが, ひろがって, ふきだして, ふと恋しい, ふるさとの, ぶちまけて, ほうと, ほとばしる一声, ほんとうに, ほッ, ぼつぜんと, ぼんやり菅原, まだまったく消えうせ, まっ黒な, むか, むくれ出して, もりあげる春, やってきたの, やっと意識, ゆき子の, ゆすり揚げられる, ゆすれあがって, ゆり上げるよう, よくわかるべき, わかつては, わき上がる, わき出ずる感激が, わなないて, エンジョイする, キラキラと, グン, ゴーゴーという, ジリジリと, スウッと, ズウンと, ニョキニョキと, バタで, ブル, ホ, ポンと, メタン瓦斯の, ロマン主義者に, 一かたまり, 一と, 一年の, 一座の, 一枚の, 一目貴女を, 一通の, 丁寧に, 三方子川へ, 上って, 上の, 上を, 不平さうに云つた, 不快に, 世の中を, 中に, 主に, 久慈を, 二三册の, 二寸くらいの, 五つの, 交わりうる新しい, 人間の, 今にも何, 今も, 仰ぐ狭い, 会得した, 低い気味, 低く叫んだ, 何かを, 何がなし光, 何の, 何んの, 何者かが, 例の, 信じきって, 信頼された, 偏頗な, 僕に, 兄さんが, 光が, 光るやう, 全体の, 八匹の, 円い小さな, 再び浮び始めた, 冷たくなっ, 出されるよう, 出た一滴, 出た彼, 出る感動詞, 出る様, 分解し, 初めてミサ子, 力いつ, 加はる, 動かしたの, 動かすもの, 動揺しかけた, 勢ひづい, 午飯を, 厭いな, 取り上げそれ, 取れた緑色, 取出した切図三葉, 口惜しさ, 古な, 叫ばれて, 叫ぶよう, 吃驚し, 同情は, 吐き出しながら, 吠えたてて, 吹き上げて, 吹き送る音楽, 周章てて, 呪つた笑ひでは, 呻いたの, 呻き出すやう, 呼びかけたくなる, 呼んだ, 哀, 唸った, 唸り出したの, 喚び起されて, 喜んだり, 嘉代吉の, 嚇して, 國を, 土台までは, 多大の, 大きい岩, 大きなゴング, 大きな愕きの声, 大民, 大霧, 天日を, 太い綱, 女の, 女房が, 嫌だ, 嬉しくな, 子供の, 安祥として, 宝物の, 家系に関する, 寒々する, 察してるが, 小さな白い, 小室に, 小山の, 小鉄, 少しも, 山岸さんに, 岡村は, 己は, 帆足万里の, 年に, 幽かな, 床の, 底にかけては, 引きあげて, 引き摺り出して, 引繰返す, 強い力, 彼が, 彼女自身も, 得られる鉄, 微かな, 心の, 必死に, 忽ち清い, 怒りを, 怖くなつた, 思いがけなく手紙, 思ひましたの, 思案あまっ, 怪しい声, 恐ろしい声, 恐怖に, 恥か, 息を, 悟り知る, 悦んだ, 悲しみ怒つて, 悲鳴が, 愉快で, 愛を, 愛着し, 感じて, 感動させられる, 感得した, 感歎した, 感謝の, 憎かつ, 憎み出して, 憎んだの, 憤つて, 憤怒の, 懺悔の, 或る, 手を, 打上げられたの, 抜かれる仕掛け, 抜けねえよう, 抱へ, 押し上げるよう, 押し出す強い, 拾い出すこと, 持ちあげる感激, 持ち出して, 捕えがたき, 掘りかえして, 掘り出されて, 掘り起こされたよう, 探し出したもの, 掻き廻わ, 揺ぎの, 揺りうごく人, 揺り動いて, 揺り動かす魅力, 揺り覚しました, 揺れ響くであらう, 搜し出した, 攪き廻された, 放浪者の, 救い出す事, 救はれた, 数多の, 斯んな, 新らしい, 新鮮な, 昇るでせう, 時々悪臭, 暖かで, 曳きずり出し, 朦朧と, 本能的に, 来る熱, 根からの, 根づよい中農性, 棒の, 楽しんで, 次第に浮き上がっ, 次第に火口壁, 正義感が, 死骸が, 気づくこと, 気持の, 水が, 水沫の, 求めさせる, 汲取れぬ, 沁み光る, 河蒸気の, 沸き上って, 沸き立って, 沸き騰る濃い, 泡が, 泰軒に, 洗練され, 流れて, 流れ出るの, 浅ましく思わず, 浮かび上がって, 浮きあがらせ, 浮き上がるもの, 浮き上る, 浮き出す紫色, 浮く泡, 浮ぶ瀬, 浮上がって, 浴衣地の, 消えなかった, 涌きあ, 涙して, 涼しく吹い, 深さ十センチ, 清浄な, 温まるよう, 湧いた水, 湧き上, 湧き上がる泡, 湧き上り, 湧き出すかも, 湧き出ずる歓喜, 湧き出るほん, 湧き起つて, 湧くやう, 湧く環境, 湧上つて來る, 湧出る, 湯の, 溜息が, 溢れ漲つて來, 漂った, 濁った, 濛々たる, 烈風の, 無性に, 無氣味, 焼くが, 煮えくり返って, 熊手の, 燐光を, 父が, 物を, 犯行に, 珊瑚の, 現れた此等, 現われて, 甘えて, 生ある, 生きて, 生じて, 生気を, 異様な, 痛快の, 発する者, 登って, 白い薄, 皮肉に, 盛りあがる氷, 真剣であっ, 真面目です, 眼を, 瞶める, 知り抜いたと, 砂を, 碧落を, 祈って, 私の, 種々の, 空の, 空腹を, 突き上げて, 突き出して, 窓を, 立ちのぼる気泡, 立ち直る生きがい, 笑いました, 笑ったこと, 笑ひこけました, 笑ひ崩れる, 笑わせた栞, 笑顔を, 籠み, 紅蓮の, 細い悲しい囁き, 絞り出すやう, 絞るよう, 絶えず脱, 絶望せる, 綺麗サッパリとは, 緊張し, 美しい体, 義憤の, 聴え, 肩を, 腐って, 腹を, 自惚れて, 自暴自棄に, 舟木を, 良心の, 芳秋蘭の, 草の, 落ちくぼんだ, 落葉を, 蔭に, 薄っす, 虎の子の, 融け合って, 行う方, 衝き上げるよう, 褒美られ, 覆すという, 見あげるよう, 見つけ出したの, 見ると, 見付け出したん, 覗いて, 親切気を, 解けて, 言は, 訳も, 諦めて, 讃めたたえ, 谺を, 赤ん坊が, 走つて, 足を, 跳出した, 躍り上ったよう, 転んだわけ, 輝いて, 込みあがる態, 迷うて, 退屈し切っ, 逆巻き返し, 這いあがり目, 這ひ出した, 道路工事の, 遠く幽か, 酒臭い, 重い刀, 重苦しいもの, 金玉燦然たる, 針の, 銀貨が, 鍵を, 長い長いため息, 閃めいた, 階下の, 雄大な, 離れずに, 離れないの, 雪に, 震い上らせて, 震ひ動く, 霧に, 露わな魂が, 静かに, 音も, 頼みにね, 顏ぢゆうに, 飛び出すため, 食べたもの, 驚いた, 驚嘆した, 高い所, 鬼気迫る, 魔軍を, 鮮麗眼を, 黒い頭髪

▼ 底~ (1231, 8.8%)

28 割って 22 流れて 18 ついて, はたいて 13 覗いて 12 割つて 9 さぐって, 叩いて, 歩いて 8 探って, 見せて 7 わって 6 割れば, 目がけて, 見て, 覗くと 5 くぐって, 潜って, 見ると, 覗いた 4 のぞいて, われば, 探して, 覗くよう, 貫いて

3 [17件] さらって, めがけて, わると, 上に, 傾けて, 埋めて, 打明けて, 払って, 抜いて, 探ると, 流れる水, 浚って, 知って, 見透して, 覗いたの, 覗くこと, 這って

2 [76件] かい潜って, くぐらして, くまなく, さまよ, た, たたいたり, たたいて, たたくの, ついたと, ついた形, つきかけて, つき現実, つくして, つけて, つらぬく精神, ながるる谷川, はたきて, はたく時, ひらいて, もったりんどう, やぶって, ゆわえて, わたって, 一面に, 二重に, 写した二枚, 割ると, 叩くと, 叩けば, 奇妙に, 尋ねれば, 尽して, 彼は, 持ちあげて, 持って, 指して, 振り上げる拍子, 掠めて, 探りたい念願, 水が, 泳いで, 洗えば, 流る, 流れるこの, 流れるの, 流れるもの, 流れる千曲川, 流れる木曾川, 流れ観察, 浪に, 潜り水面, 煉瓦に, 発明し, 眺めた時, 眺めて, 石狩川が, 縫って, 能く, 行くやう, 見すかされるよう, 見とどけること, 見抜いて, 見抜かれると, 見抜くこと, 視透かしたかの, 覗いた時, 覗きながら, 覗き込むと, 覗き込んで, 覗こうと, 足で, 蹴って, 載せて, 透かして, 通って, 電光の

1 [803件 抜粋] あつちこつ, いくつもの, いくらさぐっ, いっそう固く, うかがいたいもの, うすい鉛, うちあけ魂, うちつけるよう, お友だち, かえして, かきまわした, かきまわし水, かき乱して, かき廻されたもの, かき廻した者, かすかに, かみ破った, がさご, きわめた者, くぐった, くぐらなければ, くぐり抜け田舎, くぐる, くまなく見廻ったが, くわしく語っ, ぐらぐらさせた, こうして流れ続け, こそげずに, こもごもに, ごうごうと溪, ごしごしやる, ごろごろと, さうぢ, さがしはては, さぐらせ自分, さぐりながら, さぐり合って, さぐるよう, さらえるという, さらして, さりげない, ざわめき流れる, しきならべて, しっかりと, しぼるよう, しもとめざるひま, じっと見入った, じっと覗く, すくと, すこしく離れた, すっと, ずいぶんと, ずゐぶん, そっと落す, その小さな犬, その渓, たづな, ちょっと蹴立て, ちらと, つ, ついたころ, ついたところ, ついたわけ, ついた感じ, ついた演技, ついた現代, ついた表現, ついてないン, ついて行った, つきさすよう, つきまくりひつくり, つき抜けて, つくてい, つけたよう, つついて, つつきくずして, つつむもの, つらぬく経済的政治的, とめて, どこまでも, どしどし抜かれ, ながめながら, ながれて, なして, なす敷網, なで回した掌, ぬかない用心, のし上げます, のぞいたよう, のぞかせる, のぞきこんで, のぞき知ろうと, のぞき込む, のぞき込むよう, のぞくよう, のぞけば, のべて, はいまわり, はいまわる, はげしくついた, はたいても, はたかせたが, はたき淀川, はたき無理, はたけ, ひそかに, ひとり這い廻る, びっくりする, びらんさせ, ふし拝みました, ふるわした, ふるわせて, ぶちまけるアメリカ流, ほじくって, ほんの少し, まともに, みおろすと, みせた, みせ正成, みつめその, みるを, もぐつて, もったり, もんで, やられて, ゆく無音, ゆすって, ゆすり出したよう, ゆり動かす怖, よぎり, よく打ち割っ, よく知り, わずかな, アルコール, グングン落ち込ん, コジ開ける, コンクリートで, ザラザラと, ジッと, ジャラジャラいわせ, セメントで, チラと, トラックと, ハタい, ハタイちゃった, モーター, ユックリ歩く, 一つ温めよう, 一時間余りも, 一本細い, 一様に, 丁寧に, 丈夫に, 上る涸れた滝, 上手袖から, 下げるという, 不気味に, 中空の, 九十九に, 二つの, 互いに披瀝, 人類の, 今さら宮方, 何かで, 何者かが, 使いの, 傾けたらしい, 傾けても, 入れたもの, 入れてから, 入れようと, 冷たく青蒼, 出でて, 判じかねただ, 利根川の, 刺しながら, 剥いで, 割ったと, 割った以上, 割った方, 割った話, 割つた気持, 割つた結び文, 割らぬうち, 割り兼ね, 割る, 割るほか, 匐って, 半町ばかり, 叩いたらどんな, 叩かぬ謂れ, 叩きて, 叩きながら, 叩き鰺數尾, 叩くやう, 叩くを, 叩こうとは, 叩て, 右に, 吠えて, 含んでるやう, 吹き荒れる風, 吹くとも, 味つてゐる, 嗅ぐよう, 嘗め尽し難き生温, 噛まれて, 噛まれると, 埋めるなど, 大きく存在, 大きな波濤, 大陸から, 奪はれし, 小手を, 少しばかり, 尽きかけた, 差覗く, 干して, 幻影の, 引き出した, 引掻き廻すと, 往来する, 思ふなり, 思わせる澄んだ碧, 悟つたの, 意識した, 手のひらで, 打ちぬいたら何処, 打ち割った話, 打ち割つた言, 打ち明けたの, 打ち破って, 打った, 打って, 打つよう, 打明けられた, 払き, 払ひ, 抜いたところ, 抜くという, 抜くところ, 披瀝い, 押して, 押し潜り西北, 拔け, 拔けて, 持たない, 指さすよう, 指す, 振って, 捜したら渠, 捜索した, 掘った, 掘って, 掘りぬいて, 掘り下げなければ, 掘り得たこと, 掘る気, 探したが, 探すより, 探つて, 探らむとす, 探りたる者, 探りまわった, 探り箪笥, 探れば, 探ッ, 探険する, 探險, 掬うよう, 掴んで, 掻いて, 掻きま, 掻きむしられる様, 掻き乱した, 提灯が, 握らんと, 揺り動かさないはず, 搖すぶる, 撫でつつ, 擦って, 擽ぐるよう, 支えて, 支えながら, 敲くほどは, 日は, 明し合っ, 有するもの, 望んだり, 望んで, 根拠地として, 棲み場, 極めし者, 橇の, 櫓の, 歩くの, 歩ませて, 水に, 沸きのぼる, 泥ンまみれに, 泳ぐが, 洗いながら, 洗った, 洩らされて, 洪水の, 流るる哀韻, 流るる形容, 流るる春, 流るる活動力, 流れた, 流れては, 流れる, 流れるほのか, 流れるリズム, 流れる二つ, 流れる寂し, 流れる川, 流れる情緒, 流れる河, 流れる無, 流れる青春, 流れ表面, 浅くし, 浚われて, 浚渫する, 深くし, 深く潜っ, 清め下水道, 渓に, 渡りあっち, 渡るの, 渡る気, 滑って, 潛つては, 潛つてゐた, 潜ったり, 潜つてバラ, 潜つて何か, 潜り上っ, 潜ると, 潜る音, 潤おす程度, 濡らすに, 点じて, 無器用に, 焼切るん, 煖める, 照らして, 照らします, 熱心に, 現して, 生命カラガラ肩の, 男性の, 痛くし, 皮肉に, 皿に, 眺めた, 眺めたが, 眺めました, 眼の, 知つて居りました, 知らぬ深刻, 知るもの, 破って, 確かめて, 磨き上げた金属製, 私は, 秘めて, 究むる時悲惨と, 究めますこと, 空に, 突いた, 突いたの, 突き抜きそう, 突き抜けて, 突き止めて, 突き破って, 突き立てて, 突くと, 窺うもの, 窺ったが, 窺ひ, 立てて, 籠に, 紺藍に, 経て, 継ぎ合, 続きつながって, 網で, 線が, 縫つてその, 織って, 脅かし始めるという, 腹に, 苛責の, 落して, 蔽って, 虫ば, 蛸の, 血眼に, 行く水, 覆う分量, 見おろすやう, 見きわめて, 見すかされまいぞ, 見すかされまいと, 見せた, 見せつけられるの, 見せても, 見せます, 見せられました, 見せること, 見せるほど, 見せるほどに, 見せるやう, 見せる短艇, 見たまえ, 見たら有, 見たら有ったから, 見ぬいたもん, 見ぬこう, 見は, 見るし, 見るの, 見るやう, 見る水, 見れども, 見上げるの, 見下す崖, 見下ろしたよう, 見下ろすよう, 見入るよう, 見抜かれたの, 見究めようと, 見詰めた, 見詰めながら, 見透かして, 見透すが, 見透す診察治療, 視つめゴクゴク, 覗いただけで, 覗かして, 覗きかけて, 覗きこんで, 覗き出した, 覗き込みつつ, 覗き込みながら, 覗き込むよう, 覗く, 覗く寂し, 計ろうとしても, 話して, 認めざれども, 語りコツ, 説くは, 誰か, 誰が, 調べると, 貫ぬい, 貫流する, 走って, 走つて, 走りまわる潜航艇, 走るの, 走る潜航艇, 踏むと, 踏んだとき, 蹴るかくして, 軋ませて, 辷って, 辿って, 近所の, 返して, 這いまわったって, 這い上がってから, 這い渡って, 這う, 這うもの, 通過し, 通過しつ, 野伏同様の, 鉄軌が, 銅の, 長くさまよっ, 閃めい, 関連する, 隔てたよう, 隠して, 隠すよう, 集めたので, 離れないで, 離れる, 雨が, 震わして, 静に, 馳せて, 駈け廻わって, 駛走する, 骨折した, 鯉や

▼ 底~ (808, 5.8%)

32 沈んで 23 落ちて 21 降りて 9 下りて, 底へと 7 投げ込んで 6 もぐって, 沈めて, 消えて, 身を 5 おりて, 入れて 4 落ちこんで, 隠して 3 下って, 手を, 投げ込まれて, 潜って, 真逆様に, 落ちたの, 落ち込んで, 逆落しに

2 [38件] おちて, かけ下りた, ころげ落ちて, ころげ込むところ, しずんで, しっかりいれ, すべり落ちて, それを, ついて, とじこめて, はいって, ひっくり返して, ふれて, もぐつて, もぐり込んで, 向って, 吹き落されて, 埋めて, 墜落し, 奇怪な, 帰って, 引きこんで, 投げこんで, 梅干一つ入れ, 沈みこんで, 沈むの, 沈んだよう, 滲み渡る寂し, 突き落として, 突落され, 落した, 落ちた雪, 落ちる, 落つこつて, 追い込んで, 通じて, 降って, 隠した

1 [565件 抜粋] あぐらを, いう, いそいだ, いそいで, いれて, うずめたいとも, うずめ上, えぐるよう, おちる, おっこちるだ, おつ, おつこつ, おろしました, お呼びに, お帰り, お杉, お落, お陀仏だ, かき消えて, かくしたの, かくれた, かくれた遊撃潜水隊, かくれて, かけて, かけては, かどわかされて, きえて, くぐって, この一八郎, こびりついて, これが, ころげ落ちました, ごっとん, しずまなければ, しずみました, しっかり焼付, しまって, しまつて, しみ透って, じゃらん, すれすれに, ずぼん, ずりこむよう, ずるずると, そっと秘めた, たたきこむかと, たたき込まれた, たたき込まれたって, ただもう, たどり着いたチョビ安, ためたよう, だれが, ちやんと, ついらく, つきおとされた気持ち, つきおとすよう, つきのめされた新九郎, つき落されたよう, つめて, つれこまれて, つれて, とおった, とっぷり暮れ, とびこんで, とび下りるキッカケ, とらえようと, のびて, のんで, はいったに, はいりこむの, はいりこんで, はまりこんで, ひきこまれて, ひきこまれるよう, ひら, ぴったりくっつき, ふたたび一気に落ち, ぶら下げて, ほうりこみ揚句, ほうりこむ, ほかの, ぽとと, まっさ, まっすぐに, まっ逆様, まつ逆, むけて, めいりそう, めりこむよう, もぐった, もぐったの, もぐっても, もぐつた時, もぐらうか, もぐられて, もぐりこみ突然, もぐりこむよう, もぐりでも, もぐりました, もぐり其処, もぐり込むよう, もぐるなんざ出来, もぐるの, もだえさせて, やるため, ゆくという, ゆくほど, よびよせて, ガラガラと, キリキリと, ギッシリたたん, ゴソリと, ザルに, シッカと, スーッと, ズリ落ち, ヂクリヂクリと, ドウンと, ドシンと, ドドドドドッと, ポンと, ムリに, モンドリ打っ, 一人取残された, 一個の, 一側並べて, 一寸手を, 一面深い, 万吉の, 三界万霊塔を, 下ったからとて, 下りたかな, 下りる, 下りること, 下りると, 下り立ったが, 下り立つよう, 下るといふ, 下る斜面, 下積みに, 不気味なひびき, 丸い穴, 主人公が, 二三べん, 二人が, 今の, 仕掛けを, 仕掛を, 伴れ, 何処までも, 何層楼の, 何層樓の, 保存さるる, 俯つ伏し, 入ったこと, 入って, 入りそして, 入れ満足, 内懐へ, 出口の, 刳り込まれ滝, 刻み込むよう, 半紙を, 又行く, 収まって, 叩き付けられるん, 同じよう, 向かって, 向けて, 吸いこまれて, 吸い込まれるよう, 吸ひ込まれる, 吸われて, 吹き飛す勢ひで, 呑みこまれて, 呼ぶため, 嗚呼歓喜, 團子に, 埃まみれな, 埋って, 埋め去るなど, 墜入ります, 墜落した, 墜落ち, 墜落落ち, 大石を, 大騒ぎを, 失いおのれ, 失踪した, 姿を, 宝を, 家宝を, 小判を, 小石を, 少年らしい甘えた, 山の, 崩れ落ちて, 崩折れた, 巧みに, 差し込まれると, 差向けました, 巻き込まれずに, 巻き込まれたので, 巻き込まれた彼, 廻ったらしい, 引きこまれるよう, 引きずりこまされそう, 引きずりこまれる感じ, 引き入れられて, 引き弔, 引き戻し, 引き摺り降しまた, 引き込まれそう, 引き込まれる, 引き込む陰性, 引ずり込んだのさ, 引込まれるかと, 引込まれると, 引込まれるよう, 引込むよう, 御両親, 微紅く生なましく, 心の, 忍び込んだ事, 急いで, 急ぐ途中, 急転直下する, 慕いさ, 手さぐりで, 手紙が, 打ちつけた, 投げこまれて, 投げ下ろされ必ず, 投げ入れられたこと, 投げ落すと, 投げ込みました, 投げ込むつもり, 投げ込むと, 投げ込もうと, 投げ込んだの, 投げ返された今日, 投げ飛ばした, 投落す, 抛って, 抛りこんで, 抛り込まれた万太郎, 抜け出して, 押し堕される, 押し落した, 押し込むと, 押し込んだの, 押し込んで, 押し込んでから, 押込めて, 押込んだ, 押込んで, 振り落した, 探りの, 放り込んで, 敷いたの, 斜めに, 木炭と, 来た, 来たの, 梯子伝いに, 極く悪い, 横わる, 毒を, 気が, 水の, 水を, 水葬に, 沁み徹る冷めたさ, 沁み渡る, 沈まうも, 沈みこむようなもがきをしばらくしていたが, 沈み候よし, 沈み果てまするわたくし, 沈み落ちたが, 沈み落ち校庭にも, 沈み落ち深川オペラ劇場主人の, 沈み込んで, 沈むとも, 沈むやう, 沈むよう, 沈むらしい水, 沈めかけようと, 沈めただろう勿論, 沈めたと, 沈めた筈, 沈めちまう方, 沈めまして, 沈めようと, 沈められて, 沈められては, 沈めるなどと, 沈めろと, 沈んだと, 沈んだの, 沈んだアトランティド大陸, 沈んだ小刀, 沈んでから, 沈んでは, 沈潜し, 没し去らんか, 泥が, 流して, 流れこむの, 流れ注ぐかと, 浸み, 浸み渡って, 消え沈もうとして, 深く埋め, 深く沈ん, 清水が, 溺死体の, 滅入り込むと, 滅入込ん, 滑らし落したやう, 漲ると, 潜らうと, 潜らなければ, 潜り込んだかと, 潜るん, 潜る社会, 潸々の, 澄切ったという, 濠水を, 無体に, 無限に, 焦げ付かないよう, 焦げ付きません, 煮た松茸, 狩り集められた数百匹, 独りで, 生きながら, 生埋めに, 目を, 直接体が, 眞倒に, 真っ逆さまに, 真一文字に, 真倒, 真逆様, 真逆落し, 着いた, 着くと, 石の, 石棺に, 秘して, 突き墜と, 突き落されたとでも, 突き落されて, 突き落した, 突き落し兼ねない, 突き落し惨めな, 突き落とされたって, 突き落とされたよう, 突込んだ, 粘った血, 納い込ん, 紐に, 紙の, 紙を, 細かい砂, 組敷れた, 縦に, 繰下げられた, 置いた, 腹を, 自分から, 自分の, 自動車もろとも, 草の根が, 落して, 落すよう, 落ちこむ, 落ちこむかの, 落ちこむばかり, 落ちた, 落ちたよう, 落ちたホーキン氏, 落ちた時, 落ちついた, 落ちてたらしい, 落ちても, 落ちゆくよう, 落ちようとして, 落ちるお, 落ちるの, 落ちる時諸君, 落ち付いた一刹那, 落ち損なった, 落ち込みましたが, 落ち込むの, 落ち込むよう, 落ち込む虚無, 落ち込んだあの, 落ち込んだやう, 落っこちたり, 落っこちます, 落っこちるよう, 落とさねば, 落として, 落ッこッた, 落下し, 葬らなくっても, 葬られたから, 葬られて, 葬り去った話, 葬り返そうと, 蔵したるが, 薄赤く生生しく, 蟇の, 行かれるに, 行きことに, 行き着いたかと, 行き着くだろうくらいの, 行くほど, 行くよう, 行けば, 行っても, 行つても, 行つて来, 見えなくなった, 触れないよう, 誇りの, 誘われたかも, 谷底へと, 足で, 足の, 足を, 足場も, 跳ね飛ばされ微塵, 跳びこんで, 踞つて, 蹴落されたとて, 蹴落した, 蹴落したと, 蹴落して, 蹶落された氣持, 身でも, 身体は, 転がり落ちようと, 転げ墜ちた, 転げ落ちた, 転げ込んだ, 転倒した, 転落しない, 轟と, 辷り落ちた, 辷り降りて, 返した, 追い落され漕ぎつづけて, 追い落し, 逃げこんだ, 逃げて, 這い下, 連れて, 達きません, 遠くで, 釘一本置き, 鈎綱を, 長々と, 長くトンネル, 閉じられたよう, 降った事, 降らねば, 降りられるやう, 降りる, 降りると, 降りるばかり, 降り立った, 降り行き黒い, 降る外, 降る途, 陥ち込んだもの, 陥ったよう, 陥落した, 陽の, 隔てられて, 震い落す程, 霞を, 静かに, 音楽と, 響いた, 響いて, 響く声, 顔を, 飛びこむの, 飛び込むと, 飛び込んだら自分一人きり, 飛び込んで, 飛び降るかの, 馬もろとも, 馬車を, 駆けおりる, 高く消え, 黄金を, 鼻を

▼ 底には~ (562, 4.0%)

6 底が 5 何も, 川が 3 このよう, それが

2 [28件] いって, いつまでも, いつもこの, いつも水, どうしても奪い得ない, まだ他, まだ轟々たる, 一滴の, 何かの, 何時でも, 夫人の, 女の, 容易ならぬ, 彼の, 必ず一つ, 必ず女, 怖ろ, 月が, 木を, 水が, 水も, 消えか, 父の, 異様な, 細かな, 自然と, 鐘が, 陸の

1 [484件] ああ大, あった, あったかいな, あつた, あの年ごろ, あの時, あの貴重, ある苦味いもの, あわれなジャン, いくらか, いつでも, いつもその, いつも一人, いつも次, いまだに柳生石舟斎, いまだに黒, いろいろな, いろいろの, おこなわれて, おさえ難い, お前たちが, かう云, かえって一層の, かかる本質, かぐろい憂欝, かなりの, かのよう, からからの, かわずの, きっと, きっとおどろくべき, きっと優しい, きっと光っ, きれいな, こういう人生, こういう僻み, こういう声, こうした美しい, この, このまま, このモラン, この下男, この徐州, この目, この美, ごくわずかずつ, さうし, さだめし立派, さっきの, ざわめくこと, しかし何, しかし尚, したたかな, しつこく絶えず, すぐ別, すでにこの, そういう身震い, そこに, そのとき, そのほとぼり, そのよう, その上, その石, それらの, それを, ただ喧嘩, たったいま, たまらない皮肉, ちとの, ついこの間, つきり, ところてん, とっても美しい, とても思い, どうなる, どう思っ, どこか, どこかに, どこからか, どこやら, どこやらに, どれほどの, どんな怪物, どん底には, なおあわれ, なお小, なにか気, はなばなしい凱旋, ひそかな, ひつた, ひとつの, ふくよかな, ほんの五, ほんの五六軒づつ, ほんの少し, また大地, また自然, まだたくさん, まだほか, まだ何, まだ士族, まだ少量, まだ底, まだ自分, まつて, むかしから, めらめらと, もう冷涼, もう理想, もう若鮎, もしくは外, もし秀頼, もっと, もっともっとねばっこい, もっと利己的, もつともつと恐し, もはや何物, やはりよい, やはり佐野, やはり実松氏, やはり生魚, やはり純, やはり草, よい舅父, わが身の, アメリカという, イザナギ, コンクリートが, サーピュラは, ジーンと, ソレが, タガネで, ダイヤモンドが, ッきりなお, デモーニッシュな, トロッコが, ドス黒い, レールが, 一つの, 一体どんな, 一封の, 一種の, 一脈の, 一芽の, 一身の, 一面に, 丁度真上, 上の, 下の, 不平が, 不思議にも, 不満も, 不滿, 不相変, 世間の, 両方を, 並々ならぬ, 丸い月, 丸で, 事あら, 二つの, 二枚続きの, 云い難い淋し, 互に言葉, 五寸釘が, 五立方サンチメエトル位の, 人が, 人を, 今度こそ, 今彼等を, 仏の, 仮借の, 伝統的な, 何うし, 何か, 何かしらじっと, 何かしら割り切れぬ, 何かしら自分でも, 何が, 何だかもう絶望, 何とない愉し, 何となく自暴, 何となく謝りたい, 何とも云, 何にか, 何にも, 何の, 何十匹と, 何物か, 何物が, 何物も, 例の, 倦怠の, 假借の, 僅かに, 僅に, 優しい涙, 充実した, 先帝後醍醐の, 先行し, 写らぬが, 冷たいある, 冷笑家らしい, 処々黒い, 刃を, 分析の, 切っても, 別に一種, 別種の, 前にも, 前夜彼を, 動物の, 十五円しか, 半世紀, 卑屈な, 危むところ無き, 原稿を, 厳として, 取り去りがたい, 古綿, 君に, 呼吸する, 啾々たる, 喜びどころか, 單に, 嚴として, 四ヶ村が, 固い雪, 埃が, 堅い凝灰岩, 壇上の, 多少は, 多少正義, 夜に, 大きい波, 大きい鯰, 大きな工場, 大小さまざまの, 大河が, 天国が, 天国の, 奇妙な, 奇怪な, 女という, 女性の, 女性特有の, 好学の, 如何思つて, 妖女の, 妙に, 子供らしい, 子賎, 孔子は, 學生, 宇宙線が, 宇宙線は, 守吉の, 安ん, 安心の, 実に美麗, 実際に, 家の, 寸間も, 小さい水銀, 小量の, 小麦の, 少ししか, 少しばかり, 少しも, 岩が, 岩石が, 岸本の, 巻紙が, 常にこの, 常に上士, 平原が, 幾分か, 底であっ, 底の, 廃仏毀釈の, 張りきった生き生き, 強いところ, 強い決心, 当家の, 彼らの, 彼女の, 彼女を, 彼等の, 御母君, 微かながらも, 微塵の, 微妙な, 必ず小さな, 必と, 必勝を, 忠通を, 怖るべき, 恐しい人食鮫, 恐ろしい大, 恐ろしい苦悩, 悪魔が, 悲しく微妙, 情も, 情愛が, 愛と, 愛人の, 感じられて, 憎悪を, 或物, 抑え切れない寂し, 押え切れぬ躍動, 持つもの, 掬めども, 敗北した, 数奇な, 敷石を, 斯ほどにも, 既にその, 日本への, 日本を, 早や, 明かに, 明るい微笑, 昔から, 昨夜到頭, 昨日の, 昨日浚われた, 時々ガリガリという, 暗緑色, 曲彼に, 更にひとり, 更に直径二尺許, 末は, 本人にも, 柘榴や, 栓が, 梃でも, 梶田半古仕込みの, 極めてかすか, 横に, 横向きの, 正勝の, 正直勤勉な, 此那毒を, 残るが, 母に, 母親に, 毎朝こ, 水たまりけり, 水っ, 水の, 水夫頭の, 水藻が, 水面から, 永いこと, 永い戦乱, 永劫に, 永遠の, 池が, 沈痛なる, 油紙で, 泡の, 泥を, 消せない憤りが, 淋しい空虚, 淡い憤懣, 深い恨み, 深い憂愁, 深く快活, 深く深くあの, 温かい情, 滑稽な, 潜在的な, 濁つた蒼い, 炎が, 炭の, 無限の, 熔岩片の, 燃ゆる, 爆然たる, 片時は, 猶來, 猶承知, 獅子でも, 生れつき陰険が, 生返った, 生返つた, 番兵の, 異なって, 當然怒, 白いどろり, 白くて, 白芙蓉の, 白骨の, 皆が, 相当の, 真の, 真劒, 真昼の, 矢張そう, 矢張心配した, 石や, 砂を, 砂礫が, 硝子が, 確かに, 私は, 秋の, 空想化された, 穿きふるし, 粗野と, 精巧を, 糟が, 紙が, 細長い水草, 絶えず果敢, 絶えない淋し, 網膜の, 罪を, 美しい人情, 美しい歌舞伎役者, 考へなければ, 聡明で, 胎児に対する, 臆病な, 自信あり, 自分が, 自分以上に, 色々な, 色さまざまの, 若い女, 若い生涯, 苦痛とも, 華岡医師から, 蒼い澄んだ, 薄蒼い, 藁屑まじり, 虚無の, 蜀は, 蜜が, 蜜液が, 袖乞いの, 袖乞ひ, 裸なる, 見た事, 言いしれぬ憂い, 言うに, 言ふべからざる, 許さぬ気性, 謂わば, 貞任や, 貴子と, 赤く, 逆に, 逆樣, 透明な, 遠い旅, 醜悪な, 針の, 鉄が, 銀の, 長蔵さんにさえ, 陸地が, 随分辛い, 雨水が, 青泥が, 青藻と共に, 面白くない, 音楽浴の, 顫える, 風か, 香りを, 驚いたよう, 驚く可, 高い潜熱, 高見山で, 魚の, 鮮な, 鮮鱗が, 黄昏の, 黒い扁平, 黒い色, 黒く脂, 龍宮という

▼ 底~ (479, 3.4%)

6 彼は 4 私は 3 何か, 呟いた, 声が, 自分を

2 [25件] あるか, ごうごうという, とけて, ひそかに, コングロメレートから, 古沼, 叫んだ, 呟いだ, 唸つた, 太田は, 姑や, 往生し, 感じて, 手を, 折が, 摺り拡げて, 此樣な, 目を, 繰り返した, 考えた, 聞えるといふだけ, 自分の, 足掻きの, 静かに, 鳴り尽し

1 [407件] ああも, あさ, あたしは, あつた, あてに, あの男, あの眼, あらう, あわれ, いういや, いうて, いくぶんの, いじらしそう, いちに, いちばんよく, いった, いつた, いつて, いつも思つて, いつも遠慮, いぶかしく苦悶, いろいろな, うごめく野牛, うめいて, うーんと, おそろしい人, おっかないよう, おどった, おのずからうなずかれ, お前の, かういふ相談, かすかに, かれの, きいて, きこえて, きこえるやう, きらきら光る, くろい瞳, ぐちや, けなして, こういっ, こう呟いた, こき落して, こっそり求め, この問題, この部屋, こぼして, これぐらい, これぐらゐ突き放し, こんなさわぎ, こんな事, ごそごそしてる, ごそり, ご最期, さう囁いたが, しばらく其, しばりつけて, しみじみこう祈った, しみじみと, しみじみ情けなく, しんから, するよう, そう呼ん, そう独り, そく, そっこりと, そっと嘆息, そつこりと, それに, そんなこと, たじろぐもの, ただ機械的, だれひとり, だんだん自分, ちっとも女, つぶやいた, どうしてお, どう思っ, どことも, なおもはげしく, なみいる頭数, にこにこと, のたうち回って, はっとした, はね起きたの, ばさり, ひどくしりもち, びっくりし, ぴくぴく動い, ふと立て, ぶつぶつごそごそささやく, ぼんやり夢, ぼんやり幸福, ぽたりと, また会っ, まだ, まだこの, まだ島村, まづ, まぼろし, みじめなる, みるみる温かく, むせび泣くよう, もう一度, もがいて, もし祖父, もつれあうタコ入道, やっと気力, やつぱりさうだと思はず, ゆらめいて, ゆるく傾き流れた光り, よろこんだ, イワンの, ウ, オルガの, ガリガリどなる, ガンガン鳴り出し, キシキシいう, ゴムの, ザラザラ動く, ザラザラ動くでしょう, ダイナマイトが, ヒラヒラと, ブーブーガアガア言う, ペチヤ, ホテルの, ポンと, ルリさんを, 一点絶望し, 一生を, 三方子川の, 上からの, 上の, 不安だった, 不平を, 不思議な, 世から, 二人の, 云った, 五人から, 五郎は, 些なから, 京都の, 人知れず溜息, 今度は, 低かつ, 体じゅうを, 何て, 俄かに, 働いて, 免職を, 全く不意打ち, 出ただけの, 助けて, 動く, 動くもの, 半殺しに, 卓を, 取れたんぢ, 叫びぬいて, 叫び死ぬる, 可笑しい位, 合って, 吉川の, 吹き飛ばされて, 呪いながらも, 呻いて, 呻った, 呻っと, 呻りつづけ, 呼ぶ声, 唸った正木博士, 唸りました, 唸り声を, 喚いて, 喚く群集, 嘲り更に, 噛みしめながら, 囁くの, 囁くので, 固くそう決心, 固く固く誓い固めた, 土地には, 地虫が, 声を, 夏じゅう明け, 多寡を, 夜の, 夢の, 夢中に, 大きく低く長く啀, 大きな大きな太鼓, 天が, 天の, 天幕を, 太陽に, 好奇心に, 妄想した, 妙に, 始まって, 子供が, 密閉した, 小刀が, 小林少年と, 少しつま, 巌と共に, 巖と共に, 巣籠り, 常に反対, 幽かに, 幽に, 幽界の, 幽霊の, 幾つもの, 弾き返るもの, 彼女に, 彼等が, 待って, 心が, 思い出し思い出し鳴く虫, 思い決して, 思うの, 思った, 思ったが, 思って, 思つてゐる, 思ひ決して, 怯えを, 恐れ惑い, 悲しい歌, 惨殺され, 愉快だった, 意識を, 愛して, 愛で, 戦って, 扉が, 手に, 手ばやく箱, 扱きおろすお, 抱き合う二人, 拾った小判, 捉えやした, 探るよう, 支えて, 昆布の, 暗の, 暴風雨でも, 最後を, 月が, 栗の, 欣びながら一八郎と, 歔欷し, 正しい本質, 正式に, 死ななければ, 死んだという, 死んだふり, 死んだよう, 死んだ鳥, 死んで, 死刑囚たちが, 死骸を, 段々に掻, 段々を, 気に, 水ぜ, 水の, 氷蝕湖の, 沙を, 油布に, 法官らの, 波, 波が, 泣く蟲, 泳いで, 洋酒の, 流星を, 淋しがっ, 済んだなとさえ, 済んで, 湧き立って, 滝壺と, 滴りを, 潜水兜を, 激しく泣き叫んだ, 火でも, 火を, 火山でも, 炭火を, 無意識ながら, 無言に, 煮えつまるの, 煮えるもの, 熊が, 燃え燻って, 物を, 物思いを, 独り貧乏を, 狼狽させられた, 獲物を, 生れた, 生れて, 異国に, 疑ぐり, 疑って, 発見された, 発見した, 白髪茨の, 白髮茨の, 目玉が, 相打っ, 真珠が, 眼を, 知って, 礼教を, 祈りの, 神経の, 秀子の, 私の, 私を, 空に, 笑うのみ, 笑って, 笑つ, 笑つた, 笑ひ出した, 第二, 紅の, 細工し, 終始せき立てられ, 絶えず轟々たる, 縦横に, 縮こまる蚯蚓, 繰り返して, 繰り返し云, 翅の, 考えて, 考えてるから, 聊か事情, 聞いて, 聞かされた様, 聞きつけた, 聞くよう, 聲が, 育ちかけて, 腐って, 腹立たしく妬ましく思ふ, 膨れ始めた嬌奢, 自分から, 舞う雪片, 苦しくうごめい, 茫然と, 茶臼を, 葬った, 薄笑いし, 藻掻き出した, 虎井博士と, 蛙の, 蝕ば, 蠕動し, 衝突する, 見たの, 見つけました, 見られたと, 見る母, 覗いた透明, 観測を, 言いつつ, 話して, 話て, 誓うよう, 誰言わぬ, 赤い舌, 足が, 踊り廻, 踏みつぶして, 踏みにじって, 踏み固めたもの, 踏む段々, 身を, 轟々と湧き立ち, 轡川に, 返事した, 返事しました, 退屈を, 逃亡という, 運動を, 重々しく開いた, 重々しく開く, 鉦を, 鏡を, 鐵と, 長い縄片, 間道の, 闇から, 陰に, 陰気なおも, 雲が, 電車の, 霜柱の, 静って, 頭の, 風の音を, 鳴って, 鵞鳥が, 黄いろな

▼ 底まで~ (461, 3.3%)

6 見抜いて 4 澄んで 3 続いて, 見透して, 透いて, 降りて

2 [16件] しみとおるよう, ラムネの, 凍るよう, 喰い入って, 憎みと, 明かに, 泌み通っ, 研究した, 突きとめ, 見える日, 見抜くやう, 見透されるよう, 見通して, 達く, 達すると, 静かに

1 [407件] うちあけたくて, うちよせて, おそわれるの, おちよとばかり, およそリアリズム, かきむしられ彼ら, くぐること, くすぐったい感じ, ぐざと刮り通す, こたえたこと, ころがって, さぐって, さし入れ, さらけだしたギスばった調子, さらけ出して, しずかで, しずんだ人間, しみこたえた, しみました, しみ渡りました, しみ込んだよう, しみ通るよう, しんと静まり冴え返らせる, じっと考え, すきとおった反射, すっかりの, すっかり光, すつかり, すつかり見通され, すー, ずっと沈ん, せいせいします, そこから, そのポーズ, その嗄れ果てた, その瞳, たたき込んじゃった, たっぷり筆, たどりつきました, つきとめねば, つき抜けて, つたわって, つづきそう, つまらないこと, つまり私, ところどころ泥, とどいては, とどかないので, とどく長, なめる, はいりこんだ, はいり込んだ, はっきり見える, はつきり見え, はまり込んで, ひき連れて, ひっくり返した税関吏, ひっくり返して, ひっぱりこまれる, ひびいて, ひりついた水, ひッかき, びくり, びっくりしました, ふれて, ぶちまけて, ほとんど一直線的, まことに凄まじい, みんな改めた, むかむかした, もじつと, もっての外に, もとしみ入る, もとすさまじい, もと思った, ゆきました, よくわかる, わかって, わかってるから, わかりは, わかる, アルコールに, ギンミし, ハタイて, 一度に, 一杯に, 一気に楽, 一箇の, 七八丈の, 下って, 下りた人, 下りて, 下り行くに, 伝播し, 入って, 八十度位い, 冒されかけて, 冷えあがったタヌ, 冷えて, 冷えました, 冷く, 冷っと, 冷り, 冷徹に, 凉しくする, 凍って, 凍らしたその, 凍りたる海, 凍りつくよう, 凍りつく気持, 分りました, 初めから, 初笑, 刻み付けて, 剥ごうと, 割り切れたる態, 動かされたアレキサンダア・ベルクマン, 印象づけられたの, 叩き落すこと, 同時に貫き合う, 吐いて, 吐露しました, 吸いこみながら, 吸い入れぬと, 吸い込んで, 吸った煙, 吸ひこみ, 吸ひ込み, 吸ひ込ん, 吹き降ろして, 呑み込む, 味いを, 味は, 味わおうと, 味わった, 哄笑させる, 唯一刀の, 問詰る, 善良で, 喰ひ, 嗅がせます, 圓朝は, 変態に, 夜明けの, 太陽の, 少しずつ, 届いて, 届かずに, 届きそして, 届き淡紅色, 差し込んだ勿論少し, 平氣, 引いて, 引かき廻して, 引き下ろして, 引き込まれる様, 彼は, 彼女の, 徹して, 徹しては, 徹しない, 徹するやう, 徹するよう, 徹る冷た, 徹る様, 徹る樣, 徹底した, 念入りに, 息の, 情に, 感じて, 感じられる, 感じ尽した, 感激し, 感銘した, 慰めて, 憂鬱に, 我から, 戸外から, 手に, 打ち明ける気, 打ち解けた話, 打ち込んだ夢, 打ち開いてると, 抉るやう, 押さずに, 押しつめました, 持ちこんで, 掘り下げて, 掘り返して, 掘り進みその, 探って, 探つて, 探らねば, 探りつくしたら何, 掻きむしられるよう, 掻き乱すこと, 搖ぶられる, 搜し, 搜つて下手人を, 攪き乱された, 故郷の, 数限りも, 明くなりました, 明るい透きとおった, 明るくなる, 明暗を通じて, 映し出しながらも, 暗黒に, 月明りが, 朝の, 来た時, 根よく, 根を, 桑の, 楽しくなっ, 止め度, 気が, 気持よく, 水が, 氷らせる寒さ, 氷を, 汁粉に, 沁みこむ雨, 沁みとおるよう, 沁み渡つて, 沁み込むだ有難, 沁み込んで, 沁み通って, 沈むやう, 沈む惡魔, 沈んだが, 沈んだ気持, 沈潜させる, 沈潜し, 泌みる, 泌み渡った, 泌み込ん, 泌み通った, 泣きながら, 洗い上げて, 洗って, 洗ひ清められ, 活かすつもり, 浄められる, 浸み徹った一筋, 浸み渡ったと, 浸み渡らないうち, 浸み込むよう, 浸りたいと, 淋しくて, 深く吸い込ん, 深く根, 深く苦しめ, 淵が, 温くなる, 温く知りぬい, 温まりそう, 温めて, 溺れ切ろうという, 滑り落ちて, 滲みと, 滲み入って, 滲み込む生, 滲み込んだよう, 滲み込んで, 滲み通りそう, 潜って, 澄みきってると, 澄みきつて, 澄み切った青空, 澄み渡る, 無である, 無事に, 焼きつくすやう, 焼抜ける, 照らされるやう, 牛で, 理想が, 理解し, 疼痛が, 皮を, 真っ逆様, 真に言葉通り徹底的, 知りあう甲斐, 知りあって, 知りあはむ程興, 知りあふ甲斐, 知りたいの, 知りぬいて, 知り抜いて, 知ること, 私に, 私は, 究めて, 究めようと, 空つ, 空井戸だ, 突きつめて, 突きとめなければ, 突き留める訳, 突き落されはね飛ばされなければ, 突き込んで, 突き通そうと, 突っ込んで, 窮めて, 竜之, 絞りに, 続くよう, 緊張した, 考える必要, 考え抜いて, 聞きたかったの, 腐れつき一朝一夕, 自分の, 荒れ出すし, 落します, 落ちて, 落切った, 落込めとの, 蒼々と, 行かないうち, 行かないに, 行かなくても, 行かぬよう, 行きつかぬうち, 行ったところ, 行ったやくざ者, 見えたよう, 見えたり, 見える, 見えるよう, 見える心地, 見え透いて, 見きわめたよう, 見すかされて, 見すかして, 見すかせるよう, 見すかそうと, 見て, 見とおした真実, 見とおすよう, 見抜くよう, 見抜こうと, 見極めようと, 見破つたつもり, 見破られて, 見破られるとね, 見窮めて, 見貫く力, 見透されそう, 見透される気, 見透す眼, 見透せる妙, 見通さうと, 見通した, 見通しな, 見通しなさいました, 見通すかと, 見通せるってね, 覗かせないうち, 解かして, 触れて, 触れ合うくらいに, 詮索するだろう, 読み取られそう, 読み合って, 讀めます, 貫き通した名言, 身を, 転げおちないで, 辿りついたところ, 追い返された, 追究しなけれ, 退かない決心, 送り込んで, 透きと, 透き通らなければ, 透き通るほどに, 透けるかと, 透明に, 通して, 通る寒, 道中する, 鉱毒が, 開いて, 開き示してるが, 陥らなければ, 陷ち込む, 陽の, 雪を, 震え渡った, 震わせながらも, 青くなっ, 青くふるひ, 靜かに, 響いて, 響くほど, 頭を, 顫え, 顯は, 食いこんだ, 食ひ込まれ, 飲み尽して, 飲み干して, 駆け込んでも, 黒いもの

▼ 底~ (431, 3.1%)

12 見えて 8 知れない 4 あって, どれほど深い, ぬけて, 抜けて, 知れて, 知れねえ 3 ない, 二重に, 拔けて, 深いぞ, 熱くなっ, 熱くなる, 知れん, 見えた

2 [25件] ありさ, ありそう, あること, あるの, あるもの, できて, ないからな, ひやりとする, ふわりと, 入って, 割れて, 地に, 夫れ, 御解り, 急に, 抜けたから, 浅くなり, 痛んで, 知れないと, 知れなかった, 知れぬ, 綺麗な, 見えなくなり水草, 開いて, 離れて

1 [313件] ああ破れ, あった, あつたなら, あつて, あの下, あやしいのよ, あらはれて, あり雑木, あるに, あるん, いいと, いたんで, いちばんいい, いつこわれた, いつの間にか破れ, いまにな, いよいよはっきり焦らつく, お判り, かくれませんでした, きれいに, ぎらぎら光っ, ぐうっと洗い流されてる, ぐーっと, こげついても, ここにも, こそばゆいから, こと, これに, しっかりもの, じめじめし, じゃりじゃりする, じーん, すいて, すっかり割れ, すっかり奥, すっとしました, すつかり見える, すり切れて, すり切れるまで, ずるずる下, その青年, それほどまでに, だいぶ空いてる, つかんで, つきました, つるりと辷る, できあがった, どすんと持ち上がった, どんなにうつくしい, ないつまり, ないといった, ないほど, ないもの, ない事, なく暗夜, なく竹, なく髪, ぬけかかったの, ぬけた, ぬけたかと, ぬけたかとばかり, ぬけたとか, ぬけたら又, ぬけでも, ぬけやしないかと, ぬる, はいり込んで, ひとたまり, ひどくなっ, ひどく割られ, ふしぎにも, ぶら下がって, ほてって, ぼおっと, まつ青, みえて, みえるかも, みしみしいう, むしゃくしゃし, めいません, もう一つ, やぶれて, ゆらついて, ゆらゆらと, ゆる, ゆるゆると, わかつて, わからないという, わからないよう, わからぬこと, わかりません, わるくなっ, イイイ, カタリと, ガリガリ鳴った, クトンと, コンクリート固めに, シャモニイの, シーンと, ダメに, ビン, フンワリと, ミチェンコが, リーフに, 一体に, 一面に, 三寸ばかり, 三糎程の, 三重に, 不快に, 乾きさ, 二重にな, 五竜岳の, 仕事場の, 低く垂れ, 何囘と, 傷んだの, 傷んで, 入ったところ, 入れば, 全部ひらく, 冷たくなっ, 凍った凸凹, 出でぬと, 出來, 分つて, 分らない, 切れかけたけれど, 切れた話, 割れそう, 割れたらもう, 割れたん, 割れないという, 割れぬうち, 割れるの, 割れれば, 動くと, 口を, 呑みこめる訳, 土について, 土を, 地べたを, 地震の, 地面を, 外れて, 外れるよう, 大抵の, 太陽の, 妙に, 小さくて, 小石である, 少しづゝ, 少しも, 少し宛, 届いて, 岩に, 干潟に, 平く, 平たい, 平らで, 平らでない, 広いよう, 怖ろ, 手に, 手縫いだ, 抜けおまけ, 抜けか, 抜けかかって, 抜けたよう, 抜けるかとばかり, 抜け落ちたから, 拔けたやうに, 拔けても, 拔ける, 拔けれ, 揺れる音, 擽ったいよう, 支へ, 方々に, 早く磨りへらない, 明らかに, 明るく透きとおっ, 春に, 暗い影, 暗礁へ, 朝日の, 朽ちて, 柔らかくプクプク, 次第に白く, 残って, 段々に, 沈んで, 沙に, 沸え, 泥で, 泥である, 浅い, 浅いから, 浅いため, 浅くなっ, 浅くなったらしい, 浮き上って, 涼しくなけりゃ, 淋しさうに, 深いかも, 深いし, 深いと, 深いので, 深いもの, 深いやう, 深かったり, 深くなっ, 深く円錐, 淺過ぎる, 減ったと, 減りすぎて, 湿っぽく思われる, 澄まずちょうど, 濁って, 濡れそう, 烈しい音, 無いもの, 焦げついて, 焦げつくまで, 焦げないで, 焦げます, 焦げ付いたり, 焦げ附いて, 煉瓦に, 爽やかに, 現れた, 現れました, 男だった, 異様に, 畳へ, 疼きそして, 疼くよう, 痛くなる, 白い砂地, 相連合, 眼に, 知りたかったの, 知れずしかも, 知れたあと, 知れないでしょう, 知れないという, 知れないので, 知れないよう, 知れない男, 知れぬし, 知れぬよう, 知れねえや, 知れません, 知れませんぜ, 知れませんね, 知れるぞ, 知れるの, 石に, 砂で, 砂に, 砂へ, 破れて, 磨滅される, 突き抜けたよう, 糞で, 綺麗だ, 美くしい, 脱け, 脹れて, 花だらけにな, 見えたやう, 見えないから, 見えないに, 見えないまでに, 見えなくなって, 見えぬよう濁り水, 見えねえから, 見えるぐらい, 見えるはず, 見えるほど, 見える筈, 見え出す, 見え透いて, 見透けて, 見通せるよう, 調べあげられた, 赤いの, 赤い煉瓦, 躍り立つよう, 輕く, 轟々と沸, 轟々煮え返っ, 透かし見られる, 遠い遠い沖, 遠くまで, 重く落ち, 重たくだるくなった, 釘の, 間断なく, 隠れるくらいの, 隱れる, 雪に, 雷の, 露出する, 青白く小石, 静まって, 頭の, 顫えて, 饂飩粉の, 鳴って, 鳴るくらい, 鳴れば, 黒ずんで

▼ 底~ (256, 1.8%)

3 それと, 一面の, 見えて, 見えない

2 [18件] いいねえ, かくれません, すぐ雨, まっ白で, もう暗い, 下の, 急に, 暗いので, 暗かった, 暗闇で, 泥の, 海面に, 清潔に, 父の, 砂の, 砂地で, 硬い粘土, 蒼黒く

1 [208件] あつて, あまり周囲, あるだろうが, あんがい浅い, いかに激しく, いっぱいの, いよいよ暗かっ, おとなが, およそ測られる, おんなじこと, お前方, かくれませんでした, かなり深かっ, からだも, ことごとくこの, この質, これだつ, しだいに深く, しまった男, しんしんと, じりじりいう, すっかりコンクリート, ずるずる赤土, その不動, たいがい水田である, つき叡山, づかしき, てんで見えない, どうしても, どこか, どこまでも, どのへん, どれ程の, どろどろの, どんな風, ないの, なんという, ぬいて, ふかけれ, ふたたび明るく, ほとんど全部河床, また別, まだ明けきらない, まだ深い, まっくら, まもなくベトン, まるでお, まッ, みえません, もう割れた, もう見え, やがて勘定, やがて地獄, やわらかな, よく見えず, ウンと, 一枚板の, 一歩奥深く, 一段と闇, 一面に, 上げ底にな, 上野天王寺の, 下に, 不思議に, 乾ききつて水, 二三メートルの, 云わば, 何うなんです, 何かの, 何やらわからぬ, 何年と, 何時しかとれ, 何等かの, 依然として真暗, 傾斜し, 僕の, 全部靴形で, 再び旧, 再び明るく, 再び無人, 冷く, 冷たい冷たい, 冷たく死, 冷たく静まり返つ, 凍りついて, 分らないぞ, 割れるもの, 割合に, 半円形, 即ち全, 唯暗い, 四方が, 土が, 地面から, 埋まって, 堅い巌石, 大いなる空洞, 大きいもの, 大きな湖水, 大変です, 妙に, 孰れ, 少しく狐, 少しも, 平面の, 広くて, 底に, 弾機仕掛けに, 御三方, 手を, 日没が, 明るい, 明るく冷, 普通の, 暖い, 暗く陰気, 更に薄暗かっ, 案外に, 森々と, 棺桶の, 横ぎらない, 水で, 決してそうは, 沸騰した, 沼に, 泥であった, 泥酔を, 浅い, 浅いから, 浅いし, 浅い屈ん, 浅かった, 浅くて, 浅く船筏, 海面下五千フィートにまで, 深い, 深いもの, 深かった, 深く生命, 深く窪みたれ, 深けれ, 淺い, 淺いし水も, 湖水や, 滑らかな, 火と, 灰色の, 煮え返るよう, 熱くうるんだ, 父ばかり, 狂気の, 猶紅火, 甘ったれや, 真っ暗である, 知らなかったでしょうけれど, 知らぬが, 知りきや, 知れきつて, 知れず目前, 知れても, 砂である, 確かめられた形, 秋の, 稍や, 空しくなり, 突き得なかったという, 美しい砂, 胸腔内に, 航海中の, 芋の, 蒸されて, 薄暗くて, 薔薇色の, 見えすいて, 見えた, 見えたぞ, 見えないが, 見えないけれど, 見えなかった, 見えません, 見えようにも, 見え透いた気, 見かけよりも, 見せながら, 見せまいと, 見透しなん, 視透かして, 計られぬほど, 誰にも, 辷る, 近い, 追, 退歩, 透き徹る, 遠く四大洲の, 酒にでも, 里人の, 重く成つて, 銅か, 闇かつ, 雨水や, 電灯の, 青い小さな, 青く透い, 非常に, 頭蓋腔中に, 髪の毛一筋も, 龍宮まで

▼ 底知れぬ~ (228, 1.6%)

8 深さ 5 闇の 4 恐怖に, 恐怖を 3 深い淵

2 [14件] ほどで, ほど軽蔑, 不安と, 人間の, 倦怠の, 悲しみの, 深いもの, 深い穴, 深みへ, 淵と, 穴の, 胸の, 蒼み, 霊的の

1 [176件] あのうす, が處, ことが, こんな夜々, さびしさ, しみじみと, そして大胆, といっ, ぬるま湯の, ほどの敗北感, ほどの深い大きい, ほど収容, ものが, ものだ, よみの, スリルを, トリックの, 下水道, 下界の, 不信用, 不吉な, 不安に, 不満を, 人の, 人生即ち, 休止であった, 伝統の, 位で, 優しさ, 冷さだった, 冷たさ, 冷やかな, 力の, 力は, 力や, 力を, 千仭の, 善良さ寛大さこだ, 嘘を, 因縁の, 図太き胆, 地獄の, 夜, 夜空が, 大胆さと, 大長者, 好人物であります, 妖気に, 妖術の, 威力を, 嫌悪を, 寂しい声, 寂しさ, 寂寥が, 寂寥の, 寂莫の, 岩の, 影その, 心づくしの, 心を, 忍従と, 性格の, 恐れと, 恐怖の, 悒鬱の, 悩ましい淵, 悪党とは, 悪党よ, 悪意や, 悲しみが, 悲しみへ, 悲哀を, 悲惨で, 悲歎の, 慧眼の, 憂愁も, 憂愁を, 憂鬱の, 懐しさ, 戦慄に, 戦慄を, 手練を, 打撃を, 断崖の, 暗さ, 暗夜に, 暗闇と共に, 暗闇の, 暗黒とが, 暗黒に, 柔らかな, 水底へ, 氷河の, 池を, 沈黙が, 沼である, 沼の, 波間に, 泥ぬ, 泥土の, 洞穴の, 洞窟の, 海に, 深い断崖, 深い谷底, 深みそれを, 深みに, 深味を, 深淵が, 深淵である, 深淵の, 深淵を, 深藍色, 淵が, 淵でも, 淵へ, 淵穴へ, 湖の, 獰猛さを, 疑惑の, 神秘を, 神秘感崇高な, 秘密の, 秘密を, 程満ち溢れ, 穏顔の, 穴へ, 穴一つ, 笑顔で, 絶望が, 絶望と, 絶望に, 絶望の, 絶望へ, 絶望感が, 美しさ, 考えの, 胆力を, 苦しさ, 苦心研鑽の, 苦悩の, 茫と, 落莫感に, 蒼穹の, 虚無の, 街の, 表情をも, 観である, 謎に, 謹厳な, 谷などの, 谷に, 谷暗く, 財力も, 贅沢おびただしい, 軽蔑感が, 軽蔑感を, 退屈を, 酒飲みで, 重みを, 野崎の, 野蛮性, 陰を, 青さ, 青空が, 静かさだ, 静安の, 静寂さに, 音楽を, 鬼気と, 魅力とを, 魅力に, 魅力を以て, 黒い森, 黒い海, 黒き眼

▼ 底では~ (160, 1.1%)

3 彼の, 思って 2 あなたの, どうしてもその, ひそかに, またもやき, 何を, 信じて, 少しも, 彼が, 確然と, 赤い焔

1 [134件] あなたを, あるまい, いやで, うめくばかり, お園, かなり動い, こう考え, この先自分, この友, こんな風, さう, そう心配, その学校, それが, それを, そんな企み持っ, たかが内海, ただ一本道, だめだ, ちょうどこの, ついない, どうしても君, どうする, どちらも, どのくらい, どんなにか, ないかしら, ないかと, なかった, なく此群島地方, はやらないさ, ほかの, もう恋, もっともよき, やっぱり綿貫, やつぱりこの仕事が, やはり昨日, よもやそんな, わたくしを, アラスへ, クリストフも, ゴミゴミゴミゴミ懐疑の, フキだしたい, フランスの, 一つの, 一人の, 一年中変りの, 一軒当りの, 不快を, 世の中で, 両判事, 主殿, 二三日前に, 二次会で, 互に鎬, 互ひ, 亡くなつたお母様, 亢奮し, 今が, 今呉れた, 伊東伴作が, 何の, 何者か, 保子へ, 偶然の, 兄に, 兵士が, 判然と, 単なる同郷人, 却って子路以上, 叔父の, 同じ血, 喜ばぬげな, 地軸では, 多少信じかね, 大地を, 夫の, 始終, 娘が, 嬉しいに, 孔子が, 密かに, 小父の, 少しは, 市五郎を, 平次の, 平静な, 幸福な, 弱りきって, 彼は, 思い切って, 思はぬとも, 悪いと, 悲しく諦め, 憎まずには, 憎悪し, 承服しなかった, 敵同志だ, 文士劇の, 更にひどい, 本当に部屋, 案外苦, 死んで, 気圧も, 水たまりに, 水の, 決して妥協, 波の, 無いか, 無理に, 焼酎火の, 熱烈な, 父と, 物思いに, 王さまを, 癇癪に, 皆一致してる, 真青な, 知って, 絶えず楽観, 美津子さんを, 考えて, 腹立ちまぎれに, 自分で, 自分でも, 薄気味悪くも, 訝しげに, 許しさ, 誰でもが, 誰よりも, 辛辣な, 長く父, 頑固に, 馬鹿らしいもの

▼ 底深く~ (153, 1.1%)

15 沈んで 2 にじんで, に力強い, 一口の, 一条の, 二つ三つの, 凍つて了つて, 初恋の, 潜ませて, 降りて

1 [120件] いや沈みゆく, うめきひしめく, きざして, くぐり入って, しずんだ, しまいこまれ塚, しまい込んで, しまって, なしたり, なって, にしっかり, には無限, にもしや, に感じる, に收め, に潜ん, に貯えられ, に降され, ひめて, へと散込ませた, まで進ん, もぐりこんだ, わが魂, をじりじり, 一切を, 下の, 下りて, 仕舞った, 伝わって, 光って, 入って, 冷く, 処は, 動かずに, 動揺する, 叩き隱され, 吹き上げて, 地中に, 埋められるの, 墜しつ, 差し入れた手, 常に湧き立っ, 彫りて, 微かに, 微笑し, 徹した一句一節, 思い続けて, 思ひ続けて, 投げた時, 投げ落して, 押しこんで, 押し込みました, 押し隠しいきなり, 描かれる影像, 斬って, 日影金糸を, 染み込んだ, 植えつけられた, 植えつけられた信念, 横た, 死体が, 毒を, 永遠に, 沈みこんで, 沈みて, 沈み入りました, 沈み行くあり, 沈み込んで, 沈めて, 沈めら, 沈められて, 沈もうと, 沈んだこの, 沈んだやう, 洞ろな, 流れる, 浸み, 浸潤せん, 消え去って, 溶かしこんで, 滲み込んで, 漂う水, 漂つてゐる, 潜めるところ, 澄み太陽, 無と, 煌く, 熱帶の, 生ふる, 眼が, 社会問題を, 私が, 秘し蔵, 秘めたる作品, 秘めて, 秘め置いたが, 納めて, 純粋な, 荒れ果てた一面, 落ち込んだの, 葬られるの, 蔵し, 蔵した, 蔵って, 蔵つてある, 蔵め, 蔵めて, 見え星, 遠のいて, 鎖して, 閃くもの, 降りること, 陥つて, 陥窪んだ処, 隠れ銛, 隱れ, 静まりか, 静まりかえって, 静まり返って, 養い上げた

▼ 底~ (94, 0.7%)

4 蓋も 3 見え透き候 2 あきらかなり, なき甘い夜, なく黄橙色, 死地の, 知れぬ空井戸

1 [77件] ありでね, あり実は, あるまい, あれば, かすかなる, さうだし, しれないふか, しれないまっ暗, しれない懸崖, しれない谷まの, しれぬまっ, つきかけて, ないお勝手, ない深い恋, ない焼, なき奈落, なき平面的存在者, なく捉え, なく滅入り込んで, なく澄みわたった空, なく酔つて, ねえやう, はっきり見え, はるかにぞ, みえず漁師達, やっぱり明かるかっ, ゆるを, カタンカタン, 別して彼等, 匂へ, 北極の, 同じ如く, 天井も, 幾分か, 底太平洋の, 急で, 料られぬ, 早くたたい, 明けて, 果ても, 極めたければ, 此處に, 汚れないので, 汲まれて, 涙も, 涯しも, 涯てしも, 深い, 深くしたがって, 測知られぬ山, 白フェルトの, 知らずまったく, 知らず澄み透った心, 知られず浮き上らずに, 知れず暗い, 知れないし, 知れないという, 知れない断崖, 知れない泥酔, 知れない海, 知れない深淵, 知れない穴, 知れない空, 知れぬ位入れ, 知れぬ谷底, 縁も, 葉縁が, 蓋ない, 見えたと, 見えない, 見えないよう, 見えない深い, 見えぬほどの, 見届けたと, 見究めたく遂に, 貧苦も, 踵も

▼ 底にも~ (79, 0.6%)

3 人の 2 一道の, 火事が, 照る日影, 通じて, 雪が

1 [66件] ある灯, ぐれもぐれ, じっと感情, その程度, た, どうかする, なお一脈, ひっしに, ひびきぬ, ガラスの, 一條の, 一群の, 何となく涙ぐまれる, 何とは, 何等の, 出て, 厳として, 古来からの, 吸殻一つ溜っ, 器壁にも, 大きな鯛, 大勢の, 宿る, 實には, 彼女を, 微妙な, 徹らうず, 抵抗し, 敵が, 新しい時代, 日頃の, 時ならない, 泥まみれに, 洞穴に, 流れて, 流れ入って, 涙を, 淀んで, 溪が, 潜んで, 火山を, 無言の, 爛々たる, 狼狽えの, 猶存在, 猶確乎, 猶社會, 皮膚にも, 眼に, 秋の, 秘して, 稍, 美しい雪景色, 自分の, 自己は, 落ちないで, 蓋にも, 血痕が, 遠くの, 都は, 重つ, 鈴の, 長く短, 飛込もう, 駅駅が, 黒める石一面

▼ 底~ (74, 0.5%)

2 にある, に開い

1 [70件] からそれ, からは西側, から何本, から八百フィート, から右, から溶解, から発出, から長, が目, が破裂, で七粍, とにおける広, とに取りつけ, との対照, と一定, と溝, と街路, と頭上, にあり, につくられ, には弦, には簡単, には缶詰, に丁度, に下り, に又は, に埋まっ, に多少, に当っ, に押し込ん, に現れ, に疵, に発生, に相当, に詰めたる, に達する, のかわいた, のところ, の上, の向こう, の大切, の岩礁, の方, の東端, の横, の段, の粘, はかなり, はそれ, はゆるん, は半ば沈没, は大体平ら, は大地, は無くなっ, は藁繩, は非常, へその, まで来, を一寸, を一般に, を以て花糸, を低く, を半ば潮, を持つ, を掻き廻し, を横, を照らし, を球, を鉋, を鐵藥

▼ 底からの~ (69, 0.5%)

2 ような, ように, 江戸の, 爽

1 [61件] ありがたさ, うれしい気持, おかしさ, お辞儀を, お願いで, まこと心からの, ものでなけれ, ロマンティックな, 人間らしさ, 信頼を, 切支丹の, 力で, 勇氣が, 反抗が, 同感を, 呟きであると, 問題だ, 喜びを, 嘆息だった, 声を, 好意を, 嬉しさ, 学者肌の, 安心は, 巷の, 微笑と, 忍耐深い, 悪人という, 悪人も, 惡人さ, 惡黨だ, 愛の, 愛情の, 感じ, 技術家で, 明るさ, 様に, 正直者か, 母親ごころが, 氣持と, 溜息に, 無邪気さが, 甘ちやん, 田舎者が, 町人です, 畏敬と, 畏敬の, 純な, 結構人でなけれ, 緊張を, 聲で, 背負ひ, 自信道学的の, 自由主義者の, 芝居好きで, 薄情者でした, 要求で, 貞女だ, 軽蔑と, 革命が, 願い

▼ 底深い~ (58, 0.4%)

2 力が, 岩の, 所から, 海の, 淵の, 空洞を

1 [46件] こんぐらかったもの, ところから, と聞く, のじゃ, ものである, もののみ, ものを, ラインの, 人間心理が, 光沢を, 口を, 唸り声を, 喜びが, 地下水として, 声の, 夜の, 夢想に, 大観を, 奇怪な, 好奇的な, 子供の, 心地に, 思いに, 悩みが, 悲壮な, 情熱を, 憂鬱を, 所につき, 気持に, 沈黙が, 泥川の, 流れだ, 海底でも, 男が, 画面の, 眠りだった, 神秘が, 笑声を, 筆の, 群青色の, 金色に, 陰謀な, 静かな, 響を, 騒擾の, 鬱然と

▼ 底までも~ (55, 0.4%)

3 呼吸した 2 沁み渡つた, 藍を, 響く

1 [46件] お慕い申し, しみと, しみとおって, しらべ廻った, ついて, ひびいて, シャブリつ, 他者の, 冷たく濡らされた, 凍てつけるよう, 凍りそう, 動かして, 動揺され, 同時に思い出される, 唆かす, 喰ひ入らね, 執念深く跟, 射して, 引き落して, 捜せよと, 掻乱され, 旅を, 曝け, 檢閲し, 死な, 殆ど遺憾, 沈みいくの, 沈み溺れそう, 沈んで, 洗ひ, 深く野, 清き心, 照し, 秘密と, 突っ込んで, 落ちて, 行く積り, 見透されるよう, 見透すやう, 貫かれたよう, 貫くよう, 追つかけられる, 透いて, 通るよう, 達し得たか, 陶酔せず

▼ 底より~ (55, 0.4%)

2 して, のぼるけ, 何者か, 感謝しない, 憎まずには

1 [45件] あらわれたり, いかにし, いづる至誠信心, し, ちょっと肚, やう, ゾツとして, 一声叫喚せる, 人間性を, 入りて, 出ずるよう, 出づるやうなる声, 出で, 出でずして, 前へ, 南方に, 叫び曰ふ, 外には, 徳を, 恐ろしく思いまし, 感心したらしい, 我等を, 押しあげたよう, 拾い上げられて, 拾ひ得し, 採った砂粒一つ, 掬い纏めたよりも, 数条の, 月出で, 欠伸も, 汲み出して, 浮びたる時, 浮び出ずる油, 湧きいづる貴く, 湧き来り未だ, 湧き起こる真情, 生れるの, 発せしめ得るであろうかを, 立腹せ, 起ち上られますよう, 起り雲, 足を, 這い上りし森, 霧漠, 驚かぬわけ

▼ 底~ (47, 0.3%)

2 中と, 考へて

1 [43件] いうよりは, いったって, いって, いわず方々, おなじやう, した六尺許, した天然, するの, すれすれまで, なすこと, なった, なって, なりたり, なり盆地, なること, なるらん, 三方だけ, 三方の, 云う見当, 云っても, 住所に, 叫びつつ, 周壁とに, 地面との, 変りました, 思ふあたり, 感じたもの, 来ま, 板とが, 水とが, 潜り抜けて, 潜り拔けて, 着物の, 考えるなどは, 腰を, 船から, 見えた, 見えて, 解しニライカナイ, 言う, 踵が, 軍隊の, 頭上の

▼ 底知れない~ (44, 0.3%)

2 ものが, ような, 姿の, 気うつ, 野心が

1 [34件] こころもち暗, と思う, ねばり, のである, 不安が, 不屈が, 不思議な, 不気味な, 事件で, 博士の, 善良な, 変な, 夕冷えと, 大胆さが, 奈落へ, 恐怖悲劇にとっては, 意地悪さが, 愛情だった, 暗い繁茂, 暗やみの, 池の, 沼へ, 神秘, 神秘と, 神秘的な, 穴へ, 薄気味悪いもの, 血の池の, 該博な, 谷へでも, 闇の, 静けさが, 靜かさで, 魏の

▼ 底へと~ (38, 0.3%)

3 下りて 2 入つて, 押し込みながら, 沈んで, 降りて

1 [27件] ざゝれてしまつた, ずるずる転落, のがれて, ふれて, 一気に急ぐ, 下りた, 呼び込まれる, 墜落する, 大方御所, 巻きこんで, 押しおとしました, 揺落し, 沈み沈み落着, 沈み込んで, 沈むよう, 没入させ, 深淵を, 突き落した, 突き落す, 自分を, 落ち込んで, 転落せり, 通うて, 降って, 雑草の, 静かに, 顛落し

▼ 底なき~ (33, 0.2%)

3 が如し 2 水に, 雪の

1 [26件] が眞間, ところへ, にあらず, 三角形あり, 地の, 夢幻の, 夢想の, 天を, 心が, 沼に, 泥中に, 深谷に, 淵の, 湖の, 湖を, 瀧壺に, 無を, 生活の, 瞳は, 穴に, 穴の, 空間を, 絶壁に, 谷に, 闇に, 闇の

▼ 底でも~ (32, 0.2%)

2 覗いて

1 [30件] あるかの, あるよう, うっとりし, うつとりし, なければ, ひどく揺れる, めぐって, 上でも, 何でも, 働いてるもの, 叩いて, 同じよう, 御覧なさる, 探って, 森の, 照す様, 猶予なく, 生きられるよう, 穴の, 縫ってるだろう, 繕うが, 行かずには, 行くよう, 見えるやう, 見すかしたよう, 見ると, 見るやう, 見るよう, 覗く風, 青く金色

▼ 底知れず~ (31, 0.2%)

3 の谷 2 おそろしいところ, の方, の水, の穴, 深いの

1 [18件] と云, にぐずつい, にダラ, に犯され, の池, の深, の白水, 冷たいその, 奥の, 強いもの, 攪乱され, 水を, 深い, 深くなる, 深く調和, 肯定し, 言を, 黙々として

▼ 底へでも~ (26, 0.2%)

3 入って

1 [23件] さらわれて, しまって, 下りたやう, 下りたよう, 入れて, 墜落し, 墜落した, 姿を, 引き擦り入れられる, 引き込まれるよう, 投げ込んで, 沈んだかの, 沈んで, 潜ったよう, 潜つた, 突き落とされたよう, 落されたらそれッきり, 落ちこんで, 落ちたよう, 落ちて, 這入ったなら或いは, 通じて, 飛込めと

▼ 底なる~ (22, 0.2%)

1 [22件] いぶきか, かの丸薬, どん底に, ひさかたの, もの, やうに, 中庸を, 今余と, 他の, 十四日の, 徹底を, 民呼び継ぐべし, 洪爐中に, 澱に, 火を, 牛小屋に, 玉求め, 眼哀憐悔恨の, 石の, 網を, 美の, 醜悪なる

▼ 底ふかく~ (20, 0.1%)

4 沈んで

1 [16件] からようやく, こたえて, この池, もぐってじっとしていることもあった, 埋めて, 培い育てて, 巻きは, 根を, 此池の, 溺れて, 祕められた, 秘めて, 蔵すこと, 青の, 食い込むよう, 黒暗

▼ 底までは~ (20, 0.1%)

2 届かない, 徹したるか

1 [16件] おそらく二, わからねえが, わかりかねて, 一里も, 七百尺も, 乾さない, 到底達, 受合わないが, 愛しきらぬところ, 愛しきれなかったに, 未だ余, 直径約, 眼が, 納得が, 見られないほどの, 覗こうと

▼ 底~ (20, 0.1%)

8 のする 2 がし 1 い様子, い靄, があった, がした, がする, が感ぜられた, く吹い, く意地悪そう, に風邪, のする曇った

▼ 底~ (20, 0.1%)

2 が黒く

1 [18件] がある, が大き, が細かい, だ, と二つ, に乗っ, に引っ掛った, に絡, のそれ, の大小, の姿, の間, の青, は石理, をなす, を剥がし這いまわる, を踏ん, を金熊手

▼ 底にでも~ (19, 0.1%)

3 いるよう

1 [16件] あるもの, いて, お入り, なって, ゐるやう, 又その他, 吸いこまれるよう, 墜ちて, 投げ込みたい, 沈んだやう, 沈んで, 沈んでるでしょう, 滅入りこんで, 落ちた様, 落ちた樣, 見るよう

▼ 底からは~ (17, 0.1%)

2 女の, 赤い泥鰌

1 [13件] それっきりなにも, また他, グルングルングルグルグルと, 一切を, 一本の, 埋められて, 天も, 惡龍が, 愛嬌が, 泉太や, 清水が, 石器が, 遠くの

▼ 底~ (16, 0.1%)

42 が如水, な 1 から条件, そうでございます, で, と思っ, と見当, と言, なとわかる, 死骸を

▼ 底~ (16, 0.1%)

2 土の, 小石底の

1 [12件] 周壁に, 大きい眼, 山の, 岩の, 抜け毛の, 枯れたやう, 森林の, 水面を, 猿の, 船艙の, 草鞋の, 頭も

▼ 底~ (16, 0.1%)

2 のよう

1 [14件] が従来, であった, となっ, と流れ, にもぐり込んだ, に対する警戒, に意識, の反映, の流れ, の頼もし, は自分, を感じさせる, を持っ, を見守り

▼ 底しれぬ~ (14, 0.1%)

1 [14件] くらやみです, ものが, やみの, 別の, 力が, 哀しみが, 墓へ, 戦慄の, 松籟が, 深い憂愁, 深き陶酔境, 物凄さ, 神秘の, 階段

▼ 底にまで~ (14, 0.1%)

2 ふれて

1 [12件] しみこむと, はいって, 及ぼして, 喰い入った, 徹った, 感じて, 潜り込み神, 純白の, 迫るの, 透徹せん, 達しないうち, 響くと

▼ 底~ (13, 0.1%)

7 のする 2 を帯たま 1 のある, の赤金光, をはなっ, を漂わした

▼ 底~ (13, 0.1%)

1 [13件] けである, けに怠けた, けに頂戴, けの上天氣, けの正直者, けの狂態, けの臆病, けの遊び, けの靜寂さ, け茶わん, け騷ぎをしてゐた室, け騷ぎをやらうといふ計略, な高い

▼ 底~ (12, 0.1%)

1 [12件] がひどくざらざら, が明いた, に打ち下ろした, のきしむ, はぬけ, ばかりを一週間, をあげる, をかえし, を使った, を剥がし, を思い切り, を綿密

▼ 底からでも~ (11, 0.1%)

2 聞こえて 1 ひびいて, 出て, 出るやう, 揺れあがって, 洩れるよう, 湧き出したかの, 聞えて, 聞えるよう, 聴え

▼ 底~ (10, 0.1%)

3 石根に 2 磐根 1 下に, 岩ねの, 岩根の, 石根, 闇たどる

▼ 底強い~ (10, 0.1%)

2 光が 1 かを裏書, ゆとりが, 力が, 力を, 圧力を, 声でした, 素質じゃ, 魅力を

▼ 底鳴り~ (10, 0.1%)

2 して 1 がする, したり, のし, のする, のやう, のよう, をうつ, をし

▼ 底気味悪い~ (9, 0.1%)

1 ばかりに陰, ほくそ笑みを, サイレンは, 不吉な, 冷やかさが, 家の, 感じを, 瞬間その, 遠方の

▼ 底見れ~ (9, 0.1%)

51 ばひろき, ば小, ば廓, ば瓜

▼ 底~ (9, 0.1%)

1 あつけ, がぶらりと, がまた, がやつ, と違, と飛田, は, はまた, は表

▼ 底~ (8, 0.1%)

3 んだ 2 のである 1 おしにも, のです, 底を

▼ 底までを~ (8, 0.1%)

1 かたむけ尽さねば, さらけ出して, しらべて, 睨らむこ, 腐らされて, 見入るよう, 見透かされて, 貫いた

▼ 底流れ~ (8, 0.1%)

1 がある, ている, となっ, と化し, の感情, をこまか, を感じ, を掴み

▼ 底~ (8, 0.1%)

1 さ, さうにながれ, さから, さが, さに, さを, そうに, という人

▼ 底~ (8, 0.1%)

1 さらけ出した朗, 久保田君は, 同情する, 徹して, 知り盡, 落ちろと, 身内を, 酒が

▼ 底へまで~ (7, 0.0%)

2 引きずり落された, 引きずり込まれたの 1 浸透し, 突き落さねば, 音を

▼ 底冷たい~ (7, 0.0%)

1 光りを, 光線の, 無気味な, 眼を, 神秘がかった, 秋の, 風が

▼ 底戰鬪艇~ (7, 0.0%)

1 が一度逆浪怒濤, とは比較, に左程著, のに會合, の各, は全, は波威

▼ 底氣味~ (7, 0.0%)

3 の惡 1 のわるい, のわるい寒, の惡い, の惡いも

▼ 底深き~ (7, 0.0%)

1 井水ひとしく, 処に, 力は, 式部が, 氷の, 海藻の, 阿胡根

▼ 底において~ (6, 0.0%)

1 ついに何物, アッサク空気の, ユルスュールという, 巧みに, 発見された, 続いて

▼ 底にて~ (6, 0.0%)

1 この坊主, その声, 啼くは, 目もさえ, 相擁し, 響くが

▼ 底みたい~ (6, 0.0%)

1 な, なせまい, な中, な浴室, な穴倉, に固く

▼ 底寒い~ (6, 0.0%)

2 日が 1 日であった, 死気が, 気が, 気持に

▼ 底~ (6, 0.0%)

1 が触れあふ, で弱々しい, の感覚, の踵, の鈍い, や凹凸

▼ 底~ (5, 0.0%)

1 そんなところ, なぞの, なにかに, 山の, 空中かから

▼ 底~ (5, 0.0%)

1 からある, からに揺られる, からのある, からは程, や白痴

▼ 底とは~ (5, 0.0%)

1 何といふ, 分らず空しく, 思われない広い, 直ちに見分, 違って

▼ 底とも~ (5, 0.0%)

1 なく中, 思われる辺り, 知れぬ波間, 見なして, 覚しい辺

▼ 底へは~ (5, 0.0%)

2 届かぬ 1 ゆけないよう, 下りられないんでね, 届かなかった

▼ 底へも~ (5, 0.0%)

2 もぐつて 1 ぐらうとしてゐる所だつた, 沈みは, 潜ろうと

▼ 底までが~ (5, 0.0%)

1 ちゃんと附木ッパ, 地響きを, 時々鳴動, 納得される, 開けた結果

▼ 底一面~ (5, 0.0%)

1 しっきり, に煮染んだ, に靄, の電熱装置, 燃えるよう

▼ 底~ (5, 0.0%)

1 か未だ, ぞ, ぞとありし, ぞ怪, を做

▼ 底光る~ (5, 0.0%)

1 不気味な, 梅雨空に, 火気キチキチと, 眼の, 黒目と

▼ 底~ (5, 0.0%)

1 のよう, の上, は思うさま, をしずめ, を打っ

▼ 底澄ん~ (5, 0.0%)

1 でキラキラ, で光, で少し, で赤く, で遠い

▼ 底近く~ (5, 0.0%)

1 にでき, まで呑みほし, まで辿り着く, を好み, 来たと

▼ 底雪崩~ (5, 0.0%)

2 の凄い 1 が下, となり, を起し

▼ 底ある~ (4, 0.0%)

1 ことなし, ことを, ひは, 事情から

▼ 底からも~ (4, 0.0%)

1 ふわりと, 一人の, 消え去る時, 銀色を

▼ 底だけ~ (4, 0.0%)

1 であるしかるに, でなく胸, 取り板塀, 残して

▼ 底だった~ (4, 0.0%)

2 ときです 1 が日光, と思います

▼ 底~ (4, 0.0%)

3 の凡愚 1 を潜り

▼ 底冷た~ (4, 0.0%)

2 さが, さは

▼ 底~ (4, 0.0%)

1 に揺曳, に軽く, に郷里, を流れ

▼ 底濁り~ (4, 0.0%)

3 のした 1 した大川

▼ 底~ (4, 0.0%)

4 の男

▼ 底~ (4, 0.0%)

1 があった, が嵌られた, の上, を作っ

▼ 底~ (4, 0.0%)

1 にて摩る, の下, は年, を一々

▼ 底かと~ (3, 0.0%)

1 思われるばかり, 時々四人, 見るのに

▼ 底だけが~ (3, 0.0%)

1 悪落ち付き, 暗黒な, 金色に

▼ 底であろう~ (3, 0.0%)

1 か, ともどこ, とも決して

▼ 底という~ (3, 0.0%)

1 ものは, 意味に, 文字に

▼ 底との~ (3, 0.0%)

1 丁度真中, 両方の, 知れない冷たい

▼ 底なく~ (3, 0.0%)

1 して, 晴れて, 落ちて

▼ 底なし~ (3, 0.0%)

1 さが, とぞ, よ

▼ 底にあたって~ (3, 0.0%)

1 ごとんと, シュッシュッという, 大木の

▼ 底ふかき~ (3, 0.0%)

1 式部が, 計略の, 阿胡根

▼ 底よりも~ (3, 0.0%)

1 よく透い, よほど複雑怪奇, 低く成つた時一座

▼ 底力強く~ (3, 0.0%)

1 彼らの, 湧き上がって, 進歩し

▼ 底唸り~ (3, 0.0%)

1 が聞え, のやう, を孕ん

▼ 底~ (3, 0.0%)

1 から約, に位置, や崖

▼ 底~ (3, 0.0%)

1 塞, 塞に, 塞の

▼ 底寒く~ (3, 0.0%)

1 て後, て戸外, て薄暗い

▼ 底強く~ (3, 0.0%)

1 ひびいて, 沈みたり, 裏書きせられ得る

▼ 底~ (3, 0.0%)

1 の帽子, の黒, ノ枕ニ

▼ 底抜け~ (3, 0.0%)

1 て, てその, てわ

▼ 底流し~ (3, 0.0%)

2 ている 1 ていた

▼ 底浅く~ (3, 0.0%)

1 して, 沙平らかなる, 薄濁り

▼ 底~ (3, 0.0%)

1 の穴, 意という, 邊無究無限の

▼ 底疲れ~ (3, 0.0%)

2 に疲れ 1 のため

▼ 底~ (3, 0.0%)

1 は天禀, を知らず, を窮むること能はず

▼ 底遥か~ (3, 0.0%)

2 に岩 1 に黙祷

▼ 底~ (3, 0.0%)

1 が缺, はこの, を持つ

▼ 底青く~ (3, 0.0%)

2 開けた空 1 光る夜

▼ 底あつい~ (2, 0.0%)

2 灰と

▼ 底~ (2, 0.0%)

1 なりを発した, なりを立て

▼ 底くれ~ (2, 0.0%)

1 なゐ, なゐのう

▼ 底~ (2, 0.0%)

1 もり鳴る山, もるよう

▼ 底しつ~ (2, 0.0%)

1 てゐるだらう, て居るだらう

▼ 底じゃ~ (2, 0.0%)

1 ないが, 白痴が

▼ 底~ (2, 0.0%)

2 被ひたる

▼ 底だけに~ (2, 0.0%)

1 ぐるりの, 木の根にも

▼ 底であり~ (2, 0.0%)

1 フワンの, 後部のは

▼ 底である~ (2, 0.0%)

1 から陸上, 暗黙な

▼ 底です~ (2, 0.0%)

1 って点火, よ

▼ 底といった~ (2, 0.0%)

1 ような, 感じで

▼ 底といふ~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものは

▼ 底とか~ (2, 0.0%)

1 三界唯一心とかの, 何とか嘲るであらう

▼ 底なぞ~ (2, 0.0%)

1 から続々, という

▼ 底など~ (2, 0.0%)

1 お話しあう, 割るわけ

▼ 底などを~ (2, 0.0%)

1 ソッと, 捜して

▼ 底にか~ (2, 0.0%)

2 くる

▼ 底にこそ~ (2, 0.0%)

1 なんだか大和魂, 私達が

▼ 底につき~ (2, 0.0%)

1 まと, 落したのみ

▼ 底のみ~ (2, 0.0%)

1 かげのうへに, くづとなるならむ

▼ 底ばかり~ (2, 0.0%)

1 でなく腰, 下の

▼ 底びえのする~ (2, 0.0%)

2 寒さ

▼ 底びかりして~ (2, 0.0%)

2 又上流

▼ 底ほど~ (2, 0.0%)

1 けしきの, 冷切っ

▼ 底までの~ (2, 0.0%)

1 打明け相手, 被害を

▼ 底よりは~ (2, 0.0%)

2 風の

▼ 底をかへ~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 底をば~ (2, 0.0%)

2 今ぞ

▼ 底をも~ (2, 0.0%)

1 一つ奥深く, 洗い敷き藁

▼ 底ゴム~ (2, 0.0%)

1 を打った, を打ってない

▼ 底ドク~ (2, 0.0%)

1 すなわち底, 御魂

▼ 底~ (2, 0.0%)

1 漲リ, 逆ニスルト

▼ 底一杯~ (2, 0.0%)

1 になつ, は石

▼ 底光っ~ (2, 0.0%)

1 て強い, て豹

▼ 底光らせ~ (2, 0.0%)

1 て動きだす, て探る

▼ 底冷え~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐた

▼ 底冷える~ (2, 0.0%)

1 寒さ, 空気である

▼ 底初め~ (2, 0.0%)

2 は可愛

▼ 底刺し~ (2, 0.0%)

1 が一日十何銭, で夜

▼ 底叩き~ (2, 0.0%)

1 て飯, の大

▼ 底~ (2, 0.0%)

1 う打, きと

▼ 底屋根裏階子~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 底~ (2, 0.0%)

1 としてそれぞれ, に腰

▼ 底帽子~ (2, 0.0%)

1 ががさがさ, の親仁

▼ 底~ (2, 0.0%)

1 の漁船, の錨繩

▼ 底張り~ (2, 0.0%)

1 のある, の柔

▼ 底~ (2, 0.0%)

1 のあり, の上

▼ 底悦喜~ (2, 0.0%)

2 さする冗談

▼ 底~ (2, 0.0%)

1 か, とかう

▼ 底~ (2, 0.0%)

1 な高い, の陽気さ

▼ 底暗い~ (2, 0.0%)

1 納戸の, 青空に

▼ 底暗く~ (2, 0.0%)

1 革命主義で, 黝ずんで

▼ 底~ (2, 0.0%)

1 のよう, を貫き流れる

▼ 底~ (2, 0.0%)

2 のともがら

▼ 底棲息人~ (2, 0.0%)

1 と学名, と明白

▼ 底止す~ (2, 0.0%)

2 可から

▼ 底~ (2, 0.0%)

1 の底, を浚

▼ 底泥土~ (2, 0.0%)

1 がやわらか, へ食い込ん

▼ 底津石根~ (2, 0.0%)

2 に宮柱

▼ 底深く深く~ (2, 0.0%)

1 とうとう見えなくなっ, 女王様の

▼ 底温かい~ (2, 0.0%)

1 ような, 春が

▼ 底澄んだ~ (2, 0.0%)

1 ように, 静かさだった

▼ 底無尽蔵~ (2, 0.0%)

1 と澄まし, は観念

▼ 底~ (2, 0.0%)

1 はる, る

▼ 底~ (2, 0.0%)

1 はな古, をぬらす

▼ 底知らず~ (2, 0.0%)

2 の竜

▼ 底知れず沈ん~ (2, 0.0%)

1 でいる, で行く

▼ 底~ (2, 0.0%)

1 の上, を見る

▼ 底~ (2, 0.0%)

1 から覗かせ, に降り

▼ 底筒男~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 底~ (2, 0.0%)

2 に搦

▼ 底~ (2, 0.0%)

1 もない, を積み

▼ 底~ (2, 0.0%)

1 だ, だつたの

▼ 底青い~ (2, 0.0%)

1 小石一つの, 空の

▼ 底面積~ (2, 0.0%)

1 すなわち卵, になつて

▼1* [349件]

変えなくちゃ, 底ああせめてもう一言, 底あたたかい感謝と, 底あたたかく匂やかな, 底あらはれ, 底あり蓋ありで, 底あんなもの理化學政法など, 底いちめんひろがるよう, 底いちめん麦がみ, 底いっぱいに立ちこめ, 底いでて木, 底うなりのする, 底おされて呼吸, 底おのれの誠実, 底おぼろに望まれる, 底かに誰にも, 底かのように, 底かもしれないよ, 底からこそ真の, 底からしかほとばしらないという, 底からぞうつと, 底からというよりも, 底からにぢみでた, 底からねぢ曲つた野郎の, 底からをりを, 底がかーんと, 底がちゃあんと, 底きよく深く軒端に, 底白い土塀, 底くらゐの, 底ぐもった色でない, 底こそは彼の, 底ことには雪, 底ごころはわたくし, 底へみえしなるべし, 底さしてなだれ, 底さむさを, 底しか知らねえらしいな, 底したわけである, 底しれて居りし, 底しれず渦巻くのであつ, 底しれなく自然と, 底すぐ底, 底すなわちアゴは, 底すぼまりの置水鉢, 底そこに天然, 底ぞと聳え立って, 底たたく水音あわれ, 底たるところを, 底だけで泣いて, 底だけのような, 底だに見えず, 底だの深林の, 底だろうが女, 底つかぬ国, 底つけたる長靴を, 底つた形は処がら名, 底つて何だ, 底つねに巨いなる, 底つめたい雪の, 底づきぐあいをガラス越しに, 底づけは父, 底づよさは青鞜社というもの, 底であって不幸, 底でかくごを, 底でがぼが, 底でございますよ, 底でしゃりしゃりと床を, 底でしたかけれど, 底でしつっこく繰返し, 底でしょうね, 底ででも動きうるよう, 底でなかったりする, 底でなくてはならない, 底でなければその, 底での暗闘で, 底でははあ騒動, 底といふばかりで特別奇, 底とが移す時綺麗, 底とく御魂, 底とで名探偵, 底とばかりで海, 底とを見つめて, 底ながら十分自分の, 底なき寒さは, 底などでふわふわし, 底などの聯想も, 底などは見えるはず, 底なら大丈夫という, 底なら知っている, 底なる光りを見ずや, 底なれども何, 底なんか見て, 底なんぞから一人二人三人四人続々, 底なんてただからから, 底にあたる部分を, 底にかけての円味を, 底にかけてはありとも, 底にかの女に, 底にがつちり, 底にがうがうと, 底にくらい祕密を, 底にごる江の, 底にしもまた, 底にぞつとする, 底にだって接吻します, 底について離れないこえの, 底にのみ注ぎなば, 底にばかり住んで, 底にまでもしみ渡るよう, 底にものある詞, 底にゃ十文も, 底に迄も響くかの, 底のくぼや視野の, 底のくぼ地に, 底はうねつた, 底はさのみ深く, 底ばかし厚くする, 底ばかしのもので, 底ひきずり落すのが, 底ひくくもぐって, 底ひしられぬ嫉妬の, 底ひそかに通っ, 底ひたひたに澱ん, 底ひっぱりこむような, 底ひろがりの月がた, 底びえしつつありたるが暁庭に薄氷, 底びえのする日であったが, 底びかりして地の圓, 底びかりする北ぞら, 底びかりする星を見, 底びかりする水晶天の, 底びかりする鉱物板だ, 底びかりのする神秘な夜, 底びかり蝶一つ舞へりこ, 底ふかい空の, 底ふたたびお眼, 底かい渓谷, 底へかへれ, 底へかへつたのだらう, 底へぞつくりと, 底へつつ込んでしまつた, 底へということに, 底へまでも徹るよう, 底までをも見抜くよう, 底まめを三つ, 底めがけてとびをりましたが, 底ゆがみ象のかげ, 底らしいものが, 底の筈, 底をかぞへて, 底をでも深くのぞき込む, 底をと慕つて響いた, 底をはひ出, 底をへいきで, 底をわつてみ, 底を通して遠く未来, 底タビの赤毛布, 底デネ青イ袴ハイタ女学生ガ昆布, 底ブタが落ち, 底落ちて, 底ヲサグルガ如ク残ラズ捜シ出サレ五十七十ト高手小手ニ縄ヲカケ袖ヨリ袖ヘ縄, 底三枚の板, 底三重底の要心, 底下界の花, 底知らる, 底仏間の奥隅, 底人事でないよろこび, 底伝佳話只少, 底何可測斬蛇潭, 底何者の潜みけん, 底の義, 底光った空の, 底入り組んだ小路の, 底全体をピストン, 底全部がその, 底冥府の神, 底冷たかった, 底冷めた忍従だけの, 底の溪, 底千仞の斷崖, 底半哩の沖, 底叩いて蛇, 底向うの岸, 底にはた, 底和尚という, 底四五尺の処, 底固い地肌の, 底地心に達す, 底だ, 底堅めに格別, 底の底, 底なので, 底のふか, 底大石を拔, 底太平洋の底, 底い沈鬱さ, 底の奧, 底の國, 底守彼式而異之族一人而無之, 底寂しい風韻枯寂の, 底かつた, 底寒かった, 底少くなって, 底少しきらめきし様, 底薄弱に, 底尽きぬ腹立ちただいまと, 底峰々の道, 底左肺に達する, 底平らかになり, 底幽かに上, 底広がりに奥, 底広き渦紋が, 底へを言出つる, 底弱って落ち, 底さが, 底強い頼もしい男は, 底解りに, 底恐ろしさ, 底恐ろしい憎しみを, 底悲しい痛々しい響ばかりが, 底悲しく暮れて, 底意味の知れない, 底は山上, 底の家, 底の先, 底割って, 底抜けた興奮に, 底抜屋台が繰り出し, 底抜燗瓶と古, 底抜雨のざざ降り, 底指して落ちよう, 底掻きさぐる寒, 底となっ, 底の侵入, 底明りがぼ, 底明るさに, 底明るい光線の, 底明るく光って, 底景気はなかなか, 底暖かい町の, 底曳大尽と謳われ, 底木の下で雪, 底の抽斗, 底がひっくり返っ, 底樋川を渡つて其川口, 底気味悪さを, 底気味悪かった, 底気味悪き思想を, 底気流は早, 底氣味惡く光つて, 底永遠の暗黒, 底沈み果てつつ暮す, 底へ下り, 底河豚だ, 底につかれた, 底洗いをする, 底津綿津見の神, 底浚いにはふしぎ, 底が立ち騒い, 底海神の宮殿, 底淋しいものである, 底淋しく待ち飽ぐまれた, 底深い可愛いい眼が, 底深い血腥い溜息と, 底深う巌の, 底深く力強い思いの, 底深ければ深い, 底澄む霧に, 底無き大洋を, 底熱い昂奮が, 底聞笑語声, 底生きた心地も, 底のし, 底痛みがする, 底白い砂の, 底白波の上, 底百尺以上の深い, 底に反抗, 底の上, 底目掛けて頽, 底直しでは寸, 底ゆい緞子ずくめ, 底掛け螺旋形, 底知れずですから悪者ども, 底知れず堕ち込んで行く, 底知れず滅入って行く, 底知れず疑いこの世の, 底知れない慈しみの情, 底知れなかった愛人の, 底石一つが動い, 底石数うべし, 底砂地ヘドッカトアグラカイテ威張ッテイタ, 底にし, 底の果て, 底竜王のすむ, 底九の, 底筒男命中筒男命上筒男命の三人, 底筒男命以下三人の神さま, 底の花, 底と同じ, 底美しく映るばかり, 底耳片なく茎, 底肋骨材等諸般の構造, 底を曝し, 底の奧, 底のない, 底のある, 底荷水槽に水, 底落ちつきに落ちつい, 底を飲ん, 底と言う, 底装式スナイドル銃と云う, 底を見せ, 底要塞を案内, 底蒐けて, 底見えたり, 底見ゆるまで傾いた, 底触れず頭上の, 底谷等に出入, 底輝きをもっ, 底迄も威嚇する, 底迄わかつて居る, 底迄に鐫, 底の札, 底を歩かね, 底に雄, 底邊上の正方形, 底部全体を蓋, 底さが, 底重い雲が, 底野飛田の両人, 底長蛇を逸し, 底に干し, 底漏る押入, 底降りつもる, 底とよばれ, 底非行として排斥, 底のない, 底響きのする, 底の隅, 底飲みまたは残酒, 底がいためられ, 底骨折もあった, 底骨的存在にまで退化, 底鳴り異様なうち, 底鳴り震ふ水の, 底黒い褐色に, 底KLが一尺一寸五分